今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トラックで「ドラフティング」 競技用自転車乗りを連行せよ

▼先日クルマを運転中、競輪場(バンク)を走行しているかのような錯覚に陥った。動画をみよ。競技用自転車が、前を走るトラックの後ろにぴたりと張りついている。空気抵抗を低減するための「ドラフティング」と呼ばれる走行だ。トラックを風よけに爆走しているのだ。

▼制限速度時速40キロの道路。競技用自転車は後続車をぐんぐんと引き離す。無我夢中で周囲が全く見えていない様子。車体を左右に激しく揺らし、いつ転倒してもおかしくない状況だ。これ以上の危険行為を見過ごすことはできない。

▼人命を救うための「緊急避難」(刑法37条)行為と判断し、競技用自転車乗りを静止させることにした。追いつくためクルマのアクセルを踏み込むと、速度計は時速50キロを指す。それでも差は縮まらない。時速約55キロを超えた次の瞬間、競技用自転車乗りは力尽きたことで、事なきを得た。

▼無風状態で極限までスピードを出すという、 競輪選手さながらの練習を公道で行うとは由々しき事態だ。しかも後続車のヘッドライトを利用して視認性を確保するなどタチが悪い。諸悪の根源は乗り手を爆走へとかきたてる競技用自転車だ。即刻禁止へ法改正が急がれる。

関連記事

| 00:51 | コメント:125 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これは闘魂注入クラクションものですね
途中で力尽きるところなんか、私が見たら停止させて鉄拳制裁ものですよ
レベルの低い自転車乗りが増えて困ったものです

| はげおやじ | 2014/07/04 01:46 | URL |

コレはね…

コレは駄目だな。

ブレーキ踏まれたら終わりだわ。

つーかこのレベルのトラックなら、車数台分離れても、効果は薄いがスリップ利くのにな。

| ヒロ | 2014/07/04 03:09 | URL |

お、こいつ、福山雅治に似てるぞ!(笑

| 福山雅治似の一人 | 2014/07/04 04:26 | URL |

サイクリング禁止反対

これは,前を走る大型車の陰にある路面の穴や障害物に気付かず重傷を負う虞があるので確かに好ましくはない.ディーゼルの排気を浴びながら走るのも決して良くはない.
但しこれを理由に,高速度自転車を禁止せよという[世捨人]殿の主張には断じて与することはできない.

| マイロネフ | 2014/07/04 06:08 | URL | ≫ EDIT

不満分子みたいなんで、通報できるかも。

1) 違法情報とは別に、有害情報を依頼の対象としているのはなぜですか。
 
犯罪その他の違法行為を引き起こすおそれのある情報については、その流通を放置しておくべきではないと考えられます。他方で、情報それ自体が法令に違反していない場合に、それを違法情報と同様に扱うことは適当ではありません。そのため、ホットライン運用ガイドラインは、情報それ自体が法令には違反しないけれども、違法行為を引き起こすおそれがある情報を有害情報(公序良俗に反する情報)として定め、それがウェブサイト等に掲載されている場合に、当センターからサイトの管理者やプロバイダ等に対して、利用規約や、利用者との間の個別の契約に基づく対応を依頼しています。

| エディ | 2014/07/04 08:05 | URL |

なるほど、当該「競技用自転車」乗りについては擁護の余地は全くありません。
ドラフティングのつもりか否かはともかく、このスピード、この車間距離は事故を誘発しかねません。


だがしかし、こんなレアケースを理由に「競技用自転車」全体の公道走行禁止をと仰るなら、珍走団や走り屋の存在を理由に、アクセル一つで自転車など比べ物にならない超高速を出すことができ、「乗り手を爆走へとかき立てる」自動車及び自動二輪車の類の公道走行を禁じなければなりませんね。
もしくは免許取得を現在よりも厳格にする必要があるでしょう。

| 自転車は車道を走りましょう。 | 2014/07/04 08:30 | URL |

ともだちいないから、しかたないよね。

| バッドカルマ | 2014/07/04 08:41 | URL | ≫ EDIT

これは確かに危険極まりない運転ですね。
暴走行為と言われても仕方がありません。
しかしだからといって競技用自転車?全体を禁止にするのは明らかにやり過ぎですね。あくまでこれは乗り手側に問題があるのであって、自転車はその道具の1つに過ぎません。
金属バットも使いようによっては人を撲殺することもできます。
金属バットも全面禁止にすべきだと思われますか?あなたの論理だとそういうことになります。罰すべきは乗り手であって道具では無いと思うのですがいかがですか?

| 競技用自転車に乗った通行人 | 2014/07/04 12:58 | URL |

この自転車は、もしもの時、自分が死ぬ可能性が高いということを理解していないので、批判されても仕方がない。

そして、速度超過である。

動画提供者が、55km/hで追い抜いたとあるので、この自動車は、15km/hの速度超過である。

よって、このドライバーにとやかく言う資格はない。

それに、追い抜き時の自転車への側方余裕がなさすぎるため、安全運転義務違反でもある。

それと、追い抜きとはいえ、速度超過でのはみ出し禁止区間でのはみ出しは、違反である。

自転車を庇うつもりはないが、自動車の違反の方が多い。

| ダイ | 2014/07/04 14:03 | URL |

名前の省略が直ってないからハンネ変える。

速度超過の証拠なんだけど、いいの?

| 世間 | 2014/07/04 17:50 | URL |

意味不明ですね.
まぁ,「意味不明です」と言い切って,見解を述べないのではどこかの駄文書きと同列となってしまいます.

ですので,
●私がどの文意を理解できていないか
●執筆者の認識と事実にどのような齟齬がある(orありうる)か,
●その齟齬を正した場合に後続する文章のどこが誤りとなるか,
●主観にもとづく判断を別の主観に基づいた判断で置き換えた場合に,どのように論理が変化するか

等々を,文脈判断・判断理由と合わせて記述するように努力します.

※競技用自転車の定義に共感できず,反論の余地が残るため再定義をお願いします.



~~~
>先日クルマを運転中、競輪場(バンク)を走行しているかのような錯覚に陥った。

本文から,「当該自転車が爆走している」と貴方が認識している事が読み取れます.
それと同程度の速度で走る貴方が「競輪場(バンク)を走行しているかのような錯覚に陥った」と言う事は,貴方も爆走していたと判断できます.

範を示す意味で,他者の爆走を止めろという前に,貴方の爆走を止めましょう.

それとも主述関係を間違えて記述しただけですか?
その際は,謝罪と訂正を合わせてお願いします.



~~~
>競技用自転車は後続車をぐんぐんと引き離す。無我夢中で周囲が全く見えていない様子。車体を左右に激しく揺らし、いつ転倒してもおかしくない状況だ。


減速・再発進時はふらつき過ぎた気がします.
しかし,「後続車をぐんぐんと引き離」した後は,ふらついていないし,ぺダリングも一定ペースで行っていますので,「後続車をぐんぐんと引き離す.(略)車体を左右に激しく揺らし」という順序での記述は不適切と感じました.

「無我夢中で周囲が全く見えていない様子」であるかは情報不足のため議論しません.
この状況で当該自転車乗りが事故にあわないためには,左右・後方を確認するよりも前方自動車の動きを注視する事が,一番重要と考えます.

もしも自転車乗りに余裕が無かったのであれば(物理的・心理的に余裕を持って運転するのが最適であるとは言え),次善の判断だったとは考えます.



~~~
あと,「何が起こるかわからないのが事故の恐ろしさです」と紋切り形に返答する貴方の主張を受け入れるならば,『走行状況との関係性を示唆しつつ「いつ転倒してもおかしくない」と主張する』ことは不適切かと思います.
なぜなら,心無い歩行者が横から飛び出し,衝突すればどのような速度でも転ぶでしょうし,近隣の住宅内で子どもが玉遊びをしていて,窓が開いていて,ボールが車輪直前に落ちれば,まず転倒します.

何がいいたいかと言うと,貴方は「何が起こるかわからないのが事故の恐ろしさです」としつつ,何も起こらない可能性のほうが高い事を否定できおらず,また『事故が起きる/起きないには走行状況等による因果関係がある』事を暗に認めているのです.
実際に今回は危険ではあるが,事故は起きていません.

現実世界では,事故が起きやすい状況があると同時に,事故が起きにくい状況もあり,それらを全てひっくるめて「何が起こるかわからないのが事故の恐ろしさです」というのでは法改正の必要性を感じませんし,また諸々の対策や行動変化の必要性・重要性が異なるという事を認めていないようにも感じます.

この現実を認めるならば,「競技用自転車の「トップチューブ」は切断せよ」のような記事は即刻訂正・削除すべきでしょう.
(もし上記前提を受け入れないなら,やはり貴方は全生活時間中にフルフェイスメットを装着すべきです)



~~~
>人命を救うための「緊急避難」(刑法37条)行為と判断し、競技用自転車乗りを静止させることにした。追いつくためクルマのアクセルを踏み込みと、速度計は時速50キロを指す。それでも差は縮まらない。時速約55キロを超えた次の瞬間、競技用自転車乗りは力尽きたことで、事なきを得た。


貴方はあなた自身が後続車であるように記事を書いています.
一方で,「人命を救うための「緊急避難」(刑法37条)行為と判断し、(略)クルマのアクセルを踏み込」んだようですが,後者は間違いでは無いでしょうか?
単純に自身の進行方向へ進行しただけと感じました.

加えて,もし追いついた後にどうするつもりだったんですか?
パッと思いつく範囲では「声を掛ける」事が浮かびますが,それならばどのくらいまで後方・側方に近づく予定でしたか?

また「力尽きた」かどうかは不明として,貴方の車両を先行させた後に,右左折する可能性も考えられますね.
(にも関わらず,こす○○うじさんと見込まれる方はクラクションならそうと言うのですね.)



~~~
>無風状態で極限までスピードを出すという、 競輪選手さながらの練習を公道で行うとは由々しき事態だ。しかも後続車のヘッドライトを利用して視認性を確保するなどタチが悪い。諸悪の根源は乗り手を爆走へとかきたてる競技用自転車だ。即刻禁止へ法改正が急がれる。



私は自動車を風除けにして走る事を日常でも行います.
コメント欄では否定的意見が多かったので,今後は自分の行動を見直そうと考えました.

ただ,風除け走行時に考えているのは世捨人さんが言うような事は的外れと考えますし,『自分なりに』事故に会わないようにもしているので,そのあたりまとめたいと思います.


●「無風状態で極限までスピードを出す」
極限までスピードを出すことはまずしません.
極限までスピードを出すと速度変化への対応が遅れやすくなりますし,反応後にブレーキをかけても制動距離が長くなりやすいので衝突する可能性があるからです.
私だって自分の身がそれなりに大事ですので,有る程度までの急ブレーキに対応できるようなスピードまでしか出しません.

第一,急ブレーキをかけるといっても走行速度を瞬時に0にする事は不可能ですので,自動車のブレーキによる減速以上に自転車が減速できれば,原理的に衝突はありえません.


~~~
~参考:道交法~
(車間距離の保持)
第二十六条  車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。
~参考・終~

当該自転車,私が「追突を避けれる」ならば道交法違反にはなら無いようです.
もちろん,『追突しそうな距離で走っているように見受けられたから,安全運転義務違反です』という運用がされる可能性は否定できません.

(『可能性は否定できない』って書くと,誰かさんに「それはありえない」というコメントが返ってきそうで,ウンザリしますね)



再記になりますが,私は現実に速度・車間・自動車の一般的性能等を考慮して,トラックを風除けに利用する事があります.

これは平時の道路状況(信号位置,車線幅員・車線数の増減)を知っている道でしかしませんし,トラック後方左端側を走る事で,トラック前方状況の確認をできるようにし,いざというときに車道外側へ体を放り出すような行動選択も視野にいれて通行しています.
ちなみに私は毎回走行開始時にはブレーキチェック(を含めた車体状況の確認)もしています.



●「競輪選手さながらの練習を公道で行う」
トラックの後方で走る際には,自転車で走るとき以上に空気抵抗が減りますので,競技時を想定した練習にはなりえません.
(練習中は筋肉に競技時に想定される負荷をかける必要があり,トラック後方を走っているようでは負荷が足りません)

私は出力計を所有していないのでわかりませんが,トラック後方で50km/hで走行するよりも,単身で50[km/h]で走行する方が出力的には高い事は明らかですので,このような走りでは練習にはなりません.
(例えば,競輪では長時間では無いとは言え,50km/h以上の速度が明らかに求められます)


●「後続車のヘッドライトを利用して視認性を確保するなどタチが悪い。」
「後続車のヘッドライトを利用して視認性を確保」しているとも思いません(当該自転車は前照灯を装備している)し,それが「タチが悪い」行為とも全く思いません.

各交通主体が知りうる情報・利用可能な設備を取捨選択して,安全・円滑に移動する事は当然でしょう.
ましてや,夜間のヘッドライトの点灯は義務ですので,『減るもんでもない』です.

第一,自動車利用時にもバックミラー・サイドミラーに写る後続車両のヘッドライトの『明るさ』の情報は必要な情報です.
そういった情報収集行為をも批難するならば貴方の主張は一貫性を持ちますが(ただし正当性は無いと考えます)ので,そこまで主張しますか?




普段,私が風除け走行するのは幹線道路約3km分の区間です.
そこは片側2車線なのですが,ノロノロと30km/h程度で走るよりは流れに乗って走ったほうが後続者(車)の迷惑度が低いかな,と考えての事です.

当然,『早く目的地に着きたい』と言う思いもあります.
(遅刻しそうで無くても,早く到着することで新聞読んだりできますから,『早く着くに越した事はない』程度の意識です.)


前方者と同速度で走っている限りは,側方間隔の狭い追い抜きによって引っ掛けられる事や,追越し後に自転車-自動車間の間隔を十分に確保してくれない事に寄る自転車の急ブレーキを避けられる,事は事実ですので,全くメリットのない行為とは考えていません.

なお,風除けを利用して50km/h以下で平時の道路を走行する際に,私は車体のコントロールにはあまり不安を感じていません.
そして,不安に感じる速度域に入った時点で,風除けをやめています.

| こじま | 2014/07/04 18:35 | URL | ≫ EDIT

こじまさん| 2014/07/04 18:35 |へ

>意味不明ですね.まぁ,「意味不明です」と言い切って,見解を述べないのではどこかの駄文書きと同列となってしまいます.

負け犬の遠吠えですね。

傍迷惑な長文の言い訳ですね。

ちゃん、ちゃん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/07/04 19:58 | URL |

誤字

追いつくためクルマのアクセルを踏み込みと→誤

追いつくためクルマのアクセルを踏み込むと→正

以後、気をつけて。以上!

| ヒロ | 2014/07/05 05:04 | URL |

皆様へ

皆さん大丈夫ですか?

今回の動画の特急自転車乗りは、車間距離も十分に取っているようですし、途中で何回か足を止めてスピード調整もしています。

何ら問題ないでしょう。


競輪等での自転車同士でのドラフティングでは、後輪と前輪が接触する位に接近しているものです。

今回の動画では、路面の穴や障害物も見えているでしょうし、先行するトラックが急ブレーキを踏んでも、十分に回避可能でしょう。

3~4メートルの巾でふらついて危険回避出来るところも、2輪で小回りの利く自転車の良い所です。


まあ、気になるとすれば、点滅の尾灯ですね。

不規則に点滅していますが、最近のモデルは後続ドライバーの注意を引くために、あえて、規則的な点滅をしないようにしているのかな?

省エネ効果を上げるためか、それとも単なる電池ぎれかな。

後続車両の世捨人さんからは十分に確認できるのですから、電池代の掛からない「反射板」で十分でしょう。

究極の省エネです。


また、トラックの後ろ麺を照らす無駄に強力な前照灯も上向きで、対向車両のドライバーには気になることでしょうね。

そうまでして目立つ工夫などしなくても、そこに自転車がいることは後続車両や対向車両のドライバーは十分に認識出来ますよ。

「自分の身を自分で守る」ためとはいえ、やりすぎです。

車道上の最弱者である自転車は、無理して目立つ必要はありません。

ありのままで良いのです。

Let it go !!

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/07/05 14:00 | URL |

こじまさんの書き込みは整然としていて感心しました。

世捨人さんが気絶する動画集。
http://video.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%89%E3%83%AA

| 世間 | 2014/07/05 20:05 | URL |

世捨さんへ

>競輪場(バンク)を走行しているかのような錯覚に陥った。
#バンク経験があるんですね!

>無風状態で極限までスピードを出すという、 競輪選手さながらの練習
#バイク誘導のことですね。

競輪(漢字)を勉強しているんですね。
競輪選手にもここを読んでもらったらどうでしょう?
JCRCで宣伝したように、競輪関係で宣伝してみてはいかがでしょうか。

| 世間 | 2014/07/05 20:31 | URL |

ときどきオアゾツーキニストさんへ

この動画を見ると、車間距離が5mくらいしかない区間もあります。

空走距離を考えると、完全に避けられないのではないでしょうか?

時速40kmで走行なら、11.1m/s
時速50kmで走行なら、13.9m/s

この場合の空走距離は、予測時ではなく平常時になるでしょうから、1秒間あると考えられます。

それにプラスして制動距離があるわけですから、トラックが急ブレーキをかけた場合には、避けきれないと思いますよ。

運動神経、反射が非常に優れた人であれば、瞬時に体重を後ろへかけて、ブレーキをロックさせずに且つブレーキ時間を長く取れるのであれば、止まれるかもしれませんが。

しかし、この動画だけでそこまで出来る人だとは判断が出来ませんので、一般的には危険な行為だと思いますよ。

これは、速度超過を無視したとしても、車間距離の不保持で警察に注意される案件でしょう。(実際に警察が仕事をするかどうかは別として)

| ダイ | 2014/07/06 09:08 | URL |

ダイさんへ

車間距離が5メートル?

それは、交差点の信号の変わり目でスピードを落として、左端に寄って、後続の世捨人さんに進路を譲った際のことでしょう。

「40」の制限速度標示や「◇」と「◇」の見え方からすれば、10メートル位はあっという間に引き離されていますよ。

自転車とトラックの絶対スピードは、そのくらい違うものです。

トラック自身にも空走距離がありますので、何かあれば、特急自転車乗りの皆さんに共通のブレーキテクニックで自損事故自慢でお終いでしょう。

対向車両のセンターラインオーバー等で、トラックが急停止し、後続の特急自転車乗りが追突したとしても、予見出来ない障害物ということで、これまた、特急自転車乗りのブログねたということでしょう。


| ときどきオアゾツー | 2014/07/06 17:44 | URL |

トラック自身にも空走距離がありますので…
| ときどきオアゾツー | 2014/07/06 17:44 | URL |

確かに。ただここではトラックの空走距離は全く、一つも関係ないですよね。

何故なら、空走中はトラックの挙動は変化しないと言うか変化できない。

危険を発見して、ブレーキなりハンドルなりを操作し、実際に挙動が変わるまでを空走距離と言うのですから。

という事は貴殿の言う、トラックにも空想距離がアルからブレーキングで何とかと言うのは論理的に的外れであると思いますが如何でしょう?

後方のロードバイクは、トラックの挙動が変わってからこそ、それを『認知』し、どうするか『判断』し、『操作』する事によりようやく挙動を変えることが出来るのですから。

また、物理的にロードバイクの制動力は、よく見つもって、自動車とトントン。おそらくは軽い車体があだになり、目一杯リア過重にしても後輪が浮く可能性が有ることから、おそらくは自動車より劣るでしょう。仮に10メートル車間があったとしても、動画の最終到達速度は50キロオーバー。トラックがABS任せのフルブレーキングに入れば、止まりきることはまず不可能です。


| ヒロ | 2014/07/06 20:42 | URL |

はいコレ

どう?
http://youtu.be/ViS2-rGtRhQ

| 世間 | 2014/07/06 22:37 | URL |

認識が足りなかったらいいらしい

| 世間 | 2014/07/06 22:38 | URL |

ヒロさん| 2014/07/06 20:42 |へ

>確かに。ただここではトラックの空走距離は全く、一つも関係ないですよね。何故なら、空走中はトラックの挙動は変化しないと言うか変化できない。危険を発見して、ブレーキなりハンドルなりを操作し、実際に挙動が変わるまでを空走距離と言うのですから。という事は貴殿の言う、トラックにも空想距離がアルからブレーキングで何とかと言うのは論理的に的外れであると思いますが如何でしょう?後方のロードバイクは、トラックの挙動が変わってからこそ、それを『認知』し、どうするか『判断』し、『操作』する事によりようやく挙動を変えることが出来るのですから。

全く仰るとおりです。


>また、物理的にロードバイクの制動力は、よく見つもって、自動車とトントン。おそらくは軽い車体があだになり、目一杯リア過重にしても後輪が浮く可能性が有ることから、おそらくは自動車より劣るでしょう。仮に10メートル車間があったとしても、動画の最終到達速度は50キロオーバー。トラックがABS任せのフルブレーキングに入れば、止まりきることはまず不可能です。

そして、特急自転車乗りのブログねたとなる自損事故自慢が一つ増えるだけのことで、何ら問題ありません。

自業自得というものです。

下らない統計数値としても、事故の原因は、トラックかトラックの前方に表れた予見出来ない障害物にあることでしょう。

華麗なるブレーキテクニックとヘルメットに守られて、命を落とすことはまず無いでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/07/07 09:23 | URL |

皆さんにお願いです。

頓珍漢な書き込みしている
はげ=エディ=世間
も少しは構ってやってください。

自分のブログには人がこず自演コメントを続ける
寂しい49歳なんです。

| 自転車は歩道 | 2014/07/07 14:49 | URL |

ときどきオアゾツーさんへ

私が車間距離を5mと言った箇所は、34秒あたりのことです。
まぁ、まだ50km/hに達していないあたりですが。

命を落とさなければ良いという問題ではないので、私としては、車間距離が不足している危ない運転だと思います。

| ダイ | 2014/07/07 16:46 | URL |

ダイさん| 2014/07/07 16:46 |へ

>私が車間距離を5mと言った箇所は、34秒あたりのことです。
まぁ、まだ50km/hに達していないあたりですが。

「物理的に」衝撃力はスピードの2乗に比例します。

「空走距離」はスピードに比例します。

スピードとの関係を抜きにして、距離だけを語る点で、スピードの危険性を理解されていないのでしょう。

まあ、50キロに達していないのであれば、問題ないでしょう。



本当のところ、どの位のスピードだったのでしょう?

皆さん、世捨人さんの記事の40キロ制限だ、50キロだ、55キロ超だという表現に煽られていませんか?

そもそも平坦な道で40キロを維持すること自体、相当な脚力ですよ。

限界に近いスピードで更に10キロ・15キロと上積みすることは並大抵のことではありません。

きっと、世捨人さんの筆が滑り過ぎたのでしょう。



>命を落とさなければ良いという問題ではないので、私としては、車間距離が不足している危ない運転だと思います。

万一の場合には、特急自転車乗りが痛い思いをするだけのことです。

この程度の車間距離不足やスピードの出し過ぎなど、全く問題ないと思います。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/07/07 19:34 | URL |

困るとすぐ自演説w

| 世間 | 2014/07/07 23:50 | URL |

誰も知らないようなので一言。
ドライブレコーダーと言うものは、超広角レンズになっています。
理由は世捨人さんが良くご存知なはずの、被写界深度を深くするためです。
ようするに近くも遠くもピントが良く合うように、と、なるべく死角を無くするためです。
超広角レンズの画面は極端に距離感が縮んだように見えます。映画のなかで良く使われている手法ですね。
試しに自分の携帯やデジカメをクルマのバックミラーの所につけて写してみてください。
ドライブレコーダーのような広範囲はとても写りません。
クルマは止めて駐車場で試しましょうね。
携帯のカメラもピントはずれを防ぐため、かなりの広角レンズですが、ドライブレコーダーは、それを遥かに超えちゃいます。
その歪んだ距離感を実際の距離と勘違いして、世捨人さんの術中にはまってはいけません!
自分の感じた距離の2倍は、距離がありますよ、。

| あ | 2014/07/08 00:31 | URL |

あさん| 2014/07/08 00:31 |へ

>その歪んだ距離感を実際の距離と勘違いして、世捨人さんの術中にはまってはいけません! 自分の感じた距離の2倍は、距離がありますよ、。

仰るとおりです。

「◇」「◇」マークの見え方から結構距離があるとは思いましたが、や「40」標示の見え方からは10メートルもないようにも思われます。


ところで、ここからが、本題です。

この特急自転車の危険性(事故に巻き込まれる確率とその重大性(悲惨さ))と、

小生がいつも引き合いに出す傘差し・携帯ながら・酒気帯び・確信犯的信号無視の危険性と比較した場合、

皆さん、どちらを選びますか?

自分の身を自分で守れない他力本願(先行するトラック次第)の無責任な今回の特急自転車乗りに比較すれば、傘差し・携帯ながら・酒気帯び・確信犯的信号無視などなど、その場で止まれるようなフラフラママチャリ族の下らない違反行為を論うことはないでしょう。

現行法で自転車乗りが守るべきルールは車道左端通行くらいのものです。それで十分です。

以前、このブログで紹介されていた甲州街道の夜中の下り車線の車道左端に列をなす自転車のように車道左端を自転車で埋め尽くせば、今回の特急自転車乗りのように、夜中の40キロ制限の道路で、たった1台で調子こいてしまうようなことにはならないでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/07/08 09:20 | URL |

みなさん なにやら止まれるだの止まれないだのいろいろ論議されているようですが、いずれにせよもし止まれなければ追突したほうが過失責任を100%負うことになります。
要するに自己責任です。画像にある特急自転車乗りもそのことは理解した上での行動でしょう。安全マージンは個人の技量によっても違いますから、ここでいくら論議してもそれこそ机上の空論ですよ^^;
そんなことよりも、いち個人のとった行動一つでロードバイク全面禁止を訴える自称ジャーナリストの無責任さに食いつくべきと思うのですが、いかがでしょう?

| 競技用自転車にのった通行人 | 2014/07/08 09:58 | URL |

競技用自転車にのった通行人さん| 2014/07/08 09:58 |へ

>そんなことよりも、いち個人のとった行動一つでロードバイク全面禁止を訴える自称ジャーナリストの無責任さに食いつくべきと思うのですが、いかがでしょう?

世捨人さんの訴えなど「読む価値なし」です。

釣りネタに喰い付くかどうかもまた、特急自転車乗り一人一人が決めることです。

自己責任でご勝手にどうぞ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/07/08 11:22 | URL |

ときどきオアゾツーキニストさん

それを言っちゃ~お終いでしょ~^^;
みんな承知で釣られてるんだしね~

楽しみましょうや^^

| 競技用自転車にのった通行人 | 2014/07/08 12:36 | URL |

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/07/07 19:34 | URL |さんへ

んー?これは、私の意見を否定されている内容でしょうか?

車間距離に関しては、先に述べたように34秒あたりの"40"の路面表示が根拠です。あれは、縦の長さが5mと決まっておりますので。


>この特急自転車の危険性(事故に巻き込まれる確率とその重大性(悲惨さ))と、

>小生がいつも引き合いに出す傘差し・携帯ながら・酒気帯び・確信犯的信号無視の危険性と比較した場合、

>皆さん、どちらを選びますか?

この質問は、極論ですよね?
確かに、順番を決めるとすれば、ときどきオアゾツーキニストさんの上げたものを上位にあげます。

しかし、危険かそうではないかには、順番は関係ないと思います。

動画の走行は、単純に危険な運転だと言えます。
少なくとも、車間距離の不保持にあります。

この車間距離に関してどうこう言うのは、警察へ問い合わせてみてください。個人の主観の問題ではありませんので。


と、反論するような内容を書きましたが、ときどきオアゾツーキニストさんの意見には、おおむね同意はしております。

| ダイ | 2014/07/08 16:42 | URL |

ダイさん| 2014/07/08 16:42 |へ

>んー?これは、私の意見を否定されている内容でしょうか?車間距離に関しては、先に述べたように34秒あたりの"40"の路面表示が根拠です。あれは、縦の長さが5mと決まっておりますので。

「40」の標示のタイミングでは、それ程、スピードは出ていませんよね。

スピードこそが事故の原因だということを理解されていれば、「40」マークの見え方など何ら問題とする必要はないでしょう。


>>この特急自転車の危険性(事故に巻き込まれる確率とその重大性(悲惨さ))と、
>>小生がいつも引き合いに出す傘差し・携帯ながら・酒気帯び・確信犯的信号無視の危険性と比較した場合、
>>皆さん、どちらを選びますか?
>この質問は、極論ですよね?確かに、順番を決めるとすれば、ときどきオアゾツーキニストさんの上げたものを上位にあげます。 しかし、危険かそうではないかには、順番は関係ないと思います。

上位にあげるとは、より安全だということですよね。

傘差し・携帯ながら・酒気帯び・確信犯的信号無視は、危険だとか、違反だとか、全く問題にする必要はないということです。

動画のような特急自転車乗りの仲間が、傘差し・携帯ながら・酒気帯び・確信犯的信号無視のママチャリ族を差し置いて、交通安全の先駆者などとは、噴飯ものだということです。

「自分の身は自分で守る」ことが出来るスピードしか出さない、出せないママチャリ族こそが、交通安全の保守本流です。


>動画の走行は、単純に危険な運転だと言えます。少なくとも、車間距離の不保持にあります。この車間距離に関してどうこう言うのは、警察へ問い合わせてみてください。個人の主観の問題ではありませんので。

警察がどうこう、車間距離が妥当かどうか、個人の主観がどうこうの問題ではありません。

動画のような走行をすると、万々一の予見出来ない障害物が出てきたときに、主体的な危険回避が出来ないということです。

万一のときには、スローモーションで回転して見える景色の中で、身を固くする他ないでしょう。

「自分の身は自分で守る」術を放棄して、思考停止している状態だということです。

>と、反論するような内容を書きましたが、ときどきオアゾツーキニストさんの意見には、おおむね同意はしております。

別に無理することはありません。

小生に同意出来るということは、傘差し・携帯ながら・酒気帯び・確信犯的信号無視を「何ら問題ない」と言い切れるかどうかです。

まあ、車道左端を埋め尽くす自転車の1台に加わって頂ければ十分です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/07/08 18:41 | URL |

競技用自転車にのった通行人さん| 2014/07/08 12:36 |へ

>それを言っちゃ~お終いでしょ~^^;みんな承知で釣られてるんだしね~ 楽しみましょうや^^

貴方を含めて「楽しむ価値なし」です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/07/08 18:43 | URL |

サイクリング禁止反対

[バカガキ=マッチポンパー]こと
[ときどきオアゾツーキニスト]殿|2014/07/08 18:41|付へ.

>傘差し,携帯ながら,酒気帯び,確信犯的信号無視は,危険だとか,違反だとか,全く問題にする必要はないということです.

まだこういう付ける薬の無い主張をやめられずにいる,このバ■*レには困ったものだ.
近くの交番へでも行って同じように主張してごらんになれば良い.
余りの非常識加減を非難されるのがオチだろう.
カ―――ン!

| マイロネフ | 2014/07/08 19:54 | URL | ≫ EDIT

マイロネフさん| 2014/07/08 19:54 |へ

>>傘差し,携帯ながら,酒気帯び,確信犯的信号無視は,危険だとか,違反だとか,全く問題にする必要はないということです.
>まだこういう付ける薬の無い主張をやめられずにいる,このバ■*レには困ったものだ.近くの交番へでも行って同じように主張してごらんになれば良い.余りの非常識加減を非難されるのがオチだろう.カ―――ン!

さて、今回の動画の制限速度超過の特急自転車乗りと比較して、

傘差し、携帯ながら、酒気帯び、確信犯的信号無視のママチャリとでは、

どちらがより危険で悪質で思考停止で自己中ですか?

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/07/08 20:14 | URL |

サイクリング禁止反対

[バカガキ=マッチポンパー]こと
[ときどきオアゾツーキニスト]殿|2014/07/08 20:14|付へ.

>(前略)どちらがより危険で悪質で思考停止で自己中ですか?

動画のローディの行為が問題だからといって傘差しや携帯ながら(前方不注意)や酒気帯び自転車走行が正当化されるわけではない.
そのローディがローディなら[世捨人]氏も[世捨人]氏だ.
最後には大人しく[世捨人]氏に道を譲っているからまだ良いではないか.それをいちいちYou TubeなんぞへUPして騒ぎ立てたりするから大人げが無いのである.
最初は[ときどきオアゾツーキニスト]殿も,そのローディの走り方は「何ら問題ないでしょう」と仰っていたのでは?
その辺をきちんとしてもらいたいね.
カ―――ン!

| マイロネフ | 2014/07/08 23:00 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

はげさん

>これは闘魂注入クラクションものですね途中で力尽きるところなんか、私が見たら停止させて鉄拳制裁ものですよ レベルの低い自転車乗りが増えて困ったものです

視点がズレています。当ブログは交通安全の確保をねらいとしています。公道は練習場所ではありません。爆走するなら専用施設でお願いします。

| 世捨人 | 2014/07/08 23:35 | URL |

Re: コレはね…

ヒさん

>コレは駄目だな。ブレーキ踏まれたら終わりだわ。つーかこのレベルのトラックなら、車数台分離れても、効果は薄いがスリップ利くのにな。

乗り手を爆走へとかきたてる競技用自転車を責めてください。

| 世捨人 | 2014/07/08 23:35 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>これは,前を走る大型車の陰にある路面の穴や障害物に気付かず重傷を負う虞があるので確かに好ましくはない.ディーゼルの排気を浴びながら走るのも決して良くはない.但しこれを理由に,高速度自転車を禁止せよという[世捨人]殿の主張には断じて与することはできない.

諸悪の根源は乗り手を爆走へとかきたてる競技用自転車にあるということは火を見るより明らかでしょう。

| 世捨人 | 2014/07/08 23:36 | URL |

Re: タイトルなし

エさん

>不満分子みたいなんで、通報できるかも。1) 違法情報とは別に、有害情報を依頼の対象としているのはなぜですか。犯罪その他の違法行為を引き起こすおそれのある情報については、その流通を放置しておくべきではないと考えられます。他方で、情報それ自体が法令 に違反していない場合に、それを違法情報と同様に扱うことは適当ではありません。そのため、ホットライン運用ガイドラインは、情報それ自体が法令には違反 しないけれども、違法行為を引き起こすおそれがある情報を有害情報(公序良俗に反する情報)として定め、それがウェブサイト等に掲載されている場合に、当 センターからサイトの管理者やプロバイダ等に対して、利用規約や、利用者との間の個別の契約に基づく対応を依頼しています。

当ブログでは公道を遊び場とする競技用自転車乗りの爆走を糾弾しております。

| 世捨人 | 2014/07/08 23:37 | URL |

Re: タイトルなし

走りさん

>なるほど、当該「競技用自転車」乗りについては擁護の余地は全くありません。ドラフティングのつもりか否かはともかく、このスピード、この車間距離は事故を誘発しかねません。

乗り手を爆走へとかきたてる競技用自転車という乗り物を責めるべきでしょう。

>だがしかし、こんなレアケースを理由に「競技用自転車」全体の公道走行禁止をと仰るなら、珍走団や走り屋の存在を理由に、アクセル一つで自転車な ど比べ物にならない超高速を出すことができ、「乗り手を爆走へとかき立てる」自動車及び自動二輪車の類の公道走行を禁じなければなりませんね。もしくは免許取得を現在よりも厳格にする必要があるでしょう。

レアケースとかいってごまかさないでください。現実としっかり向き合い、交通安全の確保に努めてください。

| 世捨人 | 2014/07/08 23:38 | URL |

Re: タイトルなし

通行さん

>これは確かに危険極まりない運転ですね。暴走行為と言われても仕方がありません。

仕方がないではすまされません。絶対におやめください。

>しかしだからといって競技用自転車?全体を禁止にするのは明らかにやり過ぎですね。あくまでこれは乗り手側に問題があるのであって、自転車はその道具の1つに過ぎません。

乗り手を爆走へとかきたてる競技用自転車は全面禁止すべきです。

>金属バットも使いようによっては人を撲殺することもできます。金属バットも全面禁止にすべきだと思われますか?あなたの論理だとそういうことになります。罰すべきは乗り手であって道具では無いと思うのですがいかがですか?

金属バットを手にすればホームランを打ちたいとの衝動に駆られるでしょう。

| 世捨人 | 2014/07/08 23:40 | URL |

Re: タイトルなし

ダさん

>この自転車は、もしもの時、自分が死ぬ可能性が高いということを理解していないので、批判されても仕方がない。

危険なクルマが走行する車道においては、自転車乗りが事故を起こすと被害は甚大でしょう。

>そして、速度超過である。動画提供者が、55km/hで追い抜いたとあるので、この自動車は、15km/hの速度超過である。

時速55キロで追い抜く前に競技用自転車乗りは力尽きました。

>よって、このドライバーにとやかく言う資格はない。

緊急避難行為としてご理解ください。

>それに、追い抜き時の自転車への側方余裕がなさすぎるため、安全運転義務違反でもある。

車道は四輪のクルマの走行を想定してつくられています。

>それと、追い抜きとはいえ、速度超過でのはみ出し禁止区間でのはみ出しは、違反である。自転車を庇うつもりはないが、自動車の違反の方が多い。

車線をはみ出していないので「追い越し」ではなく「追い抜き」なのでしょう。

| 世捨人 | 2014/07/08 23:41 | URL |

Re: タイトルなし

旧エさん

>名前の省略が直ってないからハンネ変える。速度超過の証拠なんだけど、いいの?

緊急避難行為としてご理解ください。

| 世捨人 | 2014/07/08 23:41 | URL |

Re: タイトルなし

こじさん

>意味不明ですね.まぁ,「意味不明です」と言い切って,見解を述べないのではどこかの駄文書きと同列となってしまいます.ですので●私がどの文意を理解できていないか●執筆者の認識と事実にどのような齟齬がある(orありうる)か,●その齟齬を正した場合に後続する文章のどこが誤りとなるか,
●主観にもとづく判断を別の主観に基づいた判断で置き換えた場合に,どのように論理が変化するか
等々を,文脈判断・判断理由と合わせて記述するように努力します.

がんばってください。

>※競技用自転車の定義に共感できず,反論の余地が残るため再定義をお願いします.

共感しなくとも理解していただければ結構です。

>>先日クルマを運転中、競輪場(バンク)を走行しているかのような錯覚に陥った。
>本文から,「当該自転車が爆走している」と貴方が認識している事が読み取れます.それと同程度の速度で走る貴方が「競輪場(バンク)を走行しているかのような錯覚に陥った」と言う事は,貴方も爆走していたと判断できます.

「ような」とありますので現実とは異なります。

>範を示す意味で,他者の爆走を止めろという前に,貴方の爆走を止めましょう.それとも主述関係を間違えて記述しただけですか?その際は,謝罪と訂正を合わせてお願いします.

記事はよくお読みください。

>>競技用自転車は後続車をぐんぐんと引き離す。無我夢中で周囲が全く見えていない様子。車体を左右に激しく揺らし、いつ転倒してもおかしくない状況だ。
>減速・再発進時はふらつき過ぎた気がします.しかし,「後続車をぐんぐんと引き離」した後は,ふらついていないし,ぺダリングも一定ペースで行っていますので,「後続車をぐんぐんと引き離す.(略)車体を左右に激しく揺らし」という順序での記述は不適切と感じました.

「ダンシング」について勉強してみましょう。

>>「無我夢中で周囲が全く見えていない様子」であるかは情報不足のため議論しません.この状況で当該自転車乗りが事故にあわないためには,左右・後方を確認するよりも前方自動車の動きを注視する事が,一番重要と考えます.

横からの飛び出しにも注意が必要です。

>>もしも自転車乗りに余裕が無かったのであれば(物理的・心理的に余裕を持って運転するのが最適であるとは言え),次善の判断だったとは考えます.
事故が起きた場合の免責事由とはなりません。

>あと,「何が起こるかわからないのが事故の恐ろしさです」と紋切り形に返答する貴方の主張を受け入れるならば,『走行状況との関係性を示唆しつつ「いつ転倒してもおかしくない」と主張する』ことは不適切かと思います.なぜなら,心無い歩行者が横から飛び出し,衝突すればどのような速度でも転ぶでしょうし,近隣の住宅内で子どもが玉遊びをしていて,窓が開いていて,ボールが車輪直前に落ちれば,まず転倒します.

ですから、事故は時と場所を選ばないと注意喚起しております。

>何がいいたいかと言うと,貴方は「何が起こるかわからないのが事故の恐ろしさです」としつつ,何も起こらない可能性のほうが高い事を否定できおらず,また『事故が起きる/起きないには走行状況等による因果関係がある』事を暗に認めているのです.実際に今回は危険ではあるが,事故は起きていません.

過信は禁物です。

>現実世界では,事故が起きやすい状況があると同時に,事故が起きにくい状況もあり,それらを全てひっくるめて「何が起こるかわからないのが事故の 恐ろしさです」というのでは法改正の必要性を感じませんし,また諸々の対策や行動変化の必要性・重要性が異なるという事を認めていないようにも感じます.

事故が予測できれば、保険会社はいらないでしょう。

>この現実を認めるならば,「競技用自転車の「トップチューブ」は切断せよ」のような記事は即刻訂正・削除すべきでしょう.(もし上記前提を受け入れないなら,やはり貴方は全生活時間中にフルフェイスメットを装着すべきです)

記事内容には絶大なる自信があります。

>>人命を救うための「緊急避難」(刑法37条)行為と判断し、競技用自転車乗りを静止させることにした。追いつくためクルマのアクセルを踏 み込みと、速度計は時速50キロを指す。それでも差は縮まらない。時速約55キロを超えた次の瞬間、競技用自転車乗りは力尽きたことで、事なきを得た。
>貴方はあなた自身が後続車であるように記事を書いています.一方で,「人命を救うための「緊急避難」(刑法37条)行為と判断し、(略)クルマのアクセルを踏み込」んだようですが,後者は間違いでは無いでしょうか?単純に自身の進行方向へ進行しただけと感じました.

緊急車両(パトカー)も同じ行動をとったでしょう。

>加えて,もし追いついた後にどうするつもりだったんですか?パッと思いつく範囲では「声を掛ける」事が浮かびますが,それならばどのくらいまで後方・側方に近づく予定でしたか?

並走することも考えられます。

>また「力尽きた」かどうかは不明として,貴方の車両を先行させた後に,右左折する可能性も考えられますね.(にも関わらず,こす○○うじさんと見込まれる方はクラクションならそうと言うのですね.)

右左折するならば手信号が必要でしょう。

>>無風状態で極限までスピードを出すという、 競輪選手さながらの練習を公道で行うとは由々しき事態だ。しかも後続車のヘッドライトを利用して視認性を確保するなどタチが悪い。諸悪の根源は乗り手を爆走へとかきたてる競技用自転車だ。即刻禁止へ法改正が急がれる。
>私は自動車を風除けにして走る事を日常でも行います.コメント欄では否定的意見が多かったので,今後は自分の行動を見直そうと考えました.

絶対におやめください。

>ただ,風除け走行時に考えているのは世捨人さんが言うような事は的外れと考えますし,『自分なりに』事故に会わないようにもしているので,そのあたりまとめたいと思います.

何が起こるかわからないのが事故の恐ろしさです。
慢心せず安全運転に努めてください。

>>●「無風状態で極限までスピードを出す」
>極限までスピードを出すことはまずしません.極限までスピードを出すと速度変化への対応が遅れやすくなりますし,反応後にブレーキをかけても制動距離が長くなりやすいので衝突する可能性があるからです.私だって自分の身がそれなりに大事ですので,有る程度までの急ブレーキに対応できるようなスピードまでしか出しません.

貴殿が極限までスピードを出すことをしないからといって、みなが同じとは限らないでしょう。

>第一,急ブレーキをかけるといっても走行速度を瞬時に0にする事は不可能ですので,自動車のブレーキによる減速以上に自転車が減速できれば,原理的に衝突はありえません.

それができないから衝突事故が起こるのでしょう。

>参考:道交法~(車間距離の保持)第二十六条  車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。~参考・終~

貴殿の理屈では道交法26条は成立しませんね。

>当該自転車,私が「追突を避けれる」ならば道交法違反にはなら無いようです.もちろん,『追突しそうな距離で走っているように見受けられたから,安全運転義務違反です』という運用がされる可能性は否定できません.(『可能性は否定できない』って書くと,誰かさんに「それはありえない」というコメントが返ってきそうで,ウンザリしますね)

現場の警察官の判断にゆだねましょう。

>再記になりますが,私は現実に速度・車間・自動車の一般的性能等を考慮して,トラックを風除けに利用する事があります.

繰り返しますが、絶対におやめください。

>これは平時の道路状況(信号位置,車線幅員・車線数の増減)を知っている道でしかしませんし,トラック後方左端側を走る事で,トラック前方状況の確認をできるようにし,いざというときに車道外側へ体を放り出すような行動選択も視野にいれて通行しています.ちなみに私は毎回走行開始時にはブレーキチェック(を含めた車体状況の確認)もしています.

いかなる理由にせよ、競技用自転車による爆走は断じて容認できません。

>>●「競輪選手さながらの練習を公道で行う」
>トラックの後方で走る際には,自転車で走るとき以上に空気抵抗が減りますので,競技時を想定した練習にはなりえません.(練習中は筋肉に競技時に想定される負荷をかける必要があり,トラック後方を走っているようでは負荷が足りません)

「さながら」と表記しておりますので、現実とは異なります。

>私は出力計を所有していないのでわかりませんが,トラック後方で50km/hで走行するよりも,単身で50[km/h]で走行する方が出力的には高い事は明らかですので,このような走りでは練習にはなりません.(例えば,競輪では長時間では無いとは言え,50km/h以上の速度が明らかに求められます)

高速ぺダリング(ケイデンス)の練習にはなるでしょう。

>>●「後続車のヘッドライトを利用して視認性を確保するなどタチが悪い。」
>「後続車のヘッドライトを利用して視認性を確保」しているとも思いません(当該自転車は前照灯を装備している)し,それが「タチが悪い」行為とも全く思いません.

自転車の弱い前照灯で暗い道路を爆走するのは、目をつむって運転するようなものです。

>各交通主体が知りうる情報・利用可能な設備を取捨選択して,安全・円滑に移動する事は当然でしょう.ましてや,夜間のヘッドライトの点灯は義務ですので,『減るもんでもない』です.

「盗電」に匹敵するでしょう。

>第一,自動車利用時にもバックミラー・サイドミラーに写る後続車両のヘッドライトの『明るさ』の情報は必要な情報です.そういった情報収集行為をも批難するならば貴方の主張は一貫性を持ちますが(ただし正当性は無いと考えます)ので,そこまで主張しますか?

「後続車両の明るさの情報」をきっかけに爆走するドライバーはいないでしょう。

>普段,私が風除け走行するのは幹線道路約3km分の区間です.そこは片側2車線なのですが,ノロノロと30km/h程度で走るよりは流れに乗って走ったほうが後続者(車)の迷惑度が低いかな,と考えての事です.

たとえ1メートルでも絶対におやめください。

>当然,『早く目的地に着きたい』と言う思いもあります.(遅刻しそうで無くても,早く到着することで新聞読んだりできますから,『早く着くに越した事はない』程度の意識です.)

急ぐ心が事故を招きます。ゆとりをもってハンドルを握ってください。

>前方者と同速度で走っている限りは,側方間隔の狭い追い抜きによって引っ掛けられる事や,追越し後に自転車-自動車間の間隔を十分に確保してくれない事に寄る自転車の急ブレーキを避けられる,事は事実ですので,全くメリットのない行為とは考えていません.

メリットを犠牲にしてでも安全を優先してください。

>なお,風除けを利用して50km/h以下で平時の道路を走行する際に,私は車体のコントロールにはあまり不安を感じていません.そして,不安に感じる速度域に入った時点で,風除けをやめています.

結局、何が言いたかったのですか?

| 世捨人 | 2014/07/08 23:46 | URL |

Re: 誤字

ヒさん

>追いつくためクルマのアクセルを踏み込みと→誤追いつくためクルマのアクセルを踏み込むと→正
以後、気をつけて。以上!

対応しました。

| 世捨人 | 2014/07/08 23:50 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>皆様へ皆さん大丈夫ですか?今回の動画の特急自転車乗りは、車間距離も十分に取っているようですし、途中で何回か足を止めてスピード調整もしています。何ら問題ないでしょう。

「動画」「インターレース」について調べてみましょう。


>競輪等での自転車同士でのドラフティングでは、後輪と前輪が接触する位に接近しているものです。

公道では到底容認できません。

>今回の動画では、路面の穴や障害物も見えているでしょうし、先行するトラックが急ブレーキを踏んでも、十分に回避可能でしょう。

後続車に追突される可能性も否定できません。

>3~4メートルの巾でふらついて危険回避出来るところも、2輪で小回りの利く自転車の良い所です。

700×23Cタイヤでは、スピードを出したまま段差のある歩道に乗り上げて退避することは困難でしょう。

>まあ、気になるとすれば、点滅の尾灯ですね。不規則に点滅していますが、最近のモデルは後続ドライバーの注意を引くために、あえて、規則的な点滅をしないようにしているのかな?省エネ効果を上げるためか、それとも単なる電池ぎれかな。

「動画」「インターレース」について調べてみましょう。


>後続車両の世捨人さんからは十分に確認できるのですから、電池代の掛からない「反射板」で十分でしょう。究極の省エネです。

当ブログでは「サイドマーカー」装着を呼びかけております。
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-464.html

>また、トラックの後ろ麺を照らす無駄に強力な前照灯も上向きで、対向車両のドライバーには気になることでしょうね。

「後ろ麺?」。ラーメンを運搬しているトラックなのでしょうか?

>そうまでして目立つ工夫などしなくても、そこに自転車がいることは後続車両や対向車両のドライバーは十分に認識出来ますよ。

過信は禁物です。クルマは自転車を守ってくれるだろうという身勝手な判断は捨ててください。

>「自分の身を自分で守る」ためとはいえ、やりすぎです。車道上の最弱者である自転車は、無理して目立つ必要はありません。

歩道を活用しましょう。

>ありのままで良いのです。Let it go !!

身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、クルマが走行する危険な車道は避けましょう。

| 世捨人 | 2014/07/08 23:56 | URL |

Re: タイトルなし

旧エさん

>世捨人さんが気絶する動画集。http://video.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%89%E3%83%AA

よかったね。

| 世捨人 | 2014/07/08 23:57 | URL |

Re: 世捨さんへ

旧エさん

>>競輪場(バンク)を走行しているかのような錯覚に陥った。
>#バンク経験があるんですね!

見ることも経験に含まれるでしょう。

>>無風状態で極限までスピードを出すという、 競輪選手さながらの練習
>#バイク誘導のことですね。

そうとは限りません。

>競輪(漢字)を勉強しているんですね。競輪選手にもここを読んでもらったらどうでしょう?
JCRCで宣伝したように、競輪関係で宣伝してみてはいかがでしょうか。

JKAの幹部は読者かもしれません。

| 世捨人 | 2014/07/08 23:58 | URL |

Re: はいコレ

旧エさん

>どう?http://youtu.be/ViS2-rGtRhQ

世知辛い世の中ですね。いずれにせよ、警察官の自転車が緊急走行できるよう、サイレンと赤色灯を装備すべきでしょう。

| 世捨人 | 2014/07/09 00:01 | URL |

Re: タイトルなし

ぁさん

>誰も知らないようなので一言。ドライブレコーダーと言うものは、超広角レンズになっています。
理由は世捨人さんが良くご存知なはずの、被写界深度を深くするためです。

逆でしょう。

>ようするに近くも遠くもピントが良く合うように、と、なるべく死角を無くするためです。超広角レンズの画面は極端に距離感が縮んだように見えます。映画のなかで良く使われている手法ですね。

魚眼レンズとは違います。

>試しに自分の携帯やデジカメをクルマのバックミラーの所につけて写してみてください。ドライブレコーダーのような広範囲はとても写りません。クルマは止めて駐車場で試しましょうね。携帯のカメラもピントはずれを防ぐため、かなりの広角レンズですが、ドライブレコーダーは、それを遥かに超えちゃいます。

ドライブレコーダーのレンズは最新のカメラ付き携帯電話より劣ります。

>その歪んだ距離感を実際の距離と勘違いして、世捨人さんの術中にはまってはいけません!
自分の感じた距離の2倍は、距離がありますよ、。

動画においては「インターレース」がカギを握っております。
しっかり勉強してください。

| 世捨人 | 2014/07/09 00:03 | URL |

違うよ

乗り手を爆走へとかきたてる競技用自転車を責めてください。 | 世捨人 | 2014/07/08 23:35 | URL |

道具は人が使うもの。

道具が使われ方を決めるんじゃない。人が使い方を決めるんです。

『スピードが出せるから限界までスピード出すだろう』と言う心がアルから、上のようなコメントが出てくるんじゃないかな?

確かにそういう人も居るだろうけど、それで道具を責めるのはお門違いだわ。

責めるべきは人でしょう?

| ヒロ | 2014/07/09 00:03 | URL |

Re: タイトルなし

通行さん

>みなさん なにやら止まれるだの止まれないだのいろいろ論議されているようですが、いずれにせよもし止まれなければ追突したほうが過失責任を100%負うことになります。

合図もせずに急停止すれば過失は問われるでしょう。

>要するに自己責任です。画像にある特急自転車乗りもそのことは理解した上での行動でしょう。安全マージンは個人の技量によっても違いますから、ここでいくら論議してもそれこそ机上の空論ですよ^^;

乗り手を爆走へとかきたてる競技用自転車を責めましょう。

>そんなことよりも、いち個人のとった行動一つでロードバイク全面禁止を訴える自称ジャーナリストの無責任さに食いつくべきと思うのですが、いかがでしょう?

ジャーナリストを敵に回すのは賢い選択ではありません。

| 世捨人 | 2014/07/09 00:03 | URL |

Re: 違うよ

ヒさん

>乗り手を爆走へとかきたてる競技用自転車を責めてください。 | 世捨人 | 2014/07/08 23:35 | URL |
>道具は人が使うもの。 道具が使われ方を決めるんじゃない。人が使い方を決めるんです。『スピードが出せるから限界までスピード出すだろう』と言う心がアルから、上のようなコメントが出てくるんじゃないかな? 確かにそういう人も居るだろうけど、それで道具を責めるのはお門違いだわ。責めるべきは人でしょう?

爆走を憎んで競技用自転車乗りを憎まずというのが、当ブログの基本方針です。

| 世捨人 | 2014/07/09 00:05 | URL |

平行線ですね…

爆走を憎んで競技用自転車乗りを憎まずというのが、当ブログの基本方針です。 | 世捨人 | 2014/07/09 00:05 | URL |

方針を改めましょう。日本古来の風習で、『つくもがみ』とか言われることは有りますが、残念ながら物に意志は有りません(私自身はあったら素敵だと思いますが、私は物理屋ナノで肯定出来ません)だからこそ、繰り返しますが、道具が使われ方を決めるんじゃない。人が使い方を決めるんです!
車のメーターは180まで有りますが、全ての人が180出しますか?

美味しい料理を作れる包丁や火も使い方を間違えれば凶器と化します。

道具が使われ方を決めるんじゃないですよ。そこにあるのは『人の意志』です。残念な事ですが、責めるべきは『人間』です。

| ヒロ | 2014/07/09 00:14 | URL |

まったく持ってその通りだと思います。

| 競技用自転車にのった通行人 | 2014/07/09 09:12 | URL |

マイロネフさん| 2014/07/08 23:00 |へ

>>(前略)どちらがより危険で悪質で思考停止で自己中ですか?
>動画のローディの行為が問題だからといって傘差しや携帯ながら(前方不注意)や酒気帯び自転車走行が正当化されるわけではない.

当然です。

今回の動画のローディは、世捨人さんによれば、40キロの制限速度を超過し、時速50キロ程度で走っていたということで、スピード違反としても問題ですが、例え、40キロ以内でスピード違反を犯していないとしても、さて、その場で止まれる位のスピードしか出さない・出せないフラフラママチャリ族の傘差し、携帯ながら、酒気帯び、確信犯的信号無視と比較して、どちらが問題ですか?

正当化などと難しげに議論する程のものではありません。

自転車に関するルールなどその程度のものです。


>そのローディがローディなら[世捨人]氏も[世捨人]氏だ.最後には大人しく[世捨人]氏に道を譲っているからまだ良いではないか.それをいちいちYou TubeなんぞへUPして騒ぎ立てたりするから大人げが無いのである.

小生を含めて多くのローディが身に覚えのある現実ですよ。

ローディにとっては、日常当たり前の「何ら問題ない」ことですので、スクープには当たりませんが、自転車仲間の大多数を占めるその場で止まれるスピードしか出さない(出せない)ママチャリ族にとっては、極々少数派のローディの危険性を知ることが出来る素晴らしいスクープ(?)動画です。


>最初は[ときどきオアゾツーキニスト]殿も,そのローディの走り方は「何ら問題ないでしょう」と仰っていたのでは?その辺をきちんとしてもらいたいね. カ―――ン!

ローディの実感として、この動画の特急自転車乗りを「何ら問題ない」とした上で、相対的に「傘差し、携帯ながら、酒気帯び、確信犯的信号無視等のママチャリ」は、更に、全く、「何ら問題ない」ということです。

ルールと現実の違いを認識下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/07/09 09:22 | URL |

世捨人 | 2014/07/08 23:56 |


>>皆様へ皆さん大丈夫ですか?今回の動画の特急自転車乗りは、車間距離も十分に取っているようですし、途中で何回か足を止めてスピード調整もしています。何ら問題ないでしょう。
>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。

お任せします。


>>競輪等での自転車同士でのドラフティングでは、後輪と前輪が接触する位に接近しているものです。
>公道では到底容認できません。

今回は十分に車間距離を取っているようです。


>>今回の動画では、路面の穴や障害物も見えているでしょうし、先行するトラックが急ブレーキを踏んでも、十分に回避可能でしょう。
>後続車に追突される可能性も否定できません。

夜道に気を付けろ。というか っきーさん並みの脅迫ですね。
おお怖、おお恐。


>>3~4メートルの巾でふらついて危険回避出来るところも、2輪で小回りの利く自転車の良い所です。
>700×23Cタイヤでは、スピードを出したまま段差のある歩道に乗り上げて退避することは困難でしょう。

トラックに突っ込むよりは、リム打ちのパンクの方がましでしょう。
自損事故自慢の一つになります。


>>まあ、気になるとすれば、点滅の尾灯ですね。不規則に点滅していますが、最近のモデルは後続ドライバーの注意を引くために、あえて、規則的な点滅をしないようにしているのかな?省エネ効果を上げるためか、それとも単なる電池ぎれかな。
>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。

お任せします。


>>後続車両の世捨人さんからは十分に確認できるのですから、電池代の掛からない「反射板」で十分でしょう。究極の省エネです。
>当ブログでは「サイドマーカー」装着を呼びかけております。
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-464.html

読む価値なしです。


>>また、トラックの後ろ麺を照らす無駄に強力な前照灯も上向きで、対向車両のドライバーには気になることでしょうね。
>「後ろ麺?」。ラーメンを運搬しているトラックなのでしょうか?

多分、うどんでしょう。


>>そうまでして目立つ工夫などしなくても、そこに自転車がいることは後続車両や対向車両のドライバーは十分に認識出来ますよ。
>過信は禁物です。クルマは自転車を守ってくれるだろうという身勝手な判断は捨ててください。

安全な車間距離を保っていただければ、十分です。


>>「自分の身を自分で守る」ためとはいえ、やりすぎです。車道上の最弱者である自転車は、無理して目立つ必要はありません。
>歩道を活用しましょう。

自転車は、車道左端を通行するものです。
今回の動画の道路には歩道は見当たりませんよ。
しっかりして下さい。


>>ありのままで良いのです。Let it go !!
>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、クルマが走行する危険な車道は避けましょう。

自転車は、車道左端を通行するものです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/07/09 09:33 | URL |

世捨人へ

>>そして、速度超過である。動画提供者が、55km/hで追い抜いたとあるので、この自動車は、15km/hの速度超過である。

>時速55キロで追い抜く前に競技用自転車乗りは力尽きました。

出た!自分都合のいいわけ!まぁ、そんなの言い訳になってませんが。


>>よって、このドライバーにとやかく言う資格はない。

>緊急避難行為としてご理解ください。

緊急避難行為に当たりません。もし、言い張るのであれば、最寄りの警察署へ赴き、そこでお墨付きをもらってきなさい。ジャーナリストというのは、そこまでするものです。自分の発言に命を懸けるくらいの意識があるのが、ジャーナリストです。


>>それに、追い抜き時の自転車への側方余裕がなさすぎるため、安全運転義務違反でもある。

>車道は四輪のクルマの走行を想定してつくられています。

単純に、大は小を兼ねるってだけで、自動車と限定して設計を行っているわけではありません。

ていうかさ、やっぱり日本語の文章読解能力ないよね?あんた。
俺の書いた文章の回答が、全然答えになってないじゃん(失笑)

安全運転義務違反と車道は自動車のものっていうのは、別次元の話だよ。

あんた、自動車免許持ってるの?まるで持っていない人間の思考だよな?


>>それと、追い抜きとはいえ、速度超過でのはみ出し禁止区間でのはみ出しは、違反である。自転車を庇うつもりはないが、自動車の違反の方が多い。

>車線をはみ出していないので「追い越し」ではなく「追い抜き」なのでしょう。

この動画から判断すると、若干はみ出してるよ。
まぁ、はみ出しているいないは別として、この自動車は、進路変更をしているので、追い越しじゃない?その結果として、はみ出さざるを得ないのだから。

ちなみに、側方余裕は、1m~1.5mは取る必要があるんですよ。

この道路の車線幅員は、2.75mしかなく、自転車を追い越す際の自転車走行位置が、車線端付近ですから車線内に自転車は、0.5m入っているとします。それに、側方余裕を1m取るとすると、幅1.7mの自動車の場合、0.45mはみ出すことになります。


はっきり言って、あなたは免許を持っているのでしたら、返上するべきです。その程度の知識しか持っていないので、危険だという意味です。

| ダイ | 2014/07/09 09:51 | URL |

| 世捨人 | 2014/07/09 00:03 | URL |

>>みなさん なにやら止まれるだの止まれないだのいろいろ論議されているようですが、いずれにせよもし止まれなければ追突したほうが過失責任を100%負うことになります。

>合図もせずに急停止すれば過失は問われるでしょう。

悪意があり故意によるによる急ブレーキ以外過失を問われることはありません。仮に悪意があってもそれを立証することは難しいでしょう。又、ブレーキを踏めばブレーキランプが点灯します。これは合図に他なりません。

もっと勉強してください。

>>そんなことよりも、いち個人のとった行動一つでロードバイク全面禁止を訴える自称ジャーナリストの無責任さに食いつくべきと思うのですが、いかがでしょう?

>ジャーナリストを敵に回すのは賢い選択ではありません。

そうですね。まともなジャーナリストなら敵に回したくありませんね。
そういう意味では、あなたなら問題ないかと・・・^^

| 競技用自転車にのった通行人 | 2014/07/09 11:17 | URL |

>当ブログでは公道を遊び場とする競技用自転車乗りの爆走を糾弾しております。

と、公言しながら

>コレは駄目だな。ブレーキ踏まれたら終わりだわ。つーかこのレベルのトラックなら、車数台分離れても、効果は薄いがスリップ利くのにな。

乗り手を爆走へとかきたてる競技用自転車を責めてください。

と、人ではなく道具への糾弾をしてますな~
ぶれぶれジャーナリストさん 敵に回されないようがんばれ~

| まる | 2014/07/09 11:31 | URL |

ときどきオアゾツーキニスト へ
(敬意を示す必要は無いと感じていますし,過去に貴方が私に謙譲語で返信した事から,「さん」づけの必要は無いです)


~「停止手信号」を乱用する競技用自転車乗り
|ときどきオアゾツーキニスト|2014/06/2410:26|・始~

>走行中に背面のポケットに手を伸ばす行為が,・片手運転の状態を一定時間つくる事・後続車手信号と「勘違い」させてしまう事,という二つの指摘には納得します.
>>随分、あっさりと納得していますが、大丈夫ですか?
>どちらも事実です.特に二点目については,世捨人と名乗る自動車免許を保有している人(日本国から運転免許を交付されている人)が「勘違い」してしまっている事を公言しています.私は,その事を皮肉して,わざわざ括弧付けしたんですが,お気づきになりませんでしたか?いずれにしても,二点とも事実に基づいているため,その事に「大丈夫ですか」といわれても,「大丈夫」と言うしか有りません.むしろ,明確な事実に基づいた判断に対して,「大丈夫ですか」と尋ねる貴方のような人は,私の文章内容を理解できていないのではないかと感じました.
世捨人さんは、「皮肉」が通じる方ではありません。
世捨人さんの主張を認める形での議論の進め方につき、ご心配申し上げています。
本当に、大丈夫ですか?

~|ときどきオアゾツーキニスト|2014/06/24 10:26|・終~



~|ときどきオアゾツーキニスト|2014/07/09 09:22|・始~

今回の動画のローディは、世捨人さんによれば、40キロの制限速度を超過し、時速50キロ程度で走っていたということで、スピード違反としても問題ですが、例え、40キロ以内でスピード違反を犯していないとしても、さて、その場で止まれる位のスピードしか出さない・出せないフラフラママチャリ族の傘差し、携帯ながら、酒気帯び、確信犯的信号無視と比較して、どちらが問題ですか?

~|ときどきオアゾツーキニスト|2014/07/09 09:22|・終~



「今回の動画のローディは、世捨人さんによれば」という文言から判断して,貴方は『世捨人さんの主張を認める形での議論の進め』ていると言えるため,過去の貴方(2014/06/24)が貴方(2014/07/09)に対して「ご心配申し上げ」るという構造となっています。


他者である私の心配をするまえに,容易に見直し・修正が可能な自分の主張に心を配るよう,範を示して下さい.


何度も言いますが,主張と言動が一致していない貴方の主張を総論として受け入れる気にはなれません.
それが部分的に正しくても,全体としての整合性が取れていない点にも嫌気がさします.



~~~
私も貴方も語り口としては,
『世捨人さんが言う無茶苦茶な前提条件を呑んだとしても,前提条件から結論までの展開が論理的ではないため,世捨人さんが望む結論(法改正が急がれる。)にはならない』
のように展開していると考えます.

つまり,「世捨人さんの主張は仮説と論理の両方が一般的に受け入れずらい」という批判です.
よって,私自身は「世捨人さんの主張を認め」た上で議論を進めたとしても,世捨人さんの言う結論に反論できると考えます.



~~~
そもそも,世捨人さんの主張の力点は『手信号と勘違いするだろう』ではなく,『(道交法に疎い人間が)手信号と勘違いしていまう行為を,(稀な状況で)誘発する着衣の着用を禁止せよ』という部分にあると感じますので,

>世捨人さんの主張を認める形での議論の進め方

を私がしているという意見そのものが,的外れだと思います.

私が納得したり,認めた箇所は,世捨人さんの主張の根幹をなす前提条件,勘違いしたという事実の部分だけで,当該着衣の着用禁止と言う主張には,全く同意していません.

これは,文章・論調より明白ですし,ここで改めて同意しない事も明記します.



(どちらの記事にも関するコメントなので,新しい記事の側に投コメしました)

| こじま | 2014/07/09 12:10 | URL | ≫ EDIT

|世間|2014/07/05 20:05| さん

ありがとうございます.

| こじま | 2014/07/09 12:13 | URL |

こじまさん| 2014/07/09 12:10 |へ

>ときどきオアゾツーキニスト へ(敬意を示す必要は無いと感じていますし,過去に貴方が私に謙譲語で返信した事から,「さん」づけの必要は無いです)

MINELさんの下品なHNと同様に、こじまさんの品性を表わすものであり、こじまさんが決めることです。


>走行中に背面のポケットに手を伸ばす行為が,・片手運転の状態を一定時間つくる事・後続車手信号と「勘違い」させてしまう事,という二つの指摘には納得します.
>>随分、あっさりと納得していますが、大丈夫ですか?
>どちらも事実です.特に二点目については,世捨人と名乗る自動車免許を保有している人(日本国から運転免許を交付されている人)が「勘違い」してしまっている事を公言しています.私は,その事を皮肉して,わざわざ括弧付けしたんですが,お気づきになりませんでしたか?いずれにしても,二点とも事実に基づいているため,その事に「大丈夫ですか」といわれても,「大丈夫」と言うしか有りません.むしろ,明確な事実に基づいた判断に対して,「大丈夫ですか」と尋ねる貴方のような人は,私の文章内容を理解できていないのではないかと感じました.
>>世捨人さんは、「皮肉」が通じる方ではありません。世捨人さんの主張を認める形での議論の進め方につき、ご心配申し上げています。本当に、大丈夫ですか?
>今回の動画のローディは、世捨人さんによれば、40キロの制限速度を超過し、時速50キロ程度で走っていたということで、スピード違反としても問題ですが、例え、40キロ以内でスピード違反を犯していないとしても、さて、その場で止まれる位のスピードしか出さない・出せないフラフラママチャリ族の傘差し、携帯ながら、酒気帯び、確信犯的信号無視と比較して、どちらが問題ですか?
>「今回の動画のローディは、世捨人さんによれば」という文言から判断して,貴方は『世捨人さんの主張を認める形での議論の進め』ていると言えるため,過去の貴方(2014/06/24)が貴方(2014/07/09)に対して「ご心配申し上げ」るという構造となっています。他者である私の心配をするまえに,容易に見直し・修正が可能な自分の主張に心を配るよう,範を示して下さい.

世捨人さんの主張されるように動画の特急自転車乗りが50~55キロ超のスピードを出している(出せる)のであれば、それはそれで、素晴らしい事です。
何ら問題ありません。


>何度も言いますが,主張と言動が一致していない貴方の主張を総論として受け入れる気にはなれません.それが部分的に正しくても,全体としての整合性が取れていない点にも嫌気がさします.

非論理的な個人の気持ちの問題ですね。
小生の主張は、自転車の裾野を広げましょう。車道左端を自転車で埋め尽くしましょう。自転車が守るルールとしては、車道左端通行すれば十分です。ということで一貫していますよ。

>私も貴方も語り口としては,『世捨人さんが言う無茶苦茶な前提条件を呑んだとしても,前提条件から結論までの展開が論理的ではないため,世捨人さんが望む結論(法改正が急がれる。)にはならない』のように展開していると考えます.

小生は世捨人さんの前提条件を呑んだりしていませんよ。
しっかりと読み取って下さい。


>つまり,「世捨人さんの主張は仮説と論理の両方が一般的に受け入れずらい」という批判です.よって,私自身は「世捨人さんの主張を認め」た上で議論を進めたとしても,世捨人さんの言う結論に反論できると考えます.

過信は禁物です。
不慣れなものには、手を出さないことです。
火傷してしまいますよ。

>そもそも,世捨人さんの主張の力点は『手信号と勘違いするだろう』ではなく,『(道交法に疎い人間が)手信号と勘違いしていまう行為を,(稀な状況で)誘発する着衣の着用を禁止せよ』という部分にあると感じますので,

であれば、ますます、「勘違い」を認める必要は全くありません。


>>世捨人さんの主張を認める形での議論の進め方
>を私がしているという意見そのものが,的外れだと思います.私が納得したり,認めた箇所は,世捨人さんの主張の根幹をなす前提条件,勘違いしたという事実の部分だけで,当該着衣の着用禁止と言う主張には,全く同意していません.

大丈夫ですか?
先行する自転車乗りが後ろに手を回しただけで、「手信号」などと勘違いする訳ないでしょう。
しっかりして下さい。


>これは,文章・論調より明白ですし,ここで改めて同意しない事も明記します.(どちらの記事にも関するコメントなので,新しい記事の側に投コメしました)

小生は、世捨人さんの誇張表現など全く問題としていませんよ。

しっかりして下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/07/09 18:03 | URL |

間違い

時速約55キロを超えた次の瞬間、競技用自転車乗り『は』力尽きたことで、事なきを得た。→誤

時速約55キロを超えた次の瞬間、競技用自転車乗り『が』力尽きたことで、事なきを得た。→正

以後、気をつけて!

| ヒロ | 2014/07/09 22:35 | URL |

並列走行する暴走族を見つけたら37条発動で停止させてくださいね
勇気があればだけど

| 山田慶介 | 2014/07/11 10:25 | URL |

いいね!

| 新世界 | 2014/07/11 19:16 | URL |

25秒頃に、右側に自転車用と思われるスロープが見受けられます。
おそらく右側は土手であり、サイクリングロードなのでしょう。
なぜ、その自転車はサイクリングロードを走らなかったのか不思議に思います。

ところで、世捨人さん。
>人命を救うための「緊急避難」(刑法37条)行為と判断し、競技用自転車乗りを静止させることにした。
とありますが、一体どうするつもりだったのですか。
もし、相手を驚かせて、その相手が事故をおこしてしまった場合には責任を免れえないですし。

>追いつくためクルマのアクセルを踏み込むと、速度計は時速50キロを指す。それでも差は縮まらない。時速約55キロを超えた次の瞬間、競技用自転車乗りは力尽きた
実際には15キロも越えてはいないと思います。クルマのメーターなんて所詮量産品で多少は誤差はあります。
むしろ重要なのは、この最中に警察に捕まった場合、「こういうことは警察に任せなさい。」と小一時間説教されます。しかも、当然のごとく切符は切られます。


常に安全運転、安全運転と仰られている世捨人さん。
らしくないですね。

スピード違反をしている馬鹿(トラック及び自転車ともに)を無理して追跡なんかしちゃダメです。

自分自身が事故をおこしたり、巻き込まれたりしたらどうするんですか。
事故がおこってからでは、いくら言い訳をしても遅いのです。

放っとくのが一番。
自分が事故に関係しない限りは責任を負う必要はありませんから。

| 壱弐参 | 2014/07/14 22:48 | URL |

壱弐参さん| 2014/07/14 22:48 |へ

>25秒頃に、右側に自転車用と思われるスロープが見受けられます。おそらく右側は土手であり、サイクリングロードなのでしょう。なぜ、その自転車はサイクリングロードを走らなかったのか不思議に思います。


陥没の有無、枯れ木・石ころなどの障害物の有無、舗装状態、何よりも歩行者の有無など、自転車通行可の遊歩道でしかない名前だけの「サイクリングロード」よりも幹線道路の車道左端の方が走りやすいからです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/07/15 14:35 | URL |

Re: 平行線ですね…

ヒさん

>>爆走を憎んで競技用自転車乗りを憎まずというのが、当ブログの基本方針です。 | 世捨人 | 2014/07/09 00:05 | URL |
>方針を改めましょう。日本古来の風習で、『つくもがみ』とか言われることは有りますが、残念ながら物に意志は有りません(私自身はあったら素敵だ と思いますが、私は物理屋ナノで肯定出来ません)だからこそ、繰り返しますが、道具が使われ方を決めるんじゃない。人が使い方を決めるんです!
車のメーターは180まで有りますが、全ての人が180出しますか?

競技用自転車乗りといえどもママチャリでは爆走しません。やはり道具が人を支配するのでしょう。
クルマのメーターは「180」まであったとしても、制限速度を超過すれば違反となります。

>美味しい料理を作れる包丁や火も使い方を間違えれば凶器と化します。

スピードレース用に開発された競技用自転車で、爆走することは間違った使い方ではないといえるでしょう。が、一般公道では非難を受けるでしょう。

>道具が使われ方を決めるんじゃないですよ。そこにあるのは『人の意志』です。残念な事ですが、責めるべきは『人間』です。

上述のとおり、乗り手を爆走へとかきたてる競技用自転車を規制すべきでしょう。

| 世捨人 | 2014/07/17 00:37 | URL |

Re: タイトルなし

通行さん

>まったく持ってその通りだと思います。

慢心せず安全運転に努めてください。

| 世捨人 | 2014/07/17 00:49 | URL |

Re: タイトルなし


旧ときさん

>皆様へ皆さん大丈夫ですか?今回の動画の特急自転車乗りは、車間距離も十分に取っているようですし、途中で何回か足を止めてスピード調整もしています。何ら問題ないでしょう。
>>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。
>お任せします。

がんばってください。

>競輪等での自転車同士でのドラフティングでは、後輪と前輪が接触する位に接近しているものです。
>>公道では到底容認できません。
>今回は十分に車間距離を取っているようです。

トラックが道路標示「40」の上を通ってから1秒もしないうちに競技用自転車が通過しています。

>今回の動画では、路面の穴や障害物も見えているでしょうし、先行するトラックが急ブレーキを踏んでも、十分に回避可能でしょう。
>>後続車に追突される可能性も否定できません。
>夜道に気を付けろ。というか っきーさん並みの脅迫ですね。おお怖、おお恐。

何が起こるかわからないのが事故のおそろしさです。前や夜道だけでなく、昼夜問わず周囲の安全確認は絶対に怠らないようにしてください。

>3~4メートルの巾でふらついて危険回避出来るところも、2輪で小回りの利く自転車の良い所です。
>>700×23Cタイヤでは、スピードを出したまま段差のある歩道に乗り上げて退避することは困難でしょう。
>トラックに突っ込むよりは、リム打ちのパンクの方がましでしょう。自損事故自慢の一つになります。

リム打ち時に乗員が放り出される危険があります。

>まあ、気になるとすれば、点滅の尾灯ですね。不規則に点滅していますが、最近のモデルは後続ドライバーの注意を引くために、あえて、規則的な点滅をしないようにしているのかな?省エネ効果を上げるためか、それとも単なる電池ぎれかな。
>>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。
>お任せします。

がんばってください、

>後続車両の世捨人さんからは十分に確認できるのですから、電池代の掛からない「反射板」で十分でしょう。究極の省エネです。
>>当ブログでは「サイドマーカー」装着を呼びかけております。http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-464.html
>読む価値なしです。

価値がわかる大人になってください。

>また、トラックの後ろ麺を照らす無駄に強力な前照灯も上向きで、対向車両のドライバーには気になることでしょうね。
>>「後ろ麺?」。ラーメンを運搬しているトラックなのでしょうか?
>多分、うどんでしょう。

「高圧ガス」ステッカーが見当たらないことから保冷装置がないトラックなので、生ものを積むのは禁物ですね。

>そうまでして目立つ工夫などしなくても、そこに自転車がいることは後続車両や対向車両のドライバーは十分に認識出来ますよ。
>>過信は禁物です。クルマは自転車を守ってくれるだろうという身勝手な判断は捨ててください。
>安全な車間距離を保っていただければ、十分です。

空気抵抗を低減するためのドラフティングは危険な車間距離となります。

>「自分の身を自分で守る」ためとはいえ、やりすぎです。車道上の最弱者である自転車は、無理して目立つ必要はありません。
>>歩道を活用しましょう。
>自転車は、車道左端を通行するものです。今回の動画の道路には歩道は見当たりませんよ。しっかりして下さい。

歩道のガードレールや段差をとらえております。現実から目をそむけないでください。

>ありのままで良いのです。Let it go !!
>>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、クルマが走行する危険な車道は避けましょう。
>自転車は、車道左端を通行するものです。

自転車の歩道通行は法律で認めれれています。

| 世捨人 | 2014/07/17 00:52 | URL |

Re: タイトルなし

ダさん

>そして、速度超過である。動画提供者が、55km/hで追い抜いたとあるので、この自動車は、15km/hの速度超過である。
>>時速55キロで追い抜く前に競技用自転車乗りは力尽きました。
>出た!自分都合のいいわけ!まぁ、そんなの言い訳になってませんが。

記事はよくお読みください。

>よって、このドライバーにとやかく言う資格はない。
>>緊急避難行為としてご理解ください。
>緊急避難行為に当たりません。もし、言い張るのであれば、最寄りの警察署へ赴き、そこでお墨付きをもらってきなさい。ジャーナリストというのは、そこまでするものです。自分の発言に命を懸けるくらいの意識があるのが、ジャーナリストです。

有罪か無罪かは裁判所の判断にゆだねましょう。

>それに、追い抜き時の自転車への側方余裕がなさすぎるため、安全運転義務違反でもある。
>>車道は四輪のクルマの走行を想定してつくられています。
>単純に、大は小を兼ねるってだけで、自動車と限定して設計を行っているわけではありません。

「自動車と限定して設計」したわけではないでしょうが、四輪の自動車の走行を想定してつくられているのは紛れもない事実でしょう。

>ていうかさ、やっぱり日本語の文章読解能力ないよね?あんた。俺の書いた文章の回答が、全然答えになってないじゃん(失笑)

ご自分の文章力を責めてください。

>安全運転義務違反と車道は自動車のものっていうのは、別次元の話だよ。

「車道は自動車のもの」という発想は理解に苦しみます。

>あんた、自動車免許持ってるの?まるで持っていない人間の思考だよな?

小生はゴールド免許(優良運転者)を更新しております。

>それと、追い抜きとはいえ、速度超過でのはみ出し禁止区間でのはみ出しは、違反である。自転車を庇うつもりはないが、自動車の違反の方が多い。
>>車線をはみ出していないので「追い越し」ではなく「追い抜き」なのでしょう。

>この動画から判断すると、若干はみ出してるよ。まぁ、はみ出しているいないは別として、この自動車は、進路変更をしているので、追い越しじゃない?その結果として、はみ出さざるを得ないのだから。

自転車と同一車線内にあっては、多少の進路変更をしなければ衝突は免れないでしょう。

>ちなみに、側方余裕は、1m~1.5mは取る必要があるんですよ。

根拠法令をお示しください。

>この道路の車線幅員は、2.75mしかなく、自転車を追い越す際の自転車走行位置が、車線端付近ですから車線内に自転車は、0.5m入っているとします。それに、側方余裕を1m取るとすると、幅1.7mの自動車の場合、0.45mはみ出すことになります。

「幅2.75メートル」というのはどのように計測したのでしょうか。

>はっきり言って、あなたは免許を持っているのでしたら、返上するべきです。その程度の知識しか持っていないので、危険だという意味です。

車線をはみ出しているだとか幅2・75メートルだとか、現場に足を運ぶことなく動画だけで根拠のない自信をもたないでください。

| 世捨人 | 2014/07/17 00:54 | URL |

Re: タイトルなし

通行さん

>みなさん なにやら止まれるだの止まれないだのいろいろ論議されているようですが、いずれにせよもし止まれなければ追突したほうが過失責任を100%負うことになります。
>>合図もせずに急停止すれば過失は問われるでしょう。
>悪意があり故意によるによる急ブレーキ以外過失を問われることはありません。仮に悪意があってもそれを立証することは難しいでしょう。又、ブレーキを踏めばブレーキランプが点灯します。これは合図に他なりません。

ブレーキランプが備わっていない競技用自転車が手信号もせずに急ブレーキをかけて追突でもされたら、自転車にも過失責任は問われるでしょう。

>もっと勉強してください。

現実から目をそむけないでください。

>そんなことよりも、いち個人のとった行動一つでロードバイク全面禁止を訴える自称ジャーナリストの無責任さに食いつくべきと思うのですが、いかがでしょう?
>>ジャーナリストを敵に回すのは賢い選択ではありません。
>そうですね。まともなジャーナリストなら敵に回したくありませんね。そういう意味では、あなたなら問題ないかと・・・^^

悔い改めてください。

| 世捨人 | 2014/07/17 00:55 | URL |

Re: タイトルなし

まさん

>>当ブログでは公道を遊び場とする競技用自転車乗りの爆走を糾弾しております。
>と、公言しながら↓コレは駄目だな。ブレーキ踏まれたら終わりだわ。つーかこのレベルのトラックなら、車数台分離れても、効果は薄いがスリップ利くのにな。
>>乗り手を爆走へとかきたてる競技用自転車を責めてください。
>と、人ではなく道具への糾弾をしてますな~ ぶれぶれジャーナリストさん 敵に回されないようがんばれ~

爆走問題を突き詰めれれば、乗り手を爆走へとかきたてる競技用自転車に問題があります。

| 世捨人 | 2014/07/17 00:56 | URL |

Re: 間違い

ヒさん

>時速約55キロを超えた次の瞬間、競技用自転車乗り『は』力尽きたことで、事なきを得た。→誤
時速約55キロを超えた次の瞬間、競技用自転車乗り『が』力尽きたことで、事なきを得た。→正
以後、気をつけて!

何ら問題ありません。

| 世捨人 | 2014/07/17 01:02 | URL |

Re: タイトルなし

慶さん

>並列走行する暴走族を見つけたら37条発動で停止させてくださいね 勇気があればだけど

並列走行は「自己又は他人の生命、身体、自由又は財産に対する現在の危難」(刑法37条)という状況では必ずしもないでしょう。

| 世捨人 | 2014/07/17 01:15 | URL |

Re: タイトルなし

壱さん

>25秒頃に、右側に自転車用と思われるスロープが見受けられます。おそらく右側は土手であり、サイクリングロードなのでしょう。なぜ、その自転車はサイクリングロードを走らなかったのか不思議に思います。

乗り手を爆走へとかきたてる競技用自転車という乗り物を責めてください。

>ところで、世捨人さん。
>>人命を救うための「緊急避難」(刑法37条)行為と判断し、競技用自転車乗りを静止させることにした。
>とありますが、一体どうするつもりだったのですか。もし、相手を驚かせて、その相手が事故をおこしてしまった場合には責任を免れえないですし。

今後の指導に支障をきたしかねませんので手の内については公表できません。

>>追いつくためクルマのアクセルを踏み込むと、速度計は時速50キロを指す。それでも差は縮まらない。時速約55キロを超えた次の瞬間、競技用自転車乗りは力尽きた
>実際には15キロも越えてはいないと思います。クルマのメーターなんて所詮量産品で多少は誤差はあります。むしろ重要なのは、この最中に警察に捕まった場合、「こういうことは警察に任せなさい。」と小一時間説教されます。しかも、当然のごとく切符は切られます。

競技用自転車乗りの安全が確保できるのであれば、交通違反キップを切られることは本望です。

>常に安全運転、安全運転と仰られている世捨人さん。らしくないですね。スピード違反をしている馬鹿(トラック及び自転車ともに)を無理して追跡なんかしちゃダメです。

根底にあるのは競技用自転車乗りの交通安全の確保です。

>自分自身が事故をおこしたり、巻き込まれたりしたらどうするんですか。事故がおこってからでは、いくら言い訳をしても遅いのです。

競技用自転車乗りの命が救われるのであれば、自損事故は受け入れることができます。

>放っとくのが一番。自分が事故に関係しない限りは責任を負う必要はありませんから。

皆さまの交通安全を願っております。

| 世捨人 | 2014/07/17 01:42 | URL |

|世捨人さん

>>>>みなさん なにやら止まれるだの止まれないだのいろいろ論議されているようですが、いずれにせよもし止まれなければ追突したほうが過失責任を100%負うことになります。
>>>合図もせずに急停止すれば過失は問われるでしょう。
>>悪意があり故意によるによる急ブレーキ以外過失を問われることはありません。仮に悪意があってもそれを立証することは難しいでしょう。又、ブレーキを踏めばブレーキランプが点灯します。これは合図に他なりません。

>ブレーキランプが備わっていない競技用自転車が手信号もせずに急ブレーキをかけて追突でもされたら、自転車にも過失責任は問われるでしょう。

100%ありません。断言できます。このことは過去の判例が証明しています。
またまた、でたらめですね。

出直してきなさい!


>そんなことよりも、いち個人のとった行動一つでロードバイク全面禁止を訴える自称ジャーナリストの無責任さに食いつくべきと思うのですが、いかがでしょう?
>>ジャーナリストを敵に回すのは賢い選択ではありません。
>そうですね。まともなジャーナリストなら敵に回したくありませんね。そういう意味では、あなたなら問題ないかと・・・^^

>悔い改めてください。

コメントには絶対の自信があります。

| 競技用自転車にのった通行人 | 2014/07/17 19:41 | URL |

Re: タイトルなし

通行さん

>みなさん なにやら止まれるだの止まれないだのいろいろ論議されているようですが、いずれにせよもし止まれなければ追突したほうが過失責任を100%負うことになります。
>>合図もせずに急停止すれば過失は問われるでしょう。
>悪意があり故意によるによる急ブレーキ以外過失を問われることはありません。仮に悪意があってもそれを立証することは難しいでしょう。又、ブレーキを踏めばブレーキランプが点灯します。これは合図に他なりません。
>>ブレーキランプが備わっていない競技用自転車が手信号もせずに急ブレーキをかけて追突でもされたら、自転車にも過失責任は問われるでしょう。
>100%ありません。断言できます。このことは過去の判例が証明しています。またまた、でたらめですね。出直してきなさい!

判例に普遍性はありません。時代に応じて覆(くつがえ)るものです。

>そんなことよりも、いち個人のとった行動一つでロードバイク全面禁止を訴える自称ジャーナリストの無責任さに食いつくべきと思うのですが、いかがでしょう?
>>ジャーナリストを敵に回すのは賢い選択ではありません。
>そうですね。まともなジャーナリストなら敵に回したくありませんね。そういう意味では、あなたなら問題ないかと・・・^^
>>悔い改めてください。
>コメントには絶対の自信があります。

過信は禁物です。

| 世捨人 | 2014/07/24 00:13 | URL |

>100%ありません。断言できます。このことは過去の判例が証明しています。またまた、でたらめですね。出直してきなさい!

>判例に普遍性はありません。時代に応じて覆(くつがえ)るものです。

法治国家の日本において司法はそんなに甘いもんじゃありません。
判例がコロコロ変わったんじゃたまったもんじゃありません。
よほど重大な要因でもないと変わるもんじゃありませんから。
馬鹿なこと言ってないで、顔洗って出直してきなさい!

| 競技用自転車にのった通行人 | 2014/07/24 20:07 | URL |

世捨人さん| 2014/07/17 00:52 |へ

>>皆様へ皆さん大丈夫ですか?今回の動画の特急自転車乗りは、車間距離も十分に取っているようですし、途中で何回か足を止めてスピード調整もしています。何ら問題ないでしょう。
>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。
>>お任せします。
>がんばってください。

お任せします。

>>競輪等での自転車同士でのドラフティングでは、後輪と前輪が接触する位に接近しているものです。
>公道では到底容認できません。
>>今回は十分に車間距離を取っているようです。
>トラックが道路標示「40」の上を通ってから1秒もしないうちに競技用自転車が通過しています。

十分でしょう。


>>今回の動画では、路面の穴や障害物も見えているでしょうし、先行するトラックが急ブレーキを踏んでも、十分に回避可能でしょう。
>後続車に追突される可能性も否定できません。
>>夜道に気を付けろ。というか っきーさん並みの脅迫ですね。おお怖、おお恐。
>何が起こるかわからないのが事故のおそろしさです。前や夜道だけでなく、昼夜問わず周囲の安全確認は絶対に怠らないようにしてください。

後続車両のドライバーにお伝え下さい。


>>3~4メートルの巾でふらついて危険回避出来るところも、2輪で小回りの利く自転車の良い所です。
>700×23Cタイヤでは、スピードを出したまま段差のある歩道に乗り上げて退避することは困難でしょう。
>>トラックに突っ込むよりは、リム打ちのパンクの方がましでしょう。自損事故自慢の一つになります。
>リム打ち時に乗員が放り出される危険があります。

前後のブレーキングのタイミングをずらし、後傾することで央り出される危険を回避する高度なブレーキング・テクニックが披露されることでしょう。


>>まあ、気になるとすれば、点滅の尾灯ですね。不規則に点滅していますが、最近のモデルは後続ドライバーの注意を引くために、あえて、規則的な点滅をしないようにしているのかな?省エネ効果を上げるためか、それとも単なる電池ぎれかな。
>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。
>>お任せします。
>がんばってください、

お任せします。


>>後続車両の世捨人さんからは十分に確認できるのですから、電池代の掛からない「反射板」で十分でしょう。究極の省エネです。
>当ブログでは「サイドマーカー」装着を呼びかけております。http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-464.html
>>読む価値なしです。
>価値がわかる大人になってください。

お任せします。


>>また、トラックの後ろ麺を照らす無駄に強力な前照灯も上向きで、対向車両のドライバーには気になることでしょうね。
>「後ろ麺?」。ラーメンを運搬しているトラックなのでしょうか?
>>多分、うどんでしょう。
>「高圧ガス」ステッカーが見当たらないことから保冷装置がないトラックなので、生ものを積むのは禁物ですね。

乾燥面でしょう。


>>そうまでして目立つ工夫などしなくても、そこに自転車がいることは後続車両や対向車両のドライバーは十分に認識出来ますよ。
>過信は禁物です。クルマは自転車を守ってくれるだろうという身勝手な判断は捨ててください。
>>安全な車間距離を保っていただければ、十分です。
>空気抵抗を低減するためのドラフティングは危険な車間距離となります。

お尻を後ろにずらし、前後のブレーキのタイミングを調整する高度なテクニックを駆使して、無駄な装飾品を削ぎ落し車重10キロ程度に軽量化された特急自転車を操る自転車乗りには、40~50キロで走行するコバンザメ走法も十分に安全な車間距離なのでしょう。


>>「自分の身を自分で守る」ためとはいえ、やりすぎです。車道上の最弱者である自転車は、無理して目立つ必要はありません。
>歩道を活用しましょう。
>>自転車は、車道左端を通行するものです。今回の動画の道路には歩道は見当たりませんよ。しっかりして下さい。
>歩道のガードレールや段差をとらえております。現実から目をそむけないでください。

自転車通行可の標識は見当たりません。


>>ありのままで良いのです。Let it go !!
>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、クルマが走行する危険な車道は避けましょう。
>>自転車は、車道左端を通行するものです。
>自転車の歩道通行は法律で認めれれています。

車道も歩道も自由自在に好き勝手にあるがままに通行出来るところも自転車の良い所です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/07/25 09:38 | URL |

ふぁdふぁ

| asdf | 2014/07/31 20:23 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

通行さん

>100%ありません。断言できます。このことは過去の判例が証明しています。またまた、でたらめですね。出直してきなさい!
>>判例に普遍性はありません。時代に応じて覆(くつがえ)るものです。
>法治国家の日本において司法はそんなに甘いもんじゃありません。判例がコロコロ変わったんじゃたまったもんじゃありません。よほど重大な要因でもないと変わるもんじゃありませんから。馬鹿なこと言ってないで、顔洗って出直してきなさい!

「よほど重大な要因でもないと変わるもんじゃない」ということで、「100%ありません」というのはデタラメですね。前言撤回に対し誠意ある謝罪を求めます。

| 世捨人 | 2014/08/01 00:58 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>皆様へ皆さん大丈夫ですか?今回の動画の特急自転車乗りは、車間距離も十分に取っているようですし、途中で何回か足を止めてスピード調整もしています。何ら問題ないでしょう。
>>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。
>お任せします。
>>がんばってください。
>お任せします。

旧ときさんの意思にゆだねられています。

>競輪等での自転車同士でのドラフティングでは、後輪と前輪が接触する位に接近しているものです。
>>公道では到底容認できません。
>今回は十分に車間距離を取っているようです。
>>トラックが道路標示「40」の上を通ってから1秒もしないうちに競技用自転車が通過しています。
>十分でしょう。

すなわち「車間距離は取っている」というのは誤りですので、誠意ある謝罪を求めます。

>今回の動画では、路面の穴や障害物も見えているでしょうし、先行するトラックが急ブレーキを踏んでも、十分に回避可能でしょう。
>>後続車に追突される可能性も否定できません。
>夜道に気を付けろ。というか っきーさん並みの脅迫ですね。おお怖、おお恐。
>>何が起こるかわからないのが事故のおそろしさです。前や夜道だけでなく、昼夜問わず周囲の安全確認は絶対に怠らないようにしてください。
>後続車両のドライバーにお伝え下さい。

ご意見、ご要望として承ります。

>3~4メートルの巾でふらついて危険回避出来るところも、2輪で小回りの利く自転車の良い所です。
>>700×23Cタイヤでは、スピードを出したまま段差のある歩道に乗り上げて退避することは困難でしょう。
>トラックに突っ込むよりは、リム打ちのパンクの方がましでしょう。自損事故自慢の一つになります。
>>リム打ち時に乗員が放り出される危険があります。
>前後のブレーキングのタイミングをずらし、後傾することで央り出される危険を回避する高度なブレーキング・テクニックが披露されることでしょう。

後続車に追突されるでしょう。

>まあ、気になるとすれば、点滅の尾灯ですね。不規則に点滅していますが、最近のモデルは後続ドライバーの注意を引くために、あえて、規則的な点滅をしないようにしているのかな?省エネ効果を上げるためか、それとも単なる電池ぎれかな。
>>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。
>お任せします。
>>がんばってください、
>お任せします。

旧ときさんなら、きっとできます。

>後続車両の世捨人さんからは十分に確認できるのですから、電池代の掛からない「反射板」で十分でしょう。究極の省エネです。
>>当ブログでは「サイドマーカー」装着を呼びかけております。http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-464.html
>読む価値なしです。
>>価値がわかる大人になってください。
>お任せします。

はしゃがないでください。

>また、トラックの後ろ麺を照らす無駄に強力な前照灯も上向きで、対向車両のドライバーには気になることでしょうね。
>>「後ろ麺?」。ラーメンを運搬しているトラックなのでしょうか?
>多分、うどんでしょう。
>>「高圧ガス」ステッカーが見当たらないことから保冷装置がないトラックなので、生ものを積むのは禁物ですね。
>乾燥面でしょう。

「乾燥面(?)」 誤字脱字は繰り返さないでください。

>そうまでして目立つ工夫などしなくても、そこに自転車がいることは後続車両や対向車両のドライバーは十分に認識出来ますよ。
>>過信は禁物です。クルマは自転車を守ってくれるだろうという身勝手な判断は捨ててください。
>安全な車間距離を保っていただければ、十分です。
>>空気抵抗を低減するためのドラフティングは危険な車間距離となります。
>お尻を後ろにずらし、前後のブレーキのタイミングを調整する高度なテクニックを駆使して、無駄な装飾品を削ぎ落し車重10キロ程度に軽量化された特急自転車を操る自転車乗りには、40~50キロで走行するコバンザメ走法も十分に安全な車間距離なのでしょう。

後続車に追突されたら元も子もありませんね。

>「自分の身を自分で守る」ためとはいえ、やりすぎです。車道上の最弱者である自転車は、無理して目立つ必要はありません。
>>歩道を活用しましょう。
>自転車は、車道左端を通行するものです。今回の動画の道路には歩道は見当たりませんよ。しっかりして下さい。
>>歩道のガードレールや段差をとらえております。現実から目をそむけないでください。
>自転車通行可の標識は見当たりません。

「見当たらない」とおっしゃっていた、歩道は見つかりましたか?

>ありのままで良いのです。Let it go !!
>>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、クルマが走行する危険な車道は避けましょう。
>自転車は、車道左端を通行するものです。
>>自転車の歩道通行は法律で認めれれています。
>車道も歩道も自由自在に好き勝手にあるがままに通行出来るところも自転車の良い所です。

自転車の良いところは交通安全と相いれません。

| 世捨人 | 2014/08/01 01:10 | URL |

世捨さん

あなたには文章の読解力というものがないのですか?
100%ないというのはあなたの返答にあった”>合図もせずに急停止すれば過失は問われるでしょう。”に対してです。

>判例に普遍性はありません。

などと、ふざけたことを言うから「よほど重大な要因・・・」と述べさせていただきました。
合図がなかった程度ならば重大な要因には程遠いですからね。

都合のいいとこだけ抜粋して、揚げ足取りはおやめください。

>前言撤回に対し誠意ある謝罪を求めます。

とありますが、あなたにそれをいう資格はありません。
出直してきなさい。

| 競技用自転車にのった通行人 | 2014/08/01 06:57 | URL |

Re: タイトルなし

通行さん

>あなたには文章の読解力というものがないのですか?100%ないというのはあなたの返答にあった”>合図もせずに急停止すれば過失は問われるでしょう。”に対してです。
>>判例に普遍性はありません。
>などと、ふざけたことを言うから「よほど重大な要因・・・」と述べさせていただきました。合図がなかった程度ならば重大な要因には程遠いですからね。都合のいいとこだけ抜粋して、揚げ足取りはおやめください。

合図なしに急ブレーキをかければ、玉突き事故の原因となります。合図不履行は重大事故の要因といえるでしょう。

>>前言撤回に対し誠意ある謝罪を求めます。
>とありますが、あなたにそれをいう資格はありません。出直してきなさい。

がんばってください。

| 世捨人 | 2014/08/07 00:51 | URL |

| 世捨人 |さん 2014/08/07 00:51 | URL |
>合図なしに急ブレーキをかければ、玉突き事故の原因となります。合図不履行は重大事故の要因といえるでしょう。

面倒くさい人ですね。
そこまで言うのでしたらジャーナリストらしく実例を出してください。
その結果、私が間違っているようでしたら謝罪でも何でもいたします。

>>前言撤回に対し誠意ある謝罪を求めます。
>とありますが、あなたにそれをいう資格はありません。出直してきなさい。

>がんばってください。

意味不明です。何をですか?

| 競技用自転車にのった通行人 | 2014/08/07 07:42 | URL |

世捨人さん| 2014/08/01 01:10 |へ

>>皆様へ皆さん大丈夫ですか?今回の動画の特急自転車乗りは、車間距離も十分に取っているようですし、途中で何回か足を止めてスピード調整もしています。何ら問題ないでしょう。
>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。
>>お任せします。
>がんばってください。
>>お任せします。
>旧ときさんの意思にゆだねられています。

お任せします。


>>競輪等での自転車同士でのドラフティングでは、後輪と前輪が接触する位に接近しているものです。
>公道では到底容認できません。
>>今回は十分に車間距離を取っているようです。
>トラックが道路標示「40」の上を通ってから1秒もしないうちに競技用自転車が通過しています。
>>十分でしょう。
>すなわち「車間距離は取っている」というのは誤りですので、誠意ある謝罪を求めます。

十分に「車間距離は取っている」ということです。


>>今回の動画では、路面の穴や障害物も見えているでしょうし、先行するトラックが急ブレーキを踏んでも、十分に回避可能でしょう。
>後続車に追突される可能性も否定できません。
>>夜道に気を付けろ。というか っきーさん並みの脅迫ですね。おお怖、おお恐。
>何が起こるかわからないのが事故のおそろしさです。前や夜道だけでなく、昼夜問わず周囲の安全確認は絶対に怠らないようにしてください。
>>後続車両のドライバーにお伝え下さい。
>ご意見、ご要望として承ります。

やはり脅迫罪に問われるのは世捨人さん本人でしたか。
おお恐、おお怖。


>>3~4メートルの巾でふらついて危険回避出来るところも、2輪で小回りの利く自転車の良い所です。
>700×23Cタイヤでは、スピードを出したまま段差のある歩道に乗り上げて退避することは困難でしょう。
>>トラックに突っ込むよりは、リム打ちのパンクの方がましでしょう。自損事故自慢の一つになります。
>リム打ち時に乗員が放り出される危険があります。
>>前後のブレーキングのタイミングをずらし、後傾することで放り出される危険を回避する高度なブレーキング・テクニックが披露されることでしょう。
>後続車に追突されるでしょう。

これまた、夜道に気を付けろ。というか っきーさん並みの脅迫ですね。おお怖、おお恐。


>>まあ、気になるとすれば、点滅の尾灯ですね。不規則に点滅していますが、最近のモデルは後続ドライバーの注意を引くために、あえて、規則的な点滅をしないようにしているのかな?省エネ効果を上げるためか、それとも単なる電池ぎれかな。
>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。
>>お任せします。
>がんばってください、
>>お任せします。
>旧ときさんなら、きっとできます。

お任せします。


>>後続車両の世捨人さんからは十分に確認できるのですから、電池代の掛からない「反射板」で十分でしょう。究極の省エネです。
>当ブログでは「サイドマーカー」装着を呼びかけております。http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-464.html
>>読む価値なしです。
>価値がわかる大人になってください。
>>お任せします。
>はしゃがないでください。

お任せします。


>>また、トラックの後ろ麺を照らす無駄に強力な前照灯も上向きで、対向車両のドライバーには気になることでしょうね。
>「後ろ麺?」。ラーメンを運搬しているトラックなのでしょうか?
>>多分、うどんでしょう。
>「高圧ガス」ステッカーが見当たらないことから保冷装置がないトラックなので、生ものを積むのは禁物ですね。
>>乾燥面でしょう。
>「乾燥面(?)」 誤字脱字は繰り返さないでください。

では「背面」ということで、宜しく頼みます。


>>そうまでして目立つ工夫などしなくても、そこに自転車がいることは後続車両や対向車両のドライバーは十分に認識出来ますよ。
>過信は禁物です。クルマは自転車を守ってくれるだろうという身勝手な判断は捨ててください。
>>安全な車間距離を保っていただければ、十分です。
>空気抵抗を低減するためのドラフティングは危険な車間距離となります。
>>お尻を後ろにずらし、前後のブレーキのタイミングを調整する高度なテクニックを駆使して、無駄な装飾品を削ぎ落し車重10キロ程度に軽量化された特急自転車を操る自転車乗りには、40~50キロで走行するコバンザメ走法も十分に安全な車間距離なのでしょう。
>後続車に追突されたら元も子もありませんね。

「闘魂注入クラクション」並みにしつこい脅迫ですね。
おお怖、おお恐。


>>「自分の身を自分で守る」ためとはいえ、やりすぎです。車道上の最弱者である自転車は、無理して目立つ必要はありません。
>歩道を活用しましょう。
>>自転車は、車道左端を通行するものです。今回の動画の道路には歩道は見当たりませんよ。しっかりして下さい。
>歩道のガードレールや段差をとらえております。現実から目をそむけないでください。
>>自転車通行可の標識は見当たりません。
>「見当たらない」とおっしゃっていた、歩道は見つかりましたか?

ええ、見つかりました。


>>ありのままで良いのです。Let it go !!
>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、クルマが走行する危険な車道は避けましょう。
>>自転車は、車道左端を通行するものです。
>自転車の歩道通行は法律で認めれれています。
>>車道も歩道も自由自在に好き勝手にあるがままに通行出来るところも自転車の良い所です。
>自転車の良いところは交通安全と相いれません。

道路交通の「安全」と「円滑」を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないとされています。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/08/07 08:49 | URL |

Re: タイトルなし

通行さん

>>合図なしに急ブレーキをかければ、玉突き事故の原因となります。合図不履行は重大事故の要因といえるでしょう。
>面倒くさい人ですね。そこまで言うのでしたらジャーナリストらしく実例を出してください。その結果、私が間違っているようでしたら謝罪でも何でもいたします。

交通事故判例集を読めば、きっと見つかると思います。

>>前言撤回に対し誠意ある謝罪を求めます。
>とありますが、あなたにそれをいう資格はありません。出直してきなさい。
>>がんばってください。
>意味不明です。何をですか?

意味がわかるようになるといいですね。

| 世捨人 | 2014/08/15 00:53 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>皆様へ皆さん大丈夫ですか?今回の動画の特急自転車乗りは、車間距離も十分に取っているようですし、途中で何回か足を止めてスピード調整もしています。何ら問題ないでしょう。
>>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。
>お任せします。
>>がんばってください。
>お任せします。
>>旧ときさんの意思にゆだねられています。
>お任せします。

わからないことは調べるというクセをつけましょう。

>競輪等での自転車同士でのドラフティングでは、後輪と前輪が接触する位に接近しているものです。
>>公道では到底容認できません。
>今回は十分に車間距離を取っているようです。
>>トラックが道路標示「40」の上を通ってから1秒もしないうちに競技用自転車が通過しています。
>十分でしょう。
>>すなわち「車間距離は取っている」というのは誤りですので、誠意ある謝罪を求めます。
>十分に「車間距離は取っている」ということです。

現実を直視してください。

>今回の動画では、路面の穴や障害物も見えているでしょうし、先行するトラックが急ブレーキを踏んでも、十分に回避可能でしょう。
>>後続車に追突される可能性も否定できません。
>夜道に気を付けろ。というか っきーさん並みの脅迫ですね。おお怖、おお恐。
>>何が起こるかわからないのが事故のおそろしさです。前や夜道だけでなく、昼夜問わず周囲の安全確認は絶対に怠らないようにしてください。
>後続車両のドライバーにお伝え下さい。
>>ご意見、ご要望として承ります。
>やはり脅迫罪に問われるのは世捨人さん本人でしたか。おお恐、おお怖。

意味不明です。

>3~4メートルの巾でふらついて危険回避出来るところも、2輪で小回りの利く自転車の良い所です。
>>700×23Cタイヤでは、スピードを出したまま段差のある歩道に乗り上げて退避することは困難でしょう。
>トラックに突っ込むよりは、リム打ちのパンクの方がましでしょう。自損事故自慢の一つになります。
>>リム打ち時に乗員が放り出される危険があります。
>前後のブレーキングのタイミングをずらし、後傾することで放り出される危険を回避する高度なブレーキング・テクニックが披露されることでしょう。
>>後続車に追突されるでしょう。
>これまた、夜道に気を付けろ。というか っきーさん並みの脅迫ですね。おお怖、おお恐。

「自転車は車道」は危険であることをお認めいただきました。

>まあ、気になるとすれば、点滅の尾灯ですね。不規則に点滅していますが、最近のモデルは後続ドライバーの注意を引くために、あえて、規則的な点滅をしないようにしているのかな?省エネ効果を上げるためか、それとも単なる電池ぎれかな。
>>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。
>お任せします。
>>がんばってください、
>お任せします。
>>旧ときさんなら、きっとできます。
>お任せします。

がんばりましょう。

>後続車両の世捨人さんからは十分に確認できるのですから、電池代の掛からない「反射板」で十分でしょう。究極の省エネです。
>>当ブログでは「サイドマーカー」装着を呼びかけております。http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-464.html
>読む価値なしです。
>>価値がわかる大人になってください。
>お任せします。
>>はしゃがないでください。
>お任せします。

はしゃぎずぎです。

>また、トラックの後ろ麺を照らす無駄に強力な前照灯も上向きで、対向車両のドライバーには気になることでしょうね。
>>「後ろ麺?」。ラーメンを運搬しているトラックなのでしょうか?
>多分、うどんでしょう。
>>「高圧ガス」ステッカーが見当たらないことから保冷装置がないトラックなので、生ものを積むのは禁物ですね。
>乾燥面でしょう。
>>「乾燥面(?)」 誤字脱字は繰り返さないでください。
>では「背面」ということで、宜しく頼みます。

意味不明です。

>そうまでして目立つ工夫などしなくても、そこに自転車がいることは後続車両や対向車両のドライバーは十分に認識出来ますよ。
>>過信は禁物です。クルマは自転車を守ってくれるだろうという身勝手な判断は捨ててください。
>安全な車間距離を保っていただければ、十分です。
>>空気抵抗を低減するためのドラフティングは危険な車間距離となります。
>お尻を後ろにずらし、前後のブレーキのタイミングを調整する高度なテクニックを駆使して、無駄な装飾品を削ぎ落し車重10キロ程度に軽量化された特急自転車を操る自転車乗りには、40~50キロで走行するコバンザメ走法も十分に安全な車間距離なのでしょう。
>>後続車に追突されたら元も子もありませんね。
>「闘魂注入クラクション」並みにしつこい脅迫ですね。おお怖、おお恐。

身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車で、車道を走行するのは危険ですね。

>「自分の身を自分で守る」ためとはいえ、やりすぎです。車道上の最弱者である自転車は、無理して目立つ必要はありません。
>>歩道を活用しましょう。
>自転車は、車道左端を通行するものです。今回の動画の道路には歩道は見当たりませんよ。しっかりして下さい。
>>歩道のガードレールや段差をとらえております。現実から目をそむけないでください。
>自転車通行可の標識は見当たりません。
>>「見当たらない」とおっしゃっていた、歩道は見つかりましたか?
>ええ、見つかりました。

誠意ある謝罪を求めます。

>ありのままで良いのです。Let it go !!
>>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、クルマが走行する危険な車道は避けましょう。
>自転車は、車道左端を通行するものです。
>>自転車の歩道通行は法律で認めれれています。
>車道も歩道も自由自在に好き勝手にあるがままに通行出来るところも自転車の良い所です。
>>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>道路交通の「安全」と「円滑」を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないとされています。

自転車の歩道走行は法律で認められています。

| 世捨人 | 2014/08/15 00:55 | URL |

| 世捨人 |殿 2014/08/15 00:53 | URL |

>交通事故判例集を読めば、きっと見つかると思います。


断言できます!ありません!
憶測で人を幻惑させるようなことはおやめください。

| 競技用自転車にのった通行人 | 2014/08/15 07:25 | URL |

サイクリング禁止反対

[世捨人]殿|2014/08/15 00:55|付へ.

>自転車の歩道通行は法律で認められています.

全ての歩道で自転車が通行できるわけではない.
あくまでも緊急避難的に認められているだけの話で,自転車に義務づける条文ではない.
「自転車歩道通行可」に問題が多い事は最初から分かり切っていた筈だ.

| マイロネフ | 2014/08/15 07:52 | URL | ≫ EDIT

マイロネフ
↑自分の日本語の間違いを指摘されても,訂正しない人
この人の意見は日本語の間違いがあるかもしれないので,注意して読んでください.

参照:http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-468.html
↑内コメント欄

| こじま | 2014/08/15 09:16 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

通行さん

>>交通事故判例集を読めば、きっと見つかると思います。
>断言できます!ありません!憶測で人を幻惑させるようなことはおやめください。

まずはお調べください。

| 世捨人 | 2014/08/26 23:41 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>>自転車の歩道通行は法律で認められています.
>全ての歩道で自転車が通行できるわけではない.あくまでも緊急避難的に認められているだけの話で,自転車に義務づける条文ではない.「自転車歩道通行可」に問題が多い事は最初から分かり切っていた筈だ.

クルマの走行を想定してつくられた車道にあっては、自転車はやむをえないとして歩道を積極的に活用しましょう。

| 世捨人 | 2014/08/26 23:42 | URL |

世捨殿

>>交通事故判例集を読めば、きっと見つかると思います。
>断言できます!ありません!憶測で人を幻惑させるようなことはおやめください。

>まずはお調べください。

無いものを探せというのは物理的に無理です。
仮に探した結果ありませんでしたと言っても、きっと見つかるはずですなどと不誠実な返答をされることが目に見えてます。

あるというのならばそちらが出すのが筋でしょう。

私の知っている限りではレアケースではありますが追突された側に最大で3割程度の過失が生じたケースも数例あります。ただし、それはあなたが言っているような手信号がなかった程度ではなく、すべてのケースにおいてある一定の要因が立証されたケースに限りますがね。

頑張って探してみてください。

| 競技用自転車にのった通行人 | 2014/08/28 00:44 | URL |

サイクリング禁止反対

[インチキ交通安全ジャーナリスト]こと
[世捨人]殿|2014/08/26 23:42|付へ.

>クルマの走行を想定してつくられた車道にあっては,自転車はやむをえないとして歩道を積極的に活用しましょう.

不必要に広い歩道は半分に削って車道の一部とし,自転車専用の通行区分を明確化して,自転車の交通ルールを正常化することが求められる.

| マイロネフ | 2014/08/28 06:01 | URL | ≫ EDIT

↑また変な日本語書いてますね.
言いたい事は『なんとなく』分かるのですが,貴方の日本語はそれを明瞭に表していないのです.

もったいないです.

| こじま | 2014/08/28 11:10 | URL |

世捨人さん| 2014/08/15 00:55 |へ

>>皆様へ皆さん大丈夫ですか?今回の動画の特急自転車乗りは、車間距離も十分に取っているようですし、途中で何回か足を止めてスピード調整もしています。何ら問題ないでしょう。
>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。
>>お任せします。
>がんばってください。
>>お任せします。
>旧ときさんの意思にゆだねられています。
>>お任せします。
>わからないことは調べるというクセをつけましょう。

頑張って下さい。


>>競輪等での自転車同士でのドラフティングでは、後輪と前輪が接触する位に接近しているものです。
>公道では到底容認できません。
>>今回は十分に車間距離を取っているようです。
>トラックが道路標示「40」の上を通ってから1秒もしないうちに競技用自転車が通過しています。
>>十分でしょう。
>すなわち「車間距離は取っている」というのは誤りですので、誠意ある謝罪を求めます。
>>十分に「車間距離は取っている」ということです。
>現実を直視してください。

現実です。


>>今回の動画では、路面の穴や障害物も見えているでしょうし、先行するトラックが急ブレーキを踏んでも、十分に回避可能でしょう。
>後続車に追突される可能性も否定できません。
>>夜道に気を付けろ。というか っきーさん並みの脅迫ですね。おお怖、おお恐。
>何が起こるかわからないのが事故のおそろしさです。前や夜道だけでなく、昼夜問わず周囲の安全確認は絶対に怠らないようにしてください。
>>後続車両のドライバーにお伝え下さい。
>ご意見、ご要望として承ります。
>>やはり脅迫罪に問われるのは世捨人さん本人でしたか。おお恐、おお怖。
>意味不明です。

後続車両のドライバーは世捨人さん本人だったのでしょう。


>>3~4メートルの巾でふらついて危険回避出来るところも、2輪で小回りの利く自転車の良い所です。
>700×23Cタイヤでは、スピードを出したまま段差のある歩道に乗り上げて退避することは困難でしょう。
>>トラックに突っ込むよりは、リム打ちのパンクの方がましでしょう。自損事故自慢の一つになります。
>リム打ち時に乗員が放り出される危険があります。
>>前後のブレーキングのタイミングをずらし、後傾することで放り出される危険を回避する高度なブレーキング・テクニックが披露されることでしょう。
>後続車に追突されるでしょう。
>>これまた、夜道に気を付けろ。というか っきーさん並みの脅迫ですね。おお怖、おお恐。
>「自転車は車道」は危険であることをお認めいただきました。

危険なのは脅迫行為を行う後続車両のドライバー、すなわち世捨人さんご自身です。


>>まあ、気になるとすれば、点滅の尾灯ですね。不規則に点滅していますが、最近のモデルは後続ドライバーの注意を引くために、あえて、規則的な点滅をしないようにしているのかな?省エネ効果を上げるためか、それとも単なる電池ぎれかな。
>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。
>>お任せします。
>がんばってください、
>>お任せします。
>旧ときさんなら、きっとできます。
>>お任せします。
>がんばりましょう。

頑張って下さい。


>>後続車両の世捨人さんからは十分に確認できるのですから、電池代の掛からない「反射板」で十分でしょう。究極の省エネです。
>当ブログでは「サイドマーカー」装着を呼びかけております。http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-464.html
>>読む価値なしです。
>価値がわかる大人になってください。
>>お任せします。
>はしゃがないでください。
>>お任せします。
>はしゃぎずぎです。

お任せします。


>>また、トラックの後ろ麺を照らす無駄に強力な前照灯も上向きで、対向車両のドライバーには気になることでしょうね。
>「後ろ麺?」。ラーメンを運搬しているトラックなのでしょうか?
>>多分、うどんでしょう。
>「高圧ガス」ステッカーが見当たらないことから保冷装置がないトラックなので、生ものを積むのは禁物ですね。
>>乾燥面でしょう。
>「乾燥面(?)」 誤字脱字は繰り返さないでください。
>>では「背面」ということで、宜しく頼みます。
>意味不明です。

では、「後ろ面」ということで、手を打ちましょう。


>>そうまでして目立つ工夫などしなくても、そこに自転車がいることは後続車両や対向車両のドライバーは十分に認識出来ますよ。
>過信は禁物です。クルマは自転車を守ってくれるだろうという身勝手な判断は捨ててください。
>>安全な車間距離を保っていただければ、十分です。
>空気抵抗を低減するためのドラフティングは危険な車間距離となります。
>>お尻を後ろにずらし、前後のブレーキのタイミングを調整する高度なテクニックを駆使して、無駄な装飾品を削ぎ落し車重10キロ程度に軽量化された特急自転車を操る自転車乗りには、40~50キロで走行するコバンザメ走法も十分に安全な車間距離なのでしょう。
>後続車に追突されたら元も子もありませんね。
>>「闘魂注入クラクション」並みにしつこい脅迫ですね。おお怖、おお恐。
>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車で、車道を走行するのは危険ですね。

自転車は車道左端を通行するものです。


>>「自分の身を自分で守る」ためとはいえ、やりすぎです。車道上の最弱者である自転車は、無理して目立つ必要はありません。
>歩道を活用しましょう。
>>自転車は、車道左端を通行するものです。今回の動画の道路には歩道は見当たりませんよ。しっかりして下さい。
>歩道のガードレールや段差をとらえております。現実から目をそむけないでください。
>>自転車通行可の標識は見当たりません。
>「見当たらない」とおっしゃっていた、歩道は見つかりましたか?
>>ええ、見つかりました。
>誠意ある謝罪を求めます。

残念ながら、自転車通行可の標識は見当たりません。


>>ありのままで良いのです。Let it go !!
>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、クルマが走行する危険な車道は避けましょう。
>>自転車は、車道左端を通行するものです。
>自転車の歩道通行は法律で認めれれています。
>>車道も歩道も自由自在に好き勝手にあるがままに通行出来るところも自転車の良い所です。
>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>>道路交通の「安全」と「円滑」を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないとされています。
>自転車の歩道走行は法律で認められています。

車道も歩道も自由自在に好き勝手にあるがままに通行出来るところも自転車の良い所です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/08/28 14:36 | URL |

Re: タイトルなし

通行さん

>>交通事故判例集を読めば、きっと見つかると思います。
>断言できます!ありません!憶測で人を幻惑させるようなことはおやめください。
>>まずはお調べください。
>無いものを探せというのは物理的に無理です。仮に探した結果ありませんでしたと言っても、きっと見つかるはずですなどと不誠実な返答をされることが目に見えてます。

無いものを探せといっているのでなく、あるかないかを精査してくださいとお願いしているところです。

>あるというのならばそちらが出すのが筋でしょう。

調べた結果を報告するのが先です。

>私の知っている限りではレアケースではありますが追突された側に最大で3割程度の過失が生じたケースも数例あります。ただし、それはあなたが言っているような手信号がなかった程度ではなく、すべてのケースにおいてある一定の要因が立証されたケースに限りますがね。

前言撤回ですか?

>頑張って探してみてください。

努力は裏切らないでしょう。

| 世捨人 | 2014/09/02 23:27 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>>クルマの走行を想定してつくられた車道にあっては,自転車はやむをえないとして歩道を積極的に活用しましょう.
>不必要に広い歩道は半分に削って車道の一部とし,自転車専用の通行区分を明確化して,自転車の交通ルールを正常化することが求められる.

身勝手な考えは到底受け入れられません。

| 世捨人 | 2014/09/02 23:29 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>皆様へ皆さん大丈夫ですか?今回の動画の特急自転車乗りは、車間距離も十分に取っているようですし、途中で何回か足を止めてスピード調整もしています。何ら問題ないでしょう。
>>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。
>お任せします。
>>がんばってください。
>お任せします。
>>旧ときさんの意思にゆだねられています。
>お任せします。
>>わからないことは調べるというクセをつけましょう。
>頑張って下さい。

旧ときさんならきっとできます。

>競輪等での自転車同士でのドラフティングでは、後輪と前輪が接触する位に接近しているものです。
>>公道では到底容認できません。
>今回は十分に車間距離を取っているようです。
>>トラックが道路標示「40」の上を通ってから1秒もしないうちに競技用自転車が通過しています。
>十分でしょう。
>>すなわち「車間距離は取っている」というのは誤りですので、誠意ある謝罪を求めます。
>十分に「車間距離は取っている」ということです。
>>現実を直視してください。
>現実です。

危険行為は絶対におやめください。

>今回の動画では、路面の穴や障害物も見えているでしょうし、先行するトラックが急ブレーキを踏んでも、十分に回避可能でしょう。
>>後続車に追突される可能性も否定できません。
>夜道に気を付けろ。というか っきーさん並みの脅迫ですね。おお怖、おお恐。
>>何が起こるかわからないのが事故のおそろしさです。前や夜道だけでなく、昼夜問わず周囲の安全確認は絶対に怠らないようにしてください。
>後続車両のドライバーにお伝え下さい。
>>ご意見、ご要望として承ります。
>やはり脅迫罪に問われるのは世捨人さん本人でしたか。おお恐、おお怖。
>>意味不明です。
>後続車両のドライバーは世捨人さん本人だったのでしょう。

旧ときさんの想像にお任せします。

>3~4メートルの巾でふらついて危険回避出来るところも、2輪で小回りの利く自転車の良い所です。
>>700×23Cタイヤでは、スピードを出したまま段差のある歩道に乗り上げて退避することは困難でしょう。
>トラックに突っ込むよりは、リム打ちのパンクの方がましでしょう。自損事故自慢の一つになります。
>>リム打ち時に乗員が放り出される危険があります。
>前後のブレーキングのタイミングをずらし、後傾することで放り出される危険を回避する高度なブレーキング・テクニックが披露されることでしょう。
>>後続車に追突されるでしょう。
>これまた、夜道に気を付けろ。というか っきーさん並みの脅迫ですね。おお怖、おお恐。
>>「自転車は車道」は危険であることをお認めいただきました。
>危険なのは脅迫行為を行う後続車両のドライバー、すなわち世捨人さんご自身です。

車道を走る自転車にとって、クルマは脅威ですね。

>まあ、気になるとすれば、点滅の尾灯ですね。不規則に点滅していますが、最近のモデルは後続ドライバーの注意を引くために、あえて、規則的な点滅をしないようにしているのかな?省エネ効果を上げるためか、それとも単なる電池ぎれかな。
>>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。
>お任せします。
>>がんばってください、
>お任せします。
>>旧ときさんなら、きっとできます。
>お任せします。
>>がんばりましょう。
>頑張って下さい。

調べるクセをつけましょう。

>後続車両の世捨人さんからは十分に確認できるのですから、電池代の掛からない「反射板」で十分でしょう。究極の省エネです。
>>当ブログでは「サイドマーカー」装着を呼びかけております。http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-464.html
>読む価値なしです。
>>価値がわかる大人になってください。
>お任せします。
>>はしゃがないでください。
>お任せします。
>>はしゃぎずぎです。
>お任せします。

はしゃがないでください。

>また、トラックの後ろ麺を照らす無駄に強力な前照灯も上向きで、対向車両のドライバーには気になることでしょうね。
>>「後ろ麺?」。ラーメンを運搬しているトラックなのでしょうか?
>多分、うどんでしょう。
>>「高圧ガス」ステッカーが見当たらないことから保冷装置がないトラックなので、生ものを積むのは禁物ですね。
>乾燥面でしょう。
>>「乾燥面(?)」 誤字脱字は繰り返さないでください。
>では「背面」ということで、宜しく頼みます。
>>意味不明です。
>では、「後ろ面」ということで、手を打ちましょう。

誠意ある謝罪を求めます。

>そうまでして目立つ工夫などしなくても、そこに自転車がいることは後続車両や対向車両のドライバーは十分に認識出来ますよ。
>>過信は禁物です。クルマは自転車を守ってくれるだろうという身勝手な判断は捨ててください。
>安全な車間距離を保っていただければ、十分です。
>>空気抵抗を低減するためのドラフティングは危険な車間距離となります。
>お尻を後ろにずらし、前後のブレーキのタイミングを調整する高度なテクニックを駆使して、無駄な装飾品を削ぎ落し車重10キロ程度に軽量化された特急自転車を操る自転車乗りには、40~50キロで走行するコバンザメ走法も十分に安全な車間距離なのでしょう。
>>後続車に追突されたら元も子もありませんね。
>「闘魂注入クラクション」並みにしつこい脅迫ですね。おお怖、おお恐。
>>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車で、車道を走行するのは危険ですね。
>自転車は車道左端を通行するものです。

自転車の歩道通行は法律で認められています。

>「自分の身を自分で守る」ためとはいえ、やりすぎです。車道上の最弱者である自転車は、無理して目立つ必要はありません。
>>歩道を活用しましょう。
>自転車は、車道左端を通行するものです。今回の動画の道路には歩道は見当たりませんよ。しっかりして下さい。
>>歩道のガードレールや段差をとらえております。現実から目をそむけないでください。
>自転車通行可の標識は見当たりません。
>>「見当たらない」とおっしゃっていた、歩道は見つかりましたか?
>ええ、見つかりました。
>>誠意ある謝罪を求めます。
>残念ながら、自転車通行可の標識は見当たりません。

いずれにせよ「見当たらない」といっていた歩道は見つかったのですね。

>ありのままで良いのです。Let it go !!
>>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、クルマが走行する危険な車道は避けましょう。
>自転車は、車道左端を通行するものです。
>>自転車の歩道通行は法律で認めれれています。
>車道も歩道も自由自在に好き勝手にあるがままに通行出来るところも自転車の良い所です。
>>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>道路交通の「安全」と「円滑」を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないとされています。
>>自転車の歩道走行は法律で認められています。
>車道も歩道も自由自在に好き勝手にあるがままに通行出来るところも自転車の良い所です。

自転車の良いところは交通安全と相いれません。

| 世捨人 | 2014/09/02 23:32 | URL |

>>交通事故判例集を読めば、きっと見つかると思います。
>断言できます!ありません!憶測で人を幻惑させるようなことはおやめください。
>>まずはお調べください。
>無いものを探せというのは物理的に無理です。仮に探した結果ありませんでしたと言っても、きっと見つかるはずですなどと不誠実な返答をされることが目に見えてます。

>無いものを探せといっているのでなく、あるかないかを精査してくださいとお願いしているところです。

ありませんでしたよ。

>あるというのならばそちらが出すのが筋でしょう。

>調べた結果を報告するのが先です。

民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準[全訂5版] 別冊判例タイムズ38号
別冊38号をお読みください。


>私の知っている限りではレアケースではありますが追突された側に最大で3割程度の過失が生じたケースも数例あります。ただし、それはあなたが言っているような手信号がなかった程度ではなく、すべてのケースにおいてある一定の要因が立証されたケースに限りますがね。

>前言撤回ですか?

とんでもございません(笑)
読解力のない方ですね。

大丈夫ですか??


| 競技用自転車に乗った通行人 | 2014/09/03 22:41 | URL |

世捨人さん| 2014/09/02 23:32 |へ

>>皆様へ皆さん大丈夫ですか?今回の動画の特急自転車乗りは、車間距離も十分に取っているようですし、途中で何回か足を止めてスピード調整もしています。何ら問題ないでしょう。
>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。
>>お任せします。
>がんばってください。
>>お任せします。
>旧ときさんの意思にゆだねられています。
>>お任せします。
>わからないことは調べるというクセをつけましょう。
>>頑張って下さい。
>旧ときさんならきっとできます。

お任せします。


>>競輪等での自転車同士でのドラフティングでは、後輪と前輪が接触する位に接近しているものです。
>公道では到底容認できません。
>>今回は十分に車間距離を取っているようです。
>トラックが道路標示「40」の上を通ってから1秒もしないうちに競技用自転車が通過しています。
>>十分でしょう。
>すなわち「車間距離は取っている」というのは誤りですので、誠意ある謝罪を求めます。
>>十分に「車間距離は取っている」ということです。
>現実を直視してください。
>>現実です。
>危険行為は絶対におやめください。

十分な車間距離を取っていますので、何ら問題ありません。


>>今回の動画では、路面の穴や障害物も見えているでしょうし、先行するトラックが急ブレーキを踏んでも、十分に回避可能でしょう。
>後続車に追突される可能性も否定できません。
>>夜道に気を付けろ。というか っきーさん並みの脅迫ですね。おお怖、おお恐。
>何が起こるかわからないのが事故のおそろしさです。前や夜道だけでなく、昼夜問わず周囲の安全確認は絶対に怠らないようにしてください。
>>後続車両のドライバーにお伝え下さい。
>ご意見、ご要望として承ります。
>>やはり脅迫罪に問われるのは世捨人さん本人でしたか。おお恐、おお怖。
>意味不明です。
>>後続車両のドライバーは世捨人さん本人だったのでしょう。
>旧ときさんの想像にお任せします。

後続車のドライバーが世捨人さんでは、追突される可能性も否定できませんね。
恐怖。


>>3~4メートルの巾でふらついて危険回避出来るところも、2輪で小回りの利く自転車の良い所です。
>700×23Cタイヤでは、スピードを出したまま段差のある歩道に乗り上げて退避することは困難でしょう。
>>トラックに突っ込むよりは、リム打ちのパンクの方がましでしょう。自損事故自慢の一つになります。
>リム打ち時に乗員が放り出される危険があります。
>>前後のブレーキングのタイミングをずらし、後傾することで放り出される危険を回避する高度なブレーキング・テクニックが披露されることでしょう。
>後続車に追突されるでしょう。
>>これまた、夜道に気を付けろ。というか っきーさん並みの脅迫ですね。おお怖、おお恐。
>「自転車は車道」は危険であることをお認めいただきました。
>>危険なのは脅迫行為を行う後続車両のドライバー、すなわち世捨人さんご自身です。
>車道を走る自転車にとって、クルマは脅威ですね。

脅威は後続車両のドライバー、すなわち世捨人さんご自身です。


>>まあ、気になるとすれば、点滅の尾灯ですね。不規則に点滅していますが、最近のモデルは後続ドライバーの注意を引くために、あえて、規則的な点滅をしないようにしているのかな?省エネ効果を上げるためか、それとも単なる電池ぎれかな。
>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。
>>お任せします。
>がんばってください、
>>お任せします。
>旧ときさんなら、きっとできます。
>>お任せします。
>がんばりましょう。
>>頑張って下さい。
>調べるクセをつけましょう。

お任せします。


>>後続車両の世捨人さんからは十分に確認できるのですから、電池代の掛からない「反射板」で十分でしょう。究極の省エネです。
>当ブログでは「サイドマーカー」装着を呼びかけております。http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-464.html
>>読む価値なしです。
>価値がわかる大人になってください。
>>お任せします。
>はしゃがないでください。
>>お任せします。
>はしゃぎずぎです。
>>お任せします。
>はしゃがないでください。

お任せします。


>>また、トラックの後ろ麺を照らす無駄に強力な前照灯も上向きで、対向車両のドライバーには気になることでしょうね。
>「後ろ麺?」。ラーメンを運搬しているトラックなのでしょうか?
>>多分、うどんでしょう。
>「高圧ガス」ステッカーが見当たらないことから保冷装置がないトラックなので、生ものを積むのは禁物ですね。
>>乾燥面でしょう。
>「乾燥面(?)」 誤字脱字は繰り返さないでください。
>>では「背面」ということで、宜しく頼みます。
>意味不明です。
>>では、「後ろ面」ということで、手を打ちましょう。
>誠意ある謝罪を求めます。

背面でしたね。


>>そうまでして目立つ工夫などしなくても、そこに自転車がいることは後続車両や対向車両のドライバーは十分に認識出来ますよ。
>過信は禁物です。クルマは自転車を守ってくれるだろうという身勝手な判断は捨ててください。
>>安全な車間距離を保っていただければ、十分です。
>空気抵抗を低減するためのドラフティングは危険な車間距離となります。
>>お尻を後ろにずらし、前後のブレーキのタイミングを調整する高度なテクニックを駆使して、無駄な装飾品を削ぎ落し車重10キロ程度に軽量化された特急自転車を操る自転車乗りには、40~50キロで走行するコバンザメ走法も十分に安全な車間距離なのでしょう。
>後続車に追突されたら元も子もありませんね。
>>「闘魂注入クラクション」並みにしつこい脅迫ですね。おお怖、おお恐。
>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車で、車道を走行するのは危険ですね。
>>自転車は車道左端を通行するものです。
>自転車の歩道通行は法律で認められています。

車道・歩道のいずれをも好き勝手に自由自在に通行出来るところは自転車の良い所です。


>>「自分の身を自分で守る」ためとはいえ、やりすぎです。車道上の最弱者である自転車は、無理して目立つ必要はありません。
>歩道を活用しましょう。
>>自転車は、車道左端を通行するものです。今回の動画の道路には歩道は見当たりませんよ。しっかりして下さい。
>歩道のガードレールや段差をとらえております。現実から目をそむけないでください。
>>自転車通行可の標識は見当たりません。
>「見当たらない」とおっしゃっていた、歩道は見つかりましたか?
>>ええ、見つかりました。
>誠意ある謝罪を求めます。
>>残念ながら、自転車通行可の標識は見当たりません。
>いずれにせよ「見当たらない」といっていた歩道は見つかったのですね。

暗い夜道には気を付けましょう。


>>ありのままで良いのです。Let it go !!
>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、クルマが走行する危険な車道は避けましょう。
>>自転車は、車道左端を通行するものです。
>自転車の歩道通行は法律で認めれれています。
>>車道も歩道も自由自在に好き勝手にあるがままに通行出来るところも自転車の良い所です。
>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>>道路交通の「安全」と「円滑」を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないとされています。
>自転車の歩道走行は法律で認められています。
>>車道も歩道も自由自在に好き勝手にあるがままに通行出来るところも自転車の良い所です。
>自転車の良いところは交通安全と相いれません。

道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道も歩道も自由自在に好き勝手にあるがままに通行出来るとされています。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/09/04 11:22 | URL |

サイクリング禁止反対

[世捨人]殿|2014/09/02 23:29|付へ.

>>不必要に広い歩道は半分に削って車道の一部とし,自転車専用の通行区分を明確化し,自転車の交通ルールを正常化することが求められる.
>身勝手な考えは到底受け入れられません.

既存の歩道を改造するのだから,途方もない予算で新規に用地を取得する必要もなく,より現実的に近いと考える.当局がその気にさえなれば容易な筈だ.
主として自転車を利用する立場で,より安全で機能的な自転車の通行区分と交通ルールの正常化を求める意見を「身勝手」と称されるとは納得し難い.
“走る個室”のユーザーの意見だけを最大限に優遇し続けるのが正しい政策であるとは私は思わない.

| マイロネフ | 2014/09/04 20:20 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

通行さん

>>交通事故判例集を読めば、きっと見つかると思います。
>断言できます!ありません!憶測で人を幻惑させるようなことはおやめください。
>>まずはお調べください。
>無いものを探せというのは物理的に無理です。仮に探した結果ありませんでしたと言っても、きっと見つかるはずですなどと不誠実な返答をされることが目に見えてます。
>>無いものを探せといっているのでなく、あるかないかを精査してくださいとお願いしているところです。
>ありませんでしたよ。

努力不足でしょう。

>あるというのならばそちらが出すのが筋でしょう。
>>調べた結果を報告するのが先です。
>民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準[全訂5版] 別冊判例タイムズ38号別冊38号をお読みください。

「交通事故判例百選」(有斐閣)にチャレンジしてみましょう。

>私の知っている限りではレアケースではありますが追突された側に最大で3割程度の過失が生じたケースも数例あります。ただし、それはあなたが言っているような手信号がなかった程度ではなく、すべてのケースにおいてある一定の要因が立証されたケースに限りますがね。
>>前言撤回ですか?
>とんでもございません(笑)読解力のない方ですね。大丈夫ですか??

「逃げ得」は許しません。

| 世捨人 | 2014/09/10 00:18 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>皆様へ皆さん大丈夫ですか?今回の動画の特急自転車乗りは、車間距離も十分に取っているようですし、途中で何回か足を止めてスピード調整もしています。何ら問題ないでしょう。
>>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。
>お任せします。
>>がんばってください。
>お任せします。
>>旧ときさんの意思にゆだねられています。
>お任せします。
>>わからないことは調べるというクセをつけましょう。
>頑張って下さい。
>>旧ときさんならきっとできます。
>お任せします。

努力は裏切りません。

>競輪等での自転車同士でのドラフティングでは、後輪と前輪が接触する位に接近しているものです。
>>公道では到底容認できません。
>今回は十分に車間距離を取っているようです。
>>トラックが道路標示「40」の上を通ってから1秒もしないうちに競技用自転車が通過しています。
>十分でしょう。
>>すなわち「車間距離は取っている」というのは誤りですので、誠意ある謝罪を求めます。
>十分に「車間距離は取っている」ということです。
>>現実を直視してください。
>現実です。
>>危険行為は絶対におやめください。
>十分な車間距離を取っていますので、何ら問題ありません。

身勝手な判断は捨ててください。

>今回の動画では、路面の穴や障害物も見えているでしょうし、先行するトラックが急ブレーキを踏んでも、十分に回避可能でしょう。
>>後続車に追突される可能性も否定できません。
>夜道に気を付けろ。というか っきーさん並みの脅迫ですね。おお怖、おお恐。
>>何が起こるかわからないのが事故のおそろしさです。前や夜道だけでなく、昼夜問わず周囲の安全確認は絶対に怠らないようにしてください。
>後続車両のドライバーにお伝え下さい。
>>ご意見、ご要望として承ります。
>やはり脅迫罪に問われるのは世捨人さん本人でしたか。おお恐、おお怖。
>>意味不明です。
>後続車両のドライバーは世捨人さん本人だったのでしょう。
>>旧ときさんの想像にお任せします。
>後続車のドライバーが世捨人さんでは、追突される可能性も否定できませんね。恐怖。

小生はゴールド免許(優良運転者)を更新しております。

>3~4メートルの巾でふらついて危険回避出来るところも、2輪で小回りの利く自転車の良い所です。
>>700×23Cタイヤでは、スピードを出したまま段差のある歩道に乗り上げて退避することは困難でしょう。
>トラックに突っ込むよりは、リム打ちのパンクの方がましでしょう。自損事故自慢の一つになります。
>>リム打ち時に乗員が放り出される危険があります。
>前後のブレーキングのタイミングをずらし、後傾することで放り出される危険を回避する高度なブレーキング・テクニックが披露されることでしょう。
>>後続車に追突されるでしょう。
>これまた、夜道に気を付けろ。というか っきーさん並みの脅迫ですね。おお怖、おお恐。
>>「自転車は車道」は危険であることをお認めいただきました。
>危険なのは脅迫行為を行う後続車両のドライバー、すなわち世捨人さんご自身です。
>>車道を走る自転車にとって、クルマは脅威ですね。
>脅威は後続車両のドライバー、すなわち世捨人さんご自身です。

クルマは自転車を守ってくれるだろうという身勝手な判断は捨ててください。

>まあ、気になるとすれば、点滅の尾灯ですね。不規則に点滅していますが、最近のモデルは後続ドライバーの注意を引くために、あえて、規則的な点滅をしないようにしているのかな?省エネ効果を上げるためか、それとも単なる電池ぎれかな。
>>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。
>お任せします。
>>がんばってください、
>お任せします。
>>旧ときさんなら、きっとできます。
>お任せします。
>>がんばりましょう。
>頑張って下さい。
>>調べるクセをつけましょう。
>お任せします。

自信をつけてください。

>後続車両の世捨人さんからは十分に確認できるのですから、電池代の掛からない「反射板」で十分でしょう。究極の省エネです。
>>当ブログでは「サイドマーカー」装着を呼びかけております。http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-464.html
>読む価値なしです。
>>価値がわかる大人になってください。
>お任せします。
>>はしゃがないでください。
>お任せします。
>>はしゃぎずぎです。
>お任せします。
>>はしゃがないでください。
>お任せします。

はしゃぎすぎです。

>また、トラックの後ろ麺を照らす無駄に強力な前照灯も上向きで、対向車両のドライバーには気になることでしょうね。
>>「後ろ麺?」。ラーメンを運搬しているトラックなのでしょうか?
>多分、うどんでしょう。
>>「高圧ガス」ステッカーが見当たらないことから保冷装置がないトラックなので、生ものを積むのは禁物ですね。
>乾燥面でしょう。
>>「乾燥面(?)」 誤字脱字は繰り返さないでください。
>では「背面」ということで、宜しく頼みます。
>>意味不明です。
>では、「後ろ面」ということで、手を打ちましょう。
>>誠意ある謝罪を求めます。
>背面でしたね。

しっかりしてください。

>そうまでして目立つ工夫などしなくても、そこに自転車がいることは後続車両や対向車両のドライバーは十分に認識出来ますよ。
>>過信は禁物です。クルマは自転車を守ってくれるだろうという身勝手な判断は捨ててください。
>安全な車間距離を保っていただければ、十分です。
>>空気抵抗を低減するためのドラフティングは危険な車間距離となります。
>お尻を後ろにずらし、前後のブレーキのタイミングを調整する高度なテクニックを駆使して、無駄な装飾品を削ぎ落し車重10キロ程度に軽量化された特急自転車を操る自転車乗りには、40~50キロで走行するコバンザメ走法も十分に安全な車間距離なのでしょう。
>>後続車に追突されたら元も子もありませんね。
>「闘魂注入クラクション」並みにしつこい脅迫ですね。おお怖、おお恐。
>>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車で、車道を走行するのは危険ですね。
>自転車は車道左端を通行するものです。
>>自転車の歩道通行は法律で認められています。
>車道・歩道のいずれをも好き勝手に自由自在に通行出来るところは自転車の良い所です。

自転車の良いところは交通安全と相いれません。

>「自分の身を自分で守る」ためとはいえ、やりすぎです。車道上の最弱者である自転車は、無理して目立つ必要はありません。
>>歩道を活用しましょう。
>自転車は、車道左端を通行するものです。今回の動画の道路には歩道は見当たりませんよ。しっかりして下さい。
>>歩道のガードレールや段差をとらえております。現実から目をそむけないでください。
>自転車通行可の標識は見当たりません。
>>「見当たらない」とおっしゃっていた、歩道は見つかりましたか?
>ええ、見つかりました。
>>誠意ある謝罪を求めます。
>残念ながら、自転車通行可の標識は見当たりません。
>>いずれにせよ「見当たらない」といっていた歩道は見つかったのですね。
>暗い夜道には気を付けましょう。

逃げ得は許しません。

>ありのままで良いのです。Let it go !!
>>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、クルマが走行する危険な車道は避けましょう。
>自転車は、車道左端を通行するものです。
>>自転車の歩道通行は法律で認めれれています。
>車道も歩道も自由自在に好き勝手にあるがままに通行出来るところも自転車の良い所です。
>>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>道路交通の「安全」と「円滑」を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないとされています。
>>自転車の歩道走行は法律で認められています。
>車道も歩道も自由自在に好き勝手にあるがままに通行出来るところも自転車の良い所です。
>>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道も歩道も自由自在に好き勝手にあるがままに通行出来るとされています。

身勝手な解釈はおやめください。

| 世捨人 | 2014/09/10 00:38 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>不必要に広い歩道は半分に削って車道の一部とし,自転車専用の通行区分を明確化し,自転車の交通ルールを正常化することが求められる.
>>身勝手な考えは到底受け入れられません.
>既存の歩道を改造するのだから,途方もない予算で新規に用地を取得する必要もなく,より現実的に近いと考える.当局がその気にさえなれば容易な筈だ.

自転車の特別扱いは国民の理解を得るのが困難でしょう。

>主として自転車を利用する立場で,より安全で機能的な自転車の通行区分と交通ルールの正常化を求める意見を「身勝手」と称されるとは納得し難い.

道路は誰のものでもありません。自転車至上主義は身勝手極まりありません。

>“走る個室”のユーザーの意見だけを最大限に優遇し続けるのが正しい政策であるとは私は思わない.

クルマのユーザーはそれなりに負担しております。

| 世捨人 | 2014/09/10 00:40 | URL |

道路は誰のものでもありません。自転車至上主義は身勝手極まりありません。| 世捨人 | 2014/09/10 00:40 | URL |

その通り。道路は誰の物でもない自『動』車至上主義は身勝手だね。

クルマのユーザーはそれなりに負担しております。| 世捨人 | 2014/09/10 00:40 | URL |

だから何?負担するのが嫌ならば、自動車を降りればよい。
世の中には『自転車』も『バイク』も有るのだから。

| ヒロ | 2014/09/10 01:09 | URL |

Re: タイトルなし

ヒさん

>>道路は誰のものでもありません。自転車至上主義は身勝手極まりありません。| 世捨人 | 2014/09/10 00:40 | URL |
>その通り。道路は誰の物でもない自『動』車至上主義は身勝手だね。

意味不明です。

>>クルマのユーザーはそれなりに負担しております。| 世捨人 | 2014/09/10 00:40 | URL |
>だから何?負担するのが嫌ならば、自動車を降りればよい。 世の中には『自転車』も『バイク』も有るのだから。

自転車にも相当の負担を求めるのがスジでしょう。

| 世捨人 | 2014/09/10 01:20 | URL |

自転車にも相当の負担を求めるのがスジでしょう。 | 世捨人 | 2014/09/10 01:20 | URL |

路面への負担、二酸化炭素などの環境への負担。何より積載量が違います。

それらが劣る自転車に自動車並みの負担を強いるのは、お・か・ど・ち・が・いと言うのものではないかな?

やっぱり積載量とか二酸化炭素排出量とかの『データ』が弱いですね。

データで話しないとダメだよ。

| ヒロ | 2014/09/10 01:25 | URL |

| 世捨人 | 殿 2014/09/10 00:18 | URL |

>>交通事故判例集を読めば、きっと見つかると思います。
>断言できます!ありません!憶測で人を幻惑させるようなことはおやめください。
>>まずはお調べください。
>無いものを探せというのは物理的に無理です。仮に探した結果ありませんでしたと言っても、きっと見つかるはずですなどと不誠実な返答をされることが目に見えてます。
>>無いものを探せといっているのでなく、あるかないかを精査してくださいとお願いしているところです。
>ありませんでしたよ。

>努力不足でしょう。

はい、予想どうりの不誠実返答ごくろうさま。

>あるというのならばそちらが出すのが筋でしょう。
>>調べた結果を報告するのが先です。
>民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準[全訂5版] 別冊判例タイムズ38号別冊38号をお読みください。

>「交通事故判例百選」(有斐閣)にチャレンジしてみましょう。

私はそちらが提示するのが筋だと思ってますので、ご自身でお調べください。
そして、事例があるのならばご提示ください。
のらりくらり理由をつけて提示されないのならば、事例はなかったものと解釈いたします。

>私の知っている限りではレアケースではありますが追突された側に最大で3割程度の過失が生じたケースも数例あります。ただし、それはあなたが言っているような手信号がなかった程度ではなく、すべてのケースにおいてある一定の要因が立証されたケースに限りますがね。
>>前言撤回ですか?
>とんでもございません(笑)読解力のない方ですね。大丈夫ですか??

>「逃げ得」は許しません。

読解力ない方ですね。
しょうがないので、少し説明いたしましょう。
あなたは以前、
>ブレーキランプが備わっていない競技用自転車が手信号もせずに 急ブレーキをかけて追突でもされたら、自転車にも過失責任は問 われるでしょう。

 | 世捨人 | 2014/07/17 00:55 | URL |
と、発言されてますよね。
確かに、自転車には手信号が義務付けられておりますが、緊急時において、危険を回避するため(危険回避行動)に手信号なしで急停車した場合は手信号よりも危険回避行動のほうが優先されます。
この場合、手信号がなかったということについて過失責任が生じることはありません。(民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準[全訂5版] 別冊判例タイムズ38号別冊38号)

よって、あなたの発言のようなことは100%無いと申しております。

また、私が記入したレアケースについてですが、追突された側に過失責任が生じる場合も認定基準に記して有ります。これは、”意味の無い急停車”が証明された場合です。
具体的には”当たりや行為” あるいは、追突される危険を承知の上で威嚇目的などにて急停車あるいは急減速を行った場合です。
しかし、先行者がいかに悪質であろうと、”猫が飛び出してきた”などと虚偽の証言をした場合は、後続車側にその証言が虚偽であることを証明する必要があります。先行者はただ、言い張るだけでいいのです。仮に”意味の無い急停車”が裁判で認められた場合でも過失割合は7:3で後続車側の過失割合が大きくなります。
早い話、後続車はいかなる状況においても安全に停止できる車間距離を開けておく義務があり、追突してしまえばその義務を怠ったとされるのが、裁判で適用される交通事故過失割合の認定基準です。(法律では有りません)

解かりましたか?
どうせ、いつものように短文で誤魔化すのでしょうが、「逃げ得」は許しませんよ。

| 競技用自転車にのった通行人 | 2014/09/10 08:15 | URL |

世捨人さん| 2014/09/10 00:38 |へ

>>皆様へ皆さん大丈夫ですか?今回の動画の特急自転車乗りは、車間距離も十分に取っているようですし、途中で何回か足を止めてスピード調整もしています。何ら問題ないでしょう。
>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。
>>お任せします。
>がんばってください。
>>お任せします。
>旧ときさんの意思にゆだねられています。
>>お任せします。
>わからないことは調べるというクセをつけましょう。
>>頑張って下さい。
>旧ときさんならきっとできます。
>>お任せします。
>努力は裏切りません。

頑張って下さい。


>>競輪等での自転車同士でのドラフティングでは、後輪と前輪が接触する位に接近しているものです。
>公道では到底容認できません。
>>今回は十分に車間距離を取っているようです。
>トラックが道路標示「40」の上を通ってから1秒もしないうちに競技用自転車が通過しています。
>>十分でしょう。
>すなわち「車間距離は取っている」というのは誤りですので、誠意ある謝罪を求めます。
>>十分に「車間距離は取っている」ということです。
>現実を直視してください。
>>現実です。
>危険行為は絶対におやめください。
>>十分な車間距離を取っていますので、何ら問題ありません。
>身勝手な判断は捨ててください。

現実です。


>>今回の動画では、路面の穴や障害物も見えているでしょうし、先行するトラックが急ブレーキを踏んでも、十分に回避可能でしょう。
>後続車に追突される可能性も否定できません。
>>夜道に気を付けろ。というか っきーさん並みの脅迫ですね。おお怖、おお恐。
>何が起こるかわからないのが事故のおそろしさです。前や夜道だけでなく、昼夜問わず周囲の安全確認は絶対に怠らないようにしてください。
>>後続車両のドライバーにお伝え下さい。
>ご意見、ご要望として承ります。
>>やはり脅迫罪に問われるのは世捨人さん本人でしたか。おお恐、おお怖。
>意味不明です。
>>後続車両のドライバーは世捨人さん本人だったのでしょう。
>旧ときさんの想像にお任せします。
>>後続車のドライバーが世捨人さんでは、追突される可能性も否定できませんね。恐怖。
>小生はゴールド免許(優良運転者)を更新しております。

後続車に追突される可能性も否定できません。


>>3~4メートルの巾でふらついて危険回避出来るところも、2輪で小回りの利く自転車の良い所です。
>700×23Cタイヤでは、スピードを出したまま段差のある歩道に乗り上げて退避することは困難でしょう。
>>トラックに突っ込むよりは、リム打ちのパンクの方がましでしょう。自損事故自慢の一つになります。
>リム打ち時に乗員が放り出される危険があります。
>>前後のブレーキングのタイミングをずらし、後傾することで放り出される危険を回避する高度なブレーキング・テクニックが披露されることでしょう。
>後続車に追突されるでしょう。
>>これまた、夜道に気を付けろ。というか っきーさん並みの脅迫ですね。おお怖、おお恐。
>「自転車は車道」は危険であることをお認めいただきました。
>>危険なのは脅迫行為を行う後続車両のドライバー、すなわち世捨人さんご自身です。
>車道を走る自転車にとって、クルマは脅威ですね。
>>脅威は後続車両のドライバー、すなわち世捨人さんご自身です。
>クルマは自転車を守ってくれるだろうという身勝手な判断は捨ててください。

後続車に追突される可能性も否定できません。


>>まあ、気になるとすれば、点滅の尾灯ですね。不規則に点滅していますが、最近のモデルは後続ドライバーの注意を引くために、あえて、規則的な点滅をしないようにしているのかな?省エネ効果を上げるためか、それとも単なる電池ぎれかな。
>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。
>>お任せします。
>がんばってください、
>>お任せします。
>旧ときさんなら、きっとできます。
>>お任せします。
>がんばりましょう。
>>頑張って下さい。
>調べるクセをつけましょう。
>>お任せします。
>自信をつけてください。

頑張って下さい。


>>後続車両の世捨人さんからは十分に確認できるのですから、電池代の掛からない「反射板」で十分でしょう。究極の省エネです。
>当ブログでは「サイドマーカー」装着を呼びかけております。http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-464.html
>>読む価値なしです。
>価値がわかる大人になってください。
>>お任せします。
>はしゃがないでください。
>>お任せします。
>はしゃぎずぎです。
>>お任せします。
>はしゃがないでください。
>>お任せします。
>はしゃぎすぎです。

お任せします。


>>また、トラックの後ろ麺を照らす無駄に強力な前照灯も上向きで、対向車両のドライバーには気になることでしょうね。
>「後ろ麺?」。ラーメンを運搬しているトラックなのでしょうか?
>>多分、うどんでしょう。
>「高圧ガス」ステッカーが見当たらないことから保冷装置がないトラックなので、生ものを積むのは禁物ですね。
>>乾燥面でしょう。
>「乾燥面(?)」 誤字脱字は繰り返さないでください。
>>では「背面」ということで、宜しく頼みます。
>意味不明です。
>>では、「後ろ面」ということで、手を打ちましょう。
>誠意ある謝罪を求めます。
>>背面でしたね。
>しっかりしてください。

きっと、手打ち麺だったのでしょう。


>>そうまでして目立つ工夫などしなくても、そこに自転車がいることは後続車両や対向車両のドライバーは十分に認識出来ますよ。
>過信は禁物です。クルマは自転車を守ってくれるだろうという身勝手な判断は捨ててください。
>>安全な車間距離を保っていただければ、十分です。
>空気抵抗を低減するためのドラフティングは危険な車間距離となります。
>>お尻を後ろにずらし、前後のブレーキのタイミングを調整する高度なテクニックを駆使して、無駄な装飾品を削ぎ落し車重10キロ程度に軽量化された特急自転車を操る自転車乗りには、40~50キロで走行するコバンザメ走法も十分に安全な車間距離なのでしょう。
>後続車に追突されたら元も子もありませんね。
>>「闘魂注入クラクション」並みにしつこい脅迫ですね。おお怖、おお恐。
>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車で、車道を走行するのは危険ですね。
>>自転車は車道左端を通行するものです。
>自転車の歩道通行は法律で認められています。
>>車道・歩道のいずれをも好き勝手に自由自在に通行出来るところは自転車の良い所です。
>自転車の良いところは交通安全と相いれません。

道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないとされています。


>>「自分の身を自分で守る」ためとはいえ、やりすぎです。車道上の最弱者である自転車は、無理して目立つ必要はありません。
>歩道を活用しましょう。
>>自転車は、車道左端を通行するものです。今回の動画の道路には歩道は見当たりませんよ。しっかりして下さい。
>歩道のガードレールや段差をとらえております。現実から目をそむけないでください。
>>自転車通行可の標識は見当たりません。
>「見当たらない」とおっしゃっていた、歩道は見つかりましたか?
>>ええ、見つかりました。
>誠意ある謝罪を求めます。
>>残念ながら、自転車通行可の標識は見当たりません。
>いずれにせよ「見当たらない」といっていた歩道は見つかったのですね。
>>暗い夜道には気を付けましょう。
>逃げ得は許しません。

残念ながら、自転車通行可の標識は見当たりません。


>>ありのままで良いのです。Let it go !!
>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、クルマが走行する危険な車道は避けましょう。
>>自転車は、車道左端を通行するものです。
>自転車の歩道通行は法律で認めれれています。
>>車道も歩道も自由自在に好き勝手にあるがままに通行出来るところも自転車の良い所です。
>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>>道路交通の「安全」と「円滑」を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないとされています。
>自転車の歩道走行は法律で認められています。
>>車道も歩道も自由自在に好き勝手にあるがままに通行出来るところも自転車の良い所です。
>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道も歩道も自由自在に好き勝手にあるがままに通行出来るとされています。
>身勝手な解釈はおやめください。

ありのままで良いのです。Let it go !!

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/09/10 10:09 | URL |

サイクリング禁止反対

[世捨人]殿|2014/09/10 00:40|付へ.

>自転車の特別扱いは国民の理解を得るのが困難でしょう.

特別扱いでも何でもない.政策として至極当然の話だ.
一部国民の理解が得られなくとも,半ば強引にでも歩行者と自転車の完全分離を図って自転車の交通ルール正常化を推進しなければ,いつまで経っても自転車の異常なデタラメ気まま状態は解消できない.

| マイロネフ | 2014/09/10 20:33 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

ヒさん


>>自転車にも相当の負担を求めるのがスジでしょう。 | 世捨人 | 2014/09/10 01:20 | URL |

>路面への負担、二酸化炭素などの環境への負担。何より積載量が違います。それらが劣る自転車に自動車並みの負担を強いるのは、お・か・ど・ち・が・いと言うのものではないかな?やっぱり積載量とか二酸化炭素排出量とかの『データ』が弱いですね。データで話しないとダメだよ。

クルマ並みでなくとも、道路ユーザーとして自転車にも相当の負担を求めるのが社会の要請でしょう。

| 世捨人 | 2014/09/18 00:21 | URL |

Re: タイトルなし

通行さん

>>交通事故判例集を読めば、きっと見つかると思います。
>断言できます!ありません!憶測で人を幻惑させるようなことはおやめください。
>>まずはお調べください。
>無いものを探せというのは物理的に無理です。仮に探した結果ありませんでしたと言っても、きっと見つかるはずですなどと不誠実な返答をされることが目に見えてます。
>>無いものを探せといっているのでなく、あるかないかを精査してくださいとお願いしているところです。
>ありませんでしたよ。
>>努力不足でしょう。
>はい、予想どうりの不誠実返答ごくろうさま。

後出しジャンケンはひきょうです。

>あるというのならばそちらが出すのが筋でしょう。
>>調べた結果を報告するのが先です。
>民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準[全訂5版] 別冊判例タイムズ38号別冊38号をお読みください。
>>「交通事故判例百選」(有斐閣)にチャレンジしてみましょう。

>私はそちらが提示するのが筋だと思ってますので、ご自身でお調べください。そして、事例があるのならばご提示ください。のらりくらり理由をつけて提示されないのならば、事例はなかったものと解釈いたします。

努力は裏切りません。身勝手な解釈は厳に慎んでください。

>私の知っている限りではレアケースではありますが追突された側に最大で3割程度の過失が生じたケースも数例あります。ただし、それはあなたが言っているような手信号がなかった程度ではなく、すべてのケースにおいてある一定の要因が立証されたケースに限りますがね。
>>前言撤回ですか?
>とんでもございません(笑)読解力のない方ですね。大丈夫ですか??
>>「逃げ得」は許しません。
>読解力ない方ですね。しょうがないので、少し説明いたしましょう。あなたは以前、>ブレーキランプが備わっていない競技用自転車が手信号もせずに 急ブレーキをかけて追突でもされたら、自転車にも過失責任は問 われるでしょう。 | 世捨人 | 2014/07/17 00:55 | URL |と、発言されてますよね。確かに、自転車には手信号が義務付けられておりますが、緊急時において、危険を回避するため(危険回避行動)に手信号なしで急停車した場合は手信号よりも危険回避行動のほうが優先されます。この場合、手信号がなかったということについて過失責任が生じることはありません。(民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準[全訂5版] 別冊判例タイムズ38号別冊38号)よって、あなたの発言のようなことは100%無いと申しております。

裁判所が判断することです。身勝手な解釈は厳に慎んでください。

>また、私が記入したレアケースについてですが、追突された側に過失責任が生じる場合も認定基準に記して有ります。これは、”意味の無い急停車”が証明された場合です。具体的には”当たりや行為” あるいは、追突される危険を承知の上で威嚇目的などにて急停車あるいは急減速を行った場合です。しかし、先行者がいかに悪質であろうと、”猫が飛び出してきた”などと虚偽の証言をした場合は、後続車側にその証言が虚偽であることを証明する必 要があります。先行者はただ、言い張るだけでいいのです。仮に”意味の無い急停車”が裁判で認められた場合でも過失割合は7:3で後続車側の過失割合が大 きくなります。早い話、後続車はいかなる状況においても安全に停止できる車間距離を開けておく義務があり、追突してしまえばその義務を怠ったとされるのが、裁判で適用される交通事故過失割合の認定基準です。(法律では有りません)解かりましたか?どうせ、いつものように短文で誤魔化すのでしょうが、「逃げ得」は許しませんよ。

割合はどうであれ、先行者にも過失責任が問われることがおわかりいただけたかと思います。

| 世捨人 | 2014/09/18 00:32 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>皆様へ皆さん大丈夫ですか?今回の動画の特急自転車乗りは、車間距離も十分に取っているようですし、途中で何回か足を止めてスピード調整もしています。何ら問題ないでしょう。
>>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。
>お任せします。
>>がんばってください。
>お任せします。
>>旧ときさんの意思にゆだねられています。
>お任せします。
>>わからないことは調べるというクセをつけましょう。
>頑張って下さい。
>>旧ときさんならきっとできます。
>お任せします。
>>努力は裏切りません。
>頑張って下さい。

お任せします。

>競輪等での自転車同士でのドラフティングでは、後輪と前輪が接触する位に接近しているものです。
>>公道では到底容認できません。
>今回は十分に車間距離を取っているようです。
>>トラックが道路標示「40」の上を通ってから1秒もしないうちに競技用自転車が通過しています。
>十分でしょう。
>>すなわち「車間距離は取っている」というのは誤りですので、誠意ある謝罪を求めます。
>十分に「車間距離は取っている」ということです。
>>現実を直視してください。
>現実です。
>>危険行為は絶対におやめください。
>十分な車間距離を取っていますので、何ら問題ありません。
>>身勝手な判断は捨ててください。
>現実です。

危険行為は絶対におやめください。

>今回の動画では、路面の穴や障害物も見えているでしょうし、先行するトラックが急ブレーキを踏んでも、十分に回避可能でしょう。
>>後続車に追突される可能性も否定できません。
>夜道に気を付けろ。というか っきーさん並みの脅迫ですね。おお怖、おお恐。
>>何が起こるかわからないのが事故のおそろしさです。前や夜道だけでなく、昼夜問わず周囲の安全確認は絶対に怠らないようにしてください。
>後続車両のドライバーにお伝え下さい。
>>ご意見、ご要望として承ります。
>やはり脅迫罪に問われるのは世捨人さん本人でしたか。おお恐、おお怖。
>>意味不明です。
>後続車両のドライバーは世捨人さん本人だったのでしょう。
>>旧ときさんの想像にお任せします。
>後続車のドライバーが世捨人さんでは、追突される可能性も否定できませんね。恐怖。
>>小生はゴールド免許(優良運転者)を更新しております。
>後続車に追突される可能性も否定できません。

ゴールド免許を取得すればわかるでしょう。

>3~4メートルの巾でふらついて危険回避出来るところも、2輪で小回りの利く自転車の良い所です。
>>700×23Cタイヤでは、スピードを出したまま段差のある歩道に乗り上げて退避することは困難でしょう。
>トラックに突っ込むよりは、リム打ちのパンクの方がましでしょう。自損事故自慢の一つになります。
>>リム打ち時に乗員が放り出される危険があります。
>前後のブレーキングのタイミングをずらし、後傾することで放り出される危険を回避する高度なブレーキング・テクニックが披露されることでしょう。
>>後続車に追突されるでしょう。
>これまた、夜道に気を付けろ。というか っきーさん並みの脅迫ですね。おお怖、おお恐。
>>「自転車は車道」は危険であることをお認めいただきました。
>危険なのは脅迫行為を行う後続車両のドライバー、すなわち世捨人さんご自身です。
>>車道を走る自転車にとって、クルマは脅威ですね。
>脅威は後続車両のドライバー、すなわち世捨人さんご自身です。
>>クルマは自転車を守ってくれるだろうという身勝手な判断は捨ててください。
>後続車に追突される可能性も否定できません。

歩道を活用しましょう。

>まあ、気になるとすれば、点滅の尾灯ですね。不規則に点滅していますが、最近のモデルは後続ドライバーの注意を引くために、あえて、規則的な点滅をしないようにしているのかな?省エネ効果を上げるためか、それとも単なる電池ぎれかな。
>>「動画」「インターレース」について調べてみましょう。
>お任せします。
>>がんばってください、
>お任せします。
>>旧ときさんなら、きっとできます。
>お任せします。
>>がんばりましょう。
>頑張って下さい。
>>調べるクセをつけましょう。
>お任せします。
>>自信をつけてください。
>頑張って下さい。

お任せします。

>後続車両の世捨人さんからは十分に確認できるのですから、電池代の掛からない「反射板」で十分でしょう。究極の省エネです。
>>当ブログでは「サイドマーカー」装着を呼びかけております。http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-464.html
>読む価値なしです。
>>価値がわかる大人になってください。
>お任せします。
>>はしゃがないでください。
>お任せします。
>>はしゃぎずぎです。
>お任せします。
>>はしゃがないでください。
>お任せします。
>>はしゃぎすぎです。
>お任せします。

はしゃぎすぎです。

>また、トラックの後ろ麺を照らす無駄に強力な前照灯も上向きで、対向車両のドライバーには気になることでしょうね。
>>「後ろ麺?」。ラーメンを運搬しているトラックなのでしょうか?
>多分、うどんでしょう。
>>「高圧ガス」ステッカーが見当たらないことから保冷装置がないトラックなので、生ものを積むのは禁物ですね。
>乾燥面でしょう。
>>「乾燥面(?)」 誤字脱字は繰り返さないでください。
>では「背面」ということで、宜しく頼みます。
>>意味不明です。
>では、「後ろ面」ということで、手を打ちましょう。
>>誠意ある謝罪を求めます。
>背面でしたね。
>>しっかりしてください。
>きっと、手打ち麺だったのでしょう。

お任せします。

>そうまでして目立つ工夫などしなくても、そこに自転車がいることは後続車両や対向車両のドライバーは十分に認識出来ますよ。
>>過信は禁物です。クルマは自転車を守ってくれるだろうという身勝手な判断は捨ててください。
>安全な車間距離を保っていただければ、十分です。
>>空気抵抗を低減するためのドラフティングは危険な車間距離となります。
>お尻を後ろにずらし、前後のブレーキのタイミングを調整する高度なテクニックを駆使して、無駄な装飾品を削ぎ落し車重10キロ程度に軽量化された特急自転車を操る自転車乗りには、40~50キロで走行するコバンザメ走法も十分に安全な車間距離なのでしょう。
>>後続車に追突されたら元も子もありませんね。
>「闘魂注入クラクション」並みにしつこい脅迫ですね。おお怖、おお恐。
>>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車で、車道を走行するのは危険ですね。
>自転車は車道左端を通行するものです。
>>自転車の歩道通行は法律で認められています。
>車道・歩道のいずれをも好き勝手に自由自在に通行出来るところは自転車の良い所です。
>>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないとされています。

危険なクルマを避けるために自転車の歩道走行はやむを得ないでしょう。

>「自分の身を自分で守る」ためとはいえ、やりすぎです。車道上の最弱者である自転車は、無理して目立つ必要はありません。
>>歩道を活用しましょう。
>自転車は、車道左端を通行するものです。今回の動画の道路には歩道は見当たりませんよ。しっかりして下さい。
>>歩道のガードレールや段差をとらえております。現実から目をそむけないでください。
>自転車通行可の標識は見当たりません。
>>「見当たらない」とおっしゃっていた、歩道は見つかりましたか?
>ええ、見つかりました。
>>誠意ある謝罪を求めます。
>残念ながら、自転車通行可の標識は見当たりません。
>>いずれにせよ「見当たらない」といっていた歩道は見つかったのですね。
>暗い夜道には気を付けましょう。
>>逃げ得は許しません。
>残念ながら、自転車通行可の標識は見当たりません。

「見当たらない」といっていた歩道は見つかりましたね。

>ありのままで良いのです。Let it go !!
>>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、クルマが走行する危険な車道は避けましょう。
>自転車は、車道左端を通行するものです。
>>自転車の歩道通行は法律で認めれれています。
>車道も歩道も自由自在に好き勝手にあるがままに通行出来るところも自転車の良い所です。
>>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>道路交通の「安全」と「円滑」を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないとされています。
>>自転車の歩道走行は法律で認められています。
>車道も歩道も自由自在に好き勝手にあるがままに通行出来るところも自転車の良い所です。
>>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道も歩道も自由自在に好き勝手にあるがままに通行出来るとされています。
>>身勝手な解釈はおやめください。
>ありのままで良いのです。Let it go !!

現実は「自転車は歩道」ということでしょうか。

| 世捨人 | 2014/09/18 00:39 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>>自転車の特別扱いは国民の理解を得るのが困難でしょう.
>特別扱いでも何でもない.政策として至極当然の話だ.一部国民の理解が得られなくとも,半ば強引にでも歩行者と自転車の完全分離を図って自転車の交通ルール正常化を推進しなければ,いつまで経っても自転車の異常なデタラメ気まま状態は解消できない.

車道を走る自転車の危険運転を目の当たりにし、クルマのドライバーの受忍限度は限界でしょう。

| 世捨人 | 2014/09/18 00:47 | URL |

世捨人 殿

結論です。

>私はそちらが提示するのが筋だと思ってますので、ご自身でお調べください。そして、事例があるのならばご提示ください。のらりくらり理由をつけて提示されないのならば、事例はなかったものと解釈いたします。



>努力は裏切りません。身勝手な解釈は厳に慎んでください。

私の要求に対して納得のいく解答がいただけませんでしたので、前記したとおり事例はなかったものとして解釈いたします。

結局貴殿は思いつきで問題提示されるが、根拠が伴っておりません。

根拠が無いから質問責任も果たせず珍解答を繰り返してばかりです。

今後、このような裏付けの無い発言は慎んでいただくとともに誠意ある謝罪を求めます。

反論は一切受け付けません!

| 競技用自転車にのった通行人 | 2014/09/18 08:27 | URL |

本当に車の事だけを考えているんですね。
交差点に直進する時も一時停止するのは歩行者だけ。
巻き込み事故に会うのは歩行者や自転車が直進で進むのに一時停止しないで確認不足だから事故になる。
車道を走ることが本来の自転車に対して、『車』走行の邪魔だから歩道に上がって、歩行者との事故の原因になってください。
スポーツバイクは速度が出るので、止まれるブレーキが付いている。普通の一般車より止まれるのに危険だ。
と言った所でしょうか。
本当に、車本位で車の事しか考えられない人ですね。
一般道は『共有』のものです。共有のものを我が物のように運転する車に問題があります。左折の巻き込み確認は教習所でも習うことですし、巻き込み確認と右左折での確認は『車』のドライバーの義務です。そこで事故が起きるのはドライバーの確認不足です。
それを、自転車に押し付けるような発言は辞めて戴きたい。

| スポーツバイク乗り | 2014/09/18 10:11 | URL |

Re: タイトルなし

通行さん

>結論です。

あわてないでください。

>>私はそちらが提示するのが筋だと思ってますので、ご自身でお調べください。そして、事例があるのならばご提示ください。のらりくらり理由をつけて提示されないのならば、事例はなかったものと解釈いたします。
>>努力は裏切りません。身勝手な解釈は厳に慎んでください。
>私の要求に対して納得のいく解答がいただけませんでしたので、前記したとおり事例はなかったものとして解釈いたします。

記事はよくお読みください。

>結局貴殿は思いつきで問題提示されるが、根拠が伴っておりません。

記事内容には絶大なる自信があります。

>根拠が無いから質問責任も果たせず珍解答を繰り返してばかりです。

交通安全に資する提言であると自負しております。

>今後、このような裏付けの無い発言は慎んでいただくとともに誠意ある謝罪を求めます。

悔い改めてください。

>反論は一切受け付けません!

落ち着いてください。

| 世捨人 | 2014/09/24 00:01 | URL |

Re: タイトルなし

乗りさん

>本当に車の事だけを考えているんですね。交差点に直進する時も一時停止するのは歩行者だけ。
巻き込み事故に会うのは歩行者や自転車が直進で進むのに一時停止しないで確認不足だから事故になる。車道を走ることが本来の自転車に対して、『車』走行の邪魔だから歩道に上がって、歩行者との事故の原因になってください。スポーツバイクは速度が出るので、止まれるブレーキが付いている。普通の一般車より止まれるのに危険だ。と言った所でしょうか。

邪魔だからではありません。危険なクルマが走行する車道を、身体がむき出しとなり走行が不安定な自転車で走れば、生命・身体がおびやかされます。

>本当に、車本位で車の事しか考えられない人ですね。一般道は『共有』のものです。共有のものを我が物のように運転する車に問題があります。左折の巻き込み確認は教習所でも習うことですし、巻き込み確認と右左折での確認は『車』のドライバーの義務です。そこで事故が起きるのはドライバーの確認不足です。それを、自転車に押し付けるような発言は辞めて戴きたい。

自転車乗りの方にかけがえのない命の大切さを伝えています。危険なドライバーありきの交通安全を考えるのが現実的です。

| 世捨人 | 2014/09/24 00:02 | URL |

競技自転車乗りとしてこれはダメだわ。
車間距離とかの問題やなくて
道の真ん中を走行してる時点で終わってると思う。
私の知識が間違ってなければ
自転車は車道の左端だと思う(自信はなし)

| シャア軍曹 | 2014/10/14 22:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/465-5d84de61

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT