今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

正常な運転ができない自転車 (動画あり)

▼道路交通法66条では「正常な運転ができないおそれがある状態」での車両の運転を禁止している。飲酒や薬物・過労などの影響をはじめ、理由を問わず禁じている。

▼では自転車の場合、「正常な運転ができないおそれ」というのは具体的にどのような状態なのか。なぜ禁止されているのか。当ブログでは道交法66条の真実に迫った。

動画をみよ。競技用自転車が正当な理由もなく車線のどまん中をふらつき、後続車の進路を妨害している。真っすぐ走行できないばかりか、赤信号無視を繰り返すなど危険極まりない。正常な運転でない状態であることは明らかだ。

▼この競技用自転車乗りに一体何があったというのであろうか。当人の表情から飲酒や薬物の影響ではなさそうだ。となるときつい前傾姿勢で平衡感覚を失っている可能性は否定はできない。二足直立歩行のホモサピエンスに過酷なドロップハンドルは全面禁止すべきだ。


関連記事

| 00:43 | コメント:103 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ドロップハンドル関係ないじゃん。モラルの問題じゃん。こんなの私の近所じゃママチャリのったおばさんがしょっちゅうやってるぞ

| 自転車は歩道 | 2015/01/16 00:57 | URL |

モラルの問題ですね。
この一件だけでロード全体を禁止にするのもどうかと。
これだったら、右車線から左折する車を見たから、危ないので車全体を禁止にしてくれ。って言うのと変わらないですよ。

| スポーツバイク乗り | 2015/01/16 06:57 | URL |

▼この世捨人に一体何があったというのであろうか。自動車偏重の生活で平衡感覚を失っている可能性は否定はできない。そういう人間が運転できる免許制度や自動車は全面禁止すべきだ。

| 自転車は歩道 | 2015/01/16 07:47 | URL |

いい画像撮ることができたね^^


>きつい前傾姿勢で平衡感覚を失っている可能性は否定はできない。

と、あるけど表情だけ見ての判断で飲酒や薬物の影響ではないと何故言い切れる? その可能性も否定できないよ。
既出してるけど、運転者個人のモラルが低い可能性も否定できないよね?
過酷なドロップハンドルは全面禁止すべきなら、ドロップハンドルが平衡感覚を鈍らせる具体的な科学的根拠を示さないとね^^
例えば二足歩行のホモサピエンスが前傾姿勢になることで、どのような影響が出るのかちゃんと調べて記事にしようね。


がんばれ~

| まる | 2015/01/16 10:05 | URL |

動画を拝見しましたが、まぁ競技用自転車に限らず、一般のチャリもこんな運転をしている輩(やから)が多いですよね。
所詮チャリのマナーやモラルなど、この程度でしょうな。

そもそもドロップハンドルなんて前のめりになるからふらつきますし、視界も狭まりますし、首や腰などに負担がかかりますし、こんなもん一般公道を走る上では不要です。つーか危険です。

ドロップハンドルなど即刻全面禁止すべきでしょう。

| 自転車は歩道 | 2015/01/16 20:43 | URL | ≫ EDIT

マナーの問題

↑の人毎回自転車のこと悪く言ってるけど自転車も車も「乗る人」によってかなり変わるからあんまり悪くいうなよ?
昔に自転車に何かされたか嫌な思いしてるんだろうけどそんなんじゃどっちも変わらないからな?

| リリウム | 2015/01/17 02:26 | URL | ≫ EDIT

まあ、タクシー運転者のほとんどが、制限速度を超えるスピードをだしても、法律違反だなんて意識してない人々だし。

もともと直立二足歩行の人類が、長時間、腰をかがめてタクシーを運転すると、無理な姿勢による疲労や痛みのため、正常な運転ができなくなるのが否定できない。

1日、2時間以上の、タクシー運転は即刻全面禁止すべきでしょう。

同意するよね、よすてさん

| 自転車は歩道 | 2015/01/17 10:27 | URL |

ドロップハンドルがふらつくってありえんわw
背筋と上腕で支えるからより安定するんだけど。

| 危険タクシー世捨 | 2015/01/17 23:59 | URL |

皆様へ

今回の動画の自転車は、後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、きちんと車道左端に寄って進路を譲っています。

マイロネフさんがご主張されていた左「側」通行からの左「端」寄り通行を実践しているもので、道路交通の安全と円滑の両面で、何ら問題ないでしょう。

また、車両通行帯のある部分で第一通行帯のど真ん中を通行することは、道路交通法上、認められていることであり、何ら問題ありません。

一方で、ふらふらとその場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながらママチャリより以上に危なっかしく・邪魔ではた迷惑に見えるのも事実です。

やはり、道路交通法にあるとおり、自転車は車道左端を大人しく真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行するものです。

また、黄色信号の交差点に突っ込むことは道路交通法上許されており、交差する道路が赤信号で往来が途絶えたことを確認した上での確信犯的信号無視(先走り)もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要もありません。

後続車両である世捨人さんのタクシーは、安全な速度と方法で追い越していけばよいだけであり、道路の巾が狭くて追い越すことが出来ないのであれば、大人しく安全な車間距離を保って先行車両に追突しないように追随しなければなりません。

トイレの順番待ちの列が多少蛇行していたからといって、身勝手な横入りを正当化することは出来ません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/18 00:42 | URL |

サイクリング禁止反対

こういう自転車は如何か.

http://blogs.yahoo.co.jp/a383493242/7423093.html

| マイロネフ | 2015/01/18 11:52 | URL | ≫ EDIT

こんなの見つけた。

<ときどきオアゾツーキニスト=自転車の良さは開放感だと思います様>

>両者は同一人物ではないかとの問いかけに「名前を間違えるのは失礼です」と否定されていたはずですが。

>今回同じIPアドレスから書き込みがあったことで、姑息な嘘が露呈しました。

>状況によってハンドルネームを使い分けるような方とお話しすることはございません。お引取り下さい。

>世捨人なるハンドルネームとの同一人物説も否定されていましたが、これで信憑性が全くなくなりました。

http://blog.goo.ne.jp/kakkydogma/e/63908e69ff10c5ffdd5f9540faf68ae5

やっぱり、こいつ。(笑)

| (笑) | 2015/01/18 15:42 | URL |

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/18 00:42 | URL |

「左側」とかの通行はOK
黄信号はまぁOK
といっても赤信号に突っ込んでるのはアウトだけどね

文脈上「赤信号」には触れてないから、今回の文面自体は不適当と言い切れないね

| 自転車は歩道 | 2015/01/18 22:48 | URL |

過去のコメントに関して、私-ときどきオアゾツーキニストのやりとりのうち、
私が返していないで終わっているやり取りでは、コメントする価値なかったんで「私の勝ち」です
私が返して終わっているやり取りでは、ときどきオアゾツーキニストが返答できなかったと言う事で「私の価値」です

他の人も一緒だと思います。
完勝です

| こじま | 2015/01/18 23:01 | URL | ≫ EDIT

こじまさん| 2015/01/18 23:01 |へ

>過去のコメントに関して、私-ときどきオアゾツーキニストのやりとりのうち、私が返していないで終わっているやり取りでは、コメントする価値なかったんで「私の勝ち」です 私が返して終わっているやり取りでは、ときどきオアゾツーキニストが返答できなかったと言う事で「私の価値」です 他の人も一緒だと思います。完勝です

姑息な偽善者「あ」さん並みの「仕込み」コメントが、残念ながら、仰る通り、こじまさんの「価値」です。

価値なしで無視されたのかどうかは、多くの閲覧者に判断されていることでしょう。

まあ、「こじま」というHNで投稿出来なくなった時点で、「こじま」さんの「価値」も「勝ち」も消滅してしまっています。

ご愁傷様です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/19 10:24 | URL |

(笑)さん | 2015/01/18 15:42 |へ

>こんなの見つけた。<ときどきオアゾツーキニスト=自転車の良さは開放感だと思います様>両者は同一人物ではないかとの問いかけに「名前を間違えるのは失礼です」と否定されていたはずですが。今回同じIPアドレスから書き込みがあったことで、姑息な嘘が露呈しました。状況によってハンドルネームを使い分けるような方とお話しすることはございません。お引取り下さい。世捨人なるハンドルネームとの同一人物説も否定されていましたが、これで信憑性が全くなくなりました。http://blog.goo.ne.jp/kakkydogma/e/63908e69ff10c5ffdd5f9540faf68ae5やっぱり、こいつ。(笑)

歴史のお勉強、ご苦労様です。

引き続き、かつての疋田さんの掲示板での議論についても、成果発表をお願いします。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/19 10:34 | URL |

>姑息な偽善者「あ」さん並みの「仕込み」コメントが、残念ながら、仰る通り、こじまさんの「価値」です。

句読点が多過ぎて、何がいいたいのかわかりません。

また、上記でこじまさんの「価値」を認めておきながら、
>「こじま」さんの「価値」も「勝ち」も消滅してしまっています。 と、真逆のことを述べられてますね。

どっちなんですか?

つまらない揚げ足取りで反撃したつもりなのでしょうが、語学力不足に加えて内容も支離滅裂です。

またまた恥の上塗りになってしまいましたね~。

がんばれ~^^

| まる | 2015/01/19 11:01 | URL |

まるさん| 2015/01/19 11:01 |へ

>>姑息な偽善者「あ」さん並みの「仕込み」コメントが、残念ながら、仰る通り、こじまさんの「価値」です。
>句読点が多過ぎて、何がいいたいのかわかりません。

ネット上のコメントは文言が全てです。

書いているとおりに、素直に受け取って頂ければ、十分です。


>また、上記でこじまさんの「価値」を認めておきながら、

残念ながら、姑息な偽善者「あ」さん並みだということです。


>>「こじま」さんの「価値」も「勝ち」も消滅してしまっています。 と、真逆のことを述べられてますね。
>どっちなんですか?

普通の日本語として、同じことを述べていますよ。

しっかりして下さい。

日本語、大丈夫ですか?


>つまらない揚げ足取りで反撃したつもりなのでしょうが、語学力不足に加えて内容も支離滅裂です。またまた恥の上塗りになってしまいましたね~。がんばれ~^^

まるさんにそのまま跳ね返ってくる脊髄反射でしたね。

ご愁傷様。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/19 11:32 | URL |

>>姑息な偽善者「あ」さん並みの「仕込み」コメントが、残念ながら、仰る通り、こじまさんの「価値」です。
>句読点が多過ぎて、何がいいたいのかわかりません。

>ネット上のコメントは文言が全てです。
書いているとおりに、素直に受け取って頂ければ、十分です。


意味不明な文字の羅列ということですね。
了解しました。

できれば、意味のある文書を書いていただければ少しはまともな論議が出来るかとも思ったのですが、文字を並べてるだけではな~・・・ 。チンパンジー並みってことか・・・。
残念。

やはり、教育は大事だな~

| まる | 2015/01/19 12:00 | URL |

こじまさん| 2015/01/18 23:01 |へ

>過去のコメントに関して、私-ときどきオアゾツーキニストのやりとりのうち、私が返していないで終わっているやり取りでは、コメントする価値なかったんで「私の勝ち」です 私が返して終わっているやり取りでは、ときどきオアゾツーキニストが返答できなかったと言う事で「私の価値」です 他の人も一緒だと思います。完勝です

姑息な偽善者「あ」さん並みの「仕込み」コメントが、残念ながら、仰る通り、こじまさんの「価値」です。

価値なしで無視されたのかどうかは、多くの閲覧者に判断されていることでしょう。

まあ、「こじま」というHNで投稿出来なくなった時点で、「こじま」さんの「価値」も「勝ち」も消滅してしまっています。

ご愁傷様です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/19 10:24 | URL |



『姑息な偽善者「あ」さん並みの「仕込み」コメントが、残念ながら、仰る通り、こじまさんの「価値」です。 』

ソースのない部分・説明不足な部分
 『「姑息な偽善者」が「あ」さん』である事
 『「仕込み」コメント』である事
 何が「仕込み」なのか?
 「残念ながら」←何が「残念」なのか?
 「仰るとおり」←どこ?

う~ん、相変わらず意味のない文章ですね



~~~
>価値なしで無視されたのかどうかは、多くの閲覧者に判断されていることでしょう。

そうだね~


~~~
>まあ、「こじま」というHNで投稿出来なくなった時点で、「こじま」さんの「価値」も「勝ち」も消滅してしまっています。


投稿できたってことは,「価値」も「勝ち」も消滅してないって事だね
何だ,ちゃんと「負け」って認めてるんですね

| 自転車は歩道 | 2015/01/19 12:04 | URL |

自転車は歩道さん| 2015/01/19 12:04 |へ

>過去のコメントに関して、私-ときどきオアゾツーキニストのやりとりのうち、私が返していないで終わっているやり取りでは、コメントする価値なかったんで「私の勝ち」です 私が返して終わっているやり取りでは、ときどきオアゾツーキニストが返答できなかったと言う事で「私の価値」です 他の人も一緒だと思います。完勝です
>>姑息な偽善者「あ」さん並みの「仕込み」コメントが、残念ながら、仰る通り、こじまさんの「価値」です。価値なしで無視されたのかどうかは、多くの閲覧者に判断されていることでしょう。まあ、「こじま」というHNで投稿出来なくなった時点で、「こじま」さんの「価値」も「勝ち」も消滅してしまっています。ご愁傷様です。
>『姑息な偽善者「あ」さん並みの「仕込み」コメントが、残念ながら、仰る通り、こじまさんの「価値」です。 』ソースのない部分・説明不足な部分 『「姑息な偽善者」が「あ」さん』である事 『「仕込み」コメント』である事 何が「仕込み」なのか? 「残念ながら」←何が「残念」なのか?「仰るとおり」←どこ? う~ん、相変わらず意味のない文章ですね

こじまさんご自身にはご理解いただけることでしょう。


>>価値なしで無視されたのかどうかは、多くの閲覧者に判断されていることでしょう。
>そうだね~

不要なコメントのような気もしますが、同意いただけたということであれば、有難いことです。


>>まあ、「こじま」というHNで投稿出来なくなった時点で、「こじま」さんの「価値」も「勝ち」も消滅してしまっています。
>投稿できたってことは,「価値」も「勝ち」も消滅してないって事だね 何だ,ちゃんと「負け」って認めてるんですね

管理人さんが出入り禁止とするかどうかではなく、こじまさんご自身が「こじま」というHNで投稿するかどうかです。

今回の自転車は歩道さんが「こじま」さんかどうか判りませんが、「こじま」さんご自身であれば、きっと、「こじま」というHNの「価値」についてご理解頂けていると思いますよ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/19 12:18 | URL |

まるさん| 2015/01/19 12:00 |へ

>>姑息な偽善者「あ」さん並みの「仕込み」コメントが、残念ながら、仰る通り、こじまさんの「価値」です。
>句読点が多過ぎて、何がいいたいのかわかりません。
>>ネット上のコメントは文言が全てです。書いているとおりに、素直に受け取って頂ければ、十分です。
>意味不明な文字の羅列ということですね。了解しました。できれば、意味のある文書を書いていただければ少しはまともな論議が出来るかとも思ったのですが、文字を並べてるだけではな~・・・ 。チンパンジー並みってことか・・・。残念。やはり、教育は大事だな~

民族や国籍についてのヘイトスピーチを諦めて、動物に教育ですか。

自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で、誰もが気軽に手軽に利用出来る便利な交通手段です。

自転車に教育の程度など関係ありません。

馬車や牛車は軽車両ですから、チンパンジーも教育すれば自転車に乗れるかも知れませんね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/19 12:26 | URL |

自転車は歩道さん| 2015/01/19 12:04 |へ

>過去のコメントに関して、私-ときどきオアゾツーキニストのやりとりのうち、私が返していないで終わっているやり取りでは、コメントする価値なかったんで「私の勝ち」です 私が返して終わっているやり取りでは、ときどきオアゾツーキニストが返答できなかったと言う事で「私の価値」です 他の人も一緒だと思います。完勝です
>>姑息な偽善者「あ」さん並みの「仕込み」コメントが、残念ながら、仰る通り、こじまさんの「価値」です。価値なしで無視されたのかどうかは、多くの閲覧者に判断されていることでしょう。まあ、「こじま」というHNで投稿出来なくなった時点で、「こじま」さんの「価値」も「勝ち」も消滅してしまっています。ご愁傷様です。
>『姑息な偽善者「あ」さん並みの「仕込み」コメントが、残念ながら、仰る通り、こじまさんの「価値」です。 』ソースのない部分・説明不足な部分 『「姑息な偽善者」が「あ」さん』である事 『「仕込み」コメント』である事 何が「仕込み」なのか? 「残念ながら」←何が「残念」なのか?「仰るとおり」←どこ? う~ん、相変わらず意味のない文章ですね

こじまさんご自身にはご理解いただけることでしょう。


>>価値なしで無視されたのかどうかは、多くの閲覧者に判断されていることでしょう。
>そうだね~

不要なコメントのような気もしますが、同意いただけたということであれば、有難いことです。


>>まあ、「こじま」というHNで投稿出来なくなった時点で、「こじま」さんの「価値」も「勝ち」も消滅してしまっています。
>投稿できたってことは,「価値」も「勝ち」も消滅してないって事だね 何だ,ちゃんと「負け」って認めてるんですね

管理人さんが出入り禁止とするかどうかではなく、こじまさんご自身が「こじま」というHNで投稿するかどうかです。

今回の自転車は歩道さんが「こじま」さんかどうか判りませんが、「こじま」さんご自身であれば、きっと、「こじま」というHNの「価値」についてご理解頂けていると思いますよ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/19 12:18 | URL |



「負け」に関して訂正が無かったから、こじまの「勝ち」を貴方が認めたと言う事ですね

| 自転車は歩道 | 2015/01/19 13:04 | URL |

自転車は歩道さん| 2015/01/19 13:04 |へ

>「負け」に関して訂正が無かったから、こじまの「勝ち」を貴方が認めたと言う事ですね

これまでの小生とのやり取りで、こじまさんの「勝ち」など有り得ません。

だからこそ、こじまさんは、情けないことに匿名「自転車は歩道」でしか、投稿出来なくなったのでしょう。

管理人さんによる出入り禁止についても、こじまさんの早とちりに過ぎません。

かっ きーさんと異なり、そもそも、こじまさんは、管理人さんがわざわざ出入り禁止とするレベルの投稿者ではありませんでしたよ。

勝手に一人相撲を取ったり、MINELさんの尻馬に乗ったりしておられただけのことです。

「こじま」というHNは、今や「自転車は歩道」という匿名投稿者のHNと何ら変わらないレベルですよ。

こじまさんについて語るのであれば、過去の歴史をしっかりと学んで下さい。

自転車は歩道さんの努力不足です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/19 14:14 | URL |

>価値なしで無視されたのかどうかは、多くの閲覧者に判断されていることでしょう。

>>「負け」に関して訂正が無かったから、こじまの「勝ち」を貴方が認めたと言う事ですね

>これまでの小生とのやり取りで、こじまさんの「勝ち」など有り得ません。



閲覧者が判断するんじゃないの?
なんで貴方が恣意的に判断してるの?

自分の意見を自分で否定してますね
つまり「嘘」つき

| 自転車は歩道 | 2015/01/19 14:40 | URL |

チンパンジーに教育するって一言も言っておりませ~ん!
ちゃんと、お読みくださ~い!

って、読解力もないから無駄かな?

| まる | 2015/01/19 14:42 | URL |

自転車は歩道さん| 2015/01/19 14:40 |へ

>>価値なしで無視されたのかどうかは、多くの閲覧者に判断されていることでしょう。
>「負け」に関して訂正が無かったから、こじまの「勝ち」を貴方が認めたと言う事ですね
>>これまでの小生とのやり取りで、こじまさんの「勝ち」など有り得ません。
>閲覧者が判断するんじゃないの?なんで貴方が恣意的に判断してるの? 自分の意見を自分で否定してますね つまり「嘘」つき

小生も閲覧者の一人です。

小生の判断を示すことに何ら問題はないでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/19 14:55 | URL |

まるさん | 2015/01/19 14:42 |へ

>チンパンジーに教育するって一言も言っておりませ~ん!
ちゃんと、お読みくださ~い!って、読解力もないから無駄かな?

ギャグも通じない方なのかな?

日本語、大丈夫ですか?

幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で、誰もが気軽に手軽に利用出来る便利な「自転車に教育の程度など関係ありません。」で完結しています。

読解力もないから無駄かな?

ちゃんと、お読みくださ~い!

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/19 15:02 | URL |

自転車は歩道さん| 2015/01/19 14:40 |へ

>>価値なしで無視されたのかどうかは、多くの閲覧者に判断されていることでしょう。
>「負け」に関して訂正が無かったから、こじまの「勝ち」を貴方が認めたと言う事ですね
>>これまでの小生とのやり取りで、こじまさんの「勝ち」など有り得ません。
>閲覧者が判断するんじゃないの?なんで貴方が恣意的に判断してるの? 自分の意見を自分で否定してますね つまり「嘘」つき

小生も閲覧者の一人です。

小生の判断を示すことに何ら問題はないでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/19 14:55 | URL |


やりとりをしてる相手は「閲覧者」でありますが、
「意見者」の属性が強くなるので、「閲覧者」とは扱わないのが普通です

あと、それを言うなら私も閲覧者の一人で、私の意見は「小島の勝ち」です

さぁ、一対一なので引き分け。
いや、まるさんとかあさんとかは味方してくれそうだから、やっぱり私の勝ちですかね~

結局貴方は「こじまの勝ち」を否定できてません。
というわけでどうあっても「貴方に負けた」事はないですね~

| こじま | 2015/01/19 15:31 | URL | ≫ EDIT

こじまさん| 2015/01/19 15:31 |へ

>>価値なしで無視されたのかどうかは、多くの閲覧者に判断されていることでしょう。
>「負け」に関して訂正が無かったから、こじまの「勝ち」を貴方が認めたと言う事ですね
>>これまでの小生とのやり取りで、こじまさんの「勝ち」など有り得ません。
>閲覧者が判断するんじゃないの?なんで貴方が恣意的に判断してるの? 自分の意見を自分で否定してますね つまり「嘘」つき
>>小生も閲覧者の一人です。小生の判断を示すことに何ら問題はないでしょう。
>やりとりをしてる相手は「閲覧者」でありますが、「意見者」の属性が強くなるので、「閲覧者」とは扱わないのが普通です あと、それを言うなら私も閲覧者の一人で、私の意見は「小島の勝ち」です

「こじま」さんは、「小島」さんでしたか?

「こじま」さんの「価値」がなくなったからと言って、「小島」さんに「なりすまし」しても「価値」は拾えませんよ。


>さぁ、一対一なので引き分け。

「こじま」さんは「小島」の勝ちを主張されていますので、ゼロ対1で小生の勝ちです。


>いや、まるさんとかあさんとかは味方してくれそうだから、やっぱり私の勝ちですかね~

お母さんに助けを求めるとは、お子ちゃまですね。


>結局貴方は「こじまの勝ち」を否定できてません。というわけでどうあっても「貴方に負けた」事はないですね~

あれあれ、「小島」が「こじま」に戻ってますが、大丈夫ですか?

MINELさんにでも問い合わせて見て下さい。

HNを変えて匿名の「自転車は歩道」としてしか、顔を出せない方々の発言に「価値」はありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/19 15:50 | URL |

>「こじま」さんは、「小島」さんでしたか?

ええそうです。
だから貴方の↑のコメントは意味ないね

| こじま | 2015/01/19 16:11 | URL |

小島さん | 2015/01/19 16:11 |へ

>>「こじま」さんは、「小島」さんでしたか?
>ええそうです。だから貴方の↑のコメントは意味ないね

HNを変えて匿名の「自転車は歩道」としてしか、顔を出せない方々の発言に「価値」はありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/19 17:47 | URL |

小島さん | 2015/01/19 16:11 |へ

>>「こじま」さんは、「小島」さんでしたか?
>ええそうです。だから貴方の↑のコメントは意味ないね

HNを変えて匿名の「自転車は歩道」としてしか、顔を出せない方々の発言に「価値」はありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/19 17:47 | URL |


ソースも無く、論理的整合性に関する記述も無し。
よって主観です

一般性が無いので、私の発言に適用できない

以上より「貴方は私の勝ちを否定しなかった」すなわち「私の勝ち」

| こじま小島名無し匿名自転車は歩道 | 2015/01/19 18:00 | URL | ≫ EDIT

こじま小島名無し匿名自転車は歩道さん| 2015/01/19 18:00 |へ

>ソースも無く、論理的整合性に関する記述も無し。

こじまさんとのやり取りは、多分、このブログのコメント欄に残っていることでしょう。

ご自身でお探し下さい。

こじまさんやMINELさんとのやり取りは、小生が論破し、完勝に終わっていますよ。

>よって主観です 一般性が無いので、私の発言に適用できない

小生のコメントは、当然のことながら、小生の主観です。

小生の自転車乗りとしての一般的な極々当たり前の実体験に基づく発言ばかりですので、自転車乗りの方々には共感頂ける内容ばかりです。

こじまさんの発言に適用出来るかどうかは、こじまさんの発言内容によることでしょう。

小生の主観的な発言の一般性に難癖付けられても困りものです。


>以上より「貴方は私の勝ちを否定しなかった」すなわち「私の勝ち」

名無し匿名の「こじま」さんの「価値」など否定するまでもなく、どん底まで落ちています。

まずは、HNをはじめ、「小島」さんご自身の立ち位置を確立することです。

岡目八目の傍観者になれずに、「脇見」「よそ見」で予見出来ない障害物に突っ込むの前方不注視の特急(高速度)自転車乗りそのものです。

まあ、まずは自転車に乗ることです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/19 18:16 | URL |

ギャグって・・・

まともな人間が言うからこそギャグになるんであって
あんたがギャグいってもリアルに誤解されるから気を付けたほうがいいよ^^;

>幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で、誰もが気軽に手軽に利用出来る便利な「自転車に教育の程度など関係ありません。」で完結しています。

はいはい。意味のない文字の羅列ご苦労様~

| まる | 2015/01/19 18:17 | URL |

まるさん| 2015/01/19 18:17 |へ

>ギャグって・・・まともな人間が言うからこそギャグになるんであって あんたがギャグいってもリアルに誤解されるから気を付けたほうがいいよ^^;

まさか、リアルに誤解したのですか?

日本語、大丈夫ですか?

しっかりして下さい。

しかし、「ギャク」とは、自分で使っておきながら、死語ですね。


>>幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で、誰もが気軽に手軽に利用出来る便利な「自転車に教育の程度など関係ありません。」で完結しています。
>はいはい。意味のない文字の羅列ご苦労様~

「自転車に教育の程度など関係ありません。」という極々当たり前のことに、ご理解頂けたのであれば、結構です。

良かった。

良かった。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/19 18:22 | URL |

ときどきくんのへたな「ボケ」でしょ。

こんなことをコメントされた方が、

~状況によってハンドルネームを使い分けるような方とお話しすることはございません。~

HNのプライドとか

>まずは、HNをはじめ、「小島」さんご自身の立ち位置を確立することです。

とか、コメントしているんだもんね。

ケラケラ

| (ケラケラ) | 2015/01/19 19:13 | URL |

(ケラケラ)さん | 2015/01/19 19:13 |へ

>ときどきくんのへたな「ボケ」でしょ。 こんなことをコメントされた方が、 ~状況によってハンドルネームを使い分けるような方とお話しすることはございません。~ 「HNのプライド」とか「まずは、HNをはじめ、「小島」さんご自身の立ち位置を確立することです。」とか、コメントしているんだもんね。ケラケラ

ネット上の匿名の世界で、それぞれがHNを使い分けることに何ら問題はありませんよ。

「こじま」というHNで木端微塵に論破され、コメントを無視されたからといって、自らのコメントの内容を省みるのではなく、その他大勢の名無しの「自転車は歩道」というHNに紛れ込むことで、縋り付こうとする浅ましさを指摘しているものです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/19 19:43 | URL |

じま小島名無し匿名自転車は歩道さん| 2015/01/19 18:00 |へ

>ソースも無く、論理的整合性に関する記述も無し。

こじまさんとのやり取りは、多分、このブログのコメント欄に残っていることでしょう。

ご自身でお探し下さい。

こじまさんやMINELさんとのやり取りは、小生が論破し、完勝に終わっていますよ。

>よって主観です 一般性が無いので、私の発言に適用できない

小生のコメントは、当然のことながら、小生の主観です。

小生の自転車乗りとしての一般的な極々当たり前の実体験に基づく発言ばかりですので、自転車乗りの方々には共感頂ける内容ばかりです。

こじまさんの発言に適用出来るかどうかは、こじまさんの発言内容によることでしょう。

小生の主観的な発言の一般性に難癖付けられても困りものです。


>以上より「貴方は私の勝ちを否定しなかった」すなわち「私の勝ち」

名無し匿名の「こじま」さんの「価値」など否定するまでもなく、どん底まで落ちています。

まずは、HNをはじめ、「小島」さんご自身の立ち位置を確立することです。

岡目八目の傍観者になれずに、「脇見」「よそ見」で予見出来ない障害物に突っ込むの前方不注視の特急(高速度)自転車乗りそのものです。

まあ、まずは自転車に乗ることです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/19 18:16 | URL |
~~~~



ソースも示せないと言う事で、
貴方の言う「勝ち」はつまるところ貴方の主観によっていると言う事が分かりました
残念ながらその程度と言う事です


私はソースを示して置きますね




「●~」はときどきオアゾツーキニストの記述


○議論のスタンス
●匿名のネット上では、文言が全てです。 受け取り方は人それぞれです。
●小生は、それぞれの主観を否定す「べきでない」などとは言っていませんよ。 それぞれの主観を否定することは「出来ない」と言っています。


①違法性と危険性についてダブルスタンダードで主張した部分
●傘差し・携帯ながら・酒気帯び・確信犯的信号無視・右側逆走・二人乗り・並走・片手運転・路上駐輪等々、何ら問題ありません。
●法律は書いてあるとおりです。
●様々な現実を踏まえて、ルールは決められています。現実とルールの違いも含めて、しっかりとお勉強下さい。
●重大事故を惹起する危険性のない(=違法性のない)下らないルール違反を論う必要はないでしょう。
●法律に準拠して下さい。
●懲役刑や罰金刑という厳しい刑罰を伴う実質的な刑法である道路交通法の解釈が揺れ動くことで、罪刑法定主義や民主主義は保てるのですか?
●それぞれの法律・条文の位置づけ・重たさが全く異なりますので、小生の主張に何ら矛盾はありません。


②明確な誤り,知識不足が露見している部分
●力=速さの2乗×重量という物理の基本公式どおりのことです。
(上に関して,本人が『ときどきオアゾツーキニストの「力」の概念は既知の物理に基づかない「出力に関する発言」』である事,『それが科学的に全て間違ってい』た事,『またその誤りに対する指摘に基づき,学習し,修正する能力も有してい』ない事. 」を認めました.)

証拠:http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-482.html


| こじま | 2015/01/19 19:57 | URL | ≫ EDIT

ときどきオアゾツーキニスト
このスレッドには私は投稿していないのに、巻き込むなっての。
しかも、あなたのような人非人に偽善者呼ばわりされる覚えは全くありませんよ。

断固謝罪を要求します。

| あ | 2015/01/19 23:01 | URL |

>ギャグって・・・まともな人間が言うからこそギャグになるんであって あんたがギャグいってもリアルに誤解されるから気を付けたほうがいいよ^^;

>まさか、リアルに誤解したのですか?
日本語、大丈夫ですか?

この場合日本語の語学力は全く関係ありませんね~
あ、これもギャグ?

そもそもギャグの意味も分かってないような使い方だけど大丈夫?

| まる | 2015/01/19 23:41 | URL |

じま小島名無し匿名自転車は歩道さん | 2015/01/19 19:57 |へ

>ソースも示せないと言う事で、貴方の言う「勝ち」はつまるところ貴方の主観によっていると言う事が分かりました 残念ながらその程度と言う事です

かっ きーさんのブログには、辿り着いた方もいらっしゃいましたよ。

かつての疋田さんの掲示板にソースはてんこ盛りです。

じま小島名無し匿名自転車は歩道さんの努力不足です。

頑張って、歴史に学ぶことです。


>私はソースを示して置きますね「●~」はときどきオアゾツーキニストの記述 ○議論のスタンス●匿名のネット上では、文言が全てです。 受け取り方は人それぞれです。●小生は、それぞれの主観を否定す「べきでない」などとは言っていませんよ。 それぞれの主観を否定することは「出来ない」と言っています。①違法性と危険性についてダブルスタンダードで主張した部分●傘差し・携帯ながら・酒気帯び・確信犯的信号無視・右側逆走・二人乗り・並走・片手運転・路上駐輪等々、何ら問題ありません。●法律は書いてあるとおりです。●様々な現実を踏まえて、ルールは決められています。現実とルールの違いも含めて、しっかりとお勉強下さい。●重大事故を惹起する危険性のない(=違法性のない)下らないルール違反を論う必要はないでしょう。●法律に準拠して下さい。●懲役刑や罰金刑という厳しい刑罰を伴う実質的な刑法である道路交通法の解釈が揺れ動くことで、罪刑法定主義や民主主義は保てるのですか?●それぞれの法律・条文の位置づけ・重たさが全く異なりますので、小生の主張に何ら矛盾はありません。②明確な誤り,知識不足が露見している部分●力=速さの2乗×重量という物理の基本公式どおりのことです。(上に関して,本人が『ときどきオアゾツーキニストの「力」の概念は既知の物理に基づかない「出力に関する発言」』である事,『それが科学的に全て間違ってい』た事,『またその誤りに対する指摘に基づき,学習し,修正する能力も有してい』ない事. 」を認めました.)証拠:http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-482.html

素晴らしい名言集ですね。

何ら問題ありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/20 10:11 | URL |

あさん| 2015/01/19 23:01 |へ

>このスレッドには私は投稿していないのに、巻き込むなっての。しかも、あなたのような人非人に偽善者呼ばわりされる覚えは全くありませんよ。断固謝罪を要求します。

このブログには投稿されてますよね。
スレッドで区切る意味ありますか?

「あ」さんは、単純なワープロミスを「仕込み」と誤魔化す姑息な偽善者に間違いありません。

あくまでも小生の主観です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/20 10:21 | URL |

まるさん| 2015/01/19 23:41 |へ

>ギャグって・・・まともな人間が言うからこそギャグになるんであって あんたがギャグいってもリアルに誤解されるから気を付けたほうがいいよ^^;
>>まさか、リアルに誤解したのですか?日本語、大丈夫ですか?
>この場合日本語の語学力は全く関係ありませんね~ あ、これもギャグ? そもそもギャグの意味も分かってないような使い方だけど大丈夫?

ジョークでも構いません。

冗談では、笑いが勝ち過ぎます。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/20 11:01 | URL |

>ネット上の匿名の世界で、それぞれがHNを使い分けることに何ら問題はありませんよ。

健忘症?

| (ケラケラ) | 2015/01/20 18:54 | URL |

Re: タイトルなし

>ドロップハンドル関係ないじゃん。モラルの問題じゃん。こんなの私の近所じゃママチャリのったおばさんがしょっちゅうやってるぞ

きつい前傾姿勢を続けたことで三半規管に影響したのでしょう。

| 世捨人 | 2015/01/20 23:30 | URL |

Re: タイトルなし

乗りさん

>モラルの問題ですね。

乗り手を爆走へとかきたてる競技用自転車は禁止すべきですね。

>この一件だけでロード全体を禁止にするのもどうかと。

この一件で競技用自転車全体の印象を悪くしています。

> これだったら、右車線から左折する車を見たから、危ないので車全体を禁止にしてくれ。って言うのと変わらないですよ。

危険なクルマありきの交通安全を考えるのが現実的です。

| 世捨人 | 2015/01/20 23:32 | URL |

Re: タイトルなし

>▼この世捨人に一体何があったというのであろうか。自動車偏重の生活で平衡感覚を失っている可能性は否定はできない。そういう人間が運転できる免許制度や自動車は全面禁止すべきだ。

小生はゴールド免許(優良運転者)を更新しております。

| 世捨人 | 2015/01/20 23:33 | URL |

Re: タイトルなし

まさん

>いい画像撮ることができたね^^

今回は動画(映像)です。

>>きつい前傾姿勢で平衡感覚を失っている可能性は否定はできない。
>と、あるけど表情だけ見ての判断で飲酒や薬物の影響ではないと何故言い切れる? その可能性も否定できないよ。

「警察24時」なるテレビ番組では、警察官は通行人の表情をみて飲酒や薬物使用の有無を判断し、職務質問をしていました。

>既出してるけど、運転者個人のモラルが低い可能性も否定できないよね?

ドロップハンドルは乗り手を爆走へとかきたてます。

>過酷なドロップハンドルは全面禁止すべきなら、ドロップハンドルが平衡感覚を鈍らせる具体的な科学的根拠を示さないとね^^例えば二足歩行のホモサピエンスが前傾姿勢になることで、どのような影響が出るのかちゃんと調べて記事にしようね。がんばれ~

きつい前傾姿勢を長時間続けたことっで三半規管に影響があったのでしょう。

| 世捨人 | 2015/01/20 23:36 | URL |

Re: タイトルなし

>動画を拝見しましたが、まぁ競技用自転車に限らず、一般のチャリもこんな運転をしている輩(やから)が多いですよね。所詮チャリのマナーやモラルなど、この程度でしょうな。

自転車は違法行為を助長する乗り物かもしれません。

>そもそもドロップハンドルなんて前のめりになるからふらつきますし、視界も狭まりますし、首や腰などに負担がかかりますし、こんなもん一般公道を走る上では不要です。つーか危険です。

前方がよくみえないので危険極まりないですね。

>ドロップハンドルなど即刻全面禁止すべきでしょう。

当然です。

| 世捨人 | 2015/01/20 23:40 | URL |

Re: マナーの問題

リリさん

>↑の人毎回自転車のこと悪く言ってるけど自転車も車も「乗る人」によってかなり変わるからあんまり悪くいうなよ?昔に自転車に何かされたか嫌な思いしてるんだろうけどそんなんじゃどっちも変わらないからな?

きつい前傾姿勢により三半規管に支障をきたすおそれがあるので、競技用自転車は規制が必要でしょう。

| 世捨人 | 2015/01/20 23:42 | URL |

Re: タイトルなし

>まあ、タクシー運転者のほとんどが、制限速度を超えるスピードをだしても、法律違反だなんて意識してない人々だし。

クルマのスピード違反には制裁があります。

>もともと直立二足歩行の人類が、長時間、腰をかがめてタクシーを運転すると、無理な姿勢による疲労や痛みのため、正常な運転ができなくなるのが否定できない。

疲労軽減の観点から、運転するときは背すじを伸ばした方がよいでしょう。

>1日、2時間以上の、タクシー運転は即刻全面禁止すべきでしょう。同意するよね、よすてさん

説得力が乏しいですね。

| 世捨人 | 2015/01/20 23:44 | URL |

Re: タイトルなし

危険さん

>ドロップハンドルがふらつくってありえんわw背筋と上腕で支えるからより安定するんだけど。

きつい前傾姿勢を続けると三半規管に影響し、ふらつくのかもしれません。

| 世捨人 | 2015/01/20 23:44 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>今回の動画の自転車は、後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、きちんと車道左端に寄って進路を譲っています。

自転車は正当な理由もなく車線中央付近に乗り入れないでください。

>マイロネフさんがご主張されていた左「側」通行からの左「端」寄り通行を実践しているもので、道路交通の安全と円滑の両面で、何ら問題ないでしょう。

後続車の進路を妨害するなど交通の円滑を著しく阻害しています。

>また、車両通行帯のある部分で第一通行帯のど真ん中を通行することは、道路交通法上、認められていることであり、何ら問題ありません。

後続車の進路を妨害しないでください。

>一方で、ふらふらとその場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながらママチャリより以上に危なっかしく・邪魔ではた迷惑に見えるのも事実です。

自転車は全面禁止すべきですね。

>やはり、道路交通法にあるとおり、自転車は車道左端を大人しく真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行するものです。

きつい前傾姿勢を続けると三半規管に影響し、ふらつきの原因となるでしょう。

>また、黄色信号の交差点に突っ込むことは道路交通法上許されており、交差する道路が赤信号で往来が途絶えたことを確認した上での確信犯的信号無視(先走り)もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要もありません。

赤信号で突っ込んでいます。信号はよくみてください。

>後続車両である世捨人さんのタクシーは、安全な速度と方法で追い越していけばよいだけであり、道路の巾が狭くて追い越すことが出来ないのであれば、大人しく安全な車間距離を保って先行車両に追突しないように追随しなければなりません。

速度の遅い車両は速度の速い車両に道を譲ってあげてくさい。

>トイレの順番待ちの列が多少蛇行していたからといって、身勝手な横入りを正当化することは出来ません。

クルマに進路を譲る気持ちがないのなら、危険を回避するためやむをえないので、歩道を活用してください。

| 世捨人 | 2015/01/20 23:48 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>こういう自転車は如何か.http://blogs.yahoo.co.jp/a383493242/7423093.html

過疎ブログの宣伝は絶対におやめください。

| 世捨人 | 2015/01/20 23:48 | URL |

前傾姿勢が三半規管に影響ww
馬鹿丸出しですか?
頭を低くし背筋で支える方が頭揺れないんだけど。

危険なタクシー運転手世捨さん推奨の頭を高くし背筋使わない乗り方の方が三半規管揺れますわww

| 危険タクシー世捨 | 2015/01/21 01:45 | URL |

>>いい画像撮ることができたね^^
>今回は動画(映像)です。

ウィキで調べたら画像の同義語として映像も記載されてます。どっちでもいいことです。

>>きつい前傾姿勢で平衡感覚を失っている可能性は否定はできない。
>と、あるけど表情だけ見ての判断で飲酒や薬物の影響ではないと何故言い切れる? その可能性も否定できないよ。

>「警察24時」なるテレビ番組では、警察官は通行人の表情をみて飲酒や薬物使用の有無を判断し、職務質問をしていました。

あほですか? あなたはその警察官と同等のスキルをお持ちですか? 警察官ならばこの自転車を停止させ職質していた可能性は否定できませんね。


>>既出してるけど、運転者個人のモラルが低い可能性も否定できないよね?

>ドロップハンドルは乗り手を爆走へとかきたてます。

あなたの主観として聞き流します。

>過酷なドロップハンドルは全面禁止すべきなら、ドロップハンドルが平衡感覚を鈍らせる具体的な科学的根拠を示さないとね^^例えば二足歩行のホモサピエンスが前傾姿勢になることで、どのような影響が出るのかちゃんと調べて記事にしようね。がんばれ~

>きつい前傾姿勢を長時間続けたことっで三半規管に影響があったのでしょう。

でしょう~などとあいまいな表現ではなく具体的な根拠示してください。
前傾姿勢を長時間続けると三半規管にどのような影響が現れるか~を明確に科学的根拠を添えて示してください。

| まる | 2015/01/21 09:29 | URL |

>ネット上の匿名の世界で、それぞれがHNを使い分けることに何ら問題はありませんよ。

HNにプライドはないのですか?
ときどきオアゾツーキニストさん

| ワープロミスって何? | 2015/01/21 16:46 | URL |

明らかな矛盾,知識の欠如を「素晴らしい名言集」とか言ってる
愚かだ

| 自転車は歩道 | 2015/01/21 19:08 | URL |

世捨人さん | 2015/01/20 23:48 |へ

>>今回の動画の自転車は、後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、きちんと車道左端に寄って進路を譲っています。
>自転車は正当な理由もなく車線中央付近に乗り入れないでください。

仰る通り、自転車は車道左端を通行しなければなりません。

きっと、左側歩道や路地からの飛び出しや左端側溝の凸凹で車道左端通行出来なかったのでしょう。

具体的な道路状況に応じて、車道上の最弱者である自転車が車線中央付近に乗り入れることは、何ら問題ありません。


>>マイロネフさんがご主張されていた左「側」通行からの左「端」寄り通行を実践しているもので、道路交通の安全と円滑の両面で、何ら問題ないでしょう。
>後続車の進路を妨害するなど交通の円滑を著しく阻害しています。

後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、車道左端に寄って、道を譲っていますので、何ら問題ありません。


>>また、車両通行帯のある部分で第一通行帯のど真ん中を通行することは、道路交通法上、認められていることであり、何ら問題ありません。
>後続車の進路を妨害しないでください。

後続車両は、追越し車線に車線変更して、勝手に追越して行けば良いだけのことです。


>>一方で、ふらふらとその場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながらママチャリより以上に危なっかしく・邪魔ではた迷惑に見えるのも事実です。
>自転車は全面禁止すべきですね。

自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。


>>やはり、道路交通法にあるとおり、自転車は車道左端を大人しく真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行するものです。
>きつい前傾姿勢を続けると三半規管に影響し、ふらつきの原因となるでしょう。

自転車はそもそもふらつくことで安定するものです。

特急(高速度)自転車と言えども、所詮、人間の脚力頼みです。東南さんがロングライドで疲労困憊で、歩道に上がった途端に糖質不足で頭が回らず前後不覚で、徐行義務違反で接触事故を惹起したとおり、三半規管が道の河野と難しげなことを持ち出すまでもありません。


>>また、黄色信号の交差点に突っ込むことは道路交通法上許されており、交差する道路が赤信号で往来が途絶えたことを確認した上での確信犯的信号無視(先走り)もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要もありません。
>赤信号で突っ込んでいます。信号はよくみてください。

黄色信号に見えますよ。

もう少し鮮明な動画でのスクープ(?)を期待します。

交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。


>>後続車両である世捨人さんのタクシーは、安全な速度と方法で追い越していけばよいだけであり、道路の巾が狭くて追い越すことが出来ないのであれば、大人しく安全な車間距離を保って先行車両に追突しないように追随しなければなりません。
>速度の遅い車両は速度の速い車両に道を譲ってあげてくさい。

自転車は、車道左端通行することで、十二分に後続車両に道を譲っています。

今回の動画でも、後続車両の世捨人さんのタクシーが近づくと素早く車道左端に寄って道を譲っていますので、何ら問題ありません。


>>トイレの順番待ちの列が多少蛇行していたからといって、身勝手な横入りを正当化することは出来ません。
>クルマに進路を譲る気持ちがないのなら、危険を回避するためやむをえないので、歩道を活用してください。

車道上の最弱者となる自転車は、スピードの出る自動車等の後続車両にあらかじめ進路を譲って、車道左端をただただ真っ直ぐ前を向いてふらつかずに大人しく通行しなければならない、と道路交通法上も定められています。

それだけのことです。

そして、今回の動画の自転車は、クルマに進路を譲る気持ちに溢れていますので、何ら問題ありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/01/21 19:14 | URL |

にげたときどきオアゾツーキニスト

>ネット上の匿名の世界で、それぞれがHNを使い分けることに何ら問題はありませんよ。

なんだ、HNにプライドはないのですね。
ときどきオアゾツーキニストさん。

かつてコメントでHNについて攻撃した人に謝罪しなさい。(笑)

| ワープロミスってな~に? | 2015/01/21 22:22 | URL |

Re: タイトルなし

危険さん

>前傾姿勢が三半規管に影響ww馬鹿丸出しですか?頭を低くし背筋で支える方が頭揺れないんだけど。
危険なタクシー運転手世捨さん推奨の頭を高くし背筋使わない乗り方の方が三半規管揺れますわww

揺れなくとも、頭を傾けた状態でペダルをこげば三半規管に影響するでしょう。

| 世捨人 | 2015/01/28 00:21 | URL |

Re: タイトルなし

まさん

>いい画像撮ることができたね^^
>>今回は動画(映像)です。
>ウィキで調べたら画像の同義語として映像も記載されてます。どっちでもいいことです。

動画(映像)と表記し明確にした方が無難でしょう。

>>きつい前傾姿勢で平衡感覚を失っている可能性は否定はできない。
>と、あるけど表情だけ見ての判断で飲酒や薬物の影響ではないと何故言い切れる? その可能性も否定できないよ。
>>「警察24時」なるテレビ番組では、警察官は通行人の表情をみて飲酒や薬物使用の有無を判断し、職務質問をしていました。
>あほですか? あなたはその警察官と同等のスキルをお持ちですか? 警察官ならばこの自転車を停止させ職質していた可能性は否定できませんね。

その警察官と同等のスキルを習得するのは、決して難しいものではないでしょう。

>既出してるけど、運転者個人のモラルが低い可能性も否定できないよね?
>>ドロップハンドルは乗り手を爆走へとかきたてます。
>あなたの主観として聞き流します。

重く受け止めてください。

>過酷なドロップハンドルは全面禁止すべきなら、ドロップハンドルが平衡感覚を鈍らせる具体的な科学的根拠を示さないとね^^例えば二足歩行のホモサピエンスが前傾姿勢になることで、どのような影響が出るのかちゃんと調べて記事にしようね。がんばれ~
>>きつい前傾姿勢を長時間続けたことっで三半規管に影響があったのでしょう。
>でしょう~などとあいまいな表現ではなく具体的な根拠示してください。前傾姿勢を長時間続けると三半規管にどのような影響が現れるか~を明確に科学的根拠を添えて示してください。

医学的なことを断言すると薬事法に抵触するおそれがありますので、控えさせていただきます。

| 世捨人 | 2015/01/28 00:22 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>>今回の動画の自転車は、後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、きちんと車道左端に寄って進路を譲っています。
>>自転車は正当な理由もなく車線中央付近に乗り入れないでください。
>仰る通り、自転車は車道左端を通行しなければなりません。きっと、左側歩道や路地からの飛び出しや左端側溝の凸凹で車道左端通行出来なかったのでしょう。

動画を確認したところ、路地や凹凸は見当たりませんでした。

>具体的な道路状況に応じて、車道上の最弱者である自転車が車線中央付近に乗り入れることは、何ら問題ありません。
>>後方確認をするなど後続車の進路は妨害しないでください。
>マイロネフさんがご主張されていた左「側」通行からの左「端」寄り通行を実践しているもので、道路交通の安全と円滑の両面で、何ら問題ないでしょう。
>>後続車の進路を妨害するなど交通の円滑を著しく阻害しています。
>後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、車道左端に寄って、道を譲っていますので、何ら問題ありません。

怒鳴りつけたことが奏功しました。

>>また、車両通行帯のある部分で第一通行帯のど真ん中を通行することは、道路交通法上、認められていることであり、何ら問題ありません。
>>後続車の進路を妨害しないでください。
>後続車両は、追越し車線に車線変更して、勝手に追越して行けば良いだけのことです。

交通の円滑を阻害しかねませんので、後続車の進路を妨害しないでください。

>一方で、ふらふらとその場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながらママチャリより以上に危なっかしく・邪魔ではた迷惑に見えるのも事実です。
>>自転車は全面禁止すべきですね。
>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。

であるからこそ、規制が必要でしょう。

>やはり、道路交通法にあるとおり、自転車は車道左端を大人しく真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行するものです。
>>きつい前傾姿勢を続けると三半規管に影響し、ふらつきの原因となるでしょう。
>自転車はそもそもふらつくことで安定するものです。

交通の安全の確保を図るため自転車を全面規制すべきですね。

>特急(高速度)自転車と言えども、所詮、人間の脚力頼みです。東南さんがロングライドで疲労困憊で、歩道に上がった途端に糖質不足で頭が回らず前後不覚で、徐行義務違反で接触事故を惹起したとおり、三半規管が道の河野と難しげなことを持ち出すまでもありません。

きつい前傾姿勢に対する警鐘を鳴らしたところです。

>また、黄色信号の交差点に突っ込むことは道路交通法上許されており、交差する道路が赤信号で往来が途絶えたことを確認した上での確信犯的信号無視(先走り)もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要もありません。
>>赤信号で突っ込んでいます。信号はよくみてください。
>黄色信号に見えますよ。もう少し鮮明な動画でのスクープ(?)を期待します。

右折矢印信号に対する黄信号でしょう。直進はできません。

>交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。

道交法の精神に反します。

>後続車両である世捨人さんのタクシーは、安全な速度と方法で追い越していけばよいだけであり、道路の巾が狭くて追い越すことが出来ないのであれば、大人しく安全な車間距離を保って先行車両に追突しないように追随しなければなりません。
>>速度の遅い車両は速度の速い車両に道を譲ってあげてくさい。
>自転車は、車道左端通行することで、十二分に後続車両に道を譲っています。今回の動画でも、後続車両の世捨人さんのタクシーが近づくと素早く車道左端に寄って道を譲っていますので、何ら問題ありません。

怒鳴りつけたことで事なきをえました。

>トイレの順番待ちの列が多少蛇行していたからといって、身勝手な横入りを正当化することは出来ません。
>>クルマに進路を譲る気持ちがないのなら、危険を回避するためやむをえないので、歩道を活用してください。
>車道上の最弱者となる自転車は、スピードの出る自動車等の後続車両にあらかじめ進路を譲って、車道左端をただただ真っ直ぐ前を向いてふらつかずに大人しく通行しなければならない、と道路交通法上も定められています。それだけのことです。そして、今回の動画の自転車は、クルマに進路を譲る気持ちに溢れていますので、何ら問題ありません。

自転車はその場でとまってクルマに進路を譲ってあげてください。

| 世捨人 | 2015/01/28 00:26 | URL |

原付が停止線を越している事に対しては何の興味も示さないのですね
自転車が好きな人の間ではshare the roadと言うスローガンがあるくらいですし
トラックの運転手は トラックが原付や自転車の横を通る時に風で事故を起こさないように 大きく避けて通るらしいです
その中一番軽率で事故を起こしやすい態度をとっているのが一般車だと思いませんか?
自転車の少し乱暴な走り方に比べて 車の煽りや幅寄せは明らかに危険な行動だと思いませんか?
車のようにドライブレコーダーをつけていない分証拠などはありませんが
自転車乗りが車のミラーに引っ掛けられて事故を起こした事例なんてザラにありますよ

それとホモサピエンスがどうたらこうたらは 人間工学を学んだ事がないのでわかりませんが 自転車というのは環境に良く 健康に良いからという事でブームが始まったわけです
それに比べて一般車のドライバーさんは よほど体を動かさなくて よほどストレスが溜まっているから 自転車乗りに対して卑屈な言葉をはいたり 時には重大な事故に繋がる危険な運転をされるのですね
自転車乗りが腹を立てる時というのは 車の運転手が命に関わる危険な運転をされた時です
それに対して車の運転手が腹を立てた時というのは 憲法〜条の〜に違反した時ですよね
どちらが健全かは一目瞭然だと思いますが

| ^ ^ | 2015/02/03 04:10 | URL |

| 世捨人 | 2015/01/28 00:26 | URL |の中にある

>道交法の精神に反します。

というの、自分にブーメランで返って行ってるよ(笑)

常に、道交法を無視した発言しているのにね。


で、こう言うと、安全のためとか言うんでしょ?
自転車だろうが、自動車だろうが、道交法を尊守したうえでの安全運転であれば、問題ない。

| ダイ | 2015/02/03 10:09 | URL |

Re: タイトルなし

^さん

>原付が停止線を越している事に対しては何の興味も示さないのですね

後輪は停止線を越えていないので「イエローカード」といったところでしょうか。

>自転車が好きな人の間ではshare the roadと言うスローガンがあるくらいですし トラックの運転手は トラックが原付や自転車の横を通る時に風で事故を起こさないように 大きく避けて通るらしいです

「らしい」という不確定情報は当ブログでは禁物です。おやめください。

>その中一番軽率で事故を起こしやすい態度をとっているのが一般車だと思いませんか?転車の少し乱暴な走り方に比べて 車の煽りや幅寄せは明らかに危険な行動だと思いませんか?車のようにドライブレコーダーをつけていない分証拠などはありませんが 自転車乗りが車のミラーに引っ掛けられて事故を起こした事例なんてザラにありますよ

当ブログでは、危険なクルマありきの交通安全を真剣に考えているところです。

>それとホモサピエンスがどうたらこうたらは 人間工学を学んだ事がないのでわかりませんが 自転車というのは環境に良く 健康に良いからという事でブームが始まったわけです

移動手段でなく娯楽としてのブームですので、専用施設で遊んでもらいたいです。

>それに比べて一般車のドライバーさんは よほど体を動かさなくて よほどストレスが溜まっているから 自転車乗りに対して卑屈な言葉をはいたり 時には重大な事故に繋がる危険な運転をされるのですね 自転車乗りが腹を立てる時というのは 車の運転手が命に関わる危険な運転をされた時です それに対して車の運転手が腹を立てた時というのは 憲法〜条の〜に違反した時ですよね どちらが健全かは一目瞭然だと思いますが

集団的自衛隊権の行使が憲法9条に反するか否かを考えることは、向学心のある者の健全な姿ではないでしょうか。

| 世捨人 | 2015/02/04 23:47 | URL |

Re: タイトルなし

ダさん

>>道交法の精神に反します。
>というの、自分にブーメランで返って行ってるよ(笑)常に、道交法を無視した発言しているのにね。

当ブログは道交法に準拠しているのは確実です。

>で、こう言うと、安全のためとか言うんでしょ?自転車だろうが、自動車だろうが、道交法を尊守したうえでの安全運転であれば、問題ない。

道交法を順守したからといって事故が防げるわけではありません。自転車にあっては歩道を活用しましょう。

| 世捨人 | 2015/02/04 23:48 | URL |

>道交法を順守したからといって事故が防げるわけではありません。

結果論でいえば100%防げる。

| こじま | 2015/02/05 10:07 | URL | ≫ EDIT

意義があります

世捨人さん

>「らしい」という不確定情報は当ブログでは禁物です。おやめください。

そもそも今回のアジェンダは過激なドロップハンドルが走行時 人体的に悪影響を及ぼしているということは否定できないということから始まっています
しかしながら あのような危険な運転をする他の原因として尿意があったかもしれません
尿意があれば歩行であれふらつきます 早足になり信号無視する人も現れるかもしれません
すでに二つの仮説が考えられるにも関わらず ただ一つの不確定情報に固執しドロハンを全面禁止など不可能ですね

「外出前のお手洗いを義務化せよ!!」
こう言う考え方も出来るわけですから

>移動手段でなく娯楽としてのブームですので、専用施設で遊んでもらいたいです。

都市的地域では自転車が電車バイク車よりも早く移動できることがあり 
ガソリンの価格の高騰の影響も受けない
健康維持のための理にかなった立派な移動手段です
20~30kmの距離を通勤として使えるロードバイクはこの先さらに実用的な面で需要は高まるでしょう

いつも ロードバイク乗りがのらりくらりと車やバイクに気も使わずに走っているわけでもありませんし
道路は営利目的 ドライブやツーリングなどの娯楽目的 移動目的など さまざまです

道路というものは重量税を払った者のみの道ではありませんし
自転車が車に道を譲らないといけないというのは 道交法以前にモラルの問題です



| ^ ^ | 2015/02/05 18:19 | URL |

うーん....

そんな事を言えば、確実に人を殺せる速度と強度を持っている車や、客を乗せるため突然左に寄せるタクシーも相当危ないので禁止にすべきと言う話でしょう。

結局あなた達カーユーザーも、危険行為を行っているんです。
気付いてないでしょ?そんなわけない!と画面の向こうで顔真っ赤にしてるかもしれませんが、恐らく分からないでしょう。

だって、自転車に乗らないでしょ?

自転車なんですから、車道を走るのが当たり前です。当たり前のところを走っているのに糾弾?

それならば、車の方がよっぽど有害ですし危険です。

| いろへす | 2015/02/05 23:29 | URL |

サイクリング禁止反対

インチキ交通安全ジャーナリストこと
[世捨人]|2015/02/04 23:48|付へ.

>当ブログは道交法に準拠しているのは確実です.
>道交法を順守したからといって事故が防げるわけではありません.自転車にあっては歩道を活用しましょう.

まるっきり筋が通っていない.
自転車の歩道通行は義務づけられているものではない.ありがた迷惑な「自転車歩道通行可(歩行者優先)」、それも片側にのみ不必要に広い歩道を設けて自転車の右側通行を助長する欠陥道路政策に私は断固反対する.
舛添(都知事)は今後もなお,警察庁の打ち出した自転車安全五則の「車道が原則,歩道は例外」を骨抜きにする政策を継続しようとしているらしいが,実に嘆かわしい.

| マイロネフ | 2015/02/08 11:17 | URL | ≫ EDIT

世捨人さん| 2015/01/28 00:26 |へ

>>今回の動画の自転車は、後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、きちんと車道左端に寄って進路を譲っています。
>自転車は正当な理由もなく車線中央付近に乗り入れないでください。
>>仰る通り、自転車は車道左端を通行しなければなりません。きっと、左側歩道や路地からの飛び出しや左端側溝の凸凹で車道左端通行出来なかったのでしょう。
>動画を確認したところ、路地や凹凸は見当たりませんでした。

では、左側歩道や路地からの飛び出しの危険性があったのでしょう。


>>具体的な道路状況に応じて、車道上の最弱者である自転車が車線中央付近に乗り入れることは、何ら問題ありません。
>後方確認をするなど後続車の進路は妨害しないでください。
>>マイロネフさんがご主張されていた左「側」通行からの左「端」寄り通行を実践しているもので、道路交通の安全と円滑の両面で、何ら問題ないでしょう。
>後続車の進路を妨害するなど交通の円滑を著しく阻害しています。
>>後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、車道左端に寄って、道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>怒鳴りつけたことが奏功しました。

冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。


>>また、車両通行帯のある部分で第一通行帯のど真ん中を通行することは、道路交通法上、認められていることであり、何ら問題ありません。
>後続車の進路を妨害しないでください。
>>後続車両は、追越し車線に車線変更して、勝手に追越して行けば良いだけのことです。
>交通の円滑を阻害しかねませんので、後続車の進路を妨害しないでください。

(軽)車両である自転車は、第一通行帯のど真ん中を通行しても何ら問題ありません。

後続車は、勝手に追越し車線に車線変更して追越して行けば良いだけのことです。


>>一方で、ふらふらとその場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながらママチャリより以上に危なっかしく・邪魔ではた迷惑に見えるのも事実です。
>自転車は全面禁止すべきですね。
>>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。
>であるからこそ、規制が必要でしょう。

自然の摂理に適わない規制は不要です。


>>やはり、道路交通法にあるとおり、自転車は車道左端を大人しく真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行するものです。
>きつい前傾姿勢を続けると三半規管に影響し、ふらつきの原因となるでしょう。
>>自転車はそもそもふらつくことで安定するものです。
>交通の安全の確保を図るため自転車を全面規制すべきですね。

意味不明です。

自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。


>>特急(高速度)自転車と言えども、所詮、人間の脚力頼みです。東南さんがロングライドで疲労困憊で、歩道に上がった途端に糖質不足で頭が回らず前後不覚で、徐行義務違反で接触事故を惹起したとおり、三半規管が道の河野と難しげなことを持ち出すまでもありません。
>きつい前傾姿勢に対する警鐘を鳴らしたところです。

特急(高速度)自転車は、安全と円滑を追求した理想的な構造です。


>>また、黄色信号の交差点に突っ込むことは道路交通法上許されており、交差する道路が赤信号で往来が途絶えたことを確認した上での確信犯的信号無視(先走り)もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要もありません。
>赤信号で突っ込んでいます。信号はよくみてください。
>>黄色信号に見えますよ。もう少し鮮明な動画でのスクープ(?)を期待します。
>右折矢印信号に対する黄信号でしょう。直進はできません。

これは失礼いたしました。

まあ、左右から自動車の発進がないことを確認した上での確信犯的信号無視であれば、事故を惹起する危険性もありませんから、何ら問題とする必要はないでしょう。


>>交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。
>道交法の精神に反します。

道路交通法は精神を問うものではありません。


>>後続車両である世捨人さんのタクシーは、安全な速度と方法で追い越していけばよいだけであり、道路の巾が狭くて追い越すことが出来ないのであれば、大人しく安全な車間距離を保って先行車両に追突しないように追随しなければなりません。
>速度の遅い車両は速度の速い車両に道を譲ってあげてくさい。
>>自転車は、車道左端通行することで、十二分に後続車両に道を譲っています。今回の動画でも、後続車両の世捨人さんのタクシーが近づくと素早く車道左端に寄って道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>怒鳴りつけたことで事なきをえました。

冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。


>>トイレの順番待ちの列が多少蛇行していたからといって、身勝手な横入りを正当化することは出来ません。
>クルマに進路を譲る気持ちがないのなら、危険を回避するためやむをえないので、歩道を活用してください。
>>車道上の最弱者となる自転車は、スピードの出る自動車等の後続車両にあらかじめ進路を譲って、車道左端をただただ真っ直ぐ前を向いてふらつかずに大人しく通行しなければならない、と道路交通法上も定められています。それだけのことです。そして、今回の動画の自転車は、クルマに進路を譲る気持ちに溢れていますので、何ら問題ありません。
>自転車はその場でとまってクルマに進路を譲ってあげてください。

自転車は車道左端を通行することで、あらかじめ、後続車両に道を譲っています。

自転車は、ただただ、真っ直ぐ前を向いてふらつかずに大人しく車道左端を通行すれば良いだけです。

まあ、自転車は止まると余計に巾を取りますので、道を譲ることにはなりません。

残念でした。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/02/09 10:25 | URL |

Re: タイトルなし

こじさん

>>道交法を順守したからといって事故が防げるわけではありません。
>結果論でいえば100%防げる。

赤信号無視のクルマとの衝突事故を想起してください。

| 世捨人 | 2015/02/12 23:31 | URL |

赤信号無視の車かわるいじゃん、ほんと馬鹿わらわら

| わろ田 | 2015/02/12 23:33 | URL |

Re: 意義があります

^さん

>>「らしい」という不確定情報は当ブログでは禁物です。おやめください。
>そもそも今回のアジェンダは過激なドロップハンドルが走行時人体的に悪影響を及ぼしているということは否定できないということから始まっていますしかしながらあのような危険な運転をする他の原因として尿意があったかもしれません尿意があれば歩行であれふらつきます早足になり信号無視する人も現れるかもしれませんすでに二つの仮説が考えられるにも関わらず ただ一つの不確定情報に固執しドロハンを全面禁止など不可能ですね 「外出前のお手洗いを義務化せよ!!」こう言う考え方も出来るわけですから

尿意があればふらつくどころか、股間をおさえ静止するのが代表的な行動でしょう。今回に限れば、競技用自転車乗りの表情を間近で見た結果、三半規管の影響があろうとの判断を下しました。

>>移動手段でなく娯楽としてのブームですので、専用施設で遊んでもらいたいです。
>都市的地域では自転車が電車バイク車よりも早く移動できることがありガソリンの価格の高騰の影響も受けない健康維持のための理にかなった立派な移動手段です20~30kmの距離を通勤として使えるロードバイクはこの先さらに実用的な面で需要は高まるでしょう

健康維持のために危険な自転車で交通事故に遭い、取り返しのつかない事態となれば本末転倒でしょう。

>いつも ロードバイク乗りがのらりくらりと車やバイクに気も使わずに走っているわけでもありませんし
道路は営利目的 ドライブやツーリングなどの娯楽目的 移動目的など さまざまです

何はともあれ、安全・安心をおびやかす競技用自転車の爆走練習は全面禁止すべきでしょう。

>道路というものは重量税を払った者のみの道ではありませんし自転車が車に道を譲らないといけないというのは 道交法以前にモラルの問題です

道路は競技用自転車乗りのものではありません。爆走するなら日本サイクルスポーツセンターなど、専用施設でお願いします。

| 世捨人 | 2015/02/12 23:39 | URL |

Re: うーん....

いろさん

>そんな事を言えば、確実に人を殺せる速度と強度を持っている車や、客を乗せるため突然左に寄せるタクシーも相当危ないので禁止にすべきと言う話でしょう。

危険なタクシーありきの交通安全を考えるのが現実的でしょう。

>結局あなた達カーユーザーも、危険行為を行っているんです。気付いてないでしょ?そんなわけない!と画面の向こうで顔真っ赤にしてるかもしれませんが、恐らく分からないでしょう。

おっしゃるとおり、クルマは危険です。身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険な車道は避けてください。

>だって、自転車に乗らないでしょ?自転車なんですから、車道を走るのが当たり前です。当たり前のところを走っているのに糾弾?それならば、車の方がよっぽど有害ですし危険です。

自転車の歩道走行は法律で認められています。積極的に活用してください。

| 世捨人 | 2015/02/12 23:40 | URL |

歩道「走行」は認められていませんがわらわらわらわら

| わろ田 | 2015/02/12 23:43 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>>当ブログは道交法に準拠しているのは確実です.道交法を順守したからといって事故が防げるわけではありません.自転車にあっては歩道を活用しましょう.
>まるっきり筋が通っていない.自転車の歩道通行は義務づけられているものではない.ありがた迷惑な「自転車歩道通行可(歩行者優先)」、それも片側にのみ不必要に広い歩道を設けて自転車の右側通行を助長する欠陥道路政策に私は断固反対する.

車道はクルマで飽和状態ですので、混雑緩和のためにも歩道を活用してください。

>舛添(都知事)は今後もなお,警察庁の打ち出した自転車安全五則の「車道が原則,歩道は例外」を骨抜きにする政策を継続しようとしているらしいが,実に嘆かわしい.

都民の安全を考えれば「自転車は歩道」は背に腹をかえられないでしょう。

| 世捨人 | 2015/02/12 23:44 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>今回の動画の自転車は、後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、きちんと車道左端に寄って進路を譲っています。
>>自転車は正当な理由もなく車線中央付近に乗り入れないでください。
>仰る通り、自転車は車道左端を通行しなければなりません。きっと、左側歩道や路地からの飛び出しや左端側溝の凸凹で車道左端通行出来なかったのでしょう。
>>動画を確認したところ、路地や凹凸は見当たりませんでした。
>では、左側歩道や路地からの飛び出しの危険性があったのでしょう。

動画を確認したところ、ご指摘の危険性はありませんでした。

>具体的な道路状況に応じて、車道上の最弱者である自転車が車線中央付近に乗り入れることは、何ら問題ありません。
>>後方確認をするなど後続車の進路は妨害しないでください。
>マイロネフさんがご主張されていた左「側」通行からの左「端」寄り通行を実践しているもので、道路交通の安全と円滑の両面で、何ら問題ないでしょう。
>>後続車の進路を妨害するなど交通の円滑を著しく阻害しています。
>後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、車道左端に寄って、道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>>怒鳴りつけたことが奏功しました。
>冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。

小生のクルマはパワーウインドーでボタン一つで窓が開きます。

>また、車両通行帯のある部分で第一通行帯のど真ん中を通行することは、道路交通法上、認められていることであり、何ら問題ありません。
>>後続車の進路を妨害しないでください。
>後続車両は、追越し車線に車線変更して、勝手に追越して行けば良いだけのことです。
>>交通の円滑を阻害しかねませんので、後続車の進路を妨害しないでください。
>(軽)車両である自転車は、第一通行帯のど真ん中を通行しても何ら問題ありません。後続車は、勝手に追越し車線に車線変更して追越して行けば良いだけのことです。

絶対にふらつかないでください。

>一方で、ふらふらとその場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながらママチャリより以上に危なっかしく・邪魔ではた迷惑に見えるのも事実です。
>>自転車は全面禁止すべきですね。
>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。
>>であるからこそ、規制が必要でしょう。
>自然の摂理に適わない規制は不要です。

危険な乗り物である自転車に規制は不可欠です。

>やはり、道路交通法にあるとおり、自転車は車道左端を大人しく真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行するものです。
>>きつい前傾姿勢を続けると三半規管に影響し、ふらつきの原因となるでしょう。
>自転車はそもそもふらつくことで安定するものです。
>>交通の安全の確保を図るため自転車を全面規制すべきですね。
>意味不明です。自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。

貴重な交通手段の安全を確保するために規制強化は不可欠でしょう。

>特急(高速度)自転車と言えども、所詮、人間の脚力頼みです。東南さんがロングライドで疲労困憊で、歩道に上がった途端に糖質不足で頭が回らず前後不覚で、徐行義務違反で接触事故を惹起したとおり、三半規管が道の河野と難しげなことを持ち出すまでもありません。
>>きつい前傾姿勢に対する警鐘を鳴らしたところです。
>特急(高速度)自転車は、安全と円滑を追求した理想的な構造です。

安全と円滑は両立させるのは困難でしょう。

>また、黄色信号の交差点に突っ込むことは道路交通法上許されており、交差する道路が赤信号で往来が途絶えたことを確認した上での確信犯的信号無視(先走り)もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要もありません。
>>赤信号で突っ込んでいます。信号はよくみてください。
>黄色信号に見えますよ。もう少し鮮明な動画でのスクープ(?)を期待します。
>>右折矢印信号に対する黄信号でしょう。直進はできません。
>これは失礼いたしました。まあ、左右から自動車の発進がないことを確認した上での確信犯的信号無視であれば、事故を惹起する危険性もありませんから、何ら問題とする必要はないでしょう。

道路交通法違反は、いかなる理由があろうと許されません。

>交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。
>>道交法の精神に反します。
>道路交通法は精神を問うものではありません。

実践してください。

>後続車両である世捨人さんのタクシーは、安全な速度と方法で追い越していけばよいだけであり、道路の巾が狭くて追い越すことが出来ないのであれば、大人しく安全な車間距離を保って先行車両に追突しないように追随しなければなりません。
>>速度の遅い車両は速度の速い車両に道を譲ってあげてくさい。
>自転車は、車道左端通行することで、十二分に後続車両に道を譲っています。今回の動画でも、後続車両の世捨人さんのタクシーが近づくと素早く車道左端に寄って道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>>怒鳴りつけたことで事なきをえました。
>冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。

小生のクルマはパワーウインドーでボタン一つで窓が開きます。

>トイレの順番待ちの列が多少蛇行していたからといって、身勝手な横入りを正当化することは出来ません。
>>クルマに進路を譲る気持ちがないのなら、危険を回避するためやむをえないので、歩道を活用してください。
>車道上の最弱者となる自転車は、スピードの出る自動車等の後続車両にあらかじめ進路を譲って、車道左端をただただ真っ直ぐ前を向いてふらつか ずに大人しく通行しなければならない、と道路交通法上も定められています。それだけのことです。そして、今回の動画の自転車は、クルマに進路を譲る気持ち に溢れていますので、何ら問題ありません。
>>自転車はその場でとまってクルマに進路を譲ってあげてください。
>自転車は車道左端を通行することで、あらかじめ、後続車両に道を譲っています。自転車は、ただただ、真っ直ぐ前を向いてふらつかずに大人しく車道左端を通行すれば良いだけです。まあ、自転車は止まると余計に巾を取りますので、道を譲ることにはなりません。残念でした。

乗員は段差にあがり自転車を押すのが理想です。

| 世捨人 | 2015/02/12 23:49 | URL |

| 世捨人 | 2015/02/12 23:31 | URL |


「こじさん」って誰か知らんけど,似たような内容だから意見を述べておきます.
貴方が答えられない時点で「議論の内容に答えられなかった」とみなして,今回も貴方の負けです.


世捨人「道交法を順守したからといって事故が防げるわけではありません。」
世捨人「赤信号無視のクルマとの衝突事故を想起してください。」

「赤信号無視」の時点で,「道交法を順守」という前提条件を自分で覆している.
よって意見の否定になっていない.

| 質問5 | 2015/02/13 09:52 | URL |

一時停止と法定速度を守れない自動車はどうしたというのか
100%の自動車乗りがこれらを軽視しているではないか

信号無視はいけないね

| 名無しさん | 2015/02/16 12:01 | URL |

Re: タイトルなし

問5さん

>「こじさん」って誰か知らんけど,似たような内容だから意見を述べておきます.貴方が答えられない時点で「議論の内容に答えられなかった」とみなして,今回も貴方の負けです.

問5さんが、こじさんを代弁されても困りものです。

>世捨人「道交法を順守したからといって事故が防げるわけではありません。」世捨人「赤信号無視のクルマとの衝突事故を想起してください。」「赤信号無視」の時点で,「道交法を順守」という前提条件を自分で覆している.よって意見の否定になっていない.

主語を明確にすれば解決する問題です。がんばってください。

| 世捨人 | 2015/02/17 23:51 | URL |

Re: タイトルなし

名無さん

>一時停止と法定速度を守れない自動車はどうしたというのか 100%の自動車乗りがこれらを軽視しているではないか 信号無視はいけないね

一時停止と法定速度を守れないドライバーは、常に良心の呵責にさいなまれいることでしょう。

| 世捨人 | 2015/02/18 00:08 | URL |

世捨人さん| 2015/02/12 23:49 |へ

>>今回の動画の自転車は、後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、きちんと車道左端に寄って進路を譲っています。
>自転車は正当な理由もなく車線中央付近に乗り入れないでください。
>>仰る通り、自転車は車道左端を通行しなければなりません。きっと、左側歩道や路地からの飛び出しや左端側溝の凸凹で車道左端通行出来なかったのでしょう。
>動画を確認したところ、路地や凹凸は見当たりませんでした。
>>では、左側歩道や路地からの飛び出しの危険性があったのでしょう。
>動画を確認したところ、ご指摘の危険性はありませんでした。

左側歩道や路地からの飛び出しの危険性は自転車乗りが判断するもので、世捨人さんが事後的に確認しても意味ありません。


>>具体的な道路状況に応じて、車道上の最弱者である自転車が車線中央付近に乗り入れることは、何ら問題ありません。
>後方確認をするなど後続車の進路は妨害しないでください。
>>マイロネフさんがご主張されていた左「側」通行からの左「端」寄り通行を実践しているもので、道路交通の安全と円滑の両面で、何ら問題ないでしょう。
>後続車の進路を妨害するなど交通の円滑を著しく阻害しています。
>>後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、車道左端に寄って、道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>怒鳴りつけたことが奏功しました。
>>冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。
>小生のクルマはパワーウインドーでボタン一つで窓が開きます。

寒かったでしょうね。

ご苦労様です。


>>また、車両通行帯のある部分で第一通行帯のど真ん中を通行することは、道路交通法上、認められていることであり、何ら問題ありません。
>後続車の進路を妨害しないでください。
>>後続車両は、追越し車線に車線変更して、勝手に追越して行けば良いだけのことです。
>交通の円滑を阻害しかねませんので、後続車の進路を妨害しないでください。
>>(軽)車両である自転車は、第一通行帯のど真ん中を通行しても何ら問題ありません。後続車は、勝手に追越し車線に車線変更して追越して行けば良いだけのことです。
>絶対にふらつかないでください。

二輪である自転車は物理的にふらつくものです。


>>一方で、ふらふらとその場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながらママチャリより以上に危なっかしく・邪魔ではた迷惑に見えるのも事実です。
>自転車は全面禁止すべきですね。
>>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。
>であるからこそ、規制が必要でしょう。
>>自然の摂理に適わない規制は不要です。
>危険な乗り物である自転車に規制は不可欠です。

自転車が安全な乗り物だからこそ、幼児から高齢者まで障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段となっているのです。


>>やはり、道路交通法にあるとおり、自転車は車道左端を大人しく真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行するものです。
>きつい前傾姿勢を続けると三半規管に影響し、ふらつきの原因となるでしょう。
>>自転車はそもそもふらつくことで安定するものです。
>交通の安全の確保を図るため自転車を全面規制すべきですね。
>>意味不明です。自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。
>貴重な交通手段の安全を確保するために規制強化は不可欠でしょう。

自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段だからこそ、規制強化など全く不要です。


>>特急(高速度)自転車と言えども、所詮、人間の脚力頼みです。東南さんがロングライドで疲労困憊で、歩道に上がった途端に糖質不足で頭が回らず前後不覚で、徐行義務違反で接触事故を惹起したとおり、三半規管が道の河野と難しげなことを持ち出すまでもありません。
>きつい前傾姿勢に対する警鐘を鳴らしたところです。
>>特急(高速度)自転車は、安全と円滑を追求した理想的な構造です。
>安全と円滑は両立させるのは困難でしょう。

道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。


>>また、黄色信号の交差点に突っ込むことは道路交通法上許されており、交差する道路が赤信号で往来が途絶えたことを確認した上での確信犯的信号無視(先走り)もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要もありません。
>赤信号で突っ込んでいます。信号はよくみてください。
>>黄色信号に見えますよ。もう少し鮮明な動画でのスクープ(?)を期待します。
>右折矢印信号に対する黄信号でしょう。直進はできません。
>>これは失礼いたしました。まあ、左右から自動車の発進がないことを確認した上での確信犯的信号無視であれば、事故を惹起する危険性もありませんから、何ら問題とする必要はないでしょう。
>道路交通法違反は、いかなる理由があろうと許されません。

傘差し・携帯ながら・酒気帯び・確信犯的信号無視・歩道駐輪等々、自転車に関するルール違反は何らあげつらう問題ではありません。

手軽で気軽で便利な自転車の良い所の一部です。


>>交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。
>道交法の精神に反します。
>>道路交通法は精神を問うものではありません。
>実践してください。

交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。

それぞれの自転車乗りが決めることです。


>>後続車両である世捨人さんのタクシーは、安全な速度と方法で追い越していけばよいだけであり、道路の巾が狭くて追い越すことが出来ないのであれば、大人しく安全な車間距離を保って先行車両に追突しないように追随しなければなりません。
>速度の遅い車両は速度の速い車両に道を譲ってあげてくさい。
>>自転車は、車道左端通行することで、十二分に後続車両に道を譲っています。今回の動画でも、後続車両の世捨人さんのタクシーが近づくと素早く車道左端に寄って道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>怒鳴りつけたことで事なきをえました。
>>冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。
>小生のクルマはパワーウインドーでボタン一つで窓が開きます。

寒かったでしょうね。

ご苦労様です。


>>トイレの順番待ちの列が多少蛇行していたからといって、身勝手な横入りを正当化することは出来ません。
>クルマに進路を譲る気持ちがないのなら、危険を回避するためやむをえないので、歩道を活用してください。
>>車道上の最弱者となる自転車は、スピードの出る自動車等の後続車両にあらかじめ進路を譲って、車道左端をただただ真っ直ぐ前を向いてふらつか ずに大人しく通行しなければならない、と道路交通法上も定められています。それだけのことです。そして、今回の動画の自転車は、クルマに進路を譲る気持ち に溢れていますので、何ら問題ありません。
>自転車はその場でとまってクルマに進路を譲ってあげてください。
>>自転車は車道左端を通行することで、あらかじめ、後続車両に道を譲っています。自転車は、ただただ、真っ直ぐ前を向いてふらつかずに大人しく車道左端を通行すれば良いだけです。まあ、自転車は止まると余計に巾を取りますので、道を譲ることにはなりません。残念でした。
>乗員は段差にあがり自転車を押すのが理想です。

3人乗り自転車が歩道の段差の凸凹で転倒し、子供が大型トラックに轢き殺された不幸な事故が発生しています。

道路交通の安全と円滑を図るために定められた道路交通法に準拠して、三人乗り自転車が車道左端を通行していれば、防げた事故です。

幼い子供さんを亡くされたご遺族の厳しい現実に思い致せば、「理想」などと軽率な言葉は発せないものです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/02/18 10:22 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>今回の動画の自転車は、後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、きちんと車道左端に寄って進路を譲っています。
>>自転車は正当な理由もなく車線中央付近に乗り入れないでください。
>仰る通り、自転車は車道左端を通行しなければなりません。きっと、左側歩道や路地からの飛び出しや左端側溝の凸凹で車道左端通行出来なかったのでしょう。
>>動画を確認したところ、路地や凹凸は見当たりませんでした。
>では、左側歩道や路地からの飛び出しの危険性があったのでしょう。
>>動画を確認したところ、ご指摘の危険性はありませんでした。
>左側歩道や路地からの飛び出しの危険性は自転車乗りが判断するもので、世捨人さんが事後的に確認しても意味ありません。

走行中にもご指摘の危険性は確認できませんでした。

>具体的な道路状況に応じて、車道上の最弱者である自転車が車線中央付近に乗り入れることは、何ら問題ありません。
>>後方確認をするなど後続車の進路は妨害しないでください。
>マイロネフさんがご主張されていた左「側」通行からの左「端」寄り通行を実践しているもので、道路交通の安全と円滑の両面で、何ら問題ないでしょう。
>>後続車の進路を妨害するなど交通の円滑を著しく阻害しています。
>後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、車道左端に寄って、道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>>怒鳴りつけたことが奏功しました。
>冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。
>>小生のクルマはパワーウインドーでボタン一つで窓が開きます。
>寒かったでしょうね。ご苦労様です。

身体がむきだしとなる自転車の方がよほど寒いでしょう。クルマをご利用ください。

>また、車両通行帯のある部分で第一通行帯のど真ん中を通行することは、道路交通法上、認められていることであり、何ら問題ありません。
>>後続車の進路を妨害しないでください。
>後続車両は、追越し車線に車線変更して、勝手に追越して行けば良いだけのことです。
>>交通の円滑を阻害しかねませんので、後続車の進路を妨害しないでください。
>(軽)車両である自転車は、第一通行帯のど真ん中を通行しても何ら問題ありません。後続車は、勝手に追越し車線に車線変更して追越して行けば良いだけのことです。
>>絶対にふらつかないでください。
>二輪である自転車は物理的にふらつくものです。

危険を回避するため歩道を活用してください。

>一方で、ふらふらとその場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながらママチャリより以上に危なっかしく・邪魔ではた迷惑に見えるのも事実です。
>>自転車は全面禁止すべきですね。
>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。
>>であるからこそ、規制が必要でしょう。
>自然の摂理に適わない規制は不要です。
>>危険な乗り物である自転車に規制は不可欠です。
>自転車が安全な乗り物だからこそ、幼児から高齢者まで障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段となっているのです。

弊害が生じているため自転車規制強化というのが世論でしょう。

>やはり、道路交通法にあるとおり、自転車は車道左端を大人しく真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行するものです。
>>きつい前傾姿勢を続けると三半規管に影響し、ふらつきの原因となるでしょう。
>自転車はそもそもふらつくことで安定するものです。
>>交通の安全の確保を図るため自転車を全面規制すべきですね。
>意味不明です。自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。
>>貴重な交通手段の安全を確保するために規制強化は不可欠でしょう。
>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段だからこそ、規制強化など全く不要です。

交通安全のため背に腹はかえられないでしょう。

>特急(高速度)自転車と言えども、所詮、人間の脚力頼みです。東南さんがロングライドで疲労困憊で、歩道に上がった途端に糖質不足で頭が回らず前後不覚で、徐行義務違反で接触事故を惹起したとおり、三半規管が道の河野と難しげなことを持ち出すまでもありません。
>>きつい前傾姿勢に対する警鐘を鳴らしたところです。
>特急(高速度)自転車は、安全と円滑を追求した理想的な構造です。
>>安全と円滑は両立させるのは困難でしょう。
>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。

弊害が生じているため自転車規制強化というのが世論でしょう。

>また、黄色信号の交差点に突っ込むことは道路交通法上許されており、交差する道路が赤信号で往来が途絶えたことを確認した上での確信犯的信号無視(先走り)もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要もありません。
>>赤信号で突っ込んでいます。信号はよくみてください。
>黄色信号に見えますよ。もう少し鮮明な動画でのスクープ(?)を期待します。
>>右折矢印信号に対する黄信号でしょう。直進はできません。
>これは失礼いたしました。まあ、左右から自動車の発進がないことを確認した上での確信犯的信号無視であれば、事故を惹起する危険性もありませんから、何ら問題とする必要はないでしょう。
>>道路交通法違反は、いかなる理由があろうと許されません。
>傘差し・携帯ながら・酒気帯び・確信犯的信号無視・歩道駐輪等々、自転車に関するルール違反は何らあげつらう問題ではありません。手軽で気軽で便利な自転車の良い所の一部です。

自転車の良いところは交通安全と相いれません。

>交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。
>>道交法の精神に反します。
>道路交通法は精神を問うものではありません。
>>実践してください。
>交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。それぞれの自転車乗りが決めることです。

それぞれの自転車乗りの判断にゆだねれば交通の秩序が崩壊するのは、ご案内のとおりです。

>後続車両である世捨人さんのタクシーは、安全な速度と方法で追い越していけばよいだけであり、道路の巾が狭くて追い越すことが出来ないのであれば、大人しく安全な車間距離を保って先行車両に追突しないように追随しなければなりません。
>>速度の遅い車両は速度の速い車両に道を譲ってあげてくさい。
>自転車は、車道左端通行することで、十二分に後続車両に道を譲っています。今回の動画でも、後続車両の世捨人さんのタクシーが近づくと素早く車道左端に寄って道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>>怒鳴りつけたことで事なきをえました。
>冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。
>>小生のクルマはパワーウインドーでボタン一つで窓が開きます。
>寒かったでしょうね。ご苦労様です。

自転車乗りの安全が確保できたわけですから心温まる話ですね。

>トイレの順番待ちの列が多少蛇行していたからといって、身勝手な横入りを正当化することは出来ません。
>>クルマに進路を譲る気持ちがないのなら、危険を回避するためやむをえないので、歩道を活用してください。
>車道上の最弱者となる自転車は、スピードの出る自動車等の後続車両にあらかじめ進路を譲って、車道左端をただただ真っ直ぐ前を向いてふらつか ずに大人しく通行しなければならない、と道路交通法上も定められています。それだけのことです。そして、今回の動画の自転車は、クルマに進路を譲る気持ち に溢れていますので、何ら問題ありません。
>>自転車はその場でとまってクルマに進路を譲ってあげてください。
>自転車は車道左端を通行することで、あらかじめ、後続車両に道を譲っています。自転車は、ただただ、真っ直ぐ前を向いてふらつかずに大人しく 車道左端を通行すれば良いだけです。まあ、自転車は止まると余計に巾を取りますので、道を譲ることにはなりません。残念でした。
>>乗員は段差にあがり自転車を押すのが理想です。
>3人乗り自転車が歩道の段差の凸凹で転倒し、子供が大型トラックに轢き殺された不幸な事故が発生しています。道路交通の安全と円滑を図るために定められた道路交通法に準拠して、三人乗り自転車が車道左端を通行していれば、防げた事故です。幼い子供さんを亡くされたご遺族の厳しい現実に思い致せば、「理想」などと軽率な言葉は発せないものです。

ガードレールのある歩道であれば防げた事故です。ガードレールと段差で囲まれた、歩道内自転車道の整備が急がれます。

| 世捨人 | 2015/02/25 00:37 | URL |

世捨人さん| 2015/02/25 00:37 |へ

>>今回の動画の自転車は、後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、きちんと車道左端に寄って進路を譲っています。
>自転車は正当な理由もなく車線中央付近に乗り入れないでください。
>>仰る通り、自転車は車道左端を通行しなければなりません。きっと、左側歩道や路地からの飛び出しや左端側溝の凸凹で車道左端通行出来なかったのでしょう。
>動画を確認したところ、路地や凹凸は見当たりませんでした。
>>では、左側歩道や路地からの飛び出しの危険性があったのでしょう。
>動画を確認したところ、ご指摘の危険性はありませんでした。
>>左側歩道や路地からの飛び出しの危険性は自転車乗りが判断するもので、世捨人さんが事後的に確認しても意味ありません。
>走行中にもご指摘の危険性は確認できませんでした。

走行中の自転車乗りが判断するもので、後続車両の世捨人さんが確認出来るものではありません。


>>具体的な道路状況に応じて、車道上の最弱者である自転車が車線中央付近に乗り入れることは、何ら問題ありません。
>後方確認をするなど後続車の進路は妨害しないでください。
>>マイロネフさんがご主張されていた左「側」通行からの左「端」寄り通行を実践しているもので、道路交通の安全と円滑の両面で、何ら問題ないでしょう。
>後続車の進路を妨害するなど交通の円滑を著しく阻害しています。
>>後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、車道左端に寄って、道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>怒鳴りつけたことが奏功しました。
>>冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。
>小生のクルマはパワーウインドーでボタン一つで窓が開きます。
>>寒かったでしょうね。ご苦労様です。
>身体がむきだしとなる自転車の方がよほど寒いでしょう。クルマをご利用ください。

防寒着に包まれた冬場の自転車乗りは、汗だくです。

ご心配なく。

バカ高いタクシー代は小市民にはもったいのうございます。


>>また、車両通行帯のある部分で第一通行帯のど真ん中を通行することは、道路交通法上、認められていることであり、何ら問題ありません。
>後続車の進路を妨害しないでください。
>>後続車両は、追越し車線に車線変更して、勝手に追越して行けば良いだけのことです。
>交通の円滑を阻害しかねませんので、後続車の進路を妨害しないでください。
>>(軽)車両である自転車は、第一通行帯のど真ん中を通行しても何ら問題ありません。後続車は、勝手に追越し車線に車線変更して追越して行けば良いだけのことです。
>絶対にふらつかないでください。
>>二輪である自転車は物理的にふらつくものです。
>危険を回避するため歩道を活用してください。

道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。


>>一方で、ふらふらとその場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながらママチャリより以上に危なっかしく・邪魔ではた迷惑に見えるのも事実です。
>自転車は全面禁止すべきですね。
>>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。
>であるからこそ、規制が必要でしょう。
>>自然の摂理に適わない規制は不要です。
>危険な乗り物である自転車に規制は不可欠です。
>>自転車が安全な乗り物だからこそ、幼児から高齢者まで障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段となっているのです。
>弊害が生じているため自転車規制強化というのが世論でしょう。

毎年4000件の重大(死亡)事故を惹起しているため自動車規制強化というのが世論です。


>>やはり、道路交通法にあるとおり、自転車は車道左端を大人しく真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行するものです。
>きつい前傾姿勢を続けると三半規管に影響し、ふらつきの原因となるでしょう。
>>自転車はそもそもふらつくことで安定するものです。
>交通の安全の確保を図るため自転車を全面規制すべきですね。
>>意味不明です。自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。
>貴重な交通手段の安全を確保するために規制強化は不可欠でしょう。
>>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段だからこそ、規制強化など全く不要です。
>交通安全のため背に腹はかえられないでしょう。

道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。


>>特急(高速度)自転車と言えども、所詮、人間の脚力頼みです。東南さんがロングライドで疲労困憊で、歩道に上がった途端に糖質不足で頭が回らず前後不覚で、徐行義務違反で接触事故を惹起したとおり、三半規管がどうのこうのと難しげなことを持ち出すまでもありません。
>きつい前傾姿勢に対する警鐘を鳴らしたところです。
>>特急(高速度)自転車は、安全と円滑を追求した理想的な構造です。
>安全と円滑は両立させるのは困難でしょう。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>弊害が生じているため自転車規制強化というのが世論でしょう。

毎年4000件の重大(死亡)事故を惹起しているため自動車規制強化というのが世論です。


>>また、黄色信号の交差点に突っ込むことは道路交通法上許されており、交差する道路が赤信号で往来が途絶えたことを確認した上での確信犯的信号無視(先走り)もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要もありません。
>赤信号で突っ込んでいます。信号はよくみてください。
>>黄色信号に見えますよ。もう少し鮮明な動画でのスクープ(?)を期待します。
>右折矢印信号に対する黄信号でしょう。直進はできません。
>>これは失礼いたしました。まあ、左右から自動車の発進がないことを確認した上での確信犯的信号無視であれば、事故を惹起する危険性もありませんから、何ら問題とする必要はないでしょう。
>道路交通法違反は、いかなる理由があろうと許されません。
>>傘差し・携帯ながら・酒気帯び・確信犯的信号無視・歩道駐輪等々、自転車に関するルール違反は何らあげつらう問題ではありません。手軽で気軽で便利な自転車の良い所の一部です。
>自転車の良いところは交通安全と相いれません。

左右から自動車の発進がないことを確認した上での確信犯的信号無視であれば、事故を惹起する危険性もありませんから、交通安全と見事に両立しています。


>>交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。
>道交法の精神に反します。
>>道路交通法は精神を問うものではありません。
>実践してください。
>>交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。それぞれの自転車乗りが決めることです。
>それぞれの自転車乗りの判断にゆだねれば交通の秩序が崩壊するのは、ご案内のとおりです。

車道上の最弱者となる自転車乗りが「自分の身は自分で守る」ためには、動物的な本能に基づく自転車乗りの判断が何よりも優先され、弱者優先という交通の秩序の基本ルールにも合致するものです。

>>後続車両である世捨人さんのタクシーは、安全な速度と方法で追い越していけばよいだけであり、道路の巾が狭くて追い越すことが出来ないのであれば、大人しく安全な車間距離を保って先行車両に追突しないように追随しなければなりません。
>速度の遅い車両は速度の速い車両に道を譲ってあげてくさい。
>>自転車は、車道左端通行することで、十二分に後続車両に道を譲っています。今回の動画でも、後続車両の世捨人さんのタクシーが近づくと素早く車道左端に寄って道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>怒鳴りつけたことで事なきをえました。
>>冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。
>小生のクルマはパワーウインドーでボタン一つで窓が開きます。
>>寒かったでしょうね。ご苦労様です。
>自転車乗りの安全が確保できたわけですから心温まる話ですね。

ウォークマン(ちょっと古)と耳あてで完全防寒の自転車乗りには、世捨人さんのお声は届かなかったことでしょう。

自転車乗りが左端通行して道を譲ることで、世捨人さんの怒鳴り声が功を奏したと勘違いして自己満足されたことも、有難いことです。


>>トイレの順番待ちの列が多少蛇行していたからといって、身勝手な横入りを正当化することは出来ません。
>クルマに進路を譲る気持ちがないのなら、危険を回避するためやむをえないので、歩道を活用してください。
>>車道上の最弱者となる自転車は、スピードの出る自動車等の後続車両にあらかじめ進路を譲って、車道左端をただただ真っ直ぐ前を向いてふらつか ずに大人しく通行しなければならない、と道路交通法上も定められています。それだけのことです。そして、今回の動画の自転車は、クルマに進路を譲る気持ち に溢れていますので、何ら問題ありません。
>自転車はその場でとまってクルマに進路を譲ってあげてください。
>>自転車は車道左端を通行することで、あらかじめ、後続車両に道を譲っています。自転車は、ただただ、真っ直ぐ前を向いてふらつかずに大人しく 車道左端を通行すれば良いだけです。まあ、自転車は止まると余計に巾を取りますので、道を譲ることにはなりません。残念でした。
>乗員は段差にあがり自転車を押すのが理想です。
>>3人乗り自転車が歩道の段差の凸凹で転倒し、子供が大型トラックに轢き殺された不幸な事故が発生しています。道路交通の安全と円滑を図るために定められた道路交通法に準拠して、三人乗り自転車が車道左端を通行していれば、防げた事故です。幼い子供さんを亡くされたご遺族の厳しい現実に思い致せば、「理想」などと軽率な言葉は発せないものです。
>ガードレールのある歩道であれば防げた事故です。ガードレールと段差で囲まれた、歩道内自転車道の整備が急がれます。

街中の段差のある歩道です。
商店の軒先や玄関や駐車場の出入り口等の傾斜で車道側に転倒しているのです。
ガードレールが途切れる部分になりますので、ガードレールが設置されても何ら意味はありません。

厳しい現実を直視下さい。(ジャーナリスト?として)

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/02/25 10:31 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>今回の動画の自転車は、後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、きちんと車道左端に寄って進路を譲っています。
>>自転車は正当な理由もなく車線中央付近に乗り入れないでください。
>仰る通り、自転車は車道左端を通行しなければなりません。きっと、左側歩道や路地からの飛び出しや左端側溝の凸凹で車道左端通行出来なかったのでしょう。
>>動画を確認したところ、路地や凹凸は見当たりませんでした。
>では、左側歩道や路地からの飛び出しの危険性があったのでしょう。
>>動画を確認したところ、ご指摘の危険性はありませんでした。
>左側歩道や路地からの飛び出しの危険性は自転車乗りが判断するもので、世捨人さんが事後的に確認しても意味ありません。
>>走行中にもご指摘の危険性は確認できませんでした。
>走行中の自転車乗りが判断するもので、後続車両の世捨人さんが確認出来るものではありません。

ゴールド免許(優良運転者)をあなどらないでください。

>具体的な道路状況に応じて、車道上の最弱者である自転車が車線中央付近に乗り入れることは、何ら問題ありません。
>>後方確認をするなど後続車の進路は妨害しないでください。
>マイロネフさんがご主張されていた左「側」通行からの左「端」寄り通行を実践しているもので、道路交通の安全と円滑の両面で、何ら問題ないでしょう。
>>後続車の進路を妨害するなど交通の円滑を著しく阻害しています。
>後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、車道左端に寄って、道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>>怒鳴りつけたことが奏功しました。
>冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。
>>小生のクルマはパワーウインドーでボタン一つで窓が開きます。
>寒かったでしょうね。ご苦労様です。
>>身体がむきだしとなる自転車の方がよほど寒いでしょう。クルマをご利用ください。
>防寒着に包まれた冬場の自転車乗りは、汗だくです。ご心配なく。バカ高いタクシー代は小市民にはもったいのうございます。

車道を走る自転車は冷や汗で汗だくになるでしょう。大塚家具のように、マンツーマンで接客してくれるタクシーは決して高くはないでしょう。

>また、車両通行帯のある部分で第一通行帯のど真ん中を通行することは、道路交通法上、認められていることであり、何ら問題ありません。
>>後続車の進路を妨害しないでください。
>後続車両は、追越し車線に車線変更して、勝手に追越して行けば良いだけのことです。
>>交通の円滑を阻害しかねませんので、後続車の進路を妨害しないでください。
>(軽)車両である自転車は、第一通行帯のど真ん中を通行しても何ら問題ありません。後続車は、勝手に追越し車線に車線変更して追越して行けば良いだけのことです。
>>絶対にふらつかないでください。
>二輪である自転車は物理的にふらつくものです。
>>危険を回避するため歩道を活用してください。
>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。

自転車の歩道通行は法律で認められています。積極的に活用してください。

>一方で、ふらふらとその場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながらママチャリより以上に危なっかしく・邪魔ではた迷惑に見えるのも事実です。
>>自転車は全面禁止すべきですね。
>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。
>>であるからこそ、規制が必要でしょう。
>自然の摂理に適わない規制は不要です。
>>危険な乗り物である自転車に規制は不可欠です。
>自転車が安全な乗り物だからこそ、幼児から高齢者まで障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段となっているのです。
>>弊害が生じているため自転車規制強化というのが世論でしょう。
>毎年4000件の重大(死亡)事故を惹起しているため自動車規制強化というのが世論です。

危険運転致死傷罪などクルマのドライバーは厳罰化されています。

>やはり、道路交通法にあるとおり、自転車は車道左端を大人しく真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行するものです。
>>きつい前傾姿勢を続けると三半規管に影響し、ふらつきの原因となるでしょう。
>自転車はそもそもふらつくことで安定するものです。
>>交通の安全の確保を図るため自転車を全面規制すべきですね。
>意味不明です。自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。
>>貴重な交通手段の安全を確保するために規制強化は不可欠でしょう。
>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段だからこそ、規制強化など全く不要です。
>>交通安全のため背に腹はかえられないでしょう。
>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。

自転車の歩道通行は法律で担保されています。

>特急(高速度)自転車と言えども、所詮、人間の脚力頼みです。東南さんがロングライドで疲労困憊で、歩道に上がった途端に糖質不足で頭が回らず前後不覚で、徐行義務違反で接触事故を惹起したとおり、三半規管がどうのこうのと難しげなことを持ち出すまでもありません。
>>きつい前傾姿勢に対する警鐘を鳴らしたところです。
>特急(高速度)自転車は、安全と円滑を追求した理想的な構造です。
>>安全と円滑は両立させるのは困難でしょう。
>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>>弊害が生じているため自転車規制強化というのが世論でしょう。
>毎年4000件の重大(死亡)事故を惹起しているため自動車規制強化というのが世論です。

危険運転致死傷罪などクルマのドライバーに対する厳罰化は行き過ぎの感が否めません。

>また、黄色信号の交差点に突っ込むことは道路交通法上許されており、交差する道路が赤信号で往来が途絶えたことを確認した上での確信犯的信号無視(先走り)もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要もありません。
>>赤信号で突っ込んでいます。信号はよくみてください。
>黄色信号に見えますよ。もう少し鮮明な動画でのスクープ(?)を期待します。
>>右折矢印信号に対する黄信号でしょう。直進はできません。
>これは失礼いたしました。まあ、左右から自動車の発進がないことを確認した上での確信犯的信号無視であれば、事故を惹起する危険性もありませんから、何ら問題とする必要はないでしょう。
>>道路交通法違反は、いかなる理由があろうと許されません。
>傘差し・携帯ながら・酒気帯び・確信犯的信号無視・歩道駐輪等々、自転車に関するルール違反は何らあげつらう問題ではありません。手軽で気軽で便利な自転車の良い所の一部です。
>>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>左右から自動車の発進がないことを確認した上での確信犯的信号無視であれば、事故を惹起する危険性もありませんから、交通安全と見事に両立しています。

事故をじゃっ起するとして、動画で公開した次第です。

>交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。
>>道交法の精神に反します。
>道路交通法は精神を問うものではありません。
>>実践してください。
>交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。それぞれの自転車乗りが決めることです。
>>それぞれの自転車乗りの判断にゆだねれば交通の秩序が崩壊するのは、ご案内のとおりです。
>車道上の最弱者となる自転車乗りが「自分の身は自分で守る」ためには、動物的な本能に基づく自転車乗りの判断が何よりも優先され、弱者優先という交通の秩序の基本ルールにも合致するものです。

「弱者優先」は必ずしも免罪符ではありません。自転車にあっては道路における円滑の確保に努めてください。

>後続車両である世捨人さんのタクシーは、安全な速度と方法で追い越していけばよいだけであり、道路の巾が狭くて追い越すことが出来ないのであれば、大人しく安全な車間距離を保って先行車両に追突しないように追随しなければなりません。
>>速度の遅い車両は速度の速い車両に道を譲ってあげてくさい。
>自転車は、車道左端通行することで、十二分に後続車両に道を譲っています。今回の動画でも、後続車両の世捨人さんのタクシーが近づくと素早く車道左端に寄って道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>>怒鳴りつけたことで事なきをえました。
>冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。
>>小生のクルマはパワーウインドーでボタン一つで窓が開きます。
>寒かったでしょうね。ご苦労様です。
>>自転車乗りの安全が確保できたわけですから心温まる話ですね。
>ウォークマン(ちょっと古)と耳あてで完全防寒の自転車乗りには、世捨人さんのお声は届かなかったことでしょう。

手持ちの動画を確認したところ、かような事実は確認できませんでした。

>自転車乗りが左端通行して道を譲ることで、世捨人さんの怒鳴り声が功を奏したと勘違いして自己満足されたことも、有難いことです。

人の命は重いです。

>トイレの順番待ちの列が多少蛇行していたからといって、身勝手な横入りを正当化することは出来ません。
>>クルマに進路を譲る気持ちがないのなら、危険を回避するためやむをえないので、歩道を活用してください。
>車道上の最弱者となる自転車は、スピードの出る自動車等の後続車両にあらかじめ進路を譲って、車道左端をただただ真っ直ぐ前を向いてふらつか ずに大人しく通行しなければならない、と道路交通法上も定められています。それだけのことです。そして、今回の動画の自転車は、クルマに進路を譲る気持ち に溢れていますので、何ら問題ありません。
>>自転車はその場でとまってクルマに進路を譲ってあげてください。
>自転車は車道左端を通行することで、あらかじめ、後続車両に道を譲っています。自転車は、ただただ、真っ直ぐ前を向いてふらつかずに大人しく 車道左端を通行すれば良いだけです。まあ、自転車は止まると余計に巾を取りますので、道を譲ることにはなりません。残念でした。
>>乗員は段差にあがり自転車を押すのが理想です。
>3人乗り自転車が歩道の段差の凸凹で転倒し、子供が大型トラックに轢き殺された不幸な事故が発生しています。道路交通の安全と円滑を図るため に定められた道路交通法に準拠して、三人乗り自転車が車道左端を通行していれば、防げた事故です。幼い子供さんを亡くされたご遺族の厳しい現実に思い致せ ば、「理想」などと軽率な言葉は発せないものです。
>>ガードレールのある歩道であれば防げた事故です。ガードレールと段差で囲まれた、歩道内自転車道の整備が急がれます。
>街中の段差のある歩道です。商店の軒先や玄関や駐車場の出入り口等の傾斜で車道側に転倒しているのです。ガードレールが途切れる部分になりますので、ガードレールが設置されても何ら意味はありません。厳しい現実を直視下さい。(ジャーナリスト?として)

車道に面した道路においては、自転車の通行は一切禁止となりかねませんね。

| 世捨人 | 2015/03/05 00:38 | URL |

正常な運転ができてる自動車も今のところほとんどいません
居ても一万台に1台ぐらいでしょうか?多くの車が正常に運転させないように圧力をかけています
速度違反に歩行者を優先しない等、法に対しては正常でない人だらけなのが現状です
交通法ぐらい守らないと、他に言う資格は無いでしょう

| 自転車は歩道 | 2015/04/05 07:39 | URL |

Re: タイトルなし

>正常な運転ができてる自動車も今のところほとんどいません 居ても一万台に1台ぐらいでしょうか?多くの車が正常に運転させないように圧力をかけています 速度違反に歩行者を優先しない等、法に対しては正常でない人だらけなのが現状です 交通法ぐらい守らないと、他に言う資格は無いでしょう

小生は、ご指摘の1万台に1台というべき、ゴールド免許(優良運転者)です。

| 世捨人 | 2015/04/08 23:55 | URL |

ゴールド免許だから正常な運転が出来ているとは限らない。
あくまでも、事故ないし、違反を見つかっていないだけですし、運転していない人も優良運転手になってしまいます。
言った言わないの判断ではなく、自分がどれだけ周りに気を配り安全に運転出来ているかが重要であり、免許の色は全く関係ないです。

| スポーツバイク乗り | 2015/04/09 08:40 | URL |

Re: タイトルなし

乗りさん

>ゴールド免許だから正常な運転が出来ているとは限らない。あくまでも、事故ないし、違反を見つかっていないだけですし、運転していない人も優良運転手になってしまいます。

ゴールド免許を更新している小生は、評価されてしかるべきでしょう。

>言った言わないの判断ではなく、自分がどれだけ周りに気を配り安全に運転出来ているかが重要であり、免許の色は全く関係ないです。

ゴールド免許保持者は、周囲に迷惑をかけない運転を心がけていることでしょう。

| 世捨人 | 2015/04/15 22:58 | URL |

速度違反してばかりで正常な運転ができない車が何言ってんの?
速度超過かなり迷惑なんだけど?

| 自転車は歩道 | 2015/08/30 08:21 | URL |

世捨人さん| 2015/03/05 00:38 |へ

>>今回の動画の自転車は、後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、きちんと車道左端に寄って進路を譲っています。
>自転車は正当な理由もなく車線中央付近に乗り入れないでください。
>>仰る通り、自転車は車道左端を通行しなければなりません。きっと、左側歩道や路地からの飛び出しや左端側溝の凸凹で車道左端通行出来なかったのでしょう。
>動画を確認したところ、路地や凹凸は見当たりませんでした。
>>では、左側歩道や路地からの飛び出しの危険性があったのでしょう。
>動画を確認したところ、ご指摘の危険性はありませんでした。
>>左側歩道や路地からの飛び出しの危険性は自転車乗りが判断するもので、世捨人さんが事後的に確認しても意味ありません。
>走行中にもご指摘の危険性は確認できませんでした。
>>走行中の自転車乗りが判断するもので、後続車両の世捨人さんが確認出来るものではありません。
>ゴールド免許(優良運転者)をあなどらないでください。

今回の特急(高速度)自転車乗りもゴールド免許(優良運転者)だったからこそ、歩道や路地からの予見できない障害物の飛び出しの危険性に備えて、車道中央寄りを通行していたのでしょう。

そして、今回の特急(高速度)自転車乗りにとっては、車道中央寄りこそが安全かつ円滑に通行できる空間(=車道左端)だったということです。

道路状況に応じて、それぞれの自転車乗りが判断することです。


>>具体的な道路状況に応じて、車道上の最弱者である自転車が車線中央付近に乗り入れることは、何ら問題ありません。
>後方確認をするなど後続車の進路は妨害しないでください。
>>マイロネフさんがご主張されていた左「側」通行からの左「端」寄り通行を実践しているもので、道路交通の安全と円滑の両面で、何ら問題ないでしょう。
>後続車の進路を妨害するなど交通の円滑を著しく阻害しています。
>>後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、車道左端に寄って、道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>怒鳴りつけたことが奏功しました。
>>冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。
>小生のクルマはパワーウインドーでボタン一つで窓が開きます。
>>寒かったでしょうね。ご苦労様です。
>身体がむきだしとなる自転車の方がよほど寒いでしょう。クルマをご利用ください。
>>防寒着に包まれた冬場の自転車乗りは、汗だくです。ご心配なく。バカ高いタクシー代は小市民にはもったいのうございます。
>車道を走る自転車は冷や汗で汗だくになるでしょう。大塚家具のように、マンツーマンで接客してくれるタクシーは決して高くはないでしょう。

大塚家具のお家騒動は、親父のマンツーマンの接客を否定した娘さんの勝利に終わりました。

これからは、お一人様集団の時代です。


>>また、車両通行帯のある部分で第一通行帯のど真ん中を通行することは、道路交通法上、認められていることであり、何ら問題ありません。
>後続車の進路を妨害しないでください。
>>後続車両は、追越し車線に車線変更して、勝手に追越して行けば良いだけのことです。
>交通の円滑を阻害しかねませんので、後続車の進路を妨害しないでください。
>>(軽)車両である自転車は、第一通行帯のど真ん中を通行しても何ら問題ありません。後続車は、勝手に追越し車線に車線変更して追越して行けば良いだけのことです。
>絶対にふらつかないでください。
>>二輪である自転車は物理的にふらつくものです。
>危険を回避するため歩道を活用してください。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>自転車の歩道通行は法律で認められています。積極的に活用してください。

歩道も車道も自転車乗り一人ひとりの判断で、好き勝手に自由自在に通行出来るところも自転車の良い所です。


>>一方で、ふらふらとその場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながらママチャリより以上に危なっかしく・邪魔ではた迷惑に見えるのも事実です。
>自転車は全面禁止すべきですね。
>>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。
>であるからこそ、規制が必要でしょう。
>>自然の摂理に適わない規制は不要です。
>危険な乗り物である自転車に規制は不可欠です。
>>自転車が安全な乗り物だからこそ、幼児から高齢者まで障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段となっているのです。
>弊害が生じているため自転車規制強化というのが世論でしょう。
>>毎年4000件の重大(死亡)事故を惹起しているため自動車規制強化というのが世論です。
>危険運転致死傷罪などクルマのドライバーは厳罰化されています。

それでも、まだまだ、毎年4000件もの重大(死亡)事故を惹起しているのです。

やはり、自転車が車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全の側に傾けることが世の為、人の為ですね。

自動車が惹起する(重大)交通(死亡)事故を減らすためにも、自転車は車道左端を通行しなければならないというルールを、改めて、徹底する必要がありそうです。


>>やはり、道路交通法にあるとおり、自転車は車道左端を大人しく真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行するものです。
>きつい前傾姿勢を続けると三半規管に影響し、ふらつきの原因となるでしょう。
>>自転車はそもそもふらつくことで安定するものです。
>交通の安全の確保を図るため自転車を全面規制すべきですね。
>>意味不明です。自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。
>貴重な交通手段の安全を確保するために規制強化は不可欠でしょう。
>>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段だからこそ、規制強化など全く不要です。
>交通安全のため背に腹はかえられないでしょう。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>自転車の歩道通行は法律で担保されています。

自転車は車道左端通行することで、自動車による重大(死亡)事故を減らすことに貢献する貴重な存在です。


>>特急(高速度)自転車と言えども、所詮、人間の脚力頼みです。東南さんがロングライドで疲労困憊で、歩道に上がった途端に糖質不足で頭が回らず前後不覚で、徐行義務違反で接触事故を惹起したとおり、三半規管がどうのこうのと難しげなことを持ち出すまでもありません。
>きつい前傾姿勢に対する警鐘を鳴らしたところです。
>>特急(高速度)自転車は、安全と円滑を追求した理想的な構造です。
>安全と円滑は両立させるのは困難でしょう。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>弊害が生じているため自転車規制強化というのが世論でしょう。
>>毎年4000件の重大(死亡)事故を惹起しているため自動車規制強化というのが世論です。
>危険運転致死傷罪などクルマのドライバーに対する厳罰化は行き過ぎの感が否めません。

毎年4000件もの重大(死亡)事故を惹起している自動車ドライバーに安全運転を徹底するためにも、車道左端をゆっくりゆったりふらふらと自転車が通行することが必要です。


>>また、黄色信号の交差点に突っ込むことは道路交通法上許されており、交差する道路が赤信号で往来が途絶えたことを確認した上での確信犯的信号無視(先走り)もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要もありません。
>赤信号で突っ込んでいます。信号はよくみてください。
>>黄色信号に見えますよ。もう少し鮮明な動画でのスクープ(?)を期待します。
>右折矢印信号に対する黄信号でしょう。直進はできません。
>>これは失礼いたしました。まあ、左右から自動車の発進がないことを確認した上での確信犯的信号無視であれば、事故を惹起する危険性もありませんから、何ら問題とする必要はないでしょう。
>道路交通法違反は、いかなる理由があろうと許されません。
>>傘差し・携帯ながら・酒気帯び・確信犯的信号無視・歩道駐輪等々、自転車に関するルール違反は何らあげつらう問題ではありません。手軽で気軽で便利な自転車の良い所の一部です。
>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>>左右から自動車の発進がないことを確認した上での確信犯的信号無視であれば、事故を惹起する危険性もありませんから、交通安全と見事に両立しています。
>事故をじゃっ起するとして、動画で公開した次第です。

左右から自動車の発進がないことを確認した上で事故を惹起する危険性が全くないからこそ、自転車乗りは確信犯的信号無視で発進しているのです。


>>交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。
>道交法の精神に反します。
>>道路交通法は精神を問うものではありません。
>実践してください。
>>交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。それぞれの自転車乗りが決めることです。
>それぞれの自転車乗りの判断にゆだねれば交通の秩序が崩壊するのは、ご案内のとおりです。
>>車道上の最弱者となる自転車乗りが「自分の身は自分で守る」ためには、動物的な本能に基づく自転車乗りの判断が何よりも優先され、弱者優先という交通の秩序の基本ルールにも合致するものです。
>「弱者優先」は必ずしも免罪符ではありません。自転車にあっては道路における円滑の確保に努めてください。

確信犯的信号無視の自転車乗りは、交通事故の多発する交差点を先に抜けることで、道路交通の円滑の確保に貢献しています。


>>後続車両である世捨人さんのタクシーは、安全な速度と方法で追い越していけばよいだけであり、道路の巾が狭くて追い越すことが出来ないのであれば、大人しく安全な車間距離を保って先行車両に追突しないように追随しなければなりません。
>速度の遅い車両は速度の速い車両に道を譲ってあげてくさい。
>>自転車は、車道左端通行することで、十二分に後続車両に道を譲っています。今回の動画でも、後続車両の世捨人さんのタクシーが近づくと素早く車道左端に寄って道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>怒鳴りつけたことで事なきをえました。
>>冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。
>小生のクルマはパワーウインドーでボタン一つで窓が開きます。
>>寒かったでしょうね。ご苦労様です。
>自転車乗りの安全が確保できたわけですから心温まる話ですね。
>>ウォークマン(ちょっと古)と耳あてで完全防寒の自転車乗りには、世捨人さんのお声は届かなかったことでしょう。
>手持ちの動画を確認したところ、かような事実は確認できませんでした。

ということは、先行する特急(高速度)自転車乗りは、自発的な判断で歩道や路地からの予見出来ない障害物の飛び出しの危険性を自らのリスクとして抱え込んだ上で、後続車両のタクシーに道を譲ったということですね。

素晴らしいことです。


>>自転車乗りが左端通行して道を譲ることで、世捨人さんの怒鳴り声が功を奏したと勘違いして自己満足されたことも、有難いことです。
>人の命は重いです。

後続車両に自己満足を与えるためにも、自転車は、歩道や路地からの予見出来ない障害物の飛び出しの危険性に対する余裕を大きめにとった上で、車道左端通行することが肝要だということです。


>>トイレの順番待ちの列が多少蛇行していたからといって、身勝手な横入りを正当化することは出来ません。
>クルマに進路を譲る気持ちがないのなら、危険を回避するためやむをえないので、歩道を活用してください。
>>車道上の最弱者となる自転車は、スピードの出る自動車等の後続車両にあらかじめ進路を譲って、車道左端をただただ真っ直ぐ前を向いてふらつか ずに大人しく通行しなければならない、と道路交通法上も定められています。それだけのことです。そして、今回の動画の自転車は、クルマに進路を譲る気持ち に溢れていますので、何ら問題ありません。
>自転車はその場でとまってクルマに進路を譲ってあげてください。
>>自転車は車道左端を通行することで、あらかじめ、後続車両に道を譲っています。自転車は、ただただ、真っ直ぐ前を向いてふらつかずに大人しく 車道左端を通行すれば良いだけです。まあ、自転車は止まると余計に巾を取りますので、道を譲ることにはなりません。残念でした。
>乗員は段差にあがり自転車を押すのが理想です。
>>3人乗り自転車が歩道の段差の凸凹で転倒し、子供が大型トラックに轢き殺された不幸な事故が発生しています。道路交通の安全と円滑を図るため に定められた道路交通法に準拠して、三人乗り自転車が車道左端を通行していれば、防げた事故です。幼い子供さんを亡くされたご遺族の厳しい現実に思い致せ ば、「理想」などと軽率な言葉は発せないものです。
>ガードレールのある歩道であれば防げた事故です。ガードレールと段差で囲まれた、歩道内自転車道の整備が急がれます。
>>街中の段差のある歩道です。商店の軒先や玄関や駐車場の出入り口等の傾斜で車道側に転倒しているのです。ガードレールが途切れる部分になりますので、ガードレールが設置されても何ら意味はありません。厳しい現実を直視下さい。(ジャーナリスト?として)
>車道に面した道路においては、自転車の通行は一切禁止となりかねませんね。

どうやら、自転車は、車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら通行することで、道路交通の安全と円滑に貢献することとなるという結論となったようです。

毎年4000名の貴重な命を奪っている自動車の暴走を止めるためには、その場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながら・酒気帯びママチャリ族が車道左端通行するしかなさそうです。

特急(高速度)自転車乗りの皆様、是非とも、交通安全の先駆者として、特急(高速度)自転車をママチャリに乗り換えて、ゆっくりゆったりふらふらと車道左端をその場で止まれるようなスピードで通行することで、自動車の暴走をストップして行きましょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/30 11:08 | URL |

自転車は歩道さん | 2015/08/30 08:21 |へ

>速度違反してばかりで正常な運転ができない車が何言ってんの? 速度超過かなり迷惑なんだけど?

こんな所でボヤいていても仕方ありません。

ママチャリで街中へ出掛けて、ゆっくりゆったりふらふらと車道左端を通行することで、速度違反の自動車の暴走を喰いとめましょう。

今日のように愚図ついた雨模様の日には、傘差しながらも実践して行きましょう。

まあ、それぞれが決めることですね。

道路交通法違反を推奨したなどと難癖つけられても困りますので。

何事も「自分の身は自分で守る。」自己責任でお願いします。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/08/30 11:12 | URL |

>こんな所でボヤいていても仕方ありません。

こんなところで、知ったかぶりしても仕方ありません。

今日のように愚図ついた雨模様の日には、傘差しながらも実践して行きましょう。

「自己責任」とは、まさに「社会人」として生きることを放棄したお方の「遠吠え」ですね。

| 定型句しかないの? | 2015/09/01 21:01 | URL |

定型句しかないの?さん | 2015/09/01 21:01 |へ

>こんなところで、知ったかぶりしても仕方ありません。

どうやらこれが「定型句」のようですね。


>今日のように愚図ついた雨模様の日には、傘差しながらも実践して行きましょう。

まずは、特急(高速度)自転車をママチャリや実用車に乗り換えて、ゆっくりゆったりふらつきながら真っ直ぐに前だけを向いて車道左端を通行することです。

それだけで十分です。

>「自己責任」とは、まさに「社会人」として生きることを放棄したお方の「遠吠え」ですね。

佐○ってませんか?

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/09/02 08:42 | URL |

>どうやらこれが「定型句」のようですね。

あなたの反撃できない気持ちがよく分かります。
反撃できないときは「定型句」しかないモンね。

>まずは、特急(高速度)自転車をママチャリや実用車に乗り換えて、ゆっくりゆったりふらつきながら真っ直ぐに前だけを向いて車道左端を通行することです。

つまらない「定型句」。哀れですね。

>佐○ってませんか?

はいはい、反撃できないときの「定型句」
相手のコメントの「コピペ」「まねっこ」まさに
「さのって」ますね。
「愚民」と定義したことは間違いないと証明されました。
ハハハ

| 定型句しかないの? | 2015/09/02 20:47 | URL |

Re: タイトルなし

>速度違反してばかりで正常な運転ができない車が何言ってんの?速度超過かなり迷惑なんだけど?

クルマの時速30キロ未満速度超過は「軽微な違反」として取り扱われます。

| 世捨人 | 2015/09/03 00:07 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>今回の動画の自転車は、後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、きちんと車道左端に寄って進路を譲っています。
>>自転車は正当な理由もなく車線中央付近に乗り入れないでください。
>仰る通り、自転車は車道左端を通行しなければなりません。きっと、左側歩道や路地からの飛び出しや左端側溝の凸凹で車道左端通行出来なかったのでしょう。
>>動画を確認したところ、路地や凹凸は見当たりませんでした。
>では、左側歩道や路地からの飛び出しの危険性があったのでしょう。
>>動画を確認したところ、ご指摘の危険性はありませんでした。
>左側歩道や路地からの飛び出しの危険性は自転車乗りが判断するもので、世捨人さんが事後的に確認しても意味ありません。
>>走行中にもご指摘の危険性は確認できませんでした。
>走行中の自転車乗りが判断するもので、後続車両の世捨人さんが確認出来るものではありません。
>>ゴールド免許(優良運転者)をあなどらないでください。
>今回の特急(高速度)自転車乗りもゴールド免許(優良運転者)だったからこそ、歩道や路地からの予見できない障害物の飛び出しの危険性に備えて、車道中央寄りを通行していたのでしょう。

身勝手な予測運転は厳に慎んでください。

>そして、今回の特急(高速度)自転車乗りにとっては、車道中央寄りこそが安全かつ円滑に通行できる空間(=車道左端)だったということです。

危険を感じたら止まってください。

>道路状況に応じて、それぞれの自転車乗りが判断することです。

自転車乗りの判断は甘いといわざるをえません。

>具体的な道路状況に応じて、車道上の最弱者である自転車が車線中央付近に乗り入れることは、何ら問題ありません。
>>後方確認をするなど後続車の進路は妨害しないでください。
>マイロネフさんがご主張されていた左「側」通行からの左「端」寄り通行を実践しているもので、道路交通の安全と円滑の両面で、何ら問題ないでしょう。
>>後続車の進路を妨害するなど交通の円滑を著しく阻害しています。
>後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、車道左端に寄って、道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>>怒鳴りつけたことが奏功しました。
>冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。
>>小生のクルマはパワーウインドーでボタン一つで窓が開きます。
>寒かったでしょうね。ご苦労様です。
>>身体がむきだしとなる自転車の方がよほど寒いでしょう。クルマをご利用ください。
>防寒着に包まれた冬場の自転車乗りは、汗だくです。ご心配なく。バカ高いタクシー代は小市民にはもったいのうございます。
>>車道を走る自転車は冷や汗で汗だくになるでしょう。大塚家具のように、マンツーマンで接客してくれるタクシーは決して高くはないでしょう。
>大塚家具のお家騒動は、親父のマンツーマンの接客を否定した娘さんの勝利に終わりました。これからは、お一人様集団の時代です。

鉄道やバスと違い大量輸送ができないタクシーはマン・ツー・マンの接客が強いられます。

>また、車両通行帯のある部分で第一通行帯のど真ん中を通行することは、道路交通法上、認められていることであり、何ら問題ありません。
>>後続車の進路を妨害しないでください。
>後続車両は、追越し車線に車線変更して、勝手に追越して行けば良いだけのことです。
>>交通の円滑を阻害しかねませんので、後続車の進路を妨害しないでください。
>(軽)車両である自転車は、第一通行帯のど真ん中を通行しても何ら問題ありません。後続車は、勝手に追越し車線に車線変更して追越して行けば良いだけのことです。
>>絶対にふらつかないでください。
>二輪である自転車は物理的にふらつくものです。
>>危険を回避するため歩道を活用してください。
>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>>自転車の歩道通行は法律で認められています。積極的に活用してください。
>歩道も車道も自転車乗り一人ひとりの判断で、好き勝手に自由自在に通行出来るところも自転車の良い所です。

自転車の良いところは安全と相いれません。

>一方で、ふらふらとその場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながらママチャリより以上に危なっかしく・邪魔ではた迷惑に見えるのも事実です。
>>自転車は全面禁止すべきですね。
>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。
>>であるからこそ、規制が必要でしょう。
>自然の摂理に適わない規制は不要です。
>>危険な乗り物である自転車に規制は不可欠です。
>自転車が安全な乗り物だからこそ、幼児から高齢者まで障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段となっているのです。
>>弊害が生じているため自転車規制強化というのが世論でしょう。
>毎年4000件の重大(死亡)事故を惹起しているため自動車規制強化というのが世論です。
>>危険運転致死傷罪などクルマのドライバーは厳罰化されています。
>それでも、まだまだ、毎年4000件もの重大(死亡)事故を惹起しているのです。

減少傾向であることは重く受け止めたいですね。

>やはり、自転車が車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全の側に傾けることが世の為、人の為ですね。

身勝手な考えは絶対に捨ててください。

>自動車が惹起する(重大)交通(死亡)事故を減らすためにも、自転車は車道左端を通行しなければ
ならないというルールを、改めて、徹底する必要がありそうです。

自転車に対する取り締まり強化は特効薬となるでしょう。

>やはり、道路交通法にあるとおり、自転車は車道左端を大人しく真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行するものです。
>>きつい前傾姿勢を続けると三半規管に影響し、ふらつきの原因となるでしょう。
>自転車はそもそもふらつくことで安定するものです。
>>交通の安全の確保を図るため自転車を全面規制すべきですね。
>意味不明です。自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。
>>貴重な交通手段の安全を確保するために規制強化は不可欠でしょう。
>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段だからこそ、規制強化など全く不要です。
>>交通安全のため背に腹はかえられないでしょう。
>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>>自転車の歩道通行は法律で担保されています。
>自転車は車道左端通行することで、自動車による重大(死亡)事故を減らすことに貢献する貴重な存在です。

自転車が起因とする交通事故は増えているとのことです。

>特急(高速度)自転車と言えども、所詮、人間の脚力頼みです。東南さんがロングライドで疲労困憊で、歩道に上がった途端に糖質不足で頭が回らず前後不覚で、徐行義務違反で接触事故を惹起したとおり、三半規管がどうのこうのと難しげなことを持ち出すまでもありません。
>>きつい前傾姿勢に対する警鐘を鳴らしたところです。
>特急(高速度)自転車は、安全と円滑を追求した理想的な構造です。
>>安全と円滑は両立させるのは困難でしょう。
>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>>弊害が生じているため自転車規制強化というのが世論でしょう。
>毎年4000件の重大(死亡)事故を惹起しているため自動車規制強化というのが世論です。
>>危険運転致死傷罪などクルマのドライバーに対する厳罰化は行き過ぎの感が否めません。
>毎年4000件もの重大(死亡)事故を惹起している自動車ドライバーに安全運転を徹底するためにも、車道左端をゆっくりゆったりふらふらと自転車が通行することが必要です。

車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。

>また、黄色信号の交差点に突っ込むことは道路交通法上許されており、交差する道路が赤信号で往来が途絶えたことを確認した上での確信犯的信号無視(先走り)もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要もありません。
>>赤信号で突っ込んでいます。信号はよくみてください。
>黄色信号に見えますよ。もう少し鮮明な動画でのスクープ(?)を期待します。
>>右折矢印信号に対する黄信号でしょう。直進はできません。
>これは失礼いたしました。まあ、左右から自動車の発進がないことを確認した上での確信犯的信号無視であれば、事故を惹起する危険性もありませんから、何ら問題とする必要はないでしょう。
>>道路交通法違反は、いかなる理由があろうと許されません。
>傘差し・携帯ながら・酒気帯び・確信犯的信号無視・歩道駐輪等々、自転車に関するルール違反は何らあげつらう問題ではありません。手軽で気軽で便利な自転車の良い所の一部です。
>>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>左右から自動車の発進がないことを確認した上での確信犯的信号無視であれば、事故を惹起する危険性もありませんから、交通安全と見事に両立しています。
>>事故をじゃっ起するとして、動画で公開した次第です。
>左右から自動車の発進がないことを確認した上で事故を惹起する危険性が全くないからこそ、自転車乗りは確信犯的信号無視で発進しているのです。

ルールむし、信号むしは、悪いむしです。

>交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。
>>道交法の精神に反します。
>道路交通法は精神を問うものではありません。
>>実践してください。
>交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。それぞれの自転車乗りが決めることです。
>>それぞれの自転車乗りの判断にゆだねれば交通の秩序が崩壊するのは、ご案内のとおりです。
>車道上の最弱者となる自転車乗りが「自分の身は自分で守る」ためには、動物的な本能に基づく自転車乗りの判断が何よりも優先され、弱者優先という交通の秩序の基本ルールにも合致するものです。
>>「弱者優先」は必ずしも免罪符ではありません。自転車にあっては道路における円滑の確保に努めてください。
>確信犯的信号無視の自転車乗りは、交通事故の多発する交差点を先に抜けることで、道路交通の円滑の確保に貢献しています。

身勝手な判断は厳に慎んでください。

>後続車両である世捨人さんのタクシーは、安全な速度と方法で追い越していけばよいだけであり、道路の巾が狭くて追い越すことが出来ないのであれば、大人しく安全な車間距離を保って先行車両に追突しないように追随しなければなりません。
>>速度の遅い車両は速度の速い車両に道を譲ってあげてくさい。
>自転車は、車道左端通行することで、十二分に後続車両に道を譲っています。今回の動画でも、後続車両の世捨人さんのタクシーが近づくと素早く車道左端に寄って道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>>怒鳴りつけたことで事なきをえました。
>冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。
>>小生のクルマはパワーウインドーでボタン一つで窓が開きます。
>寒かったでしょうね。ご苦労様です。
>>自転車乗りの安全が確保できたわけですから心温まる話ですね。
>ウォークマン(ちょっと古)と耳あてで完全防寒の自転車乗りには、世捨人さんのお声は届かなかったことでしょう。
>>手持ちの動画を確認したところ、かような事実は確認できませんでした。
>ということは、先行する特急(高速度)自転車乗りは、自発的な判断で歩道や路地からの予見出来ない障害物の飛び出しの危険性を自らのリスクとして抱え込んだ上で、後続車両のタクシーに道を譲ったということですね。素晴らしいことです。

記事はよくお読みください。

>自転車乗りが左端通行して道を譲ることで、世捨人さんの怒鳴り声が功を奏したと勘違いして自己満足されたことも、有難いことです。
>>人の命は重いです。
>後続車両に自己満足を与えるためにも、自転車は、歩道や路地からの予見出来ない障害物の飛び出しの危険性に対する余裕を大きめにとった上で、車道左端通行することが肝要だということです。

車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。

>トイレの順番待ちの列が多少蛇行していたからといって、身勝手な横入りを正当化することは出来ません。
>>クルマに進路を譲る気持ちがないのなら、危険を回避するためやむをえないので、歩道を活用してください。
>車道上の最弱者となる自転車は、スピードの出る自動車等の後続車両にあらかじめ進路を譲って、車道左端をただただ真っ直ぐ前を向いてふらつか ずに大人しく通行しなければならない、と道路交通法上も定められています。それだけのことです。そして、今回の動画の自転車は、クルマに進路を譲る気持ち に溢れていますので、何ら問題ありません。
>>自転車はその場でとまってクルマに進路を譲ってあげてください。
>自転車は車道左端を通行することで、あらかじめ、後続車両に道を譲っています。自転車は、ただただ、真っ直ぐ前を向いてふらつかずに大人しく 車道左端を通行すれば良いだけです。まあ、自転車は止まると余計に巾を取りますので、道を譲ることにはなりません。残念でした。
>>乗員は段差にあがり自転車を押すのが理想です。
>3人乗り自転車が歩道の段差の凸凹で転倒し、子供が大型トラックに轢き殺された不幸な事故が発生しています。道路交通の安全と円滑を図るため に定められた道路交通法に準拠して、三人乗り自転車が車道左端を通行していれば、防げた事故です。幼い子供さんを亡くされたご遺族の厳しい現実に思い致せ ば、「理想」などと軽率な言葉は発せないものです。
>>ガードレールのある歩道であれば防げた事故です。ガードレールと段差で囲まれた、歩道内自転車道の整備が急がれます。
>街中の段差のある歩道です。商店の軒先や玄関や駐車場の出入り口等の傾斜で車道側に転倒しているのです。ガードレールが途切れる部分になりますので、ガードレールが設置されても何ら意味はありません。厳しい現実を直視下さい。(ジャーナリスト?として)
>>車道に面した道路においては、自転車の通行は一切禁止となりかねませんね。
>どうやら、自転車は、車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら通行することで、道路交通の安全と円滑に貢献することとなるという結論となったようです。

車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。

>毎年4000名の貴重な命を奪っている自動車の暴走を止めるためには、その場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながら・酒気帯びママチャリ族が車道左端通行するしかなさそうです。

減少傾向であることは重く受け止めたいですね。

>特急(高速度)自転車乗りの皆様、是非とも、交通安全の先駆者として、特急(高速度)自転車をママチャリに乗り換えて、ゆっくりゆったりふらふらと車道左端をその場で止まれるようなスピードで通行することで、自動車の暴走をストップして行きましょう。

身勝手な考えは捨ててください。

| 世捨人 | 2015/09/03 00:10 | URL |

世捨人さん | 2015/09/03 00:10 |へ

>>今回の動画の自転車は、後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、きちんと車道左端に寄って進路を譲っています。
>自転車は正当な理由もなく車線中央付近に乗り入れないでください。
>>仰る通り、自転車は車道左端を通行しなければなりません。きっと、左側歩道や路地からの飛び出しや左端側溝の凸凹で車道左端通行出来なかったのでしょう。
>動画を確認したところ、路地や凹凸は見当たりませんでした。
>>では、左側歩道や路地からの飛び出しの危険性があったのでしょう。
>動画を確認したところ、ご指摘の危険性はありませんでした。
>>左側歩道や路地からの飛び出しの危険性は自転車乗りが判断するもので、世捨人さんが事後的に確認しても意味ありません。
>走行中にもご指摘の危険性は確認できませんでした。
>>走行中の自転車乗りが判断するもので、後続車両の世捨人さんが確認出来るものではありません。
>ゴールド免許(優良運転者)をあなどらないでください。
>>今回の特急(高速度)自転車乗りもゴールド免許(優良運転者)だったからこそ、歩道や路地からの予見できない障害物の飛び出しの危険性に備えて、車道中央寄りを通行していたのでしょう。
>身勝手な予測運転は厳に慎んでください。

身勝手な予測運転も許されるところも自転車の良い所です。


>>そして、今回の特急(高速度)自転車乗りにとっては、車道中央寄りこそが安全かつ円滑に通行できる空間(=車道左端)だったということです。
>危険を感じたら止まってください。

車道中央寄りで止まったら、後続車両に迷惑でしょう。


>>道路状況に応じて、それぞれの自転車乗りが判断することです。
>自転車乗りの判断は甘いといわざるをえません。

車道上の最弱者が「自分の身を自分で守る」ための判断です。

慎重な上にも慎重に、大甘でちょうど良いでしょう。


>>具体的な道路状況に応じて、車道上の最弱者である自転車が車線中央付近に乗り入れることは、何ら問題ありません。
>後方確認をするなど後続車の進路は妨害しないでください。
>>マイロネフさんがご主張されていた左「側」通行からの左「端」寄り通行を実践しているもので、道路交通の安全と円滑の両面で、何ら問題ないでしょう。
>後続車の進路を妨害するなど交通の円滑を著しく阻害しています。
>>後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、車道左端に寄って、道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>怒鳴りつけたことが奏功しました。
>>冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。
>小生のクルマはパワーウインドーでボタン一つで窓が開きます。
>>寒かったでしょうね。ご苦労様です。
>身体がむきだしとなる自転車の方がよほど寒いでしょう。クルマをご利用ください。
>>防寒着に包まれた冬場の自転車乗りは、汗だくです。ご心配なく。バカ高いタクシー代は小市民にはもったいのうございます。
>車道を走る自転車は冷や汗で汗だくになるでしょう。大塚家具のように、マンツーマンで接客してくれるタクシーは決して高くはないでしょう。
>>大塚家具のお家騒動は、親父のマンツーマンの接客を否定した娘さんの勝利に終わりました。これからは、お一人様集団の時代です。
>鉄道やバスと違い大量輸送ができないタクシーはマン・ツー・マンの接客が強いられます。

ご苦労様です。


>>また、車両通行帯のある部分で第一通行帯のど真ん中を通行することは、道路交通法上、認められていることであり、何ら問題ありません。
>後続車の進路を妨害しないでください。
>>後続車両は、追越し車線に車線変更して、勝手に追越して行けば良いだけのことです。
>交通の円滑を阻害しかねませんので、後続車の進路を妨害しないでください。
>>(軽)車両である自転車は、第一通行帯のど真ん中を通行しても何ら問題ありません。後続車は、勝手に追越し車線に車線変更して追越して行けば良いだけのことです。
>絶対にふらつかないでください。
>>二輪である自転車は物理的にふらつくものです。
>危険を回避するため歩道を活用してください。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>自転車の歩道通行は法律で認められています。積極的に活用してください。
>>歩道も車道も自転車乗り一人ひとりの判断で、好き勝手に自由自在に通行出来るところも自転車の良い所です。
>自転車の良いところは安全と相いれません。

道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、と道路交通法は定めています。


>>一方で、ふらふらとその場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながらママチャリより以上に危なっかしく・邪魔ではた迷惑に見えるのも事実です。
>自転車は全面禁止すべきですね。
>>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。
>であるからこそ、規制が必要でしょう。
>>自然の摂理に適わない規制は不要です。
>危険な乗り物である自転車に規制は不可欠です。
>>自転車が安全な乗り物だからこそ、幼児から高齢者まで障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段となっているのです。
>弊害が生じているため自転車規制強化というのが世論でしょう。
>>毎年4000件の重大(死亡)事故を惹起しているため自動車規制強化というのが世論です。
>危険運転致死傷罪などクルマのドライバーは厳罰化されています。
>>それでも、まだまだ、毎年4000件もの重大(死亡)事故を惹起しているのです。
>減少傾向であることは重く受け止めたいですね。

それでも、まだまだ、毎年4000件もの重大(死亡)事故を惹起していることは重く受け止めたいですね。


>>やはり、自転車が車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全の側に傾けることが世の為、人の為ですね。
>身勝手な考えは絶対に捨ててください。

道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならないのです。


>>自動車が惹起する(重大)交通(死亡)事故を減らすためにも、自転車は車道左端を通行しなければならないというルールを、改めて、徹底する必要がありそうです。
>自転車に対する取り締まり強化は特効薬となるでしょう。

ふらふらとその場で止まれるくらいのスピードしか出せない傘差し・携帯ながら・酒気帯びのママチャリは、重大(死亡)事故を惹起する危険性が低いことから取締の対象とはならないでしょう。

事故を惹起したら別です。

皆様、くれぐれも下らない接触事故を惹起しないようにスピードを落として安全運転に努めましょう。


>>やはり、道路交通法にあるとおり、自転車は車道左端を大人しく真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行するものです。
>きつい前傾姿勢を続けると三半規管に影響し、ふらつきの原因となるでしょう。
>>自転車はそもそもふらつくことで安定するものです。
>交通の安全の確保を図るため自転車を全面規制すべきですね。
>>意味不明です。自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。
>貴重な交通手段の安全を確保するために規制強化は不可欠でしょう。
>>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段だからこそ、規制強化など全く不要です。
>交通安全のため背に腹はかえられないでしょう。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>自転車の歩道通行は法律で担保されています。
>>自転車は車道左端通行することで、自動車による重大(死亡)事故を減らすことに貢献する貴重な存在です。
>自転車が起因とする交通事故は増えているとのことです。

本当ですか?

伝聞のようですね。

可能であれば、取材元をお教えください。

楽しみです。


>>特急(高速度)自転車と言えども、所詮、人間の脚力頼みです。東南さんがロングライドで疲労困憊で、歩道に上がった途端に糖質不足で頭が回らず前後不覚で、徐行義務違反で接触事故を惹起したとおり、三半規管がどうのこうのと難しげなことを持ち出すまでもありません。
>きつい前傾姿勢に対する警鐘を鳴らしたところです。
>>特急(高速度)自転車は、安全と円滑を追求した理想的な構造です。
>安全と円滑は両立させるのは困難でしょう。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>弊害が生じているため自転車規制強化というのが世論でしょう。
>>毎年4000件の重大(死亡)事故を惹起しているため自動車規制強化というのが世論です。
>危険運転致死傷罪などクルマのドライバーに対する厳罰化は行き過ぎの感が否めません。
>>毎年4000件もの重大(死亡)事故を惹起している自動車ドライバーに安全運転を徹底するためにも、車道左端をゆっくりゆったりふらふらと自転車が通行することが必要です。
>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。

自転車がゆっくりゆったりふらふらと真っ直ぐ前だけを向いて車道左端を通行することで、自動車ドライバーの安全意識を覚醒させ、道路交通の安全と円滑に貢献するものです。


>>また、黄色信号の交差点に突っ込むことは道路交通法上許されており、交差する道路が赤信号で往来が途絶えたことを確認した上での確信犯的信号無視(先走り)もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要もありません。
>赤信号で突っ込んでいます。信号はよくみてください。
>>黄色信号に見えますよ。もう少し鮮明な動画でのスクープ(?)を期待します。
>右折矢印信号に対する黄信号でしょう。直進はできません。
>>これは失礼いたしました。まあ、左右から自動車の発進がないことを確認した上での確信犯的信号無視であれば、事故を惹起する危険性もありませんから、何ら問題とする必要はないでしょう。
>道路交通法違反は、いかなる理由があろうと許されません。
>>傘差し・携帯ながら・酒気帯び・確信犯的信号無視・歩道駐輪等々、自転車に関するルール違反は何らあげつらう問題ではありません。手軽で気軽で便利な自転車の良い所の一部です。
>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>>左右から自動車の発進がないことを確認した上での確信犯的信号無視であれば、事故を惹起する危険性もありませんから、交通安全と見事に両立しています。
>事故をじゃっ起するとして、動画で公開した次第です。
>>左右から自動車の発進がないことを確認した上で事故を惹起する危険性が全くないからこそ、自転車乗りは確信犯的信号無視で発進しているのです。
>ルールむし、信号むしは、悪いむしです。

事故を惹起する危険性が全くないことを確認した上での、確信犯です。

何ら問題ありません。


>>交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。
>道交法の精神に反します。
>>道路交通法は精神を問うものではありません。
>実践してください。
>>交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。それぞれの自転車乗りが決めることです。
>それぞれの自転車乗りの判断にゆだねれば交通の秩序が崩壊するのは、ご案内のとおりです。
>>車道上の最弱者となる自転車乗りが「自分の身は自分で守る」ためには、動物的な本能に基づく自転車乗りの判断が何よりも優先され、弱者優先という交通の秩序の基本ルールにも合致するものです。
>「弱者優先」は必ずしも免罪符ではありません。自転車にあっては道路における円滑の確保に努めてください。
>>確信犯的信号無視の自転車乗りは、交通事故の多発する交差点を先に抜けることで、道路交通の円滑の確保に貢献しています。
>身勝手な判断は厳に慎んでください。

車道上の最弱者である自転車乗りが「自分の身は自分で守る」ための判断です。

身勝手で何ら問題ありません。


>>後続車両である世捨人さんのタクシーは、安全な速度と方法で追い越していけばよいだけであり、道路の巾が狭くて追い越すことが出来ないのであれば、大人しく安全な車間距離を保って先行車両に追突しないように追随しなければなりません。
>速度の遅い車両は速度の速い車両に道を譲ってあげてくさい。
>>自転車は、車道左端通行することで、十二分に後続車両に道を譲っています。今回の動画でも、後続車両の世捨人さんのタクシーが近づくと素早く車道左端に寄って道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>怒鳴りつけたことで事なきをえました。
>>冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。
>小生のクルマはパワーウインドーでボタン一つで窓が開きます。
>>寒かったでしょうね。ご苦労様です。
>自転車乗りの安全が確保できたわけですから心温まる話ですね。
>>ウォークマン(ちょっと古)と耳あてで完全防寒の自転車乗りには、世捨人さんのお声は届かなかったことでしょう。
>手持ちの動画を確認したところ、かような事実は確認できませんでした。
>>ということは、先行する特急(高速度)自転車乗りは、自発的な判断で歩道や路地からの予見出来ない障害物の飛び出しの危険性を自らのリスクとして抱え込んだ上で、後続車両のタクシーに道を譲ったということですね。素晴らしいことです。
>記事はよくお読みください。

読む価値なし。

>>自転車乗りが左端通行して道を譲ることで、世捨人さんの怒鳴り声が功を奏したと勘違いして自己満足されたことも、有難いことです。
>人の命は重いです。
>>後続車両に自己満足を与えるためにも、自転車は、歩道や路地からの予見出来ない障害物の飛び出しの危険性に対する余裕を大きめにとった上で、車道左端通行することが肝要だということです。
>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。

道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、と道路交通法は定めています。

>>トイレの順番待ちの列が多少蛇行していたからといって、身勝手な横入りを正当化することは出来ません。
>クルマに進路を譲る気持ちがないのなら、危険を回避するためやむをえないので、歩道を活用してください。
>>車道上の最弱者となる自転車は、スピードの出る自動車等の後続車両にあらかじめ進路を譲って、車道左端をただただ真っ直ぐ前を向いてふらつかずに大人しく通行しなければならない、と道路交通法上も定められています。それだけのことです。そして、今回の動画の自転車は、クルマに進路を譲る気持ち に溢れていますので、何ら問題ありません。
>自転車はその場でとまってクルマに進路を譲ってあげてください。
>>自転車は車道左端を通行することで、あらかじめ、後続車両に道を譲っています。自転車は、ただただ、真っ直ぐ前を向いてふらつかずに大人しく 車道左端を通行すれば良いだけです。まあ、自転車は止まると余計に巾を取りますので、道を譲ることにはなりません。残念でした。
>乗員は段差にあがり自転車を押すのが理想です。
>>3人乗り自転車が歩道の段差の凸凹で転倒し、子供が大型トラックに轢き殺された不幸な事故が発生しています。道路交通の安全と円滑を図るため に定められた道路交通法に準拠して、三人乗り自転車が車道左端を通行していれば、防げた事故です。幼い子供さんを亡くされたご遺族の厳しい現実に思い致せ ば、「理想」などと軽率な言葉は発せないものです。
>ガードレールのある歩道であれば防げた事故です。ガードレールと段差で囲まれた、歩道内自転車道の整備が急がれます。
>>街中の段差のある歩道です。商店の軒先や玄関や駐車場の出入り口等の傾斜で車道側に転倒しているのです。ガードレールが途切れる部分になりますので、ガードレールが設置されても何ら意味はありません。厳しい現実を直視下さい。(ジャーナリスト?として)
>車道に面した道路においては、自転車の通行は一切禁止となりかねませんね。
>>どうやら、自転車は、車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら通行することで、道路交通の安全と円滑に貢献することとなるという結論となったようです。
>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。

自転車は、車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら通行することで、道路交通の安全と円滑に貢献することとなるという結論となったようです。


>>毎年4000名の貴重な命を奪っている自動車の暴走を止めるためには、その場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながら・酒気帯びママチャリ族が車道左端通行するしかなさそうです。
>減少傾向であることは重く受け止めたいですね。

その場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながら・酒気帯びママチャリ族が車道左端通行しはじめている効果でしょう。


>>特急(高速度)自転車乗りの皆様、是非とも、交通安全の先駆者として、特急(高速度)自転車をママチャリに乗り換えて、ゆっくりゆったりふらふらと車道左端をその場で止まれるようなスピードで通行することで、自動車の暴走をストップして行きましょう。
>身勝手な考えは捨ててください。

車道上の最弱者である自転車乗りが「自分の身は自分で守る」ためのものです。

それぞれの身勝手で自由自在で何ら問題ありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/09/03 21:33 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>今回の動画の自転車は、後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、きちんと車道左端に寄って進路を譲っています。
>>自転車は正当な理由もなく車線中央付近に乗り入れないでください。
>仰る通り、自転車は車道左端を通行しなければなりません。きっと、左側歩道や路地からの飛び出しや左端側溝の凸凹で車道左端通行出来なかったのでしょう。
>>動画を確認したところ、路地や凹凸は見当たりませんでした。
>では、左側歩道や路地からの飛び出しの危険性があったのでしょう。
>>動画を確認したところ、ご指摘の危険性はありませんでした。
>左側歩道や路地からの飛び出しの危険性は自転車乗りが判断するもので、世捨人さんが事後的に確認しても意味ありません。
>>走行中にもご指摘の危険性は確認できませんでした。
>走行中の自転車乗りが判断するもので、後続車両の世捨人さんが確認出来るものではありません。
>>ゴールド免許(優良運転者)をあなどらないでください。
>今回の特急(高速度)自転車乗りもゴールド免許(優良運転者)だったからこそ、歩道や路地からの予見できない障害物の飛び出しの危険性に備えて、車道中央寄りを通行していたのでしょう。
>>身勝手な予測運転は厳に慎んでください。
>身勝手な予測運転も許されるところも自転車の良い所です。

自転車のよいところは交通安全と相いれません。

>そして、今回の特急(高速度)自転車乗りにとっては、車道中央寄りこそが安全かつ円滑に通行できる空間(=車道左端)だったということです。
>>危険を感じたら止まってください。
>車道中央寄りで止まったら、後続車両に迷惑でしょう。

安全のため背に腹はかえられないでしょう。

>道路状況に応じて、それぞれの自転車乗りが判断することです。
>>自転車乗りの判断は甘いといわざるをえません。
>車道上の最弱者が「自分の身を自分で守る」ための判断です。慎重な上にも慎重に、大甘でちょうど良いでしょう。

悲惨な交通事故の当事者となれば元も子もありません。

>具体的な道路状況に応じて、車道上の最弱者である自転車が車線中央付近に乗り入れることは、何ら問題ありません。
>>後方確認をするなど後続車の進路は妨害しないでください。
>マイロネフさんがご主張されていた左「側」通行からの左「端」寄り通行を実践しているもので、道路交通の安全と円滑の両面で、何ら問題ないでしょう。
>>後続車の進路を妨害するなど交通の円滑を著しく阻害しています。
>後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、車道左端に寄って、道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>>怒鳴りつけたことが奏功しました。
>冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。
>>小生のクルマはパワーウインドーでボタン一つで窓が開きます。
>寒かったでしょうね。ご苦労様です。
>>身体がむきだしとなる自転車の方がよほど寒いでしょう。クルマをご利用ください。
>防寒着に包まれた冬場の自転車乗りは、汗だくです。ご心配なく。バカ高いタクシー代は小市民にはもったいのうございます。
>>車道を走る自転車は冷や汗で汗だくになるでしょう。大塚家具のように、マンツーマンで接客してくれるタクシーは決して高くはないでしょう。
>大塚家具のお家騒動は、親父のマンツーマンの接客を否定した娘さんの勝利に終わりました。これからは、お一人様集団の時代です。
>>鉄道やバスと違い大量輸送ができないタクシーはマン・ツー・マンの接客が強いられます。
>ご苦労様です。

お互いさまです。

>また、車両通行帯のある部分で第一通行帯のど真ん中を通行することは、道路交通法上、認められていることであり、何ら問題ありません。
>>後続車の進路を妨害しないでください。
>後続車両は、追越し車線に車線変更して、勝手に追越して行けば良いだけのことです。
>>交通の円滑を阻害しかねませんので、後続車の進路を妨害しないでください。
>(軽)車両である自転車は、第一通行帯のど真ん中を通行しても何ら問題ありません。後続車は、勝手に追越し車線に車線変更して追越して行けば良いだけのことです。
>>絶対にふらつかないでください。
>二輪である自転車は物理的にふらつくものです。
>>危険を回避するため歩道を活用してください。
>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>>自転車の歩道通行は法律で認められています。積極的に活用してください。
>歩道も車道も自転車乗り一人ひとりの判断で、好き勝手に自由自在に通行出来るところも自転車の良い所です。
>>自転車の良いところは安全と相いれません。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、と道路交通法は定めています。

危険を回避するため自転車の歩道通行はやむをえないとされています。

>一方で、ふらふらとその場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながらママチャリより以上に危なっかしく・邪魔ではた迷惑に見えるのも事実です。
>>自転車は全面禁止すべきですね。
>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。
>>であるからこそ、規制が必要でしょう。
>自然の摂理に適わない規制は不要です。
>>危険な乗り物である自転車に規制は不可欠です。
>自転車が安全な乗り物だからこそ、幼児から高齢者まで障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段となっているのです。
>>弊害が生じているため自転車規制強化というのが世論でしょう。
>毎年4000件の重大(死亡)事故を惹起しているため自動車規制強化というのが世論です。
>>危険運転致死傷罪などクルマのドライバーは厳罰化されています。
>それでも、まだまだ、毎年4000件もの重大(死亡)事故を惹起しているのです。
>>減少傾向であることは重く受け止めたいですね。
>それでも、まだまだ、毎年4000件もの重大(死亡)事故を惹起していることは重く受け止めたいですね。

関係各位の協力もあってか、減少傾向であることは尊重したいですね。

>やはり、自転車が車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全の側に傾けることが世の為、人の為ですね。
>>身勝手な考えは絶対に捨ててください。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならないのです。

危険なクルマが往来する車道は避け、自転車は歩道を活用してください。

>自動車が惹起する(重大)交通(死亡)事故を減らすためにも、自転車は車道左端を通行しなければならないというルールを、改めて、徹底する必要がありそうです。
>>自転車に対する取り締まり強化は特効薬となるでしょう。
>ふらふらとその場で止まれるくらいのスピードしか出せない傘差し・携帯ながら・酒気帯びのママチャリは、重大(死亡)事故を惹起する危険性が低いことから取締の対象とはならないでしょう。
事故を惹起したら別です。皆様、くれぐれも下らない接触事故を惹起しないようにスピードを落として安全運転に努めましょう。

何が起こるかわからないのが事故の恐ろしさです。慢心せず安全運転に努めてください。

>やはり、道路交通法にあるとおり、自転車は車道左端を大人しく真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行するものです。
>>きつい前傾姿勢を続けると三半規管に影響し、ふらつきの原因となるでしょう。
>自転車はそもそもふらつくことで安定するものです。
>>交通の安全の確保を図るため自転車を全面規制すべきですね。
>意味不明です。自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。
>>貴重な交通手段の安全を確保するために規制強化は不可欠でしょう。
>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段だからこそ、規制強化など全く不要です。
>>交通安全のため背に腹はかえられないでしょう。
>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>>自転車の歩道通行は法律で担保されています。
>自転車は車道左端通行することで、自動車による重大(死亡)事故を減らすことに貢献する貴重な存在です。
>>自転車が起因とする交通事故は増えているとのことです。
>本当ですか?伝聞のようですね。可能であれば、取材元をお教えください。楽しみです。

運転免許(ゴールド)の更新講習で、警視庁OBであろう交通安全協会の講師が注意喚起していました。
参照:http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-525.html

>特急(高速度)自転車と言えども、所詮、人間の脚力頼みです。東南さんがロングライドで疲労困憊で、歩道に上がった途端に糖質不足で頭が回らず前後不覚で、徐行義務違反で接触事故を惹起したとおり、三半規管がどうのこうのと難しげなことを持ち出すまでもありません。
>>きつい前傾姿勢に対する警鐘を鳴らしたところです。
>特急(高速度)自転車は、安全と円滑を追求した理想的な構造です。
>>安全と円滑は両立させるのは困難でしょう。
>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>>弊害が生じているため自転車規制強化というのが世論でしょう。
>毎年4000件の重大(死亡)事故を惹起しているため自動車規制強化というのが世論です。
>>危険運転致死傷罪などクルマのドライバーに対する厳罰化は行き過ぎの感が否めません。
>毎年4000件もの重大(死亡)事故を惹起している自動車ドライバーに安全運転を徹底するためにも、車道左端をゆっくりゆったりふらふらと自転車が通行することが必要です。
>>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。
>自転車がゆっくりゆったりふらふらと真っ直ぐ前だけを向いて車道左端を通行することで、自動車ドライバーの安全意識を覚醒させ、道路交通の安全と円滑に貢献するものです。

理想と現実は異なります。

>また、黄色信号の交差点に突っ込むことは道路交通法上許されており、交差する道路が赤信号で往来が途絶えたことを確認した上での確信犯的信号無視(先走り)もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要もありません。
>>赤信号で突っ込んでいます。信号はよくみてください。
>黄色信号に見えますよ。もう少し鮮明な動画でのスクープ(?)を期待します。
>>右折矢印信号に対する黄信号でしょう。直進はできません。
>これは失礼いたしました。まあ、左右から自動車の発進がないことを確認した上での確信犯的信号無視であれば、事故を惹起する危険性もありませんから、何ら問題とする必要はないでしょう。
>>道路交通法違反は、いかなる理由があろうと許されません。
>傘差し・携帯ながら・酒気帯び・確信犯的信号無視・歩道駐輪等々、自転車に関するルール違反は何らあげつらう問題ではありません。手軽で気軽で便利な自転車の良い所の一部です。
>>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>左右から自動車の発進がないことを確認した上での確信犯的信号無視であれば、事故を惹起する危険性もありませんから、交通安全と見事に両立しています。
>>事故をじゃっ起するとして、動画で公開した次第です。
>左右から自動車の発進がないことを確認した上で事故を惹起する危険性が全くないからこそ、自転車乗りは確信犯的信号無視で発進しているのです。
>>ルールむし、信号むしは、悪いむしです。
>事故を惹起する危険性が全くないことを確認した上での、確信犯です。何ら問題ありません。

問題あるから当ブログで糾弾されたのでしょう。

>交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。
>>道交法の精神に反します。
>道路交通法は精神を問うものではありません。
>>実践してください。
>交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。それぞれの自転車乗りが決めることです。
>>それぞれの自転車乗りの判断にゆだねれば交通の秩序が崩壊するのは、ご案内のとおりです。
>車道上の最弱者となる自転車乗りが「自分の身は自分で守る」ためには、動物的な本能に基づく自転車乗りの判断が何よりも優先され、弱者優先という交通の秩序の基本ルールにも合致するものです。
>>「弱者優先」は必ずしも免罪符ではありません。自転車にあっては道路における円滑の確保に努めてください。
>確信犯的信号無視の自転車乗りは、交通事故の多発する交差点を先に抜けることで、道路交通の円滑の確保に貢献しています。
>>身勝手な判断は厳に慎んでください。
>車道上の最弱者である自転車乗りが「自分の身は自分で守る」ための判断です。身勝手で何ら問題ありません。

ルールむし、信号むしは、悪いむしです。

>後続車両である世捨人さんのタクシーは、安全な速度と方法で追い越していけばよいだけであり、道路の巾が狭くて追い越すことが出来ないのであれば、大人しく安全な車間距離を保って先行車両に追突しないように追随しなければなりません。
>>速度の遅い車両は速度の速い車両に道を譲ってあげてくさい。
>自転車は、車道左端通行することで、十二分に後続車両に道を譲っています。今回の動画でも、後続車両の世捨人さんのタクシーが近づくと素早く車道左端に寄って道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>>怒鳴りつけたことで事なきをえました。
>冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。
>>小生のクルマはパワーウインドーでボタン一つで窓が開きます。
>寒かったでしょうね。ご苦労様です。
>>自転車乗りの安全が確保できたわけですから心温まる話ですね。
>ウォークマン(ちょっと古)と耳あてで完全防寒の自転車乗りには、世捨人さんのお声は届かなかったことでしょう。
>>手持ちの動画を確認したところ、かような事実は確認できませんでした。
>ということは、先行する特急(高速度)自転車乗りは、自発的な判断で歩道や路地からの予見出来ない障害物の飛び出しの危険性を自らのリスクとして抱え込んだ上で、後続車両のタクシーに道を譲ったということですね。素晴らしいことです。
>>記事はよくお読みください。
>読む価値なし。

価値のわかる大人になってください。

>自転車乗りが左端通行して道を譲ることで、世捨人さんの怒鳴り声が功を奏したと勘違いして自己満足されたことも、有難いことです。
>>人の命は重いです。
>後続車両に自己満足を与えるためにも、自転車は、歩道や路地からの予見出来ない障害物の飛び出しの危険性に対する余裕を大きめにとった上で、車道左端通行することが肝要だということです。
>>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、と道路交通法は定めています。

危険なクルマを避けるため、自転車の歩道通行はやむをえないでしょう。

>トイレの順番待ちの列が多少蛇行していたからといって、身勝手な横入りを正当化することは出来ません。
>>クルマに進路を譲る気持ちがないのなら、危険を回避するためやむをえないので、歩道を活用してください。
>車道上の最弱者となる自転車は、スピードの出る自動車等の後続車両にあらかじめ進路を譲って、車道左端をただただ真っ直ぐ前を向いてふらつか ずに大人しく通行しなければならない、と道路交通法上も定められています。それだけのことです。そして、今回の動画の自転車は、クルマに進路を譲る気持ち に溢れていますので、何ら問題ありません。
>>自転車はその場でとまってクルマに進路を譲ってあげてください。
>自転車は車道左端を通行することで、あらかじめ、後続車両に道を譲っています。自転車は、ただただ、真っ直ぐ前を向いてふらつかずに大人しく 車道左端を通行すれば良いだけです。まあ、自転車は止まると余計に巾を取りますので、道を譲ることにはなりません。残念でした。
>>乗員は段差にあがり自転車を押すのが理想です。
>3人乗り自転車が歩道の段差の凸凹で転倒し、子供が大型トラックに轢き殺された不幸な事故が発生しています。道路交通の安全と円滑を図るため に定められた道路交通法に準拠して、三人乗り自転車が車道左端を通行していれば、防げた事故です。幼い子供さんを亡くされたご遺族の厳しい現実に思い致せ ば、「理想」などと軽率な言葉は発せないものです。
>>ガードレールのある歩道であれば防げた事故です。ガードレールと段差で囲まれた、歩道内自転車道の整備が急がれます。
>街中の段差のある歩道です。商店の軒先や玄関や駐車場の出入り口等の傾斜で車道側に転倒しているのです。ガードレールが途切れる部分になりますので、ガードレールが設置されても何ら意味はありません。厳しい現実を直視下さい。(ジャーナリスト?として)
>>車道に面した道路においては、自転車の通行は一切禁止となりかねませんね。
>どうやら、自転車は、車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら通行することで、道路交通の安全と円滑に貢献することとなるという結論となったようです。
>>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。
>自転車は、車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら通行することで、道路交通の安全と円滑に貢献することとなるという結論となったようです。

自転車の歩道活用で共通認識を深めたところです。

>毎年4000名の貴重な命を奪っている自動車の暴走を止めるためには、その場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながら・酒気帯びママチャリ族が車道左端通行するしかなさそうです。
>>減少傾向であることは重く受け止めたいですね。
>その場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながら・酒気帯びママチャリ族が車道左端通行しはじめている効果でしょう。

クルマが起因の交通事故の被害者は自転車とは限りません。

>特急(高速度)自転車乗りの皆様、是非とも、交通安全の先駆者として、特急(高速度)自転車をママチャリに乗り換えて、ゆっくりゆったりふらふらと車道左端をその場で止まれるようなスピードで通行することで、自動車の暴走をストップして行きましょう。
>>身勝手な考えは捨ててください。
>車道上の最弱者である自転車乗りが「自分の身は自分で守る」ためのものです。それぞれの身勝手で自由自在で何ら問題ありません。

当ブログで禁じた行為は絶対におやめください。

| 世捨人 | 2015/09/09 22:34 | URL |

世捨人さん | 2015/09/09 22:34 |へ

>>今回の動画の自転車は、後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、きちんと車道左端に寄って進路を譲っています。
>自転車は正当な理由もなく車線中央付近に乗り入れないでください。
>>仰る通り、自転車は車道左端を通行しなければなりません。きっと、左側歩道や路地からの飛び出しや左端側溝の凸凹で車道左端通行出来なかったのでしょう。
>動画を確認したところ、路地や凹凸は見当たりませんでした。
>>では、左側歩道や路地からの飛び出しの危険性があったのでしょう。
>動画を確認したところ、ご指摘の危険性はありませんでした。
>>左側歩道や路地からの飛び出しの危険性は自転車乗りが判断するもので、世捨人さんが事後的に確認しても意味ありません。
>走行中にもご指摘の危険性は確認できませんでした。
>>走行中の自転車乗りが判断するもので、後続車両の世捨人さんが確認出来るものではありません。
>ゴールド免許(優良運転者)をあなどらないでください。
>>今回の特急(高速度)自転車乗りもゴールド免許(優良運転者)だったからこそ、歩道や路地からの予見できない障害物の飛び出しの危険性に備えて、車道中央寄りを通行していたのでしょう。
>身勝手な予測運転は厳に慎んでください。
>>身勝手な予測運転も許されるところも自転車の良い所です。
>自転車のよいところは交通安全と相いれません。

道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、と定められています。


>>そして、今回の特急(高速度)自転車乗りにとっては、車道中央寄りこそが安全かつ円滑に通行できる空間(=車道左端)だったということです。
>危険を感じたら止まってください。
>>車道中央寄りで止まったら、後続車両に迷惑でしょう。
>安全のため背に腹はかえられないでしょう。

今回の特急(高速度)自転車乗りは、後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、安全のためきちんと車道左端に寄って進路を譲っています。

何ら問題ありません。


>>道路状況に応じて、それぞれの自転車乗りが判断することです。
>自転車乗りの判断は甘いといわざるをえません。
>>車道上の最弱者が「自分の身を自分で守る」ための判断です。慎重な上にも慎重に、大甘でちょうど良いでしょう。
>悲惨な交通事故の当事者となれば元も子もありません。

悲惨な交通事故を防ぐために、道路交通法で、自転車は車道左端通行しなければならない、と定められています。


>>具体的な道路状況に応じて、車道上の最弱者である自転車が車線中央付近に乗り入れることは、何ら問題ありません。
>後方確認をするなど後続車の進路は妨害しないでください。
>>マイロネフさんがご主張されていた左「側」通行からの左「端」寄り通行を実践しているもので、道路交通の安全と円滑の両面で、何ら問題ないでしょう。
>後続車の進路を妨害するなど交通の円滑を著しく阻害しています。
>>後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、車道左端に寄って、道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>怒鳴りつけたことが奏功しました。
>>冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。
>小生のクルマはパワーウインドーでボタン一つで窓が開きます。
>>寒かったでしょうね。ご苦労様です。
>身体がむきだしとなる自転車の方がよほど寒いでしょう。クルマをご利用ください。
>>防寒着に包まれた冬場の自転車乗りは、汗だくです。ご心配なく。バカ高いタクシー代は小市民にはもったいのうございます。
>車道を走る自転車は冷や汗で汗だくになるでしょう。大塚家具のように、マンツーマンで接客してくれるタクシーは決して高くはないでしょう。
>>大塚家具のお家騒動は、親父のマンツーマンの接客を否定した娘さんの勝利に終わりました。これからは、お一人様集団の時代です。
>鉄道やバスと違い大量輸送ができないタクシーはマン・ツー・マンの接客が強いられます。
>>ご苦労様です。
>お互いさまです。

バカ高いタクシー代は小市民にはもったいのうございますので、小生は利用を控えさせて頂いております。

タクシーのマンツーマン接客など他人事です。
ご苦労様でした。


>>また、車両通行帯のある部分で第一通行帯のど真ん中を通行することは、道路交通法上、認められていることであり、何ら問題ありません。
>後続車の進路を妨害しないでください。
>>後続車両は、追越し車線に車線変更して、勝手に追越して行けば良いだけのことです。
>交通の円滑を阻害しかねませんので、後続車の進路を妨害しないでください。
>>(軽)車両である自転車は、第一通行帯のど真ん中を通行しても何ら問題ありません。後続車は、勝手に追越し車線に車線変更して追越して行けば良いだけのことです。
>絶対にふらつかないでください。
>>二輪である自転車は物理的にふらつくものです。
>危険を回避するため歩道を活用してください。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>自転車の歩道通行は法律で認められています。積極的に活用してください。
>>歩道も車道も自転車乗り一人ひとりの判断で、好き勝手に自由自在に通行出来るところも自転車の良い所です。
>自転車の良いところは安全と相いれません。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、と道路交通法は定めています。
>危険を回避するため自転車の歩道通行はやむをえないとされています。

歩道も車道も自転車乗り一人ひとりの判断で、好き勝手に自由自在に通行出来るところも自転車の良い所です。


>>一方で、ふらふらとその場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながらママチャリより以上に危なっかしく・邪魔ではた迷惑に見えるのも事実です。
>自転車は全面禁止すべきですね。
>>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。
>であるからこそ、規制が必要でしょう。
>>自然の摂理に適わない規制は不要です。
>危険な乗り物である自転車に規制は不可欠です。
>>自転車が安全な乗り物だからこそ、幼児から高齢者まで障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段となっているのです。
>弊害が生じているため自転車規制強化というのが世論でしょう。
>>毎年4000件の重大(死亡)事故を惹起しているため自動車規制強化というのが世論です。
>危険運転致死傷罪などクルマのドライバーは厳罰化されています。
>>それでも、まだまだ、毎年4000件もの重大(死亡)事故を惹起しているのです。
>減少傾向であることは重く受け止めたいですね。
>>それでも、まだまだ、毎年4000件もの重大(死亡)事故を惹起していることは重く受け止めたいですね。
>関係各位の協力もあってか、減少傾向であることは尊重したいですね。

それでも、まだまだ、自動車が毎年4000件もの重大(死亡)事故を惹起しているのです。


>>やはり、自転車が車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全の側に傾けることが世の為、人の為ですね。
>身勝手な考えは絶対に捨ててください。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならないのです。
>危険なクルマが往来する車道は避け、自転車は歩道を活用してください。

道路交通法で、自転車は車道左端通行しなければならないと定められており、現在、その徹底が図られているところです。
自転車が車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全の側に傾けることが世の為、人の為です。


>>自動車が惹起する(重大)交通(死亡)事故を減らすためにも、自転車は車道左端を通行しなければならないというルールを、改めて、徹底する必要がありそうです。
>自転車に対する取り締まり強化は特効薬となるでしょう。
>>ふらふらとその場で止まれるくらいのスピードしか出せない傘差し・携帯ながら・酒気帯びのママチャリは、重大(死亡)事故を惹起する危険性が低いことから取締の対象とはならないでしょう。
事故を惹起したら別です。皆様、くれぐれも下らない接触事故を惹起しないようにスピードを落として安全運転に努めましょう。
>何が起こるかわからないのが事故の恐ろしさです。慢心せず安全運転に努めてください。

自転車は、「自分の身は自分で守る」ために、道路交通法にあるとおり、車道左端をゆっくりゆったりとたまにはふらつきながら、真っ直ぐ前だけを見て、安全な車間距離を十分に保ちながら、並走することなく通行しましょう。


>>やはり、道路交通法にあるとおり、自転車は車道左端を大人しく真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行するものです。
>きつい前傾姿勢を続けると三半規管に影響し、ふらつきの原因となるでしょう。
>>自転車はそもそもふらつくことで安定するものです。
>交通の安全の確保を図るため自転車を全面規制すべきですね。
>>意味不明です。自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。
>貴重な交通手段の安全を確保するために規制強化は不可欠でしょう。
>>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段だからこそ、規制強化など全く不要です。
>交通安全のため背に腹はかえられないでしょう。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>自転車の歩道通行は法律で担保されています。
>>自転車は車道左端通行することで、自動車による重大(死亡)事故を減らすことに貢献する貴重な存在です。
>自転車が起因とする交通事故は増えているとのことです。
>>本当ですか?伝聞のようですね。可能であれば、取材元をお教えください。楽しみです。
>運転免許(ゴールド)の更新講習で、警視庁OBであろう交通安全協会の講師が注意喚起していました。 参照:http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-525.html

結局、頼りない伝聞でしかなかったということですね。
自転車の事故は統計上、明らかに減っていますよ。
伝聞情報をデータで裏付けを取ることはジャーナリスト(?)の基本行動でしょう。
大丈夫ですか?


>>特急(高速度)自転車と言えども、所詮、人間の脚力頼みです。東南さんがロングライドで疲労困憊で、歩道に上がった途端に糖質不足で頭が回らず前後不覚で、徐行義務違反で接触事故を惹起したとおり、三半規管がどうのこうのと難しげなことを持ち出すまでもありません。
>きつい前傾姿勢に対する警鐘を鳴らしたところです。
>>特急(高速度)自転車は、安全と円滑を追求した理想的な構造です。
>安全と円滑は両立させるのは困難でしょう。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>弊害が生じているため自転車規制強化というのが世論でしょう。
>>毎年4000件の重大(死亡)事故を惹起しているため自動車規制強化というのが世論です。
>危険運転致死傷罪などクルマのドライバーに対する厳罰化は行き過ぎの感が否めません。
>>毎年4000件もの重大(死亡)事故を惹起している自動車ドライバーに安全運転を徹底するためにも、車道左端をゆっくりゆったりふらふらと自転車が通行することが必要です。
>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。
>>自転車がゆっくりゆったりふらふらと真っ直ぐ前だけを向いて車道左端を通行することで、自動車ドライバーの安全意識を覚醒させ、道路交通の安全と円滑に貢献するものです。
>理想と現実は異なります。

理想と現実は、世捨人さんが準拠されている道路交通法に書いてあるとおりです。
道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないのです。


>>また、黄色信号の交差点に突っ込むことは道路交通法上許されており、交差する道路が赤信号で往来が途絶えたことを確認した上での確信犯的信号無視(先走り)もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要もありません。
>赤信号で突っ込んでいます。信号はよくみてください。
>>黄色信号に見えますよ。もう少し鮮明な動画でのスクープ(?)を期待します。
>右折矢印信号に対する黄信号でしょう。直進はできません。
>>これは失礼いたしました。まあ、左右から自動車の発進がないことを確認した上での確信犯的信号無視であれば、事故を惹起する危険性もありませんから、何ら問題とする必要はないでしょう。
>道路交通法違反は、いかなる理由があろうと許されません。
>>傘差し・携帯ながら・酒気帯び・確信犯的信号無視・歩道駐輪等々、自転車に関するルール違反は何らあげつらう問題ではありません。手軽で気軽で便利な自転車の良い所の一部です。
>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>>左右から自動車の発進がないことを確認した上での確信犯的信号無視であれば、事故を惹起する危険性もありませんから、交通安全と見事に両立しています。
>事故をじゃっ起するとして、動画で公開した次第です。
>>左右から自動車の発進がないことを確認した上で事故を惹起する危険性が全くないからこそ、自転車乗りは確信犯的信号無視で発進しているのです。
>ルールむし、信号むしは、悪いむしです。
>>事故を惹起する危険性が全くないことを確認した上での、確信犯です。何ら問題ありません。
>問題あるから当ブログで糾弾されたのでしょう。

自転車店店員さんやMINELさんなど負け犬集団は、全て返り討ちとしています。


>>交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。
>道交法の精神に反します。
>>道路交通法は精神を問うものではありません。
>実践してください。
>>交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。それぞれの自転車乗りが決めることです。
>それぞれの自転車乗りの判断にゆだねれば交通の秩序が崩壊するのは、ご案内のとおりです。
>>車道上の最弱者となる自転車乗りが「自分の身は自分で守る」ためには、動物的な本能に基づく自転車乗りの判断が何よりも優先され、弱者優先という交通の秩序の基本ルールにも合致するものです。
>「弱者優先」は必ずしも免罪符ではありません。自転車にあっては道路における円滑の確保に努めてください。
>>確信犯的信号無視の自転車乗りは、交通事故の多発する交差点を先に抜けることで、道路交通の円滑の確保に貢献しています。
>身勝手な判断は厳に慎んでください。
>>車道上の最弱者である自転車乗りが「自分の身は自分で守る」ための判断です。身勝手で何ら問題ありません。
>ルールむし、信号むしは、悪いむしです。

「お言葉を返します」さんや「定型句しかないの?」さんに、「佐〇ってる」、「自作自演」などと要らぬご心配をお掛けすることとなりますよ。


>>後続車両である世捨人さんのタクシーは、安全な速度と方法で追い越していけばよいだけであり、道路の巾が狭くて追い越すことが出来ないのであれば、大人しく安全な車間距離を保って先行車両に追突しないように追随しなければなりません。
>速度の遅い車両は速度の速い車両に道を譲ってあげてくさい。
>>自転車は、車道左端通行することで、十二分に後続車両に道を譲っています。今回の動画でも、後続車両の世捨人さんのタクシーが近づくと素早く車道左端に寄って道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>怒鳴りつけたことで事なきをえました。
>>冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。
>小生のクルマはパワーウインドーでボタン一つで窓が開きます。
>>寒かったでしょうね。ご苦労様です。
>自転車乗りの安全が確保できたわけですから心温まる話ですね。
>>ウォークマン(ちょっと古)と耳あてで完全防寒の自転車乗りには、世捨人さんのお声は届かなかったことでしょう。
>手持ちの動画を確認したところ、かような事実は確認できませんでした。
>>ということは、先行する特急(高速度)自転車乗りは、自発的な判断で歩道や路地からの予見出来ない障害物の飛び出しの危険性を自らのリスクとして抱え込んだ上で、後続車両のタクシーに道を譲ったということですね。素晴らしいことです。
>記事はよくお読みください。
>>読む価値なし。
>価値のわかる大人になってください。

自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も、国籍不問で、誰もが利用することの出来る手軽で気軽で便利な乗り物です。
自転車乗りが大人である必要は全くありません。


>>自転車乗りが左端通行して道を譲ることで、世捨人さんの怒鳴り声が功を奏したと勘違いして自己満足されたことも、有難いことです。
>人の命は重いです。
>>後続車両に自己満足を与えるためにも、自転車は、歩道や路地からの予見出来ない障害物の飛び出しの危険性に対する余裕を大きめにとった上で、車道左端通行することが肝要だということです。
>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、と道路交通法は定めています。
>危険なクルマを避けるため、自転車の歩道通行はやむをえないでしょう。

車道も歩道も自転車乗り自身の判断で自由自在に好き勝手に通行出来るところも自転車の良い所の一つです。


>>トイレの順番待ちの列が多少蛇行していたからといって、身勝手な横入りを正当化することは出来ません。
>クルマに進路を譲る気持ちがないのなら、危険を回避するためやむをえないので、歩道を活用してください。
>>車道上の最弱者となる自転車は、スピードの出る自動車等の後続車両にあらかじめ進路を譲って、車道左端をただただ真っ直ぐ前を向いてふらつか ずに大人しく通行しなければならない、と道路交通法上も定められています。それだけのことです。そして、今回の動画の自転車は、クルマに進路を譲る気持ちに溢れていますので、何ら問題ありません。
>自転車はその場でとまってクルマに進路を譲ってあげてください。
>>自転車は車道左端を通行することで、あらかじめ、後続車両に道を譲っています。自転車は、ただただ、真っ直ぐ前を向いてふらつかずに大人しく 車道左端を通行すれば良いだけです。まあ、自転車は止まると余計に巾を取りますので、道を譲ることにはなりません。残念でした。
>乗員は段差にあがり自転車を押すのが理想です。
>>3人乗り自転車が歩道の段差の凸凹で転倒し、子供が大型トラックに轢き殺された不幸な事故が発生しています。道路交通の安全と円滑を図るため に定められた道路交通法に準拠して、三人乗り自転車が車道左端を通行していれば、防げた事故です。幼い子供さんを亡くされたご遺族の厳しい現実に思い致せ ば、「理想」などと軽率な言葉は発せないものです。
>ガードレールのある歩道であれば防げた事故です。ガードレールと段差で囲まれた、歩道内自転車道の整備が急がれます。
>>街中の段差のある歩道です。商店の軒先や玄関や駐車場の出入り口等の傾斜で車道側に転倒しているのです。ガードレールが途切れる部分になりますので、ガードレールが設置されても何ら意味はありません。厳しい現実を直視下さい。(ジャーナリスト?として)
>車道に面した道路においては、自転車の通行は一切禁止となりかねませんね。
>>どうやら、自転車は、車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら通行することで、道路交通の安全と円滑に貢献することとなるという結論となったようです。
>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。
>>自転車は、車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら通行することで、道路交通の安全と円滑に貢献することとなるという結論となったようです。
>自転車の歩道活用で共通認識を深めたところです。

強引ですね。
自転車は、車道左端通行しなければならないと、世捨人さんが準拠されている道路交通法に定められていますよ。


>>毎年4000名の貴重な命を奪っている自動車の暴走を止めるためには、その場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながら・酒気帯びママチャリ族が車道左端通行するしかなさそうです。
>減少傾向であることは重く受け止めたいですね。
>>その場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながら・酒気帯びママチャリ族が車道左端通行しはじめている効果でしょう。
>クルマが起因の交通事故の被害者は自転車とは限りません。

自転車がゆっくりゆったりとたまには左右にふらつきながら真っ直ぐ前だけを見て、車道左端通行することで、我儘ドライバーの暴走を押し止め、道路交通の安全と円滑のバランスを安全の方に傾けた結果でしょう。


>>特急(高速度)自転車乗りの皆様、是非とも、交通安全の先駆者として、特急(高速度)自転車をママチャリに乗り換えて、ゆっくりゆったりふらふらと車道左端をその場で止まれるようなスピードで通行することで、自動車の暴走をストップして行きましょう。
>身勝手な考えは捨ててください。
>>車道上の最弱者である自転車乗りが「自分の身は自分で守る」ためのものです。それぞれの身勝手で自由自在で何ら問題ありません。
>当ブログで禁じた行為は絶対におやめください。

出入禁止予告ですかね。
ブログ・コメント欄の管理人である世捨人さんの権限です。
これまた、身勝手で自由自在で何ら問題ありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/09/10 09:54 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>今回の動画の自転車は、後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、きちんと車道左端に寄って進路を譲っています。
>>自転車は正当な理由もなく車線中央付近に乗り入れないでください。
>仰る通り、自転車は車道左端を通行しなければなりません。きっと、左側歩道や路地からの飛び出しや左端側溝の凸凹で車道左端通行出来なかったのでしょう。
>>動画を確認したところ、路地や凹凸は見当たりませんでした。
>では、左側歩道や路地からの飛び出しの危険性があったのでしょう。
>>動画を確認したところ、ご指摘の危険性はありませんでした。
>左側歩道や路地からの飛び出しの危険性は自転車乗りが判断するもので、世捨人さんが事後的に確認しても意味ありません。
>>走行中にもご指摘の危険性は確認できませんでした。
>走行中の自転車乗りが判断するもので、後続車両の世捨人さんが確認出来るものではありません。
>>ゴールド免許(優良運転者)をあなどらないでください。
>今回の特急(高速度)自転車乗りもゴールド免許(優良運転者)だったからこそ、歩道や路地からの予見できない障害物の飛び出しの危険性に備えて、車道中央寄りを通行していたのでしょう。
>>身勝手な予測運転は厳に慎んでください。
>身勝手な予測運転も許されるところも自転車の良い所です。
>>自転車のよいところは交通安全と相いれません。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、と定められています。

自転車の歩道通行は法律で認められています。積極的に活用してください。

>そして、今回の特急(高速度)自転車乗りにとっては、車道中央寄りこそが安全かつ円滑に通行できる空間(=車道左端)だったということです。
>>危険を感じたら止まってください。
>車道中央寄りで止まったら、後続車両に迷惑でしょう。
>>安全のため背に腹はかえられないでしょう。
>今回の特急(高速度)自転車乗りは、後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、安全のためきちんと車道左端に寄って進路を譲っています。何ら問題ありません。

進路妨害で後続車にブレーキをかけさせた事実は重く受け止めたいですね。

>道路状況に応じて、それぞれの自転車乗りが判断することです。
>>自転車乗りの判断は甘いといわざるをえません。
>車道上の最弱者が「自分の身を自分で守る」ための判断です。慎重な上にも慎重に、大甘でちょうど良いでしょう。
>>悲惨な交通事故の当事者となれば元も子もありません。
>悲惨な交通事故を防ぐために、道路交通法で、自転車は車道左端通行しなければならない、と定められています。

車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、自転車の歩道通行は危険を回避するためやむをえないでしょう。

>具体的な道路状況に応じて、車道上の最弱者である自転車が車線中央付近に乗り入れることは、何ら問題ありません。
>>後方確認をするなど後続車の進路は妨害しないでください。
>マイロネフさんがご主張されていた左「側」通行からの左「端」寄り通行を実践しているもので、道路交通の安全と円滑の両面で、何ら問題ないでしょう。
>>後続車の進路を妨害するなど交通の円滑を著しく阻害しています。
>後続車両である世捨人さんのタクシーが近づくと、車道左端に寄って、道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>>怒鳴りつけたことが奏功しました。
>冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。
>>小生のクルマはパワーウインドーでボタン一つで窓が開きます。
>寒かったでしょうね。ご苦労様です。
>>身体がむきだしとなる自転車の方がよほど寒いでしょう。クルマをご利用ください。
>防寒着に包まれた冬場の自転車乗りは、汗だくです。ご心配なく。バカ高いタクシー代は小市民にはもったいのうございます。
>>車道を走る自転車は冷や汗で汗だくになるでしょう。大塚家具のように、マンツーマンで接客してくれるタクシーは決して高くはないでしょう。
>大塚家具のお家騒動は、親父のマンツーマンの接客を否定した娘さんの勝利に終わりました。これからは、お一人様集団の時代です。
>>鉄道やバスと違い大量輸送ができないタクシーはマン・ツー・マンの接客が強いられます。
>ご苦労様です。
>>お互いさまです。
>バカ高いタクシー代は小市民にはもったいのうございますので、小生は利用を控えさせて頂いております。タクシーのマンツーマン接客など他人事です。ご苦労様でした。

思ふに、旧ときさんはタクシー乗車拒否されるような風貌かもしれませんね。

>また、車両通行帯のある部分で第一通行帯のど真ん中を通行することは、道路交通法上、認められていることであり、何ら問題ありません。
>>後続車の進路を妨害しないでください。
>後続車両は、追越し車線に車線変更して、勝手に追越して行けば良いだけのことです。
>>交通の円滑を阻害しかねませんので、後続車の進路を妨害しないでください。
>(軽)車両である自転車は、第一通行帯のど真ん中を通行しても何ら問題ありません。後続車は、勝手に追越し車線に車線変更して追越して行けば良いだけのことです。
>>絶対にふらつかないでください。
>二輪である自転車は物理的にふらつくものです。
>>危険を回避するため歩道を活用してください。
>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>>自転車の歩道通行は法律で認められています。積極的に活用してください。
>歩道も車道も自転車乗り一人ひとりの判断で、好き勝手に自由自在に通行出来るところも自転車の良い所です。
>>自転車の良いところは安全と相いれません。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、と道路交通法は定めています。
>>危険を回避するため自転車の歩道通行はやむをえないとされています。
>歩道も車道も自転車乗り一人ひとりの判断で、好き勝手に自由自在に通行出来るところも自転車の良い所です。

自転車の良いところは、残念ながら、安全と相いれません。

>一方で、ふらふらとその場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながらママチャリより以上に危なっかしく・邪魔ではた迷惑に見えるのも事実です。
>>自転車は全面禁止すべきですね。
>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。
>>であるからこそ、規制が必要でしょう。
>自然の摂理に適わない規制は不要です。
>>危険な乗り物である自転車に規制は不可欠です。
>自転車が安全な乗り物だからこそ、幼児から高齢者まで障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段となっているのです。
>>弊害が生じているため自転車規制強化というのが世論でしょう。
>毎年4000件の重大(死亡)事故を惹起しているため自動車規制強化というのが世論です。
>>危険運転致死傷罪などクルマのドライバーは厳罰化されています。
>それでも、まだまだ、毎年4000件もの重大(死亡)事故を惹起しているのです。
>>減少傾向であることは重く受け止めたいですね。
>それでも、まだまだ、毎年4000件もの重大(死亡)事故を惹起していることは重く受け止めたいですね。
>>関係各位の協力もあってか、減少傾向であることは尊重したいですね。
>それでも、まだまだ、自動車が毎年4000件もの重大(死亡)事故を惹起しているのです。

交通死亡事故根絶には、旧ときさんはじめ地域住民のご協力が不可欠です。

>やはり、自転車が車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全の側に傾けることが世の為、人の為ですね。
>>身勝手な考えは絶対に捨ててください。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならないのです。
>>危険なクルマが往来する車道は避け、自転車は歩道を活用してください。
>道路交通法で、自転車は車道左端通行しなければならないと定められており、現在、その徹底が図られているところです。自転車が車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら通行することで、道路交通の安全と円滑のバランスを安全の側に傾けることが世の為、人の為です。

小回りがきかない、クルマを最優先にしてください。

>自動車が惹起する(重大)交通(死亡)事故を減らすためにも、自転車は車道左端を通行しなければならないというルールを、改めて、徹底する必要がありそうです。
>>自転車に対する取り締まり強化は特効薬となるでしょう。
>ふらふらとその場で止まれるくらいのスピードしか出せない傘差し・携帯ながら・酒気帯びのママチャリは、重大(死亡)事故を惹起する危険性が低いことから取締の対象とはならないでしょう。
事故を惹起したら別です。皆様、くれぐれも下らない接触事故を惹起しないようにスピードを落として安全運転に努めましょう。
>>何が起こるかわからないのが事故の恐ろしさです。慢心せず安全運転に努めてください。
>自転車は、「自分の身は自分で守る」ために、道路交通法にあるとおり、車道左端をゆっくりゆったりとたまにはふらつきながら、真っ直ぐ前だけを見て、安全な車間距離を十分に保ちながら、並走することなく通行しましょう。

前だけでなくミラーや目視で周囲の安全に絶えず目を光らせてください。

>やはり、道路交通法にあるとおり、自転車は車道左端を大人しく真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行するものです。
>>きつい前傾姿勢を続けると三半規管に影響し、ふらつきの原因となるでしょう。
>自転車はそもそもふらつくことで安定するものです。
>>交通の安全の確保を図るため自転車を全面規制すべきですね。
>意味不明です。自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段です。
>>貴重な交通手段の安全を確保するために規制強化は不可欠でしょう。
>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も含めて、国籍不問で誰もが気軽に手軽に利用出来る貴重な交通手段だからこそ、規制強化など全く不要です。
>>交通安全のため背に腹はかえられないでしょう。
>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法上、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>>自転車の歩道通行は法律で担保されています。
>自転車は車道左端通行することで、自動車による重大(死亡)事故を減らすことに貢献する貴重な存在です。
>>自転車が起因とする交通事故は増えているとのことです。
>本当ですか?伝聞のようですね。可能であれば、取材元をお教えください。楽しみです。
>>運転免許(ゴールド)の更新講習で、警視庁OBであろう交通安全協会の講師が注意喚起していました。 参照:http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-525.html
>結局、頼りない伝聞でしかなかったということですね。自転車の事故は統計上、明らかに減っていますよ。伝聞情報をデータで裏付けを取ることはジャーナリスト(?)の基本行動でしょう。大丈夫ですか?

法令に基づいて運用されている運転免許更新講習での発言は重いでしょう。

>特急(高速度)自転車と言えども、所詮、人間の脚力頼みです。東南さんがロングライドで疲労困憊で、歩道に上がった途端に糖質不足で頭が回らず前後不覚で、徐行義務違反で接触事故を惹起したとおり、三半規管がどうのこうのと難しげなことを持ち出すまでもありません。
>>きつい前傾姿勢に対する警鐘を鳴らしたところです。
>特急(高速度)自転車は、安全と円滑を追求した理想的な構造です。
>>安全と円滑は両立させるのは困難でしょう。
>道路交通の安全と円滑を図るために、道路交通法では、自転車は車道左端を通行しなければならない、と定められています。
>>弊害が生じているため自転車規制強化というのが世論でしょう。
>毎年4000件の重大(死亡)事故を惹起しているため自動車規制強化というのが世論です。
>>危険運転致死傷罪などクルマのドライバーに対する厳罰化は行き過ぎの感が否めません。
>毎年4000件もの重大(死亡)事故を惹起している自動車ドライバーに安全運転を徹底するためにも、車道左端をゆっくりゆったりふらふらと自転車が通行することが必要です。
>>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。
>自転車がゆっくりゆったりふらふらと真っ直ぐ前だけを向いて車道左端を通行することで、自動車ドライバーの安全意識を覚醒させ、道路交通の安全と円滑に貢献するものです。
>>理想と現実は異なります。
>理想と現実は、世捨人さんが準拠されている道路交通法に書いてあるとおりです。道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないのです。

身体がむきだしとなる自転車にあっては、危険な車道は避け歩道を通行することが認められています。

>また、黄色信号の交差点に突っ込むことは道路交通法上許されており、交差する道路が赤信号で往来が途絶えたことを確認した上での確信犯的信号無視(先走り)もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要もありません。
>>赤信号で突っ込んでいます。信号はよくみてください。
>黄色信号に見えますよ。もう少し鮮明な動画でのスクープ(?)を期待します。
>>右折矢印信号に対する黄信号でしょう。直進はできません。
>これは失礼いたしました。まあ、左右から自動車の発進がないことを確認した上での確信犯的信号無視であれば、事故を惹起する危険性もありませんから、何ら問題とする必要はないでしょう。
>>道路交通法違反は、いかなる理由があろうと許されません。
>傘差し・携帯ながら・酒気帯び・確信犯的信号無視・歩道駐輪等々、自転車に関するルール違反は何らあげつらう問題ではありません。手軽で気軽で便利な自転車の良い所の一部です。
>>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>左右から自動車の発進がないことを確認した上での確信犯的信号無視であれば、事故を惹起する危険性もありませんから、交通安全と見事に両立しています。
>>事故をじゃっ起するとして、動画で公開した次第です。
>左右から自動車の発進がないことを確認した上で事故を惹起する危険性が全くないからこそ、自転車乗りは確信犯的信号無視で発進しているのです。
>>ルールむし、信号むしは、悪いむしです。
>事故を惹起する危険性が全くないことを確認した上での、確信犯です。何ら問題ありません。
>>問題あるから当ブログで糾弾されたのでしょう。
>自転車店店員さんやMINELさんなど負け犬集団は、全て返り討ちとしています。

言葉遊びに終始していましたね。

>交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。
>>道交法の精神に反します。
>道路交通法は精神を問うものではありません。
>>実践してください。
>交差する道路が赤信号で往来がないことを確認した上での確信犯的信号無視もまた、事故を惹起する危険性がないことから違法性を問う必要はありません。それぞれの自転車乗りが決めることです。
>>それぞれの自転車乗りの判断にゆだねれば交通の秩序が崩壊するのは、ご案内のとおりです。
>車道上の最弱者となる自転車乗りが「自分の身は自分で守る」ためには、動物的な本能に基づく自転車乗りの判断が何よりも優先され、弱者優先という交通の秩序の基本ルールにも合致するものです。
>>「弱者優先」は必ずしも免罪符ではありません。自転車にあっては道路における円滑の確保に努めてください。
>確信犯的信号無視の自転車乗りは、交通事故の多発する交差点を先に抜けることで、道路交通の円滑の確保に貢献しています。
>>身勝手な判断は厳に慎んでください。
>車道上の最弱者である自転車乗りが「自分の身は自分で守る」ための判断です。身勝手で何ら問題ありません。
>>ルールむし、信号むしは、悪いむしです。
>「お言葉を返します」さんや「定型句しかないの?」さんに、「佐〇ってる」、「自作自演」などと要らぬご心配をお掛けすることとなりますよ。

お互いさまです。

>後続車両である世捨人さんのタクシーは、安全な速度と方法で追い越していけばよいだけであり、道路の巾が狭くて追い越すことが出来ないのであれば、大人しく安全な車間距離を保って先行車両に追突しないように追随しなければなりません。
>>速度の遅い車両は速度の速い車両に道を譲ってあげてくさい。
>自転車は、車道左端通行することで、十二分に後続車両に道を譲っています。今回の動画でも、後続車両の世捨人さんのタクシーが近づくと素早く車道左端に寄って道を譲っていますので、何ら問題ありません。
>>怒鳴りつけたことで事なきをえました。
>冬場で窓を閉め切った状態では、怒鳴り声は届かなかったことでしょう。
>>小生のクルマはパワーウインドーでボタン一つで窓が開きます。
>寒かったでしょうね。ご苦労様です。
>>自転車乗りの安全が確保できたわけですから心温まる話ですね。
>ウォークマン(ちょっと古)と耳あてで完全防寒の自転車乗りには、世捨人さんのお声は届かなかったことでしょう。
>>手持ちの動画を確認したところ、かような事実は確認できませんでした。
>ということは、先行する特急(高速度)自転車乗りは、自発的な判断で歩道や路地からの予見出来ない障害物の飛び出しの危険性を自らのリスクとして抱え込んだ上で、後続車両のタクシーに道を譲ったということですね。素晴らしいことです。
>>記事はよくお読みください。
>読む価値なし。
>>価値のわかる大人になってください。
>自転車は、幼児から高齢者まで、障がい者も健常者も、国籍不問で、誰もが利用することの出来る手軽で気軽で便利な乗り物です。自転車乗りが大人である必要は全くありません。

自転車乗りにおかれては、交通安全のロードリーダーとして期待しいます。

>自転車乗りが左端通行して道を譲ることで、世捨人さんの怒鳴り声が功を奏したと勘違いして自己満足されたことも、有難いことです。
>>人の命は重いです。
>後続車両に自己満足を与えるためにも、自転車は、歩道や路地からの予見出来ない障害物の飛び出しの危険性に対する余裕を大きめにとった上で、車道左端通行することが肝要だということです。
>>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端通行しなければならない、と道路交通法は定めています。
>>危険なクルマを避けるため、自転車の歩道通行はやむをえないでしょう。
>車道も歩道も自転車乗り自身の判断で自由自在に好き勝手に通行出来るところも自転車の良い所の一つです。

自転車の良いところは安全と相いれないのは痛恨ですね。

>トイレの順番待ちの列が多少蛇行していたからといって、身勝手な横入りを正当化することは出来ません。
>>クルマに進路を譲る気持ちがないのなら、危険を回避するためやむをえないので、歩道を活用してください。
>車道上の最弱者となる自転車は、スピードの出る自動車等の後続車両にあらかじめ進路を譲って、車道左端をただただ真っ直ぐ前を向いてふらつか ずに大人しく通行しなければならない、と道路交通法上も定められています。それだけのことです。そして、今回の動画の自転車は、クルマに進路を譲る気持ち に溢れていますので、何ら問題ありません。
>>自転車はその場でとまってクルマに進路を譲ってあげてください。
>自転車は車道左端を通行することで、あらかじめ、後続車両に道を譲っています。自転車は、ただただ、真っ直ぐ前を向いてふらつかずに大人しく 車道左端を通行すれば良いだけです。まあ、自転車は止まると余計に巾を取りますので、道を譲ることにはなりません。残念でした。
>>乗員は段差にあがり自転車を押すのが理想です。
>3人乗り自転車が歩道の段差の凸凹で転倒し、子供が大型トラックに轢き殺された不幸な事故が発生しています。道路交通の安全と円滑を図るため に定められた道路交通法に準拠して、三人乗り自転車が車道左端を通行していれば、防げた事故です。幼い子供さんを亡くされたご遺族の厳しい現実に思い致せ ば、「理想」などと軽率な言葉は発せないものです。
>>ガードレールのある歩道であれば防げた事故です。ガードレールと段差で囲まれた、歩道内自転車道の整備が急がれます。
>街中の段差のある歩道です。商店の軒先や玄関や駐車場の出入り口等の傾斜で車道側に転倒しているのです。ガードレールが途切れる部分になりますので、ガードレールが設置されても何ら意味はありません。厳しい現実を直視下さい。(ジャーナリスト?として)
>>車道に面した道路においては、自転車の通行は一切禁止となりかねませんね。
>どうやら、自転車は、車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら通行することで、道路交通の安全と円滑に貢献することとなるという結論となったようです。
>>車道は4輪のクルマの走行を想定してつくられているなか、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険を回避するため歩道走行はやむを得ないでしょう。
>自転車は、車道左端をゆっくりゆったりふらつきながら通行することで、道路交通の安全と円滑に貢献することとなるという結論となったようです。
>>自転車の歩道活用で共通認識を深めたところです。
>強引ですね。自転車は、車道左端通行しなければならないと、世捨人さんが準拠されている道路交通法に定められていますよ。

当ブログでは自転車の歩道活用を旨としています。

>毎年4000名の貴重な命を奪っている自動車の暴走を止めるためには、その場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながら・酒気帯びママチャリ族が車道左端通行するしかなさそうです。
>>減少傾向であることは重く受け止めたいですね。
>その場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)傘差し・携帯ながら・酒気帯びママチャリ族が車道左端通行しはじめている効果でしょう。
>>クルマが起因の交通事故の被害者は自転車とは限りません。
>自転車がゆっくりゆったりとたまには左右にふらつきながら真っ直ぐ前だけを見て、車道左端通行することで、我儘ドライバーの暴走を押し止め、道路交通の安全と円滑のバランスを安全の方に傾けた結果でしょう。

現実は異なります。

>特急(高速度)自転車乗りの皆様、是非とも、交通安全の先駆者として、特急(高速度)自転車をママチャリに乗り換えて、ゆっくりゆったりふらふらと車道左端をその場で止まれるようなスピードで通行することで、自動車の暴走をストップして行きましょう。
>>身勝手な考えは捨ててください。
>車道上の最弱者である自転車乗りが「自分の身は自分で守る」ためのものです。それぞれの身勝手で自由自在で何ら問題ありません。
>>当ブログで禁じた行為は絶対におやめください。
>出入禁止予告ですかね。ブログ・コメント欄の管理人である世捨人さんの権限です。これまた、身勝手で自由自在で何ら問題ありません。

敵前逃亡は絶対におやめください。

| 世捨人 | 2015/09/17 00:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/495-30518a1a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT