今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

両足が地面に着かないサドル高はやめよ

▼「サイクルモード」のトークショーで、自転車ツーキニスト疋田氏は交通安全に関する話題に及ぶと、いきなり自転車のサドル位置を高くすることを推奨し始めた。足が地面に着かない仕様の競技用自転車を批判したジャーナリストは他にいるであろうか?明らかに当ブログを意識した発言である。

▼疋田氏は仏の事例を紹介。ステージの大型モニターには、信号待ちの女性を後方から撮影した画像が映し出された。サドル前のフレームにまたがって停車していると説明した。仏では競技用自転車以外のママチャリタイプの自転車でもサドル高の自転車が当たり前だと得意げに語っていた。

▼一方、肝心なことを隠蔽(いんぺい)していた。安全な乗り方であるとは一言も触れていない。危険性が伴うことについても言及しない。隣の芝生は青いがごとく、異国の風習を紹介して日本を貶(けな)すことしか考えない、欧米至上主義の巷間あふれた評論家と同じメンタリティだ。

▼日本人と欧州人とでは体格が違う。足の長短の差は明らかだ。両足が地面に着かないサドル高では危険回避に難点がある。また停止に伴う降車が面倒なため、交差点の多い日本においては不向きで、信号無視を誘発することになる。結局、何一ついいことはない。絶対にやめよ。「安全教則」に忠実に従うべきだ。
関連記事

| 00:24 | コメント:100 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

講演者は、サドルを高く上げることのメリットを説明されていたのでしょうか?
世捨人さんの記事を読むと、そのあたりに触れられていませんが、どうだったのでしょうか?

しかし、世捨人さんも指摘されていますが、フランスでは当たり前だから日本人もやった方が良いという思想は大変危険ですね。
昭和の悲惨な大戦は、もとをたどれば欧米列強に追いつけ、追い越せといった間違った考えと行動が要因でした。
「フランスでは当たり前」。一見、一般的な言葉に思えますが、誤った方向へ導く危険性があります。
話は変わりますが、今、某国営放送で「坂の上の雲」というドラマを放映しています。こちらも日本を誤った方向へ導くものだと個人的に大変危惧しております。

| 世界のひとさん | 2009/12/16 17:41 | URL |

健康面でのアプローチを

世捨人さん

サドルを高くすることの危険性ですが、安全面に加え、健康面でのアプローチをしてみてはいかがでしょうか。
サドルが高ければ、足がつかず、「やじろべえ」のようになります。
この場合、胴体がやじろべえの立棒、足が横棒になりますが、立棒がサドルと接する部分は、当然、股間になります。
以前、日刊ゲンダイの掲載記事を紹介しましたが、これがEDの原因の一つになるのではないかというのは、私の推測です。
くわしい研究は専門家に委ねますが、EDは夫婦の営みに障害を与え、家庭不和、そして地域の崩壊、さらには国の衰退につながります。
国の発展、国益を守るためにも競技用自転車を規制すべきであるというのが私の意見です。

| 世界のひとさん | 2009/12/16 17:51 | URL |

Re: No title

世界のひとさん
> 講演者は、サドルを高く上げることのメリットを説明されていたのでしょうか?
> 世捨人さんの記事を読むと、そのあたりに触れられていませんが、どうだったのでしょうか?

仏の様子を単に紹介しただけです。
メリットはないから説明できないのでしょう。
もっとも「安全教則」に反することを流布するのは許されません。

> しかし、世捨人さんも指摘されていますが、フランスでは当たり前だから日本人もやった方が良いという思想は大変危険ですね。

仏でやっていることはとにかく素晴らしいから、日本でも取り入れようという策略は、差し詰め霊感商法を彷彿させます。


| 世捨人 | 2009/12/16 23:17 | URL |

Re: 健康面でのアプローチを

世界のひとさん
ストレスや加齢など別の要因もあると思いますので、一概には言えないのでは。

| 世捨人 | 2009/12/16 23:19 | URL |

No title

交通安全の話題になった途端、なぜサドルを上げると安全なのかの説明が無かったということですよね?
それじゃあ、聞いている方々には意味がわかりませんね。
サドルを上げたほうが安全だし健康的であることなんて、わたしにでも説明できているのに、
それをしない、出来ないなんて、どこかおかしい、と言うか、不自然ですねぇ。。。
天狗になっていて、講演会は、やっつけ仕事だったのでしょうかね?
真剣みを感じませんね。
そんな人についていくなんて、恐ろしいです。

フランスに行けばわかりますが、フランス人は背が低いです。
なのにあの小便器の高さ(^O^)
パンを自転車の荷台に直接載せてゴムひもでグルグル撒きにして運搬してたり。街中犬だらけで、突発的な事故は日本より多いかもしれませんよ。
ヘンテコな文化を例に出さずとも、日本でだってサドル前のフレームにまたがって停車しているわけで、
ブームで乗っている連中、ブームで乗りたがっている連中には、
異国のムードを見せることで納得させようという浅はかな演出だと感じました。

>また停止に伴う降車が面倒なため、交差点の多い日本においては不向きで、信号無視を誘発することになる。
#これにはわたしも同じ考え方をしています。

サドル高について。
安全や健康について素人である者が、校則で「足がすぐに着くように」と指定しています。
警察の指導も同様です。
さぁ、それでは、医師会の出番をお願いしたいところですね。
適正なサドル高を説いてくれるでしょう。
停止しない理由について「面倒だから」も有り得ません。
理由はどうあれ、停止すべき場所では停止するよう決められているからです。
適正なポジション、適正な運行が求められています。
現状では、どちらもないがしろにされていますね。
残念で仕方がありません。

| エディ | 2009/12/16 23:29 | URL |

Re: No title

エディさん
懇切丁寧な解説ありがとうございます。
両足が地面に着かないサドル高について、自転車乗りの主張は尊重しますが、断固反対の姿勢です。ただ、今回はこの問題について深入りしません。

ご指摘の通り、疋田氏が足が地面に着かないサドル高を推奨した具体的な理由を説明しないことに、疑問を呈しました。やはり何か隠蔽していると勘ぐりたくなります。
疋田氏に陶酔した輩(やから)が、理由もわからず愚直に従うのでしょう。
エディさんが常に危惧されているように、流行に踊らされて自転車に乗る輩(やから)が、最も危険であると改めて実感しました。

| 世捨人 | 2009/12/17 23:40 | URL |

指導者の資格は無いと思います

警察などの指導に逆らうことになりますよね、足が着かないサドル高は。
なので、踏み込んだ主張が出来ないんだと思います。
もう有名人なので、警察が怖いのでしょうね。
恐怖感に常に包まれ、正義を貫けない状態なのでは?
堂々と「警察などの指導とは違うが」と前置き出来ないなんて、
ハラがくくれていないですよ。指導者としての資格は無いんじゃないの?と、わたしは思いますね。

| エディ | 2009/12/18 00:54 | URL |

Re: 指導者の資格は無いと思います

エディさん
指導者とは初耳です。
疋田氏本人については特別な感情はありませんが、
同氏に影響された輩(やから)を非常に憂慮しています。
同氏の主張に反することを述べると罵倒されます。
車道を走る自転車を邪魔者扱いする言動に対し、
攻撃することを指導しているのでしょうか。

| 世捨人 | 2009/12/18 21:43 | URL |

No title

ご本人にも「指導者」である自覚は無いでしょうが、
現実にはそうなっていますよね。
わたしから見れば、影響力なんて無いと見てますが。
それでも信者がついているんですよねぇ。
怖い世の中です。

| エディ | 2009/12/18 23:10 | URL |

初めて書き込みします。

初めまして、世捨人さん。
以前から、拝見しておりました。
競技自転車を趣味としており、賛成できる意見、賛成しかねる意見さまざまと感じておりますが、他にないブログですね。

さて、自己紹介にあります「競技用自転車で一般道を爆走する輩(やから)」はどこから出版されているのでしょうか?
ロード乗りとして反対意見を述べるにしても、一読したいと思っているのですが、アマゾンなどで調べても、一切出てきません。
出版社と発行日だけでも、教えていただけたら幸いです。

| fufu | 2009/12/19 12:17 | URL | ≫ EDIT

Re: No title

エディさん
疋田氏を慕う輩(やから)は疋田氏がテレビ局の社員というブランドに惑わされているだけだと思います。日本人はブランドに弱いから盲目的になるのでしょう。
交通安全に関しては、エディさんの説明の方がわかりやすく、親しみを感じます。
自転車に対する人一倍の愛着があるからでしょう。
疋田氏はダイエット目的で自転車を始めたようなことを言ってましたが、
エディさんは心底好きで自転車に乗っている感じがします。

| 世捨人 | 2009/12/19 22:23 | URL |

Re: 初めて書き込みします。

fufuさん
はじめまして。
書籍についてですが、上梓の方向で検討している段階です。
実現しましたら当ブログ上で案内します。
また、競技用自転車に関するご意見をお待ちしております。

| 世捨人 | 2009/12/19 22:26 | URL |

信者が悪い

ここで話題になっている人は、自分があがめられようとしているわけではないと思います。
職業柄、単に自分を売り込むのが普通の人よりうまいだけで、無意識に一般の人を引き寄せ、たまたま軌道に乗っただけでしょう。
ずばり信者が悪いでしょう。奉り、あがめる人は、世捨人さんが指摘されるように肩書きなどで安心するのでしょう。ようするに単純な人たちです。一つのベクトルが示されたら、何の疑問も感じず突き進む。かつての昭和の大戦が同じような構造で、この国に悲劇をもたらしたことは誰でも知っています。
信者の世捨人さんへの攻撃を見ても、あまりの言葉の汚さに失望しました。彼等は、自分と異なる考えの人間は排除せよ、という思想で染まっています。
私は今朝、これまでのコメントなどを読んで、日本が間違った方向に向かわないように世捨人さんと、劣悪な自転車乗りと戦っていきたいと思いました。
長文すみません。

| 世界のひとさん | 2009/12/20 09:45 | URL |

Re: 信者が悪い

世界のひとさん
信者という言葉が相応しいのかわかりませんが、
疋田氏に心酔する輩(やから)で当ブログにコメントする人の中には、
当初と比べ丁寧な言葉をつかえるようになったと思います。
「今日のくそったれ」(正式版)を含めた、大人になれない大人に対する
教育活動が実を結んだものと判断しています。

| 世捨人 | 2009/12/20 23:52 | URL |

ブランド志向=ブーム好き

おっしゃる通り、ブランド志向なんですよね。
内容はまるで無関係で。
宗教のようで、やはり「信者」たちの盲目的な追従は脅威だと思います。

| エディ | 2009/12/24 22:10 | URL |

そういった意味で・・・

ブームで乗っているだけのド素人には「両足が地面に着かないサドル高はやめよ」と、
わたしも言いたいですね。ド素人には、安全や健康は無関係ですから、
とりあえず、すぐに足が着くセッティングにしたほうがいいですね。

| エディ | 2009/12/24 22:13 | URL |

Re: そういった意味で・・・

エディさん
素人の横暴を許しているのは、後進の教育を怠ったエディさんらベテラン陣にも責任があると思います。
ブームで競技用自転車に乗っている輩(やから)は当ブログを教材に交通安全に努めてもらいたいです。

| 世捨人 | 2009/12/25 01:13 | URL |

No title

そういった一面もあると思います。
が、正直、低脳は勝手に逝ってしまってくれとも思います。
わたしの身内への指導で精一杯なのが現状です。

| エディ | 2009/12/25 01:49 | URL |

No title

自転車ブームに依存するモノカキは決まって、
「サドルをあげろ」と言います。
わたしもそう言っているわけですが、
モノカキのような必死さは無いです。

さて、本当のプロはと言うと・・・
「ままちゃりでいいから自転車に乗ってみよう」
「サドルは足がすぐに地面に着くように・・・」
と指導していますよ。

モノカキは、ブームを継続させることに必死ですから、
ド素人相手に平然と言うわけです。
プロは、まずは気軽なサイクルライフの提案をしているわけです。
わたしは「サイクルライフは気軽だけど深い」という趣旨で発言しています。

| エディ | 2009/12/25 21:49 | URL |

No title

>日本人と欧州人とでは体格が違う。足の長短の差は明らかだ。
これはそのとおりだと思うが、文脈からすれば
「自分の足の長さより高い自転車に乗る」
事に、足の長さ自体は関係ないと思うが…?
足の短い人が自分の足より高い自転車に乗る
足の長い人が(以下略)
同じじゃね?後、日本は交差点が多いってのも
情報源の提示をして欲しいな。

| 自転車は歩道 | 2010/01/05 21:27 | URL |

Re: No title

名前なしさん
> 事に、足の長さ自体は関係ないと思うが…?

足が長い方が地面に届きやすく安全です。

> 日本は交差点が多いってのも
> 情報源の提示をして欲しいな。

一時停止、二段階右折、信号をしっかり守れば交差点が多いことに気付くのでは。

| 世捨人 | 2010/01/05 23:20 | URL |

No title


フランスのご婦人がサドルの前にまたがって止まっていた
てのは、そのご婦人の足より高い位置にサドルがある
ってことだよね?俺が言うのはあくまで問題は
自分の足の長さと自分の自転車のサドルの問題であり、
>日本人と欧州人とでは体格が違う。足の長短の差は明らかだ。
他者との比較に意味はないだろ、ってこと。
そして
>一時停止、二段階右折、信号をしっかり守れば交差点が多いことに気付くのでは
なんだそりゃ(苦笑
海外と(この場合フランスと)比較して多いことに裏付けが無ければ意味ないでしょ?
>日本は交差点が多い
言い切るなら海外との比較した情報源を示して欲しい、てこと。

| 自転車は歩道 | 2010/01/06 19:19 | URL |

お気づき?海外の自転車事情の紹介はスウェーデンばかりでしょ。

フランスはひどいですよ。
体格差や衛生観念のなさなどはすでに書いてますので読み返してください。
犬のことも書いてます。

加えて、路上駐車も日本とは比較にならないですね。
駐車場所が平地の場合は、事情がありサイドブレーキを引きません。
道路事情の悪さは自転車運行者にとっては、地獄ですよ。
また、天候の変化が激しく、それは街中(例えばパリでも)アルプスと変わりません。
これも、自転車に乗る人には危険要因です。

| エディ | 2010/01/06 22:41 | URL |

Re: No title

> ?
> フランスのご婦人がサドルの前にまたがって止まっていた
> てのは、そのご婦人の足より高い位置にサドルがある
> ってことだよね?俺が言うのはあくまで問題は
> 自分の足の長さと自分の自転車のサドルの問題であり、
> >日本人と欧州人とでは体格が違う。足の長短の差は明らかだ。
> 他者との比較に意味はないだろ、ってこと。
> そして
> >一時停止、二段階右折、信号をしっかり守れば交差点が多いことに気付くのでは
> なんだそりゃ(苦笑
> 海外と(この場合フランスと)比較して多いことに裏付けが無ければ意味ないでしょ?
> >日本は交差点が多い
> 言い切るなら海外との比較した情報源を示して欲しい、てこと。


お名前は?

| 世捨人 | 2010/01/06 23:31 | URL |

疋田氏の本から

疋田氏の著作「自転車の安全鉄則」の中にこのような資料が記載されていました。
http://ourfilehost.net/up/file1/img/up614.jpg
この通りだとすると、世捨人さんの主張は、100%誤りではないかと思うのですが、世捨人さんの見解はいかがでしょうか。
それともこのグラフは疋田氏の捏造なのでしょうか?

それと、疋田氏の発言は「当ブログを意識した発言」ではないと思いますよ。
だいたい、この本が書かれたのも、世捨人さんのブログよりはるかに前ですし。(笑)

| ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう! | 2010/04/03 16:27 | URL |

Re: 疋田氏の本から

ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう!さん

> それともこのグラフは疋田氏の捏造なのでしょうか?

グラフと照らして当記事の何が誤りなのか、具体的にお示しください。

> それと、疋田氏の発言は「当ブログを意識した発言」ではないと思いますよ。
> だいたい、この本が書かれたのも、世捨人さんのブログよりはるかに前ですし。(笑)

当ブログを意識して本を書いたとは申しておりません。
よくお読みください。

記事中、「安全教則」は「交通教則」(交通の方法に関する教則)の誤りです。
訂正します。


| 世捨人 | 2010/04/04 00:09 | URL |

そんなことくらい分かってくださいよ

そんなことくらい分かってくださいよ。
説明しましょうか?

>グラフと照らして当記事の何が誤りなのか、具体的にお示しください。

世捨人さんは、サドルが高い乗り方がスタンダードなフランスについて、疋田氏が「危険性が伴うことを隠蔽している」と言い、疋田氏の論を「異国の風習を紹介して日本を貶(けな)すことしか考えない、欧米至上主義の巷間あふれた評論家と同じメンタリティだ。」とまで批判しています。

しかしながら、国交省の発表する当該の06年統計では、日本の自転車事故は全事故中の14パーセントを占め、対する仏国は4パーセントに過ぎません。

これは日本よりフランスの方が安全に自転車を運行していると言うことを示すもので、疋田氏の論には明確な根拠があります。

もしもこれを覆すのであれば、フランスの方が自転車事故率が高い、もしくは、サドルが高い方が事故率が高いという、具体的な根拠を示さなければならないと思いますが、いかがでしょうか?

もう一つ目。

>当ブログを意識して本を書いたとは申しておりません。

当該の書籍の中には、疋田氏がサドルを高くして乗ることを推奨する項目があります。そればかりか、2001年発表の「自転車生活の愉しみ」の中では、高いサドルのセッティングの仕方を事細かに紹介しています。
講演会では、疋田氏は持論を繰り返しているに過ぎないと思います。
世捨人さんを意識して講演会でこの話題を出したとは、到底思えません。

何かを世に問いたいのであれば、まずは先人の文献等に当たり、最低限の勉強をされた後にされた方がいいのではないでしょうか。

| ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう! | 2010/04/04 15:46 | URL |

Re: そんなことくらい分かってくださいよ

ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう! さん

当方の記憶では、疋田氏は逆走(右側通行)さえなくなれば、
自転車事故は激減すると主張していました。
サドル高によって事故が減るとは主張していません。
ましてや安全な乗り方であるとも述べていません。
サドル高は高速走行に欠かせないポジションとの立場でしょう。
疋田氏に心酔しているわりには、飲み込みが悪いようですね。

| 世捨人 | 2010/04/05 00:01 | URL |

飲み込みが悪いでしょうか?

>当方の記憶では、疋田氏は逆走(右側通行)さえなくなれば、
>自転車事故は激減すると主張していました。

はい、それは疋田氏の主張の最重要ポイントの一つですね。それは了解してます。

ところが、当該の書籍の中では、高いサドル高はふらつかず安全な乗り方であり、一人一人がサドル高を上げることで長い目で見ると安全な交通システムが実現できると、疋田氏は主張していているのです。

サイクルモードの講演(私も聞きました)で、そのことを言わず、いわば無防備に「サドルを高くすべき」という話を出したのは、むしろ世捨人さんの主張を全く知らないから、という証拠だと思います。

もしも世捨人さんのブログを、本当に意識していたならば「サドルが高い方が安全です、サドルを高くしているフランスは、日本に較べて自転車事故が少ないです」と、力説していたのではないでしょうか。

さて、世捨人さんは、私の質問にまったく答えていません。
お答えください。

(1)サドルが高く、車道を走るのが当たり前の、仏国の自転車事故の比率(4%)が、日本(14%)に較べて断然低いのはどうしてだと思われますか?
それにともなう話ですが、世捨人さんが「危険性が伴う」「隣の芝生は青いがごとく」とした根拠となる数値データをお教えください。

(2)疋田氏は2001年からの持論を繰り返しているに過ぎず、2009年に突如として「(疋田氏の発言は)明らかに当ブログを意識した発言である。」とした、世捨人さんの認識は、完全に間違いだと思われますが、いかがお考えですか?

| ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう! | 2010/04/05 08:11 | URL |

文化の違い

私は仕事用の自転車は足がつかないサドル高です。長距離を乗るにはこの方が楽です。スピードも出ます。
日本では何故か浸透していませんよね。
自転車文化の違いでしょうか。
それは日本の自転車の使われ方の違いだと思うのです。
なぜ自転車のマナーが問題視されるのか?
それは熟練された人ばかりが乗っていないことに尽きるでしょう。
自動車の交通違反の厳罰化と自転車の免許制が必要になってくるでしょう。
重箱の隅をつつく暇があるなら自ら実践すべきです。
一部の屁理屈のために我々の職場が荒らされるのは我慢できません。

| 自動車ワーキニスト | 2010/04/05 11:12 | URL |

簡単な問題

>日本人と欧州人とでは体格が違う。
>足の長短の差は明らかだ。
>両足が地面に着かないサドル高では危険回避に難点がある

同じサドルの高さなら
という条件下のみ正しいです

すなわち
「EUR仕様とDOM仕様は、同じサドル高さでかつ
 変更不可」
という非現実な条件下です

そんな訳がありません

よってこの寝言は大間違いです。

「足が地面に付く、付かない」は、
「サドル高」と「股下寸法」の「相対差」が問題となり
(「サドル形状」と「骨盤幅」は割愛します)
単純な「体格差」では何も語れません。

足し算、引き算は出来ますよね?

| パケラッタ | 2010/04/05 22:28 | URL |

Re: 飲み込みが悪いでしょうか?

ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう!さん

当記事は当該書籍の書評を書いたのではありません。
サイクルモードイベント会場で聞いた講演会の感想です。
聴衆がみな当該書籍を読んでいるわけではありません。
それを前提に講演するとは、思い上がりも甚だしいですね。

以下質問に回答します。

(1)
何ら脈絡もなくサドル高を紹介したことに対する感想を述べました。
それに対して根拠となる数値データを示せというのは、ナンセンスです。
理解に苦しみます。

もっとも、サドル高によって国内の自転車事故が減るのですか?
「一人一人がサドル高を上げることで長い目で見ると安全な
交通システムが実現できる」について、根拠となる数値データをお教えください。

(2)
繰り返しますが講演会の内容を題材とする記事です。
誰もが当該書籍を読んでいるわけではありません。
もっとも、疋田氏は講演の本題に入る前に突拍子にサドル高を紹介しましたが、
当ブログで批判した事に対する挑戦と受け止めても疑いの余地はありません。

| 世捨人 | 2010/04/06 00:02 | URL |

Re: 文化の違い

自転車ワーキニストだん

自転車乗りは玉石混交です。
競技用自転車乗りは「石」がほとんどです。
憂慮すべき事態です。

| 世捨人 | 2010/04/06 00:04 | URL |

ちょっと助言

>>ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう!さんへ

ご質問の(2)に関しては、実はもう結論が出てるんです。
このトピが去年12月ですが、その後、今年2月に、疋田氏はツーキニスト掲示板に次のような書き込みを行っています。

29794 お久しぶりっす♪ ヒキタ 2010/2/8(月) 15:16:39
男性   スキンヘッダー     東京都
 お久しぶりです♪ 春のシーズンを目の前にして、忙しい日々を過ごしてます。

> 29791 ぴ さん なんぱくさん
 お気遣いありがとうございます。

 それにしてもビックリしたなぁ。なんすか? このブログ。(※引用者注・このブログのこと)
 私が主要登場人物になってるじゃないですか(@_@;)。しかも悪役(;_;)。いや、参った。
 ジャーナリストなんですって? ふーむ、世を捨てた匿名ジャーナリストというのも、こりゃまた斬新ですね。取材はどうやってするんだろう(?_?)。(※引用者注・誰かさんのこと)

 内容について聞かれるならば……、えー……、その、ま、(苦笑)、ほんの少しでもいいから、まずはお勉強下さい、と言うくらいしかないんだけど、この方って、申し訳ないながら、どう見ても少々アレな方でしょ?
 ここだけの話、気味が悪いんで、あまり近づきたくないっす。ヒラにご容赦、ご勘弁下さい、という感じ。
 ま、放っておいていいんじゃないですか。そのうち飽きますよ。
 
ということですw
疋田氏はこのブログの事なんて、全然知らなかったようですねww

しかし、疋田さん!あなたには重大な間違いがあります!

【疋田氏の間違い1】そのうち飽きますよ
全然飽きてません。そのブログのブログ主は、ますます暴れてます!

【疋田氏の間違い2】少々アレな方
少々どころではありません!「ものすごくアレな方」でした!

| 名無人 | 2010/04/06 18:28 | URL |

世捨人さん、お答えください。

世捨人さんは、多分わざとなんでしょうが、はぐらかすばかりで、質問に全く答えていません。誠実な態度と到底言えないと思います。

再度、回答を要求します。
お答えください。

(1)サドルが高く、車道を走るのが当たり前の、仏国の自転車事故の比率(4%)が、日本(14%)に較べて断然低いのはどうしてだと思われますか?

(2)については、解決しましたので、答えていただかなくても結構です。
名無人さんありがとうございました。
「そうではないか」と仮定していた解の近似値が得られたので、私としても満足です。

しかし、もう一つの疑問が生まれました。
世捨人さんは、疋田氏の著作を読まずに、疋田氏を執拗に批判していたのですか。
批判相手の著作をも読まずに、どうして批判ができるのですか?
それでもジャーナリストなのですか?

(3)世捨人さんがジャーナリストであるという証明はどこで得られるのですか?
発表媒体、作品名をお答えください。

| ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう! | 2010/04/06 20:08 | URL |

フランスのこと

自転車のほとんどが歩道を走っています。
車種は、シティーサイクルばかりです。しっかりした荷台付きの。

| エディ | 2010/04/06 20:40 | URL |

エディさん、嘘はいけません(笑

エディさん、嘘はいけません(笑

世捨人さんは、質問(1)(3)の回答をお願いします。

| ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう! | 2010/04/06 22:17 | URL |

エディさん、教えてください。

そうそう、エディさん、世捨人さんとかなり親しいようなので、お聞きしたいのですが、気鋭のジャーナリストであらせらるる世捨人さんは、どこの世界で、何という作品を発表なさっているのでしょうか。
すいませんが、作品名をお教えくださいませんか。
私は虚心坦懐の心持ちで、世捨人さんの作品を鑑賞したいのです。

| ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう! | 2010/04/06 22:43 | URL |

しゃらあっぷ!

天界から久しぶりに降りてきたら乱れておるな!
時空が歪んでおる!
偽の自転車乗りといいかげんな気持ちの自転車乗りは去るがよい!
間違った執着をしておるジンよ!
わしの手をわずらわす前に去るがよい!
自転車乗りは心意気が大事じゃと申しておる!
よいか!
のう!
ぐしゃ!

| 自転車通勤王 | 2010/04/06 22:49 | URL |

Re: ちょっと助言

名無人さん

>
> 【疋田氏の間違い1】そのうち飽きますよ
> 全然飽きてません。そのブログのブログ主は、ますます暴れてます!
>
> 【疋田氏の間違い2】少々アレな方
> 少々どころではありません!「ものすごくアレな方」でした!

【疋田氏の間違い3】左折禁止道路
世捨人語(10年01月14日)
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-98.html
疋田氏メルマガ
http://www.melma.com/backnumber_16703_4735454/

| 世捨人 | 2010/04/06 23:12 | URL |

Re: 世捨人さん、お答えください。

ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう!さん
>
> (1)サドルが高く、車道を走るのが当たり前の、仏国の自転車事故の比率(4%)が、日本(14%)に較べて断然低いのはどうしてだと思われますか?

疋田氏も主張していますが、日本は「逆走」自転車が多いからなのでは。


> (2)
>  世捨人さんは、疋田氏の著作を読まずに、疋田氏を執拗に批判していたのですか。
> 批判相手の著作をも読まずに、どうして批判ができるのですか?
> それでもジャーナリストなのですか?
>
> (3)世捨人さんがジャーナリストであるという証明はどこで得られるのですか?
> 発表媒体、作品名をお答えください。

(2)(3)
批判対象の著書を読めと非難しておきながら、
当方の作品には目を通していないとは。
自戒してください。


ついでにスクープを紹介します。
世捨人語(10年01月14日)
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-98.html
疋田氏メルマガ
http://www.melma.com/backnumber_16703_4735454/

| 世捨人 | 2010/04/06 23:14 | URL |

失礼いたしました!

まことにすみません。
失礼致しました。すぐに読ませていただきます。

>>当方の作品には目を通していないとは。

ご著書名、出版社名をお教えください。
よろしくお願いします。

| ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう! | 2010/04/06 23:18 | URL |

Re: しゃらあっぷ!

自転車通勤王さん
お久しぶりです。
旧ツーキニスト王さんであると思い出しました。
失念していました。

| 世捨人 | 2010/04/06 23:20 | URL |

No title

>>疋田氏も主張していますが、日本は「逆走」自転車が多いからなのでは。

では、疋田氏の主張通り、歩道上の左右通行可を定めた日本の法律を、変えるべきなのですね?
大賛成です。
歩道、車道を問わず、逆走の取り締まり強化しましょう。
その上で、フランスに倣い、車道順行走行を徹底させるべきですよね。世捨て人さん。
何と言っても14%と4%です。ちょっとやそっとでは追いつけません。
頑張りましょう。

もしかして、世捨人さんの次回作は、そう言う内容の著作になるのですか?
タイトルを教えていただければ幸いなのですが。
過去の作品もお教えください。
お願いします!

| ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう! | 2010/04/06 23:24 | URL |

何と言ってもまずこちらから

>>当方の作品には目を通していないとは。

本気で失礼いたしました。
ご著書名、出版社名をお教えください。
すぐに購入いたします。よろしくお願いします。

| ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう! | 2010/04/06 23:30 | URL |

困るの!

世捨人殿
全知全能の完璧(パーフェクト)自転車乗りの自転車通勤王を忘れたら困るの!
今わしは天界にすんで余暇を楽しんでおる!
ところでフランスがどうしたというのじゃ!
もっと世界いやコスモの視点でものを見るがよい!
どちて坊やは放っておくのじゃ!
相手にすると癖になるからの!
では!

| 自転車通勤王 | 2010/04/06 23:31 | URL |

Re: No title

ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう!さん

> では、疋田氏の主張通り、歩道上の左右通行可を定めた日本の法律を、変えるべきなのですね?
> 大賛成です。
> 歩道、車道を問わず、逆走の取り締まり強化しましょう。
> その上で、フランスに倣い、車道順行走行を徹底させるべきですよね。世捨て人さん。
> 何と言っても14%と4%です。ちょっとやそっとでは追いつけません。
> 頑張りましょう。

では、サドル高の危険性の議論に話を戻しましょう。

| 世捨人 | 2010/04/06 23:33 | URL |

Re: 何と言ってもまずこちらから

ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう! さん

> >>当方の作品には目を通していないとは。
>
> 本気で失礼いたしました。
> ご著書名、出版社名をお教えください。
> すぐに購入いたします。よろしくお願いします。

大人になれない大人の教育に欠かせません。
「今日のくそったれ」(正式版)
http://pub.ne.jp/38moto/

| 世捨人 | 2010/04/06 23:35 | URL |

それでは私の気が済みません!

それでは私の気が済みません。

>>当方の作品には目を通していないとは。

本気で失礼いたしました。
ご著書名、出版社名をお教えください。
すぐに購入いたします。よろしくお願いします。

| ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう! | 2010/04/06 23:35 | URL |

Re: それでは私の気が済みません!

ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう!さん
> それでは私の気が済みません。
>
> >>当方の作品には目を通していないとは。
>
> 本気で失礼いたしました。
> ご著書名、出版社名をお教えください。
> すぐに購入いたします。よろしくお願いします。

わがままはおやめください。

| 世捨人 | 2010/04/06 23:37 | URL |

No title

まさか、そんなご冗談を(笑

>>大人になれない大人の教育に欠かせません。
>>「今日のくそったれ」(正式版)
>>http://pub.ne.jp/38moto/

疋田氏に負けない、さぞや名作があるのでしょう。
さあ、お教えください。
職業:気鋭のジャーナリストと言うからには、もちろん商業出版ベースに乗っていますよね。
さ、さ、さ、お教え下さい。
ご著書名、出版社名をお教えください。
すぐに購入いたします。
場合によっては、罪滅ぼしに10冊程度購入することも辞さないつもりです。
よろしくお願いします。

| ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう! | 2010/04/06 23:38 | URL |

No title

>>当方の作品には目を通していないとは。

まことに申し訳ないです。
さ、是非お教え下さい。
作品を熟読させていただくつもりです。

| ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう! | 2010/04/06 23:39 | URL |

Re: No title

ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう!さん

スクープ作品を紹介します。
世捨人語(10年01月14日)
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-98.html

| 世捨人 | 2010/04/06 23:43 | URL |

No title

スクープには感服いたしました(笑
でも、そんなのただの講演会の写真ですよ。その現場には偶然ですが、私もいあわせました。気付かない私がバカだったのでしょう。
それよりも!

>>当方の作品には目を通していないとは。

ほんとうに!まことに!こころより!申し訳ないです。
さ、是非お教え下さい。
作品は300冊程度、購入させていただきます!
再読、三読、熟読させていただくつもりです!
出版社、ご著書名、バカな私にお教えください!
お願いします!!!

| ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう! | 2010/04/06 23:50 | URL |

Re: No title

> スクープには感服いたしました(笑
> でも、そんなのただの講演会の写真ですよ。その現場には偶然ですが、私もいあわせました。気付かない私がバカだったのでしょう。
> それよりも!

貴殿も虚報の犠牲者なのですね。

> >>当方の作品には目を通していないとは。
>
> ほんとうに!まことに!こころより!申し訳ないです。
> さ、是非お教え下さい。
> 作品は300冊程度、購入させていただきます!
> 再読、三読、熟読させていただくつもりです!
> 出版社、ご著書名、バカな私にお教えください!
> お願いします!!!

当方の作品です。
熟読してください。
「今日のくそったれ」(正式版)
http://pub.ne.jp/38moto/

| 世捨人 | 2010/04/06 23:54 | URL |

No title

>>批判対象の著書を読めと非難しておきながら、
>>当方の作品には目を通していないとは。
>>自戒してください。

まことに申し訳ありません!
自戒します!
自戒するためには、ご著書を読むことは欠かせません!
お願いします!
ご著書を読ませてください!
出版社名、タイトルを是非ともお教えください!!

| ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう! | 2010/04/06 23:54 | URL |

Re: No title

> >>批判対象の著書を読めと非難しておきながら、
> >>当方の作品には目を通していないとは。
> >>自戒してください。
>
> まことに申し訳ありません!
> 自戒します!
> 自戒するためには、ご著書を読むことは欠かせません!
> お願いします!
> ご著書を読ませてください!
> 出版社名、タイトルを是非ともお教えください!!

この作品も一押しです。
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-97.html

| 世捨人 | 2010/04/07 00:00 | URL |

No title

>>当方の作品です。
>>熟読してください。
>>「今日のくそったれ」(正式版)
>>http://pub.ne.jp/38moto/

こ、これが、さ、さ、さくひん??
これはこれはハイブロウなご冗談を。
それは英語で言うと「チラシ・ノ・ウーラ」というやつに過ぎないでしょう。
お願いします。
御作品を!お教えください!

>>批判対象の著書を読めと非難しておきながら、
>>当方の作品には目を通していないとは。
>>自戒してください。

自戒します!
従います!
お願いします!

| ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう! | 2010/04/07 00:00 | URL |

ながったらしい名前の野郎へ

オメェ英検準4級くれえか?
しつこいと女にもてんぞ

| 田中 | 2010/04/07 12:48 | URL |

No title

>ジャーナリストたるもの、まずは文献に当たろう!さん

他人の一所懸命を嘲笑うのは下劣な行為です。

健常者と知的障害者等のハンデを抱えた方が
同じだけ頑張ったとしても
同等の結果が得られるわけではありません。

一所懸命の結果は人それぞれです。

我々がすべきことは、世捨人さんが明らかに間違った妄言等を言われた際に
それを正して差し上げることなのでは?

世捨人さんとしても
好きでアレな人として生まれてきたわけではないはずです。

反省してください。

| 以前からの一読者 | 2010/04/08 00:50 | URL |

反省するのはあなたの方ですよ。

以前からの一読者さん

反省しなければならないのは、あなたの方ですよ。

>健常者と知的障害者等のハンデを抱えた方が
>同じだけ頑張ったとしても
>同等の結果が得られるわけではありません。

「体に障害を持っている人は何をしても健常者にはかなわない。」ってことですよね。

体に障害を持っている方々に対して失礼です。
自分が何を言っているのか理解していますか?

ひとの痛みもわからないような人間は、他人に対してえらそうに説教する資格などない。

| 読者より | 2010/04/08 01:35 | URL |

この程度の場合、扱いは難しい。

私の経験から言わせていただくと、ブログ主さんの障害の程度は、まずまず軽度と言うべきレベルで、通常と同じ扱いの方が、本人にとっても周囲にとっても良い方向に働くと思います。

| 自転車は歩道 | 2010/04/08 12:07 | URL |

本当は凄い方なんですよね?

>当方の作品には目を通していないとは。
>自戒してください。

これは正しいかもしれません。
相手の事(実力、実績)をよく知らずに相手を批判するのは、
ロードバイクを知らずにロードバイクを語るのと
同じ過ちでした。

私も反省します。

「多方面で活躍する気鋭のジャーナリスト」
の作品ですから、そう「多方面で活躍」ですから、
「交通安全」以外の分野でも
複数の作品を出版されているのでしょう。

出版社名、タイトルをお教えください。

数も値段も分からないので
10部、300部購入の約束は出来ませんが、
図書館のコピーで済ましたりもしません。
お約束します。

GW期間中に、じっくり勉強させて頂きます。

>以前からの一読者さん
>アレな人
「出版物は無い=偽ジャーナリスト」
を前提にしていませんか?

正直、私も最近までそう思っていましたが、
どうやら「作品」が存在するかもしれません。

本人がそう言って、人に「目を通せ」と勧めています。

作品内容を確認してから
(もしくは存在の有無を確認してから)
そういった判断を下しませんか?

>読者よりさん
>「体に障害を持っている人は何をしても健常者にはかなわない。」
私が読む限り、まったくそういった内容では無いです。
「程度問題ですが同等以上の努力があれば勝てる」
と解釈するのが自然です。

| パケラッタ | 2010/04/08 21:40 | URL |

糞スレ見ろ

パケラッタ涙目

| ねらー | 2010/04/08 21:51 | URL |

No title

世捨人さんの名作はたぶん図書館にあるでしょうから、僕は図書館のコピーにするかもしれません。
でも、何度もミスコピーして、その責任を図書館員になすりつけたりはしません。

ちなみに近所の図書館で検索してみましたら、疋田さんの本って結構ありますね。
世捨人さんのペンネームも教えてくれたら嬉しいな!

| 自転車は歩道 | 2010/04/09 09:53 | URL |

サイクリング禁止反対

自転車に乗り初めの幼児や高齢者はともかく,小学校3年生以上ならペダルを下死点へ回した時,かかとを乗せて膝が真っ直ぐになるように合わせる最も効率的で適正なサドルの高さで乗るようにさせたいものだ.急停車するときはサドルの前へポンと尻を下ろして足を着くように練習させれば良い.
非スポーツ系の通学自転車に乗っている高校生でも,分かる生徒は実践している.
「交通の安全に関する教則」の中で「両足が地面に着く高さ」と書かれているのは,世界の自転車を全く知らないド素人の発案でしかない.
いつもの「安全のため効率や快適性を犠牲にせよ」等という[世捨人]殿のご要求は断じて拒否する.

| マイロネフ | 2014/04/06 20:43 | URL | ≫ EDIT

マイロネフさんへ。

そのマイロネフさんが推奨するサドルの高さで、ぬかるみや雪上を走行してみることをぜひ一度お試しください。

| JEFF | 2014/04/06 20:59 | URL | ≫ EDIT

[JEFF]殿|2014/04/06 20:59|付へ.

>そのマイロネフさんが推奨するサドルの高さで,ぬかるみや雪上を走行してみることをぜひ一度お試しください.

雪上走行ならそのサドルの高さで経験済みだ.
ただ難癖をつけて議論をこじらせる批判のための批判に付き合う時間はない.
人為的につくられた,自転車を取り巻く劣悪な環境など10kmも走ればイヤと言うほど実感できるはずだ.
そうした道路や法令上の自転車の扱いに何の疑問も不満も感じないというなら,実におめでたい人だ.

| マイロネフ | 2014/04/06 21:33 | URL | ≫ EDIT

マイロネフさん

>雪上走行ならそのサドルの高さで経験済みだ

で、どうだったんですか?
安全に走行できましたか?

| JEFF | 2014/04/06 21:41 | URL | ≫ EDIT

[JEFF]殿|2014/04/06 21:41|付へ.

>で,どうだったんですか? 安全に走行できましたか?

批判のための批判にいちいちお答えする必要はない.
腰を浮かせて背筋を伸ばしてバランスをとれば良いのだ.
自分で経験してコツを身につける以外に無いだろう.

| マイロネフ | 2014/04/06 22:02 | URL | ≫ EDIT

マイロネフさんへ

重心が高い方がバランスを崩したときの危険性は高いと思いますけどね。

さぁ、反論どうぞ。

| JEFF | 2014/04/06 22:05 | URL | ≫ EDIT

サイクリング禁止反対

[JEFF]殿|2014/04/06 22:05|付へ.

>重心が高い方がバランスを崩した時の危険性は高いと思いますけどね.

低いサドルでも,急ぐときは自然に立ちこぎになる.
それを効率よくするのがサドルの適正な高さだ.
これ以上批判のための批判を繰り返す人の相手をする時間は無い.

| マイロネフ | 2014/04/06 22:21 | URL | ≫ EDIT

マイロネフさんへ

批判のための批判って、良くわかりません。また決めつけですか。

小学3年生に指導をするとすれば、あなたの場合はサドルを高くした方が効率よく漕げてそれが安全なのだと教えるのかもしれませんが、僕なら「サドルを高くした分重心が高くなり、バランスを崩したときの危険性が高くなるというリスクがあるから細心の注意を払って乗るように」と指導します。

| JEFF | 2014/04/06 22:31 | URL | ≫ EDIT

|JEFF|さん, |マイロネフ|さん

以下は,一連のコメント押収を読んだ「後に」感じた事です.


まず,私はJEFFさんの指摘が「指摘のための指摘」とは感じませんでした.



押収の最初のコメント(|マイロネフ|2014/04/06 20:43|)の時点では,好天時の舗装路走行を前提としているように感じました.

それに対して,|JEFF|さんは「悪条件・悪路も一律のサドル高で走行するべきでなのか」という趣旨の質問(?)・コメントかと思います.



確かに|マイロネフ|さん自身は,「腰を浮かせて背筋を伸ばしてバランスをと」る事が可能なので,サドル高を変更せずとも,例示された路面を走行可能かもしれません.
しかし,乗車経験の浅い人に対して,|マイロネフ|さんが経験から得た乗り方を実践せよと言うのは難しく感じます.
(「乗車経験の浅い人」という条件をつけているのは「(前略),小学校3年生以上なら(中略)効率的で適正なサドルの高さで乗るようにさせたいものだ」という文章があることによります.)


そういった場合に,|JEFF|さんが言うように「リスクを配慮して指導する事」は一つの手段である,と私も感じます.


また,「路面状況に応じて,サドルを低くしておく事も一つの手段である」と伝えるのも一手段となりうると思います.
実際に,シクロクロスのバイクではサドル高の変更を容易とするために,シートポストの固定をクイックレリーズで行えるようになっています.
(|マイロネフ|さんであれば当然ご存知でしょう)
さらに舗装路を走る,ロードバイクですらレース状況に応じてサドル高の微調整をします.


|マイロネフ|さんが自転車競技の裾野を広げたいという意見をお持ちであることはわかりますし,そのために効率的に漕げるサドル位置を推奨する気持ちも理解できます.
ですが,「乗車シーンに合わせて,サドル高の変更を行うことで快適,安全に乗車可能である」ということもまた,競技者・非競技者を問わず自転車利用者に伝えていくべき内容かと思います.


「(それなりに)早く到着できる事」を快適と考える方もいれば,「楽な姿勢で乗り続けられること」を快適と捉える方もいらっしゃると思います.
前者に対して|マイロネフ|さんの言うような指導・支援をすることは納得できますが,後者に対しても同様の主張をなさるのでしたら私はハッキリとマイロネフさんの主張にNOと言わせていただきます.



今一度|マイロネフ|さん,|JEFF|さんのコメントを最初から読み直し,改めて真摯な対応へと変更していただけないかと思います.



~~~
私も,ロードバイクに乗りますが,もう少しスポーツとしての自転車が広がればいいなと感じています.
だからこそ,スポーツとしての乗り方・サドル高に固執するのみでは不十分であり,その前段階として全ての自転車利用者に,「サドル高」が運転速度や姿勢のきつさ・楽さにかかわる要因であると伝えるべき,という考えです.



~~~
再記ですが,上記は「後になって初めて言えること」であります.
投稿時間を見るに,即時的な押収であったと感じますので,その中で両名が欠いてしまった言葉もあるとは思います.
実際に|JEFF|さん側の最初のコメントなどは,質問の形式はとっておらず,不備の指摘だとしても,言葉足らずとは感じました.

さらに,そもそも上記の解釈,私の意見が100%正しいとも思いません.

あくまでも,文脈を読んだ,私の判断でしかないことをお伝えして,一度投稿させていただきます.




~~~
補:私の自転車はサドル乗車時に足がつく高さではありません.
なぜならば,道路環境に応じたスピードコントロール,体重移動,ブレーキ,ハンドリングにより多くの危険を回避しうると考えているからです.

上記に「足が着く事」をに加えても追加的に危険回避の能力が向上するとは感じないです.
私の場合は,サドルから腰を下ろせば,トップチューブを跨ぐ形で両足がキチンと着きます.




~~~
「また停止に伴う降車が面倒なため」としていますが,「停止が面倒」なら合意しますが,「停止に伴う降車が面倒」とは私は感じません.
この点,他の読者の方にも同意をいただけると,現段階では感じています.

よって「降車するのが面倒だから,停止しない」等という因果関係を無視した批判にも,納得できません.



~~~
日本人と欧米人の体格が異なることは認めます.
しかし,足の長い欧米人はサドルを日本人よりも高くして,欧米人にとって足がつかないサドル高で自転車を利用しています.
そのため,日欧差の話を持ち出したとしても,「両足が地面につかないサドル高」であることに変わりはありません.

| こじま | 2014/04/07 12:06 | URL | ≫ EDIT

サイクリング禁止反対

[こじま]殿|2014/04/07 12:06|付へ.

当方の説明不足のためか[こじま]殿にも少々誤解を招いたようなので,お詫びかたがた改めて申し上げたい.

サドルの高さについては,私はそこまで硬直的に考えてはいない.
乗り始めの幼児や高齢者には,極論すれば“ローライダー”のような自転車のサドルの高さが明らかに安全である場合もあろう.

しかし,私の見る限りにおいて,自転車通学の高校生の多くは幼児期に覚えたままとしか見受けられない低いサドル高で使用している.彼等は先輩からも誰からも適切なサドルの調整法を教わらず,僅かな坂も登れない苦痛なだけの自転車しか知らないまま,卒業とともに放置自転車の山を作ってしまうのだ.

低過ぎず高過ぎずでもない適正なサドル高で長距離でも疲労の少ない快適な自転車が環境対策にも有効なのである.

| マイロネフ | 2014/04/07 14:26 | URL | ≫ EDIT

|マイロネフ|さん

返答ありがとうございます.


~~~
>サドルの高さについては,私はそこまで硬直的に考えてはいない.

世捨人さんに対してはややキツ目にコメントされている事や,JEFFさんに対して高圧的と感じられる記述を見た時点では,申し訳ないですが「硬直的に考えているのでは?」と疑っておりました.
改めて,そのような意思がないことを表明していただいたので,疑念は晴れました.



~~~
>乗り始めの幼児や高齢者には,極論すれば“ローライダー”のような自転車のサドルの高さが明らかに安全である場合もあろう.
>低過ぎず高過ぎずでもない適正なサドル高で長距離でも疲労の少ない快適な自転車が環境対策にも有効なのである.

これらの意見に賛成します.
「適正な」には悪路・悪天候といった通行環境が含まれていると,私は解釈しています.

| こじま | 2014/04/07 18:19 | URL | ≫ EDIT

|JEFF|さん

>そのマイロネフさんが推奨するサドルの高さで、ぬかるみや雪上を走行してみることをぜひ一度お試しください。
|JEFF|2014/04/06 20:59|

>重心が高い方がバランスを崩したときの危険性は高いと思いますけどね。
|JEFF|2014/04/06 22:05|


|マイロネフ|さんが改めた文章内では,「幼児や高齢者には(中略)“ローライダー”のような自転車のサドルの高さが明らかに安全である場合もあろう.」ということで,安全のためには推奨されるサドル高が違う事が示唆されています.
このような回答であれば,上記二つの質問者である|JEFF|さんからも納得,もしくは譲歩したうえでの納得が可能だと思うのですが,いかがでしょうか?

よろしければ,意見を聞かせていただければと思います.

| こじま | 2014/04/07 18:20 | URL |

ここからは,補足的な私の意見です.

いろいろすっ飛ばして一般化してしまうと,下記が日本における自転車の現状と感じています.

自転車の利用に関して,簡便な方法でより快適・より安全な利用が可能になるにも関わらず,「簡便な方法」があまりにも周知されていないために,不必要な水準で「自転車は不便」「自転車は危

険」と捉えられている.

例:サドル高,左側通行,夜間点灯,タイヤの空気圧チェック,注油,etc.

| こじま | 2014/04/07 18:20 | URL | ≫ EDIT

こじまさんへ。

いろいろと丁寧に説明していただいてありがとうございました。
ぼくのスタンスとしては、「ロードバイクの常識をすべて最良として他にも適用するのがあたりまえだ」みたいな論旨には賛同できないということです。

まぁ、それが批判のための批判と言われる所以かもしれませんが、理由はきちんとあるので、前のコメントで述べさせてもらいました。

世の中にはいろいろな状況があるし、人によっては事情もあるし、好き嫌いもある。
できるだけ視野は広くしておいた方がいいと思います。

マイロネフさんは、直近のコメントでも高校生の(たぶんママチャリの)サドル高について批判をされていましたが、ロードバイクのようにスピードにこだわるわけでもないしロングライドをするわけでもないママチャリのサドル高など、あれこれいう必要はないと思います。

サドル高だけでなく、土踏まずでペダルを踏もうがかかとで踏もうが乗り手の好き勝手じゃないですか?

高校生にマイロネフさんの美学をいくら説明したところで、彼らの哲学はなんら変わらないと思いますよ。

| JEFF | 2014/04/07 19:51 | URL | ≫ EDIT

高校生の場合、前かごに重たいカバンを乗せることもあるしね。

| JEFF | 2014/04/07 20:00 | URL | ≫ EDIT

前後に幼児を乗せて保育園に向かう若いお母さんたちにも、ぜひ高いサドル高をお薦めなさってくださいな。

| JEFF | 2014/04/07 21:33 | URL | ≫ EDIT

|JEFF|さんへ

返信ありがとうございました.


~~~
>できるだけ視野は広くしておいた方がいいと思います。
>サドル高だけでなく、土踏まずでペダルを踏もうがかかとで踏もうが乗り手の好き勝手じゃないですか?


同意します.

マイロネフさんがお気を悪くされるとは思うのですが,敢えて言わせていただきますと,マイロネフさんのコメント(≠考え方)はやや視野が狭い,と感じる事が何度かありました.
今回も,一回目の段階では私もそう感じてしまいました.


ただ,おそらくマイロネフさんは『「好き勝手」に選択できる』状態にすら至っていない現状をどうにかしたいんだ,と私は推測しています.
そうであるならば,熱意には差があると思いますが,マイロネフさんと同じ考え方であると,改めて表明しておきます.



~~~
>高校生にマイロネフさんの美学をいくら説明したところで、彼らの哲学はなんら変わらないと思いますよ。

同意します.
私も自転車をスポーツ・趣味として楽しんでいる身分であるため,残念には感じるのですが,現在の状態からマイロネフさんの示される考え方が受け入れるまでには,多大な年月・努力が必要と感じます.


この点,マイロネフさんは私よりも自転車にかけてきた時間・情熱をかけてきたかもしれませんが,あくまでも,一自転車乗りの意見としてご容赦ください.



~~~
(注記)
熱意や意見,提示する手段は違えども,マイロネフさんの思考の過程に納得できる部分はありますので,一定の理解はしているつもりですし,それを表明する事も恥ずかしいとは思いません.
一方で,意見や提示する手段は同じであっても,その思考過程が歪んでいれば,納得ができないですし,支持を示すこともないでしょう.
(注記・終)




~~~
どの記事・コメントかは詳述しませんが,以前に敵対的・攻撃的と取れる語調でコメント押収をしてしまい,すいませんでした.
「国語の先生みたいな」話だったと思うのですが,変な人に絡まれたくなかったので,キッパリと対応しようとしてい事が,裏目に出てしまったんだと思います.


>『「ロードバイクの常識をすべて最良として他にも適用するのがあたりまえだ」みたいな論旨には賛同できない』

あの時点での私のコメントも,押しつけがましい記述であったと記憶しています.


~~~
私は,意見が違っている事は当然としたうえで,互いに「どの部分が違うのか」を理解・納得しあう事も,コミュニケーション上必要だと思います.

おせっかいな介入ですが,お二人の意見の差が縮まるなど,何らかの手助けができたのであれば幸いです.

| こじま | 2014/04/07 21:40 | URL | ≫ EDIT

こじまさんへ。

大人のコメント、頭が下がります。
いろいろとお手数をおかけして大変申し訳ありません。

| JEFF | 2014/04/07 21:52 | URL | ≫ EDIT

サイクリング禁止反対

[JEFF]殿|2014/04/07 19:51|付へ.

>サドル高だけでなく,土踏まずでペダルを踏もうがかかとで踏もうが乗り手の好き勝手じゃないですか?
>高校生に[マイロネフ]の美学をいくら説明したところで,彼らの哲学は何ら変わらないと思いますよ.

高校生になっても幼児期の乗り方そのままで良いとは私は思わない.
大多数の生徒はいかにも苦痛な自転車しか知らないまま,卒業すれば「自転車」には見向きもしなくなる.そして運転席から後輩たちの自転車のルーズさを嘆く.長年そんな構図が延々と続いているのである.
いい加減でこんな連鎖は断ち切らねばダメなのだ.
私も一ローディとして出来ることからと,以前乗っていた特急自転車でサイクリング中,所謂ママチャリでぶらぶらしている私と同じ位の背格好の高校生に乗り方の手引きを試みたことが数回あった.
相手が普段乗っている自転車とかなりの違和感があるのか,ひどくふらつくことがあるので,サドルの高さは一応両足つま先が着くように下げてやる等の配慮はした.
結局その手法には何かと問題があるので現在は控えているが,スタントの衝突実験等で危険性をアピールするだけでなく,旧来の「ちょい乗りだけ」の自転車の固定観念を根底からひっくり返すカルチャーショックをぶちかますような自転車教育の改革が必要であるという,基本姿勢は不変である.
私は基本的に疋田氏の意見を全面支持するものである.

| マイロネフ | 2014/04/08 07:58 | URL | ≫ EDIT

マイロネフさんへ。

随分と「高校生」にこだわっておられるようですが、スカートを履いて前かごに重いかばんを乗せた女子高生にも高いサドル高を薦めるのですね。

| JEFF | 2014/04/08 19:05 | URL | ≫ EDIT

[JEFF]殿|2014/04/08 19:05|付へ.

>スカ-トを穿いて前かごに重いかばんを乗せた女子高生にも高いサドル高を薦めるのですね.

自転車通学にはスカートよりスラックスを穿かせるのが望ましい.自転車も運動である以上,できるだけ運動に適した服装で乗るのは当然だ.安全な自転車通学の服装はどうあるべきか,彼女等に課題として考察させるのも良いではないか.

ついでに言うと,サドル高に無頓着な生徒の自転車は必要最小限の整備も行き届かず,見るからに状態の悪いことが多い.小学校高学年以上なら,パンク修理も自分でできるようにさせたいものだ.

| マイロネフ | 2014/04/08 20:09 | URL | ≫ EDIT

>元々このブロガー[世捨人]氏が一般道路におけるロードバイクの存在自体を個人的な感情だけで全否定し,運転台から間違った走り方を見つけては一方的にケンカを売っているのである.
改めるべきは改めるにしても,敵対的な論調には争わざるを得ないのである.


元々、このコメンテーターは一般道路におけるロードバイクの存在自体を個人的な感覚のみで神格化し、多様なライフスタイルによる自転車の乗り方を見つけてはそれを否定し、サドルの上から一方的に自己の考えを押し付けているのである。
改めるべきは改めるにしても、視野の狭い考えには呆れるばかりなのである。

| JEFF | 2014/04/08 21:46 | URL | ≫ EDIT

サイクリング禁止反対

[JEFF]殿|2014/04/08 21:46|付へ.

>改めるべきは改めるにしても,視野の狭い考えには呆れるばかりなのである.

誰のことを指して言っておられるのか?
疋田氏か? それとも[マイロネフ]のことか?
「視野が狭い」とは? 何のことかさっぱり分からん.
道路政策の現状全てをありのまま受け入れるのが「大人」か?
車種を問わず自転車愛用者として正当な苦情要望を申し立てるのがバカガキか?
自転車自体がポンコツでも,それでいい?
自転車レーンが凸凹でも,それでいい?
傘さしで連続片手放しでも,それでいい?
携帯スマフォ見ながら自転車転がして,それでいい?
子ども等の夢をつなげない自転車でも,それでいい?

| マイロネフ | 2014/04/08 22:30 | URL | ≫ EDIT

マイロネフさんへ。

>>スカ-トを穿いて前かごに重いかばんを乗せた女子高生にも高いサドル高を薦めるのですね.
>自転車通学にはスカートよりスラックスを穿かせるのが望ましい.自転車も運動である以上,できるだけ運動に適した服装で乗るのは当然だ.安全な自転車通学の服装はどうあるべきか,彼女等に課題として考察させるのも良いではないか.

ということは、あくまでもスカートの女子高生はそのままのサドル高でいいということですね。
安心しました。

それと、自転車にはBMXとかビーチクルーザーというのもあるんですが、それらも高いサドル高じゃないとダメなんでしょうか?

| JEFF | 2014/04/08 22:36 | URL | ≫ EDIT

サイクリング禁止反対

[JEFF]殿|2004/04/08 22:36|付へ.

>ということは,あくまでもスカートの女子高生はそのままのサドル高でいいということですね.
安心しました.

自転車通学生はスカートでなく,スラックスにするよう校則で指導するのが望ましいと私は言っている.
逆に,低いサドルにスカートでなければならない理由とは何か.
ご見解を伺いたい.

>それと,自転車にはBMXとかビーチクルーザーというのもあるんですが,それらも高いサドル高じゃないとダメなんでしょうか?

そのような特殊な自転車は,ここでは除外して論じるものとする.
その話のついでだから,初めて自転車に乗る子どもにペダル無しで両足で蹴って進む自転車に慣れさせたら,今度はBTRのようなサドルの無い自転車で「交通安全自転車コンクール」の練習でもさせたらどうか.サドルが無ければ両足が着くも着かないもない.
それで適正なサドルの高さが自ずと分かるようになるだろう.

| マイロネフ | 2014/04/08 23:07 | URL | ≫ EDIT

聞かれたので答えます。
僕はマイロネフさんじゃないので。

>誰のことを指して言っておられるのか?
>疋田氏か? それとも[マイロネフ]のことか?

疋田さんって誰ですか?
そんな人は知りません。

>「視野が狭い」とは? 何のことかさっぱり分からん.

世の中にはいろいろな自転車の乗り方があるということです。
なぜそれを認めないのでしょうか。

>道路政策の現状全てをありのまま受け入れるのが「大人」か?

誰がそんなことを言っているのでしょうか?
少なくとも感情論や自分の思い込みだけでコメントを書かない人が「大人」だと思います。

>自転車自体がポンコツでも,それでいい?

ポンコツ自転車に乗ることの何が悪いのでしょうか?

>自転車レーンが凸凹でも,それでいい?

甘ったれるなと言いたい。
凹凸が気になって自転車に乗れないというのなら、いっその事やめてしまいなさい。

>傘さしで連続片手放しでも,それでいい?

サドル高と何が関係あるのですか?

>携帯スマフォ見ながら自転車転がして,それでいい?

サドル高と何が関係あるのですか?

>子ども等の夢をつなげない自転車でも,それでいい?

そんな訳のわからない言葉で物事を批判し共感を得ようとする人自体、信用なりません。

それから、前の僕の質問にも答えてくださいね。

| JEFF | 2014/04/08 23:07 | URL | ≫ EDIT

>逆に,低いサドルにスカートでなければならない理由とは何か.
>ご見解を伺いたい.

乗り降りしづらんじゃないですか。
風が強い時にスカートを抑えなきゃなんないし、重心が低いほうが安全でしょう。

高いサドル高を強制して、スカートの中を覗きたいのですか?

| JEFF | 2014/04/08 23:16 | URL | ≫ EDIT

>そのような特殊な自転車は,ここでは除外して論じるものとする.

「特殊」じゃないですよ。
少数派かもしれませんが。
「特殊」として片付けてしまおうとするのは、あなたにとって都合がわるいからですよね。

自転車の多様性、それぞれの「価値観」というものをきちんと見つめなおしてください。

| JEFF | 2014/04/08 23:26 | URL | ≫ EDIT

>自転車通学生はスカートでなく,スラックスにするよう校則で指導するのが望ましいと私は言っている.

だからね、そんなことはあなたにはできないでしょ。
だったら、スカートの女子高生はどうすればいいの?

あ、それから前後に幼児を乗せた保育園に向かう母親のサドル高は?

| JEFF | 2014/04/08 23:40 | URL | ≫ EDIT

サイクリング禁止反対

[JEFF]殿|2014/04/08 23:16|付へ.

>高いサドル高を強制して,スカートの中を覗きたいのですか?

こんな失敬千万な物言いは言語道断だ.
疋田智という人物もご存知ないとは・・・・・・・w.
[世捨人]氏がこの記事の冒頭に挙げている人である.
貴方のような人には,今後一切返答は拒否する.
時間の無駄だ.

| マイロネフ | 2014/04/09 00:16 | URL | ≫ EDIT

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>自転車に乗り初めの幼児や高齢者はともかく,小学校3年生以上ならペダルを下死点へ回した時,かかとを乗せて膝が真っ直ぐになるように合わせる最も効率的で適正なサドルの高さで乗るようにさせたいものだ.急停車するときはサドルの前へポンと尻を下ろして足を着くように練習させれば良い. 非スポーツ系の通学自転車に乗っている高校生でも,分かる生徒は実践している. 「交通の安全に関する教則」の中で「両足が地面に着く高さ」と書かれているのは,世界の自転車を全く知らないド素人の発案でしかない. いつもの「安全のため効率や快適性を犠牲にせよ」等という[世捨人]殿のご要求は断じて拒否する.

ゆっくり目を閉じ、両手を胸に当てて、同じくことが言えますか?

| 世捨人 | 2014/04/09 01:33 | URL |

サイクリング禁止反対

[世捨人]殿|2014/04/09 01:33|付へ.

>ゆっくり目を閉じ,両手を胸に当てて,同じくことが言えますか?

私自身の実体験に立脚した発言であり,確たる自信を持っている.
私は基本的に疋田氏を支持する.

| マイロネフ | 2014/04/09 06:16 | URL | ≫ EDIT

サイクリング禁止反対

[こじま]殿|2014/04/07 21:40|付へ.

遅ればせながら,ご丁寧なコメントに感謝を申し上げたい.
ただ,わが日本における自転車を取り巻く現状には,車種に関係なく自転車愛用者の誰もが納得できない事が多いのは明らかである.それをどこの誰に訴えても解決する見込みがないので諦め半分でいるのが実情であるとみている.

私の表現が,やや「キツくて乱暴」という印象をお持ちになられたのかも分からないが,誰かが一度は毅然と発言しなければいつまで経っても打開につながらない.

今回のサドル高の問題にしても,若い時期に一度身につければ車種やスピードに関係なく「楽に走れる」事を実感できるし,しゃがんでペダルをこぐようなサドル高ではすぐに膝の筋肉が痛くなって乗り続けていられなくなってしまう.

ここで「幼児2人同乗の婦人自転車(所謂ママチャリ)はどうなのだ」という話になるが,幼児を乗せないか,同等程度の重量の荷物を積んでいろいろな高さに変えて実験して,最も漕ぎやすくて安全な高さに固定すれば良い話だ.その結果まで私がとやかく言う気は毛頭無い.

要するに,地域間交通の中における自転車の機能をどう活用し向上させるかの問題だ.滑らない程度に滑らかな自転車専用レーンは幼児2人乗り自転車,車椅子,それに全ての自転車利用者にとって使いやすく安全であり,公益に大きく資するものと確信する.

ついでながら,「ポンコツ自転車に乗ることの何が悪いのでしょうか?」等と言う論外なコメントを書く人に返答はできない.車種を問わず必要な点検整備がきちんと行き届いた綺麗な自転車は誠に好感の持てるものである.逆にサビだらけで整備不良のポンコツ自転車はそれこそ乗り手の安全意識が知れる.

私の意見が余りに一方的という印象をお持ちになられたとすれば,大変不本意なことである.ただ,広義の自転車スポーツの普及,底辺の拡大と交通道徳の両立のため,反省すべきは反省しながらも,発言すべき事は正々堂々と申し上げてゆく所存である.
何卒その辺をご理解願えれば幸甚である.




| マイロネフ | 2014/04/09 20:25 | URL | ≫ EDIT

外においておけば自転車は錆びるものだ。

住宅環境に恵まれていなかったり、メンテンスを十分に行う時間的余裕のない人だって大勢自転車に乗っている。
誰もがスポーツ的感覚で自転車を利用しているとは限らない中で、そういう発言を繰り返すのなら、再び「視野狭窄」だと指摘せざるを得ない。
ライフスタイルは、みなそれぞれ違うのだ。

| JEFF | 2014/04/09 20:45 | URL | ≫ EDIT

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>>ゆっくり目を閉じ,両手を胸に当てて,同じくことが言えますか?
>私自身の実体験に立脚した発言であり,確たる自信を持っている.
私は基本的に疋田氏を支持する

悔い改めてください。

| 世捨人 | 2014/04/17 00:13 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/92-6b91bbdb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT