今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自転車は「合法クラクション」を甘受せよ

▼競技用自転車乗りは、道交法54条をゆがんで解釈している。ベルを鳴らすのは違法だと曲解しているのだ。で、鳴らされたくないし鳴らしたくないということで、自らもベルを装着しないという暴挙に出ている。

▼ドライバーは違う。クラクションは危険を回避するためのほか、意思伝達手段としてフル活用している。動画をみよ。信号待ちで停止中のRV。青信号に変わっても動く気配はない。このままでは追突する。そこですかさずクラクション。意図が通じたようですぐに動きだした。

▼注目はおわびの意味でハザードを点灯させたことだ。たとえ5秒であっても、交通の円滑を著しく阻害した罪は重いと自覚し、後続車に陳謝したのだ。この謙虚さこそ、お互いに気持ちよく道路を利用するため不可欠なのだ。

▼クラクションを連打するのはよくな い。長押しもよくない。が、軽く鳴らす場合は悪意はない。競技用自転車乗りは、交通安全のロードリーダーとして期待されている。車道を利用するなら「合法クラクション」を甘受せよ。




動画
関連記事

| 00:18 | コメント:32 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なかなか考えさせられる記事です。
まず「合法クラクション」の言葉が正しいのか?
最初の文にあるように、ここのコメント者たちは道交法54条を歪んで解釈しているようにしか見えない。
特にオアゾ。
条文をそのまま読んで、それと違っていたら違法なのか?
解釈の仕方は多様である。社会の変化によって変わってくる。
条文の文章をそのまま捉えていたら、例えば、憲法第9条を考えた場合、今話題の集団的自衛権どころか、自衛隊すら違憲になってしまう。
この点については、いろいろ意見はあるとは思いますが、実際に自衛隊は存在しているわけです。
話は脱線しましたが、私の「闘魂注入クラクション」は、長押し、連打でも受け入れられている。
憲法第9条と自衛隊との関係でいえば、合法だと思っている。
ところで世捨人殿に提案したいのだが、「合法クラクション」では、そもそもクラクションが違法だと思われる。
動画にあるようなクラクションは「親切クラクション」に呼び方を変えてみてはいかがだろうか?

| はげおやじ | 2015/07/10 02:10 | URL |

警笛の違法使用をしている凶悪犯の世捨て人さっさと自首してくれ



道路交通法第54条(警音器の使用等)第2項で規定されている通り、道路交通法第54条第1項各号で示されている警笛区間を通行する際には必ず使用しなければならず、それ以外の場合においては危険を防止するためにやむをえない場合以外には使用してはならない。これに違反した場合の罰則が同法第121条第1項第6号で規定されており、2万円以下の罰金又は科料に処するとされている。

警笛の無意味な使用はもちろんのこと、青信号などで前車の発進を促す時や低速走行の車に後車が警笛を鳴らす行為、後車が前車への抗議を表現するために警笛を鳴らす行為、車の到着を知らせるために警笛を鳴らす行為、いわゆるサンキューホーンなどは、上記の規制に違反し警笛の乱用(目的外使用)となるため違法である。

| 自転車は歩道 | 2015/07/10 03:28 | URL | ≫ EDIT

競技用自転車はバックミラーを装着していないので、追い抜く際に軽くクラクションを鳴らす事がありますかね。後方確認せずにいきなり進路変更するバカもいますから、危険防止の意味を含めてやってます。「合法クラクション」ですな。

あとベルの装着を徹底してほしいですね。法で装着が義務付けられているにも関わらず付けてない輩(やから)が多いです。ブルベやロングライドイベントなどに出る時は車検があるので、嫌々ながら付けているようですが…。

あいつら「警笛鳴らせ」の標識のあるところではどうしてるんですかね。
競技用自転車乗りは「自転車は車道」と寝言をほざく前に、まずは法を守れと。

| 自転車は歩道 | 2015/07/10 03:56 | URL |

| 自転車は歩道 | 2015/07/10 03:56 | URL |へ

警笛に関しては下に引用しました.
貴方の書き方だと,あたかも軽車両は「警笛鳴らせ」の標識のあるところで警笛を鳴らす必要があるように読めます.

世捨人並に無知のようですが,しっかり勉強しないと,実生活で恥をかきますよ?

-----
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S35/S35F03102010003.html

道路標識、区画線及び道路標示に関する命令
(昭和三十五年十二月十七日総理府・建設省令第三号)

警笛鳴らせ (328)
交通法第五十四条第一項第一号の道路標識により、車両(自転車以外の軽車両を除く。以下この項及び次項において同じ。)及び路面電車が警音器を鳴らさなければならない場所を指定すること。
-----

~~~
車道を走っているとたまに,「自転車は歩道を通らないと行け無い」と『無知な』ドライバーに,『高圧的に』言われる事があります.(赤信号で停まってるときとか)
そして,法律でこうなってますと言っても,『そんなわけ無い』『私は免許を持ってるんだぞ』と思い込みを訂正せずに,あたかもこっちが悪いかのように言うだけ言って,走り去ってしまいます.

私も免許持ってますし,このように「自称ジャーナリスト」とか「自転車は歩道 | 2015/07/10 03:56 」以上には道路交通法等に精通してます.
勝手な思い込みで発言するのはいいですが,嫌な思いをするのは正しく遵法的で・エチケットのある私みたいな人間です.
そこのところ,もう一度考えて見てください.

| こじま | 2015/07/10 09:33 | URL |

はげおやじさん | 2015/07/10 02:10 |へ

>特にオアゾ。条文をそのまま読んで、それと違っていたら違法なのか?

「法」と「違え」ば、「違法」でしょう。

文言通りです。


>解釈の仕方は多様である。社会の変化によって変わってくる。条文の文章をそのまま捉えていたら、例えば、憲法第9条を考えた場合、今話題の集団的自衛権どころか、自衛隊すら違憲になってしまう。
この点については、いろいろ意見はあるとは思いますが、実際に自衛隊は存在しているわけです。

刑罰という重大な法益侵害を伴う実質的刑法である道路交通法は、罪刑法定主義から条文の文言から外れる類推解釈は許されません。それこそ違憲となります。

なお、憲法 第9条は、「国際紛争を解決する手段として」の「国権の発動たる戦争」と「武力による威嚇又は武力の行使」を放棄し、「国際紛争を解決する」目的を達するための「陸海空軍その他の戦力は、保持しない」としているだけのことです。

「自衛」のための「戦力保持」、「戦争」、「威嚇」、「武力の行使」は、条文に書いてあるとおり、何ら問題ありません。

自転車乗りも日本国も「自分の身は自分で守る」という動物的本能を否定することはできません。


話は脱線しましたが、私の「闘魂注入クラクション」は、長押し、連打でも受け入れられている。
憲法第9条と自衛隊との関係でいえば、合法だと思っている。
ところで世捨人殿に提案したいのだが、「合法クラクション」では、そもそもクラクションが違法だと思われる。
動画にあるようなクラクションは「親切クラクション」に呼び方を変えてみてはいかがだろうか?

|

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/07/10 13:31 | URL |

はげおやじさん | 2015/07/10 02:10 |へ

中途半端な返しとなり、失礼しました。

>話は脱線しましたが、私の「闘魂注入クラクション」は、長押し、連打でも受け入れられている。憲法第9条と自衛隊との関係でいえば、合法だと思っている。

はげおやじさんの「闘魂注入クラクション」は、受け入れられているのではなく、聞き流され、無視されているだけのことでしょう。

憲法第9条を持ち出すまでもなく、「危険を防止するためやむを得ないとき」以外の警音器の使用は禁止されています。

>ところで世捨人殿に提案したいのだが、「合法クラクション」では、そもそもクラクションが違法だと思われる。
動画にあるようなクラクションは「親切クラクション」に呼び方を変えてみてはいかがだろうか?

呼び方をどうかえようと「「危険を防止するためやむを得ないとき」以外の警音器の使用は違法です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/07/10 14:43 | URL |

程度問題なんだよね

確かに、この動画の様な状況もある。
クラクションが有効な場面(緊急時の衝突回避)もあり、そうでない場合(悪意の嫌がらせ)もある。
ただし、それを一律化するのは貴殿ではない。
し、一律化はできない。ケースバイケースだ。つまり、このような記事は意味をなさない。書く必要性はない。

| ヒロ | 2015/07/11 00:36 | URL |

ヒロさん | 2015/07/11 00:36 |へ

>程度問題なんだよね 確かに、この動画の様な状況もある。クラクションが有効な場面(緊急時の衝突回避)もあり、そうでない場合(悪意の嫌がらせ)もある。ただし、それを一律化するのは貴殿ではない。 し、一律化はできない。ケースバイケースだ。つまり、このような記事は意味をなさない。書く必要性はない。

スピードの危険性を示す公式を説明できない似非物理自慢の方々には程度問題で誤魔化すしかありませんね。

今回の動画はセッカチな後続車両の世捨人さんが先行車両が発進していないにも関わらず、勝手に発進して追突しそうになり、慌てて減速するとともに、違法なクラクションを鳴らしただけのことです。

先行車両が発進しない場合は、後続車両は安全な速度と方法で追い越していくか、図体ばかりが大きくて身動きが取れないのであれば、大人しく先行車両の後ろに追随することです。

ブーブー・ビービーとクラクションを鳴らすことは、歩行者や自転車乗りや付近の住民にとっては、騒音公害でしかありません。

巾60センチとスマートな自転車は、発進出来ない自動車の渋滞の列を横目に、車道左端をすり抜けて行くだけのことです。

しかし、今回は、発進しなかった先行車両のドライバーが反社会的勢力に属する方でなくて良かったですね。

違法なクラクションで暴力沙汰になる危険性の方が、程度問題としては、よっぽど大きいのかも知れません。

さて、この場合の安全と円滑の天秤を物理の公式で示せるのかしら?

もしかすると、赤信号に変わった横断歩道を渡りきれずにいる高齢者や障害者などがいたのかも知れません。

先行車両が発進しない事情も確認出来ない後続車両が偉そうにクラクションを鳴らすことは、やはり、違法です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/07/11 13:25 | URL |

自動車による身勝手なクラクションは警音器使用制限違反という交通犯罪行為ですし
クラクションにより歩行者や自転車を驚かせ転倒させれば傷害罪や暴行罪が成立します。
自動車ドライバーは、交通刑務所に行きたくなければ、クラクションよりブレーキペダルに神経を集中させましょう。

交通安全根本対策は自動車抑制にあり
http://greentoptube.hatenablog.com/

| 佐藤 | 2015/07/12 08:48 | URL | ≫ EDIT

ときどきオアゾツーキニスト殿

>はげおやじさんの「闘魂注入クラクション」は、受け入れられているのではなく、聞き流され、無視されているだけのことでしょう

私のヤンキーホーン仕様の闘魂注入クラクションは効果ありますよ。
こないだもチンタラへろへろ走っているローディ集団がいたので一発「ブォン!」とかましたら、みんな「ビクンッ」となって以後は背筋をしっかり伸ばして走ってましたよ。

>「危険を防止するためやむを得ないとき」以外の警音器の使用は禁止されています。

ご心配なく。私は法律に従い闘魂注入クラクションを運用しています。

ところで余談だが、今日、堤防道路を走っていたら、10台のローディー集団に出くわした。
最後列のリーダーらしき人以外は初心者らしく、チンタラへろへろ走っていたよ。
リーダーらしき人物、後方を走る私のフェアレディZ(シルバー)に気付いたのか、前方に呼び掛けて自転車をいったん停止させて、私に頭を下げて道を譲ってきた。
あまりにも感心な行動だったので、ウインドウを開けて「ごくろうさんです。がんばってください」と激励しました。
久しぶりにさわやかな気持ちになりましたよ。
私だって、闘魂注入クラクションばかり運用せず、認める人は認めています。
そして、自転車競技界のレベルアップ、日本の交通安全を願っています。




| はげおやじ | 2015/07/13 02:41 | URL |

はげおやじさん | 2015/07/13 02:41 |へ

>>はげおやじさんの「闘魂注入クラクション」は、受け入れられているのではなく、聞き流され、無視されているだけのことでしょう
>私のヤンキーホーン仕様の闘魂注入クラクションは効果ありますよ。こないだもチンタラへろへろ走っているローディ集団がいたので一発「ブォン!」とかましたら、みんな「ビクンッ」となって以後は背筋をしっかり伸ばして走ってましたよ。

「「危険を防止するためやむを得ないとき」以外の警音器の使用は違法です。


>>「危険を防止するためやむを得ないとき」以外の警音器の使用は禁止されています。
>ご心配なく。私は法律に従い闘魂注入クラクションを運用しています。

チンタラへろへろ走っているローディ集団には、「危険を防止するためやむを得ないとき」に該当するほどの危険性はないでしょう。


>ところで余談だが、今日、堤防道路を走っていたら、10台のローディー集団に出くわした。最後列のリーダーらしき人以外は初心者らしく、チンタラへろへろ走っていたよ。リーダーらしき人物、後方を走る私のフェアレディZ(シルバー)に気付いたのか、前方に呼び掛けて自転車をいったん停止させて、私に頭を下げて道を譲ってきた。あまりにも感心な行動だったので、ウインドウを開けて「ごくろうさんです。がんばってください」と激励しました。久しぶりにさわやかな気持ちになりましたよ。私だって、闘魂注入クラクションばかり運用せず、認める人は認めています。そして、自転車競技界のレベルアップ、日本の交通安全を願っています。

素晴らしい。

しかし、自転車が停止して道を譲らなければならない程の狭い堤防道路をわざわざ通行されていたということは、のんびり川面の風景を楽しまれてたかったのでしょうから、10台のロードバイクの後ろを大人しくのんびりとゆっくりゆったりと追随するのも一興でしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/07/13 09:29 | URL |

ときどきオアゾツーキニスト殿

>>自転車競技界のレベルアップ、日本の交通安全を願っています。
>素晴らしい。

私の闘魂注入クラクション含む交通安全への取り組みに賛同いただき光栄です。

| はげおやじ | 2015/07/14 01:00 | URL |

はげおやじさん | 2015/07/14 01:00 |へ

>自転車競技界のレベルアップ、日本の交通安全を願っています。
>>素晴らしい。
>私の闘魂注入クラクション含む交通安全への取り組みに賛同いただき光栄です。

えっ?

最後列のリーダーらしき人物は、はげおやじさんに「闘魂注入クラクション」鳴らされずとも、狭い堤防道路に入り込んできた傍迷惑なはげおやじさんのポンコツ車両に気付き、道を譲ったのでしょう。

「闘魂注入クラクション」など全く不要である実例として、素晴らしい。ということです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/07/14 10:12 | URL |

>「闘魂注入クラクション」など全く不要である実例として、素晴らしい。

↑を書いてなかったんだから,誤解されても仕方ない.
いつもの事だが,あんたの書き方が悪い.
日本語勉強しなおした方がいい.

| こじま | 2015/07/14 17:43 | URL |

Re: タイトルなし

はげおさん

>なかなか考えさせられる記事です。 まず「合法クラクション」の言葉が正しいのか? 最初の文にあるように、ここのコメント者たちは道交法54条を歪んで解釈しているようにしか見えない。 特にオアゾ。 条文をそのまま読んで、それと違っていたら違法なのか? 解釈の仕方は多様である。社会の変化によって変わってくる。条文の文章をそのまま捉えていたら、例えば、憲法第9条を考えた場合、今話題の集団的自衛権どころか、自衛隊すら違憲になってしまう。この点については、いろいろ意見はあるとは思いますが、実際に自衛隊は存在しているわけです。話は脱線しましたが、私の「闘魂注入クラクション」は、長押し、連打でも受け入れられている。憲法第9条と自衛隊との関係でいえば、合法だと思っている。 ところで世捨人殿に提案したいのだが、「合法クラクション」では、そもそもクラクションが違法だと思われる。動画にあるようなクラクションは「親切クラクション」に呼び方を変えてみてはいかがだろうか?

クラクションは違法という歪んだ解釈を信じて、警音器の使用を躊躇している輩(やから)もいることでしょう。クラクションは必ずしも違法でないことを世に知らしめたいという思いを込め、合法という文言を断腸の思いで使用させていただきました。もっとも、クラクションを理由に検挙された事例はほとんどないでしょう。自信をもってください。

| 世捨人 | 2015/07/15 22:33 | URL |

Re: タイトルなし


>警笛の違法使用をしている凶悪犯の世捨て人さっさと自首してくれ ↓道路交通法第54条(警音器の使用等)第2項で規定されている通り、道路交通法第54条第1項各号で示されている警笛区間を通行する際には必ず使用しなければならず、それ以外の場合においては危険を防止するためにやむをえない場合以外には使用してはならない。これに違反した場合の罰則が同法第121条第1項第6号で規定されており、2万円以下の罰金又は科料に処するとされている。 警笛の無意味な使用はもちろんのこと、青信号などで前車の発進を促す時や低速走行の車に後車が警笛を鳴らす行為、後車が前車への抗議を表現するために警笛を鳴らす行為、車の到着を知らせるために警笛を鳴らす行為、いわゆるサンキューホーンなどは、上記の規制に違反し警笛の乱用(目的外使用)となるため違法である。

自転車の歩道通行と同様に、クラクションを理由に検挙されるのは現状、考えにくいでしょう。

| 世捨人 | 2015/07/15 22:34 | URL |

Re: タイトルなし

>競技用自転車はバックミラーを装着していないので、追い抜く際に軽くクラクションを鳴らす事がありますかね。後方確認せずにいきなり進路変更するバカもいますから、危険防止の意味を含めてやってます。「合法クラクション」ですな。

人道的との声があってもよいでしょう。

>あとベルの装着を徹底してほしいですね。法で装着が義務付けられているにも関わらず付けてない輩(やから)が多いです。ブルベやロングライドイベントなどに出る時は車検があるので、嫌々ながら付けているようですが…。

当ブログでは「ミュージックホーン」を推奨しております。
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-514.html

>あいつら「警笛鳴らせ」の標識のあるところではどうしてるんですかね。 競技用自転車乗りは「自転車は車道」と寝言をほざく前に、まずは法を守れと。

自らの存在を示すためにも、ミュージックホーンは絶対です。

| 世捨人 | 2015/07/15 22:36 | URL |

Re: 程度問題なんだよね

ヒさん

>確かに、この動画の様な状況もある。 クラクションが有効な場面(緊急時の衝突回避)もあり、そうでない場合(悪意の嫌がらせ)もある。 ただし、それを一律化するのは貴殿ではない。 し、一律化はできない。ケースバイケースだ。つまり、このような記事は意味をなさない。書く必要性はない。

自転車問題におけるタブーに切り込んだわけで、評価されるべきでしょう。

| 世捨人 | 2015/07/15 22:40 | URL |

Re: タイトルなし

佐さん

>自動車による身勝手なクラクションは警音器使用制限違反という交通犯罪行為ですし クラクションにより歩行者や自転車を驚かせ転倒させれば傷害罪や暴行罪が成立します。 自動車ドライバーは、交通刑務所に行きたくなければ、クラクションよりブレーキペダルに神経を集中させましょう。交通安全根本対策は自動車抑制にあり http://greentoptube.hatenablog.com/

自転車の歩道走行と同様に、クラクションを理由に検挙されるのは現状、考えにくいでしょう。

| 世捨人 | 2015/07/15 22:43 | URL |

>クラクションを理由に検挙されるのは現状、考えにくいでしょう。

えっ?
高校の時、クラクション鳴らしてキップ切られているクルマ見ましたけど。やっぱり嘘つき妄想ジャーナリスト全開ですね

しかし、ヤンキーホーンって死語だな。

| あ | 2015/07/15 23:39 | URL |

はいはい、要はあなたの交通ルール対する考えはすべて正しいってことね?(笑)
あなたのyoutubeチャンネルも一応見たけどGOODとbadの比率が圧倒的にbadに傾いてるね(笑)

| 自転車は歩道 | 2015/07/20 10:50 | URL |

Re: タイトルなし

ぁさん

>>クラクションを理由に検挙されるのは現状、考えにくいでしょう。
>えっ?高校の時、クラクション鳴らしてキップ切られているクルマ見ましたけど。やっぱり嘘つき妄想ジャーナリスト全開ですね しかし、ヤンキーホーンって死語だな。

スピード違反、一時停止義務違反など交通違反は多様ですので、当該ドライバーもしくは警察官に確認をとらなければ断定できないでしょう。出まかせは絶対におやめください。

| 世捨人 | 2015/07/22 22:30 | URL |

Re: タイトルなし

>はいはい、要はあなたの交通ルール対する考えはすべて正しいってことね?(笑)

交通安全に資する提言であると自負しております。

>あなたのyoutubeチャンネルも一応見たけどGOODとbadの比率が圧倒的にbadに傾いてるね(笑)

いつも騒ぐのは規制対象者です。

| 世捨人 | 2015/07/22 22:42 | URL |

>出まかせは絶対におやめください。

あらら。
自分は常に「でしょう。」という推測なのに
人の実談は出まかせ呼ばわりですか。

断固謝罪を要求します。

パトカーは、しっかりと「いまクラクションを鳴らしたクルマ止まりなさい。」
と言っていました。

妄想おやじは、人の言うことは、全て嘘、自分の嘘は全て真実だと思っているんですよね。
妄想嘘つきジャーナリスト。

| あ | 2015/07/30 23:54 | URL |

Re: タイトルなし

ぁさん

>>出まかせは絶対におやめください。
>あらら。自分は常に「でしょう。」という推測なのに人の実談は出まかせ呼ばわりですか。断固謝罪を要求します。

「推測」と「出まかせ」は別ものです。

>パトカーは、しっかりと「いまクラクションを鳴らしたクルマ止まりなさい。」と言っていました。

「クラクション違反ですよ」と言ってないわけですね。反則切符を切られるところまで確認しましたか。

>妄想おやじは、人の言うことは、全て嘘、自分の嘘は全て真実だと思っているんですよね。妄想嘘つきジャーナリスト。

ぁさんは嘘が下手くそですが、これは決して悪いことではありません。落ち込まないでください。

| 世捨人 | 2015/08/05 23:16 | URL |

>「クラクション違反ですよ」と言ってないわけですね。反則切符を切られるところまで確認しましたか。

したよ。
ウチの高校でしばらく話題になってたからね。
随分前の話ですが、それから法律変わっていませんね。
さらにそのような行為に対する批判が増えています。
当時売っていた、「ヤンキーホーン」なるものは全く見かけなくなりました。
いまはせいぜい「ユーロホーン」ですね、売っているのは。

| あ | 2015/08/06 00:12 | URL |

2015年7月10日は「7・10ショック」として歴史に刻まれようか。世捨て人がこのブログで競技用自転車の車道走行を認めた日だ。

▼クラクションを連打するのはよくない。長押しもよくない。が、軽く鳴らす場合は悪意はない。競技用自転車乗りは、交通安全のロードリーダーとして期待されている。車道を利用するなら「合法クラクション」を甘受せよ。

上記記事引用部を見よ!
「合法クラクション」を甘受するならば、車道を利用してもよいと語っているのだ!

競技用自転車の車道走行を認め、「競技用自転車乗りは、交通安全のロードリーダーとして期待されている」とまで書いたこの記事は、「競技用自転車は危ない」「自転車は歩道を走行せよ」という趣旨の記事ばかりの世捨人のブログの中で異彩を放ち続けている。

クラクションをむやみに鳴らすのは道路交通法54条第2項から見ても褒められた行為ではないが、世捨人が自転車の車道通行を認める妥協点が、「合法クラクションの甘受」なのであろう。

そう考えると、感慨深い記事である。

| 自転車は車道 | 2015/08/08 03:14 | URL |

こじまさん | 2015/07/14 17:43 |へ

>>「闘魂注入クラクション」など全く不要である実例として、素晴らしい。
>↑を書いてなかったんだから,誤解されても仕方ない.
いつもの事だが,あんたの書き方が悪い.
日本語勉強しなおした方がいい.

はげおやじさんは、「闘魂注入クラクション」など全く不要である実例となってしまっていることに気付いていらっしゃるからこそ、無理やり「闘魂注入クラクション含む」という文言をぶっ込んできていらっしゃるのです。

チンタラへろへろ走っているローディ集団など堤防道路であろうと何処であろうと、「危険を防止するためやむを得ないとき」に該当しないのですから当然のことです。

書く必要のない文言は、あえて書かずに、はげおやじさんに気付きを与えてあげることも「文言が全て」となるコメント欄の楽しみ方の一つです。

言外の意味を読み取れないこじまさんには、難しすぎますかね。

まあ、頑張れ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/08 12:49 | URL |

Re: タイトルなし

ぁさん

>>「クラクション違反ですよ」と言ってないわけですね。反則切符を切られるところまで確認しましたか。
>したよ。ウチの高校でしばらく話題になってたからね。

警察官およびドライバーに確認しましたか。

>随分前の話ですが、それから法律変わっていませんね。

ずいぶんまえの話なので記憶が不確かではありませんか。

>さらにそのような行為に対する批判が増えています。

初耳です。

>当時売っていた、「ヤンキーホーン」なるものは全く見かけなくなりました。

健在です。

>いまはせいぜい「ユーロホーン」ですね、売っているのは。

よかったね。

| 世捨人 | 2015/08/20 00:03 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>2015年7月10日は「7・10ショック」として歴史に刻まれようか。世捨て人がこのブログで競技用自転車の車道走行を認めた日だ。

当ブログは道交法に準拠しております。

>▼クラクションを連打するのはよくない。長押しもよくない。が、軽く鳴らす場合は悪意はない。競技用自転車乗りは、交通安全のロードリーダーとして期待されている。車道を利用するなら「合法クラクション」を甘受せよ。上記記事引用部を見よ!「合法クラクション」を甘受するならば、車道を利用してもよいと語っているのだ!

歩道の自転車がいたずらに車道に出ることを阻止するときに活用できるでしょう。

>競技用自転車の車道走行を認め、「競技用自転車乗りは、交通安全のロードリーダーとして期待されている」とまで書いたこの記事は、「競技用自転車は危ない」「自転車は歩道を走行せよ」という趣旨の記事ばかりの世捨人のブログの中で異彩を放ち続けている。

身体がむきだしとなり走行が不安定な自転車は、危険な乗り物であることに何ら変わりはありません。

>クラクションをむやみに鳴らすのは道路交通法54条第2項から見ても褒められた行為ではないが、世捨人が自転車の車道通行を認める妥協点が、「合法クラクションの甘受」なのであろう。そう考えると、感慨深い記事である。

車道走行の自転車に危険を知らしめるための「合法クラクション」もありでしょう。

| 世捨人 | 2015/08/20 00:25 | URL |

>当ブログは道交法に準拠しております。

自転車に乗る際は道交法に従い車道を走ります。

>歩道の自転車がいたずらに車道に出ることを阻止するときに活用できるでしょう。

自転車で車道に出る際はタイミングを計って車道に出ます。

>身体がむきだしとなり走行が不安定な自転車は、危険な乗り物であることに何ら変わりはありません。

体を守るためにヘルメットをしっかりつけて、安定した走行を心がけたいですね。

>車道走行の自転車に危険を知らしめるための「合法クラクション」もありでしょう。

道路交通法54条第2項をしっかり守ってください。

| 自転車は車道 | 2015/08/25 23:53 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>>当ブログは道交法に準拠しております。
>自転車に乗る際は道交法に従い車道を走ります。

自転車の歩道通行は法律(道交法63条の4)で認められています。

>>歩道の自転車がいたずらに車道に出ることを阻止するときに活用できるでしょう。
>自転車で車道に出る際はタイミングを計って車道に出ます。

タイミングが悪すぎます。

>>身体がむきだしとなり走行が不安定な自転車は、危険な乗り物であることに何ら変わりはありません。
>体を守るためにヘルメットをしっかりつけて、安定した走行を心がけたいですね。

身体を守るには防護服(プロテクター)が必要でしょう。

>>車道走行の自転車に危険を知らしめるための「合法クラクション」もありでしょう。
>道路交通法54条第2項をしっかり守ってください。

「合法クラクション」を甘受してくださいと、記事で訴えたところです。

| 世捨人 | 2015/08/26 22:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/521-353b65b8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT