今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「バーテープ」起因の事故を防げ

▼競技用自転車のシンボル、ドロップハンドル。ハンドルを覆うように「バーテープ」なるものがぐるぐるに巻かれている。「上ハンドル」や「下ハンドル」など、その時々の気分やコンディションで握る位置をコロコロ変えることができるのだ。

▼握る位置を変えるたびに片手・手放し運転となり危険だ。また、右手は上ハンドルで左手は下ハンドルと、きつい前傾姿勢のまま身体をねじらせて走行する輩(やから)も出没する始末。ハンドル操作の誤りで悲惨な交通事故を誘発しかねず座視できない。

▼そこで、ハンドルグリップ装着を義務づけみてはどうか。ママチャリやオートバイに代表される二輪車は、ハンドル両端にあるグリップを握る。最もハンドリングしやすい部分にグリップが装着されているわけだ。

▼ドロップハンドル車にあっては、下ハンドルがデフォルト(標準仕様)であることは、競輪用自転車を見れば一目瞭然だ。スピードレスに対応できるよう、しっかりハンドルを握ることができるのだ。いずれにせよ、バーテープは取り外し、下ハンドルにグリップを装着し安全運転に努めてもらいたい。

hundle position
競輪用自転車は下ハン
ドルにグリップ装着
関連記事

| 22:45 | コメント:131 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この案はありかもしれませんね。
グリップになる事で、快適性も上がりそうですね。

| ANTON | 2013/07/12 23:57 | URL |

サイクリング禁止反対

バカげた言いがかりだ.バーテープを巻いたドロップハンドルを持ち替えるだけでそんな事故は先ず起こらない.ピスト(競輪)とロードの区別もつかないとは問題外だ.

| マイロネフ | 2013/07/13 05:53 | URL | ≫ EDIT

ともだちいないから、しかたないよね。

| バッドカルマ | 2013/07/13 07:08 | URL | ≫ EDIT

「ステアリングホイール」起因の事故を防げ

▼四輪自動車のシンボル、ステアリングホイール。ハンドルの形は円形で、好きな場所を握ることが出来る。「上ハンドル」や「下ハンドル」など、その時々の気分やコンディションで握る位置をコロコロ変えることができるのだ。

▼握る位置を変えるたびに片手・手放し運転となり危険だ。また、右手は左側で左手は右側と、ただでさえ窮屈なポジションで身体をねじらせて走行する輩(やから)も出没する始末。ハンドル操作の誤りで悲惨な交通事故を誘発しかねず座視できない。

▼そこで、競技用車両に搭載される四角いハンドル装着を義務づけみてはどうか。ママチャリやオートバイに代表される二輪車は、ハンドル両端にあるグリップを握る。最もハンドリングしやすい部分にグリップが装着されているわけだ。

▼通常の四輪自動車にあっては、9時15分がデフォルト(標準仕様)であることは、F1マシンを見れば一目瞭然だ。スピードレスに対応できるよう、しっかりハンドルを握ることができるのだ。いずれにせよ、旧来の丸いステアリングホイールは取り外し、四角いハンドルを装着し安全運転に努めてもらいたい。

| なにこれww | 2013/07/13 10:34 | URL | ≫ EDIT

「競技用自転車」に乗ったこともない人が、わかった面して何をほざいてる・・・としか思えない。

| ふうじん | 2013/07/13 12:04 | URL |

>その時々の気分やコンディションで握る位置をコロコロ変えることができるのだ。

釣りだよね?
こんな気まぐれなことはしてませんがねえ・・・
大体下ハンなんて長時間握れるもんじゃないと思ってましたが違うのかな?
比較的短距離の競輪と基本長距離走るロードバイクとごっちゃにしてませんか?

| NANASHI | 2013/07/13 13:28 | URL |

>釣りだよね?
いえ、この人はただのお馬鹿さん
脳に重大な疾患があるのです
セロクエルが常に手放せません
許してあげて下さい

| 釣りだよね? | 2013/07/13 13:54 | URL |

世捨て人(笑)
なんでブログとかやってんだ?

| 自転車は歩道 | 2013/07/13 14:28 | URL |

糖質だから

| 東郷失調症 | 2013/07/13 14:42 | URL |

このブログのさまざまな記事を見させていただいた者です。

世捨人様へ
いろいろな視点からの切り口はすばらしいと思います。
しかしながら、どんなによい意見でも行動に起こさなければ、まさに「提言」に過ぎず、何も変わらないのではないでしょうか。
たとえば、同じ考えを持った方々と署名活動を行ったり、各種報道機関などに考えをお持ちになってはいかがでしょうか。ごく限られた場所でのみの活動ではどのような立派な意見も少数派意見として、一般の方々に認めていただくには難しいのではないでしょうか。

その他多くの皆様へ
皆様の腹立ち、ごもっともだと思います。誰でも好きなもの、信じているもの、理論的に正しいものを否定されては納得がいきません。ただ、お忘れにならないでください。ジャーナリストの方はそのことに対して視点を当てる余り、そこに複雑に絡み合う側面的要因が見えなくなる方や主観的な意見が多くなる方、さまざまな意見を軽視しがちな方も少なからずいらっしゃるそうです。世捨人さまは多方面で活躍し、道路交通・交通安全に関する提言に定評がある方です。いずれ、どこかのメディアに実名で登場していただけると思います。それまで世捨人さまの記事に対するコメントを控えてるか、このブログへのアクセスを一切しないようにしましょう。本当に実力のある方ならばブログなんて場所では提言活動しませんから。

| 通りすがりの・・・ | 2013/07/13 21:14 | URL | ≫ EDIT

サイクリング禁止反対

[通りすがりの・・・]殿|2013/07/13 21:14|付へ.

>世捨人さまは多方面で活躍し,道路交通・交通安全に関する提言に定評がある方です.いずれ,どこかのメディアに実名で登場していただけると思います.それまでは世捨人さまの記事に対するコメントを控えてるか,このブログへのアクセスを一切しないようにしましょう.

このブロガー[世捨人]氏の発言には余りにも一方的で,スポーツ系自転車に対する敵意と偏見に満ちた暴論・奇論・怪論が多く,「そのとおり」と思う意見でさえも反感を招いて逆効果になっているのである.しかも誰がどのように反論しても禅問答のような返答を繰り返すのみである.

「自転車は(車道)右側通行とせよ」「逆さドロップハンドルで安全を競え」等,どこが評価できるのか.

ネットの上とはいえ,こんなイカレた論理に黙っているわけにはいかない.

| マイロネフ | 2013/07/13 22:45 | URL | ≫ EDIT

ブログ主は、ジャーナリストでもなければ、マトモな論理が通じる人でもない。
要するにこんなバカに餌を与えるな、ということですよ。

| 餌やり禁止 | 2013/07/13 23:55 | URL |

このブログでどれだけ提言しても
法改正の兆しは見えないようです。


徒花な努力に人生を費やす自分って・・・

| 世捨人 | 2013/07/15 03:05 | URL | ≫ EDIT

この世の中に無駄なことなどないですよ。

世捨人さまはこのブログを通して
「ブログで提言しても法改正の兆しは見えない」
「より多くの側面を含めて考え、提言する必要がある」
「法律は意外にもより多くの人がギリギリ納得できるラインで作られている」
ということをご自身と不特定多数の方に示したと考えることができます。そういった意味ではこのブログにも価値があったのではないでしょうか。

ブログはインターネット内に存在するのでその特性上、責任が薄くなりがちです。いくら名前を実名で載せたとしても本人と認識してもらえないで「名前をかたった偽者」とまで言われることもあります。手軽に情報が発信できる反面、その力も非常に弱いものになります。

やはり何か変えたり、良くしようとしたりするならば、労力を惜しまずに行動に移すことが大切だと私は考えます。

インターネットはまさに「机上の空論」を引き起こしやすい場所だと再認識させていただきました。
ありがとうございました。

| 通りすがりの・・・ | 2013/07/15 09:50 | URL | ≫ EDIT

通りすがりの・・・さん| 2013/07/15 09:50 |へ

>世捨人さまはこのブログを通して「法律は意外にもより多くの人がギリギリ納得できるラインで作られている」ということをご自身と不特定多数の方に示したと考えることができます。

買いかぶり過ぎです。

自転車は車道左端を通行するものであること。
傘差し自転車等は自転車が貴重な交通手段となっている地域では禁止されていないこと。
自転車の酒気帯び運転には罰則がないこと。(自転車自体がアルコール検知器となること。)
自転車(左端より)と自動車(左側より)ではトイレの順番待ちの列が異なることから、自転車の「すり抜け」は「追越し」等には該当しないこと。
自転車の「前照灯」と「尾灯・反射板」の役割が異なること。
等々、法律についての議論を広げたのは小生です。

世捨人さんは、ネット弱者の小生に議論の場を提供しているだけです。

>ブログはインターネット内に存在するのでその特性上、責任が薄くなりがちです。いくら名前を実名で載せたとしても本人と認識してもらえないで「名前をかたった偽者」とまで言われることもあります。手軽に情報が発信できる反面、その力も非常に弱いものになります。

疋田さんの掲示板で、自転車の酒気帯び運転に罰則が適用されると主張されていた「通りすがりの法律家」さんのことですかね。

>やはり何か変えたり、良くしようとしたりするならば、労力を惜しまずに行動に移すことが大切だと私は考えます。

労力だとか行動だとか、何も難しいことではありません。

自転車乗りがより良い自転車の通行環境を獲得するためには、自転車乗りの仲間を増やすことです。

自転車乗りの太宗を占めるママチャリ族と手を組むことです。
将来の自転車マニアとなる幼児用自転車乗りを育成することです。
自動車運転免許を返上し自転車に頼らざるを得ない高齢者を大切にすることです。

そして、何よりも、自らが率先して自転車に乗ること、ただそれだけです。

>インターネットはまさに「机上の空論」を引き起こしやすい場所だと再認識させていただきました。

「通りすがりの法律家」さんらが煽りまくったおかげで、ヌートリアなる小動物や電柱に激突した友人まで持ち出して「自転車で人を轢き殺せます」と主張されていたかっきーさんのことですね。

>ありがとうございました。

どういたしまして。

| と | 2013/07/15 14:48 | URL |

ロードバイクにはグリップ、ついてるじゃないですか。
ブラケットが。

| ズーク | 2013/07/15 15:48 | URL |

みんな暇だ

みんな暇だネ
最近読むのに疲れてきたョ

| みんな暇だ | 2013/07/15 22:31 | URL |

自慢、自慢♪

だって、俺様だもん♪

| と | 2013/07/16 14:53 | URL | ≫ EDIT

マイロネフさん| 2013/07/13 22:45 |へ

>「自転車は(車道)右側通行とせよ」「逆さドロップハンドルで安全を競え」等,どこが評価できるのか.

読むに値しない提言です。

放って措きましょう。

>ネットの上とはいえ,こんなイカレた論理に黙っているわけにはいかない.

頭の悪い方々のこととはいえ、通りすがりの・・・さんやJEFFさんとマイロネフさんのイカれた珍問答こそ、黙っていて上げましょう。

ああ、恥ずかしい。

ちゃん、ちゃん。

| と | 2013/07/16 19:26 | URL |

マイロネフさんへ

>ネットの上とはいえ,こんなイカレた論理に黙っているわけにはいかない.

あまり熱くならないほうがいいですよ。
このコメント欄に巣食った変オッサン同様、誰からも支持をされない意見ばかりですからw

| JEFF | 2013/07/16 19:50 | URL | ≫ EDIT

JEFFさん| 2013/07/16 19:50 |へ

>あまり熱くならないほうがいいですよ。このコメント欄に巣食った変オッサン同様、誰からも支持をされない意見ばかりですからw

小生のことかしらん?

疋田さんの掲示板やメルマガのコメント欄は閉鎖され、門岡さんの自転車社会学会や自転車なんでも相談室からは出入禁止とされている小生にとって、このコメント欄は小生を出入り禁止としない貴重な場所です。

自転車利用者の裾野を広げるためにきちんと議論出来る場所があれば、是非とも、ご紹介下さい。

ちなみに、「馬車、牛車、大八車、リヤカーから自転車まで「軽車両」は、スピードが速かろうが遅かろうが、横幅を取ろうが取るまいが、法律上も実態上も、「車道」左端を通行することが、固有の権利であり義務であるという当たり前のこと」をご理解頂いたのでしょうか?

また、「超長期的に地球規模で孫の孫の世代の先の世の中まで想像することが出来るようになれば、自転車を利用して、エコでセコで効率の良い消費をする方が、気持ち良くなり幸せになり、化石燃料枯渇や地球環境破壊等々への影響も勘案すれば、経済(成長)に与える影響も効率の良い消費の方が優れていて、地球に優しい身の丈にあった幸せを実感できるところも自転車の良い所であるということ」をご理解頂いたのでしょうか?

心配ですが、人それぞれですから、仕方ありませんね。

ちゃん、ちゃん。

| と | 2013/07/16 20:19 | URL |

もうくだらなさ過ぎて・・・

>ちなみに、「馬車、牛車、大八車、リヤカーから自転車まで「軽車両」は、スピードが速かろうが遅かろうが、横幅を取ろうが取るまいが、法律上も実態上も、「車道」左端を通行することが、固有の権利であり義務であるという当たり前のこと」をご理解頂いたのでしょうか?

それは、全く地域に関係なくあくまで法律上の話。

でも、あなたが最初に発した言葉は次の文章。

>北海道や九州などの田舎に行けば、馬車も当たり前の交通手段です。

「田舎に行けば」って、どういうことなのかな~。
法律上の話なら、日本全国、田舎でも都会でも同じ話じゃないのかな~。

| JEFF | 2013/07/16 20:54 | URL | ≫ EDIT

みなさん落ち着いてください。
ここまでの文を読んでみると世捨人さまとのやり取りがストップしています。ブログ主さま以外の方とのやり取りは別の場所でなされたほうがよろしいのではないでしょうか。

 と さま
自転車利用者の裾野を広げたいそうですね。さまざまな場から締め出されているそうで大変だと思います。きちんと議論できる場があればということなので、ぜひ、ブログをはじめることをお勧めします。ご自身で思うようにコメントや考えを発信してはいかがでしょうか。もし、共感していただける自転車乗り仲間が増やせれば、「より良い自転車の通行環境」の獲得に一歩前進するのではないでしょうか。難しいことではないですよね。労力や行動は難しくないとのことをご自身がおっしゃっていましたし、なによりもインターネット内で弱い立場の方でもブログを立ち上げることはできますから。
最後にひとつ。文を文面だけでなく、文意で捉えられるようになると、私のコメントが本当は批判の嵐であることがわかると思います。

これ以上はブログ主である世捨人さまにご迷惑であると同時に、「永遠の水掛け論」となりうることが容易に予測できるため、私はこれ以降一切の書き込みを自粛させていただきます。

ブログ主、世捨人さま
長いコメント失礼しました。このブログがいつまで残るかわかりませんが、私もいわゆる「競技用自転車乗り」です。今まではもちろん、これからも交通法規とマナーを守って走行していきます。「爆走する」競技用自転車乗りがどれほどいるかわかりませんが、「世界を変えるなら、まず自分から」という言葉がある通り、お互いに気をつけていきましょう。それだけでも少しは変わるはずです。「言うより行動」です。それでは失礼します。

| 通りすがりの・・・ | 2013/07/17 00:19 | URL | ≫ EDIT

JEFFさん| 2013/07/16 20:54 |へ

>それは、全く地域に関係なくあくまで法律上の話。でも、あなたが最初に発した言葉は次の文章。「北海道や九州などの田舎に行けば、馬車も当たり前の交通手段です。」「田舎に行けば」って、どういうことなのかな~。法律上の話なら、日本全国、田舎でも都会でも同じ話じゃないのかな~。

以下のとおり、小生と世捨人さんの議論はそもそも「全く地域に関係なくあくまでも法律上の話」です。http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-371.html

>自転車とクルマが同じ走行車線を走るのは狂気の沙汰ですね。
>>自転車は車道左端を通行するものです。
>おっしゃるとおり、法改正が必要ですね。
>>小生は、法律による自転車に対する規制強化には反対です。 自動車ドライバーの方々は、くれぐれも安全運転をお願いします。
>秩序ある自転車社会には法改正が必要との考えです。ご理解、ご協力をお願いします。
>>現行の道路交通法にあるとおり、自転車は車道左端を通行するものです。
>人力車や馬車の走行を想定してつくられた現道交法は実態にそぐわないですね。。
>>人力車や馬車は、実態上も、車道左端通行するものです。何ら問題ありません。
>実態上そぐわない規定は廃止すべきですね。
>>人力車や馬車は、実態上も法律上も車道左端しか通行出来ないでしょう。
>パレードなど、交通規制がなければ馬車は走行できない環境になっています。
>>北海道や九州などの田舎に行けば、馬車も当たり前の交通手段です。

そのやり取りの途中から以下のとおり頭の悪い方が嬉しそうに参加されただけのことです。

>(゜o゜; いったい、何年前の話をしてるんじゃろね。(JEFFさん| 2013/07/10 22:06)
>それは、北海道のどこの話?それは、九州のどこの話?適当なことを言わないで、具体的にお願いします。もしかして、富良野とかに行けば馬車が往来を行き来してるとでも思ってる??(JEFFさん| 2013/07/11 20:28)
>あ、それから・・・。必死さだけは伝わりますよ。なんとなくですけど。(JEFFさん| 2013/07/14 21:08)

「なんとなく」でも「軽車両の車道左端通行が固有の権利であり義務である」ことが伝わったのであれば、幸いです。 良かった。良かった。( と | 2013/07/14 23:37)としておりましたが、やはり、全く理解されていなかったのですね。

改めて、本当に頭の悪い人ですね。

北海道や九州だけでなく、東北でも関東でも関西でも四国・中国でも沖縄でも、馬車や牛車や大八車やリヤカーは自転車と同様に「軽車両」として、法律上も実態上も、当たり前の交通手段です。
そして、都会でも駐停車禁止の取締りが強化されたことから、宅配便業者は、手押し車(荷車)を活用しています。

「それ系のバイブル」とは何のことか分かりませんが、「軽車両」の車道左端通行は、道路交通法に書いてあるとおりです。

(定義)
第二条  この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
十一  軽車両 自転車、荷車その他人若しくは動物の力により、又は他の車両に牽引され、かつ、レールによらないで運転する車(そり及び牛馬を含む。)であつて、身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小児用の車以外のものをいう。

(左側寄り通行等)
第十八条  車両は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。

ちゃん、ちゃん。

| と | 2013/07/17 09:45 | URL |

必死なごまかしに笑えます。
泥沼状態で「頭の悪い人」連呼。
大丈夫ですよ、JEFFさん、誰がどこからどう見ても、このブログの二大頭の悪い人は、世に捨てられた人と、ときどき失業者のお方ですから。

| これでごまかしたつもり | 2013/07/17 10:08 | URL |

通りすがりの・・・さん| 2013/07/17 00:19 |へ

>みなさん落ち着いてください。ここまでの文を読んでみると世捨人さまとのやり取りがストップしています。ブログ主さま以外の方とのやり取りは別の場所でなされたほうがよろしいのではないでしょうか。

世捨人さんの提言ややり取りは、読むに値しないものです。

このブログの機能は、世捨人さんの記事をきっかけとして、(頭の悪い?)自転車乗りの皆様の勘違いや思い込みを問い質し、認識を改めるところにあります。

心の広い管理人さんは、閲覧数が増えることで十二分に満足されていることでしょう。

>自転車利用者の裾野を広げたいそうですね。さまざまな場から締め出されているそうで大変だと思います。きちんと議論できる場があればということなので、ぜひ、ブログをはじめることをお勧めします。ご自身で思うようにコメントや考えを発信してはいかがでしょうか。もし、共感していただける自転車乗り仲間が増やせれば、「より良い自転車の通行環境」の獲得に一歩前進するのではないでしょうか。難しいことではないですよね。労力や行動は難しくないとのことをご自身がおっしゃっていましたし、なによりもインターネット内で弱い立場の方でもブログを立ち上げることはできますから。

敬称をつけて丁寧にお願いされても困りものです。
労力や行動は、人それぞれ自分自身で決めることです。

>最後にひとつ。文を文面だけでなく、文意で捉えられるようになると、私のコメントが本当は批判の嵐であることがわかると思います。

負け犬の遠吠えでしかありません。

>これ以上はブログ主である世捨人さまにご迷惑であると同時に、「永遠の水掛け論」となりうることが容易に予測できるため、私はこれ以降一切の書き込みを自粛させていただきます。

疋田さんの掲示板で知ったかぶりの法律論で赤っ恥を掻いた「通りすがりの法律家」さんと同一人物だったのかどうかは、「永遠の水掛け論」になりましたね。

自粛するかどうかも、上述のとおり、労力や行動は人それぞれ自分自身で決めることです。

まあ、コテンパンに論破されて顔を出せなくなった「自転車店店員」さんや「サイクリスト」さんや「はげおやじ」さんらと一緒です。

ああ、恥ずかしい。

ちゃん、ちゃん。

| と | 2013/07/17 10:11 | URL |

これでごまかしたつもりさん| 2013/07/17 10:08 |へ

>必死なごまかしに笑えます。泥沼状態で「頭の悪い人」連呼。大丈夫ですよ、JEFFさん、誰がどこからどう見ても、このブログの二大頭の悪い人は、世に捨てられた人と、ときどき失業者のお方ですから。

「頭の悪い方」と「頭の悪い人」に使い分けています。

それぞれ、一回だけですので、「連呼」にはあたりません。

しっかり読み取って下さい。

ちゃん、ちゃん。

| と | 2013/07/17 10:19 | URL |

ちゃん、ちゃん。

これでみんなヒートアップ!!

ときどきオアゾツーキニストと呼ばれてました♪

| と | 2013/07/17 10:54 | URL | ≫ EDIT

もはや病的に思えます。

| 半狂乱の方に苦笑 | 2013/07/17 16:21 | URL |

何年か前の朝日新聞に載っていた。
これが「炎上」ってやつか!
そんでこの と とかいうやつが「ネット右翼」ってやつなんだ。

| はじめて見ました | 2013/07/17 22:25 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

ANさん

>この案はありかもしれませんね。 グリップになる事で、快適性も上がりそうですね。

快適性は犠牲にしてでも、安全運転に努めてください。

| 世捨人 | 2013/07/18 00:02 | URL |

Re: サイクリング禁止反対

マイさん

>バカげた言いがかりだ.バーテープを巻いたドロップハンドルを持ち替えるだけでそんな事故は先ず起こらない.

何が起こるかわからないのが事故の恐ろしさです。慢心せず安全運転に努めてください。

>ピスト(競輪)とロードの区別もつかないとは問題外だ.

当ブログは道交法に準拠しております。

| 世捨人 | 2013/07/18 00:02 | URL |

Re: 「ステアリングホイール」起因の事故を防げ

なにさん

身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車と、四輪の自動車を同列に扱うのは無理があります

>▼四輪自動車のシンボル、ステアリングホイール。ハンドルの形は円形で、好きな場所を握ることが出来る。「上ハンドル」や「下ハンドル」など、その時々の気分やコンディションで握る位置をコロコロ変えることができるのだ。 ▼握る位置を変えるたびに片手・手放し運転となり危険だ。また、右手は左側で左手は右側と、ただでさえ窮屈なポジションで身体をねじらせて走行する輩(やから)も出没する始末。ハンドル操作の誤りで悲惨な交通事故を誘発しかねず座視できない。 ▼そこで、競技用車両に搭載される四角いハンドル装着を義務づけみてはどうか。ママチャリやオートバイに代表される二輪車は、ハンドル両端にあるグリップを握る。最もハンドリングしやすい部分にグリップが装着されているわけだ。 ▼通常の四輪自動車にあっては、9時15分がデフォルト(標準仕様)であることは、F1マシンを見れば一目瞭然だ。スピードレスに対応できるよ う、しっかりハンドルを握ることができるのだ。いずれにせよ、旧来の丸いステアリングホイールは取り外し、四角いハンドルを装着し安全運転に努めてもらい たい。

| 世捨人 | 2013/07/18 00:03 | URL |

Re: タイトルなし

ふうさん

>「競技用自転車」に乗ったこともない人が、わかった面して何をほざいてる・・・としか思えない。

日本サイクルスポーツセンター(静岡県)では、競技用自転車はもちろん「サイクルコースター」や「サイクルUFO」などさまざまな自転車に乗ることができます。

| 世捨人 | 2013/07/18 00:04 | URL |

Re: タイトルなし

NAさん

>>その時々の気分やコンディションで握る位置をコロコロ変えることができるのだ。
>釣りだよね? こんな気まぐれなことはしてませんがねえ・・・ 大体下ハンなんて長時間握れるもんじゃないと思ってましたが違うのかな? 比較的短距離の競輪と基本長距離走るロードバイクとごっちゃにしてませんか?

ドロップハンドルは「下ハンドル」を握ることを想定して開発されています。競輪選手は下ハンドルで過酷な練習をこなしています。長時間握れないのは貴殿のポジションに問題があるかと思います。

| 世捨人 | 2013/07/18 00:05 | URL |

Re: タイトルなし


>世捨て人(笑) なんでブログとかやってんだ?

みなさまの交通安全を願ってペンを執っております。

| 世捨人 | 2013/07/18 00:06 | URL |

Re: タイトルなし

通りさん

>このブログのさまざまな記事を見させていただいた者です。

見るだけではなく、読んでいただければ幸いです。

>世捨人様へ いろいろな視点からの切り口はすばらしいと思います。 しかしながら、どんなによい意見でも行動に起こさなければ、まさに「提言」に過ぎず、何も変わらないのではないでしょうか。 たとえば、同じ考えを持った方々と署名活動を行ったり、各種報道機関などに考えをお持ちになってはいかがでしょうか。ごく限られた場所でのみの活動ではどのような立派な意見も少数派意見として、一般の方々に認めていただくには難しいのではないでしょうか。

競技用自転車の交通安全に関し、インターネットで検索すると当ブログの記事が上位にヒットします。当ブログの影響力は座視できません。草の根活動で世論を動かし法改正へつながれば幸いです。

| 世捨人 | 2013/07/18 00:08 | URL |

Re: タイトルなし

通りさん

>この世の中に無駄なことなどないですよ。 世捨人さまはこのブログを通して 「ブログで提言しても法改正の兆しは見えない」 「より多くの側面を含めて考え、提言する必要がある」 「法律は意外にもより多くの人がギリギリ納得できるラインで作られている」 ということをご自身と不特定多数の方に示したと考えることができます。そういった意味ではこのブログにも価値があったのではないでしょうか。 ブログはインターネット内に存在するのでその特性上、責任が薄くなりがちです。いくら名前を実名で載せたとしても本人と認識してもらえないで「名前をかたった偽者」とまで言われることもあります。手軽に情報が発信できる反面、その力も非常に弱いものになります。 やはり何か変えたり、良くしようとしたりするならば、労力を惜しまずに行動に移すことが大切だと私は考えます。インターネットはまさに「机上の空論」を引き起こしやすい場所だと再認識させていただきました。 ありがとうございました。

インターネットで競技用自転車の交通安全に関する検索をすると、当ブログの記事が上位にヒットします。
国や地方自治体関係者は、自転車政策の規格・立案にあたり、当ブログの提言を参考にしていることでしょう。

| 世捨人 | 2013/07/18 00:12 | URL |

Re: タイトルなし

ズーさん

>ロードバイクにはグリップ、ついてるじゃないですか。 ブラケットが。

いずれにせよ、片手・手放し運転を招くバーテープは取り外してください。

| 世捨人 | 2013/07/18 00:13 | URL |

Re: タイトルなし

通りさん

>みなさん落ち着いてください。 ここまでの文を読んでみると世捨人さまとのやり取りがストップしています。ブログ主さま以外の方とのやり取りは別の場所でなされたほうがよろしいのではないでしょうか。

「新・自転車ツーキニストのための掲示板」を開設しました。
http://38moto.bbs.fc2.com/
 
>これ以上はブログ主である世捨人さまにご迷惑であると同時に、「永遠の水掛け論」となりうることが容易に予測できるため、私はこれ以降一切の書き込みを自粛させていただきます。

旧ときさんについては、当ブログから卒業できる知的水準に達していませんので、しばらく面倒をみる必要があります。


>ブログ主、世捨人さま 長いコメント失礼しました。このブログがいつまで残るかわかりませんが、私もいわゆる「競技用自転車乗り」です。今まではもちろん、これからも交通法規とマナーを守って走行していきます。「爆走する」競技用自転車乗りがどれほどいるかわかりませんが、「世界を変えるなら、まず自分から」という言葉がある通り、お互いに気をつけていきましょう。それだけでも少しは変わるはずです。「言うより行動」です。それでは失礼します。

競技用自転車が公道の安全・安心をおびやかしている存在であることに気づいてください。そして、競技用自転車に乗らないという勇気をもってください。

| 世捨人 | 2013/07/18 00:21 | URL |

Re: タイトルなし

はじさん

> 何年か前の朝日新聞に載っていた。これが「炎上」ってやつか! そんでこの と とかいうやつが「ネット右翼」ってやつなんだ。

そうかもしれませんね。

| 世捨人 | 2013/07/18 00:27 | URL |

長い言い訳を読むのも疲れるね

けっきょく、「田舎に行けば」の意味は答えられないのねw

| JEFF | 2013/07/18 21:05 | URL | ≫ EDIT

きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?きちがい?

| 世捨て人 | 2013/07/18 23:08 | URL |

JEFFさん| 2013/07/18 21:05 |へ

>けっきょく、「田舎に行けば」の意味は答えられないのねw

田舎に行けば=馬車が利用されているところに行けば≒農耕用の馬が飼育されているところに行けば

馬車は車道左側通行です。

ちゃん、ちゃん。

| オアゾ | 2013/07/19 09:09 | URL |

>北海道や九州などの田舎に行けば、馬車も当たり前の交通手段です。

当たり前の交通手段だそうですwww

| 同じレベル | 2013/07/19 09:51 | URL |

バーテープが巻かれていようがいまいがドロップバーのハンドルの形状、上を握る事もできるし、下も握る事ができるのでは。 
握るところが決まっているママチャリだって傘差し運転や電話しながら運転で片手運転をしている奴らもいる。 結局グリップの位置だって関係ないのでは。  

>競技用自転車が公道の安全・安心をおびやかしている存在であることに気づいてください。そして、競技用自転車に乗らないという勇気をもってください。
高校生やおばちゃんのママチャリの逆走、手放し、信号無視、
飛び出しの方が普段運転していてひやっとすることが競技自転車よりも多いです。 競技自転車の方がまだ絶対数少ないので目立つかもしれません。 

ジャーナリストと名乗るのであれば、もう少し公平に物事をみて書くべきでは。 あと、裏付けがあまりもなさ過ぎます。

| ??? | 2013/07/19 14:42 | URL |

写真は、ブレーキあり載せようよ

| 自転車は歩道 | 2013/07/19 15:12 | URL |

【ロードバイクの手放し運転について】
ツールのゴールシーンをみれば、両手で万歳をしながら走っている選手の映像がよく流れていますね。こういうのを見ると、ロードバイクは簡単に手放しできるように思うかも知れませんが、そういうことはありません。

もう一回写真をよく見てください。どの選手も手を挙げるとき、上半身を直立させていることが分かるはずです。そう。前傾姿勢のまま両手を放すことはできないんです。

翻って、街中を通る自転車を観察してみてください。両手を放して走行してる人は、稀にですけど、いますね。大抵がママチャリか、それに近い、直立して乗るタイプの自転車のはずです。普段からロードバイクに手を放して乗ってる人っていうのは、私は見たことがないですね。たった1人たりとも。

ですから、「手放し運転を助長している」のは直立姿勢で漕ぐ自転車で、むしろロードバイクは手放し運転を防止するとさえ言えると思います。同様に携帯を操作しながらの運転も、傘をさしながらの運転も、ママチャリによって助長されています。

だったら、ママチャリを規制すべきですか?

【バーテープについて】
下ハンとブラケットで操作するのが基本ですね(それ以外のポジションは変速機やブレーキを操作できないので、補助的に使うのがふつうです)。持ち替える時に片手運転になるというのであれば、多くの自転車用のライトや、一部のベルは手を離さないと操作できないようにできています。

これらは販売中止にすべきなんですか?


★バーテープだけやり玉に挙げる理由はなんですか?


【日本の交通実態における軽車両について】
馬車は見かけることはほとんどないですけど、鎌倉に行けば当たり前に人力車が走っています。専用の人力車道があるの?!って驚かれるかも知れませんが、古い街で道路にもそんな余裕なんてありません。当たり前に、車道の左端を走っていますね。嘘だと思ったら、鎌倉に来てみてください。

一般論で言えば、クルマと自転車の車道走行は両立します。ただ、これは一般論であって、総ての道路で安全性が確保されている、という訳では現状ないとは思います。

長くなってしまった。

| ズーク | 2013/07/19 18:53 | URL |

ズークさん| 2013/07/19 18:53 |へ

>普段からロードバイクに手を放して乗ってる人っていうのは、私は見たことがないですね。たった1人たりとも。

本当ですか?

小生は、ロードバイクでも、結構、両手放しをやりますよ。
前傾の同じ姿勢を長時間やっていると疲れますので、ときどき、直立の姿勢になって肩や首のほぐします。

普通のことでしょう。

| オアゾ | 2013/07/19 20:32 | URL |

サイクリング禁止反対

[オアゾ]殿|2013/07/19 20:32|付へ.

>小生は,ロードバイクでも,結構,両手放しをやりますよ.
前傾の同じ姿勢を長時間やっていると疲れますので,ときどき,直立の姿勢になって肩や首の(筋肉を)ほぐします.

普通のことでしょう.

そういう時のストレッチングは,自転車を止めて行うのが適切である.走りながらではとっさの事態に対応できず,それこそ[世捨人]氏の思うツボである.


| マイロネフ | 2013/07/19 21:15 | URL | ≫ EDIT

一般道でですか?少なくとも、一般道で車道左端を走っているロードバイクに関しては見たことないですね。

まぁ、そう言うんでしたら、こんど探してみますね。

| ズーク | 2013/07/19 21:15 | URL |

>田舎に行けば=馬車が利用されているところに行けば≒農耕用の馬が飼育されているところに行けば

ニアリーイコールがなんとも情けないですね。

元の文章はこれです。

>北海道や九州などの田舎に行けば、馬車も当たり前の交通手段です。

とりあえず代入してみますか・・・。

>北海道や九州などの馬車が利用されているところに行けば、馬車も当たり前の交通手段です。

馬車が利用されているところに行けば馬車が当たり前って、なんだかバカみたいな文章ですね。

じゃ、次はニアリーの方で。

>北海道や九州などの農耕用の馬が飼育されているところに行けば、馬車も当たり前の交通手段です。

で、それはどこなんですか?

| JEFF | 2013/07/20 03:05 | URL | ≫ EDIT

JEFFさん| 2013/07/20 03:05 |へ

>ニアリーイコールがなんとも情けないですね。
>元の文章はこれです。「北海道や九州などの田舎に行けば、馬車も当たり前の交通手段です。」とりあえず代入してみますか・・・。
>北海道や九州などの馬車が利用されているところに行けば、馬車も当たり前の交通手段です。馬車が利用されているところに行けば馬車が当たり前って、なんだかバカみたいな文章ですね。
>じゃ、次はニアリーの方で。北海道や九州などの農耕用の馬が飼育されているところに行けば、馬車も当たり前の交通手段です。で、それはどこなんですか?

農耕用の馬が飼育されているところです。

ちゃん、ちゃん。

| オアゾ | 2013/07/20 13:18 | URL |

ズークさん| 2013/07/19 21:15 |へ

>一般道でですか?少なくとも、一般道で車道左端を走っているロードバイクに関しては見たことないですね。まぁ、そう言うんでしたら、こんど探してみますね。

都心部の片側3~4車線ある幹線道路の第一通行帯を自転車が独り占めできる休日の昼間や平日早朝(7時前)にはときどき(?)見かける光景ですよ。
北海道や九州の田舎で車道左端を通行する馬車や牛車を見かけるよりも頻度は多いことでしょう。(笑)

自動車ドライバーがシートベルトに固定されながらも、ときどきハンドルの持ち手を変えることと、何ら変わりません。

前後左右の安全を確認した上で、ゆとりをもったスピードであれば、あとは自転車乗り一人一人が決めることです。

自転車乗りだけが、両手放しは禁止だとか、酒気帯び・携帯ながら・傘差しは危険だとか、言われる筋合いはありませんし、自転車乗りだけが、やたら潔癖症になることもありません。

結果責任を踏まえた上での、自転車乗り・自動車ドライバー、それぞれの判断です。

| オアゾ | 2013/07/20 13:32 | URL |

マイロネフさん| 2013/07/19 21:15 |へ

>そういう時のストレッチングは,自転車を止めて行うのが適切である.走りながらではとっさの事態に対応できず,それこそ[世捨人]氏の思うツボである.

あるべき姿、求められる水準、責任の範囲について、潔癖症というか狭量というか、小事に拘り過ぎです。

ほとんど、ズークさん| 2013/07/19 21:15 |への回答のとおりですが、付け加えるとすれば、程度問題、誤差の範囲、各々の自己責任の範囲だということです。

自動車ドライバーが眠気を感じたり、背伸びをしたくなった場合は、サービスエリアやコンビニに寄るでしょう。

自転車乗りもアキレス腱を伸ばしたくなったり、汗を拭きたくなったら、仰るとおり道路脇に停止したり、コンビニに寄ったり、歩道に上がったりするでしょう。

一方、「上ハンドル」や「下ハンドル」など、その時々の気分やコンディションで握る位置を(コロコロ?)変えることやお尻の位置を微妙に変えることで軽くストレッチングすることもあります。

両手放しで肩や首のほぐするのは、道路を独り占め出来る解放感を味わえるような状況で、十二分に前後左右の安全を確認した上でのことです。

対応出来ないとっさの事態が発生するのは、漫然と前方不注視となっているときです。

なお、小生は、世捨人さんのことなど全く眼中にありません。読む価値のないものは目に入らないだけで、前方不注視ではありませんので、ご心配なく。

ちゃん、ちゃん。

| オアゾ | 2013/07/20 14:12 | URL |

>北海道や九州などの田舎に行けば、馬車も当たり前の交通手段です。

当たり前の交通手段だそうですwww
どこの世界の北海道や九州なのかな〜???wwwwwww

| 世捨てられ人と同じレベルのオアゾ君ってばwww | 2013/07/20 17:23 | URL |

世捨てられ人と同じレベルのオアゾ君ってばwww さん| 2013/07/20 17:23 |へ

>>北海道や九州などの田舎に行けば、馬車も当たり前の交通手段です。
>当たり前の交通手段だそうですwww どこの世界の北海道や九州なのかな〜???wwwwwww

パレードなど交通規制がなくても、車道左端を通行することとされているという意味で、極々当たり前の交通手段です。

両手放し自転車を見かけるかどうかと同様に、「頻度」の問題ではありません。

いい加減にご理解下さい。

| オアゾ | 2013/07/22 08:42 | URL |

く、く、くるしいゴマカシだなーwwwww
ご理解できる輩(やから)なんて、皆無だよwwwwwwww

間違いは間違いと認めなよ。
でないと、お前は永遠に、世捨人と同レベルwwwの、頭の悪い人!wwwwww

>>北海道や九州などの田舎に行けば、馬車も当たり前の交通手段です。
>当たり前の交通手段だそうですwww どこの世界の北海道や九州なのかな〜???wwwwwww

| 世捨てられ人と同じレベルのオアゾ君ってばwww | 2013/07/22 09:17 | URL |

オアゾ涙目〜w

ああ、恥ずかしい。

ちゃん、ちゃん。

| 通りすがりの致傷ウォッチャー | 2013/07/22 09:22 | URL |

Re: タイトルなし

??さん

>バーテープが巻かれていようがいまいがドロップバーのハンドルの形状、上を握る事もできるし、下も握る事ができるのでは。握るところが決まっているママチャリだって傘差し運転や電話しながら運転で片手運転をしている奴らもいる。 結局グリップの位置だって関係ないのでは。  

競技用自転車乗りについては、時速30キロ超の猛スピードで片手・手放し運転となるわけで、危険極まりありません。

>>競技用自転車が公道の安全・安心をおびやかしている存在であることに気づいてください。そして、競技用自転車に乗らないという勇気をもってください。
>高校生やおばちゃんのママチャリの逆走、手放し、信号無視、 飛び出しの方が普段運転していてひやっとすることが競技自転車よりも多いです。 競技自転車の方がまだ絶対数少ないので目立つかもしれません。 
>ジャーナリストと名乗るのであれば、もう少し公平に物事をみて書くべきでは。 あと、裏付けがあまりもなさ過ぎます。

いずれにせよ、スピードレースに準じた爆走を繰り広げる競技用自転車乗りが、公道の安全・安心をおびやかしている現実を直視してください。

| 世捨人 | 2013/07/24 00:09 | URL |

Re: タイトルなし

>写真は、ブレーキあり載せようよ

ブレーキの問題ではありません。しっかり議論についてきてください。

| 世捨人 | 2013/07/24 00:11 | URL |

Re: タイトルなし

ズーさん


>【ロードバイクの手放し運転について】 ツールのゴールシーンをみれば、両手で万歳をしながら走っている選手の映像がよく流れていますね。こういうのを見ると、ロードバイクは簡単に手放しできるように思うかも知れませんが、そういうことはありません。

両手でなく、「片手」手放し運転を問題視しております。

>もう一回写真をよく見てください。どの選手も手を挙げるとき、上半身を直立させていることが分かるはずです。そう。前傾姿勢のまま両手を放すことはできないんです。

「片手」手放し運転は、きつい前傾姿勢のままでもできるようです。

>翻って、街中を通る自転車を観察してみてください。両手を放して走行してる人は、稀にですけど、いますね。大抵がママチャリか、それに近い、直立 して乗るタイプの自転車のはずです。普段からロードバイクに手を放して乗ってる人っていうのは、私は見たことがないですね。たった1人たりとも。

「競技用自転車乗りの背筋(せすじ)伸ばしを禁止せよ」で目撃しました。
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-358.html

>ですから、「手放し運転を助長している」のは直立姿勢で漕ぐ自転車で、むしろロードバイクは手放し運転を防止するとさえ言えると思います。同様に携帯を操作しながらの運転も、傘をさしながらの運転も、ママチャリによって助長されています。
>だったら、ママチャリを規制すべきですか?

競技用自転車の規制が先決です。

>【バーテープについて】下ハンとブラケットで操作するのが基本ですね(それ以外のポジションは変速機やブレーキを操作できないので、補助的に使うのがふつうです)。持ち 替える時に片手運転になるというのであれば、多くの自転車用のライトや、一部のベルは手を離さないと操作できないようにできています。 これらは販売中止にすべきなんですか? ★バーテープだけやり玉に挙げる理由はなんですか?

ベルは左ハンドルを握りながら鳴らせる位置に取り付けるものなので、操作できないのであれば自転車店に過失があるでしょう。

>【日本の交通実態における軽車両について】 馬車は見かけることはほとんどないですけど、鎌倉に行けば当たり前に人力車が走っています。専用の人力車道があるの?!って驚かれるかも知れませ んが、古い街で道路にもそんな余裕なんてありません。当たり前に、車道の左端を走っていますね。嘘だと思ったら、鎌倉に来てみてください。

道交法は観光地など一部の都市にだけ適用されるものではありません。

>一般論で言えば、クルマと自転車の車道走行は両立します。ただ、これは一般論であって、総ての道路で安全性が確保されている、という訳では現状ないとは思います。

ヘルメット着用や方向指示器など原付バイクに準じた法整備が必要ですが、クルマと速度差のある人力の自転車が車道を走行することによって交通の円滑が阻害されることを考えると、お引き取り願いたいです。

>長くなってしまった。

謝罪を要求します。

| 世捨人 | 2013/07/24 00:18 | URL |

バーテープどころじゃないですよ。 もっと重要なことに気づいてしまいました。 必然的に片手運転になる手信号はどうなんでしょうかね? こっちは法律で決められているんですよね。
バーテープうんぬんよりそっちの法の矛盾点に関しては、これまでも一回も話題にも上がってないようですが。。。
白い手袋うんぬんほざいている場合じゃない気がしますが? その記事で片手運転の危険性も訴えるべきではないのでしょうか?

スポーツ自転車のあなたに何を言ってもしょうがないですが、絶対数の多いママチャリからの規制の方が事故の割合は減るのでは? 

| ??? | 2013/07/24 17:42 | URL |

世捨人さん| 2013/07/24 00:18 |へ

>>【日本の交通実態における軽車両について】 馬車は見かけることはほとんどないですけど、鎌倉に行けば当たり前に人力車が走っています。専用の人力車道があるの?!って驚かれるかも知れませ んが、古い街で道路にもそんな余裕なんてありません。当たり前に、車道の左端を走っていますね。嘘だと思ったら、鎌倉に来てみてください。
>道交法は観光地など一部の都市にだけ適用されるものではありません。

これは逆でしょう。

反論になってません。

道路交通法は、観光地など一部の都市だけでなく全国に適用されるものだからこそ、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、道路交通法で定められているとおり当たり前に車道左端を通行することとなります。

そして、鎌倉の観光地などの一部の都市にも当たり前に適用されるのです。

完勝。

で、宜しいですよね。JEFFさん??

ちゃん、ちゃん。

| オ | 2013/07/24 18:01 | URL |

く、く、くるしいゴマカシだなーwwwww
ご理解できる輩(やから)なんて、皆無だよwwwwwwww

間違いは間違いと認めなよ。
でないと、お前は永遠に、世捨人と同レベルwwwの、頭の悪い人!wwwwww

>>北海道や九州などの田舎に行けば、馬車も当たり前の交通手段です。
>当たり前の交通手段だそうですwww どこの世界の北海道や九州なのかな〜???wwwwwww
| 世捨てられ人と同じレベルのオアゾ君ってばwww | 2013/07/22 09:17 | URL |

オアゾ涙目〜w

ああ、恥ずかしい。

ちゃん、ちゃん。
| 通りすがりの致傷ウォッチャー | 2013/07/22 09:22 | URL |

| 同じレベルで陳馬の蹴り合いwww | 2013/07/24 20:42 | URL |

農耕用?

うけるww。

| JEFF | 2013/07/24 21:15 | URL | ≫ EDIT

JEFFさん| 2013/07/24 21:15 |へ

>農耕用?うけるww。

以下のとおり、決着済みです。
大丈夫ですか?
もしかしたら、今回のJEFFさんは偽物かな?
どっちでも大差ないけど。
ちゃん、ちゃん。
・・・・・・・・・・
けっきょく、「田舎に行けば」の意味は答えられないのねw(JEFFさん| 2013/07/18 21:05)
田舎に行けば=馬車が利用されているところに行けば≒農耕用の馬が飼育されているところに行けば 馬車は車道左側通行です。ちゃん、ちゃん。(オアゾ | 2013/07/19 09:09)
ニアリーイコールがなんとも情けないですね。元の文章はこれです。・・・じゃ、次はニアリーの方で。北海道や九州などの農耕用の馬が飼育されているところに行けば、馬車も当たり前の交通手段です。で、それはどこなんですか?(JEFF | 2013/07/20 03:05)
農耕用の馬が飼育されているところです。ちゃん、ちゃん。(オアゾ | 2013/07/20 13:18)

| オ | 2013/07/25 15:38 | URL |

く、く、くるしいゴマカシだなーwwwwwwwwwww

間違いは間違いと認めなよ。
でないと、お前は永遠に、世捨人と同レベルwwwの、頭の悪い人!wwwwww

>>北海道や九州などの田舎に行けば、馬車も当たり前の交通手段です。

>当たり前の交通手段だそうですwww
どこの世界の北海道や九州なのかな〜???wwwwwww

| 世捨てられ人と同じレベルのオアゾ君ってばwww | 2013/07/22 09:17 | URL |

オアゾ涙目〜w

ああ、恥ずかしい。

ちゃん、ちゃん。

| 通りすがりの致傷ウォッチャー | 2013/07/22 09:22 | URL |

| 致傷ウォッチャー | 2013/07/25 22:57 | URL |

よほど悔しかったのか、どうしても決着済みにしたいようですね。

農耕用の馬や牛が飼育されているところってあるの?
そこに行けば当たり前の交通手段ってことは、逆に言うといまや馬車は当たり前の交通手段ではないってことかな?

| JEFF | 2013/07/25 23:26 | URL | ≫ EDIT

キーボードを叩く指がプルプル震えているそうですw
「馬車」という言葉がトラウマになってしまうかもしれませんww

| 致傷ウォッチャー | 2013/07/26 06:06 | URL |

JEFFさん| 2013/07/25 23:26 |へ

>よほど悔しかったのか、どうしても決着済みにしたいようですね。

やはり、本物のJEFFさんだったようですね。
決着済みだと思いますが、頭の悪い方々の理解が進まないのであれば、何度でも粘り強くご説明するしかありませんね。

>農耕用の馬や牛が飼育されているところってあるの?そこに行けば当たり前の交通手段ってことは、逆に言うといまや馬車は当たり前の交通手段ではないってことかな?

頻度ということであれば、現在、農耕用の馬や牛が飼育されているところは滅多にないでしょう。
しかし、農耕用の馬や牛が飼育されているところで、馬や牛に荷車をひかせて馬車や牛車として利用(移動)する場合には、道路交通法上は、軽車両として、当たり前に、車道左端を通行することになります。

以下、JEFFさん| 2013/07/16 20:54 |への2013/07/17 09:45付の小生の回答を改めて掲載します。

以下のとおり、小生と世捨人さんの議論はそもそも「全く地域に関係なくあくまでも法律上の話」です。http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-371.html

>自転車とクルマが同じ走行車線を走るのは狂気の沙汰ですね。
>>自転車は車道左端を通行するものです。
>おっしゃるとおり、法改正が必要ですね。
>>小生は、法律による自転車に対する規制強化には反対です。 自動車ドライバーの方々は、くれぐれも安全運転をお願いします。
>秩序ある自転車社会には法改正が必要との考えです。ご理解、ご協力をお願いします。
>>現行の道路交通法にあるとおり、自転車は車道左端を通行するものです。
>人力車や馬車の走行を想定してつくられた現道交法は実態にそぐわないですね。。
>>人力車や馬車は、実態上も、車道左端通行するものです。何ら問題ありません。
>実態上そぐわない規定は廃止すべきですね。
>>人力車や馬車は、実態上も法律上も車道左端しか通行出来ないでしょう。
>パレードなど、交通規制がなければ馬車は走行できない環境になっています。
>>北海道や九州などの田舎に行けば、馬車も当たり前の交通手段です。

そのやり取りの途中から以下のとおり頭の悪い方が嬉しそうに参加されただけのことです。

>(゜o゜; いったい、何年前の話をしてるんじゃろね。(JEFFさん| 2013/07/10 22:06)
>それは、北海道のどこの話?それは、九州のどこの話?適当なことを言わないで、具体的にお願いします。もしかして、富良野とかに行けば馬車が往来を行き来してるとでも思ってる??(JEFFさん| 2013/07/11 20:28)
>あ、それから・・・。必死さだけは伝わりますよ。なんとなくですけど。(JEFFさん| 2013/07/14 21:08)

「なんとなく」でも「軽車両の車道左端通行が固有の権利であり義務である」ことが伝わったのであれば、幸いです。 良かった。良かった。( と | 2013/07/14 23:37)としておりましたが、やはり、全く理解されていなかったのですね。

改めて、本当に頭の悪い人ですね。

北海道や九州だけでなく、東北でも関東でも関西でも四国・中国でも沖縄でも、馬車や牛車や大八車やリヤカーは自転車と同様に「軽車両」として、法律上も実態上も、当たり前の交通手段です。
そして、都会でも駐停車禁止の取締りが強化されたことから、宅配便業者は、手押し車(荷車)を活用しています。

| オ | 2013/07/26 09:04 | URL |

げらげらげらwww
く、く、くるしいゴマカシだなーwwwwwwwwwww

間違いは間違いと認めなよ。
でないと、お前は永遠に、世捨人と同レベルwwwの、頭の悪い人!wwwwww

>>北海道や九州などの田舎に行けば、馬車も当たり前の交通手段です。

>当たり前の交通手段www
>どこの世界の北海道や九州なのかな〜???wwwwwww

| 世捨てられ人と同じレベルのオアゾ君ってばwww | 2013/07/22 09:17 | URL |

オアゾ涙目〜w

頭の悪い人ですねw

ああ、恥ずかしい。

ちゃん、ちゃん。

| 通りすがりの致傷ウォッチャー | 2013/07/22 09:22 | URL |

| 致傷ウォッチャー | 2013/07/26 10:05 | URL |

やっと、北海道や九州の田舎でもあたりまえの交通手段ではないことをお認めいただいたようでなによりですw

| JEFF | 2013/07/26 18:55 | URL | ≫ EDIT

JEFFさん| 2013/07/26 18:55 |へ

>やっと、北海道や九州の田舎でもあたりまえの交通手段ではないことをお認めいただいたようでなによりですw

頻度で言えば、滅多にないというだけで、馬車も牛車も当たり前の交通手段ですよ。

本当に頭の悪い方ですね。

世捨人さんが必死で仕事で使うドライブレコーダーを駆使して取材されていますので、競技用自転車乗りの悪行三昧のスクープ(?)画像が集められていますが、頻度で言えば競技用自転車なんて極々少数派です。
馬車や牛車と目くそ鼻くそレベルですよ。

しかも40キロ超のスピードで爆走練習している目立ちたがり屋なんて、塵や滓みたいなものです。

それでも、自転車であるということで軽車両として車道左端を通行させて頂いているし、固有の速度制限もないし、歩道を通行することも出来るということが、法律上、認められているのです。

法律上の位置づけは、自転車乗りの大多数を占めるママチャリ族に守ってもらっている立場であり、絶滅危惧種とも言える牛車や馬車と同じであるということをご理解下さい。

牛車や馬車が当たり前の交通手段であることをご理解いただけないのであれば、競技用自転車を当たり前の交通手段として世の中に理解させることも難しくなります。

あなたはどっちを向いて発言されているのですか?
しっかりして下さい。





ちゃん、ちゃん。

| と | 2013/07/27 01:27 | URL |

JEFFさん| 2013/07/26 18:55 |へ

>やっと、北海道や九州の田舎でもあたりまえの交通手段ではないことをお認めいただいたようでなによりですw

頻度で言えば、滅多にないというだけで、馬車も牛車も当たり前の交通手段ですよ。

本当に頭の悪い方ですね。

世捨人さんが必死で仕事で使うドライブレコーダーを駆使して取材されていますので、競技用自転車乗りの悪行三昧のスクープ(?)画像が集められていますが、頻度で言えば競技用自転車なんて極々少数派です。
馬車や牛車と目くそ鼻くそレベルですよ。

しかも40キロ超のスピードで爆走練習している目立ちたがり屋なんて、塵や滓みたいなものです。

それでも、自転車であるということで軽車両として車道左端を通行させて頂いているし、固有の速度制限もないし、歩道を通行することも出来るということが、法律上、認められているのです。

法律上の位置づけは、自転車乗りの大多数を占めるママチャリ族に守ってもらっている立場であり、絶滅危惧種とも言える牛車や馬車と同じであるということをご理解下さい。

牛車や馬車が当たり前の交通手段であることをご理解いただけないのであれば、競技用自転車を当たり前の交通手段として世の中に理解させることも難しくなります。

あなたはどっちを向いて発言されているのですか?
しっかりして下さい。





ちゃん、ちゃん。

| お | 2013/07/27 01:28 | URL |

げらげらげらげらwww
く、く、くるしいゴマカシだなーwwwwwwwwwww

間違いは間違いと認めなよ。
でないと、お前は永遠に、世捨人と同レベルwwwの、頭の悪い人!wwwwww

>>北海道や九州などの田舎に行けば、馬車も当たり前の交通手段です。

>当たり前の交通手段www
>どこの世界の北海道や九州なのかな〜???wwwwwww

| 世捨てられ人と同じレベルのオアゾ君ってばwww | 2013/07/22 09:17 | URL |

オアゾ涙目〜w

頭の悪い人ですねw

ああ、恥ずかしい。

ちゃん、ちゃん。

| 通りすがりの致傷ウォッチャー | 2013/07/22 09:22 | URL |

| 致傷ウォッチャー | 2013/07/27 03:48 | URL |

いつも楽しい解説ありがとうございます。


>北海道や九州などの田舎に行けば、馬車も当たり前の交通手段です。


>北海道や九州だけでなく、東北でも関東でも関西でも四国・中国でも沖縄でも、馬車や牛車や大八車やリヤカーは自転車と同様に「軽車両」として、法律上も実態上も、当たり前の交通手段です。


読めば読むほど矛盾してますなw
同じ人間が発した文章とは思えませんな。

| JEFF | 2013/07/27 05:07 | URL | ≫ EDIT

JEFFさん| 2013/07/27 05:07 |へ

>いつも楽しい解説ありがとうございます。

幼い子供たちに、学ぶこと、理解することの楽しさを伝える父親として当たり前の努力の結果です。


>読めば読むほど矛盾してますなw 

文脈から省略していた行間を敷衍しただけのことです。矛盾はないでしょう。

負け犬の遠吠えですね。

矛盾を感じられるということであれば、具体的にご指摘下さい。


>同じ人間が発した文章とは思えませんな。

「なりすまし」の疑惑をかけることで誤魔化そうとしても無駄ですよ。
「お」も「と」も「オ」も小生です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/07/27 13:16 | URL |

>文脈から省略していた行間を敷衍しただけのことです。矛盾はないでしょう。

何を省略して、どう敷衍したのかなぁ?
その説明なしに「矛盾はない」はありえな~いw

あ~、楽な指摘だな~。
はい、苦しい説明をどうぞw

| JEFF | 2013/07/27 22:40 | URL | ≫ EDIT

あ、それと・・・

>「なりすまし」の疑惑をかけることで誤魔化そうとしても無駄ですよ。
>「お」も「と」も「オ」も小生です。

誰もなりすましの疑惑なんてかけようと思ってませんよ。
なりすましで別人が発した言葉なら、矛盾があったとしても問題にする意味がありませんよね。

頭悪いのは誰なんでしょうかね、ホントに。

| JEFF | 2013/07/27 22:51 | URL | ≫ EDIT

げらげらげらげらげらwww
今日まで書き込み制限されてたよ
ナンデカナーwナンデカナーw
もしかして、同一人物自作自演ということなのかなーwww

それにしても、くるしいくるしいゴマカシですねーwwwwwwwwwww

間違いは間違いと認めなよ。
でないと、お前は永遠に、世捨人と同レベルwwwの、頭の悪い人!wwwwww

>>北海道や九州などの田舎に行けば、馬車も当たり前の交通手段です。

>当たり前の交通手段www
>どこの世界の北海道や九州なのかな〜???wwwwwww

| 世捨てられ人と同じレベルのオアゾ君ってばwww | 2013/07/22 09:17 | URL |

オアゾ涙目〜w

頭の悪い人ですねw

ああ、恥ずかしい。

ちゃん、ちゃん。

| 通りすがりの致傷ウォッチャー | 2013/07/22 09:22 | URL |

| 致傷ウォッチャー | 2013/07/28 07:18 | URL |

JEFFさん| 2013/07/27 22:40 |へ

>何を省略して、どう敷衍したのかなぁ?その説明なしに「矛盾はない」はありえな~いw

北海道や九州などの田舎に行けば、馬車も当たり前の交通手段です。

北海道や九州だけでなく、東北でも関東でも関西でも四国・中国でも沖縄でも、馬車や牛車や大八車やリヤカーは自転車と同様に「軽車両」として、法律上も実態上も、当たり前の交通手段です。

北海道や九州などの(全国各地の農耕用の牛や馬が飼育されている)田舎に行けば、馬車も(牛車や大八車やリヤカーや自転車と同様に、法律上も実態上も)当たり前の交通手段です。
何ら矛盾などありません。

>あ~、楽な指摘だな~。 はい、苦しい説明をどうぞw

「読めば読むほど矛盾してますなw」ということでしたが、理解が出来ないということは、まだまだ読みが足りないということでしょう。
しっかり読み込んで下さい。

| オ | 2013/07/29 14:27 | URL |

JEFFさん| 2013/07/27 22:51 |へ

>誰もなりすましの疑惑なんてかけようと思ってませんよ。なりすましで別人が発した言葉なら、矛盾があったとしても問題にする意味がありませんよね。頭悪いのは誰なんでしょうかね、ホントに。

頭の悪い方々のレベルに合わせて、行間の言葉を足してあげただけのことです。

折角の機会ですから、同じことを、言葉を代えて、何度でも説明しているものです。

馬車も牛車も大八車も人力車もリヤカーも、何にも突飛なことも違和感もない当たり前の普通の交通手段(移動手段、物資運搬手段)です。
パレードのような交通規制を行わなくても、当たり前に、車道左端を通行するものですし、通行しなければなりません。

世の中は常に移ろうものですから、世捨人さんの主張されるとおり、法律と実態の乖離は必ず生じます。

しかしながら、馬車も牛車も大八車もリヤカーも自転車も乳母車も手押し車も、飼育数や見かける頻度、利用する頻度が減ったとしても、移動手段、物資運搬手段として利用する際には、軽車両として車道左端を通行しなければならない極々当たり前の交通手段です。

北海道や九州の田舎や、鎌倉のような観光地で様々な軽車両を見かけるということは、軽車両に関する道路交通法と道路環境の実態の間には、実態上そぐわないとして規定を廃止しなければならない程の乖離はないということです。

ちゃんちゃん。

しっかりして下さい。

| オ | 2013/07/29 14:59 | URL |

げらげらげらげらげらげらげらwww
く、く、くるしいゴマカシだなーwwwwwwwwwww

間違いは間違いと認めなよ。
でないと、お前は永遠に、世捨人と同レベルwwwの、頭の悪い人!wwwwww

>>北海道や九州などの田舎に行けば、馬車も当たり前の交通手段です。

>当たり前の交通手段www
>どこの世界の北海道や九州なのかな〜???wwwwwww

| 世捨てられ人と同じレベルのオアゾ君ってばwww | 2013/07/22 09:17 | URL |

オアゾ涙目〜w

頭の悪い人ですねw

ああ、恥ずかしい。

ちゃん、ちゃん。

| 通りすがりの致傷ウォッチャー | 2013/07/22 09:22 | URL |

| 致傷ウォッチャー | 2013/07/29 17:14 | URL |

なりすまし疑惑の話をさけて、論点をずらしましたね。

| JEFF | 2013/07/29 22:31 | URL | ≫ EDIT

JEFFさん| 2013/07/29 22:31 |へ

>なりすまし疑惑の話をさけて、論点をずらしましたね。

「同じ人間が発した文章とは思えませんな。」ということでしたので、

「馬車も牛車も大八車もリヤカーも自転車も乳母車も手押し車も、飼育数や見かける頻度、利用する頻度が減ったとしても、移動手段、物資運搬手段として利用する際には、軽車両として車道左端を通行しなければならない極々当たり前の交通手段です。
北海道や九州の田舎や、鎌倉のような観光地で様々な軽車両を見かけるということは、軽車両に関する道路交通法と道路環境の実態の間には、実態上そぐわないとして規定を廃止しなければならない程の乖離はないということです。」

が理解出来れば、「同じ人間が発した文章とは思え」るようになりますよ。

頭が悪くても、その位は付いて来て下さい。

頭が悪いのであれば、理解出来るまで、しっかりと読み込む努力を払いなさい。

お終い。

| お | 2013/07/30 09:17 | URL |

げらげらげらげらっちょwww
く、く、くるしいゴマカシだなーwwwwwwwwwww

間違いは間違いと認めなよ。
でないと、お前は永遠に、世捨人と同レベルwwwの、頭の悪い人!wwwwww

>>北海道や九州などの田舎に行けば、馬車も当たり前の交通手段です。

>当たり前の交通手段www
>どこの世界の北海道や九州なのかな〜???wwwwwww

| 世捨てられ人と同じレベルのオアゾ君ってばwww | 2013/07/22 09:17 | URL |

オアゾ涙目〜w

頭の悪い人ですねw

ああ、恥ずかしい。

ちゃん、ちゃん。

| 通りすがりの致傷ウォッチャー | 2013/07/22 09:22 | URL |

| 致傷ウォッチャー | 2013/07/30 09:36 | URL |

>>なりすまし疑惑の話をさけて、論点をずらしましたね。

>「同じ人間が発した文章とは思えませんな。」ということでしたので、

いやいや、そうじゃなくって、

>「なりすまし」の疑惑をかけることで誤魔化そうとしても無駄ですよ。

という話がおかしいでしょってことなんだけどね。

国語、大丈夫ですか?

| JEFF | 2013/07/30 20:15 | URL | ≫ EDIT

JEFFさん| 2013/07/30 20:15 |へ

>いやいや、そうじゃなくって、『「なりすまし」の疑惑をかけることで誤魔化そうとしても無駄ですよ。』という話がおかしいでしょってことなんだけどね。 国語、大丈夫ですか?

「北海道や九州などの(全国各地の農耕用の牛や馬が飼育されている≒馬車が利用されている)田舎に行けば、馬車も(牛車や大八車やリヤカーや自転車と同様に、法律上も実態上も)当たり前の交通手段です。」という行間を読めずに、「同じ人間が発した文章とは思えませんな。」と自らの未熟さを正直に吐露されたということだったのですかね?(笑)

「なりすまし」の疑惑をかけることで誤魔化そうとされたと思ったのは、小生の勘繰り過ぎでしたね。

ちゃん、ちゃん。

| オアゾ | 2013/07/31 11:31 | URL |

ぷぷぷ、げらげらげらげらwww
く、く、くるしいゴマカシだなーwwwwwwwwwww

間違いは間違いと認めなよ。
でないと、お前は永遠に、世捨人と同レベルwwwの、頭の悪い人!wwwwww

>>北海道や九州などの田舎に行けば、馬車も当たり前の交通手段です。

>当たり前の交通手段www
>どこの世界の北海道や九州なのかな〜???wwwwwww

| 世捨てられ人と同じレベルのオアゾ君ってばwww | 2013/07/22 09:17 | URL |

オアゾ涙目〜w

頭の悪い人ですねw

ああ、恥ずかしい。

ちゃん、ちゃん。

| 通りすがりの致傷ウォッチャー | 2013/07/22 09:22 | URL |

| 致傷ウォッチャー | 2013/07/31 12:33 | URL |

自転車とは関係ないけど、アクセル踏むためにブレーキから足を離さなくちゃならない車の方が危険

| 自転車は歩道 | 2013/07/31 16:49 | URL |

Re: タイトルなし

??さん

>バーテープどころじゃないですよ。 もっと重要なことに気づいてしまいました。 必然的に片手運転になる手信号はどうなんでしょうかね? こっちは法律で決められているんですよね。 バーテープうんぬんよりそっちの法の矛盾点に関しては、これまでも一回も話題にも上がってないようですが。。。 白い手袋うんぬんほざいている場合じゃない気がしますが? その記事で片手運転の危険性も訴えるべきではないのでしょうか?

手信号は必要な動作で法律で担保されています。一方、バーテープを起因とする不要不急の片手運転は、座視できません。

>スポーツ自転車のあなたに何を言ってもしょうがないですが、絶対数の多いママチャリからの規制の方が事故の割合は減るのでは? 

ママチャリはハンドル握り位置が1カ所に固定されています。

| 世捨人 | 2013/07/31 23:27 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>【日本の交通実態における軽車両について】 馬車は見かけることはほとんどないですけど、鎌倉に行けば当たり前に人力車が走っています。専用の人力車道があるの?!って驚かれるかも知れませ んが、古い街で道路にもそんな余裕なんてありません。当たり前に、車道の左端を走っていますね。嘘だと思ったら、鎌倉に来てみてください。
>>道交法は観光地など一部の都市にだけ適用されるものではありません。
>これは逆でしょう。 反論になってません。 道路交通法は、観光地など一部の都市だけでなく全国に適用されるものだからこそ、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、道路交通法で定められているとおり当たり前に車道左端を通行 することとなります。そして、鎌倉の観光地などの一部の都市にも当たり前に適用されるのです。 完勝。 で、宜しいですよね。JEFFさん?? ちゃん、ちゃん。

法律上はそうですが、現実に馬車や牛車が車道を走行していれば通報されるでしょうから、面倒なことになりそうですね。

| 世捨人 | 2013/07/31 23:28 | URL |

>「北海道や九州などの(全国各地の農耕用の牛や馬が飼育されている≒馬車が利用されている)田舎に行けば、馬車も(牛車や大八車やリヤカーや自転車と同様に、法律上も実態上も)当たり前の交通手段です。」

苦笑w

| JEFF | 2013/07/31 23:33 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>自転車とは関係ないけど、アクセル踏むためにブレーキから足を離さなくちゃならない車の方が危険

アクセルとブレーキを同時に踏むのもどうかと思います。

| 世捨人 | 2013/08/01 00:02 | URL |

世捨人さん| 2013/07/31 23:28 |へ

>>これは逆でしょう。 反論になってません。
道路交通法は、観光地など一部の都市だけでなく全国に適用されるものだからこそ、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、道路交通法で定められているとおり当たり前に車道左端を通行 することとなります。
そして、鎌倉の観光地などの一部の都市にも当たり前に適用されるのです。
完勝。
で、宜しいですよね。
JEFFさん??
ちゃん、ちゃん。

>法律上はそうですが、現実に馬車や牛車が車道を走行していれば通報されるでしょうから、面倒なことになりそうですね。

世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。

完勝ですね。
JEFFさん??

ちなみに、通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。

ちゃん、ちゃん。

| オアゾ | 2013/08/01 10:08 | URL |

JEFFさん| 2013/07/31 23:33 |へ

>>「北海道や九州などの(全国各地の農耕用の牛や馬が飼育されている≒馬車が利用されている)田舎に行けば、馬車も(牛車や大八車やリヤカーや自転車と同様に、法律上も実態上も)当たり前の交通手段です。」

>苦笑w

貴方の負けです。

素直に認めた方が潔く、好感度がアップしますよ。

ちゃん、ちゃん。

| オアゾ | 2013/08/01 10:17 | URL |

ちゃん、ちゃん。って何?流行ってるの?

| 自転車は歩道 | 2013/08/01 10:21 | URL |

何度見てもおかしな文章だな~w

| JEFF | 2013/08/01 23:06 | URL | ≫ EDIT

JEFFさん| 2013/08/01 23:06 |へ

>何度見てもおかしな文章だな~w

世捨人さんや致傷ウォッチャーさんと同じレベルだということです。

ちゃん、ちゃん。

| オアゾ | 2013/08/02 09:14 | URL |

やっぱり。
なにを勘違いしているのかわかりませんが、笑えるコメントをありがとうございます。

| JEFF | 2013/08/06 21:35 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

旧ときさん

>これは逆でしょう。 反論になってません。
>道路交通法は、観光地など一部の都市だけでなく全国に適用されるものだからこそ、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、道路交通法で定められているとおり当たり前に車道左端を通行 することとなります。そして、鎌倉の観光地などの一部の都市にも当たり前に適用されるのです。 完勝。で、宜しいですよね。JEFFさん?? ちゃん、ちゃん。

条例などによって規制されている場合もありますので、慎重に判断してください。

>>法律上はそうですが、現実に馬車や牛車が車道を走行していれば通報されるでしょうから、面倒なことになりそうですね。
>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。
JEFFさん??

はしゃがないでください

>ちなみに、通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。
ちゃん、ちゃん。

総合的に判断し、走行を中止するよう指導されるでしょう。

| 世捨人 | 2013/08/07 23:34 | URL |

Re: タイトルなし

>ちゃん、ちゃん。って何?流行ってるの?

旧ときさんにエサを与えないでください。

| 世捨人 | 2013/08/07 23:35 | URL |

世捨人さん| 2013/08/07 23:34 |へ

>>これは逆でしょう。 反論になってません。道路交通法は、観光地など一部の都市だけでなく全国に適用されるものだからこそ、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、道路交通法で定められているとおり当たり前に車道左端を通行 することとなります。そして、鎌倉の観光地などの一部の都市にも当たり前に適用されるのです。 完勝。で、宜しいですよね。JEFFさん?? ちゃん、ちゃん。
>条例などによって規制されている場合もありますので、慎重に判断してください。

道路交通法上は、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。
良かった。良かった。
ちゃん、ちゃん。

>法律上はそうですが、現実に馬車や牛車が車道を走行していれば通報されるでしょうから、面倒なことになりそうですね。
>>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。
JEFFさん??
>はしゃがないでください

良かった。良かった。

>>ちなみに、通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。
ちゃん、ちゃん。
>総合的に判断し、走行を中止するよう指導されるでしょう。

馬車や牛車は歩く程度のスピードです。「走行」とは言わないでしょう。
まあ、「走行」を中止したとして、その場で「停止」するのでしょうか?
余計に邪魔です。
やはり、馬車・牛車の目的地までパトカーは先導して行くことでしょう。

ちゃん、ちゃん。

| オアゾ | 2013/08/08 12:19 | URL |

あれれ?
この前ドロップハンドルを逆さまに取り付ける事を提案したばかりじゃないですか
これじゃあハンドルの下を握ることを提案してしまい、矛盾していますよ?
もう少しロクなネタ考えてくださいよ

| あ | 2013/08/11 05:00 | URL |

世捨人が前に提案したドロップハンドル車の傘差し運転推奨は片手を手放す事になるのでこの記事と矛盾していますよ。
世捨人は法律を知らないばかりか矛盾した考えを持っているようです。
こんな法律も知らないような人間が交通安全について語っているのは実に滑稽ですね。
常識がないようなので、まず法律を学ぶことをお勧めします。

| のりたま | 2013/08/11 05:28 | URL |

> 世捨人が前に提案したドロップハンドル車の傘差し運転推奨は片手を手放す事になるのでこの記事と矛盾していますよ。

ダメ、ダメよ、まともにとらえちゃダメwブログ主は単に自転車を目の敵にして、なんくつけたいだけなんだから。
この人は安全がどうとか言っているけれど、結局は自分の視界に自転車が入るのが許せないだけなんでしょう?

| あ | 2013/08/13 08:03 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>これは逆でしょう。 反論になってません。道路交通法は、観光地など一部の都市だけでなく全国に適用されるものだからこそ、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの 田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、道路交通法で定められているとおり当たり前に車道左端を通行 することとなります。そして、鎌倉の観光地などの一部の都市にも当たり前に適用されるのです。 完勝。で、宜しいですよね。JEFFさん?? ちゃん、ちゃん。
>>条例などによって規制されている場合もありますので、慎重に判断してください。
>道路交通法上は、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。良かった。
ちゃん、ちゃん。

馬や牛にアスファルトで舗装された車道を歩かせると、ひざに負担がかかり酷でしょうから、あぜ道など未舗装道路が望ましいですね。

>>法律上はそうですが、現実に馬車や牛車が車道を走行していれば通報されるでしょうから、面倒なことになりそうですね。
>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。
JEFFさん??
>>はしゃがないでください
>良かった。良かった。

がんばってください。

>ちなみに、通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。
ちゃん、ちゃん。
>>総合的に判断し、走行を中止するよう指導されるでしょう。
>馬車や牛車は歩く程度のスピードです。「走行」とは言わないでしょう。 まあ、「走行」を中止したとして、その場で「停止」するのでしょうか? 余計に邪魔です。 やはり、馬車・牛車の目的地までパトカーは先導して行くことでしょう。 ちゃん、ちゃん。

あくまでも車両ですから「走行」と表現するのが適していると思います。いずれにせよ、現場の警察官の指示にはきちんと従い、直ちに道路外に出るのが無難でしょう

| 世捨人 | 2013/08/13 09:51 | URL |

Re: タイトルなし

ぁさん

>あれれ? この前ドロップハンドルを逆さまに取り付ける事を提案したばかりじゃないですか これじゃあハンドルの下を握ることを提案してしまい、矛盾していますよ? もう少しロクなネタ考えてくださいよ

握り位置を固定させることを主眼としておりますので、逆ドロップハンドルにしても同じです。

| 世捨人 | 2013/08/13 10:10 | URL |

Re: タイトルなし

ぁさん

>世捨人が前に提案したドロップハンドル車の傘差し運転推奨は片手を手放す事になるのでこの記事と矛盾していますよ。世捨人は法律を知らないばかりか矛盾した考えを持っているようです。 こんな法律も知らないような人間が交通安全について語っているのは実に滑稽ですね。 常識がないようなので、まず法律を学ぶことをお勧めします。

バーテープ起因事故は超過スピードの状態で片手・手放し運転を可能とすることで惨事を招くところ、ドロップハンドル車の傘差し運転についてはそもそもスピードが出せません。

| 世捨人 | 2013/08/13 10:11 | URL |

Re: タイトルなし

ぁさん

> 世捨人が前に提案したドロップハンドル車の傘差し運転推奨は片手を手放す事になるのでこの記事と矛盾していますよ。
>ダメ、ダメよ、まともにとらえちゃダメwブログ主は単に自転車を目の敵にして、なんくつけたいだけなんだから。この人は安全がどうとか言っているけれど、結局は自分の視界に自転車が入るのが許せないだけなんでしょう?

身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、安全確保のため歩道を活用してもらいたいのです。

| 世捨人 | 2013/08/13 10:52 | URL |

世捨人さん| 2013/08/13 09:51 |へ

>>これは逆でしょう。 反論になってません。道路交通法は、観光地など一部の都市だけでなく全国に適用されるものだからこそ、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの 田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、道路交通法で定められているとおり当たり前に車道左端を通行 することとなります。そして、鎌倉の観光地などの一部の都市にも当たり前に適用されるのです。 完勝。で、宜しいですよね。JEFFさん?? ちゃん、ちゃん。
>条例などによって規制されている場合もありますので、慎重に判断してください。
>>道路交通法上は、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。良かった。
ちゃん、ちゃん。
>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を歩かせると、ひざに負担がかかり酷でしょうから、あぜ道など未舗装道路が望ましいですね。

道路交通法上は、馬 車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。

良かった。良かった。
ちゃん、ちゃん。

馬や牛にアスファルトで舗装された車道を通行させるか、あぜ道など未舗装道路を通行させるかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。

畦道は道幅が狭すぎて牛車や馬車は通行出来ないでしょう。ね。

>法律上はそうですが、現実に馬車や牛車が車道を走行していれば通報されるでしょうから、面倒なことになりそうですね。
>>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。JEFFさん??
>はしゃがないでください
>>良かった。良かった。
>がんばってください。

世捨人さん・JEFFさん連合軍を叩きのめして完勝ですから、今更、頑張る必要もありません。

>>ちなみに、通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。
ちゃん、ちゃん。
>総合的に判断し、走行を中止するよう指導されるでしょう。
>>馬車や牛車は歩く程度のスピードです。「走行」とは言わないでしょう。 まあ、「走行」を中止したとして、その場で「停止」するのでしょうか? 余計に邪魔です。 やはり、馬車・牛車の目的地までパトカーは先導して行くことでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>あくまでも車両ですから「走行」と表現するのが適していると思います。いずれにせよ、現場の警察官の指示にはきちんと従い、直ちに道路外に出るのが無難でしょう

道路交通法での言葉使いに倣えば、「通行」でしょう。

現場の警察官がどんな指示をするのか楽しみですね。

そもそも、道路交通法に書いてあるとおり、馬車も牛車も軽車両として車道左端を「通行」しなければならないのですから、警察官がしゃしゃり出てくる話でもありません。

ちゃん、ちゃん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/10/01 19:04 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>これは逆でしょう。 反論になってません。道路交通法は、観光地など一部の都市だけでなく全国に適用されるものだからこそ、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの 田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、道路交通法で定められているとおり当たり前に車道左端を通行 することとなります。そして、鎌倉の観光地などの一部の都市にも当たり前に適用されるのです。 完勝。で、宜しいですよね。JEFFさん?? ちゃん、ちゃん。
>>条例などによって規制されている場合もありますので、慎重に判断してください。
>道路交通法上は、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。良かった。
ちゃん、ちゃん。
>>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を歩かせると、ひざに負担がかかり酷でしょうから、あぜ道など未舗装道路が望ましいですね。
>道路交通法上は、馬 車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。

当たり前のことができない状況になっている現実を直視してください。

>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を通行させるか、あぜ道など未舗装道路を通行させるかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
畦道は道幅が狭すぎて牛車や馬車は通行出来ないでしょう。ね。

四輪の自動車の走行を想定してつくられた車道も狭すぎて通行できないでしょう。ね。

>>法律上はそうですが、現実に馬車や牛車が車道を走行していれば通報されるでしょうから、面倒なことになりそうですね。
>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。JEFFさん??
>>はしゃがないでください
>良かった。良かった。
>>がんばってください。
>世捨人さん・JEFFさん連合軍を叩きのめして完勝ですから、今更、頑張る必要もありません。

交通安全に努めてください。

>ちなみに、通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>総合的に判断し、走行を中止するよう指導されるでしょう。
>馬車や牛車は歩く程度のスピードです。「走行」とは言わないでしょう。 まあ、「走行」を中止したとして、その場で「停止」するのでしょうか? 余計に邪魔です。 やはり、馬車・牛車の目的地までパトカーは先導して行くことでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>あくまでも車両ですから「走行」と表現するのが適していると思います。いずれにせよ、現場の警察官の指示にはきちんと従い、直ちに道路外に出るのが無難でしょう
>道路交通法での言葉使いに倣えば、「通行」でしょう。

いずれにせよ、歩く程度のスピードであっても馬車・牛車は「走行」としても問題ないでしょう。

>現場の警察官がどんな指示をするのか楽しみですね。

つまらない注意を受ける前にやめましょう。

>そもそも、道路交通法に書いてあるとおり、馬車も牛車も軽車両として車道左端を「通行」しなければならないのですから、警察官がしゃしゃり出てくる話でもありません。 ちゃん、ちゃん。

現場の警察官の指示には従ってください。

| 世捨人 | 2013/10/02 01:11 | URL |

世捨人さん| 2013/10/02 01:11 |へ

>>これは逆でしょう。 反論になってません。道路交通法は、観光地など一部の都市だけでなく全国に適用されるものだからこそ、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの 田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、道路交通法で定められているとおり当たり前に車道左端を通行 することとなります。そして、鎌倉の観光地などの一部の都市にも当たり前に適用されるのです。 完勝。で、宜しいですよね。JEFFさん?? ちゃん、ちゃん。
>条例などによって規制されている場合もありますので、慎重に判断してください。
>>道路交通法上は、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。良かった。
ちゃん、ちゃん。
>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を歩かせると、ひざに負担がかかり酷でしょうから、あぜ道など未舗装道路が望ましいですね。
>>道路交通法上は、馬 車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>当たり前のことができない状況になっている現実を直視してください。

道路交通法上は、馬 車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。

>>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を通行させるか、あぜ道など未舗装道路を通行させるかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
畦道は道幅が狭すぎて牛車や馬車は通行出来ないでしょう。ね。
>四輪の自動車の走行を想定してつくられた車道も狭すぎて通行できないでしょう。ね。

複数車線ある幹線道路を通行するか、田んぼの中の農道を通行するか、生活道路を通行するかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。

>法律上はそうですが、現実に馬車や牛車が車道を走行していれば通報されるでしょうから、面倒なことになりそうですね。
>>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。JEFFさん??
>はしゃがないでください
>>良かった。良かった。
>がんばってください。
>>世捨人さん・JEFFさん連合軍を叩きのめして完勝ですから、今更、頑張る必要もありません。
>交通安全に努めてください。

道路交通法に準拠しています。

>>ちなみに、通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>総合的に判断し、走行を中止するよう指導されるでしょう。
>>馬車や牛車は歩く程度のスピードです。「走行」とは言わないでしょう。 まあ、「走行」を中止したとして、その場で「停止」するのでしょうか? 余計に邪魔です。 やはり、馬車・牛車の目的地までパトカーは先導して行くことでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>あくまでも車両ですから「走行」と表現するのが適していると思います。いずれにせよ、現場の警察官の指示にはきちんと従い、直ちに道路外に出るのが無難でしょう
>>道路交通法での言葉使いに倣えば、「通行」でしょう。
>いずれにせよ、歩く程度のスピードであっても馬車・牛車は「走行」としても問題ないでしょう。

通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。

>>現場の警察官がどんな指示をするのか楽しみですね。
>つまらない注意を受ける前にやめましょう。

馬車・牛車を通行させる人が決めることです。


>>そもそも、道路交通法に書いてあるとおり、馬車も牛車も軽車両として車道左端を「通行」しなければならないのですから、警察官がしゃしゃり出てくる話でもありません。 ちゃん、ちゃん。
>現場の警察官の指示には従ってください。

現場の警察官が、馬車も牛車も軽車両として車道左端を通行しなければならないとしている道路交通法と異なる指示をするとすれば、大問題ですね。

是非、気鋭のジャーナリストとして取材して下さい。

楽しみです。

| とき | 2013/10/02 10:05 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>これは逆でしょう。 反論になってません。道路交通法は、観光地など一部の都市だけでなく全国に適用されるものだからこそ、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの 田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、道路交通法で定められているとおり当たり前に車道左端を通行 することとなります。そして、鎌倉の観光地などの一部の都市にも当たり前に適用されるのです。 完勝。で、宜しいですよね。JEFFさん?? ちゃん、ちゃん。
>>条例などによって規制されている場合もありますので、慎重に判断してください。
>道路交通法上は、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め 頂いたようです。 良かった。良かった。
ちゃん、ちゃん。
>>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を歩かせると、ひざに負担がかかり酷でしょうから、あぜ道など未舗装道路が望ましいですね。
>道路交通法上は、馬 車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>>当たり前のことができない状況になっている現実を直視してください。
>道路交通法上は、馬 車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。

馬車や牛車が走行できる環境にないという現実を直視してください。

>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を通行させるか、あぜ道など未舗装道路を通行させるかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。 畦道は道幅が狭すぎて牛車や馬車は通行出来ないでしょう。ね。
>>四輪の自動車の走行を想定してつくられた車道も狭すぎて通行できないでしょう。ね。
>複数車線ある幹線道路を通行するか、田んぼの中の農道を通行するか、生活道路を通行するかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。

交通の円滑を阻害しかねないので控えてください。

>>法律上はそうですが、現実に馬車や牛車が車道を走行していれば通報されるでしょうから、面倒なことになりそうですね。
>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。JEFFさん??
>>はしゃがないでください
>良かった。良かった。
>>がんばってください。
>世捨人さん・JEFFさん連合軍を叩きのめして完勝ですから、今更、頑張る必要もありません。
>>交通安全に努めてください。
>道路交通法に準拠しています。

車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられています。

>ちなみに、通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>総合的に判断し、走行を中止するよう指導されるでしょう。
>馬車や牛車は歩く程度のスピードです。「走行」とは言わないでしょう。 まあ、「走行」を中止したとして、その場で「停止」するのでしょうか? 余計に邪魔です。 やはり、馬車・牛車の目的地までパトカーは先導して行くことでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>あくまでも車両ですから「走行」と表現するのが適していると思います。いずれにせよ、現場の警察官の指示にはきちんと従い、直ちに道路外に出るのが無難でしょう
>道路交通法での言葉使いに倣えば、「通行」でしょう。
>>いずれにせよ、歩く程度のスピードであっても馬車・牛車は「走行」としても問題ないでしょう。
>通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。

わき見運転を誘発し交通の円滑を阻害しかねませんね。

>現場の警察官がどんな指示をするのか楽しみですね。
>>つまらない注意を受ける前にやめましょう。
>馬車・牛車を通行させる人が決めることです。

当ブログの提言に耳を傾けてください。

>そもそも、道路交通法に書いてあるとおり、馬車も牛車も軽車両として車道左端を「通行」しなければならないのですから、警察官がしゃしゃり出てくる話でもありません。 ちゃん、ちゃん。
>>現場の警察官の指示には従ってください。
>現場の警察官が、馬車も牛車も軽車両として車道左端を通行しなければならないとしている道路交通法と異なる指示をするとすれば、大問題ですね。

警察官の指示に従わなければ公務執行妨害となりかねません。

>是非、気鋭のジャーナリストとして取材して下さい。 楽しみです。

ご意見、ご要望として承ります。

| 世捨人 | 2013/10/08 23:34 | URL |

世捨人さん| 2013/10/08 23:34 |へ

>>これは逆でしょう。 反論になってません。道路交通法は、観光地など一部の都市だけでなく全国に適用されるものだからこそ、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの 田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、道路交通法で定められているとおり当たり前に車道左端を通行 することとなります。
そして、鎌倉の観光地などの一部の都市にも当たり前に適用されるのです。
完勝。で、宜しいですよね。
JEFFさん??
ちゃん、ちゃん。
>条例などによって規制されている場合もありますので、慎重に判断してください。
>>道路交通法上は、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め 頂いたようです。
良かった。良かった。
ちゃん、ちゃん。
>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を歩かせると、ひざに負担がかかり酷でしょうから、あぜ道など未舗装道路が望ましいですね。
>>道路交通法上は、馬 車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。
良かった。
良かった。
ちゃん、ちゃん。
>当たり前のことができない状況になっている現実を直視してください。
>>道路交通法上は、馬 車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。
良かった。良かった。
ちゃん、ちゃん。

>馬車や牛車が走行できる環境にないという現実を直視してください。

道路交通法上は、馬 車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。
良かった。
良かった。
ちゃん、ちゃん。

>>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を通行させるか、あぜ道など未舗装道路を通行させるかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。 畦道は道幅が狭すぎて牛車や馬車は通行出来ないでしょう。ね。
>四輪の自動車の走行を想定してつくられた車道も狭すぎて通行できないでしょう。ね。
>>複数車線ある幹線道路を通行するか、田んぼの中の農道を通行するか、生活道路を通行するかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
>交通の円滑を阻害しかねないので控えてください。

道路交通法上は、道路交通の「安全」と「円滑」を図るために、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならない、とされています。
馬や牛は、道路交通の「安全」と「円滑」を図るためにも、車道左端を通行しなければならないのです。
ちゃん、ちゃん。

>法律上はそうですが、現実に馬車や牛車が車道を走行していれば通報されるでしょうから、面倒なことになりそうですね。
>>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。
完勝ですね。
JEFFさん??
>はしゃがないでください
>>良かった。良かった。
>がんばってください。
>>世捨人さん・JEFFさん連合軍を叩きのめして完勝ですから、今更、頑張る必要もありません。
>交通安全に努めてください。
>>道路交通法に準拠しています。
>車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられています。

自転車、馬車・牛車・人力車等々の軽車両は、車道左端を通行するものです。

>>ちなみに、通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。
ちゃん、ちゃん。
>総合的に判断し、走行を中止するよう指導されるでしょう。
>>馬車や牛車は歩く程度のスピードです。「走行」とは言わないでしょう。
まあ、「走行」を中止したとして、その場で「停止」するのでしょうか?
余計に邪魔です。
やはり、馬車・牛車の目的地までパトカーは先導して行くことでしょう。
ちゃん、ちゃん。
>あくまでも車両ですから「走行」と表現するのが適していると思います。
いずれにせよ、現場の警察官の指示にはきちんと従い、直ちに道路外に出るのが無難でしょう
>>道路交通法での言葉使いに倣えば、「通行」でしょう。
>いずれにせよ、歩く程度のスピードであっても馬車・牛車は「走行」としても問題ないでしょう。
>通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。
ちゃん、ちゃん。
>わき見運転を誘発し交通の円滑を阻害しかねませんね。

湘南海岸の渋滞に巻き込まれた図体ばかりが大きくて身動きの取れない自動車ドライバーと同じですね。
責任転嫁もいい加減にしましょう。
同じネタの使い回しもいい加減にしましょう。
ちゃん、ちゃん。

>>現場の警察官がどんな指示をするのか楽しみですね。
>つまらない注意を受ける前にやめましょう。
>>馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
>当ブログの提言に耳を傾けてください。

嫌です。

>>そもそも、道路交通法に書いてあるとおり、馬車も牛車も軽車両として車道左端を「通行」しなければならないのですから、警察官がしゃしゃり出てくる話でもありません。
ちゃん、ちゃん。
>現場の警察官の指示には従ってください。
>>現場の警察官が、馬車も牛車も軽車両として車道左端を通行しなければならないとしている道路交通法と異なる指示をするとすれば、大問題ですね。
>警察官の指示に従わなければ公務執行妨害となりかねません。

本当ですか?
警察官には、道路交通法上、5万円~10万円の罰金つきで、交通規制の権限が与えられていますが、警察官の指示に従わないだけで、刑法上の公務執行妨害(罪)に該当するものですか?
しっかりして下さい。

(警察官等の交通規制)
第六条  警察官等は、手信号等により交通整理を行なうことができる。この場合において、警察官等は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るため特に必要があると認めるときは、信号機の表示する信号にかかわらず、これと異なる意味を表示する手信号等をすることができる。
2  警察官は、車両等の通行が著しく停滞したことにより道路における交通が著しく混雑するおそれがある場合において、当該道路における交通の円滑を図るためやむを得ないと認めるときは、その現場における混雑を緩和するため必要な限度において、その現場に進行してくる車両等の通行を禁止し、若しくは制限し、その現場にある車両等の運転者に対し、当該車両等を後退させることを命じ、又は第八条第一項、第三章第一節、第三節若しくは第六節に規定する通行方法と異なる通行方法によるべきことを命ずることができる。
3  警察官は、前項の規定による措置のみによつては、その現場における混雑を緩和することができないと認めるときは、その混雑を緩和するため必要な限度において、その現場にある関係者に対し必要な指示をすることができる。
4  警察官は、道路の損壊、火災の発生その他の事情により道路において交通の危険が生ずるおそれがある場合において、当該道路における危険を防止するため緊急の必要があると認めるときは、必要な限度において、当該道路につき、一時、歩行者又は車両等の通行を禁止し、又は制限することができる。
5  第一項の手信号等の意味は、政令で定める。
(罰則 第二項については第百二十条第一項第一号 第四項については第百十九条第一項第一号、第百二十一条第一項第一号)

>>是非、気鋭のジャーナリストとして取材して下さい。 楽しみです。
>ご意見、ご要望として承ります。

まずは、道路交通法や刑法の勉強からですね。

| とき | 2013/11/08 11:08 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>これは逆でしょう。 反論になってません。道路交通法は、観光地など一部の都市だけでなく全国に適用されるものだからこそ、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの 田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、道路交通法で定められているとおり当たり前に車道左端を通行 することとなります。 そして、鎌倉の観光地などの一部の都市にも当たり前に適用されるのです。完勝。で、宜しいですよね。JEFFさん?? ちゃん、ちゃん。
>>条例などによって規制されている場合もありますので、慎重に判断してください。
>道路交通法上は、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め 頂いたようです。 良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を歩かせると、ひざに負担がかかり酷でしょうから、あぜ道など未舗装道路が望ましいですね。
>道路交通法上は、馬 車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。 良かった。ちゃん、ちゃん。
>>当たり前のことができない状況になっている現実を直視してください。
>道路交通法上は、馬 車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。

当たり前のことができない状況になっている現実から目を背けないでください。

>>馬車や牛車が走行できる環境にないという現実を直視してください。
>道路交通法上は、馬 車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。 良かった。ちゃん、ちゃん。

当たり前のことができない状況になっている現実を直視してください。

>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を通行させるか、あぜ道など未舗装道路を通行させるかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。 畦道は道幅が狭すぎて牛車や馬車は通行出来ないでしょう。ね。
>>四輪の自動車の走行を想定してつくられた車道も狭すぎて通行できないでしょう。ね。
>複数車線ある幹線道路を通行するか、田んぼの中の農道を通行するか、生活道路を通行するかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
>>交通の円滑を阻害しかねないので控えてください。
>道路交通法上は、道路交通の「安全」と「円滑」を図るために、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならない、とされていま す。 馬や牛は、道路交通の「安全」と「円滑」を図るためにも、車道左端を通行しなければならないのです。 ちゃん、ちゃん。

交通の円滑を阻害することは絶対におやめください。

>>法律上はそうですが、現実に馬車や牛車が車道を走行していれば通報されるでしょうから、面倒なことになりそうですね。
>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。JEFFさん??
>>はしゃがないでください
>良かった。良かった。
>>がんばってください。
>世捨人さん・JEFFさん連合軍を叩きのめして完勝ですから、今更、頑張る必要もありません。
>>交通安全に努めてください。
>道路交通法に準拠しています。
>>車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられています。
>自転車、馬車・牛車・人力車等々の軽車両は、車道左端を通行するものです。

身体がむきだしとなる軽車両で四輪の自動車と同じ走行車線を走るのは狂気の沙汰です。

>ちなみに、通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>総合的に判断し、走行を中止するよう指導されるでしょう。
>馬車や牛車は歩く程度のスピードです。「走行」とは言わないでしょう。 まあ、「走行」を中止したとして、その場で「停止」するのでしょうか? 余計に邪魔です。やはり、馬車・牛車の目的地までパトカーは先導して行くことでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>あくまでも車両ですから「走行」と表現するのが適していると思います。
いずれにせよ、現場の警察官の指示にはきちんと従い、直ちに道路外に出るのが無難でしょう
>道路交通法での言葉使いに倣えば、「通行」でしょう。
>>いずれにせよ、歩く程度のスピードであっても馬車・牛車は「走行」としても問題ないでしょう。
>通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。ちゃん、ちゃん。
>>わき見運転を誘発し交通の円滑を阻害しかねませんね。
>湘南海岸の渋滞に巻き込まれた図体ばかりが大きくて身動きの取れない自動車ドライバーと同じですね。責任転嫁もいい加減にしましょう。 同じネタの使い回しもいい加減にしましょう。 ちゃん、ちゃん。

根底にあるのはみなさまの交通安全です。ご理解、ご協力をお願いします。

>現場の警察官がどんな指示をするのか楽しみですね。
>>つまらない注意を受ける前にやめましょう。
>馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
>>当ブログの提言に耳を傾けてください。
>嫌です。

がんばってください。

>そもそも、道路交通法に書いてあるとおり、馬車も牛車も軽車両として車道左端を「通行」しなければならないのですから、警察官がしゃしゃり出てくる話でもありません。
ちゃん、ちゃん。
>>現場の警察官の指示には従ってください。
>現場の警察官が、馬車も牛車も軽車両として車道左端を通行しなければならないとしている道路交通法と異なる指示をするとすれば、大問題ですね。
>>警察官の指示に従わなければ公務執行妨害となりかねません。
>本当ですか? 警察官には、道路交通法上、5万円~10万円の罰金つきで、交通規制の権限が与えられていますが、警察官の指示に従わないだけで、刑法上の公務執行妨害(罪)に該当するものですか? しっかりして下さい。 (警察官等の交通規制) 第六条  警察官等は、手信号等により交通整理を行なうことができる。この場合において、警察官等は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るた め特に必要があると認めるときは、信号機の表示する信号にかかわらず、これと異なる意味を表示する手信号等をすることができる。2  警察官は、車両等の通行が著しく停滞したことにより道路における交通が著しく混雑するおそれがある場合において、当該道路における交通の円滑を図るため やむを得ないと認めるときは、その現場における混雑を緩和するため必要な限度において、その現場に進行してくる車両等の通行を禁止し、若しくは制限し、そ の現場にある車両等の運転者に対し、当該車両等を後退させることを命じ、又は第八条第一項、第三章第一節、第三節若しくは第六節に規定する通行方法と異な る通行方法によるべきことを命ずることができる。 3  警察官は、前項の規定による措置のみによつては、その現場における混雑を緩和することができないと認めるときは、その混雑を緩和するため必要な限度において、その現場にある関係者に対し必要な指示をすることができる。 4  警察官は、道路の損壊、火災の発生その他の事情により道路において交通の危険が生ずるおそれがある場合において、当該道路における危険を防止するため緊 急の必要があると認めるときは、必要な限度において、当該道路につき、一時、歩行者又は車両等の通行を禁止し、又は制限することができる。5  第一項の手信号等の意味は、政令で定める。 (罰則 第二項については第百二十条第一項第一号 第四項については第百十九条第一項第一号、第百二十一条第一項第一号)

いずれにせよ、現場の警察官の指示に従わなければ「公務執行妨害」を宣告して検挙されるでしょう。有罪・無罪は裁判官の判断にゆだねましょう。

>是非、気鋭のジャーナリストとして取材して下さい。 楽しみです。
>>ご意見、ご要望として承ります。
>まずは、道路交通法や刑法の勉強からですね。

ぜひ、がんばってください。
ジャン、ジャン。

| 世捨人 | 2013/11/13 18:05 | URL |

著作権法違反

記事に掲載してる写真は
著作権が絡む物があり
引用事項の記載がないため
著作権法違反に該当いたします

| 自転車は歩道 | 2013/11/29 14:04 | URL | ≫ EDIT

世捨人 さん| 2013/11/13 18:05 |へ

>>これは逆でしょう。 反論になってません。道路交通法は、観光地など一部の都市だけでなく全国に適用されるものだからこそ、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの 田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、道路交通法で定められているとおり当たり前に車道左端を通行 することとなります。 そして、鎌倉の観光地などの一部の都市にも当たり前に適用されるのです。完勝。で、宜しいですよね。JEFFさん?? ちゃん、ちゃん。
>条例などによって規制されている場合もありますので、慎重に判断してください。
>>道路交通法上は、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め 頂いたようです。 良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を歩かせると、ひざに負担がかかり酷でしょうから、あぜ道など未舗装道路が望ましいですね。
>>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。 良かった。ちゃん、ちゃん。
>当たり前のことができない状況になっている現実を直視してください。
>>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>当たり前のことができない状況になっている現実から目を背けないでください。

道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、車道左端を通行しなければならないとされていることが、当たり前であることは、お認め頂いたようです。良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。

>馬車や牛車が走行できる環境にないという現実を直視してください。
>>道路交通法上は、馬 車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。 良かった。ちゃん、ちゃん。
>当たり前のことができない状況になっている現実を直視してください。

道路交通法には、当たり前のことが書かれています。
馬車や牛車を交通手段として利用する人、利用するケースが減っているだけのことであり、現実に馬車や牛車を交通手段として利用する場合には、当たり前に車道左端を通行するものです。

>>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を通行させるか、あぜ道など未舗装道路を通行させるかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。 畦道は道幅が狭すぎて牛車や馬車は通行出来ないでしょう。ね。
>四輪の自動車の走行を想定してつくられた車道も狭すぎて通行できないでしょう。ね。
>>複数車線ある幹線道路を通行するか、田んぼの中の農道を通行するか、生活道路を通行するかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
>交通の円滑を阻害しかねないので控えてください。
>>道路交通法上は、道路交通の「安全」と「円滑」を図るために、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならない、とされています。馬や牛は、道路交通の「安全」と「円滑」を図るためにも、車道左端を通行しなければならないのです。 ちゃん、ちゃん。
>交通の円滑を阻害することは絶対におやめください。

現実に馬車や牛車を交通手段として利用する場合には、当たり前に車道左端を通行するものです。

>法律上はそうですが、現実に馬車や牛車が車道を走行していれば通報されるでしょうから、面倒なことになりそうですね。
>>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。JEFFさん??
>はしゃがないでください
>>良かった。良かった。
>がんばってください。
>>世捨人さん・JEFFさん連合軍を叩きのめして完勝ですから、今更、頑張る必要もありません。
>交通安全に努めてください。
>>道路交通法に準拠しています。
>車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられています。
>>自転車、馬車・牛車・人力車等々の軽車両は、車道左端を通行するものです。
>身体がむきだしとなる軽車両で四輪の自動車と同じ走行車線を走るのは狂気の沙汰です。

世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。
完勝ですね。JEFFさん??

>>ちなみに、通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>総合的に判断し、走行を中止するよう指導されるでしょう。
>>馬車や牛車は歩く程度のスピードです。「走行」とは言わないでしょう。 まあ、「走行」を中止したとして、その場で「停止」するのでしょうか? 余計に邪魔です。やはり、馬車・牛車の目的地までパトカーは先導して行くことでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>あくまでも車両ですから「走行」と表現するのが適していると思います。いずれにせよ、現場の警察官の指示にはきちんと従い、直ちに道路外に出るのが無難でしょう
>>道路交通法での言葉使いに倣えば、「通行」でしょう。
>いずれにせよ、歩く程度のスピードであっても馬車・牛車は「走行」としても問題ないでしょう。
>>通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。
ちゃん、ちゃん。
>わき見運転を誘発し交通の円滑を阻害しかねませんね。
>>湘南海岸の渋滞に巻き込まれた図体ばかりが大きくて身動きの取れない自動車ドライバーと同じですね。
責任転嫁もいい加減にしましょう。
同じネタの使い回しもいい加減にしましょう。
ちゃん、ちゃん。
>根底にあるのはみなさまの交通安全です。ご理解、ご協力をお願いします。

またまた、同じネタの使い回しですね。
いい加減にしましょう。

>>現場の警察官がどんな指示をするのか楽しみですね。
>つまらない注意を受ける前にやめましょう。
>>馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
>当ブログの提言に耳を傾けてください。
>>嫌です。
>がんばってください。

嫌です。

>>そもそも、道路交通法に書いてあるとおり、馬車も牛車も軽車両として車道左端を「通行」しなければならないのですから、警察官がしゃしゃり出てくる話でもありません。
ちゃん、ちゃん。
>現場の警察官の指示には従ってください。
>>現場の警察官が、馬車も牛車も軽車両として車道左端を通行しなければならないとしている道路交通法と異なる指示をするとすれば、大問題ですね。
>警察官の指示に従わなければ公務執行妨害となりかねません。
>>本当ですか? 警察官には、道路交通法上、5万円~10万円の罰金つきで、交通規制の権限が与えられていますが、警察官の指示に従わないだけで、刑法上の公務執行妨害(罪)に該当するものですか?
しっかりして下さい。
(警察官等の交通規制)
第六条  警察官等は、手信号等により交通整理を行なうことができる。この場合において、警察官等は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るた め特に必要があると認めるときは、信号機の表示する信号にかかわらず、これと異なる意味を表示する手信号等をすることができる。
2  警察官は、車両等の通行が著しく停滞したことにより道路における交通が著しく混雑するおそれがある場合において、当該道路における交通の円滑を図るため やむを得ないと認めるときは、その現場における混雑を緩和するため必要な限度において、その現場に進行してくる車両等の通行を禁止し、若しくは制限し、そ の現場にある車両等の運転者に対し、当該車両等を後退させることを命じ、又は第八条第一項、第三章第一節、第三節若しくは第六節に規定する通行方法と異な る通行方法によるべきことを命ずることができる。
3  警察官は、前項の規定による措置のみによつては、その現場における混雑を緩和することができないと認めるときは、その混雑を緩和するため必要な限度において、その現場にある関係者に対し必要な指示をすることができる。
4  警察官は、道路の損壊、火災の発生その他の事情により道路において交通の危険が生ずるおそれがある場合において、当該道路における危険を防止するため緊 急の必要があると認めるときは、必要な限度において、当該道路につき、一時、歩行者又は車両等の通行を禁止し、又は制限することができる。
5  第一項の手信号等の意味は、政令で定める。 (罰則 第二項については第百二十条第一項第一号 第四項については第百十九条第一項第一号、第百二十一条第一項第一号)

>いずれにせよ、現場の警察官の指示に従わなければ「公務執行妨害」を宣告して検挙されるでしょう。有罪・無罪は裁判官の判断にゆだねましょう。

本当ですか?
道路交通法の具体的な条文がある場合には、刑法の条文は持ち出さないでしょう。
法律の執行にあたる行政(警察官)には、法律の具体的執行について厳格なルールがあります。
かつてブログに貼り付けられていた高価な本を熟読して、勉強し直して下さい。

>>是非、気鋭のジャーナリストとして取材して下さい。 楽しみです。
>ご意見、ご要望として承ります。
>>まずは、道路交通法や刑法の勉強からですね。
>ぜひ、がんばってください。ジャン、ジャン。

どうぞご勝手に。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/11/29 15:38 | URL |

Re: 著作権法違反

>記事に掲載してる写真は 著作権が絡む物があり 引用事項の記載がないため 著作権法違反に該当いたします

保護法益(法益)をご指摘ください。

| 世捨人 | 2013/12/04 00:15 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>これは逆でしょう。 反論になってません。道路交通法は、観光地など一部の都市だけでなく全国に適用されるものだからこそ、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの 田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、道路交通法で定められているとおり当たり前に車道左端を通行 することとなります。 そして、鎌倉の観光地などの一部の都市にも当たり前に適用されるのです。完勝。で、宜しいですよね。JEFFさん?? ちゃん、ちゃん。
>>条例などによって規制されている場合もありますので、慎重に判断してください。
>道路交通法上は、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め 頂いたようです。 良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を歩かせると、ひざに負担がかかり酷でしょうから、あぜ道など未舗装道路が望ましいですね。
>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。 良かった。ちゃん、ちゃん。
>>当たり前のことができない状況になっている現実を直視してください。
>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>>当たり前のことができない状況になっている現実から目を背けないでください。
>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、車道左端を通行しなければならないとされていることが、当たり前であることは、お認め頂いたようです。良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。

馬車も牛車を交通規制なくして走行できない環境にあることを勉強しました。

>>馬車や牛車が走行できる環境にないという現実を直視してください。
>道路交通法上は、馬 車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。 良かった。ちゃん、ちゃん。
>>当たり前のことができない状況になっている現実を直視してください。
>道路交通法には、当たり前のことが書かれています。 馬車や牛車を交通手段として利用する人、利用するケースが減っているだけのことであり、現実に馬車や牛車を交通手段として利用する場合には、当たり前に車道左端を通行するものです。

現実とかけ離れた法律は、抜本改正が必要ですね。

>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を通行させるか、あぜ道など未舗装道路を通行させるかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。 畦道は道幅が狭すぎて牛車や馬車は通行出来ないでしょう。ね。
>>四輪の自動車の走行を想定してつくられた車道も狭すぎて通行できないでしょう。ね。
>複数車線ある幹線道路を通行するか、田んぼの中の農道を通行するか、生活道路を通行するかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
>>交通の円滑を阻害しかねないので控えてください。
>道路交通法上は、道路交通の「安全」と「円滑」を図るために、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならない、とされていま す。馬や牛は、道路交通の「安全」と「円滑」を図るためにも、車道左端を通行しなければならないのです。 ちゃん、ちゃん。
>>交通の円滑を阻害することは絶対におやめください。
>現実に馬車や牛車を交通手段として利用する場合には、当たり前に車道左端を通行するものです。

道路事情を鑑みると馬車や牛車を交通手段として使うには困難です。

>>法律上はそうですが、現実に馬車や牛車が車道を走行していれば通報されるでしょうから、面倒なことになりそうですね。
>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。JEFFさん??
>>はしゃがないでください
>良かった。良かった。
>>がんばってください。
>世捨人さん・JEFFさん連合軍を叩きのめして完勝ですから、今更、頑張る必要もありません。
>>交通安全に努めてください。
>道路交通法に準拠しています。
>>車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられています。
>自転車、馬車・牛車・人力車等々の軽車両は、車道左端を通行するものです。
>>身体がむきだしとなる軽車両で四輪の自動車と同じ走行車線を走るのは狂気の沙汰です。
>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。JEFFさん??

現実から目を背けないでください。

>ちなみに、通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>総合的に判断し、走行を中止するよう指導されるでしょう。
>馬車や牛車は歩く程度のスピードです。「走行」とは言わないでしょう。 まあ、「走行」を中止したとして、その場で「停止」するのでしょうか? 余計に邪魔です。やはり、馬車・牛車の目的地までパトカーは先導して行くことでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>あくまでも車両ですから「走行」と表現するのが適していると思います。いずれにせよ、現場の警察官の指示にはきちんと従い、直ちに道路外に出るのが無難でしょう
>道路交通法での言葉使いに倣えば、「通行」でしょう。
>>いずれにせよ、歩く程度のスピードであっても馬車・牛車は「走行」としても問題ないでしょう。
>通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>わき見運転を誘発し交通の円滑を阻害しかねませんね。
>湘南海岸の渋滞に巻き込まれた図体ばかりが大きくて身動きの取れない自動車ドライバーと同じですね。
責任転嫁もいい加減にしましょう。 同じネタの使い回しもいい加減にしましょう。 ちゃん、ちゃん。
>>根底にあるのはみなさまの交通安全です。ご理解、ご協力をお願いします。
>またまた、同じネタの使い回しですね。 いい加減にしましょう。

旧ときさんに悲惨な交通事故の当事者になってもらいたくありません。

>現場の警察官がどんな指示をするのか楽しみですね。
>>つまらない注意を受ける前にやめましょう。
>馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
>>当ブログの提言に耳を傾けてください。
>嫌です。
>>がんばってください。
>嫌です。

旧ときさんの努力不足です。

>そもそも、道路交通法に書いてあるとおり、馬車も牛車も軽車両として車道左端を「通行」しなければならないのですから、警察官がしゃしゃり出てくる話でもありません。
ちゃん、ちゃん。
>>現場の警察官の指示には従ってください。
>現場の警察官が、馬車も牛車も軽車両として車道左端を通行しなければならないとしている道路交通法と異なる指示をするとすれば、大問題ですね。
>>警察官の指示に従わなければ公務執行妨害となりかねません。
>本当ですか? 警察官には、道路交通法上、5万円~10万円の罰金つきで、交通規制の権限が与えられていますが、警察官の指示に従わないだけで、刑法上の公務執行妨害(罪)に該当するものですか?しっかりして下さい。(警察官等の交通規制) 第六条  警察官等は、手信号等により交通整理を行なうことができる。この場合において、警察官等は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るた め特に必要があると認めるときは、信号機の表示する信号にかかわらず、これと異なる意味を表示する手信号等をすることができる。 2  警察官は、車両等の通行が著しく停滞したことにより道路における交通が著しく混雑するおそれがある場合において、当該道路における交通の円滑を図るため やむを得ないと認めるときは、その現場における混雑を緩和するため必要な限度において、その現場に進行してくる車両等の通行を禁止し、若しくは制限し、そ の現場にある車両等の運転者に対し、当該車両等を後退させることを命じ、又は第八条第一項、第三章第一節、第三節若しくは第六節に規定する通行方法と異な る通行方法によるべきことを命ずることができる。 3  警察官は、前項の規定による措置のみによつては、その現場における混雑を緩和することができないと認めるときは、その混雑を緩和するため必要な限度において、その現場にある関係者に対し必要な指示をすることができる。 4  警察官は、道路の損壊、火災の発生その他の事情により道路において交通の危険が生ずるおそれがある場合において、当該道路における危険を防止するため緊 急の必要があると認めるときは、必要な限度において、当該道路につき、一時、歩行者又は車両等の通行を禁止し、又は制限することができる。5  第一項の手信号等の意味は、政令で定める。 (罰則 第二項については第百二十条第一項第一号 第四項については第百十九条第一項第一号、第百二十一条第一項第一号)
>>いずれにせよ、現場の警察官の指示に従わなければ「公務執行妨害」を宣告して検挙されるでしょう。有罪・無罪は裁判官の判断にゆだねましょう。
>本当ですか? 道路交通法の具体的な条文がある場合には、刑法の条文は持ち出さないでしょう。 法律の執行にあたる行政(警察官)には、法律の具体的執行について厳格なルールがあります。 かつてブログに貼り付けられていた高価な本を熟読して、勉強し直して下さい。

いずれにせよ、現場の警察官の指示に従わないと「公務執行妨害罪」に問われます。

>是非、気鋭のジャーナリストとして取材して下さい。 楽しみです。
>>ご意見、ご要望として承ります。
>まずは、道路交通法や刑法の勉強からですね。
>>ぜひ、がんばってください。ジャン、ジャン。
>どうぞご勝手に。

ジャン、ジャン。

| 世捨人 | 2013/12/04 00:20 | URL |

世捨人さん | 2013/12/04 00:20 |へ

>>これは逆でしょう。 反論になってません。道路交通法は、観光地など一部の都市だけでなく全国に適用されるものだからこそ、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの 田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、道路交通法で定められているとおり当たり前に車道左端を通行 することとなります。 そして、鎌倉の観光地などの一部の都市にも当たり前に適用されるのです。完勝。で、宜しいですよね。JEFFさん?? ちゃん、ちゃん。
>条例などによって規制されている場合もありますので、慎重に判断してください。
>>道路交通法上は、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め 頂いたようです。 良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を歩かせると、ひざに負担がかかり酷でしょうから、あぜ道など未舗装道路が望ましいですね。
>>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。 良かった。ちゃん、ちゃん。
>当たり前のことができない状況になっている現実を直視してください。
>>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>当たり前のことができない状況になっている現実から目を背けないでください。
>>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、車道左端を通行しなければならないとされていることが、当たり前であることは、お認め頂いたようです。良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>馬車も牛車を交通規制なくして走行できない環境にあることを勉強しました。

北海道や九州(沖縄も)の田舎では、馬車も牛車も当たり前の交通手段です。

>馬車や牛車が走行できる環境にないという現実を直視してください。
>>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。 良かった。ちゃん、ちゃん。
>当たり前のことができない状況になっている現実を直視してください。
>>道路交通法には、当たり前のことが書かれています。 馬車や牛車を交通手段として利用する人、利用するケースが減っているだけのことであり、現実に馬車や牛車を交通手段として利用する場合には、当たり前に車道左端を通行するものです。
>現実とかけ離れた法律は、抜本改正が必要ですね。

北海道や九州(沖縄も)の田舎では、馬車も牛車も当たり前の交通手段です。

>>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を通行させるか、あぜ道など未舗装道路を通行させるかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。 畦道は道幅が狭すぎて牛車や馬車は通行出来ないでしょう。ね。
>四輪の自動車の走行を想定してつくられた車道も狭すぎて通行できないでしょう。ね。
>>複数車線ある幹線道路を通行するか、田んぼの中の農道を通行するか、生活道路を通行するかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
>交通の円滑を阻害しかねないので控えてください。
>>道路交通法上は、道路交通の「安全」と「円滑」を図るために、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならない、とされています。馬や牛は、道路交通の「安全」と「円滑」を図るためにも、車道左端を通行しなければならないのです。 ちゃん、ちゃん。
>交通の円滑を阻害することは絶対におやめください。
>>現実に馬車や牛車を交通手段として利用する場合には、当たり前に車道左端を通行するものです。
>道路事情を鑑みると馬車や牛車を交通手段として使うには困難です。

北海道や九州(沖縄も)の田舎では、馬車も牛車も当たり前の交通手段です。

>法律上はそうですが、現実に馬車や牛車が車道を走行していれば通報されるでしょうから、面倒なことになりそうですね。
>>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。JEFFさん??
>はしゃがないでください
>>良かった。良かった。
>がんばってください。
>>世捨人さん・JEFFさん連合軍を叩きのめして完勝ですから、今更、頑張る必要もありません。
>交通安全に努めてください。
>>道路交通法に準拠しています。
>車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられています。
>>自転車、馬車・牛車・人力車等々の軽車両は、車道左端を通行するものです。
>身体がむきだしとなる軽車両で四輪の自動車と同じ走行車線を走るのは狂気の沙汰です。
>>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。JEFFさん??
>現実から目を背けないでください。

世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝です。
これが現実です。

>>ちなみに、通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>総合的に判断し、走行を中止するよう指導されるでしょう。
>>馬車や牛車は歩く程度のスピードです。「走行」とは言わないでしょう。 まあ、「走行」を中止したとして、その場で「停止」するのでしょうか? 余計に邪魔です。やはり、馬車・牛車の目的地までパトカーは先導して行くことでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>あくまでも車両ですから「走行」と表現するのが適していると思います。いずれにせよ、現場の警察官の指示にはきちんと従い、直ちに道路外に出るのが無難でしょう
>>道路交通法での言葉使いに倣えば、「通行」でしょう。
>いずれにせよ、歩く程度のスピードであっても馬車・牛車は「走行」としても問題ないでしょう。
>>通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>わき見運転を誘発し交通の円滑を阻害しかねませんね。
>>湘南海岸の渋滞に巻き込まれた図体ばかりが大きくて身動きの取れない自動車ドライバーと同じですね。
責任転嫁もいい加減にしましょう。 同じネタの使い回しもいい加減にしましょう。 ちゃん、ちゃん。
>根底にあるのはみなさまの交通安全です。ご理解、ご協力をお願いします。
>>またまた、同じネタの使い回しですね。 いい加減にしましょう。
>旧ときさんに悲惨な交通事故の当事者になってもらいたくありません。

がんばって下さい。

>>現場の警察官がどんな指示をするのか楽しみですね。
>つまらない注意を受ける前にやめましょう。
>>馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
>当ブログの提言に耳を傾けてください。
>>嫌です。
>がんばってください。
>>嫌です。
>旧ときさんの努力不足です。

馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
小生には関係ありません。

>そ>もそも、道路交通法に書いてあるとおり、馬車も牛車も軽車両として車道左端を「通行」しなければならないのですから、警察官がしゃしゃり出てくる話でもありません。
ちゃん、ちゃん。
>現場の警察官の指示には従ってください。
>>現場の警察官が、馬車も牛車も軽車両として車道左端を通行しなければならないとしている道路交通法と異なる指示をするとすれば、大問題ですね。
>警察官の指示に従わなければ公務執行妨害となりかねません。
>>本当ですか? 警察官には、道路交通法上、5万円~10万円の罰金つきで、交通規制の権限が与えられていますが、警察官の指示に従わないだけで、刑法上の公務執行妨害(罪)に該当するものですか?しっかりして下さい。
(警察官等の交通規制)
第六条  警察官等は、手信号等により交通整理を行なうことができる。この場合において、警察官等は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るた め特に必要があると認めるときは、信号機の表示する信号にかかわらず、これと異なる意味を表示する手信号等をすることができる。
2  警察官は、車両等の通行が著しく停滞したことにより道路における交通が著しく混雑するおそれがある場合において、当該道路における交通の円滑を図るため やむを得ないと認めるときは、その現場における混雑を緩和するため必要な限度において、その現場に進行してくる車両等の通行を禁止し、若しくは制限し、そ の現場にある車両等の運転者に対し、当該車両等を後退させることを命じ、又は第八条第一項、第三章第一節、第三節若しくは第六節に規定する通行方法と異な る通行方法によるべきことを命ずることができる。
3  警察官は、前項の規定による措置のみによつては、その現場における混雑を緩和することができないと認めるときは、その混雑を緩和するため必要な限度において、その現場にある関係者に対し必要な指示をすることができる。
4  警察官は、道路の損壊、火災の発生その他の事情により道路において交通の危険が生ずるおそれがある場合において、当該道路における危険を防止するため緊 急の必要があると認めるときは、必要な限度において、当該道路につき、一時、歩行者又は車両等の通行を禁止し、又は制限することができる。
5  第一項の手信号等の意味は、政令で定める。 (罰則 第二項については第百二十条第一項第一号 第四項については第百十九条第一項第一号、第百二十一条第一項第一号)
>いずれにせよ、現場の警察官の指示に従わなければ「公務執行妨害」を宣告して検挙されるでしょう。有罪・無罪は裁判官の判断にゆだねましょう。
>>本当ですか? 道路交通法の具体的な条文がある場合には、刑法の条文は持ち出さないでしょう。 法律の執行にあたる行政(警察官)には、法律の具体的執行について厳格なルールがあります。 かつてブログに貼り付けられていた高価な本を熟読して、勉強し直して下さい。
>いずれにせよ、現場の警察官の指示に従わないと「公務執行妨害罪」に問われます。

道路交通法の定めと異なる指示をすれば、警察官の方が警察法違反に問われることになるでしょう。

(警察の責務)
第2条 警察は、個人の生命、身体及び財産の保護に任じ、犯罪の予防、鎮圧及び捜査、被疑者の逮捕、交通の取締その他公共の安全と秩序の維持に当ることをもつてその責務とする。
2 警察の活動は、厳格に前項の責務の範囲に限られるべきものであつて、その責務の遂行に当つては、不偏不党且つ公平中正を旨とし、いやしくも日本国憲法の保障する個人の権利及び自由の干渉にわたる等その権限を濫用することがあつてはならない。

>>是非、気鋭のジャーナリストとして取材して下さい。 楽しみです。
>ご意見、ご要望として承ります。
>>まずは、道路交通法や刑法の勉強からですね。
>ぜひ、がんばってください。ジャン、ジャン。
>>どうぞご勝手に。
>ジャン、ジャン。

警察法・警察官職務執行法の勉強もお願いします。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/12/04 11:09 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>これは逆でしょう。 反論になってません。道路交通法は、観光地など一部の都市だけでなく全国に適用されるものだからこそ、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの 田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、道路交通法で定められているとおり当たり前に車道左端を通行 することとなります。 そして、鎌倉の観光地などの一部の都市にも当たり前に適用されるのです。完勝。で、宜しいですよね。JEFFさん?? ちゃん、ちゃん。
>>条例などによって規制されている場合もありますので、慎重に判断してください。
>道路交通法上は、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め 頂いたようです。 良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を歩かせると、ひざに負担がかかり酷でしょうから、あぜ道など未舗装道路が望ましいですね。
>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。 良かった。ちゃん、ちゃん。
>>当たり前のことができない状況になっている現実を直視してください。
>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>>当たり前のことができない状況になっている現実から目を背けないでください。
>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、車道左端を通行しなければならないとされていることが、当たり前であることは、お認め頂いたようです。良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>>馬車も牛車を交通規制なくして走行できない環境にあることを勉強しました。
>北海道や九州(沖縄も)の田舎では、馬車も牛車も当たり前の交通手段です。

道交法が制定された昭和35年ごろが全盛期だったかもしれません。

>>馬車や牛車が走行できる環境にないという現実を直視してください。
>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。 良かった。ちゃん、ちゃん。
>>当たり前のことができない状況になっている現実を直視してください。
>道路交通法には、当たり前のことが書かれています。 馬車や牛車を交通手段として利用する人、利用するケースが減っているだけのことであり、現実に馬車や牛車を交通手段として利用する場合には、当たり前に車道左端を通行するものです。
>>現実とかけ離れた法律は、抜本改正が必要ですね。
>北海道や九州(沖縄も)の田舎では、馬車も牛車も当たり前の交通手段です。

道交法は昭和35年6月25日に制定されました。

>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を通行させるか、あぜ道など未舗装道路を通行させるかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。 畦道は道幅が狭すぎて牛車や馬車は通行出来ないでしょう。ね。
>>四輪の自動車の走行を想定してつくられた車道も狭すぎて通行できないでしょう。ね。
>複数車線ある幹線道路を通行するか、田んぼの中の農道を通行するか、生活道路を通行するかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
>>交通の円滑を阻害しかねないので控えてください。
>道路交通法上は、道路交通の「安全」と「円滑」を図るために、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならない、とされていま す。馬や牛は、道路交通の「安全」と「円滑」を図るためにも、車道左端を通行しなければならないのです。 ちゃん、ちゃん。
>>交通の円滑を阻害することは絶対におやめください。
>現実に馬車や牛車を交通手段として利用する場合には、当たり前に車道左端を通行するものです。
>>道路事情を鑑みると馬車や牛車を交通手段として使うには困難です。
>北海道や九州(沖縄も)の田舎では、馬車も牛車も当たり前の交通手段です。

道交法が制定された昭和35年は、当時の池田首相が所得倍増計画を打ち出しました。

>>法律上はそうですが、現実に馬車や牛車が車道を走行していれば通報されるでしょうから、面倒なことになりそうですね。
>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。JEFFさん??
>>はしゃがないでください
>良かった。良かった。
>>がんばってください。
>世捨人さん・JEFFさん連合軍を叩きのめして完勝ですから、今更、頑張る必要もありません。
>>交通安全に努めてください。
>道路交通法に準拠しています。
>>車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられています。
>自転車、馬車・牛車・人力車等々の軽車両は、車道左端を通行するものです。
>>身体がむきだしとなる軽車両で四輪の自動車と同じ走行車線を走るのは狂気の沙汰です。
>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。JEFFさん??
>>現実から目を背けないでください。
>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝です。 これが現実です。

現実と理想は異なります。

>ちなみに、通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>総合的に判断し、走行を中止するよう指導されるでしょう。
>馬車や牛車は歩く程度のスピードです。「走行」とは言わないでしょう。 まあ、「走行」を中止したとして、その場で「停止」するのでしょうか? 余計に邪魔です。やはり、馬車・牛車の目的地までパトカーは先導して行くことでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>あくまでも車両ですから「走行」と表現するのが適していると思います。いずれにせよ、現場の警察官の指示にはきちんと従い、直ちに道路外に出るのが無難でしょう
>道路交通法での言葉使いに倣えば、「通行」でしょう。
>>いずれにせよ、歩く程度のスピードであっても馬車・牛車は「走行」としても問題ないでしょう。
>通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>わき見運転を誘発し交通の円滑を阻害しかねませんね。
>湘南海岸の渋滞に巻き込まれた図体ばかりが大きくて身動きの取れない自動車ドライバーと同じですね。
責任転嫁もいい加減にしましょう。 同じネタの使い回しもいい加減にしましょう。 ちゃん、ちゃん。
>>根底にあるのはみなさまの交通安全です。ご理解、ご協力をお願いします。
>またまた、同じネタの使い回しですね。 いい加減にしましょう。
>>旧ときさんに悲惨な交通事故の当事者になってもらいたくありません。
>がんばって下さい。

ジャン、ジャン。

>現場の警察官がどんな指示をするのか楽しみですね。
>>つまらない注意を受ける前にやめましょう。
>馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
>>当ブログの提言に耳を傾けてください。
>嫌です。
>>がんばってください。
>嫌です。
>>旧ときさんの努力不足です。
>馬車・牛車を通行させる人が決めることです。 小生には関係ありません。

当ブログの提言に従うのが無難でしょう。

そ>もそも、道路交通法に書いてあるとおり、馬車も牛車も軽車両として車道左端を「通行」しなければならないのですから、警察官がしゃしゃり出てくる話でもありません。 ちゃん、ちゃん。
>>現場の警察官の指示には従ってください。
>現場の警察官が、馬車も牛車も軽車両として車道左端を通行しなければならないとしている道路交通法と異なる指示をするとすれば、大問題ですね。
>>警察官の指示に従わなければ公務執行妨害となりかねません。
>本当ですか? 警察官には、道路交通法上、5万円~10万円の罰金つきで、交通規制の権限が与えられていますが、警察官の指示に従わないだけで、刑法上の公務執行妨害(罪)に該当するものですか?しっかりして下さい。 (警察官等の交通規制) 第六条  警察官等は、手信号等により交通整理を行なうことができる。この場合において、警察官等は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るた め特に必要があると認めるときは、信号機の表示する信号にかかわらず、これと異なる意味を表示する手信号等をすることができる。 2  警察官は、車両等の通行が著しく停滞したことにより道路における交通が著しく混雑するおそれがある場合において、当該道路における交通の円滑を図るため やむを得ないと認めるときは、その現場における混雑を緩和するため必要な限度において、その現場に進行してくる車両等の通行を禁止し、若しくは制限し、そ の現場にある車両等の運転者に対し、当該車両等を後退させることを命じ、又は第八条第一項、第三章第一節、第三節若しくは第六節に規定する通行方法と異な る通行方法によるべきことを命ずることができる。 3  警察官は、前項の規定による措置のみによつては、その現場における混雑を緩和することができないと認めるときは、その混雑を緩和するため必要な限度において、その現場にある関係者に対し必要な指示をすることができる。 4  警察官は、道路の損壊、火災の発生その他の事情により道路において交通の危険が生ずるおそれがある場合において、当該道路における危険を防止するため緊 急の必要があると認めるときは、必要な限度において、当該道路につき、一時、歩行者又は車両等の通行を禁止し、又は制限することができる。5  第一項の手信号等の意味は、政令で定める。 (罰則 第二項については第百二十条第一項第一号 第四項については第百十九条第一項第一号、第百二十一条第一項第一号)
>>いずれにせよ、現場の警察官の指示に従わなければ「公務執行妨害」を宣告して検挙されるでしょう。有罪・無罪は裁判官の判断にゆだねましょう。
>本当ですか? 道路交通法の具体的な条文がある場合には、刑法の条文は持ち出さないでしょう。 法律の執行にあたる行政(警察官)には、法律の具体的執行について厳格なルールがあります。 かつてブログに貼り付けられていた高価な本を熟読して、勉強し直して下さい。
>>いずれにせよ、現場の警察官の指示に従わないと「公務執行妨害罪」に問われます。
>道路交通法の定めと異なる指示をすれば、警察官の方が警察法違反に問われることになるでしょう。 (警察の責務) 第2条 警察は、個人の生命、身体及び財産の保護に任じ、犯罪の予防、鎮圧及び捜査、被疑者の逮捕、交通の取締その他公共の安全と秩序の維持に当ることをもつてその責務とする。 2 警察の活動は、厳格に前項の責務の範囲に限られるべきものであつて、その責務の遂行に当つては、不偏不党且つ公平中正を旨とし、いやしくも日本国憲法の保障する個人の権利及び自由の干渉にわたる等その権限を濫用することがあつてはならない。

現場の警察官の指示に従わないと「公務執行妨害罪」に問われるのは、紛れもない事実です。

>是非、気鋭のジャーナリストとして取材して下さい。 楽しみです。
>>ご意見、ご要望として承ります。
>まずは、道路交通法や刑法の勉強からですね。
>>ぜひ、がんばってください。ジャン、ジャン。
>どうぞご勝手に。
>>ジャン、ジャン。
>警察法・警察官職務執行法の勉強もお願いします。

道交法の執行を妨げるなど、警察官に対する妨害行為は絶対におやめください。

| 世捨人 | 2013/12/11 00:14 | URL |

世捨人さん| 2013/12/11 00:14 |へ

>>これは逆でしょう。 反論になってません。道路交通法は、観光地など一部の都市だけでなく全国に適用されるものだからこそ、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの 田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、道路交通法で定められているとおり当たり前に車道左端を通行 することとなります。 そして、鎌倉の観光地などの一部の都市にも当たり前に適用されるのです。完勝。で、宜しいですよね。JEFFさん?? ちゃん、ちゃん。
>条例などによって規制されている場合もありますので、慎重に判断してください。
>>道路交通法上は、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め 頂いたようです。 良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を歩かせると、ひざに負担がかかり酷でしょうから、あぜ道など未舗装道路が望ましいですね。
>>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。 良かった。ちゃん、ちゃん。
>当たり前のことができない状況になっている現実を直視してください。
>>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>当たり前のことができない状況になっている現実から目を背けないでください。
>>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、車道左端を通行しなければならないとされていることが、当たり前であることは、お認め頂いたようです。良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>馬車も牛車を交通規制なくして走行できない環境にあることを勉強しました。
>>北海道や九州(沖縄も)の田舎では、馬車も牛車も当たり前の交通手段です。
>道交法が制定された昭和35年ごろが全盛期だったかもしれません。

全盛期かどうかは関係ありません。
道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、車道左端を通行しなければならないとされているということです。

>馬車や牛車が走行できる環境にないという現実を直視してください。
>>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。 良かった。ちゃん、ちゃん。
>当たり前のことができない状況になっている現実を直視してください。
>>道路交通法には、当たり前のことが書かれています。 馬車や牛車を交通手段として利用する人、利用するケースが減っているだけのことであり、現実に馬車や牛車を交通手段として利用する場合には、当たり前に車道左端を通行するものです。
>現実とかけ離れた法律は、抜本改正が必要ですね。
>>北海道や九州(沖縄も)の田舎では、馬車も牛車も当たり前の交通手段です。
>道交法は昭和35年6月25日に制定されました。

道路交通法は、必要に応じて随時、直近では、平成25年6月21日に改正されています。

>>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を通行させるか、あぜ道など未舗装道路を通行させるかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。 畦道は道幅が狭すぎて牛車や馬車は通行出来ないでしょう。ね。
>四輪の自動車の走行を想定してつくられた車道も狭すぎて通行できないでしょう。ね。
>>複数車線ある幹線道路を通行するか、田んぼの中の農道を通行するか、生活道路を通行するかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
>交通の円滑を阻害しかねないので控えてください。
>>道路交通法上は、道路交通の「安全」と「円滑」を図るために、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならない、とされています。馬や牛は、道路交通の「安全」と「円滑」を図るためにも、車道左端を通行しなければならないのです。 ちゃん、ちゃん。
>交通の円滑を阻害することは絶対におやめください。
>>現実に馬車や牛車を交通手段として利用する場合には、当たり前に車道左端を通行するものです。
>道路事情を鑑みると馬車や牛車を交通手段として使うには困難です。
>>北海道や九州(沖縄も)の田舎では、馬車も牛車も当たり前の交通手段です。
>道交法が制定された昭和35年は、当時の池田首相が所得倍増計画を打ち出しました。

現在では、リヤカーや手押し車を宅配便業者が活用するようになってきています。

>法律上はそうですが、現実に馬車や牛車が車道を走行していれば通報されるでしょうから、面倒なことになりそうですね。
>>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。JEFFさん??
>はしゃがないでください
>>良かった。良かった。
>がんばってください。
>>世捨人さん・JEFFさん連合軍を叩きのめして完勝ですから、今更、頑張る必要もありません。
>交通安全に努めてください。
>>道路交通法に準拠しています。
>車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられています。
>>自転車、馬車・牛車・人力車等々の軽車両は、車道左端を通行するものです。
>身体がむきだしとなる軽車両で四輪の自動車と同じ走行車線を走るのは狂気の沙汰です。
>>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。JEFFさん??
>現実から目を背けないでください。
>>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝です。 これが現実です。
>現実と理想は異なります。

世捨人さんに、法律上、軽車両の車道左端通行は何ら問題ないというお墨付きを頂き、完勝したという現実だけで十分です。

>>ちなみに、通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>総合的に判断し、走行を中止するよう指導されるでしょう。
>>馬車や牛車は歩く程度のスピードです。「走行」とは言わないでしょう。 まあ、「走行」を中止したとして、その場で「停止」するのでしょうか? 余計に邪魔です。やはり、馬車・牛車の目的地までパトカーは先導して行くことでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>あくまでも車両ですから「走行」と表現するのが適していると思います。いずれにせよ、現場の警察官の指示にはきちんと従い、直ちに道路外に出るのが無難でしょう
>>道路交通法での言葉使いに倣えば、「通行」でしょう。
>いずれにせよ、歩く程度のスピードであっても馬車・牛車は「走行」としても問題ないでしょう。
>>通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>わき見運転を誘発し交通の円滑を阻害しかねませんね。
>>湘南海岸の渋滞に巻き込まれた図体ばかりが大きくて身動きの取れない自動車ドライバーと同じですね。
責任転嫁もいい加減にしましょう。 同じネタの使い回しもいい加減にしましょう。 ちゃん、ちゃん。
>根底にあるのはみなさまの交通安全です。ご理解、ご協力をお願いします。
>>またまた、同じネタの使い回しですね。 いい加減にしましょう。
>旧ときさんに悲惨な交通事故の当事者になってもらいたくありません。
>>がんばって下さい。
>ジャン、ジャン。

ガーン

>>現場の警察官がどんな指示をするのか楽しみですね。
>つまらない注意を受ける前にやめましょう。
>>馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
>当ブログの提言に耳を傾けてください。
>>嫌です。
>がんばってください。
>>嫌です。
>旧ときさんの努力不足です。
>>馬車・牛車を通行させる人が決めることです。 小生には関係ありません。
>当ブログの提言に従うのが無難でしょう。

道路交通法に準拠して、馬車・牛車・自転車等の軽車両は車道左端を通行するものです。

>>そもそも、道路交通法に書いてあるとおり、馬車も牛車も軽車両として車道左端を「通行」しなければならないのですから、警察官がしゃしゃり出てくる話でもありません。 ちゃん、ちゃん。
>現場の警察官の指示には従ってください。
>>現場の警察官が、馬車も牛車も軽車両として車道左端を通行しなければならないとしている道路交通法と異なる指示をするとすれば、大問題ですね。
>警察官の指示に従わなければ公務執行妨害となりかねません。
>>本当ですか? 警察官には、道路交通法上、5万円~10万円の罰金つきで、交通規制の権限が与えられていますが、警察官の指示に従わないだけで、刑法上の公務執行妨害(罪)に該当するものですか?しっかりして下さい。
(警察官等の交通規制)
第六条  警察官等は、手信号等により交通整理を行なうことができる。この場合において、警察官等は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るた め特に必要があると認めるときは、信号機の表示する信号にかかわらず、これと異なる意味を表示する手信号等をすることができる。
2  警察官は、車両等の通行が著しく停滞したことにより道路における交通が著しく混雑するおそれがある場合において、当該道路における交通の円滑を図るため やむを得ないと認めるときは、その現場における混雑を緩和するため必要な限度において、その現場に進行してくる車両等の通行を禁止し、若しくは制限し、そ の現場にある車両等の運転者に対し、当該車両等を後退させることを命じ、又は第八条第一項、第三章第一節、第三節若しくは第六節に規定する通行方法と異な る通行方法によるべきことを命ずることができる。
3  警察官は、前項の規定による措置のみによつては、その現場における混雑を緩和することができないと認めるときは、その混雑を緩和するため必要な限度において、その現場にある関係者に対し必要な指示をすることができる。
4  警察官は、道路の損壊、火災の発生その他の事情により道路において交通の危険が生ずるおそれがある場合において、当該道路における危険を防止するため緊 急の必要があると認めるときは、必要な限度において、当該道路につき、一時、歩行者又は車両等の通行を禁止し、又は制限することができる。
5  第一項の手信号等の意味は、政令で定める。 (罰則 第二項については第百二十条第一項第一号 第四項については第百十九条第一項第一号、第百二十一条第一項第一号)

>いずれにせよ、現場の警察官の指示に従わなければ「公務執行妨害」を宣告して検挙されるでしょう。有罪・無罪は裁判官の判断にゆだねましょう。
>>本当ですか? 道路交通法の具体的な条文がある場合には、刑法の条文は持ち出さないでしょう。 法律の執行にあたる行政(警察官)には、法律の具体的執行について厳格なルールがあります。 かつてブログに貼り付けられていた高価な本を熟読して、勉強し直して下さい。
>いずれにせよ、現場の警察官の指示に従わないと「公務執行妨害罪」に問われます。
>>道路交通法の定めと異なる指示をすれば、警察官の方が警察法違反に問われることになるでしょう。
(警察の責務)
第2条 警察は、個人の生命、身体及び財産の保護に任じ、犯罪の予防、鎮圧及び捜査、被疑者の逮捕、交通の取締その他公共の安全と秩序の維持に当ることをもつてその責務とする。
2 警察の活動は、厳格に前項の責務の範囲に限られるべきものであつて、その責務の遂行に当つては、不偏不党且つ公平中正を旨とし、いやしくも日本国憲法の保障する個人の権利及び自由の干渉にわたる等その権限を濫用することがあつてはならない。

>現場の警察官の指示に従わないと「公務執行妨害罪」に問われるのは、紛れもない事実です。

伝家の宝刀は抜かないことに意義があるものです。

>>是非、気鋭のジャーナリストとして取材して下さい。 楽しみです。
>ご意見、ご要望として承ります。
>>まずは、道路交通法や刑法の勉強からですね。
>ぜひ、がんばってください。ジャン、ジャン。
>>どうぞご勝手に。
>ジャン、ジャン。
>>警察法・警察官職務執行法の勉強もお願いします。
>道交法の執行を妨げるなど、警察官に対する妨害行為は絶対におやめください。

道路交通法の忠実な執行として、馬車や牛車や自転車に対しては車道左端を通行しなければならないという指示がなされることでしょう。
ちゃん、ちゃん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/12/11 09:50 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>これは逆でしょう。 反論になってません。道路交通法は、観光地など一部の都市だけでなく全国に適用されるものだからこそ、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの 田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、道路交通法で定められているとおり当たり前に車道左端を通行 することとなります。 そして、鎌倉の観光地などの一部の都市にも当たり前に適用されるのです。完勝。で、宜しいですよね。JEFFさん?? ちゃん、ちゃん。
>>条例などによって規制されている場合もありますので、慎重に判断してください。
>道路交通法上は、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め 頂いたようです。 良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を歩かせると、ひざに負担がかかり酷でしょうから、あぜ道など未舗装道路が望ましいですね。
>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。 良かった。ちゃん、ちゃん。
>>当たり前のことができない状況になっている現実を直視してください。
>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>>当たり前のことができない状況になっている現実から目を背けないでください。
>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、車道左端を通行しなければならないとされていることが、当たり前であることは、お認め頂いたようです。良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>>馬車も牛車を交通規制なくして走行できない環境にあることを勉強しました。
>北海道や九州(沖縄も)の田舎では、馬車も牛車も当たり前の交通手段です。
>>道交法が制定された昭和35年ごろが全盛期だったかもしれません。
>全盛期かどうかは関係ありません。 道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、車道左端を通行しなければならないとされているということです。

全盛期だったからこそ規制対象としてヤリ玉にあがるのでしょう。

>>馬車や牛車が走行できる環境にないという現実を直視してください。
>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。 良かった。ちゃん、ちゃん。
>>当たり前のことができない状況になっている現実を直視してください。
>道路交通法には、当たり前のことが書かれています。 馬車や牛車を交通手段として利用する人、利用するケースが減っているだけのことであり、現実に馬車や牛車を交通手段として利用する場合には、当たり前に車道左端を通行するものです。
>>現実とかけ離れた法律は、抜本改正が必要ですね。
>北海道や九州(沖縄も)の田舎では、馬車も牛車も当たり前の交通手段です。
>>道交法は昭和35年6月25日に制定されました。
>道路交通法は、必要に応じて随時、直近では、平成25年6月21日に改正されています。

必要に応じ、「自転車は車道」も改正されるでしょうね。

>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を通行させるか、あぜ道など未舗装道路を通行させるかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。 畦道は道幅が狭すぎて牛車や馬車は通行出来ないでしょう。ね。
>>四輪の自動車の走行を想定してつくられた車道も狭すぎて通行できないでしょう。ね。
>複数車線ある幹線道路を通行するか、田んぼの中の農道を通行するか、生活道路を通行するかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
>>交通の円滑を阻害しかねないので控えてください。
>道路交通法上は、道路交通の「安全」と「円滑」を図るために、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならない、とされていま す。馬や牛は、道路交通の「安全」と「円滑」を図るためにも、車道左端を通行しなければならないのです。 ちゃん、ちゃん。
>>交通の円滑を阻害することは絶対におやめください。
>現実に馬車や牛車を交通手段として利用する場合には、当たり前に車道左端を通行するものです。
>>道路事情を鑑みると馬車や牛車を交通手段として使うには困難です。
>北海道や九州(沖縄も)の田舎では、馬車も牛車も当たり前の交通手段です。
>>道交法が制定された昭和35年は、当時の池田首相が所得倍増計画を打ち出しました。
>現在では、リヤカーや手押し車を宅配便業者が活用するようになってきています。

新たな火種となっています。

>>法律上はそうですが、現実に馬車や牛車が車道を走行していれば通報されるでしょうから、面倒なことになりそうですね。
>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。JEFFさん??
>>はしゃがないでください
>良かった。良かった。
>>がんばってください。
>世捨人さん・JEFFさん連合軍を叩きのめして完勝ですから、今更、頑張る必要もありません。
>>交通安全に努めてください。
>道路交通法に準拠しています。
>>車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられています。
>自転車、馬車・牛車・人力車等々の軽車両は、車道左端を通行するものです。
>>身体がむきだしとなる軽車両で四輪の自動車と同じ走行車線を走るのは狂気の沙汰です。
>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。JEFFさん??
>>現実から目を背けないでください。
>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝です。 これが現実です。
>>現実と理想は異なります。
>世捨人さんに、法律上、軽車両の車道左端通行は何ら問題ないというお墨付きを頂き、完勝したという現実だけで十分です。

実態は異なります。

>ちなみに、通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>総合的に判断し、走行を中止するよう指導されるでしょう。
>馬車や牛車は歩く程度のスピードです。「走行」とは言わないでしょう。 まあ、「走行」を中止したとして、その場で「停止」するのでしょうか? 余計に邪魔です。やはり、馬車・牛車の目的地までパトカーは先導して行くことでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>あくまでも車両ですから「走行」と表現するのが適していると思います。いずれにせよ、現場の警察官の指示にはきちんと従い、直ちに道路外に出るのが無難でしょう
>道路交通法での言葉使いに倣えば、「通行」でしょう。
>>いずれにせよ、歩く程度のスピードであっても馬車・牛車は「走行」としても問題ないでしょう。
>通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>わき見運転を誘発し交通の円滑を阻害しかねませんね。
>湘南海岸の渋滞に巻き込まれた図体ばかりが大きくて身動きの取れない自動車ドライバーと同じですね。
責任転嫁もいい加減にしましょう。 同じネタの使い回しもいい加減にしましょう。 ちゃん、ちゃん。
>>根底にあるのはみなさまの交通安全です。ご理解、ご協力をお願いします。
>またまた、同じネタの使い回しですね。 いい加減にしましょう。
>>旧ときさんに悲惨な交通事故の当事者になってもらいたくありません。
>がんばって下さい。
>>ジャン、ジャン。
>ガーン

チャンらーん。

>現場の警察官がどんな指示をするのか楽しみですね。
>>つまらない注意を受ける前にやめましょう。
>馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
>>当ブログの提言に耳を傾けてください。
>嫌です。
>>がんばってください。
>嫌です。
>>旧ときさんの努力不足です。
>馬車・牛車を通行させる人が決めることです。 小生には関係ありません。
>>当ブログの提言に従うのが無難でしょう。
>道路交通法に準拠して、馬車・牛車・自転車等の軽車両は車道左端を通行するものです。

当ブログは交通安全に資すると提言であると自負しております。

>そもそも、道路交通法に書いてあるとおり、馬車も牛車も軽車両として車道左端を「通行」しなければならないのですから、警察官がしゃしゃり出てくる話でもありません。 ちゃん、ちゃん。
>>現場の警察官の指示には従ってください。
>現場の警察官が、馬車も牛車も軽車両として車道左端を通行しなければならないとしている道路交通法と異なる指示をするとすれば、大問題ですね。
>>警察官の指示に従わなければ公務執行妨害となりかねません。
>本当ですか? 警察官には、道路交通法上、5万円~10万円の罰金つきで、交通規制の権限が与えられていますが、警察官の指示に従わないだけで、刑法上の公務執行妨害(罪)に該当するものですか?しっかりして下さい。 (警察官等の交通規制) 第六条  警察官等は、手信号等により交通整理を行なうことができる。この場合において、警察官等は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るた め特に必要があると認めるときは、信号機の表示する信号にかかわらず、これと異なる意味を表示する手信号等をすることができる。 2  警察官は、車両等の通行が著しく停滞したことにより道路における交通が著しく混雑するおそれがある場合において、当該道路における交通の円滑を図るため やむを得ないと認めるときは、その現場における混雑を緩和するため必要な限度において、その現場に進行してくる車両等の通行を禁止し、若しくは制限し、そ の現場にある車両等の運転者に対し、当該車両等を後退させることを命じ、又は第八条第一項、第三章第一節、第三節若しくは第六節に規定する通行方法と異な る通行方法によるべきことを命ずることができる。 3  警察官は、前項の規定による措置のみによつては、その現場における混雑を緩和することができないと認めるときは、その混雑を緩和するため必要な限度において、その現場にある関係者に対し必要な指示をすることができる。 4  警察官は、道路の損壊、火災の発生その他の事情により道路において交通の危険が生ずるおそれがある場合において、当該道路における危険を防止するため緊 急の必要があると認めるときは、必要な限度において、当該道路につき、一時、歩行者又は車両等の通行を禁止し、又は制限することができる。 5  第一項の手信号等の意味は、政令で定める。 (罰則 第二項については第百二十条第一項第一号 第四項については第百十九条第一項第一号、第百二十一条第一項第一号)
>>いずれにせよ、現場の警察官の指示に従わなければ「公務執行妨害」を宣告して検挙されるでしょう。有罪・無罪は裁判官の判断にゆだねましょう。
>本当ですか? 道路交通法の具体的な条文がある場合には、刑法の条文は持ち出さないでしょう。 法律の執行にあたる行政(警察官)には、法律の具体的執行について厳格なルールがあります。 かつてブログに貼り付けられていた高価な本を熟読して、勉強し直して下さい。
>>いずれにせよ、現場の警察官の指示に従わないと「公務執行妨害罪」に問われます。
>道路交通法の定めと異なる指示をすれば、警察官の方が警察法違反に問われることになるでしょう。 (警察の責務) 第2条 警察は、個人の生命、身体及び財産の保護に任じ、犯罪の予防、鎮圧及び捜査、被疑者の逮捕、交通の取締その他公共の安全と秩序の維持に当ることをもつてその責務とする。 2 警察の活動は、厳格に前項の責務の範囲に限られるべきものであつて、その責務の遂行に当つては、不偏不党且つ公平中正を旨とし、いやしくも日本国憲法の保障する個人の権利及び自由の干渉にわたる等その権限を濫用することがあつてはならない。
>>現場の警察官の指示に従わないと「公務執行妨害罪」に問われるのは、紛れもない事実です。
>伝家の宝刀は抜かないことに意義があるものです。

理想と現実は異なります。

>是非、気鋭のジャーナリストとして取材して下さい。 楽しみです。
>>ご意見、ご要望として承ります。
>まずは、道路交通法や刑法の勉強からですね。
>>ぜひ、がんばってください。ジャン、ジャン。
>どうぞご勝手に。
>>ジャン、ジャン。
>警察法・警察官職務執行法の勉強もお願いします。
>>道交法の執行を妨げるなど、警察官に対する妨害行為は絶対におやめください。
>道路交通法の忠実な執行として、馬車や牛車や自転車に対しては車道左端を通行しなければならないという指示がなされることでしょう。 ちゃん、ちゃん。

交通の円滑を阻害すると判断した、現場の警察官の指示には必ず従ってください。
ジャン、ジャン。

| 世捨人 | 2013/12/17 23:25 | URL |

世捨人さん | 2013/12/17 23:25 |へ

>>これは逆でしょう。 反論になってません。道路交通法は、観光地など一部の都市だけでなく全国に適用されるものだからこそ、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの 田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、道路交通法で定められているとおり当たり前に車道左端を通行 することとなります。 そして、鎌倉の観光地などの一部の都市にも当たり前に適用されるのです。完勝。で、宜しいですよね。JEFFさん?? ちゃん、ちゃん。
>条例などによって規制されている場合もありますので、慎重に判断してください。
>>道路交通法上は、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め 頂いたようです。 良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を歩かせると、ひざに負担がかかり酷でしょうから、あぜ道など未舗装道路が望ましいですね。
>>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。 良かった。ちゃん、ちゃん。
>当たり前のことができない状況になっている現実を直視してください。
>>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>当たり前のことができない状況になっている現実から目を背けないでください。
>>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、車道左端を通行しなければならないとされていることが、当たり前であることは、お認め頂いたようです。良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>馬車も牛車を交通規制なくして走行できない環境にあることを勉強しました。
>>北海道や九州(沖縄も)の田舎では、馬車も牛車も当たり前の交通手段です。
>道交法が制定された昭和35年ごろが全盛期だったかもしれません。
>>全盛期かどうかは関係ありません。 道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、車道左端を通行しなければならないとされているということです。
>全盛期だったからこそ規制対象としてヤリ玉にあがるのでしょう。

馬車・牛車等の軽車両は、自転車も含めて、自動車様に車道「左寄り」の空間を譲って、車道「左端」を通行しなければならないとしたものです。
自動車と自転車・馬車・牛車等の軽車両とでは、トイレの順番待ちの列が異なることが定められただけで、ヤリ玉になど上がる筈もありません。

>馬車や牛車が走行できる環境にないという現実を直視してください。
>>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。 良かった。ちゃん、ちゃん。
>当たり前のことができない状況になっている現実を直視してください。
>>道路交通法には、当たり前のことが書かれています。 馬車や牛車を交通手段として利用する人、利用するケースが減っているだけのことであり、現実に馬車や牛車を交通手段として利用する場合には、当たり前に車道左端を通行するものです。
>現実とかけ離れた法律は、抜本改正が必要ですね。
>>北海道や九州(沖縄も)の田舎では、馬車も牛車も当たり前の交通手段です。
>道交法は昭和35年6月25日に制定されました。
>>道路交通法は、必要に応じて随時、直近では、平成25年6月21日に改正されています。
>必要に応じ、「自転車は車道」も改正されるでしょうね。

現状では、自転車の車道左端通行の原則を徹底する方向にあります。

>>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を通行させるか、あぜ道など未舗装道路を通行させるかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。 畦道は道幅が狭すぎて牛車や馬車は通行出来ないでしょう。ね。
>四輪の自動車の走行を想定してつくられた車道も狭すぎて通行できないでしょう。ね。
>>複数車線ある幹線道路を通行するか、田んぼの中の農道を通行するか、生活道路を通行するかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
>交通の円滑を阻害しかねないので控えてください。
>>道路交通法上は、道路交通の「安全」と「円滑」を図るために、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならない、とされています。
馬や牛は、道路交通の「安全」と「円滑」を図るためにも、車道左端を通行しなければならないのです。 ちゃん、ちゃん。
>交通の円滑を阻害することは絶対におやめください。
>>現実に馬車や牛車を交通手段として利用する場合には、当たり前に車道左端を通行するものです。
>道路事情を鑑みると馬車や牛車を交通手段として使うには困難です。
>>北海道や九州(沖縄も)の田舎では、馬車も牛車も当たり前の交通手段です。
>道交法が制定された昭和35年は、当時の池田首相が所得倍増計画を打ち出しました。
>>現在では、リヤカーや手押し車を宅配便業者が活用するようになってきています。
>新たな火種となっています。

自動車の駐停車禁止ルールの取締強化の産物です。
法律上、何ら問題ありません。

>法律上はそうですが、現実に馬車や牛車が車道を走行していれば通報されるでしょうから、面倒なことになりそうですね。
>>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。JEFFさん??
>はしゃがないでください
>>良かった。良かった。
>がんばってください。
>>世捨人さん・JEFFさん連合軍を叩きのめして完勝ですから、今更、頑張る必要もありません。
>交通安全に努めてください。
>>道路交通法に準拠しています。
>車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられています。
>>自転車、馬車・牛車・人力車等々の軽車両は、車道左端を通行するものです。
>身体がむきだしとなる軽車両で四輪の自動車と同じ走行車線を走るのは狂気の沙汰です。
>>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。JEFFさん??
>現実から目を背けないでください。
>>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝です。 これが現実です。
>現実と理想は異なります。
>>世捨人さんに、法律上、軽車両の車道左端通行は何ら問題ないというお墨付きを頂き、完勝したという現実だけで十分です。
>実態は異なります。

実態として、道路交通法上、軽車両は車道左端を通行しなければならないと定められています。

>>ちなみに、通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>総合的に判断し、走行を中止するよう指導されるでしょう。
>>馬車や牛車は歩く程度のスピードです。「走行」とは言わないでしょう。 まあ、「走行」を中止したとして、その場で「停止」するのでしょうか? 余計に邪魔です。やはり、馬車・牛車の目的地までパトカーは先導して行くことでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>あくまでも車両ですから「走行」と表現するのが適していると思います。いずれにせよ、現場の警察官の指示にはきちんと従い、直ちに道路外に出るのが無難でしょう
>>道路交通法での言葉使いに倣えば、「通行」でしょう。
>いずれにせよ、歩く程度のスピードであっても馬車・牛車は「走行」としても問題ないでしょう。
>>通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>わき見運転を誘発し交通の円滑を阻害しかねませんね。
>>湘南海岸の渋滞に巻き込まれた図体ばかりが大きくて身動きの取れない自動車ドライバーと同じですね。
責任転嫁もいい加減にしましょう。 同じネタの使い回しもいい加減にしましょう。 ちゃん、ちゃん。
>根底にあるのはみなさまの交通安全です。ご理解、ご協力をお願いします。
>>またまた、同じネタの使い回しですね。 いい加減にしましょう。
>旧ときさんに悲惨な交通事故の当事者になってもらいたくありません。
>>がんばって下さい。
>ジャン、ジャン。
>>ガーン
>チャンらーん。

通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。

>>現場の警察官がどんな指示をするのか楽しみですね。
>つまらない注意を受ける前にやめましょう。
>>馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
>当ブログの提言に耳を傾けてください。
>>嫌です。
>がんばってください。
>>嫌です。
>旧ときさんの努力不足です。
>>馬車・牛車を通行させる人が決めることです。 小生には関係ありません。
>当ブログの提言に従うのが無難でしょう。
>>道路交通法に準拠して、馬車・牛車・自転車等の軽車両は車道左端を通行するものです。
>当ブログは交通安全に資すると提言であると自負しております。

読む価値なし。

>>そもそも、道路交通法に書いてあるとおり、馬車も牛車も軽車両として車道左端を「通行」しなければならないのですから、警察官がしゃしゃり出てくる話でもありません。 ちゃん、ちゃん。
>現場の警察官の指示には従ってください。
>>現場の警察官が、馬車も牛車も軽車両として車道左端を通行しなければならないとしている道路交通法と異なる指示をするとすれば、大問題ですね。
>警察官の指示に従わなければ公務執行妨害となりかねません。
>>本当ですか? 警察官には、道路交通法上、5万円~10万円の罰金つきで、交通規制の権限が与えられていますが、警察官の指示に従わないだけで、刑法上の公務執行妨害(罪)に該当するものですか?しっかりして下さい。
(警察官等の交通規制)
第六条  警察官等は、手信号等により交通整理を行なうことができる。この場合において、警察官等は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るた め特に必要があると認めるときは、信号機の表示する信号にかかわらず、これと異なる意味を表示する手信号等をすることができる。
2  警察官は、車両等の通行が著しく停滞したことにより道路における交通が著しく混雑するおそれがある場合において、当該道路における交通の円滑を図るため やむを得ないと認めるときは、その現場における混雑を緩和するため必要な限度において、その現場に進行してくる車両等の通行を禁止し、若しくは制限し、そ の現場にある車両等の運転者に対し、当該車両等を後退させることを命じ、又は第八条第一項、第三章第一節、第三節若しくは第六節に規定する通行方法と異な る通行方法によるべきことを命ずることができる。
3  警察官は、前項の規定による措置のみによつては、その現場における混雑を緩和することができないと認めるときは、その混雑を緩和するため必要な限度において、その現場にある関係者に対し必要な指示をすることができる。
4  警察官は、道路の損壊、火災の発生その他の事情により道路において交通の危険が生ずるおそれがある場合において、当該道路における危険を防止するため緊 急の必要があると認めるときは、必要な限度において、当該道路につき、一時、歩行者又は車両等の通行を禁止し、又は制限することができる。
5  第一項の手信号等の意味は、政令で定める。
(罰則 第二項については第百二十条第一項第一号 第四項については第百十九条第一項第一号、第百二十一条第一項第一号)

>いずれにせよ、現場の警察官の指示に従わなければ「公務執行妨害」を宣告して検挙されるでしょう。有罪・無罪は裁判官の判断にゆだねましょう。
>>本当ですか? 道路交通法の具体的な条文がある場合には、刑法の条文は持ち出さないでしょう。 法律の執行にあたる行政(警察官)には、法律の具体的執行について厳格なルールがあります。 かつてブログに貼り付けられていた高価な本を熟読して、勉強し直して下さい。
>いずれにせよ、現場の警察官の指示に従わないと「公務執行妨害罪」に問われます。
>>道路交通法の定めと異なる指示をすれば、警察官の方が警察法違反に問われることになるでしょう。
(警察の責務)
第2条 警察は、個人の生命、身体及び財産の保護に任じ、犯罪の予防、鎮圧及び捜査、被疑者の逮捕、交通の取締その他公共の安全と秩序の維持に当ることをもつてその責務とする。
2 警察の活動は、厳格に前項の責務の範囲に限られるべきものであつて、その責務の遂行に当つては、不偏不党且つ公平中正を旨とし、いやしくも日本国憲法の保障する個人の権利及び自由の干渉にわたる等その権限を濫用することがあつてはならない。

>現場の警察官の指示に従わないと「公務執行妨害罪」に問われるのは、紛れもない事実です。
>>伝家の宝刀は抜かないことに意義があるものです。
>理想と現実は異なります。

警察官は道路交通法に基づいて交通整理を行うものです。

>>是非、気鋭のジャーナリストとして取材して下さい。 楽しみです。
>ご意見、ご要望として承ります。
>>まずは、道路交通法や刑法の勉強からですね。
>ぜひ、がんばってください。ジャン、ジャン。
>>どうぞご勝手に。
>ジャン、ジャン。
>>警察法・警察官職務執行法の勉強もお願いします。
>道交法の執行を妨げるなど、警察官に対する妨害行為は絶対におやめください。
>>道路交通法の忠実な執行として、馬車や牛車や自転車に対しては車道左端を通行しなければならないという指示がなされることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>交通の円滑を阻害すると判断した、現場の警察官の指示には必ず従ってください。
ジャン、ジャン。

現場の警察官の指示は、パトカーでの先導・追随以外にはないでしょう。
ありがたい話です。
喜んで従うことでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/12/18 09:50 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>これは逆でしょう。 反論になってません。道路交通法は、観光地など一部の都市だけでなく全国に適用されるものだからこそ、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの 田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、道路交通法で定められているとおり当たり前に車道左端を通行 することとなります。 そして、鎌倉の観光地などの一部の都市にも当たり前に適用されるのです。完勝。で、宜しいですよね。JEFFさん?? ちゃん、ちゃん。
>>条例などによって規制されている場合もありますので、慎重に判断してください。
>道路交通法上は、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め 頂いたようです。 良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を歩かせると、ひざに負担がかかり酷でしょうから、あぜ道など未舗装道路が望ましいですね。
>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。 良かった。ちゃん、ちゃん。
>>当たり前のことができない状況になっている現実を直視してください。
>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>>当たり前のことができない状況になっている現実から目を背けないでください。
>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、車道左端を通行しなければならないとされていることが、当たり前であることは、お認め頂いたようです。良かった。良かった。ちゃん、ちゃん。
>>馬車も牛車を交通規制なくして走行できない環境にあることを勉強しました。
>北海道や九州(沖縄も)の田舎では、馬車も牛車も当たり前の交通手段です。
>>道交法が制定された昭和35年ごろが全盛期だったかもしれません。
>全盛期かどうかは関係ありません。 道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、車道左端を通行しなければならないとされているということです。
>>全盛期だったからこそ規制対象としてヤリ玉にあがるのでしょう。
>馬車・牛車等の軽車両は、自転車も含めて、自動車様に車道「左寄り」の空間を譲って、車道「左端」を通行しなければならないとしたものです。 自動車と自転車・馬車・牛車等の軽車両とでは、トイレの順番待ちの列が異なることが定められただけで、ヤリ玉になど上がる筈もありません。

ヤリ玉にあがったからこそ、規制対象となったのでしょう。

>>馬車や牛車が走行できる環境にないという現実を直視してください。
>道路交通法上は、馬車も牛車も軽車両として、パレードなどの際の交通規制などがなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならないことは、お認め頂いたようです。 良かった。 良かった。ちゃん、ちゃん。
>>当たり前のことができない状況になっている現実を直視してください。
>道路交通法には、当たり前のことが書かれています。 馬車や牛車を交通手段として利用する人、利用するケースが減っているだけのことであり、現実に馬車や牛車を交通手段として利用する場合には、当たり前に車道左端を通行するものです。
>>現実とかけ離れた法律は、抜本改正が必要ですね。
>北海道や九州(沖縄も)の田舎では、馬車も牛車も当たり前の交通手段です。
>>道交法は昭和35年6月25日に制定されました。
>道路交通法は、必要に応じて随時、直近では、平成25年6月21日に改正されています。
>>必要に応じ、「自転車は車道」も改正されるでしょうね。
>現状では、自転車の車道左端通行の原則を徹底する方向にあります。

自転車の歩道走行は法律で認められています。

>馬や牛にアスファルトで舗装された車道を通行させるか、あぜ道など未舗装道路を通行させるかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。 畦道は道幅が狭すぎて牛車や馬車は通行出来ないでしょう。ね。
>>四輪の自動車の走行を想定してつくられた車道も狭すぎて通行できないでしょう。ね。
>複数車線ある幹線道路を通行するか、田んぼの中の農道を通行するか、生活道路を通行するかは、馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
>>交通の円滑を阻害しかねないので控えてください。
>道路交通法上は、道路交通の「安全」と「円滑」を図るために、農耕用の牛や馬が飼育されている北海道や九州などの田舎では、馬 車も牛車も軽車両として当たり前の交通手段となり、パレードなどの際の交通規制などなくとも、当たり前に車道左端を通行しなければならない、とされていま す。 馬や牛は、道路交通の「安全」と「円滑」を図るためにも、車道左端を通行しなければならないのです。 ちゃん、ちゃん。
>>交通の円滑を阻害することは絶対におやめください。
>現実に馬車や牛車を交通手段として利用する場合には、当たり前に車道左端を通行するものです。
>>道路事情を鑑みると馬車や牛車を交通手段として使うには困難です。
>北海道や九州(沖縄も)の田舎では、馬車も牛車も当たり前の交通手段です。
>>道交法が制定された昭和35年は、当時の池田首相が所得倍増計画を打ち出しました。
>現在では、リヤカーや手押し車を宅配便業者が活用するようになってきています。
>>新たな火種となっています。
>自動車の駐停車禁止ルールの取締強化の産物です。法律上、何ら問題ありません。

規制対象となる(ヤリ玉にあがる)のは時間の問題でしょう。

>>法律上はそうですが、現実に馬車や牛車が車道を走行していれば通報されるでしょうから、面倒なことになりそうですね。
>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。JEFFさん??
>>はしゃがないでください
>良かった。良かった。
>>がんばってください。
>世捨人さん・JEFFさん連合軍を叩きのめして完勝ですから、今更、頑張る必要もありません。
>>交通安全に努めてください。
>道路交通法に準拠しています。
>>車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられています。
>自転車、馬車・牛車・人力車等々の軽車両は、車道左端を通行するものです。
>>身体がむきだしとなる軽車両で四輪の自動車と同じ走行車線を走るのは狂気の沙汰です。
>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝ですね。JEFFさん??
>>現実から目を背けないでください。
>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝です。 これが現実です。
>>現実と理想は異なります。
>世捨人さんに、法律上、軽車両の車道左端通行は何ら問題ないというお墨付きを頂き、完勝したという現実だけで十分です。
>>実態は異なります。
>実態として、道路交通法上、軽車両は車道左端を通行しなければならないと定められています。

自転車の歩道走行は法律で認められています。

>ちなみに、通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>総合的に判断し、走行を中止するよう指導されるでしょう。
>馬車や牛車は歩く程度のスピードです。「走行」とは言わないでしょう。 まあ、「走行」を中止したとして、その場で「停止」するのでしょうか? 余計に邪魔です。やはり、馬車・牛車の目的地までパトカーは先導して行くことでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>あくまでも車両ですから「走行」と表現するのが適していると思います。いずれにせよ、現場の警察官の指示にはきちんと従い、直ちに道路外に出るのが無難でしょう
>道路交通法での言葉使いに倣えば、「通行」でしょう。
>>いずれにせよ、歩く程度のスピードであっても馬車・牛車は「走行」としても問題ないでしょう。
>通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>わき見運転を誘発し交通の円滑を阻害しかねませんね。
>湘南海岸の渋滞に巻き込まれた図体ばかりが大きくて身動きの取れない自動車ドライバーと同じですね。 責任転嫁もいい加減にしましょう。 同じネタの使い回しもいい加減にしましょう。 ちゃん、ちゃん。
>>根底にあるのはみなさまの交通安全です。ご理解、ご協力をお願いします。
>またまた、同じネタの使い回しですね。 いい加減にしましょう。
>>旧ときさんに悲惨な交通事故の当事者になってもらいたくありません。
>がんばって下さい。
>>ジャン、ジャン。
>ガーン
>>チャンらーん。
>通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。

理想と現実は異なります。

>現場の警察官がどんな指示をするのか楽しみですね。
>>つまらない注意を受ける前にやめましょう。
>馬車・牛車を通行させる人が決めることです。
>>当ブログの提言に耳を傾けてください。
>嫌です。
>>がんばってください。
>嫌です。
>>旧ときさんの努力不足です。
>馬車・牛車を通行させる人が決めることです。 小生には関係ありません。
>>当ブログの提言に従うのが無難でしょう。
>道路交通法に準拠して、馬車・牛車・自転車等の軽車両は車道左端を通行するものです。
>>当ブログは交通安全に資すると提言であると自負しております。
>読む価値なし。

価値がわかる大人になってください。

>そもそも、道路交通法に書いてあるとおり、馬車も牛車も軽車両として車道左端を「通行」しなければならないのですから、警察官がしゃしゃり出てくる話でもありません。 ちゃん、ちゃん。
>>現場の警察官の指示には従ってください。
>現場の警察官が、馬車も牛車も軽車両として車道左端を通行しなければならないとしている道路交通法と異なる指示をするとすれば、大問題ですね。
>>警察官の指示に従わなければ公務執行妨害となりかねません。
>本当ですか? 警察官には、道路交通法上、5万円~10万円の罰金つきで、交通規制の権限が与えられていますが、警察官の指示に従わないだけで、刑法上の公務執行妨害(罪)に該当するものですか?しっかりして下さい。 (警察官等の交通規制) 第六条  警察官等は、手信号等により交通整理を行なうことができる。この場合において、警察官等は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るた め特に必要があると認めるときは、信号機の表示する信号にかかわらず、これと異なる意味を表示する手信号等をすることができる。 2  警察官は、車両等の通行が著しく停滞したことにより道路における交通が著しく混雑するおそれがある場合において、当該道路における交通の円滑を図るため やむを得ないと認めるときは、その現場における混雑を緩和するため必要な限度において、その現場に進行してくる車両等の通行を禁止し、若しくは制限し、そ の現場にある車両等の運転者に対し、当該車両等を後退させることを命じ、又は第八条第一項、第三章第一節、第三節若しくは第六節に規定する通行方法と異な る通行方法によるべきことを命ずることができる。 3  警察官は、前項の規定による措置のみによつては、その現場における混雑を緩和することができないと認めるときは、その混雑を緩和するため必要な限度において、その現場にある関係者に対し必要な指示をすることができる。 4  警察官は、道路の損壊、火災の発生その他の事情により道路において交通の危険が生ずるおそれがある場合において、当該道路における危険を防止するため緊 急の必要があると認めるときは、必要な限度において、当該道路につき、一時、歩行者又は車両等の通行を禁止し、又は制限することができる。 5  第一項の手信号等の意味は、政令で定める。 (罰則 第二項については第百二十条第一項第一号 第四項については第百十九条第一項第一号、第百二十一条第一項第一号)
>>いずれにせよ、現場の警察官の指示に従わなければ「公務執行妨害」を宣告して検挙されるでしょう。有罪・無罪は裁判官の判断にゆだねましょう。
>本当ですか? 道路交通法の具体的な条文がある場合には、刑法の条文は持ち出さないでしょう。 法律の執行にあたる行政(警察官)には、法律の具体的執行について厳格なルールがあります。 かつてブログに貼り付けられていた高価な本を熟読して、勉強し直して下さい。
>>いずれにせよ、現場の警察官の指示に従わないと「公務執行妨害罪」に問われます。
>道路交通法の定めと異なる指示をすれば、警察官の方が警察法違反に問われることになるでしょう。 (警察の責務)
第2条 警察は、個人の生命、身体及び財産の保護に任じ、犯罪の予防、鎮圧及び捜査、被疑者の逮捕、交通の取締その他公共の安全と秩序の維持に当ることをもつてその責務とする。 2 警察の活動は、厳格に前項の責務の範囲に限られるべきものであつて、その責務の遂行に当つては、不偏不党且つ公平中正を旨とし、いやしくも日本国憲法の保障する個人の権利及び自由の干渉にわたる等その権限を濫用することがあつてはならない。
>>現場の警察官の指示に従わないと「公務執行妨害罪」に問われるのは、紛れもない事実です。
>伝家の宝刀は抜かないことに意義があるものです。
>>理想と現実は異なります。
>警察官は道路交通法に基づいて交通整理を行うものです。

法の執行機関である警察官の業務を妨げないでください。

>是非、気鋭のジャーナリストとして取材して下さい。 楽しみです。
>>ご意見、ご要望として承ります。
>まずは、道路交通法や刑法の勉強からですね。
>>ぜひ、がんばってください。ジャン、ジャン。
>どうぞご勝手に。
>>ジャン、ジャン。
>警察法・警察官職務執行法の勉強もお願いします。
>>道交法の執行を妨げるなど、警察官に対する妨害行為は絶対におやめください。
>道路交通法の忠実な執行として、馬車や牛車や自転車に対しては車道左端を通行しなければならないという指示がなされることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>交通の円滑を阻害すると判断した、現場の警察官の指示には必ず従ってください。 ジャン、ジャン。
>現場の警察官の指示は、パトカーでの先導・追随以外にはないでしょう。 ありがたい話です。 喜んで従うことでしょう。

次の条文を声に出して読んでみましょう。
(警察官等の交通規制)
第六条  警察官等は、手信号等により交通整理を行なうことができる。この場合において、警察官等は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るた め特に必要があると認めるときは、信号機の表示する信号にかかわらず、これと異なる意味を表示する手信号等をすることができる。
2  警察官は、車両等の通行が著しく停滞したことにより道路における交通が著しく混雑するおそれがある場合において、当該道路における交通の円滑を図るため やむを得ないと認めるときは、その現場における混雑を緩和するため必要な限度において、その現場に進行してくる車両等の通行を禁止し、若しくは制限し、そ の現場にある車両等の運転者に対し、当該車両等を後退させることを命じ、又は第八条第一項、第三章第一節、第三節若しくは第六節に規定する通行方法と異な る通行方法によるべきことを命ずることができる。
3  警察官は、前項の規定による措置のみによつては、その現場における混雑を緩和することができないと認めるときは、その混雑を緩和するため必要な限度にお いて、その現場にある関係者に対し必要な指示をすることができる。
4  警察官は、道路の損壊、火災の発生その他の事情により道路において交通の危険が生ずるおそれがある場合において、当該道路における危険を防止するため緊 急の必要があると認めるときは、必要な限度において、当該道路につき、一時、歩行者又は車両等の通行を禁止し、又は制限することができる。
5  第一項の手信号等の意味は、政令で定める。
(罰則 第二項については第百二十条第一項第一号 第四項については第百十九条第一項第一号、第百二十一条第一項第一号)

| 世捨人 | 2014/01/08 00:14 | URL |

世捨人さん| 2014/01/08 00:14 |へ

>>馬車・牛車等の軽車両は、自転車も含めて、自動車様に車道「左寄り」の空間を譲って、車道「左端」を通行しなければならないとしたものです。 自動車と自転車・馬車・牛車等の軽車両とでは、トイレの順番待ちの列が異なることが定められただけで、ヤリ玉になど上がる筈もありません。
>ヤリ玉にあがったからこそ、規制対象となったのでしょう。

「馬車・牛車等の軽車両は、自転車も含めて、車道「左端」を通行しなければならない」とされていることを、世捨人さんが認められました。

良かった。良かった。

自動車と自転車・馬車・牛車等の軽車両とでは、トイレの順番待ちの列が異なることが定められた」ことも認められました。

良かった。良かった。

小生が粘り強く、自転車は車道左端通行するものであることを伝える努力を積み重ねてきた成果です。

文言しか伝える術の無いネット上でも伝えきることが出来るということです。

本当に良かった。

素晴らしい。


>必要に応じ、「自転車は車道」も改正されるでしょうね。
>>現状では、自転車の車道左端通行の原則を徹底する方向にあります。
>自転車の歩道走行は法律で認められています。

昭和40年代の交通戦争の戦利品として多くの自転車乗りの犠牲により獲得してきた自転車乗りの貴重な権利です。

巾60センチとスマートな自転車は、自転車乗り一人一人の判断で、自由自在に好き勝手に車道も歩道も通行することが出来るところも、自転車の良い所です。


>>現在では、リヤカーや手押し車を宅配便業者が活用するようになってきています。
>新たな火種となっています。
>>自動車の駐停車禁止ルールの取締強化の産物です。法律上、何ら問題ありません。
>規制対象となる(ヤリ玉にあがる)のは時間の問題でしょう。

自動車の駐停車禁止の取締強化が徹底することで、リヤカーや手押し車の利用は拡大していくことでしょう。

京都などの観光地では、既に、タクシーが人力車に取って代わられてますね。


>>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝です。 これが現実です。
>現実と理想は異なります。
>>世捨人さんに、法律上、軽車両の車道左端通行は何ら問題ないというお墨付きを頂き、完勝したという現実だけで十分です。
>実態は異なります。
>>実態として、道路交通法上、軽車両は車道左端を通行しなければならないと定められています。
>自転車の歩道走行は法律で認められています。

上述のとおり、自転車の歩道通行は昭和40年代の交通戦争の戦利品として多くの自転車乗りの犠牲により獲得してきた自転車乗りの貴重な権利です。

車道も歩道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行出来るところは、自転車の良い所です。


>>通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>わき見運転を誘発し交通の円滑を阻害しかねませんね。
>>湘南海岸の渋滞に巻き込まれた図体ばかりが大きくて身動きの取れない自動車ドライバーと同じですね。 責任転嫁もいい加減にしましょう。 同じネタの使い回しもいい加減にしましょう。 ちゃん、ちゃん。
>根底にあるのはみなさまの交通安全です。ご理解、ご協力をお願いします。
>>またまた、同じネタの使い回しですね。 いい加減にしましょう。
>旧ときさんに悲惨な交通事故の当事者になってもらいたくありません。
>>がんばって下さい。
>ジャン、ジャン。
>>通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>理想と現実は異なります。

世捨人さんが、「馬車・牛車等の軽車両は、自転車も含めて、車道「左端」を通行しなければならない」こと、「自動車と自転車・馬車・牛車等の軽車両とでは、トイレの順番待ちの列が異なること」を認められたという「現実」で十分です。


>>道路交通法に準拠して、馬車・牛車・自転車等の軽車両は車道左端を通行するものです。
>当ブログは交通安全に資すると提言であると自負しております。
>>読む価値なし。
>価値がわかる大人になってください。

自転車は、幼稚園児から認知症の高齢者まで誰もが利用するものです。価値判断など全く不要です。

馬車・牛車・自転車等の軽車両は、道路交通法にあるとおり車道左端を通行しなければならないものです。


>いずれにせよ、現場の警察官の指示に従わないと「公務執行妨害罪」に問われます。
>>道路交通法の定めと異なる指示をすれば、警察官の方が警察法違反に問われることになるでしょう。
>現場の警察官の指示に従わないと「公務執行妨害罪」に問われるのは、紛れもない事実です。
>>伝家の宝刀は抜かないことに意義があるものです。
>理想と現実は異なります。
>>警察官は道路交通法に基づいて交通整理を行うものです。
>法の執行機関である警察官の業務を妨げないでください。

警察官の業務は、かつてこのブログに掲げられていた警察官の昇進試験の高価なテキストにあるとおり、国家権力の横暴を抑制するために厳格に謙抑的に定められています。


>>道路交通法の忠実な執行として、馬車や牛車や自転車に対しては車道左端を通行しなければならないという指示がなされることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>交通の円滑を阻害すると判断した、現場の警察官の指示には必ず従ってください。 ジャン、ジャン。
>>現場の警察官の指示は、パトカーでの先導・追随以外にはないでしょう。 ありがたい話です。 喜んで従うことでしょう。
>次の条文を声に出して読んでみましょう。

(警察官等の交通規制)
第六条  警察官等は、手信号等により交通整理を行なうことができる。この場合において、警察官等は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るた め特に必要があると認めるときは、信号機の表示する信号にかかわらず、これと異なる意味を表示する手信号等をすることができる。

2  警察官は、車両等の通行が著しく停滞したことにより道路における交通が著しく混雑するおそれがある場合において、当該道路における交通の円滑を図るため やむを得ないと認めるときは、その現場における混雑を緩和するため必要な限度において、その現場に進行してくる車両等の通行を禁止し、若しくは制限し、そ の現場にある車両等の運転者に対し、当該車両等を後退させることを命じ、又は第八条第一項、第三章第一節、第三節若しくは第六節に規定する通行方法と異な る通行方法によるべきことを命ずることができる。

3  警察官は、前項の規定による措置のみによつては、その現場における混雑を緩和することができないと認めるときは、その混雑を緩和するため必要な限度にお いて、その現場にある関係者に対し必要な指示をすることができる。

4  警察官は、道路の損壊、火災の発生その他の事情により道路において交通の危険が生ずるおそれがある場合において、当該道路における危険を防止するため緊 急の必要があると認めるときは、必要な限度において、当該道路につき、一時、歩行者又は車両等の通行を禁止し、又は制限することができる。

5  第一項の手信号等の意味は、政令で定める。
(罰則 第二項については第百二十条第一項第一号 第四項については第百十九条第一項第一号、第百二十一条第一項第一号)

道路交通法の忠実な執行として、車道左端を通行しているノロノロ馬車や牛車や自転車が渋滞を発生させている場合には、第2項に従って、後続車両の進行禁止・制限がなされるということです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/02/22 14:38 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>馬車・牛車等の軽車両は、自転車も含めて、自動車様に車道「左寄り」の空間を譲って、車道「左端」を通行しなければならないとしたものです。 自動車と自転車・馬車・牛車等の軽車両とでは、トイレの順番待ちの列が異なることが定められただけで、ヤリ玉になど上がる筈もありません。
>>ヤリ玉にあがったからこそ、規制対象となったのでしょう。
>「馬車・牛車等の軽車両は、自転車も含めて、車道「左端」を通行しなければならない」とされていることを、世捨人さんが認められました。 良かった。良かった。

道路環境は刻一刻と変化します。現場の警察官の指示には必ず従ってください。

>自動車と自転車・馬車・牛車等の軽車両とでは、トイレの順番待ちの列が異なることが定められた」ことも認められました。 良かった。良かった。

交通の円滑は阻害しないでください。

>小生が粘り強く、自転車は車道左端通行するものであることを伝える努力を積み重ねてきた成果です。 文言しか伝える術の無いネット上でも伝えきることが出来るということです。 本当に良かった。素晴らしい。

譲り合いの精神を育んで交通の円滑に努めてください。

>>必要に応じ、「自転車は車道」も改正されるでしょうね。
>>現状では、自転車の車道左端通行の原則を徹底する方向にあります。
>>自転車の歩道走行は法律で認められています。
>昭和40年代の交通戦争の戦利品として多くの自転車乗りの犠牲により獲得してきた自転車乗りの貴重な権利です。

積極的に活用しましょう。

>巾60センチとスマートな自転車は、自転車乗り一人一人の判断で、自由自在に好き勝手に車道も歩道も通行することが出来るところも、自転車の良い所です。

自転車の良いところは交通安全と相いれません。

>現在では、リヤカーや手押し車を宅配便業者が活用するようになってきています。
>>新たな火種となっています。
>自動車の駐停車禁止ルールの取締強化の産物です。法律上、何ら問題ありません。
>>規制対象となる(ヤリ玉にあがる)のは時間の問題でしょう。
>自動車の駐停車禁止の取締強化が徹底することで、リヤカーや手押し車の利用は拡大していくことでしょう。
リヤカーや手押し車の利用拡大とともに規制の声が強くなるでしょう。

>京都などの観光地では、既に、タクシーが人力車に取って代わられてますね。

京都でもビジネス利用で人力車を使う人はいないでしょう。

>世捨人さんにも、法律上、何ら問題ないというお墨付きを頂きました。 完勝です。 これが現実です。
>>現実と理想は異なります。
>世捨人さんに、法律上、軽車両の車道左端通行は何ら問題ないというお墨付きを頂き、完勝したという現実だけで十分です。
>>実態は異なります。
>実態として、道路交通法上、軽車両は車道左端を通行しなければならないと定められています。
>>自転車の歩道走行は法律で認められています。
>上述のとおり、自転車の歩道通行は昭和40年代の交通戦争の戦利品として多くの自転車乗りの犠牲により獲得してきた自転車乗りの貴重な権利です。

身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車がトラックと同じ走行車線を走るのは狂気の沙汰です。

>車道も歩道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行出来るところは、自転車の良い所です。

自転車の良いところは交通安全と相いれません。

>通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>わき見運転を誘発し交通の円滑を阻害しかねませんね。
>湘南海岸の渋滞に巻き込まれた図体ばかりが大きくて身動きの取れない自動車ドライバーと同じですね。 責任転嫁もいい加減にしましょう。 同じネタの使い回しもいい加減にしましょう。 ちゃん、ちゃん。
>>根底にあるのはみなさまの交通安全です。ご理解、ご協力をお願いします。
>またまた、同じネタの使い回しですね。 いい加減にしましょう。
>>旧ときさんに悲惨な交通事故の当事者になってもらいたくありません。
>がんばって下さい。
>>ジャン、ジャン。
>通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>理想と現実は異なります。
>世捨人さんが、「馬車・牛車等の軽車両は、自転車も含めて、車道「左端」を通行しなければならない」こと、「自動車と自転車・馬車・牛車等の軽車両とでは、トイレの順番待ちの列が異なること」を認められたという「現実」で十分です。

交通の円滑を阻害しないよう、譲り合いの精神を育んでください。

>道路交通法に準拠して、馬車・牛車・自転車等の軽車両は車道左端を通行するものです。
>>当ブログは交通安全に資すると提言であると自負しております。
>読む価値なし。
>>価値がわかる大人になってください。
>自転車は、幼稚園児から認知症の高齢者まで誰もが利用するものです。価値判断など全く不要です。

記事内容には絶大なる自信があります。

>馬車・牛車・自転車等の軽車両は、道路交通法にあるとおり車道左端を通行しなければならないものです。

理想と現実は異なります。

>>いずれにせよ、現場の警察官の指示に従わないと「公務執行妨害罪」に問われます。
>道路交通法の定めと異なる指示をすれば、警察官の方が警察法違反に問われることになるでしょう。
>>現場の警察官の指示に従わないと「公務執行妨害罪」に問われるのは、紛れもない事実です。
>伝家の宝刀は抜かないことに意義があるものです。
>>理想と現実は異なります。
>警察官は道路交通法に基づいて交通整理を行うものです。
>>法の執行機関である警察官の業務を妨げないでください。
>警察官の業務は、かつてこのブログに掲げられていた警察官の昇進試験の高価なテキストにあるとおり、国家権力の横暴を抑制するために厳格に謙抑的に定められています。

理想と現実は異なります。

>道路交通法の忠実な執行として、馬車や牛車や自転車に対しては車道左端を通行しなければならないという指示がなされることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>交通の円滑を阻害すると判断した、現場の警察官の指示には必ず従ってください。 ジャン、ジャン。
>現場の警察官の指示は、パトカーでの先導・追随以外にはないでしょう。 ありがたい話です。 喜んで従うことでしょう。
>>次の条文を声に出して読んでみましょう。 (警察官等の交通規制)第六条  警察官等は、手信号等により交通整理を行なうことができる。この場合において、警察官等は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るた め特に必要があると認めるときは、信号機の表示する信号にかかわらず、これと異なる意味を表示する手信号等をすることができる。 2  警察官は、車両等の通行が著しく停滞したことにより道路における交通が著しく混雑するおそれがある場合において、当該道路における交通の円滑を図るため やむを得ないと認めるときは、その現場における混雑を緩和するため必要な限度において、その現場に進行してくる車両等の通行を禁止し、若しくは制限し、そ の現場にある車両等の運転者に対し、当該車両等を後退させることを命じ、又は第八条第一項、第三章第一節、第三節若しくは第六節に規定する通行方法と異な る通行方法によるべきことを命ずることができる。 3  警察官は、前項の規定による措置のみによつては、その現場における混雑を緩和することができないと認めるときは、その混雑を緩和するため必要な限度にお いて、その現場にある関係者に対し必要な指示をすることができる。 4  警察官は、道路の損壊、火災の発生その他の事情により道路において交通の危険が生ずるおそれがある場合において、当該道路における危険を防止するため緊 急の必要があると認めるときは、必要な限度において、当該道路につき、一時、歩行者又は車両等の通行を禁止し、又は制限することができる。 5  第一項の手信号等の意味は、政令で定める。
(罰則 第二項については第百二十条第一項第一号 第四項については第百十九条第一項第一号、第百二十一条第一項第一号)
>道路交通法の忠実な執行として、車道左端を通行しているノロノロ馬車や牛車や自転車が渋滞を発生させている場合には、第2項に従って、後続車両の進行禁止・制限がなされるということです。

「現場の警察官の指示は、パトカーでの先導・追随以外にはないでしょう」というのは誤りだったわけですね。

| 世捨人 | 2014/02/26 00:27 | URL |

世捨人さん| 2014/02/26 00:27 |へ

>>馬車・牛車等の軽車両は、自転車も含めて、自動車様に車道「左寄り」の空間を譲って、車道「左端」を通行しなければならないとしたものです。自動車と自転車・馬車・牛車等の軽車両とでは、トイレの順番待ちの列が異なることが定められただけで、ヤリ玉になど上がる筈もありません。
>ヤリ玉にあがったからこそ、規制対象となったのでしょう。
>>「馬車・牛車等の軽車両は、自転車も含めて、車道「左端」を通行しなければならない」とされていることを、世捨人さんが認められました。 良かった。良かった。
>道路環境は刻一刻と変化します。現場の警察官の指示には必ず従ってください。

「馬車・牛車等の軽車両は、自転車も含めて、車道「左端」を通行しなければならない」とされていることを、世捨人さんが認められました。
良かった。良かった。
現場の警察官はパトカーや白バイで先導してくれるということですね。
これまた、良かった。良かった。


>>自動車と自転車・馬車・牛車等の軽車両とでは、トイレの順番待ちの列が異なることが定められた」ことも認められました。 良かった。良かった。
>交通の円滑は阻害しないでください。

軽車両は、車道左端を通行するだけのことです。


>>小生が粘り強く、自転車は車道左端通行するものであることを伝える努力を積み重ねてきた成果です。文言しか伝える術の無いネット上でも伝えきることが出来るということです。 本当に良かった。素晴らしい。
>譲り合いの精神を育んで交通の円滑に努めてください。

軽車両は、車道左端を通行することで、後続車両に道を譲って交通の円滑に十分に努めています。


>必要に応じ、「自転車は車道」も改正されるでしょうね。
>>現状では、自転車の車道左端通行の原則を徹底する方向にあります。
>自転車の歩道走行は法律で認められています。
>>昭和40年代の交通戦争の戦利品として多くの自転車乗りの犠牲により獲得してきた自転車乗りの貴重な権利です。
>積極的に活用しましょう。

道路の状況に応じて、自転車乗り一人一人が決めることです。


>>巾60センチとスマートな自転車は、自転車乗り一人一人の判断で、自由自在に好き勝手に車道も歩道も通行することが出来るところも、自転車の良い所です。
>自転車の良いところは交通安全と相いれません。

道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと定められています。


>>自動車の駐停車禁止の取締強化が徹底することで、リヤカーや手押し車の利用は拡大していくことでしょう。
>リヤカーや手押し車の利用拡大とともに規制の声が強くなるでしょう。

○川急便事件等々、運送会社の政治力は侮れません。
宅配便のリヤカーや手押し車に利権があるかどうか分かりませんが、○川男子の仕事を奪うことは、タクシー業界の政治力をもってしても容易ではないでしょう。


>>京都などの観光地では、既に、タクシーが人力車に取って代わられてますね。
>京都でもビジネス利用で人力車を使う人はいないでしょう。

接待というビジネスでは利用価値があるでしょう。
>>世捨人さんに、法律上、軽車両の車道左端通行は何ら問題ないというお墨付きを頂き、完勝したという現実だけで十分です。
>実態は異なります。
>>実態として、道路交通法上、軽車両は車道左端を通行しなければならないと定められています。
>自転車の歩道走行は法律で認められています。
>>上述のとおり、自転車の歩道通行は昭和40年代の交通戦争の戦利品として多くの自転車乗りの犠牲により獲得してきた自転車乗りの貴重な権利です。
>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車がトラックと同じ走行車線を走るのは狂気の沙汰です。

軽車両は車道左端を通行するものであり、トラックは車道左側寄りを通行するものです。
何ら問題ありません。


>>車道も歩道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行出来るところは、自転車の良い所です。
>自転車の良いところは交通安全と相いれません。

道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと定められています。

>>通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>理想と現実は異なります。
>>世捨人さんが、「馬車・牛車等の軽車両は、自転車も含めて、車道「左端」を通行しなければならない」こと、「自動車と自転車・馬車・牛車等の軽車両とでは、トイレの順番待ちの列が異なること」を認められたという「現実」で十分です。
>交通の円滑を阻害しないよう、譲り合いの精神を育んでください。

軽車両は、車道左端を通行することで、後続車両に道を譲って交通の円滑に十分に努めています。


>>道路交通法に準拠して、馬車・牛車・自転車等の軽車両は車道左端を通行するものです。
>当ブログは交通安全に資すると提言であると自負しております。
>>読む価値なし。
>価値がわかる大人になってください。
>>自転車は、幼稚園児から認知症の高齢者まで誰もが利用するものです。価値判断など全く不要です。
>記事内容には絶大なる自信があります。

「競技用自転車安全宣言」とやらに反する行為も認められまんねん。
世捨人さんご自身で、自信のある宣言を否定されていましたよ。
ということで、読む価値なし。


>>馬車・牛車・自転車等の軽車両は、道路交通法にあるとおり車道左端を通行しなければならないものです。
>理想と現実は異なります。

自転車乗りは車道左端通行するだけで十分です。


>>警察官は道路交通法に基づいて交通整理を行うものです。
>法の執行機関である警察官の業務を妨げないでください。
>>警察官の業務は、かつてこのブログに掲げられていた警察官の昇進試験の高価なテキストにあるとおり、国家権力の横暴を抑制するために厳格に謙抑的に定められています。
>理想と現実は異なります。

自転車乗りは車道左端通行するだけで十分です。


>>現場の警察官の指示は、パトカーでの先導・追随以外にはないでしょう。 ありがたい話です。 喜んで従うことでしょう。
>次の条文を声に出して読んでみましょう。 (警察官等の交通規制)第六条  警察官等は、手信号等により交通整理を行なうことができる。この場合において、警察官等は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るた め特に必要があると認めるときは、信号機の表示する信号にかかわらず、これと異なる意味を表示する手信号等をすることができる。 2  警察官は、車両等の通行が著しく停滞したことにより道路における交通が著しく混雑するおそれがある場合において、当該道路における交通の円滑を図るため やむを得ないと認めるときは、その現場における混雑を緩和するため必要な限度において、その現場に進行してくる車両等の通行を禁止し、若しくは制限し、そ の現場にある車両等の運転者に対し、当該車両等を後退させることを命じ、又は第八条第一項、第三章第一節、第三節若しくは第六節に規定する通行方法と異な る通行方法によるべきことを命ずることができる。 3  警察官は、前項の規定による措置のみによつては、その現場における混雑を緩和することができないと認めるときは、その混雑を緩和するため必要な限度にお いて、その現場にある関係者に対し必要な指示をすることができる。 4  警察官は、道路の損壊、火災の発生その他の事情により道路において交通の危険が生ずるおそれがある場合において、当該道路における危険を防止するため緊 急の必要があると認めるときは、必要な限度において、当該道路につき、一時、歩行者又は車両等の通行を禁止し、又は制限することができる。 5  第一項の手信号等の意味は、政令で定める。
(罰則 第二項については第百二十条第一項第一号 第四項については第百十九条第一項第一号、第百二十一条第一項第一号)
>>道路交通法の忠実な執行として、車道左端を通行しているノロノロ馬車や牛車や自転車が渋滞を発生させている場合には、第2項に従って、後続車両の進行禁止・制限がなされるということです。
>「現場の警察官の指示は、パトカーでの先導・追随以外にはないでしょう」というのは誤りだったわけですね。

第2項の「命令」の後、第3項によってする現場の警察官の「指示」は、パトカーでの先導・追随以外にはないでしょう。

何ら誤りはありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/03/03 19:30 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

> 馬車・牛車等の軽車両は、自転車も含めて、自動車様に車道「左寄り」の空間を譲って、車道「左端」を通行しなければならないとしたものです。自動車と 自転車・馬車・牛車等の軽車両とでは、トイレの順番待ちの列が異なることが定められただけで、ヤリ玉になど上がる筈もありません。
>>ヤリ玉にあがったからこそ、規制対象となったのでしょう。
>「馬車・牛車等の軽車両は、自転車も含めて、車道「左端」を通行しなければならない」とされていることを、世捨人さんが認められました。 良かった。良かった。
>>道路環境は刻一刻と変化します。現場の警察官の指示には必ず従ってください。
>「馬車・牛車等の軽車両は、自転車も含めて、車道「左端」を通行しなければならない」とされていることを、世捨人さんが認められました。 良かった。良かった。 現場の警察官はパトカーや白バイで先導してくれるということですね。これまた、良かった。良かった。

アスファルトやコンクリートは馬や牛にとって酷でしょう。未舗装の車道を想定してつくられた法律なのでしょうね。

>自動車と自転車・馬車・牛車等の軽車両とでは、トイレの順番待ちの列が異なることが定められた」ことも認められました。 良かった。良かった。
>>交通の円滑は阻害しないでください。
>軽車両は、車道左端を通行するだけのことです。

周囲に配慮することは交通安全に不可欠です。

>小生が粘り強く、自転車は車道左端通行するものであることを伝える努力を積み重ねてきた成果です。文言しか伝える術の無いネット上でも伝えきることが出来るということです。 本当に良かった。素晴らしい。
>>譲り合いの精神を育んで交通の円滑に努めてください。
>軽車両は、車道左端を通行することで、後続車両に道を譲って交通の円滑に十分に努めています。

身勝手な判断は捨てて交通の円滑に努めてください。

>>必要に応じ、「自転車は車道」も改正されるでしょうね。
>現状では、自転車の車道左端通行の原則を徹底する方向にあります。
>>自転車の歩道走行は法律で認められています。
>昭和40年代の交通戦争の戦利品として多くの自転車乗りの犠牲により獲得してきた自転車乗りの貴重な権利です。
>>積極的に活用しましょう。
>道路の状況に応じて、自転車乗り一人一人が決めることです。

当ブログの提言をしらみつぶし的に実行してみましょう。

>巾60センチとスマートな自転車は、自転車乗り一人一人の判断で、自由自在に好き勝手に車道も歩道も通行することが出来るところも、自転車の良い所です。
>>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと定められています。

いずれにせよ、自転車の良いところは交通安全と相いれません。

>自動車の駐停車禁止の取締強化が徹底することで、リヤカーや手押し車の利用は拡大していくことでしょう。
>>リヤカーや手押し車の利用拡大とともに規制の声が強くなるでしょう。
>○川急便事件等々、運送会社の政治力は侮れません。 宅配便のリヤカーや手押し車に利権があるかどうか分かりませんが、○川男子の仕事を奪うことは、タクシー業界の政治力をもってしても容易ではないでしょう。

リヤカーや手押し車を規制しても運送会社の仕事を奪うことにはならないでしょう。

>京都などの観光地では、既に、タクシーが人力車に取って代わられてますね。
>>京都でもビジネス利用で人力車を使う人はいないでしょう。
>接待というビジネスでは利用価値があるでしょう。

降雨時に接待で人力車を利用する人はいないでしょう。

>世捨人さんに、法律上、軽車両の車道左端通行は何ら問題ないというお墨付きを頂き、完勝したという現実だけで十分です。
>>実態は異なります。
>実態として、道路交通法上、軽車両は車道左端を通行しなければならないと定められています。
>>自転車の歩道走行は法律で認められています。
>上述のとおり、自転車の歩道通行は昭和40年代の交通戦争の戦利品として多くの自転車乗りの犠牲により獲得してきた自転車乗りの貴重な権利です。
>>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車がトラックと同じ走行車線を走るのは狂気の沙汰です。
>軽車両は車道左端を通行するものであり、トラックは車道左側寄りを通行するものです。 何ら問題ありません。

当ブログで糾弾されるのは、問題があるということでしょう。

>車道も歩道も自転車乗りの判断で自由自在に好き勝手に通行出来るところは、自転車の良い所です。
>>自転車の良いところは交通安全と相いれません。
>道路交通の安全と円滑を図るために、自転車は車道左端を通行しなければならないと定められています。

いずれにせよ、自転車の良いところは交通安全と相いれません。

>通報を受けた警察は、きっとパトカーで先導・追随してくれることでしょう。 ちゃん、ちゃん。
>>理想と現実は異なります。
>世捨人さんが、「馬車・牛車等の軽車両は、自転車も含めて、車道「左端」を通行しなければならない」こと、「自動車と自転車・馬車・牛車等の軽車両とでは、トイレの順番待ちの列が異なること」を認められたという「現実」で十分です。
>>交通の円滑を阻害しないよう、譲り合いの精神を育んでください。
>軽車両は、車道左端を通行することで、後続車両に道を譲って交通の円滑に十分に努めています。

身勝手な判断は捨てて、交通の円滑に努めてください。

>道路交通法に準拠して、馬車・牛車・自転車等の軽車両は車道左端を通行するものです。
>>当ブログは交通安全に資すると提言であると自負しております。
>読む価値なし。
>>価値がわかる大人になってください。
>自転車は、幼稚園児から認知症の高齢者まで誰もが利用するものです。価値判断など全く不要です。
>>記事内容には絶大なる自信があります。
>「競技用自転車安全宣言」とやらに反する行為も認められまんねん。 世捨人さんご自身で、自信のある宣言を否定されていましたよ。 ということで、読む価値なし。

交通安全に資する提言であると自負しております。引き続きご理解、ご協力をお願いします。

>馬車・牛車・自転車等の軽車両は、道路交通法にあるとおり車道左端を通行しなければならないものです。
>>理想と現実は異なります。
>自転車乗りは車道左端通行するだけで十分です。

当ブログの提言をしらみつぶし的に実行して、交通安全の真の先駆者となってください。

>警察官は道路交通法に基づいて交通整理を行うものです。
>>法の執行機関である警察官の業務を妨げないでください。
>警察官の業務は、かつてこのブログに掲げられていた警察官の昇進試験の高価なテキストにあるとおり、国家権力の横暴を抑制するために厳格に謙抑的に定められています。
>>理想と現実は異なります。
>自転車乗りは車道左端通行するだけで十分です。

当ブログの提言をしらみつぶし的に実行して、交通安全の真の先駆者となってください。

>現場の警察官の指示は、パトカーでの先導・追随以外にはないでしょう。 ありがたい話です。 喜んで従うことでしょう。
>> 次の条文を声に出して読んでみましょう。 (警察官等の交通規制)第六条  警察官等は、手信号等により交通整理を行なうことができる。この場合において、警察官等は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図るた め特に必要があると認めるときは、信号機の表示する信号にかかわらず、これと異なる意味を表示する手信号等をすることができる。 2  警察官は、車両等の通行が著しく停滞したことにより道路における交通が著しく混雑するおそれがある場合において、当該道路における交通の円滑を図るため やむを得ないと認めるときは、その現場における混雑を緩和するため必要な限度において、その現場に進行してくる車両等の通行を禁止し、若しくは制限し、そ の現場にある車両等の運転者に対し、当該車両等を後退させることを命じ、又は第八条第一項、第三章第一節、第三節若しくは第六節に規定する通行方法と異な る通行方法によるべきことを命ずることができる。 3  警察官は、前項の規定による措置のみによつては、その現場における混雑を緩和することができないと認めるときは、その混雑を緩和するため必要な限度にお いて、その現場にある関係者に対し必要な指示をすることができる。 4  警察官は、道路の損壊、火災の発生その他の事情により道路において交通の危険が生ずるおそれがある場合において、当該道路における危険を防止するため緊 急の必要があると認めるときは、必要な限度において、当該道路につき、一時、歩行者又は車両等の通行を禁止し、又は制限することができる。 5  第一項の手信号等の意味は、政令で定める。
(罰則 第二項については第百二十条第一項第一号 第四項については第百十九条第一項第一号、第百二十一条第一項第一号)
>道路交通法の忠実な執行として、車道左端を通行しているノロノロ馬車や牛車や自転車が渋滞を発生させている場合には、第2項に従って、後続車両の進行禁止・制限がなされるということです。
>>「現場の警察官の指示は、パトカーでの先導・追随以外にはないでしょう」というのは誤りだったわけですね。
>第2項の「命令」の後、第3項によってする現場の警察官の「指示」は、パトカーでの先導・追随以外にはないでしょう。 何ら誤りはありません。

現場の警察官の裁量にゆだねられています。

| 世捨人 | 2014/03/05 22:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/411-9821d4e7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT