今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クラクションで自転車を警戒避譲させよ

▼道路交通法に関する裁判事例を集めた「判例集」を読むのを日課としている。道交法54条に関する部分に目を通すと、「避譲」という言葉が目を引く。「避譲」とは何か。広辞苑で調べても出てこない。が、読んで字のごとく「どいて譲る」という意味ではなかろうか。

▼で、話が前後するが、道交法54条は警音器(ベル)に関する規定だ。警音器は「危険を防止するためにやむを得ない」(2項)場合に使用が認められている。判例集では、やむを得ない事例として「先行自転車を追い越そうとする場合」を挙げているのだ。

▼判旨は(下記参照)、「自転車は不安定な乗り物であり、何の前触れもなくクルマが横を通ると転倒するおそれがある。危険を避けるためドライバーはクラクションを鳴らし自転車を道路端に警戒避譲させたうえで通行する義務がある」というもので、裁判官は「クラクションで避譲させろ」と言い切っているのだ。

▼クラクションをむやみやたらと鳴らすことは禁じられている(1項)こともあり、「ベルは違法」という誤解が自転車乗りで広まっている。が、ベルは安全のために使うのならば許されるどころか、義務でもあるのだ。自転車乗りはクラクションを鳴らされたからといってカッとならず、紹介した判例の趣旨に留意してもらいたい。



参考
【道交法54条判例】(太字筆者)
元来自転車は、自動車、原付バイクと異なり、その性質上比較的不安定で、ただでさえ動揺しやすいばかりか、自転車を操縦するには法定の資格を要しないだけに、その操縦者は一般に交通の法規の知識を欠き、自動車の運転者がなんらかの合図をせずに追い抜きまたは追い越そうとすると、自転車の操縦者がこれに気付かず、その方向、特に右に進出するため自転車と接触し、あるいは自動車を見て狼狽の余り操縦を誤って転倒する危険のあることは常に予見し得るところである。予見の可能性がある以上、自動車運転者には予め警音器を鳴らして自転車操縦者を警戒避譲させ、安全にその側方を通過できるよう動静注視に意を用い、間隔に留意しつつ速度を調整すべき業務上の義務がある。(昭和42年11月21日大阪地裁)(同趣旨 昭和35年10月17日東京高裁、昭和42年9月2日東京高裁)



実例

関連記事

| 23:41 | コメント:69 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

犯罪者発言

| 自転車は歩道 | 2013/10/04 00:21 | URL |

これは自転車が車道を走ることを前提にした話だよね。
とうとう宗旨替えか?

それから、音が出て来ないのでクラクション長押しの参考動画にも何にもなってないけど?

クラクションの是非にしても
言ってることは要するに“クラクション鳴らして「どけよチャリ!」を認めろ”でしかないな。
お断りします。
抜きたければ十分な間隔をとること。制限速度を超えないこと。
それを備えない環境下での追い抜きは危険かつルール違反。
当方は車道の真ん中に極力出ないよう努め、後方確認もして走るので、
あとはどうぞご自由に。

| 通行人A | 2013/10/04 01:13 | URL |

何度も指摘されているようにオアゾはクソ爺の一人芝居のコマ
  
もうそろそろ、おまいらも、このブログが、しょぼい「炎上ビジネス」だってことに気づけよ。
   
世に捨てられたクソ爺さん(=ときどきオアゾ)が、根拠なくロードバイクを悪しざまに書いて、おまいらが激高して、アクセス数上がる。
そんで、おまいらの正当な抗議に対して糞爺さん、いー加減な脊髄反射レス返して、そいでまた。おまいら激高して、さらにアクセス数上がって、結局、爺さん(゜д゜)ウマー。
 
おまいらが怒れば怒るほど、じじい、喜ぶwww
時間の無駄だぞ、まじでwww
    
 
 
| 本質はここにある | 2013/09/29 04:43 | URL |

| バカはほっとけwww | 2013/10/04 04:07 | URL |

ともだちいないから、しかたないよね。

| バッドカルマ | 2013/10/04 07:02 | URL | ≫ EDIT

どうぞ鳴らすなら鳴らして下さい
近所迷惑で訴えられたら
その判例で戦ってください

裁判所で会いましょう。

| ず | 2013/10/04 11:14 | URL |

なるほど、今まで勘違いしてました。
今後は危なっかしいチャリを追い抜く時は遠慮なくクラクションを使おうと思います。

| あ | 2013/10/04 18:07 | URL |

あさん| 2013/10/04 18:07 |へ

>なるほど、今まで勘違いしてました。今後は危なっかしいチャリを追い抜く時は遠慮なくクラクションを使おうと思います。

自転車は、遠慮のない「闘魂注入クラクション」を浴びせられて狼狽の余り操縦を誤って転倒する危険のあることも常に予見し得るところです。

後続自動車は、安全にその側方を通過できるよう先行する自転車の動静注視に意を用い、間隔に留意しつつ速度を調整すべき業務上の義務があります。

事故を起こせば、結果責任として自動車側の責任が重たくなりますので、くれぐれも安全運転をお願いします。

なお、通常、自転車は車道左端を通行することで、十分に警戒避譲しておりますので、ふらつかずに大人しく車道左端を通行している競技用自転車等に対して「闘魂注入クラクション」を浴びせることは、暴行罪となることでしょう。

まあ、車道左端を通行している競技用自転車等は、クラクションの音を浴びせられたからといってふらつくこともありませんので、転倒事故を惹起して結果責任を問われることもないでしょうし、暴行罪の認定に関する判例も出てくることはないでしょう。

| とき | 2013/10/04 18:46 | URL |

クラクションあまり使ったことが無いので良い確認になりました。
お書きのように、クラクションしていいのは『決められた場所』又は『危険を防止するため止むを得ない場合』だそうです。手放しだったり、並走してたり、イヤホンしてたりで危険で止むを得ないと思ったらププッとやるんですね。「おせーぞ邪魔だ」で鳴らすのはダメ。それと、音に驚いて自転車がコケたり、それに接触したりすると自動車の分が悪そうなので注意した方が良いですね。

私もサイクリング中にたまにププッとされる時があります。その時はなるだけ左に避けて、「聞こえてるよ」と手を挙げて合図しています。まぁもともと左側を安全運転で心掛けてるので、もうそれ以上は大して左に寄れないんですけどね(笑) 一時停止の義務までは無いようですし、やれるのはこのくらいですかね。

あとジャーナリストで判例集を読むのが日課の割には「避譲」の意味を知らない・調べられないとは、なかなか面白いですね^ ^

| チャリスキー | 2013/10/04 18:56 | URL |

いい加減に車道に自転車レーン作ってくれないかなー???
このあいだも歩道でちゃりんこにぶつけられて逃げてかれたしー。
何回目だよ。ちゃりのひき逃げ。
ちゃりんこはみんな車道走ってほしいなー。。

| みーたん | 2013/10/04 20:11 | URL |

サイクリング禁止反対

引用されている判例は,今日ほどどこからどこまでも自動車が溢れ,至る所で渋滞が慢性化する以前の古い年代のものではないか.こんな判例を後ろ盾に,こちらがルールどおり自転車で車道左側を整然と走っているにもかかわらず,後ろから来る自動車全てにビービープープーやられてはたまったものではない.

私は自動車の運転中でも,基本的に自転車(特に合法ローディ)の味方を心がけているので,余程相手が斜め横断等無謀な走り方に出てこない限り,ヤボなホーンは極力使わないことにしている.自転車は路上の小さな障害物に非常に弱いので,追い越そうとする自転車の先を予測して不意の進路変更にも対応できるように,心静かに,優しく,ゆったりと追い越しをかける.

それが,ゴールド免許の大人のドライバーの対応というものだ.「さっき追い越した自転車に信号待ちで追いつかれると頭にくる」等という心の動揺こそ問題である.

| マイロネフ | 2013/10/04 20:55 | URL | ≫ EDIT

じゃあ自転車で歩道を走る時も、ベル鳴らしまくって歩行者をどかす事にしますわ。

| 自転車は歩道 | 2013/10/04 21:28 | URL |

道路交通法に関する判例を読むのが日課で、「避譲」の意味を知らないばかりか、本文中で『~という意味ではないだろうか』と締めくくるとは噴飯ものですな。
公に文書を公開するならば意味を理解した上で書きましょうね~。これじゃ馬鹿にされても文句は言えませんよ。

動画だけど、クラクションの後音声が一切無くなっているのは、もしかして前に入った車を罵倒する世捨人の叫び声が入ってるからですかね?

| に~ | 2013/10/04 22:48 | URL |

ああほんとだ聞こえるなクラクション
無音が多いから勘違いしたわw

これ取り消しな
>それから、音が出て来ないのでクラクション長押しの参考動画にも何にもなってないけど?

| 通行人A | 2013/10/04 23:11 | URL |

自転車は速度を出すと危ない
 →速度制限すべき
  →速度の出ていない自転車が、車道を走ると交通が円滑でなくなる
   →自転車は車道から出て行け(歩道を走れ)
    →それが嫌なら走るな

この論調ばかり。

一方で、自動車の事故のほうが数も多く、死亡・負傷も大きいのに大きく取り扱わない。
「車道は自動車のためのもの」の一点張りで協調的な記事を書く気配が無い。
感情語は選択されておらず、「主感を大事にしている」の一点張り。

このような偏った記事から、自転車乗り全てが「マナーが悪い」「エチケットがなっていない」という印象をもたれたくないため、見過ごすわけにはいきません。

| こじま | 2013/10/05 01:32 | URL |

問題の本質

現在の多くの道路は混在型、若しくは混合型交通システムと呼ばれている。様々な乗り物や歩行者等が同じ道路を使うシステムなので、当然、それぞれの特性の違いによって危険な状況も生じる。しかし、お互いの特性を正しく理解し協調を保つことで安全な運用が出来ると信じている。世捨人さんの意見には相手を理解しようとする気持ちが感じられない。意見は意見として伺いますが、余りに一方的で傲慢ですらある。このような態度、考え方では問題の本質的な解決など不可能です。元々、道路は不完全な代物で、利用する側のマナーやモラルに依存した形で安全を確保するしかないのです。枝葉末節にこだわり、一方的な規制を訴える意見が世論の大きなうねりを生むことなど有り得ない。

| タクシー乗りのちゃりだー | 2013/10/05 16:55 | URL |

  
おまいらもそろそろわかったろ?
結局、このブログ、あたまの弱いジジイが独りで営む、しょぼーい「炎上ビジネス」なんだよ。
   
世に捨てられたクソジジイ(=ときどきオアゾ)が、根拠なくロードバイクを悪しざまに書いて、おまいらが激高して、アクセス数上がる。
そんで、おまいらの正当な抗議に対して糞ジジイ、いー加減な脊髄反射レス返して、そいでまた。おまいら激高して、さらにアクセス数上がって、結局、ジジイ(゜д゜)ウマー。
 
おまいらが怒れば怒るほど、馬鹿ジジイ、喜ぶwww
時間の無駄だぞ、まじでwww
    
 
 

| 馬鹿ジジイが喜ぶだけw | 2013/10/05 21:19 | URL |

昭和42年の判例ww
しかもいきなり追い越しすりゃ右に出てくるわ、自動車見たら狼狽して右に出てくるわw
当時は常に車の前に飛び出す自転車しかなかったんだなw

| 馬鹿だろお前 | 2013/10/05 22:24 | URL | ≫ EDIT

久しぶりの投稿です。
私の闘魂注入クラクションが正当化される記事ありがとうございます。
これからもふらふらローディ見つけたら長押し大音量クラクションで気合い入れてやるからよろしく。

| はげおやじ | 2013/10/06 01:40 | URL |

サイクリング禁止反対

[はげおやじ]殿|2013/10/06 01:40|付へ.

>これからもふらふらローディ見つけたら長押し大音量クラクションで気合い入れてやるからよろしく.

明らかに交通道徳に反する不当なクラクションである.[世捨人]氏と同様の「自転車」に敵対的,かつ一方的な主張には断固として争う所存である.

| マイロネフ | 2013/10/06 07:06 | URL | ≫ EDIT

マイロネフ殿

スキルの低いローディが公道を走る方が交通道徳に反するのである。
身に覚えがあるなら大音量長押しクラクションを鳴らす車を見てくれ。
フェアレディZで運転席に福山雅治似のイケメンがいたらそれが私である。

| はげおやじ | 2013/10/07 00:09 | URL |

マイロネフさん| 2013/10/06 07:06 |へ

>明らかに交通道徳に反する不当なクラクションである.[世捨人]氏と同様の「自転車」に敵対的,かつ一方的な主張には断固として争う所存である.

交通「道徳」や「不当な」などと腰砕けの言葉を使っているようでは、断固とした争いになりません。

しっかりして下さい。

はげおやじさんの「闘魂注入クラクション」が、車道左端をふらつかずに大人しく通行している自転車に「気合い入れてやる」ための「長押し大音量クラクション」ということであれば、「危険を防止するためやむを得ないとき」には該当しませんので、明らかに道路交通「法」に反する「違法」なクラクションです。

はげおやじさんご自身が、これからも「ふらふら」ローディ見つけたら・・・と情けない形容詞を付けて予防線は貼っている位です。
所詮、その程度のものです。

今回の判例も、事故を惹起した自動車運転者に全面的に結果責任を問うために、たとえ「ふらふら」だとしても自転車側には予め後方確認して警戒避譲する義務がないことを示したものです。

はげおやじさんの「闘魂注入クラクション」が正当化される判例ではありませんからよろしく。

(警音器の使用等)
第五十四条 第2項 車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。
ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。

| とき | 2013/10/07 13:45 | URL |

サイクリング禁止反対

[はげおやじ]殿|2013/10/07 00:09|付へ.

>スキルの低いローディが公道を走る方が交通道徳に反するのである.
身に覚えがあるなら大音量長押しクラクションを鳴らす車を見てくれ.
フェアレディZで運転席に福山雅治似のイケメンがいたらそれが私である.

特急自転車([世捨人]氏の言う“競技用自転車”)の初心者に適切な助言や手引きのできる人材やシステムの不足は実に困った問題である.しかしベテラン選手といえども最初から確実に安全な走り方が出来ていたわけではない.

やむを得ず一般道路を利用し,時には“ヒヤリ・ハッと”を経験し,その反省を踏まえて上達してゆくものなのである.

四輪のドライバーとて,年齢や運転歴等によるスキルは千差万別である.公道とはそういう所であることを念頭に,初心者ローディにも優しい運転を心掛けたいものである.

せめて[はげおやじ]殿が,ご自分のクラクションに起因する事件の被害者にならない事を願う.

| マイロネフ | 2013/10/07 19:46 | URL | ≫ EDIT

マイロネフさん| 2013/10/07 19:46 |へ

>せめて[はげおやじ]殿が,ご自分のクラクションに起因する事件の被害者にならない事を願う.

今回の判例に基づけば、

はげおやじさんの「闘魂注入クラクション」に起因する事件が発生すれば、クラクションを鳴らされたスキルの低い初心者ローディはあくまでも「被害者」であり、
「安全にローディの側方を通過できるよう動静注視に意を用い、間隔に留意しつつ速度を調整すべき業務上の義務」に違反したはげおやじさんが「加害者」となります。

「自転車」に敵対的,かつ一方的な主張には断固として争って下さい。

本当に頼みます。

| とき | 2013/10/07 20:06 | URL |

Re: タイトルなし

通行さん

>これは自転車が車道を走ることを前提にした話だよね。 とうとう宗旨替えか?

当ブログは道交法に準拠しています。

>それから、音が出て来ないのでクラクション長押しの参考動画にも何にもなってないけど?

しっかりしてください。

>クラクションの是非にしても 言ってることは要するに“クラクション鳴らして「どけよチャリ!」を認めろ”でしかないな。お断りします。抜きたければ十分な間隔をとること。制限速度を超えないこと。それを備えない環境下での追い抜きは危険かつルール違反。 当方は車道の真ん中に極力出ないよう努め、後方確認もして走るので、 あとはどうぞご自由に。

通行の妨げとならなければ、クラクションを鳴らす自動車ドライバーはいないでしょう。

| 世捨人 | 2013/10/09 00:14 | URL |

Re: タイトルなし

旧ズーさん

>どうぞ鳴らすなら鳴らして下さい 近所迷惑で訴えられたらその判例で戦ってください裁判所で会いましょう。

クラクション原因の近所迷惑で立件するのは困難でしょう。

| 世捨人 | 2013/10/09 00:16 | URL |

Re: タイトルなし

ぁさん

>なるほど、今まで勘違いしてました。 今後は危なっかしいチャリを追い抜く時は遠慮なくクラクションを使おうと思います。

自己責任でお願いします。

| 世捨人 | 2013/10/09 00:19 | URL |

Re: タイトルなし

チャさん

>クラクションあまり使ったことが無いので良い確認になりました。 お書きのように、クラクションしていいのは『決められた場所』又は『危険を防止するため止むを得ない場合』だそうです。手放しだったり、並走してたり、イヤホンしてたりで危険で止むを得ないと思ったらププッとやるんですね。「おせーぞ邪魔だ」で鳴らすのはダメ。それと、音に驚いて自転車がコケたり、それに接触したりすると自動車の分が悪そうなので注意した方が良いですね。

何も合図もせず追い越しをすると、自動車を見て狼狽の余り操縦を誤って転倒する危険がありますので、「自転車は歩道」が安全ですね。

>私もサイクリング中にたまにププッとされる時があります。その時はなるだけ左に避けて、「聞こえてるよ」と手を挙げて合図しています。まぁもともと左側を安全運転で心掛けてるので、もうそれ以上は大して左に寄れないんですけどね(笑) 一時停止の義務までは無いようですし、やれるのはこのくらいですかね。

ペダルをこぐのを直ちにやめて徐行するなど、譲り合って走行してください。

>あとジャーナリストで判例集を読むのが日課の割には「避譲」の意味を知らない・調べられないとは、なかなか面白いですね^ ^

広辞苑には掲載されていませんでした。

| 世捨人 | 2013/10/09 00:20 | URL |

Re: タイトルなし

みーさん

>いい加減に車道に自転車レーン作ってくれないかなー??? このあいだも歩道でちゃりんこにぶつけられて逃げてかれたしー。 何回目だよ。ちゃりのひき逃げ。ちゃりんこはみんな車道走ってほしいなー。。

クルマにぶつけられても困りものですので、自転車は全面禁止すべきですね。

| 世捨人 | 2013/10/09 00:22 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

>引用されている判例は,今日ほどどこからどこまでも自動車が溢れ,至る所で渋滞が慢性化する以前の古い年代のものではないか.こんな判例を後ろ盾に,こちらがルールどおり自転車で車道左側を整然と走っているにもかかわらず,後ろから来る自動車全てにビービープープーやられてはたまったものではない.

「自転車は車道」という道交法も、今日ほどどこからどこまでも自動車が溢れ、至る所で渋滞が慢性化する以前の古い年代のものではないでしょうか?

>私は自動車の運転中でも,基本的に自転車(特に合法ローディ)の味方を心がけているので,余程相手が斜め横断等無謀な走り方に出てこない限り,ヤボなホーンは極力使わないことにしている.自転車は路上の小さな障害物に非常に弱いので,追い越そうとする自転車の先を予測して不意の進路変更にも対応できるように,心静かに,優しく,ゆったりと追い越しをかける.

何も合図もせず追い越しをすると、自動車を見て狼狽の余り操縦を誤って転倒する危険がありますので、「自転車は歩道」が安全ですね。

>それが,ゴールド免許の大人のドライバーの対応というものだ.「さっき追い越した自転車に信号待ちで追いつかれると頭にくる」等という心の動揺こそ問題である.

ガラガラの歩道を走行する自転車に気分を害する自動車ドライバーは皆無でしょう。

| 世捨人 | 2013/10/09 00:23 | URL |

Re: タイトルなし

>じゃあ自転車で歩道を走る時も、ベル鳴らしまくって歩行者をどかす事にしますわ。

自転車は走行が不安定であるため、何も合図もせず追い越しをすると、自動車を見て狼狽の余り操縦を誤って転倒する危険があります。

| 世捨人 | 2013/10/09 00:27 | URL |

Re: タイトルなし

にさん

>道路交通法に関する判例を読むのが日課で、「避譲」の意味を知らないばかりか、本文中で『~という意味ではないだろうか』と締めくくるとは噴飯ものですな。 公に文書を公開するならば意味を理解した上で書きましょうね~。これじゃ馬鹿にされても文句は言えませんよ。

「避譲」というのは国語辞典にはない造語ですから致しかねません。

>動画だけど、クラクションの後音声が一切無くなっているのは、もしかして前に入った車を罵倒する世捨人の叫び声が入ってるからですかね?

急ブレーキが影響しているかもしれません。

| 世捨人 | 2013/10/09 00:27 | URL |

Re: タイトルなし

こじさん

>自転車は速度を出すと危ない→速度制限すべき→速度の出ていない自転車が、車道を走ると交通が円滑でなくなる →自転車は車道から出て行け(歩道を走れ)→それが嫌なら走るな この論調ばかり。一方で、自動車の事故のほうが数も多く、死亡・負傷も大きいのに大きく取り扱わない。 「車道は自動車のためのもの」の一点張りで協調的な記事を書く気配が無い。 感情語は選択されておらず、「主感を大事にしている」の一点張り。 このような偏った記事から、自転車乗り全てが「マナーが悪い」「エチケットがなっていない」という印象をもたれたくないため、見過ごすわけにはいきません。

身体がむきだしとなる自転車にあっては、ひとたび事故を起こせば、取り返しの事態となりかねません。ご理解、ご協力をお願いします。

| 世捨人 | 2013/10/09 00:29 | URL |

Re: 問題の本質

タクさん

>現在の多くの道路は混在型、若しくは混合型交通システムと呼ばれている。様々な乗り物や歩行者等が同じ道路を使うシステムなので、当然、それぞれの特性の違いによって危険な状況も生じる。しかし、お互いの特性を正しく理解し協調を保つことで安全な運用が出来ると信じている。世捨人さんの意見には相手を理解しようとする気持ちが感じられない。意見は意見として伺いますが、余りに一方的で傲慢ですらある。このような態度、考え方では問題の本質的な解決など不可能です。元々、道路は不完全な代物で、利用する側のマナーやモラルに依存した形で安全を確保するしかないのです。枝葉末節にこだわり、一方的な規制を訴える意見が世論の大きなうねりを生むことなど有り得ない。

人力の自転車は時代に取り残された遺物といっても過言ではありません。自動車と共生する道を図るのは至極困難でしょう。いずれにせよ、根底にあるのはみなさまの交通安全です。ご理解、ご協力をお願いします。

| 世捨人 | 2013/10/09 00:30 | URL |

Re: タイトルなし

馬鹿さん

>昭和42年の判例wwしかもいきなり追い越しすりゃ右に出てくるわ、自動車見たら狼狽して右に出てくるわw当時は常に車の前に飛び出す自転車しかなかったんだなw

判例は先例として踏襲されるものであり、余程のことがない限り覆ることはありません。

| 世捨人 | 2013/10/09 00:31 | URL |

Re: タイトルなし

はげさん

>久しぶりの投稿です。 私の闘魂注入クラクションが正当化される記事ありがとうございます。これからもふらふらローディ見つけたら長押し大音量クラクションで気合い入れてやるからよろしく。

むやみに鳴らすことは禁じられています。

| 世捨人 | 2013/10/09 00:32 | URL |

>「自転車は車道」という道交法も、今日ほどどこからどこまでも自動車が溢れ、至る所で渋滞が慢性化する以前の古い年代のものではないでしょうか?

警察が自転車の車道走行を促進したのは、2年前のことです。その結果、交通事故は減少しております。


>判例は先例として踏襲されるものであり、余程のことがない限り覆ることはありません。

「自転車は歩道」という前例はすでに覆されています。自転車の車道走行を警察が促進する時代ですので、「自転車は歩道」を前提とした件の判例は、もはや無価値ですね。


>自転車は走行が不安定であるため、何も合図もせず追い越しをすると、自動車を見て狼狽の余り操縦を誤って転倒する危険があります。

では追い越しせず、自転車の後ろを追走してください。それが「自転車は車道」時代のマナーです。交通安全のために切に願う。

| 東南 | 2013/10/09 19:17 | URL |

東南さん| 2013/10/09 19:17 |へ

>「自転車は歩道」という前例はすでに覆されています。
自転車の車道走行を警察が促進する時代ですので、「自転車は歩道」を前提とした件の判例は、もはや無価値ですね。

本当ですか?

件の判例は、「自転車は歩道」を前例(前提?)としたものですか?

世捨人さんの引用された判決文では、あくまでも「車道走行」を前提として、「その性質上比較的不安定で、ただでさえ動揺しやすい自転車」が車道左端通行というルールを守れずに、中央寄りにふらついて追越しを掛けた後続車両に巻き込まれた事故ということでしょう。

「自転車は歩道」を前提とした判例とされる根拠があれば、是非ともお示し下さい。

具体的な事故状況や双方の主張等が分かれば、件の判例の趣旨・前例としての射程範囲が明確となることでしょう。

楽しみにしています。

| とき | 2013/10/09 19:50 | URL |

>人力の自転車は時代に取り残された遺物といっても過言ではありません。
>自動車と共生する道を図るのは至極困難でしょう。
この程度の知識で自称ジャーナリストですか?正直失笑ものですね。ここ
のコメントが総バッシングなのも止むを得ないですね。もう少し社会のし
くみについて勉強してください。って言ってもまた脊椎反射感丸出しの
それらしいコメントで誤魔化して完全無視でしょうけどね。ま、程々に
がんばって下さいね。

| 管理人にポリシーが無いのは昔から | 2013/10/10 05:29 | URL |

| マイロネフ | 2013/10/07 19:46 | さん
>やむを得ず一般道路を利用し,時には“ヒヤリ・ハッと”を経験し,その反省を踏まえて上達してゆくものなのである.

個人の道楽のために一般道路を使って交通安全を乱すような素人に譲歩するつもりはありません。
ある程度の技量がない自転車乗りは公道に出るべきではない。
それでも道路に出ないことにはスキルを身につけられないことはわかっている。
だから技量の伴わない自転車乗りに気合いを入れるための闘魂注入クラクションなのである。


| とき | 2013/10/07 20:06 | さん

上に書いた通り闘魂注入クラクションは自転車乗りの育成も兼ねた私的訓練である。
鳴らされて嫌な思いをするのであれば技量を身につけるしかない。
あなたにとやかく言われる筋合いはないのである。

| はげおやじ | 2013/10/14 09:39 | URL |

サイクリング禁止反対

|はげおやじ|2013/10/14 09:39|URL|殿へ.

>個人の道楽のために一般道路を使って交通安全を乱すような素人に譲歩するつもりはありません.
>闘魂注入クラクションは自転車乗りの育成も兼ねた指摘訓練である.鳴らされて嫌な思いをするのであれば技量を身につけるしかない.

発想が恐ろしく排他的で身勝手以外の何物でもない.脇道からの飛び出しや対向車線からのはみ出し等による衝突回避のため(法令で容認されている正当な警音器使用)でない限り,これは刑法にも触れる可能性がある行為である.
[世捨人][はげおやじ]両氏のような意見の持ち主とはあくまでも争いぬく所存である.

| マイロネフ | 2013/10/14 20:51 | URL | ≫ EDIT

クラクション鳴らす前にまずは速度を落としましょう。
自転車は横から出てきた物ではなく(路地から突然出てきた物は除いて)貴方の前走車両です。
抜く時は、軽くならして存在をアピールしてから、側方距離を置いて抜けばよいのです。
あと、前の自動車との車間が短いと回りの状況が見えないので、車間を開けて安全運転で。

| のんべのおっちゃん | 2013/10/15 01:28 | URL |

はげおやじさん| 2013/10/14 09:39 |へ

>上に書いた通り闘魂注入クラクションは自転車乗りの育成も兼ねた私的訓練である。
鳴らされて嫌な思いをするのであれば技量を身につけるしかない。
あなたにとやかく言われる筋合いはないのである。

「育成も兼ねた私的訓練であ」ろうとなかろうと、危険を防止するためやむを得ないとき以外の「闘魂注入クラクション」は、道路交通法違反です。

小生はとやかく言うまでもなく、道路交通法で定められていることです。

ちゃん、ちゃん。

(警音器の使用等)
第五十四条  第2項 車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。

| とき | 2013/10/15 16:29 | URL |

のんべのおっちゃんさん| 2013/10/15 01:28 |へ

>クラクション鳴らす前にまずは速度を落としましょう。

後続車両が速度を落とす必要はないでしょう。

不必要なブレーキは追突事故のもとです。

できる限り安全な速度と方法で前車の右側を通行して進行すれば、良いだけの事です。

(追越しの方法)
第二十八条  車両は、他の車両を追い越そうとするときは、前車の右側を通行しなければならない。
4  後車は、反対の方向又は後方からの交通及び前車又は路面電車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車又は路面電車の速度及び進路並びに道路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。

>自転車は横から出てきた物ではなく(路地から突然出てきた物は除いて)貴方の前走車両です。抜く時は、軽くならして存在をアピールしてから、側方距離を置いて抜けばよいのです。

「危険を防止するためやむを得ないとき」でない限り、「軽くならして存在をアピール」するクラクションは違法です。
追越しをしようとする車両は、できる限り安全な速度と方法(側方距離等の保持)で進行すれば、何ら問題ない話です。

(警音器の使用等)
第五十四条  第2項  車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。

>あと、前の自動車との車間が短いと回りの状況が見えないので、車間を開けて安全運転で。

自転車乗りには関係のない、余計なお節介です。
ちゃん、ちゃん。

| とき | 2013/10/15 18:24 | URL |

>「避譲」というのは国語辞典にはない造語ですから致しかねません。

法律用語だからね~国語辞典には載ってないんだよ(笑)それでよく判例を読むのが日課なんて言えるね。他にも国語辞典には載ってない言葉がいっぱいあるでしょ。脳内ジャーナリストさん、ちゃんちゃらおかしいですよ。


>急ブレーキが影響しているかもしれません。

急ブレーキが影響してるなんて苦しすぎる言い訳は要りません。

| に~ | 2013/10/15 20:56 | URL |

とき | 2013/10/15 16:29 | さん

状況を見ないで何故法律違反といえよう。
「ちゃん ちゃん」とごまかさないで真面目にコメントしましょう。
自慢ではないが私はこれまで闘魂注入クラクションでトラブルは一度もないし、逮捕されたこともない。
これがすべてを象徴しているのでは?

| はげおやじ | 2013/10/16 01:53 | URL |

マイロネフ | 2013/10/14 20:51 | さん

>これは刑法にも触れる可能性がある行為である.

具体的な条文をあげて見よ。
感情で動いてはいけない。

| はげおやじ | 2013/10/16 01:55 | URL |

| はげおやじ | 2013/10/16 01:55 | さん


http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S35/S35HO105.html
第五十四条ですよ

| ◠ | 2013/10/16 02:22 | URL |

| ◠ | 2013/10/16 02:22 |さん

具体的に説明してくれ。
刑法54条にどこがふれているのか?
私にはおぬしのいいたいことが理解できん。

| はげおやじ | 2013/10/16 02:25 | URL |

はげおやじさん| 2013/10/16 01:53 |へ

>状況を見ないで何故法律違反といえよう。「ちゃん ちゃん」とごまかさないで真面目にコメントしましょう。自慢ではないが私はこれまで闘魂注入クラクションでトラブルは一度もないし、逮捕されたこともない。これがすべてを象徴しているのでは?

「闘魂注入クラクション」と露悪的に表現して注目を集めようとされても、あなたのクラクションは、状況に応じて「危険を防止するためやむを得ないとき」になされた、適法なものだったということでしょう。

何ら問題ありません。

あなたの「闘魂注入クラクション」の具体的な状況は、あなた自身にしか判らないことですし、小生にとっても、多くの自転車乗りにとっても、何ら関係も関心のないことです。

真面目にコメントするとすれば、限られた道路空間を共有するものとして、自転車も自動車もお互い様です。

これがすべてを象徴しています。

「闘魂注入クラクション」を鳴らさざるを得ないような「危険を防止するためやむを得ない」状況をあなたご自身が作り出しているということです。

自慢できる運転をしているかどうか真面目に自省下さい。

ちゃん、ちゃん。

| とき | 2013/10/16 09:39 | URL |

そうそう。>>はげおやじさん

『「育成も兼ねた私的訓練であ」ろうとなかろうと、危険を防止するためやむを得ないとき以外の「闘魂注入クラクション」は、道路交通法違反です。 』

| ◠ | 2013/10/16 12:30 | URL |

Re: タイトルなし

東さん

>>「自転車は車道」という道交法も、今日ほどどこからどこまでも自動車が溢れ、至る所で渋滞が慢性化する以前の古い年代のものではないでしょうか?
>警察が自転車の車道走行を促進したのは、2年前のことです。その結果、交通事故は減少しております。

交通事故全体は減っていますが自転車が関与する事故は依然、多いです。

>>判例は先例として踏襲されるものであり、余程のことがない限り覆ることはありません。
>「自転車は歩道」という前例はすでに覆されています。自転車の車道走行を警察が促進する時代ですので、「自転車は歩道」を前提とした件の判例は、もはや無価値ですね。

歩道を走行する自転車にクラクションを鳴らす自動車ドライバーはいないでしょう。

>>自転車は走行が不安定であるため、何も合図もせず追い越しをすると、自動車を見て狼狽の余り操縦を誤って転倒する危険があります。
>では追い越しせず、自転車の後ろを追走してください。それが「自転車は車道」時代のマナーです。交通安全のために切に願う。

安全だけでなく円滑も追及してください。

| 世捨人 | 2013/10/17 00:02 | URL |

Re: タイトルなし

管理さん

>>人力の自転車は時代に取り残された遺物といっても過言ではありません。
>>自動車と共生する道を図るのは至極困難でしょう。
>この程度の知識で自称ジャーナリストですか?正直失笑ものですね。ここのコメントが総バッシングなのも止むを得ないですね。

現実を直視してください。

>もう少し社会のし くみについて勉強してください。

現実から決して目を背けないでください。

>って言ってもまた脊椎反射感丸出しのそれらしいコメントで誤魔化して完全無視でしょうけどね。ま、程々にがんばって下さいね。

現実と向きかってください。

| 世捨人 | 2013/10/17 00:06 | URL |

Re: タイトルなし

のんさん

>クラクション鳴らす前にまずは速度を落としましょう。

クラクションとブレーキは同時が理想かもしれません。

>自転車は横から出てきた物ではなく(路地から突然出てきた物は除いて)貴方の前走車両です。抜く時は、軽くならして存在をアピールしてから、側方距離を置いて抜けばよいのです。

狼狽して転倒するおそれがありますので、歩道を活用してください。

>あと、前の自動車との車間が短いと回りの状況が見えないので、車間を開けて安全運転で。

車間距離が狭くても、歩道を走行している自転車はしっかり確認できます。

| 世捨人 | 2013/10/17 00:35 | URL |

Re: タイトルなし

にさん

>>「避譲」というのは国語辞典にはない造語ですから致しかねません。
>法律用語だからね~国語辞典には載ってないんだよ(笑)それでよく判例を読むのが日課なんて言えるね。他にも国語辞典には載ってない言葉がいっぱいあるでしょ。脳内ジャーナリストさん、ちゃんちゃらおかしいですよ。

「避譲」は法律用語辞典(自由国民社)にも掲載されていませんでした。

>>急ブレーキが影響しているかもしれません。
>急ブレーキが影響してるなんて苦しすぎる言い訳は要りません。

現実と向き合ってください。

| 世捨人 | 2013/10/17 00:39 | URL |

| とき | 2013/10/16 09:39 | さん

私の闘魂注入クラクションを認めていただきありがとうございます。
これからも未熟な自転車乗りに対しては、闘魂注入クラクションで気合いを入れていこうと思います。

| はげおやじ | 2013/10/17 01:45 | URL |

| ◠ | 2013/10/16 12:30 | さん

ときさんも闘魂注入クラクションを認めてくださっています。
もう文句はないでしょう。
フラフラの自転車乗りには長押し大音量クラクションが効果てきめんです。
どんなにへろへろ運転でも一発でビクンッ!と背筋が伸びます。
これは後輩への愛の鞭でもあります。

| はげおやじ | 2013/10/17 01:48 | URL |

はげおやじさん| 2013/10/17 01:45 |へ

>私の闘魂注入クラクションを認めていただきありがとうございます。

小生は、あなたの「闘魂注入クラクション」を認めてなどいません。
また、小生が認めるものでもありません。
「危険を防止するためやむを得ないとき」以外には、警音器を鳴らしてはならない、と明確に道路交通法に定められていることです。

>これからも未熟な自転車乗りに対しては、闘魂注入クラクションで気合いを入れていこうと思います。

自転車乗りが「未熟」かどうかは全く関係ありません。

「危険を防止するためやむを得ないとき」に該当するかかどうかです。

そして、危険を防止するためやむを得ず警音器を鳴らさなければならないような状況に陥るということは、はげおやじさんが未熟な自動車ドライバーであることの証明です。

| とき | 2013/10/17 09:33 | URL |

はげおやじさん| 2013/10/17 01:48 |へ

>ときさんも闘魂注入クラクションを認めてくださっています。もう文句はないでしょう。

小生は、あなたの「闘魂注入クラクション」を認めてなどいません。

>フラフラの自転車乗りには長押し大音量クラクションが効果てきめんです。どんなにへろへろ運転でも一発でビクンッ!と背筋が伸びます。これは後輩への愛の鞭でもあります。

フラフラの自転車乗りのへろへろ運転でも車道左端をふらつかずに通行している限りは、「危険を防止するためやむを得ないとき」には該当しません。

今回の文面を見る限り、あなたの「闘魂注入クラクション」は明らかに違法であり、嫌がらせの暴行行為がたまたま摘発されなかっただけでしかありません。

出直しなさい。

| とき | 2013/10/17 09:45 | URL |

チャリスキーさん| 2013/10/04 18:56 |へ

>手放しだったり、並走してたり、イヤホンしてたりで危険で止むを得ないと思ったらププッとやるんですね。

イヤホンしているの自転車乗りに警報器を鳴らしても意味ないでしょう。
手放しは手信号等で求められている動作ですので、「危険を防止するためやむを得ないとき」には該当しません。
並走も、多くの場合は、並走出来るような道幅があり交通量が少ない道路でしょうから、側方距離を確保して、安全な速度と方法で進行出来るのであれば、「危険を防止するためやむを得ないとき」には該当しません。

要するに、自転車の法律違反と「危険を防止するためやむを得ないとき」とは無関係だということです。

自転車の法律違反を取り締まるのは警察(行政)の役割であり、自転車が法律違反しているからといって、後続の自動車ドライバーが警音器を鳴らすことは許されません。

道路交通法第五十四条(警音器の使用等)第二項違反で二万円以下の罰金又は科料です。


>私もサイクリング中にたまにププッとされる時があります。その時はなるだけ左に避けて、「聞こえてるよ」と手を挙げて合図しています。まぁもともと左側を安全運転で心掛けてるので、もうそれ以上は大して左に寄れないんですけどね(笑) 一時停止の義務までは無いようですし、やれるのはこのくらいですかね。

「危険を防止するためやむを得ないとき」に該当しないクラクションを鳴らされた自転車乗りにやれることは、道路交通法違反であること我儘ドライバーに教え諭してやることくらいです。

ちゃん、ちゃん。

| とき | 2013/10/17 17:28 | URL |

世捨人=オアゾ=はげおやじ

ですか?

| … | 2013/10/17 23:03 | URL |

>安全だけでなく円滑も追及してください。

勿論です。自転車にとっては歩行者や、脇から飛び出してくる自動車に注意を払わなければならない歩道よりも、車道のほうが円滑に走行できるのです。
自転車にとって車道走行は、まさに安全と円滑を両立できる手段なのです。ご理解ご協力をお願いします。

| 東南 | 2013/10/18 20:12 | URL |

Re: タイトルなし

東さん

>>安全だけでなく円滑も追及してください。
>勿論です。自転車にとっては歩行者や、脇から飛び出してくる自動車に注意を払わなければならない歩道よりも、車道のほうが円滑に走行できるのです。

クルマと違い自転車は歩道を走行できますので、車道の交通量を減らす意味でもご協力お願いします。

>自転車にとって車道走行は、まさに安全と円滑を両立できる手段なのです。ご理解ご協力をお願いします。

自転車だけでなく、自動車ドライバーの視点で安全・円滑を追求してください。

| 世捨人 | 2013/10/22 22:50 | URL |

自転車は車道も走行できますので、自転車事故を減らすためにご協力をお願いします。

>自転車だけでなく、自動車ドライバーの視点で安全・円滑を追求してください。

勿論です。交通安全の先駆者である私は自動車免許所持者であり、ロードバイク所持者でもあります。双方の視点から交通安全を論理的に追求した私の意見に従ってください。

| 東南 | 2013/10/25 19:25 | URL |

Re: タイトルなし

東さん

>自転車は車道も走行できますので、自転車事故を減らすためにご協力をお願いします。

何を協力してもらいたいのか、具体的かつ論理的に説明してください。

>>自転車だけでなく、自動車ドライバーの視点で安全・円滑を追求してください。
>勿論です。交通安全の先駆者である私は自動車免許所持者であり、ロードバイク所持者でもあります。双方の視点から交通安全を論理的に追求した私の意見に従ってください。

免許所持者であってもペーパードライバーでは無理です。クルマを運転したうえで、交通安全を論理的に追求しましょう。

| 世捨人 | 2013/10/29 23:33 | URL |

世捨人サンへ

>裁判事例を集めた「判例集」を読むのを日課としている。

●私は針を千本飲むのを日課にしている。

>、「避譲」という言葉が目を引く。「避譲」とは何か。

●「避譲」を知らない?! なんて非常識な・・。

>▼で、話が前後するが、・・

●いや前後してないって・・

>・・やむを得ない事例・・

●満員電車でのオナラもその事例。確かにみんな「避譲」します。

>・・裁判官は「クラクションで避譲させろ」と言い切っているのだ。

●きっと清志郎が喜びますね。クラクション?間違えました・・

>・・ベルは安全のために使うのならば許されるどころか、義務でもあるのだ。・・

●商店街でのジジイとババアは義務で鳴らしてるんですね・・悔しいが仕方ない。

| きゃばれろ | 2013/11/05 16:06 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

きゃさん

>>裁判事例を集めた「判例集」を読むのを日課としている。
>●私は針を千本飲むのを日課にしている。

よかったね。

>>、「避譲」という言葉が目を引く。「避譲」とは何か。
>●「避譲」を知らない?! なんて非常識な・・。

そうですね。

>>▼で、話が前後するが、・・
>●いや前後してないって・・

そうですか。

>>・・やむを得ない事例・・
>●満員電車でのオナラもその事例。確かにみんな「避譲」します。

満員電車なら身動きでず避譲できません。

>>・・裁判官は「クラクションで避譲させろ」と言い切っているのだ。
>●きっと清志郎が喜びますね。クラクション?間違えました・・

がんばってください。

>>・・ベルは安全のために使うのならば許されるどころか、義務でもあるのだ。・・
>●商店街でのジジイとババアは義務で鳴らしてるんですね・・悔しいが仕方ない。

ちゃん、ちゃん。

| 世捨人 | 2013/11/06 23:22 | URL |

結局は自作自演じゃね? こんなやつにかまってちゃんする必要は99%もない

| ね | 2013/11/13 21:24 | URL |

Re: タイトルなし

ネさん

>結局は自作自演じゃね? こんなやつにかまってちゃんする必要は99%もない

残り1%に賭けてください。

| 世捨人 | 2013/11/19 23:34 | URL |

…さん| 2013/10/17 23:03 |へ

>…世捨人=オアゾ=はげおやじですか?

違います。

ちゃん、ちゃん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/12/09 16:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/422-fbdd93c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT