今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「自転車で車道 」にクラクション

▼とある片側2車線の道路の路肩寄り(第1車線)を走行していたときのこと。見通しのよい直進道路。次の瞬間、緊張が走る。なんと前を走る車両が唐突にスピードを緩め速度を上げようとしないでないか。

▼路上駐車のクルマを避けるための措置か。それともガソリンスタンドに入るため道路外に出ようとしているのか。時速20キロに満たない低速でいつまでも走行を続ける。中央寄りの車線はスムーズに流れているのとは対照的に、第1車線を通行中の車両は滞っている。

▼中央寄り車線を走るクルマが途切れると、前のクルマが車線変更をする。で、見えてきたのが競技用自転車。時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで走る競技用自転車に行く手を阻まれ、追走せざるえなかったのだ。で、ノロノロ運転の車列が続いたわけだ。

▼その間も時計の針はいたずらに進む。たった1台の自転車のために、ドライバー及び同乗者のかけがえのない時間が犠牲となったのだ。交通の円滑を阻害する行為は公共の福祉に反する。国内の道路状況を鑑みると「自転車で車道」は即刻改めるべきだ。



今日のくそったれ動画特集
関連記事

| 01:07 | コメント:682 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

道路交通法改正されて良かったね(ニッコリ)

| 自転車は歩道 | 2013/10/18 01:15 | URL |

  
おまいらもそろそろわかってきたろ?
結局、このブログ、あたまの弱いジジイが独りで営む、しょぼーい「炎上ビジネス」なんだよ。
   
世に捨てられたクソジジイ(=ときどきオアゾ)が、根拠なくロードバイクを悪しざまに書いて、おまいらが激高して、アクセス数上がる。
そんで、おまいらの正当な抗議に対して糞ジジイ、いー加減な脊髄反射レス返して、そいでまた。おまいら激高して、さらにアクセス数上がって、結局、ジジイ(゜д゜)ウマー。
 
おまいらが怒れば怒るほど、馬鹿ジジイ、喜ぶwww
時間の無駄だぞ、まじでwww
    
 

| 馬鹿ジジイが喜ぶだけw | 2013/10/18 03:33 | URL |

サイクリング禁止反対

動画を見る限り,その特急自転車([世捨人]殿の言う競技用自転車)の存在自体が道路交通法等の諸法令に違反し,“安全と安心を脅かして”いるとは認められない.
これが自転車の本来の正常な通行区分のあり方である.
専用レーンの余地が無いとは言わせない.必要以上に広い歩道を削れば確保は可能だ.
ただ,雨降りの夜だから,この自転車の乗り手ももっとはっきりわかる光り物を装備すべきであるのは言うまでもない.
この画像の道路は自動車専用ではないのだから,互いに少し気持ちにゆとりをもって我慢してやり過ごせば済む話だろう.いちいち動画に撮影して騒ぎ立てるとは大人げない.

| マイロネフ | 2013/10/18 05:52 | URL | ≫ EDIT

渋滞の主原因は自動車自身です。
いいかげん、自分が経験したわずかな例だけで、車道自転車の存在があたかも円滑な道路交通の重大な阻害要因であるかのごとくに全体を論じようとするのはやめなさい。
ジャーナリスト(プププ)失格ですよ。

| 自転車は車道 | 2013/10/18 08:26 | URL |

ともだちいないから、しかたないよね。

| バッドカルマ | 2013/10/18 09:49 | URL | ≫ EDIT

映像見たけど、世捨人の運転は道路交通法第20条第3項「追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。」に違反してるね
世捨人は【犯罪者】だね(笑)

1台前にいた自動車は、ちゃんとこの法律守ってたね

| 自転車は車道 | 2013/10/18 10:41 | URL |

>世捨人は【犯罪者】だね(笑)
世捨人「自転車が犯罪を犯しているから私は問題ありません」

| 自転車は歩道 | 2013/10/18 12:52 | URL |

世捨人みたいなのがいるから車道走りたくなる

| v('◠')v | 2013/10/18 18:09 | URL |

自転車で時速25kmは遅くて迷惑なんだよな?
どれだけの速度なら迷惑じゃないんだよ。

| 馬鹿だろお前 | 2013/10/20 00:36 | URL | ≫ EDIT

スピードを出したら→「限界に近い状態となり危険極まりない」
スピード出さないと→「交通の円滑を阻害する行為」

しかも「交通の円滑を阻害する行為は公共の福祉に反する。」だそうだ。
憲法違反らしい。裁判でもなんなりやりゃいいだろ。
道路に出る乗り物に最低速度規制でも立法しろ。

まぁここの管理人は「俺の車の邪魔する奴は全部(歩道に)消えろ」と
言いたいだけで、「安全がー」って自分を正当化してるのは
皆さんご承知のとおり。・・・しかし自己紹介欄はいつ見ても吹く。

| 気鋭のジャーナリスト。w | 2013/10/20 04:26 | URL |

Wha七 do you mean?
Nobody can understand.
Please tell me.

| Sexy Motherfucker | 2013/10/21 21:45 | URL |

国内の道路状況を鑑みると、片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのとは対照的に、路上駐車のクルマを避けるため、或いは、ガソリンスタンドに入るため道路外に出ようとするため、時速20キロに満たない低速で第1車線を通行中の車両が滞ることはよくあることです。

時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、道路交通法上、何ら問題ありません。

前を走る車両が唐突にスピードを緩め速度を上げようとせず時速20キロに満たない低速でいつまでも走行を続ける場合には、中央寄り車線を走るクルマが途切れるタイミングを早めに捉えて、スムーズに流れている中央寄りの車線に車線変更をしましょう。

競技用自転車に行く手を阻まれたというスクープ(?)画像を撮らんがために、同乗者のかけがえのない時間を犠牲とする「我儘ドライバーのタクシー稼業」は交通の円滑を阻害し、公共の福祉に反する行為はであり、即刻改めるべきです。

ちゃん、ちゃん。

| とき | 2013/10/22 09:25 | URL |

東南さん、他皆様へ

交通事故統計(平成25年9月末)http://www.npa.go.jp/では、
車道左端通行原則が徹底された結果、自転車乗用中の死者数は432名で対前年40名増加(増加率10.2%)となっています。

さて、どう説明しましょうか?

| とき | 2013/10/22 19:54 | URL |

自転車の車道走行により、バスの運行や物流トラックの通行を妨げるなど言語道断です。
しょせん趣味で走っている競技用自転車など、車道から一匹残らず駆逐すべきですね。

| 自転車は歩道 | 2013/10/22 20:12 | URL |

自家用車の車道走行により、バスの運行や物流トラックの通行を妨げるなど言語道断です。
しょせん趣味で走っているホリデードライバーや、他の交通機関で賄える少人数乗り通勤車など、車道から一匹残らず駆逐すべきですね。

| 自転車は車道 | 2013/10/22 20:26 | URL |

Re: タイトルなし

>道路交通法改正されて良かったね(ニッコリ)

自転車にも原付バイクに準じた取り扱いとなるよう、抜本改正が必要でしょう。

| 世捨人 | 2013/10/22 22:40 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>動画を見る限り,その特急自転車([世捨人]殿の言う競技用自転車)の存在自体が道路交通法等の諸法令に違反し,“安全と安心を脅かして”いるとは認められない.

交通の円滑を阻害しています。

>これが自転車の本来の正常な通行区分のあり方である.

上述のとおりご自身の考えが誤りであることに気付いてください。

>専用レーンの余地が無いとは言わせない.必要以上に広い歩道を削れば確保は可能だ.

必要以上に広い歩道は自転車の走行を想定してつくられています。

>ただ,雨降りの夜だから,この自転車の乗り手ももっとはっきりわかる光り物を装備すべきであるのは言うまでもない.
この画像の道路は自動車専用ではないのだから,互いに少し気持ちにゆとりをもって我慢してやり過ごせば済む話だろう.いちいち動画に撮影して騒ぎ立てるとは大人げない.

ノロノロ運転に業を煮やして、後続車はさみだれ式に急な車線変更をしていましたので、一歩間違えれば大惨事でした。

| 世捨人 | 2013/10/22 22:42 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>渋滞の主原因は自動車自身です。

車と速度差のある自転車が車道を走行することによって、交通の円滑を阻害していることがはっきりと確認できたかと思います。

>いいかげん、自分が経験したわずかな例だけで、車道自転車の存在があたかも円滑な道路交通の重大な阻害要因であるかのごとくに全体を論じようとするのはやめなさい。 ジャーナリスト(プププ)失格ですよ。

現実から目を背けないでください。

| 世捨人 | 2013/10/22 22:43 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>映像見たけど、世捨人の運転は道路交通法第20条第3項「追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。」に違反してるね 世捨人は【犯罪者】だね(笑) 1台前にいた自動車は、ちゃんとこの法律守ってたね

「左側追い越し」を禁止した規定です。しっかりしてください。

| 世捨人 | 2013/10/22 22:43 | URL |

Re: タイトルなし

v(さん

>世捨人みたいなのがいるから車道走りたくなる

身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、ガードレールや縁石で守られた歩道を活用しましょう。

| 世捨人 | 2013/10/22 22:47 | URL |

Re: タイトルなし

馬鹿さん

>自転車で時速25kmは遅くて迷惑なんだよな?どれだけの速度なら迷惑じゃないんだよ。

今回の道路の制限速度は時速50キロです。

| 世捨人 | 2013/10/22 22:56 | URL |

Re: タイトルなし

気鋭さん

>スピードを出したら→「限界に近い状態となり危険極まりない」 スピード出さないと→「交通の円滑を阻害する行為」
しかも「交通の円滑を阻害する行為は公共の福祉に反する。」だそうだ。 憲法違反らしい。裁判でもなんなりやりゃいいだろ。 道路に出る乗り物に最低速度規制でも立法しろ。

クルマと速度差のある自転車が共存するのは困難でしょう。いずれにせよ、自転車規制が先決でしょう。

>まぁここの管理人は「俺の車の邪魔する奴は全部(歩道に)消えろ」と 言いたいだけで、「安全がー」って自分を正当化してるのは 皆さんご承知のとおり。・・・しかし自己紹介欄はいつ見ても吹く。

何をいわれようが、みささまの交通安全を願っております。

| 世捨人 | 2013/10/22 22:57 | URL |

Re: タイトルなし

Seさん

>Wha七 do you mean? Nobody can understand. Please tell me.

You'll come to realize the importance of road safety.

| 世捨人 | 2013/10/22 23:01 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>国内の道路状況を鑑みると、片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのとは対照的に、路上駐車のクルマを避けるため、或いは、ガソリンスタンドに入るため道路外に出ようとするため、時速20キロに満たない低速で第1車線を通行中の車両が滞ることはよくあることです。 時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、道路交通法上、何ら問題ありません。 前を走る車両が唐突にスピードを緩め速度を上げようとせず時速20キロに満たない低速でいつまでも走行を続ける場合には、中央寄り車線を走るクルマが途切れるタイミングを早めに捉えて、スムーズに流れている中央寄りの車線に車線変更をしましょう。 競技用自転車に行く手を阻まれたというスクープ(?)画像を撮らんがために、同乗者のかけがえのない時間を犠牲とする「我儘ドライバーのタクシー稼業」は交通の円滑を阻害し、公共の福祉に反する行為はであり、即刻改めるべきです。 ちゃん、ちゃん。

クルマと速度差のある自転車が車道を走行することによって、交通の円滑を阻害しているという現実を直視してください。

| 世捨人 | 2013/10/22 23:02 | URL |

Re: タイトルなし

>自転車の車道走行により、バスの運行や物流トラックの通行を妨げるなど言語道断です。 しょせん趣味で走っている競技用自転車など、車道から一匹残らず駆逐すべきですね。

公道の安全・安心をおびやかす爆走競技用自転車に対する糾弾を続けてまいる所存です。

| 世捨人 | 2013/10/22 23:03 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>自家用車の車道走行により、バスの運行や物流トラックの通行を妨げるなど言語道断です。しょせん趣味で走っているホリデードライバーや、他の交通機関で賄える少人数乗り通勤車など、車道から一匹残らず駆逐すべきですね。

公道でカーレースを想定した爆走練習する自動車ドライバーは皆無でしょう。ところが、競技用自転車乗りは、ほぼ全てがスピードレースを想定した爆走練習といっても過言ではなく、到底是認できません。

| 世捨人 | 2013/10/22 23:03 | URL |

 この自転車のスピード低く見積もっても時速20kmは出てますよね、軽車両って制限速度30kmなのでこれ原付の場合でもおなじことが起こりえますよね?

| an | 2013/10/23 00:39 | URL |

>現実から目を背けないでください。
現実を直視すべきはあんただよ。
ネットでわめいても何にも変わりませんよ?

>ところが、競技用自転車乗りは、ほぼ全てがスピードレースを想定した爆走練習といっても過言ではなく、到底是認できません。
論点をそらすなよ。
お前は車道自転車そのものを排除したいんだろう?
排除したいのは競技用自転車なのか車道自転車全体なのか立場をはっきりしろ。


そもそも車道自転車が交通の円滑化を阻害している例がそんなにあるならとっくに大きな社会問題になってるはずだが?
そんなものがリアルの普通新聞から低俗なるゴシップ紙、週刊誌、ワイドショーの類まで含めて年間どれだけ報じられてるのかな?ソース持っておいで。
それから競技用自転車がほぼすべてが爆走している輩だと断じる根拠も。


何度でも言う。渋滞の主原因は自動車自身である。

| 自転車は車道 | 2013/10/23 00:41 | URL |

原付が制限速度を守ってゆっくり走ってるバージョンのビデオも撮ってるんですか?

| こち | 2013/10/23 00:47 | URL |

世捨人さん、自転車専用道とか作れば大体解決しそうなので作っといて下さいよー。

| 自転車は歩道 | 2013/10/23 01:18 | URL |

世捨人さん| 2013/10/22 23:02 |へ

>クルマと速度差のある自転車が車道を走行することによって、交通の円滑を阻害しているという現実を直視してください。

片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、道路交通法上、何ら問題ありません。

後続車両は、中央寄り車線を走るクルマが途切れるタイミングを早めに捉えて、スムーズに流れている中央寄りの車線に車線変更すれば良いだけです。

ちゃん、ちゃん。

| とき | 2013/10/23 09:29 | URL |

制限速度50km/hの道路を走る為に、競技用自転車とやらで日々鍛錬します。

| 馬鹿だろお前 | 2013/10/23 15:30 | URL |

私はプロドライバーですが、自転車も車両の仲間だと言うのなら、まず交通法規と知識を覚えてほしいものです。
バス専用レーンは時間帯別に設定されるケースが多いので、昼間と同じ感覚でバス専用レーン時間帯でも車道を走る自転車が多いのかもしれません。

私は新人ドライバーの指導もしているのですが、自転車について念頭に置くことは、まず車道で飛ばしている自転車族は馬鹿でありキチガイであると伝えます。キチガイだからクラクション鳴らすと顔真っ赤にして追いかけてきます。鳴らされるような行為をしてるのが悪いのにね。幅寄せしたとか前に割り込んで急ブレーキかけたとか、身に覚えのない事で言いがかりをつけてくる者もいます。

バカだから交通ルールやマナーがわからない、迷惑を考えない、しかし自分が危ない目に遭うとイチャモンつけてギャーギャー吠える、事故になると弱者を盾にして高額賠償をむしり取る。質が悪過ぎです。轢かれて当然のような走り方をする自転車族は、ドライバーが誤って引っ掛けてしまってもドライバーに一切の責任が発生しないよう法改正をしないと、この無秩序で傍若無人の自転車族は改心しないでしょう。

昨今のスポーツサイクリングブームに踊らされ、都内では迷惑な自転車族が蔓延しています。しかし考えてください。現在の都内には、自転車の走る場所はありません。自転車族はお怒りでしょうが、自転車とクルマは違いますよ。走る場所がないからって都合よくクルマにならないでください。その中で道路の僅かなスペースを活用しながら、時には押して歩く事も視野に入れるなど謙虚に走る自転車は大いに関心します。しかし写真のような「車両でござい!文句あるか!」という傍若無人さが許せないのです。

自転車で車道を走って交通の危険や渋滞を発生させる者は、そのせいで日本経済にどれだけの損害を与えているのか自覚するべきです。渋滞が原因でトラックが延着すれば工場のラインが止まり、企業に多大な損害が発生します。この損害は自転車族がコンビニ行ってポカリを消費した程度では返せません。乱暴な言い方をすれば、クルマは経済のために走ってますが、スポーツもどきの自転車族は経済に損害を与える事しかできないのです。クルマは業務に限らず、娯楽でも高速道路代や道の駅などで経済に貢献するのに対して、自転車族はコンビニで僅かなお金を落とす程度でしかないのです。真理でしょう。

プロドライバーは過酷な環境の中を時間厳守という厳しい条件で運転しているのです。そんな時に傍若無人な自転車族を前にすると、ハンドルを握る手が震える程の怒りがこみ上げます。プロドライバーがアクセル踏むかブレーキ踏むかという葛藤の中で自転車族を保護してやってるのに、当の自転車本人は全くお構いなしで進路を譲ろうともしないから頭に来るのです。
自転車がスピードを出し過ぎているので、追い越しにも相当な危険が伴います。時には急ブレーキも視野にいれながらアクセル全開で通過して、何とか追い越せるという有り様です。

自転車族は運転免許を持っていないのでドライバーの気持ちはわかりません。持っていたとしてもペーパードライバーです。それに対して私は大型二種免許を取得し、毎日2t車や4t車で都内を駆け巡っています。傍若無人に走ることしかない自転車族の言い分と、正しい知識と経験を元に発言するプロドライバーの主張、どちらが正しいかは明白です。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12105630712

| トラックドライバー | 2013/10/23 18:32 | URL |

>>映像見たけど、世捨人の運転は道路交通法第20条第3項「追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。」に違反してるね 世捨人は【犯罪者】だね(笑) 1台前にいた自動車は、ちゃんとこの法律守ってたね
>「左側追い越し」を禁止した規定です。しっかりしてください。

「右側の『車両通行帯を』通行しなければならない。」と明記されてます。
日本語も読めないのですか。しっかりしてください。

それと左側追い越し禁止は第28条第1項です。
道交法もマトモに読めないのですか。しっかりしてください。

| 自転車は車道 | 2013/10/23 18:38 | URL |

ネットでチマチマ議論しても・・・

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
 ネットでチマチマ議論しても時間かかるだけですね。
 オフ会してレスポンス良く討論しましょう。
 世捨人さん、オフ会の
 ①場所
 ②時間
 を 3つぐらい挙げてもらえますか?
 皆さん、世捨人さんを囲んで活発な討論をしましょう。
★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

| 山下雄太 | 2013/10/23 21:24 | URL | ≫ EDIT

サイクリング禁止反対

|トラックドライバー|2013/10/23 18:32|URL|様へ.

大型自動車の運転を生業とされている立場の貴重なご意見,しかと拝読させて頂きました.ご指摘の通り,不心得な乗り手が少なくないために「自転車」の評価を損ねていることは,私もサイクリスト(ローディ)の一人として大変残念に思っております.

しかし,以下のくだりには,少々異論を申さざるを得ません.

>自転車で車道を走って交通の危険や渋滞を発生させる者は,そのせいで日本の経済にどれだけの損害を与えているのか自覚するべきです.(中略)この損害は自転車族がコンビニ行ってポカリを消費した程度では返せません.

交通の危険や渋滞を発生させるのは何も自転車だけとは限りません.特定の時期や時間帯に自動車が集中することにもよるでしょうし,あるドライバーのちょっとした判断ミスで四輪同士の事故を起こされることもあるでしょう.実際にサイクリングの自転車による走路妨害や自転車絡みの事故の影響を受け,到着が遅れ損害が発生した実例があるのでしたら説明していただけないでしょうか.

>クルマ(四輪)は業務に限らず娯楽でも高速道路代や道の駅などで経済に貢献するのに対して,自転車族はコンビニで僅かなお金を落とす程度でしかないのです.真理でしょう.

消費金額の多い少ないで差別を受ける謂れはありません.限られた予算を効率的に消費する自転車旅の教育的な意義や効用が正当に評価されない事を,日頃から大変残念に思っております.

私も仕事(建設業関連)では1.25tのトラックを運転し,公休日には自転車族(ローディ)にもなります.やみくもに敵対関係を煽るのでなく,互いに歩み寄れる道を追求して参りたいと存じます.

| マイロネフ | 2013/10/23 21:32 | URL | ≫ EDIT

マイロネフ君


交通の危険や渋滞を発生させるのは何も自転車だけとは限りません.

>自転車『だけ』とは言ってませんよ。原因の一因と言ってるのです。

>実際にサイクリングの自転車による走路妨害や自転車絡みの事故の影響を受け,到着が遅れ損害が発生した実例があるのでしたら説明していただけないでしょうか.

ありますよ。ソースは私です。


>消費金額の多い少ないで差別を受ける謂れはありません.限られた予算を効率的に消費する自転車旅の教育的な意義や効用が正当に評価されない事を,日頃から大変残念に思っております.

実際、金額の大小によって社会への貢献度も決まるという事実があるのですから、そこと向き合ってください。迷惑をかけたぶんだけしっかり払えば社会に貢献していますが、迷惑だけかけて数百円しか払わないのなら、ただの邪魔者です。これ事実です。そこと向き合いましょう。

>私も仕事(建設業関連)では1.25tのトラックを運転し,公休日には自転車族(ローディ)にもなります.やみくもに敵対関係を煽るのでなく,互いに歩み寄れる道を追求して参りたいと存じます.

1.25t? そんなの乗用車と同じですよ。1ナンバー車でないとトラックドライバーとは言いません。その程度でしたり顔は頂けませんね。

どうしても自転車がクルマ社会の仲間だと主張するのなら、まずはクルマと同等の納税、免許制度、ペナルティを負ってからの話です。対等の立場になりたいなら、同等の義務と責任を負うのが当たり前です。
重量税も免許制度もないのに権利だけクルマ並みに求めるのはズルイですよね。


| トラックドライバー | 2013/10/23 22:17 | URL |

※閲覧者の皆様

稚拙な脳みそしか持たない主のこのブログに反論をするのを止めましょう。馬鹿に付ける薬はないと言うではありませんか。このコメントを最後に書き込みがなされないことを願います。

| 普通な人 | 2013/10/23 22:29 | URL | ≫ EDIT

サイクリング禁止反対

|トラックドライバー|2013/10/23 22:17|URL|様へ.

>どうしても自転車がクルマ社会の仲間だと主張するのなら,まずはクルマと同等の納税,免許制度,ペナルティを負ってからの話です.対等の立場になりたいなら,同等の義務と責任を負うのが当たり前です.
重量税も免許制度もないのに権利だけクルマ並みに求めるのはズルイですよね.

自転車の利用者にそれほどの高負担を要求して如何なさるのですか? 車道を走るなら誰に迷惑料を払えと仰るのですか?
それだけのご要求が実現したとしても,自転車の劣悪な通行区分が改善される見込みはないでしょう.
お立場は理解しますが,一般道路は緑ナンバー車の専用軌道ではございません.

| マイロネフ | 2013/10/23 22:48 | URL | ≫ EDIT

| トラックドライバー | 2013/10/23 18:32 | URL |氏へ

>ドライバーが誤って引っ掛けてしまってもドライバーに一切の責任が発生しないよう法改正をしないと

自転車のマナー向上を訴えるならともかく、
ハンドル握りながらよもや本気でこんなことを考えてはいないだろうな?
本気ならさっさと車を降りて免許を返上しなさい。
1トン以上もの鉄の塊を時速数十キロで転がしている者の危機意識に欠けている。
こんな理屈が通るなら、道路いっぱいに広がった歩行者を自動車、自転車は跳ね飛ばしてもいいことになりゃせんか?
免許を持たない自転車乗りを云々しているが、
道路における歩行者の存在を邪魔者扱いし、
歩行者の危険を顧みず人込みの中を高速で走り抜けようとする不逞の自転車乗りと大して変わらないな。
自転車乗りとして肝に銘ずべきことも一部には書いてあるようだが
これは全く承服しかねる。
猛省を促す。

| 横から失礼 | 2013/10/24 00:36 | URL |

皆さまへ

これまた、疋田さんのメルマガ情報ですが、http://melma.com/backnumber_16703_5916247/

■コルカタのことを笑えない

 インド第三の都市、コルカタ(旧名:カルカッタ)で、「クルマの邪魔だ!」「どけどけ!」とばかり、自転車通行禁止が決まったのだそうだ。
 読売新聞によるとこうだ。
「車の邪魔」自転車禁止、違反者に罰金科す都市[読売新聞]
http://news.fresheye.com/mart/Y5F/r-43uriy-Y5F-2B/

 わはは、スゲーなぁ、インド。
 一人あたりのGDPから換算すると、罰金110ルピーは、日本の感覚で「(この区間で)自転車に乗ったら罰金5,400円!」ってところだ。さすがに現地でも「この途上国ぶり丸出しの政策は、世界の潮流に逆行しており“国の恥”である!」と大評判らしい(笑)。
 ちなみにコルカタ、こんな街。
https://www.google.com/search?q=%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%82%BF&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=Bz9mUsPgDYn2kQX7nYGwBQ&ved=0CDkQsAQ&biw=1323&bih=962

 まあね、まだまだようやく「途上国脱出」の糸口に着いたばかりの“新興国インド”だもの。今の段階では誤謬もあるさ。はやく間違いに気づいて、真っ当な形で自転車を利用するようになろうね、インドの方々(マジ応援してます)。
 ただなぁ、この話、わはは、さすがはインド、悠久の途上国……、なんて笑ってはいられない。
「クルマは野放図にバンバン通したまま、自転車通行禁止!」の状況は、日本の顔・京都にあるし、日本の頭脳・東京の主要都道にだって、最も意味のない形で存在するからだ(都道316号線などに顕著)。
 そこを「チャリ邪魔!」と言わんばかりのクルマが暴走する。まさに二酸化炭素と日本の恥をまき散らかしながら、走ったり、停まったり、居眠りしたりしてる(涙・これホント)ってわけだ。

 いやはや、道路をマネジメントするお役人さん方の脳、考え方が、コペンハーゲン型などからははるか遠く、コルカタ型なんだろうね。
 インドのお役人たちがコルカタ型なのは仕方ない。
 国家が、まだまだ分かりやすい豊かさ(その一番手はクルマだ)を追い求めたい年頃なんだから。だが、この先進国ニッポン、エコ社会を目指さんとするニッポンでのコルカタ型ってのは、どうなんだ(笑)。どこかが異常だとしか思えないよ。さぞかし「車道はクルマのもの!」ってんで、アタマがコルカタまってるのだろう。

 この話は、次号の「Bicycle NAVI」誌に詳しく書いたんで、ご興味ある方は、ご一読を。

発展途上国レベルの意識に凝り固まったトラックドライバーさん| 2013/10/23 18:32 |のコメントなど読む価値なしです。

無視しましょう。

ちゃん、ちゃん。

| とき | 2013/10/25 09:13 | URL |

トラックドライバーさん| 2013/10/23 18:32 |へ

>私はプロドライバーですが、自転車も車両の仲間だと言うのなら、まず交通法規と知識を覚えてほしいものです。

自転車は幼児から高齢者まで誰もが利用するものです。信号を守る、飛び出さない等々の歩行者として交通法規や知識に加えるとすれば、車道左端通行くらいのものでしょう。

まあ、安全を確認しながらゆっくりとしたスピードであれば、右側通行しても何ら問題ありませんね。

車道上の最弱者となる自転車(乗り)が覚えるべきは「自分の身は自分で守る」という心構えだけで十分でしょう。

>バス専用レーンは時間帯別に設定されるケースが多いので、昼間と同じ感覚でバス専用レーン時間帯でも車道を走る自転車が多いのかもしれません。

多くのバス専用レーンでは専用の時間帯でも、自転車や軽車両は通行可とされている筈ですよ。
まず、プロであるトラックドライバーさんこそ、交通法規と知識を覚えてほしいものです。

>私は新人ドライバーの指導もしているのですが、自転車について念頭に置くことは、まず車道で飛ばしている自転車族は馬鹿でありキチガイであると伝えます。

何と呼ぼうとトラックドライバーの勝手ですが、安全な車間距離をとって、当らず障らずで、放って措いていただければ結構です。

>キチガイだからクラクション鳴らすと顔真っ赤にして追いかけてきます。

「危険を防止するためやむを得ないとき」に該当しない状況にもかかわらず、道路交通法で禁止されているクラクションを鳴らすからでしょう。
キチガイは、道路交通法を理解していないトラックドライバーさん自身です。

>鳴らされるような行為をしてるのが悪いのにね。幅寄せしたとか前に割り込んで急ブレーキかけたとか、身に覚えのない事で言いがかりをつけてくる者もいます。

身に覚えがない時点で、あなたの安全確認が不十分等々の道路交通法違反行為があったということです。

(急ブレーキの禁止)
第二十四条  車両等の運転者は、危険を防止するためやむを得ない場合を除き、その車両等を急に停止させ、又はその速度を急激に減ずることとなるような急ブレーキをかけてはならない。
(進路の変更の禁止)
第二十六条の二  車両は、みだりにその進路を変更してはならない。
(割込み等の禁止)
第三十二条  車両は、法令の規定若しくは警察官の命令により、又は危険を防止するため、停止し、若しくは停止しようとして徐行している車両等又はこれらに続いて停止し、若しくは徐行している車両等に追いついたときは、その前方にある車両等の側方を通過して当該車両等の前方に割り込み、又はその前方を横切つてはならない。

>バカだから交通ルールやマナーがわからない、迷惑を考えない、しかし自分が危ない目に遭うとイチャモンつけてギャーギャー吠える、事故になると弱者を盾にして高額賠償をむしり取る。質が悪過ぎです。

上述のとおり道路交通法で定められている交通ルールやマナーがわかっていない、迷惑を考えないのはトラックドライバーさん自身です。
危ない目にあわせたり、事故に巻き込んだトラックドライバーさん自身の質が悪過ぎです。

>轢かれて当然のような走り方をする自転車族は、ドライバーが誤って引っ掛けてしまってもドライバーに一切の責任が発生しないよう法改正をしないと、この無秩序で傍若無人の自転車族は改心しないでしょう。

自転車は車道左端(トラックが往来するような複数車線のある幹線道路では、第一通行帯のど真ん中)を通行するものです。
ドライバーが誤って引っ掛けてしまった時点でドライバーの責任です。
誤らないようにくれぐれも安全運転をお願いします。
しかし、法律に守ってもらわないと運転を誤って引っ掛けてしまうと嘆くあたりはプロとして情けない限りです。

>昨今のスポーツサイクリングブームに踊らされ、都内では迷惑な自転車族が蔓延しています。

自転車の裾野が拡大しているということで、本当に素晴らしことです。

>しかし考えてください。現在の都内には、自転車の走る場所はありません。

自転車は車道左端を通行するものです。

>自転車族はお怒りでしょうが、自転車とクルマは違いますよ。走る場所がないからって都合よくクルマにならないでください。

自転車は軽車両です。軽車両は車両です。ただそれだけです。クルマとは明らかに違いま走る場所は、車道左端とされています。

>その中で道路の僅かなスペースを活用しながら、時には押して歩く事も視野に入れるなど謙虚に走る自転車は大いに関心します。

図体ばかりが大きくて押しても動かない自動車と違い、押して歩くことも出来るところが自転車の良い所です。

>しかし写真のような「車両でござい!文句あるか!」という傍若無人さが許せないのです。

上述のとおり、自転車は軽車両であり、車両です。車道左端(或いは、トラックが往来するような複数車線のある幹線道路では、第一通行帯のど真ん中)を通行するものです。それだけのことです。

>自転車で車道を走って交通の危険や渋滞を発生させる者は、そのせいで日本経済にどれだけの損害を与えているのか自覚するべきです。

自転車が道路交通法で定められているとおり車道左端を通行することで、交通の危険や渋滞が発生するとすれば、交通量に比して道路インフラの整備が不十分ということでしょう。

自転車の通行空間の確保が出来ていないという不十分な道路インフラ整備の実態が露わになり、道路インフラ工事という公共事業に国家予算がつぎ込まれれば、需要が喚起され我が国の経済に多大な寄与をすることでしょう。

>渋滞が原因でトラックが延着すれば工場のラインが止まり、企業に多大な損害が発生します。この損害は自転車族がコンビニ行ってポカリを消費した程度では返せません。

渋滞が原因で延着するようなトラックドライバーや運送会社は、発注企業にとって迷惑なアマチュアでしかなく、延着しない他の運送会社やトラックドライバーに乗り換えられて淘汰されるだけのことです。
企業に発生した損害は、アマチュア運送会社やアマチュアトラックドライバーに請求され、返されることとになるだけのことです。

>乱暴な言い方をすれば、クルマは経済のために走ってますが、スポーツもどきの自転車族は経済に損害を与える事しかできないのです。クルマは業務に限らず、娯楽でも高速道路代や道の駅などで経済に貢献するのに対して、自転車族はコンビニで僅かなお金を落とす程度でしかないのです。真理でしょう。

乱暴ものには困ったものです。
クルマも自転車も単なる交通手段でしかありません。
経済であろうと、娯楽であろうと、目的は人それぞれです。
目的によって「手段」として優劣が決まるものではありません。

自転車は幼児から高齢者まで利用する最も身近な乗り物として、人間生活に密着しています。人間に自らの力(脚力や腕力)で移動する手段として車椅子などと同様に、人間の可能性を拡げるもの、いわば、個人の尊厳にかかわる優れた交通手段です。

人間の尊厳、やる気、可能性等々が人間社会の成長や有り方に与える影響に比較すれば、経済に与える影響など高が知れています

>プロドライバーは過酷な環境の中を時間厳守という厳しい条件で運転しているのです。

仕事であれば、当然のことです。
どのような仕事であれ、ギリギリの効率性を求めることで利益を追求していくものです。

>そんな時に傍若無人な自転車族を前にすると、ハンドルを握る手が震える程の怒りがこみ上げます。プロドライバーがアクセル踏むかブレーキ踏むかという葛藤の中で自転車族を保護してやってるのに、当の自転車本人は全くお構いなしで進路を譲ろうともしないから頭に来るのです。

仕事のギリギリの効率性や生産性を支えているのは、一人一人の心の持ち様です。
一人一人の仕事に対する前向きな姿勢・やる気・元気・明るさ・創意工夫・日常の体調管理、周りとのコミュニケーション力、段取り等々です。

自転車が車道左端(或いは、第一通行帯のど真ん中)を通行することは、道路交通法に定められた当たり前の前提条件です。
先行する自転車との間に安全な距離を確保して追随するか、できる限り安全な速度と方法で追い越していくかは、後続車両に求められて当然のことです。
当たり前のことに頭に来るようでは、仕事に対する心構えが出来ていないということでしかありません。

>自転車がスピードを出し過ぎているので、追い越しにも相当な危険が伴います。時には急ブレーキも視野にいれながらアクセル全開で通過して、何とか追い越せるという有り様です。

追越しをしようとする車両の当然の義務です。
安全な速度と方法で追越し出来ないのであれば、大人しく追随して下さい。

(追越しの方法)
第二十八条  第4項 追越しをしようとする車両は、反対の方向又は後方からの交通及び前車又は路面電車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車又は路面電車の速度及び進路並びに道路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。

>自転車族は運転免許を持っていないのでドライバーの気持ちはわかりません。持っていたとしてもペーパードライバーです。それに対して私は大型二種免許を取得し、毎日2t車や4t車で都内を駆け巡っています。傍若無人に走ることしかない自転車族の言い分と、正しい知識と経験を元に発言するプロドライバーの主張、どちらが正しいかは明白です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12105630712

自転車は幼児から運転免許を返上した高齢者まで誰もが利用できる交通手段ですので、運転免許を持っていないことも多いでしょう。しかし、自転車乗りがドライバーの気持ちなど判らなくても何ら問題ありません。
道路交通法に定められたとおりに車道左端を通行すれば良いだけです。
車道上の最弱者として「自分の身は自分で守る」ことに徹すれば良いだけです。

バス専用レーンの知識もあやふやで、納品期日(時刻)も守れない、安全な速度と方法で追い越すことも出来ないアマチュアドライバーの主張など読む価値なしです。

さて、皆さん、無視しても構わない、読む価値なしであることをご理解頂けましたでしょうか。

| とき | 2013/10/25 12:08 | URL |

車を運転しているときのことです。

一車線道路で、よく右折しようとして、通せんぼをしている先行車に遭遇します。対向車が次々にくるので、右折できないのです。左側の歩道に乗り上げて通ってやろうと思うのですが、決まってガードレールがちゃっかり設置してあるので、しかたなくあきらめます。

自転車を追い越すのに必要な十数秒なんてものじゃない、時には体感でですが、数分以上も待たされてようやく、先行車はどきます。あいさつのひとつもしないものだから余計に頭にきます。

頭にきたついでにアクセルをぐんって踏み込むと、40km道路ですが、びゅんとスピードに乗って、多分80kmくらいは出てるんじゃないかな。メーターなんてわざわざ見ないのでわからないけど。そうすると、何分もしないうちにさっき右折車の前を何の気もなしに通り去って行った車のお尻が見えてくる訳です。

こういう風にしていんりゅう(なぜか変換できない)を下げるのだけど、先行車の後ろについて、時に信号待ちなんかもしていると、気が付かないうちにさっき遥か後方に置いてきた車が、もう、自分のすぐ後ろに追いついているんです。それだから、またむしゃくしゃがぶり返しちゃったりして。まぁ、職場についたらコーヒーを一杯やって全部忘れるんだけどね。

うーーん。

たかが自転車一台くらいで、渋滞ができることなんて無いと思うんだ。

もしも、渋滞が起きるんだったら、単に道路の設計容量に対して車の数が多すぎるというだけで、(自転車じゃなくとも)ほんの些細なきっかけで渋滞になりやすい状況が慢性的にあるんだと思う。

だから、渋滞を減らしたいのだったら、道路を増やすか、太くする、そうじゃなかったら車の交通量を減らす努力をすべきであって、自転車に責任を押し付けるのは、まぁ、いいか。世捨て人さんは、自転車が憎いだけで、慢性的な渋滞を憂いている訳ではないものね。

ああ。こういう人が一切いなかったら、政治ってすっごくやりやすいんだろうなあ。

| ず | 2013/10/25 19:15 | URL |

なんか、車のほうが自転車よりも社会に貢献してるとか、必死こいて語ってる人がいますね。なぜ小学生でも知っているようなことを、社会人の大人が熱弁しているのか、私のような論理的な人間には理解しがたいです。

| 東南 | 2013/10/26 17:36 | URL |

Re: タイトルなし

旧ANさん

>この自転車のスピード低く見積もっても時速20kmは出てますよね、軽車両って制限速度30kmなのでこれ原付の場合でもおなじことが起こりえますよね?

人力の自転車にあっては速度を維持するのが困難です。上り坂での「サグ」と同じように速度低下は渋滞の原因となりますので、ご配慮願います。

| 世捨人 | 2013/10/29 22:51 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>>現実から目を背けないでください。
>現実を直視すべきはあんただよ。 ネットでわめいても何にも変わりませんよ?

競技用自転車に対する規制の足音は、確実に近づいています。

>>ところが、競技用自転車乗りは、ほぼ全てがスピードレースを想定した爆走練習といっても過言ではなく、到底是認できません。
>論点をそらすなよ。 お前は車道自転車そのものを排除したいんだろう? 排除したいのは競技用自転車なのか車道自転車全体なのか立場をはっきりしろ。

身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、歩道の活用が望まれます。スピードレース用に開発された競技用自転車については、爆走練習がはびこっており、到底是認できません。

>そもそも車道自転車が交通の円滑化を阻害している例がそんなにあるならとっくに大きな社会問題になってるはずだが?

まだ、大きな社会問題となっていないことを掘り起こし、世間に問うこともジャーャーナリストの使命でしょう。

>そんなものがリアルの普通新聞から低俗なるゴシップ紙、週刊誌、ワイドショーの類まで含めて年間どれだけ報じられてるのかな?ソース持っておいで。

すでに報じられているものでなく、当ブログオリジナル情報を掲載することに価値を見出しております。

>それから競技用自転車がほぼすべてが爆走している輩だと断じる根拠も。

スピードレース用に開発されたわけですから、爆走と言わざるを得ません。

>何度でも言う。渋滞の主原因は自動車自身である。

クルマと速度差のある自転車が交通の円滑を阻害しかねないという現実を直視してください。

| 世捨人 | 2013/10/29 22:53 | URL |

Re: タイトルなし

こさん

>原付が制限速度を守ってゆっくり走ってるバージョンのビデオも撮ってるんですか?

原付バイクは生活道路中心で交通量の多い幹線道路ではほとんどお目にかかれません。

| 世捨人 | 2013/10/29 22:54 | URL |

Re: タイトルなし

>世捨人さん、自転車専用道とか作れば大体解決しそうなので作っといて下さいよー。

それまでは自転車は歩道走行するしかありませんね。

| 世捨人 | 2013/10/29 22:55 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>>クルマと速度差のある自転車が車道を走行することによって、交通の円滑を阻害しているという現実を直視してください。
>片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、道路交通法上、何ら問題ありません。

映像によって自転車が交通の円滑を阻害している現実を認識していただけたかと思います。

>後続車両は、中央寄り車線を走るクルマが途切れるタイミングを早めに捉えて、スムーズに流れている中央寄りの車線に車線変更すれば良いだけです。

車線変更を強いるということは交通の円滑を阻害していることですね。

>ちゃん、ちゃん。

しっかりしてください。

| 世捨人 | 2013/10/29 22:58 | URL |

Re: タイトルなし

馬鹿さん

>制限速度50km/hの道路を走る為に、競技用自転車とやらで日々鍛錬します。

日々の鍛練は、日本サイクルスポーツセンター(静岡・伊豆市、電話0558-79-0001)など専用施設でお願いします。

| 世捨人 | 2013/10/29 23:11 | URL |

Re: タイトルなし

トラさん

>私はプロドライバーですが、自転車も車両の仲間だと言うのなら、まず交通法規と知識を覚えてほしいものです。バス専用レーンは時間帯別に設定されるケースが多いので、昼間と同じ感覚でバス専用レーン時間帯でも車道を走る自転車が多いのかもしれません。

「プロドライバー」の定義をお示しください。

>私は新人ドライバーの指導もしているのですが、自転車について念頭に置くことは、まず車道で飛ばしている自転車族は馬鹿でありキチガイであると伝 えます。キチガイだからクラクション鳴らすと顔真っ赤にして追いかけてきます。鳴らされるような行為をしてるのが悪いのにね。幅寄せしたとか前に割り込ん で急ブレーキかけたとか、身に覚えのない事で言いがかりをつけてくる者もいます。

車道には価値観の異なる信じられない輩(やから)が生息していますので、注意したいですね。

>バカだから交通ルールやマナーがわからない、迷惑を考えない、しかし自分が危ない目に遭うとイチャモンつけてギャーギャー吠える、事故になると弱 者を盾にして高額賠償をむしり取る。質が悪過ぎです。轢かれて当然のような走り方をする自転車族は、ドライバーが誤って引っ掛けてしまってもドライバーに 一切の責任が発生しないよう法改正をしないと、この無秩序で傍若無人の自転車族は改心しないでしょう。

自動車と自転車が共存するのは困難であることは理解します。粘り強く説得していきましょう。

>昨今のスポーツサイクリングブームに踊らされ、都内では迷惑な自転車族が蔓延しています。しかし考えてください。現在の都内には、自転車の走る場 所はありません。自転車族はお怒りでしょうが、自転車とクルマは違いますよ。走る場所がないからって都合よくクルマにならないでください。その中で道路の 僅かなスペースを活用しながら、時には押して歩く事も視野に入れるなど謙虚に走る自転車は大いに関心します。しかし写真のような「車両でござい!文句ある か!」という傍若無人さが許せないのです。

ガラガラの歩道の活用を促していきましょう。

>自転車で車道を走って交通の危険や渋滞を発生させる者は、そのせいで日本経済にどれだけの損害を与えているのか自覚するべきです。渋滞が原因でト ラックが延着すれば工場のラインが止まり、企業に多大な損害が発生します。この損害は自転車族がコンビニ行ってポカリを消費した程度では返せません。乱暴 な言い方をすれば、クルマは経済のために走ってますが、スポーツもどきの自転車族は経済に損害を与える事しかできないのです。クルマは業務に限らず、娯楽 でも高速道路代や道の駅などで経済に貢献するのに対して、自転車族はコンビニで僅かなお金を落とす程度でしかないのです。真理でしょう。

競技用自転車乗りのスピードレースを想定した爆走練習については規制が必要です。

>プロドライバーは過酷な環境の中を時間厳守という厳しい条件で運転しているのです。そんな時に傍若無人な自転車族を前にすると、ハンドルを握る手 が震える程の怒りがこみ上げます。プロドライバーがアクセル踏むかブレーキ踏むかという葛藤の中で自転車族を保護してやってるのに、当の自転車本人は全く お構いなしで進路を譲ろうともしないから頭に来るのです。
自転車がスピードを出し過ぎているので、追い越しにも相当な危険が伴います。時には急ブレーキも視野にいれながらアクセル全開で通過して、何とか追い越せるという有り様です。

競技用自転車の快適な速度が、自動車にとって中途半端な速度であることからして、互いが共存するのは困難かと思います。

>自転車族は運転免許を持っていないのでドライバーの気持ちはわかりません。持っていたとしてもペーパードライバーです。それに対して私は大型二種 免許を取得し、毎日2t車や4t車で都内を駆け巡っています。傍若無人に走ることしかない自転車族の言い分と、正しい知識と経験を元に発言するプロドライ バーの主張、どちらが正しいかは明白です。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12105630712

「固有の制限速度(時速15キロ推奨)」「バックミラー」「ウインカー」など、自転車にも原付バイクに準じた法整備が必要だと思います。

| 世捨人 | 2013/10/29 23:14 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>映像見たけど、世捨人の運転は道路交通法第20条第3項「追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。」に違反してるね 世捨人は【犯罪者】だね(笑) 1台前にいた自動車は、ちゃんとこの法律守ってたね
>>「左側追い越し」を禁止した規定です。しっかりしてください。
>「右側の『車両通行帯を』通行しなければならない。」と明記されてます。 日本語も読めないのですか。しっかりしてください。

「左側の『車両通行帯を』通行してはいけない」とも解釈できます。

>それと左側追い越し禁止は第28条第1項です。 道交法もマトモに読めないのですか。しっかりしてください。

小生の追い越しは28条には違反していませんね。

| 世捨人 | 2013/10/29 23:18 | URL |

Re: ネットでチマチマ議論しても・・・

太さん

>★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ネットでチマチマ議論しても時間かかるだけですね。  オフ会してレスポンス良く討論しましょう。  世捨人さん、オフ会の ①場所  ②時間  を 3つぐらい挙げてもらえますか?  皆さん、世捨人さんを囲んで活発な討論をしましょう。★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

ご意見、ご要望として承ります。

| 世捨人 | 2013/10/29 23:18 | URL |

Re: タイトルなし

旧ズーさん

>車を運転しているときのことです。

いつ、どこで、誰とですか?

>一車線道路で、よく右折しようとして、通せんぼをしている先行車に遭遇します。対向車が次々にくるので、右折できないのです。左側の歩道に乗り上げて通ってやろうと思うのですが、決まってガードレールがちゃっかり設置してあるので、しかたなくあきらめます。

あわてないでください。

>自転車を追い越すのに必要な十数秒なんてものじゃない、時には体感でですが、数分以上も待たされてようやく、先行車はどきます。あいさつのひとつもしないものだから余計に頭にきます。

耐性が低いかと思います。

>頭にきたついでにアクセルをぐんって踏み込むと、40km道路ですが、びゅんとスピードに乗って、多分80kmくらいは出てるんじゃないかな。 メーターなんてわざわざ見ないのでわからないけど。そうすると、何分もしないうちにさっき右折車の前を何の気もなしに通り去って行った車のお尻が見えてく る訳です。

制限速度は守ってください。

>こういう風にしていんりゅう(なぜか変換できない)を下げるのだけど、先行車の後ろについて、時に信号待ちなんかもしていると、気が付かないうち にさっき遥か後方に置いてきた車が、もう、自分のすぐ後ろに追いついているんです。それだから、またむしゃくしゃがぶり返しちゃったりして。まぁ、職場に ついたらコーヒーを一杯やって全部忘れるんだけどね。

溜飲(りゅういん)と読みます。いずれにせよ、運転前にコーヒーを飲むなどして、むしゃくしゃを抑えてください。

>うーーん。 たかが自転車一台くらいで、渋滞ができることなんて無いと思うんだ。

現実から目を背けないでください。

>もしも、渋滞が起きるんだったら、単に道路の設計容量に対して車の数が多すぎるというだけで、(自転車じゃなくとも)ほんの些細なきっかけで渋滞になりやすい状況が慢性的にあるんだと思う。

渋滞の要因は多種多様でしょう。

>だから、渋滞を減らしたいのだったら、道路を増やすか、太くする、そうじゃなかったら車の交通量を減らす努力をすべきであって、自転車に責任を押し付けるのは、まぁ、いいか。世捨て人さんは、自転車が憎いだけで、慢性的な渋滞を憂いている訳ではないものね。

自転車が今できることは、歩道を活用することです。

>ああ。こういう人が一切いなかったら、政治ってすっごくやりやすいんだろうなあ。

ご自分を責める必要などありません。自信をもってください。

| 世捨人 | 2013/10/29 23:32 | URL |

Re: タイトルなし

東さん

>なんか、車のほうが自転車よりも社会に貢献してるとか、必死こいて語ってる人がいますね。なぜ小学生でも知っているようなことを、社会人の大人が熱弁しているのか、私のような論理的な人間には理解しがたいです。

理解できないのは論理的思考力に問題があるかと思います。

| 世捨人 | 2013/10/29 23:35 | URL |

世捨人さん| 2013/10/29 22:58 |へ

>クルマと速度差のある自転車が車道を走行することによって、交通の円滑を阻害しているという現実を直視してください。
>>片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、道路交通法上、何ら問題ありません。
>映像によって自転車が交通の円滑を阻害している現実を認識していただけたかと思います。

道路交通の「安全」と「円滑」を図るために定められた道路交通法上、何ら問題ありません。

後続車両は、スムーズに流れている片側2車線の道路の中央寄りの車線に車線変更して追い越して行けば良いだけですので、何ら交通の円滑を阻害している事実はありません。

自転車は車線が複数あるような幹線道路では、第一通行帯のど真ん中を通行するものであるという当たり前の現実を認識することのできるスクープ(?)動画ですかね。

>>後続車両は、中央寄り車線を走るクルマが途切れるタイミングを早めに捉えて、スムーズに流れている中央寄りの車線に車線変更すれば良いだけです。
>車線変更を強いるということは交通の円滑を阻害していることですね。

世捨人さんのように車線変更が下手くそなアマチュアタクシードライバーは、仕方ありません。
乗客の方はアンラッキーですが、時速20~25キロ程度で安全かつ円滑に第一通行帯を通行している自転車に大人しく追随して下さい。

>>ちゃん、ちゃん。
>しっかりしてください。

ちゃん、ちゃん。

| とき | 2013/10/30 09:51 | URL |

>>この自転車のスピード低く見積もっても時速20kmは出てますよね、軽車両って制限速度30kmなのでこれ原付の場合でもおなじことが起こりえますよね?
>人力の自転車にあっては速度を維持するのが困難です。上り坂での「サグ」と同じように速度低下は渋滞の原因となりますので、ご配慮願います。

原付も上り坂は車と比べたらかなり遅くなりますし制限速度30kmも変わりませんよね、それにこの動画は上り坂でもなければスピードも一定ですよね?

| an | 2013/10/30 09:54 | URL |

>>原付が制限速度を守ってゆっくり走ってるバージョンのビデオも撮ってるんですか?
>原付バイクは生活道路中心で交通量の多い幹線道路ではほとんどお目にかかれません。

でも自転車が通っているということは原付も走行可能ですし実際走ってますよね?原付より自転車の方が多く幹線道路を走ってる理屈なんてありませんし、なんで自転車とって原付とらないんですか?

| an | 2013/10/30 10:16 | URL |

| 世捨人 | 2013/10/29 22:53 | URL |氏へ


>競技用自転車に対する規制の足音は、確実に近づいています。

当方の耳が悪いのでなければ貴殿の空耳でしょう。
あ、ノーブレピストの規制なら大賛成です。

>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、歩道の活用が望まれます。スピードレース用に開発された競技用自転車については、爆走練習がはびこっており、到底是認できません。

歩道のない道路、しかも交通量が少なくなく、あるいは抜け道と称してせっかちな自動車が侵入し暴走する道路はたくさんありますが?このような道路において、身体がむきだしの自転車の危険性は車道を走る場合と比べてどう違うのですか?

一万歩譲って「自動車は広い歩道を完備した車道しか走ってはならない、それ以外の道路には緊急自動車以外一切入ってはならない」と規制をかけるなら、「自転車は歩道つき道路において歩道走るべき」でもいいですよ。

>まだ、大きな社会問題となっていないことを掘り起こし、世間に問うこともジャーャーナリストの使命でしょう。

まだ問題になっていないのではなく、半永久的に問題にならないことです。
かつての中国などのように夥しい数の自転車があちこちの車道を走るほどになれば、自動車の円滑な走行の阻害要因として問題化するでしょうね。もっとも、仮にそうなると、逆に自動車こそ道路交通の円滑さを阻害する存在と化するかもしれませんが。

>すでに報じられているものでなく、当ブログオリジナル情報を掲載することに価値を見出しております。

信憑性に欠けますね。「ソースは俺」では、2ちゃんレベル、酔っぱらいのヨタ、あるいはオナニーと変わりません。

>スピードレース用に開発されたわけですから、爆走と言わざるを得ません。

文章がつながっておらず 質問にも答えていませんね。

>クルマと速度差のある自転車が交通の円滑を阻害しかねないという現実を直視してください。

「阻害しかねない」と「(現実に)阻害している」では大きな隔たりがあります。

| 自転車は車道 | 2013/10/30 20:20 | URL |

世捨て人さんも仰っている複数の要素があって(道路の構造的欠陥、傾斜による速度低下、路上駐車など)挙げたらきりがなく一つだけ要素(自転車が原因)で渋滞が発生しないというのは世捨て人さんも同じ考えなのだろ?ならば自転車のみ規制をかけるという考え方では問題は解決しないと思うんだが・・・

| 通りすがり | 2013/10/31 01:35 | URL |

自転車を追い抜けずに渋滞が発生するような交通状態では、右折車一台で渋滞が生じうることは理解できたかと思います。

要するに、自転車が渋滞のトリガーを引いてしまう可能性はありますが、自転車規制を行っても渋滞は改善しないと思われます。すぐに別の要因で渋滞してしまうからです。

根本的な原因は、車の台数の過多です。逆の言い方をすれば道路インフラの不足です。

本気で渋滞を解消したいなら、自動車側を制限してしまうことがより現実的で意味のある手法ですね。要するに、通行料を徴収するということです。環七片道200円、みたいなね。

| ず | 2013/10/31 10:00 | URL |

>>「右側の『車両通行帯を』通行しなければならない。」と明記されてます。 日本語も読めないのですか。しっかりしてください。
>「左側の『車両通行帯を』通行してはいけない」とも解釈できます。

「右側の『車両通行帯を』通行しなければならない。」と明記されてます。 日本語も読めないのですか。しっかりしてください。

>小生の追い越しは28条には違反していませんね。

世捨人は道路交通法第20条第3項に違反している時点で既に犯罪者です。
28条違反してないと主張したからといって、世捨人の犯罪事実は消えません。

| 自転車は車道 | 2013/10/31 12:16 | URL |

>・・道路の路肩寄り(第1車線)を走行していたときのこと。

●どうぞ遠慮なく車線の真ん中を走ってください。

>・・唐突にスピードを緩め速度を上げようとしないでないか。

●緩めたり上げたり 起伏の無い人生ほどつまらないものはないです。

>・・を避けるための措置か。・・に入るため道路外に出ようとしているのか。

●大きなお世話です。

>・・中央寄りの車線はスムーズに流れているのとは対照的に・・

●どうぞ遠慮なくそちらの車線へ変更してください。

>・・時速25キロほどで走る競技用自転車に行く手を阻まれ、・・

●2車線の幅員となると7mぐらいでしょうか。そんな大きな自転車を拝見したかった・・

>・・たった1台の自転車のために、ドライバー及び同乗者のかけがえのない時間が犠牲となったのだ。

●謹んでご冥福をお祈りいたします。南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏・・・・・

| きゃばれろ | 2013/11/05 15:24 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

旧ときさん

>>クルマと速度差のある自転車が車道を走行することによって、交通の円滑を阻害しているという現実を直視してください。
>片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、道路交通法上、何ら問題ありません。
>>映像によって自転車が交通の円滑を阻害している現実を認識していただけたかと思います。
>道路交通の「安全」と「円滑」を図るために定められた道路交通法上、何ら問題ありません。

道路交通法では予想していなかった事態が生じています。

>後続車両は、スムーズに流れている片側2車線の道路の中央寄りの車線に車線変更して追い越して行けば良いだけですので、何ら交通の円滑を阻害している事実はありません。

駐車車両や自転車を避けるために車線変更すると交通の円滑を阻害しかねません。

>自転車は車線が複数あるような幹線道路では、第一通行帯のど真ん中を通行するものであるという当たり前の現実を認識することのできるスクープ(?)動画ですかね。

違います。

>後続車両は、中央寄り車線を走るクルマが途切れるタイミングを早めに捉えて、スムーズに流れている中央寄りの車線に車線変更すれば良いだけです。
>>車線変更を強いるということは交通の円滑を阻害していることですね。
>世捨人さんのように車線変更が下手くそなアマチュアタクシードライバーは、仕方ありません。 乗客の方はアンラッキーですが、時速20~25キロ程度で安全かつ円滑に第一通行帯を通行している自転車に大人しく追随して下さい。

おっしゃるとおり、自転車が車道走行する場面に直面するとアンラッキーですね。

>ちゃん、ちゃん。
>>しっかりしてください。
>ちゃん、ちゃん。

旧ときさんの負けです。

| 世捨人 | 2013/11/06 22:24 | URL |

Re: タイトルなし

旧ANさん

>この自転車のスピード低く見積もっても時速20kmは出てますよね、軽車両って制限速度30kmなのでこれ原付の場合でもおなじことが起こりえますよね?
>>人力の自転車にあっては速度を維持するのが困難です。上り坂での「サグ」と同じように速度低下は渋滞の原因となりますので、ご配慮願います。
>原付も上り坂は車と比べたらかなり遅くなりますし制限速度30kmも変わりませんよね、それにこの動画は上り坂でもなければスピードも一定ですよね?

アクセルは一定というわけにはいかず、エンジンブレーキなどで微妙に速度調整しています。

| 世捨人 | 2013/11/06 22:24 | URL |

Re: タイトルなし

旧ANさん

>原付が制限速度を守ってゆっくり走ってるバージョンのビデオも撮ってるんですか?
>>原付バイクは生活道路中心で交通量の多い幹線道路ではほとんどお目にかかれません。
>でも自転車が通っているということは原付も走行可能ですし実際走ってますよね?原付より自転車の方が多く幹線道路を走ってる理屈なんてありませんし、なんで自転車とって原付とらないんですか?

競技用自転車と違い、原付バイクで爆走練習する輩(やから)はお目にかかれません。

| 世捨人 | 2013/11/06 22:25 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>>競技用自転車に対する規制の足音は、確実に近づいています。
>当方の耳が悪いのでなければ貴殿の空耳でしょう。 あ、ノーブレピストの規制なら大賛成です。

現実から目を背けないでください。

>>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、歩道の活用が望まれます。スピードレース用に開発された競技用自転車については、爆走練習がはびこっており、到底是認できません。
>歩道のない道路、しかも交通量が少なくなく、あるいは抜け道と称してせっかちな自動車が侵入し暴走する道路はたくさんありますが?このような道路において、身体がむきだしの自転車の危険性は車道を走る場合と比べてどう違うのですか?

ガードレールや段差で守られた歩道こそが自転車の聖域でしょう。

>一万歩譲って「自動車は広い歩道を完備した車道しか走ってはならない、それ以外の道路には緊急自動車以外一切入ってはならない」と規制をかけるなら、「自転車は歩道つき道路において歩道走るべき」でもいいですよ。

モーターリゼーションの発達で時代に取り残された自転車という乗り物の扱い方をめぐって、識者の頭を悩ませているようです。

>>まだ、大きな社会問題となっていないことを掘り起こし、世間に問うこともジャーャーナリストの使命でしょう。
>まだ問題になっていないのではなく、半永久的に問題にならないことです。 かつての中国などのように夥しい数の自転車があちこちの車道を走るほどになれば、自動車の円滑な走行の阻害要因として問題化するでしょうね。もっとも、仮にそうなると、逆に自動車こそ道路交通の円滑さを阻害する存在と化するかもしれませんが。

冒頭にあるとおり、競技用自転車に対する規制の足音は、確実に近づいています。

>>すでに報じられているものでなく、当ブログオリジナル情報を掲載することに価値を見出しております。
>信憑性に欠けますね。「ソースは俺」では、2ちゃんレベル、酔っぱらいのヨタ、あるいはオナニーと変わりません。

現場に足を運ばなければ、書けない記事であることがおわかりでしょう。

>>スピードレース用に開発されたわけですから、爆走と言わざるを得ません。
>文章がつながっておらず 質問にも答えていませんね。

いずれにせよ、競技用自転車で爆走するなら日本サイクルスポーツセンターなど専用施設でお願いします。

>>クルマと速度差のある自転車が交通の円滑を阻害しかねないという現実を直視してください。
>「阻害しかねない」と「(現実に)阻害している」では大きな隔たりがあります。

厳しい現実から目を背けないでください。

| 世捨人 | 2013/11/06 22:33 | URL |

Re: タイトルなし

通りさん

>世捨て人さんも仰っている複数の要素があって(道路の構造的欠陥、傾斜による速度低下、路上駐車など)挙げたらきりがなく一つだけ要素(自転車が原因)で 渋滞が発生しないというのは世捨て人さんも同じ考えなのだろ?ならば自転車のみ規制をかけるという考え方では問題は解決しないと思うんだが・・・

競技用自転車に対する規制が喫緊の課題であるとの立場です。

| 世捨人 | 2013/11/06 22:34 | URL |

Re: タイトルなし

旧ズーさん

>自転車を追い抜けずに渋滞が発生するような交通状態では、右折車一台で渋滞が生じうることは理解できたかと思います。

もう少し丁寧に解説していただけませんか。

>要するに、自転車が渋滞のトリガーを引いてしまう可能性はありますが、自転車規制を行っても渋滞は改善しないと思われます。すぐに別の要因で渋滞してしまうからです。

渋滞の原因を一つずつ取り除いていけば道は開けます。

>根本的な原因は、車の台数の過多です。逆の言い方をすれば道路インフラの不足です。

そのうえで交通安全を考えるのが現実的です。

>本気で渋滞を解消したいなら、自動車側を制限してしまうことがより現実的で意味のある手法ですね。要するに、通行料を徴収するということです。環七片道200円、みたいなね。

当該道路の渋滞が解消しても、う回道路で渋滞したら元も子もありません。もっと大局的に考えてください。

| 世捨人 | 2013/11/06 22:36 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>「右側の『車両通行帯を』通行しなければならない。」と明記されてます。 日本語も読めないのですか。しっかりしてください。
>>「左側の『車両通行帯を』通行してはいけない」とも解釈できます。
>「右側の『車両通行帯を』通行しなければならない。」と明記されてます。 日本語も読めないのですか。しっかりしてください。

「左側の『車両通行帯を』通行してはいけない」とも解釈できます。行間の読める大人になってください。

>>小生の追い越しは28条には違反していませんね。
>世捨人は道路交通法第20条第3項に違反している時点で既に犯罪者です。 28条違反してないと主張したからといって、世捨人の犯罪事実は消えません。

小生は「追い越し」ではなく車線をまたがない「追い抜き」を試みました。

| 世捨人 | 2013/11/06 22:37 | URL |

Re: タイトルなし

きゃさん

>>・・道路の路肩寄り(第1車線)を走行していたときのこと。
>●どうぞ遠慮なく車線の真ん中を走ってください。

「車線の真ん中」について、具体的に説明してください。

>>・・唐突にスピードを緩め速度を上げようとしないでないか。
>●緩めたり上げたり 起伏の無い人生ほどつまらないものはないです。

なんでもないような日々が幸せだったと思います。

>>・・を避けるための措置か。・・に入るため道路外に出ようとしているのか。
>●大きなお世話です。

周囲への気配りを忘れないでください。

>>・・中央寄りの車線はスムーズに流れているのとは対照的に・・
>●どうぞ遠慮なくそちらの車線へ変更してください。

大きなお世話です。

>>・・時速25キロほどで走る競技用自転車に行く手を阻まれ、・・
>●2車線の幅員となると7mぐらいでしょうか。そんな大きな自転車を拝見したかった・・

意味がわかりません。

>>・・たった1台の自転車のために、ドライバー及び同乗者のかけがえのない時間が犠牲となったのだ。
>●謹んでご冥福をお祈りいたします。南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏・・・・・

くわばらくわばら

| 世捨人 | 2013/11/06 23:19 | URL |

世捨人さん 2013/11/06 22:24 |へ

>クルマと速度差のある自転車が車道を走行することによって、交通の円滑を阻害しているという現実を直視してください。
>>片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、道路交通法上、何ら問題ありません。
>映像によって自転車が交通の円滑を阻害している現実を認識していただけたかと思います。
>>道路交通の「安全」と「円滑」を図るために定められた道路交通法上、何ら問題ありません。
>道路交通法では予想していなかった事態が生じています。

片側2車線の道路での追越し方法についていは、以下のとおり、道路交通法に明記されています。

(車両通行帯)
第二十条  車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。
3  車両は、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。

(追越しの方法)
第二十八条  車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両「前車」の右側を通行しなければならない。
4  追越しをしようとする車両「後車」は、反対の方向又は後方からの交通及び前車又は路面電車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車又は路面電車の速度及び進路並びに道路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。

>>後続車両は、スムーズに流れている片側2車線の道路の中央寄りの車線に車線変更して追い越して行けば良いだけですので、何ら交通の円滑を阻害している事実はありません。
>駐車車両や自転車を避けるために車線変更すると交通の円滑を阻害しかねません。

上述のとおり、道路交通法に定められているとおり、安全かつ円滑に車線変更下さい。
車線変更が出来ないアマチュアドライバーは自転車との間に十分な車間距離を取った上で、て大人しく追随下さい。

>>自転車は車線が複数あるような幹線道路では、第一通行帯のど真ん中を通行するものであるという当たり前の現実を認識することのできるスクープ(?)動画ですかね。
>違います。

スクープ(?)画像かどうかは、閲覧者が決めることでしたね。

ちゃん、ちゃん。

>>後続車両は、中央寄り車線を走るクルマが途切れるタイミングを早めに捉えて、スムーズに流れている中央寄りの車線に車線変更すれば良いだけです。
>車線変更を強いるということは交通の円滑を阻害していることですね。
>>世捨人さんのように車線変更が下手くそなアマチュアタクシードライバーは、仕方ありません。 乗客の方はアンラッキーですが、時速20~25キロ程度で安全かつ円滑に第一通行帯を通行している自転車に大人しく追随して下さい。
>おっしゃるとおり、自転車が車道走行する場面に直面するとアンラッキーですね。

先行する自転車乗りに取っても、車線変更も出来ないような下手くそなアマチュアタクシードライバーに追走されるとアンラッキーですので、世捨人さんには2種免許を返上し、仕事を変えて頂きたい。

(車間距離の保持)
第二十六条  車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。

| とき | 2013/11/07 11:22 | URL |

>>「右側の『車両通行帯を』通行しなければならない。」と明記されてます。 日本語も読めないのですか。しっかりしてください。
>>>「左側の『車両通行帯を』通行してはいけない」とも解釈できます。
>>「右側の『車両通行帯を』通行しなければならない。」と明記されてます。 日本語も読めないのですか。しっかりしてください。
>「左側の『車両通行帯を』通行してはいけない」とも解釈できます。行間の読める大人になってください。

世捨人が自転車を追い越す際に「右側の車両通行帯」を通らなかったという悪辣な犯罪行為に及んだ挙げ句、そんな苦しい言い訳にをすろとは、あまりに見苦しい。
素直に罪を認めることができる大人になってください。

>>世捨人は道路交通法第20条第3項に違反している時点で既に犯罪者です。 28条違反してないと主張したからといって、世捨人の犯罪事実は消えません。
>小生は「追い越し」ではなく車線をまたがない「追い抜き」を試みました。

進路変更をしているので、明らかに追越しです。
これまた言い訳にしてもあまりに苦しすぎます。しっかりしてください。

| 自転車は車道 | 2013/11/07 14:30 | URL |

>もう少し丁寧に解説していただけませんか。

それなりに広い幅員の道路で、自転車を追い抜けないがために、速度を落とさざるを得ない場面って、そんなに多くないし、あったとしても、数十秒程度のロスに過ぎません。

確かに、渋滞は些細な要因で惹起されるものですが、自転車などよりも、右側の店舗の駐車場などに入ろうとする車、右折レーンのない箇所で右折しようとする車、路上駐車などの方が高確率で存在します(自転車は絶対数は多いのですが、多くの場合時間的なロスなく追い抜くことができます)。それに、自転車よりも右折車を待つ方が経験的に時間がかかることが多いと思うし、そのうえ速度ゼロで待つ訳だから計算上、渋滞の原因となる可能性が極めて高い訳です。

世捨人さんは、自転車を敵視していますが、私が知ってる限りでも、たくさんの人が、右折車に毒づいています。彼らは「右折は禁止すべきだ」というかもしれませんが、私はそれは正しいとは思えません。

私が毎日通っている道路でも、連日数百メートルの渋滞が発生しています。(私自身は街路に迂回してしまいますが。)原因は、右折車が多いこともさることながら、片道1車線の国道で、右折レーンが設置されていないことに尽きます。速やかな右折レーンの設置が望まれますね。

これと同じように、自転車が原因で慢性的に渋滞が発生するような幅員の不足している(スムーズに自転車を追い抜くことのできない)幹線道路が存在するのであれば、速やかに幅員の拡張をするべきです。

これらの道路工事には法律の改定はまったく必要ありませんが、「セットバックをした場合にセットバックをした分の面積は建蔽率や容積率の分母に加算することができる」ように法規を改定するだけで、用地の取得は大幅に容易になると思います。

道路交通の安全・円滑のためには、自転車の規制ではなく、こういった法案を企画すべきだと考えます。


>当該道路の渋滞が解消しても、う回道路で渋滞したら元も子もありません。もっと大局的に考えてください。

もちろん、迂回道路も課金しますよ。ETC車はETCで課金、ETC非搭載車は1日、1週間、1ヶ月単位で通行証を販売、違反者は数万円以上の反則金という程度でいかがでしょうか。課金方式には道路ごとに課金するやりかた、エリアごとに課金するやりかた、などなどいろいろあるのですが、そんなに非現実的だとは思っていません。私はドライバーですが、一般道を課金することで交通渋滞が緩和するのであれば、正直、大歓迎です。

| 自転車は歩道 | 2013/11/07 22:07 | URL |

ヤンキーだ!!!!

| 喧嘩上等 | 2013/11/08 17:49 | URL |

一FUCK一

| 喧嘩上等 | 2013/11/08 17:55 | URL |

世捨人は、右側の車両通行帯(第二通行帯)を通行せずに自転車を追い越しているが、これは道路交通法第20条第3項の定める「追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。」に明らかに違反する、極めて悪質な犯罪行為である。

| 自転車は車道 | 2013/11/08 20:10 | URL |

世捨人さんが思う不満をジャーナリストのあなたが大きなアクションで法の改正に進むようなことがあれば良いですね。
応援しています。

| ANTON | 2013/11/09 16:27 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>>クルマと速度差のある自転車が車道を走行することによって、交通の円滑を阻害しているという現実を直視してください。
>片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、道路交通法上、何ら問題ありません。
>>映像によって自転車が交通の円滑を阻害している現実を認識していただけたかと思います。
>道路交通の「安全」と「円滑」を図るために定められた道路交通法上、何ら問題ありません。
>>道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>片側2車線の道路での追越し方法についていは、以下のとおり、道路交通法に明記されています。 (車両通行帯)第二十条  車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。 3  車両は、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。 (追越しの方法) 第二十八条  車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両「前車」の右側を通行しなければならない。 4  追越しをしようとする車両「後車」は、反対の方向又は後方からの交通及び前車又は路面電車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車又は路面電車の速度及び進路並びに道路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。

いずれにせよ、道路交通法では予想していなかった事態が生じています。

>後続車両は、スムーズに流れている片側2車線の道路の中央寄りの車線に車線変更して追い越して行けば良いだけですので、何ら交通の円滑を阻害している事実はありません。
>>駐車車両や自転車を避けるために車線変更すると交通の円滑を阻害しかねません。
>上述のとおり、道路交通法に定められているとおり、安全かつ円滑に車線変更下さい。 車線変更が出来ないアマチュアドライバーは自転車との間に十分な車間距離を取った上で、て大人しく追随下さい。

譲る心をもってください。

>自転車は車線が複数あるような幹線道路では、第一通行帯のど真ん中を通行するものであるという当たり前の現実を認識することのできるスクープ(?)動画ですかね。
>>違います。
>スクープ(?)画像かどうかは、閲覧者が決めることでしたね。 ちゃん、ちゃん。

違います。

>後続車両は、中央寄り車線を走るクルマが途切れるタイミングを早めに捉えて、スムーズに流れている中央寄りの車線に車線変更すれば良いだけです。
>>車線変更を強いるということは交通の円滑を阻害していることですね。
>世捨人さんのように車線変更が下手くそなアマチュアタクシードライバーは、仕方ありません。 乗客の方はアンラッキーですが、時速20~25キロ程度で安全かつ円滑に第一通行帯を通行している自転車に大人しく追随して下さい。
>>おっしゃるとおり、自転車が車道走行する場面に直面するとアンラッキーですね。
>先行する自転車乗りに取っても、車線変更も出来ないような下手くそなアマチュアタクシードライバーに追走されるとアンラッキーですので、世捨人さんには2種免許を返上し、仕事を変えて頂きたい。 (車間距離の保持)第二十六条  車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。

誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。

| 世捨人 | 2013/11/13 17:42 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>「右側の『車両通行帯を』通行しなければならない。」と明記されてます。 日本語も読めないのですか。しっかりしてください。
>>「左側の『車両通行帯を』通行してはいけない」とも解釈できます。
>「右側の『車両通行帯を』通行しなければならない。」と明記されてます。 日本語も読めないのですか。しっかりしてください。
>>「左側の『車両通行帯を』通行してはいけない」とも解釈できます。行間の読める大人になってください。
>世捨人が自転車を追い越す際に「右側の車両通行帯」を通らなかったという悪辣な犯罪行為に及んだ挙げ句、そんな苦しい言い訳にをすろとは、あまりに見苦しい。 素直に罪を認めることができる大人になってください。

「左側の『車両通行帯を』通行してはいけない」とも解釈できるという、現実から目を背けないでください。

>世捨人は道路交通法第20条第3項に違反している時点で既に犯罪者です。 28条違反してないと主張したからといって、世捨人の犯罪事実は消えません。
>>小生は「追い越し」ではなく車線をまたがない「追い抜き」を試みました。
>進路変更をしているので、明らかに追越しです。 これまた言い訳にしてもあまりに苦しすぎます。しっかりしてください。

自転車が自転車を追い越すのに、わざわざ右側通行帯を通行しなければならないとなると、酷ですね。

| 世捨人 | 2013/11/13 17:49 | URL |

Re: タイトルなし

>>もう少し丁寧に解説していただけませんか。
>それなりに広い幅員の道路で、自転車を追い抜けないがために、速度を落とさざるを得ない場面って、そんなに多くないし、あったとしても、数十秒程度のロスに過ぎません。

時間に対する価値判断は人それぞれであり、小生は例え1秒でも無駄にしたくないのです。

>確かに、渋滞は些細な要因で惹起されるものですが、自転車などよりも、右側の店舗の駐車場などに入ろうとする車、右折レーンのない箇所で右折しよ うとする車、路上駐車などの方が高確率で存在します(自転車は絶対数は多いのですが、多くの場合時間的なロスなく追い抜くことができます)。それに、自転 車よりも右折車を待つ方が経験的に時間がかかることが多いと思うし、そのうえ速度ゼロで待つ訳だから計算上、渋滞の原因となる可能性が極めて高い訳です。

自転車については歩道走行という代替手段があるわけですから、無理に車道を通行する必要はないでしょう。

>世捨人さんは、自転車を敵視していますが、私が知ってる限りでも、たくさんの人が、右折車に毒づいています。彼らは「右折は禁止すべきだ」というかもしれませんが、私はそれは正しいとは思えません。

ドライバーとて同じです。強引に進入してくる車両がいるということを想定し、交差点では右折レーンのクルマに対しては警戒レベルを引き上げています。

>私が毎日通っている道路でも、連日数百メートルの渋滞が発生しています。(私自身は街路に迂回してしまいますが。)原因は、右折車が多いこともさることながら、片道1車線の国道で、右折レーンが設置されていないことに尽きます。速やかな右折レーンの設置が望まれますね。

矢印信号や右折禁止などで対処できるかと思います。いずれにせよ渋滞原因となっている運転をすれば、ドライバ-は良心の呵責にさいなまれるでしょうが、自転車乗りについては罪悪感のかけらさえみせません。

>これと同じように、自転車が原因で慢性的に渋滞が発生するような幅員の不足している(スムーズに自転車を追い抜くことのできない)幹線道路が存在するのであれば、速やかに幅員の拡張をするべきです。

拡張する必要はありません。自転車は歩道を活用してください。

>これらの道路工事には法律の改定はまったく必要ありませんが、「セットバックをした場合にセットバックをした分の面積は建蔽率や容積率の分母に加算することができる」ように法規を改定するだけで、用地の取得は大幅に容易になると思います。

地主から土地を取得するのに金銭でもって解決するのは難儀な場合が多々あります。

>道路交通の安全・円滑のためには、自転車の規制ではなく、こういった法案を企画すべきだと考えます。
>>当該道路の渋滞が解消しても、う回道路で渋滞したら元も子もありません。もっと大局的に考えてください。
>もちろん、迂回道路も課金しますよ。ETC車はETCで課金、ETC非搭載車は1日、1週間、1ヶ月単位で通行証を販売、違反者は数万円以上の反 則金という程度でいかがでしょうか。課金方式には道路ごとに課金するやりかた、エリアごとに課金するやりかた、などなどいろいろあるのですが、そんなに非 現実的だとは思っていません。私はドライバーですが、一般道を課金することで交通渋滞が緩和するのであれば、正直、大歓迎です。

高速道路における自然渋滞は不可抗力で仕方ないと思いますが、事故渋滞となると憤慨します。注意しても避けられない自然渋滞と違い、事故渋滞は当事者が安全運転すれば避けられたからです。同じように自転車が歩道を走行によって渋滞が避けられるということを考えると、ドライバーは心中穏やかではないでしょう。

| 世捨人 | 2013/11/13 18:01 | URL |

Re: タイトルなし

車道さん

>世捨人は、右側の車両通行帯(第二通行帯)を通行せずに自転車を追い越しているが、これは道路交通法第20条第3項の定める「追越しをするときは、その通 行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。」に明らかに違反する、極めて悪質な犯罪行為である。

自転車が自転車を追い越しするときも適用されますか?

| 世捨人 | 2013/11/13 18:27 | URL |

Re: タイトルなし

旧ANさん

>世捨人さんが思う不満をジャーナリストのあなたが大きなアクションで法の改正に進むようなことがあれば良いですね。 応援しています。

ありがとさ~ん。

| 世捨人 | 2013/11/13 18:31 | URL |

世捨人さん| 2013/11/13 17:42 |へ

>クルマと速度差のある自転車が車道を走行することによって、交通の円滑を阻害しているという現実を直視してください。
>>片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、道路交通法上、何ら問題ありません。
>映像によって自転車が交通の円滑を阻害している現実を認識していただけたかと思います。
>>道路交通の「安全」と「円滑」を図るために定められた道路交通法上、何ら問題ありません。
>道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>>片側2車線の道路での追越し方法についていは、以下のとおり、道路交通法に明記されています。
(車両通行帯)
第二十条  車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。
3  車両は、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。
(追越しの方法)
第二十八条  車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両「前車」の右側を通行しなければならない。
4  追越しをしようとする車両「後車」は、反対の方向又は後方からの交通及び前車又は路面電車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車又は路面電車の速度及び進路並びに道路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。

>いずれにせよ、道路交通法では予想していなかった事態が生じています。

上述のとおり道路交通法に「追越しの方法」は明記されています。

>>後続車両は、スムーズに流れている片側2車線の道路の中央寄りの車線に車線変更して追い越して行けば良いだけですので、何ら交通の円滑を阻害している事実はありません。
>駐車車両や自転車を避けるために車線変更すると交通の円滑を阻害しかねません。
>>上述のとおり、道路交通法に定められているとおり、安全かつ円滑に車線変更下さい。 車線変更が出来ないアマチュアドライバーは自転車との間に十分な車間距離を取った上で、大人しく追随下さい。
>譲る心をもってください。

自転車は車道左端を通行することで、自動車などの最高速度の速い車両に通行スペースを十ニ分に譲っています。

>>自転車は車線が複数あるような幹線道路では、第一通行帯のど真ん中を通行するものであるという当たり前の現実を認識することのできるスクープ(?)動画ですかね。
>違います。
>>スクープ(?)画像かどうかは、閲覧者が決めることでしたね。 ちゃん、ちゃん。
>違います。

後続車両は、できる限り安全な速度と方法で追い越すものであるという当たり前の現実を認識することのできる動画ですね。
ちゃん、ちゃん。

>>後続車両は、中央寄り車線を走るクルマが途切れるタイミングを早めに捉えて、スムーズに流れている中央寄りの車線に車線変更すれば良いだけです。
>車線変更を強いるということは交通の円滑を阻害していることですね。
>>世捨人さんのように車線変更が下手くそなアマチュアタクシードライバーは、仕方ありません。 乗客の方はアンラッキーですが、時速20~25キロ程度で安全かつ円滑に第一通行帯を通行している自転車に大人しく追随して下さい。
>おっしゃるとおり、自転車が車道走行する場面に直面するとアンラッキーですね。
>>先行する自転車乗りに取っても、車線変更も出来ないような下手くそなアマチュアタクシードライバーに追走されるとアンラッキーですので、世捨人さんには2種免許を返上し、仕事を変えて頂きたい。
(車間距離の保持)
第二十六条  車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。

>誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。

安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーの世捨人さんが運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗えば済むことです。

| とき | 2013/11/18 10:30 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>>クルマと速度差のある自転車が車道を走行することによって、交通の円滑を阻害しているという現実を直視してください。
>片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、道路交通法上、何ら問題ありません。
>>映像によって自転車が交通の円滑を阻害している現実を認識していただけたかと思います。
>道路交通の「安全」と「円滑」を図るために定められた道路交通法上、何ら問題ありません。
>>道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>片側2車線の道路での追越し方法についていは、以下のとおり、道路交通法に明記されています。 (車両通行帯) 第二十条  車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。 3  車両は、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。 (追越しの方法) 第二十八条  車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両「前車」の右側を通行しなければならない。 4  追越しをしようとする車両「後車」は、反対の方向又は後方からの交通及び前車又は路面電車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車又は路面電車の速度及び進路並びに道路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。
>>いずれにせよ、道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>上述のとおり道路交通法に「追越しの方法」は明記されています。

いずれにせよ、道路交通法では予想していなかった事態が生じています。

>後続車両は、スムーズに流れている片側2車線の道路の中央寄りの車線に車線変更して追い越して行けば良いだけですので、何ら交通の円滑を阻害している事実はありません。
>>駐車車両や自転車を避けるために車線変更すると交通の円滑を阻害しかねません。
>上述のとおり、道路交通法に定められているとおり、安全かつ円滑に車線変更下さい。 車線変更が出来ないアマチュアドライバーは自転車との間に十分な車間距離を取った上で、大人しく追随下さい。
>>譲る心をもってください。
>自転車は車道左端を通行することで、自動車などの最高速度の速い車両に通行スペースを十ニ分に譲っています。

譲っているというのは傲慢にすぎません。現実から目を背けず、路肩によるなり止まるなりして譲ってあげてください。

>自転車は車線が複数あるような幹線道路では、第一通行帯のど真ん中を通行するものであるという当たり前の現実を認識することのできるスクープ(?)動画ですかね。
>>違います。
>スクープ(?)画像かどうかは、閲覧者が決めることでしたね。 ちゃん、ちゃん。
>>違います。
>後続車両は、できる限り安全な速度と方法で追い越すものであるという当たり前の現実を認識することのできる動画ですね。 ちゃん、ちゃん。

違います。

>後続車両は、中央寄り車線を走るクルマが途切れるタイミングを早めに捉えて、スムーズに流れている中央寄りの車線に車線変更すれば良いだけです。
>>車線変更を強いるということは交通の円滑を阻害していることですね。
>世捨人さんのように車線変更が下手くそなアマチュアタクシードライバーは、仕方ありません。 乗客の方はアンラッキーですが、時速20~25キロ程度で安全かつ円滑に第一通行帯を通行している自転車に大人しく追随して下さい。
>>おっしゃるとおり、自転車が車道走行する場面に直面するとアンラッキーですね。
>先行する自転車乗りに取っても、車線変更も出来ないような下手くそなアマチュアタクシードライバーに追走されるとアンラッキーですので、世捨人さんには2種免許を返上し、仕事を変えて頂きたい。 (車間距離の保持) 第二十六条  車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。
>>誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。
>安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーの世捨人さんが運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗えば済むことです。

いずれにせよ、誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。

| 世捨人 | 2013/11/20 00:15 | URL |

世捨人さん| 2013/11/20 00:15 |へ

>クルマと速度差のある自転車が車道を走行することによって、交通の円滑を阻害しているという現実を直視してください。
>>片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、道路交通法上、何ら問題ありません。
>映像によって自転車が交通の円滑を阻害している現実を認識していただけたかと思います。
>>道路交通の「安全」と「円滑」を図るために定められた道路交通法上、何ら問題ありません。
>道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>>片側2車線の道路での追越し方法についていは、以下のとおり、道路交通法に明記されています。
(車両通行帯)
第二十条  車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。
3  車両は、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。

(追越しの方法)
第二十八条  車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両「前車」の右側を通行しなければならない。
4  追越しをしようとする車両「後車」は、反対の方向又は後方からの交通及び前車又は路面電車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車又は路面電車の速度及び進路並びに道路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。

>いずれにせよ、道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>>上述のとおり道路交通法に「追越しの方法」は明記されています。
>いずれにせよ、道路交通法では予想していなかった事態が生じています。

片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、何ら問題ありません。

>>後続車両は、スムーズに流れている片側2車線の道路の中央寄りの車線に車線変更して追い越して行けば良いだけですので、何ら交通の円滑を阻害している事実はありません。
>駐車車両や自転車を避けるために車線変更すると交通の円滑を阻害しかねません。
>>上述のとおり、道路交通法に定められているとおり、安全かつ円滑に車線変更下さい。
車線変更が出来ないアマチュアドライバーは自転車との間に十分な車間距離を取った上で、大人しく追随下さい。
>譲る心をもってください。
>>自転車は車道左端を通行することで、自動車などの最高速度の速い車両に通行スペースを十ニ分に譲っています。
>譲っているというのは傲慢にすぎません。現実から目を背けず、路肩によるなり止まるなりして譲ってあげてください。

自転車は車道左端を通行しなければならないとされています。
後続車両は安全に追い越すことが出来ないのであれば、大人しく追随下さい。
トイレの順番待ちと同様の当たり前のルールです。

>>自転車は車線が複数あるような幹線道路では、第一通行帯のど真ん中を通行するものであるという当たり前の現実を認識することのできるスクープ(?)動画ですかね。
>違います。
>>スクープ(?)画像かどうかは、閲覧者が決めることでしたね。 ちゃん、ちゃん。
>違います。
>>後続車両は、できる限り安全な速度と方法で追い越すものであるという当たり前の現実を認識することのできる動画ですね。 ちゃん、ちゃん。
>違います。

後続車両は、安全に追越すことが出来ないのであれば、大人しく自転車の後ろを追随しなければならないという当たり前の現実を認識することのできる動画ですね。

ちゃん、ちゃん。

>>後続車両は、中央寄り車線を走るクルマが途切れるタイミングを早めに捉えて、スムーズに流れている中央寄りの車線に車線変更すれば良いだけです。
>車線変更を強いるということは交通の円滑を阻害していることですね。
>>世捨人さんのように車線変更が下手くそなアマチュアタクシードライバーは、仕方ありません。
乗客の方はアンラッキーですが、時速20~25キロ程度で安全かつ円滑に第一通行帯を通行している自転車に大人しく追随して下さい。
>おっしゃるとおり、自転車が車道走行する場面に直面するとアンラッキーですね。
>>先行する自転車乗りに取っても、車線変更も出来ないような下手くそなアマチュアタクシードライバーに追走されるとアンラッキーですので、世捨人さんには2種免許を返上し、仕事を変えて頂きたい。
(車間距離の保持)
第二十六条  車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。

>誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。
>>安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーの世捨人さんが運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗えば済むことです。
>いずれにせよ、誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。

いずれにせよ、誰もラッキーになれないアマチュアドライバーの世捨人さんは運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗うべきですね。

| とき | 2013/11/20 10:33 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>>クルマと速度差のある自転車が車道を走行することによって、交通の円滑を阻害しているという現実を直視してください。
>片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、道路交通法上、何ら問題ありません。
>>映像によって自転車が交通の円滑を阻害している現実を認識していただけたかと思います。
>道路交通の「安全」と「円滑」を図るために定められた道路交通法上、何ら問題ありません。
>>道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>片側2車線の道路での追越し方法についていは、以下のとおり、道路交通法に明記されています。 (車両通行帯)
第二十条  車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。 3  車両は、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。(追越しの方法)第二十八条  車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両「前車」の右側を通行しなければならない。4  追越しをしようとする車両「後車」は、反対の方向又は後方からの交通及び前車又は路面電車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車又は路面電車の速度及び進路並びに道路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。
>>いずれにせよ、道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>上述のとおり道路交通法に「追越しの方法」は明記されています。
>>いずれにせよ、道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、何ら問題ありません。

理想と現実は異なります。

>後続車両は、スムーズに流れている片側2車線の道路の中央寄りの車線に車線変更して追い越して行けば良いだけですので、何ら交通の円滑を阻害している事実はありません。
>>駐車車両や自転車を避けるために車線変更すると交通の円滑を阻害しかねません。
>上述のとおり、道路交通法に定められているとおり、安全かつ円滑に車線変更下さい。 車線変更が出来ないアマチュアドライバーは自転車との間に十分な車間距離を取った上で、大人しく追随下さい。
>>譲る心をもってください。
>自転車は車道左端を通行することで、自動車などの最高速度の速い車両に通行スペースを十ニ分に譲っています。
>>譲っているというのは傲慢にすぎません。現実から目を背けず、路肩によるなり止まるなりして譲ってあげてください。
>自転車は車道左端を通行しなければならないとされています。 後続車両は安全に追い越すことが出来ないのであれば、大人しく追随下さい。 トイレの順番待ちと同様の当たり前のルールです。

男性トイレの場合、「大」と「小」の順番の列は異なります。車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられているので、道路設計者の意図をくみとってください。

>自転車は車線が複数あるような幹線道路では、第一通行帯のど真ん中を通行するものであるという当たり前の現実を認識することのできるスクープ(?)動画ですかね。
>>違います。
>スクープ(?)画像かどうかは、閲覧者が決めることでしたね。 ちゃん、ちゃん。
>>違います。
>後続車両は、できる限り安全な速度と方法で追い越すものであるという当たり前の現実を認識することのできる動画ですね。 ちゃん、ちゃん。
>>違います。
>後続車両は、安全に追越すことが出来ないのであれば、大人しく自転車の後ろを追随しなければならないという当たり前の現実を認識することのできる動画ですね。 ちゃん、ちゃん。

「交通の円滑」について考えるに、自転車にあってはガラガラの歩道を活用することが理にかなっています。

>後続車両は、中央寄り車線を走るクルマが途切れるタイミングを早めに捉えて、スムーズに流れている中央寄りの車線に車線変更すれば良いだけです。
>>車線変更を強いるということは交通の円滑を阻害していることですね。
>世捨人さんのように車線変更が下手くそなアマチュアタクシードライバーは、仕方ありません。
乗客の方はアンラッキーですが、時速20~25キロ程度で安全かつ円滑に第一通行帯を通行している自転車に大人しく追随して下さい。
>>おっしゃるとおり、自転車が車道走行する場面に直面するとアンラッキーですね。
>先行する自転車乗りに取っても、車線変更も出来ないような下手くそなアマチュアタクシードライバーに追走されるとアンラッキーですので、世捨人さんには2種免許を返上し、仕事を変えて頂きたい。 (車間距離の保持)第二十六条  車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。
>>誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。
>安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーの世捨人さんが運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗えば済むことです。
>>いずれにせよ、誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。
>いずれにせよ、誰もラッキーになれないアマチュアドライバーの世捨人さんは運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗うべきですね。

つまるところ、誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。

| 世捨人 | 2013/11/28 00:36 | URL |

散々コメントされていますが、少なくとも件の動画に関しては
道交法20条を全員が守っていれば起こらない問題ですね。
どんなに遅い車両が居ても右からスムーズに抜けるのだから。
(制限速度未満で走る車両を想定した結果生まれているのが20条ですので当然ですが)

ところが、多数の違反者を黙認した上で「“現実に即して”譲れ」という。
他方、別の記事では例えば「“現実に即していなくとも”自転車の手信号を徹底しろ」という

個々の記事、個々の場面ではご尤もな部分はありますが、
ブログ全体で筋が通っていませんよ。

因果関係が複雑に絡み合った結果生まれている現在の
マナー違反、法律違反頻発交通事情に対して、
片方に全ての原因を求めるのが土台無理な話です。

それをやった時点で、
せっかく法律条文を調べて、動画を用意して、色々してきたことが
単なる“いけ好かない相手への愚痴”に堕ちてしまう。
それこそ「かけがえのない時間」が無駄に犠牲になってます。

他人の事は一旦別にして、自らが率先してルールやマナーを守る事で
周囲の人間も安心して守れるようになります。
貴方も休日には自転車に乗って模範を示されては如何でしょう。

相手の立場を実体験として理解した上で、それを踏まえて批判するなら、
貴方のブログの説得力も増すのではないでしょうか。

| MINEL | 2013/12/01 13:39 | URL |

Re: タイトルなし

MIさん

>散々コメントされていますが、少なくとも件の動画に関しては 道交法20条を全員が守っていれば起こらない問題ですね。 どんなに遅い車両が居ても右からスムーズに抜けるのだから。(制限速度未満で走る車両を想定した結果生まれているのが20条ですので当然ですが)

要するに「自転車は歩道」ということですか?

>ところが、多数の違反者を黙認した上で「“現実に即して”譲れ」という。 他方、別の記事では例えば「“現実に即していなくとも”自転車の手信号を徹底しろ」という 個々の記事、個々の場面ではご尤もな部分はありますが、ブログ全体で筋が通っていませんよ。

交通状況というのは画一的ではありません。TPOに応じて対応してください。

>因果関係が複雑に絡み合った結果生まれている現在の マナー違反、法律違反頻発交通事情に対して、片方に全ての原因を求めるのが土台無理な話です。

自転車の車道走行は控えるべきですね。

>それをやった時点で、 せっかく法律条文を調べて、動画を用意して、色々してきたことが 単なる“いけ好かない相手への愚痴”に堕ちてしまう。それこそ「かけがえのない時間」が無駄に犠牲になってます。

競技用自転車乗りの良心に訴えることができたなど、徒労に終わったとの認識はありません。

>他人の事は一旦別にして、自らが率先してルールやマナーを守る事で 周囲の人間も安心して守れるようになります。
貴方も休日には自転車に乗って模範を示されては如何でしょう。

ご意見、ご要望として承ります。

>相手の立場を実体験として理解した上で、それを踏まえて批判するなら、 貴方のブログの説得力も増すのではないでしょうか。

根底にあるのはみなさまの交通安全です。ご理解、ご協力をお願いします。

| 世捨人 | 2013/12/04 00:34 | URL |

世捨人さん| 2013/11/28 00:36 |へ

>クルマと速度差のある自転車が車道を走行することによって、交通の円滑を阻害しているという現実を直視してください。
>>片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、道路交通法上、何ら問題ありません。
>映像によって自転車が交通の円滑を阻害している現実を認識していただけたかと思います。
>>道路交通の「安全」と「円滑」を図るために定められた道路交通法上、何ら問題ありません。
>道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>>片側2車線の道路での追越し方法についていは、以下のとおり、道路交通法に明記されています。

(車両通行帯)
第二十条  車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。
3  車両は、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。(追越しの方法)第二十八条  車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両「前車」の右側を通行しなければならない。
4  追越しをしようとする車両「後車」は、反対の方向又は後方からの交通及び前車又は路面電車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車又は路面電車の速度及び進路並びに道路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。

>いずれにせよ、道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>>上述のとおり道路交通法に「追越しの方法」は明記されています。
>いずれにせよ、道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>>片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、何ら問題ありません。
>理想と現実は異なります。

道路交通法に明記されている現実です。、

>>後続車両は、スムーズに流れている片側2車線の道路の中央寄りの車線に車線変更して追い越して行けば良いだけですので、何ら交通の円滑を阻害している事実はありません。
>駐車車両や自転車を避けるために車線変更すると交通の円滑を阻害しかねません。
>>上述のとおり、道路交通法に定められているとおり、安全かつ円滑に車線変更下さい。 車線変更が出来ないアマチュアドライバーは自転車との間に十分な車間距離を取った上で、大人しく追随下さい。
>譲る心をもってください。
>>自転車は車道左端を通行することで、自動車などの最高速度の速い車両に通行スペースを十ニ分に譲っています。
>譲っているというのは傲慢にすぎません。現実から目を背けず、路肩によるなり止まるなりして譲ってあげてください。
>>自転車は車道左端を通行しなければならないとされています。 後続車両は安全に追い越すことが出来ないのであれば、大人しく追随下さい。 トイレの順番待ちと同様の当たり前のルールです。
>男性トイレの場合、「大」と「小」の順番の列は異なります。車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられているので、道路設計者の意図をくみとってください。

自転車は四輪の自動車の走行を想定してつくられている車道の左端を通行しなければならないと道路交通法で定められています。

>>自転車は車線が複数あるような幹線道路では、第一通行帯のど真ん中を通行するものであるという当たり前の現実を認識することのできるスクープ(?)動画ですかね。
>違います。
>>スクープ(?)画像かどうかは、閲覧者が決めることでしたね。 ちゃん、ちゃん。
>違います。
>>後続車両は、できる限り安全な速度と方法で追い越すものであるという当たり前の現実を認識することのできる動画ですね。 ちゃん、ちゃん。
>違います。
>>後続車両は、安全に追越すことが出来ないのであれば、大人しく自転車の後ろを追随しなければならないという当たり前の現実を認識することのできる動画ですね。 ちゃん、ちゃん。
>「交通の円滑」について考えるに、自転車にあってはガラガラの歩道を活用することが理にかなっています。

交通の円滑を図ることを目的とした道路交通法で、自転車は車道左端を通行しなければならないと定められています。

>>後続車両は、中央寄り車線を走るクルマが途切れるタイミングを早めに捉えて、スムーズに流れている中央寄りの車線に車線変更すれば良いだけです。
>車線変更を強いるということは交通の円滑を阻害していることですね。
>>世捨人さんのように車線変更が下手くそなアマチュアタクシードライバーは、仕方ありません。
乗客の方はアンラッキーですが、時速20~25キロ程度で安全かつ円滑に第一通行帯を通行している自転車に大人しく追随して下さい。
>おっしゃるとおり、自転車が車道走行する場面に直面するとアンラッキーですね。
>>先行する自転車乗りに取っても、車線変更も出来ないような下手くそなアマチュアタクシードライバーに追走されるとアンラッキーですので、世捨人さんには2種免許を返上し、仕事を変えて頂きたい。
(車間距離の保持)
第二十六条  車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。

>誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。
>>安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーの世捨人さんが運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗えば済むことです。
>いずれにせよ、誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。
>>いずれにせよ、誰もラッキーになれないアマチュアドライバーの世捨人さんは運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗うべきですね。
>つまるところ、誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。

安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーの世捨人さんが運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗うべきですね。
ちゃん、ちゃん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/12/04 10:29 | URL |

>要するに「自転車は歩道」ということですか?

50km/h制限の道路を20km/hで走るのが何も自転車だけとは限りません。
そして、その事に十分対応できるだけの法律が既に存在します。
という事です。

自転車が歩道を走ろうが、車道を走ろうが、
本来、交通が滞ることはないし、
日常的に滞るとすれば道路設計のミスですから、
いずれにせよ自転車に対して腹を立てる必要も筋合もありません。
という事です。


>交通状況というのは画一的ではありません。TPOに応じて対応してください

その通りです。
ですから、自転車が合法的に車道を走っているという現状に対して、
合法的な対処をとるのが正しい運転の在り方ではありませんか。

そうする事で、道路はより安全かつスムーズに流れるようになっています。
なぜなら、ドライバーやライダーが法律を守る事を前提に道路設計がなされているからです。


>>片方に全ての原因を求めるのが土台無理な話です。
>自転車の車道走行は控えるべきですね。

 “現実に”右車線は埋め尽くされています。
したがって件の動画のような場面で、車道を自転車で通るのは
“現状では”“自動車の”交通の妨げになります。
今回の場合、歩道側に十分なスペースがあるのだから、
妨げるかどうか自転車側が選択権を握っているのも事実です。

同様に、“現実に”車道を自転車が走っているのです。
不必要に右車線がふさがれてさえいなければ、スムーズな追い越しが出来ます。
そのような交通状況にするかどうかは、自動車側に選択権があります。

明確な法律違反を黙認しておきながら、
合法行為をマナーレベルで批判するのは、
社会生活を営む人として筋が通りません。


>徒労に終わったとの認識はありません。
無駄になっていることが第三者の目から見て明らかでしたので、
僭越ながら教えて差し上げたのです。

改善するしないは貴方の自由ですが、
自己の認識の如何をもちだして
反論するのは論点がズレています。

A「ズボンのチャック開いてますよ。」
B「開いてる気がしません(だから閉めません)。」
こんな感じです。


>根底にあるのはみなさまの交通安全です。

自転車側に云わば自己犠牲を求めているのが
貴方がこのページで主張している事の全容です。

であれば、「~すべき」などと高圧的な態度でなく
「~して欲しい」という文体になって然る“べき”では?
ましてクラクションを鳴らすなど以ての外です。

そこにこのブログの説得力の無さが表れている気がします。

| MINEL | 2013/12/05 19:25 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>>クルマと速度差のある自転車が車道を走行することによって、交通の円滑を阻害しているという現実を直視してください。
>片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、道路交通法上、何ら問題ありません。
>>映像によって自転車が交通の円滑を阻害している現実を認識していただけたかと思います。
>道路交通の「安全」と「円滑」を図るために定められた道路交通法上、何ら問題ありません。
>>道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>片側2車線の道路での追越し方法についていは、以下のとおり、道路交通法に明記されています。 (車両通行帯) 第二十条  車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。 3  車両は、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。(追越しの方法)第二十八条  車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両「前車」の右側を通行しなければならない。4  追越しをしようとする車両「後車」は、反対の方向又は後方からの交通及び前車又は路面電車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車又は路面電車の速度及び進路並びに道路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。
>>いずれにせよ、道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>上述のとおり道路交通法に「追越しの方法」は明記されています。
>>いずれにせよ、道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、何ら問題ありません。
>>理想と現実は異なります。
>道路交通法に明記されている現実です。、

理想と必ずしも一致するわけではありません。

>後続車両は、スムーズに流れている片側2車線の道路の中央寄りの車線に車線変更して追い越して行けば良いだけですので、何ら交通の円滑を阻害している事実はありません。
>>駐車車両や自転車を避けるために車線変更すると交通の円滑を阻害しかねません。
>上述のとおり、道路交通法に定められているとおり、安全かつ円滑に車線変更下さい。 車線変更が出来ないアマチュアドライバーは自転車との間に十分な車間距離を取った上で、大人しく追随下さい。
>>譲る心をもってください。
>自転車は車道左端を通行することで、自動車などの最高速度の速い車両に通行スペースを十ニ分に譲っています。
>>譲っているというのは傲慢にすぎません。現実から目を背けず、路肩によるなり止まるなりして譲ってあげてください。
>自転車は車道左端を通行しなければならないとされています。 後続車両は安全に追い越すことが出来ないのであれば、大人しく追随下さい。 トイレの順番待ちと同様の当たり前のルールです。
>>男性トイレの場合、「大」と「小」の順番の列は異なります。車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられているので、道路設計者の意図をくみとってください。
>自転車は四輪の自動車の走行を想定してつくられている車道の左端を通行しなければならないと道路交通法で定められています。

自転車の歩道走行は法律で認められていますので、積極的に活用してください。

>自転車は車線が複数あるような幹線道路では、第一通行帯のど真ん中を通行するものであるという当たり前の現実を認識することのできるスクープ(?)動画ですかね。
>>違います。
>スクープ(?)画像かどうかは、閲覧者が決めることでしたね。 ちゃん、ちゃん。
>>違います。
>後続車両は、できる限り安全な速度と方法で追い越すものであるという当たり前の現実を認識することのできる動画ですね。 ちゃん、ちゃん。
>>違います。
>後続車両は、安全に追越すことが出来ないのであれば、大人しく自転車の後ろを追随しなければならないという当たり前の現実を認識することのできる動画ですね。 ちゃん、ちゃん。
>>「交通の円滑」について考えるに、自転車にあってはガラガラの歩道を活用することが理にかなっています。
>交通の円滑を図ることを目的とした道路交通法で、自転車は車道左端を通行しなければならないと定められています。

車道は四輪のクルマが主流となるなど、道交法で予定していなかった事態が起きています。

>後続車両は、中央寄り車線を走るクルマが途切れるタイミングを早めに捉えて、スムーズに流れている中央寄りの車線に車線変更すれば良いだけです。
>>車線変更を強いるということは交通の円滑を阻害していることですね。
>世捨人さんのように車線変更が下手くそなアマチュアタクシードライバーは、仕方ありません。
乗客の方はアンラッキーですが、時速20~25キロ程度で安全かつ円滑に第一通行帯を通行している自転車に大人しく追随して下さい。
>>おっしゃるとおり、自転車が車道走行する場面に直面するとアンラッキーですね。
>先行する自転車乗りに取っても、車線変更も出来ないような下手くそなアマチュアタクシードライバーに追走されるとアンラッキーですので、世捨人さんには2種免許を返上し、仕事を変えて頂きたい。 (車間距離の保持) 第二十六条  車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。
>>誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。
>安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーの世捨人さんが運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗えば済むことです。
>>いずれにせよ、誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。
>いずれにせよ、誰もラッキーになれないアマチュアドライバーの世捨人さんは運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗うべきですね。
>>つまるところ、誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。
>安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーの世捨人さんが運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗うべきですね。

職業選択の自由を奪いかねない自転車の車道走行は控えるべきですね。

>ちゃん、ちゃん。

カーーーン!

| 世捨人 | 2013/12/11 00:09 | URL |

Re: タイトルなし

MIさん

>>要するに「自転車は歩道」ということですか?
>50km/h制限の道路を20km/hで走るのが何も自転車だけとは限りません。 そして、その事に十分対応できるだけの法律が既に存在します。 という事です。

原付バイクのように固有の制限速度もなく、ウインカー、バックミラー装着が義務づけられていない自転車に車道を走らせるのは、法の不備といわざるをえません。

>自転車が歩道を走ろうが、車道を走ろうが、 本来、交通が滞ることはないし、 日常的に滞るとすれば道路設計のミスですから、 いずれにせよ自転車に対して腹を立てる必要も筋合もありません。 という事です。

四輪の自動車の走行を想定してつくられた車道を自転車が走れば、ドライバーとの間で亀裂が生じかねません。

>>交通状況というのは画一的ではありません。TPOに応じて対応してください
>その通りです。 ですから、自転車が合法的に車道を走っているという現状に対して、 合法的な対処をとるのが正しい運転の在り方ではありませんか。

ガラガラの歩道を積極的に活用してください。

>そうする事で、道路はより安全かつスムーズに流れるようになっています。 なぜなら、ドライバーやライダーが法律を守る事を前提に道路設計がなされているからです。

クルマと速度差のある自転車が車道を走ると、交通の円滑を阻害するのは火を見るより明らかです。

>片方に全ての原因を求めるのが土台無理な話です。
>>自転車の車道走行は控えるべきですね。
> “現実に”右車線は埋め尽くされています。 したがって件の動画のような場面で、車道を自転車で通るのは “現状では”“自動車の”交通の妨げになります。今回の場合、歩道側に十分なスペースがあるのだから、 妨げるかどうか自転車側が選択権を握っているのも事実です。

自転車はガラガラの歩道を積極的に活用することで交通の円滑に資するかと思います。

>同様に、“現実に”車道を自転車が走っているのです。 不必要に右車線がふさがれてさえいなければ、スムーズな追い越しが出来ます。 そのような交通状況にするかどうかは、自動車側に選択権があります。

ドライバーに選択権を意識させることがないよう、自転車はガラガラの歩道を活用してください。

>明確な法律違反を黙認しておきながら、 合法行為をマナーレベルで批判するのは、社会生活を営む人として筋が通りません。

電車内のケータイ通話は合法ですが、マナーレベルで批判を受けます。

>徒労に終わったとの認識はありません。
>無駄になっていることが第三者の目から見て明らかでしたので、 僭越ながら教えて差し上げたのです。

無駄なご指摘かと思います。

>改善するしないは貴方の自由ですが、 自己の認識の如何をもちだして 反論するのは論点がズレています。

現実から目を背けないでください。

>A「ズボンのチャック開いてますよ。」 B「開いてる気がしません(だから閉めません)。」こんな感じです。

上述のとおり、現実は直視してください。

>>根底にあるのはみなさまの交通安全です。
>自転車側に云わば自己犠牲を求めているのが 貴方がこのページで主張している事の全容です。

自転車にご負担を求めているのは十分承知で、ご理解、ご協力をお願いしているところです。

>であれば、「~すべき」などと高圧的な態度でなく 「~して欲しい」という文体になって然る“べき”では? ましてクラクションを鳴らすなど以ての外です。 そこにこのブログの説得力の無さが表れている気がします。

当ブログでは現実に即した道交法改正を求めているものであり、「~して欲しい」では願望にすぎず説得力をもちません。

| 世捨人 | 2013/12/11 00:32 | URL |

世捨人さん| 2013/12/11 00:09 |へ

>クルマと速度差のある自転車が車道を走行することによって、交通の円滑を阻害しているという現実を直視してください。
>>片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、道路交通法上、何ら問題ありません。
>映像によって自転車が交通の円滑を阻害している現実を認識していただけたかと思います。
>>道路交通の「安全」と「円滑」を図るために定められた道路交通法上、何ら問題ありません。
>道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>>片側2車線の道路での追越し方法についていは、以下のとおり、道路交通法に明記されています。
(車両通行帯)
第二十条  車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。
3  車両は、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。(追越しの方法)第二十八条  車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両「前車」の右側を通行しなければならない。
4  追越しをしようとする車両「後車」は、反対の方向又は後方からの交通及び前車又は路面電車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車又は路面電車の速度及び進路並びに道路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。

>いずれにせよ、道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>>上述のとおり道路交通法に「追越しの方法」は明記されています。
>いずれにせよ、道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>>片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、何ら問題ありません。
>理想と現実は異なります。
>>道路交通法に明記されている現実です。、
>理想と必ずしも一致するわけではありません。

道路交通法は、道路交通の「安全」と「円滑」という理想を図るためのものです。

>>後続車両は、スムーズに流れている片側2車線の道路の中央寄りの車線に車線変更して追い越して行けば良いだけですので、何ら交通の円滑を阻害している事実はありません。
>駐車車両や自転車を避けるために車線変更すると交通の円滑を阻害しかねません。
>>上述のとおり、道路交通法に定められているとおり、安全かつ円滑に車線変更下さい。 車線変更が出来ないアマチュアドライバーは自転車との間に十分な車間距離を取った上で、大人しく追随下さい。
>譲る心をもってください。
>>自転車は車道左端を通行することで、自動車などの最高速度の速い車両に通行スペースを十ニ分に譲っています。
>譲っているというのは傲慢にすぎません。現実から目を背けず、路肩によるなり止まるなりして譲ってあげてください。
>>自転車は車道左端を通行しなければならないとされています。 後続車両は安全に追い越すことが出来ないのであれば、大人しく追随下さい。 トイレの順番待ちと同様の当たり前のルールです。
>男性トイレの場合、「大」と「小」の順番の列は異なります。車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられているので、道路設計者の意図をくみとってください。
>>自転車は四輪の自動車の走行を想定してつくられている車道の左端を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>自転車の歩道走行は法律で認められていますので、積極的に活用してください。

道路交通法では、自転車は、車道左端を通行しなければならない(片側に複数車線がある今回の場合は、第一通行帯を通行しなければならない)とされています。

>>自転車は車線が複数あるような幹線道路では、第一通行帯のど真ん中を通行するものであるという当たり前の現実を認識することのできるスクープ(?)動画ですかね。
>違います。
>>スクープ(?)画像かどうかは、閲覧者が決めることでしたね。 ちゃん、ちゃん。
>違います。
>>後続車両は、できる限り安全な速度と方法で追い越すものであるという当たり前の現実を認識することのできる動画ですね。 ちゃん、ちゃん。
>違います。
>>後続車両は、安全に追越すことが出来ないのであれば、大人しく自転車の後ろを追随しなければならないという当たり前の現実を認識することのできる動画ですね。 ちゃん、ちゃん。
>「交通の円滑」について考えるに、自転車にあってはガラガラの歩道を活用することが理にかなっています。
>>交通の円滑を図ることを目的とした道路交通法で、自転車は車道左端を通行しなければならないと定められています。
>車道は四輪のクルマが主流となるなど、道交法で予定していなかった事態が起きています。

警察庁において「交通事故抑止に資する取締り・速度規制等の在り方に関する懇談会」を設置し、第4回取締りワーキンググループが12月5日に開催されたところです。
http://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/regulation_wg/torishimari_wg/04/shiryou2.pdf

>>後続車両は、中央寄り車線を走るクルマが途切れるタイミングを早めに捉えて、スムーズに流れている中央寄りの車線に車線変更すれば良いだけです。
>車線変更を強いるということは交通の円滑を阻害していることですね。
>>世捨人さんのように車線変更が下手くそなアマチュアタクシードライバーは、仕方ありません。
乗客の方はアンラッキーですが、時速20~25キロ程度で安全かつ円滑に第一通行帯を通行している自転車に大人しく追随して下さい。
>おっしゃるとおり、自転車が車道走行する場面に直面するとアンラッキーですね。
>>先行する自転車乗りに取っても、車線変更も出来ないような下手くそなアマチュアタクシードライバーに追走されるとアンラッキーですので、世捨人さんには2種免許を返上し、仕事を変えて頂きたい。
(車間距離の保持)
第二十六条  車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。

>誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。
>>安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーの世捨人さんが運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗えば済むことです。
>いずれにせよ、誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。
>>いずれにせよ、誰もラッキーになれないアマチュアドライバーの世捨人さんは運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗うべきですね。
>つまるところ、誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。
>>安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーの世捨人さんが運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗うべきですね。
>職業選択の自由を奪いかねない自転車の車道走行は控えるべきですね。

安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーの世捨人さんにタクシー運転手という職業を選択する自由はありません。
直ちに運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗うべきです。

>>ちゃん、ちゃん。
>カーーーン!

お後が宜しいようで。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/12/11 09:30 | URL |

>自転車に車道を走らせるのは、法の不備といわざるをえません
不備であろうがなかろうが、現実に自転車が車道を通っているのです。
そしてそれは合法行為です。


>四輪の自動車の走行を想定してつくられた車道を自転車が走れば、ドライバーとの間で亀裂が生じかねません。
車道は自転車を含む軽車両の走行をも想定して作られています。
亀裂(?)が生まれるとすれば、ドライバー側にも責任の一端が有ります。

>ガラガラの歩道を積極的に活用してください。
ドライバーは右車線を有効に使ってください。

>クルマと速度差のある自転車が車道を走ると、交通の円滑を阻害するのは火を見るより明らかです。
違法行為・他の交通手段の権利侵害の上に成り立っている現状の
“自動車の”円滑な交通を阻害するのは確かです。
その現状を維持せよというなら、
“軽車両の”円滑な交通のために自転車が車道を走行している現状も維持してください。

>自転車はガラガラの歩道を積極的に活用することで交通の円滑に資するかと思います。
歩道はその名が表しているように、歩行者用の道路です。
したがって特別に許可されている歩道を除いて
自転車は原則歩道を走行できません。
「歩道通行可」を現実に即して解釈すれば、
道路設計上の安全マージンとして存在している特別枠に過ぎません。

事実、歩道を自転車が通行する場合、
歩行者の安全を確保するために徐行義務があります。
車道を走りさえすれば平均20km/hで走行可能な自転車を
徐行(概ね5~10km/h以下)させるのですから、
自転車の円滑な交通が犠牲となるのは火を見るより明らかです。

>ドライバーに選択権を意識させることがないよう、自転車はガラガラの歩道を活用してください。
自転車乗りの良心に訴えて「ご負担」をお願いしなくても良いよう、
また同時に、自動車自身の右折のための車線変更が円滑に行われるよう、
路肩にやむを得ず停車している故障車両を安全に通過できるよう
自動車は普段から右車線をガラガラにしましょう。
これが出来ていないのは法律違反ですよ。黙認するのですか?

>>明確な法律違反を黙認しておきながら、 合法行為をマナーレベルで批判するのは、社会生活を営む人として筋が通りません。
>電車内のケータイ通話は合法ですが、マナーレベルで批判を受けます。

ここで私が問題にしているのは、マナーレベルでの批判そのものではありません。
「原因の一端を担っている法律違反行為を黙認している」
あなたの態度を問題にしています。

電車内のケータイ通話に関しては
やむを得ない利用を除いて大いに批判してくださって結構です。
ただし、その際用いる言葉や行為によっては、
貴方自身も批判の対象となるので気を付けて下さい。

>無駄なご指摘かと思います。
自己矛盾を狙ったご指摘ありがとうございます。
私は無駄を楽しんでいますので、ご心配には及びません。

>現実から目を背けないでください。
>上述のとおり、現実は直視してください。
そうですね。現実に自転車は車道を走っています。
そしてそれは合法行為です。現実から目を背けるべきではありません。

>自転車にご負担を求めているのは十分承知で、
>ご理解、ご協力をお願いしているところです。
ご協力をお願いできていません。
だから無駄になっていると教えて差し上げたのです。
今あなたがやっていることは、自己中心的な主張を喚き散らすただの我儘。
5歳児が命令口調で駄々をこねているようなものです。

>当ブログでは現実に即した道交法改正を求めているものであり、「~して欲しい」では願望にすぎず説得力をもちません。

自転車側に権利放棄を求めているのか、法改正を求めているのかどっちですか?
1回改行しただけで主張を変えないで頂きたいですね。

前者なら先にも申し上げた通り「お願いしている者」として相応しい態度・文脈を採って下さい。
後者なら、現行の法を守って走行している自転車乗りに向かって
クラクションを鳴らしたり、アレやコレやいうのは益々筋違いです。

この辺があやふやな時点で、ただの憂さ晴らしにしかなりません。
それは貴方自身が掲げる目標(自動車の円滑な交通)に対して
対立感情を喚起させる行為です。
貴方の主張は真に説得したい対象者には理解されることなく
無駄に終わります。

法改正について賛同者を得たいなら、
改正案の必要性・有効性について検証する必要がありますね。

貴方の提示する案は「自転車は原則歩道を通行せよ」ですか?

私はその点において、「現行法でもちゃんと守るなら十分に対処可能だ」と反論申し上げています。
「仮に対処不可で軽車両だけが原因となって慢性的に渋滞が起こる道路であれば、
設計不良道路です。」とも申し上げています。
つまり違反者への罰則の強化こそすれど、通行区分改正の必要性は無いと主張しています。

さらに、法を破る事を「現実に則す」で済ませるなら、
縦しんば改正出来たとしても、自動車vs自転車で起こっていた問題が
自転車vs歩行者に鞍替えするだけです。
なぜなら、貴方が仰るように「自転車と歩行者には速度差が生じるから」であり、
「自転車が通行する事を想定して作られた歩道を歩行者が通行すれば、
ライダーとの間で亀裂が生じかねない」からです。
したがって貴方の改正案には有効性も無いというのが私の主張です。

| MINEL | 2013/12/11 18:02 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>>クルマと速度差のある自転車が車道を走行することによって、交通の円滑を阻害しているという現実を直視してください。
>片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、道路交通法上、何ら問題ありません。
>>映像によって自転車が交通の円滑を阻害している現実を認識していただけたかと思います。
>道路交通の「安全」と「円滑」を図るために定められた道路交通法上、何ら問題ありません。
>>道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>片側2車線の道路での追越し方法についていは、以下のとおり、道路交通法に明記されています。
(車両通行帯) 第二十条  車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければ。 3  車両は、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。(追越しの方法)第二十八条  車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両「前車」の右側を通行しなければ。4  追越しをしようとする車両「後車」は、反対の方向又は後方からの交通及び前車又は路面電車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車又は路面電車の速度及び進路並びに道路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。
>>いずれにせよ、道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>上述のとおり道路交通法に「追越しの方法」は明記されています。
>>いずれにせよ、道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、何ら問題ありません。
>>理想と現実は異なります。
>道路交通法に明記されている現実です。、
>>理想と必ずしも一致するわけではありません。
>道路交通法は、道路交通の「安全」と「円滑」という理想を図るためのものです。

現実を直視してください。

>後続車両は、スムーズに流れている片側2車線の道路の中央寄りの車線に車線変更して追い越して行けば良いだけですので、何ら交通の円滑を阻害している事実はありません。
>>駐車車両や自転車を避けるために車線変更すると交通の円滑を阻害しかねません。
>上述のとおり、道路交通法に定められているとおり、安全かつ円滑に車線変更下さい。 車線変更が出来ないアマチュアドライバーは自転車との間に十分な車間距離を取った上で、大人しく追随下さい。
>>譲る心をもってください。
>自転車は車道左端を通行することで、自動車などの最高速度の速い車両に通行スペースを十ニ分に譲っています。
>>譲っているというのは傲慢にすぎません。現実から目を背けず、路肩によるなり止まるなりして譲ってあげてください。
>自転車は車道左端を通行しなければならないとされています。 後続車両は安全に追い越すことが出来ないのであれば、大人しく追随下さい。 トイレの順番待ちと同様の当たり前のルールです。
>>男性トイレの場合、「大」と「小」の順番の列は異なります。車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられているので、道路設計者の意図をくみとってください。
>自転車は四輪の自動車の走行を想定してつくられている車道の左端を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>>自転車の歩道走行は法律で認められていますので、積極的に活用してください。
>道路交通法では、自転車は、車道左端を通行しなければならない(片側に複数車線がある今回の場合は、第一通行帯を通行しなければならない)とされています。

交通の円滑のためにガラガラの歩道を活用してください。

>自転車は車線が複数あるような幹線道路では、第一通行帯のど真ん中を通行するものであるという当たり前の現実を認識することのできるスクープ(?)動画ですかね。
>>違います。
>スクープ(?)画像かどうかは、閲覧者が決めることでしたね。 ちゃん、ちゃん。
>>違います。
>後続車両は、できる限り安全な速度と方法で追い越すものであるという当たり前の現実を認識することのできる動画ですね。 ちゃん、ちゃん。
>>違います。
>後続車両は、安全に追越すことが出来ないのであれば、大人しく自転車の後ろを追随しなければならないという当たり前の現実を認識することのできる動画ですね。 ちゃん、ちゃん。
>>「交通の円滑」について考えるに、自転車にあってはガラガラの歩道を活用することが理にかなっています。
>交通の円滑を図ることを目的とした道路交通法で、自転車は車道左端を通行しなければならないと定められています。
>>車道は四輪のクルマが主流となるなど、道交法で予定していなかった事態が起きています。
>警察庁において「交通事故抑止に資する取締り・速度規制等の在り方に関する懇談会」を設置し、第4回取締りワーキンググループが12月5日に開催されたところです。 http://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/regulation_wg/torishimari_wg/04/shiryou2.pdf

注意深く見守ってください。

>>後続車両は、中央寄り車線を走るクルマが途切れるタイミングを早めに捉えて、スムーズに流れている中央寄りの車線に車線変更すれば良いだけです。
>>車線変更を強いるということは交通の円滑を阻害していることですね。
>世捨人さんのように車線変更が下手くそなアマチュアタクシードライバーは、仕方ありません。
乗客の方はアンラッキーですが、時速20~25キロ程度で安全かつ円滑に第一通行帯を通行している自転車に大人しく追随して下さい。
>>おっしゃるとおり、自転車が車道走行する場面に直面するとアンラッキーですね。
>先行する自転車乗りに取っても、車線変更も出来ないような下手くそなアマチュアタクシードライバーに追走されるとアンラッキーですので、世捨人さんには2種免許を返上し、仕事を変えて頂きたい。 (車間距離の保持)第二十六条  車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。
>>誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。
>安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーの世捨人さんが運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗えば済むことです。
>>いずれにせよ、誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。
>いずれにせよ、誰もラッキーになれないアマチュアドライバーの世捨人さんは運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗うべきですね。
>>つまるところ、誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。
>安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーの世捨人さんが運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗うべきですね。
>>職業選択の自由を奪いかねない自転車の車道走行は控えるべきですね。
>安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーの世捨人さんにタクシー運転手という職業を選択する自由はありません。 直ちに運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗うべきです。

おっしゃるとおり、安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーがはびこる車道を、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車で走行するのは危険ですね。

>ちゃん、ちゃん。
>>カーーーン!
>お後が宜しいようで。

ジャン、ジャン。

| 世捨人 | 2013/12/17 23:24 | URL |

Re: タイトルなし

MIさん

>>自転車に車道を走らせるのは、法の不備といわざるをえません
>不備であろうがなかろうが、現実に自転車が車道を通っているのです。 そしてそれは合法行為です。

自転車の歩道走行は法律で認められており、現実に即した運用も必要かと思います。

>>四輪の自動車の走行を想定してつくられた車道を自転車が走れば、ドライバーとの間で亀裂が生じかねません。
>車道は自転車を含む軽車両の走行をも想定して作られています。 亀裂(?)が生まれるとすれば、ドライバー側にも責任の一端が有ります。

軽車両の走行を想定していないから、左折専用レーンによって自転車の居場所がなかったりするのでしょう。

>>ガラガラの歩道を積極的に活用してください。
>ドライバーは右車線を有効に使ってください。

片側2車線の道路とは限りません。

>>クルマと速度差のある自転車が車道を走ると、交通の円滑を阻害するのは火を見るより明らかです。
>違法行為・他の交通手段の権利侵害の上に成り立っている現状の 自動車の”円滑な交通を阻害するのは確かです。 その現状を維持せよというなら、 “軽車両の”円滑な交通のために自転車が車道を走行している現状も維持してください。

自転車はガラガラの歩道を活用することで、交通の円滑に資することになります。

>>自転車はガラガラの歩道を積極的に活用することで交通の円滑に資するかと思います。
>歩道はその名が表しているように、歩行者用の道路です。 したがって特別に許可されている歩道を除いて自転車は原則歩道を走行できません。 「歩道通行可」を現実に即して解釈すれば、 道路設計上の安全マージンとして存在している特別枠に過ぎません。

幅の広い歩道をみると、自転車の走行を想定しているかと思います。もっとも、歩道を通行しなければ駐輪場に入れない場合が圧倒的であることからも、明らかでしょう。

>事実、歩道を自転車が通行する場合、 歩行者の安全を確保するために徐行義務があります。 車道を走りさえすれば平均20km/hで走行可能な自転車を 徐行(概ね5~10km/h以下)させるのですから、自転車の円滑な交通が犠牲となるのは火を見るより明らかです。

制限速度40キロの道路にあっては、時速20キロで走行する自転車は交通の円滑を阻害します。一方、歩道では、時速10キロ以下でも進むことができるというわけですから、自転車が通行しても交通の円滑を阻害されるものではないということでしょう。

>>ドライバーに選択権を意識させることがないよう、自転車はガラガラの歩道を活用してください。
>自転車乗りの良心に訴えて「ご負担」をお願いしなくても良いよう、 また同時に、自動車自身の右折のための車線変更が円滑に行われるよう、 路肩にやむを得ず停車している故障車両を安全に通過できるよう自動車は普段から右車線をガラガラにしましょう。 これが出来ていないのは法律違反ですよ。黙認するのですか?

片側2車線の道路とは限りません。現実と理想は異なります。

>明確な法律違反を黙認しておきながら、 合法行為をマナーレベルで批判するのは、社会生活を営む人として筋が通りません。
>>電車内のケータイ通話は合法ですが、マナーレベルで批判を受けます。
>ここで私が問題にしているのは、マナーレベルでの批判そのものではありません。 「原因の一端を担っている法律違反行為を黙認している」 あなたの態度を問題にしています。

「マナーレベル」を持ち出しておきながら問題にしていないというのでは、それこそ筋が通りません。

>電車内のケータイ通話に関しては やむを得ない利用を除いて大いに批判してくださって結構です。 ただし、その際用いる言葉や行為によっては、 貴方自身も批判の対象となるので気を付けて下さい。

やむを得ない利用か否かの判断が困難です。

>>無駄なご指摘かと思います。
>自己矛盾を狙ったご指摘ありがとうございます。 私は無駄を楽しんでいますので、ご心配には及びません。

がんばってください。

>>現実から目を背けないでください。 >>上述のとおり、現実は直視してください。
>そうですね。現実に自転車は車道を走っています。 そしてそれは合法行為です。現実から目を背けるべきではありません。

交通の円滑を阻害しかねず、ドライバーから迫害を受けるとも聞きます。

>>自転車にご負担を求めているのは十分承知で、 ご理解、ご協力をお願いしているところです。
>ご協力をお願いできていません。だから無駄になっていると教えて差し上げたのです。 今あなたがやっていることは、自己中心的な主張を喚き散らすただの我儘。 5歳児が命令口調で駄々をこねているようなものです。
根底にあるのは皆さまの交通安全です。

>>当ブログでは現実に即した道交法改正を求めているものであり、「~して欲しい」では願望にすぎず説得力をもちません。
>自転車側に権利放棄を求めているのか、法改正を求めているのかどっちですか? 1回改行しただけで主張を変えないで頂きたいですね。

自転車については法の不備が否めないので、法改正が必要かと思います。

>前者なら先にも申し上げた通り「お願いしている者」として相応しい態度・文脈を採って下さい。 後者なら、現行の法を守って走行している自転車乗りに向かって クラクションを鳴らしたり、アレやコレやいうのは益々筋違いです。

ドライバーから迫害を受けるというのであれば、現行法が実態に即していないということであり、法改正が必要ですね。

>この辺があやふやな時点で、ただの憂さ晴らしにしかなりません。 それは貴方自身が掲げる目標(自動車の円滑な交通)に対して 対立感情を喚起させる行為です。 貴方の主張は真に説得したい対象者には理解されることなく 無駄に終わります。

自転車中心の考えは排除し、歩行者やドライバーをいたわるなど、譲り合いの精神を育んでください。

>法改正について賛同者を得たいなら、 改正案の必要性・有効性について検証する必要がありますね。 貴方の提示する案は「自転車は原則歩道を通行せよ」ですか?

車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられているという、現実を直視してもらいたいのです。

>私はその点において、「現行法でもちゃんと守るなら十分に対処可能だ」と反論申し上げています。 「仮に対処不可で軽車両だけが原因となって慢性的に渋滞が起こる道路であれば、 設計不良道路です。」とも申し上げています。つまり違反者への罰則の強化こそすれど、通行区分改正の必要性は無いと主張しています。

自転車が車道を走るなら、原付バイクに準じた法整備が必要との考えです。ヘルメット着用や制限速度(時速15キロ)はじめウインカー、バックミラー、ブレーキランプ装着を義務づけるべきです。現状、裸で寒空に放り出しているようなもので、危険極まりありません。

>さらに、法を破る事を「現実に則す」で済ませるなら、 縦しんば改正出来たとしても、自動車vs自転車で起こっていた問題が 自転車vs歩行者に鞍替えするだけです。 なぜなら、貴方が仰るように「自転車と歩行者には速度差が生じるから」であり、 「自転車が通行する事を想定して作られた歩道を歩行者が通行すれば、 ライダーとの間で亀裂が生じかねない」からです。 したがって貴方の改正案には有効性も無いというのが私の主張です。

歩道は自転車と歩行者の通行を想定してつくられていることが、道幅や横断歩道上の自転車通行帯からも明らかですから、心配に及びません。

| 世捨人 | 2013/12/17 23:35 | URL |

世捨人さん| 2013/12/17 23:24 |へ

>クルマと速度差のある自転車が車道を走行することによって、交通の円滑を阻害しているという現実を直視してください。
>>片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、道路交通法上、何ら問題ありません。
>映像によって自転車が交通の円滑を阻害している現実を認識していただけたかと思います。
>>道路交通の「安全」と「円滑」を図るために定められた道路交通法上、何ら問題ありません。
>道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>>片側2車線の道路での追越し方法についていは、以下のとおり、道路交通法に明記されています。
(車両通行帯) 第二十条  車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければ。
3  車両は、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。

(追越しの方法)
第二十八条  車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両「前車」の右側を通行しなければ。
4  追越しをしようとする車両「後車」は、反対の方向又は後方からの交通及び前車又は路面電車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車又は路面電車の速度及び進路並びに道路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。

>いずれにせよ、道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>>上述のとおり道路交通法に「追越しの方法」は明記されています。
>いずれにせよ、道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>>片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、何ら問題ありません。
>理想と現実は異なります。
>>道路交通法に明記されている現実です。
>理想と必ずしも一致するわけではありません。
>>道路交通法は、道路交通の「安全」と「円滑」という理想を図るためのものです。
>現実を直視してください。

道路交通法に明記されている現実です。

>>後続車両は、スムーズに流れている片側2車線の道路の中央寄りの車線に車線変更して追い越して行けば良いだけですので、何ら交通の円滑を阻害している事実はありません。
>駐車車両や自転車を避けるために車線変更すると交通の円滑を阻害しかねません。
>>上述のとおり、道路交通法に定められているとおり、安全かつ円滑に車線変更下さい。
車線変更が出来ないアマチュアドライバーは自転車との間に十分な車間距離を取った上で、大人しく追随下さい。
>譲る心をもってください。
>>自転車は車道左端を通行することで、自動車などの最高速度の速い車両に通行スペースを十ニ分に譲っています。
>譲っているというのは傲慢にすぎません。現実から目を背けず、路肩によるなり止まるなりして譲ってあげてください。
>>自転車は車道左端を通行しなければならないとされています。
後続車両は安全に追い越すことが出来ないのであれば、大人しく追随下さい。
トイレの順番待ちと同様の当たり前のルールです。
>男性トイレの場合、「大」と「小」の順番の列は異なります。車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられているので、道路設計者の意図をくみとってください。
>>自転車は四輪の自動車の走行を想定してつくられている車道の左端を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>自転車の歩道走行は法律で認められていますので、積極的に活用してください。
>>道路交通法では、自転車は、車道左端を通行しなければならない(片側に複数車線がある今回の場合は、第一通行帯を通行しなければならない)とされています。
>交通の円滑のためにガラガラの歩道を活用してください。

道路交通法では、交通の「円滑」を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならない(片側に複数車線がある今回の場合は、第一通行帯を通行しなければならない)とされています。

>>自転車は車線が複数あるような幹線道路では、第一通行帯のど真ん中を通行するものであるという当たり前の現実を認識することのできるスクープ(?)動画ですかね。
>違います。
>>スクープ(?)画像かどうかは、閲覧者が決めることでしたね。 ちゃん、ちゃん。
>違います。
>>後続車両は、できる限り安全な速度と方法で追い越すものであるという当たり前の現実を認識することのできる動画ですね。 ちゃん、ちゃん。
>違います。
>>後続車両は、安全に追越すことが出来ないのであれば、大人しく自転車の後ろを追随しなければならないという当たり前の現実を認識することのできる動画ですね。 ちゃん、ちゃん。
>「交通の円滑」について考えるに、自転車にあってはガラガラの歩道を活用することが理にかなっています。
>>交通の円滑を図ることを目的とした道路交通法で、自転車は車道左端を通行しなければならないと定められています。
>車道は四輪のクルマが主流となるなど、道交法で予定していなかった事態が起きています。
>>警察庁において「交通事故抑止に資する取締り・速度規制等の在り方に関する懇談会」を設置し、第4回取締りワーキンググループが12月5日に開催されたところです。 http://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/regulation_wg/torishimari_wg/04/shiryou2.pdf
>注意深く見守ってください。

自動車の取締りに関する懇談会ですので、自動車ドライバーの方々にお任せします。

>>後続車両は、中央寄り車線を走るクルマが途切れるタイミングを早めに捉えて、スムーズに流れている中央寄りの車線に車線変更すれば良いだけです。
>車線変更を強いるということは交通の円滑を阻害していることですね。
>>世捨人さんのように車線変更が下手くそなアマチュアタクシードライバーは、仕方ありません。
乗客の方はアンラッキーですが、時速20~25キロ程度で安全かつ円滑に第一通行帯を通行している自転車に大人しく追随して下さい。
>おっしゃるとおり、自転車が車道走行する場面に直面するとアンラッキーですね。
>>先行する自転車乗りに取っても、車線変更も出来ないような下手くそなアマチュアタクシードライバーに追走されるとアンラッキーですので、世捨人さんには2種免許を返上し、仕事を変えて頂きたい。
(車間距離の保持)
第二十六条  車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。

>誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。
>>安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーの世捨人さんが運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗えば済むことです。
>いずれにせよ、誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。
>>いずれにせよ、誰もラッキーになれないアマチュアドライバーの世捨人さんは運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗うべきですね。
>つまるところ、誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。
>>安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーの世捨人さんが運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗うべきですね。
>職業選択の自由を奪いかねない自転車の車道走行は控えるべきですね。
>>安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーの世捨人さんにタクシー運転手という職業を選択する自由はありません。 直ちに運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗うべきです。
>おっしゃるとおり、安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーがはびこる車道を、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車で走行するのは危険ですね。

安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーは、大人しく自転車の後ろを十分な車間距離を保って追随していただければ、何ら問題ありません。
スクープ(?)画像にあるとおりです。ちゃん、ちゃん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/12/18 09:25 | URL |

>自転車の歩道走行は法律で認められており、現実に即した運用も必要かと思います。

現実に則した運用は必要です。
しかし、それは目の前の交通事情と自身の安全を鑑みて
自転車のライダー自身が都度選択する事です。
他人、まして、車道を自動車以外通行させないと言わんばかりの状況にしている
人間が画一的にとやかく言う問題ではありません。


>軽車両の走行を想定していないから、左折専用レーンによって自転車の居場所がなかったりするのでしょう。

物理的な空間の問題として、自動車が走行可能な場所なら自転車はそこに存在できます。
したがって「居場所が無い」という状況になっているだけで、
言い換えれば「自動車が軽車両の居場所を奪っている」という事ですね。

軽車両一台だけがその道を通行していると考えてみてください。
物理的に通行不能になる道路があるなら、
それは貴方自身が法の解釈を間違っているか道路の設計ミスです。

設計ミスなら、設計者が責めを負う事です。


>片側2車線の道路とは限りません。

少なくとも、あなたがこのページで例示し批判している
件の自転車が走行している道路は片側2車線です。

また、慢性的に軽車両のみが原因で渋滞が起こるなら、
道路の設計ミスですと繰り返し申し上げています。

自転車一台通っただけで渋滞が巻き起こるのであれば、
元来その程度の処理能力しかない道路という事ですから、
今まで自転車の自己犠牲によってその能力を超えて利用させて頂いていたのだと
感謝こそすれど、クラクションを鳴らし不平を漏らすなど以ての外です。


>自転車はガラガラの歩道を活用することで、交通の円滑に資することになります。

ですから、自動車の円滑な交通のために滅私出来る方はそのようにするでしょう。
ですが、そうしない人も居ます。そして、それは違法行為ではありません。
自動車のドライバーはその現実に即した、合法的かつ安全側にシフトした対応を取って下さい。


>幅の広い歩道をみると、自転車の走行を想定しているかと思います。

自転車通行可の標識のある歩道なら自転車の走行を想定していて当たり前です。
「想定」と「期待」似て非なるものです。


>もっとも、歩道を通行しなければ駐輪場に入れない場合が圧倒的であることからも、明らかでしょう。

自動車も道路沿いの駐車場に入るために、多くの場合、歩道を横切る必要があります。


>制限速度40キロの道路にあっては、時速20キロで走行する自転車は交通の円滑を阻害します。

「阻害する要因は速度差のある車両を円滑に追い越す事が出来ない交通事情にあります。」
この私の主張に納得がいかないにせよ、争点となっている問題を論拠にしないでください。
最低限の議論形態は保ちましょう。


>一方、歩道では、時速10キロ以下でも進むことができるというわけですから、自転車が通行しても交通の円滑を阻害されるものではないということでしょう。

「10km/h以下であれ、進むことが出来れば交通の円滑は阻害されない」
のであれば、時速20km/hで走行している自転車後方を追従しても
自動車の交通の円滑は阻害されないと言えてしまうのでは?


>片側2車線の道路とは限りません。現実と理想は異なります。
そうですね。
自転車に乗らない人からすれば、車道の使用権は全て自動車に譲って頂くのが理想でしょう。
しかし、現実と理想は違うようです。

現実に自転車は車道を走っていますね。


>「マナーレベル」を持ち出しておきながら問題にしていないというのでは、それこそ筋が通りません。

順位問題だと言っているのです。
「マナー違反を問題にしていない」などと書いた記憶はございません。
何処に書いてありますか?逆に「大いに批判してください」と書いたはずですが?

ともかく、貴方が法律違反行為を黙認している事に対して
「理想と現実は違う」で片づけるなら、
自転車が車道を走って現実に交通渋滞を引き起こしたとして、
自転車が歩道を走る事でしか解決しないのだとしても、
「理想と現実は違う」で片づけられるという事です。

単なる水掛け論ですね。不毛です。
私は無駄を楽しんでいますが、貴方の目的は交通安全にあるのでしょう?
こんな議論のやり方で宜しいのでしょうか。


>やむを得ない利用か否かの判断が困難です。

であれば口を閉じておくことをお勧めします。


>交通の円滑を阻害しかねず、ドライバーから迫害を受けるとも聞きます。

そのようなトラブルが発生した時、参照されるのが法律です。
そして自転車が車道を走ること自体は合法行為です。
つまり、迫害した方が責めを負うという判然とした事実がそこにあります。

迫害されることが事前に分かっているのであれば避けるのが常人でしょう。
ですが、迫害する側が「避けろ」と喚き散らすのは筋違いです。


>法改正が必要かと思います。

であれば、批判の対象は法であって、
現行法を守って走行している人間ではない筈でしょう。
貴方の記事においては、文体の変更が、
普段の生活においては、他者への態度を改める必要があるように思います。


>ドライバーから迫害を受けるというのであれば、現行法が実態に即していないということであり、法改正が必要ですね。

そうですね、みだりにクラクションを鳴らすなどの威圧行為に対して
厳罰化が必要だと私も常々思っています。


>自転車中心の考えは排除し、歩行者やドライバーをいたわるなど、譲り合いの精神を育んでください。

自動車中心の考えは排除してください。


>車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられているという、現実を直視してもらいたいのです。

一般車道は自転車の走行をも想定して作られています。
そもそも、4輪自動車が快適に走行可能な道路であれば、
特に設計に配慮せずとも軽車両も安全に走行可能です。
なぜなら、他の安全を脅かさないような運転がドライバーに義務付けられているからです。

ですが、現実に自転車の走行に適さない車道に“なってしまっている”箇所は存在し、
そして、その場を現実に通行している自転車が存在します。いずれも事実です。直視してください。


>自転車が車道を走るなら、原付バイクに準じた法整備が必要との考えです。

貴方がこのページで主張しているのは、
「自動車と速度差を生むような車両は車道を走るな」という事ですから、
少なくともウィンカー、ブレーキランプ、バックミラーの有無は関係ありませんし、
また、車種別の制限速度を設ける事はこれに逆行します。


>歩道は自転車と歩行者の通行を想定してつくられていることが、
>道幅や横断歩道上の自転車通行帯からも明らかですから、心配に及びません。

車道を軽車両が通行する事を想定していた法の下で、
現状、貴方が指摘している問題が起きているわけですから、
想定の如何(それも極々一部の例を挙げて)でもって、
「心配に及びません」とする論拠は極めて希薄ですし、
何度も申し上げるように自転車が車道を走行する事は想定されていますので、
2重にあなたの主張は否定されます。理解できますか?


私は、「歩道を走れるときにはそこを通って欲しい」という
貴方の要望そのものを否定しているわけではありません。
車道を現実に、今まさに走っている自転車に対して
攻撃的態度をとる事を否定しています。
また「現実に則す」という都合の良い言葉を用いて、
違反者本位の法改正を望む厚顔無恥な態度をご批判申し上げています。

一度破られた秩序を再建するのは、大変に勇気の必要なことです。
他人の勇気をどうか踏みにじる事の無いよう、よろしくお願い致します。

| MINEL | 2013/12/20 13:20 | URL |

世捨て人さんは、いわゆる世間一般で言う「馬鹿」ですから、MINELさんの正論は理解できません。頭脳のキャパシティを超えているのです。それを証明するレスが、返ってくるはずです。では、どうぞ。世捨て人さん(笑)

| 無駄です | 2013/12/20 13:44 | URL |

「現実から目を背けないでください。」とでも言うんじゃないでしょうか?

| こじま | 2013/12/20 16:07 | URL | ≫ EDIT

「根底にあるのはみなさまの交通安全です。ご理解、ご協力をお願いします。」かもしれませんwww

| ムダ右衛門 | 2013/12/20 16:39 | URL |

「何が起こるかわからないのが事故の恐ろしさです。慢心せず交通安全に努めてください。」というのもあります。さあどれだろうwww

| ドラえもん | 2013/12/22 18:11 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>>クルマと速度差のある自転車が車道を走行することによって、交通の円滑を阻害しているという現実を直視してください。
>片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、道路交通法上、何ら問題ありません。
>>映像によって自転車が交通の円滑を阻害している現実を認識していただけたかと思います。
>道路交通の「安全」と「円滑」を図るために定められた道路交通法上、何ら問題ありません。
>>道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>片側2車線の道路での追越し方法についていは、以下のとおり、道路交通法に明記されています。 (車両通行帯) 第二十条  車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければ。 3  車両は、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。(追越しの方法) 第二十八条  車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両「前車」の右側を通行しなければ。4  追越しをしようとする車両「後車」は、反対の方向又は後方からの交通及び前車又は路面電車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車又は路面電車の速度及び進路並びに道路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。
>>いずれにせよ、道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>上述のとおり道路交通法に「追越しの方法」は明記されています。
>>いずれにせよ、道路交通法では予想していなかった事態が生じています。
>片側2車線の道路の中央寄りの車線がスムーズに流れているのであれば、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで「安全」かつ「円滑」に車道左端(第一通行帯)を通行している競技用自転車には、何ら問題ありません。
>>理想と現実は異なります。
>道路交通法に明記されている現実です。
>>理想と必ずしも一致するわけではありません。
>道路交通法は、道路交通の「安全」と「円滑」という理想を図るためのものです。
>>現実を直視してください。
>道路交通法に明記されている現実です。

道路事情は刻一刻と変化しているという現実から目を背けないでください。

>後続車両は、スムーズに流れている片側2車線の道路の中央寄りの車線に車線変更して追い越して行けば良いだけですので、何ら交通の円滑を阻害している事実はありません。
>>駐車車両や自転車を避けるために車線変更すると交通の円滑を阻害しかねません。
>上述のとおり、道路交通法に定められているとおり、安全かつ円滑に車線変更下さい。
車線変更が出来ないアマチュアドライバーは自転車との間に十分な車間距離を取った上で、大人しく追随下さい。
>>譲る心をもってください。
>自転車は車道左端を通行することで、自動車などの最高速度の速い車両に通行スペースを十ニ分に譲っています。
>>譲っているというのは傲慢にすぎません。現実から目を背けず、路肩によるなり止まるなりして譲ってあげてください。
>自転車は車道左端を通行しなければならないとされています。 後続車両は安全に追い越すことが出来ないのであれば、大人しく追随下さい。 トイレの順番待ちと同様の当たり前のルールです。
>>男性トイレの場合、「大」と「小」の順番の列は異なります。車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられているので、道路設計者の意図をくみとってください。
>自転車は四輪の自動車の走行を想定してつくられている車道の左端を通行しなければならないと道路交通法で定められています。
>>自転車の歩道走行は法律で認められていますので、積極的に活用してください。
>道路交通法では、自転車は、車道左端を通行しなければならない(片側に複数車線がある今回の場合は、第一通行帯を通行しなければならない)とされています。
>>交通の円滑のためにガラガラの歩道を活用してください。
>道路交通法では、交通の「円滑」を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならない(片側に複数車線がある今回の場合は、第一通行帯を通行しなければならない)とされています。

自転車の歩道走行は法律で認められています。

>自転車は車線が複数あるような幹線道路では、第一通行帯のど真ん中を通行するものであるという当たり前の現実を認識することのできるスクープ(?)動画ですかね。
>>違います。
>スクープ(?)画像かどうかは、閲覧者が決めることでしたね。 ちゃん、ちゃん。
>>違います。
>後続車両は、できる限り安全な速度と方法で追い越すものであるという当たり前の現実を認識することのできる動画ですね。 ちゃん、ちゃん。
>>違います。
>後続車両は、安全に追越すことが出来ないのであれば、大人しく自転車の後ろを追随しなければならないという当たり前の現実を認識することのできる動画ですね。 ちゃん、ちゃん。
>>「交通の円滑」について考えるに、自転車にあってはガラガラの歩道を活用することが理にかなっています。
>交通の円滑を図ることを目的とした道路交通法で、自転車は車道左端を通行しなければならないと定められています。
>>車道は四輪のクルマが主流となるなど、道交法で予定していなかった事態が起きています。
>警察庁において「交通事故抑止に資する取締り・速度規制等の在り方に関する懇談会」を設置し、第4回取締りワーキンググループが12月5日に 開催されたところです。 http://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/regulation_wg/torishimari_wg/04/shiryou2.pdf
>>注意深く見守ってください。
>自動車の取締りに関する懇談会ですので、自動車ドライバーの方々にお任せします。
>後続車両は、中央寄り車線を走るクルマが途切れるタイミングを早めに捉えて、スムーズに流れている中央寄りの車線に車線変更すれば良いだけです。
>>車線変更を強いるということは交通の円滑を阻害していることですね。
>世捨人さんのように車線変更が下手くそなアマチュアタクシードライバーは、仕方ありません。
乗客の方はアンラッキーですが、時速20~25キロ程度で安全かつ円滑に第一通行帯を通行している自転車に大人しく追随して下さい。
>>おっしゃるとおり、自転車が車道走行する場面に直面するとアンラッキーですね。
>先行する自転車乗りに取っても、車線変更も出来ないような下手くそなアマチュアタクシードライバーに追走されるとアンラッキーですので、世捨人さんには2種免許を返上し、仕事を変えて頂きたい。 (車間距離の保持)第二十六条  車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。
>>誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。
>安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーの世捨人さんが運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗えば済むことです。
>>いずれにせよ、誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。
>いずれにせよ、誰もラッキーになれないアマチュアドライバーの世捨人さんは運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗うべきですね。
>>つまるところ、誰もラッキーになれない、自転車の車道走行は控えるべきですね。
>安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーの世捨人さんが運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗うべきですね。
>>職業選択の自由を奪いかねない自転車の車道走行は控えるべきですね。
>安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーの世捨人さんにタクシー運転手という職業を選択する自由はありません。 直ちに運転免許証を返上し、タクシー稼業から足を洗うべきです。
>>おっしゃるとおり、安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーがはびこる車道を、身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車で走行するのは危険ですね。
>安全な速度と方法で追越しも車線変更も出来ないアマチュアドライバーは、大人しく自転車の後ろを十分な車間距離を保って追随していただければ、何ら問題ありません。 スクープ(?)画像にあるとおりです。ちゃん、ちゃん。

アマチュアドライバーのために進路を譲るなど、安全・安心に努めてください。

| 世捨人 | 2014/01/08 00:12 | URL |

Re: タイトルなし

MIさん

>>自転車の歩道走行は法律で認められており、現実に即した運用も必要かと思います。
>現実に則した運用は必要です。 しかし、それは目の前の交通事情と自身の安全を鑑みて自転車のライダー自身が都度選択する事です。他人、まして、車道を自動車以外通行させないと言わんばかりの状況にしている 人間が画一的にとやかく言う問題ではありません。

「自転車は車道」であれば、原付バイクに準じた法整備をすべきです。ヘルメット着用義務がないなど、自転車乗りを裸で寒空に放り出すようことはやめてもらいたです。

>>軽車両の走行を想定していないから、左折専用レーンによって自転車の居場所がなかったりするのでしょう。
>物理的な空間の問題として、自動車が走行可能な場所なら自転車はそこに存在できます。 したがって「居場所が無い」という状況になっているだけで、 言い換えれば「自動車が軽車両の居場所を奪っている」という事ですね。

おっしゃるとおりで、自動車ありきの交通安全を考える必要があります。

>軽車両一台だけがその道を通行していると考えてみてください。 物理的に通行不能になる道路があるなら、 それは貴方自身が法の解釈を間違っているか道路の設計ミスです。

自転車によって通行不能になるような道路はありませんが、交通の円滑を阻害するわけで、道交法の趣旨に反します。

>設計ミスなら、設計者が責めを負う事です。

車道は四輪の自動車の走行を想定した、設計者の意図をくみとってください。

>>片側2車線の道路とは限りません。
>少なくとも、あなたがこのページで例示し批判している 件の自転車が走行している道路は片側2車線です。

いずれにせよ、片側2車線の道路とは限りません。

>また、慢性的に軽車両のみが原因で渋滞が起こるなら、 道路の設計ミスですと繰り返し申し上げています。

設計ミスに乗じて、交通の円滑を故意に阻害することは絶対におやめください。

>自転車一台通っただけで渋滞が巻き起こるのであれば、 元来その程度の処理能力しかない道路という事ですから、今まで自転車の自己犠牲によってその能力を超えて利用させて頂いていたのだと 感謝こそすれど、クラクションを鳴らし不平を漏らすなど以ての外です。

人力の自転車と自動車は速度差があります。どんなに脚力があっても自転車は常にクルマに追い越されます。たかが一台の自転車のために追い越しのために後続自動車に進路変更を強いるのは、交通の円滑という観点から望ましくありません。

>>自転車はガラガラの歩道を活用することで、交通の円滑に資することになります。
>ですから、自動車の円滑な交通のために滅私出来る方はそのようにするでしょう。 ですが、そうしない人も居ます。そして、それは違法行為ではありません。 自動車のドライバーはその現実に即した、合法的かつ安全側にシフトした対応を取って下さい。

ドライバーに負担を強いるのは身勝手極まりありません。

>>幅の広い歩道をみると、自転車の走行を想定しているかと思います。
>自転車通行可の標識のある歩道なら自転車の走行を想定していて当たり前です。 「想定」と「期待」似て非なるものです。

おっしゃるとおりです。歩道を積極的に活用しましょう。

>>もっとも、歩道を通行しなければ駐輪場に入れない場合が圧倒的であることからも、明らかでしょう。
>自動車も道路沿いの駐車場に入るために、多くの場合、歩道を横切る必要があります。

横切ることはあっても、歩道を通行することはないでしょう。

>>制限速度40キロの道路にあっては、時速20キロで走行する自転車は交通の円滑を阻害します。
>「阻害する要因は速度差のある車両を円滑に追い越す事が出来ない交通事情にあります。」 この私の主張に納得がいかないにせよ、争点となっている問題を論拠にしないでください。 最低限の議論形態は保ちましょう。

いずれにせよ、人力の自転車とクルマは速度差があるわけですから、交通の円滑を阻害します。

>>一方、歩道では、時速10キロ以下でも進むことができるというわけですから、自転車が通行しても交通の円滑を阻害されるものではないということでしょう。
>「10km/h以下であれ、進むことが出来れば交通の円滑は阻害されない」 のであれば、時速20km/hで走行している自転車後方を追従しても自動車の交通の円滑は阻害されないと言えてしまうのでは?

無理スジでしょう。

>>片側2車線の道路とは限りません。現実と理想は異なります。
>そうですね。 自転車に乗らない人からすれば、車道の使用権は全て自動車に譲って頂くのが理想でしょう。 しかし、現実と理想は違うようです。

自転車乗りに悲惨な交通事故の当事者になってもらいたくないというのは、現実でもあり理想でもあります。

>現実に自転車は車道を走っていますね。

危険を冒してまで走行する真意が図りかねます。

>>「マナーレベル」を持ち出しておきながら問題にしていないというのでは、それこそ筋が通りません。
>順位問題だと言っているのです。 「マナー違反を問題にしていない」などと書いた記憶はございません。
何処に書いてありますか?逆に「大いに批判してください」と書いたはずですが?

「電車内のケータイ通話は合法ですが、マナーレベルで批判を受けます」というのも、マナーが法律よりも順位が優先しているということでしょう。

>ともかく、貴方が法律違反行為を黙認している事に対して 「理想と現実は違う」で片づけるなら、
自転車が車道を走って現実に交通渋滞を引き起こしたとして、自転車が歩道を走る事でしか解決しないのだとしても、 「理想と現実は違う」で片づけられるという事です。

現実は直視しなければなりません。

>単なる水掛け論ですね。不毛です。 は無駄を楽しんでいますが、貴方の目的は交通安全にあるのでしょう? こんな議論のやり方で宜しいのでしょうか。

競技用自転車乗りの爆走練習の撲滅に心血を注いでいます。

>>やむを得ない利用か否かの判断が困難です。
>であれば口を閉じておくことをお勧めします。

引用の仕方に悪意を感じます。該当箇所は全文掲載してください。

>>交通の円滑を阻害しかねず、ドライバーから迫害を受けるとも聞きます。
>そのようなトラブルが発生した時、参照されるのが法律です。 そして自転車が車道を走ること自体は合法行為です。 つまり、迫害した方が責めを負うという判然とした事実がそこにあります。

迫害にもいろいろあると思います。罵声を浴びても法律は守ってくれません。

>迫害されることが事前に分かっているのであれば避けるのが常人でしょう。 ですが、迫害する側が「避けろ」と喚き散らすのは筋違いです。

危険な場所には近づかないのが鉄則です。

>>法改正が必要かと思います。
>であれば、批判の対象は法であって、 現行法を守って走行している人間ではない筈でしょう。貴方の記事においては、文体の変更が、普段の生活においては、他者への態度を改める必要があるように思います。

法の不備をついて我が物顔で突っ走る競技用自転車乗りを糾弾するとともに、法改正を促しているところです。

>>ドライバーから迫害を受けるというのであれば、現行法が実態に即していないということであり、法改正が必要ですね。
>そうですね、みだりにクラクションを鳴らすなどの威圧行為に対して 厳罰化が必要だと私も常々思っています。

危険を回避するためにクラクションを鳴らすことは認められています。

>>自転車中心の考えは排除し、歩行者やドライバーをいたわるなど、譲り合いの精神を育んでください。
>自動車中心の考えは排除してください。

自動車ありきの交通安全を考えるのが現実的です。

>>車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられているという、現実を直視してもらいたいのです。
>一般車道は自転車の走行をも想定して作られています。 そもそも、4輪自動車が快適に走行可能な道路であれば、 特に設計に配慮せずとも軽車両も安全に走行可能です。なぜなら、他の安全を脅かさないような運転がドライバーに義務付けられているからです。

車道は自転車の走行を想定しているなら、自転車レーンは不要でしょう。

>ですが、現実に自転車の走行に適さない車道に“なってしまっている”箇所は存在し、 そして、その場を現実に通行している自転車が存在します。いずれも事実です。直視してください。

自転車専用道が急ピッチ整備されているのはなぜですか?裸で寒空に放り出すことを座視できないからでよう。

>>自転車が車道を走るなら、原付バイクに準じた法整備が必要との考えです。
>貴方がこのページで主張しているのは、 「自動車と速度差を生むような車両は車道を走るな」という事ですから、 少なくともウィンカー、ブレーキランプ、バックミラーの有無は関係ありませんし、また、車種別の制限速度を設ける事はこれに逆行します。

「自転車は車道」というのが、立法府の怠慢によるものであることを、おわかりいただけたかと思います。

>>歩道は自転車と歩行者の通行を想定してつくられていることが、
>道幅や横断歩道上の自転車通行帯からも明らかですから、心配に及びません。
>車道を軽車両が通行する事を想定していた法の下で、 現状、貴方が指摘している問題が起きているわけですから、 想定の如何(それも極々一部の例を挙げて)でもって、「心配に及びません」とする論拠は極めて希薄ですし、 何度も申し上げるように自転車が車道を走行する事は想定されていますので、2重にあなたの主張は否定されます。理解できますか?

自転車が車道走行を想定しているのは、車道と歩道が白線で区切られただけの生活道路のことでしょう。
幹線道路ではお控えください。安全のためです。ご理解、ご協力をお願いします。

>私は、「歩道を走れるときにはそこを通って欲しい」という 貴方の要望そのものを否定しているわけではありません。 車道を現実に、今まさに走っている自転車に対して 攻撃的態度をとる事を否定しています。
また「現実に則す」という都合の良い言葉を用いて、 違反者本位の法改正を望む厚顔無恥な態度をご批判申し上げています。

クルマを運転していて気づくのは、危険ドライバーがごまんといることです。運転中、1回は何かしら腹立たしいことがあるほどです。身体がむきだしの自転車にあっては、自動車事故の被害者になってもらいたくないのです。歩道を活用して関わらないようにしてください。

>一度破られた秩序を再建するのは、大変に勇気の必要なことです。 他人の勇気をどうか踏みにじる事の無いよう、よろしくお願い致します。

根底にあるのは自転車乗りの交通安全です。ご理解・ご協力をお願いします。

| 世捨人 | 2014/01/08 01:00 | URL |

ね、いわゆる世間一般で言う「馬鹿」丸出しのコメントだったでしょ?
この世捨て人さんという人は、ちょっと長い話をするとすぐに頭脳のキャパシティを超えてしまうのです。
それを十全に証明するレスでした。
お疲れ様でした、世捨て人さん(笑)

| 流石にこれは恥ずかしい | 2014/01/11 17:27 | URL |

自転車、車道って法律で決まったし。ご待望の『法改正』で。議論の必要なさすぎ(笑)

| ヒロ | 2014/01/11 20:14 | URL |

サイクリング禁止反対

[世捨人]殿|2014/01/08 01:00|付へ.

>ドライバーに負担を強いるのは身勝手極まりありません.

何をもって身勝手と言うかは見解の相違である.私は四輪の運転席でも(合法)ローディを熱烈応援したい.なぜなら,スポーツサイクリングの教育的な意義と効用を高く評価するからである.

>競技用自転車の爆走練習の撲滅に心血を注いでいます.
>法の不備をついて我が物顔で突っ走る競技用自転車乗りを糾弾するとともに,法改正を促しているところです.

私は,[世捨人]殿の言う「競技用自転車」等スポーツ自転車の存在自体を事実上全否定し非合法化させようという[世捨人]殿の企みにはあくまで反対し,徹底して争う.

>クルマを運転していて気づくのは,危険ドライバーがゴマンといることです.運転中,1回は何かしら腹立たしいことがあるほどです.

ちょっとした判断ミスで事故寸前,それでもお互いさまでどうにか事故が回避されているのは誰しもが経験することだ.無謀ドライバーの矯正にはスポーツ自転車の長距離走を課すことも効果的だろう.

>根底にあるのは自転車乗りの交通安全です.ご理解,ご協力をお願いします.

全ての返答が[世捨人]殿の自己中心的かつ一方的な屁理屈ばかりである.
カ―――ン!

| マイロネフ | 2014/01/11 20:57 | URL | ≫ EDIT

>「自転車は車道」であれば、原付バイクに準じた法整備をすべきです。

であれば署名を集めるなどして、しかるべき手続きをとる事です。
そのために、このブログにおいては批判の対象が法にある事を明確にしましょう。
現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、
お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。


>ヘルメット着用義務がないなど
本ページでの貴方の批判趣旨は、「速度差のある自転車の存在により
自動車の交通の円滑が阻害される」ですから、
ヘルメット着用義務化はこれを解決することが出来ません。

「『自転車は車道』であれば、原付バイクに準じた法整備をすべき」
と仰るのですから「自転車は車道」を前提に、
是非、世捨人さんの広い見聞、独創的発想による適切な改正案を
「~など」という言葉でぼかすことなく、具体的にご提示ください。



>自動車ありきの交通安全を考える必要があります。

自転車ありきの交通安全を“も”考える必要があります。


>通行不能になるような道路はありません

「軽車両の走行を“想定していないから”、左折専用レーンによって自転車の居場所がなかったりする」
という貴方の主張は、これにより否定されました。
以降、道路設計上の「想定」の如何を論拠に主張を展開する事はお控えください。


>交通の円滑を阻害するわけで、道交法の趣旨に反します。

道交法には「軽車両は原則車道を走行する」旨が明記されています。
つまり、車道は自動車のみのものではないという事であり、
「“自動車の”交通の円滑を阻害すれば、即ち悪」とし、
他の権利侵害を良しとする貴方の主張は道交法の趣旨に反します。

今後「交通の円滑」と言う時には自動車だけでなく、
他の交通をも含むのだという事に注意し、
是非とも「自動車の~」等、範囲を限定する言葉とともに利用してください。


>車道は四輪の自動車の走行を想定した、設計者の意図をくみとってください。

自転車に車道を走らせようとする法の意図、
および「法を順守しようとする人」の志をくみ取ってください。

ここで「法を順守しようとする人」とは、
自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、
身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。

適切に道路状況を判断し、時に車道を、時に歩道を利用する自転車のライダーの事であり、
車道に出ている自転車を安全に、合法的にかわし、怒りに囚われることなく冷静な運転を継続し、
不条理な不満を他人にぶつけない自動車のドライバーの事です。

仮に目の前のライダーが身勝手な行動として車道に出ているのだとしても、
それに対して攻撃的対応をとりトラブルをおこす事は
「法を順守しようとする人」の志を蔑にすることに他なりません。


>いずれにせよ、片側2車線の道路とは限りません。

片側一車線以下の道路について問題が起こるのであれば、既に書いた通り
その程度の処理能力しか持ち合わせていない道路です。

ルールを守って走行している人と無用なトラブルを起こして
その道路を完全に塞ぐようなことはやめてください。

そして今は片側2車線の道路の話をしています。


>設計ミスに乗じて、交通の円滑を故意に阻害することは絶対におやめください。

自転車乗り自身の交通の円滑のために車道を利用するのであって、
自動車の交通を阻害する目的で車道に出る物好きな人間は、常識的に考えて
いないと思われます。
ライダーも平日にはドライバーである可能性は高いでしょう。


>たかが一台の自転車のために

「たかが一台」なのですから、大したことではないのでしょう。
日に何百台も自転車が通行するようになり、
それでも自転車専用道路や追い越し車線が作られないなら、
その時初めて管轄の公安に文句でも言ってください。


>追い越しのために後続自動車に進路変更を強いるのは、
>交通の円滑という観点から望ましくありません。

先行車両の車種に関わらず、追い越しのためには進路変更がすべからく必要です。
また、何度も繰り返しますが、本来右車線は右折及び追い越し専用レーンです。
車線変更を強いられても本来交通の円滑に影響を与えません。
そのための追い越し車線です。

文句なら常時そこを塞いでいる輩に言いましょう。

そして、さらに繰り返しますが、「交通の円滑」という言葉は軽車両の交通も含みます。


>ドライバーに負担を強いるのは身勝手極まりありません。

軽車両利用者の安全に車道を通行できる権利を侵害してなお文句を言うなど
身勝手極まりありません。


>>自転車通行可の標識のある歩道なら自転車の走行を想定していて当たり前です。 「想定」と「期待」似て非なるものです。
>おっしゃるとおりです。歩道を積極的に活用しましょう。

「歩道通行可」は法律上、安全マージンとして設けられています。
道路形状から読み取れる想定・期待の如何は何らこれを否定しません。
同時に、歩道を「安全マージンとして」積極的に利用する事を否定するものでもありません。

(念のため、ここでの「積極的」とは、具体的にはライダー個人の意思決定による歩道の利用であり、
ドライバーからの迫害等により強制的に歩道を走らされるのは、「消極的」利用であることを申し添えておきます)



>横切ることはあっても、歩道を通行することはないでしょう。

通行する無法者は存在します。
「歩道通行を期待しているように見えるから」かもしれません。
歩道を通行した方が信号を省略出来るなど、
何らかの益を得るような場所は多数あるのでしょう。
が、法では許されていません。

同様に、法律は軽車両の歩道通行を期待しておらず、
その証拠に「“原則”車道を走れ」とあります。

法治国家に住まう国民にあっては、この言葉通り
自転車を利用する際には原則的に車道を走行し、
歩道走行は補助的な利用に留める事が求められています。

法自体に不満があるなら、しかるべき場所に然るべき手続きをとり
抗議しましょう。個々人に不満をぶつけるのはやめてください。


>いずれにせよ、人力の自転車とクルマは速度差があるわけですから、交通の円滑を阻害します。

「阻害する要因は速度差のある車両を円滑に追い越す事が出来ない交通事情にあります。」

幹線道路における自動4輪車であっても、本線内・外へ安全に侵入・進出する為には、
概ね50m以上手前から必ずスピードを落とす必要があり、歩道など跨ぐ場合には一時停止しなければいけません。
実情は一時停止をしないケースが多数を占めますが、
それでも車道内に車体を残しながら徐行レベルまで減速する事には変わりません。
つまり、「速度差があるわけですから、交通の円滑を阻害する」のでしょう。

貴方が自転車に対して「歩道走行で回避できるのだから~」と主張するように、
自動4輪車においても、迂回路は存在します。
よって、本線内・外への侵入・進出を法で画一的に禁止しますか?
迂回路にされる生活道路周辺の“住民の”交通の円滑・安全は阻害されることでしょう。


>>「10km/h以下であれ、進むことが出来れば交通の円滑は阻害されない」 のであれば、時速20km/hで走行している自転車後方を追従しても自動車の交通の円滑は阻害されないと言えてしまうのでは?
>無理スジでしょう。

つまり「進むことが出来れば交通の円滑は阻害されない」のは
無理筋。筋が通らない。道理に合わない。
したがって、「自転車が歩道を通れば、自転車自身の交通の円滑は阻害されます」
という事で宜しいですね。


>自転車乗りに悲惨な交通事故の当事者になってもらいたくないというのは、現実でもあり理想でもあります。

すばらしい思いやりのある思想です。
その思想を体現するために、ブログにあっては文体を、
普段の生活においては他者への態度の改める事をお勧めします。


>危険を冒してまで走行する真意が図りかねます。

相手の真意がどうであれ、ドライバーとしてそのような場面に遭遇したのであれば、
合法的かつ安全側にシフトした対応をとって下さい。


>「電車内のケータイ通話は合法ですが、マナーレベルで批判を受けます」というのも、マナーが法律よりも順位が優先しているということでしょう。

例えば「乗客は他の乗客に電車内でのケータイ通話をさせてはならない」という法律はありませんから、優先順位の逆転は起こっていません。

マナー違反を喚起する(本来何ら問題ない行為をマナー違反行為に変えてしまう)他の重大な法律違反者を見過ごしている事を批判しているのですから、
他に批判されるべき法律違反行為者の無い携帯利用の例を挙げるのは、そもそもがナンセンスです。

そのようなナンセンスな言動により、いくら話を本筋から脱線させようと、
原因の一端を担っている違反行為を黙認し、一方的に自転車側を非難するなどして、
不要にライダーの対立心を煽り、社会全体に不利益をもたらしていることについて、
貴方自身、反省し改善していかなければ、既述した通り、
唯の水の掛け合いに終始する事でしょう。



>現実は直視しなければなりません。

その通りです。
自転車が合法的に車道を通行している事実を直視してください。


>競技用自転車乗りの爆走練習の撲滅に心血を注いでいます。

やり方を間違えているために目的と逆の結果を招いています。
これは通勤のために常日頃自動4輪車を運転する私にとっても不利益なのです。
お控えください。


>>>やむを得ない利用か否かの判断が困難です。
>>であれば口を閉じておくことをお勧めします。
>引用の仕方に悪意を感じます。該当箇所は全文掲載してください。

単に記述方法に関していえば、
過去のコメントは全文閲覧可能な状態なのですから、
同一文を繰り返していたずらにコメントを読み難くする必要もありません。

文意のとり方に関していえば、
一文返答を行い、文脈を汲まずに話を逸らせ煙に巻くのは貴方の常套手でしょう。
引用の仕方で何か誤解を生む可能性があるなら、貴方自身が釈明すれば済む事です。
貴方が私にそうさせているように。

このような無駄な水の掛け合いでなく、真に交通安全を願っているなら
このブログのコメント欄においては、まず話し合いの壇上に立ちましょう。


>迫害にもいろいろあると思います。罵声を浴びても法律は守ってくれません。

「迫害した方が責めを負うという判然とした事実がそこにあります。 」
そして
「迫害されることが事前に分かっているのであれば避けるのが常人でしょう。
ですが、迫害する側が『避けろ』と喚き散らすのは筋違いです。 」


>危険な場所には近づかないのが鉄則です。

私は「危険な場所にするな」と言っています。
迫害する側が「避けろ」と喚き散らすのは筋違いですと申し上げています。
したがって、貴方のお書きになった文章は反論としては適切ではありません。


>危険を回避するためにクラクションを鳴らすことは認められています。

当然です。クラクションにより危機が回避された例は多々ある事でしょう。

ただし、厳密には「やむをえない場合」と言う言葉が追加されますから、
少なくとも他に危険を回避する手段が多数存在している
件の動画での使用方法には明確に問題があります。

クラクションの使用は対象者を不快にさせるだけでなく、
その周辺に存在する多数の第三者の注意を同時且つ強烈に引く事で
副次的事故を誘発させる危険を常にはらんでいます。
使う必要のない場面で使用したことを猛省してください。


>自動車ありきの交通安全を考えるのが現実的です。

自転車ありきの交通安全をも考えるのが現実的です。
実際に走っているのだから。


>車道は自転車の走行を想定しているなら、自転車レーンは不要でしょう。

自転車の走行を想定しているからこその自転車レーンでしょう。
なぜ不要になるのかご説明ください。


>自転車専用道が急ピッチ整備されているのはなぜですか?

一つには自転車ブームの到来により
「原則車道」が改めて周知されたことで、
車道を走行する自転車が増えた(増える事が予想される)事があるでしょう。
慢性的に渋滞の起こっていた道路の
道幅が広がり車線が追加されるのと同じ理由です。


>裸で寒空に放り出すことを座視できないからでよう。

もちろん、自転車の交通の安全のためにもなるでしょう。

そして車道を自転車とシェアする事が法律で定められていることに
何ら変わりありません。


>「自転車は車道」というのが、立法府の怠慢によるものであることを、おわかりいただけたかと思います。

分かったのは貴方が提示した改正案に
シロウトでも指摘できるほどの大穴が空いているという事で、

そこから読み取れるのは「自分さえよければそれでよい」という、
違反者本位の厚顔無恥な貴方の態度であり、
貴方自身が批判する「立法府の怠惰」以上の、怠惰で道理の通らない思想を
正当化しようと駄々をこねている哀れで醜く幼稚な姿です。


>自転車が車道走行を想定しているのは、車道と歩道が白線で区切られただけの生活道路のことでしょう。

それは貴方が個人的に勝手に納得している事です。

とはいえ、貴方自身の認識において少なくとも「生活道路における自転車の車道走行」に関して、
「想定されている」との見解を示されたのですから、
今後、生活道路において合法的に車道走行している自転車に対し、
迫害行為、このブログでの身勝手な批判等々行わないと確約された点で、一歩前進されましたね。
素晴らしい事です。


>幹線道路ではお控えください。安全のためです。ご理解、ご協力をお願いします。

ご理解、ご協力をお願いする前にすべきことがあるでしょう。


>クルマを運転していて気づくのは、危険ドライバーがごまんといることです。

そうです。「真に批判されるべき者をちゃんと批判する。」
その後に直接的な解決手段を持っている者に対して「お願い」です。
些細な違いですが、重要ですよ。

「俺様が通るんだから、どけろ。」これじゃ誰も納得はしないでしょう。


>運転中、1回は何かしら腹立たしいことがあるほどです。

「他人の振りを見て我が振りを直せ」昔の人は良い事を言いますね。
私も肝に銘じています。


>根底にあるのは

安全を願うのであれば、自らが安全運転を実践するほかありません。
自転車に敵対心を抱くあまり、件の動画のように不必要にクラクションを鳴らしたり、
スピードを落とすべき時に加速する等、ご自身の主張に逆行する行動が散見されます。

これは貴方自身や敵対する自転車のライダーのみならず、周辺の道路利用者の安全を脅かす行為であると同時に
「ルールを順守しまた安全側にシフトした対応をとるために
自らの一部の権利を放棄し、交通社会全体の発展ために努める人」の勇気を踏みにじる行為です。

自転車云々は一旦抜きにして、今一度、冷静になられて、自らの行動を顧みる事を強くお勧めいたします。

| MINEL | 2014/01/12 12:59 | URL |

MINELさん| 2014/01/12 12:59 |へ

>ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。

現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。

守るべき現行法としては、自転車乗りは車道左端通行を実践するだけで十分です。
傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火などふらふらとその場で止まれるスピードしか出さない(出せない)ママチャリについて、アレヤコレヤいうのもお門違いですね。

ちゃん、ちゃん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/13 23:24 | URL |

>現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。

私はここで「自身の理想」を明かしておりませんし
既述した通り「無駄を楽しんでいます」ので、
「世捨人さんの理想と、行為が招く結果の乖離」を指摘した
私の文章を用いての反論は不適当です。


敢えて私から反論するならば…

>現行法を守っている自転車のライダー
と範囲を限定しているのですから、
「現行法を守っていない」違法行為を非難する事を何ら否定していません。

したがって、
>傘差し、携帯ながら(安全義務違反)、酒気帯び、無灯火
の違法行為を批判しても、引用された文章に対して自己矛盾はおきません。

もちろん実際に注意するにあたっては、無用なトラブルを避けるために、
批判する時、場所、使用する言葉、態度など選ぶ必要はあると考えます。

 ところで、自動車の違法行為により一部危険になってしまう
合法的車道通行行為と違い、貴方が例示された行為(ママチャリのスピードの例を除く)は違法かつ単独で危険な行為です。
その行為を行っている人間を非難する事を
「お門違いである」とするなら、その根拠をお示しくd…
いや、良いです。返信は無しでお願いします。


>守るべき現行法としては、自転車乗りは車道左端通行を実践するだけで十分です。

最低でも安全運転義務は守って下さい。

「身勝手な行動の延長として車道へ出るライダー」の一文は
紛れも無く、「その守らねばならない法を守っていない輩」を示すものであり、
車道に出る合法行為そのもの示してはいません
(でなければ「身勝手な行動の延長として」が意味として浮いてしまいます)し、

言わんとする所は「全ての法を守らねば車道に出るな」ではなく、
あくまで「法を順守しようとしている人ではない」であるに過ぎません。

その上で「相手の真意がどうであれ目前の合法行為(義務の履行)者に危害を加えて欲しくない。それは彼の人の勇気を踏みにじる行為だから」と結んでいます。

さらに反論として引用された「アレヤコレヤ」とは、引用元の文脈を見ればわかる通り「現行法への不平不満」であり、自転車乗りへの言及全てを対象としてはいません。
(文脈を汲まない引用の仕方は世捨人さんとよく似てらっしゃいますね。)


合法行為への批判でなければ、違反者への批判ですらない文章に対して、
「法律への不満を現行法の義務履行者にぶつけても逆効果」と
見当違いにコピペしているのが貴方のお書きになった内容です。

以上、仮に私の目指す理想が世捨人さんと同じものであったとしても、
冒頭の文章による指摘、反論は不適当であることが明確となり、
貴方のご指摘は2方向から否定されました。


>ちゃん、ちゃん。

冷静に、自身の主張の不条理さを理解した上で返答を行う
世捨人さんとの無駄なやり取りは、さながら囲碁を指すような楽しさをも感じますが、
頭に血が上っている本気の方とは単に殴り合いにしかなりませんので、
楽しむことが出来ません。
以降、私への返答はお控えくださいますようお願い致します。

↑これが逆向する結果を生む文章です。分かりましたか?
では、無益なブログの事は忘れて新しい一日をお過ごしください。
貴方の知識の豊富さ、私が貴方に比べ如何に不完全な理論を展開しているか
過去のコメントを見てよく分かっているつもりです。であるからこそ、貴方の行為を惜しく思います。

| MINEL | 2014/01/14 04:48 | URL |

MINELさん| 2014/01/14 04:48 |へ

>言わんとする所は「全ての法を守らねば車道に出るな」ではなく、あくまで「法を順守しようとしている人ではない」であるに過ぎません。その上で「相手の真意がどうであれ目前の合法行為(義務の履行)者に危害を加えて欲しくない。
それは彼の人の勇気を踏みにじる行為だから」と結んでいます。

やはり、小生の自転車乗りとしての実感と異なります。

自転車が車道左端を通行することに、「勇気」など全く必要ありません。

ただただ、真っ直ぐ前を向いてふらつかずに自転車に乗れれば、それで十分です。

未就学児・高齢者にも余裕で出来ることです。

自転車に乗ることは、「法を順守しよう」としなければならない程、難しいものではありません。

「自分の身は自分で守る。」ということだけ、十分です。

その場で止まれる位のスピードの傘差し・携帯ながら・酒気帯び・無灯火・信号無視などとやかく言う必要もありません。

実践すべきは、道路交通の基本としてママチャリ・通勤通学自転車等の「車道左端通行」を当たり前にしていくことです。

そのためには、車道左端通行に慣れている特急自転車乗りこそが、ママチャリ等に乗り換えて車道左端をゆっくりゆっくりと通行することです。

しっかりして下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/14 09:41 | URL |

・私自身の理想を明らかにしていないのにもかかわらず
私の文章への「理想と逆行する」とのご批判

・合法行為への批判でなければ、違反者への批判ですらない文章に対して、
「法律への不満を現行法の義務履行者にぶつけても逆効果」とするご批判

この正否に関しては、貴方の実感含め実際の交通事情など関係なく、
ブログコメント内で完結している問題です。

私と議論(のような言い合い)をしたいのであれば、
この2方向から否定された貴方のご指摘について、
間違いを先ず認めるか、正当な反論を行って
その後に細かな部分・見識の違いを検証しましょう。

| MINEL | 2014/01/14 18:56 | URL |

レスポンス回数短縮のため一応以下に返答しますが、
こちらに書かれた文章に反論する事は
上記内容の反証とはなり得ませんのでご注意ください。

-----------------
>自転車が車道左端を通行することに、「勇気」など全く必要ありません。

「一見不条理な法をも順守し、自身だけでなく全体の安全のために
自らの権利を一部放棄する人」のことを「勇気がある」と評価しているのであって、自転車の車道左側通行に勇気が必要だとは書いていません。

「彼の人」とは、その勇気のある人であり、具体例を挙げれば、
制限速度を徹底して守り、かつ速度違反者の追い越しあっても進路を譲り、歩道を横切るにあったっては一時停止を行い、キープレフトを実践するドライバーであり、
進路変更、減速の際には分かり易くて信号をだし、どのような箇所に設置された一時停止をも守り、高い見地から歩道走行が適当と判断すれば歩道を徐行する事をいとわず、必ず歩行者よりも車道側を通り、歩行者の通行を妨げかねない場面では自転車を降りるライダーであり、
それらの車両の運転技術が未熟、あるいは何らかの障害により安全な運転が困難なため、それが解決するまで、一般道の利用は徒歩、家族・知人の車への同乗、あるいは公共交通の利用で留める歩行者の事です。

この事は私が定義したのですから、貴方に反論の余地はありません。

また、
>自転車に乗ることは、「法を順守しよう」としなければならない程、難しいものではありません。

「法を順守」しなければ自転車に乗れない等とは書いていません。
自転車に乗るだけであれば、その技術があれば十分です。
見解は一致しており、よってご指摘は不適当です。


>「自分の身は自分で守る。」ということだけ、十分です。
不十分と考えます。
なぜなら誰しもミスをするからであり、互いの安全を出来る範囲で守らねば
些細なミスが直ちに事故になってしまうからです。
その状態は「安全マージンの欠如」です。

これを狭義の「自分の身は自分で守る。」とし、
その事を踏まえた上での、つまりは「互いの安全を出来る範囲で守る事が結局は自分の身を守る事になる」という意味での、広義の「自分の身は自分で守る。」であれば、
貴方と私の意見はすでに一致していますので議論の余地はありません。


>その場で止まれる位のスピードの傘差し・携帯ながら・酒気帯び・無灯火・信号無視などとやかく言う必要もありません。

私は必要性に関して言及はしておりません。
あくまで批判する対象が適切かどうかについて、
合法的(義務履行的)車道通行と対比して示しております。

「お門違い」という言葉を引用してこの議論を開始したのは貴方ですので、
議題を本筋から反らすようなマネをするのであれば、ここで議論は終了です。
以降、「批判の必要性」に関連した批判はご遠慮ください。


>実践すべきは、道路交通の基本としてママチャリ・通勤通学自転車等の「車道左端通行」を当たり前にしていくことです。
>そのためには、車道左端通行に慣れている特急自転車乗りこそが、ママチャリ等に乗り換えて車道左端をゆっくりゆっくりと通行することです。

平日にあっては目的地に安全かつ短時間で移動するため、あるいは休日のスポーツ自転車利用にあっては安全かつ快適かつ自身の身体能力向上のために各車両を利用している私にとって、「安全の観点から考えるにおいても不必要である」と断ぜられる程、ゆっくりと通行する事は、仮にそれが「車道左側通行を当たり前にする」大義を持っているとしても、自身の目前の不利益と釣り合いませんし、「そのような突飛な行動をとらずとも、自転車の通行が増えれば、それが当たり前になる」と考えていますから、私はそのコマの一つとして正当に車道を利用するまでです。
したがって賛同はしません。
同時に貴方自身の実践を否定するものでもございませんので、ご勝手にどうぞ。



| MINEL | 2014/01/14 19:15 | URL |

MINELさん| 2014/01/14 18:56 |へ

>・私自身の理想を明らかにしていないのにもかかわらず私の文章への「理想と逆行する」とのご批判

MINELさんの「理想」など、何ら興味もありません。
別段、これだと明かして頂く必要はありません。
それぞれのコメントの中でにじみ出てくるものであり、汲み取れるものです。

>・合法行為への批判でなければ、違反者への批判ですらない文章に対して、「法律への不満を現行法の義務履行者にぶつけても逆効果」とするご批判

意味不明です。
小生のコメントに対する反論であれば、素直に該当する小生のコメントを引用すれば、きっと分かりやすくなりますよ。
小生の指摘は、以下のとおり、単純です。
・自転車が車道左端を通行することは、何ら難しいことではありません。
・自転車が車道左端を通行するのは、
「法律を順守しよう」としてではなく、また、「都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として」でもなく、
ただただ、そこが限られた道路空間の中で、最も自転車が通行しやすい(「安全」かつ「円滑」な)空間だからです。
・自転車は、ただただ、車道左端を通行するだけで十分です。
・傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火、信号無視などなど、さながら雑技団の曲芸のような乗り方については、それぞれの自転車乗りの判断と責任に任せれば十分です。
・上手く曲乗り出来なければ、転倒してしまうという安全装置が付いているところも自転車の良い所です。

>この正否に関しては、貴方の実感含め実際の交通事情など関係なく、ブログコメント内で完結している問題です。 私と議論(のような言い合い)をしたいのであれば、この2方向から否定された貴方のご指摘について、間違いを先ず認めるか、正当な反論を行ってその後に細かな部分・見識の違いを検証しましょう。

(車道左側通行という最も大切な)現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤ(傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火、信号無視のフラフラ自転車を法律違反だと)いうのは、(その場で止まれるようなスピードで事故の危険性・重大性は殆どない)お門違いで、(警察官も取り締まることもない)無意味どころか(自転車乗り同士の)対立心を生むだけ貴方の理想(特急自転車乗りの援護、世捨人さんの読む価値なしの提言への批判といったところかな?)と逆向する結果(自転車乗りに対する規制強化、自転車道への封じ込め)を生みます。

しっかりして下さい。
ちゃん、ちゃん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/14 20:44 | URL |

>MINELさんの「理想」など、何ら興味もありません。

貴方が、私の書いた文章を引用する形で
「理想」について議論を開始したのです。

興味が無いという貴方の意思は尊重しますが、
既に議論を開始したこのタイミングでそれ
(議題に興味が無い)を表明すれば白旗を上げたも同然となりますから、
その論調を継続するのは、おやめになった方がよろしいかと思います。


>それぞれのコメントの中でにじみ出てくるものであり、
>汲み取れるものです。

つまり、貴方の勝手な解釈で、興味のない私の「理想」を決めつけ、
そしてそれを基に批判しているのですね。

自分で火を点け、「火事だ」と騒ぎ、そして火を消し益を得ようとする。
そういうのを「マッチポンプ」といいます。


>意味不明です。

一般常識的に、不明点があれば尋ねるなどするものですが、
貴方は相手の主張内容を把握せずに反論を行っているという事ですね。
一体何に反論しているのでしょうか。先の“マッチポンプ”に通ずるものがあるように思います。


>小生のコメントに対する反論であれば、

貴方の反論に対して反論を行っています。

当初貴方の書かれた文章が、そもそも私の意見への反論でないとするなら、
(さんざ引用しておいてそれは無いと思いますが)
ここで明確に「反論ではない」とお書きください。
さすれば、私は貴方の単なる自己主張・所信表明に対し、
私自身が過去に行った定義付けを持ち出して反論・意見することはないでしょう。

私が貴方に用意する回答は「そうですか。貴方はそのようにお考えなのですね。」位のものです。


>自転車が車道左端を通行することは、何ら難しいことではありません。

既に「自転車に乗るだけであれば、その技術があれば十分です。
見解は一致しており、よってご指摘は不適当です。 」と返答済みです。


>自転車が車道左端を通行するのは、 「法律を順守しよう」としてではなく

「法律を順守しよう」というのは、私の定義において例示しました「彼の人」の行為・思想であって、
車道左端を通行する事そのものではありません。
つまり貴方の仰っている事と矛盾を生みませんから、
これもまた議論の余地がありません。


>身勝手な行動の延長として」でもなく

私は「『身勝手な行動の延長として』車道に出ている人を、
“ここで言う”法律を順守しようとする人ではない人」と定義づけました。
よって、「『身勝手な行動の延長として』でもな」い自転車のライダーは、これに該当しません。


>最も自転車が通行しやすい(「安全」かつ「円滑」な)空間だからです。

そうですか。貴方はそのようにお考えなのですね。

ところで「現行法は車道通行を是としている」という点で
貴方と私の主張は初めから一致しています。
ですが実際に心根に何をもって車道に出るかは、個人によって変わります。
あなたの様な考えで車道に出る者も少なからず居る事でしょうが、
ここでお書きになられた事が、思想統一を目的としているのであれば、私はそれを拒否します。


>曲芸のような乗り方については、

単独で危険な行為であり、安全運転義務違反です。


>それぞれの自転車乗りの判断と責任に任せれば十分です。

そうですか。貴方はそのようにお考えなのですね。


>上手く曲乗り出来なければ、転倒してしまうという安全装置が付いているところも自転車の良い所です。

命題「上手く曲乗りできなければ、転倒してしまう」の
逆は「転倒してしまうなら、上手く曲乗り出来ていない」、
裏は「上手く曲乗り出来れば、転倒しない」です。

逆と裏は、命題が正しいからといって必ずしも正しいとは言えません。
単純に言葉の論理でとっても、上手く曲乗り出来たからと言って、転倒しないとは限りません。

そして「転倒」は私の認識では事故
(人を巻き込んで怪我をさせれば人身事故)に含まれます。
事故そのものを「安全装置」「良いところ」というのは、いささか乱暴に思います。

私なら、上手く曲乗りできなくとも転倒しない転倒防止装置、
あるいは曲乗りそのものを防止する曲乗り防止装置、
万一の事故の際に負う障害の可能性・重篤さを下げる装置等々があれば、
それを安全装置と呼びたいと思います。


>(車道左側通行という最も大切な)現行法を守っている自転車のライダーに向かって

守っていることに関して批判をしていなければ、
破っている人に対しても批判を行っていません。
結論の出たものをいつまでも穿り返して議論を続行しようとしないでください。


>アレヤコレヤ(傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火、信号無視のフラフラ自転車を法律違反だと)いうのは、

「アレヤコレヤ=現行法への不満」という
定義づけを行ったと書いたはずです。

「アレヤコレヤ=違反行為を『法律違反だ』という事」と
貴方が今改めて定義し、それを基に批判するならば、
そもそも批判対象者(私)の文章を引用した
行為そのものの正当性について検証する必要があるでしょう。

速い話、マッチポンプになっちゃいますよ。


>(その場で止まれるようなスピードで事故の危険性・重大性は殆どない)お門違いで、
なぜ「事故の危険性・重大性が殆どない」と「お門違い」が
同列または修飾関係にあるのかご説明ください。あ、やっぱりいいです。

私は、「法律に定められた義務履行者(車道利用の自転車乗り)
に向かって、『車道利用が法律で定められているのは、法の不備だから』
という理由で、クラクションを鳴らし、幅寄せする等の行為は、
批判の対象・行為を間違っており
(いくら批判しようとその人には根本解決できない)つまり「お門違いだ」と主張しています。

その事だけご理解ください。


>(警察官も取り締まることもない)無意味どころか(自転車乗り同士の)対立心を生むだけ

そうですか。貴方はそのようにお考えなのですね。


>貴方の理想(特急自転車乗りの援護、世捨人さんの読む価値なしの提言への批判といったところかな?)と

私は理想を語っていません。
特急自転車乗りの意図的な援護も行っておりません。
(貴方にとって)読む価値無しの提言自体への批判(否定の意)も行っておりません。

あくまで「世捨人さんの目的(理想の実現)と手段が乖離しています。筋が通ってませんよ。」と教えて差し上げている姿勢は
最初から一貫しております。


>逆向する結果(自転車乗りに対する規制強化、自転車道への封じ込め)を生みます。

例えば、私の真の理想が「逆向する結果」にあったとすれば、
貴方のお書きになった文章は自己矛盾により途端に破綻します。

或いは、「私は無駄を楽しんでいます。」
それを行える環境こそが理想であれば、
貴方が勝手に妄想している「見かけ上の理想」が成就しようが
逆向しようが、私の真の理想と逆行する事は一切ありません。

更に、現状既に私の理想が実現されている状態であれば、
現実の(誰もが既に認識している)
状態をありのまま示す事そのものが、理想と逆行する結果を生むことは有りません。

なぜなら「もうみんな知っているから」であり、
周知により理想郷が破壊されるのだとしても、
それは私の行動がもたらす結果ではありません。


>しっかりして下さい。
>ちゃん、ちゃん。

これ以上正当な反論が無いようなら、貴方との議論(の体をした言い合い)を終了しますが
よろしいですか?

余談ですが、私が13日のコメント冒頭から
「私の文章を用いての反論は不適当です。 」までの4行を書き、
それを根本的に覆すすべを持たない時点で貴方は初めから討論に負けています。

他に探せばいくらでも穴が開いているだろうに、
後からいくらでも自由に改変できる「明記していない私の理想」への批判を首座に構えるのは悪手でしたね。
或いは初っ端に「あなたの理想は何ですか」と聞いて確定しておくべきでした。
変に引用して自己矛盾を狙うから、
私の独壇場(俺が定義したんだから云々)での議論展開を許してしまうのですよ。

残念でしたが、自ら飛び込んだ不利な状況でも
めげずに頑張った貴方を称えて
二つ名「マッチポンパー」を授与いたします。

以降、「マッチポンパー・ときどきオアゾツーキニスト」と名乗り、
ご活躍ください。


我々のコンセンサスの如何に関わらず、
今日もまた新しい一日が始まります。
それでは、お互い有意義な時間を過ごせますように。


| MINEL | 2014/01/15 06:16 | URL |

MINELさん| 2014/01/15 06:16 |へ

>>MINELさんの「理想」など、何ら興味もありません。
>貴方が、私の書いた文章を引用する形で「理想」について議論を開始したのです。

申し訳ない。
小生は、 MINELさんの「理想」についての議論など開始していません。
MINELさんご自身が、『「自身の理想」を明かしておりません』の一点で、反論を試みられたというだけのことです。

>興味が無いという貴方の意思は尊重しますが、既に議論を開始したこのタイミングでそれ(議題に興味が無い)を表明すれば白旗を上げたも同然となりますから、その論調を継続するのは、おやめになった方がよろしいかと思います。

MINELさんの世捨人さんへの指摘に対してMINELさんの文章を用いての反論することで、MINELさんの「理想と、行為が招く結果の乖離」を指摘したものです。
まあ、引用した文章に手を加えるのもどうかと思いますし、「理想」≒「論調」「主張」ということで何ら問題ないでしょう。

>>それぞれのコメントの中でにじみ出てくるものであり、汲み取れるものです。
>つまり、貴方の勝手な解釈で、興味のない私の「理想」を決めつけ、そしてそれを基に批判しているのですね。

小生は、興味のないMINELさんの「理想」を決めつけてなどおりません。
ぼんやりとしたまま引用しただけのことです。

>自分で火を点け、「火事だ」と騒ぎ、そして火を消し益を得ようとする。そういうのを「マッチポンプ」といいます。

申し訳ない。
MINELさんの「理想」には全く興味も関心もなく、騒ぎもしてません。
MINELさんの「理想」に関して、何ら益を得ようともしてませんし、得られる益など高が知れています。

>>意味不明です。
>一般常識的に、不明点があれば尋ねるなどするものですが、貴方は相手の主張内容を把握せずに反論を行っているという事ですね。一体何に反論しているのでしょうか。先の“マッチポンプ”に通ずるものがあるように思います。

面倒臭いですが、お尋ねしましょうか。
>・合法行為への批判でなければ、違反者への批判ですらない文章に対して、

これは、誰の文章に対して、ということですか?
まあ、世捨人さんの文章に対してだとして、「~批判で「も」なければ、~批判ですらない」という風に「も」を入れれば少しは解り易かったかも知れませんね。

>「法律への不満を現行法の義務履行者にぶつけても逆効果」とするご批判

これは、だれのご批判ですか?
「ご」批判ということですから、小生のことかと存じますが、小生は「~ぶつけても逆効果」などという批判はしてませんよ。
MINELさんが勝手に小生の真意を汲み取ることも出来ずに表面的に字面を受け止めただけのものです。
まさか、ご自身の主張に対して「ご」批判などと「ご」は付けませんよね。

>>小生のコメントに対する反論であれば、
>貴方の反論に対して反論を行っています。

小生はコメントしただけで、反論などしてませんよ。
MINELさんと世捨人さんのやり取りに反論する程の興味はありません。

>当初貴方の書かれた文章が、そもそも私の意見への反論でないとするなら、(さんざ引用しておいてそれは無いと思いますが) ここで明確に「反論ではない」とお書きください。さすれば、私は貴方の単なる自己主張・所信表明に対し、私自身が過去に行った定義付けを持ち出して反論・意見することはないでしょう。

上述のとおりMINELさんの意見への反論ではございません。
コメントを反論と受け取られたのだとしたら、的を得ていたということでしょう。
まあ、頑張ってご自身の過去の定義付けを持ち出してみて下さい。
そもそも定義づけ自体が怪しい危ういものだったかも知れませんね。

>私が貴方に用意する回答は「そうですか。貴方はそのようにお考えなのですね。」位のものです。

貴重な(?)コメントをその程度のものとしてしか受け取れないということでしたら、それはそれで、小生は、別段、構いません。

>>自転車が車道左端を通行することは、何ら難しいことではありません。
>既に「自転車に乗るだけであれば、その技術があれば十分です。見解は一致しており、よってご指摘は不適当です。 」と返答済みです。

書いてあるとおり、小生は「自転車に乗るだけ」など何ら問題としていません。
「自転車が車道左端を通行すること」が何ら難しいことではないとしています。
現実を直視下さい。

>>自転車が車道左端を通行するのは、 「法律を順守しよう」としてではなく
>「法律を順守しよう」というのは、私の定義において例示しました「彼の人」の行為・思想であって、車道左端を通行する事そのものではありません。つまり貴方の仰っている事と矛盾を生みませんから、これもまた議論の余地がありません。

MINELさんの定義など何ら関係ありません。
MINELさんは国語学者か船を編む辞書編集者なのかな?
小生は、普通の日本語として、自転車乗りは、「法律を順守しよう」などと考えて車道左端を通行するのではないと、自転車乗りの実感をお伝えしているものです。

>>身勝手な行動の延長として」でもなく
>私は「『身勝手な行動の延長として』車道に出ている人を、“ここで言う”法律を順守しようとする人ではない人」と定義づけました。よって、「『身勝手な行動の延長として』でもな」い自転車のライダーは、これに該当しません。

身勝手であろうと身勝手でなかろうと車道左端を通行することに何ら問題はありません。
また、法律を順守しようとする人であろうとなかろうと、車道左端を通行することに何ら問題ありません。
自転車は、ただただ、車道左端を通行するものです。

>>最も自転車が通行しやすい(「安全」かつ「円滑」な)空間だからです。
>そうですか。貴方はそのようにお考えなのですね。

何ら反論もなく、ご理解・ご納得・ご賛同頂いたということですね。良かった。良かった。

>ところで「現行法は車道通行を是としている」という点で貴方と私の主張は初めから一致しています。

良かった。良かった。

>ですが実際に心根に何をもって車道に出るかは、個人によって変わります。あなたの様な考えで車道に出る者も少なからず居る事でしょうが、ここでお書きになられた事が、思想統一を目的としているのであれば、私はそれを拒否します。

心根に何をもっていようが、自転車は車道左端を通行するものです。
また、思想統一などと難しい言葉で誤魔化す必要はありません。
道路交通法で定められていることですので、車道左端通行を拒否することは出来ません。

>>曲芸のような乗り方については、
>単独で危険な行為であり、安全運転義務違反です。

はて、曲芸であっても、道路交通法第七十条の要件を満たして安全に運転していれば何ら義務違反に問われることはないでしょう。

>>それぞれの自転車乗りの判断と責任に任せれば十分です。
>そうですか。貴方はそのようにお考えなのですね。

です。

>>上手く曲乗り出来なければ、転倒してしまうという安全装置が付いているところも自転車の良い所です。
>命題「上手く曲乗りできなければ、転倒してしまう」の逆は「転倒してしまうなら、上手く曲乗り出来ていない」、裏は「上手く曲乗り出来れば、転倒しない」です。逆と裏は、命題が正しいからといって必ずしも正しいとは言えません。単純に言葉の論理でとっても、上手く曲乗り出来たからと言って、転倒しないとは限りません。

転倒してしまうということは、上手く曲乗り出来なかったということでしょう。
上手くもない曲乗りは転倒しても安全な公園などで練習しましょうね。

>そして「転倒」は私の認識では事故(人を巻き込んで怪我をさせれば人身事故)に含まれます。事故そのものを「安全装置」「良いところ」というのは、いささか乱暴に思います。

随分と認識が異なりますね。
「転倒」と「事故」は、明らかに文言が違います。
MINELさんの認識は明らかに間違っています。
しっかりして下さい。
自転車は、家族などに支えられながら、何度も「転倒」しながら上手く乗れるようになるものです。
自転車運転自体が曲芸みたいなものですね。

>私なら、上手く曲乗りできなくとも転倒しない転倒防止装置、あるいは曲乗りそのものを防止する曲乗り防止装置、万一の事故の際に負う障害の可能性・重篤さを下げる装置等々があれば、それを安全装置と呼びたいと思います。

あれあれ、世捨人さんの主張に似てきましたが、大丈夫ですか?
満艦飾の重装備で原付並みの重量になりそうですね。
まあ、目立ちたがり屋が多い特急自転車乗りですので、ご自由にどうぞ。

>>(車道左側通行という最も大切な)現行法を守っている自転車のライダーに向かって
>守っていることに関して批判をしていなければ、破っている人に対しても批判を行っていません。結論の出たものをいつまでも穿り返して議論を続行しようとしないでください。

ここでは、ルールにも軽重があると申し上げています。
車道左側通行というルールは、最も大切なルールで、守ろうと意識しなくても守ってしまうルールだということをご理解下さい。

>>アレヤコレヤ(傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火、信号無視のフラフラ自転車を法律違反だと)いうのは、
>「アレヤコレヤ=現行法への不満」という定義づけを行ったと書いたはずです。 「アレヤコレヤ=違反行為を『法律違反だ』という事」と貴方が今改めて定義し、それを基に批判するならば、そもそも批判対象者(私)の文章を引用した行為そのものの正当性について検証する必要があるでしょう。速い話、マッチポンプになっちゃいますよ。

MINELさんの定義など全く意味をなしません。
たまたま、MINELさんと世捨人さんとのやり取りの中で、問答として完結している文章があったので、ご指摘したまでのことです。
小生は、「アレヤコレヤ」を普通の日本語として引用させて頂いただけのものです。
定義付けする程のものでもありません。

>>(その場で止まれるようなスピードで事故の危険性・重大性は殆どない)お門違いで、

>なぜ「事故の危険性・重大性が殆どない」と「お門違い」が同列または修飾関係にあるのかご説明ください。あ、やっぱりいいです。

あれっ、大丈夫ですか。
まあ、お言葉に甘えましょう。

>私は、「法律に定められた義務履行者(車道利用の自転車乗り)に向かって、『車道利用が法律で定められているのは、法の不備だから』 という理由で、クラクションを鳴らし、幅寄せする等の行為は、批判の対象・行為を間違っており(いくら批判しようとその人には根本解決できない)つまり「お門違いだ」と主張しています。その事だけご理解ください。

漸く、要約できて良かったですね。
ですが、この主張は誤りです。
世捨人さんは、「危険を防止するためやむを得ないとき」に該当するということでクラクションを鳴らしても構わないと主張されています。
幅寄せは、左寄り通行の3分の1理論ですかね?
幅寄せについては、このコメント欄での小生等との議論を通じて正当化する条文を見つけ出すことが出来ないため、「幅寄せする我儘なドライバーがいて危険だ」といった主張をされているように思います。
ということで、MINELさんこそが、お門違いでしたね。
ちゃん、ちゃん。

>>(警察官も取り締まることもない)無意味どころか(自転車乗り同士の)対立心を生むだけ
>そうですか。貴方はそのようにお考えなのですね。

そうです。

>>貴方の理想(特急自転車乗りの援護、世捨人さんの読む価値なしの提言への批判といったところかな?)と
>私は理想を語っていません。特急自転車乗りの意図的な援護も行っておりません。(貴方にとって)読む価値無しの提言自体への批判(否定の意)も行っておりません。
あくまで「世捨人さんの目的(理想の実現)と手段が乖離しています。筋が通ってませんよ。」と教えて差し上げている姿勢は最初から一貫しております。

貴方の理想は、無駄を楽しむ「暇つぶし」でしたね。
ちゃん、ちゃん。

>>逆向する結果(自転車乗りに対する規制強化、自転車道への封じ込め)を生みます。
>例えば、私の真の理想が「逆向する結果」にあったとすれば、貴方のお書きになった文章は自己矛盾により途端に破綻します。

素晴らしい。
MINELさんの真の理想が「逆向する結果」にあったとすれば、MINELさん自身が自己矛盾により途端に破綻しないのかな?

>或いは、「私は無駄を楽しんでいます。」 それを行える環境こそが理想であれば、貴方が勝手に妄想している「見かけ上の理想」が成就しようが逆向しようが、私の真の理想と逆行する事は一切ありません。

「暇つぶし」、誠にご苦労様です。

>更に、現状既に私の理想が実現されている状態であれば、現実の(誰もが既に認識している) 状態をありのまま示す事そのものが、理想と逆行する結果を生むことは有りません。なぜなら「もうみんな知っているから」であり、周知により理想郷が破壊されるのだとしても、それは私の行動がもたらす結果ではありません。

何ら世の中に影響を与えない情けない存在だということですね。

>>しっかりして下さい。ちゃん、ちゃん。
>これ以上正当な反論が無いようなら、貴方との議論(の体をした言い合い)を終了しますがよろしいですか?

別段、構いません。
コメントするかどうかは、それぞれの閲覧者が決めることです。

>余談ですが、私が13日のコメント冒頭から「私の文章を用いての反論は不適当です。 」までの4行を書き、それを根本的に覆すすべを持たない時点で貴方は初めから討論に負けています。

13日にMINELさんのコメントはありません(MINEL | 2014/01/14 04:48 )が、大丈夫ですか?
世捨人さんの記事と同じで、覆すに値しないレベルでということです。

>他に探せばいくらでも穴が開いているだろうに、後からいくらでも自由に改変できる「明記していない私の理想」への批判を首座に構えるのは悪手でしたね。

申し訳ない。
小生には、穴を探す興味も関心もございません。
「明記されていないMINELさんの理想」などに批判などしていませんよ。

>或いは初っ端に「あなたの理想は何ですか」と聞いて確定しておくべきでした。

申し訳ない。
MINELさんの理想を聞くほど、興味も関心もございません。

>変に引用して自己矛盾を狙うから、私の独壇場(俺が定義したんだから云々)での議論展開を許してしまうのですよ。

何を勘違いしているのでしょう。
小生は、MINELさんの自己矛盾など狙ってませんよ。残念ながら興味も関心もございません。
ずさんと同様に、車道左端通行の安全性について、誤解されているようでしたので、コメントしたまでです。

>残念でしたが、自ら飛び込んだ不利な状況でもめげずに頑張った貴方を称えて二つ名「マッチポンパー」を授与いたします。以降、「マッチポンパー・ときどきオアゾツーキニスト」と名乗り、ご活躍ください。

う~ん。微妙。

>我々のコンセンサスの如何に関わらず、今日もまた新しい一日が始まります。それでは、お互い有意義な時間を過ごせますように。

ちゃん、ちゃん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/15 21:47 | URL |

Re: タイトルなし

流石さん

>ね、いわゆる世間一般で言う「馬鹿」丸出しのコメントだったでしょ? この世捨て人さんという人は、ちょっと長い話をするとすぐに頭脳のキャパシティを超えてしまうのです。 それを十全に証明するレスでした。お疲れ様でした、世捨て人さん(笑)

文章が長いだけで中身はからっぽでしたね。

| 世捨人 | 2014/01/16 00:48 | URL |

Re: タイトルなし

ヒさん

>自転車、車道って法律で決まったし。ご待望の『法改正』で。議論の必要なさすぎ(笑)

実態に即した法改正が望まれます。

| 世捨人 | 2014/01/16 00:49 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>>ドライバーに負担を強いるのは身勝手極まりありません.
>何をもって身勝手と言うかは見解の相違である.私は四輪の運転席でも(合法)ローディを熱烈応援したい.なぜなら,スポーツサイクリングの教育的な意義と効用を高く評価するからである.

法の不備をついてわが物顔で爆走する競技用自転車乗りを断じて許せません。

>>競技用自転車の爆走練習の撲滅に心血を注いでいます.
>>法の不備をついて我が物顔で突っ走る競技用自転車乗りを糾弾するとともに,法改正を促しているところです.
>私は,[世捨人]殿の言う「競技用自転車」等スポーツ自転車の存在自体を事実上全否定し非合法化させようという[世捨人]殿の企みにはあくまで反対し,徹底して争う.

無駄な抵抗はおやめください。

>>クルマを運転していて気づくのは,危険ドライバーがゴマンといることです.運転中,1回は何かしら腹立たしいことがあるほどです.
>ちょっとした判断ミスで事故寸前,それでもお互いさまでどうにか事故が回避されているのは誰しもが経験することだ.無謀ドライバーの矯正にはスポーツ自転車の長距離走を課すことも効果的だろう.

火に油を注ぐことになるでしょう。

>>根底にあるのは自転車乗りの交通安全です.ご理解,ご協力をお願いします.
>全ての返答が[世捨人]殿の自己中心的かつ一方的な屁理屈ばかりである. カ―――ン!

交通安全は当ブログの願いです。

| 世捨人 | 2014/01/16 00:49 | URL |

>ずさんと同様に、車道左端通行の安全性について、誤解されているようでしたので、コメントしたまでです。

なんだか、突然登場させられたので、いくつかコメントします。


>思想統一などと難しい言葉で誤魔化す必要はありません。
>道路交通法で定められていることですので、車道左端通行を拒否することは出来ません。

こういうこと言うから収束できないんだよなあ。
車道左端通行に関してはおふたりで合意したばかりではないですか。

結論(=車道左端通行)は合意できたけれど、それまでのプロセスは納得していない、と言われているのですよ。

ここでの回答は本質的に二者択一なんです。

・確かに、貴方とは意見に相違があるようです。そういう考えを持つ人も居るということを理解しました。
・私の思考プロセスは正しい。同じ結論に達するといっても、貴方の意見には問題があるはずだ。

どっちか好きな方を選んで下さい。


>・上手く曲乗りできなくとも転倒しない転倒防止装置

整備良好、身体にしっかりフィットして、「自転車の重心が簡単にはぶれないこと」、は安全装置です。

>・曲乗りそのものを防止する曲乗り防止装置

不安定な曲乗りが怖くて路上ではできない、という「人間の心理」は安全装置です。

>・万一の事故の際に負う障害の可能性・重篤さを下げる装置

端的に言って、「ヘルメット」などは、安全装置です。

逆に、「前輪の軸がぶれていて、両手離して運転しようものならとたんに蛇行し始めること」は、曲乗りを防止する作用はあるでしょうが、安全装置とは言えないでしょう。

| ず | 2014/01/16 00:54 | URL |

Re: タイトルなし

MIさん

>>「自転車は車道」であれば、原付バイクに準じた法整備をすべきです。
>であれば署名を集めるなどして、しかるべき手続きをとる事です。 そのために、このブログにおいては批判の対象が法にある事を明確にしましょう。 現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。

ペンの力でよりよい社会をつくることに使命を感じます。現行法の不備をついてわが物顔で爆走練習する競技用自転車乗りは断じて許せません。

>>ヘルメット着用義務がないなど
>本ページでの貴方の批判趣旨は、「速度差のある自転車の存在により 自動車の交通の円滑が阻害される」ですから、 ヘルメット着用義務化はこれを解決することが出来ません。 「『自転車は車道』であれば、原付バイクに準じた法整備をすべき」 と仰るのですから「自転車は車道」を前提に、 是非、世捨人さんの広い見聞、独創的発想による適切な改正案を 「~など」という言葉でぼかすことなく、具体的にご提示ください。

小生の基本方針は「自転車は歩道」活用です。もっとも、「自転車は歩道」を前提としているから、ヘルメット着用義務が法制化されていないのでしょう。

>>自動車ありきの交通安全を考える必要があります。
>自転車ありきの交通安全を“も”考える必要があります。

「自転車は歩道」活用と訴えております。

>>通行不能になるような道路はありません
>「軽車両の走行を“想定していないから”、左折専用レーンによって自転車の居場所がなかったりする」という貴方の主張は、これにより否定されました。 以降、道路設計上の「想定」の如何を論拠に主張を展開する事はお控えください。

物理的に通行不能となることはないでしょう。はぐらかさず、現実を直視してください。

>>交通の円滑を阻害するわけで、道交法の趣旨に反します。
>道交法には「軽車両は原則車道を走行する」旨が明記されています。 つまり、車道は自動車のみのものではないという事であり、 「“自動車の”交通の円滑を阻害すれば、即ち悪」とし、 他の権利侵害を良しとする貴方の主張は道交法の趣旨に反します。

「自転車は車道」とかいうのは、生活道路を想定しており、幹線道路を通行するなら原付バイクに準じた法の整備が必要です。

>今後「交通の円滑」と言う時には自動車だけでなく、 他の交通をも含むのだという事に注意し、是非とも「自動車の~」等、範囲を限定する言葉とともに利用してください。

「自転車は専用道」が本望です。専用道が整備されるまでは車道走行を控えたいですね。

>>車道は四輪の自動車の走行を想定した、設計者の意図をくみとってください。
>自転車に車道を走らせようとする法の意図、 および「法を順守しようとする人」の志をくみ取ってください。

志だけで命を落としたら元も子もありません。理想論は休み休みにして、現実と向き合ってください。

>ここで「法を順守しようとする人」とは、 自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、 身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。

身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車で車道走行するのは、危険であることは国民の共通認識でしょう。

>適切に道路状況を判断し、時に車道を、時に歩道を利用する自転車のライダーの事であり、 車道に出ている自転車を安全に、合法的にかわし、怒りに囚われることなく冷静な運転を継続し、 不条理な不満を他人にぶつけない自動車のドライバーの事です。

自転車の歩道走行は法律で認められています。危険を冒してまで無理に車道を走らないでください。

>仮に目の前のライダーが身勝手な行動として車道に出ているのだとしても、 それに対して攻撃的対応をとりトラブルをおこす事は 「法を順守しようとする人」の志を蔑にすることに他なりません。

根底にあるのは皆さまの交通安全です。ご理解、ご協力をお願いします。

>>いずれにせよ、片側2車線の道路とは限りません。
>片側一車線以下の道路について問題が起こるのであれば、既に書いた通り その程度の処理能力しか持ち合わせていない道路です。

いずれにせよ、車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられています。

>ルールを守って走行している人と無用なトラブルを起こして その道路を完全に塞ぐようなことはやめてください。 そして今は片側2車線の道路の話をしています。

クルマを制限速度で走行していたら、あおってくるドライバーなど車道にはどうしようもない輩(やから)が生息しているわけですから、弱者とされる自転車乗りにあっては歩道を活用することで、あらぬトラブルに巻き込まれてもらいたくないのです。

>>設計ミスに乗じて、交通の円滑を故意に阻害することは絶対におやめください。
>自転車乗り自身の交通の円滑のために車道を利用するのであって、 自動車の交通を阻害する目的で車道に出る物好きな人間は、常識的に考えて いないと思われます。ライダーも平日にはドライバーである可能性は高いでしょう。

おっしゃる通りです。であるからこそ譲り合いが大切です。後続車が近づいたら進路を譲ってあげてください。

>>たかが一台の自転車のために
>「たかが一台」なのですから、大したことではないのでしょう。 日に何百台も自転車が通行するようになり、それでも自転車専用道路や追い越し車線が作られないなら、 その時初めて管轄の公安に文句でも言ってください。

大したことがなかったらヤリ玉にあがらないでしょう。

>追い越しのために後続自動車に進路変更を強いるのは、
>>交通の円滑という観点から望ましくありません。
>先行車両の車種に関わらず、追い越しのためには進路変更がすべからく必要です。 また、何度も繰り返しますが、本来右車線は右折及び追い越し専用レーンです。 車線変更を強いられても本来交通の円滑に影響を与えません。 そのための追い越し車線です。

車線変更によって後続車がブレーキをかけることで交通の円滑が阻害され、ひいては渋滞につながります。

>文句なら常時そこを塞いでいる輩に言いましょう。

意味不明です。

>そして、さらに繰り返しますが、「交通の円滑」という言葉は軽車両の交通も含みます。

ですから、「たかが一台の自転車」で渋滞となるわけです。

>>ドライバーに負担を強いるのは身勝手極まりありません。
>軽車両利用者の安全に車道を通行できる権利を侵害してなお文句を言うなど 身勝手極まりありません。

段差やガードレールで守られた歩道こそが、身体がむきだしとなる自転車の安全空間でしょう。

>自転車通行可の標識のある歩道なら自転車の走行を想定していて当たり前です。 「想定」と「期待」似て非なるものです。
>>おっしゃるとおりです。歩道を積極的に活用しましょう。
>「歩道通行可」は法律上、安全マージンとして設けられています。 道路形状から読み取れる想定・期待の如何は何らこれを否定しません。 同時に、歩道を「安全マージンとして」積極的に利用する事を否定するものでもありません。

実行してください。

>(念のため、ここでの「積極的」とは、具体的にはライダー個人の意思決定による歩道の利用であり、 ドライバーからの迫害等により強制的に歩道を走らされるのは、「消極的」利用であることを申し添えておきます)

迫害を受ける前に、歩道に退避してください。

>>横切ることはあっても、歩道を通行することはないでしょう。
>通行する無法者は存在します。 「歩道通行を期待しているように見えるから」かもしれません。歩道を通行した方が信号を省略出来るなど、何らかの益を得るような場所は多数あるのでしょう。 が、法では許されていません。

自転車は歩道を通行しなければ駐輪場にたどりつけない場合が大半です。「自転車は歩道」を想定していることを裏付けています。

>同様に、法律は軽車両の歩道通行を期待しておらず、 その証拠に「“原則”車道を走れ」とあります。

上述のとおりです。

>法治国家に住まう国民にあっては、この言葉通り 自転車を利用する際には原則的に車道を走行し、歩道走行は補助的な利用に留める事が求められています。

「自転車は歩道」は慣習法として定着していました。

>法自体に不満があるなら、しかるべき場所に然るべき手続きをとり 抗議しましょう。個々人に不満をぶつけるのはやめてください。

当ブログは特定の個人を中傷しているものではありません。根底にあるのは交通安全です。ご理解、ご協力をお願いします。

>>いずれにせよ、人力の自転車とクルマは速度差があるわけですから、交通の円滑を阻害します。
>「阻害する要因は速度差のある車両を円滑に追い越す事が出来ない交通事情にあります。」 幹線道路における自動4輪車であっても、本線内・外へ安全に侵入・進出する為には、 概ね50m以上手前から必ずスピードを落とす必要があり、歩道など跨ぐ場合には一時停止しなければいけません。 実情は一時停止をしないケースが多数を占めますが、それでも車道内に車体を残しながら徐行レベルまで減速する事には変わりません。 つまり、「速度差があるわけですから、交通の円滑を阻害する」のでしょう。

そこに自転車が加わったら、それこそ秩序が保たれません。

>貴方が自転車に対して「歩道走行で回避できるのだから~」と主張するように、 自動4輪車においても、迂回路は存在します。 よって、本線内・外への侵入・進出を法で画一的に禁止しますか? 迂回路にされる生活道路周辺の“住民の”交通の円滑・安全は阻害されることでしょう。

ITS(高度道路交通システム)などクルマの走行環境改善へ整備が進めれています。

>「10km/h以下であれ、進むことが出来れば交通の円滑は阻害されない」 のであれば、時速20km/hで走行している自転車後方を追従しても自動車の交通の円滑は阻害されないと言えてしまうのでは?
>>無理スジでしょう。
>つまり「進むことが出来れば交通の円滑は阻害されない」のは 無理筋。筋が通らない。道理に合わない。したがって、「自転車が歩道を通れば、自転車自身の交通の円滑は阻害されます」 という事で宜しいですね。

自転車で「サグ」を起因とする渋滞は考えにくいです。

>>自転車乗りに悲惨な交通事故の当事者になってもらいたくないというのは、現実でもあり理想でもあります。
>すばらしい思いやりのある思想です。 その思想を体現するために、ブログにあっては文体を、普段の生活においては他者への態度の改める事をお勧めします。

それを如実に示したのが「自転車は歩道」活用です。

>>危険を冒してまで走行する真意が図りかねます。
>相手の真意がどうであれ、ドライバーとしてそのような場面に遭遇したのであれば、 合法的かつ安全側にシフトした対応をとって下さい。

ドライバーは守ってくれるだろうという身勝手な判断は捨ててください。

>>「電車内のケータイ通話は合法ですが、マナーレベルで批判を受けます」というのも、マナーが法律よりも順位が優先しているということでしょう。
>例えば「乗客は他の乗客に電車内でのケータイ通話をさせてはならない」という法律はありませんから、優先順位の逆転は起こっていません。

いずれにせよ、マナーレベルで批判を受けます。

>マナー違反を喚起する(本来何ら問題ない行為をマナー違反行為に変えてしまう)他の重大な法律違反者を見過ごしている事を批判しているのですから、 他に批判されるべき法律違反行為者の無い携帯利用の例を挙げるのは、そもそもがナンセンスです。

電車内のケータイ通話も20世紀は何ら問題ない行為でした。

>そのようなナンセンスな言動により、いくら話を本筋から脱線させようと、原因の一端を担っている違反行為を黙認し、一方的に自転車側を非難するなどして、 不要にライダーの対立心を煽り、社会全体に不利益をもたらしていることについて、 貴方自身、反省し改善していかなければ、既述した通り、 唯の水の掛け合いに終始する事でしょう。

「自転車は車道」なら原付バイクに準じた法整備が必要です。ヘルメット着用義務がなかったり、制限速度がないのは、おかしいと思いませんか?

>>現実は直視しなければなりません。
>その通りです。 自転車が合法的に車道を通行している事実を直視してください。

交通の円滑を阻害している現実から目を背けないでください。

>>競技用自転車乗りの爆走練習の撲滅に心血を注いでいます。
>やり方を間違えているために目的と逆の結果を招いています。 これは通勤のために常日頃自動4輪車を運転する私にとっても不利益なのです。 お控えください。

意味不明です。

>>やむを得ない利用か否かの判断が困難です。
>であれば口を閉じておくことをお勧めします。
>>引用の仕方に悪意を感じます。該当箇所は全文掲載してください。
>単に記述方法に関していえば、 過去のコメントは全文閲覧可能な状態なのですから、同一文を繰り返していたずらにコメントを読み難くする必要もありません。

卑怯な手法で悦に入るのは楽しいですか。

>>文意のとり方に関していえば、
>一文返答を行い、文脈を汲まずに話を逸らせ煙に巻くのは貴方の常套手でしょう。 引用の仕方で何か誤解を生む可能性があるなら、貴方自身が釈明すれば済む事です。 貴方が私にそうさせているように。

誤解を招かないよう、正面を向いて議論してください。

>このような無駄な水の掛け合いでなく、真に交通安全を願っているならこのブログのコメント欄においては、まず話し合いの壇上に立ちましょう。

読者の質問には真摯に答えております。

>>迫害にもいろいろあると思います。罵声を浴びても法律は守ってくれません。
>「迫害した方が責めを負うという判然とした事実がそこにあります。 」 そして「迫害されることが事前に分かっているのであれば避けるのが常人でしょう。 ですが、迫害する側が『避けろ』と喚き散らすのは筋違いです。 」

ならず者相手に筋(スジ)は通りません。

>>危険な場所には近づかないのが鉄則です。
>私は「危険な場所にするな」と言っています。 迫害する側が「避けろ」と喚き散らすのは筋違いですと申し上げています。 したがって、貴方のお書きになった文章は反論としては適切ではありません。

おっしゃるとおり、四輪の自動車の走行を想定した車道が危険な場所であることは、紛れもない事実です。

>>危険を回避するためにクラクションを鳴らすことは認められています。
>当然です。クラクションにより危機が回避された例は多々ある事でしょう。

クラクションを鳴らされても勘違いしないでください。

>ただし、厳密には「やむをえない場合」と言う言葉が追加されますから、 少なくとも他に危険を回避する手段が多数存在している 件の動画での使用方法には明確に問題があります。

この記事のタイトルにある「クラクション」を「警鐘」に置き換えてみましょう。

>クラクションの使用は対象者を不快にさせるだけでなく、 その周辺に存在する多数の第三者の注意を同時且つ強烈に引く事で 副次的事故を誘発させる危険を常にはらんでいます。使う必要のない場面で使用したことを猛省してください。

クラクションの使い方が間違っているからでしょう。むやみやたらに鳴らさないでください。

>>自動車ありきの交通安全を考えるのが現実的です。
>自転車ありきの交通安全をも考えるのが現実的です。 実際に走っているのだから。

「自転車は歩道」活用が当ブログの基本方針です。

>>車道は自転車の走行を想定しているなら、自転車レーンは不要でしょう。
>自転車の走行を想定しているからこその自転車レーンでしょう。 なぜ不要になるのかご説明ください。

車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられているのであって、自転車については別途専用レーンが必要ということでしょう。

>>自転車専用道が急ピッチ整備されているのはなぜですか?
>一つには自転車ブームの到来により 「原則車道」が改めて周知されたことで、車道を走行する自転車が増えた(増える事が予想される)事があるでしょう。 慢性的に渋滞の起こっていた道路の道幅が広がり車線が追加されるのと同じ理由です。

「自転車は車道」を抜本的に見直す必要がありますね。

>>裸で寒空に放り出すことを座視できないからでよう。
>もちろん、自転車の交通の安全のためにもなるでしょう。そして車道を自転車とシェアする事が法律で定められていることに 何ら変わりありません。

歩道から追い出されつつある自転車は、歩行者と共存することを真剣に考えてください。

>>「自転車は車道」というのが、立法府の怠慢によるものであることを、おわかりいただけたかと思います。
>分かったのは貴方が提示した改正案に シロウトでも指摘できるほどの大穴が空いているという事で、 そこから読み取れるのは「自分さえよければそれでよい」という、 違反者本位の厚顔無恥な貴方の態度であり、貴方自身が批判する「立法府の怠惰」以上の、怠惰で道理の通らない思想を 正当化しようと駄々をこねている哀れで醜く幼稚な姿です。

身体がむきだしとなる自転車が、クルマや大型トラックと同じ走行車線を通行するのは、狂気の沙汰であることは実感されているところかと思います。

>>自転車が車道走行を想定しているのは、車道と歩道が白線で区切られただけの生活道路のことでしょう。
>それは貴方が個人的に勝手に納得している事です。

現実から目を背けないでください。

>とはいえ、貴方自身の認識において少なくとも「生活道路における自転車の車道走行」に関して、 「想定されている」との見解を示されたのですから、 今後、生活道路において合法的に車道走行している自転車に対し、 迫害行為、このブログでの身勝手な批判等々行わないと確約された点で、一歩前進されましたね。 素晴らしい事です。

センターラインのない生活道路であれば「自転車は車道」は何ら問題ありません。

>>幹線道路ではお控えください。安全のためです。ご理解、ご協力をお願いします。
>ご理解、ご協力をお願いする前にすべきことがあるでしょう。

根底にあるのは自転車乗りの交通安全です。

>>クルマを運転していて気づくのは、危険ドライバーがごまんといることです。
>そうです。「真に批判されるべき者をちゃんと批判する。」 その後に直接的な解決手段を持っている者に対して「お願い」です。 些細な違いですが、重要ですよ。「俺様が通るんだから、どけろ。」これじゃ誰も納得はしないでしょう。

自転車乗りがあらぬトラブルに巻き込まれるのは本望ではありません。どうか歩道を積極的に活用してください。

>>運転中、1回は何かしら腹立たしいことがあるほどです。
>「他人の振りを見て我が振りを直せ」昔の人は良い事を言いますね。 私も肝に銘じています。

腹立たしい対象に自転車が加わるのは本望ではありません。

>>根底にあるのは
>安全を願うのであれば、自らが安全運転を実践するほかありません。 自転車に敵対心を抱くあまり、件の動画のように不必要にクラクションを鳴らしたり、 スピードを落とすべき時に加速する等、ご自身の主張に逆行する行動が散見されます。

小生はゴールド免許(優良運転者)を更新しているほか、他の模範となる運転を心がけております。

>これは貴方自身や敵対する自転車のライダーのみならず、周辺の道路利用者の安全を脅かす行為であると同時に 「ルールを順守しまた安全側にシフトした対応をとるために 自らの一部の権利を放棄し、交通社会全体の発展ために努める人」の勇気を踏みにじる行為です。

爆走を憎んで競技用自転車乗りを憎まずというのが、当ブログの基本的な考えです。

>自転車云々は一旦抜きにして、今一度、冷静になられて、自らの行動を顧みる事を強くお勧めいたします。

交通安全に資する提言を続けてまいる所存です。ご理解、ご協力をお願いします。

| 世捨人 | 2014/01/16 01:11 | URL |

ずさん| 2014/01/16 00:54 |へ

>>思想統一などと難しい言葉で誤魔化す必要はありません。道路交通法で定められていることですので、車道左端通行を拒否することは出来ません。
>こういうこと言うから収束できないんだよなあ。車道左端通行に関してはおふたりで合意したばかりではないですか。結論(=車道左端通行)は合意できたけれど、それまでのプロセスは納得していない、と言われているのですよ。ここでの回答は本質的に二者択一なんです。①確かに、貴方とは意見に相違があるようです。そういう考えを持つ人も居るということを理解しました。②私の思考プロセスは正しい。同じ結論に達するといっても、貴方の意見には問題があるはずだ。 どっちか好きな方を選んで下さい。

事は、自転車の車道左端通行という道路交通の「安全」と「円滑」についての“大原則”に関わる問題です。
①考え違いをしている方を見捨てるのは可哀そうでしょう。
②「思考プロセス」などと難しい言葉を使う必要もありません。「問題があるはずだ。」などと曖昧なものではありません。

「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗り」を、「法を順守しようとする人」でないとすることは、自転車の車道左側通行が道路交通の「安全」と「円滑」を図るための最も根本的なルールであることに理解が至っていない証拠であるという指摘をしています。

身勝手であろうとなかろうと、法を順守しようとする人であろうとなかろうと、自転車は車道左端を通行するものです。

自転車は、ただただ、車道左端通行すれば良いのです。

限られた道路空間の中で、自転車は車道左端を通行するものです。

自転車の車道左端通行は、「安全」かつ「円滑」です。

だからこそ、自転車は車道左端を通行しなければならないと道路交通法で定められているのです。


>逆に、「前輪の軸がぶれていて、両手離して運転しようものならとたんに蛇行し始めること」は、曲乗りを防止する作用はあるでしょうが、安全装置とは言えないでしょう。

曲乗り出来ないだけでなく、スピードを出すことも出来ないでしょうから、究極の安全装置と言えるでしょう。

ちゃん、ちゃん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/16 16:13 | URL |

サイクリング禁止反対

[世捨人]殿|2014/01/16 00:49|付へ.

>法の不備をついて我が物顔で爆走する競技用自転車乗りを断じて許せません.

[世捨人]殿の単なる個人的な感情に過ぎない.そういう自転車を見ただけで,「怒りで手がワナワナ震える」方が正常とは思えないのだが.

>無駄な抵抗はおやめください.

何の公的な権限もお持ちでない[世捨人]殿の一方的な要求には一切応じるつもりは無い.

>>無謀ドライバーの矯正にはスポーツ自転車の長距離走を課すことも効果的だろう.
>火に油を注ぐ結果になるでしょう.

何がどのようにしてそういう結果になるのか,私には全く納得しかねる.

| マイロネフ | 2014/01/16 21:32 | URL | ≫ EDIT

MINELさん| 2014/01/14 19:15 |へ

>レスポンス回数短縮のため一応以下に返答しますが、こちらに書かれた文章に反論する事は上記内容の反証とはなり得ませんのでご注意ください。

レスポンス回数短縮のため無視しておりましたが、レスポンスも無いようですので、一応返答しておきます。

>>自転車が車道左端を通行することに、「勇気」など全く必要ありません。
>「一見不条理な法をも順守し、自身だけでなく全体の安全のために自らの権利を一部放棄する人」のことを「勇気がある」と評価しているのであって、自転車の車道左側通行に勇気が必要だとは書いていません。

意味不明です。
普通の日本語で、具体的に議論しましょう。
一見不条理な法とは、どの法律のどの条文ですか?少なくとも現行の道路交通法には、不条理などありません。
自転車は車道左端を通行しなければならないものです。
「自身だけでなく全体の安全のために」、歩道通行可という「自らの権利を一部放棄する人」すなわち車道左端を通行する人のことでしょう。
そして、車道左端通行に「勇気」など全く必要ありません。

>「彼の人」とは、その勇気のある人であり、具体例を挙げれば、制限速度を徹底して守り、かつ速度違反者の追い越しあっても進路を譲り、歩道を横切るにあったっては一時停止を行い、キープレフトを実践するドライバーであり、進路変更、減速の際には分かり易くて信号をだし、どのような箇所に設置された一時停止をも守り、高い見地から歩道走行が適当と判断すれば歩道を徐行する事をいとわず、必ず歩行者よりも車道側を通り、歩行者の通行を妨げかねない場面では自転車を降りるライダーであり、それらの車両の運転技術が未熟、あるいは何らかの障害により安全な運転が困難なため、それが解決するまで、一般道の利用は徒歩、家族・知人の車への同乗、あるいは公共交通の利用で留める歩行者の事です。この事は私が定義したのですから、貴方に反論の余地はありません。

当たり前のことばかりで、「勇気」という日本語に値しません。
「彼の人」は、当たり前に車道左端を通行することでしょうが、それも、やはり「勇気」という日本語には値しません。

極々、当たり前のことです。

>また、

>>自転車に乗ることは、「法を順守しよう」としなければならない程、難しいものではありません。
>「法を順守」しなければ自転車に乗れない等とは書いていません。自転車に乗るだけであれば、その技術があれば十分です。見解は一致しており、よってご指摘は不適当です。

良かった。良かった。
安心しました。
法律など知らなくても、順守しようとしなくても、幼児から高齢者まで誰もが気軽に手軽に乗れるところが自転車の良い所です。

>>「自分の身は自分で守る。」ということだけ、十分です。
>不十分と考えます。なぜなら誰しもミスをするからであり、互いの安全を出来る範囲で守らねば 些細なミスが直ちに事故になってしまうからです。その状態は「安全マージンの欠如」です。これを狭義の「自分の身は自分で守る。」とし、その事を踏まえた上での、つまりは「互いの安全を出来る範囲で守る事が結局は自分の身を守る事になる」という意味での、広義の「自分の身は自分で守る。」であれば、貴方と私の意見はすでに一致していますので議論の余地はありません。

広義だ狭義だと難しく考えることはありません。

自転車は、車道上の最弱者です。
些細なミスが全て自らに降りかかってきます。出来る範囲でお互いに、などと回りくどい悠長なことでは済まされません。

また、自転車は、歩道上や生活道路では最強者となります。
歩行者側が自転車を避けようとしてよろよろとしただけで、自転車乗りが悪者となります。
これまた、互いに出来る範囲でなどと悠長なことでは済まされません。

道路上の蝙蝠(こうもり)のような存在である自転車は、「自分の身は自分で守る」という当たり前の強烈な独立心を養えるところも良い所です。

>>その場で止まれる位のスピードの傘差し・携帯ながら・酒気帯び・無灯火・信号無視などとやかく言う必要もありません。
>私は必要性に関して言及はしておりません。あくまで批判する対象が適切かどうかについて、合法的(義務履行的)車道通行と対比して示しております。

「お門違いである」とする根拠の返信は不要とのことですので、その場で止まれる位のスピードの傘差し・携帯ながら・酒気帯び・無灯火・信号無視は何ら問題ないということに同意いただいたということですね。

良かった。良かった。

>「お門違い」という言葉を引用してこの議論を開始したのは貴方ですので、議題を本筋から反らすようなマネをするのであれば、ここで議論は終了です。以降、「批判の必要性」に関連した批判はご遠慮ください。

広く開かれたネット上のコメント欄です。
大いに議論しましょう。

>>実践すべきは、道路交通の基本としてママチャリ・通勤通学自転車等の「車道左端通行」を当たり前にしていくことです。そのためには、車道左端通行に慣れている特急自転車乗りこそが、ママチャリ等に乗り換えて車道左端をゆっくりゆっくりと通行することです。
>平日にあっては目的地に安全かつ短時間で移動するため、あるいは休日のスポーツ自転車利用にあっては安全かつ快適かつ自身の身体能力向上のために各車両を利用している私にとって、「安全の観点から考えるにおいても不必要である」と断ぜられる程、ゆっくりと通行する事は、仮にそれが「車道左側通行を当たり前にする」大義を持っているとしても、自身の目前の不利益と釣り合いませんし、「そのような突飛な行動をとらずとも、自転車の通行が増えれば、それが当たり前になる」と考えていますから、私はそのコマの一つとして正当に車道を利用するまでです。したがって賛同はしません。同時に貴方自身の実践を否定するものでもございませんので、ご勝手にどうぞ。

何ら問題ありません。

車道左端を通行する自転車がMINELさんの1台だけでも増えることが、自転車の裾野の拡大、位置づけの向上につながります。

更に言えば、雨の日も雪の日も、真夏の炎天下でも、自転車を利用していただければコマの1つが増えることになります。よろしくお願いします。

スピードの出し過ぎには気を付けて、下らない事故で統計数値を積み上げないようにくれぐれも安全運転をお願いします。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/16 21:46 | URL |

二つ名をお忘れですよマッチポンパーさん。

>MINELさんの定義など全く意味をなしません。
>小生は、「アレヤコレヤ」を普通の日本語として引用させて頂いただけのものです。
>定義付けする程のものでもありません。

その言葉をお待ちしていました。
----------------------------------------------------
「交通にとって重要な現行法の少なくとも一つを守っている私(MINEL)に対して、
アレヤコレヤ指摘している貴方の行為は、貴方の理想と逆行する結果を生みます」
と言えますから、ご指摘行為自体がその趣旨と矛盾し、
よってそこに正当性はありません。
----------------------------------------------------
貴方は、この指摘に対する反論の術を今失ったのです。

貴方は、ご自分の主張を守る盾としての「定義」を手放し、
私の反論可能範囲を縛る枷としての「定義」を外しました。

以降、反論されましても、一方的に殴りつける形になりますので、
お控えになる事をお勧めいたします。

長文お疲れ様でした。


| MINEL | 2014/01/16 22:48 | URL |

以下は私のただのコメントです。
反論ではありませんw

>面倒臭いですが、お尋ねしましょうか。
今更「お尋ね」されても
貴方が「相手の主張内容を把握せずに反論を行っていた」事に変りありません。

>誰の文章に対して、ということですか?
私の書いた文章であり、頭初にご指摘を受けた文章です。

>小生はコメントしただけで、反論などしてませんよ。
「MINELさんの文章を用いての反論することで、…」とお書きになられています。
つまり反論していることを以前より認識していらしたという事ですね。
やっちゃいましたね。


>定義づけ自体が怪しい危ういものだったかも
言ってみれば「前提条件」に対して不平を漏らすなど、
貴方は学生時代、物理、数学の問題をどうやって解いていたのでしょうか。


>貴重な(?)コメントをその程度のものとしてしか受け取れないということでしたら、
貴重とする事に自ら疑問符を付けねばならない程度のコメントなのですから、
「その程度」に受け取られる事を「別段、構いません。 」とする
貴方の心情はとてもよく理解できます。


>何ら反論もなく、ご理解・ご納得・ご賛同頂いたということですね。良かった。良かった。
「本来議論の余地のない事柄に関して、見当違いな指摘を行った」と
お認めになられたという事で宜しいですね。


>思想統一などと難しい言葉で誤魔化す必要はありません。
「思想統一」は貴方にとって難しい言葉だったのですか?
ここでは「“何を心根に持つか”を強制して全員同じものにする」という意味(定義)で
「思想統一」という言葉を用いています。


>曲芸であっても、道路交通法第七十条の要件を満たして
>安全に運転していれば何ら義務違反に問われることはない
貴方は「曲~」という言葉を、「傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火、信号無視などなど、」
の違法行為の総称として使用(定義)されました。
貴方自身が「曲芸乗り=違反」としたのです。
したがって、ありのまま再度既述しただけの私の文章に対し
反論の余地はありませんし、貴方のお書きになった文章に矛盾が起きています。

>「転倒」と「事故」は、明らかに文言が違います
文言が違う事を否定しておりません。
「転倒は事故に包括されると認識している」と主張しております。
広辞苑に記載の「事故」の定義を鑑みても、広く一般に通用する認識だと考えております。

>、世捨人さんの主張に似てきましたが、大丈夫ですか?
>満艦飾の重装備で原付並みの重量になりそうですね。
「~があれば」との仮定の上で、「~と呼びたい」との主張です。
「安全装置」の実現そのものを望んでいる主張ではありません。

>まあ、目立ちたがり屋が多い特急自転車乗りですので、ご自由にどうぞ。
例えば、フェンダーのポップオフ機能は、実現している「安全装置」ですが、
この機能の付加でご心配されるほどの重量増加は有りませんし、
さほど目立ちません。


>ルールにも軽重があると申し上げています。
軽重関わらず、貴方がご指摘した箇所において、
貴方がご指摘しているような批判行為を私は行っておりません。

>最も大切なルールで、
思想統一であれば拒否いたします。
それぞれの心根は自由です。思想の自由は憲法により保障されており、
憲法は道交法よりも明確に優先されます。


>漸く、要約できて良かったですね。
貴方へのご説明にあたって必要最低限を既述したまでです。

>世捨人さんは、「危険を防止するためやむを得ないとき」に該当するということでクラクションを
>鳴らしても構わないと主張されています。
「やむを得ない利用が許可されていること」について否定どころか、
「当然です」と、世捨人さんとのやり取りで私自身初めから肯定しています。

>「幅寄せする我儘なドライバーがいて危険だ」といった主張をされている
幅寄せの危険性については言及すらしていません。
何故書かれている文章をありのままに読まないのでしょうか。


>MINELさんの真の理想が「逆向する結果」にあったとすれば、MINELさん自身が自己矛盾により
>途端に破綻しないのかな?
引用された箇所の「逆向する結果」とは、貴方が括弧書きで羅列した事柄です。
わざわざ鍵括弧をつけている「真意をお汲みください。(便利ですね、この言葉)」


>何ら世の中に影響を与えない情けない存在だということですね。
「現状が既に理想郷である」という前提なのですから、
わざわざ影響を与えて理想郷をぶち壊すのは如何なものでしょうか。
その対極にある、例示中の「私」の存在について特に情けないとは思いません。


>13日にMINELさんのコメントはありません
失礼いたしました。「14日」に訂正いたします。

>車道左端通行の安全性について、誤解されているようでしたので、コメントしたまでです。
見識は一致しています。よってご指摘は不適当です。と繰り返し返答しております。

| MINEL | 2014/01/16 22:56 | URL |

>身勝手であろうとなかろうと、法を順守しようとする人であろうとなかろうと、自転車は車道左端を通行するものです。

>車道は四輪の自動車の走行を想定した、設計者の意図をくみとってください。

自転車に車道を走らせようとする法の意図、
および「法を順守しようとする人」の志をくみ取ってください。


この文脈に於いて、「法を順守しようとする人」とは、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。

と言っている訳です。

自転車の固有の権利として車道走行を主張する奴の志を汲み取って欲しいといっているのはありません。法律を理解し、交通安全を是とする故に、車道走行を行う自転車乗りの志を汲み取って欲しいのです。

と、いう風に読めます。MINELさんの意図はどうか分かりませんが、私には、法を少しでも犯そうとする奴は車道走行なんてしてはいけない、という含意があるようには読み取れません。

読み間違えて齧りついたんだったら、謝った方が身の為だと思うけど……


>曲乗り出来ないだけでなく、スピードを出すことも出来ないでしょうから、究極の安全装置と言えるでしょう。

今度は「自転車は整備しないことを義務付けよ」ですか?
世捨人さんっぽくなってきたのはこっちでしたね。

| ず | 2014/01/16 23:20 | URL |

MINELさん | 2014/01/16 22:56 |へ

>二つ名をお忘れですよマッチポンパーさん。

もうひとつです。残念。

>>MINELさんの定義など全く意味をなしません。小生は、「アレヤコレヤ」を普通の日本語として引用させて頂いただけのものです。 定義付けする程のものでもありません。

>その言葉をお待ちしていました。「交通にとって重要な現行法の少なくとも一つを守っている私(MINEL)に対して、 アレヤコレヤ指摘している貴方の行為は、貴方の理想と逆行する結果を生みます」 と言えますから、ご指摘行為自体がその趣旨と矛盾し、よってそこに正当性はありません。

MINELさんが道路交通法を守っているかどうかなど、何ら問題としていません。
指摘行為が趣旨と矛盾したからといって、正当性には影響を与えませんよね。
大丈夫ですか?
----------------------------------------------------
>貴方は、この指摘に対する反論の術を今失ったのです。貴方は、ご自分の主張を守る盾としての「定義」を手放し、私の反論可能範囲を縛る枷としての「定義」を外しました。

普通の日本語ですよ。
道路交通法に書いてあること、小生が指摘していることは、改めて定義する必要など全くない普通の日本語です。
しっかりして下さい。

>以降、反論されましても、一方的に殴りつける形になりますので、お控えになる事をお勧めいたします。 長文お疲れ様でした。

楽しみにしています。
ちゃん、ちゃん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/17 19:15 | URL |

MINELさん | 2014/01/16 22:56 |へ

>以下は私のただのコメントです。反論ではありませんw

広く公開されたネット上の議論です。
変な予防線を張らなくても閲覧者が判断しますのでご安心下さい。

>>面倒臭いですが、お尋ねしましょうか。
>今更「お尋ね」されても 貴方が「相手の主張内容を把握せずに反論を行っていた」事に変りありません。

仰るとおり、全く読むに値しないやり取りでした。

>>誰の文章に対して、ということですか?
>私の書いた文章であり、頭初にご指摘を受けた文章です。

あぁ、そうですか。
わざわざ、2014/01/15 21:47のコメントに遡って回答頂き、ありがとうございます。
「合法行為への批判でなければ、違反者への批判ですらない」MINELさんの文章に対して、小生は自分の言葉で、「守るべき現行法としては、自転車乗りは車道左端通行を実践するだけで十分です。」と結論をお伝えしています。
しっかりと読み取って下さい。

>>小生はコメントしただけで、反論などしてませんよ。
>「MINELさんの文章を用いての反論することで、…」とお書きになられています。つまり反論していることを以前より認識していらしたという事ですね。やっちゃいましたね。

これは失礼しました。
反論でも別段、構いません。

>>定義づけ自体が怪しい危ういものだったかも
>言ってみれば「前提条件」に対して不平を漏らすなど、貴方は学生時代、物理、数学の問題をどうやって解いていたのでしょうか。

物理や数学などきちんと「定義付け」された問題は普通に解いていましたよ。
MINELさんがどのような定義づけをしようが、MINELさんの勝手です。
小生は、普通の日本語で、自転車乗りの実感とは違いますよと指摘しているまでです。

>>貴重な(?)コメントをその程度のものとしてしか受け取れないということでしたら、
>貴重とする事に自ら疑問符を付けねばならない程度のコメントなのですから、「その程度」に受け取られる事を「別段、構いません。 」とする貴方の心情はとてもよく理解できます。

謙譲の美徳です。
受け取り方は人それぞれです。
貴重なコメントかどうかは、多くの(?)閲覧者が判断することです。

>>何ら反論もなく、ご理解・ご納得・ご賛同頂いたということですね。良かった。良かった。
>「本来議論の余地のない事柄に関して、見当違いな指摘を行った」とお認めになられたという事で宜しいですね。

日本語、大丈夫ですか?
小生の指摘は、道路交通法に定められているルールにも軽重があり、自転車乗りは車道左端通行を守っていれば、十分だということです。
ご理解いただけますか?

>>思想統一などと難しい言葉で誤魔化す必要はありません。
>「思想統一」は貴方にとって難しい言葉だったのですか? ここでは「“何を心根に持つか”を強制して全員同じものにする」という意味(定義)で「思想統一」という言葉を用いています。

本当に自転車に乗っていれば、車道左端が自転車にとって最も通行しやすい道路空間であること、自分の身は自分で守ることの大切さ、スピードの恐怖、居眠り運転等の情けなさ等々は、自ずから理解出来ることであり、「思想統一」などと個々の自転車乗りの尊厳を踏み躙るような言葉の定義をどうこうする必要はありません。
小生は、皆様に自転車の良い所に気付いていただく手助けをしているようなところです。

>>曲芸であっても、道路交通法第七十条の要件を満たして 安全に運転していれば何ら義務違反に問われることはない
>貴方は「曲~」という言葉を、「傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火、信号無視などなど、」 の違法行為の総称として使用(定義)されました。貴方自身が「曲芸乗り=違反」としたのです。 したがって、ありのまま再度既述しただけの私の文章に対し
反論の余地はありませんし、貴方のお書きになった文章に矛盾が起きています。

それは失礼しました。
道路交通法違反の曲芸でも、その場で止まれるようなスピードで事故を起こす危険性のない行為は、何ら問題ありません、ということです。


>>「転倒」と「事故」は、明らかに文言が違います
>文言が違う事を否定しておりません。「転倒は事故に包括されると認識している」と主張しております。広辞苑に記載の「事故」の定義を鑑みても、広く一般に通用する認識だと考えております。

自転車は、幼い子供が公園で何度も「転倒」しながら練習して乗れるようになるものです。
自転車に「転倒」はつきものであり、「事故」に包括されるようなものではありません。
まあ、傘差し、携帯ながら、酒気帯び等のその場で止まれるようなスピードのふらふら自転車は片足を付いて止まりますので、多くは転倒までは至りませんね。
「転倒」が「事故」に包摂されると認識されているとすれば、それはスピード(の恐怖)が重なっているからでしょう。
ブレーキ自慢の特急乗りが転倒して(自損)事故自慢で損害保険を付保の話題で盛り上がるのは、スピードの出し過ぎが原因です。

>>世捨人さんの主張に似てきましたが、大丈夫ですか?満艦飾の重装備で原付並みの重量になりそうですね。
>「~があれば」との仮定の上で、「~と呼びたい」との主張です。「安全装置」の実現そのものを望んでいる主張ではありません。

「上手く曲乗り出来なければ、転倒してしまうという安全装置が付いているところも自転車の良い所です。」という小生のコメントに対して、反論出来ずに、言葉遊びで誤魔化したということですね。
しっかりして下さい。


>>まあ、目立ちたがり屋が多い特急自転車乗りですので、ご自由にどうぞ。
>例えば、フェンダーのポップオフ機能は、実現している「安全装置」ですが、この機能の付加でご心配されるほどの重量増加は有りませんし、さほど目立ちません。

あるある情報のプチ自慢で誤魔化しても無駄です。
しっかりして下さい。

>>ルールにも軽重があると申し上げています。
>軽重関わらず、貴方がご指摘した箇所において、貴方がご指摘しているような批判行為を私は行っておりません。

自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざし、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りであっても、車道左端通行している点だけで、「法を順守しようとする人」として十分であると、小生は指摘しています。
なかなかご理解頂けませんね。
だいじょうぶかな?

>>最も大切なルールで、
>思想統一であれば拒否いたします。 それぞれの心根は自由です。思想の自由は憲法により保障されており、 憲法は道交法よりも明確に優先されます。

徒歩では辿り着けない未知の世界を切り開いてくれるところが自転車の良い所です。
自分の身は自分で守るということを体感出来るのも自転車の良い所です。
どこまでも続く道路のように広く公開されているネット上の議論です。
MINELさんご自身の尊厳はMINELさんご自身が守るものです。
しっかりして下さい。

>>漸く、要約できて良かったですね。
>貴方へのご説明にあたって必要最低限を既述したまでです。

ありがとうございます。

>>世捨人さんは、「危険を防止するためやむを得ないとき」に該当するということでクラクションを鳴らしても構わないと主張されています。
>「やむを得ない利用が許可されていること」について否定どころか、「当然です」と、世捨人さんとのやり取りで私自身初めから肯定しています。

『車道利用が法律で定められているのは、法の不備だから』 という理由で、クラクションを鳴らしているのか、「危険を防止するためやむを得ないとき」に該当するということでクラクションを鳴らしているのかなど誰にも分からないことですよね。
小生は、議論にも反論にもなってませんよと指摘しています。

>>「幅寄せする我儘なドライバーがいて危険だ」といった主張をされている
>幅寄せの危険性については言及すらしていません。何故書かれている文章をありのままに読まないのでしょうか。

MINELさんが言及しようがしまいが、無用な「幅寄せ」は危険極まりないでしょう。
世捨人さんは「幅寄せ」行為を正当化することが出来ないため、世捨人さんご自身が幅寄せするという主張から、「幅寄せする我儘なドライバーがいて危険だ」といった主張に変わられた筈ですよ。

>>MINELさんの真の理想が「逆向する結果」にあったとすれば、MINELさん自身が自己矛盾により途端に破綻しないのかな?
>引用された箇所の「逆向する結果」とは、貴方が括弧書きで羅列した事柄です。
わざわざ鍵括弧をつけている「真意をお汲みください。(便利ですね、この言葉)」

読む価値もない世捨人さんの提言・主張に暇つぶしとは言え、反論されているMINELさんは、至極、真っ当な特急自転車乗りでしょうから、「自転車乗りに対する規制強化、自転車道への封じ込め」を、真の理想とされている筈はありません。
大丈夫ですよね。

>>何ら世の中に影響を与えない情けない存在だということですね。
>「現状が既に理想郷である」という前提なのですから、わざわざ影響を与えて理想郷をぶち壊すのは如何なものでしょうか。その対極にある、例示中の「私」の存在について特に情けないとは思いません。

車道も歩道も自由自在に勝手気ままに通行する蝙蝠(こうもり)野郎の小生にとっても現状は十分に理想郷です。
小生は、安全の御旗で自転車への規制強化や自転車道・自転車レーン・有料駐輪場の整備などで利権を膨らまそうとする警察(行政)の動きや、スピードの恐怖を棚にあげて、その場で止まれるふらふら傘差し、携帯ながら、酒気帯び等のママチャリ族をルール違反だマナー違反だと騒ぐ偏狭な特急自転車乗りに対して、ちょっと違うでしょうと指摘する努力を積み重ねているところです。

>>13日にMINELさんのコメントはありません
>失礼いたしました。「14日」に訂正いたします。

ちゃん、ちゃん。

>>車道左端通行の安全性について、誤解されているようでしたので、コメントしたまでです。
>見識は一致しています。よってご指摘は不適当です。と繰り返し返答しております。

ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。(by MINELさん| 2014/01/12 12:59)というコメントからは、

車道上の最弱者であり、かつ、歩道・生活道路上の最強者である自転車乗りは、ただただ、車道左端通行するだけで十分であり、自分の身は自分で守ることに徹すれば、傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火、信号無視等々のルールは、順守しようがしまいが構わない、というレベルまで一致しているとは思われませんでしたので、

念のために、指摘したまでです。

見識の一致をみることが出来、嬉しく思います。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/17 21:28 | URL |

マッチポンパーさん

>MINELさんが道路交通法を守っているかどうかなど、何ら問題としていません。
指摘行為が趣旨と矛盾したからといって、正当性には影響を与えませんよね。
大丈夫ですか?

貴方自身が「主張すれば即ち主張趣旨と反する結果を生む」と仰ったのですから、
つまり、
貴方が何を問題として、何を指摘して、それがどういう目的や理想を掲げていたとしても、
私に向かって、今まさにやっておられるように、アレヤコレヤ書く事は、
貴方の「理想≒目的、論調(こうやって同列に扱うのも、あなたの認識においてOK)」
と反する結果を生みます。

貴方が時間をかけて一生懸命書かれた内容は全て、
その主張趣旨と反する結果を生みます。と貴方自身が仰っているのです。

したがって、如何なる文章を書いてよこそうとも、
貴方のお書きになる文章については、その文意を汲みとり検証をするまでも無く、
初めから、つまりは「書いた瞬間に正当性は皆無」です。

文章での殴り合いにおいて、これほど不利な状況は中々お目に掛れません。

この様に「定義」を無視すると話になりませんよね。
だから、この議論は本質的に「貴方の実感含め実際の交通事情など関係なく、
ブログコメント内で完結している問題なのです」
「間違いをお認めになった後で、細かな認識の違いを検証しましょう」と書いたではありませんか。

----------------------------------------
----------------------------------------
・私自身の理想を明らかにしていないのにもかかわらず
私の文章への「理想と逆行する」とのご批判

・合法行為への批判で「も」なければ、違反者への批判ですらない
「私の」文章
「ここで『法を順守しようとする人』とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、
自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る
自転車乗りの事ではありません。 」

に対して、

「法律への不満を現行法の義務履行者にぶつけても逆効果」という趣旨(定義)で書かれた
文章「現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、
お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。 」


「とにかく一つでも重要な法を守っている他人に向かって、『何か意見すること』は、
それがどんな内容であっても、お門違いで、無意味どころか対立心を生み、理想と逆行する」
に勝手に再定義しなおし、
さも「私(MINEL)の主張が自己矛盾している」と言わんばかりのご指摘
----------------------------------------
----------------------------------------

は明確に不適切ですから、ご訂正ください。
私の主張内容に対し「実感と違う」と主張する貴方の心理は良く理解しておりますが、
貴方は、実際の交通事情に関して議論をする前段階にすら立てていないのです。
返答があるのは私(MINEL)のサービス精神の賜物だと、そろそろお気づきになられても良い頃です。

| MINEL | 2014/01/17 23:27 | URL |

>楽しみにしています。
マッチポンパーさん(ドM)

>変な予防線を張らなくても閲覧者が判断しますのでご安心下さい。
「閲覧者が判断するからご安心」なら、
閲覧者である私からの指摘に対して
「反論ではありません」と書かねばならなかった
当時の貴方の心理状態はご指摘内容と矛盾します。

>仰るとおり、全く読むに値しないやり取りでした。
つまり、「相手の主張内容を把握せずに反論を行っていた」
貴方の文章は読むに値しない物だと、貴方自身が認識されていたという事ですね。
そのような物、いわば「汚物」をわざわざ他人の目に触れさせる
貴方の心理は、私の理解の範疇を超えます。


>「車道左端通行を実践するだけで十分です。」と結論をお伝えしています。
これに対する返答は、貴方が改めてお書きになる以前に返答済みです。
しっかりとお読みください。

>物理や数学などきちんと「定義付け」された問題は普通に解いていましたよ。
であれば、私への反論も「普通に」行ってください。
「定義自体がマズい(用いる言葉が不適で誤解を生みやすい)」という趣旨で
今更のご批判は、ご遠慮ください。
貴方は誤解に基づいた批判をし、そして、「誤解を解こうとする私の主張」を無視する形で
議論がゴリ押し継続されております。


>反論でも別段、構いません。
>MINELさんがどのような定義づけをしようが、MINELさんの勝手です。
>小生は、普通の日本語で、自転車乗りの実感とは違いますよと指摘しているまでです。
自分で考案した文章によって指摘ではなく、「MINELさんの文章を用いての反論」でしょう。
であるから、私の「定義」はお守りください。
貴方が(一般に用いる言葉として)言葉を再定義したのであれば、
それはもはや私の書いた文章ではありませんから、ご指摘行為自体が不適当です。

また、
普通の日本語として「自転車乗りの実感」という言葉を使用したのであれば、
その中には、私(MINEL)の、つまりは「貴方の実感」とは異なる
「実感」も含まれるため、それを「違います」とは表現として矛盾します。
もちろん「普通の日本語」が貴方の定義に依るものであれば、矛盾はしないのでしょうが…

いずれにせよ「どの様な意味でその言葉を用いているか」は重要であり、
好き勝手な解釈による批判(マッチポンプ行為)は議論において許されない事を
貴方自身認識されているという事ですね。


>貴重なコメントかどうかは、多くの(?)閲覧者が判断することです。
わざわざ「貴重」と記述した上で自ら疑問符を付けねばならない程度の
コメントであった事実に何ら変わりありませんね。


>小生の指摘は、道路交通法に定められているルールにも軽重があり、
>自転車乗りは車道左端通行を守っていれば、十分だということです。
>ご理解いただけますか?
「現行法は車道通行を是としている」という点では貴方と私の主張は初めから一致していますが、
それ以上の同意を求めるのであれば、その行為が「何にとって十分なのか」をご明記ください。

「車道左端通行を行う事について」という不誠実な回答をよこすのであれば、
「自転車に乗る技術がまず必要です」という実に低レベルな議論を展開する事になりますので
お控えください。

ただし、これらは「貴方の“当初の指摘”が誤りであったことを認めた後」でなければ、
なりません。でなければ、「貴方の望む『ご理解いただく』とは逆行する結果を生みます。」


>言葉の定義をどうこうする必要はありません。
必要性について言及しておりません。
言葉の意味を教えて差し上げるとともに、ごまかし行為でない事を説明したのです。
誤解が解けたのであれば、謝罪するのが筋でしょう。


>小生は、皆様に自転車の良い所に気付いていただく手助けをしているようなところです。
貴方の認識に依れば、「それらの行為はその趣旨と逆向する結果を生む」のですから、
お控えになる事をお勧めいたします。


>それは失礼しました。
全ての論争は貴方の誤解により始まっております。


>その場で止まれるようなスピードで事故を起こす危険性のない行為は、何ら問題ありません、ということです。
「事故を誘発する危険性のある曲芸行為には問題がある」と認識されているという事で宜しいですね。

>自転車は、幼い子供が公園で何度も「転倒」しながら練習して乗れるようになるものです。
すぐ乗れる人間もいます。大人になって初めて乗る方もおられます。
人生で一度も転倒していないと豪語する人間もいます。が、本題ではありませんね。
「幼い子供が公園で何度も『転倒事故』を体験しながら、徐々に乗れるようになるものだ。」
“表現として”何ら違和感を覚えません。

>自転車に「転倒」はつきものであり、
「自転車に『転倒事故』はつきもの」
こちらも言葉の表現としては何ら違和感を覚えません。

>「事故」に包括されるようなものではありません。
貴方は私の「認識」に関して反論しております。
そして私は「思想統一は拒否します」と何度も申し上げております。
貴方と私の考えは違うのです。
貴方の思想を表明するにあたって断言する事を避けてください。
「~と考えています」と「~である」には雲泥の違いがある事を理解して下さい。


>まあ、傘差し、携帯ながら、酒気帯び等のその場で止まれるようなスピードのふらふら自転車は
>片足を付いて止まりますので、多くは転倒までは至りませんね。
その行為が転倒の可能性を増やす事を貴方自身が認識されているという事で宜しいですね。

>「転倒」が「事故」に包摂されると認識されているとすれば、
>それはスピード(の恐怖)が重なっているからでしょう。
転倒が実際にどのようにして起こるのかを、
私自身の経験に基づいた「事故」の定義と照らし合わせた結果です。
また、私の経験則だけでなく、広く一般に通ずる「事故」の定義として、
広辞苑を参照し、「経験則」が何ら矛盾しない事を確認しております。

ここで言う「転倒」は、“予期しない物”である事が明白ですから、
例えば、マットの上等で行う「転倒練習」による、意図的な転倒は
私の認識において「事故」ではありません。
同時に、例え「転倒練習中」であっても、「転倒」が行為者の
予期しないタイミング、状況で起きたのであれば、事故であると認識しております。

>ブレーキ自慢の特急乗りが転倒して(自損)事故自慢で損害保険を付保の話題で盛り上がるのは、
>スピードの出し過ぎが原因です。
私の認識の如何とは全く無関係の事柄です。
自ら始めた議論の議題を本筋から反らす行為は厳に慎んでください。

>「上手く曲乗り出来なければ、転倒してしまうという安全装置が付いているところも自転車の良い所です。」という
>小生のコメントに対して、反論出来ずに

「安全装置と呼ぶにはいささか乱暴に思います。」と単に同意できない旨を表明した私の文章に対して、
その文に反論することなく、「あれあれ」などと過剰な感嘆詞とともに
「世捨人さんの主張に似てきた」と、私及び世捨人さん双方を蔑視しているともとれる
ある意味で「負け犬の遠吠え的批判文」を頂いたので、
世捨人さんの主張を尊重しつつ、私の言葉での行為と彼の主張の違いを改めて表現したのです。
「安全装置」の認識に関しての議論は既に終了しております。

以上の事から「言葉遊びで誤魔化しを試みたのは、マッチポンパーさんである」と認識しております。


>しっかりして下さい。
反論と人格攻撃の違いについて認識されることをお勧めいたします。

>あるある情報のプチ自慢で誤魔化しても無駄です。
研究・試験レベルではなく広く一般に普及し使用されている
一例を示したまでです。
「自慢」とする根拠は推察しかねます。

>「法を順守しようとする人」として十分であると、小生は指摘しています。
十分でない事を前提にしている私の「定義」を改変したと今表明されたのですから、
当初のご批判は不適切であったとお認めください。

「空気抵抗は無視してよい」とする物理のテストの結果が0点だからといって、
「現実じゃ有り得ない」と駄々をこねた所で、点数は変わりません。

貴方の仰る「一般に通用する言葉としての『法を順守する人』」について、
双方の認識の違いを検証していくのは、貴方が誤りを認めた後の事です。
まだ分かりませんか?


>『車道利用が法律で定められているのは、法の不備だから』 という理由で、
>クラクションを鳴らしているのか、「危険を防止するためやむを得ないとき」に
>該当するということでクラクションを鳴らしているのかなど誰にも分からないことですよね。

ご指摘の文章の趣旨は「クラクション“使用者”幅寄せ“行為者”に対してのお願い」です。
よくお読みになって下さい。

それとも、貴方はクラクション・幅寄せを行使する時、その使用事由を認識せずに使用しているのでしょうか?
そのレベルの意識障害のある方はそもそも免許取得が困難だと思いますが…。


>MINELさんが言及しようがしまいが、無用な「幅寄せ」は危険極まりないでしょう。
「義務履行者へ、その義務を制定している法に対する批判として、
クラクション等を使用しても根本的な解決になりません(お門違い)」
という趣旨で私が書いた「お門違い」という言葉を流用し、

世捨人さん=法を犯していないと思われる人物
クラクションetc=適切な利用も含まれ得る
との前提の下、
「①法を犯していないと思われる人物に対し、②適切な利用か不明な事柄を、③批判する行為」
を私(MINEL)が行っている」として、「お門違いは貴方の方でしたね」
とのご指摘でしたので、

②において、「不適切な利用に対象を限定しています。」
つまりは、止む終えない幅寄せ等々含まれる、幅寄せ行為そのものの危険性に関して「言及していません」
を主張しました。

過度な幅寄せは危険と認識しておりますが、その事と関係なく
貴方の本ご指摘は不適当です。
「お門違い」との、お門違いなご批判に対する謝罪を要求するところです。


>真の理想とされている筈はありません。大丈夫ですよね。
「はずはない」という根拠に乏しい貴方の独善的発想に基づいた、
お門違いなご批判をいつまで継続されるおつもりですか?


>車道も歩道も自由自在に勝手気ままに通行する蝙蝠(こうもり)野郎の小生にとっても
>現状は十分に理想郷です。
貴方の認識において、貴方は「情けない存在」であるという事ですね。
私の認識ではありませんよ。あなたのお書きになった内容がその事を示しているのです。

>偏狭な特急自転車乗りに対して、ちょっと違うでしょうと指摘する努力を積み重ねているところです。
理想と逆行する結果を招くのでしょうから、お控えになる事をお勧めいたします。


>ちゃん、ちゃん。
語彙力をお鍛え下さい。

>車道上の最弱者であり、かつ、歩道・生活道路上の最強者である自転車乗りは、ただただ、車道左端通行するだけで十分であり、自分の身は自分で守ることに徹すれば、傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火、
>信号無視等々のルールは、順守しようがしまいが構わない、というレベルまで一致している
>とは思われませんでしたので、
>見識の一致をみることが出来、嬉しく思います。

貴方は契約締結後、その契約書に相手の同意を得ずに好き勝手に文章を追加しても、
それが有効であるとお考えなのですね。

| MINEL | 2014/01/18 19:16 | URL |

MINELさん| 2014/01/17 23:27 |へ

>>MINELさんが道路交通法を守っているかどうかなど、何ら問題としていません。
>指摘行為が趣旨と矛盾したからといって、正当性には影響を与えませんよね。

指摘行為と趣旨が矛盾しているということは、どちらかが正当でないということでしょう。

>大丈夫ですか?貴方自身が「主張すれば即ち主張趣旨と反する結果を生む」と仰ったのですから、つまり、貴方が何を問題として、何を指摘して、それがどういう目的や理想を掲げていたとしても、私に向かって、今まさにやっておられるように、アレヤコレヤ書く事は、貴方の「理想≒目的、論調(こうやって同列に扱うのも、あなたの認識においてOK)」と反する結果を生みます。

小生の理想≒目的、論調は、MINELさん(他、多くの特急自転車乗りの閲覧者)に、「守るべき現行法としては、自転車乗りは車道左端通行を実践するだけで十分であり、傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火などふらふらとその場で止まれるスピードしか出さない(出せない)ママチャリについて、アレヤコレヤいうのもお門違いです。」(by | ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/13 23:24)をご理解頂くことです。

ちゃん、ちゃん。

>貴方が時間をかけて一生懸命書かれた内容は全て、その主張趣旨と反する結果を生みます。と貴方自身が仰っているのです。

小生は、そんなに難しいことは言ってませんよ。
普通の日本語として素直に十分に読み取れるレベルだと思いますよ。

>したがって、如何なる文章を書いてよこそうとも、貴方のお書きになる文章については、その文意を汲みとり検証をするまでも無く、初めから、つまりは「書いた瞬間に正当性は皆無」です。文章での殴り合いにおいて、これほど不利な状況は中々お目に掛れません。

正当性は多くの閲覧者が決めることです。
そして、多くの特急自転車乗りには、文意を汲みとり検証するまでも無く、容易に理解出来ることです。
広く公開されたネット上での普通の日本語を使ってのやり取りですので、コミュニケーションとして、何ら有利・不利はありません。

>この様に「定義」を無視すると話になりませんよね。 だから、この議論は本質的に「貴方の実感含め実際の交通事情など関係なく、ブログコメント内で完結している問題なのです」、 「間違いをお認めになった後で、細かな認識の違いを検証しましょう」と書いたではありませんか。

貴方の理想の定義など無視することで、結果として小生の理想と逆行するかどうかは別にして、正に、「お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます」、これだけで小生にとっては、これだけで十分です。
>-------------------------------------------------------------------------------- ・私自身の理想を明らかにしていないのにもかかわらず私の文章への「理想と逆行する」とのご批判  ・合法行為への批判で「も」なければ、違反者への批判ですらない「私の」文章 「ここで『法を順守しようとする人』とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。 」に対して、「法律への不満を現行法の義務履行者にぶつけても逆効果」という趣旨(定義)で書かれた文章「現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、 お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。 」を「とにかく一つでも重要な法を守っている他人に向かって、『何か意見すること』は、それがどんな内容であっても、お門違いで、無意味どころか対立心を生み、理想と逆行する」に勝手に再定義しなおし、 さも「私(MINEL)の主張が自己矛盾している」と言わんばかりのご指摘-------------------------------------------------------------------------------- は明確に不適切ですから、ご訂正ください。

車道左端通行の重要性、スピードの危険性をこのブログを閲覧している数多くの特急自転車乗りの方々にご理解頂くためには適切であったかと思います。

>私の主張内容に対し「実感と違う」と主張する貴方の心理は良く理解しておりますが、貴方は、実際の交通事情に関して議論をする前段階にすら立てていないのです。返答があるのは私(MINEL)のサービス精神の賜物だと、そろそろお気づきになられても良い頃です。

別段、サービス精神などで返答頂く必要は全くありません。
(特急)自転車乗りに求めれられることは、ただただ、車道左端通行をふらつかずにしっかり前を向いて通行するだけです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/20 15:25 | URL |

MINELさん| 2014/01/18 19:16 | URL |へ

>>変な予防線を張らなくても閲覧者が判断しますのでご安心下さい。
>「閲覧者が判断するからご安心」なら、閲覧者である私からの指摘に対して「反論ではありません」と書かねばならなかった当時の貴方の心理状態はご指摘内容と矛盾します。

文脈から判断して、反論でもコメントでも同義語ということで、小生は全く構いません。

>>仰るとおり、全く読むに値しないやり取りでした。
>つまり、「相手の主張内容を把握せずに反論を行っていた」貴方の文章は読むに値しない物だと、貴方自身が認識されていたという事ですね。そのような物、いわば「汚物」をわざわざ他人の目に触れさせる貴方の心理は、私の理解の範疇を超えます。

広く開かれたネット上の議論では、表現された「文言」が全てです。
今回引用したMINELさんの主張「ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。」(by MINELさん| 2014/01/12 12:59)に対して、ちょっと違うんじゃないかなと思い、ご指摘させて頂いたものです。
ご指摘するにあたって、「現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。」というピッタリの文言をMINELさんの主張の中に存在したというだけのことです。
MINELさんの文言で足りない部分の理解を促すために、「守るべき現行法としては、自転車乗りは車道左端通行を実践するだけで十分です。 傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火などふらふらとその場で止まれるスピードしか出さない(出せない)ママチャリについて、アレヤコレヤいうのもお門違いですね。ちゃん、ちゃん。」という小生の文言を追記したものです。
MINELさんのご理解の範疇を超えるかどうかは、小生の理解の範疇を超えますので、残念ですが、仕方ありません。
MINELさん以外の数多くの(特急)自転車乗りの閲覧者にご理解頂ければ、十分です。

>>「車道左端通行を実践するだけで十分です。」と結論をお伝えしています。
>これに対する返答は、貴方が改めてお書きになる以前に返答済みです。しっかりとお読みください。

ご理解の範疇を超えていたようですので、重ねて、お伝えしているものです。
改めて、理解を深めた上でのご返答を頂ければ幸いです。

>>物理や数学などきちんと「定義付け」された問題は普通に解いていましたよ。
>であれば、私への反論も「普通に」行ってください。「定義自体がマズい(用いる言葉が不適で誤解を生みやすい)」という趣旨で今更のご批判は、ご遠慮ください。

今更ですが、仰るとおり、「定義」自体が読むに値しません。
ちゃん、ちゃん。

>貴方は誤解に基づいた批判をし、そして、「誤解を解こうとする私の主張」を無視する形で議論がゴリ押し継続されております。

読むに値しないのですから、やむを得ません。

>>反論でも別段、構いません。MINELさんがどのような定義づけをしようが、MINELさんの勝手です。 小生は、普通の日本語で、自転車乗りの実感とは違いますよと指摘しているまでです。
>自分で考案した文章によって指摘ではなく、「MINELさんの文章を用いての反論」でしょう。であるから、私の「定義」はお守りください。貴方が(一般に用いる言葉として)言葉を再定義したのであれば、それはもはや私の書いた文章ではありませんから、ご指摘行為自体が不適当です。

再定義などと難しいことを言うつもりはありません。
小生が書いた(コピーした)文章(指摘内容)に何ら不適当なところはありませんよ。
ちゃん、ちゃん。

>また、 普通の日本語として「自転車乗りの実感」という言葉を使用したのであれば、その中には、私(MINEL)の、つまりは「貴方の実感」とは異なる「実感」も含まれるため、それを「違います」とは表現として矛盾します。もちろん「普通の日本語」が貴方の定義に依るものであれば、矛盾はしないのでしょうが…

小生が殊更、定義するまでもなく普通の日本語で表現することで、何ら矛盾はありません。

>いずれにせよ「どの様な意味でその言葉を用いているか」は重要であり、好き勝手な解釈による批判(マッチポンプ行為)は議論において許されない事を 貴方自身認識されているという事ですね。

ネット上の議論では、文言の意味内容が重要だからこそ、様々な解釈がありえる文言について、議論を展開して認識を一致させるということでしょう。


>>貴重なコメントかどうかは、多くの(?)閲覧者が判断することです。
>わざわざ「貴重」と記述した上で自ら疑問符を付けねばならない程度のコメントであった事実に何ら変わりありませんね。

多くの(?)閲覧者が納得するコメントは、平凡な(?)コメントということになりますので、貴重な(?)コメントは、世の中に受け入れられていない賛同者の少ない(?)・実現可能性の低い(?)コメントとも言えます。
小生が、貴重な(?)とした事実には何ら変わりませんし、問題もありません。

>>小生の指摘は、道路交通法に定められているルールにも軽重があり、自転車乗りは車道左端通行を守っていれば、十分だということです。ご理解いただけますか?
>「現行法は車道通行を是としている」という点では貴方と私の主張は初めから一致していますが、それ以上の同意を求めるのであれば、その行為が「何にとって十分なのか」をご明記ください。

「現行法は車道通行を是としている」というレベルでは全く不十分です。

車道上の最弱者であり歩道上の最強者となる自転車乗りは、法律うんぬん以前に「自分の身は自分で守る」という行動を取らざるを得ず、道路交通法で守るべきルールは「車道左端通行」位のものとなり、「自転車乗りは車道左側通行を守っていれば、十分だということです。」となります。
さて、どうでしょう。
MINELさんの主張と一致していますか?

>「車道左端通行を行う事について」という不誠実な回答をよこすのであれば、「自転車に乗る技術がまず必要です」という実に低レベルな議論を展開する事になりますので お控えください。

低レベルなコメントはお控え下さい。

>ただし、これらは「貴方の“当初の指摘”が誤りであったことを認めた後」でなければ、なりません。でなければ、「貴方の望む『ご理解いただく』とは逆行する結果を生みます。」

意味不明です。
残念ながら、小生の“当初の指摘”に何ら誤りはありません。
さて、どのような結果が生じるのでしょうか、楽しみです。

>>言葉の定義をどうこうする必要はありません。
>必要性について言及しておりません。言葉の意味を教えて差し上げるとともに、ごまかし行為でない事を説明したのです。誤解が解けたのであれば、謝罪するのが筋でしょう。

意味不明です。
結局、「思想統一」などと難しい言葉を使って、必要のない言葉の意味の説明などを行うことで誤魔化しているということでしょう。
繰り返しとなりますが、
心根に何をもっていようが、自転車は車道左端を通行するものです。
また、思想統一などと難しい言葉で誤魔化す必要はありません。
道路交通法で定められていることですので、車道左端通行を拒否することは出来ません。

>>小生は、皆様に自転車の良い所に気付いていただく手助けをしているようなところです。
>貴方の認識に依れば、「それらの行為はその趣旨と逆向する結果を生む」のですから、お控えになる事をお勧めいたします。

またまた、意味不明です。
自転車乗りは、ただただ、車道左端通行をするだけで、十分です。

>>それは失礼しました。
>全ての論争は貴方の誤解により始まっております。

傘差し、携帯ながら等々の安全運転義務に違反する曲芸でも、その場で止まれるようなスピードで安全に運転出来ている限り、何ら危険性はないとでもしておきましょう。

>>その場で止まれるようなスピードで事故を起こす危険性のない行為は、何ら問題ありません、ということです。
>「事故を誘発する危険性のある曲芸行為には問題がある」と認識されているという事で宜しいですね。

程度問題であり、結果論です。
残念ながら事故を惹起した曲芸は危険性があったということです。
ちなみに、「転倒」は「事故」とは言いません。

>>自転車は、幼い子供が公園で何度も「転倒」しながら練習して乗れるようになるものです。
>すぐ乗れる人間もいます。大人になって初めて乗る方もおられます。人生で一度も転倒していないと豪語する人間もいます。が、本題ではありませんね。「幼い子供が公園で何度も『転倒事故』を体験しながら、徐々に乗れるようになるものだ。」“表現として”何ら違和感を覚えません。

言葉の定義の問題ではなく、日本語能力・感受性の問題でしょう。

>>自転車に「転倒」はつきものであり、
>「自転車に『転倒事故』はつきもの」こちらも言葉の表現としては何ら違和感を覚えません。

これまた、こじ付けでしかありません。

>>「事故」に包括されるようなものではありません。
>貴方は私の「認識」に関して反論しております。そして私は「思想統一は拒否します」と何度も申し上げております。

二度もこじ付けた上で、またまた「思想統一」ですか。
小生は、MINELさんの「認識」が誤っている、普通と異なっている、自転車乗りの実感と相違している、ちょっと違いますよ、とお伝えしています。
受け入れるか、拒否するかどうかはMINELさん次第です。
小生はどちらでも構いません。

>貴方と私の考えは違うのです。貴方の思想を表明するにあたって断言する事を避けてください。 「~と考えています」と「~である」には雲泥の違いがある事を理解して下さい。

それぞれの考え方・認識が違うのは当然のことです。
違うからこそ、小生は、あなたの考え方・認識は違います。とお伝えしているのです。
違いを受け入れるかどうかは、MINELさんご自身が決めることです。
小生には、興味も関心もありません。
しかし、どんな心根であろうと、自転車は車道左端を通行しなければならないものです。
自転車は車道左端通行することで十分なのです。

>>まあ、傘差し、携帯ながら、酒気帯び等のその場で止まれるようなスピードのふらふら自転車は片足を付いて止まりますので、多くは転倒までは至りませんね。
>その行為が転倒の可能性を増やす事を貴方自身が認識されているという事で宜しいですね。

何ら問題ありません。程度問題です。
少なくとも30~40キロのスピードで疾走中に特急自転車乗りが傘差し、携帯ながら等々の行為を行うことは出来ません。

>>「転倒」が「事故」に包摂されると認識されているとすれば、 それはスピード(の恐怖)が重なっているからでしょう。
>転倒が実際にどのようにして起こるのかを、私自身の経験に基づいた「事故」の定義と照らし合わせた結果です。また、私の経験則だけでなく、広く一般に通ずる「事故」の定義として、広辞苑を参照し、「経験則」が何ら矛盾しない事を確認しております。ここで言う「転倒」は、“予期しない物”である事が明白ですから、例えば、マットの上等で行う「転倒練習」による、意図的な転倒は私の認識において「事故」ではありません。同時に、例え「転倒練習中」であっても、「転倒」が行為者の予期しないタイミング、状況で起きたのであれば、事故であると認識しております。

ご苦労様です。
二輪車である自転車の転倒は十分に予期出来るものです。
ことに、ふらふらとその場で止まれるスピードしか出せない(出さない)傘差し、携帯ながら等々の自転車は、転倒の危険性は十分に予期しているものです。
一方、サイコンやミラーに気を取られるということは、その特急自転車乗りが転倒の危険性を予期していないことの証拠です。
30~40キロのスピードで転倒すれば、それは即ち、(自損)事故でしょう。
転倒と事故を混同するということで、スピードの危険性についての認識不足も明らかとなりましたね。
ちゃん、ちゃん。

>>ブレーキ自慢の特急乗りが転倒して(自損)事故自慢で損害保険を付保の話題で盛り上がるのは、スピードの出し過ぎが原因です。
>私の認識の如何とは全く無関係の事柄です。自ら始めた議論の議題を本筋から反らす行為は厳に慎んでください。

転倒と事故の違いをご理解頂くのに、丁度良い議題かと思います。
別に、無理して反論頂く必要はありません。

>>「上手く曲乗り出来なければ、転倒してしまうという安全装置が付いているところも自転車の良い所です。」という小生のコメントに対して、反論出来ずに
>「安全装置と呼ぶにはいささか乱暴に思います。」と単に同意できない旨を表明した私の文章に対して、その文に反論することなく、「あれあれ」などと過剰な感嘆詞とともに「世捨人さんの主張に似てきた」と、私及び世捨人さん双方を蔑視しているともとれるある意味で「負け犬の遠吠え的批判文」を頂いたので、世捨人さんの主張を尊重しつつ、私の言葉での行為と彼の主張の違いを改めて表現したのです。「安全装置」の認識に関しての議論は既に終了しております。以上の事から「言葉遊びで誤魔化しを試みたのは、マッチポンパーさんである」と認識しております。

面倒臭いですが、再度、掲載します。
「安全装置と呼ぶにはいささか乱暴に思います。」と単に同意できない旨を表明した私の文章に対しては、以下のとおり明確に否定しています。
随分と認識が異なりますね。
「転倒」と「事故」は、明らかに文言が違います。
MINELさんの認識は明らかに間違っています。
しっかりして下さい。
自転車は、家族などに支えられながら、何度も「転倒」しながら上手く乗れるようになるものです。
自転車運転自体が曲芸みたいなものですね。
また、「私なら、上手く曲乗りできなくとも転倒しない転倒防止装置・・・それを安全装置と呼びたいと思います。 」という言葉遊びに対しては、
まあ、目立ちたがり屋が多い特急自転車乗りですので、ご自由にどうぞ。
と小生の認識を示して、終了しています。
どうぞご自由に。
ちゃん、ちゃん。

>>しっかりして下さい。
>反論と人格攻撃の違いについて認識されることをお勧めいたします。

「しっかりして下さい。」が気に障るようでしたら、「頑張って下さい。」でも構いません。

>>あるある情報のプチ自慢で誤魔化しても無駄です。
>研究・試験レベルではなく広く一般に普及し使用されている一例を示したまでです。「自慢」とする根拠は推察しかねます。

別段、構いません。
やはり、無駄な誤魔化しでしたね。

>>「法を順守しようとする人」として十分であると、小生は指摘しています。
>十分でない事を前提にしている私の「定義」を改変したと今表明されたのですから、当初のご批判は不適切であったとお認めください。「空気抵抗は無視してよい」とする物理のテストの結果が0点だからといって、「現実じゃ有り得ない」と駄々をこねた所で、点数は変わりません。

MINELさんの「定義」など小生は全く問題としていません。
自転車乗りは車道左端通行をするだけで十分であると指摘しています。

>貴方の仰る「一般に通用する言葉としての『法を順守する人』」について、双方の認識の違いを検証していくのは、貴方が誤りを認めた後の事です。 まだ分かりませんか?

小生の指摘に何ら誤りはありません。
頑張って下さい。

>>『車道利用が法律で定められているのは、法の不備だから』 という理由で、クラクションを鳴らしているのか、「危険を防止するためやむを得ないとき」に該当するということでクラクションを鳴らしているのかなど誰にも分からないことですよね。
>ご指摘の文章の趣旨は「クラクション“使用者”幅寄せ“行為者”に対してのお願い」です。よくお読みになって下さい。 それとも、貴方はクラクション・幅寄せを行使する時、その使用事由を認識せずに使用しているのでしょうか?そのレベルの意識障害のある方はそもそも免許取得が困難だと思いますが…。
反論になっていません。
頑張って下さい。

>>MINELさんが言及しようがしまいが、無用な「幅寄せ」は危険極まりないでしょう。>「義務履行者へ、その義務を制定している法に対する批判として、クラクション等を使用しても根本的な解決になりません(お門違い)」という趣旨で私が書いた「お門違い」という言葉を流用し、世捨人さん=法を犯していないと思われる人物 クラクションetc=適切な利用も含まれ得る との前提の下、 「①法を犯していないと思われる人物に対し、②適切な利用か不明な事柄を、③批判する行為」を私(MINEL)が行っている」として、「お門違いは貴方の方でしたね」 とのご指摘でしたので、②において、「不適切な利用に対象を限定しています。」 つまりは、止む終えない幅寄せ等々含まれる、幅寄せ行為そのものの危険性に関して「言及していません」 を主張しました。過度な幅寄せは危険と認識しておりますが、その事と関係なく貴方の本ご指摘は不適当です。「お門違い」との、お門違いなご批判に対する謝罪を要求するところです。

難しい論法ですが、そもそも「世捨人さん=法を犯していないと思われる人物」という前提が違います。
世捨人さんの心根は、違法なクラクションも幅寄せも犯していると思われる人物です。
「お門違い」は普通の日本語であり、MINELさんのものではありません。
単に韻を踏んだだけのことで、危険極まりない「幅寄せ」だと謝罪要求されても、それこそ、「お門違い」でしょう。
ちゃん、ちゃん。

>>真の理想とされている筈はありません。大丈夫ですよね。
>「はずはない」という根拠に乏しい貴方の独善的発想に基づいた、お門違いなご批判をいつまで継続されるおつもりですか?

「自転車乗りに対する規制強化、自転車道への封じ込め」を、真の理想とされているのであれば、随分と間抜けな方だなあと心配になりました。
大丈夫ですよね。

>>車道も歩道も自由自在に勝手気ままに通行する蝙蝠(こうもり)野郎の小生にとっても現状は十分に理想郷です。
>貴方の認識において、貴方は「情けない存在」であるという事ですね。 私の認識ではありませんよ。あなたのお書きになった内容がその事を示しているのです。

仰るとおり、蟷螂(かまきり)が斧を振り上げている程度のものです。

>>偏狭な特急自転車乗りに対して、ちょっと違うでしょうと指摘する努力を積み重ねているところです。
>理想と逆行する結果を招くのでしょうから、お控えになる事をお勧めいたします。

頭の悪い幼子を躾けるのは親の責任です。

>>ちゃん、ちゃん。
>語彙力をお鍛え下さい。

カーーン(パクリ)

>>車道上の最弱者であり、かつ、歩道・生活道路上の最強者である自転車乗りは、ただただ、車道左端通行するだけで十分であり、自分の身は自分で守ることに徹すれば、傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火、信号無視等々のルールは、順守しようがしまいが構わない、というレベルまで一致しているとは思われませんでしたので、見識の一致をみることが出来、嬉しく思います。
>貴方は契約締結後、その契約書に相手の同意を得ずに好き勝手に文章を追加しても、それが有効であるとお考えなのですね。

あれ、これまでの長い長い契約交渉の中で十分に契約内容は詰めてきましたよね。
今更、契約を破棄するということでしたら、損害賠償請求ものですよ。
しっかりして下さい。
ちゃん、ちゃん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/20 20:34 | URL |

>言葉の定義の問題ではなく、日本語能力・感受性の問題でしょう。

これは自虐ですか?自虐としてはとても秀逸であると言わざるを得ませんね。




まだ分かってないようでしたら、実例をどうぞ。

M「赤い太陽が見えたら起こしてください。言っておきますけど、赤い太陽というのは、夕日のことではありませんよ。」

T「なに言ってんだ、夕日だって赤いじゃねーかよ、バカヤロー」

| ず | 2014/01/21 00:45 | URL |

ずさん| 2014/01/21 00:45 |へ

>>言葉の定義の問題ではなく、日本語能力・感受性の問題でしょう。
>これは自虐ですか?自虐としてはとても秀逸であると言わざるを得ませんね。 まだ分かってないようでしたら、実例をどうぞ。 M「赤い太陽が見えたら起こしてください。言っておきますけど、赤い太陽というのは、夕日のことではありませんよ。」T「なに言ってんだ、夕日だって赤いじゃねーかよ、バカヤロー」

違います。
実例は以下のとおりです。
M「ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。」

T「現行法を守って(車道左端通行して)いる自転車のライダーに向かってアレヤコレヤ(自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出るなどと)いうのは、お門違いで、無意味どころか(ふらふらママチャリ族と特急自転車乗りとの間で自転車乗り同士の)対立心を生むだけ貴方の理想(自転車利用の裾野拡大、世の中での自転車の交通機関としての認知向上、良好な自転車通行空間の整備等々)と逆向する結果を生みます。守るべき現行法としては、自転車乗りは車道左端通行を実践するだけで十分です。傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火などふらふらとその場で止まれるスピードしか出さない(出せない)ママチャリについて、アレヤコレヤいうのもお門違いですね。ちゃん、ちゃん。 」

しっかりして下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/21 08:52 | URL |

客観的に言わせていただくと「ちゃんちゃん」などと、意味のない煽りを援用しなくてはならないほど脆弱な論をこねてる方が、負けです。

| 冷静君 | 2014/01/21 09:01 | URL |

冷静君さん| 2014/01/21 09:01 |へ

>客観的に言わせていただくと「ちゃんちゃん」などと、意味のない煽りを援用しなくてはならないほど脆弱な論をこねてる方が、負けです。

以後、気を付けます。

ちん、ちん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/21 09:04 | URL |

>ときどきオアゾツーキニストさん

もともとのMINELさんの発現内容は下記のとおりです。

自転車に車道を走らせようとする法の意図、
および「法を順守しようとする人」の志をくみ取ってください。

ここで「法を順守しようとする人」とは、
自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、
身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。


意図的にかどうかは知りませんが、最初の「自転車に~汲み取ってください」を省略しては意味がまるっきり変わってしまいます。いつもの悪い癖がでていますね。MINELさん発言の後半部分は、前半部分で述べた志を汲むべく対象について説明する文章に過ぎません。それを一般に「法を順守しようとする人」について述べているものだという解釈は成り立ち得ません。丁寧に「ここで」と限定するような言辞がわざわざ加えられている意味をよく考えましょう。この文章はそもそも、「身勝手な自転車乗り」に対する批判ではないんですね。

私はここでは第三者なので、あなたに対して個人的な攻撃を加える意図はありません。単純に日本語の解釈を間違えているので、それを指摘しているにすぎません。真摯な対応を求めます。

| ず | 2014/01/21 09:58 | URL |

散文ですが,私の気持ちが伝われば言いなぁと思います.

~~
| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/17 19:15 | URL | さんへ
>指摘行為が趣旨と矛盾したからといって、正当性には影響を与えませんよね。

少し前のコメントからの引用ですが,私はこの文章から,貴方がダブルスタンダードを認めた,と読み取りました.
そして,振り上げた拳を降ろせない状態に陥っているように見えます.
ともあれ,外見だけでも理論的に通っている反論を用意しないと,あまりにもみっともないように感じます.



~~
MINEL 氏,ず 氏

某氏に対して,私は過去に「意見が違うよね」と言いきり放置しました.
それに比べてお二方は某氏に対して丁寧に返答しており,その姿勢に敬意を表します.
コメントを打つことだけでも時間がかかると言うのに,お疲れ様です.


私は現在,この掲示板に意見を書きこむ気が起きません.
理由は以下の通りです.
 ①世捨人さんに対して道路交通の安全に関するコメントをしても,丁寧な意見が一度も帰って来た事がないので,無駄と感じている.
 ②掲示板を活況にしたくない.
 ③世捨人さんの論理構築が社会的に受け入れがたい事を,すでに多くの方が指摘済みである.



私は「MINEL氏 ず 氏 の意見のほうが,某氏の意見よりも賛同できる点が多い」と何度もコメントしたくなりましたが,②の理由からコメントを控えておりました.
またコメントしたならば,そう感じた具体的な理由を説明できるとも思います.

ただし,私が上記のようなコメントをしたとしても,某氏は「読者がMINEL氏・ず氏の意見を支持しているから,私は意見を変えよう」と感じることはないと思います.
それどころか,彼は「MINEL氏・ず氏側の支持は1人であり,意見表明をしていない他の読者全てが私を支持している」とさえ言いかねない方だとと思います.

(※2014年1月20日の閲覧者数は389人(日本人のうち,0.000003%)で,そのうち「こじま」「冷静君」の2人がMINEL氏の支持を表明し,残りの385人(MINEL氏,某氏を除きました)は支持不明です.)

以上より,某氏に対してのコメント行為が,徒労に終わってしまっていると感じていますし,また適切なコメントができる能力をお持ちの二人が彼に対して自由時間を割く必要が無いと感じています.




~~
冷静君 氏

冷静君 氏 のコメントが,私のコメントをしようとする気持ちを高めてくれました.
しかし,某氏のコメントを見るに,彼は冷静君 氏 の発言意図をまったく汲み取る気はなく,記述内容をそのまま反映する事しかしていないようです.

| こじま | 2014/01/21 10:40 | URL | ≫ EDIT

ずさん| 2014/01/21 09:58 |へ

>もともとのMINELさんの発現内容は下記のとおりです。 自転車に車道を走らせようとする法の意図、 および「法を順守しようとする人」の志をくみ取ってください。ここで「法を順守しようとする人」とは、 自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。 意図的にかどうかは知りませんが、最初の「自転車に~汲み取ってください」を省略しては意味がまるっきり変わってしまいます。いつもの悪い癖がでていますね。MINELさん発言の後半部分は、前半部分で述べた志を汲むべく対象について説明する文章に過ぎません。それを一般に「法を順守しようとする人」について述べているものだという解釈は成り立ち得ません。丁寧に「ここで」と限定するような言辞がわざわざ加えられている意味をよく考えましょう。この文章はそもそも、「身勝手な自転車乗り」に対する批判ではないんですね。私はここでは第三者なので、あなたに対して個人的な攻撃を加える意図はありません。単純に日本語の解釈を間違えているので、それを指摘しているにすぎません。真摯な対応を求めます。

岡目八目でも届かない位に情けない反論ですね。
自転車で車道左端を通行することは、汲み取るような志など全く必要のないことです。
また、法律は自転車に車道を走らせようと意図しているものではない、車道を通行しなければならないと義務付けしているのです。
そして、法律で左側通行・左寄り通行・左端通行が定められていることにより、車道左端は自転車にとって最も通行しやすい空間となっており、自転車乗りは、法を順守しようとしなくても、当たり前に左端通行することとなっているのです。
(特急)自転車乗りに求められることは、ただただ、車道左端を通行するだけで十分であり、汲み取る志など全く必要ありません。
本当に志があるのであれば、平日も休日も自らの「円滑」と「安全」を犠牲にしてでも、特急自転車をママチャリや通勤・通学用軽快車に乗り換えて、ママチャリ族や通勤・通学族・買い物族の車道左端通行の手本となり、自転車利用の裾野を拡大し、交通手段としての自転車の地位向上に努めることです。
小生が汲み取ったとおり、MINELさんにはそこまでの志はないそうです。
ということで、小生は、最初の「自転車に~汲み取ってください」は、M意図的に省略したものです。
省略には省略の意味があるということをしっかりと汲み取って下さい。
そして、どんなに身勝手な行動であろうとも。それが自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざすものであっても、車道左端通行をするのであれば、自転車乗りとしてはそれだけで十分であり、何ら問題とすることもないということです。
車道左端通行という法を順守しようとする人について、限定する必要は全くないということです。

自転車が車道左端通行することについて、MINELさんの発現内容に、特急自転車乗り特有の東南さん並みの先駆者気取りの臭いがプンプンしてましたので、ちょっと違うでしょうと真摯な対応をしたものです。

よろしいでしょうか。

ちん、ちん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/21 11:09 | URL |

こじまさん| 2014/01/21 10:40 |へ

>散文ですが,私の気持ちが伝われば言いなぁと思います.

あれあれ、お久しぶりですね。
岡目八目が十六目になれば良いですね。

>>指摘行為が趣旨と矛盾したからといって、正当性には影響を与えませんよね。
>少し前のコメントからの引用ですが,私はこの文章から,貴方がダブルスタンダードを認めた,と読み取りました.そして,振り上げた拳を降ろせない状態に陥っているように見えます.ともあれ,外見だけでも理論的に通っている反論を用意しないと,あまりにもみっともないように感じます.

今回のずさん| 2014/01/21 09:58 |への回答(byときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/21 11:09 )をお読み頂いた上で、なおもご理解頂けないということであれば、再度、お問い合わせ下さい。

>某氏に対して,私は過去に「意見が違うよね」と言いきり放置しました.

違うでしょう。
こじまさんのコメントを無視して放置しているのは、小生だと思いますよ。
別に構いませんが、しっかりして下さい。

>私は現在,この掲示板に意見を書きこむ気が起きません.理由は以下の通りです.①世捨人さんに対して道路交通の安全に関するコメントをしても,丁寧な意見が一度も帰って来た事がないので,無駄と感じている.②掲示板を活況にしたくない.③世捨人さんの論理構築が社会的に受け入れがたい事を,すでに多くの方が指摘済みである.

違うでしょう。
小生からコテンパンに打ちのめされて、更には無視され、反論出来ないからでしょう。
掲示板のコメント欄とは、結局、無視した者勝ちということですかね。

>私は「MINEL氏 ず 氏 の意見のほうが,某氏の意見よりも賛同できる点が多い」と何度もコメントしたくなりましたが,②の理由からコメントを控えておりました.またコメントしたならば,そう感じた具体的な理由を説明できるとも思います.

控えていたけど、結局、コメントしてしまいました。
やっぱり、あなたの負けです。
ちん、ちん。

>ただし,私が上記のようなコメントをしたとしても,某氏は「読者がMINEL氏・ず氏の意見を支持しているから,私は意見を変えよう」と感じることはないと思います.それどころか,彼は「MINEL氏・ず氏側の支持は1人であり,意見表明をしていない他の読者全てが私を支持している」とさえ言いかねない方だとと思います.(※2014年1月20日の閲覧者数は389人(日本人のうち,0.000003%)で,そのうち「こじま」「冷静君」の2人がMINEL氏の支持を表明し,残りの385人(MINEL氏,某氏を除きました)は支持不明です.)

400名弱もの人がこのやり取りを見て頂いているということですね。
有難いことです。
きっとコアな特急自転車乗りの方々でしょうから、大した影響力だとも思いますよ。
本当の自転車乗りであれば、スピードの危険性などには共感いただけていることでしょう。

>以上より,某氏に対してのコメント行為が,徒労に終わってしまっていると感じていますし,また適切なコメントができる能力をお持ちの二人が彼に対して自由時間を割く必要が無いと感じています.

さて、小生はこじまさんのコメントに丁寧に回答しましたが、どのようなコメントが返ってくるでしょうか。
楽しみです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/21 12:26 | URL |

端的に言えば、MINELさんが【身勝手な自転車乗り】を批判したという事実がないのに、それをでっちあげて批判した理由は【特急自転車乗り特有の先駆者気取りの臭いがプンプンしたから】で良いのですね?

| ず | 2014/01/21 12:26 | URL |

ずさん| 2014/01/21 12:26 |へ

>端的に言えば、MINELさんが【身勝手な自転車乗り】を批判したという事実がないのに、それをでっちあげて批判した理由は【特急自転車乗り特有の先駆者気取りの臭いがプンプンしたから】で良いのですね?

本当に頭の悪い人ですね。

車道左端通行する自転車乗りに【身勝手な自転車乗り】も【特急自転車乗り特有の先駆者気取りの臭いがプンプンする自転車乗り】もありません。

自転車乗りは、ただただ、車道左端を通行すれば、それだけで十分です。

しっかりして下さい。

ちん、ちん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/21 12:36 | URL |

普通の感覚で言いますと、本当に頭の悪い人は、世捨人さんと、常連のもう一人かと、お見受けしました。

| 冷静君 | 2014/01/21 13:37 | URL |

冷静君さん| 2014/01/21 13:37 |へ

>普通の感覚で言いますと、本当に頭の悪い人は、世捨人さんと、常連のもう一人かと、お見受けしました。

ちん、ちん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/21 13:52 | URL |

ちゃんと答えてください。

MINELさんが言っていないことをでっちあげて批判した理由は何ですか?

| ず | 2014/01/21 17:27 | URL |

頭が悪いので、こたえられないそうですよ。
ま、ちんちんぐらいしか返ってこないでしょうね。頭が悪いから。

| 冷静君 | 2014/01/21 18:02 | URL |

ずさん| 2014/01/21 17:27 |へ

>ちゃんと答えてください。MINELさんが言っていないことをでっちあげて批判した理由は何ですか?

あれあれ、でっちあげとは失礼な。

小生は、MINELさんのコメントの文言を「貴方の理想」も含めて忠実にコピー&ペーストしていますよ。

真摯なる謝罪を要求します。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/21 19:38 | URL |

冷静君さん| 2014/01/21 18:02 |へ

>頭が悪いので、こたえられないそうですよ。ま、ちんちんぐらいしか返ってこないでしょうね。頭が悪いから。

流石に「ちん、ちん。」は下品で、堪えきれないですよね。

ちゃん、ちゃん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/21 19:41 | URL |

>あれあれ、でっちあげとは失礼な。

MINELさんは「身勝手な自転車乗り」を批判していません。

それに対してあなたは現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いだとおっしゃっています。

アレヤコレヤ言っていない人物に対して「アレヤコレヤ言った」と勝手に決め付けています。これは非難されても仕方が無い態度です。

アレヤコレヤ言っていない人物に対して「アレヤコレヤ言った」と発言したのはなぜですか?今度こそ、ちゃんと、教えてください。



>小生は、最初の「自転車に~汲み取ってください」は、M意図的に省略したものです。

日本語として「自転車に~汲み取ってください」があるのと無いのとではまるっきり意味が異なります。

このあなたの発言が正しいのであれば、あなたはMINELさんの意図を勝手に読み量り、結果として、意図的にMINELさんの発言の内容を改変したということになります。

他者の発言を勝手に改変し、それをもとに他者を批判するということは言語道断の行為であることは間違いがありません。引き続き真摯な対応を求めます。

| ず | 2014/01/21 20:03 | URL |

ずさん| 2014/01/21 20:03 |へ

>>あれあれ、でっちあげとは失礼な。
>MINELさんは「身勝手な自転車乗り」を批判していません。

本当ですか?

MINELさんに「心根」を聞かないと、ずさんに「思想統一」されたと批判されてしまいますよ。

>それに対してあなたは現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いだとおっしゃっています。アレヤコレヤ言っていない人物に対して「アレヤコレヤ言った」と勝手に決め付けています。これは非難されても仕方が無い態度です。アレヤコレヤ言っていない人物に対して「アレヤコレヤ言った」と発言したのはなぜですか?今度こそ、ちゃんと、教えてください。

MINELさんの「心根」を聞いてからにしましょうか。

ずさんがアレヤコレヤ言っても、お門違いでしょう。

>>小生は、最初の「自転車に~汲み取ってください」は、意図的に省略したものです。
>日本語として「自転車に~汲み取ってください」があるのと無いのとではまるっきり意味が異なります。

汲み取るかどうかは、世捨人さんが決めることで、何ら関係ありません。

小生は、その前提とした「ここで「法を順守しようとする人」とは・・・」に、MINELさんの「心根」が表れているからこそ、ご指摘したまでです。

>このあなたの発言が正しいのであれば、あなたはMINELさんの意図を勝手に読み量り、結果として、意図的にMINELさんの発言の内容を改変したということになります。

行間や言葉遣いも含めて、MINELさんの意図を小生なりに汲み取ったということで、何か問題でもありますか?

また、MINELさんの発言の内容をコピー&ペーストすることは出来ても、ブログの管理人(世捨人さん)でもなければ、改変することは出来ないでしょう。

小生は小生自身のコメントとしてMINELさんの発言の内容をコピー&ペーストさせて頂きました。

何か問題でもありますか?

>他者の発言を勝手に改変し、それをもとに他者を批判するということは言語道断の行為であることは間違いがありません。引き続き真摯な対応を求めます。

あらあら、今度は「言語道断」ですか。

偏狭な特急自転車乗りの方々は難しげな四字熟語が本当に好きですね。

広く公開されたブログのコメント欄で意見交換する中で、立場が弱くなると「批判された」という情けない泣き言になるという訳ですね。

その上で、まるで当たり屋のごとく、被害者面して「真摯な対応」などと強気に出るということですか。

一方通行路の側道でコンクリートの壁際に横断するよりも危険ですね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/21 21:05 | URL |

>MINELさんに「心根」を聞かないと

残念ながら、その言い逃れはすでにできません。確かに、MINELさんが、傘差し、携帯ながらなどの現行法上違反とされる自転車運転に関して批判的な意見を持っているかも知れませんが。ここのコメント欄でそれを主張している訳ではないことは事実です。

合法行為への批判でなければ、違反者への批判ですらない文章に対して、

MINELさんご本人の発言からの引用ですが、これを見れば、MINELさんが「身勝手な自転車乗り」に対する批判を意図した訳ではないことは明らかでしょう。ここまではっきり書いてなければ私だってアレヤコレヤ言いません。


>改変することは出来ないでしょう。

発言自体を改変したとは言っていません。発言内容(発言の意味する所)を改変したと言っています。意図的に発言の一部を省略することによって、発言内容がまるっきり変わってしまっていることを指しています。これを内容の改変・改竄といわずして、何と言えば良いのでしょうか?


>MINELさんの「心根」が表れているからこそ、ご指摘したまでです。

その可能性は否定しません。ですが、MINELさんが「身勝手な自転車乗り」に対してアレヤコレヤ言っていないことは事実ですので、あなたが事実無根の批判を繰り広げているということにはまったく変わりはありません。


>意図を小生なりに汲み取ったということで、何か問題でもありますか?

まったく問題ありません。問題なのは、汲み取り方の間違いを本人に指摘されても、訂正せず、批判を続けるその一点に尽きます。勘違いであれば、そう言えばそれで済むことと思います。


>立場が弱くなると「批判された」という情けない泣き言になるという訳ですね。

自分の心情を解説されても困ります。


では、引き続き真摯な対応を強く求めます。

| ず | 2014/01/21 21:29 | URL |

ずさん| 2014/01/21 21:29 |へ

>>MINELさんに「心根」を聞かないと
>残念ながら、その言い逃れはすでにできません。確かに、MINELさんが、傘差し、携帯ながらなどの現行法上違反とされる自転車運転に関して批判的な意見を持っているかも知れませんが。ここのコメント欄でそれを主張している訳ではないことは事実です。「合法行為への批判でなければ、違反者への批判ですらない文章に対して、」MINELさんご本人の発言からの引用ですが、これを見れば、MINELさんが「身勝手な自転車乗り」に対する批判を意図した訳ではないことは明らかでしょう。ここまではっきり書いてなければ私だってアレヤコレヤ言いません。

では、MINELさんに「心根」と相違した場合はずさんの責任ということで。

「自転車に車道を走らせようとする法の意図、および「法を順守しようとする人」の志をくみ取ってください。」ということで、「法を順守しようとする人」にプラスの評価を与えています。
「ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。」ということで、「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗り」はプラスの評価である「法を順守しようとする人」ではない、即ち、マイナスの評価あると「批判」しています。

単純なことです。

MINELさんは「身勝手な自転車乗り」を批判しています。

普通の日本語であり、普通の感覚だと思いますよ。

>>改変することは出来ないでしょう。
>発言自体を改変したとは言っていません。発言内容(発言の意味する所)を改変したと言っています。意図的に発言の一部を省略することによって、発言内容がまるっきり変わってしまっていることを指しています。これを内容の改変・改竄といわずして、何と言えば良いのでしょうか?

ご心配されずとも、MINELさんの発言自体も発言内容(発言の意味する所)もコメントとして削除されずに残っています。
誰もが、遡って、MINELさんはの発言を確認することが出来ます。広く公開されたブログのコメント欄の良い所です。
管理人である世捨人さんの広く深い懐・心根に感謝して下さい。

小生は、皆様にご理解頂けるように、論点毎に段落を区切って、コメントを返しているだけのことです。

そして、改変だ、改竄だと騒がれるということは、小生のコメントが的を射ているということでしょう。

>>MINELさんの「心根」が表れているからこそ、ご指摘したまでです。
>その可能性は否定しません。ですが、MINELさんが「身勝手な自転車乗り」に対してアレヤコレヤ言っていないことは事実ですので、あなたが事実無根の批判を繰り広げているということにはまったく変わりはありません。

上述のとおり、「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗り」は「法を順守しようとする人」ではないと批判しています。

これが「アレヤ」です。

さらに、「仮に目の前のライダーが身勝手な行動として車道に出ているのだとしても、」と「批判」を加えています。

これが「コレヤ」です。


>>意図を小生なりに汲み取ったということで、何か問題でもありますか?
>まったく問題ありません。問題なのは、汲み取り方の間違いを本人に指摘されても、訂正せず、批判を続けるその一点に尽きます。勘違いであれば、そう言えばそれで済むことと思います。

「合法行為への批判でなければ、違反者への批判ですらない文章に対して、」MINELさんご本人の発言からの引用ですが、これを見れば、MINELさんが「身勝手な自転車乗り」に対する批判を意図した訳ではないと「強弁」されていることは明らかです。

車道上の最弱者である自転車は、歩道上の最弱者である歩行者と同様に、身勝手でも構わないのです。

自転車乗りは、ただただ、車道左端通行をするだけで、十分だということがMINELさんの「心根」ではご理解されていないということです。

>>立場が弱くなると「批判された」という情けない泣き言になるという訳ですね。
>自分の心情を解説されても困ります。

ここでは「心根」でしょう。

まあ、言葉遊びの漫才には付き合いたくないとの「心情」ですかね。

「解説」を楽しみにしています。

>では、引き続き真摯な対応を強く求めます。

では。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/21 22:26 | URL |

>身勝手でも構わないのです

そうです。現在のところ、誰もそれは否定していません。身勝手であってはならない、と言っている訳ではないので、この手の釈明は無意味な単語の羅列と何も変わりがありません。

「全ての法を守らねば車道に出るな」ではなく

MINELさんご自身が、はっきりとこういう風におっしゃっています。

※注意※
「身勝手」という言辞には確かに、普通の日本語では、マイナスの評価が伴っています。ですが、「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗り」という言い方に注意して下さい。MINELさんは、この自転車乗りが車道へ出るという行動が身勝手である、などとは言っていないのです。


>プラスの評価である「法を順守しようとする人」ではない、即ち、マイナスの評価あると「批判」しています。

>「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗り」は(ここで言う)「法を順守しようとする人」ではないと批判しています。これが「アレヤ」です。

これは批判ではありません。「私は彼らに関して言及しているのではありません」と宣言しているに過ぎません。



>小生は、皆様にご理解頂けるように、論点毎に段落を区切って、コメントを返しているだけのことです。

その結果、文章の意味が変わってしまっているのにも関わらず、かまわずに批判を続けている点を問題視しています。

| ず | 2014/01/21 23:28 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>>法の不備をついて我が物顔で爆走する競技用自転車乗りを断じて許せません.
>[世捨人]殿の単なる個人的な感情に過ぎない.そういう自転車を見ただけで,「怒りで手がワナワナ震える」方が正常とは思えないのだが.

国民の交通安全を真剣に考えている結果かと思います。

>>無駄な抵抗はおやめください.
>何の公的な権限もお持ちでない[世捨人]殿の一方的な要求には一切応じるつもりは無い.

悪質自転車乗りに対する包囲網は形成されつつあります。

>無謀ドライバーの矯正にはスポーツ自転車の長距離走を課すことも効果的だろう.
>>火に油を注ぐ結果になるでしょう.
>何がどのようにしてそういう結果になるのか,私には全く納得しかねる.

無謀ドライバーは自転車に乗っても危険行為をするでしょう。
無責任な発言は厳に慎んでください。

| 世捨人 | 2014/01/22 00:29 | URL |

ずさん | 2014/01/21 23:28 |へ

>>身勝手でも構わないのです
>そうです。現在のところ、誰もそれは否定していません。身勝手であってはならない、と言っている訳ではないので、この手の釈明は無意味な単語の羅列と何も変わりがありません。「全ての法を守らねば車道に出るな」ではなく」MINELさんご自身が、はっきりとこういう風におっしゃっています。※注意※「身勝手」という言辞には確かに、普通の日本語では、マイナスの評価が伴っています。ですが、「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗り」という言い方に注意して下さい。MINELさんは、この自転車乗りが車道へ出るという行動が身勝手である、などとは言っていないのです。

日本語は大丈夫ですか?
「身勝手な行動の延長として車道へ出る」ということは、身勝手に車道に出ているということでしょう。身勝手な行動が車道へ出るという行動まで続いている・影響している・、延長としてということでしょう。
難解な解釈で煙に巻こうとしても無駄です。
300名の閲覧者が見ています。

>>プラスの評価である「法を順守しようとする人」ではない、即ち、マイナスの評価あると「批判」しています。
>>「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗り」は(ここで言う)「法を順守しようとする人」ではないと批判しています。これが「アレヤ」です。
>これは批判ではありません。「私は彼らに関して言及しているのではありません」と宣言しているに過ぎません。

何故、言及しないと宣言したのですか?


>>小生は、皆様にご理解頂けるように、論点毎に段落を区切って、コメントを返しているだけのことです。
>その結果、文章の意味が変わってしまっているのにも関わらず、かまわずに批判を続けている点を問題視しています。

小生の指摘は一貫していますよ。
自転車乗りは、ただただ、車道左端をふらつかずに真っ直ぐ前を向いて通行すれば良いだけです。
自分の身は自分で守らなければならない車道上の最弱者である自転車乗りは身勝手でも何ら問題ありません。
そして、法律の規制などとは関係なく、交通量の多い道路では自転車は左端を一列縦隊で通行せざるを得ないでしょうし、交通量の少ない道路では左右からの歩行者の飛び出しを避けるために道路中央あたりを通行することになるでしょうし、見通しの悪い信号機のない交差点では、その場で止まれるスピードまで足を緩めるでしょう。
(カーブミラーで出合い頭の衝突の危険がないことが確認出来れば、スピードを緩めることなく「安全」かつ「円滑」に信号機のない見通しの悪い交差点も通過出来ることでしょう。これは自転車乗りであれば、誰もが実感・体感していることです。)
自分の身を自分で守ろうとすれば、車道上の最弱者である自転車乗りの身勝手は自ずから制限されるということです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/22 11:27 | URL |

>>指摘行為が趣旨と矛盾したからといって、正当性には影響を与えませんよね。
>指摘行為と趣旨が矛盾しているということは、どちらかが正当でないということでしょう。

見事な自己矛盾レスですね。
指摘対象として引用しているのは貴方自身がお書きになった文章ですよ。

ともあれ、貴方の認識において、貴方の理想もしくはお書きになる文章に正当性は無いと
今お認めになられたという事です。

>車道左端通行の重要性、スピードの危険性をこのブログを閲覧している数多くの
>特急自転車乗りの方々にご理解頂くためには適切であったかと思います。
私への指摘としては不適切でしたね。


>小生は、そんなに難しいことは言ってませんよ。
>普通の日本語として素直に十分に読み取れるレベルだと思いますよ。

お書きになられた内容から、論理的帰結として
「私(マッチポンパー(ドM))の書く文章には須く正当性はありません」が導き出されるのは
変えようのない事実です。
もちろん、貴方が「そんな難しい事は書けない」もとい「そんな難しい事は書いていません」
と仰るのはよく理解しておりますが、それは即ち
貴方はその結論の受け入れを拒否し、パラドックスの存在を認めたという事です。

簡単に言うと、白旗を上げたという事ですね。


さて、白旗を上げた人間をいつまでも殴り続けるのは私の趣味ではありませんので、
貴方の主張内容に議題を移しましょう。

でもその前に
>多くの(?)閲覧者が納得するコメントは、平凡な(?)コメントということになりますので、
>貴重な(?)コメントは、世の中に受け入れられていない賛同者の少ない(?)
>・実現可能性の低い(?)コメントとも言えます。

「多いかどうか分からない閲覧者が納得するコメントは、平凡かどうか不明なコメント
ということになりますので、貴重かどうかわからないコメントは、世の中に受け入れられていない
賛同者の少ないかどうか不明な・現実可能性の低いかどうか不明なコメントとも言えます。」

他人の目に触れる文章です。内容を吟味し確定してから投稿されることをお勧めいたします。

>小生が、貴重な(?)とした事実には何ら変わりませんし、問題もありません。
「汚物」を公共の場にまき散らさないよう、お願い致します。


| MINEL | 2014/01/22 12:06 | URL |

では改めて

>自転車乗りは車道左側通行を守っていれば十分だ
なぜ車道左側通行を守らねばならないのですか?

| MINEL | 2014/01/22 12:07 | URL |

>>その結果、文章の意味が変わってしまっている

>小生の指摘は一貫していますよ。

あなたの指摘が一貫していないなんて言ってませんよ。
MINELさんの原文と、あなたが引用した文章の間で趣旨が変わっていることを指摘しています。

| ず | 2014/01/22 13:29 | URL |

MINELさん| 2014/01/22 12:06 |へ

>指摘行為が趣旨と矛盾したからといって、正当性には影響を与えませんよね。
>>指摘行為と趣旨が矛盾しているということは、どちらかが正当でないということでしょう。
>見事な自己矛盾レスですね。指摘対象として引用しているのは貴方自身がお書きになった文章ですよ。

見事な引っ掛け問題ですね。
では、具体的に検証しましょう。
小生のどの指摘行為がどの趣旨と矛盾しているということですか?

>ともあれ、貴方の認識において、貴方の理想もしくはお書きになる文章に正当性は無いと今お認めになられたという事です。

ともあれ、で逃げても無駄です。
小生の文書のどの部分の正当性ですか?
勝手に煙に巻いて自己満足に浸ってないで、具体的にご提示ください。

>>車道左端通行の重要性、スピードの危険性をこのブログを閲覧している数多くの特急自転車乗りの方々にご理解頂くためには適切であったかと思います。
>私への指摘としては不適切でしたね。

MINELさんには改善可能性がないということです。

>>小生は、そんなに難しいことは言ってませんよ。普通の日本語として素直に十分に読み取れるレベルだと思いますよ。
>お書きになられた内容から、論理的帰結として「私(マッチポンパー(ドM))の書く文章には須く正当性はありません」が導き出されるのは変えようのない事実です。もちろん、貴方が「そんな難しい事は書けない」もとい「そんな難しい事は書いていません」と仰るのはよく理解しておりますが、それは即ち貴方はその結論の受け入れを拒否し、パラドックスの存在を認めたという事です。簡単に言うと、白旗を上げたという事ですね。

全く理解不能です。

普通の日本語を使っている小生に向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。
ちゃん、ちゃん。

>>多くの(?)閲覧者が納得するコメントは、平凡な(?)コメントということになりますので、貴重な(?)コメントは、世の中に受け入れられていない賛同者の少ない(?)
>・実現可能性の低い(?)コメントとも言えます。
>「多いかどうか分からない閲覧者が納得するコメントは、平凡かどうか不明なコメントということになりますので、貴重かどうかわからないコメントは、世の中に受け入れられていない賛同者の少ないかどうか不明な・現実可能性の低いかどうか不明なコメントとも言えます。」
>他人の目に触れる文章です。内容を吟味し確定してから投稿されることをお勧めいたします。

(?)で十分に意味は通じるでしょう。他人の目に触れても何ら問題ありません。

>>小生が、貴重な(?)とした事実には何ら変わりませんし、問題もありません。
>「汚物」を公共の場にまき散らさないよう、お願い致します。

「汚物」=MINELさんということですね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/22 14:31 | URL |

MINELさん| 2014/01/22 12:07 |へ

>>自転車乗りは車道左側通行を守っていれば十分だ
>なぜ車道左側通行を守らねばならないのですか?

別段、守る必要もありません。

自転車は車道左端が一番快適に通行出来る空間であるというだけのことです。

これは、以前にもお伝えしたとおりです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/22 14:44 | URL |

ずさん| 2014/01/22 13:29 |へ

>その結果、文章の意味が変わってしまっている
>>小生の指摘は一貫していますよ。
>あなたの指摘が一貫していないなんて言ってませんよ。MINELさんの原文と、あなたが引用した文章の間で趣旨が変わっていることを指摘しています。

小生が引用した文章は小生の文章です。

MINELさんの原文と趣旨が変わっていることは何ら問題ありません。

世捨人さんとのやり取りの中でのMINELさんの原文の趣旨など小生には全く興味ありません。

MINELさんが本当はこういう趣旨だったと泣き叫ぼうが小生には全く関係のない事です。

広く公開されたネット上の議論では、文言が全てです。

その中で、これはちょっと違うでしょうという指摘をするにあたって、MINELさんの文言をコピー&ペーストしただけのことです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/22 14:55 | URL |

マッチポンパー(ドMで情けない存在)さん

>見事な引っ掛け問題ですね。
貴方がご自分で記述された文章に噛みついているだけです。
犬が自分のしっぽを追いかけてその場でくるくる回っているのと同じですが、
「引っ掛け問題だ」として、私を批判するのであれば、
マッチポンプここに極まれりですね。


>小生のどの指摘行為がどの趣旨と矛盾しているということですか?
「貴方(マッチポンパー(ドM))がお書きになる文章の一字一句全てが、その主張趣旨と相反する」
と貴方自身が間接的に(論理的帰結として)仰っています。

| MINEL | 2014/01/16 22:48 | URL |で引用した貴方の記述3行と、
言い合いのきっかけとなった記述内容から単純明快に導き出されますが、
理解できない、もとい意味不明とのことですので、
多少文言を変えてもう一度記述いたします。



「交通にとって重要な現行法の少なくとも一つを守っている私(MINEL)に対して、
アレヤコレヤ指摘している貴方の行為は、
貴方(マッチポンパー)の認識においては、理想・趣旨と逆行する結果を生む行為です。」
したがって、コメントをお控えになると良いでしょう。


さて、これに対して貴方は
「指摘行為が趣旨と矛盾したからといって、正当性には影響を与えません」と反論しましたが、

更にご自身で
「指摘行為と趣旨が矛盾しているということは、どちらかが正当でない」
とそれを否定しました。


いずれを採っても、それは貴方の認識に過ぎませんので
私の書いた「法を順守する人」を否定しえませんが、

貴方は貴方自身の認識において「こうなのだ」と仰っているのですから、

前者を採れば、
「指摘行為が趣旨と矛盾した(MINELがアレコレ言った)からといって、正当性に影響(逆効果)を与えません」
後者を採れば、
「指摘行為(マッチポンパーのコメント行為)と趣旨(守るのは車道左側通行で十分)が
矛盾しているということは、どちらかが正当でない」という事ですね。


最初から「守るのは車道左側通行で十分」とご自身の文章でお書きになれば、
そのまま伝わるものを、わざわざ他人の文章に食って掛かるから、
自己矛盾を突かれたのですよ。

アホを装って理解できない体でごり押しするのはおやめなさい。
貴方は言い合いが出来る程度には十分賢いのですから。


>「汚物」=MINELさんということですね。
“汚物”であれば、「貴方はそうお考えなのですね。」で済みますが、
“「汚物」”と書いたからには、「みる価値も無い文章=いわば『汚物』」ですので、
「これから書く文章には正当性がありません。見る価値も無いものです。」と宣言されている
「情けない存在」である貴方が書いた文章こそが「汚物」です。

| MINEL | 2014/01/22 16:20 | URL |

>別段、守る必要もありません。

「自転車乗りは車道左側通行を守っていれば十分だ 」
と仰る根拠は
「自転車は車道左端が一番快適に通行出来る空間であるというだけのこと」
で宜しいですね。

であれば、幹線道路では信号を守った方が、
クラクションを鳴らされることも無く安全かつ快適なのは明白ですから、
あなたの認識において「信号を守れば十分だ」といえますね?

| MINEL | 2014/01/22 16:26 | URL |

MINELさん| 2014/01/22 16:20 |へ

>>見事な引っ掛け問題ですね。
>貴方がご自分で記述された文章に噛みついているだけです。犬が自分のしっぽを追いかけてその場でくるくる回っているのと同じですが、「引っ掛け問題だ」として、私を批判するのであれば、マッチポンプここに極まれりですね。

火をつけた(ちょっと違うでしょうと指摘した)覚えはありますが、火を消した覚えはありませんよ。

>>小生のどの指摘行為がどの趣旨と矛盾しているということですか?
>「貴方(マッチポンパー(ドM))がお書きになる文章の一字一句全てが、その主張趣旨と相反する」と貴方自身が間接的に(論理的帰結として)仰っています。| MINEL | 2014/01/16 22:48 | URL |で引用した貴方の記述3行と、言い合いのきっかけとなった記述内容から単純明快に導き出されますが、理解できない、もとい意味不明とのことですので、多少文言を変えてもう一度記述いたします。「交通にとって重要な現行法の少なくとも一つを守っている私(MINEL)に対して、アレヤコレヤ指摘している貴方の行為は、貴方(マッチポンパー)の認識においては、理想・趣旨と逆行する結果を生む行為です。」 したがって、コメントをお控えになると良いでしょう。

MINELさんが守っている交通にとって重要な現行法とは何ですか?
MINELさんご自身が道路交通法を守っているかどうかは、道路交通法の議論をする上では、全く関係ありません。
小生と議論することで、MINELさんご自身が道路交通法を守らなくなるということはないでしょう。
また、MINELさんご自身が道路交通法を守らなくなろうとも、小生には全く関係のないことです。

>さて、これに対して貴方は「指摘行為が趣旨と矛盾したからといって、正当性には影響を与えません」と反論しましたが、更にご自身で「指摘行為と趣旨が矛盾しているということは、どちらかが正当でない」とそれを否定しました。いずれを採っても、それは貴方の認識に過ぎませんので私の書いた「法を順守する人」を否定しえませんが、貴方は貴方自身の認識において「こうなのだ」と仰っているのですから、前者を採れば、「指摘行為が趣旨と矛盾した(MINELがアレコレ言った)からといって、正当性に影響(逆効果)を与えません」後者を採れば、「指摘行為(マッチポンパーのコメント行為)と趣旨(守るのは車道左側通行で十分)が矛盾しているということは、どちらかが正当でない」という事ですね。

要するに、どっちでも構わないということですね。
小生は、「法を順守する人」を否定などしていませんよ。
MINELさんが順守しようがしまいが、小生には全く関係ないことです。
残念ながら、興味も関心もありません。
自転車の法律は、順守したければ順守すれば良いといったレベルのものです。
但し、順守したからといって法律は自転車乗りを守ってはくれません。
自分の身は自分で守るしかありません。

>最初から「守るのは車道左側通行で十分」とご自身の文章でお書きになれば、そのまま伝わるものを、わざわざ他人の文章に食って掛かるから、自己矛盾を突かれたのですよ。

小生は別段食って掛かるようなことはしてませんよ。
ちょっと違うんじゃないのという指摘をするにあたって丁度良い文言が見つかったのでコピー&ペーストしたまでです。
自己矛盾とはまたまた難しそうなお言葉ですね。
小生の中では、何ら矛盾するようなことはありませんよ。

>アホを装って理解できない体でごり押しするのはおやめなさい。貴方は言い合いが出来る程度には十分賢いのですから。

小生に理解出来ないということは、きっと、MINELさんの論理に無理があるということでしょう。自己矛盾という言葉でも構いません
まあ、数多くの閲覧者の判断に委ねましょうか。
>>「汚物」=MINELさんということですね。
>“汚物”であれば、「貴方はそうお考えなのですね。」で済みますが、“「汚物」”と書いたからには、「みる価値も無い文章=いわば『汚物』」ですので、「これから書く文章には正当性がありません。見る価値も無いものです。」と宣言されている「情けない存在」である貴方が書いた文章こそが「汚物」です。

またまた、意味不明です。
小生はいつの間に宣言などしたのでしょうか?
まあ、汚物なりに頑張って下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/22 18:15 | URL |

自己矛盾が流行っているのですかね?

以下、いくつかの文章を引用します。俄かには信じられないでしょうが、これ、すべて同じ人物のコメントなんですよ。

勝手に小生の真意を汲み取ることも出来ずに表面的に字面を受け止めただけのものです。

本当はこういう趣旨だったと泣き叫ぼうが小生には全く関係のない事です。

広く公開されたネット上の議論では、文言が全てです。



自分は他者の文言を好き勝手に解釈して良くて、他者は自分の真意を汲み取らねばならない。この人物は、そんな風にのたまって居るようですが、それでは正常な議論などできるはずがありません。完全に化けの皮が剥がれたとしか言いようがありません。

| ず | 2014/01/22 19:38 | URL |

The 情けない存在、マッチポンパー(ドM)さん

>火をつけた(ちょっと違うでしょうと指摘した)覚えはありますが、火を消した覚えはありませんよ。
自分で発火させて(「正当性に影響を与えない」「いや、どっちかに正当性が無い」との論争を起こし)
他人の所為にして火を消す(引っ掛け問題だと批判する)

勝手に躓いておいて、「引っ掛けたな」とは、言いがかりも甚だしいですね。


>MINELさんが守っている交通にとって重要な現行法とは何ですか?
貴方が使っている言葉は全て「普通の日本語」なのですから
「法律を守っている自転車のライダー」にはその言葉の通り、
その場で何かしら法を守っている自転車乗りは該当しますね。

貴方自身が「最も大切なルール」としている「車道左端通行」も、
そこを通る事が適切と判断すれば私は通行しますから、
やはり該当しますね。

そのような「法を守っている」私に向かって「アレヤコレヤ」いう事は、
その主張趣旨と逆行する結果を招くと貴方自身が宣言しているのですから、
「アレヤコレヤ」言わない事をお勧めしております。

同時に
「『アレヤコレヤ』言ってしまったなら、その行為あるいは内容に正当性はありません。」
と貴方自身が仰っていますから、貴方の認識において
貴方が今までお書きになった内容に正当性は無いのでしょう。


>道路交通法の議論をする上では、全く関係ありません。
ここの議題は「貴方の主張に正当性があるかないか」ですから、
道交法は本質的に関係ありません。
私が「普通の日本語」で言うところの「法律を守っている自転車のライダー」である限り、
貴方の主張に正当性はありません(と貴方自身が仰っています)。

「道交法の議論」については、態々分かり易く分けて投稿しているのですから、
そちらで議論してくださいね。今の所返答が無いようですけど。


>小生と議論することで、MINELさんご自身が道路交通法を守らなくなるということはないでしょう。
>また、MINELさんご自身が道路交通法を守らなくなろうとも、小生には全く関係のないことです。
「汚物」をまき散らさないよう、お願い致します。


>要するに、どっちでも構わないということですね。
どちらを採ろうと、貴方(マッチポンパー)の主張に正当性は有りません。
と貴方自身が仰っているという事です。

>小生は、「法を順守する人」を否定などしていません
「“法を順守する人”という言葉の使い方を否定しましたね。」
と書けば理解できますか?

そして、「ちょっと違うんじゃないかなと“MINELさんの文章を用いての反論”」でしたね。
これを「否定などしていません」と仰るのですから、
「違う」とは、貴方の認識において「否定の表現」ではないのですね。
辞書を引くなどして「違う」の「普通の日本語としての意味」を
把握しておくことをお勧めします。


>小生は別段食って掛かるようなことはしてませんよ。
「食って掛かる」とは少々行き過ぎた表現だったかもしれませんね。
すみません。貴方にそこまでの度量がない事を忘れていました。
ですが、「MINELさんの文章を用いての反論」はしましたね。

>自己矛盾とはまたまた難しそうなお言葉ですね。
日本語を勉強することをお勧めします。

>小生に理解出来ないということは、
>きっと、MINELさんの論理に無理があるということでしょう。
自分が理解出来なければ、相手の論理に無理があると仰るのですね?
つまり、私が貴方の文章に対して理解できないと一瞬でも思えば、
即ちあなたの論理に無理があるのですか?

>自己矛盾という言葉でも構いません
「難しい」とお考えの言葉を
よく分かりもしないまま利用するのは避けた方がよいかと思います。

>まあ、数多くの閲覧者の判断に委ねましょうか。
貴方の認識における「正当性」は
理論的な正しさより、多数決が優先するのでしたね。

ですが、「正当性はありません」と宣言されているのですから、
多数決でも覆しようが無いでしょう。

>またまた、意味不明です。
>小生はいつの間に宣言などしたのでしょうか?
「論理的帰結として宣言されております。
この場で宣言を否定されることは、白旗を上げたも同然です。」
何度同じことを書かせるおつもりですか?

>まあ、汚物なりに頑張って下さい。
汚物と認識している者に頑張れとは…
益々理解しがたい存在ですね。


| MINEL | 2014/01/22 20:41 | URL |

MINELさん| 2014/01/22 16:26 |へ

>>別段、守る必要もありません。
>「自転車乗りは車道左側通行を守っていれば十分だ 」と仰る根拠は「自転車は車道左端が一番快適に通行出来る空間であるというだけのこと」で宜しいですね。

どうもご理解が十分でないようです。
「根拠」という単語が何処から出て来るのか不思議です。
自転車乗りは、道路状況に応じて好き勝手に自由自在に車道も歩道も一番快適に通行出来る空間を走れば良いだけですよ。
交通量の少ない道路では、左右からの飛び出しを回避するために道路中央付近を通行することでしょうし、自動車の渋滞の列が続くような交通量の多い道路では、車道左端をすり抜けして行くほかないでしょう。
交通量の少ない道路では右側逆走したからといって、何ら問題ありません。
左側通行が原則ですから多くの自動車や自転車は正面から向かって来るし、中には自らの前方不注視を棚に上げて、右側逆走してくる自転車を悪し様に罵る自転車乗りもいますので、少々走り辛いだけのことです。

>>であれば、幹線道路では信号を守った方が、クラクションを鳴らされることも無く安全かつ快適なのは明白ですから、あなたの認識において「信号を守れば十分だ」といえますね?

信号を守るかどうかとクラクションを鳴らされるかどうかが、何か関係がありますか?
幹線道路かどうかも関係ありません。
何を以て「明白」などと断言出来るのですか?
ましてや、「信号を守れば十分だ」などと?
本当に大丈夫ですか?
京都の祇園や亀岡での暴走自動車が、信号待ちの歩行者や集団登校中の小学生の列に突っ込んだように、信号も歩道も自転車乗りを守ってはくれません。
自転車乗りは、自分の身は自分で守るものです。
上手く乗れなければ転倒してしまう自転車に乗るということは、手軽で便利な移動手段を手にするとともに、自分の身は自分で守るという自立(律)心を養うということでもあります。

一方交通量の多い交差点は、信号機等による交通整理がなされないと、「安全」かつ「円滑」に横断出来ないものです。
信号機等の助けを借りなければ、幹線道路の交差点を安全かつ円滑に通過することは困難です。
信号機等に感謝しこそすれ、「信号を守れば十分だ」などと不遜な事こと言える訳ないでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/23 15:19 | URL |

ずさん| 2014/01/22 19:38 |へ
>自己矛盾が流行っているのですかね?以下、いくつかの文章を引用します。俄かには信じられないでしょうが、これ、すべて同じ人物のコメントなんですよ。勝手に小生の真意を汲み取ることも出来ずに表面的に字面を受け止めただけのものです。本当はこういう趣旨だったと泣き叫ぼうが小生には全く関係のない事です。広く公開されたネット上の議論では、文言が全てです。自分は他者の文言を好き勝手に解釈して良くて、他者は自分の真意を汲み取らねばならない。この人物は、そんな風にのたまって居るようですが、それでは正常な議論などできるはずがありません。完全に化けの皮が剥がれたとしか言いようがありません。

真意を汲み取れず正常な議論が出来ない頭の悪い方々の泣き言としか言いようがありません。
しっかりして下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/23 15:26 | URL |

勝手に小生の真意を汲み取ることも出来ずに表面的に字面を受け止めただけのものです。

真意を汲み取れず正常な議論が出来ない頭の悪い方々の泣き言としか言いようがありません。 New

======================

本当はこういう趣旨だったと泣き叫ぼうが小生には全く関係のない事です。

広く公開されたネット上の議論では、文言が全てです。


追加しました。自己批判が大好きだということは分かりました。

| ず | 2014/01/23 16:17 | URL |

繰り返しますが、ときどきオアゾツーキニストさんの真意は、

「私の真意を人は汲み取るべきだ。私は他者の真意など汲み取らずに批判する権利がある。」

ということです。これは私の意見ではありません。
ご本人のコメントから導かれる必然的な帰結です。

べつにその姿勢であることが悪だとは思いません。
議論する能力に欠如しているとは存じます。

| ず | 2014/01/23 16:20 | URL |

ときどきさんの完敗のようですね。

| そろそろ判定を | 2014/01/23 17:59 | URL |

MINELさん| 2014/01/22 20:41 |へ

>>火をつけた(ちょっと違うでしょうと指摘した)覚えはありますが、火を消した覚えはありませんよ。
>自分で発火させて(「正当性に影響を与えない」「いや、どっちかに正当性が無い」との論争を起こし)他人の所為にして火を消す(引っ掛け問題だと批判する)勝手に躓いておいて、「引っ掛けたな」とは、言いがかりも甚だしいですね。

発火したのは、MINELさんですね。
小生は、いつも通り、ちょっと違うでしょうと指摘したまでです。
引っ掛け問題は問題とするに値しません。

>>MINELさんが守っている交通にとって重要な現行法とは何ですか?
>貴方が使っている言葉は全て「普通の日本語」なのですから「法律を守っている自転車のライダー」にはその言葉の通り、その場で何かしら法を守っている自転車乗りは該当しますね。貴方自身が「最も大切なルール」としている「車道左端通行」も、そこを通る事が適切と判断すれば私は通行しますから、やはり該当しますね。そのような「法を守っている」私に向かって「アレヤコレヤ」いう事は、その主張趣旨と逆行する結果を招くと貴方自身が宣言しているのですから、「アレヤコレヤ」言わない事をお勧めしております。同時に「『アレヤコレヤ』言ってしまったなら、その行為あるいは内容に正当性はありません。」と貴方自身が仰っていますから、貴方の認識において貴方が今までお書きになった内容に正当性は無いのでしょう。

「重要な現行法」の「重要」には大した意味はないということですね。
MINELさんが法律を守っているかどうかは、今回の議論とは全く関係ありません。
小生にとって、興味も関心もありません。

「ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。」(byMINELさん| 2014/01/12 12:59)とMINELさんが「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗り」即ち「車道(左端)通行」という法律を順守している人を「法を順守しようとする人」から除外していることから、小生は、それは違うでしょう。「(車道左端通行という)現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。」「守るべき現行法としては、自転車乗りは車道左端通行を実践するだけで十分です。」と指摘したものです。

「アレヤコレヤ」に拘られるのも結構ですが、お門違いで無意味です。

>>道路交通法の議論をする上では、全く関係ありません。
ここの議題は「貴方の主張に正当性があるかないか」ですから、道交法は本質的に関係ありません。私が「普通の日本語」で言うところの「法律を守っている自転車のライダー」である限り、貴方の主張に正当性はありません(と貴方自身が仰っています)。 「道交法の議論」については、態々分かり易く分けて投稿しているのですから、そちらで議論してくださいね。今の所返答が無いようですけど。

議題が異なることから、議論が食い違っていたということですね。
小生の主張は、上述のとおり
「現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。
守るべき現行法としては、自転車乗りは車道左端通行を実践するだけで十分です。
傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火などふらふらとその場で止まれるスピードしか出さない(出せない)ママチャリについて、アレヤコレヤいうのもお門違いですね。
ちゃん、ちゃん。」(byときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/13 23:24)で全てです。
正当性については、長年の自転車乗りとしての経験から何ら問題ありません。
自転車乗りの多くに同意いただける至極真っ当な主張です。(だと思います。)
ちゃん、ちゃん。

>>小生と議論することで、MINELさんご自身が道路交通法を守らなくなるということはないでしょう。
>>また、MINELさんご自身が道路交通法を守らなくなろうとも、小生には全く関係のないことです。
>「汚物」をまき散らさないよう、お願い致します。

上述のとおり、(byときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/13 23:24)は至極真っ当なことです。

>>要するに、どっちでも構わないということですね。
>どちらを採ろうと、貴方(マッチポンパー)の主張に正当性は有りません。と貴方自身が仰っているという事です。

上述のとおり小生の主張は正当性などと議論するまでもなく、極々単純です。

>>小生は、「法を順守する人」を否定などしていません
>「“法を順守する人”という言葉の使い方を否定しましたね。」と書けば理解できますか? そして、「ちょっと違うんじゃないかなと“MINELさんの文章を用いての反論”」でしたね。これを「否定などしていません」と仰るのですから、「違う」とは、貴方の認識において「否定の表現」ではないのですね。辞書を引くなどして「違う」の「普通の日本語としての意味」を把握しておくことをお勧めします。

小生は、上述のとおりMINELさんが「法を順守しようとする人」から「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗り」=ち「車道(左端)通行」という法律を順守している人を除外していることについて、違うでしょうとお伝えしています。

>>小生は別段食って掛かるようなことはしてませんよ。
>「食って掛かる」とは少々行き過ぎた表現だったかもしれませんね。すみません。貴方にそこまでの度量がない事を忘れていました。ですが、「MINELさんの文章を用いての反論」はしましたね。

上述のとおり、「現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。」と引用しました。
何か問題でもありますか?

>>自己矛盾とはまたまた難しそうなお言葉ですね。
>日本語を勉強することをお勧めします。

別段、勉強する程のことはありません。

>>小生に理解出来ないということは、きっと、MINELさんの論理に無理があるということでしょう。
>自分が理解出来なければ、相手の論理に無理があると仰るのですね?つまり、私が貴方の文章に対して理解できないと一瞬でも思えば、即ちあなたの論理に無理があるのですか?

上述のとおり小生の主張は(byときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/13 23:24)に尽きます。極々単純です。
理解出来ないとすれば、きっと、MINELさんの理解力に問題があるということでしょう。

>>自己矛盾という言葉でも構いません
>「難しい」とお考えの言葉をよく分かりもしないまま利用するのは避けた方がよいかと思います。

別の言葉でも構いませんよ。どうぞご自由に。

>>まあ、数多くの閲覧者の判断に委ねましょうか。
>貴方の認識における「正当性」は理論的な正しさより、多数決が優先するのでしたね。ですが、「正当性はありません」と宣言されているのですから、多数決でも覆しようが無いでしょう。

いつの間に「正当性はありません」などと宣言したことになっているのでしょう。
まあ、遡るのも面倒です。
小生の主張は、(byときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/13 23:24)に尽きまし、終始、一貫していますので、何ら問題ありません。

>>またまた、意味不明です。小生はいつの間に宣言などしたのでしょうか?
>「論理的帰結として宣言されております。この場で宣言を否定されることは、白旗を上げたも同然です。」何度同じことを書かせるおつもりですか?

全く意味不明です。
論理的帰結の検証のために、改めて、小生の主張を宣言してみましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
MINELさん| 2014/01/12 12:59 |へ

>ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。

現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。

守るべき現行法としては、自転車乗りは車道左端通行を実践するだけで十分です。
傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火などふらふらとその場で止まれるスピードしか出さない(出せない)ママチャリについて、アレヤコレヤいうのもお門違いですね。

ちゃん、ちゃん。
| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/13 23:24 |
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
至極、真っ当だと思います。

>>まあ、汚物なりに頑張って下さい。
>汚物と認識している者に頑張れとは…益々理解しがたい存在ですね。

「汚物」であれ何であれ、それぞれの置かれた状況でベストを尽くすことが大切です。
頑張って下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/23 20:50 | URL |

そろそろ判定をさん| 2014/01/23 17:59 |へ

>ときどきさんの完敗のようですね。

再判定をお願いします。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/23 20:51 | URL |

ずさん| 2014/01/23 16:17 | URL |、| 2014/01/23 16:20 |へ

>勝手に小生の真意を汲み取ることも出来ずに表面的に字面を受け止めただけのものです。真意を汲み取れず正常な議論が出来ない頭の悪い方々の泣き言としか言いようがありません。 New ====================== 本当はこういう趣旨だったと泣き叫ぼうが小生には全く関係のない事です。 広く公開されたネット上の議論では、文言が全てです。 追加しました。自己批判が大好きだということは分かりました。繰り返しますが、ときどきオアゾツーキニストさんの真意は、「私の真意を人は汲み取るべきだ。私は他者の真意など汲み取らずに批判する権利がある。」 ということです。これは私の意見ではありません。ご本人のコメントから導かれる必然的な帰結です。べつにその姿勢であることが悪だとは思いません。議論する能力に欠如しているとは存じます。

ネット上の議論では「文言」が全てであり、それぞれの閲覧者には、コメントする権利と無視(スルー)する権利がある、唯それだけです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/23 21:00 | URL |

見苦しいだけです。ときどきオアゾさんとやらの完膚なきまでの惨敗です。お気の毒ですが。

| そろそろ判定を | 2014/01/23 21:31 | URL |

ときどきオアゾツーキニストさんの主張が正しいかどうかは問題ではありません。自分の主張の正しさを繰り返しアピールしていますが、それは文字通り完全に無意味であることを理解してください。


「身勝手な行動の延長としてではなく、道交法を遵守し、ひいては道路交通の安全と円滑を図ろうとして車道を走る自転車運転者の志を汲めば、どんな自転車に対してでも車道を走行していることを理由としてクラクションを浴びせかけることなんてできないはずです。」

MINELさんの発言の要旨ですが、ときどきさんの主張はそれ自体が正しいかどうかは別として、少なくともMINELさんの上記主張に対する批判としては不適切です。なぜならば、仮にときどきさんの言い分が正しいとしても、MINELさんの主張をまったく否定しないからです。要するに、ときどきさんは、MINELさんの文章の内容に対してではなく、そこに表現されている彼の内面を想像して吼えています。この行動の妥当性が問われています。

改めていいますが、ここでの現在の議題はときどきオアゾツーキニストさんの行動の妥当性、正当性です(発言内容が正しいか間違っているかではありません!)。これが解決しない限り、道路交通法の議論には進むことはできません。「自分の発言内容が妥当なものである」という主張は完全に無意味なので、「自分がMINELさんを批判したことは妥当であった」理由を述べて下さい。



>ネット上の議論では「文言」が全てであり、それぞれの閲覧者には、コメントする権利と無視(スルー)する権利がある、唯それだけです。

了解しました。

では今後、「私の意図を汲め」という旨の発言、反論は一切されないよう要請致します。

| ず | 2014/01/23 21:44 | URL |

さて、議論の決着が付いたところで、最後にときどきオアゾツーキニストさんにアドバイスをすることにします。

あなたは、他者と対面する際、他者を非難する姿勢一辺倒なので、結局それが弱みになっているのです。議論の上で相手を非難する姿勢というのは責任が伴うものです。コメントの際には、批判や賛同以外にもさまざまな姿勢があり、それを使い分けるのが重要です。たとえば、今回の場合、こういう風に言っていれば、状況はかなり違ったと思われます。


本題から少々外れますが、コメントさせて頂きます。自転車に対して車道左端を走っているということを理由にクラクションを鳴らすことなど論外であることは議論の余地の無いところですが、「身勝手な行動の延長として車道に出る自転車乗り」という表現にはいささか、違和感を覚えます。この表現は、言外に一部の自転車乗りを蔑むような響きがあるように思えるのです。「身勝手な行動」というのが具体的にどういう行動を想定していらっしゃるのかは存じませんが、たとえば、「携帯電話で通話しながら自転車を運転する」などの行動は現行の法規には反しているとはいえ、車道左端を走行してさえいるのならば、安全を守るための法律を最低限は遵守しているとも言えるでしょう。ですから、このような表現は、そういういくらかの重要でない法規違反を行っている自転車乗り(実際の路上では大多数の自転車が何らかの法規違反を行っているように見受けられます)に対して、必要以上に対立心を煽る可能性があり、慎むべきと思えるのです。万人の目に留まる掲示板です。以降、注意をして頂ければと存じます。


こう言っても、突っ込みどころはまだまだあるのですが、まぁ、ここまで批判の矢面には立たないでしょう。

| ず | 2014/01/24 00:23 | URL |

ずさん| 2014/01/23 21:44 |へ

>ときどきオアゾツーキニストさんの主張が正しいかどうかは問題ではありません。自分の主張の正しさを繰り返しアピールしていますが、それは文字通り完全に無意味であることを理解してください。

小生の主張が正しいということをお認め頂いたようです。
良かった。良かった。

>「身勝手な行動の延長としてではなく、道交法を遵守し、ひいては道路交通の安全と円滑を図ろうとして車道を走る自転車運転者の志を汲めば、どんな自転車に対してでも車道を走行していることを理由としてクラクションを浴びせかけることなんてできないはずです。」MINELさんの発言の要旨ですが、ときどきさんの主張はそれ自体が正しいかどうかは別として、少なくともMINELさんの上記主張に対する批判としては不適切です。なぜならば、仮にときどきさんの言い分が正しいとしても、MINELさんの主張をまったく否定しないからです。要するに、ときどきさんは、MINELさんの文章の内容に対してではなく、そこに表現されている彼の内面を想像して吼えています。この行動の妥当性が問われています。

MINELさんの「できないはずです。」なんていう下らない主張など小生には全く関係のないことです。
何の興味も関心もありません。
小生が否定する必要もありません。

>改めていいますが、ここでの現在の議題はときどきオアゾツーキニストさんの行動の妥当性、正当性です(発言内容が正しいか間違っているかではありません!)。これが解決しない限り、道路交通法の議論には進むことはできません。「自分の発言内容が妥当なものである」という主張は完全に無意味なので、「自分がMINELさんを批判したことは妥当であった」理由を述べて下さい。

広く公開されたネット上の議論で、ちょっと違うでしょうと指摘することに妥当性など必要ですか?

車道左端通行する自転車乗りに志など全く不要です。
身勝手な行動の延長だろうと何ら問題ありません。
自転車が車道左端通行することは、道路交通法にも「しなければならない」と義務付けられているとおり当たり前のことです。
自転車は、道交法を遵守しようとしまいと、自らの「安全」と「円滑」を図ろうとすれば、自然に最も走り易い車道左端通行となるものです。
そして、自動車がクラクション浴びせかけることが許されているのは「危険を防止するためやむを得ないとき」だけです。
自転車乗りの志も身勝手も何ら関係ありません。

>>ネット上の議論では「文言」が全てであり、それぞれの閲覧者には、コメントする権利と無視(スルー)する権利がある、唯それだけです。
>了解しました。では今後、「私の意図を汲め」という旨の発言、反論は一切されないよう要請致します。

ずさんが要請するのは勝手ですが、了解するかどうかは小生が決めることです。
ということで、ずさんには、小生の意図を汲むことを要請します。
行間を読めないとは本当に情けない限りです。
本当にしっかりして下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/24 09:48 | URL |

見苦しいwww
この人は、日本語で書かれた文章が理解できない、本物の致傷さんのようです。

| す | 2014/01/24 10:03 | URL |

ずさん| 2014/01/24 00:23 |へ

>さて、議論の決着が付いたところで、最後にときどきオアゾツーキニストさんにアドバイスをすることにします。

岡目八目で横入りしてきた方ですので、ご自身の中で勝手に決着を付けて出て行って貰う分には、全く構いません。

>あなたは、他者と対面する際、他者を非難する姿勢一辺倒なので、結局それが弱みになっているのです。議論の上で相手を非難する姿勢というのは責任が伴うものです。コメントの際には、批判や賛同以外にもさまざまな姿勢があり、それを使い分けるのが重要です。たとえば、今回の場合、こういう風に言っていれば、状況はかなり違ったと思われます。本題から少々外れますが、コメントさせて頂きます。自転車に対して車道左端を走っているということを理由にクラクションを鳴らすことなど論外であることは議論の余地の無いところですが、「身勝手な行動の延長として車道に出る自転車乗り」という表現にはいささか、違和感を覚えます。この表現は、言外に一部の自転車乗りを蔑むような響きがあるように思えるのです。「身勝手な行動」というのが具体的にどういう行動を想定していらっしゃるのかは存じませんが、たとえば、「携帯電話で通話しながら自転車を運転する」などの行動は現行の法規には反しているとはいえ、車道左端を走行してさえいるのならば、安全を守るための法律を最低限は遵守しているとも言えるでしょう。ですから、このような表現は、そういういくらかの重要でない法規違反を行っている自転車乗り(実際の路上では大多数の自転車が何らかの法規違反を行っているように見受けられます)に対して、必要以上に対立心を煽る可能性があり、慎むべきと思えるのです。万人の目に留まる掲示板です。以降、注意をして頂ければと存じます。こう言っても、突っ込みどころはまだまだあるのですが、まぁ、ここまで批判の矢面には立たないでしょう。

こんな表現では、ずさんも喰い付いて来なかったでしょう。

勘違いしているMINELさんが、本当に自転車に乗っているのであれば、自転車のことを考えているのであれば、普通は自ら気付くものです。

加えて、ずさんの(案)には「法を順守しようとする人」に対する指摘が漏れています。
法律を守ることは当たり前のことであり、順守しようなどという「志」など不要です。
法律を守るかどうかは、自転車乗り・自動車ドライバーのそれぞれが決めることです。

更に加えて、「携帯ながら」を「身勝手な行動」の一例に挙げる時点で、ずさんは、スピードの危険についてご理解頂いていないようです。

「車道左端通行」と「携帯ながら」は両立しないものです。

自転車の「携帯ながら」は、歩道や生活道路でふらふらとその場で止まれるのスピードだからこそ出来るものです。

高速道路上を100キロ超のスピードを出しながらでも可能な自動車の「携帯ながら」とは全く異なります。

少なくとも15~20キロ以上のスピードを出して駐停車車両を交わしながら車道左端通行する中での「携帯ながら」は、雑技団並みの曲芸でしょう。

30~40キロのスピードを出す特急自転車でなくとも、ママチャリ族、通勤・通学族、買い物族にとっても、15~30キロ程度のスピードで車道左端を通行する際には、ハンドルを両手で握りしめ、前方に障害物がないかどうかをしっかりと注視して、ふらつかずに真っ直ぐ走るものです。

自転車が車道左端通行をするということは、そういうことです。

本当にしっかりして下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/24 10:52 | URL |

すさん| 2014/01/24 10:03 |へ

>見苦しいwwwこの人は、日本語で書かれた文章が理解できない、本物の致傷さんのようです。

ずさんのなりすましですかね。

反論になってませんが、大丈夫ですか?

まあ、思いつきを発散出来るところもこのブログの良い所です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/24 11:02 | URL |

ときどきオアゾツーキニストさん

>自転車乗りは、道路状況に応じて好き勝手に自由自在に車道も歩道も一番快適に通行出来る空間を走れば良いだけですよ。
交通量の少ない道路では、左右からの飛び出しを回避するために道路中央付近を通行することでしょうし、自動車の渋滞の列が続くような交通量の多い道路では、車道左端をすり抜けして行くほかないでしょう。
交通量の少ない道路では右側逆走したからといって、何ら問題ありません。
左側通行が原則ですから多くの自動車や自転車は正面から向かって来るし、中には自らの前方不注視を棚に上げて、右側逆走してくる自転車を悪し様に罵る自転車乗りもいますので、少々走り辛いだけのことです。


貴方は過去に「自転車はあくまでも車道左端通行しなければなりません。」
| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/17 18:59 |
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-436.html
と仰っていますが、何か弁明は有りますか?

もう一度お尋ねします
「なぜ車道左側通行を守らねばならないのですか? 」
あるいは「車道左側通行を守っていれば十分」と仰る根拠は何ですか?


>「信号を守れば十分だ」などと不遜な事こと言える訳ない

「信号も歩道も自転車乗りを守ってはくれない。自分の身は自分で守らねばならない」から、
「信号を守れば十分だ」とは言えない
という事で宜しいですか?

もし、違うのであれば、
なぜ「信号を守れば十分だ」と言えないのか、理由をお聞かせください。

| MINEL | 2014/01/24 13:06 | URL |

>小生は、上述のとおりMINELさんが「法を順守しようとする人」から
>「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗り」=ち「車道(左端)通行」という
>法律を順守している人を除外していることについて、違うでしょうとお伝えしています。

私が用いた「法を順守しようとする人」とは、
その前後の文脈から定義された単なる仮の呼称であって、
それ自体は本質的に「○▽□」に置き換えて構わない無意味な文字の羅列です。

ただし、読み手の理解を助ける事を意図して“意味のある言葉”を用いました。
当然、その言葉が本来持つ意味を考慮しなければいけません。
そこで“過分な意味の取捨を避けるために”定義を明文化したのです。

貴方が「違う」と仰るのは、その定義部分です。

しかし定義は、言葉の示す範囲を限定、追加しているのですから、
貴方の仰る「普通の日本語」としての「法を順守しようとする人」とは
そもそも“違いが有って当たり前”です。


身勝手な行動の延長として車道に出る人も、貴方の解釈では
立派な「法律を順守している人」なのかもしれませんが、

世捨人さんに対し
「(世捨人さんの非難対象にならないであろう人の)志を汲んでくれ」
と頼んでいる文章において、
世捨人さんの主な批判対象と考えられる「身勝手な人間」を含める事は
それこそ、その主張趣旨と逆行するでしょう。

したがって明示的に除外する必要があり、
貴方のご主張は尊重しますが、
ご指摘を受け入れる事は出来ないのです。


>それぞれの置かれた状況でベストを尽くすことが大切です。
人は、他人に言及されるまでも無く
それぞれ置かれた状況でベストを尽くしています。

頑張れない人も、頑張れないなりにベストを尽くしてその場に存在しています。
ベストを尽くせない人も、その人生においてベストを尽くした結果・過程において
「ベストを尽くせないその場」に立っています。

頑張る事は素晴らしいですが、頑張れることは幸運に過ぎません。
ベストを尽くす事は素晴らしいですが、ベストを尽くせるのは幸運に過ぎません。
良識を発揮する事は素晴らしいですが、良識を持てるのは幸運に過ぎないのです。

したがって、「頑張れ」「ベストを尽くせ」など本人の自助努力への言及は、
常に相手へ「幸運」を与える行為であって欲しいものです。
でなければ、当人にはここで私や貴方が意図している様な
批判の意味合いでしか伝わることはないでしょう。

同時に、路上においては、自分だけが幸運にも納得している正義を振りかざして
他人の命や人生、幸運の機会を奪う事のないよう、お願いしたいのです。

以上、ご理解いただけるようなら、以下の返答はお読みにならないでください。

| MINEL | 2014/01/24 13:09 | URL |

The 情けない存在、パッチポンパー・ドM・スカトロさん

>発火したのは、MINELさんですね。

指摘行為が趣旨と矛盾したからといって、正当性には影響を与えませんよね。
| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/17 19:15 |
指摘行為と趣旨が矛盾しているということは、どちらかが正当でないということでしょう。
| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/20 15:25 |

貴方でしたね。


>小生は、いつも通り、ちょっと違うでしょうと指摘したまでです。
ご自身が書いた文章に向かって、ちょっと違うでしょうと指摘したのですね。
指摘した当時の貴方の心情はとてもよく理解できます。

>引っ掛け問題は問題とするに値しません。
「見事な引っ掛け問題ですね。」
| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/22 18:15 |

貴方が「引っ掛け問題だ」と言い出しましたね。
引っ掛け問題が問題に値するかどうか検証するのは結構ですが、私を巻き込まないでください。


>「重要な現行法」の「重要」には大した意味はないということですね。
「車道左端通行」に大した意味は無いという事で良いのですか?

>MINELさんが法律を守っているかどうかは、今回の議論とは全く関係ありません。
「法を守っている人に向かってアレコレ言うとその趣旨と逆向する」と仰っているのだから、
アレコレ言われる対象が「法を守っている人」に該当するかどうかは
主張の正当性を左右する極めて重要な事柄なのではありませんか?

それすら「全く関係ない」なら、
「相手がだれであれアレヤコレいうとその趣旨と逆行する」という事になり、
貴方の指摘可能範囲はさらに狭まります。

「MINELさんは私の言うところの法を守る人ではない」等との反論があるかと思っていましたが、
期待はずれでしたね。

>小生にとって、興味も関心もありません。
ご自身の主張は、その正当性に興味も関心も抱けない
どーでもいい主張だと仰るのですね。
「汚物」をまき散らさないで下さいと何度もお願いしているでしょう。



>「(車道左端通行という)現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、
>お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。」
「(車道左端通行という)現行法を守っている自転車のライダーである私(MINEL)に向かって
アレヤコレヤいうのは、お門違いで貴方(マッチポンパー)の理想と逆行する結果を生みます」と
貴方の認識に基づいて何の矛盾も無く解釈する事が可能です。

>「アレヤコレヤ」に拘られるのも結構ですが、お門違いで無意味です。
「普通の日本語」に固執する貴方のご指摘がお門違いで無意味でしたね。



>小生の主張は、上述のとおり
>「現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いで、
>無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。
ですから、貴方の認識においては、
現行法を守っている私含め多数の面々に向かってアレヤコレヤ言うのはお門違いなのでしょう。

>傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火などふらふらとその場で止まれるスピードしか出さない
>(出せない)ママチャリについて、アレヤコレヤいうのもお門違いですね。

当初「ママチャリ」という言葉すら出していない私へ向かって、
お門違いな指摘を行ったのは貴方だったという事ですね。

>ちゃん、ちゃん。」(byときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/13 23:24)で全てです。
「ちゃん、ちゃん」が貴方にとって全てだったのですね。



>正当性については、長年の自転車乗りとしての経験から何ら問題ありません。
「汚物」をまき散らすのはやめてください。

>自転車乗りの多くに同意いただける至極真っ当な主張です。(だと思います。)ちゃん、ちゃん。
論理的帰結としては「須く正当性はありません」と
ご自身の言葉では「(主張行為か内容)どちらかが正当でない」と宣言しておいでです。

>上述のとおり、(byときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/13 23:24)は至極真っ当なことです。
「私(マッチポンパー)が書く内容に正当性はありません」との宣言が撤回されておりません。
真っ当とは言い難いのではありませんか?

>上述のとおり小生の主張は正当性などと議論するまでもなく、
貴方の主張は正当性など議論するまでもない「汚物」という事で宜しいのですか?

>極々単純です。
「私の主張に正当性はありません」
極々単純ですがパラドックスの例としては逸品です。



>何か問題でもありますか?

「現行法を守っている自転車のライダー」という言葉について私の定義を無視することで
その言葉が示すのは事実上「すべての自転車乗り」となり、

「アレヤコレヤ言う」を普通の日本語として使用したと宣言したことで、
その言葉が示すのは事実上、「言及全て」となり、

結果、私への言及行為そのものが、それ自身により非難される対象となってしまいました。
「貴方(マッチポンパー)の書く文章には須く正当性がありません」という結論です。

貴方がこの受け入れがたい(であろう)結論を、受け入れるなら何も問題ありません。
拒否するなら、矛盾の存在を認めたという事であり、
引用元の定義を無視する行為に問題があったという事です。

つまり、いずれにせよ当初のご指摘が不適切であったという事です。



>別段、勉強する程のことはありません。
勉強されることを強くお勧めします。

>理解出来ないとすれば、きっと、MINELさんの理解力に問題があるということでしょう。
相手が理解できないとすれば、相手の理解力に問題があるのですね?

>別の言葉でも構いませんよ。どうぞご自由に。
貴方はお控えになることをお勧めいたします。
私は使用する事が適切と思えば使用します。

>小生の主張は、(byときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/13 23:24)に尽きまし、
>終始、一貫していますので、何ら問題ありません。
終始一貫して「汚物」をまき散らしているという事ですね。おやめください。

>全く意味不明です。
「貴方の理解力に問題がある」とは先ほどのあなたのお言葉です。
私としましては、何らかの方法でお鍛えになる事をお勧めいたすところです。

>小生の主張を宣言してみましょう。
「汚物」をまき散らすのはやめてください。

| MINEL | 2014/01/24 13:10 | URL |

MINELさん| 2014/01/24 13:06 |、| 2014/01/24 13:09 |、| 2014/01/24 13:10 |へ

>>自転車乗りは、道路状況に応じて好き勝手に自由自在に車道も歩道も一番快適に通行出来る空間を走れば良いだけですよ。
交通量の少ない道路では、左右からの飛び出しを回避するために道路中央付近を通行することでしょうし、自動車の渋滞の列が続くような交通量の多い道路では、車道左端をすり抜けして行くほかないでしょう。
交通量の少ない道路では右側逆走したからといって、何ら問題ありません。
左側通行が原則ですから多くの自動車や自転車は正面から向かって来るし、中には自らの前方不注視を棚に上げて、右側逆走してくる自転車を悪し様に罵る自転車乗りもいますので、少々走り辛いだけのことです。


貴方は過去に「自転車はあくまでも車道左端通行しなければなりません。」
| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/17 18:59 |
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-436.html
と仰っていますが、何か弁明は有りますか?

文脈は読めますか?
世捨人さんのスクープ(?)画像③について、「③の箇所に関しては、自転車は歩道を走るなら右折できそうです。車道への右折も法規違反ではありませんが、合流地点まで行くとその先は逆走になるため、通行不可であり、道路を横断して車道を元の方向へ戻るか、歩道に上がるかの選択ができそうです。」(byずさん| 2014/01/16 23:58)
自転車の「歩道」通行を前提としたコメントをされていましたので、「これまた、自転車が右側の道路に接する家屋(住宅・事務所)の住民の貴重な交通手段となるということです。自転車はあくまでも車道左端通行しなければなりません。」(byときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/17 18:59 ) と、自転車は「車道」(左端)通行が原則であり、道路標識にも何ら問題ないむね、コメントを返したものです。
しっかりして下さい。

>もう一度お尋ねします 「なぜ車道左側通行を守らねばならないのですか? 」あるいは「車道左側通行を守っていれば十分」と仰る根拠は何ですか?

小生は、車道左「端」通行といっています。
車道左「側」通行などとは一言も言っていません。
まず、MINELさんは、「左側」と「左端」の違いを勉強することです。
出直しなはれ。

まあ、自転車乗り一人一人が決めることです。守りたくなければ、守らなくても何ら問題ありません。

(通行区分)
第十七条  車両は、歩道等と車道の区別のある道路においては、車道を通行しなければならない。
4  車両は、道路(歩道等と車道の区別のある道路においては、車道。)の中央から左の部分(以下「左側部分」という。)を通行しなければならない。

(左側寄り通行等)
第十八条  車両は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。

>>「信号を守れば十分だ」などと不遜な事こと言える訳ない
>「信号も歩道も自転車乗りを守ってはくれない。自分の身は自分で守らねばならない」から、「信号を守れば十分だ」とは言えないという事で宜しいですか?もし、違うのであれば、なぜ「信号を守れば十分だ」と言えないのか、理由をお聞かせください。

小生は、書いているとおりです。
「アレヤコレヤ」と引っ掛け問題を作ろうとしても無駄です。
諦めなさい。

>>小生は、上述のとおりMINELさんが「法を順守しようとする人」から「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗り」=ち「車道(左端)通行」という法律を順守している人を除外していることについて、違うでしょうとお伝えしています。
>私が用いた「法を順守しようとする人」とは、その前後の文脈から定義された単なる仮の呼称であって、それ自体は本質的に「○▽□」に置き換えて構わない無意味な文字の羅列です。ただし、読み手の理解を助ける事を意図して“意味のある言葉”を用いました。当然、その言葉が本来持つ意味を考慮しなければいけません。そこで“過分な意味の取捨を避けるために”定義を明文化したのです。貴方が「違う」と仰るのは、その定義部分です。しかし定義は、言葉の示す範囲を限定、追加しているのですから、貴方の仰る「普通の日本語」としての「法を順守しようとする人」とはそもそも“違いが有って当たり前”です。身勝手な行動の延長として車道に出る人も、貴方の解釈では立派な「法律を順守している人」なのかもしれませんが、世捨人さんに対し「(世捨人さんの非難対象にならないであろう人の)志を汲んでくれ」と頼んでいる文章において、世捨人さんの主な批判対象と考えられる「身勝手な人間」を含める事はそれこそ、その主張趣旨と逆行するでしょう。したがって明示的に除外する必要があり、貴方のご主張は尊重しますが、ご指摘を受け入れる事は出来ないのです。

やっぱり、世捨人さんに、頭を下げて頼んでいたのですね。
あろうことか、「自転車で車道」にクラクションという題名で、時速50キロ制限の道路を時速25キロほどで走る競技用自転車に難癖付けている世捨人さんに「志を汲んでくれ」とお願いしていたのですね。
今回の記事の世捨人さんの批判対象は、「身勝手な人間」ではなく、真っ当に車道左端を通行している特急自転車乗りですよ。
ずさん| 2013/12/18 14:51 |の「(裸で寒空に放り出すようなもので危険極まりありません。)そうだとしても、冬に裸に近い格好で歩いてはいけないという法律はありません。」発言以来の世捨人さん賛辞ですね。
世捨人さんは、さぞ喜んでいることでしょう。
まあ、広く開かれたネット上のブログですので、特急自転車乗りの方の中にも世捨人さんシンパの方がいらっしゃっても不思議はありませんね。

小生の指摘を受け入れるかどうかもMINELさんが決めることです。
しかし、小生のご主張を尊重するということであれば、マッチポンプからはじまり汚物・スカトロに至るまでの、これまでの罵詈雑言について、謝罪並びに削除・訂正して下さい。

本質的に「○▽□」に置き換えて構わない無意味な文字の羅列だの、
“過分な意味の取捨を避けるために”定義を明文化だの、
「普通の日本語」とはそもそも“違いが有って当たり前”だの、
「アレヤコレヤ」と「お門違い」の「身勝手な」言い訳で済まされるものではありません。

>>それぞれの置かれた状況でベストを尽くすことが大切です。
>人は、他人に言及されるまでも無くそれぞれ置かれた状況でベストを尽くしています。頑張れない人も、頑張れないなりにベストを尽くしてその場に存在しています。ベストを尽くせない人も、その人生においてベストを尽くした結果・過程において「ベストを尽くせないその場」に立っています。頑張る事は素晴らしいですが、頑張れることは幸運に過ぎません。ベストを尽くす事は素晴らしいですが、ベストを尽くせるのは幸運に過ぎません。良識を発揮する事は素晴らしいですが、良識を持てるのは幸運に過ぎないのです。したがって、「頑張れ」「ベストを尽くせ」など本人の自助努力への言及は、常に相手へ「幸運」を与える行為であって欲しいものです。でなければ、当人にはここで私や貴方が意図している様な批判の意味合いでしか伝わることはないでしょう。

頑張れ。
聖路加病院の日野原先生は102歳のお年でありながら、東京オリンピック招致が決定した日に、7年後のオリンピックを見ると決意されたそうです。
目標を持ち、そのために努力する。その結果、ご褒美がもらえる。人生はそんな繰り返しです。
日野原先生の努力も、過酷なトレーニングという訳ではなく、規則正しく生活することに尽きるのだと思います。しっかりと睡眠を取り、早起きして歯磨きし、顔を洗い、三度三度腹八分目の粗食を取り、軽めの運動をし、入浴し、歓談し・・・といった当たり前の生活です。これこそがベストです。
明確な目標を立てる。これが全ての始まりです。
頑張れ。

>同時に、路上においては、自分だけが幸運にも納得している正義を振りかざして他人の命や人生、幸運の機会を奪う事のないよう、お願いしたいのです。

自転車乗り一人一人が決めることです。
闘魂注入クラクションや幅寄せが当たり前の世捨人さんシンパにお願いされても困りものです。

>以上、ご理解いただけるようなら、以下の返答はお読みにならないでください。

世捨人シンパの特急自転車乗りからどんな返答が来ているのか楽しみです。

>発火したのは、MINELさんですね。指摘行為が趣旨と矛盾したからといって、正当性には影響を与えませんよね。| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/17 19:15 |
指摘行為と趣旨が矛盾しているということは、どちらかが正当でないということでしょう。
| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/20 15:25 | 貴方でしたね。

見事に引っ掛かってますね。
もう、読み返す気力もございません。
まあ、世捨人シンパの主張への指摘行為ですから、趣旨と矛盾しようがしまいが、小生の主張が正当であることに揺るぎはありません。

>>小生は、いつも通り、ちょっと違うでしょうと指摘したまでです。
>ご自身が書いた文章に向かって、ちょっと違うでしょうと指摘したのですね。指摘した当時の貴方の心情はとてもよく理解できます。

何をトチ狂ってらっしゃるのでしょう。
「ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。」(by MINELさん| 2014/01/12 12:59)
何度読んでも、やっぱり、変ですよね。

>>引っ掛け問題は問題とするに値しません。
>「見事な引っ掛け問題ですね。」| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/22 18:15 | 貴方が「引っ掛け問題だ」と言い出しましたね。 引っ掛け問題が問題に値するかどうか検証するのは結構ですが、私を巻き込まないでください。

引っ掛け問題は全員正解でも構いませんね。と引っ掛け問題の出題者に確認しているだけですよ。

>>「重要な現行法」の「重要」には大した意味はないということですね。
>「車道左端通行」に大した意味は無いという事で良いのですか?

あれあれっ。
またまた、引っ掛け問題ですかね。
道路交通法第十八条(左側寄り通行等)には罰則規定はありませんので、「酒気帯び」運転禁止規定と同様に、あくまでも「訓示規定」ですので、警察官が取り締まることもありえませんので、刑罰法規として大した意味はないと言えば、大した意味はありません。
一方で、「左端」通行することで、後続車両の追越しのために予め道を譲るかどうかを自転車乗り一人一人の判断に委ねているという意味では、自転車乗りの自律性を試される重要な意味を持つ規定です。

>>MINELさんが法律を守っているかどうかは、今回の議論とは全く関係ありません。
>「法を守っている人に向かってアレコレ言うとその趣旨と逆向する」と仰っているのだから、アレコレ言われる対象が「法を守っている人」に該当するかどうかは主張の正当性を左右する極めて重要な事柄なのではありませんか?それすら「全く関係ない」なら、「相手がだれであれアレヤコレいうとその趣旨と逆行する」という事になり、貴方の指摘可能範囲はさらに狭まります。

小生は、へ

「ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。」(byMINELさん| 2014/01/12 12:59)に対して、
「現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。守るべき現行法としては、自転車乗りは車道左端通行を実践するだけで十分です。傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火などふらふらとその場で止まれるスピードしか出さない(出せない)ママチャリについて、アレヤコレヤいうのもお門違いですね。ちゃん、ちゃん。」(byときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/13 23:24)と言っています。
それ以上でも以下でもありません。
MINELさんが法律を守っていようがいまいが、狭くも広くもなりません。

>「MINELさんは私の言うところの法を守る人ではない」等との反論があるかと思っていましたが、期待はずれでしたね。

あれあれ、これまた引っ掛け問題でしたか?
普通の会話は出来ないのかな?
日常生活は大丈夫ですか?

>>小生にとって、興味も関心もありません。
>ご自身の主張は、その正当性に興味も関心も抱けないどーでもいい主張だと仰るのですね。「汚物」をまき散らさないで下さいと何度もお願いしているでしょう。

小生の主張は上述のとおり極々真っ当です。

>>「(車道左端通行という)現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。」
>「(車道左端通行という)現行法を守っている自転車のライダーである私(MINEL)に向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いで貴方(マッチポンパー)の理想と逆行する結果を生みます」と貴方の認識に基づいて何の矛盾も無く解釈する事が可能です。

日本語、大丈夫ですか?
MINELさんが現行法を守っているかどうかは全く関係ありません。
MINELさんご自身が、「ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。」と「(車道左端通行という)現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤ」仰っていたということです。
しっかりして下さい。

>>「アレヤコレヤ」に拘られるのも結構ですが、お門違いで無意味です。
>「普通の日本語」に固執する貴方のご指摘がお門違いで無意味でしたね。

小生の指摘は、上述のとおり至極真っ当なものですよ。

>小生の主張は、上述のとおり「現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。ですから、貴方の認識においては、現行法を守っている私含め多数の面々に向かってアレヤコレヤ言うのはお門違いなのでしょう。

本当に日本語、大丈夫ですか?
「アレヤコレヤ」の中身が違います。
MINELさんの「アレヤコレヤ」は、「ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。」(byMINELさん| 2014/01/12 12:59)ということで、車道左端通行する自転車乗りを「法を順守使用とする人」から除外すると仰っているのです。
小生の「アレヤコレヤ」は、「それは違うでしょう、車道左端通行するだけでも十分です」と申し上げています。
この指摘に関して、MINELさんが現行法を守っているかどうかは全く関係ありません。また、現行法を守っている多くの自転車乗りの方々に対しての発言でもありません。

>>傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火などふらふらとその場で止まれるスピードしか出さない(出せない)ママチャリについて、アレヤコレヤいうのもお門違いですね。
>当初「ママチャリ」という言葉すら出していない私へ向かって、お門違いな指摘を行ったのは貴方だったという事ですね。

「自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動」((byMINELさん| 2014/01/12 12:59))の一例として小生が提示したものです。
きっと、当らずとも遠からずといったところでしょう。

>>ちゃん、ちゃん。」(byときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/13 23:24)で全てです。
>「ちゃん、ちゃん」が貴方にとって全てだったのですね。

面白過ぎます。
日本語、大丈夫ですか?
論外、土俵の外です。
頑張って下さい。

>>正当性については、長年の自転車乗りとしての経験から何ら問題ありません。
>「汚物」をまき散らすのはやめてください。

「バカって言う奴がバ~カ」という子供の喧嘩の泣きべそですね。

>>自転車乗りの多くに同意いただける至極真っ当な主張です。(だと思います。)ちゃん、ちゃん。
>論理的帰結としては「須く正当性はありません」とご自身の言葉では「(主張行為か内容)どちらかが正当でない」と宣言しておいでです。

引っ掛けられた(躓いた)こともあったかも知れません。
全く問題としません。

>>上述のとおり、(byときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/13 23:24)は至極真っ当なことです。
>「私(マッチポンパー)が書く内容に正当性はありません」との宣言が撤回されておりません。真っ当とは言い難いのではありませんか?

MINELさんが言い募っているだけのことです。
何ら問題としません。

>>上述のとおり小生の主張は正当性などと議論するまでもなく、
>貴方の主張は正当性など議論するまでもない「汚物」という事で宜しいのですか?

「バカって言う奴がバ~カ」という子供の喧嘩の泣きべそですね。

>>極々単純です。
>「私の主張に正当性はありません」極々単純ですがパラドックスの例としては逸品です。

MINELさんが言い募っているだけのことです。
何ら問題としません。

>>何か問題でもありますか?
>「現行法を守っている自転車のライダー」という言葉について私の定義を無視することでその言葉が示すのは事実上「すべての自転車乗り」となり、「アレヤコレヤ言う」を普通の日本語として使用したと宣言したことで、その言葉が示すのは事実上、「言及全て」となり、結果、私への言及行為そのものが、それ自身により非難される対象となってしまいました。

そういうカラクリでしたか。
MINELさんが、そのカラクリに拘って、言い募っているだけのことです。
上述のとおり「アレヤコレヤ」の内容によります。それだけのことです。

>「貴方(マッチポンパー)の書く文章には須く正当性がありません」という結論です。 貴方がこの受け入れがたい(であろう)結論を、受け入れるなら何も問題ありません。拒否するなら、矛盾の存在を認めたという事であり、引用元の定義を無視する行為に問題があったという事です。つまり、いずれにせよ当初のご指摘が不適切であったという事です。

日本語、大丈夫ですか?
上述のとおり「アレヤコレヤ」の内容によります。それだけのことです。
再度、当初の指摘を引用してみましょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
MINELさん| 2014/01/12 12:59 |へ

>ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。

現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。

守るべき現行法としては、自転車乗りは車道左端通行を実践するだけで十分です。
傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火などふらふらとその場で止まれるスピードしか出さない(出せない)ママチャリについて、アレヤコレヤいうのもお門違いですね。

ちゃん、ちゃん。
| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/13 23:24 |
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>>別段、勉強する程のことはありません。
>勉強されることを強くお勧めします。

泣きべそ小僧に勧められても困りものです。

>>理解出来ないとすれば、きっと、MINELさんの理解力に問題があるということでしょう。
>相手が理解できないとすれば、相手の理解力に問題があるのですね?

固有名詞で、MINELさんご自身の理解力に問題があるということです。

>>別の言葉でも構いませんよ。どうぞご自由に。
>貴方はお控えになることをお勧めいたします。私は使用する事が適切と思えば使用します。

どうぞご自由に。
泣きべそ小僧に勧められても困りものです。

>>小生の主張は、(byときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/13 23:24)に尽きまし、終始、一貫していますので、何ら問題ありません。
>終始一貫して「汚物」をまき散らしているという事ですね。おやめください。

泣きべそ小僧にお願いされても困りものです。

>>全く意味不明です。
>「貴方の理解力に問題がある」とは先ほどのあなたのお言葉です。私としましては、何らかの方法でお鍛えになる事をお勧めいたすところです。

泣きべそ小僧に勧められても困りものです。

>>小生の主張を宣言してみましょう。
>「汚物」をまき散らすのはやめてください。

泣きべそ小僧にお願いされても困りものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
MINELさん| 2014/01/12 12:59 |へ

>ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。

現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。

守るべき現行法としては、自転車乗りは車道左端通行を実践するだけで十分です。
傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火などふらふらとその場で止まれるスピードしか出さない(出せない)ママチャリについて、アレヤコレヤいうのもお門違いですね。

ちゃん、ちゃん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/13 23:24 |
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

真摯なる謝罪を要求する。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/24 16:43 | URL |

ここに膨大な行のコメントを残している方々は揚げ足取りが好きなんですか?

| 自転車は歩道 | 2014/01/24 19:45 | URL |

>ここに膨大な行のコメントを残している方々は揚げ足取りが好きなんですか?

自分一人卓越した気分で、安全圏から誰かを非難する卑怯な行為は楽しいですか?コメントした時点で貴方も同じ穴のムジナだと知りましょう。

| sakota | 2014/01/24 20:00 | URL |

>何の興味も関心もありません。

あなたの「自転車乗りはただ道路左端を走ればいいのです」という主張にこそ、誰も興味がありません。

>行間を読めないとは本当に情けない限りです。

落ち込まないでいいんですよ。たしかににときどきオアゾツーキニストさんほど行間を読めないひとは珍しいですが、どんなに行間が読めなくても、それで死んでしまうようなことはないです。そんなことで自己嫌悪に陥る必要はありませんよ。

>ちょっと違うでしょうと指摘することに妥当性など必要ですか?

ご自身の発言が妥当ではないことを認められたと捉えてよろしいですね。

>「携帯ながら」を「身勝手な行動」の一例に挙げる時点で

「携帯ながら」を「身勝手な行動」の一例に挙げたのはオアゾさん自身ですよ。

守るべき現行法としては、自転車乗りは車道左端通行を実践するだけで十分です。傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火などふらふらとその場で止まれるスピードしか出さない(出せない)ママチャリについて、アレヤコレヤいうのもお門違いですね。

>「車道左端通行」と「携帯ながら」は両立しないものです。 自転車の「携帯ながら」は、歩道や生活道路でふらふらとその場で止まれるのスピードだからこそ出来るものです。

余裕でできます。なめてますね。できるけど、しないのです。
ビールを飲んだ後で車を運転しないのと同じです。


>自転車の「歩道」通行を前提としたコメントをされていましたので、

こんなところでコメントするのもなんですが、「車道通行ではなく歩道通行をすべきこと」を前提にしたコメントはしていません。「状況に応じ歩道通行も可能である」ことを前提としたコメントです。

これに対して「自転車はあくまでも車道左端通行しなければなりません。」と仰ったのだから、「自由自在に車道も歩道も走れば良い」とは明らかに矛盾します。


>「志を汲んでくれ」とお願いしていたのですね。

相手を追及する際に、形式的に批判・非難の形ではなく、依願や教示の形態を取る事は常套手段で、有効性も高いです。日本語は奥が深いですね。オアゾさんも勉強しましょう。


私からも、勉強されることを強くお勧めします。


>ここに膨大な行のコメントを残している方々は揚げ足取りが好きなんですか?

オアゾさんの見苦しいコメントを笑い転げながら読むのは、それなりに楽しいですよ。参加してみてはいかがですか?

| ず | 2014/01/24 20:11 | URL |

ずさん| 2014/01/24 20:11 |へ

>>何の興味も関心もありません。
>あなたの「自転車乗りはただ道路左端を走ればいいのです」という主張にこそ、誰も興味がありません。

今のところ、具体的に表明されたのは、ずさんだけです。
300対1で貴方の負けです。

>>行間を読めないとは本当に情けない限りです。
>落ち込まないでいいんですよ。たしかににときどきオアゾツーキニストさんほど行間を読めないひとは珍しいですが、どんなに行間が読めなくても、それで死んでしまうようなことはないです。そんなことで自己嫌悪に陥る必要はありませんよ。

日本語ではそうなりますか?
程度の低い相手(ここではずさん)のことを情けなく思うという意味ですよ。
しっかりして下さい。
本当に情けない。

>>ちょっと違うでしょうと指摘することに妥当性など必要ですか?
>ご自身の発言が妥当ではないことを認められたと捉えてよろしいですね。

あらら、そう来ますか。
小生も日本語を間違えましたね。
妥当性「の証明」など不要でしょう。ということです。
小生の指摘は、妥当性の証明を待つまでもなく、妥当です。

>>「携帯ながら」を「身勝手な行動」の一例に挙げる時点で
>「携帯ながら」を「身勝手な行動」の一例に挙げたのはオアゾさん自身ですよ。 守るべき現行法としては、自転車乗りは車道左端通行を実践するだけで十分です。傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火などふらふらとその場で止まれるスピードしか出さない(出せない)ママチャリについて、アレヤコレヤいうのもお門違いですね。

小生は、車道左端通行と傘差し、携帯ながら等々は明確に分けています。
本当に読解力のない方ですね。

>>「車道左端通行」と「携帯ながら」は両立しないものです。 自転車の「携帯ながら」は、歩道や生活道路でふらふらとその場で止まれるのスピードだからこそ出来るものです。
>余裕でできます。なめてますね。できるけど、しないのです。ビールを飲んだ後で車を運転しないのと同じです。

さすが、特急自転車乗りですね。
素晴らしい。
小生には車道左端通行しながら、携帯ながらなど、到底出来ません。
ずさんとの議論の食い違いはこういう技量の差が前提となっていたということですね。お見逸れしました。

>>自転車の「歩道」通行を前提としたコメントをされていましたので、
>こんなところでコメントするのもなんですが、「車道通行ではなく歩道通行をすべきこと」を前提にしたコメントはしていません。「状況に応じ歩道通行も可能である」ことを前提としたコメントです。これに対して「自転車はあくまでも車道左端通行しなければなりません。」と仰ったのだから、「自由自在に車道も歩道も走れば良い」とは明らかに矛盾します。

法律に基づく道路毎の規制(ルール)の話と、そのルールを踏まえた上での自転車乗り個々の判断を混同されているようです。
一方通行や進入禁止等の交通規制を示す道路標識の議論では、自転車はあくまでも車道左端を通行しなければならない軽車両です。
道路標識等で示されたルールを踏まえて、具体的に自転車乗りが車道・歩道のいずれを通行するかは、自転車乗り一人一人が決めることです。

ルールの議論は厳格に、それこそ、定義や文言が全てとなります。
しっかりして下さい。

>>「志を汲んでくれ」とお願いしていたのですね。
>相手を追及する際に、形式的に批判・非難の形ではなく、依願や教示の形態を取る事は常套手段で、有効性も高いです。日本語は奥が深いですね。オアゾさんも勉強しましょう。私からも、勉強されることを強くお勧めします。

泣き叫んで縋りついてきたのは、MINELさんであり、お調子者のずさんです。
難しそうな熟語や下品な言葉で誤魔化そうとして、誤魔化し切れずに、最後の最後に世捨人さんにお願いしていたものですとは、同じ自転車乗りの仲間として、本当に情けない限りです。
しっかりして下さい。

>>ここに膨大な行のコメントを残している方々は揚げ足取りが好きなんですか?
>オアゾさんの見苦しいコメントを笑い転げながら読むのは、それなりに楽しいですよ。参加してみてはいかがですか?

さて、どういう立場で参加されるのか、楽しみです。
まあ、どうでも良いですし、一向に構いません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/24 20:43 | URL |

>300対1で貴方の負けです。

普通に考えたら、0対1で私の勝ちだと思うけど。

オアゾさんは、何も言わない人はみんな自分の主張に興味があると考えてるのですね。お気楽さんですね。幸せそうですね。おめでとうございます。


>日本語ではそうなりますか?
>ここではずさんのことを情けなく思うという意味ですよ。

ええ。日本語ではそうなります。相手の指摘の行間が読めずに「インターネットでは文面がすべてです」などと言って逃げたつもりになっていたのはあなたですから。

まあ、良いです。なんというか、私のことを情けなく思っているあなたの姿自体が、ほほ笑ましいですね。


>小生の指摘は、妥当性の証明を待つまでもなく、妥当です。

私は妥当でないと述べました。その理由も示しました。
それに対して、あなたは、妥当だと強弁し、指摘内容の正しさを主張するというまったく無関係な議論に逃げ込んだだけです。

厳密な証明は求めていません。
充分な説明を求めているのです。



>法律に基づく道路毎の規制(ルール)の話と、そのルールを踏まえた上での自転車乗り個々の判断を混同されているようです。

世捨人さんのスクープ(?)画像③について、「③の箇所に関しては、自転車は歩道を走るなら右折できそうです。車道への右折も法規違反ではありませんが、合流地点まで行くとその先は逆走になるため、通行不可であり、道路を横断して車道を元の方向へ戻るか、歩道に上がるかの選択ができそうです。」(ずさん| 2014/01/16 23:58)

この文章を「歩道」通行を前提としたコメントと捉えている時点で間違っているということを述べています。ひとのコメントを勝手に解釈して引用したうえで他者に示さないで下さい。

私が上記コメントで「車道を走ってもいいし、歩道をはしってもいいよ。側道は逆走可でも、本道は違うよ。歩道なら逆そうもOKだよ。」と述べていることを理解して下さい。


>同じ自転車乗りの仲間

そんなつもりは一切ありませんが。まあ、せいぜい日本語の勉強をしましょう。情けないといえば、母国語がろくに使えないあなたが同じ日本人として情けないです。

| ず | 2014/01/24 21:12 | URL |

サイクリング禁止反対

[世捨人]殿|2014/01/22 00:29|付へ.

>無謀ドライバーは自転車に乗っても危険行為をするものです.
無責任な発言は慎んでください.

勿論,初心者がいきなり自転車で1日200kmを走ろうとするのは無理である.
無謀ドライバーは,おそらく自転車に関してはド素人の場合が多いだろうから,経験者の適切な手引きの下で長距離走のための知識や走行技術,準備等を身につけた上で,50km,70km,100km・・・・・・・と,段階的に距離を伸ばし,ビンディングペダルを使っても自転車ごとひっくり返らないようにしてもらうのが望ましい.

| マイロネフ | 2014/01/24 21:58 | URL | ≫ EDIT

>小生には車道左端通行しながら、携帯ながらなど、到底出来ません。
ずさんとの議論の食い違いはこういう技量の差が前提となっていたということですね。

自転車運転技術の未熟な"アナタ"は、ハンドルから片手を離すと、バランスを崩して"ふらつく"ので、"自転車通行が危険な車道左端は、携帯を使用しながら通行できない"ということですね。"アナタ"の個人的な話など、"論外"でしょう。

| ハエタタキ | 2014/01/26 10:49 | URL | ≫ EDIT

ずさんへ

小生は、何も言わない人が小生の主張に「興味」があるなどとは思っていません。

小生は、自転車乗りの大多数を占める物言わぬママチャリ族、通勤・通学族を「代表」しております。

このブログに「興味」を持つ極々少数派の特急自転車乗りの中の、そのまた少数の居眠り転倒自慢・携帯ながら自慢の方の主張と比較するのであれば、7000万対1で小生の完勝です。

まずは、日本語の勉強からですね。
情けない。

十分な説明も何も、普通に自転車に乗っている人であれば、MINELさんへの最初の指摘で十分に伝わるものです。

本線との合流地点まで行けば、ブロック塀による物理的障害はありませんので、本線を横切って左端へ横断し、車道左端通行すれば良いだけです。

ずさんが仰ったように道路を横断する際には、十分に気をつけて渡らなければなりませんが、世捨人のスクープ(?)画像では、人っ子一人いない閑散とした状況ですので、車道左端へ横切ることも十分に可能でしょう。

まあ、本線との合流地点までの側道に面した土地の住宅・事務所に向かう住民のために、自転車は貴重な交通手段となっているということです。

ああ情けない。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/26 13:08 | URL |

ハエタタキさんへ

車道左端を携帯ながらで10キロ未満のスピードでふらふら運転で通行しても何ら問題ありません。

それでも、自転車は車道左端を通行すべきです。

ずさんが歩道通行を前提に一方通行規制・進入禁止規制を説明されていた画像のとおり閑散とした道路であれば、何ら問題ありません。

しかしながら、一般に車道と歩道があるような幹線道路は信号待ち渋滞や右折車両待ち渋滞が頻発する位に交通量が多いものです。

そういう道路で車道左端を通行する自転車は、自動車の渋滞の列を横目に、左端を「すり抜け」して行く自転車がふらついて少しでも自動車に接触しようものなら、携帯ながらは道路交通規則違反だ、修理代5万だ10万だと吹っ掛けられそうです。

車道左端通行する自転車は、自分の身を守るためには、ハンドルをしっかりと両手で握って、ふらつかずに真っ直ぐ前を向いて走るものです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/26 13:21 | URL |

>小生は、自転車乗りの大多数を占める物言わぬママチャリ族、通勤・通学族を「代表」しております。

大多数の「携帯ながら運転」はママチャリ族、通勤・通学族です。ですが、逆に考えると、ママチャリ族、通勤・通学族のほとんどは「携帯ながら運転」とは無縁です。しかるに、「携帯ながら運転」を擁護することがママチャリ族、通勤・通学族の利益に資すると私は考えません。まあ、私は、安全運転義務が道交法でもっとも重視しなければならない規定だとは言っていますが、閑散とした広く、見通しのいい道路で携帯ながら運転や傘さし運転をすることがそれを違反するとは言っていませんよね。低速であっても、安全運転義務に反する場合もあるだろうと述べている訳です。


>居眠り転倒自慢

低速自転車でも危険な運転は可能であることを、自分自身の経験を踏まえて反論したのですね。極端な意見はたったひとつの反例で瓦解してしまうものです。

>携帯ながら自慢

これは高速であれば携帯ながらなどはできない、というこれまた極端な暴論に対する反例です。まあ、自慢でもいいですが、「高速であれば携帯ながらなどはできない」ことを前提に議論しちゃいけないことは変わらないでしょう。

>MINELさんへの最初の指摘で十分に伝わるものです。

別に間違っていることを言っている訳でもないMINELさんに対して、まったく関係のない話を持ち出して批判しはじめたことは十分理解できました。


>本線を横切って左端へ横断し、車道左端通行すれば良いだけです。

充分に安全に注意していれば、それで問題ないのではないですか。


>ずさんが歩道通行を前提に

勝手な決めつけはおやめください。


>車道左端を携帯ながらで10キロ未満のスピードでふらふら運転で通行しても何ら問題ありません。
>車道左端通行する自転車は、自分の身を守るためには、ハンドルをしっかりと両手で握って、ふらつかずに真っ直ぐ前を向いて走るものです。


| ず | 2014/01/26 16:32 | URL |

続きです

>車道左端を携帯ながらで10キロ未満のスピードでふらふら運転で通行しても何ら問題ありません。
>車道左端通行する自転車は、自分の身を守るためには、ハンドルをしっかりと両手で握って、ふらつかずに真っ直ぐ前を向いて走るものです。

携帯ながらで30km/hでまっすぐに運転したら?

| ず | 2014/01/26 16:37 | URL |

>車道左端を携帯ながらで10キロ未満のスピードでふらふら運転で通行しても何ら問題ありません。

今度は、"アナタ"以外の人の話ですよね。
逆に言えば、車道に限らず、10km/h以上の速度で、携帯を使用しながら運転したら、"問題がある"ということになりますね。
"ママチャリ"であっても、"普通"にペダルを踏めば、簡単に10km/h以上の速度に達します。また"普通"に運転できる方であれば、そのまま片手を放しても"ふらつく"ことはなく、ブレーキを使わなければ、10km/h未満まで"瞬時"に減速されることはありません。
"アナタ"の主張する"何ら問題ない"という状況は、限られた条件の話ですから、やはり"論外"でしかありません。
反論するのであれば、年齢、性別、時間、場所、天候、路面状況、交通状況等に関わらず、"問題ない"ということの論理的な説明が必要です。

| ハエタタキ | 2014/01/26 17:50 | URL | ≫ EDIT

| sakota | 2014/01/24 20:00 | URL |さん

>自分一人卓越した気分で、安全圏から誰かを非難する卑怯な行為は楽しいですか?コメントした時点で貴方も同じ穴のムジナだと知りましょう。

貴方も私を非難しているようですね。
同類同士仲良くしましょうか^^

| 自転車は歩道 | 2014/01/26 23:11 | URL |

サイクリング禁止反対

[ときどきオアゾツーキニスト]殿|2014/01/26 13:21|付へ.

>車道左端を携帯ながらで10km/h未満のスピードふらふら運転で通行しても何ら問題ありません.

法令による規制以前に,「携帯ながら」という行為のどこにどういう危険が潜んでいるか,全く考える気もない妄言だ.
10km/h未満なら最初から歩きにしていれば済む話だろう.

>車道左端通行する自転車は,自分の身を守るためには,ハンドルをしっかりと握って,ふらつかずに真っ直ぐ前を向いて走るものです.

最初の話とまるっきり矛盾している.「携帯ながら」や「片手傘さし」でそのように正常に走れるわけがない.
これをバ●*レと言わず何と言うか.

| マイロネフ | 2014/01/26 23:17 | URL | ≫ EDIT

ずさん| 2014/01/26 16:32 |、| 2014/01/26 16:37 |へ

>>小生は、自転車乗りの大多数を占める物言わぬママチャリ族、通勤・通学族を「代表」しております。
>大多数の「携帯ながら運転」はママチャリ族、通勤・通学族です。ですが、逆に考えると、ママチャリ族、通勤・通学族のほとんどは「携帯ながら運転」とは無縁です。しかるに、「携帯ながら運転」を擁護することがママチャリ族、通勤・通学族の利益に資すると私は考えません。まあ、私は、安全運転義務が道交法でもっとも重視しなければならない規定だとは言っていますが、閑散とした広く、見通しのいい道路で携帯ながら運転や傘さし運転をすることがそれを違反するとは言っていませんよね。低速であっても、安全運転義務に反する場合もあるだろうと述べている訳です。

安全運転義務などと法律でとやかく言われなくても、自分の身は自分で守るということで十分です。

>>居眠り転倒自慢
>低速自転車でも危険な運転は可能であることを、自分自身の経験を踏まえて反論したのですね。極端な意見はたったひとつの反例で瓦解してしまうものです。

危険な運転が「可能」であることの証明など、自分の身は自分で守ろうとする普通の自転車乗りには全く不要です。
まさに、反論の為の反論、机上の空論に過ぎません。
居眠りで転倒するなど、自分の身を自分で守れない愚か者の自慢話です。
自らのリスク管理が出来ないということで、酒酔い運転と同レベルの懲戒解雇ものです。

>>携帯ながら自慢
>これは高速であれば携帯ながらなどはできない、というこれまた極端な暴論に対する反例です。まあ、自慢でもいいですが、「高速であれば携帯ながらなどはできない」ことを前提に議論しちゃいけないことは変わらないでしょう。

本当に特急自転車で30~40キロのスピードで疾走している時に携帯など触れますか?
机上の空論、夢物語もいい加減にしましょう。
嘘吐きは泥棒のはじまりですよ。
居眠り転倒と同じレベルで、懲戒解雇ものです。

>>MINELさんへの最初の指摘で十分に伝わるものです。
>別に間違っていることを言っている訳でもないMINELさんに対して、まったく関係のない話を持ち出して批判しはじめたことは十分理解できました。

日本語、大丈夫ですか?
身勝手な行動の延長としてでも車道左端通行する自転車は、「法を順守しようとする人」です。
明らかに間違えています。
その間違いの根底にあるものを抉り出すために、ちょっと違うでしょうと指摘したものです。
そして、MINELさんの根底にあるのは、世捨人への媚び諂いだったのです。
また、この媚び諂いは最初の指摘の時点で透けて見えていたものです。
しっかりと行間まで読み取りましょう。
さらには、この文脈・行間を読み取れずに、ずさんが身勝手な行動の延長としてしゃしゃり出て来たのでした。

>>本線を横切って左端へ横断し、車道左端通行すれば良いだけです。
>充分に安全に注意していれば、それで問題ないのではないですか。

あれあれ、疑問形ですか?
ずさんは、法律の議論として、歩道に上がるか、逆戻りするしかないと断言されていましたよ。
多くの物言わぬ閲覧者のために、法律の解釈を誤っていたと、明確に説明する責任があるのではないですか。(疑問形です。)

>>ずさんが歩道通行を前提に
>勝手な決めつけはおやめください。

上述のとおり、法律の解釈の問題です。
法律は書いてある文言どおりです。勝手な決めつけなどではありません。
多くの物言わぬ閲覧者のために、正しい法律の解釈を説明すべきです。

>>車道左端を携帯ながらで10キロ未満のスピードでふらふら運転で通行しても何ら問題ありません。車道左端通行する自転車は、自分の身を守るためには、ハンドルをしっかりと両手で握って、ふらつかずに真っ直ぐ前を向いて走るものです。
>携帯ながらで30km/hでまっすぐに運転したら?

出ました、テクニック自慢です。
自転車乗り一人一人が決めることです。
自分の身を自分で守れるのであれば、小生は何ら関知しません。
まあ、嘘吐きは泥棒の始まりとも言いますよ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/27 10:39 | URL |

ハエタタキさん | 2014/01/26 17:50 |へ

>>車道左端を携帯ながらで10キロ未満のスピードでふらふら運転で通行しても何ら問題ありません。
>今度は、"アナタ"以外の人の話ですよね。逆に言えば、車道に限らず、10km/h以上の速度で、携帯を使用しながら運転したら、"問題がある"ということになりますね。"ママチャリ"であっても、"普通"にペダルを踏めば、簡単に10km/h以上の速度に達します。また"普通"に運転できる方であれば、そのまま片手を放しても"ふらつく"ことはなく、ブレーキを使わなければ、10km/h未満まで"瞬時"に減速されることはありません。"アナタ"の主張する"何ら問題ない"という状況は、限られた条件の話ですから、やはり"論外"でしかありません。反論するのであれば、年齢、性別、時間、場所、天候、路面状況、交通状況等に関わらず、"問題ない"ということの論理的な説明が必要です。

「ハエタタキ」とは名ばかりの「小蠅」のようなご意見ですね。
車道左端を「携帯ながら」で10キロ以上のスピードで通行しても、自分の身を自分で守れるのであれば、何ら問題ありません。
それぞれの自転車乗りが決めることです。
歩きスマホのように携帯の画面を注視するのでなければ、自転車での片手運転での「携帯ながら」も可能でしょう。しかし、片手運転を軽く見られているようですが、片手運転を継続することは肩、腰に負担が多く、なかなかしんどいものです。
そして、傘差しながら、携帯ながらの危険性は片手運転でバランスを崩すとか乗れないということではなく、咄嗟の時にブレーキ操作が間に合わない、片手ブレーキで制動性能が半減するということにあります。
そして、万一、衝突した際の衝撃力はスピードの2条に比例します。
10キロ未満のスピードのふらふら運転であれば、咄嗟の際にも、その場で停止することが出来る、万一、接触しても大きな衝撃を与えないということで、何ら問題ありません。
一方、スピードが増せば、増すほど、咄嗟の際の制動は難しくなり、また、衝撃力も大きくなります。
普通に自分の身は自分で守るという意識を持っているのであれば、車道左端を30キロから40キロのスピードで自動車の流れにのって通行する際には、携帯ながらなど有り得ないでしょう。

(ママチャリ族の)自転車の傘差し、携帯ながら、酒気帯び、信号無視、無灯火などの下らない道路交通法違反を論う必要は全くありませんが、自転車が車道左端通行をすれば、こうした下らない違反行為をすることは無くなります。

自転車が車道左端通行するということは、そういうことです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/27 11:23 | URL |

マイロネフさん| 2014/01/26 23:17 |へ

>>車道左端を携帯ながらで10km/h未満のスピードふらふら運転で通行しても何ら問題ありません.
>法令による規制以前に,「携帯ながら」という行為のどこにどういう危険が潜んでいるか,全く考える気もない妄言だ. 10km/h未満なら最初から歩きにしていれば済む話だろう.

本当に自転車に乗ってますか?
携帯で電話をしなければならないので、10キロ未満のスピードに落としてふらふら運転しているだけのことです。
電話が終われば、遅れを取り戻すために、20キロ~40キロのスピードに上げて、両手でハンドルをしっかり持って、疾走することでしょう。
状況に応じて、乗り方を自由自在に変えるても、巾60センチとスマートで車道左端を通行すれば後続車両が容易に追越して行けるところも自転車の良い所です。

>>車道左端通行する自転車は,自分の身を守るためには,ハンドルをしっかりと握って,ふらつかずに真っ直ぐ前を向いて走るものです.
>最初の話とまるっきり矛盾している.「携帯ながら」や「片手傘さし」でそのように正常に走れるわけがない.これをバ●*レと言わず何と言うか.

日本語、大丈夫ですか?
小蠅のハエタタキさんにお伝えしたとおり、自転車が車道左端を通行するということは、「携帯ながら」や「傘差し」のような下らない法律違反を無くすことに繋がります。
まあ、30~40キロのスピードで特急自転車で疾走しながら、携帯ながらも可能だというテクニック自慢のずさんのような命知らずは、自分の身は自分で守るということをお願いするしかありませんが、居眠り転倒(自損)事故などの下らない統計数値を積み上げられては、本当に困りものですね。

これを交通安全の先駆者である特急自転車乗りの風上にも置けないバ●*レと言わず何と言うか.
(疑問形)

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/27 11:33 | URL |

自分の身を自分で守るつもりのない自転車が、現実には結構いるものです。ほとんどの自転車が自分の身を自分で守ろうと心掛けていると認識されているようなら、その認識は改める必要があります。

その上で、自分の身を守ろうとしない自転車乗りは放置しても良いものかどうかは、社会全体で判断して決めていくべきものです。

MINELさんは、「身勝手な行動の延長として車道に出る自転車乗りは法を守ろうとする者ではない」とは言っていません。「身勝手な行動の延長として車道に出る自転車乗りはここでいう『法を守ろうとする者』ではない」と言っています。この違いを理解できずにMINELさんを攻撃する姿勢を問題視しています。

媚び諂いですか?他者の意見に賛成だろうと反対だろうと他者がそう考えるということ自体は認めなければならないと思いますが。

30kmで片手運転は容易なので、電話を着信して通話することは最低でも可能でしょう。普段やることではないので推測の域を出ませんが、不可能であることを前提に議論するのは間違っていると思いますよ。

本線の交通量がかなり多いことを想定していたので、見落としてましたね。


さて、オアゾさん。本題です。
あなたは、その場で停車できる速度として10km/h以下を想定して、その速度域での携帯ながら運転や傘さし運転、酒気帯び運転、無灯火などは全く問題ない。一方で、30km/hでの携帯ながら運転は制動距離が延びるなど問題があろう。

こう、あなたはおっしゃいました。

現実問題としては、多くの自転車は15-20km/h程度の速度で傘さし運転などを行なっています。上記の議論を踏まえるに、何ら危険はない、と即断することはできないでしょう。

ちなみに、携帯ながらに関しては、電話をかける操作さえ低速で行えば、通話中はスピードを上げてしまうのが自然なやり方だと思います。





| ず | 2014/01/27 12:34 | URL |

ずさん | 2014/01/27 12:34 |へ

>自分の身を自分で守るつもりのない自転車が、現実には結構いるものです。ほとんどの自転車が自分の身を自分で守ろうと心掛けていると認識されているようなら、その認識は改める必要があります。

動物(生物)としての本能であり、人間としてのモラルです。
ご心配には及びません。

>その上で、自分の身を守ろうとしない自転車乗りは放置しても良いものかどうかは、社会全体で判断して決めていくべきものです。

自分の身を守ろうとしない自転車乗りを放置するかどうかは、親の躾け・生き方の問題です。
社会が関与するものではありません。
自転車に関する道路交通法を守ろうとしない自転車乗りを放置するかどうか、これまで放置されて来ましたし、今後とも放置して何ら問題ありません。
4000対5の比率で、自動車の取締強化を図るべきです。

>MINELさんは、「身勝手な行動の延長として車道に出る自転車乗りは法を守ろうとする者ではない」とは言っていません。「身勝手な行動の延長として車道に出る自転車乗りはここでいう『法を守ろうとする者』ではない」と言っています。この違いを理解できずにMINELさんを攻撃する姿勢を問題視しています。

「ここでいう」に拘っているのはずさんだけです。
ここで言おうが何処で言おうが関係ありません。
車道左端通行という法律を守っている自転車乗りに「アレヤコレヤ」言う必要はありません。

>媚び諂いですか?他者の意見に賛成だろうと反対だろうと他者がそう考えるということ自体は認めなければならないと思いますが。

世捨人の意見に媚び諂うことは一切不要です。

>30kmで片手運転は容易なので、電話を着信して通話することは最低でも可能でしょう。普段やることではないので推測の域を出ませんが、不可能であることを前提に議論するのは間違っていると思いますよ。

大丈夫ですか?
携帯電話をポケットから探し出し、電話番号を目で確認し、着信ボタンを押し、耳に充てるという動作を30キロのスピードを出しながらやるとしたら、一方通行・進入禁止標識が問題となった画像のような閑散とした道路でしょう。
一人ぼっちで走る分には、何をやっても構いません。
どうぞ、ご勝手に。

>本線の交通量がかなり多いことを想定していたので、見落としてましたね。

これが、数多くの物言わぬ閲覧者への法律の解釈についての謝罪・説明ですか?あ真面目さを疑います。

>さて、オアゾさん。本題です。あなたは、その場で停車できる速度として10km/h以下を想定して、その速度域での携帯ながら運転や傘さし運転、酒気帯び運転、無灯火などは全く問題ない。一方で、30km/hでの携帯ながら運転は制動距離が延びるなど問題があろう。こう、あなたはおっしゃいました。現実問題としては、多くの自転車は15-20km/h程度の速度で傘さし運転などを行なっています。上記の議論を踏まえるに、何ら危険はない、と即断することはできないでしょう。ちなみに、携帯ながらに関しては、電話をかける操作さえ低速で行えば、通話中はスピードを上げてしまうのが自然なやり方だと思います。

程度論であれば、4000対5で決着済みです。
自転車は、幼児から高齢者まで誰もが利用出来る貴重な交通手段です。
居眠りすれば転倒してしまうという安全装置が付いているものです。
通話中にスピードを上げてしまう携帯ながらは、罰金を以て、警察官が取り締まるようなことですか?
警察官の取締りを可能とするために、各地域の実情に合わせて警察行政全般について監視するそれぞれ独立の地方公安委員会に対して、中央官庁である警察庁が音頭を取って、ママチャリ族の三人乗り自転車論争のどさくさに紛れて、全国一斉に道路交通規則に盛り込むようなことですか?
傘差しながらは、自転車が貴重な交通手段となる長崎県や京都府では、禁止されていません。
その程度のものです。

自分の身は自分で守る、人に迷惑を掛けないという当たり前の道徳で十分でしょう。

ちゃん、ちゃん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/27 13:13 | URL |

安全対策≠取締強化です


世捨人さんに対する「媚び諂い」を不要だとするのはあなたの勝手ですが、あなたが不要だと思っても、他者がしていけないのではありません。意見の相違があっても、相手の意見の存在を認める姿勢は常に重要なのです。あなたにはそれが完全に欠落しており、それゆえ、まっとうな議論を行う資質が損なわれてしまっています。

「ここでいう」を意図的に無視しているのは、むしろあなただけです。前の文を無視してこの文だけで批判することの意味は皆無です。MINELさんは、どんな人の志をくんでほしいかを説明しています。それ以上のことは何ひとつ言っていません。



登録された番号であれば名前が表示されるので確認は容易です。
着信ボタンは、目をつぶってても押せます。
名前も確認せず電話に出るだけなら、前方を注視したままでも簡単にできます。
片手運転にはなりますが。


危険性が一切無いとは思わない、と言ってるだけで、罰金をとって処分しましょうと言っているのではありません。まずは、そこをご理解くださいませ。

| ず | 2014/01/27 13:54 | URL |

ずさん| 2014/01/27 13:54 |へ

>安全対策≠取締強化です

仰るとおり、信号のない交差点への対策は信号機設置(≒取締強化)よりも、カーブミラーの設置です。

>世捨人さんに対する「媚び諂い」を不要だとするのはあなたの勝手ですが、あなたが不要だと思っても、他者がしていけないのではありません。意見の相違があっても、相手の意見の存在を認める姿勢は常に重要なのです。あなたにはそれが完全に欠落しており、それゆえ、まっとうな議論を行う資質が損なわれてしまっています。

世捨人さんの議論に長年付き合ってきた結論です。
世捨人さんへの「媚び諂い」のために、小生についてマッチポンプから汚物、スカトロまで、悪口雑言を重ねて来た上で、最後の最後に、小生の指摘を尊重するなどと言い訳してきたのはMINELさんです。

ずさんは、岡目八目で横入りしてきた方ですので、ご自身の中で勝手に決着を付けて出て行って貰う分には、全く構いません。

>「ここでいう」を意図的に無視しているのは、むしろあなただけです。前の文を無視してこの文だけで批判することの意味は皆無です。MINELさんは、どんな人の志をくんでほしいかを説明しています。それ以上のことは何ひとつ言っていません。

世捨人さんとMINELさんの議論など、小生には全く興味も関心もございません。
ここだろうと、そこだろうと、どこだろうと全く構いません。
自転車の車道左端通行に「志」など全く必要ありません。
どんな人であろうとも構いません。
自転車は、ただただ、車道左端を通行すれば良いだけです。

ましてや、世捨人さんに「志をくんでほしい」などと頭を下げてお願するようなものでもありません。
この文に垣間見えたMINELさんの「心根」を問題としているのであって、前の文の意味を汲み取る必要性は皆無です。

>登録された番号であれば名前が表示されるので確認は容易です。着信ボタンは、目をつぶってても押せます。名前も確認せず電話に出るだけなら、前方を注視したままでも簡単にできます。片手運転にはなりますが。

お得意のテクニック論で誤魔化そうとしても無駄です。
また、お得意のテクニック論でも誤魔化せない程、ポケットから取り出すのは、大変だということですね。
名前を確認せずに電話に出ることと、前方を確認せずに30~40キロのスピードで自転車に乗ることの危険性の比較ですか?
どこまでも程度論が好きな方ですね。
ちゃん、ちゃん。

>危険性が一切無いとは思わない、と言ってるだけで、罰金をとって処分しましょうと言っているのではありません。まずは、そこをご理解くださいませ。

自分の身は自分で守ることが出来るのであれば、十分です。

そして、居眠り運転での転倒は、明らかに懲役・罰金ものです。

(過労運転等の禁止)
第六十六条  何人も、過労、病気、薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転してはならない。
(罰則 第百十七条の二第三号:麻薬、大麻、あへん、覚せい剤等の影響により正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転した者は、五年以下の懲役又は百万円以下の罰金、第百十七条の二の二第七号:三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金)

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/27 15:52 | URL |

信号機設置≠取締強化ではあると思いますが、まあ、どうでもいい所ですかね。
(閑散道路で自転車が信号無視したところで取締対象になるものでしょうか?)


>岡目八目で横入りしてきた方

だれかに呼び出されただけですよ。人聞きが悪いなぁ。


>世捨人さんの議論に長年付き合ってきた結論です。

あなたが勝手にそう考えるのは自由です。
でも、それを他人に強要するのはどうかと思います。


>世捨人さんとMINELさんの議論など、小生には全く興味も関心もございません。

MINELさんは、世捨人さんへの反対意見以外、何も主張していないですよ。
それに対して世捨人さんの発言とは無関係なところで反論をしても、まったく無意味なものに過ぎないでしょう。


>自転車の車道左端通行に「志」など全く必要ありません。

確認しますが、「自転車の車道左端運転には『志』が必要である。」というのは、誰が何処で述べた意見ですか?そうではなくて、あなたが作り出した虚構でしょう。こういう虚構を以って他者を非難する姿勢を、私は批判しています。


>この文に垣間見えたMINELさんの「心根」を問題としている

改めて問いますが、あなたが問題としているMINELさんの「心根」とやらをはっきりと文章として提示して下さい。あなたには垣間見えた、らしいですが、ここの閲覧者全員に見えている訳ではないですので、はっきりさせておくことが議論の前提として必要不可欠です。「日本語として当然わかるべき云々」というのは逃げ口上にもなりません。文章として提示することができなければ、すなわち自らの発言の無意味さを認めるということです。


>ポケットから取り出すのは、大変だということですね。

(大笑)

どんどんハードルが下がってきますね。惰性走行でも30km/hは維持できるのだから、その間にポケットから取り出せばいいです。下り坂での加速を利用したら、シングルスピードのママチャリでもできますね。

※実際にする人がいるかどうかという問題ではありませんよ。あなたは、できないと明言されているのですから、するかしないかとは別に議論しておかねばなりません。


>名前を確認せずに電話に出ることと、前方を確認せずに30~40キロのスピードで自転車に乗ることの危険性の比較ですか?

え?確認せずに電話にでることは危険なのですか?それに、状況によっては、電話が鳴った時点で誰からの電話かは分かりますからね。確認しないで出る場合もあるでしょ?


>居眠り運転での転倒は、明らかに懲役・罰金ものです。

頂きました。

守るべき現行法としては、自転車乗りは車道左端通行を実践するだけで十分です。

あなたはこう主張されていたはずですが。

| ず | 2014/01/27 18:33 | URL |

苦しいなオアゾ、そろそろ降参すればばーん?wwwwww

| す | 2014/01/27 19:24 | URL |

ずさん| 2014/01/27 18:33 |へ

>信号機設置≠取締強化ではあると思いますが、まあ、どうでもいい所ですかね。(閑散道路で自転車が信号無視したところで取締対象になるものでしょうか?)

信号機の表示する信号は警察官等の手信号等と同等に罰則付きのルールです。
カーブミラーとの比較では取締強化であることは疑いありません。

(信号機の信号等に従う義務)
第七条  道路を通行する歩行者又は車両等は、信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等に従わなければならない。(罰則 第百十九条第一項第一号の二、同条第二項、第百二十一条第一項第一号)

>>岡目八目で横入りしてきた方
>だれかに呼び出されただけですよ。人聞きが悪いなぁ。

少なくとも小生は呼び出してませんが、MINELさんに助け舟を要請されたのですか?

>>世捨人さんの議論に長年付き合ってきた結論です。
>あなたが勝手にそう考えるのは自由です。 でも、それを他人に強要するのはどうかと思います。

別に強要などしていませんよ。
真っ当な自転車乗りとしては、当然の前提です。

>>世捨人さんとMINELさんの議論など、小生には全く興味も関心もございません。
>MINELさんは、世捨人さんへの反対意見以外、何も主張していないですよ。それに対して世捨人さんの発言とは無関係なところで反論をしても、まったく無意味なものに過ぎないでしょう。

本当に日本語、大丈夫ですか?
世捨人さんとの議論の中で、垣間見えたMINELさんの「心根」について疑問を呈しただけのことです。

>>自転車の車道左端通行に「志」など全く必要ありません。
>確認しますが、「自転車の車道左端運転には『志』が必要である。」というのは、誰が何処で述べた意見ですか?そうではなくて、あなたが作り出した虚構でしょう。こういう虚構を以って他者を非難する姿勢を、私は批判しています。

自転車に車道を走らせようとする法の意図、および「法を順守しようとする人」の志をくみ取ってください。ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。(byMINELさん| 2014/01/12 12:59)とあるとおり、MINELさんが述べています。

>>この文に垣間見えたMINELさんの「心根」を問題としている
>改めて問いますが、あなたが問題としているMINELさんの「心根」とやらをはっきりと文章として提示して下さい。あなたには垣間見えた、らしいですが、ここの閲覧者全員に見えている訳ではないですので、はっきりさせておくことが議論の前提として必要不可欠です。「日本語として当然わかるべき云々」というのは逃げ口上にもなりません。文章として提示することができなければ、すなわち自らの発言の無意味さを認めるということです。

はて、ずさんは、MINELさんの「心根」を示す前に、身勝手に口を挟んできたのですよ。
今更、何を言っているのですか。
反論のための反論は不要です。
残念ながら、MINELさんは、世捨人さんのご機嫌伺いのために小生の主張を否定せざるを得なかったと、最後の最後にゲロして消えてしまいました。

>>ポケットから取り出すのは、大変だということですね。
>(大笑)どんどんハードルが下がってきますね。惰性走行でも30km/hは維持できるのだから、その間にポケットから取り出せばいいです。下り坂での加速を利用したら、シングルスピードのママチャリでもできますね。※実際にする人がいるかどうかという問題ではありませんよ。あなたは、できないと明言されているのですから、するかしないかとは別に議論しておかねばなりません。

本当ですか?
小生がロードバイクに乗る際には、携帯や財布は、万一にもポケットから飛び出さないように内ポケットやチャック付のポケットに入れますが、30~40キロのスピードを出しながら、簡単に取り出せるものですか?

また、脚力の無い小生などは、ロードで30~40キロのスピードを出すと息が上がって、まともにしゃべれませんよ。
無理する事はありません。

まあ、居眠り転倒ではありませんので、実証頂く必要など全くありません。

>>名前を確認せずに電話に出ることと、前方を確認せずに30~40キロのスピードで自転車に乗ることの危険性の比較ですか?
>え?確認せずに電話にでることは危険なのですか?それに、状況によっては、電話が鳴った時点で誰からの電話かは分かりますからね。確認しないで出る場合もあるでしょ?

普通、誰からの電話かは確認するでしょう。

まあ、30~40キロのスピードで車道左端通行するロードバイクで携帯ながら片手運転するようなスピードの危険性についての認識の甘い、リスク感性の乏しい方だということで、小生は別に構いません。

>>居眠り運転での転倒は、明らかに懲役・罰金ものです。
>頂きました。守るべき現行法としては、自転車乗りは車道左端通行を実践するだけで十分です。あなたはこう主張されていたはずですが。

大丈夫ですか?

本当に理解されていないようです。

結果責任は当然に問われます。

居眠り運転でブロックに乗り上げて転倒した際に、突っ込んで来る後続車両がいなくて、本当に万に一つの命拾いです。

自分の身は自分で守りましょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/27 19:46 | URL |

サイクリング禁止反対

[ときどきオアゾツーキニスト]殿|2014/01/27 11:33|付へ.

>本当に自転車に乗っていますか?
携帯で電話をしなければならないので,10kn/h未満のスピードに落としてふらふら運転しているだけのことです.

失敬な事を言う人だ.
低速であろうと自転車で走りながの携帯電話等の使用が安全である筈がない.画面に気を取られ,路面の障害物を避けられる保証があるものか.
自転車で移動中,携帯電話でもスマフォやタブレット端末でも使いたいなら,10km/h未満と言わず,自転車を止めれば済む話だ.

| マイロネフ | 2014/01/27 21:01 | URL | ≫ EDIT

ヒント:
規制の強化≠取締の強化

>少なくとも小生は呼び出してませんが

オアゾさんが私のことを引き合いにださなければ、こんなところまで遠征してくることもなかったと思いますよ。

>別に強要などしていませんよ。

では、世捨人さんに阿ろうが、「媚び諂おう」が、勝手だと思います。
世捨人さんだって、わけの分からない暴論ばかり並べていますが、たまには、真っ当なことを言っています。

>>「自転車の車道左端運転には『志』が必要である。」というのは、誰が何処で述べた意見ですか?

>自転車に車道を走らせようとする法の意図、および「法を順守しようとする人」の志をくみ取ってください。ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。

「志」が無い人間が車道左端を走行することを否定しているようにはこれっぽっちも見えませんけど。この文章は、「車道を通行する自転車の中には、『志』を持っている者も居る。」という意味です。「志」を持たない人物を糾弾しているものではありません。


>世捨人さんのご機嫌伺い

身勝手な行動の延長として車道に出る人も、貴方の解釈では立派な「法律を順守している人」なのかもしれませんが、 世捨人さんの主な批判対象と考えられる「身勝手な人間」を含める事は それこそ、その主張趣旨と逆行するでしょう。 したがって明示的に除外する必要があり、 貴方のご主張は尊重しますが、 ご指摘を受け入れる事は出来ないのです。

これですか?笑わせてくれますね。

世捨人さんの「身勝手な自転車乗りを車道から排除せねばならない」という「理想」と「車道を走る自転車にクラクションを浴びせる」という行動の乖離を指摘している訳ですから、MINELさんの言い回しは至極自然なものです。

「身勝手な自転車乗りを車道から排除せねばならない」と私は思いませんが、そんなことは関係のないことです。世捨人さんの行動と理想が矛盾していること世捨人さんの理想がそもそも間違っていることは相関しない独立の事象です。ゆえに、個別の批判がなされるべきなのです。

あれ?いつぞやの議論に似てきましたね。
さぞや、学習能力が無いんですね。


>小生がロードバイクに乗る際には、内ポケットやチャック付のポケットに入れますが、

たいていリュックを背負っているので、わたしはそちらに入れてますね。ま、ご自由にどうぞ。普通のポケットに入れて走ろうと、それこそ各自の自由でしょう。

ちなみにリュックのサイドポケットであれば走行中にも手が届きます。チャック付のポケットの開け閉めも、できないことはないでしょう。私はよく、暑かったり、寒かったりすると、服のチャックを上げ下ろししています。


>脚力の無い小生などは、ロードで30~40キロのスピードを出すと息が上がって

体力が無いことを自慢されても困ります。勉強も足りないみたいですが、トレーニングはもっと足りないみたいですね。まぁ、いったん息が上がったとしても、惰性+αで巡航してるうちに整ってくるでしょう。

「30km/h走行中に携帯電話で通話する事が不可能である」という言説は明らかに間違っています。


>普通、誰からの電話かは確認するでしょう。

そうですか?着信音やバイブのパターンで確認できたら、わざわざ画面なんて見ないでしょ?あとは電話を掛けてくる心当たりがある場合も、確認しないですね。


>結果責任は当然に問われます。

納得できませんね。「何ら問題はない」発言は、これで説明ができるとして、「何ら危険はない」発言には明らかに矛盾します。

| ず | 2014/01/27 21:27 | URL |

サイクリング禁止反対

[ときどきオアゾツーキニスト]殿|2014/01/27 11:23|付へ.

横から一言.

>「ハエタタキ」とは名ばかりの「小蠅」のようなご意見ですね.
車道左端を「携帯ながら」で10km/h以上のスピードで通行しても,自分の身を自分で守れるのであれば,何ら問題ありません.

これまた失敬なご発言だ.
自転車の「携帯ながら」で,不意に危険が出現した時どうやって自分の身も他人の身も守ることができるのか.

>そして,万一,衝突した際の衝撃力は,スピードの2条に比例します.

「スピードの2乗に比例」の誤りではないか.ご自身の日本語もしっかり点検して頂きたい.
カ―――ン!

| マイロネフ | 2014/01/27 21:50 | URL | ≫ EDIT

>「ハエタタキ」とは名ばかりの「小蠅」のようなご意見ですね。

まともな反論ができない苛立ちが、こういう発言となるのでしょう。哀れなものです。

>車道左端を「携帯ながら」で10キロ以上のスピードで通行しても、自分の身を自分で守れるのであれば、何ら問題ありません。

またまた、条件を拡大してしまいましたね。
"自分の身を自分で守る"、意味不明な発言を連呼しても役に立ちません。
どんなものから、どういう方法で"自分を守る"のか説明が必要ですが、条件が満足できなければ、"問題が起きる"ということで、やはり"論外"の話です。

>それぞれの自転車乗りが決めることです。

結局、自分の主義主張を反故にし、運転者個人に責任転嫁して"おしまい"という極めて無責任な結論です。
所詮、警察官の目の届かない場所での話なので、これ以上お付き合いする気はありませんから"スルー"してください。

| ハエタタキ | 2014/01/27 22:57 | URL | ≫ EDIT

マイロネフさん | 2014/01/27 21:01 |へ

>>本当に自転車に乗っていますか?
携帯で電話をしなければならないので,10kn/h未満のスピードに落としてふらふら運転しているだけのことです.

>失敬な事を言う人だ.低速であろうと自転車で走りながの携帯電話等の使用が安全である筈がない.画面に気を取られ,路面の障害物を避けられる保証があるものか.自転車で移動中,携帯電話でもスマフォやタブレット端末でも使いたいなら,10km/h未満と言わず,自転車を止めれば済む話だ.

大丈夫ですか?
10キロ未満のスピードで携帯ながらの自転車乗りが携帯画面をチラ見して、さて、何メートル進むのでしょうか?
二輪車である自転車は、居眠りではずさんのように転倒してしまいます。
歩きスマホとは違います。

画面に気を取られることは有り得ません。チラ見が精々です。

仰るとおり、路面の障害物を避ける保証など誰もしてくれません。

自転車乗りは自分の身は自分で守るものです。

自動車の携帯ながらとの違いを理解して下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/28 08:59 | URL |

>居眠りではずさんのように転倒してしまいます。

ええと。

起きてさえいれば、目をつぶってても、転倒せずに走ることはできますよ。道からそれて街路樹につっこんだり、壁にとびこんだり、歩行者にぶつかったり、自動車にはねられたりする危険が伴うというだけです。

「転んでしまう」ことは、自転車乗りの身を守ってくれません。「車道左端走行」を守ることだけでは、自転車乗りが自分の身を守るためには甚だ不充分だと言わざるを得ません。法の運用をもっと厳格化すべきかどうかと直結する話ではありませんが。

| ず | 2014/01/28 10:01 | URL |

追加していいますけど、

居眠りしていても、ぶろっくにぶつかるまで転倒せずに走行できてしまったことが、私のなかでの驚きだったのです。眠りながら歩くことができるのはわかってましたが、自転車だったらすぐに転んでしまうものだと思ってたのにもかかわらず、ですよ。

| ず | 2014/01/28 10:04 | URL |

ずさん| 2014/01/27 21:27 |へ

>ヒント:規制の強化≠取締の強化

カーブミラーと信号機の質的な違いを理解頂くために、信号機による交通整理が取り締の前提となっていることを示したものです。
出題者へヒントを出しても仕方ないでしょう。
本当に頭の悪い人ですね。

>>少なくとも小生は呼び出してませんが
>オアゾさんが私のことを引き合いにださなければ、こんなところまで遠征してくることもなかったと思いますよ。

自意識過剰です。

>>別に強要などしていませんよ。
>では、世捨人さんに阿ろうが、「媚び諂おう」が、勝手だと思います。世捨人さんだって、わけの分からない暴論ばかり並べていますが、たまには、真っ当なことを言っています。

MINELさんがすることですので、「媚び諂おう」が、小生も別段構いません。ご勝手にといったところです。
MINELさんが「媚び諂っている」という事実をずさんも認められたということがはっきりしたことで、十分です。
世捨人さんが真っ当なこととは吃驚です。
ずさんの感性を疑います。
是非、具体的にご提示ください。

>「自転車の車道左端運転には『志』が必要である。」というのは、誰が何処で述べた意見ですか?
>>自転車に車道を走らせようとする法の意図、および「法を順守しようとする人」の志をくみ取ってください。ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。
>「志」が無い人間が車道左端を走行することを否定しているようにはこれっぽっちも見えませんけど。この文章は、「車道を通行する自転車の中には、『志』を持っている者も居る。」という意味です。「志」を持たない人物を糾弾しているものではありません。

本当に頭の悪い人ですね。
車道通行する自転車に「志」の有無は全く関係ない、「志」を持っていても意味がない。
「志」の有無で区別する必要もないし、区別など出来ない。

自転車は、ただただ、車道左端通行すれば十分だということです。

>>世捨人さんのご機嫌伺い
>身勝手な行動の延長として車道に出る人も、貴方の解釈では立派な「法律を順守している人」なのかもしれませんが、 世捨人さんの主な批判対象と考えられる「身勝手な人間」を含める事は それこそ、その主張趣旨と逆行するでしょう。 したがって明示的に除外する必要があり、 貴方のご主張は尊重しますが、 ご指摘を受け入れる事は出来ないのです。 これですか?笑わせてくれますね。世捨人さんの「身勝手な自転車乗りを車道から排除せねばならない」という「理想」と「車道を走る自転車にクラクションを浴びせる」という行動の乖離を指摘している訳ですから、MINELさんの言い回しは至極自然なものです。「身勝手な自転車乗りを車道から排除せねばならない」と私は思いませんが、そんなことは関係のないことです。世捨人さんの行動と理想が矛盾していることと世捨人さんの理想がそもそも間違っていることは相関しない独立の事象です。ゆえに、個別の批判がなされるべきなのです。あれ?いつぞやの議論に似てきましたね。さぞや、学習能力が無いんですね。

世捨人さんとMINELさんの議論が「独立」していようが「相関」していようが、小生には全く関係ありません。興味も関心もありません。

小生は、MINELさんに自転車が車道左端を通行するのに「志」など不要ですよ、自転車はただただ車道左端を通行すれば良いだけですよ、とお伝えしているものです。

>>小生がロードバイクに乗る際には、内ポケットやチャック付のポケットに入れますが、
>たいていリュックを背負っているので、わたしはそちらに入れてますね。ま、ご自由にどうぞ。普通のポケットに入れて走ろうと、それこそ各自の自由でしょう。ちなみにリュックのサイドポケットであれば走行中にも手が届きます。チャック付のポケットの開け閉めも、できないことはないでしょう。私はよく、暑かったり、寒かったりすると、服のチャックを上げ下ろししています。

リュックを背負ってサイドポケットや服のチャックを上げ下ろし自慢をするのはどんな状況でしょう。
休日等のサイクリングで側道に一方通行規制標識があるような閑散とした幹線道路であれば、何があっても(自損)事故に留まることでしょうから、それこそ各自の自由です。
平日の通勤・通学のラッシュ時に自動車の渋滞の列の左端を「すり抜け」、青信号でダッシュをかける際に、リュックや服のポケットのチャックの上げ下ろしなどをするでしょうか。出来るでしょうか。

自転車が車道左端を通行するとは、そういうことです。

休日の閑散としたサイクリングでもくれぐれも居眠りで転倒しないように安全運転をお願いします。
ずさんが怪我をしようが、自転車が壊れようが、全く構いませんが、保険を使うために警察を呼ぶことで、下らない(自損)事故の統計数値を積み上げることはお控え下さい。

>>脚力の無い小生などは、ロードで30~40キロのスピードを出すと息が上がって
>体力が無いことを自慢されても困ります。勉強も足りないみたいですが、トレーニングはもっと足りないみたいですね。まぁ、いったん息が上がったとしても、惰性+αで巡航してるうちに整ってくるでしょう。「30km/h走行中に携帯電話で通話する事が不可能である」という言説は明らかに間違っています。

テクニック自慢・脚力自慢の方々が、自らリスクを背負込んで「携帯ながら」を自慢されることは一向に構いませんが、くれぐれも下らない統計数値を積み上げることのないようにくれぐれも安全運転をお願いします。

言説とはまた難しい言葉ですね。どうでも良いですが。

ちなみに、テクニック自慢でなければ、休日の閑散とした道路でなければ、自損事故覚悟でなければ、30キロ走行中の「携帯ながら」は出来ないことには、同意いただけるということでしょう。きっと。

自転車で車道左端を通行するとは、そういうことです。

>>普通、誰からの電話かは確認するでしょう。
>そうですか?着信音やバイブのパターンで確認できたら、わざわざ画面なんて見ないでしょ?あとは電話を掛けてくる心当たりがある場合も、確認しないですね。

リスク感性なし自慢の例外を見つけて、論理を崩した自慢をされても困りものです。

>>結果責任は当然に問われます。
>納得できませんね。「何ら問題はない」発言は、これで説明ができるとして、「何ら危険はない」発言には明らかに矛盾します。

交通安全取締強化期間中の点数稼ぎに忠実な警察官の前での居眠り転倒でなくて、良かったですね。

法律で禁止されている行為ですので、結果責任は当然でしょう。

衝突・接触・転倒したということは、その場で止まれるスピードではなかったということです。

10キロ未満のその場で止まれるスピードであれば、傘差し、携帯ながら、居眠り、酒気帯び、信号無視、無灯火等々何ら危険もありません。

多分、小生が「危険はない」発言をする際には、「その場で止まれるスピードであれば」という条件をかませているいる筈です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/28 10:14 | URL |

マイロネフさん| 2014/01/27 21:50 |へ

>横から一言.

二言になってますが、大丈夫ですか?

>>「ハエタタキ」とは名ばかりの「小蠅」のようなご意見ですね.車道左端を「携帯ながら」で10km/h以上のスピードで通行しても,自分の身を自分で守れるのであれば,何ら問題ありません.
>これまた失敬なご発言だ.自転車の「携帯ながら」で,不意に危険が出現した時どうやって自分の身も他人の身も守ることができるのか.

何故、不意に危険が出現するのですか?
自分の身は自分で守ることに徹している自転車乗りが「携帯ながら」を行うのは、不意の危険など出現しない状況だからこそです。
生活道路で10キロ未満のスピードでふらふら運転している自転車乗りに出現する不意の危険とはどのような危険ですか?
具体的に教えて欲しいものです。
言葉だけが踊っていませんか。
大丈夫ですか。

>>そして,万一,衝突した際の衝撃力は,スピードの2条に比例します.
>「スピードの2乗に比例」の誤りではないか.ご自身の日本語もしっかり点検して頂きたい.カ―――ン!

失礼いたしました。仰るとおり「2乗」です。

貴重なご指摘、ありがとうございました。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/28 10:30 | URL |

ハエタタキさん| 2014/01/27 22:57 |へ

>>「ハエタタキ」とは名ばかりの「小蠅」のようなご意見ですね。
>まともな反論ができない苛立ちが、こういう発言となるのでしょう。哀れなものです。

本当に鬱陶しい「小蠅」です。

>>車道左端を「携帯ながら」で10キロ以上のスピードで通行しても、自分の身を自分で守れるのであれば、何ら問題ありません。
>またまた、条件を拡大してしまいましたね。"自分の身を自分で守る"、意味不明な発言を連呼しても役に立ちません。どんなものから、どういう方法で"自分を守る"のか説明が必要ですが、条件が満足できなければ、"問題が起きる"ということで、やはり"論外"の話です。

「携帯ながら」でも、普通に自転車に乗れれば、十分でしょう。
何か問題でもありますか。
具体的にお聞かせ下さい。
楽しみです。

>>それぞれの自転車乗りが決めることです。
>結局、自分の主義主張を反故にし、運転者個人に責任転嫁して"おしまい"という極めて無責任な結論です。所詮、警察官の目の届かない場所での話なので、これ以上お付き合いする気はありませんから"スルー"してください。

あらあら、やっぱり、「小蠅」でしかありませんでした。

自分の身は自分で守ることを大前提としていますので、全ては運転者個人の責任です。

そもそも、転嫁する責任など小生にはありません。

加えて、自分の身は自分で守る自転車乗りに、警察官の目など全く不要です。

法律も警察官も車道上の最弱者である自転車乗りを守ってはくれません。

さて、「小蠅」は再び現れるのか、楽しみです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/28 10:46 | URL |

ずさん | 2014/01/28 10:01 |へ

>>居眠りではずさんのように転倒してしまいます。
>ええと。起きてさえいれば、目をつぶってても、転倒せずに走ることはできますよ。道からそれて街路樹につっこんだり、壁にとびこんだり、歩行者にぶつかったり、自動車にはねられたりする危険が伴うというだけです。

大丈夫ですか?
居眠り転倒自慢で笑わせてくれたのは、ずさんでしたよね。
ここで、目閉じ走行自慢されても困りものです。
もう、良いでしょう。

>「転んでしまう」ことは、自転車乗りの身を守ってくれません。「車道左端走行」を守ることだけでは、自転車乗りが自分の身を守るためには甚だ不充分だと言わざるを得ません。法の運用をもっと厳格化すべきかどうかと直結する話ではありませんが。

ずさんの居眠り転倒のように「転んでしまう」ことで、自転車乗りは居眠りでは自転車には乗れないということを、身を以て実感・体感させられます。

これが、自動車であれば、ずさんの命があったかどうか、他人を巻き込む重大(死亡)事故を惹起していた危険性が高いでしょう。

小生は、道路交通法の文言に従って、車道左端「通行」としています。車道左端「走行」ではありません。
こうした法律用語について、下らない誤植をされるとは、きっと、居眠り投稿されていたのでしょう。

自転車が「車道左端通行」する際には、普通は「安全」かつ「円滑」な道路交通の手段としての意識を持ってのことでしょう。

少なくとも「自分の身は自分で守る(自律)」、「他人に迷惑を掛けない」といった一般の道徳を身に付けた自転車乗りであれば、自転車で車道左端通行する際には、自動車ドライバーからも見られているという意識も働き、傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火、信号無視等々の下らないルール違反は行わないでしょう。

テクニック自慢の方々が車道左端通行している際に、傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火、信号無視等々のルール違反を行ったとしても、それは、自ら負える範囲のリスク(危険性)としてのことであり、万一、事故に巻き込まれたとしても相手方に責任を押し付けることは出来ないでしょう。

ましてや、小生に責任転嫁するようなころでもありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/28 11:39 | URL |

ずさん| 2014/01/28 10:04 |へ

>追加していいますけど、居眠りしていても、ぶろっくにぶつかるまで転倒せずに走行できてしまったことが、私のなかでの驚きだったのです。眠りながら歩くことができるのはわかってましたが、自転車だったらすぐに転んでしまうものだと思ってたのにもかかわらず、ですよ。

素晴らしい居眠り運転テクニック自慢ですね。

追加していいますけど、ブロック≒ぶろっく 正に居眠り投稿ですね。

居眠りしていても、下らない誤変換しながらも投稿できてしまったことが、小生のなかでは驚きです。

居眠りしていれば、こんな下らない投稿は出来ないものだと思ってたのにもかかわらず、ですよ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/28 11:46 | URL |

他人の細かな言葉遣いには文句を言う癖に、自分は随分と大雑把な言葉遣いがゆるされるという考えはやめましょうよ。信号機設置による規制の強化は、現状ではどこまでいっても自転車交通への取締強化にはなりません。

志の有無で区別をしようと試みているのは世捨人さんです。
Minelさんは、むしろ、区別ができないことを理由にクラクションの自制を求めています。志が不要だということは、彼の主張に反しません。

一般的な日本語からいって彼が媚び諂っているとは思いませんが、世捨人さんの考えを受け止めて、彼に何らかの依頼をすること自体が「媚び諂い」だと言うんですから、敢えてそれは否定しません。悪いことだとは一切思いませんがね。


不可能であるから、危険性がない

という暴論を振り回すひとが居るから可能でしょうと述べているだけで、危険走行を推奨するものではありません。可能であり、時として危険性がありうることをお認めになったようなので、これ以上は言いません。

現実=多くの自転車乗りは10km以上のスピードをだして「曲乗り」をしている、からは目を背けているということですね。

| ず | 2014/01/28 13:13 | URL |

ずさん| 2014/01/28 13:13 |へ

>他人の細かな言葉遣いには文句を言う癖に、自分は随分と大雑把な言葉遣いがゆるされるという考えはやめましょうよ。信号機設置による規制の強化は、現状ではどこまでいっても自転車交通への取締強化にはなりません。

本当に物事の本質を理解出来ない方ですね。
カーブミラーと信号機の違いを真剣にお考え下さい。

>志の有無で区別をしようと試みているのは世捨人さんです。Minelさんは、むしろ、区別ができないことを理由にクラクションの自制を求めています。志が不要だということは、彼の主張に反しません。一般的な日本語からいって彼が媚び諂っているとは思いませんが、世捨人さんの考えを受け止めて、彼に何らかの依頼をすること自体が「媚び諂い」だと言うんですから、敢えてそれは否定しません。悪いことだとは一切思いませんがね。

申し訳ない。世捨人さんとMinelさんの議論は、「読む価値なし」です。

Minelさんが「志」の有無を区別できないことを理由としているということは、世捨人さんの議論に乗っかって「志」の存在を認めているということでしょう。

小生は、車道左端通行するのに高邁な「志」など全く不要ですと、ご指摘しているものです。

Minelさんが世捨人さんに依頼するすることは、情けないことですが、それぞれの勝手ですしMinelさんの自由です。

しかし、それを理由に小生の主張を尊重しながらも拒否せざるを得ないなどと言い訳するようでは、小生に対して失礼でしょう。

悪いことで、情けないことだという自覚があるからこそ、Minelさんは消えてしまったのでしょう。

恥ずかしくて二度と同じハンドルネームでは出てこれないでしょう。

Minelさんが素直に自らの誤りを認め、小生に謝罪する機会を奪ってしまったのは、岡目八目で割り込んで来たずさんの責任でもありますよ。

居眠り運転で体当たりされたMinelさんも可哀想なものですね。

>不可能であるから、危険性がない という暴論を振り回すひとが居るから可能でしょうと述べているだけで、危険走行を推奨するものではありません。可能であり、時として危険性がありうることをお認めになったようなので、これ以上は言いません。

間抜けな居眠り運転で転倒するように、転倒することで不可能なことに気付かせてくれることから、自転車には危険性がないのです。

本当に頭の悪い人ですね。

>現実=多くの自転車乗りは10km以上のスピードをだして「曲乗り」をしている、からは目を背けているということですね。

10キロ以上のスピードでは「曲乗り」(不可能なことを可能としている)ということをご理解頂けただけでも十分でしょう。

「曲乗り」出来るところも自転車の良い所です。

そして、「曲乗り」しているということをふらつくことで実感できるところも自転車の良い所です。

100キロ超のスピードを出しても「曲乗り」と感じることが出来ない自動車の「携帯ながら」との違いをご理解下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/28 13:58 | URL |

>ずさんの居眠り転倒のように「転んでしまう」ことで、自転車乗りは居眠りでは自転車には乗れないということを、身を以て実感・体感させられます。

ちがいます。乗れなくて、即座にふらついて、転倒してしまうのであれば問題が無いのです。そうではなくて、何メートルも進んだ後に、ブロックにぶつかって転倒したことを問題視しています。検索してみると、同様に居眠りでさまざまなところに突撃した自転車の事例を見ることができますよ。

「自転車は、危険性があるような状態では、正常な運転がままならず、即座にふらついて、転倒してしまう。ゆえに、転倒せずに走行できるようであれば安全である。」という主張は完全に誤りであることは明白なのです。


>本当に物事の本質を理解出来ない方ですね。

理解に苦しみます。カーブミラーではなく信号機を設置せよ、などと述べたことはありません。第一、カーブミラー+一時停止標識と信号機には、本質的な差異はございません。信号無視も一時不停止も、法的には本質的に同等の違反です。


>世捨人さんの議論に乗っかって「志」の存在を認めているということでしょう。

これが討論の上での技術というものです。こういうやりかたが認められないということ事態が、あなたの勉強(あるいは経験)の不足を物語っています。


>小生の主張を尊重しながらも拒否せざるを得ないなどと言い訳するようでは、小生に対して失礼でしょう。

世捨人さんに対する発言の中に容れることができないと言っているだけです。(仮に)あなたの言い分に根本的な誤りがなかったとしても、MINELさんの世捨人さんに対する発言への批判としては不適格なものだったのです。


>恥ずかしくて二度と同じハンドルネームでは出てこれないでしょう。

勝手な推論でものを述べるのはやめましょう。私からいわせれば「ときどきオアゾツーキニストさんとのやりとりがあまりにも下らなくて面倒くさいので来なくなった」ということになります。どちらが正しいかを検証する術はない以上、勝手に主張しても仕方がありません。

>10キロ以上のスピードでは「曲乗り」(不可能なことを可能としている)ということをご理解頂けただけでも十分でしょう。

ここでの「曲乗り」は単純に『携帯ながら、傘差し、酒気帯び、無灯火など』を意味しています。過去のコメントでの用法を引用したものですが、すみません。こういう技法はあなたには理解困難なことを忘れていました。

言い直します。

現実=多くの自転車乗りは10km以上のスピードをだして携帯ながら、傘差し、酒気帯び、無灯火などで運転をしている、からは目を背けているということですね。

| ず | 2014/01/28 19:58 | URL |

補足

世捨人さんに対する発言の中に容れることができないと言っているだけです。(仮に)あなたの言い分に根本的な誤りがなかったとしても、MINELさんの世捨人さんに対する発言への批判としては不適格なものだったのです。

ちょっと分かりづらい文章なので補います。

これはある小学校での光景です。
Aくん:4×6=26、だよね!
Bさん:いいえ、4×6=24です。
Cくん:Bさんも馬○だね。4+6=10に決まってるのに……

直接無関係な事実で他者を批判することはいけません。

| ず | 2014/01/28 20:04 | URL |

サイクリング禁止反対

[ときどきオアゾツーキニスト]殿へ.

下記のサイトの動画を改めてご参照願いたい.

http://www.youtube.com/watch?v=VYB_h_M7NiU

低速なら何ら問題ないと繰り返している数々の不安全行為に,実は罰則規定がある事を改めてご認識頂けることであろう.

| マイロネフ | 2014/01/28 21:41 | URL | ≫ EDIT

ずさん| 2014/01/28 19:58 |、| 2014/01/28 20:04 |へ

>>ずさんの居眠り転倒のように「転んでしまう」ことで、自転車乗りは居眠りでは自転車には乗れないということを、身を以て実感・体感させられます。
>ちがいます。乗れなくて、即座にふらついて、転倒してしまうのであれば問題が無いのです。そうではなくて、何メートルも進んだ後に、ブロックにぶつかって転倒したことを問題視しています。検索してみると、同様に居眠りでさまざまなところに突撃した自転車の事例を見ることができますよ。「自転車は、危険性があるような状態では、正常な運転がままならず、即座にふらついて、転倒してしまう。ゆえに、転倒せずに走行できるようであれば安全である。」という主張は完全に誤りであることは明白なのです。

こんなところで、居眠り運転自慢をされても困りものです。

ずさんは居眠り転倒で重大(死亡)事故でも惹起したのですか?
居眠り状態で40キロ超のスピードを出せたのですか?

小生は、「即座に」などと強調した覚えはありませんが、大丈夫ですか?

またまた、何メートルなどと程度問題の下らない反論です。

居眠りに落ちる寸前まで意識があったから自転車に乗れたのでしょう。
完全に熟睡状態になり意識が飛んだから、ブロックにぶつかって転倒したのでしょう。

ブロックに頭でも打って、直前の記憶がないだけでしょう。(どうでも構いません)

そして、ブロックにぶつかって転倒することで、居眠り運転自慢できるかすり傷程度で済んだということでしょう。

転倒する自転車とブロックに助けられたということです。

>>本当に物事の本質を理解出来ない方ですね。
>理解に苦しみます。カーブミラーではなく信号機を設置せよ、などと述べたことはありません。第一、カーブミラー+一時停止標識と信号機には、本質的な差異はございません。信号無視も一時不停止も、法的には本質的に同等の違反です。

あれっ。

信号機のない交差点での事故を減らすための対策としてカーブミラーと信号機の違いについて議論していたのは、ずさんでなかったのであれば、失礼しました。

まあ、カーブミラー自転車乗りとすれば、カーブミラーで道路状況を確認出来れば、「安全」かつ「円滑」に交差点を通行出来る一方で、信号機では道路状況の確認は出来ないというだけのことです。

>>世捨人さんの議論に乗っかって「志」の存在を認めているということでしょう。
>これが討論の上での技術というものです。こういうやりかたが認められないということ事態が、あなたの勉強(あるいは経験)の不足を物語っています。

事態≒自体

世捨人さんとの討論の上での技術であっても何ら構いません。

小生は、違うでしょう。自転車が車道左端を通行するにあたって「志」など不要です、とお伝えしているだけのことです。

それが、世捨人さんとの討論の上での技術ということであれば、Minelさんは小生の指摘など軽くスルーすれば良いだけのことでした。

Minelがスルー出来ずに食って掛かってきたということは、「志」による区別を認めていたということです。

>>小生の主張を尊重しながらも拒否せざるを得ないなどと言い訳するようでは、小生に対して失礼でしょう。
>世捨人さんに対する発言の中に容れることができないと言っているだけです。(仮に)あなたの言い分に根本的な誤りがなかったとしても、MINELさんの世捨人さんに対する発言への批判としては不適格なものだったのです。

何度も言わせないでください。

小生は、MINELさんの世捨人さんに対する発言への批判などしていません。

MINELさんの「心根」に、自転車が車道左端通行するには、「志」が必要だと勘違いしていませんかと問うたものです。

>>恥ずかしくて二度と同じハンドルネームでは出てこれないでしょう。
>勝手な推論でものを述べるのはやめましょう。私からいわせれば「ときどきオアゾツーキニストさんとのやりとりがあまりにも下らなくて面倒くさいので来なくなった」ということになります。どちらが正しいかを検証する術はない以上、勝手に主張しても仕方がありません。

別にどちらでも構いません。

MINELさんにスルーする力が備わったということで、それはそれで喜ばしいことです。

>>10キロ以上のスピードでは「曲乗り」(不可能なことを可能としている)ということをご理解頂けただけでも十分でしょう。
>ここでの「曲乗り」は単純に『携帯ながら、傘差し、酒気帯び、無灯火など』を意味しています。過去のコメントでの用法を引用したものですが、すみません。こういう技法はあなたには理解困難なことを忘れていました。言い直します。現実=多くの自転車乗りは10km以上のスピードをだして携帯ながら、傘差し、酒気帯び、無灯火などで運転をしている、からは目を背けているということですね。

それぞれの自転車乗りが判断することであり、所詮、程度問題です。

さて、10km以上のスピードをだして携帯ながら、傘差し、酒気帯び、無灯火などで運転をしている多くの自転車乗りは、どんな道路を走っているのでしょう。

交通量が少ない生活道路でしょう。
または、側道が一方通行規制されている閑散とした幹線道路でしょう。

歩行者や対向車のいない道路で、自転車乗りがどんな運転をしようが、何ら問題ありません。

>これはある小学校での光景です。Aくん:4×6=26、だよね!Bさん:いいえ、4×6=24です。Cくん:Bさんも馬○だね。4+6=10に決まってるのに…… 直接無関係な事実で他者を批判することはいけません。

本当に大丈夫ですか?

BさんはCくんに「足し算はそうだよね。Aくんは掛け算を間違えているのだよ。」と答えれば済む話ですよね。

ずさんは直接無関係な事実でMINELさんのことを批判しているのかな?

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/28 21:51 | URL |

>居眠り状態で40キロ超のスピードを出せたのですか?

そんなことは流石にできないですね。
高々10km/h程度の速度だったのではと想像しますが、
それでも充分に危険な走行だったということです。

スピードさえ出てなければすべからく安全である、
というのは、妄想か迷信か、そういう類のものだと述べています。

スピードは衝突エネルギーの増大、制動距離の延長、視認時間の短縮と、三重に事故の危険性を高めるものであり、速度の上昇に伴い、交通の危険性は爆発的に増大します。

それは事実ですが、速度がなくても危険を伴う場合もあるということです。


>ずさんでなかったのであれば、失礼しました。

私はカーブミラーの設置に反対したことはありませんよ。確認してください。
信号機が有効な場合もある、とは述べましたが。


>信号機では道路状況の確認は出来ないというだけのことです。

ほら、信号機設置=取締強化、ではなかったでしょ?


>「志」など不要です、とお伝えしているだけのことです。

大丈夫です。あなたが何も言わなくても、志を持たぬものは車道を走るべからずなどと言っていませんから。世捨人さん以外は(笑)。


>それが、世捨人さんとの討論の上での技術ということであれば、Minelさんは小生の指摘など軽くスルーすれば良いだけのことでした。

というか、そもそもあなたが、MINELさんの発言を、軽くスルーすればいいだけのことでした。MINELさんは無駄を楽しんでいると言っていたでしょう?今になってもこの意味がわからないのですか?最初から無駄だと分かっていてあなたの無意味な反論にあえてつきあっていたという何よりの証左でしょう。徹頭徹尾無駄な議論なんですよ。

無駄な事を書く事は良いでしょう。この文章も甚だ、無駄なものです。ですが、自分で書いた無駄な文章に対してスルーしなかったことを批判するのは頂けません。


>交通量が少ない生活道路でしょう。
>または、側道が一方通行規制されている閑散とした幹線道路でしょう。
>歩行者や対向車のいない道路で、自転車乗りがどんな運転をしようが、何ら問題ありません。

逆に言えば、一定の交通量のある道路であったり、歩行者が歩いている歩道であったりでこういうことをしたら、問題があるということです。

「できない訳ではない」ことは先ほど述べたとおりです。

<やろうと思えばできる>、だけど、<安全を守るためにやらない>

こういう姿勢が必要でしょう。もしあなたが「車道左端通行」のの文字に他の車両が近くにある場合は携帯ながら運転はしない、傘差し運転はしない、という意図を込めていらっしゃったのだとしたら、すみませんが、そこまでは読み取れませんでした。

別に、路上の自転車に於いて危険走行が横行しているなどと述べたい訳ではありません。自転車による危険走行というのは、やろうと思えば、誰もが簡単にできてしまう、ということを述べています。各々が充分な知識と自覚を持って走ることが重要です。もちろん、知識と自覚が不十分であれば自転車に乗ってはならないという訳でもありませんが。


>「足し算はそうだよね。Aくんは掛け算を間違えているのだよ。」

何を言っているんですか。Bさんはもちろん、そう言いましたよ。
でも、Cくんと来たら、

C:「4+6=10なんだ!ぼくの言ってることに間違いはない!」

の一点張りで、更にBさんを口撃するものだから、性質が悪いんですよ。

| ず | 2014/01/29 00:06 | URL |

>再び現れるのか、楽しみです。

"スルーしてください"と書いたのに、日本語が理解できない様ですね。"スルーする"とは書いていませんから、念のため。

>やっぱり、「小蠅」でしかありませんでした。

まともな反論ができないと、意味のない同じ様な言葉を繰り返すのは、悪い癖ですね。

>そもそも、転嫁する責任など小生にはありません。

"ママチャリ族の代表"と何度も書かれているので、"代表者"として、自らの発言には責任を負うものだと思っていました。
すでに、看板は下ろされていたのですね。失礼しました。

>何か問題でもありますか。具体的にお聞かせ下さい。

警察官に見つかって、"アナタ"の様に反省の意思が見受けられなければ、悪質だとして検挙される可能性が高いですね。
前科者になるのって、大問題ではありませんか? 
所詮、警察官の目の届かない場所でしか、携帯の使用なんてできないでしょうということです。

以上、おしまい。

| ハエタタキ | 2014/01/29 00:30 | URL | ≫ EDIT

ずさん| 2014/01/29 00:06 |へ

>>居眠り状態で40キロ超のスピードを出せたのですか?
>そんなことは流石にできないですね。高々10km/h程度の速度だったのではと想像しますが、それでも充分に危険な走行だったということです。スピードさえ出てなければすべからく安全である、というのは、妄想か迷信か、そういう類のものだと述べています。スピードは衝突エネルギーの増大、制動距離の延長、視認時間の短縮と、三重に事故の危険性を高めるものであり、速度の上昇に伴い、交通の危険性は爆発的に増大します。それは事実ですが、速度がなくても危険を伴う場合もあるということです。

さて、居眠り状態で転倒したずさんは、どんな怪我をされたのでしょう?

リム打ちでパンクでもしたのかな?

所詮、居眠り転倒自慢の「笑い話」で済む程度のことです。

ちゃん、ちゃん。

>>ずさんでなかったのであれば、失礼しました。
>私はカーブミラーの設置に反対したことはありませんよ。確認してください。信号機が有効な場合もある、とは述べましたが。

そうですね、カーブミラーの設置が真っ先に頭に浮かばないということは、本当の自転車乗りではないということでしたね。

>>信号機では道路状況の確認は出来ないというだけのことです。
>ほら、信号機設置=取締強化、ではなかったでしょ?

小生は、信号機の設置≒取締強化としています。
=と≒の違いをしっかりと読み取って下さい。

>>「志」など不要です、とお伝えしているだけのことです。
>大丈夫です。あなたが何も言わなくても、志を持たぬものは車道を走るべからずなどと言っていませんから。世捨人さん以外は(笑)。

「自転車に車道を走らせようとする法の意図、および「法を順守しようとする人」の志をくみ取ってください。ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。」(byMINELさん| 2014/01/12 12:59)ということで、MINELさんは、「志」が必要と考えているらしいですよ。

>>それが、世捨人さんとの討論の上での技術ということであれば、Minelさんは小生の指摘など軽くスルーすれば良いだけのことでした。
>というか、そもそもあなたが、MINELさんの発言を、軽くスルーすればいいだけのことでした。MINELさんは無駄を楽しんでいると言っていたでしょう?今になってもこの意味がわからないのですか?最初から無駄だと分かっていてあなたの無意味な反論にあえてつきあっていたという何よりの証左でしょう。徹頭徹尾無駄な議論なんですよ。無駄な事を書く事は良いでしょう。この文章も甚だ、無駄なものです。ですが、自分で書いた無駄な文章に対してスルーしなかったことを批判するのは頂けません。

無駄で誤魔化そうとされていましたが、結局、世捨人さんに「媚び諂う」ために小生の主張を尊重しながらも否定せざるを得ないとゲロして消えて行かれました。

無駄を楽しんでいるなどと、予防線まで張っていながら、本当に情けないことですね。

加えて、結果として、自転車は車道左端を通行することで十分である。という真理に数多くの閲覧者に気付いていただければ、無駄ではなかったとうことでしょう。

>>交通量が少ない生活道路でしょう。または、側道が一方通行規制されている閑散とした幹線道路でしょう。歩行者や対向車のいない道路で、自転車乗りがどんな運転をしようが、何ら問題ありません。
>逆に言えば、一定の交通量のある道路であったり、歩行者が歩いている歩道であったりでこういうことをしたら、問題があるということです。「できない訳ではない」ことは先ほど述べたとおりです。<やろうと思えばできる>、だけど、<安全を守るためにやらない> こういう姿勢が必要でしょう。もしあなたが「車道左端通行」の通の文字に他の車両が近くにある場合は携帯ながら運転はしない、傘差し運転はしない、という意図を込めていらっしゃったのだとしたら、すみませんが、そこまでは読み取れませんでした。別に、路上の自転車に於いて危険走行が横行しているなどと述べたい訳ではありません。自転車による危険走行というのは、やろうと思えば、誰もが簡単にできてしまう、ということを述べています。各々が充分な知識と自覚を持って走ることが重要です。もちろん、知識と自覚が不十分であれば自転車に乗ってはならないという訳でもありませんが。

傘差し、携帯ながら、酒気帯び、信号無視、無灯火等々自転車に関するルールは、加害者になる危険性も含めて、自転車乗り自身が「自分の身は自分で守る」ということで十分です。

小生が問題としているのは、車道左端通行の徹底や三人乗り自転車の開発と、引き替えに、ルールの徹底・取締強化という大義名分を警察官僚に渡してしまったことです。

マスコミ等の報道でも、自転車のルール・マナー違反を盛んに取り上げています。

そして、自転車乗りの仲間である筈の特急自転車乗りまでもが、スピードの危険性を棚に上げて、ふらふらとその場で止まれるスピードしか出さない(出せない)ママチャリ族、通勤・通学族の傘差し、携帯ながら、酒気帯び、信号無視、無灯火等々のルール・マナー違反を論っていることです。

自転車乗りの大多数はママチャリ族、通勤・通学族です。

特急自転車乗りなど極々少数派でしかありません。

特急自転車乗りが世の中に認知され、カーブミラー等の道路環境が整備されるためにも、自転車関連の法律の多くは「訓示規定」でしかなく、自分の身は自分で守るという自転車乗り自身の当たり前の道徳に任せれば、十分であることを広く世の中に伝えて行きましょう。

>>「足し算はそうだよね。Aくんは掛け算を間違えているのだよ。」
>何を言っているんですか。Bさんはもちろん、そう言いましたよ。でも、Cくんと来たら、C:「4+6=10なんだ!ぼくの言ってることに間違いはない!」 の一点張りで、更にBさんを口撃するものだから、性質が悪いんですよ。

Bさんは、「掛け算をしているAさんに媚び諂わざるを得なかったので、本当はCさんの言うように足し算をすべき問題でしたが、否定せざるを得ませんでした。」と言い捨てて、Cさんに謝りもせずに教室を飛び出して行きましたとさ。

ちゃん、ちゃん。

もう良いでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/29 12:57 | URL |

ハエタタキさん| 2014/01/29 00:30 |へ

>>再び現れるのか、楽しみです。
>"スルーしてください"と書いたのに、日本語が理解できない様ですね。"スルーする"とは書いていませんから、念のため。

スルーするかどうかは、小生が決めることです。
何度、消えて、現れても何ら問題ありません。

>>やっぱり、「小蠅」でしかありませんでした。
>まともな反論ができないと、意味のない同じ様な言葉を繰り返すのは、悪い癖ですね。

どんな議論でしたっけ。
小生がまともに反論しないということは、議論に値しないということだったのでしょう。
やっぱり、「小蠅」だから仕方ありませんね。

>>そもそも、転嫁する責任など小生にはありません。
>"ママチャリ族の代表"と何度も書かれているので、"代表者"として、自らの発言には責任を負うものだと思っていました。すでに、看板は下ろされていたのですね。失礼しました。

ママチャリ「族」の代表を自認しておりますが、個々のママチャリ「乗り」はそれぞれ独立した(成人した)ママ(母親)ですから、それぞれが判断し行動するものです。

>>何か問題でもありますか。具体的にお聞かせ下さい。
>警察官に見つかって、"アナタ"の様に反省の意思が見受けられなければ、悪質だとして検挙される可能性が高いですね。前科者になるのって、大問題ではありませんか?所詮、警察官の目の届かない場所でしか、携帯の使用なんてできないでしょうということです。以上、おしまい。

その場で止まれるようなスピードですから、警察官がいれば、その場で止まれば良いだけの事です。

警察官はルールの番人ですから、当然のことです。

警察官の目が届かない位に全国あちこちで誰もがみんな何時でも「携帯ながら」することで、自動車の「携帯ながら」とは全く異質であり、自転車の「携帯ながら」は安全であることから、黙認せざるを得ない世の中にして行きましょう。

自転車の「携帯ながら」禁止は、全国の各地域の実情に合わせてそれぞれ独自の道路交通ルールを定める筈の地方公安委員会が、何故だか、全国一斉に三人乗り自転車騒動のどさくさに紛れて、事故惹起の危険性など十分な検証データなど何ら公開することもなく、道路交通規則として定めたものです。

自転車乗り全体が自転車の「携帯ながら」は安全であるという実態作りに協力していきましょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/29 13:13 | URL |

マイロネフ さん| 2014/01/28 21:41 |へ

>下記のサイトの動画を改めてご参照願いたい.http://www.youtube.com/watch?v=VYB_h_M7NiU低速なら何ら問題ないと繰り返している数々の不安全行為に,実は罰則規定がある事を改めてご認識頂けることであろう.

動画は確認していませんが、道路交通法に書いてある事は存じ上げていますよ。
少なくとも、軽車両の「酒気帯び」運転には罰則はありません。
また、10メートル先の障害物が確認出来るのであれば、無灯火でも問題ないでしょう。
信号無視や一旦停止なども、閑散とした道路で、事故惹起の危険性が全くない場合には、罰則という害悪を適用する意味がないでしょう。
傘差しは、長崎県や京都府など自転車が貴重な交通手段となっている地域では禁止されていません。
携帯ながらは、小蠅さんにお伝えしたとおりです。
小生は、その場で止まれるようなスピードの自転車の傘差し、携帯ながら、信号無視、無灯火等々について、それぞれの罰則を適用する程の危険性があるかどうかを問題としています。

くれぐれも、ずさんの居眠り転倒や東南さんの歩道徐行義務違反などで自転車の安全性を否定するような下らない統計数値を積み上げないように安全運転をお願いします。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/29 13:24 | URL |

>所詮、居眠り転倒自慢の「笑い話」で済む程度のことです。

あ、自転車で居眠り運転しても何ら危険は無い、という意見なのね。
それなら、整合性はあるかな。私はそうは思わないけど。


>カーブミラーの設置が真っ先に頭に浮かばないということは

逆に聞くけど、そんなにカーブミラー足りないですか?
必要な箇所にはたいてい設置されていると思っているのだけど。


>小生は、信号機の設置≒取締強化としています。
>=と≒の違いをしっかりと読み取って下さい。

じゃあ、言い直しますが、信号機の設置≒取締強化ではありえません。

・自転車の信号無視の取締はほとんどありえない。
・一時不停止と信号無視の差は本質的なものではない。


>ということで、MINELさんは、「志」が必要と考えているらしいですよ。

その捉え方が間違っています。単純な間違いを認めないのは、あなたの悪いところです。

言わんとする所は「全ての法を守らねば車道に出るな」ではなく、
あくまで「法を順守しようとしている人ではない」であるに過ぎません。


こういう風にはっきりと述べられている以上、MINELさんが「志」を持たないで車道を通行することを否定しているということは有り得ません。


>無駄で誤魔化そうとされていましたが、結局、世捨人さんに「媚び諂う」ために小生の主張を尊重しながらも否定せざるを得ないとゲロして消えて行かれました。

世捨人さんの行動の不合理を指摘するのにあなたの主張に合わせることはできない、と言っていましたね。あれをゲロして消えて行かれましたと本気で考えているのだったら、ずいぶんと幸せなお方だな、と思います。


>自転車は車道左端を通行することで十分である。

ええ。あなたの「通行」には自分の身を自分で守ることが含意として含まれているらしいですので(一般用語としての通行にはそこまでの含意はないでしょう)、その限りにおいては、大きな間違いはないと思います。


>取締強化という大義名分を警察官僚に渡してしまったことです。

違反自動車さえ大部分が放置されている現状で、警察は大規模な自転車の取締を行う余力はありません。パフォーマンス的に一部で行われているようですが、反則制度が存在しない自転車・歩行者に対して「制度が存在しない」という理由で赤切符を切ることは、自動車などによる同等の違反者への対応と比較して著しく公正を欠くものだと思います。とはいえ、それは別の議論でしょう。「警察の取締が公正でないから、自転車には何ら危険は無い」というのでは、議論が酷く捻じ曲がってしまっています。


>自転車関連の法律の多くは「訓示規定」でしかなく、自分の身は自分で守るという自転車乗り自身の当たり前の道徳に任せれば、十分であることを広く世の中に伝えて行きましょう。

これに関してはまったく反論するつもりもありません。むしろ、その通りだと思います。最初からこう書けばよかったでしょう。

現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。守るべき現行法としては、自転車乗りは車道左端通行を実践するだけで十分です。傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火などふらふらとその場で止まれるスピードしか出さない(出せない)ママチャリについて、アレヤコレヤいうのもお門違いですね。ちゃん、ちゃん。

これとは雲泥の違いですね。


ちゃんとした文章を書けるのだから、場当たり的に反論するのはやめましょうよ。結局それが自らの評価を下げることに繋がってしまっています。



ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。

どう逆立ちしてみても、「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗り」がママチャリ族を指しているようには見えません。

この文章にローディがママチャリ族を攻撃している姿を垣間見たのだったら、それは、眼鏡が曇っていたせいだとおもいますよ。

| ず | 2014/01/29 14:50 | URL |

ずさん| 2014/01/29 14:50 |へ

>>所詮、居眠り転倒自慢の「笑い話」で済む程度のことです。
>あ、自転車で居眠り運転しても何ら危険は無い、という意見なのね。それなら、整合性はあるかな。私はそうは思わないけど。

居眠り転倒で骨折でもされたのですか?

大丈夫ですか。大変でしたね。といったお見舞いの言葉が欲しかったのかな?

普通に考えれば、バッカじゃないのと言ったレベルだと思います。

>>カーブミラーの設置が真っ先に頭に浮かばないということは
>逆に聞くけど、そんなにカーブミラー足りないですか?必要な箇所にはたいてい設置されていると思っているのだけど。

信号機設置は、自転車乗りにとって、何ら環境整備に繋がらないということです。

信号機のない交差点での自転車の出合い頭事故を防ぐためには、生活道路の全ての交差点に設置しても良いくらいものです。

これは自転車乗りの実感だと思いますが、共感できませんか?

>>小生は、信号機の設置≒取締強化としています。=と≒の違いをしっかりと読み取って下さい。
>じゃあ、言い直しますが、信号機の設置≒取締強化ではありえません。 ・自転車の信号無視の取締はほとんどありえない。・一時不停止と信号無視の差は本質的なものではない。

取り締まる必要のないルールや信号機は設置する必要がないということです。

信号機を設置するということは、取締強化の前提を設置することとなります。

そして、信号機は交差点の安全確認には何の役にも立たないものです。

自動車用に設定された一時停止線は自転車には無意味です。無意味なものが自動車に準じてルール化されたものです。

カーブミラーで安全が確認出来れば、自転車は停止・徐行する必要もありません。

これまた、自転車乗りの実感だと思います。

>>ということで、MINELさんは、「志」が必要と考えているらしいですよ。
>その捉え方が間違っています。単純な間違いを認めないのは、あなたの悪いところです。言わんとする所は「全ての法を守らねば車道に出るな」ではなく、あくまで「法を順守しようとしている人ではない」であるに過ぎません。こういう風にはっきりと述べられている以上、MINELさんが「志」を持たないで車道を通行することを否定しているということは有り得ません。

大丈夫ですか?

今は亡きMINELさんの戯言(後付jけの言い訳)です。小生は、別にどっちでも構いません。

「自転車に車道を走らせようとする法の意図、および「法を順守しようとする人」の志をくみ取ってください。ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。適切に道路状況を判断し、時に車道を、時に歩道を利用する自転車のライダーの事であり、・・・仮に目の前のライダーが身勝手な行動として車道に出ているのだとしても、それに対して攻撃的対応をとりトラブルをおこす事は「法を順守しようとする人」の志を蔑にすることに他なりません。」ということですよ。

「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗り」は、「法を順守しようとする人」ではない。

「法を順守しようとする人」は、「適切に道路状況を判断し、時に車道を、時に歩道を利用する自転車のライダーの事であ」る。

その上で、

「自転車に車道を走らせようとする法の意図、および「法を順守しようとする人」の志をくみ取ってください。」

すなわち、

身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの「志」は(あったとしても)、汲み取る必要はない。

ということでしょう。

>>無駄で誤魔化そうとされていましたが、結局、世捨人さんに「媚び諂う」ために小生の主張を尊重しながらも否定せざるを得ないとゲロして消えて行かれました。
>世捨人さんの行動の不合理を指摘するのにあなたの主張に合わせることはできない、と言っていましたね。あれをゲロして消えて行かれましたと本気で考えているのだったら、ずいぶんと幸せなお方だな、と思います。

世捨人さんの行動に合理性を求める今は亡きMINELさん、並びに、それを真に受けるずさんの方が、ずいぶんとお幸せな方々だな、と思います。

>>自転車は車道左端を通行することで十分である。
>ええ。あなたの「通行」には自分の身を自分で守ることが含意として含まれているらしいですので(一般用語としての通行にはそこまでの含意はないでしょう)、その限りにおいては、大きな間違いはないと思います。

大丈夫ですか?

変な質問でしたので、一旦は、無視しましたが、「通行」という日本語に「自分の身を自分で守ること」が含意として含まれていることなど有り得ません。

居眠り等で自立出来なければ転倒してしまう「自転車に乗ること自体」に、「自分の身は自分で守る」ということが当然の前提として含まれるということです。

加えて、小生は、多分、自分の身「は」自分で守るとしている筈です。

自分の身「を」自分で守るではありません。

本当に日本語能力の低い方ですね。

これまた引っ掛け問題だったのかな。残念ながら今回は躓きませんでした。

>>取締強化という大義名分を警察官僚に渡してしまったことです。
>違反自動車さえ大部分が放置されている現状で、警察は大規模な自転車の取締を行う余力はありません。パフォーマンス的に一部で行われているようですが、反則制度が存在しない自転車・歩行者に対して「制度が存在しない」という理由で赤切符を切ることは、自動車などによる同等の違反者への対応と比較して著しく公正を欠くものだと思います。とはいえ、それは別の議論でしょう。「警察の取締が公正でないから、自転車には何ら危険は無い」というのでは、議論が酷く捻じ曲がってしまっています。

本当に大丈夫ですか?

残念ながら、東京オリンピックに向けて、東京都では放置自転車対策として、路上駐輪の取締強化、駐輪禁止地域の拡大や駐輪料金の値上げは、必至です。

自転車には法律で取り締まるような危険性はないということを世の中に理解させる実態を作っていきましょう。

>>自転車関連の法律の多くは「訓示規定」でしかなく、自分の身は自分で守るという自転車乗り自身の当たり前の道徳に任せれば、十分であることを広く世の中に伝えて行きましょう。
>これに関してはまったく反論するつもりもありません。むしろ、その通りだと思います。最初からこう書けばよかったでしょう。現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。守るべき現行法としては、自転車乗りは車道左端通行を実践するだけで十分です。傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火などふらふらとその場で止まれるスピードしか出さない(出せない)ママチャリについて、アレヤコレヤいうのもお門違いですね。ちゃん、ちゃん。 これとは雲泥の違いですね。ちゃんとした文章を書けるのだから、場当たり的に反論するのはやめましょうよ。結局それが自らの評価を下げることに繋がってしまっています。

普通に(本当に)自転車に乗っている方であれば、容易に理解出来ることですよ。

MINELさんは、自分の文章を使って指摘を受けたものだから、MINELさん自身が自己矛盾を起こしてはいないかと思い、アレヤコレヤと無理筋の理論で反論されていたものです。

小生としては、貴重な時間を費やすことになりましたが、ずさんだけでもご理解いただいたのであれば、十分です。

まあ、MINELさんも小生の指摘をご理解されたからこそ、消え去られたのだと思います。

>ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。どう逆立ちしてみても、「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗り」がママチャリ族を指しているようには見えません。この文章にローディがママチャリ族を攻撃している姿を垣間見たのだったら、それは、眼鏡が曇っていたせいだとおもいますよ。

ママチャリ族へではなく、ローディ同士の内輪揉めだとしても、何ら構いません。

同じ自転車乗り同士で仲間を売るようなことは止めましょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/29 17:11 | URL |

>取り締まる必要のないルールや信号機は設置する必要がないということです。

これが意見の相違なのでしょう。設置によって安全が向上するのであれば、取締る気がなくても設置の意義はあるというのが私の意見です。


>カーブミラーで安全が確認出来れば、自転車は停止・徐行する必要もありません。

別に停止・徐行を求めているわけではないし、むしろ、信号無視したって良いと思います。安全を確認した上で行う一時不停止と信号無視には本質的な違いはありません。


>身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの「志」は(あったとしても)、汲み取る必要はない。ということでしょう。

違います。さて、本当に面倒なんですが、幼稚園児にも理解できるように解説したいと思います。

車道は四輪の自動車の走行を想定した、設計者の意図をくみとってください。

まずこの世捨人さんの発言があります。設計者の意図をくみとってください。などと言っていますが、これは設計者の意図を理解して、「設計ミスじゃん、馬鹿だよね」とでも思ってのほほんと自転車で車道を走行せよ、と言っているのではないだろうと思います。表面的な意味とは別に、本当の意味があるのですね。

本当の意味というのは、端的に言えば、「自転車で車道を走るな」ということになるわけです。これに対する反対意見として、MINELさんが使ったのが、

自転車に車道を走らせようとする法の意図、および「法を順守しようとする人」の志をくみ取ってください。

という言い回しです。志をくみ取ってくださいと言っていますが、これも、文字通りに「志を理解して下さい」という意味ではなくて、「車道走行中の自転車に対して攻撃的対応をとりトラブルをおこす事はやめて下さい」ということを意味している訳です。


さて、


「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの『志』」は汲んだとしても、世捨人さんのような人間が攻撃的対応をとりトラブルをおこす事をやめるとは思えません。明示的に彼らを除外することによって、

「志を汲み取る」=「攻撃的対応をとりトラブルをおこす事を止める」

という意図を強調しているのです。

理解できましたか?


>ずさんだけでもご理解いただいたのであれば、十分です。

別に、あなたの意見など、どうでもいいことです。
あーそう。ふーーーん。って感じです。



私が批判しているのは

特急自転車乗り特有の東南さん並みの先駆者気取りの臭いがプンプンしてましたので、ちょっと違うでしょうと真摯な対応をしたものです。

こういう態度でMINELさんを突然批判したことに対してです。通りすがりにいじめっ子っぽいから、という理由で突然殴りかかるようなものです。勝手にかけた「嫌疑」のほとんどはMINELさん自身が否定していますが、あなたはそれを「言い訳だ」などと言って自分の勝手な決めつけ(だいたい、その根拠が臭いがプンプンした、というのだから酷いものです)が絶対的に正しいかのような言動を崩していません。こういう姿勢を私は批判しているのです。

あなたの主張の内容を批判しているのではありません。


>もう良いでしょう。

ええ。

これが最後通牒です。

MINELさんの発言の解釈に勘違いがあったことを認めてください。
無根拠な批判を繰り広げたことを認めてください。
別に、謝るつもりがないのなら、謝罪の言葉は無くても結構です。

でなければ、あなたは“マッチポンパー”だということを肝に銘じ、以後、それ相応の対応をすることと致します。

| ず | 2014/01/29 19:01 | URL |

>その場で止まれるようなスピードですから、

速度の話は決着ついてるのに、また"アナタ"の話に逆もどりですか。
その場で止まれる速度は、時速何キロなんでしょう。片ブレーキでは制動性能が半減するんですよね。

>警察官がいれば、その場で止まれば良いだけの事です。

"止まれば、見逃してくれる"なんて聞いたことがありません。実体験でもしたのですかね。
警察官は、都合よく前方にだけ居るわけじゃないので、後方にも十分気をつけてください。

| ハエタタキ | 2014/01/29 23:15 | URL | ≫ EDIT

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>>無謀ドライバーは自転車に乗っても危険行為をするものです. 無責任な発言は慎んでください.
>勿論,初心者がいきなり自転車で1日200kmを走ろうとするのは無理である. 無謀ドライバーは,おそらく自転車に関してはド素人の場合が多いだろうから,経験者の適切な手引きの下で長距離走のための知識や走行技術,準備等 を身につけた上で,50km,70km,100km・・・・・・・と,段階的に距離を伸ばし,ビンディングペダルを使っても自転車ごとひっくり返らないよ うにしてもらうのが望ましい.

つまらない理想は休み休みにして、交通安全を真剣に考えてください。

| 世捨人 | 2014/01/29 23:47 | URL |

ずさん| 2014/01/29 19:01 |へ
>>取り締まる必要のないルールや信号機は設置する必要がないということです。
>これが意見の相違なのでしょう。設置によって安全が向上するのであれば、取締る気がなくても設置の意義はあるというのが私の意見です。

信号機の設置には、相応のコスト(初期費用・維持管理費)が必要です。

信号機のない交差点で、感応式・点滅式の信号機を設置する程の交通量(=危険性)があり、信号機の設置コストに見合う安全性の向上が図れるのであれば設置すればよいでしょう。

程度論でしかありません。

>>カーブミラーで安全が確認出来れば、自転車は停止・徐行する必要もありません。
>別に停止・徐行を求めているわけではないし、むしろ、信号無視したって良いと思います。安全を確認した上で行う一時不停止と信号無視には本質的な違いはありません。

信号機と一時停止線の違いとしては、信号待ち時間があります。

また、安全確認の主体性という意味で、信号機による規制と一時停止線による規制は、質的に全く異なります。

そして、カーブミラーの設置は、自転車乗りの安全確認を容易してくれるものです。

>>身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの「志」は(あったとしても)、汲み取る必要はない。ということでしょう。
>違います。さて、本当に面倒なんですが、幼稚園児にも理解できるように解説したいと思います。車道は四輪の自動車の走行を想定した、設計者の意図をくみとってください。 まずこの世捨人さんの発言があります。設計者の意図をくみとってください。などと言っていますが、これは設計者の意図を理解して、「設計ミスじゃん、馬鹿だよね」とでも思ってのほほんと自転車で車道を走行せよ、と言っているのではないだろうと思います。表面的な意味とは別に、本当の意味があるのですね。本当の意味というのは、端的に言えば、「自転車で車道を走るな」ということになるわけです。これに対する反対意見として、MINELさんが使ったのが、自転車に車道を走らせようとする法の意図、および「法を順守しようとする人」の志をくみ取ってください。という言い回しです。志をくみ取ってくださいと言っていますが、これも、文字通りに「志を理解して下さい」という意味ではなくて、「車道走行中の自転車に対して攻撃的対応をとりトラブルをおこす事はやめて下さい」ということを意味している訳です。さて、「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの『志』」は汲んだとしても、世捨人さんのような人間が攻撃的対応をとりトラブルをおこす事をやめるとは思えません。明示的に彼らを除外することによって、「志を汲み取る」=「攻撃的対応をとりトラブルをおこす事を止める」という意図を強調しているのです。理解できましたか?

意味不明です。

「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗り」を世捨人さんの攻撃的対応のトラブルの「犠牲」にして、『志』をもった「法律を順守しようとする人」を守って下さいと懇願しているということですか?

志の有無で自転車乗り仲間を売るということですか?

車道左端通行は、自転車に課せられた道路交通法上の義務です。

それ以上でもそれ以下でもありません。

しっかりして下さい。

>>ずさんだけでもご理解いただいたのであれば、十分です。
>別に、あなたの意見など、どうでもいいことです。あーそう。ふーーーん。って感じです。私が批判しているのは特急自転車乗り特有の東南さん並みの先駆者気取りの臭いがプンプンしてましたので、ちょっと違うでしょうと真摯な対応をしたものです。こういう態度でMINELさんを突然批判したことに対してです。通りすがりにいじめっ子っぽいから、という理由で突然殴りかかるようなものです。勝手にかけた「嫌疑」のほとんどはMINELさん自身が否定していますが、あなたはそれを「言い訳だ」などと言って自分の勝手な決めつけ(だいたい、その根拠が臭いがプンプンした、というのだから酷いものです)が絶対的に正しいかのような言動を崩していません。こういう姿勢を私は批判しているのです。あなたの主張の内容を批判しているのではありません。

「現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。守るべき現行法としては、自転車乗りは車道左端通行を実践するだけで十分です。傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火などふらふらとその場で止まれるスピードしか出さない(出せない)ママチャリについて、アレヤコレヤいうのもお門違いですね。ちゃん、ちゃん。」(byときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/13 23:24)ということで小生は丁寧かつ具体的に問いかけていますよ。

小生が、ちょっと違うでしょうと指摘することで、結果として、MINELさんは、志の有無で自転車仲間を売る卑怯者だったということが、判明したということです。

突然も何も、小生が見落としていたらMINELさんはご自身の勘違いに気付かずに尤もらしい発言を続けていたことでしょう。

それこそが、同じ自転車乗り仲間として失礼でしょう。

いじめっ子には、きちんと躾けることが親世代の役目です。

>>もう良いでしょう。
>ええ。これが最後通牒です。MINELさんの発言の解釈に勘違いがあったことを認めてください。

上述のとおり、何ら勘違いはありません。

>無根拠な批判を繰り広げたことを認めてください。

上述のとおり、車道左端通行は、自転車に課せられた道路交通法上の義務です。

それ以上でもそれ以下でもありません。十分な根拠です。

>別に、謝るつもりがないのなら、謝罪の言葉は無くても結構です。

今回の言いがかりについては、小生からずさんに謝罪を要求します。
いい加減にしなさい。

>でなければ、あなたは“マッチポンパー”だということを肝に銘じ、以後、それ相応の対応をすることと致します。

どうぞ、ご自由に。

それぞれの閲覧者・投稿者が決めることです。

MINELさんのように燃え尽きて、消えてしまわないように、お気を付け下さい。

ちゃん、ちゃん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/30 17:35 | URL |

ハエタタキさん| 2014/01/29 23:15 |へ

>>その場で止まれるようなスピードですから、
>速度の話は決着ついてるのに、また"アナタ"の話に逆もどりですか。その場で止まれる速度は、時速何キロなんでしょう。片ブレーキでは制動性能が半減するんですよね。

程度問題です。
片ブレーキで制動性能が半減する状況で、その場で止まれるスピードであれば、何ら問題ありません。

>>警察官がいれば、その場で止まれば良いだけの事です。
>"止まれば、見逃してくれる"なんて聞いたことがありません。実体験でもしたのですかね。警察官は、都合よく前方にだけ居るわけじゃないので、後方にも十分気をつけてください。

止まっても見逃してくれないのであれば、無視してそのまま走り過ぎるしかありませんね。
残念ながら小生には実体験などありません。

自転車乗りは、しっかり前を向いてふらつかずに運転するものです。
後方確認などする必要は全くありません。
ミラーの見過ぎで前方不注視となり、(自損)事故自慢されていた特急自転車乗りの方々のようですね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/30 17:56 | URL |

サイクリング禁止反対

[世捨人]殿|2014/01/29 23:47|付へ.

>つまらない理想は休み休みにして,交通安全を真剣に考えてください.

私は自転車の一愛好者として,スポーツとしての自転車の地位向上と交通安全との両立を真剣に考えている.
[世捨人]殿が何と騒ごうと,一方的な自転車叩きにはあくまでも争う所存である.

| マイロネフ | 2014/01/30 21:38 | URL | ≫ EDIT

>信号待ち時間があります。

信号機が規制の強化であるという言説には反論しません。
ですが、断じて、取締の強化ではありません。


>意味不明です。

勉強して下さい。


>攻撃的対応のトラブルの「犠牲」にして

仮に目の前のライダーが身勝手な行動として車道に出ているのだとしても、 それに対して攻撃的対応をとりトラブルをおこす事は 「法を順守しようとする人」の志を蔑にすることに他なりません。

違います。

MINELさんが要請しているのは、あらゆる自転車に対しての攻撃的対応の自制です。よく読んで下さい。


>丁寧かつ具体的に問いかけていますよ。

他者の発言を勝手に解釈して非難することのどこが丁寧なのですか?


>いじめっ子には、きちんと躾けることが親世代の役目です。

いじめっ子っぽい子をいじめっ子だと決め付けて躾けることは逆効果です。


>いい加減にしなさい。

上に書いた繰り返しになりますが、

仮に目の前のライダーが身勝手な行動として車道に出ているのだとしても、 それに対して攻撃的対応をとりトラブルをおこす事は 「法を順守しようとする人」の志を蔑にすることに他なりません。

MINELさんの書いた最初の文章の一部です。これを認識していれば、

攻撃的対応のトラブルの「犠牲」にして

などという言葉がでて来ようはずがありません。MINELさんは身勝手な行動として車道に出る自転車に対する攻撃的対応を批判しているのです。

これを、勘違いだ、と言っています。
別に勘違いをすることがいけないことだとは思いません。

以上。

| ず | 2014/01/30 23:46 | URL |

皆様へ

その場で止まれるスピードであれば、何ら問題ありません。

この言葉には注意しましょう。逆に言えば、その場で止まれるスピードでなければ、問題がある。そういうことを彼は言っています。

それなりに良い条件でも反応時間は0.75秒程度らしいですので、時速10km/hrであってもその間に2mほど進みます。

その場で止まってるとは言いがたいですね。

「その場で止まる」というのが、30cm程度(自転車の全長の20%程度)を意味していると仮定すれば、求める速度は1.5m/hrです。

1.5m/hrで走行する限り、自転車はいかなる場合も安全な乗り物である。

まさしく、その通りですね!!(笑)

| ず | 2014/01/31 00:02 | URL |

すみません。まちがえました。

1.5km/hrです。

1.5km/hrで走行する限り、自転車はいかなる場合も安全な乗り物である。

やっぱり、その通りですね!!!(大笑)

| ず | 2014/01/31 00:04 | URL |

>止まっても見逃してくれないのであれば、無視してそのまま走り過ぎるしかありませんね。
残念ながら小生には実体験などありません。

是非とも、信憑性のある実体験のレポートをお願いします。

| ハエタタキ | 2014/01/31 01:05 | URL | ≫ EDIT

完膚なきまでの惨敗を喫したオアゾさん、尻尾を巻いて逃走ですね。
しっかりしてくださいwww

| す | 2014/01/31 11:39 | URL |

ずさん| 2014/01/30 23:46 |、| 2014/01/31 00:04 |へ

>>信号待ち時間があります。
>信号機が規制の強化であるという言説には反論しません。ですが、断じて、取締の強化ではありません。

信号機には信号待ち時間があり、安全を確認した後も、青信号に変わる前に進行すれば、信号無視として取締の対象となります。
安全確認後、直ちに進行出来る一時停止線+カーブミラーと比較した場合、取締強化となります。
車道左端通行の徹底と抱き合わせでルールマナーの徹底を掲げ、悪質な信号無視や整備不良自転車の取締強化を可能とする道路交通法改正がなされる中で、取締強化の前提となる信号機の設置とカーブミラーの違いを理解出来ないとは、同じ自転車乗り仲間として情けない限りです。
しっかりして下さい。

>>意味不明です。
>勉強して下さい。

更に意味不明です。

>>攻撃的対応のトラブルの「犠牲」にして
>仮に目の前のライダーが身勝手な行動として車道に出ているのだとしても、 それに対して攻撃的対応をとりトラブルをおこす事は 「法を順守しようとする人」の志を蔑にすることに他なりません。違います。MINELさんが要請しているのは、あらゆる自転車に対しての攻撃的対応の自制です。よく読んで下さい。

違うでしょう。
「仮に目の前のライダーが身勝手な行動として車道に出ているのだとしても、」自転車は車道左端通行しなければならないのであり、何ら問題ありません。
具体的に身勝手な行動として車道に出るとはどういう事でしょう?
「それに対して攻撃的対応をとりトラブルをおこす事は、」車間保持、安全な方法での追越し、警音器の使用等々の道路交通法違反です。
車道左端通行に「法を順守しようとする人」の「志」など全く無関係です。

>>丁寧かつ具体的に問いかけていますよ。
>他者の発言を勝手に解釈して非難することのどこが丁寧なのですか?

勝手な解釈などしておりません。指摘するにあたって格好の文言がありましたので、コピー&ペーストしただけです。

>>いじめっ子には、きちんと躾けることが親世代の役目です。
>いじめっ子っぽい子をいじめっ子だと決め付けて躾けることは逆効果です。

別に決め付けなどしていませんよ。
いじめっ子っぽい子の質問や反論に粘り強く丁寧に応えた結果、いじめっ子だと認めて逃げて行ったに過ぎません。

>>いい加減にしなさい。
>上に書いた繰り返しになりますが、仮に目の前のライダーが身勝手な行動として車道に出ているのだとしても、 それに対して攻撃的対応をとりトラブルをおこす事は 「法を順守しようとする人」の志を蔑にすることに他なりません。MINELさんの書いた最初の文章の一部です。これを認識していれば、 攻撃的対応のトラブルの「犠牲」にして などという言葉がでて来ようはずがありません。MINELさんは身勝手な行動として車道に出る自転車に対する攻撃的対応を批判しているのです。これを、勘違いだ、と言っています。別に勘違いをすることがいけないことだとは思いません。 以上。

上述のとおり、「仮に目の前のライダーが身勝手な行動として車道に出ているのだとしても」、自転車は車道左端通行するものであり、何ら問題ありません。
「それに対して攻撃的対応をとりトラブルをおこす事は、」車間保持、安全な方法での追越し、警音器の使用等々の道路交通法違反です。
車道左端通行に「法を順守しようとする人」の「志」など全く無関係です。
車道左端通行する自転車に対して攻撃的対応をとりトラブルをおこす事を「法を順守しようとする人」の志を蔑にするなどと言う事は、「仮に目の前のライダーが身勝手な行動として車道に出ているのだとしても」、車道左端通行する自転車を「蔑視」≒「犠牲」とするものです。
区別と差別の違いをご理解下さい。
区別したものに評価(志と蔑視)を加えると偏見となり、偏見が固定化することで差別となります。
「法を順守しようとする人」の「志」を蔑(ないがしろ)にすることだから・・・とは、「法を順守しようとする人」とは何様ですか?
どれ程偉いのですか?

>>その場で止まれるスピードであれば、何ら問題ありません。
>この言葉には注意しましょう。逆に言えば、その場で止まれるスピードでなければ、問題がある。そういうことを彼は言っています。それなりに良い条件でも反応時間は0.75秒程度らしいですので、時速10km/hrであってもその間に2mほど進みます。その場で止まってるとは言いがたいですね。「その場で止まる」というのが、30cm程度(自転車の全長の20%程度)を意味していると仮定すれば、求める速度は1.5m/hrです。1.5m/hrで走行する限り、自転車はいかなる場合も安全な乗り物である。 まさしく、その通りですね!!(笑)
>すみません。まちがえました。1.5km/hrです。1.5km/hrで走行する限り、自転車はいかなる場合も安全な乗り物である。やっぱり、その通りですね!!!(大笑)

全く仰るとおりです。

出来れば、スピードの2乗に比例する衝撃力の違いについても、検証していただければ、スピードの危険性をより具体的にご理解頂けることでしょう。

さて、2メートルと30センチの根拠は?

下らない程度論です。

程度論に根拠を探すとすれば、前照灯の基準は10メートル先の障害物を確認出来ることですかね。
原付バイクの制限速度の30キロについても衝撃力と反応速度について検証してはどうですか。自転車と原付バイクの重量の違いもご理解頂けるかと思います。

くれぐれも障害物の発見が遅れないようにサイコンやミラーの見過ぎやスピードの出し過ぎには注意しましょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/31 11:56 | URL |

ハエタタキさん| 2014/01/31 01:05 |へ

>>止まっても見逃してくれないのであれば、無視してそのまま走り過ぎるしかありませんね。残念ながら小生には実体験などありません。
>是非とも、信憑性のある実体験のレポートをお願いします。

きっと、小生は車道左端通行をしているから「携帯ながら」など出来ないのでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/31 11:58 | URL |

>取締強化となります。

自転車による(安全を確認した上での)信号無視が警察による取締の対象であることを前提とした発言であり、自らの主張と完全に逆行しています。


>更に意味不明です。

もっと勉強して下さい。


>車道左端通行に「法を順守しようとする人」の「志」など全く無関係です。

ええ。その通りです。そうMINELさんも言っています。


身勝手な行動として車道に出る

これの具体例は、示されていないので私には分かりません。


>区別したものに評価(志と蔑視)

これ、蔑視しているのは、MINELさんでなくて世捨人さんなんです。
MINELさんは、

「蔑視していることはあなたの好きにしなさい。
だが、蔑視するとしても、攻撃的対応という形で行動に移すことは慎んで下さい。」

というようなことを言っています。

私も思想は自由であるべきで、蔑視することそれ自体を禁止するのは強権的だと思います。


>さて、2メートルと30センチの根拠は?
>下らない程度論です。

すみません。勝手に私が決めただけですね。

あなたはその場で止まれるスピードと仰っているので0cmで計算すべきでした。
(どんなことをしても)安全であるスピードの上限は……

0km/hrになります。

なるほど。


>程度論に根拠を探すとすれば、前照灯の基準は

夜道を弱い前照灯をたよりに進む際の安全速度に関してはそれでいいですが、
ここでは、例えば、ケータイメールを打ちながら進行する場合の速度を求めているので、もっと厳しい基準にせねばならないでしょう。

| ず | 2014/01/31 16:58 | URL |

>小生は車道左端通行をしているから「携帯ながら」など出来ないのでしょう。

別に、歩道でも生活道路でもいいので、実体験できたらレポートしてください。

| ハエタタキ | 2014/01/31 23:01 | URL | ≫ EDIT

ずさん| 2014/01/31 16:58 |へ

>>取締強化となります。
>自転車による(安全を確認した上での)信号無視が警察による取締の対象であることを前提とした発言であり、自らの主張と完全に逆行しています。

小生の発言・主張をきちんとご理解いただく、良い機会ですね。

信号無視が警察による取締の対象であるのは、当然のことです。

悪法とは言え、法律は書いてあるとおりに守らなければなりません。
当たり前のことです。
罰則を伴うルール違反に対しては、警察官は取締権限を持ちます。

取締の前提となる信号機の増設などと安易な考えを許すことは出来ません。
信号機の設置とカーブミラーの設置は質的に異なります。

悪法とは言え、安全の御旗がある限り、確信犯的信号無視を禁止するルールを改正することは、ほぼ不可能です。

主権者として自転車乗りに出来ることは、確信犯的信号無視を自らのリスクで行うことで、自転車の確信犯的信号無視には何ら危険性がないという実態・実績を作り、それを世の中に知らしめ、確信犯的信号無視は取締る必要のないものであるという慣習(法)を作り出すことです。

>>更に意味不明です。
>もっと勉強して下さい。

まるで世捨人さんのような返しですね。
大丈夫ですか?
まあ、改めて、議論する程の論点でも無かったということでしょう。

>>車道左端通行に「法を順守しようとする人」の「志」など全く無関係です。
>ええ。その通りです。そうMINELさんも言っています。

違うでしょう。
Minelさんが「身勝手な行動として車道に出る」自転車乗りに対する暴力的行為が「法を順守しようとする人」の「志」を蔑ろにするということは、「身勝手な行動として車道に出る」自転車乗りには「志」がないと言っているということです。
しかも、蔑(ないがし)ろにしてはならない「志」という事ですから、よっぽど大切なものであるとし、「身勝手な行動として車道に出る」自転車乗りには、その「志」を持っていない人ということで区別し、蔑(さげす)んでいるのです。

>身勝手な行動として車道に出る これの具体例は、示されていないので私には分かりません。

まるで他人事ですね。
無責任極まりない。
ずさんは、所詮、第三者に過ぎないということです。

>>区別したものに評価(志と蔑視)
>これ、蔑視しているのは、MINELさんでなくて世捨人さんなんです。MINELさんは、「蔑視していることはあなたの好きにしなさい。だが、蔑視するとしても、攻撃的対応という形で行動に移すことは慎んで下さい。」というようなことを言っています。私も思想は自由であるべきで、蔑視することそれ自体を禁止するのは強権的だと思います。

あらあら、結局、交通安全の先駆者を自負する特急自転車乗りであるずさんは、同じ自転車乗りの仲間であるママチャリ族、通勤・通学自転車族を蔑視しているという開き直りですか。

特急自転車乗りなど自転車乗り仲間の中では、極々少数派ですよ。

法律を順守しようとする「志」に縋り付くことで、大多数を占める身勝手な行動の延長として車道に出る自転車乗り仲間を貶(けな)しているということですね。

身の程を弁(わきま)えましょう。

>>さて、2メートルと30センチの根拠は?
>>下らない程度論です。
>すみません。勝手に私が決めただけですね。あなたはその場で止まれるスピードと仰っているので0cmで計算すべきでした。(どんなことをしても)安全であるスピードの上限は…… 0km/hrになります。なるほど。

素晴らしい。
しかし、隕石が落ちてくるかも知れませんので、シェルターが必要ですね。
残念。

>>程度論に根拠を探すとすれば、前照灯の基準は
>夜道を弱い前照灯をたよりに進む際の安全速度に関してはそれでいいですが、ここでは、例えば、ケータイメールを打ちながら進行する場合の速度を求めているので、もっと厳しい基準にせねばならないでしょう。

あれあれ、これまたいい加減な程度論ですね。
「携帯ながら」は、30~40キロでも可能なんですよね。
しっかりして下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/01 14:38 | URL |

ハエタタキさん| 2014/01/31 23:01 |へ

>>小生は車道左端通行をしているから「携帯ながら」など出来ないのでしょう。
>別に、歩道でも生活道路でもいいので、実体験できたらレポートしてください。

警察官の協力も必要ですね。

まあ、気長にお待ち下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/01 14:49 | URL |

>信号機の設置とカーブミラーの設置は質的に異なります

カーブミラーの設置はインフラの増強でしかありません。
信号機の設置はそれに加え、規制の強化である側面を持ちます。
こういう意味で両者が質的に異なります。

これを「取締の強化」であると表現するのは、自転車交通を考えるうえでは、違うと思う。そういうだけです。


>まるで世捨人さんのような返しですね。

意味が分からないのは理解力が足りない証拠だと自分で言っていたのを忘れないで下さい。


>「身勝手な行動として車道に出る」自転車乗りには「志」がないと言っているということです。

MINELさんは「身勝手な行動として車道に出る自転車乗り」には「法を守ろうとする者の志」は無いと言っていますね。同時に、「身勝手な行動として車道に出る自転車乗り」に車道を走るなと言っている訳では無いとも言っていますね。

「法を守ろうとする者の志」を持っていようと持っていまいと、(同じように)車道を走る事ができる、ということです。

車道左端通行に「法を順守しようとする人」の「志」など全く無関係です。

ね。言っていること、同じじゃないですか。


あなたが批判しようとしたのはMINELさんの発言の内容ではありません。
MINELさんの発言が、自転車乗りの一部を取り上げて美化し、また、他の一部を取り上げて蔑むような表現を含むように見えたからでしょう。その「表現」を批判したのでしょう。

しかし、これは世捨人さんへの私信という形式で書かれた文書なので、

「貴方が蔑んでいるものに攻撃を加えることは、貴方が尊んでいるものの意思を蔑ろにしますよ。」

という文体で書かれていると解釈するのが妥当です。

結局、自転車乗り同士を差別しているのは世捨人さんです。MINELさんが違反行為を行う自転車運転者に対して否定的な感情を持つこと自体を否定していないことは確かでしょうが、それ以上は直截的言及が避けられています。(MINELさんの発言をよく読むと自転車乗りの大部分は「法を守ろうとする者」と「身勝手な行動として車道に出る自転車乗り」のいずれにも分類されないように読めますが、これが彼の真意なのかどうかはわかりません。おそらく、ここが最大の勘違いだったのだと思います。これに関しては後述します。)


結論を述べますと、あなたのMINELさんの発言への批判という形式で書かれた文章は、その実は、世捨人さんへの批判でしかないわけです。それにも関わらず、MINELさんへの挑発めいた文言を書き加えた。これが、今回の論争の原因になってしまったということです。

MINELさんもあなたに対して随分と汚い言葉を並べてましたから、一方的にあなたが謝罪すべきだとは、私は考えませんが、今回のくだらないケンカの原因を作ってしまったのは、あなたの的を外した挑発行為であった事は事実です。


>ずさんは、所詮、第三者に過ぎないということです。

あなたが第三者です。
わたしは、さしずめ、第四者でしょうか。

ゆえに、わたしは一貫して第四者としての立場から物事を述べているつもりです。一方、あなたは、もともとは世捨人さんとMINELさんの間に割り入った第三者のはずだったのですが、いつのまにか論争の当事者であるかのように振舞ってしまいました。


>ママチャリ族、通勤・通学自転車族を蔑視しているという開き直りですか。

何を言ってるんですか。私は誰も蔑視しませんよ。他者が他者を蔑視すること自体に関しては文句を言わないということです。ヒトの思考は完全に自由であるべきだと、私は考えます。その思想が、行動にあらわれない限りはね。


>法律を順守しようとする「志」に縋り付くことで、大多数を占める身勝手な行動の延長として車道に出る自転車乗り仲間を貶(けな)しているということですね。

これが最大の勘違いだと思うのですが、「大多数を占める身勝手な行動の延長として車道に出る自転車乗り」というのは何ですか?どうして、大多数を占めるのですか?

自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗り

この文章をつぶさに見ましょうよ。

身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りであるためには自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋することと、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす必要があるんです。

自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋するのは、たとえば、時に信号無視をして、時に二段階右折を守らず、無灯火で携帯ながらで走ったりしながら(都合の悪い法律は守らない)、車道を走行する(都合の良い法律のみを抜粋して守る)、ということで、大多数の自転車に該当するかも知れません。

ですが、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、というのはどうでしょう。大多数の人は、正義を公道で振りかざすような行為はしていないと思います。


>しかし、隕石が落ちてくるかも知れませんので、シェルターが必要ですね。

ええと。

10mで計算するとですね。

25km/hrになります。

ブレーキを引くまでが1秒で7m。
それから停止するまでが3m。

「歩道上で25km/hrの携帯メールながら運転が完全に安全だ」

とあなたは宣言していることになるのですが、本当に大丈夫ですか?
世捨人さんが狂気の沙汰と言ったら、多くの人が納得してしまうレベルだと思うのですが。。。


>「携帯ながら」は、30~40キロでも可能なんですよね。

え?

私が言ったのは、通話しながら運転は余裕だ、ということで、メール打ちながら運転ができるとは言っていないですよ。

まぁ、安全を考慮せず、自分で転倒してしまわないという意味ではまぁ、不可能ではないかも知れませんが。

| ず | 2014/02/01 22:26 | URL |

「正義を公道で振りかざす」について

片側1車線の幹線道路、対向車線は行楽地帰りの車で、延々と渋滞しています。全体に狭い幅の道で、歩道は自転車通行可ではありますが、そんなに広いわけでもありません。ここをAさん、Bさん、Cさん、Dさんの4人が自転車で車道の左端を走行していました。後ろからバスがやってきます。道幅が広くないため、自転車を追い抜けないで困っているようです。

そこで……

Aさんは優しい人。バスが困っていることが分かると、しばらく行った交差点を利用して、少し大回りをすることで、バスを先に行かせました。

Bさんには思いやりがあります。困ったバスが通れるように、自分は歩道に上がってバスをやりすごしました。

Cさんは健脚です。困ったバスを見てスイスイとスピードを上げて、次のバス停まで一生懸命漕ぎました。バス停では何人かの乗客がバスの到着を待っていて、バスは彼らを乗せるために停車しました。

これに対してDさんは、なんだか無性に腹が立ちました。後ろのバスは苛立たしげ。きっとあの運転手は「この糞自転車どけよ」なんて思っているに違いありません。

俺は法律を守って走ってるんだぜ。

Dさんは一段とスピードを緩め、時にはわざわざ蛇行してやりました。自転車は車道左端を通るものだ。追い抜けなければ、後から付いて来るのが法律上の規定だろ。


ここで「正義を公道で振りかざす行為」をしているのはDさんだけでしょう。では、彼は「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗り」なんでしょうか?それは、実はまだ分かりません。次のステップを見ていきましょう。


自分だけが納得した正義

さて、上の例では、Dさんは正義を振りかざしていたのですが、彼があそこでしていたのは、「法律という名の正義」を振りかざしていたのですから、それなりの正当性がある行為とも言えます。少なくとも、違法行為ではない訳ですからね。

さて、Dさんのそれまでの行動を見てみましょう。
少し前の丁字路で、彼は赤信号を直進するのが目撃されています。

Dさん曰く、「車道の端っこをガードレール沿いに走ってるんだぜ。交差交通が有り得ないのだから、赤で進んだって安全なんだよ。」ということです。


彼は、

・安全であれば赤信号を直進しても良い。
・車道左端走行は自転車に与えられた権利だ。

と思っているようでした。

これではもはや、法律で決められたルールではないですね。
Dさんが勝手に納得し、従っている「正義」と言えるでしょうね。



まあ、何を言いたいのかというと、

「法を順守しようとするもの」になるのは難しいですが(実際に日本全国を探して、見つけ出すことができるのかがあやしいくらいに難しそうです)、「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗り」になるのも簡単ではないということです。


そんな「法を順守しようとするもの」でも「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗り」でもない、大多数の普通の自転車乗りは、当たり前に、車道左端を走行すべきです。時に思いやりを持って。

| ず | 2014/02/01 23:00 | URL |

ずさん | 2014/02/01 22:26 || 2014/02/01 23:00 |へ

>>信号機の設置とカーブミラーの設置は質的に異なります
>カーブミラーの設置はインフラの増強でしかありません。信号機の設置はそれに加え、規制の強化である側面を持ちます。こういう意味で両者が質的に異なります。

ようやくご理解いただいたようですね。
良かった。良かった。

>これを「取締の強化」であると表現するのは、自転車交通を考えるうえでは、違うと思う。そういうだけです。

道路交通法の改正で、「信号無視」などの悪質な違反を2回以上繰り返す自転車利用者に講習の受講が義務づけられ、未受講者は5万円以下の罰金が適用されることとなる中で、自転車交通を考える上では、信号機の増設は「取締の強化」と表現するべきことです。

しっかりして下さい。

ずさんが、違うと思う理由を質していきましょう。

何が違うのかな?

思想の自由ですかね。

>>まるで世捨人さんのような返しですね。
>意味が分からないのは理解力が足りない証拠だと自分で言っていたのを忘れないで下さい。

無視して構わない論点だということであれば、小生の理解力不足を問われても、別段、構いません。

ネット上では文言が全てです。

伝わらないものは仕方ありません。何ら問題なかったということです。

>>「身勝手な行動として車道に出る」自転車乗りには「志」がないと言っているということです。
>MINELさんは「身勝手な行動として車道に出る自転車乗り」には「法を守ろうとする者の志」は無いと言っていますね。同時に、「身勝手な行動として車道に出る自転車乗り」に車道を走るなと言っている訳では無いとも言っていますね。 「法を守ろうとする者の志」を持っていようと持っていまいと、(同じように)車道を走る事ができる、ということです。車道左端通行に「法を順守しようとする人」の「志」など全く無関係です。ね。言っていること、同じじゃないですか。あなたが批判しようとしたのはMINELさんの発言の内容ではありません。MINELさんの発言が、自転車乗りの一部を取り上げて美化し、また、他の一部を取り上げて蔑むような表現を含むように見えたからでしょう。その「表現」を批判したのでしょう。しかし、これは世捨人さんへの私信という形式で書かれた文書なので、「貴方が蔑んでいるものに攻撃を加えることは、貴方が尊んでいるものの意思を蔑ろにしますよ。」という文体で書かれていると解釈するのが妥当です。結局、自転車乗り同士を差別しているのは世捨人さんです。MINELさんが違反行為を行う自転車運転者に対して否定的な感情を持つこと自体を否定していないことは確かでしょうが、それ以上は直截的言及が避けられています。(MINELさんの発言をよく読むと自転車乗りの大部分は「法を守ろうとする者」と「身勝手な行動として車道に出る自転車乗り」のいずれにも分類されないように読めますが、これが彼の真意なのかどうかはわかりません。おそらく、ここが最大の勘違いだったのだと思います。これに関しては後述します。)結論を述べますと、あなたのMINELさんの発言への批判という形式で書かれた文章は、その実は、世捨人さんへの批判でしかないわけです。それにも関わらず、MINELさんへの挑発めいた文言を書き加えた。これが、今回の論争の原因になってしまったということです。MINELさんもあなたに対して随分と汚い言葉を並べてましたから、一方的にあなたが謝罪すべきだとは、私は考えませんが、今回のくだらないケンカの原因を作ってしまったのは、あなたの的を外した挑発行為であった事は事実です。

要するに、世捨人さんの土俵(議論)に乗っかって、車道左端通行というルールを順守している同じ自転車乗りの仲間を「法を守ろうとする者」と「身勝手な行動として車道に出る自転車乗り」に区別し、そこに評価を加えていた(=偏見を持っていた)ということでしょう。

小生が指摘しなければ、ずさんも、気づかなかったということでしょう。

小蝿(ハエタタキ)さんへ回答したとおり、車道左端通行する自転車乗りにどんな身勝手が出来るというのですか?

しっかりして下さい。

>>ずさんは、所詮、第三者に過ぎないということです。
>あなたが第三者です。わたしは、さしずめ、第四者でしょうか。ゆえに、わたしは一貫して第四者としての立場から物事を述べているつもりです。一方、あなたは、もともとは世捨人さんとMINELさんの間に割り入った第三者のはずだったのですが、いつのまにか論争の当事者であるかのように振舞ってしまいました。

小生は、世捨人さんなど全く相手としていません。

MINELさんの発言の中に「法を守ろうとする者」と「身勝手な行動として車道に出る自転車乗り」への偏見が垣間見えましたので、それは違うでしょうと指摘しただけです。

>>ママチャリ族、通勤・通学自転車族を蔑視しているという開き直りですか。
>何を言ってるんですか。私は誰も蔑視しませんよ。他者が他者を蔑視すること自体に関しては文句を言わないということです。ヒトの思考は完全に自由であるべきだと、私は考えます。その思想が、行動にあらわれない限りはね。

MINELさんの蔑視の思想は、ブログでの発言(=行動)として明確に現れています。
すなわち、ずさんはMINELさんの蔑視の行動を追認しているのです。

>>法律を順守しようとする「志」に縋り付くことで、大多数を占める身勝手な行動の延長として車道に出る自転車乗り仲間を貶(けな)しているということですね。
>これが最大の勘違いだと思うのですが、「大多数を占める身勝手な行動の延長として車道に出る自転車乗り」というのは何ですか?どうして、大多数を占めるのですか?自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りこの文章をつぶさに見ましょうよ。身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りであるためには自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋することと、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす必要があるんです。自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋するのは、たとえば、時に信号無視をして、時に二段階右折を守らず、無灯火で携帯ながらで走ったりしながら(都合の悪い法律は守らない)、車道を走行する(都合の良い法律のみを抜粋して守る)、ということで、大多数の自転車に該当するかも知れません。ですが、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、というのはどうでしょう。大多数の人は、正義を公道で振りかざすような行為はしていないと思います。

「自分だけが納得した正義を公道で振りかざす」とは、正に「自転車が車道左端通行する」ということでしょう。

しっかりして下さい。

>>しかし、隕石が落ちてくるかも知れませんので、シェルターが必要ですね。
>ええと。10mで計算するとですね。25km/hrになります。ブレーキを引くまでが1秒で7m。それから停止するまでが3m。「歩道上で25km/hrの携帯メールながら運転が完全に安全だ」とあなたは宣言していることになるのですが、本当に大丈夫ですか?世捨人さんが狂気の沙汰と言ったら、多くの人が納得してしまうレベルだと思うのですが。。。

反応速度に1秒とは、随分、スローモーな気もしますが、これもまた程度論ということでしょう。

「程度論の根拠を探すとすれば、」ということで、「携帯ながら」の上限としては、そんなものでしょう。

>>「携帯ながら」は、30~40キロでも可能なんですよね。
>え?私が言ったのは、通話しながら運転は余裕だ、ということで、メール打ちながら運転ができるとは言っていないですよ。まぁ、安全を考慮せず、自分で転倒してしまわないという意味ではまぁ、不可能ではないかも知れませんが。

同じ「携帯ながら」について、「通話しながら運転」と「メール打ちながら運転」を都合良く使い分けていたということですね。

結局、どこまでいっても程度論でしかなく、0キロから30~40キロまで「携帯ながら」は何ら問題ないということです。

>1「正義を公道で振りかざす」について 片側1車線の幹線道路、対向車線は行楽地帰りの車で、延々と渋滞しています。全体に狭い幅の道で、歩道は自転車通行可ではありますが、そんなに広いわけでもありません。ここをAさん、Bさん、Cさん、Dさんの4人が自転車で車道の左端を走行していました。後ろからバスがやってきます。道幅が広くないため、自転車を追い抜けないで困っているようです。そこで……Aさんは優しい人。バスが困っていることが分かると、しばらく行った交差点を利用して、少し大回りをすることで、バスを先に行かせました。Bさんには思いやりがあります。困ったバスが通れるように、自分は歩道に上がってバスをやりすごしました。Cさんは健脚です。困ったバスを見てスイスイとスピードを上げて、次のバス停まで一生懸命漕ぎました。バス停では何人かの乗客がバスの到着を待っていて、バスは彼らを乗せるために停車しました。これに対してDさんは、なんだか無性に腹が立ちました。後ろのバスは苛立たしげ。きっとあの運転手は「この糞自転車どけよ」なんて思っているに違いありません。俺は法律を守って走ってるんだぜ。Dさんは一段とスピードを緩め、時にはわざわざ蛇行してやりました。自転車は車道左端を通るものだ。追い抜けなければ、後から付いて来るのが法律上の規定だろ。 ここで「正義を公道で振りかざす行為」をしているのはDさんだけでしょう。では、彼は「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗り」なんでしょうか?それは、実はまだ分かりません。次のステップを見ていきましょう。

長文、ご苦労さまです。

自転車は、ただただ、しっかり前を向いてふらつかずに車道左端通行すれば良いだけのことです。

それ以上でも、それ以下でもありません。

2自分だけが納得した正義 さて、上の例では、Dさんは正義を振りかざしていたのですが、彼があそこでしていたのは、「法律という名の正義」を振りかざしていたのですから、それなりの正当性がある行為とも言えます。少なくとも、違法行為ではない訳ですからね。 さて、Dさんのそれまでの行動を見てみましょう。少し前の丁字路で、彼は赤信号を直進するのが目撃されています。 Dさん曰く、「車道の端っこをガードレール沿いに走ってるんだぜ。交差交通が有り得ないのだから、赤で進んだって安全なんだよ。」ということです。 彼は、・安全であれば赤信号を直進しても良い。
・車道左端走行は自転車に与えられた権利だ。と思っているようでした。これではもはや、法律で決められたルールではないですね。Dさんが勝手に納得し、従っている「正義」と言えるでしょうね。まあ、何を言いたいのかというと、「法を順守しようとするもの」になるのは難しいですが(実際に日本全国を探して、見つけ出すことができるのかがあやしいくらいに難しそうです)、「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗り」になるのも簡単ではないということです。そんな「法を順守しようとするもの」でも「身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗り」でもない、大多数の普通の自転車乗りは、当たり前に、車道左端を走行すべきです。時に思いやりを持って。

安全であれば赤信号を直進しても何ら問題ないでしょう。

ルールを守るかどうかは、自転車乗り一人一人が決めることです。

車道左端通行することと信号無視することは何ら関係ありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/02 06:25 | URL |

>警察官の協力も必要ですね。

警察官が立哨している交番の前を"携帯ながら"で通行すれば良いだけでしょう。その場で止まれるようなスピードであれば、即座に止められると思いますが。
ご家族に"協力"してもらい、"youtube"に動画を公開すれば信憑性は高くなります。

| ハエタタキ | 2014/02/02 17:07 | URL | ≫ EDIT

サイクリング禁止反対

[ときどきオアゾツーキニスト]殿|2014/02/02 06:25|殿へ.

>安全であれば,赤信号を直進しても何ら問題ないでしょう.

完全に安全軽視,幼児でさえ知っているルール軽視のバ●*レそのものだ.青信号の横方向から人や車の姿が見えないからといって,一斉に赤信号を冒進して良い理由にはなるまい.

[ず]殿,[ハエタタキ]殿,[MIMEL]殿へ,
皆さん方,自転車の安全対策の向上政策を「税金の無駄」とか何とか発言しているこんな人と際限なく不毛な議論を続けても時間とエネルギーの無駄ですよ.第三者が読んでいても疲れるだけです.

| マイロネフ | 2014/02/02 18:46 | URL | ≫ EDIT

ハエタタキさん| 2014/02/02 17:07 |へ

>>警察官の協力も必要ですね。
>警察官が立哨している交番の前を"携帯ながら"で通行すれば良いだけでしょう。その場で止まれるようなスピードであれば、即座に止められると思いますが。
ご家族に"協力"してもらい、"youtube"に動画を公開すれば信憑性は高くなります。

そこまで、方法論が確立しているのであれば、ハエタタキさんご自身が検証されれば、十分でしょう。

ご家族がいなければ、ご友人・知人の協力で良いでしょう。

頑張って下さい。

"youtube"に公開される動画を楽しみにお待ちしています。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/03 09:20 | URL |

マイロネフさん| 2014/02/02 18:46 |へ

>>安全であれば,赤信号を直進しても何ら問題ないでしょう.
>完全に安全軽視,幼児でさえ知っているルール軽視のバ●*レそのものだ.青信号の横方向から人や車の姿が見えないからといって,一斉に赤信号を冒進して良い理由にはなるまい.

小生は、「安全重視」しているからこそ、「安全であれば、」としております。
マイロネフさん日本語が読めない文言軽視のバ●*レそのものだ.
冒進(ぼうしん)とは、鉄道用語で、列車または車両が、安全の確保されていない状態のまま次の区間に進むこと。信号冒進、閉塞冒進、異電源区間冒進などがあり、いずれも鉄道運転事故などの重大な要因となる。(by Wikipedia)
マイロネフさんは、鉄道オタクなのかな?
電車は直ぐには止まれませんので、信号冒進は、重大事故の原因となるとでしょうが、「安全の確保されている状態」の交差点を“その場で止まれるスピード”で進む歩行者や自転車は、「冒進」とは言わないでしょう。

>皆さん方,自転車の安全対策の向上政策を「税金の無駄」とか何とか発言しているこんな人と際限なく不毛な議論を続けても時間とエネルギーの無駄ですよ.第三者が読んでいても疲れるだけです.

ずさんが第4者ということですので、さしずめ、マイロネフさんは第5者と言ったところでしょう。

また、ご心配なされずともMIMELさんは、同じ名前(H.N.)では二度と現れないことでしょう。

ちゃん、ちゃん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/03 09:44 | URL |

>ずさんが、違うと思う理由を質していきましょう。

自転車や歩行者の信号無視は法律上罰則が規定されていることはその通りですが、パフォーマンス的に取締が行われる事はあるにせよ、一般的に行われていることではありません。

信号機を増設したといっても、自転車の信号無視の取締りが増えることには繋がりません。信号機の増設が取締りの強化であるという言説は上記の実情を無視しています。


>要するに、世捨人さんの土俵(議論)に乗っかって、

わざわざ世捨人さんの土俵に乗っかることに問題があるとは思いません。


>偏見が垣間見えましたので、それは違うでしょうと指摘しただけです。

であれば、それと分かる言い方で、まずはその偏見を確認すべきでしたね。いきなり批判・非難から入るのは問題があるということです。


>MINELさんの蔑視の思想

何度も言っていますが、自転車乗りに対する蔑視をしているのは世捨人さんです。


>「自分だけが納得した正義を公道で振りかざす」とは、正に「自転車が車道左端通行する」ということでしょう。

「正義を振りかざす」という表現は、他者への強制・強要の含意があります。車道左端通行だけではそれに充分とは思えません。


>反応速度に1秒とは、随分、スローモー

そうですか?一般的にそれくらいで計算されていると思いますよ。


>「通話しながら運転」と「メール打ちながら運転」を都合良く使い分けていた

当然です。「低速での『携帯ながら運転』に何ら危険がない」「高速での『携帯ながら運転』は技術的に不可能である」などと極端なことを言うからいけないのです。いずれも言い過ぎです。


繰り返しになりますが、

>法律を順守しようとする「志」に縋り付くことで、大多数を占める身勝手な行動の延長として車道に出る自転車乗り仲間を貶(けな)しているということですね。

MINELさんが言っている「身勝手な行動の延長として車道に出る自転車乗り」というのが大多数を占めるなんてことは無いのです。

| ず | 2014/02/03 11:06 | URL |

ずさん | 2014/02/03 11:06 |へ

>>ずさんが、違うと思う理由を質していきましょう。
>自転車や歩行者の信号無視は法律上罰則が規定されていることはその通りですが、パフォーマンス的に取締が行われる事はあるにせよ、一般的に行われていることではありません。信号機を増設したといっても、自転車の信号無視の取締りが増えることには繋がりません。信号機の増設が取締りの強化であるという言説は上記の実情を無視しています。

パフォーマンス的に取締が行われること、信号機の増設によりパフォーマンス的取締が行われる危険性のある交差点が増えることから、信号機の増設が取締の強化となるということです。

>>要するに、世捨人さんの土俵(議論)に乗っかって、
>わざわざ世捨人さんの土俵に乗っかることに問題があるとは思いません。

修飾語にしか過ぎませんし、どちらでも構いません。

頑張って下さい。

>>偏見が垣間見えましたので、それは違うでしょうと指摘しただけです。
>であれば、それと分かる言い方で、まずはその偏見を確認すべきでしたね。いきなり批判・非難から入るのは問題があるということです。

偏見を、それと分かる言い方で確認していては、偏見は治りません。

「区別しただけです。」などという言い訳をさせた上で、その区別に評価を加えて蔑視しているということを理解させるプロセスが必要であったということです。

>>MINELさんの蔑視の思想
>何度も言っていますが、自転車乗りに対する蔑視をしているのは世捨人さんです。

何度も言っていますが、小生は世捨人さんのことは全く相手としていません。

「ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。」(byMINELさん| 2014/01/12 12:59)
「法を順守しようとする人」と「そうでない人」を区別して蔑視しているMINELさんの考え方が問題だとしています。

>>「自分だけが納得した正義を公道で振りかざす」とは、正に「自転車が車道左端通行する」ということでしょう。
>「正義を振りかざす」という表現は、他者への強制・強要の含意があります。車道左端通行だけではそれに充分とは思えません。

ずさんが例え話に出したように、混雑した道路で、バスの前を走る自転車は、左端通行するだけで充分だと思いますよ。

>>反応速度に1秒とは、随分、スローモー
>そうですか?一般的にそれくらいで計算されていると思いますよ。

であれば、別段、それで構いません。
所詮、程度論です。

>>「通話しながら運転」と「メール打ちながら運転」を都合良く使い分けていた
>当然です。「低速での『携帯ながら運転』に何ら危険がない」「高速での『携帯ながら運転』は技術的に不可能である」などと極端なことを言うからいけないのです。いずれも言い過ぎです。

これまた、所詮、程度論です。
言い過ぎでも何ら問題ありません。

そして、ずさんに低速での携帯(通話)ながら運転には何ら危険がなく、高速での携帯(メール打ち)ながら運転は技術的に不可能であるということをお認め頂きました。

良かった。良かった。

>繰り返しになりますが、
>>法律を順守しようとする「志」に縋り付くことで、大多数を占める身勝手な行動の延長として車道に出る自転車乗り仲間を貶(けな)しているということですね。
>MINELさんが言っている「身勝手な行動の延長として車道に出る自転車乗り」というのが大多数を占めるなんてことは無いのです。

大多数の車道左端通行する自転車にとっては、車道左端が「安全」かつ「円滑」に走りやすい道路空間だからこそ、車道左端通行するものです。

法律を順守しようとする「志」のために車道左端通行するなど
という、自己満足の塊のようなナルシスト自転車乗りなんて、MINELさんとずさん位のものでしょう。

車道左端通行が「安全」かつ「円滑」であることを実感していて、わざわざ走り辛い「歩道」や「車道右端」を通行する自転車乗りなどいません。

即ち、「身勝手な行動の延長として車道に出る」のです。

法律を順守しようという「志」がなければ、順守できない法律は、現実に合致していない法律だということとなります。

「身勝手な行動の延長として車道に出る自転車乗り」が大多数を占めるからこそ、道路交通法が目的とする道路交通の「安全」と「円滑」が図られるのです。

車道左端通行が「安全」かつ「円滑」であることを実感する自転車乗りが増えるように特急自転車をママチャリに乗り換えて、車道左端通行の手本となりましょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/03 12:42 | URL |

すさん| 2014/01/31 11:39 |へ

完膚なきまでの惨敗を喫したMinelさん、ずさん、マイロネフさん、そして、すさん、尻尾を巻いて逃走ですね。

しっかりしてくださいwww

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/03 12:47 | URL |

>取締の危険性のある交差点が増えることから

もともと一方通行でない細い道路の隣に、もう一本の細い道路を通して、両者を一方通行にしたら、「一方通行規制を取られる危険性のある道路が増えること」から、取締りの強化だ!といって批判するのと似たようなことを言っているのですが、お気づきですか?


>どちらでも構いません。

寝ぼけないで下さい。世捨人さんの前提を容れた上で、彼の発言の一貫性のなさを指摘するコメントに対して、「世捨人さんの前提を認めているではないか」などといちゃもんをつけて反論を繰り返しているのは誰ですか?


>偏見を、それと分かる言い方で確認していては、偏見は治りません。

偏見を持ってはいけないのですか?
偏見を行動として他者に向けないのであれば、構わないと言っている私に対して、そんな正当化が成り立つと思っているのですか?

詭弁ですね。

だいいち、あなたは、「先駆者気取りの特急自転車乗り」に対する偏見に満ちた発言をさんざん繰り返しているように思えます。こういう議論の姿勢は治すべきでしょう。


>法律を順守しようとする「志」のために車道左端通行するりなんて、MINELさんとずさん位のもの

あ○ですか?人の発言内容も把握せずに場当たり的に適当な批判をしていると自分で露呈しないで下さい。上にも述べたとおり、私は「法律を順守しようとするもの」には該当しないでしょう。

「身勝手な行動の延長として車道に出る自転車乗り」という言葉は少なくともMINELさんの発言の中ではしっかりと説明が加えられています。

自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす

先ほど述べた通り、多くの自転車は自分の正義(信念)に従って通行しているとはいえるでしょうが、正義(信念)を振りかざしているとまではいえないでしょう。よって、少なくともMINELさんの述べている「身勝手な行動の延長として車道に出る自転車乗り」というのは、大部分の自転車は該当しないのです。

「身勝手な行動の延長として車道に出る」という言葉を引用して、新しく意味を定義しようと、(マナーには反するとは思いますが、)あなたの勝手です。

わざわざ走りづらい「歩道」や「車道右端」を通行せず、「安全」と「円滑」を実感するがゆえに車道左端を通行すること

これは、MINELさんの発言のなかでの「身勝手な行動の延長として車道に出る自転車乗り」ではありません。結局ですね。MINELさんの発言を字義通りに読めば、「車道を通行する自転車」を「身勝手な行動の延長として車道に出るもの」と「法を順守しようとするもの」の二者に分別している訳ではないのですね。いずれでもない者が大多数なのでしょう。


>車道左端通行の手本となりましょう。

ご自由にどうぞ。まぁ、近所のお店に買い物に行くのにはロードなんてわざわざ出しませんけどね。


>完膚なきまでの惨敗を喫したMinelさん

ついに妄想が始まりましたね。

| ず | 2014/02/03 14:02 | URL |

ずさん| 2014/02/03 14:02 |へ

>>取締の危険性のある交差点が増えることから
>もともと一方通行でない細い道路の隣に、もう一本の細い道路を通して、両者を一方通行にしたら、「一方通行規制を取られる危険性のある道路が増えること」から、取締りの強化だ!といって批判するのと似たようなことを言っているのですが、お気づきですか?

お気づきかとは思いますが、まるで、交通量が少なくて信号機のない交差点をいきなり立体交差にするような例え話ですね。
しっかりして下さい。

>>どちらでも構いません。
>寝ぼけないで下さい。世捨人さんの前提を容れた上で、彼の発言の一貫性のなさを指摘するコメントに対して、「世捨人さんの前提を認めているではないか」などといちゃもんをつけて反論を繰り返しているのは誰ですか?

世捨人さんの発言に一貫性がないのは、何ら問題とするに値しません。
「いちゃもん」とはMINELさんの「スカトロ」並みの言葉使いですね。
お里が知れます。
恥ずかしくないのかな?
小生は、寝ぼけて一貫性のない世捨人さんの発言に振り回されていませんかと指摘しているだけですよ。
しっかりして下さい。

>>偏見を、それと分かる言い方で確認していては、偏見は治りません。
>偏見を持ってはいけないのですか?偏見を行動として他者に向けないのであれば、構わないと言っている私に対して、そんな正当化が成り立つと思っているのですか?詭弁ですね。

男女の「区別」と男女の「差別」、さて、「偏見」を持っているのはどちらですか?
偏見を持って良いのですか?
偏見は、行動として他者に向けなければ構わないのですか?

区別した上で優劣の評価を加えている(=偏見)であるという自覚を持てているかどうかです。

>だいいち、あなたは、「先駆者気取りの特急自転車乗り」に対する偏見に満ちた発言をさんざん繰り返しているように思えます。こういう議論の姿勢は治すべきでしょう。

サイコンやミラーの見過ぎで(自損)事故自慢をしているという事実をお伝えしているものです。


>>法律を順守しようとする「志」のために車道左端通行するりなんて、MINELさんとずさん位のもの
>あ○ですか?人の発言内容も把握せずに場当たり的に適当な批判をしていると自分で露呈しないで下さい。上にも述べたとおり、私は「法律を順守しようとするもの」には該当しないでしょう。

今回の議論では、ずさんはMINELさんの付け足しのようなものです。
本体のMINELさんの付属物ですから、ずさんの発言内容など全く関係ありません。
あ○ですか?

>「身勝手な行動の延長として車道に出る自転車乗り」という言葉は少なくともMINELさんの発言の中ではしっかりと説明が加えられています。自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす 先ほど述べた通り、多くの自転車は自分の正義(信念)に従って通行しているとはいえるでしょうが、正義(信念)を振りかざしているとまではいえないでしょう。よって、少なくともMINELさんの述べている「身勝手な行動の延長として車道に出る自転車乗り」というのは、大部分の自転車は該当しないのです。

正義に従うも正義を振りかざすも、(偏見に満ちた)行動を向けられる他者にとっては同じことです。

自転車で車道左端通行することが、身勝手な行動でなければ、何でしょう。

勝手気ままに、道路状況に応じて、気軽に車道も歩道も自由自在に通行出来る所が手軽で便利な自転車の良い所です。

該当しない大部分の自転車は、誰かにリモートコントロールされているのかな、或いは、洗脳されているのかな?


>「身勝手な行動の延長として車道に出る」という言葉を引用して、新しく意味を定義しようと、(マナーには反するとは思いますが、)あなたの勝手です。わざわざ走りづらい「歩道」や「車道右端」を通行せず、「安全」と「円滑」を実感するがゆえに車道左端を通行すること これは、MINELさんの発言のなかでの「身勝手な行動の延長として車道に出る自転車乗り」ではありません。結局ですね。MINELさんの発言を字義通りに読めば、「車道を通行する自転車」を「身勝手な行動の延長として車道に出るもの」と「法を順守しようとするもの」の二者に分別している訳ではないのですね。いずれでもない者が大多数なのでしょう。

あれあれ、大多数の自転車乗りを除外しているということは、極々少数の交通安全の先駆者気取りの特急自転車乗りの偏見に満ちた「志」を守るための自己満足発言だったということですか?

要するに、大多数を占める普通の自転車乗りの交通安全には何ら役に立たない、議論しても何ら意味のない文字通り暇つぶしだったということですね。

>>車道左端通行の手本となりましょう。
>ご自由にどうぞ。まぁ、近所のお店に買い物に行くのにはロードなんてわざわざ出しませんけどね。

当然、車道左端通行ですよね。

まさか、近所のお店に買い物に行く際に、ママチャリだからといって、歩道通行や車道右端通行はされてませんよね。

>>完膚なきまでの惨敗を喫したMinelさん
>ついに妄想が始まりましたね。

そのまま、すさんにお伝え下さい。

あと、小蝿のハエタタキさんを洩らしておりました。
まっ、小蝿だから、いいか。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/03 17:55 | URL |

>まるで、交通量が少なくて信号機のない交差点をいきなり立体交差にするような例え話ですね。

トンネルなどではよくある話です。

いずれにせよ、信号機の設置が交通事故の減少に寄与しうる交差点に実際に信号機を設置することに、費用対効果が充分でないという趣旨以外での批判は当たりません。


>小生は、寝ぼけて一貫性のない世捨人さんの発言に振り回されていませんかと指摘しているだけですよ。

私は、振り回されているように見えるかもしれないけれど、実際には振り回されていないので、よく読んでくださいね、と言っているだけですよ。(いちゃもんが嫌なら、難癖でもいいです。)


>偏見は、行動として他者に向けなければ構わないのですか?

私の認識ではそういうことです。

MINELさんが内心、適法であるが、身勝手な行動をする自転車乗りを軽蔑していようと、そんなことはどうでも良いと思います。矯正せねばならん、だなんてさらさら思いません。まあ、他人の内心なんて分かったものではないですけどね。


>サイコンやミラーの見過ぎで(自損)事故自慢をしているという事実をお伝えしているものです。

同類の臭いがしたという理由で難癖つけて反論することは、その範囲を逸脱していると思いますが。


>ずさんの発言内容など全く関係ありません。

私の書いた文章に反論しながら、私の発言内容が関係ないとは笑えます。すくなくとも、「私が法を守るために車道左端通行を実践している」というのは事実の誤認ですね。


>勝手気ままに、道路状況に応じて、気軽に車道も歩道も自由自在に通行

一般用語として身勝手かどうかには議論があるところと思いますが、MINELさんは「身勝手な~」であるための条件として自分勝手な正義を振りかざす必要性を条件としていたので、上記の行動は「身勝手な~」には該当しません。

ふりかざす:主義・主張などをことさらに示してみせる。

ということですから、

たとえば、自転車を安全に追い越しできない幅の道路と認識しながら、後方から接近してきた自動車に即応して、スピードを緩め、進路をふさぐようにノロノロ運転する、とかしたら、「身勝手~」に該当するのだと思います。ことさらにと言うところが重要ですね。

~~~~~
※補足

日本語の意味が分かっていないと困るので補足します。

ことさらに、というのはわざわざ、という意味です。
わざわざと言うのは、辞書によると、「何かのついでではなく、特にそのためだけにするさま。」と記されています。
~~~~~

道路状態から通りやすい場所を自由気ままに通行することで、結果的に車道通行をしている自転車がこれに該当するはずがありませんね。


>大多数を占める普通の自転車乗りの交通安全には何ら役に立たない

得られている結論が、「車道通行中の自転車に対する示威的行為はやめてください」というものですから、役に立たないことも無いのでは?


>当然、車道左端通行ですよね。

勝手気ままに、道路状況に応じて、気軽に車道も歩道も自由自在に通行出来る所が手軽で便利な自転車の良い所です。

| ず | 2014/02/03 21:57 | URL |

>ご自身が検証されれば、十分でしょう。

私が検証しなければならない理由由なんて皆無ですから、あしからず。
警察官には逆らえないということを、"オアゾさん自身"が、自覚できたということがわかれば十分です。

| ハエタタキ | 2014/02/04 01:37 | URL | ≫ EDIT

ずさん| 2014/02/03 21:57 |へ

>>まるで、交通量が少なくて信号機のない交差点をいきなり立体交差にするような例え話ですね。
>トンネルなどではよくある話です。

仰るとおり、交通量に応じたインフラ整備ということで、素晴らしい話です。
狭いトンネルの中で離合が難しい自動車に一方通行規制が入るのは当然のことです。自転車や歩行者には、新たに掘削されたトンネルに自転車通行可の歩道が確保されたり、新たに掘削されたトンネルを自動車専用とし、旧トンネルを歩行者・自転車専用とすることでしょう。
救急車・消防車等の緊急車両が通行可能な新トンネルの掘削や観光資源としての旧トンネルの保存は山里の住民にとって生活に密接する大切なインフラ整備事業です。
この山里のインフラ整備事業・旧トンネルの観光資源開発事業を、取締強化の例え話とするずさんのセンスの無さを指摘しています。

>いずれにせよ、信号機の設置が交通事故の減少に寄与しうる交差点に実際に信号機を設置することに、費用対効果が充分でないという趣旨以外での批判は当たりません。

まさに、費用対効果の観点からカーブミラーの設置よりも信号機の設置が頭に浮かんで来て、恥ずかしげもなく文字として公開のブログにコメントするずさんのセンスの無さを指摘しています。

>>小生は、寝ぼけて一貫性のない世捨人さんの発言に振り回されていませんかと指摘しているだけですよ。
>私は、振り回されているように見えるかもしれないけれど、実際には振り回されていないので、よく読んでくださいね、と言っているだけですよ。(いちゃもんが嫌なら、難癖でもいいです。)

小生の指摘に反論出来ずに、振り回されているだけでしたね。
まあ、頑張って下さい。

>>偏見は、行動として他者に向けなければ構わないのですか?
>私の認識ではそういうことです。MINELさんが内心、適法であるが、身勝手な行動をする自転車乗りを軽蔑していようと、そんなことはどうでも良いと思います。矯正せねばならん、だなんてさらさら思いません。まあ、他人の内心なんて分かったものではないですけどね。

今回、MINELさんの内心ブログのコメント欄に具体的に行動(コメント)として他者(不特定多数の閲覧者)に向けられていたので、指摘したまでです。
同じ自転車乗り仲間として、各々の尊厳を大切にするという最低限のルール・マナーに気付いて欲しいという願いを込めたものです。
矯正などという言葉とは違います。
自分自身の脚力だけが頼りとなる自転車に乗っている仲間であれば、他人の痛みも必ず理解出来ると信じております。

>>サイコンやミラーの見過ぎで(自損)事故自慢をしているという事実をお伝えしているものです。
>同類の臭いがしたという理由で難癖つけて反論することは、その範囲を逸脱していると思いますが。

難癖かどうかは、中身によります。
ずさんには理解出来ないことでしょう。
残念です。
本当の中身を理解出来ない援軍(横槍)で、MINELさんも可哀想でしたね。

>>ずさんの発言内容など全く関係ありません。
>私の書いた文章に反論しながら、私の発言内容が関係ないとは笑えます。すくなくとも、「私が法を守るために車道左端通行を実践している」というのは事実の誤認ですね。

「まあ、他人の内心なんて分かったものではないですけどね。」ということで、事実誤認かどうかは、後出しジャンケンにしかなりませんので、ずさんにも証明出来ないことでしょう。

>>勝手気ままに、道路状況に応じて、気軽に車道も歩道も自由自在に通行
>一般用語として身勝手かどうかには議論があるところと思いますが、MINELさんは「身勝手な~」であるための条件として自分勝手な正義を振りかざす必要性を条件としていたので、上記の行動は「身勝手な~」には該当しません。ふりかざす:主義・主張などをことさらに示してみせる。 ということですから、たとえば、自転車を安全に追い越しできない幅の道路と認識しながら、後方から接近してきた自動車に即応して、スピードを緩め、進路をふさぐようにノロノロ運転する、とかしたら、「身勝手~」に該当するのだと思います。ことさらにと言うところが重要ですね。~~~~~ 補足 日本語の意味が分かっていないと困るので補足します。 ことさらに、というのはわざわざ、という意味です。 わざわざと言うのは、辞書によると、「何かのついでではなく、特にそのためだけにするさま。」と記されています。 ~~~~~ 道路状態から通りやすい場所を自由気ままに通行することで、結果的に車道通行をしている自転車がこれに該当するはずがありませんね。

「まあ、他人の内心なんて分かったものではないですけどね。」ということで、ことさら(わざわざ)かどうかは、ずさんにも証明出来ないことです。
結果的に車道通行している自転車が「身勝手な~」に該当するかどうかは、他者(後続車両のドライバー)が決めることです。
そして、「身勝手~」であろうとなかろうと、「法を順守しようとする人」であろうとなかろうと、自転車は車道左端通行するだけで十分であり、車道左端通行する自転車に何ら問題はないということです。

>>大多数を占める普通の自転車乗りの交通安全には何ら役に立たない
>得られている結論が、「車道通行中の自転車に対する示威的行為はやめてください」というものですから、役に立たないことも無いのでは?

「法を順守しようとする人」の「志」が大多数を占める普通の自転車乗りの交通安全に役立っているという自慢話でしたか。
下らない自慢話に付き合わされていたということには、流石に小生も気づきませんでした。

大多数を占める普通の自転車乗りを見下して、交通安全に寄与出来て、良かったですね。

>>当然、車道左端通行ですよね。
>勝手気ままに、道路状況に応じて、気軽に車道も歩道も自由自在に通行出来る所が手軽で便利な自転車の良い所です。

あれあれ、ロードバイクを降りると、「法を順守しようとする人」の「志」も無くなるのかな。

まあ、「ロードバイク」と「ママチャリ」の違いを実感されているということでしょう。

正に、「ロードバイク」に乗れば誰もが日常と異なるスピードの快感を味わえるという、極々軽量の車体でスピードを出すことに特化した「ロードバイク」の魔力(魅力)です。

パキンパキンに固めたタイヤでは、しっかりと舗装され凸凹のない車道しか走りたくなくなるものです。

交通量の少ない郊外の道路では、風を感じながらペダルを止めて慣性で転がしながら片手(両手放し)運転で水分補給や背筋伸ばしをしたくなるものです。

派手な格好で、確信犯的な信号無視の集団行動は見っとも無いことから、全員一列で歩道の縁石に足を置き、信号守ってますパフォーマンスに陶酔しがちです。
交通安全の先駆者気取りになるのも無理はありません。

全ては「ロードバイク」の魅力(魔力)がなせる技(業)です。

「ロードバイク」の魅力(魔力)を広く多くの人々に伝えて行きましょう。

その上で、勝手気ままに、道路状況に応じて、気軽に車道も歩道も自由自在に通行出来る所が手軽で便利な自転車の良い所を許せる大人になって下さい。

更には、ママチャリで車道左端を疾走し、ママチャリ族の手本となりましょう。

自転車乗りの大多数を占めるママチャリ族が車道左端を通行する世の中にして行きましょう。

世の中の自転車乗りの大半が車道左端を通行するようになれば、道路交通インフラは必ずや、自転車寄りのものとなります。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/04 10:24 | URL |

ハエタタキさん| 2014/02/04 01:37 |へ

>>ご自身が検証されれば、十分でしょう。
>私が検証しなければならない理由由なんて皆無ですから、あしからず。警察官には逆らえないということを、"オアゾさん自身"が、自覚できたということがわかれば十分です。

「まあ、他人の内心なんて分かったものではないですけどね。」

警察官には逆らえないからこそ、「赤信号も皆で渉れば青信号」ということです。

自転車の傘差し、携帯ながら、確信犯的信号無視、無灯火、酒気帯び等々については、何ら問題としない世の中としていきましょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/04 10:41 | URL |

故の減少を目的とした信号機の設置は重要なインフラの一部に含めても良いでしょう、と指摘している訳です。信号機など設置したところで交通事故が減らないようなものを推奨してる訳ではないですのでね。

>カーブミラーの設置よりも信号機の設置が頭に浮かんで来て

異常なまでにここにこだわりますね。
それなりの交通量のある交差点にカーブミラーさえ無いという状況を想像していなかっただけです。

>小生の指摘に反論出来ずに

え?言いがかりだって、難癖だってこれだけ言ってるのにまだ反論が足りないと思ってるんですか?よほど自虐的な人なんですね。


>行動として他者に向けられていたので、指摘したまでです。

MINELさんのコメントそのものは世捨人さんを批判しているだけですからね。
べつに、その内心をえぐりだして修正を迫ることに合理性があるとは思いません。


>同じ自転車乗り仲間として

私は自転車には乗りますが、同時に歩行者であって自動車も運転する、あるいはPCの前でぺちゃくちゃ議論しているだけの第三者であったりするのです。自転車に乗る人間が、他の自転車乗り全員を仲間として認識せねばならない理由はどこにもないでしょう。


>事実誤認かどうか

え?これは内心の問題じゃないでしょう。
私の行動(二段階右折を守らない、丁字路赤信号を無視する、手信号を省略する、細い下り坂では車道の左側中央付近を敢えて走行する、左折を待っている自動車の右側から交差点を通過する……etc)を見れば、法を順守しようとする志に欠けることは明白だと思いますよ。

そのぶん、後方から大型車が来て、追い越したくても追い越せないような状況があれば、場所を見つけて待避するし、かなり近くを猛スピードで追い抜いて行く自動車がいても、別に文句はいいませんね。かなり自分勝手に走行してると思いますが、正義を振りかざしたりはしてないと思います。


>そして、「身勝手~」であろうと、「法を順守~」であろうと、車道左端通行する自転車に何ら問題はないということです。

片側1車線の制限速度50km/hの国道を25km/hでのろのろと走っている車がいたら、まぁ、イライラしますね。誰も、法律違反はしていません。そういう意味では[斜線]何ら問題はありません
が、イライラする後続車の気持ちは重々理解できます。同様に、「身勝手な自転車」に対してイライラすることがあっても良いとは思います。だから「その気持ちは理解できるけど、結果として攻撃的な態度を取るのはまずいでしょ」と言っている訳です。この言動にいささかの問題もあるとは思えないのですがね。


>「志」が大多数を占める普通の自転車乗りの交通安全に役立っているという自慢話でしたか

まぁ、私はその志に欠けていますので、もしそうであれば、ありがたい話ですね。
どちらかというと「法の存在」そのもののウェイトがかなり重いと思いますが、みんなが法の存在を完全無視するのが常識であったら「法の存在」も無意味になってしまうことを思おうと、「志」というのも重要な要素なのかもしれません。


>「ロードバイク」に乗れば誰もが日常と異なるスピードの快感を味わえる

クロスバイク+ふつうのタイヤでも結構スピードは出ますよ。
ただ、すぐ疲れてしまうのが問題ですね。あとは上り坂ですかね。


>全員一列で歩道の縁石に足を置き、信号守ってますパフォーマンス

いやいや、集団で信号無視は危ないでしょう。
学校の引率でぞろぞろ信号無視して歩いている遠足とかどう思いますか?


>気軽に車道も歩道も自由自在に通行出来る所が手軽で便利な自転車の良い所を許せる大人になって下さい。

ほぼ完全に許してます(笑)
だって、安全に気を付けてね、程度しか言っていないでしょ?

| ず | 2014/02/04 14:50 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/02/04 20:24 | |

>カーブミラーのあるそれなりの交通量のある交差点であれば、出合い頭の自転車関連の事故など発生しないでしょう。

そうでしょうか?

事故のうち10%程度までは、相手の車両を視認しているにも関わらず、「止まると思った」などの理由で事故に至っているようです。(例のレポート参照)


>小生の指摘が的を射ていたということですね。

どうでもいいことです。MINELさんの内心がどうこうと問題にすること自体に価値がありません。


>自転車の車道左端通行は道路交通の基本中の基本となる正義です。
>正義は正義として振りかざしても何ら問題ありません。

道路交通の基本中の基本となる正義は円滑で安全な交通です。

ようやく分かりました。ときどきオアゾツーキニストさんが目くじら立てて反発した理由が。自分がピンポイントで爆撃されたと感じたからなんですね。
まあ、一種の誤爆ですから、あまり気になさらなくてもよかったのではないですかね。


>自転車は、「法の存在」も「志」も完全無視した上で、「身勝手に」車道左端通行すれば十分です。

私は「常に法の存在を意識せよ」などとは言っていません。交通ルールが存在する事、多くの住人がそのルールを原則として受け入れていること。これは安全で円滑な交通を実現するうえでの基本中の基本となる事項です。これらが「法の存在」「志」という言葉で表現されています。通常、無意識の精神的なプロセスで行われているものでしょう。あなたが「身勝手に」車道左端を通行していると評している者は無意識のうちに「法の存在」を識っているのです。無意識のうちにそれを守る「志」を持っているのです。

「法の存在」も「志」も完全無視して「身勝手に」車道左端通行するというのは、たとえば、高速道路を走っている自転車に対して評すべき言葉です。


>集団行動が危険性を増幅しているということです。

ええ。ですから、一見、渡っても何ら危険がないような赤信号で全員一列で信号待ちをしているのは、別に「信号守ってますパフォーマンス」ではないでしょう。


>自転車は、20~30キロ程度で走るものです。

15㌔で走っても45㌔で走ってもいいでしょう。自分の価値観を普遍化しようとするのはやめましょうよ。


>イライラを自転車にぶつけられても困りものです。

これだから、ひとの発言を読まない人は困るんですよね。イライラを他者にぶつける行動はまずいというのは何度も私自身が言っています。ガムを噛むとか、ラジオのボリュームを上げるとか、ブレーキペダルでリズムを刻むとか、歌を歌うとか、相手に聞こえないように罵ってみるとか、そういう方法で対処しましょう。


>「いささかの問題もあるとは思えない」という言動には大いに問題ありです。
「イライラすること自体は理解できますが、」と言ってはならない、という意味ですか?字義通り読めばこういう意味にしかとれませんが。

イライラの背景には、「自転車は車道左端を通行するものである。」という原則に対する無理解であったり、「自転車にとって歩道は車道よりも安全な通行スペースである。」という誤認識がある場合があります。ゆえに、上記を広め、あるいは正すような広報・啓発活動は非常に重要だと私は思います。

ですが、どんなに適法でどんなに合理的な相手にもイライラすることはあるんです。右折自動車1台のせいで信号をまるまる1つ損したら、イライラするものなんです。理解できたでしょうか?

| ず | 2014/02/04 20:59 | URL |

ずさん| 2014/02/04 20:59 |へ

>>カーブミラーのあるそれなりの交通量のある交差点であれば、出合い頭の自転車関連の事故など発生しないでしょう。
>そうでしょうか?事故のうち10%程度までは、相手の車両を視認しているにも関わらず、「止まると思った」などの理由で事故に至っているようです。(例のレポート参照)

優先関係はどうなっていますか?
イタルダのレポートは、歩道付の幹線道路の路地から出てきた自動車と幹線道路の歩道・車道を直進する自転車を大きく取り上げていますが、ミクロ分析の対象となる自転車の多くがこのケースであれば、自転車が優先、自動車が一時停止規制ですから、自動車が止まると思うことは当然でしょう。
自転車側には、何ら落ち度のない事故ですし、止まると思った程度のスピードですから、物損あるいはかすり傷程度のものでしょう。

>>小生の指摘が的を射ていたということですね。
>どうでもいいことです。MINELさんの内心がどうこうと問題にすること自体に価値がありません。

「法を順守しようとする人」の「志」自慢をしていたMINELさんも可哀想ですね。
まあ、後続のイライラ自動車の内心も車道左端通行自転車には関係ないということでしょう。

>>自転車の車道左端通行は道路交通の基本中の基本となる正義です。正義は正義として振りかざしても何ら問題ありません。
>道路交通の基本中の基本となる正義は円滑で安全な交通です。

円滑で安全な交通(=正義)とは何ぞや?
自転車乗りはどうすれば良いのですか、自転車乗りに何が出来るのですか?
空虚な言葉遊びとなっていませんか?
「円滑」で「安全」な道路交通を図るために、自転車は車道左端通行しなければならないとされているのです。
まだまだ、道路交通法の理解が不足しているようです。
しっかりして下さい。

>ようやく分かりました。ときどきオアゾツーキニストさんが目くじら立てて反発した理由が。自分がピンポイントで爆撃されたと感じたからなんですね。まあ、一種の誤爆ですから、あまり気になさらなくてもよかったのではないですかね。

誤爆?
誰が何をどう誤ったのかが問題です。
小生は、自転車は車道左端通行するだけで十分だ、という考えです。
そこには、「法を順守しようとする」必要も、「志」も不要であり、「身勝手」であろうと何ら問題ないと考えています。

>>自転車は、「法の存在」も「志」も完全無視した上で、「身勝手に」車道左端通行すれば十分です。
>私は「常に法の存在を意識せよ」などとは言っていません。交通ルールが存在する事、多くの住人がそのルールを原則として受け入れていること。これは安全で円滑な交通を実現するうえでの基本中の基本となる事項です。これらが「法の存在」「志」という言葉で表現されています。通常、無意識の精神的なプロセスで行われているものでしょう。あなたが「身勝手に」車道左端を通行していると評している者は無意識のうちに「法の存在」を識っているのです。無意識のうちにそれを守る「志」を持っているのです。

あれあれ、「内心がどうこうと問題にすること自体に価値がありません。」ということですよね。
大丈夫ですか?

>「法の存在」も「志」も完全無視して「身勝手に」車道左端通行するというのは、たとえば、高速道路を走っている自転車に対して評すべき言葉です。

小生の「身勝手」をはき違えているようですね。
「身勝手」ということは、自分の身は自分で守るということにもつながります。
車道左端通行が「安全」かつ「円滑」だからこそ、「身勝手」な自転車乗りは車道左端通行するのです。
「身勝手」な自転車乗りとは自転車や歩行者で高速道路を走るようなことではありません。
2輪で支えがなければ転倒してしまう自転車に乗るということは、自転車乗り自身が、自立・自転するということです。
ずさんは、本当に自転車に乗れてますか?

>>集団行動が危険性を増幅しているということです。
>ええ。ですから、一見、渡っても何ら危険がないような赤信号で全員一列で信号待ちをしているのは、別に「信号守ってますパフォーマンス」ではないでしょう。

「集団での足休め」でも別段、何ら構いません。
信号のタイミングで置いて行かれると、追い付けない寂しがり屋の集団ということでも何ら構いません。
客観的に見れば、「信号守ってますパフォーマンス」に見えるというだけのことです。

>>自転車は、20~30キロ程度で走るものです。
>15㌔で走っても45㌔で走ってもいいでしょう。自分の価値観を普遍化しようとするのはやめましょうよ。

車道左端をふらつかずに真っ直ぐ前を向いて通行するのであれば、10キロ未満のすぐ止まれるスピードでも何ら構いません。
狭い道路で、後続のバス運転手が「内心」イライラしていても何ら問題ありません。

>>イライラを自転車にぶつけられても困りものです。
>これだから、ひとの発言を読まない人は困るんですよね。イライラを他者にぶつける行動はまずいというのは何度も私自身が言っています。ガムを噛むとか、ラジオのボリュームを上げるとか、ブレーキペダルでリズムを刻むとか、歌を歌うとか、相手に聞こえないように罵ってみるとか、そういう方法で対処しましょう。

自動車同士のイライラと自転車に対するイライラは違うでしょう。
自転車は、最初から車道左端を通行することで、後続車両に道を譲っています。
だからこそ、10キロ未満のスピードでも何ら問題ないのです。
自転車に対しては、イライラすること自体がお門違いだということです。

>>「いささかの問題もあるとは思えない」という言動には大いに問題ありです。
>「イライラすること自体は理解できますが、」と言ってはならない、という意味ですか?字義通り読めばこういう意味にしかとれませんが。イライラの背景には、「自転車は車道左端を通行するものである。」という原則に対する無理解であったり、「自転車にとって歩道は車道よりも安全な通行スペースである。」という誤認識がある場合があります。ゆえに、上記を広め、あるいは正すような広報・啓発活動は非常に重要だと私は思います。

自転車乗りに出来ることは、ただただ、車道左端を自転車で埋め尽くすことだけだということですね。

>ですが、どんなに適法でどんなに合理的な相手にもイライラすることはあるんです。右折自動車1台のせいで信号をまるまる1つ損したら、イライラするものなんです。理解できたでしょうか?

ずさんが、大人になりきれていないということは理解できます。
右折自動車1台のせいで信号をまるまる1つ損したとしても、それはそれで仕方のないことです。
それが、図体ばかりがデカくて小回りの効かない自動車というものです。
それでも自動車に乗るということは、自動車にそれだけの利便性があるからでしょう。
エアコンの効いた空間でふかふかのシートに腰を下ろし、1回分増えた信号待ちの時間に、ガムを噛むとか、ラジオのボリュームを上げるとか、ブレーキペダル(?)やハンドルでリズムを刻むとか、歌を歌うなどの時間を楽しめるということです。
イライラすることなんて何にもありません。
まあ、自転車であれば、右折自動車が100台いても、直進も左折も(右折も?)自由自在で、何ら関係も問題もありません。
勝手に自転車に対してイライラされても困りものです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/04 22:01 | URL |

視認していても事故は起きるのだから、カーブミラーがあっても事故は起きますよね、と確認している訳です。


>自転車側には、何ら落ち度のない事故です

ええ。だからどうしたんでしょうか。


>物損あるいはかすり傷程度のものでしょう。

決め付けるのはやめましょうよ。


>イライラ自動車の内心も車道左端通行自転車には関係ないということでしょう。

イライラするから走るななんて暴言を言っているのは誰ですか?世捨人さんくらいなものですよね。


>自転車乗りはどうすれば良いのですか、自転車乗りに何が出来るのですか?
「円滑」で「安全」な道路交通を図るために→自転車は車道左端通行をする

これは正しい行動でしょう。ですが、それには次のような含意はありません。

自転車は車道左端を通行してさえいれば→交通は安全で円滑である。(他は何をしようと問わない。)


>「志」も不要であり、「身勝手」であっても構わない

そろそろこの会話にも飽きてきましたね。

誰も「志」が必要だなどと言っていません。
誰も「身勝手」だったら車道を走るななどと言っていません。

すべての自転車が車道左端を走るのが原則です。
そのなかにはロードバイクもママチャリもいるでしょう。
男性も女性もいるでしょう。
老いも若きもいるでしょう。
サラリーマンも学生も、競輪選手も宇宙飛行士も、億万長者も生活保護者もいるでしょう。
「志」を持ったひとも、持っていないひともいるでしょう。
「身勝手」なひとも、そうでないひともいるでしょう。

それがどうしていけないのですか?
だれがどこでいけないと言っていますか?

※あそこでいう「くみ取って下さい」は、「感じとって、行動を改めて下さい」程度の意味なので、誰かを賛美する意味合いはありませんよ。


>あれあれ、「内心がどうこうと問題にすること自体に価値がありません。」ということですよね。

日本語を理解して下さい。

MINELさんが内心で一部の自転車乗りを見下していようが、そうでなかろうが、その心の一部が言葉の端々から見えようが、そうでなかろうが、そんなことはどうでもいいことです、ここで議論すべき問題ではありませんと言いました。

多くの住人が「一定のルールを守って交通を行うべきだ」という合意に至ることなしに、交通安全などというものは存在しえません。気ままに右側通行する自動車がいて、道路の真ん中に路上駐車していたり、当然のように車道を斜めに横切ったりするような人たちばかりが住んでいる町では、道路は地獄絵図になりかねません。


>小生の「身勝手」をはき違えているようですね。

あなたがどういう意味で「身勝手」という言葉を使っているのかなど、知った事ではありません。どうでもいいことです。MINELさんが言っていた『「身勝手な~」』という発言を批判しようとして、勝手に言葉を再定義していたことがありありと露呈したということです。


>「身勝手」な自転車乗りとは自転車や歩行者で高速道路を走るようなことではありません。

いや、「法の存在」も「志」も完全無視してと書いているので……


>客観的に見れば、「信号守ってますパフォーマンス」に見えるというだけのことです。

あなたの主観でしょうが(笑)


>イライラすること自体がお門違いだということです。

そうですね。本人もイライラしたくてイライラしてる訳ではないので、分かってあげて下さいという程度のことです。好きな女の子が自分の親友にバレンタインチョコをあげてたのに、自分はもらえなかったらイライラしたりするかも知れません。完全にお門違いですけど、仕方がないでしょ?

イライラしないですむ方法を考えてあげるのはとても大事なことですが、
イライラした場合の対処方法を考えてあげることもやっぱり大事なんですね。

お分かりになったでしょうか?


>勝手に自転車に対してイライラされても困りものです。

別に、他人が勝手にイライラしても何も困らないですよ。
その結果、文句を言ってくる奴がいるから、困るんです。

| ず | 2014/02/04 23:16 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>>つまらない理想は休み休みにして,交通安全を真剣に考えてください.
>私は自転車の一愛好者として,スポーツとしての自転車の地位向上と交通安全との両立を真剣に考えている.
[世捨人]殿が何と騒ごうと,一方的な自転車叩きにはあくまでも争う所存である.

「自転車叩き」とは心外です。提言の根底にあるのは交通安全です。ご理解、ご協力をお願いします。

| 世捨人 | 2014/02/05 00:27 | URL |

ずさん| 2014/02/04 14:50 |へ

誤植がありましたので、一旦、管理人さんに削除依頼の上、順序は前後しますが、再掲載します。


>�故の減少を目的とした信号機の設置は重要なインフラの一部に含めても良いでしょう、と指摘している訳です。信号機など設置したところで交通事故が減らないようなものを推奨してる訳ではないですのでね。
>>カーブミラーの設置よりも信号機の設置が頭に浮かんで来て
>異常なまでにここにこだわりますね。それなりの交通量のある交差点にカーブミラーさえ無いという状況を想像していなかっただけです。

ママチャリもロードバイクも乗りこなす本当の自転車乗りであれば、イタルダの中途犯場なレポートなど当てにせずとも、信号機のない交差点での自転車関連の事故がどのような状況で発生しており、被害者・加害者となる自転車乗りにとってどういう対策が望ましいかということにつき、当たり前にご理解頂けるものと思っておりました。
駆動力は自身の脚力頼みで、出来るだけブレーキを掛けたくない自転車乗りにとって見通しの悪い交差点でのカーブミラーほど有難いものはありません。
カーブミラーのあるそれなりの交通量のある交差点であれば、出合い頭の自転車関連の事故など発生していないでしょう。

>>小生の指摘に反論出来ずに
>え?言いがかりだって、難癖だってこれだけ言ってるのにまだ反論が足りないと思ってるんですか?よほど自虐的な人なんですね。

ずさんご自身が言いがかりや難癖と認めざるを得ないような的外れな反論しか出来なかったということです。
ご自身の発言を客観的に見れないとは、情けない限りです。

>>行動として他者に向けられていたので、指摘したまでです。
>MINELさんのコメントそのものは世捨人さんを批判しているだけですからね。べつに、その内心をえぐりだして修正を迫ることに合理性があるとは思いません。

合理性?
またまた、難しい言葉で誤魔化そうとしても無駄です。
「えぐりだして・・・」との評価を頂けるということは、小生の指摘が的を射ていたということですね。

>>同じ自転車乗り仲間として
>私は自転車には乗りますが、同時に歩行者であって自動車も運転する、あるいはPCの前でぺちゃくちゃ議論しているだけの第三者であったりするのです。自転車に乗る人間が、他の自転車乗り全員を仲間として認識せねばならない理由はどこにもないでしょう。

小生も、当然のことながら、歩行者であり、自動車も運転します。
自転車は幼児から高齢者まで誰もが気軽に乗れる手軽で便利な乗り物です。
「法を順守しようとする人」である必要もないし、「志」も不要です。当然、自転車乗りとしての仲間意識など全く不要です。

ずさんは、支離滅裂な提言を主張を展開される世捨人さんのブログで比較的真っ当なコメントをされていたことから、自転車乗りとしての(仲間)意識を共有出来る方と期待しておりましたが、残念です。

>>事実誤認かどうか
>え?これは内心の問題じゃないでしょう。私の行動(二段階右折を守らない、丁字路赤信号を無視する、手信号を省略する、細い下り坂では車道の左側中央付近を敢えて走行する、左折を待っている自動車の右側から交差点を通過する……etc)を見れば、法を順守しようとする志に欠けることは明白だと思いますよ。そのぶん、後方から大型車が来て、追い越したくても追い越せないような状況があれば、場所を見つけて待避するし、かなり近くを猛スピードで追い抜いて行く自動車がいても、別に文句はいいませんね。かなり自分勝手に走行してると思いますが、正義を振りかざしたりはしてないと思います。

意志薄弱な情けない方だと言う事ですね。
それはそれで、人それぞれですので、何ら構いません。
自転車の車道左端通行という正義は、大型車が来ても来なくても、何ら気にすることのない道路交通の基本中の基本となる正義です。
正義は正義として振りかざしても何ら問題ありません。

>>そして、「身勝手~」であろうと、「法を順守~」であろうと、車道左端通行する自転車に何ら問題はないということです。
>片側1車線の制限速度50km/hの国道を25km/hでのろのろと走っている車がいたら、まぁ、イライラしますね。誰も、法律違反はしていません。そういう意味では[斜線]何ら問題はありませんが、イライラする後続車の気持ちは重々理解できます。同様に、「身勝手な自転車」に対してイライラすることがあっても良いとは思います。だから「その気持ちは理解できるけど、結果として攻撃的な態度を取るのはまずいでしょ」と言っている訳です。この言動にいささかの問題もあるとは思えないのですがね。

自動車同士のイライラは自動車同士で解決すれば良い問題です。
自転車は、20~30キロ程度で走るものです。
だからこそ、車道「左端」を通行しなければならないとされていて、予め、後続の自動車には道を譲っています。
「身勝手に」車道左端通行する自転車には、後続自動車からイライラするなどと言われる筋合いは全くありません。
まず、後続ドライバーがイライラする気持ちや考え方自体を変えることです。
自動車同士のイライラを自転車にぶつけられても困りものです。
ということで、「いささかの問題もあるとは思えない」という言動には大いに問題ありです。

>>「志」が大多数を占める普通の自転車乗りの交通安全に役立っているという自慢話でしたか
>まぁ、私はその志に欠けていますので、もしそうであれば、ありがたい話ですね。どちらかというと「法の存在」そのもののウェイトがかなり重いと思いますが、みんなが法の存在を完全無視するのが常識であったら「法の存在」も無意味になってしまうことを思おうと、「志」というのも重要な要素なのかもしれません。

どうやら「法の存在」というものをご理解頂けていないことが原因のようです。
欧米の法律では車両は右側通行と決められているように、右側通行か左側通行かは法律が決めることです。

一旦、法律で左側通行、軽車両は左端通行と決めてしまえば、「法の存在」など全く意識しなくても、「志」などという高尚な「心根」が無くとも、自転車にとっては車道左端が最も「安全」かつ「円滑」な道路空間となります。
「身勝手な」自転車乗りは、当然、最も「安全」かつ「円滑」な車道左端通行となります。
この「身勝手」は、「左側」通行という大原則のもとで、道路交通の「安全」と「円滑」のために車道「左端」通行しなければならないと自転車に課された「身勝手」です。
自転車は、「法の存在」も「志」も完全無視した上で、「身勝手に」車道左端通行すれば十分です。

>>「ロードバイク」に乗れば誰もが日常と異なるスピードの快感を味わえる
>クロスバイク+ふつうのタイヤでも結構スピードは出ますよ。ただ、すぐ疲れてしまうのが問題ですね。あとは上り坂ですかね。

下らない程度論はお任せします。

>>全員一列で歩道の縁石に足を置き、信号守ってますパフォーマンス
>いやいや、集団で信号無視は危ないでしょう。学校の引率でぞろぞろ信号無視して歩いている遠足とかどう思いますか?

京都の亀岡や祇園で暴走自動車が歩行者の集団をなぎ倒していったように、信号無視が悪いのではなくて、集団行動が危険性を増幅しているということです。

>>気軽に車道も歩道も自由自在に通行出来る所が手軽で便利な自転車の良い所を許せる大人になって下さい。
>ほぼ完全に許してます(笑) だって、安全に気を付けてね、程度しか言っていないでしょ?

きっと、自転車の「身勝手な」車道左端通行に何ら問題ないことについても理解が進んだことでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/05 09:04 | URL |

ずさん| 2014/02/04 23:16 | へ

>視認していても事故は起きるのだから、カーブミラーがあっても事故は起きますよね、と確認している訳です。

信号機が設置あっても事故は起きますよね。
自分の身は自分で守るしかない自転車乗りにとって、見通しの悪い交差点の状況を確認出来るカーブミラーと確認する術のない信号機では事故を惹起する危険性は雲泥の差となりますよね。
誰にでも容易に判る程度論です。

>>自転車側には、何ら落ち度のない事故です
>ええ。だからどうしたんでしょうか。

信号機のない交差点に突っ込む自動車側に事故惹起の原因があるのであれば、事故を防ぐためには自動車側に進入禁止等々の規制をするべきでしょう。

>>物損あるいはかすり傷程度のものでしょう。
>決め付けるのはやめましょうよ。

仰るとおり京都の亀岡や祇園の暴走自動車のように猛スピードで自動車が突っ込んで来たら、ひとたまりもありませんね。

>>イライラ自動車の内心も車道左端通行自転車には関係ないということでしょう。
>イライラするから走るななんて暴言を言っているのは誰ですか?世捨人さんくらいなものですよね。

イライラ自動車ドライバーの内心など全く問題とする必要がないということに同意頂いたようです。
良かった。良かった。

>>自転車乗りはどうすれば良いのですか、自転車乗りに何が出来るのですか?
>「円滑」で「安全」な道路交通を図るために→自転車は車道左端通行をするこれは正しい行動でしょう。ですが、それには次のような含意はありません。自転車は車道左端を通行してさえいれば→交通は安全で円滑である。(他は何をしようと問わない。)

自分の身は自分で守らざるを得ない車道左端通行している自転車には、携帯(メール打ち)ながら運転などは出来ないでしょう。
自転車は車道左端通行することで、20~30キロ程度のスピードで1~2時間程度の走行が可能となり、自転車が持つ本来の性能を存分に発揮できることとなります。
自転車が車道左端通行するということは、それだけで、交通の「安全」と「円滑」に寄与することとなります。
一方で、自転車は幼児から高齢者まで誰もが手軽に気軽に乗れるものであり、まともに乗れなければ転倒するという安全装置まで付いています。
傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火、信号無視等々何をしようと転倒せずに乗れるのであれば、何ら問題とする必要はありません。

>>「志」も不要であり、「身勝手」であっても構わない
>そろそろこの会話にも飽きてきましたね。誰も「志」が必要だなどと言っていません。誰も「身勝手」だったら車道を走るななどと言っていません。すべての自転車が車道左端を走るのが原則です。そのなかにはロードバイクもママチャリもいるでしょう。男性も女性もいるでしょう。老いも若きもいるでしょう。サラリーマンも学生も、競輪選手も宇宙飛行士も、億万長者も生活保護者もいるでしょう。「志」を持ったひとも、持っていないひともいるでしょう。「身勝手」なひとも、そうでないひともいるでしょう。それがどうしていけないのですか?だれがどこでいけないと言っていますか?

自転車乗りが様々であることは当たり前です。
MINELさんが「「法を順守しようとする人」の志をくみ取ってください。ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。適切に道路状況を判断し、時に車道を、時に歩道を利用する自転車のライダーの事です。仮に目の前のライダーが身勝手な行動として車道に出ているのだとしても、それに対して攻撃的対応をとりトラブルをおこす事は「法を順守しようとする人」の志を蔑にすることに他なりません。(byMINELさん| 2014/01/12 12:59)
と仰っています。

>※あそこでいう「くみ取って下さい」は、「感じとって、行動を改めて下さい」程度の意味なので、誰かを賛美する意味合いはありませんよ。

賛美などと難しそうな言葉で誤魔化しても仕方ありません。
志を「蔑にする」こととはどういう意味ですか?

>>あれあれ、「内心がどうこうと問題にすること自体に価値がありません。」ということですよね。
>日本語を理解して下さい。MINELさんが内心で一部の自転車乗りを見下していようが、そうでなかろうが、その心の一部が言葉の端々から見えようが、そうでなかろうが、そんなことはどうでもいいことです、ここで議論すべき問題ではありませんと言いました。

小生は、正にMINELさんの内心を問題としています。

>多くの住人が「一定のルールを守って交通を行うべきだ」という合意に至ることなしに、交通安全などというものは存在しえません。気ままに右側通行する自動車がいて、道路の真ん中に路上駐車していたり、当然のように車道を斜めに横切ったりするような人たちばかりが住んでいる町では、道路は地獄絵図になりかねません。

道路状況によります。
「気ままに・・・住んでいる町」では、誰もが自由自在に奔放に振る舞うことが出来る、穏やかで、落ち着いた、伸びやかで、長閑な素晴らしい光景になることでしょう。

>>小生の「身勝手」をはき違えているようですね。
>あなたがどういう意味で「身勝手」という言葉を使っているのかなど、知った事ではありません。どうでもいいことです。MINELさんが言っていた『「身勝手な~」』という発言を批判しようとして、勝手に言葉を再定義していたことがありありと露呈したということです。

ずさんがはき違えているだけのことです。

>>「身勝手」な自転車乗りとは自転車や歩行者で高速道路を走るようなことではありません。
>いや、「法の存在」も「志」も完全無視してと書いているので……

自分の身を自分で守れるのであれば高速道路を走っても構いませんが、極論で議論を誤魔化そうとしても無駄です。

>>客観的に見れば、「信号守ってますパフォーマンス」に見えるというだけのことです。
>あなたの主観でしょうが(笑)

小生の内心です。

>>イライラすること自体がお門違いだということです。
>そうですね。本人もイライラしたくてイライラしてる訳ではないので、分かってあげて下さいという程度のことです。好きな女の子が自分の親友にバレンタインチョコをあげてたのに、自分はもらえなかったらイライラしたりするかも知れません。完全にお門違いですけど、仕方がないでしょ?イライラしないですむ方法を考えてあげるのはとても大事なことですが、イライラした場合の対処方法を考えてあげることもやっぱり大事なんですね。お分かりになったでしょうか?

で、その対処法がガムを噛むですか?
お任せします。

>>勝手に自転車に対してイライラされても困りものです。
>別に、他人が勝手にイライラしても何も困らないですよ。その結果、文句を言ってくる奴がいるから、困るんです。

だからこそ、イライラの原因を一緒に突き止めましょうとお伝えしています。
自転車は車道左端を通行するものであると認識を改めてもらうだけのことです。
何ら困ることはありません。
自転車はただただ、真っ直ぐ前を向いてふらつかずに車道左端を通行するだけです。

| 自転車は歩道 | 2014/02/05 12:25 | URL |

私が信号機の設置を提案した交差点にはすでにカーブミラーは設置されていることを想定したものであるとはすでに述べました。カーブミラーがない交差点には信号機を設置する前に、まずカーブミラーを設置するのが上策でしょう。そのうえで、事故が引き続き多発するようであれば、信号機の設置を検討すれば良いだけの話です。


>信号機のない交差点に突っ込む自動車側に事故惹起の原因があるのであれば、事故を防ぐためには自動車側に進入禁止等々の規制をするべきでしょう。

信号機の設置は自転車の交通を制限する側面よりも、自動車交通を制限する側面の方が強いでしょう。自転車の信号無視は散見しますが、自動車はそうではありません。一方的に自転車の交通を制限するような方法を提案している訳ではないので、そこを再確認して下さい。


転倒せずに走れる分には何ら問題がない

またその何の根拠もない暴論ですか。

何度も回答したとおりですがまとめると下記のとおりです。

・ものによっては道路交通法違反であり、法律的に問題がある場合がある。
・転倒せずに走れていることは、充分な安全を確認していることを担保しておらず、安全面でも問題がある場合がある。

・上記を踏まえ、他者の安全を脅かすのではなく、自らの身を危険に晒しているだけであれば、社会通念上は許容しうるかも知れない。

・結論としては、問題は多々あるが、警察権力を用いて積極的に取り締まるほどのものではない。
・一方で、他者の安全を脅かす場合(歩行者の多い歩道上での危険運転など)に関してはこの限りではない。


>志を「蔑にする」こととはどういう意味ですか?

ここも勘違いしてたのですか?!びっくりですね。
ないがしろにする、は無視するという程度の意味ですよ。

MINELさんは別に、世の中一般に対して「法を無視してはならない。法を順守しようとするものの『志』を無視してはならない」と言っている訳ではないのです。

これも、世捨人さんに対する私信に過ぎません。
(そもそも、○○を汲み取るという表現自体が世捨人さんの表現の引用なので、当然ですが。)

世捨人さん、あなたは、道路設計者の意図を汲み取れといいながら、同時に道交法の設計者の意図(とそれを順守しようとするものの「志」)を無視するような行動を取られていますが、これってまずいですよね。

MINELさんの言葉の意味はこんなところです。


>ずさんがはき違えているだけのことです。

あなたのつかっていた「身勝手」という言葉と、MINELさんがつかっていた「身勝手」という言葉がまったく別のことを意味していたのがはっきりしたというだけです。

ようするに、最初からまったく批判になっていなかった訳です。
攻撃的な台詞を別にすればね。

| ず | 2014/02/05 15:02 | URL |

ずさん | 2014/02/05 15:02 |へ

>私が信号機の設置を提案した交差点にはすでにカーブミラーは設置されていることを想定したものであるとはすでに述べました。カーブミラーがない交差点には信号機を設置する前に、まずカーブミラーを設置するのが上策でしょう。そのうえで、事故が引き続き多発するようであれば、信号機の設置を検討すれば良いだけの話です。

出合い頭の交通事故が発生する信号機のない交差点にカーブミラーが設置されていると想定する時点で、カーブミラーと信号機の違いを理解されていなかったということです。

>>信号機のない交差点に突っ込む自動車側に事故惹起の原因があるのであれば、事故を防ぐためには自動車側に進入禁止等々の規制をするべきでしょう。
>信号機の設置は自転車の交通を制限する側面よりも、自動車交通を制限する側面の方が強いでしょう。自転車の信号無視は散見しますが、自動車はそうではありません。一方的に自転車の交通を制限するような方法を提案している訳ではないので、そこを再確認して下さい。

自転車が「安全」かつ「円滑」に信号無視をするためにも、まずは、カーブミラーの設置が必要となります。

>>転倒せずに走れる分には何ら問題がない
>またその何の根拠もない暴論ですか。何度も回答したとおりですがまとめると下記のとおりです。・ものによっては道路交通法違反であり、法律的に問題がある場合がある。・転倒せずに走れていることは、充分な安全を確認していることを担保しておらず、安全面でも問題がある場合がある。・上記を踏まえ、他者の安全を脅かすのではなく、自らの身を危険に晒しているだけであれば、社会通念上は許容しうるかも知れない。・結論としては、問題は多々あるが、警察権力を用いて積極的に取り締まるほどのものではない。・一方で、他者の安全を脅かす場合(歩行者の多い歩道上での危険運転など)に関してはこの限りではない。

素晴らしい。
結論として、歩行者の多い歩道上での危険運転などとならない「車道左端通行する限り転倒せずに走れる分には何ら問題がない。」ということをご理解いただいたようです。
まだまだ、少しふらついていらっしゃるようですが、ようやく、自転車同様、自立することが出来ましたね。
良かった。良かった。

>>志を「蔑にする」こととはどういう意味ですか?
>ここも勘違いしてたのですか?!びっくりですね。ないがしろにする、は無視するという程度の意味ですよ。

無視してはならない「志」ということで、「法を順守しようとする人」の「志」を持ち上げていたということすね。

>MINELさんは別に、世の中一般に対して「法を無視してはならない。法を順守しようとするものの『志』を無視してはならない」と言っている訳ではないのです。これも、世捨人さんに対する私信に過ぎません。(そもそも、○○を汲み取るという表現自体が世捨人さんの表現の引用なので、当然ですが。)世捨人さん、あなたは、道路設計者の意図を汲み取れといいながら、同時に道交法の設計者の意図(とそれを順守しようとするものの「志」)を無視するような行動を取られていますが、これってまずいですよね。 MINELさんの言葉の意味はこんなところです。

小生は、道路交通法の設計者の意図や道路交通法を順守しようとするものの「志」などを無視したって何ら問題ないですよ、とMINELさんに指摘しています。

>>ずさんがはき違えているだけのことです。
>あなたのつかっていた「身勝手」という言葉と、MINELさんがつかっていた「身勝手」という言葉がまったく別のことを意味していたのがはっきりしたというだけです。ようするに、最初からまったく批判になっていなかった訳です。攻撃的な台詞を別にすればね。

身勝手を身勝手に身勝手にしても身勝手な身勝手である限り、身勝手な身勝手に過ぎません。

小生は、批判(反論)等ではなく、「ちょっと違うでしょう。」とやんわりとコメントしたまでです。

| 自転車は歩道 | 2014/02/05 18:11 | URL |

>自転車が「安全」かつ「円滑」に信号無視をするためにも、まずは、カーブミラーの設置が必要となります。

ボンネットがなくて左右の視認性に優れる自転車は、カーブミラーがなくても、死角は少ないですから、充分にスピードを緩めれば安全に通行できると思いますよ。

まあ、カーブミラーについてはこれでも読んでください。

http://www.sonpo.or.jp/archive/publish/bousai/jiho/pdf/no_233/yj23306.pdf



>すばらしい。良かった。良かった。

積極的に取り締まるべき問題ではない。という意味であれば、最初からそう言ってたではないですか。「何ら問題はない」の何らの意味する範囲が不明なので、「何ら問題は無い」に同意できるかどうかは保留しますけどね。

ちなみに、「何ら危険は無い」に関してはどう考えても間違いですからね。こっちは、何らがどういう意味であってもダメです。


>小生は、道路交通法の設計者の意図や道路交通法を順守しようとするものの「志」などを無視したって何ら問題ないですよ、とMINELさんに指摘しています。

MINELさんも、別にそんなもの無視しても構わない(無視することを規制するようなものではない)と思ってるはずですよ。単に「道路設計者の意図を無視するな」と言いながら法律の設計者の意図を無視している行動が矛盾してますよ、と指摘しているだけでしょう。

あの文章は、あくまでも、世捨人さんが「道路設計者の意図を汲んで自転車は歩道を走れ」などとすっとぼけた事を言っていたことへのリプライですから、そこから切り離して解釈できる文章ではないんです。

(世捨人さんとのやりとりにはまったく興味が無いと言って、もともとリプライであるだけのものを単独で解釈してしまったあなたに非があると思いますよ。)


>身勝手を身勝手に……

あなたのつかっていた「身勝手」という言葉と、MINELさんがつかっていた「身勝手」という言葉が全く異なる意味合いであることを理解できなければ、この件に関してはこれ以上何も言う事はありません。

理解力の乏しい人なんだな……、でおしまいです。


>>最初からまったく批判になっていなかった訳です。
>小生は、批判(反論)等ではなく、「ちょっと違うでしょう。」とやんわりとコメントしたまでです。

じゃあ言い直しましょう。

最初から、別に違わなかった訳です。

| ず | 2014/02/05 19:37 | URL |

ずさん| 2014/02/05 19:37 |へ

>自転車が「安全」かつ「円滑」に信号無視をするためにも、まずは、カーブミラーの設置が必要となります。
>ボンネットがなくて左右の視認性に優れる自転車は、カーブミラーがなくても、死角は少ないですから、充分にスピードを緩めれば安全に通行できると思いますよ。

カーブミラーがあれば、スピードを緩めることなく「円滑」かつ「安全」に信号のない交差点を通行出来ることをお認め頂いたようです。
良かった。
良かった。

>まあ、カーブミラーについてはこれでも読んでください。http://www.sonpo.or.jp/archive/publish/bousai/jiho/pdf/no_233/yj23306.pdf

イタルダのレポート以上に当たり前のことしか書いていないものです。
カーブミラーの良い所は、自転車乗り自身が主体的にカーブミラーを覗き込むことで、交差点の安全を確認することになるということです。
信号機のない交差点での出合い頭の衝突事故では、対自動車では、自転車乗りは重大(死亡)事故の被害者となる危険性があり、対歩行者(特に高齢者等転倒により頭部損傷のリスクが高い場合)では、これまた、重大(死亡)事故の加害者となる危険性があります。

死角があって確認出来ないなどという言い訳はお互いに通用しません。

>>すばらしい。良かった。良かった。
>積極的に取り締まるべき問題ではない。という意味であれば、最初からそう言ってたではないですか。「何ら問題はない」の何らの意味する範囲が不明なので、「何ら問題は無い」に同意できるかどうかは保留しますけどね。ちなみに、「何ら危険は無い」に関してはどう考えても間違いですからね。こっちは、何らがどういう意味であってもダメです。

問題も危険も、結局、下らない程度論でしかないということです。
「危険についても何ら問題ない」これで良いでしょう。

>>小生は、道路交通法の設計者の意図や道路交通法を順守しようとするものの「志」などを無視したって何ら問題ないですよ、とMINELさんに指摘しています。
>MINELさんも、別にそんなもの無視しても構わない(無視することを規制するようなものではない)と思ってるはずですよ。単に「道路設計者の意図を無視するな」と言いながら法律の設計者の意図を無視している行動が矛盾してますよ、と指摘しているだけでしょう。あの文章は、あくまでも、世捨人さんが「道路設計者の意図を汲んで自転車は歩道を走れ」などとすっとぼけた事を言っていたことへのリプライですから、そこから切り離して解釈できる文章ではないんです。(世捨人さんとのやりとりにはまったく興味が無いと言って、もともとリプライであるだけのものを単独で解釈してしまったあなたに非があると思いますよ。)

リプライとはまた、難しそうな言葉で誤魔化そうとしても無駄です。
「法を順守しようとする人の志」を汲み取れだの、蔑にするなだの、「身勝手」がどうした、という回答をする時点で、MINELさん道路交通法の中での車道左端通行の位置づけについて理解不十分だった、ということです。
>>身勝手を身勝手に……
>あなたのつかっていた「身勝手」という言葉と、MINELさんがつかっていた「身勝手」という言葉が全く異なる意味合いであることを理解できなければ、この件に関してはこれ以上何も言う事はありません。理解力の乏しい人なんだな……、でおしまいです。

小生は、MINELさんと同様に、普通の日本語として「身勝手」を身勝手に使っているだけのことです。
同じ「身勝手」という言葉が全く異なる意味合いになる筈もありません。
「理解力の・・・」は、ずさんの「身勝手」に過ぎません。
まあ、負け犬の「身勝手な」遠吠えですね。

>最初からまったく批判になっていなかった訳です。
>>小生は、批判(反論)等ではなく、「ちょっと違うでしょう。」とやんわりとコメントしたまでです。
>じゃあ言い直しましょう。最初から、別に違わなかった訳です。

これは「明らかに違うでしょう。」
小生のコメントがMINELさんの内心を射貫いていたからこそ、第3者(4者?)のずさんがどんなに頑張って食い下がっても、MINELさんは顔も出せなくなったということです。


| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/05 20:32 | URL |

>死角があって確認出来ないなどという言い訳はお互いに通用しません。

カーブミラーに死角がある場合、事故加害者の責任が減弱する、なんて主張をしている訳ではないでしょう。事故原因の分析を言い訳と捉えてどうするんですか?

まあ、カーブミラーが設置されている交差点で事故が多発しても、カーブミラーの調整で事故を削減できるかも知れないということですから、信号機設置の必要性が薄れてよかったじゃないですか。


>小生は、MINELさんと同様に、普通の日本語として「身勝手」を身勝手に使って

残念でした。

MINELさんが使った「身勝手」という言葉は、普通の日本語における身勝手という単語とは異なる意味で使っています。最初の文章からして明示されていましたし、その後も繰り返し説明されていたのを忘れましたか?

あなたがつかっている「身勝手」は普通の日本語の意味かもしれませんが、
MINELさんの使っていた「身勝手」は普通の日本語の意味ではない(限定された意味である)、

ゆえに、あなたが使っている「身勝手」という言葉と、MINELさんが使っていた「身勝手」という言葉には意味上の相違があります。

あなたの言っている「身勝手」とMINELさんの言っていた「身勝手」の意味が異なることは理解できましたか?理解できませんか?


>MINELさんは顔も出せなくなったということです。

まあ、普通の神経をしている人なら面倒になりますよ。
私がずいぶん、しつこいだけです。

| ず | 2014/02/06 00:07 | URL |

ずさん| 2014/02/06 00:07 |へ

>>死角があって確認出来ないなどという言い訳はお互いに通用しません。
>カーブミラーに死角がある場合、事故加害者の責任が減弱する、なんて主張をしている訳ではないでしょう。事故原因の分析を言い訳と捉えてどうするんですか?

バイク対自動車の例でしたので、自転車には関係ない事例です。
バイクからタクシーが見えていたということは、当然、タクシーからもバイクが見えていたということです。
死角や角度の調整など全く関係ありません。

>まあ、カーブミラーが設置されている交差点で事故が多発しても、カーブミラーの調整で事故を削減できるかも知れないということですから、信号機設置の必要性が薄れてよかったじゃないですか。

ようやく負けを認められたようです。
良かった。良かった。

>>小生は、MINELさんと同様に、普通の日本語として「身勝手」を身勝手に使って
>残念でした。MINELさんが使った「身勝手」という言葉は、普通の日本語における身勝手という単語とは異なる意味で使っています。最初の文章からして明示されていましたし、その後も繰り返し説明されていたのを忘れましたか?あなたがつかっている「身勝手」は普通の日本語の意味かもしれませんが、MINELさんの使っていた「身勝手」は普通の日本語の意味ではない(限定された意味である)、ゆえに、あなたが使っている「身勝手」という言葉と、MINELさんが使っていた「身勝手」という言葉には意味上の相違があります。 あなたの言っている「身勝手」とMINELさんの言っていた「身勝手」の意味が異なることは理解できましたか?理解できませんか?

MINELさんが使った「身勝手」という言葉は、十分に普通の日本語の射程範囲内ですよ。

>>MINELさんは顔も出せなくなったということです。
>まあ、普通の神経をしている人なら面倒になりますよ。私がずいぶん、しつこいだけです。

別段、構いません。どうぞ、ご勝手に。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/06 09:19 | URL |

バイクから自動車が見えたからといって、自動車からバイクが見えるとは限りません。自動車は大きいですのでね。事故を減らすには、責任の所在については一旦棚上げして考えてみないことには始まりません。

わたしは最初から信号機設置推進派ではありませんよ。

Minelさんの用法はかなり限定的なものなので、一般の用法として解釈すると、範囲が拡がってしまうのです。

Minelさんは、好き勝手に車道や歩道を走ることをして身勝手などと言ってるんではないということです。

| ず | 2014/02/06 16:34 | URL |

ずさん| 2014/02/06 16:34 |へ

>バイクから自動車が見えたからといって、自動車からバイクが見えるとは限りません。自動車は大きいですのでね。事故を減らすには、責任の所在については一旦棚上げして考えてみないことには始まりません。

鏡の反射なんて、理科(物理のレベルではありません。)の基本中の基本ですが、大丈夫ですか?
バイク側から見て自動車がカーブミラーに写っているということは、自動車側から見てバイクも写っているということでしょう。
カーブミラーに写っているのに見ていないということが事故の原因です。
責任の所在は明確です。
その上で、自転車乗りは、自分の身は自分で守らなければならないのです。
交差する道路に自動車等がいることを確認し、優先関係、自動車等のスピード等の状況を把握した上で、交差点で徐行するか、突っ込むか、一時停止するかは自転車乗り一人一人が決めることです。

>わたしは最初から信号機設置推進派ではありませんよ。

信号機設置推進派でもないずさんの頭にカーブミラーの設置が真っ先に頭に浮かんで来ないことを、残念だな、本当に自転車に乗っているのかなと心配になって指摘したものです。

>Minelさんの用法はかなり限定的なものなので、一般の用法として解釈すると、範囲が拡がってしまうのです。Minelさんは、好き勝手に車道や歩道を走ることをして身勝手などと言ってるんではないということです。

ネット上の議論は「文言」が全てです。
「自転車に車道を走らせようとする法の意図、および「法を順守しようとする人」の志をくみ取ってください。ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、『「身勝手な』行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。適切に道路状況を判断し、時に車道を、時に歩道を利用する自転車のライダーの事であり、車道に出ている自転車を安全に、合法的にかわし、怒りに囚われることなく冷静な運転を継続し、不条理な不満を他人にぶつけない自動車のドライバーの事です。仮に目の前のライダーが『身勝手な』行動として車道に出ているのだとしても、それに対して攻撃的対応をとりトラブルをおこす事は「法を順守しようとする人」の志を蔑にすることに他なりません。」(byMINELさん| 2014/01/12 12:59)

『身勝手な』が2箇所あります。
両方とも、普通の「身勝手」で、「身勝手」に限定した「身勝手」ではないですよね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/06 17:49 | URL |

>バイク側から見て自動車がカーブミラーに写っているということは、自動車側から見てバイクも写っているということでしょう。

物理とか、理科でさえ持ち出すレベルにもない言及です。

バイクからボンネットだけが見えました。
クルマのボンネットからはバイクは見えるでしょう。
でも、クルマからはバイクが見えません。どうしてでしょう・・・。
バイクからクルマの運転席は見えてなかったのだから、当然なんですね。


クルマはでっかい図体をしているので、容易に視認できます。
対してバイクや自転車は小さな死角に潜むことが得意です。

こんなことも理解せずにカーブミラーを利用していたのですか?
危ない危ない。今まで事故に遭わずに済んできたのがラッキーでしたね。


>責任の所在は明確です。

行政は、責任の所在とは無関係に、交通事故削減へ向けての取り組みにあたるべきです。

カーブミラーを適切に利用できないことが事故の主たる要因であれば、まずは教育・広報・啓発活動によって適切な利用を促進すべきです。そのような活動の成果が期待できないようであれば、信号機の設置、車両接近警報システムの導入などなど、カーブミラーに拠らない施策が必要だということでしょう。


>真っ先に頭に浮かんで来ない・・・

そりゃあだって、そうじゃないですか。
信号機の無い交差点で、あまりにも事故が多発するようであれば、信号機を置けばいいと、私はこう言ったはずですがね。

信号機の無い交差点で、あまりにも事故が多発するようであれば、カーブミラーを置けばいいなんて言ったらわかりづらいことこの上ないじゃないですか。

カーブミラーの無い交差点で、あまりにも事故が多発するようであれば、カーブミラーを置けばいいというならわかりますよ。でもそうは言っても、出会い頭事故における交差点のカーブミラー設置率のデータを持っていなかったので、仕方がない話です。

文面上のわかりやすさを優先したまでであって、最初から信号機の設置がカーブミラーの設置に優先するなどというばかげた主張をしていた訳ではありません。誤解を呼んでしまったのなら失礼したとは思いますが。


>ネット上の議論は「文言」が全てです。

いや、だからさ、

MINELさんの最初の文章の「身勝手」はどちらも都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす者という意味です。それ以外の意味は何ひとつ持ちません。

「振りかざす」という強い表現が使われている以上、「自分を正当化し、他者に攻撃的に振舞う」という含意があると見るべきでしょう。

法律をすべて守る気はないけれども、他者をできるだけ思いやろうとする姿勢を持っている者は除外されます。それと同時に、他者に攻撃的に振舞うけれども、自らも、可能な限り法規通りに行動しようとするものも除外されます。

その上で、MINELさんは、そんな「身勝手な」奴にでさえ、世捨人さんなどが攻撃的な対応を取ることを否定しているのです。分かりましたか?

推測にすぎないことですが、他者から信号無視や無灯火が法律違反だと指摘されれば、「いや、だってさ、法律が実情に即してないのだから、そんな法律は守る必要がないんだよ」と言い、また、他者から「すいません、先を急いでいるので、少し横に避けてもらえませんか?」といわれたら「何言ってるんだい。道交法では自転車はここを走るべしと書いてあるんだ。私はまっすぐ走ってるから、横を通れないなら後ろからついてきなさい。」と言う、そんな奴のことをMINELさんは決して良くは思っていないでしょうね。

それでもなお、MINELさんは彼の車道走行を良しとしているんです。

私は、MINELさんが彼のことを決して良くは思わないのは当然だと思います。あなたが、「彼のことを悪く言う事はまかりならん」と主張するようであれば、徹底的に反対する所存です。

そうではないことを心から祈りますが。

| ず | 2014/02/06 22:51 | URL |

ずさん| 2014/02/06 22:51 |へ

>>バイク側から見て自動車がカーブミラーに写っているということは、自動車側から見てバイクも写っているということでしょう。
>物理とか、理科でさえ持ち出すレベルにもない言及です。バイクからボンネットだけが見えました。クルマのボンネットからはバイクは見えるでしょう。でも、クルマからはバイクが見えません。どうしてでしょう・・・。バイクからクルマの運転席は見えてなかったのだから、当然なんですね。 クルマはでっかい図体をしているので、容易に視認できます。 対してバイクや自転車は小さな死角に潜むことが得意です。こんなことも理解せずにカーブミラーを利用していたのですか? 危ない危ない。今まで事故に遭わずに済んできたのがラッキーでしたね。

素晴らしい。

アイコンタクトが出来ていなかったから、見えていなかったとは一本取られましたね。

しかし、交差点や道路の形状は様々ですので、カーブミラーに死角が出来ることは当然です。

カーブミラーも万能ではありません。所詮、安全確認の補助器具でしかありません。

安全確認する主体は、あくまでも、自転車乗りや自動車ドライバー・バイクライダー自身です。

タクシーのボンネットしか見えてないのに、カーブミラーと優先関係だけを頼りに、交差点に突っ込むバイク乗りは、接触事故を起こせばバイク乗り自身が被害者になることが分かり切っているのに、自分の身を自分で守れない無謀な身の程知らずです。

普通は、タクシーがボンネットの鼻先を突き出して来ることも予見して、道路中央寄りに回避しながらスピードを緩めて交差点に入るものでしょう。

優先関係を無視して、カーブミラーにバイクが写っていなかったからと、一時停止や徐行せずに、交差点に鼻先を突き出したタクシードライバイーは傲慢な横着ものです。

小生は、バイクに乗らないのでバイクのスピードがいかほどかは不明ですが、自転車程度のスピードであれば、カーブミラーの効果は絶大です。

多少の角度のズレなど関係ありません。

交差点に信号機がなくカーブミラーが設置されているような交通量の少ない道路では、そもそも、10~20キロ程度のスピードしか出さない(出せない)でしょう。

その上で交差点に入るのであれば、ペダルを止めて、スピードを緩めることでしょうから、カーブミラーを覗き込んで交差点の安全を確認することが出来ます。

自転車乗りにとってのカーブミラーには角度の調整や死角など全く問題ないことです。

まあ、自動車やバイクのためにカーブミラーの角度調整をし、ピカピカに磨き上げて頂く分には、有難い話ですが、それさえも税金の無駄です。

>>責任の所在は明確です。
>行政は、責任の所在とは無関係に、交通事故削減へ向けての取り組みにあたるべきです。カーブミラーを適切に利用できないことが事故の主たる要因であれば、まずは教育・広報・啓発活動によって適切な利用を促進すべきです。そのような活動の成果が期待できないようであれば、信号機の設置、車両接近警報システムの導入などなど、カーブミラーに拠らない施策が必要だということでしょう。

行政に求めることなど何もありません。

行政に責任転嫁することで、行政の利権を増やすことはありません。

自分の身は自分で守れば良いだけの事です。

件のタクシードライバーとバイクライダーは自業自得ということです。

>>真っ先に頭に浮かんで来ない・・・
>そりゃあだって、そうじゃないですか。信号機の無い交差点で、あまりにも事故が多発するようであれば、信号機を置けばいいと、私はこう言ったはずですがね。信号機の無い交差点で、あまりにも事故が多発するようであれば、カーブミラーを置けばいいなんて言ったらわかりづらいことこの上ないじゃないですか。カーブミラーの無い交差点で、あまりにも事故が多発するようであれば、カーブミラーを置けばいいというならわかりますよ。でもそうは言っても、出会い頭事故における交差点のカーブミラー設置率のデータを持っていなかったので、仕方がない話です。文面上のわかりやすさを優先したまでであって、最初から信号機の設置がカーブミラーの設置に優先するなどというばかげた主張をしていた訳ではありません。誤解を呼んでしまったのなら失礼したとは思いますが。

上述のとおり、本当に自転車に乗っていれば、カーブミラーの有難さは身に染みている筈です。

自転車の確信犯的信号無視の実態(安全確認後の信号待ち時間の無駄)を本当に理解しているのであれば、短絡的に取締強化の前提となる信号機の設置なんてことにはならない筈です。

第4者として割り込むのであれば、もう少し、真剣に自転車のことを考えてからにして頂きたい。

>>ネット上の議論は「文言」が全てです。
>いや、だからさ、MINELさんの最初の文章の「身勝手」はどちらも都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす者という意味です。それ以外の意味は何ひとつ持ちません。

仰るとおり、何ら問題ありません。

>「振りかざす」という強い表現が使われている以上、「自分を正当化し、他者に攻撃的に振舞う」という含意があると見るべきでしょう。法律をすべて守る気はないけれども、他者をできるだけ思いやろうとする姿勢を持っている者は除外されます。それと同時に、他者に攻撃的に振舞うけれども、自らも、可能な限り法規通りに行動しようとするものも除外されます。その上で、MINELさんは、そんな「身勝手な」奴にでさえ、世捨人さんなどが攻撃的な対応を取ることを否定しているのです。分かりましたか?

「・・・含意があると見るべきでしょう。」や「・・・は除外されます。」といったずさんの『身勝手』な解釈も全く不要です。

そして、「身勝手な」自転車乗りであっても、自転車は車道左端通行しなければならないものであり、世捨人さんなど相手にする必要はありません。

殊更に「法を順守しようとする人の志」などを持ち出してを蔑(ないがしろ)にすることだなどと、否定して頂く必要は全くありません。

>推測にすぎないことですが、他者から信号無視や無灯火が法律違反だと指摘されれば、「いや、だってさ、法律が実情に即してないのだから、そんな法律は守る必要がないんだよ」と言い、また、他者から「すいません、先を急いでいるので、少し横に避けてもらえませんか?」といわれたら「何言ってるんだい。道交法では自転車はここを走るべしと書いてあるんだ。私はまっすぐ走ってるから、横を通れないなら後ろからついてきなさい。」と言う、そんな奴のことをMINELさんは決して良くは思っていないでしょうね。それでもなお、MINELさんは彼の車道走行を良しとしているんです。私は、MINELさんが彼のことを決して良くは思わないのは当然だと思います。あなたが、「彼のことを悪く言う事はまかりならん」と主張するようであれば、徹底的に反対する所存です。そうではないことを心から祈りますが。

自転車に関する法律は実情に即していない、まさにその通りです。
自転車が車道左端を通行するということは、何ら遠慮することのない自転車乗りの最も大切な権利です。

「彼」が誰かは存じませんが、自転車仲間として「彼」のことを悪く言う必要は全くありません。

ずさんの文言に従えば、「まかりならん。」です。

自転車乗りの裾野を広げ、交通手段として位置付けを高めるためには、「彼」のような自転車乗りも仲間に入れて、認めていくことが必要です。

ずさんの第1当事者としての主体的かつ徹底的な反対とやらを楽しみに待っています。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/07 14:22 | URL |

>カーブミラーも万能ではありません。所詮、安全確認の補助器具でしかありません。

そうです。

利用者としては、その姿勢で間違いがありません。
ですが、行政側の姿勢としては問題ありでしょうね。

行政を動かしているのは交通事故という実態です。

交通事故の背景には、「自分の身を自分で守れない無謀な身の程知らず」や「傲慢な横着もの」が居るわけで、

>件のタクシードライバーとバイクライダーは自業自得ということです。

というような、あるいは「○○は(自分の身は自分で守る原則を守っていれば)できないはずだから、何ら問題がない」などと言って一歩も二歩も退いた姿勢を貫くことが、結果として行政の出る幕を作っているといえるでしょう。


>有難さは身に染みている筈です。

ええ。そうですね。

>世捨人さんなど相手にする必要はありません。

そういうことですか。
だったらなおさら、MINELさんは無駄を楽しんで(≒遊んで)おられたのだから、目くじら立てるところじゃなかったと思いますが。

| ず | 2014/02/07 17:34 | URL |

ずさん | 2014/02/07 17:34 |へ

>>カーブミラーも万能ではありません。所詮、安全確認の補助器具でしかありません。
>そうです。利用者としては、その姿勢で間違いがありません。ですが、行政側の姿勢としては問題ありでしょうね。行政を動かしているのは交通事故という実態です。交通事故の背景には、「自分の身を自分で守れない無謀な身の程知らず」や「傲慢な横着もの」が居るわけで、

万能でないカーブミラーの角度調整や鏡磨きに税金の無駄遣いをするくらいなら、カーブミラーのない交差点へひとつでも多く新設してもらう方が、自転車乗りにとっては有難い話です。

>>件のタクシードライバーとバイクライダーは自業自得ということです。
>というような、あるいは「○○は(自分の身は自分で守る原則を守っていれば)できないはずだから、何ら問題がない」などと言って一歩も二歩も退いた姿勢を貫くことが、結果として行政の出る幕を作っているといえるでしょう。

はて、全く根拠のない話ですね。
大丈夫ですか?

>>有難さは身に染みている筈です。
>ええ。そうですね。

なのに、カーブミラーが「真っ先に頭に浮かんで来ない・・・」なんて情けない話です。
真剣みが足りない証拠です。

>>世捨人さんなど相手にする必要はありません。
>そういうことですか。だったらなおさら、MINELさんは無駄を楽しんで(≒遊んで)おられたのだから、目くじら立てるところじゃなかったと思いますが。

無駄を楽しんで(≒遊んで)いたからこそ、「法を順守しようとする人」の「志」を蔑(ないがしろ)にするな!などと自転車乗りを差別する醜い「心根」が顔を出したということです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/07 18:04 | URL |

>ずさんの文言に従えば、「まかりならん。」です。

では始めましょう。まず、改めて具体例を提示することとします。

(自転車通行可の表示のある)歩道を走行しては、前を歩いている歩行者に対してチャリンチャリンとベルを鳴らして走っている自転車乗りが、車道に降りては、後ろから来たトラックが幅員不足で追い抜けない時に「すいません、通れないんで、避けてもらえませんか?」と言われた途端に「ふざけるな!道交法に従って走ってるんだから、追い抜けなければ追従せよ!」と言って怒ったとします。

この人は身勝手ですか?と問われれば、私はそうだと答えるでしょう。

彼は、道交法上の似たような条文を一方では破って、一方では盾に取って行動していることがその理由です。こういう自己矛盾や不整合な行動は信用を失する原因になり得るものです。人の謗りを受けても、それは彼の自業自得だと言えます。


もちろん、だからといって、歩道上で歩行者にベルを鳴らしていたような自転車が、車道に出て走ることが悪いと言っているのではありません。むしろ、彼は車道を走るべきでしょう。



確かに、車道左端通行中の自転車が、後続の自動車に対してそれ以上に道を譲らねばならないという法規はありません。待避するか、しないかの選択はまったくの自由です。

ですが、そんな場面は、日常の道路交通のなかではいくらでも類例があるのです。

・自動車で狭い道路を通行していたら、前方から別の自動車が来た。(どちらかがバックして避けなければいけない。)
・歩道を歩いていたら、後ろから急いで走っている歩行者が来た。

自分の権利ばかりを主張して、他者の心理を汲まず、気持ち良く譲ることができない人間というのは、法規うんぬんは別として、評価が下がっても当然であると思います。

| ず | 2014/02/07 18:05 | URL |

>はて、全く根拠のない話ですね。

交通事故が皆無であれば、交通規制の大義はありません。
「自分の身を自分で守れない無謀な身の程知らず」や「傲慢な横着もの」が皆無であれば、交通事故はほとんど起きないでしょう。

彼らを容認する姿勢は交通規制の強化につながっていきます。ということです。


>新設してもらう方が自転車乗りにとっては有難い話です。

私個人の経験から言えば、ミラーの設置がなくて、ミラーがあったらなあという交差点は具体例をあげられませんが、ミラーの角度がもう少しよければなあという交差点は何箇所か列挙できます。


>真剣みが足りない証拠です。

実際、真剣みは足りないでしょう。
というか、足りなくてもいいでしょう。


>「法を順守しようとする人」の「志」を蔑(ないがしろ)にするな!

ないがしろにするな、と言われたのは世捨人さんだけです。
(それは彼の以前の発言内容に準拠してのことです)

| ず | 2014/02/07 18:13 | URL |

ずさん| 2014/02/07 18:05 | | 2014/02/07 18:13 |へ

>>ずさんの文言に従えば、「まかりならん。」です。
>では始めましょう。まず、改めて具体例を提示することとします。(自転車通行可の表示のある)歩道を走行しては、前を歩いている歩行者に対してチャリンチャリンとベルを鳴らして走っている自転車乗りが、車道に降りては、後ろから来たトラックが幅員不足で追い抜けない時に「すいません、通れないんで、避けてもらえませんか?」と言われた途端に「ふざけるな!道交法に従って走ってるんだから、追い抜けなければ追従せよ!」と言って怒ったとします。この人は身勝手ですか?と問われれば、私はそうだと答えるでしょう。

ケースバイケースです。
歩行者へのチリン・チリンは、お互い様ですから、特段、問題ありません。
普通、トラック運転手がどんなに叫ぼうと自転車乗りには聞き取れないでしょう。
自転車はふらつかずに車道左端を通行していれば、何ら問題ありません。
トラック運転手の声は聞き取れませんので、怒り出すこともないでしょう。
あまりにも現実感のない具体例で情けなくなります。

>彼は、道交法上の似たような条文を一方では破って、一方では盾に取って行動していることがその理由です。こういう自己矛盾や不整合な行動は信用を失する原因になり得るものです。人の謗りを受けても、それは彼の自業自得だと言えます。

まず、自転車のチリン・チリンと車道左端通行・車間距離保持・安全な方法での追越しでは、条文が全く異なります。罰則の重さ等まで確認下さい。
そして、同じ道路交通法の条文でも、現実には全くレベル感が異なります。
自転車乗りが、自分の身を守るために、「安全」と「円滑」を両立させるために、都合の良いように法律を解釈し、行動し、実態を作り上げ、慣習(法)とし、法改正まで持ち込むということでは、褒め称えるべき素晴らしい行動であり、何ら問題ありません。

>もちろん、だからといって、歩道上で歩行者にベルを鳴らしていたような自転車が、車道に出て走ることが悪いと言っているのではありません。むしろ、彼は車道を走るべきでしょう。

多くの自転車が車道左端を通行するような世の中を作っていきましょう。

>確かに、車道左端通行中の自転車が、後続の自動車に対してそれ以上に道を譲らねばならないという法規はありません。待避するか、しないかの選択はまったくの自由です。ですが、そんな場面は、日常の道路交通のなかではいくらでも類例があるのです。

類例があろうがなかろうが関係ありません。
自転車は車道左端を通行するものです。

>・自動車で狭い道路を通行していたら、前方から別の自動車が来た。(どちらかがバックして避けなければいけない。)

離合できないのであれば、当然のことです。

>・歩道を歩いていたら、後ろから急いで走っている歩行者が来た。

走りながら歩くのは至難の業です。走っている人は歩行者とは矛盾ですね。
刑事ドラマにありそうですが、歩行者を突き飛ばしたら暴行罪、怪我をさせたら傷害罪です。

>自分の権利ばかりを主張して、他者の心理を汲まず、気持ち良く譲ることができない人間というのは、法規うんぬんは別として、評価が下がっても当然であると思います。

あれあれ、いくらでもある類例がたった2つの陳腐なもので終わりですか。
他者とは世捨人さんですか、MINELさんですか、ずさんですか?いずれにしろ汲みとる必要は全くありません。
道路交通法や自転車乗りの「尊厳」についての議論の中で、気持ち良く譲ることなど出来る訳ありません。
評価がどうのこうのと、法規うんぬんを別にせざるを得ない負け犬の遠吠えに過ぎません。

>>はて、全く根拠のない話ですね。
>交通事故が皆無であれば、交通規制の大義はありません。「自分の身を自分で守れない無謀な身の程知らず」や「傲慢な横着もの」が皆無であれば、交通事故はほとんど起きないでしょう。彼らを容認する姿勢は交通規制の強化につながっていきます。ということです。

いやいや、自転車で居眠り転倒や歩道での徐行義務違反での接触事故などの下らない統計数値を積み上げる自転車乗りを容認することが問題です。
カーブミラー云々で自動車とバイクが衝突しようがしまいが、自転車乗りには全く関係ありません。

>>新設してもらう方が自転車乗りにとっては有難い話です。
>私個人の経験から言えば、ミラーの設置がなくて、ミラーがあったらなあという交差点は具体例をあげられませんが、ミラーの角度がもう少しよければなあという交差点は何箇所か列挙できます。

角度調整は、警察や市役所に申し出て、直してもらえば済むことです。
具体的に動きましょう。
問題は、信号機の新設とカーブミラーの新設の比較でしたよね。

>>真剣みが足りない証拠です。
>実際、真剣みは足りないでしょう。というか、足りなくてもいいでしょう。

別に構いませんが、負け犬の言い訳にもなりません。

>>「法を順守しようとする人」の「志」を蔑(ないがしろ)にするな!
>ないがしろにするな、と言われたのは世捨人さんだけです。(それは彼の以前の発言内容に準拠してのことです)

区別と差別(偏見=謂れのない評価)について、全く理解が進んでないようですね。
車道左端通行する自転車乗りに法を順守しようとする志など全く不要です。
車道左端通行するだけで十分です。

車道左端通行する自転車乗りには、法を順守しようとするか、しないかで、上下はありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/07 19:52 | URL |

自転車が車道でベルを鳴らして歩行者を避けさせることは、まあ、法律にはひっかからないと思いますよ。ベルを聞いた歩行者が自主的に道を譲っているだけですので、歩行者はその時点で通行の意思が無い以上は、歩行者の通行を妨げてはいないでしょう。

もちろん、後方から接近しているトラックの方も、後方からゆっくりと接近し、声を掛けて待避を求めているだけですので、道交法に抵触するものではないでしょう。

別に私は法律違反を問うている訳ではないのです。

他者を(半ば強制的に)待避させて、自らが通行しようとする。という意味において、この両者は相同の行為です。自らの立ち位置によって、態度をコロコロと変えることは、社会的には評価されない行動ですよ、と指摘しているに過ぎません。

法律違反だからやめるべきだ!
許されることではない!

なんて大仰なことを言うつもりは毛頭ありません。ただ、「お前は言ってることがコロコロ変わってるじゃないか」というような批判を受ける可能性があることは受け入れないといけない、ということを言っているのです。身から出た錆ですよ、という訳です。


さっきの例が分かりづらかったら、もっと噛み砕いた例を提示しましょう。


Aさんは自転車に乗って、歩道を走っていました。
前方にゆっくり歩いているおばあさんがいますが、歩道は狭くて追い抜けません。
追い抜こうと思ったAさんはチャリンチャリンとベルを鳴らしました。
それでも、おばあさんは避けようともせずゆっくりと歩き続け、
一度自転車から降りざるを得なかったAさんは、その後、走り去りながら
「耳が聞こえないのかこの糞ばばあ!」と叫びました。

これに懲りたAさんは、車道の左端をのんびりとしたスピードで走っていました。
ちょうど道幅が狭くなってきたところで後方から大型トラックが近づいてきます。
気にせずにゆっくりと走っていたAさんですが、大型トラックはしばらくして痺れを切らして、ライトをパッシングさせて道を譲ってほしいという意思を伝えてきました。
Aさんは、これにも腹を立てて、
「法律通りに道を通ってるんじゃ、糞野郎!」と叫びました。


こういう行動はやめなければならない、とは私は思いません。
ですが、批判は覚悟してください。それだけです。


>離合できないのであれば、当然のことです。
>走りながら歩くのは至難の業です。走っている人は歩行者とは矛盾ですね。

ふぅ。。。

理解が悪いようなので詳しく説明しますね。

・自動車で狭い道路を通行していたら、前方から別の自動車が来た。

どちらかがバックしてもう一方に道を譲る必要があります。
もちろん、もう一方は避けてくれた車の側方を通り抜けて進行することができます。特殊な条件がなければ、どちらの自動車が道を譲るかが決まっている訳ではないので、その場その場での判断となります。

頑として道を譲らなければ、相手側が道を譲ってくれるのでしょう。譲り合いの世界なので、道を譲ることがあれば譲られることもあるのが普通だとは思いますが、毎回必ず相手に道を譲らせるような走り方は自分勝手なのではないでしょうか?


・歩道を歩いていたら、後ろから急いで走っている歩行者が来た。

ヒトが歩いていようと、走っていようと、止まっていようと法律上は「歩行者」です。「歩行者通行止め」の道路標識を見て、急に走り出したら、とんちとしては面白いのかもしれませんが、違反は違反です。別に、後ろから来た人を追い抜かさせる義務はありませんが、避けてあげれば喜ばれるでしょう。

他の例ですか?
・重い荷物を抱えてゆっくり歩いていたら、後ろから自転車が来た。
・高速道路の料金所を出たところで隣のレーンの車と横並びになった。
・(学校などで)隊列を組んで歩いていたら、道を渡りたい歩行者が来た。

まあ、考えれば考えるだけ思いつきます。

道路交通は道交法だけではなく、道路利用者の「譲り合い」によって成り立っている側面が多々あります。
道を譲ることがあれば、譲られるこもあって、そうやって均衡が取れているのだと思います。
他者が自分に道を譲ることを要求する一方で、他者から道を譲ることを求められたら拒絶するような態度は一方的であって、社会的な評価は低いでしょう。

そんな社会の評価に対して、

「お前らの評価が間違ってるんだ!道路交通法を見て見やがれ!」

などと叫んでも、それこそ負け犬の遠吠えって奴です。
実際の法律がどうなっていようと、評価が低いことは確定している訳ですから。


>他者とは世捨人さんですか、MINELさんですか、ずさんですか?

他者とは・・・後ろから来てベルを鳴らした自転車であったり、パッシングしたトラックであったり、足音を響かせて走ってきた歩行者であったりするでしょう。別に世捨人やMINELさんや私の考えなんて知らないで結構です。


>自転車で居眠り転倒

これは自分の心身の状態を把握できなかった「無謀な身の程知らず」でしょう。

>歩道での徐行義務違反での接触事故

これは「傲慢な横着もの」でしょう。

私は少なくともそういうつもりで述べていますが。


>>>真剣みが足りない証拠です。
>>実際、真剣みは足りないでしょう。というか、足りなくてもいいでしょう。>別に構いませんが、負け犬の言い訳にもなりません。

いや、「真剣みが足りない」と述べることは批判になっていないでしょう。
もともと真剣みなど求められてもいないですから。

そもそも、さまざまな方法を比較検討したうえで、信号機の新設がもっとも優れた方法だなどとはひとことも述べていません。

特殊な(わかりやすい)例を具体例としてひっぱっていけないということはないでしょう。


>車道左端通行する自転車乗りに法を順守しようとする志など全く不要です。
押し問答になっていますが、そんな志なんてだれも求めていません。
他人の売り言葉と買い言葉のだけをあげつらって攻撃することにどんな意味があるっていうんですか。

まったく常軌を逸しています。

| ず | 2014/02/07 22:03 | URL |

誤植です。すみません。

誤)別に世捨人やMINELさんや私の考えなんて知らないで結構です。

正)別に世捨人さんやMINELさんや私の考えなんて知らないで結構です。


誤)押し問答になっていますが、そんな志なんてだれも求めていません。
他人の売り言葉と買い言葉のだけをあげつらって攻撃することにどんな意味があるっていうんですか。

正)押し問答になっていますが、そんな志なんてだれも求めていません。
他人の売り言葉と買い言葉の買い言葉だけをあげつらって攻撃することにどんな意味があるっていうんですか。

まったく常軌を逸しています。

| ず | 2014/02/07 22:13 | URL |

ずさんへ

休日ですので、極々簡単に。

糞ばばぁ、糞野郎などと汚い誤魔化そうとしても無駄です。

具体的に考えて下さい。

お婆さん一人で自転車が横をすり抜けられないような巾の狭い歩道は、そもそも、自転車通行可とはなりません。

車道左端を通行する自転車は、そもそも、後続車両に十分に道を譲っています。

歩道上で歩行者にチリンチリンした自転車乗りが車道上で後続車両に道を譲らない(譲れない)としても社会的評価は何ら問題ありません。

逆に、チリンチリンは歩行者に対して事前に自転車の存在を知らせていることから、車道左端通行自転車は自転車本来の性能を引き出す「安全」かつ「円滑」な走りをしていることから、社会的な評価としても絶賛に値するものです。

加えて、道路状況に応じてコロコロと態度を変えることは、自転車乗りの自立性(責任感)を示す素晴らしいことです。

ずさんが「無謀な身の程知らず」で、東南さんが「傲慢な横着もの」ということですので、お二方とも、自転車の評判を落とすような下らない統計数値を積み上げないように、くれぐれも安全運転をお願いします。

「信号機の新設」が特殊だけれども分かりやすい例となるということは、ずさんの議論が机上の空論でしかないという証拠です。

自転車乗りであれば、誰もが気づく「カーブミラー」という普遍的な具体例の方が実感を伴っていて、普通はより分かりやすい例となります。

本当に自転車に乗ってますか?

本当に自転車の利用拡大、交通手段としての位置づけの向上、より走りやすい道路環境獲得について、本当に真剣に考えてますか?

しっかりして下さい。

「買い言葉」の中に、自転車乗りを区別して偏見の目で見ているMINELさんの「心根」が現れていましたので、同じ自転車乗り仲間として、指摘したまでです。

指摘した意味があったからこそ、常軌を逸する汚い言葉で小生を論って攻撃していたMINELさんは、姿を消してしまいました。

余程、恥ずかしかったのでしょう。

謝罪の言葉も示すことの出来ない情けない方でした。

第4者のずさんは、MINELさんの肩を持つことで、かえって、MINELさんを追い込むことになってしまったにも関わらず、こうしてのうのうと机上の空論で暇つぶしを楽しむことが出来るのですから、幸せですね。

「他者を(半ば強制的に)退避させて、自らが通行しようとする。」という意味において、身から出た錆ですよ、という訳です。

これ以上、噛み砕いた例は不要でしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/08 12:08 | URL |

よく読んでください。

別にベルを鳴らす行為を問題視している訳ではありません。
道を譲らないことを問題視している訳でもありません。

| ず | 2014/02/08 15:49 | URL |

ずさんへ

素晴らしい。

自転車は、車道も歩道も、歩行者がいようと後続車両が迫って来ようと、自転車乗りのペースで自由自在に好き勝手に通行しても何ら問題視しないということで、同意頂けました。

完勝というとですね。

良かった。よかった。

お終い。

| 自転車は歩道 | 2014/02/08 17:21 | URL |

ずさん、ほか皆様へ

ずさんに同意頂けた喜びのあまり、ハンドルネームを入れ洩れてしまいました。

まあ、いずれにせよ、小生への賛同者が一人増えたということで、良かった。良かった。

引き続き、このコメント欄を活用して地道な布教活動に勤しむ事としましょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/08 17:25 | URL |

てすと

| 自転車は歩道 | 2014/02/08 17:43 | URL |

>小生への賛同者が一人増えたということで、良かった。良かった。

結局、同じ穴の貉ということでしょう。

| 自転車は歩道 | 2014/02/08 22:18 | URL | ≫ EDIT

他者に道を譲る事を求め
自らは法規を盾に取って道を譲ろうとしない
一貫性のない姿勢を批判しています

| ず | 2014/02/09 04:44 | URL |

>一貫性のない姿勢を批判しています

「自分に都合の悪いルールは守らない」ということを、意味不明な表現を交えて、何年も書き続けている人です。

社会性が欠落した相手に、まともなコメントを求めるのは時間の無駄でしょう。

| 自転車は歩道 | 2014/02/09 13:19 | URL | ≫ EDIT

自転車は歩道さんへ

第三者が見て、ずさんが小生と同じ穴の狢だということは、客観的に見て、小生の完勝で、ずさんが「自転車は、車道も歩道も、歩行者がいようと後続車両が迫って来ようと、自転車乗りのペースで自由自在に好き勝手に通行しても何ら問題とならない」という小生の意見に同意いただいたということですね。

改めて、第三者にも認められたということで、良かった。良かった。

| 自転車は歩道 | 2014/02/09 17:26 | URL |

ずさん、自転車は歩道さん、ほか皆様へ、

第三者に認められたという喜びのあまり、またまた、ハンドルネームを入れ洩れてしまいました。

まあ、コメント内容から分かりますよね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/09 17:29 | URL |

ずさんへ、

歩道上での歩行者への自転車のチリンチリンと自転車の車道左端通行では、全く状況が異なります。

状況に応じて、それぞれ「安全」かつ「円滑」に通行していますので、何ら問題ありません。

ちなみに、歩道上での歩行者へのチリンチリンで、歩道の真ん中を歩いていたおばあさんが右か左かどちらかを空けてもらえなければ、自転車を自転車を降りて自転車乗り自身が歩行者となって、自転車を押してすれ違うなり追い越すなりすることとなります。

自転車乗りが自転車を降りると、お婆さん、自転車乗り、自転車と3人分ほどのスペースが必要となります。

もともと3人分のスペースがあるのであれば、真ん中を歩くお婆さん譲ってもらう必要はありません。自転車はお婆さんの右側でも左側でもすり抜けて行けば良いだけです。
この場合のチリンチリンは、自転車が徐行して通りますよという合図であって、「他者に道を譲る事を求め」るものではありません。

2人分のスペースしかない場合には、自転車はチリンチリンと鳴らしておばあさんに右側か左側かどちらかに寄って貰って、自転車はその脇を自転車に乗ったまますり抜けて行くことになります。

物理的におばあちゃんと離合することが出来ない訳ですから、仕方ありません。
自転車もおばあちゃんとは反対側に寄って通行する訳ですから、歩道を利用する者同士、お互い様です。

まあ、2人分のスペースしかないような狭い歩道は、歩行者同士のすれ違いも難しい位でしょうから、「自転車通行可」とはなっていないことでしょう。

幼児や高齢者等が「自転車通行可」となっていない歩道を自転車で通行する場合には、その場で止まれるようなスピードしか出さない(出せない)ことでしょうから、お互い様ということで何ら問題ありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/09 17:49 | URL |

自転車は歩道さんへ

「自分に都合の悪いルールは守らない」というのではなくて、自転車のルールは、自動車のルールを焼き直したものが多く、実態に合っていないということです。

ルールを変えるためには、実態に合わないルールを守らなくても「安全」かつ「円滑」であることを示す必要があります。

特急自転車乗りの皆様には、居眠り転倒や歩道上の徐行義務違反やサイコンやミラーの見過ぎで下らない統計数値を積み上げて自転車の評判を落とすことがないように、くれぐれも、安全運転をお願いします。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/09 17:55 | URL |

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/24 16:43 | URL |

>小生は、車道左「端」通行といっています。
>車道左「側」通行などとは一言も言っていません。

では改めてお尋ねします 「なぜ車道左端通行を守らねばならないのですか? 」
あるいは「車道左端通行を守っていれば十分」と仰る根拠は何ですか?


>まあ、自転車乗り一人一人が決めることです。守りたくなければ、守らなくても何ら問題ありません。

他人が貴方の仰ることを守るか守らないかは本議題の本質ではありません。
貴方がなぜ「車道左端通行を守っていれば十分」と仰るのかをお尋ねしております。


>小生は、書いているとおりです。

「信号も歩道も自転車乗りを守ってはくれない。自分の身は自分で守らねばならない」から、
「信号を守れば十分だ」とは言えないという事で宜しいですね?


>「アレヤコレヤ」と引っ掛け問題を作ろうとしても無駄です。

私へのご指摘が正当であるかどうかについての議論は別の投稿にて行っております。
態々分けて投稿している真意を汲んで下さい。


| MINEL | 2014/02/10 13:27 | URL |

The情けない存在、マッチポンパー・ドM・スカトロちゃん、ちゃん。さん
| 2014/01/24 16:43 | URL |

>文脈は読めますか?
「普通の日本語」として、ここでのご主張と矛盾する文章を引用したまでです。

ともあれ文脈を読まなければ、このようにご指摘を受けるという事で、
貴方の当初のご指摘に対して、「文脈・定義を汲んでほしい(指摘が不適切)」と
「ご指摘」を行っている私の行為は貴方の認識において正当であったという事ですね。

勝手に小生の真意を汲み取ることも出来ずに表面的に字面を受け止めただけのものです。
真意を汲み取れず正常な議論が出来ない頭の悪い方々の泣き言としか言いようがありません。
本当はこういう趣旨だったと泣き叫ぼうが小生には全く関係のない事です。

過剰で不適切なこれらのご批判について謝罪を要求いたします。



>世捨人さんに「志を汲んでくれ」とお願いしていたのですね。

世捨人さんの理想と行動が乖離する可能性を指摘し、行為の改善をお願いしています。
ここは世捨人さんのブログですので、依頼の対象が世捨人さんである事は
極めて直接的かつ現実的であり、何ら問題はないと考えます。


>今回の記事の世捨人さんの批判対象は、「身勝手な人間」ではなく、
>真っ当に車道左端を通行している特急自転車乗りですよ。

世捨人さんは真っ当に車道左端を通行している特急自転車乗りをも
含めて「身勝手な人間」と見做して批判しています。

私は「身勝手な行動の延長として」と敢えて明文化する事で
私の考える「身勝手な人間」に再定義し、同時に「真っ当な車道左端通行者」を
「身勝手な人間」からコッソリと除外した(させた)のです。

この内容が理解できないなら、
今後交渉事には参加されない事をお勧めいたします。


>~発言以来の世捨人さん賛辞ですね。
>世捨人さんは、さぞ喜んでいることでしょう。
>まあ、広く開かれたネット上のブログですので、
>特急自転車乗りの方の中にも世捨人さんシンパの方がいらっしゃっても不思議はありませんね。

これらの発言は本議題解決に組しますか?
先ずは人格攻撃と反論の違いを認識する事をお勧めいたします。


>小生の指摘を受け入れるかどうかもMINELさんが決めることです。

「貴方の指摘を受け入れれば、即ち私の主張趣旨と相反する結果を生むことが明白ですから、
受け入れる事は出来ません」と既述しております。

拒否している者に対して、いつまでも「ちょっと違うでしょう」と
延々と冗長的感嘆詞や侮蔑的発言を伴う「指摘」を書き連ねているのが今の貴方の行為です。

発言内容の論理的整合性を無視するにしても、
この様な行為を続ければ貴方に賛同する者は減る一方であり、
貴方自身もただただ疲弊するばかりだと思われますので、
改善されることをお勧めいたします。


>小生のご主張を尊重するということであれば、
>マッチポンプからはじまり汚物・スカトロに至るまでの、
>これまでの罵詈雑言について、謝罪並びに削除・訂正して下さい。

マッチポンプ(批判行為を行っていない者への「批判だ」との批判)
ドM(殴られるのを楽しみにしているとのご発言)
情けない存在(ご自身で認められております)
汚物(「私の主張の正当性などどーでもいい」とのご発言)
スカトロ(“「汚物」”ではなく文字通り汚物と認識している者に対し、頑張れとのご発言)

貴方が「罵詈雑言」と仰るのはこれらの言葉で宜しいですか?
これらの言葉の使用に際して、都度事前にその根拠は明記しておりますとともにその内容は
端的な表現に変換こそしていますが、貴方の仰った事柄・行為を再記述・明文化したに過ぎません。
終始一貫しておりますので、ここまでの文章をよくお読みください。

また、仮にこれらが(貴方が私に対して「理解力に問題がある」などと仰るように)
私の勝手な妄想に基づく人格攻撃だとしても、ご主張内容「法を順守する人とは~」の尊重とは
何ら関わりがありません。

むしろ尊重しているからこそ、別投稿で議論を開始しております。

不快であるならその旨明確にお示し頂ければ、使用を控える事もやぶさかではございませんが、
「主張の尊重如何」を論拠に、いわば貴方の身から出た錆びを「罵詈雑言」と評し
私に対して「訂正しろ」とはミスリードも甚だしく
むしろこちらが貴方に謝罪を要求するところです。


>といった当たり前の生活です

それらを「当たり前」と認識できることが既に幸運の賜物でしょう。


>引っ掛け問題は全員正解でも構いませんね。と引っ掛け問題の出題者に確認しているだけですよ。

私は引っ掛け問題など出しておりません。
貴方が勝手に転んだものを、私の所為にされても困ります。


>小生の主張は上述のとおり極々真っ当です。

「私(マッチポンパー)の発言内容に正当性はありませんし、
正当性を検証する必要すらないどーでもいい内容です」との論理的帰結が棄却されておりません。

現状、貴方の本ご発言は、腕の悪い詐欺師が「私は詐欺師ではありません」と言うのと同程度に
ライアースケール値の高い(信頼度の低い)ものとなっております。

貴方が仰る「文言が全て」を尊重しましょう。
であるから、論理的な正しさなくして議論は成り立ちません。
当初の「ちょっと違うでしょう」とのご指摘が間違いであったと認めるか、
ここまでで導かれた小結論一つ一つを全て反証しなければ、
貴方の自転車乗りに関する発言内容は全て余すところなく正当性がありません。
なぜなら「文言が全て」だからです。


>本当に日本語、大丈夫ですか?「アレヤコレヤ」の中身が違います。
>MINELさんの「アレヤコレヤ」は、~
>小生の「アレヤコレヤ」は、「それは違うでしょう、車道左端通行するだけでも十分です」
>と申し上げています。

| MINEL | 2014/01/16 22:48 | URL |において引用しました通り、
貴方自身は“普通の日本語として「アレヤコレヤ」を使った”と明言されております。
これを否定しなければ、今お書きになった内容に矛盾が起きます。
一方、否定すれば、私が使った言葉「アレヤコレヤ」の「中身」について、
私の意図した内容を尊重しなければいけません。
(でなければ、| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/16 21:46 | URL |で否定した問題が再浮上します)

この場合、「私(MINEL)は『アレヤコレヤ』言ってはいない」という事になりますので、
したがって貴方の当初のご指摘は不適切です。



>きっと、当らずとも遠からずといったところでしょう。

「きっと~だろう」程度の認識で主張内容を否定されたらたまったものではありません。
謝罪してください。


>>「ちゃん、ちゃん」が貴方にとって全てだったのですね。
>面白過ぎます。

「ちゃん、ちゃん。こそが全て」なのは深刻な精神状態ではありませんか?
取りあえずPCの電源を切り外の新鮮な空気を吸いましょう。


>「バカって言う奴がバ~カ」という子供の喧嘩の泣きべそですね。

「バカと言う奴」が馬鹿なのかどうかは個々に検証すべき事案で
一般的に断定はできないでしょうね。

ところで「バカって言う奴がバ~カ」と相手を非難する文脈で発言した者は、
「バカ」と自分で言ってしまったのですから、自らの認識において馬鹿なのでしょう。
(馬鹿にされた人・した人を、慰める・窘める文脈でこの発言をしたなら、
発言趣旨と乖離を生まずに自身を例外扱い出来ますから、「バカの呪縛」から逃れられます。)

今、貴方は「バカって言う奴がバ~カ」を非難の文脈で用いていますから、
「『バカって言う奴がバ~カ』という子供」を言い換えれば「馬鹿な子供」となり、
結局のところ貴方は私に向かって「バカ」と言っているのです。

ここで「バカという奴は馬鹿」が正しくないのであれば、
「『バカって言う奴がバ~カ』という子供」という文は
「馬鹿かどうか分からない子供」つまりただの「子供」と同義となり
「『バカって~(略)』という」までが全く不必要な表現となってしまいます。
この場合「子供の喧嘩の泣きべそですね」で十分だったわけですね。

貴方のお書きになった内容を尊重する限り「“バカという奴は馬鹿”は正しい」という
前提条件が付加され、つまり貴方は貴方の認識において馬鹿であるとの結論が導かれます。
以上、貴方はご自身の事を「バカな子供」と認識しているという事で宜しいですね?

さて、この事と貴方に「汚物」をまき散らすのを止めてもらいたいと懇願する事に
何ら関係はありません。


>引っ掛けられた(躓いた)こともあったかも知れません。

貴方の発言内容に貴方自身が反論したのです。
本件はごく単純に考えて、「当初の発言内容に貴方自身が問題を感じたからこそ
反論してしまった」と推察できますが、
いずれにせよ、勝手に転んだものを他人の所為にしないでください。


>そういうカラクリでしたか。

「論理的帰結」を「カラクリ」に言い換えただけで有耶無耶にしようと試みているのですか?
どうあろうと現時点で貴方の発言内容に整合性が皆無な事実に何ら変わりありません。


>日本語、大丈夫ですか?

「そういうカラクリだったか」と納得した次の節で
早速理解できない体を示すのはあまりに稚拙でしょう。
もうそろそろ自らの間違いを認めてはいかがですか?


>再度、当初の指摘を引用してみましょうか?

何度も「汚物」をまき散らされる方の身にもなって下さい。


>ちゃん、ちゃん。

PCの電源を切り新鮮な外気を吸いましょう。


>固有名詞で、MINELさんご自身の理解力に問題があるということです。

「~とすれば、きっと~だろう」仮定上の極めて根拠の希薄な推論を基に
相手の理解力に問題があると人格攻撃する事を貴方は是とするのですね?


>泣きべそ小僧に勧められても困りものです。

妄想力を鍛える前に、語彙力、論理的思考力をお鍛え頂く事は、
コメント閲覧者だけでなく現実世界における貴方の周囲の人間の助けになるでしょう。
半径100mの平和のために強くお勧めいたします。


>真摯なる謝罪を要求する。

「汚物」をまき散らすのはやめてください。
さすれば非難は止むでしょう。

| MINEL | 2014/02/10 13:37 | URL |

MINELさん| 2014/02/10 13:27 |、| 2014/02/10 13:37 |へ

お久しぶりです。
心配しておりました。

>>小生は、車道左「端」通行といっています。 車道左「側」通行などとは一言も言っていません。
>では改めてお尋ねします 「なぜ車道左端通行を守らねばならないのですか? 」
あるいは「車道左端通行を守っていれば十分」と仰る根拠は何ですか?
>>まあ、自転車乗り一人一人が決めることです。守りたくなければ、守らなくても何ら問題ありません。
>他人が貴方の仰ることを守るか守らないかは本議題の本質ではありません。貴方がなぜ「車道左端通行を守っていれば十分」と仰るのかをお尋ねしております。

やはり、回答は変わりません。
車道左端通行には、罰則も無い「訓示規定」に過ぎませんので、守りたくなければ、守らなくても何ら問題ありません。

車道左端通行している自転車に「法を順守しようとする人」の「志」など全く不要でしょう。
車道左端通行というルールを守っているだけで十分です。

>>小生は、書いているとおりです。
>「信号も歩道も自転車乗りを守ってはくれない。自分の身は自分で守らねばならない」から、「信号を守れば十分だ」とは言えないという事で宜しいですね?

回答は変わりません。
別段、構いませんよ。

>>「アレヤコレヤ」と引っ掛け問題を作ろうとしても無駄です。
>私へのご指摘が正当であるかどうかについての議論は別の投稿にて行っております。態々分けて投稿している真意を汲んで下さい。

意味不明です。
MINELさんの真意を汲み取る程、興味も関心もありません。
まあ、頑張って下さい。

>>文脈は読めますか?
>「普通の日本語」として、ここでのご主張と矛盾する文章を引用したまでです。ともあれ文脈を読まなければ、このようにご指摘を受けるという事で、貴方の当初のご指摘に対して、「文脈・定義を汲んでほしい(指摘が不適切)」と「ご指摘」を行っている私の行為は貴方の認識において正当であったという事ですね。勝手に小生の真意を汲み取ることも出来ずに表面的に字面を受け止めただけのものです。真意を汲み取れず正常な議論が出来ない頭の悪い方々の泣き言としか言いようがありません。本当はこういう趣旨だったと泣き叫ぼうが小生には全く関係のない事です。過剰で不適切なこれらのご批判について謝罪を要求いたします。

議論に負けたからといって、謝罪を要求されても困ります。
しっかりして下さい。

>>世捨人さんに「志を汲んでくれ」とお願いしていたのですね。
>世捨人さんの理想と行動が乖離する可能性を指摘し、行為の改善をお願いしています。ここは世捨人さんのブログですので、依頼の対象が世捨人さんである事は極めて直接的かつ現実的であり、何ら問題はないと考えます。

MINELさんは、自転車仲間を「法を順守しようとする人」とそうでない人に区別し、「法を順守しようとする人」の「志」を汲んでくれと世捨人さんに頭を下げてお願いしていたものです。
「法を順守しようとする人」でなくても、「志」のない人でも、自転車は車道左端通行するものであり、車道左端通行する自転車乗りが我儘自動車ドライバーにお願いすることなど何にもありません。

>>今回の記事の世捨人さんの批判対象は、「身勝手な人間」ではなく、真っ当に車道左端を通行している特急自転車乗りですよ。
>世捨人さんは真っ当に車道左端を通行している特急自転車乗りをも含めて「身勝手な人間」と見做して批判しています。私は「身勝手な行動の延長として」と敢えて明文化する事で 私の考える「身勝手な人間」に再定義し、同時に「真っ当な車道左端通行者」を「身勝手な人間」からコッソリと除外した(させた)のです。この内容が理解できないなら、今後交渉事には参加されない事をお勧めいたします。

自転車が車道左端を通行することに、「コッソリと除外した(させた)」などという交渉事など全く不要です。
自転車乗りは、ただただ、真っ直ぐ前を向いて車道左端を通行すれば良いだけです。
「身勝手な人間」であろうと自転車は車道左端通行するものであり、「真っ当な車道左端通行者」も「身勝手な人間」も車道左端通行することにおいて、何ら変わりはありません。

>>~発言以来の世捨人さん賛辞ですね。世捨人さんは、さぞ喜んでいることでしょう。まあ、広く開かれたネット上のブログですので、特急自転車乗りの方の中にも世捨人さんシンパの方がいらっしゃっても不思議はありませんね。
>これらの発言は本議題解決に組しますか?先ずは人格攻撃と反論の違いを認識する事をお勧めいたします。

「組する」とは良く分からない日本語ですね。
大丈夫ですか?
小生は、事実を述べているだけです。

>>小生の指摘を受け入れるかどうかもMINELさんが決めることです。
>「貴方の指摘を受け入れれば、即ち私の主張趣旨と相反する結果を生むことが明白ですから、受け入れる事は出来ません」と既述しております。拒否している者に対して、いつまでも「ちょっと違うでしょう」と延々と冗長的感嘆詞や侮蔑的発言を伴う「指摘」を書き連ねているのが今の貴方の行為です。発言内容の論理的整合性を無視するにしても、この様な行為を続ければ貴方に賛同する者は減る一方であり、貴方自身もただただ疲弊するばかりだと思われますので、改善されることをお勧めいたします。

負け犬に勧められても困りものです。

>>小生のご主張を尊重するということであれば、マッチポンプからはじまり汚物・スカトロに至るまでの、これまでの罵詈雑言について、謝罪並びに削除・訂正して下さい。
>マッチポンプ(批判行為を行っていない者への「批判だ」との批判)ドM(殴られるのを楽しみにしているとのご発言)情けない存在(ご自身で認められております)汚物(「私の主張の正当性などどーでもいい」とのご発言)スカトロ(“「汚物」”ではなく文字通り汚物と認識している者に対し、頑張れとのご発言)貴方が「罵詈雑言」と仰るのはこれらの言葉で宜しいですか?これらの言葉の使用に際して、都度事前にその根拠は明記しておりますとともにその内容は端的な表現に変換こそしていますが、貴方の仰った事柄・行為を再記述・明文化したに過ぎません。終始一貫しておりますので、ここまでの文章をよくお読みください。また、仮にこれらが(貴方が私に対して「理解力に問題がある」などと仰るように)私の勝手な妄想に基づく人格攻撃だとしても、ご主張内容「法を順守する人とは~」の尊重とは何ら関わりがありません。むしろ尊重しているからこそ、別投稿で議論を開始しております。不快であるならその旨明確にお示し頂ければ、使用を控える事もやぶさかではございませんが、「主張の尊重如何」を論拠に、いわば貴方の身から出た錆びを「罵詈雑言」と評し私に対して「訂正しろ」とはミスリードも甚だしくむしろこちらが貴方に謝罪を要求するところです。

MINELさんの品性の問題です。
自ら発した言葉に言い訳をされても困りものです。

>>といった当たり前の生活です
>それらを「当たり前」と認識できることが既に幸運の賜物でしょう。

有難いことです。
まあ、MINELさんも頑張って下さい。

>>引っ掛け問題は全員正解でも構いませんね。と引っ掛け問題の出題者に確認しているだけですよ。
>私は引っ掛け問題など出しておりません。貴方が勝手に転んだものを、私の所為にされても困ります。

小生が勝手に転んだものでも、別段、構いません。
何ら問題としません。

>>小生の主張は上述のとおり極々真っ当です。
>「私(マッチポンパー)の発言内容に正当性はありませんし、正当性を検証する必要すらないどーでもいい内容です」との論理的帰結が棄却されておりません。現状、貴方の本ご発言は、腕の悪い詐欺師が「私は詐欺師ではありません」と言うのと同程度にライアースケール値の高い(信頼度の低い)ものとなっております。貴方が仰る「文言が全て」を尊重しましょう。であるから、論理的な正しさなくして議論は成り立ちません。当初の「ちょっと違うでしょう」とのご指摘が間違いであったと認めるか、ここまでで導かれた小結論一つ一つを全て反証しなければ、貴方の自転車乗りに関する発言内容は全て余すところなく正当性がありません。なぜなら「文言が全て」だからです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・MINELさん| 2014/01/12 12:59 |へ

>ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。

現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。

守るべき現行法としては、自転車乗りは車道左端通行を実践するだけで十分です。
傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火などふらふらとその場で止まれるスピードしか出さない(出せない)ママチャリについて、アレヤコレヤいうのもお門違いですね。

ちゃん、ちゃん。
| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/13 23:24 |
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
至極、真っ当だと思います。

>>本当に日本語、大丈夫ですか?「アレヤコレヤ」の中身が違います。MINELさんの「アレヤコレヤ」は、~ 小生の「アレヤコレヤ」は、「それは違うでしょう、車道左端通行するだけでも十分です」 と申し上げています。
>| MINEL | 2014/01/16 22:48 | URL |において引用しました通り、貴方自身は“普通の日本語として「アレヤコレヤ」を使った”と明言されております。これを否定しなければ、今お書きになった内容に矛盾が起きます。一方、否定すれば、私が使った言葉「アレヤコレヤ」の「中身」について、私の意図した内容を尊重しなければいけません。(でなければ、| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/16 21:46 | URL |で否定した問題が再浮上します)この場合、「私(MINEL)は『アレヤコレヤ』言ってはいない」という事になりますので、したがって貴方の当初のご指摘は不適切です。

上述のとおり、至極、真っ当な指摘であり、何ら矛盾もありません。
「アレヤコレヤ」に「アレヤコレヤ」言っても「アレヤコレヤ」でしょう。

>>きっと、当らずとも遠からずといったところでしょう。
>「きっと~だろう」程度の認識で主張内容を否定されたらたまったものではありません。謝罪してください。

負け犬に謝罪、謝罪と泣きつかれても困りものです。
「主張内容を否定された」と感じていらっしゃるということは、的を射貫いていたということでしょう。

>「ちゃん、ちゃん」が貴方にとって全てだったのですね。
>>面白過ぎます。
>「ちゃん、ちゃん。こそが全て」なのは深刻な精神状態ではありませんか?取りあえずPCの電源を切り外の新鮮な空気を吸いましょう。

面白過ぎます。

>>「バカって言う奴がバ~カ」という子供の喧嘩の泣きべそですね。
>「バカと言う奴」が馬鹿なのかどうかは個々に検証すべき事案で一般的に断定はできないでしょうね。 ところで「バカって言う奴がバ~カ」と相手を非難する文脈で発言した者は、「バカ」と自分で言ってしまったのですから、自らの認識において馬鹿なのでしょう。(馬鹿にされた人・した人を、慰める・窘める文脈でこの発言をしたなら、発言趣旨と乖離を生まずに自身を例外扱い出来ますから、「バカの呪縛」から逃れられます。) 今、貴方は「バカって言う奴がバ~カ」を非難の文脈で用いていますから、「『バカって言う奴がバ~カ』という子供」を言い換えれば「馬鹿な子供」となり、結局のところ貴方は私に向かって「バカ」と言っているのです。ここで「バカという奴は馬鹿」が正しくないのであれば、「『バカって言う奴がバ~カ』という子供」という文は「馬鹿かどうか分からない子供」つまりただの「子供」と同義となり「『バカって~(略)』という」までが全く不必要な表現となってしまいます。この場合「子供の喧嘩の泣きべそですね」で十分だったわけですね。貴方のお書きになった内容を尊重する限り「“バカという奴は馬鹿”は正しい」という前提条件が付加され、つまり貴方は貴方の認識において馬鹿であるとの結論が導かれます。以上、貴方はご自身の事を「バカな子供」と認識しているという事で宜しいですね?さて、この事と貴方に「汚物」をまき散らすのを止めてもらいたいと懇願する事に何ら関係はありません。

馬~鹿!

>>引っ掛けられた(躓いた)こともあったかも知れません。
>貴方の発言内容に貴方自身が反論したのです。本件はごく単純に考えて、「当初の発言内容に貴方自身が問題を感じたからこそ反論してしまった」と推察できますが、いずれにせよ、勝手に転んだものを他人の所為にしないでください。

小生が勝手に転んだということで、全く問題ありません。

>>そういうカラクリでしたか。
>「論理的帰結」を「カラクリ」に言い換えただけで有耶無耶にしようと試みているのですか?どうあろうと現時点で貴方の発言内容に整合性が皆無な事実に何ら変わりありません。

そうですか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
MINELさん| 2014/01/12 12:59 |へ

>ここで「法を順守しようとする人」とは、自分にとって都合のよい法の一文のみを抜粋し、自分だけが納得した正義を公道で振りかざす、身勝手な行動の延長として車道へ出る自転車乗りの事ではありません。

現行法を守っている自転車のライダーに向かってアレヤコレヤいうのは、お門違いで、無意味どころか対立心を生むだけ貴方の理想と逆向する結果を生みます。

守るべき現行法としては、自転車乗りは車道左端通行を実践するだけで十分です。
傘差し、携帯ながら、酒気帯び、無灯火などふらふらとその場で止まれるスピードしか出さない(出せない)ママチャリについて、アレヤコレヤいうのもお門違いですね。

ちゃん、ちゃん。
| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/01/13 23:24 |
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
至極、真っ当だと思います。

>>日本語、大丈夫ですか?
>「そういうカラクリだったか」と納得した次の節で早速理解できない体を示すのはあ