今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

競技用自転車に「ロールバー」を義務づけよ

▼競技用自転車の乗員は、ドロップハンドルの特性から、きつい前掲姿勢を強いられながら運転することになる。重心が前方に偏っている状態なので、下り坂はもちろん平地においてもブレーキ操作によっては自転車もろとも大回転する危険性をはらんでいる。

▼ビンディングシューズで足がペダルに固定された状態であれば、柔道のともえ投げをかけられたようにアスファルトの道路に強打するのは火を見るより明らかだ。一歩間違えれば脊つい損傷など取り返しのつかない事態となりかねない。

▼ところで、レーシングカーの車内には「ロールバー」なる補強措置が施されている。転倒や衝突時に車体が押しつぶされドライバーが救出できない事態を避けるためだ。自転車にも通ずる乗員保護対策でなかろうか。

▼そこで、前転から身を守るため競技用自転車に「ロールバー」を義務づけてみてはどうか。ハンドルステムからシートポストへアーチを描くように取り付けるのだ(画像参照)。走行中、トラックの荷台など落下物からも背骨を守ってくれよう。法改正が待たれる。


乗員を包むようにロールバーがアーチを描く
関連記事

| 00:07 | コメント:43 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

「ロールバー」とは秀逸な発想ですなあ。さすがは世捨人様!
われわれ凡人には思いもよらぬ発想を次々と連発なさいます。天才とはこのことか。

衝撃から身を守るロールバーですが、そのまま付けただけでは衝撃を受けた際に体が前方に投げ出されるので、
シートベルトみたいなものでフレームと体を拘束する必要がありますね。
また、横方向からの衝撃を緩和する為に、サイドバンパーを付けるのも一案かと。

「立ちこぎができない」「視界が悪くなる」などの弊害もありましょうが、安全には代えられませんからね。
法改正を待ちましょう!

| 自転車は歩道 | 2015/04/16 02:50 | URL | ≫ EDIT

サイクリング禁止反対

↑“|世捨人|派”のカスのクズ.

| マイロネフ | 2015/04/16 05:40 | URL | ≫ EDIT

サイクリング禁止反対

ブレーキをかけた拍子に自転車ごと前転するなんていうのは,ブレーキのかけ方がドベタだからだ.
あんな視界を遮るものを取り付けたらかえって危険だ.

| マイロネフ | 2015/04/16 05:48 | URL | ≫ EDIT

オモロオモロw
基地オモローwww

| わろ田 | 2015/04/16 08:36 | URL |

それ以前に、前傾姿勢になっているかといって前輪に荷重が行くとは限らない。
どの自転車でも荷重のほとんどが、ペダルとサドルで支えている。バランスが崩れるほどハンドルに荷重をけるのは不可能と言っても良い。
ブレーキで前転する可能性ですが、前転するにはブレーキとタイヤのグリップでブレーキの力が勝りタイヤがロックする場合に可能性があります、逆の場合は減速していきます。タイヤがロックされない限りは進む力に軸の回転力が使われ、上方向(フレーム等の回転方向)に力が働かないからですね。
ここで矛盾が一つ発生します。前転すると訴えた内容で前の訴えであるキャリパーブレーキがブレーキ力が弱い。といった内容との矛盾ですね。タイヤがロックするほどのブレーキ力があると今回は訴えています。この矛盾をどのように説明するのでしょうか??
それと、ロールバーを付ける事で重心位置が上方向に移動します。重心が上になることで、車両はバランスを崩しやすくなり、転倒の危険性が増加します。安全になるように設置したものが逆に事故を誘発するものとなります。交通安全を推奨するのに、事故の発生要因を増やすとはどのような考えなのでしょうか。
今回の提言で唯一分かるとすれば、ビンディング使用時の転倒でしょうか。巴投げはべつとして、前方の急停車により『立ちごけ』は経験があります。これにより、一般車と比べて急制動をかけられると転倒の危険性がありますね。

| スポーツバイク乗り | 2015/04/16 09:05 | URL |

これは自転車乗りの視認性が悪くなる。却下。

| K | 2015/04/16 15:24 | URL |

記事の内容は読むに足りないので論外として。

誤認しているようなので、
1、ハンドルステム
写真のロールバー?はハンドルステムではなく「ヘッドチューブ」に接続されています。
ステムにチューブなんか付けたらハンドルが回せず、走行できません。
2、シートチューブ
写真を見た限り「シートチューブ」にロールバー?は接続されていません。
自転車の構造が特殊なので合っているか微妙ですが、「チェーンステー」ないし、「シートステー」に接続されているように見えますが。

>走行中、トラックの荷台など落下物から…
道路交通法違反です。道路交通法(第71条第4号の2)「積載物の転落・飛散の防止措置義務」(違反)
くれぐれも荷が落ちないよう注意する義務がドライバーには課せられていますのでよろしくおねがいいたします。

さらっと読んだだけでこれだけツッコミ所があるジャーナリストの記事はそうそう無いでしょう。

さすが世を捨てた人だけある、世の中の事をこれっぽっちも解っておらっしゃらない。(笑)

| あはん | 2015/04/16 19:01 | URL |

重心が高くなるので、横方向の転倒の危険性を増すのではないのかな?

| 帰ってきたけど偽者? | 2015/04/16 20:26 | URL |

根本的な間違いとして、物体の状態を表す3軸は…

左右の傾きを『ロール』ハンドルにてタイヤを左右に振るのを『ヨー』そして前下がりに成ったり後ろ下がりに成ったりするのは『ピッチ』と言うので、コレは『ロールバー』ではなく、『ピッチバー』だね。

実用性については、サヨウナラだなぁ。

| ヒロ | 2015/04/16 20:53 | URL |

突っ込みを楽しもう。>競技用自転車の乗員は、ドロップハンドルの特性から、きつい前掲姿勢を強いられながら運転することになる。

誤認。
車体設計やポジション次第であって「ドロップハンドルの特性」にはよらない。

~~~
>重心が前方に偏っている状態なので、下り坂はもちろん平地においてもブレーキ操作によっては自転車もろとも大回転する危険性をはらんでいる。

①大回転:回転とはどう違うのか?過大事故への印象操作ではないか?
②「~という危険性をはらんでいる」という表現は誤りではないが、それほど意味のある表現ではない。
それをいうなら重心が後方にあるママチャリや4輪の自動車ですら、傷害物の位置・形状と速度によっては「回転する危険性をはらんでいる」事を理由として,同じ提言をしないと主張が一貫しない可能性がある。

~~~
>ビンディングシューズで足がペダルに固定された状態であれば、柔道のともえ投げをかけられたようにアスファルトの道路に強打するのは火を見るより明らかだ。

「回転」を前提とするなら,ビンディングシューズの有無に関わらず「柔道の(略)に強打」は発生します。
よって「競技用自転車?」だけに提言する意味がなければ,記事の主張は曖昧なままです.

~~~
>レーシングカーの車内には「ロールバー」なる補強措置が施されている。転倒や衝突時に車体が押しつぶされドライバーが救出できない事態を避けるためだ。自転車にも通ずる乗員保護対策でなかろうか。

①自転車で「転倒・投げ出される」状態を前提としていたのに,「押しつぶされ」状態に摩り替えている。
②自転車に押しつぶされかつ,救出できない事態はおきるのか?
③②を前提としておきない事象を「通ずる」とするのは無意味ではないか?

~~~
>ハンドルステムからシートポストへ
別の方が指摘。名称間違い・勉強不足

~~~
>前転から身を守るため競技用自転車に「ロールバー」

なら「レーシングカー」での「通ずる」は少なくとも嘘.
そもそもいらないくだりですね.無駄ボーン

~~~


>トラックの荷台など落下物からも背骨を守ってくれよう。

なんだこれ?どういう状況?

| こじま | 2015/04/16 22:06 | URL |

サイクリング禁止反対

まだこれの方がましだろう.

http://blog.cycleroad.com/

| マイロネフ | 2015/04/17 05:55 | URL | ≫ EDIT

ヨイショ君へ

>われわれ凡人には思いもよらぬ発想を次々と連発なさいます。天才とはこのことか。

発想もなにもどこからか拾ってきた写真みて適当にホザイているだけじゃないか。

>衝撃から身を守るロールバーですが

残念、ロールバー(自動車)は衝撃から「体」を守るものではありません。

>シートベルトみたいなものでフレームと体を拘束する必要がありますね。

世捨はビンディングペダルを緊急時とっさに足が抜けないから危険であるから禁止(勝手に言っているだけだが)していますので論外です。

>また、横方向からの衝撃を緩和する為に、サイドバンパーを付けるのも一案かと。

つい最近「ヤクルト仕様」だかなんだかで散々叩かれてもまだ懲りないんですね。

>「立ちこぎができない」「視界が悪くなる」などの弊害もありましょうが

弊害がある以上安全性は担保されません。

世捨人張りのど阿呆がここに居たという結論で。

| ★ | 2015/04/17 13:45 | URL |

最近お笑い路線になってきたけど大丈夫ですか?

| あ | 2015/04/18 16:09 | URL |

自転車載動画 追越し幅寄せ接触事故
https://www.youtube.com/watch?v=ik1xoZHwyqM
この動画の件、どう思われますか?
できれば記事で取り扱っていただきたいのですが。

| 自転車は歩道 | 2015/04/19 16:01 | URL |

Re: タイトルなし


>「ロールバー」とは秀逸な発想ですなあ。さすがは世捨人様!われわれ凡人には思いもよらぬ発想を次々と連発なさいます。天才とはこのことか。

99%は努力かと思います。

> 衝撃から身を守るロールバーですが、そのまま付けただけでは衝撃を受けた際に体が前方に投げ出されるので、シートベルトみたいなものでフレームと体を拘束する必要がありますね。 また、横方向からの衝撃を緩和する為に、サイドバンパーを付けるのも一案かと。

軽量で余分なものがない競技用自転車は、いろいろパーツが設置できるのが利点ですね。

>「立ちこぎができない」「視界が悪くなる」などの弊害もありましょうが、安全には代えられませんからね。 法改正を待ちましょう!

弊害があろうと、安全を優先してもらいたいです。

| 世捨人 | 2015/04/22 22:17 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>ブレーキをかけた拍子に自転車ごと前転するなんていうのは,ブレーキのかけ方がドベタだからだ. あんな視界を遮るものを取り付けたらかえって危険だ.

前転は重心が前方に偏るドロップハンドル自転車の宿命でしょう。安全には万全を期してください。

| 世捨人 | 2015/04/22 22:18 | URL |

Re: タイトルなし

乗りさん

> それ以前に、前傾姿勢になっているかといって前輪に荷重が行くとは限らない。

前輪への荷重は、制動時に顕著でしょう。

> どの自転車でも荷重のほとんどが、ペダルとサドルで支えている。バランスが崩れるほどハンドルに荷重をけるのは不可能と言っても良い。

きつい前掲姿勢となるドロップハンドルに荷重をかければ、それだけ重心が偏ります。

>ブレーキで前転する可能性ですが、前転するにはブレーキとタイヤのグリップでブレーキの力が勝りタイヤがロックする場合に可能性があります、逆の場合は減速していきます。タイヤがロックされない限りは進む力に軸の回転力が使われ、上方向(フレーム等の回転方向)に力が働かないからですね。

当ブログで前転事故が報告されています。

> ここで矛盾が一つ発生します。前転すると訴えた内容で前の訴えであるキャリパーブレーキがブレーキ力が弱い。といった内容との矛盾ですね。タイヤがロックするほどのブレーキ力があると今回は訴えています。この矛盾をどのように説明するのでしょうか??

下り坂を想起していただければ幸いです。

>それと、ロールバーを付ける事で重心位置が上方向に移動します。重心が上になることで、車両はバランスを崩しやすくなり、転倒の危険性が増加します。安全になるように設置したものが逆に事故を誘発するものとなります。交通安全を推奨するのに、事故の発生要因を増やすとはどのような考えなのでしょうか。

製品化にあたっては重量配分を適正にするなど、安全に配慮されることでしょう。

>今回の提言で唯一分かるとすれば、ビンディング使用時の転倒でしょうか。巴投げはべつとして、前方の急停車により『立ちごけ』は経験があります。これにより、一般車と比べて急制動をかけられると転倒の危険性がありますね。

重心が前方に偏っている競技用自転車の宿命でしょう。

| 世捨人 | 2015/04/22 22:21 | URL |

Re: タイトルなし

kさん

>これは自転車乗りの視認性が悪くなる。却下。

ミラーを設置など創意工夫を凝らしてください。

| 世捨人 | 2015/04/22 22:25 | URL |

Re: タイトルなし

あはさん

>>記事の内容は読むに足りないので論外として。 誤認しているようなので、 1、ハンドルステム 写真のロールバー?はハンドルステムではなく「ヘッドチューブ」に接続されています。 ステムにチューブなんか付けたらハンドルが回せず、走行できません。

画像は参考であって、競技用自転車にはハンドルステムが望ましいでしょう。

>2、シートチューブ 写真を見た限り「シートチューブ」にロールバー?は接続されていません。自転車の構造が特殊なので合っているか微妙ですが、「チェーンステー」ないし、「シートステー」に接続されているように見えますが。

「シートポスト」です。自転車用語は各自で勉強してくささい。

> >走行中、トラックの荷台など落下物から…
>道路交通法違反です。道路交通法(第71条第4号の2)「積載物の転落・飛散の防止措置義務」(違反)くれぐれも荷が落ちないよう注意する義務がドライバーには課せられていますのでよろしくおねがいいたします。

ドライバーの過失で事故の犠牲になるのはつまらないですね。身体がむきだしとなる自転車にあっては自衛手段を講じてください。

>さらっと読んだだけでこれだけツッコミ所があるジャーナリストの記事はそうそう無いでしょう。さすが世を捨てた人だけある、世の中の事をこれっぽっちも解っておらっしゃらない。(笑)

貴殿のコメントをさらっと読んで、自転車についてあまり詳しくないように感じます。

| 世捨人 | 2015/04/22 22:27 | URL |

Re: タイトルなし

偽物さん

>重心が高くなるので、横方向の転倒の危険性を増すのではないのかな?

補助輪を設置すれば解決する問題でしょう。

| 世捨人 | 2015/04/22 22:27 | URL |

Re: タイトルなし

ヒさん

>根本的な間違いとして、物体の状態を表す3軸は… 左右の傾きを『ロール』ハンドルにてタイヤを左右に振るのを『ヨー』そして前下がりに成ったり後ろ下がりに成ったりするのは『ピッチ』と言うので、コレは『ロールバー』ではなく、『ピッチバー』だね。 実用性については、サヨウナラだなぁ。

いずれにせよ、自転車においてもロールバーは役割を発揮することができるでしょう。

| 世捨人 | 2015/04/22 22:30 | URL |

Re: タイトルなし

旧こじさん

>突っ込みを楽しもう。
>>競技用自転車の乗員は、ドロップハンドルの特性から、きつい前掲姿勢を強いられながら運転することになる。
>誤認。 車体設計やポジション次第であって「ドロップハンドルの特性」にはよらない。

ドロップハンドルはきつい前掲姿勢を強いられるような位置に取り付けられます。

>>重心が前方に偏っている状態なので、下り坂はもちろん平地においてもブレーキ操作によっては自転車もろとも大回転する危険性をはらんでいる。
>①大回転:回転とはどう違うのか?過大事故への印象操作ではないか?

自転車で回転すれば、それこそ大回転でしょう。

>②「~という危険性をはらんでいる」という表現は誤りではないが、それほど意味のある表現ではない。
それをいうなら重心が後方にあるママチャリや4輪の自動車ですら、傷害物の位置・形状と速度によっては「回転する危険性をはらんでいる」事を理由として,同じ提言をしないと主張が一貫しない可能性がある。

重心が後方のママチャリでは前転はレアケースでしょう。

>>ビンディングシューズで足がペダルに固定された状態であれば、柔道のともえ投げをかけられたようにアスファルトの道路に強打するのは火を見るより明らかだ。
>「回転」を前提とするなら,ビンディングシューズの有無に関わらず「柔道の(略)に強打」は発生します。よって「競技用自転車?」だけに提言する意味がなければ,記事の主張は曖昧なままです.

ドロップハンドル自転車の宿命にほかなりません。

>>レーシングカーの車内には「ロールバー」なる補強措置が施されている。転倒や衝突時に車体が押しつぶされドライバーが救出できない事態を避けるためだ。自転車にも通ずる乗員保護対策でなかろうか。
>①自転車で「転倒・投げ出される」状態を前提としていたのに,「押しつぶされ」状態に摩り替えている。

ロールバーをヒントに、競技用自転車の転倒対策を考えました。

>②自転車に押しつぶされかつ,救出できない事態はおきるのか?

上述のとおりです。

>③②を前提としておきない事象を「通ずる」とするのは無意味ではないか?

上述のとおりです。

>>ハンドルステムからシートポストへ
>別の方が指摘。名称間違い・勉強不足

画像はあくまでも参考です。

>>前転から身を守るため競技用自転車に「ロールバー」
>なら「レーシングカー」での「通ずる」は少なくとも嘘. そもそもいらないくだりですね.無駄ボーン

記事はよくお読みください。

>>トラックの荷台など落下物からも背骨を守ってくれよう。
>なんだこれ?どういう状況?

走行中のトラックの荷台から砂利や鉄くずが落下することは否定できません。

| 世捨人 | 2015/04/22 22:31 | URL |

>>ブレーキで前転する可能性ですが、前転するにはブレーキとタイヤのグリップでブレーキの力が勝りタイヤがロックする場合に可能性があります、逆の場合は減速していきます。タイヤがロックされない限りは進む力に軸の回転力が使われ、上方向(フレーム等の回転方向)に力が働かないからですね。

>当ブログで前転事故が報告されています。

これが『「事故事例がある」事を理由にある動作を禁止する』という意味なら,運転行為はすべからく禁止ですよ.

| こじま | 2015/04/22 22:32 | URL |

いずれにせよ、自転車においてもロールバーは役割を発揮することができるでしょう。 | 世捨人 | 2015/04/22 22:30 | URL |

いずれにせよではありません。前後方向は『ピッチ』です。
それから、このバーをつけるために、補助輪付けろだの、ミラー付けろだの言っていますが、このバーが無ければ良いだけの話です。以上。

| ヒロ | 2015/04/22 22:33 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>まだこれの方がましだろう. http://blog.cycleroad.com/

特定できませんでした。

| 世捨人 | 2015/04/22 22:38 | URL |

Re: タイトルなし

>自転車載動画 追越し幅寄せ接触事故 https://www.youtube.com/watch?v=ik1xoZHwyqM この動画の件、どう思われますか? できれば記事で取り扱っていただきたいのですが。

ご期待ください。記事にします。

| 世捨人 | 2015/04/22 22:39 | URL |

Re: タイトルなし
旧こじさん


誰だろうな?
名前間違ってると思うけど,これに返そう.


>ドロップハンドルはきつい前掲姿勢を強いられるような位置に取り付けられます。

いんや,そんな事はないよ?
第一「きつい」って主観でしょ?
例えば,前輪・後輪の重量配分がどの程度なら危険なのさ?

あと,自転車は車体長とか考慮すると随時・簡単に,重心位置変更できる(過去に指摘済み)から,通常のブレーキ動作が必要な場合には問題無い.
異常時は状況次第,かつ貴方の発言は通常時を前提にしているから,ここでは答える必要は無いね.

~~~
>>重心が前方に偏っている状態なので、下り坂はもちろん平地においてもブレーキ操作によっては自転車もろとも大回転する危険性をはらんでいる。
>>①大回転:回転とはどう違うのか?過大事故への印象操作ではないか?

>自転車で回転すれば、それこそ大回転でしょう。

理由は無いって事だね.
「自称ジャーナリスト」の主観でしかないと.
私からすれば,印象操作です.


~~~
>重心が後方のママチャリでは前転はレアケースでしょう。

今日のキーワードは「レアケース」ですか.
「危険性をはらんでいる」と,一方では程度を無視して,発生がありうる事を理由に非難し,一方では程度を考慮して非難しない.
主旨の一貫し無い人です.

これ自体は事実ですが,叙述順序が逆転しているので,貴方を信用しません.
また,程度の差をどの程度と考慮するか(おそらく主観)によって,意見が変わるので,程度「論」を出した時点で貴方の意見に,私は賛同出来ません.


~~~
>ビンディングシューズで足がペダルに固定された状態であれば、柔道のともえ投げをかけられたようにアスファルトの道路に強打するのは火を見るより明らかだ。
>「回転」を前提とするなら,ビンディングシューズの有無に関わらず「柔道の(略)に強打」は発生します。よって「競技用自転車?」だけに提言する意味がなければ,記事の主張は曖昧なままです.

>ドロップハンドル自転車の宿命にほかなりません。


話をすり替えましたね.
ビンディングと固定の話しに,ドロップハンドルが出てくるのは不自然.
フラットバーロードやクロスバイクでもビンディングはあるしね.
~~~

>ロールバーをヒントに、競技用自転車の転倒対策を考えました。

他のヒトが言ってるけど,重心が高くなる事は転倒対策としては不適当.
貴方だって「前傾姿勢」を例に重心位置に関する話をしてるんだから,ここで重心を無視してしまうのは,一貫性がなくなる.



~~~
>>ハンドルステムからシートポストへ
>別の方が指摘。名称間違い・勉強不足
>>画像はあくまでも参考です。

間違っていない画像を出せば良いのに出さないなんて,努力不足です


~~~

>>トラックの荷台など落下物からも背骨を守ってくれよう。
>なんだこれ?どういう状況?
>>走行中のトラックの荷台から砂利や鉄くずが落下することは否定できません。


落下したものが「背骨」に当たるの?
直接あたるのは,想定できない(できるなら具体的にどうぞ)

| こじま | 2015/04/22 22:45 | URL |

転倒は自己責任
法改正は必要ないでしょう
それだけです

| 反逆児 | 2015/04/23 00:03 | URL |

まぁ、論理的な反論もなく、事故事例と言ってその説明もないので結局ただの一人よがりでしかないですかね。
事故事例といっても、レース等で何かが挟まる等で急ブレーキによる回転がありますから、その事でしょうか??(今年のパリ-ルーベではぬかるみで回転している選手もいましたので)
でも、これは特殊事例ですね。どうしてもそこを通る。もしくは通らざる得ない状況って普通にはありませんね。
それに、普通自動車でもふらつかないから、幅寄せしてもぶつかる危険性はない。とか、信号も無い直線道路であれば、急ブレーキの危険性も無いので、ぴったり前に付けるとかしますか??
どんなことがあっても大丈夫なように、十分か間隔を取るのはドライバーの必要技能であり、これは軽車両でも必要です。結局は自己責任になるのですから、きちんと危険予知をして、安全運転するしか無いと思われます。

| スポーツバイク乗り | 2015/04/24 16:53 | URL |

Re: タイトルなし

旧こじさん

>>ブレーキで前転する可能性ですが、前転するにはブレーキとタイヤのグリップでブレーキの力が勝りタ
イヤがロックする場合に可能性があります、逆の場合 は減速していきます。タイヤがロックされない限りは進む力に軸の回転力が使われ、上方向(フレーム等の回転方向)に力が働かないからですね。
>当ブログで前転事故が報告されています。
>>これが『「事故事例がある」事を理由にある動作を禁止する』という意味なら,運転行為はすべからく禁止ですよ.

スピードレース用に開発された競技用自転車については全面規制が必要との立場です。

| 世捨人 | 2015/04/29 22:26 | URL |

Re: タイトルなし

ヒさん

>>いずれにせよ、自転車においてもロールバーは役割を発揮することができるでしょう。 | 世捨人 | 2015/04/22 22:30 | URL |
>いずれにせよではありません。前後方向は『ピッチ』です。それから、このバーをつけるために、補助輪付けろだの、ミラー付けろだの言っていますが、このバーが無ければ良いだけの話です。以上。

身体がむきだしとなる自転車にあっては、転倒時における乗員の安全の確保が喫緊の課題です。

| 世捨人 | 2015/04/29 22:27 | URL |

Re: タイトルなし

旧こじさん

>誰だろうな?名前間違ってると思うけど,これに返そう.

気に入っていただけたようですね。

>>ドロップハンドルはきつい前掲姿勢を強いられるような位置に取り付けられます。
>いんや,そんな事はないよ?第一「きつい」って主観でしょ?

事実です。

>例えば,前輪・後輪の重量配分がどの程度なら危険なのさ?

背骨の曲がり具合をご覧になれば一目瞭然です。

>あと,自転車は車体長とか考慮すると随時・簡単に,重心位置変更できる(過去に指摘済み)から,通常のブレーキ動作が必要な場合には問題無い.異常時は状況次第,かつ貴方の発言は通常時を前提にしているから,ここでは答える必要は無いね.

きつい前傾姿勢となれば、前輪に重心が偏りますので、危険と紙一重ということになります。

>>重心が前方に偏っている状態なので、下り坂はもちろん平地においてもブレーキ操作によっては自転車もろとも大回転する危険性をはらんでいる。
>①大回転:回転とはどう違うのか?過大事故への印象操作ではないか?
>>自転車で回転すれば、それこそ大回転でしょう。
>理由は無いって事だね.「自称ジャーナリスト」の主観でしかないと.私からすれば,印象操作です.

スピードレース用に開発された競技用自転車は危険な乗り物であるということは、印象でもなく事実でしょう。

>>重心が後方のママチャリでは前転はレアケースでしょう。
>今日のキーワードは「レアケース」ですか.「危険性をはらんでいる」と,一方では程度を無視して,発生がありうる事を理由に非難し,一方では程度を考慮して非難しない.主旨の一貫し無い人です.

ドロップハンドルの競技用自転車の宿命です。

>これ自体は事実ですが,叙述順序が逆転しているので,貴方を信用しません.また,程度の差をどの程度と考慮するか(おそらく主観)によって,意見が変わるので,程度「論」を出した時点で貴方の意見に,私は賛同出来ません.

何が起こるかわからないのが事故の恐ろしさです。常に最悪の事態を想定し交通運転に努めてください。

>>ビンディングシューズで足がペダルに固定された状態であれば、柔道のともえ投げをかけられたようにアスファルトの道路に強打するのは火を見るより明らかだ。
>「回転」を前提とするなら,ビンディングシューズの有無に関わらず「柔道の(略)に強打」は発生します。よって「競技用自転車?」だけに提言する意味がなければ,記事の主張は曖昧なままです.
>>ドロップハンドル自転車の宿命にほかなりません。
>話をすり替えましたね.ビンディングと固定の話しに,ドロップハンドルが出てくるのは不自然.フラットバーロードやクロスバイクでもビンディングはあるしね.

空気抵抗を受けにくい姿勢となる、ドロップハンドル自転車のスピード超過を考慮しなければなりません。

>>ロールバーをヒントに、競技用自転車の転倒対策を考えました。
>他のヒトが言ってるけど,重心が高くなる事は転倒対策としては不適当.貴方だって「前傾姿勢」を例に重心位置に関する話をしてるんだから,ここで重心を無視してしまうのは,一貫性がなくなる.

補助輪を設置するなり、安全に対して万全を期してください。

>>ハンドルステムからシートポストへ
>別の方が指摘。名称間違い・勉強不足
>>画像はあくまでも参考です。
>間違っていない画像を出せば良いのに出さないなんて,努力不足です

まだ開発されていないことを考慮してください。

>>トラックの荷台など落下物からも背骨を守ってくれよう。
>なんだこれ?どういう状況?
>>走行中のトラックの荷台から砂利や鉄くずが落下することは否定できません。
>落下したものが「背骨」に当たるの?直接あたるのは,想定できない(できるなら具体的にどうぞ)

前方を走るトラックの荷台からタイヤが落下し、大きく弾みながら転がってくれば、顔面もしくは背中に直撃するのか、予測は困難でしょう。

| 世捨人 | 2015/04/29 22:30 | URL |

Re: タイトルなし

反逆さん

>転倒は自己責任 法改正は必要ないでしょう それだけです

自転車乗りの安全を考えると、居ても立ってもいられません。ご理解、ご協力をお願いします。

| 世捨人 | 2015/04/29 22:35 | URL |

Re: タイトルなし

乗りさん

>まぁ、論理的な反論もなく、事故事例と言ってその説明もないので結局ただの一人よがりでしかないですかね。事故事例といっても、レース等で何かが挟まる等で急ブレーキによる回転がありますから、その事でしょうか??(今年のパリ-ルーベではぬかるみで回転している選手もいましたので)でも、これは特殊事例ですね。どうしてもそこを通る。もしくは通らざる得ない状況って普通にはありませんね。それに、普通自動車でもふらつかないから、幅寄せしてもぶつかる危険性はない。とか、信号も無い直線道路であれば、急ブレーキの危険性も無いので、ぴったり前に付けるとかしますか??どんなことがあっても大丈夫なように、十分か間隔を取るのはドライバーの必要技能であり、これは軽車両でも必要です。結局は自己責任になるのですから、きちんと危険予知をして、安全運転するしか無いと思われます。

おっしゃるとおり、クルマは守ってくれるだろうという身勝手な考えは捨て、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、自衛運転に努めることですね。

| 世捨人 | 2015/04/29 22:51 | URL |

身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、自衛運転に努めることですね。 | 世捨人 | 2015/04/29 22:51 | URL |

身体がむき出しだから不安定なのではありません。縦に2輪だから横方向に不安定ナノです。

物理法則を勉強しましょう。

| ヒロ | 2015/04/29 23:47 | URL |

>貴殿のコメントをさらっと読んで、自転車についてあまり詳しくないように感じます。

これは笑える、そのまま貴方にお返ししましょう。

① 画像は参考であって、競技用自転車にはハンドルステムが望ましいでしょう。

だから画像の自転車(?)だけでなく一般的に、ステムにロールバーを固定したらハンドリングできないだろうに、自ら阿呆をさらけ出していますが、大丈夫ですか?あぁ、大丈夫じゃないのはわかっていますから反論は不要です。

② >2、シートチューブ 写真を見た限り「シートチューブ」にロールバー?は接続されていません。自転車の構造が特殊なので合っているか微妙ですが、「チェーンステー」ないし、「シートステー」に接続されているように見えますが。

>「シートポスト」です。自転車用語は各自で勉強してくささい。

そもそもシートポストと貴方が書いている時点で間違えです、ステムほどではないにしてもシートポストにロールバーを接続するのは明らかにナンセンスです、シートポストにロールバーを固定するとサドル高が変えられなくなりますし、写真の自転車を見る限り私の考え通り、「チェーンステー」ないし、「シートステー」に固定されているという見解で間違えないでしょう。

ついでに、写真をどう見てもシートポスト(含むシートチューブ)には接続されていません。
老眼ですか?

以上の事から貴方に自転車の知識が「まったく無い」事がうかがえますので先の言葉はそのまま貴方に返上いたします。

「貴殿のコメントをさらっと読んで、自転車についてあまり詳しくないように感じます。」
いや、「感じます」じゃなくて「無い」んだな。

>ドライバーの過失で事故の犠牲になるのはつまらないですね。身体がむきだしとなる自転車にあっては自衛手段を講じてください。

(自動車)ドライバーが過失を起こさないよう喚起するべきでしょう。
自衛手段については散々野良犬がワンワン吠えていますからそちらをご参照ください。

「自衛運転」とかやはり犬どおし通じ合うものがあるんですね、なるほど同一人物であるという噂もあながちウソとも思えなくなります。

| あはん | 2015/05/08 18:02 | URL |

Re: タイトルなし

ヒさん

>>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、自衛運転に努めることですね。 | 世捨人 | 2015/04/29 22:51 | URL |
>身体がむき出しだから不安定なのではありません。縦に2輪だから横方向に不安定ナノです。物理法則を勉強しましょう。

おっしゃるとおり、むきだしの状態で不安定というのは、狂気の沙汰です。自転車は自衛運転に努めてください。

| 世捨人 | 2015/05/08 22:46 | URL |

Re: タイトルなし

あはさん

>>貴殿のコメントをさらっと読んで、自転車についてあまり詳しくないように感じます。
>これは笑える、そのまま貴方にお返ししましょう。

現実を直視してください。

>>画像は参考であって、競技用自転車にはハンドルステムが望ましいでしょう。
>だから画像の自転車(?)だけでなく一般的に、ステムにロールバーを固定したらハンドリングできないだろうに、自ら阿呆をさらけ出していますが、大丈夫ですか?あぁ、大丈夫じゃないのはわかっていますから反論は不要です。

技術的にクリアできる問題でしょう。

>2、シートチューブ 写真を見た限り「シートチューブ」にロールバー?は接続されていません。自転車の構造が特殊なので合っているか微妙ですが、「チェーンステー」ないし、「シートステー」に接続されているように見えますが。
>>「シートポスト」です。自転車用語は各自で勉強してくささい。
>そもそもシートポストと貴方が書いている時点で間違えです、ステムほどではないにしてもシートポストにロールバーを接続するのは明らかにナンセンスです、シートポストにロールバーを固定するとサドル高が変えられなくなりますし、写真の自転車を見る限り私の考え通り、「チェーンステー」ないし、「シートステー」に固定されているという見解で間違えないでしょう。

まずは「シートチューブ」と「シートポスト」の違いをしっかり勉強してください。

>ついでに、写真をどう見てもシートポスト(含むシートチューブ)には接続されていません。 老眼ですか?

画像はあくまでも参照です。

>以上の事から貴方に自転車の知識が「まったく無い」事がうかがえますので先の言葉はそのまま貴方に返上いたします。

貴殿の自転車嫌いがにじみ出ています。

>「貴殿のコメントをさらっと読んで、自転車についてあまり詳しくないように感じます。」 いや、「感じます」じゃなくて「無い」んだな。

しっかり勉強してください。

>>ドライバーの過失で事故の犠牲になるのはつまらないですね。身体がむきだしとなる自転車にあっては自衛手段を講じてください。
>(自動車)ドライバーが過失を起こさないよう喚起するべきでしょう。 自衛手段については散々野良犬がワンワン吠えていますからそちらをご参照ください。 「自衛運転」とかやはり犬どおし通じ合うものがあるんですね、なるほど同一人物であるという噂もあながちウソとも思えなくなります。

旧とき(ときぞきオアゾツーキニスト)さんにあっては、世捨人イズムの継承者として期待されています。

| 世捨人 | 2015/05/08 23:21 | URL |

あはんさん | 2015/05/08 18:02 |へ

>(自動車)ドライバーが過失を起こさないよう喚起するべきでしょう。自衛手段については散々野良犬がワンワン吠えていますからそちらをご参照ください。「自衛運転」とかやはり犬どおし通じ合うものがあるんですね、なるほど同一人物であるという噂もあながちウソとも思えなくなります。

ペンキ塗装で滑って追突して、事故に巻き込むのご勘弁下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/05/09 13:00 | URL |

世捨人さん | 2015/05/08 23:21 |へ

>旧とき(ときぞきオアゾツーキニスト)さんにあっては、世捨人イズムの継承者として期待されています。

ネット弱者の小生には荷が重すぎます。

ご勘弁下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/06/06 11:36 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>>旧とき(ときぞきオアゾツーキニスト)さんにあっては、世捨人イズムの継承者として期待されています。
>ネット弱者の小生には荷が重すぎます。ご勘弁下さい。

小生にお願いされても困りものです。

| 世捨人 | 2015/06/11 23:17 | URL |

「転ばぬ先の杖」という言葉がありますが、あなたは人に何本杖を携帯させるつもりなのでしょうか?
あなたのような狭すぎる視野を持った方でもなければ義務化は最小限にすべきだと考えるはずですが

| 七梨 | 2016/01/03 23:38 | URL |

Re: タイトルなし

七さん

>「転ばぬ先の杖」という言葉がありますが、あなたは人に何本杖を携帯させるつもりなのでしょうか?

安全のための投資は決して無駄とならないでしょう。


>あなたのような狭すぎる視野を持った方でもなければ義務化は最小限にすべきだと考えるはずですが

根底にあるのは自転車乗りの交通安全です。

| 世捨人 | 2016/01/05 15:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/510-0cadbe61

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT