今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「路側帯マーク」を設けよ

▼自転車の路側帯通行について、道路左側の路側帯しか走行できなくなった(道交法第17条第1項)。で、路側帯とは何ぞや?という疑問の声を「今日のくそったれ」(道路交通編)編集部でも聞く。

▼路側帯と歩道。似ても似つかないものだ。一般人の感覚として、車道の路肩寄りに敷かれた白線で、ガードレールや段差、縁石がない部分をいうのではなからろうか。ちなみに歩道が設けられた車道に敷かれた白線は「車道外側線」で、路側帯ではない。

▼で、路側帯と歩道は同じ道路で混在しており混乱を招きかねない。画像をみよ。道路左側の路側帯が途中から、段差のある歩道に変わる。歩道の奥から手前方向へ走る自転車が路側帯を進入すれば右側通行(逆走)となるのだ。

▼交通反則通告制度のない自転車にあって、道交法違反を犯せば訴追されかねず前科を負うことになる。路側帯であることを視覚で訴え誤進入による逆走を防ぐよう、「路側帯マーク」なる標識を創設し通行区分を明確化すべきでないか。法整備が急がれる。



カラー舗装の歩道につながる路側帯
関連記事

| 00:30 | コメント:100 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

2回連続でまともだ!確かにおっしゃる通りだと思う。

| ヒロ | 2014/04/04 04:34 | URL |


ともだちいないから、しかたないよね。

| バッドカルマ | 2014/04/04 08:11 | URL | ≫ EDIT

サイクリング禁止反対

一貫性の無い道路整備の典型だ.
さしあたっては歩道でも自転車左側通行厳守を徹底させれば済む問題だろう.
画像のような歩道では自転車を交互通行させるのは元々無理だ.それを何とも思わない警察や自治体,それに住民の意識にも問題がある

| マイロネフ | 2014/04/04 16:56 | URL | ≫ EDIT

うーーーーん。

この道路状況は問題ですね。この現場の場合、路側帯としては非常に幅が取られていることを鑑みると、道路の計画上は「路側帯」としてではなく「歩道」として設計されているように見えます。

「路側帯マーク」なるものを用意するのではなく、「白線で区切られた路側帯」と「白線で区切られた歩道」を区別する方策を探るべきだと思いますね。


一方、この歩道は、「自転車通行可」なのでしょうか?
狭いし、標示がなされていない以上は、そうではないのだと思います。

「安全上やむを得ないので、右側歩道を通行します」というのは、普通に考えたら正当性に欠けると思いますので、結局はこの歩道を適法に右側通行できるのは、児童、高齢者、障害者、その他だけということになります。

ということは、児童や高齢者の右側路側帯通行は容認しようという考え方もありえますが……安全面を考えるとこれは上策とは思えませんねえ。


>さしあたっては歩道でも自転車左側通行厳守を徹底させれば済む問題だろう。

そうもいかないんですよ。

歩道右側を通行する自転車は、交差点を通行する車から視認しづらく、事故に遭う危険性が比較的高いです。また、歩道ぎりぎりに塀が立っていたり、壁があったり、崖になっている場所では歩道通行者同士の間の視認性が非常に悪く、こういう場所では右側通行する自転車とほかの自転車や歩行者との衝突事故の可能性もあります。こういうリスクがあるので、私は、自転車の歩道右側通行は原則禁止とする方が良いのではないかと考えています。

しかし、世の道路状況を鑑みればそうもいかないと思うのです。

巷には、歩道が片側にしか設置されていない道路がたくさんあります。場合によっては、片側の歩道内に両側通行の自転車道が設置されていたりします。自転車の歩道内右側通行を禁止するとこういう場所の通行方法が非常に煩雑になります。

無計画の道路行政のなせる業ですかね。

| ず | 2014/04/04 18:41 | URL |

マイロネフさん | 2014/04/04 16:56 |へ

>画像のような歩道では自転車を交互通行させるのは元々無理だ.それを何とも思わない警察や自治体,それに住民の意識にも問題がある

画像のとおり、歩行者も自転車も見えません。

たまに通る自転車が左側通行だろうと右側通行だろうと、何ら問題ありません。

「交互通行させるのは元々無理だ」などと平然と主張する方の意識にこそ問題がある

ちゃん、ちゃん。(久々です。)

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/04 19:26 | URL |

ずさん| 2014/04/04 18:41 |へ

>この道路状況は問題ですね。この現場の場合、路側帯としては非常に幅が取られていることを鑑みると、道路の計画上は「路側帯」としてではなく「歩道」として設計されているように見えます。

普通に「歩道」でしょう。

路側帯のように見える部分は、看板(庇)が出ていますので、商店(喫茶店?)の出入り口部分の傾斜のため歩道の縁石がないだけのことでしょう。

画像では切り取られていますが、このお店の出入り口部分の手前には、歩道の縁石が続いていることでしょう。


手前も路側帯になっています。証拠はあります。掲載しませんが。という脊髄反射がありそうですがね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/04 19:40 | URL |

サイクリング禁止反対

[ときどきオアゾツーキニスト]殿|2014/04/04 19:26|付へ.

>たまに通る自転車が左側通行だろうと右側通行だろうと何ら問題ありません.
>交互通行させるのは元々無理だなどと平然と主張する方の意識にこそ問題がある
ちゃん,ちゃん.(久々です.)

安全な筈がない「自転車で傘さし,携帯ながら,酒気帯びでも何ら問題ありません」等といつまでも主張し続けるバ■*レマッチポンパーの非常識にこそ問題がある.
カ―――ン!

| マイロネフ | 2014/04/04 19:59 | URL | ≫ EDIT

マイロネフさん| 2014/04/04 19:59 |へ

>安全な筈がない「自転車で傘さし,携帯ながら,酒気帯びでも何ら問題ありません」等といつまでも主張し続けるバ■*レマッチポンパーの非常識にこそ問題がある.
カ―――ン!

「安全な筈がない」というレベルの曖昧な反論しかできない非常識こそ問題である。

ちゃん、ちゃん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/04 20:52 | URL |

>ときどきオアゾツーキニストさんへ

歩道:歩行者の通行の用に供するため縁石線又はさくその他これに類する工作物によつて区画された道路の部分をいう。

路側帯:歩行者の通行の用に供し、(中略)、道路標示によつて区画されたものをいう。

本来、歩道とされるべきものが、道交法上は路側帯となってしまっていることが問題だと私は捉えています。物理的な工作物で分離されていないだけで、道交法上、少なくとも、歩道ではなくなってしまうようです。おかしな話です。

| ず | 2014/04/05 03:14 | URL |

大人になれない大人wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
このブログは批判精神旺盛な端くれジャーナリストのつぶやきですwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

| 世捨人wwwwwwwwwww | 2014/04/05 10:13 | URL |

サイクリング禁止反対

[ときどきオアゾツーキニスト」殿|2014/04/04 20:52|付へ.

>「安全な筈がない」というレベルの曖昧な反論しかできない非常識こそ問題である.
>ちゃん,ちゃん.

片手ハンドルで自転車に乗り続けるのは誰がどう見ても危険としか思えない.黒を白だと言いくるめようとするバ■*レマッチポンパーの主張は読む価値なし.
カ―――ン!

| マイロネフ | 2014/04/05 14:15 | URL | ≫ EDIT

>「今日のくそったれ」(道路交通編)編集部

ってどこにあるんですか?

脳内?

| 糖質うざい | 2014/04/05 17:41 | URL | ≫ EDIT

これって、なんらかの工事のあとの一時的な措置じゃないんですかね。
路側帯を示す白線もなんだか色が薄くて「仮」のもののように見えます。

| JEFF | 2014/04/06 11:44 | URL | ≫ EDIT

ずさんへ

道路上の最弱者である歩行者専用の通行空間は、物理的な工作物によって区画されていなければ、自動車や自転車が突っ込んできて危険でしょう。

物理的に守ってくれるのですから、歩行者にとっては、ありがたい話です。

現行の法律に何か問題でもありますか?

しっかりして下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/06 13:36 | URL |

マイロネフさんへ

「~としか思えない。」などと、曖昧な個人的な感想でしかない反論など、正に「読む価値なし」ですね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/06 13:40 | URL |

JEFFさんへ

全く仰るとおりです。

証拠はあります。

が、アップは出来ません。

という脊髄反射の言い逃れが聞こえてきそうですね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/06 13:42 | URL |

サイクリング禁止反対

[ときどきオアゾツーキニスト]殿|2014/04/06 13:40|付へ.

>「~としか思えない.」などと,曖昧で個人的な感想でしかない反論など,正に「読む価値なし」ですね.

元々このブロガー[世捨人]氏が一般道路におけるロードバイクの存在自体を個人的な感情だけで全否定し,運転台から間違った走り方を見つけては一方的にケンカを売っているのである.
改めるべきは改めるにしても,敵対的な論調には争わざるを得ないのである.

| マイロネフ | 2014/04/06 18:28 | URL | ≫ EDIT

マイロネフさん| 2014/04/06 18:28 |へ

>>「~としか思えない.」などと,曖昧で個人的な感想でしかない反論など,正に「読む価値なし」ですね.
>元々このブロガー[世捨人]氏が一般道路におけるロードバイクの存在自体を個人的な感情だけで全否定し,運転台から間違った走り方を見つけては一方的にケンカを売っているのである.改めるべきは改めるにしても,敵対的な論調には争わざるを得ないのである.

言い訳にすらなってませんが、大丈夫ですか?

一方的なケンカを買って、ぐずぐずの情けない反論しか出来ずに自転車乗り全体の評判を落とすようなことは止めて頂きたい。

まずは、改めるべきを改めた上で、出直しなさい。

ああ、恥ずかしい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/07 09:46 | URL |

何を言ってるんでしょうか?

オアゾさんは写真の部分を歩道だとおっしゃってます。私も本来そうであるべきと思いますが、現行法を文字通りに読むと路側帯になってしまうのが問題だと言っているんですがね。法の不備ですかね、と。

物理的な障壁がなければ危険だと思ったらおちおち路側帯を歩けないようになるでしょうが、現実的には充分な幅があれば路側帯は安全に歩けますよね。

| ず | 2014/04/07 11:35 | URL |

これ、反対側の写真も載せないなら議論するだけ無駄ですよね?

| ダイ | 2014/04/07 12:46 | URL |

ずさん| 2014/04/07 11:35 |へ

JEFFさんが仰っているとおり、今回の画像は「歩道」です。

沿道の住宅・商店等々の出入り口となっている部分は、車道との段差をなくすために、縁石等の工作物で区切られていなくても普通に「歩道」でしょう。

薄汚れたオレンジ色の看板の喫茶店かスナックかクリーニング店のガス管・上下水道管の工事のために歩道を掘り返して、アスファルトで仮舗装しているだけのことです。

しっかりして下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/07 14:58 | URL |

https://www.google.co.jp/maps/@35.640536,139.592898,3a,75y,162.83h,67.01t/data=!3m4!1e1!3m2!1snXvZYoM3qNqRR13RTcq78A!2e0!5m1!1e4

場所は違いますが、こういうことでしょう。
ここは法律上は歩道になったり、路側帯になったり、また歩道になったりしているように見えます。

| ず | 2014/04/07 16:37 | URL |

ダイさん| 2014/04/07 12:46 |へ

>これ、反対側の写真も載せないなら議論するだけ無駄ですよね?

反対側に「自転車道路」があれば別ですが、自転車は左側の路側帯しか通行出来ませんので反対側に歩道や路側帯があろうと関係ありません。

議論には、道路交通法をきちんと確認した上で、ご参加下さい。

(軽車両の路側帯通行)
第十七条の二  軽車両は、道路の左側部分に設けられた路側帯を通行することができる。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/08 11:47 | URL |

ずさん| 2014/04/07 16:37 |へ

https://www.google.co.jp/maps/@35.640536,139.592898,3a,75y,162.83h,67.01t/data=!3m4!1e1!3m2!1snXvZYoM3qNqRR13RTcq78A!2e0!5m1!1e4
>場所は違いますが、こういうことでしょう。ここは法律上は歩道になったり、路側帯になったり、また歩道になったりしているように見えます。

駐車場の出入り口部分について、工作物(鉄柵)を設けないのは、当たり前のことでしょう。

法律上、歩道になろうと路側帯になろうと、法律の不備などではありません。

また、「無計画の道路行政のなせる業ですかね。」などと、行政を貶すような話でもありません。

歩行者保護のために、鉄柵を設けてもらえているだけでも、ありがたいことです。

何ら問題ありませんよ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/08 11:58 | URL |

上記の画像は実態の問題点を指摘するつもりではないですよ。駐車場の出入り口以外の場所にも、柵が省略されている箇所が多数あるので、それを提示しているつもりです。

歩道と路側帯の区別なんて、道路計画上「歩道」であれば歩道であって、「路側帯」であれば路側帯でよくて、物理的な工作物の有無で区別するということ自体に無理があると思うのです。

まぎらわしいかもしれませんが、こういう例のように「構造的に路側帯ではなくて歩道だと思っていた。」ために、違反を犯した場合には刑事的責任を問えないような法制度にしておけばまったく問題がありあません。

道交法上の歩道と路側帯の区別なんて、まったく現実に即したものではありません。

| ず | 2014/04/08 14:29 | URL |

歩道と路側帯は混在しないだろw
世捨人自ら歩道の横の白線は路側帯を示すモンじゃないって書いてるしwww

| 髪の味噌汁 | 2014/04/08 15:12 | URL |

今回の記事も概ね納得できる内容でした.
一手段として,一考の余地があるとは思います.



~~~
>自転車の路側帯通行について、道路左側の路側帯しか走行できなくなった(道交法第17条第1項)。


過去のコメント押収を見ますと,読者からの指摘で初めて気づいたと,私は推測しています.
そして,改正から4か月程経っております.
もう少し早い段階でこのような問題を取り上げていただきたかったです.




~~~
「ジャーナリスト」を名乗るのでしたら,上記は改善の余地があったのではないでしょうか.
そういう所を見るに,私からは貴方をジャーナリストとして認められません.



~~~
>路側帯と歩道。似ても似つかないものだ。


「似ても似つかない」という表現に違和感を覚えました.
また今回記事内容との一貫性を損ねる表記とも感じました.

「似ている」,かつ「路側帯と歩道は同じ道路で混在して」いるからこそ「混乱を招きかねない。」のであると思います.
もっと言葉を補うならば,外見は似ているが,役割は異なる(似つかない)と表現したほうが,より適切になったのではないか感じます.




~~~
>交通反則通告制度のない自転車にあって、道交法違反を犯せば訴追されかねず前科を負うことになる。


これは事実である反面,「交通反則通告制度のない自転車」であるためそもそも訴追される事が稀であるとも思います.
この部分は合意していただけますよね?



~~~
>誤進入による逆走を防ぐよう


以下は憶測,認識の確認,疑問の提起であり,世捨人さんの記事に対する反論というわけではないです.

「誤進入」や「逆走」という風に行為者は認識していないとも思います.
それほどまでに,今回記事に関する交通ルールは周知されていないというのが,私の認識です.

本来進入・通行不可能なはずの原動機付き自転車ですら路側帯を通行していく光景を目にしますし,路側帯が車線であると意識して車両・軽車両・原動機付き自転車は走っているのでしょうか?

| こじま | 2014/04/08 15:12 | URL | ≫ EDIT

ずさん| 2014/04/08 14:29 |へ

>上記の画像は実態の問題点を指摘するつもりではないですよ。駐車場の出入り口以外の場所にも、柵が省略されている箇所が多数あるので、それを提示しているつもりです。

世田谷の豪邸の出入り口にちんけな鉄柵を設けては、ハイソな住人から猛反発をくらうことでしょう。

アパートや公園(空き地)の部分にはちゃんと鉄柵が設けられていますので、何ら問題ないでしょう。

古くからの住宅街の狭い生活道路に鉄柵を設けて歩行者の安全を確保が図られているということで、有難い話です。

鉄柵が欠けているところがあるからこそ、双方向から来る自転車が離合出来るということでしょう。


>歩道と路側帯の区別なんて、道路計画上「歩道」であれば歩道であって、「路側帯」であれば路側帯でよくて、物理的な工作物の有無で区別するということ自体に無理があると思うのです。

物理的な工作物の有無で区別しなければ、道路計画などに熟知していない歩行者にも自転車乗りにも「歩道」と「路側帯」の区別などつきません。

また、工作物で分離されていれば「歩道」となるのですから、路側帯標識などという新たな工作物は全く不要でしょう。


>まぎらわしいかもしれませんが、こういう例のように「構造的に路側帯ではなくて歩道だと思っていた。」ために、違反を犯した場合には刑事的責任を問えないような法制度にしておけばまったく問題がありあません。

今回のスクープ(?)画像は、いずれも「歩道」ですので、何ら問題ありません。

そもそも道路交通法は、「刑事的責任」を問う法制度でしたっけ?

大丈夫ですか?


>道交法上の歩道と路側帯の区別なんて、まったく現実に即したものではありません。

岡目八目でJEFFさんのように現実に則した的を射たコメントをお願いします。

今回のスクープ画像で、道路交通法の「歩道」と「路側帯」の区別にアレヤコレヤと喰ってかかるなどとは、正しく、お門違いです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/08 16:07 | URL |

>道路交通法は、「刑事的責任」を問う法制度でしたっけ

一応、道交法は刑法の下位の法制度です。


>「歩道」と「路側帯」の区別にアレヤコレヤと喰ってかかる

はい?

世捨人さんが「路側帯だ」と主張されているのだから、むしろ、「歩道派」が「食ってかかっている」構図なんじゃないですかね?

成城の住宅の玄関正面の部分が「路側帯」ではなくて「歩道」であるなどという根拠は現行法上、どこかにあるのですかね?


私の立場を再度確認させていただけば、

・現行法上「路側帯である」という解釈は可能だが、本来は「歩道」とすべきである。

というものです。

| ず | 2014/04/08 19:55 | URL |

ずさん| 2014/04/08 19:55 |

>>道路交通法は、「刑事的責任」を問う法制度でしたっけ
>一応、道交法は刑法の下位の法制度です。

本当ですか?

罰則があるということで、実質的な刑法の一部、或いは、特別刑法とは言えるでしょうが、刑法の「下位」の法制度とはならないでしょう。

道路交通法と刑法は並列です。

まあ、敢えて言えば、刑法の総論部分が、特別刑法にも適用されるだけのことです。

そして、普通、道路交通法の罰則を「刑事的責任」などとは言わないでしょう。

しっかりお勉強して下さい。


>>「歩道」と「路側帯」の区別にアレヤコレヤと喰ってかかる
>はい?世捨人さんが「路側帯だ」と主張されているのだから、むしろ、「歩道派」が「食ってかかっている」構図なんじゃないですかね?

ごめんなさい。
世捨人さんは、全く相手にしていません。


>成城の住宅の玄関正面の部分が「路側帯」ではなくて「歩道」であるなどという根拠は現行法上、どこかにあるのですかね?

成城の大邸宅で、玄関正面部分がずっと続いているので、鉄柵がない部分がずっと続いているだけで、前後の繋がりから十分に「歩行者の通行の用に供するため縁石線又はさくその他これに類する工作物によつて区画された道路の部分」に該当するでしょう。
程度問題に過ぎません。


>私の立場を再度確認させていただけば、・現行法上「路側帯である」という解釈は可能だが、本来は「歩道」とすべきである。というものです。

ずさんには、「物理的に」可塑性がないということでしょう。
仕方ありません。
どちらのスクープ(?)画像も、現行法上は、「歩道」です。
路側帯と解釈する余地などありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/08 21:11 | URL |

法律用語で説明して分かりづらいといけないと思ったのでそういう表現をしましたが、正確な言い方をするのであれば、一般法である刑法に対する、道交法は特別法です。要するに、広義には道交法も刑法の体系の一部です。

道交法違反は刑事的責任が問われるものです。大仰な言い方ではありますが、決して間違いではありません。

本当にしつこいので、もう一丁貼っときますね。

巣鴨駅前です。

https://www.google.co.jp/maps/@35.733702,139.739547,3a,75y,110.87h,93.66t/data=!3m4!1e1!3m2!1sXrZXSVoOtharTdSeakLZYQ!2e0?hl=ja


現実には、路側帯と歩道の区別は非常にあいまいに作られているということです。(それだけのことです。)

| ず | 2014/04/08 21:36 | URL |

巣鴨といったら、こんなのも訳わかんないですね。

https://www.google.co.jp/maps/@35.73511,139.735943,3a,75y,144.5h,62.84t/data=!3m4!1e1!3m2!1s63qnoi76EqZOuLTkpncLAQ!2e0?hl=ja

この車は、歩道駐車をしているんでしょうか、路側帯に停めているだけなんでしょうか。。。

| ず | 2014/04/08 21:45 | URL |

Re: タイトルなし

ヒさん

> 2回連続でまともだ!確かにおっしゃる通りだと思う。

悔い改めてください。

| 世捨人 | 2014/04/09 01:06 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>一貫性の無い道路整備の典型だ. さしあたっては歩道でも自転車左側通行厳守を徹底させれば済む問題だろう.画像のような歩道では自転車を交互通行させるのは元々無理だ.それを何とも思わない警察や自治体,それに住民の意識にも問題がある

「自転車は車道」とかいって欧州気取りする必要は全くありませんね。「自転車は歩道」という慣習を崩せばハレーションを起こすだけです。

| 世捨人 | 2014/04/09 01:10 | URL |

Re: タイトルなし

旧ズーさん

>うーーーーん。この道路状況は問題ですね。この現場の場合、路側帯としては非常に幅が取られていることを鑑みると、道路の計画上は「路側帯」としてではなく「歩道」として設計されているように見えます。

かといって自転車は道路右側の路側帯を通行できるわけではありません。

>「路側帯マーク」なるものを用意するのではなく、「白線で区切られた路側帯」と「白線で区切られた歩道」を区別する方策を探るべきだと思いますね。

判断に迷うからマークで明確化すべきと提言したところです。

>一方、この歩道は、「自転車通行可」なのでしょうか? 狭いし、標示がなされていない以上は、そうではないのだと思います。

アパートの前には自転車置き場がありますね。

>「安全上やむを得ないので、右側歩道を通行します」というのは、普通に考えたら正当性に欠けると思いますので、結局はこの歩道を適法に右側通行できるのは、児童、高齢者、障害者、その他だけということになります。

車線はみだし禁止道路なので、クルマが円滑に走行できるよう、自転車の歩道走行はやむを得ないでしょう。

>ということは、児童や高齢者の右側路側帯通行は容認しようという考え方もありえますが……安全面を考えるとこれは上策とは思えませんねえ。

自転車は歩道を活用しましょう。

>>さしあたっては歩道でも自転車左側通行厳守を徹底させれば済む問題だろう。
>そうもいかないんですよ。 歩道右側を通行する自転車は、交差点を通行する車から視認しづらく、事故に遭う危険性が比較的高いです。また、歩道ぎりぎりに塀が立っていたり、 壁があったり、崖になっている場所では歩道通行者同士の間の視認性が非常に悪く、こういう場所では右側通行する自転車とほかの自転車や歩行者との衝突事故 の可能性もあります。こういうリスクがあるので、私は、自転車の歩道右側通行は原則禁止とする方が良いのではないかと考えています。

長きにわたる「自転車は歩道」で何ら弊害はありませんでした。

>しかし、世の道路状況を鑑みればそうもいかないと思うのです。 巷には、歩道が片側にしか設置されていない道路がたくさんあります。場合によっては、片側の歩道内に両側通行の自転車道が設置されていたりします。自転車の歩道内右側通行を禁止するとこういう場所の通行方法が非常に煩雑になります。 無計画の道路行政のなせる業ですかね。

結局、「自転車は車道」とかいうのがまやかしなのでしょう。

| 世捨人 | 2014/04/09 01:13 | URL |

Re: タイトルなし

糖質さん

>>「今日のくそったれ」(道路交通編)編集部
>ってどこにあるんですか? 脳内?

内規に抵触するため、お答えできません。

| 世捨人 | 2014/04/09 01:16 | URL |

Re: タイトルなし

JEさん

>これって、なんらかの工事のあとの一時的な措置じゃないんですかね。 路側帯を示す白線もなんだか色が薄くて「仮」のもののように見えます。

冷水で顔を洗ってから、もう一度みてみましょう。

| 世捨人 | 2014/04/09 01:23 | URL |

Re: タイトルなし

ダさん

>これ、反対側の写真も載せないなら議論するだけ無駄ですよね?

画像のような道路は各地でみられます。春休みの自由研究として地図を片手に探しに行きましょう。

| 世捨人 | 2014/04/09 01:37 | URL |

Re: タイトルなし

髪さん

>歩道と路側帯は混在しないだろw世捨人自ら歩道の横の白線は路側帯を示すモンじゃないって書いてるしwww

記事にあるとおりです。しっかりついてきてください。

| 世捨人 | 2014/04/09 01:40 | URL |

Re: タイトルなし

こじさん

>今回の記事も概ね納得できる内容でした. 一手段として,一考の余地があるとは思います.

偉くなりましたね。

>~~~ >自転車の路側帯通行について、道路左側の路側帯しか走行できなくなった(道交法第17条第1項)。 過去のコメント押収を見ますと,読者からの指摘で初めて気づいたと,私は推測しています.

思いつきで語るのは失礼です。

>そして,改正から4か月程経っております.もう少し早い段階でこのような問題を取り上げていただきたかったです.

法改正前に訴えるべきことかと思います。

>「ジャーナリスト」を名乗るのでしたら,上記は改善の余地があったのではないでしょうか.そういう所を見るに,私からは貴方をジャーナリストとして認められません.

現実から目をそむけないでください。

>>路側帯と歩道。似ても似つかないものだ。
>「似ても似つかない」という表現に違和感を覚えました. また今回記事内容との一貫性を損ねる表記とも感じました. 「似ている」,かつ「路側帯と歩道は同じ道路で混在して」いるからこそ「混乱を招きかねない。」のであると思います.もっと言葉を補うならば,外見は似ているが,役割は異なる(似つかない)と表現したほうが,より適切になったのではないか感じます.

路側帯を意識する国民はまれでしょう。

>>交通反則通告制度のない自転車にあって、道交法違反を犯せば訴追されかねず前科を負うことになる。
>これは事実である反面,「交通反則通告制度のない自転車」であるためそもそも訴追される事が稀であるとも思います.この部分は合意していただけますよね?

警察庁による都道府県警本部への通達で取り締まりを強化できます。

>>誤進入による逆走を防ぐよう
>以下は憶測,認識の確認,疑問の提起であり,世捨人さんの記事に対する反論というわけではないです.「誤進入」や「逆走」という風に行為者は認識していないとも思います. それほどまでに,今回記事に関する交通ルールは周知されていないというのが,私の認識です.

知らなかったを理由に違法行為が許されるわけではありません。

>本来進入・通行不可能なはずの原動機付き自転車ですら路側帯を通行していく光景を目にしますし,路側帯が車線であると意識して車両・軽車両・原動機付き自転車は走っているのでしょうか?

ご自分でお調べください。

| 世捨人 | 2014/04/09 01:44 | URL |

ずさん| 2014/04/08 21:36 |へ

>法律用語で説明して分かりづらいといけないと思ったのでそういう表現をしましたが、正確な言い方をするのであれば、一般法である刑法に対する、道交法は特別法です。要するに、広義には道交法も刑法の体系の一部です。 道交法違反は刑事的責任が問われるものです。大仰な言い方ではありますが、決して間違いではありません。

道路交通法が刑法の「下位」に位置づけられるという説明は誤りであったと、素直に認める潔さが必要です。

道路交通法が特別刑法とされるのは、「罰則」が定められている点からだけです。

ちなみに、酒気帯び自転車には「罰則」はありませんので、「刑事的責任」など問われることは有り得ません。

しっかりして下さい。


>本当にしつこいので、もう一丁貼っときますね。巣鴨駅前です。
https://www.google.co.jp/maps/@35.733702,139.739547,3a,75y,110.87h,93.66t/data=!3m4!1e1!3m2!1sXrZXSVoOtharTdSeakLZYQ!2e0?hl=ja
現実には、路側帯と歩道の区別は非常にあいまいに作られているということです。(それだけのことです。)

「法律」の不備ではなく、「現実」があいまい・複雑であるということを自らお認め頂いたということですね。

駅裏に続く歩道は狭く自転車の歩道通行は許可されていないでしょうし、線路沿いの路側帯は雑草・雑木がはみ出していますので、右側路側帯逆走などせずに、車道左端通行すればよいだけのことです。

歩行者もショートカットするために歩道から路側帯に代わる手前で右側歩道から左側路側帯に道路を横断しているようです。
自転車であれば、貨物トラックが出入りする左側歩道を無理やり通行するよりも、早めに車道左端通行する方が「安全」かつ「円滑」でしょう。

道路交通法にある車道左端通行の大原則が、駅前から駅裏へとあいまい・複雑に連続する「現実」にも合致するという素晴らしいスクープ画像ですね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/09 10:25 | URL |

ずさん| 2014/04/08 21:45 |へ

>巣鴨といったら、こんなのも訳わかんないですね。
https://www.google.co.jp/maps/@35.73511,139.735943,3a,75y,144.5h,62.84t/data=!3m4!1e1!3m2!1s63qnoi76EqZOuLTkpncLAQ!2e0?hl=ja
この車は、歩道駐車をしているんでしょうか、路側帯に停めているだけなんでしょうか。。。

別に、どちらでも構いません。

自転車は、歩行者の少ない道路ど真ん中を通行すれば良いだけです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/09 10:30 | URL |

>「下位」に位置づけられるという説明は誤りであったと、素直に認める潔さが必要です。

判断の優先順位の上位・下位ではなく、「広義の刑法」の「下位分類」である、という意味で述べたと説明しました。判断の優先順位に上位・下位があるという理解は誤りです。(が、私はそう主張したことはありません。)


私は世捨人さんではないので、正直に申し上げて、路側帯と歩道が明確に区分されていないことを問題だと思っているわけではありません。法改正により自転車の右側通行は歩道ではOKだが、路側帯ではNGということになったのですが、そもそも路側帯と歩道は厳密には区別できないので、この法律にはあいまいさがありますね、と指摘している訳です。

グレーゾーンのある法律なんてやまほどあるので、だからどうしたではありますが。

| ず | 2014/04/09 11:23 | URL |

ずさん| 2014/04/09 11:23 |へ

>>「下位」に位置づけられるという説明は誤りであったと、素直に認める潔さが必要です。
>判断の優先順位の上位・下位ではなく、「広義の刑法」の「下位分類」である、という意味で述べたと説明しました。判断の優先順位に上位・下位があるという理解は誤りです。が、私はそう主張したことはありません。)

本当に素直ではないですね。

「判断の優先順位」などとは、小生も持ち出していませんよ。

「広義」の反対は「狭義」でしょう。

「下位分類」などという難しげな言葉も、広義の刑法に道路交通法が含まれるという文脈で使うことは無いでしょう。

ずさんは、「一応、道交法は刑法の下位の法制度です。」と仰ったのですよ。

法制度として法律の下位に来るのは、政令・省令等々です。

道路交通法と刑法は、同じ法律として法制度上は、あくまでも同列です。

しっかりして下さい。


>私は世捨人さんではないので、正直に申し上げて、路側帯と歩道が明確に区分されていないことを問題だと思っているわけではありません。法改正により自転車の右側通行は歩道ではOKだが、路側帯ではNGということになったのですが、そもそも路側帯と歩道は厳密には区別できないので、この法律にはあいまいさがありますね、と指摘している訳です。グレーゾーンのある法律なんてやまほどあるので、だからどうしたではありますが。

法律があいまいなのですか?

現実の道路があいまいなのですか?

駅前の広い自転車通行可の歩道から、駅横の搬入口付近の狭い自転車通行不可の歩道につながり、駅裏から線路脇の路側帯に連続的につながるという極々当たり前の現実です。

もしかすると、駅前の広い歩道も歩行者の回遊性を確保するために、自転車通行不可となっているかも知れません。

法律上は、自転車は車道左端を通行するという大原則に従うことで何ら問題ありません。

法律は書いてあるとおりです。
グレーゾーンなどという曖昧さなど有り得ません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/09 12:51 | URL |

言葉が正確でなかったことをしつこく責めても仕方がないですよ。わたしは、オアゾさんが道路交通法は、「刑事的責任」を問う法制度でしたっけと聞かれたので、道交法は刑事法の一種ですよ、と答えただけです。間違いなく、刑事的責任が問われると思いますがね。(もちろん、道交法の規定により刑事的責任を問わない違反も多々存在します。)


道路を通っているのはあなた(二人称)やわたし(一人称)だけではありません。私が自転車でその道を通るのであれば、車道左端を通ればいいだけのことです。それで、まったく問題はありません。

そうではなくて、いま、目の前に、たとえば子供とかが右側の歩道だったり路側帯だったりするところを走っているとします。それを見て法律は白か黒かを判断しなければなりません。「車道左端を走れば白ですよー」なんてぼそぼそ言っていても仕方が無いのです。その上で、法的にグレーな部分というのはあるけれど、そんなにそれに目くじら立てるものではないでしょう、と述べています。

| ず | 2014/04/09 19:53 | URL |

>法律は書いてあるとおりです。
>グレーゾーンなどという曖昧さなど有り得ません。

書いてあるとおりに読まなければならないとしたら、世捨人さんが提示した写真に写っているところは、路側帯です。
前後が歩道に挟まれているのだとしても、車道と一体的に舗装され(物理的な境界がなく)、白線によってのみ標示されているわけですから、道交法上はまぎれもない(歩道と歩道に挟まれた)路側帯です。

必ずしも字義通りに読まなくても良いとして始めてこの場所を歩道と考えることができます。

| ず | 2014/04/09 19:57 | URL |

ずさん| 2014/04/09 19:53 |へ

>言葉が正確でなかったことをしつこく責めても仕方がないですよ。わたしは、オアゾさんが道路交通法は、「刑事的責任」を問う法制度でしたっけと聞かれたので、道交法は刑事法の一種ですよ、と答えただけです。間違いなく、刑事的責任が問われると思いますがね。(もちろん、道交法の規定により刑事的責任を問わない違反も多々存在します。)

そもそも、歩道や路側帯を通行する自転車には、「刑事的責任」を追及されるほどの危険性はないでしょう。
自転車には反則金制度がないことから、いきなり罰金刑となることをもって「刑事的責任」などと物騒な言葉を出されているのかと思い、お聞きしただけのことです。
単純な疑問から法体系についての理解につながったのですから、感謝されて然るべきことかと思います。


>道路を通っているのはあなた(二人称)やわたし(一人称)だけではありません。私が自転車でその道を通るのであれば、車道左端を通ればいいだけのことです。それで、まったく問題はありません。そうではなくて、いま、目の前に、たとえば子供とかが右側の歩道だったり路側帯だったりするところを走っているとします。それを見て法律は白か黒かを判断しなければなりません。「車道左端を走れば白ですよー」なんてぼそぼそ言っていても仕方が無いのです。その上で、法的にグレーな部分というのはあるけれど、そんなにそれに目くじら立てるものではないでしょう、と述べています。

法律は書いてあるとおりでしょう。それ以上でもそれ以下でもありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/09 20:13 | URL |

ずさん| 2014/04/09 19:57 |へ

>>法律は書いてあるとおりです。グレーゾーンなどという曖昧さなど有り得ません。
>書いてあるとおりに読まなければならないとしたら、世捨人さんが提示した写真に写っているところは、路側帯です。前後が歩道に挟まれているのだとしても、車道と一体的に舗装され(物理的な境界がなく)、白線によってのみ標示されているわけですから、道交法上はまぎれもない(歩道と歩道に挟まれた)路側帯です。必ずしも字義通りに読まなくても良いとして始めてこの場所を歩道と考えることができます。

多くの歩道は、沿道の住宅・店舗等々の出入り口部分は、車両等の出入りが容易になるように縁石や鉄柵がなく、また、段差をなくすためにスロープとなっています。
きっと、車道外側線は引かれていることでしょう。

右側歩道通行自転車は、全国各地の出入り口部分で右側路側帯通行として罰金刑となってしまいますか?

車両等が横切るために出入り口部分が工作物等で区画されていなくても歩道は歩道でしょう。

車両等が歩道を横切る際の条文もありますので、道路交通法が当然に予定しているものです。

道路交通法の読み込み不足です。

頑張って下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/09 20:40 | URL |

>多くの歩道は、沿道の住宅・店舗等々の出入り口部分は、車両等の出入りが容易になるように縁石や鉄柵がなく、また、段差をなくすためにスロープとなっています。

ホントですか?
出入口部分だけ縁石が無いですって?

普通、低下部縁石を使っていませんか?

| JEFF | 2014/04/09 20:59 | URL | ≫ EDIT

スロープになっていても工作物は工作物ですよ。一体として舗装されているのとは違うでしょう。


まあ、図らずも、法律上は「路側帯」になってしまっている箇所は、なにもこの画像の場所だけではありますまい。

「罰金刑にならないから適法なはずである」→「歩道である」という主張はまったく無意味ですよ。以前も言いましたが、30㌔道路を35㌔で走るのは普通、取り締まり対象にはなりませんが、だからといってそれが適法であるからではありません。

第一、こんな細かな法律の問題など、警察自体が答えを知りません(おそらく判例がないです)。歩道か路側帯かわからないところを通行している自転車に対して、右側路側帯通行を適用して裁判にかけるなんてことを現実の警察がやるはずがありません。

結果として、警察が取り締まり行動をしない背景としては、「分からない」で十分なんですね。私も、こういう部分の法的な扱いは、分かりません。ただ単に、法律の条文をそのまんま受け取るなら、路側帯だと言わざるを得ないというだけです。

(法律の条文はそのまま受け取らねばならない、と言い出したのはオアゾさんです。私は、意見を保留しています。)

| ず | 2014/04/10 01:12 | URL |

JEFFさん| 2014/04/09 20:59 |へ

>>多くの歩道は、沿道の住宅・店舗等々の出入り口部分は、車両等の出入りが容易になるように縁石や鉄柵がなく、また、段差をなくすためにスロープとなっています。
>ホントですか?出入口部分だけ縁石が無いですって?普通、低下部縁石を使っていませんか?

仰るとおりです。

一方、5センチ程度の段差を解消するために鉄(ステンレス?)製・樹脂製のスロープが設置されている所も多数あります。

「物理的に」は、一体として舗装されているのと何ら違わないでしょう。

今後は、高齢化が進行していく中では、バリアフリーの社会インフラとして、歩道の段差などもなくす方向で整備されていくことでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/10 08:13 | URL |

ずさん| 2014/04/10 01:12 |へ

>スロープになっていても工作物は工作物ですよ。一体として舗装されているのとは違うでしょう。

世捨人さんのスクープ(?)画像の「歩道」も、表面は一体としてアスファルト舗装されていますが、スロープ状の段差となっているようですので、「物理的に」工作物で区分されているとも言えるでしょう。

>まあ、図らずも、法律上は「路側帯」になってしまっている箇所は、なにもこの画像の場所だけではありますまい。

道路の定義からお勉強しなおしましょう。


>「罰金刑にならないから適法なはずである」→「歩道である」という主張はまったく無意味ですよ。以前も言いましたが、30㌔道路を35㌔で走るのは普通、取り締まり対象にはなりませんが、だからといってそれが適法であるからではありません。

行政法規である道路交通法について、「違反を犯した場合には「刑事的責任」を問えないような法制度にしておけばまったく問題がありあません。」とのことでしたので、その言葉使いに小生は違和感を覚えただけのことです。

法律は書いてあるとおりですので、左側路側帯は自転車通行可ですが、右側路側帯通行は、左側通行違反となり「罰金刑」となります。

刑罰の有無と、出入り口・玄関先等の工作物がない部分が、歩道か路側帯かの議論とは全く関係ありません。

しっかりして下さい。


>第一、こんな細かな法律の問題など、警察自体が答えを知りません(おそらく判例がないです)。歩道か路側帯かわからないところを通行している自転車に対して、右側路側帯通行を適用して裁判にかけるなんてことを現実の警察がやるはずがありません。 結果として、警察が取り締まり行動をしない背景としては、「分からない」で十分なんですね。私も、こういう部分の法的な扱いは、分かりません。ただ単に、法律の条文をそのまんま受け取るなら、路側帯だと言わざるを得ないというだけです。(法律の条文はそのまま受け取らねばならない、と言い出したのはオアゾさんです。私は、意見を保留しています。)

バス停等で鉄柵が途切れている部分や、ポール上の工作物で区画されている歩道のポールとポールの間を輪切りにして路側帯だと仰りたいのであれば、どうぞご勝手にということです。

警察の取締りの有無など全く関係ありません。

法律の条文を当たり前に読み取れるかどうかの問題です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/10 12:12 | URL |

https://www.google.co.jp/maps/@35.736092,139.744869,3a,75y,152.24h,56.24t/data=!3m4!1e1!3m2!1s1Gk2fwo9v9m3mE07KlQMow!2e0?hl=ja

こんどは駒込に来ました。ここで、警察官はいったいどういう判断で柵の壁側を自転車で通行しているのでしょうかね?路側帯だと思っているから?それとも安全のためやむを得ないとでもいうのでしょうか?


https://www.google.co.jp/maps/@35.732164,139.744741,3a,15y,141.96h,83.93t/data=!3m4!1e1!3m2!1sn5Dxt7aTRvHYel93QaTenQ!2e0?hl=ja

黄色い服の自転車が走っているところはかなり長い区間に渡って、柵がなく、白線さえ引かれていないので、歩道ではなく、路側帯でさえなく、車道の一部となっています。(車道右側通行の例)


https://www.google.co.jp/maps/@35.729735,139.744608,3a,75y,239.6h,73.66t/data=!3m4!1e1!3m2!1sjRxZMt4DuQWMkdVbkVvDNA!2e0?hl=ja

ここも道路右側に長い区間途切れた柵があります。軽ワゴンが止まっているところは歩道でしょうか?それとも路側帯でしょうか?


さて、ここでオアゾさんに問題です。

https://www.google.co.jp/maps/@35.724056,139.756079,3a,75y,246.75h,81.44t/data=!3m4!1e1!3m2!1sDPct3iD6eUZ6h60qB4Zemw!2e0?hl=ja

この道路、左右は歩道ですか?それとも路側帯でしょうか?
(それぞれお答えください。)

| ず | 2014/04/10 16:21 | URL |

きっと答えられないだろうな~

| こじま | 2014/04/10 17:11 | URL | ≫ EDIT

ずさん| 2014/04/10 16:21 |へ

ご苦労様です。

それぞれの道路状況が、都市計画上の道路拡幅工事の進捗状況、商店街の盛衰、大型マンションの建設、無粋なガードレールを設置すると美観を損ねるとの豪邸の住民の抵抗、などなどの現実に応じて区々であることが良く分かる画像ですね。

一方、法律は書いてあるとおりです。

そして、それぞれの現状の道路状況から「歩道(自転車通行可・不可)」として規制するか、路側帯として規制するかは、それぞれの道路の利用状況を把握しているであろう自治体の地方公安委員会が決めることです。

小生に答える問題ではありません。

もしかすると、世捨人さんのスクープ(?)画像も手前の方に向かって延々とアスファルト舗装と白線が続いていて、路側帯とされているのかも知れませんね。

JEFFさんや小生が指摘したように単なる水道工事の途中の仮のアスファルト舗装だと気付かなかったことは悔しいでしょうが、それだけのことです。

また一つ、道路交通法に関する理解を深めることが出来て良かったですね。

https://www.google.co.jp/maps/@35.736092,139.744869,3a,75y,152.24h,56.24t/data=!3m4!1e1!3m2!1s1Gk2fwo9v9m3mE07KlQMow!2e0?hl=ja

>こんどは駒込に来ました。ここで、警察官はいったいどういう判断で柵の壁側を自転車で通行しているのでしょうかね?路側帯だと思っているから?それとも安全のためやむを得ないとでもいうのでしょうか?

折角、取材に行ったのであれば、直接警察官に聞いて下さい。

https://www.google.co.jp/maps/@35.732164,139.744741,3a,15y,141.96h,83.93t/data=!3m4!1e1!3m2!1sn5Dxt7aTRvHYel93QaTenQ!2e0?hl=ja

>黄色い服の自転車が走っているところはかなり長い区間に渡って、柵がなく、白線さえ引かれていないので、歩道ではなく、路側帯でさえなく、車道の一部となっています。(車道右側通行の例)

交通量の少ない30キロ制限の生活道路は、左右からの飛び出しを避けるために道路ど真ん中を通行すべきです。

https://www.google.co.jp/maps/@35.729735,139.744608,3a,75y,239.6h,73.66t/data=!3m4!1e1!3m2!1sjRxZMt4DuQWMkdVbkVvDNA!2e0?hl=ja

>ここも道路右側に長い区間途切れた柵があります。軽ワゴンが止まっているところは歩道でしょうか?それとも路側帯でしょうか?

小生にとっては、どちらでも構いません。
最寄の警察なり公安委員会なりにお問い合わせください。

>さて、ここでオアゾさんに問題です。

ここまでは、問題ではなかったのかな?

https://www.google.co.jp/maps/@35.724056,139.756079,3a,75y,246.75h,81.44t/data=!3m4!1e1!3m2!1sDPct3iD6eUZ6h60qB4Zemw!2e0?hl=ja

>この道路、左右は歩道ですか?それとも路側帯でしょうか?(それぞれお答えください。)

はっきり言って、小生の知った事ではありません。
法律は書いてあるとおりです。
具体的な解釈は、権限のあるところにご照会下さい。
ここまで取材したのであれば、是非、警察なり公安委員会なりに確認下さい。
頑張って下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/10 18:06 | URL |

こじまさん| 2014/04/10 17:11 |へ

>きっと答えられないだろうな~

ずさんのお仲間ですか?

的外れなアレヤコレヤは、品性を疑われますよ。

残念。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/10 18:07 | URL |

やっぱり答えられない

| こじま | 2014/04/10 18:47 | URL | ≫ EDIT

こじまさん| 2014/04/10 18:47 |へ

>やっぱり答えられない

ずさんのコメントを「押収」するとは「偉くなりましたね。」

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/10 19:04 | URL |

結局答えないんですね

| こじま | 2014/04/10 19:08 | URL | ≫ EDIT

>ときどきオアゾツーキニスト さんへ

反対側の写真というのは、反対方向の写真です。右側通行などと言っていません。進行方向の逆側の歩道ないし路肩の状況がわからなければ、判断のしようがないのではないですか?と聞きたかっただけですよ。

>議論には、道路交通法をきちんと確認した上で、ご参加下さい。

ずいぶんと失礼なことをおっしゃりますね?

まあ、勘違いされているのでしょうけれど、相手を批判するときには、もう少し考慮されてからのほうがよろしいですよ。

| ダイ | 2014/04/10 20:20 | URL |

ダイさん| 2014/04/10 20:20 |へ

>反対側の写真というのは、反対方向の写真です。右側通行などと言っていません。進行方向の逆側の歩道ないし路肩の状況がわからなければ、判断のしようがないのではないですか?と聞きたかっただけですよ。

これは失礼しました。

「画像では切り取られていますが、このお店の出入り口部分の手前には、歩道の縁石が続いていることでしょう。(世捨人さんからは)手前も路側帯になっています。証拠はあります。掲載しませんが。という脊髄反射がありそうですがね。」(by ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/04 19:40)

を踏まえての「反対側」発言でしたので、てっきり道路を渡って反対側のことかと思いました。

>>議論には、道路交通法をきちんと確認した上で、ご参加下さい。
>ずいぶんと失礼なことをおっしゃりますね?まあ、勘違いされているのでしょうけれど、相手を批判するときには、もう少し考慮されてからのほうがよろしいですよ。

重ねてお詫び申し上げます。

失礼しました。



| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/10 20:54 | URL |

ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/10 20:54 |へ

こちらこそ、上記のことをわかった上で意地悪く書いてしまいました。すみません。

| ダイ | 2014/04/10 21:11 | URL |

こじまさんへ

>結局答えないんですね

当然です。全国を探しても明確に答えられる人なんていませんよ。



さて、

http://www.bengo4.com/gyosei/b_172921/

弁護士ドットコムに載っている相談事例です。駐車違反を摘発されて、該当場所が路側帯なのか道路なのかが問題となっているようです。注目してほしいのは、


「市は歩道として考えて作ったであろうが、取り締まる側の公安委員会は、歩道としては認識しておらず(歩道の定義の縁石などなく、また当該駐車地帯の道路反対側に縁石で区切られた歩道あり)、また実線で区切られたところではなく路側帯でもなく、つまり道路である」


公安はこういうことを言ったりします。


歩道か、路側帯か、道路の一部かなんて、利用者の誰にも分からない。設計建設した市も(設計上の意図はあるにせよ)分からない。わかるのは取り締まる側の公安委員会だけである。

これって酷い話ではないですか?


今回の世捨人さんのエントリーは、本質的にはこういう問題点に着眼した、意味のある議論だと思っています。なにも画像に示された場所だけの問題ではなく、本質的にもっと普遍的な問題につながっているものなのです。

残念なのは、その解決策として、「標示による啓発」を挙げるにとどまっていることです。歩道として設計され、歩道として建設された道路が、法律によって歩道として利用できない(歩道のつもりで利用すると道交法違反に問われてしまう可能性がある)という問題点の根本的な解決にはなっていません。ですから、私は、代替案として、たとえば「着色二重線」などの新たな標示方法を用いて、路面標示によって歩道を示すことができるようにする法改正を提案させて頂いております。

理解できましたでしょうか?

| ず | 2014/04/11 12:17 | URL |

分かんね〜な〜。

| JEFF | 2014/04/11 23:48 | URL | ≫ EDIT

ずさんへ

自転車乗りにとって、バイク・原付の駐車違反など何ら関係ありません。

自転車乗りにとって、ごみごみとした住宅街や商店街の歩道や路側帯などどちらでも構いません。

歩行者や駐停車車両に気をつけて道路のど真ん中を通行すれば良いだけのことです。

そもそも、路側帯左側通行ルールが設けられたのは、横浜あたりの線路をくぐる道路の路側帯で双方から下ってくる自転車同士の接触事故が絶えなかったからだということです。

今回の改正で当該道路では線路の下に向かう手前に左側路側帯に一方通行表示、右側路側帯に進入禁止表示がされているようです。

今回の改正の原因もまた下り坂でのスピードの出し過ぎです。

特急自転車乗りの方々は、自転車固有のスピード規制などが議論の俎上に上ることがないように、くれぐれも下らない統計数値を積み上げないようにスピードを自制して安全運転をお願いします。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/12 14:57 | URL |

今回のエントリーに関して、私は別段自転車の話をしている訳ではありません。テーマはあくまでも歩道と路側帯の区分の法的なあいまいさと、それに伴う諸問題で一貫しています。そして、その一部として自転車の路側帯通行が取り上げられています。

>自転車乗りにとって、ごみごみとした住宅街や商店街の歩道や路側帯などどちらでも構いません。

右側路側帯の通行が法的に禁じられたことによって、法的には、そうも言っていられない状況が生まれました。現実にどの程度取締りの可能性があるかという点を踏まえれば、現実的な影響は皆無に等しいという向きもあるでしょうが、それは個々の価値判断次第です。


>歩行者や駐停車車両に気をつけて道路のど真ん中を通行すれば良いだけのことです。

それは違います。

こういう考え方が成り立つのだったら、自転車は車道左端を通ればいいだけのことなので、歩道通行はすべて禁じても問題はない、ということになります。

| ず | 2014/04/12 15:28 | URL |

ずさんへ

法的には、歩道と路側帯の区分は明確です。

現実の道路で、商店街の店先・玄関口・駐車場の出入り口等々で、歩道を区分する工作物が途切れることは、当然の前提です。

また、道路拡幅工事の途上にあり、歩道が途中から路側帯になることもあるでしょうし、駅前・駅裏・線路沿いといった道路巾の変化に応じて自転車通行可の歩道から、自転車通行不可の歩道、路側帯というように変化することもあるでしょう。

現実の道路状況に合わせて、道路の規制は、市役所なり公安委員会(警察)なりが決めることであり、何ら問題ありません。

路側帯左側通行が、少しずつでも定着して、車道左端通行が当たり前の世の中となれば、良いことです。

ずさんがアップしたグーグル画像の道路については、車道右側通行もど真ん中通行も何ら問題ありません。

商店街や住宅街に入り込む自動車は十分にスピードを落としていることでしょうし、歩行者の接触に気をつけて、自分の身は自分で守るということで十分です。

商店街や住宅街では道路交通法や警察の取り締まりなど関係なく、住民相互の顔がさすことで、安全や円滑は担保されるものです。

住宅街や商店街の歩道は、歩行者が利用するものです。

MINELさんとの議論ではありませんが、自転車は車道左端通行することで十分です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/12 16:01 | URL |

安全上なんら問題がないことと、
法律上なんら問題がないことは違います。

どちらを言いたいのかあいまいな表現を使うのは止めましょう。
同じ議論をこれ以上繰り返すつもりはありません。

| ず | 2014/04/12 23:58 | URL |

ずさんへ

安全上も法律上も何ら問題ありません。

要するに、今回も世捨人さんのスクープ(?)画像並びに主張・提言は読む価値のないものだったということです。

そして、読む価値がない下らないものであることを読み取れない方々が追随・賞賛していただけものです。

| 自転車は歩道 | 2014/04/13 10:59 | URL |


ふざけるなと言いたい
(笑)

| … | 2014/04/13 21:28 | URL | ≫ EDIT

何も生み出さない議論はさておき…

私のネットワークの中の自転車議連の先生に伝えておきますよ。

| はげおやじ | 2014/04/16 01:16 | URL |

重量と速度で車両が持つ運動エネルギーに10~20倍の違いがある事は理解した.
(というより,明記されるのを待っていただけなんですが)

ちなみに15km/hも30km/hも目測であるけど,そこは一定の仮定を置いたものとして,容認.
議論をスムーズにするために,「何を仮定しているか」を明記して,合意の上で進める事は必要.


~~~
では,次の質問.
「衝撃力等々の危険性」は衝撃力に正比例して10~20倍になるの?
私は「危険性」が10~20倍になるとは考えない.
この考えの理由は,前回の「衝突面」に関する記述で,一部説明した.

また,「危険性」を貴方は客観的・合理的に数値化する仮定を説明できるのか?
以上より,貴方は衝撃力の話題を,「衝撃力等々の危険性」の話題へと焦点をズラしていると感じる.
これも詭弁の一部で,適切でない文章表現化と感じた.


(危険ではないと入っていませんよ.
タクシーに衝突される事も,大型バスに衝突される事も,人体に怪我を起こさせる危険を有しています.
それを恣意的に数値化する事が不適切と,私は述べています.)


この当たりには,どうお答えになるのか.


~~~
>大型車は側面への巻き込み事故を想定しています。
>タクシーは急ブレーキを掛けることで事故は回避出来るでしょう。


①大型車(=大型トラック?)も急ブレーキをかける事で事故を回避できるでしょう.
②タクシーの場合に,側面への巻き込み事故を想定して議論しない合理的理由は?

上記の2点への言及が無いなら,自分の想定するような事故しか起きない・事故回避行動が取られるはずだ,というような都合の良い議論を展開したいようにしか見えない.

あと他の場所で

『「「安全な筈がない」というレベルの曖昧な反論しかできない非常識こそ問題である。 』
|ときどきオアゾツーキニスト|2014/04/04 20:52|

と言ってるけど,上記①もれっきとした曖昧な反論だ.


個人的には曖昧な部分を残して記述する事に違和感はないけど,|ときどきオアゾツーキニスト|は曖昧な反論を問題視しているんだったら,むじゅんする.


何度も何度も,自己矛盾コメントを残さないでください.

| こじま | 2014/04/18 09:55 | URL | ≫ EDIT

>要するに、今回も世捨人さんのスクープ(?)画像並びに主張・提言は読む価値のないものだったということです。

まあ、一理あると言う程度です。喫緊の課題でもなんでもないですから、価値があるかどうかは読み手次第ともいえます。それでも、いつもの下らない事実誤認記事と比べたら、見るべきものがあるという訳です。

| ず | 2014/04/18 17:07 | URL |

こじまさん| 2014/04/18 09:55 |へ

>重量と速度で車両が持つ運動エネルギーに10~20倍の違いがある事は理解した.(というより,明記されるのを待っていただけなんですが)

努力不足です。


>ちなみに15km/hも30km/hも目測であるけど,そこは一定の仮定を置いたものとして,容認.議論をスムーズにするために,「何を仮定しているか」を明記して,合意の上で進める事は必要.

世捨人さんの車載カメラにスピードガン機能も付加するようにお願いして下さい。

議論の相手であるずさんとの間では、仮定につき合意が成り立っていますよ。

広く公開されているネット上での議論ですので、岡目八目で途中から議論に割り込みされる方々は、前後左右の安全確認することは当然の義務でしょう。

努力不足です。


>~~~では,次の質問.「衝撃力等々の危険性」は衝撃力に正比例して10~20倍になるの?私は「危険性」が10~20倍になるとは考えない.この考えの理由は,前回の「衝突面」に関する記述で,一部説明した.また,「危険性」を貴方は客観的・合理的に数値化する仮定を説明できるのか?以上より,貴方は衝撃力の話題を,「衝撃力等々の危険性」の話題へと焦点をズラしていると感じる.これも詭弁の一部で,適切でない文章表現化と感じた.

10~20倍となるスピードの危険性を吸収出来る「衝突面」があれば、ノーベル賞ものです。

ちなみに、危険の発生率については、議論していません。

>(危険ではないと入っていませんよ.

危険に入ってこられても困りものです。


>タクシーに衝突される事も,大型バスに衝突される事も,人体に怪我を起こさせる危険を有しています.それを恣意的に数値化する事が不適切と,私は述べています.)この当たりには,どうお答えになるのか.

三輪車に衝突されることと、大型タンクローリーに衝突されることは違うでしょう。

スタート直後で10キロ程度のスピードのタクシーと50キロ制限の片側2車線の道路で特急自転車の後ろから車間距離を詰めて30キロ超のスピードで圧迫する大型トレーラーでは違うでしょう。


>>~~~大型車は側面への巻き込み事故を想定しています。
タクシーは急ブレーキを掛けることで事故は回避出来るでしょう。
>①大型車(=大型トラック?)も急ブレーキをかける事で事故を回避できるでしょう.②タクシーの場合に,側面への巻き込み事故を想定して議論しない合理的理由は?上記の2点への言及が無いなら,自分の想定するような事故しか起きない・事故回避行動が取られるはずだ,というような都合の良い議論を展開したいようにしか見えない.

ずさんと小生のコメントでご確認下さい。

努力不足です。


>あと他の場所で『「「安全な筈がない」というレベルの曖昧な反論しかできない非常識こそ問題である。 』|ときどきオアゾツーキニスト|2014/04/04 20:52|と言ってるけど,上記①もれっきとした曖昧な反論だ.個人的には曖昧な部分を残して記述する事に違和感はないけど,|ときどきオアゾツーキニスト|は曖昧な反論を問題視しているんだったら,むじゅんする.何度も何度も,自己矛盾コメントを残さないでください.

状況に応じたコメントです。

前後の文脈をご確認下さい。

努力不足です。


|

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/18 17:09 | URL |

ずさん| 2014/04/18 17:07 |へ

>>要するに、今回も世捨人さんのスクープ(?)画像並びに主張・提言は読む価値のないものだったということです。
>まあ、一理あると言う程度です。喫緊の課題でもなんでもないですから、価値があるかどうかは読み手次第ともいえます。それでも、いつもの下らない事実誤認記事と比べたら、見るべきものがあるという訳です。

ずさんがグーグル画像でお示しいただいたように、商店街や住宅街では、商店の間口、玄関先、駐車場の出入り口等々、歩道の工作物による区分が途切れることは、よくあることです。

また、水道・ガス工事で歩道が掘り返され、アスファルトで簡易舗装されることも、よくあることです。

道路拡幅もマンション建設も商店街の発展・衰退等々の現実も時の流れにより変化するものです。

ずさんらが世捨人さんの画像の切り取りテクニックを見抜けなかっただけのことです。

「無計画の道路行政のなせる業」だとか、「道路交通法の不備」だとか、無責任に過ぎます。

本当にしっかりして下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/19 16:54 | URL |

「無計画の道路行政のなせる業」
「道路交通法の不備」


これらは、私の言葉ですが、今読み返すと、確かに説明が不足しているようにも思えます。指摘したかったのは公安委員会都市計画課の相互連絡の欠如、一貫性のなさです。

都市計画上の歩道を歩道として利用することで、公安委員会に摘発されるという事態が生じうるのが現実の日本です。法治国家としては欠陥であると言わざるを得ませんが、幸いなことに、この欠陥による国民生活への影響は非常に限定的なので、事なきを得ているわけです。

| ず | 2014/04/19 19:45 | URL |

ずさん | 2014/04/19 19:45 |へ

>「無計画の道路行政のなせる業」「道路交通法の不備」、これらは、私の言葉ですが、今読み返すと、確かに説明が不足しているようにも思えます。指摘したかったのは公安委員会と都市計画課の相互連絡の欠如、一貫性のなさです。都市計画上の歩道を歩道として利用することで、公安委員会に摘発されるという事態が生じうるのが現実の日本です。法治国家としては欠陥であると言わざるを得ませんが、幸いなことに、この欠陥による国民生活への影響は非常に限定的なので、事なきを得ているわけです。

商店街や住宅街に歩行者のために整備された歩道や路側帯です。
巾60センチとスマートな自転車が右側通行しようと駐輪しようと何ら問題ありません。

原付の迷惑駐車と自転車の右側通行とではレベルが全く異なります。

「摘発」だの、「欠陥」だの「国民生活」だのと、難しげに大風呂敷を広げて誤魔化しても無駄です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/20 05:32 | URL |

オアゾさんは自転車のことしか考えないからそう思うんですよ。
私はべつに、自転車のことだけを考えてコメントしてるんじゃないんですよ。

いずれにしても、公安委員会と都市計画課の縦割り行政の弊害は疑いの余地がありません。

| ず | 2014/04/20 11:05 | URL |

ずさん| 2014/04/20 11:05 |へ

>オアゾさんは自転車のことしか考えないからそう思うんですよ。私はべつに、自転車のことだけを考えてコメントしてるんじゃないんですよ。いずれにしても、公安委員会と都市計画課の縦割り行政の弊害は疑いの余地がありません。

自転車は車道上の最弱者です。

自転車のことを第一に考えることが、道路交通全体の「安全」と「円滑」を図ることに繋がります。

ずさんは、歩道と路側帯についてネット検索して、「原付バイク」の迷惑駐車の事例に飛びついただけのことです。

自転車乗りにとって、「公安委員会と都市計画課の縦割り行政の弊害」など、全く問題ありません。

逆に、巾60センチとスマートで幼児から高齢者まで誰もが気軽に手軽に利用する身近な交通手段である自転車は、縦割り行政の隙間を自由自在に利用させて頂けるということで、誠に有難いことです。

何事にも、感謝感謝です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/21 09:51 | URL |

道路行政において、以前よりはかなり改善されたとはいえ、無視される場合さえある自転車の通行について考慮することは重要なことです。

だからといって、自転車のこと以外はなにも考えないことが道路の安全や円滑につながる、というわけではありません。オアゾさんの言葉はそういう風に聞こえますよ。

| ず | 2014/04/21 11:45 | URL |

ずさん| 2014/04/21 11:45 |へ

>道路行政において、以前よりはかなり改善されたとはいえ、無視される場合さえある自転車の通行について考慮することは重要なことです。だからといって、自転車のこと以外はなにも考えないことが道路の安全や円滑につながる、というわけではありません。オアゾさんの言葉はそういう風に聞こえますよ。

自転車乗りに出来ることは、ただただ、車道左端を真っ直ぐ前を向いて蛇行せずに(ふらつかずに)通行することです。

少なくとも自転車に関して歩道と路側帯の違いを議論している中で、原付の迷惑駐車の事例を持ってきても仕方ないでしょう。

頑張って下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/21 13:48 | URL |

原付などの駐車違反に関しては、すでに道路行政と都市計画の一貫性の欠如による「実害」が報告されていることを紹介しました。自転車からしても「明日はわが身」ということもありうるでしょうね。

だからどうすべきだ、ということでもないですが、多く国民が縦割り行政について知って、問題意識が醸成させることを目的と考えれば、「ジャーナリスト」として世捨人さんはわりと、まともな仕事をしたということです。珍しいことですね。

| ず | 2014/04/21 20:46 | URL |

ずさん| 2014/04/21 20:46 |へ

>原付などの駐車違反に関しては、すでに道路行政と都市計画の一貫性の欠如による「実害」が報告されていることを紹介しました。自転車からしても「明日はわが身」ということもありうるでしょうね。

実害は、原付の迷惑駐車で道路交通の「安全」と「円滑」を阻害された「歩行者」や「自転車」に発生しています。

縦割り行政や一貫性の欠如を指摘したところで、迷惑駐車の実害は回復されません。

原付バイクの所有者は、反省が不十分です。


>だからどうすべきだ、ということでもないですが、多く国民が縦割り行政について知って、問題意識が醸成させることを目的と考えれば、「ジャーナリスト」として世捨人さんはわりと、まともな仕事をしたということです。珍しいことですね。

責任の所在が明確であるという点が、縦割り行政の良い所です。
縦割りであろうと、横割りであろうと、(行政)制度にもそれぞれ長所・短所があります。

商店街・住宅街での迷惑駐車の撤去についてまで、行政にお任せとする国民の意識こそが問題です。

ネットでの相談を鵜呑みにする主体性のなさもまた問題です。

上下水道の工事など全国各地で当たり前の光景ですよ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/22 09:12 | URL |

以前リンクしたケースではどうやら狭い「路側帯」に駐車しているようなので、問題外ではありますが、そこに書かれいる公安委員会の見解が興味深かったので呈示しました。

>原付バイクの所有者は、反省が不十分です。

これはその通りだと感じます。

とはいえ、基本として、駐車・駐輪の可否は都市計画のレベルで決定されるべきものであり、公安委員会の裁量にゆだねるべきものではないと考えます。


>縦割りであろうと、横割りであろうと、(行政)制度にもそれぞれ長所・短所があります。

縦にも横にも割らないで相互に充分な連絡と連携を取ることが重要でしょう。

| ず | 2014/04/22 09:44 | URL |

ずさん| 2014/04/22 09:44 |へ

>以前リンクしたケースではどうやら狭い「路側帯」に駐車しているようなので、問題外ではありますが、そこに書かれいる公安委員会の見解が興味深かったので呈示しました。

いまさら「どうやら」などと無責任極まりない。

安易にネット情報を信じる主体性のなさを小生は指摘しているのです。


>>原付バイクの所有者は、反省が不十分です。
>これはその通りだと感じます。とはいえ、基本として、駐車・駐輪の可否は都市計画のレベルで決定されるべきものであり、公安委員会の裁量にゆだねるべきものではないと考えます。

「都市計画」決定権限は知事クラスにあり、数年に一回の見直しがなされるものでしょう。

虎の門~汐留間のマッカーサー道路などは数十年の時間を超えて整備に着手されています。

その間にも日々、上下水道工事やマンション建て替え工事は進み、街並みは変化していきます。

「物理的に」日々変化する道路状況に合わせて、細かい運用ルールの見直しを日々街中のパトロールをしている警察官を手足にもつ公安委員会の裁量に委ねることは、合理的なことです。


>>縦割りであろうと、横割りであろうと、(行政)制度にもそれぞれ長所・短所があります。
>縦にも横にも割らないで相互に充分な連絡と連携を取ることが重要でしょう。

商店街や住宅街での原付バイクの迷惑駐車の問題です。

問題が顕在化した時点で個々対応することで十分でしょう。

完璧を求めて税金の無駄遣いをされるようなら、不完全でも市民の自治に任せてもらえれば十分でしょう。

もしかすると、今回の原付バイクの迷惑駐車も、警察の取締りが甘く、周辺の住民や商店主が通報したのかも知れませんね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/22 10:35 | URL |

>安易にネット情報を信じる主体性のなさを小生は指摘しているのです。

当初から別に彼の主張を私がかわりに主張している訳ではありません。現場レベルで路側帯、歩道、車道といった区別に混乱が見られている事例として提示したものです。ネット上の他者の主張を安易に受け入れることは問題ですが、ネットほど比較的簡易に事例を収集できる方法はありません。

基本的に、私が問題にしているのは、「白いブロックによって区切られた部分が路側帯ではない」という公安委員会からの回答と、その紛らわしい舗装によって、「現実の道路利用者がその場所を路側帯だと考えていることがある」という事実です。別に彼の違法駐車の摘発が不当であると述べたいのではありません。


>「都市計画」決定権限は知事クラスにあり、数年に一回の見直しがなされるものでしょう。

公安や取締に階層があるように、都市計画にも階層があり、たとえば、公園を作ること自体は都議会や区議会レベルの審議を経るものでしょうが、そのなかの遊歩道の幅であるとか入口脇の駐輪スペースの大きさなどを細かく設定する作業全般を指して「都市計画」と言っています。

この歩道は3m幅にしよう、だとか、景観を意識してアスファルト舗装に白線の代わりに、全体を石畳にして白い敷石を並べて路側帯を示そう、などというのは「都市計画」の範疇です。

件の例では、「白い敷石は路面上の道路標示に該当せず」などという回答が公安委員会から得られているようですが、そうであるなら、最初から白い石など用いず、全面通常の石畳で舗装すれば良いはずで、行政の一貫性の欠如を示す好例であると考え、引用しました。

| ず | 2014/04/22 17:34 | URL |

>>安易にネット情報を信じる主体性のなさを小生は指摘しているのです。
>当初から別に彼の主張を私がかわりに主張している訳ではありません。現場レベルで路側帯、歩道、車道といった区別に混乱が見られている事例として提示したものです。ネット上の他者の主張を安易に受け入れることは問題ですが、ネットほど比較的簡易に事例を収集できる方法はありません。基本的に、私が問題にしているのは、「白いブロックによって区切られた部分が路側帯ではない」という公安委員会からの回答と、その紛らわしい舗装によって、「現実の道路利用者がその場所を路側帯だと考えていることがある」という事実です。別に彼の違法駐車の摘発が不当であると述べたいのではありません。

高齢化社会の進行に併せて社会インフラのバリアフリー化が勧められているところです。

歩道の段差を無くして紛らわしい舗装とすることは、素晴らしいことです。

商店街や住宅街はそもそも歩行者が最優先であり、歩道と路側帯の違いなど歩行者にとっては何ら関係のないことです。

歩行者最優先の道路空間に紛れ込む自転車や迷惑路駐原付バイクに行政が文句を言われる筋合いは全くありません。

>>「都市計画」決定権限は知事クラスにあり、数年に一回の見直しがなされるものでしょう。
>公安や取締に階層があるように、都市計画にも階層があり、たとえば、公園を作ること自体は都議会や区議会レベルの審議を経るものでしょうが、そのなかの遊歩道の幅であるとか入口脇の駐輪スペースの大きさなどを細かく設定する作業全般を指して「都市計画」と言っています。この歩道は3m幅にしよう、だとか、景観を意識してアスファルト舗装に白線の代わりに、全体を石畳にして白い敷石を並べて路側帯を示そう、などというのは「都市計画」の範疇です。件の例では、「白い敷石は路面上の道路標示に該当せず」などという回答が公安委員会から得られているようですが、そうであるなら、最初から白い石など用いず、全面通常の石畳で舗装すれば良いはずで、行政の一貫性の欠如を示す好例であると考え、引用しました。

それぞれの地域の道路状況に合わせた、行政の柔軟な対応と前向きに捉えることも出来ます。

しまなみ海道にあるブルーラインなどは、それぞれの自治体での工夫による法定外道路標示の良い所です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/22 19:10 | URL |

>歩道の段差を無くして紛らわしい舗装とすることは、素晴らしいことです。

そうです。そういう工夫が適切にできるような環境を作っていく必要があります。「物理的な工作物がないから歩道ではない」などという規定は有害な規制のように感じます。

>しまなみ海道にあるブルーラインなどは、それぞれの自治体での工夫による法定外道路標示の良い所です。

そうです。そういう工夫は広く認められるべきだと私は主張しています。

計画上の路側帯が適切に路側帯と認められるように、計画上の歩道が適切に歩道と認められるように、あるいは認められないのであれば認められない理由を明示し、修正案が提示されるような入念な協議が事前に行われることを望みます。

日本の制度は全般に事後(問題が起きてから)しか判断を下さないことが多いのも問題です。

| ず | 2014/04/22 19:22 | URL |

ずさん| 2014/04/22 19:22 |へ

>>歩道の段差を無くして紛らわしい舗装とすることは、素晴らしいことです。
>そうです。そういう工夫が適切にできるような環境を作っていく必要があります。「物理的な工作物がないから歩道ではない」などという規定は有害な規制のように感じます。

道路上の最弱者となる歩行者を保護するために、物理的な「工作物で区分された道路の部分」という現行の道路交通法の歩道の定義は何ら問題ありません。

世捨人さんのスクープ(?)画像は喫茶店orクリーニング店の店先の歩道のスロープとなっている部分が工事中でアスファルトで仮に舗装されているだけのことだということを、ずさんが見抜けなかったものです。


>>しまなみ海道にあるブルーラインなどは、それぞれの自治体での工夫による法定外道路標示の良い所です。
>そうです。そういう工夫は広く認められるべきだと私は主張しています。計画上の路側帯が適切に路側帯と認められるように、計画上の歩道が適切に歩道と認められるように、あるいは認められないのであれば認められない理由を明示し、修正案が提示されるような入念な協議が事前に行われることを望みます。日本の制度は全般に事後(問題が起きてから)しか判断を下さないことが多いのも問題です。

原付バイクの迷惑駐車の路側帯や、先日のグーグル画像の駅前・駅裏、商店街・住宅街の歩道と路側帯(もどき)などに、入念な事前協議など全く不要です。

商店街や住宅街の歩道や路側帯の主役はあくまでも歩行者です。

自転車は左右の飛び出しに注意して、車道のど真ん中を通行すれば良いだけのことです。

ちなみに、小生はしまなみ海道のブルーラインも不要なお役所仕事(観光対策をしてますよ実績作り)に過ぎないと考えています。

ロードバイクで走ると青線の凸凹が鬱陶しく、スリップ事故の原因となりそうで危険です。

白線も青線もない方が快適にスピードを楽しむことが出来ます。

案内表示など無い方が、地図を頼りに迷子になる楽しみが増えるというものです。

しまなみ海道のブルーラインは過保護過ぎです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/22 20:01 | URL |

>道路上の最弱者となる歩行者を保護するために、物理的な「工作物で区分された道路の部分」という現行の道路交通法の歩道の定義は何ら問題ありません。

自動車の交通量の少ない道路に限れば、物理的な工作物で区分することによる安全性の向上が期待できるとは思えません。


>世捨人さんのスクープ(?)画像は喫茶店orクリーニング店の店先の歩道のスロープとなっている部分が工事中でアスファルトで仮に舗装されているだけのことだということを、ずさんが見抜けなかったものです。

可能性として論ずることはできますが、具体的な画像の場所が不明のため、検証することもできないし、根拠を示すこともできません。無根拠で(世捨人さんを)批判するのは私のポリシーに反しますので、その点に関しては目を瞑っています。


>ロードバイクで走ると青線の凸凹が鬱陶しく、スリップ事故の原因となりそうで危険です。

そうなんですか?私はあそこは行ったことがないので、知りません。
わたしのしまなみ海道の事例に関する個別の評価は「保留」です(有名な事例ですが、自分の経験で語れないので何ともいいません)。自治体などのレベルで様々な工夫に取り組むことができるべきであるし、そのことについては高く評価します。


>案内表示など無い方が、地図を頼りに迷子になる楽しみが増えるというものです。

(笑)

自転車通行禁止のバイパスを迂回できずに迷って下さい。

| ず | 2014/04/25 09:14 | URL |

ずさん| 2014/04/25 09:14 |へ

>>道路上の最弱者となる歩行者を保護するために、物理的な「工作物で区分された道路の部分」という現行の道路交通法の歩道の定義は何ら問題ありません。
>自動車の交通量の少ない道路に限れば、物理的な工作物で区分することによる安全性の向上が期待できるとは思えません。

暴走自動車ドライバーが住宅地の通学路で集団登校の小学生を襲った京都の亀岡等々での悲惨な事故を想起出来ませんか?

ずさんがグーグル画像で紹介頂いたガードレールの多くは、小学生の通学路の安全性の向上に十分に寄与しているでしょう。


>>世捨人さんのスクープ(?)画像は喫茶店orクリーニング店の店先の歩道のスロープとなっている部分が工事中でアスファルトで仮に舗装されているだけのことだということを、ずさんが見抜けなかったものです。
>可能性として論ずることはできますが、具体的な画像の場所が不明のため、検証することもできないし、根拠を示すこともできません。無根拠で(世捨人さんを)批判するのは私のポリシーに反しますので、その点に関しては目を瞑っています。

「読む価値なし」の世捨人さんへのコメントなど全く不要です。

また、可能性を指摘するのに根拠などは全く不要でしょう。

ずさんが見抜けなかったという事実にもまた根拠などありません。


>>ロードバイクで走ると青線の凸凹が鬱陶しく、スリップ事故の原因となりそうで危険です。
>そうなんですか?私はあそこは行ったことがないので、知りません。わたしのしまなみ海道の事例に関する個別の評価は「保留」です(有名な事例ですが、自分の経験で語れないので何ともいいません)。自治体などのレベルで様々な工夫に取り組むことができるべきであるし、そのことについては高く評価します。

商店街や住宅街での歩行者の回遊性と安全性の双方をバランス良く確保するために、各自治体レベルの様々な工夫に取り組んだ結果、歩道と路側帯の区分が曖昧になったとしても高く評価できるということでしょう。


>>案内表示など無い方が、地図を頼りに迷子になる楽しみが増えるというものです。
>(笑)自転車通行禁止のバイパスを迂回できずに迷って下さい。

図体ばかりがデカくて小回りの効かない自動車と違い、迷ったらその場で逆戻り出来る所も、多くの一方通行規制から除かれている自転車(軽車両)の良い所です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/25 10:43 | URL |

>「読む価値なし」の世捨人さんへのコメントなど全く不要です。

というのはオアゾさんの勝手な意見に過ぎません。
自分の意見を他者に押し付けるのはそろそろやめたらどうですか?


>様々な工夫に取り組んだ結果、歩道と路側帯の区分が曖昧になったとしても高く評価できるということでしょう。

ええ。そう思います。


>迷ったらその場で逆戻り出来る所

まあ、ですから、オアゾさんは迷って、戻って、また迷って、ずっとやっててくださいな。

| ず | 2014/04/25 18:49 | URL |

ずさん| 2014/04/25 18:49 |へ

>>「読む価値なし」の世捨人さんへのコメントなど全く不要です。
>というのはオアゾさんの勝手な意見に過ぎません。自分の意見を他者に押し付けるのはそろそろやめたらどうですか?

63点の合格点を付ける甘ちゃんもいれば、30点という落第点を付ける人もいて、人それぞれです。

合格点を押し付けられても困りものですね。


>>様々な工夫に取り組んだ結果、歩道と路側帯の区分が曖昧になったとしても高く評価できるということでしょう。
>ええ。そう思います。

あれあれ、敗北宣言ですかね。

公安委員会と都市計画課の縦割り行政の弊害は疑いの余地がありません。などと息巻いていたのは何方かしら。

>>迷ったらその場で逆戻り出来る所
>まあ、ですから、オアゾさんは迷って、戻って、また迷って、ずっとやっててくださいな。

敗北宣言Ⅱといったところですかね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/25 21:07 | URL |

「私が63点と評価しました」と述べているのであって、「あなたも63点と思いなさい」などとは言っていませんよ。主観的に好き勝手言うことを批判しているのではないのです。

オアゾさんが「世捨人さんの記事は読む価値なしです」などといってコメントをしないのは勝手です。

しかし、他者の「私は世捨人さんへの返信として○○と言いました。勝手に世捨人さんの発言内容から外して一般化しないでください。」という旨の発言に対して、「世捨人さんの記事は読む価値なしです」などとコメントしたのでは、自分の意見を他者に強要しているわけでしょう。


ちなみに、都市計画上、歩道と路側帯区別があいまいになってしまうことを私は容認しています。そして、法律上はそうではないことに若干の憂慮を感じています。

| ず | 2014/04/25 21:35 | URL |

ずさんへ

広く公開されているネット上の議論です。

投稿者には、言ったもん勝ちという極めて公平なルールがあるだけです。

文言が全てです。

ネット上の議論では、首根っこを押さえることも出来ませんので、誰にも強要など出来る訳ありません。

小生の文言を強要と感じるということは、ずさんが劣勢だというだけのことです。

冷静に敗因分析をすることをお勧めします。(強要ではありませんよ。)

まあ、頑張って下さい。

法律は書いてあるとおりです。

国権の最高機関であり国の唯一の立法機関である国会で、全国民を代表する選挙された議員が定める一般的・抽象的な法規範です。

道路交通法が、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り、及び道路の交通に起因する障害の防止に資することを目的とするように、法律は確固たる目的、あるべき姿、理想を示すものです。

下水道工事や道路拡幅工事、集団登校児童の安全の確保、商店街の盛衰、戸建て住宅からマンションへの立替等々揺れ動く現実の実態とは異なります。

法律という尺度が曖昧では、揺れ動く現実が促進すべきものか抑止すべきものかの判断がつかなくなるでしょう。


自転車の交通手段としての確固たる位置づけを法的に確保し、都心部での(無料)公共駐輪場といった自転車乗りのための環境整備を促進するためには、自転車が通勤・通学、買い物・育児、レジャー・健康増進・老化防止等々に役立つエコでセコで手軽で便利で気楽でおしゃれな交通手段であることを世の中に知らしめ、実態を作っていくことが大切です。

そのために自転車乗りに出来ることは、ただただ車道左端を真っ直ぐ前を向いて蛇行せず(ふらつかず)に通行することだけです。

このことを、ずさんだけでなく、数多の特急自転車乗りの方々に理解いただくために、丁寧に粘り強く教え諭しているものです。

更には、交通安全の先駆者を自認する特急自転車乗りの方々には、車道左端(第一通行帯)は自転車本来の通行空間であることを、わがまま自動車ドライバーに認知させるためにも、車間距離を詰めて嫌がらせをする大型車のプレッシャーに負けずに、堂々とゆっくりゆったりと車道左端(第一通行帯のど真ん中)を当たり前に通行するものでしょうと、問いかけているのです。

| 自転車は歩道 | 2014/04/26 17:15 | URL |

ずさん、ほか皆様へ

上の「自転車は歩道」は小生です。

HNを入れ漏れました。

まあ、文面を見れば、分かりますよね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/26 17:40 | URL |

>小生の文言を強要と感じるということは、ずさんが劣勢だというだけのことです。

お花畑ですね。

>下水道工事や道路拡幅工事、集団登校児童の安全の確保、商店街の盛衰、戸建て住宅からマンションへの立替等々揺れ動く現実の実態とは異なります。

揺れ動く実態に対応できる法律の方が対応できない法律よりも優れていることは間違いがありません。
(揺れ動く実態に合わせていちいち法改正が必要だという意味ではありません。)


この記事で世捨人さんは「法律上は明確に分別され、違反などの扱いも異なるはずの路側帯と歩道が、実際の路上では法律ほどは明確に区分できない(少なくとも利用者目線では区別が付かないことがある)」点を問題として、対策として、「法規通りに路側帯と歩道を厳密に区別すべきで、それが利用者からもわかりやすいように標識や標示を用いよ」という提案をしています。(文章力の問題はあるかもしれませんが、おおむねそんなことを言っています。)

それに対して私は、問題の重要度や優先順位は高くはないとしながらも、路側帯と歩道のあいまいさによって、厳密な法律の運用には堪えない道路状況が生まれていることは認めました。そのうえで、どうせ新たな標識・標示を導入するのであれば、単に利用者にわかりやすいように現行法を確認し、表示するだけのものではなく、現行法規上は路側帯となってしまう箇所であっても「歩道」として認められるように標識・標示を用いて示すことができるようにする方が有意義であろう、と指摘しました。

私のここでの論旨は、世捨人さんの指摘の一部を認め、その対策としてより意義の大きい対案を提案したということです。私は、この「対案」を強力に推進するつもりもありませんし、すでに述べたように優先順位は高くないとは思っています。(しかし、まったく問題が無いと思っている訳ではありません。)


私のコメントは、本質的に世捨人さんの記事に対するコメントです。道路交通に対するコメントではありません。
オアゾさんが私のコメントを道路交通に対するコメントのように読んで反論をした際に、私は、上記のごとく、自分のコメントは世捨人さんの記事に対するコメントであって、道路交通に対する自らの意見表明ではないと述べていますが、それに対して、「世捨人さんの記事は読む価値がない」と主張することは、私に対する強要以外の何なのでしょうか?

私の意見に反論するのであれば、私の意見を、適切に「世捨人さんの記事に対するコメント」として読み取る必要があります。
それにもかかわらず、あえて世捨人さんの記事を無視して「道路交通に対するコメント」だと解釈して反論をするのであれば、それは、内容がどんなに正しいことを言っていたとしても、的を外した非難でしかありません。

オアゾさんのコメントの大部分が、正しいか間違っているか以前の問題であることの根本的な要因はここにあります。


ちなみに、上記のとおり、オアゾさんは盛大に空振りを続けている(反論・批判をしているつもりになっているけれど、実は反論にも批判にもなっていないということ)だけなので、私が議論に敗北するなどということはあり得ません。議論は始まってさえもいないのですから。まともに議論をしたいのであれば、オアゾさんは、自分の姿勢を改めなければなりません。

| ず | 2014/04/26 23:08 | URL |

ずさんへ

ずさんのコメントに小生が口を挟むのは、あくまでも、道路交通の「実態」や「法律」に関するコメントとして、「ちょっと違うでしょう。」と指摘した方が自転車乗り皆さんのためになると思うものについてです。

ずさんと世捨人さんのコメントのやり取りには、何の興味も関心もありません。

悪しからず。

ちなみに、歩道も路側帯も「歩行者の通行の用に供するため」のものです。

歩道と路側帯の実態が揺れ動いたからといって、「歩行者の通行の用に供するため」ものであれば、何ら問題ありません。

自転車は、「著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合を除き、道路の左側の路側帯を通行することが出来る」だけのことです。

原付バイクの迷惑駐車と同じレベルでしかありません。

そもそも、上下水道工事で掘り返されてアスファルトで簡易舗装されている歩道など凸凹と走りにくいだけです。

自転車は、当たり前に車道左端通行すれば良いだけです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/27 11:56 | URL |

あえて掘り起こし。

>▼路側帯と歩道。似ても似つかないものだ。

間違い。どちらも同じ。
物理的に区別されている歩行者用の通行帯を歩道。
物理的の区別されていないが歩行者用の通行帯が路側帯。

>一般人の感覚として、車道の路肩寄りに敷かれた白線で、ガードレールや段差、縁石がない部分をいうのではなからろうか。ちなみに歩道が設けられた車道に敷かれた白線は「車道外側線」で、路側帯ではない。

確かにわかりにくいが、間違い。
歩道と「車道外側線」の間の幅は路肩と言う。画像ではL型街渠の立ち上がり部分から車道部分へ伸びているコンクリートの部分の0.5mが路肩にあたる。
ちなみに、路側帯にも路肩はある。車道外側線から0.5mの路側帯の幅が路肩に該当する。
路肩=路側帯ではないので注意。

>路側帯と歩道は同じ道路で混在しており混乱を招きかねない。画像をみよ。道路左側の路側帯が途中から、段差のある歩道に変わる。歩道の奥から手前方向へ走る自転車が路側帯を進入すれば右側通行(逆走)となるのだ。

画像を見る限り、アスファルト部分を路側帯と判断できない。
アスファルト舗装部分の白線を車道外側線と仮定した場合、歩道部分の外側線の位置と合致しない。
歩道部分の外側線の位置は、車道部のアスファルト舗装とL型街渠の境界が外側線の位置となる。(国土交通省の設計基準ではL型街渠と車道外側線に位置が一致する場合は省略が可能)
アスファルト舗装部分の白線はL型街渠の縁石部分の位置と接続している。
車道外側線は車道幅を示すので、同一線上になければならない。
画像部分は曲線部なので視距による拡幅及び設計速度と曲線半径による拡幅も考慮した場合でも車道外側線は同一線上に設定される。
以上の点からアスファルト舗装部分の白線より外側を路側帯と判断できない。

では、この白線は何を示しているのか。
仮舗装時の縁石の位置を示していると判断します。
 ・インターロッキングブロックとアスファルト舗装の境界での部分でL型街渠の集水桝が無い。
 ・アスファルト舗装部に店舗らしきものあるので乗り入れ部と仮定した場合、インターロッキングブロックにL型街渠が設置されているので歩道の形式はマウントアップ形式又はセミフラット形式と判別できる。(フラット形式の場合、L型街渠は必要無いので)
  なので、乗り入れ部用のL型街渠の設置が必要となる。
 ・アスファルト舗装部が支道等の道路と仮定した場合、停止線が無い。更に歩道部分より外側に設置されていない。
  更に歩道の巻き込みにL型街渠が無い。
以上の点から仮舗装時の縁石の位置を示していると判断します。

>▼交通反則通告制度のない自転車にあって、道交法違反を犯せば訴追されかねず前科を負うことになる。路側帯であることを視覚で訴え誤進入による逆走を防ぐよう、「路側帯マーク」なる標識を創設し通行区分を明確化すべきでないか。法整備が急がれる。

世捨人はやたらと歩道走行と言っているが、車道は「普通自動車」にて【設計】されているので、世捨人が所有しているであろう「小型自動車」では十分な余裕幅があるので自転車が車道走行しても問題ないですよ。
路側帯マークは既に「車道外側線のみ」と「車道外側線+外側に破線」と「車道外側線+外側に実線」の3種類の路面標示があるので路側標識は不要であり無意味である。

| tb | 2014/06/23 00:49 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

tさん

>>▼路側帯と歩道。似ても似つかないものだ。
>間違い。どちらも同じ。物理的に区別されている歩行者用の通行帯を歩道。物理的の区別されていないが歩行者用の通行帯が路側帯。

いずれにせよ、似ても似つかないものですね。

>>一般人の感覚として、車道の路肩寄りに敷かれた白線で、ガードレールや段差、縁石がない部分をいうのではなからろうか。ちなみに歩道が設けられた車道に敷かれた白線は「車道外側線」で、路側帯ではない。
>確かにわかりにくいが、間違い。歩道と「車道外側線」の間の幅は路肩と言う。画像ではL型街渠の立ち上がり部分から車道部分へ伸びているコンクリートの部分の0.5mが路肩にあたる。ちなみに、路側帯にも路肩はある。車道外側線から0.5mの路側帯の幅が路肩に該当する。路肩=路側帯ではないので注意。

画像のカラー舗装された歩道の車道部分に白線が敷かれていたら「車道外側線」となります。

>>路側帯と歩道は同じ道路で混在しており混乱を招きかねない。画像をみよ。道路左側の路側帯が途中から、段差のある歩道に変わる。歩道の奥から手前方向へ走る自転車が路側帯を進入すれば右側通行(逆走)となるのだ。
>画像を見る限り、アスファルト部分を路側帯と判断できない。アスファルト舗装部分の白線を車道外側線と仮定した場合、歩道部分の外側線の位置と合致しない。歩道部分の外側線の位置は、車道部のアスファルト舗装とL型街渠の境界が外側線の位置となる。(国土交通省の設計基準ではL型街渠と車道外側線に位置が一致する場合は省略が可能)アスファルト舗装部分の白線はL型街渠の縁石部分の位置と接続している。車道外側線は車道幅を示すので、同一線上になければならない。
画像部分は曲線部なので視距による拡幅及び設計速度と曲線半径による拡幅も考慮した場合でも車道外側線は同一線上に設定される。以上の点からアスファルト舗装部分の白線より外側を路側帯と判断できない。

冒頭、「>>▼路側帯と歩道。似ても似つかないものだ。>間違い。どちらも同じ」とありますが、貴殿の主張には整合性がありませんね。

>では、この白線は何を示しているのか。仮舗装時の縁石の位置を示していると判断します。・インターロッキングブロックとアスファルト舗装の境界での部分でL型街渠の集水桝が無い。・アスファルト舗装部に店舗らしきものあるので乗り入れ部と仮定した場合、インターロッキングブロックにL型街渠が設置されているので歩道の形式はマウントアップ形式又はセミフラット形式と判別できる。(フラット形式の場合、L型街渠は必要無いので) なので、乗り入れ部用のL型街渠の設置が必要となる。・アスファルト舗装部が支道等の道路と仮定した場合、停止線が無い。更に歩道部分より外側に設置されていない。 更に歩道の巻き込みにL型街渠が無い。以上の点から仮舗装時の縁石の位置を示していると判断します。

道路管理者の都合で、交通違反を誘発するのは絶対にあってはなりません。仮舗装であっても、路側帯か歩道の区別を明確にできるよう、標示すべきですね。

>>▼交通反則通告制度のない自転車にあって、道交法違反を犯せば訴追されかねず前科を負うことになる。路側帯であることを視覚で訴え誤進入による逆走を防ぐよう、「路側帯マーク」なる標識を創設し通行区分を明確化すべきでないか。法整備が急がれる。
>世捨人はやたらと歩道走行と言っているが、車道は「普通自動車」にて【設計】されているので、世捨人が所有しているであろう「小型自動車」では十分な余裕幅があるので自転車が車道走行しても問題ないですよ。

大型トラックの走行も全く問題ありません。

>路側帯マークは既に「車道外側線のみ」と「車道外側線+外側に破線」と「車道外側線+外側に実線」の3種類の路面標示があるので路側標識は不要であり無意味である。

ならば、歩道も路側帯と同様に一方通行規制すべきですね。

| 世捨人 | 2014/06/26 23:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/451-2179f9d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT