今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

三輪自転車でヘルメット着用義務を回避せよ

▼オートバイ(原付バイク含む)で公道を走行するには、乗員はヘルメット着用義務がある。が、ヘルメットを着用しなくともよいオートバイがある。三輪バイク(並んだ二輪の幅が46センチ未満のもの除く)だ。三輪ならば自立できるため転倒の危険性が二輪と比べ低いのが理由であろう。

▼ところで、「自転車は車道」とかいうが、自転車にはヘルメット着用義務がないという、「矛盾」をかかえている。また、スポーツタイプの自転車用ヘルメットは耐衝撃吸収性に疑問があるばかりか、突起物構造が法律に抵触しかねない。ヘルメットが凶器となっているのだ。

▼そもそも、二輪の自転車が危険なのは自立できず転倒の危険性が高いことにある。実際、低速ではふらつくなど走行が安定しないため、徐行は難儀だ。交差点など事故多発地点であっても、スピードを緩めることを嫌うなど危険極まりない。

▼ヘルメット代用と低速走行を実現するため、車道を走る自転車は「三輪」を義務づけてみてはどうか。操舵性を考慮し「前輪が2輪、後輪が1輪」が理想だ。最弱者の自転車乗りの安全を担保するため不可欠だ。法改正がまたれる。


前輪2輪の三輪自転車でヘルメット着用に代わる安全を担保




参照
愛知県警HP
http://www.pref.aichi.jp/police/menkyo/qa/menkyo/sanrin.html
自転車用ヘルメットは玩具だと割り切れ
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-222.html
「競技用ヘルメット」を回収せよ
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-214.html
関連記事

| 00:12 | コメント:60 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

転ぶ時は転ぶ

ヤマハがついこないだ出した最新型、『トリシティ』と言うバイクを知ってるかい?『前輪が2つ、後輪が1つ』の構成だがヘルメット着用義務はあるし、自立不可。普通に転ぶ。

転ばない様にするためには、どんな運転をした場合も、重心が3つの接地点が作る三角形の中になければならない。安易に『三輪車だから転ばない』は間違い。

この記事の自転車ならおそらくは自立可能。ただし、前2輪で、前輪同士の幅がコレだけあると、ハンドリング(車重も)重そう。

人力の自転車で重量が重いのは致命的と言う解説はさっきしてあげたけど(『自転車用リヤカーを規制せよ』のコメントにて)

ハンドリングを良くするのなら、基本的に、『前が1輪、後ろが2輪』の構成にすべき。何故なら、ハンドリングが良いことを『ハンドリングが軽い』と評されるコトから分かる通り、ハンドルは物理的に軽い方が良いから。

やれやれですね。今回もまた、勉強不足。いつになったら物理を学ぶのかな?

あと、『競技用自転車』の記事を期待していますよ。トップにも『特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します』と記載有るのに…

| ヒロ | 2015/02/05 05:17 | URL |

同じ3輪自転車でも「前2輪」に目を付けるあたりさすが世捨人様ですな。

前2輪の自転車は、後ろ2輪の3輪自転車より安定性に優れていますからね。やたらふらつきながら走行している高齢者や、幼児を持つ母親などには有用でしょう。

さらに「補助輪」の装着を義務付けると効果的ですよね。法改正を待ちましょう!

| 自転車は歩道 | 2015/02/05 07:19 | URL | ≫ EDIT

>オートバイ(原付バイク含む)で公道を走行するには、乗員はヘルメット着用義務がある。

「義務がある」で結んでいるため法律(道路交通法)を前提とした記述と考えます。
この前提に立つと

>ヘルメットを着用しなくともよいオートバイがある。三輪バイク(並んだ二輪の幅が46センチ未満のもの除く)だ。

という記述は『完全に間違い』です。
理由は法律で使われている用語や定義、(ましてや一般的な用語の使い方とも)と合致しないからです。

よって、前提が間違っているため、それにもとづいた後段の記述も全部間違っています。


~~~
なお法律を前提としていないと考えた場合は、「私(世捨人)が間違いと言ったら間違い」が通るため、一切の客観性が担保されませんので、そもそも提言ではなく、私見です。
彼のジャーナリスト能力は皆無なので、この場合も記述が間違っているといえます。



~もう少し説明(おまけ)~
法律に基づいて書くと、「自動三輪車はヘルメットの着用義務がない」は正しいが、「自動三輪車はヘルメットを着用しなくとも良いオートバイ」では決してありません。


①道交法に「オートバイ」という用語は一度も出てこない(2015年2月6日)
②記事性を大事にするなら「オートバイ」よりも「オートバイク」のほうが適切。
③自動三輪はオート「バイク」では無いです。そもそも「バイク」は「二輪車」に該当する用語で「三輪車」にはそれに該当する用語(元となる英語)があります。
④法律の免許に関する部分を読むと、自動三輪は自動車(自動四輪車)寄りの扱いです。よって二輪車(自転車・自動二輪)と対応させて論を展開するのではなく、四輪車と対応させなければ法律の観点からみた一般性は担保できません。


道路交通法 第七十一条の四
大型自動二輪車又は普通自動二輪車の運転者は、乗車用ヘルメットをかぶらないで大型自動二輪車若しくは普通自動二輪車を運転し、又は乗車用ヘルメットをかぶらない者を乗車させて大型自動二輪車若しくは普通自動二輪車を運転してはならない。


第二条  第一条の規定による改正前の道路交通法(以下「旧法」という。)の規定による運転免許で次の表の上欄に掲げるものは、それぞれ同表の下欄に掲げる同条の規定による改正後の道路交通法(以下「新法」という。)の規定による運転免許とみなす。

旧法の規定による運転免許 新法の規定による運転免許
自動三輪車免許 普通自動車免許
第一種原動機付自転車免許 原動機付自転車免許
第二種原動機付自転車免許 自動二輪車免許
自動三輪車第二種免許 普通自動車第二種免許
自動三輪車に係る仮運転免許 普通自動車に係る仮運転免許

| こじま | 2015/02/05 10:03 | URL | ≫ EDIT

三輪だと転ばないんだ!
へぇ〜知らなかった( ̄◇ ̄;)
四輪だってひっくり返る時もあるのに、三輪ってすごいんだね〜

| 自転車は歩道 | 2015/02/06 14:35 | URL |

世捨てさんの頭は60年ほど前の三輪車時代、あるルサンチマンから停止してしまってるのです。ご両親からネグレクトされて、買ってもらえなかったのです。かわいそうなのです。

| わろ田 | 2015/02/07 18:26 | URL |

>彼のジャーナリスト能力は皆無なので、

彼はジャーナリスト能力どころか、通常のコミュニケーション能力からして皆無です。だから60年以上もみじめでさみしい人生を過ごしてきたのです。
こうして罵倒され、蔑まれても、かまってもらえる今が、一番幸せなのです。

| わろ田 | 2015/02/07 18:31 | URL |

ブログで文句ばかり言ってないで政治家にでもなって法律を変えてきたらどうですか?

| 自転車は歩道 | 2015/02/08 00:15 | URL | ≫ EDIT

何もかも知らない無知の世捨て人に、今日も親切に
教えてあげよう。
バイクの、バイというのは二つと言う意味。二か国の言葉を話せる人をバイリンガルと言いますね。

それにたいし、三つのことはトリとか、トライと言います。
ヘルメット不要なのはバイクではなくて、トライクですね。ちなみに、三輪車はトライシクルと言います。
三角形のことをトライアングルというのは、小学生でも知っていますね。

| あ | 2015/02/08 12:30 | URL |

自転車にヘルメット着用義務は無いから着用義務回避の為に三輪車に乗る必要無いわなw

| 危険タクシー世捨 | 2015/02/09 15:54 | URL |

皆さまへ

疋田さんがブログで、「ママチャリとは何か?」について、論じている。
http://melma.com/backnumber_16703_6161774/
     
6年ぶりの「ママチャリとは何か?」の601号
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ふむ「で、つまるところ“ママチャリ”って何だ?」ということをね。
 この話、今から6年前に日経トレンディに書いたことがありまして、それ、転載します。
 自転車業界、あまりに動きが早く「ちょっと、ちょっと、古くない? ヒキタ…」という部分もあるけれど、結論は変わりません。お読みいただければ幸いです♪

■ママチャリと非ママチャリの境界線(“日経トレンディ ECO Japan”第16回)

 自転車人口が爆発的に増えている昨今、知り合いからこういう話を聞いた。
「ところで、ママチャリにも最近は2種類あると思うんですよね。従来型の鈍重な安いママチャリじゃなくて、軽快で、きちんと走るママチャリ。フラットバーとか付いてて、それなりのスピードが出るヤツ。ヒキタさんはああいう『ママチャリ』をどう思います?」
 そうなのだ。私も昨今、ママチャリ事情が少しずつ変化してきているとは思っていた。
 フレームはアルミ製で軽く(メーカーによっては完成車重量10kgを切るものすらある)ハンドルはフラット。サドルも従来型より高くして使う設計になっていることから、フラットバーと相まって若干の前傾姿勢がとれる形。さらに、内装、外装を問わずの変速機が充実し、細めのタイヤを履いている。要するに「ミッド・ハイスピード対応」「中長距離対応」となっている。
 ただし、フレームはあくまでスタッガード・フレーム(トップチューブの後端が下に落ちている形。前からフレームを跨ぐことができ、スカート対応という意味合いが強い)を墨守し、前カゴ付きで、見た目の第一印象は「やはりママチャリ」だ。
 空前の自転車ブームの中、こうした自転車を、クロスバイクと従来型のママチャリの間に位置づけ、スポーツ自転車の初心者を取り込もうというのが、このところの日本メーカー各社の戦略だったりするのだろう。ここでは仮に「ハイパーママチャリ」と名付けておくことにする。
     †
 で、実際に私の勤め先の先輩で、そうしたハイパーママチャリを駆る自転車ツーキニストがいたりする。
 この人はずいぶん前から、かなりハードな形で、8段変速・ハイパーママチャリを通勤に使用していて、その自転車で、毎朝、毎晩、青山通りを走る。通勤距離は往復18?。
 一度、雨の日に(!)その先輩と渋谷駅前でわかれて、品川駅前で待ち合わせたことがある。山手線に乗った私(ヘタレな私は、雨の日は電車に乗るのです)よりも、はるかに先に目的地に着いていた。
 カバンを前カゴに載せ、スタイルの基本は、カジュアルなスーツ姿だ。
 うーむ、よくやるなぁと思うのだが、その彼が走るのは、もちろん車道である。左側通行を厳守する。信号も守る。ヘルメットもかぶる。クルマにハンドサイン、アイサインを出しながら、車道の流れに乗って走る。停車時はサドルから前に腰を落として止まる、つまりサドルは適正ポジションに設定されている。
 要するに、彼の自転車の乗り方は、私らの乗り方とまったく同じなのだ。
 彼のハイパーママチャリにはスピードメーターが装着されているから、それを見せてもらったら、平均時速は22km/hと出ていた。彼は確かに「速い人」ではあるが、それにしてもこのスピード。これではクロスバイクと何ら変わらない。4、5万円程度も出すことができれば「現代のハイパーママチャリ」は、ここまで来ているのだ。
「そこまで乗りこなしているんなら、ロードバイクでも、クロスバイクでも乗ればいいじゃないですか」と私が聞く。
 すると、彼はこう答える。
「いやー、ロードやクロスは、この年になると若干、気恥ずかしいんだよ。通勤なのに、いかにも自転車、気合い入れて乗ってますって感じでね。それに、この自転車だって、都内移動には何の不都合もないぜ。スタンドが付いてるから、駐輪も便利だしね」
 ま、私としては別に「気恥ずかしく感じる」必要なんてさらさらないと思ったりするものの、こうした自転車が、いわゆるところの「ママチャリ」という名前にそぐうかどうか。
 私は、そういう彼が乗っている以上、それは「ママチャリ」ではないと思う。
     †
 ママチャリとは何か。
 その定義を一言でいうのは、実は難しい。まあハード面でいうと次のようなことになるだろうか。
 重心が低く、停車時、地面に足がぺったりと付き、乗車姿勢は直立である、すなわちサドルの高さとハンドルの高さに大きな差がある。スタッガードフレームもしくはH型フレームでスチール製。それゆえに重く、スピードが出ない。前提となるのは何と言っても安価であること。長い距離が苦手で上り坂が苦手。そのかわり低速安定性だけは高く、乗っている人の重量がハンドルにほとんどかかっていないため、前カゴに重量物を乗せるのが容易。
 と、こんなところだろう。ただ、実のことをいうと、そうしたハード面はさほど重要ではないのではないかと、私には思えるのだ。
 ママチャリをママチャリたらしめているのは、ひとえに「ソフト」すなわち乗り手本人の問題だ。
 まず歩道を走るのがスタンダードであること、左も右もありの双方向通行を前提としている人が多いこと、安価ゆえか(盗まれてもダメージが少ないからか)置き場所を選ばない人が多いこと、あまりクルマの走行状況に注意を払っていないことなど。そうした、ある意味「自由」であるが、あまり責任や義務を意識しない乗り方に供される自転車、それこそがママチャリなのだ。
 こうした乗り方は、もちろん昭和45年の改正道交法(63条の4「自転車は指定歩道ならば、歩道も通行できる」の誕生)以降、日本に定着してしまったワケだが(ママチャリという言葉自体もその後、つまり昭和50年代に出現したとされる)、その結果生まれたママチャリは、そうした出自ゆえ、ハードというよりも、ソフト面において、世界的にも絶望的にユニークな存在になったといえる。
 一言でいうなら「歩道上を走る、歩行の補助手段としての自転車」ということだ。つまり、ママチャリという自転車は、歩行者と同じ、少なくとも歩行者カテゴリーなのである。
 だから「ママチャリ」というのだ。
 ママチャリというのは「ママさん(一般的に体力面で劣るためにスピードが遅く、子育てで忙しく、地元の狭い範囲でしか使わない)」のための「チャリ(身近なものではあるが、たかがチャリンコ、つまり自転車の“蔑称”)」という意味だろう。そうした自転車は当然、一般的な意味での「車両」とはなり得ない。しょせん「歩行者に毛の生えたもの」なんだもの。
 ママチャリはママチャリという名称を押し戴いている以上、本来の意味での自転車ではないのである。
     †
 それを考えるなら、前述の先輩のハイパーママチャリはどうしたってママチャリではない。
 また、それとは逆に、歩道上をケータイ画面を見ながら走ったりする、右も左もデタラメのMTB・モドキ、クロスバイク・モドキなど(本当に都心には増えましたね)。こちらの方こそが、むしろママチャリの称号に相応しいといえる。
 もちろん従来型のあの形で、歩道上をフラフラとデタラメに走り、信号も守らず、マナーも何もまったくなってない、使い捨てで、遵法精神に乏しく、路上の責任感が皆無の(つまりは日本の中のほとんどの)自転車は、やはり典型的なザ・ママチャリである。また、それとは逆に、アレに乗りながら、しっかりと自転車としての運転をする人も(少数ながら)いる。それもまた間違いないことで、その自転車がたとえ激安中国製の鈍重なモノであっても、そういう人の自転車をママチャリと呼ぶのは、私には抵抗感がある。
 形ではないのだ。
 ママチャリのママチャリ的な有り様は、実は自転車に乗っているその人の心の中にある。
 自転車を「歩行者に毛の生えたもの」と思っているなら、その人の乗る自転車は(たとえどの車種に乗っていようが)ママチャリであり、「自転車は軽車両であり、車道上の責任を有するもの」という意識がある人にとっては、たとえママチャリの形をした自転車に乗っていても、それはママチャリでない。
 その人が乗る自転車は、ママチャリなどという蔑称で呼ばれるべきものではなく、「チャリンコ」でもなく、きちんと「自転車」なのである。
     †
 私は10年以上前、次のようなことを自らの著書や、雑誌記事で語ったことがある。
「自転車(通勤)は、手段でなく、生き方だ」と。
 これと同じことがママチャリにも言えるのではないか。
 すなわち「“ママチャリ”は、自転車そのものではなく、乗り方なのだ」と。
           (“日経 ECO Japan”16「ママチャリと非ママチャリの境界線」2009/3/13)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「“ママチャリ”は、自転車そのものではなく、乗り方なのだ」であり、「こうした乗り方は、もちろん昭和45年の改正道交法(63条の4「自転車は指定歩道ならば、歩道も通行できる」の誕生)以降、日本に定着してしまったワケ」だというのであれば、答えは簡単です。

自転車は、車道左端通行すれば十分であり、全ては解決するのです。

規制強化だ、インフラ整備だ、三輪車だ、カマキリハンドルだなどと議論する必要など全くない。

ただただ、自転車は車道左端を真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行すれば良いだけです。

国土交通省と警察庁の御役人方は、省庁の権益拡大を狙って、なんたら委員会を立ち上げていますが、全く不要です。

第1回安全で快適な自転車利用環境創出の促進に関する検討委員会
http://www.npa.go.jp/koutsuu/index.htm
http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle/kentoiinkai/01jitensha_01gijishidai.pdf
http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle/kentoiinkai/01jitensha_02kiyaku.pdf


自転車乗りの実感としては、自転車レーンの道路標示でさえ不要です。

自転車乗りには青い矢印のペンキ塗装の凸凹が気になることも、矢印を避けるように左端を通行している画像から読み取れます。
http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle/kentoiinkai/01jitensha_11sankousiryou.pdf

自転車活用推進ナンタラ会議(?)の小林理事長のように委員会に選ばれた方々に自転車乗りの実感を示す画像を読み取る力があるのかどうか、少々不安です。

自転車乗りの実感が伝われば良いのですが、誰か伝手のある方は、是非ともお伝え下さい。

よろしくお願い致します。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/02/10 14:55 | URL |

①貴方は疋田さん好きですね.
②ただただ、自転車は車道左端を真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行すれば良いだけです。

↑これが正と仮定して,実社会ではみんながこれをやってない,出来てない.
「何でできないか?」「何でやってないか?」の議論しないと,先に進まないよ.


患者:おなかが痛いんです
医者:おなかが痛くなれば問題ないですよ

| こじま | 2015/02/10 15:11 | URL |

こじまさん| 2015/02/10 15:11 |へ

>①貴方は疋田さん好きですね.②ただただ、自転車は車道左端を真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行すれば良いだけです。↑これが正と仮定して,実社会ではみんながこれをやってない,出来てない.「何でできないか?」「何でやってないか?」の議論しないと,先に進まないよ.患者:おなかが痛いんです 医者:おなかが痛くなれば問題ないですよ

日本語、大丈夫ですか?

おなかが痛くなれば問題でしょう。

藪医者ですかね?

ちなみに、東京の都心部の幹線道路の第一通行帯は、バスやタクシーや荷卸しトラックなどの駐停車車両が多く、自動車の流れが淀み、恰好の自転車レーンとなっています。

心配せずとも、エコやセコや健康や呆け防止といった意識の変化、東京オリンピックに向けた東京湾岸の高層マンションの林立といった(自然の)流れとして車道を通行するママチャリは増えてますよ。

行政にお願いしたいことは、ただ一つ。

都心部や駅前の公共(無料)駐輪場の整備です。

放置自転車対策としては、駐輪場が有料では意味がありません。

軒先駐輪は、無料で便利で手軽です。

どんなに取締を強化しても無くなることはありません。

都心部や駅前の公共駐輪場は、無料として初めて、雨風・埃などから防げる点で軒先駐輪に対して競争力を持ちうるのです。

そして、自転車には駅前や都心部に無料の屋内公共駐輪場を整備するだけの価値があるのです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/02/10 15:52 | URL |

訂正して,謝罪します.すいません.

患者:おなかが痛いんです
医者:おなかが痛くなくなれば問題ないですよ



~~~
>(と)ちなみに、東京の都心部の幹線道路の第一通行帯は、バスやタクシーや荷卸しトラックなどの駐停車車両が多く、自動車の流れが淀み、恰好の自転車レーンとなっています。

左(側)端走りっぱなしだとぶつかる.
(貴方の発言を貴方が否定)

~~~
>(と)心配せずとも、エコやセコや健康や呆け防止といった意識の変化、東京オリンピックに向けた東京湾岸の高層マンションの林立といった(自然の)流れとして車道を通行するママチャリは増えてますよ。

左(側)端を通行しているかどうかを明言していない.
(貴方の発言を貴方が肯定出来ていない)

| こじま | 2015/02/10 15:59 | URL | ≫ EDIT

こじまさん| 2015/02/10 15:59 |へ

>>ちなみに、東京の都心部の幹線道路の第一通行帯は、バスやタクシーや荷卸しトラックなどの駐停車車両が多く、自動車の流れが淀み、恰好の自転車レーンとなっています。
>左(側)端走りっぱなしだとぶつかる.(貴方の発言を貴方が否定)

大丈夫ですか?

駐停車車両がいれば、普通にその右側を追越して行くものでしょう。

何ら問題ありません。

世捨人さんの電柱を避けるママチャリの動画と一緒です。


>>心配せずとも、エコやセコや健康や呆け防止といった意識の変化、東京オリンピックに向けた東京湾岸の高層マンションの林立といった(自然の)流れとして車道を通行するママチャリは増えてますよ。
>左(側)端を通行しているかどうかを明言していない.(貴方の発言を貴方が肯定出来ていない)

都心部の幹線道路の第一通行帯を右側逆走出来れば大したものです。

ふらふらと右側逆走する自転車は、右側逆走しても問題ないからこそ、右側逆走するのです。

車道通行すれば十分です。

確信犯的信号無視と同様に、何らあげつらう必要はありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/02/10 16:57 | URL |

『ただただ、自転車は車道左端を真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行すれば良いだけです。 』
『駐停車車両がいれば、普通にその右側を追越して行くものでしょう。 何ら問題ありません。 』

| 自転車は歩道 | 2015/02/10 17:01 | URL |

Re: 転ぶ時は転ぶ

ヒさん

>ヤマハがついこないだ出した最新型、『トリシティ』と言うバイクを知ってるかい?『前輪が2つ、後輪が1つ』の構成だがヘルメット着用義務はあるし、自立不可。普通に転ぶ。

法改正され、並んだ二輪の幅が46センチ未満の場合はヘルメット着用義務があります。記事および参照をお読みください。

>転ばない様にするためには、どんな運転をした場合も、重心が3つの接地点が作る三角形の中になければならない。安易に『三輪車だから転ばない』は間違い。

並んだ二輪の幅を広げるなど工夫が必要でしょう。

>この記事の自転車ならおそらくは自立可能。ただし、前2輪で、前輪同士の幅がコレだけあると、ハンドリング(車重も)重そう。

路面の衝撃でハンドルがぶれにくくなるので直進は安定します。

>人力の自転車で重量が重いのは致命的と言う解説はさっきしてあげたけど(『自転車用リヤカーを規制せよ』のコメントにて)

はしょらないで丁寧に説明してください。

>ハンドリングを良くするのなら、基本的に、『前が1輪、後ろが2輪』の構成にすべき。何故なら、ハンドリングが良いことを『ハンドリングが軽い』と評されるコトから分かる通り、ハンドルは物理的に軽い方が良いから。

パワーステアリングを検討すべきでしょう。

>やれやれですね。今回もまた、勉強不足。いつになったら物理を学ぶのかな?

まずは自転車に乗ってみることです。

>あと、『競技用自転車』の記事を期待していますよ。トップにも『特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します』と記載有るのに…

競技用自転車の三輪化を義務づけるべきでしょう。

| 世捨人 | 2015/02/12 23:25 | URL |

Re: タイトルなし

>同じ3輪自転車でも「前2輪」に目を付けるあたりさすが世捨人様ですな。

安全のため背に腹はかえられません。

>前2輪の自転車は、後ろ2輪の3輪自転車より安定性に優れていますからね。やたらふらつきながら走行している高齢者や、幼児を持つ母親などには有用でしょう。

子どもを前2輪のかごに乗せた方が、見守りながら運転できますので安心ですね。

>さらに「補助輪」の装着を義務付けると効果的ですよね。法改正を待ちましょう!

大変よく勉強されています。競技用自転車には「前2輪」+「補助輪」で安全が担保されるかと思います。
参照=http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-125.html

| 世捨人 | 2015/02/12 23:26 | URL |

世捨てのあたまは三輪三倍ばかわらわら

| わろ田 | 2015/02/12 23:28 | URL |

Re: タイトルなし

こじさん

>>オートバイ(原付バイク含む)で公道を走行するには、乗員はヘルメット着用義務がある。
>「義務がある」で結んでいるため法律(道路交通法)を前提とした記述と考えます。この前提に立つと

限られた字数のなかで真意は十分に伝わっていると確信しております。

>>ヘルメットを着用しなくともよいオートバイがある。三輪バイク(並んだ二輪の幅が46センチ未満のもの除く)だ。
>という記述は『完全に間違い』です。理由は法律で使われている用語や定義、(ましてや一般的な用語の使い方とも)と合致しないからです。よって、前提が間違っているため、それにもとづいた後段の記述も全部間違っています。

意味は十分に通じたかと思います。

>なお法律を前提としていないと考えた場合は、「私(世捨人)が間違いと言ったら間違い」が通るため、一切の客観性が担保されませんので、そもそも提言ではなく、私見です。彼のジャーナリスト能力は皆無なので、この場合も記述が間違っているといえます。

交通安全に資する提言であると自負しております。

>~もう少し説明(おまけ)~法律に基づいて書くと、「自動三輪車はヘルメットの着用義務がない」は正しいが、「自動三輪車はヘルメットを着用しなくとも良いオートバイ」では決してありません。

記事はよくお読みください。

>①道交法に「オートバイ」という用語は一度も出てこない(2015年2月6日)

自転車という用語も見受けられません。

>②記事性を大事にするなら「オートバイ」よりも「オートバイク」のほうが適切。

オートバイで通じます。ちなみに自転車のことを「バイク」というのは当ブログでご法度です。

>③自動三輪はオート「バイク」では無いです。そもそも「バイク」は「二輪車」に該当する用語で「三輪車」にはそれに該当する用語(元となる英語)があります。

当ブログは日本語で書かれています。

>④法律の免許に関する部分を読むと、自動三輪は自動車(自動四輪車)寄りの扱いです。よって二輪車(自転車・自動二輪)と対応させて論を展開するのではなく、四輪車と対応させなければ法律の観点からみた一般性は担保できません。

法律の観点からすると、自転車については運転免許がなくとも乗れます。

| 世捨人 | 2015/02/12 23:30 | URL |

Re: タイトルなし

>三輪だと転ばないんだ!へぇ〜知らなかった( ̄◇ ̄;)四輪だってひっくり返る時もあるのに、三輪ってすごいんだね〜

自立できるよう、がんばってください。

| 世捨人 | 2015/02/12 23:40 | URL |

Re: タイトルなし

わろさん

>世捨てさんの頭は60年ほど前の三輪車時代、あるルサンチマンから停止してしまってるのです。ご両親からネグレクトされて、買ってもらえなかったのです。かわいそうなのです。

前2輪の「ストライク」は人気急上昇で、同時に規制も強化されています。

| 世捨人 | 2015/02/12 23:43 | URL |

馬鹿は車道を走らないでくださいわらわら

| わろ田 | 2015/02/12 23:44 | URL |

Re: タイトルなし

>ブログで文句ばかり言ってないで政治家にでもなって法律を変えてきたらどうですか?

ペンの力で社会を動かすことにジャーナリストとしてのやりがいを感じます。

| 世捨人 | 2015/02/12 23:44 | URL |

どちらさんがジャーナリスト?わらわら

| わろ田 | 2015/02/12 23:44 | URL |

Re: タイトルなし

ぁさん

>何もかも知らない無知の世捨て人に、今日も親切に教えてあげよう。バイクの、バイというのは二つと言う意味。二か国の言葉を話せる人をバイリンガルと言いますね。

日本ではバイクはオートバイの略として使用されています。ちなみに、自転車のことを「バイク」というのは当ブログではご法度です。

>それにたいし、三つのことはトリとか、トライと言います。ヘルメット不要なのはバイクではなくて、トライクですね。ちなみに、三輪車はトライシクルと言います。三角形のことをトライアングルというのは、小学生でも知っていますね。

日本では「トリ」は鳥、「トライ」はラグビー用語として使うのが一般的です。
ちなみに、トライクは並んだ2輪の幅が46センチ未満ならヘルメット着用義務がかせられました。記事はよくお読みください。

| 世捨人 | 2015/02/12 23:47 | URL |

Re: タイトルなし

危険さん

>自転車にヘルメット着用義務は無いから着用義務回避の為に三輪車に乗る必要無いわなw

車道を走る自転車にヘルメット着用義務がないのは法の不備であり、規制は時間の問題でしょう。

| 世捨人 | 2015/02/12 23:50 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>疋田さんがブログで、「ママチャリとは何か?」について、論じている。http://melma.com/backnumber_16703_6161774/「“ママチャリ”は、自転車そのものではなく、乗り方なのだ」であり、「こうした乗り方は、もちろん昭和45年の改正道交法(63条の4「自転車は指定歩道ならば、歩道も通行できる」の誕生)以降、日本に定着してしまったワケ」だというのであれば、答えは簡単です。自転車は、車道左端通行すれば十分であり、全ては解決するのです。規制強化だ、インフラ整備だ、三輪車だ、カマキリハンドルだなどと議論する必要など全くない。

速度差のある自転車とクルマが共存するのは無理があります。

>ただただ、自転車は車道左端を真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行すれば良いだけです。

言うは易し行うは難し、といったところでしょうか。

>国土交通省と警察庁の御役人方は、省庁の権益拡大を狙って、なんたら委員会を立ち上げていますが、全く不要です。第1回安全で快適な自転車利用環境創出の促進に関する検討委員会
http://www.npa.go.jp/koutsuu/index.htm http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle/kentoiinkai/01jitensha_01gijishidai.pdf
http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle/kentoiinkai/01jitensha_02kiyaku.pdf
自転車乗りの実感としては、自転車レーンの道路標示でさえ不要です。自転車乗りには青い矢印のペンキ塗装の凸凹が気になることも、矢印を避けるように左端を通行している画像から読み取れます。http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle/kentoiinkai/01jitensha_11sankousiryou.pdf
自転車活用推進ナンタラ会議(?)の小林理事長のように委員会に選ばれた方々に自転車乗りの実感を示す画像を読み取る力があるのかどうか、少々不安です。自転車乗りの実感が伝われば良いのですが、誰か伝手のある方は、是非ともお伝え下さい。よろしくお願い致します。

「自転車は歩道活用」で解決する問題ですね、

| 世捨人 | 2015/02/12 23:52 | URL |

このブログを見てきて思ったのだけれど、こういうキチガイじみた事を述べる人間は他人の意見なんて聞かないのがほとんどだ
しかし世捨人氏の評価できるところはコメント欄開放して議論のような事もしているところだ
大概書いてる事が、視野が狭すぎて可笑しいのが勿体無い。

| 名無しさん | 2015/02/13 08:35 | URL |

また私のコメントに返せてない.
無能ジャーナリストにしか見えない.


以下,意見


>(世捨人)オートバイ(原付バイク含む)で公道を走行するには、乗員はヘルメット着用義務がある。
>(こじま)「義務がある」で結んでいるため法律(道路交通法)を前提とした記述と考えます。この前提に立つと

>(世捨人)ヘルメットを着用しなくともよいオートバイがある。三輪バイク(並んだ二輪の幅が46センチ未満のもの除く)だ。
>(こじま)という記述は『完全に間違い』です。理由は法律で使われている用語や定義、(ましてや一般的な用語の使い方とも)と合致しないからです。よって、前提が間違っているため、それにもとづいた後段の記述も全部間違っています。 なお法律を前提としていないと考えた場合は、「私(世捨人)が間違いと言ったら間違い」が通るため、一切の客観性が担保されませんので、そもそも提言ではなく、私見です。彼のジャーナリスト能力は皆無なので、この場合も記述が間違っているといえます。
>(こじま)(略)「自動三輪車はヘルメットの着用義務がない」は正しいが、「自動三輪車はヘルメットを着用しなくとも良いオートバイ」では決してありません。


>(世捨人)限られた字数のなかで真意は十分に伝わっていると確信しております。
>(世捨人)意味は十分に通じたかと思います。
>(世捨人)交通安全に資する提言であると自負しております。
>(世捨人)記事はよくお読みください。

「貴方が道交法を理解していないで,意見には答えず,ひたすら私心を発言しているだけ」って事が真意かな?
まぁ「こじ」って人が誰か知らないけど,勝手に「こじま」への返し(≠返答)してるけど.
以下,「世捨人→こじ(←誰?)」のやりとりへの意見です.


~~~
>(こ)①道交法に「オートバイ」という用語は一度も出てこない(2015年2月6日)
>(世)自転車という用語も見受けられません。

1-1.自転車と言う用語が無い事は,こじの意見を否定する事にならない
1-2.「自転車」と言う用語はある.(例: 第十三節 『自転車』の交通方法の特例)

この点に関して,このジャーナリストは無知です.


~~~
>(こ)③自動三輪はオート「バイク」では無いです。そもそも「バイク」は「二輪車」に該当する用語で「三輪車」にはそれに該当する用語(元となる英語)があります。

>(世)当ブログは日本語で書かれています。

3-1.そうだね.バイクは日本語,bikeは英語.バイクはbikeに由来する日本語.だから,貴方の指摘は関係ない.


~~~
>④法律の免許に関する部分を読むと、自動三輪は自動車(自動四輪車)寄りの扱いです。よって二輪車(自転車・自動二輪)と対応させて論を展開するのではなく、四輪車と対応させなければ法律の観点からみた一般性は担保できません。

>(世)法律の観点からすると、自転車については運転免許がなくとも乗れます。

4-1.そうだね.それが④の意見の否定になるとでも思った?

| こじま | 2015/02/13 11:18 | URL |

Re: タイトルなし
>ブログで文句ばかり言ってないで政治家にでもなって法律を変えてきたらどうですか?

ペンの力で社会を動かすことにジャーナリストとしてのやりがいを感じます。

| 世捨人 | 2015/02/12 23:44 | URL |



一度も動かした事ないから,ジャーナリストしてのやり「害」を感じてないんじゃない?

| こじま | 2015/02/13 11:20 | URL |

ただただ、自転車は車道左端を真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行すれば良いだけです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/02/10 14:55 | URL |

都心部の幹線道路の第一通行帯を右側逆走出来れば大したものです。
ふらふらと右側逆走する自転車は、右側逆走しても問題ないからこそ、右側逆走するのです。
車道通行すれば十分です。
確信犯的信号無視と同様に、何らあげつらう必要はありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/02/10 16:57 | URL |

このような人のことを指す言葉です。

| ○かなの? | 2015/02/13 13:17 | URL |

○かなの?さん| 2015/02/13 13:17 |へ

>>ただただ、自転車は車道左端を真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行すれば良いだけです。(byときどきオアゾツーキニスト | 2015/02/10 14:55 )
>>都心部の幹線道路の第一通行帯を右側逆走出来れば大したものです。
ふらふらと右側逆走する自転車は、右側逆走しても問題ないからこそ、右側逆走するのです。
車道通行すれば十分です。
確信犯的信号無視と同様に、何らあげつらう必要はありません。(byときどきオアゾツーキニスト | 2015/02/10 16:57)

>このような人のことを指す言葉です。

どういう言葉なのか、意味不明です。


大河の流れの喩えのとおり、岸辺付近のよどみが滞留して、多少逆流するのも自然の流れです。

岸辺(歩道上)を自由自在に右に左に通行しているママチャリも岸辺付近のよどみでは逆流(右側通行)することがあっても、大河の流れの中では、周りの流れに身を任せて(車道左端通行で)漂い流れていく方が安全かつ円滑であることは、水の中に入れば(車道通行さえすれば)容易に実感出来ることです。

疋田さんのさすべえと同様に優先順位の問題です。
http://melma.com/backnumber_16703_6163731/

自転車は車道に下りさえすれば、自然と左端通行となるものです。

現実に右側逆走している自転車は、逆走出来る状況だからこそであり、あげつらう必要は、全くありません。

先を急ぐ車道左端通行自転車は、第一通行帯の右端を通行すれば良いだけです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/02/13 14:12 | URL |

世捨人さん| 2015/02/12 23:52 |へ

>>疋田さんがブログで、「ママチャリとは何か?」について、論じている。http://melma.com/backnumber_16703_6161774/「“ママチャリ”は、自転車そのものではなく、乗り方なのだ」であり、「こうした乗り方は、もちろん昭和45年の改正道交法(63条の4「自転車は指定歩道ならば、歩道も通行できる」の誕生)以降、日本に定着してしまったワケ」だというのであれば、答えは簡単です。自転車は、車道左端通行すれば十分であり、全ては解決するのです。規制強化だ、インフラ整備だ、三輪車だ、カマキリハンドルだなどと議論する必要など全くない。
>速度差のある自転車とクルマが共存するのは無理があります。

速度差のある自転車とクルマではトイレの順番待ちの列が異なりますので、何らご心配いりません。

自転車は、大人しく車道左端を通行させて頂くだけで十分です。

速度差のあるクルマは、勝手に安全な速度と方法で追越して行って頂ければ、結構です。


>>ただただ、自転車は車道左端を真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行すれば良いだけです。
>言うは易し行うは難し、といったところでしょうか。

自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用できる交通手段です。

人力車、馬車・牛車、リヤカーなどと同様に、軽車両として、堂々と大人しく車道左端を通行するだけのことです。

何ら難しいことはありません。


>>国土交通省と警察庁の御役人方は、省庁の権益拡大を狙って、なんたら委員会を立ち上げていますが、全く不要です。第1回安全で快適な自転車利用環境創出の促進に関する検討委員会
http://www.npa.go.jp/koutsuu/index.htm http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle/kentoiinkai/01jitensha_01gijishidai.pdf
http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle/kentoiinkai/01jitensha_02kiyaku.pdf
自転車乗りの実感としては、自転車レーンの道路標示でさえ不要です。自転車乗りには青い矢印のペンキ塗装の凸凹が気になることも、矢印を避けるように左端を通行している画像から読み取れます。http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle/kentoiinkai/01jitensha_11sankousiryou.pdf
自転車活用推進ナンタラ会議(?)の小林理事長のように委員会に選ばれた方々に自転車乗りの実感を示す画像を読み取る力があるのかどうか、少々不安です。自転車乗りの実感が伝われば良いのですが、誰か伝手のある方は、是非ともお伝え下さい。よろしくお願い致します。
>「自転車は歩道活用」で解決する問題ですね、

自転車が、車道左端通行することで、全ては解決です。

行政が行なうべきは、都心部や駅前での公共「無料」駐輪場の整備だけでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/02/13 15:05 | URL |

こじまさん| 2015/02/13 11:18 |へ

>また私のコメントに返せてない.

返す価値がないコメントだということです。

残念。


>無能ジャーナリストにしか見えない.

こじまさんは、無能ジャーナリストを仰ぎ見る土俵外の野次馬にしか見えませんよ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/02/13 18:46 | URL |

>どういう言葉なのか、意味不明です。

だからなのだよ。

くくく。

| あんた、○か? | 2015/02/13 20:24 | URL |

○かだから仕方ない

| 自転車は歩道 | 2015/02/13 22:21 | URL |

ジャーナリストは文句つける事しか出来ないから仕方ない

| 名無しさん | 2015/02/16 12:02 | URL |

>ぁさん
ふざけるなって言ってんだろう!
いいかげんに改めなさい。このバカ野郎

>日本ではバイクはオートバイの略として使用されています。
違うよ、嘘つき!

>ちなみに、自転車のことを「バイク」というのは当ブログではご法度です
えっ、英語で二輪車のことを「バイク」と言うんですよ。このブログは英語禁止ですか?
人種差別?
>日本では「トリ」は鳥、「トライ」はラグビー用語として使うのが一般的です。
えー、じゃあトリオとか。家庭教師のトライは??
とりは3を表すのが一般的ですよ。トライは違うけど。

>ちなみに、トライクは並んだ2輪の幅が46センチ未満ならヘルメット着用義務がかせられました。記事はよくお読みください。
普通のトライクは後ろが二輪ですね。ちゃんと調べましたか?前に国会議員が乗っていました。
地方ですが私のいるところには販売店があります。
ヘルメット着用義務はヤマハのトリシティですね。

全く「調査」ってしないんですねー。やはり、偽物ジャーナリスト!!

| あ | 2015/02/16 22:03 | URL |

Re: タイトルなし

名無さん

>このブログを見てきて思ったのだけれど、こういうキチガイじみた事を述べる人間は他人の意見なんて聞かないのがほとんどだ しかし世捨人氏の評価できるところはコメント欄開放して議論のような事もしているところだ 大概書いてる事が、視野が狭すぎて可笑しいのが勿体無い。

自転車乗りの安全を第一に考えておりますので、クルマのドライバーからすれば面白くない内容も含まれているのは事実かもしれません。

| 世捨人 | 2015/02/17 23:48 | URL |

Re: タイトルなし

こじさん

>また私のコメントに返せてない.無能ジャーナリストにしか見えない.以下,意見

こじさんのコメントに返答したら有能ジャーナリストというのは、おこがましいです。

>>(世捨人)オートバイ(原付バイク含む)で公道を走行するには、乗員はヘルメット着用義務がある。
>(こじま)「義務がある」で結んでいるため法律(道路交通法)を前提とした記述と考えます。この前提に立つと
>>(世捨人)ヘルメットを着用しなくともよいオートバイがある。三輪バイク(並んだ二輪の幅が46センチ未満のもの除く)だ。
>(こじま)という記述は『完全に間違い』です。理由は法律で使われている用語や定義、(ましてや一般的な用語の使い方とも)と合致しないからで す。よって、前提が間違っているため、それにもとづいた後段の記述も全部間違っています。 なお法律を前提としていないと考えた場合は、「私(世捨人)が間違いと言ったら間違い」が通るため、一切の客観性が担保されませんので、そもそも提言では なく、私見です。彼のジャーナリスト能力は皆無なので、この場合も記述が間違っているといえます。
>(こじま)(略)「自動三輪車はヘルメットの着用義務がない」は正しいが、「自動三輪車はヘルメットを着用しなくとも良いオートバイ」では決してありません。
>>(世捨人)限られた字数のなかで真意は十分に伝わっていると確信しております。(世捨人)意味は十分に通じたかと思います。(世捨人)交通安全に資する提言であると自負しております。(世捨人)記事はよくお読みください。
>「貴方が道交法を理解していないで,意見には答えず,ひたすら私心を発言しているだけ」って事が真意かな?まぁ「こじ」って人が誰か知らないけど,勝手に「こじま」への返し(≠返答)してるけど.以下,「世捨人→こじ(←誰?)」のやりとりへの意見です.

記事はよくお読みください。

>(こ)①道交法に「オートバイ」という用語は一度も出てこない(2015年2月6日)
>>(世)自転車という用語も見受けられません。
>1-1.自転車と言う用語が無い事は,こじの意見を否定する事にならない1-2.「自転車」と言う用語はある.(例: 第十三節 『自転車』の交通方法の特例)この点に関して,このジャーナリストは無知です.

そうですね。

>(こ)③自動三輪はオート「バイク」では無いです。そもそも「バイク」は「二輪車」に該当する用語で「三輪車」にはそれに該当する用語(元となる英語)があります。
>>(世)当ブログは日本語で書かれています。3-1.そうだね.バイクは日本語,bikeは英語.バイクはbikeに由来する日本語.だから,貴方の指摘は関係ない.

日本語となると、バイクは「baiku」となるでしょう。

>④法律の免許に関する部分を読むと、自動三輪は自動車(自動四輪車)寄りの扱いです。よって二輪車(自転車・自動二輪)と対応させて論を展開するのではなく、四輪車と対応させなければ法律の観点からみた一般性は担保できません。
>>(世)法律の観点からすると、自転車については運転免許がなくとも乗れます。
>4-1.そうだね.それが④の意見の否定になるとでも思った?

今回の記事は自転車の交通安全に関する提言です。

| 世捨人 | 2015/02/17 23:54 | URL |

Re: タイトルなし

こじさん

>ブログで文句ばかり言ってないで政治家にでもなって法律を変えてきたらどうですか?
>>ペンの力で社会を動かすことにジャーナリストとしてのやりがいを感じます。
>一度も動かした事ないから,ジャーナリストしてのやり「害」を感じてないんじゃない?

地道な草の根活動は実を結ぶことを知っています。

| 世捨人 | 2015/02/17 23:56 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>疋田さんがブログで、「ママチャリとは何か?」について、論じている。http://melma.com /backnumber_16703_6161774/「“ママチャリ”は、自転車そのものではなく、乗り方なのだ」であり、「こうした乗り方は、もちろ ん昭和45年の改正道交法(63条の4「自転車は指定歩道ならば、歩道も通行できる」の誕生)以降、日本に定着してしまったワケ」だというのであれば、答 えは簡単です。自転車は、車道左端通行すれば十分であり、全ては解決するのです。規制強化だ、インフラ整備だ、三輪車だ、カマキリハンドルだなどと議論す る必要など全くない。
>>速度差のある自転車とクルマが共存するのは無理があります。
>速度差のある自転車とクルマではトイレの順番待ちの列が異なりますので、何らご心配いりません。自転車は、大人しく車道左端を通行させて頂くだけで十分です。速度差のあるクルマは、勝手に安全な速度と方法で追越して行って頂ければ、結構です。

自転車は「譲る心と待つゆとり」の精神をいかんなく発揮し、道路における交通の円滑に努めてください。

>ただただ、自転車は車道左端を真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行すれば良いだけです。
>>言うは易し行うは難し、といったところでしょうか。
>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用できる交通手段です。人力車、馬車・牛車、リヤカーなどと同様に、軽車両として、堂々と大人しく車道左端を通行するだけのことです。何ら難しいことはありません。

手軽に利用できる乗り物だからといって、必ずしも堂々と大人しく車道左端を通行できるものではありません。

>国土交通省と警察庁の御役人方は、省庁の権益拡大を狙って、なんたら委員会を立ち上げていますが、全く不要です。第1回安全で快適な自転車利用環境創出の促進に関する検討委員会
http://www.npa.go.jp/koutsuu/index.htm http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle/kentoiinkai/01jitensha_01gijishidai.pdf
http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle/kentoiinkai/01jitensha_02kiyaku.pdf
自転車乗りの実感としては、自転車レーンの道路標示でさえ不要です。自転車乗りには青い矢印のペンキ塗装の凸凹が気になることも、矢印を避けるよ うに左端を通行している画像から読み取れます。http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle /kentoiinkai/01jitensha_11sankousiryou.pdf
自転車活用推進ナンタラ会議(?)の小林理事長のように委員会に選ばれた方々に自転車乗りの実感を示す画像を読み取る力があるのかどうか、少々不安です。自転車乗りの実感が伝われば良いのですが、誰か伝手のある方は、是非ともお伝え下さい。よろしくお願い致します。
>>「自転車は歩道活用」で解決する問題ですね、
>自転車が、車道左端通行することで、全ては解決です。行政が行なうべきは、都心部や駅前での公共「無料」駐輪場の整備だけでしょう。

自転車の車道左端通行が一筋縄でいかないためにナンタラ会議の理事長など、「プロ市民」がはびこるのでしょう。

| 世捨人 | 2015/02/17 23:58 | URL |

Re: タイトルなし

名無さん

>ジャーナリストは文句つける事しか出来ないから仕方ない

根底にあるのは自転車乗りの交通安全です。履き違えないでください。

| 世捨人 | 2015/02/18 00:09 | URL |

Re: タイトルなし
こじさん

>ブログで文句ばかり言ってないで政治家にでもなって法律を変えてきたらどうですか?
>>ペンの力で社会を動かすことにジャーナリストとしてのやりがいを感じます。
>一度も動かした事ないから,ジャーナリストしてのやり「害」を感じてないんじゃない?

地道な草の根活動は実を結ぶことを知っています。

| 世捨人 | 2015/02/17 23:56 | URL |


貴方の活動が「地道」ではないけどね。
理論的に飛躍がありすぎるから、地に足がついてない。

| こじま | 2015/02/18 00:16 | URL |

Re: タイトルなし

ぁさん

>>ぁさん
>ふざけるなって言ってんだろう! いいかげんに改めなさい。このバカ野郎

見苦しいですよ。

>>日本ではバイクはオートバイの略として使用されています。
>違うよ、嘘つき!

根拠をお示しください。

>>ちなみに、自転車のことを「バイク」というのは当ブログではご法度です
>えっ、英語で二輪車のことを「バイク」と言うんですよ。このブログは英語禁止ですか? 人種差別?

英語で質問していただく分には、何ら構いません。日本語と英語は混在させないでください。

>>日本では「トリ」は鳥、「トライ」はラグビー用語として使うのが一般的です。
>えー、じゃあトリオとか。家庭教師のトライは?? とりは3を表すのが一般的ですよ。トライは違うけど。

上述のとおり、国内において「トライ」はラグビー用語が一般的です。

>>ちなみに、トライクは並んだ2輪の幅が46センチ未満ならヘルメット着用義務がかせられました。記事はよくお読みください。
>普通のトライクは後ろが二輪ですね。ちゃんと調べましたか?前に国会議員が乗っていました。 地方ですが私のいるところには販売店があります。 ヘルメット着用義務はヤマハのトリシティですね。全く「調査」ってしないんですねー。やはり、偽物ジャーナリスト!!

前が2輪だろうが後ろが2輪だろうが、並んだ2輪の幅が46センチ未満ならヘルメット着用義務がかせられました。記事は丁寧にお読みください。

| 世捨人 | 2015/02/18 00:19 | URL |

>(こ)①道交法に「オートバイ」という用語は一度も出てこない(2015年2月6日)
>>(世)自転車という用語も見受けられません。
>1-1.自転車と言う用語が無い事は,こじの意見を否定する事にならない1-2.「自転車」と言う用語はある.(例: 第十三節 『自転車』の交通方法の特例)この点に関して,このジャーナリストは無知です.

>>(世)そうですね。


無知を認めましたね。
大進歩です。
今後は無知によって間違えた記事を順次書き直していくと良いでしょう。

~~~
>(世)日本語となると、バイクは「baiku」となるでしょう。

どうでもいいけど、三輪車はバイクでも「baiku」でもないよ。
無知ジャーナリストさんは日本語と英語を勉強しよう。それから、無知のせいで間違っている部分を修正しましょう。
今のままでは信憑性が0です。

| こじま | 2015/02/18 00:22 | URL |

Re: タイトルなし

こじさん

>ブログで文句ばかり言ってないで政治家にでもなって法律を変えてきたらどうですか?
>>ペンの力で社会を動かすことにジャーナリストとしてのやりがいを感じます。
>一度も動かした事ないから,ジャーナリストしてのやり「害」を感じてないんじゃない?
>>地道な草の根活動は実を結ぶことを知っています。
>貴方の活動が「地道」ではないけどね。 理論的に飛躍がありすぎるから、地に足がついてない。

このブログも長いこと続けております。規制対象者からの理解をうるのは困難でしょうが、世論は味方になっていると確信しております。

| 世捨人 | 2015/02/18 00:26 | URL |

Re: タイトルなし

こじさん

>(こ)①道交法に「オートバイ」という用語は一度も出てこない(2015年2月6日)
>>(世)自転車という用語も見受けられません。
>1-1.自転車と言う用語が無い事は,こじの意見を否定する事にならない1-2.「自転車」と言う用語はある.(例: 第十三節 『自転車』の交通方法の特例)この点に関して,このジャーナリストは無知です.
>>(世)そうですね。
>無知を認めましたね。大進歩です。今後は無知によって間違えた記事を順次書き直していくと良いでしょう。

よかったね。

>>(世)日本語となると、バイクは「baiku」となるでしょう。
>どうでもいいけど、三輪車はバイクでも「baiku」でもないよ。 無知ジャーナリストさんは日本語と英語を勉強しよう。それから、無知のせいで間違っている部分を修正しましょう。今のままでは信憑性が0です。

キーボードはローマ字入力にした方が楽ですよ。

| 世捨人 | 2015/02/18 00:29 | URL |

スペルミス

バイクは「baiku」となるでしょう。| 世捨人 | 2015/02/17 23:54 | URL |

スペルミスです。
お疲れ様。
おやすみなさい。

| ヒロ | 2015/02/18 00:31 | URL |

Re: スペルミス

ヒさん

>>バイクは「baiku」となるでしょう。
>スペルミスです。お疲れ様。おやすみなさい。すみなさい

キーボード操作はローマ字入力にチャレンジしてみましょう。

| 世捨人 | 2015/02/18 00:32 | URL |

>無知を認めましたね。大進歩です。今後は無知によって間違えた記事を順次書き直していくと良いでしょう。

>よかったね。

「良い」というのは肯定表現です。


「世捨人は無知」
「世捨人の主張は、車は走るな」
「世捨人は自動車を利用している」

| こじま | 2015/02/18 00:38 | URL |

キーボード操作はローマ字入力にチャレンジしてみましょう。| 世捨人 | 2015/02/18 00:32 | URL |

すいません。ケータイ電話からの入力ナノでそれは不可です。

オマケに英語を論じてるので、スペルミスには違いありません。

おやすみなさい。

| ヒロ | 2015/02/18 00:38 | URL |

世捨人さん| 2015/02/17 23:58 |へ

>>疋田さんがブログで、「ママチャリとは何か?」について、論じている。http://melma.com /backnumber_16703_6161774/「“ママチャリ”は、自転車そのものではなく、乗り方なのだ」であり、「こうした乗り方は、もちろ ん昭和45年の改正道交法(63条の4「自転車は指定歩道ならば、歩道も通行できる」の誕生)以降、日本に定着してしまったワケ」だというのであれば、答 えは簡単です。自転車は、車道左端通行すれば十分であり、全ては解決するのです。規制強化だ、インフラ整備だ、三輪車だ、カマキリハンドルだなどと議論す る必要など全くない。
>速度差のある自転車とクルマが共存するのは無理があります。
>>速度差のある自転車とクルマではトイレの順番待ちの列が異なりますので、何らご心配いりません。自転車は、大人しく車道左端を通行させて頂くだけで十分です。速度差のあるクルマは、勝手に安全な速度と方法で追越して行って頂ければ、結構です。
>自転車は「譲る心と待つゆとり」の精神をいかんなく発揮し、道路における交通の円滑に努めてください。

道路交通の安全のために、そっくりそのまま、世捨人さんをはじめとする自動車ドライバーにお返ししましょう。

自動車は「譲る心と待つゆとり」の精神をいかんなく発揮し、道路における交通の安全と円滑に努めてください。


>>ただただ、自転車は車道左端を真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行すれば良いだけです。
>言うは易し行うは難し、といったところでしょうか。
>>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用できる交通手段です。人力車、馬車・牛車、リヤカーなどと同様に、軽車両として、堂々と大人しく車道左端を通行するだけのことです。何ら難しいことはありません。
>手軽に利用できる乗り物だからといって、必ずしも堂々と大人しく車道左端を通行できるものではありません。

自転車は、ただただ、車道左端を真っ直ぐ前を向いて堂々と大人しくふらつかずに通行するだけのことです。


>>国土交通省と警察庁の御役人方は、省庁の権益拡大を狙って、なんたら委員会を立ち上げていますが、全く不要です。第1回安全で快適な自転車利用環境創出の促進に関する検討委員会
http://www.npa.go.jp/koutsuu/index.htm http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle/kentoiinkai/01jitensha_01gijishidai.pdf
http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle/kentoiinkai/01jitensha_02kiyaku.pdf
自転車乗りの実感としては、自転車レーンの道路標示でさえ不要です。自転車乗りには青い矢印のペンキ塗装の凸凹が気になることも、矢印を避けるよ うに左端を通行している画像から読み取れます。http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle /kentoiinkai/01jitensha_11sankousiryou.pdf
自転車活用推進ナンタラ会議(?)の小林理事長のように委員会に選ばれた方々に自転車乗りの実感を示す画像を読み取る力があるのかどうか、少々不安です。自転車乗りの実感が伝われば良いのですが、誰か伝手のある方は、是非ともお伝え下さい。よろしくお願い致します。
>「自転車は歩道活用」で解決する問題ですね、
>>自転車が、車道左端通行することで、全ては解決です。行政が行なうべきは、都心部や駅前での公共「無料」駐輪場の整備だけでしょう。
>自転車の車道左端通行が一筋縄でいかないためにナンタラ会議の理事長など、「プロ市民」がはびこるのでしょう。

都心部や駅前への公共(無料)駐輪場の整備が進められれば、一般市民の誰もが自転車通勤し、車道左端は自転車で埋め尽くされることでしょう。

楽しみです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/02/18 09:24 | URL |

>(こ)①道交法に「オートバイ」という用語は一度も出てこない(2015年2月6日)
>>(世)自転車という用語も見受けられません。
>1-1.自転車と言う用語が無い事は,こじの意見を否定する事にならない1-2.「自転車」と言う用語はある.(例: 第十三節 『自転車』の交通方法の特例)この点に関して,このジャーナリストは無知です.

絶対なる自信のあるブログに間違いを書いたんだから、何かの形でケジメを示してね。

| こじま | 2015/02/21 18:26 | URL |

Re: タイトルなし

こじさん

>無知を認めましたね。大進歩です。今後は無知によって間違えた記事を順次書き直していくと良いでしょう。
>>よかったね。
>「良い」というのは肯定表現です。「世捨人は無知」「世捨人の主張は、車は走るな」「世捨人は自動車を利用している」

はしゃがないでください。

| 世捨人 | 2015/02/25 00:31 | URL |

Re: タイトルなし

ヒさん

>>キーボード操作はローマ字入力にチャレンジしてみましょう。| 世捨人 | 2015/02/18 00:32 | URL |
>すいません。ケータイ電話からの入力ナノでそれは不可です。オマケに英語を論じてるので、スペルミスには違いありません。おやすみなさい。

バイクは「baiku」と入力します。

| 世捨人 | 2015/02/25 00:31 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>疋田さんがブログで、「ママチャリとは何か?」について、論じている。http://melma.com /backnumber_16703_6161774/「“ママチャリ”は、自転車そのものではなく、乗り方なのだ」であり、「こうした乗り方は、もちろ ん昭和45年の改正道交法(63条の4「自転車は指定歩道ならば、歩道も通行できる」の誕生)以降、日本に定着してしまったワケ」だというのであれば、答 えは簡単です。自転車は、車道左端通行すれば十分であり、全ては解決するのです。規制強化だ、インフラ整備だ、三輪車だ、カマキリハンドルだなどと議論す る必要など全くない。
>>速度差のある自転車とクルマが共存するのは無理があります。
>速度差のある自転車とクルマではトイレの順番待ちの列が異なりますので、何らご心配いりません。自転車は、大人しく車道左端を通行させて頂くだけで十分です。速度差のあるクルマは、勝手に安全な速度と方法で追越して行って頂ければ、結構です。
>>自転車は「譲る心と待つゆとり」の精神をいかんなく発揮し、道路における交通の円滑に努めてください。
>道路交通の安全のために、そっくりそのまま、世捨人さんをはじめとする自動車ドライバーにお返ししましょう。自動車は「譲る心と待つゆとり」の精神をいかんなく発揮し、道路における交通の安全と円滑に努めてください。

小回りが利く自転車にあっては、おとなしくクルマに進路を譲ってあげてください。

>ただただ、自転車は車道左端を真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行すれば良いだけです。
>>言うは易し行うは難し、といったところでしょうか。
>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用できる交通手段です。人力車、馬車・牛車、リヤカーなどと同様に、軽車両として、堂々と大人しく車道左端を通行するだけのことです。何ら難しいことはありません。
>>手軽に利用できる乗り物だからといって、必ずしも堂々と大人しく車道左端を通行できるものではありません。
>自転車は、ただただ、車道左端を真っ直ぐ前を向いて堂々と大人しくふらつかずに通行するだけのことです。

手軽に利用できる乗り物だからといって、必ずしも堂々と大人しく車道左端を通行できるものではないという原点に立ち返ってください。

>国土交通省と警察庁の御役人方は、省庁の権益拡大を狙って、なんたら委員会を立ち上げていますが、全く不要です。第1回安全で快適な自転車利用環境創出の促進に関する検討委員会
http://www.npa.go.jp/koutsuu/index.htm http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle/kentoiinkai/01jitensha_01gijishidai.pdf
http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle/kentoiinkai/01jitensha_02kiyaku.pdf
自転車乗りの実感としては、自転車レーンの道路標示でさえ不要です。自転車乗りには青い矢印のペンキ塗装の凸凹が気になることも、矢印を避けるよ うに左端を通行している画像から読み取れます。http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle /kentoiinkai/01jitensha_11sankousiryou.pdf
自転車活用推進ナンタラ会議(?)の小林理事長のように委員会に選ばれた方々に自転車乗りの実感を示す画像を読み取る力があるのかどうか、少々不安です。自転車乗りの実感が伝われば良いのですが、誰か伝手のある方は、是非ともお伝え下さい。よろしくお願い致します。
>>「自転車は歩道活用」で解決する問題ですね、
>自転車が、車道左端通行することで、全ては解決です。行政が行なうべきは、都心部や駅前での公共「無料」駐輪場の整備だけでしょう。
>>自転車の車道左端通行が一筋縄でいかないためにナンタラ会議の理事長など、「プロ市民」がはびこるのでしょう。
>都心部や駅前への公共(無料)駐輪場の整備が進められれば、一般市民の誰もが自転車通勤し、車道左端は自転車で埋め尽くされることでしょう。楽しみです。

夢やあこがれで終わるものでしょう。

| 世捨人 | 2015/02/25 00:33 | URL |

Re: タイトルなし

旧こじさん

>(こ)①道交法に「オートバイ」という用語は一度も出てこない(2015年2月6日)
>>(世)自転車という用語も見受けられません。
>1-1.自転車と言う用語が無い事は,こじの意見を否定する事にならない1-2.「自転車」と言う用語はある.(例: 第十三節 『自転車』の交通方法の特例)この点に関して,このジャーナリストは無知です.絶対なる自信のあるブログに間違いを書いたんだから、何かの形でケジメを示してね。

記事内容には絶大なる自信があるのは不動です。

| 世捨人 | 2015/02/25 00:57 | URL |

世捨人さん| 2015/02/25 00:33 |へ

>>疋田さんがブログで、「ママチャリとは何か?」について、論じている。http://melma.com /backnumber_16703_6161774/「“ママチャリ”は、自転車そのものではなく、乗り方なのだ」であり、「こうした乗り方は、もちろ ん昭和45年の改正道交法(63条の4「自転車は指定歩道ならば、歩道も通行できる」の誕生)以降、日本に定着してしまったワケ」だというのであれば、答えは簡単です。

自転車は、車道左端通行すれば十分であり、全ては解決するのです。規制強化だ、インフラ整備だ、三輪車だ、カマキリハンドルだなどと議論する必要など全くない。

>速度差のある自転車とクルマが共存するのは無理があります。
>>速度差のある自転車とクルマではトイレの順番待ちの列が異なりますので、何らご心配いりません。自転車は、大人しく車道左端を通行させて頂くだけで十分です。速度差のあるクルマは、勝手に安全な速度と方法で追越して行って頂ければ、結構です。
>自転車は「譲る心と待つゆとり」の精神をいかんなく発揮し、道路における交通の円滑に努めてください。
>>道路交通の安全のために、そっくりそのまま、世捨人さんをはじめとする自動車ドライバーにお返ししましょう。
自動車は「譲る心と待つゆとり」の精神をいかんなく発揮し、道路における交通の安全と円滑に努めてください。
>小回りが利く自転車にあっては、おとなしくクルマに進路を譲ってあげてください。

自転車は車道左端通行することで、あらかじめ後続車両に進路を譲っています。


>>ただただ、自転車は車道左端を真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行すれば良いだけです。
>言うは易し行うは難し、といったところでしょうか。
>>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用できる交通手段です。人力車、馬車・牛車、リヤカーなどと同様に、軽車両として、堂々と大人しく車道左端を通行するだけのことです。何ら難しいことはありません。
>手軽に利用できる乗り物だからといって、必ずしも堂々と大人しく車道左端を通行できるものではありません。
>>自転車は、ただただ、車道左端を真っ直ぐ前を向いて堂々と大人しくふらつかずに通行するだけのことです。
>手軽に利用できる乗り物だからといって、必ずしも堂々と大人しく車道左端を通行できるものではないという原点に立ち返ってください。

道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法で、自転車などの軽車両は車道左端を通行しなければならない、と定められています。

>>国土交通省と警察庁の御役人方は、省庁の権益拡大を狙って、なんたら委員会を立ち上げていますが、全く不要です。第1回安全で快適な自転車利用環境創出の促進に関する検討委員会
http://www.npa.go.jp/koutsuu/index.htm http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle/kentoiinkai/01jitensha_01gijishidai.pdf
http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle/kentoiinkai/01jitensha_02kiyaku.pdf
自転車乗りの実感としては、自転車レーンの道路標示でさえ不要です。自転車乗りには青い矢印のペンキ塗装の凸凹が気になることも、矢印を避けるよ うに左端を通行している画像から読み取れます。http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle /kentoiinkai/01jitensha_11sankousiryou.pdf
自転車活用推進ナンタラ会議(?)の小林理事長のように委員会に選ばれた方々に自転車乗りの実感を示す画像を読み取る力があるのかどうか、少々不安です。自転車乗りの実感が伝われば良いのですが、誰か伝手のある方は、是非ともお伝え下さい。よろしくお願い致します。
>「自転車は歩道活用」で解決する問題ですね、
>>自転車が、車道左端通行することで、全ては解決です。行政が行なうべきは、都心部や駅前での公共「無料」駐輪場の整備だけでしょう。
>自転車の車道左端通行が一筋縄でいかないためにナンタラ会議の理事長など、「プロ市民」がはびこるのでしょう。
>>都心部や駅前への公共(無料)駐輪場の整備が進められれば、一般市民の誰もが自転車通勤し、車道左端は自転車で埋め尽くされることでしょう。楽しみです。
>夢やあこがれで終わるものでしょう。

無料駐輪場が整備されている中学・高校・大学等の周辺では、登下校の時間帯には、車道左端だけでなく道路全体が自転車で埋め尽くされています。

勤務先や駅前に公共(無料)駐輪場が整備されれば、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で、誰もが気軽に手軽に利用できる便利な自転車を利用し、車道左端が自転車で埋め尽くされることでしょう。

楽しみです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/02/25 11:14 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>疋田さんがブログで、「ママチャリとは何か?」について、論じている。http://melma.com /backnumber_16703_6161774/「“ママチャリ”は、自転車そのものではなく、乗り方なのだ」であり、「こうした乗り方は、もちろ ん昭和45年の改正道交法(63条の4「自転車は指定歩道ならば、歩道も通行できる」の誕生)以降、日本に定着してしまったワケ」だというのであれば、答 えは簡単です。自転車は、車道左端通行すれば十分であり、全ては解決するのです。規制強化だ、インフラ整備だ、三輪車だ、カマキリハンドルだなどと議論する必要など全くない。
>>速度差のある自転車とクルマが共存するのは無理があります。
>速度差のある自転車とクルマではトイレの順番待ちの列が異なりますので、何らご心配いりません。自転車は、大人しく車道左端を通行させて頂くだけで十分です。速度差のあるクルマは、勝手に安全な速度と方法で追越して行って頂ければ、結構です。
>>自転車は「譲る心と待つゆとり」の精神をいかんなく発揮し、道路における交通の円滑に努めてください。
>道路交通の安全のために、そっくりそのまま、世捨人さんをはじめとする自動車ドライバーにお返ししましょう。
自動車は「譲る心と待つゆとり」の精神をいかんなく発揮し、道路における交通の安全と円滑に努めてください。
>>小回りが利く自転車にあっては、おとなしくクルマに進路を譲ってあげてください。
>自転車は車道左端通行することで、あらかじめ後続車両に進路を譲っています。

おごることなく、後続のクルマには謙虚に進路を譲ってあげてください。

>ただただ、自転車は車道左端を真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行すれば良いだけです。
>>言うは易し行うは難し、といったところでしょうか。
>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用できる交通手段です。人力車、馬車・牛車、リヤカーなどと同様に、軽車両として、堂々と大人しく車道左端を通行するだけのことです。何ら難しいことはありません。
>>手軽に利用できる乗り物だからといって、必ずしも堂々と大人しく車道左端を通行できるものではありません。
>自転車は、ただただ、車道左端を真っ直ぐ前を向いて堂々と大人しくふらつかずに通行するだけのことです。
>>手軽に利用できる乗り物だからといって、必ずしも堂々と大人しく車道左端を通行できるものではないという原点に立ち返ってください。
>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法で、自転車などの軽車両は車道左端を通行しなければならない、と定められています。

自転車の歩道走行が認めらている意義は大きいです。

>国土交通省と警察庁の御役人方は、省庁の権益拡大を狙って、なんたら委員会を立ち上げていますが、全く不要です。第1回安全で快適な自転車利用環境創出の促進に関する検討委員会
http://www.npa.go.jp/koutsuu/index.htm http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle/kentoiinkai/01jitensha_01gijishidai.pdf
http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle/kentoiinkai/01jitensha_02kiyaku.pdf
自転車乗りの実感としては、自転車レーンの道路標示でさえ不要です。自転車乗りには青い矢印のペンキ塗装の凸凹が気になることも、矢印を避けるよ うに左端を通行している画像から読み取れます。http://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/bicycle /kentoiinkai/01jitensha_11sankousiryou.pdf
自転車活用推進ナンタラ会議(?)の小林理事長のように委員会に選ばれた方々に自転車乗りの実感を示す画像を読み取る力があるのかどうか、少々不安です。自転車乗りの実感が伝われば良いのですが、誰か伝手のある方は、是非ともお伝え下さい。よろしくお願い致します。
>>「自転車は歩道活用」で解決する問題ですね、
>自転車が、車道左端通行することで、全ては解決です。行政が行なうべきは、都心部や駅前での公共「無料」駐輪場の整備だけでしょう。
>>自転車の車道左端通行が一筋縄でいかないためにナンタラ会議の理事長など、「プロ市民」がはびこるのでしょう。
>都心部や駅前への公共(無料)駐輪場の整備が進められれば、一般市民の誰もが自転車通勤し、車道左端は自転車で埋め尽くされることでしょう。楽しみです。
>>夢やあこがれで終わるものでしょう。
>無料駐輪場が整備されている中学・高校・大学等の周辺では、登下校の時間帯には、車道左端だけでなく道路全体が自転車で埋め尽くされています。

住民の苦情が相次いでいることでしょう。律してください。

>勤務先や駅前に公共(無料)駐輪場が整備されれば、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で、誰もが気軽に手軽に利用できる便利な自転車を利用し、車道左端が自転車で埋め尽くされることでしょう。楽しみです。

人力で速度が安定しない自転車にあっては、道路における交通の円滑の確保が困難な面が多々あります。歩道を積極的に活用してください。

| 世捨人 | 2015/03/05 00:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/499-58eeaa96

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT