今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロードバイクにゲリラ豪雨対策を義務づけよ

▼異常気象による影響なのか、突然の大雨に見舞われあたふたする自転車乗りを、いくばくと見せられた。目的地へと急ぐ心理が先行し、周囲の安全確認をろくにせず、びしょぬれになりながら必死にペダルをこいでいる。

▼競技用自転車にあっては、グリップ力の劣る溝なし極細スリックタイヤ、水滴で制動力が失われたブレーキなどなど、雨天走行は危険極まりない。

▼ゲリラ豪雨にあったら、運転をすぐに中止し、雨宿りするのが安全だ。いつでも、どこでも、すぐに待避できる設備が不可欠となる

▼そこで、競技用自転車にビーチパラソルの携行を義務づけてみてはどうか。傘を開く時はサドルを外しシートポストにはめ込めば、安定して傘下に収まろう。法改正が待たれる。

自転車と乗員を傘下に収める
ことが可能なビーチパラソル
関連記事

| 22:46 | コメント:18 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いっちばーん!

| ころすけ | 2017/08/03 12:32 | URL | ≫ EDIT

サドルを外しシートポストにはめ込まなくても、大阪のおばちゃんはママチャリに「さすべえ」日傘で、ジョルジュ・スーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」の貴婦人の如く、優雅に行き交うものです。

ご安心下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/08/04 13:43 | URL |

私見

私見

世捨人 ときどきオアゾツーキニストが
「折角書いた新着記事の中で構ってほしい」
だってさ

構っちゃだめよ~

| こじま | 2017/08/04 13:50 | URL | ≫ EDIT

ロードバイクにビーチパラソルとはこれまた素晴らしいアイディアですな~。
我々一般愚民には思いもよらない柔軟な発想、さすがは世捨人様でございます。

本来、競技用自転車は雨天時の走行は想定しておりませんからな、雨にはめっぽう弱い。ゲリラ豪雨対策としてビーチパラソルを常備するのは有効手段です。そう都合よく雨宿りが出来る場所があるとは限りませんし。

あと日中の猛暑時も熱中症対策として利用できる点も見逃せません。この時期30度を超える猛暑が続きますからね、あまりに暑い場合はぶっ倒れる前にビーチパラソルで休憩していただきたいもんです。つーかクソ暑いんだからチャリで出てくんなよ…。

まァ、ビーチパラソルは折りたためば意外にコンパクトになるので、背中に背負うなりフレームに括り付けるなりすれば運搬も容易でしょう。重量増による爆走練習防止にも一役買ってくれそうです。
法改正を待ちましょう!!!!

| 自転車は歩道 | 2017/08/06 00:09 | URL | ≫ EDIT

一つ大きな疑問ですが雨の中でも走行するような人はそもそも傘があったとしても雨宿りしないのではないのかと思うのですがいかがでしょう?


▼競技用自転車にあっては、グリップ力の劣る溝なし極細スリックタイヤ、水滴で制動力が失われたブレーキなどなど、雨天走行は危険極まりない。

これに関して物理や化学に基づいて受賞していただきたいの出すが
以前もスリックにおけるハイドロなどというような発言をされたことがありましたがうやむやに終わっていますので万人が納得できるご説明おけ害します。

| ただの通りすがり | 2017/08/06 01:31 | URL |

Re: タイトルなし

ころさん

>いっちばーん!

2番じゃダメなんですか(ときどきオアゾツーキニスト風)

| 世捨人 | 2017/08/09 22:22 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>サドルを外しシートポストにはめ込まなくても、大阪のおばちゃんはママチャリに「さすべえ」日傘で、ジョルジュ・スーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」の貴婦人の如く、優雅に行き交うものです。ご安心下さい。

競技用自転車に乗車中、雨が降ってきたらすみやかに運転を中止し、雨宿りしてください。

極細タイヤはグリップ力が劣り、むきだしのブレーキは水滴で制動力に難があるなど、雨天走行はとても危険です。

| 世捨人 | 2017/08/09 22:24 | URL |

Re: 私見

こじ

>私見世捨人 ときどきオアゾツーキニストが「折角書いた新着記事の中で構ってほしい」だってさ構っちゃだめよ~

私見の域を出ませんね。

| 世捨人 | 2017/08/09 22:24 | URL |

Re: タイトルなし

>ロードバイクにビーチパラソルとはこれまた素晴らしいアイディアですな~。我々一般愚民には思いもよらない柔軟な発想、さすがは世捨人様でございます。

雨傘では大きさが不十分だと思い、ビーチパラソルを義務づけとさせていただきました。

>本来、競技用自転車は雨天時の走行は想定しておりませんからな、雨にはめっぽう弱い。ゲリラ豪雨対策としてビーチパラソルを常備するのは有効手段です。そう都合よく雨宿りが出来る場所があるとは限りませんし。

自転車本体も降雨から守ることができるビーチパラソルは、競技用自転車乗りの救世主ですね。

>あと日中の猛暑時も熱中症対策として利用できる点も見逃せません。この時期30度を超える猛暑が続きますからね、あまりに暑い場合はぶっ倒れる前にビーチパラソルで休憩していただきたいもんです。つーかクソ暑いんだからチャリで出てくんなよ…。

気温30℃を超えたら、自転車は10分ごとにビーチパラソルの下で休憩するよう、義務づけたいですね。

>まァ、ビーチパラソルは折りたためば意外にコンパクトになるので、背中に背負うなりフレームに括り付けるなりすれば運搬も容易でしょう。重量増による爆走練習防止にも一役買ってくれそうです。法改正を待ちましょう!!!!

競技用自転車はレジャー目的で使用しているのが大半ですから、ビーチパラソルを携行しても全く違和感がありませんね。

| 世捨人 | 2017/08/09 22:26 | URL |

Re: タイトルなし

たださん

>一つ大きな疑問ですが雨の中でも走行するような人はそもそも傘があったとしても雨宿りしないのではないのかと思うのですがいかがでしょう?

ですから、雨天走行を禁止するとともに雨宿り違反に対しては刑事罰が科せられるでしょう。

通常の傘と違い、自転車もすっぽりカヴァーできる大きさです。

>>▼競技用自転車にあっては、グリップ力の劣る溝なし極細スリックタイヤ、水滴で制動力が失われたブレーキなどなど、雨天走行は危険極まりない。
>これに関して物理や化学に基づいて受賞していただきたいの出すが以前もスリックにおけるハイドロなどというような発言をされたことがありましたがうやむやに終わっていますので万人が納得できるご説明おけ害します。

うやむやで終わらせず、当該記事を丁寧に読み返し、すっきりさせてください。

| 世捨人 | 2017/08/09 22:47 | URL |

>通常の傘と違い、自転車もすっぽりカヴァーできる大きさです。

今の段階で本当に雨がいやならば建物などで雨宿りをするでしょう。それでも傘をとのことでしたら、オープンカー、2輪車についても同様に雨天走行の禁止がなされて妥当でしょう。

>うやむやで終わらせず、当該記事を丁寧に読み返し、すっきりさせてください。

私の認識では物理の意見より世捨人の感覚もしくは思い込みを全員に勝ると周知したに過ぎないと思いますが?

| ただの通りすがり | 2017/08/10 08:10 | URL |

世捨人さん | 2017/08/09 22:24 |へ

>>サドルを外しシートポストにはめ込まなくても、大阪のおばちゃんはママチャリに「さすべえ」日傘で、ジョルジュ・スーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」の貴婦人の如く、優雅に行き交うものです。ご安心下さい。
>競技用自転車に乗車中、雨が降ってきたらすみやかに運転を中止し、雨宿りしてください。

競技用自転車に乗車中は、全身汗だくですので、雨も晴れも関係ありません。

疋田さんのメルマガの"ガリガリ君"に代わる有り難い全身シャワーです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自転車の夏、ガリガリ君の夏、の(週刊 自転車ツーキニスト733)
http://melma.com/backnumber_16703_6563583/
■この夏、いちばん自転車乗りらしいセリフ

 おっはようございます。今日も暑くなりそうですね。あ、本日は、7月最後の日か…。

 先日、私の知人がこういうことを言った。
「暑いですね、この暑さの中、コンビニの軒下、汗だくでかじる"ガリガリ君"が、私にとって夏の定番です」
 くーっ! これよ!
 もう私にとって、このセリフは、この夏ナンバーワンの"自転車乗りらしいセリフ!"に認定であります。

 この「コンビニの軒下」がいいじゃないすか。
 ツーリングの途中、セミの鳴き声がうるさいほど聞こえる中、立ち寄ったコンビニですよ。
 軒下の短くも濃い影の中に入る。横には、シルバーに光る分別ゴミ箱があったりして。額から再び出る汗を拭う。目の前に見える、陽炎が立ち上るような駐車場と、山の濃い緑と、空の濃い青よ。
 そこで味わう青いソーダ味、文字通りの「ガリガリ」食感。次の目標地点までは、あと30km程度か……。
 水分は調達したし「さ、出るか」の前、束の間の「ガリガリ君」。直截的な糖分補給!

 なんだよこれ、これぞ"至福"というやつではないですか。
 ありがとう、赤城乳業っ…! 感謝っ…! ってなぜかカイジ風(笑)。
 いや、赤城乳業だけに「アカギ風」か。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


>極細タイヤはグリップ力が劣り、むきだしのブレーキは水滴で制動力に難があるなど、雨天走行はとても危険です。

物理的に本当にグリップ力が劣るのかどうか、制動力に難があるかどうかの検証はお任せします。

いずれも、路上駐停車車両や砂埃やマンホールや凸凹穴と同様に、与えられた条件として、「スピードの危険性」を理解している特急(高速度)自転車乗りは、万々一にも「スピードの出し過ぎ」で下らない事故を惹起しないように、足を緩め「自分の身は自分で守る。」ものです。

ご安心下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2017/08/10 09:23 | URL |

交通事故を少なくする方策を提案します。
全ての自動車は、ボディをマシュマロで作ることにしましょう。
衝突しても、だれもケガしない。
これぞ交通事故ゼロの秘策である。
法制化が待たれる。

バイバイ

| いや~ ぶっとんでますね | 2017/08/13 17:21 | URL |

Re: タイトルなし

たださん

>>通常の傘と違い、自転車もすっぽりカヴァーできる大きさです。
>今の段階で本当に雨がいやならば建物などで雨宿りをするでしょう。

必ずしも近くに雨宿りできる場所があるとは限りません。

>それでも傘をとのことでしたら、オープンカー、2輪車についても同様に雨天走行の禁止がなされて妥当でしょう。

オープンカーは自動で屋根開閉が出来るタイプが主流です。

二輪車は雨天走行を想定した過酷な走行テストを経て、市場投入されています。

>>うやむやで終わらせず、当該記事を丁寧に読み返し、すっきりさせてください。
>私の認識では物理の意見より世捨人の感覚もしくは思い込みを全員に勝ると周知したに過ぎないと思いますが?

上述のように、思い違いのようですね。

| 世捨人 | 2017/08/15 23:20 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>サドルを外しシートポストにはめ込まなくても、大阪のおばちゃんはママチャリに「さすべえ」日傘で、ジョルジュ・スーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」の貴婦人の如く、優雅に行き交うものです。ご安心下さい。
>>競技用自転車に乗車中、雨が降ってきたらすみやかに運転を中止し、雨宿りしてください。
>競技用自転車に乗車中は、全身汗だくですので、雨も晴れも関係ありません。

乗員が汗だくなのはともかく、自転車本体が雨に弱いので、降雨時は走行を禁止するよう提唱しているところです。

>疋田さんのメルマガの"ガリガリ君"に代わる有り難い全身シャワーです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・自転車の夏、ガリガリ君の夏、の(週刊 自転車ツーキニスト733)http://melma.com/backnumber_16703_6563583/■この夏、いちばん自転車乗りらしいセリフ おっはようございます。今日も暑くなりそうですね。あ、本日は、7月最後の日か…。先日、私の知人がこういうことを言った。「暑いですね、この暑さの中、コンビニの軒下、汗だくでかじる"ガリガリ君"が、私にとって夏の定番です」くーっ! これよ!もう私にとって、このセリフは、この夏ナンバーワンの"自転車乗りらしいセリフ!"に認定であります。この「コンビニの軒下」がいいじゃないすか。ツーリングの途中、セミの鳴き声がうるさいほど聞こえる中、立ち寄ったコンビニですよ。軒下の短くも濃い影の中に入る。横には、シルバーに光る分別ゴミ箱があったりして。額から再び出る汗を拭う。目の前に見える、陽炎が立ち上るような駐車場と、山の濃い緑と、空の濃い青よ。そこで味わう青いソーダ味、文字通りの「ガリガリ」食感。次の目標地点までは、あと30km程度か……。 水分は調達したし「さ、出るか」の前、束の間の「ガリガリ君」。直截的な糖分補給! なんだよこれ、これぞ"至福"というやつではないですか。 ありがとう、赤城乳業っ…! 感謝っ…! ってなぜかカイジ風(笑)。いや、赤城乳業だけに「アカギ風」か。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「イートイン」といって中食市場を狙い、飲食できるスペースを確保しているコンビニが増えています。

「コンビニの軒下」で立ち食いするのは、行儀が悪いうえ時代遅れも甚だしいです。

>>極細タイヤはグリップ力が劣り、むきだしのブレーキは水滴で制動力に難があるなど、雨天走行はとても危険です。
>物理的に本当にグリップ力が劣るのかどうか、制動力に難があるかどうかの検証はお任せします。

高速道路では雨天時に時速50キロ制限に抑制されることがあります。

>いずれも、路上駐停車車両や砂埃やマンホールや凸凹穴と同様に、与えられた条件として、「スピードの危険性」を理解している特急(高速度)自転車乗りは、万々一にも「スピードの出し過ぎ」で下らない事故を惹起しないように、足を緩め「自分の身は自分で守る。」ものです。ご安心下さい。

自分の身を守れない競技用自転車乗りのために、安全規制をかける必要があるとの認識です。

| 世捨人 | 2017/08/15 23:31 | URL |

Re: タイトルなし

いや~さん

>交通事故を少なくする方策を提案します。全ての自動車は、ボディをマシュマロで作ることにしましょう。衝突しても、だれもケガしない。これぞ交通事故ゼロの秘策である。法制化が待たれる。バイバイ

クルマのボディに使用するとなると、マシュマロの需給バランスが崩れることが必至です。

マシュマロの主原料である砂糖や水あめが高騰すれば、食卓に影響を与えます。

食料自給率の低い日本国では、到底受け入れがたいです。

| 世捨人 | 2017/08/15 23:39 | URL |

>必ずしも近くに雨宿りできる場所があるとは限りません。

では逆に雨宿りできる場所があるところでは少なくとも自転車は走行していないのですね。

>オープンカーは自動で屋根開閉が出来るタイプが主流です。

主流であればいいのですか?
現実にケータハムはどうします?

>二輪車は雨天走行を想定した過酷な走行テストを経て、市場投入されています。

では自転車は雨天の走行テストをしていないのですか?
またその根拠は?当然全社とは言わなくても数社には確認されたのですよね?

>上述のように、思い違いのようですね。

では、重ね重ねすいませんが、もう一度お願いします。結論を簡潔に

| ただの通りすがり | 2017/08/16 13:40 | URL |

世捨人さん | 2017/08/15 23:31 |へ

>>サドルを外しシートポストにはめ込まなくても、大阪のおばちゃんはママチャリに「さすべえ」日傘で、ジョルジュ・スーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」の貴婦人の如く、優雅に行き交うものです。ご安心下さい。
>競技用自転車に乗車中、雨が降ってきたらすみやかに運転を中止し、雨宿りしてください。
>>競技用自転車に乗車中は、全身汗だくですので、雨も晴れも関係ありません。
>乗員が汗だくなのはともかく、自転車本体が雨に弱いので、降雨時は走行を禁止するよう提唱しているところです。

田舎の駅前の公共(無料)駐輪場の多くが屋外の雨ざらしです。
自転車本体は、雨ざらしでも何ら問題ありません。

かつての疋田さんの掲示板でのBD-1さんのように神経質な方は、雨に濡れたら一緒にお風呂に入り、専用洗剤で洗ってあげて、ドライヤーで乾かして、油を指して上げていたそうです。

子供やペット以上の可愛がり自慢でしたが、人それぞれでしょう。

親は無くても子は育つの格言通り、自転車本体は雨ざらしでも何ら問題ありません。


>>疋田さんのメルマガの"ガリガリ君"に代わる有り難い全身シャワーです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・自転車の夏、ガリガリ君の夏、の(週刊 自転車ツーキニスト733)http://melma.com/backnumber_16703_6563583/■この夏、いちばん自転車乗りらしいセリフ おっはようございます。今日も暑くなりそうですね。あ、本日は、7月最後の日か…。先日、私の知人がこういうことを言った。「暑いですね、この暑さの中、コンビニの軒下、汗だくでかじる"ガリガリ君"が、私にとって夏の定番です」くーっ! これよ!もう私にとって、このセリフは、この夏ナンバーワンの"自転車乗りらしいセリフ!"に認定であります。この「コンビニの軒下」がいいじゃないすか。ツーリングの途中、セミの鳴き声がうるさいほど聞こえる中、立ち寄ったコンビニですよ。軒下の短くも濃い影の中に入る。横には、シルバーに光る分別ゴミ箱があったりして。額から再び出る汗を拭う。目の前に見える、陽炎が立ち上るような駐車場と、山の濃い緑と、空の濃い青よ。そこで味わう青いソーダ味、文字通りの「ガリガリ」食感。次の目標地点までは、あと30km程度か……。 水分は調達したし「さ、出るか」の前、束の間の「ガリガリ君」。直截的な糖分補給! なんだよこれ、これぞ"至福"というやつではないですか。 ありがとう、赤城乳業っ…! 感謝っ…! ってなぜかカイジ風(笑)。いや、赤城乳業だけに「アカギ風」か。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>「イートイン」といって中食市場を狙い、飲食できるスペースを確保しているコンビニが増えています。「コンビニの軒下」で立ち食いするのは、行儀が悪いうえ時代遅れも甚だしいです。

汗だくのサイクリストは、つゆだくの牛丼屋に負けない汗臭さで、コンビニに迷惑です。

50過ぎの地上波TVマンには時代遅れが丁度良いといったところでしょう。


>極細タイヤはグリップ力が劣り、むきだしのブレーキは水滴で制動力に難があるなど、雨天走行はとても危険です。
>>物理的に本当にグリップ力が劣るのかどうか、制動力に難があるかどうかの検証はお任せします。
>高速道路では雨天時に時速50キロ制限に抑制されることがあります。

脚力自慢の特急(高速度)自転車乗りがどんなにシャカリキになってペダルを回しても40キロそこそこが限界です。

時速50キロ制限であれば、十分です。


>>いずれも、路上駐停車車両や砂埃やマンホールや凸凹穴と同様に、与えられた条件として、「スピードの危険性」を理解している特急(高速度)自転車乗りは、万々一にも「スピードの出し過ぎ」で下らない事故を惹起しないように、足を緩め「自分の身は自分で守る。」ものです。ご安心下さい。
>自分の身を守れない競技用自転車乗りのために、安全規制をかける必要があるとの認識です。

「自分の身は自分で守る。」ものです。

法律は自転車乗りを守ってなどくれません。

脚力自慢の特急(高速度)自転車乗りの方々は、ブレーキテクニック自慢でもありますのでご安心下さい。

| 自転車は歩道 | 2017/08/17 12:03 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/583-5d49989e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT