今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自転車の路肩走行を阻止するクルマ(動画あり)

動画をみよ。渋滞でノロノロ運転をしているなか、車の脇スレスレを競技用自転車が走り抜けていく。何の前触れもなく出てきたため、驚きで心臓が張り裂けそうであった。決して大げさでない。前を走る軽自動車も自転車に追い抜かされた際、ビックリしてハンドルを右に切っている。

▼不愉快な思いをしたくないのであろう、この軽自動車はガードレールに極限まで寄せて停車した。2台前の車の停止位置と比較すれば明らかである。これを「幅寄せだ」といって、ドライバーを一方的に責められるであろうか。

▼渋滞や度重なる信号待ちでドライバーの精神状態が良好とはいえず、また、左右や後方にまで注意を向けるのは酷だ。狭い路肩を走行すれば、車体を傷つけるおそれもあるし、クルマの不意な動きに対応できないこともあろう。

▼諸悪の根源は、信号待ちで先頭に出よとうする自転車にある。先を急ぐ気持ちがそうさせるのであろうが、交通安全と相いれない。車道を走る自転車は、渋滞中や信号通過待ちのクルマを追い抜きはせず、車列の順番に従って進め。


関連記事

| 23:18 | コメント:99 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ただでさえ渋滞でイライラしているのに、横ををチャリでスリ抜けられるのムカつきますなあ。

前のクルマ、幅寄せというか、この先の交差点で左折するので巻き込み防止のために左に寄ったとも考えられますね。

左に寄ったら寄ったで、今度は右からスリ抜けて行く輩(やから)も居ますし、ホント死んで欲しいですわ。

| 自転車は歩道 | 2015/07/31 05:42 | URL |

サイクリング禁止反対

この動画に映っている軽四輪の行動に正当性があるとは思えない.左折するならするらしくウィンカーも出していない.
歩行者や自転車の通り道を空けないのは明らかにドライバーのルール違反.

| マイロネフ | 2015/07/31 05:48 | URL | ≫ EDIT

渋滞してるからと言って周囲の確認をしていないから突然出てきたように感じるだけでは??
動いている以上周囲の確認はしますし、道路として歩道のない一般道路ですよね。歩行者も通る可能性があるのに、その程度であわてたり、イラつくなら運転しないほうがいいですよ。
2車線道路で、先が渋滞して止まっているのに、となりの車線から無理やり割り込んで入ってくる車のほうがイラつきます。自転車が車の通行ラインを塞がないで走る分にはどうでもいいですよ。

| 自転車は歩道 | 2015/07/31 08:25 | URL |

>何の前触れもなく出てきたため、驚きで心臓が張り裂けそうであった。
>渋滞や度重なる信号待ちでドライバーの精神状態が良好とはいえず
>また、左右や後方にまで注意を向けるのは酷だ
>クルマの不意な動きに対応できないこともあろう。

諸悪の根源は、この程度のことで正常な精神が保てなくなるドライバー。
間違いなく自動車運転不適格者。

道路は自動車だけでなく、生身の人間である二輪車、自転車、歩道もない道路では歩行者とも混在する。そのような環境で、重量1トン以上もの鉄の塊を時速数十キロで動かすのに正常な精神を保って細心の注意を払えないドライバーは、直ちに免許を返上しなさい。
特に渋滞や信号待ちなどは当然あり得ることとして受け止めるべきであり、ストレスなど言い訳にもならない。

| 自転車は 車 道 | 2015/07/31 13:50 | URL |

ドライバーは低速車に対して敏感です。
衝突の危険を除去するために、早くやり過ごしたいという心理が働きます。
しかし、追い越し(追い抜き?)は神経をすり減らす場面であり注意を要します。

駐車車両など止まっているものに対しての追い越し(追い抜き?)は比較的容易ですが、
動いている車両となると、刻々と変化する道路状況にうまく対応できない場合があります。
かといって、低速車に追走すると交通の円滑を阻害しかねず国益に反するという理屈はうなずけるものがあるかもしれません。

安全に追い越しするには、一般道では時速50キロが限界でしょうか?
時速15キロ程度の車両なら難なくクリアできます。

道路はみんなのものですので、気持ちよく利用できるよう、それぞれあ心がけましょう。

| こじま | 2015/07/31 14:18 | URL |

自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。

自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。

みだりにその進路を変更して、自転車の順番待ちの列へ「横入り」してくる軽自動車は、自転車は歩道さん | 2015/07/31 05:42 |が仰るとおり「右からスリ抜けて」行けば良いだけです。


(左側寄り通行等)
第十八条  車両は、自動車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。

(進路の変更の禁止)
第二十六条の二  車両は、みだりにその進路を変更してはならない。
2  車両は、進路を変更した場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる車両等の速度又は方向を急に変更させることとなるおそれがあるときは、進路を変更してはならない。

(追越しの方法)
第二十八条  車両は、他の車両を追い越そうとするときは、前車の右側を通行しなければならない。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/01 12:27 | URL |

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/01 12:27 |へ

自動車は左側を走れるから,左側に含まれるで左端・左側端も通行OKです.
加えて,自転車も「左側端に寄って」いればいいし,道路条件によっては「左側」も走れます.
ですので順番待ちの列は異なる場合もあれば,異ならない場合もあるため,「自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。」と一般化した表現は不適切です.

| こじま | 2015/08/02 16:51 | URL |

すり抜けする自転車がいやだからといって、ウインカー出さずに進路変更するのは危ない

まさに「今日のくそったれ」というにふさわしいドライバーですな

| 自転車は車道 | 2015/08/02 21:00 | URL |

こじまさん | 2015/08/02 16:51 |へ

>自動車は左側を走れるから,左側に含まれるで左端・左側端も通行OKです.

でぇ~でぇとお国訛りで、誤魔化されても困りものです。

法律は書いてあるとおりです。

>加えて,自転車も「左側端に寄って」いればいいし,道路条件によっては「左側」も走れます.ですので順番待ちの列は異なる場合もあれば,異ならない場合もあるため,「自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。」と一般化した表現は不適切です.

法律は一般化した表現であり、例外規定も含めて、書いてあるとおりです。

自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行ですので、自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。

そして、今回の動画では、自転車の通行空間である車道「左端」に進路変更した軽自動車が「不適切」です。

(左側寄り通行等)
第十八条  車両は、自動車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。
ただし、追越しをするとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/03 11:59 | URL |

>法律は書いてあるとおりです。

あなたは『書いてあるとおり』に,引用していない.
この時点で,信用ならない.

|ときどきオアゾツーキニスト|
(左側寄り通行等)
第十八条  車両は、自動車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。
ただし、追越しをするとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。

(正)
第十八条  車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。ただし、追越しをするとき、第二十五条第二項若しくは第三十四条第二項若しくは第四項の規定により道路の中央若しくは右側端に寄るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。

| こじま | 2015/08/03 13:03 | URL |

こじまさん | 2015/08/03 13:03 |へ

>>法律は書いてあるとおりです。
>あなたは『書いてあるとおり』に,引用していない.この時点で,信用ならない.
|ときどきオアゾツーキニスト|
(左側寄り通行等)
第十八条  車両は、自動車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。
ただし、追越しをするとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。
(正)
第十八条  車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。ただし、追越しをするとき、第二十五条第二項若しくは第三十四条第二項若しくは第四項の規定により道路の中央若しくは右側端に寄るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。

今更のコメントは、敗北宣言ですね。

堤防上の片側1車線の道路での軽自動車の「不適切」な進路変更について、(トロリーバスを除く。)という文言が必要ですか?

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/03 14:36 | URL |

>今更のコメントは、敗北宣言ですね。

別にそんな事はないです?
そんなルール設定はされていません.


>(略)という文言が必要ですか?
「書いてあるとおり」とした以上は,必要です.
日本語を勉強しましょう.

| こじま | 2015/08/03 14:48 | URL |

こじまさん | 2015/08/03 14:48 |へ

>>今更のコメントは、敗北宣言ですね。
>別にそんな事はないです?そんなルール設定はされていません.


疑問形ですか?

大丈夫ですか?

負けは負けと認めた方が潔いですよ?


>>(略)という文言が必要ですか?
>「書いてあるとおり」とした以上は,必要です.日本語を勉強しましょう.

こじまさんご自身は「書いてあるとおり」としていないので、「略」しても構わないということですね。

下らない。


法律は、例外規定も含めて、書いてあるとおりです。

自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行と定められていますので、自動車と自転車ではトイレの順番待ちの列が異なります。

今回の動画では、「やむを得ないとき」という例外に該当しないにも関わらず、自転車の通行空間である車道「左端」に進路変更した軽自動車は、道路交通法で設定されたルールに違反しています。

道路交通法で設定されたルールを正しく読み取れるように日本語を勉強しましょう。

頑張れ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/03 17:49 | URL |

>負けは負けと認めた方が潔いですよ?

あっそ

>法律は、例外規定も含めて、書いてあるとおりです。
>自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行と定められていますので、自動車と自転車ではトイレの順番待ちの列が異なります。

では「車両通行帯の設けられた道路を通行する場合」は順番待ちの列は異なりません.
ですので,「| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/03 11:59 | URL |」における記述は正しくありません.


>今回の動画では、「やむを得ないとき」という例外に該当しないにも関わらず、自転車の通行空間である車道「左端」に進路変更した軽自動車は、道路交通法で設定されたルールに違反しています。

「| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/03 11:59 | URL |」では,動画の場合に限定していないから,それとは関係ありません.
あくまでも,「一般化した言い方が不適切である」という指摘です.

~~
>道路交通法で設定されたルールを正しく読み取れるように日本語を勉強しましょう。
>頑張れ。

あなたに言われたくない.

| こじま | 2015/08/03 17:57 | URL |

こじまさん | 2015/08/03 17:57 |へ

>>負けは負けと認めた方が潔いですよ?
>あっそ

どうやら、負けを認められたようです。
良かった。
良かった。

>>法律は、例外規定も含めて、書いてあるとおりです。
自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行と定められていますので、自動車と自転車ではトイレの順番待ちの列が異なります。
>では「車両通行帯の設けられた道路を通行する場合」は順番待ちの列は異なりません.ですので,「| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/03 11:59 | URL |」における記述は正しくありません.

お得意の「車両通行帯の設けられた道路を通行する場合」で逃れようとしても無駄です。

今回の動画には、「車両通行帯」などありませんし、「トロリーバス」も走っていません。

車両通行帯の設けられた道路を通行する場合は、定められた車両通行帯の内側でのトイレの順番待ちの列は、「道路交通法」では定められていないだけのことです。

道路交通法で定められていない以上、車両通行帯の内側であれば、それぞれの自転車乗り・自動車ドライバーの判断で何処を通行しても構わないということです。

小生の今回の記述には、何ら問題ありません。

古い例で言えば、ブレーキをかけて制動しなかったと自認したユーチューブに投稿せんがために左折車両の左後方に追突した当たり屋の特急(高速度)自転車乗りは、第一(左折)通行帯のど真ん中を通行することで、左折車両の頭を抑えても、道路交通法上は、何ら問題ないということです。


>>今回の動画では、「やむを得ないとき」という例外に該当しないにも関わらず、自転車の通行空間である車道「左端」に進路変更した軽自動車は、道路交通法で設定されたルールに違反しています。
>「| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/03 11:59 | URL |」では,動画の場合に限定していないから,それとは関係ありません.あくまでも,「一般化した言い方が不適切である」という指摘です.

小生は、今回の動画に焦点を絞っていますので、引用した道路交通法の条文の文言からも、あえて、「車両通行帯」や「トロリーバス」を外しています。

今回の動画の軽自動車は明らかに道路交通法に違反しています。

しかしながら、まあ、違反は違反でも、第十八条 第一項(左側寄り通行等) には「罰則」の定めはありませんので、自転車の酒気帯び運転と同程度のものだということです。
 

>>道路交通法で設定されたルールを正しく読み取れるように日本語を勉強しましょう。頑張れ。
>あなたに言われたくない.

これだけ、コテンパに打ち負かされては、負け犬の遠吠えにもなりません。
言われるうちが花ですよ。
まあ、頑張れ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/03 20:55 | URL |

>>負けは負けと認めた方が潔いですよ?
>あっそ

どうやら、負けを認められたようです。
良かった。
良かった。

負けを認めたなんて書いてませんよ.
日本語読めないんですか?


~~~
>小生は、今回の動画に焦点を絞っていますので、
| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/01 12:27 | URL |の段階では,そんなこと一言も書いていませんから,それは通じません.
「絞った話しだ」とするなら,改めて宣言するなり,修正するなりして下さい.

それをしない限りは少なくとも,現段階において私の指摘は「| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/03 11:59 | URL |」における記述は正しくありません. 」であり,それに対しての反論とはなっていません.

~~~

>>道路交通法で設定されたルールを正しく読み取れるように日本語を勉強しましょう。頑張れ。
>あなたに言われたくない.
>これだけ、コテンパに打ち負かされては、負け犬の遠吠えにもなりません。
>言われるうちが花ですよ。
>まあ、頑張れ。

負けてないからね~

| こじま | 2015/08/04 09:19 | URL |

こじまさん | 2015/08/04 09:19 |へ

>>負けは負けと認めた方が潔いですよ?
>あっそ
>>どうやら、負けを認められたようです。
良かった。
良かった。
>負けを認めたなんて書いてませんよ.日本語読めないんですか?

あっそ

では、小生が書いて差し上げましょう。

こじまさんの負けです。


>>小生は、今回の動画に焦点を絞っていますので、
>| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/01 12:27 | URL |の段階では,そんなこと一言も書いていませんから,それは通じません.「絞った話しだ」とするなら,改めて宣言するなり,修正するなりして下さい.

小生は当初から今回の動画についてコメントしていますので、改めての宣言も修正も必要ありません。


>それをしない限りは少なくとも,現段階において私の指摘は「| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/03 11:59 | URL |」における記述は正しくありません. 」であり,それに対しての反論とはなっていません.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こじまさん | 2015/08/02 16:51 |へ

>自動車は左側を走れるから,左側に含まれるで左端・左側端も通行OKです.

でぇ~でぇとお国訛りで、誤魔化されても困りものです。

法律は書いてあるとおりです。

>加えて,自転車も「左側端に寄って」いればいいし,道路条件によっては「左側」も走れます.ですので順番待ちの列は異なる場合もあれば,異ならない場合もあるため,「自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。」と一般化した表現は不適切です.

法律は一般化した表現であり、例外規定も含めて、書いてあるとおりです。

自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行ですので、自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。

そして、今回の動画では、自転車の通行空間である車道「左端」に進路変更した軽自動車が「不適切」です。

(左側寄り通行等)
第十八条  車両は、自動車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。
ただし、追越しをするとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。
| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/03 11:59 |
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このコメントに対して、こじまさんは、
>あなたは『書いてあるとおり』に,引用していない.この時点で,信用ならない.(byこじまさん | 2015/08/03 13:03 )とのことで、「書いてあるとおり」とした以上は,(トロリーバスを除く。)も必要です. 日本語を勉強しましょう.(byこじまさん | 2015/08/03 14:48)
というコメントしか返せなかった

それだけのことです。


>>道路交通法で設定されたルールを正しく読み取れるように日本語を勉強しましょう。頑張れ。
>あなたに言われたくない.
>>これだけ、コテンパに打ち負かされては、負け犬の遠吠えにもなりません。
>>言われるうちが花ですよ。
>>まあ、頑張れ。
>負けてないからね~

あっそ

負け犬の遠吠えですね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/04 13:18 | URL |

>>負けは負けと認めた方が潔いですよ?
>あっそ
>>どうやら、負けを認められたようです。
良かった。
良かった。
>負けを認めたなんて書いてませんよ.日本語読めないんですか?
>>あっそ
>>では、小生が書いて差し上げましょう。
>>こじまさんの負けです。

書くだけで相手の負けになるなら私もそうする.
ときどきオアゾツーキニストの負けです.


~~~
>>小生は当初から今回の動画についてコメントしていますので、改めての宣言も修正も必要ありません。

そんな事,一言も書いて無いです.
「広く公開されたネット上の議論では、文言が全てです。」 | ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/22 14:55 | URL |」

上のように書いた以上,改めての宣言や修正をしなければ,貴方の言い分は通りません.


~~~
>>(略)というコメントしか返せなかった
それだけのことです。

それだけのことだけど,それに対して貴方は否定出来てないのですから,改めての宣言や修正をしなければ,貴方の言い分は通りません.

| こじま | 2015/08/04 16:30 | URL |

こじまさん | 2015/08/04 16:30 |へ

>>では、小生が書いて差し上げましょう。
>>こじまさんの負けです。
>書くだけで相手の負けになるなら私もそうする.ときどきオアゾツーキニストの負けです.

そうなりますよね。
ご苦労様です。


>>小生は当初から今回の動画についてコメントしていますので、改めての宣言も修正も必要ありません。
>そんな事,一言も書いて無いです.「広く公開されたネット上の議論では、文言が全てです。」 | ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/22 14:55 | URL |」上のように書いた以上,改めての宣言や修正をしなければ,貴方の言い分は通りません.

小生は当初から今回の動画についてコメントしています。

今回の動画には、「車両通行帯」などありませんし、「トロリーバス」も走っていません。

法律は一般化した表現であり、例外規定も含めて、書いてあるとおりです。

自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行ですので、自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。

そして、今回の動画では、自転車の通行空間である車道「左端」に進路変更した軽自動車が「不適切」です。


>>(略)というコメントしか返せなかった それだけのことです。
>それだけのことだけど,それに対して貴方は否定出来てないのですから,改めての宣言や修正をしなければ,貴方の言い分は通りません.

では、改めて、きちんと否定して差し上げましょう。

>自動車は左側を走れるから,左側に含まれるで左端・左側端も通行OKです.
加えて,自転車も「左側端に寄って」いればいいし,道路条件によっては「左側」も走れます.ですので順番待ちの列は異なる場合もあれば,異ならない場合もあるため,「自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。」と一般化した表現は不適切です.(by こじま | 2015/08/02 16:51)

このコメントは明らかに誤っています。

道路交通法では、自動車の通行空間は、車道「左側」と定めています。

車道「左端」は、自転車の通行空間です。

自動車が左端・左側端を通行することは、道路交通法第18条に違反します。

法律は書いてある通りです。

加えて、自転車が車道「左端」以外を通行できる条件は、ただし書きで、「追越しをするとき、右折するとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないとき」などに限定されています。

「加えて,自転車も「左側端に寄って」いればいいし,道路条件によっては「左側」も走れます.」というこじまさんの言い分は、はげおやじさんの「闘魂注入クラクション」の「危険を防止するためやむを得ないとき」と同レベルのものに過ぎません。

法律は書いてあるとおりです。

自転車の通行空間は、車道「左端」です。

その法律に違反して、自動車の通行空間である車道「左側」を通行するかどうかは、酒気帯びで自転車に乗るかどうかと同様に、自転車乗り一人ひとりが決めることです。


>ですので順番待ちの列は異なる場合もあれば,異ならない場合もあるため,「自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。」と一般化した表現は不適切です.」(by こじま | 2015/08/02 16:51)

ですので、程度問題で誤魔化そうとしても無駄です。

「自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列は異なります。」ので一般化した表現で何ら問題ありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/04 18:42 | URL |

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/04 18:42 | URL | へ


>小生は当初から今回の動画についてコメントしています。

それは,一番最初のコメントに書いていません.
「文言が全て」としていたのですから,
「当初から~」というのは嘘です.


~~~
>法律は一般化した表現であり、例外規定も含めて、書いてあるとおりです。
>自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行ですので、自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。


自転車は「左端」ではなく「左側端に寄つて」通行します.
貴方は「書いてあるとおり」に記述しておらず,私が今回も指摘したような記述が「書いてあるとおり」です.

やはり貴方は嘘つきです.


~~~
>このコメントは明らかに誤っています。
>道路交通法では、自動車の通行空間は、車道「左側」と定めています。
>車道「左端」は、自転車の通行空間です。


これを言うためには,貴方は「左側端」に寄った位置が「左側」に含まれない事を,証明しなければなりません.
それは,貴方からは達成されていません.
「左」の対立する言葉は「右」や「中央」ですが,左側端が「右側」や「中方」に含まれるとでも言うのでしょうか?いや,そんな事はありえません.
よって,貴方は嘘をついています.


~~~
>「自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列は異なります。」ので一般化した表現で何ら問題ありません。

数量的な反例を出しておきましょう.

①幅2.75m の道路
②幅2.49m のトラック
③幅0.58m の自転車

これらが道路をはみださずに並走する事は不可能です.
(2.49+0.58=2.49+0.58< 2.75)

すなわち,「自動車と自転車では(略)」が成立せず,順番待ちの列が同じとなる場面が,左側端に寄った通行位置と,左側の通行位置が共有される場面が,現実に存在します.
以上から「自動車と自転車では(略)」は全ての条件では成立せず,一般化した言い方は不適です.

加えて,上記の道路・トラック・自転車はいずれも現実に存在します.

①道路
 http://www.jari.or.jp/tabid/142/Default.aspx
 抜き出し:「実際の市街路を模擬し」たコース

 http://www7a.biglobe.ne.jp/~inamaru/chapter-68/chapter-68mitinohaba.html
 抜き出し:「一車線の幅は2.75、3.00、3.25mになっていることが多いようです。」

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E5%B1%B1%E7%9C%8C%E9%81%93428%E5%8F%B7%E5%80%89%E6%95%B7%E8%A5%BF%E7%92%B0%E7%8A%B6%E7%B7%9A

一般道に2.75m幅の道が存在する事を,私以外の人間・機関が表明しています.

②トラック
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-475.html

③自転車
http://cycle.panasonic.jp/products/electric/eld/spec.html
全幅580mm



よって貴方は嘘つきです.
もう少しやわらかく言うなら,言っている事は不適切です.



~~~
「元々の引用がそもそも引用になっていない」とか,「自分で言っている事を守らない」とか,貴方がそもそも出発点が正常な位置に無い以上,私との議論には勝てないとおもいますよ.

| こじま | 2015/08/04 21:19 | URL |

こじまさん | 2015/08/04 21:19 |へ

>>小生は当初から今回の動画についてコメントしています。
>それは,一番最初のコメントに書いていません. 「文言が全て」としていたのですから, 「当初から~」というのは嘘です.

このブログの動画についてコメント欄にコメントする際に、今回の動画についてコメントしていますというコメントが必要ですか?

小生のコメントに何ら過不足はありません。


>>法律は一般化した表現であり、例外規定も含めて、書いてあるとおりです。
>>自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行ですので、自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。
>自転車は「左端」ではなく「左側端に寄つて」通行します.貴方は「書いてあるとおり」に記述しておらず,私が今回も指摘したような記述が「書いてあるとおり」です.やはり貴方は嘘つきです.

法律は書いてあるとおりです。

「つ」と「っ」の違いを含めて、法律の難解な文言を分かりやすい簡潔な日本語で表現すれば、道路交通法18条は、第一通行帯ど真ん中通行も含めて、自転車は車道「左端」通行となります。

この議論は、とうの昔に小生の完全勝利で決着済みです。


>>このコメントは明らかに誤っています。
>>道路交通法では、自動車の通行空間は、車道「左側」と定めています。
>>車道「左端」は、自転車の通行空間です。
>これを言うためには,貴方は「左側端」に寄った位置が「左側」に含まれない事を,証明しなければなりません.それは,貴方からは達成されていません.「左」の対立する言葉は「右」や「中央」ですが,左側端が「右側」や「中方」に含まれるとでも言うのでしょうか?いや,そんな事はありえません.よって,貴方は嘘をついています.

程度問題で誤魔化しても無駄です。

今回の動画で世捨人さんが「この軽自動車はガードレールに極限まで寄せて停車した。2台前の車の停止位置と比較すれば明らかである。」と断言されているとおりです。

法律は書いてあるとおりです。

自動車の通行空間は車道「左側」であり、自転車の通行空間は車道「左端」です。

「左側」と「左端」が異なるからこそ、自動車も左折時には出来るだけ「左端」に寄って沿って通行しなければならないとされているのです。

そして、この左折車両の「左端寄って沿って通行」違反には、左折巻き込み事故を防ぐために、二万円以下の罰金又は科料が課されるのです。

(左折又は右折)
第三十四条  車両は、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り道路の左側端に沿つて(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分を通行して)徐行しなければならない。


>>「自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列は異なります。」ので一般化した表現で何ら問題ありません。
>数量的な反例を出しておきましょう. ①幅2.75m の道路 ②幅2.49m のトラック ③幅0.58m の自転車 これらが道路をはみださずに並走する事は不可能です.(2.49+0.58=2.49+0.58< 2.75) すなわち,「自動車と自転車では(略)」が成立せず,順番待ちの列が同じとなる場面が,左側端に寄った通行位置と,左側の通行位置が共有される場面が,現実に存在します.以上から「自動車と自転車では(略)」は全ての条件では成立せず,一般化した言い方は不適です.加えて,上記の道路・トラック・自転車はいずれも現実に存在します.
①道路http://www.jari.or.jp/tabid/142/Default.aspx  抜き出し:「実際の市街路を模擬し」たコースhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~inamaru/chapter-68/chapter-68mitinohaba.html 抜き出し:「一車線の幅は2.75、3.00、3.25mになっていることが多いようです。」 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E5%B1%B1%E7%9C%8C%E9%81%93428%E5%8F%B7%E5%80%89%E6%95%B7%E8%A5%BF%E7%92%B0%E7%8A%B6%E7%B7%9A 一般道に2.75m幅の道が存在する事を,私以外の人間・機関が表明しています. ②トラック
http://torack7.blog.fc2.com/blog-entry-475.html ③自転車 http://cycle.panasonic.jp/products/electric/eld/spec.html 全幅580mm よって貴方は嘘つきです. もう少しやわらかく言うなら,言っている事は不適切です.

証明することを要しない顕著な事実についての種々の引用、ご苦労様です。

(証明することを要しない事実)
民事訴訟法 第百七十九条  裁判所において当事者が自白した事実及び顕著な事実は、証明することを要しない。

道路の幅が狭く、安全な速度と方法で追い越し出来ない後続車両(大型トラック)は、先行する自転車の後ろから安全な車間距離を保って大人しく追随すれば良いだけのことです。

逆に、脚力不足の後続車両(自転車)は、先行する大型トラックに置いて行かれるだけのことで、何ら問題ありません。

道路の幅が狭く、物理的に自転車の列と自動車の列が重なったとしても、自転車の列と自動車の列が異なることに何ら影響ありません。

トイレの順番待ちの列も入口部分等の狭いところでは、男女・大小の複数の列が重なることはよくあることです。

それでも、男女・大小のトイレの順番待ちの列は異なりますし、これ幸いと順番を違える(横入りする)ことは、マナー違反です。


>「元々の引用がそもそも引用になっていない」とか,「自分で言っている事を守らない」とか,貴方がそもそも出発点が正常な位置に無い以上,私との議論には勝てないとおもいますよ.

上述のとおり、こじまさんの負けです。

そもそも、様々な条文で「左側」、「左端」と明記されている法律の文言をご理解されていないこじまさんが、「自動車は左側を走れるから,左側に含まれるで左端・左側端も通行OKです.加えて,自転車も「左側端に寄って」いればいいし,道路条件によっては「左側」も走れます.ですので順番待ちの列は異なる場合もあれば,異ならない場合もあるため,「自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。」と一般化した表現は不適切です.」(byこじま | 2015/08/02 16:51)などと、一般化した表現である法律の文言(並びに、難解なそれを分かり易く簡潔に表現した小生の文言)を具体的適用場面での程度問題と勘違いされて難癖を付けて来ただけのことです。

口を挿むには、無理筋でしたね。

ご苦労様でした。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/05 13:40 | URL |

私はタクシー運転手でもあり自転車乗りでもあるものです。
記事とは全く関係ありませんが、世捨人さんはタクシー運転手であると聞いたのですが本当ですか?

| タクシー運転手 | 2015/08/05 14:38 | URL |

こじまさん | 2015/08/04 21:19 |へ

>>小生は当初から今回の動画についてコメントしています。
>それは,一番最初のコメントに書いていません. 「文言が全て」としていたのですから, 「当初から~」というのは嘘です.

このブログの動画についてコメント欄にコメントする際に、今回の動画についてコメントしていますというコメントが必要ですか?

「文言が全て」と過去に貴方が言った以上,回答は「はい」です.
そして,それは,一番最初のコメントに書いていない以上,「当初から~」というのは嘘です.
もちろん,私は「文言が全て」とは主張していませんので,貴方にだけ適用され,私には適用されません.

~~~

>法律は書いてあるとおりです。

>「つ」と「っ」の違いを含めて、法律の難解な文言を分かりやすい簡潔な日本語で表現すれば、

貴方の言うような「表現」をしてしまうと,「書いてあるとおり」ではありません.


~~~
>この議論は、とうの昔に小生の完全勝利で決着済みです。

では,「この議論は、とうの昔にこじまの完全勝利で決着済みです。 」


~~~
>程度問題で誤魔化しても無駄です。

この前段にある私の記述は「程度問題」ではありません.


~~~
>今回の動画で

私は「今回の動画」の話はしていません.
文章をよく読みましょう.

そして,「今回の動画の話を,あたかも一般的な事象・指摘であるかのように記述するのは,不適切だ」というのが私の論旨です.


~~~
>法律は書いてあるとおりです。
>自動車の通行空間は車道「左側」であり、自転車の通行空間は車道「左端」です。

何度も言いますが,自転車は「左端」ではなく「左側端に寄つて」通行します.
間違えています.


~~~
>道路の幅が狭く、安全な速度と方法で追い越し出来ない後続車両(大型トラック)は、先行する自転車の後ろから安全な車間距離を保って大人しく追随すれば良いだけのことです。



~~~
>物理的に自転車の列と自動車の列が重なった

この場合
自転車は先行車両(自動車)が動かないと,進行できない
逆の場合に,自動車は先行車両(自転車)が動かないと,進行できない
自動車・自転車が(右でも左でもいいですが)進路を譲った瞬間に,走行位置違反になる.


>男女・大小のトイレの順番待ちの列は異なり
この場合は
(例)男性は女性を抜いても,進行できる
ちょっと失礼と言って,女性に幅をあけてもらう事は,マナー違反でも法律違反でもない


よって,
上の例は,順番待ちの列が同じとなります.
そして,上の例と下の例では,わざわざ事例が違うのに,あたかも同じようにしているのも,間違いです.


~~~
>上述のとおり、こじまさんの負けです。

「上述のとおり、ときどきオアゾツーキニストの負けです。 」「口を挿むには、無理筋でしたね。 」

~~~
>そもそも、様々な条文で「左側」、「左端」と明記されている法律の文言

少なくとも,「左側端に寄つて」なので,今の文脈の中では,「明記されていません」
相変わらず,嘘つきですね.

| こじま | 2015/08/05 21:21 | URL |

| ときどきオアゾツーキニスト様 | 2015/08/05 13:40 | URL |
相変わらず、数字が苦手な御様子。
良かった良かった。
貴殿の負けです。

| ヒロ | 2015/08/05 23:03 | URL |

Re: タイトルなし

>ただでさえ渋滞でイライラしているのに、横ををチャリでスリ抜けられるのムカつきますなあ。

ドライバー共通の悩みですね。

>前のクルマ、幅寄せというか、この先の交差点で左折するので巻き込み防止のために左に寄ったとも考えられますね。

クルマの脇スレスレを追い抜かされて、イラッとしたのかと思います。

>左に寄ったら寄ったで、今度は右からスリ抜けて行く輩(やから)も居ますし、ホント死んで欲しいですわ。

歩道を通行すれば解決する問題ですね。

| 世捨人 | 2015/08/05 23:16 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>この動画に映っている軽四輪の行動に正当性があるとは思えない.左折するならするらしくウィンカーも出していない.歩行者や自転車の通り道を空けないのは明らかにドライバーのルール違反.

道路は自転車のものではありません。譲り合いの精神をはぐくんでください。

| 世捨人 | 2015/08/05 23:17 | URL |

Re: タイトルなし

>渋滞してるからと言って周囲の確認をしていないから突然出てきたように感じるだけでは??

原付は前照灯やエンジン音で接近を知らせてくれます。

>動いている以上周囲の確認はしますし、道路として歩道のない一般道路ですよね。歩行者も通る可能性があるのに、その程度であわてたり、イラつくなら運転しないほうがいいですよ。

道路は自転車のものという考えが、大惨事を招くでしょう。

>2車線道路で、先が渋滞して止まっているのに、となりの車線から無理やり割り込んで入ってくる車のほうがイラつきます。自転車が車の通行ラインを塞がないで走る分にはどうでもいいですよ。

渋滞回避のための合理的な判断でしょう。

| 世捨人 | 2015/08/05 23:18 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>>何の前触れもなく出てきたため、驚きで心臓が張り裂けそうであった。渋滞や度重なる信号待ちでドライバーの精神状態が良好とはいえず また、左右や後方にまで注意を向けるのは酷だクルマの不意な動きに対応できないこともあろう。
>諸悪の根源は、この程度のことで正常な精神が保てなくなるドライバー。間違いなく自動車運転不適格者。

ドライバーの中には事故多発者がいるなか、車道を身体がむきだしとなる自転車が走行するのは危険極まりありません。

>道路は自動車だけでなく、生身の人間である二輪車、自転車、歩道もない道路では歩行者とも混在する。そのような環境で、重量1トン以上もの鉄の塊を時速数十キロで動かすのに正常な精神を保って細心の注意を払えないドライバーは、直ちに免許を返上しなさい。

小生はゴールド免許(優良運転者)です。

>特に渋滞や信号待ちなどは当然あり得ることとして受け止めるべきであり、ストレスなど言い訳にもならない。

道路では思いやり・譲り合いの精神を忘れないでください。

| 世捨人 | 2015/08/05 23:20 | URL |

Re: タイトルなし

旧こじさん

>ドライバーは低速車に対して敏感です。衝突の危険を除去するために、早くやり過ごしたいという心理が働きます。しかし、追い越し(追い抜き?)は神経をすり減らす場面であり注意を要します。駐車車両など止まっているものに対しての追い越し(追い抜き?)は比較的容易ですが、動いている車両となると、刻々と変化する道路状況にうまく対応できない場合があります。かといって、低速車に追走すると交通の円滑を阻害しかねず国益に反するという理屈はうなずけるものがあるかもしれません。安全に追い越しするには、一般道では時速50キロが限界でしょうか?時速15キロ程度の車両なら難なくクリアできます。道路はみんなのものですので、気持ちよく利用できるよう、それぞれあ心がけましょう。

違いのわかる大人になってください。

| 世捨人 | 2015/08/05 23:21 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。

車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられています。

>自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。

国産の乗用車は右ハンドルですから、右折時に反対車線の安全確認がしやすい「左側通行」としたのでしょう。

>みだりにその進路を変更して、自転車の順番待ちの列へ「横入り」してくる軽自動車は、自転車は歩道さん | 2015/07/31 05:42 |が仰るとおり「右からスリ抜けて」行けば良いだけです。

「狭いニッポン、そんなに急いでどこに行く」ではありませんが、先を急がないでください。

| 世捨人 | 2015/08/05 23:23 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>すり抜けする自転車がいやだからといって、ウインカー出さずに進路変更するのは危ない まさに「今日のくそったれ」というにふさわしいドライバーですな

おっしゃるとおり、身体がむきだしとなる自転車にあっては、危険な車道は避け歩道を活用したいですね。

| 世捨人 | 2015/08/05 23:28 | URL |

Re: タイトルなし

タクさん

>私はタクシー運転手でもあり自転車乗りでもあるものです。記事とは全く関係ありませんが、世捨人さんはタクシー運転手であると聞いたのですが本当ですか?

小生は交通安全ジャーナリストです。

| 世捨人 | 2015/08/05 23:29 | URL |

>>すり抜けする自転車がいやだからといって、ウインカー出さずに進路変更するのは危ない まさに「今日のくそったれ」というにふさわしいドライバーですな

>おっしゃるとおり、身体がむきだしとなる自転車にあっては、危険な車道は避け歩道を活用したいですね。

自転車や原付が車道を快適に走れるように、自動車のドライバーのマナー向上が望まれますね。

自動車で動画のような運転をする輩は減って欲しいですな

| 自転車は車道 | 2015/08/06 05:12 | URL |

今日のくそったれ!って他人のムカつく所見つけて侮蔑してても時間の無駄じゃありませんか?今日あったいい事、今日見たいい運転
他人や自分のいい所探せば?
他人の粗を指摘して蔑んでもあなた自身は立派にはなれません。
このブログを見てると
世捨人さんは人生がつまらなそうで可哀想ですね、楽しみが無くて誰からも疎まれ
他者に対して余裕が無くて
匿名のネットの世界で憂さ晴らし…
みたいな感じがしますね…
人生は一回なのにもったいない

| 自転車は歩道 | 2015/08/06 09:39 | URL |

こじまさん | 2015/08/05 21:21 |へ

こじまさん | 2015/08/04 21:19 |へとのことで、こじまさんご自身あてのコメントのようですので、返信不要ですかね?

まあ、折角ですので、広く公開されているネット上ですので、閲覧者の方々のために、回答することとしましょう。

>>小生は当初から今回の動画についてコメントしています。
>それは,一番最初のコメントに書いていません. 「文言が全て」としていたのですから, 「当初から~」というのは嘘です.
>>このブログの動画についてコメント欄にコメントする際に、今回の動画についてコメントしていますというコメントが必要ですか?
>「文言が全て」と過去に貴方が言った以上,回答は「はい」です.

小生のコメントに何ら過不足はありません。


>そして,それは,一番最初のコメントに書いていない以上,「当初から~」というのは嘘です.もちろん,私は「文言が全て」とは主張していませんので,貴方にだけ適用され,私には適用されません.

素晴らしい。
どうぞご勝手に。
主張したもの負けとは、かつてのMinelさんの論理のようですね。

いずれにせよ、「文言が全て」です。
何ら問題ありません。


>>法律は書いてあるとおりです。
>>「つ」と「っ」の違いを含めて、法律の難解な文言を分かりやすい簡潔な日本語で表現すれば、
>貴方の言うような「表現」をしてしまうと,「書いてあるとおり」ではありません.

自転車にとっては、車両通行帯のある道路では第一通行帯が車道左端となります。
第一通行帯のど真ん中を通行しても、右端を通行しても、車道全体の中では、「左端」通行となります。
このことを含めて、自転車は車道左端通行しなければならない、と道路交通法18条は定めています。

分かりやすい日本語ですよ。
しっかりとご理解下さい。


>>この議論は、とうの昔に小生の完全勝利で決着済みです。
>では,「この議論は、とうの昔にこじまの完全勝利で決着済みです。」

上述のとおりです。
分かりやすい日本語ですよ。
しっかりとご理解下さい。


>>程度問題で誤魔化しても無駄です。
>この前段にある私の記述は「程度問題」ではありません.

「左端」と「左側」の違いは程度問題でしかありません。
しっかりとご理解下さい。


>>今回の動画で
>私は「今回の動画」の話はしていません.
文章をよく読みましょう. そして,「今回の動画の話を,あたかも一般的な事象・指摘であるかのように記述するのは,不適切だ」というのが私の論旨です.

ようやく論点が絞られて来たようですね。

今回の動画も含めて、道路交通法に定められているとおり自転車は車道「左端」通行ですし、自動車は車道「左側」通行です。

小生は、適切に一般的な事象・指摘として記述しています。


>>法律は書いてあるとおりです。
>>自動車の通行空間は車道「左側」であり、自転車の通行空間は車道「左端」です。
>何度も言いますが,自転車は「左端」ではなく「左側端に寄つて」通行します.間違えています.

ようやく「つ」と「っ」の違いにも気づかれたようですね。

法律の難解な文言を分かり易く簡潔な普通の日本語で表現すれば、自動車の通行空間は車道「左側」であり、自転車の通行空間は車道「左端」である、となります。


>>道路の幅が狭く、安全な速度と方法で追い越し出来ない後続車両(大型トラック)は、先行する自転車の後ろから安全な車間距離を保って大人しく追随すれば良いだけのことです。
>>物理的に自転車の列と自動車の列が重なった
>この場合 自転車は先行車両(自動車)が動かないと,進行できない 逆の場合に,自動車は先行車両(自転車)が動かないと,進行できない 自動車・自転車が(右でも左でもいいですが)進路を譲った瞬間に,走行位置違反になる.

意味不明です。

トイレの順番待ちの列も、それぞれの放尿・排便に要する時間に応じて、ストップ&ゴーを繰り返しながら進行するものです。

トイレの入口付近の狭くなった部分で、大・小、男・女の列が重なったとしても何ら問題ありませんよ。


>>男女・大小のトイレの順番待ちの列は異なり
>この場合は(例)男性は女性を抜いても,進行できる ちょっと失礼と言って,女性に幅をあけてもらう事は,マナー違反でも法律違反でもない よって,上の例は,順番待ちの列が同じとなります.そして,上の例と下の例では,わざわざ事例が違うのに,あたかも同じようにしているのも,間違いです.

巾60センチとスマートな自転車は、ちょっと失礼と言って、図体ばかりが大きくて身動きが取れずに渋滞の列を作っている自動車を横目に、車道左端を「すり抜け」て行く事は、マナー違反でも法律違反でもない。

イベント会場などでごったがえしている所では、物理的に男性用トイレが空いていても、ちょっと失礼などと言って、前に進むことは物理的にも出来ませんし、マナー違反です。

そして、トイレの順番待ちの列が早い者順であることは、法律に定めるまでもなく、世の中の当たり前のルールです。

そういう意味で、トイレの入り口等の物理的な隘路で割り込むことはルール違反となります。


>>上述のとおり、こじまさんの負けです。
>「上述のとおり、ときどきオアゾツーキニストの負けです。 」「口を挿むには、無理筋でしたね。 」

口を挿んできたのは、こじまさんです。
残念でした。


>>そもそも、様々な条文で「左側」、「左端」と明記されている法律の文言
>少なくとも,「左側端に寄つて」なので,今の文脈の中では,「明記されていません」
相変わらず,嘘つきですね.

「左端」が「左側端に寄つて」という難解な法律文言を分かり易く簡潔に表現した普通の日本語であることを理解されただけでも、各段の進歩です。
良かった。
良かった。

で、そもそも、様々な条文で「左側」、「左端」と明記されている法律の文言をご理解されていないこじまさんは、「自動車は左側を走れるから,左側に含まれるで左端・左側端も通行OKです.加えて,自転車も「左側端に寄って」いればいいし,道路条件によっては「左側」も走れます.ですので順番待ちの列は異なる場合もあれば,異ならない場合もあるため,「自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。」と一般化した表現は不適切です.」(byこじま | 2015/08/02 16:51)などと、一般化した表現である法律の文言(並びに、難解なそれを分かり易く簡潔に表現した小生の文言)を具体的適用場面での程度問題と勘違いされて難癖を付けて来ただけのことです。には、反論出来ないということです。

「つ」と「っ」の違いも理解されていなかったのですから、仕方ないですよね。

お終い。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/06 12:21 | URL |

世捨人さん| 2015/08/05 23:23 |へ

>>自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。
>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられています。

自転車乗りにとっては、1トンを超える重量で、100キロを超えるスピードを出す自動車の走行を想定して、頑丈かつ滑らかにつくられている車道の端っこを通行させて頂くだけで十分です。

ありがたいことです。


>>自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。
>国産の乗用車は右ハンドルですから、右折時に反対車線の安全確認がしやすい「左側通行」としたのでしょう。

ハンドルが先か、左側通行が先か、鶏と卵のようですね。


>>みだりにその進路を変更して、自転車の順番待ちの列へ「横入り」してくる軽自動車は、自転車は歩道さん | 2015/07/31 05:42 |が仰るとおり「右からスリ抜けて」行けば良いだけです。
>「狭いニッポン、そんなに急いでどこに行く」ではありませんが、先を急がないでください。

狭い空間でも自由自在に「すり抜け」て行けるところは、巾60センチとスマートな自転車の最もよいところです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/06 12:56 | URL |

ヒロさん | 2015/08/05 23:03 |へ

>相変わらず、数字が苦手な御様子。良かった良かった。貴殿の負けです。

突然のお出まし、どうされたのですか?

ヒロさんは、スピードの危険性を示す物理の公式を誰にでも理解できる日本語で説明する責任を全う下さい。

それからです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/06 13:01 | URL |

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/06 12:21 | URL |へ

~~~
こじまさん | 2015/08/05 21:21 |へ

こじまさん | 2015/08/04 21:19 |へとのことで、こじまさんご自身あてのコメントのようですので、返信不要ですかね?

私のミスです.謝罪します.
まぁ,返信したくなければ市なければいいですよ.
『しなかったら負け』は貴方の言い分ですから,他人に強制するかはともかく,本人は守らないと.

~~~
>主張したもの負けとは、かつてのMinelさんの論理のようですね。

この発言は,貴方の負けを認める内容です.


~~~
>>小生は当初から今回の動画についてコメントしています。
>それは,一番最初のコメントに書いていません. 「文言が全て」としていたのですから, 「当初から~」というのは嘘です.
>>このブログの動画についてコメント欄にコメントする際に、今回の動画についてコメントしていますというコメントが必要ですか?
>「文言が全て」と過去に貴方が言った以上,回答は「はい」です.

>>小生のコメントに何ら過不足はありません。

●小生は当初から今回の動画についてコメントしています。
●最初のコメントに「今回の動画についてコメントしてい」る旨は書いていない.

よって,「文言が全て」か「当初から(略)~」の間で矛盾が生じる.
矛盾,嘘つき,論理的整合性のとれない人,と言われても仕方ないし,そう言う人の発言は私からすると信用に足りません.

嘘を謝らずに,「嘘で無い」と強弁する事も含めてね.



~~~
>>車両通行帯のある道路では第一通行帯が車道左端となります。

じゃあ,車両通行帯のない道路では「車道左端とならない」んだから,『自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。 』と,条件限定無しで書く事は誤りです.

「文言が全て」というなら,ちゃんと「車両通行帯のある道路では」と書かないといけません.
よって,| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/01 12:27 |は嘘です.


~~~
>ようやく「つ」と「っ」の違いにも気づかれたようですね。

これを指摘するなら,自転車の「左端」と「左側端に寄つて」も『違う」ことになります.
つまり「書いてあるとおり」とは言えません.

よって貴方が貴方の言う事を否定している,矛盾です.


~~~
>法律の難解な文言を分かり易く簡潔な普通の日本語で表現すれば、自動車の通行空間は車道「左側」であり、自転車の通行空間は車道「左端」である、となります。

なりません.
すくなくとも「車両通行帯のある道路では」『自動車の通行空間は車道「左側」であり、自転車の通行空間は車道「左端」である、となります。 』としないと,法律と反する主張になります.

「法律は書いてあるとおり」「文言が全て」という主張を,自らすすんで犯すのは,主張が一貫していません.

~~~
>>道路の幅が狭く、安全な速度と方法で追い越し出来ない後続車両(大型トラック)は、先行する自転車の後ろから安全な車間距離を保って大人しく追随すれば良いだけのことです。
>>物理的に自転車の列と自動車の列が重なった
>この場合 自転車は先行車両(自動車)が動かないと,進行できない 逆の場合に,自動車は先行車両(自転車)が動かないと,進行できない 自動車・自転車が(右でも左でもいいですが)進路を譲った瞬間に,走行位置違反になる.

意味不明です。

トイレの順番待ちの列も、それぞれの放尿・排便に要する時間に応じて、ストップ&ゴーを繰り返しながら進行するものです。

トイレの入口付近の狭くなった部分で、大・小、男・女の列が重なったとしても何ら問題ありませんよ。


>>男女・大小のトイレの順番待ちの列は異なり
>この場合は(例)男性は女性を抜いても,進行できる ちょっと失礼と言って,女性に幅をあけてもらう事は,マナー違反でも法律違反でもない よって,上の例は,順番待ちの列が同じとなります.そして,上の例と下の例では,わざわざ事例が違うのに,あたかも同じようにしているのも,間違いです.

巾60センチとスマートな自転車は、ちょっと失礼と言って、図体ばかりが大きくて身動きが取れずに渋滞の列を作っている自動車を横目に、車道左端を「すり抜け」て行く事は、マナー違反でも法律違反でもない。

イベント会場などでごったがえしている所では、物理的に男性用トイレが空いていても、ちょっと失礼などと言って、前に進むことは物理的にも出来ませんし、マナー違反です。



↑このあたりに対して
主体が男性なら,男性用トイレが空いている場合に,「ちょっと失礼などと言って、前に進むことは物理的にも出来」ますし,「マナー違反ではありません.
こういう場合の貴方の得意技ですが,必要な記述条件をぼかしてますよ?

あと,私の出した条件で「すり抜け」すると,通行区分違反です.
この点で,「貴方の主張が通らない条件がある」と言う事で,一般化して語るのは,不適切,と何度も言っています.

| こじま | 2015/08/06 14:24 | URL |

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/06 12:21 | URL |へ

●小生は当初から今回の動画についてコメントしています。

を証明する記述が,
| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/01 12:27 | URL |

のどの文言にあたるかを教えてくれれば,私は負けを認めますよ.

ごちゃごちゃと言い訳せずに,それだけ答えてくれればいいんです.
それが出来ないなら,あんたの負けで,「文言が全て」「書いてあるとおり」が嘘だってこと.

日本語分かるかな?

| こじま | 2015/08/06 15:28 | URL |

こじまさん | 2015/08/06 14:24 | URL |へ

>>こじまさん | 2015/08/04 21:19 |へとのことで、こじまさんご自身あてのコメントのようですので、返信不要ですかね?
>私のミスです.謝罪します.まぁ,返信したくなければ市なければいいですよ. 『しなかったら負け』は貴方の言い分ですから,他人に強制するかはともかく,本人は守らないと.

誤字脱字を含めて、本当にミスの多い方ですね。
自転車や自動車の運転は大丈夫ですか?


>>主張したもの負けとは、かつてのMinelさんの論理のようですね。
>この発言は,貴方の負けを認める内容です.

何のことやら?
文言だけが頼りのネット上の議論では、書いてあることが全てです。
それだけのことです。


>>小生は当初から今回の動画についてコメントしています。
>それは,一番最初のコメントに書いていません. 「文言が全て」としていたのですから, 「当初から~」というのは嘘です.
>>このブログの動画についてコメント欄にコメントする際に、今回の動画についてコメントしていますというコメントが必要ですか?
>「文言が全て」と過去に貴方が言った以上,回答は「はい」です.
>>小生のコメントに何ら過不足はありません。
>●小生は当初から今回の動画についてコメントしています。●最初のコメントに「今回の動画についてコメントしてい」る旨は書いていない. よって,「文言が全て」か「当初から(略)~」の間で矛盾が生じる.矛盾,嘘つき,論理的整合性のとれない人,と言われても仕方ないし,そう言う人の発言は私からすると信用に足りません. 嘘を謝らずに,「嘘で無い」と強弁する事も含めてね.

書く必要のないことは、書かなくても良いでしょう。
ということで、小生のコメントに何ら過不足はありません。
こじまさんの日本語能力が低いことを露呈しているだけのことです。


>>車両通行帯のある道路では第一通行帯が車道左端となります。
>じゃあ,車両通行帯のない道路では「車道左端とならない」んだから,『自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。 』と,条件限定無しで書く事は誤りです.「文言が全て」というなら,ちゃんと「車両通行帯のある道路では」と書かないといけません.よって,| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/01 12:27 |は嘘です.

大丈夫ですか?
車両通行帯の無い道路では、道路交通法に書いてある通り、自転車の通行空間は車道左端となります。
『自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。 』という道路交通の原理原則に、条件や限定などあり得ません。
条件や限定があっては、原理原則となりません。
道路交通法に書いてあるとおりです。
条件や限定など全く不要です。
自動車は車道「左側」通行であり、自転車は車道「左端」通行です。
これが道路交通の最も基本となるルールです。

>>ようやく「つ」と「っ」の違いにも気づかれたようですね。
>これを指摘するなら,自転車の「左端」と「左側端に寄つて」も『違う」ことになります.つまり「書いてあるとおり」とは言えません.よって貴方が貴方の言う事を否定している,矛盾です.

難解な法律文言である車道(これも条文の文言は道路です)「左側端に寄つて」通行を分かり易く簡潔な普通の日本語で書くと、車道「左端」通行となります。


>>法律の難解な文言を分かり易く簡潔な普通の日本語で表現すれば、自動車の通行空間は車道「左側」であり、自転車の通行空間は車道「左端」である、となります。
>なりません.すくなくとも「車両通行帯のある道路では」『自動車の通行空間は車道「左側」であり、自転車の通行空間は車道「左端」である、となります。 』としないと,法律と反する主張になります.「法律は書いてあるとおり」「文言が全て」という主張を,自らすすんで犯すのは,主張が一貫していません.

大丈夫ですか?
すくなくとも車両通行帯のある道路では、自転車の通行空間は、車両通行帯の左端にあたる第一通行帯の中であればどこでも構わない、としないと法律と反する主張になりますよ。
本当にミスの多い方ですね。
相手になりません。


>>道路の幅が狭く、安全な速度と方法で追い越し出来ない後続車両(大型トラック)は、先行する自転車の後ろから安全な車間距離を保って大人しく追随すれば良いだけのことです。
>>物理的に自転車の列と自動車の列が重なった
>この場合 自転車は先行車両(自動車)が動かないと,進行できない 逆の場合に,自動車は先行車両(自転車)が動かないと,進行できない 自動車・自転車が(右でも左でもいいですが)進路を譲った瞬間に,走行位置違反になる.

意味不明です。

トイレの順番待ちの列も、それぞれの放尿・排便に要する時間に応じて、ストップ&ゴーを繰り返しながら進行するものです。

トイレの入口付近の狭くなった部分で、大・小、男・女の列が重なったとしても何ら問題ありませんよ。


>>男女・大小のトイレの順番待ちの列は異なり
>この場合は(例)男性は女性を抜いても,進行できる ちょっと失礼と言って,女性に幅をあけてもらう事は,マナー違反でも法律違反でもない よって,上の例は,順番待ちの列が同じとなります.そして,上の例と下の例では,わざわざ事例が違うのに,あたかも同じようにしているのも,間違いです.

巾60センチとスマートな自転車は、ちょっと失礼と言って、図体ばかりが大きくて身動きが取れずに渋滞の列を作っている自動車を横目に、車道左端を「すり抜け」て行く事は、マナー違反でも法律違反でもない。

イベント会場などでごったがえしている所では、物理的に男性用トイレが空いていても、ちょっと失礼などと言って、前に進むことは物理的にも出来ませんし、マナー違反です。


>↑このあたりに対して 主体が男性なら,男性用トイレが空いている場合に,「ちょっと失礼などと言って、前に進むことは物理的にも出来」ますし,「マナー違反ではありません. こういう場合の貴方の得意技ですが,必要な記述条件をぼかしてますよ?あと,私の出した条件で「すり抜け」すると,通行区分違反です.この点で,「貴方の主張が通らない条件がある」と言う事で,一般化して語るのは,不適切,と何度も言っています.

相変わらず、意味不明です。
大型トラックの横幅+自転車の横幅と道路の幅員の関係で物理的に並走出来ない道路状況と比較するのであれば、トイレの列の狭隘部分も物理的に前に進むことは出来ないでしょう。そして、そういう状況はイベント会場等では十分に有りうることです。
トイレの列の狭隘部分だけが物理的に前に進むことが出来るとする前提条件を持ち出して語るこじまさんこそが不適切でしょう。
大丈夫ですか?

こじまさん | 2015/08/06 15:28 |へ

>●小生は当初から今回の動画についてコメントしています。 を証明する記述が,| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/01 12:27 | URL | のどの文言にあたるかを教えてくれれば,私は負けを認めますよ.ごちゃごちゃと言い訳せずに,それだけ答えてくれればいいんです. それが出来ないなら,あんたの負けで,「文言が全て」「書いてあるとおり」が嘘だってこと.日本語分かるかな?

上述のとおり、書く必要がないので書いていないだけのことです。
小生のコメントに過不足はありません。
ネット上のコメントは、「文言が全て」であり、小生ノコメントも書いてあるとおりで何ら問題ありません。

>自動車は左側を走れるから,左側に含まれるで左端・左側端も通行OKです.

でぇ~でぇとお国訛りで、誤魔化されても困りものです。
法律は書いてあるとおりです。

>加えて,自転車も「左側端に寄って」いればいいし,道路条件によっては「左側」も走れます.ですので順番待ちの列は異なる場合もあれば,異ならない場合もあるため,「自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。」と一般化した表現は不適切です.

法律は一般化した表現であり、例外規定も含めて、書いてあるとおりです。
自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行ですので、自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。
そして、今回の動画では、自転車の通行空間である車道「左端」に進路変更した軽自動車が「不適切」です。
(左側寄り通行等)
第十八条  車両は、自動車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。
ただし、追越しをするとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。
(by ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/03 11:59 )

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/06 20:59 | URL |

>>主張したもの負けとは、かつてのMinelさんの論理のようですね。
>この発言は,貴方の負けを認める内容です.

何のことやら?
文言だけが頼りのネット上の議論では、書いてあることが全てです。
それだけのことです。


>>小生は当初から今回の動画についてコメントしています。
>それは,一番最初のコメントに書いていません. 「文言が全て」としていたのですから, 「当初から~」というのは嘘です.
>>このブログの動画についてコメント欄にコメントする際に、今回の動画についてコメントしていますというコメントが必要ですか?
>「文言が全て」と過去に貴方が言った以上,回答は「はい」です.
>>小生のコメントに何ら過不足はありません。
>●小生は当初から今回の動画についてコメントしています。●最初のコメントに「今回の動画についてコメントしてい」る旨は書いていない. よって,「文言が全て」か「当初から(略)~」の間で矛盾が生じる.矛盾,嘘つき,論理的整合性のとれない人,と言われても仕方ないし,そう言う人の発言は私からすると信用に足りません. 嘘を謝らずに,「嘘で無い」と強弁する事も含めてね.

>書く必要のないことは、書かなくても良いでしょう。
ということで、小生のコメントに何ら過不足はありません。
こじまさんの日本語能力が低いことを露呈しているだけのことです。


~~~
>書く必要の無い事は書かなくていい.
>「文言が全て」

どっち?


もし「私の日本語能力が低い」として,その程度の人がが誤解する程度には「不足」があると言えるので,
そういう誤解を招かないためには「書く必要があった」と言えます.
そう言う意味でも「文言が全て」だから,やはり「当初から」と言うのは嘘でしかありません.

もしくは,『書く必要の無い事は書かなくて言い範囲で「文言が全て」』とでも書かないと,嘘つきです.

| こじま | 2015/08/07 18:03 | URL |

こじまさん | 2015/08/07 18:03 |へ

>>書く必要の無い事は書かなくていい.
>>「文言が全て」
>どっち?

どっちもです。


>もし「私の日本語能力が低い」として,その程度の人がが誤解する程度には「不足」があると言えるので,そういう誤解を招かないためには「書く必要があった」と言えます.そう言う意味でも「文言が全て」だから,やはり「当初から」と言うのは嘘でしかありません.もしくは,『書く必要の無い事は書かなくて言い範囲で「文言が全て」』とでも書かないと,嘘つきです.

人がが誤解する程度?

本当に誤字脱字加字の多い人です。

日本語能力の低いこじまさんに、日本語能力が低いということを自覚頂くためにも、やはり「書く必要はなかった」と言えます。

そう言う意味でも「文言が全て」だから、「当初から」で何ら問題ありません。

書かなくても「言い」範囲、とは言い得て妙です。

「文言が全て」とは、書く必要が無い事を書かないことで言っているのです。

道路交通法もまた然り。

自転車は「左端」通行、自動車は「左側」通行としか書いてないのです。
「左側」に「左端」や「左側端によつて」が含まれるなどとは書いてないのです。

自転車は「左端」通行、自動車は「左側」通行としか書かないことで、自転車と自動車のトイレの順番待ちの列は異なることを示しているのです。

書く必要のないことは、書く必要がないからこそ書いてないのです。

書いていないことに意味があるのです。

「文言が全て」とはそういうことです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/08 13:45 | URL |

>>書く必要の無い事は書かなくていい.
>>「文言が全て」
>どっち?

>>どっちもです。

~~~
>>自転車は「左端」通行、自動車は「左側」通行としか書いてないのです。
>>「左側」に「左端」や「左側端によつて」が含まれるなどとは書いてないのです。

これは不適当な内容で,何度も指摘されてるにもかかわらず,言い続けている以上「嘘」と言われても仕方ない.

これ以上は,書く必要すらない.

よって,ときどきオアゾツーキニストは嘘つき.
議論にも負けてる.

| こじま | 2015/08/11 12:51 | URL |

こじまさん | 2015/08/11 12:51 |へ

>>書く必要の無い事は書かなくていい.
>>「文言が全て」
>どっち?
>>どっちもです。
>>自転車は「左端」通行、自動車は「左側」通行としか書いてないのです。
>>「左側」に「左端」や「左側端によつて」が含まれるなどとは書いてないのです。
>これは不適当な内容で,何度も指摘されてるにもかかわらず,言い続けている以上「嘘」と言われても仕方ない.

日本語になってませんが、大丈夫ですか?

法律は書いてあるとおりです。

「不適当」などと曖昧なものではありません。

道路交通法には、『自転車は「左端」通行、自動車は「左側」通行』と書いてあるのです。

『「左側」に「左端」や「左側端によつて」が含まれる』とは書いてありません。

ですので、いくら言い続けても、「嘘」と言われる筋合いではない。


>これ以上は,書く必要すらない.よって,ときどきオアゾツーキニストは嘘つき.議論にも負けてる.

『「左側」に「左端」や「左側端によつて」が含まれる』などとは、法律に書いてありませんので、こじまさんは、書く必要がないのではなく、書けないだけのことです。

小生にとっては、法律は書いてあるとおりなので、これ以上は、重ねて書く必要すらもありません。

よって、こじまさんは嘘つき、議論にも負けています。

当初から、いや、ず~っと昔から勝負はついています。

こじまさんの負けです。

いい加減にあきらめなさい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/11 13:23 | URL |

>『自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。 』という道路交通の原理原則に、条件や限定などあり得ません。

↑これも法律に書いて無いね
やっぱり不適当.
ゆえに貴方の負け.
書かなくても分かる事だ

| こじま | 2015/08/11 15:47 | URL |

こじまさん | 2015/08/11 15:47 |へ

>>『自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。 』という道路交通の原理原則に、条件や限定などあり得ません。

↑これも法律に書いて無いね やっぱり不適当.ゆえに貴方の負け.書かなくても分かる事だ

どこまで遡って、あら捜しをして、無理やり切り取って来ても無駄です。
あきらめなさい。
法律に書いてあることを、分かり易い簡潔な普通の日本語で表現すれば、『自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。 』となります。
これは、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合に第一通行帯が自転車乗りにとっての車道左端となることを含めて、道路交通の原理原則となります。

そして、どこまで遡っても、小生は以下のとおりキチンと回答しています。

「大丈夫ですか?
車両通行帯の無い道路では、道路交通法に書いてある通り、自転車の通行空間は車道左端となります。
『自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。 』という道路交通の原理原則に、条件や限定などあり得ません。
条件や限定があっては、原理原則となりません。
道路交通法に書いてあるとおりです。
条件や限定など全く不要です。
自動車は車道「左側」通行であり、自転車は車道「左端」通行です。
これが道路交通の最も基本となるルールです。」(byときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/06 20:59 )

(左側寄り通行等)
第十八条  車両は、自動車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。
ただし、追越しをするとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/11 17:56 | URL |

>そして、どこまで遡っても、小生は以下のとおりキチンと回答しています。

それが回答になっていないって言う話も既にしています.
言うまでも無く理解できる話なので書く必要は無いですが,貴方がそれが理解できないのは残念です.

| こじま | 2015/08/11 18:04 | URL |

こじまさん | 2015/08/11 18:04 |へ

>>そして、どこまで遡っても、小生は以下のとおりキチンと回答しています。
>それが回答になっていないって言う話も既にしています.

本当ですか?
初めてお聞きします。
小生は、自転車の裾野を拡大することで、自転車乗りの地位・環境の向上を図るために、皆様のコメントには、丁寧にキチンと回答していますよ。

小生の回答にご不満があれば、更に、丁寧に言葉を尽くしてご説明差し上げますので、具体的にお聞かせ下さい。

楽しみにしています。


>言うまでも無く理解できる話なので書く必要は無いですが,貴方がそれが理解できないのは残念です.

「文言が全て」であるネット上のコメント欄で、書く必要が無いと煙に巻くことで誤魔化しても無駄です。

法律は書いてあるとおりです。

自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。

自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。

みだりにその進路を変更して、自転車の順番待ちの列へ「横入り」してくる軽自動車は、自転車は歩道さん | 2015/07/31 05:42 |が仰るとおり「右からスリ抜けて」行けば良いだけです。


(左側寄り通行等)
第十八条  車両は、自動車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。

(進路の変更の禁止)
第二十六条の二  車両は、みだりにその進路を変更してはならない。
2  車両は、進路を変更した場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる車両等の速度又は方向を急に変更させることとなるおそれがあるときは、進路を変更してはならない。

(追越しの方法)
第二十八条  車両は、他の車両を追い越そうとするときは、前車の右側を通行しなければならない。
(by ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/01 12:27)

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/11 18:21 | URL |

>>(と)書く必要の無い事は書かなくていい.
>>(と)「文言が全て」

>(こ)どっち?

>>(と)どっちもです。


>>(と)「文言が全て」であるネット上のコメント欄で、書く必要が無いと煙に巻くことで誤魔化しても無駄です。


つまり「ごまかしても無駄」なのは貴方だと言う事です.

| こじま | 2015/08/11 19:09 | URL |

こじまさん | 2015/08/11 19:09 |へ

>>書く必要の無い事は書かなくていい.
>>「文言が全て」
>どっち?
>>どっちもです。
>>「文言が全て」であるネット上のコメント欄で、書く必要が無いと煙に巻くことで誤魔化しても無駄です。
>つまり「ごまかしても無駄」なのは貴方だと言う事です.

なかなかご理解頂けないようですね。

法律も小生のコメントも、

あえて「書かない」ことも含めて「文言が全て」です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/11 19:30 | URL |

こじまさん | 2015/08/11 19:09 |へ

>>書く必要の無い事は書かなくていい.
>>「文言が全て」
>どっち?
>>どっちもです。
>>「文言が全て」であるネット上のコメント欄で、書く必要が無いと煙に巻くことで誤魔化しても無駄です。
>つまり「ごまかしても無駄」なのは貴方だと言う事です.

なかなかご理解頂けないようですね。

法律も小生のコメントも、

あえて「書かない」ことも含めて「文言が全て」です。

~~
じゃあ,俺の書いてない部分も「文言が全て」が通用する.
そして貴方の負け.

| こじま | 2015/08/11 19:43 | URL |

こじまさん | 2015/08/11 19:43 |へ

>じゃあ,俺の書いてない部分も「文言が全て」が通用する.

仰る通り、こじまさんの書いていない部分も「文言が全て」です。

だからこそ、こじまさんのコメントは、何ら具体性のない「誤魔化し」の「意味不明」でしかないのです。


>そして貴方の負け.

「自動車は左側を走れるから,左側に含まれるで左端・左側端も通行OKです.加えて,自転車も「左側端に寄って」いればいいし,道路条件によっては「左側」も走れます.ですので順番待ちの列は異なる場合もあれば,異ならない場合もあるため,「自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。」と一般化した表現は不適切です.」(byこじまさん | 2015/08/02 16:51 )

などと、勝負を挑んできておいて、小生がひとつひとつ丁寧にキチンと回答していくと、「それが回答になっていないって言う話も既にしています.言うまでも無く理解できる話なので書く必要は無い」などと誤魔化して、具体的な話は何一つ無いのですから、こじまさんの負けです。

こじまさんに、これが理解できないのは残念です.

まあ、仕方ないですね。

日本語能力も自尊心(プライド)もない。

それがこじまさんです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/11 20:14 | URL |

貴方の論理にのっとるなら,以下のようにいえます.

『 ときどきオアゾツーキニストの書いていない部分も「文言が全て」です。
だからこそ、 ときどきオアゾツーキニストのコメントは、何ら具体性のない「誤魔化し」の「意味不明」でしかないのです。 』

『ときどきオアゾツーキニストに、これが理解できないのは残念です.

まあ、仕方ないですね。

日本語能力も自尊心(プライド)もない。

それがときどきオアゾツーキニストです。』

とも言えます.
何度も言いますが貴方の論理にのっとるなら,貴方が貴方を永久にののしる,否定することになります.

| こじま | 2015/08/11 21:26 | URL |

オアゾとこじま氏
泥仕合いだね。
オアゾの好きな岡目八目で言わせて貰うと、書いてある文言が全て、と言いながら「行間を読め」と言うオアゾは負け。そもそも短い文章で自分の意志を正しく伝えられていない時点で、二人とも負け。
自分の考えを人に伝えようと言う文章になっていない。

更に、オアゾはすぐに話の方向を勝手にねじ曲げているので、議論にもなっていない。

と言うか、法律無視、ルール違反を薦めて、何でも程度問題です、と言うようなオアゾに法律のことを語る資格はない。
左側通行だろうが、左端通行だろうが「右側を逆走している自転車」を「逆走出来る状況だと乗り手が判断しているので、全く問題ありません」などと言うオアゾが法律を解説しても、全く説得力ないですね。
議論が出来なくて、偏った主張しかしないオアゾは、世捨人と同類の人間ですね。

| あ | 2015/08/13 09:52 | URL |

>そもそも短い文章で自分の意志を正しく伝えられていない時点で、二人とも負け。

そのとおりですね.
お見苦しくて申し訳ないです.

「オアゾの言っている事は一々,辻褄があっていない」
言いたい事はこれだけです.

| こじま | 2015/08/13 20:22 | URL |

オアゾさんを無視するのが一番(笑)

モグラたたきが好きな人は別ですが。

| 議論なの? | 2015/08/17 19:17 | URL |

こじまさん | 2015/08/11 21:26 |へ

>貴方の論理にのっとるなら,以下のようにいえます.『 ときどきオアゾツーキニストの書いていない部分も「文言が全て」です。だからこそ、 ときどきオアゾツーキニストのコメントは、何ら具体性のない「誤魔化し」の「意味不明」でしかないのです。 』や『ときどきオアゾツーキニストに、これが理解できないのは残念です.まあ、仕方ないですね。 日本語能力も自尊心(プライド)もない。 それがときどきオアゾツーキニストです。』 とも言えます.何度も言いますが貴方の論理にのっとるなら,貴方が貴方を永久にののしる,否定することになります.

大丈夫ですか?

こじまさんの名前を小生の名前に入れ替えるだけで、ものを言えるのであれば、こんなに楽なことはありませんね。

今話題のコピーorトレース&インスパイアですね。

オリジナルは何処にあるのでしょう。

まずは自転車に乗ることです。

自立&自律することです。

頑張れ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/19 10:53 | URL |

あさん | 2015/08/13 09:52 |へ

>オアゾとこじま氏

小生だけは呼び捨てとは、こじまさんとお仲間なのかな?


>泥仕合いだね。

こじまさんは泥船でしょう。

お仲間になって、大丈夫ですか。


>オアゾの好きな岡目八目で言わせて貰うと、書いてある文言が全て、と言いながら「行間を読め」と言うオアゾは負け。

岡目八目の力を借りても、あさんには難しいようです。

「行間も含めて」書いてある文言が全てです。

これで、小生の勝ちですかね。


>そもそも短い文章で自分の意志を正しく伝えられていない時点で、二人とも負け。自分の考えを人に伝えようと言う文章になっていない。

少なくとも小生の文言については、伝わる方々には十二分に伝わっていることでしょう。

日本語能力の低いこじまさんやあさんは、仕方ないでしょう。

それぞれのレベルの低さを小生に押し付けられても困りものです。


>更に、オアゾはすぐに話の方向を勝手にねじ曲げているので、議論にもなっていない。

押してダメなら引いてみな。

三歩進んで二歩下がる。

様々な角度から議論することで、物事の本質が見えて来るものです。


>と言うか、法律無視、ルール違反を薦めて、何でも程度問題です、と言うようなオアゾに法律のことを語る資格はない。

法律を書いてある通りにキチンと理解した上で、ルールを無視するかどうかは、それぞれの自転車乗りが判断することです。

そして、その判断は、様々な道路状況を踏まえて、程度問題とならざるを得ません。

自分の身は自分で守るしかありません。


>左側通行だろうが、左端通行だろうが「右側を逆走している自転車」を「逆走出来る状況だと乗り手が判断しているので、全く問題ありません」などと言うオアゾが法律を解説しても、全く説得力ないですね。

法律は書いてあるとおりです。

小生が解説するまでもありません。

小生は、法律を踏まえた上で、お一人お一人の自転車乗りの判断を尊重しているだけのことですし、「左側」通行も「左端」通行も小生が説得力をもって解説するまでもなく、ただただ、道路交通法に書いてあるとおりです。


>議論が出来なくて、偏った主張しかしないオアゾは、世捨人と同類の人間ですね。

世捨人さんを無理やり巻き込んでも、無駄ですよ。

あさんはすぐに話の方向を勝手にねじ曲げているので、議論にもなっていない。

ちゃん、ちゃん。(久)

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/19 11:35 | URL |

こじまさん | 2015/08/13 20:22 |へ

>そもそも短い文章で自分の意志を正しく伝えられていない時点で、二人とも負け。
>そのとおりですね.お見苦しくて申し訳ないです.

お仲間内での頭の下げ合いですか。

本当に見苦しい。


>「オアゾの言っている事は一々,辻褄があっていない」言いたい事はこれだけです.

短く言い切ることで誤魔化しても無駄です。

具体的にご指摘下さい。

ことごとく論破して差し上げましょう。

楽しみです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/19 11:44 | URL |

議論なの?さん | 2015/08/17 19:17 |へ

>オアゾさんを無視するのが一番(笑) モグラたたきが好きな人は別ですが。

仰るとおりです。

問題は、負け犬のこじまさんが我慢出来るかどうかです。

楽しみです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/19 11:49 | URL |

>こじまさんの名前を小生の名前に入れ替えるだけで、ものを言えるのであれば、こんなに楽なことはありませんね。

実際,それで通用するからね.
いわゆる,水掛け論.
そして「やめたほうが負け」なら,「やめない限り負けない」.

まぁ,どう考えてもあなたの論理がおかしいんだけど(他の人も指摘している),あなたが負けを認めないからね~.



~~~
まずは自転車に乗ることです。

自立&自律することです。

頑張れ。


これもいつも言っているけど,「だから何?」.
乗ってる人間だから,「乗れば分かる」発言も真ではないことは証明済みだし,やっぱりあなたの言うことは筋が通ってないです.



~~~
「ときどきオアゾツーキニスト 」がコメントしたということは,今週は返信があるということですかね?

| こじま | 2015/08/19 17:44 | URL |

こじまさん | 2015/08/19 17:44 |へ

>>こじまさんの名前を小生の名前に入れ替えるだけで、ものを言えるのであれば、こんなに楽なことはありませんね。
>実際,それで通用するからね.いわゆる,水掛け論.そして「やめたほうが負け」なら,「やめない限り負けない」.

道路交通法の文言を知らずに、その下らない水掛け論を仕掛けて来たのは、こじまさんですよ。

「自動車は左側を走れるから,左側に含まれるで左端・左側端も通行OKです.加えて,自転車も「左側端に寄って」いればいいし,道路条件によっては「左側」も走れます.ですので順番待ちの列は異なる場合もあれば,異ならない場合もあるため,「自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。」と一般化した表現は不適切です.(byこじま | 2015/08/02 16:51 )

(左側寄り通行等)
第十八条  車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。ただし、追越しをするとき、第二十五条第二項若しくは第三十四条第二項若しくは第四項の規定により道路の中央若しくは右側端に寄るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。
2  車両は、前項の規定により歩道と車道の区別のない道路を通行する場合その他の場合において、歩行者の側方を通過するときは、これとの間に安全な間隔を保ち、又は徐行しなければならない。
   (罰則 第二項については第百十九条第一項第二号の二)

>まぁ,どう考えてもあなたの論理がおかしいんだけど(他の人も指摘している),あなたが負けを認めないからね~.

他の人に縋り付いても無駄ですよ。
類は友を呼ぶ、こじまさんのお仲間は、所詮、こじまさんレベルでしかありませんから。


>>まずは自転車に乗ることです。
>>自立&自律することです。
>>頑張れ。
>これもいつも言っているけど,「だから何?」.乗ってる人間だから,「乗れば分かる」発言も真ではないことは証明済みだし,やっぱりあなたの言うことは筋が通ってないです.

こじまさんは、乗り方が足りないか、乗り方が不自然なのか、どんなに乗っても体感できない程のレベルなのか、やっぱりこじまさんの言うことは・・・仕方ないですね。


>「ときどきオアゾツーキニスト 」がコメントしたということは,今週は返信があるということですかね?

お盆休みですが、何か?

よっぽど寂しかったのでしょうね。

いつでもお相手して差し上げますよ。

これも、小生の献血活動やなんぱくさんのゴミ拾い活動と同様に誰にでも出来る小さな小さな良い事の一つです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/19 20:06 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>すり抜けする自転車がいやだからといって、ウインカー出さずに進路変更するのは危ない まさに「今日のくそったれ」というにふさわしいドライバーですな
>>おっしゃるとおり、身体がむきだしとなる自転車にあっては、危険な車道は避け歩道を活用したいですね。
>自転車や原付が車道を快適に走れるように、自動車のドライバーのマナー向上が望まれますね。

マナーを守らないドライバーありきの交通安全を考えるのが現実的です。

>自動車で動画のような運転をする輩は減って欲しいですな

そのような輩が減るまでは自転車で車道走行は控えたいですね。

| 世捨人 | 2015/08/20 00:04 | URL |

Re: タイトルなし

>今日のくそったれ!って他人のムカつく所見つけて侮蔑してても時間の無駄じゃありませんか?今日あったいい事、今日見たいい運転 他人や自分のいい所探せば?他人の粗を指摘して蔑んでもあなた自身は立派にはなれません。このブログを見てると世捨人さんは人生がつまらなそうで可哀想ですね、楽しみが無くて誰からも疎まれ他者に対して余裕が無くて匿名のネットの世界で憂さ晴らし…みたいな感じがしますね…人生は一回なのにもったいない

記事の根底にあるのは自転車乗りの交通安全です。身体がむきだしとなる自転車にあっては、ひとたび交通事故の当事者となれば、取り返しのつかない事態となりかねません。場合によっては、当ブログで学習できる機会も奪われるでしょう。猛省を促します。

| 世捨人 | 2015/08/20 00:08 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。
>>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられています。
>自転車乗りにとっては、1トンを超える重量で、100キロを超えるスピードを出す自動車の走行を想定して、頑丈かつ滑らかにつくられている車道の端っこを通行させて頂くだけで十分です。ありがたいことです。

身体がむきだしとなる自転車がクルマと同じ走行空間を通行するのは危険ですので、歩道を活用してください。

>自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。
>>国産の乗用車は右ハンドルですから、右折時に反対車線の安全確認がしやすい「左側通行」としたのでしょう。
>ハンドルが先か、左側通行が先か、鶏と卵のようですね。

自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。

>みだりにその進路を変更して、自転車の順番待ちの列へ「横入り」してくる軽自動車は、自転車は歩道さん | 2015/07/31 05:42 |が仰るとおり「右からスリ抜けて」行けば良いだけです。
>>「狭いニッポン、そんなに急いでどこに行く」ではありませんが、先を急がないでください。
>狭い空間でも自由自在に「すり抜け」て行けるところは、巾60センチとスマートな自転車の最もよいところです。

自転車の最もよいところは、交通安全と相いれません。

| 世捨人 | 2015/08/20 00:10 | URL |

世捨人さん | 2015/08/20 00:10 |へ

>>自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。
>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられています。
>>自転車乗りにとっては、1トンを超える重量で、100キロを超えるスピードを出す自動車の走行を想定して、頑丈かつ滑らかにつくられている車道の端っこを通行させて頂くだけで十分です。ありがたいことです。
>身体がむきだしとなる自転車がクルマと同じ走行空間を通行するのは危険ですので、歩道を活用してください。

道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められています。


>>自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。
>国産の乗用車は右ハンドルですから、右折時に反対車線の安全確認がしやすい「左側通行」としたのでしょう。
>>ハンドルが先か、左側通行が先か、鶏と卵のようですね。
>自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。

白線で区切られただけでは「歩道」とはなりません。

さまざまな道路に共通する基本的なルールとして、自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行しなければならない、とされています。


>>みだりにその進路を変更して、自転車の順番待ちの列へ「横入り」してくる軽自動車は、自転車は歩道さん | 2015/07/31 05:42 |が仰るとおり「右からスリ抜けて」行けば良いだけです。
>「狭いニッポン、そんなに急いでどこに行く」ではありませんが、先を急がないでください。
>>狭い空間でも自由自在に「すり抜け」て行けるところは、巾60センチとスマートな自転車の最もよいところです。
>自転車の最もよいところは、交通安全と相いれません。

道路交通の安全と円滑を図るために、自動車は車道「左側」、自転車は車道「左端」を通行しなければならないと道路交通法で定められています。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/20 09:44 | URL |

>小生だけは呼び捨てとは、こじまさんとお仲間なのかな?

仲間??
なんだそりゃ?
私は世捨人とオアゾを馬鹿にして遊んでいるだけですから?

二人共ギドンじゃなくて主張だけして、それを議論と履き違えている日本語弱者だよね。

小学生以下の頭の持ち主。

それが偉そうにしているから笑える。

| あ | 2015/08/20 22:07 | URL |

あさん | 2015/08/20 22:07 |へ

>>小生だけは呼び捨てとは、こじまさんとお仲間なのかな?
>仲間??なんだそりゃ?私は世捨人とオアゾを馬鹿にして遊んでいるだけですから?二人共ギドンじゃなくて主張だけして、それを議論と履き違えている日本語弱者だよね。小学生以下の頭の持ち主。それが偉そうにしているから笑える。

あれあれ。

仲間外れにされては、こじまさんが可哀そうですね。

まあ、お仲間でなければ、それはそれで構いません。

お一人様で頑張って下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/21 10:04 | URL |

>道路交通法の文言を知らずに、その下らない水掛け論を仕掛けて来たのは、こじまさんですよ。

↓が道路交通法の文言とは一致しないので,それこそあなたが言えることではない.


>自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。 | ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/01 12:27 | URL |


~~~
よく考えたら私があなたを批判しているんじゃなくて,「貴方があなたを否定しいますよ」というのが私の主張です.


よって,貴方は過去の貴方と水掛け論をしている状態ですね.

貴方の議論のスタートが間違っている以上,これはどうしようもないです.

貴方の負け.
それは貴方以外が知っている.

| こじま | 2015/08/22 15:35 | URL |

こじまさん | 2015/08/22 15:35 |へ

>>道路交通法の文言を知らずに、その下らない水掛け論を仕掛けて来たのは、こじまさんですよ。
>↓が道路交通法の文言とは一致しないので,それこそあなたが言えることではない.
>>自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。 | ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/01 12:27 | URL |

道路交通法は、「トロリーバスを除く。」、「車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、」、「あつては」、「寄つて、」などと難解な表現となっています。

これを、わかりやすい簡潔な普通の日本語で表現すると「自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行しなければならない」と道路交通法は定めているということです。

結果、「左側」通行の自動車と「左端」通行の自転車では、おのずからトイレの順番待ちの列が異なってくるのです。

「つ」と「っ」の違いにも気付けないこじまさんが、いつまでも下らない水掛け論を仕掛けて、噛み付いて来ているだけのことです。

(左側寄り通行等)
第十八条  車両(トロリーバスを除く。)は、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。ただし、追越しをするとき、第二十五条第二項若しくは第三十四条第二項若しくは第四項の規定により道路の中央若しくは右側端に寄るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。


>よく考えたら私があなたを批判しているんじゃなくて,「貴方があなたを否定しいますよ」というのが私の主張です.

こじまさんが、よく考えないと分からないような下らないことで噛み付いてきているだけのことです。


>よって,貴方は過去の貴方と水掛け論をしている状態ですね. 貴方の議論のスタートが間違っている以上,これはどうしようもないです.貴方の負け.それは貴方以外が知っている.

小生が語っていることは、以下のとおり極々単純です。
・自転車の良さは解放感です。
・多くの自転車のルールは、事故原因と合致しておらず、道路交通法は自転車乗りを守ってはくれません。
・自分の身は自分で守りましょう。
・自転車は車道左端通行するだけで十分です。
・自転車事故の原因は、出会い頭の接触事故も含めて、スピードの出し過ぎです。
・自転車は車道左端通行(第一通行帯ど真ん中通行を含む)、自動車は車道左側通行ですので、トイレの順番待ちが異なります。
・(ママチャリ族を含めて)自転車がゆっくりゆったりと車道左端通行することで、道路交通の安全を向上させることになります。
・特急(高速度)自転車乗りの皆様は、是非とも、特急(高速度)自転車をママチャリや蕎麦屋の出前持ちの実用車に乗り換えて、フラフラとふらつきながらゆっくりゆったりと大人しく、真っ直ぐ前だけを見て、後続車両など気にもせず、車道左端を通行して下さい。
・特急(高速度)自転車乗りの方々がママチャリに乗り換えてお手本を示すことで、食わず嫌いから歩道しか走らないママチャリ族に車道左端通行の方が安全かつ円滑であることを理解させて行きましょう。
・なんぱくさんの空き缶拾い活動や小生の献血活動と同様に、誰にでも出来る小さな小さな良い事の一つです。

酒気帯び自転車運転には罰則はありません。等々言い尽くせないほどですが、首尾一貫しておりますので、小生が過去の小生と水掛け論をするようなことはございません。

こじまさんは、改めて、道路交通法のお勉強をすることです。

頑張れ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/24 09:44 | URL |

(略)等々言い尽くせないほどですが、

「文言がすべて」
なんだかんだ言いながら「書いてない」以上,「首尾一貫しておりますので、小生が過去の小生と水掛け論をするようなことはございません。」の理屈は説明されていません.


説明なく「~」と断言しても納得できかねます.

加えて,下記の点は最初の段階では一切記述がみられません.つまり後出しジャンケンであり,最初の段階ではあなたは想定しなかったということです.

>道路交通法は、(略)「寄つて、」などと難解な表現となっています。
>これを、わかりやすい簡潔な普通の日本語で表現すると(略)道路交通法は定めているということです。 」


| こじま | 2015/08/26 12:22 | URL |

こじまさん | 2015/08/26 12:22 |へ

>>等々言い尽くせないほどですが、
>「文言がすべて」なんだかんだ言いながら「書いてない」以上,「首尾一貫しておりますので、小生が過去の小生と水掛け論をするようなことはございません。」の理屈は説明されていません.説明なく「~」と断言しても納得できかねます.

「書いていない」ということは、書く必要がないということです。
こじまさんの理屈など、小生が説明するものでもありません。
こじまさんが納得できるかどうかも、小生には関係ありません。


>加えて,下記の点は最初の段階では一切記述がみられません.つまり後出しジャンケンであり,最初の段階ではあなたは想定しなかったということです.
>>道路交通法は、(略)「寄つて、」などと難解な表現となっています。
>>これを、わかりやすい簡潔な普通の日本語で表現すると(略)道路交通法は定めているということです。 」

小生は、大昔から、コピー&ペーストすることで、道路交通法の「寄つて、」などの難解な条文についても、正確に引用しています。
また、「寄って」と「寄つて」の違いについては、このブログのコメント欄で複数回指摘しています。
こじまさんが鈍感なだけのことです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/26 12:48 | URL |

>「書いていない」ということは、書く必要がないということです。

貴方は「文言がすべて」と言っています.
「「書いていない」ということは、書く必要がないという前提を含めて「文言がすべて」とは言っていません.

よって,その言い訳は,過去のあなたの主張と矛盾します.
自己否定です.

| こじま | 2015/08/26 17:07 | URL |

こじまさん | 2015/08/26 17:07 |へ

>>「書いていない」ということは、書く必要がないということです。
>貴方は「文言がすべて」と言っています.「「書いていない」ということは、書く必要がないという前提を含めて「文言がすべて」とは言っていません.よって,その言い訳は,過去のあなたの主張と矛盾します.自己否定です.

「「書いていない」ということは、書く必要がないという前提を含めて「文言がすべて」」とは言っていないことも含めて、「文言が全て」です。

何ら矛盾しません。

ちなみに、こじまさんは、『」』が洩れています。
相変わらず、誤字脱字の多い方です。

この一点を以て、こじまさんの主張は矛盾だらけです。

お終い。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/26 19:17 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。
>>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられています。
>自転車乗りにとっては、1トンを超える重量で、100キロを超えるスピードを出す自動車の走行を想定して、頑丈かつ滑らかにつくられている車道の端っこを通行させて頂くだけで十分です。ありがたいことです。
>>身体がむきだしとなる自転車がクルマと同じ走行空間を通行するのは危険ですので、歩道を活用してください。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められています。

自転車の歩道通行は法律で認められています。

>自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。
>>国産の乗用車は右ハンドルですから、右折時に反対車線の安全確認がしやすい「左側通行」としたのでしょう。
>ハンドルが先か、左側通行が先か、鶏と卵のようですね。
>>自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。
>白線で区切られただけでは「歩道」とはなりません。

「路側帯」は歩道に準じた取り扱いがなされていました。

>さまざまな道路に共通する基本的なルールとして、自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行しなければならない、とされています。

車道は危険でやむを得ないとして、自転車の歩道通行は認められます。

>みだりにその進路を変更して、自転車の順番待ちの列へ「横入り」してくる軽自動車は、自転車は歩道さん | 2015/07/31 05:42 |が仰るとおり「右からスリ抜けて」行けば良いだけです。
>>「狭いニッポン、そんなに急いでどこに行く」ではありませんが、先を急がないでください。
>狭い空間でも自由自在に「すり抜け」て行けるところは、巾60センチとスマートな自転車の最もよいところです。
>>自転車の最もよいところは、交通安全と相いれません。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自動車は車道「左側」、自転車は車道「左端」を通行しなければならないと道路交通法で定められています。

危険を賭してまで車道に拘泥する必要はありません。歩道を積極的に活用してください。

| 世捨人 | 2015/08/26 22:28 | URL |

>>「書いていない」ということは、書く必要がないということです。
>『「書いていない」ということは、書く必要がないという前提を含めて「文言がすべて」』とは言っていません.よって,その言い訳は,過去のあなたの主張と矛盾します.自己否定です.

貴方は「文言がすべて」と言っています.
『「「書いていない」ということは、書く必要がないという前提を含めて「文言がすべて」」とは言っていないことも含めて、「文言が全て」
とは言っていません』

よって矛盾しています.
出発点が悪いんだから,覆せないです.


~~~
>ちなみに、こじまさんは、『」』が洩れています。
>相変わらず、誤字脱字の多い方です。
>この一点を以て、こじまさんの主張は矛盾だらけです。

誤字脱字が多いのは認めますが,それに対して「主張が矛盾している」とは一般的に言いません.
教養がない,ミスが多い,等の文句が妥当です.

| こじま | 2015/08/27 10:42 | URL |

こじまさん | 2015/08/27 10:42 |へ

>>「書いていない」ということは、書く必要がないということです。
>『「書いていない」ということは、書く必要がないという前提を含めて「文言がすべて」』とは言っていません.よって,その言い訳は,過去のあなたの主張と矛盾します.自己否定です.
>貴方は「文言がすべて」と言っています.『「「書いていない」ということは、書く必要がないという前提を含めて「文言がすべて」」とは言っていないことも含めて、「文言が全て」 とは言っていません』 よって矛盾しています.出発点が悪いんだから,覆せないです.

大丈夫ですか?

ネット上の議論も、法律の条文も、コメント者の人格・素養も「文言が全て」ですよ。


~~~
>>ちなみに、こじまさんは、『」』が洩れています。相変わらず、誤字脱字の多い方です。 この一点を以て、こじまさんの主張は矛盾だらけです。
>誤字脱字が多いのは認めますが,それに対して「主張が矛盾している」とは一般的に言いません.教養がない,ミスが多い,等の文句が妥当です.

「文言が全て」なのですよね。

教養が無い、ミスが多い、行間が読めない。

それがこじまさんです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/27 14:30 | URL |

世捨人さん | 2015/08/26 22:28 |へ

>>自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。
>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられています。
>>自転車乗りにとっては、1トンを超える重量で、100キロを超えるスピードを出す自動車の走行を想定して、頑丈かつ滑らかにつくられている車道の端っこを通行させて頂くだけで十分です。ありがたいことです。
>身体がむきだしとなる自転車がクルマと同じ走行空間を通行するのは危険ですので、歩道を活用してください。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>自転車の歩道通行は法律で認められています。

昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。
歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。


>>自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。
>国産の乗用車は右ハンドルですから、右折時に反対車線の安全確認がしやすい「左側通行」としたのでしょう。
>>ハンドルが先か、左側通行が先か、鶏と卵のようですね。
>自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。
>>白線で区切られただけでは「歩道」とはなりません。
>「路側帯」は歩道に準じた取り扱いがなされていました。

「歩道」と「路側帯」では、「文言」自体が異なります。


>>さまざまな道路に共通する基本的なルールとして、自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行しなければならない、とされています。
>車道は危険でやむを得ないとして、自転車の歩道通行は認められます。

昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。
歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。


>>みだりにその進路を変更して、自転車の順番待ちの列へ「横入り」してくる軽自動車は、自転車は歩道さん | 2015/07/31 05:42 |が仰るとおり「右からスリ抜けて」行けば良いだけです。
>「狭いニッポン、そんなに急いでどこに行く」ではありませんが、先を急がないでください。
>>狭い空間でも自由自在に「すり抜け」て行けるところは、巾60センチとスマートな自転車の最もよいところです。
>自転車の最もよいところは、交通安全と相いれません。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、自動車は車道「左側」、自転車は車道「左端」を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>危険を賭してまで車道に拘泥する必要はありません。歩道を積極的に活用してください。

自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全に傾けることとなります。
さらに、自転車にとっては、車道左端通行することで、より安全かつ円滑に通行することが出来ることとなります。
道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められているのです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/27 14:38 | URL |

ときどきオアゾツーキニスト さんへ

それは、独りよがりだと思います。

現実を無視したご発言ですね。

歩行者・ドライバーが「円滑」を意識していると?

| 定型句しかないの? | 2015/08/29 19:02 | URL |

定型句しかないの?さん | 2015/08/29 19:02 |へ

>それは、独りよがりだと思います。現実を無視したご発言ですね。

それとは、どれでしょう?

具体的にご指摘下さい。

50年近く自転車に乗って来た結論として、車道上の最弱者となる自転車乗りは、「自分の身は自分で守る」ことさえ出来れば、道路交通法で求められているルールの中では、車道左端通行するだけで十分です。


>歩行者・ドライバーが「円滑」を意識していると?

誰もがおしっこは我慢できないものです。

「先を急ぐこと(=円滑)」として誰もが意識しているものですよ。

だからこそ、トイレの順番待ちの列が出来るのであり、横入り禁止というルールがあるのです。

排泄作用がお下品だということであれば、経済合理性でも構いませんが、自然の(合理的な)摂理を、道路交通法では、「安全」と「円滑」と表現しているのです。

ここからですか?

まずは、ご自身で道路交通法をしっかりお勉強した上で、コメントして下さい。

面倒です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/30 11:45 | URL |

>>「書いていない」ということは、書く必要がないということです。
>『「書いていない」ということは、書く必要がないという前提を含めて「文言がすべて」』とは言っていません.よって,その言い訳は,過去のあなたの主張と矛盾します.自己否定です.
>貴方は「文言がすべて」と言っています.『「「書いていない」ということは、書く必要がないという前提を含めて「文言がすべて」」とは言っていないことも含めて、「文言が全て」 とは言っていません』 よって矛盾しています.出発点が悪いんだから,覆せないです.

大丈夫ですか?

ネット上の議論も、法律の条文も、コメント者の人格・素養も「文言が全て」ですよ。


~~~
>>ちなみに、こじまさんは、『」』が洩れています。相変わらず、誤字脱字の多い方です。 この一点を以て、こじまさんの主張は矛盾だらけです。
>誤字脱字が多いのは認めますが,それに対して「主張が矛盾している」とは一般的に言いません.教養がない,ミスが多い,等の文句が妥当です.

「文言が全て」なのですよね。

教養が無い、ミスが多い、行間が読めない。

それがこじまさんです。

~~~


そんな私に「ときどきオアゾツーキニストは嘘つき」という変えようのない事実を突き付けられて,論理的な反論が一切できない.
それがときどきオアゾツーキニストです.


『「書いていない」ということは、書く必要がないという前提を含めて「文言がすべて」』とは,過去の貴方は文言化していません.
よって,このの言い訳は,過去のあなたの主張と矛盾します.
自己否定,ダブルスタンダード,嘘つきです.

| こじま | 2015/09/01 18:09 | URL |

こじまさん | 2015/09/01 18:06 |へ

>書いてないことも書いてることも「文言がすべて」か. じゃあ,あなたの反論が反論にならないことも含めて「文言がすべて」です.
>>意味不明です。ハイジャック防止法と銃刀法は十分に想定した上でのコメントですので、小生は当初から反論などしてませんよ。
>●想定していようがいまいが,「書いていなかった」時点で,後だしです.だって,文言にないんですから.

「後だし」などと騒ぐほどのことではありませんよ。

こじまさんが撒き餌に喰い付いてきて、引っ掛かっただけのことです。


●本物の包丁を使って料理の手伝いが出来ることと同様に、道具が持つ一定の危険性を受け入れて、使いこなすことが出来るということです。包丁や鋏を使うのに、規制など全く不要でしょう。
>「規制が全く不要」という発言がある以上,想定していようがいまいが,「規制が現実にある」という事と矛盾する.

えっ?

やくざの抗争やテロリストでもあるまいし、包丁や鋏を使うのに規制など全く不要です。


>よって,貴方の意見は現実と矛盾するか,貴方の過去の発言と矛盾するか,どちらかです.

上述のとおり、小生の意見は現実と何ら矛盾はありませんし、

過去の発言とも矛盾はありません。


>>その上で、こじまさんは、自転車の危険性と有用性、規制の必要性等の議論についてはコメント出来ない方であることを確認したまでです。
>コメントしないのか,コメントできないのかは,現段階では貴方に判断・確認しようがありません.独りよがりな発言をどうぞ続けてください.

こじまさんが、しないのか、できないのかは、何ら関係ありません。

ネット上の議論では「書いてある」ことが全てです。

あるのは、自転車の危険性と有用性、規制の必要性等の議論について、教養が無い、ミスが多い、行間が読めないこじまさんのコメントがない(=出来ない)という「事実」だけです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/09/01 20:31 | URL |

>面倒です。

なににコメントするとは!

愚民ですね。

| 定型句しかないの? | 2015/09/01 20:47 | URL |

失礼!

愚民に対するコメントをタイプミスです。

ま、愚民なので、タイプミスやら何やら、「自己防衛」コメントをするだけでしょうが。

ご自身が理解できないことを、「拒否」するしか、己を守れないから仕方ないけれどね。

さて、どんな「愚民」コメントが炸裂することやら?

| 定型句しかないの? | 2015/09/01 20:52 | URL |

定型句しかないの?さん | 2015/09/01 20:47 |へ

>>面倒です。
>なににコメントするとは!愚民ですね。

なにに??

なのに!!

こじまさんが引っ掛かる撒き餌なのかな?

面倒です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/09/01 20:53 | URL |

「愚民」らしい、無駄コメント。

おつかれ!

| 定型句しかないの? | 2015/09/02 19:07 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。
>>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられています。
>自転車乗りにとっては、1トンを超える重量で、100キロを超えるスピードを出す自動車の走行を想定して、頑丈かつ滑らかにつくられている車道の端っこを通行させて頂くだけで十分です。ありがたいことです。
>>身体がむきだしとなる自転車がクルマと同じ走行空間を通行するのは危険ですので、歩道を活用してください。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>>自転車の歩道通行は法律で認められています。
>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。

自転車の良いところは交通安全と相いれません。

>自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。
>>国産の乗用車は右ハンドルですから、右折時に反対車線の安全確認がしやすい「左側通行」としたのでしょう。
>ハンドルが先か、左側通行が先か、鶏と卵のようですね。
>>自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。
>白線で区切られただけでは「歩道」とはなりません。
>>「路側帯」は歩道に準じた取り扱いがなされていました。
>「歩道」と「路側帯」では、「文言」自体が異なります。

いずれにせよ、自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。

>さまざまな道路に共通する基本的なルールとして、自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行しなければならない、とされています。
>>車道は危険でやむを得ないとして、自転車の歩道通行は認められます。
>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。

自転車に対する規制強化は社会の要請でしょう。

>みだりにその進路を変更して、自転車の順番待ちの列へ「横入り」してくる軽自動車は、自転車は歩道さん | 2015/07/31 05:42 |が仰るとおり「右からスリ抜けて」行けば良いだけです。
>>「狭いニッポン、そんなに急いでどこに行く」ではありませんが、先を急がないでください。
>狭い空間でも自由自在に「すり抜け」て行けるところは、巾60センチとスマートな自転車の最もよいところです。
>>自転車の最もよいところは、交通安全と相いれません。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自動車は車道「左側」、自転車は車道「左端」を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>>危険を賭してまで車道に拘泥する必要はありません。歩道を積極的に活用してください。
>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全に傾けることとなります。さらに、自転車にとっては、車道左端通行することで、より安全かつ円滑に通行することが出来ることとなります。道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められているのです。

車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。

| 世捨人 | 2015/09/02 23:59 | URL |

世捨人さん | 2015/09/02 23:59 |へ

>>自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。
>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられています。
>>自転車乗りにとっては、1トンを超える重量で、100キロを超えるスピードを出す自動車の走行を想定して、頑丈かつ滑らかにつくられている車道の端っこを通行させて頂くだけで十分です。ありがたいことです。
>身体がむきだしとなる自転車がクルマと同じ走行空間を通行するのは危険ですので、歩道を活用してください。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>自転車の歩道通行は法律で認められています。
>>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>自転車の良いところは交通安全と相いれません。

道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、とされています。


>>自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。
>国産の乗用車は右ハンドルですから、右折時に反対車線の安全確認がしやすい「左側通行」としたのでしょう。
>>ハンドルが先か、左側通行が先か、鶏と卵のようですね。
>自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。
>>白線で区切られただけでは「歩道」とはなりません。
>「路側帯」は歩道に準じた取り扱いがなされていました。
>>「歩道」と「路側帯」では、「文言」自体が異なります。
>いずれにせよ、自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。

片側に複数の車線がある幹線道路では、自転車は車道左端となる第一通行帯(ど真ん中)を通行しなければならない、とされています。


>>さまざまな道路に共通する基本的なルールとして、自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行しなければならない、とされています。
>車道は危険でやむを得ないとして、自転車の歩道通行は認められます。
>>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>自転車に対する規制強化は社会の要請でしょう。

車道左端通行の大原則の徹底が図られているところです。


>>みだりにその進路を変更して、自転車の順番待ちの列へ「横入り」してくる軽自動車は、自転車は歩道さん | 2015/07/31 05:42 |が仰るとおり「右からスリ抜けて」行けば良いだけです。
>「狭いニッポン、そんなに急いでどこに行く」ではありませんが、先を急がないでください。
>>狭い空間でも自由自在に「すり抜け」て行けるところは、巾60センチとスマートな自転車の最もよいところです。
>自転車の最もよいところは、交通安全と相いれません。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、自動車は車道「左側」、自転車は車道「左端」を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>危険を賭してまで車道に拘泥する必要はありません。歩道を積極的に活用してください。
>>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全に傾けることとなります。さらに、自転車にとっては、車道左端通行することで、より安全かつ円滑に通行することが出来ることとなります。道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められているのです。
>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。

自転車が車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら真っ直ぐ前だけを見て通行することで、道路交通の安全と円滑が図れるのです。

特急(高速度)自転車乗りの皆様は、ママチャリや実用車に乗り換えて、車道左端通行のお手本を示して行きましょう。

よろしくお願いします。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/09/03 15:12 | URL |

>書いてないことも書いてることも「文言がすべて」か. じゃあ,あなたの反論が反論にならないことも含めて「文言がすべて」です.
>>意味不明です。ハイジャック防止法と銃刀法は十分に想定した上でのコメントですので、小生は当初から反論などしてませんよ。
>●想定していようがいまいが,「書いていなかった」時点で,後だしです.だって,文言にないんですから.

>>「後だし」などと騒ぐほどのことではありませんよ。
騒いだ?
事実を書いただけです.


>>こじまさんが撒き餌に喰い付いてきて、引っ掛かっただけのことです。
「撒き餌」も後出しです.
あと,撒き餌だろうが何だろうが,「規制が全く不要」という発言と「規制が現実にある」,そしてあなたがその規制の存在を認めている以上,文意が矛盾しています..

~~~
>>やくざの抗争やテロリストでもあるまいし、包丁や鋏を使うのに規制など全く不要です。

やくざでなくてもテロリストでなくても,規制対象です.
現実に一般人が規制対象になっています↓.
空港ではさみの持ち込み禁止にひっかかる「一般人」なんて,ちょっと探せばいます.

https://twitter.com/burai_vc2008/status/317110422140485632


ですので,この文章は私の指摘に対する回答になりえません.

~~~

>よって,貴方の意見は現実と矛盾するか,貴方の過去の発言と矛盾するか,どちらかです.

>>上述のとおり、小生の意見は現実と何ら矛盾はありませんし、 過去の発言とも矛盾はありません。

「上述のとおり」が論理的にとおってない以上,否定になりません.
矛盾です.

もし万が一矛盾していないなら,『誰が何をいおうが,「それは行間を読めばわかる」で反論が成立する』状態を認めることになるので,そもそも議論が成立しません.
それなら,勝ち負けも存在しないので,やはりあなたの意見が勝つということも存在しえないでしょう.


~~~

>>その上で、こじまさんは、自転車の危険性と有用性、規制の必要性等の議論についてはコメント出来ない方であることを確認したまでです。
>コメントしないのか,コメントできないのかは,現段階では貴方に判断・確認しようがありません.独りよがりな発言をどうぞ続けてください.

>>こじまさんが、しないのか、できないのかは、何ら関係ありません。

>ネット上の議論では「書いてある」ことが全てです。

「行間を読めば,していないことは明らか」
以上


>>あるのは、自転車の危険性と有用性、規制の必要性等の議論について、教養が無い、ミスが多い、行間が読めないこじまさんのコメントがない(=出来ない)という「事実」だけです。


誤字が多いことに関して「教養が~」は事実であると認めましたが,「議論について~」は認めていないので,事実ではないです.
都合のいいように「行間を読む」なら,その論も成立するんでしょう.
ただしその論理を用いてもよいのなら
「ときどきオアゾツーキニストは小島への負けを認めているが,公然の事実とはしたくないので,屁理屈で負けを認めていない」
ということが事実であることが,その行間から分かります.

| こじま | 2015/09/03 21:56 | URL |

こじまさん | 2015/09/03 21:56 |へ

>書いてないことも書いてることも「文言がすべて」か. じゃあ,あなたの反論が反論にならないことも含めて「文言がすべて」です.
>>意味不明です。ハイジャック防止法と銃刀法は十分に想定した上でのコメントですので、小生は当初から反論などしてませんよ。
>●想定していようがいまいが,「書いていなかった」時点で,後だしです.だって,文言にないんですから.
>>「後だし」などと騒ぐほどのことではありませんよ。
>騒いだ?事実を書いただけです.

仰る通り、書いてあることが全てです。
ハイジャック防止法と銃刀法は十分に想定した上でのコメントですので、小生は当初から反論などしてませんよ。


>>こじまさんが撒き餌に喰い付いてきて、引っ掛かっただけのことです。
>「撒き餌」も後出しです.あと,撒き餌だろうが何だろうが,「規制が全く不要」という発言と「規制が現実にある」,そしてあなたがその規制の存在を認めている以上,文意が矛盾しています..

当たり前の程度論です。
そして、こじまさんには、程度論は語れない(語らない?)という結論です。
あきらめなさい。


~~~
>>やくざの抗争やテロリストでもあるまいし、包丁や鋏を使うのに規制など全く不要です。
>やくざでなくてもテロリストでなくても,規制対象です. 現実に一般人が規制対象になっています↓.空港ではさみの持ち込み禁止にひっかかる「一般人」なんて,ちょっと探せばいます.https://twitter.com/burai_vc2008/status/317110422140485632 ですので,この文章は私の指摘に対する回答になりえません.
よって,貴方の意見は現実と矛盾するか,貴方の過去の発言と矛盾するか,どちらかです.
こじまさんのように教養が無い、ミスが多い、行間が読めずに、程度論を語れない方々も世の中には存在します。
これは仕方ないことです。
世の中は矛盾を孕んだものであり、その上で、バランスが取れているものです。


>>上述のとおり、小生の意見は現実と何ら矛盾はありませんし、 過去の発言とも矛盾はありません。
>「上述のとおり」が論理的にとおってない以上,否定になりません.矛盾です.もし万が一矛盾していないなら,『誰が何をいおうが,「それは行間を読めばわかる」で反論が成立する』状態を認めることになるので,そもそも議論が成立しません.それなら,勝ち負けも存在しないので,やはりあなたの意見が勝つということも存在しえないでしょう.

誰が見ても小生の勝ちです。

>>その上で、こじまさんは、自転車の危険性と有用性、規制の必要性等の議論についてはコメント出来ない方であることを確認したまでです。
>コメントしないのか,コメントできないのかは,現段階では貴方に判断・確認しようがありません.独りよがりな発言をどうぞ続けてください.
>>こじまさんが、しないのか、できないのかは、何ら関係ありません。 ネット上の議論では「書いてある」ことが全てです。
>「行間を読めば,していないことは明らか」 以上

別段、無理に程度論の議論に参加頂くことはありません。
出入り自由もこのコメント欄の良い所です。
こじまさんが口を挿めるのは、「撒き餌」の釣り針だけだということです。
これは、「行間を読まずとも、明らか」です。


>>あるのは、自転車の危険性と有用性、規制の必要性等の議論について、教養が無い、ミスが多い、行間が読めないこじまさんのコメントがない(=出来ない)という「事実」だけです。
>誤字が多いことに関して「教養が~」は事実であると認めましたが,「議論について~」は認めていないので,事実ではないです.都合のいいように「行間を読む」なら,その論も成立するんでしょう. ただしその論理を用いてもよいのなら「ときどきオアゾツーキニストは小島への負けを認めているが,公然の事実とはしたくないので,屁理屈で負けを認めていない」 ということが事実であることが,その行間から分かります.

誤字は注意力の問題です。
誤字が教養のレベルの問題だとすれば、そのレベルの教養で行う議論もそのレベルのものでしかないことです。

「書いてない」ことが何処までも広がっていくものではありません。
行間の前提は、行に「書いてある」ことです。

道路交通法には、自動車は「左側」通行、自転車は「左端」通行と書いてあるのです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/09/04 14:04 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。
>>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられています。
>自転車乗りにとっては、1トンを超える重量で、100キロを超えるスピードを出す自動車の走行を想定して、頑丈かつ滑らかにつくられている車道の端っこを通行させて頂くだけで十分です。ありがたいことです。
>>身体がむきだしとなる自転車がクルマと同じ走行空間を通行するのは危険ですので、歩道を活用してください。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>>自転車の歩道通行は法律で認められています。
>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、とされています。

危険な車道を避け、自転車は歩道を積極的に活用してください。

>自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。
>>国産の乗用車は右ハンドルですから、右折時に反対車線の安全確認がしやすい「左側通行」としたのでしょう。
>ハンドルが先か、左側通行が先か、鶏と卵のようですね。
>>自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。
>白線で区切られただけでは「歩道」とはなりません。
>>「路側帯」は歩道に準じた取り扱いがなされていました。
>「歩道」と「路側帯」では、「文言」自体が異なります。
>>いずれにせよ、自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。
>片側に複数の車線がある幹線道路では、自転車は車道左端となる第一通行帯(ど真ん中)を通行しなければならない、とされています。

片側に複数の車線がある幹線道路では、危険を回避するため自転車の歩道通行はやむをえないでしょう。

>さまざまな道路に共通する基本的なルールとして、自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行しなければならない、とされています。
>>車道は危険でやむを得ないとして、自転車の歩道通行は認められます。
>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>>自転車に対する規制強化は社会の要請でしょう。
>車道左端通行の大原則の徹底が図られているところです。

歩道を通行する自転車が圧倒的です。

>みだりにその進路を変更して、自転車の順番待ちの列へ「横入り」してくる軽自動車は、自転車は歩道さん | 2015/07/31 05:42 |が仰るとおり「右からスリ抜けて」行けば良いだけです。
>>「狭いニッポン、そんなに急いでどこに行く」ではありませんが、先を急がないでください。
>狭い空間でも自由自在に「すり抜け」て行けるところは、巾60センチとスマートな自転車の最もよいところです。
>>自転車の最もよいところは、交通安全と相いれません。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自動車は車道「左側」、自転車は車道「左端」を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>>危険を賭してまで車道に拘泥する必要はありません。歩道を積極的に活用してください。
>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全に傾けることとなります。さらに、自転車にとっては、車道左端通行す ることで、より安全かつ円滑に通行することが出来ることとなります。道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路 交通法で定められているのです。
>>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。
>自転車が車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら真っ直ぐ前だけを見て通行することで、道路交通の安全と円滑が図れるのです。

理想と現実は異なります。

>特急(高速度)自転車乗りの皆様は、ママチャリや実用車に乗り換えて、車道左端通行のお手本を示して行きましょう。よろしくお願いします。

お願いされても困りものです。

| 世捨人 | 2015/09/09 22:32 | URL |

世捨人さん| 2015/09/09 22:32 | へ

>>自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。
>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられています。
>>自転車乗りにとっては、1トンを超える重量で、100キロを超えるスピードを出す自動車の走行を想定して、頑丈かつ滑らかにつくられている車道の端っこを通行させて頂くだけで十分です。ありがたいことです。
>身体がむきだしとなる自転車がクルマと同じ走行空間を通行するのは危険ですので、歩道を活用してください。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>自転車の歩道通行は法律で認められています。
>>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、とされています。
>危険な車道を避け、自転車は歩道を積極的に活用してください。

道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑が図れるのです。
歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。


>>自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。
>国産の乗用車は右ハンドルですから、右折時に反対車線の安全確認がしやすい「左側通行」としたのでしょう。
>>ハンドルが先か、左側通行が先か、鶏と卵のようですね。
>自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。
>>白線で区切られただけでは「歩道」とはなりません。
>「路側帯」は歩道に準じた取り扱いがなされていました。
>>「歩道」と「路側帯」では、「文言」自体が異なります。
>いずれにせよ、自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。
>>片側に複数の車線がある幹線道路では、自転車は車道左端となる第一通行帯(ど真ん中)を通行しなければならない、とされています。
>片側に複数の車線がある幹線道路では、危険を回避するため自転車の歩道通行はやむをえないでしょう。

客待ちタクシーや荷卸しトラックなどの違法(?)駐停車車両が点在する第一通行帯は格好の自転車通行帯となっているものです。
自転車は、路線バスと仲良く追い駆けっこしながら、第一通行帯のど真ん中を通行させて頂いています。


>>さまざまな道路に共通する基本的なルールとして、自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行しなければならない、とされています。
>車道は危険でやむを得ないとして、自転車の歩道通行は認められます。
>>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>自転車に対する規制強化は社会の要請でしょう。
>>車道左端通行の大原則の徹底が図られているところです。
>歩道を通行する自転車が圧倒的です。

そんなことはありません。
そもそも自転車通行可の歩道のある幹線道路が道路に占める割合は極僅かです。

道路交通法にあるとおり、自転車は車道を通行しなければならないものです。


>>みだりにその進路を変更して、自転車の順番待ちの列へ「横入り」してくる軽自動車は、自転車は歩道さん | 2015/07/31 05:42 |が仰るとおり「右からスリ抜けて」行けば良いだけです。
>「狭いニッポン、そんなに急いでどこに行く」ではありませんが、先を急がないでください。
>>狭い空間でも自由自在に「すり抜け」て行けるところは、巾60センチとスマートな自転車の最もよいところです。
>自転車の最もよいところは、交通安全と相いれません。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、自動車は車道「左側」、自転車は車道「左端」を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>危険を賭してまで車道に拘泥する必要はありません。歩道を積極的に活用してください。
>>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全に傾けることとなります。さらに、自転車にとっては、車道左端通行す ることで、より安全かつ円滑に通行することが出来ることとなります。道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路 交通法で定められているのです。
>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。
>>自転車が車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら真っ直ぐ前だけを見て通行することで、道路交通の安全と円滑が図れるのです。
>理想と現実は異なります。

理想も現実も、世捨人さんが準拠されている道路交通法に書いてあるとおりです。


>>特急(高速度)自転車乗りの皆様は、ママチャリや実用車に乗り換えて、車道左端通行のお手本を示して行きましょう。よろしくお願いします。
>お願いされても困りものです。

自転車乗り全体の評判を落とされても困りものですので、世捨人さんには自転車自体にお乗り頂かなくても結構です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/09/10 09:10 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。
>>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられています。
>自転車乗りにとっては、1トンを超える重量で、100キロを超えるスピードを出す自動車の走行を想定して、頑丈かつ滑らかにつくられている車道の端っこを通行させて頂くだけで十分です。ありがたいことです。
>>身体がむきだしとなる自転車がクルマと同じ走行空間を通行するのは危険ですので、歩道を活用してください。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>>自転車の歩道通行は法律で認められています。
>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、とされています。
>>危険な車道を避け、自転車は歩道を積極的に活用してください。
>道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。

自転車の歩道通行は法律で認められています。

>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑が図れるのです。

理想と現実は異なります。

>歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。

自転車の良いところは安全とい相いれません。

>自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。
>>国産の乗用車は右ハンドルですから、右折時に反対車線の安全確認がしやすい「左側通行」としたのでしょう。
>ハンドルが先か、左側通行が先か、鶏と卵のようですね。
>>自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。
>白線で区切られただけでは「歩道」とはなりません。
>>「路側帯」は歩道に準じた取り扱いがなされていました。
>「歩道」と「路側帯」では、「文言」自体が異なります。
>>いずれにせよ、自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。
>片側に複数の車線がある幹線道路では、自転車は車道左端となる第一通行帯(ど真ん中)を通行しなければならない、とされています。
>>片側に複数の車線がある幹線道路では、危険を回避するため自転車の歩道通行はやむをえないでしょう。
>客待ちタクシーや荷卸しトラックなどの違法(?)駐停車車両が点在する第一通行帯は格好の自転車通行帯となっているものです。自転車は、路線バスと仲良く追い駆けっこしながら、第一通行帯のど真ん中を通行させて頂いています。
追いかけっこではなく、積極的に譲ってあげてください
>さまざまな道路に共通する基本的なルールとして、自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行しなければならない、とされています。
>>車道は危険でやむを得ないとして、自転車の歩道通行は認められます。
>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>>自転車に対する規制強化は社会の要請でしょう。
>車道左端通行の大原則の徹底が図られているところです。
>>歩道を通行する自転車が圧倒的です。
>そんなことはありません。

現実から目をそむけないでください。

>そもそも自転車通行可の歩道のある幹線道路が道路に占める割合は極僅かです。

自転車の歩道通行は法律で担保されています。

>道路交通法にあるとおり、自転車は車道を通行しなければならないものです。

道交法63条の4を音読してください。

>みだりにその進路を変更して、自転車の順番待ちの列へ「横入り」してくる軽自動車は、自転車は歩道さん | 2015/07/31 05:42 |が仰るとおり「右からスリ抜けて」行けば良いだけです。
>>「狭いニッポン、そんなに急いでどこに行く」ではありませんが、先を急がないでください。
>狭い空間でも自由自在に「すり抜け」て行けるところは、巾60センチとスマートな自転車の最もよいところです。
>>自転車の最もよいところは、交通安全と相いれません。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自動車は車道「左側」、自転車は車道「左端」を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>>危険を賭してまで車道に拘泥する必要はありません。歩道を積極的に活用してください。
>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全に傾けることとなります。さらに、自転車にとっては、車道左端通行す ることで、より安全かつ円滑に通行することが出来ることとなります。道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路 交通法で定められているのです。
>>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。
>自転車が車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら真っ直ぐ前だけを見て通行することで、道路交通の安全と円滑が図れるのです。
>>理想と現実は異なります。
>理想も現実も、世捨人さんが準拠されている道路交通法に書いてあるとおりです。

それでも理想と現実は異なります。

>特急(高速度)自転車乗りの皆様は、ママチャリや実用車に乗り換えて、車道左端通行のお手本を示して行きましょう。よろしくお願いします。
>>お願いされても困りものです。
>自転車乗り全体の評判を落とされても困りものですので、世捨人さんには自転車自体にお乗り頂かなくても結構です。

小生を敵にまわすと、結局は自転車乗りに不利となるでしょう。

| 世捨人 | 2015/09/16 23:57 | URL |

世捨人さん | 2015/09/16 23:57 |へ

>>自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。
>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられています。
>>自転車乗りにとっては、1トンを超える重量で、100キロを超えるスピードを出す自動車の走行を想定して、頑丈かつ滑らかにつくられている車道の端っこを通行させて頂くだけで十分です。ありがたいことです。
>身体がむきだしとなる自転車がクルマと同じ走行空間を通行するのは危険ですので、歩道を活用してください。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>自転車の歩道通行は法律で認められています。
>>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、とされています。
>危険な車道を避け、自転車は歩道を積極的に活用してください。
>>道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>自転車の歩道通行は法律で認められています。

車道も歩道もそれぞれの自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行出来るところも自転車の良い所です。


>>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑が図れるのです。
>理想と現実は異なります。

自転車は車道左端をゆっくりゆったりと、たまにはふらふらとふらつきながら、ただただ真っ直ぐ前を向いて、予見出来ない障害物が歩道や路地から突然飛び出して来てもその場で止まれるようなスピードで通行することで、道路交通の安全と円滑の天秤を安全よりに傾けることが出来るのです。


>>歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>自転車の良いところは安全とい相いれません。

「い」が余分となっていますが、大丈夫ですか?

自転車は車道左端をゆっくりゆったりと、たまにはふらふらとふらつきながら、ただただ真っ直ぐ前を向いて、予見出来ない障害物が歩道や路地から突然飛び出して来てもその場で止まれるようなスピードで通行することで、道路交通の安全と円滑の天秤を安全よりに傾けることが出来るのです。


>>自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。
>国産の乗用車は右ハンドルですから、右折時に反対車線の安全確認がしやすい「左側通行」としたのでしょう。
>>ハンドルが先か、左側通行が先か、鶏と卵のようですね。
>自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。
>>白線で区切られただけでは「歩道」とはなりません。
>「路側帯」は歩道に準じた取り扱いがなされていました。
>>「歩道」と「路側帯」では、「文言」自体が異なります。
>いずれにせよ、自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。
>>片側に複数の車線がある幹線道路では、自転車は車道左端となる第一通行帯(ど真ん中)を通行しなければならない、とされています。
>片側に複数の車線がある幹線道路では、危険を回避するため自転車の歩道通行はやむをえないでしょう。
>>客待ちタクシーや荷卸しトラックなどの違法(?)駐停車車両が点在する第一通行帯は格好の自転車通行帯となっているものです。自転車は、路線バスと仲良く追い駆けっこしながら、第一通行帯のど真ん中を通行させて頂いています。
>追いかけっこではなく、積極的に譲ってあげてください
>>さまざまな道路に共通する基本的なルールとして、自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行しなければならない、とされています。
>車道は危険でやむを得ないとして、自転車の歩道通行は認められます。
>>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>自転車に対する規制強化は社会の要請でしょう。
>>車道左端通行の大原則の徹底が図られているところです。
>歩道を通行する自転車が圧倒的です。
>>そんなことはありません。
>現実から目をそむけないでください。

小生は、50年近くず~っと車道左端通行ですよ。


>>そもそも自転車通行可の歩道のある幹線道路が道路に占める割合は極僅かです。
>自転車の歩道通行は法律で担保されています。

車道も歩道もそれぞれの自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行出来るところも自転車の良い所です。


>>道路交通法にあるとおり、自転車は車道を通行しなければならないものです。
>道交法63条の4を音読してください。

昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。

歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。


>>みだりにその進路を変更して、自転車の順番待ちの列へ「横入り」してくる軽自動車は、自転車は歩道さん | 2015/07/31 05:42 |が仰るとおり「右からスリ抜けて」行けば良いだけです。
>「狭いニッポン、そんなに急いでどこに行く」ではありませんが、先を急がないでください。
>>狭い空間でも自由自在に「すり抜け」て行けるところは、巾60センチとスマートな自転車の最もよいところです。
>自転車の最もよいところは、交通安全と相いれません。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、自動車は車道「左側」、自転車は車道「左端」を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>危険を賭してまで車道に拘泥する必要はありません。歩道を積極的に活用してください。
>>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全に傾けることとなります。さらに、自転車にとっては、車道左端通行することで、より安全かつ円滑に通行することが出来ることとなります。道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められているのです。
>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。
>>自転車が車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら真っ直ぐ前だけを見て通行することで、道路交通の安全と円滑が図れるのです。
>理想と現実は異なります。
>>理想も現実も、世捨人さんが準拠されている道路交通法に書いてあるとおりです。
>それでも理想と現実は異なります。

自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全に傾けることとなります。

さらに、自転車にとっては、車道左端通行することで、より安全かつ円滑に通行することが出来ることとなります。

道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められているのです。


>>特急(高速度)自転車乗りの皆様は、ママチャリや実用車に乗り換えて、車道左端通行のお手本を示して行きましょう。よろしくお願いします。
>お願いされても困りものです。
>>自転車乗り全体の評判を落とされても困りものですので、世捨人さんには自転車自体にお乗り頂かなくても結構です。
>小生を敵にまわすと、結局は自転車乗りに不利となるでしょう。

「夜道に気をつけろ」的な脅し文句ですかね。

多分、誰も相手にしてませんよ。

ご心配なく。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/09/22 11:10 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。
>>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられています。
>自転車乗りにとっては、1トンを超える重量で、100キロを超えるスピードを出す自動車の走行を想定して、頑丈かつ滑らかにつくられている車道の端っこを通行させて頂くだけで十分です。ありがたいことです。
>>身体がむきだしとなる自転車がクルマと同じ走行空間を通行するのは危険ですので、歩道を活用してください。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>>自転車の歩道通行は法律で認められています。
>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、とされています。
>>危険な車道を避け、自転車は歩道を積極的に活用してください。
>道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>>自転車の歩道通行は法律で認められています。
>車道も歩道もそれぞれの自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行出来るところも自転車の良い所です。

自転車の良いところは安全と相いれません。

>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑が図れるのです。
>>理想と現実は異なります。
>自転車は車道左端をゆっくりゆったりと、たまにはふらふらとふらつきながら、ただただ真っ直ぐ前を向いて、予見出来ない障害物が歩道や路地から突 然飛び出して来てもその場で止まれるようなスピードで通行することで、道路交通の安全と円滑の天秤を安全よりに傾けることが出来るのです。

交通の往来の激しい車道では困難を伴います。

>歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>>自転車の良いところは安全とい相いれません。
>「い」が余分となっていますが、大丈夫ですか?自転車は車道左端をゆっくりゆったりと、たまにはふらふらとふらつきながら、ただただ真っ直ぐ前を向いて、予見出来ない障害物が歩道や路地から突 然飛び出して来てもその場で止まれるようなスピードで通行することで、道路交通の安全と円滑の天秤を安全よりに傾けることが出来るのです。

上述のとおり、交通の往来の激しい車道では困難を伴います。

>自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。
>>国産の乗用車は右ハンドルですから、右折時に反対車線の安全確認がしやすい「左側通行」としたのでしょう。
>ハンドルが先か、左側通行が先か、鶏と卵のようですね。
>>自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。
>白線で区切られただけでは「歩道」とはなりません。
>>「路側帯」は歩道に準じた取り扱いがなされていました。
>「歩道」と「路側帯」では、「文言」自体が異なります。
>>いずれにせよ、自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。
>片側に複数の車線がある幹線道路では、自転車は車道左端となる第一通行帯(ど真ん中)を通行しなければならない、とされています。
>>片側に複数の車線がある幹線道路では、危険を回避するため自転車の歩道通行はやむをえないでしょう。
>客待ちタクシーや荷卸しトラックなどの違法(?)駐停車車両が点在する第一通行帯は格好の自転車通行帯となっているものです。自転車は、路線バスと仲良く追い駆けっこしながら、第一通行帯のど真ん中を通行させて頂いています。
>>追いかけっこではなく、積極的に譲ってあげてください
>さまざまな道路に共通する基本的なルールとして、自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行しなければならない、とされています。
>>車道は危険でやむを得ないとして、自転車の歩道通行は認められます。
>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>>自転車に対する規制強化は社会の要請でしょう。
>車道左端通行の大原則の徹底が図られているところです。
>>歩道を通行する自転車が圧倒的です。
>そんなことはありません。
>>現実から目をそむけないでください。
>小生は、50年近くず~っと車道左端通行ですよ。

車道と歩道の区別がないような、生活道路なら問題ありません。

>そもそも自転車通行可の歩道のある幹線道路が道路に占める割合は極僅かです。
>>自転車の歩道通行は法律で担保されています。
>車道も歩道もそれぞれの自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行出来るところも自転車の良い所です。

当ブログでは歩道の積極活用を促しております。

>道路交通法にあるとおり、自転車は車道を通行しなければならないものです。
>>道交法63条の4を音読してください。
>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。

平成の交通戦争の尊い犠牲の上で、「自転車は歩道原則」となるでしょうね。

>みだりにその進路を変更して、自転車の順番待ちの列へ「横入り」してくる軽自動車は、自転車は歩道さん | 2015/07/31 05:42 |が仰るとおり「右からスリ抜けて」行けば良いだけです。
>>「狭いニッポン、そんなに急いでどこに行く」ではありませんが、先を急がないでください。
>狭い空間でも自由自在に「すり抜け」て行けるところは、巾60センチとスマートな自転車の最もよいところです。
>>自転車の最もよいところは、交通安全と相いれません。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自動車は車道「左側」、自転車は車道「左端」を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>>危険を賭してまで車道に拘泥する必要はありません。歩道を積極的に活用してください。
>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全に傾けることとなります。さらに、自転車にとっては、車道左端通行す ることで、より安全かつ円滑に通行することが出来ることとなります。道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路 交通法で定められているのです。
>>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。
>自転車が車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら真っ直ぐ前だけを見て通行することで、道路交通の安全と円滑が図れるのです。
>>理想と現実は異なります。
>理想も現実も、世捨人さんが準拠されている道路交通法に書いてあるとおりです。
>>それでも理想と現実は異なります。
>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全に傾けることとなります。

車道を走る自転車は迫害を受けると聞きます。

>さらに、自転車にとっては、車道左端通行することで、より安全かつ円滑に通行することが出来ることとなります。

自転車だけでなく他の交通(クルマ、馬車、大八車など)の円滑も考慮してください。

>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められているのです。

当ブログでは自転車の歩道活用を促しております。

>特急(高速度)自転車乗りの皆様は、ママチャリや実用車に乗り換えて、車道左端通行のお手本を示して行きましょう。よろしくお願いします。
>>お願いされても困りものです。
>自転車乗り全体の評判を落とされても困りものですので、世捨人さんには自転車自体にお乗り頂かなくても結構です。
>>小生を敵にまわすと、結局は自転車乗りに不利となるでしょう。
>「夜道に気をつけろ」的な脅し文句ですかね。

自転車は危険ですので昼夜問わず気をつけてください。

>多分、誰も相手にしてませんよ。ご心配なく。

草の根活動で自転車規制の世論を盛り上げることに使命を感じます。

| 世捨人 | 2015/09/28 22:27 | URL |

世捨人さん | 2015/09/28 22:27 |へ

>>自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。
>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられています。
>>自転車乗りにとっては、1トンを超える重量で、100キロを超えるスピードを出す自動車の走行を想定して、頑丈かつ滑らかにつくられている車道の端っこを通行させて頂くだけで十分です。ありがたいことです。
>身体がむきだしとなる自転車がクルマと同じ走行空間を通行するのは危険ですので、歩道を活用してください。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>自転車の歩道通行は法律で認められています。
>>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、とされています。
>危険な車道を避け、自転車は歩道を積極的に活用してください。
>>道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>自転車の歩道通行は法律で認められています。
>>車道も歩道もそれぞれの自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行出来るところも自転車の良い所です。
>自転車の良いところは安全と相いれません。

道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、とされています。


>>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑が図れるのです。
>理想と現実は異なります。
>>自転車は車道左端をゆっくりゆったりと、たまにはふらふらとふらつきながら、ただただ真っ直ぐ前を向いて、予見出来ない障害物が歩道や路地から突然飛び出して来てもその場で止まれるようなスピードで通行することで、道路交通の安全と円滑の天秤を安全よりに傾けることが出来るのです。
>交通の往来の激しい車道では困難を伴います。

何ら難しいことはありません。
自転車は、車道左端を大人しく通行させていただくだけで十分です。


>>歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>自転車の良いところは安全とい相いれません。
>>「い」が余分となっていますが、大丈夫ですか?自転車は車道左端をゆっくりゆったりと、たまにはふらふらとふらつきながら、ただただ真っ直ぐ前を向いて、予見出来ない障害物が歩道や路地から突 然飛び出して来てもその場で止まれるようなスピードで通行することで、道路交通の安全と円滑の天秤を安全よりに傾けることが出来るのです。
>上述のとおり、交通の往来の激しい車道では困難を伴います。

何ら難しいことはありません。
道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は、車道左端を通行しなければならないのです。
道路の端っこを、大人しく通行させていただくだけで十分です。


>>自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。
>国産の乗用車は右ハンドルですから、右折時に反対車線の安全確認がしやすい「左側通行」としたのでしょう。
>>ハンドルが先か、左側通行が先か、鶏と卵のようですね。
>自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。
>>白線で区切られただけでは「歩道」とはなりません。
>「路側帯」は歩道に準じた取り扱いがなされていました。
>>「歩道」と「路側帯」では、「文言」自体が異なります。
>いずれにせよ、自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。
>>片側に複数の車線がある幹線道路では、自転車は車道左端となる第一通行帯(ど真ん中)を通行しなければならない、とされています。
>片側に複数の車線がある幹線道路では、危険を回避するため自転車の歩道通行はやむをえないでしょう。
>>客待ちタクシーや荷卸しトラックなどの違法(?)駐停車車両が点在する第一通行帯は格好の自転車通行帯となっているものです。自転車は、路線バスと仲良く追い駆けっこしながら、第一通行帯のど真ん中を通行させて頂いています。
>追いかけっこではなく、積極的に譲ってあげてください
>>さまざまな道路に共通する基本的なルールとして、自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行しなければならない、とされています。
>車道は危険でやむを得ないとして、自転車の歩道通行は認められます。
>>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>自転車に対する規制強化は社会の要請でしょう。
>>車道左端通行の大原則の徹底が図られているところです。
>歩道を通行する自転車が圧倒的です。
>>そんなことはありません。
>現実から目をそむけないでください。
>>小生は、50年近くず~っと車道左端通行ですよ。
>車道と歩道の区別がないような、生活道路なら問題ありません。

上述のとおり、片側に複数の車線がある幹線道路では、自転車は車道左端となる第一通行帯(ど真ん中)を通行しなければならない、とされています。
客待ちタクシーや荷卸しトラックなどの違法(?)駐停車車両が点在する第一通行帯は格好の自転車通行帯となっているものです。自転車は、路線バスと仲良く追い駆けっこしながら、第一通行帯のど真ん中を通行させて頂いています。


>>そもそも自転車通行可の歩道のある幹線道路が道路に占める割合は極僅かです。
>自転車の歩道通行は法律で担保されています。
>>車道も歩道もそれぞれの自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行出来るところも自転車の良い所です。
>当ブログでは歩道の積極活用を促しております。

当ブログの趣旨に沿わない発言は慎めとのご命令ですかね。
おお恐、おお怖。


>>道路交通法にあるとおり、自転車は車道を通行しなければならないものです。
>道交法63条の4を音読してください。
>>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>平成の交通戦争の尊い犠牲の上で、「自転車は歩道原則」となるでしょうね。

車道左端通行自転車は皆殺しにするという殺人予告ですかね。
おお恐、おお怖。


>>みだりにその進路を変更して、自転車の順番待ちの列へ「横入り」してくる軽自動車は、自転車は歩道さん | 2015/07/31 05:42 |が仰るとおり「右からスリ抜けて」行けば良いだけです。
>「狭いニッポン、そんなに急いでどこに行く」ではありませんが、先を急がないでください。
>>狭い空間でも自由自在に「すり抜け」て行けるところは、巾60センチとスマートな自転車の最もよいところです。
>自転車の最もよいところは、交通安全と相いれません。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、自動車は車道「左側」、自転車は車道「左端」を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>危険を賭してまで車道に拘泥する必要はありません。歩道を積極的に活用してください。
>>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全に傾けることとなります。さらに、自転車にとっては、車道左端通行することで、より安全かつ円滑に通行することが出来ることとなります。道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められているのです。
>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。
>>自転車が車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら真っ直ぐ前だけを見て通行することで、道路交通の安全と円滑が図れるのです。
>理想と現実は異なります。
>>理想も現実も、世捨人さんが準拠されている道路交通法に書いてあるとおりです。
>それでも理想と現実は異なります。
>>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全に傾けることとなります。
>車道を走る自転車は迫害を受けると聞きます。

はげおやじさんの「闘魂注入クラクション」のことですかね?
はげおやじさんは、改心されて、道路交通法に準拠して、「危険を防止するためやむを得ないとき」以外では「闘魂注入クラクション」は鳴らさないことにされた筈ですよ。


>>さらに、自転車にとっては、車道左端通行することで、より安全かつ円滑に通行することが出来ることとなります。
>自転車だけでなく他の交通(クルマ、馬車、大八車など)の円滑も考慮してください。

それぞれが自立した主体として、「自分の身は自分で守る」ことです。
自転車乗りに頼られても困りものです。


>>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められているのです。
>当ブログでは自転車の歩道活用を促しております。

当ブログは、道路交通法に「準拠」しているのですよね。
大丈夫ですか?


>>特急(高速度)自転車乗りの皆様は、ママチャリや実用車に乗り換えて、車道左端通行のお手本を示して行きましょう。よろしくお願いします。
>お願いされても困りものです。
>>自転車乗り全体の評判を落とされても困りものですので、世捨人さんには自転車自体にお乗り頂かなくても結構です。
>小生を敵にまわすと、結局は自転車乗りに不利となるでしょう。
>>「夜道に気をつけろ」的な脅し文句ですかね。
>自転車は危険ですので昼夜問わず気をつけてください。

車道左端通行自転車は皆殺しにするという殺人予告ですかね。
おお恐、おお怖。


>>多分、誰も相手にしてませんよ。ご心配なく。
>草の根活動で自転車規制の世論を盛り上げることに使命を感じます。

多分、誰も相手にしてませんよ。ご心配なく。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/09/29 10:45 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。
>>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられています。
>自転車乗りにとっては、1トンを超える重量で、100キロを超えるスピードを出す自動車の走行を想定して、頑丈かつ滑らかにつくられている車道の端っこを通行させて頂くだけで十分です。ありがたいことです。
>>身体がむきだしとなる自転車がクルマと同じ走行空間を通行するのは危険ですので、歩道を活用してください。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>>自転車の歩道通行は法律で認められています。
>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、とされています。
>>危険な車道を避け、自転車は歩道を積極的に活用してください。
>道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>>自転車の歩道通行は法律で認められています。
>車道も歩道もそれぞれの自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行出来るところも自転車の良い所です。
>>自転車の良いところは安全と相いれません。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、とされています。

ご案内のとおり、自転車の歩道通行は法律で認められています。

>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑が図れるのです。
>>理想と現実は異なります。
>自転車は車道左端をゆっくりゆったりと、たまにはふらふらとふらつきながら、ただただ真っ直ぐ前を向いて、予見出来ない障害物が歩道や路地か ら突然飛び出して来てもその場で止まれるようなスピードで通行することで、道路交通の安全と円滑の天秤を安全よりに傾けることが出来るのです。
>>交通の往来の激しい車道では困難を伴います。
>何ら難しいことはありません。自転車は、車道左端を大人しく通行させていただくだけで十分です。

クルマにも目配りして走行し、決して交通の円滑を阻害することがないやうにしてください。

>歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>>自転車の良いところは安全とい相いれません。
>「い」が余分となっていますが、大丈夫ですか?自転車は車道左端をゆっくりゆったりと、たまにはふらふらとふらつきながら、ただただ真っ直ぐ 前を向いて、予見出来ない障害物が歩道や路地から突 然飛び出して来てもその場で止まれるようなスピードで通行することで、道路交通の安全と円滑の天秤を安全よりに傾けることが出来るのです。
>>上述のとおり、交通の往来の激しい車道では困難を伴います。
>何ら難しいことはありません。道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は、車道左端を通行しなければならないのです。道路の端っこを、大人しく通行させていただくだけで十分です。

クルマは小回りが利かないので、自転車は最大限配慮をお願いします。

>>自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。
>国産の乗用車は右ハンドルですから、右折時に反対車線の安全確認がしやすい「左側通行」としたのでしょう。
>>ハンドルが先か、左側通行が先か、鶏と卵のようですね。
>自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。
>>白線で区切られただけでは「歩道」とはなりません。
>「路側帯」は歩道に準じた取り扱いがなされていました。
>>「歩道」と「路側帯」では、「文言」自体が異なります。
>いずれにせよ、自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。
>片側に複数の車線がある幹線道路では、自転車は車道左端となる第一通行帯(ど真ん中)を通行しなければならない、とされています。
>>片側に複数の車線がある幹線道路では、危険を回避するため自転車の歩道通行はやむをえないでしょう。
>客待ちタクシーや荷卸しトラックなどの違法(?)駐停車車両が点在する第一通行帯は格好の自転車通行帯となっているものです。自転車は、路線バスと仲良く追い駆けっこしながら、第一通行帯のど真ん中を通行させて頂いています。
>>追いかけっこではなく、積極的に譲ってあげてください
>さまざまな道路に共通する基本的なルールとして、自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行しなければならない、とされています。
>>車道は危険でやむを得ないとして、自転車の歩道通行は認められます。
>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>>自転車に対する規制強化は社会の要請でしょう。
>車道左端通行の大原則の徹底が図られているところです。
>>歩道を通行する自転車が圧倒的です。
>そんなことはありません。
>>現実から目をそむけないでください。
>小生は、50年近くず~っと車道左端通行ですよ。
>>車道と歩道の区別がないような、生活道路なら問題ありません。
>上述のとおり、片側に複数の車線がある幹線道路では、自転車は車道左端となる第一通行帯(ど真ん中)を通行しなければならない、とされています。客待ちタクシーや荷卸しトラックなどの違法(?)駐停車車両が点在する第一通行帯は格好の自転車通行帯となっているものです。自転車は、路線バスと仲良く追い駆けっこしながら、第一通行帯のど真ん中を通行させて頂いています。

人の乗降や荷卸しなどでクルマの駐車は不可欠であり、自転車にあっては「やむを得ない」として歩道を活用したいですね。

>そもそも自転車通行可の歩道のある幹線道路が道路に占める割合は極僅かです。
>>自転車の歩道通行は法律で担保されています。
>車道も歩道もそれぞれの自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行出来るところも自転車の良い所です。
>>当ブログでは歩道の積極活用を促しております。
>当ブログの趣旨に沿わない発言は慎めとのご命令ですかね。おお恐、おお怖。

自転車を起因とする交通事故で取り返しとすつかない事態になってもらいたくありません。

>道路交通法にあるとおり、自転車は車道を通行しなければならないものです。
>>道交法63条の4を音読してください。
>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>>平成の交通戦争の尊い犠牲の上で、「自転車は歩道原則」となるでしょうね。
>車道左端通行自転車は皆殺しにするという殺人予告ですかね。おお恐、おお怖。

おっしゃるとおり、身体がむきだしとなる自転車でダンプカーが行き交う車道を走行するのは、狂気の沙汰ですね。

>みだりにその進路を変更して、自転車の順番待ちの列へ「横入り」してくる軽自動車は、自転車は歩道さん | 2015/07/31 05:42 |が仰るとおり「右からスリ抜けて」行けば良いだけです。
>>「狭いニッポン、そんなに急いでどこに行く」ではありませんが、先を急がないでください。
>狭い空間でも自由自在に「すり抜け」て行けるところは、巾60センチとスマートな自転車の最もよいところです。
>>自転車の最もよいところは、交通安全と相いれません。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自動車は車道「左側」、自転車は車道「左端」を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>>危険を賭してまで車道に拘泥する必要はありません。歩道を積極的に活用してください。
>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全に傾けることとなります。さらに、自転車にとっては、車道左端通行す ることで、より安全かつ円滑に通行することが出来ることとなります。道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路 交通法で定められているのです。
>>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。
>自転車が車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら真っ直ぐ前だけを見て通行することで、道路交通の安全と円滑が図れるのです。
>>理想と現実は異なります。
>理想も現実も、世捨人さんが準拠されている道路交通法に書いてあるとおりです。
>>それでも理想と現実は異なります。
>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全に傾けることとなります。
>>車道を走る自転車は迫害を受けると聞きます。
>げおやじさんの「闘魂注入クラクション」のことですかね?はげおやじさんは、改心されて、道路交通法に準拠して、「危険を防止するためやむを得ないとき」以外では「闘魂注入クラクション」は鳴らさないことにされた筈ですよ。

当ブログでは「合法クラクション」を提唱しております。しっかり勉強してください。

>さらに、自転車にとっては、車道左端通行することで、より安全かつ円滑に通行することが出来ることとなります。
>>自転車だけでなく他の交通(クルマ、馬車、大八車など)の円滑も考慮してください。
>それぞれが自立した主体として、「自分の身は自分で守る」ことです。自転車乗りに頼られても困りものです。

クルマは自転車を守ってくれるだろうという身勝手な考えは慎んでください。

>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められているのです。
>>当ブログでは自転車の歩道活用を促しております。
>当ブログは、道路交通法に「準拠」しているのですよね。大丈夫ですか?

自転車の歩道通行は法律で認められています。しっかり勉強してください。

>特急(高速度)自転車乗りの皆様は、ママチャリや実用車に乗り換えて、車道左端通行のお手本を示して行きましょう。よろしくお願いします。
>>お願いされても困りものです。
>自転車乗り全体の評判を落とされても困りものですので、世捨人さんには自転車自体にお乗り頂かなくても結構です。
>>小生を敵にまわすと、結局は自転車乗りに不利となるでしょう。
>「夜道に気をつけろ」的な脅し文句ですかね。
>>自転車は危険ですので昼夜問わず気をつけてください。
>車道左端通行自転車は皆殺しにするという殺人予告ですかね。おお恐、おお怖。

諸悪の根源は「自転車は車道」ということですね。

>多分、誰も相手にしてませんよ。ご心配なく。
>>草の根活動で自転車規制の世論を盛り上げることに使命を感じます。
>多分、誰も相手にしてませんよ。ご心配なく。

それでも旧ときさんの交通安全は絶対です。

| 世捨人 | 2015/10/07 22:17 | URL |

世捨人さん | 2015/10/07 22:17 |へ

>>自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。
>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられています。
>>自転車乗りにとっては、1トンを超える重量で、100キロを超えるスピードを出す自動車の走行を想定して、頑丈かつ滑らかにつくられている車道の端っこを通行させて頂くだけで十分です。ありがたいことです。
>身体がむきだしとなる自転車がクルマと同じ走行空間を通行するのは危険ですので、歩道を活用してください。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>自転車の歩道通行は法律で認められています。
>>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、とされています。
>危険な車道を避け、自転車は歩道を積極的に活用してください。
>>道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>自転車の歩道通行は法律で認められています。
>>車道も歩道もそれぞれの自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行出来るところも自転車の良い所です。
>自転車の良いところは安全と相いれません。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、とされています。
>ご案内のとおり、自転車の歩道通行は法律で認められています。

昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。
歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。


>>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑が図れるのです。
>理想と現実は異なります。
>>自転車は車道左端をゆっくりゆったりと、たまにはふらふらとふらつきながら、ただただ真っ直ぐ前を向いて、予見出来ない障害物が歩道や路地か ら突然飛び出して来てもその場で止まれるようなスピードで通行することで、道路交通の安全と円滑の天秤を安全よりに傾けることが出来るのです。
>交通の往来の激しい車道では困難を伴います。
>>何ら難しいことはありません。自転車は、車道左端を大人しく通行させていただくだけで十分です。
>クルマにも目配りして走行し、決して交通の円滑を阻害することがないやうにしてください。

自転車は大人しく車道左端通行していますので、クルマは勝手に安全な速度と方法で追い越して行っていただければ、結構です。

安全な速度と方法で追い越すことが出来ないのであれば、仕方ありません。

トイレの順番待ちの列と一緒です。

後続車両は、安全な車間距離を保って追随下さい。


>>歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>自転車の良いところは安全とい相いれません。
>>「い」が余分となっていますが、大丈夫ですか?自転車は車道左端をゆっくりゆったりと、たまにはふらふらとふらつきながら、ただただ真っ直ぐ 前を向いて、予見出来ない障害物が歩道や路地から突 然飛び出して来てもその場で止まれるようなスピードで通行することで、道路交通の安全と円滑の天秤を安全よりに傾けることが出来るのです。
>上述のとおり、交通の往来の激しい車道では困難を伴います。
>>何ら難しいことはありません。道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は、車道左端を通行しなければならないのです。道路の端っこを、大人しく通行させていただくだけで十分です。
>クルマは小回りが利かないので、自転車は最大限配慮をお願いします。

クルマは、安全な速度と方法で勝手に追い越して行けば良いだけです。

安全な速度と方法で追い越し出来ないのであれば、仕方ありません。
小回りの利かないクルマは、安全な車間距離を保って大人しく自転車の後ろを追随下さい。

トイレの順番待ちの列と一緒です。

横入りは厳禁です。


>>自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。
>国産の乗用車は右ハンドルですから、右折時に反対車線の安全確認がしやすい「左側通行」としたのでしょう。
>>ハンドルが先か、左側通行が先か、鶏と卵のようですね。
>自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。
>>白線で区切られただけでは「歩道」とはなりません。
>「路側帯」は歩道に準じた取り扱いがなされていました。
>>「歩道」と「路側帯」では、「文言」自体が異なります。
>いずれにせよ、自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。
>>片側に複数の車線がある幹線道路では、自転車は車道左端となる第一通行帯(ど真ん中)を通行しなければならない、とされています。
>片側に複数の車線がある幹線道路では、危険を回避するため自転車の歩道通行はやむをえないでしょう。
>>客待ちタクシーや荷卸しトラックなどの違法(?)駐停車車両が点在する第一通行帯は格好の自転車通行帯となっているものです。自転車は、路線バスと仲良く追い駆けっこしながら、第一通行帯のど真ん中を通行させて頂いています。
>追いかけっこではなく、積極的に譲ってあげてください
>>さまざまな道路に共通する基本的なルールとして、自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行しなければならない、とされています。
>車道は危険でやむを得ないとして、自転車の歩道通行は認められます。
>>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>自転車に対する規制強化は社会の要請でしょう。
>>車道左端通行の大原則の徹底が図られているところです。
>歩道を通行する自転車が圧倒的です。
>>そんなことはありません。
>現実から目をそむけないでください。
>>小生は、50年近くず~っと車道左端通行ですよ。
>車道と歩道の区別がないような、生活道路なら問題ありません。
>>上述のとおり、片側に複数の車線がある幹線道路では、自転車は車道左端となる第一通行帯(ど真ん中)を通行しなければならない、とされています。客待ちタクシーや荷卸しトラックなどの違法(?)駐停車車両が点在する第一通行帯は格好の自転車通行帯となっているものです。自転車は、路線バスと仲良く追い駆けっこしながら、第一通行帯のど真ん中を通行させて頂いています。
>人の乗降や荷卸しなどでクルマの駐車は不可欠であり、自転車にあっては「やむを得ない」として歩道を活用したいですね。

駐車しているクルマの脇をすり抜けて行くことも出来るところも、巾60センチとスマートな自転車の良い所です。


>>そもそも自転車通行可の歩道のある幹線道路が道路に占める割合は極僅かです。
>自転車の歩道通行は法律で担保されています。
>>車道も歩道もそれぞれの自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行出来るところも自転車の良い所です。
>当ブログでは歩道の積極活用を促しております。
>>当ブログの趣旨に沿わない発言は慎めとのご命令ですかね。おお恐、おお怖。
>自転車を起因とする交通事故で取り返しとすつかない事態になってもらいたくありません。

自転車は交通事故を惹起しないように、車道左端をまっすぐ前だけを見てふらふらとその場で止まれるようなスピードで堂々と通行するだけです。


>>道路交通法にあるとおり、自転車は車道を通行しなければならないものです。
>道交法63条の4を音読してください。
>>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>平成の交通戦争の尊い犠牲の上で、「自転車は歩道原則」となるでしょうね。
>>車道左端通行自転車は皆殺しにするという殺人予告ですかね。おお恐、おお怖。
>おっしゃるとおり、身体がむきだしとなる自転車でダンプカーが行き交う車道を走行するのは、狂気の沙汰ですね。

道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならないと定められています。


>>みだりにその進路を変更して、自転車の順番待ちの列へ「横入り」してくる軽自動車は、自転車は歩道さん | 2015/07/31 05:42 |が仰るとおり「右からスリ抜けて」行けば良いだけです。
>「狭いニッポン、そんなに急いでどこに行く」ではありませんが、先を急がないでください。
>>狭い空間でも自由自在に「すり抜け」て行けるところは、巾60センチとスマートな自転車の最もよいところです。
>自転車の最もよいところは、交通安全と相いれません。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、自動車は車道「左側」、自転車は車道「左端」を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>危険を賭してまで車道に拘泥する必要はありません。歩道を積極的に活用してください。
>>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全に傾けることとなります。さらに、自転車にとっては、車道左端通行す ることで、より安全かつ円滑に通行することが出来ることとなります。道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路 交通法で定められているのです。
>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。
>>自転車が車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら真っ直ぐ前だけを見て通行することで、道路交通の安全と円滑が図れるのです。
>理想と現実は異なります。
>>理想も現実も、世捨人さんが準拠されている道路交通法に書いてあるとおりです。
>それでも理想と現実は異なります。
>>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全に傾けることとなります。
>車道を走る自転車は迫害を受けると聞きます。
>>はげおやじさんの「闘魂注入クラクション」のことですかね?はげおやじさんは、改心されて、道路交通法に準拠して、「危険を防止するためやむを得ないとき」以外では「闘魂注入クラクション」は鳴らさないことにされた筈ですよ。
>当ブログでは「合法クラクション」を提唱しております。しっかり勉強してください。

青信号でスタートダッシュを決めようと後続車両の世捨人さんのタクシーが車間距離を詰め過ぎただけのことで、

道路交通法に準拠して「危険を防止するためやむを得ないとき」以外にはクラクションは鳴らしてはならない、という結論でしたよ。


>>さらに、自転車にとっては、車道左端通行することで、より安全かつ円滑に通行することが出来ることとなります。
>自転車だけでなく他の交通(クルマ、馬車、大八車など)の円滑も考慮してください。
>>それぞれが自立した主体として、「自分の身は自分で守る」ことです。自転車乗りに頼られても困りものです。
>クルマは自転車を守ってくれるだろうという身勝手な考えは慎んでください。

道路交通法にあるとおり、道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行するだけのことです。


>>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められているのです。
>当ブログでは自転車の歩道活用を促しております。
>>当ブログは、道路交通法に「準拠」しているのですよね。大丈夫ですか?
>自転車の歩道通行は法律で認められています。しっかり勉強してください。

道路交通法では、自転車は車道左端通行しなければならない、とされています。


>>特急(高速度)自転車乗りの皆様は、ママチャリや実用車に乗り換えて、車道左端通行のお手本を示して行きましょう。よろしくお願いします。
>お願いされても困りものです。
>>自転車乗り全体の評判を落とされても困りものですので、世捨人さんには自転車自体にお乗り頂かなくても結構です。
>小生を敵にまわすと、結局は自転車乗りに不利となるでしょう。
>>「夜道に気をつけろ」的な脅し文句ですかね。
>自転車は危険ですので昼夜問わず気をつけてください。
>>車道左端通行自転車は皆殺しにするという殺人予告ですかね。おお恐、おお怖。
>諸悪の根源は「自転車は車道」ということですね。

道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、と定められています。


>>多分、誰も相手にしてませんよ。ご心配なく。
>草の根活動で自転車規制の世論を盛り上げることに使命を感じます。
>>多分、誰も相手にしてませんよ。ご心配なく。
>それでも旧ときさんの交通安全は絶対です。

自転車は車道左端通行するだけで十分です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/10/08 20:14 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>自動車と自転車では、トイレの順番待ちの列が異なります。
>>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられています。
>自転車乗りにとっては、1トンを超える重量で、100キロを超えるスピードを出す自動車の走行を想定して、頑丈かつ滑らかにつくられている車道の端っこを通行させて頂くだけで十分です。ありがたいことです。
>>身体がむきだしとなる自転車がクルマと同じ走行空間を通行するのは危険ですので、歩道を活用してください。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>>自転車の歩道通行は法律で認められています。
>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、とされています。
>>危険な車道を避け、自転車は歩道を積極的に活用してください。
>道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>>自転車の歩道通行は法律で認められています。
>車道も歩道もそれぞれの自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行出来るところも自転車の良い所です。
>>自転車の良いところは安全と相いれません。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、とされています。
>>ご案内のとおり、自転車の歩道通行は法律で認められています。
>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。 歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。

尊い犠牲を無にすることなく、そのご遺志を受け継ぎ、道路における交通の安全と円滑の確保のために、自転車の歩道活用に全力を尽くしてください。

>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑が図れるのです。
>>理想と現実は異なります。
>自転車は車道左端をゆっくりゆったりと、たまにはふらふらとふらつきながら、ただただ真っ直ぐ前を向いて、予見出来ない障害物が歩道や路地か ら突然飛び出して来てもその場で止まれるようなスピードで通行することで、道路交通の安全と円滑の天秤を安全よりに傾けることが出来るのです。
>>交通の往来の激しい車道では困難を伴います。
>何ら難しいことはありません。自転車は、車道左端を大人しく通行させていただくだけで十分です。
>>クルマにも目配りして走行し、決して交通の円滑を阻害することがないやうにしてください。
>自転車は大人しく車道左端通行していますので、クルマは勝手に安全な速度と方法で追い越して行っていただければ、結構です。 安全な速度と方法で追い越すことが出来ないのであれば、仕方ありません。 トイレの順番待ちの列と一緒です。 後続車両は、安全な車間距離を保って追随下さい。

速度差の異なる自転車に追随するとなれば交通の円滑が犠牲になるのは火を見るより明らかです。つまらぬプライドは捨て、クルマのドライバーの意図をくみとってください。

>歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>>自転車の良いところは安全とい相いれません。
>「い」が余分となっていますが、大丈夫ですか?自転車は車道左端をゆっくりゆったりと、たまにはふらふらとふらつきながら、ただただ真っ直ぐ 前を向いて、予見出来ない障害物が歩道や路地から突 然飛び出して来てもその場で止まれるようなスピードで通行することで、道路交通の安全と円滑の天秤を安全よりに傾けることが出来るのです。
>>上述のとおり、交通の往来の激しい車道では困難を伴います。
>何ら難しいことはありません。道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は、車道左端を通行しなければならないのです。道路の端っこを、大人しく通行させていただくだけで十分です。
>>クルマは小回りが利かないので、自転車は最大限配慮をお願いします。
>クルマは、安全な速度と方法で勝手に追い越して行けば良いだけです。 安全な速度と方法で追い越し出来ないのであれば、仕方ありません。 小回りの利かないクルマは、安全な車間距離を保って大人しく自転車の後ろを追随下さい。 トイレの順番待ちの列と一緒です。横入りは厳禁です。

自転車は、交通量の多い車道は避け、ガラガラの歩道を活用することで社会貢献できるという意識を根付かせたいですね。

>自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行です。
>>国産の乗用車は右ハンドルですから、右折時に反対車線の安全確認がしやすい「左側通行」としたのでしょう。
>ハンドルが先か、左側通行が先か、鶏と卵のようですね。
>>自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。
>白線で区切られただけでは「歩道」とはなりません。
>>「路側帯」は歩道に準じた取り扱いがなされていました。
>「歩道」と「路側帯」では、「文言」自体が異なります。
>>いずれにせよ、自転車は車道「左端」通行は、歩道と車道が白線で区切られたような生活道路を想定していたのでしょう。
>片側に複数の車線がある幹線道路では、自転車は車道左端となる第一通行帯(ど真ん中)を通行しなければならない、とされています。
>>片側に複数の車線がある幹線道路では、危険を回避するため自転車の歩道通行はやむをえないでしょう。
>客待ちタクシーや荷卸しトラックなどの違法(?)駐停車車両が点在する第一通行帯は格好の自転車通行帯となっているものです。自転車は、路線バスと仲良く追い駆けっこしながら、第一通行帯のど真ん中を通行させて頂いています。
>>追いかけっこではなく、積極的に譲ってあげてください
>さまざまな道路に共通する基本的なルールとして、自動車は車道「左側」通行、自転車は車道「左端」通行しなければならない、とされています。
>>車道は危険でやむを得ないとして、自転車の歩道通行は認められます。
>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>>自転車に対する規制強化は社会の要請でしょう。
>車道左端通行の大原則の徹底が図られているところです。
>>歩道を通行する自転車が圧倒的です。
>そんなことはありません。
>>現実から目をそむけないでください。
>小生は、50年近くず~っと車道左端通行ですよ。
>>車道と歩道の区別がないような、生活道路なら問題ありません。
>上述のとおり、片側に複数の車線がある幹線道路では、自転車は車道左端となる第一通行帯(ど真ん中)を通行しなければならない、とされています。客待ちタクシーや荷卸しトラックなどの違法(?)駐停車車両が点在する第一通行帯は格好の自転車通行帯となっているものです。自転車は、路線バスと仲良く追い駆けっこしながら、第一通行帯のど真ん中を通行させて頂いています。
>>人の乗降や荷卸しなどでクルマの駐車は不可欠であり、自転車にあっては「やむを得ない」として歩道を活用したいですね。
>駐車しているクルマの脇をすり抜けて行くことも出来るところも、巾60センチとスマートな自転車の良い所です。

交通の安全の確保は犠牲にできません。

>そもそも自転車通行可の歩道のある幹線道路が道路に占める割合は極僅かです。
>>自転車の歩道通行は法律で担保されています。
>車道も歩道もそれぞれの自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行出来るところも自転車の良い所です。
>>当ブログでは歩道の積極活用を促しております。
>当ブログの趣旨に沿わない発言は慎めとのご命令ですかね。おお恐、おお怖。
>>自転車を起因とする交通事故で取り返しとすつかない事態になってもらいたくありません。
>自転車は交通事故を惹起しないように、車道左端をまっすぐ前だけを見てふらふらとその場で止まれるようなスピードで堂々と通行するだけです。

自分さえ良ければという身勝手な考えは捨てることが、交通の安全と円滑に不可欠です。

>道路交通法にあるとおり、自転車は車道を通行しなければならないものです。
>>道交法63条の4を音読してください。
>昭和40年代の交通戦争の尊い犠牲の上で、自転車乗りが獲得した貴重な権利です。歩道も車道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行できるところも、自転車の良い所の一つです。
>>平成の交通戦争の尊い犠牲の上で、「自転車は歩道原則」となるでしょうね。
>車道左端通行自転車は皆殺しにするという殺人予告ですかね。おお恐、おお怖。
>>おっしゃるとおり、身体がむきだしとなる自転車でダンプカーが行き交う車道を走行するのは、狂気の沙汰ですね。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならないと定められています。

ガードレールや段差で守られた歩道は、身体がむきだしとなる自転車の聖域といっても過言ではないでしょう。

>みだりにその進路を変更して、自転車の順番待ちの列へ「横入り」してくる軽自動車は、自転車は歩道さん | 2015/07/31 05:42 |が仰るとおり「右からスリ抜けて」行けば良いだけです。
>>「狭いニッポン、そんなに急いでどこに行く」ではありませんが、先を急がないでください。
>狭い空間でも自由自在に「すり抜け」て行けるところは、巾60センチとスマートな自転車の最もよいところです。
>>自転車の最もよいところは、交通安全と相いれません。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自動車は車道「左側」、自転車は車道「左端」を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>>危険を賭してまで車道に拘泥する必要はありません。歩道を積極的に活用してください。
>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全に傾けることとなります。さらに、自転車にとっては、車道左端通行す ることで、より安全かつ円滑に通行することが出来ることとなります。道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路 交通法で定められているのです。
>>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。
>自転車が車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら真っ直ぐ前だけを見て通行することで、道路交通の安全と円滑が図れるのです。
>>理想と現実は異なります。
>理想も現実も、世捨人さんが準拠されている道路交通法に書いてあるとおりです。
>>それでも理想と現実は異なります。
>自転車が車道左端通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全に傾けることとなります。
>>車道を走る自転車は迫害を受けると聞きます。
>はげおやじさんの「闘魂注入クラクション」のことですかね?はげおやじさんは、改心されて、道路交通法に準拠して、「危険を防止するためやむを得ないとき」以外では「闘魂注入クラクション」は鳴らさないことにされた筈ですよ。
>>当ブログでは「合法クラクション」を提唱しております。しっかり勉強してください。
>青信号でスタートダッシュを決めようと後続車両の世捨人さんのタクシーが車間距離を詰め過ぎただけのことで、 道路交通法に準拠して「危険を防止するためやむを得ないとき」以外にはクラクションは鳴らしてはならない、という結論でしたよ。

当該記事を繰り返し読み、しっかり復習してください。

>さらに、自転車にとっては、車道左端通行することで、より安全かつ円滑に通行することが出来ることとなります。
>>自転車だけでなく他の交通(クルマ、馬車、大八車など)の円滑も考慮してください。
>それぞれが自立した主体として、「自分の身は自分で守る」ことです。自転車乗りに頼られても困りものです。
>>クルマは自転車を守ってくれるだろうという身勝手な考えは慎んでください。
>道路交通法にあるとおり、道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行するだけのことです。

自転車が歩道活用することで、ドライバーに安全・安心を与えることになります。

>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められているのです。
>>当ブログでは自転車の歩道活用を促しております。
>当ブログは、道路交通法に「準拠」しているのですよね。大丈夫ですか?
>>自転車の歩道通行は法律で認められています。しっかり勉強してください。
>道路交通法では、自転車は車道左端通行しなければならない、とされています。

道交法63条の4を声に出して読んでみましょう。

>特急(高速度)自転車乗りの皆様は、ママチャリや実用車に乗り換えて、車道左端通行のお手本を示して行きましょう。よろしくお願いします。
>>お願いされても困りものです。
>自転車乗り全体の評判を落とされても困りものですので、世捨人さんには自転車自体にお乗り頂かなくても結構です。
>>小生を敵にまわすと、結局は自転車乗りに不利となるでしょう。
>「夜道に気をつけろ」的な脅し文句ですかね。
>>自転車は危険ですので昼夜問わず気をつけてください。
>車道左端通行自転車は皆殺しにするという殺人予告ですかね。おお恐、おお怖。
>>諸悪の根源は「自転車は車道」ということですね。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、と定められています。

現状の道路事情を鑑みると、自転車の歩道活用はやむをえないというのは、旧ときさんが一番よく知っていることでしょう。

>多分、誰も相手にしてませんよ。ご心配なく。
>>草の根活動で自転車規制の世論を盛り上げることに使命を感じます。
>多分、誰も相手にしてませんよ。ご心配なく。
>>それでも旧ときさんの交通安全は絶対です。
>自転車は車道左端通行するだけで十分です。

歩道活用が絶対です。

| 世捨人 | 2015/10/14 22:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/524-72d044b1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT