今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「フルカーボン・ロードバイク禁止」3大理由

▼2012年6月28日は「6・28ショック」として歴史に刻まれようか。当ブログでカーボンフレームの競技用自転車の全面禁止を訴えた日だ。核心にぐさりと突き刺さる記事は、競技用自転車乗りに今もなお読まれ続けている。実際、当ブログのアクセス解析をすると、「カーボンフレーム」をキーワードに訪れる輩(やから)が後を絶たない。

▼カーボン(炭素繊維)という素材の特性から、「強度に難点がある」「落雷の影響を受けやすい」という2点の理由で、自転車のフレームに用いることを禁じた。交通の安全と相いれないからだ。多くの勇者が反論を試みるも、記事内容を根底から覆すほどにいたっていない。

▼あれから3年。競技用自転車乗りが忸怩(じくじ)たる思いをしているなか、カーボンフレームを禁止する新たな理由を追記したい。それは、弾力性がないことだ。鉄のフレームに比べ衝撃吸収性がないため、長距離走行において人体の各部にダメージを与えているのだ。

▼乗り心地が悪いわけで、乗員の疲労が蓄積し過労運転を助長しかねない。軽量の自転車は長距離を走っても疲れない、とカーボン信者はのたまう。上述のとおり、無理をすれば正常な運転ができなくなるのは火を見るより明らかだ。一般公道において何一つメリットがないカーボンフレームは絶対にやめよ。

参照
カーボンフレームの競技用自転車を禁止せよ




大井ふ頭でデットヒートを繰り広げる競技用自転車乗り
関連記事

| 23:49 | コメント:211 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そういえばハイエンドのフルカーボンロードを試乗した事がありますが、ありゃカッチカチですからなぁ。
競技用ですし、振動吸収性なんざ皆無です。最悪な乗り心地ですな。
限界まで軽量化されていますので強度的にも問題あるでしょうし、どう考えても一般公道を走るにゃ不向きでしょう。言葉通り「競技用」です。

よく「F1マシンは買えないけど、自転車ならプロが使っているのと同じ物が買える」とは言いますが、F1マシンで公道を走るバカはいません。

自転車も、競技用なんて危険極まりないものなど乗らずに、歩道を安全に快適に走行できるよう設計されているママチャリなどで走行していただきたいものですな。

| 自転車は歩道 | 2015/07/24 01:55 | URL |

>カーボン(炭素繊維)という素材の特性から、「強度に難点がある」「落雷の影響を受けやすい」という2点の理由で、自転車のフレームに用いることを禁じた。交通の安全と相いれないからだ。多くの勇者が反論を試みるも、記事内容を根底から覆すほどにいたっていない。

根底から覆ってますが、それが理解できないだけでしょう。炭素繊維の引張強度は金属を超えてるし、単一方向繊維なので、縦方向・横方向に使用することにより、必要な方向に必要な強度を持たせることができます。
と!落雷ですが、カーボンだろうが金属だろうが、落ちるときは落ちる。確率で言えば同じです。落雷の危険性が高いというのならそれなりの根拠となる指標を出してもらいたいものです。妄想のみの思い込みが激しすぎ。

>それは、弾力性がないことだ。鉄のフレームに比べ衝撃吸収性がないため、長距離走行において人体の各部にダメージを与えているのだ。

衝撃吸収性は、カーボン>>>>>金属です。
強度と衝撃吸収性は別もの、カッチカチなカーボンバイクでも衝撃吸収性は金属より上です。クロモリフレームで軽量を目指していないロードバイクでもフロントフォークがカーボンだったりするのは、衝撃吸収性が良いためです。

妄想記事楽しみにしてます。がんばってね!

| 自転車は歩道 | 2015/07/24 11:04 | URL |

>記事内容を根底から覆すほどにいたっていない。

根底から間違っているんだから,覆すもなにも,関係ないからね.
記事の正しさについても,自信・自負がある事と,歴史が証明する,って言うだけ.
そんな事は同でもいいから,で客観的な正しさを自分から証明する要にしましょう.

| こじま | 2015/07/24 11:19 | URL |

緻密な調査実験結果など、客観的に御説を証明するものが何もありませんね。
過去記事を焼き直してこの程度とは・・・

やり直し!

| 自転車は 車 道 | 2015/07/24 13:26 | URL |

×そんな事は同でもいいから,で客観的な正しさを自分から証明する要にしましょう.
○そんな事はどうでもいいから,客観的な正しさを自分から証明するようにしましょう.

誤字を訂正して,謝罪します.

| こじま | 2015/07/24 13:42 | URL |

サイクリング禁止反対

カーボンフレームは剪断荷重に弱い.
カーボンフレームは建物等のカドにぶつけてはならない.
カーボンフレームは高温に晒してはならない.
カーボンフレームは炎天下の自動車内に放置してはならない.
カーボンフレームは有機溶剤等を付着させてはならない.

主な注意事項として,これらを理解した上で買い求めるならば,その優れた特性を存分に体感できる事だろう.

言い換えれば,全体又は一部にカーボンを使用したフレームは乗り手を選ぶという事だ.

| マイロネフ | 2015/07/24 17:38 | URL | ≫ EDIT

>カーボンフレームは剪断荷重に弱い.

こんな書き方したら,世捨人の思うツボだと思うので,先に釘をうっとこう.

「剪断荷重に弱い. 」と言ったって,一般利用環境で想定される荷重では問題ない.
アルミだって,クロモリだって,過剰な剪断荷重の前では「剪断」する.
こういう当たり前の事実・前提を無視して発言しないで下さいね~.

| こじま | 2015/07/24 20:55 | URL |

相変わらず、思い込みや偏見の書き込みですね。

>「強度に難点がある」「落雷の影響を受けやすい」

この2点は、今までの流れを見ると、世さんの負け!完敗ですよね、論破されています。

>鉄のフレームに比べ衝撃吸収性がない

カーボンだからと言ってガチガチに硬いわれでは、ありません。
アルミフレームに比べたら、カーボンフレームは、優しいです。

まっ、自転車に乗れない世さんには、違いが解らないよね!

| * | 2015/07/25 00:25 | URL |

「強度が高く」「乗り心地のよい」カーボンフレーム、いいですよね。
落雷時のリスクも金属性のものと変わらないですし。

値段がもう少し安ければいいんですけどね。

| 自転車は車道 | 2015/07/25 03:36 | URL | ≫ EDIT

なんやかんや言ってみんなロードバイクのこと好きやな 笑
よっぽどの縁がない限りハイエンドのフルカーボンロードなんて乗られへんで 笑
そもそもロードバイクっていうもんは乗り手を選ぶんや
フルカーボンロードの良さや悪さなんて運動不足の素人がちょっと乗ったくらいでわかるものではない
どんなに無頓着な奴でも アクセルを踏むだけで軽く50km/hを超すことのできる自動車の方がよほど危ない
画像のように道を塞ぐロードバイク乗りなんてほとんど見る機会はないやろうけど 路上駐車で片車線を塞ぐ車は徒歩3分圏内で見つけられる
無頓着な運転で引き起こされた事故が原因で起こる交通渋滞もよく見る

| ε-(´∀`; ) | 2015/07/26 12:05 | URL |

前提としてカーボンはプラスティックです

落雷について
自転車で使われるカーボンはCFRP(Carbon Fiber Reinforced Prastic)で意味は炭素繊維強化「プラスティック」です。
ので純粋な炭素とは異なりプラスティックという絶縁体だらけですので導電性は低く、まして純金属で導電性の高い鉄、アルミ、チタンなどより落雷の影響を受け易いなんてことはありえません。

疲労について
またプラスティックなので金属材料と比べて複雑な形状に設計し易くせいぜい角断面や目の字断面にしたりバテッドチューブにしたりくらいしか出来ない金属よりもいろいろな形状が作れます。
それを生かせばもともとスプリング材(CFRPスプリング)や釣り竿としても使える素材ですので要所要所をうまく設計すればサスがついているかのようにしなやかに動きます。
ピナレロのONDAフォークや何年か前BMCが出した網のような形状のフレームがいい例です。
ちなみに昔TREKだかにリンクがどう考えても一つ足りないフルサスMTBがあり、そのバイクはチェーンステイがカーボンで作ってあってそこをしならせることで三角形のリンクなのにサスが動いていました。
ロードバイクにおいて硬ければいいというのは昔の話でいまでは縦にしなやかでもねじれには強い設計が基本です。
カーボンではここを設計し易いので金属よりしなやかで乗り心地がよく、でもよく進む疲れないバイクになります。

強度について
強度についてはしょっちゅうこけてるDHバイクにもカーボンが当たり前なのに早々簡単に折れてたまるかです。
上で書いたTREKのようにリンクの代わりにしならせて使っても折れないのがカーボンです。
せん断荷重に弱い=カドにぶつけると壊れ易いというのはカーボンに限らず金属も同じです。
それも材料としてみたときの話でむしろカーボンのほうが分厚く成型することが多いためフレームとしてみればむしろ頑丈ということも十分あります。
第一そんなに強度が無いんだったら公道走行OKの自動車様が走行荷重をガッツリ受けるストレスメンバーにカーボンなんて使ってないんじゃないでしょうか?


ということで論理的な返答お待ちしてます。

| bicyclerider | 2015/07/28 12:38 | URL |

↑訂正
チタンは伝導性低いです。
勢いでやっちまいました

| bicyclerider | 2015/07/28 12:42 | URL |

色々勉強すると,どう考えたって|bicyclerider|さんの主張のが「事実」に近いというのが分かるのに,「強度に難点がある」「落雷の影響を受けやすい」なんて書いてるのはおかしいよね~

あと,あるときは近視眼的に素材の特性だけで安全・危険を語り始めるけど,構造物としての特性や,一般的な利用条件を極端に無視してるいる点も,マイナスポイントですね.

ざっと上げれるだけでも下のとおり.
設置面がゴム
構造設計・積層で任意方向に強度向上・振動吸収性の向上が可能
雨天時に積極的に自転車乗る人は少ない
雷は物理的に高いものに落ちやすいので,そもそも木々に落雷する可能性が高い

客観的に見ても,知性が幼稚園児以下って本当に悲しい.

| こじま | 2015/07/28 13:05 | URL |

雨の日で落雷とかカーボンとか素材関係なくどんな自転車でも危ないだろ

| 名無し@まとめいと | 2015/07/28 14:58 | URL |

Re: タイトルなし

>そういえばハイエンドのフルカーボンロードを試乗した事がありますが、ありゃカッチカチですからなぁ。競技用ですし、振動吸収性なんざ皆無です。最悪な乗り心地ですな。

スピードでなく安全運転で勝負してもらいたいですね。

>限界まで軽量化されていますので強度的にも問題あるでしょうし、どう考えても一般公道を走るにゃ不向きでしょう。言葉通り「競技用」です。

爆走練習するなら専用コースでお願いしたいですね。

>よく「F1マシンは買えないけど、自転車ならプロが使っているのと同じ物が買える」とは言いますが、F1マシンで公道を走るバカはいません。

環境にやさしいからといってクルマを否定してまで自転車に乗るというのもしかり。

>自転車も、競技用なんて危険極まりないものなど乗らずに、歩道を安全に快適に走行できるよう設計されているママチャリなどで走行していただきたいものですな。

スピードレース用に開発された競技用自転車がはびこるのは、道交法が予定していなかったことでしょう。規制が必要です。

| 世捨人 | 2015/07/30 00:14 | URL |

Re: タイトルなし

>>カーボン(炭素繊維)という素材の特性から、「強度に難点がある」「落雷の影響を受けやすい」という2点の理由で、自転車のフレームに用いることを禁じた。交通の安全と相いれないからだ。多くの勇者が反論を試みるも、記事内容を根底から覆すほどにいたっていない。
>根底から覆ってますが、それが理解できないだけでしょう。炭素繊維の引張強度は金属を超えてるし、単一方向繊維なので、縦方向・横方向に使用することにより、必要な方向に必要な強度を持たせることができます。

経年劣化を考慮してください。

>と!落雷ですが、カーボンだろうが金属だろうが、落ちるときは落ちる。確率で言えば同じです。落雷の危険性が高いというのならそれなりの根拠となる指標を出してもらいたいものです。妄想のみの思い込みが激しすぎ。

カーボンという素材の性質をしっかり勉強してください。

>>それは、弾力性がないことだ。鉄のフレームに比べ衝撃吸収性がないため、長距離走行において人体の各部にダメージを与えているのだ。
>衝撃吸収性は、カーボン>>>>>金属です。

根拠のない書き込みは厳禁です。

>強度と衝撃吸収性は別もの、カッチカチなカーボンバイクでも衝撃吸収性は金属より上です。クロモリフレームで軽量を目指していないロードバイクでもフロントフォークがカーボンだったりするのは、衝撃吸収性が良いためです。妄想記事楽しみにしてます。がんばってね!

カーボンは鉄のフレームと比較して「弾力性」が劣るとしています。記事はしっかりお読みになったうえで書き込みをお願いします。汗だけでく恥をかくことになりますYO。

| 世捨人 | 2015/07/30 00:21 | URL |

Re: タイトルなし

旧こじさん

>>記事内容を根底から覆すほどにいたっていない。
>根底から間違っているんだから,覆すもなにも,関係ないからね.記事の正しさについても,自信・自負がある事と,歴史が証明する,って言うだけ.そんな事は同でもいいから,で客観的な正しさを自分から証明する要にしましょう

茶々を入れるだけでなく、しっかりした議論を期待しております。

| 世捨人 | 2015/07/30 00:23 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>緻密な調査実験結果など、客観的に御説を証明するものが何もありませんね。過去記事を焼き直してこの程度とは・・・やり直し!

当ブログでは義務教育修了の中卒程度でも理解できるよう、わかりやすい記述を心がけております。

| 世捨人 | 2015/07/30 00:24 | URL |

Re: タイトルなし

旧こじさん

>×そんな事は同でもいいから,で客観的な正しさを自分から証明する要にしましょう.○そんな事はどうでもいいから,客観的な正しさを自分から証明するようにしましょう.誤字を訂正して,謝罪します.

誠意ある謝罪を求めます。

| 世捨人 | 2015/07/30 00:25 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>カーボンフレームは剪断荷重に弱い.カーボンフレームは建物等のカドにぶつけてはならない.カーボンフレームは高温に晒してはならない.カーボンフレームは炎天下の自動車内に放置してはならない.カーボンフレームは有機溶剤等を付着させてはならない.主な注意事項として,これらを理解した上で買い求めるならば,その優れた特性を存分に体感できる事だろう.言い換えれば,全体又は一部にカーボンを使用したフレームは乗り手を選ぶという事だ.

自転車は乗車制限がなく老若男女が乗ることができる乗り物ですので、乗り手を選ぶカーボンフレームは、交通の安全の確保の観点から、全面禁止としたいですね。

| 世捨人 | 2015/07/30 00:26 | URL |

Re: タイトルなし

米さん

>相変わらず、思い込みや偏見の書き込みですね。

反論せんがための反論は不要です。

>>「強度に難点がある」「落雷の影響を受けやすい」
>この2点は、今までの流れを見ると、世さんの負け!完敗ですよね、論破されています。

事実無根です。

>>鉄のフレームに比べ衝撃吸収性がない
>カーボンだからと言ってガチガチに硬いわれでは、ありません。アルミフレームに比べたら、カーボンフレームは、優しいです。

「優しい」というのは財布もしくは環境にやさしいということですか?

>まっ、自転車に乗れない世さんには、違いが解らないよね!

説明責任を果たしてください。

| 世捨人 | 2015/07/30 00:28 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>「強度が高く」「乗り心地のよい」カーボンフレーム、いいですよね。落雷時のリスクも金属性のものと変わらないですし。値段がもう少し安ければいいんですけどね。

鉄のフレームが財布にも環境にもやさしいかもしれません。興味があれば旧ときさんにお尋ねください。

| 世捨人 | 2015/07/30 00:29 | URL |

Re: タイトルなし

ε-さん

>なんやかんや言ってみんなロードバイクのこと好きやな 笑よっぽどの縁がない限りハイエンドのフルカーボンロードなんて乗られへんで 笑そもそもロードバイクっていうもんは乗り手を選ぶんやフルカーボンロードの良さや悪さなんて運動不足の素人がちょっと乗ったくらいでわかるものではないどんなに無頓着な奴でも アクセルを踏むだけで軽く50km/hを超すことのできる自動車の方がよほど危ない画像のように道を塞ぐロードバイク乗りなんてほとんど見る機会はないやろうけど 路上駐車で片車線を塞ぐ車は徒歩3分圏内で見つけられる無頓着な運転で引き起こされた事故が原因で起こる交通渋滞もよく見る

乗り手を爆走へとかきたてる競技用自転車は全面禁止が理想ですね。
また、クルマというのは乗員保護に優れておりますので、「危ない」というのは語弊があります。言葉は正しく使用してください。

| 世捨人 | 2015/07/30 00:31 | URL |

Re: 前提としてカーボンはプラスティックです

biさん

>落雷について 自転車で使われるカーボンはCFRP(Carbon Fiber Reinforced Prastic)で意味は炭素繊維強化「プラスティック」で
す。ので純粋な炭素とは異なりプラスティックという絶縁体だらけですので導電性は低く、まして純金属で導電性の高い鉄、アルミ、チタンなどより落雷の影響を受け易いなんてことはありえません。

カーボン素材の航空機は上空では常に落雷の危険にさらされています。惨事にいたらないのは避雷針があるからです。そして、ありえないことが起こるのが事故の恐ろしさです。常に最悪の事態を想定し交通安全に努めてください。

>疲労について またプラスティックなので金属材料と比べて複雑な形状に設計し易くせいぜい角断面や目の字断面にしたりバテッドチューブにしたりくらいしか出来ない金属よりもいろいろな形状が作れます。それを生かせばもともとスプリング材(CFRPスプリング)や釣り竿としても使える素材ですので要所要所をうまく設計すればサスがついているかのようにしなやかに動きます。ピナレロのONDAフォークや何年か前BMCが出した網のような形状のフレームがいい例です。ちなみに昔TREKだかにリンクがどう考えても一つ足りないフルサスMTBがあり、そのバイクはチェーンステイがカーボンで作ってあってそこをしならせることで三角形のリンクなのにサスが動いていました。ロードバイクにおいて硬ければいいというのは昔の話でいまでは縦にしなやかでもねじれには強い設計が基本です。カーボンではここを設計し易いので金属よりしなやかで乗り心地がよく、でもよく進む疲れないバイクになります。

自転車メーカーのミヤタは、鉄フレームの競技用自転車の販売を強化するとのことです。鉄フレームは重いですが、長距離やじっくり走るのに向いているということで、初心者をはじめニーズがあると判断しているようです。

>強度について 強度についてはしょっちゅうこけてるDHバイクにもカーボンが当たり前なのに早々簡単に折れてたまるかです。上で書いたTREKのようにリンクの代わりにしならせて使っても折れないのがカーボンです。せん断荷重に弱い=カドにぶつけると壊れ易いというのはカーボンに限らず金属も同じです。それも材料としてみたときの話でむしろカーボンのほうが分厚く成型することが多いためフレームとしてみればむしろ頑丈ということも十分あります。第一そんなに強度が無いんだったら公道走行OKの自動車様が走行荷重をガッツリ受けるストレスメンバーにカーボンなんて使ってないんじゃないでしょうか?

自転車で使用されるカーボンとクルマは単純比較できないでしょう。軽量と強度を追求するのは、困難を伴います。そして経年劣化という問題もあります。身体がむきだしとなる自転車にあっては、命取りとなりかねません。慢心せず安全運転に努めてください。

興味があれば旧とき(ときどきオアゾツーキニスト)さんにお尋ねください。

| 世捨人 | 2015/07/30 00:38 | URL |

Re: タイトルなし

名無さん

>雨の日で落雷とかカーボンとか素材関係なくどんな自転車でも危ないだろ

山間部など大気が不安定な場所では、急な天候の変化があるわけですから、最悪の事態を想定して交通の安全を確保することが肝腎です。

| 世捨人 | 2015/07/30 00:40 | URL |

カーボンナノチューブを専攻している者です。

落雷が落ちやすいについて。

これについては全て嘘です。
なぜなら、メタル特性のカーボンナノチューブで成形されたCFRP(有機溶媒も絶縁)は絶縁体だからです。このメタル特性(説明しにくいですが原子と原子の重ねる位置が変わる導体の性質とはこの場合異なる)を知らない場合は、世捨人さんは相当理解されてないようです。絶縁体はなにか知っていますよね? 当然ですが、相当の電圧がかからないと電流が流れません。落雷レベルなら流れるかもしれませんが、金属もカーボンも落雷の落ちる確率は同様に確からしいです。この前提を理解していますか?

強度に難点があるについて。

これも全て嘘です。ちなみに、カーボン繊維の引張強度が金属をはるかに上回ることを知っていますか? 自動車を最新のカーボンナノチューブで4gで吊り下げることができます。金属にはまず無理です。ある意味、軽量で強度の高いという性質を備えたのが、夢の素材のカーボンです。ちなみに、自転車だけじゃなありませんよ。公道ではカーボンでできた自動車もあります。ちなみに、今は800万円台のBMWのボンネットにまで使われています。普通にそこらへんをカーボン製の自動車が走っています。これが意味してるのは、カーボンが十分に強度を備えているということを意味します。自動車は日本工業規格を通っていないと走れませんからね。というわけで、自転車も破壊試験をクリアしないといけないJISの規格は通っているので、強度は十分にあるということです。

あと、世捨人さんはロードの落車の経験はありますか?
私は奥多摩にてアルミでできたロードでガードレールを飛び越え大転倒したことがあります。50km/h出ていましたが、案の定アルミフレームは折れました。金属製のロードだろうがなんだろうが折れるときは折れるんです。むしろ、肉薄のアルミロードの方が耐久性はカーボンに比べてありません。アルミはクロモブリテン等に比べ、圧倒的に金属疲労が早く、肉薄に作るため耐久性がないです。カーボンはそもそも金属疲労がないので、そういったことがありえません。よく、カーボンは経年劣化するといわれますが、それもほぼ嘘です。金属は金属疲労で剛性が低下しますが、カーボンは経年劣化による剛性の低下はほとんどないです。経年劣化はカーボンを固める樹脂が原因ですが、できるだけ樹脂の少ないCFRP(中間プリプレグ)がほとんどのロードに使われているため、経年劣化もほとんどありません。

| 技術者見習い | 2015/07/30 08:53 | URL |

>山間部など大気が不安定な場所では、急な天候の変化があるわけですから、最悪の事態を想定して交通の安全を確保することが肝腎です。

カーボン関係ないじゃん

| 自転車は歩道 | 2015/07/30 13:15 | URL |

技術者見習いさん | 2015/07/30 08:53 |へ

>あと、世捨人さんはロードの落車の経験はありますか?私は奥多摩にてアルミでできたロードでガードレールを飛び越え大転倒したことがあります。50km/h出ていましたが、案の定アルミフレームは折れました。金属製のロードだろうがなんだろうが折れるときは折れるんです。むしろ、肉薄のアルミロードの方が耐久性はカーボンに比べてありません。アルミはクロモブリテン等に比べ、圧倒的に金属疲労が早く、肉薄に作るため耐久性がないです。カーボンはそもそも金属疲労がないので、そういったことがありえません。よく、カーボンは経年劣化するといわれますが、それもほぼ嘘です。金属は金属疲労で剛性が低下しますが、カーボンは経年劣化による剛性の低下はほとんどないです。経年劣化はカーボンを固める樹脂が原因ですが、できるだけ樹脂の少ないCFRP(中間プリプレグ)がほとんどのロードに使われているため、経年劣化もほとんどありません。

出た!!

特急(高速度)自転車乗りの自損事故自慢!?

「50km/h出ていました」とは、脚力自慢ですか?

どうせ下り坂だったのでしょう。

要は、下り坂で安全なスピードに減速する自制心がなかっただけのことでしょう。

スピードの誘惑に負けない我慢強さが無ければ、一人前の技術者にはなれませんよ。

安田サーカスの団長の「ヘルメット」自慢、「回復力」自慢と一緒で、身内受けの笑いものですよ。

まさか救急車を呼んだり、保険を使ったりして、下らない統計数値を積み上げて、自転車乗り全体の評判を落とすようなことはしてませんよね。

恥でしかない自損事故は自分で処理して下さい。

よろしくお願いします。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/07/30 13:42 | URL |

自損事故の報告であって,自慢とは全く感じない。


~~~
この人は転倒したわけだから「下り坂で安全なスピードに減速する自制心がなかった」っていうのは事実です.
ただも,だからといって,例えばあなたが「(確信的?)信号無視(←違法行為)」は問題ないとして「信号無視を止める自制心がない」と指摘しないのは,欺瞞であり,主張が一貫しません.

よって,貴方の発言はダブルスタンダード,信用に値しない,等となります.
~~~
>スピードの誘惑に負けない我慢強さが無ければ、一人前の技術者にはなれませんよ。

因果関係が不明.


~~~
>まさか救急車を呼んだり、保険を使ったりして、下らない統計数値を積み上げて、自転車乗り全体の評判を落とすようなことはしてませんよね。

別に公的に使用が認められているから構いません.
それで「自転車乗り全体の評判」が落ちるとも思いません.
第一,「自転車乗り全体の評判」って客観性も定義も無い記述だから,現状では単なる貴方の思い込みの発露に過ぎません.

| こじま | 2015/07/30 14:27 | URL |

そういえば公道走行OKで車検もあるバイクでもコストの関係で今のところフレームには使われていませんが、カウルにはカーボンたっぷり使われてますね。
それらは落雷の影響を受け易いんでしょうか?
マクラーレンF1や同MP4-12C、パガーニウアイラなどのスーパーカーたちは僕ら平民に雷が落ちないように吸い付けてくれているのでしょうか?
そんなことは無いですね。
技術者見習いさんがカーボンに電気が通らないと教えてくれたんですから雷について負けをみとめませんか?

疲労について
>自転車メーカーのミヤタは、鉄フレームの競技用自転車の販売を強化するとのことです。鉄フレームは重いですが、長距離やじっくり走るのに向いているということで、初心者をはじめニーズがあると判断しているようです。
とのことですがこれはアルミと比べての話です。
カーボンであれば疲れにくく軽く踏めばよく進む物を作ることができます。
しかしご存知のとおりフレーム単体価格300kとかになってしまうので入門用には適さないわけです。
ですのでこれまで一昔前の純競技用のお下がりとも言えるアルミフレームが入門用として多かったのですが最近になって鉄の持つことが出来るしなりによる疲れに草が注目されるようになったので、ミヤタや他の自転車メーカーがそのように言っているだけです。
ただの商売です。
高くて良いならカーボンで良いんです。
ちなみにKoga miyataのアルミフレームは殺人的な硬さですよw

後強度ですが
>自転車で使用されるカーボンとクルマは単純比較できないでしょう。軽量と強度を追求するのは、困難を伴います。そして経年劣化という問題もあります。身体がむきだしとなる自転車にあっては、命取りとなりかねません。慢心せず安全運転に努めてください。
自転車も車も使ってるカーボンはほとんど東レ製の同じものです。なんの変りもありません。
あと技術者見習いさんもいっていますがカーボン自体は劣化しないので金属よりよっぽど劣化には強いです。

ついでにときどきオアゾツーキニストさん
平地で50kmもでないのは貧脚です。
くだりじゃなくても余裕で出ます。
キャラメルタイヤのMTBでも出ます。

| bicyclerider | 2015/07/30 17:51 | URL |

>技術者見習いさんがカーボンに電気が通らないと教えてくれたんですから雷について負けをみとめませんか?

彼が「負けを認める」事ができるような人なら,こんなに馬鹿にしたコメントだらけになりませんよ(笑)
彼では無理でしょう.
あとは|ときどき~|とか言うヒトにも当てはまりますね.

~~~
>ちなみにKoga miyataのアルミフレームは殺人的な硬さですよw

昔はSCOTT SUB 30 乗ってましたが,硬かったです.


~~~
ついでにときどきオアゾツーキニストさん
平地で50kmもでないのは貧脚です。
くだりじゃなくても余裕で出ます。
キャラメルタイヤのMTBでも出ます。

確かに巡航50km/hは無理でも,ロードバイクに乗って,一時的に50km/hくらいは出せないと「貧脚」と言われても仕方ないですね.
50km/h出せて初めて「脱・入門者」だから,自慢にはならないですね.

ちなみに,SUB30乗ってるときから50km/hは出せました.

まぁ,彼は彼でロードバイクに偏見があるし,そういう「演技」を続けてますから,仕方ない・手が付けられないんですけどね~

| こじま | 2015/07/30 19:08 | URL |

bicycleriderさん | 2015/07/30 17:51 |へ

>ついでにときどきオアゾツーキニストさん 平地で50kmもでないのは貧脚です。くだりじゃなくても余裕で出ます。キャラメルタイヤのMTBでも出ます。

ついでにbicycleriderさんも脚力自慢ですか?

技術者見習いさんは、「奥多摩にてガードレールを飛び越え大転倒した」とのことです。

「登り坂」で50km/h出ていたのであれば、褒めて差し上げましょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/07/30 19:56 | URL |

>反論せんがための反論は不要です。

事実を言ったまでです。

>事実無根です。

過去の記事を確認してください、たいした反論も出来ずに「根底にあるのは、皆様の安全です」みたいな事で逃げてばかりですよ。
世さんの負けは、明らかです。

>「優しい」というのは財布もしくは環境にやさしいということですか?

最近のカーボンロードバイクは、財布にも優しい物もたくさん有ります。勿論、振動吸収が良いので身体にも優しいです、自転車に乗れない世さんは、カーボンフレームの3輪車を作って鉄フレームの3輪車と乗り比べてください、まずは、体験する事です。

>説明責任を果たしてください。

世さんは、その言葉を言える立場では、無いでしょう、今まで説明責任を果たした事がありますか?

今回もカーボンに対して、皆様が論理的に説明しています、それに対して、どんな反論をするのか楽しみです。

| * | 2015/07/30 22:09 | URL |

>カーボンという素材の性質をしっかり勉強してください。

えっ??
もしかして、カーボンをそのまま使っていると思ってたんですか??
モノを知らないのにも程がありますね。
なんたる無知。無知を世界中に発信していますねー。
書いていただいていますが、カーボン素材というのは、炭素繊維を何十にも重ね合わせ、プラスティックで固めたものです。CFRPですね。FRPのガラス繊維の代わりに炭素繊維を使っているんですね。
基本、プラスチックなので導電性はありません。
だから落雷については、関係ないですね。
そもそも落雷は導電性に関係ないんですよ。そんなことも知らないんですねー。無知世捨人。恥晒していますねー。

>>衝撃吸収性は、カーボン>>>>>金属です。

>根拠のない書き込みは厳禁です。
えっ??
常識ですよ、他のスポーツでもカーボンは衝撃吸収性を目的に使われています。
そんなことも知らないんだ。やっぱり無知世捨人。恥さらし。

>褒めて差し上げましょう。

あらら、この方はいつでも上から目線。
人非人 オアゾ。
オアゾに勤めているんですかね??
先日行きましたが、オアゾへ。

| あ | 2015/07/30 22:58 | URL |

アンチ商法の自転車好きなブロガーさんへ
いやいや 笑
これじゃまったく埒があかないじゃないですか?
車は乗員保護に優れているから危険には語弊がある?笑
んじゃなぜ自動車保険が重要とさせられているのですか?
アンコントローラブルなスピードを簡単に出せてしまって他人を傷つけたり 物を壊してしまう可能性があるから 高い保険料を出すのでしょ?
どこに語弊がありますか?
乗り手をばくそうへとかきたてる?
何を根拠に?
車は一車線をしっかりと使って走っているぶん 周りが集団的に速度違反をすれば 安全意識を持って運転をされてるドライバーを爆走へとかきたてます
安全のために車にGPSを強制搭載させて違反した車に対して即免許取り消しすべきですな
アンチロードバイクは大概自分自身の事を棚にあげますからね

違反を一度もしたことがなく 警察を目の前にしても態度を変えない堂々と車道を走れるロードバイク乗りより

| ε-(´∀`; ) | 2015/07/30 23:10 | URL |

あさん | 2015/07/30 22:58 |へ

>>褒めて差し上げましょう。
>あらら、この方はいつでも上から目線。人非人 オアゾ。オアゾに勤めているんですかね?? 先日行きましたが、オアゾへ。

ご苦労様です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/07/31 12:50 | URL |

負けました…。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/05 16:19 | URL |

Re: タイトルなし

技術さん

>カーボンナノチューブを専攻している者です。

よかったね。

>落雷が落ちやすいについて。これについては全て嘘です。なぜなら、メタル特性のカーボンナノチューブで成形されたCFRP(有機溶媒も絶縁)は絶縁体だからです。このメタル特性(説明しにくいですが原 子と原子の重ねる位置が変わる導体の性質とはこの場合異なる)を知らない場合は、世捨人さんは相当理解されてないようです。絶縁体はなにか知っていますよ ね? 当然ですが、相当の電圧がかからないと電流が流れません。落雷レベルなら流れるかもしれませんが、金属もカーボンも落雷の落ちる確率は同様に確から しいです。この前提を理解していますか?

樹木は絶縁体なのに、なぜ木の上に雷が落ちるのか考えてみましょう。

>強度に難点があるについて。これも全て嘘です。ちなみに、カーボン繊維の引張強度が金属をはるかに上回ることを知っていますか? 自動車を最新のカーボンナノチューブで4g で吊り下げることができます。金属にはまず無理です。ある意味、軽量で強度の高いという性質を備えたのが、夢の素材のカーボンです。ちなみに、自転車だけ じゃなありませんよ。公道ではカーボンでできた自動車もあります。ちなみに、今は800万円台のBMWのボンネットにまで使われています。普通にそこらへ んをカーボン製の自動車が走っています。これが意味してるのは、カーボンが十分に強度を備えているということを意味します。自動車は日本工業規格を通って いないと走れませんからね。というわけで、自転車も破壊試験をクリアしないといけないJISの規格は通っているので、強度は十分にあるということです。

公道走行を想定した破壊試験をクリアしなければ、意味がありません。クルマと違い競技用自転車は、高空気圧で走行しており、フレームへの衝撃はボディーブローのように、じわじわと影響するでしょう。

>あと、世捨人さんはロードの落車の経験はありますか?

小生はゴールド免許(優良運転者)ですので、自転車の運転にも通ずるかと思います。

>私は奥多摩にてアルミでできたロードでガードレールを飛び越え大転倒したことがあります。0km/h出ていましたが、案の定アルミフレームは折 れました。金属製のロードだろうがなんだろうが折れるときは折れるんです。むしろ、肉薄のアルミロードの方が耐久性はカーボンに比べてありません。アルミ はクロモブリテン等に比べ、圧倒的に金属疲労が早く、肉薄に作るため耐久性がないです。カーボンはそもそも金属疲労がないので、そういったことがありえま せん。よく、カーボンは経年劣化するといわれますが、それもほぼ嘘です。金属は金属疲労で剛性が低下しますが、カーボンは経年劣化による剛性の低下はほと んどないです。経年劣化はカーボンを固める樹脂が原因ですが、できるだけ樹脂の少ないCFRP(中間プリプレグ)がほとんどのロードに使われているため、 経年劣化もほとんどありません。

自転車のフレームはガードレールに激突させて使用するものではありません。クルマのボディとて同じでしょう。カーボンフレームは通常走行において影響が生じかねないと述べたまでです。あしからず。

旧とき(ときどきオアゾツーキニスと)さんが詳しいかと思います。興味があればお尋ねください。

| 世捨人 | 2015/08/05 23:00 | URL |

Re: タイトルなし

>>山間部など大気が不安定な場所では、急な天候の変化があるわけですから、最悪の事態を想定して交通の安全を確保することが肝腎です。
>カーボン関係ないじゃん

木を見て森を見ずというのは、絶対に避けてください。

| 世捨人 | 2015/08/05 23:01 | URL |

Re: タイトルなし

biさん

>そういえば公道走行OKで車検もあるバイクでもコストの関係で今のところフレームには使われていませんが、カウルにはカーボンたっぷり使われてますね。それらは落雷の影響を受け易いんでしょうか?

雷は地面に近い(低い)位置には影響は出にくいものです。また、飛行機は落雷の影響を受けています。

>マクラーレンF1や同MP4-12C、パガーニウアイラなどのスーパーカーたちは僕ら平民に雷が落ちないように吸い付けてくれているのでしょうか?そんなことは無いですね。技術者見習いさんがカーボンに電気が通らないと教えてくれたんですから雷について負けをみとめませんか?
F1の地上高(車高)は成人男性の腰位置よりも低いなど、落雷のリスクを回避できるでしょう。

>疲労について

お疲れのようですね。しっかりお休みください。

>>自転車メーカーのミヤタは、鉄フレームの競技用自転車の販売を強化するとのことです。鉄フレームは重いですが、長距離やじっくり走るのに向いているということで、初心者をはじめニーズがあると判断しているようです。
>とのことですがこれはアルミと比べての話です。カーボンであれば疲れにくく軽く踏めばよく進む物を作ることができます。しかしご存知のとおりフレーム単体価格300kとかになってしまうので入門用には適さないわけです。ですのでこれまで一昔前の純競技用のお下がりとも言えるアルミフレームが入門用として多かったのですが最近になって鉄の持つことが出来るしなりによる疲れに草が注目されるようになったので、ミヤタや他の自転車メーカーがそのように言っているだけです。ただの商売です。高くて良いならカーボンで良いんです。ちなみにKoga miyataのアルミフレームは殺人的な硬さですよw

カーボンフレームが長距離やじっくり走るのに向いていないのは紛れもない事実です。また、カーボンというのは扱いに注意が必要など、初心者向けではありません。

>後強度ですが
>>自転車で使用されるカーボンとクルマは単純比較できないでしょう。軽量と強度を追求するのは、困難を伴います。そして経年劣化という問題もあります。身体がむきだしとなる自転車にあっては、命取りとなりかねません。慢心せず安全運転に努めてください。
>自転車も車も使ってるカーボンはほとんど東レ製の同じものです。なんの変りもありません。
含有率によって価格差があります。
>あと技術者見習いさんもいっていますがカーボン自体は劣化しないので金属よりよっぽど劣化には強いです。

biさんの身体だけでなく、金属をはじめ物質にも疲労は生じるものです。

| 世捨人 | 2015/08/05 23:07 | URL |

Re: タイトルなし

米さん

>>反論せんがための反論は不要です。
>事実を言ったまでです。

繰り返しとなりますので割愛させていただきます。

>>事実無根です。
>過去の記事を確認してください、たいした反論も出来ずに「根底にあるのは、皆様の安全です」みたいな事で逃げてばかりですよ。世さんの負けは、明らかです。

ちゃちゃを入れるだけでなく、しっかり議論ができる大人になってください。

>>「優しい」というのは財布もしくは環境にやさしいということですか?
>最近のカーボンロードバイクは、財布にも優しい物もたくさん有ります。勿論、振動吸収が良いので身体にも優しいです、自転車に乗れない世さんは、カーボンフレームの3輪車を作って鉄フレームの3輪車と乗り比べてください、まずは、体験する事です。

ご意見、ご要望として承ります。

>>説明責任を果たしてください。
>世さんは、その言葉を言える立場では、無いでしょう、今まで説明責任を果たした事がありますか?今回もカーボンに対して、皆様が論理的に説明しています、それに対して、どんな反論をするのか楽しみです。

カーボンという素材の性質を述べているなか、記事内容については絶大なる自信があります。

| 世捨人 | 2015/08/05 23:08 | URL |

Re: タイトルなし

ぁさん

>カーボンという素材の性質をしっかり勉強してください。
>えっ??もしかして、カーボンをそのまま使っていると思ってたんですか??モノを知らないのにも程がありますね。なんたる無知。無知を世界中に発信していますねー。書いていただいていますが、カーボン素材というのは、炭素繊維を何十にも重ね合わせ、プラスティックで固めたものです。CFRPですね。FRPのガラス繊維の代わりに炭素繊維を使っているんですね。基本、プラスチックなので導電性はありません。

「落雷は導電性に関係ないんですよ」と、ご自身で述べておりますね。

>だから落雷については、関係ないですね。そもそも落雷は導電性に関係ないんですよ。そんなことも知らないんですねー。無知世捨人。恥晒していますねー。

炭素繊維の導電性について考察してください。

>衝撃吸収性は、カーボン>>>>>金属です。
>>根拠のない書き込みは厳禁です。えっ??常識ですよ、他のスポーツでもカーボンは衝撃吸収性を目的に使われています。そんなことも知らないんだ。やっぱり無知世捨人。恥さらし。

ぁさんの常識は世間の非常識とのそしりは免れません。

| 世捨人 | 2015/08/05 23:10 | URL |

Re: タイトルなし

ε-さん

>アンチ商法の自転車好きなブロガーさんへ いやいや 笑

負けは負けです。誠意ある謝罪を求めます。

>これじゃまったく埒があかないじゃないですか?

現実です。

>車は乗員保護に優れているから危険には語弊がある?笑 んじゃなぜ自動車保険が重要とさせられているのですか?

自動車保険は対人・対物に対する補償が主であって、乗員保護に優れているのは紛れもない事実です。

>アンコントローラブルなスピードを簡単に出せてしまって他人を傷つけたり 物を壊してしまう可能性があるから 高い保険料を出すのでしょ?

対人は無制限であっても、乗員の補償は数百~数千万円程度におさえるのが一般的のようです。

>どこに語弊がありますか?

シートベルトはドライバーを守ってくれます。

>乗り手をばくそうへとかきたてる?何を根拠に?

きつい前傾姿勢は、スピードを追求したものです。

>車は一車線をしっかりと使って走っているぶん 周りが集団的に速度違反をすれば 安全意識を持って運転をされてるドライバーを爆走へとかきたてます

おっしゃるとおり、身体がむきだしとなる自転車にあっては、危険なクルマが走行する車道は避けたいですね。

>安全のために車にGPSを強制搭載させて違反した車に対して即免許取り消しすべきですな

大賛成です。実現するまでは、自転車の車道走行は控えたいですね。

>アンチロードバイクは大概自分自身の事を棚にあげますからね

気のせいでしょう。

>違反を一度もしたことがなく 警察を目の前にしても態度を変えない堂々と車道を走れるロードバイク乗りより

自転車の取り締まりは、なおざりにされておりました。指導徹底してもらいたいですね。

| 世捨人 | 2015/08/05 23:14 | URL |

電気を流す、流れないで危険度が決まるなら、人間の皮膚は電気流しません。よって危険は無いことになるが、その辺どうよ?

| ヒロ | 2015/08/05 23:20 | URL |

Re: タイトルなし

ヒさん

>電気を流す、流れないで危険度が決まるなら、人間の皮膚は電気流しません。よって危険は無いことになるが、その辺どうよ?

人体の7割超は水分です。水は電気を流すため、人体は感電するのです。
がんばってください。

| 世捨人 | 2015/08/05 23:35 | URL |

残念です。勉強不足。
水は、(正確にはH2O)は、電気を通しません。
因みに皮膚も絶縁体です。
きちんと勉強している人には当たり前の知識です。
仮に、体そのものが電気を通すとしても、皮膚に覆われている以上、電気は通りません。その辺どうよ?

| ヒロ | 2015/08/05 23:52 | URL |

因みに、空気も電気を通しません。
空気が電気を通すと、年がら年中、コンセントから電気が流れ出しちゃって大変なことになります(笑)。
あれあれ?雷が落ちれなくなっちゃったね(笑)


その辺どうよ?

| ヒロ | 2015/08/06 00:05 | URL |

つまり、あなたは人間の体の7割が水分つまり水であると言いたいのですね?
そして水は通電性のあるものと仰るのですね?

| 自転車は車道 | 2015/08/06 11:56 | URL |

水も空気も電気を通しません。
落雷を導くのは高さですね。あららら、そうすると、前傾姿勢の競技用自転車よりシティサイクルのほうが危険ってことですね。
またまた世捨人の完敗に終わりました。
チャンチャン!

| あ | 2015/08/06 19:55 | URL |

樹木とCFRP内の中のカーボン(炭素)が同じだとお考えなのですね。おバカさんですね。
残念ながら、CFRP内の炭素はいわゆる同素体のカーボンナノチューブで、自然界に自然に存在しません。つまり、樹木がどうのとは全く根拠になりませんでした!残念!ちなみに、炭素の同素体は、グラフェン、カーボンナノチューブなどなどがあります。どれもノーベル物理学賞をとったものです。メタル特性は、カーボンの原子配置が異なるだけでなく、ある面指数同士の原子を重ねると全く別の性質になります。つまり、こんなものは人為的にしかできないため、自然界に存在しません。つまり、樹木と議論する時点で、おバカさんです。

また、水は絶縁体ですよ。
H2Oは非常に安定な物質であるため、水分子単体での電子の相互作用はありません。つまり、電圧をかけても、電子が移動しないため電流は流れないのです。
水が流れる場合は、何か不純物が入ってない限りは、何をしても流れません。

| 技術者見習い | 2015/08/06 23:10 | URL |

技術者見習い様へ | 2015/08/06 23:10 | URL |
CNTの量産って目処たったんですか?軌道エレベーター実現できますか?

| ヒロ | 2015/08/06 23:29 | URL |

>>ヒロ様へ

実は、宇宙エレベーター学会というのがマジで存在していて、理論上作ることは可能です。が、この場合のカーボンナノチューブは、CFRPに使うメタル特性のもでは質量が大きすぎるので、セミコンダクター性質の物を使います。カーボンナノチューブは単位質量当たりの強度が凄まじいです。
他にも、同素体のひとつであるグラフェンは、1gで東京ドームを覆うことができるほどです。ちなみに、グラフェンは2008年にノーベル物理学賞をとっています。ビットリアのホイールにグラフェンを添加しているそうです。これも半導体(セミコンダクター)と機械的強度を備えたメタル特性のものに切り替えることができます。

| 技術者見習い | 2015/08/07 07:27 | URL |

>>ヒロさまへ

CNTのメタル特性じゃない方はいまだに量産は難しいです。それがあって、宇宙エレベーターが実現しません。ただ、金属では重いうえに細くして軽くすると強度がないため、いまのところはCNTに置き換わるものはありません。

当然のことながら、炭素繊維は単位質量辺りの強度が金属よりも何百倍も大きいので、カーボンフレームは軽いのに強度が金属よりもあります。

>>勘違いしている世さんへ
実際のところフレームは素材より設計の問題の方が大きいです。
金属フレームは大口径チュービングものは少ないですが、カーボンフレームは大口径チュービングのものがほとんどです。大口径にすると、断面二次モーメントがとても大きくなります。つまり、横、縦からの応力から全て強くなります。ちなみに、どの程度強くなるかというと、円形パイプなら、半径が2倍になると8倍強くなります。ちなみに、断面二次モーメントは薄さはあまり関係ありません。(実はヤング率が関係ありますがカーボンの方が上です。) クロモリフレームはカーボンフレームの半分以下の半径であることがほとんどですので、簡単に言えば曲がりやすい。また、ステンレスのママチャリはカーボンフレームどころではないくらい細いので曲がりやすい。壊れやすいです。

| 技術者見習い | 2015/08/07 07:41 | URL |

大口径チュービングである競技用自転車を指摘し、大口径チュービングでない応力に弱いママチャリを指摘しない理由を教えてください。

また、カーボンの方がヤング率が高いのに、カーボンに比べてヤング率の低いテンレスやクロモブリテン鋼できたフレームを指摘しない理由を教えてください。

機械的特性に優れたCFRPを本当に指摘したいのなら、学会で発表してみては?耐久性や強度がない理由が言える自信があるみたいなので。ブログの内容に自信があり、それを学会で合理的に説明できれば、この世のCFRPの製品は全て消えますよ。

ちなみに、学会には私も参加しているので楽しみにしていますよ。発表できないのなら、あなたはこの記事に自信がないか、単なるホラ吹き男かのどちらかです。

| 技術者見習い | 2015/08/07 10:27 | URL |

地面からの距離  ママチャリより前傾なロードのほうが低=雷に強い

電導性  ママチャリの鉄よりロードのCFRP(以下カーボン)のほうが低=雷ry

強度  素材の時点でカーボンの勝ち。疲労での強度低下もほとんど無し。しかもママチャリは極細チューブでU字フレーム。極太チューブにトライアングル構造のロードのほうが圧倒的に上。

振動吸収性  鉄もカーボンもばねに使える素材なのにカーボンのほうが衝撃吸収性が低いわけが無い。さらにカーボンのほうが素材として減衰作用が大きくダンパーを用いない場合カーボンに分あり。そもそも軽いほうが疲れないでしょ。

鉄のメリットはお財布に優しいということと、すっきりした見た目(好みの問題)くらいですかね。
カーボンのメリットは軽量、高強度、高剛性、高振動吸収性、設計の自由度ってかんじですね。特に軽量高剛性はでかいですよ。力が逃げないしそもそも軽いのでよく進み疲れ難く、またよく止まります。、

あとマクラーレンF1はれっきとした公道用の市販車ですよ?公道用市販車以外あげてないですし。日本でも登録されていたはずですが大丈夫ですか?交通安全ジャーナリストさん?車高は腰ほど低くはありませんよ?しかもタンクのすぐ後のエンジンルーム内に電導性のいい金箔張ってあって世捨さん理論だとやばそうな車ですけど?そこん所どうですか?しっかりしてください?もちろん避雷針はついてません。

| bicyclerider | 2015/08/11 00:57 | URL |

Re: タイトルなし

ヒさん

>残念です。勉強不足。水は、(正確にはH2O)は、電気を通しません。因みに皮膚も絶縁体です。

「電気風呂」に入るとピリピリしびれますね。

>きちんと勉強している人には当たり前の知識です。仮に、体そのものが電気を通すとしても、皮膚に覆われている以上、電気は通りません。その辺どうよ?

感電死について考察してください。現実から目をそむけないでください。

| 世捨人 | 2015/08/19 23:59 | URL |

Re: タイトルなし

ヒさん

>因みに、空気も電気を通しません。空気が電気を通すと、年がら年中、コンセントから電気が流れ出しちゃって大変なことになります(笑)。あれあれ?雷が落ちれなくなっちゃったね(笑)その辺どうよ?

光は音よりも早く伝わるため、稲光が見えるのと雷鳴が聞こえるのは時間差が生じます。
しっかり勉強してください。

| 世捨人 | 2015/08/20 00:01 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>つまり、あなたは人間の体の7割が水分つまり水であると言いたいのですね?そして水は通電性のあるものと仰るのですね?

ご面倒ですが、旧とき(ときどきオアゾツーキニスト)さんにお尋ねください。

| 世捨人 | 2015/08/20 00:09 | URL |

Re: タイトルなし

ぁさん

>水も空気も電気を通しません。落雷を導くのは高さですね。あららら、そうすると、前傾姿勢の競技用自転車よりシティサイクルのほうが危険ってことですね。またまた世捨人の完敗に終わりました。チャンチャン!

ならば、大きなタイヤ(700×23C)を装着している競技用自転車の車高が高くなるのは、火を見るより明らかでしょう。
本当にしっかりしてください。

| 世捨人 | 2015/08/20 00:12 | URL |

Re: タイトルなし

技術さん

>樹木とCFRP内の中のカーボン(炭素)が同じだとお考えなのですね。おバカさんですね。

先走らないでください。

>残念ながら、CFRP内の炭素はいわゆる同素体のカーボンナノチューブで、自然界に自然に存在しません。つまり、樹木がどうのとは全く根拠になり ませんでした!残念!ちなみに、炭素の同素体は、グラフェン、カーボンナノチューブなどなどがあります。どれもノーベル物理学賞をとったものです。メタル 特性は、カーボンの原子配置が異なるだけでなく、ある面指数同士の原子を重ねると全く別の性質になります。つまり、こんなものは人為的にしかできないた め、自然界に存在しません。つまり、樹木と議論する時点で、おバカさんです。

雷の特性を勉強してもらうために樹木について考察していただきました。

>また、水は絶縁体ですよ。H2Oは非常に安定な物質であるため、水分子単体での電子の相互作用はありません。つまり、電圧をかけても、電子が移動しないため電流は流れないのです。水が流れる場合は、何か不純物が入ってない限りは、何をしても流れません。

電気風呂に入るとピリピリしますね。

| 世捨人 | 2015/08/20 00:16 | URL |

Re: タイトルなし

技術さん

>大口径チュービングである競技用自転車を指摘し、大口径チュービングでない応力に弱いママチャリを指摘しない理由を教えてください。

競技用自転車の爆走阻止が喫緊の課題です。

>また、カーボンの方がヤング率が高いのに、カーボンに比べてヤング率の低いテンレスやクロモブリテン鋼できたフレームを指摘しない理由を教えてください。

ヤングは危険な運転をしがちです。事故率が高いためか、ヤングの自動車保険は割高です。

>機械的特性に優れたCFRPを本当に指摘したいのなら、学会で発表してみては?耐久性や強度がない理由が言える自信があるみたいなので。ブログの内容に自信があり、それを学会で合理的に説明できれば、この世のCFRPの製品は全て消えますよ。

ご意見、ご要望として承ります。

>ちなみに、学会には私も参加しているので楽しみにしていますよ。発表できないのなら、あなたはこの記事に自信がないか、単なるホラ吹き男かのどちらかです。

当ブログ記事を引用するときは「クレジット」を忘れないでください。

| 世捨人 | 2015/08/20 00:20 | URL |

Re: タイトルなし

biさん

>地面からの距離  ママチャリより前傾なロードのほうが低=雷に強い

700×23Cタイヤを考慮すれば車高が高いのはどちらか、火を見るより明らかでしょう。

>電導性  ママチャリの鉄よりロードのCFRP(以下カーボン)のほうが低=雷ry

絶縁体の樹木に雷が落ちるのはなぜでしょう。

>強度  素材の時点でカーボンの勝ち。疲労での強度低下もほとんど無し。しかもママチャリは極細チューブでU字フレーム。極太チューブにトライアングル構造のロードのほうが圧倒的に上。

勝ち負けの問題ではありません。

>振動吸収性  鉄もカーボンもばねに使える素材なのにカーボンのほうが衝撃吸収性が低いわけが無い。さらにカーボンのほうが素材として減衰作用が大きくダンパーを用いない場合カーボンに分あり。そもそも軽いほうが疲れないでしょ。

ばねの素材となろうが、自転車フレーム用として加工すれば衝撃吸収性は劣るでしょう。

>鉄のメリットはお財布に優しいということと、すっきりした見た目(好みの問題)くらいですかね。 カーボンのメリットは軽量、高強度、高剛性、高振動吸収性、設計の自由度ってかんじですね。特に軽量高剛性はでかいですよ。力が逃げないしそもそも軽いのでよく進み疲れ難く、またよく止まります。、

ここでは、制動力は問題としていません。

>あとマクラーレンF1はれっきとした公道用の市販車ですよ?公道用市販車以外あげてないですし。日本でも登録されていたはずですが大丈夫ですか?交通安全ジャーナリストさん?車高は腰ほど低くはありませんよ?しかもタンクのすぐ後のエンジンルーム内に電導性のいい金箔張ってあって世捨さん理論だとやばそうな車ですけど?そこん所どうですか?しっかりしてください?もちろん避雷針はついてません。

ナンバープレートや方向指示器など装着する必要がありますが、車検をパスすれば公道走行できます。
ほかに特殊車両として「8ナンバー」について調べてみてください。

| 世捨人 | 2015/08/20 00:40 | URL |

初コメさせていただきます。

技術者見習いさんの言うヤング率って、多分世捨人さんの考えてるようなヤング(不良達)の事ではなく「縦弾性係数」の事だと思いますよ?
Googleでヤング率って検索したら先ず縦弾性係数の事を書いたページがヒットしますし。
まぁ、過去の記事やコメントを見た感じ分かっててわざと言ってるようにしか見えないですけどねWw。

| 初心者チャリダー | 2015/08/20 02:45 | URL | ≫ EDIT

なんだ、ヤング率の意味も知らないんだねー。
それで衝撃吸収性なんてほざくな。

嘘つき偽物ジャーナリスト。

マクラーレンF1って市販車ですよ。ナンバー取れますし、当然灯火類もちゃんとしています。
F1レーサーじゃないんですよ。

あっ、これも知らないんだねー。

嘘つき偽物ジャーナリスト。

ちなみに自転車に雷が落ちるんじゃないですよ、もっとも高い位置に雷が落ちるので、頭が高いのは軽快車かロードレーサーか?
火を見るより明らか。

あっ、これも知らないんだねー。

嘘つき偽物ジャーナリスト。

どんどん嘘が広がる
笑える。

素材の衝撃吸収性の差は、どんな形にしても変わらないんですよ。

あっ、これも知らないんだねー。

嘘つき偽物ジャーナリスト。

| あ | 2015/08/20 21:35 | URL |

>絶縁体の樹木に雷が落ちるのはなぜでしょう。

背が高くて雷が落ちるまでの距離が短いからですね。
高さが問題であって素材がカーボンかどうかは関係ないですね。

>700×23Cタイヤを考慮すれば車高が高いのはどちらか、火を見るより明らかでしょう。

より車高の高い、車やトラックのほうが雷が落ちやすいですね。

| 自転車は車道 | 2015/08/25 23:28 | URL |

Re: 初コメさせていただきます。

初心さん

>技術者見習いさんの言うヤング率って、多分世捨人さんの考えてるようなヤング(不良達)の事ではなく「縦弾性係数」の事だと思いますよ?

「不良たち」というのは「ギャング」が適切ではないでしょうか?

>Googleでヤング率って検索したら先ず縦弾性係数の事を書いたページがヒットしますし。

「ヤング」はもはや死語ですね。

>まぁ、過去の記事やコメントを見た感じ分かっててわざと言ってるようにしか見えないですけどねWw。

技術さんはヤング率という語句の使い方を間違っていたようですね。

| 世捨人 | 2015/08/26 22:27 | URL |

Re: タイトルなし

ぁさん

>なんだ、ヤング率の意味も知らないんだねー。それで衝撃吸収性なんてほざくな。嘘つき偽物ジャーナリスト。

「ヤング率」の正しい使い方を勉強してください。

>マクラーレンF1って市販車ですよ。ナンバー取れますし、当然灯火類もちゃんとしています。F1レーサーじゃないんですよ。あっ、これも知らないんだねー。嘘つき偽物ジャーナリスト。

市販車であっても、日本国内の公道を走行するには、国内法規に準ずる必要があります。
しっかり勉強してください。

>ちなみに自転車に雷が落ちるんじゃないですよ、もっとも高い位置に雷が落ちるので、頭が高いのは軽快車かロードレーサーか?火を見るより明らか。あっ、これも知らないんだねー。嘘つき偽物ジャーナリスト。どんどん嘘が広がる 笑える。

雷は樹木の最も高い位置に落ちるとは限らないでしょう。
本当にしっかり勉強してください。

>素材の衝撃吸収性の差は、どんな形にしても変わらないんですよ。あっ、これも知らないんだねー。
嘘つき偽物ジャーナリスト。

形状については議論していません。知識をひけらかしたいのはやまやまですが、はしゃがないでください。

| 世捨人 | 2015/08/26 22:31 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>>絶縁体の樹木に雷が落ちるのはなぜでしょう。
>背が高くて雷が落ちるまでの距離が短いからですね。高さが問題であって素材がカーボンかどうかは関係ないですね。

貴殿のいう「絶縁体のカーボンフレーム」にも雷が落ちるわけであるわけですね。
過ちを認め誠意ある謝罪を求めます。

>>700×23Cタイヤを考慮すれば車高が高いのはどちらか、火を見るより明らかでしょう。
>より車高の高い、車やトラックのほうが雷が落ちやすいですね。

土手の上を走る多摩川遊歩道などではママチャリよりも車高が高い競技用自転車に雷が落ちやすいということですね。
過ちを素直に認め誠意ある謝罪を求めます。

| 世捨人 | 2015/08/26 22:48 | URL |

自転車嫌いだから自転車禁止にせよって言えばいいやん。

| 自転車は車道を走れ | 2015/08/27 10:26 | URL | ≫ EDIT

>形状については議論していません。

これ言ったら,「自転車~」「自動車~」「樹木~」なんて何の関係もないじゃん.

| こじま | 2015/08/27 10:32 | URL |

Re: タイトルなし

走れさん

> 自転車嫌いだから自転車禁止にせよって言えばいいやん。

爆走を憎んで競技用自転車乗りは憎まずというのが基本姿勢です。

| 世捨人 | 2015/09/02 23:58 | URL |

Re: タイトルなし

旧こじさん

>>形状については議論していません。
>これ言ったら,「自転車~」「自動車~」「樹木~」なんて何の関係もないじゃん.

総合的に判断してください。

| 世捨人 | 2015/09/02 23:58 | URL |

>カーボン(炭素繊維)という素材の特性から、「強度に難点がある」「落雷の影響を受けやすい」という2点の理由で、自転車のフレームに用いることを禁じた。


>>形状については議論していません。
>これ言ったら,「自転車~」「自動車~」「樹木~」なんて何の関係もないじゃん.

総合的に判断してください。

~~
「総合的に判断してください。」
貴方自身にふさわしい言葉です.


記事は「素材」に限定.

読者からは「素材特性的には落雷や耐力不足の心配はない.」の反論があり,世捨人はそれに応答できていない.

加えて周辺状況,車体形状の観点から見ても,世捨人の批判は批判になっていない.

以上,『多くの勇者が反論を試みるも、記事内容を根底から覆すほどにいたっていない。』は嘘です.

~~~
世捨人は嘘つき.
世捨人は,幼稚園児でもできるような,名前の間違えを訂正できないほどの,低い知能・知性の持ち主.

| こじま | 2015/09/03 13:52 | URL |

Re: タイトルなし

旧こじさん

>カーボン(炭素繊維)という素材の特性から、「強度に難点がある」「落雷の影響を受けやすい」という2点の理由で、自転車のフレームに用いることを禁じた。

>>形状については議論していません。
>これ言ったら,「自転車~」「自動車~」「樹木~」なんて何の関係もないじゃん.
>>総合的に判断してください。
~~
>「総合的に判断してください。」貴方自身にふさわしい言葉です.記事は「素材」に限定.読者からは「素材特性的には落雷や耐力不足の心配はない.」の反論があり,世捨人はそれに応答できていない.加えて周辺状況,車体形状の観点から見ても,世捨人の批判は批判になっていない.以上,『多くの勇者が反論を試みるも、記事内容を根底から覆すほどにいたっていない。』は嘘です.

カーボンフレームを禁じたのは、落雷の影響を受けやすいということであり、必ずしも被害を受けるわけではありません。

~~~
>世捨人は嘘つき.世捨人は,幼稚園児でもできるような,名前の間違えを訂正できないほどの,低い知能・知性の持ち主.

旧とき(ときどきオアズツーキニスト)さんにおまかせします。

| 世捨人 | 2015/09/09 22:31 | URL |

っていうか、この3年でカーボンロードバイク率が上がり、値段が下がってるのが時代と合わない悲しさですかね。今の時代、クロモリのほうが値段が高い。なぜ、生産量が増えるかの理屈、そもそも競技用自転車のフレームは使い捨て、という原則が加味されていないね。どの素材でも競技用は毎年交換。

そして、ヤング率の返しは無理があるなー。
ばかアピールなのかなんなのか。

まーなんていうか、時代に合わない人間は弾かれるだけの日本に生きてるのが切ないね、世捨さん

| とおりすが | 2015/09/14 03:52 | URL |

Re: タイトルなし

とおさん

>っていうか、この3年でカーボンロードバイク率が上がり、値段が下がってるのが時代と合わない悲しさですかね。今の時代、クロモリのほうが値段が高い。な ぜ、生産量が増えるかの理屈、そもそも競技用自転車のフレームは使い捨て、という原則が加味されていないね。どの素材でも競技用は毎年交換。

安全のための投資は決して無駄とならないでしょう。

>そして、ヤング率の返しは無理があるなー。ばかアピールなのかなんなのか。

ヤング率の使い方をしっかり勉強してください。

>まーなんていうか、時代に合わない人間は弾かれるだけの日本に生きてるのが切ないね、世捨さん

根底にあるのは競技用自転車乗りの交通安全です。引き続きご理解、ご協力をお願いします。

| 世捨人 | 2015/09/17 00:11 | URL |

>爆走を憎んで競技用自転車乗りは憎まずというのが基本姿勢です。

じゃあ競技用自転車に乗ってる人が爆走してても乗ってる人のことは憎めないってことだよねw

| ー名無しさんー | 2015/09/21 01:20 | URL |

Re: タイトルなし

一名さん

>>爆走を憎んで競技用自転車乗りは憎まずというのが基本姿勢です。
>じゃあ競技用自転車に乗ってる人が爆走してても乗ってる人のことは憎めないってことだよねw

「罪を憎んで人を憎まず」が原点です。刑法および刑事訴訟法で学ぶことでしょう。

| 世捨人 | 2015/09/28 22:22 | URL |

【技術者】また、カーボンの方がヤング率が高いのに、カーボンに比べてヤング率の低いステンレスやクロムモリブデン鋼でできたフレームを指摘しない理由を教えてください。
【世捨人】ヤングは危険な運転をしがちです。事故率が高いためか、ヤングの自動車保険は割高です

・・・。

【常識人】 技術者見習いさんの言うヤング率って、多分世捨人さんの考えてるようなヤング(不良達)の事ではなく「縦弾性係数」の事だと思いますよ?
【世捨人】 「不良たち」というのは「ギャング」が適切ではないでしょうか?
【常識人】 Googleでヤング率って検索したら先ず縦弾性係数の事を書いたページがヒットしますし。
【世捨人】 「ヤング」はもはや死語ですね。
【常識人】 まぁ、過去の記事やコメントを見た感じ分かっててわざと言ってるようにしか見えないですけどねWw。
【世捨人】 技術さんはヤング率という語句の使い方を間違っていたようですね。

どうです、この狂いっぷり。
見上げたもんでしょう。
本当にトチ狂っていて自分ではマトモなことと思って書いているのか、確信犯的に人を茶化しているのかさっぱりわからないですけど、おそらく前者でしょう。

| こりゃだめだ | 2016/05/10 06:17 | URL |

>▼カーボン(炭素繊維)という素材の特性から、「強度に難点がある」「落雷の影響を受けやすい」という2点の理由で、自転車のフレームに用いることを禁じた。交通の安全と相いれないからだ。多くの勇者が反論を試みるも、記事内容を根底から覆すほどにいたっていない。

強度に難点のあるカーボン(炭素繊維)は昨今、自動車のボンネットやバンパー等にも使われている、AZ-1のようなボディーが強化プラスチックなんて危険極まりないモノもあります。
交通の安全と相いれないので自動車も禁止にしておきますか。ww

| 自転車は歩道 | 2016/05/10 14:45 | URL |

>旧とき(ときどきオアズツーキニスト)さんにおまかせします。

名前間違えてないか?

| 自転車は歩道 | 2016/05/10 17:58 | URL |

意味がある反論をお願いします。
言いたいことがさっぱりわからない。

>▼カーボン(炭素繊維)という素材の特性から、「強度に難点がある」「落雷の影響を受けやすい」という2点の理由で、自転車のフレームに用いることを禁じた。交通の安全と相いれないからだ。多くの勇者が反論を試みるも、記事内容を根底から覆すほどにいたっていない。

強度に難点のあるカーボン(炭素繊維)は昨今、自動車のボンネットやバンパー等にも使われている、AZ-1のようなボディーが強化プラスチックなんて危険極まりないモノもあります。
交通の安全と相いれないので自動車も禁止にしておきますか。ww

| 自転車は歩道 | 2016/05/10 14:45 | URL |

| こりゃだめだ | 2016/05/10 23:40 | URL |

こいつもだめだ

>▼カーボン(炭素繊維)という素材の特性から、「強度に難点がある」「落雷の影響を受けやすい」という2点の理由で、自転車のフレームに用いることを禁じた。

誰が禁じてるんだ。どういう根拠で禁じてるんだ?
世捨人かいう狂人とあんたと以外にそれを誰がどういう理由で禁じてるんだ?

>交通の安全と相いれないからだ。

その理由は?あんたも常識人を自負するならエビデンスでもって語ってくれ。

>多くの勇者が反論を試みるも、記事内容を根底から覆すほどにいたっていない。

ほう。

>強度に難点のあるカーボン(炭素繊維)

何に比べてどういう点でどのくらい難点があるの?

で、この部分

>自動車のボンネットやバンパー等にも使われている、AZ-1のようなボディーが強化プラスチックなんて危険極まりないモノもあります。

の文脈が本当にさっぱり全く意味がわからんのだが、今はカーボンの話をしてるんじゃないかな。
何十年前も前に死んでしまったマツダのAZがなんでいきなり出てくるんだ。あんたの言うとおり素材が違うのに。

あんた、世の中の迷惑なのでとっととどっかに行ってくれ。

| こりゃだめだ | 2016/05/10 23:56 | URL |

このヒトがどのように誤読したかを想像してみたんですが、たぶんこんな感じです。
「ヤング」という単語の後ろに勝手に自分の思い込みで「購入」とか「使用」とか「乗車」を間違って補った感じだと思われます。
つまりこうです。

また、カーボンの方がヤング購入率が高いのに、カーボンに比べてヤング購入率の低いステンレスやクロムモリブデン鋼でできたフレームを指摘しない理由を教えてください。

という感じで誤読してるんですね、勝手に。
でも、この人が書き飛ばしているブログの中でカーボンフレームのロードバイクは高いと云うことをこのヒトは書いています。
高価格のカーボンフレームの購買率が「ヤング」の方が高いわけがない。
そして自転車の話をしているのに全く関係ない自動車保険の話をする。
その時点でもう理論が破綻しているのですが、本人は全くそれに気づいてもいない。
進軍ラッパ、ぱっぱぱぱー状態。
大人のナリして中身はガキな逆コナン君。」

| もうだめだ | 2016/05/11 00:04 | URL |

>意味がある反論をお願いします。
言いたいことがさっぱりわからない。

このブログおよびコメントに意味のある反論を期待しているのか?

おめでたい人だw

世捨人がカーボンの強度等に問題がある、それも自転車に限り、自動車にだって強度に問題がある(世捨人曰く)とされているカーボンを多用したものもある、それが危険であるというのであればボディにFRPを使った車が(現在流通は無いにしても)あった、カーボンの強度に問題があるのであればFRPの自動車なんてそれ以上の問題があるだろうと言う話、それが過去の遺産であれ存在していた事は事実、別にあんたに反論したわけではない。

カーボンが強度的に問題があると言うならFRPのボディかぶった車は危険だろう、自転車ばかりに問題があるとは言えないという趣旨なのだが、

| こりゃだめだ | 2016/05/10 23:56 | URL |さんはこの記事だけ読んでコメントしているようで、「世捨人」を理解していないし、コメントを読み間違えている。

だれが何を言おうがその人の意見であり、あんたの意見に反論はしていない。

ときどきオアゾツーキニストさんの言葉をかり(たくはないが)れば。
「広く発言の機会を与えて頂ける世捨人さんには感謝しています。」


>あんた、世の中の迷惑なのでとっととどっかに行ってくれ。

あんたにそのまま熨斗つけてお返ししておくよ。

世捨人にコメントすると世の中の迷惑なのであれば当ブログのコメンター全員、あんたを含めて世の中の迷惑者でこの世から追放されるぞ。
そもそもこのブログ自体が世の中の迷惑なのだから。
趣旨を読み取れないあんたも十分迷惑だ。

| 自転車は歩道 | 2016/05/11 06:22 | URL |

あぁ、あとここも間違ってるな。

>世捨人かいう狂人とあんたと以外にそれを誰がどういう理由で禁じてるんだ?

世捨人が禁じて(?)いるだけで、当方は禁じてはいない、カーボン自転車が危険だと言い禁止するのであればプラスチックボディの自動車、カーボンを使った自動車も危険だから「自動車」も同じように禁じるべきではないか?と意見具申しただけだ。

再度言うが、
趣旨を読み取れないあんたも十分迷惑だ。
あんた、少なくともこのブログで迷惑なのでとっととどっかに行ってくれ。

| 自転車は歩道 | 2016/05/11 10:24 | URL |

Re: タイトルなし

こりゃさん

>【技術者】また、カーボンの方がヤング率が高いのに、カーボンに比べてヤング率の低いステンレスやクロムモリブデン鋼でできたフレームを指摘しない理由を教えてください。【世捨人】ヤングは危険な運転をしがちです。事故率が高いためか、ヤングの自動車保険は割高です・・・。【常識人】 技術者見習いさんの言うヤング率って、多分世捨人さんの考えてるようなヤング(不良達)の事ではなく「縦弾性係数」の事だと思いますよ?【世捨人】 「不良たち」というのは「ギャング」が適切ではないでしょうか?【常識人】 Googleでヤング率って検索したら先ず縦弾性係数の事を書いたページがヒットしますし。【世捨人】 「ヤング」はもはや死語ですね。【常識人】 まぁ、過去の記事やコメントを見た感じ分かっててわざと言ってるようにしか見えないですけどねWw。【世捨人】 技術さんはヤング率という語句の使い方を間違っていたようですね。どうです、この狂いっぷり。見上げたもんでしょう。本当にトチ狂っていて自分ではマトモなことと思って書いているのか、確信犯的に人を茶化しているのかさっぱりわからないですけど、おそらく前者でしょう。

一時停止や赤信号で不可欠なブレーキや段差越えなどでフレームにはストレスがかかっております。

スピードレースならまだしも、日常利用で軽量化にこだわる必要性はありません。

軽量化でなく安全を競ってください。

よろしくお願いします。

| 世捨人 | 2016/05/11 17:09 | URL |

Re: タイトルなし

>>▼カーボン(炭素繊維)という素材の特性から、「強度に難点がある」「落雷の影響を受けやすい」という2点の理由で、自転車のフレームに用いることを禁じた。交通の安全と相いれないからだ。多くの勇者が反論を試みるも、記事内容を根底から覆すほどにいたっていない。
>強度に難点のあるカーボン(炭素繊維)は昨今、自動車のボンネットやバンパー等にも使われている、AZ-1のようなボディーが強化プラスチックなんて危険極まりないモノもあります。交通の安全と相いれないので自動車も禁止にしておきますか。ww

部分的使用ならまだしも、自動車にあってはフルカーボンにいたっていません。

| 世捨人 | 2016/05/11 17:11 | URL |

Re: タイトルなし

>>旧とき(ときどきオアズツーキニスト)さんにおまかせします。
>名前間違えてないか?

良く気づきましたね。

| 世捨人 | 2016/05/11 17:12 | URL |

Re: タイトルなし

こりゃさん

>意味がある反論をお願いします。言いたいことがさっぱりわからない。

お互いさまです。

| 世捨人 | 2016/05/11 17:12 | URL |

Re: こいつもだめだ

こりゃさん

>▼カーボン(炭素繊維)という素材の特性から、「強度に難点がある」「落雷の影響を受けやすい」という2点の理由で、自転車のフレームに用いることを禁じた。
>誰が禁じてるんだ。どういう根拠で禁じてるんだ?

記事はよくお読みください。

>世捨人かいう狂人とあんたと以外にそれを誰がどういう理由で禁じてるんだ?

当ブログで提言した禁止行為は重く受け止めてください。

>>交通の安全と相いれないからだ。
>その理由は?あんたも常識人を自負するならエビデンスでもって語ってくれ。

スピードや軽量化でなく安全を競ってください。

>>多くの勇者が反論を試みるも、記事内容を根底から覆すほどにいたっていない。
>ほう。
>>強度に難点のあるカーボン(炭素繊維)
>何に比べてどういう点でどのくらい難点があるの?

自転車利用(乗員1人)を想定していただければ、あまり深く考えることはないでしょう。

>で、この部分
>>自動車のボンネットやバンパー等にも使われている、AZ-1のようなボディーが強化プラスチックなんて危険極まりないモノもあります。の文脈が本当にさっぱり全く意味がわからんのだが、今はカーボンの話をしてるんじゃないかな。何十年前も前に死んでしまったマツダのAZがなんでいきなり出てくるんだ。あんたの言うとおり素材が違うのに。あんた、世の中の迷惑なのでとっととどっかに行ってくれ。

これは小生の答弁ではございません。

落ち着いて行動してください。

よろしくお願いします。

| 世捨人 | 2016/05/11 17:17 | URL |

Re: タイトルなし

もうさん

>このヒトがどのように誤読したかを想像してみたんですが、たぶんこんな感じです。「ヤング」という単語の後ろに勝手に自分の思い込みで「購入」とか「使用」とか「乗車」を間違って補った感じだと思われます。

全く違います。

「ぺヤングやきそば」の語源はご存知ですか?

>つまりこうです。また、カーボンの方がヤング購入率が高いのに、カーボンに比べてヤング購入率の低いステンレスやクロムモリブデン鋼でできたフレームを指摘しない理由を教えてください。

購入率が高い低いとのことですが、ソースをお示しください。


>という感じで誤読してるんですね、勝手に。でも、この人が書き飛ばしているブログの中でカーボンフレームのロードバイクは高いと云うことをこのヒトは書いています。高価格のカーボンフレームの購買率が「ヤング」の方が高いわけがない。そして自転車の話をしているのに全く関係ない自動車保険の話をする。その時点でもう理論が破綻しているのですが、本人は全くそれに気づいてもいない。進軍ラッパ、ぱっぱぱぱー状態。大人のナリして中身はガキな逆コナン君。」

自動車保険は統計に基づいて保険料を算出しております。

| 世捨人 | 2016/05/11 17:23 | URL |

>部分的使用ならまだしも、自動車にあってはフルカーボンにいたっていません。

フルカーボンの自動車ありますよ?(BMWが量産車で発売開始しています、ランボルギーニも出したかな?)
自動車に限らず航空機でフルカーボンと言うのもあるそうです。
部分使用だと言うなら自転車も部分使用になりますけど?

>これは小生の答弁ではございません。
落ち着いて行動してください。
よろしくお願いします。

これには激しく同意。w
おそらく酔っぱらいながらブログを見ていたせいでどれが誰の発言かと言う重要な個所の見落としをされたのでしょう。
議論するなら相手をしっかり見定めて頂きたい。

| 自転車は歩道 | 2016/05/11 18:02 | URL |

ソースを示せ、か。
あんたもな。

| もうだめだ | 2016/05/11 22:55 | URL |

ヤングは危険な運転をしがちです。事故率が高いためか、ヤングの自動車保険は割高です

| もうだめだ | 2016/05/11 22:56 | URL |

世捨人は、ヤング率が物質の弾力性を表す数値を意味する物理用語だってことは結局理解できたのかな?

| 自転車は歩道 | 2016/05/12 08:48 | URL |

Re: タイトルなし

>>部分的使用ならまだしも、自動車にあってはフルカーボンにいたっていません。
>フルカーボンの自動車ありますよ?(BMWが量産車で発売開始しています、ランボルギーニも出したかな?)自動車に限らず航空機でフルカーボンと言うのもあるそうです。部分使用だと言うなら自転車も部分使用になりますけど?

「フルカーボンロードバイク」なるものはありますが、「フルカーボン自動車」とか「フルカーボン飛行機」という呼称は聞いたことがありません。

>>これは小生の答弁ではございません。
>落ち着いて行動してください。よろしくお願いします。これには激しく同意。w おそらく酔っぱらいながらブログを見ていたせいでどれが誰の発言かと言う重要な個所の見落としをされたのでしょう。議論するなら相手をしっかり見定めて頂きたい。

お互いさまです。

| 世捨人 | 2016/05/18 14:30 | URL |

Re: タイトルなし

もうさん

>ソースを示せ、か。あんたもな。

記事内容については絶大なる自信があります。

| 世捨人 | 2016/05/18 14:31 | URL |

Re: タイトルなし

もうさん

>ヤングは危険な運転をしがちです。事故率が高いためか、ヤングの自動車保険は割高です

合理的です。

| 世捨人 | 2016/05/18 14:32 | URL |

Re: タイトルなし

>世捨人は、ヤング率が物質の弾力性を表す数値を意味する物理用語だってことは結局理解できたのかな?

物理学は好きな科目の一つです。

| 世捨人 | 2016/05/18 14:32 | URL |

CFRPの作り方をご存知でしょうか?
確かに炭素は導電性がありますが、炭素繊維の周りは樹脂で固めてあり、炭素繊維自体がむき出しになることはまずありません。
もしむき出しになっているようだったらそのメーカーはCFRPを作るのをやめた方がいいでしょう。

| 自転車は歩道 | 2016/09/04 13:04 | URL |

Re: タイトルなし

>CFRPの作り方をご存知でしょうか? 確かに炭素は導電性がありますが、炭素繊維の周りは樹脂で固めてあり、炭素繊維自体がむき出しになることはまずありません。 もしむき出しになっているようだったらそのメーカーはCFRPを作るのをやめた方がいいでしょう。

樹脂で固めたからといって通電性が完全に否定されるわけではありません。

| 世捨人 | 2016/09/08 22:44 | URL |

世捨人へ

通電性がある=「落雷の影響を受けやすい」ではないよ?
「通電性があるからダメなら,人間は外出してはいけない」くらい言ってください。

| こじま | 2016/09/09 09:20 | URL |

Re: タイトルなし

こじさん

>世捨人へ 通電性がある=「落雷の影響を受けやすい」ではないよ?「通電性があるからダメなら,人間は外出してはいけない」くらい言ってください。

ホモ・サピエンスは通電性がありますので、カーボンフレームの自転車に乗ることで落雷のリスクが高まるということです。

| 世捨人 | 2016/09/20 14:51 | URL |

内容から返答したものと判断しますが,名前が間違っています。
幼稚園児でも可能な修正ですので,いい加減名前を間違うのはおやめください。

>ホモ・サピエンスは通電性がありますので、カーボンフレームの自転車に乗ることで落雷のリスクが高まるということです。


貴方の主張を「真」とみなすなら,「通電性がある」限りは,カーボンフレームに乗ろうが乗るまいが落雷のリスクが高まりますね。
つまり,『素材は関係なく,落雷リスクがある』という主張に帰着してしまっています。

おかしな話です。

| こじま | 2016/09/20 20:39 | URL |

近年は骨がカーボン製の傘が数多く市販されているが、当然これも落雷の危険が高まるので禁止すべきということなのでしょうね?

傘は雨天時すなわち落雷の危険が晴天時より高い時に使うものであるわけで、雨天時に乗る事の少ないロードバイクより危険は大きいはず。

| 自転車は歩道 | 2016/09/22 00:08 | URL |

Re: タイトルなし

こじさん

>内容から返答したものと判断しますが,名前が間違っています。 幼稚園児でも可能な修正ですので,いい加減名前を間違うのはおやめください。

「児島」と「小島」の比ではないでしょう。

>>ホモ・サピエンスは通電性がありますので、カーボンフレームの自転車に乗ることで落雷のリスクが高まるということです。
>貴方の主張を「真」とみなすなら,「通電性がある」限りは,カーボンフレームに乗ろうが乗るまいが落雷のリスクが高まりますね。 つまり,『素材は関係なく,落雷リスクがある』という主張に帰着してしまっています。おかしな話です。

落雷リスクを高めることで、カーボンフレームの禁止を訴えているところです。

| 世捨人 | 2016/09/27 17:30 | URL |

Re: タイトルなし

>近年は骨がカーボン製の傘が数多く市販されているが、当然これも落雷の危険が高まるので禁止すべきということなのでしょうね?

自転車の傘差し運転は法令で禁じられています。

>傘は雨天時すなわち落雷の危険が晴天時より高い時に使うものであるわけで、雨天時に乗る事の少ないロードバイクより危険は大きいはず。

ロングライド、ヒルクライムを好む競技用自転車のほうが、急な天候の変化に対応できずリスクは高いでしょう。

| 世捨人 | 2016/09/27 17:34 | URL |

>>近年は骨がカーボン製の傘が数多く市販されているが、当然これも落雷の危険が高まるので禁止すべきということなのでしょうね?

>自転車の傘差し運転は法令で禁じられています。


自転車でなく歩行者の話ね。

歩行者がカーボン製の傘を使うのも、落雷の危険が高まるんでしょ?

| 自転車は歩道 | 2016/09/28 07:42 | URL |

>こじさん

内容から返答したものと判断しますが,名前が間違っています。 幼稚園児でも可能な修正ですので,いい加減名前を間違うのはおやめください。
『「児島」と「小島」の比ではないでしょう。 』という意見は,上記意見と無関係です。

「止めてくださいとお願いしていること」で「即座に実現可能」かつ「道義上受け入れるべきもの」を断る理由はないはずです。



~~~
>>ホモ・サピエンスは通電性がありますので、カーボンフレームの自転車に乗ることで落雷のリスクが高まるということです。
>貴方の主張を「真」とみなすなら,「通電性がある」限りは,カーボンフレームに乗ろうが乗るまいが落雷のリスクが高まりますね。 つまり,『素材は関係なく,落雷リスクがある』という主張に帰着してしまっています。おかしな話です。
>>落雷リスクを高めることで、カーボンフレームの禁止を訴えているところです。

「落雷リスクを高める」かどうかを,あなたは科学的に説明できていません。(多くの反論が,コメントされています。)

加えて,「落雷リスクを高める」ことが禁止理由ならば,カーボン製でなくとも傘の禁止を訴えていることと同義です。

貴方が,「全ての状況で傘を持たずに外出する」のであれば,言行一致しますが,おそらくできないでしょう。
そのため,貴方の意見は,「他人への難癖」の域を出るものではありません。

ときどきオアゾツーキニストも世捨人も,基本的に「嘘つき」です。

| こじま | 2016/09/28 15:29 | URL |

>落雷リスクを高めることで、カーボンフレームの禁止を訴えているところです。

「落雷の」リスクを高めることで?
貴方は神か?「落雷の」リスクを高める事が出来るのか?すごいなぁ。

| @ | 2016/09/28 17:22 | URL |

Re: タイトルなし

>近年は骨がカーボン製の傘が数多く市販されているが、当然これも落雷の危険が高まるので禁止すべきということなのでしょうね?
>>自転車の傘差し運転は法令で禁じられています。
>自転車でなく歩行者の話ね。歩行者がカーボン製の傘を使うのも、落雷の危険が高まるんでしょ?

競技用自転車が得意とするロングライドやヒルクライムは、急な天候の変化に対応できず落雷のリスクを高めています。

| 世捨人 | 2016/10/06 22:21 | URL |

Re: タイトルなし

こじさん

>>こじさん 内容から返答したものと判断しますが,名前が間違っています。 幼稚園児でも可能な修正ですので,いい加減名前を間違うのはおやめください。
>『「児島」と「小島」の比ではないでしょう。 』という意見は,上記意見と無関係です。 「止めてくださいとお願いしていること」で「即座に実現可能」かつ「道義上受け入れるべきもの」を断る理由はないはずです。

当ブログの利用規約に反します。利用規約つきましては近々公表することになるでしょう。

>>ホモ・サピエンスは通電性がありますので、カーボンフレームの自転車に乗ることで落雷のリスクが高まるということです。
>貴方の主張を「真」とみなすなら,「通電性がある」限りは,カーボンフレームに乗ろうが乗るまいが落雷のリスクが高まりますね。 つまり,『素材は関係なく,落雷リスクがある』という主張に帰着してしまっています。おかしな話です。
>>落雷リスクを高めることで、カーボンフレームの禁止を訴えているところです。
>「落雷リスクを高める」かどうかを,あなたは科学的に説明できていません。(多くの反論が,コメントされています。)

カーボンは炭素繊維です。物質についての専門的な解説は交通安全ブログではふさわしくないとの認識です。

>加えて,「落雷リスクを高める」ことが禁止理由ならば,カーボン製でなくとも傘の禁止を訴えていることと同義です。

競技用自転車が得意とするロングライドやヒルクライムは急な天候の変化に対応できません。

>貴方が,「全ての状況で傘を持たずに外出する」のであれば,言行一致しますが,おそらくできないでしょう。そのため,貴方の意見は,「他人への難癖」の域を出るものではありません。

悲惨な交通事故の当事者となり、競技用自転車乗りのご家族が悲しむ姿を想像したくありません。

>ときどきオアゾツーキニストも世捨人も,基本的に「嘘つき」です。

ときさんはがんばっているほうだと思います。

| 世捨人 | 2016/10/06 22:23 | URL |

Re: タイトルなし

αさん

>>落雷リスクを高めることで、カーボンフレームの禁止を訴えているところです。
>「落雷の」リスクを高めることで? 貴方は神か?「落雷の」リスクを高める事が出来るのか?すごいなぁ。

「落雷の」ではなく「落雷のリスク」は回避することはできるでしょう。引用は正確にお願いします。

| 世捨人 | 2016/10/06 22:25 | URL |

>カーボンは炭素繊維です。物質についての専門的な解説は交通安全ブログではふさわしくないとの認識です。

では落雷によるリスクと言う専門的な問題も交通安全と関係ないので不要ですね。

相変わらず言っている事が支離滅裂な事で。

| 自転車は歩道 | 2016/10/06 23:07 | URL |

こじさん

>当ブログの利用規約に反します。利用規約つきましては近々公表することになるでしょう。

こじさん 内容から返答したものと判断しますが,名前が間違っています。 幼稚園児でも可能な修正ですので,いい加減名前を間違うのはおやめください。
「止めてくださいとお願いしていること」で「即座に実現可能」かつ「道義上受け入れるべきもの」を断る理由はないはずです。
また,現状で定められていない規約を守ることは不可能です。
「近々」利用規約を変更するよりも,私の呼称を改める方がはるかに簡単ですので,それでもしないということは,貴方が非礼で,常識のない人間であることを証明するようなものです。



>カーボンは炭素繊維です。物質についての専門的な解説は交通安全ブログではふさわしくないとの認識です。

じゃあ「通電性がある」かどうかも不定だから,「落雷リスクが高まる」かどうかも不定ですね。
貴方の記事の無意味さを証明されました。
~~~
>>ときどきオアゾツーキニストも世捨人も,基本的に「嘘つき」です。

>ときさんはがんばっているほうだと思います。

そうですね,ひたすらに嘘をつく行為を頑張っていますね。

~~~
>>貴方が,「全ての状況で傘を持たずに外出する」のであれば,言行一致しますが,おそらくできないでしょう。そのため,貴方の意見は,「他人への難癖」の域を出るものではありません。

>悲惨な交通事故の当事者となり、競技用自転車乗りのご家族が悲しむ姿を想像したくありません。

話のすり替えですね。
これまでの貴方の主張を肯定するためには,
●落雷リスクとやらをなくすために傘を持って外出せず,
●安全のために背に腹は代えられないという理由から,フルフェイスヘルメットをかぶって外出し,
●悲惨な交通事故の当事者とならないために,自動車は一切運転しない,
という生活をするべきでしょう。

そうでなければ,言動不一致,貴方は嘘つきです。

| こじま | 2016/10/07 00:45 | URL |

Re: タイトルなし

>>カーボンは炭素繊維です。物質についての専門的な解説は交通安全ブログではふさわしくないとの認識です。
>では落雷によるリスクと言う専門的な問題も交通安全と関係ないので不要ですね。相変わらず言っている事が支離滅裂な事で。

ヒルクライムやロングライドを得意とする競技用自転車は落雷リスクと隣り合わせです。

| 世捨人 | 2016/10/19 22:35 | URL |

Re: タイトルなし

こじさん

>>当ブログの利用規約に反します。利用規約つきましては近々公表することになるでしょう。
>こじさん 内容から返答したものと判断しますが,名前が間違っています。 幼稚園児でも可能な修正ですので,いい加減名前を間違うのはおやめください。「止めてくださいとお願いしていること」で「即座に実現可能」かつ「道義上受け入れるべきもの」を断る理由はないはずです。また,現状で定められていない規約を守ることは不可能です。「近々」利用規約を変更するよりも,私の呼称を改める方がはるかに簡単ですので,それでもしないということは,貴方が非礼で,常識のない人間であることを証明するようなものです。

当ブログの趣旨に賛同していただいた方にコメントいただきたいです。

>>カーボンは炭素繊維です。物質についての専門的な解説は交通安全ブログではふさわしくないとの認識です。
>じゃあ「通電性がある」かどうかも不定だから,「落雷リスクが高まる」かどうかも不定ですね。貴方の記事の無意味さを証明されました。

カーボンフレームは落雷のリスクがあるということを豆知識として知ってもらえれば幸いです。

>ときどきオアゾツーキニストも世捨人も,基本的に「嘘つき」です。
>>ときさんはがんばっているほうだと思います。
>そうですね,ひたすらに嘘をつく行為を頑張っていますね。

お任せします。

>貴方が,「全ての状況で傘を持たずに外出する」のであれば,言行一致しますが,おそらくできないでしょう。そのため,貴方の意見は,「他人への難癖」の域を出るものではありません。
>>悲惨な交通事故の当事者となり、競技用自転車乗りのご家族が悲しむ姿を想像したくありません。
>話のすり替えですね。これまでの貴方の主張を肯定するためには,●落雷リスクとやらをなくすために傘を持って外出せず,●安全のために背に腹は代えられないという理由から,フルフェイスヘルメットをかぶって外出し,●悲惨な交通事故の当事者とならないために,自動車は一切運転しない,という生活をするべきでしょう。そうでなければ,言動不一致,貴方は嘘つきです。

競技用自転車乗りの安全を最優先しているところであり、ご理解・ご協力をお願いします。

| 世捨人 | 2016/10/19 22:44 | URL |

>こじさん

内容から私へ返答したものと判断しますが,名前が間違っています。
幼稚園児でも可能な修正ですので,名前を間違うのはおやめください。

~~~
>当ブログの趣旨に賛同していただいた方にコメントいただきたいです。

認証制にでもすれば良いのでは?
こちらもあなたに決定権がありますので,「したい」なら「すべき」です。
それでも「しない」以上,貴方の責任です。

~~~
>カーボンフレームは落雷のリスクがあるということを豆知識として知ってもらえれば幸いです。

年間死亡者数を比較すると,落雷よりも交通事故が多いです。
さらに,カーボンフレームへの落雷事故はありません。

その水準でしかない「落雷リスク」を気にして生活するのであれば,あなたは「外出するリスク」を受け入れないと,言動一致しません。

ただし,世捨人が外出していることは,動画より明白です。
「世捨人の主張と行動が違う」時点で発言に信憑性はありません。

http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/tenki_chuui/tenki_chuui_p4.html
http://matome.naver.jp/odai/2137327620406481301


また,カーボンフレームに落雷しうる状況では,普通に歩行しているだけでも落雷する危険外出する方が悪いと言える水準のリスクしかありません。
そんなことを気にして生活するストレス,心理的な負荷によるリスクの方が,害は大きいです。

| こじま | 2016/10/20 09:26 | URL |

Re: タイトルなし

こじさん

>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前が間違っています。幼稚園児でも可能な修正ですので,名前を間違うのはおやめください。

利用規約に反する発言となるでしょう。

>>当ブログの趣旨に賛同していただいた方にコメントいただきたいです。
>認証制にでもすれば良いのでは?こちらもあなたに決定権がありますので,「したい」なら「すべき」です。それでも「しない」以上,貴方の責任です。

利用規約は必ずお守りください。

>>カーボンフレームは落雷のリスクがあるということを豆知識として知ってもらえれば幸いです。
>年間死亡者数を比較すると,落雷よりも交通事故が多いです。さらに,カーボンフレームへの落雷事故はありません。

何が起こるかわからないのが事故のおそろしさです。

慢心せず安全運転に努めてください。

>その水準でしかない「落雷リスク」を気にして生活するのであれば,あなたは「外出するリスク」を受け入れないと,言動一致しません。

戒厳令を敷くのは非現実的です。

>ただし,世捨人が外出していることは,動画より明白です。「世捨人の主張と行動が違う」時点で発言に信憑性はありません。http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/tenki_chuui/tenki_chuui_p4.html
http://matome.naver.jp/odai/2137327620406481301

ゴールド免許(優良運転者)の小生は安全運転の範を示すことが期待されています。

>>また,カーボンフレームに落雷しうる状況では,普通に歩行しているだけでも落雷する危険外出する方が悪いと言える水準のリスクしかありません。そんなことを気にして生活するストレス,心理的な負荷によるリスクの方が,害は大きいです。)

ロングライド、ヒルクライムを得意とする競技用自転車は、急な天候の変化に対応できない場所での走行が多いです。

| 世捨人 | 2016/10/27 17:08 | URL |

| 世捨人 | 2016/10/27 17:08 | へ
>こじさん

内容から私へ返答したものと判断しますが,名前が間違っています。幼稚園児でも可能かつ簡単な修正です。
あらためて,名前を間違うのはおやめください。

>利用規約に反する発言となるでしょう。

●利用規約ってどこに書いてあるんですか?
●反しない事実を「反しない」と言っては,嘘つきです。
●「でしょう」ということですが,管理人のあなたが規約に確証を持てないことは,問題である。

以上より,私がこの発言に耳を貸す必要はありません。

~~~
>何が起こるかわからないのが事故のおそろしさです。
>慢心せず安全運転に努めてください。

この発言は,落雷と関係ない状況,ひいては交通事故以外のすべての事故にも当てはまりますから,
記事内容やあなたのブログとは関係ありません。

「誰でも言える」内容を,貴方から言われても,意味はありません。

~~~
>その水準でしかない「落雷リスク」を気にして生活するのであれば,あなたは「外出するリスク」を受け入れないと,言動一致しません。

>>戒厳令を敷くのは非現実的です。

文脈上,戒厳令を敷くという非現実を提案しているのは,貴方です。
私ではありません。

自身の発言内容を,最終的に否定するのであれば,最初から発言しないでおきましょう。
情けないだけです。

~~~
>ロングライド、ヒルクライムを得意とする競技用自転車は、急な天候の変化に対応できない場所での走行が多いです。

①これが「真」であるとは思えない。
・ロングライド・ヒルクライムが得意は,貴方のこれまでのブログ上での発言と合致しません。
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-560.html#comment31704

・「対応できない」としていますが,「軒下に入る」「木の下で雨宿り」で解決可能と言えば,解決可能です。

「得意」の程度も,「対応する」の程度も,定まっていない上,いままでの貴方の意見と矛盾するのですから,傾聴する価値はありません。

| こじま | 2016/10/27 17:49 | URL |

Re: タイトルなし

こじさん

>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前が間違っています。幼稚園児でも可能かつ簡単な修正です。あらためて,名前を間違うのはおやめください。

利用規約に盛り込まれる内容に反する発言は慎みたいですね。


>>利用規約に反する発言となるでしょう。
>●利用規約ってどこに書いてあるんですか?●反しない事実を「反しない」と言っては,嘘つきです。●「でしょう」ということですが,管理人のあなたが規約に確証を持てないことは,問題である。以上より,私がこの発言に耳を貸す必要はありません。

利用規約は可決承認されしだい公表する考えであり、現段階では「でしょう」とせざるをえません。

>>何が起こるかわからないのが事故のおそろしさです。慢心せず安全運転に努めてください。
>この発言は,落雷と関係ない状況,ひいては交通事故以外のすべての事故にも当てはまりますから,記事内容やあなたのブログとは関係ありません。「誰でも言える」内容を,貴方から言われても,意味はありません。

「誰でも言える」内容であっても、いざ言葉にするのは勇気がいるものです。

しっかりと胸に刻んでください。

>その水準でしかない「落雷リスク」を気にして生活するのであれば,あなたは「外出するリスク」を受け入れないと,言動一致しません。
>>戒厳令を敷くのは非現実的です。
>文脈上,戒厳令を敷くという非現実を提案しているのは,貴方です。私ではありません。自身の発言内容を,最終的に否定するのであれば,最初から発言しないでおきましょう。情けないだけです。

カーボンフレームの代替品はございますが、戒厳令となると憲法に抵触するため、野党からの激しい追究は免れません。

>>ロングライド、ヒルクライムを得意とする競技用自転車は、急な天候の変化に対応できない場所での走行が多いです。
>①これが「真」であるとは思えない。・ロングライド・ヒルクライムが得意は,貴方のこれまでのブログ上での発言と合致しません。http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-560.html#comment31704・「対応できない」としていますが,「軒下に入る」「木の下で雨宿り」で解決可能と言えば,解決可能です。「得意」の程度も,「対応する」の程度も,定まっていない上,いままでの貴方の意見と矛盾するのですから,傾聴する価値はありません。

競技用自転車乗りにとってタイムも重要な要素であり、「軒下に入る」「大きな木の下で雨宿り」をしていては記録が更新できません。

乗り手を爆走へとかき立てる競技用自転車の暗部といえましょう。

| 世捨人 | 2016/11/10 22:16 | URL |

| 世捨人 | 2016/11/10 22:16 |へ

>こじさん

内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。
幼稚園児でも可能かつ簡単な修正です。
何度も言いますが,名前の訂正をお願いします。


~~~
>利用規約に盛り込まれる内容に反する発言は慎みたいですね。
>利用規約は可決承認されしだい公表する考えであり、現段階では「でしょう」とせざるをえません。

承認されてないなら実効性はない。
ましてや「人の名前を間違える」行為そのものが,常識外れなので,「慎む」必要もない。
あなたがたった一文字「ま」を追加するだけで済む話を,延々と言い訳して実行しない,その幼稚園児以下の知性が問題であって,守る必要のない規則を守れというのは筋違いです。

さらには「案」として示せるものなので,それをしないのも,貴方の責任です。

~~~
>「誰でも言える」内容であっても、いざ言葉にするのは勇気がいるものです。

ならば,貴方の考える「勇気」という言葉は,「誰でも言えることを,ことさら取り立てて言う」という意味となり,一般の日本語において意味する勇気と異なるのでしょう。


~~~
Google 検索結果
「事故 恐ろしい」:約 1,090,000 件
「安全運転」:約 5,780,000 件

世間一般の方々は,世捨人のいうところの勇気を有する方ばかりなので,あなたが特別に「勇気のある人」なんてことはありません。
みんな,すでに知っているし,発言もしていることを,じゃなリズムなどと称して,改めてここで言う必要性は一切ありません。

~~~
>カーボンフレームの代替品はございますが、

代替品って具体的に何?
移動手段としての自動車の代替品なら,徒歩と言えるけど,それをあなたは認めるのですか?

~~~
>(略),戒厳令となると憲法に抵触するため、野党からの激しい追究は免れません。

「戒厳令」を主張しているのはあなたです。
貴方が「激しい追究は免れない」として,あなた自身の論理を否定するなら,貴方の意見には誰も賛同しないでしょう。

(いつものことですが,)論理破綻しています。

~~~
>競技用自転車乗りにとってタイムも重要な要素であり、「軒下に入る」「大きな木の下で雨宿り」をしていては記録が更新できません。

>乗り手を爆走へとかき立てる競技用自転車の暗部といえましょう。

対応できない → 対応できる という答えを否定できていないので,私の論理の方があなたの論理よりも優れているということになりますよ。

対応するかどうかはもちろん個々人の自由ですが,危険を承知で外出するのは止められないでしょう。
もしも「止めるべきだ」というなら,人身事故を発生させうる自動車の運転をあなたは止めるべきでしょう。


ましてや,あなた自身が例に挙げた「ロングライド」ではタイムは重要ではありません。

| こじま | 2016/11/11 10:05 | URL |

Re: タイトルなし

こじさん

>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。幼稚園児でも可能かつ簡単な修正です。何度も言いますが,名前の訂正をお願いします。

ときさんに一任したいですね。

>>利用規約に盛り込まれる内容に反する発言は慎みたいですね。
>>利用規約は可決承認されしだい公表する考えであり、現段階では「でしょう」とせざるをえません。
>承認されてないなら実効性はない。ましてや「人の名前を間違える」行為そのものが,常識外れなので,「慎む」必要もない。あなたがたった一文字「ま」を追加するだけで済む話を,延々と言い訳して実行しない,その幼稚園児以下の知性が問題であって,守る必要のない規則を守れというのは筋違いです。さらには「案」として示せるものなので,それをしないのも,貴方の責任です。
小生は当ブログの管理人であり、ブログ内においては絶大なる権力があります。
>>「誰でも言える」内容であっても、いざ言葉にするのは勇気がいるものです。
ならば,貴方の考える「勇気」という言葉は,「誰でも言えることを,ことさら取り立てて言う」という意味となり,一般の日本語において意味する勇気と異なるのでしょう。
こじさんを信じることは人種、信条、社会的身分、または門地によって勇気が必要だったり不要だったりします。
>Google 検索結果「事故 恐ろしい」:約 1,090,000 件「安全運転」:約 5,780,000 件世間一般の方々は,世捨人のいうところの勇気を有する方ばかりなので,あなたが特別に「勇気のある人」なんてことはありません。みんな,すでに知っているし,発言もしていることを,じゃなリズムなどと称して,改めてここで言う必要性は一切ありません。
自転車愛好家に自転車規制を主張するのは、交通安全の大義があっても、時に勇気が必要です。
~~~
>>カーボンフレームの代替品はございますが、
>代替品って具体的に何?移動手段としての自動車の代替品なら,徒歩と言えるけど,それをあなたは認めるのですか?

チタン、アルミ、クロモリなど自転車のフレームは素材を選びません。


>>(略),戒厳令となると憲法に抵触するため、野党からの激しい追究は免れません。
>「戒厳令」を主張しているのはあなたです。貴方が「激しい追究は免れない」として,あなた自身の論理を否定するなら,貴方の意見には誰も賛同しないでしょう。(いつものことですが,)論理破綻しています。

戒厳令とならぬようギリギリのラインで、自転車規制を訴えております。

>>競技用自転車乗りにとってタイムも重要な要素であり、「軒下に入る」「大きな木の下で雨宿り」をしていては記録が更新できません。
>>乗り手を爆走へとかき立てる競技用自転車の暗部といえましょう。
>対応できない → 対応できる という答えを否定できていないので,私の論理の方があなたの論理よりも優れているということになりますよ。対応するかどうかはもちろん個々人の自由ですが,危険を承知で外出するのは止められないでしょう。もしも「止めるべきだ」というなら,人身事故を発生させうる自動車の運転をあなたは止めるべきでしょう。
自転車はひとたび悲惨な交通事故の当事者となると、取り返しのつかない事態となりかねませんので、シートベルトやエアバッグで守られたクルマと単純比較するのは愚の骨頂でしょう。
>ましてや,あなた自身が例に挙げた「ロングライド」ではタイムは重要ではありません。

パーマメントトラベラーでない限り、学校や仕事があるのでスケジュール(時間管理=タイム)は重要でしょう。

| 世捨人 | 2016/11/24 15:58 | URL |

| 世捨人 | 2016/11/24 15:58 | URL |へ


>こじさん
>ときさんに一任したいですね。

内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。
幼稚園児でも可能かつ簡単な修正です。何度も何度も言いますが,名前の訂正をお願いします。 キーボードで「m」「a」と打つだけです。

~~~
>小生は当ブログの管理人であり、ブログ内においては絶大なる権力があります。

そうですね。
しかしその権力大きくありません。
そして,「人の名前を間違うことが失礼である」という点の弁護にはなりません。
名前を訂正してください。

~~~
>自転車愛好家に自転車規制を主張するのは、交通安全の大義があっても、時に勇気が必要です。

適切な規制であれば,私も主張に賛同します。
例えば,現状よりも左側通行や夜間点灯の励行のための規制強化は賛成です。程度はありますが。

~~~
>カーボンフレームの代替品はございますが、
>>代替品って具体的に何?移動手段としての自動車の代替品なら,徒歩と言えるけど,それをあなたは認めるのですか?
>チタン、アルミ、クロモリなど自転車のフレームは素材を選びません。

では,自動車も徒歩で代替可能です。
貴方の理屈では,貴方は自動車利用をやめるべきです。
でなければ,「口だけ」です。

~~~
>戒厳令とならぬようギリギリのラインで、自転車規制を訴えております。

「自動車をやめて徒歩でどうぞ」というのは戒厳令とは関係なく可能ですよ?
貴方の主張ならば,やはり徒歩で (ry

~~~
>競技用自転車乗りにとってタイムも重要な要素であり、「軒下に入る」「大きな木の下で雨宿り」をしていては記録が更新できません。
>パーマメントトラベラーでない限り、学校や仕事があるのでスケジュール(時間管理=タイム)は重要でしょう。

同じ用語を使っているだけで,「タイム」の意味する内容が変更されています。
実際,スケジュール,時間管理,タイムを同義であるように記述していますが,それらは同義ではないです。
そういうのは「主張の一貫性が無い」といいます。

| こじま | 2016/11/29 16:59 | URL |

Re: タイトルなし

>>こじさん ときさんに一任したいですね。
>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。 幼稚園児でも可能かつ簡単な修正です。何度も何度も言いますが,名前の訂正をお願いします。 キーボードで「m」「a」と打つだけです。

かな入力の場合だと「もち」となりますが、よろしいですか。

>>小生は当ブログの管理人であり、ブログ内においては絶大なる権力があります。
>そうですね。 しかしその権力大きくありません。 そして,「人の名前を間違うことが失礼である」という点の弁護にはなりません。 名前を訂正してください。

心外です。

>>自転車愛好家に自転車規制を主張するのは、交通安全の大義があっても、時に勇気が必要です。
>適切な規制であれば,私も主張に賛同します。 例えば,現状よりも左側通行や夜間点灯の励行のための規制強化は賛成です。程度はありますが。

当ブログをきっかけに議論を深めたいですね。

>>カーボンフレームの代替品はございますが、
>代替品って具体的に何?移動手段としての自動車の代替品なら,徒歩と言えるけど,それをあなたは認めるのですか?
>>チタン、アルミ、クロモリなど自転車のフレームは素材を選びません。
>では,自動車も徒歩で代替可能です。 貴方の理屈では,貴方は自動車利用をやめるべきです。 でなければ,「口だけ」です。

高速道路は歩行者は通行できません。

>>戒厳令とならぬようギリギリのラインで、自転車規制を訴えております。
>「自動車をやめて徒歩でどうぞ」というのは戒厳令とは関係なく可能ですよ? 貴方の主張ならば,やはり徒歩で (ry
法改正を訴えているのであり、精神論を主張しているのではありません。
>競技用自転車乗りにとってタイムも重要な要素であり、「軒下に入る」「大きな木の下で雨宿り」をしていては記録が更新できません。
>>パーマメントトラベラーでない限り、学校や仕事があるのでスケジュール(時間管理=タイム)は重要でしょう。
>同じ用語を使っているだけで,「タイム」の意味する内容が変更されています。 実際,スケジュール,時間管理,タイムを同義であるように記述していますが,それらは同義ではないです。そういうのは「主張の一貫性が無い」といいます。

タイムの概念は多様ですね。

| 世捨人 | 2016/12/04 23:57 | URL |

フレームの強度

自転車のフレームには強度が必要である。
強度はフレームの特性であり素材の特性ではない。
チューブは太くしたり肉厚にすれば強度が増すのでどんな素材で作ろが強度さえ出ていればよい。
強度が必要な工業製品はいくらでもあるが、強度を理由に素材を限定することは無い。

| 自転車愛好家χ | 2017/02/12 10:40 | URL |

落雷の影響

カーボン素材が落雷の影響を受けやすいのは確かであり、金属で作られていたものをカーボン素材に置き換える際に考慮しなければならないことである。
自転車のフレームをカーボンにした場合はどうかであるが、詳しくは書かないが「わずかに影響はあるだろうが気にする必要はない。」
が私の意見である。

| 自転車愛好家χ | 2017/02/12 10:48 | URL |

https://youtu.be/WjN2cjBKWO4?t=155

適切に作られ、走行前にチェックさえしてれば
強度がないわけじゃないんだよな
カーボンは事故が起こった時に
曲がるのではなく折れてしまう可能性があるが
それは事後のことで
折れることによって事故が起こるのは
点検不良、もしくは元々不良品や剛性不足の製品を買ったとしかいいようがない、極端に軽いもの、安いものを避ければいいことだ

| 自転車は歩道 | 2017/02/12 22:47 | URL |

>高速道路は歩行者は通行できません。

高速道路の代替品、すなわち道路とか歩道を使って下さい
ぶっちゃけ歩道がなくても人間は目的地まで歩けます
他人に代替品を使えというなら
自分も横着しないで徹底しないと説得力皆無です

| 自転車は歩道 | 2017/02/12 22:51 | URL |

つかカーボンでママチャリの重量のフレームを出したら
マジで頑丈な製品ができるよなw
とてつもなくな
なんせマヴィックの超軽量ホイールを叩いても両足で跳ねてふんずけても全くたわまないとか、高性能素材の強度は圧倒的なわけで、高価な素材をふんだんに使い重量度外視すれば
強度は圧倒的に金属よりカーボンが強い

「自転車愛好家χ」氏が言うように悪いのは素材じゃなく強度不足の自転車が売られることだ、これは別にカーボンじゃなくアルミでも粗悪品は多数存在する

| 自転車は歩道 | 2017/02/12 23:01 | URL |

Re: フレームの強度

Xさん

>自転車のフレームには強度が必要である。

耐久性を重視したいですね。

>強度はフレームの特性であり素材の特性ではない。

フレームは素材で左右されます。

>チューブは太くしたり肉厚にすれば強度が増すのでどんな素材で作ろが強度さえ出ていればよい。

チューブは弾力性が重要かと思います。

>強度が必要な工業製品はいくらでもあるが、強度を理由に素材を限定することは無い。

交通の安全の確保のため、競技用自転車に限っては素材規制が必要との見解です。

| 世捨人 | 2017/02/15 15:16 | URL |

Re: 落雷の影響

Xさん

>カーボン素材が落雷の影響を受けやすいのは確かであり、金属で作られていたものをカーボン素材に置き換える際に考慮しなければならないことである。

重要な論点ですので、記事は繰り返し読みたいですね。

>自転車のフレームをカーボンにした場合はどうかであるが、詳しくは書かないが「わずかに影響はあるだろうが気にする必要はない。」 が私の意見である。

ご意見として承ります。

| 世捨人 | 2017/02/15 15:17 | URL |

Re: タイトルなし

https://youtu.be/WjN2cjBKWO4?t=155 適切に作られ、走行前にチェックさえしてれば 強度がないわけじゃないんだよな カーボンは事故が起こった時に 曲がるのではなく折れてしまう可能性があるが それは事後のことで 折れることによって事故が起こるのは 点検不良、もしくは元々不良品や剛性不足の製品を買ったとしかいいようがない、極端に軽いもの、安いものを避ければいいことだ

運に左右されるのでなく、確実な方法を選んでください。

| 世捨人 | 2017/02/15 15:27 | URL |

Re: タイトルなし

>>高速道路は歩行者は通行できません。
>高速道路の代替品、すなわち道路とか歩道を使って下さい ぶっちゃけ歩道がなくても人間は目的地まで歩けます 他人に代替品を使えというなら 自分も横着しないで徹底しないと説得力皆無です

小生はゴールド免許(優良運転者)として、他のドライバーの模範となることが期待されています。

| 世捨人 | 2017/02/15 15:28 | URL |

Re: タイトルなし

>つかカーボンでママチャリの重量のフレームを出したら マジで頑丈な製品ができるよなw とてつもなくな なんせマヴィックの超軽量ホイールを叩いても両足で跳ねてふんずけても全くたわまないとか、高性能素材の強度は圧倒的なわけで、高価な素材をふんだんに使い重量度外視すれば 強度は圧倒的に金属よりカーボンが強い 「自転車愛好家χ」氏が言うように悪いのは素材じゃなく強度不足の自転車が売られることだ、これは別にカーボンじゃなくアルミでも粗悪品は多数存在する

爆走阻止のため競技用自転車のフレームは粗悪品とすることを義務づけるのも一考に値しますね。

| 世捨人 | 2017/02/15 15:30 | URL |

>小生はゴールド免許(優良運転者)として、他のドライバーの模範となることが期待されています。

俺は期待してないから
これからは車の代替品を使って下さい

| 自転車は歩道 | 2017/02/15 19:01 | URL |

落雷の影響 2

他の記事を読んで、「落雷の影響が大きい」を「雷が落ちる確率が大きい」と解釈している人が多いのに驚きました。
雷の落ちる確率は、素材が金属でもゴムでもカーボンでも変わりません。
「落雷の影響が大きい」とは「雷が落ちた時の被害が大きい」ということです。
雷が落ちるとその素材には大量の電流が流れます。
その時に金属はその形を保ちますがカーボンはバラバラになります。その差を「落雷の影響が大きい」ということです。

| 自転車愛好家χ | 2017/02/16 06:29 | URL |

Re: タイトルなし

>>小生はゴールド免許(優良運転者)として、他のドライバーの模範となることが期待されています。
>俺は期待してないからこれからは車の代替品を使って下さい

多くの国民の期待に沿うよう精進する次第です。

| 世捨人 | 2017/02/21 14:29 | URL |

Re: 落雷の影響 2

Xさん

>他の記事を読んで、「落雷の影響が大きい」を「雷が落ちる確率が大きい」と解釈している人が多いのに驚きました。雷の落ちる確率は、素材が金属でもゴムでもカーボンでも変わりません。「落雷の影響が大きい」とは「雷が落ちた時の被害が大きい」ということです。雷が落ちるとその素材には大量の電流が流れます。その時に金属はその形を保ちますがカーボンはバラバラになります。その差を「落雷の影響が大きい」ということです。

そうですね。

ちなみにときさん(ときどぎオアゾツーキニスト)は自転車で九州1周を途中で断念したそうです。

| 世捨人 | 2017/02/21 14:36 | URL |

世捨人さん | 2017/02/21 14:36 |へ

>ちなみにときさん(ときどぎオアゾツーキニスト)は自転車で九州1周を途中で断念したそうです。

そうですね。

ちなみに、当然のことながら、当時はカーボン製の自転車などありませんでした。

| ときどぎオアゾツーキニスト | 2017/02/22 12:15 | URL |

>>世捨人

ゴールド免許維持するのに一番いい方法は車に乗らないことだ
うちの婆さんも一度も事故起こしたことない優良ドライバーだ、車に乗らんから当然だがなw
国民はできるだけ車に乗る人が少ないことを期待している
道路は広い方がいいからなw
車に乗らずゴールド免許を維持して下さい

| 自転車は歩道 | 2017/02/22 23:36 | URL |

落雷の影響 3

前の記事に、「そうですね」と答えていましたが、本当にすべてを理解して同意したのですか。
1.雷の落ちる確率は、素材が金属でもゴムでもカーボンでも変わらない。
2.「落雷の影響が大きい」とは「雷が落ちた時の被害が大きい」ということだ。
3.雷が落ちた時金属はその形を保つがカーボンはバラバラになる。

| 自転車愛好家χ | 2017/02/23 20:51 | URL |

フレームの強度

>>強度が必要な工業製品はいくらでもあるが、強度を理由に素材を限定することは無い。

>交通の安全の確保のため、競技用自転車に限っては素材規制が必要との見解です。

素材規制しても、強度は確保されません。
金属で出来ていれば、そのフレームは強度試験をしなくても良いとでも言うのですか。

すべての鉄の棒は、すべての木の棒より強度があると言うのですか。

| 自転車愛好家χ | 2017/02/25 09:25 | URL |

Re: タイトルなし

>ゴールド免許維持するのに一番いい方法は車に乗らないことだ うちの婆さんも一度も事故起こしたことない優良ドライバーだ、車に乗らんから当然だがなw 国民はできるだけ車に乗る人が少ないことを期待している 道路は広い方がいいからなw 車に乗らずゴールド免許を維持して下さい

クルマに乗りながら無事故・無違反を貫く、小生は「スーパーゴールド」といったところでしょうか。

| 世捨人 | 2017/03/01 22:21 | URL |

Re: 落雷の影響 3

Xさん

>前の記事に、「そうですね」と答えていましたが、本当にすべてを理解して同意したのですか。 1.雷の落ちる確率は、素材が金属でもゴムでもカーボンでも変わらない。 2.「落雷の影響が大きい」とは「雷が落ちた時の被害が大きい」ということだ。 3.雷が落ちた時金属はその形を保つがカーボンはバラバラになる。

1については、記事の読み込みが足らないとの印象を受けました。

| 世捨人 | 2017/03/01 22:25 | URL |

Re: フレームの強度

Xさん

>強度が必要な工業製品はいくらでもあるが、強度を理由に素材を限定することは無い。
>>交通の安全の確保のため、競技用自転車に限っては素材規制が必要との見解です。
>素材規制しても、強度は確保されません。 金属で出来ていれば、そのフレームは強度試験をしなくても良いとでも言うのですか。すべての鉄の棒は、すべての木の棒より強度があると言うのですか。

JIS規格化が必要との認識です。

| 世捨人 | 2017/03/01 22:39 | URL |

世捨人へ

内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。
ローマ字入力ならキーボードで「m」「a」と打つだけ,かな入力なら「ま」を押すだけです。
幼稚園児でも可能かつ簡単な修正ですので,無礼・失礼・怠惰な行動・はやめてください。



~~~
Re: タイトルなし
>>こじさん ときさんに一任したいですね。
>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。 幼稚園児でも可能かつ簡単な修正です。何度も何度も言いますが,名前の訂正をお願いします。 キーボードで「m」「a」と打つだけです。

>>かな入力の場合だと「もち」となりますが、よろしいですか。

よろしくないです。



~~~
>>小生は当ブログの管理人であり、ブログ内においては絶大なる権力があります。
>そうですね。 しかしその権力大きくありません。 そして,「人の名前を間違うことが失礼である」という点の弁護にはなりません。 名前を訂正してください。

>>心外です。

「人の名前を間違うことが失礼である」という点の弁護にはなりません。 名前を訂正してください。



~~~
>>自転車愛好家に自転車規制を主張するのは、交通安全の大義があっても、時に勇気が必要です。
>適切な規制であれば,私も主張に賛同します。 例えば,現状よりも左側通行や夜間点灯の励行のための規制強化は賛成です。程度はありますが。

>>当ブログをきっかけに議論を深めたいですね。

世捨人,ときどきオアゾツーキニストは参考になりません。
そもそも,名前程度の間違いを修正できない人が,議論等とは片腹痛い。

最近だと,自転車愛好家χさんのご意見は,基本を振り返るうえで参考になります。



~~~
>>カーボンフレームの代替品はございますが、
>代替品って具体的に何?移動手段としての自動車の代替品なら,徒歩と言えるけど,それをあなたは認めるのですか?
>>チタン、アルミ、クロモリなど自転車のフレームは素材を選びません。
>では,自動車も徒歩で代替可能です。 貴方の理屈では,貴方は自動車利用をやめるべきです。 でなければ,「口だけ」です。

>>高速道路は歩行者は通行できません。

自動車での移動は高速道路に限らないので,反論になっていません。
加えて高速道路の下を歩けばいいですし,迂回路もいくらでもあります。
貴方の理屈では,貴方は自動車利用をやめるべきです。 でなければ,「口だけ」です。



~~~
>>戒厳令とならぬようギリギリのラインで、自転車規制を訴えております。
>「自動車をやめて徒歩でどうぞ」というのは戒厳令とは関係なく可能ですよ? 貴方の主張ならば,やはり徒歩で (ry
法改正を訴えているのであり、精神論を主張しているのではありません。
>競技用自転車乗りにとってタイムも重要な要素であり、「軒下に入る」「大きな木の下で雨宿り」をしていては記録が更新できません。
>>パーマメントトラベラーでない限り、学校や仕事があるのでスケジュール(時間管理=タイム)は重要でしょう。
>同じ用語を使っているだけで,「タイム」の意味する内容が変更されています。 実際,スケジュール,時間管理,タイムを同義であるように記述していますが,それらは同義ではないです。そういうのは「主張の一貫性が無い」といいます。

>>タイムの概念は多様ですね。

その返答は,貴方が『「主張の一貫性が無い」』ことを認めたことになります。
これで,記事の根幹が崩れました。

| こじま | 2017/03/06 13:15 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

こじさん

>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。ローマ字入力ならキーボードで「m」「a」と打つだけ,かな入力なら「ま」を押すだけです。幼稚園児でも可能かつ簡単な修正ですので,無礼・失礼・怠惰な行動・はやめてください。

神経質ですね。

>>こじさん ときさんに一任したいですね。
>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。 幼稚園児でも可能かつ簡単な修正です。何度も何度も言いますが,名前の訂正をお願いします。 キーボードで「m」「a」と打つだけです。
>>かな入力の場合だと「もち」となりますが、よろしいですか。
>よろしくないです。

よかれと思ってやっているのでご理解いただければとの認識です。

>>小生は当ブログの管理人であり、ブログ内においては絶大なる権力があります。
>そうですね。 しかしその権力大きくありません。 そして,「人の名前を間違うことが失礼である」という点の弁護にはなりません。 名前を訂正してください。
>>心外です。
>「人の名前を間違うことが失礼である」という点の弁護にはなりません。 名前を訂正してください。

ご本人と認識されているようなので間違えではないでしょう。

>>自転車愛好家に自転車規制を主張するのは、交通安全の大義があっても、時に勇気が必要です。
>適切な規制であれば,私も主張に賛同します。 例えば,現状よりも左側通行や夜間点灯の励行のための規制強化は賛成です。程度はありますが。
>>当ブログをきっかけに議論を深めたいですね。
>世捨人,ときどきオアゾツーキニストは参考になりません。そもそも,名前程度の間違いを修正できない人が,議論等とは片腹痛い。

ときさんの言う、負け犬の遠ぼえといったところでしょうか。

>最近だと,自転車愛好家χさんのご意見は,基本を振り返るうえで参考になります。

太鼓持ちは不要との認識です。

>>カーボンフレームの代替品はございますが、
>代替品って具体的に何?移動手段としての自動車の代替品なら,徒歩と言えるけど,それをあなたは認めるのですか?
>>チタン、アルミ、クロモリなど自転車のフレームは素材を選びません。
>では,自動車も徒歩で代替可能です。 貴方の理屈では,貴方は自動車利用をやめるべきです。 でなければ,「口だけ」です。
>>高速道路は歩行者は通行できません。
>自動車での移動は高速道路に限らないので,反論になっていません。加えて高速道路の下を歩けばいいですし,迂回路もいくらでもあります。貴方の理屈では,貴方は自動車利用をやめるべきです。 でなければ,「口だけ」です。

車道は歩行者が通行する場所ではありません。

>>戒厳令とならぬようギリギリのラインで、自転車規制を訴えております。
>「自動車をやめて徒歩でどうぞ」というのは戒厳令とは関係なく可能ですよ? 貴方の主張ならば,やはり徒歩で (ry法改正を訴えているのであり、精神論を主張しているのではありません。
>>競技用自転車乗りにとってタイムも重要な要素であり、「軒下に入る」「大きな木の下で雨宿り」をしていては記録が更新できません。
>>パーマメントトラベラーでない限り、学校や仕事があるのでスケジュール(時間管理=タイム)は重要でしょう。
>同じ用語を使っているだけで,「タイム」の意味する内容が変更されています。 実際,スケジュール,時間管理,タイムを同義であるように記述していますが,それらは同義ではないです。そういうのは「主張の一貫性が無い」といいます。
>>タイムの概念は多様ですね。
>その返答は,貴方が『「主張の一貫性が無い」』ことを認めたことになります。これで,記事の根幹が崩れました。
早合点しないでください。

| 世捨人 | 2017/03/09 23:15 | URL |

Re: フレームの強度

>>素材規制しても、強度は確保されません。 金属で出来ていれば、そのフレームは強度試験をしなくても良いとでも言うのですか。すべての鉄の棒は、すべての木の棒より強度があると言うのですか。

>JIS規格化が必要との認識です。

「金属で出来ていれば、そのフレームは強度試験をしなくても良いとでも言うのですか。」という文を、世捨人さんがどのように間違えて、私が「強度試験の規格が無い」と言っていると思ったのか一所懸命に考えてみましたが、どうしてもわかりませんでした。
いずれにせよ、世捨人さんには意図が伝わりませんでしたので、不適切な表現でした。書き直します。

金属フレームであっても強度試験を行わなければ、強度の保証はできません。
なぜなら、金属で出来ているものであってもチューブの径が細かったり肉厚が薄かったりすれば弱いものになるからです。
すなわち、素材を金属に限定したとしてもそれだけでは強度を確保(保証)したとは言えないのです。


鉄の棒と木の棒では鉄の棒の方が強度があると一般的に言うかもしれません。しかし、これは同じ重さの棒を比べたときとか、同じ太さの棒を比べた時とかいった条件を勝手につけて言っていることです。細い鉄の棒と太い木の棒で木の棒の方が丈夫なことは、普通にあり得ます。

| 自転車愛好家χ | 2017/03/11 09:26 | URL |

内容から判断して,こちらに返答します。


~~~

Re: タイトルなし
こじさん

>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。ローマ字入力ならキーボードで「m」「a」と打つだけ,かな入力なら「ま」を押すだけです。幼稚園児でも可能かつ簡単な修正ですので,無礼・失礼・怠惰な行動・はやめてください。

>>こじさん ときさんに一任したいですね。
>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。 幼稚園児でも可能かつ簡単な修正です。何度も何度も言いますが,名前の訂正をお願いします。 キーボードで「m」「a」と打つだけです。
>>かな入力の場合だと「もち」となりますが、よろしいですか。
>よろしくないです。

>>神経質ですね。
>>よかれと思ってやっているのでご理解いただければとの認識です。


本人が「やめろ」と言っていることを,「よかれと思える」精神が理解できません。
私が神経質であろうがなかろうが,幼稚園児でも可能かつ簡単な修正を,貴方の無礼と怠慢でやらないというのは常識外れのそしりを免れないと考えます。



~~~
>「人の名前を間違うことが失礼である」という点の弁護にはなりません。 名前を訂正してください。

ご本人と認識されているようなので間違えではないでしょう。

毎度毎度,「内容から判断している」だけです。
貴方の指す「こじさん」とやらは私の人格を的確には指定していません。


~~~
>>自転車愛好家に自転車規制を主張するのは、交通安全の大義があっても、時に勇気が必要です。
>適切な規制であれば,私も主張に賛同します。 例えば,現状よりも左側通行や夜間点灯の励行のための規制強化は賛成です。程度はありますが。
>>当ブログをきっかけに議論を深めたいですね。
>世捨人,ときどきオアゾツーキニストは参考になりません。そもそも,名前程度の間違いを修正できない人が,議論等とは片腹痛い。

>>ときさんの言う、負け犬の遠ぼえといったところでしょうか。

彼の意見の大半は,彼本人が否定してくれています。
私が語るまでもない。



~~~
>>カーボンフレームの代替品はございますが、
>代替品って具体的に何?移動手段としての自動車の代替品なら,徒歩と言えるけど,それをあなたは認めるのですか?
>>チタン、アルミ、クロモリなど自転車のフレームは素材を選びません。
>では,自動車も徒歩で代替可能です。 貴方の理屈では,貴方は自動車利用をやめるべきです。 でなければ,「口だけ」です。
>>高速道路は歩行者は通行できません。
>自動車での移動は高速道路に限らないので,反論になっていません。加えて高速道路の下を歩けばいいですし,迂回路もいくらでもあります。貴方の理屈では,貴方は自動車利用をやめるべきです。 でなければ,「口だけ」です。

>>車道は歩行者が通行する場所ではありません。

車道を使わなくても,歩行者は歩道・道路を使えば移動できます。
移動代替手段としては機能を果たせます。
よって,貴方の理屈では,貴方は自動車利用をやめるべきです。
でなければ,「口だけ」です。



~~~
>>戒厳令とならぬようギリギリのラインで、自転車規制を訴えております。
>「自動車をやめて徒歩でどうぞ」というのは戒厳令とは関係なく可能ですよ? 貴方の主張ならば,やはり徒歩で (ry法改正を訴えているのであり、精神論を主張しているのではありません。
>>競技用自転車乗りにとってタイムも重要な要素であり、「軒下に入る」「大きな木の下で雨宿り」をしていては記録が更新できません。
>>パーマメントトラベラーでない限り、学校や仕事があるのでスケジュール(時間管理=タイム)は重要でしょう。
>同じ用語を使っているだけで,「タイム」の意味する内容が変更されています。 実際,スケジュール,時間管理,タイムを同義であるように記述していますが,それらは同義ではないです。そういうのは「主張の一貫性が無い」といいます。
>>タイムの概念は多様ですね。
>その返答は,貴方が『「主張の一貫性が無い」』ことを認めたことになります。これで,記事の根幹が崩れました。

>>早合点しないでください。

早合点したかどうかは,読者が判断する事です。
少なくとも「タイムの概念は多様ですね。 」としてしまうと,以下のあなたの発言が,効力を発揮できないため,貴方の主張の正当性が弱まることは確かです。
ありていに言うと,嘘をついたことになります。
(そもそも,一切正当性などないと私は考えますが・・・)

>>「競技用自転車乗りにとってタイムも重要な要素であり、「軒下に入る」「大きな木の下で雨宿り」をしていては記録が更新できません。 」
>>「ロングライド、ヒルクライムを得意とする競技用自転車は、急な天候の変化に対応できない場所での走行が多いです。 」


| こじま | 2017/03/11 11:59 | URL |

>チタン、アルミ、クロモリなど自転車のフレームは素材を選びません。

素材を選ばないのであれば、カーボンも良いと言う事になりますね。(藁)


| 自転車は歩道 | 2017/03/11 14:32 | URL |

Re: Re: フレームの強度

Xさん

>素材規制しても、強度は確保されません。 金属で出来ていれば、そのフレームは強度試験をしなくても良いとでも言うのですか。すべての鉄の棒は、すべての木の棒より強度があると言うのですか。
>>JIS規格化が必要との認識です。
>「金属で出来ていれば、そのフレームは強度試験をしなくても良いとでも言うのですか。」という文を、世捨人さんがどのように間違えて、私が「強度試験の規格が無い」と言っていると思ったのか一所懸命に考えてみましたが、どうしてもわかりませんでした。

JIS規格は強度に限定されないとの認識です。

>いずれにせよ、世捨人さんには意図が伝わりませんでしたので、不適切な表現でした。書き直します。

誠意ある謝罪を求めます。

>金属フレームであっても強度試験を行わなければ、強度の保証はできません。なぜなら、金属で出来ているものであってもチューブの径が細かったり肉厚が薄かったりすれば弱いものになるからです。すなわち、素材を金属に限定したとしてもそれだけでは強度を確保(保証)したとは言えないのです。

メーカー独自の強度試験はお手盛りになりがちで信ぴょう性に欠けるとの認識です。

>鉄の棒と木の棒では鉄の棒の方が強度があると一般的に言うかもしれません。しかし、これは同じ重さの棒を比べたときとか、同じ太さの棒を比べた時とかいった条件を勝手につけて言っていることです。細い鉄の棒と太い木の棒で木の棒の方が丈夫なことは、普通にあり得ます。

素材はどうあれ、太い物体は細い物体より丈夫であると認知する傾向にあるでしょう。

| 世捨人 | 2017/03/15 23:25 | URL |

Re: タイトルなし

こじもちさん

>内容から判断して,こちらに返答します。

よかったね。

>Re: タイトルなしこじさん
>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。ローマ字入力ならキーボードで「m」「a」と打つだけ,かな入力なら「ま」を押すだけです。幼稚園児でも可能かつ簡単な修正ですので,無礼・失礼・怠惰な行動・はやめてください。
>>こじさん ときさんに一任したいですね。
>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。 幼稚園児でも可能かつ簡単な修正です。何度も何度も言いますが,名前の訂正をお願いします。 キーボードで「m」「a」と打つだけです。
>>かな入力の場合だと「もち」となりますが、よろしいですか。
>よろしくないです。
>>神経質ですね。
>>よかれと思ってやっているのでご理解いただければとの認識です。
>本人が「やめろ」と言っていることを,「よかれと思える」精神が理解できません。私が神経質であろうがなかろうが,幼稚園児でも可能かつ簡単な修正を,貴方の無礼と怠慢でやらないというのは常識外れのそしりを免れないと考えます。

冷酷ですね。

>「人の名前を間違うことが失礼である」という点の弁護にはなりません。 名前を訂正してください。
>>ご本人と認識されているようなので間違えではないでしょう。
>毎度毎度,「内容から判断している」だけです。貴方の指す「こじさん」とやらは私の人格を的確には指定していません。
人格を否定しているものではありません。
>>自転車愛好家に自転車規制を主張するのは、交通安全の大義があっても、時に勇気が必要です。
>適切な規制であれば,私も主張に賛同します。 例えば,現状よりも左側通行や夜間点灯の励行のための規制強化は賛成です。程度はありますが。
>>当ブログをきっかけに議論を深めたいですね。
>世捨人,ときどきオアゾツーキニストは参考になりません。そもそも,名前程度の間違いを修正できない人が,議論等とは片腹痛い。
>>ときさんの言う、負け犬の遠ぼえといったところでしょうか。
>彼の意見の大半は,彼本人が否定してくれています。私が語るまでもない。

仲直りしてください。

>>カーボンフレームの代替品はございますが、
>代替品って具体的に何?移動手段としての自動車の代替品なら,徒歩と言えるけど,それをあなたは認めるのですか?
>>チタン、アルミ、クロモリなど自転車のフレームは素材を選びません。
>では,自動車も徒歩で代替可能です。 貴方の理屈では,貴方は自動車利用をやめるべきです。 でなければ,「口だけ」です。
>>高速道路は歩行者は通行できません。
>自動車での移動は高速道路に限らないので,反論になっていません。加えて高速道路の下を歩けばいいですし,迂回路もいくらでもあります。貴方の理屈では,貴方は自動車利用をやめるべきです。 でなければ,「口だけ」です。
>>車道は歩行者が通行する場所ではありません。
>車道を使わなくても,歩行者は歩道・道路を使えば移動できます。移動代替手段としては機能を果たせます。よって,貴方の理屈では,貴方は自動車利用をやめるべきです。でなければ,「口だけ」です。

車道はクルマの走行を想定してつくれらているわけですから、インフラは最大限活用したいとの認識です。

>>戒厳令とならぬようギリギリのラインで、自転車規制を訴えております。
>「自動車をやめて徒歩でどうぞ」というのは戒厳令とは関係なく可能ですよ? 貴方の主張ならば,やはり徒歩で (ry法改正を訴えているのであり、精神論を主張しているのではありません。
>競技用自転車乗りにとってタイムも重要な要素であり、「軒下に入る」「大きな木の下で雨宿り」をしていては記録が更新できません。
>>パーマメントトラベラーでない限り、学校や仕事があるのでスケジュール(時間管理=タイム)は重要でしょう。
>同じ用語を使っているだけで,「タイム」の意味する内容が変更されています。 実際,スケジュール,時間管理,タイムを同義であるように記述していますが,それらは同義ではないです。そういうのは「主張の一貫性が無い」といいます。
>>タイムの概念は多様ですね。
>その返答は,貴方が『「主張の一貫性が無い」』ことを認めたことになります。これで,記事の根幹が崩れました。
>>早合点しないでください。
>早合点したかどうかは,読者が判断する事です。少なくとも「タイムの概念は多様ですね。 」としてしまうと,以下のあなたの発言が,効力を発揮できないため,貴方の主張の正当性が弱まることは確かです。ありていに言うと,嘘をついたことになります。(そもそも,一切正当性などないと私は考えますが・・・)

落ち着いてください。

| 世捨人 | 2017/03/15 23:34 | URL |

Re: タイトルなし

>>チタン、アルミ、クロモリなど自転車のフレームは素材を選びません。
>素材を選ばないのであれば、カーボンも良いと言う事になりますね。(藁)

落雷のリスクを鑑みてカーボンについては禁じたところです。

記事はしっかり読み込んでください。

| 世捨人 | 2017/03/15 23:35 | URL |

Re: タイトルなし
こじもちさん

>>内容から判断して,こちらに返答します。

>よかったね。

>>Re: タイトルなしこじさん
>>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。ローマ字入力ならキーボードで「m」「a」と打つだけ,かな入力なら「ま」を押すだけです。幼稚園児でも可能かつ簡単な修正ですので,無礼・失礼・怠惰な行動・はやめてください。
>>>こじさん ときさんに一任したいですね。
>>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。 幼稚園児でも可能かつ簡単な修正です。何度も何度も言いますが,名前の訂正をお願いします。 キーボードで「m」「a」と打つだけです。
>>>かな入力の場合だと「もち」となりますが、よろしいですか。
>>よろしくないです。
>>>神経質ですね。
>>>よかれと思ってやっているのでご理解いただければとの認識です。
>>本人が「やめろ」と言っていることを,「よかれと思える」精神が理解できません。私が神経質であろうがなかろうが,幼稚園児でも可能かつ簡単な修正を,貴方の無礼と怠慢でやらないというのは常識外れのそしりを免れないと考えます。

>冷酷ですね。

>>「人の名前を間違うことが失礼である」という点の弁護にはなりません。 名前を訂正してください。
>>>ご本人と認識されているようなので間違えではないでしょう。
>>毎度毎度,「内容から判断している」だけです。貴方の指す「こじさん」とやらは私の人格を的確には指定していません。
人格を否定しているものではありません。
>>>自転車愛好家に自転車規制を主張するのは、交通安全の大義があっても、時に勇気が必要です。
>>適切な規制であれば,私も主張に賛同します。 例えば,現状よりも左側通行や夜間点灯の励行のための規制強化は賛成です。程度はありますが。
>>>当ブログをきっかけに議論を深めたいですね。
>>世捨人,ときどきオアゾツーキニストは参考になりません。そもそも,名前程度の間違いを修正できない人が,議論等とは片腹痛い。
>>>ときさんの言う、負け犬の遠ぼえといったところでしょうか。
>>彼の意見の大半は,彼本人が否定してくれています。私が語るまでもない。

>仲直りしてください。


内容から判断してこちらに返答します。
わざと,間違えているのでしょうか?
それとも,わざわざ他人から指摘して修正対応をした部分について,入力確認をしないほどのうっかりさんですか?

まぁ,間違えている以上失礼であること,幼稚園児が可能な修正ですら,できない無能ぶりに変わりはありません。



~~~
>車道はクルマの走行を想定してつくれらているわけですから、インフラは最大限活用したいとの認識です。

インフラの活用は「代替品があるなら,代替品のほうを使ってください」という趣旨の発言を「しない」人が利用すればよいです。

貴方は,「代替品があれば,代替品を使ってください」と言う意見なのですから,
貴方が利用する必要は一切ありません。

「移動する事に関して,自動車の代替が可能な,徒歩」を使えばいいのです。


貴方の理屈では,貴方は自動車利用をやめるべきです。
でなければ,「口だけ」です。

発言者本人である貴方が守らない「提言」とやらを,他の人が守る必然性は皆無です。

| こじま | 2017/03/17 14:53 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし


>内容から判断して,こちらに返答します。
>>よかったね。
>>Re: タイトルなしこじさん
>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。ローマ字入力ならキーボードで「m」「a」と打つだけ,かな入力なら「ま」を押すだけです。幼稚園児でも可能かつ簡単な修正ですので,無礼・失礼・怠惰な行動・はやめてください。
>>こじさん ときさんに一任したいですね。
>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。 幼稚園児でも可能かつ簡単な修正です。何度も何度も言いますが,名前の訂正をお願いします。 キーボードで「m」「a」と打つだけです。
>>かな入力の場合だと「もち」となりますが、よろしいですか。
>よろしくないです。
>>神経質ですね。
>>よかれと思ってやっているのでご理解いただければとの認識です。
>本人が「やめろ」と言っていることを,「よかれと思える」精神が理解できません。私が神経質であろうがなかろうが,幼稚園児でも可能かつ簡単な修正を,貴方の無礼と怠慢でやらないというのは常識外れのそしりを免れないと考えます。
>>冷酷ですね。
>「人の名前を間違うことが失礼である」という点の弁護にはなりません。 名前を訂正してください。
>>ご本人と認識されているようなので間違えではないでしょう。
>毎度毎度,「内容から判断している」だけです。貴方の指す「こじさん」とやらは私の人格を的確には指定していません。
>>人格を否定しているものではありません。
>>自転車愛好家に自転車規制を主張するのは、交通安全の大義があっても、時に勇気が必要です。
>適切な規制であれば,私も主張に賛同します。 例えば,現状よりも左側通行や夜間点灯の励行のための規制強化は賛成です。程度はありますが。
>>当ブログをきっかけに議論を深めたいですね。
>世捨人,ときどきオアゾツーキニストは参考になりません。そもそも,名前程度の間違いを修正できない人が,議論等とは片腹痛い。
>>ときさんの言う、負け犬の遠ぼえといったところでしょうか。
>彼の意見の大半は,彼本人が否定してくれています。私が語るまでもない。
>>仲直りしてください。
>内容から判断してこちらに返答します。わざと,間違えているのでしょうか?それとも,わざわざ他人から指摘して修正対応をした部分について,入力確認をしないほどのうっかりさんですか?まぁ,間違えている以上失礼であること,幼稚園児が可能な修正ですら,できない無能ぶりに変わりはありません。

何を言われようが皆さまの交通安全を願っています。

~~~
>>車道はクルマの走行を想定してつくれらているわけですから、インフラは最大限活用したいとの認識です。
>インフラの活用は「代替品があるなら,代替品のほうを使ってください」という趣旨の発言を「しない」人が利用すればよいです。
>貴方は,「代替品があれば,代替品を使ってください」と言う意見なのですから,貴方が利用する必要は一切ありません。「移動する事に関して,自動車の代替が可能な,徒歩」を使えばいいのです。貴方の理屈では,貴方は自動車利用をやめるべきです。でなければ,「口だけ」です。発言者本人である貴方が守らない「提言」とやらを,他の人が守る必然性は皆無です。

交通の安全の確保に関する提言をするには、実体験が必要でクルマは手放せないとの認識です。

| 世捨人 | 2017/03/23 15:15 | URL |

Re: Re: フレームの強度

>JIS規格は強度に限定されないとの認識です。

JIS規格には強度に関することも書いてありますが、他のことも書いてあります。当たり前のことですが、何を主張したいのですか。

単純に質問ですが、JIS規格を読みましたか。

| 自転車愛好家χ | 2017/03/26 11:31 | URL |

Re: Re: フレームの強度

>素材はどうあれ、太い物体は細い物体より丈夫であると認知する傾向にあるでしょう。


「素材はどうあれ、太い物体は細い物体より丈夫である」というのも明らかに間違いですね。そう認知してしまうのはよっぽどの馬鹿だけですね。

| 自転車愛好家χ | 2017/03/26 11:40 | URL |

落雷の確率

電気伝導率が高いもの、つまり電気を通しやすいものほど雷が落ちやすいというのは間違いです。

ただし、これが間違いであることを、科学的、論理的に示すことはなかなか難しいのです。

それは何故か。難しい理由は簡単で、誰も「電気を通しやすいものほど雷が落ちやすい理由」を科学的、論理的に説明していないからです。

間違ったことを、科学的、論理的に説明すると必ずどこかに間違ったところがあります。それであればそこを指摘すれば良いので簡単です。

誰も説明していないことを、間違いで有ることを説明することは難しいのです。私も良い案がありません。

| 自転車愛好家χ | 2017/03/26 15:17 | URL |

Re: Re: フレームの強度

単純に質問ですが、JIS規格を読みましたか。

単純な質問と言ったのは、読んでないからと言ってそのことを責めたりしませんので、読んだかどうかだけ教えてくださいと言う意味です。

読んでなくて当たり前だと思いますし、読まないまま議論しても問題ないと思います。

へんなつっこみをされて、話がそれていくのが嫌なので前もって書かせていただきました。

| 自転車愛好家χ | 2017/03/27 22:51 | URL |

Re: Re: Re: フレームの強度

Xさん

>>JIS規格は強度に限定されないとの認識です。
>JIS規格には強度に関することも書いてありますが、他のことも書いてあります。当たり前のことですが、何を主張したいのですか。単純に質問ですが、JIS規格を読みましたか。

JIS規格は読み物ではないとの認識です。

| 世捨人 | 2017/03/29 15:09 | URL |

Re: Re: Re: フレームの強度

Xさん

>>素材はどうあれ、太い物体は細い物体より丈夫であると認知する傾向にあるでしょう。
>「素材はどうあれ、太い物体は細い物体より丈夫である」というのも明らかに間違いですね。そう認知してしまうのはよっぽどの馬鹿だけですね。

「認知する傾向にある」という重要な要素を削除するのは、悪意に満ちています。

引用は正確にお願いします。

| 世捨人 | 2017/03/29 15:10 | URL |

Re: 落雷の確率

Xさん

>電気伝導率が高いもの、つまり電気を通しやすいものほど雷が落ちやすいというのは間違いです。ただし、これが間違いであることを、科学的、論理的に示すことはなかなか難しいのです。それは何故か。難しい理由は簡単で、誰も「電気を通しやすいものほど雷が落ちやすい理由」を科学的、論理的に説明していないからです。間違ったことを、科学的、論理的に説明すると必ずどこかに間違ったところがあります。それであればそこを指摘すれば良いので簡単です。誰も説明していないことを、間違いで有ることを説明することは難しいのです。私も良い案がありません。

カーボン以外にフレームの代替素材は他にもあります。

カーボンフレームに落雷のリスクがあるのは紛れもない事実です。

当ブログの提言を重く受け止めていただければ幸いとの認識です。

| 世捨人 | 2017/03/29 15:15 | URL |

Re: Re: Re: フレームの強度

Xさん

>単純に質問ですが、JIS規格を読みましたか。

JIS規格は読み物ではないとの認識です。

>単純な質問と言ったのは、読んでないからと言ってそのことを責めたりしませんので、読んだかどうかだけ教えてくださいと言う意味です。

JIS規格が読み物という認識は理解に苦しみます。

>読んでなくて当たり前だと思いますし、読まないまま議論しても問題ないと思います。

上述のとおりです。

>へんなつっこみをされて、話がそれていくのが嫌なので前もって書かせていただきました。

ちなみにJIS規格は日本工業規格のことです。

勘違いされているようなので、確認させていただきました。

| 世捨人 | 2017/03/29 15:23 | URL |

Re: Re: Re: フレームの強度

>>単純に質問ですが、JIS規格を読みましたか。

>JIS規格は読み物ではないとの認識です。

読んでないことは分かりました。

>JIS規格が読み物という認識は理解に苦しみます。
全く触れる機会が無いと、そういう風に考える人もいるのですね。
勉強になりました。

| 自転車愛好家χ | 2017/04/01 07:57 | URL |

落雷のリスク

カーボンフレームに落雷のリスクがあるのは事実です。
私をそう主張しています。

カーボンフレームは落雷の確率が高いというのは間違いであると主張していますので、それに反論するのであれば、「落雷のリスクがある」と言う表現では無く、「落雷の確率が高い」と言う表現にしないと論点が曖昧になってしまいます。

「落雷のリスクがある」と言う表現がお気に入りなのはわかりましたが、議論の論点を明確にするために表現を変えることも重要ですよ。

| 自転車愛好家χ | 2017/04/01 08:10 | URL |

Re: Re: Re: フレームの強度

どんな素材でフレームを作っても、使用するチューブ(パイプ)が細いものであったり、肉厚が薄いものであったりすれば、弱いフレームになります。したがって金属でできているからと言ってもそのフレームが強いとは言えません。金属のフレームであっても強度テストを行わないと強いかどうかは分からないのです。
また、どんな素材で作っても、強度テストを行って合格すれば強度は十分です。

これが、強度を理由に素材を規制することがない理由です。

| 自転車愛好家χ | 2017/04/02 16:01 | URL |

落雷のリスク

落雷のリスクは、次の2つに分けて議論したほうがいいですね。
1.カーボンフレームは落雷の確率が高い
2.カーボンフレームは落雷時にフレームがバラバラになる。

| 自転車愛好家χ | 2017/04/02 16:06 | URL |

落雷の確率

電気を通しやすいものほど雷が落ちやすいというのが正しいと言うのであれば、その理由を示してください。

この、ブログの中にその理由を示したものは一つもありません。

また、私がネットで検索する限り、その理由を説明した文書は一つもありません。「電気を通しやすいものほど雷が落ちやすい」ことが正しいことを前提にした文書はすぐに沢山発見できます。
これほどに、間違えている人が多いことですので、間違えていても恥ずかしいことではありません。

それでも、「電気を通しやすいものほど雷が落ちやすいというのが正しい」と主張したいのであれば、しなければならないことは明白です。

「電気を通しやすいものほど雷が落ちやすいというのが正しい」理由を自分で説明するか、説明している文書を教えてください。もちろんこのブログ以外のものでも構いません。

このブログの過去の記事を読んだ上で、理由を説明しているところは無いと言っているのですから、過去の記事を読んでくださいという馬鹿な反論はしないでくださいよ。

| 自転車愛好家χ | 2017/04/02 16:23 | URL |

落雷時のフレームの破損

落雷時のフレームの破損

まずは、破損する理由です。
カーボンフレームは金属に比べると電気伝導率が低く耐熱温度も低いため大量の電気が流れた時、熱により破損します。


次に自転車のフレームが破損することが安全に与える影響について考えます。

走っている自転車に雷が落ちるとき、落ちる場所は乗っている人の頭です。頭に落ちた雷の電流は、人体の内部か表面を通り、そのあとでフレームやハンドルバー、ホイールなどを通って地面に流れます。

人体の内部を通った場合は即死です。表面を通った場合は酷い火傷を負い、意識を失いますが生き残る可能性はあります。表面とは言え、激しい電流が流れますので心臓は止まる可能性が高いですが、何かのきっかれで再び動き出す可能性はあります。


この状況では、フレームが無事だろうが、バラバラになろうが、転倒は避けられないでしょう。転倒の仕方に差があったとしても生存率にほとんど影響しないでしょう。


雷の直撃を受けた人の10%から20%の人は生き残っているというデータがあるようです。(自転車乗車中に落雷をうけた人のデータではありません。)
思ったより生き残る可能性はあるようですね。

自転車の場合は、落雷のリスクはあまり気にしなくてよさそうです。

それに比べて、飛行機の場合は大いに気にする必要があります。
理由はわかりますよね。

| 自転車愛好家χ | 2017/04/02 16:53 | URL |

Re: Re: Re: Re: フレームの強度

Xさん

>単純に質問ですが、JIS規格を読みましたか。
>>JIS規格は読み物ではないとの認識です。
>読んでないことは分かりました。

話を元に戻しますが、JIS規格は強度に限定されないことについては、認識していただけたでしょうか。

>>JIS規格が読み物という認識は理解に苦しみます。
>全く触れる機会が無いと、そういう風に考える人もいるのですね。勉強になりました。

自転車についてTSマークがより重要との認識です。

| 世捨人 | 2017/04/05 23:21 | URL |

Re: 落雷のリスク

Xさん

>カーボンフレームに落雷のリスクがあるのは事実です。私をそう主張しています。

がんばったね。

>カーボンフレームは落雷の確率が高いというのは間違いであると主張していますので、それに反論するのであれば、「落雷のリスクがある」と言う表現では無く、「落雷の確率が高い」と言う表現にしないと論点が曖昧になってしまいます。

カーボン素材の宿命との認識です。

>「落雷のリスクがある」と言う表現がお気に入りなのはわかりましたが、議論の論点を明確にするために表現を変えることも重要ですよ。

「リスク」は確率という意味ではありません。

しっかり調べたうえで、記事をお読みください。

| 世捨人 | 2017/04/05 23:22 | URL |

Re: Re: Re: Re: フレームの強度

Xさん

>どんな素材でフレームを作っても、使用するチューブ(パイプ)が細いものであったり、肉厚が薄いものであったりすれば、弱いフレームになります。したがって金属でできているからと言ってもそのフレームが強いとは言えません。金属のフレームであっても強度テストを行わないと強いかどうかは分からないのです。 また、どんな素材で作っても、強度テストを行って合格すれば強度は十分です。

なれ合いが発生しないよう、第三者機関による強度試験が必要との認識です。

>これが、強度を理由に素材を規制することがない理由です。

損傷したときの責任の所在を明確にするためにも、規制が必要との認識です。

| 世捨人 | 2017/04/05 23:31 | URL |

Re: 落雷のリスク

Xさん

>落雷のリスクは、次の2つに分けて議論したほうがいいですね。 1.カーボンフレームは落雷の確率が高い 2.カーボンフレームは落雷時にフレームがバラバラになる。

リスクの意味を取り違えています。

しっかりしてください。

| 世捨人 | 2017/04/05 23:32 | URL |

Re: 落雷の確率

Xさん

>電気を通しやすいものほど雷が落ちやすいというのが正しいと言うのであれば、その理由を示してください。

リスクはあります。

>この、ブログの中にその理由を示したものは一つもありません。

リスクの問題です。

>また、私がネットで検索する限り、その理由を説明した文書は一つもありません。「電気を通しやすいものほど雷が落ちやすい」ことが正しいことを前提にした文書はすぐに沢山発見できます。

リスクを考慮してください。

>これほどに、間違えている人が多いことですので、間違えていても恥ずかしいことではありません。

リスクの意味をしっかり認識してください。

>それでも、「電気を通しやすいものほど雷が落ちやすいというのが正しい」と主張したいのであれば、しなければならないことは明白です。

記事内容には絶大なる自信があります。

>「電気を通しやすいものほど雷が落ちやすいというのが正しい」理由を自分で説明するか、説明している文書を教えてください。もちろんこのブログ以外のものでも構いません。

リスクの意味をしっかり調べてください。

>このブログの過去の記事を読んだ上で、理由を説明しているところは無いと言っているのですから、過去の記事を読んでくださいという馬鹿な反論はしないでくださいよ。

改めて記事を丁寧にお読みください。

| 世捨人 | 2017/04/05 23:33 | URL |

Re: 落雷時のフレームの破損

Xさん

>落雷時のフレームの破損 まずは、破損する理由です。カーボンフレームは金属に比べると電気伝導率が低く耐熱温度も低いため大量の電気が流れた時、熱により破損します。次に自転車のフレームが破損することが安全に与える影響について考えます。 走っている自転車に雷が落ちるとき、落ちる場所は乗っている人の頭です。頭に落ちた雷の電流は、人体の内部か表面を通り、そのあとでフレームやハンドルバー、ホイールなどを通って地面に流れます。人体の内部を通った場合は即死です。表面を通った場合は酷い火傷を負い、意識を失いますが生き残る可能性はあります。表面とは言え、激しい電流が流れますので心臓は止まる可能性が高いですが、何かのきっかれで再び動き出す可能性はあります。 この状況では、フレームが無事だろうが、バラバラになろうが、転倒は避けられないでしょう。転倒の仕方に差があったとしても生存率にほとんど影響しないでしょう。 雷の直撃を受けた人の10%から20%の人は生き残っているというデータがあるようです。(自転車乗車中に落雷をうけた人のデータではありません。) 思ったより生き残る可能性はあるようですね。

あるある情報ご苦労さまです。

>自転車の場合は、落雷のリスクはあまり気にしなくてよさそうです。

リスクがあるのは紛れもない事実です。

雷が鳴ったら避難してください。

>それに比べて、飛行機の場合は大いに気にする必要があります。 理由はわかりますよね。

飛行機は被雷することはよくあります。

しっかり勉強してください。

| 世捨人 | 2017/04/05 23:34 | URL |

| 世捨人 | 2017/03/23 15:15 |へ

内容から判断して,こちらに返答します。
「正しく名前の修正ができなかった」という点では,結局「幼稚園児でも可能かつ簡単な修正」ができなかったことに代わりません.
ましてや,ほかの人の分に関しても「間違っている」と容易に類推できるわけですから.
知性が乳幼児並みと言えるでしょう.



>内容から判断して,こちらに返答します。
>>よかったね。
>>Re: タイトルなしこじさん
>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。ローマ字入力ならキーボードで「m」「a」と打つだけ,かな入力なら「ま」を押すだけです。幼稚園児でも可能かつ簡単な修正ですので,無礼・失礼・怠惰な行動・はやめてください。
>>こじさん ときさんに一任したいですね。
>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。 幼稚園児でも可能かつ簡単な修正です。何度も何度も言いますが,名前の訂正をお願いします。 キーボードで「m」「a」と打つだけです。
>>かな入力の場合だと「もち」となりますが、よろしいですか。
>よろしくないです。
>>神経質ですね。
>>よかれと思ってやっているのでご理解いただければとの認識です。
>本人が「やめろ」と言っていることを,「よかれと思える」精神が理解できません。私が神経質であろうがなかろうが,幼稚園児でも可能かつ簡単な修正を,貴方の無礼と怠慢でやらないというのは常識外れのそしりを免れないと考えます。
>>冷酷ですね。
>「人の名前を間違うことが失礼である」という点の弁護にはなりません。 名前を訂正してください。
>>ご本人と認識されているようなので間違えではないでしょう。
>毎度毎度,「内容から判断している」だけです。貴方の指す「こじさん」とやらは私の人格を的確には指定していません。
>>人格を否定しているものではありません。
>>自転車愛好家に自転車規制を主張するのは、交通安全の大義があっても、時に勇気が必要です。
>適切な規制であれば,私も主張に賛同します。 例えば,現状よりも左側通行や夜間点灯の励行のための規制強化は賛成です。程度はありますが。
>>当ブログをきっかけに議論を深めたいですね。
>世捨人,ときどきオアゾツーキニストは参考になりません。そもそも,名前程度の間違いを修正できない人が,議論等とは片腹痛い。
>>ときさんの言う、負け犬の遠ぼえといったところでしょうか。
>彼の意見の大半は,彼本人が否定してくれています。私が語るまでもない。
>>仲直りしてください。
>内容から判断してこちらに返答します。わざと,間違えているのでしょうか?それとも,わざわざ他人から指摘して修正対応をした部分について,入力確認をしないほどのうっかりさんですか?まぁ,間違えている以上失礼であること,幼稚園児が可能な修正ですら,できない無能ぶりに変わりはありません。

>>何を言われようが皆さまの交通安全を願っています。

乳幼児並みの知性の人間の考えですから,「皆さま」は目の届く範囲だけ,「交通」も多様性を含んで考えられない,「願い」とやらも浅薄なものだろう,という印象です.


~~~
>>車道はクルマの走行を想定してつくれらているわけですから、インフラは最大限活用したいとの認識です。
>インフラの活用は「代替品があるなら,代替品のほうを使ってください」という趣旨の発言を「しない」人が利用すればよいです。
>貴方は,「代替品があれば,代替品を使ってください」と言う意見なのですから,貴方が利用する必要は一切ありません。「移動する事に関して,自動車の代替が可能な,徒歩」を使えばいいのです。貴方の理屈では,貴方は自動車利用をやめるべきです。でなければ,「口だけ」です。発言者本人である貴方が守らない「提言」とやらを,他の人が守る必然性は皆無です。

>> 交通の安全の確保に関する提言をするには、実体験が必要でクルマは手放せないとの認識です。

あなた以外誰も「交通安全に関する提言をしていない」ならその主張で,車を手放す必要はありません.
ところが,交通安全に関する提言も,ほかの人がやっているので「代替可能」です(完全上位互換だと考えます).
「代替可能ならば代替品で済ます」,「安全のためには背に腹は代えられない」旨の発言があったので,二重の意味で,貴方は貴方の主張に従い,車の利用をやめましょう.
そうでなければ「口だけ」の人間です.

| こじま | 2017/04/06 01:51 | URL | ≫ EDIT

Re: Re: Re: Re: フレームの強度

>話を元に戻しますが、JIS規格は強度に限定されないことについては、認識していただけたでしょうか。

JIS規格には強度に関することも書いてありますが、他のことも書いてあります。前にも言いましたが、何を主張したいのですか。

| 自転車愛好家χ | 2017/04/10 21:45 | URL |

Re: Re: Re: Re: フレームの強度

>>どんな素材でフレームを作っても、使用するチューブ(パイプ)が細いものであったり、肉厚が薄いものであったりすれば、弱いフレームになります。したがって金属でできているからと言ってもそのフレームが強いとは言えません。金属のフレームであっても強度テストを行わないと強いかどうかは分からないのです。 また、どんな素材で作っても、強度テストを行って合格すれば強度は十分です。

>なれ合いが発生しないよう、第三者機関による強度試験が必要との認識です。

試験方法を詳しく定めれば、誰が何度やってもほぼ同じ結果がでる試験は第三者機関による試験を必要としないのが普通です。
また、素材を限定するかどうかに誰が試験するかは関係ありません。

>>これが、強度を理由に素材を規制することがない理由です。

>損傷したときの責任の所在を明確にするためにも、規制が必要との認識です。

責任も何も素材の規制が全く無意味なのです。

| 自転車愛好家χ | 2017/04/10 21:53 | URL |

落雷のリスク

リスクと言う言葉の意味とその使い方について、全く分かっていないようなので説明します。

世捨人さんの表現に合わせて「落雷のリスクがある」と表現しましたが、正確に言えば「カーボンフレームは金属フレームに比べて落雷のリスクが高い」と言うべきです。

リスクは「危険性」と言い変えられますから、雷はどんな自転車に乗っていても落ちますから、どんな自転車にも落雷のリスクはあります。普通はリスクは高い低いと言う表現をします。

リスクの高さを考慮してリスクの高さがある基準以上であれば対策をとる必要があると言う考え方をします。

また、リスクの大きさは、発生する確率の高さと発生したときの被害の大きさの2つで決まります。


基本的な話なので、まずはこれを理解してもらわないとそこから先の議論が進められません。分かりやすく説明しましたが理解できないところがあれば教えてください。



| 自転車愛好家χ | 2017/04/11 05:47 | URL |

Re: タイトルなし

>内容から判断して,こちらに返答します。「正しく名前の修正ができなかった」という点では,結局「幼稚園児でも可能かつ簡単な修正」ができなかったことに代わりません.ましてや,ほかの人の分に関しても「間違っている」と容易に類推できるわけですから.知性が乳幼児並みと言えるでしょう.

「知性が乳幼児並み」という相手にむきになるのは、禁治産者だからかもしれませんね。

>内容から判断して,こちらに返答します。
>>よかったね。
>>Re: タイトルなしこじさん
>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。ローマ字入力ならキーボードで「m」「a」と打つだけ,かな入力なら「ま」を押すだけです。幼稚園児でも可能かつ簡単な修正ですので,無礼・失礼・怠惰な行動・はやめてください。
>>こじさん ときさんに一任したいですね。
>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。 幼稚園児でも可能かつ簡単な修正です。何度も何度も言いますが,名前の訂正をお願いします。 キーボードで「m」「a」と打つだけです。
>>かな入力の場合だと「もち」となりますが、よろしいですか。
>よろしくないです。
>>神経質ですね。
>>よかれと思ってやっているのでご理解いただければとの認識です。
>本人が「やめろ」と言っていることを,「よかれと思える」精神が理解できません。私が神経質であろうがなかろうが,幼稚園児でも可能かつ簡単な修正を,貴方の無礼と怠慢でやらないというのは常識外れのそしりを免れないと考えます。
>>冷酷ですね。
>「人の名前を間違うことが失礼である」という点の弁護にはなりません。 名前を訂正してください。
>>ご本人と認識されているようなので間違えではないでしょう。
>毎度毎度,「内容から判断している」だけです。貴方の指す「こじさん」とやらは私の人格を的確には指定していません。
>>人格を否定しているものではありません。
>>自転車愛好家に自転車規制を主張するのは、交通安全の大義があっても、時に勇気が必要です。
>適切な規制であれば,私も主張に賛同します。 例えば,現状よりも左側通行や夜間点灯の励行のための規制強化は賛成です。程度はありますが。
>>当ブログをきっかけに議論を深めたいですね。
>世捨人,ときどきオアゾツーキニストは参考になりません。そもそも,名前程度の間違いを修正できない人が,議論等とは片腹痛い。
>>ときさんの言う、負け犬の遠ぼえといったところでしょうか。
>彼の意見の大半は,彼本人が否定してくれています。私が語るまでもない。
>>仲直りしてください。
>内容から判断してこちらに返答します。わざと,間違えているのでしょうか?それとも,わざわざ他人から指摘して修正対応をした部分について,入力確認をしないほどのうっかりさんですか?まぁ,間違えている以上失礼であること,幼稚園児が可能な修正ですら,できない無能ぶりに変わりはありません。
>>何を言われようが皆さまの交通安全を願っています。
>乳幼児並みの知性の人間の考えですから,「皆さま」は目の届く範囲だけ,「交通」も多様性を含んで考えられない,「願い」とやらも浅薄なものだろう,という印象です.

それでもこじさんの交通安全は絶対です。

~~~
>>車道はクルマの走行を想定してつくれらているわけですから、インフラは最大限活用したいとの認識です。
>インフラの活用は「代替品があるなら,代替品のほうを使ってください」という趣旨の発言を「しない」人が利用すればよいです。
>貴方は,「代替品があれば,代替品を使ってください」と言う意見なのですから,貴方が利用する必要は一切ありません。「移動する事に関して,自動車の代替が可能な,徒歩」を使えばいいのです。貴方の理屈では,貴方は自動車利用をやめるべきです。でなければ,「口だけ」です。発言者本人である貴方が守らない「提言」とやらを,他の人が守る必然性は皆無です。
>> 交通の安全の確保に関する提言をするには、実体験が必要でクルマは手放せないとの認識です。
>あなた以外誰も「交通安全に関する提言をしていない」ならその主張で,車を手放す必要はありません.ところが,交通安全に関する提言も,ほかの人がやっているので「代替可能」です(完全上位互換だと考えます).「代替可能ならば代替品で済ます」,「安全のためには背に腹は代えられない」旨の発言があったので,二重の意味で,貴方は貴方の主張に従い,車の利用をやめましょう.そうでなければ「口だけ」の人間です.

危険なクルマありきの交通安全を考えるうえで、ドライバー目線を体験することは肝腎との認識です。

| 世捨人 | 2017/04/12 22:40 | URL |

Re: Re: Re: Re: Re: フレームの強度

Xさん

>>話を元に戻しますが、JIS規格は強度に限定されないことについては、認識していただけたでしょうか。
>JIS規格には強度に関することも書いてありますが、他のことも書いてあります。前にも言いましたが、何を主張したいのですか。

【「金属で出来ていれば、そのフレームは強度試験をしなくても良いとでも言うのですか。」という文を、世捨人さんがどのように間違えて、私が「強度試験の規格が無い」と言っていると思ったのか一所懸命に考えてみましたが、どうしてもわかりませんでした】( | 自転車愛好家χ | 2017/03/11 09:26 | URL |)ということでしたので、【JIS規格は強度に限定されないとの認識です】(| 世捨人 | 2017/03/15 23:25 | URL |)と教示したまでです。

| 世捨人 | 2017/04/12 23:03 | URL |

| 世捨人 | 2017/04/12 22:40 | へ

Re: タイトルなし
>内容から判断して,こちらに返答します。「正しく名前の修正ができなかった」という点では,結局「幼稚園児でも可能かつ簡単な修正」ができなかったことに代わりません.ましてや,ほかの人の分に関しても「間違っている」と容易に類推できるわけですから.知性が乳幼児並みと言えるでしょう.

~~~

>内容から判断して,こちらに返答します。
>>よかったね。
>>Re: タイトルなしこじさん
>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。ローマ字入力ならキーボードで「m」「a」と打つだけ,かな入力なら「ま」を押すだけです。幼稚園児でも可能かつ簡単な修正ですので,無礼・失礼・怠惰な行動・はやめてください。
>>こじさん ときさんに一任したいですね。
>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。 幼稚園児でも可能かつ簡単な修正です。何度も何度も言いますが,名前の訂正をお願いします。 キーボードで「m」「a」と打つだけです。
>>かな入力の場合だと「もち」となりますが、よろしいですか。
>よろしくないです。
>>神経質ですね。
>>よかれと思ってやっているのでご理解いただければとの認識です。
>本人が「やめろ」と言っていることを,「よかれと思える」精神が理解できません。私が神経質であろうがなかろうが,幼稚園児でも可能かつ簡単な修正を,貴方の無礼と怠慢でやらないというのは常識外れのそしりを免れないと考えます。
>>冷酷ですね。
>「人の名前を間違うことが失礼である」という点の弁護にはなりません。 名前を訂正してください。
>>ご本人と認識されているようなので間違えではないでしょう。
>毎度毎度,「内容から判断している」だけです。貴方の指す「こじさん」とやらは私の人格を的確には指定していません。
>>人格を否定しているものではありません。
>>自転車愛好家に自転車規制を主張するのは、交通安全の大義があっても、時に勇気が必要です。
>適切な規制であれば,私も主張に賛同します。 例えば,現状よりも左側通行や夜間点灯の励行のための規制強化は賛成です。程度はありますが。
>>当ブログをきっかけに議論を深めたいですね。
>世捨人,ときどきオアゾツーキニストは参考になりません。そもそも,名前程度の間違いを修正できない人が,議論等とは片腹痛い。
>>ときさんの言う、負け犬の遠ぼえといったところでしょうか。
>彼の意見の大半は,彼本人が否定してくれています。私が語るまでもない。
>>仲直りしてください。
>内容から判断してこちらに返答します。わざと,間違えているのでしょうか?それとも,わざわざ他人から指摘して修正対応をした部分について,入力確認をしないほどのうっかりさんですか?まぁ,間違えている以上失礼であること,幼稚園児が可能な修正ですら,できない無能ぶりに変わりはありません。
>>何を言われようが皆さまの交通安全を願っています。
>乳幼児並みの知性の人間の考えですから,「皆さま」は目の届く範囲だけ,「交通」も多様性を含んで考えられない,「願い」とやらも浅薄なものだろう,という印象です.

>>「知性が乳幼児並み」という相手にむきになるのは、禁治産者だからかもしれませんね。
>>それでもこじさんの交通安全は絶対です。

内容から判断して,こちらに返答します。「正しく名前の修正ができなかった」という点では,結局「幼稚園児でも可能かつ簡単な修正」ができなかったことに代わりません.ましてや,ほかの人の分に関しても「間違っている」と容易に類推できるわけですから.知性が乳幼児並みと言えるでしょう.

貴方の発言に基づくと,貴方は貴方が『「知性が乳幼児並み」という相手』として認めたことになります.
ですので,今後は推量の結語を使いません

別に,私がそういう人間だろうが,貴方の知性が乳幼児並みであることには変わりません.
失礼かつ無知な世捨人へ


~~~
>>車道はクルマの走行を想定してつくれらているわけですから、インフラは最大限活用したいとの認識です。
>インフラの活用は「代替品があるなら,代替品のほうを使ってください」という趣旨の発言を「しない」人が利用すればよいです。
>貴方は,「代替品があれば,代替品を使ってください」と言う意見なのですから,貴方が利用する必要は一切ありません。「移動する事に関して,自動車の代替が可能な,徒歩」を使えばいいのです。貴方の理屈では,貴方は自動車利用をやめるべきです。でなければ,「口だけ」です。発言者本人である貴方が守らない「提言」とやらを,他の人が守る必然性は皆無です。
>> 交通の安全の確保に関する提言をするには、実体験が必要でクルマは手放せないとの認識です。
>あなた以外誰も「交通安全に関する提言をしていない」ならその主張で,車を手放す必要はありません.ところが,交通安全に関する提言も,ほかの人がやっているので「代替可能」です(完全上位互換だと考えます).「代替可能ならば代替品で済ます」,「安全のためには背に腹は代えられない」旨の発言があったので,二重の意味で,貴方は貴方の主張に従い,車の利用をやめましょう.そうでなければ「口だけ」の人間です.

>>危険なクルマありきの交通安全を考えるうえで、ドライバー目線を体験することは肝腎との認識です。

認識如何に関わらず,貴方は「口だけ」人間であり,自身の主張を自分で行っていません.
口では「安全」,行動は「危険」そんな人間でしょう.

貴方の意見に有用性が何よりの証拠です.

| こじま | 2017/04/12 23:03 | URL | ≫ EDIT

Re: Re: Re: Re: Re: フレームの強度

Xさん

>どんな素材でフレームを作っても、使用するチューブ(パイプ)が細いものであったり、肉厚が薄いものであったりすれば、弱いフレームになります。したがって金属でできているからと言ってもそのフレームが強いとは言えません。金属のフレームであっても強度テストを行わないと強いかどうかは分からないのです。 また、どんな素材で作っても、強度テストを行って合格すれば強度は十分です。
>>なれ合いが発生しないよう、第三者機関による強度試験が必要との認識です。
>試験方法を詳しく定めれば、誰が何度やってもほぼ同じ結果がでる試験は第三者機関による試験を必要としないのが普通です。また、素材を限定するかどうかに誰が試験するかは関係ありません。

利害関係人は排除し、公平を期したいですね。

>これが、強度を理由に素材を規制することがない理由です。
>>損傷したときの責任の所在を明確にするためにも、規制が必要との認識です。
>責任も何も素材の規制が全く無意味なのです。

「TSマーク」についてしっかり勉強してください。

| 世捨人 | 2017/04/12 23:04 | URL |

Re: 落雷のリスク

Xさん

>リスクと言う言葉の意味とその使い方について、全く分かっていないようなので説明します。

「リスクがある」を「確率が高い」などと解釈されていたxさんに、リスクの意味を調べてくださいとお願いしたところです。

非を認め誠意ある謝罪をすることです。

>世捨人さんの表現に合わせて「落雷のリスクがある」と表現しましたが、正確に言えば「カーボンフレームは金属フレームに比べて落雷のリスクが高い」と言うべきです。

当該記事はカーボンフレーム一般についての見解であって、正確に言えば「他の素材と比較考察したものではない」との認識です。

>リスクは「危険性」と言い変えられますから、雷はどんな自転車に乗っていても落ちますから、どんな自転車にも落雷のリスクはあります。普通はリスクは高い低いと言う表現をします。

ようやく記事に何ら問題がないとお認めになられたようですね。

>リスクの高さを考慮してリスクの高さがある基準以上であれば対策をとる必要があると言う考え方をします。

高い低いに関わらず、リスクがゼロでない限り安全対策を講じるべきというのが、当ブログの一環とした主張です。

>また、リスクの大きさは、発生する確率の高さと発生したときの被害の大きさの2つで決まります。

「リスクは高い低いと言う表現をします」(by Xさん)。

>基本的な話なので、まずはこれを理解してもらわないとそこから先の議論が進められません。分かりやすく説明しましたが理解できないところがあれば教えてください。

上述の通りリスクの意味を取り違え勝手に騒いでいたのはxさんです。

誤りを素直に認め、誠意ある謝罪をしていただかなければ前に進めません。

| 世捨人 | 2017/04/12 23:05 | URL |

>高い低いに関わらず、リスクがゼロでない限り安全対策を講じるべきというのが、当ブログの一環とした主張です。

でも,あなた自身はその主張を守っていません.
自分で自分の意見を否定しています.

| こじま | 2017/04/12 23:13 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし


>内容から判断して,こちらに返答します。「正しく名前の修正ができなかった」という点では,結局「幼稚園児でも可能かつ簡単な修正」ができなかったことに代わりません.ましてや,ほかの人の分に関しても「間違っている」と容易に類推できるわけですから.知性が乳幼児並みと言えるでしょう 内容から判断して,こちらに返答します。
>>よかったね。
>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。ローマ字入力ならキーボードで「m」「a」と打つだけ,かな入力なら「ま」を押すだけです。幼稚園児でも可能かつ簡単な修正ですので,無礼・失礼・怠惰な行動・はやめてください。
>>こじさん ときさんに一任したいですね。
>内容から私へ返答したものと判断しますが,名前を間違えています。 幼稚園児でも可能かつ簡単な修正です。何度も何度も言いますが,名前の訂正をお願いします。 キーボードで「m」「a」と打つだけです。
>>かな入力の場合だと「もち」となりますが、よろしいですか。
>よろしくないです。
>>神経質ですね。
>>よかれと思ってやっているのでご理解いただければとの認識です。
>本人が「やめろ」と言っていることを,「よかれと思える」精神が理解できません。私が神経質であろうがなかろうが,幼稚園児でも可能かつ簡単な修正を,貴方の無礼と怠慢でやらないというのは常識外れのそしりを免れないと考えます。
>>冷酷ですね。
>「人の名前を間違うことが失礼である」という点の弁護にはなりません。 名前を訂正してください。
>>ご本人と認識されているようなので間違えではないでしょう。
>毎度毎度,「内容から判断している」だけです。貴方の指す「こじさん」とやらは私の人格を的確には指定していません。
>>人格を否定しているものではありません。
>>自転車愛好家に自転車規制を主張するのは、交通安全の大義があっても、時に勇気が必要です。
>適切な規制であれば,私も主張に賛同します。 例えば,現状よりも左側通行や夜間点灯の励行のための規制強化は賛成です。程度はありますが。
>>当ブログをきっかけに議論を深めたいですね。
>世捨人,ときどきオアゾツーキニストは参考になりません。そもそも,名前程度の間違いを修正できない人が,議論等とは片腹痛い。
>>ときさんの言う、負け犬の遠ぼえといったところでしょうか。
>彼の意見の大半は,彼本人が否定してくれています。私が語るまでもない。
>>仲直りしてください。
>内容から判断してこちらに返答します。わざと,間違えているのでしょうか?それとも,わざわざ他人から指摘して修正対応をした部分について,入力確認をしないほどのうっかりさんですか?まぁ,間違えている以上失礼であること,幼稚園児が可能な修正ですら,できない無能ぶりに変わりはありません。
>>何を言われようが皆さまの交通安全を願っています。
>乳幼児並みの知性の人間の考えですから,「皆さま」は目の届く範囲だけ,「交通」も多様性を含んで考えられない,「願い」とやらも浅薄なものだろう,という印象です.
>>「知性が乳幼児並み」という相手にむきになるのは、禁治産者だからかもしれませんね。
>>それでもこじさんの交通安全は絶対です。
>内容から判断して,こちらに返答します。「正しく名前の修正ができなかった」という点では,結局「幼稚園児でも可能かつ簡単な修正」ができなかったことに代わりません.ましてや,ほかの人の分に関しても「間違っている」と容易に類推できるわけですから.知性が乳幼児並みと言えるでしょう.

何を言われようが自転車乗りの交通安全を願っています。

>貴方の発言に基づくと,貴方は貴方が『「知性が乳幼児並み」という相手』として認めたことになります.

貴殿は禁治産者ということですね。

>ですので,今後は推量の結語を使いません

どうぞご勝手に。

>別に,私がそういう人間だろうが,貴方の知性が乳幼児並みであることには変わりません. 失礼かつ無知な世捨人へ

上司に向かって「知性が乳幼児並み」というのは失礼かつ無知ですね。

~~~
>>車道はクルマの走行を想定してつくれらているわけですから、インフラは最大限活用したいとの認識です。
>インフラの活用は「代替品があるなら,代替品のほうを使ってください」という趣旨の発言を「しない」人が利用すればよいです。
>貴方は,「代替品があれば,代替品を使ってください」と言う意見なのですから,貴方が利用する必要は一切ありません。「移動する事に関して,自動車の代替が可能な,徒歩」を使えばいいのです。貴方の理屈では,貴方は自動車利用をやめるべきです。でなければ,「口だけ」です。発言者本人である貴方が守らない「提言」とやらを,他の人が守る必然性は皆無です。
>> 交通の安全の確保に関する提言をするには、実体験が必要でクルマは手放せないとの認識です。
>あなた以外誰も「交通安全に関する提言をしていない」ならその主張で,車を手放す必要はありません.ところが,交通安全に関する提言も,ほかの人がやっているので「代替可能」です(完全上位互換だと考えます).「代替可能ならば代替品で済ます」,「安全のためには背に腹は代えられない」旨の発言があったので,二重の意味で,貴方は貴方の主張に従い,車の利用をやめましょう.そうでなければ「口だけ」の人間です.
>>危険なクルマありきの交通安全を考えるうえで、ドライバー目線を体験することは肝腎との認識です。
>認識如何に関わらず,貴方は「口だけ」人間であり,自身の主張を自分で行っていません. 口では「安全」,行動は「危険」そんな人間でしょう. 貴方の意見に有用性が何よりの証拠です.

嫌がらせを受けながらも、交通の安全の確保のためペンを執るという実行力は、評価されるでしょう。

| 世捨人 | 2017/04/12 23:26 | URL |

Re: タイトルなし

>>高い低いに関わらず、リスクがゼロでない限り安全対策を講じるべきというのが、当ブログの一環とした主張です。
>でも,あなた自身はその主張を守っていません. 自分で自分の意見を否定しています.

身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車は、危険な乗り物であり、安全対策に万全を期すことが重要との認識です。

| 世捨人 | 2017/04/12 23:29 | URL |

| 世捨人 | 2017/04/12 23:29 |,| 世捨人 | 2017/04/12 23:26 |へ


>何を言われようが自転車乗りの交通安全を願っています。

願っているのはいいですが,自動車に乗る限りあなたは他者に加害する可能性があります.
(そもそも貴方が素手で人を殴っても加害可能)
「安全に万全を期す」旨発言していることと,行動が矛盾します.

願うだけでは無意味です.

~~~

>>貴方の発言に基づくと,貴方は貴方が『「知性が乳幼児並み」という相手』として認めたことになります.
>貴殿は禁治産者ということですね。

貴方が言うところではそうですね.
そして,貴方がそう認めてしまうと,貴方は「知性が乳幼児並み」と定義できます.

~~~
>上司に向かって「知性が乳幼児並み」というのは失礼かつ無知ですね。

1. 貴方は私の上司ではない.
2. 貴方の発言に基づいて,貴方が「知性が乳幼児並み」と指摘しています.
ですので,失礼かどうかの議論の余地はあっても,「無知」はあてはまらない.

~~~
>嫌がらせを受けながらも、交通の安全の確保のためペンを執るという実行力は、評価されるでしょう。

1. 嫌がらせかどうかは分かりません.
2.「交通の安全の確保のため」にならないことは,貴方自身が行動で示しています.
3. 2.よりためにならないことを「交通の安全の確保のためペンを執る」と称しているのは,明らかな誤認です.
4. マイナスの評価です.

~~~~
>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車は、危険な乗り物であり、安全対策に万全を期すことが重要との認識です。

自動車も,明らかに『危険』な乗り物(年間事故件数が0でない)ですので,『安全対策に万全を期すことが重要との認識』と,
貴方の行動にはかい離があります.

言動不一致.
貴方の言うことは聞く耳に値しません.

| こじま | 2017/04/13 09:54 | URL | ≫ EDIT

フレームの強度

R>e: フレームの強度
>Xさん
>
>>強度が必要な工業製品はいくらでもあるが、強度を理由に素材を限定することは無い。
>>>交通の安全の確保のため、競技用自転車に限っては素材規制が必要との見解です。
>>素材規制しても、強度は確保されません。 金属で出来ていれば、そのフレームは強度試験をしなくても良いとでも言うのですか。すべての鉄の棒は、すべての木の棒より強度があると言うのですか。
>
>JIS規格化が必要との認識です。
>
>| 世捨人 | 2017/03/01 22:39 | URL |


そもそも、このときに具体的に何が必要だと言ったのですか。
私は、JIS規格に新しい規格を作成してフレームの強度に関する項目を記述するか、今ある規格にフレームの強度に関する項目を追加するかの
どちらかのことだと思ったのですが違うのですか。

| 自転車愛好家χ | 2017/04/15 08:29 | URL |

Re: 落雷のリスク

| 世捨人さん | 2017/04/12 23:05 | URL |

>>リスクと言う言葉の意味とその使い方について、全く分かっていないようなので説明します。
>「リスクがある」を「確率が高い」などと解釈されていたxさんに、リスクの意味を調べてくださいとお願いしたところです。

調べるまでもなく解っていたことなので詳しく説明したのです。
「発生する確率が高い」ことは「リスクが高い」ことの一つの要素ですから、そちらの議論だけをするにあたり、「確率が高い」と表現することに何の誤りもありません。


>>世捨人さんの表現に合わせて「落雷のリスクがある」と表現しましたが、正確に言えば「カーボンフレームは金属フレームに比べて落雷のリスクが高い」と言うべきです。
>
>当該記事はカーボンフレーム一般についての見解であって、正確に言えば「他の素材と比較考察したものではない」との認識です。
>
>>リスクは「危険性」と言い変えられますから、雷はどんな自転車に乗っていても落ちますから、どんな自転車にも落雷のリスクはあります。普通はリスクは高い低いと言う表現をします。
>
>ようやく記事に何ら問題がないとお認めになられたようですね。

カーボンフレーム禁止の理由としているのだから、落雷のリスクについても他の素材と比較しないと意味が無いです。
どんな自転車にも落雷のリスクはあります。カーボンフレームの自転車にも落雷の理由がありますでは、禁止理由にならないですね。


>>リスクの高さを考慮してリスクの高さがある基準以上であれば対策をとる必要があると言う考え方をします。
>
>高い低いに関わらず、リスクがゼロでない限り安全対策を講じるべきというのが、当ブログの一環とした主張です。

その考えが間違いで有ることは既に説明しています。テストの合格基準を厳しくすることと、テストの採点をしないで全部不合格にすることは違うのです。満点が合格基準だというかもしれませんが、安全対策に満点はありません。
リスクの高さに関わらずやれというのは、テストの採点を行わずに全部不合格にすると言っているのに等しいのです。


>>また、リスクの大きさは、発生する確率の高さと発生したときの被害の大きさの2つで決まります。
>「リスクは高い低いと言う表現をします」(by Xさん)。

間違いではなく、こういう表現をします。一般には英語でもハイリスクというように高い低いという表現をします。
ただし、リスクを評価するときに限っては大きい小さいという表現をします。
なぜかと言われても困りますが、意味もわかるしこれで問題ないからいいんでしょうね。
私は初めから特に気になりませんでした。

>>基本的な話なので、まずはこれを理解してもらわないとそこから先の議論が進められません。分かりやすく説明しましたが理解できないところがあれば教えてください。
>上述の通りリスクの意味を取り違え勝手に騒いでいたのはxさんです。
>誤りを素直に認め、誠意ある謝罪をしていただかなければ前に進めません。

まあ、もう一度前のコメントを読んでリスクの意味について理解してみてください。

| 自転車愛好家χ | 2017/04/15 09:10 | URL |

衒学

衒学


自転車愛好家χ さんが言うようにリスクは「確率」×「被害の大きさ」で定義される,と一般に説明されます.
他には,「シナリオ」を足した,「リスクの三重項/risk triplets」と言うような定義が一般的です.


リスクを「高い/低い」と言うときは,「確率」を中心に議論したり,価値づけ・重みづけする際に用いられます.
一方でリスクを「大きい/小さい」と述べることもできます.こちらは「被害の大きさ」を意識する際に用いられることになります.

どちらの「表現」が間違いと言うことはありません.

~蛇足~
なお,世捨人・ときどきオアゾツーキニストの主張は「リスクに基づく意思決定/risk based decision making」とはかけ離れており,一読者に「彼らが正しそう」などと『微塵』も思っていただきたくないことが,粘着する動機です.

なぜなら,「安全が大事」ということに同意できたとしても,そこに至る文脈が完全に誤った理屈から導かれているからです.
意思決定において決定だけでなく,決定に至るプロセスも重要であることは,知られています.

| こじま | 2017/04/15 10:15 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>>何を言われようが自転車乗りの交通安全を願っています。
>願っているのはいいですが,自動車に乗る限りあなたは他者に加害する可能性があります.(そもそも貴方が素手で人を殴っても加害可能)「安全に万全を期す」旨発言していることと,行動が矛盾します.願うだけでは無意味です.

命を絶てと言っているようなもので、到底容認できません。

~~~
>貴方の発言に基づくと,貴方は貴方が『「知性が乳幼児並み」という相手』として認めたことになります.
>>貴殿は禁治産者ということですね。
>貴方が言うところではそうですね.そして,貴方がそう認めてしまうと,貴方は「知性が乳幼児並み」と定義できます.

がんばってください。

~~~
>>上司に向かって「知性が乳幼児並み」というのは失礼かつ無知ですね。
>1. 貴方は私の上司ではない.

心の支柱となっているはずです。

>2. 貴方の発言に基づいて,貴方が「知性が乳幼児並み」と指摘しています.ですので,失礼かどうかの議論の余地はあっても,「無知」はあてはまらない.

一般論として上司に向かって言う言葉ではないので、無知ですねとご指摘したまでです。

~~~
>>嫌がらせを受けながらも、交通の安全の確保のためペンを執るという実行力は、評価されるでしょう。
>1. 嫌がらせかどうかは分かりません.

小生は嫌悪しております。

>2.「交通の安全の確保のため」にならないことは,貴方自身が行動で示しています.

安全運転の模範を示すことは肝腎との認識です。

>3. 2.よりためにならないことを「交通の安全の確保のためペンを執る」と称しているのは,明らかな誤認です.


ならず者を教育するため、現場に出ることは肝腎との認識です。

>4. マイナスの評価です.

歴史が評価してくれるとの認識です。

~~~~
>>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車は、危険な乗り物であり、安全対策に万全を期すことが重要との認識です。
>自動車も,明らかに『危険』な乗り物(年間事故件数が0でない)ですので,『安全対策に万全を期すことが重要との認識』と,貴方の行動にはかい離があります.

クルマは乗員保護性能に優れているという観点から安全な乗り物といえるでしょう。

>言動不一致.貴方の言うことは聞く耳に値しません.

規制対象者から理解を得るのは難儀との認識です。

| 世捨人 | 2017/04/20 22:28 | URL |

Re: フレームの強度

Xさん

>強度が必要な工業製品はいくらでもあるが、強度を理由に素材を限定することは無い。
>>交通の安全の確保のため、競技用自転車に限っては素材規制が必要との見解です。
>素材規制しても、強度は確保されません。 金属で出来ていれば、そのフレームは強度試験をしなくても良いとでも言うのですか。すべての鉄の棒は、すべての木の棒より強度があると言うのですか。
>>JIS規格化が必要との認識です。
>そもそも、このときに具体的に何が必要だと言ったのですか。

きちんと整理してください。

>私は、JIS規格に新しい規格を作成してフレームの強度に関する項目を記述するか、今ある規格にフレームの強度に関する項目を追加するかの どちらかのことだと思ったのですが違うのですか。

どちらを選択するかについては専門家を交えた第三者委員会の判断にゆだねたいとの認識です。

| 世捨人 | 2017/04/20 22:47 | URL |

Re: Re: 落雷のリスク

Xさん

>リスクと言う言葉の意味とその使い方について、全く分かっていないようなので説明します。
>>「リスクがある」を「確率が高い」などと解釈されていたxさんに、リスクの意味を調べてくださいとお願いしたところです。

>調べるまでもなく解っていたことなので詳しく説明したのです。発生する確率が高い」ことは「リスクが高い」ことの一つの要素ですから、そちらの議論だけをするにあたり、「確率が高い」と表現することに何の誤りもありません。

記事中に「リスクがある」とありますが、高い・低いについては言及しておりません。

>>世捨人さんの表現に合わせて「落雷のリスクがある」と表現しましたが、正確に言えば「カーボンフレームは金属フレームに比べて落雷のリスクが高い」と言うべきです。
>>当該記事はカーボンフレーム一般についての見解であって、正確に言えば「他の素材と比較考察したものではない」との認識です。
>リスクは「危険性」と言い変えられますから、雷はどんな自転車に乗っていても落ちますから、どんな自転車にも落雷のリスクはあります。普通はリスクは高い低いと言う表現をします。
>>ようやく記事に何ら問題がないとお認めになられたようですね。
>カーボンフレーム禁止の理由としているのだから、落雷のリスクについても他の素材と比較しないと意味が無いです。

カーボンフレームのブームに警鐘を鳴らした次第です。

>どんな自転車にも落雷のリスクはあります。カーボンフレームの自転車にも落雷の理由がありますでは、禁止理由にならないですね。

落雷のリスクはカーボンの宿命です。

>リスクの高さを考慮してリスクの高さがある基準以上であれば対策をとる必要があると言う考え方をします。
>>高い低いに関わらず、リスクがゼロでない限り安全対策を講じるべきというのが、当ブログの一環とした主張です。
>その考えが間違いで有ることは既に説明しています。

カーボンは軽量である一方、落雷のリスクを背負っているのです。

しっかりと認識してください。

>テストの合格基準を厳しくすることと、テストの採点をしないで全部不合格にすることは違うのです。満点が合格基準だというかもしれませんが、安全対策に満点はありません。

ですから、当ブログで安全には万全を期してくださいとお願いしているところです。

>リスクの高さに関わらずやれというのは、テストの採点を行わずに全部不合格にすると言っているのに等しいのです。

交通安全は人命にかかわる重いテーマですので、試験の点数で合否を判断することができないとの認識です。

>また、リスクの大きさは、発生する確率の高さと発生したときの被害の大きさの2つで決まります。
>>「リスクは高い低いと言う表現をします」(by Xさん)。
>間違いではなく、こういう表現をします。一般には英語でもハイリスクというように高い低いという表現をします。ただし、リスクを評価するときに限っては大きい小さいという表現をします。なぜかと言われても困りますが、意味もわかるしこれで問題ないからいいんでしょうね。私は初めから特に気になりませんでした。

リスクを評価するときに限って、英語では「ビッグリスク」「スモールリスク」という表現をするのでしょうか。

いい加減な発言は慎んでください。

よろしくお願いします。

>基本的な話なので、まずはこれを理解してもらわないとそこから先の議論が進められません。分かりやすく説明しましたが理解できないところがあれば教えてください。
>>上述の通りリスクの意味を取り違え勝手に騒いでいたのはxさんです。 誤りを素直に認め、誠意ある謝罪をしていただかなければ前に進めません。
>まあ、もう一度前のコメントを読んでリスクの意味について理解してみてください。

これまでのやりとりを踏まえ、記事をきちんとお読みいただければ、理解が進むものと認識しております。

| 世捨人 | 2017/04/20 22:49 | URL |

| 世捨人 | 2017/04/20 22:28 |へ

内容から判断してこちらへ返答します.

Re: タイトルなし
>>何を言われようが自転車乗りの交通安全を願っています。
>願っているのはいいですが,自動車に乗る限りあなたは他者に加害する可能性があります.(そもそも貴方が素手で人を殴っても加害可能)「安全に万全を期す」旨発言していることと,行動が矛盾します.願うだけでは無意味です.

>>命を絶てと言っているようなもので、到底容認できません。

貴方「が」「命を絶てと言っている」ようなものなのです.私が言っているのではありません.
そして,その発言をあなた自身が「できない」と行動で示しているのです.

この矛盾の構造は,貴方のHPで散見されます.
根本的に主張を改めなければ解決できません.




~~~
>貴方の発言に基づくと,貴方は貴方が『「知性が乳幼児並み」という相手』として認めたことになります.
>>貴殿は禁治産者ということですね。
>貴方が言うところではそうですね.そして,貴方がそう認めてしまうと,貴方は「知性が乳幼児並み」と定義できます.

>>がんばってください。

知性が乳幼児並 の世捨人

~~~
>>上司に向かって「知性が乳幼児並み」というのは失礼かつ無知ですね。

>1. 貴方は私の上司ではない.
>2. 貴方の発言に基づいて,貴方が「知性が乳幼児並み」と指摘しています.ですので,失礼かどうかの議論の余地はあっても,「無知」はあてはまらない.

>>心の支柱となっているはずです。
>>一般論として上司に向かって言う言葉ではないので、無知ですねとご指摘したまでです。


1.なっていない
2.「はずです」と言うことは確証が無い
3.貴方の知性が乳幼児並,私は乳幼児は脱している
4.心の支柱は上司とは言わない
5.あなたは私の上司ではない

以上より,失礼かつ,無知ではない



~~~
>>嫌がらせを受けながらも、交通の安全の確保のためペンを執るという実行力は、評価されるでしょう。
>1. 嫌がらせかどうかは分かりません.
>>小生は嫌悪しております。

主観しかこんきょがありません.

>2.「交通の安全の確保のため」にならないことは,貴方自身が行動で示しています.
>>安全運転の模範を示すことは肝腎との認識です。
>3. 2.よりためにならないことを「交通の安全の確保のためペンを執る」と称しているのは,明らかな誤認です.
>>ならず者を教育するため、現場に出ることは肝腎との認識です。

そう認識していたとしても,貴方の主張・認識と行動が明らかに一致していません.

>4. マイナスの評価です.
>>歴史が評価してくれるとの認識です。

マイナスの評価です.

~~~~
>>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車は、危険な乗り物であり、安全対策に万全を期すことが重要との認識です。
>自動車も,明らかに『危険』な乗り物(年間事故件数が0でない)ですので,『安全対策に万全を期すことが重要との認識』と,貴方の行動にはかい離があります.

>>クルマは乗員保護性能に優れているという観点から安全な乗り物といえるでしょう。

加害性能を考慮すると,4000人以上の死傷者を出していることが現実であり,安全な乗り物とは到底言えません.



>言動不一致.貴方の言うことは聞く耳に値しません.
>>規制対象者から理解を得るのは難儀との認識です。

貴方の発言では,あなた自身も規制対象者であり,あなた自身が「理解」できていないので,この認識は正しいですね.
主張の一貫性が崩れる点では,ダメダメですが.

| こじま | 2017/04/20 22:59 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし



>内容から判断してこちらへ返答します.

もうよいでしょう。

>Re: タイトルなし
>>何を言われようが自転車乗りの交通安全を願っています。
>願っているのはいいですが,自動車に乗る限りあなたは他者に加害する可能性があります.(そもそも貴方が素手で人を殴っても加害可能)「安全に万全を期す」旨発言していることと,行動が矛盾します.願うだけでは無意味です.
>>命を絶てと言っているようなもので、到底容認できません。
>貴方「が」「命を絶てと言っている」ようなものなのです.私が言っているのではありません.そして,その発言をあなた自身が「できない」と行動で示しているのです.

「言っているようなもの」と「言っている」では意味合いが全く異なります。

>この矛盾の構造は,貴方のHPで散見されます.根本的に主張を改めなければ解決できません.

短い言葉のなかにある深い意味を、きちんと読み取っていただければ幸いに損じます。

~~~
>貴方の発言に基づくと,貴方は貴方が『「知性が乳幼児並み」という相手』として認めたことになります.
>>貴殿は禁治産者ということですね。
>貴方が言うところではそうですね.そして,貴方がそう認めてしまうと,貴方は「知性が乳幼児並み」と定義できます.
>>がんばってください。
>知性が乳幼児並 の世捨人

乳幼児に目くじらを立てるのは大人気ないですね。

~~~
>>上司に向かって「知性が乳幼児並み」というのは失礼かつ無知ですね。
>1. 貴方は私の上司ではない.
>2. 貴方の発言に基づいて,貴方が「知性が乳幼児並み」と指摘しています.ですので,失礼かどうかの議論の余地はあっても,「無知」はあてはまらない.
>>心の支柱となっているはずです。
>>一般論として上司に向かって言う言葉ではないので、無知ですねとご指摘したまでです。
>1.なっていない2.「はずです」と言うことは確証が無い3.貴方の知性が乳幼児並,私は乳幼児は脱している4.心の支柱は上司とは言わない5.あなたは私の上司ではない以上より,失礼かつ,無知ではない

こじさんを信じています。

~~~
>>嫌がらせを受けながらも、交通の安全の確保のためペンを執るという実行力は、評価されるでしょう。
>1. 嫌がらせかどうかは分かりません.
>>小生は嫌悪しております。
>主観しかこんきょがありません.

嫌悪は内面の問題であり主観が適当でしょう。

>2.「交通の安全の確保のため」にならないことは,貴方自身が行動で示しています.
>>安全運転の模範を示すことは肝腎との認識です。
>3. 2.よりためにならないことを「交通の安全の確保のためペンを執る」と称しているのは,明らかな誤認です.
>>ならず者を教育するため、現場に出ることは肝腎との認識です。
>そう認識していたとしても,貴方の主張・認識と行動が明らかに一致していません.

自転車乗りの安全に対する思いは十二分に伝わっていると確信しております。

>4. マイナスの評価です.
>>歴史が評価してくれるとの認識です。
>マイナスの評価です.

歴史が評価してくれるとの認識です。

~~~~
>>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車は、危険な乗り物であり、安全対策に万全を期すことが重要との認識です。
>自動車も,明らかに『危険』な乗り物(年間事故件数が0でない)ですので,『安全対策に万全を期すことが重要との認識』と,貴方の行動にはかい離があります.
>>クルマは乗員保護性能に優れているという観点から安全な乗り物といえるでしょう。
>加害性能を考慮すると,4000人以上の死傷者を出していることが現実であり,安全な乗り物とは到底言えません.

普及台数から比べれば、結果を出している方だとの認識です。

>言動不一致.貴方の言うことは聞く耳に値しません.
>>規制対象者から理解を得るのは難儀との認識です。
>貴方の発言では,あなた自身も規制対象者であり,あなた自身が「理解」できていないので,この認識は正しいですね.主張の一貫性が崩れる点では,ダメダメですが.

自転車乗りの交通の安全の確保へ創意工夫を凝らしていただければ、幸いに存じます。

| 世捨人 | 2017/04/25 22:07 | URL |

| 世捨人 | 2017/04/25 22:07 |へ

内容から判断してこちらへ返答します.

~~~

>Re: タイトルなし
>>何を言われようが自転車乗りの交通安全を願っています。
>願っているのはいいですが,自動車に乗る限りあなたは他者に加害する可能性があります.(そもそも貴方が素手で人を殴っても加害可能)「安全に万全を期す」旨発言していることと,行動が矛盾します.願うだけでは無意味です.
>>命を絶てと言っているようなもので、到底容認できません。
>貴方「が」「命を絶てと言っている」ようなものなのです.私が言っているのではありません.そして,その発言をあなた自身が「できない」と行動で示しているのです.

>>「言っているようなもの」と「言っている」では意味合いが全く異なります。

ときどきオアゾツーキニストのような揚げ足取りがいるので,あくまでも「一言一句そのままでないといういみで「ようなもの」としています.

その気になれば,引用して「言っている」と言えますし,内容は「言っている」としても差し支えありません.
私が,具体的に指摘した発言もありますので,客観性も担保できます.

以上より,貴方の今回の発言では,↓の内容の反論になり得ません.
『貴方「が」「命を絶てと言っている」ようなものなのです.私が言っているのではありません.そして,その発言をあなた自身が「できない」と行動で示しているのです. 』

~~~
>この矛盾の構造は,貴方のHPで散見されます.根本的に主張を改めなければ解決できません.

>>短い言葉のなかにある深い意味を、きちんと読み取っていただければ幸いに損じます。

ジャーナリストを名乗るのでしたら,まずは言語化しましょう.
それに,過去には「深い意味」とやらを読み取ったら「曲解だ」との旨,発言されていました.

いずれにしろ,矛盾の生みの親は貴方であり,貴方の責任です.


~~~
>貴方の発言に基づくと,貴方は貴方が『「知性が乳幼児並み」という相手』として認めたことになります.
>>貴殿は禁治産者ということですね。
>貴方が言うところではそうですね.そして,貴方がそう認めてしまうと,貴方は「知性が乳幼児並み」と定義できます.
>>がんばってください。
>知性が乳幼児並 の世捨人

>>乳幼児に目くじらを立てるのは大人気ないですね。

そうですね.私は大人気が無いです.
乳幼児よりはましですが.

~~~
>>上司に向かって「知性が乳幼児並み」というのは失礼かつ無知ですね。
>1. 貴方は私の上司ではない.
>2. 貴方の発言に基づいて,貴方が「知性が乳幼児並み」と指摘しています.ですので,失礼かどうかの議論の余地はあっても,「無知」はあてはまらない.
>>心の支柱となっているはずです。
>>一般論として上司に向かって言う言葉ではないので、無知ですねとご指摘したまでです。
>1.なっていない2.「はずです」と言うことは確証が無い3.貴方の知性が乳幼児並,私は乳幼児は脱している4.心の支柱は上司とは言わない5.あなたは私の上司ではない以上より,失礼かつ,無知ではない

>>こじさんを信じています。

誰を指しているのでしょうか?
結局,ここで名前を出してしまえば,「名前を訂正して下さい」との発言に帰着します.
貴方の失礼を正してからにしてください.

~~~
>>嫌がらせを受けながらも、交通の安全の確保のためペンを執るという実行力は、評価されるでしょう。
>1. 嫌がらせかどうかは分かりません.
>>小生は嫌悪しております。
>主観しかこんきょがありません.

>>嫌悪は内面の問題であり主観が適当でしょう。

そうだね.
でも嫌がらせかどうかは,分かりません.
嫌悪したかどうかは,あなたの勝手です.

~~~

>2.「交通の安全の確保のため」にならないことは,貴方自身が行動で示しています.
>>安全運転の模範を示すことは肝腎との認識です。
>3. 2.よりためにならないことを「交通の安全の確保のためペンを執る」と称しているのは,明らかな誤認です.
>>ならず者を教育するため、現場に出ることは肝腎との認識です。
>そう認識していたとしても,貴方の主張・認識と行動が明らかに一致していません.

>>自転車乗りの安全に対する思いは十二分に伝わっていると確信しております。

「思い」というのは,「安全をダシにして,不都合押し付けたい」という悪意か何かですか?

~~~
>4. マイナスの評価です.
>>歴史が評価してくれるとの認識です。
>マイナスの評価です.
>>歴史が評価してくれるとの認識です。

マイナスの評価です.

~~~~
>>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車は、危険な乗り物であり、安全対策に万全を期すことが重要との認識です。
>自動車も,明らかに『危険』な乗り物(年間事故件数が0でない)ですので,『安全対策に万全を期すことが重要との認識』と,貴方の行動にはかい離があります.
>>クルマは乗員保護性能に優れているという観点から安全な乗り物といえるでしょう。
>加害性能を考慮すると,4000人以上の死傷者を出していることが現実であり,安全な乗り物とは到底言えません.

普及台数から比べれば、結果を出している方だとの認識です。

その認識をしていても,「安全対策に万全を期すことが重要との認識」とはズレています.

思考に抱える矛盾を解消し,思考と行動の矛盾を解消し,それからやっと「他人に対して,行動を促す」ことができます.

~~~

>言動不一致.貴方の言うことは聞く耳に値しません.
>>規制対象者から理解を得るのは難儀との認識です。
>貴方の発言では,あなた自身も規制対象者であり,あなた自身が「理解」できていないので,この認識は正しいですね.主張の一貫性が崩れる点では,ダメダメですが.

>>自転車乗りの交通の安全の確保へ創意工夫を凝らしていただければ、幸いに存じます。

個人的にはやります.
それは,貴方の望む形ではありません.
何故なら,貴方の言動が不一致であり,発言が聞く耳に値しないからです.

| こじま | 2017/04/25 22:38 | URL | ≫ EDIT

Re: 落雷のリスク

世捨人さん | 2017/04/20 22:49 |

>>リスクと言う言葉の意味とその使い方について、全く分かっていないようなので説明します。
>>>「リスクがある」を「確率が高い」などと解釈されていたxさんに、リスクの意味を調べてくださいとお願いしたところです。
>
>>調べるまでもなく解っていたことなので詳しく説明したのです。発生する確率が高い」ことは「リスクが高い」ことの一つの要素ですから、そちらの議論だけをするにあたり、「確率が高い」と表現することに何の誤りもありません。
>
>記事中に「リスクがある」とありますが、高い・低いについては言及しておりません。

「リスクがある」とは普通は「リスクの高さが、対策が必要とされるレベルを超えている」という意味で使われます。

その意味以外では、あるものに比べて「リスクが高くなる」場合に高くなる方に「リスクがある」という使い方をすることもあります。

いずれにせよ、高い・低いについては言及せずに「リスクがある」とするのはさっぱり意味が解りません。


>落雷のリスクはカーボンの宿命です。

具体的にどういうことなのか全くわからないです。
次のうちのどれかでしょうか。
1.カーボンは雷が落ちやすい。(落ちる確率が高い)
2.カーボンは雷が落ちることがある。(ほかの物にはまず落ちない)
3.カーボンは雷が落ちた時被害が大きい。

こういう質問には答えたくないのでしょうか。
それとも
4.カーボンは落雷のリスクがある

としか答えられないのでしょうか。


>>リスクの高さに関わらずやれというのは、テストの採点を行わずに全部不合格にすると言っているのに等しいのです。
>
>交通安全は人命にかかわる重いテーマですので、試験の点数で合否を判断することができないとの認識です。

試験の点数で判断するのは駄目だが合否の判断はして良いのか、合否の判断自体してはいけないのかどちらでしょうか。


>>また、リスクの大きさは、発生する確率の高さと発生したときの被害の大きさの2つで決まります。
>>>「リスクは高い低いと言う表現をします」(by Xさん)。
>>間違いではなく、こういう表現をします。一般には英語でもハイリスクというように高い低いという表現をします。ただし、リスクを評価するときに限っては大きい小さいという表現をします。なぜかと言われても困りますが、意味もわかるしこれで問題ないからいいんでしょうね。私は初めから特に気になりませんでした。
>
>リスクを評価するときに限って、英語では「ビッグリスク」「スモールリスク」という表現をするのでしょうか。

英語でbig risk,small riskという表現をしないわけでは有りませんが、リスクを評価のときにはhigh lowの表現を使っていますから、リスクを評価するときに限って大きい小さいという表現をするのは日本特有のようです。


>これまでのやりとりを踏まえ、記事をきちんとお読みいただければ、理解が進むものと認識しております。

残念ながら、過去の記事にもやりとりの中の世捨人さんの発言にもヒントになるものが無いのです。


| 自転車愛好家χ | 2017/04/29 17:20 | URL |

Re: フレームの強度

世捨人さん | 2017/04/20 22:47
>
>>強度が必要な工業製品はいくらでもあるが、強度を理由に素材を限定することは無い。
>>>交通の安全の確保のため、競技用自転車に限っては素材規制が必要との見解です。
>>素材規制しても、強度は確保されません。 金属で出来ていれば、そのフレームは強度試験をしなくても良いとでも言うのですか。すべての鉄の棒は、すべての木の棒より強度があると言うのですか。
>>>JIS規格化が必要との認識です。
>>そもそも、このときに具体的に何が必要だと言ったのですか。
>
>きちんと整理してください。
>
>>私は、JIS規格に新しい規格を作成してフレームの強度に関する項目を記述するか、今ある規格にフレームの強度に関する項目を追加するかの どちらかのことだと思ったのですが違うのですか。
>
>どちらを選択するかについては専門家を交えた第三者委員会の判断にゆだねたいとの認識です。

無いと思っていたということですね。既にあります。読んで確認しました。

それで、「JIS規格は強度に限定されないことについては、認識していただけたでしょうか。 」とはどういう意味だったのでしょうか。

JIS規格の基準を満たしているかどうかは、試験をすればわかります。試験をして合格であればどんな素材で出来ていようと基準を満たしています。
また、金属で出来ていようと試験を行わなければ、基準を満たしているかどうかわかりません。

この試験は、自社で行うことも出来れば、それを行うための第3者機関もあります。信用してもらえる自信があれば自社で行えば良いし、第3者機関での合格をアピールしたいのであれば頼めば良い。

強度を理由に、素材を規制することに意味が無いことは解りましたか。

| 自転車愛好家χ | 2017/04/29 17:21 | URL |

Re: タイトルなし

とき| 2017/02/22 12:15 | さんへ

>>ちなみにときさん(ときどぎオアゾツーキニスト)は自転車で九州1周を途中で断念したそうです。
>そうですね。ちなみに、当然のことながら、当時はカーボン製の自転車などありませんでした。

今度こそは落雷に気をつけて、完走を目指してください。

| 世捨人 | 2017/05/09 22:49 | URL |

Re: タイトルなし

>内容から判断してこちらへ返答します.

無理は禁物です。

~~~
>Re: タイトルなし
>>何を言われようが自転車乗りの交通安全を願っています。
>願っているのはいいですが,自動車に乗る限りあなたは他者に加害する可能性があります.(そもそも貴方が素手で人を殴っても加害可能)「安全に万全を期す」旨発言していることと,行動が矛盾します.願うだけでは無意味です.
>>命を絶てと言っているようなもので、到底容認できません。
>貴方「が」「命を絶てと言っている」ようなものなのです.私が言っているのではありません.そして,その発言をあなた自身が「できない」と行動で示しているのです.
>>「言っているようなもの」と「言っている」では意味合いが全く異なります。
>ときどきオアゾツーキニストのような揚げ足取りがいるので,あくまでも「一言一句そのままでないといういみで「ようなもの」としています.

それでも意味合いが全く異なります。

>その気になれば,引用して「言っている」と言えますし,内容は「言っている」としても差し支えありません.私が,具体的に指摘した発言もありますので,客観性も担保できます.

主観は排し客観報道に努めてください。

>以上より,貴方の今回の発言では,↓の内容の反論になり得ません.『貴方「が」「命を絶てと言っている」ようなものなのです.私が言っているのではありません.そして,その発言をあなた自身が「できない」と行動で示しているのです. 』

結局、こじさんだけにこじつけのようですね。

~~~
>この矛盾の構造は,貴方のHPで散見されます.根本的に主張を改めなければ解決できません.
>>短い言葉のなかにある深い意味を、きちんと読み取っていただければ幸いに損じます。
>ジャーナリストを名乗るのでしたら,まずは言語化しましょう.

意味不明です。

>それに,過去には「深い意味」とやらを読み取ったら「曲解だ」との旨,発言されていました.

文面を素直にお読みいただければ幸いです。

>いずれにしろ,矛盾の生みの親は貴方であり,貴方の責任です.

サンシャイ~ん、よ・す・て・び・と。

ジャスティス、といったところでしょうか。

~~~
>貴方の発言に基づくと,貴方は貴方が『「知性が乳幼児並み」という相手』として認めたことになります.
>>貴殿は禁治産者ということですね。
>貴方が言うところではそうですね.そして,貴方がそう認めてしまうと,貴方は「知性が乳幼児並み」と定義できます.
>>がんばってください。
>知性が乳幼児並 の世捨人
>>乳幼児に目くじらを立てるのは大人気ないですね。
>そうですね.私は大人気が無いです.乳幼児よりはましですが.

目上の人に対し敬意を示すことを忘れないでください。

~~~
>>上司に向かって「知性が乳幼児並み」というのは失礼かつ無知ですね。
>1. 貴方は私の上司ではない.
>2. 貴方の発言に基づいて,貴方が「知性が乳幼児並み」と指摘しています.ですので,失礼かどうかの議論の余地はあっても,「無知」はあてはまらない.
>>心の支柱となっているはずです。
>>一般論として上司に向かって言う言葉ではないので、無知ですねとご指摘したまでです。
>1.なっていない2.「はずです」と言うことは確証が無い3.貴方の知性が乳幼児並,私は乳幼児は脱している4.心の支柱は上司とは言わない5.あなたは私の上司ではない以上より,失礼かつ,無知ではない
>>こじさんを信じています。
>誰を指しているのでしょうか?結局,ここで名前を出してしまえば,「名前を訂正して下さい」との発言に帰着します.貴方の失礼を正してからにしてください.

こじさんは、名前でなくニックネームです。

あしからず。

~~~
>>嫌がらせを受けながらも、交通の安全の確保のためペンを執るという実行力は、評価されるでしょう。
>1. 嫌がらせかどうかは分かりません.
>>小生は嫌悪しております。
>主観しかこんきょがありません.
>>嫌悪は内面の問題であり主観が適当でしょう。
>そうだね.でも嫌がらせかどうかは,分かりません.嫌悪したかどうかは,あなたの勝手です.

嫌悪しており、謝罪を求めているところです。

~~~
>2.「交通の安全の確保のため」にならないことは,貴方自身が行動で示しています.
>>安全運転の模範を示すことは肝腎との認識です。
>3. 2.よりためにならないことを「交通の安全の確保のためペンを執る」と称しているのは,明らかな誤認です.
>>ならず者を教育するため、現場に出ることは肝腎との認識です。
>そう認識していたとしても,貴方の主張・認識と行動が明らかに一致していません.
>>自転車乗りの安全に対する思いは十二分に伝わっていると確信しております。
>「思い」というのは,「安全をダシにして,不都合押し付けたい」という悪意か何かですか?

悲惨な交通事故の当事者となって、尊い命が奪われることはあってはならないことです。

~~~
>4. マイナスの評価です.
>>歴史が評価してくれるとの認識です。
>マイナスの評価です.
>>歴史が評価してくれるとの認識です。
>マイナスの評価です.

危険なクルマが行き交う車道を自転車が走行するのは、いたたまれないのです。

~~~~
>>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車は、危険な乗り物であり、安全対策に万全を期すことが重要との認識です。
>自動車も,明らかに『危険』な乗り物(年間事故件数が0でない)ですので,『安全対策に万全を期すことが重要との認識』と,貴方の行動にはかい離があります.
>>クルマは乗員保護性能に優れているという観点から安全な乗り物といえるでしょう。
>加害性能を考慮すると,4000人以上の死傷者を出していることが現実であり,安全な乗り物とは到底言えません.
>>普及台数から比べれば、結果を出している方だとの認識です。
>その認識をしていても,「安全対策に万全を期すことが重要との認識」とはズレています.

クルマは安全対策に万全を期しているところです。

>思考に抱える矛盾を解消し,思考と行動の矛盾を解消し,それからやっと「他人に対して,行動を促す」ことができます.

我が物顔で爆走する自転車が野放図となっていることに警鐘を鳴らすとともに、自転車規制強化は喫緊の課題であるとの認識です。

~~~
>言動不一致.貴方の言うことは聞く耳に値しません.
>>規制対象者から理解を得るのは難儀との認識です。
>貴方の発言では,あなた自身も規制対象者であり,あなた自身が「理解」できていないので,この認識は正しいですね.主張の一貫性が崩れる点では,ダメダメですが.
>>自転車乗りの交通の安全の確保へ創意工夫を凝らしていただければ、幸いに存じます。
>個人的にはやります.それは,貴方の望む形ではありません.何故なら,貴方の言動が不一致であり,発言が聞く耳に値しないからです.

ただ反対するだけなら誰でもできます。

必要なことは行動する勇気です。

心のない人たちからの罵詈雑言にめげず、ペンを執り続ける所存です。

| 世捨人 | 2017/05/11 22:25 | URL |

Re: Re: 落雷のリスク

xさん

>リスクと言う言葉の意味とその使い方について、全く分かっていないようなので説明します。
>>「リスクがある」を「確率が高い」などと解釈されていたxさんに、リスクの意味を調べてくださいとお願いしたところです。
>調べるまでもなく解っていたことなので詳しく説明したのです。発生する確率が高い」ことは「リスクが高い」ことの一つの要素ですから、そちらの議論だけをするにあたり、「確率が高い」と表現することに何の誤りもありません。
>>記事中に「リスクがある」とありますが、高い・低いについては言及しておりません。
>「リスクがある」とは普通は「リスクの高さが、対策が必要とされるレベルを超えている」という意味で使われます。

Xさんの常識は世間の非常識との謗りは免れませんね。

>その意味以外では、あるものに比べて「リスクが高くなる」場合に高くなる方に「リスクがある」という使い方をすることもあります。

「リスクがある」という言葉を素直に読めばクリアできる問題です。

>いずれにせよ、高い・低いについては言及せずに「リスクがある」とするのはさっぱり意味が解りません。

横文字が苦手のようですね。

「危険性がある」と読み替えても構いませんよ。

>落雷のリスクはカーボンの宿命です。
>具体的にどういうことなのか全くわからないです。次のうちのどれかでしょうか。1.カーボンは雷が落ちやすい。(落ちる確率が高い)2.カーボンは雷が落ちることがある。(ほかの物にはまず落ちない)3.カーボンは雷が落ちた時被害が大きい。こういう質問には答えたくないのでしょうか。それとも4.カーボンは落雷のリスクがある としか答えられないのでしょうか。

記事を素直にお読みいただければ自明でしょう。

>リスクの高さに関わらずやれというのは、テストの採点を行わずに全部不合格にすると言っているのに等しいのです。
>>交通安全は人命にかかわる重いテーマですので、試験の点数で合否を判断することができないとの認識です。
>試験の点数で判断するのは駄目だが合否の判断はして良いのか、合否の判断自体してはいけないのかどちらでしょうか。

交通安全は尊い命がかかわる重いテーマなので、合否という言葉で簡単に片づけてもらいたくないとの認識です。

>また、リスクの大きさは、発生する確率の高さと発生したときの被害の大きさの2つで決まります。
>>「リスクは高い低いと言う表現をします」(by Xさん)。
>間違いではなく、こういう表現をします。一般には英語でもハイリスクというように高い低いという表現をします。ただし、リスクを評価するときに限っては大きい小さいという表現をします。なぜかと言われても困りますが、意味もわかるしこれで問題ないからいいんでしょうね。私は初めから特に気になりませんでした。
>>>リスクを評価するときに限って、英語では「ビッグリスク」「スモールリスク」という表現をするのでしょうか。
>英語でbig risk,small riskという表現をしないわけでは有りませんが、リスクを評価のときにはhigh lowの表現を使っていますから、リスクを評価するときに限って大きい小さいという表現をするのは日本特有のようです。

「しないわけでは有りませんが」というのは、あるのかないのかどちらですか?

恥ずかしいことではありまえん。

逃げずに答えてください。

>>これまでのやりとりを踏まえ、記事をきちんとお読みいただければ、理解が進むものと認識しております。
>残念ながら、過去の記事にもやりとりの中の世捨人さんの発言にもヒントになるものが無いのです。

Xさんの読み込み不足との認識です。

あせらず落ち着いて勉強してください。

| 世捨人 | 2017/05/11 23:08 | URL |

Re: Re: フレームの強度

Xさん

>強度が必要な工業製品はいくらでもあるが、強度を理由に素材を限定することは無い。
>>交通の安全の確保のため、競技用自転車に限っては素材規制が必要との見解です。
>素材規制しても、強度は確保されません。 金属で出来ていれば、そのフレームは強度試験をしなくても良いとでも言うのですか。すべての鉄の棒は、すべての木の棒より強度があると言うのですか。
>>JIS規格化が必要との認識です。
>そもそも、このときに具体的に何が必要だと言ったのですか。
>>きちんと整理してください。
>私は、JIS規格に新しい規格を作成してフレームの強度に関する項目を記述するか、今ある規格にフレームの強度に関する項目を追加するかの どちらかのことだと思ったのですが違うのですか。
>>どちらを選択するかについては専門家を交えた第三者委員会の判断にゆだねたいとの認識です。
>無いと思っていたということですね。既にあります。読んで確認しました。

総論に賛意をいただいたところで、各論については専門家を交えた議論が肝腎との認識です。

>>それで、「JIS規格は強度に限定されないことについては、認識していただけたでしょうか。 」とはどういう意味だったのでしょうか。
>JIS規格の基準を満たしているかどうかは、試験をすればわかります。試験をして合格であればどんな素材で出来ていようと基準を満たしています。また、金属で出来ていようと試験を行わなければ、基準を満たしているかどうかわかりません。

JIS規格化にあたっては定義が必要との認識です。

>この試験は、自社で行うことも出来れば、それを行うための第3者機関もあります。信用してもらえる自信があれば自社で行えば良いし、第3者機関での合格をアピールしたいのであれば頼めば良い。

結局、何が言いたかったのですか?

>強度を理由に、素材を規制することに意味が無いことは解りましたか。

TSマークを愚弄しないでください。

| 世捨人 | 2017/05/11 23:09 | URL |

>>カーボン(炭素繊維)という素材の特性から、「強度に難点がある」「落雷の影響を受けやすい」という2点の理由で、自転車のフレームに用いることを禁じた。交通の安全と相いれないからだ。多くの勇者が反論を試みるも、記事内容を根底から覆すほどにいたっていない。
>根底から覆ってますが、それが理解できないだけでしょう。炭素繊維の引張強度は金属を超えてるし、単一方向繊維なので、縦方向・横方向に使用することにより、必要な方向に必要な強度を持たせることができます。

>経年劣化を考慮してください。
フルカーボンに乗るくらいの人なら経年劣化くらい分かって乗り換えるだろうし、何ならなんも考えないで乗られてるママチャリのほうが経年劣化だの整備不良だのがたくさんある。

>と!落雷ですが、カーボンだろうが金属だろうが、落ちるときは落ちる。確率で言えば同じです。落雷の危険性が高いというのならそれなりの根拠となる指標を出してもらいたいものです。妄想のみの思い込みが激しすぎ。

>カーボンという素材の性質をしっかり勉強してください。
今までそんな事故があったか?


>>それは、弾力性がないことだ。鉄のフレームに比べ衝撃吸収性がないため、長距離走行において人体の各部にダメージを与えているのだ。
>衝撃吸収性は、カーボン>>>>>金属です。

>根拠のない書き込みは厳禁です。
では何故カーボンフォークが多く使われているんですか?あなたカーボンフレームとか貧乏だから乗ったことないんでしょ

>強度と衝撃吸収性は別もの、カッチカチなカーボンバイクでも衝撃吸収性は金属より上です。クロモリフレームで軽量を目指していないロードバイクでもフロントフォークがカーボンだったりするのは、衝撃吸収性が良いためです。妄想記事楽しみにしてます。がんばってね!

>カーボンは鉄のフレームと比較して「弾力性」が劣るとしています。記事はしっかりお読みになったうえで書き込みをお願いします。汗だけでく恥をかくことになりますYO。
事故った時に割れるか曲がるかの違いであってそんな重要視するほどのことでもない

| うんこまん | 2017/05/30 01:13 | URL |

Re: タイトルなし

うんちさん

>>カーボン(炭素繊維)という素材の特性から、「強度に難点がある」「落雷の影響を受けやすい」という2点の理由で、自転車のフレームに用いることを禁じた。交通の安全と相いれないからだ。多くの勇者が反論を試みるも、記事内容を根底から覆すほどにいたっていない。
>根底から覆ってますが、それが理解できないだけでしょう。炭素繊維の引張強度は金属を超えてるし、単一方向繊維なので、縦方向・横方向に使用することにより、必要な方向に必要な強度を持たせることができます。

強度を高めれば重量が犠牲となるのは宿命であり、自転車フレームの売りである軽量化と相容れません。

>>経年劣化を考慮してください。
>フルカーボンに乗るくらいの人なら経年劣化くらい分かって乗り換えるだろうし、何ならなんも考えないで乗られてるママチャリのほうが経年劣化だの整備不良だのがたくさんある。

時速30キロ超で走行する競技用自転車が経年劣化によるフレーム破損すれば、取り返しのつかない事態となりかねないでしょう。

>と!落雷ですが、カーボンだろうが金属だろうが、落ちるときは落ちる。確率で言えば同じです。落雷の危険性が高いというのならそれなりの根拠となる指標を出してもらいたいものです。妄想のみの思い込みが激しすぎ。

航空機は落雷の影響を受けます。

>>カーボンという素材の性質をしっかり勉強してください。
>今までそんな事故があったか?

カーボン素材について考察を深めてください。

>>それは、弾力性がないことだ。鉄のフレームに比べ衝撃吸収性がないため、長距離走行において人体の各部にダメージを与えているのだ。
>衝撃吸収性は、カーボン>>>>>金属です。

金属は競技用自転車フレームで用いられないでしょう。

>>根拠のない書き込みは厳禁です。
>では何故カーボンフォークが多く使われているんですか?あなたカーボンフレームとか貧乏だから乗ったことないんでしょ

カーボンをうたい文句にすれば、売れるという皮算用でしょう。

>強度と衝撃吸収性は別もの、カッチカチなカーボンバイクでも衝撃吸収性は金属より上です。クロモリフレームで軽量を目指していないロードバイクでもフロントフォークがカーボンだったりするのは、衝撃吸収性が良いためです。妄想記事楽しみにしてます。がんばってね!

上述のとおりです。

>カーボンは鉄のフレームと比較して「弾力性」が劣るとしています。記事はしっかりお読みになったうえで書き込みをお願いします。汗だけでく恥をかくことになりますYO。事故った時に割れるか曲がるかの違いであってそんな重要視するほどのことでもない

何が起こるかわからないのが事故の恐ろしさです。

安全には万全を期してください。

| 世捨人 | 2017/05/31 15:23 | URL |

Re: Re: 落雷のリスク

>>リスクと言う言葉の意味とその使い方について、全く分かっていないようなので説明します。
>>>「リスクがある」を「確率が高い」などと解釈されていたxさんに、リスクの意味を調べてくださいとお願いしたところです。
>>調べるまでもなく解っていたことなので詳しく説明したのです。発生する確率が高い」ことは「リスクが高い」ことの一つの要素ですから、そちらの議論だけをするにあたり、「確率が高い」と表現することに何の誤りもありません。
>>>記事中に「リスクがある」とありますが、高い・低いについては言及しておりません。
>>「リスクがある」とは普通は「リスクの高さが、対策が必要とされるレベルを超えている」という意味で使われます。
>
>Xさんの常識は世間の非常識との謗りは免れませんね。

リスクの大きさは、発生確率と被害の大きさの積で表されると言うことは私にとっては常識レベルの知識です。
ただし一般の人にとっても常識であるとは思っていません。もっとわかりやすく教えてほしいのあればお教えします。



>>また、リスクの大きさは、発生する確率の高さと発生したときの被害の大きさの2つで決まります。
>>>「リスクは高い低いと言う表現をします」(by Xさん)。
>>間違いではなく、こういう表現をします。一般には英語でもハイリスクというように高い低いという表現をします。ただし、リスクを評価するときに限っては大きい小さいという表現をします。なぜかと言われても困りますが、意味もわかるしこれで問題ないからいいんでしょうね。私は初めから特に気になりませんでした。
>>>>リスクを評価するときに限って、英語では「ビッグリスク」「スモールリスク」という表現をするのでしょうか。
>>英語でbig risk,small riskという表現をしないわけでは有りませんが、リスクを評価のときにはhigh lowの表現を使っていますから、リスクを評価するときに限って大きい小さいという表現をするのは日本特有のようです。
>
>「しないわけでは有りませんが」というのは、あるのかないのかどちらですか?
>
>恥ずかしいことではありまえん。
>
>逃げずに答えてください。

はっきりと「リスクを評価するときに限って大きい小さいという表現をするのは日本特有」と答えています。
英語ではリスクを評価するときにもhigh,lowで表現します。
これは私が初めに言ったことに何も矛盾は有りません。

高いとか大きいとかの表現はどちらでも良いのです。

大切なのはリスクの大きさを、発生確率と被害の大きさで分けて議論できるかどうかです。

特に、落雷のリスクについては分けて議論しないと議論になりません。

| 自転車愛好家χ | 2017/06/01 21:03 | URL |

>Re: Re: フレームの強度

>>強度が必要な工業製品はいくらでもあるが、強度を理由に素材を限定することは無い。
>>>交通の安全の確保のため、競技用自転車に限っては素材規制が必要との見解です。
>>素材規制しても、強度は確保されません。 金属で出来ていれば、そのフレームは強度試験をしなくても良いとでも言うのですか。すべての鉄の棒は、すべての木の棒より強度があると言うのですか。
>>>JIS規格化が必要との認識です。
>>そもそも、このときに具体的に何が必要だと言ったのですか。
>>>きちんと整理してください。
>>私は、JIS規格に新しい規格を作成してフレームの強度に関する項目を記述するか、今ある規格にフレームの強度に関する項目を追加するかの どちらかのことだと思ったのですが違うのですか。
>>>どちらを選択するかについては専門家を交えた第三者委員会の判断にゆだねたいとの認識です。
>>無いと思っていたということですね。既にあります。読んで確認しました。
>
>総論に賛意をいただいたところで、各論については専門家を交えた議論が肝腎との認識です。

全く理解できていなかったようですね。

自転車のフレームの強度に関する基準は、既にJISに定められています。常識です。
定められていないと思う人はいません。いるとすれば、よほど知識も常識も無い変わり者だけです。

>
>>強度を理由に、素材を規制することに意味が無いことは解りましたか。
>
>TSマークを愚弄しないでください。

なぜ、TSマークを出してきたのでしょうか。TSマークを馬鹿にはしませんが、フレームの強度について議論をしているのにTSマークを出してきたことに対しては
馬鹿にするしかないです。

| 自転車愛好家χ | 2017/06/01 21:15 | URL |

Re: Re: Re: 落雷のリスク

Xさん

>リスクと言う言葉の意味とその使い方について、全く分かっていないようなので説明します。
>>「リスクがある」を「確率が高い」などと解釈されていたxさんに、リスクの意味を調べてくださいとお願いしたところです。
>調べるまでもなく解っていたことなので詳しく説明したのです。発生する確率が高い」ことは「リスクが高い」ことの一つの要素ですから、そちらの議論だけをするにあたり、「確率が高い」と表現することに何の誤りもありません。
>>記事中に「リスクがある」とありますが、高い・低いについては言及しておりません。
>「リスクがある」とは普通は「リスクの高さが、対策が必要とされるレベルを超えている」という意味で使われます。
>>Xさんの常識は世間の非常識との謗りは免れませんね。
>リスクの大きさは、発生確率と被害の大きさの積で表されると言うことは私にとっては常識レベルの知識です。

リスクとは、一般的に「危険性」と解釈されます。

「株式投資は元本割れのリスクがある」といったときに、「元本割れの確率が高い」と解釈するのは明らかな間違いです。

>ただし一般の人にとっても常識であるとは思っていません。もっとわかりやすく教えてほしいのあればお教えします。

固定観念にとらわれず、視野を広げてください。

>また、リスクの大きさは、発生する確率の高さと発生したときの被害の大きさの2つで決まります。
>>「リスクは高い低いと言う表現をします」(by Xさん)。
>間違いではなく、こういう表現をします。一般には英語でもハイリスクというように高い低いという表現をします。ただし、リスクを評価するときに限っては大きい小さいという表現をします。なぜかと言われても困りますが、意味もわかるしこれで問題ないからいいんでしょうね。私は初めから特に気になりませんでした。
>>リスクを評価するときに限って、英語では「ビッグリスク」「スモールリスク」という表現をするのでしょうか。
>英語でbig risk,small riskという表現をしないわけでは有りませんが、リスクを評価のときにはhigh lowの表現を使っていますから、リスクを評価するときに限って大きい小さいという表現をするのは日本特有のようです。
>>「しないわけでは有りませんが」というのは、あるのかないのかどちらですか?恥ずかしいことではありまえん。逃げずに答えてください。
>はっきりと「リスクを評価するときに限って大きい小さいという表現をするのは日本特有」と答えています。英語ではリスクを評価するときにもhigh,lowで表現します。これは私が初めに言ったことに何も矛盾は有りません。


「また、リスクの大きさは、発生する確率の高さと発生したときの被害の大きさの2つで決まります」(by Xさん)とご指摘は、リスクを評価したもので日本特有のものでしょうか?。

>高いとか大きいとかの表現はどちらでも良いのです。

ごまかさないでください。

>大切なのはリスクの大きさを、発生確率と被害の大きさで分けて議論できるかどうかです。特に、落雷のリスクについては分けて議論しないと議論になりません

落雷のリスクについて、総論に賛意をいただいたところで、各論については専門家を交えた第三者委員会を立ち上げて、必要に応じてワーキンググループ(WG)を設置し、議論を深めていただきたいとの認識です。

| 世捨人 | 2017/06/07 23:25 | URL |

Re: >Re: Re: フレームの強度

Xさん

>強度が必要な工業製品はいくらでもあるが、強度を理由に素材を限定することは無い。
>>交通の安全の確保のため、競技用自転車に限っては素材規制が必要との見解です。
>素材規制しても、強度は確保されません。 金属で出来ていれば、そのフレームは強度試験をしなくても良いとでも言うのですか。すべての鉄の棒は、すべての木の棒より強度があると言うのですか。
>>JIS規格化が必要との認識です。
>そもそも、このときに具体的に何が必要だと言ったのですか。
>>きちんと整理してください。
>私は、JIS規格に新しい規格を作成してフレームの強度に関する項目を記述するか、今ある規格にフレームの強度に関する項目を追加するかの どちらかのことだと思ったのですが違うのですか。
>>どちらを選択するかについては専門家を交えた第三者委員会の判断にゆだねたいとの認識です。
>無いと思っていたということですね。既にあります。読んで確認しました。
>>総論に賛意をいただいたところで、各論については専門家を交えた議論が肝腎との認識です。
>全く理解できていなかったようですね。自転車のフレームの強度に関する基準は、既にJISに定められています。常識です。定められていないと思う人はいません。いるとすれば、よほど知識も常識も無い変わり者だけです。強度を理由に、素材を規制することに意味が無いことは解りましたか。
>>TSマークを愚弄しないでください。
>なぜ、TSマークを出してきたのでしょうか。TSマークを馬鹿にはしませんが、フレームの強度について議論をしているのにTSマークを出してきたことに対しては馬鹿にするしかないです。

「素材規制しても、強度は確保されません」(by Xさん)ということで、JIS規格化を提唱しました。

「強度を理由に、素材を規制することに意味がない」(by xさん)ということで、でTSマークを愚弄しないでくださいと苦言を呈したところです。

しっかりと地に足をつけた議論を心がけてください。

| 世捨人 | 2017/06/07 23:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/523-cf21b0a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT