今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ライト点灯自転車に右側通行を義務づけよ

▼自転車用ライトは光量が乏しく玩具のようなものだ。遠くまで光を飛ばすことができないため、街路灯がない暗闇で使用したら、路上の障害物を発見できないほどだ。

▼警察の講習はじめ交通安全の指導現場では、クルマに存在を示すため自転車ライトの点灯を徹底している。「航空障害灯」としての役割を期待しているのだ。

▼ただ、欠点がある。道路を走行していても、後続のドライバーからはライトの光が見えないので、自転車の発見の遅れにつながるのだ。追突事故と隣り合わせであり、対策が急がれる。

▼そこで、自転車と車と対峙させてみてはどうか。すなわち、ライト点灯が求められる夕暮れ時から、自転車に右側側通行義務づけるのだ。反射器よりも被視認性が高く安心だ。法改正が待たれる。


前照灯で存在を誇示する右側通行の自転車
関連記事

| 23:53 | コメント:32 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

自己陶酔型~あら探しという復讐
40代の契約社員の男性はSNSに繰り返し中傷を書き込んでおり、炎上にも加担しています。有名人のスキャンダルが報じられたり、自分が正しいと信じている価値観と違う意見が発信されたりすると、ここぞとばかり、徹底的に叩くのです。
彼は常に「正義」を振りかざして攻撃します。この「正義」の起源については、ドイツの哲学者ニーチェが『道徳の系譜学』の中で、「ルサンチマンにある」と言っています。
「ルサンチマン」とは、「恨み」を意味するフランス語で、「正義」を振りかざす人の心の奥底にはうらみつらみが潜んでいると、ニーチェは指摘しているわけです。
これは的を射た指摘です。というのも、この男性は、大学卒業時に就活に失敗したため非正規社員として職を転々としており、安定した生活を送っている正社員や富も名声も手にしている成功者に対して強い羨望と恨みを抱いているからです。
だからこそ、恨みを晴らしたいという願望が強く、ネット上であら探しをせずにはいられないのでしょうが、「復讐を正義という美名で聖なるものにしようとしている」ようにも見えます。
この手の「裁判官を装った復讐の鬼」はどこにでもいます。しかも、自分は正しいと信じているので、本当にやっかいなのです。

1. 相手を見下している
まず、残念な人は相手をはなから見下してます。
特に多いのは「年下だから」という前提をもって、無条件に相手を見下すという態度です。自分が相手より年長者であるという理由をもって、相手を見下していいと、本気で思い込んでいるわけです。ひどい人になると、見下していることに気付かない、ということもあります。
あからさまなのは相手にしなければいいだけですが、「質問を投げかける」タイプの上から目線の持ち主は厄介です。
彼らが質問を投げかけるのは、相手が自分の理解の範疇に収まることを確認し、安堵したいがため、もしくは、相手の失態を暴きたいがためです。質問への回答が「たいしたことのないもの(自分の下賎な理解に即するもの)」だったり「(彼らにとって)明らかに矛盾するもの」だった暁には、彼らは瞬間的に勝ち誇ります。
彼らは慇懃無礼なことばづかいをすることが多いので、質問もスルーしにくいです。スルーすると、「あれ?無視されちゃいました^^;」とわざとらしくアピールするので、実に嫌らしいです。
この種の人が欺瞞に満ちあふれている理由は、質問する動機が「相手が自分より劣っているものであることを確認したい」「相手の失態を暴露したい」という想いにあるからです。
どんな理由であれ、相手を尊重する気持ちが欠いている人とは、生産的な議論ができるわけがありません。議論をする際は、フラットな立場で話しあうようにしましょう。

2. 矛盾を見つけて勝ち誇る
残念な人は矛盾を探すことを好みます。いざ矛盾だと思える箇所を見つけたら、相手の発言を一字一句取り出して、鬼の首を取ったように騒ぎます。
「矛盾するのは悪くない!3つの理由」でも書きましたが、ある人の意見や存在を安易に「矛盾している!」と断罪するのは、そもそもナンセンスな話です。
彼は自分が指摘する矛盾の裏にある、相手の意図を知ろうとしません。矛盾は絶対悪であり、矛盾を「発見」したその時点で、彼は勝ちを確信するのです。相手が説明しようとしたところで、「いや、それでも矛盾している!それは成り立たない!」と食い下がるのがオチです。
こういうタイプはまさにお話になりません。スルーしましょう。

3. 論破することが目的になっている
上と関連して、残念な人の議論スタイルは、目的が「論破」に置かれています。議論の場面を、知的なゲームか何かと勘違いをしているのでしょう。
議論の目的は、問題解決です。会社の会議でも、ディベートでも、夫婦喧嘩でも、あらゆる対話の先には「問題解決」がゴールとして存在しています。このことを見失い、相手を貶めることを目的にしている人は、やはりお話になりません。

4. 具体的アクションを取らない
残念な人は問題解決の視点がないので、「議論をするだけ」で終わります。
たとえば新規事業のディスカッション。残念な人は「ここはこうした方がいい」「ここはおかしい」と指摘するだけにとどまり、具体的なアクションを取ることはありません。
本当に議論ができる人は「ここはこうした方がいい。協力するよ」「ここは問題だから、Aさんに連絡しておくよ」と、具体的にどうコミットメントするのかを、議論のなかで明確にします。残念な人には当事者意識がない、といってもよいでしょう。
厄介なのは、残念な人たちは、当事者意識を持っていない自分に、十分満足してしまっていることです。「俺のすばらしく鋭い視点から、善意のアドバイスをしてやった」とすら思い込んでいたりします。彼らに当事者意識を求めたところで、「それは俺の仕事じゃないから」ときっぱり断られるのがオチでしょう

5. 根拠がない=悪という判断軸
残念な人は、「根拠がないこと」をすなわち悪とします。彼らは「その発言(提案)には、十分な根拠がない。主観的だ」という批判が大好きです。
この態度は、新しいことを始める際には大きな害悪になります。新しいことを始めるということは、時に十分な根拠を用意せぬまま、走り出すということです。残念な人たちの目には、こうしたやり方は「早計」としか映りません。それが失敗したときには、「準備不足が失敗の原因だ」「やはり失敗した」と、彼らは安全地帯から勝ち誇ります。
しかし「始めてみないとわからない」ということは往々にしてあります。つねに根拠を求めて生きてきた残念な人たちは、そのシンプルな事実を体感的に知りません。安全地帯のなかで生きていく分にはそれでもいいですが、ペナルティエリア内では彼らの存在はほとんど無価値になります。

・マキャベリズム=他人を操ったりダマそうとする性向
・ナルシシズム=自己中心的で自分が大好き
・サイコパス=他人への共感や後悔の感情がない
・サディズム=他人を苦しめるのが楽しくてしょうがない

 これら4つの指標は、いずれも人間のダークな側面を代表しており、すべての要素を兼ね備えた人のことを、心理学では「ダークテトラッド」と呼びます。

ダークデトラッドへの対処法は、徹底無視と同情
ダークテトラッドの目標は、正義でも建設的な議論でもなく、あくまで他人の苦しみを引き出すこと。怒りや悲しみといったネガティブな感情こそが、彼らの欲望を育てるエサなのです。
つまり、自分の感情が少しでもゆれ動く姿を見せた時点で、向こう側の思うツボ。反応さえ見せなければ、ほどなくダークテトラッドは次の狩り場へ向かっていきます。その意味で、「荒らしはスルーが一番」という有名なフレーズは、科学的にも大正解だと言えましょう。
それでも彼らに反撃したくなったときは、「この人たちは、他人を苦しめたい衝動に突き動かされているだけの可哀そうな人たちなんだな…」と思ってみてください。少しは優しい気持ちになれるんじゃないでしょうか。

| JB | 2017/01/20 06:35 | URL |

左側通行でリアに前照灯つければいいだけ。

| 自転車は歩道 | 2017/01/20 06:47 | URL |

わざわざ危険な自転車の右側通行を推奨するよりもテールランプ取り付けを義務付けた方が安全確実ですよ。
しかし、世捨人さんはよく自転車の右側通行なんてものをオススメ出来ますね〜。
地方都市には道幅も路肩も狭い主要道路が沢山あるわけですけど、そんな道で正面から右側通行自転車が来たらマジで怖いですよ。
正面から近づいてくる自転車を安全にかわすスペースが常にあるわけではないので、最悪自動車側は一旦止まって自転車をやり過ごす必要が出て来ます。
これは世捨人さんのよく言う円滑な交通を害している事になるのではありませんか??

| 初心者チャリダー | 2017/01/20 07:28 | URL | ≫ EDIT

JB さん へ

「・マキャベリズム~~~」以降を残し,
4分類の詳細は以前のコメントへのリンクに留めたほうが良いと感じます。

「徹底無視」 の根拠がまず大事で,長文はなかなか読まれませんから…

いかがでしょうか?

| こじま | 2017/01/20 12:53 | URL |

近年、LEDのチャリ用のライトは性能が上がってきてるとはいえ、発光面積じたいが小さいですからなァ。視認性においては、クルマやバイクのヘッドライトに劣るのは否めない事実です。世捨人様のおっしゃる通り、右側通行した方が視認性は高まりますわな。

あとよく赤色の点滅のテールランプを付けてるチャリカスがいますけど、あれは工事現場のランプと混同しやすいんで危ないんすよね。そもそもライトの点滅は道交法違反だし。たまにフロントライトも点滅させてるバカもいますけど、何なんですかね、あれ。前照灯の役割果たしてねーじゃん(笑)。

ま、これからは夜間のチャリカスは右側通行にしてもらいましょうかね。
その方が安全だし。
法改正を待ちましょう!!!!


って言うか、チャリカスが歩道を走れば一発解決なんですけどネ。
もう何度でも言ってやりますが。

| 自転車は歩道 | 2017/01/20 20:24 | URL |

自転車禁止絶対反対

左折しようとした時,右側通行の自転車と正面衝突したらどうする?
対向車の切れ目を待って急いで右折しようとした時,右後方から走って来る自転車を巻き込んだらどうする?

とにかく誰にとっても右側通行の自転車程大迷惑なものはない.右側通行の自転車のどこにどういう危険が潜んでいるか,もっとよく考えて物を書け.

| マイロネフ | 2017/01/21 19:06 | URL | ≫ EDIT

チャリカスが歩道走れば済む?、、ふざけんじゃねーよ
歩道走った方が危険なこともわかんねーのか
右側走行がどれ程危険か、てめえはやったことがあるのかよ
え?やったことがない?そんなの当たり前だよ 危険だから誰もやらねーよ
右側走行にしたら、交差点で曲がる時にどうすればいいんですかね?

| 自転車は歩道 | 2017/01/22 13:00 | URL |

ここのドライバー()は左走ってる自転車も見えないし避けられないんですか?^^;
へたくそな運転に自転車巻き込む前に免許返した方がいいですよ^^;;;;;;;

| 自転車は歩道 | 2017/01/22 13:37 | URL |

とりあえず頭大丈夫?

馬鹿なの?
ロードバイクはある程度乗ってる人だと普通に30㌔で巡航するし、車は法定速度守ってたら40~50㌔で走ってるこの二つが細い車道でギリギリをすれ違い出来ると思う?
ロードバイクは軽いから後ろからトラックに追い抜かれる時の風でもふらつく時はふらつく位なのに、すれ違い出来ると思う?
普通にに考えて、テールライトつけた方がいいって考え出てこなかったの?
流石に頭悪すぎる

| 自転車は歩道 | 2017/01/22 14:10 | URL | ≫ EDIT

>って言うか、チャリカスが歩道を走れば一発解決なんですけどネ。

歩道の定義を知らない阿呆。

歩道とは。

歩道・路側帯・歩道等. 道路交通法において「歩道」「路側帯」とは、いずれも、歩行者用 の通路と車両用の通路とが区別されている道路における歩行者用の通路を指し、「歩道 」と「路側帯」を総称して「歩道等」という。
ちなみに自転車は「軽車両」であり分類としては「車両」の一部である。
自転車は車両であるため、歩道が設けられた道路においては、基本的に車道を通らなければならない。

| 自転車は歩道 | 2017/01/22 14:17 | URL |

世捨人氏、逆走を奨励するとは
ついに頭がおかしくなったかw,いや前からかw
普通にリアにテールライトをつけりゃいいだけなのにな
フロントは白、リアは赤のライトって決まってるのよ
自転車のことをあれこれ言う前にすこしは勉強しような

以前の自転車のフレームに補助ブレーキをだかいうぶっ飛んだ発想も自転車用油圧ディスクブレーキがどんどん普及しだしている現状を知っていればでてこなかったはずだ

まずは実際にあるていどまともな自転車と装備品を
一通り勉強し実際に手にとって使ってみることだ
あれこれ言うのはそれからだろう

| 自転車は歩道 | 2017/01/23 03:20 | URL |

>とりあえず頭大丈夫?

>馬鹿なの?
>ロードバイクはある程度乗ってる人だと普通に30㌔で巡航するし、車は法定速度守ってたら40~50㌔で走ってるこの二つが細い車道でギリギリをすれ違い出来ると思う?


全くだなwwww
車は法定速度守らず走ってる輩の方が多いから
自転車が25km/hで走って車が60km/h出してたら
85km/hという猛スピードで
ぎりぎりをすれ違うことになるw
死人続出だよw

| 自転車は歩道 | 2017/01/23 03:24 | URL |

あれじゃないですか。
猛スピードでぶつかって事故多発。
自転車が歩道を走ることになって、歩行者と事故多発。
そして、歩道から車道に戻って、事故多発。
と繰り返すことで、自転車をなくす事が目的じゃないですか。

そうすれば、自動車だけで道路を使えますから。

まぁ、猛スピードで交差すると自動車も交わすので、車同士の事故も増えて事故率の増加、死亡事故の件数が増大するので、逆走の禁止が法整備される気がしますけどね。

| 自転車は歩道 | 2017/01/23 16:45 | URL |

自転車活用推進法が昨年の12月9日に可決いたしました。6ヶ月以内に施行されます。
これにより自転車に乗る行為は、国が認めた国策になりました。世捨人さんのような自動車中心の考え方に終止符が打たれました。

| 自転車は歩道 | 2017/01/25 11:01 | URL | ≫ EDIT

別人ですが追伸。

9.道路交通法の「普通自転車の歩道走行」を削除。自転車は自転車道及び自転車通行帯を通行しなければならないという原点を強調。

世捨さんの下らない言論も無駄になりそうですね^^

| 自転車は歩道 | 2017/01/25 13:52 | URL |

皆様へ

またまた・・・疋田さんのメルマガの引用で失礼します。

宇都宮の「自転車道」に考える…704号
http://melma.com/backnumber_16703_6479011/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■その形にこだわるな

 ただし、私ヒキタとしては「この道路構造の先!」にある宇都宮市の自転車政策に、若干の危惧をもっている。
 このLRT通りは、これでいいと思う。ここはいわば「象徴」、LRTと並んで、エコはこうあるべきという「理想」を示すためのものなのだから。道路全体だって、こんなに広いんだし。
 しかし、すべての道路で、自転車走行空間がこの形を目指すとなると、それはそれで大いに疑問で、いくつかのデカすぎるハードルが待ち受けている。

 まず第一に、この形はお金と時間がかかりすぎる。
 カネについては、言わずもがな、だ。自転車関連予算は(驚くほど)少ないんだから。
 その上で言うが、こうして物理的に分離した自転車道を通そうとすると、どうしても一大プロジェクトとなってしまい「たかだか400メートル程度に2年も3年もかかりました」というような話になってしまいがちなのだ。首都圏でいえば新虎通りや、青山墓地まわりがそうだったように。
 同じお金と時間があれば、自転車レーンがいったい何キロ、いや何十キロ敷けたことか。

 次に、こうした構造の自転車走行空間のまずい点は、いったん造ったが最後、おいそれと元に戻れなくなってしまうことだろう。
 同じく新虎通りを例にとろう。
 あれは、2メートル幅の自転車道とやらに交互通行で自転車を通したもの(つまり片側1メートル幅、すれ違うのも困難だ)だった。歩道にわざわざ乗り上げさせ、車道からは入れない、という、法にも安全にも逆行するタマラン通りである。それは誰の目にも一目瞭然。
 にも関わらず、いったんこういう工事をやってしまうと、直すには植栽から何から一度すべてをぶっ壊すしか手がない、という絶望的状況に陥ってしまうのだ。
 今後、自転車の交通量が増えても(間違いなく増える)それに対応して、拡幅することもできない。

■3つ目が最もタマラナイ、とヒキタは思う

 そして、3つ目が最もタマラナイ話で、これは現在の日本の状況に関わってくる。
 日本の自転車状況の何がダメって一番なのは逆走が多いという現実だろう。これは本メルマガ読者の誰もが首肯してくれることと思うが、自転車乗りが左右デタラメに走るのがスタンダードである現状。これが自転車にとって最も危険なのである。
 私はこれまで60カ国くらいの国々を訪れたことがあるが、通行方向がここまでヒドい国は日本以外にほぼ見たことがない。先進国であれ、途上国であれ、自転車がある程度普及している以上、その走行方向は必ず定められ、国民はそれを守るものなのだ。「クルマは左側通行!(あるいは右側通行!)」というのと同じく、最もベーシックなルールなのである。
 もちろん日本においては、自転車は左側通行が鉄則である。
 これを守らないと、正面衝突だけでなく、出合い頭事故が頻発してしまう。日本の全交通事故の中で、自転車事故率が高どまりになっている理由のひとつは、間違いなく、逆走、すなわち右側通行が蔓延していることにある。
 ところが、こうした自転車道(交互通行)は、その右側通行について行政が後押しする、という形になってしまうわけだ。

 確かに海外でもこの手の大通りはある。だが、その交互通行の自転車道が終わったところで、路面標示は元通りのクルマと同じ順行通行に導くわけだし、だいいち自転車に乗るそれぞれの人が「自転車は右側!(あるいは左側!)」を知っているから、交互通行が終わったら、自然に右側(あるいは左側)に移っていく。
 ところが我が日本。
 我々のこの国では、自転車の方向について考えている人々が非常に少ないため、たかだか数百メートルの自転車道が終わると、人々はそのまま車道(あるいは歩道に乗り上げて)右側通行をしてしまうことになる。
 結局、ほんの一部(自転車道)の快適のために、ほとんどの自転車走行を危険にさらしてしまうという形になってしまうのだ。
 正直申し上げて、私は「自転車は左側通行」という当たり前のルールが浸透するまでは、この手の交互通行の自転車道をつくってはならないと思っている。

■宇都宮にはブルーがよく似合う

 じつは宇都宮の市当局、そのあたりよく分かっている。
 だから、ここ以外の宇都宮市のスタンダードは、車道左端のブルーゾーンだ。逆走に注意を促すために、必ず矢印マークとともにある。
 この宇都宮という街は、新しい建物が多いし、関東平野の真ん中にあって空が近いため、スカイブルーが街に似合っている。エンジ色が似合う金沢や、ベンガラ色を選んだ京都と違って、宇都宮はスカイブルー。それでいいのだ。
 さらには宇都宮のブルーゾーン、違法駐車車両がふさいでいることが非常に少なくて、実際に走ってみると、本気で走りやすい。

 LRT通りの自転車道は、それはそれで「極太の道路・未来都市のストリート」として造っていただければいいと思う。
 ただし、それはとりあえずここだけでいい。
 オランダだって、およそ半世紀かけてあそこまでやったのだ。ましてや日本。まずは「自転車は左側通行」からスタートし、少しずつ少しずつインフラの整備とルール遵守を手がけていくべきだろう。一足飛びに「構造分離の自転車専用道を!」なんつってもラチがあかない。
 まずは左、ついで自転車レーン、そうして「非歩道」に自転車を導き、ドライバーにも周知徹底を、と、施策に優先順位をつけ、その順番に実施することだ。
 2006年の「自転車の安全鉄則」(朝日新書)に書いた通り、日本の自転車施策にはトリアージが必要なのである。
 そういう地道な努力を続けた末にこそ、真の「じてんしゃのまち」は待っているのだと思う。

(初出「BiCYCLE CLUB」燃えよ自転車おやじ第31回「宇都宮の"自転車道"に考える」2016年11月)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

普通に自転車に乗っている小生からすれば、滑り易いペンキで、凸凹と振動で腕が振るえるスカイブルーもエンジ色もべんがら色も不要でしょう。

道路交通法では、道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならない、とされています。

自転車は、「車道左端」通行するものです。

それで十分です。

宇都宮のLRT通りは、全ての自転車が、片側1車線分と広めとは言え、相互通行の「自転車道」に閉じ込められてしまうのです。

相互通行の自転車道では、特急(高速度)自転車乗りの方々が、30~40キロで疾走することは出来ません。

特急(高速度)自転車乗りの皆様は、車道左端という通行空間を守り抜くために、特急(高速度)自転車をママチャリに乗り換えて、車道左端通行を実践することで、ママチャリであっても車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑を図ることとなることを世の中に示して行きましょう。

あとは、実践あるのみです。

| ときどぎオアゾツーキニスト | 2017/01/26 12:06 | URL |

Re: タイトルなし

>左側通行でリアに前照灯つければいいだけ。

リアから前方に照らしても後続車にライトの光が見えないでしょう。

| 世捨人 | 2017/01/31 22:18 | URL |

Re: タイトルなし

初心さん

>わざわざ危険な自転車の右側通行を推奨するよりもテールランプ取り付けを義務付けた方が安全確実ですよ。

テールランプよりもブレーキランプ義務づけが先決でしょう。

>しかし、世捨人さんはよく自転車の右側通行なんてものをオススメ出来ますね〜。

右側通行の方が互いに見ているわけですから安心です。

>地方都市には道幅も路肩も狭い主要道路が沢山あるわけですけど、そんな道で正面から右側通行自転車が来たらマジで怖いですよ。

対峙すれば自転車も注意して通行してくれるでしょう。

お互いさまです。

>正面から近づいてくる自転車を安全にかわすスペースが常にあるわけではないので、最悪自動車側は一旦止まって自転車をやり過ごす必要が出て来ます。

左側通行とて同じです。国内の車道はクルマの走行を想定してつくられている所以です。

>これは世捨人さんのよく言う円滑な交通を害している事になるのではありませんか??

しかるに、小生は自転車の歩道活用を促しているところです。

| 世捨人 | 2017/01/31 22:19 | URL |

Re: タイトルなし

>近年、LEDのチャリ用のライトは性能が上がってきてるとはいえ、発光面積じたいが小さいですからなァ。視認性においては、クルマやバイクのヘッドライトに劣るのは否めない事実です。世捨人様のおっしゃる通り、右側通行した方が視認性は高まりますわな。

左側通行だと自転車ライトは宝の持ち腐れになりかねません。

>あとよく赤色の点滅のテールランプを付けてるチャリカスがいますけど、あれは工事現場のランプと混同しやすいんで危ないんすよね。そもそもライトの点滅は道交法違反だし。たまにフロントライトも点滅させてるバカもいますけど、何なんですかね、あれ。前照灯の役割果たしてねーじゃん(笑)。

点滅ライトについては当ブログで糾弾したところであります。
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-194.html

>ま、これからは夜間のチャリカスは右側通行にしてもらいましょうかね。その方が安全だし。法改正を待ちましょう!!!!って言うか、チャリカスが歩道を走れば一発解決なんですけどネ。もう何度でも言ってやりますが。

自転車用ライトは歩道通行想定してつくられているのでしょう。

| 世捨人 | 2017/01/31 22:21 | URL |

Re: 自転車禁止絶対反対

旧a38さん

>左折しようとした時,右側通行の自転車と正面衝突したらどうする?

当然、自転車は夜間、二段階左折が義務づけられることになるでしょう。

>対向車の切れ目を待って急いで右折しようとした時,右後方から走って来る自転車を巻き込んだらどうする?

左折巻き込み事故はなくなります。

>とにかく誰にとっても右側通行の自転車程大迷惑なものはない.右側通行の自転車のどこにどういう危険が潜んでいるか,もっとよく考えて物を書け.

相互通行可能な歩道の自転車を鑑みれば、ドライバーは右側通行の自転車に対応しています。

| 世捨人 | 2017/01/31 22:24 | URL |

Re: タイトルなし

>チャリカスが歩道走れば済む?、、ふざけんじゃねーよ 歩道走った方が危険なこともわかんねーのか 右側走行がどれ程危険か、てめえはやったことがあるのかよ え?やったことがない?そんなの当たり前だよ 危険だから誰もやらねーよ 右側走行にしたら、交差点で曲がる時にどうすればいいんですかね?

現行の左側通行で小回り右折が禁じられていますが、右側通行となれば二段階左折が義務づけられるでしょう。

| 世捨人 | 2017/01/31 22:26 | URL |

Re: タイトルなし

>ここのドライバー()は左走ってる自転車も見えないし避けられないんですか?^^;へたくそな運転に自転車巻き込む前に免許返した方がいいですよ^^;;;;;;;

へたくそ運転に自転車巻き込まれないよう、当ブログの提言にしっかりと耳を傾けてください。

| 世捨人 | 2017/01/31 22:27 | URL |

Re: とりあえず頭大丈夫?

>馬鹿なの?ロードバイクはある程度乗ってる人だと普通に30㌔で巡航するし、車は法定速度守ってたら40~50㌔で走ってるこの二つが細い車道でギリギリをすれ違い出来ると思う?

クルマが自転車を細い車道でギリギリを追い越しすることができると思いますか?

>ロードバイクは軽いから後ろからトラックに追い抜かれる時の風でもふらつく時はふらつく位なのに、すれ違い出来ると思う?

トラックに追い抜かれる時にふらつくのは危険極まりありません。歩道を活用してください。

>普通にに考えて、テールライトつけた方がいいって考え出てこなかったの?流石に頭悪すぎる

ブレーキランプを義務づけなければ混乱をきたします。

| 世捨人 | 2017/01/31 22:29 | URL |

Re: タイトルなし

>世捨人氏、逆走を奨励するとはついに頭がおかしくなったかw,いや前からかw普通にリアにテールライトをつけりゃいいだけなのになフロントは白、リアは赤のライトって決まってるのよ自転車のことをあれこれ言う前にすこしは勉強しような

ブレーキランプを義務づけるのが先決でしょう。

>以前の自転車のフレームに補助ブレーキをだかいうぶっ飛んだ発想も自転車用油圧ディスクブレーキがどんどん普及しだしている現状を知っていればでてこなかったはずだ

油圧ディスクブレーキの普及は一部のマニア用自転車にとどまっています。

>まずは実際にあるていどまともな自転車と装備品を一通り勉強し実際に手にとって使ってみることだあれこれ言うのはそれからだろう

自転車に関してはうるさい方です。

| 世捨人 | 2017/01/31 22:31 | URL |

Re: タイトルなし

>>とりあえず頭大丈夫?
>馬鹿なの?
>ロードバイクはある程度乗ってる人だと普通に30㌔で巡航するし、車は法定速度守ってたら40~50㌔で走ってるこの二つが細い車道でギリギリをすれ違い出来ると思う?
全くだなwwww車は法定速度守らず走ってる輩の方が多いから自転車が25km/hで走って車が60km/h出してたら
85km/hという猛スピードでぎりぎりをすれ違うことになるw死人続出だよw

時速60キロクルマが自転車が時速25キロの自転車に追突すれば、時速35キロで走行する1トン以上の塊の衝撃を受けるわけで死人続出でしょう。

| 世捨人 | 2017/01/31 22:32 | URL |

Re: タイトルなし

>あれじゃないですか。猛スピードでぶつかって事故多発。自転車が歩道を走ることになって、歩行者と事故多発。そして、歩道から車道に戻って、事故多発。と繰り返すことで、自転車をなくす事が目的じゃないですか。

考えすぎでしょう。

>そうすれば、自動車だけで道路を使えますから。

車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているのは紛れもない事実でしょう。

> まぁ、猛スピードで交差すると自動車も交わすので、車同士の事故も増えて事故率の増加、死亡事故の件数が増大するので、逆走の禁止が法整備される気がしますけどね。

自転車は専用道というのが当ブログの見解です。

| 世捨人 | 2017/01/31 22:35 | URL |

Re: タイトルなし

>自転車活用推進法が昨年の12月9日に可決いたしました。6ヶ月以内に施行されます。

よかったね。

>これにより自転車に乗る行為は、国が認めた国策になりました。

大袈裟ですね。

>世捨人さんのような自動車中心の考え方に終止符が打たれました。

根底にあるのは自転車の安全です。

| 世捨人 | 2017/01/31 22:36 | URL |

Re: タイトルなし

>別人ですが追伸。9.道路交通法の「普通自転車の歩道走行」を削除。自転車は自転車道及び自転車通行帯を通行しなければならないという原点を強調。世捨さんの下らない言論も無駄になりそうですね^^

「普通自転車の歩道通行」を削除するのは、自転車から魂を抜くようなもので、活用どころか後退します。

| 世捨人 | 2017/01/31 22:37 | URL |

いや、とりあえず自転車にはブレーキランプじゃなく
テールランプで十分だろう
自動車より大幅に遅いのが自転車だ
自動車のドライバーは自転車のテールランプを見たら
走っているにしろブレーキしてるにしろ
相対的にはブレーキをかけているのと同じことだ
車の側が抜かすのだからな
普及の簡単なテールランプ、でいいだろう

| 自転車は歩道 | 2017/02/01 02:00 | URL |

ぶっちゃけ自動車に乗ってる人の大多数が
チャリが右側走ってきたら迷惑だろうなw
T字路等で右からくる車に注意しつつ
左から25-30km/hで走ってくる自転車にも警戒しないといけない
従来より間違いなく面倒になる
世捨人氏はそのあたりを理解できないらしい

| 自転車は歩道 | 2017/02/01 02:03 | URL |

Re: タイトルなし

>いや、とりあえず自転車にはブレーキランプじゃなくテールランプで十分だろう

ブレーキランプを含め原付きバイクに準じた法規制が自転車に必要との見解です。

>自動車より大幅に遅いのが自転車だ自動車のドライバーは自転車のテールランプを見たら走っているにしろブレーキしてるにしろ相対的にはブレーキをかけているのと同じことだ車の側が抜かすのだからな普及の簡単なテールランプ、でいいだろう

クルマだけではありません。

後続の自転車にも気配りをお願いします。

| 世捨人 | 2017/02/15 14:41 | URL |

Re: タイトルなし

>ぶっちゃけ自動車に乗ってる人の大多数がチャリが右側走ってきたら迷惑だろうなwT字路等で右からくる車に注意しつつ左から25-30km/hで走ってくる自転車にも警戒しないといけない従来より間違いなく面倒になる世捨人氏はそのあたりを理解できないらしい

歩道の自転車は交互通行であることを鑑みると、ドライバーは右側通行の自転車に対処できています。

| 世捨人 | 2017/02/15 14:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/564-f518ecdd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT