今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

競技用自転車乗りの背筋伸ばしを禁止せよ

▼競技用自転車に乗ると上半身を起こす動作が多くなる。そう、背筋を伸ばしをしているのだ。なかには、ハンドルから手を放しドリンクを飲みながら走行する輩(やから)もいる。安全運転義務違反(道交法70条)に問われる危険極まりない行為だ。

▼原因はいわずもがなドロップハンドル。サドル位置が高い競技用自転車にあっては、きつい前傾姿勢を余議なくされる。これは二足歩行のホモ・サピエンスが相容れない過酷な体勢だ。同じ姿勢を続けると腰に激しい痛みを伴うため、時折ストレッチをして苦痛をやわらげているのだ。

▼走行が不安定となりがちな二輪の自転車において運転中の背筋伸ばしは、ふらつきを招く。致命的なのは、ハンドルが遠くなるため、どうしても片手もしくは両手・手放し運転となることだ。転倒や激突と隣り合わせの極めて危険な走行となる。

▼いずれにせよ背筋伸ばしは、ドロップハンドルがもたらす弊害だ。走行中に背筋を伸ばしたいと感じたら、すぐに自転車から降りて道路外で行なってほしい。改善が見られないなら、ドロップハンドルの使用を禁止するしかない。


背筋を伸ばし手
放しで水分補給
関連記事

| 00:36 | コメント:91 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

やっぱり分かってませんね。
体を起こしたら、背筋は縮むんですけどね~?

| 今日の能無し | 2012/09/20 02:42 | URL | ≫ EDIT

>競技用自転車乗りると、上半身を起こす動作をが多くなる。

日本語が変です。

>原因はいわずもがなドロップハンドル。

ドロップハンドルに限った問題でしょうか?
いづれも、道路を走行するすべての車両について当てはまると思います。

>危険極まりない行為だ。
>腰に激しい痛みを伴うため
>極めて危険な走行となる。

過剰な修飾語は避けましょう。

>安全運転義務違反(道交法70条)
>二足歩行のホモ・サピエンス

わかり易い言葉を選びましょう。
知識をひけらかしたり難解な言葉を使うのは避けましょう。

>自己紹介 :
多方面で活躍する気鋭のジャーナリスト。泣く子も黙る鋭い切り口の提言活動で読者の心をつかむ。特に道路交通・交通安全に関する提言に定評があり、競技用自転車乗りから高い支持を得る。不朽の名作「競技用自転車で一般道を爆走する輩(やから)」は一読したい。

みっともない自己紹介はやめましょう。


| yottahazumi | 2012/09/20 03:26 | URL |

ともだちいないから、しかたないよね。

| バッドカルマ | 2012/09/20 08:46 | URL | ≫ EDIT

世捨人さん

>そう、背筋を伸ばしをしているのだ。

前傾姿勢こそが背筋を伸ばしている状態です。
上体を起こしたら背筋は収縮します。
上体を起こして伸びるのは腹筋です。
見当違いな指摘はやめましょう。


>これは二足歩行のホモ・サピエンスが相容れない過酷な体勢だ。

これまた見当違いですね。
人間は前傾姿勢になるから歩けるのですよ。
頭に重心が来て前傾になると、必然的に身体は前に倒れますよね?
倒れようとする身体を片足を出して支えようとする事で足が前にでます。
その繰り返しが「歩く」という行為です。
そして、前傾が強くなれば足が出る位置は前になり踏み込みが強くなります。
それが「走る」という事です。
お年寄りが普通に歩いているだけなのに足がもつれて転ぶ事がありますよね?
あれは歩こうとして身体が前傾になっているのに、足が上手く前に出せずに転倒するんです。
脳のイメージに身体が付いていかないから起こる現象です。
人間が歩く為には身体は前傾になるのが必然であり、それが人体の構造というものです。

足を動かしてペダルを漕ぐ為には前傾姿勢は必要不可欠です。
前傾姿勢で重心を前にする事で効率的に進む事が出来るのです。
サドルが低く上半身が起きた状態は、自転車に乗る上で最も不安定で非効率的な姿勢です。
ペダルを漕いだ時に膝が軽く曲がる程度まで足を伸ばせるだけのサドル高が必要になります。
そして、そのサドル高になると必然的に前傾姿勢になり重心が前になります。
これが自転車を運転する上で一番安全でバランスが良い効率的な姿勢です。
自転車とは前傾姿勢で乗る乗り物であり、その姿勢が一番バランスが安定し転倒の危険性が低いのですよ。

| 自転車店店員 | 2012/09/20 12:34 | URL | ≫ EDIT

自転車店店員さん| 2012/09/20 12:34 |へ

>>そう、背筋を伸ばしをしているのだ。

>前傾姿勢こそが背筋を伸ばしている状態です。上体を起こしたら背筋は収縮します。上体を起こして伸びるのは腹筋です。


背筋を「せすじ」と読めば、普通は伸ばすものでしょう。 

見当違いな指摘はやめましょう。

疋田さんが首筋を痛めたように、ロードバイクに乗って首や肩や股間に負担がかかることは、誰しも経験することです。

同じ姿勢を保ったまま、1時間も2時間も走り続けるのですから、何処かしら痛くなるのも当然です。
逆に、効率的な姿勢だからこそ、1時間も2時間も同じ姿勢が保てるのです。
何ら問題とするものではありません。

両手放しは、ママチャリや小児用の車のように低速でフラフラと走る自転車では危険ですが、高速で直進安定性に優れたロードバイクでは全く危険性はありません。
どんなにバランス感覚の悪い人でも誰もがロードバイクに乗れば、あっと言う間に両手放しが出来ることでしょう。
ましてや、画像は多摩サイ(自歩道=遊歩道)で見える範囲には歩行者も自転車も写っていません。
このローディは前後の安全を確認した上で、背筋を伸ばして、リラックスして給水を取っているということで、何ら問題ありません。

実質的な刑法である道路交通法は、道路交通の秩序=「安全」と「円滑」という法益を守るためのものであり、対向車等がなく全く事故が発生する危険性のない状況では、罰則のみを適用するなどということはありません。

問題とすべきは、スクープ(?)画像を撮ろうとして、十分な車間距離を保たずに、片手運転しているであろう世捨人さんの方です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/20 15:57 | URL |

なるほど、確かに“せすじ”と読めば間違いでは無いですな。
まぁ、姿勢の自由度が確保される事で体の負荷を分散出来る事もドロップハンドルの意義の一つだから、どっちにしろ世捨ての指摘は見当違いだな。

| 今日の能無し | 2012/09/20 19:44 | URL | ≫ EDIT

ときどきオアゾツーキニストさん

>背筋を「せすじ」と読めば、普通は伸ばすものでしょう。
>見当違いな指摘はやめましょう。

「せすじ」「はいきん」
どちらにも読めてどちらに読むかで意味合いの違う言葉を用いる事自体が、言葉のプロであるジャーナリストとして失格でしょう。
言葉遣いを間違えているのは事実ですから見当違いな指摘ではないでしょう。


>このローディは前後の安全を確認した上で、背筋を伸ばして、リラックスして給水を取っているということで、何ら問題ありません。

公道走行時は停止してから水分補給するのが自転車のルールです。
片手運転・手放し運転は安全運転義務違反です。


>実質的な刑法である道路交通法は、道路交通の秩序=「安全」と「円滑」という法益を守るためのものであり、対向車等がなく全く事故が発生する危険性のない状況では、罰則のみを適用するなどということはありません。

ルールはルールとして守るのが当たり前でしょう。
実質的な刑法であるからこそ、いついかなる時も遵守しなければなりません。
他の交通があろうとなかろうと、事故の危険があろうとなかろうと道交法違反は道交法違反として検挙されるものです。
事故の危険性が無いからといって違反を黙認する警察官はいませんよ。

| 自転車店店員 | 2012/09/20 20:08 | URL | ≫ EDIT

to:ときどきオアゾツーキニストさん

ときどきオアゾツーキニストさんへ

>両手放しは、ママチャリや小児用の車のように低速でフラフラと走る自転車では危険ですが、高速で直進安定性に優れたロードバイクでは全く危険性はありません。
どんなにバランス感覚の悪い人でも誰もがロードバイクに乗れば、あっと言う間に両手放しが出来ることでしょう。

おっしゃる通り簡単に出来るでしょう。
では、できるからってやっていいんですかね?

急に人や車が飛び出して来たら?
予期せぬ障害物や路面のギャップがあったら?

そんな余裕こいて手放しでリラックスしながら給水してて対処できますかね?
あなたみたいなバカなローディが勝手に自爆して死ぬ分には構いませんが、巻き込まれる人が哀れでしょうがないですね。

>実質的な刑法である道路交通法は、道路交通の秩序=「安全」と「円滑」という法益を守るためのものであり、対向車等がなく全く事故が発生する危険性のない状況では、罰則のみを適用するなどということはありません。

でしたら、田舎の見通しのいい一本道で速度違反を検挙しようと手ぐすね引いてるパトカー(いわゆるネズミ取り)は何なんでしょうね?
その理屈で言えば見通しが良いので少々速度超過しても事故なんかそうそう起こらないから捕まえる必要なんてないですよね

| あかくろ | 2012/09/21 01:18 | URL |

”せすじ”か”はいきん”かなんてのは文脈から読み取りましょう。 あなたの日本語能力が疑われますよ?

>走行が不安定となりがちな二輪の自転車において運転中の背筋伸ばしは、ふらつきを招く。致命的なのは、ハンドルが遠くなるため、どうしても片手もしくは両手・手放し運転となることだ。転倒や激突と隣り合わせの極めて危険な走行となる。

基本的に背筋(せすじ)を伸ばすときにはドロップハンドルの直線部分を握ります。
そうすれば持ち手が手前にくるのでハンドルを握りながら背筋(せすじ)を伸ばすことができるのです

変速時やブレーキ時には元の場所を握り直さなければいけませんが・・・(ブレーキに関しては直線部にレバーを設けてる人もいる、安全ですね)
こうすることで肉体になるべく負担をかけない用に長距離走ることが可能になります

以上より、ドロップハンドルは人体に負担を強いるのではなく、逆に負担を軽減する働きがあります。 認識を改めていただきたいです

| あかくろ | 2012/09/21 01:45 | URL |

自転車店店員さん| 2012/09/20 20:08 |へ

>「せすじ」「はいきん」どちらにも読めてどちらに読むかで意味合いの違う言葉を用いる事自体が、言葉のプロであるジャーナリストとして失格でしょう。言葉遣いを間違えているのは事実ですから見当違いな指摘ではないでしょう。

背筋(せすじ)を伸ばすと読めない方が、国語力を疑われます。
また、世捨人さんにプロのレベルを求めている時点で、見当違いです。
世捨人さんは素人の視点で気の向くままに世の中に文句を言っているだけです。

>公道走行時は停止してから水分補給するのが自転車のルールです。片手運転・手放し運転は安全運転義務違反です。ルールはルールとして守るのが当たり前でしょう。実質的な刑法であるからこそ、いついかなる時も遵守しなければなりません。他の交通があろうとなかろうと、事故の危険があろうとなかろうと道交法違反は道交法違反として検挙されるものです。事故の危険性が無いからといって違反を黙認する警察官はいませんよ。

右・左折等の手信号を出す際に片手運転になるものです。片手運転・両手放しごときで検挙していては、警察官が何人いても足りません。自転車乗り一人一人が安全かどうか判断して決めることです。
ルールにはありませんが、スピードの出し過ぎが重大(死亡)事故に直結します。
くれぐれも安全運転で事故を起こさないようにしましょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/21 09:37 | URL |

あかくろさん| 2012/09/21 01:18 |へ

>おっしゃる通り簡単に出来るでしょう。では、できるからってやっていいんですかね?急に人や車が飛び出して来たら?予期せぬ障害物や路面のギャップがあったら?そんな余裕こいて手放しでリラックスしながら給水してて対処できますかね?あなたみたいなバカなローディが勝手に自爆して死ぬ分には構いませんが、巻き込まれる人が哀れでしょうがないですね。

世捨人さんのスクープ(?)画像を見る限り、早朝の多摩サイで車が飛び出してくることはありえません。画像で見える範囲に歩行者や自転車もいません。路面のギャップもなさそうです。
このローディは十分に回りの状況を確認した上で給水しています。たとえ、バランスを崩して転倒しても、巻き込まれる人はスクープ(?)画像を撮ろうと片手運転をしている哀れな世捨人さんだけです。

>でしたら、田舎の見通しのいい一本道で速度違反を検挙しようと手ぐすね引いてるパトカー(いわゆるネズミ取り)は何なんでしょうね?その理屈で言えば見通しが良いので少々速度超過しても事故なんかそうそう起こらないから捕まえる必要なんてないですよね

毎年4000名の人命を奪っている厳しい現実を直視下さい。
10年で4~7万人の命を奪っています。
さて、見通しのいい一本道がある田舎の人口は何名ですか?
一つの市・町・村が10年で無くなるのです。
そうそう事故の起こらないその見通しのいい一本道で、過去に死亡事故が発生してませんか。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/21 09:58 | URL |

ときどきオアゾツーキニストさん

いつ誰が画像のシチュエーションに限定した話をしろと?



あいにく私は手放し運転は怖くてできない性分なのでよく存じ上げませんが、一般公道でそういう真似をしないというならまだ救いがあるのでしょう。

バランスを崩して自爆したとして、少なくとも怪我をしますね? 仕事が出来ないほどの怪我になってしまったら? 上司に「手放し運転をしてて・・・」なんて言い訳できますか? 
あなたのお高い機材にもダメージが入りますね?
そういったリスクは当然念頭に置いてあるのですね
>毎年4000名の人命を奪っている厳しい現実を直視下さい。
10年で4~7万人の命を奪っています。
さて、見通しのいい一本道がある田舎の人口は何名ですか?

では、同じようにあなたが危険な手放し運転をしている場所にほかの人間は全くいないんですかね?
事故を起こす可能性がだと0言い切れますか?
そして万が一の事態が起こったとき対処できますか?
”想定していなかった”じゃ済まされないんです
物損、人身問わず自転車も事故を起こしている現実にも目を向けるべきでしょう。

さぞあなたは模範的な運転をしているのでしょうが、公道で手放し等の馬鹿な真似をして他人に迷惑をかけているのも事実なんです

| あかくろ | 2012/09/21 11:06 | URL |

ときどきオアゾツーキニストさん

>手信号で片手運転になる

手信号は道交法で課せられた義務です。
手信号の必要の無い状況で片手運転するのは違法です。
片手運転・両手放しでの水分補給は完全な違反行為です。


>警察官が何人いても足りない

そのような状況になるなら、それだけ世の中に違反運転をするバカ自転車乗りが溢れているという事です。
もし警察官が不足したなら、それは違反運転をして警察官の仕事を増やしているバカ自転車乗りの責任です。
安全のためにも警察官の仕事を減らすためにも、片手運転・両手放しなどという違法な危険運転はやめましょう。
バカ自転車乗りが違反運転をやめれば警察官の仕事は確実に減りますよ。


>安全かどうかを判断して決める

片手運転・両手放し運転をして安全な状況などありません。
片手運転・両手放し運転をする事は危険だから違反行為とされているのです。
自転車乗りが安全かどうかを判断して決めるなら、必然的に「やらない」という選択肢しか無いはずです。
「やるかやらないか」と考えている時点で、安全に対して正しい判断が出来ていないとしか言えません。


>くれぐれも安全運転で

ですから、安全のために片手運転・両手放し運転はやめましょう。
片手運転・両手放し運転をしている限り安全運転は不可能です。

| 自転車店店員 | 2012/09/21 11:08 | URL | ≫ EDIT

自転車店店員さん| 2012/09/21 11:08 |へ

>手信号は道交法で課せられた義務です。手信号の必要の無い状況で片手運転するのは違法です。片手運転・両手放しでの水分補給は完全な違反行為です。

法律で片手運転を義務付けることが出来る程、片手運転の危険性は低いものです。
安全運転義務違反などと笑い話でしかありません。

>そのような状況になるなら、それだけ世の中に違反運転をするバカ自転車乗りが溢れているという事です。もし警察官が不足したなら、それは違反運転をして警察官の仕事を増やしているバカ自転車乗りの責任です。安全のためにも警察官の仕事を減らすためにも、片手運転・両手放しなどという違法な危険運転はやめましょう。バカ自転車乗りが違反運転をやめれば警察官の仕事は確実に減りますよ。

現状、事故を起こす危険性のない片手・両手放しなど、取り締まりも検挙もしてませんので、警察官の仕事の量が減ることはありえません。

>片手運転・両手放し運転をして安全な状況などありません。片手運転・両手放し運転をする事は危険だから違反行為とされているのです。自転車乗りが安全かどうかを判断して決めるなら、必然的に「やらない」という選択肢しか無いはずです。「やるかやらないか」と考えている時点で、安全に対して正しい判断が出来ていないとしか言えません。
ですから、安全のために片手運転・両手放し運転はやめましょう。片手運転・両手放し運転をしている限り安全運転は不可能です。

右折・左折時は法律で片手運転を義務付けられているのですよね。
危険なことをさせられて、さぞかし、大変ですね。
まあ、片手運転や両手放しが重大(死亡)事故の原因となったという事例は聞いたこともありませんので、普通に安全運転しているということでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/21 12:32 | URL |

あかくろさん| 2012/09/21 11:06 |へ

>いつ誰が画像のシチュエーションに限定した話をしろと?

小生の投稿は画像を題材にしたものですが、まあ、別に限定するものでもありません。

>あいにく私は手放し運転は怖くてできない性分なのでよく存じ上げませんが、一般公道でそういう真似をしないというならまだ救いがあるのでしょう。バランスを崩して自爆したとして、少なくとも怪我をしますね? 仕事が出来ないほどの怪我になってしまったら? 上司に「手放し運転をしてて・・・」なんて言い訳できますか?あなたのお高い機材にもダメージが入りますね? そういったリスクは当然念頭に置いてあるのですね

様々なリスクがあることは、別に手放し運転に限った話ではありません。
交通事故に遭わないようにくれぐれも安全運転をお願いします。

>では、同じようにあなたが危険な手放し運転をしている場所にほかの人間は全くいないんですかね?事故を起こす可能性がだと0言い切れますか?そして万が一の事態が起こったとき対処できますか?”想定していなかった”じゃ済まされないんです。物損、人身問わず自転車も事故を起こしている現実にも目を向けるべきでしょう。

仰るとおり自転車も事故を起こしていますが、自転車が歩行者を巻き込む死亡事故は年間5件前後です。
多くはスピードの出し過ぎが原因です。

>さぞあなたは模範的な運転をしているのでしょうが、公道で手放し等の馬鹿な真似をして他人に迷惑をかけているのも事実なんです

手放し運転が原因で重大(死亡)事故を起こしたなんて聞いたこともありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/21 12:35 | URL |

ときどきオアゾツーキニストさん

片手・両手放し運転が重大事故にならないという保証はどこにもありません。
このような考えは安全及び安全のために規定された道交法をなめているとしか言えません。
事故になるかならないかは所詮はただの結果論に過ぎません。
事故になるから危険運転、事故にならなければ安全運転という論理は成り立ちません。
事故になろうとなるまいと、危険運転は危険運転です。
あなたが重大事故になった事例を聞いた事が無いからと言って、安全運転ができていると解釈する事こそ笑い話にもならない屁理屈ですよ。

安全運転の義務の条文をよく読みましょう。
「車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他装置を確実に操作し」と明記されています。
確実に操作しろと明記されているのですから、いつでも操作可能な位置に手を添えておかなければならないのは当たり前でしょう。
ハンドル・ブレーキから手を離した状態である片手・両手放し運転時に、どうやってハンドル・ブレーキを確実に操作できるのですか?
自転車であれば、常に両手でハンドルを握りブレーキレバーに指をかけておくのが法律で規定された安全運転の義務ですよ。
「事故になっていないから安全運転の義務を果たしている」などという馬鹿げた法解釈は通用しません。

片手・両手放し運転の取り締まりも検挙もされていない?
あなたが知らないだけで取り締まりも検挙も行われていますよ。
都心部では定期的に自転車取り締まりのための検問が実施されています。
片手・両手放し運転も検問で止められ検挙されています。
違反切符の交付が行われなくても、指導警告の対象でイエローカードは交付されますよ。
指導警告書もしくは交通違反指導カードという物で、身分の確認と署名をさせられます。
イエローカード交付の記録は警察のデータベースに残り、次に同じ違反で取り締まりを受ければ問答無用で違反切符の交付です。
自身に検挙された経験がないからと「取り締まりされていない」と断言するとは滑稽ですね。
検挙・取り締まりは実施されており、バカな自転車乗りの違反運転で警察官の仕事は確実に増えています。
あなたのようなバカ自転車乗りが警察と社会に多大な迷惑をかけているという厳しい現実を直視しなさい。

| 自転車店店員 | 2012/09/21 13:10 | URL | ≫ EDIT

ときどきオアゾツーキニストさん

>片手・両手放し運転が重大事故にならないという保証はどこにもありません。このような考えは安全及び安全のために規定された道交法をなめているとしか言えません。事故になるかならないかは所詮はただの結果論に過ぎません。

自転車が歩行者を巻き込む死亡事故は毎年5件程度です。
道交法では何ら規定されていませんが、その原因の多くはスピードの出し過ぎです。
片手運転や手放し運転では、重大事故を起こすようなスピードを出すことはできません。また、無理にスピードを出すような自転車乗りもいません。
スピードを出せないということが重大事故にならないという保証(?)となります。

>事故になるから危険運転、事故にならなければ安全運転という論理は成り立ちません。事故になろうとなるまいと、危険運転は危険運転です。あなたが重大事故になった事例を聞いた事が無いからと言って、安全運転ができていると解釈する事こそ笑い話にもならない屁理屈ですよ。

数字は正直です。
片手運転や両手放し運転が原因となる事故などないという事実が、安全性(=危険性)を明確に示しています。

>安全運転の義務の条文をよく読みましょう。「車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他装置を確実に操作し」と明記されています。確実に操作しろと明記されているのですから、いつでも操作可能な位置に手を添えておかなければならないのは当たり前でしょう。

自動車を運転するときには、普通、ブレーキに足を添えることはないでしょう。通常は、アクセルペダルのコントロールだけでエコ運転するものです。でなければ、ブレーキランプが付きっぱなしになります。
ハンドルも片手で十分でしょう。少なくともシフトレバーを操作する際には片手となります。
自転車だけ問題とするのは、片手運転でしょう。

>ハンドル・ブレーキから手を離した状態である片手・両手放し運転時に、どうやってハンドル・ブレーキを確実に操作できるのですか?自転車であれば、常に両手でハンドルを握りブレーキレバーに指をかけておくのが法律で規定された安全運転の義務ですよ。「事故になっていないから安全運転の義務を果たしている」などという馬鹿げた法解釈は通用しません。

ハンドルやブレーキを操作するさいには、ハンドルやブレーキに手を戻せば良いだけです。何ら問題ありません。
実際のところ、安全運転義務違反は、事故を起こしたから安全運転義務違反があったとされるものでしょう。

>片手・両手放し運転の取り締まりも検挙もされていない? あなたが知らないだけで取り締まりも検挙も行われていますよ。都心部では定期的に自転車取り締まりのための検問が実施されています。片手・両手放し運転も検問で止められ検挙されています。違反切符の交付が行われなくても、指導警告の対象でイエローカードは交付されますよ。指導警告書もしくは交通違反指導カードという物で、身分の確認と署名をさせられます。イエローカード交付の記録は警察のデータベースに残り、次に同じ違反で取り締まりを受ければ問答無用で違反切符の交付です。自身に検挙された経験がないからと「取り締まりされていない」と断言するとは滑稽ですね。

検問に引っかかったことがないということで、小生が、安全運転をしていることの証明になってしまいましたね。ああ、良かった。

>検挙・取り締まりは実施されており、バカな自転車乗りの違反運転で警察官の仕事は確実に増えています。あなたのようなバカ自転車乗りが警察と社会に多大な迷惑をかけているという厳しい現実を直視しなさい。

交通事故全体の件数がピーク時の1万6千件から4千件台に減ってきたから、自転車の事故が目立ってきているからでしょう。
警察の検挙・取り締まりを減らすためにも、くれぐれも事故を起こさないように安全運転をお願いします。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/21 13:49 | URL |



| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/21 12:3 へ

>様々なリスクがあることは、別に手放し運転に限った話ではありません。

そのリスクを一つでも二つでも無くしていこう、要らぬリスクは作らないようにしようという発想は出来ないのですね。残念です。
>交通事故に遭わないようにくれぐれも安全運転をお願いします。
その言葉そっくりそのままお返しいたします。 お気を付け下さい


>仰るとおり自転車も事故を起こしていますが、自転車が歩行者を巻き込む死亡事故は年間5件前後です。
多くはスピードの出し過ぎが原因です。

死亡事故に限って言えば少ないでしょう、当然です。
自動車に比べてスピードが出なくて重さも軽いんですから、重大事故につながることは稀でしょう。

では傷害事故は? 物損事故は? 
憶測が混ざりますが、事故を起こしても軽く済んでいるため警察を介入させずその場で解決させている事故も数字に計上されてないだけで多いんじゃないですかね? (自動車の人身事故でも軽い擦り傷や打撲だったからその場で収めたなんてよくある話です、夜になって容体が急変したなんてオチつきで)
ナンバープレートもないからひき逃げなんてのも多そうですし、検挙率も低そうです

>手放し運転が原因で重大(死亡)事故を起こしたなんて聞いたこともありません。

あなたが聞いたことないだけかもしれませんね

随分死亡事故に限定してお話してるようですが、殺さなきゃ良いってもんじゃないだろう?

| あかくろ | 2012/09/21 17:37 | URL |

あかくろさん| 2012/09/21 17:37 |へ

>そのリスクを一つでも二つでも無くしていこう、要らぬリスクは作らないようにしようという発想は出来ないのですね。残念です。

片手運転や手放し運転は、スピードの出し過ぎ、前方不注視といったより大きなリスクを低減させるものです。
一つ一つのリスクの内容、大きさ、発生頻度等々を踏まえた上で、それぞれのリスクに応じた対応をすることです。

>死亡事故に限って言えば少ないでしょう、当然です。自動車に比べてスピードが出なくて重さも軽いんですから、重大事故につながることは稀でしょう。では傷害事故は? 物損事故は?憶測が混ざりますが、事故を起こしても軽く済んでいるため警察を介入させずその場で解決させている事故も数字に計上されてないだけで多いんじゃないですかね? (自動車の人身事故でも軽い擦り傷や打撲だったからその場で収めたなんてよくある話です、夜になって容体が急変したなんてオチつきで)ナンバープレートもないからひき逃げなんてのも多そうですし、検挙率も低そうです

結局、自転車の交通事故など取るに足らないということです。

>>手放し運転が原因で重大(死亡)事故を起こしたなんて聞いたこともありません。
>あなたが聞いたことないだけかもしれませんね

反論になってません。貴方も聞いたことないでしょう。普通、有り得ません。

>随分死亡事故に限定してお話してるようですが、殺さなきゃ良いってもんじゃないだろう?

取り返すことの出来ない人の「命の重さ」というものです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/21 17:54 | URL |

ときどきオアゾツーキニストさん

>片手運転や手放し運転は、スピードの出し過ぎ、前方不注視といったより大きなリスクを低減させるものです。
一つ一つのリスクの内容、大きさ、発生頻度等々を踏まえた上で、それぞれのリスクに応じた対応をすることです。

実際にそのような効果があるかは存じませんが、それがあなたのリスクに対しての考え方と解決法であるならそれでいいでしょう。

>結局、自転車の交通事故など取るに足らないということです。

それ、自転車事故の被害者の前で言ってみろよ。

少なくとも事故にあったらその場では痛い、自分の時間を使って病院にだって行かなきゃいけない。それによって仕事やプライベートに影響が少なからずでる
骨折する人だっている、最悪頸椎や腰をやって不随になる人もいる。
そうなったら数か月から数年、下手すれば一生事故の影響を受けることになる。
それでも”取るに足らない”なんて言いますか?


無論、そういった重篤な障害事故が起こる可能性も自動車よりは低い、でも0じゃないんです。

どうも事故を軽視しているようですが、交通事故起こさないようにくれぐれも安全運転をお願いします。
そういった慢心の下に事故は起こります

| あかくろ | 2012/09/21 18:35 | URL |

ときどきオアゾツーキニストさん

>スピードを出せないということが重大事故にならないという保証(?)となります。

速度が遅くてもぶつかれば自他共に転倒する事もあります。
転倒時に頭を打つ事もあります。
打ち所が悪ければ頭蓋骨骨折・脳内出血など重傷になる事も十分に有り得ます。
スピードが出ていなければ重大事故にならないという保証はありませんよ。
速度が速かろうと遅かろうと、どんな結果を招くかわからないのが事故という物です。


>片手運転や両手放し運転が原因となる事故などないという事実が、安全性(=危険性)を明確に示しています。

数字が全てではありません。
自転車事故は警察に届けられない場合も多く、統計として集計されていない事故が多数あります。
そういった事故の中には片手運転や両手放し運転に起因する事故も含まれています。
他者を巻き込んだ事故にならずとも、転倒し自損事故となった例はたくさんあります。
私の店にはそういった事故で損傷した自転車の修理依頼が何回もありました。
数字に現れないところで事故が発生しているのが現実です。
片手運転・両手放し運転は危険であると言う厳しい現実を直視してください。
あと、これは余談ですが私の店は違反運転の自損事故の修理は受け付けません。
そのようなバカ自転車乗りに自転車を与える事は人様の迷惑になる反社会的行為ですからね。
バカやって自損事故したなら、おとなしく廃車にして自転車を辞めろと追い返します。
それが自転車業界人としての責任ですからね。


>自動車を運転するときには、普通、ブレーキに足を添えることはないでしょう。

AT車では左足ブレーキが常識ですよ。
足は常にブレーキペダルの横に置いていつでもブレーキが踏めるようにしておく物です。
その為にブレーキペダルとアクセルペダルが真横に並んでいるのです。


>ハンドルも片手で十分でしょう。少なくともシフトレバーを操作する際には片手となります。

条文をもう一度読み直しなさい。
「ハンドル、ブレーキその他装置」と書いてあります。
シフトレバーは「その他装置」に該当する物であり、シフトレバーを正確に操作する事も道交法で規定された義務です。
シフトレバーの操作を「片手運転」とは勘違いも甚だしいですよ。


>ハンドルやブレーキを操作するさいには、ハンドルやブレーキに手を戻せば良いだけです。何ら問題ありません。

両手放しの状態からハンドル・ブレーキを正確に操作できる状態になるまではそれなりの時間を要するでしょう。
それでは咄嗟の事態に対処できません。
あなたの持論では、自転車運転中はミラーで後方確認する程度の一瞬の隙が命取りになるのではありませんでしたか?
だとすれば、ミラーを見るよりも時間を要する手放しからハンドルを握るまでのタイムラグは確実に命取りになるはずですが?


>実際のところ、安全運転義務違反は、事故を起こしたから安全運転義務違反があったとされるものでしょう。

事故が起ころうが起こるまいが、安全運転義務違反は安全運転義務違反です。
事故にならなければ適用されず検挙もされないなどという事はありません。


>検問に引っかかったことがないということで、小生が、安全運転をしていることの証明になってしまいましたね。

実際に取り締まり・検挙が行われているにもかかわらず、あなたは「行われていない」と断言していたはずですが。
という事は、あなたは取り締まりが行われている事実を認識していなかったという事です。
つまり、取り締まり・検問が行われている場面に遭遇した事が無かったとご自分で宣言されたと言う事です。
検問・取り締まりに遭遇していないのですから、どんな違反運転でも検挙されるはずがありませんよね。
したがって、検挙された経験が無いという事があなたが安全運転している事を証明する事にはなりません。
むしろ、検問・取り締まりを迂回して掻い潜り、目を盗んで違法運転を繰り返す姑息で悪質なバカ自転車乗りだという事を証明していますよ。


>警察の検挙・取り締まりを減らすためにも、くれぐれも事故を起こさないように安全運転をお願いします。

ですから、取り締まりの対象になる危険運転「片手運転・両手放し運転」をやめましょうと申し上げています。

| 自転車店店員 | 2012/09/21 20:32 | URL | ≫ EDIT

横から茶々を入れるようですが・・・

自転車店員さん

>AT車では左足ブレーキが常識ですよ。
足は常にブレーキペダルの横に置いていつでもブレーキが踏めるようにしておく物です。
その為にブレーキペダルとアクセルペダルが真横に並んでいるのです。

教習所では右足で踏むよう指導されていますし、実際左足で踏もうとして教官に叱られました。
ちょっと調べたところ現在日本の教習所や警察庁の方針として右足ブレーキで指導することになっていて、車両も右足で踏むことを前提に設計されているそうです

| 初心者ドライバー | 2012/09/21 21:58 | URL |

初心者ドライバーさん

政府が右足ブレーキ推奨の方針を示したのは平成五年であり、今から二十年以上も前の事です。
そして、そうなった背景はAT車のペダル配置がMT車のペダル配置からクラッチを取り去っただけの物だったからです。
MT車は、クラッチを左足で踏みブレーキとアクセルを右足で踏むように設計されています。
そこからクラッチを取り去っただけなので、必然的にブレーキとアクセルは右足用として設置されています。
右足で踏み易い位置に設置されている物を左足で踏むと、無理な姿勢になり運転操作を誤りやすいという理由で教習所では右足ブレーキで指導しています。

しかし、現在ではAT車の普及によりブレーキペダルがより左足寄りに設置され左足で踏む事を前提に設計されている車も存在します。
左足で踏む事を前提に横長のペダルを設置している車もあります。
右足用のブレーキペダルに取り付けて左足で踏み易くする装置という物も発売されています。
ブレーキを左足、アクセルを右足とする事でブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故を抑止する効果があるからです。
そして、緊急時のパニックブレーキでペダルを踏み換えるというタイムロスをなくす事ができるからです。
ペダル踏み換えのタイムロスはどんなに速くても0.1秒が限度です。
そして、車はその0.1秒の間に数十メートル進んでしまいます。
その数十メートルは時に事故時の生死を分ける境目となりかねません。
車大国でAT車が普及しているアメリカなどでは、左足ブレーキが前提で設計も教習も行われています。
日本はまだMT車からAT車への変換の過渡期なので、教習所ではMT車の名残が色濃く残っているだけです。
AT車で左足ブレーキを使用するのは今や世界のスタンダードとなっています。
日本でも、実際の市販車では左足ブレーキを前提としたAT車が生産されていますよ。

| 自転車店店員 | 2012/09/21 23:47 | URL | ≫ EDIT

Re:| 自転車店店員 | 2012/09/21 23:47 | URL |

>そして、車はその0.1秒の間に数十メートル進んでしまいます。
>その数十メートルは時に事故時の生死を分ける境目となりかねません。

ここだけは訂正した方が良いですよ。
数十メートルじゃ無くて数メートルです。
ちょっと計算すれば分かるかと思いますが、時速百キロでも秒速27.77メートルですから。
0.1秒なら2.7メートルでしょう?。

この場合、頭で危険を認知してブレーキを踏み換える迄の空走距離と、ブレーキを踏んでからフルブレーキ迄の空走距離、それに停止迄の距離が問題になります。

(注:ブレーキを掛けてから完全停止迄が制動距離ですからそう書けば良かったのですが、私はブレーキを掛けてから制動力を発揮する迄の間も空走と考えていますので、間違いを承知で空走が二つになってます。)

空走距離に制動距離を足すと、確かに初速次第では数十メートル行くだろうとは思いますが、0.1秒ではありません。

| 今日の能無し | 2012/09/22 02:09 | URL | ≫ EDIT

今日の能無しさん

ご指摘ありがとうございます。
確かに書き間違えました。
「数十メートル」ではなく「十数メートル」と書いたつもりでした。

そして、仰る通り危険を認知してから制動するまでに十数メートル進んでしまうと言う事を言いたかったのです。
言葉が足りずに誤解を招いてしまいましたね。
訂正いたします。

| 自転車店店員 | 2012/09/22 06:51 | URL | ≫ EDIT

自転車店店員さん

横からすみません。ブレーキペダルの件は、未だに賛否両論が出ていて決着のついていない議論です。実際にペダルが大きいのは万が一の時にミスを軽減するためです。
又、左足でも踏めると言うには少々小さい上に、左足用のフットレストがあり、そこからの移動量を考えると右足のほうが少ないです。
一部左足でも踏みやすくなっているのは下半身に何らかの障害を持った方の為にチューニングされた仕様車ではないでしょうか。

海外において左足ブレーキを教習すするのは、危機回避技術の一環であって、常にそうすると教えているわけではありません。

| 自転車は歩道 | 2012/09/22 08:29 | URL |

あかくろさん| 2012/09/21 18:35 |へ

>>片手運転や手放し運転は、スピードの出し過ぎ、前方不注視といったより大きなリスクを低減させるものです。
一つ一つのリスクの内容、大きさ、発生頻度等々を踏まえた上で、それぞれのリスクに応じた対応をすることです。
>実際にそのような効果があるかは存じませんが、それがあなたのリスクに対しての考え方と解決法であるならそれでいいでしょう。

そんなに難しく考える必要はありません。
片手運転や手放し運転は、スピードを出せないだけのことです。
バランスを崩さないように前方少し遠目を真っ直ぐ見なければならないだけのことです。

>>結局、自転車の交通事故など取るに足らないということです。
>それ、自転車事故の被害者の前で言ってみろよ。少なくとも事故にあったらその場では痛い、自分の時間を使って病院にだって行かなきゃいけない。それによって仕事やプライベートに影響が少なからずでる 骨折する人だっている、最悪頸椎や腰をやって不随になる人もいる。 そうなったら数か月から数年、下手すれば一生事故の影響を受けることになる。それでも”取るに足らない”なんて言いますか?

死亡事故の件数が少ないことや届出率・検挙率が低いといった統計数値や危険性の話から、いきなり具体的な被害者感情に訴える点で、全く議論になってません。

あなたの負けです。

自転車事故の被害者とは一体誰ですか?あなたの書き方では、自転車乗り自身のようですね。
自業自得です。
自分の身は自分で守りましょう。

>無論、そういった重篤な障害事故が起こる可能性も自動車よりは低い、でも0じゃないんです。どうも事故を軽視しているようですが、交通事故起こさないようにくれぐれも安全運転をお願いします。そういった慢心の下に事故は起こります

そういった重篤な障害事故を起こす危険性が高い自動車のスピード違反を取締るために、警察官の高い時給を我々の税金から搾り出して「田舎の見通しのいい一本道で速度違反を検挙しようと手ぐすね引いパトカー(いわゆるネズミ取り)」を待機させているのです。

自転車の片手運転や手放し運転を心配する前に、「見通しが良いので少々速度超過しても事故なんかそうそう起こらないから捕まえる必要なんてない」という慢心を自覚することです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/22 19:04 | URL |

どうも、一方的に勝利宣言をされて戸惑いを隠しきれないあかくろです

ときどきオアゾツーキニストさんへ

>片手運転や手放し運転は、スピードを出せないだけのことです。 バランスを崩さないように前方少し遠目を真っ直ぐ見なければならないだけのことです。

本当に気を付けなければいけないのはバランスだけなのか?
片手運転はともかく、両手を離していて急な事態にハンドル操作やブレーキングをして危険を回避できるのだろうか。
そしてそこまでして両手を離さなければいけないのだろうか?

ここまでお話して頂いて微塵も理解できないのは確かに敗北感すら感じますね。

>被害者感情に訴える点で
そうですね、事故は殺さなければ取るに足らないと言い切ったあなたの人間性に疑問を感じて感情的になってしまった点は否めません。


>自転車事故の被害者とは一体誰ですか?あなたの書き方では、自転車乗り自身のようですね。 自業自得です。 自分の身は自分で守りましょう。

言葉足らずだったようですね。
私が言う被害者とは過去に不幸にも自転車乗りが起こしてきた、そしてあなたが将来起こすであろう”人身事故”の被害者です。 あなたのいうとおり幸か不幸か”自損事故”で済んだ自転車乗りは自業自得と切り捨てることにしましょう。 

「確認したから少々手離しても事故なんか起こらない」という慢心を自覚してごらんなさい


まぁ、私の知らぬところで勝負はついて勝利宣言をしているようなので、これ以上何を言っても無駄で精々負け犬の遠吠えにしか見えないことでしょう、残念です。

| あかくろ | 2012/09/22 23:52 | URL |

自転車店店員さん| 2012/09/21 20:32 |へ

>速度が遅くてもぶつかれば自他共に転倒する事もあります。転倒時に頭を打つ事もあります。打ち所が悪ければ頭蓋骨骨折・脳内出血など重傷になる事も十分に有り得ます。スピードが出ていなければ重大事故にならないという保証はありませんよ。速度が速かろうと遅かろうと、どんな結果を招くかわからないのが事故という物です。

自他共にで濁していますが、自転車乗り側の怪我の発想しかないようですね。
ロードバイクに乗っているのです。自分の身は自分で守りましょう。
片手運転や両手放しで、接触して転倒するような間抜けなローディの心配までする必要はありません。

>>片手運転や両手放し運転が原因となる事故などないという事実が、安全性(=危険性)を明確に示しています。
>数字が全てではありません。自転車事故は警察に届けられない場合も多く、統計として集計されていない事故が多数あります。

軽微な事故で警察に届け出るまでもないものの心配までする必要はありません。

>そういった事故の中には片手運転や両手放し運転に起因する事故も含まれています。他者を巻き込んだ事故にならずとも、転倒し自損事故となった例はたくさんあります。私の店にはそういった事故で損傷した自転車の修理依頼が何回もありました。数字に現れないところで事故が発生しているのが現実です。片手運転・両手放し運転は危険であると言う厳しい現実を直視してください。

警察に届け出る必要のない軽微な物損です。
自動車だってバンパーやホイールを擦ることはありますし、歩行者だって、あちこちで転んで膝小僧を擦りむいています。
そんな下らない事故まで統計数値に入れる必要もありません。
人間は2本の足で立っています。1足だけだと左右のバランスが崩れて危険です。歩く際には、「殿中でござる」とすり足で進みましょう。走ると両足が地上から離れるので危険です。地面を捉えるまでの0.1秒の間に強風に煽られたら転倒してしまいます。
なんてね。

>あと、これは余談ですが私の店は違反運転の自損事故の修理は受け付けません。そのようなバカ自転車乗りに自転車を与える事は人様の迷惑になる反社会的行為ですからね。バカやって自損事故したなら、おとなしく廃車にして自転車を辞めろと追い返します。それが自転車業界人としての責任ですからね。

要するに、あなたのお店は海外のフレームにシマノの部品を取り付けるだけの積み木屋さんだから、転倒して故障した廃車寸前の自転車を修理する能力がないということですね。

>AT車では左足ブレーキが常識ですよ。足は常にブレーキペダルの横に置いていつでもブレーキが踏めるようにしておく物です。その為にブレーキペダルとアクセルペダルが真横に並んでいるのです。

他の人が突っ込んでいるので、省略。

>ハンドルも片手で十分でしょう。少なくともシフトレバーを操作する際には片手となります。
>条文をもう一度読み直しなさい。「ハンドル、ブレーキその他装置」と書いてあります。
シフトレバーは「その他装置」に該当する物であり、シフトレバーを正確に操作する事も道交法で規定された義務です。シフトレバーの操作を「片手運転」とは勘違いも甚だしいですよ。

自転車の手信号も「片手運転」ですが、何ら問題としていません。

>両手放しの状態からハンドル・ブレーキを正確に操作できる状態になるまではそれなりの時間を要するでしょう。それでは咄嗟の事態に対処できません。あなたの持論では、自転車運転中はミラーで後方確認する程度の一瞬の隙が命取りになるのではありませんでしたか?だとすれば、ミラーを見るよりも時間を要する手放しからハンドルを握るまでのタイムラグは確実に命取りになるはずですが?

ミラーでの後方確認よりも両手放しの方が時間を要するので危険とは本当ですか?
疋田さんの掲示板では、ミラーでの後方確認に気を取られて前方不注意となった自損事故自慢は少なくともBMI22さんとlemondさんの2件は報告されていますが、両手放しが原因となった事故自慢は聞いたことがありません。
残念ながら、小生の自転車にはバックミラーは付けていませんので、実体験はありませんが、バックミラーを見ながら調子こいてスピードを出して走る方が、両手放しで背筋を伸ばして風を感じながらゆっくりと水分補給しているときの方が、咄嗟の事態に対処出来るような気がします。
理由は単純に、絶対スピードの違いです。
両手放しで背筋を伸ばしているときにシャカリキにペダルを回すことは、体が浮いてしまい物理的に不可能です。

>事故が起ころうが起こるまいが、安全運転義務違反は安全運転義務違反です。事故にならなければ適用されず検挙もされないなどという事はありません。実際に取り締まり・検挙が行われているにもかかわらず、あなたは「行われていない」と断言していたはずですが。という事は、あなたは取り締まりが行われている事実を認識していなかったという事です。つまり、取り締まり・検問が行われている場面に遭遇した事が無かったとご自分で宣言されたと言う事です。検問・取り締まりに遭遇していないのですから、どんな違反運転でも検挙されるはずがありませんよね。したがって、検挙された経験が無いという事があなたが安全運転している事を証明する事にはなりません。むしろ、検問・取り締まりを迂回して掻い潜り、目を盗んで違法運転を繰り返す姑息で悪質なバカ自転車乗りだという事を証明していますよ。

確かに、一時期、ピストバイクの取締りがマスコミを賑わしていましたね。ブレーキの整備不良で切符を切られたとの報道はありましたが、両手放しで検挙されたという報道は聞いたことがありません。
本当に、片手運転や両手放しの取締り、検問が行われたのですか?
具体的な事実を知りたいものです。
小生もピストバイクの取締りには興味がありましたが、早朝7時台や夜8時以降の都心部では検問なんてやってなかったのだと思います。

>ですから、取り締まりの対象になる危険運転「片手運転・両手放し運転」をやめましょうと申し上げています。

警察の取締りを恐れて長時間、同じ姿勢でペダルを回して、首・背中・腰・股間等々の体幹を痛めて自転車に乗れなくなる位なら、両手放しで背筋を伸ばしてスッキリしてどうですか。
まあ、自転車乗り一人一人が決めることです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/23 00:17 | URL |

>両手放しで背筋を伸ばしているときにシャカリキにペダルを回すことは、体が浮いてしまい物理的に不可能です。

じゃああなたは手放し運転する前に律儀にブレーキで減速してるんですか?
30km/h以上の巡航状態から手を放してゆったりペダルを漕いで速度維持くらいはしてるんじゃないですか?
更なる加速が出来ないってだけで30km/hを維持してるんじゃ危険であることに変わりはないと思うのですが

水分補給する時って視線上に行きません?(ペットボトルのようなものをイメージしてます)

手放し水分補給にしてもバックミラーにしても同じように前方から視線が外れるなら、ハンドルを握り直すなんて余分な手間が増える手放し水分補給の方が不利に思えるのですが?

余談ですが、精々15km/hのママチャリとぶつかっても痛いです。 30km/hのスポーツバイクに突っ込まれたらと思うとゾッとしますね(単純計算で衝撃が4倍なので)

| 初心者ドライバー | 2012/09/23 01:05 | URL |

あかくろさん| 2012/09/22 23:52 |へ

>>片手運転や手放し運転は、スピードを出せないだけのことです。 バランスを崩さないように前方少し遠目を真っ直ぐ見なければならないだけのことです。
>本当に気を付けなければいけないのはバランスだけなのか?片手運転はともかく、両手を離していて急な事態にハンドル操作やブレーキングをして危険を回避できるのだろうか。そしてそこまでして両手を離さなければいけないのだろうか?

バランスに気を付けるために、前方少し遠目を見るということで、結果的に(物理的に・身体構造的に)前方の障害物が良く見える、気を付けることが出来るということです。
ドロップハンドルの前傾姿勢では、どうしても上目使いとなり目や首が疲れることは、世捨人さんに様々な提言を受ける以前に、ロードバイク乗りの誰もが実感していることです。

>ここまでお話して頂いて微塵も理解できないのは確かに敗北感すら感じますね。

小生も、「前方少し遠目を真っ直ぐ見なければならない」感覚を理解いただけないのには、疲労感が残るばかりです。

>>被害者感情に訴える点で
>そうですね、事故は殺さなければ取るに足らないと言い切ったあなたの人間性に疑問を感じて感情的になってしまった点は否めません。

こんなところで正直にゲロされても困りものです。
情けない。

>>自転車事故の被害者とは一体誰ですか?あなたの書き方では、自転車乗り自身のようですね。 自業自得です。 自分の身は自分で守りましょう。
>言葉足らずだったようですね。私が言う被害者とは過去に不幸にも自転車乗りが起こしてきた、そしてあなたが将来起こすであろう”人身事故”の被害者です。 あなたのいうとおり幸か不幸か”自損事故”で済んだ自転車乗りは自業自得と切り捨てることにしましょう。 

そして、自動車が引き起こす死亡事故が毎年4,000件名強である一方、自転車乗りが歩行者を巻き込む死亡事故は毎年5件前後です。
幸いにも障害に止まる事故も、きっと同様の比率でしょう。
そして、自転車が加害者となる人身事故の原因のほとんどは、スピードの出し過ぎでしょう。
両手放しで背筋を伸ばしているときにシャカリキにペダルを回すことは、体が浮いてしまい物理的に不可能です。

>「確認したから少々手離しても事故なんか起こらない」という慢心を自覚してごらんなさい

世捨人さんのスクープ(?)画像のローディは、事故を起こしましたか?

「確認したから少々手離しても事故なんか起こらない」と慢心した自転車乗りが起こす軽微な事故など無視してでも、「見通しが良いので少々速度超過しても事故なんかそうそう起こらないから捕まえる必要なんてない」と慢心するような「田舎の見通しのいい一本道で速度違反を検挙しようと手ぐすね引いてるパトカー(いわゆるネズミ取り)」を待機させなければならないほど、スピード違反の自動車は重篤な結果を引き起こすのです。

>まぁ、私の知らぬところで勝負はついて勝利宣言をしているようなので、これ以上何を言っても無駄で精々負け犬の遠吠えにしか見えないことでしょう、残念です。

負け犬の遠吠えでしかないので、仕方ありません。

ご苦労さまでした。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/23 01:06 | URL |

単純な日本語の問題ですが少々訂正を・・・
×手放し水分補給にしてもバックミラーにしても同じように前方から視線が外れるなら、ハンドルを握り直すなんて余分な手間が増える手放し水分補給の方が不利に思えるのですが?

↓訂正
○手放し水分補給にしてもバックミラーにしても同じように前方から視線が外れるなら、ハンドルを握り直すなんて余分な手間が増える手放し水分補給の方が危険回避の際危険に思えるのですが?

そしてときどきオアゾツーキニストさんにしてもあかくろさんにしてもこんなブログのコメント欄で勝ち負けって何なんですか? なにを競ってるんですか?

| 初心者ドライバー | 2012/09/23 01:54 | URL |

>あと、これは余談ですが私の店は違反運転の自損事故の修理は受け付けません。そのようなバカ自転車乗りに自転車を与える事は人様の迷惑になる反社会的行為ですからね。
要するに、あなたのお店は海外のフレームにシマノの部品を取り付けるだけの積み木屋さんだから、転倒して故障した廃車寸前の自転車を修理する能力がないということですね。

実際の自転車店員さんの技術がどうなのかはともかく、
”修理しない”と言っているのがなぜか”修理できない”に変換されているのは日本語の読解能力が悪いのか、そもそもそういう歪んだ人間性なのか。

店員さんが”積み木屋さん”で”出来ない”としても廃車にせざるを得ない損傷ということはフレームが損傷してしまっている状況と推察しますが、そうなってくると溶接が必要とかいう話になってきて一介の店員さんが手を出せる話ではないのでは?(逆に事故歴があってフレームに修復を加えた自転車に乗りたいですか?)

”積み木屋さん”の店員さんならフレームさえ無事なら部品を付け替えれば問題なく修理できるでしょう。

| 初心者ドライバー | 2012/09/23 02:29 | URL |

ブログ主さん、こんにちは
写真に写っておられる方から、写真の掲載許可はもらいましたか?
他人を撮影してブログへの無断転載は、ここ最近問題になっているので止めた方がよろしいかと思います。
炎上の元です。

| 自転車は歩道 | 2012/09/23 03:47 | URL |

ときどきオアゾツーキニストさん

>自他共にで濁していますが、自転車乗り側の怪我の発想しかないようですね。

やはり日本語の理解能力が無いようですね。
自他共にという事は「自分も相手も」という事です。
自転車にぶつかられて転倒した被害者の事も言っています。


>片手運転や両手放しで、接触して転倒するような間抜けなローディの心配までする必要はありません。

接触して転倒するという事は、接触した相手がいるという事です。
その間抜けなローディーにぶつかられて怪我をした被害者はどうなるのですか?
接触して事故が起こる可能性はゼロでは無いのですから、片手運転も両手放し運転も絶対にしてはいけない事です。


>軽微な事故で警察に届け出るまでもないものの心配までする必要はありません。

軽微であろうと事故は事故です。
警察に報告されない軽微な事故でも、人に怪我をさせる人身事故の事例はたくさんあります。
人身事故である以上、軽微だからと軽視する事はできません。


>警察に届け出る必要のない軽微な物損です。

前述のように、警察に届けられない人身事故も発生しています。
そして、「軽微な物損しかおこらない」と油断・慢心しているバカ自転車乗りが人身事故を起こすのです。


>要するに、あなたのお店は海外のフレームにシマノの部品を取り付けるだけの積み木屋さんだから、転倒して故障した廃車寸前の自転車を修理する能力がないということですね。

修理不可能とは一言も言ってませんが?
持ち込まれた自転車が修理可能であるかどうかは関係ありません。
違反運転の自損事故車は、見積もり依頼の段階で断ります。
そのような輩に自転車を与えれば、性懲りも無くまた同様の事故を繰り返すだけです。
そして、いずれは他人に危害を及ぼす事故を起こします。
それがわかっていて自転車を修理してやる事はできません。
バカ自転車乗りを撲滅するのも自転車業界人のつとめです。


>両手放しが原因となった事故自慢は聞いたことがありません。

あなたが聞いた事がないだけでしょう。
疋田氏の掲示板ごときで何がわかるんですかね。
ネット上の一つの掲示板など、日本社会の極々わずかな一部分でしかありません。
その程度の狭い世界で得た情報で社会の全てを知った気になるなどまさに「井の中の蛙大海を知らず」ですよ。


>理由は単純に、絶対スピードの違いです。
>両手放しで背筋を伸ばしているときにシャカリキにペダルを回すことは、体が浮いてしまい物理的に不可能です。

やはり、あなたの主張には一貫性がありませんね。
あなたは過去に、高速で走るロードだからこそ両手放しが可能であると明言しましたよ。
つまり両手放しで走っている時は、両手を放しても車体が安定するだけの速度が出ているという事です。
それをあなた自身が過去の発言で明言しているのです。

仰ると通り、両手放しと両手でハンドルを握ってミラーを見ている状態では速度の差はあるでしょう。
しかし、前述のように両手放しで安定して走っているという事実が高速で走っている事を証明しています。
両手放しでも咄嗟の事態に対応出来るような遅い速度では、両手放しで安定して走る事は不可能だという事です。
両手でハンドルを握っている状態よりも、両手放しの状態の方が安全になるような圧倒的な速度差は両者にはありませんよ。


>確かに、一時期、ピストバイクの取締りがマスコミを賑わしていましたね。ブレーキの整備不良で切符を切られたとの報道はありましたが、両手放しで検挙されたという報道は聞いたことがありません。
本当に、片手運転や両手放しの取締り、検問が行われたのですか?

自転車の検問は違反自転車を取り締まるための検問です。
検挙対象をノーブレーキピストだけに限定した物ではありません。
道交法に違反した自転車はすべて検問での検挙対象となっています。
片手・両手放し運転も携帯ながらもイヤホン装着もすべて検挙されています。
仮に検問の目的が特定の違反行為の取り締まりであったとしても、他の違反がその検問で見逃されるという事はありません。
その道を通行する者は全て検問の対象となり、違反が無い者だけが通過できるのです。
それが検問という物ですよ。
片手・両手放し運転している自転車だけを探して検挙する取り締まりなどやっていません。
場所を決めてそこを通る自転車は全員が止められるんです。
そして、違反がないかどうかをチェックするんです。
それが自転車の取り締まりという物ですよ。

| 自転車店店員 | 2012/09/23 14:47 | URL | ≫ EDIT

>自転車店店員さん
>あと、これは余談ですが私の店は違反運転の自損事故の修理は受け付けません

そういえば以前クロスに乗ってた頃縁石にペダルをぶつけてしまい(違反はしてません)、走行できなくなってしまった際、ちょうど近くに自転車屋(スポーツ系)があったので直してもらおうと思ったら
「買った店で直してください」
と言われました。買った店は遠いので、それを説明してお願いしたのですが、
「買った店で直してください」
と繰り返されました。結果、4キロほど自転車を押しながら、歩いて帰りました。

以降、たとえ近所に自転車屋が無くなっても、その店にだけはいくまいと心に決めています。


たぶん労力に比べて利益にならないとか、そういう理由なんでしょうが、困っている客が訪れてそれを追い返すような店というのは、糞としか言いようがありません。

| 東南 | 2012/09/23 20:37 | URL |

店の名前出してもいいんではないでしょうか。
僕もそんな店には行きたくありませんから。

| 名は坂 | 2012/09/23 21:39 | URL |

自転車乗り叩いてないで仕事しろよ…お前ヒマ人過ぎるだろ
てか全部の記事が独断と偏見でしか無い上に人の意見聞けなさ過ぎww
いい歳して情けないなw

| 自転車は歩道 | 2012/09/23 21:45 | URL |

東南さん

あなたの訪れた店がたまたま運悪くそういう店だったと言う事でしょう。
ただ、店の立場から言わせて貰えば「利益にならない」という理由で追い返したりはしませんよ。
他店購入の自転車には責任が持てないから追い返すんです。

自転車って同じ車体でも組む人間の技量で全く違う物になるんです。
修理を引き受けるからには「安全に走れる状態」に仕上げて納車する責任があります。
自分が組んだ自転車なら壊れた部分の修理だけすれば「安全である」と責任を持って納車できます。
しかかし、他人が組んだ自転車ではパッと見の故障箇所を直しただけで「安全である」とは言い切れないんですよ。

あなたの事例は、走行中に縁石に接触しての故障なので「事故車」の扱いになります。
走行不能になるほどの衝撃があったのですから、組付けが悪ければどこかしら目に見えない異常が出ている可能性があります。
それらの異常で納車後に事故にでもなったら、それもペダルを修理した店の責任になってしまうんですよ。
そうならない為には、故障箇所を直すだけではなく車体全体の点検もしなければならないのです。
それをするためには時間が必要だし、時間がかかるという事はそれに応じた工賃も発生するという事です。
それをあなたに請求したとして、納得して支払ってくれますか?
ほとんどの顧客は「たかがペダルの故障だろ」と納得してはくれないでしょう。
だから店としては他店購入の自転車には関わりたくないので追い返すんですよ。
パンク修理やワイヤートラブル程度の修理なら簡単に引き受けられます。
でも、接触や転倒という事故車の修理は安請け合いできないんですよ。

私の店では違反運転でなければ困ってる客を追い返す事はしません。
ただし、責任をもって安全だと言い切れるまでの作業時間は頂きますしそれに伴う工賃も請求させていただきます。
それに納得できないのであればお引取り下さいとしか言えませんね。
持込の自転車を客の言う故障部分だけ直してすぐに引き渡すような店は、客にとっては有難いでしょうが、技術者としては無責任だと私は思います。


それから、違反運転のバカローディはほとんどが保険利用で修理したがるんですよ。
保険利用の修理って作業が凄く大変なんです。
故障箇所の写真撮って分解して見積もり出して保険会社と書類のやり取りして・・・
見積もり手数料と事故車点検工賃だけで1万はかかります。
その他に部品代と組み換え工賃です。
保険会社のOK出るまで修理はできないから時間かかるし、決済降りても修理代金が入金されるまでにも時間がかかります。
不慮の事故なら引き受けてやろうとも思いますが、違反運転の自業自得の事故にこれだけの手間を割いてやる気持ちには正直言ってなれません。
そこまでやって直してやっても、同じ事を繰り返してまた自転車を壊すのは目に見えています。
そんな乗り方されたら社会の迷惑だし、いずれ取り返しのつかない大事故を引き起こします。
それに無謀運転で壊される自転車も可哀想です。
だから私は違反運転の自損事故は修理を引き受けないんですよ。

| 自転車店店員 | 2012/09/23 22:30 | URL | ≫ EDIT

初心者ドライバーさん| 2012/09/23 01:05 |へ

>>両手放しで背筋を伸ばしているときにシャカリキにペダルを回すことは、体が浮いてしまい物理的に不可能です。
>じゃああなたは手放し運転する前に律儀にブレーキで減速してるんですか?30km/h以上の巡航状態から手を放してゆったりペダルを漕いで速度維持くらいはしてるんじゃないですか?更なる加速が出来ないってだけで30km/hを維持してるんじゃ危険であることに変わりはないと思うのですが

仰るとおりです。
第三者が客観的に意見できることも、広く公開されているネット上での議論の良い所ですね。

両手放しの背筋(せすじ)伸ばしは、世捨人さんのスクープ(?)画像のように、前方の安全を確認した上で、惰性で走りながらするものですね。ブレーキで減速など有り得ません。

そして、画像のような道路を30km/hの惰性で走ることが危険かどうかは自転車乗り一人一人の判断です。

小生は全く何ら問題ないと思います。風を感じて解放感を味わえるところも自転車の良い所です。

>水分補給する時って視線上に行きません?(ペットボトルのようなものをイメージしてます)手放し水分補給にしてもバックミラーにしても同じように前方から視線が外れるなら、ハンドルを握り直すなんて余分な手間が増える手放し水分補給の方が不利に思えるのですが?

これまた、仰るとおりです。

まあ、普通の街乗りやツーリングでは、両手放しの背筋(せすじ)伸ばしはしても、水分補給まではしませんね。普通はコンビニ等で休憩して水分もカロリーも補給しますね。

加えて、トライアスロンの競技等で水分補給する場合には、速度を落とさないように、前方も視野に入れながら、片手運転で走りますね。

そう言われてみると、世捨人さんのスクープ(?)画像も、両手放しではありますが、水分補給しているのかどうかは確認出来ませんね。
ストロー付のペットボトルかゼリー状のもので、視線が上に行く決定的な画像はなかったのでしょう。又しても、世捨人さんの頭の中で合成された事実だったのかも知れません。

>余談ですが、精々15km/hのママチャリとぶつかっても痛いです。 30km/hのスポーツバイクに突っ込まれたらと思うとゾッとしますね(単純計算で衝撃が4倍なので)

仰るとおり、黄色信号の交差点に突っ込んで歩行者を転倒させたり、下り坂で減速せずに出合い頭に自転車同士でぶつかったり、自転車泥棒で警官に追われて駐車場の落差で転倒したりと、ママチャリ・スポーツバイク等の種類に関係なく、自転車が惹起する重大(死亡)事故の原因はスピードの出し過ぎです。

くれぐれも安全運転でお願いします。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/24 11:34 | URL |

初心者ドライバーさん| 2012/09/23 02:29 |へ

>あと、これは余談ですが私の店は違反運転の自損事故の修理は受け付けません。そのようなバカ自転車乗りに自転車を与える事は人様の迷惑になる反社会的行為ですからね。
要するに、あなたのお店は海外のフレームにシマノの部品を取り付けるだけの積み木屋さんだから、転倒して故障した廃車寸前の自転車を修理する能力がないということですね。

>実際の自転車店員さんの技術がどうなのかはともかく、”修理しない”と言っているのがなぜか”修理できない”に変換されているのは日本語の読解能力が悪いのか、そもそもそういう歪んだ人間性なのか。店員さんが”積み木屋さん”で”出来ない”としても廃車にせざるを得ない損傷ということはフレームが損傷してしまっている状況と推察しますが、そうなってくると溶接が必要とかいう話になってきて一介の店員さんが手を出せる話ではないのでは?(逆に事故歴があってフレームに修復を加えた自転車に乗りたいですか?)
”積み木屋さん”の店員さんならフレームさえ無事なら部品を付け替えれば問題なく修理できるでしょう。

仰るとおり自転車屋さんも商売ですから、修理を受け付けるかどうかは、お互い様でしょう。
しかし、自損事故の原因が違反運転かどうかは、自転車乗りがゲロしない限り判らないことです。疋田さんの掲示板の自損事故自慢の方々のようにバックミラーの見過ぎで前方不注視であっても、予見出来ない障害物が原因だと言い張るものです。
事故った自転車乗りの修理の相談を受け付けて、違反運転をゲロさせた挙句に、反社会的行為だから修理を受け付けませんというのは、カッコ付けすぎでしょう。事実関係を明らかにするために、わかりやすく問い合わせたものです。
確かに、30キロ超のスピードで走るロードバイクでは、たとえ自損事故で収めたとしてもフレームに影響しているケースも多いでしょう。
であれば、溶接が必要だとか、修理をしても30キロ超のスピードを出す場合には安全性は保障できないだとか、きちんと説明するのが良心的な普通の自転車屋さんでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/24 12:20 | URL |

ときどきオアゾツーキニストさん

事故車を修理するにあたっては、どのような原因でどのような事故が起こったかを明確にする必要があるのは当然の事です。
事故状況によって考えられる損傷は異なります。
保険利用での修理であれば、契約内容と事故原因によっては満額が補償されない場合もあります。
事故原因を偽って保険金を請求すれば保険金詐欺になります。
そうなれば見積り・修理を担当した自転車店も法的責任を問われかねません。
それを防ぐために正確な状況と原因を追求するのはプロとして当然でしょう。
また、見積りしたけど修理はしませんとか、修理したげと満額の補償がないから払えませんじゃ話しになりません。

正規に補償を請求できる事故なのか、どれだけ補償されるのか、補償がない場合に自腹で払えるのか。
補償請求に違法性がないという確証と、代金をきっちり支払って貰える確証が無ければ修理も見積りも受け付けられないのは当然の事です。
バカ自転車乗りの言い分を鵜呑みにして、犯罪行為の片棒を担いだり修理費用を貰い損ねて店が損するなど御免ですよ。
それを「カッコ付けすぎ」と言われても、あなたの感性が一般常識から逸脱しているとしか思えませんね。
商売であろうとも、顧客との信頼関係が無ければ成立しません。
違反運転を反省する事なく修理に持ち込み、金さえ払えば良いだろうみたいな非常識な輩は信頼できません。
そんな輩を相手に商売する気にはなりません。
それが私のプロとしての哲学です。

| 自転車店店員 | 2012/09/24 12:59 | URL | ≫ EDIT

自転車店店員さん| 2012/09/23 14:47 |へ

>やはり日本語の理解能力が無いようですね。自他共にという事は「自分も相手も」という事です。自転車にぶつかられて転倒した被害者の事も言っています。

「自他」とは自分と他人(自分以外の者)ということで、「自他共に」というと、自分も自分以外の者もということで、誰もが(広く世の中全体)という意味になり、事故の相手方に特定されていません。

>接触して転倒するという事は、接触した相手がいるという事です。その間抜けなローディーにぶつかられて怪我をした被害者はどうなるのですか?接触して事故が起こる可能性はゼロでは無いのですから、片手運転も両手放し運転も絶対にしてはいけない事です。

片手運転は、手信号やシフトレバー操作については、認められているのですよね。
大丈夫ですか?
接触した相手が怪我をしたということであれば、人身事故です。
相応の償いが必要でしょう。

>軽微であろうと事故は事故です。警察に報告されない軽微な事故でも、人に怪我をさせる人身事故の事例はたくさんあります。人身事故である以上、軽微だからと軽視する事はできません。

保険の活用、手間ひま等々を踏まえてそれぞれの被害者・加害者が判断することです。

>前述のように、警察に届けられない人身事故も発生しています。そして、「軽微な物損しかおこらない」と油断・慢心しているバカ自転車乗りが人身事故を起こすのです。

そっくりそのまま毎年4000名強の人命を奪っている自動車ドライバーに言えることでしょう。
初心者ドライバーさんに回答したとおり「黄色信号の交差点に突っ込んで歩行者を転倒させたり、下り坂で減速せずに出合い頭に自転車同士でぶつかったり、自転車泥棒で警官に追われて駐車場の落差で転倒したりと、ママチャリ・スポーツバイク等の種類に関係なく、自転車が惹起する重大(死亡)事故の原因はスピードの出し過ぎです。」
ゆっくりのんびり走る限りどんなに油断・慢心しても軽微な物損や人身で済むところが自転車の良い所です。

>修理不可能とは一言も言ってませんが?持ち込まれた自転車が修理可能であるかどうかは関係ありません。違反運転の自損事故車は、見積もり依頼の段階で断ります。そのような輩に自転車を与えれば、性懲りも無くまた同様の事故を繰り返すだけです。そして、いずれは他人に危害を及ぼす事故を起こします。それがわかっていて自転車を修理してやる事はできません。バカ自転車乗りを撲滅するのも自転車業界人のつとめです。

自転車の裾野を広げること、バカ自転車乗りを矯正していくことも自転車業界の一員として大切な役割だと思いますが、それぞれの自転車屋さんのポリシーでしょうし、それぞれのお店の独自性を許容する懐の深い業界だということでしょう。
それで商売が成り立つのであれば、何ら構いません。

>>両手放しが原因となった事故自慢は聞いたことがありません。
>あなたが聞いた事がないだけでしょう。疋田氏の掲示板ごときで何がわかるんですかね。
ネット上の一つの掲示板など、日本社会の極々わずかな一部分でしかありません。その程度の狭い世界で得た情報で社会の全てを知った気になるなどまさに「井の中の蛙大海を知らず」ですよ。

ゼロの証明は難しいので、小生は聞いたことがないという事実を回答したまでです。
まあ、両手放しが事故の原因となるのはほとんどゼロでしょうから、統計数値にも表れないということで十分でしょう。

>>両手放しで背筋を伸ばしているときにシャカリキにペダルを回すことは、体が浮いてしまい物理的に不可能です。
>やはり、あなたの主張には一貫性がありませんね。あなたは過去に、高速で走るロードだからこそ両手放しが可能であると明言しましたよ。つまり両手放しで走っている時は、両手を放しても車体が安定するだけの速度が出ているという事です。それをあなた自身が過去の発言で明言しているのです。仰ると通り、両手放しと両手でハンドルを握ってミラーを見ている状態では速度の差はあるでしょう。しかし、前述のように両手放しで安定して走っているという事実が高速で走っている事を証明しています。両手放しでも咄嗟の事態に対応出来るような遅い速度では、両手放しで安定して走る事は不可能だという事です。
両手でハンドルを握っている状態よりも、両手放しの状態の方が安全になるような圧倒的な速度差は両者にはありませんよ。

初心者ドライバーさんにもご指摘いただき、回答済みですが、再掲載しましょう。
「両手放しの背筋(せすじ)伸ばしは、世捨人さんのスクープ(?)画像のように、前方の安全を確認した上で、惰性で走りながらするものですね。ブレーキで減速など有り得ません。
そして、画像のような道路を30km/hの惰性で走ることが危険かどうかは自転車乗り一人一人の判断です。
小生は全く何ら問題ないと思います。風を感じて解放感を味わえるところも自転車の良い所です。」

>自転車の検問は違反自転車を取り締まるための検問です。検挙対象をノーブレーキピストだけに限定した物ではありません。道交法に違反した自転車はすべて検問での検挙対象となっています。片手・両手放し運転も携帯ながらもイヤホン装着もすべて検挙されています。仮に検問の目的が特定の違反行為の取り締まりであったとしても、他の違反がその検問で見逃されるという事はありません。その道を通行する者は全て検問の対象となり、違反が無い者だけが通過できるのです。それが検問という物ですよ。片手・両手放し運転している自転車だけを探して検挙する取り締まりなどやっていません。場所を決めてそこを通る自転車は全員が止められるんです。そして、違反がないかどうかをチェックするんです。それが自転車の取り締まりという物ですよ。

確かに、報道ではイアホン装着も指導・検挙(?)を受けたとあったような気がします。
しかし、片手運転や両手放しの指導・検挙はなかなか難しそうですね。
自転車の検問が行われていることを数十メートル前方に確認した上で、これ見よがしに警察官の前で両手放しを披露するのですかね。自動車の検問と勘違いしたのかな。
そば屋の出前は警察官を見かけたからといって、片手運転を止める訳にもいかないので、指導や検挙があったかも知れませんね。きっと、麺がのび切って売り物にならなかったでしょうね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/24 16:42 | URL |

自転車店店員さん| 2012/09/24 12:59 |へ

>事故車を修理するにあたっては、どのような原因でどのような事故が起こったかを明確にする必要があるのは当然の事です。事故状況によって考えられる損傷は異なります。保険利用での修理であれば、契約内容と事故原因によっては満額が補償されない場合もあります。事故原因を偽って保険金を請求すれば保険金詐欺になります。そうなれば見積り・修理を担当した自転車店も法的責任を問われかねません。それを防ぐために正確な状況と原因を追求するのはプロとして当然でしょう。また、見積りしたけど修理はしませんとか、修理したげと満額の補償がないから払えませんじゃ話しになりません。

仰るとおりでしょう。

>正規に補償を請求できる事故なのか、どれだけ補償されるのか、補償がない場合に自腹で払えるのか。補償請求に違法性がないという確証と、代金をきっちり支払って貰える確証が無ければ修理も見積りも受け付けられないのは当然の事です。バカ自転車乗りの言い分を鵜呑みにして、犯罪行為の片棒を担いだり修理費用を貰い損ねて店が損するなど御免ですよ。それを「カッコ付けすぎ」と言われても、あなたの感性が一般常識から逸脱しているとしか思えませんね。商売であろうとも、顧客との信頼関係が無ければ成立しません。違反運転を反省する事なく修理に持ち込み、金さえ払えば良いだろうみたいな非常識な輩は信頼できません。そんな輩を相手に商売する気にはなりません。それが私のプロとしての哲学です。

素晴らしい。頑張って下さい。
しかし、ルール違反がなければ、事故は起きない。事故を起こしたということは何らかのルール違反があるとも仰ってましたので、きっと、引き受ける事故車の修理は限りなくゼロに近いのでしょう。
まあ、ゼロの証明は難しいですね。店員さんご自身しか知りえないことですね。
自転車には固有の速度制限規制はありませんから、スピードの出し過ぎが原因の事故車は受付可能ですね。でも、国内メーカーの競技用自転車の標準常用速度の15~24キロでしたが、24キロ超のスピードを出して事故った場合には、修理してもらえないのかな?
スピードの出し過ぎが原因で事故になるということは、もともと組み上げに問題があったということにもなりそうですね。大丈夫ですか?
最近は、100万円超の高額な自転車もありますから、仰る通り、保険会社もきっちり査定しないと補償請求に応じられないご時世なんですね。確かに、新しい自転車に乗り換えたいからと自損事故で廃車にして保険金請求されては保険会社が成り立ちませんね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/24 17:15 | URL |

自転車店店員さん| 2012/09/23 14:47 |へ

>>両手放しで背筋を伸ばしているときにシャカリキにペダルを回すことは、体が浮いてしまい物理的に不可能です。
>やはり、あなたの主張には一貫性がありませんね。あなたは過去に、高速で走るロードだからこそ両手放しが可能であると明言しましたよ。つまり両手放しで走っている時は、両手を放しても車体が安定するだけの速度が出ているという事です。それをあなた自身が過去の発言で明言しているのです。仰ると通り、両手放しと両手でハンドルを握ってミラーを見ている状態では速度の差はあるでしょう。しかし、前述のように両手放しで安定して走っているという事実が高速で走っている事を証明しています。両手放しでも咄嗟の事態に対応出来るような遅い速度では、両手放しで安定して走る事は不可能だという事です。
両手でハンドルを握っている状態よりも、両手放しの状態の方が安全になるような圧倒的な速度差は両者にはありませんよ。

初心者ドライバーさんにもご指摘いただき、回答済みですが、再掲載しましょう。
「両手放しの背筋(せすじ)伸ばしは、世捨人さんのスクープ(?)画像のように、前方の安全を確認した上で、惰性で走りながらするものですね。ブレーキで減速など有り得ません。
そして、画像のような道路を30km/hの惰性で走ることが危険かどうかは自転車乗り一人一人の判断です。
小生は全く何ら問題ないと思います。風を感じて解放感を味わえるところも自転車の良い所です。」

追記)

世捨人さんのスクープ(?)画像のように両手放しできる道路状況と、両手でハンドルを握ってミラーを見て後方確認をせざるを得ない道路状況では、安全(危険)性に直結する交通量に圧倒的な差があります。

両手放しが可能な道路状況であれば、首・背中・腰・股間等々に違和感を感じて気にしながら走るよりも、一旦、背伸びをして気持ちを入れ替えて集中して走る方が、楽しく安全に自転車に乗ることが出来るでしょう。

これもまた、それぞれの道路状況に応じて、自転車乗り一人一人が判断することです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/24 18:14 | URL |

>自転車店店員さん

あなたが件のクソ自転車屋ではないので、反論しても仕方ないんですが、一応言っておきます。

その自転車屋は自転車を押して店を訪れて修理を依頼した私に、自転車を見ることもなく、即決で修理を断りました。
要するに壊れ具合がどうとか関係なしに
「うちで買った客以外は修理はしないよ」
ということですね。客の事情など知ったことではないのです。


あなたの言うような業界事情があったとしても、客の依頼を断るならちゃんと理由を説明すべきですが、それさえもなく
「買った店で直してください」
以外の言葉はありませんでした。
たとえ修理に金がかかるとしても、それは客に説明したうえで、客のほうが判断することです。店のほうが勝手に決めることではありません。
そして客に頼まれれば、見積もりを出すのは当然のことです。客がそれをみて断ったとしても、文句を言う筋合いではありません。


その当たり前のことを行わないのは、客商売をする人間として、非常識としか言いようがありません。もしそれが商売のスタンスだというなら
「当店は他店で購入した自転車の修理は一切行いません」
とでも張り紙をしておくべきですね。それが客に対する礼儀というものです。

| 東南 | 2012/09/24 19:22 | URL |

東南さん| 2012/09/24 19:22 |、自転車店店員さん| 2012/09/23 22:30 |へ

>あなたが件のクソ自転車屋ではないので、反論しても仕方ないんですが、一応言っておきます。

先駆者気取りのローディと高慢なプロ気取りの販売店(の店員)と、どっちもどっちだと思います。

スーパー等で売られている1万円未満のママチャリから専門店で売られている100万円超の海外メーカー品まで自転車の価値、値段が2極化しているのと同様に、街中の自転車屋さんも2極化していることに原因がありそうですね。

しかし、交通手段である自転車はどこで事故にあうか、故障するか判らないこと、誰もが簡単に乗ることが出来る手軽で便利でお気軽であることは自転車の最も良い所であることから、「うちで買った客以外は修理はしないよ」という高級品専門店の自分勝手では、自転車の利用を促進し、マーケットを広げることにつながらないでしょう。自転車業界を上げて取り組むべき課題かな。

まるで、長距離顧客を狙って深夜の繁華街や官庁街での客待ちするタクシーに対して、短距離客の乗車拒否を監視する監視員が必要なタクシー業界みたいですね。

自転車業界にも「修理拒否」を監視する監視員や通報制度が必要なのかな。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/24 20:42 | URL |

東南さん

>「うちで買った客以外は修理はしないよ」
ということですね。客の事情など知ったことではないのです。

一般自転車にはTSマーク制度があります。
TSマーク制度は認定資格を持った整備士が整備をして販売した自転車に添付されるマークです。
TSマークが添付された自転車なら、TSマーク加盟店なら他店購入の自転車でも持ち込み修理を受ける事になっています。
ですが、メーカーによって独自の規格を採用しTSマークやBAAマークの対象外であるクロスバイクや競技用自転車はそうはいきません。
クロスバイクや競技用自転車は専門性が高い車種です。
店によって取扱いメーカーも得意分野も違います。
購入店かその系列店に修理に持ち込むのが当たり前の世界です。
持ち込み修理は、他所のメーカーのディーラーに車の修理を依頼するようなものです。
趣味趣向で専門性の高い自転車に乗っているのですから、それくらいの不自由は我慢して下さい。
どこの店でも満足できる修理を受けたいのなら、汎用車であるママチャリに乗って下さい。
スポーツ車に乗るなら、パンク修理などの最低限の修理は自力で出来るようにしておく物です。
そして、どうしようもないほど壊れたなら押して帰るなりなんなりして買った店に持ち込む物です。
そういう余裕がない状況で専門性の高いスポーツ車に乗るべきではありません。
私は壊れた時の運搬用に備えて、携帯用の輪行袋を常に持ち歩いていますよ。


>そして客に頼まれれば、見積もりを出すのは当然のことです。客がそれをみて断ったとしても、文句を言う筋合いではありません。

見積料をきちんと支払っていただけるのならそれで構いませんよ。
プロが仕事として時間を割いて見積りをするのですから、修理するしないにかかわらず見積代金が発生するのは当然の事ですよ。
最低賃金って知ってますか?
私の働く東京都なら時給835円が最低賃金です。
どんな仕事をしてもその金額だけは保証されなければならないという事です。
あなたの自転車の見積をしている時に、同時に他の仕事をする事はできません。
という事は、あなたにその作業にかかる時間給を支払って貰わなければなりません。
そうしなければ仕事として成り立ちません。
実際に修理するのなら見積料はサービスする事もあるでしょうが、見積りを見て決めると言うのなら見積料はきっちり頂きますよ。
「見積りくらい無料でしろ」なんて理屈は通用しません。


>「当店は他店で購入した自転車の修理は一切行いません」
とでも張り紙をしておくべきですね。それが客に対する礼儀というものです。

前述のように、クロスバイク・競技用自転車は専門性の高い自転車です。
販売した店舗が廃車になるまで責任持って面倒を見る物です。
張り紙などしなくとも、他店には持ち込まないのが当たり前です。
それがスポーツ自転車という物です。
それをわからずにママチャリと同じ感覚で使っている人間こそ非常識です。

| 自転車店店員 | 2012/09/24 20:48 | URL | ≫ EDIT

ときどきオアゾツーキニストさん

>しかし、交通手段である自転車はどこで事故にあうか、故障するか判らないこと、誰もが簡単に乗ることが出来る手軽で便利でお気軽であることは自転車の最も良い所であることから、「うちで買った客以外は修理はしないよ」という高級品専門店の自分勝手では、自転車の利用を促進し、マーケットを広げることにつながらないでしょう。自転車業界を上げて取り組むべき課題かな。

そもそも、競技用自転車は自転車競技のために製造・販売されている物です。
汎用性・互換性を重視し、日常生活の道具として製造・販売されている一般自転車とはその趣旨が異なります。
競技用自転車は専門性が高い特殊な自転車であり、どこの店でも安定した技術で扱える代物ではありません。
競技用自転車はあなた専用のマシンであり、販売した店は所属チームのような物です。
そして、あなたのマシンを担当する店員はあなたの専属メカニックです。
レース機材と考えるならば、自分のチームの専属メカニックに修理・点検の全てを依頼するのが筋でしょう。
他のチームのメカニックに修理を依頼するなど考えられない事です。

競技用自転車に乗りたいけど、自宅・会社の近くに扱う店が無い。
離れた店で買ったけど、修理や点検に行くのが大変だ。
出先で壊れたけど修理してくれる店がなくて困った。

どれも競技用自転車に乗る人間なら当たり前のように経験する事です。
「それも競技用自転車の特色だ」と受け入れる余裕のある人しか使ってはいけない物なんです。
競技用自転車に一般自転車と同様の汎用性や利便性を求めるのが間違ってます。
日常使用を意図して作られていない物を日常的に使うのですから、それ相応のリスクは覚悟の上で使用すべきです。
出先でのパンク修理は自分でやるのが当たり前です。
パンク修理キットと携帯型空気入れ、予備のチューブ・タイヤの携行は必須です。
長距離移動になるならもしもの時に備えて輪行袋の携行も必要でしょう。
車体が壊れなくとも、体調不良や怪我で身体的に自走不能になる事も有り得ます。
頑丈なワイヤー錠を複数携行しておく事も必要です。
自走不能になったら最寄り駅に置いて帰って車で取りに来るのも一つの手段です。
その時にワイヤー錠が必要になります。

また、専門店は店員のほとんどが競技経験者で横の繋がりと言うかネットワークが意外と広かったりします。
店主や店員同士が知り合いだったり同門だったりすると、他店購入でも見てくれる事があります。
「○○店の○○さんから買いました」言えば、出先の不具合に対処してくれる店もあります。
目的地近辺や走行ルート上に、そういう修理を受けてくれる店があるか下調べしておく事も必要です。
それが競技用自転車を日常的に移動手段として利用するという事です。

このように、競技用自転車の専門店ではあくまでもレース機材として販売しています。
日常生活で利用する自転車としての販売とは、アフターサービスも含め店と顧客の関係性が異なるのです。
競技用自転車の世界に他店に修理に持ち込むという概念は無いのです。
購入店舗に全て任せるか、それで不自由を感じるなら通販なりで部品を仕入れて自力でやるしかありません。

自転車として普通の扱いを受けたいのなら、文字通り「普通の自転車」を使って下さい。
自ら好んで「普通ではない自転車」を選んでおきながら、「自転車なのに」と扱いが普通ではない事に文句を言うのはただのワガママでしょう。

| 自転車店店員 | 2012/09/24 21:22 | URL | ≫ EDIT

自転車店店員さん| 2012/09/24 21:22 |へ

>そもそも、競技用自転車は自転車競技のために製造・販売されている物です。汎用性・互換性を重視し、日常生活の道具として製造・販売されている一般自転車とはその趣旨が異なります。競技用自転車は専門性が高い特殊な自転車であり、どこの店でも安定した技術で扱える代物ではありません。・・・自転車として普通の扱いを受けたいのなら、文字通り「普通の自転車」を使って下さい。自ら好んで「普通ではない自転車」を選んでおきながら、「自転車なのに」と扱いが普通ではない事に文句を言うのはただのワガママでしょう。

競技用自転車の特殊性を主張すればするほど、世捨人さんの提言が正当化されてくるように感じられます。
日本国内の公道を走るのであれば「文字通り「普通の自転車」を使って下さい。」となりませんか?
国内産業の保護のため、また、安全性・効率性の確保のためにも、JIS規格に準拠しないものは輸入禁止とされても、「汎用性・互換性を重視し、日常生活の道具として製造・販売されている一般自転車」で交通手段としては十分ですとなりそうですね。

小生は、JIS規格に準拠した国内最大手メーカーのスポーツ車ですので、あちこちに系列の販売店があり、何ら問題ありません。
完成車で10万円程度の最廉価版の15年物ですが、十二分に風を切って疾走する解放感を味わうことが出来ます。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/25 10:00 | URL |

ときどきオアゾツーキニスト

あなたがその自転車で満足してるならそれで十分でしょう。
それをとやかく言うつもりはありません。
私が言いたいのは、見た目のカッコ良さや走行性能に目を奪われてメンテナンス性の低さに目を向けない利用者が多いという事です。
競技用を日常で使おうと、法律上は自転車ですから構いません。
買った人の自由です。
世捨人氏が提言するような公道走行禁止という規制など必要ありません。

しかし根本的な使用用途が違うのですから、使う側はそれなりに不自由する事があるのは避けられない事です。
そういう自転車を好んで使っているのに、普通の自転車と同じ汎用性を求めるのはナンセンスです。
それを説明して売っているのか、理解して納得して買っているのかという問題です。
どれだけ競技用自転車が売れようとも、普通自転車のようにいつでもどこでも気軽に修理・整備ができるようにするのは困難です。
それを確保しようとすれば、本来のレース機材としての特殊性が失われます。
その不自由さに対する不満を自転車店に押し付けて「店の傲慢だ」と言われても筋違いとしか言えません。
汎用性とスポーツ性の両立を求めるなら、あなたのように国内メーカーの廉価版に乗る事を選択するしかないでしょう。
車やバイクだって、値段に関わらず国産より外国産の方がメンテナンスに苦労するのは当たり前です。
それは自転車だって同じです。
好んで買うならその事を理解して使ってほしいというのが売る側の率直な想いです。

| 自転車店店員 | 2012/09/25 10:32 | URL | ≫ EDIT

>自転車店店員さん
>実際に修理するのなら見積料はサービスする事もあるでしょうが、見積りを見て決めると言うのなら見積料はきっちり頂きますよ。

これまで仕事でもプライベートでもいろいろと見積もりを出してもらい、結果断ることも何度もありましたが、見積料なんてものを請求されたことは一度もありませんが。
結果的に客が断り、金にならない仕事があるのは当然でしょ。客を掴むというのはそういうことを積みかなせるということで、私だって仕事でそういうことはしょっちゅうですよ。

実際、私がクロス買った店はスポーツ専門ではなかったので、もしあのときまともな対応をしていれば、ロード買うときその店を選んだかもしれないのにね。
わずかな手間を惜しんだ結果、客を逃したということです。


>販売した店舗が廃車になるまで責任持って面倒を見る物です。
張り紙などしなくとも、他店には持ち込まないのが当たり前です。
それがスポーツ自転車という物です。
それをわからずにママチャリと同じ感覚で使っている人間こそ非常識です

それは通常の場合でしょ。トラブルで困ってる客を同じように扱ってどうすんの。
そもそも、あなたは違反運転で自損事故の場合、自分のとこで修理せず、よその店にやらせるんでしょ。それで「他店には持ち込まないのが当たり前」とか、支離滅裂なんですけど。
あなたは自分が否定していることを、客とほかの店に押し付けていることに、気づいていないのですか?


>そういう余裕がない状況で専門性の高いスポーツ車に乗るべきではありません

殿様商売もいいとこですね。そもそも修理しない正当性があるというなら、それをちゃんと客に説明するのが、客商売として当然のことです。それもせず一方的に追い返して、それが業界のルールであり当然だと思うなら、それは業界における悪習であり、ただの非常識です。

| 東南 | 2012/09/25 12:53 | URL |

要するに

世捨人みたいな偏見だらけの間違った情報を垂れ流す馬鹿にもネットを禁止したら良い。

| 名無し | 2012/09/25 13:58 | URL |

東南さん

工賃の基本は時間給です。
時間を割いて作業すれば相応の料金が発生するのは当然です。
それを払えないなら仕事は受けられません。
仮に無料で見積り出して断られたとしましょう。
実際に時間を使っているのだから、断られても失った時間は戻りません。
結果的に、その分の時間給は他の仕事で得た利益で賄う事になります。
本来は断った客が払うべき報酬を、他の仕事を依頼した他の客に負担させている事になるのですよ?
他の客が払わなかった作業料を負担させられるなんて、客に対して失礼で不公平だとは思いませんか?
それぞれの客に対し、それぞれの作業に応じた作業料金を請求するのはプロとして当然でしょう。
断られて金にならなくても我慢しろとは客の傲慢でしょう。
見積りは無料が当たり前というならそれこそ日本社会の悪習ですよ。

うちで断った違反自転車を他店に押し付けている?
それは勘違いも甚だしいですよ。
うちが断るのはそういう輩を自転車に乗せたくないからです。
違反で自業自得だと言われたら諦めて廃車にしろという話です。
それでも直したいなら、金さえ払えばどんな修理も受け付ける利益至上主義の「商売人」が経営する自転車屋に行けば済む話です。
うちが断ったおかげで仕事が増えるのですから、商売人にとってはありがたい話でしょう。
まあほとんどの店は他店購入の事故車の修理なんて受け付けませんから、必然的に廃車にするか自力で直すかの選択肢しか残らないでしょう。
受けるも受けないもその店の自由ですが、私に言わせれば受ける店は職人としてのプライドも信念も持たない程度の低い店だとしか思えませんね。

トラブルで困っている?
専門性の高いスポーツサイクルならトラブルが起これば困るのはわかりきった事です。
どんなに困っていようが、受けられない物は受けられません。
トラブルが起こってもすぐに対処してほしいなら普通の自転車に乗れという話です。

そもそも、自転車が車両であり命を預ける乗り物であると理解して乗ってますか?
悪習どうこうとか以前に、トラブルが起きて知らない店に持ち込むなんて考えられない話ですよ。
その店がどの程度の技術力・修理能力を持っているか素人のあなたにわかるのですか?
いい加減に直されてさらにトラブルが起きたらどうしようとか考えませんか?
どこの誰だかわからない信頼できるかわからない相手に、自分が命を預ける乗り物の修理を任せる事に不安は感じないのですか?
汎用性が高く整備が簡単なママチャリならまだしも、専門的なスポーツ車を見ず知らずの店に任せられる神経が私には理解できません。
要は、あなたが「たかが自転車」と軽く考えているという事です。
どこでどんなトラブルが起ころうと、信頼できる店に修理を任せるべきだという基本中の基本を理解していないという事です。
それすら理解していない人がスポーツ車を使う事が間違っています。
もしあなたに「この程度の故障ならこの店に任せても大丈夫だ」と判断できる知識と経験があるなら、断られたら部品と工具を買って自力で直せば済む話です。
断った店に文句を言うのは筋違いですよ。

| 自転車店店員 | 2012/09/25 14:08 | URL | ≫ EDIT

東南さん| 2012/09/23 20:37 |へ

>そういえば以前クロスに乗ってた頃縁石にペダルをぶつけてしまい(違反はしてません)、走行できなくなってしまった際、ちょうど近くに自転車屋(スポーツ系)があったので直してもらおうと思ったら「買った店で直してください」と言われました。買った店は遠いので、それを説明してお願いしたのですが、「買った店で直してください」と繰り返されました。結果、4キロほど自転車を押しながら、歩いて帰りました。以降、たとえ近所に自転車屋が無くなっても、その店にだけはいくまいと心に決めています。たぶん労力に比べて利益にならないとか、そういう理由なんでしょうが、困っている客が訪れてそれを追い返すような店というのは、糞としか言いようがありません。

東南さんは安全運転の先駆者で自損事故さえも起こしたことがないということだったかと思いますが、縁石にペダルをぶつけたこともあったのですね。
4キロも押し歩くなんて苦労もされているのですね。
失敗したことない自転車乗りなんていませんよね。安心しました。
これで共通の土俵で語り合えるというものです。

クロスバイクでは事故ったけれども、ロードバイクでは事故ったことがないという反論はなしにしましょうね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/25 18:01 | URL |

自転車店店員さん| 2012/09/25 10:32 |へ

>あなたがその自転車で満足してるならそれで十分でしょう。それをとやかく言うつもりはありません。私が言いたいのは、見た目のカッコ良さや走行性能に目を奪われてメンテナンス性の低さに目を向けない利用者が多いという事です。競技用を日常で使おうと、法律上は自転車ですから構いません。買った人の自由です。世捨人氏が提言するような公道走行禁止という規制など必要ありません。

神の見えざる手ということで、全てにおいて自己責任で自由自在ということが基本ですね。これはに、全く同意です。
そして、止むを得ず、法律の規制を導入するあたっては、文言どおり厳格に解釈しなければならないということも理解出来たことと思います。
ということで、まず、道路と車道の違いはご理解いただけたのでしょうか?
すり抜け禁止の条文は見当たりましたでしょうか?
JIS規格で標準常用速度が15~24キロの国内メーカーの競技用自転車(スポーツ車?)で30キロ超のスピードを出しても良いのでしょうか?
スポーツ車が標準常用速度を超えるスピードを出して構わないのであれば、幼児用自転車が8キロを超えるスピードを出しても構いませんよね。
自転車の部品を入れ替える(チューンアップ)することは禁じられていませんよね。
幼児用自転車の補助輪は外しても良いのでしょうか?
小児用の車を警察庁の問答集などという一般に公開されていないもので定義して良いのでしょうか?

>しかし根本的な使用用途が違うのですから、使う側はそれなりに不自由する事があるのは避けられない事です。そういう自転車を好んで使っているのに、普通の自転車と同じ汎用性を求めるのはナンセンスです。それを説明して売っているのか、理解して納得して買っているのかという問題です。どれだけ競技用自転車が売れようとも、普通自転車のようにいつでもどこでも気軽に修理・整備ができるようにするのは困難です。それを確保しようとすれば、本来のレース機材としての特殊性が失われます。その不自由さに対する不満を自転車店に押し付けて「店の傲慢だ」と言われても筋違いとしか言えません。汎用性とスポーツ性の両立を求めるなら、あなたのように国内メーカーの廉価版に乗る事を選択するしかないでしょう。車やバイクだって、値段に関わらず国産より外国産の方がメンテナンスに苦労するのは当たり前です。それは自転車だって同じです。好んで買うならその事を理解して使ってほしいというのが売る側の率直な想いです。

スピードの出し過ぎが原因の事故では修理してもらえるのかな?
両手放しも事故の原因の一要素となっている場合には、修理してもらえず廃車にするとして、次の自転車は売ってくれるのかな?
ルール違反で事故った自転車乗りは、以後、出入り禁止ということですか?厳しいですね。
刑法犯でも、刑の執行が終われば社会復帰出来るのに、自転車店店員さんのお店では、教育・指導・更生の機会は一切なしで、永久追放とは厳しいですね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/25 18:08 | URL |

ときどきオアゾツーキニストさん

>ルール違反で事故った自転車乗りは、以後、出入り禁止ということですか?厳しいですね。
刑法犯でも、刑の執行が終われば社会復帰出来るのに、自転車店店員さんのお店では、教育・指導・更生の機会は一切なしで、永久追放とは厳しいですね。

東南さんへのレスでも触れましたが、自転車は車両です。
自転車に乗るという事は自転車に命を預けるという事です。
そういう物を販売・整備・修理するという事は、店と顧客の間に信頼関係が無ければ成り立ちません。
そして、信頼関係があるからこそ客の要望に応えるべくカスタムしたり部品の割引販売をしてあげたりできるのです。

私はプロとして、引き受けた仕事はどの仕事も一切の妥協や手抜きをせずに全身全霊で取り組んでいます。
お客様が一つの不安も不満もなく安全快適に乗れるように、私のできる最大限の仕事をして自転車をお渡ししています。
にもかかわらず、ルールもマナーも無視した違反運転・暴走運転で事故を起こすなど完全に店に対する裏切り行為でしょう。

そういう客は修理を断られても自業自得です。
「修理出来ないのはわかりました、じゃあ廃車にするから新車を売って下さい。」
これで反省してると思う人がどこにいますかね。
そういう懲りない奴は出入り禁止で当然でしょう。

信頼を裏切ったのだから、修理出来ない・自業自得だと怒られたら引き下がるのが当たり前でしょう。
後日改めて「すみませんでした、二度と暴走しませんから修理して下さい」と反省して店に来るなら無下に追い返したりはしませんよ。
本当に反省していると感じられたなら、とりあえずの修理はしてやります。
ですが、私との信頼関係はまた一からやり直しです。
事故前みたいにカスタムするのも割引してやるのもしばらくは引き受けませんね。
またそれをするかどうかは、その後の言動や態度を見てからですね。
信頼を裏切ったのですから、そのくらいのペナルティは当然でしょう。
一度崩れてしまった信頼関係を再び構築するのは容易な事ではありませんよ。

| 自転車店店員 | 2012/09/25 18:53 | URL | ≫ EDIT

自転車店店員さん| 2012/09/25 18:53 |へ

>私はプロとして、引き受けた仕事はどの仕事も一切の妥協や手抜きをせずに全身全霊で取り組んでいます。

ということで、あなたの道路交通法やJIS規格やなんたら問答集の理解は不十分です。

手抜きをせずに全身全霊でお勉強し直して、宿題を提出(回答)しましょう。


| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/25 19:32 | URL |

自転車店店員さん| 2012/09/25 18:53 |へ

>一度崩れてしまった信頼関係を再び構築するのは容易な事ではありませんよ。

今日の能無しさん| 2012/09/20 19:44 |でさえ、「なるほど、確かに“せすじ”と読めば間違いでは無いですな。」と自らの非を認めています。

まずは、信頼関係の構築は、まず自転車店店員さんご自身が、自らの非を素直に認めることからでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/25 19:36 | URL |

ときどきオアゾツーキニストさん

>まずは、信頼関係の構築は、まず自転車店店員さんご自身が、自らの非を素直に認めることからでしょう。

あなたのような非常識で厚顔無恥で民度の低い輩と信頼関係は構築不可能です。
あなたが私を信頼しようがしまいが関係ありません。
私があなたを信頼できないので信頼関係は成り立ちません。

| 自転車店店員 | 2012/09/25 20:15 | URL | ≫ EDIT

背筋伸ばしはともかく、公道で手放し走行はダメでしょ。

| JEFF | 2012/09/25 20:20 | URL | ≫ EDIT

東南さん

見積りの件でもう一つ。
あなたが何の仕事をしてるか知りませんが「たかが見積り」と簡単に言わないで下さい。
机の上で書類並べてそろばん弾いて出せる見積りとは性質が違うんですよ。
前にも言いましたが、走行中にぶつかって壊れたなら事故車両です。
経年劣化や整備不良による故障とは違います。
前にも言いましたが、自信を持って安全だと言える状態にしなければ修理した事になりません。
その場でパッと見で「幾らですよ」なんて簡単に答えが出せる物じゃありません。
実際に現物イジって確かめなきゃわからないし、場合よっては分解して損傷度合いを確かめる必要だってあるんです。
見た目の損傷が酷ければ数日間預かって見積り作業をする必要だって出てきます。
ワイヤー交換とかブレーキ調整とか、一律で工賃が決まってる作業とは違うんです。
実際にあれこれイジって分解して見積もってるんだから料金が発生するのは当然でしょう。
だから、見積りしたけど修理しないなんてお話にならないんです。
修理するという前提があるから分解して隅々までチェックしてという見積りができるんです。
そこまでやって見積り出して断るって事は、分解した物を壊れたまま組み直すって事ですよ。
分解して組み直すだけで十分に工賃が発生するに値する作業でしょう。
修理するなら見積り料をサービスする事もありますが、修理しないのであれば見積り料を請求するのが当たり前ですよ。

| 自転車店店員 | 2012/09/25 20:29 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

能無さん
>やっぱり分かってませんね。 体を起こしたら、背筋は縮むんですけどね~?

直立二足歩行のホモ・サピエンスを理解してください。

| 世捨人 | 2012/09/25 23:24 | URL |

Re: タイトルなし

yoさん
>>競技用自転車乗りると、上半身を起こす動作をが多くなる。
>日本語が変です。

ご指摘ありがとうございます。訂正します。

>>原因はいわずもがなドロップハンドル。
>ドロップハンドルに限った問題でしょうか? いづれも、道路を走行するすべての車両について当てはまると思います。

ドロップハンドルは極度にきつい前傾姿勢となります。

>>危険極まりない行為だ。腰に激しい痛みを伴うため 極めて危険な走行となる。
>過剰な修飾語は避けましょう。

危険な乗り物であるという事実から目をそらさないでください。

>安全運転義務違反(道交法70条) 二足歩行のホモ・サピエンス
>わかり易い言葉を選びましょう。 知識をひけらかしたり難解な言葉を使うのは避けましょう。

ホモ・サピエンスは中学校2年生の理科で学ぶ義務教育レベルです。

>>自己紹介 : 多方面で活躍する気鋭のジャーナリスト。泣く子も黙る鋭い切り口の提言活動で読者の心をつかむ。特に道路交通・交通安全に関する提言に定評があり、競技用自転車乗りから高い支持を得る。不朽の名作「競技用自転車で一般道を爆走する輩(やから)」は一読したい。
>みっともない自己紹介はやめましょう。

具体的に何がみっともないかお示しください。

| 世捨人 | 2012/09/25 23:27 | URL |

Re: タイトルなし

店員さん

>>そう、背筋を伸ばしをしているのだ。
>前傾姿勢こそが背筋を伸ばしている状態です。 上体を起こしたら背筋は収縮します。上体を起こして伸びるのは腹筋です。見当違いな指摘はやめましょう。

貴殿は軟体動物ですか?

>>これは二足歩行のホモ・サピエンスが相容れない過酷な体勢だ。
>これまた見当違いですね。 人間は前傾姿勢になるから歩けるのですよ。頭に重心が来て前傾になると、必然的に身体は前に倒れますよね? 倒れようとする身体を片足を出して支えようとする事で足が前にでます。その繰り返しが「歩く」という行為です。そして、前傾が強くなれば足が出る位置は前になり踏み込みが強くなります。 それが「走る」という事です。お年寄りが普通に歩いているだけなのに足がもつれて転ぶ事がありますよね? あれは歩こうとして身体が前傾になっているのに、足が上手く前に出せずに転倒するんです。脳のイメージに身体が付いていかないから起こる現象です。 人間が歩く為には身体は前傾になるのが必然であり、それが人体の構造というものです。

貴殿は直立二足歩行のホモ・サピエンスではないのですか?

>足を動かしてペダルを漕ぐ為には前傾姿勢は必要不可欠です。 前傾姿勢で重心を前にする事で効率的に進む事が出来るのです。 サドルが低く上半身が起きた状態は、自転車に乗る上で最も不安定で非効率的な姿勢です。ペダルを漕いだ時に膝が軽く曲がる程度まで足を伸ばせるだけのサドル高が必要になります。 そして、そのサドル高になると必然的に前傾姿勢になり重心が前になります。これが自転車を運転する上で一番安全でバランスが良い効率的な姿勢です。自転車とは前傾姿勢で乗る乗り物であり、その姿勢が一番バランスが安定し転倒の危険性が低いのですよ。

ペダルをこぐために必要な姿勢かもしれませんが、ホモ・サピエンスは常時、前傾姿勢ではいられないのです。痛みを生じるため上体を起こし背筋を伸ばして緩和するのです。

| 世捨人 | 2012/09/25 23:29 | URL |

Re: タイトルなし

店員さん

>「せすじ」「はいきん」
どちらにも読めてどちらに読むかで意味合いの違う言葉を用いる事自体が、言葉のプロであるジャーナリストとして失格でしょう。 言葉遣いを間違えているのは事実ですから見当違いな指摘ではないでしょう。

「背筋伸ばし」を「はいきんのばし」と読んでしまったのですか?
貴殿はお笑い芸人ですか?
本当に、本当に恥ずかしい人ですね。

| 世捨人 | 2012/09/25 23:31 | URL |

Re: タイトルなし


>ブログ主さん、こんにちは写真に写っておられる方から、写真の掲載許可はもらいましたか? 他人を撮影してブログへの無断転載は、ここ最近問題になっているので止めた方がよろしいかと思います。 炎上の元です。

当ブログは交通安全という公共性の高い記事を配信しておりますが、画像に登場する人物については本人と特定できないよう十分配慮をしております。
また、画像はほぼ全てオリジナルで当方が撮影したものです。
掲載にあたっての許可は問題となりえません。当然、無断転載にも該当しません。

| 世捨人 | 2012/09/25 23:42 | URL |

Re: タイトルなし

>自転車乗り叩いてないで仕事しろよ…お前ヒマ人過ぎるだろ てか全部の記事が独断と偏見でしか無い上に人の意見聞けなさ過ぎwwいい歳して情けないなw

自転車批判は悪ですか?
交通安全について真剣に考えてください。

| 世捨人 | 2012/09/25 23:43 | URL |

Re: 要するに

名無さん

>世捨人みたいな偏見だらけの間違った情報を垂れ流す馬鹿にもネットを禁止したら良い。

競技用自転車が危険な乗り物であることに何ら変わりはありません。

| 世捨人 | 2012/09/25 23:46 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん 東南さん| 2012/09/24 19:22 |、自転車店店員さん| 2012/09/23 22:30 |へ
>あなたが件のクソ自転車屋ではないので、反論しても仕方ないんですが、一応言っておきます。
>自転車業界にも「修理拒否」を監視する監視員や通報制度が必要なのかな。

ときさんのようにくだらないことではしゃぐ輩(やから)がいるので、当ブログにも監視する監視員や通報制度が必要かと思います。

| 世捨人 | 2012/09/25 23:47 | URL |

自転車店店員さん| 2012/09/25 20:15 |へ

>>まずは、信頼関係の構築は、まず自転車店店員さんご自身が、自らの非を素直に認めることからでしょう。
>あなたのような非常識で厚顔無恥で民度の低い輩と信頼関係は構築不可能です。あなたが私を信頼しようがしまいが関係ありません。私があなたを信頼できないので信頼関係は成り立ちません。

広く公開されたネット上での議論です。

あなたが私を信頼しようがしまいが関係ありません。

自らの非を認めることが出来ない方とは、多くの閲覧者との間の信頼関係が成り立ちません。

自転車屋さんが、道路と車道の違い、小児用の車、補助輪の
位置づけ、スポーツ車の標準常用速度、等々について、明確に
答えられないとお客さんが減りますよ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/09/26 08:45 | URL |

世捨人 | 2012/09/25 23:24 | URL |

>直立二足歩行のホモ・サピエンスを理解してください。

直立二足歩行のホモ・サピエンスの骨格は、背筋[せすじ]を伸ばして生活する様な構造にはなっておりません。
軽い前屈状態の方が楽な事は、多くの人が体験的に知っている事でしょう。

| 今日の能無し | 2012/09/26 09:37 | URL | ≫ EDIT

Re: 世捨人 | 2012/09/25 23:24 | URL |

脳無さん
>>直立二足歩行のホモ・サピエンスを理解してください。
> 直立二足歩行のホモ・サピエンスの骨格は、背筋[せすじ]を伸ばして生活する様な構造にはなっておりません。
軽い前屈状態の方が楽な事は、多くの人が体験的に知っている事でしょう。

「ぶらさがり健康器」で背筋を伸ばすと気持ちいいのは、なぜでしょう。

| 世捨人 | 2012/09/26 11:30 | URL |

Re:| 世捨人 | 2012/09/26 11:30 | URL |

>「ぶらさがり健康器」で背筋を伸ばすと気持ちいいのは、なぜでしょう。

単純に体に掛かっていた荷重が抜けるからだと思いますけどね。
少なくとも「曲がっていたものが、真っ直ぐになるから」では無いと思いますよ。
何処がどの様に気持ち良いか再確認して、正しいか確かめてみましょう。

| 今日の能無し | 2012/09/26 17:03 | URL | ≫ EDIT

>店員さん

>断られて金にならなくても我慢しろとは客の傲慢でしょう。
見積りは無料が当たり前というならそれこそ日本社会の悪習ですよ
>修理するなら見積り料をサービスする事もありますが、修理しないのであれば見積り料を請求するのが当たり前ですよ

家電修理の見積もりを保証対象外で頼んだ時でも、断っても見積もり料なんて発生しませんでしたけどね。ちゃんと調べてらる場合でも、普通に無料です。そもそも見積もりというのは、依頼するかどうか決めるために頼むもので、見積もりだせば修理を頼むのが当たり前なんて聞いたことがありません。

誰でも当たり前にやってることを自分だけやりたくないとか、あなたはどれだけ甘ったれてるんですか。


>工賃の基本は時間給です。
時間を割いて作業すれば相応の料金が発生するのは当然です。
それを払えないなら仕事は受けられません。

あなたが店員なら、あなたの給料は店主によって保障されています。あなたが店主なら、そういうサービス部分を行って客を掴むのは、客商売において当然です。商売人が直接利益にを生む仕事しかやりたくないなんてのは、甘ったれている証拠です。


>うちが断るのはそういう輩を自転車に乗せたくないからです。
違反で自業自得だと言われたら諦めて廃車にしろという話です

事故そのものは自業自得ですが、それと修理を行わないのは別問題です。はき違えないでください。あなたに人に自転車に乗らせない権利などありませんし、誰もあなたにそんな判断を求めていません。身の程をわきまえてください。

あなたは、「修理は購入店に持っていくのが当然だ」と言い切っています。自転車業界がそういうルールを持っているというならば当然購入店には、購入者をしっかりサポートする義務があります。他の店に行けないのだから、当然ですね。
あなたが違反者の自損は修理しないというのは、その義務を放棄しているということです。自分の主張を押し通すために義務を放棄するのは、幼稚な甘ったれ人間です。


>まあほとんどの店は他店購入の事故車の修理なんて受け付けませんから、必然的に廃車にするか自力で直すかの選択肢しか残らないでしょう
>それから、違反運転のバカローディはほとんどが保険利用で修理したがるんですよ

つまりあなたの店で購入した客は、違反運転で自損した場合、たとえ保険に入っていても修理してもらえないので、結局保険が無駄になるということでしょうか。職業倫理的に、少々問題がありますね。

あなたは自転車を販売する際、また保険加入を勧めたりする際、ちゃんと「うちでは違反運転で自損の場合、修理しないからね。あと保険そのものは自損も対応してるけど、他の店でもたぶん修理しないから、結局保険は使えないよ」と説明していますか?説明して客が納得したうえで、あなたの店で買っているなら問題ありませんが、していないなら、詐欺同然の販売手法ですよ。


>どこでどんなトラブルが起ころうと、信頼できる店に修理を任せるべきだという基本中の基本を理解していないという事です。
それすら理解していない人がスポーツ車を使う事が間違っています

そうですか。では今度、いつも言っている自転車屋に聞いてみますね。あなたの意見に賛同するとは、とても思えませんけど。
しかし仮にあなたの言うとおりだったとしても、それは訪れた客にちゃんと説明すべきことです。なぜなら、自転車屋というのは自転車を扱う職人であると同時に、接客のプロでなければならないからです。もしかすると自覚していない可能性もありますが、客商売である以上当然です。

しかし件のように、客に何も説明せず一方的に追い返す店員は、当然接客のプロとは言えません。それはつまり、職人としてどれだけ腕がよかろうが、自転車店店員としては半人前の未熟者ということです。
半人前が客に間違った対応をすれば、客に怒られて当然です。




| 東南 | 2012/09/26 22:57 | URL |

東南さん

>家電修理の見積もりを保証対象外で頼んだ時でも、断っても見積もり料なんて発生しませんでしたけどね。ちゃんと調べてらる場合でも、普通に無料です。

車もバイクも原付も自転車も、事故車の修理見積りは見積り手数料が発生するのは当たり前です。
車やバイクの見積り伝票にはきちんと「見積り手数料」っていう項目がありますよ。
そして、見積り手数料の相場は「見積り金額の1割」が相場です。
そのまま修理する場合は請求しない場合はありますが、修理を断れば確実に請求されます。
それが車両を修理するという事です。
自転車も車両なので車・バイク・原付と同じ対応です。
車両と家電を同じ価値観で考えるのは間違いです。


>そもそも見積もりというのは、依頼するかどうか決めるために頼むもので、見積もりだせば修理を頼むのが当たり前なんて聞いたことがありません。

車で事故って走行不能になったらどうなりますか?
レッカーで買ったディーラーに運びますよね。
そして、そこで見積り出して修理しますよね。
購入ディーラー以外に持ち込むことなんて有り得ないですよ?
持ち込んで見積りしたのに料金高いから他の店で修理するなんて有り得ない事ですよ?
自転車も車両なんだからそれは同じですよ。


>誰でも当たり前にやってることを自分だけやりたくないとか、あなたはどれだけ甘ったれてるんですか。

車両を扱う世界では、事故車の修理見積りが有料なのは常識です。
「どの店も当たり前に請求している事」であり「どの客も当たり前に支払っている」物です。
誰もが当たり前にやっている事を自分だけやりたくないと言っているのはあなたですよ。


>あなたが店主なら、そういうサービス部分を行って客を掴むのは、客商売において当然です。

どこまで傲慢なんですか?
サービスと言う物は「あれば有難い物」であって本来は「無くて当然の物」です。
常連で馴染みの「お得意様」にはサービスする事もありますが、何処誰かもわからない一見の客にサービスする筋合いはありません。
私は商売人ではなく職人です。
製造業でありサービス業ではありません。
自分が組んで売った自転車には責任を持ちますが、何処の誰がどんな組み方をしたかわからない他店購入品の責任は負えません。
どうしてもその責任を負えというのなら、自店購入の自転車に対応するよりも多くの工程を要するので作業時間も作業工賃も多く頂く事になります。
その事に納得していただけるお客様なら、それを請け負う時間的余裕があるのなら依頼を引き受けましょう。
プロとしてきっちりと報酬を頂けるのであれば仕事を引き受けます。
そして、頂いた報酬の分は最大限の作業をします。
それがプロの職人という物です。
確かに説明無しに追い返した店の対応に問題はあるかもしれませんが、受けて当たり前と考える客も問題です。
プロなんだから金を払わなきゃ作業してくれないのは当然でしょう。


>あなたは、「修理は購入店に持っていくのが当然だ」と言い切っています。自転車業界がそういうルールを持っているというならば当然購入店には、購入者をしっかりサポートする義務があります。他の店に行けないのだから、当然ですね。

当然ですよ。
ですが、工賃の算出方法や事故時の対応など当店には当店のルールがあります。
それらのルールを説明し、納得していただけ無いお客様にはお引取り願っています。
車体販売時には交通ルール遵守を指導していますし、違反運転の際にはうちでは修理は受けない事もきちんと説明してあります。
違反運転の自損事故で修理に持ち込むという事は、道交法違反であると同時に当店のルールにも違反する行為です。
諦めて廃車にするか、他店購入でも引き受ける店を探すか、頭を下げて詫びを入れてうちに修理を頼むか。
どれを選ぶかは客の自由です。
反省が感じられればうちで修理を受ける事もあります。
懲りて無いと思えば絶対に受けません。
それが販売時に取り決めた約束事ですから文句を言われる筋合いはありません。


>そうですか。では今度、いつも言っている自転車屋に聞いてみますね。あなたの意見に賛同するとは、とても思えませんけど。

あなたは何処の街の何処の店に修理を頼もうと不安は無いという事ですか?
高い金を出して買った愛車の修理・整備を知らない人間に任せる不安は無いのですか?
専門性が高いスポーツサイクルを、どこの店のどの店員も確実に直せると思っているのならそれは大きな間違いですよ。
私なら走行不能なほどの状態で知らない店に持ち込むなんて怖くてできませんよ。
その怖さを感じないという事は、あなたが余程のド素人であるか使っている自転車に愛着や愛情が無いという事ですよ。


>しかし件のように、客に何も説明せず一方的に追い返す店員は、当然接客のプロとは言えません。それはつまり、職人としてどれだけ腕がよかろうが、自転車店店員としては半人前の未熟者ということです。
半人前が客に間違った対応をすれば、客に怒られて当然です。

確かに説明無しに追い返した対応には問題はあるでしょう。
しかし、どんな仕事も受けろと押し付ける客も間違いなく問題ありですよ。
あなたは「困ってるんだから直せ」と言ってますが、すぐにその場で直せという事ですか?
いくらなんでもそれは無理な話ですよ。
先客がいればあなたがどんなに困っていようが作業は後回しですよ。
あなたが困っているかなんて、それこそ先に仕事を頼んでる他の客は「知ったこっちゃない」なんですから。
割り込みで順番を変えるなんて事はどこの店もやりませんよ。
店が混んでれば「1~2時間預かりますよ」とか「引渡しは夕方です」なんて当たり前です。
震災直後の自転車店が混雑してた時期は、大手チェーンのあさひなんかもパンク修理で3日待ちとか当たり前でしたよ。
困ってて修理を頼んでいるのはあなただけじゃないんですよ。
出先のトラブルだからその場で対処しろなんてのはただのワガママです。



そもそも、縁石にペダルをぶつけて走行不能ってどんな状況ですか?
縁石にペダルがぶつかるほど左端に寄るなら、漕ぐのは止めて惰性でゆっくり走るのが当然でしょう。
もちろん、ペダルが接触しないように左足が上支点にくる状態で足を止めてね。
そういう「正しい走り方」をしていれば縁石にペダルをぶつけるなんて有り得ません。
万が一ぶつかったとしても、ペダルに傷が付く程度で走行不能にはなりません。
走行不能なほど損傷が大きかったという事は、かなりの高速走行中に接触したか縁石ギリギリの位置で思いっきりペダルを漕いだかのどちらかしか考えられません。
そんな乗り方してて、よくもまあ「交通安全の先駆者」なんて恥ずかしげも無く言えますね。
車高の低いロードならレース中にカーボンペダルを地面や縁石にぶつけて破損なんて事は多々ありますが、金属ペダルのクロスで街中走ってて起こるような事故じゃないですよ。
どういう乗り方してどういうふうにぶつけたんですか?
一言で走行不能と言っても、どこがどう壊れたんですか?
何をどうやってどう直したんですか?
あなたみたいな客がうちの店に来ないとも限らないので、後学のために教えて下さいよ。


そうそう、大事な事を忘れていたので確認しておきます。
あなたは走行中に縁石にペダルをぶつけたんですよね。
基本的に、縁石・ガードレール・電柱などに接触しての事故は自損事故ではなくて物損事故ですよ。
警察呼んで現場検証して物損事故として処理しましたか?

自転車が走行不能になるほどの衝撃があったなら、ぶつかった縁石にもそれなりの損傷があるはずですよね。
そこが市道・県道・国道なのか知りませんが、管轄の自治体にちゃんと連絡はしましたか?
ぶつかった縁石・ガードレール・電柱などに損傷があれば、当該車両の運転者はその修繕費用を賠償する責任を負うのはご存知ですよね?
損傷の度合いや修繕の必要性の有無は、警察官や加害者であるあなたが判断する事ではありませんよ。
管理者に連絡して現場を確認して判断してもらう事ですよ。
まさか、警察・道路管理者のどちらにも連絡してないなんて事は無いですよね?
交通安全の先駆者であるあなたが、このような基本的な事故対応を誤るはずがないですよね?

| 自転車店店員 | 2012/09/27 05:00 | URL | ≫ EDIT

>店員さん

>車やバイクの見積り伝票にはきちんと「見積り手数料」っていう項目がありますよ。
そして、見積り手数料の相場は「見積り金額の1割」が相場です。

そうですか。では私が知らなかっただけですね。


>車で事故って走行不能になったらどうなりますか?
レッカーで買ったディーラーに運びますよね。

自動車は事故・故障の場合でも、ロードサービスによる対応がちゃんとあり、それをTVのCMでもアピールしています。
自転車にはそれがありません。自動車と同じだけのサポートをしていないのに、客に自動車と同じ対応を求めないでください。自動車と同じだというなら、自動車業界が行っているのと同じだけのサポートを、自転車業界もユーザーに提供してください。


>車体販売時には交通ルール遵守を指導していますし、違反運転の際にはうちでは修理は受けない事もきちんと説明してあります。
違反運転の自損事故で修理に持ち込むという事は、道交法違反であると同時に当店のルールにも違反する行為です。

そうですか。まあ私はあなたの客ではないので、口をはさむ筋合いではありませんが。
ただし「店のルール」と「社会のルール」では、社会のルールが優先されるということは認識してください。例えば会社が従業員に対して、会社のルールを説明したうえで雇い、誓約書の類を取っていたとしても、それが社会のルールに違反していた場合は、その契約は無効になります。従業員が訴えでもすれば、会社が負けるということです。
あなたが店のルールを制定していたとしても、それが社会で通用するかどうかはわかりませんよ。


>専門性が高いスポーツサイクルを、どこの店のどの店員も確実に直せると思っているのならそれは大きな間違いですよ

私が使っている店に聞いたところ、トラブルならできるだけは対応するそうですが。件のバカ店員や、自分が商売人だと自覚していないような半人前とは違うようです。



>私は商売人ではなく職人です。
製造業でありサービス業ではありません。

「製造販売業」の間違いでしょ。販売店に勤めるor営むなら、職人であると同時に接客業の商売人ですよ。違うというなら、販売とは関係のない、作業だけで稼げる仕事についてください。どこかのチームの専属メカニックとかですかね?あなたにはそれだけのスキルがないから、自転車店店員なんでしょ。身の丈以上のプライドを持つのは、みっともないだけですよ。

あなたは自分のことをプロだと連呼していますが、商売人という意識がない製造販売業者など、世間的にみれば半人前でしかなく、プロ意識が低いと判断するしかありません。


>出先のトラブルだからその場で対処しろなんてのはただのワガママです

別に優先的に直せなんて言ってませんよ。しかし客の依頼を断るなら、事情を説明したうえで「申し訳ありません」と頭を下げるのが常識です。私はそうしてますよ。たとえ客の依頼が突然で無理なものだったとしてもです。そういう態度をとっていれば、私だって問題にしませんよ。
修理しなかったこと自体ではなく、それをせず一方的に追い返す行為がクソなのです。


| 東南 | 2012/09/27 20:44 | URL |

>店員さん

>どういう乗り方してどういうふうにぶつけたんですか?
一言で走行不能と言っても、どこがどう壊れたんですか?
何をどうやってどう直したんですか?

日が落ちて暗い時にスピードを出している状況で、縁石に気づかずぶつけた結果、ペダルの軸?だかが曲がりました。乗ろうと思えば乗れましたが、ふらふらして危なっかしいので、乗りませんでした。
買った店に持っていったら、普通に直してくれましたけど。代金は覚えてませんが、大した額かかった覚えはないので、まあ数千円でしょうね。
見積もり料なら、一割で数百円ですか。別にかまいませんよ、それぐらいは。

>自転車が走行不能になるほどの衝撃があったなら、ぶつかった縁石にもそれなりの損傷があるはずですよね。
そこが市道・県道・国道なのか知りませんが、管轄の自治体にちゃんと連絡はしましたか?

特に何の損傷もないようなので、何も連絡しませんでしたが。

| 東南 | 2012/09/27 20:58 | URL |

Re: Re:| 世捨人 | 2012/09/26 11:30 | URL |

能無さん
>>「ぶらさがり健康器」で背筋を伸ばすと気持ちいいのは、なぜでしょう。
>単純に体に掛かっていた荷重が抜けるからだと思いますけどね。
少なくとも「曲がっていたものが、真っ直ぐになるから」では無いと思いますよ。
何処がどの様に気持ち良いか再確認して、正しいか確かめてみましょう。

背筋に限らずスジを伸ばすと気持ち良いですね。

| 世捨人 | 2012/10/02 23:25 | URL |

車のギアチェンジ然り、手信号然り、で片手放し運転は技能に応じ安全運転義務を果たしていると言えるでしょうが、両手放しはどう見てもブレーキを確実に操作できる状態ではないですね。

原因をドロップハンドルと断定していますが、これには全く合理的な説明がありませんね。原因はハンドルとサドルとペダルの落差、姿勢筋力に合わない走行時間であってドロップハンドルは原因にはなりません。フラットバーに付け替えても何の解決にもなりません。ドロップハンドルに嫌な思い出でもあるんですか?

| 自転車は歩道 | 2012/10/05 17:54 | URL |

(笑)

| (笑) | 2012/10/06 21:10 | URL |

自転車は歩道さん| 2012/10/05 17:54 |へ

>車のギアチェンジ然り、手信号然り、で片手放し運転は技能に応じ安全運転義務を果たしていると言えるでしょうが、両手放しはどう見てもブレーキを確実に操作できる状態ではないですね。

両手放しは、フラフラと危なっかしく見えるだけで、程度問題です。

両手放しが出来るか、出来ないかの問題であって、両手放しが出来ない人はしませんから何ら問題ありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/10/06 22:49 | URL |

Re: タイトルなし


>車のギアチェンジ然り、手信号然り、で片手放し運転は技能に応じ安全運転義務を果たしていると言えるでしょうが、両手放しはどう見てもブレーキを確実に操作できる状態ではないですね。

4輪で安定した自動車と違い、走行が不安定となりがちな2輪の自転車で片手運転はとても危険です。

>原因をドロップハンドルと断定していますが、これには全く合理的な説明がありませんね。原因はハンドルとサドルとペダルの落差、姿勢筋力に合わな い走行時間であってドロップハンドルは原因にはなりません。フラットバーに付け替えても何の解決にもなりません。ドロップハンドルに嫌な思い出でもあるん ですか?

両足が地面につかないサドル高は、当ブログでは禁止の立場です。また、ドロップハンドルについては、学校では校則などで禁止しているのが一般的ではないでしょうか。

| 世捨人 | 2012/10/10 01:36 | URL |

世捨人さん| 2012/09/25 23:47 |へ

>ときさんのようにくだらないことではしゃぐ輩(やから)がいるので、当ブログにも監視する監視員や通報制度が必要かと思います。

当ブログの監視・通報という名の「脊髄反射」、毎度毎度、ご苦労様です。

「脊髄反射」の監視もたまには必要ですね。危うく見逃すところでした。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/10/12 21:16 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>>ときさんのようにくだらないことではしゃぐ輩(やから)がいるので、当ブログにも監視する監視員や通報制度が必要かと思います。
>当ブログの監視・通報という名の「脊髄反射」、毎度毎度、ご苦労様です。 「脊髄反射」の監視もたまには必要ですね。危うく見逃すところでした。

毎度毎度、くだらないことで大はしゃぎしないでください。

| 世捨人 | 2012/10/23 23:49 | URL |

世捨人さん| 2012/10/23 23:49 |へ

>ときさんのようにくだらないことではしゃぐ輩(やから)がいるので、当ブログにも監視する監視員や通報制度が必要かと思います。
>>当ブログの監視・通報という名の「脊髄反射」、毎度毎度、ご苦労様です。 「脊髄反射」の監視もたまには必要ですね。危うく見逃すところでした。
>毎度毎度、くだらないことで大はしゃぎしないでください。

まったく下らない回答ですね。
はしゃぎようもありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2013/05/14 20:35 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>>ときさんのようにくだらないことではしゃぐ輩(やから)がいるので、当ブログにも監視する監視員や通報制度が必要かと思います。
>当ブログの監視・通報という名の「脊髄反射」、毎度毎度、ご苦労様です。 「脊髄反射」の監視もたまには必要ですね。危うく見逃すところでした。
>>毎度毎度、くだらないことで大はしゃぎしないでください。
>まったく下らない回答ですね。 はしゃぎようもありません。

落ち着いてください。

| 世捨人 | 2013/05/15 23:00 | URL |

世捨人さん| 2013/05/15 23:00 |へ

>ときさんのようにくだらないことではしゃぐ輩(やから)がいるので、当ブログにも監視する監視員や通報制度が必要かと思います。
>>当ブログの監視・通報という名の「脊髄反射」、毎度毎度、ご苦労様です。 「脊髄反射」の監視もたまには必要ですね。危うく見逃すところでした。
>毎度毎度、くだらないことで大はしゃぎしないでください。
>>まったく下らない回答ですね。 はしゃぎようもありません。
>落ち着いてください。

2ヶ月超放置しておりました。落ち着きすぎですかね(笑)

当ブログの監視・通報でさえ、時間と労力を要するものです。

「乗車拒否」を監視する監視員や通報制度が必要とされるタクシー業界の程度の低さが思い知らされます。

| と | 2013/07/23 10:14 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>>ときさんのようにくだらないことではしゃぐ輩(やから)がいるので、当ブログにも監視する監視員や通報制度が必要かと思います。
>当ブログの監視・通報という名の「脊髄反射」、毎度毎度、ご苦労様です。 「脊髄反射」の監視もたまには必要ですね。危うく見逃すところでした。
>>毎度毎度、くだらないことで大はしゃぎしないでください。
>まったく下らない回答ですね。 はしゃぎようもありません。
>>落ち着いてください。
>2ヶ月超放置しておりました。落ち着きすぎですかね(笑)

はしゃがないでください。

>当ブログの監視・通報でさえ、時間と労力を要するものです。

中身が伴わなければ、時間と労力を浪費します。

>「乗車拒否」を監視する監視員や通報制度が必要とされるタクシー業界の程度の低さが思い知らされます。

公道の安全・安心をおびやかす競技用自転車乗りの爆走練習は、見過ごすことはできません。

| 世捨人 | 2013/07/24 00:54 | URL |

世捨人さん| 2013/07/24 00:54 |へ

>ときさんのようにくだらないことではしゃぐ輩(やから)がいるので、当ブログにも監視する監視員や通報制度が必要かと思います。
>>当ブログの監視・通報という名の「脊髄反射」、毎度毎度、ご苦労様です。 「脊髄反射」の監視もたまには必要ですね。危うく見逃すところでした。
>毎度毎度、くだらないことで大はしゃぎしないでください。
>>まったく下らない回答ですね。 はしゃぎようもありません。
>落ち着いてください。
>>2ヶ月超放置しておりました。落ち着きすぎですかね(笑)
>はしゃがないでください。

落ち着きましょう。

>>当ブログの監視・通報でさえ、時間と労力を要するものです。
>中身が伴わなければ、時間と労力を浪費します。

仰るとおりです。読む価値なしの当ブログの監視・通報は時間と労力の無駄ですね。

>>「乗車拒否」を監視する監視員や通報制度が必要とされるタクシー業界の程度の低さが思い知らされます。
>公道の安全・安心をおびやかす競技用自転車乗りの爆走練習は、見過ごすことはできません。

頑張って下さい。

| オ | 2013/07/24 11:34 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>>ときさんのようにくだらないことではしゃぐ輩(やから)がいるので、当ブログにも監視する監視員や通報制度が必要かと思います。
>当ブログの監視・通報という名の「脊髄反射」、毎度毎度、ご苦労様です。 「脊髄反射」の監視もたまには必要ですね。危うく見逃すところでした。
>>毎度毎度、くだらないことで大はしゃぎしないでください。
>まったく下らない回答ですね。 はしゃぎようもありません。
>>落ち着いてください。
>2ヶ月超放置しておりました。落ち着きすぎですかね(笑)
>>はしゃがないでください。
>落ち着きましょう。

ハシャがないでください。

>当ブログの監視・通報でさえ、時間と労力を要するものです。
>>中身が伴わなければ、時間と労力を浪費します。
>仰るとおりです。読む価値なしの当ブログの監視・通報は時間と労力の無駄ですね。

がんばってください。

>「乗車拒否」を監視する監視員や通報制度が必要とされるタクシー業界の程度の低さが思い知らされます。
>>公道の安全・安心をおびやかす競技用自転車乗りの爆走練習は、見過ごすことはできません。
>頑張って下さい。

ご理解、ご協力をお願いします。

| 世捨人 | 2013/07/31 23:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/358-6c9dc7cf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT