今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロードバイクに対人無制限保険を義務づけよ

▼自転車利用者に自転車保険の加入を義務づける条例が今月1日、名古屋市と鹿児島県で施行された。走る凶器である、自転車を起因とする悲惨な交通事故による対人・対物の賠償責任に備えるためだ。

▼当該自治体に住む自転車利用者は絶対に加入しなければならない。が、住民でなくとも、当該自治体を通行する自転車は、たとえわずかな距離や時間であろうが、条例違反とならぬよう損害保険の加入が必要だ。

▼競技用自転車にあっては長距離走行「ロングライド」や車体を解体し列車で運ぶ「輪行」で越境する輩(やから)がはびこっている。自転車保険義務づけ自治体を無保険で侵入するリスクが高く、道交法で保険加入義務づけを明文化すべきでないか。

▼ただ、スピードレース用に開発され衝突被害が甚大となろう、競技用自転車の損害賠償責任がママチャリと同等とは被害者感情を逆なでしかねない。賠償限度額を定めない対人・対物無制限保険が必須だ。法改正が待たれる。

自転車保険加入を呼びかける
ポスター
関連記事

| 22:23 | コメント:62 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

珍しく少しまともなことを書いているなというのが率直な感想です。

しかし私として以前よりの疑問が義務付けがあるから入るのではなく支払い能力がなければ入るべきだと思います。つまりは条例でなく全国で法整備するべきだと思います。

また
>ただ、スピードレース用に開発され衝突被害が甚大となろう、競技用自転車の損害賠償責任がママチャリと同等とは被害者感情を逆なでしかねない。賠償限度額を定めない対人・対物無制限保険が必須だ。法改正が待たれる。

とありますが、私の意見としてはさらに速度のでる乗り物かつ世捨人をして危険な乗り物といわしめる自動車にあっても当然自賠責を無制限にするべきだと思いますよ。

また自転車においても以前言った防犯登録による管理がなされたら無保険車の管理等もスムーズに行くと思います。

| ただの通りすがり | 2017/10/17 07:19 | URL |

たしかに、珍しく多少まともですね。

賠償額を無制限とする保険は、実際には年間数百円程度の負担増ですむそうですから積極的に推進すべきだと思います。

| 自転車は歩道 | 2017/10/17 13:16 | URL |

自転車は歩道さん | 2017/10/17 13:16 |へ

>たしかに、珍しく多少まともですね。

本当ですか?

自転車を「走る凶器」としている記事ですよ。

世捨人さんに洗脳されてませんか?

大丈夫ですか。


>賠償額を無制限とする保険は、実際には年間数百円程度の負担増ですむそうですから積極的に推進すべきだと思います。

自動車(自賠責)の話ですか?

それとも自転車の話ですか?

年間数千円で加入できる保険での数百円アップは、エコでセコなママチャリ族には大きな負担です。

自動車でさえ、義務化されている自賠責保険の保険金額は、3000万~4000万です。

自転車の保険に無制限など、隕石や弾道ミサイルやカーボンフレーム自転車への落雷のリスクに対する備えと同様に全く不要です。

そもそも、保険に加入するかどうかは、自転車乗り一人ひとりが決めることであって、法律や条例で、強制されるものではありません。

条例で強制しなければならないとは、自立(自律)出来ない名古屋市民の民度の低さを露呈する恥ずかしい事例ですよ。

大丈夫ですか?

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/17 17:59 | URL |

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/17 17:59 | URL |

>条例で強制しなければならないとは、自立(自律)出来ない名古屋市民の民度の低さを露呈する恥ずかしい事例ですよ。

国民健康保険制度、雇用保険制度、国民年金制度をみると法律で強制しなければいけないということは名古屋市民だけでなく日本国民全体が自立(自律)できず民度が低いと言うことでしょうか?

| ただの通りすがり | 2017/10/18 14:21 | URL |

>条例で強制しなければならないとは、自立(自律)出来ない名古屋市民の民度の低さを露呈する恥ずかしい事例ですよ。大丈夫ですか?

大丈夫ですか?と言われてもねぇ、
名古屋市民じゃないので問題無いですとしか言えない。

誰に指して言ったのか謎ですが、名古屋市民ママチャリ族代表のときどきオアゾツーキニストさんにとっては痛恨の民度の低さを露呈してしまった恥ずかしい事例だったわけですね。

名古屋市と鹿児島県で、と言っているのに名古屋市だけピックアップするのはやはり名古屋市ママチャリ族の民度が低い事を認知し露呈してしまっただけですね、端的に言えば自損事故(自爆)でしょうか。

ご苦労様です。

| silentmajority | 2017/10/18 16:34 | URL |

ただの通りすがりさん | 2017/10/18 14:21 |へ

>>条例で強制しなければならないとは、自立(自律)出来ない名古屋市民の民度の低さを露呈する恥ずかしい事例ですよ。
>国民健康保険制度、雇用保険制度、国民年金制度をみると法律で強制しなければいけないということは名古屋市民だけでなく日本国民全体が自立(自律)できず民度が低いと言うことでしょうか?

米国では、オバマケア(健康保険制度)導入については議論が別れ、現在も見直しが検討されています。

日本の国民健康保険制度についても、少子高齢化・医療技術の進歩等を踏まえて、患者負担割合や自由(混合)診療について、毎年見直しが行われています。

雇用保険制度は、事業主の義務ではあっても労働者にとっては貴重な権利でしょう。

国民年金制度については、まさに若年層の加入率低下が問題となっています。

「珍しく少しまともなことを書いているなというのが率直な感想です。」(byただの通りすがりさん| 2017/10/17 07:19 )などと世捨人さんに洗脳され、
「しかし私として以前よりの疑問が義務付けがあるから入るのではなく支払い能力がなければ入るべきだと思います。つまりは条例でなく全国で法整備するべきだと思います。」(byただの通りすがりさん| 2017/10/17 07:19 )などと大騒ぎするものでもありません。

自転車保険に加入するかどうかは、自転車乗り一人ひとりが決めることであって、自賠責保険のように広く国民全体に義務付ける程のリスクがないため、国会を通すことの出来ないのです。

三人乗り自転車騒動の際に、携帯ながら自転車禁止条例が全国一斉に定められた動きと同様に、自転車と自動車のリスクの違いを理解出来ないお役人の机上の空論で利権を拡げているだけのことです。

本当にしっかりして下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/18 17:43 | URL |

silentmajorityさん | 2017/10/18 16:34 |へ

>>条例で強制しなければならないとは、自立(自律)出来ない名古屋市民の民度の低さを露呈する恥ずかしい事例ですよ。大丈夫ですか?
>大丈夫ですか?と言われてもねぇ、名古屋市民じゃないので問題無いですとしか言えない。

広く世の中に公開されているブログのコメント欄に、岡目八目でしゃしゃり出て置きながら、無責任なことです。


>誰に指して言ったのか謎ですが、名古屋市民ママチャリ族代表のときどきオアゾツーキニストさんにとっては痛恨の民度の低さを露呈してしまった恥ずかしい事例だったわけですね。

自転車は歩道さん | 2017/10/17 13:16 |へ向けたコメントです。

謎ですか?

小生は、ママチャリ族の代表であって、名古屋市民ではありません。

いつぞやの名無しの権兵衛さんと一緒で、どうでも良い事に喰い付かれても困りものです。


>名古屋市と鹿児島県で、と言っているのに名古屋市だけピックアップするのはやはり名古屋市ママチャリ族の民度が低い事を認知し露呈してしまっただけですね、端的に言えば自損事故(自爆)でしょうか。ご苦労様です。

九州人としては、明治維新を成し遂げた鹿児島県人へリスペクトから敢えて見過ごしたということです。

ちなみに、自転車の側方通過時の1.5メートルルールで話題となった愛媛県では「愛媛県自転車の安全な利用の促進に関する条例」で保険加入が自転車利用者の努力責務とされています。

(自転車利用者の責務)第5条
第5条 第2項 自転車を利用する者は、自転車損害保険等への加入に努めなければならない。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/18 18:56 | URL |

では歩行者にも無保険車特約なる保険を用意するべきでしょう。実際に事故しました払えませんでは話になりませんよ。

洗脳といっていますが被害者が泣き寝入りする環境をなくすことは良いことだと思いますが泣き寝入りの方がいいのでしょうか?

>日本の国民健康保険制度についても、少子高齢化・医療技術の進歩等を踏まえて、患者負担割合や自由(混合)診療について、毎年見直しが行われています。

長たらしく書いていますが保険が強制なのに代わりはありませんよね?内容の見直しは任意保険に置いても逐一されてますよ。

>米国では、オバマケア(健康保険制度)導入については議論が別れ、現在も見直しが検討されています。

つまりはアメリカよりも日本の民度が低いと言うことですね。

>国民年金制度については、まさに若年層の加入率低下が問題となっています。

それは本当に加入率でしたか?
おそらく支払い率の間違いだと思いますがもう一度確認してみてください。

| ただの通りすがり | 2017/10/18 19:28 | URL |

保険会社が利益を得るだけで、交通事故の抑止策になるとは思えない。交通被害者を救うのは、重大な交通事故が起きないようにすることじゃないの。市議会の考え方が間違ってる。


| 自転車は歩道 | 2017/10/18 20:51 | URL |

ただの通りすがりさん | 2017/10/18 19:28 |へ

>では歩行者にも無保険車特約なる保険を用意するべきでしょう。実際に事故しました払えませんでは話になりませんよ。

意味不明です。

民事上のトラブルに「行政」が介入する必要はありません。

万一の際の賠償責任に備えるために、任意保険に加入するかどうかは、自転車乗り一人ひとりが決めることです。


>洗脳といっていますが被害者が泣き寝入りする環境をなくすことは良いことだと思いますが泣き寝入りの方がいいのでしょうか?

賠償責任能力のある自転車乗りにとっては、無駄な保険料を支払わされるのは、迷惑千万です。

また、万々一にも歩行者を巻き込むような事故を惹起しないように、エコでセコで衰えた脚力で、ただただ真っ直ぐ前を向いて、ゆっくりゆったり堂々と大人しく、たまにはふらふらとふらつきながらでも車道左端通行を、かれこれ50年以上続けている小生にとっても、無駄な保険料の支払いを強制されることは、悪いことです。

事故は、自己責任です。

「自分の身は自分で守る。」ことです。


>>日本の国民健康保険制度についても、少子高齢化・医療技術の進歩等を踏まえて、患者負担割合や自由(混合)診療について、毎年見直しが行われています。
>長たらしく書いていますが保険が強制なのに代わりはありませんよね?内容の見直しは任意保険に置いても逐一されてますよ。

日本の健康保険制度が強制加入だからこそ、制度設計を行う厚生官僚・医師会に利権が生じるのです。

利権が生じているからこそ、東大理科Ⅰ類合格者が国公立医学部に流れるのです。


>>米国では、オバマケア(健康保険制度)導入については議論が別れ、現在も見直しが検討されています。
>つまりはアメリカよりも日本の民度が低いと言うことですね。

オバマケアはあくまでも、任意保険です。


>>国民年金制度については、まさに若年層の加入率低下が問題となっています。
>それは本当に加入率でしたか?おそらく支払い率の間違いだと思いますがもう一度確認してみてください。

加入率でも支払率でもなく、納付率でした。

ちなみに、日本経済新聞のネット版2017/6/30 20:22では、以下のとおり、大本営発表と異なり、「実質的な納付率は40.5%と前年度から0.2ポイント低下した。」と結んでいます。

国民年金納付率65% 16年度、実質は40.5%
 厚生労働省は30日、自営業者らが入る国民年金に関し、被保険者が納めるべき保険料のうち実際に払われた割合を示す納付率が2016年度に65.0%になったと発表した。前年度から1.7ポイント上昇し、改善は5年連続。低所得などで保険料を免除・猶予される人は算出から除いており、それらを含む実質的な納付率は40.5%にとどまる。
 16年度末時点の加入者数は前年度から93万人減少し、1575万人。日本年金機構が企業に対し厚生年金の加入指導を進めていることや、16年10月に適用対象をパートなどの短時間労働者にも広げ、厚生年金に移行する人が増加したことなどが要因。都道府県別では島根県が79.6%と最も高く、沖縄県の47.8%が最低だった。
 納付率は低所得者や学生ら保険料の納付を免除・猶予されている人を対象者から除いて算出。16年度の全額免除・猶予の人は前年度より7万人増の583万人。これらを対象に含めた実質的な納付率は。40.5%と前年度から0.2ポイント低下した。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/19 13:11 | URL |

>民事上のトラブルに「行政」が介入する必要はありません。

車の自賠責はどう説明されますか?

>賠償責任能力のある自転車乗りにとっては、無駄な保険料を支払わされるのは、迷惑千万です。

たしかにそうかもしれませんが自賠責保険の例もあります。それでもと言うことでしたら、賠償責任能力のあることを証明できれば保険加入不要な制度にすればいいだけではないのですか?
当然その段階で即金を常に用意されてなければいけないでしょうけども。

>日本の健康保険制度が強制加入だからこそ、制度設計を行う厚生官僚・医師会に利権が生じるのです。
利権が生じているからこそ、東大理科Ⅰ類合格者が国公立医学部に流れるのです。

お得意の話題逸らしですね。

>オバマケアはあくまでも、任意保険です。

ですから、強制保険の日本はアメリカより民度が低いと言うことでしょう。
あなたは強制保険はそのまま民度の低さを表す旨の発言をされましたから。

>加入率でも支払率でもなく、納付率でした。

国民年金は二十歳以上で日本に住民票があれば強制加入です。つまりこれも民度の低さですね。

| ただの通りすがり | 2017/10/19 14:43 | URL |

ただの通りすがりさん | 2017/10/19 14:43 |へ

>>民事上のトラブルに「行政」が介入する必要はありません。
>車の自賠責はどう説明されますか?

そこからですか?

毎年3500名の命を奪う危険な自動車と、幼児から高齢者まで障害者と健常者の隔たり無く国籍不問で生活に密着した交通手段として誰もが利用する自転車は、その危険性からそもそもの全く位置付けが異なります。

自動車の運転は、毎年3500名の命を奪うほどに危険だから、運転免許を受けなければならないのです。

1トンを超える車重で足先でのアクセル操作一つで100キロを超えるスピードが出てしまう自動車自体が毎年3500名の命を奪うほどに危険で、かつ排ガス等で環境を破壊するものだから、技術基準に適合し、ナンバープレートを受領しなければ、利用出来ないのです。

危険な自動車は、車検や運転免許の制度で、特別に許された場合にだけ、利用出来るとされているのです。

特別に許される条件として、賠償責任も義務付けられているのです。

道路交通法(運転免許)
第八十四条 自動車等を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許を受けなければならない。

道路運送車両法(登録の一般的効力)
第四条 自動車は、自動車登録ファイルに登録を受けたものでなければ、これを運行の用に供してはならない。

(自動車の構造)
第四十条 自動車は、その構造が、保安上又は公害防止その他の環境保全上の技術基準に適合するものでなければ、運行の用に供してはならない。

自動車損害賠償保障法(この法律の目的)
第一条 この法律は、自動車の運行によつて人の生命又は身体が害された場合における損害賠償を保障する制度を確立することにより、被害者の保護を図り、あわせて自動車運送の健全な発達に資することを目的とする。


>>賠償責任能力のある自転車乗りにとっては、無駄な保険料を支払わされるのは、迷惑千万です。
>たしかにそうかもしれませんが自賠責保険の例もあります。それでもと言うことでしたら、賠償責任能力のあることを証明できれば保険加入不要な制度にすればいいだけではないのですか?当然その段階で即金を常に用意されてなければいけないでしょうけども。

毎年3500名の命を奪う自動車の例を持ち出されても困りものです。

たかが自転車のために、賠償責任能力の証明などと面倒な行政コストの積み上げは全く不要です。


>>日本の健康保険制度が強制加入だからこそ、制度設計を行う厚生官僚・医師会に利権が生じるのです。利権が生じているからこそ、東大理科Ⅰ類合格者が国公立医学部に流れるのです。
>お得意の話題逸らしですね。

自転車の話題に、日本の健康保険制度を持ち出して、話題を逸らし始めたのは、ただの通りすがりさんご自身です。

小生は、話題逸らしに乗っかって、ただの通りすがりさんご自身に話題逸らしであることに気付いて頂いただけのことです。


>>オバマケアはあくまでも、任意保険です。
>ですから、強制保険の日本はアメリカより民度が低いと言うことでしょう。あなたは強制保険はそのまま民度の低さを表す旨の発言をされましたから。

なかなか伝わりませんね。

日本とアメリカの民度などと大風呂敷を広げて誤魔化しても無駄です。

自動車と自転車の危険度の違い、交通手段としての位置付けの違いも理解せずに、世捨人さんに洗脳されているただのただの通りすがりさんの民度を問うています。


>>加入率でも支払率でもなく、納付率でした。
>国民年金は二十歳以上で日本に住民票があれば強制加入です。つまりこれも民度の低さですね。

民間の生命保険会社の個人年金保険よりも信頼性が劣るために、義務付けられても納付率は40%程度だということです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/19 18:19 | URL |

>自動車損害賠償保障法(この法律の目的)
第一条 この法律は、自動車の運行によつて人の生命又は身体が害された場合における損害賠償を保障する制度を確立することにより、被害者の保護を図り、あわせて自動車運送の健全な発達に資することを目的とする。

これはそのまま自転車にも当てはまるとは思いませんか?

>たかが自転車のために、賠償責任能力の証明などと面倒な行政コストの積み上げは全く不要です。

公共福祉とはコストのかかるものです。
そのコストに見合う効果はあると思いますよ。

>自転車の話題に、日本の健康保険制度を持ち出して、話題を逸らし始めたのは、ただの通りすがりさんご自身です。

あなたが強制保険は民度の低さを表すと言ったので強制保険の例をあげたまでです。
それに対して医者や官僚の利権の話は必要ではないでしょう。

>なかなか伝わりませんね。

強制保険=民度の低さと言うことは十分に伝わっておます。

>自動車と自転車の危険度の違い、交通手段としての位置付けの違いも理解せずに、世捨人さんに洗脳されているただのただの通りすがりさんの民度を問うています。

自転車の賠償責任能力ですが自転車であろうと車であろうと被害が同じであれば相殺を抜きにして同額の賠償額になるものであります。つまりは同等のレベルの賠償能力が求められているということです。そこから考えても最低限自賠責レベルの預金または保険がなければいけないと考えるのは至極当然と思いますが?

>民間の生命保険会社の個人年金保険よりも信頼性が劣るために、義務付けられても納付率は40%程度だということです。

それでもあなたの忌み嫌う矯正の保険のような物です。

| ただの通りすがり | 2017/10/19 23:16 | URL |

ただの通りすがりさん | 2017/10/19 23:16 |へ

>>自動車損害賠償保障法(この法律の目的)
第一条 この法律は、自動車の運行によつて人の生命又は身体が害された場合における損害賠償を保障する制度を確立することにより、被害者の保護を図り、あわせて自動車運送の健全な発達に資することを目的とする。
>これはそのまま自転車にも当てはまるとは思いませんか?

まさに、世捨人さんに洗脳されていませんか?

手軽で気軽で便利で生活に密着した脚力頼みの自転車で、日頃から「スピードの出し過ぎ」で多摩川の河川敷の高齢者を薙ぎ倒してしまうような暴走をされているのですか?

シートベルトとエアバックに守られながら足先のアクセル操作一つで1トンを超す鋼鉄の塊が100キロを超すスピードで、歩行者や自転車を跳ね飛ばし、毎年3500名の命を奪う自動車と、脚力頼みでバランスを崩せばふらふらと自転車乗り自身が足を着いてしまう自転車では、人の生命又は身体を害する危険性が全く異なります。


>>たかが自転車のために、賠償責任能力の証明などと面倒な行政コストの積み上げは全く不要です。
>公共福祉とはコストのかかるものです。そのコストに見合う効果はあると思いますよ。

隕石や弾道ミサイルやカーボンフレーム自転車への落雷の危険性をもって、外出禁止としで地下壕生活を強いることと同レベルの話です。

自分の身は自分で守るものです。

税金の無駄遣いはご勘弁下さい。


>>自転車の話題に、日本の健康保険制度を持ち出して、話題を逸らし始めたのは、ただの通りすがりさんご自身です。
>あなたが強制保険は民度の低さを表すと言ったので強制保険の例をあげたまでです。それに対して医者や官僚の利権の話は必要ではないでしょう。

自転車の任意保険がコストに見合うものであれば、自動車の任意保険と同様に普及するものです。

法律や条例で強制する必要はありません。

税金の無駄遣いが、そのまま、医者や官僚の利権となるのです。

何故、ご理解頂けないのでしょうか?


>>なかなか伝わりませんね。
>強制保険=民度の低さと言うことは十分に伝わっておます。

強制保険???

任意保険の強制でしょう。

そして、民間会社の任意保険である自動車保険や火災保険等に付帯されている個人賠償保険への加入率が低く、強制しなければならないとすれば、自転車事故以外の他人に迷惑を掛ける万一のリスクへの備えを怠っているということで、民度が低いと言わざるを得ないでしょう。


>>自動車と自転車の危険度の違い、交通手段としての位置付けの違いも理解せずに、世捨人さんに洗脳されているただのただの通りすがりさんの民度を問うています。
>自転車の賠償責任能力ですが自転車であろうと車であろうと被害が同じであれば相殺を抜きにして同額の賠償額になるものであります。つまりは同等のレベルの賠償能力が求められているということです。そこから考えても最低限自賠責レベルの預金または保険がなければいけないと考えるのは至極当然と思いますが?

あれあれ?

世捨人さんに洗脳されて、自賠責も無制限とすべきというご主張から変節されたのかな?

自転車は相対的に危険性が低いから3000~4000万のレベルで良いのかな?


>>民間の生命保険会社の個人年金保険よりも信頼性が劣るために、義務付けられても納付率は40%程度だということです。
>それでもあなたの忌み嫌う矯正の保険のような物です。

矯正≠強制 ???

のような物 ???へなへなと腰折れされたものですね。

世捨人さんに矯正されてしまうただの通りすがりさんの民度のような物ですかね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/20 09:40 | URL |

>民間会社の任意保険である自動車保険や火災保険等に付帯されている個人賠償保険への加入率が低く、強制しなければならないとすれば、自転車事故以外の他人に迷惑を掛ける万一のリスクへの備えを怠っているということで、民度が低いと言わざるを得ないでしょう。

なぜ、「~強制しなければならないとすれば」と自転車の保険について語っておきながら「自転車事故以外の他人に迷惑を掛ける万一のリスクへの備えを…」と自転車事故を除外するのでしょうか?

| silentmajority | 2017/10/20 14:16 | URL |

silentmajorityさん | 2017/10/20 14:16 |へ

>>民間会社の任意保険である自動車保険や火災保険等に付帯されている個人賠償保険への加入率が低く、強制しなければならないとすれば、自転車事故以外の他人に迷惑を掛ける万一のリスクへの備えを怠っているということで、民度が低いと言わざるを得ないでしょう。
>なぜ、「~強制しなければならないとすれば」と自転車の保険について語っておきながら「自転車事故以外の他人に迷惑を掛ける万一のリスクへの備えを…」と自転車事故を除外するのでしょうか?

日本語大丈夫ですか?

silentmajorityさんは、自転車に乗って、「自分の身は守る。」ということを学び、自立することです。

そのうえで、各種賠償保険の補償対象範囲、保険料等をお勉強されることです。

まずは、そこからです。

頑張れ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/20 15:27 | URL |

>自転車に乗って、「自分の身は守る。」

当然、自分の身は自分で守るべきでしょうが、
万が一のために「保険」は存在します。
そういう意味では万が一の際に「自分の身は自分で守る」範囲を超えた場合「保険」で補うものです。

自転車に乗って、「自分の身を守る」事と
「保険」とは話が別です。

保険とは、将来起こるかもしれない危険に対し、予測される事故発生の確率に見合った一定の保険料を加入者が公平に分担し、万一の事故に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度で、私たちを取りまくさまざまな事故や災害から生命や財産を守る為のもっとも合理的な防衛策です。
未加入の場合これらの防衛策が使えず、自らの財産より出資する事となります、その範囲を超える場合裁判などで刑罰を受ける可能性もあります。

A社・個人賠償責任特約例(損害保険第二分野)

日本国内、国外を問わず、記名被保険者、その配偶者またはこれらの方の同居のご親族・別居の未婚のお子さまが日常生活における偶然な事故(自動車事故を除きます。)により、他人にケガなどをさせたり、他人の財物を壊したりした場合に、法律上の損害賠償責任の額について、保険金をお支払いする特約です。また、記名被保険者、その配偶者またはこれらの方の同居のご親族・別居の未婚のお子さまが責任無能力者の場合に、その親権者や監督義務者等が監督責任を負う場合にも、保険金をお支払いします。なお、A社の同意を得て支出された示談や訴訟・裁判上の和解・調停・仲裁に要した費用などもお支払いします。日本国内で発生した事故に限り示談交渉サービスが付きます。

保険金額

日本国内で発生した事故 無制限
日本国外で発生した事故 1事故につき1億円

保険料は元となる保険本体等により違いますし、付与される個人賠償責任範囲等により異なるため一概にいくらというのはないでしょう。
保険料については個々人が勉強するまでもありません、加入保険会社に問い合わせてください。

>日本語大丈夫ですか?

何がどう大丈夫か?なのでしょうか?

なぜ、「~強制しなければならないとすれば」と自転車の保険について語っておきながら「自転車事故以外の他人に迷惑を掛ける万一のリスクへの備えを…」と自転車事故を除外するのでしょうか?

と問うているのですが、明確な答えを頂いておりません、貴方こそ日本語大丈夫ですか?

| silentmajority | 2017/10/20 16:15 | URL |

silentmajorityさん| 2017/10/20 16:15 |へ

>>自転車に乗って、「自分の身は守る。」
>当然、自分の身は自分で守るべきでしょうが、万が一のために「保険」は存在します。そういう意味では万が一の際に「自分の身は自分で守る」範囲を超えた場合「保険」で補うものです。自転車に乗って、「自分の身を守る」事と「保険」とは話が別です。

脚力頼みの自転車にとって、保険で補わなければならないような万が一の範囲とは、どういった範囲でしょうか?

多摩川の河川敷を爆走し、高齢者を薙ぎ倒して頭蓋骨骨折させる特急(高速度)自転車乗りのための保険を、自転車乗りの太宗を占めるママチャリ族に強制されても困りものです。


>保険とは、将来起こるかもしれない危険に対し、予測される事故発生の確率に見合った一定の保険料を加入者が公平に分担し、万一の事故に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度で、私たちを取りまくさまざまな事故や災害から生命や財産を守る為のもっとも合理的な防衛策です。未加入の場合これらの防衛策が使えず、自らの財産より出資する事となります、その範囲を超える場合裁判などで刑罰を受ける可能性もあります。A社・個人賠償責任特約例(損害保険第二分野)日本国内、国外を問わず、記名被保険者、その配偶者またはこれらの方の同居のご親族・別居の未婚のお子さまが日常生活における偶然な事故(自動車事故を除きます。)により、他人にケガなどをさせたり、他人の財物を壊したりした場合に、法律上の損害賠償責任の額について、保険金をお支払いする特約です。また、記名被保険者、その配偶者またはこれらの方の同居のご親族・別居の未婚のお子さまが責任無能力者の場合に、その親権者や監督義務者等が監督責任を負う場合にも、保険金をお支払いします。なお、A社の同意を得て支出された示談や訴訟・裁判上の和解・調停・仲裁に要した費用などもお支払いします。日本国内で発生した事故に限り示談交渉サービスが付きます。保険金額 日本国内で発生した事故 無制限 日本国外で発生した事故 1事故につき1億円 保険料は元となる保険本体等により違いますし、付与される個人賠償責任範囲等により異なるため一概にいくらというのはないでしょう。保険料については個々人が勉強するまでもありません、加入保険会社に問い合わせてください。

あれあれっ???

単品の自転車保険と火災保険等に付帯される個人賠償責任保険との保険料と自動車保険の保険料を比較しなければ、お話しになりません。

コピー&ペーストで誤魔化しても無駄です。

出直して下さい。


>>日本語大丈夫ですか?
>何がどう大丈夫か?なのでしょうか?なぜ、「~強制しなければならないとすれば」と自転車の保険について語っておきながら「自転車事故以外の他人に迷惑を掛ける万一のリスクへの備えを…」と自転車事故を除外するのでしょうか?と問うているのですが、明確な答えを頂いておりません、貴方こそ日本語大丈夫ですか?

個人賠償責任保険は自転車事故を含めて他人に迷惑を掛ける万一のリスクへの備えでしょう?

自転車事故に備えて保険に入るかどうかは、自転車乗り一人ひとりが、まさに任意に決めることです。

法律や条例で、強制するようなものではありません。

任意に決めることが出来ないということは、やはり、民度を問われるでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/20 19:20 | URL |

>手軽で気軽で便利で生活に密着した脚力頼みの自転車で、日頃から「スピードの出し過ぎ」で多摩川の河川敷の高齢者を薙ぎ倒してしまうような暴走をされているのですか?

競技用自転車に限らず人身事故は存在します。その為守っている一部の人には無意味でも全体として予防線を張る必要があります。

>任意保険の強制でしょう。

任意とはそこに選択権がありますが今回の場合義務であり選択権はありませんよって任意の対義語である強制で何ら問題ないでしょう。

>世捨人さんに洗脳されて、自賠責も無制限とすべきというご主張から変節されたのかな?

ちゃんと読まれましたか?競技用自転車については無制限とのことでしたのでその前提の元では自賠責は無制限にするべきでしょう。

>自転車は相対的に危険性が低いから3000~4000万のレベルで良いのかな?

保険というのは最悪の想定をするべきでしょう。つまり自転車対人で、死亡事故が存在する以上死亡事故の賠償額分備えるのが一般的です。

>のような物 ???へなへなと腰折れされたものですね。

国民年金は正式には保険ではないですからね。

| ただの通りすがり | 2017/10/20 23:28 | URL |

>多摩川の河川敷を爆走し、高齢者を薙ぎ倒して頭蓋骨骨折させる特急(高速度)自転車乗りのための保険を、自転車乗りの太宗を占めるママチャリ族に強制されても困りものです。

物事に絶対はあり得ません、ママチャリ族だから保険は要らないと言うのは貴方の持論でしかありません。
自転車乗りの大衆を占めるママチャリ族の民度の低さをママチャリ族代表が露呈していますが大丈夫でしょうか?

>単品の自転車保険と火災保険等に付帯される個人賠償責任保険との保険料と自動車保険の保険料を比較しなければ、お話しになりません。コピー&ペーストで誤魔化しても無駄です。

では、貴方は数ある単品および保険の付帯個人賠償の保険を比較、提示できるのでしょうね。
是非聞かせて頂きたいものです、楽しみにしております。

あとコピペではありませんよ?紙媒体からの手打ちなので「引用」です私意も含んでおります、コピペが悪いと言うなら貴方も散々しているじゃありませんか。
自分の事は棚に上げて、人を批判するのは如何なものかと思いますが、まぁ前例を見てもそういう人のようなので救いようがありませんね。

| silentmajority | 2017/10/21 07:47 | URL |

ただの通りすがりさん | 2017/10/20 23:28 |へ

>>手軽で気軽で便利で生活に密着した脚力頼みの自転車で、日頃から「スピードの出し過ぎ」で多摩川の河川敷の高齢者を薙ぎ倒してしまうような暴走をされているのですか?
>競技用自転車に限らず人身事故は存在します。その為守っている一部の人には無意味でも全体として予防線を張る必要があります。

子供が公園で喧嘩して、友達に怪我をさせた。
空き地でキャッチボールをしていて、隣家の窓ガラスを割って。隣人に怪我をさせた。
ペットの番犬が不審者を噛んで、不審者に怪我をさせた。

世の中には様々な人身事故があるものです。

子供(みんな成人しました。)もペットもいない小生にとって、全体としての予防線を張るために、無意味を押し付けられても困りものです。


>>任意保険の強制でしょう。
>任意とはそこに選択権がありますが今回の場合義務であり選択権はありませんよって任意の対義語である強制で何ら問題ないでしょう。

罰則の無い義務ですので、酒気帯び運転の禁止と同様に、訓示規定に過ぎません。

任意保険に加入するかどうかは、自転車乗り一人ひとりが決めることです。


>>世捨人さんに洗脳されて、自賠責も無制限とすべきというご主張から変節されたのかな?
>ちゃんと読まれましたか?競技用自転車については無制限とのことでしたのでその前提の元では自賠責は無制限にするべきでしょう。

あれあれ?

まさに、世捨人さんに洗脳されてしまいました。

マイロネフさんや東南さんによれば、特急(高速度)自転車乗りは、安全運転の先駆者ですよ。
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-318.html
「私が語っているのは、ロードバイクとママチャリどちらが安全か、ということではなく、ローディとママチャリユーザーどちらの交通安全への意識が高いか、ということですんで。
機材ではなく人の問題です。」(by東南さん | 2012/01/25 12:46 )


>>自転車は相対的に危険性が低いから3000~4000万のレベルで良いのかな?
>保険というのは最悪の想定をするべきでしょう。つまり自転車対人で、死亡事故が存在する以上死亡事故の賠償額分備えるのが一般的です。

隕石や弾道ミサイルやカーボンフレームへの落雷による死亡事故という最悪の想定をするべきですかね?


>>のような物 ???へなへなと腰折れされたものですね。
>国民年金は正式には保険ではないですからね。

「お得意の話題逸らし」だったということですね。

小池さんや前原さんのようにコロコロと良く転ぶ方ですね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/23 10:15 | URL |

silentmajority さん| 2017/10/21 07:47 |へ

>>多摩川の河川敷を爆走し、高齢者を薙ぎ倒して頭蓋骨骨折させる特急(高速度)自転車乗りのための保険を、自転車乗りの太宗を占めるママチャリ族に強制されても困りものです。
>物事に絶対はあり得ません、ママチャリ族だから保険は要らないと言うのは貴方の持論でしかありません。自転車乗りの大衆を占めるママチャリ族の民度の低さをママチャリ族代表が露呈していますが大丈夫でしょうか?

ママチャリ族を「排除」しては、選挙には勝てません。

特急(高速度)自転車乗りは、極々少数派に過ぎないことを自覚することです。


>>単品の自転車保険と火災保険等に付帯される個人賠償責任保険との保険料と自動車保険の保険料を比較しなければ、お話しになりません。コピー&ペーストで誤魔化しても無駄です。
>では、貴方は数ある単品および保険の付帯個人賠償の保険を比較、提示できるのでしょうね。是非聞かせて頂きたいものです、楽しみにしております。あとコピペではありませんよ?紙媒体からの手打ちなので「引用」です私意も含んでおります、コピペが悪いと言うなら貴方も散々しているじゃありませんか。自分の事は棚に上げて、人を批判するのは如何なものかと思いますが、まぁ前例を見てもそういう人のようなので救いようがありませんね。

です私意も≠ですし、思惟(≒恣意)???

日本語、大丈夫ですか?

コピー&ペースト出来ないからといって手打ちして、恣意に私意の思惟を含めては、引用から外れてしまいますよ。

前例を見るまでもなく個人賠償責任保険は自転車事故を含めて他人に迷惑を掛ける万一のリスクへの備えでしょう?

自転車事故に備えて保険に入るかどうかは、自転車乗り一人ひとりが、まさに任意に決めることです。

法律や条例で、強制するようなものではありません。

任意に決めることが出来ないということは、やはり、民度を問われるでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/23 10:43 | URL |

>ママチャリ族を「排除」しては、選挙には勝てません。

「排除」するとか言ってませんよ?あと選挙関係ないですよね、自転車の保険についての話だったハズですが?、とりあえず時事ネタを取り込む事で正当化しようとしていますが向ける矛先をまちがえています。

ときどきオアゾツーキニストさんがママチャリ族は保険が必要とは思わないと自論を展開しているだけです。
任意で入るものではありますが、今回名古屋市及び、鹿児島県において条例にて強制したにすぎませんので、文句があるなら名古屋市ないいし鹿児島県に訴えるべきでしょう。

>です私意も≠ですし、思惟(≒恣意)???
日本語、大丈夫ですか?

し‐い【私意】 自分一人の考え・意見。私見。

辞書にも乗っている日本語です、問題ないでしょう。
この程度の漢字の意味も解せない貴方の方が日本語大丈夫ですか?

>前例を見るまでもなく個人賠償責任保険は自転車事故を含めて他人に迷惑を掛ける万一のリスクへの備えでしょう?

その通りです、分かっているじゃないんですか。
万が一リスクに備えて入っておいた方がいいかもしれない、今回名古屋市及び鹿児島県が条例として強制を課しただけの話であり、その真意は名古屋市及び、鹿児島県の担当部署にでも問い合わせてください、知りたいならですが。

>自転車事故に備えて保険に入るかどうかは、自転車乗り一人ひとりが、まさに任意に決めることです。

名古屋市及び鹿児島県が独自に決めた条例です、当該地区に住んでいませんので事情は分かりかねますので繰り返しになりますが名古屋市及び鹿児島県にご自身でお問い合わせください。

そして万が一のリスクに備える気がない貴方の持論はどうでもいいです、万が一の時に泣きっ面を浮かべないよう重々気を付けて乗ってくださいとしか言えませんね、貴方の持論がすべてではない事をよく考えてみては如何でしょうか。

| silentmajority | 2017/10/23 16:43 | URL |

silentmajority さん| 2017/10/23 16:43 |へ

>>ママチャリ族を「排除」しては、選挙には勝てません。
>「排除」するとか言ってませんよ?あと選挙関係ないですよね、自転車の保険についての話だったハズですが?、とりあえず時事ネタを取り込む事で正当化しようとしていますが向ける矛先をまちがえています。ときどきオアゾツーキニストさんがママチャリ族は保険が必要とは思わないと自論を展開しているだけです。任意で入るものではありますが、今回名古屋市及び、鹿児島県において条例にて強制したにすぎませんので、文句があるなら名古屋市ないいし鹿児島県に訴えるべきでしょう。

?、またまた、句読点のワープロミスですか???

しっかりして下さい。

「排除」しようとされたママチャリ族こそが、自転車族の「第一党」であるという国民の審判が下ったのです。

諦めなさい。

「名古屋市民じゃないので問題無いですとしか言えない。」(bysilentmajorityさん | 2017/10/18 16:34 )などと、無責任に東京都政に逃げ込んでいては政治生命が断たれてしまいますよ。

そもそも、保険に加入するかどうかは、自転車乗り一人ひとりが決めることであって、法律や条例で、強制されるものではありません。

条例で強制しなければならないとは、自立(自律)出来ない名古屋市民の民度の低さを露呈する恥ずかしい事例ですよ。

そして、愛媛県の条例をお示ししたとおり、事は名古屋市や鹿児島県だけの問題ではありません。

しっかりして下さい。


>>です私意も≠ですし、思惟(≒恣意)???日本語、大丈夫ですか?
>し‐い【私意】 自分一人の考え・意見。私見。辞書にも乗っている日本語です、問題ないでしょう。この程度の漢字の意味も解せない貴方の方が日本語大丈夫ですか?

な~んだ。

句読点をもらしたワープロミスだったということですね。

引用文に勝手にsilentmajority さん一人の考え・意見を入れては、引用元に失礼でしょう。

著作権侵害等の万々一のリスクの備えは、大丈夫ですか?


>>前例を見るまでもなく個人賠償責任保険は自転車事故を含めて他人に迷惑を掛ける万一のリスクへの備えでしょう?
>その通りです、分かっているじゃないんですか。万が一リスクに備えて入っておいた方がいいかもしれない、今回名古屋市及び鹿児島県が条例として強制を課しただけの話であり、その真意は名古屋市及び、鹿児島県の担当部署にでも問い合わせてください、知りたいならですが。

大丈夫ですか?

自転車を「走る凶器」としている世捨人さんに洗脳されてませんか?

万が一のリスクへの備えとしては、自転車や自動車に乗らない、スピードを出さない、数億円単位の個人資産を備えとして築き上げ・保有するといった方法もあります。

万が一のリスクへの備えの一つの方法として、任意保険に加入するかどうかは、自転車乗り一人ひとりが決めることであって、法律や条例で、強制されるものではありません。


>>自転車事故に備えて保険に入るかどうかは、自転車乗り一人ひとりが、まさに任意に決めることです。
>名古屋市及び鹿児島県が独自に決めた条例です、当該地区に住んでいませんので事情は分かりかねますので繰り返しになりますが名古屋市及び鹿児島県にご自身でお問い合わせください。

silentmajority さんは、愛媛県の条例など全国の動きを知らずに、名古屋市民の民度に喰い付いて来ただけのことです。

自分の尻は自分で拭きましょう。

まずは、そこからです。

頑張れ。


>そして万が一のリスクに備える気がない貴方の持論はどうでもいいです、万が一の時に泣きっ面を浮かべないよう重々気を付けて乗ってくださいとしか言えませんね、貴方の持論がすべてではない事をよく考えてみては如何でしょうか。

万が一の隕石や弾道ミサイルやカーボンフレームへの落雷のリスクに備えるかどうかも、また、自転車乗り一人ひとりが決めることです。

多摩川の河川敷の遊歩道で暴走自転車に激突され頭蓋骨骨折の重傷を負った高齢者には、寝たきりとなるリスクもあります。

被害者の人生を変えてしまうのです。

たとえ、賠償無制限の任意保険に強制加入させられていたとしても、被害者の人生を保険金で償う事は出来ません。

「保険会社が利益を得るだけで、交通事故の抑止策になるとは思えない。交通被害者を救うのは、重大な交通事故が起きないようにすることじゃないの。市議会の考え方が間違ってる。」(by 自転車は歩道さん | 2017/10/18 20:51 )という名無しの権兵衛さんの岡目八目の方が、余程、正鵠を得ており、まともです。

silentmajority さんは、自転車に乗ることで、「スピードの危険性」を理解することです。

それからです。

頑張れ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/24 11:12 | URL |

>「排除」しようとされたママチャリ族こそが、自転車族の「第一党」であるという国民の審判が下ったのです。

だから、「排除」などと言ってませんよ?
時事ネタで話を誤魔化そうとしているのは貴方です。

>引用文に勝手にsilentmajority さん一人の考え・意見を入れては、引用元に失礼でしょう。著作権侵害等の万々一のリスクの備えは、大丈夫ですか?

失礼には当たりませんし、著作権侵害にもあたりません商用等で使ったならともかく個人の文言に使った程度の創作性の無い部分は著作権に当たりません。
なんでしたら、訴えてみては如何ですか?貴方の素性を調べる必要が無くなり当方としてはそちらの方が楽ですのでどうぞ。

>silentmajority さんは、愛媛県の条例など全国の動きを知らずに、名古屋市民の民度に喰い付いて来ただけのことです。

名古屋市民の民度が…と言ったのは貴方です。
それについて意見する事が悪いのでしょうか?

>多摩川の河川敷の遊歩道で暴走自転車に激突され頭蓋骨骨折の重傷を負った高齢者には、寝たきりとなるリスクもあります。

暴走自転車がロードバイクだったと言う証拠は有ったでしょうか?
多摩川もまた当方の住まう地域とは遠くにあるため、実状は把握しかねます、そもそもその事故を相変わらず引き合いにだす貴方の方が失礼ではないかと思いますが。
全国的に表沙汰になっていないだけで事故など毎日、数知れず起こっているものです。
いちいち事例を取り上げて説明するおつもりでしょうか?
多摩川の事故を引き合いにだす貴方の話からはすでに悪意しか見えません。


>自転車を「走る凶器」としている世捨人さんに洗脳されてませんか?

当方は「走る凶器」と言う文言を引用はしていません、貴方が世捨人さんの言葉に洗脳されているだけでしょう。

>万が一のリスクへの備えとしては、自転車や自動車に乗らない、スピードを出さない、数億円単位の個人資産を備えとして築き上げ・保有するといった方法もあります。

貴方は自転車や自動車に乗らずにも生活を成り立たせる事ができ、、数億単位の個人資産をお持ちのようですが、日本国民全員がそうであるとは限りません。
自転車や自動車を買う際に現金で数十万~数千万を即金で払える人も居れば、ローンを組む人もいます。
保険もしかりでしょう、貴方は数億単位の資産を活用する事で相手に示談を申し込むようですが、仲介の居ない示談はお金を出せば解決するとは限りません。
保険はそれらも含め第三者の介入をする事で相手に要らぬ厄介を背負わせない意味合いも強いものです。
ごく一部ですが、そういう意味では世捨人さんの言い分も当たらずも遠からずだと思いますよ?
>自転車を起因とする悲惨な交通事故による対人・対物の賠償責任に備えるためだ。


>自分の尻は自分で拭きましょう。
silentmajority さんは、愛媛県の条例など全国の動きを知らずに、名古屋市民の民度に喰い付いて来ただけのことです。

はい、愛知県の事など知る由もありません。
愛知県民ではありませんので、今の処興味もありません、ですから必要ならご自分でお問合せくださいと申したのです。

そして今だに答えを頂いていませんのでもう一度問いますが、

なぜ、「~強制しなければならないとすれば」と自転車の保険について語っておきながら「自転車事故以外の他人に迷惑を掛ける万一のリスクへの備えを…」と自転車事故を除外するのでしょうか?

と問うているのですが、明確な答えを頂いておりません、貴方こそ日本語大丈夫ですか?

>な~んだ。句読点をもらしたワープロミスだったということですね。

ワープロミスなどという辞書にもない造語を持ち出されても困りますし、「ワープロミス」は貴方の十八番でしょう、句読点を打ち忘れた(つもりでは無いが)と理解できているのであれば文意は通じるハズですので然したる問題では無いでしょう。
むしろその程度の事で揚げ足取りをする貴方の民度を疑います。

ご苦労様でした。

| silentmajority | 2017/10/24 15:30 | URL |

silentmajorityさん | 2017/10/24 15:30 |へ

>>「排除」しようとされたママチャリ族こそが、自転車族の「第一党」であるという国民の審判が下ったのです。
>だから、「排除」などと言ってませんよ?時事ネタで話を誤魔化そうとしているのは貴方です。

「自転車乗りの大衆を占めるママチャリ族の民度の低さをママチャリ族代表が露呈していますが大丈夫でしょうか?」(bysilentmajority さん| 2017/10/21 07:47 )ということで、ママチャリ族を『寛容な自転車乗り仲間』とお認め頂けないような発言をされていましたよ。

大丈夫ですか?


>>引用文に勝手にsilentmajority さん一人の考え・意見を入れては、引用元に失礼でしょう。著作権侵害等の万々一のリスクの備えは、大丈夫ですか?
>失礼には当たりませんし、著作権侵害にもあたりません商用等で使ったならともかく個人の文言に使った程度の創作性の無い部分は著作権に当たりません。なんでしたら、訴えてみては如何ですか?貴方の素性を調べる必要が無くなり当方としてはそちらの方が楽ですのでどうぞ。

他人の著作物を勝手に引用して、さも、ご自身の著作物のように使用したということですね。


>>silentmajority さんは、愛媛県の条例など全国の動きを知らずに、名古屋市民の民度に喰い付いて来ただけのことです。
>名古屋市民の民度が…と言ったのは貴方です。それについて意見する事が悪いのでしょうか?

どうやら、silentmajority さんご自身が名古屋市民のようですね。

名古屋市が条例を制定したことは事実です。

silentmajority さんが、愛媛県の条例など全国の動きを知らずに、名古屋市民の民度に喰い付いて来たことも事実です。


>>多摩川の河川敷の遊歩道で暴走自転車に激突され頭蓋骨骨折の重傷を負った高齢者には、寝たきりとなるリスクもあります。
>暴走自転車がロードバイクだったと言う証拠は有ったでしょうか?

暴走自転車がロードバイクだったという証拠が必要ですか?


>多摩川もまた当方の住まう地域とは遠くにあるため、実状は把握しかねます、そもそもその事故を相変わらず引き合いにだす貴方の方が失礼ではないかと思いますが。

広く世の中に公開されたブログのコメント欄です。

silentmajority さんが、名古屋市民か世田谷区民や府中市民かどうかなど、全く関係ありません。


>全国的に表沙汰になっていないだけで事故など毎日、数知れず起こっているものです。

脚力頼みの自転車の接触事故など、任意保険を強制する必要もないということです。


>いちいち事例を取り上げて説明するおつもりでしょうか?多摩川の事故を引き合いにだす貴方の話からはすでに悪意しか見えません。

豊平川や淀川の河川敷の遊歩道でもあり得る事故であり、「スピードの危険性」を実感頂ける事例だと思いますよ。

コリジョンコース(衝突進路)だとかで誤魔化すことの出来ない「スピードの出し過ぎ」が原因です。

ママチャリ族に任意保険を強制する前に、特急(高速度)自転車乗りの方々は、「スピードの出し過ぎ」を原因とする事故を他山の石として「スピードの危険性」を理解することです。


>>自転車を「走る凶器」としている世捨人さんに洗脳されてませんか?
>当方は「走る凶器」と言う文言を引用はしていません、貴方が世捨人さんの言葉に洗脳されているだけでしょう。

silentmajority さんが「走る凶器」という文言を引用しているかどうかなど、問題としていませんよ。

コピー&ペーストが気になるのかな?

「物事に絶対はあり得ません、ママチャリ族だから保険は要らないと言うのは貴方の持論でしかありません。」(bysilentmajority さん| 2017/10/21 07:47 )ということで、ママチャリ族にまで無制限の任意保険を強制するということは、自転車を「走る凶器」としている世捨人さんに洗脳されているということでしょう。


>>万が一のリスクへの備えとしては、自転車や自動車に乗らない、スピードを出さない、数億円単位の個人資産を備えとして築き上げ・保有するといった方法もあります。
>貴方は自転車や自動車に乗らずにも生活を成り立たせる事ができ、数億単位の個人資産をお持ちのようですが、日本国民全員がそうであるとは限りません。

日本国民全員がそうであれば、そもそも、任意保険の存在自体が不要です。


>自転車や自動車を買う際に現金で数十万~数千万を即金で払える人も居れば、ローンを組む人もいます。保険もしかりでしょう、貴方は数億単位の資産を活用する事で相手に示談を申し込むようですが、仲介の居ない示談はお金を出せば解決するとは限りません。

ということで、任意保険が必要な自転車乗りが、それぞれの判断で、任意に加入すれば良いだけです。


>保険はそれらも含め第三者の介入をする事で相手に要らぬ厄介を背負わせない意味合いも強いものです。

保険会社が保険料を下げないための「示談交渉サービス」などの付帯サービスの特約で誤魔化しても無駄です。

まさに、「保険会社が利益を得るだけで、交通事故の抑止策になるとは思えない。」(by自転車は歩道さん | 2017/10/18 20:51 )という名無しの権兵衛さんの岡目八目の方が、余程、正鵠を得ています。


>ごく一部ですが、そういう意味では世捨人さんの言い分も当たらずも遠からずだと思いますよ?

あれあれ!!

ついに自転車を「走る凶器」としている世捨人さんに洗脳されていることを認めてしまいました。

残念な方です。


>>自転車を起因とする悲惨な交通事故による対人・対物の賠償責任に備えるためだ。自分の尻は自分で拭きましょう。silentmajority さんは、愛媛県の条例など全国の動きを知らずに、名古屋市民の民度に喰い付いて来ただけのことです。
>はい、愛知県の事など知る由もありません。愛知県民ではありませんので、今の処興味もありません、ですから必要ならご自分でお問合せくださいと申したのです。

まさかとは思いますが、愛知県≠愛媛県 ???

名古屋市民と松山市民の双方に失礼でしょう。

大丈夫ですか?


>そして今だに答えを頂いていませんのでもう一度問いますが、なぜ、「~強制しなければならないとすれば」と自転車の保険について語っておきながら「自転車事故以外の他人に迷惑を掛ける万一のリスクへの備えを…」と自転車事故を除外するのでしょうか?と問うているのですが、明確な答えを頂いておりません、貴方こそ日本語大丈夫ですか?

あれあれ???

日本語大丈夫ですか?

silentmajorityさんは、自転車に乗って、「自分の身は守る。」ということを学び、自立することです。

そのうえで、各種賠償保険の補償対象範囲、保険料等をお勉強されることです。

まずは、そこからです。

頑張れ。(by ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/20 15:27 )

個人賠償責任保険は自転車事故を含めて他人に迷惑を掛ける万一のリスクへの備えでしょう?

自転車事故に備えて保険に入るかどうかは、自転車乗り一人ひとりが、まさに任意に決めることです。

法律や条例で、強制するようなものではありません。

任意に決めることが出来ないということは、やはり、民度を問われるでしょう。(by ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/20 19:20 )


>>な~んだ。句読点をもらしたワープロミスだったということですね。
>ワープロミスなどという辞書にもない造語を持ち出されても困りますし、「ワープロミス」は貴方の十八番でしょう、句読点を打ち忘れた(つもりでは無いが)と理解できているのであれば文意は通じるハズですので然したる問題では無いでしょう。むしろその程度の事で揚げ足取りをする貴方の民度を疑います。ご苦労様でした。

民度というよりも礼儀作法、品位・品格、自尊心・プライドの問題でしょう。

しっかりして下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/24 20:39 | URL |

Re: タイトルなし

たださん

>珍しく少しまともなことを書いているなというのが率直な感想です。

爆走を憎んで競技用自転車乗りを憎まずというのが、当ブログの基本姿勢です。

>しかし私として以前よりの疑問が義務付けがあるから入るのではなく支払い能力がなければ入るべきだと思います。つまりは条例でなく全国で法整備するべきだと思います。

越境する輩(やから)がはびこる、競技用自転車限定で十分でしょう。

>また
>>ただ、スピードレース用に開発され衝突被害が甚大となろう、競技用自転車の損害賠償責任がママチャリと同等とは被害者感情を逆なでしかねない。賠償限度額を定めない対人・対物無制限保険が必須だ。法改正が待たれる。
>とありますが、私の意見としてはさらに速度のでる乗り物かつ世捨人をして危険な乗り物といわしめる自動車にあっても当然自賠責を無制限にするべきだと思いますよ。

車種やドライバーの年齢によって事故率は異なりますので、自賠責保険に頼るのはいかがなものかと思います。

>また自転車においても以前言った防犯登録による管理がなされたら無保険車の管理等もスムーズに行くと思います。

自転車版ナンバープレートの義務づけを待ちたいですね。

| 世捨人 | 2017/10/24 22:38 | URL |

Re: タイトルなし

>たしかに、珍しく多少まともですね。賠償額を無制限とする保険は、実際には年間数百円程度の負担増ですむそうですから積極的に推進すべきだと思います。

競技用自転車については、事故率が高く保険料が高い、スポーツカーに準じた扱いが必須との認識です。

| 世捨人 | 2017/10/24 22:39 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/10/24 22:40 | |

>越境する輩(やから)がはびこる、競技用自転車限定で十分でしょう。

なにを根拠に十分なのでしょうか?

>車種やドライバーの年齢によって事故率は異なりますので、自賠責保険に頼るのはいかがなものかと思います。

自転車も年齢により事故率は異なるでしょう。
またあなたの無制限の根拠は「スピードレース用に開発され衝突被害が甚大となろう」つまり相手に被害を与える大きさつまりは加害性である以上ロードバイクよりも加害性が大きな車にあっては無制限でしかるべきと思いますが?

| ただの通りすがり | 2017/10/24 22:47 | URL |

Re: タイトルなし

たださんへ

ときさん宛のコメント(2017/10/24 22:40)が非公開となってましたので代理投稿いたします。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


>子供(みんな成人しました。)もペットもいない小生にとって、全体としての予防線を張るために、無意味を押し付けられても困りものです。

名古屋市民ですか?誰もあんたになんか求めていませんよ。そういう自分は加害者になることはないと思っている人がいるから無保険の事故が起きるのですね。自分の救済の保険であればそれでかまいませんが起きたときに相手に迷惑をかけないように資産だけは確保しておいてくださいね。

>罰則の無い義務ですので、酒気帯び運転の禁止と同様に、訓示規定に過ぎません。

罰則はあくまで行政処分、刑事処分であり民事裁判になると話は別です。まるで守る必要がないというのはいかがなものかと思いますよ。

>まさに、世捨人さんに洗脳されてしまいました。

あなたは自分で文章を読むことをされないバカだったのを忘れておりました。
《▼ただ、スピードレース用に開発され衝突被害が甚大となろう、競技用自転車の損害賠償責任がママチャリと同等とは被害者感情を逆なでしかねない。賠償限度額を定めない対人・対物無制限保険が必須だ。法改正が待たれる。》
読めましたかなぁ?突っ込みどころが満載の文章です。
大まかにいうとまず大前提として損害賠償責任は現実には相手の被害によって決まるもので保険とは無関係であります。そこを目をつぶったとして次にママチャリより速度の速い自転車は限度額無制限を義務付ける必要があると言っています。これは自転車の自賠責保険の現状に反するものであり、どちらが正しいのか世捨人に問うているものであなたには一切の意見回答を求めたものではありません。

>隕石や弾道ミサイルやカーボンフレームへの落雷による死亡事故という最悪の想定をするべきですかね?

あなたのあげられたものは全て自身への損害でありそれに関しての想定は最悪の場合でも自身の破滅でしかないので自分の責任の範囲で大丈夫でしょう。
しかし他への損害では、相手への賠償ができませんではいけないのもわからないのでしょうか?

>「お得意の話題逸らし」だったということですね。

まぁ低脳な方にはそうとられても仕方ないでしょう。
保険ににた制度としてはかなり確立されたものですが?
また老後の保険と言われることもありますし。
比喩に問題は無いでしょう。
そこを掘り下げたのはあなたでありますし。

>小池さんや前原さんのようにコロコロと良く転ぶ方ですね。

これこそお得意の話題逸らしでしょう。
違うと言い張るならばなにを例えているのかを
具体的にどの点がにているかまで挙げていただけますかな?

| 世捨人 | 2017/10/24 22:49 | URL |

世捨人 | 2017/10/24 22:49 | URL

お手数おかけしました。
ありがとうございます。

| ただの通りすがり | 2017/10/24 23:03 | URL |

> 競技用自転車については、事故率が高く保険料が高い、スポーツカーに準じた扱いが必須との認識です。


なるほど。

たしかに、車の保険料には車種に応じた「料率」があり、スポーツカーに該当する車種はおおむね保険料が高くなりますね。

同様に、自転車保険も料金を一律とするのではなく、車種ごとの事故割合に応じて料率を定め、事故実績の高かった車種については保険料を高くするべきである、ということですね。


妥当な判断でしょう。


ちなみにスポーツカーの対人賠償保険料は、通常の車と比べると最大で2倍くらいになるようです。

同様に考えると、現在、年間6000円で対人賠償額無制限の自転車保険がありますが、これがロードバイクの場合は最大で年間12000円程度になるということですね。

| 自転車は歩道 | 2017/10/24 23:25 | URL |

>「自転車乗りの大衆を占めるママチャリ族の民度の低さをママチャリ族代表が露呈していますが大丈夫でしょうか?」(bysilentmajority さん| 2017/10/21 07:47 )ということで、ママチャリ族を『寛容な自転車乗り仲間』とお認め頂けないような発言をされていましたよ。大丈夫ですか?

ですから、「排除」とは言って無いでしょ。
あと、「ママチャリ族を寛容な自転車乗り仲間」と言う認識はありません、個は個でしかありません、自転車は単独で誰もが好きなだけ走れ、車では感じられない季節感や風を感じる事が出来る良いものであると感じています。

>ついに自転車を「走る凶器」としている世捨人さんに洗脳されていることを認めてしまいました。

「ごく一部ですが」、そういう意味では世捨人さんの言い分も当たらずも遠からずだと思いますよ?
>自転車を起因とする悲惨な交通事故による対人・対物の賠償責任に備えるためだ。

「ごく一部ですが」と但し書きしてその一部を引用しているのですが、国語力(読解力)の低い貴方では理解できなかったようですね、残念です。

>法律や条例で、強制するようなものではありません。
>任意に決めることが出来ないということは、やはり、民度を問われるでしょう。(by ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/20 19:20 )

民度が問われるのではなく、此度の件は名古屋市及び鹿児島県地域固有の問題です、貴方も「法令や条例で強制するようなものではない」と言っています、
「民度が問われる」ではまるでそこに住まう「人々」が悪いみたいに見えます(聞こえます)が大丈夫ですか?と言いたいのですがやはり国語力(読解力)不足の貴方では難しいのかもしれませんね。
そして、「民意を問われる」を正当化してしまう貴方こそ名古屋市民、鹿児島県民に対し失礼だと思いますが。

| silentmajority | 2017/10/25 06:50 | URL |

ただの通りすがりさん | 2017/10/24 23:03 |へ

>>子供(みんな成人しました。)もペットもいない小生にとって、全体としての予防線を張るために、無意味を押し付けられても困りものです。
>名古屋市民ですか?誰もあんたになんか求めていませんよ。そういう自分は加害者になることはないと思っている人がいるから無保険の事故が起きるのですね。自分の救済の保険であればそれでかまいませんが起きたときに相手に迷惑をかけないように資産だけは確保しておいてくださいね。

全体として予防線として、自転車乗り全体へ任意保険の加入を強制する必要はないということにご同意頂いたようです。

良かった。

良かった。


>>罰則の無い義務ですので、酒気帯び運転の禁止と同様に、訓示規定に過ぎません。
>罰則はあくまで行政処分、刑事処分であり民事裁判になると話は別です。まるで守る必要がないというのはいかがなものかと思いますよ。

本当ですか?

酒酔い運転は、「五年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。」ということですから、立派な刑罰ですよ。

免許停止等の行政処分で済む話ではありません。

一方で、罰則のない任意保険に加入するかどうかは、自転車乗り一人ひとりが決めることです。


>>まさに、世捨人さんに洗脳されてしまいました。
>あなたは自分で文章を読むことをされないバカだったのを忘れておりました。《▼ただ、スピードレース用に開発され衝突被害が甚大となろう、競技用自転車の損害賠償責任がママチャリと同等とは被害者感情を逆なでしかねない。賠償限度額を定めない対人・対物無制限保険が必須だ。法改正が待たれる。》読めましたかなぁ?突っ込みどころが満載の文章です。大まかにいうとまず大前提として損害賠償責任は現実には相手の被害によって決まるもので保険とは無関係であります。そこを目をつぶったとして次にママチャリより速度の速い自転車は限度額無制限を義務付ける必要があると言っています。これは自転車の自賠責保険の現状に反するものであり、どちらが正しいのか世捨人に問うているものであなたには一切の意見回答を求めたものではありません。

自転車の自賠責保険≠自動車の自賠責保険 ???

意味不明です。

「珍しく少しまともなことを書いているなというのが率直な感想です。」(byただの通りすがりさん| 2017/10/17 07:19 )などと世捨人さんに洗脳され、

「しかし私として以前よりの疑問が義務付けがあるから入るのではなく支払い能力がなければ入るべきだと思います。つまりは条例でなく全国で法整備するべきだと思います。」(byただの通りすがりさん| 2017/10/17 07:19 )などと大騒ぎされていましたよ。

大丈夫ですか?


>>隕石や弾道ミサイルやカーボンフレームへの落雷による死亡事故という最悪の想定をするべきですかね?
>あなたのあげられたものは全て自身への損害でありそれに関しての想定は最悪の場合でも自身の破滅でしかないので自分の責任の範囲で大丈夫でしょう。しかし他への損害では、相手への賠償ができませんではいけないのもわからないのでしょうか?

世捨人さんに洗脳された結果、自転車乗りにも、万々々々一に備えて無制限の自賠責保険を強制する必要があるということですか?


>>「お得意の話題逸らし」だったということですね。
>まぁ低脳な方にはそうとられても仕方ないでしょう。保険ににた制度としてはかなり確立されたものですが?また老後の保険と言われることもありますし。比喩に問題は無いでしょう。そこを掘り下げたのはあなたでありますし。

「自転車の話題に、日本の健康保険制度を持ち出して、話題を逸らし始めたのは、ただの通りすがりさんご自身です。小生は、話題逸らしに乗っかって、ただの通りすがりさんご自身に話題逸らしであることに気付いて頂いただけのことです。」(byときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/19 18:19 )


>>小池さんや前原さんのようにコロコロと良く転ぶ方ですね。
>これこそお得意の話題逸らしでしょう。違うと言い張るならばなにを例えているのかを具体的にどの点がにているかまで挙げていただけますかな?

にている≒似ている ???

自転車と自動車では、危険性が全くことなります。

だからこそ、自動車の公道での運転は原則禁止とした上で、免許取得、ナンバープレート取得を条件としているのです。

その条件の一つとして自動車ドライバーには自賠責保険への加入が法律で義務付けられているのです。

自動車が危険だからこそ、民間の損害保険会社が提供する任意保険については、無制限の補償とすることで商品の魅力を高めているのです。

一方、幼児から高齢者まで、障害者と健常者の隔たりなく、国籍不問で、誰もが気軽に手軽に利用出来る日常生活に密着した交通手段である自転車を利用するにあたって、任意保険に加入するかどうかは、自転車乗り一人ひとりが決めることです。

だからこそ、地方自治体の条例で強制したとしても、罰則を設けることは出来ないのです。

だからこそ、条例で定めることが出来たとしても、国会を通して、法律で強制することは出来ないのです。

自転車を「走る凶器」とする世捨人さんに「珍しく少しまともなことを書いているなというのが率直な感想です。」などとすり寄る時点で、既に転んでしまっています。

転んでしまっている自覚がないところが、小池さんや前原さんと同様に、心配です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/25 11:53 | URL |

silentmajority さん| 2017/10/25 06:50 |へ

>>「自転車乗りの大衆を占めるママチャリ族の民度の低さをママチャリ族代表が露呈していますが大丈夫でしょうか?」(bysilentmajority さん| 2017/10/21 07:47 )ということで、ママチャリ族を『寛容な自転車乗り仲間』とお認め頂けないような発言をされていましたよ。大丈夫ですか?
>ですから、「排除」とは言って無いでしょ。

「自転車乗りの大衆を占めるママチャリ族の民度の低さ」(bysilentmajority さん| 2017/10/21 07:47)という発言をされていたことは、認められたようです。

交通安全の「先駆者」を自認されていた東南さんら特急(高速度)自転車乗りの方々からみれば、ママチャリ族の民度はさぞかし低いのでしょうね。


>あと、「ママチャリ族を寛容な自転車乗り仲間」と言う認識はありません、個は個でしかありません、自転車は単独で誰もが好きなだけ走れ、車では感じられない季節感や風を感じる事が出来る良いものであると感じています。

ママチャリ族は、「自転車乗り仲間」とも認めて頂けないということですね。

悲しいことです。

普通の日本語で「仲間外れ」・「村八分」、小池用語で「排除」ということでしょう。

一方、自転車乗りの太宗を占めるママチャリ族こそが、自転車族の「第一党」であるという事実は、認められるということですよね。

極々少数派でしかない特急(高速度)自転車乗りの皆様方からすれば、残念な事実ですね。


>>ついに自転車を「走る凶器」としている世捨人さんに洗脳されていることを認めてしまいました。
>「ごく一部ですが」、そういう意味では世捨人さんの言い分も当たらずも遠からずだと思いますよ?「自転車を起因とする悲惨な交通事故による対人・対物の賠償責任に備えるためだ。」「ごく一部ですが」と但し書きしてその一部を引用しているのですが、国語力(読解力)の低い貴方では理解できなかったようですね、残念です。

「走る凶器」を排除することで、誤魔化しても無駄です。

任意保険を強制するという世捨人さんの言い分に洗脳されてしまったということです。


>>法律や条例で、強制するようなものではありません。任意に決めることが出来ないということは、やはり、民度を問われるでしょう。(by ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/20 19:20 )
>民度が問われるのではなく、此度の件は名古屋市及び鹿児島県地域固有の問題です、貴方も「法令や条例で強制するようなものではない」と言っています、「民度が問われる」ではまるでそこに住まう「人々」が悪いみたいに見えます(聞こえます)が大丈夫ですか?と言いたいのですがやはり国語力(読解力)不足の貴方では難しいのかもしれませんね。そして、「民意を問われる」を正当化してしまう貴方こそ名古屋市民、鹿児島県民に対し失礼だと思いますが。

民意≠民意 ???

本当に日本語、大丈夫ですか?

まさに、地域固有の問題について、条例での強制を求めた、そこに住まう「人々」の問題です。

失礼もなにも、事実として、名古屋市民、鹿児島県民は条例の制定を許しているのです。

まさに、民度の問題です。


あれっ?

愛媛県民や松山市民への謝罪は無いのですか?

これは、silentmajority さんご自身の問題です。

民度≒民意のワープロミスでは誤魔化せません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/25 13:11 | URL |

>まさに、「保険会社が利益を得るだけで、交通事故の抑止策になるとは思えない。」(by自転車は歩道さん | 2017/10/18 20:51 )という名無しの権兵衛さんの岡目八目の方が、余程、正鵠を得ています。

いいえ、残念ながら正鵠を得ているとは言えません。
生命保険会社の保険料収入の合計は、およそ26兆4千億円、これは国家予算の1/3に匹敵する額であると言われています。
そのうち、保険金として支払われたのは、およそ24兆3千億円、保険会社は、集めた保険料の92%も保険金として支払っています、保険料収入だけでは保険会社も成り立ちません、保険会社は集めた保険料収入の一部を国債や外国証券を購入し、運用することで成り立っている。
よって、保険料収入にて利益を得ているとは言い難いので上記の問答は間違っているので的外れもいい処。
なお、過去に6社の保険会社が国債や証券運用に失敗し、廃業している事も余談として書き記しておく。
その反省から昨今では「相互扶助」と言う仕組みを使い保険会社同士がわずかな収入からお金を出し合い助け合うという仕組みも出来ている。

結論を出せば保険料+運用益(国債など)>保険金
上記の言い分だけを見るとまるで保険会社が余分な保険料収入を得ているような書き方だが、違います。

交通事故の防止策となるか否かの問題は個々の問題なので答えを持ち合わせていませんが、「保険会社が利益を得るだけで」の間違いについては説明できたのではないかと存じます。
保険料は保険会社が共有資産として支払っていただいた額面は保険該当者に全額支払われています。
死差益や利差益、費差益 など保険の仕組みをよく勉強なさった方が宜しいかと存じます。

理解出来ない、納得できない場合は記載URLよりご相談ください。(苦情はご遠慮ください)
 

| H.W² | 2017/10/25 15:04 | URL |

H.W2 さん| 2017/10/25 15:04 |へ

>>まさに、「保険会社が利益を得るだけで、交通事故の抑止策になるとは思えない。」(by自転車は歩道さん | 2017/10/18 20:51 )という名無しの権兵衛さんの岡目八目の方が、余程、正鵠を得ています。
>いいえ、残念ながら正鵠を得ているとは言えません。生命保険会社の保険料収入の合計は、およそ26兆4千億円、これは国家予算の1/3に匹敵する額であると言われています。そのうち、保険金として支払われたのは、およそ24兆3千億円、保険会社は、集めた保険料の92%も保険金として支払っています、保険料収入だけでは保険会社も成り立ちません、保険会社は集めた保険料収入の一部を国債や外国証券を購入し、運用することで成り立っている。よって、保険料収入にて利益を得ているとは言い難いので上記の問答は間違っているので的外れもいい処。なお、過去に6社の保険会社が国債や証券運用に失敗し、廃業している事も余談として書き記しておく。その反省から昨今では「相互扶助」と言う仕組みを使い保険会社同士がわずかな収入からお金を出し合い助け合うという仕組みも出来ている。結論を出せば保険料+運用益(国債など)>保険金 上記の言い分だけを見るとまるで保険会社が余分な保険料収入を得ているような書き方だが、違います。交通事故の防止策となるか否かの問題は個々の問題なので答えを持ち合わせていませんが、「保険会社が利益を得るだけで」の間違いについては説明できたのではないかと存じます。保険料は保険会社が共有資産として支払っていただいた額面は保険該当者に全額支払われています。死差益や利差益、費差益 など保険の仕組みをよく勉強なさった方が宜しいかと存じます。理解出来ない、納得できない場合は記載URLよりご相談ください。(苦情はご遠慮ください)
 
自賠責保険は、損害保険会社の縄張りで、さすがに、生命保険会社は取り扱っていないでしょう。

「生命」保険会社の保険料収入の合計を持ち出して来るH.W2 さんご自身の間違いについては説明できたのではないかと存じます。

業界の仕組みをよく勉強なさった方が宜しいかと存じます。
理解出来ない、納得できない場合は、ご自身で努力下さい。

頑張れ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/25 15:28 | URL |

>保険会社は、集めた保険料の92%も保険金として支払っています、保険料収入だけでは保険会社も成り立ちません、保険会社は集めた保険料収入の一部を国債や外国証券を購入し、運用することで成り立っている。

この差額を利益と呼ぶのです。
同じ比率で推移すれば、増収増益になるでしょう。
企業が存続する為には、人件費や経費が必要、それを確保する為に企業努力するのは、当然のことですよ。

| 自転車は歩道 | 2017/10/25 21:41 | URL | ≫ EDIT

>交通事故の防止策となるか否かの問題は個々の問題なので答えを持ち合わせていませんが、

交通事故の原因に、保険未加入という事例がありましたか?
保険の加入、未加入は、事故の原因とは無関係なので、防止策にはなり得ないのです。

| 自転車は歩道 | 2017/10/25 23:47 | URL | ≫ EDIT

>自賠責保険は、損害保険会社の縄張りで、さすがに、生命保険会社は取り扱っていないでしょう。

生命保険会社とタイプしてしまった私のミスです、申し訳ありません、が双方の違いは予定利率を計算するかしないかの違いでしかありません。
細かい事を書き出すとキリがありませんのでこれで理解していただけない場合はご了承ください。

損害保険は危険率(生命保険で言う予定死亡率)と事業費率で保険料計算をし予定利率は考慮しない事が多いです。

双方の保険事業はどちらも保険契約者からの預かり金を運用する事で成り立っていることは同じです。


>交通事故の原因に、保険未加入という事例がありましたか?保険の加入、未加入は、事故の原因とは無関係なので、防止策にはなり得ないのです。

ですから、交通事故の防止策となるか否かの問題は個々の問題なので答えを持ち合わせていませんと返答したのですが理解できないのでしょうか?

| H.W² | 2017/10/26 07:49 | URL |

H.W2さん| 2017/10/26 07:49 |へ

>>自賠責保険は、損害保険会社の縄張りで、さすがに、生命保険会社は取り扱っていないでしょう。
>生命保険会社とタイプしてしまった私のミスです、申し訳ありません、が双方の違いは予定利率を計算するかしないかの違いでしかありません。

本当ですか?

保険料収入・支払保険金等のデータ自体が、損害保険会社ではなく生命保険会社のものでしょう。

26~24兆円を日本の人口約1億人で割り算すると、国民一人当たり年間26~24万円となります。

自動車保険や火災保険で家族全員が毎月2万円超の保険料を支払うことがあるでしょうか?


>細かい事を書き出すとキリがありませんのでこれで理解していただけない場合はご了承ください。

生命保険協会と損害保険協会のデータでは、それぞれの規模は10倍以上の差がありますし、収支構造(収入保険料と支払保険金の差・比率)も全く異なります。

細かい事などと誤魔化しても無駄です。


>損害保険は危険率(生命保険で言う予定死亡率)と事業費率で保険料計算をし予定利率は考慮しない事が多いです。双方の保険事業はどちらも保険契約者からの預かり金を運用する事で成り立っていることは同じです。

本当ですか?

予定利率を考慮するかどうかで、会社全体の収支構造(収入保険料と支払保険金の差・比率)も異なってくるでしょうし、アクセルとブレーキの踏み間違いなどで高齢者の事故が多発しているため、自動車保険の保険料が値上げされるという報道も聞きますよ。

しっかりして下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/26 11:13 | URL |

>全体として予防線として、自転車乗り全体へ任意保険の加入を強制する必要はないということにご同意頂いたようです。

この文章からそう受け取れるあなたの頭のおめでたさに感動します。とてつもなく低知能なのでしょうか?
それとも無理やりごまかしたのでしょうか?
結論として私は保険が必要とは行ってませんただ全員が賠償ができる用意をしなければならないその手段の一つとして保険の強制化は有効な手段である。

>酒酔い運転は、「五年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。」ということですから、立派な刑罰ですよ。

酒酔い運転の話は今まででていませんでしたがどこから出てきたのでしょうか?無関係のように感じますが?

>一方で、罰則のない任意保険に加入するかどうかは、自転車乗り一人ひとりが決めることです。

ただし条例に義務化のされている都道府県においては民事の裁判にて不利になるでしょうね。まぁ自由には責任が伴うので当然といえば当然ですが

>大丈夫ですか?

保険義務化は悪いことではないというのが私の意見です。
全国で法整備の意見も私の意見です。
私はあなたと違い非常に頭の柔軟な人間ですので1違えば百違うと断定するような愚策は犯しません一個一個私の意見と照らし合わせてお答えしております。
逆に導入の問題点がありますか?その問題点は公共の福祉で解決すると思いませんか?


>自転車を「走る凶器」とする世捨人さんに「珍しく少しまともなことを書いているなというのが率直な感想です。」などとすり寄る時点で、既に転んでしまっています。

そうですか。世捨人が発言すれば全て色眼鏡で見られる知能の発達の遅い方なのですね。そろそろ色眼鏡はずされた方が良いですよ。好き嫌いだけで物事が決まると思ってたらバカにもほどがあるとお伝えしておきますよ

| ただの通りすがり | 2017/10/26 23:59 | URL |

ただの通りすがり | 2017/10/26 23:59 |

>>全体として予防線として、自転車乗り全体へ任意保険の加入を強制する必要はないということにご同意頂いたようです。
>この文章からそう受け取れるあなたの頭のおめでたさに感動します。とてつもなく低知能なのでしょうか?それとも無理やりごまかしたのでしょうか?結論として私は保険が必要とは行ってませんただ全員が賠償ができる用意をしなければならないその手段の一つとして保険の強制化は有効な手段である。

行ってません≠行ってません ???

ついに、逝ってしまわれたのかな?

まあ、結論として保険は不要だということですね。

良かった。

良かった。


>>酒酔い運転は、「五年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。」ということですから、立派な刑罰ですよ。
>酒酔い運転の話は今まででていませんでしたがどこから出てきたのでしょうか?無関係のように感じますが?

あれあれっ?

「強制保険=民度の低さと言うことは十分に伝わっておます。」(byただの通りすがりさん | 2017/10/19 23:16 )

「強制保険???任意保険の強制でしょう。そして、民間会社の任意保険である自動車保険や火災保険等に付帯されている個人賠償保険への加入率が低く、強制しなければならないとすれば、自転車事故以外の他人に迷惑を掛ける万一のリスクへの備えを怠っているということで、民度が低いと言わざるを得ないでしょう。」(ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/20 09:40 )

「任意とはそこに選択権がありますが今回の場合義務であり選択権はありませんよって任意の対義語である強制で何ら問題ないでしょう。」(byただの通りすがりさん | 2017/10/20 23:28 )

「罰則の無い義務ですので、酒気帯び運転の禁止と同様に、訓示規定に過ぎません。」(byときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/23 10:15 )

「罰則はあくまで行政処分、刑事処分であり民事裁判になると話は別です。まるで守る必要がないというのはいかがなものかと思いますよ。」(byただの通りすがりさん | 2017/10/24 23:03 )

という流れだったかと思います。

道路交通法の罰則は、立派な刑罰であり、道路交通法は実質的な「刑法」です。

行政処分などという甘いものではありません。

そして、実質的な刑法である道路交通法であっても、罰則がない訓示規定については、ルールに従うかどうかは自転車乗り一人ひとりが決めることであって、強制されることではありません。


>>一方で、罰則のない任意保険に加入するかどうかは、自転車乗り一人ひとりが決めることです。
>ただし条例に義務化のされている都道府県においては民事の裁判にて不利になるでしょうね。まぁ自由には責任が伴うので当然といえば当然ですが

その程度のものだということです。


>>大丈夫ですか?
>保険義務化は悪いことではないというのが私の意見です。全国で法整備の意見も私の意見です。私はあなたと違い非常に頭の柔軟な人間ですので1違えば百違うと断定するような愚策は犯しません一個一個私の意見と照らし合わせてお答えしております。逆に導入の問題点がありますか?その問題点は公共の福祉で解決すると思いませんか?

何故、幼児から高齢者まで、障害者と健常者の隔たり無く、国籍不問で、誰もが気軽に手軽に自由自在に好き勝手に利用する生活に密着した脚力頼みの自転車に、任意保険を義務化する必要があるのですか?

逆に、何故、法律を国会で通して、全国一律で任意保険を義務化することが出来ずに、便法として、各自治体の条例で決めさせているのですか?

公共の福祉などと大風呂敷を広げて、誤魔化そうとしても無駄です。

柔軟な頭で、よ~く考えて下さい。


>>自転車を「走る凶器」とする世捨人さんに「珍しく少しまともなことを書いているなというのが率直な感想です。」などとすり寄る時点で、既に転んでしまっています。
>そうですか。世捨人が発言すれば全て色眼鏡で見られる知能の発達の遅い方なのですね。そろそろ色眼鏡はずされた方が良いですよ。好き嫌いだけで物事が決まると思ってたらバカにもほどがあるとお伝えしておきますよ

あ~あ。

ついに、自転車は「走る凶器」であるという色眼鏡を認めちゃいましたね。

大丈夫ですか?

本当に自転車に乗ってますか?

しっかりして下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/27 09:54 | URL |

>行ってません≠行ってません ???

誰がどうみてもイコールですが?
スペルミスを指摘するだけあって丁寧な文章ですね。

>ついに、逝ってしまわれたのかな?

そのままお返ししますよ。

>まあ、結論として保険は不要だということですね。

当然別の何らかの形で賠償能力を保証するという前提の元で保険は不要ではなく義務づけの必要はない

>という流れだったかと思います。

酒気帯びは出てきましたが酒酔いは出てきてませんね。
まさか区別が付かないわけではないでしょう。

>道路交通法の罰則は、立派な刑罰であり、道路交通法は実質的な「刑法」です。
行政処分などという甘いものではありません。

刑罰とは刑事処分に含まれないのですか?どこで法学を学ばれましたか?また行政処分、刑事処分、民事処分に甘さの違いがあるのですか?誰に学ばれました?

>そして、実質的な刑法である道路交通法であっても、罰則がない訓示規定については、ルールに従うかどうかは自転車乗り一人ひとりが決めることであって、強制されることではありません。

ですから刑事、行政処分は規定されていなくともそれにより民事処分が下る場合があります。法令の規定はあくまで行政、刑事処分までしか言っておりません

>その程度のものだということです。

えぇ実質的損害はその程度でしょう。
過失割合が変わり実質的に支払額が何十万単位で変わるそれだけの話です。
たかだか数百円ケチったツケですね。

>何故、幼児から高齢者まで、障害者と健常者の隔たり無く、国籍不問で、誰もが気軽に手軽に自由自在に好き勝手に利用する生活に密着した脚力頼みの自転車に、任意保険を義務化する必要があるのですか?

事故が発生し無過失でない限り賠償責任が生じます。
その賠償能力の担保のためです。ほかの手段にて担保が保証できるならば義務化する必要はありません。あなたに賠償能力を示す別の案があるならば是非教えていただきたい

>ついに、自転車は「走る凶器」であるという色眼鏡を認めちゃいましたね。

それは色眼鏡でしょうしかしあなたの人の意見をみるめがねはもっと濃い色眼鏡でしょう。批判するなら対案を示されてはいかがですか?

>本当に自転車に乗ってますか?

しつこいですね。あなたが証明できれば同じ方法にて証明いたしますよ。

| ただの通りすがり | 2017/10/27 19:13 | URL |

ただの通りすがりさん | 2017/10/27 19:13 |へ

>>行ってません≠行ってません ???
>誰がどうみてもイコールですが?スペルミスを指摘するだけあって丁寧な文章ですね。

これは、失礼しました。

仰るとおり、小生のワープロミスです。


>>ついに、逝ってしまわれたのかな?
>そのままお返ししますよ。

そのままお受けしましょう。


>>まあ、結論として保険は不要だということですね。
>当然別の何らかの形で賠償能力を保証するという前提の元で保険は不要ではなく義務づけの必要はない

本当に、日本語大丈夫ですか?

ただの通りすがりさんは、「結論として私は保険が必要とは行ってません」(byただの通りすがり | 2017/10/26 23:59 )と明確に言ってましたよ。


>>という流れだったかと思います。
>酒気帯びは出てきましたが酒酔いは出てきてませんね。まさか区別が付かないわけではないでしょう。

罰則の有無の事例を示しただけのことです。

同様に、任意保険を条例で強制するにあたっても、罰則は設けられていません。

その程度のものです。


>>道路交通法の罰則は、立派な刑罰であり、道路交通法は実質的な「刑法」です。
行政処分などという甘いものではありません。
>刑罰とは刑事処分に含まれないのですか?どこで法学を学ばれましたか?

これは、失礼しました。

仰るとおり刑罰は刑事処分に含まれます。


>また行政処分、刑事処分、民事処分に甘さの違いがあるのですか?誰に学ばれました?

甘さの違いとは何ぞや?

日本語、大丈夫ですか?

罰則規定がない訓示規定に刑罰を科すことは出来ないということです。


>>そして、実質的な刑法である道路交通法であっても、罰則がない訓示規定については、ルールに従うかどうかは自転車乗り一人ひとりが決めることであって、強制されることではありません。
>ですから刑事、行政処分は規定されていなくともそれにより民事処分が下る場合があります。法令の規定はあくまで行政、刑事処分までしか言っておりません

任意保険への加入の有無で、民事上の責任が変わるのであれば、名無しの権兵衛さんが仰っていた通り、保険会社が儲かるだけです。

大丈夫ですか?


>>その程度のものだということです。
>えぇ実質的損害はその程度でしょう。過失割合が変わり実質的に支払額が何十万単位で変わるそれだけの話です。たかだか数百円ケチったツケですね。

本当ですか?

本当に、任意の賠償保険への加入有無により、過失割合が変わりますか?

賠償責任を担保する裏付けとして任意保険への加入を訓示規定として強制する条例があるとして、現実に発生した事故の賠償責任を争う民事裁判において、任意保険への加入の有無によって、過失割合に違いが出ることは、さすがにないでしょう。

エコでセコで任意保険に加入出来ない貧乏人が自転車で事故を起こしたら、任意保険に加入していないという理由で、過失割合=損害賠償額を増やされては、更に支払いが困難となるだけです。

是非とも、具体的な事例をお示し下さい。

楽しみです。


>>何故、幼児から高齢者まで、障害者と健常者の隔たり無く、国籍不問で、誰もが気軽に手軽に自由自在に好き勝手に利用する生活に密着した脚力頼みの自転車に、任意保険を義務化する必要があるのですか?
>事故が発生し無過失でない限り賠償責任が生じます。その賠償能力の担保のためです。ほかの手段にて担保が保証できるならば義務化する必要はありません。あなたに賠償能力を示す別の案があるならば是非教えていただきたい

さて、どれほどの賠償責任ですか?

脚力頼みで車重10キロ程度で事故が発生すると自転車乗り自身が転倒してしまう自転車ですよ。


>>ついに、自転車は「走る凶器」であるという色眼鏡を認めちゃいましたね。
>それは色眼鏡でしょうしかしあなたの人の意見をみるめがねはもっと濃い色眼鏡でしょう。批判するなら対案を示されてはいかがですか?

自転車は車道左端通行するだけで、十分です。

手軽で気軽な下駄がわりのチャリごときに、賠償責任を担保する任意保険への加入を強制する必要など全くありません。


>>本当に自転車に乗ってますか?
>しつこいですね。あなたが証明できれば同じ方法にて証明いたしますよ。

自転車を「走る凶器」であるという色眼鏡を認めていること自体が、何よりの証拠です。

まずは、自転車に乗ることです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/28 17:20 | URL |

>本当に、日本語大丈夫ですか?

もちろん全員が賠償能力があれば不要とまで言い切れますが現実問題自力での賠償能力が全国民にあるわけ無いでしょう。よって保険はその担保に必要でしょう何ら矛盾していません。

>甘さの違いとは何ぞや?

私が質問したいです。
《行政処分などという甘いものではありません。》
これはどういう意図の発言ですか?

>任意保険への加入の有無で、民事上の責任が変わるのであれば、名無しの権兵衛さんが仰っていた通り、保険会社が儲かるだけです。

いえいえ被害者もちゃんと金銭的に救済されます。
それでも保険会社がとおっしゃるならば自賠責も含め国が管轄すればいいだけの話でしょう。

>是非とも、具体的な事例をお示し下さい。

裁判の場合条例を遵守していないつまり法令遵守の精神が欠けていると主張できるでしょう。
また示談の場合条例違反をもとにほかの違反もしていただろう。日常的に違反行為を繰り返していると保険会社に主張されては反論できますか?

>さて、どれほどの賠償責任ですか?

歩行者をひき殺す可能性というよりは現実的に起きているので最低その金額は必要でしょう。
神戸市の小学五年生の事例で約一億となってますので最低一億は賠償能力が必要でしょうね

>手軽で気軽な下駄がわりのチャリごときに、賠償責任を担保する任意保険への加入を強制する必要など全くありません。

賠償能力を担保できれば強制の必要は有りません。

>自転車を「走る凶器」であるという色眼鏡を認めていること自体が、何よりの証拠です。

色眼鏡による発言でしょう。それは世捨人にはそう見えているのでしょう。
ですから乗っております。
あなたこそ乗っているのですか?
証明してください。

| ただの通りすがり | 2017/10/28 19:10 | URL |

ただの通りすがりさん | 2017/10/28 19:10 |へ

>>本当に、日本語大丈夫ですか?
>もちろん全員が賠償能力があれば不要とまで言い切れますが現実問題自力での賠償能力が全国民にあるわけ無いでしょう。よって保険はその担保に必要でしょう何ら矛盾していません。

日本国民の約1億人に、外国籍の方々も含め、1人にでも賠償能力が足りなければ、法律でもって、幼児から高齢者まで、全員に任意保険を強制する必要があると仰っているのですよ。

大丈夫ですか?


>>甘さの違いとは何ぞや?
>私が質問したいです。《行政処分などという甘いものではありません。》これはどういう意図の発言ですか?

道路交通法や地方自治体の定める条例に罰則を設けるということは、実質的刑法となるのです。

罰則を設けていないということは、訓示規定に過ぎないということです。

酒気帯び自転車に乗るかどうかと同様に、任意保険に加入するかどうかは、自転車乗り一人ひとりが決めることとなるのです。


>>任意保険への加入の有無で、民事上の責任が変わるのであれば、名無しの権兵衛さんが仰っていた通り、保険会社が儲かるだけです。
>いえいえ被害者もちゃんと金銭的に救済されます。それでも保険会社がとおっしゃるならば自賠責も含め国が管轄すればいいだけの話でしょう。

大丈夫ですか?

被害者の救済に必要な金銭を超える保険料を事前に集めるからこそ、保険会社の商売が成り立つのです。

H.W²さんは、生命保険会社と勘違い(ワープロミス)されていましたが、自賠責は損害保険会社の品揃えの一つですよ。

国のお役所の小役人に管轄させると、失われた国民年金のような税金の無駄遣いになってしまいます。

民事の損害賠償責任を担保する保険は、あくまでも、民間の保険会社が商売として引き受けるものです。

そして、商売としての任意保険に加入するかどうかあ、あくまでも、自転車乗り一人ひとりが決めることです。

車道左端通行することで、万々一にも事故を惹起する可能性のない自転車乗りは、無駄な任意保険に加入する必要はありません。

また、事故を惹起する危険性の高い特急(高速度)自転車乗りの方々も、数億円程度の賠償責任能力があるのであれば、これまた、無駄な保険料を負担する必要は全くありません。


>>是非とも、具体的な事例をお示し下さい。
>裁判の場合条例を遵守していないつまり法令遵守の精神が欠けていると主張できるでしょう。

主張するのは勝手ですが、国会を通して法律で定めることも出来ず、条例に罰則を設けることも出来ないような下らないルールに従わずに任意保険に加入していないだけで、具体的な事故の過失割合が変わりますか?


>また示談の場合条例違反をもとにほかの違反もしていただろう。日常的に違反行為を繰り返していると保険会社に主張されては反論できますか?

こんな下らない条例など全く知りませんでした。

過失割合に応じた、賠償責任能力に何ら問題ありません。

日常的に模範的な運転をしていますが、今回は、ゆっくりゆったり堂々と車道左端通行している自転車の目の前に、歩道のガードレールを乗り越えて、突然、歩行者が、自殺するように飛び出して来たのです。

さて、保険会社はどういう反論をして来ることでしょう。


>>さて、どれほどの賠償責任ですか?
>歩行者をひき殺す可能性というよりは現実的に起きているので最低その金額は必要でしょう。神戸市の小学五年生の事例で約一億となってますので最低一億は賠償能力が必要でしょうね

小学校5年生であれば、親御さんも含めて、一生かけて償うことです。

頑張って、勉強して、良い高校、良い大学に行って、良い企業に勤めれば、生涯賃金は、3~5億円は行くでしょう。

神戸の小学生が起こした事故で、自転車乗り全体に任意保険を強制されては、大迷惑です。


>手軽で気軽な下駄がわりのチャリごときに、賠償責任を担保する任意保険への加入を強制する必要など全くありません。
>賠償能力を担保できれば強制の必要は有りません。

あれあれ、本当によく転びますね。

まあ、良かった。良かった。


>>自転車を「走る凶器」であるという色眼鏡を認めていること自体が、何よりの証拠です。
>色眼鏡による発言でしょう。それは世捨人にはそう見えているのでしょう。ですから乗っております。あなたこそ乗っているのですか?証明してください。

世捨人さんの色眼鏡を、ただの通りすがりさん | 2017/10/17 07:19 |は、「珍しく少しまともなことを書いているなというのが率直な感想です。」と認めてしまっているのです。

加えて、「しかし私として以前よりの疑問が義務付けがあるから入るのではなく支払い能力がなければ入るべきだと思います。つまりは条例でなく全国で法整備するべきだと思います。」と、更に色を濃くしているのです。

加えて、「ただ、スピードレース用に開発され衝突被害が甚大となろう、競技用自転車の損害賠償責任がママチャリと同等とは被害者感情を逆なでしかねない。賠償限度額を定めない対人・対物無制限保険が必須だ。法改正が待たれる。」という世捨人さんの色眼鏡を「私の意見としてはさらに速度のでる乗り物かつ世捨人をして危険な乗り物といわしめる自動車にあっても当然自賠責を無制限にするべきだと思いますよ。」と肯定したのです。

更に加えて、「また自転車においても以前言った防犯登録による管理がなされたら無保険車の管理等もスムーズに行くと思います。」と重ねているのです。

自転車に乗りとして、恥ずかしくないのかな。

自転車と自動車の違いをご理解いただくことです。

そこからです。

頑張れ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/29 16:26 | URL |

>日本国民の約1億人に、外国籍の方々も含め、1人にでも賠償能力が足りなければ、法律でもって、幼児から高齢者まで、全員に任意保険を強制する必要があると仰っているのですよ。

賠償能力の確保は十二分に公共の福祉であるでしょう。

>道路交通法や地方自治体の定める条例に罰則を設けるということは、実質的刑法となるのです。
罰則を設けていないということは、訓示規定に過ぎないということです。
酒気帯び自転車に乗るかどうかと同様に、任意保険に加入するかどうかは、自転車乗り一人ひとりが決めることとなるのです。

すいません。《行政処分などという甘いものではありません。》がなにと比較して甘いのかすら回答いただけてませんが?あと概念や感覚でなく法学に基づいた議論をお願いして良いですか?

>被害者の救済に必要な金銭を超える保険料を事前に集めるからこそ、保険会社の商売が成り立つのです。

それが嫌なのであればすべて自分でお金を用意すればいいだけです。あなたが言っているのはきれいごとです。自力で賠償ができないから支払ってもらっているまたは賠償能力を担保してもらっているにも関わらずそれに対する対価は支払わないとは虫が良すぎるでしょう。

>また、事故を惹起する危険性の高い特急(高速度)自転車乗りの方々も、数億円程度の賠償責任能力があるのであれば、これまた、無駄な保険料を負担する必要は全くありません。

あればいいと言っていますよ。ただ虚偽の申告を防ぐために何らかの確認の方法を設けるのが前提ですが

>主張するのは勝手ですが、国会を通して法律で定めることも出来ず、条例に罰則を設けることも出来ないような下らないルールに従わずに任意保険に加入していないだけで、具体的な事故の過失割合が変わりますか? 

それこそ実際には裁判官の裁量でしょう。普段から罰則のないルールは守る必要がないと言っている人をどうみるかでしょう。またそのルールを遵守していれば結果が変わる場合もありますし。支払い能力がなくて揉めているならば可能性はぜろでないでしょう

>頑張って、勉強して、良い高校、良い大学に行って、良い企業に勤めれば、生涯賃金は、3~5億円は行くでしょう。

まぁそのような人間が良い企業にいけるかは別としてその生涯賃金から最低限の生活費を抜いた金額はいくらですか?またそのときまで双方生きている保証はどこにあるのですか?

そもそも見通しや予測では担保になりえないでしょう。

>神戸の小学生が起こした事故で、自転車乗り全体に任意保険を強制されては、大迷惑です。

明日は我が身ですよ。考える気が無いならばコメントをしなければいいのでは?

>あれあれ、本当によく転びますね。

本当にバカなのか?
目標全員へ賠償能力を獲得させる
手段問わない
これが転んでいるというならば相当なバカなのか頭が悪いのか目標と手段。結論と過程。の違いがわからないのでしょう。
それとも目標や手段がもっともすぎてほかに反論の余地が無いのですかね?(笑)

引用すると無駄な分が多すぎるので省きますが、更に色濃くしているとありますが私の意見が全員に賠償能力の確保であるから問題は無い。また世捨人氏は自動車への負担は確実に反対される。現に批判されている。つまり事故率のより高いものが拒否するのに低い物がより高位の賠償能力の義務とはなりえないでしょう通常であれば。つまりは世捨人氏に再考を促す為であります。
防犯登録でありますが現在義務化されており、そのデーターベースを活用することで保険の管理等も比較的低労力で管理することは可能であり十年で更新する必要があるため十年で市場の全ての自転車の管理が可能になるでしょう。また予算も現在未登録の自転車もあることや年間約40億の徴収があり使途が不明確である点から十分に新規予算をくむ必要もなく現実的でしょう。

| ただの通りすがり | 2017/10/30 09:34 | URL |

ところで話は戻りますがあなたの自転車に乗っている証明はどうされたのですか?(笑)
質問に対して回答をごまかされるのであえて別にして質問しています。

| ただの通りすがり | 2017/10/30 09:35 | URL |

ただの通りすがりさん | 2017/10/30 09:34 |、| 2017/10/30 09:35 | へ

>>日本国民の約1億人に、外国籍の方々も含め、1人にでも賠償能力が足りなければ、法律でもって、幼児から高齢者まで、全員に任意保険を強制する必要があると仰っているのですよ。
>賠償能力の確保は十二分に公共の福祉であるでしょう。

公共の福祉などと大風呂敷を広げて誤魔化しても無駄です。

国民の老後という公共の福祉のために、民間の生命保険会社の年金保険を強制しますか?

民事上の賠償能力の確保は、それぞれの自助努力の世界です。


>>道路交通法や地方自治体の定める条例に罰則を設けるということは、実質的刑法となるのです。罰則を設けていないということは、訓示規定に過ぎないということです。酒気帯び自転車に乗るかどうかと同様に、任意保険に加入するかどうかは、自転車乗り一人ひとりが決めることとなるのです。
>すいません。《行政処分などという甘いものではありません。》がなにと比較して甘いのかすら回答いただけてませんが?あと概念や感覚でなく法学に基づいた議論をお願いして良いですか?

あれあれ?

名古屋市の条例では、任意保険に加入していない自転車乗りに、何等かの行政処分が科されるのですか?

概念や感覚などではなく、事実に基づいた議論をお願いします。


>>被害者の救済に必要な金銭を超える保険料を事前に集めるからこそ、保険会社の商売が成り立つのです。
>それが嫌なのであればすべて自分でお金を用意すればいいだけです。あなたが言っているのはきれいごとです。自力で賠償ができないから支払ってもらっているまたは賠償能力を担保してもらっているにも関わらずそれに対する対価は支払わないとは虫が良すぎるでしょう。

意味不明です。

自力で賠償ができない方に代わって、誰が支払ってあげるのですか?

民間の保険会社は、対価を支払わない方の賠償能力を担保してあげないといけないのですか?

任意の賠償保険は民間の保険会社の商売であり、社会奉仕活動ではありませんよ。


>>また、事故を惹起する危険性の高い特急(高速度)自転車乗りの方々も、数億円程度の賠償責任能力があるのであれば、これまた、無駄な保険料を負担する必要は全くありません。
>あればいいと言っていますよ。ただ虚偽の申告を防ぐために何らかの確認の方法を設けるのが前提ですが

個人のお財布の中身は、最もセンシティブな情報です。

税務署でもあるまいし、人のおなかの中を探る悪趣味は控えましょう。


>>主張するのは勝手ですが、国会を通して法律で定めることも出来ず、条例に罰則を設けることも出来ないような下らないルールに従わずに任意保険に加入していないだけで、具体的な事故の過失割合が変わりますか? 
>それこそ実際には裁判官の裁量でしょう。

天秤ばかりで公平な判断を下さなければならない裁判官です。

事実の認定に裁量を入れていては、天秤ばかりの土台が傾いてしまいます。


>普段から罰則のないルールは守る必要がないと言っている人をどうみるかでしょう。

罰則のないルールは、その程度のものだということです。

罰則の有無・軽重を含めたルールです。

罰則のないルールを警察官が取締ることは出来ません。

罰則のないルールを守るかどうかは、自転車乗り一人ひとりが決めることです。


>またそのルールを遵守していれば結果が変わる場合もありますし。支払い能力がなくて揉めているならば可能性はぜろでないでしょう

ぜろ≠ゼロ≒零 ???

任意保険に加入していれば、万々一の事故が防げるのですか?

自賠責保険への加入が強制されている自動車が毎年3,500名の命を奪っているのですよ。

無制限の任意保険に加入しているドライバーと自賠責にしか加入していないドライバーの間で、自動車事故の過失割合が変わるのですか?


>>頑張って、勉強して、良い高校、良い大学に行って、良い企業に勤めれば、生涯賃金は、3~5億円は行くでしょう。
>まぁそのような人間が良い企業にいけるかは別としてその生涯賃金から最低限の生活費を抜いた金額はいくらですか?

そのような人間とはどのような人間ですか?

神戸の小学生に対する差別発言は慎みましょう。

さて、最低限の生活費とはどの程度でしょうか? 
月20万として、年間240万×80年=1億9200万円 残り1億800万円です。


>またそのときまで双方生きている保証はどこにあるのですか?

死亡した後の遺族等の生活を保障するために、生命保険があるのでしょう。

「生命保険会社の保険料収入の合計は、およそ26兆4千億円、これは国家予算の1/3に匹敵する額であると言われています。」(byH.W2 さん| 2017/10/25 15:04 )


>そもそも見通しや予測では担保になりえないでしょう。

そもそも自転車です。

見通しや予測以上の担保など全く不要です。


>>神戸の小学生が起こした事故で、自転車乗り全体に任意保険を強制されては、大迷惑です。
>明日は我が身ですよ。考える気が無いならばコメントをしなければいいのでは?

小生は、ただの通りすがりさんの色眼鏡が曇ってませんか、偏向してませんか、洗脳されていませんか、とお伝えしているものです。

考えるまでもありません。


>>あれあれ、本当によく転びますね。
>本当にバカなのか?目標全員へ賠償能力を獲得させる手段問わないこれが転んでいるというならば相当なバカなのか頭が悪いのか目標と手段。結論と過程。の違いがわからないのでしょう。それとも目標や手段がもっともすぎてほかに反論の余地が無いのですかね?(笑)

あれあれ?

「珍しく少しまともなことを書いているなというのが率直な感想です。しかし私として以前よりの疑問が義務付けがあるから入るのではなく支払い能力がなければ入るべきだと思います。つまりは条例でなく全国で法整備するべきだと思います。」(byただの通りすがりさん | 2017/10/17 07:19 )とまで仰っていましたよ。

また、「私の意見としてはさらに速度のでる乗り物かつ世捨人をして危険な乗り物といわしめる自動車にあって『も』当然自賠責を無制限にするべきだと思いますよ。」ということで「ただ、スピードレース用に開発され衝突被害が甚大となろう、競技用自転車の損害賠償責任がママチャリと同等とは被害者感情を逆なでしかねない。賠償限度額を定めない対人・対物無制限保険が必須だ。法改正が待たれる。」という世捨人さんのご提案を受け入れておられましたよ。
更には、「また自転車においても以前言った防犯登録による管理がなされたら無保険車の管理等もスムーズに行くと思います。」と提言されていましたよ。

たかが自転車です。

民事上の賠償責任は、当事者同士で解決すれば良いだけです。

神戸市の小学五年生の事例では、約一億の賠償金が支払えなかったのですかね?

神戸市の民度が・・・


>引用すると無駄な分が多すぎるので省きますが、更に色濃くしているとありますが私の意見が全員に賠償能力の確保であるから問題は無い。また世捨人氏は自動車への負担は確実に反対される。現に批判されている。つまり事故率のより高いものが拒否するのに低い物がより高位の賠償能力の義務とはなりえないでしょう通常であれば。つまりは世捨人氏に再考を促す為であります。

世捨人さんに洗脳されているからこそ、上述の『も』という一文字が出てくるのです。

無駄な分が多すぎるなどと、誤魔化しても無駄です。


>防犯登録でありますが現在義務化されており、そのデーターベースを活用することで保険の管理等も比較的低労力で管理することは可能であり十年で更新する必要があるため十年で市場の全ての自転車の管理が可能になるでしょう。また予算も現在未登録の自転車もあることや年間約40億の徴収があり使途が不明確である点から十分に新規予算をくむ必要もなく現実的でしょう。

40億ものお金が使途不明確で済まされる、お役人の天下り組織の制度に強制加入させられては困りものです。


>ところで話は戻りますがあなたの自転車に乗っている証明はどうされたのですか?(笑)質問に対して回答をごまかされるのであえて別にして質問しています。

小生は、50年来の自転車乗りです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/30 12:56 | URL |

無茶苦茶

こじまが自転車に乗っていることを証明しようとしても、
却下したときどきオアゾツーキニストのコメントは下記を参照

http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-573.html
| こじま | 2017/05/08 12:37 | URL |
| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/05/08 17:23 | URL |


本当に、支離滅裂、自己否定、自己矛盾のオンパレードです。

| こじま | 2017/10/30 19:39 | URL | ≫ EDIT

>国民の老後という公共の福祉のために、民間の生命保険会社の年金保険を強制しますか?

保険と言えば共通と思っていませんか?年金保険は所詮利益を享受するのは自身のみであります。そこが大きく違います。つまり入らずしても損害を被るのは自身のみであります。賠償能力は自身以外の他者が必ず関わってくる物なので違うでしょう。

>名古屋市の条例では、任意保険に加入していない自転車乗りに、何等かの行政処分が科されるのですか?

いつそのような発言がありましたか?
で、甘いとはどういう意味ですか?
ご回答ください。

>自力で賠償ができない方に代わって、誰が支払ってあげるのですか?

保険に加入していれば保険会社ですよ。その収入は保険料でありますが。
無保険であれば現状被害者は泣き寝入りです。

>民間の保険会社は、対価を支払わない方の賠償能力を担保してあげないといけないのですか?

担保になりえるでしょう。いざという時に保険金は支払いませんでは詐欺ですよ。もちろん約款の範囲ではありますが

>任意の賠償保険は民間の保険会社の商売であり、社会奉仕活動ではありませんよ。

保険会社の利益が問題なのですか?(笑)
あなたは保険は不要と申されるであれば、別の方法で無保険車の事故を減らす案があると言うことでしょう。是非ご提案願います。

>個人のお財布の中身は、最もセンシティブな情報です。
税務署でもあるまいし、人のおなかの中を探る悪趣味は控えましょう。

あなたの意見を聞いていると自転車=無条件に賠償責任なしとでもいいたいのですか?

>罰則のないルールを警察官が取締ることは出来ません。

注意をする事はできますが?

>罰則のないルールを守るかどうかは、自転車乗り一人ひとりが決めることです。

罰則の有無に関わらず自身が守るか決めることでしょう。で、その責任は自身が追うべき所であって、決して他人に守る必要が無いなどと促すこととは違うと思いますが?
またあなたは左端通行だけ守ればいいと言っていますがそれしか罰則はないのですか?

>任意保険に加入していれば、万々一の事故が防げるのですか?

どこにそんな発言がありましたか?節穴ですか?
双方保険に加入していれば必ず賠償を受けることができるそれだけです。

>無制限の任意保険に加入しているドライバーと自賠責にしか加入していないドライバーの間で、自動車事故の過失割合が変わるのですか?

本当に本当にバカなのですかね。過失割合の変わる要因として上げたのは法の順守であり、それが今回の例では保険であったり、あなたの日々の言動であるだけですよ。

>そのような人間とはどのような人間ですか?

想像力、想定力にかける見通しの甘い人間

>神戸の小学生に対する差別発言は慎みましょう。

差別ではないでしょう。事実です。

>さて、最低限の生活費とはどの程度でしょうか? 
月20万として、年間240万×80年=1億9200万円 残り1億800万円です。

さて三億以上みな稼げるのでしょうか?

>死亡した後の遺族等の生活を保障するために、生命保険があるのでしょう。

それも任意でしょう?自転車保険に入らない人が全員加入しているとはとてもじゃないが思えませんが?

>見通しや予測以上の担保など全く不要です。

であればその予測や見通しが崩れた場合はどうなるのですか?

>小生は、ただの通りすがりさんの色眼鏡が曇ってませんか、偏向してませんか、洗脳されていませんか、とお伝えしているものです。

被害者救済という意味では傾いているでしょう。
ただあなたみたいに偏見で判断はしてません。

>たかが自転車です。

その考えが無保険につながって被害者泣き寝入りの構図を作っています。

>世捨人さんに洗脳されているからこそ、上述の『も』という一文字が出てくるのです。

そうですか、洗脳されている人が反論するのですか(笑)
その洗脳甘すぎでしょう(笑)
自転車を無制限にするならだったら自動車『も』無制限にしてからにしろ!
やはり『も』で間違いないようですね

>40億ものお金が使途不明確で済まされる、お役人の天下り組織の制度に強制加入させられては困りものです。

義務ですからね。ですからその四十億を元手に仕事をしてもらうだけで使途不明確から明確に自転車の管理という明確に変わるのであなた的には諸手をあげてといったところでしょう。

>小生は、50年来の自転車乗りです。

そうですか。それだけでいいのですね。であれば私も幼稚園からずっと今まで自転車に乗ってきました。
成人しているあなたなら当然理解できることとは思いますが念のために付け加えておきます。
これであなたは私のことを自転車に乗っていないとはもう二度と言えないですね。なぜなら引用の文があなたの求めたレベルの証明である以上同意の私の文も証明であり私を否定することは自身が自転車に乗っていることを否定することになりますよ。ご注意ください。

| ただの通りすがり | 2017/10/31 06:50 | URL |

まずは、ときどきオアゾツーキニストをスルーすることです。
それだけです。
頑張れ。

| 自転車は歩道 | 2017/10/31 08:22 | URL |

ただの通りすがりさん | 2017/10/31 06:50 |へ

>>国民の老後という公共の福祉のために、民間の生命保険会社の年金保険を強制しますか?
>保険と言えば共通と思っていませんか?年金保険は所詮利益を享受するのは自身のみであります。そこが大きく違います。つまり入らずしても損害を被るのは自身のみであります。賠償能力は自身以外の他者が必ず関わってくる物なので違うでしょう。

公共の福祉という大風呂敷を広げていらっしゃったので、保険つながりで年金保険を持ち出しただけのことです。

アリとキリギリスの寓話のとおり、年金保険に加入せずに将来への自助努力を怠る怠け者のキリギリスさんは、自業自得であって何ら損害等を被るものではありません。

少なくとも憲法で、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」わが国では、キリギリスさんは最低限度の生活に甘んじるだけのことであり、損害はあり得ません。

一方で、憐みから毛布を与え、食料を恵んであげざるを得ないアリさんの側に損害が発生するのです。

勤勉実直なアリさんに、キリギリスさんへ支払う最低限度の生活保護費の財政負担という損害を被らせないように、最低限度の生活で自暴自棄となったキリギリスが世の中を乱さないように、国民年金の制度が議論されているのでしょう。

国民年金(厚生年金・共済年金・基礎年金)に加えて、更に、民間の生命保険会社の年金保険に加入するかどうかは、それぞれが判断することです。

強制加入の自賠責保険に加えて、更に、民間の損害保険会社の無制限の自動車保険や自転車保険に加入するかどうかは、自動車ドライバーや自転車乗りがそれぞれで判断することです。


>>名古屋市の条例では、任意保険に加入していない自転車乗りに、何等かの行政処分が科されるのですか?
>いつそのような発言がありましたか?

あれあれ?

自転車利用者に自転車保険の加入を義務づける条例が施行された名古屋市民の民度の低さについて、「国民健康保険制度、雇用保険制度、国民年金制度をみると法律で強制しなければいけないということは名古屋市民だけでなく日本国民全体が自立(自律)できず民度が低いと言うことでしょうか?」(byただの通りすがりさん | 2017/10/18 14:21)と喰い付いて来られたのは、ただの通りすがりさんご自身ですよ。

そのうえで、「罰則はあくまで行政処分、刑事処分であり民事裁判になると話は別です。まるで守る必要がないというのはいかがなものかと思いますよ。」(byただの通りすがりさん | 2017/10/24 23:03 )と行政処分を持ち出されたのは、ただの通りすがりさんご自身ですよ。

概念や感覚などではなく、事実に基づいた議論をお願いします。


>で、甘いとはどういう意味ですか?ご回答ください。

「酒酔い運転は、「五年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。」ということですから、立派な刑罰ですよ。免許停止等の行政処分で済む話ではありません。一方で、罰則のない任意保険に加入するかどうかは、自転車乗り一人ひとりが決めることです。」(byときどきオアゾツーキニスト | 2017/10/25 11:53 )ということで回答済みです。


>>自力で賠償ができない方に代わって、誰が支払ってあげるのですか?
>保険に加入していれば保険会社ですよ。その収入は保険料でありますが。

保険会社は支払ってあげるなどという立場にはありません。

保険契約に従って保険料の前払を前提に粛々と保険金を支払うことは、保険会社の責任であり義務です。

事前に預かった保険料と支払う保険金との差額で利益がでて儲かるからこそ、保険会社が成り立つのです。


>無保険であれば現状被害者は泣き寝入りです。

金銭的な賠償責任は、神戸の小学生のご家族の如く加害者自身が一生を掛けて償うものです。


>>民間の保険会社は、対価を支払わない方の賠償能力を担保してあげないといけないのですか?
>担保になりえるでしょう。いざという時に保険金は支払いませんでは詐欺ですよ。もちろん約款の範囲ではありますが

意味不明です。

対価(保険料)を前払いで支払わない無保険の方に、いざという時に保険金を支払えと言われても困りものです。

保険会社を詐欺呼ばわりして、大丈夫ですか?


>>任意の賠償保険は民間の保険会社の商売であり、社会奉仕活動ではありませんよ。
>保険会社の利益が問題なのですか?(笑)あなたは保険は不要と申されるであれば、別の方法で無保険車の事故を減らす案があると言うことでしょう。是非ご提案願います。

任意の賠償保険に加入するかどうかは、自転車乗り一人ひとりが決めることです。

保険会社を儲けさせても、無制限の賠償保険が必要だと多くの自動車ドライバーが判断するからこそ、強制加入の自賠責を超える無制限の賠償保険が普及しているのです。

毎年3500名の命を奪う自動車と脚力頼みで万一の際にはふらふらとバランスを崩す自転車とでは、事故の危険性が全く異なります。

車道左端通行することで事故を惹起することのない自転車乗りや賠償能力が十分にある自転車乗りにとっては、保険会社が利益を得るような保険に加入させられることは、全くの無駄です。

世捨人さんに洗脳されてませんか。


>>個人のお財布の中身は、最もセンシティブな情報です。税務署でもあるまいし、人のおなかの中を探る悪趣味は控えましょう。
>あなたの意見を聞いていると自転車=無条件に賠償責任なしとでもいいたいのですか?

車道上の最弱者となる自転車乗りは「自分の身は自分で守る。」ものです。

自転車は、車道左端通行という基本中の基本のルールを守り、「スピードの危険性」を理解して、一時停止や徐行も含めて、「スピードの出し過ぎ」で暴走しなければ、賠償責任を負うような事故を惹起するような「走る凶器」となるものではありません。


>>罰則のないルールを警察官が取締ることは出来ません。
>注意をする事はできますが?

警察官に注意されようが、任意の自転車保険に加入するかどうかは、自転車乗り一人ひとりが決めることです。


>>罰則のないルールを守るかどうかは、自転車乗り一人ひとりが決めることです。
>罰則の有無に関わらず自身が守るか決めることでしょう。で、その責任は自身が追うべき所であって、決して他人に守る必要が無いなどと促すこととは違うと思いますが?
またあなたは左端通行だけ守ればいいと言っていますがそれしか罰則はないのですか?

追うべき≠負うべき ???

罰則のないルールを守るかどうかは自転車乗り一人ひとりが決めることです。

自転車は、ただただ真っ直ぐ前を向いて、ゆっくりゆったり堂々と大人しく、たまにはふらふらとふらつきながらでも、車道左端通行すれば十分です。

その他の下らないルールは、「自分の身は自分で守る。」という動物的本能に従っていれば、自然とルールに合致することとなります。


>>任意保険に加入していれば、万々一の事故が防げるのですか?
>どこにそんな発言がありましたか?節穴ですか?双方保険に加入していれば必ず賠償を受けることができるそれだけです。

あれあれ?

貴方は、任意保険に加入していれば、裁判や示談で過失割合が変わると豪語されていた筈ですよ?

本当によく転ぶ方ですね。


>>無制限の任意保険に加入しているドライバーと自賠責にしか加入していないドライバーの間で、自動車事故の過失割合が変わるのですか?
>本当に本当にバカなのですかね。過失割合の変わる要因として上げたのは法の順守であり、それが今回の例では保険であったり、あなたの日々の言動であるだけですよ。

罰則も無い条例で強制されているからと言って、任意保険への加入の有無が、法の順守として現実の事故の過失割合を変えますか?

是非とも、具体的事例をご披露下さい。

楽しみです。


>>そのような人間とはどのような人間ですか?
>想像力、想定力にかける見通しの甘い人間

神戸の小学生やそのご家族のことですね。

広く世の中に公開されているブログのコメント欄にそこまで貶すことが出来るとは、余程、親密な交流があったのですね。

ただの通りすがりさんは、神戸市在住ですか?


>>神戸の小学生に対する差別発言は慎みましょう。
>差別ではないでしょう。事実です。

神戸の小学生とそのご家族は、想像力、想定力にかける見通しの甘い人間だという事実ですね。


>>さて、最低限の生活費とはどの程度でしょうか? 月20万として、年間240万×80年=1億9200万円 残り1億800万円です。
>さて三億以上みな稼げるのでしょうか?

神戸の小学生の努力次第です。


>>死亡した後の遺族等の生活を保障するために、生命保険があるのでしょう。
>それも任意でしょう?自転車保険に入らない人が全員加入しているとはとてもじゃないが思えませんが?

神戸の小学生の努力次第です。

先に死亡(高度障害)となるであろうと想定されるのは神戸の小学生の自転車に激突された被害者です。

被害者自身が自分のために生命保険に加入しているかどうかです。

加害者と被害者の双方に失礼です。

大丈夫ですか?


>>見通しや予測以上の担保など全く不要です。
>であればその予測や見通しが崩れた場合はどうなるのですか?

神戸の小学生の努力次第です。

神戸の小学生が起こした事故で、自転車乗り全体に任意保険を強制されては、大迷惑です。


>>小生は、ただの通りすがりさんの色眼鏡が曇ってませんか、偏向してませんか、洗脳されていませんか、とお伝えしているものです。
>被害者救済という意味では傾いているでしょう。

傾いているという自覚はあるようです。

良かった。

良かった。


>ただあなたみたいに偏見で判断はしてません。

50年以上にわたって自転車に乗ってきた経験に基づく判断です。

ご信頼下さい。


>>たかが自転車です。
>その考えが無保険につながって被害者泣き寝入りの構図を作っています。

民事上の賠償責任は、当事者同士で解決すれば良いだけです。

神戸市の小学五年生の事例では、約一億の賠償金が支払えなかったのですかね?

色眼鏡や偏見や傾いた考えではなく、事実に基づいた議論をお願いします。


>>世捨人さんに洗脳されているからこそ、上述の『も』という一文字が出てくるのです。
>そうですか、洗脳されている人が反論するのですか(笑)

世捨人さんに遊ばれているだけですよ。


>その洗脳甘すぎでしょう(笑)

世捨人さんに泳がされているだけですよ。


>自転車を無制限にするならだったら自動車『も』無制限にしてからにしろ!やはり『も』で間違いないようですね

するならだったら???

自転車を無制限にすることを前提とされていますが、本当に大丈夫ですか?

自動車保険の対人賠償保険は、強制されていなくても、ほぼほぼ無制限で加入しているものでしょう。


>>40億ものお金が使途不明確で済まされる、お役人の天下り組織の制度に強制加入させられては困りものです。
>義務ですからね。ですからその四十億を元手に仕事をしてもらうだけで使途不明確から明確に自転車の管理という明確に変わるのであなた的には諸手をあげてといったところでしょう。

既得権益にしがみ付くお役人を甘く見てませんか?

使途不明確なお金は使途不明確という明確な使い方をされているのです。

お役人に仕事をさせると、更に、無駄遣いのための税金を要求されるだけです。


>>小生は、50年来の自転車乗りです。
>そうですか。それだけでいいのですね。であれば私も幼稚園からずっと今まで自転車に乗ってきました。成人しているあなたなら当然理解できることとは思いますが念のために付け加えておきます。これであなたは私のことを自転車に乗っていないとはもう二度と言えないですね。なぜなら引用の文があなたの求めたレベルの証明である以上同意の私の文も証明であり私を否定することは自身が自転車に乗っていることを否定することになりますよ。ご注意ください。

幼稚園からずっと今まで自転車に乗って来て、自転車と自動車の危険性の違いがご理解出来ないお子ちゃまだという証明ですね。

まだまだです。

まずは、自転車に乗ることです。

頑張れ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/11/01 15:39 | URL |

>強制加入の自賠責保険に加えて、更に、民間の損害保険会社の無制限の自動車保険や自転車保険に加入するかどうかは、自動車ドライバーや自転車乗りがそれぞれで判断することです。

自転車に強制保険がないことが問題なのですよ。
自身が最低限の生活を送る分にはかまいませんが、なぜ被害を受けた側の遺族が十分な賠償を受けられずに生活レベルを落とさないといけないのか、それについて納得の行く説明をお願いします。

>概念や感覚などではなく、事実に基づいた議論をお願いします。

罰則が行政、刑事からなるのは法学での常識かつ事実ですが?
そもそも件の条例について私は罰則を求めるべきとは思います。しかし今までそのことも罰則のことも議題にあげてはいません。あなたが罰則のないルールは守る必要がないといい。それに対して民事上の遵法精神を問うたまでですが?事実に基づいた発言を求められているのはあなたですよ。

>ということで回答済みです。

刑事、行政、民事に重さの差があるのですか?それとも罰則(罰金、懲役、資格剥奪、賠償)に差があるのですか?そこを明確にしてください。

>保険契約に従って保険料の前払を前提に粛々と保険金を支払うことは、保険会社の責任であり義務です。
事前に預かった保険料と支払う保険金との差額で利益がでて儲かるからこそ、保険会社が成り立つのです。

任意保険は基本的に契約期間は一年間です。その一年間で元を取って利益がでるのですか?(笑)
保険とはあくまで相互扶助の形を商売にしたものです。
よって保険会社の想定より事故が起きれば赤字ですし起きなければ黒字です。

>金銭的な賠償責任は、神戸の小学生のご家族の如く加害者自身が一生を掛けて償うものです。

賠償は一括支払が大原則なのを知らないわけではないですよね?
さらに取れる上限が所得によって変動することも。

>対価(保険料)を前払いで支払わない無保険の方に、いざという時に保険金を支払えと言われても困りものです。

約款にそのように定めていれば保険会社の自業自得です。約款や契約に基づかなければ詐欺と言われても仕方ないでしょう。

>車道左端通行することで事故を惹起することのない自転車乗りや賠償能力が十分にある自転車乗りにとっては、保険会社が利益を得るような保険に加入させられることは、全くの無駄です。

左端通行であれば事故を招かないそれは事実ですか?
あなたの願望ですか?
それで、無保険の事故はどのように削減するのですか?
また車道上に置いては左端を通行さえしていれば自動車対自転車の過失割合は常に10対0ですか?

>車道上の最弱者となる自転車乗りは「自分の身は自分で守る。」ものです。

日本の専用道を除くすべての道路に歩道が併設されていればそうでしょうが現実は以下です。車道上の最弱者は歩行者です。自転車は弱者に過ぎません。

>自転車は、車道左端通行という基本中の基本のルールを守り、「スピードの危険性」を理解して、一時停止や徐行も含めて、「スピードの出し過ぎ」で暴走しなければ、賠償責任を負うような事故を惹起するような「走る凶器」となるものではありません。

自動車についても同様に言えますが?道路交通法を遵守さえしていれば事故は起こらないでしょう。
あなたの言っていることはきれい事です。車でルールを守れない人が自転車でルールを守れる保証はどこにもありません。
まして左端通行以外は守る必要がないと豪語されるバカもこのサイトにはいるのですから何よりの根拠でしょう。

>その他の下らないルールは、「自分の身は自分で守る。」という動物的本能に従っていれば、自然とルールに合致することとなります。

そもそも罰則のないルールが事故判断なのか左端通行以外が事故判断なのかどちらかはっきりしていただけませんか?
また本能本能と言いますが思考回路が全員一緒なのですか?同じ相手が襲ってきても人によって立ち向かう人や逃げる人様々いますがそんれだけ単純な物事で判断が違うのに全員がバラバラな動きをするとは考えないのですか?

>貴方は、任意保険に加入していれば、裁判や示談で過失割合が変わると豪語されていた筈ですよ?

ええ、法律を守っていたと証言してもその証言は件の条例を守っていない事実により信憑性を欠きます。証拠不十分ということです。つまりは過失割合が変わってきます。

>神戸の小学生やそのご家族のことですね。

事実でしょう。現実になってから慌てているのでは想像力の欠如といわざるをえないでしょう。死亡事故の賠償額は自動車のそれですぐわかることですし。

>神戸の小学生の努力次第です。

そんな不確定性が高い物によって満額受け取れるか取れないかが決まるのですか?

>先に死亡(高度障害)となるであろうと想定されるのは神戸の小学生の自転車に激突された被害者です。

では、やり得やられ損ということですね。

>被害者自身が自分のために生命保険に加入しているかどうかです。

そうですか死ぬことが前提で、対策をしなければならないということですか?
仮にそうであれば賠償責任は何に対して発生するのでしょうか?教えてください。

>加害者と被害者の双方に失礼です。

ひき殺されて死ぬことを考えとけという方が失礼だと思いますが?

>神戸の小学生が起こした事故で、自転車乗り全体に任意保険を強制されては、大迷惑です。

それは小学生(当時)に言ってください。

>50年以上にわたって自転車に乗ってきた経験に基づく判断です。

その経験と判断は裁判で証拠能力のある物ですか?

>神戸市の小学五年生の事例では、約一億の賠償金が支払えなかったのですかね?

支払えずに自己破産されたようですよ。

>自転車を無制限にすることを前提とされていますが、本当に大丈夫ですか?

その前提を作ったのは世捨人氏であり
その前提に基づいたと仮定しての発言です。
お互い同じ土俵にたたないと議論になりませんので

>自動車保険の対人賠償保険は、強制されていなくても、ほぼほぼ無制限で加入しているものでしょう。

なにを根拠に発言されていますか?

>使途不明確なお金は使途不明確という明確な使い方をされているのです。

はあ?明確になくなっているにも関わらず使途が不明確な使い方をされているのですよ。使ったのは確実ですがどのような使い方をされたかがわからないという意味ですよ。

>お役人に仕事をさせると、更に、無駄遣いのための税金を要求されるだけです。

予算を要求するのであれば当然説明責任が生まれますので使途不明が消えるでしょうね。
仮にそれで通るのであればあなたが選んだ議員がダメなだけでしょう
官僚は与えられた予算を自由に使うことはできます。つまり予算を与えなければ良いだけです。
官僚に予算を組むことはできても予算を通すことはできません。

>まずは、自転車に乗ることです。

そうですか、やはりあなたは自転車に乗っていなかったのですね。
危険性の違いと言いますが現実に死亡事故が起きている以上仕方ないでしょう。

最後に神戸新聞の引用です。
『田中裁判官は事故当時、男子児童がヘルメットを着用していなかったことなどから「(母親が)十分な指導や注意をしていたとはいえず、監督義務を果たしていなかったのは明らか」として保護者の責任を認めた。』

またあなたに面白い判決です。大阪地裁平成25年12月12日の判決です。
「本件事故は、道路左側を走行していた被告車が、道路右側へ横断をしようとし、後続で直進してきた原告車と衝突した事故であり、原告車が接近してきているにもかかわらず、被告が、その直近で道路中央へ向けて進出したために、衝突するに至ったものといえる。従って、被告には、右後方を確認することも、合図をすることもなく、右折を開始し、後続車である原告車の進行を妨害した点で、過失があり、これによって、本件事故を惹起したものといえるから、被告は、民法709条に基づき、本件事故により、原告に生じた損害を賠償すべき責任を負う。また、被告の右折開始地点とG店との位置関係等を考慮すると、被告は、ハンドルを急に右に切って横断を開始したものというべきであり、単なる進路変更に比較すれば、原告車に対する進路妨害の程度は大きく、これと同列に論じることはできない。
他方、原告は、道路左側前方を走行する被告車を認識していたのであるから、その後方を進行する以上、被告車の通常予想される程度の動きがあったとしても、衝突しないような車間距離を保ち、ハンドルブレーキ等を適切に操作して、衝突を回避すべき注意義務を負っているところ、前記(1)の認定事実のとおり、被告車の後部に、原告車の前部が衝突していることに照らすと、原告にとって衝突の回避可能性がなかったとはいえず、この点で落ち度があるというべきである。
以上のような事情に加え、前記認定説示に係る諸事情を考慮すれば、原告の過失割合としては50%とするのが相当である。」

つまり左端走行のみでは無過失ではないのでそれでは不十分ということですね。

| ただの通りすがり | 2017/11/02 11:32 | URL |

ただの通りすがりさん | 2017/11/02 11:32 |へ

>強制加入の自賠責保険に加えて、更に、民間の損害保険会社の無制限の自動車保険や自転車保険に加入するかどうかは、自動車ドライバーや自転車乗りがそれぞれで判断することです。
>自転車に強制保険がないことが問題なのですよ。

自転車は歩行者を巻き込む死亡事故は毎年5件程度のものです。

毎年3500名の命を奪う自動車と同列で制度設計する必要は全くありません。


>自身が最低限の生活を送る分にはかまいませんが、なぜ被害を受けた側の遺族が十分な賠償を受けられずに生活レベルを落とさないといけないのか、それについて納得の行く説明をお願いします。

今、世の中を騒がせている神奈川県座間市のアパートでクーラボックスから遺体(頭部)が発見された9人のご遺族には、十分な補償が受けられたのでしょうか?

毎年3500名の命を奪われている自動車事故では、自賠責だけで任意保険に加入していない自動車ドライバーも少なからず存在するでしょう。無保険車の被害者は、十分な補償が受けられたのでしょうか?

なぜ被害を受けた側の遺族が十分な賠償を受けられずに生活レベルを落とさないといけないのか、それについて納得の行く説明をお願いします。


>>概念や感覚などではなく、事実に基づいた議論をお願いします。
>罰則が行政、刑事からなるのは法学での常識かつ事実ですが?

あれあれ?

「罰則はあくまで行政処分、刑事処分であり民事裁判になると話は別です。まるで守る必要がないというのはいかがなものかと思いますよ。」(byただの通りすがりさん | 2017/10/24 23:03 )と行政処分を持ち出されたのは、ただの通りすがりさんご自身ですよ。

何時の間にか「処分」の2文字が抜け落ちていますが、これも法学での常識かつ事実ですかね?


>そもそも件の条例について私は罰則を求めるべきとは思います。

あれあれ?

後出しジャンケンで誤魔化してませんか?


>しかし今までそのことも罰則のことも議題にあげてはいません。

考えが浅く事実に基づいた議論が出来ない宣言をされても困りものです。


>あなたが罰則のないルールは守る必要がないといい。

今回の任意保険への加入強制や酒気帯び自転車のように罰則のないルールは訓示規定となり、守るかどうかは、自転車乗り一人ひとりが判断することです。


>それに対して民事上の遵法精神を問うたまでですが?

任意保険への加入有無によって、民事上の自転車事故の過失割合の算定にあたって、本当に変わりますか?


>事実に基づいた発言を求められているのはあなたですよ。

払えるかどうか払うかどうかは、過失割合に基づいてそれぞれの賠償金を算定した後のことでしょう。

概念や感覚などではなく、事実に基づいた議論をお願いします。


>>ということで回答済みです。
>刑事、行政、民事に重さの差があるのですか?それとも罰則(罰金、懲役、資格剥奪、賠償)に差があるのですか?そこを明確にしてください。

刑罰の制裁の峻厳性、刑法の謙抑性、断片性、補充性について、刑法総論でお勉強下さい。


>>保険契約に従って保険料の前払を前提に粛々と保険金を支払うことは、保険会社の責任であり義務です。事前に預かった保険料と支払う保険金との差額で利益がでて儲かるからこそ、保険会社が成り立つのです。
>任意保険は基本的に契約期間は一年間です。その一年間で元を取って利益がでるのですか?(笑)保険とはあくまで相互扶助の形を商売にしたものです。よって保険会社の想定より事故が起きれば赤字ですし起きなければ黒字です。

H.W2さんやsilentmajorityさんにご相談下さい。

きっと、コピペで得意気に回答されるあることでしょう。

くれぐれも「損害」保険と「生命」保険の「ワープロミス」には、お気をつけ下さい。


>>金銭的な賠償責任は、神戸の小学生のご家族の如く加害者自身が一生を掛けて償うものです。
>賠償は一括支払が大原則なのを知らないわけではないですよね?

あるある知識のご披露、ありがとうございます。

一括支払が大原則ということは、分割もありということですね。


>さらに取れる上限が所得によって変動することも。

さらに、あるある知識のご披露、ありがとうございます。

さて、具体的にどの程度のものでしょう。

概念や感覚などではなく、事実に基づいた議論をお願いします。


>>対価(保険料)を前払いで支払わない無保険の方に、いざという時に保険金を支払えと言われても困りものです。
>約款にそのように定めていれば保険会社の自業自得です。約款や契約に基づかなければ詐欺と言われても仕方ないでしょう。

馬券は、レースの前に買わなければ、当らないでしょう。

概念や感覚などだけで、ご理解いただけることかと思います。


>>車道左端通行することで事故を惹起することのない自転車乗りや賠償能力が十分にある自転車乗りにとっては、保険会社が利益を得るような保険に加入させられることは、全くの無駄です。
>左端通行であれば事故を招かないそれは事実ですか?あなたの願望ですか?

「左側通行の自転車が招く悲劇をなくせ」で
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-568.html
自転車愛好家χさんが、上下左右、東西南北、混乱しながらご主張されていたとおりです。


>それで、無保険の事故はどのように削減するのですか?

自転車が車道左端通行することで、自転車の事故そのものが削減されます。


>また車道上に置いては左端を通行さえしていれば自動車対自転車の過失割合は常に10対0ですか?

神戸の小学生の事故が、いつの間に、自動車対自転車の事故に変わったのですか?

神戸の坂道を下っていた小学生が自動車に激突したのであれば、小学生が大怪我を負うだけです。

まあ、神戸だけに、黒塗りの外車の防弾ガラスの修理代は高くつくでしょうが、1億まではいかないでしょう。

黒塗りの外車の中でソファアにもたれて葉巻でも吸っていた親分はピクリともしなくても、むち打ちの後遺症で治療費1億円の診断書を書かせるのかな?


>>車道上の最弱者となる自転車乗りは「自分の身は自分で守る。」ものです。
>日本の専用道を除くすべての道路に歩道が併設されていればそうでしょうが現実は以下です。車道上の最弱者は歩行者です。自転車は弱者に過ぎません。

道路と車道の区分も出来ないようですね。

道路交通法のお勉強を頑張って下さい。

(定義)
第二条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
一 道路 道路法に規定する道路、道路運送法に規定する自動車道及び一般交通の用に供するその他の場所をいう。
二 歩道 歩行者の通行の用に供するため縁石線又はさくその他これに類する工作物によつて区画された道路の部分をいう。
三 車道 車両の通行の用に供するため縁石線若しくはさくその他これに類する工作物又は道路標示によつて区画された道路の部分をいう。
三の四 路側帯 歩行者の通行の用に供し、又は車道の効用を保つため、歩道の設けられていない道路又は道路の歩道の設けられていない側の路端寄りに設けられた帯状の道路の部分で、道路標示によつて区画されたものをいう。

第二章 歩行者の通行方法
(通行区分)
第十条 歩行者は、歩道等と車道の区別のない道路においては、道路の右側端に寄つて通行しなければならない。
2 歩行者は、歩道等と車道の区別のある道路においては、次の各号に掲げる場合を除き、歩道等を通行しなければならない。
一 車道を横断するとき。
二 道路工事等のため歩道等を通行することができないとき、その他やむを得ないとき。
3 前項の規定により歩道を通行する歩行者は、普通自転車通行指定部分があるときは、当該普通自転車通行指定部分をできるだけ避けて通行するように努めなければならない。


>>自転車は、車道左端通行という基本中の基本のルールを守り、「スピードの危険性」を理解して、一時停止や徐行も含めて、「スピードの出し過ぎ」で暴走しなければ、賠償責任を負うような事故を惹起するような「走る凶器」となるものではありません。
>自動車についても同様に言えますが?

何故、毎年3500名の命を奪っている自動車と自転車が同様になるのですか?


>道路交通法を遵守さえしていれば事故は起こらないでしょう。

あれあれ?

道路交通法が自転車や歩行者を守ってくれるのであれば、多摩川の遊歩道(サイクリングロード)で86歳の高齢者が暴走自転車に激突されて頭蓋骨骨折の重傷で入院することも無かったでしょう。

自転車が惹起する事故の原因は、見通しの悪い交差点等での一時停止・徐行義務違反を含めれば、須らく「スピードの危険性」を理解していないための「スピードの出し過ぎ」です。

そして、脚力頼みでシャカリキにペダルを回しても40キロ超のスピードが精々の自転車には、自転車固有の最高速度規制は道路交通法に定められていないのです。

自転車乗りが「自分の身は自分で守る。」ためには、道路交通法には定められていない「スピードの出し過ぎ」に陥らない様に、「スピードの危険性」を理解することです。

「暴走自転車規制」老人に物申す
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-573.html

ちなみに、以下のコメントが最後となっていますが、結局、ただの通りすがりさんは、今村元復興大臣並の軽口を叩かれていたということで、白旗を上げられたようです。

ちなみについでに、今村元復興大臣は今回の衆議院選挙では比例区単独で見事当選されていましたよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ただの通りすがりさん | 2017/06/07 08:58 |へ

>>毎日新聞で大々的に報道されていた特急(高速度)自転車乗りが信号無視で歩道を渡ろうとしていた歩行者を死亡させた事故も、被害者は高齢のお婆ちゃんでした。
>残念ながら直ちに停車できる速度の例ではないですね。

さて、どうでしょう。

華麗なブレーキテクニックでも間に合わずに、信号の変わりざまに横断歩道を渡り始めた「いらち」なお婆ちゃんに接触しただけだと思いますよ。


>>無灯火であることが「スピードの出し過ぎ」に対する言い訳となりますか?
>ひねくれてますね。言い訳ではないでしょう。あくまで認識できない状況を考察しているのです。

86歳の高齢者が、無灯火かどうかが問題になるような夜中に散歩していたら吃驚です。

また、夜中の散歩好きの高齢者は、懐中電灯をぶら下げているものです。

あくまでも、状況を考察しているものです。


>>徐行程度まで減速した上で、若干距離が足りずに、衝突した可能性(危険性)は否定できません。
>そもそも「前項の場合において、普通自転車は、当該歩道の中央から車道寄りの部分()を徐行しなければならず、また、普通自転車の進行が歩行者の通行を妨げることとなるときは、一時停止しなければならない。」 つまりは、徐行するために減速することは当該歩道内においてあり得ないと言うことです。また「徐行 車両等が直ちに停止することができるような速度で進行することをいう。」となっているため、距離が足らないなどと言うのはまちがっています。

自転車は、歩行者がいないときは、歩道の状況に応じた安全な速度と方法で進行することができます。

自転車乗りは、普通自転車通行指定部分を通行しようとする歩行者の存在に気付いた段階で、減速して、徐行し、ぶつかりそうになれば一時停止することとなります。

そして、一時停止できなければ、自転車乗り自身が転倒し、アスファルト路面から雑草や砂利の土手に下りてパンクする危険があろうとも、歩行者を回避して衝突進路から離脱しなければならないということです。

サイクリングロードとして整備された遊歩道で、自転車が徐行(車両等が直ちに停止することができるような速度で進行すること)しか出来ないなんてことは有り得ません。

「昭和49年に多摩川サイクリングロードとして完成しました。その後、歩行者と自転車利用者が安全に利用できるよう、「府中多摩川かぜのみち」に名称を変更しています。遊歩道自体は一部区間を除き、羽村市から大田区まで続いています。サイクリングロードと名付けてある」
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/kirari/sagasu/theme/jiman/kazenomiti.html

(普通自転車の歩道通行)
第六十三条の四 第2項  前項の場合において、普通自転車は、普通自転車通行指定部分を徐行しなければならず、また、普通自転車の進行が歩行者の通行を妨げることとなるときは、一時停止しなければならない。ただし、普通自転車通行指定部分を通行し、又は通行しようとする歩行者がないときは、歩道の状況に応じた安全な速度と方法で進行することができる。


>>爆走自転車は動物的本能に従って、86歳の高齢者に激突したのですか?
>法律で、守る物は左側通行であとは本能に任せると言ったあなたの発言によるとそうなりますね。

左側≠左端 ???

道路交通法は、自転車は車道左端通行しなければならない、と定めています。


>減速がいやで、よけるのもいやという本能に基づいた結果ですかね?ただいずれにせよしっかりと法令さえ遵守すれば起きずに済んだ事故です。また、本能でなければなにに基づいた結果ですか?

本当ですか?

これが、ただの通りすがりさんの考察した結果ですか?

自転車乗り仲間として、寂しい限りです。

特急(高速度)自転車乗りは、華麗なブレーキテクニックを駆使して必死に減速して、華麗なハンドルさばきで歩行者を避けようとしたが、いずれも叶わず86歳の高齢者に激突したということでしょう。

まさに、「スピードの出し過ぎ」が事故の原因です。

新聞記事のとおり自転車に固有の最高速度規制はありませんので、自転車乗り一人ひとりが「スピードの危険性」を自覚することです。


>>サイクリングロードから下りることで、激突を回避出来るのであれば、サイクリングロードから下りるしかないでしょう。
>残念ながらもうそのときには手遅れでしょう。すでに法令に反しています。

手遅れの段階で、法令に違反しているかどうかは、関係ありません。

歩行者との激突を回避出来るかどうかです。

道路交通法は、自転車乗りを守ってはくれません。

自分の身は自分で守ることです。


>>サイクリングロードから下りて、衝突進路から外れるという選択をしなかったということは、大いに責めるべきです。
>あくまでブレーキが利かないなどの状態であればそうでしょう。ただ今回にかんしては法令を遵守してないことを責めるべきと思いますが?

「スピードの出し過ぎ」が事故の原因です。

繰り返しとなりますが、自転車に固有の最高速度規制はありませんので、自転車乗り一人ひとりが「スピードの危険性」を自覚することです。


>>ただの通りすがりさんが自転車に乗っていることの証明など誰も求めていません。
>ありがとうございます。手間が省けました。
>>普通に自転車に乗っていれば、誰もが実感することです。まずは、自転車に乗ることです。
>残念ながら反例がここにあります。

本当に、残念ですね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/06/09 13:41 |
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


>あなたの言っていることはきれい事です。

アインシュタインが語ったかどうかは定かではありませんが、真実は美しいものです。


>車でルールを守れない人が自転車でルールを守れる保証はどこにもありません。

自動車は毎年3500名の命を奪っているのです。

同列で自転車を語る必要はありません。


>まして左端通行以外は守る必要がないと豪語されるバカもこのサイトにはいるのですから何よりの根拠でしょう。

誹謗中傷でしか、反論出来なくなっているようですが、大丈夫ですか?

自転車は車道左端通行すれば十分であり、その他のルールは、「自分の身は自分で守る。」という動物的な本能に従えば、自ずからルールに沿うことになるものです。

そして、自転車事故の最大の原因である「スピードの出し過ぎ」については、ルールとなっていないのですから、自転車乗りは、自転車に乗ることによって「スピードの危険性」を理解することが必要であると説いているのです。

ふらふらとその場で止まれるようなスピードしか(出せない)出さない傘差し・酒気帯び・両手放し・携帯ながら・高校生カップルの二人乗りや、事故の危険性の全くない確信犯的信号無視などを論うことはありません。


>>その他の下らないルールは、「自分の身は自分で守る。」という動物的本能に従っていれば、自然とルールに合致することとなります。
>そもそも罰則のないルールが事故判断なのか左端通行以外が事故判断なのかどちらかはっきりしていただけませんか?

事故判断≠自己判断 ???

意味不明です。

どちらかはっきりしていただけませんか?


>また本能本能と言いますが思考回路が全員一緒なのですか?同じ相手が襲ってきても人によって立ち向かう人や逃げる人様々いますがそんれだけ単純な物事で判断が違うのに全員がバラバラな動きをするとは考えないのですか?

そんれだけ≒それだけ ??? どこかの方言なのかな???

「ただの通りすがり」症候群の症状の一つかな?

道路状況はそれぞれです。

人それぞれで、何ら問題ありません。


>>貴方は、任意保険に加入していれば、裁判や示談で過失割合が変わると豪語されていた筈ですよ?
>ええ、法律を守っていたと証言してもその証言は件の条例を守っていない事実により信憑性を欠きます。証拠不十分ということです。つまりは過失割合が変わってきます。

本当ですか?

概念や感覚などではなく、事実に基づいた議論をお願いします。

証拠不十分です。

是非とも、具体的事例をお示し下さい。


>>神戸の小学生やそのご家族のことですね。
>事実でしょう。現実になってから慌てているのでは想像力の欠如といわざるをえないでしょう。死亡事故の賠償額は自動車のそれですぐわかることですし。

多摩川の遊歩道での高齢者に対しては「事故の詳細が分からないため事故内容へのコメントはいたしませんが 歩行者の方の唯一の救いが車でなく自転車だったことですね。」ということでしたが、神戸の小学生とそのご家族には随分と手厳しいことですね。

起こってしまった事故は取り返しがつきませんが、小学生の将来は小学生自身の努力次第でしょう。

ちなみに、神戸の事故の被害者はお亡くなりになられた(死亡事故だった)のですか?

重度の後遺症が残った事故だったために、賠償額が跳ね上がったように記憶しています。

概念や感覚などではなく、事実に基づいた議論をお願いします。


>>神戸の小学生の努力次第です。
>そんな不確定性が高い物によって満額受け取れるか取れないかが決まるのですか?

小学生一人に押し付けては、可哀そうですね。きっと、ご家族も一生を掛けて償うことでしょう。


>>先に死亡(高度障害)となるであろうと想定されるのは神戸の小学生の自転車に激突された被害者です。
>では、やり得やられ損ということですね。

概念や感覚などではなく、事実に基づいた議論をお願いします。


>>被害者自身が自分のために生命保険に加入しているかどうかです。
>そうですか死ぬことが前提で、対策をしなければならないということですか?

人は誰もが死に行くものです。

自分自身の治療や生活のために、残された遺族の生活のために、対策を取ることは生きていることの当たり前の責任です。


>仮にそうであれば賠償責任は何に対して発生するのでしょうか?教えてください。

交通事故等で賠償責任が発生した時のための保険でしょう。

被害者側が自分のために生命保険に加入することと何ら矛盾はありません。


>>加害者と被害者の双方に失礼です。
>ひき殺されて死ぬことを考えとけという方が失礼だと思いますが?

人は誰もが死に行くものです。

守るべき家族を持つ方には、ご理解頂けることです。


>>神戸の小学生が起こした事故で、自転車乗り全体に任意保険を強制されては、大迷惑です。
>それは小学生(当時)に言ってください。

神戸の小学生が起こした事故に縋り付いていらっしゃるただの通りすがりさんに申し上げております。

しっかりと受け止めて下さい。


>>50年以上にわたって自転車に乗ってきた経験に基づく判断です。
>その経験と判断は裁判で証拠能力のある物ですか?

世の中に広く公開されているブログのコメント欄で、ただの通りすがりさんご自身が「被害者救済という意味では傾いているでしょう。」とお認め頂いておりますので、証拠能力を獲得することでしょう。

(証明することを要しない事実)
民事訴訟法 第百七十九条 裁判所において当事者が自白した事実及び顕著な事実は、証明することを要しない。


>>神戸市の小学五年生の事例では、約一億の賠償金が支払えなかったのですかね?
>支払えずに自己破産されたようですよ。

本当ですか?

ネット情報では、9500万のうち、「女性側へ約3500万円、女性に保険金を払った保険会社へ約6000万円の支払いを命じた。」とされていました。

少なくとも、約6000万円は被害者側に支払われているようですよ。

約3500万円を支払った上での自己破産なのかどうか等の詳しい状況について、神戸に在住のご様子ですので、ご存知であれば是非ともご披露下さい。


>>自転車を無制限にすることを前提とされていますが、本当に大丈夫ですか?
>その前提を作ったのは世捨人氏でありその前提に基づいたと仮定しての発言です。お互い同じ土俵にたたないと議論になりませんので

世捨人さんと議論する必要がありますか?と問うているのです。


>>自動車保険の対人賠償保険は、強制されていなくても、ほぼほぼ無制限で加入しているものでしょう。
>なにを根拠に発言されていますか?

顕著な事実に該当しないのかな?

民度の低い名古屋市や神戸市の損害保険会社は、無制限を勧めないのかな?


>>使途不明確なお金は使途不明確という明確な使い方をされているのです。
>はあ?明確になくなっているにも関わらず使途が不明確な使い方をされているのですよ。使ったのは確実ですがどのような使い方をされたかがわからないという意味ですよ。

それが、まさに、お役所仕事です。税金の無駄そのものです。


>>お役人に仕事をさせると、更に、無駄遣いのための税金を要求されるだけです。
>予算を要求するのであれば当然説明責任が生まれますので使途不明が消えるでしょうね。仮にそれで通るのであればあなたが選んだ議員がダメなだけでしょう。官僚は与えられた予算を自由に使うことはできます。つまり予算を与えなければ良いだけです。官僚に予算を組むことはできても予算を通すことはできません。

予算を要求して説明責任が生じ予算を組んだ上で、40億ものお金が使途不明確で済まされるお役人の天下り組織に何をさせるのですか?

自転車乗りは、「自分の身は自分で守る。」ものです。

お役所のお役人も法律も自転車乗りを守ってはくれません。

「自分の身を自分で守る。」ために任意の自転車保険に加入するかどうかは、自転車乗り一人ひとりが決めることです。


>>まずは、自転車に乗ることです。
>そうですか、やはりあなたは自転車に乗っていなかったのですね。危険性の違いと言いますが現実に死亡事故が起きている以上仕方ないでしょう。最後に神戸新聞の引用です。
『田中裁判官は事故当時、男子児童がヘルメットを着用していなかったことなどから「(母親が)十分な指導や注意をしていたとはいえず、監督義務を果たしていなかったのは明らか」として保護者の責任を認めた。』

是非とも、その後の自己破産の詳しい経緯をお知らせください。

そして、男子小学生は努力しているのですよね。


>またあなたに面白い判決です。大阪地裁平成25年12月12日の判決です。「本件事故は、道路左側を走行していた被告車が、道路右側へ横断をしようとし、後続で直進してきた原告車と衝突した事故であり、原告車が接近してきているにもかかわらず、被告が、その直近で道路中央へ向けて進出したために、衝突するに至ったものといえる。従って、被告には、右後方を確認することも、合図をすることもなく、右折を開始し、後続車である原告車の進行を妨害した点で、過失があり、これによって、本件事故を惹起したものといえるから、被告は、民法709条に基づき、本件事故により、原告に生じた損害を賠償すべき責任を負う。また、被告の右折開始地点とG店との位置関係等を考慮すると、被告は、ハンドルを急に右に切って横断を開始したものというべきであり、単なる進路変更に比較すれば、原告車に対する進路妨害の程度は大きく、これと同列に論じることはできない。他方、原告は、道路左側前方を走行する被告車を認識していたのであるから、その後方を進行する以上、被告車の通常予想される程度の動きがあったとしても、衝突しないような車間距離を保ち、ハンドルブレーキ等を適切に操作して、衝突を回避すべき注意義務を負っているところ、前記(1)の認定事実のとおり、被告車の後部に、原告車の前部が衝突していることに照らすと、原告にとって衝突の回避可能性がなかったとはいえず、この点で落ち度があるというべきである。以上のような事情に加え、前記認定説示に係る諸事情を考慮すれば、原告の過失割合としては50%とするのが相当である。」つまり左端走行のみでは無過失ではないのでそれでは不十分ということですね。

この被告車は、自転車ですか?

基本的な事実を明確にして下さい。

ちなみに、被告車が自転車であるとすれば、「道路左側を走行していた」ということですので、左「端」通行ではありません。

また、「後続車が接近してきているにもかかわらず、その直近で道路中央へ向けて進出したために、衝突するに至った」ということですから「自分の身は自分で守る。」という動物的本能に従った行動が出来なかったということです。

残念でした。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/11/03 14:44 | URL |

Re: タイトルなし

たださん

>>越境する輩(やから)がはびこる、競技用自転車限定で十分でしょう。
>なにを根拠に十分なのでしょうか?

記事では「ロングライド」「輪行」について触れています。

考える力を身につけてください。

>>車種やドライバーの年齢によって事故率は異なりますので、自賠責保険に頼るのはいかがなものかと思います。
>自転車も年齢により事故率は異なるでしょう。またあなたの無制限の根拠は「スピードレース用に開発され衝突被害が甚大となろう」つまり相手に被害を与える大きさつまりは加害性である以上ロードバイクよりも加害性が大きな車にあっては無制限でしかるべきと思いますが?

ドライバーは義務づけられている自賠責保険だけでなく任意保険に加入している事例が圧倒的でしょう。

| 世捨人 | 2017/11/03 22:04 | URL |

Re: タイトルなし

>> 競技用自転車については、事故率が高く保険料が高い、スポーツカーに準じた扱いが必須との認識です。
>なるほど。たしかに、車の保険料には車種に応じた「料率」があり、スポーツカーに該当する車種はおおむね保険料が高くなりますね。

安全運転をお願いします。

>同様に、自転車保険も料金を一律とするのではなく、車種ごとの事故割合に応じて料率を定め、事故実績の高かった車種については保険料を高くするべきである、ということですね。

年齢によっても保険料に格差を設けるべきとの認識です。

>妥当な判断でしょう。ちなみにスポーツカーの対人賠償保険料は、通常の車と比べると最大で2倍くらいになるようです。

スポーツカーの場合は自損事故が圧倒的のような気がします。

>同様に考えると、現在、年間6000円で対人賠償額無制限の自転車保険がありますが、これがロードバイクの場合は最大で年間12000円程度になるということですね。

競技用自転車乗りの中心年齢層である30~40歳代の保険料は基本料の10倍とするのが妥当との認識です。

| 世捨人 | 2017/11/03 22:10 | URL |

> 競技用自転車乗りの中心年齢層である30~40歳代の保険料は基本料の10倍とするのが妥当との認識です。


年間6000円の10倍ということは年間60000円ですか。

月々5000円だから、スマホの通信料と同じくらいと考えれば払えない額でもないですかね。

これだけ保険料を払えば、対人賠償無制限はもちろんのこと、自車の損害についても全額補償が可能でしょうね。

| 自転車は歩道 | 2017/11/04 01:25 | URL |

Re: タイトルなし

>> 競技用自転車乗りの中心年齢層である30~40歳代の保険料は基本料の10倍とするのが妥当との認識です。
>年間6000円の10倍ということは年間60000円ですか。

無事故を10年程継続し20等級となったら、最低料金の年間60000円としたいですね。

>月々5000円だから、スマホの通信料と同じくらいと考えれば払えない額でもないですかね。

自賠責保険料は2年分(新車は3年)一括して支払います。

>これだけ保険料を払えば、対人賠償無制限はもちろんのこと、自車の損害についても全額補償が可能でしょうね。

自損事故はオプションとなりますので、保険料は上乗せされます。

| 世捨人 | 2017/11/09 22:12 | URL |

最初は多少まともだった提案が、

思ったより負担が少ないと知るや、徐々に無根拠な高額保険料を提案するようになり、

みるみるうちにいつも通りの荒唐無稽な提案に変貌していく様を見ることができました。



楽しかったです、さようなら。




(余談)きっと、「賠償額無制限保険」は保険料も無制限に高いに違いない、とか勘違いしてたんだろうね・・・

| 自転車は歩道 | 2017/11/13 00:36 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/590-74c0d4ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT