今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

競技用自転車に「打音検査」を義務づけよ

▼車両を運転するにあたっては、走行前点検は重要である。クルマのドライバーはタイヤに異物が付着していないか手で触って確認したり、ライトや方向指示器(ウインカー)、クラクションが正常に作動するかを調べたうえで、交通安全に努めている。

▼競技用自転車で代表的なのは落下検査。自転車を10センチほど持ち上げ地面にバウンドさせるものだ。ネジ類のゆるみなど異常がないか確かめているのだが、この検査には盲点がある。乗員が乗っていないまま行うので、軽量の状態では十分な検査結果が得られないのだ。

▼そこで注目されるのが「鉄製ラダー」(はしご)。画像を見よ。白バイなどバイクの技能訓練で使用されるものだ。段差部分の高さは10センチほどあり自転車で通過するとそれなりの衝撃がある。「打音検査」のように、自転車の不良箇所を調べるのに最適だ。

▼ご案内のとおり、スピードレース用に開発された競技用自転車にあっては、整備不良はシリアスな事故につながる。そこで、鉄製はしごを使った「打音検査」を義務づけてみてはどうか。鉄製はしごの費用は各自で負担となるが、交通安全のため背に腹はかえられない。法改正が待たれる。



バランス感覚を磨くのにも最適な鉄製はしご
関連記事

| 00:38 | コメント:45 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

サイクリング禁止反対

そんなハシゴなんかに乗ったまま突っ込ませたら点検どころか自転車自体が壊れてしまうし,乗り手も大怪我をするではないか.バカバカしくて評価に値しない鐘1つ.カ――――ン!

| マイロネフ | 2015/04/02 05:50 | URL | ≫ EDIT

うむ、「打音検査」は必須ですなあ。

フレームやフォークの破断事故はよく聞きますからね。
ちょっと前はビアンキで、最近ではドッペルギャンガーでありましたし。

特に競技用自転車は、強度や耐久性を犠牲にして軽量化していますからねえ。
極端な事を言えば、1レースだけ持てばいいわけでして。
そんなもんで公道を走行するなど狂気の沙汰です。

上で「ハシゴに乗ったまま突っ込んだら壊れてしまう」と申されている方がおられますが、
その程度でぶっ壊れるようなヤワなチャリで走るなど問題外でしょう。

走行前点検用として、ぜひとも競技用自転車乗りは鉄製はしごを購入してもらいましょう!

| 自転車は歩道 | 2015/04/02 07:22 | URL |

打音検査で判断できるのはそれに特化している人だけですよ。
それに、耐久性を犠牲にして軽量化しているわけではありません。
UCIで最低荷重も決まってますし、普通に使用している限り、経年劣化はありますが、壊れるものではありません。某メーカーでは永久保証をしているほど耐久性に問題はありません。
それよりも問題になるのは、自転車は壊れるものでは無いと思っている軽快車です。
定期的な検査は必要ですし、錆びたチェーンや、ブレーキシューの交換、ボルトも場合によっては交換になります。
車両なので、定期的な整備の必要性を訴えるのはわかりますが、スポーツバイクのみを対象とするものではなく、全ての自転車に対して1年ないし、半年に1回程度の検査は必要と感じます。
ただし、鉄製ラダーは絶対に必要ないです。まず自転車だと走れません。あれは自動2輪の馬力とタイヤの空気量があるから超えれます。もう少し現実的なチェック方法を考えましょう。
参考までに、バイクを2~3センチの高さから落としても大体のチェックはできます。(ハンドルを持ってちょっと持ち上げて降ろす程度)これだけで、ボルトの緩みなんかは分かるので乗車前のチェックとしては有効です。

| スポーツバイク乗り | 2015/04/02 09:24 | URL |

頭の中がハッピーセットだから仕方がない

| ころ | 2015/04/02 19:05 | URL |

>車両を運転するにあたっては、走行前点検は重要である。クルマのドライバーはタイヤに異物が付着していないか手で触って確認したり、ライトや方向指示器(ウインカー)、クラクションが正常に作動するかを調べたうえで、交通安全に努めている。

交通安全に対する努力がたりませんなぁ・・・
交通安全のため背に腹はかえられないって言ってる割には、ドライバーへの要求が低すぎますね。
ウィンカーの不備による事故がどれだけあるのでしょうか?
クラクションなんぞは、道路標識に鳴らせとある場所以外には通常街中では使用することはありません。
福山雅治似の「自転車は歩道走行が世界の常識」なんて言ってる、輝かしい記録を持つ指導者(一般常識のない指導者にあたった、競技者は可愛そうですね)くらいであれば、道交法無視で違反行為を犯しまくるのでしょうが。
タイヤに関しては、タイヤが起因による事故の統計で、パンク・バーストが2位ですが、異物による事故よりも空気圧が適正でない場合の方が多いです。
ですので、まず、ドライバーさんは空気圧を測定できるゲージの所持を義務づけてみてはどうだ、ゲージの費用は各自で負担となるが、交通安全のため背に腹はかえられない。法改正が待たれる。
ってくらい言わないと。
交通安全のため背に腹はかえられないのしょう?


>この検査には盲点がある。乗員が乗っていないまま行うので、軽量の状態では十分な検査結果が得られないのだ。

まったく!理論がなってない。
ネジ類の緩みなどの異常を調べるためには、その構造体には余分な負荷を与えては検査になりませんよ。
負荷をかける(乗員の重量等)とネジにはせん断以外に引張・曲げなので外力が加わり、ネジ山(メネジの方)に押し付けられるため、緩んでいるカタ付音は消えてしまいます。
交通ジャーナリストと称する人が点検・検査の仕方も知らないとは、情けないものです。この国の将来を憂いてしまいます。

>そこで注目されるのが「鉄製ラダー」(はしご)。画像を見よ。白バイなどバイクの技能訓練で使用されるものだ。段差部分の高さは10センチほどあり自転車で通過するとそれなりの衝撃がある。「打音検査」のように、自転車の不良箇所を調べるのに最適だ。

打音検査とは、なにかまったく理解していないのが、ありありと伝わる文章です。
タイヤに大きな衝撃を与えたからといって、不良箇所はみつまりませんよ。
また、先に書いたように、負荷をかけた状態では、検査・点検はできません。
くそったれの描写を通じ、何を教えるべきか、誤りはなんだったかなど、教育問題について考えていただきたいと思います。(よすてびと)
 と言われてますが、ご自身が一番コメント欄から教わり、ご自身が一番の誤りであり、ご自身の過去の教育環境を猛省していただきと思う今日この頃です。

| 自転車は歩道 | 2015/04/02 21:41 | URL |

馬鹿だねー。
ここでも知識と教養のなさを吐露してますねー。
珍獣、嘘つきジャーナリスト。

おちょくりヨイショ君も大活躍。

相変わらず誰も賛同者がいないのが笑える。
ミジメだねー。

| あ | 2015/04/03 00:08 | URL |

くだらないですねww

| わろ田 | 2015/04/03 12:17 | URL |

いちいち点検してる車のドライバーなんてほとんどいない現実

| 自転車は歩道 | 2015/04/04 14:41 | URL |

ジオターゲティングが、みんな0%です。

がんばれ!

| くそったれ君 | 2015/04/04 20:38 | URL |

ん?まだやってたんだ・・・
てか、例のバカがいないじゃんww

| まる | 2015/04/04 22:51 | URL |

タイトルは「打音検査」に成ってるけど、本文中に「打音検査」の描写一切無いけど?

「打音検査」は読んで字の如く『叩いた音によりねじの緩みや、鋳物の欠陥を調べる検査』やからね。

全く似ても似つかない「落下検査」ならあるが…どういうことかな?

論理に矛盾がありますが…ま、いつものことかな?

| ヒロ | 2015/04/04 23:15 | URL |

っピナレロ ドグマK8
こういうのが出てくると衝撃吸収されて打音検査もクソもなくなりますね。
大体検査対象にしなきゃいけないような競技用自転車は今の法律でも売っちゃいけないでしょうが。
安全基準に関してはUCI規定に輪を掛けている日本の法律じゃ公道を走るだけで壊れるような自転車は売っちゃいけないわけ。自称ジャーナリストのくせにそんなことも知らねーの?
ピストバイクなんかだとチェーンが衝撃で跳ねたりするけどロードはリアディレイラーがチェーンに対する衝撃を緩和してくれるしそもそも公道走行に関する破損やそれにまつわる事故の直接的な原因とされるのはフレームの完成度じゃなくネジの緩みだからね。

あとこの前キャリパーブレーキが云々言ってたけど
ローラーブレーキついたママチャリはリアブレーキがグリップに付くまで握っても下り坂じゃ止まらないから。
前輪だと止まる。
まあ重心と慣性の法則の関係もあるけどなんで止まるかって前輪はキャリパーブレーキだから。
わかる?
あんたはそもそもジャーナリストに向いてないし、ロードバイクのことばかりいちゃもん付けてるけど昔嫌なことでもあった?
競技用自転車と言ってるけどあんたの場合ロードバイクとしか考えてないだろ。
ダウンヒル用のMTBやピストバイク、シクロクロス、それからBMXだって立派な競技用自転車。
人が下る登山道を我が物顔で危険走行するMTBなんか特に法整備もクソもない。
口だけでも交通安全ジャーナリストを語るならそういうとこしっかり指摘しないとだめですよ。

| 自転車は車両 | 2015/04/05 23:43 | URL |

ジャーナリストごっこの爺様にマジレスかこわるいYO!!

| わろ田 | 2015/04/06 12:49 | URL |

あの~。アルミ製はしごは、流通していますが、
鉄製はしごは、あまり流通していません。

また、自動車・バイクの製造過程においても「ドライバーが乗って検査」ということは無いと思います。

車検でも無いでしょう。これは、まさしく「整備不良はシリアスな事故につながる」ことにつながることでしょう。

ここは一つ、御自らお乗りになる「タクシー」で、「打音検査」なされている動画をアップなされてはいかがでしょうか?

| くそったれ君 | 2015/04/06 18:09 | URL |

わろ田さん
ついかきたくなるものですw
まぁ脳捨に理解できるとは到底思えませんがねw

| 自転車は車両 | 2015/04/06 18:11 | URL |

確かに『「打音検査」の方法』と『通常の打音検査で分からない部分が,今回の「打音検査」で分かる』と言う事を動画で実証して欲しいね.
そうすれば意味のある提言だね.
(そうできないなら意味のない提言だね)

| こじま | 2015/04/06 19:43 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>そんなハシゴなんかに乗ったまま突っ込ませたら点検どころか自転車自体が壊れてしまうし,乗り手も大怪我をするではないか.バカバカしくて評価に値しない鐘1つ.カ――――ン!

「打音検査」で壊れたら公道走行は控え、すみやかに修理に出してください。

| 世捨人 | 2015/04/08 23:28 | URL |

Re: タイトルなし

>うむ、「打音検査」は必須ですなあ。

交通安全に資する提言であると自信を深めました。

>フレームやフォークの破断事故はよく聞きますからね。 ちょっと前はビアンキで、最近ではドッペルギャンガーでありましたし。

身体がむきだしとなる自転車にあっては、取り返しのつかない事態となりかねません。

>特に競技用自転車は、強度や耐久性を犠牲にして軽量化していますからねえ。 極端な事を言えば、1レースだけ持てばいいわけでして。 そんなもんで公道を走行するなど狂気の沙汰です。

スピード重視もほどがありますね。

>上で「ハシゴに乗ったまま突っ込んだら壊れてしまう」と申されている方がおられますが、 その程度でぶっ壊れるようなヤワなチャリで走るなど問題外でしょう。

図星です。

>走行前点検用として、ぜひとも競技用自転車乗りは鉄製はしごを購入してもらいましょう!

法改正が急がれます。

| 世捨人 | 2015/04/08 23:29 | URL |

Re: タイトルなし

乗りさん

>打音検査で判断できるのはそれに特化している人だけですよ。

毎日検査すれば愛車の異変には気づくものでしょう。

>それに、耐久性を犠牲にして軽量化しているわけではありません。 UCIで最低荷重も決まってますし、普通に使用している限り、経年劣化はありますが、壊れるものではありません。某メーカーでは永久保証をしているほど耐久性に問題はありません。

競技用自転車は数年で買い替えるか盗まれる、もしくは違法駐輪で撤去される運命ですので、永久保証などまゆつばものですね。

>それよりも問題になるのは、自転車は壊れるものでは無いと思っている軽快車です。定期的な検査は必要ですし、錆びたチェーンや、ブレーキシューの交換、ボルトも場合によっては交換になります。

スピード重視の競技用自転車の整備不良はシリアスな事故につながりかねません。

>車両なので、定期的な整備の必要性を訴えるのはわかりますが、スポーツバイクのみを対象とするものではなく、全ての自転車に対して1年ないし、半年に1回程度の検査は必要と感じます。

運行前点検は必須でしょう。

>ただし、鉄製ラダーは絶対に必要ないです。まず自転車だと走れません。あれは自動2輪の馬力とタイヤの空気量があるから超えれます。もう少し現実的なチェック方法を考えましょう。参考までに、バイクを2~3センチの高さから落としても大体のチェックはできます。(ハンドルを持ってちょっと持ち上げて降ろす程度)これだけで、ボルトの緩みなんかは分かるので乗車前のチェックとしては有効です。

フレームの不具合を調べるには目視のほか「打音検査」が不可欠でしょう。

| 世捨人 | 2015/04/08 23:30 | URL |

Re: タイトルなし

>>車両を運転するにあたっては、走行前点検は重要である。クルマのドライバーはタイヤに異物が付着していないか手で触って確認したり、ライトや方向指示器(ウインカー)、クラクションが正常に作動するかを調べたうえで、交通安全に努めている。
>交通安全に対する努力がたりませんなぁ・・・ 交通安全のため背に腹はかえられないって言ってる割には、ドライバーへの要求が低すぎますね。 ウィンカーの不備による事故がどれだけあるのでしょうか?
クラクションなんぞは、道路標識に鳴らせとある場所以外には通常街中では使用することはありません。
福山雅治似の「自転車は歩道走行が世界の常識」なんて言ってる、輝かしい記録を持つ指導者(一般常識のない指導者にあたった、競技者は可愛そうですね)くらいであれば、道交法無視で違反行為を犯しまくるのでしょうが。

クルマのウインカーの電球は、寿命がくると点滅せず点灯するようになりますので、交換時期が容易に判断できます。

>タイヤに関しては、タイヤが起因による事故の統計で、パンク・バーストが2位ですが、異物による事故よりも空気圧が適正でない場合の方が多いです。

異物が原因でバーストした可能性は否定できないでしょう。バーストすれば証拠が残りませんから。

>ですので、まず、ドライバーさんは空気圧を測定できるゲージの所持を義務づけてみてはどうだ、ゲージの費用は各自で負担となるが、交通安全のため背に腹はかえられない。法改正が待たれる。 ってくらい言わないと。 交通安全のため背に腹はかえられないのしょう?

空気圧は主に高速道路上で問題となりますが、小生はタイヤにチッソガスを充てんしています。

>>この検査には盲点がある。乗員が乗っていないまま行うので、軽量の状態では十分な検査結果が得られないのだ。
>まったく!理論がなってない。 ネジ類の緩みなどの異常を調べるためには、その構造体には余分な負荷を与えては検査になりませんよ。 負荷をかける(乗員の重量等)とネジにはせん断以外に引張・曲げなので外力が加わり、ネジ山(メネジの方)に押し付けられるため、緩んでいるカタ付音は消えてしまいます。
交通ジャーナリストと称する人が点検・検査の仕方も知らないとは、情けないものです。この国の将来を憂いてしまいます。

フレームの不具合を調べるには目視ではわからない「打音検査」が不可欠でしょう。

>>そこで注目されるのが「鉄製ラダー」(はしご)。画像を見よ。白バイなどバイクの技能訓練で使用されるものだ。段差部分の高さは10センチほどあり自転車で通過するとそれなりの衝撃がある。「打音検査」のように、自転車の不良箇所を調べるのに最適だ。
>打音検査とは、なにかまったく理解していないのが、ありありと伝わる文章です。 タイヤに大きな衝撃を与えたからといって、不良箇所はみつまりませんよ。 また、先に書いたように、負荷をかけた状態では、検査・点検はできません。

競技用自転車は軽量ですので、乗員が乗った状態でなければ正しい検査結果は得にくいでしょう。

>くそったれの描写を通じ、何を教えるべきか、誤りはなんだったかなど、教育問題について考えていただきたいと思います。(よすてびと)  と言われてますが、ご自身が一番コメント欄から教わり、ご自身が一番の誤りであり、ご自身の過去の教育環境を猛省していただきと思う今日この頃です。

交通安全に資する提言であると自負しております。

| 世捨人 | 2015/04/08 23:32 | URL |

Re: タイトルなし

ぁさん

>馬鹿だねー。 ここでも知識と教養のなさを吐露してますねー。 珍獣、嘘つきジャーナリスト。
おちょくりヨイショ君も大活躍。 相変わらず誰も賛同者がいないのが笑える。ミジメだねー。

暴走族対策条例はじめ、規制対象者から理解を得られないのは世の常でしょう。

| 世捨人 | 2015/04/08 23:35 | URL |

Re: タイトルなし

>いちいち点検してる車のドライバーなんてほとんどいない現実

車庫内で実施しているでしょう。

| 世捨人 | 2015/04/08 23:46 | URL |

Re: タイトルなし

> ジオターゲティングが、みんな0%です。 がんばれ!

ブラウザーがflashをサポートしなくなったからかもしれません。各自でお調べください。

| 世捨人 | 2015/04/08 23:49 | URL |

Re: タイトルなし

まさん

> ん?まだやってたんだ・・・ てか、例のバカがいないじゃんww

「大人になれない大人」から卒業できたのかもしれません。

| 世捨人 | 2015/04/08 23:52 | URL |

Re: タイトルなし

ヒさん

>タイトルは「打音検査」に成ってるけど、本文中に「打音検査」の描写一切無いけど? 「打音検査」は読んで字の如く『叩いた音によりねじの緩みや、鋳物の欠陥を調べる検査』やからね。 全く似ても似つかない「落下検査」ならあるが…どういうことかな? 論理に矛盾がありますが…ま、いつものことかな?

「落下検査」と混同しないよう、「打音検査」と命名しました。

| 世捨人 | 2015/04/08 23:53 | URL |

Re: タイトルなし

車両さん

>っピナレロ ドグマK8 こういうのが出てくると衝撃吸収されて打音検査もクソもなくなりますね。 大体検査対象にしなきゃいけないような競技用自転車は今の法律でも売っちゃいけないでしょうが。 安全基準に関してはUCI規定に輪を掛けている日本の法律じゃ公道を走るだけで壊れるような自転車は売っちゃいけないわけ。自称ジャーナリストのくせにそんなことも知らねーの? ピストバイクなんかだとチェーンが衝撃で跳ねたりするけどロードはリアディレイラーがチェーンに対する衝撃を緩和してくれるしそもそも公道走行に関する破損やそれにまつわる事故の直接的な原因とされるのはフレームの完成度じゃなくネジの緩みだからね。

日々の走行でガタが生じるのが道具や機械の宿命です。目視のほか「打音検査」で異常がないか、走行前に必ず点検してください。


>あとこの前キャリパーブレーキが云々言ってたけど ローラーブレーキついたママチャリはリアブレーキがグリップに付くまで握っても下り坂じゃ止まらないから。前輪だと止まる。まあ重心と慣性の法則の関係もあるけどなんで止まるかって前輪はキャリパーブレーキだから。 わかる?

ブレーキレバーのあそびを調整すれば解決する問題です。

>あんたはそもそもジャーナリストに向いてないし、ロードバイクのことばかりいちゃもん付けてるけど昔嫌なことでもあった?

競技用自転車乗りに悲惨な交通事故の当事者になってもらいたくありません。

> 競技用自転車と言ってるけどあんたの場合ロードバイクとしか考えてないだろ。 ダウンヒル用のMTBやピストバイク、シクロクロス、それからBMXだって立派な競技用自転車。 人が下る登山道を我が物顔で危険走行するMTBなんか特に法整備もクソもない。 口だけでも交通安全ジャーナリストを語るならそういうとこしっかり指摘しないとだめですよ。

MTBなどは一般公道を使って爆走練習をしていません。公道の安全・安心をおびやかす競技用自転車がやり玉にあがるのは当然でしょう。

| 世捨人 | 2015/04/08 23:57 | URL |

Re: タイトルなし

くそさん

>あの~。アルミ製はしごは、流通していますが、 鉄製はしごは、あまり流通していません。

法制化された暁(あかつき)には、こぞって発売されるでしょう。

>また、自動車・バイクの製造過程においても「ドライバーが乗って検査」ということは無いと思います。
車検でも無いでしょう。これは、まさしく「整備不良はシリアスな事故につながる」ことにつながることでしょう。

車検時においてはメカニックが厳しい目を光らせるでしょう。

>ここは一つ、御自らお乗りになる「タクシー」で、「打音検査」なされている動画をアップなされてはいかがでしょうか?

タクシーの車検期限は1年だそうです。

| 世捨人 | 2015/04/08 23:58 | URL |

Re: タイトルなし

旧こじさん

> 確かに『「打音検査」の方法』と『通常の打音検査で分からない部分が,今回の「打音検査」で分かる』と言う事を動画で実証して欲しいね.そうすれば意味のある提言だね.(そうできないなら意味のない提言だね)

目視だけの検査では不十分であることは火を見るより明らかでしょう。

| 世捨人 | 2015/04/08 23:59 | URL |

回答のようで回答になっていない回答をありがとうございます。

メーカーとして保障しているのに、盗難等を想定している訳ないでしょう。もう少し考えて回答してください。
それに、毎日の検査はちょっと振動を与える程度で十分把握出来ます。鉄製ハシゴの必要性は全く必要ありません。
スポーツバイクの事は事故の対象と考えているのに、軽快車(ママチャリ)ではシリアスな事故にならないのでしょうか??
これからは、軽快車でも車道側を走るように指導されていきます。この中で整備不良の軽快車が事故を起こさないと断言出来る要因はどこにあるのでしょうか。車両(自動車・自動二輪・軽車両)を使う以上事故の危険性は誰もが持っています。その中で事故を起こす要因になる整備不良は問題となります。
交通安全を考えるのであれば、全ての車両に車検等の義務付が必要であり、運転教育が必要と考えます。何かあった際の保険の必要性も自ずと見えてくるはずです。
だからこそ、スポーツバイクだけを悪者とするあなたの考え方に共感出来ません。ジャーナリストと言うのであれば、広い視野で考え誰でも分かる根拠を持って答弁してください。
何も、全ての記事に対して反論しているわけではなく『全く根拠がなく、必要性や意味のない」記事に対して反論している人がほとんどなのですから。

| スポーツバイク乗り | 2015/04/09 08:36 | URL |

Re: タイトルなし
旧こじさん

> 確かに『「打音検査」の方法』と『通常の打音検査で分からない部分が,今回の「打音検査」で分かる』と言う事を動画で実証して欲しいね.そうすれば意味のある提言だね.(そうできないなら意味のない提言だね)

目視だけの検査では不十分であることは火を見るより明らかでしょう。

| 世捨人 | 2015/04/08 23:59 | URL |


たぶん名前間違っていますが,これに返答します.
小学生でもできる訂正をできないなんて,大人とは言えませんね.


これ冒頭の「確かに」だけ見て,同意したと思って回答されたのかな?
全く返答になって無い.

いずれにせよ,「不十分」であるなら,「十分な検査」の仕方を動画化して示してください.
あなたは動画撮影を出来るのですから,動画化ができないなら無意味な提言だと言ってるのと動議です.

もしかして動画化が手間ですか?
その程度の手間を惜しめ無いなら,その程度の提言・情熱・自負でしか無いと言う,貴方の印象が残るだけです.

| こじま | 2015/04/09 10:19 | URL |



>っピナレロ ドグマK8 こういうのが出てくると衝撃吸収されて打音検査もクソもなくなりますね。 大体検査対象にしなきゃいけないような競技用自転車は今の法律でも売っちゃいけないでしょうが。 安全基準に関してはUCI規定に輪を掛けている日本の法律じゃ公道を走るだけで壊れるような自転車は売っちゃいけないわけ。自称ジャーナリストのくせにそんなことも知らねーの? ピストバイクなんかだとチェーンが衝撃で跳ねたりするけどロードはリアディレイラーがチェーンに対する衝撃を緩和してくれるしそもそも公道走行に関する破損やそれにまつわる事故の直接的な原因とされるのはフレームの完成度じゃなくネジの緩みだからね。

>日々の走行でガタが生じるのが道具や機械の宿命です。目視のほか「打音検査」で異常がないか、走行前に必ず点検してください。

>>じゃああなたが毎日乗っているママチャリやタクシーは打音検査していますか?
崩れてからでは遅いんですよ。それとも毎日車検に持って行っているとでも?

>あとこの前キャリパーブレーキが云々言ってたけど ローラーブレーキついたママチャリはリアブレーキがグリップに付くまで握っても下り坂じゃ止まらないから。前輪だと止まる。まあ重心と慣性の法則の関係もあるけどなんで止まるかって前輪はキャリパーブレーキだから。 わかる?

>ブレーキレバーのあそびを調整すれば解決する問題です。

私は制動に関してはかなり追求しています。
握り始めからグリップに着くまで、カタカタという遊びは全くありません。
使用月数は1ヶ月と少し、ワイヤーの伸びも見られずピンと張っています。
それでも、20%以上の急な下り坂では止まりません。
ロードバイクですといとも簡単に止まります。

>あんたはそもそもジャーナリストに向いてないし、ロードバイクのことばかりいちゃもん付けてるけど昔嫌なことでもあった?

>競技用自転車乗りに悲惨な交通事故の当事者になってもらいたくありません。

>>ならば身内だけに注意すればよろしいかと。余計なお世話は求めておりません。

> 競技用自転車と言ってるけどあんたの場合ロードバイクとしか考えてないだろ。 ダウンヒル用のMTBやピストバイク、シクロクロス、それからBMXだって立派な競技用自転車。 人が下る登山道を我が物顔で危険走行するMTBなんか特に法整備もクソもない。 口だけでも交通安全ジャーナリストを語るならそういうとこしっかり指摘しないとだめですよ。

MTBなどは一般公道を使って爆走練習をしていません。公道の安全・安心をおびやかす競技用自転車がやり玉にあがるのは当然でしょう。

>>一般公道ではない限り爆走練習をしても構わないということですか?
あなたの考える「交通」安全という言葉の狭さが露呈しています。
人が通れるように作られていればそこはすでに道です。
道を通る、利用するということを、交通、と言います。
それからピストバイクの爆走も見逃してはならないはずです。
固定だろうがシングルギアのフリーがついていようが、ましてやきちんとブレーキを装着していようが、彼らは歩道と車道の区別を付けずに暴走しています。
我々ロード乗りは基本的に歩道では16キロ以下の制動距離が1メートル以下のスピードで走行しています。
私の場合歩道は8キロで、制動距離は50センチ以下です。(実験済み)
しかし、歩行者に対する不慮の事故に備え、歩道は走りません。
車道で爆走することも基本ないです。
一部の爆走練習をする人達だけを見て、判断しないでください。

| 自転車は車両 | 2015/04/09 17:46 | URL |

>ここは一つ、御自らお乗りになる「タクシー」で、「打音検査」なされている動画をアップなされてはいかがでしょうか?

>>タクシーの車検期限は1年だそうです。

回答になっていない。是非、「打音検査」を実施した動画をアップしましょう。

| くそったれ君 | 2015/04/09 19:07 | URL |

車検期間とか言うなら毎日の打音検査じゃなくて競技用自転車の車検制度の導入の法制化をいつも通り正座して待ってりゃいいじゃんw

| 自転車は車道 | 2015/04/13 08:43 | URL |

Re: タイトルなし

乗りさん

>回答のようで回答になっていない回答をありがとうございます。

意味不明です。

>メーカーとして保障しているのに、盗難等を想定している訳ないでしょう。もう少し考えて回答してください。

保証を売り文句にボロ儲けする戦略なんでしょう。

>それに、毎日の検査はちょっと振動を与える程度で十分把握出来ます。鉄製ハシゴの必要性は全く必要ありません。

万全を期してください。

>スポーツバイクの事は事故の対象と考えているのに、軽快車(ママチャリ)ではシリアスな事故にならないのでしょうか??

車両重量の差が歴然としています。

>これからは、軽快車でも車道側を走るように指導されていきます。この中で整備不良の軽快車が事故を起こさないと断言出来る要因はどこにあるのでしょうか。車両(自動車・自動二輪・軽車両)を使う以上事故の危険性は誰もが持っています。その中で事故を起こす要因になる整備不良は問題となります。

ママチャリでスピードレースを想定した爆走する輩(やから)は皆無でしょう。

>交通安全を考えるのであれば、全ての車両に車検等の義務付が必要であり、運転教育が必要と考えます。何かあった際の保険の必要性も自ずと見えてくるはずです。

スピードの出る競技用自転車が起こす事故はシリアスです。

>だからこそ、スポーツバイクだけを悪者とするあなたの考え方に共感出来ません。ジャーナリストと言うのであれば、広い視野で考え誰でも分かる根拠を持って答弁してください。

法の不備をついて我が物顔で爆走する競技用自転車乗りは許されません。

>何も、全ての記事に対して反論しているわけではなく『全く根拠がなく、必要性や意味のない」記事に対して反論している人がほとんどなのですから。

交通安全に資する提言であると自負しております。

| 世捨人 | 2015/04/15 22:57 | URL |

Re: タイトルなし

旧こじさん

> 確かに『「打音検査」の方法』と『通常の打音検査で分からない部分が,今回の「打音検査」で分かる』と言う事を動画で実証して欲しいね.そうすれば意味のある提言だね.(そうできないなら意味のない提言だね)
>>目視だけの検査では不十分であることは火を見るより明らかでしょう。 | 世捨人 | 2015/04/08 23:59 | URL |
>たぶん名前間違っていますが,これに返答します. 小学生でもできる訂正をできないなんて,大人とは言えませんね.

悲観しないでください。

>これ冒頭の「確かに」だけ見て,同意したと思って回答されたのかな? 全く返答になって無い.

論理的思考力を養ってください。

>いずれにせよ,「不十分」であるなら,「十分な検査」の仕方を動画化して示してください. あなたは動画撮影を出来るのですから,動画化ができないなら無意味な提言だと言ってるのと動議です.

鉄製はしごがある自動車(バイク)教習所でトライしてみては。

>もしかして動画化が手間ですか? その程度の手間を惜しめ無いなら,その程度の提言・情熱・自負でしか無いと言う,貴方の印象が残るだけです.

火を見るよりも明らかなわけですから、動画化するまでもないでしょう。

| 世捨人 | 2015/04/15 23:00 | URL |

Re: タイトルなし

車両さん

>っピナレロ ドグマK8 こういうのが出てくると衝撃吸収されて打音検査もクソもなくなりますね。 大体検査対象にしなきゃいけないような競技用自転車は今の法律でも売っちゃいけないでしょうが。 安全基準に関してはUCI規定に輪を掛けている日本の法律じゃ公道を走るだけで壊れるような自転車は売っちゃいけないわけ。自称ジャーナリストのくせにそんなことも知らねーの? ピストバイクなんかだとチェーンが衝撃で跳ねたりするけどロードはリアディレイラーがチェーンに対する衝撃を緩和してくれるしそもそも公道走行に関する破損やそれにまつわる事故の直接的な原因とされるのはフレームの完成度じゃなくネジの緩みだからね。
>>日々の走行でガタが生じるのが道具や機械の宿命です。目視のほか「打音検査」で異常がないか、走行前に必ず点検してください。
>じゃああなたが毎日乗っているママチャリやタクシーは打音検査していますか? 崩れてからでは遅いんですよ。それとも毎日車検に持って行っているとでも? あとこの前キャリパーブレーキが云々言ってたけど ローラーブレーキついたママチャリはリアブレーキがグリップに付くまで握っても下り坂じゃ止まらないから。前輪だと止まる。まあ重心と慣性の法則の関係もあるけどなんで止まるかって前輪はキャリパーブレーキだから。 わかる?
>>ブレーキレバーのあそびを調整すれば解決する問題です。
>私は制動に関してはかなり追求しています。 握り始めからグリップに着くまで、カタカタという遊びは全くありません。 使用月数は1ヶ月と少し、ワイヤーの伸びも見られずピンと張っています。 それでも、20%以上の急な下り坂では止まりません。 ロードバイクですといとも簡単に止まります。

とっさに両足が着地できないビンディングペダルで簡単に止まれば、それこそ危険でしょう。競技用自転車のブレーキがスピード調整機能にすぎないのは、ビンディングペダルが遠因かもしれませんね。

>あんたはそもそもジャーナリストに向いてないし、ロードバイクのことばかりいちゃもん付けてるけど昔嫌なことでもあった?
>>競技用自転車乗りに悲惨な交通事故の当事者になってもらいたくありません。
>ならば身内だけに注意すればよろしいかと。余計なお世話は求めておりません。 競技用自転車と言ってるけどあんたの場合ロードバイクとしか考えてないだろ。 ダウンヒル用のMTBやピストバイク、シクロクロス、それからBMXだって立派な競技用自転車。 人が下る登山道を我が物顔で危険走行するMTBなんか特に法整備もクソもない。 口だけでも交通安全ジャーナリストを語るならそういうとこしっかり指摘しないとだめですよ。
>>MTBなどは一般公道を使って爆走練習をしていません。公道の安全・安心をおびやかす競技用自転車がやり玉にあがるのは当然でしょう。
>一般公道ではない限り爆走練習をしても構わないということですか?あなたの考える「交通」安全という言葉の狭さが露呈しています。 人が通れるように作られていればそこはすでに道です。道を通る、利用するということを、交通、と言います。 それからピストバイクの爆走も見逃してはならないはずです。
固定だろうがシングルギアのフリーがついていようが、ましてやきちんとブレーキを装着していようが、彼らは歩道と車道の区別を付けずに暴走しています。我々ロード乗りは基本的に歩道では16キロ以下の制動距離が1メートル以下のスピードで走行しています。

当ブログは道交法に準拠しています。日本サイクルスポーツセンターなど、専用コースで爆走する分には構いません。MTBは人里離れた山奥など荒れ地を走破することに醍醐味があります。場所をわきまえています。国道でスピードレースを意識した爆走する競技用自転車がやり玉にあがるのは当然でしょう。

>私の場合歩道は8キロで、制動距離は50センチ以下です。(実験済み) しかし、歩行者に対する不慮の事故に備え、歩道は走りません。 車道で爆走することも基本ないです。一部の爆走練習をする人達だけを見て、判断しないでください。

実用性の乏しい競技用自転車にあっては、購入目的はほぼ爆走練習といっても過言ではないでしょう。練習のために一般公道を使うのはやめてください。ご理解、ご協力をお願いします。

| 世捨人 | 2015/04/15 23:03 | URL |

Re: タイトルなし

くそさん

>ここは一つ、御自らお乗りになる「タクシー」で、「打音検査」なされている動画をアップなされてはいかがでしょうか?
>>タクシーの車検期限は1年だそうです。
>回答になっていない。是非、「打音検査」を実施した動画をアップしましょう。

タクシーは厳しい車検をパスするため、打音検査が不要なほど日々のメンテナンスをしっかり実施していることでしょう。

| 世捨人 | 2015/04/15 23:04 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>車検期間とか言うなら毎日の打音検査じゃなくて競技用自転車の車検制度の導入の法制化をいつも通り正座して待ってりゃいいじゃんw

打音検査義務づけを経て車検制度導入ということになるでしょう。

| 世捨人 | 2015/04/15 23:19 | URL |

自転車は車さん
ワザワザMTBを巻き込むなよ
ロードならロードで揉めとけよ
飛び火させんな!
これだからローディーってのは…。選民思想が強くてダメだ
MTBをやり玉に挙げて批判を躱そうとする根性がムカつく

ここの世捨人はクズでカスでどうしようも無いけど
お前もなかなかヤバイぜ


| 眠り猫 | 2015/05/01 21:34 | URL |

返答するきも失せて来たのであまり返しませんが、盗難をありきに保障している。といった保障で商売をしている。みたいな書き方がありましたが、いい加減にしてください。30年以上同じバイクに乗っている人もたくさん居ます。それでもきちんと整備すればしっかりと乗れるのが今のバイクですし、これは今も昔も変わりません。だからこそ永年保障で商売をしています。ブレーキも必要十分なスペックを計算し取り付けてありますし、上のクラスのパーツだと、計量かつ軽いタッチ必要なブレーキ力を得られる様になっています。速度を出すから事故を起こす訳ではありません。スピードは事故を起こす要因の一つですが、それ以外の要素も合わさって事故になるのです。車でも制限速度を超えたから直ぐに事故を起こしますか?実際はそれ以外の要因と重なり事故が発生します。一人一人が事故の要因を減らし、全体として事故の発生を防止するならわかりますが、あなたの言い分では事故は防げませんよ。
車両重量で事故比率は変わりません。軽車両で車両事故が少ないのは走行禁止の歩道を走っているからで、歩行者との事故は多く発生しています。4輪自動車の走行の邪魔だから、4輪自動車との事故を起こさない。という理由で軽車両を歩道に上げるのは歩行者を危険にする以外なにもありません。それであれば、軽車両を全て禁止にする位の気持ちで討論したらどうですか。それであれば、自転車と車両、自転車と歩行者の事故はなくなり、あなたが求めた安全に走行できる車道が出来上がりますよ。軽車両を使えるのは専用道路のみ、もしくは貸し切ったサーキットのみにすればあなたの望みがかないますよ。

| スポーツバイク乗り | 2015/05/02 08:48 | URL |

>タクシーは厳しい車検をパスするため、打音検査が不要なほど日々のメンテナンスをしっかり実施していることでしょう。

①ご自身の実践動画をアップしてください。

②より重大事故を引き起こす自動車の打音検なぜ不要とする根拠は?

| くそったれ君 | 2015/05/02 19:04 | URL |

調べれば調べるほど、一般車とタクシーでの車検の違いは見つけられませんね。回数が年1回か2年に1回の違いはありますけど。
ライトがきちんとつくか。ブレーキは正常かパットの残量はあるか。メーターに問題はないか。下回りに問題はないか。排気量に問題はないか。アライメントにズレはないか。等一般車と変わらないですね。日々のメンテナンスで出来ることはオイルチェック、ライトチェック等のチェックが容易な部分だけですかね。出るたびにジャッキアップして下回りのチェック、タイヤ外してのブレーキパットのチェックまでやっている所はあるのでしょうか??
反論すればするほどボロが出るのに、もう少し現実を見た反論が出来ないのでしょうか??

| スポーツバイク乗り | 2015/05/03 14:21 | URL |

Re: タイトルなし

乗りさん

>返答するきも失せて来たのであまり返しませんが、盗難をありきに保障している。といった保障で商売をしている。みたいな書き方がありましたが、いい加減に してください。30年以上同じバイクに乗っている人もたくさん居ます。

少数派でしょう。

>それでもきちんと整備すればしっかりと乗れるのが今のバイクですし、これは今も昔も 変わりません。

ニューモデルに目移りするものでしょう。

>だからこそ永年保障で商売をしています。

自転車メーカーが淘汰されるでしょう。

>ブレーキも必要十分なスペックを計算し取り付けてありますし、上のクラスのパーツだと、計量かつ軽 いタッチ必要なブレーキ力を得られる様になっています。速度を出すから事故を起こす訳ではありません。スピードは事故を起こす要因の一つですが、それ以外 の要素も合わさって事故になるのです。車でも制限速度を超えたから直ぐに事故を起こしますか?実際はそれ以外の要因と重なり事故が発生します。一人一人が 事故の要因を減らし、全体として事故の発生を防止するならわかりますが、あなたの言い分では事故は防げませんよ。

乗り手を爆走へとかきたてる競技用自転車を全面規制するのが手っ取り早いですね。

>車両重量で事故比率は変わりません。軽車両で車両事故が少ないのは走行禁止の歩道を走っているからで、歩行者との事故は多く発生しています。4輪 自動車の走行の邪魔だから、4輪自動車との事故を起こさない。という理由で軽車両を歩道に上げるのは歩行者を危険にする以外なにもありません。それであれ ば、軽車両を全て禁止にする位の気持ちで討論したらどうですか。それであれば、自転車と車両、自転車と歩行者の事故はなくなり、あなたが求めた安全に走行 できる車道が出来上がりますよ。軽車両を使えるのは専用道路のみ、もしくは貸し切ったサーキットのみにすればあなたの望みがかないますよ。

スピードレース用に開発された競技用自転車とママチャリが共存するのは困難でしょう。

| 世捨人 | 2015/05/08 23:07 | URL |

Re: タイトルなし

くそさん

>>タクシーは厳しい車検をパスするため、打音検査が不要なほど日々のメンテナンスをしっかり実施していることでしょう。
>①ご自身の実践動画をアップしてください。

いやです。

>②より重大事故を引き起こす自動車の打音検なぜ不要とする根拠は?

クルマはタイヤチェックなど走行前点検を実施しております。

| 世捨人 | 2015/05/08 23:08 | URL |

Re: タイトルなし

乗りさん

>調べれば調べるほど、一般車とタクシーでの車検の違いは見つけられませんね。回数が年1回か2年に1回の違いはありますけど。

がんばってください。

>ライトがきちんとつくか。ブレーキは正常かパットの残量はあるか。メーターに問題はないか。下回りに問題はないか。排気量に問題はないか。アライ メントにズレはないか。等一般車と変わらないですね。日々のメンテナンスで出来ることはオイルチェック、ライトチェック等のチェックが容易な部分だけです かね。

自転車の点検と比べれば難儀ですね。

>出るたびにジャッキアップして下回りのチェック、タイヤ外してのブレーキパットのチェックまでやっている所はあるのでしょうか??

しっかり調べてください。

>反論すればするほどボロが出るのに、もう少し現実を見た反論が出来ないのでしょうか??

がんばってください。

| 世捨人 | 2015/05/08 23:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/508-eded59db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT