今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

緊急提言 ロードバイクのアイウエアを禁じよ

▼残念なことに自分のことしか考えない競技用自転車乗りは多い。サングラス(アイウエア)を装着する輩(やから)がまことに多いからだ。

▼当人は色つきメガネでキメているつもりかもしれないが、周囲の交通にとっては危なっかしい。安全の確保に不可欠な、目と目を合わせ意思確認する「アイコンタクト」ができないからだ。

▼クルマの場合、スモークフィルムをフロントと前席両側のガラスに貼ることが法律(道路運送法保安基準)で固く禁じられている。夜間の視認性が悪いだけでない。アイコンタクトで歩行者や自転車の安全・安心につなげるためであることは、否定できない。

▼自転車用サングラスにいたっては、装着者の眼球が全く見えないミラータイプが普及しており、由々しき事態だ。そもそも自転車に乗るために専用サングラスを装着する必要性は乏しい。全面禁止すべきだ。法改正がまたれる。



低透過率のサングラスで目を覆う競技用自転車乗り
関連記事

| 22:56 | コメント:55 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あほくさ。

>当人は色つきメガネでキメているつもりかもしれないが、周囲の交通にとっては危なっかしい。安全の確保に不可欠な、目と目を合わせ意思確認する「アイコンタクト」ができないからだ。

別に色付メガネでキメているわけではありません。

アイコンタクトが必要でしょうか?手信号で十分かと。
手信号の重要性は貴方も説いていたハズですが?
安全の確保にアイコンタクトがどのように必要なのでしょうか?

>クルマの場合、スモークフィルムをフロントと前席両側のガラスに貼ることが法律(道路運送法保安基準)で固く禁じられている。夜間の視認性が悪いだけでない。アイコンタクトで歩行者や自転車の安全・安心につなげるためであることは、否定できない。

車でもサングラスする人いるでしょ?
フロントガラスとサングラスは別物です。
夜間走行時に視認性の悪いアイウェアする人はいないと思いますが?
夜間走行時は透過性の低い物を付けるでしょう普通。(クリアレンズとか)
大半の自転車用アイウェアはレンズ交換ができます、中には出来ない物も
ありますが、クリアレンズはラインナップにほぼかならず入っているハズです。

>自転車用サングラスにいたっては、装着者の眼球が全く見えないミラータイプが普及しており、由々しき事態だ。そもそも自転車に乗るために専用サングラスを装着する必要性は乏しい。全面禁止すべきだ。法改正がまたれる。

ミラータイプでも十二分に透過性を有していますので問題ありません。
自転車に乗るのに「専用」のサングラスを装着する必要性はあります。
目を飛散物などから守ると言う用途、日差しを避けるという用途、向かい風などから目を守る用途、雨露から目を守る用途、等々。

むしろ最近の自動車はUVカットなどが施されており用途に乏しい自動車ドライバーがサングラスをかけるのを禁止しては如何でしょうか?

| やっちゃん | 2017/01/27 05:48 | URL |

失礼(訂正)

違>夜間走行時は透過性の低い物を付けるでしょう普通。(クリアレンズとか)
正>夜間走行時は透過性の高い物を付けるでしょう普通。
(クリアレンズとか)

| やっちゃん | 2017/01/27 05:52 | URL |

自己陶酔型~あら探しという復讐
40代の契約社員の男性はSNSに繰り返し中傷を書き込んでおり、炎上にも加担しています。有名人のスキャンダルが報じられたり、自分が正しいと信じている価値観と違う意見が発信されたりすると、ここぞとばかり、徹底的に叩くのです。
彼は常に「正義」を振りかざして攻撃します。この「正義」の起源については、ドイツの哲学者ニーチェが『道徳の系譜学』の中で、「ルサンチマンにある」と言っています。
「ルサンチマン」とは、「恨み」を意味するフランス語で、「正義」を振りかざす人の心の奥底にはうらみつらみが潜んでいると、ニーチェは指摘しているわけです。
これは的を射た指摘です。というのも、この男性は、大学卒業時に就活に失敗したため非正規社員として職を転々としており、安定した生活を送っている正社員や富も名声も手にしている成功者に対して強い羨望と恨みを抱いているからです。
だからこそ、恨みを晴らしたいという願望が強く、ネット上であら探しをせずにはいられないのでしょうが、「復讐を正義という美名で聖なるものにしようとしている」ようにも見えます。
この手の「裁判官を装った復讐の鬼」はどこにでもいます。しかも、自分は正しいと信じているので、本当にやっかいなのです。

1. 相手を見下している
まず、残念な人は相手をはなから見下してます。
特に多いのは「年下だから」という前提をもって、無条件に相手を見下すという態度です。自分が相手より年長者であるという理由をもって、相手を見下していいと、本気で思い込んでいるわけです。ひどい人になると、見下していることに気付かない、ということもあります。
あからさまなのは相手にしなければいいだけですが、「質問を投げかける」タイプの上から目線の持ち主は厄介です。
彼らが質問を投げかけるのは、相手が自分の理解の範疇に収まることを確認し、安堵したいがため、もしくは、相手の失態を暴きたいがためです。質問への回答が「たいしたことのないもの(自分の下賎な理解に即するもの)」だったり「(彼らにとって)明らかに矛盾するもの」だった暁には、彼らは瞬間的に勝ち誇ります。
彼らは慇懃無礼なことばづかいをすることが多いので、質問もスルーしにくいです。スルーすると、「あれ?無視されちゃいました^^;」とわざとらしくアピールするので、実に嫌らしいです。
この種の人が欺瞞に満ちあふれている理由は、質問する動機が「相手が自分より劣っているものであることを確認したい」「相手の失態を暴露したい」という想いにあるからです。
どんな理由であれ、相手を尊重する気持ちが欠いている人とは、生産的な議論ができるわけがありません。議論をする際は、フラットな立場で話しあうようにしましょう。

2. 矛盾を見つけて勝ち誇る
残念な人は矛盾を探すことを好みます。いざ矛盾だと思える箇所を見つけたら、相手の発言を一字一句取り出して、鬼の首を取ったように騒ぎます。
「矛盾するのは悪くない!3つの理由」でも書きましたが、ある人の意見や存在を安易に「矛盾している!」と断罪するのは、そもそもナンセンスな話です。
彼は自分が指摘する矛盾の裏にある、相手の意図を知ろうとしません。矛盾は絶対悪であり、矛盾を「発見」したその時点で、彼は勝ちを確信するのです。相手が説明しようとしたところで、「いや、それでも矛盾している!それは成り立たない!」と食い下がるのがオチです。
こういうタイプはまさにお話になりません。スルーしましょう。

3. 論破することが目的になっている
上と関連して、残念な人の議論スタイルは、目的が「論破」に置かれています。議論の場面を、知的なゲームか何かと勘違いをしているのでしょう。
議論の目的は、問題解決です。会社の会議でも、ディベートでも、夫婦喧嘩でも、あらゆる対話の先には「問題解決」がゴールとして存在しています。このことを見失い、相手を貶めることを目的にしている人は、やはりお話になりません。

4. 具体的アクションを取らない
残念な人は問題解決の視点がないので、「議論をするだけ」で終わります。
たとえば新規事業のディスカッション。残念な人は「ここはこうした方がいい」「ここはおかしい」と指摘するだけにとどまり、具体的なアクションを取ることはありません。
本当に議論ができる人は「ここはこうした方がいい。協力するよ」「ここは問題だから、Aさんに連絡しておくよ」と、具体的にどうコミットメントするのかを、議論のなかで明確にします。残念な人には当事者意識がない、といってもよいでしょう。
厄介なのは、残念な人たちは、当事者意識を持っていない自分に、十分満足してしまっていることです。「俺のすばらしく鋭い視点から、善意のアドバイスをしてやった」とすら思い込んでいたりします。彼らに当事者意識を求めたところで、「それは俺の仕事じゃないから」ときっぱり断られるのがオチでしょう

5. 根拠がない=悪という判断軸
残念な人は、「根拠がないこと」をすなわち悪とします。彼らは「その発言(提案)には、十分な根拠がない。主観的だ」という批判が大好きです。
この態度は、新しいことを始める際には大きな害悪になります。新しいことを始めるということは、時に十分な根拠を用意せぬまま、走り出すということです。残念な人たちの目には、こうしたやり方は「早計」としか映りません。それが失敗したときには、「準備不足が失敗の原因だ」「やはり失敗した」と、彼らは安全地帯から勝ち誇ります。
しかし「始めてみないとわからない」ということは往々にしてあります。つねに根拠を求めて生きてきた残念な人たちは、そのシンプルな事実を体感的に知りません。安全地帯のなかで生きていく分にはそれでもいいですが、ペナルティエリア内では彼らの存在はほとんど無価値になります。

・マキャベリズム=他人を操ったりダマそうとする性向
・ナルシシズム=自己中心的で自分が大好き
・サイコパス=他人への共感や後悔の感情がない
・サディズム=他人を苦しめるのが楽しくてしょうがない

 これら4つの指標は、いずれも人間のダークな側面を代表しており、すべての要素を兼ね備えた人のことを、心理学では「ダークテトラッド」と呼びます。

ダークデトラッドへの対処法は、徹底無視と同情
ダークテトラッドの目標は、正義でも建設的な議論でもなく、あくまで他人の苦しみを引き出すこと。怒りや悲しみといったネガティブな感情こそが、彼らの欲望を育てるエサなのです。
つまり、自分の感情が少しでもゆれ動く姿を見せた時点で、向こう側の思うツボ。反応さえ見せなければ、ほどなくダークテトラッドは次の狩り場へ向かっていきます。その意味で、「荒らしはスルーが一番」という有名なフレーズは、科学的にも大正解だと言えましょう。
それでも彼らに反撃したくなったときは、「この人たちは、他人を苦しめたい衝動に突き動かされているだけの可哀そうな人たちなんだな…」と思ってみてください。少しは優しい気持ちになれるんじゃないでしょうか。

| JB | 2017/01/27 05:56 | URL |

やっちゃんさん | 2017/01/27 05:48 |へ

>別に色付メガネでキメているわけではありません。

本当ですか?

自転車のサングラスには、風よけや紫外線カットということもありますが、格好良く形から入っている面が大きいでしょう。

まあ、自転車の裾野を広げるにあたって、疋田さんのように機器ヲタクであれ、ファッション性であれ、人を惹きつけるということは良いことです。

反論のための反論で、色付メガネでキメていることを無理やり否定する必要はありません。

説得力がなくなります。


>アイコンタクトが必要でしょうか?手信号で十分かと。手信号の重要性は貴方も説いていたハズですが? 安全の確保にアイコンタクトがどのように必要なのでしょうか?

車道上の最弱者となる自転車乗りには、手信号さえも不要です。

道路交通の安全と円滑を図るためには、自転車は車道左端通行すれば良いのです。

それで十分です。

手信号などと道路交通法に囚われる必要はありません。

交通量も少なく、さほどスピードを出していない(出せない)生活道路での右左折・停止に手信号などしていたら滑稽です。

片側1車線の道路で右折する際には、あらかじめ左端から中央寄りに膨らんで、後続車両の頭を抑えれば良いだけです。

片側2車線以上あるような道路では、無理せずに2段階右折すれば良いことです。

アイコンタクトだけでなく、手信号さえも不要となります。

自転車は車、道左端通行するだけで、十分です。

| ときどぎオアゾツーキニスト | 2017/01/27 13:34 | URL |

自転車のサングラス、というかアイウェアは
見た目より、「必須」であることが多いからです

自分の場合
夏は朝日に向かって通勤し
西日に向かって帰ります
サングラスなしでは前を見ることもままなりませんが
サングラスをすればはっきりと前を見ることができます
タレックスの偏光サングラスでは
通常ウインドウの反射で見えない車のドライバーの顔も
しっかりと見ることができる場合があります
アイウェアをしたほうがドライバーの視線の向きがよくわかるので安全です
また当然ながら風よけ効果もあります

自動車に乗る場合でも意識の高い人はアイウェアをしています

| 自転車は歩道 | 2017/01/27 21:21 | URL |

本件記事における検討の内容は自転車運転者のアイウェア着用の糾弾である。本件記事の内容自体について論理の破綻は認められず、賛否は分かれるであろうが一応納得に足るものである。強いて言うなら後半部分の「自転車に乗るために専用サングラスを装着する必要性は乏しい」との一文に関してはやや短絡的であるとの感を否めず、自転車運転者が見た目以外の点においてサングラスの着用を行う理由(例えば、彼等は紫外線対策などと発言するであろうと推測される)についても考察のうえ言及した上で、反論することにより「自転車運転者に専用サングラスが不要」という結論を導出して欲しいところではあるが。
しかし、本件記事において私が真に問題視するのは自動車、人力車、馬等、自転車以外の車両運転者におけるアイウェア着用の可否について言及されていない点において考察が不足していると推察されることであり、本件記事はこの点に言及されていないことにより執筆者の思想の偏向を示すものとして受容されかねないものであると考える。ジャーナリストの職掌として公平中立な視点から記事を執筆するのであれば、本件記事の内容に加えて自転車以外の一般公道を走行する車両運転者におけるアイウェア着用の可否についても検討した上で、一概に非であるなら兎も角、他の車両運転者に対しアイウェアの着用を可とするのであれば、その根拠となる自転車運転者と他の車両運転者における差異を示すことを必要とするものであると考えられる。本文に加筆されんことを望むものである。(以上)

| 愚見を失礼 | 2017/01/28 22:37 | URL |

私はクルマを運転する時もサングラスかけていますよ。
RayBanのドライビングサングラス。

タレックスも使っていましたね。
偏光レンズは他のクルマのリアガラスが多少見にくいときがありますね。
特に外車のリアガラスの材質が。
日差しの強さによって、色の濃いものと薄めのモノを使い分けています。
クルマのドライバーでサングラスしている人多いですね。
通勤時間帯はなかなか日が眩しいです。特に夏より冬のほうが眩しいですね。
自転車では風よけの効果もありますね。
自転車でRayBanの他のタイプしている時もありますが、スポーツサングラスのほうがいいですね。オークリーが風の巻き込みが少なくいいですね。自転車用ではないけどスポーツサングラス。ですね、あとスキー用のサングラスも使っています。

自転車もクルマも普通にサングラスしているでしょ。クルマにはサンバイザーが付いているくらいですから、やっぱ眩しさは防ぐべきですね。
この間歩いている時でも太陽光で信号がよく見えないことがありました。
歩いている時もしていたほうが良さそうです。
アイコンタクトなんて怪しげなものを宛にして運転なんて危険この上ないですね。
ちゃんクルマでも手を挙げたり、会釈等での意思疎通をしています。クルマの窓ガラス越しにアイコンタクトなんかできているわけがない。
世捨人のグリーンキャブには近づかないことですね。

このブログにより、グリーンキャブは危険人物が運転していると認識されちゃってますね。グリーンキャブの悪評がたっています。
これは会社から懲戒警告を受けそうですね。
懲戒免職とか名誉毀損を起こされないように早急にこのブログは閉鎖するか。世捨人がグリーンキャブ辞めないとダメですね。

| あ | 2017/01/28 23:00 | URL |

つかタクシー運転手もサングラスかける人おるよな
客商売だから完全ブラックのサングラスな人はまずいないが
いろいろな機能のサングラスをかける人は多い
夜間は薄い黄色のレンズをしてる人とかいるよね

世捨人はタクシードライバーなのか?
タクシードライバーのくせにサングラスの重要性がわからんのか?
そして自動車の運転手のくせにキャノピーの重要性がわからんのか?
自転車にはシールドがついとらんから
スポーツグラスが必要なんだよ
公共道路を利用する人間はそれくらいわかれと言いたい

| 自転車は歩道 | 2017/01/30 04:06 | URL |

自転車は歩道さん | 2017/01/27 21:21 |へ

>自転車のサングラス、というかアイウェアは見た目より、「必須」であることが多いからです

本当ですか?

「必須」(であることが多い)ということであれば、ちょっとそこまでの下駄がわりのママチャリ族もみんなサングラスを掛けなければならないのでしょうかね?

自転車乗りの太宗を占めるママチャリ族には、サングラスおばちゃんなど見かけませんよ。

自転車のサングラスは、チーム揃って「きめている」つもりの特急(高速度)自転車乗りのファッション(飾り物)といった程度の位置付けでしょう。


>自分の場合 夏は朝日に向かって通勤し 西日に向かって帰ります サングラスなしでは前を見ることもままなりませんが サングラスをすればはっきりと前を見ることができます

さて、同じように朝日や夕日に向かって毎日通勤している方々のサングラス装着率はどの程度なのでしょう。

会社に行くのであれば、荷物になるし、普通のメガネで十分でしょう。

電通や三菱電機と違い西日を見れる時間帯に帰れる職場はちょっと羨ましいですね。


>タレックスの偏光サングラスでは 通常ウインドウの反射で見えない車のドライバーの顔も しっかりと見ることができる場合があります アイウェアをしたほうがドライバーの視線の向きがよくわかるので安全です

出来ない場合の方が多い事でしょう。

そもそも、ドライバーの視線の向きなど、全く気にする必要はありません。

自転車乗りは、ただただ真っ直ぐ前を向いて、車道左端を通行すれば良いだけです。

アイコンタクトの瞬間に、小動物のヌートリアが飛び出して来て道を塞いでいるかも知れませんよ。


>また当然ながら風よけ効果もあります

毎日の通勤で風よけ効果を実感出来るほどのスピードを出していては、仕事に差し支えがでますよ。きっと。


>自動車に乗る場合でも意識の高い人はアイウェアをしています

結局、自意識過剰だということです。

気にし過ぎです。

肩の力を抜いて、お気楽で行きましょう。

たかが、自転車です。

| ときどぎオアゾツーキニスト | 2017/01/30 19:51 | URL |

>ときどぎオアゾツーキニスト
運動不足すぎてアイウェアが必要ない速度でしか安定して走れない人と
そうじゃない人とでは意見がわかれてしまうので平行線ですね

俺に言わせてもらえば、普通にリラックスして安定した速度で走ってる速度でもアイウェア必須です、アイウェアなしだと涙でまともに走れませんよ
西日や朝日などの逆光だと歩道を歩くのでも不便じゃないすか?そうなるとサングラスが必要になる

| 自転車は歩道 | 2017/01/31 02:43 | URL |

アイウェアなしで路上、できれば西日に向かって
まともに走行できるか試してくれば禁止すべきものじゃないことがわかる

でもこのブログの主はそもそも
チャリは歩道を違法走行しなさいという趣旨だから
理解しないだろうけどな

| 自転車は歩道 | 2017/01/31 02:49 | URL |

自転車は歩道さん | 2017/01/31 02:43 | へ

>運動不足すぎてアイウェアが必要ない速度でしか安定して走れない人とそうじゃない人とでは意見がわかれてしまうので平行線ですね

あれあれ、脚力自慢も加わりました。

アイウェアで脚力自慢出来るということは、アイウェアが必要ない速度でしか安定して走れない人が多数派だということです。

アイウェアは見た目であり、「必須」でないことが多いということですね。


>俺に言わせてもらえば、普通にリラックスして安定した速度で走ってる速度でもアイウェア必須です、アイウェアなしだと涙でまともに走れませんよ

脚力自慢で、速度が2回も続いてますが、大丈夫ですか?

仰る通り、ママチャリで普通にリラックスして安定した速度で走っていても、風の影響で涙は出ます。

涙が眼球を保護してくれているのです。

何ら問題ありません。


>西日や朝日などの逆光だと歩道を歩くのでも不便じゃないすか?そうなるとサングラスが必要になる

さて、サングラスをかけている歩行者がどれほどいるのでしょうか?

沖縄の成人式ではありませんが、正に、色つきメガネでキメているつもりは、当人だけかも知れませんね。

| ときどぎオアゾツーキニスト | 2017/01/31 11:55 | URL |

眩しい時間帯は下を向いて歩いてる人がほとんどだね
堂々と歩くにはサングラスかツバの長い帽子が必要だと思う
サングラスはべつにファッションの小道具というわけではない

冬の札幌など眩しい時間帯は下を向いていても眩しいから
まともに走るならサングラスか帽子が必須じゃないかな

もともに走るのではなく、歩くなら別だよ
下をむいて歩けばいい
でも公道を走行するなら眩しい時でも
きちんと前を向いて走行できなくてはならない
例え太陽が正面であってもだ
サングラスをかけないのは勝手だが、禁止するのはナンセンスすぎる

| 自転車は歩道 | 2017/01/31 11:59 | URL |

自転車は歩道さん | 2017/01/31 11:59 |へ

>眩しい時間帯は下を向いて歩いてる人がほとんどだね

仰るとおり、我慢して眩しい朝日や西日を直視する必要はありません。


>堂々と歩くにはサングラスかツバの長い帽子が必要だと思う

本当ですか?

目を細めれば十分でしょう。


>サングラスはべつにファッションの小道具というわけではない

本当ですか?

さまざまな色や形のサングラスが店頭に並ぶのは、ファッションの小道具となっているからでしょう。


>冬の札幌など眩しい時間帯は下を向いていても眩しいから まともに走るならサングラスか帽子が必須じゃないかな

冬の札幌をまともに走るのであれば、スパイクタイヤにスキー手袋に毛糸の帽子にゴーグルこそが必須です。

冬の札幌の自動車ドライバーは、みんなサングラスをしているのかな?


>もともに走るのではなく、歩くなら別だよ 下をむいて歩けばいい でも公道を走行するなら眩しい時でもきちんと前を向いて走行できなくてはならない 例え太陽が正面であってもだ

夜の川崎・横浜の歓楽街と同様に、自転車乗りも、前方5メートルの障害物を確認出来れば、十分でしょう。


>サングラスをかけないのは勝手だが、禁止するのはナンセンスすぎる

ナンセンスだからこそ、喰い付きの良い釣針となるのでしょう。

サングラスをかけるのは勝手だが、必須だと主張するのはナンセンス過ぎませんか?

| ときどぎオアゾツーキニスト | 2017/01/31 12:39 | URL |

>冬の札幌の自動車ドライバーは、みんなサングラスをしているのかな?

想像力を働かせましょう、雪の反射光はボンネットがあるから目には届かないので自動車のドライバーは上からの光さえ遮ることができれば十分です

>サングラスをかけるのは勝手だが、必須だと主張するのはナンセンス過ぎませんか?

走行、するには必須だと言っているのですよ
わかりませんか?
ちなみにママチャリで歩道を走る行為は全て違法行為ですのでママチャリのおばちゃんが走っているから必要ないということは考慮にあたいしません
道路を円滑に走行するにあたって必須になるということを言っています

| 自転車は歩道 | 2017/01/31 14:27 | URL |

>本当ですか?

>さまざまな色や形のサングラスが店頭に並ぶのは、ファッションの小道具となっているからでしょう。

あなたは自転車用のアイウェアがどんなに酷いデザインか見たことがないでしょう
あれだけ酷いデザインでできれば使用したくないのですが
みんな我慢してかけているのですよ、ヘルメットもまた然り
みんな仕方なく使っているのです

| 自転車は歩道 | 2017/01/31 14:30 | URL |

おかしくないですか?

>さまざまな色や形のサングラスが店頭に並ぶのは、ファッションの小道具となっているからでしょう。

あのーファッションの小道具のナニがいけないのですか?
ファッションは小道具なしには成り立ちません。

その上、ただ見た目だけではなく「機能性」を有する小道具を否定しては例えば服装も貴方の言い分からすると服装を着るのも如何ですか?と言う事になりますが。

服装もファッションを含め「機能性」を有しております。

ファッションの良し悪しなど一人ひとり違うものでしょう、貴方が悪しだとしてもそれを良しとする人もいますので貴方の意見を皆に押し付けるのは如何かと思いますが。

なんか、もう言い分が世捨人氏に近寄ってきていますが大丈夫ですか?

| 自転車は歩道 | 2017/01/31 14:59 | URL |

自転車は歩道さん | 2017/01/31 14:27 |へ

>>冬の札幌の自動車ドライバーは、みんなサングラスをしているのかな?
>想像力を働かせましょう、雪の反射光はボンネットがあるから目には届かないので自動車のドライバーは上からの光さえ遮ることができれば十分です

本当ですか?

自動車ドライバーは100メートル先を見ながら走行するものです。

札幌の自転車乗りは下を向いて走行しているのかな?

雪の反射光が目に届くなどと、白銀のスキー場でも想像されているのかな?

札幌の自動車や自転車にとって危険なのは、ブラックアイスバーンであり、スタットレスタイヤで踏み固められた道路の雪は充分に薄汚れていますよ。


>>サングラスをかけるのは勝手だが、必須だと主張するのはナンセンス過ぎませんか?
>走行、するには必須だと言っているのですよ わかりませんか?

自転車乗りの話をしているのですから、走行することは当然です。

朝日や夕日が眩しいからといって、自転車を押し歩くことはないでしょう。


>ちなみにママチャリで歩道を走る行為は全て違法行為ですのでママチャリのおばちゃんが走っているから必要ないということは考慮にあたいしません 道路を円滑に走行するにあたって必須になるということを言っています

ママチャリ族が走行する生活道路の多くは歩道などありませんから、当然のことながら車道通行です。

道路(歩道等と車道の区別のある道路においては、車道。以下第九節の二までにおいて同じ。)を円滑に走行するにあたって、サングラスが必須などされては、自転車乗りの多数派であるママチャリ族にとって、迷惑極まりないところです。

極々少数派に過ぎないサングラス愛好家は、身の程を弁えることです。

ちなみに、歩道も車道も自由自在・好き勝手に通行出来ることは、自転車の良い所です。

昭和40年代の交通戦争を経て、多くの犠牲を払って自転車乗りが獲得した貴重な自由です。

あまりにも軽率な発言は、世捨人さんの格好の餌食となってしまいますよ。

名無しの権兵衛さんは、おしゃれなサングラス選びよりも先に、道路交通法のお勉強をすることです。

それからです。

| ときどぎオアゾツーキニスト | 2017/01/31 16:52 | URL |

冬の夜アイウェアなしで走ったら冷たい風が目にしみて涙目になったので、危ないからクリアカラーのアイウェアを付けるようになりました。

すべての自転車乗りに必須とは言わないが、必要に迫られて付けてる人がいるのも事実です。必要ないものをカッコつけだけで使っているわけではないですよ。

| 自転車は歩道 | 2017/01/31 17:22 | URL |

自転車は歩道さん | 2017/01/31 14:30 |へ

>>本当ですか?さまざまな色や形のサングラスが店頭に並ぶのは、ファッションの小道具となっているからでしょう。
>あなたは自転車用のアイウェアがどんなに酷いデザインか見たことがないでしょう あれだけ酷いデザインでできれば使用したくないのですが みんな我慢してかけているのですよ、ヘルメットもまた然り みんな仕方なく使っているのです

本当ですか?

特急(高速度)自転車本体を含めて、軽量化と求められる機能のバランスを極めて、贅肉を極限まで絞り落としたデザインは、美しいものです。

小生は、パンツやシャツを含めて、充分に美しく、素晴らしいデザインだと思いますよ。

一方で、道路交通法上も、自転車乗りには、ヘルメットもグローブもバックミラーもアイウェアも「必須」とはされていないのです。

草履や下駄ばきで、自転車に乗っても問題ありません。

最低限必要なのは、5~10メートル先の障害物を確認出来る照度をもつ前照灯と、反射板(その代わりとなる尾灯)、前・後輪それぞれ独立したブレーキくらいのものでしょう。

自転車用のアイウェアもヘルメットも、醜いデザインだと思うのであれば、何も我慢する必要はありません。

仕方なく使う必要もありません。

ノーヘルでもノーサングラスでも問題ありませんし、F1レーサー並のフルフェイスのヘルメットでもコント赤信号のリーダー並のレイバンのサングラスでも構いません。

お気楽で好き勝手で何ら構わないのです。

自転車はその程度のものです。

| ときどぎオアゾツーキニスト | 2017/01/31 17:37 | URL |

自転車は歩道さん | 2017/01/31 14:59 |へ

>>さまざまな色や形のサングラスが店頭に並ぶのは、ファッションの小道具となっているからでしょう。
>あのーファッションの小道具のナニがいけないのですか?ファッションは小道具なしには成り立ちません。

何ら問題ありません。

おしゃれな自転車、おしゃれな自転車乗りが増えることは、素晴らしいことです。

きっと、自転車乗りの裾野を広げることにつながることでしょう。


>その上、ただ見た目だけではなく「機能性」を有する小道具を否定しては例えば服装も貴方の言い分からすると服装を着るのも如何ですか?と言う事になりますが。 服装もファッションを含め「機能性」を有しております。

日本語、大丈夫ですか?

小生は、機能性もファッションも否定していませんよ。

服装を着るかどうかも含めて、一人ひとりの自転車乗りが決めることです。

自転車にアイウェアは必須ではありません。

それだけのことです。


>ファッションの良し悪しなど一人ひとり違うものでしょう、貴方が悪しだとしてもそれを良しとする人もいますので貴方の意見を皆に押し付けるのは如何かと思いますが。なんか、もう言い分が世捨人氏に近寄ってきていますが大丈夫ですか?

岡目八目でコメントするのであれば、きちんと過去のコメントを確認下さい。

おかしいのは、名無しの権兵衛さんご自身です。

頑張れ。

| ときどぎオアゾツーキニスト | 2017/01/31 17:46 | URL |

自転車は歩道さん | 2017/01/31 17:22 |へ

>冬の夜アイウェアなしで走ったら冷たい風が目にしみて涙目になったので、危ないからクリアカラーのアイウェアを付けるようになりました。

あれあれ、サングラスではなかったのですね。

世捨人さんの仰るとおり、アイコンタクトを大事にされているのかな?

一方で、朝日・夕日の日差しや雪面からの反射光を遮る効果はあるのかな?


>すべての自転車乗りに必須とは言わないが、必要に迫られて付けてる人がいるのも事実です。必要ないものをカッコつけだけで使っているわけではないですよ。

全く仰るとおりでしょう。

一方で、必要で使うものでも、ファッション性に惹かれて商品を選ぶのも人情でしょう。

「自転車のサングラスには、風よけや紫外線カットということもありますが、格好良く形から入っている面が大きいでしょう。
反論のための反論で、色付メガネでキメていることを無理やり否定する必要はありません。
説得力がなくなります。」(by ときどぎオアゾツーキニスト | 2017/01/27 13:34 )

| ときどぎオアゾツーキニスト | 2017/01/31 18:04 | URL |

5. 根拠がない=悪という判断軸
残念な人は、「根拠がないこと」をすなわち悪とします。彼らは「その発言(提案)には、十分な根拠がない。主観的だ」という批判が大好きです。
この態度は、新しいことを始める際には大きな害悪になります。新しいことを始めるということは、時に十分な根拠を用意せぬまま、走り出すということです。残念な人たちの目には、こうしたやり方は「早計」としか映りません。それが失敗したときには、「準備不足が失敗の原因だ」「やはり失敗した」と、彼らは安全地帯から勝ち誇ります。
しかし「始めてみないとわからない」ということは往々にしてあります。つねに根拠を求めて生きてきた残念な人たちは、そのシンプルな事実を体感的に知りません。安全地帯のなかで生きていく分にはそれでもいいですが、ペナルティエリア内では彼らの存在はほとんど無・マキャベリズム=他人を操ったりダマそうとする性向
・マキャベリズム=他人を操ったりダマそうとする性向
・ナルシシズム=自己中心的で自分が大好き
・サイコパス=他人への共感や後悔の感情がない
・サディズム=他人を苦しめるのが楽しくてしょうがない

 これら4つの指標は、いずれも人間のダークな側面を代表しており、すべての要素を兼ね備えた人のことを、心理学では「ダークテトラッド」と呼びます。

ダークデトラッドへの対処法は、徹底無視と同情
ダークテトラッドの目標は、正義でも建設的な議論でもなく、あくまで他人の苦しみを引き出すこと。怒りや悲しみといったネガティブな感情こそが、彼らの欲望を育てるエサなのです。
つまり、自分の感情が少しでもゆれ動く姿を見せた時点で、向こう側の思うツボ。反応さえ見せなければ、ほどなくダークテトラッドは次の狩り場へ向かっていきます。その意味で、「荒らしはスルーが一番」という有名なフレーズは、科学的にも大正解だと言えましょう。
それでも彼らに反撃したくなったときは、「この人たちは、他人を苦しめたい衝動に突き動かされているだけの可哀そうな人たちなんだな…」と思ってみてください。少しは優しい気持ちになれるんじゃないでしょうか。

| JB | 2017/01/31 18:55 | URL |

JBさん | 2017/01/31 18:55 |へ

>ダークデトラッドへの対処法は、徹底無視と同情
ダークテトラッドの目標は、正義でも建設的な議論でもなく、・・・

ダークデトラッド≠ダークテトラッド

濁点がつくのか、つかないのか、はっきりせい!!(怒)

| ときどぎオアゾツーキニスト | 2017/01/31 20:25 | URL |

Re: あほくさ。

やさん

>>当人は色つきメガネでキメているつもりかもしれないが、周囲の交通にとっては危なっかしい。安全の確保に不可欠な、目と目を合わせ意思確認する「アイコンタクト」ができないからだ。
>別に色付メガネでキメているわけではありません。
>アイコンタクトが必要でしょうか?手信号で十分かと。

アイコンタクトの方がスムーズで交通の円滑を阻害しません。

手信号は片手運転で危険だとか騒ぐ輩(やから)がいます。

>手信号の重要性は貴方も説いていたハズですが?

小生はウインカー(方向指示器)装着を訴えております。

>安全の確保にアイコンタクトがどのように必要なのでしょうか?

横断歩道をわたるとき、ドライバーがこちらに気づいているのを確認してから渡れば万全です。

>>クルマの場合、スモークフィルムをフロントと前席両側のガラスに貼ることが法律(道路運送法保安基準)で固く禁じられている。夜間の視認性が悪いだけでない。アイコンタクトで歩行者や自転車の安全・安心につなげるためであることは、否定できない。
>車でもサングラスする人いるでしょ?

クルマはクラクションやハイビームなどで意思表示ができます。

>フロントガラスとサングラスは別物です。夜間走行時に視認性の悪いアイウェアする人はいないと思いますが?
夜間走行時は透過性の低い物を付けるでしょう普通。(クリアレンズとか)大半の自転車用アイウェアはレンズ交換ができます、中には出来ない物もありますが、クリアレンズはラインナップにほぼかならず入っているハズです。

クリアレンズを禁止したらメガネも禁止となりかねませんね。

>>自転車用サングラスにいたっては、装着者の眼球が全く見えないミラータイプが普及しており、由々しき事態だ。そもそも自転車に乗るために専用サングラスを装着する必要性は乏しい。全面禁止すべきだ。法改正がまたれる。
>ミラータイプでも十二分に透過性を有していますので問題ありません。

相手から眼球が見えなければアイコンタクトができません。

>自転車に乗るのに「専用」のサングラスを装着する必要性はあります。

サングラスメーカーのアフィリエイトでもやっているのでしょうか?

>目を飛散物などから守ると言う用途、日差しを避けるという用途、向かい風などから目を守る用途、雨露から目を守る用途、等々。

涙は天然の目薬です。活用してください。

>むしろ最近の自動車はUVカットなどが施されており用途に乏しい自動車ドライバーがサングラスをかけるのを禁止しては如何でしょうか?

クルマはクラクションやハイビーム、ハザードなどで意思表示ができます。

| 世捨人 | 2017/01/31 22:41 | URL |

Re: タイトルなし

>自転車のサングラス、というかアイウェアは見た目より、「必須」であることが多いからです自分の場合
夏は朝日に向かって通勤し西日に向かって帰ります

冬だと真っ暗な時間帯の通勤のようですので、サングラスは不要ですね。

>サングラスなしでは前を見ることもままなりませんがサングラスをすればはっきりと前を見ることができます

ドロップハンドルの前傾姿勢であれば真正面を向いて走行することは稀でしょう。

>タレックスの偏光サングラスでは通常ウインドウの反射で見えない車のドライバーの顔もしっかりと見ることができる場合があります

相手から眼球が常に見えるようにしなければ安全は担保されません。

>アイウェアをしたほうがドライバーの視線の向きがよくわかるので安全ですまた当然ながら風よけ効果もあります

ドライバーに眼球を見えるようにしなければ元も子もありません。

>自動車に乗る場合でも意識の高い人はアイウェアをしています

スタバの窓際席に座ってマックPCを広げる意識高い人は、ネットで遊んでいるだけで仕事してませんね。

| 世捨人 | 2017/01/31 22:45 | URL |

>>すべての自転車乗りに必須とは言わないが、必要に迫られて付けてる人がいるのも事実です。必要ないものをカッコつけだけで使っているわけではないですよ。

>全く仰るとおりでしょう。


つまり、私については「形から入っている」わけではない事に同意していただいたということで。



「自転車のサングラスには、風よけや紫外線カットということもありますが、格好良く形から入っている面が大きいでしょう。」
(by ときどぎオアゾツーキニスト | 2017/01/27 13:34 )

| 自転車は歩道 | 2017/01/31 22:45 | URL |

Re: タイトルなし

愚見さん

>本件記事における検討の内容は自転車運転者のアイウェア着用の糾弾である。本件記事の内容自体について論理の破綻は認められず、賛否は分かれるであろうが一応納得に足るものである。強いて言うなら後半部分の「自転車に乗るために専用サングラスを装着する必要性は乏しい」との一文に関してはやや短絡的であるとの感を否めず、自転車運転者が見た目以外の点においてサングラスの着用を行う理由(例えば、彼等は紫外線対策などと発言するであろうと推測される)についても考察のうえ言及した上で、反論することにより「自転車運転者に専用サングラスが不要」という結論を導出して欲しいところではあるが。

爆走で時に打撃を受ける目を保護するためであり、爆走阻止のためサングラス禁止したいですね。

>しかし、本件記事において私が真に問題視するのは自動車、人力車、馬等、自転車以外の車両運転者におけるアイウェア着用の可否について言及されていない点において考察が不足していると推察されることであり、本件記事はこの点に言及されていないことにより執筆者の思想の偏向を示すものとして受容されかねないものであると考える。ジャーナリストの職掌として公平中立な視点から記事を執筆するのであれば、本件記事の内容に加えて自転車以外の一般公道を走行する車両運転者におけるアイウェア着用の可否についても検討した上で、一概に非であるなら兎も角、他の車両運転者に対しアイウェアの着用を可とするのであれば、その根拠となる自転車運転者と他の車両運転者における差異を示すことを必要とするものであると考えられる。本文に加筆されんことを望むものである。(以上)

パッシングで意思表示ができるクルマのヘッドライトは、眼球のようなものでしょう。

| 世捨人 | 2017/01/31 22:46 | URL |

Re: タイトルなし

ぁ氏

>私はクルマを運転する時もサングラスかけていますよ。

かっこいいね。

>RayBanのドライビングサングラス。

すごいね。

>タレックスも使っていましたね。

よかったね。

>偏光レンズは他のクルマのリアガラスが多少見にくいときがありますね。

しっかりしてください。

>特に外車のリアガラスの材質が。

責任転嫁しないでください。

>日差しの強さによって、色の濃いものと薄めのモノを使い分けています。

あっぱれ。

>クルマのドライバーでサングラスしている人多いですね。

統計があればお示しください。

>通勤時間帯はなかなか日が眩しいです。

加齢の影響もあるでしょう。

>特に夏より冬のほうが眩しいですね。

白内障かもしれませんね。

>自転車では風よけの効果もありますね。

ドラフティングはおやめください。

>自転車でRayBanの他のタイプしている時もありますが、スポーツサングラスのほうがいいですね。

はしゃがないでください。

>オークリーが風の巻き込みが少なくいいですね。自転車用ではないけどスポーツサングラス。ですね、あとスキー用のサングラスも使っています。

素敵だね。

>自転車もクルマも普通にサングラスしているでしょ。クルマにはサンバイザーが付いているくらいですから、やっぱ眩しさは防ぐべきですね。

高価なフロントガラスの上部は青色のぼかしがあります。

>この間歩いている時でも太陽光で信号がよく見えないことがありました。

左右の信号機やクルマの流れから判断できるようにしてください。

>歩いている時もしていたほうが良さそうです。

手の平を太陽に透かしてみてください。

>アイコンタクトなんて怪しげなものを宛にして運転なんて危険この上ないですね。

ぁ氏のサングラス姿はMrマリックさんのようで怪しげかもしれませんね。

>ちゃんクルマでも手を挙げたり、会釈等での意思疎通をしています。クルマの窓ガラス越しにアイコンタクトなんかできているわけがない。

信じてください。

>世捨人のグリーンキャブには近づかないことですね。このブログにより、グリーンキャブは危険人物が運転していると認識されちゃってますね。グリーンキャブの悪評がたっています。これは会社から懲戒警告を受けそうですね。懲戒免職とか名誉毀損を起こされないように早急にこのブログは閉鎖するか。世捨人がグリーンキャブ辞めないとダメですね。

はしゃぎすぎです。

| 世捨人 | 2017/01/31 22:48 | URL |

Re: タイトルなし

>つかタクシー運転手もサングラスかける人おるよな

存じません。

>客商売だから完全ブラックのサングラスな人はまずいないがいろいろな機能のサングラスをかける人は多い
夜間は薄い黄色のレンズをしてる人とかいるよね

薄い黄色のレンズなら眼球を確認することができます。

>世捨人はタクシードライバーなのか?タクシードライバーのくせにサングラスの重要性がわからんのか?
そして自動車の運転手のくせにキャノピーの重要性がわからんのか?自転車にはシールドがついとらんから
スポーツグラスが必要なんだよ 公共道路を利用する人間はそれくらいわかれと言いたい

自転車にルーフ(屋根)を義務づけたいですね。

| 世捨人 | 2017/01/31 22:48 | URL |

Re: タイトルなし

>アイウェアなしで路上、できれば西日に向かって まともに走行できるか試してくれば禁止すべきものじゃないことがわかる

危険を感じたら直ちに運転をやめてください。

> でもこのブログの主はそもそもチャリは歩道を違法走行しなさいという趣旨だから理解しないだろうけどな

当ブログの根底にあるのは自転車乗りの交通安全です。

| 世捨人 | 2017/01/31 22:50 | URL |

Re: タイトルなし

>眩しい時間帯は下を向いて歩いてる人がほとんどだね

上を向いて歩こうよ。

>堂々と歩くにはサングラスかツバの長い帽子が必要だと思うサングラスはべつにファッションの小道具というわけではない

涙がこぼれないように。

>冬の札幌など眩しい時間帯は下を向いていても眩しいから まともに走るならサングラスか帽子が必須じゃないかな

思い出しますね、春の日を

>もともに走るのではなく、歩くなら別だよ 下をむいて歩けばいい

一人ぼっちの夜はご勘弁願いたいですね。

>でも公道を走行するなら眩しい時でも きちんと前を向いて走行できなくてはならない

幸せは雲の上にあるでしょう。

>例え太陽が正面であってもだ サングラスをかけないのは勝手だが、禁止するのはナンセンスすぎる

幸せは空の上にあるでしょう。

| 世捨人 | 2017/01/31 22:57 | URL |

夜間に相手の眼球把握できるって世捨人氏は超人だなw
もはやあなたの発言には全く説得力がありません
いやもはやじゃないけどなw

つかこないだの自転車は右側通行のいかれっぷりで
このブログが完全にネタであることが判明して、なんか残念だねw
イカれすぎてリアリティーがまるでねー
あの記事にくらべればここはまだましだがな
アイコンタクトねー;w
ウインドウの反射で見えねーよw

| 自転車は歩道 | 2017/02/01 02:07 | URL |

>自転車にルーフ(屋根)を義務づけたいですね。

お前頭おかしいなw
そんな巨大で現実的じゃないものより
小さなアイウェアを義務化する方がよほど楽じゃね?
自転車乗りの安全を考えるならそっちのほうがいいだろう
風にあおられるルーフなんかよりよほど役に立つ

アイコンタクトなんてほとんど見えねーよ
顔の向きとかで十分すぎるだろ
アイウェアは禁止するくらいなら義務化した方がいい
まあ俺は義務化には反対だが禁止するなら義務化の方がマシ

| 自転車は歩道 | 2017/02/01 02:11 | URL |

>危険を感じたら直ちに運転をやめてください。

何言ってんだこいつ
アイウェアかければなんの危険もないんだよw
アイウェアなしだと危険運転になるのだから
禁止すべきではないと言ってるんだよ

車でも眩しかったらサンバイザーとかサングラス使うだろ
運転やめないだろ
自転車だって適切な方法で眩しくなく運転できるなら
それで走行する権利がある

| 自転車は歩道 | 2017/02/01 02:19 | URL |

「ダークテトラテッド」を喜ばせるのは止めましょう。

世捨人は過去に「自動車は車道を走るな」という旨で発言してます。
↓参考↓
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-519.html

彼に反論する必要は一切ありません。
彼自身がすでに,自分の意見を否定しています。

| こじま | 2017/02/01 10:49 | URL |

バカ乙

| 自転車は歩道 | 2017/02/02 20:53 | URL |

1月11日の記事で自転車のことしか見てなく、ひき逃げ
を問題視してなかったり、ネタブログとしては面白いです。
ただ、内容は、一理ある場合もあると思います。

低透過率のサングラスがNGなのは分かりますが、日光を
適度に避けられるサングラスは安全性を高めるためには
必要だとは思います。

自動車を運転する際にサングラスが推奨される場合が
なくもないので、自動車にせよ自転車にせよ手信号を
使用することを徹底したほうがいいんじゃないですかね
http://www.sasajima-megane.jp/topics/0000111.html)。

| ひまじん | 2017/02/03 00:56 | URL |

つかアイコンタクトって無理じゃね?
今日アイコンタクトなんて可能か試してみたが
車のウインドウの反射で眼球の動きを見るなんて無理だったよ
首の動きがわかれば十分だと思うし
世の中のほとんどの人はそれを見る程度だよな

| 自転車は歩道 | 2017/02/05 00:45 | URL |

以前から読ませて頂いてましたが、初めてコメントさせて頂きます。

アイウェアの記事読みまして思うところがあったので。

ロードバイク乗りとして、特にロードバイクなどの高速走行(20km/hが容易に出せる自転車)においては、確かにアイウェアは"あったほうが良い"ものであると思います。

朝日・夕日・日中も、太陽の光によって地面のギャップなどを見過ごし重大な事故に繋がる恐れがあるためです。
(もちろん左側通行・車道通行などの法令遵守はもちろんという中での話です)


ただ一方でやはりファッションとしてアイウェアをつけている者も少なくはないと思います。

確かに透過性の高いものや、偏光・長光レンズなどを適切に使用すれば、私や他の自転車乗りの方が仰っているような理由は当てはまると思いますが、先述したとおり、ある種の見栄でアイウェアを使用している場合、危険性は高まります。

もっとも、適切なレヴェルのアイウェアともなると高価になってきますし、昨今のロードバイクブームにより、低所得者層の所持率は高まっており、そういった価格帯の物を手に入れることが出来ない人、要はそもそもロードバイク所持に向いていない人が増えているのも原因の1つに感じます。

私は、車をメンテナンスや車検に出すように、ロードバイクやスポーツサイクルもお金が無いと手を出してはいけない物、と考えます。
もちろん節約で楽しんでいる方を否定しているわけではありませんが、最低限のレヴェルの物が揃えられないなら、公道を使用する他の方に迷惑をかける前に即刻使用を辞めて頂きたいです。


話が脱線しつつありますが、今回の記事で書いてあるような「アイコンタクト」は確かにドライバー、ライダー、ロードバイク乗り、ママチャリのおばちゃん、様々な層に浸透すればかなり事故を減らせると思います。

コメントで自転車乗りの方々が、手信号さえあれば、手信号さえいらぬ、などと仰っていますが、それはあまりに独りよがりな考え方ではないでしょうか。
アイコンタクトによる勘違いなども起こりうるとは思いますが、やはりお互いの顔を見た上での判断とそうでないものとでは信頼度は変わってくると思います。

アイウェアをしていて目が見えなくても、ちゃんとドライバーの挙動確認をすることは最低限必要だと思います。

というか世捨人さんが仰っているのは、アイコンタクト≒挙動確認でしょうか。
走行中に目をみることは何の車両でも難しいでしょうし、そうじゃない場合、停車中は確かにアイウェアで目が見えた方が車側としてはありがたいですね。
方向指示器もない自転車がどんな挙動をとるか予想できないので。


公道という場所でお互いが思いやりをもって居れたら、事故は減らせるはずです。


長くなりましたが、最後に、世捨人さんには是非交通ルールに関する講演会などを開いて頂きたいです。

もちろん他の方が仰っているように、?が浮かぶ記事や動画などもありますが、問題提起とは、そもそも、現状のルールに則って行うものではなく、現状のルールが間違っているのかもしれない、という覆しが重要だと思いますので、是非、世の中に一石を投じるつもりで、表に出てきて頂きたく思います。

| 山本山 | 2017/02/07 06:01 | URL | ≫ EDIT

>>山本山さん

立派な考え方ですが、世捨人氏はあなたがおっしゃるようなまともな方ではありません
一般人の常識は通用しないのです
彼は普段車の運転をしていてウザく感じる車道での自転車を排除したい、ただそれだけのために
何かしら難癖つけているにすぎないのです

| 自転車は歩道 | 2017/02/08 02:43 | URL |

山本山さん

今までの中では最も意見が近く同意します。
こんなところで書いても無駄なので,
後輩や「今から自転車始めたいんだけど…」という初心者に,
伝えてあげてください。

| こじま | 2017/02/08 10:37 | URL |

山本山さん | 2017/02/07 06:01 |へ

>以前から読ませて頂いてましたが、初めてコメントさせて頂きます。

出入り自由は、このブログのコメント欄の唯一良い所です。


>アイウェアの記事読みまして思うところがあったので。

全く内容のない記事ですが、それぞれが好き勝手に議論を広げて行けるところは、ネット社会の良い所です。


>ロードバイク乗りとして、特にロードバイクなどの高速走行(20km/hが容易に出せる自転車)においては、確かにアイウェアは"あったほうが良い"ものであると思います。

確かにアイウェアは"あったほうが良い"ものだが、無くても全く問題ないといった程度のものです。


>朝日・夕日・日中も、太陽の光によって地面のギャップなどを見過ごし重大な事故に繋がる恐れがあるためです。

本当ですか?

ロシアの衝撃映像のように隕石が落ちて来るから外出するなと仰っているのと同じで、世捨人さんレベルの反論となってませんか?

太陽の光が眩しければ、目を細くすれば良いだけでしょう。

地面のギャップを見過ごすのは、バックミラーの見過ぎじゃないですか?

目を細めてもギャップを見過ごすということは、そもそも、スピードの出し過ぎでしょう。


>(もちろん左側通行・車道通行などの法令遵守はもちろんという中での話です)

自転車は、車道「左端」通行するものです。

車道「左側」は自動車の通行空間です。

トイレの順番待ちの列を間違わないようにしましょう。


>ただ一方でやはりファッションとしてアイウェアをつけている者も少なくはないと思います。

白か黒、敵か味方か、ヒーローか悪役か、単純で幼い方ですね。


>確かに透過性の高いものや、偏光・長光レンズなどを適切に使用すれば、私や他の自転車乗りの方が仰っているような理由は当てはまると思いますが、先述したとおり、ある種の見栄でアイウェアを使用している場合、危険性は高まります。

見栄であっても何ら問題ありません。

アイウェアなど所詮、その程度のものです。


>もっとも、適切なレヴェルのアイウェアともなると高価になってきますし、昨今のロードバイクブームにより、低所得者層の所持率は高まっており、そういった価格帯の物を手に入れることが出来ない人、要はそもそもロードバイク所持に向いていない人が増えているのも原因の1つに感じます。

ピンキリは、世の常です。

たかが自転車です。

幼児から高齢者まで、障害者と健常者の隔たりなく、国籍不問で誰もが気軽に手軽に好き勝手に自由自在に利用出来るところが自転車の良い所です。


>私は、車をメンテナンスや車検に出すように、ロードバイクやスポーツサイクルもお金が無いと手を出してはいけない物、と考えます。

考えるのは勝手ですが。


>もちろん節約で楽しんでいる方を否定しているわけではありませんが、最低限のレヴェルの物が揃えられないなら、公道を使用する他の方に迷惑をかける前に即刻使用を辞めて頂きたいです。

アイウェアなど無くても、ロードバイクで公道を通行することに何ら問題ありません。


>話が脱線しつつありますが、今回の記事で書いてあるような「アイコンタクト」は確かにドライバー、ライダー、ロードバイク乗り、ママチャリのおばちゃん、様々な層に浸透すればかなり事故を減らせると思います。

本当ですか?

アイコンタクトで「睨み付けたのか」と恐喝や暴力沙汰となりそうですが、大丈夫ですか?

一方で、遠慮の塊よろしく、譲り合い、イライラした後続車両の追突事故が増えそうでもあります。


>コメントで自転車乗りの方々が、手信号さえあれば、手信号さえいらぬ、などと仰っていますが、それはあまりに独りよがりな考え方ではないでしょうか。

道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、と道路交通法で定めているのです。

自転車乗りは、ただただ、真っ直ぐ前を向いて、車道左端通行すれば良いだけです。


>アイコンタクトによる勘違いなども起こりうるとは思いますが、やはりお互いの顔を見た上での判断とそうでないものとでは信頼度は変わってくると思います。

勘違いは許すのかな?

顔を見ていたために、地面のギャップなどを見過ごし重大な事故に繋がる恐れがありませんか?


>アイウェアをしていて目が見えなくても、ちゃんとドライバーの挙動確認をすることは最低限必要だと思います。

車道上の最弱者である自転車乗りに、ドライバー様のご意向を汲み取れと命じられても困りものです。


>というか世捨人さんが仰っているのは、アイコンタクト≒挙動確認でしょうか。走行中に目をみることは何の車両でも難しいでしょうし、そうじゃない場合、停車中は確かにアイウェアで目が見えた方が車側としてはありがたいですね。方向指示器もない自転車がどんな挙動をとるか予想できないので。

停車中の自転車は基本的に直進するものでしょう。

さて、自転車はどんな挙動をとるのでしょう?

山本山さんの予想をお聞きしたいところです。


>公道という場所でお互いが思いやりをもって居れたら、事故は減らせるはずです。

思いやりを形にしたものが、道路交通法です。

自転車は車道左端通行することで、思いやりを具現化しているのです。


>長くなりましたが、最後に、世捨人さんには是非交通ルールに関する講演会などを開いて頂きたいです。 もちろん他の方が仰っているように、?が浮かぶ記事や動画などもありますが、問題提起とは、そもそも、現状のルールに則って行うものではなく、現状のルールが間違っているのかもしれない、という覆しが重要だと思いますので、是非、世の中に一石を投じるつもりで、表に出てきて頂きたく思います。

長くなりましたので、コメントは差し控えましょう。

| ときどぎオアゾツーキニスト | 2017/02/08 12:53 | URL |

根拠がない=悪という判断軸
残念な人は、「根拠がないこと」をすなわち悪とします。彼らは「その発言(提案)には、十分な根拠がない。主観的だ」という批判が大好きです。
この態度は、新しいことを始める際には大きな害悪になります。新しいことを始めるということは、時に十分な根拠を用意せぬまま、走り出すということです。残念な人たちの目には、こうしたやり方は「早計」としか映りません。それが失敗したときには、「準備不足が失敗の原因だ」「やはり失敗した」と、彼らは安全地帯から勝ち誇ります。
しかし「始めてみないとわからない」ということは往々にしてあります。つねに根拠を求めて生きてきた残念な人たちは、そのシンプルな事実を体感的に知りません。安全地帯のなかで生きていく分にはそれでもいいですが、ペナルティエリア内では彼らの存在はほとんど無・マキャベリズム=他人を操ったりダマそうとする性向
・マキャベリズム=他人を操ったりダマそうとする性向
・ナルシシズム=自己中心的で自分が大好き
・サイコパス=他人への共感や後悔の感情がない
・サディズム=他人を苦しめるのが楽しくてしょうがない

 これら4つの指標は、いずれも人間のダークな側面を代表しており、すべての要素を兼ね備えた人のことを、心理学では「ダークテトラッド」と呼びます。

ダークデトラッドへの対処法は、徹底無視と同情
ダークテトラッドの目標は、正義でも建設的な議論でもなく、あくまで他人の苦しみを引き出すこと。怒りや悲しみといったネガティブな感情こそが、彼らの欲望を育てるエサなのです。
つまり、自分の感情が少しでもゆれ動く姿を見せた時点で、向こう側の思うツボ。反応さえ見せなければ、ほどなくダークテトラッドは次の狩り場へ向かっていきます。その意味で、「荒らしはスルーが一番」という有名なフレーズは、科学的にも大正解だと言えましょう。
それでも彼らに反撃したくなったときは、「この人たちは、他人を苦しめたい衝動に突き動かされているだけの可哀そうな人たちなんだな…」と思ってみてください。少しは優しい気持ちになれるんじゃないでしょうか。

| JB | 2017/02/08 21:49 | URL |

JBさん | 2017/02/08 21:49 |へ

>ダークデトラッドへの対処法は、徹底無視と同情
ダークテトラッドの目標は、正義でも建設的な議論でもなく、・・・

ワープロミスは素直に認めることです。

JBさんは、そこからです。

| ときどぎオアゾツーキニスト | 2017/02/09 08:53 | URL |

Re: タイトルなし

>夜間に相手の眼球把握できるって世捨人氏は超人だなwもはやあなたの発言には全く説得力がありませんいやもはやじゃないけどなw

自転車対自転車、自転車対歩行者の場面においては、眼球把握は日常的でしょう。

>つかこないだの自転車は右側通行のいかれっぷりでこのブログが完全にネタであることが判明して、なんか残念だねwイカれすぎてリアリティーがまるでねーあの記事にくらべればここはまだましだがなアイコンタクトねー;wウインドウの反射で見えねーよw

ドライバーに眼球をお見せできるよう、自転車乗りのサングラスを禁じているところです。

| 世捨人 | 2017/02/15 14:43 | URL |

Re: タイトルなし

>>自転車にルーフ(屋根)を義務づけたいですね。
>お前頭おかしいなwそんな巨大で現実的じゃないものより小さなアイウェアを義務化する方がよほど楽じゃね?自転車乗りの安全を考えるならそっちのほうがいいだろう風にあおられるルーフなんかよりよほど役に立つ

危険な傘差し運転防止にもつながり一石二鳥かと思います。

>アイコンタクトなんてほとんど見えねーよ顔の向きとかで十分すぎるだろアイウェアは禁止するくらいなら義務化した方がいいまあ俺は義務化には反対だが禁止するなら義務化の方がマシ

野球のピッチャーは、顔はキャッチャーに向け目でランナーをけん制します。

| 世捨人 | 2017/02/15 14:44 | URL |

Re: タイトルなし

>>危険を感じたら直ちに運転をやめてください。
>何言ってんだこいつアイウェアかければなんの危険もないんだよwアイウェアなしだと危険運転になるのだから
禁止すべきではないと言ってるんだよ

サングラス装着によってアイコンタクトができなれば元も子もありません。

>車でも眩しかったらサンバイザーとかサングラス使うだろ運転やめないだろ自転車だって適切な方法で眩しくなく運転できるならそれで走行する権利がある

サンバイザーは眼球を覆い隠すものではありません。

悪しからず。

| 世捨人 | 2017/02/15 14:45 | URL |

Re: タイトルなし

ひまさん

>1月11日の記事で自転車のことしか見てなく、ひき逃げを問題視してなかったり、ネタブログとしては面白いです。ただ、内容は、一理ある場合もあると思います。

ネタブログというのは心外です。

>低透過率のサングラスがNGなのは分かりますが、日光を適度に避けられるサングラスは安全性を高めるためには必要だとは思います。

アイコンタクトが前提となります。

>自動車を運転する際にサングラスが推奨される場合がなくもないので、自動車にせよ自転車にせよ手信号を
使用することを徹底したほうがいいんじゃないですかね(http://www.sasajima-megane.jp/topics/0000111.html)。

手信号は片手運転で危険と騒ぐ輩(やから)がいます。

ウインカー(方向指示器)も義務づけたいですね。

| 世捨人 | 2017/02/15 14:50 | URL |

Re: タイトルなし

>つかアイコンタクトって無理じゃね?今日アイコンタクトなんて可能か試してみたが車のウインドウの反射で眼球の動きを見るなんて無理だったよ

ドライバーの瞳に貴殿が映り込んだことで、事故が発生しなかったのでしょう。

>首の動きがわかれば十分だと思うし世の中のほとんどの人はそれを見る程度だよな

肥満体の人だと、あごで首が隠れている場合があります。

| 世捨人 | 2017/02/15 14:54 | URL |

Re: タイトルなし

山さん

>以前から読ませて頂いてましたが、初めてコメントさせて頂きます。

敬意を示してください。

>アイウェアの記事読みまして思うところがあったので。ロードバイク乗りとして、特にロードバイクなどの高速走行(20km/hが容易に出せる自転車)においては、確かにアイウェアは"あったほうが良い"ものであると思います。朝日・夕日・日中も、太陽の光によって地面のギャップなどを見過ごし重大な事故に繋がる恐れがあるためです。(もちろん左側通行・車道通行などの法令遵守はもちろんという中での話です)

アイコンタクトができなかったことが原因で事故を起こしたのならば、元も子もありません。

>ただ一方でやはりファッションとしてアイウェアをつけている者も少なくはないと思います。確かに透過性の高いものや、偏光・長光レンズなどを適切に使用すれば、私や他の自転車乗りの方が仰っているような理由は当てはまると思いますが、先述したとおり、ある種の見栄でアイウェアを使用している場合、危険性は高まります。

競技用自転車そのものが見栄だと思います。

>もっとも、適切なレヴェルのアイウェアともなると高価になってきますし、昨今のロードバイクブームにより、低所得者層の所持率は高まっており、そういった価格帯の物を手に入れることが出来ない人、要はそもそもロードバイク所持に向いていない人が増えているのも原因の1つに感じます。

乗り手を爆走へとかきたてる競技用自転車は所得水準にかかわらず、禁止したいですね。

>私は、車をメンテナンスや車検に出すように、ロードバイクやスポーツサイクルもお金が無いと手を出してはいけない物、と考えます。もちろん節約で楽しんでいる方を否定しているわけではありませんが、最低限のレヴェルの物が揃えられないなら、公道を使用する他の方に迷惑をかける前に即刻使用を辞めて頂きたいです。

泥よけがないために、周囲を汚す競技用自転車にメスを入れたいですね。

>話が脱線しつつありますが、今回の記事で書いてあるような「アイコンタクト」は確かにドライバー、ライダー、ロードバイク乗り、ママチャリのおばちゃん、様々な層に浸透すればかなり事故を減らせると思います。

実行してください。

>コメントで自転車乗りの方々が、手信号さえあれば、手信号さえいらぬ、などと仰っていますが、それはあまりに独りよがりな考え方ではないでしょうか。アイコンタクトによる勘違いなども起こりうるとは思いますが、やはりお互いの顔を見た上での判断とそうでないものとでは信頼度は変わってくると思います。

ウインカー(方向指示器)はじめ原付きバイクに準じた法規制が自転車に必要ですね。

>アイウェアをしていて目が見えなくても、ちゃんとドライバーの挙動確認をすることは最低限必要だと思います。

対自転車、歩行者にも眼球を見せるためにサングラスは禁止すべきです。

>というか世捨人さんが仰っているのは、アイコンタクト≒挙動確認でしょうか。走行中に目をみることは何の車両でも難しいでしょうし、そうじゃない場合、停車中は確かにアイウェアで目が見えた方が車側としてはありがたいですね。方向指示器もない自転車がどんな挙動をとるか予想できないので。公道という場所でお互いが思いやりをもって居れたら、事故は減らせるはずです。

信号のない横断歩道をわたるときは、停止したクルマの運転者に見られていることを確認することが肝腎です。

>長くなりましたが、最後に、世捨人さんには是非交通ルールに関する講演会などを開いて頂きたいです。

法の不備をついて我が物顔で爆走する競技用自転車乗りにルールもへったくれもありません。

>もちろん他の方が仰っているように、?が浮かぶ記事や動画などもありますが、問題提起とは、そもそも、現状のルールに則って行うものではなく、現状のルールが間違っているのかもしれない、という覆しが重要だと思いますので、是非、世の中に一石を投じるつもりで、表に出てきて頂きたく思います。

草の根活動でより良い社会を築くことに生きがいを感じます。

| 世捨人 | 2017/02/15 14:58 | URL |

アイウェアは小石やゴミから眼球を保護するためのものである。例えば走行中に小石が目に当たったら手を放すか転げ落ちると車にとっても危険極まりないだろう。そもそもアイコンタクトをできるほど自転車の顔を確認しないだろう。私は何か間違っているだろうか?

| 変人相手にしかコメントしない | 2017/03/28 23:40 | URL |

Re: タイトルなし

変人さん

>アイウェアは小石やゴミから眼球を保護するためのものである。例えば走行中に小石が目に当たったら手を放すか転げ落ちると車にとっても危険極まりないだろう。

ならば、穴あきヘルメットも頭部を保護できず危険極まりないですね。

>そもそもアイコンタクトをできるほど自転車の顔を確認しないだろう。

顔の向きとともに視線を読み取る情報をドライバーに与えることが肝腎との認識です。

>私は何か間違っているだろうか?

間違いだらけです。

| 世捨人 | 2017/03/29 15:34 | URL |

> 私は何か間違っているだろうか?

>>間違いだらけです。

「1+1=3」が正解と頑なに信じる人間にとっては, 「1+1=2」 と言う人間が間違いに見えるだろう.

| こじま | 2017/03/29 16:30 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

> 私は何か間違っているだろうか?
>>間違いだらけです。
>「1+1=3」が正解と頑なに信じる人間にとっては, 「1+1=2」 と言う人間が間違いに見えるだろう.

Xさんに失礼ですね。

| 世捨人 | 2017/04/05 23:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/565-7fc4cac4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT