今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

車道を走る競技用自転車乗りがビビる映像

動画をみよ。とある郊外の幹線道路。信号が青に変わるも前のトラックは加速がままならない。第2通行帯を走行する乗用車にドンドン引き離される。交差点に差し掛かったところで、水を得た魚のごとくトラックのスピードがあがる。

▼原因は競技用自転車。競技用自転車に行く手をはばまれ、低速走行を強いられたわけだ。交通の円滑を阻害する迷惑行為だと判断したのか、不穏な空気を察したのか、交差点で競技用自転車が進路を譲ったことで、トラックは追い抜くことができたわけだ。

▼このトラック、荷台に巨大クレーンを積んだ特大車だ。1車線を幅いっぱい使って通行している。高い位置にあるトラックの運転席からは、幅60センチ足らずの自転車の存在を見落としかねない。身体がむきだしとなる自転車が、追突でもされれば想像を絶する事態となろう。

▼この動画をみて背筋が凍った自転車乗りは多いはずだ。「歩道は歩行者がいて危険」とのキレイごとを言っている場合ではない。「ママチャリといっしょにされたくない」という、つまらないプライドは捨て、競技用自転車は歩道を積極的に活用せよ。



You Tube



特選・動画特集
関連記事

| 00:17 | コメント:238 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

自転車の他者に配慮した運転によって交通の円滑が確保できていることを示す素晴らしい動画ですね。

| ず | 2014/02/28 10:11 | URL |

あ。言い忘れてた。

車道走行中の自転車程度を見落とすようでは運転免許は返上すべきです。(それ以上に見落としやすいものは五万とありますからね。たとえば、歩道走行中の自転車は見落とされやすいので、右左折自動車の餌食になりやすいです。自転車は歩行者の安全ばかりではなく、自分自身の安全を守る上でも、車道を走る方がベターであることが多いでしょう。)

| ず | 2014/02/28 10:16 | URL |

全く問題の無い動画だけど、何がいけない?

キャリアのドライバーの安全への配慮とサイクリストの周囲確認がきちんと出来てる状態じゃないか?

世捨人的には信号が変わった瞬間に急発進、急加速ってのが道路の円滑さと勘違いしてるわけだ(笑)

こんなのは原付が居ても同じ現象が起こるし、大型のドライバーが無理な走行を避け、プロらしい運転をしてる模範だろ。

一度精神鑑定を受けてきなさい。

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/02/28 19:48 | URL | ≫ EDIT

車道は自転車様が走るためのもの 自転車は邪魔車道を走れ
なんて言っちゃう世捨て人さんの精神とは裏腹に
譲り合いの精神が伺えました。
あと動画のどの場面でビビっているのか記載をお願いします。

| 自転車は車道 | 2014/02/28 19:54 | URL |

サイクリング禁止反対

そういう大型車が通るのは1時間に何台かという程度のものだろう.
そのドライバーにしてみれば,以前「『自転車は車道』にクラクション」のコメント欄に登場した[トラックドライバー]氏と同じ心情だったことと推察されるが,ローディもきちんとルールは守っているので騒ぎ立てるには当たらない.互いに「受忍の限度内」というものであろう.
一方,[世捨人]殿ご自身は件の自転車に追いつく前に,どうして左折してしまわれたのか.目的地が違うので諦めたのだろうが説得力が無い.そもそもこの動画の画像の道路では「自転車通行可(歩行者優先)」の歩道自体が存在しないではないか.

| マイロネフ | 2014/02/28 20:43 | URL | ≫ EDIT

動画からは単に

トレーラートラックに追いつかれたことに気づいた“競技用自転車乗り”が進路を譲った

としか見えませんが。
「ビビった」「迷惑行為だと判断した」「不穏な空気」とやらは全て貴殿の妄想でしかありません。


あ、もしかしたらトラックの後ろにいた世捨人先生の強いプレッシャーを感じたのかもしれません。
「車道自転車は邪魔だどけ!」との普段からの貴殿の思いが通じたのでしょう。よかったですね。

| 自転車は車道を走りましょう。 | 2014/02/28 21:13 | URL |

普通に大丈夫なんだが…何が問題なわけ?

追い越し車線あいてるし、どうしても抜きたきゃそっちに移っても良いんじゃない?

進路譲った自転車の交通安全に対する貢献度を誉めるならまだしも、問題視する場面無いけど。

あと、トラックが急加速しない更に切実な理由あるけど、それは分かってるんだよね?

| ヒロ | 2014/02/28 21:27 | URL |

車幅が狭い車なら追抜き出来たかもしれないと考えれば,あなたの交通を阻害しているのは,大型車の方であって自転車でない,という考え方も成立しそうです。

(上記はあくまで一つの考え方です.
動画の大型車,自転車ともに円滑な交通を阻害しているとは思っていません.)

| こじま | 2014/02/28 22:53 | URL | ≫ EDIT

ともだちいないから、しかたないよね。

| バッドカルマ | 2014/03/01 07:58 | URL | ≫ EDIT

よくあることさ((((;゚Д゚))))
音楽になんとなくセンスを感じた

| yuho | 2014/03/02 22:42 | URL |

それより問題は車載カメラ搭載車輌のドライバーだな

この車が交差点を通過する時に徐行していない。

走行スピードが徐行の定義より明らかに高速だろ。

つまりは、法規を無視する悪質なドライバーが自分を棚に上げて難癖を付けてるに過ぎん。

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/03 11:09 | URL | ≫ EDIT

皆さまへ

今回の画像では、交差点で左側に膨らんだ特急自転車乗りの運転には問題が残ります。

片側2車線の幹線道路ですから、本来のルールどおり、特急自転車乗りは第一通行帯のど真ん中を堂々と無理せず、ふらつかずに自分のペースを守って大人しく通行すべきです。

後続の大型自動車は、自転車を追越したいのであれば、追い越し車線に車線変更して安全な速度と方法で追越して行けば良いだけのことです。

今回は、大型自動車の後ろに続く世捨人さんの自動車は左折しましたので、問題となりませんでしたが、世捨人さんが大型自動車に続いて直進されていれば、左側に膨らんだ特急自転車乗りと世捨人さんの自動車との間の位置取りで事故を惹起する危険性があります。

左・右折、直進車両が行き交い、事故が多発する危険な交差点を通過する際には、変な動きをせずに直進するのであれば、ただただ真っ直ぐに危険ゾーンから抜けることが車道上の最弱者である自転車乗りが自分の身を守る術です。

他者に配慮した運転による交通の円滑が確保だの、サイクリストの周囲確認ががきちんと出来てる状態だの、譲り合いの精神が伺えるだの、ローディもきちんとルールは守っているだの、互いに「受忍の限度内」というものだの、気づいた“競技用自転車乗り”が進路を譲っただの、進路を譲った自転車の交通安全に対する貢献度を誉めるだの、問題視する場面は無いだの、皆様、尤もらしくコメント(世捨人さんに反論)されていますが、全ては特急自転車乗りの身の程を弁えない不遜で身勝手な勘違いです。

まあ、もしかすると、特急自転車乗りの皆様お得意のミラーでの後方確認し、今回の画像の特急自転車乗りは、大型自動車の後ろに続く世捨人さんの左折ウィンカーを確認出来ていたのかも知れませんね。

恐るべし特急自転車乗り。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/03 15:49 | URL |

サイクリング禁止反対

[ときどきオアゾツーキニスト]殿|2013/03/03 15:49|付へ.

>今回の画像(動画)では,交差点で左側に膨らんだ特急自転車乗りの運転には問題が残ります.

左側に膨らんで,歩行者を脅かしたわけでもない.危険を回避するため当然の常識的な行動だろう.

>恐るべし特急自転車乗り.

恐るべし酒気帯び,無灯火,傘差し,携帯ながら,右側逆走のヘボチャリ乗り.
これらを「すぐ止まれるスピードなら何等問題ありません」とうそぶき続ける恐るべし[ときどきバ■*レ(オアゾ)ツーキニスト]の非常識.
一体平日の昼間から何を仕事になさっているのやら.

| マイロネフ | 2014/03/03 20:24 | URL | ≫ EDIT

あれれ〜また変な事言ってる奴が居るぞ(笑)

左車線中央って何?
左に膨らむとは?
いつから法律が改正された?
軽車両は確かに車道通行だけど、車線左端のはずだが?
オマケに世捨人は問題無い?
笑止千万(笑)
交差点の通行は徐行であり、これは一般的に10km、見通しの悪い状況ではそれ以下のはずだよな?
つまりは法規無視、安全運転義務違反である。
ゴールド免許か何かは知らんが、この動画にも減速すらせずに交差点を通過する様子や減速不十分な状態で左折し、更には横断歩道を通過してる。
捕まらないのが無違反では無い、無検挙ってだけで立派な違反ドライバーだろ(笑)

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/03 20:54 | URL | ≫ EDIT

>片側2車線の幹線道路ですから、本来のルールどおり、特急自転車乗りは第一通行帯のど真ん中を堂々と無理せず、ふらつかずに自分のペースを守って大人しく通行すべきです。

オアゾさん、宗旨替えですか?

たしか、自転車は片側2車線の幹線道路において第一通行帯のど真ん中を走るのが本来のルールだが、(自分は)自動車などの通行を確保するために車道の左端を通行している、と宣言されていたはずですが。そのうえで、(路上駐車などの)条件次第では真ん中を通行すると言っていたはずでしたが。

| ず | 2014/03/03 21:24 | URL |

世捨=オアゾ、滅茶苦茶(笑)

https://www.police.pref.ehime.jp/kotsukikaku/j_tukohoho/newpage.htm

よく読めバカタレ!!

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/04 03:05 | URL | ≫ EDIT

マイロネフさん| 2014/03/03 20:24 |へ

>>今回の画像(動画)では,交差点で左側に膨らんだ特急自転車乗りの運転には問題が残ります.
>左側に膨らんで,歩行者を脅かしたわけでもない.危険を回避するため当然の常識的な行動だろう.

歩行者など全く関係ない。

車道上の最弱者が、交差点で左側に膨らんで後続車両に道を譲るなど百年早いでしょう。

大人しく真っ直ぐ前だけを向いて、ふらつかずに走れば十分だということです。


>>恐るべし特急自転車乗り.
>恐るべし酒気帯び,無灯火,傘差し,携帯ながら,右側逆走のヘボチャリ乗り.これらを「すぐ止まれるスピードなら何等問題ありません」とうそぶき続ける恐るべし[ときどきバ■*レ(オアゾ)ツーキニスト]の非常識.一体平日の昼間から何を仕事になさっているのやら.

恐るべし誹謗中傷。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/04 10:06 | URL |

ずさん| 2014/03/03 21:24 |へ

>>片側2車線の幹線道路ですから、本来のルールどおり、特急自転車乗りは第一通行帯のど真ん中を堂々と無理せず、ふらつかずに自分のペースを守って大人しく通行すべきです。
>オアゾさん、宗旨替えですか?たしか、自転車は片側2車線の幹線道路において第一通行帯のど真ん中を走るのが本来のルールだが、(自分は)自動車などの通行を確保するために車道の左端を通行している、と宣言されていたはずですが。そのうえで、(路上駐車などの)条件次第では真ん中を通行すると言っていたはずでしたが。

別段、車道左端通行でも何ら構いません。

今回は、交差点内で左側に膨らんで後続車両に追越しをさせたことを問題としています。

先行する自転車が車道左端通行していては後続車両に判り辛いでしょうから、第一通行帯のど真ん中を通行することで、後続車両のドライバーに追い越し車線に車線変更した上で、安全な速度と方法で追越ししてもらうようにするべきだと申し上げています。

今回のように車線一杯一杯の大型車が同一車線内で自転車を追越すことは物理的に不可能なのであって、追越し車線がある道路では、追越し車線に車線変更して追い越すものであり、追越し車線のない片側一車線の区間では、大人しく自転車の後ろを安全な車間距離を保って追随するものです。

車線一杯一杯の大型車で限られた道路空間を利用する際の最低限のルールであり、マナーでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/04 10:52 | URL |

馬鹿らしい(笑)さん| 2014/03/03 20:54 |へ

>あれれ〜また変な事言ってる奴が居るぞ(笑)左車線中央って何?左に膨らむとは?いつから法律が改正された?軽車両は確かに車道通行だけど、車線左端のはずだが?オマケに世捨人は問題無い?笑止千万(笑)交差点の通行は徐行であり、これは一般的に10km、見通しの悪い状況ではそれ以下のはずだよな?つまりは法規無視、安全運転義務違反である。ゴールド免許か何かは知らんが、この動画にも減速すらせずに交差点を通過する様子や減速不十分な状態で左折し、更には横断歩道を通過してる。捕まらないのが無違反では無い、無検挙ってだけで立派な違反ドライバーだろ(笑)

道路交通法を勉強し直して下さい。

コメントに値しません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/04 10:54 | URL |

馬鹿らしい(笑)さん| 2014/03/04 03:05 |へ

>世捨=オアゾ、滅茶苦茶(笑)http://www.police.pref.ehime.jp/kotsukikaku/j_tukohoho/newpage.htm よく読めバカタレ!!

頑張って下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/04 10:57 | URL |

世捨てとオアゾは言葉の使い方と吐き捨て方がそっくりだな。
双子か?

| あ〜あ | 2014/03/04 11:50 | URL |

>物理的に不可能

可能でしたね。残念。
証拠動画が残っていますね。

法律だけではなく、こういう利用者の自発的な譲り合い行動によってかろうじて守られているのが、現在の日本における道路交通の安全と円滑です。

まあ、他国と比べて特別にひどい渋滞もなければ、交通事故による死亡率もさして高くないことを考えれば、世界的に見て特別に劣悪な交通事情という訳ではないとは思います。

とはいえ、薄氷といえば薄氷でしょうが、まずはこれを現実として受け入れることが肝要です。「本来こうあるべき」などという議論はここでは不要です。


>片側一車線の区間では、大人しく自転車の後ろを安全な車間距離を保って追随するものです。

いやいや。対向車線を使って追い越しを行うべきでしょう。
対向車が途切れなければ別ですが。

| ず | 2014/03/04 13:42 | URL |

>今回のように車線一杯一杯の大型車が同一車線内で自転車を追越すことは物理的に不可能なのであって、追越し車線がある道路では、追越し車線に車線変更して追い越すものであり、追越し車線のない片側一車線の区間では、大人しく自転車の後ろを安全な車間距離を保って追随するものです。

>車線一杯一杯の大型車で限られた道路空間を利用する際の最低限のルールであり、マナーでしょう。


オアゾ氏(世捨て人先生の分身?)のおっしゃるとおりのマナーをドライバーの皆様方が守ってくださるなら助かるんですけどね。
実際はどうでしょう。
車道自転車はいるだけで邪魔だと後ろからあからさまに煽り、クラクションを違法吹鳴させる輩
は、そうはいないまでも、
自転車を見れば抜かなければいけないと思い込んでいるかのごとく、早く抜かせろと言わんばかりに車間を詰めてくるドライバーが多い。
動画からは判断できない妄想にすぎませんが、件のトラックからそのようなプレッシャーを感じた‟競技用自転車”乗りがやむなく、辛うじてスペースを見つけて緊急避難的にやり過ごしたと見ることができませんかね。

| 自転車は車道を走りましょう。 | 2014/03/04 14:14 | URL |

ずさん| 2014/03/04 13:42 |へ

>>物理的に不可能
>可能でしたね。残念。証拠動画が残っていますね。

意味不明。
証拠動画を是非とも具体的に提示下さい。

>法律だけではなく、こういう利用者の自発的な譲り合い行動によってかろうじて守られているのが、現在の日本における道路交通の安全と円滑です。

世捨人さんのタクシーが直進していれば、接触事故の危険性があったということです。
特急乗り自転車乗りの方々は、本当に頭が悪いのか、大型自動車の後続車両の動きは予見出来ないようですね。
世捨人さんのタクシーではなくて、大型自動車の後ろに更に大型自動車が続いていたら大変でしたね。

安易な譲り合いが、却って、大きな事故を惹起する危険性を孕んでいるということを予見出来るかどうかの問題です。

しっかりして下さい。



>まあ、他国と比べて特別にひどい渋滞もなければ、交通事故による死亡率もさして高くないことを考えれば、世界的に見て特別に劣悪な交通事情という訳ではないとは思います。

外国と比較しても何ら解決にはなりません。
ママチャリ族を含めた自転車乗り全体の安全性を更に向上させるために、自転車は車道左端を通行することです。

今回の動画の特急自転車乗りは、交差点で左に膨らむのではなく、堂々と第一通行帯のど真ん中を通行し、後続の大型自動車には追い越し車線から追越しを掛けさせるだけのことです。
そのことで、自転車は車道左端(通行帯のある道路では、第一通行帯のど真ん中)を通行するものであるという当たり前のルールを世の中に広めて行くことです。


>とはいえ、薄氷といえば薄氷でしょうが、まずはこれを現実として受け入れることが肝要です。「本来こうあるべき」などという議論はここでは不要です。

何が薄氷なんでしょう。
意味不明です。

東南さんのように交通安全の先駆者を自認する特急自転車乗りの方々ですから、道路交通の安全と円滑を図るために、堂々と第一通行帯のど真ん中を通行していれば、何ら問題ないことです。

そもそも、自転車の車道通行が歩道通行よりも安全なのは、最初から自動車ドライバーに目視されているからでしょう。

交差点で左に右に進路を変えるよりも、第一通行帯のど真ん中を堂々と真っ直ぐ通行する方が、後続の大型自動車のドライバー、更にその後ろの世捨人さんには目視しやすいことでしょう。

本来こうあるべき論ではなくて、車道上の最弱者である自転車乗りが自分で自分の身を守るためには、必須の行動です。


>>片側一車線の区間では、大人しく自転車の後ろを安全な車間距離を保って追随するものです。
>いやいや。対向車線を使って追い越しを行うべきでしょう。対向車が途切れなければ別ですが。

後続の大型自動車のドライバーが決めることです。

安全な速度と方法で追越し可能であれば、追越して行って貰っても何ら構いません。

追越しを行う「べき」とは、ここで「べき」論が出てくるとは吃驚です。

何をもって「べき」などと断言されるのか、意味不明です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/04 15:16 | URL |

自転車は車道を走りましょう。さん| 2014/03/04 14:14 |へ

>今回のように車線一杯一杯の大型車が同一車線内で自転車を追越すことは物理的に不可能なのであって、追越し車線がある道路では、追越し車線に車線変更して追い越すものであり、追越し車線のない片側一車線の区間では、大人しく自転車の後ろを安全な車間距離を保って追随するものです。
>>車線一杯一杯の大型車で限られた道路空間を利用する際の最低限のルールであり、マナーでしょう。
>オアゾ氏(世捨て人先生の分身?)のおっしゃるとおりのマナーをドライバーの皆様方が守ってくださるなら助かるんですけどね。実際はどうでしょう。車道自転車はいるだけで邪魔だと後ろからあからさまに煽り、クラクションを違法吹鳴させる輩は、そうはいないまでも、自転車を見れば抜かなければいけないと思い込んでいるかのごとく、早く抜かせろと言わんばかりに車間を詰めてくるドライバーが多い。動画からは判断できない妄想にすぎませんが、件のトラックからそのようなプレッシャーを感じた‟競技用自転車”乗りがやむなく、辛うじてスペースを見つけて緊急避難的にやり過ごしたと見ることができませんかね。

小生も、同様にプレッシャーに負けたのかなと妄想しました。

だからこそ、日頃、交通安全の先駆者気取りの特急自転車乗りの皆様が、世捨人さんに下らない反論されて、情けないことだな~と思っておりました。

小生であれば、普通に第一通行帯のど真ん中を通行するのにな~と思っていました。

緊急避難などと特別なことは何もありません。

緊急避難すべきは、後続の大型自動車の方です。

トイレや繁盛店の順番待ちは、当たり前のルールであり、マナーです。

例え、追越し車線も埋まっているような状況でも、交差点のスペースを利用して車線を変えるのは後続の大型自動車の方です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/04 15:42 | URL |

>プレッシャーを感じた
から
>プレッシャーに負けた
への改変.

| こじま | 2014/03/04 15:45 | URL | ≫ EDIT

オアゾ=世捨人の自作自演って辞めないの?

警察のホームページすら馬鹿にするとは笑いも出ない。
警視庁にも同様の内容が書かれており、これは地方条例ではなく、立派な交通規則ですよ。
つまり、世捨人=オアゾの言う事を真に受けると違反者となりますね(笑)

自分の違反動画を晒して他人様に勉強しろなどとは片腹痛い(笑)
無職だか何だが知らんが多忙を装う為にオアゾで書いてんだろ(笑)
如何にも世捨人がきちんと仕事をしていますって見せる為に。
免許更新時に必ず指定された医師の精神鑑定を受け、直接報告が行く、また、如何なる場合も異常が認められたら免許を更新出来ないってシステムにする事が必要かと思いますが、オアゾ=世捨人はどう考えますか?

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/04 16:26 | URL | ≫ EDIT

こじまさん| 2014/03/04 15:45 |へ

>プレッシャーを感じたからプレッシャーに負けたへの改変.

自転車は車道を走りましょう。さんは「プレッシャーを感じた」と妄想し、小生は、「プレッシャーに負けた」と妄想したもので、同じように妄想したということで何ら問題ありません。


| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/04 16:49 | URL |

馬鹿らしい(笑)さん| 2014/03/04 16:26 |へ

>オアゾ=世捨人の自作自演って辞めないの?警察のホームページすら馬鹿にするとは笑いも出ない。警視庁にも同様の内容が書かれており、これは地方条例ではなく、立派な交通規則ですよ。つまり、世捨人=オアゾの言う事を真に受けると違反者となりますね(笑)

小生は馬鹿らしい(笑)さんのことを「頑張って下さい。」と応援しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
馬鹿らしい(笑)さん| 2014/03/04 03:05 |へ

>世捨=オアゾ、滅茶苦茶(笑)http://www.police.pref.ehime.jp/kotsukikaku/j_tukohoho/newpage.htm よく読めバカタレ!!

頑張って下さい。(byときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/04 10:57)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

警察のホームページも馬鹿らしい(笑)さんのことも馬鹿になどしていませんよ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/04 17:14 | URL |

で、オアゾ=世捨人は自作自演を辞めないの?

他に肯定的な意見を書いてる方が皆無だから、そろそろ新たなキャラクターを作ったら?
大根役者だけに無理か(笑)

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/04 17:36 | URL | ≫ EDIT

肝心な部分の返答が無い様ですが?

再度質問しますね。
オアゾ=世捨人、きちんと返答して下さいよ。
免許更新時に必ず指定された医師の精神鑑定を受け、直接報告が行く、また、如何なる場合も異常が認められたら免許を更新出来ないってシステムにする事が必要かと思いますが、オアゾ=世捨人はどう考えますか?

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/04 17:41 | URL | ≫ EDIT

>第一通行帯のまんなか

そんなことが広まったら、世捨人さんの思うつぼで、法改正まっしぐらであろうと予想されますね。


>何をもって「べき」などと断言されるのか、意味不明です。

道路は公共物です。他の道路利用者からその程度の期待がされているということです。まあ、冷静に考えてみれば、後続車はトラックごとまとめて追い抜いていけば良いだけですので何の問題もないですけどね。

| ず | 2014/03/04 17:45 | URL |

ずさん| 2014/03/04 17:45 |へ

>>第一通行帯のまんなか
>そんなことが広まったら、世捨人さんの思うつぼで、法改正まっしぐらであろうと予想されますね。

片側に複数車線がある幹線道路の第一通行帯は、バス・タクシーの乗降、荷卸しのトラックなどの駐停車車両で、川の岸辺のように流れが緩やかで、恰好の自転車(専用)通行帯となっています。

自転車(専用)通行帯では、ど真ん中を走っても何ら問題ありません。

上述の駐停車車両を右側から追い越して行くためには、第一通行帯の左端を通行するよりも、ど真ん中を通行している方が「円滑」かつ「安全」です。

駐停車禁止が遵守され、第一通行帯も追越し車線も自動車で一杯で渋滞するような状況であれば、仰るとおり、巾60センチとスマートな自転車は第一通行帯の左端をすり抜けて行くことになります。


>>何をもって「べき」などと断言されるのか、意味不明です。
>道路は公共物です。他の道路利用者からその程度の期待がされているということです。まあ、冷静に考えてみれば、後続車はトラックごとまとめて追い抜いていけば良いだけですので何の問題もないですけどね。

大型トラックの後続の世捨人さんのタクシーの話だったのですか?

安全な車間距離を保って追随するか、安全な速度と方法で追い越していくかは、先行車両に追い付いた後続車両のドライバーが決めることです。

車道上の最弱者である(特急)自転車乗りと同様に、自動車ドライバーも他の道路利用者の期待など背負い込むことはありません。

他の道路利用者なんて関係ありません。

それぞれが制限速度以内で、好きなスピードで走れば良い事です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/04 18:47 | URL |

>バス・タクシーの乗降、荷卸しのトラックなどの駐停車車両で、川の岸辺のように流れが緩やかで、恰好の自転車(専用)通行帯となっています。

いつも、こういう勘違いばかりされるので困ります。

第一通行帯の真ん中を絶対に走るななどと誰が言ったでしょうか?
私はそんなこと言ってないですよ。

このエントリーの動画を見てください。バスやタクシーの乗降がありますか?トラックの荷卸が見えますか?一部の道路に当てはまる状況を他の道路に一般化するのはやめましょう。

確かに、右側の通行帯を通る車はいないようなので、動画にでてくる大型車は右車線を使うことができますし、それが本来的であるということは分かります。しかし、川の岸辺のように流れが緩やかで、恰好の自転車(専用)通行帯となっていますというのはこの道路の交通状況を表す言葉として不適切であると断じざるを得ません。


>安全な車間距離を保って追随するか、安全な速度と方法で追い越していくかは、先行車両に追い付いた後続車両のドライバーが決めることです。

これはそのとおりです。

| ず | 2014/03/04 18:58 | URL |

>片側に複数車線がある幹線道路の第一通行帯は、バス・タクシーの乗降、荷卸しのトラックなどの駐停車車両で、川の岸辺のように流れが緩やかで、恰好の自転車(専用)通行帯となっています。

動画中の道路とは異なる状況.


~~~
>大型トラックの後続の世捨人さんのタクシーの話だったのですか?

|ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/03 15:49|みたら,貴方から始まってる.
自分でどんなコメントしたか忘れたんですか.



~~~
>他の道路利用者なんて関係ありません。

関係ある.

| こじま | 2014/03/04 19:04 | URL | ≫ EDIT

ずさん| 2014/03/04 18:58 |へ

>>バス・タクシーの乗降、荷卸しのトラックなどの駐停車車両で、川の岸辺のように流れが緩やかで、恰好の自転車(専用)通行帯となっています。
>いつも、こういう勘違いばかりされるので困ります。第一通行帯の真ん中を絶対に走るななどと誰が言ったでしょうか?私はそんなこと言ってないですよ。このエントリーの動画を見てください。バスやタクシーの乗降がありますか?トラックの荷卸が見えますか?一部の道路に当てはまる状況を他の道路に一般化するのはやめましょう。

「そんなことが広まったら、世捨人さんの思うつぼで、法改正まっしぐらであろうと予想されますね。」(byずさん| 2014/03/04 17:45)ということでしたので、一般化しました。

法律とは全国津々浦々に一律に適用されるものですので、一般化して検討しなければなりません。

法改正とは、そういうものです。


>確かに、右側の通行帯を通る車はいないようなので、動画にでてくる大型車は右車線を使うことができますし、それが本来的であるということは分かります。しかし、川の岸辺のように流れが緩やかで、恰好の自転車(専用)通行帯となっていますというのはこの道路の交通状況を表す言葉として不適切であると断じざるを得ません。

上述の一般化は、今回の動画に出てくる道路にも当てはまります。

今回の画像のような交通量の少ない幹線道路で、後続の大型トラックが追越し車線に車線変更して追い越して行かないのは、特急自転車乗りへの嫌がらせに過ぎません。

特急自転車乗りが、第一通行帯のど真ん中を10~20キロ程度で通行することで、主体的に川の岸辺のように流れが緩やかで、恰好の自転車(専用)通行帯とすることで何ら問題ありません。


>安全な車間距離を保って追随するか、安全な速度と方法で追い越していくかは、先行車両に追い付いた後続車両のドライバーが決めることです。
>これはそのとおりです。

小生の反論の一部だけを取り出して容認されていますが、

「道路は公共物です。他の道路利用者からその程度の期待がされているということです。」(byずさん| 2014/03/04 17:45)という「べき」論の前提は崩れ去ったということですね。

当然のことですが、「べき」論を撤回されたということで、良かった。良かった。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/04 19:56 | URL |

こじまさん| 2014/03/04 19:04 |へ

>>片側に複数車線がある幹線道路の第一通行帯は、バス・タクシーの乗降、荷卸しのトラックなどの駐停車車両で、川の岸辺のように流れが緩やかで、恰好の自転車(専用)通行帯となっています。
>動画中の道路とは異なる状況.

上述のずさんへの回答のとおりです。


>>大型トラックの後続の世捨人さんのタクシーの話だったのですか?
>|ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/03 15:49|みたら,貴方から始まってる.自分でどんなコメントしたか忘れたんですか.

「コメントに第三者がコメントしたらダメだね。」の典型です。


>>他の道路利用者なんて関係ありません。
>関係ある.

コメントする価値なし。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/04 20:03 | URL |

>「コメントに第三者がコメントしたらダメだね。」の典型です。

行為と主張の矛盾


~~~
>>>他の道路利用者なんて関係ありません。
>>関係ある.

>コメントする価値なし。

行為と主張の矛盾2

| こじま | 2014/03/04 20:16 | URL | ≫ EDIT

世捨人様


ガンバ!

| 傍観者 | 2014/03/04 21:16 | URL |

そろそろお薬の時間じゃないの?大丈夫?

答えられない事や避けたい内容はコメントに値しないのですか、そうですか(笑)
社会に不適合な輩=オアゾ=世捨人って事で良いですね?
方でもなく、人間でもなく、輩ですよ輩。
良いですね?

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/04 21:53 | URL | ≫ EDIT

もう、世捨人さんがレス返さなくてもいいんじゃない?

| JEFF | 2014/03/04 22:39 | URL | ≫ EDIT

面白いので今回は傍観で。

| ヒロ | 2014/03/04 23:08 | URL |

>特急自転車乗りへの嫌がらせに過ぎません。

自意識過剰です。


>「そんなことが広まったら、世捨人さんの思うつぼで、法改正まっしぐらであろうと予想されますね。」ということでしたので、一般化しました。

>第一通行帯のど真ん中を10~20キロ程度で通行すること・・・何ら問題ありません。

ほとんどの道路では交通量の多い時間帯にそれをやられると慢性的な渋滞という社会問題が引き起こされます。世捨人さんが「自転車が道路交通の円滑を阻害している!」とどんなに叫んでも、自転車の車道通行が規制されるようなことにはなりえません。それは、現実には自転車が渋滞の原因を引き起こしているという事実が無いからです。

多くの自転車が第一通行帯のど真ん中を走るようになれば話が変わります。自転車が原因である渋滞が珍しいものではなくなるでしょう。世捨人さんのような「自転車の車道通行反対派」に格好の口実を与えてしまうことをなりかねません。

最悪の場合、自転車の車道通行自体がタクシー爺さんのブログの与太話レベルではなく、本気で問題にされてしまう可能性さえあるでしょうね。


私が「法改正がなされてしまうと予想」していることに着目してください。オアゾさんご自身がいつも仰っているように、行政は問題を解決するために、問題でない行為まで規制してしまうことが往々にして存在するということです。




>「べき」論を撤回された

ええ。トラックが自転車と同じ速度で走っていたら邪魔だと思いましたが、よく考えてみたら、トラックごと追い抜いていけばいいだけの話だったので、撤回しました。

| ず | 2014/03/05 00:13 | URL |

ずさん| 2014/03/05 00:13 |へ

>>特急自転車乗りへの嫌がらせに過ぎません。
>自意識過剰です。

客観的な第三者の岡目八目です。


>>「そんなことが広まったら、世捨人さんの思うつぼで、法改正まっしぐらであろうと予想されますね。」ということでしたので、一般化しました。
>>第一通行帯のど真ん中を10~20キロ程度で通行すること・・・何ら問題ありません。
>ほとんどの道路では交通量の多い時間帯にそれをやられると慢性的な渋滞という社会問題が引き起こされます。世捨人さんが「自転車が道路交通の円滑を阻害している!」とどんなに叫んでも、自転車の車道通行が規制されるようなことにはなりえません。それは、現実には自転車が渋滞の原因を引き起こしているという事実が無いからです。多くの自転車が第一通行帯のど真ん中を走るようになれば話が変わります。自転車が原因である渋滞が珍しいものではなくなるでしょう。世捨人さんのような「自転車の車道通行反対派」に格好の口実を与えてしまうことをなりかねません。最悪の場合、自転車の車道通行自体がタクシー爺さんのブログの与太話レベルではなく、本気で問題にされてしまう可能性さえあるでしょうね。私が「法改正がなされてしまうと予想」していることに着目してください。オアゾさんご自身がいつも仰っているように、行政は問題を解決するために、問題でない行為まで規制してしまうことが往々にして存在するということです。

第一通行帯のど真ん中を10~20キロ程度で通行することが出来るのは、今回の動画のように、交通量が少なくて追い越し車線がガラガラのケースや、違法(?)駐停車車両で第一通行帯が恰好の自転車(専用)通行帯となっているケースです。

慢性的な渋滞が発生しているような交通量の多い道路・時間帯には、車道左端をすり抜けさせて頂くだけで十分です。

巾60センチとスマートで、あらかじめ後続車両に道を譲って車道左端を通行しろと命じられている車道上の最弱者が、渋滞を作り出すなどとは、これこそ、自意識過剰です。


>>「べき」論を撤回された
>ええ。トラックが自転車と同じ速度で走っていたら邪魔だと思いましたが、よく考えてみたら、トラックごと追い抜いていけばいいだけの話だったので、撤回しました。

大型トラックが特急自転車乗りに嫌がらせをしているという問題だったと思いますが、大型トラックに後続すると想定したずさんご自身が運転する自動車が追い抜いて行ければ良いとは、これまた自意識過剰ですね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/05 11:37 | URL |

>車道左端を通行しろと命じられている車道上の最弱者が、渋滞を作り出すなどとは、これこそ、自意識過剰です。

ですから、車線数にかかわりなく、左端通行を原則とするのが適当でしょう。第一通行帯中央の通行を奨励することは、無用な批判の原因になりうるということです。

多数の路上駐車のために交通の流れが滞っている場合などはあくまでも例外的な事例ということです。


まず、

>安全な車間距離を保って追随するか、安全な速度と方法で追い越していくかは、先行車両に追い付いた後続車両のドライバーが決めることです。

ということですので、

>後続の大型トラックが追越し車線に車線変更して追い越して行かないのは、特急自転車乗りへの嫌がらせに過ぎません。

ということはありえません。必要以上に車間距離をつめるなどの行動は嫌がらせと取られても仕方がないとは思いますが。

| ず | 2014/03/05 11:56 | URL |

ずさん| 2014/03/05 11:56 |へ

>>車道左端を通行しろと命じられている車道上の最弱者が、渋滞を作り出すなどとは、これこそ、自意識過剰です。
>ですから、車線数にかかわりなく、左端通行を原則とするのが適当でしょう。第一通行帯中央の通行を奨励することは、無用な批判の原因になりうるということです。

通行帯がある場合には、車道左端ではなく第一通行帯を通行するように、道路交通法で定められていることです。

>多数の路上駐車のために交通の流れが滞っている場合などはあくまでも例外的な事例ということです。

都心の幹線道路の多くは、第一通行帯はバス・タクシー・荷卸しトラック・自転車共用レーンとなっていますよ。


>まず、「安全な車間距離を保って追随するか、安全な速度と方法で追い越していくかは、先行車両に追い付いた後続車両のドライバーが決めることです。」ということですので、「後続の大型トラックが追越し車線に車線変更して追い越して行かないのは、特急自転車乗りへの嫌がらせに過ぎません。」ということはありえません。必要以上に車間距離をつめるなどの行動は嫌がらせと取られても仕方がないとは思いますが。

今回の動画のように交差点を抜ける距離で自転車を追い越して行けるということは、かなり車間距離を詰めていたということです。

車間距離を詰めて煽られ続けていたとしても交差点で左側に膨らむような危険な走行をする自転車乗りもどうかと思いますので、お互い様ではありますが、本来、追越し車線に車線変更して追い越していかなければならない後続の大型自動車が、先行自転車が危険な走行をすることに乗じて車線変更せずに追い抜いて行ったということは、安全な車間距離を取らずに煽り続けた大型トラックの嫌がらせの結果ということでしょう。

あくまでも、第三者の岡目八目の客観的な意見です。

実際の大型自動車乗りの心根は、小生の知ったことではありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/05 12:24 | URL |

ヒロさん| 2014/03/04 23:08 |へ

>面白いので今回は傍観で。

負け犬の遠吠えということですね。

ヒロさんが決めることですので、別に構いません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/05 12:27 | URL |

>別に構いません。

自分から構ってる.
行為と発言の矛盾3

| こじま | 2014/03/05 12:50 | URL | ≫ EDIT

>都心の幹線道路の多くは、第一通行帯はバス・タクシー・荷卸しトラック・自転車共用レーンとなっていますよ。

動画は埼玉県春日部市の小渕交差点付近です。上記のような状況は考えづらいうえに、(撮影時間はそうでもなさそうですが)かなり交通量の多い道ですよ。

第一、自転車が路上駐車などによって交通の滞っている通行帯の中央を走行することを私は批判していません。


>左側に膨らむような危険な走行

少なくとも、傘をさしたり、携帯片手に運転するよりは安全でしょう。危険性があるとすれば、後続の自動二輪や自転車など、あるいは大型車が二台以上続いていて後をついて追い抜きを掛けるケースですが、前方の安全確認は後続車側の義務です。

こういう違法でない走行方法を、「(自らに責任はないものの)事故の誘因となる可能性がある」などと言って非難することは、狭い道での自転車の車道走行に対して「(自らには責任がないものの)後続車による追突事故の引き金になる可能性がある」といって批判することとまったく相同な行為です。


>安全な車間距離を取らずに煽り続けた大型トラックの嫌がらせの結果

後続の大型トラックが追越し車線に車線変更して追い越して行かないのは、特急自転車乗りへの嫌がらせ

この発言は取り下げたと見てよいのですね?

| ず | 2014/03/05 13:52 | URL |

ずさん | 2014/03/05 13:52 |へ

>>都心の幹線道路の多くは、第一通行帯はバス・タクシー・荷卸しトラック・自転車共用レーンとなっていますよ。
>動画は埼玉県春日部市の小渕交差点付近です。上記のような状況は考えづらいうえに、(撮影時間はそうでもなさそうですが)かなり交通量の多い道ですよ。第一、自転車が路上駐車などによって交通の滞っている通行帯の中央を走行することを私は批判していません。

反論になってませんが、大丈夫ですか?


>>左側に膨らむような危険な走行
>少なくとも、傘をさしたり、携帯片手に運転するよりは安全でしょう。危険性があるとすれば、後続の自動二輪や自転車など、あるいは大型車が二台以上続いていて後をついて追い抜きを掛けるケースですが、前方の安全確認は後続車側の義務です。

結局、後続車両の義務だということで、責任逃れするような身勝手な行動だということです。
少なくとも、傘差し、携帯ながら自転車乗りは、他者に責任を押し付けるような無責任は有り得ません。
しっかりして下さい。


>こういう違法でない走行方法を、「(自らに責任はないものの)事故の誘因となる可能性がある」などと言って非難することは、狭い道での自転車の車道走行に対して「(自らには責任がないものの)後続車による追突事故の引き金になる可能性がある」といって批判することとまったく相同な行為です。

自転車にとって「スピードの出し過ぎ」こそが、違法でない走行方法で「(自らに責任はあるものの)事故の誘因となる可能性がある」非難されるべきことです。
今回の交差点内で左に膨らんだり、右へ戻ったりという走行方法は、「スピードの出し過ぎ」に次ぐ事故の誘因となる可能性のある行為です。


>>安全な車間距離を取らずに煽り続けた大型トラックの嫌がらせの結果
>後続の大型トラックが追越し車線に車線変更して追い越して行かないのは、特急自転車乗りへの嫌がらせ この発言は取り下げたと見てよいのですね?

どういう日本語能力ですか?

取下げることなど有り得ません。

しっかりして下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/05 16:24 | URL |

実名も出さずに複数キャラで自作自演、それこそ負け犬の遠吠えです。

つぎはJEFFかはたまた別キャラか?
文句を垂れ流す前に自ら自転車の使用を辞めたら良い。
そうすれば自転車人口が一台減る訳だから。

棚上げ御苦労さん(笑)

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/05 18:07 | URL | ≫ EDIT

都合の悪い質問はスルーですか?交通安全に最も必要な内容と思いますが、

三度目の質問をしますね。
オアゾ=世捨人、きちんと返答して下さいよ。
免許更新時に必ず指定された医師の精神鑑定を受け、直接報告が行く、また、如何なる場合も異常が認められたら免許を更新出来ないってシステムにする事が必要かと思いますが、オアゾ=世捨人はどう考えますか?

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/05 18:13 | URL | ≫ EDIT

世捨人に質問

「自転車は車線の中央を走るべき」
これの根拠は?
止むを得ずってのが理由として書かれているだけで、一般的には左側を通行のはずや。
譲る譲らないの話しも車幅3メートル、車線の有無って定義があり、これ自体が曖昧であり、何れにしろ如何様な動きをしたところで、このサイクリストが有利且つ合法を証明するものばかり。

道路交通法を勉強しろとは笑止千万(笑)

おまけに言わせてもらえば法に準ずるはずの世捨人=オアゾの言い分が支離滅裂であると言った証明にしかなり得ない。

法に不満があれば、正しい方法で然るべき場所に意見提示するのが国民の義務であり、定められた法に従うのもまた同様。

単なるヘボタクシードライバーがジャーナリストを名乗り間違いだらけの情報やら憂さ晴らしで変な記事を撒き散らすのは感心出来ないね。

個人的な意見を言わせてもらえば、好き勝手に停車や発車を繰り返すタクシーの数を減らす様に公共交通機関の整備が必要だと感じる。
タクシーによる事故件数は自転車のそれを遥かに上回り、被害者がタクシー会社の事故処理部署に泣き寝入りをさせらる事も少なくない。
職業ドライバーにはワンランク上の罰則を与える様に法の整備を急いでほしいものだね。

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/05 20:48 | URL | ≫ EDIT

参考すべき法律は下記。

「道路の左側端」の路面状況によっては第一車線の中央部を走る事もあるんでしょうが,何の限定も無く「道路中央を走るべき」という書き方は適切で無いと感じました.


|2014/03/04 19:56|
>特急自転車乗りが、第一通行帯のど真ん中を10~20キロ程度で通行することで、主体的に川の岸辺のように流れが緩やかで、恰好の自転車(専用)通行帯とすることで何ら問題ありません。

↑の書き方だと条件設定されて無いから,道路交通法の通行区分に違反してますね。
あと,この文章だと「特急」なくても自転車乗りでOKだと思います.
「特急」とか特急じゃないに拘るなんて,誰かさんと同じですね.


~~~~~
(左側寄り通行等)
第十八条  車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。ただし、追越しをするとき、第二十五条第二項若しくは第三十四条第二項若しくは第四項の規定により道路の中央若しくは右側端に寄るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。
2  車両は、前項の規定により歩道と車道の区別のない道路を通行する場合その他の場合において、歩行者の側方を通過するときは、これとの間に安全な間隔を保ち、又は徐行しなければならない。
   (罰則 第二項については第百十九条第一項第二号の二)

| こじま | 2014/03/05 22:38 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

旧ズーさん

>自転車の他者に配慮した運転によって交通の円滑が確保できていることを示す素晴らしい動画ですね。

途中まで交通の円滑が阻害され、後続ドライバーのかけがえのない時間を奪われているという、現実をしっかり直視してください。

| 世捨人 | 2014/03/05 23:06 | URL |

Re: タイトルなし

旧ズーさん

>あ。言い忘れてた。

おっちょこちょいですね。

>車道走行中の自転車程度を見落とすようでは運転免許は返上すべきです。(それ以上に見落としやすいものは五万とありますからね。たとえば、歩道走行中の自転車は見落とされやすいので、右左折自動車の餌食になりやすいです。自転車は歩行者の安全ばかりではなく、自分自身の安全を守る上でも、車道を走る方がベターであることが多いでしょう。)

交通事故の当事者となって痛い思いをするのは、身体がむきだし状態での運転を強いられる自転車乗りです。現実を直視してください。

| 世捨人 | 2014/03/05 23:08 | URL |

Re: 全く問題の無い動画だけど、何がいけない?

馬鹿さん

>キャリアのドライバーの安全への配慮とサイクリストの周囲確認がきちんと出来てる状態じゃないか?

大型トラックに気づくのが遅ければ大惨事につながったことでしょう。

>世捨人的には信号が変わった瞬間に急発進、急加速ってのが道路の円滑さと勘違いしてるわけだ(笑)

第二通行帯の車両との速度差は明白です。

>こんなのは原付が居ても同じ現象が起こるし、大型のドライバーが無理な走行を避け、プロらしい運転をしてる模範だろ。

時速30キロまでの到達時間は原付バイクと自転車では異なります。

>一度精神鑑定を受けてきなさい。

身体ばむきだしとなる自転車で車道を走るのは狂気の沙汰であるという、現実から目をそむけないでください。

| 世捨人 | 2014/03/05 23:14 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>車道は自転車様が走るためのもの 自転車は邪魔車道を走れなんて言っちゃう世捨て人さんの精神とは裏腹に譲り合いの精神が伺えました。

交通の円滑が阻害されているのは、紛れもない事実でしょう。

>あと動画のどの場面でビビっているのか記載をお願いします。

大型トラックにビビって進路を譲ったとの見方もできます。

| 世捨人 | 2014/03/05 23:15 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>そういう大型車が通るのは1時間に何台かという程度のものだろう.

交通事故は時と場所を選びません。

>そのドライバーにしてみれば,以前「『自転車は車道』にクラクション」のコメント欄に登場した[トラックドライバー]氏と同じ心情だったことと推察されるが,ローディもきちんとルールは守っているので騒ぎ立てるには当たらない.

交通の円滑は阻害しないでください。

>互いに「受忍の限度内」というものであろう.

競技用自転車乗りは受忍限度を超えたので進路を譲ったのでしょう。

>一方,[世捨人]殿ご自身は件の自転車に追いつく前に,どうして左折してしまわれたのか.目的地が違うので諦めたのだろうが説得力が無い.

左折しようがしまいが、何人も小生の行動を干渉する権利はありません。

>そもそもこの動画の画像の道路では「自転車通行可(歩行者優先)」の歩道自体が存在しないではないか.

歩道があるから横断歩道があるのでしょう。

| 世捨人 | 2014/03/05 23:17 | URL |

Re: タイトルなし

走りさん

>動画からは単に トレーラートラックに追いつかれたことに気づいた“競技用自転車乗り”が進路を譲った としか見えませんが。 「ビビった」「迷惑行為だと判断した」「不穏な空気」とやらは全て貴殿の妄想でしかありません。

「単に トレーラートラックに追いつかれたことに気づいた“競技用自転車乗り”が進路を譲った」というものこそ、貴殿の瞑想でしょう。

>あ、もしかしたらトラックの後ろにいた世捨人先生の強いプレッシャーを感じたのかもしれません。 「車道自転車は邪魔だどけ!」との普段からの貴殿の思いが通じたのでしょう。よかったですね。

あらぬ誤解を招かぬよう、「自転車は歩道」が無難ですね。

| 世捨人 | 2014/03/05 23:18 | URL |

Re: タイトルなし

ヒさん

>普通に大丈夫なんだが…何が問題なわけ?

記事はよくお読みください、。

>追い越し車線あいてるし、どうしても抜きたきゃそっちに移っても良いんじゃない?

大型トラックのむやみな車線変更は他の交通に迷惑ばかりか危険です。

>進路譲った自転車の交通安全に対する貢献度を誉めるならまだしも、問題視する場面無いけど。

大型トラックが走行する幹線道路を自転車で走行することは危険であることがうかがえます。

>あと、トラックが急加速しない更に切実な理由あるけど、それは分かってるんだよね?

今回は、競技用自転車が理由というのは紛れもない事実でしょう。

| 世捨人 | 2014/03/05 23:19 | URL |

Re: タイトルなし

こじさん

>車幅が狭い車なら追抜き出来たかもしれないと考えれば,あなたの交通を阻害しているのは,大型車の方であって自転車でない,という考え方も成立しそうです。

物流の要である幹線道路を、道楽目的で爆走するのはいかがなものかと思います。

>(上記はあくまで一つの考え方です. 動画の大型車,自転車ともに円滑な交通を阻害しているとは思っていません.)

現実を直視してください。

| 世捨人 | 2014/03/05 23:20 | URL |

Re: タイトルなし

yuさん

>よくあることさ((((;゚Д゚)))) 音楽になんとなくセンスを感じた

「BGM」でなく「音楽」とするところになんとなくセンスを感じます。

| 世捨人 | 2014/03/05 23:22 | URL |

Re: それより問題は車載カメラ搭載車輌のドライバーだな

馬鹿さん

>この車が交差点を通過する時に徐行していない。

「交差点を通過する時に徐行」とかいう法的根拠をお示しください。

>走行スピードが徐行の定義より明らかに高速だろ。

制限速度は守っており、また、ブレーキをかければすぐに止まることができたスピードであると確信しております。

>つまりは、法規を無視する悪質なドライバーが自分を棚に上げて難癖を付けてるに過ぎん。

法令違反について具体的にお示しください。

| 世捨人 | 2014/03/05 23:25 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>今回の画像では、交差点で左側に膨らんだ特急自転車乗りの運転には問題が残ります。

ビビったのでしょう。

>片側2車線の幹線道路ですから、本来のルールどおり、特急自転車乗りは第一通行帯のど真ん中を堂々と無理せず、ふらつかずに自分のペースを守って大人しく通行すべきです。

無理を強いることはおやめください。

>後続の大型自動車は、自転車を追越したいのであれば、追い越し車線に車線変更して安全な速度と方法で追越して行けば良いだけのことです。

交通の円滑は阻害しないでください。

>今回は、大型自動車の後ろに続く世捨人さんの自動車は左折しましたので、問題となりませんでしたが、世捨人さんが大型自動車に続いて直進されていれば、左側に膨らんだ特急自転車乗りと世捨人さんの自動車との間の位置取りで事故を惹起する危険性があります。

自転車にバックミラーが必要ですね。

>左・右折、直進車両が行き交い、事故が多発する危険な交差点を通過する際には、変な動きをせずに直進するのであれば、ただただ真っ直ぐに危険ゾーンから抜けることが車道上の最弱者である自転車乗りが自分の身を守る術です。

歩道にあがり「車道上の最弱者」を脱することが合理的判断でしょう。

> 他者に配慮した運転による交通の円滑が確保だの、サイクリストの周囲確認ががきちんと出来てる状態だの、譲り合いの精神が伺えるだの、ローディも きちんとルールは守っているだの、互いに「受忍の限度内」というものだの、気づいた“競技用自転車乗り”が進路を譲っただの、進路を譲った自転車の交通安 全に対する貢献度を誉めるだの、問題視する場面は無いだの、皆様、尤もらしくコメント(世捨人さんに反論)されていますが、全ては特急自転車乗りの身の程 を弁えない不遜で身勝手な勘違いです。

歩道では経験できない、受忍限度を超えた恐怖だったのでしょう。

>まあ、もしかすると、特急自転車乗りの皆様お得意のミラーでの後方確認し、今回の画像の特急自転車乗りは、大型自動車の後ろに続く世捨人さんの左折ウィンカーを確認出来ていたのかも知れませんね。

根拠のない推測は絶対におやめください。

>恐るべし特急自転車乗り。

ジャン、ジャン。

| 世捨人 | 2014/03/05 23:27 | URL |

Re: 世捨=オアゾ、滅茶苦茶(笑)

馬鹿さん

https://www.police.pref.ehime.jp/kotsukikaku/j_tukohoho/newpage.htmよく読めバカタレ!!

がんばってください。

| 世捨人 | 2014/03/05 23:27 | URL |

Re: タイトルなし

あ~さん

>世捨てとオアゾは言葉の使い方と吐き捨て方がそっくりだな。双子か?

旧とき(ときどきオアゾツーキニスト)さんにあっては、世捨人イズムの継承者として期待されています。

| 世捨人 | 2014/03/05 23:28 | URL |

Re: タイトルなし

走りさん

>今回のように車線一杯一杯の大型車が同一車線内で自転車を追越すことは物理的に不可能なのであって、追越し車線がある道路では、追越し車線に車線変更して追い越すものであり、追越し車線のない片側一車線の区間では、大人しく自転車の後ろを安全な車間距離を保って追随するものです。
>車線一杯一杯の大型車で限られた道路空間を利用する際の最低限のルールであり、マナーでしょう。
>オアゾ氏(世捨て人先生の分身?)のおっしゃるとおりのマナーをドライバーの皆様方が守ってくださるなら助かるんですけどね。

マナーを守らないドライバーありきの交通安全を考えるのが現実的ですね。

>実際はどうでしょう。車道自転車はいるだけで邪魔だと後ろからあからさまに煽り、クラクションを違法吹鳴させる輩は、そうはいないまでも、自転車を見れば抜かなければいけないと思い込んでいるかのごとく、早く抜かせろと言わんばかりに車間を詰めてくるドライバーが多い。

ドライバー心理を知るのもよいでしょう。

>動画からは判断できない妄想にすぎませんが、件のトラックからそのようなプレッシャーを感じた‟競技用自転車”乗りがやむなく、辛うじてスペースを見つけて緊急避難的にやり過ごしたと見ることができませんかね。

トラックからプレッシャーを感じることがないであろう、歩道を積極的に活用しましょう。

| 世捨人 | 2014/03/05 23:29 | URL |

Re: 肝心な部分の返答が無い様ですが?

馬鹿さん

>再度質問しますね。オアゾ=世捨人、きちんと返答して下さいよ。 免許更新時に必ず指定された医師の精神鑑定を受け、直接報告が行く、また、如何なる場合も異常が認められたら免許を更新出来ないってシステムにする事が必要かと思いますが、オアゾ=世捨人はどう考えますか?

自転車には運転免許制度がありませんので、先走りすぎかと思います。。

| 世捨人 | 2014/03/05 23:33 | URL |

>物流の要である幹線道路を、道楽目的で爆走するのはいかがなものかと思います。

「道楽目的」かどうかが動画からは不明.
プロの場合はOKなの?
観光地を走ってる家族連れの乗用車もいるよ.
彼らは業務で車に乗っているわけではない.
上記発言にのっとるなら「幹線道路を使って車で旅行するな」ってなりますが,それは本意ですか?

「爆走」定義不明.通行でOk.
「道楽」どこまでが道楽で,どこまでが道楽じゃないの?健康維持で自転車に乗る人もいるよ.ランニングはキツくても,サイクリングならOKって人も,世の中にはいるでしょうし.

さきほどの返答では上記に答えきれないでしょう.

| こじま | 2014/03/05 23:33 | URL | ≫ EDIT

Re: そろそろお薬の時間じゃないの?大丈夫?

馬鹿さん

> 答えられない事や避けたい内容はコメントに値しないのですか、そうですか(笑) 社会に不適合な輩=オアゾ=世捨人って事で良いですね? 方でもなく、人間でもなく、輩ですよ輩。 良いですね?

旧とき(旧ときどきオアゾツーキニスト)さんにあっては、世捨人イズムの継承者として期待されています。

| 世捨人 | 2014/03/05 23:35 | URL |

Re: 世捨人に質問

馬鹿さん

>「自転車は車線の中央を走るべき」 これの根拠は?

暴走族のようにだ行走行を繰り返して後続車の進路を妨害するのが目的なのでしょうか。

>止むを得ずってのが理由として書かれているだけで、一般的には左側を通行のはずや。

「~はずや」などとあいまいにせず、しっかり調べてください。

>譲る譲らないの話しも車幅3メートル、車線の有無って定義があり、これ自体が曖昧であり、何れにしろ如何様な動きをしたところで、このサイクリストが有利且つ合法を証明するものばかり。

やむをえない事態もあるでしょう。

>道路交通法を勉強しろとは笑止千万(笑)

まずは「一般的には左側を通行のはずや」を明確にしてください。

>おまけに言わせてもらえば法に準ずるはずの世捨人=オアゾの言い分が支離滅裂であると言った証明にしかなり得ない。

記事内容には絶大なる自信があります。

>法に不満があれば、正しい方法で然るべき場所に意見提示するのが国民の義務であり、定められた法に従うのもまた同様。

当ブログで粘り強く訴えていく所存です。

>単なるヘボタクシードライバーがジャーナリストを名乗り間違いだらけの情報やら憂さ晴らしで変な記事を撒き散らすのは感心出来ないね。

おっしゃるとおりです。

>個人的な意見を言わせてもらえば、好き勝手に停車や発車を繰り返すタクシーの数を減らす様に公共交通機関の整備が必要だと感じる。

「法に不満があれば、正しい方法で然るべき場所に意見提示するのが国民の義務」を実行してください。

>タクシーによる事故件数は自転車のそれを遥かに上回り、被害者がタクシー会社の事故処理部署に泣き寝入りをさせらる事も少なくない。 職業ドライバーにはワンランク上の罰則を与える様に法の整備を急いでほしいものだね。

「タクシーによる事故件数は自転車のそれを遥かに上回り」について、引用した統計・資料をお示しください。

| 世捨人 | 2014/03/05 23:39 | URL |

Re: タイトルなし

こじさん

>>物流の要である幹線道路を、道楽目的で爆走するのはいかがなものかと思います。
>「道楽目的」かどうかが動画からは不明.

歩行者が一人もいない郊外の幹線道路を何ゆえに自転車で走行するのでしょうか

>プロの場合はOKなの?

当然、当ブログの糾弾対象となるでしょう。

>観光地を走ってる家族連れの乗用車もいるよ.

移動手段としてクルマを利用しています。

>彼らは業務で車に乗っているわけではない.

上述のとおりです。

>上記発言にのっとるなら「幹線道路を使って車で旅行するな」ってなりますが,それは本意ですか?

物流の要であることは紛れもない事実でしょう。

>「爆走」定義不明.通行でOk. 「道楽」どこまでが道楽で,どこまでが道楽じゃないの?健康維持で自転車に乗る人もいるよ.ランニングはキツくても,サイクリングならOKって人も,世の中にはいるでしょうし.

車道をランニングする人はいません。

>さきほどの返答では上記に答えきれないでしょう.

しっかりしてください。

| 世捨人 | 2014/03/05 23:50 | URL |

>当然、当ブログの糾弾対象となるでしょう。
上記の文章から「当然」なんて言えない.ロードバイクの「プロ」なら飯食うために練習必要だし.

>>彼らは業務で車に乗っているわけではない.
>上述のとおりです。
ドライブ趣味も駄目か


>移動手段としてクルマを利用しています。
じゃあ,「彼が自転車でどこか観光地に行く事が目的です」って言ったら反論できないね.


結局答え切れていないですね

| こじま | 2014/03/05 23:57 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし


>>当然、当ブログの糾弾対象となるでしょう。
>上記の文章から「当然」なんて言えない.ロードバイクの「プロ」なら飯食うために練習必要だし.

公道が練習場所でないことは、明らかでしょう。他の交通の迷惑ばかりか危険です。絶対に許されません。

>彼らは業務で車に乗っているわけではない.
>>上述のとおりです。
>ドライブ趣味も駄目か

目的地への移動手段として用いるでしょう。

>>移動手段としてクルマを利用しています。
>じゃあ,「彼が自転車でどこか観光地に行く事が目的です」って言ったら反論できないね.

スピードレース用に開発された競技用自転車で、手ぶらでどこへ行くのですか?

>結局答え切れていないですね

競技用自転車の利用は爆走目的にすぎないという現実から目をそむけないでください。

| 世捨人 | 2014/03/06 00:01 | URL |

>公道が練習場所でないことは、明らかでしょう。他の交通の迷惑ばかりか危険です。絶対に許されません。

仮免許とか実地で公道で,公然と練習してますよ.



~~~
>>彼らは業務で車に乗っているわけではない.
>>>上述のとおりです。
>>ドライブ趣味も駄目か

目的地への移動手段として用いるでしょう。

>>>移動手段としてクルマを利用しています。
>>じゃあ,「彼が自転車でどこか観光地に行く事が目的です」って言ったら反論できないね.

>スピードレース用に開発された競技用自転車で、手ぶらでどこへ行くのですか?

景色を見にいく.
私は景色を見るために,ロードバイクを移動手段に使って,行く事ありますよ.
これって練習目的じゃないからOKですよね.
格好は一緒に行く人に合わせて様々で,レーサージャージの時もあれば,普段着みたいな感じのときもあるよ.


~~~
結局答え切れていないですね .

| こじま | 2014/03/06 00:08 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>>公道が練習場所でないことは、明らかでしょう。他の交通の迷惑ばかりか危険です。絶対に許されません。>仮免許とか実地で公道で,公然と練習してますよ.

道交法で認められています。

>彼らは業務で車に乗っているわけではない.
>>>上述のとおりです。
>ドライブ趣味も駄目か
>>目的地への移動手段として用いるでしょう。
>>移動手段としてクルマを利用しています。
>じゃあ,「彼が自転車でどこか観光地に行く事が目的です」って言ったら反論できないね.
>>スピードレース用に開発された競技用自転車で、手ぶらでどこへ行くのですか?
>景色を見にいく.

景色を見にいくのは付随的なもので主目的は爆走でしょう。

>私は景色を見るために,ロードバイクを移動手段に使って,行く事ありますよ.

爆走のついでに景色を見にいくといったほうが正しいでしょう。

>これって練習目的じゃないからOKですよね.

景色を見にいくを理由に爆走練習が許されるわけがないでしょう。

>格好は一緒に行く人に合わせて様々で,レーサージャージの時もあれば,普段着みたいな感じのときもあるよ.

結局、爆走目的ですね。

>結局答え切れていないですね .

「頭隠して尻隠さず」の意味を紙の辞書で調べてみましょう。

| 世捨人 | 2014/03/06 00:12 | URL |

>道交法で認められています。

自転車も同じく.
平行線ですが,私の方に法的根拠がありますね.
貴方が「迷惑」という気持ちも分かりますが,それは法的根拠を持ちません.


~~~
>爆走のついでに景色を見にいくといったほうが正しいでしょう。

決め付けないでください.
練習などまったく考えずに,景色を見に行く事が目的の時がきちんとあります.

| こじま | 2014/03/06 00:16 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

こじさん

>>道交法で認められています。
>自転車も同じく.

自転車には運転免許不要ですので、仮免許で路上練習はないでしょう。

>平行線ですが,私の方に法的根拠がありますね.

何が平行線ですか?全く意味不明です。

>貴方が「迷惑」という気持ちも分かりますが,それは法的根拠を持ちません.

規制を訴えております。

>>爆走のついでに景色を見にいくといったほうが正しいでしょう。
>決め付けないでください. 練習などまったく考えずに,景色を見に行く事が目的の時がきちんとあります.

「目的のためには手段を選ばない」というマキャベリズムは到底容認できません。

| 世捨人 | 2014/03/06 00:20 | URL |

>自転車には運転免許不要ですので、仮免許で路上練習はないでしょう。

じゃあ,仮免許無しに路上練習してもいいでしょう.

~~~
>規制を訴えております。
訴えた規制が実現するまでは,私の意見の方が「法的根拠」があるという事です.

~~~
>「目的のためには手段を選ばない」というマキャベリズムは到底容認できません。

じゃあ,自動車を用いた「目的地への移動手段として用いるでしょう。 」ドライブ・観光地への移動も駄目ですね.

| こじま | 2014/03/06 00:24 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

こじさん

>>自転車には運転免許不要ですので、仮免許で路上練習はないでしょう。
>じゃあ,仮免許無しに路上練習してもいいでしょう.

法的根拠がないので到底容認できません。

>>規制を訴えております。
>訴えた規制が実現するまでは,私の意見の方が「法的根拠」があるという事です.

当ブログは道交法に準拠しておりますが、「こじま法」なるものは存じません。

>>「目的のためには手段を選ばない」というマキャベリズムは到底容認できません。
>じゃあ,自動車を用いた「目的地への移動手段として用いるでしょう。 」ドライブ・観光地への移動も駄目ですね.

ドライブ・観光地への移動は交通法規に従って運転しなければなりません。

| 世捨人 | 2014/03/06 00:27 | URL |

>法的根拠がないので到底容認できません。

「安全運転義務」に違反しない限り,自転車での通行は認められています.つまり,法的根拠はあります.
ただし貴方の言う「爆走」の定義は広すぎるので,「安全運転義務」をどの程度守っているか,違反しているかはケース倍ケースですが.



~~~~
>>>規制を訴えております。
>>訴えた規制が実現するまでは,私の意見の方が「法的根拠」があるという事です.
>当ブログは道交法に準拠しておりますが、「こじま法」なるものは存じません。

「こじま法」は無いですが,私の意見は道路交通法に根拠を持っています.
ブログが道路交通法に準拠?

| こじま | 2014/03/06 00:31 | URL | ≫ EDIT

>反論になってませんが、大丈夫ですか?

動画中の自転車に第一通行帯中央を走るべきだったと批判を加えるのは間違っているということです。


>後続車両の義務だということで、責任逃れするような身勝手な行動だということです。

お疲れ様です。

普通に車道を走行する自転車に追突しないことは後続車両の義務です。
「後続車両の義務だといって逃れる」ことを身勝手だと評するのであれば、自転車の車道走行自体が身勝手な行動だという理論的帰結に辿り着きます。

わたしはそうは思いません。


>自転車にとって「スピードの出し過ぎ」こそが、違法でない走行方法で「(自らに責任はあるものの)事故の誘因となる可能性がある」非難されるべきことです。
>今回の交差点内で左に膨らんだり、右へ戻ったりという走行方法は、「スピードの出し過ぎ」に次ぐ事故の誘因となる可能性のある行為です。

勝手なことをわんわん喚いているみたいですが、感想文ではないのだから、妄想(や自分の感覚)で話すのではなく、データを提示してくださいと言っています。
現実には、自転車対自動車の事故における最大の要因は交差点進入時の双方の安全確認不十分であり、第二の要因は安全の不確認です。


>取下げることなど有り得ません。

後続の自動車が自転車を安全な方法で追い抜くか、安全な車間距離を維持して追従するかは後続の自動車が自由に選択すべきものです。必要以上に車間距離を詰めた訳でなければ、後続の自動車が右車線に移らないことが嫌がらせ行為であることなどあり得ない話です。これは、オアゾさんご自身の発言から拾ってきた主張です。

後続の大型トラックが追越し車線に車線変更して追い越して行かないのは、特急自転車乗りへの嫌がらせ

この言葉のなかには、大型トラックが自転車と車間距離を確保しなかったという含意はありませんので、ご自身の発言内容と矛盾することになります。

| ず | 2014/03/06 01:27 | URL |

これは君の運転免許について言ってんだよ。

馬鹿さん

>再度質問しますね。オアゾ=世捨人、きちんと返答して下さいよ。 免許更新時に必ず指定された医師の精神鑑定を受け、直接報告が行く、また、如何なる場合も異常が認められたら免許を更新出来ないってシステムにする事が必要かと思いますが、オアゾ=世捨人はどう考えますか?

自転車には運転免許制度がありませんので、先走りすぎかと思います。。

何をすっとぼけてんの、この頭のおかしな奴は(笑)

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/06 01:57 | URL | ≫ EDIT

横槍ですが・・・

>車道をランニングする人はいません。

| ず | 2014/03/06 02:42 | URL |

俺は養護学校の教員じゃありませんよ。

>>まずは「一般的には左側を通行のはずや」を明確にしてください。

こんな当たり前の道路交通法の原則まで説明しなきゃならんか?
交通安全ジャーナリストを騙るなら知ってて当然。
自分が知らない事を前提に滅茶苦茶な記事を書くなよ。

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/06 11:10 | URL | ≫ EDIT

ずさん| 2014/03/06 01:27 |へ

>>反論になってませんが、大丈夫ですか?
>動画中の自転車に第一通行帯中央を走るべきだったと批判を加えるのは間違っているということです。

後続の大型自動車は、道路交通法にあるとおり、追越し車線に車線変更して安全な速度と方法で追越していかなければなりません。

先行する特急自転車乗りが交差点で左側に膨らむことは、後続自動車が道路交通法違反を犯すことを誘い込み、自らも交差点を抜ける際に後続の大型自動車の後に続く車両との(接触)事故を惹起しかねない危険な運転です。

特急自転車乗りは、交通安全の先駆者として、道路交通法にあるとおり第一通行帯のど真ん中を通行することで、後続の大型自動車が道路交通法のルールを守るように、身をもって示して行きましょう。

という観点で、今回の動画を見れない特急自転車乗りの方々のええかっこしい、視野の狭さ、偽善、身勝手、大型自動車の圧力に負ける情けなさ、自立心・独立心・主体性のさな、を小生は、批判しています。


>>後続車両の義務だということで、責任逃れするような身勝手な行動だということです。
>お疲れ様です。普通に車道を走行する自転車に追突しないことは後続車両の義務です。「後続車両の義務だといって逃れる」ことを身勝手だと評するのであれば、自転車の車道走行自体が身勝手な行動だという理論的帰結に辿り着きます。 わたしはそうは思いません。

先行車両が左に膨らんだり、右に戻ったりしては、後続車両も迷惑でしょう。

実際、今回の動画では世捨人さんのタクシーは左折していきましたので、先を譲った特急自転車が後続の大型自動車の後に入り込むことも出来たでしょうが、世捨人さんのタクシーが直進していたら、それこそ、闘魂注入クラクションを浴びていたことでしょう。

一気に車間を詰めて、左端に寄り、特急自転車を交差点内に立ち往生させていたかも知れません。


>>自転車にとって「スピードの出し過ぎ」こそが、違法でない走行方法で「(自らに責任はあるものの)事故の誘因となる可能性がある」非難されるべきことです。今回の交差点内で左に膨らんだり、右へ戻ったりという走行方法は、「スピードの出し過ぎ」に次ぐ事故の誘因となる可能性のある行為です。
>勝手なことをわんわん喚いているみたいですが、感想文ではないのだから、妄想(や自分の感覚)で話すのではなく、データを提示してくださいと言っています。現実には、自転車対自動車の事故における最大の要因は交差点進入時の双方の安全確認不十分であり、第二の要因は安全の不確認です。

「安全確認不十分」と「安全の不確認」は、まさに、スピードの出し過ぎであり、交差点の危険性に対する軽視が原因です。

警察(行政)の取りまとめる交通事故の統計は、道路交通法の条文を根拠として分類されることから、そもそも固有の速度規制のない自転車の事故の原因分析には、スピードの出し過ぎという要因は出てこないのです。

逆に言えば、自転車に関する道路交通法のルールは、本当の事故原因にリンクしていない、事故を防止することに役に立たないルールとなっているということです。

しっかりして下さい。


>>取下げることなど有り得ません。
>後続の自動車が自転車を安全な方法で追い抜くか、安全な車間距離を維持して追従するかは後続の自動車が自由に選択すべきものです。必要以上に車間距離を詰めた訳でなければ、後続の自動車が右車線に移らないことが嫌がらせ行為であることなどあり得ない話です。これは、オアゾさんご自身の発言から拾ってきた主張です。後続の大型トラックが追越し車線に車線変更して追い越して行かないのは、特急自転車乗りへの嫌がらせ この言葉のなかには、大型トラックが自転車と車間距離を確保しなかったという含意はありませんので、ご自身の発言内容と矛盾することになります。

大丈夫ですか?

今回のスクープ(?)動画を見て下さい。

交差点になって突然、特急自転車乗りが表れていますので、かなり車間距離を詰めていることは明らかでしょう。

片側2車線の幹線道路の制限速度は普通に40~50キロです。

特急自転車乗りがどんなにスピード自慢でも、巡航速度として40~50キロを保つことは出来ないでしょう。

30キロを維持できれば精々です。

大型自動車が40~50キロ出せるところを、追い越し車線がガラガラであるにも関わらず車線変更して追い越すこともせず、30キロで走り続ける理由は嫌がらせ以外には見つかりません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/06 11:46 | URL |

>後続の大型自動車は、道路交通法にあるとおり、追越し車線に車線変更して安全な速度と方法で追越していかなければなりません。

「道路交通法にある通り」がその以降の文章に係る場合,「『追越し車線に車線変更して』安全な速度と方法で追越していかなければなりません。 」の『』部分は「しなければならない」行為ではないです.
(下記参考)

他に参照するべき法律があるかもしれないですが,この点に関しては知識不足です.
下記の道路交通法を読む限りでは,(2014/03/06 11:46)の文章において,「事実」と「事実と異なる内容」が混在しているように感じました.


不足を補う際は法文を貼り付けていただけると助かります.

(追越しの方法)
第二十八条  車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両(以下この節において「前車」という。)の右側を通行しなければならない。
2  車両は、他の車両を追い越そうとする場合において、前車が第二十五条第二項又は第三十四条第二項若しくは第四項の規定により道路の中央又は右側端に寄つて通行しているときは、前項の規定にかかわらず、その左側を通行しなければならない。
3  車両は、路面電車を追い越そうとするときは、当該車両が追いついた路面電車の左側を通行しなければならない。ただし、軌道が道路の左側端に寄つて設けられているときは、この限りでない。
4  前三項の場合においては、追越しをしようとする車両(次条において「後車」という。)は、反対の方向又は後方からの交通及び前車又は路面電車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車又は路面電車の速度及び進路並びに道路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。
   (罰則 第百十九条第一項第二号の二)

| こじま | 2014/03/06 12:24 | URL | ≫ EDIT

>先行する特急自転車乗りが交差点で左側に膨らむことは、後続自動車が道路交通法違反を犯すことを誘い込み、自らも交差点を抜ける際に後続の大型自動車の後に続く車両との(接触)事故を惹起しかねない危険な運転です。

自分が主張したい内容の場合は「事故を惹起しかねないから止めろ」という趣旨を述べる.

そうで無い場合,例えば酒気帯び運転では「正常に運転できる限り,当該行為は行為者一人一人の行動選択による」という趣旨を述べる.

| こじま | 2014/03/06 12:27 | URL | ≫ EDIT

>特急自転車乗りは、交通安全の先駆者として、道路交通法にあるとおり第一通行帯のど真ん中を通行することで、後続の大型自動車が道路交通法のルールを守るように、身をもって示して行きましょう。

「第一通行帯のど真ん中を通行すること」と「後続の大型自動車が道路交通法のルールを守る」の間の因果関係は成立しないかと思います.
「道路交通法のうちの追越しに関する部分を守る」程度なら成立しそうですが,正直原文は言いすぎと感じました.

| こじま | 2014/03/06 12:33 | URL | ≫ EDIT

>警察(行政)の取りまとめる交通事故の統計は、道路交通法の条文を根拠として分類されることから、そもそも固有の速度規制のない自転車の事故の原因分析には、スピードの出し過ぎという要因は出てこないのです。

これには同意.
たまに適切な事を言ったり,法律に則った文章を書くから手をやかされます.
ただ,先ほどコメントしたように事実の中に「事実で無い事」を尤もらしく混ぜているときもありますね.

故意か無意識か知りませんが,前者なら不誠実,後者なら無知のそしりを受けかねませんね.

| こじま | 2014/03/06 12:44 | URL | ≫ EDIT

>特急自転車乗りがどんなにスピード自慢でも、巡航速度として40~50キロを保つことは出来ないでしょう。

「どんなに」ってつけてますが,国内でも上記が可能な人はいますよ.プロライダーなら今回の動画内の信号区間で速度維持は可能です.

速度自慢しますが,多分私も1~2分なら可能なので,上記に関する反論は成立しません.

| こじま | 2014/03/06 12:47 | URL | ≫ EDIT

そもそも特急自転車って何?

速度を出す事が可能な自転車の事か?
ならば自動車なんか全て特急自動車だろうが。
スポーツカーなんかは超特急自動車か新幹線自動車ってなるのか?

バイクなどは原付以外は全て超特急だわな(笑)

歩く人が歩行者、ランニングする人が特急歩行者、走る人は超特急歩行者だろ(笑)

因みに速度云々ってなら人間の全速力は40km弱出るんだけど(笑)
トップアスリートで43km程度。
こりゃ走るのも規制せなあかん様になるぞ(笑)
制限速度30kmの道路を全速力で走ったら速度超過になるんだ(笑)

理屈では矛盾かも知れんが、世の人々は世捨人とは違い常識くらいは弁えてるからさ。
要するに、全ては世捨人本人に非があり、他の道路利用者には問題が無い。

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/06 13:21 | URL | ≫ EDIT

こじまさん| 2014/03/06 12:24 |へ

>「道路交通法にある通り」がその以降の文章に係る場合,「『追越し車線に車線変更して』安全な速度と方法で追越していかなければなりません。 」の『』部分は「しなければならない」行為ではないです.(下記参考)他に参照するべき法律があるかもしれないですが,この点に関しては知識不足です.下記の道路交通法を読む限りでは,(2014/03/06 11:46)の文章において,「事実」と「事実と異なる内容」が混在しているように感じました.不足を補う際は法文を貼り付けていただけると助かります.

道路交通法の基礎的なルールですので、多くの閲覧者に誤解を与えてもいけませんので、条文(抜粋)のみ貼り付けます。

(車両通行帯)
第二十条  車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。
3  車両は、追越しをするときは、前二項の規定によらないことができる。この場合において、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。
   (罰則 第百二十条第一項第三号、同条第二項)

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/06 14:07 | URL |

こういう自転車の挙動が自転車事故の主要な要因であるなどという言説はオアゾさんが何の根拠も示さずに勝手に言っているだけなので全く信用に値しない、と言っているのです。信用できないことを出発点にあれこれ言っていることも全て信用できないし、オアゾさんの言葉を借りれば、読む価値がありません。

自動車の違法行為を誘発するから、避けなさいなどという言動は、まさしく世捨人さんが自転車の車道通行禁止を求める時と全く同じロジックです。

ちなみに、この動画ではトラックが右車線を通るのが筋でしょうが、時間を持て余している、すぐ先に目的地があるなどの理由があるのかもしれません。それを嫌がらせだととらえるのは被害妄想でしょう。

自転車側からすれば第二通行帯の交通状況を確認することは容易ではないので、とりあえず大型車を通しておく判断は、まあそんなものでしょう。狭い道路ではないので普通乗用車が左端通行中の自転車に追突するおそれはまずないでしょう。

| ず | 2014/03/06 14:41 | URL |

正解でした.
最近は,対象を取らずに書いてますが,簡単な質問・答えが明確な場合には取り合ってくれるようです.

| こじま | 2014/03/06 15:20 | URL | ≫ EDIT

これを思い込みという。

>ブレーキをかければすぐに止まることができたスピードであると確信しております。

さてとお馬鹿な世捨人に質問。

通常の人間の反応時間が約1.2秒、それから制動が始まる訳だ。
パニック時は反応時間が更に延びるとの統計が出ている。
この1.4tを軽く超える車両が40kmオーバーで走行している状態から危険を認識してから止まるまでどれだけ走行するのでしょうか?

簡単な計算と平均的な制動距離から導き出せるはずだよな。

すぐにとは如何なる根拠かね?
平均的反応時間だけで12m、さらに制動距離を加算。
画像に気をとられている事からも反応時間は更に延びる。

止まれ訳がねーんだよボンクラ。
お前の確信ってのが全ての間違いの元や。

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/06 15:36 | URL | ≫ EDIT

訂正

止まれ訳→止まれる訳

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/06 15:40 | URL | ≫ EDIT

こじまさん| 2014/03/06 12:27 |へ

>>先行する特急自転車乗りが交差点で左側に膨らむことは、後続自動車が道路交通法違反を犯すことを誘い込み、自らも交差点を抜ける際に後続の大型自動車の後に続く車両との(接触)事故を惹起しかねない危険な運転です。
>自分が主張したい内容の場合は「事故を惹起しかねないから止めろ」という趣旨を述べる.そうで無い場合,例えば酒気帯び運転では「正常に運転できる限り,当該行為は行為者一人一人の行動選択による」という趣旨を述べる.

スピードの危険性に関することですので、皆様の理解を進めるために回答しておきましょう。

今回のスクープ(?)動画の特急自転車乗りは、制限速度40~50キロ程度の片側2車線の幹線道路を大型自動車を背負いながら走っていますので、少なくとも30キロ近くのスピードを出していたことでしょう。

ずさんの仰るところ、10メートル先の障害物を回避出来ないスピードです。

法律の理解が十分でないために、譲り合いなどと訳の分からない言い訳をしていますが、結局、後続の大型自動車のプレッシャーに負けたということを素直に認めることです。

危険な交差点内で左へ右へとふらつくことは危険ですので止めましょう。


一方、傘差し、携帯ながら、酒気帯び等々のふらふら自転車はせいぜい10~20キロ程度のものでしょう。

徐行(=車両等が直ちに停止することができるような速度で進行すること)と言えるかどうかは微妙ですが、ふらふらと危なっかしく見える程度のスピードです。

自転車10メートルと言わず出合い頭の衝突でも大した事故にはなりません。

自転車一人一人の判断に任せることで十分です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/06 17:01 | URL |

ちょい待てや、ときどきアンポンタン

>>自転車10メートルと言わず出合い頭の衝突でも大した事故にはなりません。

これの根拠は?
自動車との衝突ならば、自動車にとっては対した被害では無いかもしれん、しかしだ、事故の対象になる車両が停止していての話しだよな?
走行中の車両相手ならどうなる?
自転車に乗っていたのが高齢者の場合は?

大怪我か死ぬ事も充分にあり得るだろうよ。

あまりに自動車を運転している側の被害に固執し過ぎで本来の交通安全から逸脱してる。

お前、やはり世捨人の自作自演だろ?
だいたいパーチクリンに後継者扱いされて黙ってる馬鹿は居ない。
恥ずかしい事するなよな。

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/06 17:17 | URL | ≫ EDIT

ずさん | 2014/03/06 14:41 |へ

>こういう自転車の挙動が自転車事故の主要な要因であるなどという言説はオアゾさんが何の根拠も示さずに勝手に言っているだけなので全く信用に値しない、と言っているのです。信用できないことを出発点にあれこれ言っていることも全て信用できないし、オアゾさんの言葉を借りれば、読む価値がありません。

本当に自転車に乗っている方々であれば、統計数値には表れないスピードの危険性について、十分ご理解・共感頂けるものです。

根拠として上げるとすれば、神戸の坂道で車椅子の散歩の介助者を寝たきりにした少年の事故や、毎日新聞で取り上げられた交差点で歩行者をなぎ倒して死亡させた特急自転車乗りの事故などなど、自転車乗りが惹起する悲惨な重大(死亡)事故は残念ながら毎年5~8件程度の確率で発生しています。

身近な特急自転車乗りの(自損)事故自慢なども、予見出来ない障害物が飛び出したなどと言い訳していますが、まさにスピードを自制出来なかった結果です。


>自動車の違法行為を誘発するから、避けなさいなどという言動は、まさしく世捨人さんが自転車の車道通行禁止を求める時と全く同じロジックです。

ロジックという程、大したものではありません。

特急自転車乗りは、ただただ、真っ直ぐ前を向いてふらつかずに、車道左端通行すれば良いだけです。

出来ないのであれば、なにも無理して第一通行帯のど真ん中を走る必要はありません。 (小生も、ど素人集団に多くを求め過ぎたのかもしれません。)

危険な交差点内で左へ右へとふらつきながら通行することを、譲り合いだの、配慮だのと尤もらしくコメントするのは、特急自転車乗りの身の程を弁えない不遜で身勝手な勘違いです。


>ちなみに、この動画ではトラックが右車線を通るのが筋でしょうが、時間を持て余している、すぐ先に目的地があるなどの理由があるのかもしれません。それを嫌がらせだととらえるのは被害妄想でしょう。

当然のことながら、トラックドライバーの「心根」も特急自転車乗りの「心根」も、窺い知ることは出来ません。

しかしながら、嫌がらせでなければ、40~50キロ制限の幹線道路を30キロ程度で通行する自転車がいれば、万々一の危険を避けるために後続の自動車ドライバーは、十分な車間距離を取るものであり、安全な速度と方法で追い越していくものです。


>自転車側からすれば第二通行帯の交通状況を確認することは容易ではないので、とりあえず大型車を通しておく判断は、まあそんなものでしょう。

30キロ超のスピードを出している特急自転車乗りは、10メートル以上先の障害物の有無を確認しなければならないのですよね。

追い越し車線の交通量は、嫌でも目に入るでしょう。


>狭い道路ではないので普通乗用車が左端通行中の自転車に追突するおそれはまずないでしょう。

何故、大型自動車の後ろに続く車両は普通乗用車なのでしょうか?

車線一杯一杯の大型自動車が数珠つなぎで続いているかも知れませんよ。

10メートル先の追越し車線の交通量も確認出来ない特急自転車乗りに、どうして大型自動車の後ろに続く車両が普通乗用車だと確認出来るのでしょう。

例え、ミラーを付けていようとも十分な後方確認など出来はしない自転車は、ただただ、真っ直ぐ前を向いて、ふらつかずに、車道左端を通行することしか出来ないのです。


今回の結論は、大型自動車の嫌がらせに負けた特急自転車乗りを、譲り合いだの、配慮だのと尤もらしくコメントするのは、特急自転車乗りの身の程を弁えない不遜で身勝手な勘違いだということです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/06 17:56 | URL |

ときどきアンポンタンがまた破綻(笑)

(今回の結論は、大型自動車の嫌がらせに負けた特急自転車乗り)
これは過失じゃなく計画的犯行って事になるぞ。

つまりは非があるのは大型自動車のドライバーだと言ってる訳だ。

にも関わらず、責任はサイクリストにあると結論付ける事が既に論外。
せめて頭の中を整理してからコメントしようぜ!

完全にお前の負けだよ。

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/06 18:10 | URL | ≫ EDIT

もうここのあほには付き合っても無駄だからみんなで自転車乗りにいこーぜ

もちろん道交法を遵守して、安全を脅かさないように、かつ楽しくね~



主へ
こんなことほざいててにわかジャーナリスト気取ってんじゃねえよ

デブでも食ってろピザ

| はっはっは | 2014/03/06 18:35 | URL | ≫ EDIT

完全に破綻してますね。思考回路が疑われます。

>>今回の結論は、大型自動車の嫌がらせに負けた特急自転車乗りを、譲り合いだの、配慮だのと尤もらしくコメントするのは、特急自転車乗りの身の程を弁えない不遜で身勝手な勘違いだということです。


自動車乗りが道路交通法に殉じた走行をしていても自動車は嫌がらせを行い、サイクリストの安全を脅かすのが正しい運転らしい(笑)
サイクリストに責任があるらしいよ(笑)

嫌がらせされて仕方無くって状態での安全確保すらしてはならんと言ってしまっています。
ドライバーに限り計画的な殺人未遂やらサイクリストの安全を脅かす行為が法に沿ったものだと解釈していると断言しちゃっていますね。

さてご覧の皆様、この様なドライバーに運転免許を与えて良いかコメントしてみて下さい。
多数のコメントを求めます。
ハンドルを変えての自作自演でも結構ですよ。
ブログ主もやっていますから。

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/06 18:39 | URL | ≫ EDIT

訂正

自動車乗り→自転車乗り

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/06 18:44 | URL | ≫ EDIT

いや〜超気持ち良いな(笑)

凶悪犯を処刑する快感、たっぷり味わいました^_^
ある意味癖になりそうかもね(笑)
ドアホウがグダグダと情けねーなオイ(笑)

自転車乗りに行くの大賛成^_^

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/06 18:51 | URL | ≫ EDIT

動画の自転車ですが、結局、トラックの後ろに後続車がいないので、その存在を想定すること自体が妄想に過ぎません。後続車が存在した場合の自転車の挙動は不明ですから、それをあれこれ空想してやれ危険だの危険でないだの議論をすること自体にどんな意味もありえません。

自転車のトラックの関係性において、自転車側は最大限危険を回避できる方法で通行しています。トラックに関しては、右車線を利用した方が安全性が高かったことは否めません。

自転車は30㌔程度以上で走行している可能性がありますが、交差点で左に膨らみながら制動しているようですので、左に膨らんでいる時点での速度は30㌔をかなり割り込んでいると思われます。また、10m以上先の障害物などの道路状況を確認しながら走行しているでしょうから(オアゾさんは自転車は10m先の道路状況を確認しながら乗るものだなどとたわ言を言っていますが、実際には、30㌔超で走るような自転車乗りは更に遠方の危険を目視しながら走行するものですので)、この走行そのものに危険は伴いません。

この自転車が動画の場面で交差点を利用して左に膨らんで、後続車を通したことに関して、危険性は一切ありません。この私の言葉には、別段、あらゆる交差点であらゆる道路状況に一般化して、左に膨らんで後続車を通す通行方法が必ず安全であることを主張するような意図は一切ありません。


>一方、傘差し、携帯ながら、酒気帯び等々のふらふら自転車はせいぜい10~20キロ程度のものでしょう。

10~20㌔以上の速度での傘差し、携帯ながら、酒気帯びは問題であるという風にお考えのことと捉えてよろしいという事ですね。


>自転車一人一人の判断に任せることで十分です。

傘差し、携帯ながら、酒気帯びの是非はともかくとして、これらの問題が道路交通において主だったものではないということには同意いたします。が、そもそも、この問題が大問題であるかのように主張された方は誰かいたでしょうか?

たとえば、私は、オアゾさんが「まったく問題ない」「なんら危険はない」と仰るので、「そんなことはないでしょう。少しは危険だし、問題でしょう。」と述べただけです。

第一、あのコメント欄でMINELさんが、「法を順守しようとする者」としか言っていなかったのに対して、傘差し、携帯ながら、酒気帯びを具体例として提示しだしたのはオアゾさんご自身です。MINELさんが、傘差し、携帯ながら、酒気帯びを問題点としてその言葉を述べたという事実はありません(少なくとも根拠に乏しいです)。傘差し、携帯ながら、酒気帯びなどという切り口そのものが、オアゾさんによって持ち出されたものです。

繰り返しますが、私も自転車一人一人の判断に任せることで十分だとは思います。ですが、何ら危険が無い、とは思わないし、何ら問題はないとも思いません。

オアゾさんの弁論を分かりやすく解説しますと・・・

①自ら、傘差し、携帯ながら、酒気帯びという具体例を誰に言われるでもなく持ち出す。
②それらを「何ら問題ない」「何ら危険は無い」と主張して多くの反対意見を誘導する。
③「自転車一人一人の判断に任せることで十分です。」などと言ってあたかも自らの主張が受け入れられたかのように装う。

というプロセスを辿っていることが分かります。


思い出しましたでしょうか?まさに、これが「マッチポンプ」と言われた所以でしょう。



>本当に自転車に乗っている方々であれば、統計数値には表れないスピードの危険性について、十分ご理解・共感頂けるものです。

交差点での確認不十分などを含めて「スピードの出し過ぎ」と表現することには大きな違和感を感じますが、そして、「『スピードの出し過ぎ』が問題だ」ということを論拠として、低速域では自転車の危険性はゼロであるという誤った見解を述べようとする大いなる作為を感じますが、純粋に、「事故時の速度が現実よりも低かったと仮定したら事故には至らなかった」というだけの無彩色の意味であれば、なんとか同意できますね。

片手運転やブレーキ不良で制動が間に合わないケースなどは意図してスピードを出している訳ではないでしょうから、「スピードの出し過ぎ」というよりは「スピードの出過ぎ」ということでしょうしね。

しかし、私が問題にしているのはそこではありません。

今回の交差点内で左に膨らんだり、右へ戻ったりという走行方法は、「スピードの出し過ぎ」に次ぐ事故の誘因となる可能性のある行為です。

これは論拠のまったくない言い草です。交差点は確かに交通事故が最も頻発する場所ですが、自転車が左へ膨らむ(そして元に戻る)という走行方法により起因する事故が第二の事故要因だなどという事実無根の主張を容認する訳にはいきません。私が根拠の提示を求めているのはこの一文に関してです。明確な根拠を提示するか、でなければ、主張を取り下げることを要求します。


>十分な車間距離を取るものであり、安全な速度と方法で追い越していくものです。

繰り返しになりますが、車間距離を十分に確保しなかったことを論拠として嫌がらせだと捉えるのであれば、別段、私は批判しようとも思いません。ですが、追い越していかないことを論拠として嫌がらせだと判断されている(そう文章に書いてある)ので、それは妄想だと申し上げております。


>追い越し車線の交通量は、嫌でも目に入るでしょう。

10m以上先の道路状況を目視しながら走行しますが、一車線またいだ第二通行帯の交通状況は目に入ったとしても、意識的には確認しない場合が多いでしょうし、自分より後方の道路状況に関しては、大型トラックにより大きな死角が存在することも含めて確認の仕様がありません。

本当に自転車に乗っているのですか?と私の方が聞きたくなるコメントですね。


>何故、大型自動車の後ろに続く車両は普通乗用車なのでしょうか?

この動画ではそうだからですよ。もしそうでなければ、という議論は、どんなに議論を尽くしても妄想の粋を脱しません。たとえば、大型車が連続していた場合の自転車の挙動がこの動画と同一であったかどうかは不明です。


>どうして大型自動車の後ろに続く車両が普通乗用車だと確認出来るのでしょう。

左に膨らんだ瞬間に確認できるのではないでしょうかね?

| ず | 2014/03/06 20:08 | URL |

| 世捨人 | 2014/03/05 23:18 | URL |
>>動画からは単に トレーラートラックに追いつかれたことに気づいた“競技用自転車乗り”が進路を譲った としか見えませんが。 「ビビった」「迷惑行為だと判断した」「不穏な空気」とやらは全て貴殿の妄想でしかありません。

>「単に トレーラートラックに追いつかれたことに気づいた“競技用自転車乗り”が進路を譲った」というものこそ、貴殿の瞑想でしょう。

コメントが迷走してますな。瞑想して心を落ち着けてから書くことをお勧めします。

>>あ、もしかしたらトラックの後ろにいた世捨人先生の強いプレッシャーを感じたのかもしれません。 「車道自転車は邪魔だどけ!」との普段からの貴殿の思いが通じたのでしょう。よかったですね。

>あらぬ誤解を招かぬよう、「自転車は歩道」が無難ですね。

では、頑張って法律改正されるようリアル世界で働きかけてくださいな。
こんなところで一方的な主張をなさってても、風呂の水を抜くのに耳かきですくい出すほどの効果もありませんよ。

| 自転車は車道を走りましょう。 | 2014/03/06 20:19 | URL |

大型車をやりすごすというのは賢明な措置でしょう。
とてもいい判断だと思います。

気に喰わない奴は、いつまでも大型車に煽られていればいいだけw

| JEFF | 2014/03/06 20:51 | URL | ≫ EDIT

サイクリング禁止反対

[ときどきオアゾツーキニスト]殿|2014/03/06 17:01|付へ.
>今回のスクープ(?)動画の特急自転車乗りは,制限速度40~50km/hの幹線道路を大型自動車を背負いながら走っていますので,少なくとも30km/h近いスピードを出していたことでしょう.
>[ず]さんの仰るところ,10m先の障害物を回避できないスピードです.

前方をしっかり注意していれば,すぐ止まるなりよけるなりできるスピードだ.30km/h程度なら,自転車としてはまだ常識的なスピードの範疇である.事故の主な原因は前方不注意が多いのではないか.
一定以上のスピードでも素早く危険(障害物)を回避するトレーニングが重要だ.

>危険な交差点内で右へ左へふらつくのは危険ですので止めましょう.

動画のローディはふらついたのではない.圧力や嫌がらせに負けたのでもない.事故に遭わないための正常な行動だ.互いの立場を理解すればこういう動き方は必然である.

>一方,傘さし,携帯ながら,酒気帯び等々のふらふら自転車はせいぜい10~20km/h程度のものでしょう.
徐行(=車両等が直ちに停止することができるような速度で進行すること)と言えるかどうかは微妙ですが,ふらふらと危なっかしく見える程度のスピードです.
>自転車10mと言わず出会い頭でも大した事故になりません.

バ■*レがまだこんな,付ける薬もない害毒コメントを垂れ流し続けている.読むに値しない.
カ―――ン!

| マイロネフ | 2014/03/06 20:59 | URL | ≫ EDIT

マイロネフさんへ

私が言いたいのは、時速25㌔で走行する際は10m以上先の安全を確認しながら走行する必要があるということで、時速30㌔で走るなということではありません。

かのお方はそれをかなり無理やり曲解している訳で、本当に困ったお人です。

| ず | 2014/03/06 21:14 | URL |

時速25㌔→時速25㌔以上

| ず | 2014/03/06 21:15 | URL |

ずさん| 2014/03/06 20:08 |へ
>動画の自転車ですが、結局、トラックの後ろに後続車がいないので、その存在を想定すること自体が妄想に過ぎません。後続車が存在した場合の自転車の挙動は不明ですから、それをあれこれ空想してやれ危険だの危険でないだの議論をすること自体にどんな意味もありえません。

大型自動車が数珠つなぎで続いていることも予見出来ずに、特急自転車乗りが交差点内で進路を変えるということは、そのことで惹起される危険性の責任は特急自転車乗りにあるということです。


>自転車のトラックの関係性において、自転車側は最大限危険を回避できる方法で通行しています。トラックに関しては、右車線を利用した方が安全性が高かったことは否めません。

最大限とは断言しましたね。
先行する特急自転車乗りが最大限危険を回避出来る方法は、車道左端であれ、第一通行帯のど真ん中であれ、進路を変えずにひたすら真っ直ぐ進むことです。
車道上の最弱者が変な動きをする必要は全くありません。
後続車両が勝手に追い越して行くものです。


>自転車は30㌔程度以上で走行している可能性がありますが、交差点で左に膨らみながら制動しているようですので、左に膨らんでいる時点での速度は30㌔をかなり割り込んでいると思われます。また、10m以上先の障害物などの道路状況を確認しながら走行しているでしょうから(オアゾさんは自転車は10m先の道路状況を確認しながら乗るものだなどとたわ言を言っていますが、実際には、30㌔超で走るような自転車乗りは更に遠方の危険を目視しながら走行するものですので)、この走行そのものに危険は伴いません。

30キロ以上でも10メートル以上でも程度論に過ぎません。
交差点内で減速するなど、変な動きをすること自体、交通の流れが悪くなり事故を惹起する危険性が高くなります。
車道上の最弱者である自転車が自分の身を守るためには、ただただ真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行することです。

>この自転車が動画の場面で交差点を利用して左に膨らんで、後続車を通したことに関して、危険性は一切ありません。この私の言葉には、別段、あらゆる交差点であらゆる道路状況に一般化して、左に膨らんで後続車を通す通行方法が必ず安全であることを主張するような意図は一切ありません。

結果的に、今回のスクープ(?)動画では事故は発生していませんので、この動画に限定すれば、仰るとおり危険性は一切ありません(でした)。

しかし、一般化すれば明らかに危険な走行です。
動き過ぎです。
車道上の最弱者である自転車乗りは、どんなに後続車両から煽られようとも、ただただ真っ直ぐ前を向いてふらつかずに車道左端(第一通行帯のど真ん中)を通行することです。
それがルール・マナーに適った最も安全な通行方法です。


>>一方、傘差し、携帯ながら、酒気帯び等々のふらふら自転車はせいぜい10~20キロ程度のものでしょう。
>10~20㌔以上の速度での傘差し、携帯ながら、酒気帯びは問題であるという風にお考えのことと捉えてよろしいという事ですね。

30キロ超のスピードで傘差し、携帯ながら、酒気帯び運転が出来るのであれば、別段問題ありません。
程度論に過ぎません。
やろうと思っても30キロ超のスピードで傘差し、携帯ながら、酒気帯び運転が出来ないところも、自転車の良い所です。
携帯ながらで100キロのスピードを出せる自動車との違いです。


>>自転車一人一人の判断に任せることで十分です。
>傘差し、携帯ながら、酒気帯びの是非はともかくとして、これらの問題が道路交通において主だったものではないということには同意いたします。が、そもそも、この問題が大問題であるかのように主張された方は誰かいたでしょうか?

世の中のマスコミ報道などです。


>たとえば、私は、オアゾさんが「まったく問題ない」「なんら危険はない」と仰るので、「そんなことはないでしょう。少しは危険だし、問題でしょう。」と述べただけです。

全く無視できる程度問題です。


>第一、あのコメント欄でMINELさんが、「法を順守しようとする者」としか言っていなかったのに対して、傘差し、携帯ながら、酒気帯びを具体例として提示しだしたのはオアゾさんご自身です。MINELさんが、傘差し、携帯ながら、酒気帯びを問題点としてその言葉を述べたという事実はありません(少なくとも根拠に乏しいです)。傘差し、携帯ながら、酒気帯びなどという切り口そのものが、オアゾさんによって持ち出されたものです。

仰るとおり小生が具体例として提示したものです。
何か問題でも?


>繰り返しますが、私も自転車一人一人の判断に任せることで十分だとは思います。ですが、何ら危険が無い、とは思わないし、何ら問題はないとも思いません。

繰り返しますが、全く無視できる程度問題です。


>オアゾさんの弁論を分かりやすく解説しますと・・・①自ら、傘差し、携帯ながら、酒気帯びという具体例を誰に言われるでもなく持ち出す。②それらを「何ら問題ない」「何ら危険は無い」と主張して多くの反対意見を誘導する。③「自転車一人一人の判断に任せることで十分です。」などと言ってあたかも自らの主張が受け入れられたかのように装う。というプロセスを辿っていることが分かります。

小生は、ただただ、ふらつかずに真っ直ぐに「自転車は車道左端通行することで十分だ」、「傘差し、携帯ながら、酒気帯び等々は、自転車一人一人の判断に任せることで十分だ」という主張を論じているだけのことです。
装うだとか、辿るなどと面倒なことは一切ありません。


>思い出しましたでしょうか?まさに、これが「マッチポンプ」と言われた所以でしょう。

小生は、ほんの小さなマッチではありますが、ポンプではありません。
小生の主張が燃え盛る火の手となって、全国の自転車乗りに浸透し、車道左端が自転車で埋め尽くされることを願っています。


>>本当に自転車に乗っている方々であれば、統計数値には表れないスピードの危険性について、十分ご理解・共感頂けるものです。
>交差点での確認不十分などを含めて「スピードの出し過ぎ」と表現することには大きな違和感を感じますが、そして、「『スピードの出し過ぎ』が問題だ」ということを論拠として、低速域では自転車の危険性はゼロであるという誤った見解を述べようとする大いなる作為を感じますが、純粋に、「事故時の速度が現実よりも低かったと仮定したら事故には至らなかった」というだけの無彩色の意味であれば、なんとか同意できますね。

ようやくご理解いただけたということで、良かった。良かった。


>片手運転やブレーキ不良で制動が間に合わないケースなどは意図してスピードを出している訳ではないでしょうから、「スピードの出し過ぎ」というよりは「スピードの出過ぎ」ということでしょうしね。

片手運転やブレーキ不良は、自転車乗りは十分に自覚していることです。
制動が間に合わないケースは、明らかに「能動的に」スピードを出し過ぎているのです。
「スピードの出し過ぎ」で危険な目に遭うのは自転車乗り自身です。
「意図していない」だとか、「出過ぎ」だとか、言い訳しても何の役にも立ちません。
2輪の車両に乗るという自覚が足りないようですね。


>しかし、私が問題にしているのはそこではありません。今回の交差点内で左に膨らんだり、右へ戻ったりという走行方法は、「スピードの出し過ぎ」に次ぐ事故の誘因となる可能性のある行為です。これは論拠のまったくない言い草です。交差点は確かに交通事故が最も頻発する場所ですが、自転車が左へ膨らむ(そして元に戻る)という走行方法により起因する事故が第二の事故要因だなどという事実無根の主張を容認する訳にはいきません。私が根拠の提示を求めているのはこの一文に関してです。明確な根拠を提示するか、でなければ、主張を取り下げることを要求します。

冒頭に述べたとおり、特急自転車乗りが交差点内で進路を変えるということは、そのことで惹起される危険性の責任は特急自転車乗りにあるということです。
先行する特急自転車乗りが最大限危険を回避出来る方法は、車道左端であれ、第一通行帯のど真ん中であれ、進路を変えずにひたすら真っ直ぐ進むことです。
車道上の最弱者が変な動きをする必要は全くありません。
交差点内で減速するなど、変な動きをすること自体、交通の流れが悪くなり事故を惹起する危険性が高くなります。
車道上の最弱者である自転車が自分の身を守るためには、ただただ真っ直ぐ前を向いてふらつかずに通行することです。
動き過ぎです。
車道上の最弱者である自転車乗りは、どんなに後続車両から煽られようとも、ただただ真っ直ぐ前を向いてふらつかずに車道左端(第一通行帯のど真ん中)を通行することです。
それがルール・マナーに適った最も安全な通行方法です。

「スピードの出し過ぎ」と同様に、道路交通法に具体的な条文はありませんので、警察(行政)の統計数値はありませんので、明確な根拠などありえません。

しかしながら、スピードの危険と同様に、自転車乗り、或いは、自動車ドライバーであれば、誰もが実感していることです。


>>十分な車間距離を取るものであり、安全な速度と方法で追い越していくものです。
>繰り返しになりますが、車間距離を十分に確保しなかったことを論拠として嫌がらせだと捉えるのであれば、別段、私は批判しようとも思いません。ですが、追い越していかないことを論拠として嫌がらせだと判断されている(そう文章に書いてある)ので、それは妄想だと申し上げております。

大型自動車のドライバーの「心根」は知り得ませんが、少なくとも、信号のある交差点から次の交差点まで、20~30キロの自転車をあおり続けているのですよ。
小生は、客観的に見て、嫌がらせと判断します。


>>追い越し車線の交通量は、嫌でも目に入るでしょう。
>10m以上先の道路状況を目視しながら走行しますが、一車線またいだ第二通行帯の交通状況は目に入ったとしても、意識的には確認しない場合が多いでしょうし、自分より後方の道路状況に関しては、大型トラックにより大きな死角が存在することも含めて確認の仕様がありません。本当に自転車に乗っているのですか?と私の方が聞きたくなるコメントですね。

少なくとも、信号のある交差点から次の交差点まで、大型自動車に煽られ続けているのですよ。
先行する自転車乗りは、「後続車両が追越ししやすいように車道左端通行しているのに何故追い越して行かないのだろう、追越し車線もガラガラなのに」と思い・確認するのが普通でしょう。
大丈夫ですか?


>>何故、大型自動車の後ろに続く車両は普通乗用車なのでしょうか?
>この動画ではそうだからですよ。もしそうでなければ、という議論は、どんなに議論を尽くしても妄想の粋を脱しません。たとえば、大型車が連続していた場合の自転車の挙動がこの動画と同一であったかどうかは不明です。

であれば、世捨人さんのタクシーは左折していきましたので、何ら問題ありません。
道路状況は全国津々浦々、刻一刻、それぞれ異なります。
一般化しなければ、この動画で議論しても意味ありません。
妄想でも何でも構いません。具体性・妥当性のある妄想であれば、ヒヤリハットと同様に、事故を抑止する議論となります。
意味のない妄想は自然と淘汰(無視)されていきます。


>>どうして大型自動車の後ろに続く車両が普通乗用車だと確認出来るのでしょう。
>左に膨らんだ瞬間に確認できるのではないでしょうかね?

それじゃあ、遅いでしょう。
大型自動車が数珠つなぎで車間距離を詰めて続いていたら、車道左端の居場所はなくなります。
本当に自転車に乗ってますか?

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/06 21:19 | URL |

サイクリング禁止反対

[馬鹿らしい(笑)]殿|2013/03/06 13:21|付へ.

>そもそも特急自転車って何?

自転車の種類と用途を列車の種別になぞらえただけのことだ.

ロードバイク(ロードレーサーともいう)・・・・・特急(特別急行)自転車.

クロスバイク・・・・・・急行自転車.伝統的なサイクリング自転車やスポーツタイプの小径車(ミニベロ)もこの範疇に入れてよいだろう.

MTB(マウンテンバイク)・・・・・山用急行自転車.

実用系(いわゆるママチャリの類)・・・・・・各停,ローカル自転車.



| マイロネフ | 2014/03/06 21:46 | URL | ≫ EDIT

>大型自動車が数珠つなぎで続いていることも予見出来ずに、特急自転車乗りが交差点内で進路を変えるということは、そのことで惹起される危険性の責任は特急自転車乗りにあるということです。

もしも、大型車が連なっていれば、それは予見できるので、自転車は今回とは異なった挙動を取る可能性があると思います。今回の動画を見て、大型車が連なっていた場合云々という批判は根拠無根です。

危険性を主張されるのであれば、複数の大型車が連続して通行している際に、自転車が交差点を利用して道を譲った動画を見てみましょう。話はそれからです。


>車道上の最弱者が変な動きをする必要は全くありません。

それで安全が確保されるようであれば良いのですが、現実には無理な追い越しをしたり、信号で停止する際などに(気づかずに)幅寄せをする危険な大型車が見受けられます。動画の自転車の行動はそれらの危険を回避する目的があるのでしょう。そういった大型車に起因する危険やトラブルを自転車側に押し付ける権利はオアゾさんにはありません。

一方で、この進路変更は、進路変更時にふらついてコントロールを失ってしまう、などの危険因子となる可能性を完全には否定できないかも知れませんが、動画で見る限り、その危険性は完全にマネージされているようなので、問題にするには当たりません。

現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いで

というのは、まさにこの事をいうのでしょう。


>程度問題です。

オアゾさんの決まり文句ですが、私は、本来的には、この程度問題が問題の本質であって、核心だと考えています。オアゾさんの極論を攻撃するのは楽しくはありますが、議論としての価値はありません。


>自転車乗りは十分に自覚していることです。

人間は神様ではないので、やってみて、げ、げげげ、ってことはいくらでもあります。多くの場合で、自覚的なスピードの超過よりも、無自覚そのものに問題があるという風に思います。

これは自分の行動の言い訳ではありません。

無自覚に速度過多状態になってしまっている自転車に対して「速度を自制しなさい」などと呼びかけても、「へっへっへ、十分勘案していますよー」などと言われるだけで何の意味も無いということです。

広義での速度過多が事故の主要因としても、その対策としては、「速度の自制」を求めるだけでは足りませんし、それが最も有効な方策である必然性さえありません。


>「スピードの出し過ぎ」と同様に、道路交通法に具体的な条文はありませんので、警察(行政)の統計数値はありませんので、明確な根拠などありえません。

オアゾさんの妄想だった訳ですね。


>誰もが実感していることです。

ここの掲示板でそれを実感しているのはオアゾさんたった1人だけのようですが。


>小生は、客観的に見て、嫌がらせと判断します。

あのドライバーの行為が嫌がらせではないと私は主張していません。
右車線を利用して追い抜いていかないことが嫌がらせである、と即断していることを否定しているだけです。車間距離などを含めて総合的な判断として嫌がらせのように映る、という主張であれば何ら反対するところはありません。


>ヒヤリハットと同様に、事故を抑止する議論となります。

残念ながら違います。
私が言っているのは、この場面ではヒヤリとする所もハッとするところもない訳だから、ヒヤリハットにすら該当しないものであり、問題として取り上げて対策を考慮することそのものがナンセンスだということです。

「自転車は後続車の追突を防ぐため歩道を通行すべきだ」と同じレベルの議論であると申し上げております。


>それじゃあ、遅いでしょう。

まあ、音と雰囲気で大体、察しているので、そういう場合は、いざとなったら止まれるように動くでしょう。

| ず | 2014/03/06 22:03 | URL |

わざわざありがとう^ ^

恐らく以下の解釈は間違いだよ。
(自転車の種類と用途を列車の種別になぞらえただけのことだ.)
※用途を別けるならば業務用か一般用途しかない。
業務用は自転車便や郵便配達、新聞配達の類い、一般用は日常的な移動と娯楽を楽しむ為のもの。
そもそもこのブログで出てくる競技用自転車ってのは公道には存在しない。
保安部品を着けて公道を走れる状態にしてあるのだから、一般用自転車に該当する。
自転車便なども時間削減の為に高スペック車両を選ぶ場合もあるから、これも実際には線引きが出来ない。
後は知っての通りだと思うよ。
あえて例をあげるならば、トラックレーサー=ワークスレーサー、高スペックロードバイク=市販車クラスのサンデーロードレーサー。
しかしだ、自転車の場合、トラックレーサーより多段ママチャリが最高速度は高く、マウンテンバイクがそれを上回る、更にレプリカモディファイ程度のクロスバイクの方が早い。
その上がロードバイク全般、そしてTT。
電動アシストなどを入れたら何がどうって議論は成り立たない。
テーマ自体が根拠を持たないんだよね。
そう言った意味での特急自転車とは?って質問なんだよ。
ロードバイクやTTを転がす奴の中で職業レーサーは極めて確率が低く、殆どが趣味の為の一般車両だよね。
つまりは既に議論が破綻してて、道路事情と選ぶタイヤの問題、乗り手のマナーでしか無い訳。
だから不毛。

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/06 22:49 | URL | ≫ EDIT

訂正

早い→速い

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/06 22:55 | URL | ≫ EDIT

纏め

このブログを見るにあたり、最も注目すべきは、このブログ主の様に道路交通法すらそっちのけで自転車に対する敵意を剥き出しにし、悪意のある行動をもって自ら自転車乗りを危険な目に合わせる悪質なドライバーが公道には存在します。
その事を理解したうえで、道路交通法に基づき、各自の安全を確保し、楽しい自転車ライフを送って下さい。
自分自身は自分で守るしかありません、それぞれの工夫をもって楽しみましょう。
いつか何処かで会うかも知れませんが、その時は楽しい話しでも聞かせて下さい。

以上

| 馬鹿らしい(笑) | 2014/03/06 23:03 | URL | ≫ EDIT

久しぶりの投稿です。
素晴らしい動画です。
天下の公道で前を競技用自転車が走っている時のあのイライラ感がよみがえってきましたw
社会インフラを支えるトラック運転手にまで迷惑をかけるとは許せないローディですね。
大型車だけではありません。軽自動車に乗っていてもローディは邪魔な存在です。
これからも啓発動画をどんどん流してください。

| はげおやじ | 2014/03/06 23:26 | URL |

>社会インフラを支えるトラック運転手

「流通で社会を支える」ほうがしっくりくるかな?
少なくとも流通は大事なシステムですが「社会インフラ」とする場合は少なく,社会インフラを利用する側に思えます.

ここにくる自転車邪魔派の方々の文章読むと引っかかる部分が多いですね.

~~~
>天下の公道で前を競技用自転車が走っている時のあのイライラ

自転車での車道走行がお仕事の邪魔をする機会もあると思いますが,個人利用の車もあなた方のお仕事を邪魔しているので,自転車だけを責めるのは筋違いと感じます.

また「天下の公道」であるから,自転車も利用して良いとされています.
自転車は有料道路・自動車専用道を利用できません.

| こじま | 2014/03/06 23:45 | URL | ≫ EDIT

こじま | 2014/03/06 23:45 | 様

なにいってんですかw
屁理屈はやめてくださいねw
私は自転車は責めてませんよ
公道を爆走するローディというくずを責めているだけです
ごみローディは公道を走ったらいけない
これ世界の常識じゃなかった?
幼稚園からやり直そうねww

| はげおやじ | 2014/03/07 02:01 | URL |

ずさん| 2014/03/06 22:03 |へ

>>大型自動車が数珠つなぎで続いていることも予見出来ずに、特急自転車乗りが交差点内で進路を変えるということは、そのことで惹起される危険性の責任は特急自転車乗りにあるということです。
>もしも、大型車が連なっていれば、それは予見できるので、自転車は今回とは異なった挙動を取る可能性があると思います。今回の動画を見て、大型車が連なっていた場合云々という批判は根拠無根です。危険性を主張されるのであれば、複数の大型車が連続して通行している際に、自転車が交差点を利用して道を譲った動画を見てみましょう。話はそれからです。

現実に大型自動車が連なっているかどうかなど全く関係ありません。

特急自転車乗りが後方確認などする必要はなく、ただただ、真っ直ぐ前を向いてふらつかずに車道左端(第一通行帯のど真ん中)を通行するだけで、十分です。


>>車道上の最弱者が変な動きをする必要は全くありません。
>それで安全が確保されるようであれば良いのですが、現実には無理な追い越しをしたり、信号で停止する際などに(気づかずに)幅寄せをする危険な大型車が見受けられます。動画の自転車の行動はそれらの危険を回避する目的があるのでしょう。そういった大型車に起因する危険やトラブルを自転車側に押し付ける権利はオアゾさんにはありません。

動画の大型車両は無理な追越しや幅寄せなどしていません。

ただただ、車間距離を詰めて、嫌がらせをしているだけのことです。

何も自転車側が先に動くことはありません。


>一方で、この進路変更は、進路変更時にふらついてコントロールを失ってしまう、などの危険因子となる可能性を完全には否定できないかも知れませんが、動画で見る限り、その危険性は完全にマネージされているようなので、問題にするには当たりません。現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いでというのは、まさにこの事をいうのでしょう。

指摘内容によります。

本当にマネージされていると言い切れますか?

自転車は、小石一つでもふらつくものですよ。

大型トラックに正面から追突されるよりも、側面でふらついてタイヤに巻き込まれる方が悲惨な事故になりそうですが、大丈夫ですか?

過失割合も変わって来ることでしょう。

アレヤコレヤの内容が的を射ているかどうかの問題です。


>>程度問題です。
>オアゾさんの決まり文句ですが、私は、本来的には、この程度問題が問題の本質であって、核心だと考えています。オアゾさんの極論を攻撃するのは楽しくはありますが、議論としての価値はありません。

仰るとおり物事を具体的に詰めていくと、程度問題が重要となります。

一方で、道路交通法の規定に基づくざっくりとした事故原因分析の統計データでは、程度問題を具体的に詰めて行くまでの緻密さ・詳細さがないために、議論が進まないという状況です。

実証的な詳細なデータがあれば、事故原因分析は、小生が主張する自転車乗りの実感により近づくこととなるでしょう。

国土交通省の理系の研究所での論文等では、より実証的な研究がなされていますので、しっかり勉強して下さい。


>>自転車乗りは十分に自覚していることです。
>人間は神様ではないので、やってみて、げ、げげげ、ってことはいくらでもあります。多くの場合で、自覚的なスピードの超過よりも、無自覚そのものに問題があるという風に思います。これは自分の行動の言い訳ではありません。無自覚に速度過多状態になってしまっている自転車に対して「速度を自制しなさい」などと呼びかけても、「へっへっへ、十分勘案していますよー」などと言われるだけで何の意味も無いということです。

まさに、このブログに集う特急自転車乗り集団のことでしょう。

それでも、小生とずさんの議論を閲覧することで、岡目八目で、それぞれの特急自転車乗りが自分自身の行動を俯瞰的に思い起こすことが出来れば、少しでも交通安全につながることでしょう。

まあ、麻薬的なサイクリング・ハイと言える状態を楽しめるところも自転車の良い所です。


>広義での速度過多が事故の主要因としても、その対策としては、「速度の自制」を求めるだけでは足りませんし、それが最も有効な方策である必然性さえありません。

「スピードの出し過ぎ」が本当の原因だということを理解した上であれば、信号機ではなくカーブミラー、歩道通行でなく車道通行、第一通行帯ど真ん中通行、というように様々な方策に自転車乗りの実感・魂を籠ることが出来ます。


>>「スピードの出し過ぎ」と同様に、道路交通法に具体的な条文はありませんので、警察(行政)の統計数値はありませんので、明確な根拠などありえません。
>オアゾさんの妄想だった訳ですね。

誰もが実感できること、実感していることです。


>>誰もが実感していることです。
>ここの掲示板でそれを実感しているのはオアゾさんたった1人だけのようですが。

サイクリスト・ハイの酸欠状態で脳みそが正常に機能していない特急自転車乗りの集団だということの証明です。


>>小生は、客観的に見て、嫌がらせと判断します。
>あのドライバーの行為が嫌がらせではないと私は主張していません。右車線を利用して追い抜いていかないことが嫌がらせである、と即断していることを否定しているだけです。車間距離などを含めて総合的な判断として嫌がらせのように映る、という主張であれば何ら反対するところはありません。

特急自転車乗りの現れ方を見れば、車間距離を詰めていることも即断出来ることです。

ずさんも、酸欠状態で判断力が鈍っているということでしょう。


>>ヒヤリハットと同様に、事故を抑止する議論となります。
>残念ながら違います。私が言っているのは、この場面ではヒヤリとする所もハッとするところもない訳だから、ヒヤリハットにすら該当しないものであり、問題として取り上げて対策を考慮することそのものがナンセンスだということです。

世捨人さんは左折して行きましたから問題ないとして、交差点内で先行する大型自動車の陰から突然、特急自転車乗りが現れれば、後続ドライバーはヒヤリハットしますよ。

小生が後続ドライバーであれば、特急自転車との間に安全な距離を保ち、万一の事故を回避するために、直ぐにバックミラーとサイドミラーで追越し車線の後続車両の有無を確認しますよ。


>「自転車は後続車の追突を防ぐため歩道を通行すべきだ」と同じレベルの議論であると申し上げております。

小生は、特急自転車乗りに特別の対応など求めていません。

道路交通法にあるとおり、ただただ、当たり前に、真っ直ぐ前を向いてふらつかずに車道左端(第一通行帯のど真ん中)を通行すれば良いだけです。


>>それじゃあ、遅いでしょう。
>まあ、音と雰囲気で大体、察しているので、そういう場合は、いざとなったら止まれるように動くでしょう。

結局、世捨人さんの主張どおりに、自転車は車道左端通行するだけでは不十分で、立ち止まって後続車両に道を譲らなければならないということを容認するということですね。

ああ、情けない。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/07 10:55 | URL |

>現実に大型自動車が連なっているかどうかなど全く関係ありません。

動画の自転車は、後方に大型車が連続していないことを把握した上で動画のような挙動を取っています。ですから、もし、連続して大型車がやってきたらどうこうという議論をすることにはなんの価値もありません。


>本当にマネージされていると言い切れますか?

だってふらついてないですもの。


>理系の研究所での論文等では、より実証的な研究がなされていますので、しっかり勉強して下さい。

私はさまざまな論拠を提示していますが、それに対してオアゾさんは詰まらない直感で否定するだけです。自分の主張にまったく説得力がないことを改めて認識してください。


>様々な方策に自転車乗りの実感・魂を籠ることが出来ます。

たましいをこもる・・・ですか?

第一通行帯中央を走行することは、確かに、対大型自動車では安全性の向上に資する可能性がありますが、道路交通の円滑性を損なう可能性があり、更に、対自動二輪などで安全性の低下を及ぼす可能性が高いため、全体としては棄却すべきものと私は感じますね。


>誰もが実感できること、実感している

という妄想なんですよね。


>先行する大型自動車の陰から突然、特急自転車乗りが現れれば

大きく左に膨らんでいるので、事前に目視できるでしょう。


>結局、世捨人さんの主張どおりに、自転車は車道左端通行するだけでは不十分で、立ち止まって後続車両に道を譲らなければならないということを容認するということですね。

いいえ、いいえ。
道を譲るのは自転車の自由です。

| ず | 2014/03/07 17:56 | URL |

サイクリング禁止反対

[はげおやじ]殿|2014/03/06 23:26|付へ.

久々に熱烈な[世捨人]支持者のご登場だ.

>天下の公道で競技用自転車が前を走っている時のあのイライラ感がよみがえってきましたw.
>大型車だけではありません.軽自動車に乗っていてもローディは邪魔な存在です.

極めて横暴な意見である.自転車が前を走っているだけでそれほど我慢できないものなのか.
私に言わせれば,危険や不自由が一方的に皺寄せされた自転車の劣悪な通行区分こそ我慢がならない.
大型車はともかく,一般道路においては大抵の場合,軽自動車と自転車との追い越しスペースは十分確保できる.
今回の動画では,ローディの走り方には何等違法性は無い.[はげおやじ]殿の論理では,どう気を遣ってもロードバイクの存在自体が邪悪ということになってしまう.
世界の自転車ロードレースの強豪国でも,特別にゆったりした道路がどこからどこまでもあるわけではないだろう.

>これからも啓発動画をどんどん流してください.

私は[世捨人]氏のYou Tube動画には全て「低く評価」を付けている.

| マイロネフ | 2014/03/07 18:09 | URL | ≫ EDIT

サイクリング禁止反対

[ときどきオアゾツーキニスト]殿|2014/03/07 10:55|付へ.

>結局,[世捨人]さんの主張どおりに,自転車は車道左端通行するだけでは不十分で,立ち止まって後続車両に道を譲らなければならないということを容認するということですね.

それはその時の道路幅や後続車の台数等にもよる.スポーツ系自転車が社会との調和を図るためには,意地を張らず譲り合うことが必要だ.

>ああ,情けない.

情けないのは「乗ればそれ自体がアルコール検知器となるのも自転車の良いところです」等と詭弁を繰り返す,非常識を非常識と思わないバ■*レである.
カ―――ン!

| マイロネフ | 2014/03/07 18:59 | URL | ≫ EDIT

マイロネフ殿

>危険や不自由が一方的に皺寄せされた自転車の劣悪な通行区分こそ我慢がならない.

危険や不自由を感じるのであればそれは自転車が走ったらいけない場所なのです。
自転車で走行しないのが一番です。

>大型車はともかく,一般道路においては大抵の場合,軽自動車と自転車との追い越しスペースは十分確保できる.

私は自転車の万が一の転倒など危険をいつも考えローディを追い越す時には最低2メートルの間隔を開けます。余裕などありません。

確かに動画のローディは法を犯しているわけではありません。
ただしそれ以上に周りの人に不快を与えています。
このブログのコメント欄はいつも法律論になりますが法律で解決できないことはたくさんあります。
道徳で話し合いましょう。

| はげおやじ | 2014/03/08 00:10 | URL |

マイロネフさん| 2014/03/07 18:59 |へ

>>結局,[世捨人]さんの主張どおりに,自転車は車道左端通行するだけでは不十分で,立ち止まって後続車両に道を譲らなければならないということを容認するということですね.
>それはその時の道路幅や後続車の台数等にもよる.スポーツ系自転車が社会との調和を図るためには,意地を張らず譲り合うことが必要だ.

自転車は車道左端を通行するものです。

道路幅は、自転車だけでなく自動車・歩行者等々限られた道路空間を共有する全ての主体に平等に与えられた条件です。

予め後続車両に道を譲って車道左端通行しなければならないとされている自転車が更に道を譲る理由にはなりません。

譲り合えない状況の中での優先順位を決めるものは、トイレや繁盛店の行列と一緒で、早いもの順という絶対的な基準です。
曖昧な基準で身勝手で自己満足な譲り合いなどをしていると今回の大型自動車の陰から左側にふくらみながら突然飛び出してくる特急自転車乗りのように後続車両のドライバーに急ブレーキを踏ませるようなこととなるのです。


>>ああ,情けない.
>情けないのは「乗ればそれ自体がアルコール検知器となるのも自転車の良いところです」等と詭弁を繰り返す,非常識を非常識と思わないバ■*レである.カ―――ン!

正常に運転出来なければ、倒れてしまい、自転車乗り自身が痛い目にあうころが、自転車の良い所です。

鋼鉄の塊に守られ、ふかふかのソファーに身を埋め、快適なエアコンと音響等でリラックスして、手足の動き一つで100キロ超のスピードを出せてしまう自動車との違いです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/08 15:56 | URL |

>譲り合えない状況の中

物理的に譲り合えない状況でなければ、譲り合いを率先して行うものもいれば、そうではない方もいるのでしょう?であれば、譲り合いを行う者の方が社会的に高く評価されることは当然だということです。

譲り合いは奨励されるべきことと思いますが、強制されるものではありません。譲り合いを行うものと行わないものを区別し、一方に高い評価を与えることは、人間社会のなかでは当然のことです。


>正常に運転出来なければ、倒れてしまい

倒れてしまいさえしなければ、正常に運転できていると見做せる訳ではありません。

| ず | 2014/03/08 20:25 | URL |

サイクリング禁止反対

[はげおやじ]殿|2014/03/08 00:08|付へ.

>危険や不自由を感じるのであれば,そこは自転車で走ったらいけない場所なのです.
自転車で走行しないのが一番です.

断固反対である.
全国には家の前からそのような道路環境になっている地域が非常に多い.私は自分から選んでそのような所に住みたいとは絶対思わない.
子どもが自由に自転車を使うことができない地域が住み良いとは決して言えない.

>確かに動画のローディは法を犯しているわけではありません.
ただしそれ以上に周りの人に不快(感)を与えています.
>道徳で話し合いましょう.

従来の日本では歴史的に,自転車を体力増強ないしはスポーツとして活用する習慣が広く国民の間に定着していなかったので,そういう非実用の自転車は許容できない潜在意識があるのだろうが,これからの時代は地域間交通の中でスポーツ系自転車の機能を有効に活用するシステム造りが必要だ.

最近,他のサイトを通じて,徒歩か自動車はOK,自転車に限り通行不可という商店街が存在することを知ったが,沿道住民の利便性の点からも私は賛成できない.

[はげおやじ]殿もロードレース自転車の経験者であられるなら,子ども達の間へ“自転車人気”復権のため前向きなご提言がなされることを期待したい.道徳のためと称して「自転車に乗らせない」安全教育には断じて反対である.

| マイロネフ | 2014/03/08 20:52 | URL | ≫ EDIT

ずさん| 2014/03/08 20:25 |へ

>物理的に譲り合えない状況でなければ、譲り合いを率先して行うものもいれば、そうではない方もいるのでしょう?であれば、譲り合いを行う者の方が社会的に高く評価されることは当然だということです。譲り合いは奨励されるべきことと思いますが、強制されるものではありません。譲り合いを行うものと行わないものを区別し、一方に高い評価を与えることは、人間社会のなかでは当然のことです。

譲り合いなどという曖昧さが、食べ残しの最後の一個である「遠慮の塊」を作り出すことがないように、道路交通の安全と円滑を図るために、
・先行する自転車は、予め後続車両に道を譲って車道左端(第一通行帯のど真ん中)を通行しなければならない。
・後続する大型自動車は安全な速度と方法で追い越す。
・追越車線がある場合には、追越しする際には追越車線に車線変更しなければならない。
というルールを定めているのです。

車道上の最弱者である自転車がルールと異なる行動を取ると、前方確認義務を負わされている後続車両の「安全」と「円滑」を阻害することとなります。

先行する自転車は、40~60キロ制限の幹線道路であろうと、10~30キロで大人しく真っ直ぐ前を向いてふらつくことなく車道左端(第一通行帯のど真ん中)を通行することが、道路交通の「安全」と「円滑」を図ることになります。


>>正常に運転出来なければ、倒れてしまい
>倒れてしまいさえしなければ、正常に運転できていると見做せる訳ではありません。

下らない程度問題です。

反論となっていません。

お酒を飲めるのは、いい大人です。

自転車というアルコール検知器を利用することで、自転車乗りがそれぞれ判断するすることです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/08 21:24 | URL |

サイクリング禁止反対

[ときどきオアゾツーキニスト]殿|2014/03/08 21:24|付へ.

>先行する自転車は,40~60km/h制限の幹線道路であろうと,10~30km/hで大人しく真っ直ぐ前を向いてふらつくことなく車道左端(第一通行帯のど真ん中)を通行することが,道路交通の「安全」と「円滑」を図ることになります.

「第一通行帯のど真ん中」とは,車道の左端ではなく車線の真中を意味しているということだろう.
後続車が1台も来ないならともかく,普通は足の遅い自転車は車線の真中を走ることはできない.
これでどうして交通の「安全」と「円滑」を図ることになるのか.
まるで支離滅裂である.

>自転車というアルコール検知器を利用することで,自転車乗りがそれぞれ判断することです.

バ■*レがまだこういう不安全で非常識な詭弁の害毒を垂れ流すのをやめないでいる.
付ける薬も読む価値もなし.
カ―――ン!

| マイロネフ | 2014/03/08 22:13 | URL | ≫ EDIT

マイロネフ | 2014/03/08 22:13 |

>>先行する自転車は,40~60km/h制限の幹線道路であろうと,10~30km/hで大人しく真っ直ぐ前を向いてふらつくことなく車道左端(第一通行帯のど真ん中)を通行することが,道路交通の「安全」と「円滑」を図ることになります.
>「第一通行帯のど真ん中」とは,車道の左端ではなく車線の真中を意味しているということだろう.後続車が1台も来ないならともかく,普通は足の遅い自転車は車線の真中を走ることはできない.これでどうして交通の「安全」と「円滑」を図ることになるのか.まるで支離滅裂である.

足の速い後続車両は、追越し車線から追い越していけば良いだけです。

道路交通法に書いてあるとおりのことです。

しっかりして下さい。

>>自転車というアルコール検知器を利用することで,自転車乗りがそれぞれ判断することです.
>バ■*レがまだこういう不安全で非常識な詭弁の害毒を垂れ流すのをやめないでいる.付ける薬も読む価値もなし.カ―――ン!

お酒を飲める大の大人が決めることです。

自転車の酒気帯び運転には罰則がないところは、サイクリング先での地酒の吟味や乾いた喉を潤すビールなど、自転車の楽しみ方を広げています。



| マイロネフ | 2014/03/08 22:13 |

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/09 07:33 | URL |

>自転車の酒気帯び運転には罰則がないところは、サイクリング先での地酒の吟味や乾いた喉を潤すビールなど、自転車の楽しみ方を広げています。

罰則ありますよ.
安全交通運転義務違反です.

| こじま | 2014/03/09 13:18 | URL | ≫ EDIT

ずさん| 2014/03/07 17:56 |へ

回答が前後しますが、お返ししておきます。

>>現実に大型自動車が連なっているかどうかなど全く関係ありません。
>動画の自転車は、後方に大型車が連続していないことを把握した上で動画のような挙動を取っています。ですから、もし、連続して大型車がやってきたらどうこうという議論をすることにはなんの価値もありません。

本当ですか?
大型自動車が嫌がらせかどうかは分からないと仰っているのに、何故、特急自転車乗りの「心根」が判るのですか?
しっかりして下さい。


>>本当にマネージされていると言い切れますか?
>だってふらついてないですもの。

現実にふらついたかどうかと、「危険性のマネージ」は異なるでしょう。
しっかりして下さい。

>>理系の研究所での論文等では、より実証的な研究がなされていますので、しっかり勉強して下さい。
>私はさまざまな論拠を提示していますが、それに対してオアゾさんは詰まらない直感で否定するだけです。自分の主張にまったく説得力がないことを改めて認識してください。

まさか、その論拠とは警察庁の統計数値を引用しただけのイタルダの下らない論文ではないですよね。
しっかりして下さい。


>>様々な方策に自転車乗りの実感・魂を籠ることが出来ます。
>たましいをこもる・・・ですか?

これは失礼しました。籠めるですね。


>第一通行帯中央を走行することは、確かに、対大型自動車では安全性の向上に資する可能性がありますが、道路交通の円滑性を損なう可能性があり、更に、対自動二輪などで安全性の低下を及ぼす可能性が高いため、全体としては棄却すべきものと私は感じますね。

車線一杯一杯の大型自動車相手では、第一通行帯の左端でも中央でも、後続の大型自動車は、追越し車線にはみ出すか、車線変更しないと追越しは困難ですので、道路交通の「円滑」性に与える影響は同じです。
自動二輪は自転車と同様にスマートですので、これまた、先行する自転車が第一通行帯の左端を通行しようが、ど真ん中を通行しようが、何ら関係ありません。
しっかりして下さい。
自転車は、第一通行帯を通行しなければならないとされており、第一通行帯内である限り、左端でも真ん中でも、全体としては何ら問題ありません。


>>誰もが実感できること、実感している
>という妄想なんですよね。

小生が大型自動車の後続車両のドライバーで直進していれば、交差点内で先行する大型自動車脇(陰)から忽然と特急自転車が現れれば、間違いなくブレーキペダルに足を移しますよ。
しっかりして下さい。


>>先行する大型自動車の陰から突然、特急自転車乗りが現れれば
>大きく左に膨らんでいるので、事前に目視できるでしょう。

大きく左に膨らんでいるということは、突然現れた自転車は左折して行ってしまうのか、先行する大型自動車と後続車両の間に入るのか、後続車両にも追越しをさせるつもりなのか、判断出来ません。

(交差点における他の車両等との関係等)
第三十六条  第4項  車両等は、交差点に入ろうとし、及び交差点内を通行するときは、当該交差点の状況に応じ、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。
   (罰則 第百十九条第一項第二号の二)

交差点内を通行するときは、直進車両は変な動きをせずに、ただただ、真っ直ぐに交差点を抜け出なければなりません。


>>結局、世捨人さんの主張どおりに、自転車は車道左端通行するだけでは不十分で、立ち止まって後続車両に道を譲らなければならないということを容認するということですね。

>いいえ、いいえ。道を譲るのは自転車の自由です。

仰るとおり、車道左端通行することも、第一通行帯のど真ん中を通行することも、歩道通行することも、自転車乗り一人一人が決めることであり、自由です。

しかしながら、交通事故が多発する交差点内で後続車両が予見出来ないような「変な」動きをすることは、はた迷惑でこそあれ、決して「自由」などという言葉で許される行為ではありません。

ましてや「他者に配慮した運転による交通の円滑が確保だの、サイクリストの周囲確認ががきちんと出来てる状態だの、譲り合いの精神が伺えるだの、ローディも きちんとルールは守っているだの、互いに「受忍の限度内」というものだの、気づいた“競技用自転車乗り”が進路を譲っただの、進路を譲った自転車の交通安 全に対する貢献度を誉めるだの、問題視する場面は無いだの」は、特急自転車乗りの身の程 を弁えない不遜で身勝手な勘違いです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/10 15:58 | URL |

こじまさん| 2014/03/09 13:18 |へ

>>自転車の酒気帯び運転には罰則がないところは、サイクリング先での地酒の吟味や乾いた喉を潤すビールなど、自転車の楽しみ方を広げています。
>罰則ありますよ.安全交通運転義務違反です.

努力不足です。

頑張れ。

|

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/10 20:08 | URL |

>ルールを定めているのです

ルールは紛争(言い争いなど)を解決する手段であって、道路交通を含め、一般に多くの行動や活動はルールに示された範囲内に限定されないものです。そういう意味では、「問題」が起こらない場面ではルールに定められた範囲を逸脱するような行動(例えば、自転車で細い街路の中央付近を通行するなど)を取っても社会的には許容される範囲内だと思うし、逆に、ルールに定められた範囲を超えて他者に配慮を示してもいい(例えば、速度の出ない大型車が道路の広くなったところを利用して後続車に道を譲る)でしょう。

注)「問題」とはここでは、他者に被害を与える、他者から批判的な訴えを受けるなどのことです。

そういった観点から、道路で道を譲るなどの行為を他者に強要することはできません。とはいえ、状況に応じて道を譲ることが可能である以上は、そういう行動は他者からの評価を向上させる(逆の見方をすれば、そういう行動を取らないことが相対的な評価の低下に繋がる)ということは厳然とした事実でしかありません。そういった観点から、不必要に意地を張るくらいであれば、他者に配慮する姿勢を取ることを勧めている訳です。自転車の心証が低下することは最悪の場合、自転車を取り巻く法的な環境が悪化することに繋がり得ることですので、この点を十分にご勘案ください。

逆に言えば、他者に配慮する姿勢を取ることが自分の交通を大きく支障するなど、「意地を張る」ことに必要性が裏打ちされているような場合にまで拡大して、こういうことを言うつもりはありません。


>自転車がルールと異なる行動を取ると、前方確認義務を負わされている後続車両の「安全」と「円滑」を阻害することとなります。

そんなことはありません。交差点を利用して自転車が少し左に膨らんで後続車を通すような行動をとることがありうることは、たいていのドライバーが予測しているでしょう。後続車は、先行する車両に必ずしも、ルール(道交法)に則った走行方法を期待しているのではありません。彼らの経験のなかで、先行車両の挙動を予測しているのです。


>大型自動車が嫌がらせかどうかは分からないと仰っているのに

すみません。大型車の方がいやがらせをしたい訳ではないことも分かっています。
ただ、それを客観的に説明することができないので、「分からない」と一歩下がった表現としていただけです。


>現実にふらついたかどうかと、「危険性のマネージ」は異なるでしょう。

彼の挙動に危険性(速度と方向性が制御できない状態になる)があったという明確な根拠は存在しません。
(左に膨らんでいるときはかなり速度が落ちているので、等速で直進した場合と同程度以上の安全性は担保されているはずです。速度の危険性については、あなた自身がたびたび指摘していることではないですか。)


>その論拠とは警察庁の統計数値を引用しただけのイタルダの下らない論文ではないですよね。

私は、必要に応じていくつかの論文やレポート、資料などを呈示しています。
それに対してオアゾさんはたまに道交法を示す程度で、論拠を提示しないままに、「自転車に乗っていれば誰でも分かります」などと言って、くだらない主観論に終始することばかりが目立ちます。その違いを指摘している訳です。


>自動二輪は自転車と同様にスマートですので、これまた、先行する自転車が第一通行帯の左端を通行しようが、ど真ん中を通行しようが、何ら関係ありません。

法規違反ではありますが、実際に走行帯中央を通る自転車が増えると、左側から自動二輪が追い越しを掛ける場面が激増することが想定され、それに関連して危険性が高まることを指摘しています。あるいは、律儀に右側を追い越そうとして急激な進路変更を行う自動二輪が出現し、危険性が高まることを指摘しています。


>忽然と特急自転車が現れれば

私はたぶんもっと前から視認できているし、あらかじめ車線右寄りを走るでしょうから、驚くことはないでしょう。
少なくとも、誰もが実感できることは言い過ぎです。


>左折して行ってしまうのか、先行する大型自動車と後続車両の間に入るのか、後続車両にも追越しをさせるつもりなのか、判断出来ません。

え?

左折するならもっと早くハンドルを切るでしょう?
大型車に完全に追い抜かれる以前にもとの進路に戻っているでしょう?

良く見てください。

紛らわしいとすれば、二段階右折をする自転車はこの自転車と似たような挙動をする可能性がありますかね。


>予見出来ないような「変な」動き

これくらい予見しましょう、と言っています(笑)
(予見できないのは経験不足です)

| ず | 2014/03/11 10:37 | URL |

ずさん| 2014/03/11 10:37 |
>>ルールを定めているのです
>ルールは紛争(言い争いなど)を解決する手段であって、道路交通を含め、一般に多くの行動や活動はルールに示された範囲内に限定されないものです。そういう意味では、「問題」が起こらない場面ではルールに定められた範囲を逸脱するような行動(例えば、自転車で細い街路の中央付近を通行するなど)を取っても社会的には許容される範囲内だと思うし、逆に、ルールに定められた範囲を超えて他者に配慮を示してもいい(例えば、速度の出ない大型車が道路の広くなったところを利用して後続車に道を譲る)でしょう。注)「問題」とはここでは、他者に被害を与える、他者から批判的な訴えを受けるなどのことです。

正に、このブログで世捨人さんは「自転車は歩道」と主張されていますので、解決する手段として、ルールがあります。

ちなみに、速度の出ない大型車が後続車に道を譲ることは、道路交通法に定められたルールです。

しっかりして下さい。

(他の車両に追いつかれた車両の義務)
第二十七条  第2項  車両は、最高速度が高い車両に追いつかれ、かつ、道路の中央との間にその追いついた車両が通行するのに十分な余地がない場合においては、できる限り道路の左側端に寄つてこれに進路を譲らなければならない。
(罰則 第百二十条第一項第二号)


>そういった観点から、道路で道を譲るなどの行為を他者に強要することはできません。とはいえ、状況に応じて道を譲ることが可能である以上は、そういう行動は他者からの評価を向上させる(逆の見方をすれば、そういう行動を取らないことが相対的な評価の低下に繋がる)ということは厳然とした事実でしかありません。そういった観点から、不必要に意地を張るくらいであれば、他者に配慮する姿勢を取ることを勧めている訳です。自転車の心証が低下することは最悪の場合、自転車を取り巻く法的な環境が悪化することに繋がり得ることですので、この点を十分にご勘案ください。

上述のとおり、先行車両は、最高速度が高い車両に追いつかれ、かつ、道路の中央との間にその追いついた車両が通行するのに十分な余地がない場合においては、できる限り道路の左側端に寄つてこれに進路を譲らなければならない。と罰則つきでルール化されていますので、他者に強要することが出来ます。

そして、自転車はあらかじめ車道左端を通行することで、後続車両に道を譲っているのです。

車道左端通行自転車に対しては、仰るとおり道を譲れなどと強要することはできません。

ちなみに、上述のルールから、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合は除かれています。

後続車両は、追越し車線に車線変更した上で、追越していくことになりますので、第一通行帯を通行する自転車は、ど真ん中を通行することで何ら問題ありません。

交通安全の先駆者を自認される特急自転車乗りの方々が、こうしたルールも弁えずに、交通事故が多発する危険な交差点で左に右にふらつくことは、ママチャリ族を含め自転車乗り全体の評判を落とすことになりかねません。

本当に、しっかりして下さい。


>逆に言えば、他者に配慮する姿勢を取ることが自分の交通を大きく支障するなど、「意地を張る」ことに必要性が裏打ちされているような場合にまで拡大して、こういうことを言うつもりはありません。

何のための予防線か意味不明です。

動画の特急自転車乗りは、交差点内でスピードを落としていますので、明らかに自分の交通の「円滑」を犠牲にしています。

また、事故が多発する危険な交差点内でスピードと進路を変化させていますので、「安全」も犠牲にしています。

車間距離を詰めて圧迫し続ける大型自動車の嫌がらせに耐えきれずに交差点のスペースを利用して、道を譲っただけの情けない特急自転車乗りを「他者に配慮した運転による交通の円滑の確保だの、サイクリストの周囲確認がきちんと出来てる状態だの、譲り合いの精神が伺えるだの、ローディも きちんとルールは守っているだの、互いに「受忍の限度内」というものだの、気づいた“競技用自転車乗り”が進路を譲っただの、進路を譲った自転車の交通安全に対する貢献度を誉めるだの、問題視する場面は無いだの」と言い募るのは、特急自転車乗りの身の程 を弁えない不遜で身勝手な勘違いです。


>>自転車がルールと異なる行動を取ると、前方確認義務を負わされている後続車両の「安全」と「円滑」を阻害することとなります。
>そんなことはありません。交差点を利用して自転車が少し左に膨らんで後続車を通すような行動をとることがありうることは、たいていのドライバーが予測しているでしょう。後続車は、先行する車両に必ずしも、ルール(道交法)に則った走行方法を期待しているのではありません。彼らの経験のなかで、先行車両の挙動を予測しているのです。

つまり、後続車両のドライバーの他者に配慮した運転による交通の円滑の確保であり、後続車両のドライバーの周囲確認がきちんと出来てる状態であり、後続車両のドライバーの譲り合いの精神が伺えるのであり、後続車両のドライバーがきちんとルールを守っているのであり、後続車両のドライバーの「受忍の限度内」であり、気づいた“後続車両のドライバー”が進路を譲ったのであり、進路を譲った後続車両のドライバーの交通安全に対する貢献度を誉めるものであり、後続車両のドライバーのおかげで問題視する場面は無いということですね。


>>大型自動車が嫌がらせかどうかは分からないと仰っているのに
>すみません。大型車の方がいやがらせをしたい訳ではないことも分かっています。ただ、それを客観的に説明することができないので、「分からない」と一歩下がった表現としていただけです。

誰もが自転車に乗り、自動車を運転し、歩行者ともなるのです。

大型車のドライバーの「心根」も特急自転車乗りの「心根」も誰もが経験し、理解出来ることです。

客観的な説明など全く不要です。


>>現実にふらついたかどうかと、「危険性のマネージ」は異なるでしょう。
>彼の挙動に危険性(速度と方向性が制御できない状態になる)があったという明確な根拠は存在しません。(左に膨らんでいるときはかなり速度が落ちているので、等速で直進した場合と同程度以上の安全性は担保されているはずです。速度の危険性については、あなた自身がたびたび指摘していることではないですか。)

上述のとおり、後続車両のドライバーに自らの安全の確保を委ねてしまっているのです。

「危険性」の程度論ではありません。

「マネージ」の程度論です。

「危険性」の程度論としても、交通事故が多発する交差点を真っ直ぐ前を向いて一定の速度で走り抜ける場合と、速度を変化させ進路を変化させる場合では、後者の方が「危険性」は高いでしょう。

自転車乗りが能動的に進路を変えて後続車両に追越しをさせるということは、少なくとも大型自動車の後ろに割り込む際には、交差点の出口付近の道路巾が狭くなっている場所で、後方確認のため前方注視の視線を外すことになります。

加えて、交差点の入口・出口付近は、砂利などが吹き溜まり、横断歩道や停止線などの道路標示の舗装などもあり、路面状態が悪くなるところです。

しっかりして下さい。


>>その論拠とは警察庁の統計数値を引用しただけのイタルダの下らない論文ではないですよね。
>私は、必要に応じていくつかの論文やレポート、資料などを呈示しています。それに対してオアゾさんはたまに道交法を示す程度で、論拠を提示しないままに、「自転車に乗っていれば誰でも分かります」などと言って、くだらない主観論に終始することばかりが目立ちます。その違いを指摘している訳です。

自転車乗りの実体験に基づいた主観論を超える内容の自転車に関する論文やレポートや資料を見たことはありません。

自転車に乗ることです。

頑張って下さい。


>>自動二輪は自転車と同様にスマートですので、これまた、先行する自転車が第一通行帯の左端を通行しようが、ど真ん中を通行しようが、何ら関係ありません。
>法規違反ではありますが、実際に走行帯中央を通る自転車が増えると、左側から自動二輪が追い越しを掛ける場面が激増することが想定され、それに関連して危険性が高まることを指摘しています。あるいは、律儀に右側を追い越そうとして急激な進路変更を行う自動二輪が出現し、危険性が高まることを指摘しています。

今回の動画の大型自動車は車線一杯一杯です。

自動二輪が左端をすり抜けて特急自転車乗りに追い付くことは不可能です。

自動二輪は追越し車線に車線変更して追い越してきますので、先行する特急自転車乗りの左側から入ってくることはありえません。

いきなり、一般化されてますが、大丈夫ですか?

一般化するのであれば、自転車が第一通行帯のど真ん中を通行出来るのは、第一通行帯の交通量が少ない場合だけですので、何ら問題ありません。

自動二輪や原付が車道左端をすり抜けて来るような交通量の多い道路では、自転車は当然のことながら、車道左端を通行するものです。


>>忽然と特急自転車が現れれば
>私はたぶんもっと前から視認できているし、あらかじめ車線右寄りを走るでしょうから、驚くことはないでしょう。少なくとも、誰もが実感できることは言い過ぎです。

自動車こそ、通行帯のど真ん中を通行するものでしょう。

追越し車線を通行する自動車の「安全」と「円滑」を邪魔していませんか?

車線右寄りを通行していると車道左端通行して左端に忽然と現れる特急自転車乗りの発見は遅れることでしょう。

大丈夫ですか?


>>左折して行ってしまうのか、先行する大型自動車と後続車両の間に入るのか、後続車両にも追越しをさせるつもりなのか、判断出来ません。
>え?左折するならもっと早くハンドルを切るでしょう?大型車に完全に追い抜かれる以前にもとの進路に戻っているでしょう?良く見てください。紛らわしいとすれば、二段階右折をする自転車はこの自転車と似たような挙動をする可能性がありますかね。

左折は言い過ぎでしたか。失礼しました。

しかし、大型車に完全に追い抜かれる以前にもとの進路に戻っているということは、大型車の後輪に巻き込まれる危険性があったということですかね。


>>予見出来ないような「変な」動き
>これくらい予見しましょう、と言っています(笑) (予見できないのは経験不足です)

と言う事で、結局、後続自動車の経験頼りの情けない「変な」動きだと言うことですね。

しっかりして下さい。


| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/11 18:13 | URL |

>交通安全の先駆者を自認される特急自転車乗りの方々

誰が,いつ,そんな宣言,自負をしていたのか?
レッテル張り,個人的な決付け,イメージの押付けと感じました.

コメント稼ぎ?

| こじま | 2014/03/11 19:43 | URL | ≫ EDIT

>ちなみに、速度の出ない大型車が後続車に道を譲ることは、道路交通法に定められたルールです。

残念ながら、速度をさらに落とす、一時停止して待避するなどの義務は設定されていませんので、左に寄せて走って追い抜けない場合は、後ろを追従しましょう、というのが法律上のルールです。

実際の道路上ではそれ以上のことが行われている場合を見かけることができます。


>動画の特急自転車乗りは、交差点内でスピードを落としていますので、明らかに自分の交通の「円滑」を犠牲にしています。

これは完全に相対的な問題なのです。

多くの自転車が、自分が一定の犠牲を払って後続車の通行を確保しようと思うような場面であれば、逆説的な見方ですが、「少数の道を譲らない自転車」の評価が相対的に下がって見えるでしょう。

逆に、多くの自転車が、自分が犠牲を払ってまで後続車の通行を確保しようとは思わないような場面であれば、「少数の道を譲ってくれる自転車」が感謝されるだけで、「道を譲らない自転車」が特段、評価を落とすようには見えないはずです。


>特急自転車乗りの身の程を弁えない不遜で身勝手な勘違いです。

動画の問題は、大型車が右車線を利用すべきところを同一車線内にとどまって追い越そうとしている点につきます。ほかの皆さんについては知りませんが、私としては、それを指摘すると問題の焦点が自転車から大型車側にずれていってしまうので、敢えてスルーしたのです。

ちなみに、自転車側の挙動を問題視するオアゾさんの主張には断固として賛成できません。


>後続車両のドライバーのおかげで問題視する場面は無いということですね。

この場合は、後続車両が存在しないのでそうではありません。
後続車両が存在し、あらかじめ左側に余地を残すような進路を取っていたのであれば、彼の貢献はゼロではないでしょう。


>自転車乗りの実体験に基づいた主観論を超える内容の自転車に関する論文やレポートや資料を見たことはありません。

そうですか、そうですか。オアゾさんが「誰でも共感できることです」などと言って強調した言葉に限って理解できた試しさえありません。一度、客観的な視点に立って考えてみることをお勧めします。


>自動二輪が左端をすり抜けて特急自転車乗りに追い付くことは不可能です。

後ろから大型自動車が近寄ってきたら、おもむろに車道左端から第一通行帯中央付近にふらふらと出てくるような運転方法を推奨しているのですか?


>自動二輪は追越し車線に車線変更して追い越してきますので、先行する特急自転車乗りの左側から入ってくることはありえません。

残念ながら、交通量が多くない場面であっても、車線変更などせずに、左側から追い抜いていく自動二輪がいないとは限らないでしょう。というか、原付などはかなりの割合でそういう走行方法をとるのではないでしょうか。実際に通行帯中央などを走る場面は深夜の交通の皆無の時や、路上駐車が犇いている時程度なので、経験不足ゆえに断定はできませんが。


>車線右寄りを通行していると車道左端通行して左端に忽然と現れる特急自転車乗りの発見は遅れることでしょう。

普段は中央を走っていますが、前方に自転車を発見した時点で気持ち、左側に余地を取るということです。自転車に近づいてからいきなり右に寄るのと比べたら右車線の交通にも配慮した走り方でしょう。


>大型車の後輪に巻き込まれる危険性があったということですかね。

どうでしょうか。直進する自動車にあわせて戻っているように見えますね。自動車が左に寄せるなどしたら危険はあったのかも知れません。(大型車が左に寄せた際に後輪に巻き込まれる事故は車道における自転車交通のそれなりに大きなリスクファクターだとは思いますね。)

| ず | 2014/03/11 20:24 | URL |

こじまさんへ

オアゾさんは、「交通安全の先駆者を自認される特急自転車乗りの方々」と戦っている妄想を抱いていらっしゃるので、そっとしておいてあげてください。

| ず | 2014/03/11 20:25 | URL |

こじまさん| 2014/03/11 19:43 |、ずさん| 2014/03/11 20:25 |へ

交通安全の先駆者を自認されている東南さんに失礼でしょう。

諸先輩方の過去のコメントはしっかり確認して議論に臨んで下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/11 20:28 | URL |

ずさん| 2014/03/11 20:24 |へ

>>ちなみに、速度の出ない大型車が後続車に道を譲ることは、道路交通法に定められたルールです。
>残念ながら、速度をさらに落とす、一時停止して待避するなどの義務は設定されていませんので、左に寄せて走って追い抜けない場合は、後ろを追従しましょう、というのが法律上のルールです。実際の道路上ではそれ以上のことが行われている場合を見かけることができます。

意味不明です。
反論になってませんが、大丈夫ですか?
ボタンの掛け違いで論理矛盾で誤魔化したいのかな?


>>動画の特急自転車乗りは、交差点内でスピードを落としていますので、明らかに自分の交通の「円滑」を犠牲にしています。
>これは完全に相対的な問題なのです。多くの自転車が、自分が一定の犠牲を払って後続車の通行を確保しようと思うような場面であれば、逆説的な見方ですが、「少数の道を譲らない自転車」の評価が相対的に下がって見えるでしょう。逆に、多くの自転車が、自分が犠牲を払ってまで後続車の通行を確保しようとは思わないような場面であれば、「少数の道を譲ってくれる自転車」が感謝されるだけで、「道を譲らない自転車」が特段、評価を落とすようには見えないはずです。

これまた意味不明です。
反論となっていませんが、大丈夫ですか?


>>特急自転車乗りの身の程を弁えない不遜で身勝手な勘違いです。
>動画の問題は、大型車が右車線を利用すべきところを同一車線内にとどまって追い越そうとしている点につきます。ほかの皆さんについては知りませんが、私としては、それを指摘すると問題の焦点が自転車から大型車側にずれていってしまうので、敢えてスルーしたのです。ちなみに、自転車側の挙動を問題視するオアゾさんの主張には断固として賛成できません。

こんなところで、「敢えてスルーした」などとゲロして、助けを求められても困りものです。
正直に白状すれば許してもらえるなどと甘く考えていませんか?
要するに、ずさんの反論は的を射ていなかったということです。

小生は自転車の挙動も問題視していませんよ。
大型車の嫌がらせに負けた脚力も根性もない特急自転車乗りの風上にも置けない情けない挙動であっただけです。

小生が問題視しているのは、大型車の問題を指摘出来ずに、「他者に配慮した運転による交通の円滑の確保だの、サイクリストの周囲確認がきちんと出来てる状態だの、譲り合いの精神が伺えるだの、ローディもきちんとルールは守っているだの、互いに「受忍の限度内」というものだの、気づいた“競技用自転車乗り”が進路を譲っただの、進路を譲った自転車の交通安全に対する貢献度を誉めるだの、問題視する場面は無いだの」と尤もらしくコメントしていた特急自転車乗りの身の程 を弁えない不遜で身勝手な勘違いです。

特急自転車乗りは、ママチャリ族を含めて全ての自転車が車道左端を通行する世の中を作るための、正に、交通安全の先駆者であるべきです。

特急自転車乗りが大型車の嫌がらせに負けていては、ママチャリ族が堂々とゆっくりと安全・安心・円滑に車道左端通行する世の中など到底訪れません。

嫌がらせが楽しくて追い越していかない大型車に白旗を上げるのは、何ら構いませんが、白旗を上げているという事実はしっかりと受け止めることです。

新しい世の中を作るためには、厳しい現実を受け止めることが最初の一歩となります。
本当にしっかりして下さい。


>>後続車両のドライバーのおかげで問題視する場面は無いということですね。
>この場合は、後続車両が存在しないのでそうではありません。後続車両が存在し、あらかじめ左側に余地を残すような進路を取っていたのであれば、彼の貢献はゼロではないでしょう。

またまたまた、意味不明です。
一般化した議論において、反論に困ると、動画に戻って誤魔化すのはいい加減にしましょう。
大型車の嫌がらせに負けるような情けない自転車乗りに貢献など求めていませんよ。


>>自転車乗りの実体験に基づいた主観論を超える内容の自転車に関する論文やレポートや資料を見たことはありません。
>そうですか、そうですか。オアゾさんが「誰でも共感できることです」などと言って強調した言葉に限って理解できた試しさえありません。一度、客観的な視点に立って考えてみることをお勧めします。

自転車に乗って下さい。


>>自動二輪が左端をすり抜けて特急自転車乗りに追い付くことは不可能です。
>後ろから大型自動車が近寄ってきたら、おもむろに車道左端から第一通行帯中央付近にふらふらと出てくるような運転方法を推奨しているのですか?

またまたまたまた、意味不明です。
おもむろに出てくるのは自転車ですか、自動二輪ですか?
自転車は、第一通行帯の中であれば、どこを通行しても何ら問題ありません。


>>自動二輪は追越し車線に車線変更して追い越してきますので、先行する特急自転車乗りの左側から入ってくることはありえません。
>残念ながら、交通量が多くない場面であっても、車線変更などせずに、左側から追い抜いていく自動二輪がいないとは限らないでしょう。というか、原付などはかなりの割合でそういう走行方法をとるのではないでしょうか。実際に通行帯中央などを走る場面は深夜の交通の皆無の時や、路上駐車が犇いている時程度なので、経験不足ゆえに断定はできませんが。

まず、自転車に乗って下さい。
議論はそれからです。
30キロ制限の原付が自動車を追い抜いて行ける状況とはどういう状況ですか?
その状況では、自転車は何処を通行することが可能ですか?


>>車線右寄りを通行していると車道左端通行して左端に忽然と現れる特急自転車乗りの発見は遅れることでしょう。
>普段は中央を走っていますが、前方に自転車を発見した時点で気持ち、左側に余地を取るということです。自転車に近づいてからいきなり右に寄るのと比べたら右車線の交通にも配慮した走り方でしょう。

一般化しているのですか?動画に限定しているのですか?
車線一杯一杯の大型車がいるのですよ。
大丈夫ですか?


>>大型車の後輪に巻き込まれる危険性があったということですかね。
>どうでしょうか。直進する自動車にあわせて戻っているように見えますね。自動車が左に寄せるなどしたら危険はあったのかも知れません。(大型車が左に寄せた際に後輪に巻き込まれる事故は車道における自転車交通のそれなりに大きなリスクファクターだとは思いますね。)

あれあれ、やっぱり、動画に限定していたのですね。
反論になってません。

余りにも低レベルです。
今回は、ずさんのなりすましたこじまさんかも知れませんね。

動画の特急自転車乗りのように白旗を上げて道を譲った方が身のためですよ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/11 20:59 | URL |

べつに、私は東南さんの仲間であるつもりは微塵もありませんので、オアゾの勝手な妄想に過ぎません。まあ、巨大な一枚岩の組織と戦っている気にでもなっているのでしょう。

| ず | 2014/03/11 21:01 | URL |

>意味不明です。

理解できないのであれば、構いません。


>要するに、ずさんの反論は的を射ていなかったということです。

世捨人さんと比べてオアゾさんの性質の悪さはこういう所にあります。
世捨人さんの方がまだしも形式的にはまともな議論になるだけましともいえます。

世捨人さんは今回のエントリーで「こういう危険な自動車が跋扈する車道を自転車が走るなんて危ない!」などと訳のわからないことを言っています。最大の問題点は、自動車側の走行方法であることは確かなのですが、「ここでの問題はこの自動車の走行方法である」などと真面目に反論しようものなら、「法律ではそうかもしれないが、そのような違法な自動車が跋扈しているのが現実である。結果として自転車側の命が犠牲になるかも知れない。」などと言って開き直って自転車車道通行禁止を訴えるのが、彼の常套手段です。それを防ぐために、あえて自動車側の違法性には触れず、自転車側がうまく工夫することで決して良好とはいえない道路事情と付き合っているのではないか、という点を指摘した訳です。一名を除いて誰一人として自動車側の違法性に触れなかったということは、みんなが、「世捨人さんの意図」を諒解していたことを示すものだと思っています。

こういうやり取りの機微が理解できないようであれば、今後一切、他者の会話に首を突っ込むという行為は慎んだ方が身のためだと思いますね。


>30キロ制限の原付が自動車を追い抜いて行ける状況とはどういう状況ですか?
単純な話です。自転車が30㌔未満で走っているか、原付が30㌔以上で走っているのでしょう。どちらも、一般の車道上でよく見かける光景ですので、なんら違和感は感じません。

自転車に乗ってくださいというオアゾさんご自身が、実際の道路状況を考慮せず、道交法上の机上の議論に終始していると言う点は、滑稽でしかありません。


>車線一杯一杯の大型車がいるのですよ。大丈夫ですか?

動画では49秒の時点で自転車を確認できますね。実際に追い越すまでは10秒程度時間があるでしょうから、危険があるほど急に姿が見える風ではないと思いますよ。

| ず | 2014/03/11 21:21 | URL |

世捨人さんとオアゾさんを比較するのは、とてもナンセンスなことだと思うよw

| JEFF | 2014/03/11 21:27 | URL | ≫ EDIT

|ときどきオアゾツーキニスト|さん
東南さんしかいないのでしたら、「方々」はおかしいでしょう。
また、|ず|さんのような自認されていない、表明されていない方との応酬でその文言を用いることも、相応しくないと考えます。

東南さんだけを対象としてもらいたいです。

>諸先輩方の過去のコメントはしっかり確認して議論に臨んで下さい

読み切れていない部分があるのは否定しませんし、私に不足はあります。
ただ、応酬している相手の過去の指摘すら踏まえられていない、貴方には言われたくない。


|ず|さん
彼が妄想を抱き、それにもとずいて妄言を吐いていると、私も思います。
一見の方がすぐに「あっ、この人整合性のあること言えないんだな」と分かるように目印をつけているような感じでコメントしています。
最近では目印も大分増えてきましたので、もう必要ないですかね。

| こじま | 2014/03/11 21:53 | URL | ≫ EDIT

ずさん| 2014/03/11 21:21 |へ
>>意味不明です。
>理解できないのであれば、構いません。

反論になっていないことは素直に認め、潔く白旗を上げるものです。
しっかりして下さい。


>>要するに、ずさんの反論は的を射ていなかったということです。
>世捨人さんと比べてオアゾさんの性質の悪さはこういう所にあります。世捨人さんの方がまだしも形式的にはまともな議論になるだけましともいえます。世捨人さんは今回のエントリーで「こういう危険な自動車が跋扈する車道を自転車が走るなんて危ない!」などと訳のわからないことを言っています。最大の問題点は、自動車側の走行方法であることは確かなのですが、「ここでの問題はこの自動車の走行方法である」などと真面目に反論しようものなら、「法律ではそうかもしれないが、そのような違法な自動車が跋扈しているのが現実である。結果として自転車側の命が犠牲になるかも知れない。」などと言って開き直って自転車車道通行禁止を訴えるのが、彼の常套手段です。それを防ぐために、あえて自動車側の違法性には触れず、自転車側がうまく工夫することで決して良好とはいえない道路事情と付き合っているのではないか、という点を指摘した訳です。一名を除いて誰一人として自動車側の違法性に触れなかったということは、みんなが、「世捨人さんの意図」を諒解していたことを示すものだと思っています。こういうやり取りの機微が理解できないようであれば、今後一切、他者の会話に首を突っ込むという行為は慎んだ方が身のためだと思いますね。

世捨人さんの主張は相手にする必要は全くありません。

指摘すべきは、大型車の嫌がらせに屈した情けない特急自転車乗りを譲り合いなどと尤もらしく擁護する方々です。


>>30キロ制限の原付が自動車を追い抜いて行ける状況とはどういう状況ですか?
単純な話です。自転車が30㌔未満で走っているか、原付が30㌔以上で走っているのでしょう。どちらも、一般の車道上でよく見かける光景ですので、なんら違和感は感じません。自転車に乗ってくださいというオアゾさんご自身が、実際の道路状況を考慮せず、道交法上の机上の議論に終始していると言う点は、滑稽でしかありません。

自動車と自転車の区別も出来なくなったということですかね。
世捨人さんと同様に病院等で精神的な疾患の有無を調べることを推奨します。
しっかりして下さい。


>>車線一杯一杯の大型車がいるのですよ。大丈夫ですか?
>動画では49秒の時点で自転車を確認できますね。実際に追い越すまでは10秒程度時間があるでしょうから、危険があるほど急に姿が見える風ではないと思いますよ。

車道左端を大人しくふらつかずに真っ直ぐ前を向いて通行しているのであれば構いませんが、交差点内で左に右にふらつくような自転車は挙動不審です。
アクセルを踏んで追越して良いものやら、ブレーキを踏んで、大型車との間に入れるように車間距離を広げなければならないのか、はっきりしません。
道路交通の「安全」と「円滑」を乱すものです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/12 14:15 | URL |

ずさん| 2014/03/11 21:01 |へ

>べつに、私は東南さんの仲間であるつもりは微塵もありませんので、オアゾの勝手な妄想に過ぎません。まあ、巨大な一枚岩の組織と戦っている気にでもなっているのでしょう。

特急自転車乗りの方々が、揃いも揃って、「他者に配慮した運転による交通の円滑の確保だの、サイクリストの周囲確認がきちんと出来てる状態だの、譲り合いの精神が伺えるだの、ローディもきちんとルールは守っているだの、互いに「受忍の限度内」というものだの、気づいた“競技用自転車乗り”が進路を譲っただの、進路を譲った自転車の交通安全に対する貢献度を誉めるだの、問題視する場面は無いだの」と尤もらしくコメントしていたことから、東南さん並みに交通安全の先駆者気取りなのだろうなと拝察申し上げているものです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/12 14:19 | URL |

こじまさん| 2014/03/11 21:53 |へ

>東南さんしかいないのでしたら、「方々」はおかしいでしょう。また、|ず|さんのような自認されていない、表明されていない方との応酬でその文言を用いることも、相応しくないと考えます。東南さんだけを対象としてもらいたいです。

特急自転車乗りの方々が、揃いも揃って、「他者に配慮した運転による交通の円滑の確保だの、サイクリストの周囲確認がきちんと出来てる状態だの、譲り合いの精神が伺えるだの、ローディもきちんとルールは守っているだの、互いに「受忍の限度内」というものだの、気づいた“競技用自転車乗り”が進路を譲っただの、進路を譲った自転車の交通安全に対する貢献度を誉めるだの、問題視する場面は無いだの」と尤もらしくコメントしていたことから、東南さん並みに交通安全の先駆者気取りなのだろうなと拝察申し上げているものです。


>>諸先輩方の過去のコメントはしっかり確認して議論に臨んで下さい
>読み切れていない部分があるのは否定しませんし、私に不足はあります。ただ、応酬している相手の過去の指摘すら踏まえられていない、貴方には言われたくない。

読むに値しない・反論するに値しないレベルのものだということです。

>|ず|さん彼が妄想を抱き、それにもとずいて妄言を吐いていると、私も思います。一見の方がすぐに「あっ、この人整合性のあること言えないんだな」と分かるように目印をつけているような感じでコメントしています。最近では目印も大分増えてきましたので、もう必要ないですかね。

負け犬の遠吠えですか。

こじまさんのコメントは、「犬のおしっこ」でしかなかったということですね。

まあ、仕方ありませんね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/12 14:28 | URL |

JEFFさん| 2014/03/11 21:27 |へ

>世捨人さんとオアゾさんを比較するのは、とてもナンセンスなことだと思うよw

なりすまし疑惑ということですかね。

弟子から昇格ということで、有難い話ですね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/12 14:31 | URL |

つか自転車って歩道だめだろ。
根本的なところから学びなおせよ情弱

| さんさん | 2014/03/12 14:34 | URL |

>特急自転車乗りの方々が、~、東南さん並みに交通安全の先駆者気取りなのだろうなと拝察申し上げているものです。


この記述は今回が初めてです.
あなたの拝察の根拠が記述されていなかった以上,決付け・妄言と捉えられても仕方ないです.


その上で,今回のあなたの推察(←拝察から記述を変更します)根拠にも納得いきません.
私は自転車を頻繁に利用しますが,常態的に「特急自転車乗り」ではないですし,左記の用語の定義・意味も良く分かりません.

競技用自転車(←これも意味不明?)やロードバイクの利用者を「特急自転車乗り」として指しているのでしたら,私は「特急自転車乗り」に含まれたくありませんし,含まれないと考えます.

ですので,私を含めたい場合は「ロードバイク乗り」としていただければ,問題ありません.

その上で「交通安全の先駆者気取り」かどうかは読手に判断してもらえればよいので,今後は貴方一人で私の性質を決め付けないでください.

なお,私は自信を「先駆者」とは考えていないですし,そう気取ったつもりも無い事を宣言します.



~~~
>読むに値しない・反論するに値しないレベルのものだということです。

では,私にとって東南さんのそのコメントが読むに値しなかったと言う事です.
(東南さんのコメント全てを指していません)

というわけで

「交通安全の先駆者を自認されている東南さんに失礼でしょう。 諸先輩方の過去のコメントはしっかり確認して議論に臨んで下さい。 」

という私へのコメントは意味を成さないです.


・・・と言ってしまえば,|ときどきオアゾツーキニスト|さんと同じ手口ですね.

読んでない事と,読むに値しない事が,コメントの読み手側に同じ結果に映ってますね.



~~~
>負け犬の遠吠えですか。

大分前にも言いましたが,勝負のルールを決め手すらいない状態だと「言ったもの勝ち」ですから.


~~~
>拝察

「拝察」は謙譲語ですが,貴方の文章は一貫した敬語表現が用いられていません.
日本語を整えてください.

あと,謙譲語を用いたと言う事は,私があなたより上の立場である事を,あなた自身が認めたと言うことです.

というわけで,今後は「頑張れ」等と言った命令形の文章を私には使うな.
文章は全て敬語を整えろ.
分かったら,それを了承した旨を記述せよ

以上

| こじま | 2014/03/12 17:43 | URL |

こじまさん| 2014/03/12 17:43 |へ

これはこれは、失礼致しました。

特急自転車乗りは、確か、マイロネフ様のお言葉だったかと存じます。

定義等々は直接、先達のマイロネフ様お問い合わせ頂ければと伏してお願い申し上げます。

こじま様にとっては、マイロネフ様のコメントも読む価値なしということであれば、致し方ございません。



| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/12 19:50 | URL |

Re: タイトルなし

こじさん

>>法的根拠がないので到底容認できません。
>「安全運転義務」に違反しない限り,自転車での通行は認められています.つまり,法的根拠はあります. ただし貴方の言う「爆走」の定義は広すぎるので,「安全運転義務」をどの程度守っているか,違反しているかはケース倍ケースですが.

法の不備をついてわが物顔で爆走するのは到底容認できません。

>>規制を訴えております。
>訴えた規制が実現するまでは,私の意見の方が「法的根拠」があるという事です.
>>当ブログは道交法に準拠しておりますが、「こじま法」なるものは存じません。
>「こじま法」は無いですが,私の意見は道路交通法に根拠を持っています.

「安全運転義務」はもちろん、自転車通行禁止など道路標識にも従ってください。

>ブログが道路交通法に準拠?

記事内容には絶大なる自信があります。

| 世捨人 | 2014/03/12 23:23 | URL |

Re: これは君の運転免許について言ってんだよ。

馬鹿さん

>再度質問しますね。オアゾ=世捨人、きちんと返答して下さいよ。 免許更新時に必ず指定された医師の精神鑑定を受け、直接報告が行く、また、如何なる場合も異常が認められたら免許を更新出来ないってシステムにする事が必 要かと思いますが、オアゾ=世捨人はどう考えますか?
>>自転車には運転免許制度がありませんので、先走りすぎかと思います。。
>何をすっとぼけてんの、この頭のおかしな奴は(笑)

がんばってください。

| 世捨人 | 2014/03/12 23:29 | URL |

Re: タイトルなし

旧ズーさん

>横槍ですが・・・
>>車道をランニングする人はいません。
>ノ

特異な事例でしょう。一方、競技用自転車乗りによる爆走ははびこっています。

| 世捨人 | 2014/03/12 23:30 | URL |

Re: これを思い込みという。

馬鹿さん

>>ブレーキをかければすぐに止まることができたスピードであると確信しております。
>さてとお馬鹿な世捨人に質問。 通常の人間の反応時間が約1.2秒、それから制動が始まる訳だ。パニック時は反応時間が更に延びるとの統計が出ている。この1.4tを軽く超える車両が40kmオーバーで走行している状態から危険を認識してから止まるまでどれだけ走行するのでしょうか?

この道路の制限速度は50キロですので、40キロオーバーとなると時速90キロですね。

>簡単な計算と平均的な制動距離から導き出せるはずだよな。

がんばってください。

>すぐにとは如何なる根拠かね?

「すぐ」について明確な基準があるのですか?でなければ主観となりますね。

>平均的反応時間だけで12m、さらに制動距離を加算。

平均より早い反応時間に自信はあります。

>画像に気をとられている事からも反応時間は更に延びる。

「画像に気をとられて」が意味不明です。

>止まれ訳がねーんだよボンクラ。 お前の確信ってのが全ての間違いの元や。

すぐというのは「時間があまりたっていない様子」という意味ですので、主観による部分が大きいでしょう。
本当にしっかりしてください。

| 世捨人 | 2014/03/12 23:37 | URL |

Re: タイトルなし

はっさん

>もうここのあほには付き合っても無駄だからみんなで自転車乗りにいこーぜ もちろん道交法を遵守して、安全を脅かさないように、かつ楽しくね~ 主へ こんなことほざいててにわかジャーナリスト気取ってんじゃねえよ デブでも食ってろピザ

何を言われようが、皆さまの交通安全を願っています。

| 世捨人 | 2014/03/12 23:47 | URL |

Re: タイトルなし

走りさん

>動画からは単に トレーラートラックに追いつかれたことに気づいた“競技用自転車乗り”が進路を譲った としか見えませんが。 「ビビった」「迷惑行為だと判断した」「不穏な空気」とやらは全て貴殿の妄想でしかありません。
>>「単に トレーラートラックに追いつかれたことに気づいた“競技用自転車乗り”が進路を譲った」というものこそ、貴殿の瞑想でしょう。
>コメントが迷走してますな。瞑想して心を落ち着けてから書くことをお勧めします。

いずれにせよ、「単に トレーラートラックに追いつかれたことに気づいた“競技用自転車乗り”が進路を譲った」というのは、貴殿の瞑想でしょう。

>あ、もしかしたらトラックの後ろにいた世捨人先生の強いプレッシャーを感じたのかもしれません。 「車道自転車は邪魔だどけ!」との普段からの貴殿の思いが通じたのでしょう。よかったですね。
>>あらぬ誤解を招かぬよう、「自転車は歩道」が無難ですね。
>では、頑張って法律改正されるようリアル世界で働きかけてくださいな。 こんなところで一方的な主張をなさってても、風呂の水を抜くのに耳かきですくい出すほどの効果もありませんよ。

草の根活動で世論を盛り上げることに使命を感じます。

| 世捨人 | 2014/03/12 23:51 | URL |

Re: タイトルなし

JEさん

>大型車をやりすごすというのは賢明な措置でしょう。 とてもいい判断だと思います。気に喰わない奴は、いつまでも大型車に煽られていればいいだけw

「交通の円滑」という大儀を忘れないでください。

| 世捨人 | 2014/03/12 23:54 | URL |

Re: タイトルなし

はげさん

>久しぶりの投稿です。素晴らしい動画です。天下の公道で前を競技用自転車が走っている時のあのイライラ感がよみがえってきましたw社会インフラを支えるトラック運転手にまで迷惑をかけるとは許せないローディですね。大型車だけではありません。軽自動車に乗っていてもローディは邪魔な存在です。これからも啓発動画をどんどん流してください。

今回の動画をご覧になって車道走行の危険性がおわかりになったと思います。「自転車は車道」を自重されることを願ってやみません。

| 世捨人 | 2014/03/12 23:58 | URL |

ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/12 19:50|へ
>これはこれは、失礼致しました。
>特急自転車乗りは、確か、マイロネフ様のお言葉だったかと存じます。
>定義等々は直接、先達のマイロネフ様お問い合わせ頂ければと伏してお願い申し上げます。
>こじま様にとっては、マイロネフ様のコメントも読む価値なしということであれば、致し方ございません。

マイロネフさんには時期をみて聞くなり,該当記事を探すなりします.

それとは別としても,貴方は「特急自転車乗り」どのような意味で使ったのですか?
マイロネフさんと同様の意味なら,貴方はそれを説明できるはずです.
(まぁ,「説明できないから,マイロネフさんに聞いて」という趣旨で返されたのでしょうが)
マイロネフさんと異なる意味なら,貴方が改めて説明する必要が生じています.

このあたりお聞かせください.
返答次第で,マイロネフさんへの尋ね方も変わってきますので,よろしくお願いします.

なお,もしも適当に引用したのであれば,「考え無し」な人だなと言う印象をもちます.

| こじま | 2014/03/13 09:56 | URL | ≫ EDIT

>反論になっていないことは素直に認め、潔く白旗を上げるものです。

あなたが理解できていないだけの話なので問題外です。


>世捨人さんの主張は相手にする必要は全くありません。

まあ、物好きなんでしょう。
みなさんのコメントは所詮、世捨人さんのくだらない議論に対する応酬でしかありません。
それに対して無関係な視点からコメントを入れることにはこれっぽっちの価値もありません。

他者のコメントを批判する形態ではなく、新たに問題を提起するような形でコメントをなされば、少しは価値が見出しうるとは思います。(オアゾさんの書いている内容自体は時に当たっているものもありますが、他者のコメントに対する批判はまるで当たっていません。これはいつものことです。)

こういった露骨な論法を繰り返していると「世捨人=オアゾ」仮説の信憑性がますます高まっていくだけですので、ご注意くださいね。


>自動車と自転車の区別も出来なくなったということですかね。

すみません。この議題は、私が最初に「原付が左から追い抜いて行く」と書いたのですが、対象を明確にしてなかったんですね。私の意図は、「原付が(第一通行帯中央を走行する自転車を)左から追い抜いて行く」というところでした。

現実の交通状況を鑑みると、前方を走行する自転車に(もしそれが可能であれば)左側から追い抜きをかける原付は多数いると思われます。


>アクセルを踏んで追越して良いものやら、ブレーキを踏んで、大型車との間に入れるように車間距離を広げなければならないのか、はっきりしません。

安全な方法で追い抜けるのであれば追い抜けばいいでしょう。
それができないのであれば、いったん後方を追従すればいいでしょう。
それが判断できないのではれば後者を選ぶのが無難かも知れません。

全部、自分でおっしゃっていたことです。


>東南さん並みに交通安全の先駆者気取りなのだろうなと拝察申し上げているものです。

とりあえず、私はそんなものを気取っていないので、残念ながら誤りだったということですね。

| ず | 2014/03/13 10:22 | URL |

Re: タイトルなし

JEさん

>世捨人さんとオアゾさんを比較するのは、とてもナンセンスなことだと思うよw

旧とき(ときどきオアゾツーキニスト)さんにあっては、世捨人イズムの継承者として期待されています。

| 世捨人 | 2014/03/13 12:09 | URL |

Re: タイトルなし

ささん

>つか自転車って歩道だめだろ。根本的なところから学びなおせよ情弱

自転車の歩道走行は道交法(63条の4)で担保されています。
しっかり勉強してください。

| 世捨人 | 2014/03/13 12:11 | URL |

ずさん| 2014/03/13 10:22 |へ

>>反論になっていないことは素直に認め、潔く白旗を上げるものです。
>あなたが理解できていないだけの話なので問題外です。

では、遡ってみましょうか。
どこまで遡れば理解いただけるのか疑問ですが、1週間程前に「今回の結論は、大型自動車の嫌がらせに負けた特急自転車乗りを、譲り合いだの、配慮だのと尤もらしくコメントするのは、特急自転車乗りの身の程を弁えない不遜で身勝手な勘違いだということです。」ということで、結論の出ている話です。

「いいえ、いいえ。道を譲るのは自転車の自由です。」などと喧嘩に負けることも「自由」だという涙ながらの遠吠えをすかされた負け犬が縋りついて来ているだけのものです。

>>何故、大型自動車の後ろに続く車両は普通乗用車なのでしょうか?
車線一杯一杯の大型自動車が数珠つなぎで続いているかも知れませんよ。
10メートル先の追越し車線の交通量も確認出来ない特急自転車乗りに、どうして大型自動車の後ろに続く車両が普通乗用車だと確認出来るのでしょう。
例え、ミラーを付けていようとも十分な後方確認など出来はしない自転車は、ただただ、真っ直ぐ前を向いて、ふらつかずに、車道左端を通行することしか出来ないのです。
今回の結論は、大型自動車の嫌がらせに負けた特急自転車乗りを、譲り合いだの、配慮だのと尤もらしくコメントするのは、特急自転車乗りの身の程を弁えない不遜で身勝手な勘違いだということです。

>左に膨らんだ瞬間に確認できるのではないでしょうかね?

>>それじゃあ、遅いでしょう。
大型自動車が数珠つなぎで車間距離を詰めて続いていたら、車道左端の居場所はなくなります。
本当に自転車に乗ってますか?

>まあ、音と雰囲気で大体、察しているので、そういう場合は、いざとなったら止まれるように動くでしょう。

>>結局、世捨人さんの主張どおりに、自転車は車道左端通行するだけでは不十分で、立ち止まって後続車両に道を譲らなければならないということを容認するということですね。ああ、情けない。

>いいえ、いいえ。道を譲るのは自転車の自由です。(byずさん| 2014/03/07 17:56)|
>それはその時の道路幅や後続車の台数等にもよる.スポーツ系自転車が社会との調和を図るためには,意地を張らず譲り合うことが必要だ.(マイロネフさん| 2014/03/07 18:59)

>>自転車は車道左端を通行するものです。
道路幅は、自転車だけでなく自動車・歩行者等々限られた道路空間を共有する全ての主体に平等に与えられた条件です。
予め後続車両に道を譲って車道左端通行しなければならないとされている自転車が更に道を譲る理由にはなりません。
譲り合えない状況の中での優先順位を決めるものは、トイレや繁盛店の行列と一緒で、早いもの順という絶対的な基準です。
曖昧な基準で身勝手で自己満足な譲り合いなどをしていると今回の大型自動車の陰から左側にふくらみながら突然飛び出してくる特急自転車乗りのように後続車両のドライバーに急ブレーキを踏ませるようなこととなるのです。
>物理的に譲り合えない状況でなければ、譲り合いを率先して行うものもいれば、そうではない方もいるのでしょう?であれば、譲り合いを行う者の方が社会的に高く評価されることは当然だということです。譲り合いは奨励されるべきことと思いますが、強制されるものではありません。譲り合いを行うものと行わないものを区別し、一方に高い評価を与えることは、人間社会のなかでは当然のことです。

>>譲り合いなどという曖昧さが、食べ残しの最後の一個である「遠慮の塊」を作り出すことがないように、道路交通の安全と円滑を図るために、
・先行する自転車は、予め後続車両に道を譲って車道左端(第一通行帯のど真ん中)を通行しなければならない。
・後続する大型自動車は安全な速度と方法で追い越す。
・追越車線がある場合には、追越しする際には追越車線に車線変更しなければならない。
というルールを定めているのです。
車道上の最弱者である自転車がルールと異なる行動を取ると、前方確認義務を負わされている後続車両の「安全」と「円滑」を阻害することとなります。

先行する自転車は、40~60キロ制限の幹線道路であろうと、10~30キロで大人しく真っ直ぐ前を向いてふらつくことなく車道左端(第一通行帯のど真ん中)を通行することが、道路交通の「安全」と「円滑」を図ることになります。

>ルールは紛争(言い争いなど)を解決する手段であって、道路交通を含め、一般に多くの行動や活動はルールに示された範囲内に限定されないものです。そういう意味では、「問題」が起こらない場面ではルールに定められた範囲を逸脱するような行動(例えば、自転車で細い街路の中央付近を通行するなど)を取っても社会的には許容される範囲内だと思うし、逆に、ルールに定められた範囲を超えて他者に配慮を示してもいい(例えば、速度の出ない大型車が道路の広くなったところを利用して後続車に道を譲る)でしょう。注)「問題」とはここでは、他者に被害を与える、他者から批判的な訴えを受けるなどのことです。

>>正に、このブログで世捨人さんは「自転車は歩道」と主張されていますので、解決する手段として、ルールがあります。
ちなみに、速度の出ない大型車が後続車に道を譲ることは、道路交通法に定められたルールです。
しっかりして下さい。

(他の車両に追いつかれた車両の義務)
第二十七条  第2項  車両は、最高速度が高い車両に追いつかれ、かつ、道路の中央との間にその追いついた車両が通行するのに十分な余地がない場合においては、できる限り道路の左側端に寄つてこれに進路を譲らなければならない。
(罰則 第百二十条第一項第二号)

>残念ながら、速度をさらに落とす、一時停止して待避するなどの義務は設定されていませんので、左に寄せて走って追い抜けない場合は、後ろを追従しましょう、というのが法律上のルールです。実際の道路上ではそれ以上のことが行われている場合を見かけることができます。

>>意味不明です。
反論になってませんが、大丈夫ですか?
ボタンの掛け違いで論理矛盾で誤魔化したいのかな?

>理解できないのであれば、構いません。

>>反論になっていないことは素直に認め、潔く白旗を上げるものです。

>あなたが理解できていないだけの話なので問題外です。

自動車同士の間での、実際の道路上で行われていることなんて全く関係ありません。

車道上の最弱者である自転車に対して、「道を譲るのは自転車の自由です。」などとルールを超える対応など誰も求めても、期待してもいません。

「道を譲るのは自転車の自由です。」などという戯言は、交通安全の先駆者気取りの特急自転車乗りの自己満足に過ぎません。

結果、追越した大型車の後続車両にブレーキを踏ませることになり、道路交通の「安全」と「円滑」の妨げとなってしまいます。


>>世捨人さんの主張は相手にする必要は全くありません。
>まあ、物好きなんでしょう。みなさんのコメントは所詮、世捨人さんのくだらない議論に対する応酬でしかありません。それに対して無関係な視点からコメントを入れることにはこれっぽっちの価値もありません。他者のコメントを批判する形態ではなく、新たに問題を提起するような形でコメントをなされば、少しは価値が見出しうるとは思います。(オアゾさんの書いている内容自体は時に当たっているものもありますが、他者のコメントに対する批判はまるで当たっていません。これはいつものことです。) こういった露骨な論法を繰り返していると「世捨人=オアゾ」仮説の信憑性がますます高まっていくだけですので、ご注意くださいね。

小生の指摘が的を射ているからこそ、ヒロさんは「面白いので今回は傍観で。」(by ヒロさん | 2014/03/04 23:08)と捨て台詞を吐いて退散されたということでしょう。

「なりすまし」で誤魔化しても無駄ですよ。


>>自動車と自転車の区別も出来なくなったということですかね。
>すみません。この議題は、私が最初に「原付が左から追い抜いて行く」と書いたのですが、対象を明確にしてなかったんですね。私の意図は、「原付が(第一通行帯中央を走行する自転車を)左から追い抜いて行く」というところでした。現実の交通状況を鑑みると、前方を走行する自転車に(もしそれが可能であれば)左側から追い抜きをかける原付は多数いると思われます。

原付のルール違反が多いから、特急自転車乗りは交差点内で左に膨らんで大型車両の追越しを助けなければならないのですか?

先行している自転車が第一通行帯のど真ん中を通行することで、原付側が左側追越しが安全な速度と方法だと判断したのでしょう。

車道上の最弱者である自転車乗りが心配することではありません。

分を弁えましょう。


>>アクセルを踏んで追越して良いものやら、ブレーキを踏んで、大型車との間に入れるように車間距離を広げなければならないのか、はっきりしません。
>安全な方法で追い抜けるのであれば追い抜けばいいでしょう。それができないのであれば、いったん後方を追従すればいいでしょう。それが判断できないのではれば後者を選ぶのが無難かも知れません。全部、自分でおっしゃっていたことです。

特急自転車乗りが、交差点の入り口で直進車線から外れて交差点の左側へ膨らみ、交差点の出口で左側から直進車線へ割り込んで来ているのですよ。後続車両の追越しの問題ではありません。

「道を譲るのは自転車の自由です。」などと道路交通法から外れた行動を取りながら、道路交通法に守ってもらおうなどと、厚かましいにも程があります。


>>東南さん並みに交通安全の先駆者気取りなのだろうなと拝察申し上げているものです。
>とりあえず、私はそんなものを気取っていないので、残念ながら誤りだったということですね。

「道を譲るのは自転車の自由です。」などと道路交通法から外れた行動を取りながら、追越すかどうかは後続車両の責任だと道路交通法に守ってもらおうなどという厚かましい方が交通安全の先駆者である筈もありません。

気取る気取らない以前の問題です。

気取らない自慢されても困りものです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/13 17:03 | URL |

>「今回の結論は、大型自動車の嫌がらせに負けた特急自転車乗りを、

今回の動画に関しては、後続の大型車の行動が自転車に対する嫌がらせであるとは、私は認めていません。自転車との車間距離が不十分であった可能性はあり、大型車の走行に問題があった可能性は否定しません。

動画中で自転車は数秒の時間的ロスを受けていますが、それはあくまでも自転車側が自主的な行動の結果であり、大型車の行動によって強要されたものではないというのが私の立場です。


>先行する自転車は、40~60キロ制限の幹線道路であろうと、10~30キロで大人しく真っ直ぐ前を向いてふらつくことなく車道左端(第一通行帯のど真ん中)を通行することが、道路交通の「安全」と「円滑」を図ることになります。

動画中では自転車側の上記から逸脱する行動の結果として、道路交通の安全と円滑は阻害されていません。同様の行動が事故につながりうる危険なものであるという主張は、唯一オアゾさんの主観を根拠としてなされていますが、まったく説得力に欠けるものに過ぎません。


>車道上の最弱者である自転車に対して、「道を譲るのは自転車の自由です。」などとルールを超える対応など誰も求めても、期待してもいません。

ルールを超える対応を期待する場面はいくらでもありますが、それに関しては話が反れるのでここではいたしません。この動画の場面に関して言えば、自転車がここで道を譲るという行動は、一般に期待される程度を超えたものであると思います。(そしてそれがゆえに賞賛されることもあるのでしょう。)一方で、予測される行動の範疇から逸脱したものでもなく、予測困難な挙動により後続車に危険が降り掛かるなどということも外れているでしょう。


>結果、追越した大型車の後続車両にブレーキを踏ませることになり

追い越させなかった場合は、大型車が右車線に進路変更をするのに、動画以上の時間がかかることが想定されるため、後続車は車線変更をするにせよしないにせよ、動画の場面以上のブレーキを踏むこととなり、円滑はさらに低下していることに留意しなければなりません。ちなみに、後続車のブレーキが急ブレーキになるがゆえに危険性が増大するというのは単に後続車の前方確認の不足に起因するものに過ぎないということを書き加えておきます。


>原付のルール違反が多いから、特急自転車乗りは交差点内で左に膨らんで大型車両の追越しを助けなければならないのですか?

そんなことは言ってません。そもそも、自転車は交差店内で左に膨らんで大型車を通さなければならないだなんて今までに一言も申し上げておりません。

原付のルール違反が多いから、(路上駐車が多い、交通量が非常に少ないなどの場合を除いて、)自転車が第一通行帯の中央を走行することを推奨することはできないという風には言っています。まあ、それでもまっすぐに走っているうちは安全性は保たれる可能性は高いでしょう。

しかし、オアゾさんは、「後続車が大型車であるから第一通行帯中央を通行することは交通の阻害になりえない」などとおっしゃっています。後続車の種類を選んで第一通行帯中央付近か、車道左端かを選んで通行するといったような言動です。このような走行方法は二輪車や他の自転車との接触事故の原因となり得るため危険であると述べている訳です。ご理解頂けましたでしょうか?(※特に、動画は赤信号の場面から始まっており、自転車は車道左端で信号待ちをしていたことが推察されます。であれば、そこから第一通行帯中央付近に進路を変更するには危険が伴うということです。もちろん、自転車がそもそも第一通行帯中央で信号待ちをしていた可能性もあるし、その他の進路から合流してきた可能性もあり、その場合はこの指摘は当たりませんが。)

動画中の場面において自転車が第一通行帯中央を通行することは一般的な通行方法ではないし、推奨されるべき通行方法でもないだろうということを述べています。なぜならば、動画中の道路には路上駐車は見受けられないし、閑散とした道路だと表現するにはあまりにも通行量が多いからです。


ちなみに、

>分を弁えましょう。

というのは、自転車は車道上では弱者であるのだから、他者の安全(や円滑)を考慮する前に自らの安全を考慮しなければならない、という程度の意味合いだと思われますが、一般論として、このような考え方では自転車同士の事故や、時に見られる車道上の歩行者が関与する事故を防ぐことができないことが問題となります。

自らの身を守る行動をとることは前提として、他の道路利用者を慮り、道路全体の安全や円滑を意識した運転が推奨されないはずはありません。


>「道を譲るのは自転車の自由です。」などと道路交通法から外れた行動を取りながら、道路交通法に守ってもらおうなどと、厚かましいにも程があります。

前方の自転車が左に膨らんで大型車に道を譲った上で、元の進路に戻ろうとした際に、さらに後続の自動車が追い越しを図って自転車と接触した、というケースが民事訴訟にあがった場合、ほとんどの責任は自動車側に存在すると判断されるでしょう、ということです。厚かましくもなんともありません。第一、自転車には、交差点内をできる限り安全な速度と方法で通行する義務がありますが、左に膨らむ行動がこれに違反するものであるというのは根拠薄弱でしょう。

※交差点内での追い越し行為は道交法30条に違反する行動ですので、大型自動車の違法運転行為を誘発させる行為であり、その点で法律上問題があるという主張であれば、まあ、法律上はそのとおりだよなあ、と思います。


>気取る気取らない以前の問題です。

はいはい。

では、発言内容は取り下げて下さい。

| ず | 2014/03/13 20:41 | URL |

>※交差点内での追い越し行為は道交法30条に違反する行動ですので、大型自動車の違法運転行為を誘発させる行為であり、その点で法律上問題があるという主張であれば、まあ、法律上はそのとおりだよなあ、と思います。

素直な疑問です。
進路も変更していないのに「追い越し」になりますかね。

| JEFF | 2014/03/13 20:50 | URL | ≫ EDIT

サイクリング禁止反対

[世捨人]殿|2014/03/13 12:11|付へ.

>自転車の歩道走行は道交法(63条の4)で担保されています.
しっかり勉強してください.

これが認められているのは標識で指定された歩道に限られる.どこの歩道でも自転車で走れるわけではない.
こういう規定自体,最初から問題が多いのだ.不必要に広い歩道の真中に白線一本引いただけで,歩行者と自転車が入り乱れることによる軋轢を防ぐことはできない.しかも右側通行も容認して支離滅裂だ.
こんな欠陥含みの法令の条文にアグラをかいた国土交通省や自治体の怠慢,無責任こそが,自転車を巡る諸悪の根源である.
私は危険回避のためやむを得ない場合は別として,自転車の歩道通行には原則的に妥協しない.

| マイロネフ | 2014/03/13 21:40 | URL | ≫ EDIT

マイロネフさんへ

>これが認められているのは標識で指定された歩道に限られる.どこの歩道でも自転車で走れるわけではない.

それは、63条の4第1項第1号。
63条の4第1項第3号もお忘れなく。

| JEFF | 2014/03/13 22:20 | URL | ≫ EDIT

>こんな欠陥含みの法令の条文にアグラをかいた国土交通省や自治体の怠慢,無責任こそが,自転車を巡る諸悪の根源である.

人のせいにするまえに、道交法を少しは理解しましょうね。

| JEFF | 2014/03/13 22:23 | URL | ≫ EDIT

>進路も変更していないのに「追い越し」になりますかね。

今回の場合は、ならないでしょうね。

| ず | 2014/03/14 00:20 | URL |

ずさん| 2014/03/13 20:41 |へ

>>「今回の結論は、大型自動車の嫌がらせに負けた特急自転車乗りを、
>今回の動画に関しては、後続の大型車の行動が自転車に対する嫌がらせであるとは、私は認めていません。自転車との車間距離が不十分であった可能性はあり、大型車の走行に問題があった可能性は否定しません。動画中で自転車は数秒の時間的ロスを受けていますが、それはあくまでも自転車側が自主的な行動の結果であり、大型車の行動によって強要されたものではないというのが私の立場です。

じゃあ言い換えましょう。
車間距離を詰めて来た大型車の圧力に屈して、自主的に交通事故が多発する交差点内で左に右にと車線変更を繰り返した特急自転車乗りを、譲り合いだの、配慮だのと尤もらしくコメントするのは、特急自転車乗りの身の程を弁えない不遜で身勝手な勘違いだということです

>>先行する自転車は、40~60キロ制限の幹線道路であろうと、10~30キロで大人しく真っ直ぐ前を向いてふらつくことなく車道左端(第一通行帯のど真ん中)を通行することが、道路交通の「安全」と「円滑」を図ることになります。
>動画中では自転車側の上記から逸脱する行動の結果として、道路交通の安全と円滑は阻害されていません。同様の行動が事故につながりうる危険なものであるという主張は、唯一オアゾさんの主観を根拠としてなされていますが、まったく説得力に欠けるものに過ぎません。

交差点内でスピードを落とし右に左に車線変更した特急自転車乗り自身の「安全」と「円滑」が阻害されています。
決して褒められた行動ではありません。


>>車道上の最弱者である自転車に対して、「道を譲るのは自転車の自由です。」などとルールを超える対応など誰も求めても、期待してもいません。
>ルールを超える対応を期待する場面はいくらでもありますが、それに関しては話が反れるのでここではいたしません。この動画の場面に関して言えば、自転車がここで道を譲るという行動は、一般に期待される程度を超えたものであると思います。(そしてそれがゆえに賞賛されることもあるのでしょう。)一方で、予測される行動の範疇から逸脱したものでもなく、予測困難な挙動により後続車に危険が降り掛かるなどということも外れているでしょう。

程度を超えているのに逸脱したものではなくなどと、難しいバランスを取る必要はありません。
また、特急自転車乗りが交通安全の先駆者気取りで「賞賛」のハードルを上げることはありません。
40~60キロ制限の幹線道路であろうと、ママチャリ族・通勤通学族等々、幼児から高齢者まで全ての自転車乗りが10~30キロ程度のスピードで車道左端(第一通行帯のど真ん中)を通行する世の中を作っていくことが、交通安全の先駆者たる特急自転車乗りには求められているのです。
大型車にどんなに車間距離を詰められようとも、淡々と真っ直ぐ前を向いてふらつかずに車道左端通行を続ける自転車乗りこそが、賞賛に値するということです。


>>結果、追越した大型車の後続車両にブレーキを踏ませることになり
>追い越させなかった場合は、大型車が右車線に進路変更をするのに、動画以上の時間がかかることが想定されるため、後続車は車線変更をするにせよしないにせよ、動画の場面以上のブレーキを踏むこととなり、円滑はさらに低下していることに留意しなければなりません。ちなみに、後続車のブレーキが急ブレーキになるがゆえに危険性が増大するというのは単に後続車の前方確認の不足に起因するものに過ぎないということを書き加えておきます。

意味不明です。
大型車が右車線に進路変更するということは、特急自転車乗りを上回るスピードを出すということですよね。
道路交通法どおり、速度の高い車両が追越していくということで、道路交通の「安全」と「円滑」が図られると言うことです。
大型車の後続車は、大型車より速度が高いのであれば、大型車を追越して行けばよいだけの事です。
急ブレーキを踏むことになるかどうかは、動画にないことですので、どちらでも構いませんが、少なくとも左側から割り込んで来た自転車一台分の車間距離を大型車との間に取るために後続車はスピードを落とすことになります。

>>原付のルール違反が多いから、特急自転車乗りは交差点内で左に膨らんで大型車両の追越しを助けなければならないのですか?
>そんなことは言ってません。そもそも、自転車は交差店内で左に膨らんで大型車を通さなければならないだなんて今までに一言も申し上げておりません。原付のルール違反が多いから、(路上駐車が多い、交通量が非常に少ないなどの場合を除いて、)自転車が第一通行帯の中央を走行することを推奨することはできないという風には言っています。まあ、それでもまっすぐに走っているうちは安全性は保たれる可能性は高いでしょう。

反論になってなかったということですね。

>しかし、オアゾさんは、「後続車が大型車であるから第一通行帯中央を通行することは交通の阻害になりえない」などとおっしゃっています。後続車の種類を選んで第一通行帯中央付近か、車道左端かを選んで通行するといったような言動です。このような走行方法は二輪車や他の自転車との接触事故の原因となり得るため危険であると述べている訳です。ご理解頂けましたでしょうか?(※特に、動画は赤信号の場面から始まっており、自転車は車道左端で信号待ちをしていたことが推察されます。であれば、そこから第一通行帯中央付近に進路を変更するには危険が伴うということです。もちろん、自転車がそもそも第一通行帯中央で信号待ちをしていた可能性もあるし、その他の進路から合流してきた可能性もあり、その場合はこの指摘は当たりませんが。)

大丈夫ですか?
今回の動画の話と一般化した話を混同されていませんか?
今回の動画では車道左端から原付バイクがすり抜けて来ることは不可能です。
また、車道左端で信号待ちをしようが、第一通行帯のど真ん中であろうが、二輪車用停止線でしようが、全く関係ありません。
信号待ちの後、大型車より先行しているということは、きっと停止線を超えて、交差点内で信号待ちしていたのでしょう。

一般化して、交通量の多い道路で原付バイクが車道左端をすり抜けて来るようであれば、第一通行帯のど真ん中で渋滞に捕まるような自転車はいません。自転車も車道左端をすり抜けしていますので、何ら問題ありません。
交通量の少ない道路では、ずさんも仰るとおり原付バイクも自転車も第一通行帯内の何処を走ろうと全く問題ありません。


>動画中の場面において自転車が第一通行帯中央を通行することは一般的な通行方法ではないし、推奨されるべき通行方法でもないだろうということを述べています。なぜならば、動画中の道路には路上駐車は見受けられないし、閑散とした道路だと表現するにはあまりにも通行量が多いからです。

追越し車線はガラガラですから、道路交通法のルールどおり、自転車は第一通行帯(のど真ん中)を通行することで、何ら問題ありません。
大型車や後続車両は道路交通法のルールどおり、追越し車線から追越して行けば良いだけのことです。


>ちなみに、分を弁えましょう。というのは、自転車は車道上では弱者であるのだから、他者の安全(や円滑)を考慮する前に自らの安全を考慮しなければならない、という程度の意味合いだと思われますが、一般論として、このような考え方では自転車同士の事故や、時に見られる車道上の歩行者が関与する事故を防ぐことができないことが問題となります。 自らの身を守る行動をとることは前提として、他の道路利用者を慮り、道路全体の安全や円滑を意識した運転が推奨されないはずはありません。

また、大きく一般化されましたね。
自転車同士や歩行者を巻き込む事故であれば、当然のことながら、当該自転車は車道上の最弱者とはなりません。
貴族の義務として相応の責任を果たさなければならないことは当然です。

>>「道を譲るのは自転車の自由です。」などと道路交通法から外れた行動を取りながら、道路交通法に守ってもらおうなどと、厚かましいにも程があります。
>前方の自転車が左に膨らんで大型車に道を譲った上で、元の進路に戻ろうとした際に、さらに後続の自動車が追い越しを図って自転車と接触した、というケースが民事訴訟にあがった場合、ほとんどの責任は自動車側に存在すると判断されるでしょう、ということです。厚かましくもなんともありません。第一、自転車には、交差点内をできる限り安全な速度と方法で通行する義務がありますが、左に膨らむ行動がこれに違反するものであるというのは根拠薄弱でしょう。※交差点内での追い越し行為は道交法30条に違反する行動ですので、大型自動車の違法運転行為を誘発させる行為であり、その点で法律上問題があるという主張であれば、まあ、法律上はそのとおりだよなあ、と思います。

そもそも、事故を惹起するような危険な車線変更をすること自体を問題としています。
交差点内で左にふらふら、右にふらふらした運転は、明らかに道路交通法第36条第4項に違反します。
その上で、自転車と自動車の事故の過失割合で、車道上の最弱者である自転車が守られているのは当然の話です。

なお、道路交通法の交差点での追越し禁止からは、横巾60センチとスマートであらかじめ後続車両に道を譲って車道左端通行する自転車は除かれています。
努力不足です。
道路交通法を読み直して下さい。


(交差点における他の車両等との関係等)
第三十六条  第4項  車両等は、交差点に入ろうとし、及び交差点内を通行するときは、当該交差点の状況に応じ、交差道路を通行する車両等、反対方向から進行してきて右折する車両等及び当該交差点又はその直近で道路を横断する歩行者に特に注意し、かつ、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。

(追越しを禁止する場所)
第三十条  車両は、次に掲げるその他の道路の部分においては、他の車両(軽車両を除く。)を追い越すため、進路を変更し、又は前車の側方を通過してはならない。
三  交差点、踏切、横断歩道又は自転車横断帯及びこれらの手前の側端から前に三十メートル以内の部分 (罰則 第百十九条第一項第二号、同条第二項)



>>気取る気取らない以前の問題です。
>はいはい。 では、発言内容は取り下げて下さい。

では、改めて、
道路交通法も知らずに、「自転車の他者に配慮した運転によって交通の円滑が確保できていることを示す素晴らしい動画ですね。」などと尤もらしいコメントをするのは、交通安全の先駆者気取りさえも出来ない特急自転車乗りの身の程を弁えない不遜で身勝手な勘違いでした。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/14 16:30 | URL |

JEFFさん | 2014/03/13 20:50 |、| 2014/03/13 22:23 |、| マイロネフさん| 2014/03/13 21:40 |、ずさん | 2014/03/14 00:20 |へ

ずさん| 2014/03/13 20:41 |へ回答したとおり、道路交通法の交差点での追越し禁止からは、横巾60センチとスマートであらかじめ後続車両に道を譲って車道左端通行する自転車は除かれています。

努力不足です。
道路交通法を読み直して下さい。

(追越しを禁止する場所)
第三十条  車両は、次に掲げるその他の道路の部分においては、他の車両(軽車両を除く。)を追い越すため、進路を変更し、又は前車の側方を通過してはならない。
三  交差点、踏切、横断歩道又は自転車横断帯及びこれらの手前の側端から前に三十メートル以内の部分 (罰則 第百十九条第一項第二号、同条第二項)

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/14 16:36 | URL |

相変わらず煽ってますな~

ときどきオアゾツーキニスト
過去に同一IPから,異なるハンドルネームを用い,なりすましをした.
2011年8月18日

| こじま | 2014/03/14 17:24 | URL | ≫ EDIT

こじまさん| 2014/03/14 17:24 |へ

>相変わらず煽ってますな~ときどきオアゾツーキニスト過去に同一IPから,異なるハンドルネームを用い,なりすましをした.2011年8月18日

か っきーさんネタはご勘弁下さい。

家族に危害を加えられかねません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/14 18:42 | URL |

交差点は事故が多発する場所ですが、多くの事故はいくつもの類型のうちに当てはめることができます。たとえば、出会い頭事故であったり、左折巻き込みであったり、右折時に対向車線を直進する二輪車や逆走する自転車と接触する事故であったり、発進時の安全確認不十分に起因する事故であったり、信号無視などの法規違反に起因する事故であったりするでしょう。(他にもたくさんありますが、ここでは割愛させて下さい。)

そんななかでも、自転車が後続車を通行させようと左に膨らんだことに起因する事故というのは、私は聞いたことがありません。(実際に存在するというのであれば具体例を提示して下さい。そうすれば、考えを改めるきっかけになるでしょう。)

確かに、交差点走行時は安全な方法と速度で通行することが道交法では求められていますが、動画中の自転車の進路変更が直進と比して安全性において劣るという証左は何も無いでしょう。


>交差点内でスピードを落とし右に左に車線変更した特急自転車乗り自身の「安全」と「円滑」が阻害されています。

まず、安全は阻害されていません。技量不足の結果、進路変更により安全性の低下が生じる可能性は否定しませんが、動画では自らの技量の範囲内で安全性を低下させることなく進路変更が行われています。

次に自転車側の「円滑」に関してですが、彼は自らの時間を自主的に提供している訳ですから、「円滑が損なう行動でありほめられたものではない」などという批判はまったく的を外しています。確かに、トイレの列は早いもの順です。ですが、自分以外に誰も並んでいないのであれば、後から「漏れそう!」と言ってやってきた人に先に用を足してもらったっていっこうに構わないですし、それは社会のなかでは褒められる行動です。オアゾさんはそれを、難癖をつけて批判している訳です。


>交通安全の先駆者たる特急自転車乗りには求められているのです。

そういう風に思うんだったら、勝手にどうぞ。

動画の自転車は別に交通安全の先駆者であろうとなんて思っていないと思います。自分でそういう行動をするのも、賛同者を集めて「運動」を展開するのも自由だとは思いますが、自分の理想とは異なる行動をとる人物を批判することは正当ではありません。


>大型車にどんなに車間距離を詰められようとも、淡々と真っ直ぐ前を向いてふらつかずに車道左端通行を続ける自転車乗りこそが、賞賛に値するということです。

あなたが、そう思うことは自由です。


>後続車はスピードを落とすことになります。

後続車がブレーキを踏む可能性は否定しせん。しかし、そんなミクロな視点にとらわれることには豆粒ほどの意味もありません。自転車が左によけることで大型車がスムーズに先に行ってくれた方が、後続車が500m先により早く到達できるはずです。大局的に考えればその方がよほど交通の円滑に資するという訳です。


>反論になってなかったということですね。

オアゾさんはいつもそうですが、論理というものをまったく理解できていません。ここでは、オアゾさんは「この自転車は左へ膨らんではならなかった」と主張されています。ですから、それに対する反論としては「いや、この自転車は左に膨らんでも良かったんだ」とすれば十分なのです。なにも「この自転車は左に膨らまなければならなかった」とまで言う必要は無いということです。

オアゾさんの主張が動画中の自転車への批判を含まないもので、例えば、

「みんな、この自転車の挙動を賞賛しているけど、実際、こんな動きをしなくてもよかったんじゃないの?大型車はそれでなくても、右車線を使えば簡単に追い越していける場面じゃないか。」

というような内容でしたら、私は「そうですね。それも一理ありますね。」とでも答えたでしょう。あるいは、

「この場面自体には問題はないけど、自転車が交差点で易々と道を譲るのが常態化すると、大型車が自転車は道を譲るのが当然だとばかりに車間距離を詰めてくるようになるかも知れませんよ。右車線が空いているのだから、そちらを使うように誘導した方が、長期的な視点に立てば、安全性が向上するはずです。」

などという事でしたら、この場合は自転車に対する批判的な意見も半ば含んだ意見ですが、「まあ、そういう考え方もありますかね」とでも答えたでしょう。

正直に申し上げて、私はこの動画の場面で自転車が左へ膨らんだ方がよかったのか、そうでなかった方がよかったのか、という疑問には答えられません。自分自身、どちらの意見に立って弁論することもできますし、はっきりいって、どちらかが正しいという普遍的な回答は存在しないのだと思います。私が賞賛しているのは、自転車が見せた「譲り合い」という精神であって、その結果の行動ではありません。


>原付バイクがすり抜けて来ることは不可能です。

そうですか?交差点に差し掛かった時点で可能ではないですか?いずれにしても大型自動車の目の前で、道路左端に行ったり、第一通行帯中央に行ったりとふらふら進路を変えてはそれこそ危険な運転と思われても仕方がないと思いますが。

私の主張は基本的には「第一通行帯中央を通ることそのものは構わないけれど、他者にそれを勧めることはどうかしてる」ということですよ。第一通行帯中央走行の危険性は述べていますが、それこそ、その危険を背負って走るのであれば、私は構わないと思います。これに対して「第一通行帯中央を通っても問題ない」と主張されても、何の反論にもなっていませんよ。


>明らかに道路交通法第36条第4項に違反します。

上にも述べましたが、進路変更はしていますが、事故を惹起する可能性は無いものだと私は考えており、ゆえに道交法違反ではないと考えています。私がこう考える以上は「明らかに道交法違反である」という主張は成り立ちません。(反対している人がいるわけですから、「自明である」とはいえません。)ですから、この自転車の進路変更の危険性を具体例などを用いて立証されることを要請している訳です。


| ず | 2014/03/14 20:06 | URL |

そもそも「追い越し」にもならないという指摘をしたまでなんだけどな〜。

誤読ですかね。

| JEFF | 2014/03/14 20:20 | URL | ≫ EDIT

ずさん| 2014/03/14 20:06 |へ

>交差点は事故が多発する場所ですが、多くの事故はいくつもの類型のうちに当てはめることができます。たとえば、出会い頭事故であったり、左折巻き込みであったり、右折時に対向車線を直進する二輪車や逆走する自転車と接触する事故であったり、発進時の安全確認不十分に起因する事故であったり、信号無視などの法規違反に起因する事故であったりするでしょう。(他にもたくさんありますが、ここでは割愛させて下さい。)そんななかでも、自転車が後続車を通行させようと左に膨らんだことに起因する事故というのは、私は聞いたことがありません。(実際に存在するというのであれば具体例を提示して下さい。そうすれば、考えを改めるきっかけになるでしょう。) 確かに、交差点走行時は安全な方法と速度で通行することが道交法では求められていますが、動画中の自転車の進路変更が直進と比して安全性において劣るという証左は何も無いでしょう。

自転車が後続車を通行させようと左に膨らんだことに起因する事故というのは、小生も聞いたことはありません。
まあ、具体例を提示するとすれば、道路を占拠して我が物顔の左右に低速でふらつく暴走族の蛇行運転ですね。
動画中の自転車の進路変更は、左右にふらつくことに起因するスリップ(転倒)事故等危険性が増すことで、直進と比較して安全性は格段に劣ります。
また、進路変更する際の後方確認のため、前方不注視となる時間が増し、出合い頭事故を避けることが出来ない危険性も増大し、直進と比較して安全性は格段に劣ります。
自転車が左右へ進路変更するということは、そういうことです。


>>交差点内でスピードを落とし右に左に車線変更した特急自転車乗り自身の「安全」と「円滑」が阻害されています。
>まず、安全は阻害されていません。技量不足の結果、進路変更により安全性の低下が生じる可能性は否定しませんが、動画では自らの技量の範囲内で安全性を低下させることなく進路変更が行われています。

結果的に上述の危険性が顕在化しなかっただけのことです。


>次に自転車側の「円滑」に関してですが、彼は自らの時間を自主的に提供している訳ですから、「円滑が損なう行動でありほめられたものではない」などという批判はまったく的を外しています。確かに、トイレの列は早いもの順です。ですが、自分以外に誰も並んでいないのであれば、後から「漏れそう!」と言ってやってきた人に先に用を足してもらったっていっこうに構わないですし、それは社会のなかでは褒められる行動です。オアゾさんはそれを、難癖をつけて批判している訳です。

動画の大型車はおしっこが漏れそうだったのですか?
本当におしっこが漏れそうなのであれば、追越し車線に車線変更して勝手に追越して行けば良いだけです。
車間距離を詰めて嫌がらせをして来る大型車の圧力に負けて交通事故の多発する危険な交差点内で車道上の最弱者である自転車が左に右に車線変更する行動をトイレを譲ったなどと褒め合っているのは、情けない特急自転車乗りの方々だけです。


>>交通安全の先駆者たる特急自転車乗りには求められているのです。
>そういう風に思うんだったら、勝手にどうぞ。

小生の主張は最初から一貫していますよ。


>動画の自転車は別に交通安全の先駆者であろうとなんて思っていないと思います。自分でそういう行動をするのも、賛同者を集めて「運動」を展開するのも自由だとは思いますが、自分の理想とは異なる行動をとる人物を批判することは正当ではありません。

動画のような情けない特急自転車乗りは、負け犬同士で傷を舐め合い、庇い合うのではなく、きちんと問題点を指摘して改善を求めることこそが、自転車の交通機関としての位置づけを高めることに貢献するものです。


>>大型車にどんなに車間距離を詰められようとも、淡々と真っ直ぐ前を向いてふらつかずに車道左端通行を続ける自転車乗りこそが、賞賛に値するということです。
>あなたが、そう思うことは自由です。

広く公開され誰もが閲覧できるブログのコメント欄ですので、自由に発言させてもらっています。
有難いことです。
感謝。
感謝。


>>後続車はスピードを落とすことになります。
>後続車がブレーキを踏む可能性は否定しせん。しかし、そんなミクロな視点にとらわれることには豆粒ほどの意味もありません。自転車が左によけることで大型車がスムーズに先に行ってくれた方が、後続車が500m先により早く到達できるはずです。大局的に考えればその方がよほど交通の円滑に資するという訳です。

後続車がブレーキを踏まざるを得ないということは、特急自転車乗りが事故を惹起する可能性のある危険な行為をしたということです。
ミクロだマクロだと誤魔化せるものではありません。
大型車がスムーズに行くかどうかは、大型車が決めることです。
上述のとおり、おしっこが漏れそうであれば、追越し車線から追い越して行けば良いだけです。
同様に、後続車も本当におしっこが漏れそうであれば、追越し車線から追越して行けば良いだけのことです。


>>反論になってなかったということですね。
>オアゾさんはいつもそうですが、論理というものをまったく理解できていません。ここでは、オアゾさんは「この自転車は左へ膨らんではならなかった」と主張されています。ですから、それに対する反論としては「いや、この自転車は左に膨らんでも良かったんだ」とすれば十分なのです。なにも「この自転車は左に膨らまなければならなかった」とまで言う必要は無いということです。

ずさんが、自転車が第一通行帯のど真ん中を走ると、左端通行している原付バイクが左側から追い越して事故を起こしかねないから危険だ危険だと騒いでいたのですよね。
左に膨らむ、膨らまないなんて関係ないのですよね。


>オアゾさんの主張が動画中の自転車への批判を含まないもので、例えば、 「みんな、この自転車の挙動を賞賛しているけど、実際、こんな動きをしなくてもよかったんじゃないの?大型車はそれでなくても、右車線を使えば簡単に追い越していける場面じゃないか。」というような内容でしたら、私は「そうですね。それも一理ありますね。」とでも答えたでしょう。あるいは、「この場面自体には問題はないけど、自転車が交差点で易々と道を譲るのが常態化すると、大型車が自転車は道を譲るのが当然だとばかりに車間距離を詰めてくるようになるかも知れませんよ。右車線が空いているのだから、そちらを使うように誘導した方が、長期的な視点に立てば、安全性が向上するはずです。」 などという事でしたら、この場合は自転車に対する批判的な意見も半ば含んだ意見ですが、「まあ、そういう考え方もありますかね」とでも答えたでしょう。

小生が指摘したからこそ、ずさんが漸く「正解?」に辿り着いたということです。


>正直に申し上げて、私はこの動画の場面で自転車が左へ膨らんだ方がよかったのか、そうでなかった方がよかったのか、という疑問には答えられません。自分自身、どちらの意見に立って弁論することもできますし、はっきりいって、どちらかが正しいという普遍的な回答は存在しないのだと思います。私が賞賛しているのは、自転車が見せた「譲り合い」という精神であって、その結果の行動ではありません。

完敗宣言ですかね。
ここまで来て、正直者です宣言されても困りものです。
ずさんには、大型車の嫌がらせという「心根」は見えないのに、「譲り合い」の精神などという特急自転車乗りの「心根」は、見えるのですか?
不思議ですね。
あやふやな精神論では、徹底した合理主義に勝てる筈もありません。


>>原付バイクがすり抜けて来ることは不可能です。
>そうですか?交差点に差し掛かった時点で可能ではないですか?いずれにしても大型自動車の目の前で、道路左端に行ったり、第一通行帯中央に行ったりとふらふら進路を変えてはそれこそ危険な運転と思われても仕方がないと思いますが。

交差点内で原付バイクが左側に膨らんで大型車を追越すという離れ業ですか?
その勢いで原付バイクが交差点出口に突っ込んで来るのであれば、先行する自転車は車道左端にいるよりも第一通行帯のど真ん中にいた方が安全でしょう。
「いずれにしても」とは世捨人さんと同じフレーズで誤魔化していますが、先行する自転車は、第一通行帯の中であれば、左端を通行しようと右端を通行しようとど真ん中を通行しようと何ら問題ありません。
後続の大型車は安全な車間距離を保って追随するか、追越し車線から安全な速度と方法で追越して行けば良いだけです。


>私の主張は基本的には「第一通行帯中央を通ることそのものは構わないけれど、他者にそれを勧めることはどうかしてる」ということですよ。第一通行帯中央走行の危険性は述べていますが、それこそ、その危険を背負って走るのであれば、私は構わないと思います。これに対して「第一通行帯中央を通っても問題ない」と主張されても、何の反論にもなっていませんよ。

道路交通法では、第一通行帯のど真ん中を通行しても何ら問題ありません。
交通量が少ない場合は、歩道からの飛び出し等の危険を回避するために、ど真ん中を通行すべきです。
交通量が多い場合は、第一通行帯は自動車で一杯でしょうから、第一通行帯の左端を自動車と並んで通行し、渋滞で自動車の流れが止まれば、第一通行帯の左端をすり抜けて行けば良いだけです。
原付バイクが左側追越しをしていく危険性など全く問題となりません。
しっかりして下さい。


>>明らかに道路交通法第36条第4項に違反します。
>上にも述べましたが、進路変更はしていますが、事故を惹起する可能性は無いものだと私は考えており、ゆえに道交法違反ではないと考えています。私がこう考える以上は「明らかに道交法違反である」という主張は成り立ちません。(反対している人がいるわけですから、「自明である」とはいえません。)ですから、この自転車の進路変更の危険性を具体例などを用いて立証されることを要請している訳です。

ずさんがルールブックだということですね。
そう言い張られても困りものですが、自転車が交差点内で左に右にと進路変更することの危険性は上述のとおりです。
道路交通法では「できる限り」安全な速度と方法で進行しなければならないとされています。
自転車が交差点内で左に右にと進路変更することで、ただただ真っ直ぐ前を向いて直進する場合に比較して、スリップや前方不注視等の危険性が僅かでも増すこととなりますので、明らかに道路交通法違反となります。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/14 21:39 | URL |

>スリップ(転倒)事故等危険性が増すことで、直進と比較して安全性は格段に劣ります。

スリップする可能性が少しでもあったら、このような進路は取らないでしょう。
スリップする可能性があるから、右左折するな、というのと同じくらいの暴論です。
(極端な路面状況でもないのにこの程度の進路変更でスリップするようなことが仮にあれば、それは通後方法の問題というよりは自転車の欠陥であるか、整備不良に起因するものとしか考えられません。)


>出合い頭事故を避けることが出来ない危険性も増大

通過する交差交通は赤信号で停車していることを確認した上で左に膨らむ進路を取っていますので、出会い頭事故を避けるうえでは十分に安全確認がなされていると考えられます。

操作の確実性、安全確認の双方をとっても動画中の自転車は十分に安全を確保した走行方法で通行していることがわかります。(似たような方法で交差点を利用して後続車の通行を図る走行方法一般が常に安全であるとは限らないとは思いますが。)


>動画の大型車はおしっこが漏れそうだったのですか?

以前、オアゾさんがトイレの待ち列を例にだしていたので分かりやすく述べているだけです。
別に、漏れそうかどうかには関係なく、自分以外に待っている人がいない場面で後から来た人を先にトイレに通してもなにも問題がありません。


>車間距離を詰めて嫌がらせをして来る大型車の圧力

そのようなものは存在しなかったと私はとらえています。


>小生の主張は最初から一貫していますよ。

一貫してないと指摘しているのではありませんよ。
自分の意見を述べるのであれば、いいでしょう。意見の違いはあっても、それは当然のことです。
あなたは、自分と異なる意見を持つ多数の人を非難していますが、その姿勢が間違っていると私は言っているのです。
あなたが動画の自転車を情けないと思うことに関して、私は別に批判するつもりは毛頭ありません。
勝手にそう思っていいんじゃないですか?と言っています。
そして、私は別に、彼を情けないとは思わないし、危険ではないと思います。

それでいいじゃないですか。


>きちんと問題点を指摘して改善を求めること

動画中の通行方法に問題があるとすれば大型車が右車線に移ることなく自転車を追い抜いて行った点(これすらも、実際に問題であるかどうかは不明確ではあります)のみです。


>後続車がブレーキを踏まざるを得ないということは、特急自転車乗りが事故を惹起する可能性のある危険な行為をしたということです。

>ミクロだマクロだと誤魔化せるものではありません。

違います。十分な車間距離をとるのに必要性があれば、ブレーキを踏むのは当然です。ブレーキを踏む目的は速度を下げることであり、危険を回避することではありません。ブレーキを踏まずに5分で目的地に到着するよりも、ブレーキを踏むことがあっても3分で目的地に到着することができた方が、道路全体としては円滑性が高いということです。


>完敗宣言ですかね。

いいえ。


>先行する自転車は、第一通行帯の中であれば、左端を通行しようと右端を通行しようとど真ん中を通行しようと何ら問題ありません。

法的には問題はないと思いますよ。明らかに危険だと感じる人が多いでしょうけど、罰せられるようなものではないのでご安心下さい。私が言っているのは、こういう走行方法は危険だからやめなさいということではなく、多くの人が危険を感じるような走行方法を他人に勧めるのはやめてくださいということです。この違いを理解できないのがオアゾさんの十八番ですね。


>ずさんがルールブックだということですね。

違いますよ。私が、「これは道交法違反ではない」と主張すれば、それは自分がルールブックだというスタンスです。ですが、ここでは、私は「これが道交法違反かどうかは明らかではない」と主張しています。この違いが理解できないのは、やはりオアゾさんの十八番ですね。

むしろ「これは明らかな道交法違反である」と自分の意見を決めつけてかかるあなたの態度の方こそ、「自分がルールブックだ」と言っているようなものです。

| ず | 2014/03/15 10:06 | URL |

ずさん| 2014/03/15 10:06 |へ

>>スリップ(転倒)事故等危険性が増すことで、直進と比較して安全性は格段に劣ります。
>スリップする可能性が少しでもあったら、このような進路は取らないでしょう。スリップする可能性があるから、右左折するな、というのと同じくらいの暴論です。(極端な路面状況でもないのにこの程度の進路変更でスリップするようなことが仮にあれば、それは通後方法の問題というよりは自転車の欠陥であるか、整備不良に起因するものとしか考えられません。)

左に右に車線変更することで、真っ直ぐに通行するよりも危険性が増すことは、足し算・引き算レベルの当たり前の現実です。


>>出合い頭事故を避けることが出来ない危険性も増大
>通過する交差交通は赤信号で停車していることを確認した上で左に膨らむ進路を取っていますので、出会い頭事故を避けるうえでは十分に安全確認がなされていると考えられます。操作の確実性、安全確認の双方をとっても動画中の自転車は十分に安全を確保した走行方法で通行していることがわかります。(似たような方法で交差点を利用して後続車の通行を図る走行方法一般が常に安全であるとは限らないとは思いますが。)

上述のとおり、左に右に車線変更することで、真っ直ぐに通行するよりも危険性が増すことは当たり前の現実です。


>>動画の大型車はおしっこが漏れそうだったのですか?
>以前、オアゾさんがトイレの待ち列を例にだしていたので分かりやすく述べているだけです。別に、漏れそうかどうかには関係なく、自分以外に待っている人がいない場面で後から来た人を先にトイレに通してもなにも問題がありません。

今回の動画では後続車両の世捨人さんが左折していきましたし、スリップ事故も発生しませんでしたので、結果的に問題は起こりませんでした。
しかし、今回の動画を教訓として一般化すれば、特急自転車乗り自身にも、後続車両にも、車道上の最弱者である自転車が交通事故の多発する危険な交差点内で左に右に車線変更することは「安全」と「円滑」に影響します。


>>車間距離を詰めて嫌がらせをして来る大型車の圧力
>そのようなものは存在しなかったと私はとらえています。

あなたのリスク感性・予見能力がその程度だということです。


>>小生の主張は最初から一貫していますよ。
>一貫してないと指摘しているのではありませんよ。 自分の意見を述べるのであれば、いいでしょう。意見の違いはあっても、それは当然のことです。あなたは、自分と異なる意見を持つ多数の人を非難していますが、その姿勢が間違っていると私は言っているのです。あなたが動画の自転車を情けないと思うことに関して、私は別に批判するつもりは毛頭ありません。勝手にそう思っていいんじゃないですか?と言っています。そして、私は別に、彼を情けないとは思わないし、危険ではないと思います。それでいいじゃないですか。

動画の情けない特急自転車乗りを情けないと思わないずさんのことを小生は情けないと思っています。


>>きちんと問題点を指摘して改善を求めること
>動画中の通行方法に問題があるとすれば大型車が右車線に移ることなく自転車を追い抜いて行った点(これすらも、実際に問題であるかどうかは不明確ではあります)のみです。

車道上の最弱者である特急自転車乗りが交通安全の先駆者気取りで交通事故が多発する危険な交差点内で左に右に車線変更することで、事故発生の危険性を増大させていることが問題です。


>>後続車がブレーキを踏まざるを得ないということは、特急自転車乗りが事故を惹起する可能性のある危険な行為をしたということです。 ミクロだマクロだと誤魔化せるものではありません。
>違います。十分な車間距離をとるのに必要性があれば、ブレーキを踏むのは当然です。ブレーキを踏む目的は速度を下げることであり、危険を回避することではありません。ブレーキを踏まずに5分で目的地に到着するよりも、ブレーキを踏むことがあっても3分で目的地に到着することができた方が、道路全体としては円滑性が高いということです。

左に右に車線変更することと同様に、ブレーキとアクセルを繰り返してスピードに変化を付けることが事故惹起の危険性を増大することも、足し算・引き算レベルの当たり前のことです。


>>完敗宣言ですかね。
>いいえ。

諦めなさい。

>>先行する自転車は、第一通行帯の中であれば、左端を通行しようと右端を通行しようとど真ん中を通行しようと何ら問題ありません。
>法的には問題はないと思いますよ。明らかに危険だと感じる人が多いでしょうけど、罰せられるようなものではないのでご安心下さい。私が言っているのは、こういう走行方法は危険だからやめなさいということではなく、多くの人が危険を感じるような走行方法を他人に勧めるのはやめてくださいということです。この違いを理解できないのがオアゾさんの十八番ですね。

車道上の最弱者である自転車乗りは、自分の身は自分で守るものです。
危険を感じるのであれば、車道左端を通行することを選べば良いだけです。
交通量の多い幹線道路では、複数の通行帯があろうとも、車道左端以外は通行出来ないものです。
酒気帯びと酒酔いの違いや交差点内での追越し禁止から自転車が除かれていることと同様に、第一通行帯のど真ん中を通行しても法律上何ら問題ないということを知らない特急自転車乗りが多いので、今回のように追越し車線がガラガラの場合には、自転車は第一通行帯のど真ん中を走る方が「安全」かつ「円滑」であるとお伝えしているものです。


>>ずさんがルールブックだということですね。
>違いますよ。私が、「これは道交法違反ではない」と主張すれば、それは自分がルールブックだというスタンスです。ですが、ここでは、私は「これが道交法違反かどうかは明らかではない」と主張しています。この違いが理解できないのは、やはりオアゾさんの十八番ですね。 むしろ「これは明らかな道交法違反である」と自分の意見を決めつけてかかるあなたの態度の方こそ、「自分がルールブックだ」と言っているようなものです。

お褒めの言葉は有難いことですが、小生は、道路交通法を正確に引用しているだけのことです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/15 13:49 | URL |

ときどきオアゾツーキニスト
過去に同一IPから,異なるハンドルネームを用い,なりすましをした.
2011年8月18日

| こじま | 2014/03/15 15:22 | URL | ≫ EDIT

JEFFさんへ

仰るとおり、今回の動画の大型車は、ただただ直進しているだけのように見えますので、「追越し」には該当しないでしょう。

ただし、ずさんは道路交通法30条を持ち出して反論を試みられていますので、「追越し」の定義にまで遡ることなく、第30条の但し書で自転車は除外されていることを指摘すれば十分だということです。

今回の動画をスロー再生して、特急自転車乗りが交差点内で速度を緩め左方向に膨らんだのに合わせて、後続の大型車が微妙にアクセルを踏み、微妙にハンドルを右方向に切っていたという事実が確認され、「追越し」に該当していたとしても何ら関係ないということです。

ずさんの標的は小生のみですので、今回は、追越しの事実はなかったとあっさりと引き下がりましたが、追越しの事実があったかどうかの事実確認にまで、いたずらに議論を拡散させる必要は全くないということです。


酒気帯び自転車に罰則がないにも関わらず、安全運転義務違反の罰則が適用される拘っていらっしゃるこじまさんと同レベルの反論です。

法律の議論において、個別の条文で明確に規定されている事項について、上位の規定は、軽々に持ち出すものではないということです。

伝家の宝刀や錦の御旗は、神棚に飾っておくものです。

ここでは、交通事故が多発する交差点付近での追越し禁止規定からも自転車は除かれているということを理解いただくことが重要です。

巾60センチとスマートであらかじめ後続車両に道を譲って車道左端を大人しく通行しなければならないとされている自転車は、後続車両の「安全」と「円滑」など全く気にする必要はないということです。

先行する自転車は車道左端(第一通行帯のど真ん中)をただただ真っ直ぐ前を向いてふらつかずに進めば、十分だ、百二十点満点だ、ということです。

車道上の最弱者である自転車は、譲り合いだの、他者への配慮だのと言える立場にはないということです。

そして、自転車は車道(左端・第一通行帯)を通行しなければならないのであって、今回の特急自転車乗りだけでなく、ママチャリ族や幼児・高齢者等が10~20キロ程度でゆっくりと車道左端通行することに対しても、道路交通の「安全」や「円滑」がどうのこうのと言われる筋合いは全くないということです。

特急自転車乗りの方々には、無理に自動車の流れに合わせて30~40キロのスピードを出して頑張って頂く必要は全くないのです。

ママチャリ族が車道左端を埋め尽くす世の中を作り上げるためにも、20~30キロ程度にスピードを自制して、自転車はゆっくりと車道左端を通行するものであるという世の中の認知を築き上げ、車道左端を通行する自転車乗り仲間を広げて行きましょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/15 16:42 | URL |

>左に右に車線変更することで、真っ直ぐに通行するよりも危険性が増すことは、足し算・引き算レベルの当たり前の現実です。

危険性の増加は微小であり、無視できる程度です。
例えば、たまたま走行した進路の路面状況のほうがよほど安全に影響するでしょう。

10万円の買い物をするのにA店で買ったほうがB店で買うよりも1円安いことに興味があるのであれば、ご自由にどうぞ。私は興味が無いので、進路変更による危険性の増大など考えません。


>交差点内で左に右に車線変更することは「安全」と「円滑」に影響します。

根拠薄弱です。


>動画の情けない特急自転車乗りを情けないと思わないずさんのことを小生は情けないと思っています。

私は、そういう風に他者の批判しかできないオアゾさんを軽蔑しています。まあ、それでいいじゃないですか。


>事故発生の危険性を増大させている

根拠薄弱です。


>ブレーキとアクセルを繰り返してスピードに変化を付けることが事故惹起の危険性を増大すること

根拠薄弱です。


>危険を感じるのであれば、

動画中の自転車が危険を感じている根拠はありません。


>道路交通法を正確に引用しているだけのことです。

私は、①道路交通法違反であることは明らかではなく、むしろ、道路交通法には触れない可能性が高いと思い、かつ、②仮に道交法違反であったとしても、まったく問題にすべきではない違反である、と思っています。

| ず | 2014/03/15 19:26 | URL |

ずさんへ

交差点内で左へ右へ進路変更することによる危険性の増大について、ようやく理解いただいたようです。

例え、わずかな増分であっても確実に危険性は増します。

そして、結果として惹起された事故の悲惨さは、傘差し・携帯ながら等々とは比較にならない重大なものとなります。

道路交通法もよく知らない努力不足で、交通事故の危険性について認識の薄い、極々少数派の特急自転車乗りが、譲り合いだのと尊大な自意識過剰で交差点内で左に右に車線変更して道路交通の「安全」と「円滑」を蔑ろにして、自転車乗り全体の評判を落とすことは止めて頂きたい。

自転車乗り全体にとって、迷惑です。

車道上の最弱者である自転車乗りが左に右に頻繁に車線変更することが、道路交通の「安全」と「円滑」の妨げとなることに、根拠など不要です。

暴走族の蛇行運転と全く一緒です。


「軽蔑」や「根拠薄弱」という負け犬の遠吠えで、全てを誤魔化そうとしても、無駄です。

ずさんが道路交通法を知らなかったということです。

車道上の最弱者である自転車の位置づけを勘違いされていたということです。

特急自転車乗りが左に右に車線変更することによる僅かな危険性の増分の積み重ねが、悲惨な交通事故を惹起するという厳しい現実に対する認識が甘かったということです。

一般化した、第一通行帯のど真ん中通行と左端通行の危険性の議論に対して、動画中の特急自転車乗りが危険を感じている根拠などと誤魔化しても無駄です。

交差点内で左に右に車線変更することによりたとえ僅かであれ確実に危険性は増大します。

極々僅かな危険性の増大の積み重ねが、悲惨な結果をもたらすのです。

大型車が行き交う幹線道路の交差点内での、30~40キロのスピードを出しながらの左へ右への車線変更です。

傘差し・携帯ながらといった分かりやすいルール違反が惹起する事故とは比較にならない重大な事故を惹起することとなるのです。

道路交通法の知識不足もさることながら、自転車乗りとしてのリスク感性の問題です。

くれぐれも下らない(自損)事故で、自転車乗り全体の評判を落とすような統計数値を積み上げないように安全運転をお願いします。


| 自転車は歩道 | 2014/03/16 11:29 | URL |

行為Aと行為Bの間に少しでも違いがあれば、リスクは増加する部分もあるし、減少する部分もあります。交差点内でまっすぐ進むことをA、左に膨らんで進むことをBとすれば、AにあってBにない危険もあるし、逆にBにあってAにない危険もあります。

このどちらが大きいかということを私は判断できないし、現実には路面の状況や自転車運転者の技量、周囲の交通状況により様々であって一概には言えないというのが実際でしょう。交差点内で進路を変更することにより、増加する危険因子が(ごく僅かであっても)存在することは認めますが、減少する危険因子もやはり存在すると考えますので、「危険性の増大について、ようやく理解いただいたようです。」ということはありません。よって、それ以下のオアゾさんの発言は、私からすれば空虚なものでしかありません。

改めて交差点内でまっすぐ進むことをA、左に膨らんで進むことをBとすれば、BにあってAにない危険はごく僅かだと、私は述べているつもりです。逆にAにあってBにない危険もごく僅かでしょう。然るに、Aという行動を選択するのもBという行動を選択するのも、自転車各々の判断に任せるべきです。その判断を高く評価することも低く評価することも、周りで見ている人間の勝手で良いと思いますが、その判断に文句を付けるような筋合いはありません。

オアゾさんが、彼の行動を低く評価しますよと宣言するのに留まるのであれば、私はオアゾさんの発言内容を認めずとも、その発言自体は尊重します。オアゾさんがそれに留まらず、彼の行動を批判・非難しているように見えるので、私はオアゾさんを批判しています。


>暴走族の蛇行運転と全く一緒です。

意味不明です。文字通り他の交通が一切無い道路で暴走族が静かにゆっくりと蛇行運転をしたとして、それが迷惑行為だとは私は思いません。

| ず | 2014/03/17 23:20 | URL |

ずさん| 2014/03/17 23:20 |へ

>行為Aと行為Bの間に少しでも違いがあれば、リスクは増加する部分もあるし、減少する部分もあります。交差点内でまっすぐ進むことをA、左に膨らんで進むことをBとすれば、AにあってBにない危険もあるし、逆にBにあってAにない危険もあります。このどちらが大きいかということを私は判断できないし、現実には路面の状況や自転車運転者の技量、周囲の交通状況により様々であって一概には言えないというのが実際でしょう。交差点内で進路を変更することにより、増加する危険因子が(ごく僅かであっても)存在することは認めますが、減少する危険因子もやはり存在すると考えますので、「危険性の増大について、ようやく理解いただいたようです。」ということはありません。よって、それ以下のオアゾさんの発言は、私からすれば空虚なものでしかありません。

AとBとの危険因子の違い・増減を実感・判断出来ないとは、ずさんは本当に自転車に乗ってますか?

自転車乗りの経験なくして、世捨人さんを批判し小生に議論を挑むなどまさに、空虚なものでしかありません。


>改めて交差点内でまっすぐ進むことをA、左に膨らんで進むことをBとすれば、BにあってAにない危険はごく僅かだと、私は述べているつもりです。逆にAにあってBにない危険もごく僅かでしょう。然るに、Aという行動を選択するのもBという行動を選択するのも、自転車各々の判断に任せるべきです。その判断を高く評価することも低く評価することも、周りで見ている人間の勝手で良いと思いますが、その判断に文句を付けるような筋合いはありません。

ごく僅かの違いの積み重ねが、結果として、統計数値に表れて来るのです。
本当に自転車に乗っていれば、ごく僅かな違いを実感出来ている筈です。
その上で、どのような乗り方をするか、その乗り方をどのように評価するかは、仰るとおり、自転車乗り一人一人が決めることです。
その判断があまりにも甘々であったので、ちょっと違うでしょうと指摘したまでです。
まあ、小生の指摘をどのように受け取るかもまた、それぞれの自転車乗りが決めることです。
ヒロさん| 2014/03/04 23:08 |のように負け犬の遠吠え・捨て台詞を吐いて、高みの見物を決め込むのも一つの判断です。


>オアゾさんが、彼の行動を低く評価しますよと宣言するのに留まるのであれば、私はオアゾさんの発言内容を認めずとも、その発言自体は尊重します。オアゾさんがそれに留まらず、彼の行動を批判・非難しているように見えるので、私はオアゾさんを批判しています。

小生が宣言しても仕方ないでしょう。
小生は動画の特急自転車乗りの行動を批判・非難などしていませんよ。
それぞれの自転車乗りが決めることですし、大型車の嫌がらせに負けて道を譲ったとしても何ら問題ありません。
大型車と張り合うのに疲れただけのことでしょう。

小生が問題としているのは、大型車の嫌がらせに負けた特急自転車乗りの行動に対する多くの特急自転車乗りの方々の一面的な評価です。


>>暴走族の蛇行運転と全く一緒です。
>意味不明です。文字通り他の交通が一切無い道路で暴走族が静かにゆっくりと蛇行運転をしたとして、それが迷惑行為だとは私は思いません。

暴走族が蛇行運転をするかどうかも暴走族が決めることです。
迷惑や危険がなければ、何ら構いません。
全く一緒です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/18 10:05 | URL |

>AとBとの危険因子の違い・増減を実感・判断出来ないとは、ずさんは本当に自転車に乗ってますか?

人間の直感というのはあてにならないものです。
私は進路変更程度で安定性が損なわれることは有り得ないと直感的には感じますが、オアゾさんのいうような危険性が生じている可能性を直感を根拠に否定することもできないということも承知しています。

もちろん、直感が正しい場合も多いです。だからといって「直感的にこういうふうに感じるはずなんだ、そういう風に感じないなんておかしいではないか?」などといっていたずらに他者を批判する議論はまったく建設的なものではありません。あなたが左右に進路を変更する自転車に危険性を感じることは、自由です。ですが、他者との議論においてまずすべきことは、あなたが直感的に感じているその危険性を客観的な根拠に基づいて説明するように努力することです。決してあなたの直感を他者に押し付けることではありません。どんなに言葉を重ねたところで、あなたの主張の論法が空虚であり、無意味だと私は述べているのです。

主張の内容が正しいか、間違っているかを判断する以前の問題であると述べているのです。


>自転車乗りの経験なくして、世捨人さんを批判し小生に議論を挑むなどまさに、空虚なものでしかありません。

そんなことはありません。世捨人さんの意見のほとんどが暴論であり、オアゾさんの意見のほとんどが自分の主観的な意見の押し付けであることやオアゾさんの意見が首尾一貫性に欠けること、矛盾を孕むことなどは自転車になど乗れなくても理解できるようなことばかりです。(私が自転車に乗らない訳ではありません。)


>ごく僅かの違いの積み重ねが、結果として、統計数値に表れて来るのです。

と主張するなら、その統計数値を示してくださいと言っているだけですよ。私は。
簡単なことでしょう?なぜできないのですか?


>小生は動画の特急自転車乗りの行動を批判・非難などしていませんよ。

であれば、別に構いません。


>小生が問題としているのは、多くの特急自転車乗りの方々の一面的な評価です。

多くの特急自転車乗りの方々がどう評価しても勝手でしょう。「特急自転車乗り」という部分を共有しているのであったら、価値観が一面的になるきらいがあっても、致し方のないことです。オアゾさんがそれについて嘆くのであればそれはオアゾさんの勝手ですが、非難する筋合いではないでしょう。

| ず | 2014/03/18 13:51 | URL |

ずさん| 2014/03/18 13:51 |へ

>>AとBとの危険因子の違い・増減を実感・判断出来ないとは、ずさんは本当に自転車に乗ってますか?
>人間の直感というのはあてにならないものです。私は進路変更程度で安定性が損なわれることは有り得ないと直感的には感じますが、オアゾさんのいうような危険性が生じている可能性を直感を根拠に否定することもできないということも承知しています。もちろん、直感が正しい場合も多いです。だからといって「直感的にこういうふうに感じるはずなんだ、そういう風に感じないなんておかしいではないか?」などといっていたずらに他者を批判する議論はまったく建設的なものではありません。あなたが左右に進路を変更する自転車に危険性を感じることは、自由です。ですが、他者との議論においてまずすべきことは、あなたが直感的に感じているその危険性を客観的な根拠に基づいて説明するように努力することです。決してあなたの直感を他者に押し付けることではありません。どんなに言葉を重ねたところで、あなたの主張の論法が空虚であり、無意味だと私は述べているのです。主張の内容が正しいか、間違っているかを判断する以前の問題であると述べているのです。

そもそも「自転車が後続車を通行させようと左に膨らんだことに起因する事故というのは、小生も聞いたことはありません。動画中の自転車の進路変更は、左右にふらつくことに起因するスリップ(転倒)事故等危険性が増すことで、直進と比較して安全性は格段に劣ります。また、進路変更する際の後方確認のため、前方不注視となる時間が増し、出合い頭事故を避けることが出来ない危険性も増大し、直進と比較して安全性は格段に劣ります。自転車が左右へ進路変更するということは、そういうことです。」(byときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/14 21:39)としています。

警察庁が道路交通法に基づいて分類している統計数値では、結果としてのスリップ事故や前方不注意事故として積み上げられていることでしょう。

その上で、「左に右に車線変更することで、真っ直ぐに通行するよりも危険性が増すことは、足し算・引き算レベルの当たり前の現実です。」(byときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/15 13:49)という再度の問いかけに対して、
「危険性の増加は微小であり、無視できる程度です。例えば、たまたま走行した進路の路面状況のほうがよほど安全に影響するでしょう。10万円の買い物をするのにA店で買ったほうがB店で買うよりも1円安いことに興味があるのであれば、ご自由にどうぞ。」(byずさん | 2014/03/15 19:26)という回答されました。
即ち、「交差点内で左へ右へ進路変更することによる危険性の増大について、ようやく理解いただいたようです。例え、わずかな増分であっても確実に危険性は増します。そして、結果として惹起された事故の悲惨さは、傘差し・携帯ながら等々とは比較にならない重大なものとなります。」(by自転車は歩道(=ときどきオアゾツーキニスト) | 2014/03/16 11:29)ということです。

ずさんは、左に右に車線変更する(B)ことで、真っ直ぐに通行する(A)よりも危険性が増すことについて、微小で無視できる程度とはいえ、危険性が増大する即ち、B-A>0、B>Aを認められていたのです。

その上で、「私は興味が無いので、進路変更による危険性の増大など考えません。」(byずさん | 2014/03/15 19:26)と議論を放棄されていたのです。

「交差点内で進路を変更することにより、増加する危険因子が(ごく僅かであっても)存在することは認めますが、減少する危険因子もやはり存在すると考えますので、「危険性の増大について、ようやく理解いただいたようです。」ということはありません。」(byず | 2014/03/17 23:20 )などと、「危険性の増加」を「危険因子」などと言い替えて誤魔化そうとしても無駄です。

「実感・判断・経験」としている小生の言葉を、「直感」とすり替えて誤魔化しても無駄です。

ずさんは、まさに「直観」で、交差点内でまっすぐ進むこと「A」よりも、左に膨らんで進むこと「B」の方が、微小で無視できる程度であれ、危険性が増加することを認めているのです。

まさに、主張の内容が正しいか、間違っているかを判断する以前の問題です。

>>自転車乗りの経験なくして、世捨人さんを批判し小生に議論を挑むなどまさに、空虚なものでしかありません。
>そんなことはありません。世捨人さんの意見のほとんどが暴論であり、オアゾさんの意見のほとんどが自分の主観的な意見の押し付けであることやオアゾさんの意見が首尾一貫性に欠けること、矛盾を孕むことなどは自転車になど乗れなくても理解できるようなことばかりです。(私が自転車に乗らない訳ではありません。)

小生に押し付けられて、主観的な直観に基づき足し算引き算の結果、ごく僅かとはいえ危険性の増大を認めていたのに、危険因子などと言葉を代えて言い訳するような首尾一貫性に欠け、矛盾を孕む主張をされているのは誰ですか?


>>ごく僅かの違いの積み重ねが、結果として、統計数値に表れて来るのです。
>と主張するなら、その統計数値を示してくださいと言っているだけですよ。私は。
簡単なことでしょう?なぜできないのですか?

当初から、「自転車が後続車を通行させようと左に膨らんだことに起因する事故というのは、小生も聞いたことはありません。まあ、具体例を提示するとすれば、道路を占拠して我が物顔の左右に低速でふらつく暴走族の蛇行運転ですね。」(byときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/14 21:39)としています。

>>小生は動画の特急自転車乗りの行動を批判・非難などしていませんよ。
>であれば、別に構いません。
>>小生が問題としているのは、多くの特急自転車乗りの方々の一面的な評価です。
>多くの特急自転車乗りの方々がどう評価しても勝手でしょう。「特急自転車乗り」という部分を共有しているのであったら、価値観が一面的になるきらいがあっても、致し方のないことです。オアゾさんがそれについて嘆くのであればそれはオアゾさんの勝手ですが、非難する筋合いではないでしょう。

小生は、特急自転車乗りの方々の譲り合いだのという一面的な評価が的を射ていないことを指摘しています。

もういい加減にあきらめなさい。

ずさんの負けです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/18 18:35 | URL |

>左右にふらつくことに起因するスリップ(転倒)事故等危険性が増すことで

同じ走行方法、同じ路面で検証してスリップ事故が起きる可能性なんてあり得ないと思います。もちろん、路面が凍結しているなどの特殊な状況では、この走行方法が危険であることもあり得ますが、そのような事実はありません。

進路を回復する動作でバランスを逸して右へふらつくことで接触事故の可能性を高める可能性は存在するとは思いますが、それは完全に技量に依存するもので、十分な技量があれば確実に防げるでしょう。


>出合い頭事故を避けることが出来ない危険性も増大し

これも繰り返しになりますが、交差交通が無い場所を選んでいるので出会い頭もあり得ない話でしょう。


>自転車が左右へ進路変更するということは、そういうことです。

一般論として交差点内の進路変更に危険が伴う可能性を問われれば、それは認められるかも知れません。しかし、動画中の自転車はその危険性を十分に予測し、それに対応するに十分な安全確認を行った上で行動してますので、結果的に危険性の増大は認められません。


>ずさんは、左に右に車線変更する(B)ことで、真っ直ぐに通行する(A)よりも危険性が増すことについて、微小で無視できる程度とはいえ、危険性が増大する即ち、B-A>0、B>Aを認められていたのです。

認めてないですよ。単純な誤解です。あくまでも誤解に過ぎませんので、それに基づいて反論されても、まったく無意味なことに過ぎません。(滑稽さを狙っているのであれば、かなり成功していると思います。ぱちぱち。)
危険性が増大する成分はあるでしょうね、という程度の意味です。
危険性が減少する成分に関しては触れてません。

ちなみに、私が微小で無視できる、と言ったのは、どんなに積み上げても統計に反映されることがありえないような、という含意があります。道路交通には、こんなつまらないことよりももっと重要な危険因子が多数潜んでいますので、何百万、何千億と統計を積み上げたところで、他の危険因子による事故などに紛れて、このような微小な危険というものは検出が不可能なのです。

AとBとどちらがより危険かなど私には知る由もありませんが、いずれの場合も、問題として取り上げるようなものではないということです。


>「実感・判断・経験」としている小生の言葉を、「直感」とすり替えて誤魔化しても無駄です。

本当にオアゾさんって何も理解していないですよね。つくづく呆れてしまいます。動画中の自転車は、彼の「実感・判断・経験」に基づいて行動しており、彼は交差点で左に膨らむ走行方法を安全な走行方法として選択している事実があります。

それがオアゾさんの「実感・判断・経験」と反するものであったとしても、互いに主観的な「実感・判断・経験」の域を出ないわけですから、どちらがより優れて、より正しい「実感・判断・経験」なのかなどという事を判断することはできないということです。

ひとつ言えることは、動画中の自転車は自らの運転の技量について良く知っている可能性が高いですが、オアゾさんは彼の技量について何も知らないということです。結果として、動画の自転車の「実感・判断・経験」の方がやや正確である可能性が高いかも知れません。

主観に基づく議論というのはこの程度のものにしかなり得ません。そうでないと仰るのであれば、オアゾさんの「実感・判断・経験」が動画の自転車の「実感・判断・経験」に勝るという根拠をご提示下さい。


>自転車が後続車を通行させようと左に膨らんだことに起因する事故というのは、小生も聞いたことはありません。

ということですので、この自転車の行動が事故の要因となる可能性が無いことはオアゾさんも了解しているということでしょう。


>もういい加減にあきらめなさい。ずさんの負けです。

こんなことを唐突に言い出す時は、オアゾさんが窮地に立っていることを自覚できた時に限ります。これまた滑稽な姿です。


>小生は、特急自転車乗りの方々の譲り合いだのという一面的な評価が的を射ていないことを指摘しています。

一面的な評価であることは認めますが、的を射ていないとは思いません。(世捨人さんはこの動画を根拠に自転車は車道を走るべきではないと主張されており、この動画の中での出来ごとに安全上の問題が生じていないことを確認することは、世捨人さんの主張を否定するうえで意義のあるものです。)

一面的だというのは、大型車が空いている右車線に移るという選択肢が存在し、むしろ、その方が全体に道路交通の安全と円滑が保たれた可能性があるからです。これは繰り返しになりますが、この可能性がコメントの上で無視されたのは意図的なものであり、その理由は、これを主張しても世捨人さんの暴論に対する反論という観点ではまったく意味をなさないものであるからに過ぎません。


今回の一連の議論を見て「世捨人=オアゾ説」の信憑性は大いに高まったと私は評価しています。同一人物であるか否かを別として、ある種の結託が存在する可能性は非常に高いです。そもそも、交差点部分を利用して後続車に進路を譲る自転車という設定は私がオアゾさんとの直前に議論していた内容として登場している訳ですからね。オアゾさんが過去に「なりすまし」に近い行為を行っていたことが明るみに出ている現在となっては、オアゾさんがネットマナーを守る人間であるという前提はあまりに楽観的に過ぎるでしょう。

| ず | 2014/03/18 20:04 | URL |

まぁ、どんなコメントがどこに書き込まれたのかを瞬時に把握できる人は一人しかいませんからね〜。

| JEFF | 2014/03/18 23:56 | URL | ≫ EDIT

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>>自転車の歩道走行は道交法(63条の4)で担保されています.しっかり勉強してください.
>これが認められているのは標識で指定された歩道に限られる.どこの歩道でも自転車で走れるわけではない.こういう規定自体,最初から問題が多いのだ.不必要に広い歩道の真中に白線一本引いただけで,歩行者と自転車が入り乱れることによる軋轢を防ぐことはできない.しかも右側通行も容認して支離滅裂だ.こんな欠陥含みの法令の条文にアグラをかいた国土交通省や自治体の怠慢,無責任こそが,自転車を巡る諸悪の根源である.私は危険回避のためやむを得ない場合は別として,自転車の歩道通行には原則的に妥協しない.


身体がむきだしとなる自転車とダンプカーが同じ走行車線を走るのは狂気の沙汰です。
「自転車は車道」とかいうのも欠陥でしょうね。

| 世捨人 | 2014/03/19 01:02 | URL |

ずさん| 2014/03/18 20:04 |へ

>>左右にふらつくことに起因するスリップ(転倒)事故等危険性が増すことで
>同じ走行方法、同じ路面で検証してスリップ事故が起きる可能性なんてあり得ないと思います。もちろん、路面が凍結しているなどの特殊な状況では、この走行方法が危険であることもあり得ますが、そのような事実はありません。進路を回復する動作でバランスを逸して右へふらつくことで接触事故の可能性を高める可能性は存在するとは思いますが、それは完全に技量に依存するもので、十分な技量があれば確実に防げるでしょう。

こんなところで、技量自慢されても困りものです。

凍結路面でなくとも道路や交差点の端っこは、砂やゴミの吹き溜まりとなっています。

通常、轍を外れることは、それだけで路面の凹凸などで走り辛く、当然のことながら、ハンドルを取られる等の危険性が高まります。


>>出合い頭事故を避けることが出来ない危険性も増大し
>これも繰り返しになりますが、交差交通が無い場所を選んでいるので出会い頭もあり得ない話でしょう。

今回の動画に限定すれば、仰るとおり出合い頭事故も追突事故も接触事故も発生していません。

一般化すれば、交差点内で左に右に車線変更することで前方不注視となっては、歩道から車道にせっかちに一歩踏み出す高齢者やふざけて押し合いする小中学生等々の飛び出し等に対応出来ません。


>>自転車が左右へ進路変更するということは、そういうことです。
>一般論として交差点内の進路変更に危険が伴う可能性を問われれば、それは認められるかも知れません。しかし、動画中の自転車はその危険性を十分に予測し、それに対応するに十分な安全確認を行った上で行動してますので、結果的に危険性の増大は認められません。

今回の自転車乗りが左に右に交差点内で進路変更した行為は、一般論として、譲り合いなどと手放しで賞賛する行為ではないということをご理解いただければ、十分です。


>>ずさんは、左に右に車線変更する(B)ことで、真っ直ぐに通行する(A)よりも危険性が増すことについて、微小で無視できる程度とはいえ、危険性が増大する即ち、B-A>0、B>Aを認められていたのです。
>認めてないですよ。単純な誤解です。あくまでも誤解に過ぎませんので、それに基づいて反論されても、まったく無意味なことに過ぎません。(滑稽さを狙っているのであれば、かなり成功していると思います。ぱちぱち。) 危険性が増大する成分はあるでしょうね、という程度の意味です。危険性が減少する成分に関しては触れてません。 ちなみに、私が微小で無視できる、と言ったのは、どんなに積み上げても統計に反映されることがありえないような、という含意があります。道路交通には、こんなつまらないことよりももっと重要な危険因子が多数潜んでいますので、何百万、何千億と統計を積み上げたところで、他の危険因子による事故などに紛れて、このような微小な危険というものは検出が不可能なのです。AとBとどちらがより危険かなど私には知る由もありませんが、いずれの場合も、問題として取り上げるようなものではないということです。

普通の日本語として、危険性の増大を認めているでしょう。
後出しジャンケンは惨めですよ。

交差点内で左へ右へと車線変更したことが本当の原因となっていても、警察庁の交通事故の統計数値としては、交差点安全進行違反、前方不注意、動静不注視等に、 まとめられるということで、何ら問題ありません。

具体的な検証は、国土交通省の研究所等々のシミュレーション実験等を待つしかありません。


>>「実感・判断・経験」としている小生の言葉を、「直感」とすり替えて誤魔化しても無駄です。
>本当にオアゾさんって何も理解していないですよね。つくづく呆れてしまいます。動画中の自転車は、彼の「実感・判断・経験」に基づいて行動しており、彼は交差点で左に膨らむ走行方法を安全な走行方法として選択している事実があります。それがオアゾさんの「実感・判断・経験」と反するものであったとしても、互いに主観的な「実感・判断・経験」の域を出ないわけですから、どちらがより優れて、より正しい「実感・判断・経験」なのかなどという事を判断することはできないということです。ひとつ言えることは、動画中の自転車は自らの運転の技量について良く知っている可能性が高いですが、オアゾさんは彼の技量について何も知らないということです。結果として、動画の自転車の「実感・判断・経験」の方がやや正確である可能性が高いかも知れません。主観に基づく議論というのはこの程度のものにしかなり得ません。そうでないと仰るのであれば、オアゾさんの「実感・判断・経験」が動画の自転車の「実感・判断・経験」に勝るという根拠をご提示下さい。

ずさんも技量問題として認められたとおり、交差点内での左に右に車線変更することは、明らかに危険性を増大させます。

今回の動画中の特急自転車乗りは、大型車の嫌がらせに負けて、明らかに危険性を増大させる選択をしたということです。

そして、「どちらがより優れて、より正しい「実感・判断・経験」なのかなどという事を判断することはできない」にも関わらず、「他者に配慮した運転による交通の円滑が確保だの、サイクリストの周囲確認ががきちんと出来てる状態だの、譲り合いの精神が伺えるだの、ローディもきちんとルールは守っているだの、互いに「受忍の限度内」というものだの、気づいた“競技用自転車乗り”が進路を譲っただの、進路を譲った自転車の交通安全に対する貢献度を誉めるだの、問題視する場面は無いだの」と、ずさん初め多くの特急自転車乗りの方々が世捨人さんへの反論として、尤もらしくコメントされていたということです。

全ては特急自転車乗りの身の程を弁えない不遜で身勝手な勘違いです。


>>自転車が後続車を通行させようと左に膨らんだことに起因する事故というのは、小生も聞いたことはありません。
>ということですので、この自転車の行動が事故の要因となる可能性が無いことはオアゾさんも了解しているということでしょう。

小生が了解しているのは、統計数値や新聞報道等で聞いたことはないという事実です。

自転車の事故の原因分析について、自転車乗りが交差点内で左に右に進路変更したことを原因として事故を惹起した場合にも、その行動の理由(後続車両に道を譲るため)まで事故原因として究明し、統計数値として積み上げ、報道されることがないということです。

一時停止しなかったことが原因の事故について、約束に遅れそうだったなどという理由は統計数値や報道には表れないということと同じです。


>>もういい加減にあきらめなさい。ずさんの負けです。
>こんなことを唐突に言い出す時は、オアゾさんが窮地に立っていることを自覚できた時に限ります。これまた滑稽な姿です。

危険性の増大を認めながら、増加因子と減少因子があるなどと見苦しい言い訳をされていましたので、助け舟を出したまでのことです。


>>小生は、特急自転車乗りの方々の譲り合いだのという一面的な評価が的を射ていないことを指摘しています。
>一面的な評価であることは認めますが、的を射ていないとは思いません。(世捨人さんはこの動画を根拠に自転車は車道を走るべきではないと主張されており、この動画の中での出来ごとに安全上の問題が生じていないことを確認することは、世捨人さんの主張を否定するうえで意義のあるものです。)

世捨人さんの主張など否定する価値も意義もありません。

一面的な反論の言い訳に世捨人さんに縋りつくとは、本当に情けない限りです。

しっかりして下さい。


>一面的だというのは、大型車が空いている右車線に移るという選択肢が存在し、むしろ、その方が全体に道路交通の安全と円滑が保たれた可能性があるからです。これは繰り返しになりますが、この可能性がコメントの上で無視されたのは意図的なものであり、その理由は、これを主張しても世捨人さんの暴論に対する反論という観点ではまったく意味をなさないものであるからに過ぎません。

交差点内で左に右に車線変更することを譲り合いの精神だとすることは、譲り合いの精神を発揮して、車道は自動車に明け渡し、自転車は歩道を通行せよとの世捨人さんの暴論に与することとなりますよ。

大丈夫ですか?


>今回の一連の議論を見て「世捨人=オアゾ説」の信憑性は大いに高まったと私は評価しています。同一人物であるか否かを別として、ある種の結託が存在する可能性は非常に高いです。そもそも、交差点部分を利用して後続車に進路を譲る自転車という設定は私がオアゾさんとの直前に議論していた内容として登場している訳ですからね。オアゾさんが過去に「なりすまし」に近い行為を行っていたことが明るみに出ている現在となっては、オアゾさんがネットマナーを守る人間であるという前提はあまりに楽観的に過ぎるでしょう。

あれあれ、今度は、こじまさんに縋ろうとされていますが、大丈夫ですか?

疋田さんのブログネタなど、世捨人さんのパクリ疑惑は今回に始まったことではありません。

ネタ探しに四苦八苦されている世捨人さんのご苦労は十分に労って差し上げましょう。

歴史をひも解く努力も礼儀です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/19 19:47 | URL |

何で競技用自転車を目の敵にしてるの?

| 自転車は歩道 | 2014/03/20 01:13 | URL |

>凍結路面でなくとも道路や交差点の端っこは、砂やゴミの吹き溜まりとなっています。

充分な安全確認が重要ですね。


>通常、轍を外れることは、それだけで路面の凹凸などで走り辛く、当然のことながら、ハンドルを取られる等の危険性が高まります。

わだち、ですか?動画ではわだちの存在は確認できません。


>前方不注視となっては

交差点内の前方不注視は時に危険ですが、事前に常況の確認を十分に行い、短時間で済ませる範囲であれば問題は無いでしょう。


>一般論として、譲り合いなどと手放しで賞賛する行為ではない

一般論として称賛などしていません。クルマが対向右折車に進路を譲ることは、時に交通渋滞を防ぐうえで重要な役割を担っていますが、一方でバイクなどとの接触事故の誘因となる場合もあります。

譲り合いというのは道路交通に欠かせないものではありますが、一方で、手放しで称賛すべきものではありません。


>普通の日本語として、危険性の増大を認めているでしょう。

そのように読めるということでしたら、表現の不正確についてお詫びし、訂正いたします。
正確には、「危険性の増大の可能性を否定しない」です。


>ずさんも技量問題として認められたとおり、交差点内での左に右に車線変更することは、明らかに危険性を増大させます。

危険性を増大させることがあり得ます、というのでしたら、明らかに正しいとおもいます。


>約束に遅れそうだったなどという理由は統計数値や報道には表れないということと同じです。

統計処理には乗りませんが、重要で件数の多いタイプの事故に関しては、そのような心理的な要因を含めて検証する調査なども行われています。もし、交差点で進路を譲った自転車が事故に巻き込まれるケースが稀ではない事故要因として存在するのであれば、すでに報告されていることでしょう。確かに、事故の可能性が皆無で、絶対的に安全であると言い切ることは困難かも知れませんが。


>世捨人さんの主張など否定する価値も意義もありません。

あなたがそういう態度を取ることは構いませんが、あなたには世捨人さんの記事に対する態度を他者に強要するような権限はありません。一連の「一面的な」主張は、いずれも世捨人さんの行き過ぎた意見に対する反論として書かれたものであり、それ以上の何者でもありません。

| ず | 2014/03/20 12:23 | URL |

ずさん| 2014/03/20 12:23 |へ

>>凍結路面でなくとも道路や交差点の端っこは、砂やゴミの吹き溜まりとなっています。
>充分な安全確認が重要ですね。

左に右に車線変更せずに、真っ直ぐ前を見て直進すれば、スリップ事故の危険性は確実に減ります。


>>通常、轍を外れることは、それだけで路面の凹凸などで走り辛く、当然のことながら、ハンドルを取られる等の危険性が高まります。
>わだち、ですか?動画ではわだちの存在は確認できません。

アスファルトの道路では、通常、自動車等の加重で路面は微妙に波打っているものです。
普通に自転車で車道左端通行していれば、「轍(わだち)」という表現で十分にご理解いただけるものです。
本当に自転車に乗ってますか?


>>前方不注視となっては
>交差点内の前方不注視は時に危険ですが、事前に常況の確認を十分に行い、短時間で済ませる範囲であれば問題は無いでしょう。

問題ない範囲の積み重ねが悲惨な結果を惹起するものです。
BMI22さんやlemondさんなどなど、ミラーの見過ぎで予見出来ない突発的な障害物を交わし切れない(自損)事故は、かつての疋田さんの掲示板等々に溢れています。


>>一般論として、譲り合いなどと手放しで賞賛する行為ではない
>一般論として称賛などしていません。クルマが対向右折車に進路を譲ることは、時に交通渋滞を防ぐうえで重要な役割を担っていますが、一方でバイクなどとの接触事故の誘因となる場合もあります。譲り合いというのは道路交通に欠かせないものではありますが、一方で、手放しで称賛すべきものではありません。

議論を拡散させようとしても無駄です。
今回の動画では、先行する自転車が交差点内で左に右に車線変更して、後続の大型車に道を譲る必要性は全くありません。
車道上の最弱者である自転車は車道左端をただただ真っ直ぐ前を向いて蛇行せずに通行すれば良いだけです。
嫌がらせに負けた根性なしの特急自転車乗りを、尤もらしく譲り合いなどと慰め合っているだけのことです。


>>普通の日本語として、危険性の増大を認めているでしょう。
>そのように読めるということでしたら、表現の不正確についてお詫びし、訂正いたします。正確には、「危険性の増大の可能性を否定しない」です。

上述の吹き溜まり、轍(わだち)、前方不注視といった具体的な危険性について反論を試みようとされていますが、大丈夫ですか?
うわべだけでなく、心根からお詫び・訂正でないと、ずさんのためになりません。


>>ずさんも技量問題として認められたとおり、交差点内での左に右に車線変更することは、明らかに危険性を増大させます。
>危険性を増大させることがあり得ます、というのでしたら、明らかに正しいとおもいます。

上述のとおり、心根からの思いとなってますか?


>>約束に遅れそうだったなどという理由は統計数値や報道には表れないということと同じです。
>統計処理には乗りませんが、重要で件数の多いタイプの事故に関しては、そのような心理的な要因を含めて検証する調査なども行われています。もし、交差点で進路を譲った自転車が事故に巻き込まれるケースが稀ではない事故要因として存在するのであれば、すでに報告されていることでしょう。確かに、事故の可能性が皆無で、絶対的に安全であると言い切ることは困難かも知れませんが。

統計数値や報道に表れないほどに、事故が多発する交差点内で、車道上の最弱者である自転車が左に右に車線変更して後続車両に追越しさせることは、誰も求めていないということです。
譲り合いなどと尤もらしく慰め合っているのは、特急自転車乗りの方々だけです。


>>世捨人さんの主張など否定する価値も意義もありません。
>あなたがそういう態度を取ることは構いませんが、あなたには世捨人さんの記事に対する態度を他者に強要するような権限はありません。一連の「一面的な」主張は、いずれも世捨人さんの行き過ぎた意見に対する反論として書かれたものであり、それ以上の何者でもありません。

反論になってませんよ。
譲り合いなどと尤もらしくかばい合っていますが、傷の舐め合いにしかなってませんよ。
事故が多発する危険な交差点内で左に右に車線変更して後続車両に追越しさせることなど誰も求めていませんよ。
大丈夫ですか?
特急自転車乗りの方々の独善的な自意識過剰を諌めているものです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/20 14:40 | URL |

>真っ直ぐ前を見て直進すれば、スリップ事故の危険性は確実に減ります。

こういうことを言う事もできます。「大型車に首尾良く道を譲り、大型車が先に行きさえすれば、その大型車との間で接触事故が起きる可能性は確実に低下します。」

一面的な事実だけを捉えて議論を進めるべきではありません。


>アスファルトの道路では、通常、自動車等の加重で路面は微妙に波打っているものです。

それは道によりけりでしょう。道路左端に轍が形成されている場合はそんなに一般的な状況ではないと思います。


>道を譲る必要性は全くありません。自転車は車道左端をただただ真っ直ぐ前を向いて蛇行せずに通行すれば良いだけです。

ええ、そうです。この場面で道を譲ることが必要だったなどとはこれっぽっちも思いません。自転車は道路左端をまっすぐに通行すれば、それで十分でした。それに対して、自転車は左へ膨らんで後続車を通すような運転をしています。これを、私は「必要十分以上の運転である」と評価している訳です。


>吹き溜まり、轍(わだち)、前方不注視といった具体的な危険性

これらは、実際にあり得ないものではないと思いますよ。
ですが、一般的に存在する危険性ではなく、道路の状況に応じて生じる可能性のある危険性である訳です。
動画中の自転車はそれらの危険性の有無を確認できる状態にあります。
そういった危険性を確認したうえで後続車に道を譲るような行動をしているからこそ、私は評価しているのです。

交差点で後続車に道を譲る行動を手放しで褒め、誰にも彼にも道路状況にかかわらずそれを推奨するというつもりなど最初から毛頭ありません。

一般論として危険性が潜んでいる可能性があること、
各論として、動画中の自転車はその危険がないことを確認した上で行動していること、

上記に明確な区別をせず、結果として表現がぶれたように見えてしまい、オアゾさんが誤解を重ねてしまったことに関して責任を感じている訳です。そして、それについて訂正しています。動画中の自転車の危険性について認めようという訳ではありません。


>上述のとおり、心根からの思いとなってますか?

ええ。結果的に事故になるようであれば、道を譲ろうとする精神から来た行動であっても弁解の材料にはなりません。

しかし、そこから導き出される結論は、「道を譲るな」ではなく、「道を譲るのであれば安全を十分に確認してからにせよ」ということです。

そして、その原則に基づき、安全に後続車に道を譲る事ができている動画中の自転車を、私は称賛している訳です。


>交差点内で後続車両に追越しさせることは、誰も求めていないということです。

ええ。私も求めていません。
そして、それゆえに、私は彼を称賛しているのです。

| ず | 2014/03/21 20:29 | URL |

ずさん | 2014/03/21 20:29 |へ

>>真っ直ぐ前を見て直進すれば、スリップ事故の危険性は確実に減ります。
>こういうことを言う事もできます。「大型車に首尾良く道を譲り、大型車が先に行きさえすれば、その大型車との間で接触事故が起きる可能性は確実に低下します。」一面的な事実だけを捉えて議論を進めるべきではありません。

さて、イタルダ等の統計資料では、追随する大型車と先行する自転車との間の接触事故はどれほどでしょう。
大型車の追突では、自転車が車道上の最弱者であることもあり、100:0で大型車の責任でしょう。
だからこそ、大型車が接触事故を起こす危険性など皆無なのです。
闘魂注入クラクションを鳴らすことはしても、追突事故を起こしては、タクシードライバーであれば、失業してしまいます。
自転車が交差点内で左に右に車線変更したことを原因とする事故では、自転車側にも事故惹起の責任を問われることでしょう。


>>アスファルトの道路では、通常、自動車等の加重で路面は微妙に波打っているものです。
>それは道によりけりでしょう。道路左端に轍が形成されている場合はそんなに一般的な状況ではないと思います。

大丈夫ですか?
車道外側線の今回の動画の道路などいかにも波打っていそうですよ。

小生が車道左端を通行する際には、車道外側線のペンキ塗装の凸凹も気になりますよ。


>>道を譲る必要性は全くありません。自転車は車道左端をただただ真っ直ぐ前を向いて蛇行せずに通行すれば良いだけです。
>ええ、そうです。この場面で道を譲ることが必要だったなどとはこれっぽっちも思いません。自転車は道路左端をまっすぐに通行すれば、それで十分でした。それに対して、自転車は左へ膨らんで後続車を通すような運転をしています。これを、私は「必要十分以上の運転である」と評価している訳です。

明らかに、自転車には求められていない必要以上の「危険」運転です。


>>吹き溜まり、轍(わだち)、前方不注視といった具体的な危険性
>これらは、実際にあり得ないものではないと思いますよ。ですが、一般的に存在する危険性ではなく、道路の状況に応じて生じる可能性のある危険性である訳です。動画中の自転車はそれらの危険性の有無を確認できる状態にあります。そういった危険性を確認したうえで後続車に道を譲るような行動をしているからこそ、私は評価しているのです。交差点で後続車に道を譲る行動を手放しで褒め、誰にも彼にも道路状況にかかわらずそれを推奨するというつもりなど最初から毛頭ありません。一般論として危険性が潜んでいる可能性があること、各論として、動画中の自転車はその危険がないことを確認した上で行動していること、上記に明確な区別をせず、結果として表現がぶれたように見えてしまい、オアゾさんが誤解を重ねてしまったことに関して責任を感じている訳です。そして、それについて訂正しています。動画中の自転車の危険性について認めようという訳ではありません。

今回の動画の画像の質から吹き溜まり、轍(わだち)、前方不注視の具体的危険性が無いなどと安易に判断できますか?
道路の脇は、草ぼうぼうの荒地状態ですよ。
いかにも砂や小石や枯れ草などが吹き溜まっていそうですよ。微細な突起物の巻上げによるパンクの危険性が高いでしょう。
今回の自転車は安全地帯のゼブラゾーン上を進んでいるようですよ。
ペンキ塗装でのスリップの危険性もあります。


>>上述のとおり、心根からの思いとなってますか?
>ええ。結果的に事故になるようであれば、道を譲ろうとする精神から来た行動であっても弁解の材料にはなりません。しかし、そこから導き出される結論は、「道を譲るな」ではなく、「道を譲るのであれば安全を十分に確認してからにせよ」ということです。そして、その原則に基づき、安全に後続車に道を譲る事ができている動画中の自転車を、私は称賛している訳です。

今回事故が起こらなかったのは結果論であって、大型車の嫌がらせに負けて、危険の伴う無駄な動きをしている情けない自転車です。


>>交差点内で後続車両に追越しさせることは、誰も求めていないということです。
>ええ。私も求めていません。そして、それゆえに、私は彼を称賛しているのです。

大型車の嫌がらせ行為を助長する恥ずべき行為です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/22 16:36 | URL |

Re: タイトルなし

> 何で競技用自転車を目の敵にしてるの?

しっかりしてください。

| 世捨人 | 2014/03/26 23:43 | URL |

>大型車の追突では、自転車が車道上の最弱者であることもあり、100:0で大型車の責任でしょう。

この常況で大型車が自転車に追突することは確かに「ありそうもない」ことです。ですが、自転車がスリップすることも同じくらい、ありそうもないことですし、後続車が自転車をひっかけることも、やっぱり、ありそうもないことです。

自転車が道路左端をまっすぐに直進し、大型車が痺れを切らして、右車線を利用して追い抜いて行くのは「正解」です。そして、左に膨らんで大型車を通行させることもやはり「正解」です。いずれの「正解」にも予測可能な危険性は孕んでいないからです。

これに関して、やれ、譲り合いの精神がどうしたとか、譲ってばかりいては横暴な運転を助長しまいか、とか言い合ってその評価を議論することはできます。ですが、どちらも「正解」ですから、どちらか一方でなくてはならないということはありえないのです。どちらを選択するのかは、完全にその自転車運転者次第です。そして、それを高く評価するのか、低く評価するのかは我々の勝手です。


>明らかに、自転車には求められていない必要以上の「危険」運転です。

求められていること以外はしてはならない、というのは私が最も嫌悪する硬直的な考え方です。そのような考え方が言葉の端々にでていますので、私はオアゾさんを痛烈に批判しています。


>今回の動画の画像の質から吹き溜まり、轍(わだち)、前方不注視の具体的危険性が無いなどと安易に判断できますか?

ないとは判断できません。あるという根拠が無い、と述べています。

一方で、自転車がこういうコースを取っている以上は、自転車自身が、安全な運転を支障するほどの障害は存在しないという判断を下したとは合理的に推察できます。(もし充分な確認をしていないのであれば、無責任な行動であるという誹りを受けて然るべきでしょうが、その根拠がないからには、そういった無根拠の批判は慎むべきだと言っています。)


>ペンキ塗装でのスリップの危険性もあります。

乾いた路面で鋭角な進路変更をしているわけでもないですので、大丈夫でしょう。

>今回事故が起こらなかったのは結果論であって、大型車の嫌がらせに負けて、危険の伴う無駄な動きをしている情けない自転車です。

と、あなたが評価するのはあなたの自由です。


>大型車の嫌がらせ行為を助長する恥ずべき行為です。

と、あなたが評価するのはやはり、あなたの自由です。

| ず | 2014/03/27 14:07 | URL |

ずさん| 2014/03/27 14:07 |へ

>>大型車の追突では、自転車が車道上の最弱者であることもあり、100:0で大型車の責任でしょう。
>この常況で大型車が自転車に追突することは確かに「ありそうもない」ことです。ですが、自転車がスリップすることも同じくらい、ありそうもないことですし、後続車が自転車をひっかけることも、やっぱり、ありそうもないことです。自転車が道路左端をまっすぐに直進し、大型車が痺れを切らして、右車線を利用して追い抜いて行くのは「正解」です。そして、左に膨らんで大型車を通行させることもやはり「正解」です。いずれの「正解」にも予測可能な危険性は孕んでいないからです。

ありそうか、ありそうではなく、正解不正解でもなく、万一事故が発生した場合の責任の所在の問題です。
しっかりして下さい。


>これに関して、やれ、譲り合いの精神がどうしたとか、譲ってばかりいては横暴な運転を助長しまいか、とか言い合ってその評価を議論することはできます。ですが、どちらも「正解」ですから、どちらか一方でなくてはならないということはありえないのです。どちらを選択するのかは、完全にその自転車運転者次第です。そして、それを高く評価するのか、低く評価するのかは我々の勝手です。

特急自転車乗りの方々は、評価を間違えていますよ、と小生が指摘しているものです。
まず、道路交通法の勉強からしなおしましょう。


>>明らかに、自転車には求められていない必要以上の「危険」運転です。
>求められていること以外はしてはならない、というのは私が最も嫌悪する硬直的な考え方です。そのような考え方が言葉の端々にでていますので、私はオアゾさんを痛烈に批判しています。

「以外」ではなく、「以上」です。
「してはならない」ではなく、「必要がない」です。
キチンと読み取って下さい。
言葉の端々をおろそかにするずさんの批判は痛くもかゆくもありません。


>>今回の動画の画像の質から吹き溜まり、轍(わだち)、前方不注視の具体的危険性が無いなどと安易に判断できますか?
>ないとは判断できません。あるという根拠が無い、と述べています。

ずさんは、動画中の自転車は「そういった危険性を確認したうえで」(byずさん| 2014/03/21 20:29)と断言されています。
あるという根拠がないなどとは述べていません。
吹き溜まり、轍(わだち)、前方不注視の具体的危険性を冒しているかも知れませんよ。
しっかりして下さい。
本当に無責任ですね。


>一方で、自転車がこういうコースを取っている以上は、自転車自身が、安全な運転を支障するほどの障害は存在しないという判断を下したとは合理的に推察できます。(もし充分な確認をしていないのであれば、無責任な行動であるという誹りを受けて然るべきでしょうが、その根拠がないからには、そういった無根拠の批判は慎むべきだと言っています。)

合理的に推察する根拠はどこにあるのですか?
特急自転車乗りの仲間意識ですかね。
本当に無責任な行動(反論)です。
しっかりして下さい。


>>ペンキ塗装でのスリップの危険性もあります。
>乾いた路面で鋭角な進路変更をしているわけでもないですので、大丈夫でしょう。

本当ですか?
ペンキ塗装の上に、細かい砂があれば、濡れた路面と同様に危険ですよ。
普通は、ゼブラゾーンは極力避けますし、振動が伝わりますので腰を浮かすものですよ。


>>今回事故が起こらなかったのは結果論であって、大型車の嫌がらせに負けて、危険の伴う無駄な動きをしている情けない自転車です。
>と、あなたが評価するのはあなたの自由です。

当然のことです。


>>大型車の嫌がらせ行為を助長する恥ずべき行為です。
>と、あなたが評価するのはやはり、あなたの自由です。

当然です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/27 17:12 | URL |

>万一事故が起きた場合の責任の所在

これに関して、自転車が進路変更をせず直進した場合と、左に膨らむ進路を取った場合を検討すれば、前者では責任の発生する余地はなく、後者では、事故状況に応じて一定程度の責任が問われる可能性があります。これは、明白な事実であり、議論の余地のないことです。

その上で、そのような(自分に責任が発生する)可能性のある行動を徹底的に避けなければならないとは、私は考えません。もちろん、そういう風に行動することは認められるべきではありますけどね。

自分に責任が生じうる行動を、自らの責任で敢えて実行し、不利益を生ずることなくそれを完遂している点を、私は賞賛している訳です。

※この走行方法が道交法違反だとは思いませんよ。「できるだけ安全な方法で交差点を通行する義務」はありますが、この通行方法が「できるだけ安全な方法」でないという証左はどこにもないのです。


>「以外」ではなく、「以上」です。
>「してはならない」ではなく、「必要がない」です。
>キチンと読み取って下さい。
>言葉の端々をおろそかにするずさんの批判は痛くもかゆくもありません。

ええ。そう思います。
私も、動画のように左に膨らんで後続車を通行させる必要はなかったと思います。

ただし、注意して頂きたいのは、私が「する必要がない」と言っているのは、すべきでなかっただとか、しない方がよかっただとか、してはいけなかっただとか、そういうニュアンスは一切含意していないということです。

オアゾさんの文章を見ると、上記のニュアンスの含意がありありと見て取れます。その含意された意味合いに対して私は批判しています。


>ずさんは、動画中の自転車は「そういった危険性を確認したうえで」(byずさん| 2014/03/21 20:29)と断言されています。

それは、私がそういう風に考えている、ということでしょう。少なくとも、動画のなかでは「起こってはいけないこと」は何一つ起こっていないということです。ごく普通の道路交通のごく普通の一場面として充分にありうる場面であることを私は主張しています。

上記は断言していますが、実のところ、私の推測に過ぎませんよね。


>合理的に推察する根拠はどこにあるのですか?

まあ、大抵はそうだからです。普通に左折した自動車の動画を見て、あの車は自転車や二輪車の巻き込みを注意しなかったかも知れない!なんて危ないんだ!などと激昂しますか?


>普通は、ゼブラゾーンは極力避けますし、振動が伝わりますので腰を浮かすものですよ。

腰は浮かしたところでこの距離から視認することは困難でしょう。
多分、腰は浮かしているんだと思いますよ。実際に。

| ず | 2014/03/27 19:06 | URL |

ずさん| 2014/03/27 19:06 |へ

>>万一事故が起きた場合の責任の所在
>これに関して、自転車が進路変更をせず直進した場合と、左に膨らむ進路を取った場合を検討すれば、前者では責任の発生する余地はなく、後者では、事故状況に応じて一定程度の責任が問われる可能性があります。これは、明白な事実であり、議論の余地のないことです。

どれだけ危険なことをしでかしているのはしっかり反省しなさい。


>その上で、そのような(自分に責任が発生する)可能性のある行動を徹底的に避けなければならないとは、私は考えません。もちろん、そういう風に行動することは認められるべきではありますけどね。自分に責任が生じうる行動を、自らの責任で敢えて実行し、不利益を生ずることなくそれを完遂している点を、私は賞賛している訳です。

万一の場合に自転車乗りに責任が生じる行動とは、即ち、道路交通法のルールに反する行動だということです。
道路交通法違反の行為を完遂したことを賞賛しているということは、道路交通法違反を推奨しているということです。
自分の書いていることを、冷静に読み直しなさい。


>※この走行方法が道交法違反だとは思いませんよ。「できるだけ安全な方法で交差点を通行する義務」はありますが、この通行方法が「できるだけ安全な方法」でないという証左はどこにもないのです。

酒気帯び自転車と一緒で、事故を起こした場合には、「安全な方法」でなかったとみなされるということです。


>>「以外」ではなく、「以上」です。「してはならない」ではなく、「必要がない」です。キチンと読み取って下さい。 言葉の端々をおろそかにするずさんの批判は痛くもかゆくもありません。
>ええ。そう思います。私も、動画のように左に膨らんで後続車を通行させる必要はなかったと思います。

あらら、あっさりと敗北宣言ですか。
まあ、ようやくご理解いただいたということで、良かった。良かった。


>ただし、注意して頂きたいのは、私が「する必要がない」と言っているのは、すべきでなかっただとか、しない方がよかっただとか、してはいけなかっただとか、そういうニュアンスは一切含意していないということです。オアゾさんの文章を見ると、上記のニュアンスの含意がありありと見て取れます。その含意された意味合いに対して私は批判しています。

この特急自転車乗りが、交通安全の先駆者を自認し、ママチャリ族を含め全ての自転車が車道左端通行する世の中を築くことで自転車の交通機関として位置づけを高め、よりよい自転車通行空間を獲得して行こうと思っているのであれば、するべきではないし、しない方が良いし、してはいけなかったということです。

まあ、動画の特急自転車乗りにそこまで求めることは酷だとしても、このブログで尤もらしい議論をしている特急自転車乗りの方々には、その位の気概は持っていただきたいものです。


>>ずさんは、動画中の自転車は「そういった危険性を確認したうえで」(byずさん| 2014/03/21 20:29)と断言されています。
>それは、私がそういう風に考えている、ということでしょう。少なくとも、動画のなかでは「起こってはいけないこと」は何一つ起こっていないということです。ごく普通の道路交通のごく普通の一場面として充分にありうる場面であることを私は主張しています。上記は断言していますが、実のところ、私の推測に過ぎませんよね。

小生に許しを請われても困りものです。


>>合理的に推察する根拠はどこにあるのですか?
>まあ、大抵はそうだからです。普通に左折した自動車の動画を見て、あの車は自転車や二輪車の巻き込みを注意しなかったかも知れない!なんて危ないんだ!などと激昂しますか?

今回の動画では、道路脇を雑草が埋め尽くしており、砂や小石や枯草などでスリップする危険性が十分にあったということ、今回の動画の画像が荒く、路面の状況は確認出来ないにも関わらず危険がないと断定されていることを問題視しています。

自転車や二輪車の巻き込みの危険性の有無は、今回の動画レベルの画質でも十分確認出来るでしょう。


>>普通は、ゼブラゾーンは極力避けますし、振動が伝わりますので腰を浮かすものですよ。
>腰は浮かしたところでこの距離から視認することは困難でしょう。多分、腰は浮かしているんだと思いますよ。実際に。

腰を浮かしているかどうかも視認できないのに、路面の状況など確認出来ないでしょう。
砂や埃に紛れた細かい突起物の巻き上げによるパンクの危険性も考えれば、腰を浮かさなければならない程荒れている路面で、左に右に進路変更する行為は車道上の最弱者である自転車乗りは絶対にしてはならない行為だということです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/27 21:13 | URL |

>万一の場合に自転車乗りに責任が生じる行動とは、即ち、道路交通法のルールに反する行動だということです。

自分の進路を変更する場合は、進路が重なりうる他の通行に注意を払う必要があります。万一、事故につながるとすれば、注意が足りなかったということを意味しますので、道交法違反を問われるでしょう。

動画中では事故どころか、事故になりそうな状況さえ認められません。この自転車の注意が不充分であったという根拠はありません。よって、道交法違反とする根拠もないのです。


>よりよい自転車通行空間を獲得して行こうと思っているのであれば、するべきではないし、しない方が良いし、してはいけなかったということです。

そういう考え方はありうると思うと私は最初から述べています。
あまり同感はしませんけど。


>今回の動画レベルの画質でも十分確認出来るでしょう。

自転車が進路変更を行っている場所は画像の奥の方にちょこっと写りこんでいるだけですので、判断材料には甚だ乏しいと言わざるを得ません。自転車を批判するのであれば現地調査が必要でしょう。


>腰を浮かしているかどうかも視認できないのに、路面の状況など確認出来ないでしょう。

路面状況など確認できないからこそ、根拠のない批判をくりだすのはやめましょうと言っています。

| ず | 2014/03/28 09:31 | URL |

ずさん| 2014/03/28 09:31 |へ

>>万一の場合に自転車乗りに責任が生じる行動とは、即ち、道路交通法のルールに反する行動だということです。
>自分の進路を変更する場合は、進路が重なりうる他の通行に注意を払う必要があります。万一、事故につながるとすれば、注意が足りなかったということを意味しますので、道交法違反を問われるでしょう。動画中では事故どころか、事故になりそうな状況さえ認められません。この自転車の注意が不充分であったという根拠はありません。よって、道交法違反とする根拠もないのです。

事故になりそうな状況さえ認められなければ何でもありということで、交差点内で左に右に進路変更することは、交通量の少ない交差点での確信犯的信号無視と一緒だということですかね。


>>よりよい自転車通行空間を獲得して行こうと思っているのであれば、するべきではないし、しない方が良いし、してはいけなかったということです。
>そういう考え方はありうると思うと私は最初から述べています。あまり同感はしませんけど。

それでも、車道上の最弱者である自転車が周りの迷惑も顧みずに、交差点内で左に右に進路変更することを賞賛するとはどういう考え方でしょう。


>>今回の動画レベルの画質でも十分確認出来るでしょう。
>自転車が進路変更を行っている場所は画像の奥の方にちょこっと写りこんでいるだけですので、判断材料には甚だ乏しいと言わざるを得ません。自転車を批判するのであれば現地調査が必要でしょう。

頑張って下さい。


>>腰を浮かしているかどうかも視認できないのに、路面の状況など確認出来ないでしょう。
>路面状況など確認できないからこそ、根拠のない批判をくりだすのはやめましょうと言っています。

車道上の最弱者である自転車が周りの迷惑も顧みずに、交差点内で左に右に進路変更することを賞賛することに根拠は必要ないのでしょうかね。

小生は、動画の自転車乗りなど批判していません。

動画の自転車乗りを根拠もなく賞賛しているずさん他の特急自転車乗りの方々の無責任を批判しています。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/28 12:46 | URL |

>確信犯的信号無視と一緒だということですかね。

つべこべ文句を言う対象ではないという意味では同じです。
違うのは、信号無視は違法で、この動画は違法ではない点です。

※交差点の通行方法は出来るだけ「安全な方法で」と規定されているので、周囲の交通の状況次第ではこの動画と似たような走行方法が合法的ではない場合もあるでしょう。


>小生は、動画の自転車乗りなど批判していません。

動画中の交通に何らかの危険があったかのような書き方をされていましたので、そうではないでしょう、と指摘しました。自転車を批判する意図が無いようでしたら、特に問題とは致しません。


>賞賛することに根拠は必要ない

賞賛の理由は、結果として動画中の交通の円滑が保たれているからです。
(他の方法で交通の円滑が保たれ得ない状況ではないとは思いますが。)


>動画の自転車乗りを根拠もなく賞賛しているずさん他の特急自転車乗りの方々の無責任を批判しています。

私は、自転車の走行方法に関して否定的な意見を述べたことに関してオアゾさんを批判しているつもりさえありません。あの自転車に対して肯定的な意見を持つのも否定的な意見を持つのも自由であり、それを表明することも自由です。(ただし、誹謗中傷になるなどしてはいけません。)

それを批判してかかるオアゾさんの態度を、私は批判しています。

| ず | 2014/03/28 22:55 | URL |

ずさん| 2014/03/28 22:55 |へ

>>確信犯的信号無視と一緒だということですかね。
>つべこべ文句を言う対象ではないという意味では同じです。違うのは、信号無視は違法で、この動画は違法ではない点です。※交差点の通行方法は出来るだけときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/03 15:49 |と規定されているので、周囲の交通の状況次第ではこの動画と似たような走行方法が合法的ではない場合もあるでしょう。

合法的でない場合もあるにも関わらず、「他者に配慮した運転による交通の円滑が確保だの、サイクリストの周囲確認ががきちんと出来てる状態だの、譲り合いの精神が伺えるだの、ローディもきちんとルールは守っているだの、互いに「受忍の限度内」というものだの、気づいた“競技用自転車乗り”が進路を譲っただの、進路を譲った自転車の交通安全に対する貢献度を誉めるだの、問題視する場面は無いだの、皆様、尤もらしくコメント(世捨人さんに反論)されていますが、全ては特急自転車乗りの身の程を弁えない不遜で身勝手な勘違いです。」(byときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/03 15:49)ということです。


>>小生は、動画の自転車乗りなど批判していません。
>動画中の交通に何らかの危険があったかのような書き方をされていましたので、そうではないでしょう、と指摘しました。自転車を批判する意図が無いようでしたら、特に問題とは致しません。

結果として、事故が発生しなかっただけで、交通事故が多発する交差点内で車道左端通行を義務付けられている車道上の最弱者である自転車が左に右に進路変更することは、道路交通法違反であり、動画中の自転車乗りは、スリップ事故、追突事故等々が発生する危険性のある行為を行っています。

大型車の嫌がらせに屈した動画の情けない自転車乗りについて、小生は批判しても仕方がないものと諦めています。

(交差点における他の車両等との関係等)
第三十六条  第4項 車両等は、交差点に入ろうとし、及び交差点内を通行するときは、当該交差点の状況に応じ、交差道路を通行する車両等、反対方向から進行してきて右折する車両等及び当該交差点又はその直近で道路を横断する歩行者に特に注意し、かつ、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。


>>賞賛することに根拠は必要ない
>賞賛の理由は、結果として動画中の交通の円滑が保たれているからです。(他の方法で交通の円滑が保たれ得ない状況ではないとは思いますが。)

ずさんの「賞賛」は随分と安っぽいものですね。
道路交通の「円滑」と「安全」を図ることは、極々、当たり前のことです。


>>動画の自転車乗りを根拠もなく賞賛しているずさん他の特急自転車乗りの方々の無責任を批判しています。
>私は、自転車の走行方法に関して否定的な意見を述べたことに関してオアゾさんを批判しているつもりさえありません。あの自転車に対して肯定的な意見を持つのも否定的な意見を持つのも自由であり、それを表明することも自由です。(ただし、誹謗中傷になるなどしてはいけません。)それを批判してかかるオアゾさんの態度を、私は批判しています。

道路交通の「円滑」と「安全」を図る上で、交通事故が多発する交差点内で車道左端通行を義務付けられている車道上の最弱者である自転車が左に右に進路変更することは、道路交通法違反であり、スリップ事故、追突事故等々が発生する危険性のある行為を賞賛する方々など批判されて当然でしょう。

肯定的な意見を持ち、表明する皆様の「心根」「リスク感性」を心配しています。

しっかりして下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/31 12:09 | URL |

>合法的でない場合もあるにも関わらず、

交差点を使って後続車両を通すことを闇雲に推奨している訳ではありません。


>スリップ事故、追突事故等々が発生する危険性のある行為を行っています。

少なくとも動画中の走行に関しては、最初からその危険性は存在しません。少なくとも動画に移っている自転車走行自体に危険性は皆無です。同様の走行方法でそういう危険性がありえないかどうかは知りません。


>ずさんの「賞賛」は随分と安っぽいものですね。

そうですね。世捨人さん向けのコメントなので、ずいぶんと大仰な言い方をしています。


>道路交通法違反であり、スリップ事故、追突事故等々が発生する危険性のある行為を賞賛する方々など批判されて当然でしょう

道路交通法違反でさえなく、スリップ事故、追突事故等々が発生する危険性のまったく無い行為を賞賛することを、事実を捻じ曲げて非難する行為など、批判されて当然でしょう。

| ず | 2014/04/02 23:16 | URL |

ずさんへ

>闇雲に推奨している訳ではありません。

「自転車の他者に配慮した・・・素晴らしい動画ですね。」と手放しのコメントでしたよ。

大丈夫ですか?


>危険性がありえないかどうかは知りません。

随分と無責任な回答ですね。

しっかりして下さい。


>ずいぶんと大仰な言い方をしています。

心根が貧しい証拠です。


>事実を捻じ曲げて非難する行為など、批判されて当然でしょう。

事実は、大型車の嫌がらせのプレッシャーに負けた情けない特急自転車乗りが、交差点の広さを利用して足をゆるめて大型車の後ろに回っただけのことです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/12 15:40 | URL |

この動画の自転車を褒めているのであって、みんながそうすべきだと言っているのではないということです。できないのであれば、しないべきでしょう。

大型車を背負って走るのはあまり気持ちが良くないものなので、自転車側も利己的な動機で先に行かせたのかもしれません。「プレッシャーに負けた」なんていうのは、事実ではなくてあなたの主観でしょう。

世捨人さんむけのコメントを指して心根がどうこう言うこと自体がオアゾさんの心の小ささ(他者の心情を理解する能力の低さ)を物語っているし、そして、こういう行為が続くようだと、オアゾ=世捨人だと思われてしまいますよ。注意した方がいいですね。

| ず | 2014/04/14 12:06 | URL |

ずさん| 2014/04/14 12:06 |へ

>この動画の自転車を褒めているのであって、みんながそうすべきだと言っているのではないということです。できないのであれば、しないべきでしょう。大型車を背負って走るのはあまり気持ちが良くないものなので、自転車側も利己的な動機で先に行かせたのかもしれません。「プレッシャーに負けた」なんていうのは、事実ではなくてあなたの主観でしょう。世捨人さんむけのコメントを指して心根がどうこう言うこと自体がオアゾさんの心の小ささ(他者の心情を理解する能力の低さ)を物語っているし、そして、こういう行為が続くようだと、オアゾ=世捨人だと思われてしまいますよ。注意した方がいいですね。

あれあれ、やっぱり、褒めていたいのですか。

推奨できない行為を褒めるとは、どうかしてるぜ。

50~60キロ制限の道路で40キロ程度スピードを維持出来ない特急自転車乗りが、車間距離を詰めて嫌がらせをする大型車のプレッシャーに負けて交差点を利用して後続車両に追越しさせることは、褒められたものではありませんが、止むを得ないことでしょう。

嫌がらせを続けるような大型車の前を走ることは、物理的にも精神的にも負担ですし、危険です。

褒めるようなことではありませんが、後続車両を先に行かせたいのであれば、今回の動画のように交差点の横の広がりを利用しても良いですし、よりスピードを落として途中で立ち止まることも何ら問題ありません。自転車乗り一人一人が決めることです。

しかしながら、世捨人さんに反論せんがために、「他者に配慮した運転」だとか、「サイクリストの周囲確認がきちんと出来てる状態」だとか、「譲り合いの精神が伺えました」だとか、「互いに「受忍の限度内」というものであろう」だとか、「進路譲った自転車の交通安全に対する貢献度を誉める」だとかと褒めそやすものではないでしょう。

全く反論になってませんよとお伝えしているものです。

頑張って下さい。



| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/14 14:42 | URL |

いやいや。万人に推奨できませんが、誰にも推奨できないとは言ってないでしょう。そもそも自転車運転自体が、充分な技量がなければ、推奨できませんね。そう言った意味では不慣れな自転車に、やれ譲り合いだとか後方にも注意しろだとか言うつもりは無いですよ、ということです。褒めているのは充分の技量を伴っているようにお見受けするからです。

彼は危険性のない走行をしており、その意味において彼はあのような走行をする自由があるし、自分の意思で他者への配慮を示すことだってできますし、なんとなく快適でないから避けることもできるし、怖いから逃げるという行動だって自由にできます。これ自体が素晴らしいことで、事細かに走行方法を規定してがんじがらめにする方法では決して実現のできないことだということです。彼の行動の動機はわかりませんけどね。

オアゾさんの、自転車は身の程をわきまえて、創意工夫などするなという発想は、明確に、道路の安全と円滑とを脅かす発想であり、道路交通法の趣旨にも反します。即時撤回されることを求めます。

| ず | 2014/04/15 09:49 | URL |

ずさん| 2014/04/15 09:49 |へ

>いやいや。万人に推奨できませんが、誰にも推奨できないとは言ってないでしょう。そもそも自転車運転自体が、充分な技量がなければ、推奨できませんね。そう言った意味では不慣れな自転車に、やれ譲り合いだとか後方にも注意しろだとか言うつもりは無いですよ、ということです。褒めているのは充分の技量を伴っているようにお見受けするからです。

自転車は、幼児から高齢者まで誰もが手軽に気軽に利用出来るところが良い所です。
仰るとおり自転車は二輪ですから、十分な技量が無くて、バランスが取れなければ、「物理的に」乗ることは出来ません。
左に右に車線変更することは、自転車乗りであれば、誰にでも出来ることです。
しかしながら、どんな技量を伴っていようとも、交通事故が多発する交差点内で左に右に車線変更することは、決して褒められたものではありません。


>彼は危険性のない走行をしており、その意味において彼はあのような走行をする自由があるし、自分の意思で他者への配慮を示すことだってできますし、なんとなく快適でないから避けることもできるし、怖いから逃げるという行動だって自由にできます。これ自体が素晴らしいことで、事細かに走行方法を規定してがんじがらめにする方法では決して実現のできないことだということです。彼の行動の動機はわかりませんけどね。

後続の大型車が車間距離を詰めて嫌がらせをしてきたときに、どういう行動を取るかは当該の特急自転車乗りが決めることです。
まさに、自由です。
しかし、交通事故が多発する交差点内で先行する自転車が左に右に車線変更することは、決して褒められたものではないということです。
追越し車線のある幹線道路であれば、第一通行帯のど真ん中を、20キロ程度のスピードでゆっくりと通行して、自転車は車道左端(第一通行帯のど真ん中)を通行するものであることを示す位の気概を示して欲しいものです。
結局、動画の特急自転車乗りの行動の動機も判らずに、世捨人さんの主張・提言に反論せんがためだけに、訳も分からず褒めていたということでしょう。


>オアゾさんの、自転車は身の程をわきまえて、創意工夫などするなという発想は、明確に、道路の安全と円滑とを脅かす発想であり、道路交通法の趣旨にも反します。即時撤回されることを求めます。

小生は、「遊びで自転車に乗っても何ら問題ありません。車道を遊び場に出来るところも自転車の良い所です。」(byときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/13 11:34)としています。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/15 13:16 | URL |

>動画の特急自転車乗りの行動の動機も判らずに

そんなもの分かった気になっている方がまぬけというものです。人様の行動の動機なんて推測にしかなりません。


>車道上の最弱者が、交差点で左側に膨らんで後続車両に道を譲るなど百年早いでしょう。

道路交通の安全と円滑を向上するために各々が創意工夫をすることを禁じる姿勢というのは、上記のような言葉を指して述べたものです。交差点で左に膨らんで後続車を通行させることができるところも自転車の良い所だ、と私は述べています。

| ず | 2014/04/16 11:12 | URL |

ずさん| 2014/04/16 11:12 |へ

>>動画の特急自転車乗りの行動の動機も判らずに
>そんなもの分かった気になっている方がまぬけというものです。人様の行動の動機なんて推測にしかなりません。

世捨人さんへ反論せんがための「推測」が的を外した間抜けな賞賛・推奨となっていますよと指摘しているものです。


>>車道上の最弱者が、交差点で左側に膨らんで後続車両に道を譲るなど百年早いでしょう。
>道路交通の安全と円滑を向上するために各々が創意工夫をすることを禁じる姿勢というのは、上記のような言葉を指して述べたものです。交差点で左に膨らんで後続車を通行させることができるところも自転車の良い所だ、と私は述べています。

どういう文脈から引っ張り出したのか不明ですが、創意工夫などと褒めちぎるようなことですか?
自転車は車道左端(第一通行帯のど真ん中)を通行しなければならないこと、後続車両は追越し車線に車線変更した上で安全な速度と方法で追越ししなければならないこと、交差点はできる限り安全な速度と方法で進行しなければならないこと、といった道路交通(法)の基本を理解していない脚力も度胸も知識も根性もない情けない特急自転車乗りが、自由自在に進路を変更できる自転車の良い所に助けられたということでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/16 14:52 | URL |

>世捨人さんへ反論せんがための「推測」が

ん?

私は別に、「こういう風に考えることもできるじゃないですか。だから、批判にも当たりませんよ」という意味合いで申し上げているだけで、私が述べている以外の可能性を排除しているつもりはありませんよ。(世捨人さんあての私信ゆえ、その他の人に対するわかりやすさは重視していません。)


全国には、さまざまな種類の道路があって、さまざまな交差点があります。それらに対して一元的に「こういう風に通行しなければならない」という厳しいルールを設けるよりも、(最低限のルールを課しつつも)利用する各個に対して、安全と円滑を向上する上での創意工夫を促すことの方がよほど、社会の役に立つということです。道交法に明らかに抵触する走行方法は非難されて仕方がないですが、ある走行方法が道交法に描かれていないことをして、それを咎めることは、正しい姿勢ではないということです。

| ず | 2014/04/17 01:05 | URL |

ずさん| 2014/04/17 01:05 |へ

>>世捨人さんへ反論せんがための「推測」が
>ん?私は別に、「こういう風に考えることもできるじゃないですか。だから、批判にも当たりませんよ」という意味合いで申し上げているだけで、私が述べている以外の可能性を排除しているつもりはありませんよ。(世捨人さんあての私信ゆえ、その他の人に対するわかりやすさは重視していません。) 全国には、さまざまな種類の道路があって、さまざまな交差点があります。それらに対して一元的に「こういう風に通行しなければならない」という厳しいルールを設けるよりも、(最低限のルールを課しつつも)利用する各個に対して、安全と円滑を向上する上での創意工夫を促すことの方がよほど、社会の役に立つということです。道交法に明らかに抵触する走行方法は非難されて仕方がないですが、ある走行方法が道交法に描かれていないことをして、それを咎めることは、正しい姿勢ではないということです。

そして、今回の動画の特急自転車乗りの走行方法は、ずさん、馬鹿らしい(笑)さん、マイロネフさん、ヒロさんらが揃いも揃ってもろ手を上げて賞賛・推奨するような走行方法ではありません。


|

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/17 11:47 | URL |

すばらしい!みんなこういう風に乗ろう!
むしろ、こういう風にのらなければならない!

なんて論調で、だれか発言をしましたか?

みんなの意見が一致したのは、世捨人さんの指摘に対して、これは何にも問題のない通行風景じゃないから、断じて批判するようなものではない、といった所です。

みんなのコメントは世捨人さんの記事に対してのレスポンスに過ぎず、それはオアゾさんがどんなに「世捨人さんの記事には読む価値がありません」などとわめいても、変わりません。

世捨人さんの記事に対するリプライであるところのコメントに、記事の文脈を無視してコメントすることはまったく無意味で、空虚な価値の無い行為です。

無意味で空虚で無価値なことをするのはオアゾさんのご自由ですので、勝手にすれば良いとは思いますが。

| ず | 2014/04/25 09:02 | URL |

ずさん| 2014/04/25 09:02 |へ

>すばらしい!みんなこういう風に乗ろう!むしろ、こういう風にのらなければならない!なんて論調で、だれか発言をしましたか?

脚力不足で、大型車の嫌がらせに負けた情けない特急自転車乗りの姿を捉えた画像ですから、当然です。


>みんなの意見が一致したのは、世捨人さんの指摘に対して、これは何にも問題のない通行風景じゃないから、断じて批判するようなものではない、といった所です。

皆さん違うでしょう。この画像は、問題ありありの通行風景ですよ。

50キロ制限の幹線道路であろうと第一通行帯を通行する自転車は15~20キロ程度で堂々とゆっくりゆったりと通行しても何ら問題ないのです。

後続の大型車は追越し車線に車線変更して追越していくものです。

と、小生は指摘しています。


>みんなのコメントは世捨人さんの記事に対してのレスポンスに過ぎず、それはオアゾさんがどんなに「世捨人さんの記事には読む価値がありません」などとわめいても、変わりません。

脚力不足の情けない特急自転車乗りが、更に情けないことに大型車の嫌がらせのプレッシャーに負けて、交通事故の多発する危険な交差点の中で左に右に蛇行するという道路交通法違反を冒すことで、追越し車線に車線変更して追越すというルールを大型車に無視させているスクープ画像です。

世捨人さんの記事は「読む価値なし」ですが、道路交通の現実を捉えたスクープ(?)画像は、道路交通のルールやマナーについて議論するための貴重な題材となるものです。


>世捨人さんの記事に対するリプライであるところのコメントに、記事の文脈を無視してコメントすることはまったく無意味で、空虚な価値の無い行為です。
無意味で空虚で無価値なことをするのはオアゾさんのご自由ですので、勝手にすれば良いとは思いますが。

世捨人さんの「読む価値なし」の記事に対する皆さんのリプライは「読む価値なし」を通り越して、道路交通法についての無知をさらけ出す「恥さらし」ですよ、と指摘してるものです。

同じ特急自転車乗りの一人として、特急自転車乗りの皆さまの身の程を弁えない不遜で身勝手な勘違いを質しているものです。

左・右折、直進車両が行き交い、事故が多発する危険な交差点を直進して通過するのであれば、変な動きなどせずに、ただただ真っ直ぐに危険ゾーンから抜けることが車道上の最弱者である自転車乗りが自分の身を守る術です。

特急自転車乗り仲間として、道路交通法に則った安全運転をお願いします。

自転車は、道路交通法の最も基本的なルールに則って、ただただ、真っ直ぐ前を向いて蛇行せずに(ふらつかずに)車道左端通行すれば十分なのです。

しっかりと肝に銘じて下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/25 10:04 | URL |

>皆さん違うでしょう。この画像は、問題ありありの通行風景ですよ。
>と、小生は指摘しています。

さんざん、議論をした結果、この動画自体に問題はないことが確認されました。
また、蒸し返すのですか?別にそれならいいけど。


>自転車は、道路交通法の最も基本的なルールに則って、ただただ、真っ直ぐ前を向いて蛇行せずに(ふらつかずに)車道左端通行すれば十分なのです。

私は、それで十分だとは思いませんが、テーマから外れるので、ここでは論じていません。十分かどうか、ということは、(ここでは)どうでもよいことです。

「十分」以外のことをすれば問題である、とオアゾさんは言っていて、私はそうではないと言っています。

オアゾさんのような考え方は、各個の創意工夫により道路の安全性や円滑性をより高める機会を逸するものであると思います。

| ず | 2014/04/25 18:57 | URL |

ずさん| 2014/04/25 18:57 |へ

>>皆さん違うでしょう。この画像は、問題ありありの通行風景ですよ。と、小生は指摘しています。
>さんざん、議論をした結果、この動画自体に問題はないことが確認されました。また、蒸し返すのですか?別にそれならいいけど。

では、何が問題だったのでしょう。

さて、どんな蒸し返しが飛び出すか楽しみですね。


>>自転車は、道路交通法の最も基本的なルールに則って、ただただ、真っ直ぐ前を向いて蛇行せずに(ふらつかずに)車道左端通行すれば十分なのです。
>私は、それで十分だとは思いませんが、テーマから外れるので、ここでは論じていません。十分かどうか、ということは、(ここでは)どうでもよいことです。「十分」以外のことをすれば問題である、とオアゾさんは言っていて、私はそうではないと言っています。オアゾさんのような考え方は、各個の創意工夫により道路の安全性や円滑性をより高める機会を逸するものであると思います。

車道左端通行を継続することさえ出来ない情けない脚力の弱い似非特急自転車乗りが大型車の嫌がらせのプレッシャーに負けて、後続車両に道を譲ったなどと言い訳しているだけでしょう。

創意工夫などと、ああ恥ずかしい。

噴飯ものです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/25 21:15 | URL |

>では、何が問題だったのでしょう。

いや、何も問題でないと思いますが。


>創意工夫などと、ああ恥ずかしい。

彼の走行の動機とは無関係に、オアゾさんの道筋は創意工夫の否定し、硬直として殺伐とした交通現場を生むだけです。

| ず | 2014/04/25 21:40 | URL |

ずさんへ、

何も問題でないと思うレベルの動画を、「自転車の他者に配慮した運転によって交通の円滑が確保されていることを示す素晴らしい動画ですね。」などと賞賛していては、余りにもレベルが低過ぎですねと小生は指摘したまでです。

まあ、ずさん自身のレベルが低いのだから、しかたないよね。

片側2車線の幹線道路です。

大型車は、第二通行帯に車線変更して、追越していけば良いだけです。

絶対に道を譲らない特急自転車ばかりになれば、やがて、大型車のドライバイーは、自転車は車道左端(第一通行帯のど真ん中)を通行するものであるということを理解するでしょう。

そして、世の中が変われば、10~20キロのスピードしか出さないママチャリ族も50キロ制限の幹線道路の第一通行帯のど真ん中を堂々とゆっくりゆったりと安全に通行するようになるのです。

そういう理想の姿・世の中を求めて、交通安全の先駆者となり得る特急自転車乗りの皆様には目線を上げて、プライドを持って車道左端(第一通行帯のど真ん中)を堂々と通行して欲しいものです。

責任重大です。

嫌がらせのプレッシャーに負けた言い訳に、創意工夫などと恥ずかしい文言は止めにしましょう。

しっかりして下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/26 17:38 | URL |

「自転車の他者に配慮した運転によって交通の円滑が確保されていることを示す素晴らしい動画ですね。」

と書いたとおり、この動画は特殊な状況を撮ったものではなく、ごく一般的な交通状況を捉えたものであると述べています。


>大型車は、第二通行帯に車線変更して、追越していけば良いだけです。

そのとおりです。ですから、仮に自転車が左に膨らまなかったとしても、それはそれで何の問題もありません。これも最初からそう述べていますね。


>交通安全の先駆者となり得る特急自転車乗りの皆様

理解できない理屈です。
ロードバイクに乗るとどうして交通安全の先駆者になるのでしょうか。

ゴールド免許のタクシードライバーがその事実だけで交通安全の先駆者を気取ってるのと同じくらいヘボな発想ですね。

| ず | 2014/04/26 22:25 | URL |

ずさんへ

「自転車の他者に配慮した運転によって交通の円滑が確保されていることを示す素晴らしい動画ですね。」という表現が、この特急自転車乗りを褒め称えることで世捨人さんの記事への反論を試みているのでないと主張されるのであれば、日本語能力・感性の違いとして、数多の閲覧者の判断を待つしかありませんね。

そして、その感性の違いは、大型車は第二通行帯に車線変更して追越ししなければならない、交差点はできる限り安全な方法で進行しなければならない、という道路交通法の基本中の基本に関する理解が不足していることから惹起されているということです。

ロードバイクのスピードの危険性に対する理解が不十分です。

ロードバイクに乗ると交通安全の先駆者になるのではなく、交通安全の先駆者にならなければならないのです。

交通安全の先駆者としてロードバイク乗りに第一に求められることは、状況に応じたスピードの自制です。

そして、先駆者気取りの方々には、交差点で後続車に進路を譲ることで他者に配慮で素晴らしい行動だなどと脚力不足を慰めあうのではなく、限られた道路空間を共有する主体として車道左端(第一通行帯のど真ん中)を堂々とゆっくりゆったりと真っ直ぐ前を向いて蛇行せずに(ふらつかずに)通行することで、自転車の交通手段としての社会的位置づけ・認知度を高めていただきたい。

頑張って下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/27 11:30 | URL |

>大型車は第二通行帯に車線変更して追越ししなければならない

本当ですか?この画像のなかで大型自動車は追い越しをしていますか?もう一度よく考えましょう。(この点に関しては、私も当初、勘違いをしていました。)


>ロードバイクのスピードの危険性に対する理解が不十分です。

ロードバイクに固有の危険性なんてあんまりないでしょう。細いタイヤが溝に取られやすいことくらいではないでしょうか。

とりあえず、私は交通安全の先駆者など気取っていないので、「先駆者気取りの方々には、車道左端(第一通行帯のど真ん中)を堂々とゆっくりゆったりと真っ直ぐ前を向いて蛇行せずに通行することで・・・」などと言っても、私にはなんら関係の無い話ということですね。わかりました。

| ず | 2014/04/30 20:32 | URL |

ずさん| 2014/04/30 20:32 |へ

>>大型車は第二通行帯に車線変更して追越ししなければならない
>本当ですか?この画像のなかで大型自動車は追い越しをしていますか?もう一度よく考えましょう。(この点に関しては、私も当初、勘違いをしていました。)

引き続き、勘違いしていますよ。

動画の大型車は、ただただ、先行する脚力不足の根性なし特急自転車乗りとの車間距離を詰めて嫌がらせのプレッシャーをかけづづけただけのことです。

小生は、動画の大型車が「追越し」「追い抜き」をしたとは言ってませんよ。

前方に脚力不足の特急自転車乗りがいれば、特急自転車乗りに交差点で左に右にふらつくような道路交通法違反の危険な走行をさせた上で、知らん顔して直進していくのではなく、道路交通法にあるとおり追越し車線に車線変更して安全な速度と方法で追越して行かなければならないと指摘しています。


>>ロードバイクのスピードの危険性に対する理解が不十分です。
>ロードバイクに固有の危険性なんてあんまりないでしょう。細いタイヤが溝に取られやすいことくらいではないでしょうか。とりあえず、私は交通安全の先駆者など気取っていないので、「先駆者気取りの方々には、車道左端(第一通行帯のど真ん中)を堂々とゆっくりゆったりと真っ直ぐ前を向いて蛇行せずに通行することで・・・」などと言っても、私にはなんら関係の無い話ということですね。わかりました。

道路交通法の理解が不十分で大型車が本来取るべき行動を見抜けずに、脚力不足の根性なし特急自転車乗りを慰め合う仲間の一人だということです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/30 21:00 | URL |

自転車の走行自体に危険がある根拠がありません。
よって、自転車の走行の触法性にも根拠がありません。

この交差点の路面状況のアップの写真でも示していただければ話は違うかも知れませんが、現時点ではこのことは動きませんよ。

この動画は自転車も大型車も道路交通法に違反せずに、なおかつ安全に、円滑な交通を行っている状況が映っています。自転車の行動の背景因子として、無言のプレッシャーがあったのか、気まぐれだったのか、譲り合いの精神だったのか、そんなことは私は知りませんが、いずれにしても、法規違反のない交通状況で、安全性にも円滑性にも何ら支障を来していない場面であり、しかも、交通マナーまでを考えたうえでも少なくとも大きな問題は無い場面です。

本来のルールとしては大型車は右車線を用いて追い抜きを行うべきだったということには、当初から同意しています。そういう意味では、この動画の通行方法は「本来」からは外れているかも知れません。しかし、それだけのことです。制限速度違反や通行帯違反(右側通行帯の常時利用など)、歩行者の信号無視、タクシーの駐停車禁止違反など、日な日な道路で見られるような微々たる道交法違反にすら該当しないものです。

ですから、結論として、「日常の安全で円滑な交通を示した素晴らしい動画だ」と評しているわけです。

| ず | 2014/05/01 09:47 | URL |

ずさんへ

「自転車の他者に配慮した運転によって交通の円滑が確保されていることを示す素晴らしい動画ですね。」という表現が、

この特急自転車乗りを褒め称えることで世捨人さんの記事への反論を試みているのでなく、

「日常の安全で円滑な交通を示した素晴らしい動画だ」と評しているわけです。と主張されるのであれば、

日本語能力・感性の違いとして、数多の閲覧者の判断を待つしかありませんね。

そして、特急自転車乗りが車道2車線の幹線道路で、少なくとも20~30キロ以上のスピードを出している状況で、第一通行帯の横幅一杯一杯の大型車を右側から「すり抜け」させるように交差点内で左に右にふらつくことは、特急自転車乗りの皆様方が、スピードに対する慣れから、その危険性に考えが及んでいないことを示す格好の動画であり、賞賛のコメント群でした。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/05/01 11:13 | URL |

|ときどきオアゾツーキニスト|2014/01/14 09:41|
>「自分の身は自分で守る。」ということだけ、十分です。
>その場で止まれる位のスピードの傘差し・携帯ながら・酒気帯び・無灯火・信号無視などとやかく言う必要もありません。

|ときどきオアゾツーキニスト|2014/01/17 21:28|
自分の身は自分で守ることに徹すれば、傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火、信号無視等々のルールは、順守しようがしまいが構わない(略)

部分的な抜粋ですが,両方とも貴方の主張です.



で,今回の貴方の主張

|ときどきオアゾツーキニスト|2014/03/03 15:49|
>左・右折、直進車両が行き交い、事故が多発する危険な交差点を通過する際には、変な動きをせずに直進するのであれば、ただただ真っ直ぐに危険ゾーンから抜けることが車道上の最弱者である自転車乗りが自分の身を守る術です。


(※ここでは,自動車運転者側の行為の是非は論じません)

1月時点では,左端通行以外でも,自転車乗りは「自分の身」を「自分で守る」行為を選択しても良い,加えてそれが違反であっても構わない,という趣旨の主張です.

ところが,3月になると,直進して通行する以外の公道には寛容ではない態度でコメントしています.
(これは,「ただただ」という用語を同一文章内で使っている事から判断しました)


2ヶ月で意見が変わったのでしょうか?
自分の意見がまとまらずに矛盾を抱えて生活をしているのでしょうか?
私からみると,自分と違う意見の持ち主に反論したいがためだけに,その場その場で主張を変更して,揚げ足取りに必死になっている印象です.


矛盾を抱えて生活をする分には構いませんが,矛盾のある意見,及びその発言者には説得力が無く,少なくとも私は納得できません.

| こじま | 2014/05/01 11:26 | URL | ≫ EDIT

こじまさん| 2014/05/01 11:26 |へ

あなたは本当に自転車に乗ってますか?

スピードの危険性についての認識が甘すぎます。

その場で止まれる位のスピードの傘差し・携帯ながら・酒気帯び・無灯火・信号無視などとやかく言う必要もありません。

一方で、片側複数車線ある幹線道路で20~30キロ以上のスピードを出して、事故の多発する交差点内で大型車と並走しながら、能動的に左に右にふらつくなどして、万々一の事故が発生した場合の悲惨さを想像して下さい。

小生の主張は、一貫していますよ。

しっかりして下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/05/01 12:29 | URL |

>日本語能力・感性の違いとして、数多の閲覧者の判断を待つしかありませんね。

そういう意図を含んで「ている」という表現を用いています。
要するに、現実を是認する言葉以上のものではありません。

この動画自体には危険もないし、違法性も無い、で決着しているはずです。蒸し返すのはやめましょう。(類似の状況で危険性がありえないと主張しているのではありません。)

| ず | 2014/05/01 17:38 | URL |

ずさん| 2014/05/01 17:38 |へ

>>日本語能力・感性の違いとして、数多の閲覧者の判断を待つしかありませんね。
>そういう意図を含んで「ている」という表現を用いています。要するに、現実を是認する言葉以上のものではありません。

世捨人さんの主張・提言に対するコメントとして「是認」ですか?

脚力不足で根性なしの情けない特急自転車乗りを「譲り合い」で「素晴らしい画像」と必死に持ち上げていたのでしょう。

ああ、恥ずかしい。

>この動画自体には危険もないし、違法性も無い、で決着しているはずです。蒸し返すのはやめましょう。(類似の状況で危険性がありえないと主張しているのではありません。)

こじまさんへの回答のとおり、ずさんをはじめ今回の動画を賞賛されていた特急自転車乗りの方々は、スピードの危険性について麻痺しています。

事故が多発する交差点内で車道上の最弱者である自転車が身勝手に左に右にふらつく行為は、危険であり、道路交通法違反です。

程度問題として、事故が起こらない限り警察の取締りは無いでしょうし、99%大型車の過失なるでしょう。

程度問題として、事故を惹起する確率も傘差し・携帯ながら・酒気帯び等々の違法ママチャリよりも格段に低いでしょう。

しかしながら、結果の悲惨さはママチャリ事故の比では有り得ません。

自転車乗りが命を落とすだけでなく、恰好のマスコミ報道の餌食となり、自転車の評判を落とすこととなります。

読むに値しない世捨人さんの主張・提言にコメントするために、あるべき姿として賞賛・推奨するような行為では決してありません。

決して褒められた行為ではないという程度問題をご理解下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/05/01 20:20 | URL |

「身勝手に左に右にふらつく行為」

各人の文脈から,この部分に関して共通見解が得られていない.
つまりみんな違うことについて話してる.

ざっくりと分けてしまいますが,
|ときどきオアゾツーキニスト|は動画上の行為が「身勝手」と言う趣旨でコメントしているけど,
それ以外はそもそも「身勝手」としていない趣旨の方が多い.


私だって当該行為が「身勝手」とみなして話すなら,それは「すべきではない」し,「身勝手で無い」とみなすなら「してもよい」「すべき」という意見にもなる.

で,「身勝手」と感じるかは各人次第.
それ以上は個性・感性・経験に依る.
ただ感性では説得できないから,それを理性的に紐解き,説得していくプロセスが必要.
でも,お互いこれ以上歩み寄れないことが見えてきた.

と言う感じでしょうか.


お互いに納得して無いみたいですけど,
それは被・説得者からみて説得者の意見にに説得力が無いから.
まぁ,これはお互い様.

あとはどっちの人数が多いかとか,実際の場面で各人がどう判断するか.
今の所,「それほど身勝手で無い」とする意見の方が多い印象.

というか,ほとんどの場面で|と|氏とか,|よ|氏は説得できていない,少数派側,モラルに欠ける側,にいる印象.

そりゃあ,「なりすまし」でもしないと,同意者が多いとかの印象操作もできないというのは,邪推でしょうか(反語).

| こじま | 2014/05/01 21:17 | URL | ≫ EDIT

>世捨人さんの主張・提言に対するコメントとして「是認」ですか?

現実を是認するのであって、かの提言を是認するのではありません。それでは真逆ではないですか。



自転車の単独事故に関して言えば、自転車の速度がその重大性を規定します。(対自動車事故ではそうではないですが。)それは当然です。確かに、15㌔ではなく25㌔で走ることにはそれなりの危険性があるのは間違いがありません。

ところで、左に膨らんだ場合とまっすぐ走った場合を比較した場合、安全性に違いはありません。左に膨らんだ先に砂利がたまっていてスリップする可能性もありますが、まっすぐ走った先に轍の段差があって、ハンドルを取られる可能性もあります。私が言っているのは、左へ膨らむ走路と直進する走路のいずれがより安全であるかは、この動画に示された情報からは判断できないということです。

唯一分かるのは、この自転車が危険なく走行できたという事実であり、道路交通の円滑という観点からも、なんら問題がなかったという結果です。私はこの結果に基づいて、「安全で円滑な交通状況」と評しています。オアゾさんが主張する「危険性」には何ら根拠がありません。


>決して褒められた行為ではないという程度問題をご理解下さい。

一義的には、自転車の親切心に依存して、右側車線を利用せず、第一通行帯で追い抜いていった大型車の行動は決してほめられたものではないと思います。

二次的には、自転車がああいう「親切心」を働かせる行動そのものが、右側車線を利用しない大型車側の行動を助長させてしまう可能性がある、という意味においては、オアゾさんの主張は一理あるということは以前申し上げたとおりです。

しかしながら、この自転車の走行方法そのものが危険であり、道交法違反であるという主張に関しては、間違っていると言わざるをえません。

| ず | 2014/05/01 21:28 | URL |

こじまさん| 2014/05/01 21:17 |へ

>「身勝手に左に右にふらつく行為」各人の文脈から,この部分に関して共通見解が得られていない.つまりみんな違うことについて話してる.ざっくりと分けてしまいますが, |ときどきオアゾツーキニスト|は動画上の行為が「身勝手」と言う趣旨でコメントしているけど,それ以外はそもそも「身勝手」としていない趣旨の方が多い.私だって当該行為が「身勝手」とみなして話すなら,それは「すべきではない」し,「身勝手で無い」とみなすなら「してもよい」「すべき」という意見にもなる.で,「身勝手」と感じるかは各人次第.それ以上は個性・感性・経験に依る.ただ感性では説得できないから,それを理性的に紐解き,説得していくプロセスが必要.でも,お互いこれ以上歩み寄れないことが見えてきた.と言う感じでしょうか.お互いに納得して無いみたいですけど,それは被・説得者からみて説得者の意見にに説得力が無いから.まぁ,これはお互い様.あとはどっちの人数が多いかとか,実際の場面で各人がどう判断するか.今の所,「それほど身勝手で無い」とする意見の方が多い印象.というか,ほとんどの場面で|と|氏とか,|よ|氏は説得できていない,少数派側,モラルに欠ける側,にいる印象.そりゃあ,「なりすまし」でもしないと,同意者が多いとかの印象操作もできないというのは,邪推でしょうか(反語).

ヒロさんは、「面白いので今回は傍観で。」(2014/03/04 23:08)とされているように、ずさん以外の方からは反論頂けない=反論出来ないということです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/05/07 09:09 | URL |

ずさん| 2014/05/01 21:28 |へ

>>世捨人さんの主張・提言に対するコメントとして「是認」ですか?
>現実を是認するのであって、かの提言を是認するのではありません。それでは真逆ではないですか。

本来、追越し車線に車線変更して安全な速度と方法で追越していくべき大型車が行う車間距離を詰めて続ける嫌がらせのプレッシャーに負けた脚力不足の情けない特急自転車乗りが、交通事故の多発する交差点内で左に右に蛇行して白旗を上げている現実を是認するということですね。

ああ、情けない。


>自転車の単独事故に関して言えば、自転車の速度がその重大性を規定します。(対自動車事故ではそうではないですが。)それは当然です。確かに、15㌔ではなく25㌔で走ることにはそれなりの危険性があるのは間違いがありません。

当然です。


>ところで、左に膨らんだ場合とまっすぐ走った場合を比較した場合、安全性に違いはありません。左に膨らんだ先に砂利がたまっていてスリップする可能性もありますが、まっすぐ走った先に轍の段差があって、ハンドルを取られる可能性もあります。私が言っているのは、左へ膨らむ走路と直進する走路のいずれがより安全であるかは、この動画に示された情報からは判断できないということです。

本当ですか?
2輪の自転車が、左に右に蛇行するのと、ただただ真っ直ぐ前を向いて直進するのとでは、その危険性は雲泥の差でしょう。
しかも、20~30キロのスピードを出しているのであれば、スリップ事故やハンドルを取られる危険性に動画の画質など関係ありません。
しっかりして下さい。


>唯一分かるのは、この自転車が危険なく走行できたという事実であり、道路交通の円滑という観点からも、なんら問題がなかったという結果です。私はこの結果に基づいて、「安全で円滑な交通状況」と評しています。オアゾさんが主張する「危険性」には何ら根拠がありません。

この動画から、大型車が本来取るべき行動、特急自転車乗りが本来取るべき行動に考えが及ばないのだとすれば、それは、ずさんが本当に自転車に乗っていないということの十分な根拠です。


>>決して褒められた行為ではないという程度問題をご理解下さい。
>一義的には、自転車の親切心に依存して、右側車線を利用せず、第一通行帯で追い抜いていった大型車の行動は決してほめられたものではないと思います。二次的には、自転車がああいう「親切心」を働かせる行動そのものが、右側車線を利用しない大型車側の行動を助長させてしまう可能性がある、という意味においては、オアゾさんの主張は一理あるということは以前申し上げたとおりです。

小生から指摘を受けて、初めて、特急自転車乗りと大型車のあるべき行動に気付かれたということです。


>しかしながら、この自転車の走行方法そのものが危険であり、道交法違反であるという主張に関しては、間違っていると言わざるをえません。

危険性の有無は確率論です。
そして、その確率は、発生頻度と事故の結果(悲惨さ)の掛け算です。
20~30キロのスピードと大型車の側面への巻き込みが重なる結果の悲惨さは、無限大の掛け算となることでしょう。

今回の動画の特急自転車乗りがスリップ事故を惹起しなかったかどうかは関係ありません。

また、道路交通法は書いてあるとおりです。
第三十六条  4  車両等は、交差点に入ろうとし、及び交差点内を通行するときは、当該交差点の状況に応じ、交差道路を通行する車両等、反対方向から進行してきて右折する車両等及び当該交差点又はその直近で道路を横断する歩行者に特に注意し、かつ、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。

ただただ真っ直ぐ前を向いて蛇行せず(ふらつかず)に車道左端のラインを直進することで、「より安全な速度と方法で進行できる」以上、交差点内で左に右に蛇行することは「できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない」としている道路交通法に違反しています。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/05/07 10:55 | URL |

馬鹿

| 自転車は歩道 | 2014/06/07 08:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/444-8a995de7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT