今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

競技用自転車に「ヤクルト仕様」を義務づけよ

▼自転車用リュックについては、特にきつい前掲姿勢となる競技用自転車にあっては、危険かつ積載違反の恐れもあることなどから、当ブログでは禁じている。そんななか、競技用自転車乗りに朗報がある。

▼画像を見よ。乳酸菌飲料メーカー、ヤクルト社が訪問販売で使用する自転車と原付バイクだ。輸送効率を上げるためバッグを各所に取りつけている。特筆すべきは前輪(原付バイク)・後輪(自転車)の両サイドに設置されていることだ。

▼バッグに衝撃吸収性の一面があることを鑑みると、下半身を守るバンパーの役目を果たすことになる。自転車同士で正面から衝突した時や後方から追突された時に、すねやふくらはぎを保護することができよう。

▼スピードの出る競技用自転車にあっては、事故時の被害軽減はユーザーの悲願だ。幸い、前・後輪に取り付けられる専用パーツが市販化されている。全車輪両サイドにバッグを設置する、名付けて「ヤクルト仕様」を競技用自転車に義務づけてみてはどうか。法改正が待たれる。


車輪の両サイドにバッグを取り付けた原付バイク(手前)
自転車
(奥)

参考
自転車用リュックを「積載違反」で検挙せよ
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-331.html
リュック背負いの競技用自転車乗りを追放せよ
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-239.html

関連記事

| 00:33 | コメント:108 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はいはい、よかったね。

もうちょい真面目に記事を書こうか。

インターネットで、全世界から見れる(可能性がある)所に掲載する文章なんだからね。

なんつーか…アホらし過ぎる。

ある意味、超弩級だわ。尊敬してしまいそう。

| ヒロ | 2015/03/21 01:17 | URL |

これはまた素晴らしいアイディアですなあ。流石は世捨人様、凡人には思いもよらない発想です。

重量物は背中に背負うより、車輪両サイドに設置する方が安定しますし、それに空気抵抗の増大&車重増によるスピード抑制にもなります。もちろん世捨人様の言われる通り、車体同士がぶつかった時の衝撃吸収の役割もあり、一石二鳥どころか三鳥四鳥ですな。

ぜひとも競技用自転車乗りはヤクルトをパンパンに積んだ状態で走行してもらいましょうか。法改正を待ちましょう!

| 自転車は歩道 | 2015/03/21 06:40 | URL |

長距離走る(数日かけて)人ならリアキャリアにバッグをつける人もいるだろうね。
フロントはロードバイクの構造上キャリアをつけられないからつける人いないんじゃない?
あと、バッグで衝撃吸収?あほかww
バッグで衝撃吸収できるならリュックも衝撃吸収材として使えるわけだな、以前リュックは禁止せよと言っていた提言に反するんだが痴呆か?
阿呆はどこまで逝っても阿呆だな。

| オワタ | 2015/03/21 07:33 | URL |

「ヤクルト」は商標登録されていますが…使用許可申請とりましたか?

| オワタ | 2015/03/21 07:41 | URL |

今時、小学生でも、もっとまともなジャーナリストごっこすると思うけど?
世捨てっちの頭の悪さオモロww

| わろ田 | 2015/03/21 09:34 | URL |

詰まらん。
5点。
ヨイショ君のコメントも、もはやバカにしているようにしか見えんな。

| 自転車は 車 道 | 2015/03/21 09:43 | URL |

>流石は世捨人様、凡人には思いもよらない発想です。

凡人じゃない人専用って事で。

| オワタ | 2015/03/21 14:10 | URL |

法改正までの手順(内閣法制局)
http://www.clb.go.jp/law/process.html
※長いのでリンク先をまず参照してください。

ま、この前に多数の国民の議論、法改正が必要であるという根拠、それらを各省庁に訴え出るなどいろいろ手続きが必要なわけですが、この人(世捨人)はただ「法改正がまたれる」と自慰してるだけですよね?
本当に法改正が必要だと思うなら関係省庁前でストライキでも起こしてみたらどうですか?(ヨイショ君といっしょに)

ヨイショ君
>ぜひとも競技用自転車乗りはヤクルトをパンパンに積んだ状態で走行してもらいましょうか。法改正を待ちましょう!

お前何様だよ。

| あはん | 2015/03/21 16:49 | URL |

あと、サイドバッグ(バニアバッグ?)を付けるか付けないかの個人の選択をなぜ法で御さなければならないのかな?

歩行者が手提げバッグを持つかリュックにするか、そもそもバッグを持ち歩かないか誰かが強制するものではないし、車だってハッチバック車にして荷物を積みたい、荷物は積まないけどかっこいいからスポーツカーにする、どちらも両立したいからワゴン車かなぁ…と選択の自由は認められている。
自転車もしかり、ママチャリで十分ならそれでいいだろうし、荒道を走りたいからMTBにする、それこそ恰好だけでロードバイクと言う選択肢だって国民に与えられた選択の自由だろ。

日本は専制政治国家だったか?
走行してもらいましょうか。って日本はお前が専制しているのか?顔洗って出直せ、阿呆が。

| あはん | 2015/03/21 17:12 | URL |

よいしょくんは、世さんを茶化していたと思った。

タクシーの座席にも、安全のため、エアバックの代わりに、ヤクルトいっぱいのバックを義務づけましょう。

| え? | 2015/03/21 18:24 | URL |

自衛隊とは。

我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、直接侵略及び間接侵略に対し我が国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たるものとされ、人命救助などの災害派遣や国連PKOへの派遣などの国際平和協力活動を副次的任務とする。

であって、
▼厳しい規律のある自衛隊を「大人になれない大人」の教育機関として活用すべきではないでしょうか

大人になれない大人のための教育機関ではありません。

適当な事を書かないように。

| 自衛隊父兄会某地区代表 | 2015/03/21 18:42 | URL |

バッグで衝撃吸収が正しいとするなら脚よりも背中を守る方を選ぶのが普通だろw

| 危険タクシー世捨 | 2015/03/24 02:53 | URL |

それよりもバイクのライダースーツのように、人に着せるタイプのエアバッグを考案すれば珍しく反論されずに受け入れられたかもしれないというのに。
発想が斜め上にずれてます…

| 自転車は車道 | 2015/03/24 07:37 | URL | ≫ EDIT

自転車の操作性に影響があるフロントに重量物になりかねない物を乗せるのは賛成しかねますね。この一つの記事で過去のあなたのいくつもの記事を否定しているかと思います。ブレーキ性能や小回り性能において前かごやそれに準ずるものは良いところはありませんので。また、柔らかいヤクルトのバックで衝撃を吸収するにはとんでもない厚みが必要でしょう。操作性の悪化と車両寸法の極端な拡大のほうが影響大と考えられます。
私ならスキーなどの多くの競技で用いられる脊髄パッドを推奨する記事を書くでしょう。(脊髄パッド機能付きリュックサックがあれば即買います。)
死にたくないのなら手足の先のこまごました所じゃなく、体の根幹を考えましょう。

| JOYMAR | 2015/03/24 12:12 | URL |

競技用自転車乗りはグレートコミネマン義務化とかならわかるのになぜまたこんなことを・・・

自転車自体にクラッシャブルゾーン作ったってぶつかったら乗員はたいてい吹っ飛んでいくから意味無いとおもいますが

| bicyclerider | 2015/03/25 00:17 | URL |

Re: タイトルなし

ヒさん

>はいはい、よかったね。もうちょい真面目に記事を書こうか。インターネットで、全世界から見れる(可能性がある)所に掲載する文章なんだからね。なんつーか…アホらし過ぎる。ある意味、超弩級だわ。尊敬してしまいそう。

交通安全のため背に腹はかえられません。共に闘いましょう。

| 世捨人 | 2015/03/26 00:21 | URL |

Re: タイトルなし

>これはまた素晴らしいアイディアですなあ。流石は世捨人様、凡人には思いもよらない発想です。

満を持して発表しました。

>重量物は背中に背負うより、車輪両サイドに設置する方が安定しますし、それに空気抵抗の増大&車重増によるスピード抑制にもなります。もちろん世捨人様の言われる通り、車体同士がぶつかった時の衝撃吸収の役割もあり、一石二鳥どころか三鳥四鳥ですな。

核心をついています。大変よく勉強されています。

>ぜひとも競技用自転車乗りはヤクルトをパンパンに積んだ状態で走行してもらいましょうか。法改正を待ちましょう!

前向きに検討してもらいたいですね。

| 世捨人 | 2015/03/26 00:22 | URL |

Re: タイトルなし

オワさん

>長距離走る(数日かけて)人ならリアキャリアにバッグをつける人もいるだろうね。フロントはロードバイクの構造上キャリアをつけられないからつける人いないんじゃない? あと、バッグで衝撃吸収?あほかww バッグで衝撃吸収できるならリュックも衝撃吸収材として使えるわけだな、以前リュックは禁止せよと言っていた提言に反するんだが痴呆か? 阿呆はどこまで逝っても阿呆だな。

リュックを自転車に取り付けるのなら構いませんが背負いながらの運転は厳禁です。

| 世捨人 | 2015/03/26 00:22 | URL |

Re: タイトルなし

オワさん

>「ヤクルト」は商標登録されていますが…使用許可申請とりましたか?

「ヤクルト」と「ヤクルト仕様」は別物でしょう。

| 世捨人 | 2015/03/26 00:23 | URL |

Re: タイトルなし

わろさん

> 今時、小学生でも、もっとまともなジャーナリストごっこすると思うけど? 世捨てっちの頭の悪さオモロww

訴状を確認しておりませんので、コメントは差し控えさせていただきます。

| 世捨人 | 2015/03/26 00:23 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

> 詰まらん。 5点。 ヨイショ君のコメントも、もはやバカにしているようにしか見えんな。

交通安全に笑いはいりません。

| 世捨人 | 2015/03/26 00:26 | URL |

Re: タイトルなし

あはさん

>法改正までの手順(内閣法制局)http://www.clb.go.jp/law/process.html
※長いのでリンク先をまず参照してください。 ま、この前に多数の国民の議論、法改正が必要であるという根拠、それらを各省庁に訴え出るなどいろいろ手続きが必要なわけですが、この人(世捨人)はただ「法改正がまたれる」と自慰してるだけですよね? 本当に法改正が必要だと思うなら関係省庁前でストライキでも起こしてみたらどうですか?(ヨイショ君といっしょに)

当ブログを通じて法改正の世論が盛り上がり、国会議員が動くことを信じてやみません。

| 世捨人 | 2015/03/26 00:27 | URL |

Re: タイトルなし

あはさん

>あと、サイドバッグ(バニアバッグ?)を付けるか付けないかの個人の選択をなぜ法で御さなければならないのかな?

交通安全のため背に腹はかえられません。

>歩行者が手提げバッグを持つかリュックにするか、そもそもバッグを持ち歩かないか誰かが強制するものではないし、車だってハッチバック車にして荷物を積みたい、荷物は積まないけどかっこいいからスポーツカーにする、どちらも両立したいからワゴン車かなぁ…と選択の自由は認められている。

スピードレース用に開発された競技用自転車を運転する者への責務でしょう。

>自転車もしかり、ママチャリで十分ならそれでいいだろうし、荒道を走りたいからMTBにする、それこそ恰好だけでロードバイクと言う選択肢だって国民に与えられた選択の自由だろ。

今回は競技用自転車を対象に義務づけを提唱しました。

>日本は専制政治国家だったか? 走行してもらいましょうか。って日本はお前が専制しているのか?顔洗って出直せ、阿呆が。

法で規制することを念頭に置いています。

| 世捨人 | 2015/03/26 00:28 | URL |

Re: タイトルなし

自衛さん

>自衛隊とは。我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、直接侵略及び間接侵略に対し我が国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たるものとされ、人命救助などの災害派遣や国連PKOへの派遣などの国際平和協力活動を副次的任務とする。 であって、▼厳しい規律のある自衛隊を「大人になれない大人」の教育機関として活用すべきではないでしょうか 大人になれない大人のための教育機関ではありません。 適当な事を書かないように。

手の施しようのない輩(やから)がはびこる現状、国益を損なうおそれがあります。わが国を防衛する任務を通じて、大人になれない大人の教育の場として活用することは、背に腹はかえられないでしょう。

| 世捨人 | 2015/03/26 00:29 | URL |

Re: タイトルなし

危険さん

>バッグで衝撃吸収が正しいとするなら脚よりも背中を守る方を選ぶのが普通だろw

背中は「リアウイング」で保護できるでしょう。
参照:競技用自転車の挙動は「ダウンフォース」で安定させよ
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-431.html

| 世捨人 | 2015/03/26 00:29 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>それよりもバイクのライダースーツのように、人に着せるタイプのエアバッグを考案すれば珍しく反論されずに受け入れられたかもしれないというのに。 発想が斜め上にずれてます…

水分補給のための水筒を常時携行する競技用自転車乗りに保冷バッグの需要はあるでしょう。ちなみにエアバッグは当ブログで発表済みです。

参照:ドロップハンドルから顔面を守れ
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-440.html

| 世捨人 | 2015/03/26 00:31 | URL |

Re: タイトルなし

JOさん

>自転車の操作性に影響があるフロントに重量物になりかねない物を乗せるのは賛成しかねますね。この一つの記事で過去のあなたのいくつもの記事を否定しているかと思います。ブレーキ性能や小回り性能において前かごやそれに準ずるものは良いところはありませんので。

三輪自転車、補助輪などを活用すれば直進安定性は犠牲にならないでしょう。

>また、柔らかいヤクルトのバックで衝撃を吸収するにはとんでもない厚みが必要でしょう。操作性の悪化と車両寸法の極端な拡大のほうが影響大と考えられます。

発泡スチロールなど緩衝材をバッグの中に入れても構いません。

>私ならスキーなどの多くの競技で用いられる脊髄パッドを推奨する記事を書くでしょう。(脊髄パッド機能付きリュックサックがあれば即買います。)

リュックを背負いながらの自転車は危険であることが、出発点です。

>死にたくないのなら手足の先のこまごました所じゃなく、体の根幹を考えましょう。

身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車は、危険と隣り合わせです。

| 世捨人 | 2015/03/26 00:32 | URL |

Re: タイトルなし

biさん

>競技用自転車乗りはグレートコミネマン義務化とかならわかるのになぜまたこんなことを・・・

安全のため背に腹はかえられないでしょう。

>自転車自体にクラッシャブルゾーン作ったってぶつかったら乗員はたいてい吹っ飛んでいくから意味無いとおもいますが

対自転車事故を想起してください

| 世捨人 | 2015/03/26 00:34 | URL |

>交通安全のため背に腹はかえられません。

では,「危険な車」と称した貴方は,明日から車に乗らないんと明言してください.
貴方が自分の主張を自分で実行出来ない人なら,そもそも内容を信用なんて出来ません.

| こじま | 2015/03/26 01:13 | URL |

ルールむし、信号むしは悪いむしです。

| 世捨人 | 2015/03/26 00:35 | URL |


では,この写真の「ルール無視」にも糾弾しましょう.
そうでないと貴方の主張は一貫しません.
http://blog-imgs-73-origin.fc2.com/3/8/m/38moto3/deliver_20150218.jpg


現状では「世捨人にとって都合の悪いルール無視は糾弾する(悪いむしとみなす)が,世捨人にとって都合の良いルール無視は糾弾しない(悪いむしとみなさない)」状態で,単なる欺瞞・わがまま・感情論・愚痴です.

| こじま | 2015/03/26 18:35 | URL |

交通安全のため背に腹はかえられません。共に闘いましょう。| 世捨人 | 2015/03/26 00:21 | URL |
交通安全のために闘う事は可能ですが、貴殿と一緒に闘う事は不可能です。

| ヒロ | 2015/03/26 19:42 | URL |

Re

「三輪自転車、補助輪などを活用すれば直進安定性は犠牲にならないでしょう。」などと言っておられますが、ならばMotoGPのコーナー速度でリライアントロビンが曲がれないことを否定する証明をしてください。(リライアントロビンの挙動を見る限りタイヤ銘柄に起因するμの差は関係ありません。その点をヒントにしつつ証明してくださいね)
さらにいえば前かごよりもリュックのほうが安全です。ブレーキ性能を考えれば重量物を置く位置は後ろのほうが有利です。載せる優先順位を言うならリアキャリア→リュックです。(前かごなど論外)また、リュックなら体の姿勢で重量の左右配分を変えられる上、前後輪にかかる荷重差が減るので、コーナーではリアキャリアに乗せるよりも有利です。

反論したいなら私より先にポルシェジャパンにしましょう。FIA-GT1とRRの911を持つポルシェなら的確な答えを得られるはずです。

| JOYMAR | 2015/03/26 22:53 | URL |

>対自転車事故を想起してください

車道左端を(法に従い)かつルールに乗っ取り走行し併走、逆走をしない限り対自転車事故を想起する必要性が無いんだが、やはり阿呆だなこいつ。

>>日本は専制政治国家だったか? 走行してもらいましょうか。って日本はお前が専制しているのか?顔洗って出直せ、阿呆が。

これはヨイショ君に対して言っているのだが何故

>法で規制することを念頭に置いています。

こいつが返答するんだ?

あと、こんな僻地でブツブツホザイていても国会は動かんぞ、関係各所でストライキでも起こせと言ったハズだが?

>当ブログを通じて法改正の世論が盛り上がり、国会議員が動くことを信じてやみません。

100%ありえません、残念でした。

| あはん | 2015/03/27 00:07 | URL |

対自転車事故 ねぇ

グレートコミネマンじゃいかんのか?(困惑)

| bicyclerider | 2015/03/27 00:12 | URL |

Re: タイトルなし

旧こじさん

>>ルールむし、信号むしは悪いむしです。 | 世捨人 | 2015/03/26 00:35 | URL |
>では,この写真の「ルール無視」にも糾弾しましょう. そうでないと貴方の主張は一貫しません.
http://blog-imgs-73-origin.fc2.com/3/8/m/38moto3/deliver_20150218.jpg

当ブログに掲載されたことで、自責の念にさいなまれていることでしょう。

>現状では「世捨人にとって都合の悪いルール無視は糾弾する(悪いむしとみなす)が,世捨人にとって都合の良いルール無視は糾弾しない(悪いむしとみなさない)」状態で,単なる欺瞞・わがまま・感情論・愚痴です.

糾弾すべきは、法の不備をついてわが物顔で爆走する競技用自転車でしょう。

| 世捨人 | 2015/04/01 23:57 | URL |

Re: タイトルなし

ヒさん

>>交通安全のため背に腹はかえられません。共に闘いましょう。| 世捨人 | 2015/03/26 00:21 | URL |
>交通安全のために闘う事は可能ですが、貴殿と一緒に闘う事は不可能です。

ヒさんを信じています。

| 世捨人 | 2015/04/01 23:57 | URL |

Re: Re

JOさん

>「三輪自転車、補助輪などを活用すれば直進安定性は犠牲にならないでしょう。」などと言っておられますが、ならばMotoGPのコーナー速度でリライアントロビンが曲がれないことを否定する証明をしてください。(リライアントロビンの挙動を見る限りタイヤ銘柄に起因するμの差は関係ありません。その点をヒントにしつつ証明してくださいね)

市街地走行で「ハングオン」は不要でしょう。当ブログは交通安全をテーマとしており、スピードレースについては専門書に譲ります。

>さらにいえば前かごよりもリュックのほうが安全です。ブレーキ性能を考えれば重量物を置く位置は後ろのほうが有利です。載せる優先順位を言うならリアキャリア→リュックです。(前かごなど論外)また、リュックなら体の姿勢で重量の左右配分を変えられる上、前後輪にかかる荷重差が減るので、コーナーではリアキャリアに乗せるよりも有利です。

前かごには書類など軽量のものを入れ、重量物はリアバッグにすればクリアできる問題です。

>反論したいなら私より先にポルシェジャパンにしましょう。FIA-GT1とRRの911を持つポルシェなら的確な答えを得られるはずです。

ポルシェを持ち出すまでもなく、大型バスをみれば走行は安定しています。

| 世捨人 | 2015/04/02 00:02 | URL |

Re: タイトルなし

あはさん

>>対自転車事故を想起してください
>車道左端を(法に従い)かつルールに乗っ取り走行し併走、逆走をしない限り対自転車事故を想起する必要性が無いんだが、やはり阿呆だなこいつ。

あはさんのようにスピードが出せない競技用自転車乗りは、爆走競技用自転車に追突される可能性は否定できないでしょう。

>日本は専制政治国家だったか? 走行してもらいましょうか。って日本はお前が専制しているのか?顔洗って出直せ、阿呆が。これはヨイショ君に対して言っているのだが何故
>> 法で規制することを念頭に置いています。
>こいつが返答するんだ?

誤解のないよう、あて名を明記してください。

>あと、こんな僻地でブツブツホザイていても国会は動かんぞ、関係各所でストライキでも起こせと言ったハズだが?

当ブログの提言は関係各所の目にとまっていることでしょう。

>>当ブログを通じて法改正の世論が盛り上がり、国会議員が動くことを信じてやみません。
>100%ありえません、残念でした。

歴史が証明するでしょう。

| 世捨人 | 2015/04/02 00:04 | URL |

Re: タイトルなし

biさん

>対自転車事故 ねぇ グレートコミネマンじゃいかんのか?(困惑)

biさんのように「貧脚」競技用自転車乗りは、爆走競技用自転車に追突される可能性は否定できないでしょう。

| 世捨人 | 2015/04/02 00:05 | URL |

実体験を元に

私の自転車にはヤクルトの自転車のような鞄を前後に設置しています。その自転車で転倒した時の話を書きます。
その日は夏の晴れた日。私はリュックサックを背負って鞄付きの自転車で友人と琵琶湖を回ろうとしていました。
もちろん、自転車の鞄の中は荷物でいっぱいでした。
その自転車で、時速60キロ制限の下り坂の道路を40キロで走行していた時、フロントタイヤが鋭利な金属片を踏んでタイヤを貫通、中のチューブが破裂してそのままスリップダウン。私は自転車から振り落とされて、背中から地面に落ちて、そのまま路面を滑って行きました。
幸い、リュックサックがあったおかげで軽い怪我で済みました。もしリュックサックが無かったら私は今、自転車に乗るどころか、自分で歩くことも出来なくなっていたかもしれません。ちなみに自転車に付けていた鞄による衝撃吸収などは一切ありませんでした。
私の「実体験」からすると、貴方の話は完全に間違ったことであると私は思います。
どうか偏見を捨てて、あくまでも中立的な視点に立って、物事を広く捉えることの出来る優秀なジャーナリストであってください。

| さすらいの旅猫 | 2015/04/04 14:10 | URL |

Re:

世捨へ
市街地走行で「ハングオン」は不要でしょう。当ブログは交通安全をテーマとしており、スピードレースについては専門書に譲ります。などと言っておられますが、内傾角0°で曲がれる2輪車はセグウェイだけですよ。道をゆっくり走る老人の自転車も曲がるときには僅かではあるが内傾角を示します。MotoGPの場合は横Gが強すぎて膝を擦りそうなほどの内傾角を要求されますが、曲がる原理としては二つとも全く同じです。内傾角を無視する者に2輪車の交通安全を語る資格はありませんよ。また、重量配分の話で前に軽いもの、後ろに重いものを置けばいいとも言っておられますが、前に軽いものを載せるということはそれを載せるスペースがあるということです。私は前カゴに荷物を載せる以前に前カゴの存在自体が交通安全上不適切と考えています。どう軽量化しようともカゴの重量を0にすることは不可能ですし、ハンドルの回転軸とカゴの重心が同一に出来ない点からブレーキング、低速域のコーナリングにおいて悪影響を及ぼします。前カゴという物自体を禁止しない限り交通安全は望めません。
最後に、RRの例としてあなたはバスを挙げましたが、この条件下ではバスでは不適切です。重要なのはRRであることではなく、RRであることから起こるある特性にあります。その特性をバスは持ち合わせておりません。一つヒントを与えるとすれば、前回の投稿に載せたFIA-GT1です。RRの911とFIA-GT1の両方を持つポルシェだからこそ、ということを考えれば何故私がRRの例で旧サンバーやバスを持ち出さなかったのか分かるかと思います。
がんばってくださいね。

| jOYMAR | 2015/04/07 21:40 | URL |

Re: 実体験を元に

旅猫さん

>私の自転車にはヤクルトの自転車のような鞄を前後に設置しています。その自転車で転倒した時の話を書きます。その日は夏の晴れた日。私はリュックサックを背負って鞄付きの自転車で友人と琵琶湖を回ろうとしていました。もちろん、自転車の鞄の中は荷物でいっぱいでした。その自転車で、時速60キロ制限の下り坂の道路を40キロで走行していた時、フロントタイヤが鋭利な金属片を踏んでタイヤを貫通、中のチューブが破裂してそのままスリップダウン。私は自転車から振り落とされて、背中から地面に落ちて、そのまま路面を滑って行きました。

身体がむきだしとなる自転車で時速40キロはスピード超過でしょう。当ブログでは時速15キロを提唱しております。ご理解、ご協力をお願いします。

>幸い、リュックサックがあったおかげで軽い怪我で済みました。もしリュックサックが無かったら私は今、自転車に乗るどころか、自分で歩くことも出来なくなっていたかもしれません。ちなみに自転車に付けていた鞄による衝撃吸収などは一切ありませんでした。

「ヤクルトバッグ」は対自転車事故を想定しており、自損事故は範ちゅうにありません。

>私の「実体験」からすると、貴方の話は完全に間違ったことであると私は思います。 どうか偏見を捨てて、あくまでも中立的な視点に立って、物事を広く捉えることの出来る優秀なジャーナリストであってください。

危険運転をしておきながら、あまりにも無責任です。猛省を促します。

| 世捨人 | 2015/04/08 23:42 | URL |

Re: Re:

JOさん

>>市街地走行で「ハングオン」は不要でしょう。当ブログは交通安全をテーマとしており、スピードレースについては専門書に譲ります。
>などと言っておられますが、内傾角0°で曲がれる2輪車はセグウェイだけですよ。道をゆっくり走る老人の自転車も曲がるときには僅かではあるが内傾角を示します。MotoGPの場合は横Gが強すぎて膝を擦りそうなほどの内傾角を要求されますが、曲がる原理としては二つとも全く同じです。内傾角を無視する者に2輪車の交通安全を語る資格はありませんよ。

別に無視はしておりません。程度の問題でしょう。

>また、重量配分の話で前に軽いもの、後ろに重いものを置けばいいとも言っておられますが、前に軽いものを載せるということはそれを載せるスペースがあるということです。私は前カゴに荷物を載せる以前に前カゴの存在自体が交通安全上不適切と考えています。どう軽量化しようともカゴの重量を0にすることは不可能ですし、ハンドルの回転軸とカゴの重心が同一に出来ない点からブレーキング、低速域のコーナリングにおいて悪影響を及ぼします。前カゴという物自体を禁止しない限り交通安全は望めません。

身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな二輪車の宿命です。かような危険な乗り物は厳しい規制が必要ですね。

> 最後に、RRの例としてあなたはバスを挙げましたが、この条件下ではバスでは不適切です。重要なのはRRであることではなく、RRであることから起こるある特性にあります。その特性をバスは持ち合わせておりません。一つヒントを与えるとすれば、前回の投稿に載せたFIA-GT1です。RRの911とFIA-GT1の両方を持つポルシェだからこそ、ということを考えれば何故私がRRの例で旧サンバーやバスを持ち出さなかったのか分かるかと思います。

ミッドシップ(MR)車でも構わないでしょう。

> がんばってくださいね。

ジャン、ジャン。

| 世捨人 | 2015/04/09 00:01 | URL |

Re:

世捨へ
ミッドシップ(MR)車でも構わないでしょう。などと言っておられますが、全くそうではありません。RR車がMRに近い特性をセッティングで出すことはありますが、逆はまずありません。ポルシェはRRの911とミドシップのGT1を持ち合わせているため、両者の強み、弱みを把握しているので例に出しました。この点について考えれば多少簡単に考えられるかと思います。
もう一つヒントを加えれば私はLMP1ではなくあえてGT1を文中に出しました。
もう単純ですよね?
また、内傾角で程度の問題とあなたは逃げましたが、ならば道交法のようにしっかり数値として基準を示してください。ちなみに私の考えは「見かけの内傾角と物理的な内傾角の違いを理解した上で技術を使い分ければ、ペダルに干渉する寸前まで倒しても安全上全く問題ない」です。速度や角度のように連続性のあるものを語る上で明確な基準はどうしても必要ですのでしっかり明記してください。(専門家に決めてもらおうなどと言うのは論外です。御自分でお考えください。)

| JOYMAR | 2015/04/10 12:48 | URL |

ヤクルトバッグ装備の自転車で自転車と衝突して骨折し、尚且つ相手も怪我させた私が通りますよっと

| はち | 2015/04/12 16:00 | URL |

Re: Re:

JOさん

>ミッドシップ(MR)車でも構わないでしょう。などと言っておられますが、全くそうではありません。RR車がMRに近い特性をセッティングで出すことはありますが、逆はまずありません。ポルシェはRRの911とミドシップのGT1を持ち合わせているため、両者の強み、弱みを把握しているので例に出しました。この点について考えれば多少簡単に考えられるかと思います。もう一つヒントを加えれば私はLMP1ではなくあえてGT1を文中に出しました。 もう単純ですよね?

いずれにせよポルシェは、サーキット走行など過酷な試験をクリアして世に送り出されています。

>また、内傾角で程度の問題とあなたは逃げましたが、ならば道交法のようにしっかり数値として基準を示してください。ちなみに私の考えは「見かけの内傾角と物理的な内傾角の違いを理解した上で技術を使い分ければ、ペダルに干渉する寸前まで倒しても安全上全く問題ない」です。速度や角度のように連続性のあるものを語る上で明確な基準はどうしても必要ですのでしっかり明記してください。(専門家に決めてもらおうなどと言うのは論外です。御自分でお考えください。)

具体的な数値に関しては道交法本体でなく細則などで定められることでしょう。

| 世捨人 | 2015/04/15 23:11 | URL |

Re: タイトルなし

はさん

>ヤクルトバッグ装備の自転車で自転車と衝突して骨折し、尚且つ相手も怪我させた私が通りますよっと

ヤクルトレディの方でしょうか?いずれにせよバッグのおかげで一命をとりとめたのでしょう。

| 世捨人 | 2015/04/15 23:16 | URL |

Re

世捨へ
何も分かっていませんね。
その気になればどの車もサーキットでそれなりに安全に走れますよ。私が言いたいのはそこではありません。GT1のベースの911はRRなのにGT1はMRということは、ひどくざっくり言えばポルシェはGT1規定においてRRを見捨てたということです。そしてその理由を理解すればその特性が自転車においてどのようにプラスに効くか分かり、同時に世捨人の提唱する理論がどれほど運動性能に悪影響を及ぼし、危険であるか分かるでしょう。
頑張って考えてくださいね。数値の話から逃げたあなたでは無理かもしれませんが。

| jOYMAR | 2015/04/20 12:52 | URL |

Re: Re

JOさん

>>何も分かっていませんね。その気になればどの車もサーキットでそれなりに安全に走れますよ。私が言いたいのはそこではありません。GT1のベースの911はRRなのにGT1はMRということは、ひどくざっくり言えばポルシェはGT1規定においてRRを見捨てたということです。そしてその理由を理解すればその特性が自転車においてどのようにプラスに効くか分かり、同時に世捨人の提唱する理論がどれほど運動性能に悪影響を及ぼし、危険であるか分かるでしょう。頑張って考えてくださいね。数値の話から逃げたあなたでは無理かもしれませんが。

競技用自転車をめぐる交通安全を議論しているところに、ポルシェを持ち出した貴殿に非があるのは火を見るより明らかでしょう。

| 世捨人 | 2015/04/22 22:40 | URL |

競技用自転車をめぐる交通安全を議論しているところに、ポルシェを持ち出した貴殿に非があるのは火を見るより明らかでしょう。 | 世捨人 | 2015/04/22 22:40 | URL |

まあ、それを言っちゃお仕舞いナンだけど、自転車と自動車は同じ原理で動いている所もあるよ。

同じ物理法則に従わざる得ないわけだからね。

| ヒロ | 2015/04/22 22:43 | URL |

Re

世捨へ
競技用自転車をめぐる交通安全を議論しているところに、ポルシェを持ち出した貴殿に非があるのは火を見るより明らかでしょうなどと言っておられますが、全く非はありません。RRとMRの特性の違いについてポルシェ以上の知識を持つメーカーがあるとは正直思えませんからね。もう1度同じことを言いますが、何故ポルシェがGT1規定でRRを見捨てたか理解できれば自転車においてリアヘビーの車両のバランスがトータルの性能として優れ、あなたが提唱するヤクルトのバッグを含む前カゴなどのものが運動性能に悪影響を及ぼすかが簡単にわかります。
おそらくあなたは単純に知識量が足りず、的確なあなたに都合の良い反論が出来なくて、論点をずらしているはずです。ならば、もう一つヒントを与えましょう。
「静的接地荷重と動的接地荷重は違う。」
それでは頑張ってくださいね。

| JOYMAR | 2015/04/24 10:23 | URL |

Re: タイトルなし

ヒさん

>>競技用自転車をめぐる交通安全を議論しているところに、ポルシェを持ち出した貴殿に非があるのは火を見るより明らかでしょう。 | 世捨人 | 2015/04/22 22:40 | URL |
>まあ、それを言っちゃお仕舞いナンだけど、自転車と自動車は同じ原理で動いている所もあるよ。同じ物理法則に従わざる得ないわけだからね。

かといって「ポルシェ」という特定車種を持ち出すことはないでしょう。

| 世捨人 | 2015/04/29 22:29 | URL |

Re: Re

JOさん

>競技用自転車をめぐる交通安全を議論しているところに、ポルシェを持ち出した貴殿に非があるのは火を見るより明らかでしょうなどと言っておられますが、全 く非はありません。RRとMRの特性の違いについてポルシェ以上の知識を持つメーカーがあるとは正直思えませんからね。もう1度同じことを言いますが、何 故ポルシェがGT1規定でRRを見捨てたか理解できれば自転車においてリアヘビーの車両のバランスがトータルの性能として優れ、あなたが提唱するヤクルト のバッグを含む前カゴなどのものが運動性能に悪影響を及ぼすかが簡単にわかります。

運動性能を犠牲にしてでも安全を優先すべきでしょう。

>おそらくあなたは単純に知識量が足りず、的確なあなたに都合の良い反論が出来なくて、論点をずらしているはずです。ならば、もう一つヒントを与えましょう。「静的接地荷重と動的接地荷重は違う。」
それでは頑張ってくださいね。

交通安全の方向性を理解していただければ幸いです。

| 世捨人 | 2015/04/29 22:50 | URL |

Re

世捨へ
運動性能を犠牲にしてでも安全を優先すべきでしょう。などと言っておられるが全く分かっていませんね。運動性能抜きで安全は語れません。安全を語るうえでざっくりと次の3つのことを考える必要があります。
1 危険予知(例 危険個所の事前調査、予知等)
2 緊急回避(例 飛び出した子供をよける、等)
3 衝突時、衝突後の安全確保(例 クラッシャブルボディ等)
そして、上位にあるものから優先されるべきです。要するに常識的に考えて、ぶつけても安全な車だからと言って障害物をよけないということはありえないということです。
衝突時、衝突後の安全確保も重要ですが、それ以前の危険予知、緊急回避に悪影響を与えるものに存在価値はありません。この記事に限らずあなたの言論はこの点が欠如しているから多くの反対意見があつまるのです。交通安全の方向性を理解していないのは一体誰なのでしょうか。
もう一度言います。運動性能と物理法則抜きで安全は語れません。この点をじっくり考えてから前回の私の書き込みに返事をし直してください。
最後に、もう一つだけヒントを与えましょう。「動的接地荷重として考えたときにベストなバランスにするには、静的接地荷重がどうあればいいのか考えよ。」
頑張ってください。

| JOYMAR | 2015/04/30 11:31 | URL |

Re: Re

JOさん

>運動性能を犠牲にしてでも安全を優先すべきでしょう。などと言っておられるが全く分かっていませんね。運動性能抜きで安全は語れません。安全を語るうえでざっくりと次の3つのことを考える必要があります。1 危険予知(例 危険個所の事前調査、予知等)2 緊急回避(例 飛び出した子供をよける、等)
3 衝突時、衝突後の安全確保(例 クラッシャブルボディ等)そして、上位にあるものから優先されるべきです。要するに常識的に考えて、ぶつけても安全な車だからと言って障害物をよけないということはありえないということです。衝突時、衝突後の安全確保も重要ですが、それ以前の危険予知、緊急回避に悪影響を与えるものに存在価値はありません。この記事に限らずあなたの言論はこの点が欠如しているから多くの反対意見があつまるのです。交通安全の方向性を理解していないのは一体誰なのでしょうか。

暴走族対策など規制対象者から批判を受けるのは世の常です。原点にあるのは、自転車乗りの交通安全であり、当ブログの評価は歴史が証明してくれるでしょう。

>もう一度言います。運動性能と物理法則抜きで安全は語れません。この点をじっくり考えてから前回の私の書き込みに返事をし直してください。最後に、もう一つだけヒントを与えましょう。「動的接地荷重として考えたときにベストなバランスにするには、静的接地荷重がどうあればいいのか考えよ。」頑張ってください。

神経が集中している背中にあっては、リュック内の荷物のズレに敏感となるため、運転に集中できなくなるリスクもあります。

| 世捨人 | 2015/05/08 22:53 | URL |

Re

神経が集中している背中にあっては、リュック内の荷物のズレに敏感となるため、運転に集中できなくなるリスクもありますなどと言っておられますが、確かにリュック内の荷物のずれ、正確にいえば重心移動に敏感になります。しかし、それの何がいけないのでしょうか。僅かな重心移動に対してごく早い段階から反応できるため、最終的な動きのブレを最小限に抑えられます。重心移動が捉えにくく、ブレが大きくなってからでしか反応できない前かごやそれに準ずるものに存在価値はありません。もう一度重量配分、反応速度、剛性面を熟慮したうえで私が示したポルシェのたとえの意味を考えてみてくださいね。

| JOYMAR | 2015/05/13 11:07 | URL |

Re: Re

JOさん
>神経が集中している背中にあっては、リュック内の荷物のズレに敏感となるため、運転に集中できなくなるリスクもありますなどと言っておられますが、確かにリュック内の荷物のずれ、正確にいえば重心移動に敏感になります。しかし、それの何がいけないのでしょうか。僅かな重心移動に対してごく早い段階から反応できるため、最終的な動きのブレを最小限に抑えられます。重心移動が捉えにくく、ブレが大きくなってからでしか反応できない前かごやそれに準ずるものに存在価値はありません。もう一度重量配分、反応速度、剛性面を熟慮したうえで私が示したポルシェのたとえの意味を考えてみてくださいね。

道路状況や乗り手のコンディションによって、荷物のズレの感じ方が著しく変化するものでしょう。最悪の事態を想定し背中はフリーにした方が無難でしょう。もっとも、背中は荷物置き場ではありませんので、積載違反に問われかねません。

| 世捨人 | 2015/05/20 23:05 | URL |

Re:

道路状況や乗り手のコンディションによって、荷物のズレの感じ方が著しく変化するものでしょう。最悪の事態を想定し背中はフリーにした方が無難でしょう。もっとも、背中は荷物置き場ではありませんので、積載違反に問われかねません。などと言っておられますがまず、積載違反にはなりえません。また、最悪の事態を想定したいのなら荷物を載せる優先順位はリュックサック→リアキャリア→両方ですね。ちなみに前かごに乗せること自体が以前言ったように危険であるため、そもそも勘定には入れていません。
普通、自転車に乗る時、リュックサックは肩のベルトだけでなく、胸、腰のベルトでも固定されるので重心移動を感じやすいうえに絶対的な重心移動は少ないのですし、プロテクターバックパックという脊髄パッドの機能まで備えたものまであるのですからむしろ安全ですよ。そもそも、「荷物のズレの感じ方が著しく変化する」=危険という考え方が間違っています。交通安全講習などで五感全てを使って危機回避をしましょう、と言われたことがないのでしょうか。(正直私に言わせれば5感でも足りないのだが)「著しく変化する」=荷物のズレの感じが捉えにくい前かごよりも素早い対処が可能で最終的な走行ラインのブレが少なく安全である。ということを理解してください。
あと、毎回同じ手で論理から逃げようとしているので改めて以前と同じことを書き込みます。
もう一度重量配分、反応速度、剛性面を熟慮したうえで私が示したポルシェのたとえの意味を考えてみてくださいね。そうすればヤクルトバッグなどがいかに危険で使い物にならないかがわかるはずです。

| JOYMAR | 2015/05/21 00:20 | URL |

Re: Re:

JOさん

>>道路状況や乗り手のコンディションによって、荷物のズレの感じ方が著しく変化するものでしょう。最悪の事態を想定し背中はフリーにした方が無難でしょう。もっとも、背中は荷物置き場ではありませんので、積載違反に問われかねません。
>などと言っておられますがまず、積載違反にはなりえません。また、最悪の事態を想定したいのなら荷物を載せる優先順位はリュックサック→リアキャリア→両方ですね。ちなみに前かごに乗せること自体が以前言ったように危険であるため、そもそも勘定には入れていません。

そもそも競技用自転車は乗員が荷物を積んで走行することを想定して設計されていないことを、重く受け止めてください。

>普通、自転車に乗る時、リュックサックは肩のベルトだけでなく、胸、腰のベルトでも固定されるので重心移動を感じやすいうえに絶対的な重心移動は少ないのですし、プロテクターバックパックという脊髄パッドの機能まで備えたものまであるのですからむしろ安全ですよ。そもそも、「荷物のズレの感じ方が著しく変化する」=危険という考え方が間違っています。交通安全講習などで五感全てを使って危機回避をしましょう、と言われたことがないのでしょうか。(正直私に言わせれば5感でも足りないのだが)「著しく変化する」=荷物のズレの感じが捉えにくい前かごよりも素早い対処が可能で最終的な走行ラインのブレが少なく安全である。ということを理解してください。

背中の荷物が気になって運転に集中できないばかりか、後方確認のさいに視界の妨げにもなりなろ、百害あって一利ありません。

>あと、毎回同じ手で論理から逃げようとしているので改めて以前と同じことを書き込みます。 もう一度重量配分、反応速度、剛性面を熟慮したうえで私が示したポルシェのたとえの意味を考えてみてくださいね。そうすればヤクルトバッグなどがいかに危険で使い物にならないかがわかるはずです。

2輪の自転車にあっては、補助輪を装着すればクリアできる問題です。興味があれば、旧とき(ときどきオアゾツーキニスト)さんにお尋ねください。

| 世捨人 | 2015/05/28 00:26 | URL |

ハンドルにつけるバッグも、リアキャリア周囲につけるバッグも実際に販売されているので、荷物の多い場合はそのようにしている方が多いと思います。
ただ、空気抵抗の増大などデメリットもありますので、義務付けてもすべての人がそうするとは限りませんし、罰則をつけると自転車利用者から大きな反感を買うのではないかと思います。
法律で規定するべき、というのは言いすぎではないかと思いますが、リュックサックよりサイドバッグをつけた方が安全だ、という意見には私も賛成です。

| まにまに | 2015/05/28 16:45 | URL |

Re

そもそも競技用自転車は乗員が荷物を積んで走行することを想定して設計されていないことを、重く受け止めてください。 などとありますが、あなたが一体何トンの荷物を想定しているのか知りませんが、通常リュックサックに入る程度の荷重くらいは想定して設計されています。また、もし本当に競技用自転車が乗員が荷物を積んで走行することを想定して設計されていないのであれば、荷物のズレの感じが捉えにくい前かごはなおさら存在価値を失います。
背中の荷物が気になって運転に集中できないばかりか、後方確認のさいに視界の妨げにもなり、百害あって一利ありません。 ともありますが、荷物のズレの感じが捉えにくい前かごよりもリュックサックのほうが素早い対処が可能で最終的な走行ラインのブレが少なく安全である。という点を論理的に否定しない限り上記のあなたの意見は存在意義を持ちません。また、経験上リュックサックが後方確認のさいに視界の妨げになった覚えはありません。一体あなたの想定するリュックサックはどんな形状をしているのか非常に興味があります。
また、補助輪はコーナリング時の内傾角の制御に悪影響を及ぼすため、危険性が増しますし、そもそも前後方向の荷重移動時には全く何も自転車の動きに好影響も悪影響も及ぼしません。以前の私のヒント、「静的接地荷重と動的接地荷重は違う。」「動的接地荷重として考えたときにベストなバランスにするには、静的接地荷重がどうあればいいのか考えよ。」の2点と自転車は縦に二輪しかない点を考えれば補助輪というワードが出ること自体間違っていることがわかるでしょう。
もう一度考え直してみてくださいね。

| JOYMAR | 2015/05/28 21:56 | URL |

「ものがずれる→それを感じる→影響がある」と言う主旨なんだろうけど,影響があるから危ないわけではない.

そんな事を言うなら,自動車の中にいようが何だろうが,「ものが動く→音がなる→気をとられる→影響がある」という経路が描ける.
つまり,
世捨人「自転車・自動車利用者は何も載せずに運転しないさい」
と言う主張である.

しかも,これは設計思想は関係ない.

●最悪の事態を想定し(背中はフリーにした方が)無難でしょう。
()を(荷物を載せない方が)と言い換えれば,自動車にも当てはまる

●(神経が集中している背中にあっては、リュック内の荷物のズレに敏感となるため、)運転に集中できなくなるリスクもあります
()内を車内の音に気をとられてに変えればOK
「リスクがある」をリュックの否定要因にしている以上,これも自動車に当てはまる「リスク」である


~~~

少なくとも,世捨人は自分の発言を正しいと信じるなら,「常に何も載せずに運転してます」と明言して殻,主張をするのが筋の通しかただと思います.

自分はやらないけど,他の人はやれとか,ちゃんちゃらおかしい.
(フルフェイスヘルメットの件もそうだね)

| こじま | 2015/05/28 23:20 | URL |

Re: タイトルなし

まにさん

>ハンドルにつけるバッグも、リアキャリア周囲につけるバッグも実際に販売されているので、荷物の多い場合はそのようにしている方が多いと思います。

今回を機に絶対におやめください。そして当ブログに出合ったことに感謝してください。

>ただ、空気抵抗の増大などデメリットもありますので、義務付けてもすべての人がそうするとは限りませんし、罰則をつけると自転車利用者から大きな反感を買うのではないかと思います。

空気抵抗によるスピード抑止は交通安全にアドバンテージでしょう。

>法律で規定するべき、というのは言いすぎではないかと思いますが、リュックサックよりサイドバッグをつけた方が安全だ、という意見には私も賛成です

荷物を積むというよりは、衝撃吸収するためのバンパーとして装着してください。

| 世捨人 | 2015/06/03 22:54 | URL |

Re: Re

JOさん

>そもそも競技用自転車は乗員が荷物を積んで走行することを想定して設計されていないことを、重く受け止めてください。 などとありますが、あなたが一体何トンの荷物を想定しているのか知りませんが、通常リュックサックに入る程度の荷重くらいは想定して設計されています。また、もし本当に競技用自転車が乗員が荷物を積んで走行することを想定して設計されていないのであれば、荷物のズレの感じが捉えにくい前かごはなおさら存在価値を失います。

人力の自転車にあっては、荷物がなくともふらつきますので、補助輪などで自立できるようなしくみが必要ですね。

>背中の荷物が気になって運転に集中できないばかりか、後方確認のさいに視界の妨げにもなり、百害あって一利ありません。 ともありますが、荷物のズレの感じが捉えにくい前かごよりもリュックサックのほうが素早い対処が可能で最終的な走行ラインのブレが少なく安全である。という点を論理的に否定しない限り上記のあなたの意見は存在意義を持ちません。

自転車は危険な乗り物であるということを出発点としなければ、議論が進展しません。

>また、経験上リュックサックが後方確認のさいに視界の妨げになった覚えはありません。一体あなたの想定するリュックサックはどんな形状をしているのか非常に興味があります。

クルマの接近に気付かずに進路変更してドライバーに迷惑をかけていませんか。

>また、補助輪はコーナリング時の内傾角の制御に悪影響を及ぼすため、危険性が増しますし、そもそも前後方向の荷重移動時には全く何も自転車の動きに好影響も悪影響も及ぼしません。以前の私のヒント、「静的接地荷重と動的接地荷重は違う。」「動的接地荷重として考えたときにベストなバランスにするには、静的接地荷重がどうあればいいのか考えよ。」の2点と自転車は縦に二輪しかない点を考えれば補助輪というワードが出ること自体間違っていることがわかるでしょう。

アームの長さを調整するなど、補助輪の取り付け方を工夫すればクリアできる問題です。補助輪は直進時は接地させず浮かした状態がベストとのことです。

>もう一度考え直してみてくださいね。

興味があれば旧とき(ときどきオアゾツーキニスト)さんにお尋ねください。

| 世捨人 | 2015/06/03 22:57 | URL |

Re: タイトルなし

旧こじさん

>「ものがずれる→それを感じる→影響がある」と言う主旨なんだろうけど,影響があるから危ないわけではない.

安全には万全を期してください。

>そんな事を言うなら,自動車の中にいようが何だろうが,「ものが動く→音がなる→気をとられる→影響がある」という経路が描ける. つまり,世捨人「自転車・自動車利用者は何も載せずに運転しないさい」 と言う主張である.

聴覚とは次元が異なるでしょう。

>しかも,これは設計思想は関係ない.

意味不明です。

>>最悪の事態を想定し(背中はフリーにした方が)無難でしょう。
>()を(荷物を載せない方が)と言い換えれば,自動車にも当てはまる

リュックを背負いながら運転するドライバーは、いまだかつて見たことがありません。

>>(神経が集中している背中にあっては、リュック内の荷物のズレに敏感となるため、)運転に集中できなくなるリスクもあります
>()内を車内の音に気をとられてに変えればOK 「リスクがある」をリュックの否定要因にしている以上,これも自動車に当てはまる「リスク」である

聴覚とは別次元でしょう。

>少なくとも,世捨人は自分の発言を正しいと信じるなら,「常に何も載せずに運転してます」と明言して殻,主張をするのが筋の通しかただと思います.

クルマは人やモノを乗せることを想定して座席やトランクが設置されています。

>自分はやらないけど,他の人はやれとか,ちゃんちゃらおかしい. (フルフェイスヘルメットの件もそうだね)

安全には万全を期してください。

| 世捨人 | 2015/06/03 22:58 | URL |

名前を間違ってしまう幼稚園以下の知性しかない | 世捨人 | 2015/06/03 22:58 | URL | へ

>クルマは人やモノを乗せることを想定して座席やトランクが設置されています。
>聴覚とは別次元でしょう。
>安全には万全を期してください。


貴方の発言からは
「安全には万全を期して,自動車乗りもヒトやモノをのせてはいけない」
という結論が導け出せます.

貴方がこれを守らないなら,本気で「安全には万全を期」すべきと考えていないといえるので,私は貴方の意見を支持しません.

| こじま | 2015/06/04 12:25 | URL |

Re: タイトルなし

旧こじさん

>名前を間違ってしまう幼稚園以下の知性しかない | 世捨人 | 2015/06/03 22:58 | URL | へ

はしゃぎすぎです。

>>クルマは人やモノを乗せることを想定して座席やトランクが設置されています。 聴覚とは別次元でしょう。安全には万全を期してください。
>貴方の発言からは 「安全には万全を期して,自動車乗りもヒトやモノをのせてはいけない」 という結論が導け出せます.

明らかに誤読です。しっかりしてください。

>貴方がこれを守らないなら,本気で「安全には万全を期」すべきと考えていないといえるので,私は貴方の意見を支持しません.

規制対象者から支持を受けるのは困難を伴います。

| 世捨人 | 2015/06/11 23:05 | URL |

名前を間違えてしまい,訂正も出来ないような,幼稚園以下の知性しかない | 世捨人 | 2015/06/11 23:05 |へ

>>クルマは人やモノを乗せることを想定して座席やトランクが設置されています。 聴覚とは別次元でしょう。安全には万全を期してください。
>貴方の発言からは 「安全には万全を期して,自動車乗りもヒトやモノをのせてはいけない」 という結論が導け出せます.
>>明らかに誤読です。しっかりしてください。

誤読と言うなら「安全には万全を期」す事を求める意見は嘘となります.




~~~
>貴方がこれを守らないなら,本気で「安全には万全を期」すべきと考えていないといえるので,私は貴方の意見を支持しません.
>>規制対象者から支持を受けるのは困難を伴います。

規制対象者云々以前の問題で,「自分の言った事をまず自身で守りましょう」と言う話です.
毛頭できないことなら,提言を支持しないだけですし,「客観的に見て(いつものことですが)提言に意味が無い」と説明するだけです.

| こじま | 2015/06/12 00:27 | URL |

Re:

人力の自転車にあっては、荷物がなくともふらつきます、とありますが、ふらつく理由が人力という点ですでに間違っています。自転車、バイク、自動車、滑走路を車輪で接地して助走する飛行機などの輸送機器、歩行するすべての動物など全てが荷重移動と荷重変動(荷重移動と荷重変動は似ているようで別物であるので両方書きました。)を起こしながら運動しています。その点の訂正を求めます。さらに、荷物がなくともふらつきます、とありますが、私は荷物を載せる前提で話しています。(そうでなければヤクルトバッグを提唱するあなたとリュックサック&リアキャリアを提唱する私との間で議論ができない。この前提を無視してあなたが話すようなら、前かご、ヤクルトバッグは荷物であるので、あなたがあなた自身の首を絞めることになる。)
また、補助輪などで自立できるようなしくみが必要ですね、とありますが、補助輪は左右の荷重変動の抑制にのみ働き、その他の前後方向の荷重変動、荷重移動には全く影響せず、また、左右方向の荷重移動に対して致命的な欠陥(自転車がコーナリング時に持つ慣性に対してのリニアな対応ができない、)を持っています。私はあなたの提唱する前かご、ヤクルトバッグ等に対して前後方向の荷重移動、変動、また、左右方向の荷重移動、変動の四面から疑問を呈しています。あなたの言う補助輪では左右方向の荷重変動にしか解決できず(更に言えばアームの長さを調整するなど、補助輪の取り付け方を工夫すればクリアできる問題です。補助輪は直進時は接地させず浮かした状態がベストとのことです。の文から微小な左右方向の荷重変動には補助輪は接地せず作用しないため、そもそも左右方向の荷重変動の問題をクリアしていないと言ってもよい)、他の三つに関しては影響を及ぼさなかったり、悪影響を及ぼしたりと全く出番を間違えています。ここからは私の予測ですが、数年以内に補助輪は絶滅すると思います。理由としてストライダーを代表する幼児用ペダルレスバイクの普及です。発売当初は物好きな余裕のある親しか手を出さない印象がありましたが、今では大手玩具店に並ぶなどし、元々補助輪付幼児用自転車を買う層が手を出すようになりました。この製品の一番の特徴は自転車はフレームを直立不動にして乗るものではなく重心移動や荷重移動を用いて慣性力とのバランスを取り、荷重を縦にかけて乗るものということを体にしみこませられる点です。(以前の補助輪付自転車はフレームを直立不動にして乗るものという考えを幼児に無意識に押し付けてしまい、ステップアップを阻害する要因になっていた。嘘だと思うなら自転車の練習に幼児が多く来そうなところを探し、30分ほど眺めてみるといい。来た道を戻ろうとしてUターンする幼児の補助輪がアウト側のみ接地しているはずだ。この感覚で2輪に乗ると100%コケる。)補助輪の愚かさは先入観を持つ大人より子供のほうが最終的に実感します。旧とき(ときどきオアゾツーキニスト)の考えは古いというか、はっきり言えば今の世の中で天動説を主張するようなものですね。
今後、上記に関してクリアされていないあなたの補助輪談義に乗るつもりはありません。いつも本題から逃げよう逃げようとするあなたの癖はよくないですね。私の論理に真正面から挑んでください。また、前後方向の荷重移動の例えのポルシェのことも御自身で考察してみてください。

つぎに、クルマの接近に気付かずに進路変更してドライバーに迷惑をかけていませんか。とありますが、この点について私は100%安全に進路変更などをしていると断言できます。具体的に理由を述べましょう。私は以前、自宅から最寄り駅まで4.3kmで約200mの落差がある土地に住んでいました。駅まで車の通りが全くない午前4時なら走行時間(信号待ち除く)8分以内についてしまう冷静に見れば危険な土地です。それを私は午前7時ごろ大量の車両と登校中の小学生の列、時期によっては路肩の苔、落ち葉にもまれながら駅まで15分以内で移動していました。この速度をあなたがどう思うかは知りませんが、(あなたのブログの15km制限は法令によるものではないため無視する。)少なくとも私は大量の車両と登校中の小学生の列、時期によっては路肩の苔、落ち葉などのリスクに対して約7分の余裕をもたせていました。では、何にどれくらい余裕を持たせていたのか、そして、なぜ私は100%安全であると断言できるのかひも解いてみましょう。
一つ目は「進路変更の回数自体を減らす」です。もちろん、一般的に考えて無駄な進路変更は厳禁ですが、私に言わせればそれだけでは不十分です。教習所に行った人なら分かるかと思いますが「タイヤ1本分の進路を動かすだけでも進路変更」と言われます。つまり、私は常に車道の中で同じところをタイヤ1本単位、数値にすると約2㎝単位で走り続けます。(この精度を出すためにも前かごは邪魔なのだが。)そのためにはいくつかしなければならないことがあります。まずは、進路変更の理由になりえる障害物がある所をそもそも走らないということです。道路上にはアンダーコートで遮音され、ガラス越しにしか景色が見えず、柔らかいサスペンションとゴムブッシュ、シートによって外部からのインフォメーションがダイレクトでない自動車に乗っていると気づかない砂利、砂、苔、溝などが多く存在します。普通、それらを避けるために進路変更しますが、もっと根本から考えればそもそもそれらが少ないところを走ればよいのです。砂利、砂、苔、溝、ヒビなどが多く存在する一般的なものは路側帯です。車道を走る自動車による風などで砂利などがたまりやすいうえに豪雪地域の春先には滑り止めに撒いた砂利が積み上げられています。また、縁石の陰には苔も生育します。もちろんすべての路側帯が例外なくこの状況とは言えませんが、この傾向が強いため障害物があるたびに進路変更すると必然的に事故の可能性も増えます。では、進路変更の回数自体を減らすには具体的にどこを走るかというと「普通車の左タイヤの走る軌道にできる轍の左端又は右端」です。ここは、確実に自動車が砂利などを飛ばしてくれる上に、苔も基本的に生えません。もちろん、すべての轍の左端又は右端が例外なくこの状況とは言えませんが、路側帯に比べるとリスクは格段に低くなり、進路変更の回数自体を減らすことができます。ちなみに轍の中央を走らないのは、冷静に考えると1.5t以上もある法外に重い自動車によって深く轍ができ、負荷によって溝やヒビができやすいうえに、雨天時に水が溜まって路面状況の把握が難しいからです。
上記のことによって進路変更の回数自体を減らすという課題をクリアしましたが、その他にもやることがあります。それは実際に後方から車両が来ていないか確認することです。もちろん、後ろを振り返るわけですが重要なのは振り返るという行為が視覚以外にも聴覚に良い影響を持つということです。自転車に乗っているとき、顔には常に風があたり、耳のあたりで渦のようなものができ、風切り音が発生します。音量自体は小さいですが耳に非常に近いので耳を使って周囲の状況を察知することを考えたとき、非常に邪魔です。しかし、顔を横に向けると風切り音の発生している位置から耳が離れ、音がまるで風が無いのかと思うくらいきれいに取れます。これを生かして、後方確認より先に横を見て相手の死角に自分がいるのか判別しつつ前後の音を聞き状況を確認します。また、自転車には振り返りさえすれば死角は無いので自動車よりも確実に安全が確保できます。
これらによって、私は自転車に乗っているときに自動車以上のクオリティの安全確認を行っています。
ただし、正直自動車側から「邪魔」と思われている節があります。しかし、私に言わせればむしろそれは「安全」にプラスに働きます。一見矛盾しているように見えますが、冷静に考えれば「邪魔」と思われているということは少なくとも相手から視認されている、ということです。一番危ないのは「気が付いたらそこにいた」というお化けみたいな状態です。また、道路状況から自転車を自動車が追い越すという行為自体が危険と考えられる場合(具体的にはコーナーの進入時のブレーキング時や後方の自動車から視認されていないであろう対向車を視認した時、直後にセンターラインに反射板付の小さい障害物があり、追い越しきらないうちに幅寄せを食らう時)私は邪魔と思われても追い越しをさせません。死にたくないので。
このように、自分の行動を安全にするだけでなく、後方の車両の動きまで操作し、安全を保っています。ごくまれに悪意を持って走っている者や延々とスマホをいじっている者には効果は薄いかもしれませんが、そのような者はそもそも運転免許を持つべきではありませんし、対処法などありません。歩道だろうと建物の中だろうと悪意を持って走っている者や延々とスマホをいじっている者は突っ込んでしまうので。そう考えると100%安全に進路変更などをしていると断言できると言っても良いでしょう。
最後に、自転車は危険な乗り物であるということを出発点としなければ、議論が進展しません。とありますが、自転車に限らず車両全てに拡張して危険性があるということにしないと議論が進展しません。また、遅ければ安全、車道から追い出せば安全ということが間違っていることを自覚しましょう。

| JOYMAR | 2015/06/14 22:11 | URL |

JOYMARさん | 2015/06/14 22:11 |へ

>旧とき(ときどきオアゾツーキニスト)の考えは古いというか、はっきり言えば今の世の中で天動説を主張するようなものですね。

下らないヤクルトおばさん談義に小生を巻き込むのは、ご勘弁願いたい。

JOYMARさんは、地動説とやらで、自転車や自動車のスピードの危険性を示す物理の公式をきちんと説明することが出来るようになることです。

頑張れ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/06/15 12:42 | URL |

世捨人さん | 2015/06/03 22:57 |へ

>興味があれば旧とき(ときどきオアゾツーキニスト)さんにお尋ねください。

JOYMARさんを小生の押し付けるのは、ご勘弁願います。

スピードの危険性を物理的に説明出来ない似非物理自慢と議論しても時間の無駄です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/06/15 12:45 | URL |

ときどきオアゾツーキニストへ

ときどきオアゾツーキニストへ
X=vt(2倍速で走れば2倍遠くへ行ける)
K=1/2mv^2(2倍速でぶつかると4倍痛い)
この妥協点をさがすだけ。少なくともいまの自動車に限らずすべての車両において速度規制の基本は1979年の基準(最近変わったがそれによって制限速度が変更された道はそう多くない。)で、全国の一般道路の約15.0%しか舗装されていない頃のもの(国交省HPより1970年データ)であるため、現在の速度規制が最適解でない可能性が高い。また、遅い速度に慣れてしまうよりもある程度速度を出させて緊張感を持たせるほうが安全である。(このことは速度無制限区間のあるアウトバーンを持ち、郊外の速度制限が100kmのドイツに比べ、一般道最高速度60㎞の日本のほうが自動車1億台当たりの事故件数が2倍あることからも明らか。)世捨人にも言いましたが速ければ危ないという考えを正したほうがいいと思いますよ。

| JOYMAR | 2015/06/15 20:35 | URL |

JOYMARさん | 2015/06/15 20:35 |へ

>X=vt(2倍速で走れば2倍遠くへ行ける) K=1/2mv^2(2倍速でぶつかると4倍痛い) この妥協点をさがすだけ。

物理自慢の悪い癖ですね。

またまた、記号で誤魔化そうとされています。

それぞれの記号の定義をお待ちしています。


>少なくともいまの自動車に限らずすべての車両において速度規制の基本は1979年の基準(最近変わったがそれによって制限速度が変更された道はそう多くない。)で、全国の一般道路の約15.0%しか舗装されていない頃のもの(国交省HPより1970年データ)であるため、現在の速度規制が最適解でない可能性が高い。

凸凹のジャリ道が舗装された効果と交通量の増大・車両規格の拡大(3ナンバー車両の増加)による効果と高速道路の整備による効果と高齢化による効果等々の総合的な影響で、実態として、制限速度規制を見直す必要がなかったというだけのことでしょう。


>また、遅い速度に慣れてしまうよりもある程度速度を出させて緊張感を持たせるほうが安全である。(このことは速度無制限区間のあるアウトバーンを持ち、郊外の速度制限が100kmのドイツに比べ、一般道最高速度60㎞の日本のほうが自動車1億台当たりの事故件数が2倍あることからも明らか。)世捨人にも言いましたが速ければ危ないという考えを正したほうがいいと思いますよ。

本当ですか?

単純に自動車台数当りの事故件数の比較で、物事を語れますか?

スピードが違えは、事故の深刻さは格段に違うでしょう。大きくは、物理の公式のとおりです。


ごみごみとした日本では、自転車を含め、出会い頭の接触事故が多いのではないかと推測されます。

また、統計数値の取り方により、2倍程度の違いは、誤差の範囲でしょう。

「明らか。」と断定する短絡さもまた、似非物理自慢の特性ですかね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/06/16 11:44 | URL |

>スピードが違えは、事故の深刻さは格段に違うでしょう。大きくは、物理の公式のとおりです。

>物理自慢の悪い癖ですね。 またまた、記号で誤魔化そうとされています。 それぞれの記号の定義をお待ちしています。

人にとやかく言うなら、自分から進んで式と定義を示しましょう。
物理自慢の悪い癖を指摘してるくせに、自覚できてないし、記号(定義されていない言葉も所詮記号でしかない)で誤魔化そう、としていることになります。

いつも見ていますが、自己矛盾大好き人間ですね。

| 自転車は歩道 | 2015/06/16 12:13 | URL |

ときどきオアゾツーキニスト
2倍程度の違いは、誤差の範囲でしょう。とありますが、2倍もあれば十分差を語れるでしょう。こういった統計は誤差の有無だけでなく、誤差の理由まで調査を求められますから誤差で2倍ならそもそも公表せず、数値を取り直すでしょう。
それぞれの記号の定義をお待ちしています。 ともありますが、あなたには理解する能力は無さそうなので丁寧に日本語でその式で言いたいことを書いておきました。それで不満なら御自身でお調べください。
凸凹のジャリ道が舗装された効果と交通量の増大・車両規格の拡大(3ナンバー車両の増加)による効果と高速道路の整備による効果と高齢化による効果等々の総合的な影響で、実態として、制限速度規制を見直す必要がなかったというだけのことでしょう。ともありますが、これは全くの間違いですね。車両規格の拡大はそのまま自動車の操縦特性の向上(全長が伸び直進時の安定性が出て、トレッドが広がり重心が落ちたのと同じ効果が望める。)につながりますし、そもそも郊外の道で3ナンバー車を扱いきれないと思ったことはありません。(ただし、路地裏や牛しか通れないような農道はそもそも速度制限以前に最徐行が求められるため、より速く走ろうとは思いませんが。そう考えると私の近所の住宅地の30km規制は逆に速度を落とす方向で変更する必要がある。)また、高速道路は設計速度が近年高められている(新東名は構造上140kmまで対応)上に、舗装技術も進歩しています。また、高齢者の数は1970年当時の3倍の割合ですが、当時にもいなかったわけでなく、当時の速度規制は高齢者を無視しているわけではありません。こう考えると現在と70年代の比較で現在が劣る要素はありません。それでも今の速度は最適解でしょうか。
スピードが違えは、事故の深刻さは格段に違うでしょう。とありますが、おっしゃる通りです。ただし、現在のあまりにも過保護な速度規制のせいで運転者に甘えが出ているため(このことについてはリスク補償行動という心理学の用語を調べればわかる。)、あえて制限速度を上げ、危機感を煽り、事故の深刻さ以前にそもそも事故件数を減らしたり、高齢者の免許返納を促したり、あくまで制限速度であり最低速度でない点を使って運転者自身が能動的に安全な速度にできるようにしなければならないと思います。
あと、私はあなたに話を振った覚えはありませんし、「下らないヤクルトおばさん談義に小生を巻き込むのは、ご勘弁願いたい。 」と思うなら世捨て人に非公開コメントの形で抗議すればよかったのではないでしょうか。公開コメントでわざわざ私宛に返事を書いている時点で首を突っ込みたいという欲望が見え隠れしていますよ。

| JOYMAR | 2015/06/16 14:17 | URL |

JOYMARさん| 2015/06/16 14:17 |へ

>2倍程度の違いは、誤差の範囲でしょう。とありますが、2倍もあれば十分差を語れるでしょう。こういった統計は誤差の有無だけでなく、誤差の理由まで調査を求められますから誤差で2倍ならそもそも公表せず、数値を取り直すでしょう。

道路インフラも国民性も自動車利用状況も自賠責保険・任意保険の制度も道路交通法の厳しさも、全く異なるドイツとの比較ですよね。

数字のマジックに踊らされてませんか?


>それぞれの記号の定義をお待ちしています。 ともありますが、あなたには理解する能力は無さそうなので丁寧に日本語でその式で言いたいことを書いておきました。それで不満なら御自身でお調べください。

あれあれ、以前は、パワーだのエネルギーだのと、自慢げに間違えた定義を示されていたのに、情けないことです。


>凸凹のジャリ道が舗装された効果と交通量の増大・車両規格の拡大(3ナンバー車両の増加)による効果と高速道路の整備による効果と高齢化による効果等々の総合的な影響で、実態として、制限速度規制を見直す必要がなかったというだけのことでしょう。ともありますが、これは全くの間違いですね。車両規格の拡大はそのまま自動車の操縦特性の向上(全長が伸び直進時の安定性が出て、トレッドが広がり重心が落ちたのと同じ効果が望める。)につながりますし、そもそも郊外の道で3ナンバー車を扱いきれないと思ったことはありません。(ただし、路地裏や牛しか通れないような農道はそもそも速度制限以前に最徐行が求められるため、より速く走ろうとは思いませんが。そう考えると私の近所の住宅地の30km規制は逆に速度を落とす方向で変更する必要がある。)また、高速道路は設計速度が近年高められている(新東名は構造上140kmまで対応)上に、舗装技術も進歩しています。また、高齢者の数は1970年当時の3倍の割合ですが、当時にもいなかったわけでなく、当時の速度規制は高齢者を無視しているわけではありません。こう考えると現在と70年代の比較で現在が劣る要素はありません。それでも今の速度は最適解でしょうか。

大前提となる「交通量の増大」の効果はあえて見落としたのかな?
高齢化は、速度規制云々よりも、ドイツとの比較の保有自動車台数当りの事故発生率に影響します。
コンビニの駐車場でブレーキとアクセルを踏み間違えて、店内のお客様を死なせるだとか、せっかちに信号の代わり端に横断歩道を渡り始めて、黄色信号で交差点を抜け切れない自転車と接触しただけで、転倒して打ち所が悪くて死亡したなどといった事故は、高齢化社会の典型です。
狭い車道空間を小分けにした第一通行帯の左端を塞ぐようなでかい車が増えてたからこそ、自転車が歩道に上がらざるを得なくなっているのでしょう。
これらの様々な要素を踏まえて、安全の御旗のもと、地元の地方公安委員会は、制限速度の上限を上げることは出来ないのでしょう。


>スピードが違えは、事故の深刻さは格段に違うでしょう。とありますが、おっしゃる通りです。ただし、現在のあまりにも過保護な速度規制のせいで運転者に甘えが出ているため(このことについてはリスク補償行動という心理学の用語を調べればわかる。)、あえて制限速度を上げ、危機感を煽り、事故の深刻さ以前にそもそも事故件数を減らしたり、高齢者の免許返納を促したり、あくまで制限速度であり最低速度でない点を使って運転者自身が能動的に安全な速度にできるようにしなければならないと思います。

さて、制限速度を上げて、心理学でいう「リスク補償行動」とやらに、物理的に速度の2乗に比例する交通事故の深刻さを打ち消す効果があり得ますか?

無責任は発言は慎みましょう。
物理自慢であれば、実証的な検証が必要でしょう。


>あと、私はあなたに話を振った覚えはありませんし、「下らないヤクルトおばさん談義に小生を巻き込むのは、ご勘弁願いたい。 」と思うなら世捨て人に非公開コメントの形で抗議すればよかったのではないでしょうか。公開コメントでわざわざ私宛に返事を書いている時点で首を突っ込みたいという欲望が見え隠れしていますよ。

小生は、スピードの危険性を示す公式も説明出来ない似非物理自慢のヤクルトおばさん談義には、興味も関心もございません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/06/16 15:04 | URL |

ときどきオアゾツーキニストへ
道路インフラも国民性も自動車利用状況も自賠責保険・任意保険の制度も道路交通法の厳しさも、全く異なるドイツとの比較ですよね。 とありますが、保険制度が充実してるから、道路交通法が緩いから、ぶつけても大事に至らない、だから多少注意力散漫でもいいやという人がいるとは思えません。また、道路インフラや自動車利用状況が違うというのであればそれらをドイツに近づければ制限速度を郊外で100㎞、市街地で50㎞にしても事故件数を半減できるということです。ただ、正直ドイツを走っていて道路事情が違ってとまどった覚えはありませんけどね。一つだけ言うなら制限速度がこまめに変わる(場所によっては測ったわけではないが200mおきくらいで変わる)これくらいの差なら道路構造を一新する必要はなく、鬼のように標識を立てまくれば十分対処できます。交通量の増大も、地方の過疎化と道路の絶対量、高速道路に代表される自動車専用道路の充実を考えれば郊外や田舎ではさほど関係ない(実際田舎の1本道のような所にある小規模娯楽施設、道の駅、コンビニは収益が落ちている。)また、あくまで制限速度であり、最低速度ではありません。
制限速度を上げて、心理学でいう「リスク補償行動」とやらに、物理的に速度の2乗に比例する交通事故の深刻さを打ち消す効果があり得ますか? とありますが、少なくともドイツの事例を用いればその可能性が高いです。逆に私はもし、ドイツが今の日本の水準の速度制限に下げて事故リスクが落ちるのか興味がありますね。
ンビニの駐車場でブレーキとアクセルを踏み間違えて、店内のお客様を死なせるだとか、せっかちに信号の代わり端に横断歩道を渡り始めて、黄色信号で交差点を抜け切れない自転車と接触しただけで、転倒して打ち所が悪くて死亡したなどといった事故は、高齢化社会の典型です。 とありますが、踏み間違えの原因は高齢化よりATの普及がメインで、対処の策がとられた車両が出回りだしており、数年以内に現在のABSやVDCのように普及すると考えられています。交差点の場合は交差点まで100㎞で突っ切れとは言いませんし、横断歩道のないところや黄色信号などで左右を見ずに出て来たりする高齢者はその他の生活においても支障をきたしている可能性が高く、家族や高齢者施設の監督責任の問題かと思います。不確定要素の対処をするより不確定要素の排除のほうが確実に安全に効きますし、本質的でもあります。第一通行帯の左端を塞ぐようなでかい車なんて大型トラックくらいですしそうでなければただの意地悪ですね。

| JOYMAR | 2015/06/16 20:03 | URL |

JOYMARさん | 2015/06/16 20:03 |へ

>道路インフラも国民性も自動車利用状況も自賠責保険・任意保険の制度も道路交通法の厳しさも、全く異なるドイツとの比較ですよね。 とありますが、保険制度が充実してるから、道路交通法が緩いから、ぶつけても大事に至らない、だから多少注意力散漫でもいいやという人がいるとは思えません。

物事の本質をご理解いただけないようですね。
統計数値としてどの程度の事故が事故として把握されているのか、事故として報告する前提が保険適用の有無、罰則の有無(軽重)など制度です。
下らない接触事故が当事者同士のごめんなさいですむのかどうか、保険会社や警察等に届け出て下らない統計数値を積み上げなければ、解決しないのかどうか、です。
自動車台数も、ガレージに保管されたままの車もカウントするのかどうかで異なります。
そういった実態を含めて、4倍(2乗)、8倍(3乗)、16倍(4乗)くらいの差があるというのであれば、検討に値することでしょう。

>また、道路インフラや自動車利用状況が違うというのであればそれらをドイツに近づければ制限速度を郊外で100㎞、市街地で50㎞にしても事故件数を半減できるということです。ただ、正直ドイツを走っていて道路事情が違ってとまどった覚えはありませんけどね。一つだけ言うなら制限速度がこまめに変わる(場所によっては測ったわけではないが200mおきくらいで変わる)これくらいの差なら道路構造を一新する必要はなく、鬼のように標識を立てまくれば十分対処できます。

そこまでする必要がありますか?
あなたの税金をつぎ込む必要がありますか?
十分?


>交通量の増大も、地方の過疎化と道路の絶対量、高速道路に代表される自動車専用道路の充実を考えれば郊外や田舎ではさほど関係ない(実際田舎の1本道のような所にある小規模娯楽施設、道の駅、コンビニは収益が落ちている。)

意味不明です。
道路の3割しか舗装されていなかった時代と比較して、交通量は数倍増くらい増大しているのではありませんか?
道の駅やコンビニの収益ダウンは、乱立の結果でしょう?

>また、あくまで制限速度であり、最低速度ではありません。

急に弱気になりましたね。
大丈夫ですか?


>制限速度を上げて、心理学でいう「リスク補償行動」とやらに、物理的に速度の2乗に比例する交通事故の深刻さを打ち消す効果があり得ますか? とありますが、少なくともドイツの事例を用いればその可能性が高いです。逆に私はもし、ドイツが今の日本の水準の速度制限に下げて事故リスクが落ちるのか興味がありますね。

世捨人さんのようにドイツに提言して法制化を待たれてはどうですか。


>コンビニの駐車場でブレーキとアクセルを踏み間違えて、店内のお客様を死なせるだとか、せっかちに信号の代わり端に横断歩道を渡り始めて、黄色信号で交差点を抜け切れない自転車と接触しただけで、転倒して打ち所が悪くて死亡したなどといった事故は、高齢化社会の典型です。 とありますが、踏み間違えの原因は高齢化よりATの普及がメインで、対処の策がとられた車両が出回りだしており、数年以内に現在のABSやVDCのように普及すると考えられています。

良かったね。

>交差点の場合は交差点まで100㎞で突っ切れとは言いませんし、横断歩道のないところや黄色信号などで左右を見ずに出て来たりする高齢者はその他の生活においても支障をきたしている可能性が高く、家族や高齢者施設の監督責任の問題かと思います。不確定要素の対処をするより不確定要素の排除のほうが確実に安全に効きますし、本質的でもあります。

高齢者の自由・基本的人権というものもあります。
家族のいない高齢者が問題であり、高齢者施設での拘束が本質的ですよ。

>第一通行帯の左端を塞ぐようなでかい車なんて大型トラックくらいですしそうでなければただの意地悪ですね。

信号待ち渋滞の車道左端を「すり抜け」する際の、軽自動車と3ナンバー車の違い(接触事故の危険性)は、自転車乗りの誰もが共感できることです。

大型トラックで物理的に塞がれた場合には、大人しく歩道に上がって、先回りすれば良いだけのことです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/06/16 21:09 | URL |

そういえば思ったんだけど世捨人と名乗っているのに何故この世の事を批判してばかりいるの?
いつかの記事で競技用自転車はふらふらして危ないとか言ってたけど
こんなもの着けたら余計ふらふらして危ないと思うのだが
車道を爆走していると言っている競技用自転車も交通の妨げとならないようにスピードを上げているのだと思うがその可能性についてはどう説明するのですか?
競技用自転車はスピードさえ気を付ければブレーキの種類からしてもママチャリより安全だと思いますが。(ブレーキ無しピスト除く)
乗っている人の事故に対する意識もママチャリの人より高いでしょうし。

| 名無し | 2015/06/16 23:08 | URL |

批判ばかりして対案を出さないのは共産党や大阪の自民党と同じくらい愚かなことなので、私が道交法などを変えられる立場なら何をするか、出来るだけ具体的に書きます。


1 免許制度
現行制度の本免合格後にスピン、160㎞からのフルブレーキング、ハイドロプレーニング現象、タックイン、パワースライド、極低μ路走行、アイスバーンのABS誤作動によるタイヤロック、雪道のスタック、走行中のトラブル(高速走行時のバースト、故障によるエンスト、ベーパーロック)の体験をする講習を受けさせる。(合否判定あり)合格しなければ若葉マークの取り外しが許されない。この講習の合否で保険料、税金の金額が大きく左右されるようにする。
70歳以上の免許保有者に対し年一回の実技講習実施(合否判定あり)一回目の不合格で免許返上を促し、2回目の不合格で剥奪。

2制限速度
この条件に関しては正直自分の中で悩んでいるので2パターン書く。
パターンA
市街地については据え置き、郊外については100㎞規制。ただし、コーナーの進入から脱出までの制限速度を各コーナーごとに表示。メリハリのある運転を促す。また、中型、大型車は50㎞規制にし、明確な制限速度差を設け、トラック運転手が無理して張り合うことがないようにする。
高速道路は車線ごとに制限速度を設定
登坂車線・・・・・最低速度なし、 最高速度80㎞ 
走行車線・・・・・最低速度50㎞ 最高速度120㎞
追い越し車線・・・最低速度100㎞ 最高速度150㎞
また、上記の郊外の内容と同じくコーナーの進入から脱出までの制限速度を各コーナーごとに表示。また、ジャンクション前後は全車線同一規格の制限を導入。進路変更をしやすくする。
中型、大型車は100㎞規制、ジャンクション前後を除いて追い越し車線への乗り入れ禁止。
原付の30㎞規制→50㎞に改定。普通車との速度差を減らす。

パターンB
市街地については据え置き、郊外については制限速度の概念自体を撤廃。運転者が能動的に決めた安全速度に任せる。ただし、明らかに無謀な速度であったとみられる場合、速度超過ではなく、危険運転として検挙。中型、大型車は50㎞規制にし、明確な速度差を設け、トラック運転手が無理して張り合うことがないようにする。
高速道路は車線ごとに制限速度を設定
登坂車線・・・・・最低速度なし、 最高速度80㎞ 
走行車線・・・・・最低速度50㎞ 最高速度なし
追い越し車線・・・最低速度100㎞ 最高速度なし
明らかに無謀な速度であったとみられる場合、速度超過ではなく、危険運転として検挙。
中型、大型車は100㎞規制(追い越し車線原則通行禁止)、ジャンクション前後を除いて追い越し車線への乗り入れ禁止。
また、ジャンクション前後は全車線同一規格の速度制限を導入。進路変更をしやすくする。
原付の30㎞規制→50㎞に改定。普通車との速度差を減らす。

3車検
時速160㎞から100m以内で停止できるだけの車体トータルとしてのブレーキング性能を新車に対し要求、同時に既に出回っている車両に対して対策品の販売を促す。また、交換に関して補助金を出す。また、この対策を講じてから十分に時間がたってから(6年以上)これに適合できなかった車両のナンバー剥奪。(漫然と古い車に乗っている者と、目的意識をもって旧車に乗っている者を選別。)
また、新車に対しては旋回制動性能にも基準をつけ、規定値に達しない車種の販売を認めない。(具体的内容はベストモータリングのパニックブレーキに準ずる、もしくは状況によってそれ以上に進入速度を上げる)

4自転車
小学校4年時に1回目の講習、中学2年で2回目の講習を行う。1回目は自転車で安全に歩道を通行する趣旨で開催。2回目は自転車で安全に車道を通行する趣旨で開催。小学校3年以下の児童は原則保護者の監視の下でのみ歩道のみ通行可。
自転車は原則車道。路側帯は砂利、砂、苔、溝、ヒビなどが多くあり危険なため、極端に広くない限りは路側帯の走行を推奨しない。
キャリア等に積む荷物をロープなどで固定することを義務化。
70歳以上の高齢者が自転車に乗る場合は登録&1年ごとの年一回の実技講習実施(合否判定あり)一回目の不合格で乗車を辞めるようを促し、2回目の不合格で登録抹消。

5その他
小型公共交通機関の拡充(ここまで読めば分かるかと思うが相当高齢者には厳しい内容になっており、手軽に使える足が必要。)具体的には
・乗合い型タクシー
・契約は年単位、料金は普通車の1年の維持費約30万の1/3程度の10万くらい。距離による料金設定を行わない。(支払いの煩雑さ、その時の手持ちの金額で利用をちゅうちょしないようにするため)
・バリアフリー
・普通2種免許で運転可
・ワゴン型、7人乗り以上
・できれば代替エネルギー車(EV PHV)
この市場に地元の若者が参入すればコミュニケーションの場が広がり、高齢者向け施設が参入すれば高齢者施設に知り合いができるわけで高齢者向け施設に入る時の精神的負担軽減につながる。
正確な自己判断の出来ない認知症患者に対して、外出時介護者などの付き添い義務。

と、ざっくり書きました。要するにやりたいことは
・運転者のスキル向上
・不確定要素の対処以前に不確定要素の排除
・高性能車両(例 日産GTR,レクサスLFA等)や、レーシングカーの技術を大衆車に積極的にフィードバックさせ、絶対的な車両の安全性向上。
・交通の効率UP
・科学技術の進化に法を追いつかせる
・新規市場開拓による雇用創出

この程度です。また、ここに書かれていなくても上記の目的を達成するのに有効と思われれば既存の概念にとらわれず何でも考察する必要があるかと思います。

| JOYMAR | 2015/06/17 22:27 | URL |

ときどきオへ
>そこまでする必要がありますか?
あなたの税金をつぎ込む必要がありますか?
十分?

事故による損害を考えればこの程度の歳出は全く問題ないわけですし、世捨人っぽく言えば背に腹は代えられませんよ。
また、将来的にGPSを用いて走行地点の道路標識、規制の情報を車に直接送りつけ、表示させるシステムを民間ではなく公安委員会で構築し、全車取り付け義務化すればよいと思います。これが出来れば私の速度規制案でのコストアップは非常に少なくなりますし、たとえ、私の速度規制案を用いることがなくとも、一部の人がよく見落としてしょっちゅう警察に捕まっている時間帯指定のある規制も明確に運転者に教えられます。また、道路形状変更時にも標識の付け替えがプログラム変更のみで対応でき、災害時にはそのシステムで一般車の制御が簡単に出来るようになります。これを用いればそもそも一部を除いて標識も信号も不要になります。また、ナビ画面を用いるのはわき見運転の助長につながるのでフロントガラス上に半透明に情報を映し出す工夫がほしいです。
GPSでの道路情報伝達システムは技術的には非常に簡単ですし、手間はかかりますが、グーグルアースのようなものを民間企業がやっているこのご時世、手間とコストを言い訳にしてはいけないと思います。視点の移動を少なくする技術に至っては既にナビに用いられています。

>下らない接触事故が当事者同士のごめんなさいですむのかどうか、保険会社や警察等に届け出て下らない統計数値を積み上げなければ、解決しないのかどうかです。自動車台数も、ガレージに保管されたままの車もカウントするのかどうかで異なります。

くだらない接触に関してはドイツ人のほうが総じて敏感だった、という経験はとりあえず伝えておきます。また、ガレージ保管数こそ誤差の範囲内です。「登録台数」でしか正確な数値を政府は知られませんよ。

>急に弱気になりましたね。大丈夫ですか?
渋滞中の高速で100㎞出そうとする者がおらず、制限速度60kmの凍結路で徐行しない者がいないのと同じです。

>道路の3割しか舗装されていなかった時代と比較して、交通量は数倍増くらい増大しているのではありませんか?
道の駅やコンビニの収益ダウンは、乱立の結果でしょう?

過疎という言葉をご存じですか?都心の話は知りませんが交通量をより細かい目で見る必要がありますよ。

>世捨人さんのようにドイツに提言して法制化を待たれてはどうですか。

少なくとも現状でドイツのほうが交通は安全かつ円滑なので見習うべきは日本のほうです。

>高齢者の自由・基本的人権というものもあります。
家族のいない高齢者が問題であり、高齢者施設での拘束が本質的ですよ。

一般的に人権侵害と言われる拘束を勧めながら高齢者の自由・基本的人権というものもあります、というのは理解に苦しみます。批判以前にあなたの意図していることが分かりにくいので高齢者の自由・基本的人権について改めて記述してください。
ちなみに私は「認知症になった時点で正確な判断は不可能なので多少自由・基本的人権を奪ってでも行動を制限し、認知症患者の安全確保以前に他人に迷惑をかけないようにする。(具体的にはトイレなどを除いて屋外では必ず介護する者が認知症患者の行動を制御し、認知症患者の一人での外出を認めない。)」という立場です。

>信号待ち渋滞の車道左端を「すり抜け」する際の、軽自動車と3ナンバー車の違い(接触事故の危険性)は、自転車乗りの誰もが共感できることです。

正直車体サイズが気になるのは大型トラックやバスくらいです。軽自動車と3ナンバー車の違いの差はそこまで感じません。それよりも路側帯にはみ出て縁石に擦ってでも後方の者をブロックする奴のほうが厄介です。

| JOYMAR | 2015/06/17 23:48 | URL |

Re: タイトルなし

旧こじさん

>>クルマは人やモノを乗せることを想定して座席やトランクが設置されています。 聴覚とは別次元でしょう。安全には万全を期してください。
>貴方の発言からは 「安全には万全を期して,自動車乗りもヒトやモノをのせてはいけない」 という結論が導け出せます.
>>明らかに誤読です。しっかりしてください。
>誤読と言うなら「安全には万全を期」す事を求める意見は嘘となります.

自転車とクルマは全く別の乗り物です。きちんと頭の中を整理してください。

>貴方がこれを守らないなら,本気で「安全には万全を期」すべきと考えていないといえるので,私は貴方の意見を支持しません.
>規制対象者から支持を受けるのは困難を伴います。
>規制対象者云々以前の問題で,「自分の言った事をまず自身で守りましょう」と言う話です.

小生は競技用自転車を日常使用することはありません。

>毛頭できないことなら,提言を支持しないだけですし,「客観的に見て(いつものことですが)提言に意味が無い」と説明するだけです.

根底にあるのは自転車乗りの交通安全です。

| 世捨人 | 2015/06/18 00:01 | URL |

Re: Re:

JOさん

>人力の自転車にあっては、荷物がなくともふらつきます、とありますが、ふらつく理由が人力という点ですでに間違っています。自転車、バイク、自動車、滑走路を車輪で接地して助走する飛行機などの輸送機器、歩行するすべての動物など全てが荷重移動と荷重変動(荷重移動と荷重変動は似ているようで別物であるので両方書きました。)を起こしながら運動しています。その点の訂正を求めます。さらに、荷物がなくともふらつきます、とありますが、私は荷物を載せる前提で話しています。(そうでなければヤクルトバッグを提唱するあなたとリュックサック&リアキャリアを提唱する私との間で議論ができない。この前提を無視してあなたが話すようなら、前かご、ヤクルトバッグは荷物であるので、あなたがあなた自身の首を絞めることになる。)

諸悪の根源は2輪しかない危険な乗り物にあります。交通安全の観点から自立できない乗り物は淘汰されるべきでしょう。

>また、補助輪などで自立できるようなしくみが必要ですね、とありますが、補助輪は左右の荷重変動の抑制にのみ働き、その他の前後方向の荷重変動、荷重移動には全く影響せず、また、左右方向の荷重移動に対して致命的な欠陥(自転車がコーナリング時に持つ慣性に対してのリニアな対応ができない、)を持っています。私はあなたの提唱する前かご、ヤクルトバッグ等に対して前後方向の荷重移動、変動、また、左右方向の荷重移動、変動の四面から疑問を呈しています。あなたの言う補助輪では左右方向の荷重変動にしか解決できず(更に言えばアームの長さを調整するなど、補助輪の取り付け方を工夫すればクリアできる問題です。補助輪は直進時は接地させず浮かした状態がベストとのことです。の文から微小な左右方向の荷重変動には補助輪は接地せず作用しないため、そもそも左右方向の荷重変動の問題をクリアしていないと言ってもよい)、他の三つに関しては影響を及ぼさなかったり、悪影響を及ぼしたりと全く出番を間違えています。ここからは私の予測ですが、数年以内に補助輪は絶滅すると思います。理由としてストライダーを代表する幼児用ペダルレスバイクの普及です。発売当初は物好きな余裕のある親しか手を出さない印象がありましたが、今では大手玩具店に並ぶなどし、元々補助輪付幼児用自転車を買う層が手を出すようになりました。この製品の一番の特徴は自転車はフレームを直立不動にして乗るものではなく重心移動や荷重移動を用いて慣性力とのバランスを取り、荷重を縦にかけて乗るものということを体にしみこませられる点です。(以前の補助輪付自転車はフレームを直立不動にして乗るものという考えを幼児に無意識に押し付けてしまい、ステップアップを阻害する要因になっていた。嘘だと思うなら自転車の練習に幼児が多く来そうなところを探し、30分ほど眺めてみるといい。来た道を戻ろうとしてUターンする幼児の補助輪がアウト側のみ接地しているはずだ。この感覚で2輪に乗ると100%コケる。)補助輪の愚かさは先入観を持つ大人より子供のほうが最終的に実感します。旧とき(ときどきオアゾツーキニスト)の考えは古いというか、はっきり言えば今の世の中で天動説を主張するようなものですね。

当ブログでは5年前に「足けり式自転車」(ドライジーネ)を提唱したところ共感を得ました。

自転車のペダル装着を禁止せよ
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-207.html
競技用自転車にチューブレスタイヤを義務づけよ
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-409.html

>今後、上記に関してクリアされていないあなたの補助輪談義に乗るつもりはありません。いつも本題から逃げよう逃げようとするあなたの癖はよくないですね。私の論理に真正面から挑んでください。また、前後方向の荷重移動の例えのポルシェのことも御自身で考察してみてください。

自転車という危険な乗り物を根本的に見直す良い機会かと思います。

>つぎに、クルマの接近に気付かずに進路変更してドライバーに迷惑をかけていませんか。とありますが、この点について私は100%安全に進路変更などをしていると断言できます。具体的に理由を述べましょう。私は以前、自宅から最寄り駅まで4.3kmで約200mの落差がある土地に住んでいました。駅まで車の通りが全くない午前4時なら走行時間(信号待ち除く)8分以内についてしまう冷静に見れば危険な土地です。それを私は午前7時ごろ大量の車両と登校中の小学生の列、時期によっては路肩の苔、落ち葉にもまれながら駅まで15分以内で移動していました。この速度をあなたがどう思うかは知りませんが、(あなたのブログの15km制限は法令によるものではないため無視する。)少なくとも私は大量の車両と登校中の小学生の列、時期によっては路肩の苔、落ち葉などのリスクに対して約7分の余裕をもたせていました。では、何にどれくらい余裕を持たせていたのか、そして、なぜ私は100%安全であると断言できるのかひも解いてみましょう。

ドライバーや歩行者の視点に立てば、交通量の多い時間帯にあっては、自転車の存在そのものが迷惑でしょう。自分本位の考えは絶対に捨ててください。

>一つ目は「進路変更の回数自体を減らす」です。もちろん、一般的に考えて無駄な進路変更は厳禁ですが、私に言わせればそれだけでは不十分です。教習所に行った人なら分かるかと思いますが「タイヤ1本分の進路を動かすだけでも進路変更」と言われます。つまり、私は常に車道の中で同じところをタイヤ1本単位、数値にすると約2㎝単位で走り続けます。(この精度を出すためにも前かごは邪魔なのだが。)そのためにはいくつかしなければならないことがあります。まずは、進路変更の理由になりえる障害物がある所をそもそも走らないということです。道路上にはアンダーコートで遮音され、ガラス越しにしか景色が見えず、柔らかいサスペンションとゴムブッシュ、シートによって外部からのインフォメーションがダイレクトでない自動車に乗っていると気づかない砂利、砂、苔、溝などが多く存在します。普通、それらを避けるために進路変更しますが、もっと根本から考えればそもそもそれらが少ないところを走ればよいのです。砂利、砂、苔、溝、ヒビなどが多く存在する一般的なものは路側帯です。車道を走る自動車による風などで砂利などがたまりやすいうえに豪雪地域の春先には滑り止めに撒いた砂利が積み上げられています。また、縁石の陰には苔も生育します。もちろんすべての路側帯が例外なくこの状況とは言えませんが、この傾向が強いため障害物があるたびに進路変更すると必然的に事故の可能性も増えます。では、進路変更の回数自体を減らすには具体的にどこを走るかというと「普通車の左タイヤの走る軌道にできる轍の左端又は右端」です。ここは、確実に自動車が砂利などを飛ばしてくれる上に、苔も基本的に生えません。もちろん、すべての轍の左端又は右端が例外なくこの状況とは言えませんが、路側帯に比べるとリスクは格段に低くなり、進路変更の回数自体を減らすことができます。ちなみに轍の中央を走らないのは、冷静に考えると1.5t以上もある法外に重い自動車によって深く轍ができ、負荷によって溝やヒビができやすいうえに、雨天時に水が溜まって路面状況の把握が難しいからです。

おっしゃるとおり、車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられています。道交が不安定となりがちな自転車にあっては、やむを得ないとして危険な車道は避け歩道を活用してください。

>上記のことによって進路変更の回数自体を減らすという課題をクリアしましたが、その他にもやることがあります。それは実際に後方から車両が来ていないか確認することです。もちろん、後ろを振り返るわけですが重要なのは振り返るという行為が視覚以外にも聴覚に良い影響を持つということです。自転車に乗っているとき、顔には常に風があたり、耳のあたりで渦のようなものができ、風切り音が発生します。音量自体は小さいですが耳に非常に近いので耳を使って周囲の状況を察知することを考えたとき、非常に邪魔です。しかし、顔を横に向けると風切り音の発生している位置から耳が離れ、音がまるで風が無いのかと思うくらいきれいに取れます。これを生かして、後方確認より先に横を見て相手の死角に自分がいるのか判別しつつ前後の音を聞き状況を確認します。また、自転車には振り返りさえすれば死角は無いので自動車よりも確実に安全が確保できます。

慢心が事故を招きます。

>?これらによって、私は自転車に乗っているときに自動車以上のクオリティの安全確認を行っています。

過信は禁物です。

>ただし、正直自動車側から「邪魔」と思われている節があります。しかし、私に言わせればむしろそれは「安全」にプラスに働きます。一見矛盾しているように見えますが、冷静に考えれば「邪魔」と思われているということは少なくとも相手から視認されている、ということです。一番危ないのは「気が付いたらそこにいた」というお化けみたいな状態です。また、道路状況から自転車を自動車が追い越すという行為自体が危険と考えられる場合(具体的にはコーナーの進入時のブレーキング時や後方の自動車から視認されていないであろう対向車を視認した時、直後にセンターラインに反射板付の小さい障害物があり、追い越しきらないうちに幅寄せを食らう時)私は邪魔と思われても追い越しをさせません。死にたくないので。

道路における交通の円滑の確保に努めてください。

>このように、自分の行動を安全にするだけでなく、後方の車両の動きまで操作し、安全を保っています。ごくまれに悪意を持って走っている者や延々とスマホをいじっている者には効果は薄いかもしれませんが、そのような者はそもそも運転免許を持つべきではありませんし、対処法などありません。歩道だろうと建物の中だろうと悪意を持って走っている者や延々とスマホをいじっている者は突っ込んでしまうので。そう考えると100%安全に進路変更などをしていると断言できると言っても良いでしょう。

ドライバーの視点を大切にして交通の安全の確保に努めてください。

>最後に、自転車は危険な乗り物であるということを出発点としなければ、議論が進展しません。とありますが、自転車に限らず車両全てに拡張して危険性があるということにしないと議論が進展しません。また、遅ければ安全、車道から追い出せば安全ということが間違っていることを自覚しましょう。

自転車乗りの命の重みを考えると、野放しにできません。交通安全は当ブログの願いです。ご理解、ご協力をお願いします。

| 世捨人 | 2015/06/18 00:15 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>JOYMARさん | 2015/06/14 22:11 |へ
>旧とき(ときどきオアゾツーキニスト)の考えは古いというか、はっきり言えば今の世の中で天動説を主張するようなものですね。
>下らないヤクルトおばさん談義に小生を巻き込むのは、ご勘弁願いたい。JOYMARさんは、地動説とやらで、自転車や自動車のスピードの危険性を示す物理の公式をきちんと説明することが出来るようになることです。 頑張れ。

よく見つけましたね。

| 世捨人 | 2015/06/18 00:17 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>>興味があれば旧とき(ときどきオアゾツーキニスト)さんにお尋ねください。
>JOYMARさんを小生の押し付けるのは、ご勘弁願います。 スピードの危険性を物理的に説明出来ない似非物理自慢と議論しても時間の無駄です。

お互いさまです。

| 世捨人 | 2015/06/18 00:17 | URL |

Re: タイトルなし

名無さん

>そういえば思ったんだけど世捨人と名乗っているのに何故この世の事を批判してばかりいるの?

根底にあるのは自転車乗りの交通安全です。

>いつかの記事で競技用自転車はふらふらして危ないとか言ってたけどこんなもの着けたら余計ふらふらして危ないと思うのだが

補助輪をつけるなどして対応してください。

>車道を爆走していると言っている競技用自転車も交通の妨げとならないようにスピードを上げているのだと思うがその可能性についてはどう説明するのですか?

スピードの出しすぎによる事故はシリアスです。

>競技用自転車はスピードさえ気を付ければブレーキの種類からしてもママチャリより安全だと思いますが。(ブレーキ無しピスト除く)乗っている人の事故に対する意識もママチャリの人より高いでしょうし。

気のせいでしょう。

| 世捨人 | 2015/06/18 00:18 | URL |

Re: タイトルなし

JOさん

旧とき(ときどきアオゾツーキニスト)さんに一任します。

>批判ばかりして対案を出さないのは共産党や大阪の自民党と同じくらい愚かなことなので、私が道交法などを変えられる立場なら何をするか、出来るだけ具体的に書きます。 1 免許制度 現行制度の本免合格後にスピン、160㎞からのフルブレーキン、ハイドロプレーニング現象、タックイン、パワースライド、極低μ路走行、アイスバーンのABS誤作動によるタイヤロック、雪道のスタック、走行中のトラブル(高速走行時のバースト、故障によるエンスト、ベーパーロック)の体験をする講習を受けさせ。(合否判定あり)合格しなければ若葉マークの取り外しが許されない。この講習の合否で保険料、税金の金額が大きく左右されるようにする。 70歳以上の免許保有者に対し年一回の実技講習実施(合否判定あり)一回目の不合格で免許返上を促し、2回目の不合格で剥奪。2制限速度この条件に関しては正直自分の中で悩んでいるので2パターン書く。パターンA 市街地については据え置き、郊外については100㎞規制。ただし、コーナーの進入から脱出までの制限速度を各コーナーごとに表示。メリハリのある運転を促す。また、中型、大型車は50㎞規制にし、明確な制限速度差を設け、トラック運転手が無理して張り合うことがないようにする。 高速道路は車線ごとに制限速度を設定登坂車線・・・・・最低速度なし、 最高速度80㎞走行車線・・・・・最低速度50㎞ 最高速度120㎞ 追い越し車線・・・最低速度100㎞ 最高速度150㎞ また、上記の郊外の内容と同じくコーナーの進入から脱出までの制限速度を各コーナーごとに表示。また、ジャンクション前後は全車線同一規格の制限を導入。進路変更をしやすくする。 中型、大型車は100㎞規制、ジャンクション前後を除いて追い越し車線への乗り入れ禁止。 原付の30㎞規制→50㎞に改定。普通車との速度差を減らす。パターンB市街地については据え置き、郊外については制限速度の概念自体を撤廃。運転者が能動的に決めた安全速度に任せる。ただし、明らかに無謀な速度であったとみられる場合、速度超過ではなく、危険運転として検挙。中型、大型車は50㎞規制にし、明確な速度差を設け、トラック運転手が無理して張り合うことがないようにする。 高速道路は車線ごとに制限速度を設定 登坂車線・・・・・最低速度なし、 最高速度80㎞  走行車線・・・・・最低速度50㎞ 最高速度なし 追い越し車線・・・最低速度100㎞ 最高速度なし 明らかに無謀な速度であったとみられる場合、速度超過ではなく、危険運転として検挙。 中型、大型車は100㎞規制(追い越し車線原則通行禁止)、ジャンクション前後を除いて追い越し車線への乗り入れ禁止。また、ジャンクション前後は全車線同一規格の速度制限を導入。進路変更をしやすくする。原付の30㎞規制→50㎞に改定。普通車との速度差を減らす。 3車検 時速160㎞から100m以内で停止できるだけの車体トータルとしてのブレーキング性能を新車に対し要求、同時に既に出回っている車両に対して対策品の販売を促す。また、交換に関して補助金を出す。また、この対策を講じてから十分に時間がたってから(6年以上)これに適合できなかった車両のナンバー剥奪。(漫然と古い車に乗っている者と、目的意識をもって旧車に乗っている者を選別。) また、新車に対しては旋回制動性能にも基準をつけ、規定値に達しない車種の販売を認めない。(具体的内容はベストモータリングのパニックブレーキに準ずる、もしくは状況によってそれ以上に進入速度を上げる) 4自転車 小学校4年時に1回目の講習、中学2年で2回目の講習を行う。1回目は自転車で安全に歩道を通行する趣旨で開催。2回目は自転車で安全に車道を通行する趣旨で開催。小学校3年以下の児童は原則保護者の監視の下でのみ歩道のみ通行可。 自転車は原則車道。路側帯は砂利、砂、苔、溝、ヒビなどが多くあり危険なため、極端に広くない限りは路側帯の走行を推奨しない。 キャリア等に積む荷物をロープなどで固定することを義務化。70歳以上の高齢者が自転車に乗る場合は登録&1年ごとの年一回の実技講習実施(合否判定あり)一回目の不合格で乗車を辞めるようを促し、2回目の不合格で登録抹消。 5その他 小型公共交通機関の拡充(ここまで読めば分かるかと思うが相当高齢者には厳しい内容になっており、手軽に使える足が必。)具体的には ・乗合い型タクシー ・契約は年単位、料金は普通車の1年の維持費約30万の1/3程度の10万くらい。距離による料金設定を行わない。(支払いの煩雑さ、その時の手持ちの金額で利用をちゅうちょしないようにするため)・バリアフリー ・普通2種免許で運転可 ・ワゴン型、7人乗り以上 ・できれば代替エネルギー車(EV PHV) この市場に地元の若者が参入すればコミュニケーションの場が広がり、高齢者向け施設が参入すれば高齢者施設に知り合いができるわけで高齢者向け施設に入る時の精神的負担軽減につながる。 正確な自己判断の出来ない認知症患者に対して、外出時介護者などの付き添い義務。と、ざっくり書きました。要するにやりたいことは ・運転者のスキル向上 ・不確定要素の対処以前に不確定要素の排除 ・高性能車両(例 日産GTR,レクサスLFA等)や、レーシングカーの技術を大衆車に積極的にフィードバックさせ、絶対的な車両の安全性向上。 ・交通の効率UP ・科学技術の進化に法を追いつかせる ・新規市場開拓による雇用創出 この程度です。また、ここに書かれていなくても上記の目的を達成するのに有効と思われれば既存の概念にとらわれず何でも考察する必要があるかと思います。

| 世捨人 | 2015/06/18 00:24 | URL |

名前を間違えてしまい,訂正も出来ないような,幼稚園児以下の知性しかない| 世捨人 | 2015/06/18 00:01 | へ

>>クルマは人やモノを乗せることを想定して座席やトランクが設置されています。 聴覚とは別次元でしょう。安全には万全を期してください。
>貴方の発言からは 「安全には万全を期して,自動車乗りもヒトやモノをのせてはいけない」 という結論が導け出せます.
>>明らかに誤読です。しっかりしてください。
>誤読と言うなら「安全には万全を期」す事を求める意見は嘘となります.
>>自転車とクルマは全く別の乗り物です。きちんと頭の中を整理してください。

車輪で走る,車道を走る,車両として定められる,歩くよりも早く移動が出来るようになる,等共通点があるので全く別ではありません.
「全く別である」と整理する事は不適切で,「違うところと,共通の所を区別する」事が運転・法整備のために必要となります.

| こじま | 2015/06/18 00:43 | URL |

世捨へ
>当ブログでは5年前に「足けり式自転車」(ドライジーネ)を提唱したところ共感を得ました。

根本的に求めている者が間違っている
あなたの意見「足がつけばこけない」
私「傾けて左右バランスをとることが自転車に乗る時に重要で、その感覚が取りやすい。ただし、あくまで練習用。」

>慢心が事故を招きます。
>過信は禁物です。
>ドライバーの視点を大切にして交通の安全の確保に努めてください。
>自転車乗りの命の重みを考えると、野放しにできません。
>ドライバーや歩行者の視点に立てば、交通量の多い時間帯にあっては、自転車の存在そのものが迷惑でしょう。自分本位の考えは絶対に捨ててください。

そっくりそのままドライバーにお返しいたします。

| JOYMAR | 2015/06/18 01:05 | URL |

JOYMAR さん

興味深かったので、批判(≠否反)させてもらいます。

○技量で保険料が変動するのは,妥当だと思います。
一方で、技量が低くても、その技量の低さを自覚して安全運転に努めるタイプの人もいますが、彼らはどういう風に扱われるのでしょうか?
反対もいるわけで、そういった方々を「未然に」判断する方法が保険料と関わると思いますがどうでしょうか?

○70歳以上といわず,それ以外の方にも,更新時には技能試験・学科試験してもらいたいです.
「ペーパードライバーはどうするの?」問題もありますが,そもそも身分証=運転免許みたいな事をなくす方法はいくらでもあるわけです.(保険証等)

○制限速度
「現状が最適解ではない」とは私も思います.
ただ,あちらを立てればこちらが立たず・・・
賛成とも反対とも表明出来ません.

速度制限が形骸化して,巡航速度(≠平均速度)と矛盾した現状に納得が行かないので,制限速度を70km/hとかに引き上げて,あわせて罰金額と取締り基準を変更するなどの,方針転換はしてもらいたいと思っています.

○その他
長期的には流通合理化も大事かと.
運輸産業は今後も必要なのは間違いないですが,一方で大型車とその他車との速度差について考える事も必要ですし,大気汚染・エネルギー消費・温暖化対策も考慮していく必要があるので.

| こじま | 2015/06/18 10:43 | URL |

世捨人さん | 2015/06/18 00:17 |へ

>興味があれば旧とき(ときどきオアゾツーキニスト)さんにお尋ねください。
>>JOYMARさんを小生の押し付けるのは、ご勘弁願います。 スピードの危険性を物理的に説明出来ない似非物理自慢と議論しても時間の無駄です。
>お互いさまです。

小生は、ネット弱者・物理弱者を自認しています。

違いの分かる大人になって下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/06/18 11:22 | URL |

世捨人さん | 2015/06/18 00:17 |へ

>旧とき(ときどきオアゾツーキニスト)の考えは古いというか、はっきり言えば今の世の中で天動説を主張するようなものですね。
>>下らないヤクルトおばさん談義に小生を巻き込むのは、ご勘弁願いたい。JOYMARさんは、地動説とやらで、自転車や自動車のスピードの危険性を示す物理の公式をきちんと説明することが出来るようになることです。 頑張れ。
>よく見つけましたね。

似非物理自慢のJOYMARさんからは、未だに、自転車や自動車のスピードの危険性を示す物理の公式をきちんと説明頂けませんので、どの面下げて、コメントしているのか、興味深々でした。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/06/18 11:45 | URL |

JOYMARさん | 2015/06/17 23:48 |へ

>>そこまでする必要がありますか? あなたの税金をつぎ込む必要がありますか? 十分?
>事故による損害を考えればこの程度の歳出は全く問題ないわけですし、世捨人っぽく言えば背に腹は代えられませんよ。
また、将来的にGPSを用いて走行地点の道路標識、規制の情報を車に直接送りつけ、表示させるシステムを民間ではなく公安委員会で構築し、全車取り付け義務化すればよいと思います。これが出来れば私の速度規制案でのコストアップは非常に少なくなりますし、たとえ、私の速度規制案を用いることがなくとも、一部の人がよく見落としてしょっちゅう警察に捕まっている時間帯指定のある規制も明確に運転者に教えられます。また、道路形状変更時にも標識の付け替えがプログラム変更のみで対応でき、災害時にはそのシステムで一般車の制御が簡単に出来るようになります。これを用いればそもそも一部を除いて標識も信号も不要になります。また、ナビ画面を用いるのはわき見運転の助長につながるのでフロントガラス上に半透明に情報を映し出す工夫がほしいです。
GPSでの道路情報伝達システムは技術的には非常に簡単ですし、手間はかかりますが、グーグルアースのようなものを民間企業がやっているこのご時世、手間とコストを言い訳にしてはいけないと思います。視点の移動を少なくする技術に至っては既にナビに用いられています。

規制情報の表示だけでなく、制御させれば、自動車のスピード違反は皆無となりそうです。
まさに、暴走自転車がスピードを自動制御された自動車を追い越していく時代が来るかも知れませんね。

楽しみです。

それでも重量が自動車の100分の1程度の自転車には、スピード規制は不要でしょう。


>>下らない接触事故が当事者同士のごめんなさいですむのかどうか、保険会社や警察等に届け出て下らない統計数値を積み上げなければ、解決しないのかどうかです。自動車台数も、ガレージに保管されたままの車もカウントするのかどうかで異なります。
>くだらない接触に関してはドイツ人のほうが総じて敏感だった、という経験はとりあえず伝えておきます。また、ガレージ保管数こそ誤差の範囲内です。「登録台数」でしか正確な数値を政府は知られませんよ。

敏感なドイツ人が接触事故を統計数値に含めているかどうかの問題です。
「登録」するかどうかによって、税金や保険等々経済的にどの程度のメリット・デメリットがあるかどうかです。
一人当たりの「登録台数」がどちらが多いかどうかです。
保有(登録)コストが低ければ、一人当たりの保有台数は増え、利用されていない(事故を起こさない)自動車台数が増えます。
自動車保有「登録」の対する税金等のコストが高く、ドライバー1人当たりの「登録」台数が少なければ、「登録」された自動車の利用(事故)が増えることになります。

こんな簡単なことは、物理を苦手としている小生でもわかることです。
こうした前提条件の確認もなしに、「登録」台数当りの事故率を比較しても仕方のないことです。
2倍程度の違いは誤差の範囲となってしまいます。


>>急に弱気になりましたね。大丈夫ですか?
>渋滞中の高速で100㎞出そうとする者がおらず、制限速度60kmの凍結路で徐行しない者がいないのと同じです。

そして、現在の道路交通の状況は、凸凹砂利道が舗装された効果と、交通量の増大・自動車の大型化・高齢化・人命尊重意識の高まり等々の効果を比較すると、一般道路の最高速度を見直す状況にはないということです。


>>道路の3割しか舗装されていなかった時代と比較して、交通量は数倍増くらい増大しているのではありませんか?
道の駅やコンビニの収益ダウンは、乱立の結果でしょう?
>過疎という言葉をご存じですか?都心の話は知りませんが交通量をより細かい目で見る必要がありますよ。

地方公安委員会は、過疎化の影響と高齢化(弱者保護)の影響を勘案し、それぞれの地域の交通量をより細かい目で見た上で、最高速度を変更する状況にないと判断しているということです。


>>世捨人さんのようにドイツに提言して法制化を待たれてはどうですか。
>少なくとも現状でドイツのほうが交通は安全かつ円滑なので見習うべきは日本のほうです。

本当ですか?
何を以て、ドイツの方が安全かつ円滑だと断言出来るのですか?
新幹線の高速安全性や地下鉄網の発達など、小生の生活圏では、現状の交通の安全と円滑につき何ら不満はありませんよ。
唯一、不便になったのが、今回の取り締まり強化で、傘チャリが様子見となったことです。
梅雨時の買い物・図書館通いには、本当に不便です。
梅雨時の保育園・幼稚園の送り迎えに、3人乗りのさすべえ自転車はどうしているのかな。


>>高齢者の自由・基本的人権というものもあります。家族のいない高齢者が問題であり、高齢者施設での拘束が本質的ですよ。
>一般的に人権侵害と言われる拘束を勧めながら高齢者の自由・基本的人権というものもあります、というのは理解に苦しみます。批判以前にあなたの意図していることが分かりにくいので高齢者の自由・基本的人権について改めて記述してください。
ちなみに私は「認知症になった時点で正確な判断は不可能なので多少自由・基本的人権を奪ってでも行動を制限し、認知症患者の安全確保以前に他人に迷惑をかけないようにする。(具体的にはトイレなどを除いて屋外では必ず介護する者が認知症患者の行動を制御し、認知症患者の一人での外出を認めない。)」という立場です。

介護の苦労を知らない人の極論ですね。
明日は我が身です。
人口の3分の1が高齢者となる世の中で、軽々しく語れるものではありません。
認知症となる確率を踏まえても、人口の10分の1、人生の10分の1を幽閉する社会などまっぴら御免です。


>>信号待ち渋滞の車道左端を「すり抜け」する際の、軽自動車と3ナンバー車の違い(接触事故の危険性)は、自転車乗りの誰もが共感できることです。
>正直車体サイズが気になるのは大型トラックやバスくらいです。軽自動車と3ナンバー車の違いの差はそこまで感じません。それよりも路側帯にはみ出て縁石に擦ってでも後方の者をブロックする奴のほうが厄介です。

本当に自転車に乗ってますか?
ブロックされるような危険な運転をしているということではありませんか?
路側帯にはみ出すような車は、右側から追い越して行けばよいだけのことでしょう。
何ら気にすることはありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/06/18 15:04 | URL |

>本当に自転車に乗ってますか?
>ブロックされるような危険な運転をしているということではありませんか?


どっちも「ブロックされるような危険な運転」って具体的じゃない
具体的な議論を拒否してるから ときどきオアゾツーキニスト が 負け犬

| 自転車は歩道 | 2015/06/18 16:26 | URL |

ツーリングから帰ってきたら馬鹿馬鹿しい返事が返ってきたので一つ一つ答えようと思います。


ときどきオへ
>そして、現在の道路交通の状況は、凸凹砂利道が舗装された効果と、交通量の増大・自動車の大型化・高齢化・人命尊重意識の高まり等々の効果を比較すると、一般道路の最高速度を見直す状況にはないということです。

現在の制限速度が実情に合ってないのは法定速度をきっちり守って走っているとあらゆる車から追い抜かれるところからもわかります。以前、古屋国家公安委員長の発言「片側2車線で真っすぐの道、歩行者が出てくる危険性もない(道で)、制限速度が時速50キロ。流れに逆らわなければ70キロぐらい出る」「(超過速度が)20キロ以上出ていると取り締まりの対象になる。そういうところはどうかなといつも疑問に思っていました」は言いたいけど言えない世の中で批判こそあれ価値のあるものだと思います。道路の流れができていれば法定速度よりその流れの速度に乗るべきですし、20㎞オーバーになってようやく取り締まるようでは「20㎞なら法を犯してもいい」という間違った経験を植え付けてしまいます。ならば、制限速度を上げる代わりに制限速度を1㎞でも超えたら取り締まる方が良いと思います。また、その車の流れの速度を運転者の能動的な判断に任せるため、明確な危険な速度でもない限り制限すべきではないと思います。そこから算出される速度が100㎞です。現状の制限速度では虚像の過度の安心感を与えてしまいますからね。
ちなみに、ツーリング中、某制限速度50㎞の国道で30㎞くらいで巡航していましたが、30分走って追い抜いて行った車はわずか3台でした。なんのための道なんだか(笑)舗装状態、見通し、交差点数、どこをとっても制限速度50㎞にはオーバースペックで勿体ないと思いました。

>現状の交通の安全と円滑につき何ら不満はありません唯一、不便になったのが、今回の取り締まり強化で、傘チャリが様子見となったことです。
梅雨時の買い物・図書館通いには、本当に不便です。
梅雨時の保育園・幼稚園の送り迎えに、3人乗りのさすべえ自転車はどうしているのかな。

16世紀に来日したキリスト教の宣教師が着ていた外衣が元になっている「合羽」というものをご存知ですか?現状の交通の安全と円滑につき何ら不満はありませんという言葉からは自動車が与える虚像の過度の安心感が見え隠れしています。危険と思うことより危険であることに気づかないほうが危険です。

>介護の苦労を知らない人の極論ですね。
明日は我が身です。
人口の3分の1が高齢者となる世の中で、軽々しく語れるものではありません。
認知症となる確率を踏まえても、人口の10分の1、人生の10分の1を幽閉する社会などまっぴら御免です。

事故の痛みに苦しみながら病院に幽閉され、他人を交通刑務所へ道連れにするよりはましです。

>本当ですか?
何を以て、ドイツの方が安全かつ円滑だと断言出来るのですか?

そもそも2倍も差があって誤差と言っている時点であなたが間違っています。

>ブロックされるような危険な運転をしているということではありませんか?
路側帯にはみ出すような車は、右側から追い越して行けばよいだけのことでしょう。
何ら気にすることはありません。

ブロックされるような運転はしていませんし、理由はどうであれ後ろに自転車がいるだけで路側帯にはみ出す自動車の運転者は乗る資格はありません。
自動車側のわがままで走行帯を変えて右からの追い越しを強いることもあってはなりません。


| JOYMAR | 2015/06/21 17:08 | URL |

返事しそびれてたものがあったので追加

>規制情報の表示だけでなく、制御させれば、自動車のスピード違反は皆無となりそうです。
まさに、暴走自転車がスピードを自動制御された自動車を追い越していく時代が来るかも知れませんね。

楽しみです。

制御は絶対にしてはならないと思います。理由は3つあります。
1・法律上緊急避難にあたる行為に対応できない。(笹子トンネルの事例が良い例)
2・機械の判断が誤っていた場合の責任問題(これは今の自動ブレーキでも問題。)
3・ハッキングされた時の安全性(速度管理をする→ブレーキ、スロットル制御が入るので加速もできる。)
正直現行車種ももうちょっとアナログでも構わないと思いますがね。例えばABSのオフスイッチ、スタビリティコントロール、トラクションコントロールの完全オフスイッチを追加をしたほうが万が一の時に対応できると思います。

また、暴走自転車がスピードを自動制御された自動車を追い越していく時代が来るかも知れませんね、とありますが、すでに暴走自動車が制限速度を大幅に超えた状態で自転車を抜く時代が来ています。抜くなとは言いませんが法定速度範囲内でお願いします。

| JOYMAR | 2015/06/21 19:54 | URL |

JOYMARさん

内容からは若そうな気がしますが、なかなか考えが古いですね。
技術は既にあなたの先を行っています。
面白い考えですが、その考えかたは世界標準ではないですね。免許取得人口を今の十分の一に減らすというファシズム的な考え方になってしまっています。
機械の故障は今では百万分の一以下、ppm以下の世界ですよ。人間のエラーや、世捨人、オアゾ、はげおやじのように勘違いキチガイ人間のほうがよっぽど多い。
同じレベルに考えを落とし込むことはない。
どんな人間でも事故を起こさないようなシステムを皆考えています。
教育は必要、でもレーサーのような腕がなければ運転しちゃいけないなんてのは問題外。ある程度の知能と、上記3人にない「譲り合いの心」「かもしれないという想像力」があれば多くの人が運転できる、でいいじゃない。機械や電子制御にできることは任せちまえばいい。

ちなみに、実際に現在日本国内で売れている自動車の半分は160km/hは出ない。
100km/h以上からの緊急ブレーキの経験なんて確率、天文学的ですね。
タイヤのバーストなんて大型トラック以外では現在のラジアルタイヤの構造上、よほど空気圧を下げないとありえません。
今時タックインなどという現象は市場ではありえません。等速ジョイントって知っていますか?今時通常走行でタックインなんて起きるFF車はありません。

>漫然と古い車に乗っている者と、目的意識をもって旧車に乗っている者を選別。
意味不明。旧車は博物館へ行けと。

あなたの理想通りのクルマを作ったら、普通の人は買えない価格になりますね。
そっか、免許も車両価格も上げて車の数を十分の一にする法制ですねー。

ちょっと考え方が偏りすぎです。
ま、上記3大バカよりはるかにマシですが。
あっ、比べるんじゃねえって、そうですね。それは失礼ですね。
ちなみに、レーシングカーや超高級車の技術は次々と量産車へフィードバックされています。

| あ | 2015/06/21 23:40 | URL |

あさんへ

>機械の故障は今では百万分の一以下、ppm以下の世界ですよ。

私の経験上故障(正確には電子制御センサーの誤認による不具合)は普通の路面ならあなたの言う通りほぼ無いのですが、例えば雪道、アイスバーンなどで現在の技術であっても頻発しています。私が遭遇した例を紹介します。
車両・・・某国産ステーションワゴン、4WD、MT 2010年式 ABS、スタッドレスタイヤ装備
状況・・・アイスバーン
内容・・・ABS車速センサーの誤認による不具合で50㎞からのブレーキングで4輪フルロック
ざっくり内容を書きましたが、解説を含め、ここからさらに詳しく書きます。
私は、雪道の直線でコーナーの進入前、ブレーキをしました。その際、ごく僅かにあったアイスバーンに気づかずブレーキングしてしまいました。ABSの制御について知識を持っている方なら分かるかと思いますが、ABSは自動車を確実に静止させるため、ある一定以内の速度でABS機能がなくなるようになっています。(一般的には10km以内)また、自動車の車速はタイヤの回転から算出されています。つまり、物理的に何キロ出ていようがタイヤの回転数が一瞬でも著しく低くなるとABSは切れてしまいます。私はちょうどこの事例に引っかかってしまいました。ブレーキング開始からタイヤの回転数から算出される速度が10㎞以下になるまでの間にABSが間に合わなかったのです。また、私の左足の動きも間に合わなかったので50㎞で滑りながらエンストしてしまいました。この時は、ブレーキとクラッチの操作でエンジンを押し掛けさせ、何とか無事でした。
正直レアケースかもしれませんが、レアケースだからこそ自動車メーカーの実験で欠陥として出なかったり、ほかのメリットのために犠牲になってしまいます。
あくまで多くの車に乗った上での主観ですが、現行の電子制御はずっとドライ路面、ずっとアイスバーンなどの条件では決して精度は悪くないのですが、いきなりドライ路面、いきなりアイスバーンなどの条件に対して弱すぎると思います。また、タックインなどの挙動も路面の状況によって起こります。
また、少なくとも100㎞で高速道路を走るケースは一般的なので100㎞からのフルブレーキングに余裕をもって対応できるだけの練習(少なくとも安全が確保できている場で練習できるならかなり速い速度であるべき)は必要だと思います。車両価格は超先進技術を盛り込む必要があるため、高くはなりますが、全車に乗せるとなるとコストダウンも多少見込めるでしょう。
レーシングカーや超高級車の技術は次々と量産車へフィードバックされています。ともありますが、その事実は知っています。しかし、例えば今日買った車についている技術がいつの超高性能車、レーシングカーの技術か、と言われると正直物足りなさを覚えます。
また、公道上で旧車と混走しなければならないこの状況では安全のレベルの底上げは見込みにくいかと思います。旧車(あくまで私の基準ですが衝突試験義務付け前の1994年以前の年式の車両)に乗っている方には危険性を理解させ、買い替えか改良を促すべきです。
理解していただけたら嬉しいですし、疑問点があれば、再度質問していただけると助かります。

| JOYMAR | 2015/06/22 01:16 | URL |

JOYMARさん | 2015/06/21 17:08 |、| 2015/06/21 19:54 |へ

>ツーリングから帰ってきたら馬鹿馬鹿しい返事が返ってきたので一つ一つ答えようと思います。

ご苦労様です。


>ときどきオへ

世捨人さんと同レベルと成り下がってますが、大丈夫ですか?

>>そして、現在の道路交通の状況は、凸凹砂利道が舗装された効果と、交通量の増大・自動車の大型化・高齢化・人命尊重意識の高まり等々の効果を比較すると、一般道路の最高速度を見直す状況にはないということです。
>現在の制限速度が実情に合ってないのは法定速度をきっちり守って走っているとあらゆる車から追い抜かれるところからもわかります。以前、古屋国家公安委員長の発言「片側2車線で真っすぐの道、歩行者が出てくる危険性もない(道で)、制限速度が時速50キロ。流れに逆らわなければ70キロぐらい出る」「(超過速度が)20キロ以上出ていると取り締まりの対象になる。そういうところはどうかなといつも疑問に思っていました」は言いたいけど言えない世の中で批判こそあれ価値のあるものだと思います。道路の流れができていれば法定速度よりその流れの速度に乗るべきですし、20㎞オーバーになってようやく取り締まるようでは「20㎞なら法を犯してもいい」という間違った経験を植え付けてしまいます。ならば、制限速度を上げる代わりに制限速度を1㎞でも超えたら取り締まる方が良いと思います。また、その車の流れの速度を運転者の能動的な判断に任せるため、明確な危険な速度でもない限り制限すべきではないと思います。そこから算出される速度が100㎞です。現状の制限速度では虚像の過度の安心感を与えてしまいますからね。ちなみに、ツーリング中、某制限速度50㎞の国道で30㎞くらいで巡航していましたが、30分走って追い抜いて行った車はわずか3台でした。なんのための道なんだか(笑)舗装状態、見通し、交差点数、どこをとっても制限速度50㎞にはオーバースペックで勿体ないと思いました。

今回の自転車の取り締まり強化にも言えそうですね。

傘差し、携帯ながら、明るい街中での無灯火、確信犯的信号無視などなど、事故を惹起する危険性のないルール違反を、本当に取り締まる必要があるのでしょうか?

現状50キロ制限の道路を100キロにして、パンクでもしたら大惨事です。

やはり、スピードの危険性を示す物理の公式をきちんと日本語で説明することから始めましょう。

頑張って下さい。


>>現状の交通の安全と円滑につき何ら不満はありません。唯一、不便になったのが、今回の取り締まり強化で、傘チャリが様子見となったことです。梅雨時の買い物・図書館通いには、本当に不便です。梅雨時の保育園・幼稚園の送り迎えに、3人乗りのさすべえ自転車はどうしているのかな。
>16世紀に来日したキリスト教の宣教師が着ていた外衣が元になっている「合羽」というものをご存知ですか?現状の交通の安全と円滑につき何ら不満はありませんという言葉からは自動車が与える虚像の過度の安心感が見え隠れしています。危険と思うことより危険であることに気づかないほうが危険です。

「雨合羽」は大荷物でしょう。

21世紀の現在は、透明で視界が確保されるビニ傘という優れものがあります。

危険であることに気付いているからこそ、自動車の制限速度の規制緩和には反対です。


>>介護の苦労を知らない人の極論ですね。明日は我が身です。人口の3分の1が高齢者となる世の中で、軽々しく語れるものではありません。認知症となる確率を踏まえても、人口の10分の1、人生の10分の1を幽閉する社会などまっぴら御免です。
>事故の痛みに苦しみながら病院に幽閉され、他人を交通刑務所へ道連れにするよりはましです。

本当ですか?

確率論ですよ。

認知症になる確率と、病院に幽閉される程の後遺症を残す交通事故に遭遇する確率ですよ。

100倍、1000倍では納まらないでしょう。

1万倍以上の違いがある筈ですよ。

ドイツと日本の事故率の2倍とは異なります。

物理の公式の暗記は得意でも、現実を知らないと何の役にも立ちませんね。


>本当ですか?何を以て、ドイツの方が安全かつ円滑だと断言出来るのですか?
>そもそも2倍も差があって誤差と言っている時点であなたが間違っています。

上述のとおり、100倍、1000倍の違いをご理解出来ていない方が、前提条件が判然としない中で2倍程度差で安全だ円滑だと断言出来る感覚が危険であることに気づかないほうが危険です。


>>ブロックされるような危険な運転をしているということではありませんか?路側帯にはみ出すような車は、右側から追い越して行けばよいだけのことでしょう。何ら気にすることはありません。
>ブロックされるような運転はしていませんし、理由はどうであれ後ろに自転車がいるだけで路側帯にはみ出す自動車の運転者は乗る資格はありません。自動車側のわがままで走行帯を変えて右からの追い越しを強いることもあってはなりません。

別に、無理して右側から追い越しする必要もありません。

トイレの順番待ちです。

後続車両は、安全な速度と方法で追い越し「すり抜け」出来ないのであれば、追突事故を惹起しないように安全な車間距離を十分に保って、大人しく追随するものです。


>返事しそびれてたものがあったので追加

注意力散漫での前方不注視での追突事故ですね。


>>規制情報の表示だけでなく、制御させれば、自動車のスピード違反は皆無となりそうです。まさに、暴走自転車がスピードを自動制御された自動車を追い越していく時代が来るかも知れませんね。楽しみです。
>制御は絶対にしてはならないと思います。理由は3つあります。1・法律上緊急避難にあたる行為に対応できない。(笹子トンネルの事例が良い例)2・機械の判断が誤っていた場合の責任問題(これは今の自動ブレーキでも問題。)3・ハッキングされた時の安全性(速度管理をする→ブレーキ、スロットル制御が入るので加速もできる。)

制限速度の標識に合わせてスピードを自動制御出来る技術・インフラがあれば、緊急避難にあたるケースでの自動制御の解除くらいのプログラムは容易でしょう。

アイサイト等のシステムも緊急時や誤作動の場合には責任を負いませんというガード文言がある筈ですよ。

ネット弱者の小生には、サイバー攻撃(戦争)の現実性の程度論は不明ですが、夢物語の中でも、性悪説に立たなければ物を言えないのですかね。

最高速度の規制を表示させる際に、ハッキングされた時には安全性が保てるのかな?

30キロ制限を100キロ制限に表示させることも可能ですよね。

一時停止や一方通行制限の表示をハッキングされれば、あちこちで出会い頭や正面衝突が発生しそうです。


>正直現行車種ももうちょっとアナログでも構わないと思いますがね。例えばABSのオフスイッチ、スタビリティコントロール、トラクションコントロールの完全オフスイッチを追加をしたほうが万が一の時に対応できると思います。

まさに確率論です。

万に一つの誤作動等よりもスイッチオフにしたまま失念する人為的な事故の方がより危険でしょう。


>また、暴走自転車がスピードを自動制御された自動車を追い越していく時代が来るかも知れませんね、とありますが、すでに暴走自動車が制限速度を大幅に超えた状態で自転車を抜く時代が来ています。抜くなとは言いませんが法定速度範囲内でお願いします。

追い越しをかける自動車は、安全な速度と方法で追い越しているのでしょう。

追い越しの規制と速度規制を混同されてませんか?

暴走自転車が自動車の暴走を惹起しているのは、第一(左折)通行帯ど真ん中通行と左折時の出来る限り左端に寄って沿って、「徐行」ルールを無視した当たり屋自転車のユーチューブ動画にあるとおりです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/06/22 09:56 | URL |

| ときどきオアゾツーキニスト | って頭がおかしいの?

| 自転車は歩道 | 2015/06/22 10:25 | URL |

見ての通り、おかしいです。
それを楽しむのが、このブログの醍醐味です。

| わろ田 | 2015/06/22 11:10 | URL |

楽しむの疲れちゃったw

| JOYMAR | 2015/06/24 21:50 | URL |

Re: タイトルなし

旧こじさん

>>クルマは人やモノを乗せることを想定して座席やトランクが設置されています。 聴覚とは別次元でしょう。安全には万全を期してください。
>貴方の発言からは 「安全には万全を期して,自動車乗りもヒトやモノをのせてはいけない」 という結論が導け出せます.
>>明らかに誤読です。しっかりしてください。
>誤読と言うなら「安全には万全を期」す事を求める意見は嘘となります.
>>自転車とクルマは全く別の乗り物です。きちんと頭の中を整理してください。
>車輪で走る,車道を走る,車両として定められる,歩くよりも早く移動が出来るようになる,等共通点があるので全く別ではありません.
別の乗り物であることは確かでしょう。
>「全く別である」と整理する事は不適切で,「違うところと,共通の所を区別する」事が運転・法整備のために必要となります.

がんばってください。

| 世捨人 | 2015/06/24 23:38 | URL |

Re: タイトルなし

JOさん

>>当ブログでは5年前に「足けり式自転車」(ドライジーネ)を提唱したところ共感を得ました。
>根本的に求めている者が間違っている あなたの意見「足がつけばこけない」私「傾けて左右バランスをとることが自転車に乗る時に重要で、その感覚が取りやすい。ただし、あくまで練習用。」

「フットブレーキ」も使用できることから、ドライジーネを推奨しております。
参照
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-386.html

>>慢心が事故を招きます。
>>過信は禁物です。
>>ドライバーの視点を大切にして交通の安全の確保に努めてください。
>>自転車乗りの命の重みを考えると、野放しにできません。
>>ドライバーや歩行者の視点に立てば、交通量の多い時間帯にあっては、自転車の存在そのものが迷惑でしょう。自分本位の考えは絶対に捨ててください。
>そっくりそのままドライバーにお返しいたします。

モータリゼーションの発達とともに、自転車という乗り物が時代に取り残された感が否めません。

| 世捨人 | 2015/06/24 23:40 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>>興味があれば旧とき(ときどきオアゾツーキニスト)さんにお尋ねください。
>JOYMARさんを小生の押し付けるのは、ご勘弁願います。 スピードの危険性を物理的に説明出来ない似非物理自慢と議論しても時間の無駄です。
>>お互いさまです。
>小生は、ネット弱者・物理弱者を自認しています。 違いの分かる大人になって下さい。

旧ときさんのネット環境は目を見張るものがあります。自信をもってください。

| 世捨人 | 2015/06/24 23:42 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>旧とき(ときどきオアゾツーキニスト)の考えは古いというか、はっきり言えば今の世の中で天動説を主張するようなものですね。
>下らないヤクルトおばさん談義に小生を巻き込むのは、ご勘弁願いたい。JOYMARさんは、地動説とやらで、自転車や自動車のスピードの危険性を示す物理の公式をきちんと説明することが出来るようになることです。 頑張れ。
>>よく見つけましたね。
>似非物理自慢のJOYMARさんからは、未だに、自転車や自動車のスピードの危険性を示す物理の公式をきちんと説明頂けませんので、どの面下げて、コメントしているのか、興味深々でした。

誤字が目立ちます。はしゃぐ前に四字熟語をしっかり勉強してください。

| 世捨人 | 2015/06/24 23:43 | URL |

世捨人さん | 2015/06/24 23:43 |へ

>>似非物理自慢のJOYMARさんからは、未だに、自転車や自動車のスピードの危険性を示す物理の公式をきちんと説明頂けませんので、どの面下げて、コメントしているのか、興味深々でした。
>誤字が目立ちます。はしゃぐ前に四字熟語をしっかり勉強してください。

興味津々でしたね。

ご指摘ありがとうございました。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/06/25 19:44 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>似非物理自慢のJOYMARさんからは、未だに、自転車や自動車のスピードの危険性を示す物理の公式をきちんと説明頂けませんので、どの面下げて、コメントしているのか、興味深々でした。
>>誤字が目立ちます。はしゃぐ前に四字熟語をしっかり勉強してください。
>興味津々でしたね。 ご指摘ありがとうございました。

気を緩めることなく、交通の安全の確保に努めてください。

| 世捨人 | 2015/07/01 23:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/506-3b9279ff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT