今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

子ども用自転車でオラつく輩(やから)

動画をみよ。とある住宅街をクルマで走行中のこと。何ら変哲もない日常の光景が豹変する。な、なんと、小学生が自転車で車道を走っているではないか。


▼こう配のある長い上り坂。体が十分に発達していない子どもが越えるには、人力で身体がむきだしとなる自転車は、頼りがなく危険だ。


▼クルマがすぐ後ろに接近しているにもかかわらず、ヘロヘロ状態で大きくふらつく。進路をふさぐ様子は、まるで暴走族の蛇行運転のように、ドヤ顔で強気な態度(オラつく)だ。


▼「自転車は車道」というらしいが、あくまでも原則であって絶対ではない。道交法(63条の4)では自転車の子どもに歩道通行を認めている。車道が危険だという趣旨であり、学校や職場、家庭で教育を徹底されたい。


関連記事

| 22:57 | コメント:52 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

左手にごくわずかな白線で仕切られた歩道ががありますが、写真を分析すると白線の内側(路肩)は道ではなく土砂が白線の際まで来ているようです、それらを踏まえて考えても小学生であれ、年寄りであれ、絶対歩道を走らなければならないと言う法律(ルール)もないハズです。
ですので写真の小学生が車道左端を走る事になんの問題もありません。

>あくまでも原則であって絶対ではない。

<原則>
人間の社会的活動の中で、「原則」は人間によって社会に適用するために決められた規則の意で、主として人間の活動に関係する

社会的活動に必要だから「原則」なのです。

「絶対」でない以上「どちらでも良い」と言う事です。
年齢的条件等はありますが。

よってこの小学生に非はないと判断できます。

| 自転車は歩道 | 2017/09/15 00:57 | URL |

あなたの安全は「詭弁」

>世捨人へ

「安全のために背に腹は代えられない」「道交法を遵守」と散々主張しているのだから、車間距離を確保したうえで、抜かずに後ろを追従すればよい。

この動画一つ見ても
「自分の利便性のために、他者の安全をもってして、代えている」ことは明らか。

自分の努力で可能な範囲なのに、言動不一致な方の意見には従う道理がありません。

| こじま | 2017/09/15 02:29 | URL | ≫ EDIT

動画拝見しましたが、何が問題なのか全く伝わってきません。
ついに子供にまで矢面を向けましたね…
後方から接近中のあなたが安全なマージンを取り、必要なら安全な幅を取り、極力速度を下げて(子供の自転車を追い越せる程度の速度)追い越せばいいだけの話で追い越したらその道路の最高速度で距離を取ればいい、それだけの車道幅は十分にありますよね?




| 自転車は歩道 | 2017/09/15 09:36 | URL |

>▼「自転車は車道」というらしいが、あくまでも原則であって絶対ではない。道交法(63条の4)では自転車の子どもに歩道通行を認めている。車道が危険だという趣旨であり、学校や職場、家庭で教育を徹底されたい。

「自転車は車道」である(認知している)事をお認めになられました。

「子どもに歩道通行を認めている。」例外(趣旨)として運転者が13歳未満もしくは70歳以上、または身体に障害を負っている場合もお認めになられたようで。

「学校や職場、家庭で教育を徹底されたい」まったくもってその通りです。

 これからも曲解のないようお願いいたします。

| Justin Mayer | 2017/09/16 07:52 | URL |

本当に余裕がないんだなこのオヤジは。

やだねー、こんな奴が犯罪者になるんだよね。

俺は悪くないとか言い出して。

| あ | 2017/09/17 21:48 | URL |

>▼「自転車は車道」というらしいが、あくまでも原則であって絶対ではない。

原則とは、多くの場合に共通に適用される基本的な決まり・法則、つまり、決まりである以上守らなければいけないルール。

絶対とは他の何毎にも制約・制限されないこと。
またはその真逆、日本国は国民に絶対を強いてはいない、絶対など存在はしないし、してはいけない。

>道交法(63条の4)では自転車の子どもに歩道通行を認めている。

上項は例外事例であり絶対ではない、そして上記の通り絶対を強いてはいけないし、絶対など存在しないし、してはいけない。

日本は民主主義国家であって、絶対(独裁)主義国家ではない。

| 言の葉 | 2017/09/18 06:43 | URL |

>な、なんと、小学生が自転車で車道を走っているではないか。

禁止する法律があれば提示してください。

>ドヤ顔で強気な態度(オラつく)だ。

この事実は動画で確認できませんでした。

>「自転車は車道」というらしいが、あくまでも原則であって絶対ではない。

同様に車道を走行しないことも絶対ではない。
つまりは選択の自由を行使し車道を選択したのだ。

>道交法(63条の4)では自転車の子どもに歩道通行を認めている。車道が危険だという趣旨であり、学校や職場、家庭で教育を徹底されたい。

そうなのでしょうか?私は子供であれば速度がでないので歩道上において歩行者との速度差が少なく比較的安全という趣旨だと思いますが?

そもそもなぜ車道が危険であるかを考える必要がありそうですね。
答えは単純明快で、法律を守っていないからですがね。
その不法状態を改善せずに当然とするのはいかがなものかとおもいますよ。

| ただの通りすがり | 2017/09/19 10:46 | URL |

>ドヤ顔で強気な態度(オラつく)だ。

児童の顔を認知できると言う事はすでに追い越した後、もしくは追い越しの途中で前方不注意をしながら横(ミラー等で)の児童の顔を注視していたと言う事ですね。
ミラーさえ使わず注視できたとすれば完全に前方不注意です。

前方不注意で事故を起こしては交通安全を願う貴方にとっては本末転倒です、事故が起きなくとも前方不注意は危険ですのでやめてください。
いや、それ以前にそもそも児童の顔を見る必要があったのでしょうか?

ネットスラングの「オラつく」なんて使うジャーナリストを始めて見たわww

| おれ。 | 2017/09/20 10:29 | URL |

ただの通りすがりさん | 2017/09/19 10:46 |へ

>そうなのでしょうか?私は子供であれば速度がでないので歩道上において歩行者との速度差が少なく比較的安全という趣旨だと思いますが?

これは、流石に、屁理屈でしょう。

逆に、車道上での自動車との速度差が大きく比較的危険という趣旨でしょう。

無理して、反論のための反論で自らの立場を危うくする必要はありません。

反論することは絶対ではありません。選択の自由を行使して反論しないことです。


>そもそもなぜ車道が危険であるかを考える必要がありそうですね。答えは単純明快で、法律を守っていないからですがね。その不法状態を改善せずに当然とするのはいかがなものかとおもいますよ。

法律は自転車乗りを守ってはくれません。

道路交通法で自転車乗りが守るべきルールは、車道左端通行くらいのものです。

自転車が車道左端通行することによって、道路交通の安全と円滑を図ることとなるのです。

法律に縋り付いても、多摩川の河川敷の遊歩道で、遊歩道のアスファルトから外れて衝突を回避することも出来ずに、高齢者に骨折の重傷を負わせた特急(高速度)自転車乗りを正当化することは出来ません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/09/20 14:04 | URL |

>道路交通法で自転車乗りが守るべきルールは、車道左端通行くらいのものです。

何度も繰り返しますが、それはあなたの主観であり、不法行為を推奨するまたは公認するのはいかがなものかとおもいますよ。倫理的にも常識的にも

>特急(高速度)自転車乗りを正当化することは出来ません。

さて何のことでしょう?

| ただの通りすがり | 2017/09/20 22:41 | URL |

Re: タイトルなし

>左手にごくわずかな白線で仕切られた歩道ががありますが、写真を分析すると白線の内側(路肩)は道ではなく土砂が白線の際まで来ているようです、それらを踏まえて考えても小学生であれ、年寄りであれ、絶対歩道を走らなければならないと言う法律(ルール)もないハズです。

映像を詳細に分析しましたが、ご指摘の「土砂が白線の際まで」を確認できませんでした。

>ですので写真の小学生が車道左端を走る事になんの問題もありません。

法律上問題はありませんが、人道上問題があるとの認識です。

映像の右側には段差で守られた歩道がみえます。

有効活用してもらいたいですね。

>>あくまでも原則であって絶対ではない。
><原則>人間の社会的活動の中で、「原則」は人間によって社会に適用するために決められた規則の意で、主として人間の活動に関係する社会的活動に必要だから「原則」なのです。「絶対」でない以上「どちらでも良い」と言う事です。年齢的条件等はありますが。よってこの小学生に非はないと判断できます。

列車内で高齢者が立っていても寝たふりをし、「マタニティーマーク」をぶら下げた妊婦には席を譲る、意識高い系の人の精神構造と、車道を走る自転車は似ているように感じます。

| 世捨人 | 2017/09/20 22:50 | URL |

Re: あなたの安全は「詭弁」

こじ

>「安全のために背に腹は代えられない」「道交法を遵守」と散々主張しているのだから、車間距離を確保したうえで、抜かずに後ろを追従すればよい。この動画一つ見ても「自分の利便性のために、他者の安全をもってして、代えている」ことは明らか。自分の努力で可能な範囲なのに、言動不一致な方の意見には従う道理がありません。

ですからガラガラの道路で自転車に追随することをドライバーに求めるのは酷でしょう。

| 世捨人 | 2017/09/20 22:51 | URL |

Re: タイトルなし

>動画拝見しましたが、何が問題なのか全く伝わってきません。ついに子供にまで矢面を向けましたね…

法律だからと言って自転車の小学生に無理に車道を走らせるのはやめてもらいたいです。

小学生が自転車で歩道を通行しても何らおとがめはありません。

道交法も後押ししています。

>後方から接近中のあなたが安全なマージンを取り、必要なら安全な幅を取り、極力速度を下げて(子供の自転車を追い越せる程度の速度)追い越せばいいだけの話で追い越したらその道路の最高速度で距離を取ればいい、それだけの車道幅は十分にありますよね?

ドライバーに負担を求めるだけでなく、自転車乗りにおかれましては自衛手段を講じることが大切との認識です。

| 世捨人 | 2017/09/20 22:52 | URL |

Re: タイトルなし

JUSさん

>>▼「自転車は車道」というらしいが、あくまでも原則であって絶対ではない。道交法(63条の4)では自転車の子どもに歩道通行を認めている。車道が危険だという趣旨であり、学校や職場、家庭で教育を徹底されたい。
>「自転車は車道」である(認知している)事をお認めになられました。

当ブログは道交法に準拠しています。

>「子どもに歩道通行を認めている。」例外(趣旨)として運転者が13歳未満もしくは70歳以上、または身体に障害を負っている場合もお認めになられたようで。

上述の通りです。

>「学校や職場、家庭で教育を徹底されたい」まったくもってその通りです。これからも曲解のないようお願いいたします。

「法律は自転車乗りを守ってくれません」(byときさん)とかいうように、当ブログでは現実に即した交通安全を訴えているところです。

| 世捨人 | 2017/09/20 22:54 | URL |

Re: タイトルなし

ぁ氏

>本当に余裕がないんだなこのオヤジは。

小生は年齢・性別を公表しておりません。

>やだねー、こんな奴が犯罪者になるんだよね。

ぁ氏は名誉毀損という立派な罪を犯しています。

>俺は悪くないとか言い出して。

俺は違うとか言い出すのでしょうね。

| 世捨人 | 2017/09/20 22:56 | URL |

Re: タイトルなし

言葉さん

>>▼「自転車は車道」というらしいが、あくまでも原則であって絶対ではない。
>原則とは、多くの場合に共通に適用される基本的な決まり・法則、つまり、決まりである以上守らなければいけないルール。絶対とは他の何毎にも制約・制限されないこと。
またはその真逆、日本国は国民に絶対を強いてはいない、絶対など存在はしないし、してはいけない。

絶対ではないからこそ、自転車の歩道通行が、法律で認められています。

>>道交法(63条の4)では自転車の子どもに歩道通行を認めている。
>上項は例外事例であり絶対ではない、そして上記の通り絶対を強いてはいけないし、絶対など存在しないし、してはいけない。

飲酒運転の禁止は絶対であり例外は認められていません。

絶対におやめください。

>日本は民主主義国家であって、絶対(独裁)主義国家ではない。

取り締まりに関しては、警察にほぼ限定されている、絶対(独裁)主義国家といっても過言ではないでしょう。

| 世捨人 | 2017/09/20 23:00 | URL |

Re: タイトルなし

たださん

>>な、なんと、小学生が自転車で車道を走っているではないか。
>禁止する法律があれば提示してください。

記事では禁止行為とはしていません。

>>ドヤ顔で強気な態度(オラつく)だ。
>この事実は動画で確認できませんでした。

まるでという比喩表現を使用するにあたって、制約はないとの認識です。

>>「自転車は車道」というらしいが、あくまでも原則であって絶対ではない。
>同様に車道を走行しないことも絶対ではない。つまりは選択の自由を行使し車道を選択したのだ。

小学生の判断力は未熟です。

件の子どもはただ道があるから進んだだけでしょう。

>>道交法(63条の4)では自転車の子どもに歩道通行を認めている。車道が危険だという趣旨であり、学校や職場、家庭で教育を徹底されたい。
>そうなのでしょうか?私は子供であれば速度がでないので歩道上において歩行者との速度差が少なく比較的安全という趣旨だと思いますが?

「本当ですか?根拠はありますか?警察に確認しましたか?調べたうえでぜひとも報告してください」(ただの通りすがり風)。

>>そもそもなぜ車道が危険であるかを考える必要がありそうですね。
>答えは単純明快で、法律を守っていないからですがね。その不法状態を改善せずに当然とするのはいかがなものかとおもいますよ。

ですから危険なクルマありきの交通安全を考えるのが現実的ですね。

| 世捨人 | 2017/09/20 23:20 | URL |

Re: タイトルなし

おさん

>>ドヤ顔で強気な態度(オラつく)だ。
>児童の顔を認知できると言う事はすでに追い越した後、もしくは追い越しの途中で前方不注意をしながら横(ミラー等で)の児童の顔を注視していたと言う事ですね。

人生経験が豊富になると、背中をみただけでその人の表情を感じ取ることができるようになるものです。

>ミラーさえ使わず注視できたとすれば完全に前方不注意です。

上述のとおりミラーがなくとも可能です。

>前方不注意で事故を起こしては交通安全を願う貴方にとっては本末転倒です、事故が起きなくとも前方不注意は危険ですのでやめてください。

動画を最後までご覧になりましたか?

事故は起きませんでした。

>いや、それ以前にそもそも児童の顔を見る必要があったのでしょうか?

貴殿が若い女性の顔を振り返って見るのは、いかなる必要からでしょうか?

>ネットスラングの「オラつく」なんて使うジャーナリストを始めて見たわww

ITジャーナリストとかは、ネットスラングを多用してそうですね。

| 世捨人 | 2017/09/20 23:32 | URL |

>人生経験が豊富になると、背中をみただけでその人の表情を感じ取ることができるようになるものです。

人生経験が豊富でも背中を見ただけでその人の表情を感じ取る事は出来ませんし、感じ取っただけでは表情を確認はできません。

>上述のとおりミラーがなくとも可能です。

妄想の激しい肩のようですね。

>動画を最後までご覧になりましたか?
事故は起きませんでした。

事故が起きなくとも前方不注意は危険ですのでやめてください。と申し上げています。

>貴殿が若い女性の顔を振り返って見るのは、いかなる必要からでしょうか?

態々女性の顔を振り返って見た覚えはありません。

>ITジャーナリストとかは、ネットスラングを多用してそうですね。

貴方は(似非)交通安全ジャーナリストであってITジャーナリストではない。

| おれ。 | 2017/09/21 00:09 | URL |

ただの通りすがりさん | 2017/09/20 22:41 |へ

>>道路交通法で自転車乗りが守るべきルールは、車道左端通行くらいのものです。
>何度も繰り返しますが、それはあなたの主観であり、不法行為を推奨するまたは公認するのはいかがなものかとおもいますよ。倫理的にも常識的にも

小生の主観ではありますが、自転車に本当に乗っていれば、誰もが実感することです。倫理や常識で誤魔化しても無駄です。

ふらふらとその場で止まれるようなスピードしか出さない自転車の確信犯的信号無視や携帯ながら運転で、損害賠償しなければならないような他人の権利や利益を侵害するようなことには至らないでしょう。

道路交通法の難解な条文の文言など何ら気にすることなく、自転車乗りは、車道左端通行するだけで、あとは「自分の身は自分で守る。」という当たり前の動物的本能に従うことで十分です。

(不法行為による損害賠償)
民法 第七百九条  故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。


>>特急(高速度)自転車乗りを正当化することは出来ません。
>さて何のことでしょう?

2017.04.26 Wed「暴走自転車規制」老人に物申す
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-573.html#comments
「事故にあわれた方は災難だったと思います。事故の詳細が分からないため事故内容へのコメントはいたしませんが 歩行者の方の唯一の救いが車でなく自転車だったことですね。自転車であったおかげで死なずに済んだと思います。車であった場合世捨人さんの大好きな乗員保護性により高められた殺傷能力と慣性重量や単純な車重により死に至る可能性が高いと思われます。今まで乗員保護性を理由に自転車規制を推進してこられたので、おそらく次は乗員保護性皆無の歩行者が規制されるのでしょうかね?」(byただの通りすがりさん | 2017/04/27 15:30 )
「今村元復興大臣と同様の比較論となっていませんか?86歳の高齢者が、頭蓋骨を折る重傷で手術で一命をとりとめ、自宅療養中です。自転車が唯一の救いだとか、自転車のおかげなどと、遊歩道で暴走自動車に激突された被害者の気持ちに寄り添えない方ですね。」(byときどきオアゾツーキニスト | 2017/04/30 06:06 )
から始まる議論の結果、ただの通りすがりさんは、小生の以下のコメントに回答出来なくなってしまっていたということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ただの通りすがりさん | 2017/06/07 08:58 |へ

>>毎日新聞で大々的に報道されていた特急(高速度)自転車乗りが信号無視で歩道を渡ろうとしていた歩行者を死亡させた事故も、被害者は高齢のお婆ちゃんでした。
>残念ながら直ちに停車できる速度の例ではないですね。

さて、どうでしょう。

華麗なブレーキテクニックでも間に合わずに、信号の変わりざまに横断歩道を渡り始めた「いらち」なお婆ちゃんに接触しただけだと思いますよ。


>>無灯火であることが「スピードの出し過ぎ」に対する言い訳となりますか?
>ひねくれてますね。言い訳ではないでしょう。あくまで認識できない状況を考察しているのです。

86歳の高齢者が、無灯火かどうかが問題になるような夜中に散歩していたら吃驚です。

また、夜中の散歩好きの高齢者は、懐中電灯をぶら下げているものです。

あくまでも、状況を考察しているものです。


>>徐行程度まで減速した上で、若干距離が足りずに、衝突した可能性(危険性)は否定できません。
>そもそも「前項の場合において、普通自転車は、当該歩道の中央から車道寄りの部分()を徐行しなければならず、また、普通自転車の進行が歩行者の通行を妨げることとなるときは、一時停止しなければならない。」 つまりは、徐行するために減速することは当該歩道内においてあり得ないと言うことです。また「徐行 車両等が直ちに停止することができるような速度で進行することをいう。」となっているため、距離が足らないなどと言うのはまちがっています。

自転車は、歩行者がいないときは、歩道の状況に応じた安全な速度と方法で進行することができます。

自転車乗りは、普通自転車通行指定部分を通行しようとする歩行者の存在に気付いた段階で、減速して、徐行し、ぶつかりそうになれば一時停止することとなります。

そして、一時停止できなければ、自転車乗り自身が転倒し、アスファルト路面から雑草や砂利の土手に下りてパンクする危険があろうとも、歩行者を回避して衝突進路から離脱しなければならないということです。

サイクリングロードとして整備された遊歩道で、自転車が徐行(車両等が直ちに停止することができるような速度で進行すること)しか出来ないなんてことは有り得ません。

「昭和49年に多摩川サイクリングロードとして完成しました。その後、歩行者と自転車利用者が安全に利用できるよう、「府中多摩川かぜのみち」に名称を変更しています。遊歩道自体は一部区間を除き、羽村市から大田区まで続いています。サイクリングロードと名付けてある」
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/kirari/sagasu/theme/jiman/kazenomiti.html

(普通自転車の歩道通行)
第六十三条の四 第2項  前項の場合において、普通自転車は、普通自転車通行指定部分を徐行しなければならず、また、普通自転車の進行が歩行者の通行を妨げることとなるときは、一時停止しなければならない。ただし、普通自転車通行指定部分を通行し、又は通行しようとする歩行者がないときは、歩道の状況に応じた安全な速度と方法で進行することができる。


>>爆走自転車は動物的本能に従って、86歳の高齢者に激突したのですか?
>法律で、守る物は左側通行であとは本能に任せると言ったあなたの発言によるとそうなりますね。

左側≠左端 ???

道路交通法は、自転車は車道左端通行しなければならない、と定めています。


>減速がいやで、よけるのもいやという本能に基づいた結果ですかね?ただいずれにせよしっかりと法令さえ遵守すれば起きずに済んだ事故です。また、本能でなければなにに基づいた結果ですか?

本当ですか?

これが、ただの通りすがりさんの考察した結果ですか?

自転車乗り仲間として、寂しい限りです。

特急(高速度)自転車乗りは、華麗なブレーキテクニックを駆使して必死に減速して、華麗なハンドルさばきで歩行者を避けようとしたが、いずれも叶わず86歳の高齢者に激突したということでしょう。

まさに、「スピードの出し過ぎ」が事故の原因です。

新聞記事のとおり自転車に固有の最高速度規制はありませんので、自転車乗り一人ひとりが「スピードの危険性」を自覚することです。


>>サイクリングロードから下りることで、激突を回避出来るのであれば、サイクリングロードから下りるしかないでしょう。
>残念ながらもうそのときには手遅れでしょう。すでに法令に反しています。

手遅れの段階で、法令に違反しているかどうかは、関係ありません。

歩行者との激突を回避出来るかどうかです。

道路交通法は、自転車乗りを守ってはくれません。

自分の身は自分で守ることです。


>>サイクリングロードから下りて、衝突進路から外れるという選択をしなかったということは、大いに責めるべきです。
>あくまでブレーキが利かないなどの状態であればそうでしょう。ただ今回にかんしては法令を遵守してないことを責めるべきと思いますが?

「スピードの出し過ぎ」が事故の原因です。

繰り返しとなりますが、自転車に固有の最高速度規制はありませんので、自転車乗り一人ひとりが「スピードの危険性」を自覚することです。


>>ただの通りすがりさんが自転車に乗っていることの証明など誰も求めていません。
>ありがとうございます。手間が省けました。
>>普通に自転車に乗っていれば、誰もが実感することです。まずは、自転車に乗ることです。
>残念ながら反例がここにあります。

本当に、残念ですね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/06/09 13:41 |
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当に、残念でした。

ただの通りすがりさんは、まずは、自転車に乗ることです。

それからです。

頑張れ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/09/21 13:54 | URL |

頭がおかしいみたいですね

| 自転車は歩道 | 2017/09/21 15:18 | URL |

自動車は交通弱者に大して相手が明確な法律違反を侵していても絶対的に安全運転しないといけません

子供の自転車乗りがふらついて転んだとしても止まれる運転をしなくてはいけません
そういう速度で運転していればなんら危険のない状況です
自動車のドライバーが配慮して下さい
前方にそのような子供がいたら諦めて潔く減速もしくは徐行してください
自動車に乗るということはそういうことです

| 自転車は歩道 | 2017/09/21 20:51 | URL |

>記事では禁止行為とはしていません。

法で禁止されていないのであればそこまで批判する必要はないですね。

>小学生の判断力は未熟です。
件の子どもはただ道があるから進んだだけでしょう。

であれば件の子供は高速道路を走るのですね?自動車専用道路を走るのですね?そういうことですね。

>「本当ですか?根拠はありますか?警察に確認しましたか?調べたうえでぜひとも報告してください」

ここでは一切説明されてないので根拠はいらないのかと思ってました。調べて報告しましょう。ただ人に求める意味はおわかりですよね
当然すべて洗いざらい根拠を示してくださいよ。

>ですから危険なクルマありきの交通安全を考えるのが現実的ですね。

なぜですか?
取り締まりを厳しくして合法な走行のできるドライバー以外免許剥奪などという方法も考えられるでしょう?

なぜ、非合法な走行をしている自動車のお尻を自転車が拭うのですか。納得のいける説明をお願いします。

| ただの通りすがり | 2017/09/22 05:27 | URL |

ときどきオアゾツーキニスト | 2017/09/21 13:54 | URL |へ

長ったらしい文章を読まされた割には何とも中身の無いコメントでした。
結局あなたの考えを強制する根拠もなければ私が当該自転車を正当化した事実もありませんでしたね。
なにがいいたいのですか?

| ただの通りすがり | 2017/09/22 05:33 | URL |

ただの通りすがりさん | 2017/09/22 05:33 |へ

>長ったらしい文章を読まされた割には何とも中身の無いコメントでした。結局あなたの考えを強制する根拠もなければ私が当該自転車を正当化した事実もありませんでしたね。なにがいいたいのですか?

あれあれっ?

ただの通りすがりさん| 2017/04/27 15:30|は、「歩行者の方の唯一の救いが車でなく自転車だったことですね。自転車であったおかげで死なずに済んだと思います。」ということで暴走自転車を正当化してましたよ。

日本語、大丈夫ですか?

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/09/22 11:33 | URL |

しえん

当該箇所を引用。
「正当化してる」かどうかは読者に委ねるべきでしょう。

私は、「3mの蛇行をふらつき」という旨で発言する、引用と言いながら文言を操作する、ときどきオアゾツーキニストの日本語の感覚がおかしいだけだと感じます。

~~~
事故にあわれた方は災難だったと思います。
事故の詳細が分からないため事故内容へのコメントはいたしませんが
歩行者の方の唯一の救いが車でなく自転車だったことですね。

| こじま | 2017/09/22 13:11 | URL | ≫ EDIT

[事故にあわれた方は災難だったと思います。
事故の詳細が分からないため事故内容へのコメントはいたしませんが
歩行者の方の唯一の救いが車でなく自転車だったことですね。
自転車であったおかげで死なずに済んだと思います。
車であった場合世捨人さんの大好きな乗員保護性により高められた殺傷能力と慣性重量や単純な車重により死に至る可能性が高いと思われます。今まで乗員保護性を理由に自転車規制を推進してこられたので、
おそらく次は乗員保護性皆無の歩行者が規制されるのでしょうかね? ]

正確に一連の文を抜き出しました。自転車が正しいとした部分はどこでしょうか?
上から
お悔やみ
前置き
最悪の想定

またこの前に世捨人は危険だから弱者にも乗員保護を訴えてらしたのでそれに対する反論も込めてあります。
どこの部分が正当化しているのでしょうか?教えてください次から参考にさせていただきたいですし、ぜひともていせいいたしましょう。

| ただの通りすがり | 2017/09/23 10:47 | URL |

>自転車であったおかげで死なずに済んだと思います。

こういう文章が使えるのは、怪我した側に重大な過失があって事故が起きた場合だけです。

| 自転車は歩道 | 2017/09/23 14:44 | URL | ≫ EDIT

ただの通りすがりさん | 2017/09/23 10:47 |へ

>[事故にあわれた方は災難だったと思います。事故の詳細が分からないため事故内容へのコメントはいたしませんが歩行者の方の唯一の救いが車でなく自転車だったことですね。自転車であったおかげで死なずに済んだと思います。車であった場合世捨人さんの大好きな乗員保護性により高められた殺傷能力と慣性重量や単純な車重により死に至る可能性が高いと思われます。今まで乗員保護性を理由に自転車規制を推進してこられたので、おそらく次は乗員保護性皆無の歩行者が規制されるのでしょうかね?]正確に一連の文を抜き出しました。自転車が正しいとした部分はどこでしょうか?
上からお悔やみ前置き最悪の想定またこの前に世捨人は危険だから弱者にも乗員保護を訴えてらしたのでそれに対する反論も込めてあります。どこの部分が正当化しているのでしょうか?教えてください次から参考にさせていただきたいですし、ぜひともていせいいたしましょう。

ぜひとも≠是非とも ???

ていせい≠訂正 ???

いたしましょう≠致しましょう ???

ただの通りすがりさんは、まずは、読み辛い平仮名表記を検めることです。

それからです。

「今村元復興大臣と同様の比較論となっていませんか?86歳の高齢者が、頭蓋骨を折る重傷で手術で一命をとりとめ、自宅療養中です。自転車が唯一の救いだとか、自転車のおかげなどと、遊歩道で暴走自動車に激突された被害者の気持ちに寄り添えない方ですね。」(byときどきオアゾツーキニスト | 2017/04/30 06:06 )

これ以降のただの通りすがりさんの正当化の歴史は、ご自身でご確認下さい。
2017.04.26 Wed「暴走自転車規制」老人に物申す
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-573.html#comments

頑張れ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/09/23 14:56 | URL |

自転車は歩道さん | 2017/09/23 14:44 |へ

>「自転車であったおかげで死なずに済んだと思います。」こういう文章が使えるのは、怪我した側に重大な過失があって事故が起きた場合だけです。

岡目八目の客観的なコメントをありがとうございます。

助かります。

今後ともよろしくお願い致します。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/09/23 15:00 | URL |

これを正当化というならば
あなたの法の無知を守るべき物は左端通行のみと変えて誤魔化すのは正当化以外の何ものでもないですね

| ただの通りすがり | 2017/09/24 06:59 | URL |

そうだよ、彼は、ルール違反を彼自身の中で正当化して、延々とコピペを続けてる。貴殿は、わざわざ、彼にその機会を与えてることになっている。いいかげん絡むのは止めにした方がいいよ。

| 自転車は歩道 | 2017/09/24 08:05 | URL | ≫ EDIT

ただの通りすがりさん | 2017/09/24 06:59 |

>これを正当化というならば あなたの法の無知を守るべき物は左端通行のみと変えて誤魔化すのは正当化以外の何ものでもないですね

法律は書いてあるとおりです。

世捨人さんの仰る通り、法の不知は宥恕されません。

但し、自転車は、幼児から高齢者まで、障碍者と健常者の隔たりなく、国籍不問で、誰もが自由自在に好き勝手に利用出来る手軽で気軽で身近な生活に密着した交通手段です。

自転車に乗るにあたって、難解で複雑な法律の条文の細かい文言など全く気にする必要はありません。

自転車乗りは、ただただ、車道左端通行すれば良いだけです。

法律云々で誤魔化す以前に、ただの通りすがりさんは、「スピードの危険性」を理解することです。

それからです。

頑張れ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/09/24 13:56 | URL |

自転車は歩道さん | 2017/09/24 08:05 |へ

>そうだよ、彼は、ルール違反を彼自身の中で正当化して、延々とコピペを続けてる。

自転車には固有の最高速度規制はありません。

一方で、自転車が惹起する事故の原因は、一時停止・徐行義務違反を原因とする出合い頭の接触事故を含めれば、全てが「スピードの出し過ぎ」です。

自転車乗りは、車道左端通行していれば、あとは「自分の身は自分で守る。」という動物的本能に身を委ねることで十分です。

自動車のルールを焼き直したような下らないルールなど全く気にする必要はありません。


>貴殿は、わざわざ、彼にその機会を与えてることになっている。いいかげん絡むのは止めにした方がいいよ。

ご安心下さい。

心配なさらずとも、反論出来なくなったただの通りすがりさんは、以下のとおり、世捨人さんの助け舟に縋り付いて誤魔化していらっしゃいます。

2017.04.26 Wed「暴走自転車規制」老人に物申す
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-573.html#comments

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/09/24 14:05 | URL |

>世捨人さんの仰る通り、法の不知は宥恕されません。

一般的にいう「法の不知これを許さず」は刑法上の故意の認定にあたっての限られた場面での議論上で使う言葉です。

限られた場面とは裁判所(裁判中)において故意か否かの認定時に「知らなかった」では済まされないと言う話であって、国民全員が法律を知っていなければ罪であるとか、知らなければいけないと言う意味ではないので、裁判中でもない限り宥恕もなにもありません。
ここは裁判所ではありませんのでその言葉に何の意味も効力もありません、あしからず。

| 弁護士のタマゴ | 2017/09/25 11:59 | URL |

弁護士のタマゴさん | 2017/09/25 11:59 |へ

>>世捨人さんの仰る通り、法の不知は宥恕されません。
>一般的にいう「法の不知これを許さず」は刑法上の故意の認定にあたっての限られた場面での議論上で使う言葉です。限られた場面とは裁判所(裁判中)において故意か否かの認定時に「知らなかった」では済まされないと言う話であって、国民全員が法律を知っていなければ罪であるとか、知らなければいけないと言う意味ではないので、裁判中でもない限り宥恕もなにもありません。ここは裁判所ではありませんのでその言葉に何の意味も効力もありません、あしからず。

「歩行者の方の唯一の救いが車でなく自転車だったことですね。自転車であったおかげで死なずに済んだと思います。」?」(byただの通りすがりさん | 2017/04/27 15:30 )とただの通りすがりさんが正当化しようとしていたのは、「普通自転車の歩道通行」の規定の違反となるような行為をした者について、二万円以下の「罰金」又は「科料」に処される刑法上の故意の認定場面での議論です。

2017.04.26 Wed「暴走自転車規制」老人に物申す
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-573.html#comments

また、「これを正当化というならば あなたの法の無知を守るべき物は左端通行のみと変えて誤魔化すのは正当化以外の何ものでもないですね」(byただの通りすがりさん | 2017/09/24 06:59 )ということですので、「「知らなかった」では済まされないと言う話」でしょう。

そして、ここは、さながら、広く世の中に公開された処刑場といったところでしょう。

弁護士になれないタマゴさんのその言葉に何の意味も効力もありません、悪しからず。

「自らの立場の不知も宥恕せず。」といったところです。

ご苦労様です。

刑法(故意)
第三十八条 罪を犯す意思がない行為は、罰しない。ただし、法律に特別の規定がある場合は、この限りでない。
2  重い罪に当たるべき行為をしたのに、行為の時にその重い罪に当たることとなる事実を知らなかった者は、その重い罪によって処断することはできない。
3  法律を知らなかったとしても、そのことによって、罪を犯す意思がなかったとすることはできない。ただし、情状により、その刑を減軽することができる。

(普通自転車の歩道通行)
第六十三条の四  普通自転車は、次に掲げるときは、第十七条第一項の規定にかかわらず、歩道を通行することができる。
一  道路標識等により普通自転車が当該歩道を通行することができることとされているとき。
2  前項の場合において、普通自転車は、当該歩道の中央から車道寄りの部分(道路標識等により普通自転車が通行すべき部分として指定された部分(以下この項において「普通自転車通行指定部分」という。)があるときは、当該普通自転車通行指定部分)を徐行しなければならず、また、普通自転車の進行が歩行者の通行を妨げることとなるときは、一時停止しなければならない。ただし、普通自転車通行指定部分については、当該普通自転車通行指定部分を通行し、又は通行しようとする歩行者がないときは、歩道の状況に応じた安全な速度と方法で進行することができる。
   (罰則 第二項については第百二十一条第一 項第五号)

第百二十一条  次の各号のいずれかに該当する者は、二万円以下の罰金又は科料に処する。
五  第六十三条の四(普通自転車の歩道通行)第二項又は第七十五条の七(本線車道の出入の方法)の規定の違反となるような行為をした者

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/09/25 14:30 | URL |

>世捨人さんの仰る通り、法の不知は宥恕されません。

この件について、当方の意見(法律の在り方)を述べたのですが、ただの通りすがりさんとか私は一言も出していませんよ?

>法の不知は宥恕されません。
との事なのでそれは違いますと上記の件について述べたまでです。

一般的にいう「法の不知これを許さず」は刑法上の故意の認定にあたっての限られた場面での議論上で使う言葉です。限られた場面とは裁判所(裁判中)において故意か否かの認定時に「知らなかった」では済まされないと言う話であって、国民全員が法律を知っていなければ罪であるとか、知らなければいけないと言う意味ではないので、裁判中でもない限り宥恕もなにもありません。ここは裁判所ではありませんのでその言葉に何の意味も効力もありません。

前後の問答など問題にしていません。

| 弁護士のタマゴ | 2017/09/27 00:16 | URL |

弁護士のタマゴさん | 2017/09/27 00:16 |へ

>>世捨人さんの仰る通り、法の不知は宥恕されません。
>この件について、当方の意見(法律の在り方)を述べたのですが、ただの通りすがりさんとか私は一言も出していませんよ?「法の不知は宥恕されません。」との事なのでそれは違いますと上記の件について述べたまでです。


ただの通りすがりさんは、「あなたの法の無知を守るべき物は左端通行のみと変えて誤魔化すのは正当化以外の何ものでもないですね」(byただの通りすがりさん | 2017/09/24 06:59)ということで、「法の無知」は許せないようですよ。

弁護士のタマゴさんは、「法の不知は宥恕されません。」に飛びついて来ただけのことです。


>一般的にいう「法の不知これを許さず」は刑法上の故意の認定にあたっての限られた場面での議論上で使う言葉です。限られた場面とは裁判所(裁判中)において故意か否かの認定時に「知らなかった」では済まされないと言う話であって、国民全員が法律を知っていなければ罪であるとか、知らなければいけないと言う意味ではないので、裁判中でもない限り宥恕もなにもありません。ここは裁判所ではありませんのでその言葉に何の意味も効力もありません。前後の問答など問題にしていません。

即ち、多摩川の遊歩道で「スピードの危険性」を理解出来ずに暴走して高齢者をなぎ倒した特急(高速度)自転車乗りを正当化するにあたって、ただの通りすがりさんのように、「徐行義務違反」だったなどと、法律に縋り付いて誤魔化しても仕方ないということですね。

素晴らしい岡目八目でした。

ただし、ただの通りすがりさんは、多摩川の遊歩道でも、歩行者がいなければ、脚力の限界に挑戦しても何ら問題ないということを御存じでなかったようですよ。

(普通自転車の歩道通行)
第六十三条の四  普通自転車は、次に掲げるときは、第十七条第一項の規定にかかわらず、歩道を通行することができる。
一  道路標識等により普通自転車が当該歩道を通行することができることとされているとき。
2  前項の場合において、普通自転車は、普通自転車通行指定部分については、当該普通自転車通行指定部分を通行し、又は通行しようとする歩行者がないときは、歩道の状況に応じた安全な速度と方法で進行することができる。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/09/27 17:40 | URL |

誰とは分かっていると思いますが、
相変わらずの定型文のお返事。
現実の社会での何やらがたまっているのですね。

| 傍観者 | 2017/09/27 18:04 | URL |

あ! はっきり言います。
「と~」さんです。
鬱憤晴らしですか?
大変ですな(笑)

| 傍観者 | 2017/09/27 18:16 | URL |

>世捨人さんの仰る通り、法の不知は宥恕されません。

>弁護士のタマゴさんは、「法の不知は宥恕されません。」に飛びついて来ただけのことです。

はい、その通りです。
前後の問答など問題にしていません。

そしてこの件について、当方の意見(法律の在り方)を述べたのですが、「ただの通りすがりさん」とか私は一言も出していませんよ?

>法の不知は宥恕されません。
との事なのでそれは違いますと上記の件について以下に述べたまでです。

一般的にいう「法の不知これを許さず」は刑法上の故意の認定にあたっての限られた場面での議論上で使う言葉です。限られた場面とは裁判所(裁判中)において故意か否かの認定時に「知らなかった」では済まされないと言う話であって、国民全員が法律を知っていなければ罪であるとか、知らなければいけないと言う意味ではないので、裁判中でもない限り宥恕もなにもありません。ここは裁判所ではありませんのでその言葉に何の意味も効力もありません。

繰り返しになりますが、上記の通りです。
前後の問答など問題にしていません。
読解力の乏しい方なのでしょうか。

| 弁護士のタマゴ | 2017/09/27 22:15 | URL |

傍観者さん | 2017/09/27 18:04 |、| 2017/09/27 18:16 |へ

>誰とは分かっていると思いますが、相変わらずの定型文のお返事。現実の社会での何やらがたまっているのですね。

さて、誰のことでしょう。

誰のことであれ、自転車は、ただただ、車道左端通行すれば良いだけです。

それで、十分です。


>あ! はっきり言います。「と~」さんです。鬱憤晴らしですか?大変ですな(笑)

あ! 小生のことですか。

小生は、世のため人のため、特急(高速度)自転車乗りの皆様の偏見や勘違いを、一つ一つ丁寧に質しているいるものです。

傍観だけで我慢できずにコメント数の無駄遣い、ご苦労様です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/09/28 12:22 | URL |

弁護士のタマゴさん | 2017/09/27 22:15 |へ

>>世捨人さんの仰る通り、法の不知は宥恕されません。
>>弁護士のタマゴさんは、「法の不知は宥恕されません。」に飛びついて来ただけのことです。
>はい、その通りです。前後の問答など問題にしていません。そしてこの件について、当方の意見(法律の在り方)を述べたのですが、「ただの通りすがりさん」とか私は一言も出していませんよ?

残念ながら、「ただの通りすがりさん」は、「あなたの法の無知を守るべき物は左端通行のみと変えて誤魔化すのは正当化以外の何ものでもないですね」(byただの通りすがりさん |2017/09/24 06:59)ということで、「法の無知」は許せないようですよ。

読解力の乏しい方なのでしょうか。


>法の不知は宥恕されません。との事なのでそれは違いますと上記の件について以下に述べたまでです。一般的にいう「法の不知これを許さず」は刑法上の故意の認定にあたっての限られた場面での議論上で使う言葉です。限られた場面とは裁判所(裁判中)において故意か否かの認定時に「知らなかった」では済まされないと言う話であって、国民全員が法律を知っていなければ罪であるとか、知らなければいけないと言う意味ではないので、裁判中でもない限り宥恕もなにもありません。ここは裁判所ではありませんのでその言葉に何の意味も効力もありません。繰り返しになりますが、上記の通りです。前後の問答など問題にしていません。読解力の乏しい方なのでしょうか。

繰り返しになりますが、弁護士のタマゴさんご自身が仰っている通り、弁護士になれないタマゴさんご自身のの「意見」に過ぎません。

小生も、前後の問答など全く問題にしていません。

前後の問答に救いを求めても無駄です。

弁護士になれないタマゴさんは、さながら、「自らの立場の不知も宥恕せず。」といったところです。

ご苦労様です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/09/28 12:41 | URL |

一般的な算数の話で言うと、
「1+1=3」と思い込んでる人間 (A) が、
「1+1=2」と答えた人 (B) に対して「Bは誤っている」と言う状況である

さらに、Aは自分の誤りを正す能力もない。
だから、彼自身の説得など当にあきらめた

ここのコメント欄では、これがもう少し複雑になっている。

厄介なことに、Aは「+は足し合わせる記号だ」とか、
「=は等号だ」など部分的には正しいことを言っているため、
一見すると正しいように見えてしまいうる

だから、私は、周囲の人間にいかにAが間違っているかを示す
他人の否定に執着する姿は、たしかに醜い

| こじま | 2017/09/28 13:55 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

おれさん

>>人生経験が豊富になると、背中をみただけでその人の表情を感じ取ることができるようになるものです。
>人生経験が豊富でも背中を見ただけでその人の表情を感じ取る事は出来ませんし、感じ取っただけでは表情を確認はできません。

子どもは親の背中を見て育つともいわれれます。

>>上述のとおりミラーがなくとも可能です。
>妄想の激しい肩のようですね。

小生は五十肩のときさんと違い、両手をまっすぐ上に伸ばすことができます。

>>動画を最後までご覧になりましたか?事故は起きませんでした。
>事故が起きなくとも前方不注意は危険ですのでやめてください。と申し上げています。

事故は起きなかったわけですから、前方不注意ではなかったということですね。

>>貴殿が若い女性の顔を振り返って見るのは、いかなる必要からでしょうか?
>態々女性の顔を振り返って見た覚えはありません。

恥ずかしがり屋さんですね。

>>ITジャーナリストとかは、ネットスラングを多用してそうですね。
>貴方は(似非)交通安全ジャーナリストであってITジャーナリストではない。

あれあれ「ネットスラングを使用するジャーナリストを見たことがない」ということで、交通安全ジャーナリストに限定していませんでしたよ。

| 世捨人 | 2017/09/28 14:28 | URL |

Re: タイトルなし

>自動車は交通弱者に大して相手が明確な法律違反を侵していても絶対的に安全運転しないといけません

クルマは自転車を守ってくれるだろいうという身勝手な考えが惨事を招きます。

>子供の自転車乗りがふらついて転んだとしても止まれる運転をしなくてはいけません
そういう速度で運転していればなんら危険のない状況です自動車のドライバーが配慮して下さい

父兄の皆様におかれましては、お子様が自転車で危険な場所に近づかないよう、指導徹底をお願いします。

>前方にそのような子供がいたら諦めて潔く減速もしくは徐行してください自動車に乗るということはそういうことです

子どもをつれてパチンコ店や公営ギャンブル場には行かないでください。

健全な精神を育んでください。

| 世捨人 | 2017/09/28 14:34 | URL |

Re: タイトルなし

たださん

>>記事では禁止行為とはしていません。
>法で禁止されていないのであればそこまで批判する必要はないですね。

自転車事故削減に関する提言は交通安全ブログの宿命です。

>>小学生の判断力は未熟です。件の子どもはただ道があるから進んだだけでしょう。
>であれば件の子供は高速道路を走るのですね?自動車専用道路を走るのですね?そういうことですね。

僕の前に道はない、のでなければ進むことになるでしょう。

>>「本当ですか?根拠はありますか?警察に確認しましたか?調べたうえでぜひとも報告してください」
>ここでは一切説明されてないので根拠はいらないのかと思ってました。調べて報告しましょう。ただ人に求める意味はおわかりですよね当然すべて洗いざらい根拠を示してくださいよ。

楽しみです。

>>ですから危険なクルマありきの交通安全を考えるのが現実的ですね。
>なぜですか?取り締まりを厳しくして合法な走行のできるドライバー以外免許剥奪などという方法も考えられるでしょう?

交通事故は今もどこかで発生しています。

一刻の猶予も許さない状況です。

>なぜ、非合法な走行をしている自動車のお尻を自転車が拭うのですか。納得のいける説明をお願いします。

クルマは乗員保護に優れた安全な乗り物です。

一方、車道を走る自転車にとってクルマは危険な存在となります。

| 世捨人 | 2017/09/28 18:13 | URL |

>自転車事故削減に関する提言は交通安全ブログの宿命です。

あなたの発言は提言というより批判が正解でしょう

>交通事故は今もどこかで発生しています。
一刻の猶予も許さない状況です。

その中でより効果の薄い自転車に手を加えようとする意図が説明されていません。危険な車ありきとおっしゃいますがより事故件数の多い自動車に手を加える方が明らかに効果的と思いますが?

>クルマは乗員保護に優れた安全な乗り物です。
一方、車道を走る自転車にとってクルマは危険な存在となります。

つまり頑丈な乗り物は違反してもかまわないということですね?
つまりは大型貨物自動車などはなにをしてもかまわないと?昔トラックのマナー違反が大きな問題になったのを知らないのですかね?
つまりはあなたの論を逆手に取ると自転車に装甲をつければいいと言うことですか?

| ただの通りすがり | 2017/10/04 21:09 | URL |

Re: タイトルなし

たださん

>>自転車事故削減に関する提言は交通安全ブログの宿命です。
>あなたの発言は提言というより批判が正解でしょう

自転車乗りには厳しい内容かもしれませんが、交通の安全の確保のため背に腹をかえられないとの認識です。

>>交通事故は今もどこかで発生しています。一刻の猶予も許さない状況です。
>その中でより効果の薄い自転車に手を加えようとする意図が説明されていません。危険な車ありきとおっしゃいますがより事故件数の多い自動車に手を加える方が明らかに効果的と思いますが?

戦場の兵士に向かって銃を捨てろと言えますか。

>>クルマは乗員保護に優れた安全な乗り物です。一方、車道を走る自転車にとってクルマは危険な存在となります。
>つまり頑丈な乗り物は違反してもかまわないということですね?つまりは大型貨物自動車などはなにをしてもかまわないと?昔トラックのマナー違反が大きな問題になったのを知らないのですかね?つまりはあなたの論を逆手に取ると自転車に装甲をつければいいと言うことですか?

歩行者に甲冑(かっちゅう)を義務づければ、車道歩行を認めても良いとの立場です。

| 世捨人 | 2017/10/05 23:26 | URL |

>自転車乗りには厳しい内容かもしれませんが、交通の安全の確保のため背に腹をかえられないとの認識です。

であれば自動車が規制が雁字搦めなのは至極当然で交通の安全の確保のためであるからその点を批判されるのはおかしいのでは?

>戦場の兵士に向かって銃を捨てろと言えますか。

この国は自衛隊の海外派遣に重火器の携行を認めない国ですよ。

またこのたとえがよくわからないのですが?
なにがいいたいのでしょう?

| ただの通りすがり | 2017/10/08 11:39 | URL |

Re: タイトルなし

たださん

>>自転車乗りには厳しい内容かもしれませんが、交通の安全の確保のため背に腹をかえられないとの認識です。
>であれば自動車が規制が雁字搦めなのは至極当然で交通の安全の確保のためであるからその点を批判されるのはおかしいのでは?

自転車を特別扱いする時代は終焉させたいですね。

>>戦場の兵士に向かって銃を捨てろと言えますか。
>この国は自衛隊の海外派遣に重火器の携行を認めない国ですよ。

この国には兵士はいません。

>またこのたとえがよくわからないのですが?なにがいいたいのでしょう?

「隕石が落下するリスクがあるため外出できません」(byときどきオアゾツーキニスト)については理解できますか?

| 世捨人 | 2017/10/12 22:25 | URL |

>自転車を特別扱いする時代は終焉させたいですね。

特別扱いと言えるのでしょうか?殺傷能力による差でしょう。
例えば模造刀を購入するのに制限はありません。しかしそれを外で持ち歩けば話は別です。そのぐらいのルールは守らなければいけません。ただ真剣であれば警察署へ申請をしなければなりません。これは殺傷能力が高いためでしょう。エアーガンと猟銃でも同じです。

>この国には兵士はいません。

それは建前です。海外ましてや派遣された国の人からしたら軍隊そのものです。
そんな言葉遊びですませる気はありません。

>「隕石が落下するリスクがあるため外出できません」(byときどきオアゾツーキニスト)については理解できますか?

どういう状況下での発言かは知りませんがリスクのため禁止というのは筋が通らないと言いたいのではないのですか?

そもそもなぜ私にときどきオアゾツーキニストの話をされるのでしょう?

であなたの例えは説明がなかったのですがなにをなにに例えたのですか?

| ただの通りすがり | 2017/10/13 07:48 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/588-7097af2f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT