今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自転車はクルマの前を走るな

▼自転車が絶対にやってはいけないことを、ドライブレコーダーがとらえた。クルマを運転中のこと。前を走るトラックが交差点手前で左折のためウインカーを出す。ブレーキランプを点灯させスピードを落としたので、当方も減速する。すると、左端を走っていた自転車に追いつかれた。次の瞬間、驚愕の出来事が発生する。

▼なんと、この自転車に割り込まれたのだ。片側2車線の第1通行帯のど真ん中を我が物顔で走り出す。割り込み自転車に先導されるという、ドライバーからすればこの上ない屈辱を味わいながら、10メートルほど進むはめに。セダン型乗用車の運転席からは二輪車との距離感がつかみづらく、まさに衝突の危険と隣り合わせであった。

▼それにしても、この自転車乗りの意図は何だったのか。左折トラックの巻き込み事故を防ぐための措置ではない。トラックを右側から追い越そうとするために進路を移したのだ。ただ単に先を急ぎたいという身勝手な行為によって、道路における危険を生じさせることは、到底許されない。

▼自転車は、前を走るクルマが左折ウインカーを出したら、左端でおとなしく待機するのが望ましい。速度差のあるクルマの前を走り、交通の円滑を阻害してはならない。もっとも、この交差点には自転車横断帯があるので、規制に従って通らなければならない。ルールを守らず(車道走行の)権利ばかり主張するのは大概にせよ。


トラックが左折ウインカーを出し減速

左端から自転車が現れる

クルマの前に割り込み進路をふさぐ

自転車横断帯を避け交差点に進入



⑤迷惑を顧みず走り続ける(2012年2月6日追加)
関連記事

| 00:45 | コメント:61 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ともだちがいないから、しかたないよね。

| バッドカルマ | 2013/01/31 05:25 | URL | ≫ EDIT

また偽者

管理人、偽者は削除せよ。

| バッドカルマ | 2013/01/31 08:13 | URL | ≫ EDIT

左折するトラックを避けて直進しただけじゃん。

| 自転車は軽車両 | 2013/01/31 11:58 | URL |

>ドライバーからすればこの上ない屈辱を味わいながら

屈辱って・・・品が無いよね。

| 自転車は軽車両 | 2013/01/31 11:59 | URL |

いつもながら、自転車と自動車が車道を共有・共存する素晴らしいスクープ(?)画像ですね。

直進自転車が交差点を抜けていく画像がないということは、後続車両となった世捨人さんは、交差点を左折したのかな?

世捨人さんがどんなに先を急がれても、安全運転で先行する左折トラックに塞がれますので、直進していく自転車に文句を言っても仕方ないでしょう。

この自転車が片側2車線の第1通行帯のど真ん中に割り込んだのは、先行する左折トラックの巻き込み事故を防ぐための措置ではありません。左折トラックは後続する自転車が左端に入ってこないように十分に左端によっています。
また、トラックを右側から追い越そうとするために進路を移したのでもありません。
トラックは勝手に左折して道を譲ってくれます。無理して追い越さなくても、直進する自転車の前には自動車のいない安全な道路空間が広がっています。

ただ単に先を急ぎたいという身勝手で先行する自転車との距離感もつかめずに我が物顔で衝突の危険を生じさせるセダン型乗用車の左折巻き込み事故という道路における危険を防ぐための措置です。
また、そもそも、自転車は車両として片側2車線の道路では第1通行帯のど真ん中を走るものです。
左端でおとなしく待機しセダン型乗用車と隣合せで自転車横断帯に回り込むことは、まさに衝突の危険と隣り合わせとなることである。

自転車に割り込み先導されるというこの上ない屈辱を味わうことで、左折巻き込み事故を防ぐことができ、救われましたね。
良かった。良かった。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/01/31 12:08 | URL |

世捨人へ
ま、普通ですね。強いて言えば3番目の写真の自転車の判断はとてもいいと思います。対向車線や隣の車線に車がいても強引にすれすれの幅で追い抜こうとする無謀運転の自動車がいますからあるていど自動車の進路をふさぎ、身の安全を確保する必要があります。
自転車は自転「車」であり車道を走るのは常識です。世捨人の言うように車道が危険なのは自動車による無謀運転のせいです。しっかり理解してください。

| モンブランヘッド | 2013/01/31 21:30 | URL |

「東京都青少年・治安対策本部」という都の一組織が自転車について色々と意見しています。
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/koutuu/07_jitensha-iken.html

提言書の中には、
「視覚障害の方に配慮するため、スポークにカラカラ音発生装置を義務付ける」
「ウインカー、側面発光装置(マーカーランプ?)の義務付け」
「ライトは自動車と同じく車体固定式を義務付け(脱着式は昼間でも本体だけ装着する)」

というバカみたいな提言内容を都に提出した上で、それとは別に条例案も出したらしいです。
まるで2年前の世捨てさんがリアルに顕現したみたいですねw

| 中野 螢一 | 2013/01/31 23:33 | URL |

<a href="http://melma.com/backnumber_16703_5740571/" target="_blank" title="疋田氏メルマ">疋田氏メルマ</a>でヒキタさんも意見しています。

| 中野 螢一 | 2013/01/31 23:42 | URL |

疋田信者の分際で人並みに意見するな!
信者は信者らしく教祖様にお仕えして幸福を感じてろ!教祖ともども抹殺してやる!お前の頭の中は現実が見えなくておめでたいお花畑なんだろwww
現実と妄想の区別もできない奴がしゃしゃり出てくるな!wwwww

| 疋田信者はくたばれ! | 2013/02/01 09:56 | URL |

自転車に割り込まれるなんて下手くそな運転してたんでしょうね。左後方の自転車に気がついてなかったの!?

| のり | 2013/02/01 23:24 | URL |

現在の日本の道路関係の法律と道路事情を考えれば何ら問題ないと思うのですが…

原付だとこれはアウトなのかな? 詳しい人いますか?

| 自転車は歩道 | 2013/02/02 01:23 | URL |

片側二車線以上の通行帯道路では、道交法第十八条の左より通行の規定は適用されませんよ。

自転車を含む軽車両も原付も自動車も、道交法第二十条の規定に従って第一通行帯を通行します。

自転車の左端寄り通行の義務は適用されないため、第一通行帯の中であればどの位置を走ろうと法的になんら問題ありません。

交差点を直進するのであれば、左折車による巻き込みを防ぐために通行帯中央を走るのが自転車の安全な走り方です。

自転車が批判される理由はどこにもありません。

| キャノンボーラー | 2013/02/02 13:31 | URL | ≫ EDIT

いつも楽しく拝見しております。
1つ疑問な点があります。
「貴方はこの交差点を直進したのか、左折したのか」という点です。
もし、左折したのであれば交差点手前で方向指示を出されたとおもいます。そうであれば貴方の運転するセダン型乗用車への巻き込まれないために第一通行帯を中央よりに位置を取ったのだと想像します。
また、直進したのであれば、速度差の逆転する10m程で交差点を通過し、再び貴方の運転する乗用車が追い抜いた、となります。
もしそうであれば、勝手な願いで恐縮ですが、次の更新で追い抜きシーンとその時の自転車の挙動をお伝えください。

 あと、左手前を走る自動二輪や原付・自転車のほうが正面付近よりも距離感がつかみにくいかと思います。わざわざ正面付近に出てきた車両の距離感まで掴めない/にくいのであれば、安全運転に支障をきたすおそれもありますので信用のある眼科へ行かれると良いでしょう。老婆心ながら衷心します。

| 超小径たのしい | 2013/02/02 18:40 | URL |

俺がバイクで第二車線を走ってた時だ。わき道から
出てきた馬鹿タクシーが急にスピード上げて俺の進路
塞ぎ、膝がバンパーに接触。骨まで見えて緊急入院。
警察から聞いた話では見えなかった(見てなかった。だろ)
ようで10:0ですから。と。しかし、後に示談書見て
愕然。そこには見えたので止まったら相手が接触した。
と…8:2の割合にされてしまった。
このようにタクシードライバーは自分の都合が良い方に
コロコロ変える鬼畜です。一度も見舞いにこねぇし、
会社の事故係もこねぇ…内々で決めてハイ終わり!
タクシーは交差点の曲がり方も知らない馬鹿の
集まりです。今すぐ排除しましょう。まず世捨からだな

| あ | 2013/02/02 20:02 | URL |

>あさん
こんどからはバイクにカメラをつけることを勧めます

| 自転車は歩道 | 2013/02/02 22:05 | URL |

http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-309.html
2011.12.21 Wed
自転車は路肩を走れ
▼写真を見よ(①)。競技用自転車を追い越すワンボックスカー。交差点の直前で黄色車線をはみ出しており、非常に危険な行為だ。が、ワンボックスカーを非難できない。自転車の速度に合わせて走行することによる渋滞を回避するための措置であろうからだ。


これはあなたが書かれたものです
車が違法に自転車をよけようとしたのはしょうがないとしているのに自転車が適正に車をよけたのを非難するのはおかしいと思います

| 通りすがり | 2013/02/04 07:45 | URL |

中野 螢一さん| 2013/01/31 23:33 |、| 2013/01/31 23:42 |へ

>「東京都青少年・治安対策本部」という都の一組織が自転車について色々と意見しています。http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/koutuu/07_jitensha-iken.html
提言書の中には、「視覚障害の方に配慮するため、スポークにカラカラ音発生装置を義務付ける」「ウインカー、側面発光装置(マーカーランプ?)の義務付け」「ライトは自動車と同じく車体固定式を義務付け(脱着式は昼間でも本体だけ装着する)」というバカみたいな提言内容を都に提出した上で、それとは別に条例案も出したらしいです。まるで2年前の世捨てさんがリアルに顕現したみたいですねw 
><a href="http://melma.com/backnumber_16703_5740571/" target="_blank" title="疋田氏メルマ">疋田氏メルマ</a>でヒキタさんも意見しています。

パブコメは残念ながら、既に提出〆切を過ぎています。
小生は以下の内容で提出しました。
ご参考まで。

自転車の安全で適正な利用を促進するための条例に盛り込む主な内容の全てに反対である。

1.都に関する規定
自転車だけを取り上げて、総合的な計画を策定・公表しても、無意味である。交通手段としての自転車を交通体系全体の中で適正に位置付け、公共(無料)駐輪場や自転車レーンを含む道路インフラ整備等の必要な施策を粛々と進めて行くことである。
2.自転車利用者に関する規定
自転車を安全かつ適正に利用すること(ヘルメット、反射材の利用、損保付保を含め)は、それぞれの自転車利用者の自己責任であり、条例で努力するように強制されるものではない。また、現時点で具体的内容のない都の施策への積極的な協力を条例で強制されるなどありえない。
3.事業者に関する規定
自転車は、(公共)交通体系の中での貴重な交通手段と位置づけられ、公共(無料)駐輪場の整備等、安全で適正な利用のための措置は、国や東京都を含む各層の自治体で行うべきものであり、安易に企業の社会的責任論を振りかざして事業者の責任とすることは、無用の管理業務を民間企業に押し付けるもので、社会経済の活力を削ぐこととなりかねない。
4.自転車使用事業者に関する規定
自転車使用の有無に関わらず、民間の事業者が事業に関し必要な措置を講ずることは当然のことであり、条例で強制されるものではない。一方、現時点で具体的内容のない都の施策への積極的な協力を条例で強制されるなどありえない。
5.自転車関係事業者等に関する規定
自転車小売業者等の関係事業者は、一定の法律の下、自由な商取引が保障される中で、それぞれ、創意工夫・経営努力を重ね、事業を行っている。事業に関し必要な措置を講じることは当然であり、一方、具体的内容のないとの施策への積極的な協力を条例で強制されることなど有り得ない。
6.その他の者に関する規定
都民に対し、具体的内容のない都の施策に積極的に協力する努力義務を条例で強制されるいわれはない。
具体的内容のない都の教育指針に保護者並びに教育者が努力義務を条例で強制されるいわれはない。行政が教育の自由・学問の自由に不当に介入するものである。
7.自転車関連事業の任意の登録制度の導入
登録業者へのメリット、無登録業者へのデメリットが不明である。強制力のない登録制度は意味がない。登録制度を導入する必要性があるのであれば、登録条件を定めて強制的な登録制度とすべきである。登録を任意とする時点で登録制度自体の必要性が認められない。必要性のない登録制度は、税金の無駄である。

そもそも、自転車対策懇談会の提言内容にして、陳腐である。
1.安全で適正な利用を推進するために
自転車利用者は被害者となることはあれ、自転車利用者が惹起した死亡事故は年間数件程度ある。安全教育としては、毎年4000名の死者を出している自動車ドライバーに対する教育を徹底するべきである。
悪質な違反とはどのような違反を言うのか。そもそも自転車のルールは安全に直結しないものばかりである。
自転車の安全性のためにウインカーやバックミラー、更には、発音装置など不要である。
損害賠償責任保険の普及やヘルメット着用などは、それぞれの自転車利用者が考えることであって、国や自治体に強制されるものではない。
2放置自転車をなくすために
駐輪場は、区市町村が民間事業者と連携した整備するものとして押し付けるだけでなく、都庁等の都の施設に無料駐輪場を積極的に整備すべきである。
また、「道路上に自転車を放置することは、道路交通法に違反する行為である」とされているが、道路交通法第四十四条では、「車両は、道路標識等により停車及び駐車が禁止されている道路の部分及び次に掲げるその他の道路の部分においては、停車し、又は駐車してはならない。」とされており、誤りである。
歩道上の街路樹周り等々のデッドスペースを駐輪スペースとすることで、駐輪可能台数を増やすことを検討すべきである。
3安全で快適な利用空間を実現するために
自転車レーンとして車道外側線の外側に1メートルの空間を確保すれば、十分である。そのために、車線を一つなくすことが出来るかどうか、自動車の交通量と自転車の交通量の相対的な体系付けによるものであり、自転車専用として確保されなければ、自動車とともに車道左端或いは第一通行帯を通行するまでである。
4.ナンバープレート制度・デポジット制度の導入に向けて
今後の具体的検討結果を待ちましょう。(byときどきオアゾツーキニスト | 2013/01/23 21:10)

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/02/05 09:19 | URL |

通りすがりさん| 2013/02/04 07:45 |へ

http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-309.html 2011.12.21 Wed 自転車は路肩を走れ ▼写真を見よ(①)。競技用自転車を追い越すワンボックスカー。交差点の直前で黄色車線をはみ出しており、非常に危険な行為だ。が、ワンボックスカーを非難できない。自転車の速度に合わせて走行することによる渋滞を回避するための措置であろうからだ。
これはあなたが書かれたものです
車が違法に自転車をよけようとしたのはしょうがないとしているのに自転車が適正に車をよけたのを非難するのはおかしいと思います

引用するのであれば、以下の記事でしょう。
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-359.html2012.09.27 Thu激撮!! 競技用自転車、これが左折事故の原因だ
▼原付バイクであれば、自動車が左ウインカーを出せば、右側から追い越す。それが常識である。できないのは自転車だけだ。自転車の車道走行によって交通秩序が乱れているわけで非常に憂慮すべき事態だ。

今回の自転車は、世捨人さんの仰るとおりに原付バイクにならって右側から追い越している模範的な自転車です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/02/05 16:53 | URL |

書かざるを得ないので書く505号
http://melma.com/backnumber_16703_5754704/

疋田さんは大丈夫か?
忙し過ぎではないか?
本来は、この事故、私は書くまいと思っていた。
あたかも自分の論を補強するために、悲しい事故を都合よく使っている、という感じにはしたくないものでね。
5歳の娘を不慮の事故で(しかも自分が握ったハンドルで!)亡くした母親の悲しみはいかばかりなものであろうか。4人の子を育て終わった(?)親として、その気持ちは痛いほど分かる。
しかし、この事故にまつわる、疋田さんのあまりの無理解、無知には、書かざるを得ないとも思う。
だから、書く。
小生が変だな、これは無いでしょう、と思うのは、次のようなものだ。
「●次に、当該の自転車が不幸にしてクルマにとって逆走、すなわち右側通行していたことだ。もしも、これが左側通行ならば、トラックのタイヤと子どもの間には間が空いたはずなのだ。トラックの車輪は子どもに乗り上げる前に、自転車の後輪、チャイルドシートほか、障害物に気づいたかもしれない。左側通行ならば「追い越しの形」で女の子は投げ出される形になったのだから。ところが、逆走していると、子どもはタイヤの下に滑り込むような形で投げ出される。タイヤが動いたらすぐに子どもである。これが右側通行の恐ろしさだ。クルマと相対して走るというのは、正面衝突の衝突エネルギーが相対速度の二乗倍になる(これだけで十分恐ろしいが)というだけではない。こうして何かがあったとき、常にクルマと自転車の距離が短くなること、結果、対処ができなくなることにもある。」

これは、さすがに違うでしょう。
「スピードを落とし、自転車はバランスを失い、車道側に倒れた。5歳の娘が車道、しかも渋滞中だったトラック後輪の前に投げ出された。トラックの運転手は、それに気づかず、トラックを動かした。」ということであれば、歩道上を走っていて転倒した自転車が右側通行だろうと、左側通行だろうと、逆走だろうと順走だろうと一緒です。
右側通行の自転車の前輪にも前部の幼児用座席にも気づかなかったのに、左側通行の自転車の後輪やチャイルドシートに気付く訳ありません。
疋田さんご自身が仰っているとおり「あたかも自分の論を補強するために、悲しい事故を都合よく使っている、という感じ」です。
というか、補強にも何にもなっていません。

今回の事故で学ぶべきは、「三人乗り自転車であろうと、幼児用自転車であろうと、自動車の大渋滞を作ってでも、堂々と車道左端を通行しなければならない。」ということです。

更に誤解を恐れずに言えば、マスコミ報道にも疋田さんの指摘にも一切出てこない左側歩道上を順行してきた自転車乗りが歩道から車道左端に下りなかったこと、或いは、車道側に寄って交わさなかったこと、こそが今回の事故を引き起こした最大の原因でしょう。
法律上の責任を問われることはないでしょうが、「弱者優先」のマナーに明らかに反しています。
歩道上も左側通行だ、相手方を右に見てすれ違うなどと、ルールにないルールを勝手に作り上げていたのであれば、大問題です。
同じ自転車同士です。歩道が混み合っていれば、左側通行(順行)している方が車道に下りて上げるのがマナーでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/02/05 19:07 | URL |

FUCK YEAH,雲助!

まーたこの世捨雲助が出てこよーた
無茶に進路変更しとるこの名古屋走り自転車厨もダメだが世捨雲助もまぁー開いた口が塞がらん
ってのは車道走行ケッタは自転車横断帯を通らんくてええんだ
Jablawのサイトに乗っとった

| YOSUTE-X | 2013/02/06 00:21 | URL |

疋田信者はくたばれ!さんへ

おみゃーみたいなターケは交差点のど真ん中の右折用ゼブラ上でオナニーでもしとけ

| YOSUTE-X | 2013/02/06 00:27 | URL |

Re: タイトルなし

軽車さん

>左折するトラックを避けて直進しただけじゃん。

割り込みという道交法32条違反を犯しています。

| 世捨人 | 2013/02/06 00:56 | URL |

Re: タイトルなし

軽車さん

>>ドライバーからすればこの上ない屈辱を味わいながら
>屈辱って・・・品が無いよね。

割り込み(道交法32条違反)を正当化しないでください。

| 世捨人 | 2013/02/06 00:56 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>いつもながら、自転車と自動車が車道を共有・共存する素晴らしいスクープ(?)画像ですね。

いつもながら、精一杯の皮肉ですね。

>直進自転車が交差点を抜けていく画像がないということは、後続車両となった世捨人さんは、交差点を左折したのかな?

直進しました。

>世捨人さんがどんなに先を急がれても、安全運転で先行する左折トラックに塞がれますので、直進していく自転車に文句を言っても仕方ないでしょう。

割り込み(道交法32条違反)を正当化しないでください。

>この自転車が片側2車線の第1通行帯のど真ん中に割り込んだのは、先行する左折トラックの巻き込み事故を防ぐための措置ではありません。左折トラックは後続する自転車が左端に入ってこないように十分に左端によっています。 また、トラックを右側から追い越そうとするために進路を移したのでもありません。 トラックは勝手に左折して道を譲ってくれます。無理して追い越さなくても、直進する自転車の前には自動車のいない安全な道路空間が広がっています。

交差点付近の進路変更は危険ですのでお控ください。

>ただ単に先を急ぎたいという身勝手で先行する自転車との距離感もつかめずに我が物顔で衝突の危険を生じさせるセダン型乗用車の左折巻き込み事故という道路における危険を防ぐための措置です。 また、そもそも、自転車は車両として片側2車線の道路では第1通行帯のど真ん中を走るものです。左端でおとなしく待機しセダン型乗用車と隣合せで自転車横断帯に回り込むことは、まさに衝突の危険と隣り合わせとなることである。

自転車横断帯に進入する前に停まって安全確認をしましょう。

>自転車に割り込み先導されるというこの上ない屈辱を味わうことで、左折巻き込み事故を防ぐことができ、救われましたね。 良かった。良かった。

自動車が左折中に左側追い越しをするなどして運転の邪魔をしないでください。

| 世捨人 | 2013/02/06 00:58 | URL |

Re: タイトルなし

モンさん

>ま、普通ですね。強いて言えば3番目の写真の自転車の判断はとてもいいと思います。対向車線や隣の車線に車がいても強引にすれすれの幅で追い抜こうとする無謀運転の自動車がいますからあるていど自動車の進路をふさぎ、身の安全を確保する必要があります。 自転車は自転「車」であり車道を走るのは常識です。世捨人の言うように車道が危険なのは自動車による無謀運転のせいです。しっかり理解してください。

交差点付近の進路変更は危険です。割り込み(道交法32条違反)を正当化しないでください。長押しクラクションの洗礼を浴びてもおかしくない場面であることを肝に銘じ、安全運転に努めてください。

| 世捨人 | 2013/02/06 01:00 | URL |

Re: タイトルなし

中さん

>「東京都青少年・治安対策本部」という都の一組織が自転車について色々と意見しています。
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/koutuu/07_jitensha-iken.html 提言書の中には、 「視覚障害の方に配慮するため、スポークにカラカラ音発生装置を義務付ける」「ウインカー、側面発光装置(マーカーランプ?)の義務付け」「ライトは自動車と同じく車体固定式を義務付け(脱着式は昼間でも本体だけ装着する)」 というバカみたいな提言内容を都に提出した上で、それとは別に条例案も出したらしいです。まるで2年前の世捨てさんがリアルに顕現したみたいですねw

自転車という危険な乗り物に規制を求めないのは、昭和時代の発想です。

| 世捨人 | 2013/02/06 01:01 | URL |

Re: タイトルなし

のさん

>自転車に割り込まれるなんて下手くそな運転してたんでしょうね。左後方の自転車に気がついてなかったの!?

交差点付近では進路変更はお控ください。割り込み(道交法32条違反)を正当化しないでください。

| 世捨人 | 2013/02/06 01:02 | URL |

Re: タイトルなし

>現在の日本の道路関係の法律と道路事情を考えれば何ら問題ないと思うのですが… 原付だとこれはアウトなのかな? 詳しい人いますか?

道交法32条(割り込み禁止)違反です。しっかり勉強してください。

| 世捨人 | 2013/02/06 01:03 | URL |

Re: タイトルなし

ボールさん

>自転車を含む軽車両も原付も自動車も、道交法第二十条の規定に従って第一通行帯を通行します。 自転車の左端寄り通行の義務は適用されないため、第一通行帯の中であればどの位置を走ろうと法的になんら問題ありません。 交差点を直進するのであれば、左折車による巻き込みを防ぐために通行帯中央を走るのが自転車の安全な走り方です。 自転車が批判される理由はどこにもありません。

トラックの減速にあわせて、徐行した車両の前方に出るのは割り込み(道交法32条違反)にほかなりません。しっかり勉強してください。

| 世捨人 | 2013/02/06 01:05 | URL |

Re: タイトルなし

超小さん

>いつも楽しく拝見しております。 1つ疑問な点があります。「貴方はこの交差点を直進したのか、左折したのか」という点です。もし、左折したのであれば交差点手前で方向指示を出されたとおもいます。そうであれば貴方の運転するセダン型乗用車への巻き込まれないために第一通行帯を中央よりに位置を取ったのだと想像します。 また、直進したのであれば、速度差の逆転する10m程で交差点を通過し、再び貴方の運転する乗用車が追い抜いた、となります。 もしそうであれば、勝手な願いで恐縮ですが、次の更新で追い抜きシーンとその時の自転車の挙動をお伝えください。

交差点を直進した場面の画像を追加します。

>あと、左手前を走る自動二輪や原付・自転車のほうが正面付近よりも距離感がつかみにくいかと思います。わざわざ正面付近に出てきた車両の距離感 まで掴めない/にくいのであれば、安全運転に支障をきたすおそれもありますので信用のある眼科へ行かれると良いでしょう。老婆心ながら衷心します。

クルマやトラックのブレーキランプ類は、セダン型乗用車の運転席からだと、見下ろす位置に取り付けてありますが、オートバイを含め二輪車は、高い位置にあるので距離感がつかみづらいです。車幅も関係していると思います。

| 世捨人 | 2013/02/06 01:08 | URL |

Re: タイトルなし

あさん

>俺がバイクで第二車線を走ってた時だ。わき道から 出てきた馬鹿タクシーが急にスピード上げて俺の進路 塞ぎ、膝がバンパーに接触。骨まで見えて緊急入院。 警察から聞いた話では見えなかった(見てなかった。だろ)ようで10:0ですから。と。しかし、後に示談書見て 愕然。そこには見えたので止まったら相手が接触した。 と…8:2の割合にされてしまった。このようにタクシードライバーは自分の都合が良い方に コロコロ変える鬼畜です。一度も見舞いにこねぇし、 会社の事故係もこねぇ…内々で決めてハイ終わり! タクシーは交差点の曲がり方も知らない馬鹿の集まりです。今すぐ排除しましょう。まず世捨からだな

おっしゃるとおりです。できるだけタクシーには近付かないのが望ましいです。客の乗降で急停車しますから、危なっかしいです。また、タクシー会社は航空、鉄道会社に匹敵する規模の大企業は存在しませんから、事故時に誠意ある対応を期待できるとはいえません。
例え裁判で全面勝訴したとしても、ケガの後遺症で生活に支障が出れば償いきれないでしょう。事故の当事者とならないよう、自衛運転を心がけましょう。

| 世捨人 | 2013/02/06 01:18 | URL |

Re: タイトルなし

通りさん

▼写真を見よ(①)。競技用自転車を追い越すワンボックスカー。交差点の直前で黄色車線をはみ出しており、非常に危険な行為だ。が、ワンボックスカーを非難できない。自転車の速度に合わせて走行することによる渋滞を回避するための措置であろうからだ。
>これはあなたが書かれたものです 車が違法に自転車をよけようとしたのはしょうがないとしているのに自転車が適正に車をよけたのを非難するのはおかしいと思います

割り込み(道交法32条違反)を問題視しております。

| 世捨人 | 2013/02/06 01:19 | URL |

世捨人さん| 2013/02/06 00:58 |へ

>>いつもながら、自転車と自動車が車道を共有・共存する素晴らしいスクープ(?)画像ですね。
>いつもながら、精一杯の皮肉ですね。

毎回、具体的な議論の材料を提示いただくご努力には感謝しております。

>>直進自転車が交差点を抜けていく画像がないということは、後続車両となった世捨人さんは、交差点を左折したのかな?
>直進しました。

直進自転車が交差点を抜けていく画像を追加掲載いただき、改めて、感謝申し上げます。
そして、交差点を抜ける際には、絶対的なスピードの違いから当然に追い抜いていくであろう後続タクシーのために、直進自転車は謙虚に車道左端(車道外側線の左外側)を進んでいます。
何ら問題ありません。というか、模範的なライン取りですね。

>>世捨人さんがどんなに先を急がれても、安全運転で先行する左折トラックに塞がれますので、直進していく自転車に文句を言っても仕方ないでしょう。
>割り込み(道交法32条違反)を正当化しないでください。

(割込み等の禁止)
第三十二条  車両は、停止し、若しくは停止しようとして徐行している車両等又はこれらに続いて停止し、若しくは徐行している車両等に追いついたときは、その前方にある車両等の側方を通過して当該車両等の前方に割り込み、又はその前方を横切つてはならない。

改めて、割り込み禁止の条文を見ると、「停止」あるいは「停止」しようとして徐行することが前提となっています。
左折のためにスピードを落としたトラックや、続いて減速した世捨人さんタクシーの前方に割り込むことは、何ら禁止されていません。
それぞれの車両のスピードの違いから、追い付き、追い越すことは、極々自然なことです。

>>この自転車が片側2車線の第1通行帯のど真ん中に割り込んだのは、先行する左折トラックの巻き込み事故を防ぐための措置ではありません。左折トラックは後続する自転車が左端に入ってこないように十分に左端によっています。 また、トラックを右側から追い越そうとするために進路を移したのでもありません。 トラックは勝手に左折して道を譲ってくれます。無理して追い越さなくても、直進する自転車の前には自動車のいない安全な道路空間が広がっています。
>交差点付近の進路変更は危険ですのでお控ください。

交差点付近だからといって進路変更は禁止されていません。

(進路の変更の禁止)
第二十六条の二  車両は、みだりにその進路を変更してはならない。
2  車両は、進路を変更した場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる車両等の速度又は方向を急に変更させることとなるおそれがあるときは、進路を変更してはならない。 (罰則 第二項については第百二十条第一項第二号)

また、進路変更の禁止ルール第二十六条の二の第一項には罰則がありませんので、酒気帯び自転車運転や未成年者の喫煙と同レベルの訓示規定です。
更に、第ニ項については、後方から進行してくる世捨人さんのタクシーは減速済みですし、方向を急に変更させることもありませんでしたから、該当しません。

>>ただ単に先を急ぎたいという身勝手で先行する自転車との距離感もつかめずに我が物顔で衝突の危険を生じさせるセダン型乗用車の左折巻き込み事故という道路における危険を防ぐための措置です。 また、そもそも、自転車は車両として片側2車線の道路では第1通行帯のど真ん中を走るものです。左端でおとなしく待機しセダン型乗用車と隣合せで自転車横断帯に回り込むことは、まさに衝突の危険と隣り合わせとなることである。
>自転車横断帯に進入する前に停まって安全確認をしましょう。

(交差点における自転車の通行方法)
第六十三条の七  自転車は、交差点を通行しようとする場合において、当該交差点又はその付近に自転車横断帯があるときは、当該自転車横断帯を進行しなければならない。

これまた、罰則のない訓示規定です。
自転車横断帯を利用するかどうかは、自転車乗り一人一人が決めることです。

>>自転車に割り込み先導されるというこの上ない屈辱を味わうことで、左折巻き込み事故を防ぐことができ、救われましたね。 良かった。良かった。
>自動車が左折中に左側追い越しをするなどして運転の邪魔をしないでください。

世捨人さんのタクシーは直進したということであれば、左折中の左側追い越しなどと勝手に妄想されても困りものです。
先行するトラックが左折するために、直進自転車ともども減速せざるを得なかっただけで、何ら問題ありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/02/06 14:28 | URL |

YOSUTE-Xさん| 2013/02/06 00:21 |へ

>まーたこの世捨雲助が出てこよーた 無茶に進路変更しとるこの名古屋走り自転車厨もダメだが世捨雲助もまぁー開いた口が塞がらん ってのは車道走行ケッタは自転車横断帯を通らんくてええんだ Jablawのサイトに乗っとった

ありがとうございます。
公益社団法人自転車道路交通法研究会の解釈を無批判に信じるかどうかは、それぞれの自転車乗りが決めることですが、勉強になりました。

http://law.jablaw.org/rw_cross1
自転車横断帯の設置場所が「交差点の付近」とは言えない場合
交差点通行時の自転車横断帯通行義務は、道路交通法第63条の7に規定されているが、この条文でいうところの「交差点の付近」とは、自転車横断帯の一部が交差点内に入るように設置されているということである。
そのため、交差点の外側に設置されている自転車横断帯は、「付近」に設置されているとは言えず、自転車横断帯を通行する義務は生じないこととなる。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/02/06 14:55 | URL |

なんかやたら道交法32条違反を言っていますが
車線変更なら確かに違反ですが(30m手前なら大丈夫らしい)画像を見る限りでは行っているように見えない(車線内での位置移動)ので今回の場合何ら問題ないと思いますが。
道路交通法第20条を見る限り問題ないと思いますが…
私も専門家というわけではないので詳しい人いたらお願いします

| 自転車は歩道 | 2013/02/06 18:09 | URL |

ただの運転下手ですね

道路わきを走る自転車を屈辱や邪魔と感じるようでは、
よほど車両感覚をつかんでいない運転下手ですね。
公共の道路を走れるレベルにないので車の運転をおやめに
なる事をお勧めします。
長押しクラックションの洗礼?そんなことやったら相手によっては運転席から引きずり降ろされて逆洗礼を浴びるんじゃないでしょうか?
まずは車両感覚の習得からがんばりましょう。

| ただの運転下手ですね。 | 2013/02/06 22:30 | URL |

世捨人へ
本題に入る前に一言。
わざわざ宛名を書いてやったのに「モンさん」とは何事だ。早急に謝罪の上訂正せよ。
さて、本題に入ります。といってもあなたの書き込みは欠陥だらけなので言いたいことの多くは他の人が言ってくれていますのでカットします。私が言いたいことは過去の書き込みでも書きましたが長押しクラクションの洗礼を浴びてもおかしくない場面であることを肝に銘じ、安全運転に努めてください。という文に関することです。もう一度ほぼ同じことを言いますが自動車が自転車に対してクラクション等警笛器を使用することは違法です。極論を言えば自動車が自転車に対してクラクション等警笛器を使用し、自転車が驚き転んだ場合、自動車側に過失があります。吉本新喜劇?知ったことか。それが世捨て人の必殺技「逃げ」である。自転車は自転「車」であり車道を走るのは常識です。世捨人の言うように車道が危険なのは自動車による無謀運転のせいです。しっかり理解してください。

| モンブランヘッド | 2013/02/06 23:09 | URL |

>モンブランヘッドさん
まさにその通りですね。道路交通法違反とか言っていますが世捨人も立派に違反者です。

| 自転車は歩道 | 2013/02/06 23:28 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>いつもながら、自転車と自動車が車道を共有・共存する素晴らしいスクープ(?)画像ですね。
>>いつもながら、精一杯の皮肉ですね。
>毎回、具体的な議論の材料を提示いただくご努力には感謝しております。

いつもはぐらかされて、議論がかみあっていない気がします。しっかり勉強してください。

>直進自転車が交差点を抜けていく画像がないということは、後続車両となった世捨人さんは、交差点を左折したのかな?
>>直進しました。
>直進自転車が交差点を抜けていく画像を追加掲載いただき、改めて、感謝申し上げます。そして、交差点を抜ける際には、絶対的なスピードの違いから当然に追い抜いていくであろう後続タクシーのために、直進自転車は謙虚に車道左端(車道外側線の左外側)を進んでいます。何ら問題ありません。というか、模範的なライン取りですね。

道交法32条違反です。しっかり勉強してください。

>世捨人さんがどんなに先を急がれても、安全運転で先行する左折トラックに塞がれますので、直進していく自転車に文句を言っても仕方ないでしょう。
>>割り込み(道交法32条違反)を正当化しないでください。
(割込み等の禁止)
第三十二条  車両は、停止し、若しくは停止しようとして徐行している車両等又はこれらに続いて停止し、若しくは徐行している車両等に追いついたときは、その前方にある車両等の側方を通過して当該車両等の前方に割り込み、又はその前方を横切つてはならない。
>改めて、割り込み禁止の条文を見ると、「停止」あるいは「停止」しようとして徐行することが前提となっています。 左折のためにスピードを落としたトラックや、続いて減速した世捨人さんタクシーの前方に割り込むことは、何ら禁止されていません。 それぞれの車両のスピードの違いから、追い付き、追い越すことは、極々自然なことです。

停止や徐行は減速しなければできません。しっかり勉強してください。

>>この自転車が片側2車線の第1通行帯のど真ん中に割り込んだのは、先行する左折トラックの巻き込み事故を防ぐための措置ではありません。左折 トラックは後続する自転車が左端に入ってこないように十分に左端によっています。 また、トラックを右側から追い越そうとするために進路を移したのでもありません。 トラックは勝手に左折して道を譲ってくれます。無理して追い越さなくても、直進する自転車の前には自動車のいない安全な道路空間が広がっています。
>>交差点付近の進路変更は危険ですのでお控ください。
>交差点付近だからといって進路変更は禁止されていません。(進路の変更の禁止) 第二十六条の二  車両は、みだりにその進路を変更してはならない。
2  車両は、進路を変更した場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる車両等の速度又は方向を急に変更させることとなるおそれがあるときは、進路を変更してはならない。 (罰則 第二項については第百二十条第一項第二号)

進路変更が禁止とはいってません。危険ですからお控くださいとお願いしております。

>また、進路変更の禁止ルール第二十六条の二の第一項には罰則がありませんので、酒気帯び自転車運転や未成年者の喫煙と同レベルの訓示規定です。更に、第ニ項については、後方から進行してくる世捨人さんのタクシーは減速済みですし、方向を急に変更させることもありませんでしたから、該当しません。

交差点付近の進路変更は危険であると主張しているのであって、禁止とは言っておりません。


>>ただ単に先を急ぎたいという身勝手で先行する自転車との距離感もつかめずに我が物顔で衝突の危険を生じさせるセダン型乗用車の左折巻き込み事 故という道路における危険を防ぐための措置です。 また、そもそも、自転車は車両として片側2車線の道路では第1通行帯のど真ん中を走るものです。左端でおとなしく待機しセダン型乗用車と隣合せで自転車横 断帯に回り込むことは、まさに衝突の危険と隣り合わせとなることである。
>>自転車横断帯に進入する前に停まって安全確認をしましょう。
>(交差点における自転車の通行方法) 第六十三条の七  自転車は、交差点を通行しようとする場合において、当該交差点又はその付近に自転車横断帯があるときは、当該自転車横断帯を進行しなければならない。
>これまた、罰則のない訓示規定です。 自転車横断帯を利用するかどうかは、自転車乗り一人一人が決めることです。

罰則があろうがなかろうが、当ブログの提言は安全に資すると自負しております。

>自転車に割り込み先導されるというこの上ない屈辱を味わうことで、左折巻き込み事故を防ぐことができ、救われましたね。 良かった。良かった。
>>自動車が左折中に左側追い越しをするなどして運転の邪魔をしないでください。
>世捨人さんのタクシーは直進したということであれば、左折中の左側追い越しなどと勝手に妄想されても困りものです。 先行するトラックが左折するために、直進自転車ともども減速せざるを得なかっただけで、何ら問題ありません。

問題ある行為として、当ブログで糾弾しております。

| 世捨人 | 2013/02/14 00:41 | URL |

Re: タイトルなし


>なんかやたら道交法32条違反を言っていますが 車線変更なら確かに違反ですが(30m手前なら大丈夫らしい)画像を見る限りでは行っているように見えない(車線内での位置移動)ので今回の場合何ら問題ないと思いますが。道路交通法第20条を見る限り問題ないと思いますが… 私も専門家というわけではないので詳しい人いたらお願いします

車線変更というより、車両の前方に出る行為が違反(割り込み)です。

| 世捨人 | 2013/02/14 00:45 | URL |

Re: ただの運転下手ですね

たださん

>道路わきを走る自転車を屈辱や邪魔と感じるようでは、 よほど車両感覚をつかんでいない運転下手ですね。公共の道路を走れるレベルにないので車の運転をおやめに なる事をお勧めします。 長押しクラックションの洗礼?そんなことやったら相手によっては運転席から引きずり降ろされて逆洗礼を浴びるんじゃないでしょうか? まずは車両感覚の習得からがんばりましょう。

車道には運転が下手なドライバーがたくさんいます。身体がむきだしとなる自転車にあっては、危険な車道に近づくことは控えましょう。

| 世捨人 | 2013/02/14 00:46 | URL |

Re: タイトルなし

モンブランヘッドさん

>本題に入る前に一言。 わざわざ宛名を書いてやったのに「モンさん」とは何事だ。早急に謝罪の上訂正せよ。 さて、本題に入ります。といってもあなたの書き込みは欠陥だらけなので言いたいことの多くは他の人が言ってくれていますのでカットします。私が言 いたいことは過去の書き込みでも書きましたが長押しクラクションの洗礼を浴びてもおかしくない場面であることを肝に銘じ、安全運転に努めてください。とい う文に関することです。もう一度ほぼ同じことを言いますが自動車が自転車に対してクラクション等警笛器を使用することは違法です。極論を言えば自動車が自 転車に対してクラクション等警笛器を使用し、自転車が驚き転んだ場合、自動車側に過失があります。吉本新喜劇?知ったことか。それが世捨て人の必殺技「逃 げ」である。自転車は自転「車」であり車道を走るのは常識です。世捨人の言うように車道が危険なのは自動車による無謀運転のせいです。しっかり理解してく ださい。

危険を回避するためやむを得ず、クラクションを鳴らしたドライバーに詰めよったとしても、火に油を注ぐだけです。警察に道交法54条(警音器の使用)違反を理由に訴えても、相手にしてくれないでしょう。

| 世捨人 | 2013/02/14 00:47 | URL |

世捨人さん| 2013/02/14 00:41 |へ

>>毎回、具体的な議論の材料を提示いただくご努力には感謝しております。
>いつもはぐらかされて、議論がかみあっていない気がします。しっかり勉強してください。

はぐらかされる方の努力不足です。
詰めが甘い、ピントがずれている、的を外しているということです。

>>直進自転車が交差点を抜けていく画像を追加掲載いただき、改めて、感謝申し上げます。そして、交差点を抜ける際には、絶対的なスピードの違いから当然に追い抜いていくであろう後続タクシーのために、直進自転車は謙虚に車道左端(車道外側線の左外側)を進んでいます。何ら問題ありません。というか、模範的なライン取りですね。
>道交法32条違反です。しっかり勉強してください。
>>世捨人さんがどんなに先を急がれても、安全運転で先行する左折トラックに塞がれますので、直進していく自転車に文句を言っても仕方ないでしょう。
>割り込み(道交法32条違反)を正当化しないでください。

>>改めて、割り込み禁止の条文を見ると、「停止」あるいは「停止」しようとして徐行することが前提となっています。 左折のためにスピードを落としたトラックや、続いて減速した世捨人さんタクシーの前方に割り込むことは、何ら禁止されていません。 それぞれの車両のスピードの違いから、追い付き、追い越すことは、極々自然なことです。
>停止や徐行は減速しなければできません。しっかり勉強してください。

複数の車両が限られた道路空間を共有・共存し、安全かつ円滑に通行する中で、それぞれが加速・減速し、スピード調整することは当然のことです。
割り込み禁止とされているのは、あくまでも「停止」を前提としております。道路交通法は、実質的な刑法ですから、勝手に類推することは出来ません。
法律は書いてあるとおりに素直に読み取りましょう。

(割込み等の禁止)
第三十二条  車両は、停止し、若しくは停止しようとして徐行している車両等又はこれらに続いて停止し、若しくは徐行している車両等に追いついたときは、その前方にある車両等の側方を通過して当該車両等の前方に割り込み、又はその前方を横切つてはならない。

>>この自転車が片側2車線の第1通行帯のど真ん中に割り込んだのは、先行する左折トラックの巻き込み事故を防ぐための措置ではありません。左折 トラックは後続する自転車が左端に入ってこないように十分に左端によっています。 また、トラックを右側から追い越そうとするために進路を移したのでもありません。 トラックは勝手に左折して道を譲ってくれます。無理して追い越さなくても、直進する自転車の前には自動車のいない安全な道路空間が広がっています。
>>交差点付近だからといって進路変更は禁止されていません。
(進路の変更の禁止) 第二十六条の二  車両は、みだりにその進路を変更してはならない。
2  車両は、進路を変更した場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる車両等の速度又は方向を急に変更させることとなるおそれがあるときは、進路を変更してはならない。 (罰則 第二項については第百二十条第一項第二号)
>>また、進路変更の禁止ルール第二十六条の二の第一項には罰則がありませんので、酒気帯び自転車運転や未成年者の喫煙と同レベルの訓示規定です。更に、第ニ項については、後方から進行してくる世捨人さんのタクシーは減速済みですし、方向を急に変更させることもありませんでしたから、該当しません。
>交差点付近の進路変更は危険ですのでお控ください。
>進路変更が禁止とはいってません。危険ですからお控くださいとお願いしております。
>交差点付近の進路変更は危険であると主張しているのであって、禁止とは言っておりません。

今回の記事の最後には、「ルールを守らず(車道走行の)権利ばかり主張するのは大概にせよ。」と仰っています。
この自転車は、ルールを守って走行していますので、世捨人さんからルールに基づかないお願いされても困りものです。

>>ただ単に先を急ぎたいという身勝手で先行する自転車との距離感もつかめずに我が物顔で衝突の危険を生じさせるセダン型乗用車の左折巻き込み事 故という道路における危険を防ぐための措置です。 また、そもそも、自転車は車両として片側2車線の道路では第1通行帯のど真ん中を走るものです。左端でおとなしく待機しセダン型乗用車と隣合せで自転車横 断帯に回り込むことは、まさに衝突の危険と隣り合わせとなることである。
>自転車横断帯に進入する前に停まって安全確認をしましょう。

道路交通法は、自転車横断帯に進入する自転車に、その前に停まって安全確認をすることまでは求めていません。
安全確認を求められているのは、左折する自動車の方です。

(横断歩道等における歩行者等の優先)
第三十八条  車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。

>>(交差点における自転車の通行方法) 第六十三条の七  自転車は、交差点を通行しようとする場合において、当該交差点又はその付近に自転車横断帯があるときは、当該自転車横断帯を進行しなければならない。
>>これまた、罰則のない訓示規定です。 自転車横断帯を利用するかどうかは、自転車乗り一人一人が決めることです。
>罰則があろうがなかろうが、当ブログの提言は安全に資すると自負しております。
>>自転車に割り込み先導されるというこの上ない屈辱を味わうことで、左折巻き込み事故を防ぐことができ、救われましたね。 良かった。良かった。
>>世捨人さんのタクシーは直進したということであれば、左折中の左側追い越しなどと勝手に妄想されても困りものです。 先行するトラックが左折するために、直進自転車ともども減速せざるを得なかっただけで、何ら問題ありません。
>自動車が左折中に左側追い越しをするなどして運転の邪魔をしないでください。
>問題ある行為として、当ブログで糾弾しております。

今回の自転車は左折するトラックの右側を直進して追い抜いていますので、何ら問題ありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/02/14 12:05 | URL |

世捨人へ
まず、早急に謝罪せよ。
相手にするかどうか別として道交法54条(警音器の使用)違反には変わりません。注意されなければ合法というわけではありません。

| モンブランヘッド | 2013/02/14 22:55 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>毎回、具体的な議論の材料を提示いただくご努力には感謝しております。
>>いつもはぐらかされて、議論がかみあっていない気がします。しっかり勉強してください。
>はぐらかされる方の努力不足です。 詰めが甘い、ピントがずれている、的を外しているということです。

はぐらす方の努力が著しく不足しているかと思います。やる気がない、注意力がない、落ち着きがないということです。

>直進自転車が交差点を抜けていく画像を追加掲載いただき、改めて、感謝申し上げます。そして、交差点を抜ける際には、絶対的なスピードの違い から当然に追い抜いていくであろう後続タクシーのために、直進自転車は謙虚に車道左端(車道外側線の左外側)を進んでいます。何ら問題ありません。という か、模範的なライン取りですね。
>>道交法32条違反です。しっかり勉強してください。
>世捨人さんがどんなに先を急がれても、安全運転で先行する左折トラックに塞がれますので、直進していく自転車に文句を言っても仕方ないでしょう。
>>割り込み(道交法32条違反)を正当化しないでください。
>改めて、割り込み禁止の条文を見ると、「停止」あるいは「停止」しようとして徐行することが前提となっています。 左折のためにスピードを落としたトラックや、続いて減速した世捨人さんタクシーの前方に割り込むことは、何ら禁止されていません。 それぞれの車両のスピードの違いから、追い付き、追い越すことは、極々自然なことです。
>>停止や徐行は減速しなければできません。しっかり勉強してください。
>複数の車両が限られた道路空間を共有・共存し、安全かつ円滑に通行する中で、それぞれが加速・減速し、スピード調整することは当然のことです。
割り込み禁止とされているのは、あくまでも「停止」を前提としております。道路交通法は、実質的な刑法ですから、勝手に類推することは出来ません。
法律は書いてあるとおりに素直に読み取りましょう。

減速はあくまでも「停止」を前提とする行為です。割り込みは卑劣な違反行為です。絶対におやめください。

(割込み等の禁止)
第三十二条  車両は、停止し、若しくは停止しようとして徐行している車両等又はこれらに続いて停止し、若しくは徐行している車両等に追いついたときは、その前方にある車両等の側方を通過して当該車両等の前方に割り込み、又はその前方を横切つてはならない。

>この自転車が片側2車線の第1通行帯のど真ん中に割り込んだのは、先行する左折トラックの巻き込み事故を防ぐための措置ではありません。左折 トラックは後続する自転車が左端に入ってこないように十分に左端によっています。 また、トラックを右側から追い越そうとするために進路を移したのでもありません。 トラックは勝手に左折して道を譲ってくれます。無理して追い越さなくても、直進する自転車の前には自動車のいない安全な道路空間が広がっています。
>交差点付近だからといって進路変更は禁止されていません。
(進路の変更の禁止) 第二十六条の二  車両は、みだりにその進路を変更してはならない。
2  車両は、進路を変更した場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる車両等の速度又は方向を急に変更させることとなるおそれがあるときは、進路を変更してはならない。 (罰則 第二項については第百二十条第一項第二号)
>また、進路変更の禁止ルール第二十六条の二の第一項には罰則がありませんので、酒気帯び自転車運転や未成年者の喫煙と同レベルの訓示規定で す。更に、第ニ項については、後方から進行してくる世捨人さんのタクシーは減速済みですし、方向を急に変更させることもありませんでしたから、該当しませ ん。
>>交差点付近の進路変更は危険ですのでお控ください。
>>進路変更が禁止とはいってません。危険ですからお控くださいとお願いしております。
>>交差点付近の進路変更は危険であると主張しているのであって、禁止とは言っておりません。
>今回の記事の最後には、「ルールを守らず(車道走行の)権利ばかり主張するのは大概にせよ。」と仰っています。 この自転車は、ルールを守って走行していますので、世捨人さんからルールに基づかないお願いされても困りものです。

道交法32条違反は絶対におやめください。

>ただ単に先を急ぎたいという身勝手で先行する自転車との距離感もつかめずに我が物顔で衝突の危険を生じさせるセダン型乗用車の左折巻き込み事 故という道路における危険を防ぐための措置です。 また、そもそも、自転車は車両として片側2車線の道路では第1通行帯のど真ん中を走るものです。左端でおとなしく待機しセダン型乗用車と隣合せで自転車横 断帯に回り込むことは、まさに衝突の危険と隣り合わせとなることである。
>>自転車横断帯に進入する前に停まって安全確認をしましょう。
>道路交通法は、自転車横断帯に進入する自転車に、その前に停まって安全確認をすることまでは求めていません。 安全確認を求められているのは、左折する自動車の方です。

左折中のクルマを左側追い越しをするのは危険ということは、すでに学習しました。

(横断歩道等における歩行者等の優先)
第三十八条  車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等に よりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直 前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければな らない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、か つ、その通行を妨げないようにしなければならない。

>(交差点における自転車の通行方法) 第六十三条の七  自転車は、交差点を通行しようとする場合において、当該交差点又はその付近に自転車横断帯があるときは、当該自転車横断帯を進行しなければならない。
>これまた、罰則のない訓示規定です。 自転車横断帯を利用するかどうかは、自転車乗り一人一人が決めることです。
>罰則があろうがなかろうが、当ブログの提言は安全に資すると自負しております。
>自転車に割り込み先導されるというこの上ない屈辱を味わうことで、左折巻き込み事故を防ぐことができ、救われましたね。 良かった。良かった。
>世捨人さんのタクシーは直進したということであれば、左折中の左側追い越しなどと勝手に妄想されても困りものです。 先行するトラックが左折するために、直進自転車ともども減速せざるを得なかっただけで、何ら問題ありません。
>>自動車が左折中に左側追い越しをするなどして運転の邪魔をしないでください。
>>問題ある行為として、当ブログで糾弾しております。
>今回の自転車は左折するトラックの右側を直進して追い抜いていますので、何ら問題ありません。

道交法32条違反であるとお認めいただきました。

| 世捨人 | 2013/02/19 23:46 | URL |

Re: タイトルなし

モンさん

>まず、早急に謝罪せよ。 相手にするかどうか別として道交法54条(警音器の使用)違反には変わりません。注意されなければ合法というわけではありません。

有罪か無罪かは裁判所が決めます。

| 世捨人 | 2013/02/19 23:56 | URL |

世捨人さん| 2013/02/19 23:46 |へ

>>毎回、具体的な議論の材料を提示いただくご努力には感謝しております。
>いつもはぐらかされて、議論がかみあっていない気がします。しっかり勉強してください。
>>はぐらかされる方の努力不足です。 詰めが甘い、ピントがずれている、的を外しているということです。
>はぐらす方の努力が著しく不足しているかと思います。やる気がない、注意力がない、落ち着きがないということです。

「はぐら(か?)す方」ですか?
はぐらかされる方の底が見えましたね。

>>改めて、割り込み禁止の条文を見ると、「停止」あるいは「停止」しようとして徐行することが前提となっています。 左折のためにスピードを落としたトラックや、続いて減速した世捨人さんタクシーの前方に割り込むことは、何ら禁止されていません。 それぞれの車両のスピードの違いから、追い付き、追い越すことは、極々自然なことです。
>停止や徐行は減速しなければできません。しっかり勉強してください。
>>複数の車両が限られた道路空間を共有・共存し、安全かつ円滑に通行する中で、それぞれが加速・減速し、スピード調整することは当然のことです。
割り込み禁止とされているのは、あくまでも「停止」を前提としております。道路交通法は、実質的な刑法ですから、勝手に類推することは出来ません。
法律は書いてあるとおりに素直に読み取りましょう。
>減速はあくまでも「停止」を前提とする行為です。割り込みは卑劣な違反行為です。絶対におやめください。

減速と停止は全く違うでしょう。
世捨人さんは、「停止」を前提としない限り「減速」をしないのですかね?
エコドライブでは、アクセルを放してエンジンブレーキで車間距離を調整しながら走るものでしょう。
また、安全な車間距離を保つためには、前方の車両の流れを読みながら、加速・減速してスピード調整するものでしょう。
タクシーを運転していて大丈夫ですか?

>>今回の記事の最後には、「ルールを守らず(車道走行の)権利ばかり主張するのは大概にせよ。」と仰っています。 この自転車は、ルールを守って走行していますので、世捨人さんからルールに基づかないお願いされても困りものです。
>道交法32条違反は絶対におやめください。

そもそも、車道左寄り通行の自動車と車道左端通行の自転車は、トイレの順番待ちの列が異なりますので、割り込みなど有り得ません。

>自転車横断帯に進入する前に停まって安全確認をしましょう。
>>道路交通法は、自転車横断帯に進入する自転車に、その前に停まって安全確認をすることまでは求めていません。 安全確認を求められているのは、左折する自動車の方です。
>左折中のクルマを左側追い越しをするのは危険ということは、すでに学習しました。

自転車と自動車のトイレの順番待ちの列は異なりますので、左側「すり抜け」はあっても、「追越し」は有り得ません。
左折するクルマは自転車横断帯の直前で停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければなりません。

(横断歩道等における歩行者等の優先)
第三十八条  車両等は、自転車横断帯に接近する場合には、当該自転車横断帯を通過する際に当該自転車横断帯によりその進路の前方を横断しようとする自転車がないことが明らかな場合を除き、当該自転車横断帯の直前で停止することができるような速度で進行しなければな らない。この場合において、自転車横断帯によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする自転車があるときは、当該自転車横断帯の直前で一時停止し、か つ、その通行を妨げないようにしなければならない。

>>世捨人さんのタクシーは直進したということであれば、左折中の左側追い越しなどと勝手に妄想されても困りものです。 先行するトラックが左折するために、直進自転車ともども減速せざるを得なかっただけで、何ら問題ありません。
>自動車が左折中に左側追い越しをするなどして運転の邪魔をしないでください。
>>今回の自転車は左折するトラックの右側を直進して追い抜いていますので、何ら問題ありません。

>道交法32条違反であるとお認めいただきました。

直進する自転車が左折していくトラックの前方に割り込み、又はその前方を横切ることは出来ません。
しっかりして下さい。
(割込み等の禁止)
第三十二条  車両は、停止し、若しくは停止しようとして徐行している車両等又はこれらに続いて停止し、若しくは徐行している車両等に追いついたときは、その前方にある車両等の側方を通過して当該車両等の前方に割り込み、又はその前方を横切つてはならない。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/02/20 14:39 | URL |

世捨人
まず、早急に謝罪せよ。 モンさんと呼んでいいと許可した覚えはない。
相手にするかどうか別として道交法54条(警音器の使用)違反には変わりません。注意されなければ合法というわけではありません。

有罪か無罪かは裁判所が決めます。とありますが、道交法54条(警音器の使用)違反の場合交通反則通告制度が使われます。反則金さえ納付すれば裁判所は関与しません。ま、警音器の使用違反をやって警察に止められたら、何事も起こらないなんてことはないでしょう。勉強しろ。知識がないから俺みたいな高校生に論破されるのだ。

| モンブランヘッド | 2013/02/24 00:32 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>毎回、具体的な議論の材料を提示いただくご努力には感謝しております。
>>いつもはぐらかされて、議論がかみあっていない気がします。しっかり勉強してください。
>はぐらかされる方の努力不足です。 詰めが甘い、ピントがずれている、的を外しているということです。
>>はぐらす方の努力が著しく不足しているかと思います。やる気がない、注意力がない、落ち着きがないということです。
>「はぐら(か?)す方」ですか?はぐらかされる方の底が見えましたね。

いずれにせよ、はぐらかさないでください。

>改めて、割り込み禁止の条文を見ると、「停止」あるいは「停止」しようとして徐行することが前提となっています。 左折のためにスピードを落としたトラックや、続いて減速した世捨人さんタクシーの前方に割り込むことは、何ら禁止されていません。 それぞれの車両のスピードの違いから、追い付き、追い越すことは、極々自然なことです。
>>停止や徐行は減速しなければできません。しっかり勉強してください。
>複数の車両が限られた道路空間を共有・共存し、安全かつ円滑に通行する中で、それぞれが加速・減速し、スピード調整することは当然のことです。
割り込み禁止とされているのは、あくまでも「停止」を前提としております。道路交通法は、実質的な刑法ですから、勝手に類推することは出来ません。
法律は書いてあるとおりに素直に読み取りましょう。
>>減速はあくまでも「停止」を前提とする行為です。割り込みは卑劣な違反行為です。絶対におやめください。
>減速と停止は全く違うでしょう。世捨人さんは、「停止」を前提としない限り「減速」をしないのですかね?エコドライブでは、アクセルを放してエンジンブレーキで車間距離を調整しながら走るものでしょう。また、安全な車間距離を保つためには、前方の車両の流れを読みながら、加速・減速してスピード調整するものでしょう。タクシーを運転していて大丈夫ですか?

画像のような左折トラックを前に、エコドライブなどと悠長なことは言ってられないでしょう。

>今回の記事の最後には、「ルールを守らず(車道走行の)権利ばかり主張するのは大概にせよ。」と仰っています。 この自転車は、ルールを守って走行していますので、世捨人さんからルールに基づかないお願いされても困りものです。
>>道交法32条違反は絶対におやめください。
>そもそも、車道左寄り通行の自動車と車道左端通行の自転車は、トイレの順番待ちの列が異なりますので、割り込みなど有り得ません。

法律にある通りです。しっかり勉強してください。

>>自転車横断帯に進入する前に停まって安全確認をしましょう。
>道路交通法は、自転車横断帯に進入する自転車に、その前に停まって安全確認をすることまでは求めていません。 安全確認を求められているのは、左折する自動車の方です。
>>左折中のクルマを左側追い越しをするのは危険ということは、すでに学習しました。
>自転車と自動車のトイレの順番待ちの列は異なりますので、左側「すり抜け」はあっても、「追越し」は有り得ません。左折するクルマは自転車横断帯の直前で停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければなりません。

いずせにせよ、左折中のクルマを左側追い越しをするのは危険ですから、絶対におやめください。

(横断歩道等における歩行者等の優先)
第三十八条  車両等は、自転車横断帯に接近する場合には、当該自転車横断帯を通過する際に当該自転車横断帯によりその進路の前方を横断しようとする自転車がないことが明らかな場合を除き、当該自転車横断帯の直前で停止することができるような速度で進行しなければな らない。この場合において、自転車横断帯によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする自転車があるときは、当該自転車横断帯の直前で一時停止し、か つ、その通行を妨げないようにしなければならない。

>>世捨人さんのタクシーは直進したということであれば、左折中の左側追い越しなどと勝手に妄想されても困りものです。 先行するトラックが左折するために、直進自転車ともども減速せざるを得なかっただけで、何ら問題ありません。
>自動車が左折中に左側追い越しをするなどして運転の邪魔をしないでください。
>>今回の自転車は左折するトラックの右側を直進して追い抜いていますので、何ら問題ありません。
>道交法32条違反であるとお認めいただきました。
>>直進する自転車が左折していくトラックの前方に割り込み、又はその前方を横切ることは出来ません。
しっかりして下さい。

いずれにせよ、画像にあるような行為は絶対におやめください。

(割込み等の禁止)
第三十二条  車両は、停止し、若しくは停止しようとして徐行している車両等又はこれらに続いて停止し、若しくは徐行している車両等に追いついたときは、その前方にある車両等の側方を通過して当該車両等の前方に割り込み、又はその前方を横切つてはならない。

| 世捨人 | 2013/02/27 00:47 | URL |

Re: タイトルなし

モンさん

>まず、早急に謝罪せよ。 モンさんと呼んでいいと許可した覚えはない。相手にするかどうか別として道交法54条(警音器の使用)違反には変わりません。注意されなければ合法というわけではありません。有罪か無罪かは裁判所が決めます。とありますが、道交法54条(警音器の使用)違反の場合交通反則通告制度が使われます。反則金さえ納付すれば裁判所は関与しません。ま、警音器の使用違反をやって警察に止められたら、何事も起こらないなんてことはないでしょう。勉強しろ。知識がないから俺みたいな高校生に論破されるのだ。

本人が違反を認めなければ反則金を納付する必要はありません。警察は反則キップを切るだけで、有罪か無罪を決めるのは裁判所です。人を殺したとしても、警察は犯人を逮捕、送検するだけで、有罪、無罪を判断するのは裁判所です。新聞報道で犯人の名前の後に容疑者(被疑者)とつけているのはなぜか、調べてみましょう。

| 世捨人 | 2013/02/27 01:24 | URL |

世捨人さん| 2013/02/27 00:47 |へ

>>「はぐら(か?)す方」ですか?はぐらかされる方の底が見えましたね。
>いずれにせよ、はぐらかさないでください。

能力不足・努力不足を棚にあげて、お願いされても困りものです。

>>減速と停止は全く違うでしょう。世捨人さんは、「停止」を前提としない限り「減速」をしないのですかね?エコドライブでは、アクセルを放してエンジンブレーキで車間距離を調整しながら走るものでしょう。また、安全な車間距離を保つためには、前方の車両の流れを読みながら、加速・減速してスピード調整するものでしょう。タクシーを運転していて大丈夫ですか?
>画像のような左折トラックを前に、エコドライブなどと悠長なことは言ってられないでしょう。

事前に十分な車間距離を保っていれば、余裕のよっちゃんです。

>道交法32条違反は絶対におやめください。
>>そもそも、車道左寄り通行の自動車と車道左端通行の自転車は、トイレの順番待ちの列が異なりますので、割り込みなど有り得ません。
>法律にある通りです。しっかり勉強してください。

頑張ってください。

>>自転車と自動車のトイレの順番待ちの列は異なりますので、左側「すり抜け」はあっても、「追越し」は有り得ません。左折するクルマは自転車横断帯の直前で停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければなりません。
>いずせにせよ、左折中のクルマを左側追い越しをするのは危険ですから、絶対におやめください。

今回の自転車は左折中の大型トラックに対しては、右側「追越し」をしているだけでしょう。
何ら問題ありません。

>>直進する自転車が左折していくトラックの前方に割り込み、又はその前方を横切ることは出来ません。
しっかりして下さい。
>いずれにせよ、画像にあるような行為は絶対におやめください。

上述のとおり、先行する左折トラックに対しては、右側「追越し」ですから何ら問題ありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/02/27 18:07 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>「はぐら(か?)す方」ですか?はぐらかされる方の底が見えましたね。
>>いずれにせよ、はぐらかさないでください。
>能力不足・努力不足を棚にあげて、お願いされても困りものです。

はぐらかすのが得意ですね。

>減速と停止は全く違うでしょう。世捨人さんは、「停止」を前提としない限り「減速」をしないのですかね?エコドライブでは、アクセルを放してエンジンブレーキで車間距離を調整しながら走るものでしょう。また、安全な車間距離を保つためには、前方の車両の流れを読みながら、加速・減速してスピード調整するものでしょう。タクシーを運転していて大丈夫ですか?
>>画像のような左折トラックを前に、エコドライブなどと悠長なことは言ってられないでしょう。
>事前に十分な車間距離を保っていれば、余裕のよっちゃんです。

いずれにせよ、画像の自転車は割り込み(道交法32条違反)であることをお認めいただけました。

>>道交法32条違反は絶対におやめください。
>そもそも、車道左寄り通行の自動車と車道左端通行の自転車は、トイレの順番待ちの列が異なりますので、割り込みなど有り得ません。
>>法律にある通りです。しっかり勉強してください。
>頑張ってください。

がんばりましょう。

>自転車と自動車のトイレの順番待ちの列は異なりますので、左側「すり抜け」はあっても、「追越し」は有り得ません。左

折するクルマは自転車横断帯の直前で停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければなりません。
>>いずせにせよ、左折中のクルマを左側追い越しをするのは危険ですから、絶対におやめください。
>今回の自転車は左折中の大型トラックに対しては、右側「追越し」をしているだけでしょう。何ら問題ありません。

画像の自転車は割り込み(道交法32条違反)です。

>直進する自転車が左折していくトラックの前方に割り込み、又はその前方を横切ることは出来ません。
しっかりして下さい。
>>いずれにせよ、画像にあるような行為は絶対におやめください。
>上述のとおり、先行する左折トラックに対しては、右側「追越し」ですから何ら問題ありません。

割り込み(道交法32条違反)は絶対におやめください。

| 世捨人 | 2013/03/06 01:09 | URL |

世捨人さん| 2013/03/06 01:09 |へ

>>「はぐら(か?)す方」ですか?はぐらかされる方の底が見えましたね。
>いずれにせよ、はぐらかさないでください。
>>能力不足・努力不足を棚にあげて、お願いされても困りものです。
>はぐらかすのが得意ですね。

そちらこそ、はぐらかされるのが得意ですね。

>>減速と停止は全く違うでしょう。世捨人さんは、「停止」を前提としない限り「減速」をしないのですかね?エコドライブでは、アクセルを放してエンジンブレーキで車間距離を調整しながら走るものでしょう。また、安全な車間距離を保つためには、前方の車両の流れを読みながら、加速・減速してスピード調整するものでしょう。タクシーを運転していて大丈夫ですか?
>画像のような左折トラックを前に、エコドライブなどと悠長なことは言ってられないでしょう。
>>事前に十分な車間距離を保っていれば、余裕のよっちゃんです。
>いずれにせよ、画像の自転車は割り込み(道交法32条違反)であることをお認めいただけました。

>道交法32条違反は絶対におやめください。
>>そもそも、車道左寄り通行の自動車と車道左端通行の自転車は、トイレの順番待ちの列が異なりますので、割り込みなど有り得ません。
>法律にある通りです。しっかり勉強してください。
>>頑張ってください。
がんばりましょう。

画像の状況では、「停止」を前提としていませんので、「割り込み」とはなりません。

また、世捨人さんのタクシーは後続車両ですので、この点でも割り込みには当たりません。

この自転車は、左折車両(トラック)を避けながら、直進しただけです。

(割込み等の禁止)
第三十二条  車両は、法令の規定若しくは警察官の命令により、又は危険を防止するため、停止し、若しくは停止しようとして徐行している車両等又はこれらに続いて停止し、若しくは徐行している車両等に追いついたときは、その前方にある車両等の側方を通過して当該車両等の前方に割り込み、又はその前方を横切つてはならない。

>>自転車と自動車のトイレの順番待ちの列は異なりますので、左側「すり抜け」はあっても、「追越し」は有り得ません。左折するクルマは自転車横断帯の直前で停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければなりません。
>いずせにせよ、左折中のクルマを左側追い越しをするのは危険ですから、絶対におやめください。
>>今回の自転車は左折中の大型トラックに対しては、右側「追越し」をしているだけでしょう。何ら問題ありません。
>画像の自転車は割り込み(道交法32条違反)です。

上述のとおり、割り込みには当たりません。

>>直進する自転車が左折していくトラックの前方に割り込み、又はその前方を横切ることは出来ません。
しっかりして下さい。
>いずれにせよ、画像にあるような行為は絶対におやめください。
>>上述のとおり、先行する左折トラックに対しては、右側「追越し」ですから何ら問題ありません。
>割り込み(道交法32条違反)は絶対におやめください。

上述のとおり、割り込みには当たりません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/04/15 15:50 | URL |

とき(略)さん この自転車は世捨人とか言う人の車を交差点30m以内を左側から
抜いて前に出てるのではないですか?
あと32条は停止のみではなく又はと続いています、ただの徐行でも適用されます。
つまりこの自転車は違反です。

| まあ | 2013/04/20 10:32 | URL |

まあさん| 2013/04/20 10:32 |へ

>とき(略)さん この自転車は世捨人とか言う人の車を交差点30m以内を左側から
抜いて前に出てるのではないですか?

道路交通法30条の追い越を禁止する場所を意識されているのかと思いますが、そもそも、すり抜け自転車と渋滞徐行自動車は、その進路(トイレの順番待ちの列)が異なりますので、自転車の左側「すり抜け」行為は、「追越し」に該当しません。
従って、道路交通法30条は関係ありません。

(追越しを禁止する場所)
第三十条  車両は、道路標識等により追越しが禁止されている道路の部分及び次に掲げるその他の道路の部分においては、他の車両(軽車両を除く。)を追い越すため、進路を変更し、又は前車の側方を通過してはならない。
三  交差点、踏切、横断歩道又は自転車横断帯及びこれらの手前の側端から前に三十メートル以内の部分

(定義)
第二条  この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
二十一  追越し 車両が他の車両等に追い付いた場合において、その進路を変えてその追い付いた車両等の側方を通過し、かつ、当該車両等の前方に出ることをいう。

>あと32条は停止のみではなく又はと続いています、ただの徐行でも適用されます。
つまりこの自転車は違反です。

32条は、又は「これらに続いて」・・・とありますから、あくまでも停止を前提としています。

第三十二条 (割込み等の禁止) 車両は、停止し、若しくは停止しようとして徐行している車両等又はこれらに続いて停止し、若しくは徐行している車両等に追いついたときは、その前方にある車両等の側方を通過して当該車両等の前方に割り込み、又はその前方を横切つてはならない。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/04/22 09:33 | URL |

若しくは徐行って書いてあるだろうが、
割り込みだばか
トイレの列が違うとかいてるが普通似車の目の前に出てるんだけど

| 自転車は歩道 | 2013/04/24 14:17 | URL |

自転車は歩道さん| 2013/04/24 14:17 |へ

>若しくは徐行って書いてあるだろうが、割り込みだばか

又はこれら(「停止」し、若しくは「停止」しようとしている車両等)に続いてこれらに続いて(停止し、若しくは徐行)している車両等

ですので、あくまでも「停止」が前提です。

>トイレの列が違うとかいてるが普通似車の目の前に出てるんだけど

先行している自転車が後続車両の目の前にでることは何ら問題ありません。

「追越し」の定義を再確認下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/04/24 16:33 | URL |

頭悪すぎて困る、法律の前に日本語の勉強しなさい

>停止し、若しくは停止しようとして徐行している車両等又はこれらに続いて停止し、若しくは徐行している車両等

一行目は停止し(文字通りすでに停止している車)、若しくは停止しようとして徐行している車両(一時停止、信号赤、左折で横断歩道上に歩行者がいる等などで停止しようとして徐行している車両が該当するでしょう)

あなたは2行目の解釈を間違っている。
またはこれら(一行目の停止している車or停止しようとして徐行している車)に続いて停止(前の車が止まっているので当然停止)若しくは徐行している(言葉のとおりただ単に「徐行」している車両、どこにも停止しようと徐行しているとは書いてない、一行目の文章と見比べたらわかることだ、一行目では「停止しようと」と書いているが二行目では「停止しようと」などとは書いてない、当たり前だ、前の車が左折するときは後ろの車には歩行者の存在などが見えない場合があるのだから停止することになるのかどうかなど分かるはずがない)

>その進路(トイレの順番待ちの列)が異なりますので、自転車の左側「すり抜け」行為は、「追越し」に該当しません。

「すり抜け」をしたあとそのまままっすぐ進めばいいがこの自転車はすり抜けた後進路を変え車の前に出ている。
あなたのいう列が違うという言葉を使うならこの自転車は交差点30m以内で列を変えている、この行為は30m内での進路変更違反、左からの追い越し違反、割り込み等相当多くのほうに反している。
もしもこの自転車が車道外側帯外をそのまま走っていたら「すり抜け」といえたかもしれないがね


| まあ | 2013/04/25 12:27 | URL |

まあさん| 2013/04/25 12:27 |へ

>頭悪すぎて困る、法律の前に日本語の勉強しなさい
>>停止し、若しくは停止しようとして徐行している車両等又はこれらに続いて停止し、若しくは徐行している車両等
>一行目は停止し(文字通りすでに停止している車)、若しくは停止しようとして徐行している車両(一時停止、信号赤、左折で横断歩道上に歩行者がいる等などで停止しようとして徐行している車両が該当するでしょう) あなたは2行目の解釈を間違っている。 またはこれら(一行目の停止している車or停止しようとして徐行している車)に続いて停止(前の車が止まっているので当然停止)若しくは徐行している(言葉のとおりただ単に「徐行」している車両、どこにも停止しようと徐行しているとは書いてない、一行目の文章と見比べたらわかることだ、一行目では「停止しようと」と書いているが二行目では「停止しようと」などとは書いてない、当たり前だ、前の車が左折するときは後ろの車には歩行者の存在などが見えない場合があるのだから停止することになるのかどうかなど分かるはずがない)

二行目の「これら」に続いて停止し、若しくは徐行している車両等の「これら」は、一行目の「停止」し、若しくは「停止」しようとして徐行している車両等、を指しています。

すなわち、二行目の車両も一行目の車両の「停止」を前提としています。
「停止」という前提がなければ、単に「徐行」している車両の前方に割り込むことは何ら問題ありません。
左折車両が停止するかどうかは、仰るとおり後続車両には判りません。すなわち「停止」を前提としていないということです。
一行目と二行目は一つの文章としてつながっているのです。

スピードの違う車両同士で限られた道路空間で、安全と円滑を両立するためのルールです。
円滑な交通を確保するために、お互いのスピードに応じて、自由自在に割り込みすることを道路交通法は認めているのです。
安全を確保するために割り込みの自由を禁止するのは、あくまでも「停止」を前提とする場合のみです。

道路交通法の理念は、基本的に自己責任です。
お互い様です。
行政(警察)権力の行使(=自由の制限、禁止ルール)については、極めて謙抑的に定められています。

いい加減にご理解下さい。

>>その進路(トイレの順番待ちの列)が異なりますので、自転車の左側「すり抜け」行為は、「追越し」に該当しません。
>「すり抜け」をしたあとそのまままっすぐ進めばいいがこの自転車はすり抜けた後進路を変え車の前に出ている。あなたのいう列が違うという言葉を使うならこの自転車は交差点30m以内で列を変えている、この行為は30m内での進路変更違反、左からの追い越し違反、割り込み等相当多くのほうに反している。

第二十六条の二(進路の変更の禁止)車両は、みだりにその進路を変更してはならない。
2  車両は、進路を変更した場合にその変更した後の進路と同一の進路を後方から進行してくる車両等の速度又は方向を急に変更させることとなるおそれがあるときは、進路を変更してはならない。

自転車もみだりにその進路を変更してはならないが、左折車両に行く手を阻まれており、タクシーの前に出るのはやむを得ないでしょう。
後方から来るタクシーもまた左折車両に進路を阻まれていますので、速度又は方向を急に変更させることとなるおそれは全くありません。
図体が大きくて身動きが取れない自動車と軽やかに「すり抜け」ることの出来る自転車の違いです。

そして、この自転車は既にタクシーの前方にいますので、進路変更したとしても、追い越しにも割り込みに該当しません。

反論があるのであれば、具体的に条文の文言をお示し下さい。

「ほう」に反している?ほ~う↓↓

>もしもこの自転車が車道外側帯外をそのまま走っていたら「すり抜け」といえたかもしれないがね

車道外側帯外をそのまま走っていたら左折してしまいますね。

お後がよろしいようで。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/04/25 20:51 | URL |

信号待ちで自動車が割り込みする事は圧倒的に多いのだけど

| 名無しさん@ニュース2ch | 2015/07/29 04:08 | URL |

Re: タイトルなし

2ch

>信号待ちで自動車が割り込みする事は圧倒的に多いのだけど

ささいなことでイライラするくらいなら、歩道を活用するのが無難ですね。

| 世捨人 | 2015/07/30 00:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/379-c47bf735

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT