今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドロップハンドル技能試験を義務づけよ (画像あり)

▼競技用自転車乗りは、ドロップハンドルを下ハンドルで走行中、片方の手だけを上ハンドル(上ハン)にすることがある。ブレーキをかけるときなど頻度は少なくない。この「上ハン&下ハン」スタイルは、実に危うい。

▼きつい前傾姿勢のまま、横に傾いた状態となるからだ。どちらか一方の手に極端に重心が偏れば、バランスを崩し転倒することは火を見るより明らかだ。すなわち、ドロップハンドルを使用するには、精度の高いバランス感覚が求められるわけだ。

▼バランス感覚の試金石となる技能がある。そば屋の出前持ちだ(画像)。おぼんを肩にのせて運ぶという、おなじみのスタイル。傾いた姿勢のまま、どんぶりの中身をこぼさないようペダルをこぐにはバランスが必要で、競技用自転車の「上ハン&下ハン」に通ずるものがある。

▼スピードレース用にドロップハンドルは何かと物議を醸す。ドロップハンドルを扱う自転車店の社会的責任として、競技用自転車購入者に「出前持ち技能試験」を課すことを義務づけてみてはどうか。法改正が待たれる。


自転車の基本技能が詰まった、そば屋の出前持ち
関連記事

| 00:13 | コメント:204 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そば屋の出前持ちは単純に危険運転だよ!

| 自転車は歩道 | 2015/02/19 01:46 | URL |

最近ネタに困ってるみたいですね

| 自転車は歩道 | 2015/02/19 08:32 | URL |

「出前持ち技能試験」とは素晴らしいアイディアですね!流石は世捨人様でございます。

競技用自転車購入者にはぜひ、波状路や一本橋、スラローム等を「出前持ちスタイル」で通行していただいて、失敗したらドロップハンドル禁止にすべきですな。

本来なら、ドロップハンドルのような危険極まりない物で公道走行をするのは全面禁止にするべきですが、前述の技能試験をパスしたのであれば妥協してやってもいいでしょう。

| 自転車は歩道 | 2015/02/19 09:05 | URL |

一刀両断

習うより馴れろ

| ヒロ | 2015/02/19 12:06 | URL |

「ブレーキをかけるときなど頻度は少なくない」

本日実験しました.
走行時間:3600秒超.
車種:ロードバイク(ドロップハンドル装着車)
走行:普段どおり

私の場合,記事に示された走行条件に該当した時間は0秒でした.
本日の実験結果を表現をするならば,『少なくとも「0.0278% (1/3600)」未満の割合でしか現れない走行条件である』と言えます.

1週間同様に走ると仮定すると(3600秒のライドを1日2回,7日間継続)で1秒程度現れる走行条件と仮定するなら 『0.0020 % 未満の確率でしか現れない走行条件』です.

まぁ,私の実験条件・結果が妥当かどうか,この頻度が多いと感じるかどうか,この頻度の事象に対する試験が必要と感じるかどうかは,各自判断してください.

| こじ | 2015/02/19 12:34 | URL |

自動車もきちんと、路面状況に応じた技能講習を行うべきですな、雪や雨に翻弄される車が沢山いて危ない
そして、すぐに止まれない避けれない自動車は歩行者を轢きかねないので徐行で常に運転するべき

| 名無しさん | 2015/02/19 16:20 | URL |

前に傾けるから前傾。
横に傾ける前傾姿勢ってなんだよw

基本腹筋背筋で支えるのに握る部分で左右のバランスって馬鹿過ぎ。

| 危険タクシー世捨 | 2015/02/20 01:38 | URL |

くだらない言い合いをしている暇があるなら行動を起こせ!

+1LANE Project(東京自転車シティ化計画)
htpp://plusonelane.tokyo/

ゴミ溜めでゴミを漁ってもゴミしか出ないだろ。

口先だけの提言には何の意味もない。

| 自転車の良さは開放感とは思わない。 | 2015/02/20 16:13 | URL |

サイクリング禁止反対

片手放しの連続だろうが! あれでとっさにピタリと止まったり曲がったりできるものか.これで「交通安全に資する提言」!?
あまりにバカバカしくて話にならない.

| マイロネフ | 2015/02/20 21:39 | URL | ≫ EDIT

大人になれない大人は公道で運転してはいけない
世捨人もそのうちの一人です

| 名無しさん | 2015/02/20 23:34 | URL |

写真を見たところ、片手運転、交差点での危険走行とあなたが糾弾しなければいけないはずの危険運転が行われているのですがそれは。
画像の変更、ないし記事の削除を申し出る。

| 自転車は歩道 | 2015/02/21 01:04 | URL |

既に指摘されているが、
競技用自転車憎しの感情ばかりが先に立って、無い頭で叩くネタをこじつけてひねり出すうちに、自己矛盾が生じてきていることに気付かないようですね。
やり直し。交通安全ジャーナリスト(自称w)の名が泣きますよ。

| 自転車は 車 道 | 2015/02/21 14:01 | URL |

いや、これ片手運転だし普通に道交法違反だろww
道交法違反の行為を技能試験に加えるって?

法改正が待たれるって・・ 一生待っててね^^

| まる | 2015/02/21 17:58 | URL |

馬鹿ですか?

ながらスマホに突撃された私が来ましたよ
あなたはいったい競技用自転車になんの恨みがあるんですか?
文句を言っているあなたはママチャリでもなんでも自転車一台位は持っていますよね?
まずは時速10㎞前後で走ってても気付かない糞ママチャリから責めたらどうですか?
正直言って貴方のやってる事は単なる迷惑な悪戯行為ですよ?
車に乗っていらっしゃる世捨人さんも立場を考えたらどうですか?
まずは自転車に乗ってみて車道を走ってからものを言ってください

| わかめ | 2015/02/22 02:49 | URL |

凝り固まった思想を一方的に押し付ける害悪ブログ。違反報告多くの人が違反報告すれば利用停止になるんじゃないかと思います。一般の何も知らない人に間違った知識を植え付ける前にみんなで違反報告をしましょう。

| 自転車は車道 | 2015/02/22 22:56 | URL | ≫ EDIT

自転車乗りに対して、安全運転の意識を考えてもらうための高周波必要と思いますが、道路交通法で禁止されている行為を基本とし、違法なことを進める世捨人の内容にはなんと話をしていいのやら。
なんの為に前後輪にブレーキがついていると思いますか。制動を考えたときに、前後輪必要だからですよ。片手で運転するということは、その片方を使えない。ということであり、危険運転を進める内容です。
誰がその内容に支持すると思いですか。
せめて、法律を守るよう指導、もしくは先導するのがジャーナリストのあるべき姿です。
法律が明らかにおかしい場合、それを論議するのも必要かと思いますが、世捨人さんからの発言は、自動車の事しか考えず、自転車は悪と決め付け、車と自転車の事故率は、車道を走ったほうが低いというデータもありながら、自動車が走りやすいから、歩道を走れ。事故が起きたら、自転車が悪と決め付ける。
歩行者と自転車での事故は、事故が起きて問題となってきており、歩行者を守ることはせず、自動車に邪魔だからどける。など、自動車の事しか考えていない発言ばかりです。
改めて言いますが、公道は『車両』と言われるものが通るために整備され、公共として使用されています。この車両には『自動車・バイク等の二輪車・軽車両と言われる自転車』が含まれています。
公道はあなたの自動車の為だけの道路ではありません。
そんなに自動車優位で走りたいなら、出入り制限道路と言われる高速道路のみを使用し、残りは公共交通機関を使用してください。
そうすれば、あなたが自転車を邪魔と思うことはなくなりますよ。

| スポーツバイク乗り | 2015/02/23 11:26 | URL |

>スピードレース用にドロップハンドルは何かと物議を醸す。

スピードレースでドロップハンドルが物議を醸しているのですね?
ということは、スピードレースだけのことですよね。
スピードレースでない普通の生活の中では関係ないですね。

なので、以下の文章は無意味ですね。

>ドロップハンドルを扱う自転車店の社会的責任として、競技用自転車購入者に「出前持ち技能試験」を課すことを義務づけてみてはどうか。法改正が待たれる。

記事の訂正が待たれる。

| ぬかに釘 | 2015/02/23 17:54 | URL |

スポーツバイク乗りさん| 2015/02/23 11:26 |へ

>自転車乗りに対して、安全運転の意識を考えてもらうための高周波必要と思いますが、道路交通法で禁止されている行為を基本とし、違法なことを進める世捨人の内容にはなんと話をしていいのやら。

流石に、高周波は不要でしょう。

自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含め、国籍不問で誰もが気軽に利用出来る手軽で便利な道具です。

はさみや包丁を安全に使うのに、講習など全く不要でしょう。

はさみや包丁と同じように身近な道具である自転車には、講習も法律も取締りも罰則も全く不要です。

自転車乗りが安全運転の意識を考えてもらうためには「自分の身は自分で守る」という動物的な本能に任せることで十分です。


>なんの為に前後輪にブレーキがついていると思いますか。制動を考えたときに、前後輪必要だからですよ。片手で運転するということは、その片方を使えない。ということであり、危険運転を進める内容です。

片方で止まれるのであれば、片方でも十分でしょう。

どうしても前後輪のブレーキが必要になる、片方を使えないと危険運転となるということであれば、そもそもスピードの出し過ぎです。

自転車には固有の最高速度規制はありませんが、スポーツバイクに乗る際には、くれぐれもスピードの出し過ぎに注意して、安全運転をお願いします。


>誰がその内容に支持すると思いですか。

誰かが支持するかどうかは、世捨人さんには、全く関係ありません。

世捨人さんがどんな内容を発信しようとも、それは世捨人さんの自由です。


>せめて、法律を守るよう指導、もしくは先導するのがジャーナリストのあるべき姿です。

世捨人さんはジャーナリストを名乗っているだけのことです。

名乗っているだけの方にあるべき姿を求められても困りものでしょう。


>法律が明らかにおかしい場合、それを論議するのも必要かと思いますが、世捨人さんからの発言は、自動車の事しか考えず、自転車は悪と決め付け、車と自転車の事故率は、車道を走ったほうが低いというデータもありながら、自動車が走りやすいから、歩道を走れ。事故が起きたら、自転車が悪と決め付ける。歩行者と自転車での事故は、事故が起きて問題となってきており、歩行者を守ることはせず、自動車に邪魔だからどける。など、自動車の事しか考えていない発言ばかりです。

世捨人さんの発言は、読む価値なしです。


>改めて言いますが、公道は『車両』と言われるものが通るために整備され、公共として使用されています。この車両には『自動車・バイク等の二輪車・軽車両と言われる自転車』が含まれています。公道はあなたの自動車の為だけの道路ではありません。 そんなに自動車優位で走りたいなら、出入り制限道路と言われる高速道路のみを使用し、残りは公共交通機関を使用してください。そうすれば、あなたが自転車を邪魔と思うことはなくなりますよ。

仰るとおりですので、コメントそのものが不要となります。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/02/24 11:46 | URL |

ブレーキが無くても自転車は止まれます.

ブレーキが無くても止まれるなら,ブレーキは無くても十分でしょう.

ブレーキが使えないと危険運転となるということであれば,そもそもスピードの出しすぎです.

自転車には固有の最高速度規制はありませんが、スポーツバイクに乗る際には、くれぐれもスピードの出し過ぎに注意して、安全運転をお願いします。

| こじま | 2015/02/24 13:20 | URL |

ときどきオアゾツーキニストさんへ
世捨人氏の発言に対して頭にハテナマークを浮かべながら書いたので、誤字が多かったみたいです。
大変申し訳御座いませんでした。

| スポーツバイク乗り | 2015/02/24 16:37 | URL |

スポーツバイク乗りさん| 2015/02/24 16:37 |へ

>世捨人氏の発言に対して頭にハテナマークを浮かべながら書いたので、誤字が多かったみたいです。大変申し訳御座いませんでした。

誤変換のワープロミスは別段構いません。

落語やお笑いの「まくら」や「つかみ」に過ぎません。

また、読む価値なしの世捨人さんの発言に、スポーツバイク乗り さんがどんな内容を発信しようとも、それはスポーツバイク乗りさんの自由です。

しかし、世捨人さんと同じ土俵でハテナマークでは、スポーツバイク乗りさんの発言も、読む価値なしです。

コメントそのものが不要となります。

スポーツバイク乗りさんはスポーツバイク乗りを名乗っているだけではない筈です。

スポーツバイク乗りを名乗っている方には、あるべき姿を求められるものです。

自転車には固有の最高速度規制はありませんが、スポーツバイクに乗る際には、くれぐれもスピードの出し過ぎに注意して、安全運転をお願いします。

出来れば、スポーツバイク乗りの方々こそが、ママチャリに乗り換えて、車道左端をゆっくりと通行して、ママチャリでも車道左端通行の方が安全かつ円滑であることを示して行きましょう。

期待しています。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/02/24 19:46 | URL |

Re: タイトルなし

>そば屋の出前持ちは単純に危険運転だよ!

ドロップハンドルの「上ハン&下ハン」握りも同罪でしょう。

| 世捨人 | 2015/02/25 00:41 | URL |

Re: タイトルなし

>最近ネタに困ってるみたいですね

記事内容には絶大なる自信があります。

| 世捨人 | 2015/02/25 00:41 | URL |

Re: タイトルなし

>「出前持ち技能試験」とは素晴らしいアイディアですね!流石は世捨人様でございます。

競技用自転車乗りの交通安全を願う気持ちでいっぱいです。

>競技用自転車購入者にはぜひ、波状路や一本橋、スラローム等を「出前持ちスタイル」で通行していただいて、失敗したらドロップハンドル禁止にすべきですな。

ドロップハンドルは危険な操舵装置であることを重く受け止めていただきたいです。

>本来なら、ドロップハンドルのような危険極まりない物で公道走行をするのは全面禁止にするべきですが、前述の技能試験をパスしたのであれば妥協してやってもいいでしょう。

購入後も技能試験(検定料1回税別9800円程)を年4回は必要でしょう。

| 世捨人 | 2015/02/25 00:43 | URL |

Re: 一刀両断

ヒさん

>習うより馴れろ

その上で技能試験をパスしてください。

| 世捨人 | 2015/02/25 00:44 | URL |

Re: タイトルなし

旧こじさん

>>「ブレーキをかけるときなど頻度は少なくない」
>本日実験しました.走行時間:3600秒超.車種:ロードバイク(ドロップハンドル装着車)走行:普段どおり私の場合,記事に示された走行条件に該当した時間は0秒でした.本日の実験結果を表現をするならば,『少なくとも「0.0278% (1/3600)」未満の割合でしか現れない走行条件である』と言えます.

無意識のうちにやっているものです。

>1週間同様に走ると仮定すると(3600秒のライドを1日2回,7日間継続)で1秒程度現れる走行条件と仮定するなら 『0.0020 % 未満の確率でしか現れない走行条件』です.

交通状況は刻一刻と変化するなか、絶対はありえません。

>まぁ,私の実験条件・結果が妥当かどうか,この頻度が多いと感じるかどうか,この頻度の事象に対する試験が必要と感じるかどうかは,各自判断してください.

逃げ得は許しませんよ。

| 世捨人 | 2015/02/25 00:46 | URL |

Re: タイトルなし

名無さん

>自動車もきちんと、路面状況に応じた技能講習を行うべきですな、雪や雨に翻弄される車が沢山いて危ない そして、すぐに止まれない避けれない自動車は歩行者を轢きかねないので徐行で常に運転するべき

クルマはディスクブレーキやABSが標準装備されるなど、進歩がみられます。自転車が時代に取り残されている感は強いです。

| 世捨人 | 2015/02/25 00:48 | URL |

Re: タイトルなし

危険さん

>前に傾けるから前傾。横に傾ける前傾姿勢ってなんだよw基本腹筋背筋で支えるのに握る部分で左右のバランスって馬鹿過ぎ。

3次元でいうとx軸が前傾姿勢、y軸が横の傾きとなるでしょう。

| 世捨人 | 2015/02/25 00:52 | URL |

Re: タイトルなし

良ささん

>くだらない言い合いをしている暇があるなら行動を起こせ!+1LANE Project(東京自転車シティ化計画)htpp://plusonelane.tokyo/ゴミ溜めでゴミを漁ってもゴミしか出ないだろ。口先だけの提言には何の意味もない。

当ブログで主張する「歩道内自転車道」の整備は、舛添都知事も理解しているでしょう。

| 世捨人 | 2015/02/25 00:54 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>片手放しの連続だろうが! あれでとっさにピタリと止まったり曲がったりできるものか.これで「交通安全に資する提言」!?あまりにバカバカしくて話にならない.

今回の技能試験はバランス感覚を調べるものです。あしからず。

| 世捨人 | 2015/02/25 00:54 | URL |

Re: タイトルなし

名無さん

>大人になれない大人は公道で運転してはいけない 世捨人もそのうちの一人です

小生はゴールド免許(優良運転者)を更新しております。

| 世捨人 | 2015/02/25 00:55 | URL |

Re: タイトルなし

>写真を見たところ、片手運転、交差点での危険走行とあなたが糾弾しなければいけないはずの危険運転が行われているのですがそれは。画像の変更、ないし記事の削除を申し出る。

技能試験は公道で行うものではないでしょう。

| 世捨人 | 2015/02/25 00:55 | URL |

Re: タイトルなし

車さん

>既に指摘されているが、競技用自転車憎しの感情ばかりが先に立って、無い頭で叩くネタをこじつけてひねり出すうちに、自己矛盾が生じてきていることに気付かないようですね。やり直し。交通安全ジャーナリスト(自称w)の名が泣きますよ。

公道の安全・安心をおびやかす競技用自転車乗りには厳しい態度で臨む所存です。

| 世捨人 | 2015/02/25 00:56 | URL |

Re: タイトルなし

まさん

>いや、これ片手運転だし普通に道交法違反だろww道交法違反の行為を技能試験に加えるって?法改正が待たれるって・・ 一生待っててね^^

技能試験は公道で行うものではないでしょう。

| 世捨人 | 2015/02/25 00:57 | URL |

Re: 馬鹿ですか?

わかさん

>ながらスマホに突撃された私が来ましたよ

状況を詳しく説明してください。

>あなたはいったい競技用自転車になんの恨みがあるんですか?

根底にあるのは交通安全です。

>文句を言っているあなたはママチャリでもなんでも自転車一台位は持っていますよね?

車道だけでなく日本サイクルスポーツセンターで走行実績があります。当ブログ過去記事を参照してください。

>まずは時速10㎞前後で走ってても気付かない糞ママチャリから責めたらどうですか?

何が問題なのでしょうか。

>正直言って貴方のやってる事は単なる迷惑な悪戯行為ですよ?

交通安全に資する提言であると自負しております。

>車に乗っていらっしゃる世捨人さんも立場を考えたらどうですか?まずは自転車に乗ってみて車道を走ってからものを言ってください

身体がむきだしとなる自転車にあっては、車道は危険極まりないということで認識が一致しております。

| 世捨人 | 2015/02/25 00:59 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>凝り固まった思想を一方的に押し付ける害悪ブログ。違反報告多くの人が違反報告すれば利用停止になるんじゃないかと思います。一般の何も知らない人に間違った知識を植え付ける前にみんなで違反報告をしましょう。

当ブログは道交法に準拠しており、法令には一切抵触しておりません。

| 世捨人 | 2015/02/25 01:02 | URL |

Re: タイトルなし

乗りさん

>自転車乗りに対して、安全運転の意識を考えてもらうための高周波必要と思いますが、道路交通法で禁止されている行為を基本とし、違法なことを進める世捨人の内容にはなんと話をしていいのやら。

技能試験は公道で行うものではないでしょう。

>なんの為に前後輪にブレーキがついていると思いますか。制動を考えたときに、前後輪必要だからですよ。片手で運転するということは、その片方を使えない。ということであり、危険運転を進める内容です。
誰がその内容に支持すると思いですか。

ドロップハンドルで下ハンドルを握ればブレーキをかけられません。ドロップハンドルは全面禁止するのがスジでしょう。

>せめて、法律を守るよう指導、もしくは先導するのがジャーナリストのあるべき姿です。

当ブログは道交法に準拠しております。

>法律が明らかにおかしい場合、それを論議するのも必要かと思いますが、世捨人さんからの発言は、自動車の事しか考えず、自転車は悪と決め付け、車 と自転車の事故率は、車道を走ったほうが低いというデータもありながら、自動車が走りやすいから、歩道を走れ。事故が起きたら、自転車が悪と決め付ける。

おっしゃるとおり車道には危険なクルマがはびこる状況下、自転車乗りに悲惨な交通事故の当事者になってもらいたくないのです。

>歩行者と自転車での事故は、事故が起きて問題となってきており、歩行者を守ることはせず、自動車に邪魔だからどける。など、自動車の事しか考えていない発言ばかりです。

自転車が歩行者をいたわることで歩道で共存できるでしょう。

>改めて言いますが、公道は『車両』と言われるものが通るために整備され、公共として使用されています。この車両には『自動車・バイク等の二輪車・軽車両と言われる自転車』が含まれています。公道はあなたの自動車の為だけの道路ではありません。

車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられていることは重く受け止めてください。

>そんなに自動車優位で走りたいなら、出入り制限道路と言われる高速道路のみを使用し、残りは公共交通機関を使用してください。

いずれにせよ、自転車の歩道活用は絶対です。

>そうすれば、あなたが自転車を邪魔と思うことはなくなりますよ。

言葉遊びは旧とき(ときどきオアゾツーキニスト)さんに一任しております。あしからず。

| 世捨人 | 2015/02/25 01:05 | URL |

Re: タイトルなし

ぬかさん

>>スピードレース用にドロップハンドルは何かと物議を醸す。
>スピードレースでドロップハンドルが物議を醸しているのですね?

現実を直視してください。

>ということは、スピードレースだけのことですよね。

スピードレース用途のハンドルが一般公道で利用されている現実から目をそむけないでください。

>スピードレースでない普通の生活の中では関係ないですね。

一般公道における競技用自転車の主な用途は爆走練習でしょう。

>なので、以下の文章は無意味ですね。

現実と向き合ってください。

>>ドロップハンドルを扱う自転車店の社会的責任として、競技用自転車購入者に「出前持ち技能試験」を課すことを義務づけてみてはどうか。法改正が待たれる。
>記事の訂正が待たれる。

誠意ある謝罪を求めます。

| 世捨人 | 2015/02/25 01:08 | URL |

私の意見には一切反論できない世捨人.
ぐうの音も出ないのかな?

| こじ | 2015/02/25 01:26 | URL |

あれ~

>ドロップハンドルで下ハンドルを握ればブレーキをかけられません。ドロップハンドルは全面禁止するのがスジでしょう。

世捨さん、本当はドロップハンドルの自転車、乗ったこと無いでしょう?
下ハンでもブレーキかけれますよ。
むしろ、下ハンでのブレーキのほうが、強くブレーキがかけられますが?
あくまでも、私の場合ですけど。他のドロップハンドル乗りの方達もおなじじゃないかな。

| 名無しの田舎者 | 2015/02/25 02:57 | URL |

書き込んで気が付いた

もしかして、私が思っている下ハン位置と世捨さんが言う下ハンの位置、違う?
完全にアンダーバーだとそりゃブレーキかけれないや、そんなとこ握らないけど。
ブレーキレバーに指がかかる位置でも下ハンだと思うけど、ね。

>自転車が歩行者をいたわることで歩道で共存できるでしょう。

それなら"自動車が自転車をいたわることで車道で共存できるでしょう。"と言ってみる。

>小生はゴールド免許(優良運転者)を更新しております。

車の運転において、常に安全運転と道交法を守った、ごく当たり前の行為の結果がゴールド免許だと私は思っています。そんなに誇らしげに言う事じゃないと思う。
何かというとすぐに"小生はゴールド免許(優良運転者)を更新しております。"というが、ただ運良く検挙されていないだけ。あなたがアップしている動画でもけっこう違反行為ありますよね。それを指摘するとすぐに刑法第37条をもちだす。
屁理屈ばかりで自分の間違いを認めようとしない。緊急避難だと言い張る。そんなんじゃ、道交法なんて意味無いよね、世捨さんには。だって、違反しても緊急避難の結果だから、正当化しちゃうんでしょ? 検挙されたとき、それを警官の前ではっきり主張できたら"漢"だよね~

道交法を完璧に守ると、車の運転なんかできません。警察官でも厳密には違反しながらパトカーを運転してると私は思っています。極端な話ですが。
私は"無事故無違反"では無く"無事故無検挙"が正しい現実だと思います。あくまでも私の考えですので、他の方達には関係無いでしょうが(特に世捨さんには)。
ちなみに私の免許の色も金ピカですよ。違反しまくりだけどw
だって、運良く捕まんないんだもん。

話が逸れちゃいましたね。スンマセンm(_ _)m

| 名無しの田舎者 | 2015/02/25 03:18 | URL | ≫ EDIT

うわ~
なにを持って道路交通法を準拠しているのでしょうか。
法律違反を推奨している世捨人氏には言われたくないです。
ついでに、下ハンドルの方がブレーキはしっかりとかけれますよ。
というよりは、下り等のブレーキをしっかりとかける場合は、下ハンドルじゃないとブレーキが間に合わないですよ。ブラケットなんて指2本ですし、下ハンドルで指4本かけれるのでブレーキがしっかりかけれるのが下ハンドルで間違いないです。
ついでに、ママチャリでも状況に合わせてブレーキに掛ける指を帰るので、2本しかかけれないドロップは違反とは繋がらないので、そういった反論は無視します。
また、何度も言いますが、車道は車両の走行の為に作られたものです。『車両』と名のつくものに適用されます。モーターバイクも車両となるので車道を走ります。あなたの言い分ではモーターバイクも歩道の走行になります。一体何を持って歩行者を危険にさらせば気が済むのでしょうか。大体にして、道路交通法の総則で車両の適宜をしています。
十一  軽車両 自転車、荷車その他人若しくは動物の力により、又は他の車両に牽引され、かつ、レールによらないで運転する車(そり及び牛馬を含む。)であつて、身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小児用の車以外のものをいう。
十一の二  自転車 ペダル又はハンド・クランクを用い、かつ、人の力により運転する二輪以上の車(レールにより運転する車を除く。)であつて、身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小児用の車以外のもの(人の力を補うため原動機を用いるものであつて、内閣府令で定める基準に該当するものを含む。)をいう。
法律でも自転車も『軽車両』なので、車両です。車両は道路交通法第17条にて
車両は、歩道又は路側帯(以下この条において「歩道等」という。)と車道の区別のある道路においては、車道を通行しなければならない。
と規定されています。例外的に路側帯の通行を認められているだけですので、車両である『自転車』が車道を走ることは法律上正当ですし、本来車道を走るものです。
道路交通法を準拠していると言うのであれば、その資料を提示してください。
何のための頭ですか?インターネットがあれば道路交通法は全文読めますよ。
こちらは法律を理解した上で答弁しているのです。あなたの独りよがりで法律を曲げた答弁に対して一から説明する程優しさで溢れた人間ではありませんですから。

| スポーツバイク乗り | 2015/02/25 09:09 | URL |

>いや、これ片手運転だし普通に道交法違反だろww道交法違反の行為を技能試験に加えるって?法改正が待たれるって・・ 一生待っててね^^

>技能試験は公道で行うものではないでしょう。

自動車の運転免許も本免試験は(公道)路上検定なんですけど・・・
知らないの?ひょっとして無免許なの?自慢のゴールドって嘘なの?

それから、技能試験を何処で実施するのかって問いかけだと思ったの?馬鹿なの?




| まる | 2015/02/25 10:02 | URL |

>スピードレース用にドロップハンドルは何かと物議を醸す。

もう一度、ご自身のコメントをお読み下さい。

スピードレース用「に」となっていますよ。

| ぬかに釘 | 2015/02/25 11:28 | URL |

ときどきオアゾツーキニストとかこじまはブレーキ不要主義者か?

| 自転車は歩道 | 2015/02/25 11:39 | URL |

>ドロップハンドルの「上ハン&下ハン」握りも同罪でしょう。

片手で走行する方が危ないだろ!
そもそも比較することすらおこがましいわ

| 自転車は歩道 | 2015/02/25 14:53 | URL |

>>クルマはディスクブレーキやABSが標準装備されるなど、進歩がみられます。自転車が時代に取り残されている感は強いです。

自動車のフレーム素材として、カーボンが取りざたされてるけど、市販車はない。(F1とかならある、一般人は乗れない)
一方、自転車は、市販車で、一般人が、カーボン素材のフレームに乗れる。

この一点だけを見ると、自動車は時代に取り残されてる()古い技術を使ったままである)。

現実には、本当は適材適所で装備や技術が使われているだけで、それぞれの形で時代に適合していってるんだけどね。
短絡な思考だと気付けないかな?

ちなみに貴方が言う標準装備についても、あくまで先進国の標準でしかない。できれば、視野を広げても通用するような発言してくれ。

| ぃ | 2015/02/25 15:44 | URL |

| 世捨人 | 2015/02/25 00:56 | URL |殿へ

>公道の安全・安心をおびやかす競技用自転車乗りには厳しい態度で臨む所存です。

無謀運転を繰り返す危険なドライバーを排除せず、いることを前提にした交通安全を考えるべきという持論に沿えば、
公道の安全・安心をおびやかす競技用自転車が車道を走っていることを前提に交通安全を考えるのが筋というもの。
ドライバーだけに甘々の御都合主義を唱えている自覚がないのであれば、やはり己が主張の矛盾に気付かないお○○さんのようですな。

| 自転車は 車 道 | 2015/02/25 16:47 | URL |

サイクリング禁止反対

[世捨人]|2015/02/25 01:15|付へ.

>いずれにせよ,自転車の歩道活用は絶対です.

とんでもない話だ.真っ平御免だね.歩道通行は自転車に義務づけられてはいない.[世捨人]が自分勝手にそう思いたがっているだけだ.
自転車の歩道通行はあくまで緊急避難的に認められているに過ぎない.
後続車が来ない限り,私は自転車で正々堂々と車道左側通行を貫く方針である.

| マイロネフ | 2015/02/26 21:08 | URL | ≫ EDIT

手信号などの理由から発生する一時的な片手運転は例外として出前持ちは立派な危険運転なので提案する意図が理解できない
またドロップハンドルはプラケット、下ハンドルを使用する場合きちんと整備してあるならブレーキは握れる(むしろ下ハンの方が強く握れる)
追加してこれは個人的な意見だけどロードみたいに軽量化つ高速巡行を目的に作られている自転車の場合空気抵抗と投影面積の関係でストレートバーの方がむしろバランスを崩しやすい気がするのでドロップハンドルは理にかなっている(バイクの前傾姿勢と同様)。また慣性の法則により走行中の自転車は一定の軌道を維持しようとする。慣性が働いた状態で倒れるのであればその人はそもそも二輪に向いていない

| f | 2015/02/26 23:21 | URL |

マイロネフさん| 2015/02/26 21:08 |へ

>後続車が来ない限り,私は自転車で正々堂々と車道左側通行を貫く方針である.

車道「左端」と「左側」をふらふらとうろつく自転車が危なっかしそうに見えるのは、先の世捨人さんのスクープ(?)動画のとおりです。

道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道「左端」を通行しなければならない、と道路交通法に定められています。

正々堂々と道路交通法を遵守下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/02/27 08:46 | URL |

>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道「左端」を通行しなければならない、と道路交通法に定められています。


いつまで嘘を書き続けてるの?

「道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道「左端」を通行しなければならない」なんて、定められて無いよね~

| 自転車は歩道 | 2015/02/27 10:04 | URL |

道路交通法の原文です。
第十七条の二  軽車両は、前条第一項の規定にかかわらず、著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合を除き、道路の左側部分に設けられた路側帯(軽車両の通行を禁止することを表示する道路標示によつて区画されたものを除く。)を通行することができる。
2  前項の場合において、軽車両は、歩行者の通行を妨げないような速度と方法で進行しなければならない。
   (罰則 第二項については第百二十一条第一項第五号)
(左側寄り通行等)
第十八条  車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。ただし、追越しをするとき、第二十五条第二項若しくは第三十四条第二項若しくは第四項の規定により道路の中央若しくは右側端に寄るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。
2  車両は、前項の規定により歩道と車道の区別のない道路を通行する場合その他の場合において、歩行者の側方を通過するときは、これとの間に安全な間隔を保ち、又は徐行しなければならない。
とありますので、軽車両は道路の路側帯を走ることが出来る上で、左側を走行することを義務つけています。
上記より、道路交通法では自転車は車道の左側、もしくは路側帯を走ることが決まりといえます。
また、歩道を自転車が通行出来る条件とういのも存在します。
「自転車通行可」の道路標識または「普通自転車通行指定部分」の道路標示がある歩道を通るとき
運転者が13歳未満もしくは70歳以上、または身体に障害を負っている場合
安全のためやむを得ない場合
上記が自転車が歩道を走る条件になります。
道路交通法をしっかり定められています。『道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道「左端」を通行しなければならない、と道路交通法に定められています。 』は嘘ではないですよ。
確認もしないで嘘と言わないほうがいいですよ。『世捨人』と同じになってしまいます。

| スポーツバイク乗り | 2015/02/27 13:20 | URL |

歩道を自転車通行している方に注意です。
通行区分違反

歩道を通行できる条件を満たしていないのに歩道を通行した場合
警察官から歩道を通行してはならない旨の指示を受けたにも関わらず歩道を通行した場合
3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰なし)

歩道を通行すると、罰金ないし、懲役になります。
詳細はURLを乗せましたが、自転車は常時法律違反をし、罰金を払い続けろと訴える方々、法律違反を助長し薦める行為は『教唆』にあたる場合があります。自らも法律違反を犯すことになりますので、法律は正確に理解してから答弁してください。

| スポーツバイク乗り | 2015/02/27 13:32 | URL |

「道路の左側に寄つて、…当該道路を通行しなければならない。」

「自転車は車道「左端」を通行しなければならない。」
は、違うんでないかい?

| BTAT | 2015/02/27 15:27 | URL |

BETAさんへ
まずは自転車が軽車両に分類されている事をご理解下さい。
そして道路とは道の中で道交法または建築基準法で道路と定められたもの。であり、一般国道、県道、市道等が該当します。
歩道と路側帯は歩行者の為に設けられた歩行者専用の通路として規定されています。
必要であれば道路交通法をのせますので一報下さい。
この条件で考えた場合、車両である自転車は、歩行者専用通路である歩道と路側帯の通行は違反となります。しかし、例外的に路側帯の通行は許可されているので通行可能です。よって、自転車は路側帯か車道の左端を通行するのが正解となります。
これで理解頂けると幸いです。

| スポーツバイク乗り | 2015/02/27 18:39 | URL |

BTAT 様
お名前を間違ってしまい、大変申し訳御座いませんでした。

| スポーツバイク乗り | 2015/02/27 18:44 | URL |

名前の間違いは、些細なことですので。

さて、道路交通法には、他の条文で「左端」という言葉があります。
ここで、「左端」という言葉を使わなかったのは、「道路の左側によって」の意味するところが「左端」ではないということです。

法律用語は、とても厳格に規定されているものです。個人的な解釈が入る余地はありません。(でないと、裁判になりません。)

ですから、「違うんでないかい?」とコメントしたわけです。

| BTAT | 2015/02/27 19:05 | URL |

>『道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道「左端」を通行しなければならない、と道路交通法に定められています。 』は嘘ではないです

元のコメ主です。

「車道左端の通行が道交法の内容だ」というなら、嘘とは言いません(納得するかは別として)。
しかし、彼は「~と道路交通法に定められています。 」としています。
法律に関連して「定める」と言っている以上、「その文言が一字一句違わずに書いてあるか、無いか。」だけの問題です。
ですので、彼の言う事はこれは法律を扱う上で明確な誤りであり、嘘です。

あと、BTATさんの意見について補足です。
彼の言うように、「法律用語」は厳密に定められているため、個人の解釈の余地はありません。

あくまでも、個人の解釈の余地があるのは、法律の運用段階(裁判、等)です。

| 自転車は歩道 | 2015/02/27 19:59 | URL |

そうですね、左端と左側によってでで言葉の意味が変わってきますね。
このような、一般的な意見を言っていただけると、コメントする側として大変うれしいです。意見を言う意味があると思えます。
現状の法律では、車道の左側によって自転車は走行する必要があり、現在の道路の運用では車の走行に際し邪魔をしている部分も多々あり、歩道を走行すると歩行者への邪魔をしている部分が多々あります。
歩道の幅が十分確保出来ている場所では、自転車用と歩行者用で歩道を分けるなど、それぞれ安全に運用できる用な道路整備をいち早く進めて頂ける事を願います。

| スポーツバイク乗り | 2015/02/27 20:39 | URL |

スポーツバイク乗りさんへ

自転車は軽車両ですので、法律上は、引用されたとおり、

「道路(車道)の左側「端」に寄「つ」て」です。

そして、第一通行帯のど真ん中通行も含めて、「車道左端通行」を通行しなければならない、と定められています。

で、何ら問題ありません。

頑張って下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/02/28 16:05 | URL |

失礼しました。

通行がダブリました。

・・・「車道左端」を通行しなければならない、と定められています。で何ら問題ありません。

ということで、

左側寄り通行の自動車と左端寄り通行の自転車ではトイレの順番待ちの列が異なりますので、自転車が車の走行に際し邪魔をしている部分などありません。

自転車の後ろから追いついた自動車は安全な速度と方法で勝手に追越して行けば良いだけのことです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/02/28 16:14 | URL |

>自転車は軽車両ですので、法律上は、引用されたとおり、
>「道路(車道)の左側「端」に寄「つ」て」です。

では、もう一度。
「違うんでないかい?」

| BTAT | 2015/02/28 18:27 | URL |

ときどきオアゾツーキニストは「法定事項」、「一般的な法律の解釈・運用」、「左記2項目に対する私見」を混同した上で、それが区別できない書き方をしてるね。
それか、彼の言う「定める」が他の人の言うところの意味と異なっているか。
いずれにせよ彼に責任があるのは、いつもの事だ。

同じ事は世捨人にも言えるけど。

| 自転車は歩道 | 2015/03/01 10:34 | URL |

スポーツバイク乗りさん

>「現状の法律では、車道の左側によって自転車は走行する必要があり、現在の道路の運用では車の走行に際し邪魔をしている部分も多々あり、歩道を走行すると歩行者への邪魔をしている部分が多々あります。 」

邪魔をする事はありますが、邪魔そのものは仕方ない事です。
手段は違えど、同じ方向に移動するために道を共有していますし、そこに平均速度の遅い・速いの違いはあれど、法律を遵守して走っているのですから。

だから「邪魔」が社会的に責められるような種類の行動だと私は思いません。

(貴方の文面から受け取った印象に対して意見しているので、貴方の意図と食い違ったら申し訳ありません。)

渋滞とは「自動車が自動車の邪魔をしている状態」で、基本的には誰もが「仕方ない事」として受け入れています。
(※対策を講じていないと言う意味ではない、人・車が集まる以上発生してしまう現象という程度の意味)

散文ですみません。


「自転車が車の走行に際し邪魔をしている部分などありません。 」というのは変な意見だと思います。

| 自転車は歩道 | 2015/03/01 11:42 | URL |

皆様へ

法律の文言は、条文に書いてあるとおりです。

そして、法律に書いてあることを普通の日本語で分かりやすく簡潔に表現すると、

道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。

となります。

何ら問題ありません。

車道「左側」通行となる自動車と車道「左端」通行となる自転車ではトイレの順番待ちの列が異なりますので、自転車が自動車の走行に際し邪魔をしている部分などありえません。

後続車両は、安全な速度と方法で勝手に追越して行けば良いだけのことです。

安全な速度と方法で追越すことが出来ないのであれば、10キロ~30キロ程度で先行する自転車の後ろに追突しないように安全な車間距離を保って大人しく並ぶものでしょう。

それだけのことです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/01 12:46 | URL |

>法律に書いてあることを普通の日本語で分かりやすく簡潔に表現すると

これが、誤りの元です。個人的な解釈を「普通の日本語」とするところに、唯我独尊的思考がうかがえます。

| BTAT | 2015/03/01 18:04 | URL |

「~だけです」とか強弁されてもねぇ?
過ちは認めようZE!

| 自転車は歩道 | 2015/03/01 19:22 | URL |

自転車以外の危険な行動を取り上げないあたり、視野が狭いですね

| 名無しさん | 2015/03/02 06:38 | URL |

>トイレの順番待ちの列

お気に入りのたとえのようですが、
訳の分からぬ例えに逃げないで、
誰にでも分かるように説明しましょう。

| BTAT | 2015/03/02 07:50 | URL |

BTATさん| 2015/03/01 18:04 |へ

>>法律に書いてあることを普通の日本語で分かりやすく簡潔に表現すると
>これが、誤りの元です。個人的な解釈を「普通の日本語」とするところに、唯我独尊的思考がうかがえます。

日本語、大丈夫ですか?

個人的な解釈など何処にもありませんよ。

自転車は、第一通行帯ど真ん中通行も含めて、車道左端を通行しなければなりません。

それだけです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/02 08:50 | URL |

自転車は歩道さん| 2015/03/01 19:22 |へ

>「~だけです」とか強弁されてもねぇ?過ちは認めようZE!

過ちなど何処にもありません。

安全な速度と方法で追越すか、直前の自転車が急に停止したときにも追突するのを避けることが出来るだけの車間距離を保って追随するかは、後続自動車ドライバーが決めることです。

先行する自転車乗りの知った事ではありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/02 09:11 | URL |

BTATさん| 2015/03/02 07:50 |へ

>>トイレの順番待ちの列
>お気に入りのたとえのようですが、訳の分からぬ例えに逃げないで、誰にでも分かるように説明しましょう。

早い者順は、万国共通のルールでしょう。

日本語能力以前の問題です。

まずは、自転車に乗ることです。

特急(高速度)自転車をママチャリに乗り換えて、車道左端を堂々とゆっくりと、自動車の渋滞の列を横目に「すり抜け」ながら、ただただ、真っ直ぐ前を向いて通行することです。

車道左端を自転車の通行空間として世の中に認知させる活動にご協力下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/02 09:16 | URL |

通行方法が適切/不適切であろうが、「車道左端を通行しなければならない、と定められています」が誤り。

「定めてある」なら道路交通法の何条・何項に「車道左端を通行しなければならない」と書いてあるか言ってみて。

| 自転車は歩道 | 2015/03/02 10:18 | URL |

自転車は歩道さん| 2015/03/02 10:18 |へ

>通行方法が適切/不適切であろうが、「車道左端を通行しなければならない、と定められています」が誤り。「定めてある」なら道路交通法の何条・何項に「車道左端を通行しなければならない」と書いてあるか言ってみて。

スポーツバイク乗りさん| 2015/02/27 13:20|が引用されたとおりです。

折角のスポーツバイク乗りさんのコメントを読み飛ばしているということであれば、スポートバイク乗りさんに失礼です。

お詫びなり謝罪なりが必要ですね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/02 10:28 | URL |

引用された中に「車道左端を通行しなければならない」と定められてないね。
一番『意味』が近い部分でも、「(略)軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。」と定められてるだけで、『左端』なんて定められてな~い

| 自転車は歩道 | 2015/03/02 15:29 | URL |

自転車は歩道さん| 2015/03/02 15:29 |へ

>引用された中に「車道左端を通行しなければならない」と定められてないね。
一番『意味』が近い部分でも、「(略)軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。」と定められてるだけで、『左端』なんて定められてな~い

法律の文言は、条文に書いてあるとおりです。

そして、法律に書いてあることを普通の日本語で分かりやすく簡潔に表現すると、

道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。

となります。

何ら問題ありません。

車道「左側」通行となる自動車と車道「左端」通行となる自転車ではトイレの順番待ちの列が異なりますので、自転車が自動車の走行に際し邪魔をしている部分などありえません。

後続車両は、安全な速度と方法で勝手に追越して行けば良いだけのことです。

安全な速度と方法で追越すことが出来ないのであれば、10キロ~30キロ程度で先行する自転車の後ろに追突しないように安全な車間距離を保って大人しく並ぶものでしょう。

それだけのことです。

(byときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/01 12:46 )

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/02 15:51 | URL |

「分かりやすく簡潔に表現する」は法律の記述から離れる宣言であり「定める」という言葉とは相容れないなぁ

それを「それだけのことです」「~だけです」とか強弁されてもねぇ?
過ちは認めようZE!

| 自転車は歩道 | 2015/03/02 16:18 | URL |

自転車は歩道さん| 2015/03/02 16:18 |へ

>「分かりやすく簡潔に表現する」は法律の記述から離れる宣言であり「定める」という言葉とは相容れないなぁ それを「それだけのことです」「~だけです」とか強弁されてもねぇ?過ちは認めようZE!

日本語、大丈夫ですか?

「分かりやすく簡潔に「定める」と表現する」ことで、十分です。

何ら問題ありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/02 16:58 | URL |

>個人的な解釈など何処にもありませんよ。

繰り返しになりますが、

>法律に書いてあることを普通の日本語で分かりやすく簡潔に表現すると

「法律に書いてあること」を「普通の日本語でで分かりやすく簡潔に表現する」という過程で、あなたの個人的解釈があると指摘しています。

分かりますか?

>早い者順は、万国共通のルールでしょう。

「万国共通」とは思えないな~。国・地域・人によって違うと思うよ。
実際、この間、中国語を話す方にしれっと横入りされたし。

| BTAT | 2015/03/02 17:28 | URL |

BTATさん| 2015/03/02 17:28 |へ

>>個人的な解釈など何処にもありませんよ。
>>法律に書いてあることを普通の日本語で分かりやすく簡潔に表現すると
>繰り返しになりますが、「法律に書いてあること」を「普通の日本語でで分かりやすく簡潔に表現する」という過程で、あなたの個人的解釈があると指摘しています。分かりますか?

意味不明です。

道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法で、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。

さて、何処にどのような個人的解釈があるというのでしょうか?

具体的に教えて頂きたいものですね。


>>早い者順は、万国共通のルールでしょう。
>「万国共通」とは思えないな~。国・地域・人によって違うと思うよ。実際、この間、中国語を話す方にしれっと横入りされたし。

横入りを毅然と断わることが出来ないとは情けない話です。

実際には、BTATさんの列が横入りで、中国語を話す方の方が保守本流だったのではないですか?

まあ、現場にいたのはBTATさんだけですので、闘魂注入クラクションのはげおやじさんの輝かしい経歴や世捨人さんのゴールド免許と同じレベルの話にしかなりませんよ。

ああ、情けない。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/02 17:50 | URL |

>「分かりやすく簡潔に表現する」
>「分かりやすく簡潔に「定める」と表現する」ことで、十分です。

上の表現から、下の表現に記述が変わっています。
この時点で、貴方の意見が変化したと言う事です。

変わるものを『定まっている』なんて、言うのはオカシイですね~

| 自転車は歩道 | 2015/03/02 18:15 | URL |

自転車は歩道さん| 2015/03/02 18:15 |へ

>>「分かりやすく簡潔に表現する」
>>「分かりやすく簡潔に「定める」と表現する」ことで、十分です。
>上の表現から、下の表現に記述が変わっています。この時点で、貴方の意見が変化したと言う事です。変わるものを『定まっている』なんて、言うのはオカシイですね~

「定める」の解釈に拘っていらっしゃるようですが、日本語、大丈夫ですか?

道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法で、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。

さて、何処かにオカシイところでもございますでしょうか?

具体的に教えて頂きたいものですね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/02 19:27 | URL |

>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法で、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。

>さて、何処にどのような個人的解釈があるというのでしょうか?

文章を変えた時点で、個人的解釈があると指摘しているのですが?

>実際には、BTATさんの列が横入りで、中国語を話す方の方が保守本流だったのではないですか?

「保守本流」。また、おかしなたとえですね。

ところで、「万国共通のルール」でないことを私は証明しましたけど?(実はアナタも証明していますよ)

| BTAT | 2015/03/02 19:39 | URL |

BTATさん| 2015/03/02 19:39 |へ

>>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法で、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>>さて、何処にどのような個人的解釈があるというのでしょうか?
>文章を変えた時点で、個人的解釈があると指摘しているのですが?

難解な法律の条文を判り易く簡潔な普通の日本語に変えただけのことです。

小生の個人的解釈など入る余地はありません。

日本語、大丈夫ですか?


>>実際には、BTATさんの列が横入りで、中国語を話す方の方が保守本流だったのではないですか?
>「保守本流」。また、おかしなたとえですね。ところで、「万国共通のルール」でないことを私は証明しましたけど?(実はアナタも証明していますよ)

本当ですか?

トイレの順番待ちは、万国共通のルールでしょう。

万国共通のルールに違反すると思われたから、しれっと横入りした中国語を話す方を覚えていて、具体例として出されたのでしょう。

本当に情けない方ですね。


| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/02 20:26 | URL |

>難解な法律の条文を判り易く簡潔な普通の日本語に変えただけのことです。

>小生の個人的解釈など入る余地はありません。

「判り易く」って書いてる時点で、「小生の個人的解釈」が入ってるから。
あと「判り易く」無い。
(こういう批判が出る・出せる時点で「主観」表現って事)

| 自転車は歩道 | 2015/03/02 20:32 | URL |

自転車は歩道さん| 2015/03/02 20:32 |へ

>>難解な法律の条文を判り易く簡潔な普通の日本語に変えただけのことです。小生の個人的解釈など入る余地はありません。
>「判り易く」って書いてる時点で、「小生の個人的解釈」が入ってるから。

具体的に「小生の個人的解釈」とやらをお示し下さい。

何処にどういう風に「小生の個人的解釈」が入っているのでしょう。

楽しみです。

まあ、BTATさんからの回答でも構いませんよ。


>あと「判り易く」無い。

道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法で、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。

極々普通の日本語です。

国語のお勉強から始めて下さい。


>(こういう批判が出る・出せる時点で「主観」表現って事)

批判になってません。

批判だと思っている時点で「主観」表現って事

かな(笑)

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/02 20:47 | URL |

>解な法律の条文を判り易く簡潔な普通の日本語に変えただけのことです。
>小生の個人的解釈など入る余地はありません。

「変えた」=個人的解釈

ここまで、すっとぼけて、何を守ろうとしているのか?

この人、哀れだなあ。

ところで、早い者順についてですが、

例えば、日本のねずランドでは、お金を出した人が、早く並んだ人をどんどん抜いていくルールがあるよ。
不幸なことに紛争になっている地域では、早いもの順なんてルールないよ。
平和な日本を万国に当てはめては、いけない。

万国共通のルールだと思っていたら

あと、「批判」じゃなくて、「助言」です。
(はやく、あなたがまともな人間になれるように)

| BTAT | 2015/03/02 21:01 | URL |

>具体的に「小生の個人的解釈」とやらをお示し下さい。

では、お言葉に甘えて。
①が②の文章の仮定で進めますね。
(言質:スポーツバイク乗りさん| 2015/02/27 13:20|が引用されたとおりです。 )

~①~
>そして、法律に書いてあることを普通の日本語で分かりやすく簡潔に表現すると、

道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
~①~

~②~
(左側寄り通行等)
第十八条  車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。
~②~

いくつかある例から一つ。

「車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き」の一文が無い。
貴方の文章では「車両通行帯~」がある場合と無い場合ではルールが違う事が全くわからない。

以上をもって「簡潔に」した事により、「定められた」内容からの逸脱があるため、「定められた」とするには誤り。

また「簡潔に」と言った時点で、省略する箇所の選択が行われている。
この選択行為は明らかに貴方の主観によって行われている。
(反対に「それぞれ当該道路を(~。)」の(~)を省略する事はしていない。ここで区切ると文章が成立しないので、この省略を行えない・行わないという判断を下しているとも言える。)

| 自転車は歩道 | 2015/03/02 21:26 | URL |

オアゾ→自転車は車道左端(路側帯より左、つまり道路全体でみたときの左側ギリギリ?)

他→自転車は車道左側端(車線上での左端、つまり路側帯と車線一部を含む左側?)

法律→上述

互いの意見はこんな感じ?違うなら訂正よろしく
法律の書き方だと左車線上の左端、つまり車線上の一部もまた「車道の左側端」だと思うんだけど
国語力とか正直どうでもいいからもっと分かりやすい説明する努力をするなりしろよ

| f | 2015/03/02 21:31 | URL |

くりかえし助言をしているのは、この文です。

>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法で、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。

「道路交通法では~定められています。」となっています。

しかし、道路交通法には、他の条文で「左端」という言葉があります。 あの条文で、「左端」という言葉を使わなかったのは、「道路の左側によって」の意味するところが「左端」ではないということです。

つまり、道路交通法では、「車道左端を通行しなければならない」とは、定めていないのです。

それを「定めている」としているところに「違うんでないかい」と助言をしているのです。

「道路交通法の条文からは、~と解釈できる。(考えられる)」という文章であれば、それは、その方のお考えですから、正誤はともかく文章的にはかまわないのです。(fさんの文章のように)

「定めている」としているところが問題なのです。

ところで、紳士の間では、早い者順でない「レディーファースト」といったものもありますね。

| BTAT | 2015/03/03 07:53 | URL |

まぁ、路側帯は道路(車道)ではないので道路の左側となる場合、路側帯よりは左側の道路を指します。
そして、特例として軽車両の路側帯通行許可があります。統合下場合、路側帯ないし道路の左側を通行するのが軽車両の通行区分になります。
左端と左側では微妙に意味が異なってきます。
左端とは端部を差しますので、道路の左側すれすれを通行しなければなりませんし、違法駐車の車をよける場合は、歩道を押して通行する必要が出ます。交差しようとする場合端からは離れてしまいますから。
しかし、左側だと交差することは可能となります。障害物を交わしても、その左側であれば道路の左側と推定できるからですね。
日本語は微妙な違いと言うものが分かり辛い言語なので、こういった微妙なところは難しいですね。

| スポーツバイク乗り | 2015/03/03 08:53 | URL |

| f | 2015/03/02 21:31 | URL |さん

彼の今回の意見に関する解釈は、たぶん貴方の言うように理解する人が多いと思う。
一方で、過去には↓の発言もある。

何が彼の主張なのか分からないし、強弁にしかきこえない(全く彼の意見に説得されない)。




| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/06/25 20:19 |(http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-494.html

「自転車は、そもそも物理的にふらつくものであり、自転車の通行空間として確保されている第一通行帯の中で3~4メートルの巾でふらついたとしても何ら問題ありません。 」

「見つかる見つからないではなく、自転車はふらつくものであり、ふらつきの巾が10センチであろうと3~4メートルであろうと程度問題に過ぎず、「進路変更」には該当しないということです。」

| 自転車は歩道 | 2015/03/03 10:12 | URL |

BTATさん| 2015/03/02 21:01 |へ
>>解な法律の条文を判り易く簡潔な普通の日本語に変えただけのことです。
>>小生の個人的解釈など入る余地はありません。
>「変えた」=個人的解釈ここまで、すっとぼけて、何を守ろうとしているのか?この人、哀れだなあ。

「解な」ではなく、「難解な」です。

引用するのも難しかったのかな?

文語体を口語体に、地方訛りを標準語に、ですます調をだである調に、そして難解な法律文言を平易な言葉に、それぞれ変えることに個人的解釈など入る余地はありません。

本当に日本語、大丈夫ですか?


>ところで、早い者順についてですが、例えば、日本のねずランドでは、お金を出した人が、早く並んだ人をどんどん抜いていくルールがあるよ。不幸なことに紛争になっている地域では、早いもの順なんてルールないよ。平和な日本を万国に当てはめては、いけない。万国共通のルールだと思っていたら

早い者順が万国共通ルールだからこそ、「お金」や「武器」が必要となるのでしょう。

しっかりして下さい。


>あと、「批判」じゃなくて、「助言」です。(はやく、あなたがまともな人間になれるように)

「批判」じゃなくて、「助言」だと思っている時点で「主観」表現って事

かな(笑)

まずは、自転車に乗ることです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/03 11:08 | URL |

自転車は歩道さん| 2015/03/02 21:26 |へ

>>具体的に「小生の個人的解釈」とやらをお示し下さい。
>では、お言葉に甘えて。①が②の文章の仮定で進めますね。(言質:スポーツバイク乗りさん| 2015/02/27 13:20|が引用されたとおりです。 )
~①~そして、法律に書いてあることを普通の日本語で分かりやすく簡潔に表現すると、 道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。~①~ ~②~(左側寄り通行等) 第十八条  車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。~②~ いくつかある例から一つ。「車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き」の一文が無い。貴方の文章では「車両通行帯~」がある場合と無い場合ではルールが違う事が全くわからない。以上をもって「簡潔に」した事により、「定められた」内容からの逸脱があるため、「定められた」とするには誤り。 また「簡潔に」と言った時点で、省略する箇所の選択が行われている。この選択行為は明らかに貴方の主観によって行われている。(反対に「それぞれ当該道路を(~。)」の(~)を省略する事はしていない。ここで区切ると文章が成立しないので、この省略を行えない・行わないという判断を下しているとも言える。)

このコメントは、明らかにこじまさんでしょう。

匿名(自転車は歩道)でなくても、回答して差し上げますよ。

車両通行帯については、条文の文言にあるとおり、第十八条で定めるルールからは除かれていますので、判り易く簡潔な普通の日本語とするために除いても何ら問題ないでしょう。

まあ、難解な条文のとおりに、除いていることだけを示しても何のことか判りません。

付け加えるとすれば、

道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法で、自転車は、第一通行帯ど真ん中通行を含め、車道左端を通行しなければならない、と定められています。

とでもなりますが、いかにも冗長です。

やはり、第十八条で定めるルールを判り易く簡潔に普通の日本語で表現すると、

「道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法で、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。」

に落ち着きます。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/03 11:43 | URL |

fさん | 2015/03/02 21:31 |へ

>オアゾ→自転車は車道左端(路側帯より左、つまり道路全体でみたときの左側ギリギリ?)他→自転車は車道左側端(車線上での左端、つまり路側帯と車線一部を含む左側?)法律→上述互いの意見はこんな感じ?違うなら訂正よろしく

違います。
路側帯と車道外側線の違いを勉強してから、出直して下さい。

>法律の書き方だと左車線上の左端、つまり車線上の一部もまた「車道の左側端」だと思うんだけど国語力とか正直どうでもいいからもっと分かりやすい説明する努力をするなりしろよ

上述のとおり、fさんご自身の努力不足です。

頑張って下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/03 11:49 | URL |

情けない

| こじま | 2015/03/03 11:50 | URL |

>違うなら訂正よろしく

>違います。

訂正はしないんだね?
出来ないのかな?

| こじま | 2015/03/03 11:52 | URL |

BTATさん| 2015/03/03 07:53 |へ

>くりかえし助言をしているのは、この文です。「道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法で、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。」「道路交通法では~定められています。」となっています。しかし、道路交通法には、他の条文で「左端」という言葉があります。

「左端」という言葉が使われている具体的な条文をお示し下さい。
よろしくお願いします。


>あの条文で、「左端」という言葉を使わなかったのは、「道路の左側によって」の意味するところが「左端」ではないということです。

「道路の左側端に寄つて」ですね。
条文として引用するのであれば、「つ」の大きさも含めて、正確に引用下さい。


>つまり、道路交通法では、「車道左端を通行しなければならない」とは、定めていないのです。それを「定めている」としているところに「違うんでないかい」と助言をしているのです。「道路交通法の条文からは、~と解釈できる。(考えられる)」という文章であれば、それは、その方のお考えですから、正誤はともかく文章的にはかまわないのです。(fさんの文章のように)「定めている」としているところが問題なのです。

道路交通法は、第十七条(通行区分)の第四項で、「車両は、車道の「左側部分」を通行しなければならない。」と定めています。
その上で、第十八条(左側寄り通行等) で、「車両は、自動車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。」と定めているのです。

車両の左「側」通行は当然の前提であり、その上で、自動車と自転車のトイレの順番待ちの列が異なることを自動車は「左側」通行、自転車は「左(側)端」通行としているのです。

ここで重要なのは、「端」かどうかです。

自動車等とは圧倒的にスピードの異なる自転車は、多少ふらつきながらでも、ゆっくりのんびりとでも構わないので、大人しく車道左「端っこ」を通行しなければならない、とされているのです。
ただただ、真っ直ぐ前を向いて車道の「端っこ」を通行する分には、バックミラーなども不要だとしているのです。
道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。

何ら問題ありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/03 12:49 | URL |

BTATさん| 2015/03/03 07:53 |へ

>ところで、紳士の間では、早い者順でない「レディーファースト」といったものもありますね。

早い者順という万国共通のルールがあるからこそ、「レディーファースト」が紳士の証となるのです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/03 13:34 | URL |

スポーツバイク乗りさん| 2015/03/03 08:53 |へ

>まぁ、路側帯は道路(車道)ではないので道路の左側となる場合、路側帯よりは左側の道路を指します。

意味不明です。
道路の左側にある路側帯が道路ではなくて、路側帯よりは左側に道路が存在するのでしょうか?


>そして、特例として軽車両の路側帯通行許可があります。統合下場合、路側帯ないし道路の左側を通行するのが軽車両の通行区分になります。

統合下? 統合した?
左側? 左側端? (左端?)

>左端と左側では微妙に意味が異なってきます。左端とは端部を差しますので、道路の左側すれすれを通行しなければなりませんし、違法駐車の車をよける場合は、歩道を押して通行する必要が出ます。

以前、小学生のお友達に左端と左側端を歩かせた方もいらっしゃいましたね。

すれすれを通行するとハンドルが電柱や信号機や街路樹に当りそうですね。
違法駐車は右側から追い越して行けば良いだけのことです。


>交差しようとする場合端からは離れてしまいますから。

交差点のことですか?
右側逆走の対向車両のことですか?


>しかし、左側だと交差することは可能となります。障害物を交わしても、その左側であれば道路の左側と推定できるからですね。日本語は微妙な違いと言うものが分かり辛い言語なので、こういった微妙なところは難しいですね。

逆走自転車は右側から交わすか、左側から交わすかという疋田さんと自転車活用なんたら会の小林理事長の議論のようですね。
小生は小林理事長に軍配をあげましたが、かつての疋田さんのメルマガのコメント欄で指摘したところです。
疋田さんは一方的にコメント欄を閉鎖した上で、その後の著書で都合よく誤魔化していました。

違法駐車車両の左側を通行出来るということは、その車両は道路のど真ん中に違法駐車しているのですかね?

日本語の微妙な違いも含めて、自転車に乗れば判ることです。

道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められているのです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/03 13:52 | URL |

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/03 11:49 | URL |へ

せめて何がどう違うのかをもっとはっきりさせてから返信してくれよ・・・

>違います。
>路側帯と車道外側線の違いを勉強してから、出直して下さい。

意見を確認しようとして返ってきたのがこれだけじゃどの意見の何がどう違っているのか分からないし、どこが違うのかをはっきりしてもらわないと路側帯と車道外側線の違い勉強する理由もわからないんだが。

>上述のとおり、fさんご自身の努力不足です。

どの点についてどういう点が努力不足なのかわからん

次からは「何が」「どのように」違うのかをはっきりさせてから返信を求む



| 自転車は歩道 | 2015/03/03 10:12 |へ
助言サンクス

| f | 2015/03/03 15:11 | URL |

fさん| 2015/03/03 15:11 |へ

>せめて何がどう違うのかをもっとはっきりさせてから返信してくれよ・・・
>>違います。
>>路側帯と車道外側線の違いを勉強してから、出直して下さい。
>意見を確認しようとして返ってきたのがこれだけじゃどの意見の何がどう違っているのか分からないし、どこが違うのかをはっきりしてもらわないと路側帯と車道外側線の違い勉強する理由もわからないんだが。

「路側帯より左、つまり道路全体でみたときの左側ギリギリ?」に、自転車の通行空間となる車道左端など存在しません。

「車線上での左端、つまり路側帯と車線一部を含む左側?」とは、車道と車線を混同されています。

歩道と車道の間に路側帯など存在しません。

(定義)
第二条  この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
二  歩道 歩行者の通行の用に供するため縁石線又はさくその他これに類する工作物によつて区画された道路の部分をいう。
三  車道 車両の通行の用に供するため縁石線若しくはさくその他これに類する工作物又は道路標示によつて区画された道路の部分をいう。
三の四  路側帯 歩行者の通行の用に供し、又は車道の効用を保つため、歩道の設けられていない道路又は道路の歩道の設けられていない側の路端寄りに設けられた帯状の道路の部分で、道路標示によつて区画されたものをいう。


>>上述のとおり、fさんご自身の努力不足です。
>どの点についてどういう点が努力不足なのかわからん次からは「何が」「どのように」違うのかをはっきりさせてから返信を求む

上述のとおり、まずは、歩道、車道、路側帯の定義から勉強し直すことです。

明らかに本人の努力不足を棚に上げて、「求む」と強弁されても困りものです。

>自転車は歩道 | 2015/03/03 10:12 |へ 助言サンクス

第一通行帯ど真ん中通行でのふらつきなど程度問題に過ぎませんよ。

全く助言となっていない傷の舐め合いを公開されても、はぁですね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/03 16:48 | URL |

こじまさん| 2015/03/03 11:52 |へ

>違うなら訂正よろしく
>>違います。
>訂正はしないんだね?出来ないのかな?

上述のとおり、訂正以前の本人の資質の問題ですので、こじまさんと同様に、放置プレイで十分でしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/03 16:55 | URL |

こじまさん| 2015/03/03 11:50 |へ

>情けない

「では、お言葉に甘えて。①が②の文章の仮定で進めますね。(言質:スポーツバイク乗りさん| 2015/02/27 13:20|が引用されたとおりです。 ) ~①~そして、法律に書いてあることを普通の日本語で分かりやすく簡潔に表現すると、 道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。~①~ ~②~(左側寄り通行等) 第十八条  車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。~②~ いくつかある例から一つ。「車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き」の一文が無い。貴方の文章では「車両通行帯~」がある場合と無い場合ではルールが違う事が全くわからない。以上をもって「簡潔に」した事により、「定められた」内容からの逸脱があるため、「定められた」とするには誤り。 また「簡潔に」と言った時点で、省略する箇所の選択が行われている。この選択行為は明らかに貴方の主観によって行われている。(反対に「それぞれ当該道路を(~。)」の(~)を省略する事はしていない。ここで区切ると文章が成立しないので、この省略を行えない・行わないという判断を下しているとも言える。) 」(by自転車は歩道さん| 2015/03/02 21:26 )は、こじまさんじゃなかったのかな?

HNやコメント内容にプライドの無い方なのでしょう。

まあ、どっちでも構いません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/03 17:00 | URL |

すいません。間違いました。
路側帯は道路ではないので、路側帯よりは車道側で左側を通行する必要があり、例外として路側帯の通行が可能です。
つまり、自転車は路側帯もしくは、道路の左側が通行範囲となります。

交差すると書いたのが間違いだったんですね。
違法駐車等の障害物を交わす場合です。

| スポーツバイク乗り | 2015/03/03 17:51 | URL |

スポーツバイク乗りさん| 2015/03/03 17:51 |へ

>すいません。間違いました。

引き続き、間違えています。

反省・お詫び・自覚が不足しています。


>路側帯は道路ではないので、路側帯よりは車道側で左側を通行する必要があり、例外として路側帯の通行が可能です。

路側帯は、「帯状の道路の部分で、道路標示によつて区画されたもの」ですので、明らかに道路です。

(定義)
第二条  この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
三の四  路側帯 歩行者の通行の用に供し、又は車道の効用を保つため、歩道の設けられていない道路又は道路の歩道の設けられていない側の路端寄りに設けられた帯状の道路の部分で、道路標示によつて区画されたものをいう。


>つまり、自転車は路側帯もしくは、道路の左側が通行範囲となります。

自転車は、車道の左(側)「端」通行であって、左「側」通行ではありません。

(左側寄り通行等)
第十八条  車両は、自動車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。

>交差すると書いたのが間違いだったんですね。違法駐車等の障害物を交わす場合です。

違法駐車等の障害物は右側から追い越して行けば良いだけのことです。

(追越しの方法)
第二十八条  車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両「前車」という。)の右側を通行しなければならない。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/03 18:30 | URL |

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/03 16:48 |へ

なるほど少し調べてみましたが勉強になることばかりでした。いい機会をもらえました。(車道外側線と路側帯の違いとか)

そこで気になったんですがあなたの言う道路「左端」とはどこですか?またどの程度のスペースを左端と考えていますか?おそらくここで問題になっているのは「表現の違いから自転車が走行可能なスペースの認識にも違いが出てくる」ということなんだと思います。なのであなたが考えている道路の「左端」を教えて下さい。

車両通行帯のある場合、無い場合でお答え願いたい

あ、あとどうでもいいけど別に屁理屈こねて意見を通そうとしてるわけではないんで強弁してるわけじゃないぞ☆

| f | 2015/03/03 19:33 | URL |

①>明らかに本人の努力不足を棚に上げて、「求む」と強弁されても困りものです。

②>力=速さの2乗×重量という物理の基本公式どおりのことです。
(どちらもときどきオアゾツーキニスト)

上記の件があったのに、どの口が言ってるのやら?

| こじま | 2015/03/03 20:47 | URL |

fさん | 2015/03/03 19:33 |へ

>なるほど少し調べてみましたが勉強になることばかりでした。いい機会をもらえました。(車道外側線と路側帯の違いとか)

スポーツバイク乗りさんやこじまさんやBTATさんのために、勉強の成果を是非ともご披露下さい。

ネット上に広く公開されているこのブログの唯一の良い所を活用して、自転車乗りの裾野を広げて行きましょう。


>そこで気になったんですがあなたの言う道路「左端」とはどこですか?またどの程度のスペースを左端と考えていますか?

自転車に乗れば判ることです。

まずは、自転車に乗りましょう。

巾60センチとスマートな自転車は、図体ばかりが大きくて小回りの効かない自動車とは異なります。

渋滞の列の左横を「すり抜け」る際には、1メートル弱の空間があれば十分でしょうし、1メートル弱の空間しか車道左端にはないでしょう。

渋滞が流れ出すと絶対的なスピードでは自動車には到底適いません。

クルマの流れに乗ってなどと偉そうなことを言わずに、後続車両に道を譲って、やはり、車道左端を大人しく通行するものです。

一方、センターラインの無い住宅街の生活道路では、左右両方の住宅や路地からの予見出来ない飛び出しを回避するために、道路のど真ん中を通行するものです。

交通量の少ない閑散とした郊外の農道などでは、何処を走ろうと何ら気にすることはありません。


>おそらくここで問題になっているのは「表現の違いから自転車が走行可能なスペースの認識にも違いが出てくる」ということなんだと思います。なのであなたが考えている道路の「左端」を教えて下さい。

表現の違いなどで誤魔化してもらっては困ります。

道路交通法では、明確に自動車は車道左「側」通行、自転車等の軽車両は車道左「端」通行と定められています。

(左側寄り通行等)
第十八条  車両は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。


>車両通行帯のある場合、無い場合でお答え願いたい

道路交通法に書いてあるとおりです。

自転車は第一通行帯のど真ん中を通行するものです。

しかしながら、交通量が多くて信号待ち渋滞が発生しているような幹線道路で道路交通法を墨守する必要もありません。

巾60センチとスマートな自転車の良い所を活かして、自動車の左側を「すり抜け」て行けば良いだけです。

まあ、片側3車線以上あるような幹線道路では、第一通行帯はバスやタクシーや荷卸しトラックなどの駐停車車両やで流れが止まり、恰好の自転車専用レーンとなっていることでしょう。

(車両通行帯)
第二十条  車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。ただし、自動車は、当該道路の左側部分に三以上の車両通行帯が設けられているときは、その速度に応じ、その最も右側の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することができる。
3  車両は、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。


>あ、あとどうでもいいけど別に屁理屈こねて意見を通そうとしてるわけではないんで強弁してるわけじゃないぞ☆

星印で誤魔化しても無駄です。

fさんは、人にものを頼む際にも、敬称を略するような常識の無い方だということです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/03 20:50 | URL |

こじまさん| 2015/03/03 20:47 |へ

>①>明らかに本人の努力不足を棚に上げて、「求む」と強弁されても困りものです。②>力=速さの2乗×重量という物理の基本公式どおりのことです。(どちらもときどきオアゾツーキニスト) 上記の件があったのに、どの口が言ってるのやら?

①と②は並列ですか?

スピードの危険性を示す正しい物理の基本公式については、こじまさんとヒロさんが自信満々で引き受けられたことです。

頑張って下さい。

楽しみにしています。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/03 20:55 | URL |

>上述のとおり、訂正以前の本人の資質の問題ですので、こじまさんと同様に、放置プレイで十分でしょう。

放置するの?しないの?
今のところ一貫して無いね

| こじま | 2015/03/03 21:09 | URL |

>こじまさんとヒロさんが自信満々で引き受けられたことです。
ヒロさんのほうは知らんけど・・・


ときど:説明任せます.
こじま:任してもらっても(説明しても)いいけど,高校物理のための基礎知識はあるの?
ときど:ない.
こじま:じゃあ説明しても分からないよ.貴方の知識不足.
ときど:そんな結論受け入れられない.
こじま:えっ?任せるって言ったやん? 結論受け入れないなら,「任せた」っていうの却下してよ
ときど:イヤだ.

経緯はこんな感じ.
一般人ならどっちが悪いかは・・・分かるよね?
ソースはこのブログの至る所にあるから,暇な人は自己責任で探してくれ~

| こじま | 2015/03/03 21:43 | URL |

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/03 20:50 |へ


「道路交通法では、明確に自動車は車道左「側」通行、自転車等の軽車両は車道左「端」通行と定められています。

(左側寄り通行等)
第十八条  車両は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。」

ここ、ここの「左側端に寄つて」があなたにとって「歩道と車道の境界ぎりぎりのラインを走る」のか「歩道と車道の境界から車道側1m前後の空間を走る」のかが分からなくてさっき質問したんだよ。まぁ言葉の選択を間違えたからうまく伝わらなかったけど そこはすまん

それで気になって調べたんだよ、そこで出てきたのがここのサイト。公益社団法人で行政の認定が無いとこの肩書は名乗れない(つまり行政がここの情報を認めている)わけだし、ここの情報を使っても問題ないはず

http://www.jablaw.org/cs1202/Q1

ここでは左側端を「側溝のふたなどの車両の通行に適さない箇所を除いた部分の左端」と説明していて、おそらくこれはあなたの指す「左端」の事だと思う。違ってたらすまん。
んで、そこに「寄る」ようにして運転するんだから厳密には左端走行とは違うんじゃないかい?(左端走行だと歩道と車道の境界ぎりぎりのラインととることもできる)って思ったんで質問した次第です

| f | 2015/03/03 23:21 | URL |

fさん| 2015/03/03 23:21 |へ

>>「道路交通法では、明確に自動車は車道左「側」通行、自転車等の軽車両は車道左「端」通行と定められています。
(左側寄り通行等)
第十八条  車両は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。」

>ここ、ここの「左側端に寄つて」があなたにとって「歩道と車道の境界ぎりぎりのラインを走る」のか「歩道と車道の境界から車道側1m前後の空間を走る」のかが分からなくてさっき質問したんだよ。まぁ言葉の選択を間違えたからうまく伝わらなかったけど そこはすまん それで気になって調べたんだよ、そこで出てきたのがここのサイト。公益社団法人で行政の認定が無いとこの肩書は名乗れない(つまり行政がここの情報を認めている)わけだし、ここの情報を使っても問題ないはず
http://www.jablaw.org/cs1202/Q1 ここでは左側端を「側溝のふたなどの車両の通行に適さない箇所を除いた部分の左端」と説明していて、おそらくこれはあなたの指す「左端」の事だと思う。違ってたらすまん。

駐停車車両の右側を追越して何ら問題ないように、物理的に通行出来ない(適さない)箇所は通行出来ないでしょう。

普通に自転車に乗れば判ることです。


>んで、そこに「寄る」ようにして運転するんだから厳密には左端走行とは違うんじゃないかい?(左端走行だと歩道と車道の境界ぎりぎりのラインととることもできる)って思ったんで質問した次第です

自動車については、左側通行で構わないのですか?

難解な法律の条文を判り易く普通の日本語で説明する際に、自転車についてだけ、「寄つて」という文言が必要ですか?

厳密には、ハンドルを街路樹や電柱等々にぶつけそうですが、「歩道と車道の境界ぎりぎりのラインを走る」ことが出来るのであれば、それはそれで構いませんよ。

実態としては、歩道があるような道路では、歩道と車道の間には皆様に路側帯と勘違いされる「車道外側線」が引かれていますので、車道外側線に沿って(寄つて)通行すれば十分でしょう。

そして、車道外側線の外側は、「側溝のふたなどの車両の通行に適さない箇所」となっているものですし、ハンドルを街路樹や電柱等々にぶつけるということは明らかに「車両の通行に適さない箇所」に該当します。

そもそもふらつくことを前提としていて、横幅60センチとスマートとはいえ一定の横幅のある自転車が「歩道と車道の境界ぎりぎりのラインを走る」ことは物理的に不可能でしょう。

2択で質問してくること自体に疑問を感じます。

自転車で車道左端を通行すれば乗れば判りそうなものです。

何たら法人の解説を引用するまでもありません。

まずは、自転車に乗ることです。

それからです。


ちなみに、車両の左側通行違反の罰則は三月以下の懲役又は五万円以下の罰金となりますが、自転車の車道左端通行違反には、自転車の酒気帯び運転と同様に罰則はありませんので、あくまでも、訓示規定となります。

車道左端を通行するかどうかについては、自転車乗り一人一人が決めることです。

このことは、何たら法人の解釈にはありません。公益社団法人で行政の認定する肩書があっては、自転車乗りの自由を制限するような偏った解説しか出来ないということです。


以上を前提として、難解な道路交通法の条文を判り易い普通の日本語で言えば、

道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。

これは、罰則があろうがなかろうが、全ての自転車乗りが守るべき最も基本的なルールとなります。

(通行区分)
第十七条  
4  車両は、道路の中央から左の部分(以下「左側部分」という。)を通行しなければならない。 (罰則 第一項から第四項まで及び第六項については第百十九条第一項第二号の二)

(左側寄り通行等)
第十八条  車両は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車あつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。
2  車両は、歩行者の側方を通過するときは、これとの間に安全な間隔を保ち、又は徐行しなければならない。(罰則 第二項については第百十九条第一項第二号の二)

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/04 12:53 | URL |

こじまさん| 2015/03/03 21:43 |へ

>こじま:任してもらっても(説明しても)いいけど,高校物理のための基礎知識はあるの?
>ときど:ない.
>こじま:じゃあ説明しても分からないよ.貴方の知識不足.
ときど:そんな結論受け入れられない.
こじま:えっ?任せるって言ったやん? 結論受け入れないなら,「任せた」っていうの却下してよ
ときど:イヤだ.
経緯はこんな感じ.一般人ならどっちが悪いかは・・・分かるよね? ソースはこのブログの至る所にあるから,暇な人は自己責任で探してくれ~

違うでしょう。

自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含め、国籍不問で誰もが利用できる乗り物です。

そのスピードの危険性を説明するのに高校の物理のための基礎知識がなければ説明出来ないのであれば、何ら意味がありません。

すなわち、こじまさんには偉そうなことを言って、スピードの危険性を示す基本的な物理の公式を示すことが出来ないだけのことです。

HNとコメント内容にはプライドを持ちましょう。

嘘はいけません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/04 13:56 | URL |

>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。 これは、罰則があろうがなかろうが、全ての自転車乗りが守るべき最も基本的なルールとなります。


~~~
・傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火、信号無視などなど、さながら雑技団の曲芸のような乗り方については、それぞれの自転車乗りの判断と責任に任せれば十分です。
・上手く曲乗り出来なければ、転倒してしまうという安全装置が付いているところも自転車の良い所です。
| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/14 20:44 |
~~~

?
言外の部分でやっぱり解釈が含まれてます

| こじま | 2015/03/04 14:08 | URL |

>違うでしょう。
>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含め、国籍不問で誰もが利用できる乗り物です。
>そのスピードの危険性を説明するのに高校の物理のための基礎知識がなければ説明出来ないのであれば、何ら意味がありません。

~~
そんなことは無い.

10km/hくらいの自転車にぶつかるのと,それよりも早い自転車にぶつかるのでは後者の方が痛い.

これは幼児でも体感できる.つまり「教えられる」.
(痛覚がある人には体感させられる)

これが「スピードの出た物体は危険性が高まる(事故事象が重大化する)」と言う事
(ただし,衝突せずに,ブレーキ等で制動できれば危険は無い.)

これらを数学等を使って,一般性を保証しながら説明するのが「物理」のお仕事.
一般性を保証するためには共通の知識が必要だから,高等教育が前提として必要になってくる.


一般性を保証せずに説明するのはめちゃくちゃ簡単ですよ.

例:50km/hで流れている道路上の車と,停車している(0km/h)車にぶつかったら怪我をしやすいのは前者だから,スピードが出ている事は危険.

| こじま | 2015/03/04 14:29 | URL |

こじまさん| 2015/03/04 14:29 |へ

>>違うでしょう。
>>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含め、国籍不問で誰もが利用できる乗り物です。
>>そのスピードの危険性を説明するのに高校の物理のための基礎知識がなければ説明出来ないのであれば、何ら意味がありません。
>そんなことは無い.10km/hくらいの自転車にぶつかるのと,それよりも早い自転車にぶつかるのでは後者の方が痛い.これは幼児でも体感できる.つまり「教えられる」.(痛覚がある人には体感させられる)これが「スピードの出た物体は危険性が高まる(事故事象が重大化する)」と言う事(ただし,衝突せずに,ブレーキ等で制動できれば危険は無い.)これらを数学等を使って,一般性を保証しながら説明するのが「物理」のお仕事.一般性を保証するためには共通の知識が必要だから,高等教育が前提として必要になってくる.一般性を保証せずに説明するのはめちゃくちゃ簡単ですよ.例:50km/hで流れている道路上の車と,停車している(0km/h)車にぶつかったら怪我をしやすいのは前者だから,スピードが出ている事は危険.

では、スピードの危険性を一般性を保証しながら説明する物理の公式をお示し下さい。

楽しみに待っています。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/04 14:34 | URL |

こじまさん| 2015/03/04 14:08 |へ

>>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。 これは、罰則があろうがなかろうが、全ての自転車乗りが守るべき最も基本的なルールとなります。
>>・傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火、信号無視などなど、さながら雑技団の曲芸のような乗り方については、それぞれの自転車乗りの判断と責任に任せれば十分です。
・上手く曲乗り出来なければ、転倒してしまうという安全装置が付いているところも自転車の良い所です。| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/14 20:44 |

>?言外の部分でやっぱり解釈が含まれてます

言内(?)の部分に小生の個人的解釈が含まれているかどうかの議論です。

道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。

さて、小生の個人的解釈は何処に含まれていますか?

具体的にお示し下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/04 14:38 | URL |

>スピードの危険性を一般性を保証しながら説明する物理の公式

「危険性」とか不要な修飾語がなければ該当しそうな公式はあるけど,貴方の言う公式はこの世に無いよ

| こじま | 2015/03/04 14:45 | URL |

| 自転車は歩道 | 2015/03/02 21:26 | URL |
個人的解釈については回答があるね

| こじま | 2015/03/04 15:03 | URL |

こじまさん| 2015/03/04 15:03 |へ

>| 自転車は歩道 | 2015/03/02 21:26 | URL |個人的解釈については回答があるね

やはり、自転車は歩道さん| 2015/03/02 21:26 |は、こじまさんでしたか。

匿名(自転車は歩道)でしか議論に参加出来ないとは情けないことですね。

ちなみに、以下のとおり返り討ち済みです。

| 自転車は歩道さん| 2015/03/02 21:26 |へ

>>具体的に「小生の個人的解釈」とやらをお示し下さい。
>では、お言葉に甘えて。①が②の文章の仮定で進めますね。(言質:スポーツバイク乗りさん| 2015/02/27 13:20|が引用されたとおりです。 )
~①~そして、法律に書いてあることを普通の日本語で分かりやすく簡潔に表現すると、 道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。~①~ ~②~(左側寄り通行等) 第十八条  車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。~②~ いくつかある例から一つ。「車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き」の一文が無い。貴方の文章では「車両通行帯~」がある場合と無い場合ではルールが違う事が全くわからない。以上をもって「簡潔に」した事により、「定められた」内容からの逸脱があるため、「定められた」とするには誤り。 また「簡潔に」と言った時点で、省略する箇所の選択が行われている。この選択行為は明らかに貴方の主観によって行われている。(反対に「それぞれ当該道路を(~。)」の(~)を省略する事はしていない。ここで区切ると文章が成立しないので、この省略を行えない・行わないという判断を下しているとも言える。)

このコメントは、明らかにこじまさんでしょう。

匿名(自転車は歩道)でなくても、回答して差し上げますよ。

車両通行帯については、条文の文言にあるとおり、第十八条で定めるルールからは除かれていますので、判り易く簡潔な普通の日本語とするために除いても何ら問題ないでしょう。

まあ、難解な条文のとおりに、除いていることだけを示しても何のことか判りません。

付け加えるとすれば、

道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法で、自転車は、第一通行帯ど真ん中通行を含め、車道左端を通行しなければならない、と定められています。

とでもなりますが、いかにも冗長です。

やはり、第十八条で定めるルールを判り易く簡潔に普通の日本語で表現すると、

「道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法で、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。」

に落ち着きます。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/03 11:43 |

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/04 15:51 | URL |

こじまさん| 2015/03/04 14:45 |へ

>>スピードの危険性を一般性を保証しながら説明する物理の公式
>「危険性」とか不要な修飾語がなければ該当しそうな公式はあるけど,貴方の言う公式はこの世に無いよ

では、該当しそうな公式をお示し下さい。

よろしくお願いします。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/04 15:52 | URL |

>まあ、難解な条文のとおりに、除いていることだけを示しても何のことか判りません。

法文に判る/判らないは関係無い.
(理解できないやつが問題)
「判る」という判断を下した時点で解釈だから「定めた」とかけ離れる.

| こじま | 2015/03/04 15:53 | URL |

こじまさん| 2015/03/04 15:53 |へ

>>まあ、難解な条文のとおりに、除いていることだけを示しても何のことか判りません。
>法文に判る/判らないは関係無い.(理解できないやつが問題)

誰もが理解出来るように不要な修飾語「車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、」を除いただけのことです。


>「判る」という判断を下した時点で解釈だから「定めた」とかけ離れる.

難解な法文から、「(トロリーバスを除く。)」、「及び原動機付自転車」、「ただし、追越しをするとき、・・・又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。 」も、不要な修飾語として除いていますが、このことは、皆さん受け入れています。

不要な修飾語として、「車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、」も同レベルでしかありません。

道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。

小生の個人的な解釈など入る余地は何処にもありませんよ。


(左側寄り通行等)
第十八条  車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。ただし、追越しをするとき、第二十五条第二項若しくは第三十四条第二項若しくは第四項の規定により道路の中央若しくは右側端に寄るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/04 16:48 | URL |

結局、助言しても、誤りを認めないということですね。

「夜郎自大」なお方。

では、最初に戻って、

①道路交通の安全と円滑を図るために道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。

②小生の個人的な解釈など入る余地は何処にもありませんよ。

助言

①は、道路交通法の条文を変えていますから、個人的に解釈した文章であることが明白です。
②は、したがって、誤りということになります。

誤りを「すなおに」みとめないあなたは、

まさに、世さんの「大人になれない大人」 「まれにみるくそったれが世にはびこっています」にあてはまりますよ。

まあ認めないだろ~な~。

| BTAT | 2015/03/04 17:13 | URL |

BTATさん| 2015/03/04 17:13 |へ

>結局、助言しても、誤りを認めないということですね。「夜郎自大」なお方。

まずは、助言の一つとして、「左端」という言葉が使われている具体的な条文をお示し下さい。よろしくお願いします。

また、早い者順という万国共通のルールがあるからこそ、「お金」や「武器」が必要となり、「レディーファースト」が紳士の証となる点については、ご理解頂けたのでしょうか?



>では、最初に戻って、①道路交通の安全と円滑を図るために道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。②小生の個人的な解釈など入る余地は何処にもありませんよ。
>助言①は、道路交通法の条文を変えていますから、個人的に解釈した文章であることが明白です。②は、したがって、誤りということになります。

①については、「法律に書いてあることを普通の日本語で分かりやすく簡潔に表現すると、」(by ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/01 12:46 )としています。
②について、さて、何処にどのような個人的解釈があるというのでしょうか?

小生の個人的な解釈なるものを是非とも具体的に教えて頂きたいものですね。

助言として楽しみにお待ちしています。


>誤りを「すなおに」みとめないあなたは、まさに、世さんの「大人になれない大人」「まれにみるくそったれが世にはびこっています」にあてはまりますよ。まあ認めないだろ~な~。

そもそも、「道路の左側に寄つて、…当該道路を通行しなければならない。」 と「自転車は車道「左端」を通行しなければならない。」 は、違うんでないかい?(byBTATさん | 2015/02/27 15:27 )「名前の間違いは、些細なことですので。さて、道路交通法には、他の条文で「左端」という言葉があります。ここで、「左端」という言葉を使わなかったのは、「道路の左側によって」の意味するところが「左端」ではないということです。法律用語は、とても厳格に規定されているものです。個人的な解釈が入る余地はありません。(でないと、裁判になりません。)ですから、「違うんでないかい?」とコメントしたわけです。」(byBTATさん | 2015/02/27 19:05)というスポーツバイク乗りさんとの問答から推測すると、BTATさんは、「自動車にあつては道路の左側に寄つて、」と「軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、」を混同されていたのでしょう。

そして、「しかし、道路交通法には、他の条文で「左端」という言葉があります。 あの条文で、「左端」という言葉を使わなかったのは、「道路の左側によって」の意味するところが「左端」ではないということです。つまり、道路交通法では、「車道左端を通行しなければならない」とは、定めていないのです。それを「定めている」としているところに「違うんでないかい」と助言をしているのです。 「道路交通法の条文からは、~と解釈できる。(考えられる)」という文章であれば、それは、その方のお考えですから、正誤はともかく文章的にはかまわないのです。(fさんの文章のように) 「定めている」としているところが問題なのです。」(byBTATさん | 2015/03/03 07:53)とされていますので、土日を挟んだ火曜日の時点でも、BTATさんは「軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、」を引用(理解)出来ていませんでした。

屁理屈を捏ねても仕方ありません。

文語体を口語体に、地方訛りを標準語に、ですます調をだである調に、そして難解な法律文言を平易な普通の日本語に、それぞれ変えることに個人的解釈など入る余地はありません。

ただただ、BTATさんは、道路交通法の理解が不十分だったのです。

「道路の左側に寄つて」と「道路の左側端に寄つて」を区別出来なかっただけのことです。

自らの誤りは素直に認めないと、夜郎自大になってしまいますよ。


(左側寄り通行等)
第十八条  車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。ただし、追越しをするとき、第二十五条第二項若しくは第三十四条第二項若しくは第四項の規定により道路の中央若しくは右側端に寄るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/04 19:13 | URL |

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/04 12:53 |へ

>難解な法律の条文を判り易く普通の日本語で説明する際に、自転車についてだけ、「寄つて」という文言が必要ですか?

文章を分かりやすくのには「簡単に理解できる文章の形にする」必要と「誰が読んでも元の文との解釈が一致させられる文章内容にする」必要があると思う。

あなたの説明だと私が誤解したような内容に考える人も出る可能性があるのでこの場合は「寄つて」の状況を説明する文言が必要になると思うよ

>2択で質問してくること自体に疑問を感じます。
もしこの二択が「ライン」と「空間」って表現した部分の質問なら考え方の違いをはっきりさせるために2つの表現を用意しただけなんで、気に入らなかったらそれでいいよ

>まずは、自転車に乗ることです。
どうでもいいけど一応返信しとくと、一応毎日自転車には乗ってるし、趣味でツーリングもしてる。県警主催の交通安全試験(筆記・実技)も実技ワンミス以外は満点だったよ。ただし、警察の方でもライン(車道外側線など)の細かな違いとかは解説してなかったけどね

| f | 2015/03/04 22:08 | URL |

Re: タイトルなし

旧こじさん

>私の意見には一切反論できない世捨人.ぐうの音も出ないのかな?

反論せんがための反論は不要です。

| 世捨人 | 2015/03/05 00:27 | URL |

Re: あれ~

田舎さん

>>ドロップハンドルで下ハンドルを握ればブレーキをかけられません。ドロップハンドルは全面禁止するのがスジでしょう。
>世捨さん、本当はドロップハンドルの自転車、乗ったこと無いでしょう?下ハンでもブレーキかけれますよ。むしろ、下ハンでのブレーキのほうが、強くブレーキがかけられますが?あくまでも、私の場合ですけど。他のドロップハンドル乗りの方達もおなじじゃないかな。

下ハンを正しく握れば正常にブレーキはかけられません。補助ブレーキとして、つま先を着地させて摩擦で制動するしかありませんね。

| 世捨人 | 2015/03/05 00:29 | URL |

Re: 書き込んで気が付いた

田舎さん

>もしかして、私が思っている下ハン位置と世捨さんが言う下ハンの位置、違う?完全にアンダーバーだとそりゃブレーキかけれないや、そんなとこ握らないけど。ブレーキレバーに指がかかる位置でも下ハンだと思うけど、ね。

ハンドルは正しく握り安全運転に努めてください。

>>自転車が歩行者をいたわることで歩道で共存できるでしょう。
>それなら"自動車が自転車をいたわることで車道で共存できるでしょう。"と言ってみる。

人力でスピードが安定しない自転車とクルマが共存するのはユートピアにすぎません。

>>小生はゴールド免許(優良運転者)を更新しております。
>車の運転において、常に安全運転と道交法を守った、ごく当たり前の行為の結果がゴールド免許だと私は思っています。そんなに誇らしげに言う事じゃないと思う。

優良運転者として誇れます。

>何かというとすぐに"小生はゴールド免許(優良運転者)を更新しております。"というが、ただ運良く検挙されていないだけ。あなたがアップしている動画でもけっこう違反行為ありますよね。それを指摘するとすぐに刑法第37条をもちだす。

違反行為を具体的にお示しください。

>屁理屈ばかりで自分の間違いを認めようとしない。緊急避難だと言い張る。そんなんじゃ、道交法なんて意味無いよね、世捨さんには。だって、違反しても緊急避難の結果だから、正当化しちゃうんでしょ? 検挙されたとき、それを警官の前ではっきり主張できたら"漢"だよね~

人の命は重いです。ご理解、ご協力をお願いします。

>道交法を完璧に守ると、車の運転なんかできません。警察官でも厳密には違反しながらパトカーを運転してると私は思っています。極端な話ですが。

偏見は捨ててください。

>私は"無事故無違反"では無く"無事故無検挙"が正しい現実だと思います。あくまでも私の考えですので、他の方達には関係無いでしょうが(特に世捨さんには)。ちなみに私の免許の色も金ピカですよ。違反しまくりだけどwだって、運良く捕まんないんだもん。

ゴールド免許を自慢されてもの困りものです。

>話が逸れちゃいましたね。スンマセンm(_ _)m

猛省を促します。

| 世捨人 | 2015/03/05 00:31 | URL |

Re: タイトルなし

乗りさん

>うわ~ なにを持って道路交通法を準拠しているのでしょうか。法律違反を推奨している世捨人氏には言われたくないです。

記事内容には絶大なる自信があります。

>ついでに、下ハンドルの方がブレーキはしっかりとかけれますよ。というよりは、下り等のブレーキをしっかりとかける場合は、下ハンドルじゃないとブレーキが間に合わないですよ。ブラケットなんて指2本ですし、下ハンドルで指4本かけれるのでブレーキがしっかりかけれるのが下ハンドルで間違いないです。

下ハンの正しい握り方では、正常にブレーキがかけられません。

>ついでに、ママチャリでも状況に合わせてブレーキに掛ける指を帰るので、2本しかかけれないドロップは違反とは繋がらないので、そういった反論は無視します。

下ハンは視線が下向きとなり、前方不注意による重大事故を引き起こしかねず見過ごすことができません。

>また、何度も言いますが、車道は車両の走行の為に作られたものです。『車両』と名のつくものに適用されます。モーターバイクも車両となるので車道 を走ります。あなたの言い分ではモーターバイクも歩道の走行になります。一体何を持って歩行者を危険にさらせば気が済むのでしょうか。大体にして、道路交 通法の総則で車両の適宜をしています。十一  軽車両 自転車、荷車その他人若しくは動物の力により、又は他の車両に牽引され、かつ、レールによらないで運転する車(そり及び牛馬を含む。)であつて、身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小児用の車以外のものをいう。十一の二  自転車 ペダル又はハンド・クランクを用い、かつ、人の力により運転する二輪以上の車(レールにより運転する車を除く。)であつて、身体障害者用の車い す、歩行補助車等及び小児用の車以外のもの(人の力を補うため原動機を用いるものであつて、内閣府令で定める基準に該当するものを含む。)をいう。

いずれにせよ車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているのは紛れもない事実でしょう。

>法律でも自転車も『軽車両』なので、車両です。車両は道路交通法第17条にて 車両は、歩道又は路側帯(以下この条において「歩道等」という。)と車道の区別のある道路においては、車道を通行しなければならない。と規定されています。例外的に路側帯の通行を認められているだけですので、車両である『自転車』が車道を走ることは法律上正当ですし、本来車道を走るものです。道路交通法を準拠していると言うのであれば、その資料を提示してください。何のための頭ですか?インターネットがあれば道路交通法は全文読めますよ。

自転車の歩道走行は法律で認められています。身体がむきだしとなる自転車は、危険を避けるため歩道を積極的に活用してください。

>こちらは法律を理解した上で答弁しているのです。あなたの独りよがりで法律を曲げた答弁に対して一から説明する程優しさで溢れた人間ではありませんですから。

当ブログは道交法に準拠しております。条文を丁寧に読み照合してください。

| 世捨人 | 2015/03/05 00:34 | URL |

Re: タイトルなし

まさん

>いや、これ片手運転だし普通に道交法違反だろww道交法違反の行為を技能試験に加えるって?法改正が待たれるって・・ 一生待っててね^^
>>技能試験は公道で行うものではないでしょう。
>自動車の運転免許も本免試験は(公道)路上検定なんですけど・・・知らないの?ひょっとして無免許なの?自慢のゴールドって嘘なの?

仮免許の路上教習は法律で認められています。しっかり勉強してください。

>それから、技能試験を何処で実施するのかって問いかけだと思ったの?馬鹿なの?

総論は賛成していただいたところで、各論についてはこれから詰めていくことになります。

| 世捨人 | 2015/03/05 00:35 | URL |

Re: タイトルなし

ぬかさん

>>スピードレース用にドロップハンドルは何かと物議を醸す。
>もう一度、ご自身のコメントをお読み下さい。スピードレース用「に」となっていますよ。

揚げ足取りは絶対におやめください。

| 世捨人 | 2015/03/05 00:47 | URL |

世捨人の言う正しい下ハンの持ち方ってたぶん間違いだと思うんですけど
「下ハン 持ち方」で検索してサイクルベースあさひのハンドルの持ち方紹介をチェックして、どうぞ

| f | 2015/03/05 00:48 | URL |

Re: タイトルなし

>>ドロップハンドルの「上ハン&下ハン」握りも同罪でしょう。
>片手で走行する方が危ないだろ!そもそも比較することすらおこがましいわ

前方がよくみえない「下ハン」は危険極まりないという現実を直視してください。

| 世捨人 | 2015/03/05 00:53 | URL |

Re: タイトルなし

ィさん

>>クルマはディスクブレーキやABSが標準装備されるなど、進歩がみられます。自転車が時代に取り残されている感は強いです。
>自動車のフレーム素材として、カーボンが取りざたされてるけど、市販車はない。(F1とかならある、一般人は乗れない)一方、自転車は、市販車で、一般人が、カーボン素材のフレームに乗れる。この一点だけを見ると、自動車は時代に取り残されてる()古い技術を使ったままである)。

一般公道を走行する限り、スピードレース用の装備は排除すべきでしょう。

>>現実には、本当は適材適所で装備や技術が使われているだけで、それぞれの形で時代に適合していってるんだけどね。短絡な思考だと気付けないかな?ちなみに貴方が言う標準装備についても、あくまで先進国の標準でしかない。できれば、視野を広げても通用するような発言してくれ。

当ブログは日本国の道路交通法に準拠しているなか、各国の事情にあった安全政策が望ましいとの立場です。

| 世捨人 | 2015/03/05 00:54 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>>公道の安全・安心をおびやかす競技用自転車乗りには厳しい態度で臨む所存です。
>無謀運転を繰り返す危険なドライバーを排除せず、いることを前提にした交通安全を考えるべきという持論に沿えば、公道の安全・安心をおびやかす競技用自転車が車道を走っていることを前提に交通安全を考えるのが筋というもの。ドライバーだけに甘々の御都合主義を唱えている自覚がないのであれば、やはり己が主張の矛盾に気付かないお○○さんのようですな。

危険なドライバーありきの交通安全を考えるのが現実的です。身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、歩道を積極的に活用するなり自衛運転に努めてください。

| 世捨人 | 2015/03/05 00:55 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>>いずれにせよ,自転車の歩道活用は絶対です.
>とんでもない話だ.真っ平御免だね.歩道通行は自転車に義務づけられてはいない.[世捨人]が自分勝手にそう思いたがっているだけだ.自転車の歩道通行はあくまで緊急避難的に認められているに過ぎない.
後続車が来ない限り,私は自転車で正々堂々と車道左側通行を貫く方針である.

自転車の歩道走行は法律で担保されています。重く受け止め道路における交通の安全の確保に努めてください。

| 世捨人 | 2015/03/05 00:56 | URL |

Re: タイトルなし

Фさん

>手信号などの理由から発生する一時的な片手運転は例外として出前持ちは立派な危険運転なので提案する意図が理解できない

バランス感覚を試す技能試験としては許されるでしょう。

>またドロップハンドルはプラケット、下ハンドルを使用する場合きちんと整備してあるならブレーキは握れる(むしろ下ハンの方が強く握れる)

下ハンを正しく握れば正常にブレーキはかけられません。しっかり勉強してください。

>追加してこれは個人的な意見だけどロードみたいに軽量化つ高速巡行を目的に作られている自転車の場合空気抵抗と投影面積の関係でストレートバーの 方がむしろバランスを崩しやすい気がするのでドロップハンドルは理にかなっている(バイクの前傾姿勢と同様)。また慣性の法則により走行中の自転車は一定 の軌道を維持しようとする。慣性が働いた状態で倒れるのであればその人はそもそも二輪に向いていない

「軽量化つ高速巡行」を犠牲にしてでも交通の安全の確保を優先してもらいたいのが、当ブログの一貫した主張です。

| 世捨人 | 2015/03/05 00:57 | URL |

Re: タイトルなし

乗りさん

>歩道を自転車通行している方に注意です。通行区分違反 歩道を通行できる条件を満たしていないのに歩道を通行した場合 警察官から歩道を通行してはならない旨の指示を受けたにも関わらず歩道を通行した場合 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(過失罰なし)歩道を通行すると、罰金ないし、懲役になります。詳細はURLを乗せましたが、自転車は常時法律違反をし、罰金を払い続けろと訴える方々、法律違反を助長し薦める行為は『教唆』にあたる場合があります。自らも法律違反を犯すことになりますので、法律は正確に理解してから答弁してください。

危険なクルマがはびこるなか、自転車の歩道走行はやむをえないでしょう。自転車の歩道走行を理由に検挙されたら、ぜひ一報してください。小生が責任をもって相談に応じます。

| 世捨人 | 2015/03/05 01:04 | URL |

Re: タイトルなし

BTさん

>700×20Cなんですけど…。

日本サイクルスポーツセンターなど専用コース限定とし、一般公道で走行しないでください。お願いします。

| 世捨人 | 2015/03/05 01:06 | URL |

Re: タイトルなし

名無さん

>自転車以外の危険な行動を取り上げないあたり、視野が狭いですね

法の不備をついて我が物顔で爆走する競技用自転車乗りに鉄槌(てっつい)をくだすときがきた、という認識です。

| 世捨人 | 2015/03/05 01:13 | URL |

一般的に下ハンはドロップハンドル下部の曲線状になってる部分かつブレーキを握れる部分でそれより先のブレーキが握れない部分はエンド(バーエンド)だってそれ一番言われてるから

| f | 2015/03/05 01:19 | URL |

Re: タイトルなし

Фさん

>世捨人の言う正しい下ハンの持ち方ってたぶん間違いだと思うんですけど

競輪選手をご覧ください。

>「下ハン 持ち方」で検索してサイクルベースあさひのハンドルの持ち方紹介をチェックして、どうぞ

お任せします。

| 世捨人 | 2015/03/05 01:27 | URL |

Re: タイトルなし

Фさん

> 一般的に下ハンはドロップハンドル下部の曲線状になってる部分かつブレーキを握れる部分でそれより先のブレーキが握れない部分はエンド(バーエンド)だってそれ一番言われてるから

正しい持ち方となると、後者でしょう。

| 世捨人 | 2015/03/05 01:27 | URL |

競輪選手の乗り方が一般的だと思ってんの?そもそもあのタイプの自転車はトラック競技用の特殊な奴だし短距離競技だからこそあの乗り方ができるわけで。
安定した巡航をしなきゃならない公道での走行じゃ非効率もいいとこなんだけど
ブログに示してある競技用自転車の定義がガバガバな時点でお察しだけどもっと自転車の構造から勉強して、どうぞ
あ、どこ調べればいいのか教えてもお任せしますって返してくるってことはそもそも勉強する気がないのか

| f | 2015/03/05 07:32 | URL |

fさん| 2015/03/04 22:08 |へ

>>難解な法律の条文を判り易く普通の日本語で説明する際に、自転車についてだけ、「寄つて」という文言が必要ですか?
>文章を分かりやすくのには「簡単に理解できる文章の形にする」必要と「誰が読んでも元の文との解釈が一致させられる文章内容にする」必要があると思う。

質問に対する回答となっていません。

改めて、お聞きしましょう。

自動車については、左側に「寄つて」通行としなくても良いのですか?


>あなたの説明だと私が誤解したような内容に考える人も出る可能性があるのでこの場合は「寄つて」の状況を説明する文言が必要になると思うよ

以前、fさんと同様に誤解した悔しさからか、得意げに小学生に左端歩行と左端に「寄つて」歩行の実験をした方もいらっしゃいました。

左端は30センチ以内だ、「寄つて」1メートル超だとうれしそうでした。

横幅60センチの自転車が左端30センチ以内を通行すれば、ハンドルを持つ手が歩道のガードレールに接触して擦り傷だらけになってしまいます。

渋滞のクルマの列の左側を「すり抜け」る際には、1メートル超の通行空間などありません。

屁理屈を捏ねてやろうと躍起になっている方々のいう可能性など、世捨人さんの提言と同レベルで読む価値なしです。


>>2択で質問してくること自体に疑問を感じます。
>もしこの二択が「ライン」と「空間」って表現した部分の質問なら考え方の違いをはっきりさせるために2つの表現を用意しただけなんで、気に入らなかったらそれでいいよ

ピンポイントで反論出来そうなところだけ、反論にならない反論して誤魔化そうとするとは、情けない限りです。

そもそもふらつくことを前提としていて、横幅60センチとスマートとはいえ一定の横幅のある自転車が「歩道と車道の境界ぎりぎりのラインを走る」ことは物理的に不可能でしょう。

ハンドルを街路樹や電柱等々にぶつけながらも、「歩道と車道の境界ぎりぎりのラインを走る」ことが出来ると頑張るのであれば、それはそれで構いませんが、実態としては、車道外側線の外側は、「側溝のふたなどの車両の通行に適さない箇所」となっているものですし、ハンドルを街路樹や電柱等々にぶつけるということは明らかに「車両の通行に適さない箇所」に該当します。


>>まずは、自転車に乗ることです。
>どうでもいいけど一応返信しとくと、一応毎日自転車には乗ってるし、趣味でツーリングもしてる。県警主催の交通安全試験(筆記・実技)も実技ワンミス以外は満点だったよ。ただし、警察の方でもライン(車道外側線など)の細かな違いとかは解説してなかったけどね

結局Fさんが満点に届かなかったことなど、はげおやじさんの輝かしい経歴や世捨人さんのゴールド免許と同レベルで、本当にどうでも良い事です。

本当に自転車に乗っていれば、警察に教わらなくても2択の質問で誤魔化したりしないものです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/05 09:21 | URL |

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/05 09:21 |へ

一応確認してほしいんだけど今までの質問は「分かりやすくするのに左端通行という表現を用いるのはおかしいのではないか?」って疑問から来てるってことを忘れないでほしい。一応ね

>自動車については、左側に「寄つて」通行としなくても良いのですか?

個人的には自動車の走行方法を簡単に説明をするときは「寄つて」の表現は必要ないと思う。代わりに17条を引用して「左側」がどこであるのかを一度定義してあげてから説明するべきだと思うな

道交法17条から
4  車両は、道路(歩道等と車道の区別のある道路においては、車道。以下第九節の二までにおいて同じ。)の中央(軌道が道路の側端に寄つて設けられている場合においては当該道路の軌道敷を除いた部分の中央とし、道路標識等による中央線が設けられているときはその中央線の設けられた道路の部分を中央とする。以下同じ。)から左の部分(以下「左側部分」という。)を通行しなければならない。

「左側に寄つて」は車両通行帯が設けられてない場合に定められていて、具体的な走行ラインが定められていないので「中央線から左側の範囲を走行する」という表現でほぼ間違いないと思うよ。
一方、軽車両の場合は「左側端」(左側端の具体的な場所は前に話し合った通りだから割愛させてもらうよ)という明確な走行ラインの目安が設定されている。ここであなたのように「左端走行」と表現すると左側端ギリギリを走行することだと解釈することができる(現実的に考えたらあり得ないけど文面上ではそう解釈することも可能)。なのでこの場合は「左側端」に「寄つて」走行するという内容にして「必ずしも左側端ギリギリを走らなければならないわけではない」ということを明確にして語弊を招きづらいようにする必要があるかな。

>ピンポイントで反論出来そうなところだけ、反論にならない反論して誤魔化そうとするとは、情けない限りです。
>そもそもふらつくことを前提としていて、横幅60センチとスマートとはいえ一定の横幅のある自転車が「歩道と車道の境界ぎりぎりのラインを走る」ことは物理的に不可能でしょう。

うん、現実的にはほぼ不可能だけど文面上では「左端走行」はさっき書いたとおり左側端ギリギリを走行することだと解釈することもできるので、一度どっちの考え方だったのか聞いておく必要があったから二つの表現を用意したの
それに法律の文面は常識的な前提(前もって法律上で定義された前提を除く)が無くても内容を把握できるようにしてなきゃならないから「物理的に考えて不可能」などの前提が入らないように慎重に言葉を選んで要約する必要があると思うの

| f | 2015/03/05 19:43 | URL |

こじま→こじさん
こじ→旧こじさん
旧こじ→名前なしで返信

なんで、こうまで相手の名前を間違えたがるんだろ?
無礼すぎるし、小学生並みの対応ですね。

| 自転車は歩道 | 2015/03/05 21:44 | URL |

fさん| 2015/03/05 19:43 |へ

>一応確認してほしいんだけど今までの質問は「分かりやすくするのに左端通行という表現を用いるのはおかしいのではないか?」って疑問から来てるってことを忘れないでほしい。一応ね

道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法で、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。

何らおかしくありませんよ。

今までの的外れな質問は、ただただ、道路交通法について勉強不足のfさんが恥を晒しているだけです。


>>自動車については、左側に「寄つて」通行としなくても良いのですか?
>個人的には自動車の走行方法を簡単に説明をするときは「寄つて」の表現は必要ないと思う。代わりに17条を引用して「左側」がどこであるのかを一度定義してあげてから説明するべきだと思うな 道交法17条から 4  車両は、道路(歩道等と車道の区別のある道路においては、車道。以下第九節の二までにおいて同じ。)の中央(軌道が道路の側端に寄つて設けられている場合においては当該道路の軌道敷を除いた部分の中央とし、道路標識等による中央線が設けられているときはその中央線の設けられた道路の部分を中央とする。以下同じ。)から左の部分(以下「左側部分」という。)を通行しなければならない。 「左側に寄つて」は車両通行帯が設けられてない場合に定められていて、具体的な走行ラインが定められていないので「中央線から左側の範囲を走行する」という表現でほぼ間違いないと思うよ。一方、軽車両の場合は「左側端」(左側端の具体的な場所は前に話し合った通りだから割愛させてもらうよ)という明確な走行ラインの目安が設定されている。ここであなたのように「左端走行」と表現すると左側端ギリギリを走行することだと解釈することができる(現実的に考えたらあり得ないけど文面上ではそう解釈することも可能)。なのでこの場合は「左側端」に「寄つて」走行するという内容にして「必ずしも左側端ギリギリを走らなければならないわけではない」ということを明確にして語弊を招きづらいようにする必要があるかな。

「個人的な思いでほぼ間違いないと思うな」などと誤魔化しても無駄です。

自動車の左側通行について「寄つて」を省いてしまうと、第十七条(通行区分)と第十八条(左側寄り通行等)が被ってしまいます。

自動車の走行ラインについて何たら公益法人の解説等でお勉強し直すことです。

逆に、左「側」通行している自転車は物理的に左(側)端に「寄つて」しか通行出来ないので、走行ラインの目安は明確であり、「側」や「寄つて」を省いて、左端通行としても何ら問題ありません。


>>ピンポイントで反論出来そうなところだけ、反論にならない反論して誤魔化そうとするとは、情けない限りです。そもそもふらつくことを前提としていて、横幅60センチとスマートとはいえ一定の横幅のある自転車が「歩道と車道の境界ぎりぎりのラインを走る」ことは物理的に不可能でしょう。
>うん、現実的にはほぼ不可能だけど文面上では「左端走行」はさっき書いたとおり左側端ギリギリを走行することだと解釈することもできるので、一度どっちの考え方だったのか聞いておく必要があったから二つの表現を用意したの それに法律の文面は常識的な前提(前もって法律上で定義された前提を除く)が無くても内容を把握できるようにしてなきゃならないから「物理的に考えて不可能」などの前提が入らないように慎重に言葉を選んで要約する必要があると思うの

主権者たる国民の代表者が国会で定める法律は、主権者たる国民に対して出来ないことを求めたりはしません。

法律は極々当たり前の常識的な前提に沿ったものです。

そうでなければ、主権者たる国民が受け入れることが出来ません。

「考えるまでも無く物理的に不可能」なことを非常識的な前提として屁理屈を捏ね回して解釈出来るなどと強弁して誤魔化しても無駄です。

fさんは道路交通法の理解が不十分なだけです。

道路交通法が真っ当な内容であることを体感するためにも、fさんは、まず、自転車に乗ることです。

それからです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/06 01:23 | URL |

>下ハンを正しく握れば正常にブレーキはかけられません。補助ブレーキとして、つま先を着地させて摩擦で制動するしかありませんね。

○「下ハンの正しい握り」を撮影してきてください。
一般的な正しい握りと齟齬がある可能性があります。

○「正常にブレーキをかける」って何?
正常じゃないブレーキの掛け方があるの?

○「補助ブレーキとして」ってことは、言外で「主ブレーキ」があることを認めてるよね?


~~~
>人力でスピードが安定しない自転車とクルマが共存するのはユートピアにすぎません。

○人力でもスピードは安定する状況もあれば、人力じゃなくてもスピードが安定しない状況もあるよ?
考えが足りてない。


~~~
>偏見は捨ててください。
>ゴールド免許を自慢されてもの困りものです。
>揚げ足取りは絶対におやめください。

おまいう


~~~
>仮免許の路上教習は法律で認められています。しっかり勉強してください。

じゃあ、法律で禁止もされてなければ、別に路上で練習したって良いって事だね。

~~~
>前方がよくみえない「下ハン」

いや、見えます。



~~~
>自転車の歩道走行は法律で担保されています。重く受け止め道路における交通の安全の確保に努めてください。
>法の不備をついて我が物顔で爆走する競技用自転車乗りに鉄槌(てっつい)をくだすときがきた、という認識です。

車道走行も法律で担保されています。(×不備)
重く受け止め道路における交通の安全の確保に努めます。



~~~
>「軽量化つ高速巡行」を犠牲にしてでも交通の安全の確保を優先してもらいたいのが、当ブログの一貫した主張です。

何かを犠牲にしていいなら、貴方の車利用の利便性も犠牲にしたらどうでしょうか?

| こじま | 2015/03/06 17:02 | URL |

Re: タイトルなし
ィさん

>(世)クルマはディスクブレーキやABSが標準装備されるなど、進歩がみられます。自転車が時代に取り残されている感は強いです。
>(ぃ(≠ィ))(略)古い技術を使ったままである。
>(世)一般公道を走行する限り、スピードレース用の装備は排除すべきでしょう。

①貴方が言った文脈を貴方から、覆してるね。
②F1もディスクブレーキです。


>(ぃ)現実には、本当は適材適所で装備や技術が使われているだけ
>(世)当ブログは日本国の道路交通法に準拠しているなか、各国の事情にあった安全政策が望ましいとの立場です。

「貴方の私的な考えにのみ適合した安全政策が望ましい」の間違いでは?

| ぃ | 2015/03/06 17:03 | URL |

Re: タイトルなし
旧こじさん

>私の意見には一切反論できない世捨人.ぐうの音も出ないのかな?

反論せんがための反論は不要です。

| 世捨人 | 2015/03/05 00:27 | URL |



いや、意見に名前付きで反論できてないのは貴方だし、それを指摘しただけだよ?
正面切って正当に主張できないなら、こんなブログは止めたら?

| こじま | 2015/03/06 17:04 | URL |

>難解な法文から、「(トロリーバスを除く。)」、「及び原動機付自転車」、「ただし、追越しをするとき、・・・又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。 」も、不要な修飾語として除いていますが、このことは、皆さん受け入れています。

「受け入れる」なんて誰も言ってないです。
言った証拠があるなら、出してみては?


「省略」した時点で「定めらた」とは言えないというのが指摘で、その例記として「左端」「左側端」等が対象に上がっている、というのが適切な文脈です。

| こじま | 2015/03/06 17:04 | URL |

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/06 01:23 |へ

①>自動車の左側通行について「寄つて」を省いてしまうと、第十七条(通行区分)と第十八条(左側寄り通行等)が被ってしまいます。
>自動車の走行ラインについて何たら公益法人の解説等でお勉強し直すことです。
>逆に、左「側」通行している自転車は物理的に左(側)端に「寄つて」しか通行出来ないので、走行ラインの目安は明確であり、「側」や「寄つて」を省いて、左端通行としても何ら問題ありません。

②>>法律は極々当たり前の常識的な前提に沿ったものです。

まとめて解説するとまず①の内容に関して別に内容が被るのが禁止されているわけじゃないし、逆にいえば少なくとも17条で「左側を通行しなければならない」という内容は保障されていることになる。
前々からいってるけど自転車の場合「左端を通行する」と表現すると「左端部上を通行する」とも解釈することができるため「寄つて」の状況を説明する文言が必要となる
次に②の内容に関して日本の法律の解釈おいては「文理解釈」といって文面上から把握できる内容のみを適用することが通例であり、文面上の情報のみで考えた際に状況や内容を把握できる内容でなければならない。なので「物理的に考えて」などという観点が入る余地はないように作られている

ついでに言うとまた別の、あなたがいうところの「なんたら法人」の左端通行についての解説があったよ

http://uso.jablaw.org/left_end

| f | 2015/03/06 17:56 | URL |

訂正:正しくは法人監修でした

| f | 2015/03/06 18:25 | URL |

>小生の個人的な解釈なるものを是非とも具体的に教えて頂きたいものですね。
>助言として楽しみにお待ちしています。

では、助言。

素直になりなさい。
それだけです。
それだけで十分です。

そして、三輪車からやりなおしなさい。

| BTAT | 2015/03/07 16:44 | URL |

こじまさん| 2015/03/06 17:04 |へ

>>難解な法文から、「(トロリーバスを除く。)」、「及び原動機付自転車」、「ただし、追越しをするとき、・・・又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。 」も、不要な修飾語として除いていますが、このことは、皆さん受け入れています。
>「受け入れる」なんて誰も言ってないです。言った証拠があるなら、出してみては?

日本語、大丈夫ですか?

受け入れ有無を問われない程に不要な修飾語だということです。


>「省略」した時点で「定めらた」とは言えないというのが指摘で、その例記として「左端」「左側端」等が対象に上がっている、というのが適切な文脈です。

文語体を口語体に、地方訛りを標準語に、ですます調をだである調に、そして難解な法律文言を平易な普通の日本語に、それぞれ変えることに個人的解釈など入る余地はありません。

今回の議論は、自動車の左側通行と自転車の左端通行とでは、トイレの順番待ちの列が異なることをご理解されていなかっただけのことです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/07 19:07 | URL |

f さん| 2015/03/06 17:56 |へ


①>>自動車の左側通行について「寄つて」を省いてしまうと、第十七条(通行区分)と第十八条(左側寄り通行等)が被ってしまいます。
>>自動車の走行ラインについて何たら公益法人の解説等でお勉強し直すことです。
>>逆に、左「側」通行している自転車は物理的に左(側)端に「寄つて」しか通行出来ないので、走行ラインの目安は明確であり、「側」や「寄つて」を省いて、左端通行としても何ら問題ありません。②>>法律は極々当たり前の常識的な前提に沿ったものです。
>まとめて解説するとまず①の内容に関して別に内容が被るのが禁止されているわけじゃないし、逆にいえば少なくとも17条で「左側を通行しなければならない」という内容は保障されていることになる。

内容が被るような条文は、国民の代表者が議論する国会を通すことは出来ません。
自動車の左側寄り通行についてはこのブログでも、車道3分割、4分割論として議論されていたとおり、センターライン付近を追越し空間として確保するためのルールです。


>前々からいってるけど自転車の場合「左端を通行する」と表現すると「左端部上を通行する」とも解釈することができるため「寄つて」の状況を説明する文言が必要となる。次に②の内容に関して日本の法律の解釈おいては「文理解釈」といって文面上から把握できる内容のみを適用することが通例であり、文面上の情報のみで考えた際に状況や内容を把握できる内容でなければならない。なので「物理的に考えて」などという観点が入る余地はないように作られている

「左端部上を通行する」ことが出来るのであれば、それはそれで構いません。
難解な法律の文言を「分かりやすく簡潔に」表現する際に、自転車に乗れば分かることをくどくどと説明する文言など全く不要です。


>ついでに言うとまた別の、あなたがいうところの「なんたら法人」の左端通行についての解説があったよ http://uso.jablaw.org/left_end訂正:正しくは法人監修でした|by fさん | 2015/03/06 18:25 |

自転車活用推進研究会VS公益社団法人自転車道路交通法研究会法務専門部会という面白過ぎるネタですね。

「引用している条文は、道路交通法第2条「第1項」「第8号」である。「道路交通法第2条8」という条文は存在しない。」という下らない揚げ足取りと、「あくまで「左側端に寄って」であり、決して「左端」ではない。・・・このような、自転車利用者を危険に陥れかねない思想は、自転車推進団体が決して発するべきではない。」大上段に構えた精神論はお笑いでしかありません。

法律は書いてあるとおりです。
あくまで左側端に「寄つて」であり、決して左側端に「寄って」ではない。
一方、難解な法律の文言を分かりやすく簡潔に不通の日本語でまとめれば「車道左端通行」で何ら問題ありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/08 05:54 | URL |

BTATさん | 2015/03/07 16:44 |へ

>>小生の個人的な解釈なるものを是非とも具体的に教えて頂きたいものですね。
>>助言として楽しみにお待ちしています。
>では、助言。 素直になりなさい。 それだけです。 それだけで十分です。 そして、三輪車からやりなおしなさい。

あれあれ、小生の個人的な解釈なるものは何処へ行ったのかな?

自動車の車道左側通行と自転車の車道左端通行の違いはご理解頂けましたか?

道路交通法をしっかりお勉強し直して、出直し下さい。

助言の一つとして、「左端」という言葉が使われている具体的な条文をお示し下さい。よろしくお願いします。

また、早い者順という万国共通のルールがあるからこそ、「お金」や「武器」が必要となり、「レディーファースト」が紳士の証となる点については、ご理解頂けたのでしょうか?

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/08 06:01 | URL |

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/08 05:54 |へ

>自動車の左側寄り通行についてはこのブログでも、車道3分割、4分割論として議論されていたとおり、センターライン付近を追越し空間として確保するためのルールです。

前にも言ったけど日本の法律は「文理解釈」を用いるのが通例で、文面上から把握できる情報のみを適用する。
17条ですでに「車両は左側を通行しなければならない」と定めてあるので、18条の「左側に寄つて」は17条の車両の通行区分における通行方法を保障(補強)する文面となる。(これは軽車両における「左側端に寄つて」も同様)また、この文面(17条、18条)は「車両別における通行区分とその利用方法」を定めた文言であり、この文面のいうところの法解釈上の自動車の左側寄り通行は、「センターライン付近を追越し空間として確保するためのルール」ではないし、これは解釈の一つにすぎない。

>難解な法律の文言を「分かりやすく簡潔に」表現する際に、自転車に乗れば分かることをくどくどと説明する文言など全く不要です。

「分かりやすく簡潔に」表現するからこそ文意を正しく表現する必要があり(特に法律に関しては顕著)、「自転車に乗れば分かるから不要」という理屈は「説明する」際に出る義務を果たさないことになる。分かりやすく簡潔に説明するには「簡単な言葉、文章形式だけ」で、「一般的常識などに頼らない」で、「文意、文章内容全てを、的確に伝える」ことが必要

>自転車活用推進研究会VS公益社団法人自転車道路交通法研究会法務専門部会という面白過ぎるネタですね。

そうだね、自転車を推進してる組織同士が喧嘩してるわけだからね。でも行政が認めた組織が唯の一研究会の言葉の誤用をきちんと指摘してる点はいいんじゃないかな

>「引用している条文は、道路交通法第2条「第1項」「第8号」である。「道路交通法第2条8」という条文は存在しない。」という下らない揚げ足取り

法律の誤用はいかんでしょ

>「あくまで「左側端に寄って」であり、決して「左端」ではない。・・・このような、自転車利用者を危険に陥れかねない思想は、自転車推進団体が決して発するべきではない。」大上段に構えた精神論はお笑いでしかありません。

「べきでない」と表現している否定的意見のどこが精神論なの?

>法律は書いてあるとおりです。
あくまで左側端に「寄つて」であり、決して左側端に「寄って」ではない。

ここですでに矛盾してるし(あくまで左側端に「寄つて」→左端に寄ることを示す、決して左端に「寄って」ではない→左端に寄ることではないことを示す  どっちだよ)法律にはあなたの言うような文面はないしこれに類する表現もないけど。
あと「寄って」てのは修正ミス?いちいち変換してから直すの大変だよね わかるわ



そもそも左端通行で十分通じるのなら一番その辺の表現に気を使うはずの交通関連の行政が左端通行の表現を使うはず、なんで使わないんだろうね?

| f | 2015/03/08 10:54 | URL |

>あれあれ、小生の個人的な解釈なるものは何処へ行ったのかな?

個人手会社であることについて、あれだけ言及したのに、何も答えない「逃亡者」は、だれだったかな?

>自動車の車道左側通行と自転車の車道左端通行の違いはご理解頂けましたか?」

アナタの「個人的解釈」であることは、理解しています。内容はスカスカであることも。

>道路交通法をしっかりお勉強し直して、出直し下さい。

アナタこそ、日本語の文章を正しく書くお勉強を「小学1年の国語ドリル」でしっかりお勉強し直してから、出直してください。

>助言の一つとして、「左端」という言葉が使われている具体的な条文をお示し下さい。よろしくお願いします。

道路応通報にお詳しいあなたにお任せいたします。アナタが探せないのなら、アナタの自転車は、~道路交通法に・・・定められている。」という文章が、アナタの個人的解釈であることを証明することになります。
がんばれ!

>また、早い者順という万国共通のルールがあるからこそ、「お金」や「武器」が必要となり、「レディーファースト」が紳士の証となる点については、ご理解頂けたのでしょうか?

あらあら、私が、万国共通ルールでないことを示したのに、「万国共通ルールだ」と、かたくなな態度でいるのは、見苦しいですよ。
私は万国共通ルールでないことを示したわけですから、アナタは、万国共通ルールであることを証明する義務がありますよ。

がんばれ!夜郎自大の道化師

| BTAT | 2015/03/08 11:46 | URL |

fさん| 2015/03/08 10:54 |へ

>>自動車の左側寄り通行についてはこのブログでも、車道3分割、4分割論として議論されていたとおり、センターライン付近を追越し空間として確保するためのルールです。
>前にも言ったけど日本の法律は「文理解釈」を用いるのが通例で、文面上から把握できる情報のみを適用する。

では、法律は書いてあるとおりですので、仰る通り第十八条の「ただし」書部分についてもしっかり確認してみて下さい。

(左側寄り通行等)
第十八条  車両は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。ただし、追越しをするとき、第二十五条第二項若しくは第三十四条第二項若しくは第四項の規定により道路の中央若しくは右側端に寄るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。

(道路外に出る場合の方法)
第二十五条  第二項  車両(軽車両及びトロリーバスを除く。)は、道路外に出るため右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の中央(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路の右側端)に寄り、かつ、徐行しなければならない。

(左折又は右折)
第三十四条  第二項  自動車、原動機付自転車又はトロリーバスは、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の中央に寄り、かつ、交差点の中心の直近の内側(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分)を徐行しなければならない。
第四項 自動車は、一方通行となつている道路において右折するときは、第二項の規定にかかわらず、あらかじめその前からできる限り道路の右側端に寄り、かつ、交差点の中心の内側(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分)を徐行しなければならない。

>17条ですでに「車両は左側を通行しなければならない」と定めてあるので、18条の「左側に寄つて」は17条の車両の通行区分における通行方法を保障(補強)する文面となる。(これは軽車両における「左側端に寄つて」も同様)また、この文面(17条、18条)は「車両別における通行区分とその利用方法」を定めた文言であり、この文面のいうところの法解釈上の自動車の左側寄り通行は、「センターライン付近を追越し空間として確保するためのルール」ではないし、これは解釈の一つにすぎない。

上述のとおり、右折レーンや追越し車線があろうがなかろうが、右折車両や追越車両は「あらかじめその前からできる限り道路の中央(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路の右側端)に寄り、かつ、徐行しなければならない。」のです。

つまり、右折車両や追越し車両が道路の中央付近を徐行できるように、第十八条で自動車は車道左側「に寄つて」通行しなければならない、と定めているのです。
車道通行や左側部分通行や安全地帯といった第17条の通行区分とは全く異なります。

(通行区分)
第十七条  4  車両は、道路の中央から左の部分(以下「左側部分」という。)を通行しなければならない。


>>難解な法律の文言を「分かりやすく簡潔に」表現する際に、自転車に乗れば分かることをくどくどと説明する文言など全く不要です。
>「分かりやすく簡潔に」表現するからこそ文意を正しく表現する必要があり(特に法律に関しては顕著)、「自転車に乗れば分かるから不要」という理屈は「説明する」際に出る義務を果たさないことになる。分かりやすく簡潔に説明するには「簡単な言葉、文章形式だけ」で、「一般的常識などに頼らない」で、「文意、文章内容全てを、的確に伝える」ことが必要

自転車に乗れば判ることについて、説明する義務などないでしょう。

一般的常識に頼るまでもなく、自転車は車道左端を通行するものです。


>>NPO法人自転車活用推進研究会VS公益社団法人自転車道路交通法研究会法務専門部会という面白過ぎるネタですね。
>そうだね、自転車を推進してる組織同士が喧嘩してるわけだからね。でも行政が認めた組織が唯の一研究会の言葉の誤用をきちんと指摘してる点はいいんじゃないかな

左端通行については、大風呂敷の大言壮語だったり、重箱の隅だったり、どうでも良いような揚げ足取りに過ぎません。

一方、車道左側通行については、上述のとおり道路交通法第17条が定めており、行政が認めた組織の指摘が明らかに誤っています。


>>「引用している条文は、道路交通法第2条「第1項」「第8号」である。「道路交通法第2条8」という条文は存在しない。」という下らない揚げ足取り
>法律の誤用はいかんでしょ

仰る通りですが、道路交通法第2条「第1項」「第8号」であることが、容易に一般的常識に頼るまでもなく伝わっていますので何ら問題ありません。


>>「あくまで「左側端に寄って」であり、決して「左端」ではない。・・・このような、自転車利用者を危険に陥れかねない思想は、自転車推進団体が決して発するべきではない。」大上段に構えた精神論はお笑いでしかありません。
>「べきでない」と表現している否定的意見のどこが精神論なの?

歩道通行自転車を車道(左端)に下ろそうという「思想」であり、自転車に乗っていれば誰もが実感する優先順位です。

何ら問題ありません。


>>法律は書いてあるとおりです。
あくまで左側端に「寄つて」であり、決して左側端に「寄って」ではない。
>ここですでに矛盾してるし(あくまで左側端に「寄つて」→左端に寄ることを示す、決して左端に「寄って」ではない→左端に寄ることではないことを示す どっちだよ)法律にはあなたの言うような文面はないしこれに類する表現もないけど。あと「寄って」てのは修正ミス?いちいち変換してから直すの大変だよねわかるわ

「左側端に寄って」は、あくまで「行政が認めた組織の言葉の誤用」であり、決して「唯の一研究会の言葉の誤用」ではない。


>そもそも左端通行で十分通じるのなら一番その辺の表現に気を使うはずの交通関連の行政が左端通行の表現を使うはず、なんで使わないんだろうね?

何故、法律の文言が難解になるのか、是非とも、fさんご自身でお調べ下さい。

楽しみです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/09 16:53 | URL |

BTATさん| 2015/03/08 11:46 |へ

>>あれあれ、小生の個人的な解釈なるものは何処へ行ったのかな?
>個人手会社であることについて、あれだけ言及したのに、何も答えない「逃亡者」は、だれだったかな?

個人手会社? しっかりして下さい。

具体的に「小生の個人的解釈」とやらをお示し下さい。

何処にどういう風に「小生の個人的解釈」が入っているのでしょう。

楽しみです。

まあ、BTATさんからの回答でも構いませんよ。


>>自動車の車道左側通行と自転車の車道左端通行の違いはご理解頂けましたか?」
>アナタの「個人的解釈」であることは、理解しています。内容はスカスカであることも。

あれあれ、誤魔化してますね。

自動車と自転車の条文を勘違いされていたのは、BTATさんですよ。


>>道路交通法をしっかりお勉強し直して、出直し下さい。
>アナタこそ、日本語の文章を正しく書くお勉強を「小学1年の国語ドリル」でしっかりお勉強し直してから、出直してください。

誤魔化して挑発しても無駄ですよ

車道左側と車道左端を勘違いしていたのは、BTATさんご自身ですよ。


>>助言の一つとして、「左端」という言葉が使われている具体的な条文をお示し下さい。よろしくお願いします。
>道路応通報にお詳しいあなたにお任せいたします。アナタが探せないのなら、アナタの自転車は、~道路交通法に・・・定められている。」という文章が、アナタの個人的解釈であることを証明することになります。 がんばれ!

道路応通報? しっかりして下さい。

「さて、道路交通法には、他の条文で「左端」という言葉があります。」(byBTATさん| 2015/02/27 19:05 )と仰っていたのは、BTATさんご本人です。

「ここで、「左端」という言葉を使わなかったのは、「道路の左側によって」の意味するところが「左端」ではないということです。法律用語は、とても厳格に規定されているものです。個人的な解釈が入る余地はありません。(でないと、裁判になりません。)ですから、「違うんでないかい?」とコメントしたわけです。」とまで仰っていました。

頑張って下さい。


>>また、早い者順という万国共通のルールがあるからこそ、「お金」や「武器」が必要となり、「レディーファースト」が紳士の証となる点については、ご理解頂けたのでしょうか?
>あらあら、私が、万国共通ルールでないことを示したのに、「万国共通ルールだ」と、かたくなな態度でいるのは、見苦しいですよ。私は万国共通ルールでないことを示したわけですから、アナタは、万国共通ルールであることを証明する義務がありますよ。 がんばれ!夜郎自大の道化師

あれあれ、違うんでないかい?

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/09 17:52 | URL |

>何処にどういう風に「小生の個人的解釈」が入っているのでしょう。

さんざん指摘したのに、相変わらずすっとぼけデスね。

まあ、BTATさんからの回答でも構いませんよ。



>「ここで、「左端」という言葉を使わなかったのは、「道路の左側によって」の意味するところが「左端」ではないということです。法律用語は、とても厳格に規定されているものです。個人的な解釈が入る余地はありません。(でないと、裁判になりません。)ですから、「違うんでないかい?」とコメントしたわけです。」とまで仰っていました。

この件に関しては、ときどきさんにお任せいたしました。ガンバッテください。

>あれあれ、違うんでないかい?

ガンバッテ証明ください。

| BTAT | 2015/03/09 19:18 | URL |

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/09 16:53 |へ


>では、法律は書いてあるとおりですので、仰る通り第十八条の「ただし」書部分についてもしっかり確認してみて下さい。

「ただし」から始まり、「この限りではない」と表記されている時点でこの文章の要旨は「車両別の通行方法」であり、「ただし」以降はこの要旨の例外を示しているだけの文章ですよ。25条・34条はともにこの例外のケースにおける通行方法を示しているだけです。


>上述のとおり、右折レーンや追越し車線があろうがなかろうが、右折車両や追越車両は「あらかじめその前からできる限り道路の中央(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路の右側端)に寄り、かつ、徐行しなければならない。」のです。
つまり、右折車両や追越し車両が道路の中央付近を徐行できるように、第十八条で自動車は車道左側「に寄つて」通行しなければならない、と定めているのです。

18条は車両通行帯の設けられていない場合の基本的な車両の通行方法を定めた条文であって追い越しや右折車両のために作られた条文ではありません。(道交法の運用過程でこの条文が実質的にこれらの車両の利益になっているだけに過ぎません)あくまで、「例外」として25条・34条のケースを18条の適用範囲から除くとしただけです。あなたのいう18条の目的は解釈の一つでしかありませんよ。


>自転車に乗れば判ることについて、説明する義務などないでしょう。
一般的常識に頼るまでもなく、自転車は車道左端を通行するものです。

「自転車に乗れば分かること」は逆にいえば「自転車に乗らなければ分からない」ということでもあります。「説明する」ということはある事柄を示した文をどんな人にでも分かるように書き換える必要があるということなので(もちろんあらかじめ定義された用語を用いるなどの例外もありますが)自転車に乗らなければ分からないことを不要として省いていい訳はありません(前にも言いましたが法解釈においてはこれが顕著)。というかそもそも乗らなければ分からないならそれは一般的ですらなければ、常識でもありません。このブログの別記事であなたは物理で用いられるアルファベットの意味と公式の意味を尋ねていましたね?あれも「物理を学んだ者ならわかること」であり、逆にいえば「物理を学んでいなければ分からないこと」でもありますから、本来ならばそれぞれに解説を設けるなどの対策をとるべきです。(まぁあれに限ってはあなたが具体的な公式の提示を求めたのですから基礎知識は知ってて当然という流れが自然でしょう)法律においては文章上で全て内容がわかるように作られているため、あなたのいう「自転車に乗れば分かることだから不要な表現である」という意見は法律を説明する上で不適切です



>左端通行については、大風呂敷の大言壮語だったり、重箱の隅だったり、どうでも良いような揚げ足取りに過ぎません。
一方、車道左側通行については、上述のとおり道路交通法第17条が定めており、行政が認めた組織の指摘が明らかに誤っています。

法律はその重箱の隅をつつけないように可能な限り用いる言葉を吟味して用いています。それを誤用するということはそうして作られた文に解釈の相違の原因を作ってしまうということになります。ですから揚げ足取りのできる誤用を用いた側に問題があると言えます。
また、危険性の例に関しても全く起きていないとも言えないので別に大言壮語ではありません(頻発しているなどの表現があれば言えるかもしれないが)。
加えて、車道左「側」通行に対する指摘はありませんよ。


>仰る通りですが、道路交通法第2条「第1項」「第8号」であることが、容易に一般的常識に頼るまでもなく伝わっていますので何ら問題ありません。

それは法令の基本形式が一般的常識に頼るまでもなく全国民に伝わっているということですか?100%言いきれるのであれば問題ありませんが言いきれないでしょう(まさか道路交通法に限っては伝わっているからなどと言わないでしょうね)。またいつもの文理解釈を用いればこの文面ではこの条には複数の項が無い条であるとも解釈できますよ。2条に関しては第3項まであります


>「左側端に寄って」は、あくまで「行政が認めた組織の言葉の誤用」であり、決して「唯の一研究会の言葉の誤用」ではない。

あなたは「法律に書いてある通り」としてこの表現を用いましたが、例のページでは通行位置の解説としてこの表現を用いているため正しい表現といえるでしょう。
むしろそう言われてしまうと『あくまで左側端に「寄つて」』の方の表現に疑問が生じます



>何故、法律の文言が難解になるのか、是非とも、fさんご自身でお調べ下さい。

これこそ誤魔化しでしょう。そもそも法律の文言が難解になる理由を調べても行政機関が「左端通行」ではなく「左側通行」を用いる理由にはたどり着きませんよ。左端通行も左側通行も法解釈上での表現にすぎませんから。ただ左側通行を用いていることについて言えるとしたら条文から考えると左端では左端を通行するという解釈が可能ですが左端以外の個所を走ることができると解釈することは難しいと言えます。一方左側なら左側がどこかも定めてありますし、18条に定められた「左側端に寄つて」の走行範囲も左側の一部ですからこの表現の指定する範囲を満たします。ですから、この二つを比較すると左側通行の方が条文に即していると言える。ということでしょうか

| f | 2015/03/09 19:31 | URL |

BTATさん| 2015/03/09 19:18 |へ

>>何処にどういう風に「小生の個人的解釈」が入っているのでしょう。
>さんざん指摘したのに、相変わらずすっとぼけデスね。まあ、BTATさんからの回答でも構いませんよ。?

難解な法律の文言を判り易く簡潔な言葉で表せば、

道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法で、自転車は
車道左端を通行しなければならない、と定められています。

何処にも小生の個人的解釈などありません。


>>「ここで、「左端」という言葉を使わなかったのは、「道路の左側によって」の意味するところが「左端」ではないということです。法律用語は、とても厳格に規定されているものです。個人的な解釈が入る余地はありません。(でないと、裁判になりません。)ですから、「違うんでないかい?」とコメントしたわけです。」とまで仰っていました。
>この件に関しては、ときどきさんにお任せいたしました。ガンバッテください。

結局、道路交通法に「左端」という文言はなく、車道の「左側端に寄つて」を簡潔に「左端」としても何ら問題ないという結論ですね。

良かった。

良かった。


>>あれあれ、違うんでないかい?
>ガンバッテ証明ください。

BTATさんは、違うんでないかい?

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/09 19:35 | URL |

サイクリング禁止反対

|世捨人|2015/02/25 00:54|付へ.

>当ブログで主張する「歩道内自転車道整備」は,舛添都知事も理解しているでしょう.

|世捨人|が何と言おうが,私は基本的に自転車で車道左側通行を貫く方針である.

どうせ舛添も世界の自転車を解っていないから,自転車の交通ルールの正常化を骨抜きにしようとしているのだ.自転車の機能を殺そうとする政治家の人物に肩書も敬称も付けたくない.

| マイロネフ | 2015/03/09 19:57 | URL | ≫ EDIT

>法律は書いてあるとおりです。
>あくまで左側端に「寄つて」であり、決して左側端に「寄って」ではない。
>一方、難解な法律の文言を分かりやすく簡潔に不通の日本語でまとめれば「車道左端通行」で何ら問題ありません。

この3文だけで矛盾してますよね・・・と思ったら結語表現がいままでとは全然違いますね.
最初から「まとめれば」って書けないあたりが,「考えなし書いてる」という印象の所以です.

どうも,返答しながら結語表現を徐々に変化させていくのが常套手段のようですね.

前:~と定めてある
後:まとめれば~であり,問題ない.

まぁ,そんな事指摘するまでもなく,貴方の言う事に対して既に読み手から信頼・信用が無いようです.

| こじま | 2015/03/09 21:09 | URL |

不通の日本語 って‥確かに不通だな(この人には)

| 自転車は歩道 | 2015/03/09 21:24 | URL |

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/09 16:53 |へ

まだ答えてなかった文言があったので追記しておきますね

>歩道通行自転車を車道(左端)に下ろそうという「思想」であり、自転車に乗っていれば誰もが実感する優先順位です。
何ら問題ありません。

車道走行に関しての法律を解説しているところでなぜ歩道通行自転車が登場するのでしょうか

>一方、車道左側通行については、上述のとおり道路交通法第17条が定めており、行政が認めた組織の指摘が明らかに誤っています。

確認しなおしましたが、もしかして同じサイト内の別ページの事ですか?「自転車の」が抜けていますよ。それにそのことならページの解説通りであっていますよ。17条は車両全般における通行区分ですから「自転車の」車道通行方法は18条の「左側端に寄つて」がこれにあたります

| f | 2015/03/09 22:28 | URL |

自らの主張に自身がないからといって、しょ~も無いことをコメントした道化師さんへ。

>さんざん指摘したのに、相変わらずすっとぼけデスね。まあ、BTATさんからの回答でも構いませんよ。?

これって、なんだろう。
まさか、変換ミスをバカにした人のしたことではないですよね?
そんなわけはありませんよね?
他人のミスをあげつらう方は、そのようなミスはするはずがありませんよね。

ところで、

>何処にも小生の個人的解釈などありません。

とのことですが、プロフェッサーギル(だったかな?)の笛が聞こえてきて、苦しんでいませんか?

>結局、道路交通法に「左端」という文言はなく、車道の「左側端に寄つて」を簡潔に「左端」としても何ら問題ないという結論ですね。

いえいえ、道路交通法から、あなたが「個人的解釈」をしていないとするなら、あなたが、「左端」があることを証明しなければならないのですよ。もう、このことは、あなたの問題ですから。
さあ、がんばりましょう。できないのなら、貴方は、道路交通法を個人的に解釈し、「道路交通法に定めている」と謝ったコメントをしたことになります。
しっかりと答えてください。

>BTATさんは、違うんでないかい?

私は、貴方の主張に反証しました。でも貴方は、反証できていません。
具体的事実を示して、しっかり反証しましょう。それが、「議論」というものです。まともな「議論」ができないのですか?

がんばれ!

| BTAT | 2015/03/09 22:29 | URL |

BTATさん| 2015/03/09 22:29 |へ

>自らの主張に自身がないからといって、しょ~も無いことをコメントした道化師さんへ。

自身?

自信ですかね。


>「さんざん指摘したのに、相変わらずすっとぼけデスね。まあ、BTATさんからの回答でも構いませんよ。?」これって、なんだろう。 まさか、変換ミスをバカにした人のしたことではないですよね?そんなわけはありませんよね?他人のミスをあげつらう方は、そのようなミスはするはずがありませんよね。

BTATさんご自身の発言です。


>ところで、

>「何処にも小生の個人的解釈などありません。」とのことですが、プロフェッサーギル(だったかな?)の笛が聞こえてきて、苦しんでいませんか?

意味不明です。

人造人間キカイダーが不完全な「良心回路」を持つため、プロフェッサー・ギルの笛の音が鳴ると、良心と指令の板ばさみになり苦しみ出す。という変身もののあるある情報のようですが、小生には板挟みも苦しみも何らありませんよ。


>>結局、道路交通法に「左端」という文言はなく、車道の「左側端に寄つて」を簡潔に「左端」としても何ら問題ないという結論ですね。
>いえいえ、道路交通法から、あなたが「個人的解釈」をしていないとするなら、あなたが、「左端」があることを証明しなければならないのですよ。もう、このことは、あなたの問題ですから。さあ、がんばりましょう。できないのなら、貴方は、道路交通法を個人的に解釈し、「道路交通法に定めている」と謝ったコメントをしたことになります。しっかりと答えてください。

道路交通法にある「軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。」を判り易く簡潔に普通の日本語で「自転車は車道左端を通行しなければならない。」としただけのことです。

小生の個人的解釈など入る余地はありません。

(左側寄り通行等)
第十八条  車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。ただし、追越しをするとき、第二十五条第二項若しくは第三十四条第二項若しくは第四項の規定により道路の中央若しくは右側端に寄るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。

>>BTATさんは、違うんでないかい?
>私は、貴方の主張に反証しました。でも貴方は、反証できていません。具体的事実を示して、しっかり反証しましょう。それが、「議論」というものです。まともな「議論」ができないのですか?がんばれ!

道路交通法に「左端」という文言があると言い出したのは、BTATさんご自身ですよ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/10 09:40 | URL |

f さん| 2015/03/09 19:31 |へ

>>では、法律は書いてあるとおりですので、仰る通り第十八条の「ただし」書部分についてもしっかり確認してみて下さい。
>「ただし」から始まり、「この限りではない」と表記されている時点でこの文章の要旨は「車両別の通行方法」であり、「ただし」以降はこの要旨の例外を示しているだけの文章ですよ。25条・34条はともにこの例外のケースにおける通行方法を示しているだけです。

すなわち、第十七条は「通行区分」であり、第十八条は「車両別の通行方法」だということですね。
・「左側に寄つて」は車両通行帯が設けられてない場合に定められていて、具体的な走行ラインが定められていないので「中央線から左側の範囲を走行する」という表現でほぼ間違いないと思うよ。
・内容が被るのが禁止されているわけじゃないし
などというfさんご自身の個人的解釈は誤りであると認められたということですね。
良かった
良かった。


>>上述のとおり、右折レーンや追越し車線があろうがなかろうが、右折車両や追越車両は「あらかじめその前からできる限り道路の中央(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路の右側端)に寄り、かつ、徐行しなければならない。」のです。
つまり、右折車両や追越し車両が道路の中央付近を徐行できるように、第十八条で自動車は車道左側「に寄つて」通行しなければならない、と定めているのです。
>18条は車両通行帯の設けられていない場合の基本的な車両の通行方法を定めた条文であって追い越しや右折車両のために作られた条文ではありません。(道交法の運用過程でこの条文が実質的にこれらの車両の利益になっているだけに過ぎません)あくまで、「例外」として25条・34条のケースを18条の適用範囲から除くとしただけです。あなたのいう18条の目的は解釈の一つでしかありませんよ。

より簡単で判り易い18条の目的は、対向車両との正面衝突の防止です。
居眠りや脇見やハンドル操作ミスなどの万々一の場合にも深刻な結果をもたらさないように、自動車は、17条で区分された道路の左側部分を通行し、更に、18条で通行方法として、「左側に寄つて」通行しなければならない、とされているのです。


>>自転車に乗れば判ることについて、説明する義務などないでしょう。一般的常識に頼るまでもなく、自転車は車道左端を通行するものです。
>「自転車に乗れば分かること」は逆にいえば「自転車に乗らなければ分からない」ということでもあります。「説明する」ということはある事柄を示した文をどんな人にでも分かるように書き換える必要があるということなので(もちろんあらかじめ定義された用語を用いるなどの例外もありますが)自転車に乗らなければ分からないことを不要として省いていい訳はありません(前にも言いましたが法解釈においてはこれが顕著)。というかそもそも乗らなければ分からないならそれは一般的ですらなければ、常識でもありません。このブログの別記事であなたは物理で用いられるアルファベットの意味と公式の意味を尋ねていましたね?あれも「物理を学んだ者ならわかること」であり、逆にいえば「物理を学んでいなければ分からないこと」でもありますから、本来ならばそれぞれに解説を設けるなどの対策をとるべきです。(まぁあれに限ってはあなたが具体的な公式の提示を求めたのですから基礎知識は知ってて当然という流れが自然でしょう)法律においては文章上で全て内容がわかるように作られているため、あなたのいう「自転車に乗れば分かることだから不要な表現である」という意見は法律を説明する上で不適切です

適切か不適切かという微妙な価値判断にまで譲歩いただいたということですかね。
法律は書いてあるとおりです。
文言が全てです。
だからこそ、論理的、抽象的で難解にならざるを得ません。
一方で、難解な法律の文言を、誰にでも判り易く簡潔に平易に表現する際に、現実には物理的に不可能な事、実態として有り得ないこと、誰にでも判ることを省略しても何ら問題ありません。

道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法第18条では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定めているのです。


>>左端通行については、大風呂敷の大言壮語だったり、重箱の隅だったり、どうでも良いような揚げ足取りに過ぎません。一方、車道左側通行については、上述のとおり道路交通法第17条が定めており、行政が認めた組織の指摘が明らかに誤っています。
>法律はその重箱の隅をつつけないように可能な限り用いる言葉を吟味して用いています。それを誤用するということはそうして作られた文に解釈の相違の原因を作ってしまうということになります。ですから揚げ足取りのできる誤用を用いた側に問題があると言えます。

「可能な限り」と予防線を張っていては、説得力に欠けますね。
結局、程度論に過ぎません。
下らない揚げ足を取ることで、行政が認めた組織の程度が知れるということです。


>また、危険性の例に関しても全く起きていないとも言えないので別に大言壮語ではありません(頻発しているなどの表現があれば言えるかもしれないが)。

論理的であるべき法律の解釈の指摘に「思想」などという言葉を用いなければならない時点で、論理的な指摘となっていないということです。


>加えて、車道左「側」通行に対する指摘はありませんよ。

意味不明です。
行政が認めた組織が車道左「側」通行について明らかに道路交通法の条文の引用を誤っています。
これは、条・項・号の表現方法や「思想」といった指摘とはレベルが異なります。
行政が認めた組織の完敗です。


>>仰る通りですが、道路交通法第2条「第1項」「第8号」であることが、容易に一般的常識に頼るまでもなく伝わっていますので何ら問題ありません。
>それは法令の基本形式が一般的常識に頼るまでもなく全国民に伝わっているということですか?100%言いきれるのであれば問題ありませんが言いきれないでしょう(まさか道路交通法に限っては伝わっているからなどと言わないでしょうね)。またいつもの文理解釈を用いればこの文面ではこの条には複数の項が無い条であるとも解釈できますよ。2条に関しては第3項まであります

仰るとおりですが、第2条は、定義を並べているだけのことですから、第2条「第1項」「第8号」が無くても、第3項があろうがなかろうが、誰でも該当する文言に辿り着くことが出来ます。

ご心配には及びません。


>>「左側端に寄って」は、あくまで「行政が認めた組織の言葉の誤用」であり、決して「唯の一研究会の言葉の誤用」ではない。
>あなたは「法律に書いてある通り」としてこの表現を用いましたが、例のページでは通行位置の解説としてこの表現を用いているため正しい表現といえるでしょう。むしろそう言われてしまうと『あくまで左側端に「寄つて」』の方の表現に疑問が生じます

さて、どのような疑問でしょうか?
具体的に回答下さい。

単純にf さんが「つ」と「っ」の違いに気付かなかっただけのことでしょう。


>>何故、法律の文言が難解になるのか、是非とも、fさんご自身でお調べ下さい。
>これこそ誤魔化しでしょう。そもそも法律の文言が難解になる理由を調べても行政機関が「左端通行」ではなく「左側通行」を用いる理由にはたどり着きませんよ。左端通行も左側通行も法解釈上での表現にすぎませんから。ただ左側通行を用いていることについて言えるとしたら条文から考えると左端では左端を通行するという解釈が可能ですが左端以外の個所を走ることができると解釈することは難しいと言えます。一方左側なら左側がどこかも定めてありますし、18条に定められた「左側端に寄つて」の走行範囲も左側の一部ですからこの表現の指定する範囲を満たします。ですから、この二つを比較すると左側通行の方が条文に即していると言える。ということでしょうか

「左端通行」に対応する道路交通法の文言は「左側端に寄つて」通行です。
決して、「左側通行」ではありません。

条文の引用を誤るような「行政が認めた組織」の泥船に助け舟を出しても一緒に沈むだけですよ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/10 11:52 | URL |

fさん| 2015/03/09 22:28 |へ

>まだ答えてなかった文言があったので追記しておきますね

ご苦労様です。


>>歩道通行自転車を車道(左端)に下ろそうという「思想」であり、自転車に乗っていれば誰もが実感する優先順位です。何ら問題ありません。
>車道走行に関しての法律を解説しているところでなぜ歩道通行自転車が登場するのでしょうか

歩道から車道に下りてしまえば、左端に、寄るか寄らないか、寄れるか寄れないか、など議論する必要もないという「思想」だということです。


>>一方、車道左側通行については、上述のとおり道路交通法第17条が定めており、行政が認めた組織の指摘が明らかに誤っています。
>確認しなおしましたが、もしかして同じサイト内の別ページの事ですか?「自転車の」が抜けていますよ。それにそのことならページの解説通りであっていますよ。17条は車両全般における通行区分ですから「自転車の」車道通行方法は18条の「左側端に寄つて」がこれにあたります

自転車は、軽車両であり、車両ですので、「通行区分」としては、17条で「左側通行」とされています。

18条は「軽車両」の「通行方法」をさだめたもので、自転車は「軽車両」に含まれているということです。

17条は軽車両である自転車を含めた車両の車道左側通行に関して定めていますから「自転車の」は不要な修飾語です。

何を確認されたのでしょう。

しっかりして下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/10 13:18 | URL |

自転車は歩道さん| 2015/03/09 21:24 |へ

>不通の日本語 って‥確かに不通だな(この人には)

失礼しました。

普通のワープロミスです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/10 13:48 | URL |

こじまさん| 2015/03/09 21:09 |へ

>>法律は書いてあるとおりです。あくまで左側端に「寄つて」であり、決して左側端に「寄って」ではない。一方、難解な法律の文言を分かりやすく簡潔に不通の日本語でまとめれば「車道左端通行」で何ら問題ありません。
>この3文だけで矛盾してますよね・・・と思ったら結語表現がいままでとは全然違いますね.最初から「まとめれば」って書けないあたりが,「考えなし書いてる」という印象の所以です.どうも,返答しながら結語表現を徐々に変化させていくのが常套手段のようですね.前:~と定めてある 後:まとめれば~であり,問題ない. まぁ,そんな事指摘するまでもなく,貴方の言う事に対して既に読み手から信頼・信用が無いようです.

文脈が違えば、表現も変わるでしょう。
難解な法律の文言を分かりやすく簡潔に普通の日本語でまとめれば「車道左端通行」で何ら問題ありません。
道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。

小生の主張に何ら変わりはありませんし、何ら問題ありません。

こじまさんが出る幕ではありません。

残念でした。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/10 13:59 | URL |

マイロネフさん| 2015/03/09 19:57 |へ

>|世捨人|が何と言おうが,私は基本的に自転車で車道左側通行を貫く方針である.どうせ舛添も世界の自転車を解っていないから,自転車の交通ルールの正常化を骨抜きにしようとしているのだ.自転車の機能を殺そうとする政治家の人物に肩書も敬称も付けたくない.

自転車は、車道左「端」通行です。

特急(高速度)自転車乗りの仲間として、自転車の交通ルールの正常化を骨抜きにする発言は慎みましょう。

(左側寄り通行等)
第十八条  車両は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/10 14:24 | URL |

こじまさん| 2015/03/03 11:52 |へ

>違うなら訂正よろしく
>>違います。
>訂正はしないんだね?出来ないのかな?

上述のとおり、訂正以前の本人の資質の問題ですので、こじまさんと同様に、放置プレイで十分でしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/03 16:55 | URL |



少なくとも「放置プレイで十分」という主張については「小生の主張に何ら変わりはありません」とはいえない事態ですね~

~~~
難解な法律の文言を分かりやすく簡潔に普通の日本語でまとめれば「車道左端通行」で何ら問題ありません。
道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。


まず,法律の文章は確実に普通の日本語で書かれているので,普通の日本語を「普通の日本語でまとめれば」という作業は不可能です.
少なくとも修飾語が一つ多い.
そういうところから,貴方の日本語を見直したほうが良い.

| こじま | 2015/03/10 14:26 | URL |

>BTATさんご自身の発言です

しらんぷ~り、しらんぷ~り、いくら指摘されても認めないオアゾ。

>自身?
>自信ですかね。

小さいね~。ほんと、心が小さいのがよ~く分かります。

>BTATさんご自身の発言です。

いやいあや、人間が小さい!

>小生には板挟みも苦しみも何らありませんよ。

それでは、「道化師ハカイダー」ということで 。

>小生の個人的解釈など入る余地はありません。

だから、道路交通法に「左端」があることを証明しなさい。
できないなら、あなたは「個人的解釈」を道路交通法に「定めている」と断言した、嘘つきになります。(まだわからないのかなあ?)

>道路交通法に「左端」という文言があると言い出したのは、BTATさんご自身ですよ。

すでに、ときどきさんにお任せしました。がんばれ!

| BTAT | 2015/03/10 14:54 | URL |

こじまさん| 2015/03/10 14:26 |へ

こじまさん| 2015/03/03 11:52 |へ
>違うなら訂正よろしく
>>違います。
>訂正はしないんだね?出来ないのかな?
>>上述のとおり、訂正以前の本人の資質の問題ですので、こじまさんと同様に、放置プレイで十分でしょう。(byときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/03 16:55)
>少なくとも「放置プレイで十分」という主張については「小生の主張に何ら変わりはありません」とはいえない事態ですね

fさんからは、なるほど少し調べてみましたが勉強になることばかりでした。いい機会をもらえました。(車道外側線と路側帯の違いとか)というお礼の言葉を頂きました。

その上、自転車活用推進研究会VS公益社団法人自転車道路交通法研究会法務専門部会という面白過ぎるネタhttp://uso.jablaw.org/left_endまで探し出され、第十七条は「通行区分」であり、第十八条は「車両別の通行方法」だということも理解されました。多分。

そして、下らない揚げ足を取ることしか出来ないことや、論理的であるべき法律解釈の指摘に「思想」などという言葉を用いなければならない時点で、論理的な指摘となっていないということ、第十七条と第十八条を取り違えていること、の3点で「行政が認めた組織」の下らなさ加減も理解された筈です。

これは、fさんご自身が興味と関心を持って道路交通法について学ばれた結果です。

大変素晴らしいことです。


一方、BTATさん| 2015/03/10 14:54 |は、可哀想に完全に人格が崩壊しています。

回答する価値なしで、放置するしかないでしょう。

残念ながら、こじまさんも同レベルですよ。

しっかりして下さい。


>>難解な法律の文言を分かりやすく簡潔に普通の日本語でまとめれば「車道左端通行」で何ら問題ありません。道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>まず,法律の文章は確実に普通の日本語で書かれているので,普通の日本語を「普通の日本語でまとめれば」という作業は不可能です.少なくとも修飾語が一つ多い. そういうところから,貴方の日本語を見直したほうが良い.

「普通の」という日本語の定義が必要となりそうですね。

不要な修飾語ということが理解出来るのであれば、外して読み取って頂いても何ら構いませんが、難解な法律の文言を普通の日本語と、普通は言わないと思いますよ。

これまた、「行政が認めた組織」と同レベルの下らなさ加減ですね。

人格崩壊も間近です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/10 19:02 | URL |

>回答する価値なしで、放置するしかないでしょう。

自己矛盾・自己否定です.

~~~
>「普通の」という日本語の定義が必要となりそうですね。

>不要な修飾語ということが理解出来るのであれば、外して読み取って頂いても何ら構いませんが、難解な法律の文言を普通の日本語と、普通は言わないと思いますよ。

「必要になりそう」と感じたなら,定義してください.
そうでないと後ろの文章の意味が理解出来ません.
何しろ「普通」という用語も2回出てきてますし.
まぁ,貴方は数学・物理が苦手と言う事を過去に吐露していますし,日本語が苦手なのも貴方の文章内の自己矛盾から察せます.

あと,今取り上げている部分に関しては,別に難解ではないから,「普通」だと思う.
(貴方の定義した普通と,私の普通の理解が違った場合には訂正する)

| こじま | 2015/03/10 19:18 | URL |

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/10 13:18 |へ

>すなわち、第十七条は「通行区分」であり、第十八条は「車両別の通行方法」だということですね。
・「左側に寄つて」は車両通行帯が設けられてない場合に定められていて、具体的な走行ラインが定められていないので「中央線から左側の範囲を走行する」という表現でほぼ間違いないと思うよ。
・内容が被るのが禁止されているわけじゃないし
などというfさんご自身の個人的解釈は誤りであると認められたということですね。
良かった
良かった。
確かに17条の要旨は通行区分についての事だけど、「左側を通行しなければならない」とも定めてあるから18条の要旨はそれを具体的に補強する部分にあたるよ。あと法律の構成と法解釈上の表現を同列に扱われても困るんですけど。法律の構成は一つ一つ穴が無いように定義をしているから複数の条・項になるのであって法解釈はそれらの条・項を総合して解釈するのであるから既に満たしている部分は解釈上では表現する必要が無いわけで。


>より簡単で判り易い18条の目的は、対向車両との正面衝突の防止です。
居眠りや脇見やハンドル操作ミスなどの万々一の場合にも深刻な結果をもたらさないように、自動車は、17条で区分された道路の左側部分を通行し、更に、18条で通行方法として、「左側に寄つて」通行しなければならない、とされているのです。

この目的のために制定するという文言でもない限りこれもあなたの解釈の一つでしかありませんよ。これこそ別の方がいっていたところの「個人的解釈」です。



>適切か不適切かという微妙な価値判断にまで譲歩いただいたということですかね。
法律は書いてあるとおりです。
文言が全てです。
だからこそ、論理的、抽象的で難解にならざるを得ません。
一方で、難解な法律の文言を、誰にでも判り易く簡潔に平易に表現する際に、現実には物理的に不可能な事、実態として有り得ないこと、誰にでも判ることを省略しても何ら問題ありません。

法律が論理的、抽象的で難解になる理由の解釈はおそらくそれで間違いではないでしょう。だからこそそれを誰にでも分かりやすく簡潔に平易に表現する際にはその文に込められた文意を全て書きなおす必要があります。ついでに言うと適切・不適切の表現は状況・目的などにぴったり当てはまるかどうかということを示すので微妙な価値判断でもなんでもありませんよ


>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法第18条では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定めているのです。

そもそも「左端を通行しなければならない」とどこに定めてあるのですか?例のページでも解説されていましたが18条では「左側端に寄つて」とは定められていますが「左端」とは定められていませんよ。これもあなたの「個人的解釈」の一つです


>「可能な限り」と予防線を張っていては、説得力に欠けますね。
結局、程度論に過ぎません。

法律を人が作っている以上「完璧」はありません。だからこそその穴を埋めるために「法改正」の制度があるのです。


>論理的であるべき法律の解釈の指摘に「思想」などという言葉を用いなければならない時点で、論理的な指摘となっていないということです。

よく文章を読んでください。この指摘は相手側の法解釈を非難するための文言です。


>仰るとおりですが、第2条は、定義を並べているだけのことですから、第2条「第1項」「第8号」が無くても、第3項があろうがなかろうが、誰でも該当する文言に辿り着くことが出来ます。
ご心配には及びません。

確かにたどり着くことは可能かもしれません(というかその理屈なら道交法第2条と表記しても問題ないです)。しかし、ここで問題なのはたどり着けるかどうかでなく「存在しない法律形式」で解説を行っている点です。以前あなたに「説明するときに必要なこと」を説明したと思いますがこれはここで指摘されている側にも言えることです。特にこの場合は道路交通法第2条第1項第8号として「定められている」からこそ問題なのです。(以前話した説明の「例外」がこれにあたります)


>さて、どのような疑問でしょうか?
具体的に回答下さい。
単純にf さんが「つ」と「っ」の違いに気付かなかっただけのことでしょう。

そうですね『左側端に「寄つて」であり、決して左側端に「寄って」ではない』を表現の話ではなく解釈の話だと勘違いしていました。すみません。


>「左端通行」に対応する道路交通法の文言は「左側端に寄つて」通行です。
決して、「左側通行」ではありません。

かといって「左端通行」でもありませんけどね。正確に解説するのならば「左側端に寄つて通行」という表現が正しいです。今回私は行政機関が左側通行の表現を用いている理由を聞いたので、左側通行の表現とあなたのいう左端通行の表現、この二つを比較して答えました。その中では左側通行の方がより条文に即している、というだけです


>歩道から車道に下りてしまえば、左端に、寄るか寄らないか、寄れるか寄れないか、など議論する必要もないという「思想」だということです。

指摘している側は、「車両通行帯の設けられていない道路(一車線道路、片側一車線道路)での通行位置の話だと思うが」と自身の解釈を明記してから解説しています。歩道は関係ありませんよ


>自転車は、軽車両であり、車両ですので、「通行区分」としては、17条で「左側通行」とされています。
18条は「軽車両」の「通行方法」をさだめたもので、自転車は「軽車両」に含まれているということです。
17条は軽車両である自転車を含めた車両の車道左側通行に関して定めていますから「自転車の」は不要な修飾語です。


18条は軽車両のみを定めたものではありませんよ
また、この場合、ページで「車両の車道左側通行」と表記してあるならば確かに17条とし、自転車のを省いてももよいでしょう。ですが「自転車の」と表記している以上ここでの車道左側通行は法解釈上での自転車の左側通行、つまり「左側端に寄つて」となります。
ですからここでは18条とするのが適切です

| f | 2015/03/10 19:45 | URL |

こじまさん| 2015/03/10 19:18 |へ

>>回答する価値なしで、放置するしかないでしょう。
>自己矛盾・自己否定です.

小生には何ら矛盾はありません。

BTATさんとこじまさんを否定しているだけです。


>>「普通の」という日本語の定義が必要となりそうですね。不要な修飾語ということが理解出来るのであれば、外して読み取って頂いても何ら構いませんが、難解な法律の文言を普通の日本語と、普通は言わないと思いますよ。
>「必要になりそう」と感じたなら,定義してください.そうでないと後ろの文章の意味が理解出来ません.何しろ「普通」という用語も2回出てきてますし.まぁ,貴方は数学・物理が苦手と言う事を過去に吐露していますし,日本語が苦手なのも貴方の文章内の自己矛盾から察せます.あと,今取り上げている部分に関しては,別に難解ではないから,「普通」だと思う.(貴方の定義した普通と,私の普通の理解が違った場合には訂正する)

やっぱり、普通でない方には、放置プレイしかなさそうですね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/10 19:50 | URL |

サイクリング禁止反対

|ときどきオアゾツーキニスト|2015/03/10 14:24|付へ.

>特急(高速度)自転車乗りの仲間として,自転車の交通ルールを骨抜きにする発言は慎みましょう.

それを言うなら傘さしに携帯ながら,酒気帯び等を「何ら問題ありません」等と言う,常識的に安全とは到底思えない誤りを率直にお認めになることだ.すぐその場で停止できるふらふらの遅乗りでさえあれば許容される性質のものではない.そんなスピードではどちらへ転ぶか分からないからかえって危険だ.

| マイロネフ | 2015/03/10 20:44 | URL | ≫ EDIT

マイロネフさん| 2015/03/10 20:44 |へ

>>特急(高速度)自転車乗りの仲間として,自転車の交通ルールを骨抜きにする発言は慎みましょう.
>それを言うなら傘さしに携帯ながら,酒気帯び等を「何ら問題ありません」等と言う,常識的に安全とは到底思えない誤りを率直にお認めになることだ.すぐその場で停止できるふらふらの遅乗りでさえあれば許容される性質のものではない.そんなスピードではどちらへ転ぶか分からないからかえって危険だ.

まあ、どっちもどっちということで、小生は別段困りません。

ただし、低速でも安定するママチャリでは、どちらへ転ぶこともなく、足を着いて止まれば安全です。

ちなみに、傘差しは地域によっては合法です。

酒気帯びに罰則はありませんので、左端通行とどっちもどっちです。

携帯ながらは、それぞれの地方で独立している筈の地方公安委員会で全国一斉に禁止されましたので、地方自治という観点からは大問題です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/10 21:22 | URL |

f さん| 2015/03/10 19:45 |へ
>>すなわち、第十七条は「通行区分」であり、第十八条は「車両別の通行方法」だということですね。・「左側に寄つて」は車両通行帯が設けられてない場合に定められていて、具体的な走行ラインが定められていないので「中央線から左側の範囲を走行する」という表現でほぼ間違いないと思うよ。・内容が被るのが禁止されているわけじゃないし などというfさんご自身の個人的解釈は誤りであると認められたということですね。 良かった 良かった。
>確かに17条の要旨は通行区分についての事だけど、「左側を通行しなければならない」とも定めてあるから18条の要旨はそれを具体的に補強する部分にあたるよ。

17条の要旨と18条の要旨の違いは何ですか?

(通行区分)
第十七条  第4項  車両は、道路の中央から左の部分(「左側部分」)を通行しなければならない。

(左側寄り通行等)
第十八条  車両は、自動車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。


>あと法律の構成と法解釈上の表現を同列に扱われても困るんですけど。法律の構成は一つ一つ穴が無いように定義をしているから複数の条・項になるのであって法解釈はそれらの条・項を総合して解釈するのであるから既に満たしている部分は解釈上では表現する必要が無いわけで。

北の国からの純くんのナレーションみたいな終わり方ですね。
道路交通法は、自転車は車道左端通行しなければならない、と定めているという結論ですね。

>>より簡単で判り易い18条の目的は、対向車両との正面衝突の防止です。居眠りや脇見やハンドル操作ミスなどの万々一の場合にも深刻な結果をもたらさないように、自動車は、17条で区分された道路の左側部分を通行し、更に、18条で通行方法として、「左側に寄つて」通行しなければならない、とされているのです。
>この目的のために制定するという文言でもない限りこれもあなたの解釈の一つでしかありませんよ。これこそ別の方がいっていたところの「個人的解釈」です。

道路交通法の目的は第一条にあるとおりです。
まさに、道路交通法第一条の目的のために、18条で通行方法として、「左側に寄つて」通行しなければならない、とされているのです。

(目的)
第一条  この法律は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り、及び道路の交通に起因する障害の防止に資することを目的とする。


>>適切か不適切かという微妙な価値判断にまで譲歩いただいたということですかね。法律は書いてあるとおりです。文言が全てです。だからこそ、論理的、抽象的で難解にならざるを得ません。一方で、難解な法律の文言を、誰にでも判り易く簡潔に平易に表現する際に、現実には物理的に不可能な事、実態として有り得ないこと、誰にでも判ることを省略しても何ら問題ありません。
>法律が論理的、抽象的で難解になる理由の解釈はおそらくそれで間違いではないでしょう。だからこそそれを誰にでも分かりやすく簡潔に平易に表現する際にはその文に込められた文意を全て書きなおす必要があります。ついでに言うと適切・不適切の表現は状況・目的などにぴったり当てはまるかどうかということを示すので微妙な価値判断でもなんでもありませんよ

そして、巾60センチとスマートな自転車であっても、車道左端の線上を綱渡りで通行することは不可能ですし、車道外側線の外側の空間などの道路左端は排水溝などで自転車の通行に適さない箇所になっていますので、道路交通法上、車道の「左側端に寄つて」とされている自転車の通行空間を「車道左端」と表すことは、状況・目的などにぴったり当てはまります。


>>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法第18条では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定めているのです。
>そもそも「左端を通行しなければならない」とどこに定めてあるのですか?例のページでも解説されていましたが18条では「左側端に寄つて」とは定められていますが「左端」とは定められていませんよ。これもあなたの「個人的解釈」の一つです

難解な法律の文言を簡潔で判り易く表現しているだけのことです。
18条には「左側端に寄つて」とされていて「左端」とは定められていないことは、怪しげな行政書士の解説を待つまでもありません。


>>「可能な限り」と予防線を張っていては、説得力に欠けますね。結局、程度論に過ぎません。
>法律を人が作っている以上「完璧」はありません。だからこそその穴を埋めるために「法改正」の制度があるのです。

あれあれ、大丈夫ですか?
どうせ完璧ではないのなら「左側端に寄つて」を「左端」と簡潔に判り易く言い替えても何ら問題ないでしょうとなってしまいそうですね。

主権者たる国民の代表者が国会で定める法律は完璧です。
完璧であるからこそ、法律は書いてあるとおりなのです。

一方で、法律を適用・執行する現実は、一瞬たりとも変化しない時はありません。
法律が成立した時点で既に、揺れ動く現実から乖離したものとなるのです。
だから、こそ「法改正」の制度があるのです。


>>論理的であるべき法律の解釈の指摘に「思想」などという言葉を用いなければならない時点で、論理的な指摘となっていないということです。
>よく文章を読んでください。この指摘は相手側の法解釈を非難するための文言です。

小生の文章もよく読んで下さい。
相手側の法解釈を非難するための文言に「思想」などという凡そ論理的でない言葉を用いなければならない時点で、その指摘は論理的な非難となっていないということです。


>>仰るとおりですが、第2条は、定義を並べているだけのことですから、第2条「第1項」「第8号」が無くても、第3項があろうがなかろうが、誰でも該当する文言に辿り着くことが出来ます。ご心配には及びません。
>確かにたどり着くことは可能かもしれません(というかその理屈なら道交法第2条と表記しても問題ないです)。しかし、ここで問題なのはたどり着けるかどうかでなく「存在しない法律形式」で解説を行っている点です。以前あなたに「説明するときに必要なこと」を説明したと思いますがこれはここで指摘されている側にも言えることです。特にこの場合は道路交通法第2条第1項第8号として「定められている」からこそ問題なのです。(以前話した説明の「例外」がこれにあたります)

意味不明ですが、形式的な不備しか指摘出来ない時点でこの行政書士は大したことありません。


>>さて、どのような疑問でしょうか?具体的に回答下さい。単純にf さんが「つ」と「っ」の違いに気付かなかっただけのことでしょう。
>そうですね『左側端に「寄つて」であり、決して左側端に「寄って」ではない』を表現の話ではなく解釈の話だと勘違いしていました。すみません。

素直でよろしい。
法律は書いてあるとおりです。


>>「左端通行」に対応する道路交通法の文言は「左側端に寄つて」通行です。
決して、「左側通行」ではありません。
>かといって「左端通行」でもありませんけどね。正確に解説するのならば「左側端に寄つて通行」という表現が正しいです。今回私は行政機関が左側通行の表現を用いている理由を聞いたので、左側通行の表現とあなたのいう左端通行の表現、この二つを比較して答えました。その中では左側通行の方がより条文に即している、というだけです

行政機関とはこれ如何に?
ただの間抜けな行政書士の解説ですよ。
公益法人の認定を剥奪されても不思議でないレベルの低さです。
どの条文により則しているのでしょうか?17条ですか?18条ですか?


>>歩道から車道に下りてしまえば、左端に、寄るか寄らないか、寄れるか寄れないか、など議論する必要もないという「思想」だということです。
>指摘している側は、「車両通行帯の設けられていない道路(一車線道路、片側一車線道路)での通行位置の話だと思うが」と自身の解釈を明記してから解説しています。歩道は関係ありませんよ

通行位置は、車道とは限りません。
歩道でも路側帯でも通行可能です。


>>自転車は、軽車両であり、車両ですので、「通行区分」としては、17条で「左側通行」とされています。 18条は「軽車両」の「通行方法」をさだめたもので、自転車は「軽車両」に含まれているということです。17条は軽車両である自転車を含めた車両の車道左側通行に関して定めていますから「自転車の」は不要な修飾語です。
>18条は軽車両のみを定めたものではありませんよ 

確かに「自動車及び原動機付自転車」の「左側に寄つて」通行も定めていますが、今回の議論に何か関係しますか?

(左側寄り通行等)
第十八条  車両は、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。

>また、この場合、ページで「車両の車道左側通行」と表記してあるならば確かに17条とし、自転車のを省いてももよいでしょう。ですが「自転車の」と表記している以上ここでの車道左側通行は法解釈上での自転車の左側通行、つまり「左側端に寄つて」となります。ですからここでは18条とするのが適切です

意味不明です。
そもそも自転車検定に下らない文句を付けてるページですので、「自転車の」は不要な修飾語です。

左端通行のページで「自転車の通行位置は、あくまで「左側端に寄つて」であり、決して「左端」ではない。」と拘っていらっしゃる方が、「自転車の道路(車道)左側通行を定めた法規定」とまで明確に仰っているのです。

その「道路(車道)左側通行」を勝手な法解釈で「左側端に寄つて」としては失礼でしょう。

泥船に縋り付いても一緒に沈むだけですよ。

(通行区分)
第十七条
 第1項 車両は、歩道等と車道の区別のある道路においては、車道を通行しなければならない。
第4項 車両は、道路の中央から左の部分「左側部分」を通行しなければならない。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/03/10 22:45 | URL |

>一方、BTATさん| 2015/03/10 14:54 |は、可哀想に完全に人格が崩壊しています。

いままでの私の反応は、いつもあんたがしていることだよ。

ようやく、ご自身で人格が崩壊していることを認めたね。

ご愁傷様でした。

バイバイ

| BTAT | 2015/03/11 13:05 | URL |

Re: タイトルなし

Фさん

>競輪選手の乗り方が一般的だと思ってんの?そもそもあのタイプの自転車はトラック競技用の特殊な奴だし短距離競技だからこそあの乗り方ができるわけで。

正しいハンドルの握り方であることは紛れもない事実でしょう。

>安定した巡航をしなきゃならない公道での走行じゃ非効率もいいとこなんだけど

公道で安定した巡航を追求するならドロップハンドルは全面禁止となりますね。

>ブログに示してある競技用自転車の定義がガバガバな時点でお察しだけどもっと自転車の構造から勉強して、どうぞ あ、どこ調べればいいのか教えてもお任せしますって返してくるってことはそもそも勉強する気がないのか

当ブログで説明してある内容で、競技用自転車について十分理解できるでしょう。

| 世捨人 | 2015/03/12 00:15 | URL |

Re: タイトルなし

>こじま→こじさん こじ→旧こじさん 旧こじ→名前なしで返信 なんで、こうまで相手の名前を間違えたがるんだろ? 無礼すぎるし、小学生並みの対応ですね。

名前は親しみを込めて呼びたいですね。

| 世捨人 | 2015/03/12 00:25 | URL |

Re: タイトルなし
>こじま→こじさん こじ→旧こじさん 旧こじ→名前なしで返信 なんで、こうまで相手の名前を間違えたがるんだろ? 無礼すぎるし、小学生並みの対応ですね。

名前は親しみを込めて呼びたいですね。

| 世捨人 | 2015/03/12 00:25 | URL |



そういうのは礼節や立場・関係が明確だから言えるのであって、
貴方との間にそういう類の関係はありません。

あと貴方が親しみを込めようとも、私やその他の人が「やめてください」とお願いしている以上、
その表現に悪意が込められていると受け取るのが普通です。

小学生でも可能な訂正をしないのは、知性が小学生以下であることを証明しているようなものです。

| こじま | 2015/03/12 00:34 | URL |

Re: タイトルなし

>>下ハンを正しく握れば正常にブレーキはかけられません。補助ブレーキとして、つま先を着地させて摩擦で制動するしかありませんね。
>○「下ハンの正しい握り」を撮影してきてください。一般的な正しい握りと齟齬がある可能性があります。

競輪選手を参考にしてください。

>○「正常にブレーキをかける」って何?正常じゃないブレーキの掛け方があるの?

指一本でブレーキをかけるのはご法度です。

>○「補助ブレーキとして」ってことは、言外で「主ブレーキ」があることを認めてるよね?

「フットブレーキ」は補助ブレーキとして使用してください。

>>人力でスピードが安定しない自転車とクルマが共存するのはユートピアにすぎません。
>○人力でもスピードは安定する状況もあれば、人力じゃなくてもスピードが安定しない状況もあるよ?
考えが足りてない。

老若男女が等しく可能でなければなりません。

>>偏見は捨ててください。
>>ゴールド免許を自慢されてもの困りものです。
>>揚げ足取りは絶対におやめください。
>おまいう

意味不明です。

>>仮免許の路上教習は法律で認められています。しっかり勉強してください。
>じゃあ、法律で禁止もされてなければ、別に路上で練習したって良いって事だね。

当ブログは道交法に準拠しております。

>>前方がよくみえない「下ハン」
>いや、見えます。

老若男女が等しく可能でなければなりません。

>>自転車の歩道走行は法律で担保されています。重く受け止め道路における交通の安全の確保に努めてください。
>>法の不備をついて我が物顔で爆走する競技用自転車乗りに鉄槌(てっつい)をくだすときがきた、という認識です。
>車道走行も法律で担保されています。(×不備)重く受け止め道路における交通の安全の確保に努めます。

危険なクルマがはびこるなか、自転車の歩道走行はやむを得ないでしょう。

>>「軽量化つ高速巡行」を犠牲にしてでも交通の安全の確保を優先してもらいたいのが、当ブログの一貫した主張です。
>何かを犠牲にしていいなら、貴方の車利用の利便性も犠牲にしたらどうでしょうか?

小生はゴールド免許(優良運転者)です。

| 世捨人 | 2015/03/12 00:34 | URL |

Re: タイトルなし

旧ぃさん

>>(世)クルマはディスクブレーキやABSが標準装備されるなど、進歩がみられます。自転車が時代に取り残されている感は強いです。
>(ぃ(≠ィ))(略)古い技術を使ったままである。
>>(世)一般公道を走行する限り、スピードレース用の装備は排除すべきでしょう。
>①貴方が言った文脈を貴方から、覆してるね。②F1もディスクブレーキです。

ブレーキは安全のための装置なので、高性能であれば一般公道においても評価されるでしょう。

>(ぃ)現実には、本当は適材適所で装備や技術が使われているだけ
><(世)当ブログは日本国の道路交通法に準拠しているなか、各国の事情にあった安全政策が望ましいとの立場です。
>「貴方の私的な考えにのみ適合した安全政策が望ましい」の間違いでは?

「競技用自転車乗りの常識は世間の非常識」というそしりは覆りません。

| 世捨人 | 2015/03/12 00:35 | URL |

Re: タイトルなし

旧こじさん

>私の意見には一切反論できない世捨人.ぐうの音も出ないのかな?
>>反論せんがための反論は不要です。
>いや、意見に名前付きで反論できてないのは貴方だし、それを指摘しただけだよ?正面切って正当に主張できないなら、こんなブログは止めたら?

競技用自転車乗りからの圧力に屈せず、生命を賭してまで交通の安全に資する提言を行っていく所存です。

| 世捨人 | 2015/03/12 00:36 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>>当ブログで主張する「歩道内自転車道整備」は,舛添都知事も理解しているでしょう.
>|世捨人|が何と言おうが,私は基本的に自転車で車道左側通行を貫く方針である.
>どうせ舛添も世界の自転車を解っていないから,自転車の交通ルールの正常化を骨抜きにしようとしているのだ.自転車の機能を殺そうとする政治家の人物に肩書も敬称も付けたくない.

自転車の機能を犠牲にしてでも交通安全を優先するのが社会の要請でしょう。

| 世捨人 | 2015/03/12 00:45 | URL |

Re: タイトルなし

旧こじさん

>こじま→こじさん こじ→旧こじさん 旧こじ→名前なしで返信 なんで、こうまで相手の名前を間違えたがるんだろ? 無礼すぎるし、小学生並みの対応ですね。
>>名前は親しみを込めて呼びたいですね。
>そういうのは礼節や立場・関係が明確だから言えるのであって、 貴方との間にそういう類の関係はありません。

旧こじさんは当ブログの愛読者との認識です。

>あと貴方が親しみを込めようとも、私やその他の人が「やめてください」とお願いしている以上、その表現に悪意が込められていると受け取るのが普通です。

当ブログの内規に抵触しますので感受してください。

>小学生でも可能な訂正をしないのは、知性が小学生以下であることを証明しているようなものです。

視野狭窄。

| 世捨人 | 2015/03/12 00:53 | URL |

小生はゴールド免許(優良運転者)です。

| 世捨人 | 2015/03/12 00:34 | URL |

出た~ ゴールド免許w

| 名無しの田舎者 | 2015/03/12 10:09 | URL | ≫ EDIT

サイクリング禁止反対

|世捨人|2015/03/12 00:45|付へ.

>自転車の機能を犠牲にしてでも交通安全を優先するのが社会の要請でしょう.

使いにくくて苦痛な自転車が環境対策の役に立つものか.
自転車の高速化は今や日本でも社会的ニーズとなりつつあるのだ.

| マイロネフ | 2015/03/12 20:05 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

田舎さん

>>小生はゴールド免許(優良運転者)です。
>出た~ ゴールド免許w

ゴールド免許(優良運転者)は一朝一夕には取得できません。

| 世捨人 | 2015/03/19 00:13 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>>自転車の機能を犠牲にしてでも交通安全を優先するのが社会の要請でしょう.
>使いにくくて苦痛な自転車が環境対策の役に立つものか.自転車の高速化は今や日本でも社会的ニーズとなりつつあるのだ.

環境より安全を優先してください。
目を覚ましてください。

| 世捨人 | 2015/03/19 00:16 | URL |

今度この記事を取り上げて下さいw

「自転車の構造上、下向きになり、ヘルメットもかぶっていたので、信号が見えにくかった」
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/feature/CO014151/20150305-OYTAT50016.html

被害者家族のブログ
http://profile.ameba.jp/azumin827/

| 自転車は歩道 | 2015/03/21 09:42 | URL |

Re: タイトルなし


>今度この記事を取り上げて下さいw 「自転車の構造上、下向きになり、ヘルメットもかぶっていたので、信号が見えにくかった」http://www.yomiuri.co.jp/osaka/feature/CO014151/20150305-OYTAT50016.html 被害者家族のブログ http://profile.ameba.jp/azumin827/

当ブログで警鐘を鳴らしたことが放置された結果であり、遺憾に思います。

| 世捨人 | 2015/03/26 00:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/501-88fb48dc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT