今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

競技用自転車乗りが「通行区分違反」する理由(わけ)

▼競技用自転車乗りを行く先々で見かけるが、決まって何らかの道路交通法違反をしている。今回も目を覆いたくなる危険な違反行為を現認した。

▼画像を見よ。片側2車線の道路。左端を走っていた競技用自転車乗りが突如、白線を越えて道路中央寄り車線を走り出すのだ。左端を走らせなければならない自転車にあっては、「通行区分違反」(法35条)だ。しかも交差点手前での進路変更という危険極まりない行為だ。

▼それにしてもこの競技用自転車乗りの意図は何だったのか。路面に舗装された「直進・右折」矢印は自動車に適用される。自転車は従う必要はないのに、なぜわざわざ直進・右折レーンにしゃしゃり出てくるのだ。競技用自転車に乗ると気が大きくなり、クルマを運転している気分にでもなるのか。

▼自転車は車両といえどあくまでも「軽車両」であり、四輪で走行が安定したクルマと肩を並べて走ることは、ドライバーの感情を逆なでしかねない。身体がむきだしで走行が不安定な自転車は、車道においては路肩を時速15キロ以下でおとなしく安全走行してもらいたい。


道路のどまんなかを我が物顔で走る競技用自転車乗り



参照
自転車は路肩を走れ 

道交法35条(指定通行区分)
 車両(軽車両除く)は、車両通行帯の設けられた道路において、道路標識等により交差点で進行する方向に関する通行の区分が指定されているときは、当該通行の区分に従い当該車両通行帯を通行しなければならない。
関連記事

| 00:54 | コメント:60 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

無謀な左折車の巻き込みから身を守りたいから、でしょうね

| 自転車は歩道 | 2012/07/13 10:13 | URL | ≫ EDIT

コイツったら

友達いる?

| バッドカルマ | 2012/07/13 16:29 | URL | ≫ EDIT

>「通行区分違反」する理由(わけ)
で、通行区分違反訳は結局なんなの?

| 自転車は歩道 | 2012/07/13 17:46 | URL |

>画像を見よ。片側2車線の道路。左端を走っていた競技用自転車乗りが突如、白線を越えて道路中央寄り車線を走り出すのだ。左端を走らせなければならない自転車にあっては、「通行区分違反」(法35条)だ。しかも交差点手前での進路変更という危険極まりない行為だ。

第三章 車両及び路面電車の交通方法
第一節 通則
(左側寄り通行等)
第十八条  車両は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。ただし、道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。
(車両通行帯)
第二十条  車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。
2  車両は、車両通行帯の設けられた道路において、道路標識等により前項に規定する通行の区分と異なる通行の区分が指定されているときは、当該通行の区分に従い、当該車両通行帯を通行しなければならない。
3  車両は、道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、前二項の規定によらないことができる。

第六節 交差点における通行方法等
(左折又は右折)
第三十四条  車両は、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り道路の左側端に沿つて(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分を通行して)徐行しなければならない。
2  自動車は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の中央に寄り、かつ、交差点の中心の直近の内側(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分)を徐行しなければならない。
3  軽車両は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない。
4  自動車は、一方通行となつている道路において右折するときは、第二項の規定にかかわらず、あらかじめその前からできる限り道路の右側端に寄り、かつ、交差点の中心の内側(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分)を徐行しなければならない。
(指定通行区分)
第三十五条  車両(軽車両を除く。)は、車両通行帯の設けられた道路において、道路標識等により交差点で進行する方向に関する通行の区分が指定されているときは、前条(左折又は右折)の規定にかかわらず、当該通行の区分に従い当該車両通行帯を通行しなければならない。

車両の交通方法の通則として、自転車は車道左端通行が原則ですが、第18条で、車両通行帯の設けられた道路は除外されています。
自動車も自転車も、車両通行帯の設けられた道路では一番左端の通行帯を走らなければなりません.
そして、道路標識等により通行区分(直進レーン、左折レーン等)が指定されているときは、当該通行区分に従って通行しなければなりません。

交差点の通行方法として、自動車も自転車も、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、沿つて徐行しなければなりません。
自動車は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の中央に寄り、交差点の中心の直近の内側を、そして、自転車は、左側端に寄り、交差点の側端に沿つて、徐行しなければなりません。

道路標識等により交差点で進行する方向に関する通行の区分が指定されているときは、自動車については、上述の左折又は右折方法ではなく、当該通行の区分に従い当該車両通行帯を通行することが義務付けられているということです。

交差点を直進する自動車・自転車については、何も定めがありませんので、通則に戻って第20条第2項に従って、直進レーンのど真ん中を走るということで何ら問題ありません。

>それにしてもこの競技用自転車乗りの意図は何だったのか。路面に舗装された「直進・右折」矢印は自動車に適用される。自転車は従う必要はないのに、なぜわざわざ直進・右折レーンにしゃしゃり出てくるのだ。競技用自転車に乗ると気が大きくなり、クルマを運転している気分にでもなるのか。

画像で見る限り、交通量が少なく、空の模様から見ると、早朝6~7時台の通勤・通学ラッシュ時間帯前でしょうか?
交通量の少ない道路では、生活道路と同様に、左右両側からの飛び出し・信号無視等々の予見できない障害物が飛び出してくる危険性があります。
これらの障害物を避けるために、道路中央付近を通行することも、車道上では最弱者となる「軽」車両である自転車が、自分の身を自分で守るための「術(すべ)」です。

道路交通法は、京都の祇園や亀岡の歩行者を巻き込む我儘かつ無謀かつ病的(?)なドライバーの運転する自動車から、歩行者や自転車乗りを守ってくれません。

後続車両からも容易に確認出来るように、道路交通法で定められているとおり、「車両」として、直進レーンのど真ん中を堂々と走るべきです。

また、あえて、交差点の先や信号機は写らないように切り取って編集(デフォルメ)してありますが、左折車両や交差点の先の駐停車車両を避けるために、予め、真ん中付近に膨らんで、通行しているということかも知れません。
また、左折レーンを追随して来ていた後続車両である世捨人さんの車両に、左折レーンを開けて上げていたということかも知れません。

いずれにしろ、道路交通法に則り、道路交通の安全と円滑を両立させるもので、ルール上もマナーとしても何ら問題ありません。

>自転車は車両といえどあくまでも「軽車両」であり、四輪で走行が安定したクルマと肩を並べて走ることは、ドライバーの感情を逆なでしかねない。身体がむきだしで走行が不安定な自転車は、車道においては路肩を時速15キロ以下でおとなしく安全走行してもらいたい。

我儘なドライバーを指導・教育するためにも、自転車は車道左端を通行しましょう。

また、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない、とされていますので、当該車両通行帯のど真ん中を堂々と通行しましょう。

さらには、車両通行帯のある交差点では、自転車も「車両」として堂々と直進レーンのど真ん中を通行しましょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/07/13 20:03 | URL |

センチュリーラン笠間2008参戦記


こんにちは。坂道自転車通勤隊のエディです。
茨城県サイクリング協会主催による、
センチュリーラン笠間2008についてレポートします。

この大会は、毎年9月初旬に行われます。
残暑厳しい時期ですし、コースもアップダウンのみならず、
必ず風があり、激しい大会となっています。
わたしはハーフ部門へのエントリーですが、
ハーフでさえ、かなり厳しいイベントだと思います。
それゆえ、 ハーフであれフルであれ、
大きな達成感を得られるのです。
毎回多くのサイクリストがチャレンジしていまして、
今年は過去最高の参加者数だったそうです。

 

エントリーに際し、いつものようにコースの勉強から始めました。
CP1は、荒れ果てた状態でしたので、
大会一週間前の土曜日に、掃き掃除に行きました。
こんな状態でした。

それで、こんな風になりました。

ほぼ3時間に渡り、箒で掃き捲りです。
肘も、痛くなってしまいましたよ(^_^;)
でも、わたしに出来る奉仕はこのくらいなので、頑張りました。
ガラスや金属、壊れたテールランプやとがった石などは完全に掃きだしました。
CP1でのタイヤへのダメージはほとんど無かったのでは?

さて、いよいよ大会当日です!
わたしのいつのもパターンの通り、会場へは一番乗り(^O^)

清々粛々と準備を進めていると、参加者がどんどんやってきました。
わたしはトランポから自転車を取り出し組み立て終わり、ふっと周囲を見渡します。
あれ???
みたことのある人がいました。通勤路が似ていて、何度か追い飛ばされている自転車通勤者の竹の子さんでした。
しばしおしゃべりをしてから、わたしはお先に検車へ。

時間通りに受付へ行きましたが、まだ段取りができておらず、
ちょっとだけドタバタしましたが、無事に全手続きを終了。
大会本部テントでは、かさま観光大使と理事長が調度並んでいたのでパチリ(^O^)

そういえば、前回の大会では、理事長自らに点検及び点検簿に記入していただいたんだっけ。
今考えると、相当名誉なことですよね!
開会式は理事長、執行部の方、市長、観光大使さんたちのスピーチ、
そして、皆で安全を誓って、いよいよスタートです!
スタート地点では、いわゆる痛チャリで有名なあの方や、有名レーシングチームの方々がたくさんいました。
「この辺でいいかな」と、芝に腰を下ろします。
すると、目の前にはどこかで見た覚えのある自転車とジャージの方が!
スペース・ゼロポイントのもちくんさんでした!
イベントやチームのこと、この大会のコースや自転車のことなどおしゃべりしてました。
写真は、もちくんさんスタートのときの模様です。


これ以降の撮影はできませんでしたので、テキストのみで書いていきます。

さぁ、いよいよわたしもスタートです。
アップもできない状況ですから、ストレッチはしておきました。
まずは公園を出て、国道へ向かいます。たくさんの誘導の方々がいて、
初参加の方でも安心して走れたと思います。
いざ、国道へ出てみると、例年とはまるで逆の風向きです。
当然のことながら、初めから辛い状況ですが、わたしは積極的に飛ばしていきました。
先行してマイペースで走っているフルの方々をどんどん抜いて行きます。
もちろん、わたしを追って、ハイペースな方々もついてきます。
岩瀬で左折。さぁ、ここからはすでに大事な区間です。
わたしを含め、5名ほどの集団でガンガン突っ走ります。
愉快な方もいて、ローテーションも楽しく行えていました(^O^)
信号、そしてアップヒルで前の集団を捕まえ、次々にブチ抜いていきます。
練習の成果がキッチリと表せたのも良かった!
信号のタイミングはバッチリ掴んでいて、ほぼノンストップで駆け抜けて行けました。
やがて集団は3人に絞られます。
そして・・・
わたし一人だけ抜け駆け(^O^) 登りで思いっきり逃げ切りです!
ですが、抜け駆けは良くないですよね。神様は見ているものです。
わたしが大集団にひっかかっているうちに、追いつかれ、抜かれてしまいます(^_^;)
もちろんわたしも着いていったんですけどね。
ペースとしてはロードレース並みでしたが、ルールもマナーも守りきっての走行です。
譲ってくれた車にも、もちろん挨拶しましたし、地元の子供たちとも挨拶を交わしたりもしました。
走りは激しくとも、ローカルな地域での大会ならではの、ホッとできる瞬間です。
自画自賛かもしれませんが、信号無視をする一部の参加者を除き、わたしたちは、
一般の方々へ、自転車の魅力を伝えることが出来たと思っています。
新治ダンプ街道に入り、CP1へ。
チェックを受け、ポカリスエットのみ頂きました。バナナもあったんですが、
なぜか頂きませんでした。なんでも欲しがるわたしにしては、珍しいことでした。
CP1には、恐らく4分くらいしかいなかったと思います。すぐに出発しました。
そして・・・
とても激しい雨です!! 頬に当たる雨が痛いんですが、構わずにブン回します。
もちろん、安全を確認しながらですよ!
深い水を踏んでいくのは辛いことです。しかもアップダウンの連続ですしね。
それにしても、走行抵抗が大きい、というか、自転車が重い!
相当浸水しているのがわかりましたが、水抜きのために停車する勇気がなく、そのまま走り続けました。
フルーツラインへ出たころは雨も小降りになり、やがて止みました。
静かなフルーツラインでは、リムから、水の音が聞こえてきます(^_^;)
この辺りに来ると、もうハーフの方はいません。フォレストかさま、までのアップダウンで、
いかに差を付けるかが重要なので、強者たちに追いつかれないよう一人旅です。
フルの方々をガンガン抜き続け、国道へ戻り、公園着!
3時間32分でした。

こうして、わたしの今回の大会は終わりました。
感無量です。
「なんも言えねぇ~!」です(^O^)

ここまで書いて読み返してみましたが、なんとアバウトなレポートでしょう(^_^;)
でも、今のわたしの心境を、何も考えずにただダラダラと書いてみました。
読んでいただき、ありがとうございました。
そして、大会関係者のみなさま、ありがとうございましたm(__)m
いまだ事故のニュースは入ってきていません。
安全第一が実践でき、本当に良かったと思っております。

08.9/8. 22:53 byエディ

| エディファン | 2012/07/13 23:10 | URL | ≫ EDIT

画像の道路が片側二車線?

馬鹿な事を言わないで下さい。

右折直進斜線の右側にあるのは、どう見ても対向車線ではなく民家等の建造物ですよ。

と言うことは、当該道路は「一方通行道路」ですよ。

一方通行道路では車両に左寄り通行の義務が無い事を知らないのですか?

道交法において、一方通行道路では道路中央より右側部分を通行することも可能であると明記されてますよ。

| 通りすがり | 2012/07/14 10:53 | URL | ≫ EDIT

世捨人さん

もっと道交法を勉強して書かないと恥をかくだけですよ。

まず、画像の道路は片側二車線ではありません。
右折・直進車線の右側には対向車線はありません。
あるのは建築物であり、当該道路は「二車線の一方通行道路」です。

そして、車両通行帯のある道路において軽車両には左端通行の義務はありません。
左端通行を義務付ける道交法の条文には「車両通行帯のある道路を除き」と明記されております。
車両通行帯のある道路では、軽車両は第一通行帯を通行するように規定されています。
一番左の車線を走る義務があるだけで、車線内のどこを走るかについては規定がありません。
従って、第一通行帯内部であれば左側・中央・右側のどこを走ろうと法律上なんの問題もありません。
車両通行帯のある道路において、軽車両が左端を走らなければならないというのは明らかに誤った認識ですよ。

| 自転車店店員 | 2012/07/14 12:31 | URL | ≫ EDIT

なんだ、また捏造か。

うそつき病人。去れ。

| 愛知県民 | 2012/07/14 12:42 | URL |

ときどきオアゾツーキニストさん

あなたは完全に道交法第二十条2項の解釈を間違えてますよ。

道路交通法第二十条2項
車両は、車両通行帯の設けられた道路において、道路標識等により前項に規定する通行の区分と異なる通行の区分が指定されているときは、当該通行の区分に従い、当該車両通行帯を通行しなければならない。

これは、特定の車両が通行すべき通行帯として指定される「専用通行帯」にかんする規定です。
道路交通法第三十五条に規定される「道路標識等により交差点で進行する方向に関する通行の区分が指定されているとき」とは明確に異なります。

道路交通法第二十条2項に基づく標示・標識は専用通行帯の標示・標識である事が「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」において規定されております。


規制標識・規制標示「専用通行帯」
交通法第20条第2項の道路標識・標示により、車両通行帯の設けられた道路において、
特定の車両が通行しなければならない車両通行帯(以下この項において「専用通行帯」という。)を指定し、
かつ、他の車両(当該特定の車両が普通自転車である場合にあつては軽車両を除き、当該特定の車両が普通自転車以外の車両である場合にあつては小型特殊自動車、原動機付自転車及び軽車両を除く。)
が通行しなければならない車両通行帯として専用通行帯以外の車両通行帯を指定すること。


道交法第二十条2項の規定は標識・標示によって専用通行帯の指定があるときはそれに従えと言う事です。
原則として第一通行帯の通行の通行が義務であり、第一通行帯が自転車専用・バス専用などの場合は他の車両は第二通行帯を通行しろという事です。
右折・左折・直進の進行方向の指定とは全くの無関係です。

道交法第三十五条により、交差点での進行方向の通行区分からは軽車両が除外されるのはあなたもご存知の通りです。
そして、前述の通り、第二十条2項の規定は専用通行帯の規定であり進行方向の通行区分とは無関係です。
つまり交差点において自転車は、普通自転車通行帯が設けられている場合を除き、第二十条1項の規定に基づいて第一通行帯を通行しなければならないという事です。
したがって、交差点で第一通行帯が左折レーンである場合でも、自転車は進行方向に関係なく第一通行帯を通行しなければならないという事です。
「直進自転車は左折レーンを直進する」これが道交法とそれに関連する法令で定められた自転車の交通ルールです。


>交差点を直進する自動車・自転車については、何も定めがありませんので、通則に戻って第20条第2項に従って、直進レーンのど真ん中を走るということで何ら問題ありません。

前述の通り誤った法解釈であり大問題です。
通則に戻って第二十条1項に従って第一通行帯(左折レーン)を通行すると言う事です。


>道路交通法で定められているとおり、「車両」として、直進レーンのど真ん中を堂々と走るべきです。

道交法と関連するその他の法令に基づいて軽車両として左折レーンを通行しなければなりません。


>いずれにしろ、道路交通法に則り、道路交通の安全と円滑を両立させるもので、ルール上もマナーとしても何ら問題ありません。

法律による規定とは異なった通行方法であり、ルール上もマナー上も明らかな問題行為です。


>車両通行帯のある交差点では、自転車も「車両」として堂々と直進レーンのど真ん中を通行しましょう。

普通自転車専用通行帯が設けられている場合を除き、自転車は交差点でもそれ以外の場所でも第一通行帯を通行しなければなりません。
画像の自転車が第二通行帯を通行して交差点に進入していたのであれば、それは明らかに通行区分違反に該当する通行方法ですよ。

| 自転車店店員 | 2012/07/14 17:27 | URL | ≫ EDIT

まず、写真からは真ん中車線を走行したかどうか、確実ではありません。
次に、通行帯で区切られていれば、車線の左端を走る必要はありません。
最後に、写真では、左折車線の延長線上には、何か障害物があるように見えます。
もしかして、左折車線の先には車線はなく、直進車線の先にだけ車線が残るようになっているのでしょうか?

ですので、唯一の証拠である写真からは、以下の結論しか出せませんでした。
■左折車線と直進車線の境目あたりを通って、直進していった、のではないか。

ジャーナリストの私といたしましては、このような結論になりました。

| 自転車は車線中央 | 2012/07/14 21:18 | URL |

相変わらず、痛いとこ突かれたコメントにはレスポンスしないんだろうなあ
したとしてもわけ分からない的外れな反論にもなってない独り言を残す


ジャーナリストって、適当に脳内ででっちあげた「ボクのかんがえるほうりつ」をさも世界の意思、不文律のようにのたまうことでしたっけ?


世捨人みたいな気の違ってる輩(やから)がコメント欄にも現れて欲しい。

| 名無し | 2012/07/15 01:01 | URL |

エディさんの御意見

競技用自転車乗りが「通行区分違反」する理由(わけ) 墓守 【2012/07/16 21:16:30】 [返信] [削除]

http://hidebbs.net/20/k_c_1/bbs/2012/07/16/211679c1f6_s.jpg


http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-346.html
世捨人さんに対応できない気の違ってる輩(やから)のコメントしかない。
本気で議論したい者、反論のある者は、それぞれのツイッターやブログで行っている。
コメント欄には、それらも出来ない間抜けしかいない。

教育者が、生徒に媚を売ることは無い。
教育者は、生徒のレベルまで視線を下げない。
それもわからぬ間抜けは、「今日のくそったれ」を見なければいい。

一方、ファンは残酷だ。これは、世捨人さん自身もよくわかっているだろう。
しかし、それでいいのだ。絶対関係は揺るぐことはない。
今後も、堂々と主張を続けて欲しい

| ハートネット観た?今回は駄作だね。労働者側は、社会の奴隷であることを自覚さえすれば、我との葛藤はゼロになるんだ #nhk | 2012/07/16 23:48 | URL | ≫ EDIT

病人に

また基地外が絡んで、ますますつまらんブログになっちまったね

似たものどおしで、討論会でも仲良し子吉してれば~\(^o^)/

もうここは普通に仕事して、普通に家庭を持って、普通に自転車乗ってるような常人が来る価値は全くなくなりましたね(ρ.-)/サヨナラ

基地外は基地外どおし遊んでてください

誰この馬鹿いったい~!?
有名な馬鹿らしいけど俺は全く興味ないね…

ちょっと暇潰しに面白い世捨てさんの論調がこの基地外のおかげで価値0になりました~o(^-^)o

| くそ | 2012/07/17 10:13 | URL |

>しかも交差点手前での進路変更という危険極まりない行為だ。
| 自転車は歩道 | 2012/07/13 10:13 | URL | ≫ EDIT
安全道徳上は間違ってない。自転車は歩道さんも書いてる通り、“横に並ばれて左折巻き込み”という事故を避ける為の自衛行動だろう。

「後ろの車が、今にも右へ並んでくるんじゃないか?」と自転車の運転手に危機感を抱かせる様な勢いで接近したなら、それは後続車の落ち度だ。
早めに減速して自転車に速度を合わせ、後方で待つべき。
交差点30米以内は追い越し禁止だった筈。
交差点で二輪車に並ぶなどとは以ての外。

>しかも交差点手前での進路変更という危険極まりない行為だ。
危険極まりない様な勢いで接近する車の方がおかしい。
交差点では、先行する車両の方に優先権がある。

| 名無し | 2012/07/15 01:01 | URL |
名無し氏のリクエスト通り、“世から捨てられた人”並に気の違ったエッディが現れたみたい?ww
教育者って誰の事だ??
あ・・いつもマジレスしてる、自転車店店員さんの事か。

| 今日の能無し | 2012/07/17 10:21 | URL | ≫ EDIT

自転車店店員さん| 2012/07/14 17:27 |へ

>あなたは完全に道交法第二十条2項の解釈を間違えてますよ。
これは、特定の車両が通行すべき通行帯として指定される「専用通行帯」にかんする規定です。
道路交通法第三十五条に規定される「道路標識等により交差点で進行する方向に関する通行の区分が指定されているとき」とは明確に異なります。
道路交通法第二十条2項に基づく標示・標識は専用通行帯の標示・標識である事が「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」において規定されております。
道交法第二十条2項の規定は標識・標示によって専用通行帯の指定があるときはそれに従えと言う事です。
原則として第一通行帯の通行の通行が義務であり、第一通行帯が自転車専用・バス専用などの場合は他の車両は第二通行帯を通行しろという事です。
右折・左折・直進の進行方向の指定とは全くの無関係です。
道交法第三十五条により、交差点での進行方向の通行区分からは軽車両が除外されるのはあなたもご存知の通りです。
そして、前述の通り、第二十条2項の規定は専用通行帯の規定であり進行方向の通行区分とは無関係です。
つまり交差点において自転車は、普通自転車通行帯が設けられている場合を除き、第二十条1項の規定に基づいて第一通行帯を通行しなければならないという事です。
したがって、交差点で第一通行帯が左折レーンである場合でも、自転車は進行方向に関係なく第一通行帯を通行しなければならないという事です。

仰るとおり、ちょっと無理筋でしたね。
通行帯のある道路は、一番左のレーン(のど真ん中)を走るということですね。

>「直進自転車は左折レーンを直進する」これが道交法とそれに関連する法令で定められた自転車の交通ルールです。

一番左のレーンは左折レーンとは限りません。直進・左折兼用レーンもありますので、これは誤りです。
「直進自転車は、第一通行帯を通行する。」です。


>前述の通り誤った法解釈であり大問題です。 通則に戻って第二十条1項に従って第一通行帯(左折レーン)を通行すると言う事です。

ということで、(左折レーン)は誤りです。第一通行帯を通行しなければなりません。

>法律による規定とは異なった通行方法であり、ルール上もマナー上も明らかな問題行為です。

ということで、世捨人さんの画像の競技用自転車乗りは、第二通行帯を通行していたということで、ルール上、明らかな問題行為です。
ルールは書いてあるとおりです。
無理やり救おうとしても、やはり、無理筋でしたね。

>普通自転車専用通行帯が設けられている場合を除き、自転車は交差点でもそれ以外の場所でも第一通行帯を通行しなければなりません。
画像の自転車が第二通行帯を通行して交差点に進入していたのであれば、それは明らかに通行区分違反に該当する通行方法ですよ。

自転車は車線中央さん| 2012/07/14 21:18 |は、「まず、写真からは真ん中車線を走行したかどうか、確実ではありません。左折車線と直進車線の境目あたりを通って、直進していった、のではないか。」と結論付けられていますが、これも無理筋ですね。第二通行帯を通行していたことは、客観的に見てのとおりです。

ということで、通行帯のある道路で左端通行の強要は言い過ぎにしても、普通に、第二通行帯を通行していった「通行区分違反」(法35条)を捕えた世捨人さんのスクープ写真であったということでしょう。

皆さん大騒ぎしていた、一方通行路かどうかは、関係ないということですね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/07/17 14:42 | URL |

ときどきオアゾツーキニストさん

相変わらず読解力も社会常識も無い人ですね。

第一通行帯が左折・直進兼用の場合があるのは百も承知です。

私はあくまでも画像の道路でどこを走るべきかを論じています。

画像の道路とは異なる道路を持ち出して「誤りだ」と指摘するのは論点のすり替えですよ。

しかも、自分の法解釈の誤りを指摘されると「無理筋だった」と開き直るとは笑止千万ですね。

素直に法律を勘違いしていた事を認めたらどうですか?

| 自転車店店員 | 2012/07/17 15:21 | URL | ≫ EDIT

脳捨人と並んで、オアゾがまたもや馬鹿をさらし、恥まみれの屈辱に満ち満ちた惨敗を喫したか。素直に自らの無知と不明を詫びて、哀れな負けを認めるんだな。

| ジャーナリストごっこ(//∇//)ハズカシー!! | 2012/07/17 16:51 | URL |

誰もがお気づきの通り、ここは何らかの精神疾患を持つ人だけのパラダイスなのです。
ほっといてあげて下さい。

| セロトニン | 2012/07/17 17:49 | URL |

自転車店店員さん| 2012/07/17 15:21 |へ

>相変わらず読解力も社会常識も無い人ですね。第一通行帯が左折・直進兼用の場合があるのは百も承知です。私はあくまでも画像の道路でどこを走るべきかを論じています。画像の道路とは異なる道路を持ち出して「誤りだ」と指摘するのは論点のすり替えですよ。

早速の回答、ありがとうございます。

いつぞやの集団走行の先頭ローディアイコンタクト、最後尾ローディ車間詰め過ぎスクープ写真と同じ屁理屈ですね。
世捨人さんのスクープ写真について、論じる必要など全くありません。
世捨人さんの土俵に乗っても脊髄反射が返ってくるだけです。題材(きっかけ)として触れて上げれば、十分です。
広く公開されているブログのコメント欄です。
自転車店の店員として、正しい自転車乗りのルール・マナーを啓蒙していくべき立場にあることの自覚が不足しているようですね。

>しかも、自分の法解釈の誤りを指摘されると「無理筋だった」と開き直るとは笑止千万ですね。素直に法律を勘違いしていた事を認めたらどうですか?

貴方こそ、幼児用自転車と「小児用の車」は違うということ、国内最大手のブリジストンサイクル社の「補助輪」の取扱説明書には、取り外し方、取り付け方が記載されているということを素直に認められたらどうですか?

もう一つ、貴方はどこまで道路標識、区画線及び道路標示に関する命令を読み込まれているか疑問です。

「これ(道路交通法第二十条2項)は、特定の車両が通行すべき通行帯として指定される「専用通行帯」にかんする規定です。・・・道路交通法第二十条2項に基づく標示・標識は専用通行帯の標示・標識である事が「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」において規定されております。規制標識・規制標示「専用通行帯」交通法第20条第2項の道路標識・標示により、車両通行帯の設けられた道路において、特定の車両が通行しなければならない車両通行帯(以下この項において「専用通行帯」という。)を指定し、かつ、他の車両(当該特定の車両が普通自転車である場合にあつては軽車両を除き、当該特定の車両が普通自転車以外の車両である場合にあつては小型特殊自動車、原動機付自転車及び軽車両を除く。)が通行しなければならない車両通行帯として専用通行帯以外の車両通行帯を指定すること。」は大嘘です。

道路標識、区画線及び道路標示に関する命令の別表第五(第九条関係)によると、道路交通法第二十条2項に関する規制標示は、「専用通行帯」だけではありません。
車両通行区分(109の3)、特定の種類の車両の通行区分(109の4)、専用通行帯(109の6)があります。

なお、別表第一(第二条関係)によると規制標識には、車両通行区分(327)、特定の種類の車両の通行区分(327の2)、専用通行帯(327の4)、普通自転車専用通行帯(327の4の2)があります。
車道上の自転車レーンの標示については、実験実施を経ても命令に入れることが出来なかったのか。行政の怠慢かな?
一方、普通自転車の交差点進入禁止や歩道上の自転車レーンについては、明確に規制標示が定められています。
車道を走る自転車の認知度を高めていかなければなりません。

ということで、申し訳ない。
無理筋であることは、当初から、解っていました。
世捨人さんの提言(?)から、改めて、道路交通法を読み直したところ、世捨人さんは都合よく解釈するために参照欄に引用する際に省略されていますが、第三十五条は、「前条第一項、第二項及び第四項の規定にかかわらず」と、自動車の右折・左折についてしか規定していないということから、無理筋の解釈を提示してみました。

まあ、きちんと指摘してきたのは、自転車店店員さんだけです。ありがとうございます。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/07/17 20:50 | URL |

ときどきオアゾツーキニストさん

>いつぞやの集団走行の先頭ローディアイコンタクト、最後尾ローディ車間詰め過ぎスクープ写真と同じ屁理屈ですね。

屁理屈を言っているのはあなたでしょう。
一般論を持ち出して論点をすりかえ、言葉尻だけを捉えて「誤りだ」と否定する。
これを屁理屈と言わずして何と言うのか。


>世捨人さんのスクープ写真について、論じる必要など全くありません。

画像の自転車について自分勝手な法解釈を並べ立てて「問題なし」と断言したのはあなたでしょう。
だから、私も同じ土俵に立ってあなたの法解釈の矛盾点を指摘して画像の自転車は明らかに通行区分違反である事を述べただけの話です。
世捨人氏のスクープ写真について論じる必要が無いというならまずはあなたが黙りなさい。
最初に世捨人氏の土俵に乗って議論を始めたのはあなたですよ。


>自転車店の店員として、正しい自転車乗りのルール・マナーを啓蒙していくべき立場にあることの自覚が不足しているようですね。

ですから、画像の自転車は明らかにルール違反だと間違いを指摘しているでしょう。
所詮はネット上での議論ですからそれだけで十分です。
匿名での啓蒙活動にはやる意味も価値も説得力もありません。


>貴方こそ、幼児用自転車と「小児用の車」は違うということ、国内最大手のブリジストンサイクル社の「補助輪」の取扱説明書には、取り外し方、取り付け方が記載されているということを素直に認められたらどうですか?

おやおや、今度は全く無関係の話題を持ち出して自身を正当化しようというのですか?
今回の議論に幼児用自転車も補助輪も無関係でしょう。
まさしく、非を認めたくないが故の典型的な論点のすり替えですね。


>もう一つ、貴方はどこまで道路標識、区画線及び道路標示に関する命令を読み込まれているか疑問です。

わざわざあなたに具体例を提示されなくとも全て把握していますよ。
交差点における進行方向を指示する規制標示とは異なるという事を述べるために、一番わかりやすいであろう専用通行帯を具体例としてクローズアップしただけの話です。
「車両通行区分」も「特定の種類の車両の通行区分」も「専用通行帯」も、「車両の種類によって通行する場所を指定する規制標示・規制標識」という意味ではどれも同じです。
右折・左折・直進と進行方向によって通行区分がなされるのか。
それとも、自動車・二輪・軽車両など車両の種類によって通行区分がなされるのか。
今回の議題ではこの両者の違いが明らかになればそれで十分でしょう。
「車両通行区分」「特定の種類の車両の通行区分」「専用通行帯」の三種の区別など今ここで論じる必要は無い事です。


>車道上の自転車レーンの標示については、実験実施を経ても命令に入れることが出来なかったのか。行政の怠慢かな?
一方、普通自転車の交差点進入禁止や歩道上の自転車レーンについては、明確に規制標示が定められています。
車道を走る自転車の認知度を高めていかなければなりません。

そんな話はしていません。
議題は画像の自転車の通行方法が違法であるか合法であるかという事です。


>無理筋であることは、当初から、解っていました。

画像の自転車が通行区分違反であるとわかっていながら、自分勝手な法解釈で正当化して「ルール上もマナー上も問題なし」と断言したという事ですか?
法に無知であるならまだしも、違法であると知りながら屁理屈を並べ立てて正当化するとは言語道断ですね。
あきれ果てて言葉が出ません。
常人には理解不能な行動です。
自転車を愛し自転車の安全を願う立場ならば、画像の自転車の違法性を厳しく糾弾すべきでしょう。
そうやってお互いを厳しく律してマナーを向上して行くのが自転車乗りの務めでしょう。
仲間の不祥事や違法行為を正当化して擁護するなど社会人として恥ずべき行為です。
仲間であるからこそ厳しく糾弾し行動を改めさせるのが社会人としての責任という物です。


>自動車の右折・左折についてしか規定していないということから、無理筋の解釈を提示してみました。

あなたこそ「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」の読み込みが足りないのでは?
いや、それ以前に道路交通法の読み込みが足りませんね。
というか、日本語の読解力が無いと言った方が正しいみたいですね。

「前条第一項、第二項及び第四項の規定にかかわらず」
この文言は、規制標示によって進行方向の区分がある通行帯道路では「第三十四条で規定された右左折の方法は無視しろ」という意味です。

「車両通行帯の設けられた道路において、道路標識等により交差点で進行する方向に関する通行の区分」とは、右折・左折だけでなく「直進」も含まれております。
「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令別表第一」においては、道交法第三十五条に基づき「進行方向別通行区分」という規制標識が規定されています。
327の7-Aから7-Dが上記に該当する規制標識であり、327の7-Dは紛れもなく直進車両の通行を区分する規制標識です。
道交法第三十五条に基づいて直進の通行区分がされるという事は、自動車はそれに従わなければならないという事です。
「右折・左折についてしか規定していない」というのは大きな誤りです。
右折・左折の他に「直進車は直進レーンを走れ」と規定されていますよ。

| 自転車店店員 | 2012/07/17 23:20 | URL | ≫ EDIT

自転車店店員さん| 2012/07/17 23:20 |へ

>屁理屈を言っているのはあなたでしょう。一般論を持ち出して論点をすりかえ、言葉尻だけを捉えて「誤りだ」と否定する。これを屁理屈と言わずして何と言うのか。

文言だけが頼りのコメント欄では、(屁)理屈が全てです。
貴方は、自転車専門店の店員らしく、自転車に関する“あるある”情報はたくさんお持ちのようですが、個別の知識が体系立てて理解されていない、表現出来ていないということでしょう。

>画像の自転車について自分勝手な法解釈を並べ立てて「問題なし」と断言したのはあなたでしょう。だから、私も同じ土俵に立ってあなたの法解釈の矛盾点を指摘して画像の自転車は明らかに通行区分違反である事を述べただけの話です。世捨人氏のスクープ写真について論じる必要が無いというならまずはあなたが黙りなさい。最初に世捨人氏の土俵に乗って議論を始めたのはあなたですよ。

世捨人さんのブログのコメント欄です。最初に口火を切る際に世捨人のご意見・スクープ画像を無視しては、世捨人さんに対して失礼でしょう。
その位の礼儀は弁えましょう。
その上で、どういう議論を展開するかを決めるのは、投稿者自身(の品格)です。

>ですから、画像の自転車は明らかにルール違反だと間違いを指摘しているでしょう。所詮はネット上での議論ですからそれだけで十分です。匿名での啓蒙活動にはやる意味も価値も説得力もありません。

ルールは書いてあるとおりです。正確に引用しましょう。
「所詮・・・説得力もありません。」とは、自らを貶めているだけです。
広く公開されているネット上の議論だからこそ、その価値や説得力を高めるのは、投稿者の品格・力量・努力です。
自分自身の足りないところを気づかせてもらえる有難いところです。

>おやおや、今度は全く無関係の話題を持ち出して自身を正当化しようというのですか?今回の議論に幼児用自転車も補助輪も無関係でしょう。まさしく、非を認めたくないが故の典型的な論点のすり替えですね。

で、「幼児用自転車」と「小児用の車」は違うということ、「補助輪」は取り外すことを前提に設計されているということを素直に認められるのですね。
たとえ、2歳児であろうと、ふらつかずに2輪で真っ直ぐ走れれば、自転車は自転車であるということです。
良かった。良かった。

>わざわざあなたに具体例を提示されなくとも全て把握していますよ。交差点における進行方向を指示する規制標示とは異なるという事を述べるために、一番わかりやすいであろう専用通行帯を具体例としてクローズアップしただけの話です。「車両通行区分」も「特定の種類の車両の通行区分」も「専用通行帯」も、「車両の種類によって通行する場所を指定する規制標示・規制標識」という意味ではどれも同じです。右折・左折・直進と進行方向によって通行区分がなされるのか。それとも、自動車・二輪・軽車両など車両の種類によって通行区分がなされるのか。今回の議題ではこの両者の違いが明らかになればそれで十分でしょう。「車両通行区分」「特定の種類の車両の通行区分」「専用通行帯」の三種の区別など今ここで論じる必要は無い事です。

広く公開されたネット上で誰に向かって、どういう発言をするか、まあ、感性の問題かも知れません。自転車店の店員さん仲間に恥ずかしくないですか?
貴方は、「これ(道路交通法第二十条2項)は、特定の車両が通行すべき通行帯として指定される「専用通行帯」にかんする規定です。」と言い切られているのです。
(しかも、「関する」も変換出来ずに。まあ、これは全くの余談です。)
小生であれば、「専用通行帯」等に関する規定です。と「等」を入れますね。

>車道上の自転車レーンの標示については、実験実施を経ても命令に入れることが出来なかったのか。行政の怠慢かな?
一方、普通自転車の交差点進入禁止や歩道上の自転車レーンについては、明確に規制標示が定められています。
車道を走る自転車の認知度を高めていかなければなりません。

>そんな話はしていません。議題は画像の自転車の通行方法が違法であるか合法であるかという事です。

車道上の自転車レーンの規制標示が「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」(最終改正:平成二四年二月二七日内閣府・国土交通省令第一号)
に入っていないことの方が、自転車の世の中での位置づけを考える時には、余程、大問題です。世捨人さんのスクープ画像などどうでも良い問題です。
「無謀な左折車の巻き込みから身を守りたいから、でしょうね」(自転車は歩道さん| 2012/07/13 10:13)、「写真では、左折車線の延長線上には、何か障害物があるように見えます。もしかして、左折車線の先には車線はなく、直進車線の先にだけ車線が残るようになっているのでしょうか? 」(自転車は車線中央さん| 2012/07/14 21:18)のように、やむを得ない事情があったということです。

第二十条 第3項 車両は、道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、前二項の規定によらないことができる。

>画像の自転車が通行区分違反であるとわかっていながら、自分勝手な法解釈で正当化して「ルール上もマナー上も問題なし」と断言したという事ですか?法に無知であるならまだしも、違法であると知りながら屁理屈を並べ立てて正当化するとは言語道断ですね。あきれ果てて言葉が出ません。常人には理解不能な行動です。自転車を愛し自転車の安全を願う立場ならば、画像の自転車の違法性を厳しく糾弾すべきでしょう。そうやってお互いを厳しく律してマナーを向上して行くのが自転車乗りの務めでしょう。仲間の不祥事や違法行為を正当化して擁護するなど社会人として恥ずべき行為です。仲間であるからこそ厳しく糾弾し行動を改めさせるのが社会人としての責任という物です。

画像の自転車は、厳しく糾弾する程の違法性がありますか?
違法性とは何ですか?何のための違法性ですか?
画像の自転車が交通事故を惹起する危険性がありますか?
信号無視、酔っ払い、ハーブ中毒等々の我儘ドライバーの予見出来ない飛び出しから、少しでも危険回避するために、車道中央付近を通行しているということでしょう。
車道上の最弱者である自転車が、自分の身を自分で守るために、予見出来ない障害物の飛び出しの危険性を、事前に回避する行動を取っただけのことです。
改めて、ルール上もマナー上も問題ありません。

>あなたこそ「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」の読み込みが足りないのでは?いや、それ以前に道路交通法の読み込みが足りませんね。というか、日本語の読解力が無いと言った方が正しいみたいですね。「前条第一項、第二項及び第四項の規定にかかわらず」この文言は、規制標示によって進行方向の区分がある通行帯道路では「第三十四条で規定された右左折の方法は無視しろ」という意味です。「車両通行帯の設けられた道路において、道路標識等により交差点で進行する方向に関する通行の区分」とは、右折・左折だけでなく「直進」も含まれております。「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令別表第一」においては、道交法第三十五条に基づき「進行方向別通行区分」という規制標識が規定されています。327の7-Aから7-Dが上記に該当する規制標識であり、327の7-Dは紛れもなく直進車両の通行を区分する規制標識です。道交法第三十五条に基づいて直進の通行区分がされるという事は、自動車はそれに従わなければならないという事です。「右折・左折についてしか規定していない」というのは大きな誤りです。右折・左折の他に「直進車は直進レーンを走れ」と規定されていますよ。

道路交通法の体系で、第三十四条で右左折の方法のみを規定しているということは、直進車両優先ということを定めているということです。
そして、後続車両は先行車両の邪魔をしてはならないということで、「しかも交差点手前での進路変更という危険極まりない行為だ。」という世捨人さんの指摘は当たらないということです。(まあ、確かに程度問題ではありますが、急ブレーキを踏むようなこともなかったようですので。)

自転車は、ただただ、真っ直ぐ前を向いて走るだけで十分だということです。

第三十四条  
6  左折又は右折しようとする車両が、前各項の規定により、それぞれ道路の左側端、中央又は右側端に寄ろうとして手又は方向指示器による合図をした場合においては、その後方にある車両は、その速度又は方向を急に変更しなければならないこととなる場合を除き、当該合図をした車両の進路の変更を妨げてはならない。
第三十五条  2  前条第六項の規定は、車両が前項の通行の区分に従い通行するため進路を変更しようとして手又は方向指示器による合図をした場合について準用する。
第三十七条  車両等は、交差点で右折する場合において、当該交差点において直進し、又は左折しようとする車両等があるときは、当該車両等の進行妨害をしてはならない。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/07/18 15:12 | URL |

>>店員さん

上記のレスでも完全にお分かりの通り、このオアゾさんという方は(も)何らかの精神的な○○ゆえに、世間に排除された特殊な方です。

これ以上何を言っても、貴重なお時間の無駄でしかありませんよ。

このブログの楽しみ方は、精神的に○○な事情をお持ちの方々(3人?)が演じる不毛な議論ごっこを、生温かく見守るということにつきます。

さあ、間もなく始まると思われるブログ主さんの、脊髄反射ラッシュを待ちましょう。
ブログ主さんは、さすが脳捨人さんを名乗るだけあって、脊髄反射しかできません。
今回はどんな笑える反応でしょうね。
楽しみですね(0゚・∀・) wktk

| ジャーナリストごっこに付き合ってくれてありがとう | 2012/07/18 16:17 | URL |

すごい

はじめてこのブログを拝見しましたが、このブログすごいですね。
一方的な意見のおしつけ。
競技用自転車も危ないですけど自転車通学の学生も逆走とかしまくりで危険だと思うんですが。
あなたのような人に会ったことがあります。その人はある時とち狂って精神病院に運ばれていきましたけど…

| マンセル | 2012/07/18 19:03 | URL |

ときどきオアゾツーキニストさん

>その位の礼儀は弁えましょう。

世捨人さんのブログのコメント欄です。
世捨人さんのご意見・スクープ画像から逸脱した議論を展開しては、世捨人さんに対して失礼でしょう。
その位の礼儀は弁えましょう。


>広く公開されたネット上で誰に向かって、どういう発言をするか、まあ、感性の問題かも知れません。自転車店の店員さん仲間に恥ずかしくないですか?

屁理屈を並べ立てて己を正当化し、恥の上塗りを繰り返すあなたにそのような事を言われる筋合いはありません。


>世捨人さんのスクープ画像などどうでも良い問題です。

あくまでも議題はスクープ画像の自転車の違法性についてです。
それについて論じる意思がないのならわざわざ返信しないで下さい。


>無謀な左折車の巻き込みから身を守りたいから、でしょうね

巻き込みを防ぎたければ第一通行帯の真ん中より右よりを走れば済む話です。
境界線を越えて第二通行帯を走行する必要性など皆無です。


>写真では、左折車線の延長線上には、何か障害物があるように見えます。もしかして、左折車線の先には車線はなく、直進車線の先にだけ車線が残るようになっているのでしょうか?

停止線を越えてから徐々に進路を右へと移動すれば済む話です。
交差点手前から第二通行帯を通行する必要性は皆無です。


>やむを得ない事情があったということです。

「やむを得ないときは」とは「それ以外に選択肢が無い状況」であるという事です。
巻き込み防止であれ車線の減少であれ、前述のように交差点手前で第二通行帯を通行せずとも問題を解決できる選択肢は存在します。
つまり選択肢が限られている「やむを得ないとき」には該当しないと言う事です。
従って、明らかな通行区分違反です。


>画像の自転車は、厳しく糾弾する程の違法性がありますか?

明らかな通行区分違反であり、違法行為として糾弾されて当然です。


>違法性とは何ですか?何のための違法性ですか?

社会の秩序を保つための法律です。
いかなる理由があろうとも違法行為を正当化する事はできません。


>画像の自転車が交通事故を惹起する危険性がありますか?

危険性の有無は関係ありません。
危険性があろうと無かろうと、法律は法律として従うのが国民の義務です。
社会生活を営む社会人としての最低限の責任です。
その最低限の責任を果たそうとしないあなたは社会人失格です。
意図的に法を曲解して違法自転車を擁護するなど人間失格です。
人間の屑です。
社会のゴミです。
今すぐこの世から消えなさい。
消えたくないなら自転車に乗るのをやめなさい。
それが世のため人のためという物です。
ネット上で下らない啓蒙活動をするよりも、あなた一人が自転車に乗る事をやめる事の方がよっぽど社会の役に立ちますよ。


>信号無視、酔っ払い、ハーブ中毒等々の我儘ドライバーの予見出来ない飛び出しから、少しでも危険回避するために、車道中央付近を通行しているということでしょう。
車道上の最弱者である自転車が、自分の身を自分で守るために、予見出来ない障害物の飛び出しの危険性を、事前に回避する行動を取っただけのことです。
改めて、ルール上もマナー上も問題ありません。


画像の地点はまぎれもない交差点です。
交差点では左右の安全確認は必須です。
飛び出しを回避したいなら、飛び出しがあっても止まって回避出来るように徐行するのが当然でしょう。
徐行してれば左右の安全確認も十分に可能ですから「予見できない障害物の飛び出し」などに遭遇する事は有り得ません。

第二通行帯を走る理由が「飛び出しの危険の回避」などというのはただの屁理屈です。
正当化するために法律を自分勝手に拡大解釈してこじつけているだけです。
飛び出しの危険性など、徐行による左右の安全確認や一時停止等で確実に回避可能です。
第二通行帯を通行する以外に選択肢がある以上、合法的に第二通行帯を通行する理由にはなりません。
ルール上もマナー上も大いに問題のある行為です。


>道路交通法の体系で、第三十四条で右左折の方法のみを規定しているということは、直進車両優先ということを定めているということです。
そして、後続車両は先行車両の邪魔をしてはならないということで、「しかも交差点手前での進路変更という危険極まりない行為だ。」という世捨人さんの指摘は当たらないということです。(まあ、確かに程度問題ではありますが、急ブレーキを踏むようなこともなかったようですので。)

自転車は、ただただ、真っ直ぐ前を向いて走るだけで十分だということです。

やれやれ、またお得意の論点のすり替えですか。
全く反論になっていませんよ。
道交法の体系など関係ありません。
直進優先とかそんな事も関係ありません。
いい加減に無理矢理話を広げて論点をずらしてはぐらかすのはやめましょう。
論点は道交法第35条が「右折・左折についてしか規定していない」というあなたの法解釈が正しいか間違っているかです。
自身の法解釈の間違いを認めるのか、あくまでも正しいとして反論するのかきちんと結論を出しなさい。
話をはぐらかして勝手に自己完結するとは非常に見苦しい。

| 自転車店店員 | 2012/07/18 20:25 | URL | ≫ EDIT

さ、ここらで脊髄反射(^-^)/
脳捨人様、ずずずーいと一発!
よろしくお願いしますwwww

| 脳捨人は、大脳で考えられないから | 2012/07/18 21:47 | URL |

to| 脳捨人は、大脳で考えられないから | 2012/07/18 21:47 | URL |

「毎回、脳捨人が偏向記事書いてはお仕置きされてる様にしか見えないんですけど、いい加減LD治療して脳捨てから脱却したら?」と思うよ。
どう見ても、脳捨人が生徒(いや、患者かw)じゃん。

陰でコソコソと骨髄反射してる“エッディ”とかいう人には、“脳捨人”が教育者なのかな~
http://hidebbs.net/bbs/k_c_1

| 今日の能無し | 2012/07/18 23:09 | URL | ≫ EDIT

自転車店店員さん| 2012/07/18 20:25 |へ

>世捨人さんのブログのコメント欄です。世捨人さんのご意見・スクープ画像から逸脱した議論を展開しては、世捨人さんに対して失礼でしょう。その位の礼儀は弁えましょう。

あれっ?脊髄反射になってませんか?
一つのきっかけから様々な方向に議論を展開していくことで進化(深化)していくものです。
小生は法律を引用する場合には正確に引用しましょうと言っているだけです。
世捨人さんに拘泥したいのであれば、どうぞご勝手に。

>屁理屈を並べ立てて己を正当化し、恥の上塗りを繰り返すあなたにそのような事を言われる筋合いはありません。

(屁)理屈に負けたということをお認めになる訳ですね。
自転車業界人(の代表?)として、大丈夫ですか?

>あくまでも議題はスクープ画像の自転車の違法性についてです。それについて論じる意思がないのならわざわざ返信しないで下さい。

スクープ(?)画像の自転車に違法性は全くありません。
交差点内にいる自転車の写真を見て、交差点の手前の左折レーン・直進レーンを走っていたかどうかの証拠にはなりません。
スクープ(?)画像が動画や連続写真であれば、良かったですね。

>巻き込みを防ぎたければ第一通行帯の真ん中より右よりを走れば済む話です。境界線を越えて第二通行帯を走行する必要性など皆無です。

後方から世捨人さんの自動車が近づいてきたから、より安全に自分の身を守るために、第二通行帯を走行したということであれば、何ら問題ありません。

>停止線を越えてから徐々に進路を右へと移動すれば済む話です。交差点手前から第二通行帯を通行する必要性は皆無です。

交差点内での進路変更の方がよほど危険で迷惑です。
貴方は、本当に自転車店の店員ですか?自転車を売るだけで乗ったことがないのではないですか?
(交差点における他の車両等との関係等)
第三十六条  
4  車両等は、交差点に入ろうとし、及び交差点内を通行するときは、当該交差点の状況に応じ、交差道路を通行する車両等、反対方向から進行してきて右折する車両等及び当該交差点又はその直近で道路を横断する歩行者に特に注意し、かつ、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。

>「やむを得ないときは」とは「それ以外に選択肢が無い状況」であるという事です。巻き込み防止であれ車線の減少であれ、前述のように交差点手前で第二通行帯を通行せずとも問題を解決できる選択肢は存在します。つまり選択肢が限られている「やむを得ないとき」には該当しないと言う事です。従って、明らかな通行区分違反です。

前述のとおり巻き込み防止も車線の減少も真っ当な理由です。
自転車という車道上の最弱者は、より安全な選択肢があれば、自分の身を守るためにより安全な選択肢を選択することが、他の車両の安全と円滑につながります。
それ以外に選択肢が無い状況でなければならないなど、不遜も極まりない。身の程をわきまえることです。

>明らかな通行区分違反であり、違法行為として糾弾されて当然です。

残念ながら、通行区分違反の現場を捕えた画像とはなっておりません。

>社会の秩序を保つための法律です。いかなる理由があろうとも違法行為を正当化する事はできません。危険性の有無は関係ありません。危険性があろうと無かろうと、法律は法律として従うのが国民の義務です。

まるで、戦後の食糧難の際に、ヤミ米を食べずに餓死した検察官のようですね。

>社会生活を営む社会人としての最低限の責任です。その最低限の責任を果たそうとしないあなたは社会人失格です。意図的に法を曲解して違法自転車を擁護するなど人間失格です。人間の屑です。社会のゴミです。今すぐこの世から消えなさい。消えたくないなら自転車に乗るのをやめなさい。それが世のため人のためという物です。ネット上で下らない啓蒙活動をするよりも、あなた一人が自転車に乗る事をやめる事の方がよっぽど社会の役に立ちますよ。

結局、乗り手一人一人が判断することだということですね。
素直に議論に負けましたと認める方が潔いですよ。

>画像の地点はまぎれもない交差点です。交差点では左右の安全確認は必須です。飛び出しを回避したいなら、飛び出しがあっても止まって回避出来るように徐行するのが当然でしょう。徐行してれば左右の安全確認も十分に可能ですから「予見できない障害物の飛び出し」などに遭遇する事は有り得ません。第二通行帯を走る理由が「飛び出しの危険の回避」などというのはただの屁理屈です。正当化するために法律を自分勝手に拡大解釈してこじつけているだけです。飛び出しの危険性など、徐行による左右の安全確認や一時停止等で確実に回避可能です。第二通行帯を通行する以外に選択肢がある以上、合法的に第二通行帯を通行する理由にはなりません。ルール上もマナー上も大いに問題のある行為です。

交通“死亡”事故の多くは、スクープ(?)画像のような閑散とした道路での、スピードを出し過ぎた暴走ドライバーの信号無視やハンドル操作ミスで発生しています。しかも、信号待ちしている看護師や通園バス待ちしている歩行者を巻き込む重大事故となります。厳しい現実を直視下さい。

>やれやれ、またお得意の論点のすり替えですか。全く反論になっていませんよ。道交法の体系など関係ありません。直進優先とかそんな事も関係ありません。いい加減に無理矢理話を広げて論点をずらしてはぐらかすのはやめましょう。論点は道交法第35条が「右折・左折についてしか規定していない」というあなたの法解釈が正しいか間違っているかです。
自身の法解釈の間違いを認めるのか、あくまでも正しいとして反論するのかきちんと結論を出しなさい。話をはぐらかして勝手に自己完結するとは非常に見苦しい。

仰るとおり、ちょっと無理筋でしたね。
通行帯のある道路は、一番左のレーン(のど真ん中)を走るということですね。

で、「幼児用自転車」と「小児用の車」は違うということ、「補助輪」は取り外すことを前提に設計されているということを素直に認められるのですね。
たとえ、2歳児であろうと、ふらつかずに2輪で真っ直ぐ走れれば、自転車は自転車であるということです。
良かった。良かった。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/07/19 10:49 | URL |

ときどきオアゾツーキニストさん

>スクープ(?)画像の自転車に違法性は全くありません。
交差点内にいる自転車の写真を見て、交差点の手前の左折レーン・直進レーンを走っていたかどうかの証拠にはなりません。
スクープ(?)画像が動画や連続写真であれば、良かったですね。

自転車の向き・通行位置と停止線の位置関係を科学的に分析すれば答えは明白です。
交差点進入前に第一通行帯を走行していた自転車が画像のような位置・車体の向きで走行する事は物理的に不可能です。
停止線通過前に第二通行帯を走行しない限り、画像の位置を通行する事は有り得ません。
停止線を越える前に第二通行帯を走行していた決定的証拠ですよ。


>後方から世捨人さんの自動車が近づいてきたから、より安全に自分の身を守るために、第二通行帯を走行したということであれば、何ら問題ありません。

これまた画像の画角を科学的に分析すれば答えは明白です。
この画像は明らかに第一通行帯よりも左側から撮影された画像です。
第一通行帯より左側という事は、路肩もしくは歩道上から撮影された物だという事です。
道交法に則って第一通行帯を走行しているであろう世捨人氏の自動車の車中からは物理的に撮影不可能な画像です。
したがって「後方から世捨人氏の自動車が近付いてきた」という仮説は成り立ちませんよ。


>交差点内での進路変更の方がよほど危険で迷惑です。


「車線の減少」という仮説が事実であるならば、交差点内で進路を変更する事になんら問題はありません。
停止線を越えてから交差点の先の車線の左端に向かって斜めに交差点を直進すれば良いだけの話です。
あるいは、停止線を越えて直進し障害物手前で進路変更して交差点を抜ければ良いのです。
交差点手前から第二通行帯に車線変更する必要性は皆無でありルール上もマナー上も問題アリです。


>自転車という車道上の最弱者は、より安全な選択肢があれば、自分の身を守るためにより安全な選択肢を選択することが、他の車両の安全と円滑につながります。

優先すべきは自分の安全よりも他者の安全と円滑です。
ルールを厳守する事によって他者の安全と円滑を確保し、その上で自分の身を守る走り方をするのです。
「安全の為にはルール無視もやむを得ない」という理屈は通りません。
ルール厳守と安全確保の「両立」が車両を運転する者の義務であり社会的責任です。
あなたこそ身の程をわきまえなさい。
自分の安全よりも他人の安全が優先です。
己の安全の為にルールを無視する事は絶対に許されません。
仮にルールを無視しなければ安全が確保できないような危険な道路ならば、そのような場所を通行する事を避ければ良いのです。
所要時間や移動距離が長くなろうと、ルール厳守で安全に走れるルートに迂回すれば良いのです。
そういったルート選択をする事も自転車利用者の最低限のマナーです。


>残念ながら、通行区分違反の現場を捕えた画像とはなっておりません。

前述の通り、第二通行帯を通行して交差点に進入しない限り画像の位置を通行する事は不可能です。
「決定的瞬間」ではありませんが通行区分違反があった事を証明する決定的証拠です。


>交通“死亡”事故の多くは、スクープ(?)画像のような閑散とした道路での、スピードを出し過ぎた暴走ドライバーの信号無視やハンドル操作ミスで発生しています。しかも、信号待ちしている看護師や通園バス待ちしている歩行者を巻き込む重大事故となります。厳しい現実を直視下さい。

「身の安全」という大義名分を掲げて好き勝手に走る自転車も、あなたの言う暴走ドライバー等と同類です。
弱者であるからと何をしても許されるという事にはなりません。
身勝手に走る自転車は交通の安全と秩序を乱す悪であるという現実を直視しなさい。

| 自転車店店員 | 2012/07/19 21:07 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>無謀な左折車の巻き込みから身を守りたいから、でしょうね

左折時に信号無視は自転車に多いですね。

| 世捨人 | 2012/07/19 23:50 | URL |

Re: タイトルなし

>>「通行区分違反」する理由(わけ)
>で、通行区分違反訳は結局なんなの?

競技用自転車に乗るとあたかもドライバーと肩を並べたかのように気が大きくなるのでは?

| 世捨人 | 2012/07/19 23:51 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>交差点を直進する自動車・自転車については、何も定めがありませんので、通則に戻って第20条第2項に従って、直進レーンのど真ん中を走るということで何ら問題ありません。

自転車は「自転車横断帯」を通行してください。

>画像で見る限り、交通量が少なく、空の模様から見ると、早朝6~7時台の通勤・通学ラッシュ時間帯前でしょうか? 交通量の少ない道路では、生活道路と同様に、左右両側からの飛び出し・信号無視等々の予見できない障害物が飛び出してくる危険性があります。これらの障害物を避けるために、道路中央付近を通行することも、車道上では最弱者となる「軽」車両である自転車が、自分の身を自分で守るための「術(すべ)」です。

歩道にあがればある程度予見できるでしょう。

>道路交通法は、京都の祇園や亀岡の歩行者を巻き込む我儘かつ無謀かつ病的(?)なドライバーの運転する自動車から、歩行者や自転車乗りを守ってくれません。

>後続車両からも容易に確認出来るように、道路交通法で定められているとおり、「車両」として、直進レーンのど真ん中を堂々と走るべきです。

交通の円滑を阻害します。

>また、あえて、交差点の先や信号機は写らないように切り取って編集(デフォルメ)してありますが、左折車両や交差点の先の駐停車車両を避けるために、予め、真ん中付近に膨らんで、通行しているということかも知れません。 また、左折レーンを追随して来ていた後続車両である世捨人さんの車両に、左折レーンを開けて上げていたということかも知れません。 いれにしろ、道路交通法に則り、道路交通の安全と円滑を両立させるもので、ルール上もマナーとしても何ら問題ありません。 我儘なドライバーを指導・教育するためにも、自転車は車道左端を通行しましょう。 また、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない、とされていますので、当該車両通行帯のど真ん中を堂々と通行しましょう。 さらには、車両通行帯のある交差点では、自転車も「車両」として堂々と直進レーンのど真ん中を通行しましょう。

「自転車横断帯」を通行してください。

| 世捨人 | 2012/07/19 23:53 | URL |

Re: タイトルなし

通りさん

>画像の道路が片側二車線? 馬鹿な事を言わないで下さい。右折直進斜線の右側にあるのは、どう見ても対向車線ではなく民家等の建造物ですよ。 と言うことは、当該道路は「一方通行道路」ですよ。一方通行道路では車両に左寄り通行の義務が無い事を知らないのですか? 道交法において、一方通行道路では道路中央より右側部分を通行することも可能であると明記されてますよ。

第二車線の通行を問題視しております。

| 世捨人 | 2012/07/19 23:55 | URL |

Re: タイトルなし

店員さん

>もっと道交法を勉強して書かないと恥をかくだけですよ。 まず、画像の道路は片側二車線ではありません。 右折・直進車線の右側には対向車線はありません。あるのは建築物であり、当該道路は「二車線の一方通行道路」です。 そして、車両通行帯のある道路において軽車両には左端通行の義務はありません。左端通行を義務付ける道交法の条文には「車両通行帯のある道路を除き」と明記されております。 車両通行帯のある道路では、軽車両は第一通行帯を通行するように規定されています。 一番左の車線を走る義務があるだけで、車線内のどこを走るかについては規定がありません。従って、第一通行帯内部であれば左側・中央・右側のどこを走ろうと法律上なんの問題もありません。 車両通行帯のある道路において、軽車両が左端を走らなければならないというのは明らかに誤った認識ですよ。

記事中の進路変更というのは車線変更であることは明らかでしょう。交差点の直前で進路・車線変更をし、第二通行帯を通行する問題ありということはおわかりですよね。
画像では見えにくかと思いますが、この交差点には自転車横断帯がありますので、明らかに違法です。
自分本位に考えるのはおやめください。

| 世捨人 | 2012/07/19 23:57 | URL |

Re: タイトルなし

中央さん
>まず、写真からは真ん中車線を走行したかどうか、確実ではありません。次に、通行帯で区切られていれば、車線の左端を走る必要はありません。 最後に、写真では、左折車線の延長線上には、何か障害物があるように見えます。 もしかして、左折車線の先には車線はなく、直進車線の先にだけ車線が残るようになっているのでしょうか?

画像から第二通行帯から交差点に進入したのは明らかでしょう。
延長線上に障害物があろうと、自転車横断帯を通行してください。

| 世捨人 | 2012/07/19 23:59 | URL |

Re: すごい

マンさん
> はじめてこのブログを拝見しましたが、このブログすごいですね。 一方的な意見のおしつけ。 競技用自転車も危ないですけど自転車通学の学生も逆走とかしまくりで危険だと思うんですが。 あなたのような人に会ったことがあります。その人はある時とち狂って精神病院に運ばれていきましたけど…

泣く子も黙る鋭い提言との評価をいただいております。

| 世捨人 | 2012/07/20 00:02 | URL |

自転車店店員さん| 2012/07/19 21:07 |へ

>自転車の向き・通行位置と停止線の位置関係を科学的に分析すれば答えは明白です。交差点進入前に第一通行帯を走行していた自転車が画像のような位置・車体の向きで走行する事は物理的に不可能です。停止線通過前に第二通行帯を走行しない限り、画像の位置を通行する事は有り得ません。停止線を越える前に第二通行帯を走行していた決定的証拠ですよ。

きっと、科捜研でデータ分析したとしても、10~20%位は第一通行帯を走行していた可能性が残ることでしょう。
だとすれば、“疑わしきは被告人の利益に”ということで、この写真では決定的証拠とはなりません。
まあ、小生は、どっちでも構いません。

>これまた画像の画角を科学的に分析すれば答えは明白です。この画像は明らかに第一通行帯よりも左側から撮影された画像です。第一通行帯より左側という事は、路肩もしくは歩道上から撮影された物だという事です。道交法に則って第一通行帯を走行しているであろう世捨人氏の自動車の車中からは物理的に撮影不可能な画像です。したがって「後方から世捨人氏の自動車が近付いてきた」という仮説は成り立ちませんよ。

世捨人さんは早朝の閑散とした交差点で自転車の決定的瞬間を狙っているパパラッチですか?
タクシー等に車載されているレコーダーの広角レンズで撮影した画像の一部でしょう。
これまた、小生はどちらでも構いません。

>「車線の減少」という仮説が事実であるならば、交差点内で進路を変更する事になんら問題はありません。停止線を越えてから交差点の先の車線の左端に向かって斜めに交差点を直進すれば良いだけの話です。あるいは、停止線を越えて直進し障害物手前で進路変更して交差点を抜ければ良いのです。交差点手前から第二通行帯に車線変更する必要性は皆無でありルール上もマナー上も問題アリです。

上述のとおり第一通行帯を通行してきている可能性が残るということで、仰るとおり、停止線を越えてから交差点の先の車線の左端に向かって斜めに交差点を直進する模範的な自転車乗りということです。

>優先すべきは自分の安全よりも他者の安全と円滑です。ルールを厳守する事によって他者の安全と円滑を確保し、その上で自分の身を守る走り方をするのです。「安全の為にはルール無視もやむを得ない」という理屈は通りません。ルール厳守と安全確保の「両立」が車両を運転する者の義務であり社会的責任です。あなたこそ身の程をわきまえなさい。自分の安全よりも他人の安全が優先です。己の安全の為にルールを無視する事は絶対に許されません。仮にルールを無視しなければ安全が確保できないような危険な道路ならば、そのような場所を通行する事を避ければ良いのです。所要時間や移動距離が長くなろうと、ルール厳守で安全に走れるルートに迂回すれば良いのです。そういったルート選択をする事も自転車利用者の最低限のマナーです。

道路交通法で求められているのは、道路交通の安全と円滑です。
車道上の最弱者だからといって、卑下する必要は全くありません。
人間に最も身近な交通手段としての尊厳を持って、堂々と自らの安全と円滑を主張していきましょう。
あなたが、心配されなくても、それぞれが安全と円滑を追求した結果と道路交通法のルール・マナーは合致するものです。左側通行、直進優先、弱者優先といった基本原則に適うようにルールも実態もなっているものです。
画像のような交通量の少ない閑散とした道路の交差点付近では、いずれの方向からの飛び出しにも対応出来るように道路のど真ん中を通行することに何ら問題はありません。
まあ、上述のとおり第一通行帯を走って来ていたのでしょうから、言うまでもありませんね。

>前述の通り、第二通行帯を通行して交差点に進入しない限り画像の位置を通行する事は不可能です。「決定的瞬間」ではありませんが通行区分違反があった事を証明する決定的証拠です。

世捨人は、どうやら決定的証拠とすることを諦めて、画像には映っていない「自転車横断帯」を通行していないことに論点を変えられたようですよ。

>「身の安全」という大義名分を掲げて好き勝手に走る自転車も、あなたの言う暴走ドライバー等と同類です。弱者であるからと何をしても許されるという事にはなりません。身勝手に走る自転車は交通の安全と秩序を乱す悪であるという現実を直視しなさい。

「身の安全」は何よりも大切な大義です。たとえ自転車乗りが好き勝手に走ったとしても、車道上の最弱者である自転車は、「身の安全」を第一に走れば、ルールに適う走りになっているものです。
暴走ドライバー等と同列には語れません。
障碍者が積極的に社会に出ることで、社会に出る権利(尊厳)を主張することで、世の中全体でバリア・フリーのインフラが整備されていくものです。
車道上の最弱者である自転車が「身の安全」を最優先に身勝手に走ることで交通の安全と秩序は形作られていくことでしょう。
車道上の最弱者としてのプライド・尊厳を持って、堂々と身勝手に(=身の安全を最優先に)車道上を走り続けましょう。

さて、翻って、画像の自転車のどこが身勝手でしょうか?秩序を乱しているでしょうか?
まあ、現実を直視して見て下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/07/20 12:35 | URL |

脳捨人さんのレスは、どこから見ても、脊髄反射でしかありませんね。
脊髄反射の脳捨人さんw
大脳はどこに捨ててきたのですか?
脊髄反射の脳捨人さんw
脳捨人さんにとって、大脳なんてあってもなくても同じだから、捨ててしまったんですか?
脊髄反射の脳捨人さんw
お医者さんに捨てなさいと言われたんですか?
脊髄反射の脳捨人さんw
リスパダール飲み過ぎると、捨てたくなるんですか?
脊髄反射の脳捨人さんw

| 脊髄反射の脳捨人さんw | 2012/07/20 13:10 | URL |

自転車店店員さん| 2012/07/19 21:07 |へ

で、「幼児用自転車」と「小児用の車」は違うということ、「補助輪」は取り外すことを前提に設計されているということを素直に認められるのですね。
たとえ、2歳児であろうと、ふらつかずに2輪で真っ直ぐ走れれば、自転車は自転車であるということです。
良かった。良かった。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/07/20 17:42 | URL |

世捨人さん| 2012/07/19 23:53 |へ

>自転車は「自転車横断帯」を通行してください。

後だしジャンケンは格好悪いですね。

>歩道にあがればある程度予見できるでしょう。

自転車は車道を走るものです。
歩道にあがったところで、我儘なドライバーの自動車同士の交差点での衝突事故で巻き添えを喰った看護師は予見することも、逃げることも、出来ませんでした。
京都の祇園や亀岡の歩行者も同じく我儘なドライバーの暴走にはなす術がありません。

>交通の円滑を阻害します。

画像で見る限り、早朝の閑散とした交通量のほとんどない交差点のようですので、交通の円滑を心配する必要はありません。
何事も安全と円滑のバランスです。

>「自転車横断帯」を通行してください。

後だしジャンケンはお止め下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/07/20 17:50 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>>自転車は「自転車横断帯」を通行してください。
>後だしジャンケンは格好悪いですね。

「自転車横断帯」に関する条文は従前からあります。ときさんの基礎学習力が不足しているかと思います。

>>歩道にあがればある程度予見できるでしょう。
>自転車は車道を走るものです。 歩道にあがったところで、我儘なドライバーの自動車同士の交差点での衝突事故で巻き添えを喰った看護師は予見することも、逃げることも、出来ませんでした。京都の祇園や亀岡の歩行者も同じく我儘なドライバーの暴走にはなす術がありません。

いずれにせよ道交法で予定していた人力車が走れる車道は絶滅の危機に瀕しています。法改正が必要ですね。

>>交通の円滑を阻害します。
>画像で見る限り、早朝の閑散とした交通量のほとんどない交差点のようですので、交通の円滑を心配する必要はありません。 何事も安全と円滑のバランスです。

トリミング(切り取り)の関係でわかりにくかと思いますが、交通量が多い道路です。

>>「自転車横断帯」を通行してください。
>後だしジャンケンはお止め下さい。

しっかり勉強してください。

| 世捨人 | 2012/07/25 01:02 | URL |

世捨人さん| 2012/07/25 01:02 |へ

>自転車は「自転車横断帯」を通行してください。
>>後だしジャンケンは格好悪いですね。
>「自転車横断帯」に関する条文は従前からあります。ときさんの基礎学習力が不足しているかと思います。

世捨人さんのスクープ(?)画像には「自転車横断帯」はありませんよね。
記事本文にも画像にもない「自転車横断帯」を持ち出すことを後出しジャンケンとしております。

「自転車横断帯」の条文は書いてあるとおりです。

>歩道にあがればある程度予見できるでしょう。
>>自転車は車道を走るものです。 歩道にあがったところで、我儘なドライバーの自動車同士の交差点での衝突事故で巻き添えを喰った看護師は予見することも、逃げることも、出来ませんでした。京都の祇園や亀岡の歩行者も同じく我儘なドライバーの暴走にはなす術がありません。
>いずれにせよ道交法で予定していた人力車が走れる車道は絶滅の危機に瀕しています。法改正が必要ですね。

道路交通法の問題ではありません。我儘な自動車ドライバーの
無謀運転が毎年4000名の人命を奪っているのです。

>交通の円滑を阻害します。
>>画像で見る限り、早朝の閑散とした交通量のほとんどない交差点のようですので、交通の円滑を心配する必要はありません。 何事も安全と円滑のバランスです。
>トリミング(切り取り)の関係でわかりにくかと思いますが、交通量が多い道路です。

これまた、後出しジャンケンですね。

>「自転車横断帯」を通行してください。
>>後だしジャンケンはお止め下さい。
>しっかり勉強してください。

世捨人さんご自身が、トリミング(切り取り)の技術を勉強・習得下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/07/25 09:04 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>>自転車は「自転車横断帯」を通行してください。
>後だしジャンケンは格好悪いですね。
>>「自転車横断帯」に関する条文は従前からあります。ときさんの基礎学習力が不足しているかと思います。
>世捨人さんのスクープ(?)画像には「自転車横断帯」はありませんよね。
記事本文にも画像にもない「自転車横断帯」を持ち出すことを後出しジャンケンとしております。 「自転車横断帯」の条文は書いてあるとおりです。

交差点内はどこを通っても構わないとおっしゃった、ときさんの勉強不足です。

>>歩道にあがればある程度予見できるでしょう。
>自転車は車道を走るものです。 歩道にあがったところで、我儘なドライバーの自動車同士の交差点での衝突事故で巻き添えを喰った看護師は予見することも、逃げることも、出来ませんでし た。京都の祇園や亀岡の歩行者も同じく我儘なドライバーの暴走にはなす術がありません。
>>いずれにせよ道交法で予定していた人力車が走れる車道は絶滅の危機に瀕しています。法改正が必要ですね。
>道路交通法の問題ではありません。我儘な自動車ドライバーの無謀運転が毎年4000名の人命を奪っているのです。

ドライバーを我儘と切り捨てる、自転車乗りの心の問題でしょう。

>>交通の円滑を阻害します。
>画像で見る限り、早朝の閑散とした交通量のほとんどない交差点のようですので、交通の円滑を心配する必要はありません。 何事も安全と円滑のバランスです。
>>トリミング(切り取り)の関係でわかりにくかと思いますが、交通量が多い道路です。
>これまた、後出しジャンケンですね。

ときさんが先走っているだけかと思います。


>>「自転車横断帯」を通行してください。
>後だしジャンケンはお止め下さい。
>>しっかり勉強してください。
>世捨人さんご自身が、トリミング(切り取り)の技術を勉強・習得下さい。

がんばってください。

| 世捨人 | 2012/08/02 00:29 | URL |

世捨人さん| 2012/08/02 00:29 |へ

>自転車は「自転車横断帯」を通行してください。
>>後だしジャンケンは格好悪いですね。
>「自転車横断帯」に関する条文は従前からあります。ときさんの基礎学習力が不足しているかと思います。
>>世捨人さんのスクープ(?)画像には「自転車横断帯」はありませんよね。
記事本文にも画像にもない「自転車横断帯」を持ち出すことを後出しジャンケンとしております。 「自転車横断帯」の条文は書いてあるとおりです。
>交差点内はどこを通っても構わないとおっしゃった、ときさんの勉強不足です。

仰るとおり、小生の勉強不足からの無理筋でした。お騒がせしました。

>歩道にあがればある程度予見できるでしょう。
>>自転車は車道を走るものです。 歩道にあがったところで、我儘なドライバーの自動車同士の交差点での衝突事故で巻き添えを喰った看護師は予見することも、逃げることも、出来ませんでし た。京都の祇園や亀岡の歩行者も同じく我儘なドライバーの暴走にはなす術がありません。
>いずれにせよ道交法で予定していた人力車が走れる車道は絶滅の危機に瀕しています。法改正が必要ですね。
>>道路交通法の問題ではありません。我儘な自動車ドライバーの無謀運転が毎年4000名の人命を奪っているのです。
>ドライバーを我儘と切り捨てる、自転車乗りの心の問題でしょう。

自転車店店員さんの仰るとおり「安全運転義務」違反というルール違反でも構いません。結果、毎年4000名の人命を自動車ドライバーが奪っているのです。

>交通の円滑を阻害します。
>>画像で見る限り、早朝の閑散とした交通量のほとんどない交差点のようですので、交通の円滑を心配する必要はありません。 何事も安全と円滑のバランスです。
>トリミング(切り取り)の関係でわかりにくかと思いますが、交通量が多い道路です。
>>これまた、後出しジャンケンですね。
>ときさんが先走っているだけかと思います。

レイダッくんさん(でしたっけ?)の下品な話題も過去の話です。

>「自転車横断帯」を通行してください。
>>後だしジャンケンはお止め下さい。
>しっかり勉強してください。
>>世捨人さんご自身が、トリミング(切り取り)の技術を勉強・習得下さい。
>がんばってください。

お互い様ですね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/08/02 15:51 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>>自転車は「自転車横断帯」を通行してください。
>後だしジャンケンは格好悪いですね。
>>「自転車横断帯」に関する条文は従前からあります。ときさんの基礎学習力が不足しているかと思います。
>世捨人さんのスクープ(?)画像には「自転車横断帯」はありませんよね。
記事本文にも画像にもない「自転車横断帯」を持ち出すことを後出しジャンケンとしております。 「自転車横断帯」の条文は書いてあるとおりです。
>>交差点内はどこを通っても構わないとおっしゃった、ときさんの勉強不足です。
>仰るとおり、小生の勉強不足からの無理筋でした。お騒がせしました。

いいえ。

>>歩道にあがればある程度予見できるでしょう。
>自転車は車道を走るものです。 歩道にあがったところで、我儘なドライバーの自動車同士の交差点での衝突事故で巻き添えを喰った看護師は予見することも、逃げることも、出来ませんでし た。京都の祇園や亀岡の歩行者も同じく我儘なドライバーの暴走にはなす術がありません。
>>いずれにせよ道交法で予定していた人力車が走れる車道は絶滅の危機に瀕しています。法改正が必要ですね。
>道路交通法の問題ではありません。我儘な自動車ドライバーの無謀運転が毎年4000名の人命を奪っているのです。
>>ドライバーを我儘と切り捨てる、自転車乗りの心の問題でしょう。
>自転車店店員さんの仰るとおり「安全運転義務」違反というルール違反でも構いません。結果、毎年4000名の人命を自動車ドライバーが奪っているのです。

我儘(わがまま)な自転車乗りも見過ごせません。

>>交通の円滑を阻害します。
>画像で見る限り、早朝の閑散とした交通量のほとんどない交差点のようですので、交通の円滑を心配する必要はありません。 何事も安全と円滑のバランスです。
>>トリミング(切り取り)の関係でわかりにくかと思いますが、交通量が多い道路です。
>これまた、後出しジャンケンですね。
>>ときさんが先走っているだけかと思います。
>レイダッくんさん(でしたっけ?)の下品な話題も過去の話です。

意味がわかりません。

>>「自転車横断帯」を通行してください。
>後だしジャンケンはお止め下さい。
>>しっかり勉強してください。
>世捨人さんご自身が、トリミング(切り取り)の技術を勉強・習得下さい。
>>がんばってください。
>お互い様ですね。

お願いします。

| 世捨人 | 2012/08/09 00:12 | URL |

世捨人さん| 2012/08/09 00:12 |へ

>歩道にあがればある程度予見できるでしょう。
>>自転車は車道を走るものです。 歩道にあがったところで、我儘なドライバーの自動車同士の交差点での衝突事故で巻き添えを喰った看護師は予見することも、逃げることも、出来ませんでし た。京都の祇園や亀岡の歩行者も同じく我儘なドライバーの暴走にはなす術がありません。
>いずれにせよ道交法で予定していた人力車が走れる車道は絶滅の危機に瀕しています。法改正が必要ですね。
>>道路交通法の問題ではありません。我儘な自動車ドライバーの無謀運転が毎年4000名の人命を奪っているのです。
>ドライバーを我儘と切り捨てる、自転車乗りの心の問題でしょう。
>>自転車店店員さんの仰るとおり「安全運転義務」違反というルール違反でも構いません。結果、毎年4000名の人命を自動車ドライバーが奪っているのです。
>我儘(わがまま)な自転車乗りも見過ごせません。

我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。
4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。

>交通の円滑を阻害します。
>>画像で見る限り、早朝の閑散とした交通量のほとんどない交差点のようですので、交通の円滑を心配する必要はありません。 何事も安全と円滑のバランスです。
>トリミング(切り取り)の関係でわかりにくかと思いますが、交通量が多い道路です。
>>これまた、後出しジャンケンですね。
>ときさんが先走っているだけかと思います。
>>レイダッくんさん(でしたっけ?)の下品な話題も過去の話です。
>意味がわかりません。

あなたの大好きなかっきーさんのブログでの話題ですよ。

>「自転車横断帯」を通行してください。
>>後だしジャンケンはお止め下さい。
>しっかり勉強してください。
>>世捨人さんご自身が、トリミング(切り取り)の技術を勉強・習得下さい。
>がんばってください。
>>お互い様ですね。
>お願いします。

こちらこそ。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/08/17 19:40 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>>歩道にあがればある程度予見できるでしょう。
>自転車は車道を走るものです。 歩道にあがったところで、我儘なドライバーの自動車同士の交差点での衝突事故で巻き添えを喰った看護師は予見することも、逃げることも、出来ませんでし た。京都の祇園や亀岡の歩行者も同じく我儘なドライバーの暴走にはなす術がありません。
>>いずれにせよ道交法で予定していた人力車が走れる車道は絶滅の危機に瀕しています。法改正が必要ですね。
>道路交通法の問題ではありません。我儘な自動車ドライバーの無謀運転が毎年4000名の人命を奪っているのです。
>>ドライバーを我儘と切り捨てる、自転車乗りの心の問題でしょう。
>自転車店店員さんの仰るとおり「安全運転義務」違反というルール違反でも構いません。結果、毎年4000名の人命を自動車ドライバーが奪っているのです。
>>我儘(わがまま)な自転車乗りも見過ごせません。
我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。

自動車ドライバーが守ってくれたおかげでしょう。

>>交通の円滑を阻害します。
>画像で見る限り、早朝の閑散とした交通量のほとんどない交差点のようですので、交通の円滑を心配する必要はありません。 何事も安全と円滑のバランスです。
>>トリミング(切り取り)の関係でわかりにくかと思いますが、交通量が多い道路です。
>これまた、後出しジャンケンですね。
>>ときさんが先走っているだけかと思います。
>レイダッくんさん(でしたっけ?)の下品な話題も過去の話です。
>>意味がわかりません。
>あなたの大好きなかっきーさんのブログでの話題ですよ。

架空の人物ですか?

>>「自転車横断帯」を通行してください。
>後だしジャンケンはお止め下さい。
>>しっかり勉強してください。
>世捨人さんご自身が、トリミング(切り取り)の技術を勉強・習得下さい。
>>がんばってください。
>お互い様ですね。
>>お願いします。
>こちらこそ。

よかったね。


| 世捨人 | 2012/08/23 01:00 | URL |

世捨人さん| 2012/08/23 01:00 |へ

>>我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。
>自動車ドライバーが守ってくれたおかげでしょう。

車道を通行する仲間として、信頼しています。

>>あなたの大好きなかっきーさんのブログでの話題ですよ。
>架空の人物ですか?

「レイダッくん」なんて敬称付きの変な名前ですから、そうかも知れませんね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/08/23 20:08 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。
>>自動車ドライバーが守ってくれたおかげでしょう。
>車道を通行する仲間として、信頼しています。

油断は禁物です。

>あなたの大好きなかっきーさんのブログでの話題ですよ。
>>架空の人物ですか?
>「レイダッくん」なんて敬称付きの変な名前ですから、そうかも知れませんね。

「ときどきオアゾツーキニスト」なんて名前は、いわゆる「キラキラネーム」ですか?

| 世捨人 | 2012/08/29 00:24 | URL |

世捨人さん| 2012/08/29 00:24 |へ

>我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。
>>自動車ドライバーが守ってくれたおかげでしょう。
>>車道を通行する仲間として、信頼しています。
>油断は禁物です。

仰るとおり、「我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。」ので大人しく車道左端を通行させて頂いております。

>「ときどきオアゾツーキニスト」なんて名前は、いわゆる「キラキラネーム」ですか?

小生の名前が目立ちすぎるのか、今回はお手数をお掛けしました。

ありがとうございました。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/08/29 12:03 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。
>>自動車ドライバーが守ってくれたおかげでしょう。
>車道を通行する仲間として、信頼しています。
>>油断は禁物です。
>仰るとおり、「我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。」ので大人しく車道左端を通行させて頂いております。

時速15キロ以下で大人しく走ってください。

>>「ときどきオアゾツーキニスト」なんて名前は、いわゆる「キラキラネーム」ですか?
>小生の名前が目立ちすぎるのか、今回はお手数をお掛けしました。
>ありがとうございました。

いいえ。

| 世捨人 | 2012/09/05 00:46 | URL |

世捨人さん| 2012/09/05 00:46 |へ

>>我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。
>自動車ドライバーが守ってくれたおかげでしょう。
>>車道を通行する仲間として、信頼しています。
>油断は禁物です。
>>仰るとおり、「我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。」ので大人しく車道左端を通行させて頂いております。
>時速15キロ以下で大人しく走ってください。

自転車に固有の速度規制はありませんので、それぞれの自転車乗りが決めることです。
前後左右の安全を確認した上であれば、40キロ超であっても、十分に大人しい走りと言えるでしょう。

>「ときどきオアゾツーキニスト」なんて名前は、いわゆる「キラキラネーム」ですか?
>>小生の名前が目立ちすぎるのか、今回はお手数をお掛けしました。 ありがとうございました。
>いいえ。

目立たないように極々簡単な名前にしてみました。
よろしく。

| と | 2013/07/23 10:25 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。
>>自動車ドライバーが守ってくれたおかげでしょう。
>車道を通行する仲間として、信頼しています。
>>油断は禁物です。
>仰るとおり、「我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。」ので大人しく車道左端を通行させて頂いております。
>>時速15キロ以下で大人しく走ってください。
>自転車に固有の速度規制はありませんので、それぞれの自転車乗りが決めることです。 前後左右の安全を確認した上であれば、40キロ超であっても、十分に大人しい走りと言えるでしょう。

現行道交法は、時速30キロ超で爆走する競技用自転車乗りがはびこることを予想していなかったでしょう。

>>「ときどきオアゾツーキニスト」なんて名前は、いわゆる「キラキラネーム」ですか?
>小生の名前が目立ちすぎるのか、今回はお手数をお掛けしました。 ありがとうございました。
>>いいえ。
>目立たないように極々簡単な名前にしてみました。 よろしく。

はしゃがれても困りものですので、十二分に注意してください。

| 世捨人 | 2013/07/24 00:55 | URL |

世捨人さん| 2013/07/24 00:55 |へ

>>我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。
>自動車ドライバーが守ってくれたおかげでしょう。
>>車道を通行する仲間として、信頼しています。
>油断は禁物です。
>>仰るとおり、「我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。」ので大人しく車道左端を通行させて頂いております。
>時速15キロ以下で大人しく走ってください。
>>自転車に固有の速度規制はありませんので、それぞれの自転車乗りが決めることです。 前後左右の安全を確認した上であれば、40キロ超であっても、十分に大人しい走りと言えるでしょう。
>現行道交法は、時速30キロ超で爆走する競技用自転車乗りがはびこることを予想していなかったでしょう。

仰るとおり競技用自転車が時速40キロ超で走れるのは、道路の舗装状態が格段に良くなったからです。
昔は幹線道路でもコンクリート舗装で継ぎ目の凸凹でのリム打ちが怖くてスピードを出そうにも出せなかったものです。
また、自転車自体も実用車中心からママチャリやMTBやロードバイク等々に機能分化(進化)し、スピードが出せるようになっています。
しかしながら、あくまでも自転車の動力は自転車乗りの脚力頼みです。
どんなに爆走練習を繰り返しても40キロ超がせいぜいです。
指先、足先の操作で100キロ超のスピードが出てしまう自動車や自動二輪等とは次元が異なります。

とは言え、40キロ超のスピードを出せれば「自転車でも人を轢き殺せますか~!?」ということで、競技用自転車で爆走練習をする方々には、万々一にも悲惨な事故を惹起しないようにくれぐれも安全運転をお願いします。


>「ときどきオアゾツーキニスト」なんて名前は、いわゆる「キラキラネーム」ですか?
>>小生の名前が目立ちすぎるのか、今回はお手数をお掛けしました。 ありがとうございました。
>いいえ。
>>目立たないように極々簡単な名前にしてみました。 よろしく。
>はしゃがれても困りものですので、十二分に注意してください。

「キラキラネーム」を持ち出したのは、世捨人さんご自身です。注意ください。

| オ | 2013/07/24 11:52 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。
>>自動車ドライバーが守ってくれたおかげでしょう。
>車道を通行する仲間として、信頼しています。
>>油断は禁物です。
>仰るとおり、「我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。」ので大人しく車道左端を通行させて頂いております。
>>時速15キロ以下で大人しく走ってください。
>自転車に固有の速度規制はありませんので、それぞれの自転車乗りが決めることです。 前後左右の安全を確認した上であれば、40キロ超であっても、十分に大人しい走りと言えるでしょう。
>>現行道交法は、時速30キロ超で爆走する競技用自転車乗りがはびこることを予想していなかったでしょう。
>仰るとおり競技用自転車が時速40キロ超で走れるのは、道路の舗装状態が格段に良くなったからです。 昔は幹線道路でもコンクリート舗装で継ぎ目の凸凹でのリム打ちが怖くてスピードを出そうにも出せなかったものです。 また、自転車自体も実用車中心からママチャリやMTBやロードバイク等々に機能分化(進化)し、スピードが出せるようになっています。 しかしながら、あくまでも自転車の動力は自転車乗りの脚力頼みです。 どんなに爆走練習を繰り返しても40キロ超がせいぜいです。 指先、足先の操作で100キロ超のスピードが出てしまう自動車や自動二輪等とは次元が異なります。 とは言え、40キロ超のスピードを出せれば「自転車でも人を轢き殺せますか~!?」ということで、競技用自転車で爆走練習をする方々には、万々一にも悲惨な事故を惹起しないようにくれぐれも安全運転をお願いします。

身体がむきだしとなる自転車にあって、原付バイクの法定速度(時速30キロ)を上回る速度で走行してもとがめられないのは、明らかに法の不備でしょう。

>>「ときどきオアゾツーキニスト」なんて名前は、いわゆる「キラキラネーム」ですか?
>小生の名前が目立ちすぎるのか、今回はお手数をお掛けしました。 ありがとうございました。
>>いいえ。
>目立たないように極々簡単な名前にしてみました。 よろしく。
>>はしゃがれても困りものですので、十二分に注意してください。
>「キラキラネーム」を持ち出したのは、世捨人さんご自身です。注意ください。

「ときどきオアゾツーキニスト」とかいうハンドルネームをつけた、旧ときさんに非があります。

| 世捨人 | 2013/07/31 23:21 | URL |

世捨人さん| 2013/07/31 23:21 |へ

>>我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。
>自動車ドライバーが守ってくれたおかげでしょう。
>>車道を通行する仲間として、信頼しています。
>油断は禁物です。
>>仰るとおり、「我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。」ので大人しく車道左端を通行させて頂いております。
>時速15キロ以下で大人しく走ってください。
>>自転車に固有の速度規制はありませんので、それぞれの自転車乗りが決めることです。 前後左右の安全を確認した上であれば、40キロ超であっても、十分に大人しい走りと言えるでしょう。
>現行道交法は、時速30キロ超で爆走する競技用自転車乗りがはびこることを予想していなかったでしょう。
>>仰るとおり競技用自転車が時速40キロ超で走れるのは、道路の舗装状態が格段に良くなったからです。 昔は幹線道路でもコンクリート舗装で継ぎ目の凸凹でのリム打ちが怖くてスピードを出そうにも出せなかったものです。 また、自転車自体も実用車中心からママチャリやMTBやロードバイク等々に機能分化(進化)し、スピードが出せるようになっています。 しかしながら、あくまでも自転車の動力は自転車乗りの脚力頼みです。 どんなに爆走練習を繰り返しても40キロ超がせいぜいです。 指先、足先の操作で100キロ超のスピードが出てしまう自動車や自動二輪等とは次元が異なります。 とは言え、40キロ超のスピードを出せれば「自転車でも人を轢き殺せますか~!?」ということで、競技用自転車で爆走練習をする方々には、万々一にも悲惨な事故を惹起しないようにくれぐれも安全運転をお願いします。
>身体がむきだしとなる自転車にあって、原付バイクの法定速度(時速30キロ)を上回る速度で走行してもとがめられないのは、明らかに法の不備でしょう。

指先一つの操作で暴走する原付バイクと比較して、自転車乗りの脚力頼みの自転車には暴走する危険性が少ないということです。


>「ときどきオアゾツーキニスト」なんて名前は、いわゆる「キラキラネーム」ですか?
>>小生の名前が目立ちすぎるのか、今回はお手数をお掛けしました。 ありがとうございました。
>いいえ。
>>目立たないように極々簡単な名前にしてみました。 よろしく。
>はしゃがれても困りものですので、十二分に注意してください。
>>「キラキラネーム」を持ち出したのは、世捨人さんご自身です。注意ください。
>「ときどきオアゾツーキニスト」とかいうハンドルネームをつけた、旧ときさんに非があります。

下品な呼びかけをするMINELさんやこじまさんに比べれば、ど「ときどきオアゾツーキニスト」など極々平凡なハンドルネームであり、小生の非など比ではありません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/07/10 18:20 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。
>>自動車ドライバーが守ってくれたおかげでしょう。
>車道を通行する仲間として、信頼しています。
>>油断は禁物です。
>仰るとおり、「我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。」ので大人しく車道左端を通行させて頂いております。
>>時速15キロ以下で大人しく走ってください。
>自転車に固有の速度規制はありませんので、それぞれの自転車乗りが決めることです。 前後左右の安全を確認した上であれば、40キロ超であっても、十分に大人しい走りと言えるでしょう。
>>現行道交法は、時速30キロ超で爆走する競技用自転車乗りがはびこることを予想していなかったでしょう。
>仰るとおり競技用自転車が時速40キロ超で走れるのは、道路の舗装状態が格段に良くなったからです。 昔は幹線道路でもコンクリート舗装で継ぎ目の凸凹でのリム打ちが怖くてスピードを出そうにも出せなかったものです。 また、自転車自体も実用車中心からママチャリやMTBやロードバイク等々に機能分化(進化)し、スピードが出せるようになっています。 しかしながら、あくまでも自転車の動力は自転車乗りの脚力頼みです。 どんなに爆走練習を繰り返しても40キロ超がせいぜいです。 指先、足先の操作で100キロ超のスピードが出てしまう自動車や自動二輪等とは次元が異なります。 とは言え、40キロ超のスピードを出せれば「自転車でも人を轢き殺せますか~!?」ということで、競技用自転車で爆走練習をする方々には、万々一にも悲惨 な事故を惹起しないようにくれぐれも安全運転をお願いします。
>>身体がむきだしとなる自転車にあって、原付バイクの法定速度(時速30キロ)を上回る速度で走行してもとがめられないのは、明らかに法の不備でしょう。
>指先一つの操作で暴走する原付バイクと比較して、自転車乗りの脚力頼みの自転車には暴走する危険性が少ないということです。

スピードレース用に開発された競技用自転車となると話は別で、乗り手を爆走へとかきたてます。

>>「ときどきオアゾツーキニスト」なんて名前は、いわゆる「キラキラネーム」ですか?
>小生の名前が目立ちすぎるのか、今回はお手数をお掛けしました。 ありがとうございました。
>>いいえ。
>目立たないように極々簡単な名前にしてみました。 よろしく。
>>はしゃがれても困りものですので、十二分に注意してください。
>「キラキラネーム」を持ち出したのは、世捨人さんご自身です。注意ください。
>>「ときどきオアゾツーキニスト」とかいうハンドルネームをつけた、旧ときさんに非があります。
>下品な呼びかけをするMINELさんやこじまさんに比べれば、ど「ときどきオアゾツーキニスト」など極々平凡なハンドルネームであり、小生の非など比ではありません。

「ときどきオアゾツーキニスト」なるハンドルネームで、あの方のブログにコメントするのは恥ずかしくてできませんとおっしゃってたことを忘れたのですか。

| 世捨人 | 2014/07/17 01:09 | URL |

正解は?

| お | 2015/05/28 18:40 | URL |

Re: タイトルなし

ぉさん

>正解は?

興味があれば旧とき(ときどきオアゾツーキニスト)さんにお尋ねください。

| 世捨人 | 2015/06/03 22:55 | URL |

世捨人さん | 2014/07/17 01:09 |へ

>>我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。
>自動車ドライバーが守ってくれたおかげでしょう。
>>車道を通行する仲間として、信頼しています。
>油断は禁物です。
>>仰るとおり、「我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。」ので大人しく車道左端を通行させて頂いております。
>時速15キロ以下で大人しく走ってください。
>>自転車に固有の速度規制はありませんので、それぞれの自転車乗りが決めることです。 前後左右の安全を確認した上であれば、40キロ超であっても、十分に大人しい走りと言えるでしょう。
>現行道交法は、時速30キロ超で爆走する競技用自転車乗りがはびこることを予想していなかったでしょう。
>>仰るとおり競技用自転車が時速40キロ超で走れるのは、道路の舗装状態が格段に良くなったからです。 昔は幹線道路でもコンクリート舗装で継ぎ目の凸凹でのリム打ちが怖くてスピードを出そうにも出せなかったものです。 また、自転車自体も実用車中心からママチャリやMTBやロードバイク等々に機能分化(進化)し、スピードが出せるようになっています。 しかしながら、あくまでも自転車の動力は自転車乗りの脚力頼みです。 どんなに爆走練習を繰り返しても40キロ超がせいぜいです。 指先、足先の操作で100キロ超のスピードが出てしまう自動車や自動二輪等とは次元が異なります。 とは言え、40キロ超のスピードを出せれば「自転車でも人を轢き殺せますか~!?」ということで、競技用自転車で爆走練習をする方々には、万々一にも悲惨 な事故を惹起しないようにくれぐれも安全運転をお願いします。
>身体がむきだしとなる自転車にあって、原付バイクの法定速度(時速30キロ)を上回る速度で走行してもとがめられないのは、明らかに法の不備でしょう。
>>指先一つの操作で暴走する原付バイクと比較して、自転車乗りの脚力頼みの自転車には暴走する危険性が少ないということです。
>スピードレース用に開発された競技用自転車となると話は別で、乗り手を爆走へとかきたてます。

爆走へのかきたてられたとしても、所詮、自転車乗りの脚力頼みです。

育児放棄で爆走練習を重ねたとしてもたかが知れています

>「ときどきオアゾツーキニスト」なんて名前は、いわゆる「キラキラネーム」ですか?
>>小生の名前が目立ちすぎるのか、今回はお手数をお掛けしました。 ありがとうございました。
>いいえ。
>>目立たないように極々簡単な名前にしてみました。 よろしく。
>はしゃがれても困りものですので、十二分に注意してください。
>>「キラキラネーム」を持ち出したのは、世捨人さんご自身です。注意ください。
>「ときどきオアゾツーキニスト」とかいうハンドルネームをつけた、旧ときさんに非があります。
>>下品な呼びかけをするMINELさんやこじまさんに比べれば、「ときどきオアゾツーキニスト」など極々平凡なハンドルネームであり、小生の非など比ではありません。
>「ときどきオアゾツーキニスト」なるハンドルネームで、あの方のブログにコメントするのは恥ずかしくてできませんとおっしゃってたことを忘れたのですか。

小生のハンドルネームの問題ではなく、か っきーさんのブログのレベルの問題です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2015/06/04 08:44 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。
>>自動車ドライバーが守ってくれたおかげでしょう。
>車道を通行する仲間として、信頼しています。
>>油断は禁物です。
>仰るとおり、「我儘な自転車乗りが惹起した死亡事故は、この4~5年で毎日新聞の記事にあった暴走ローディが惹起した1件のみです。4~5年で2万人の人命を奪っている自動車ドライバーの我儘の比ではありません。」ので大人しく車道左端を通行させて頂いております。
>>時速15キロ以下で大人しく走ってください。
>自転車に固有の速度規制はありませんので、それぞれの自転車乗りが決めることです。 前後左右の安全を確認した上であれば、40キロ超であっても、十分に大人しい走りと言えるでしょう。
>>現行道交法は、時速30キロ超で爆走する競技用自転車乗りがはびこることを予想していなかったでしょう。
>仰るとおり競技用自転車が時速40キロ超で走れるのは、道路の舗装状態が格段に良くなったからです。 昔は幹線道路でもコンクリート舗装で継ぎ目の凸凹でのリム打ちが怖くてスピードを出そうにも出せなかったものです。 また、自転車自体も実用車中心からママチャリやMTBやロードバイク等々に機能分化(進化)し、スピードが出せるようになっています。 しかしながら、あくまでも自転車の動力は自転車乗りの脚力頼みです。 どんなに爆走練習を繰り返しても40キロ超がせいぜいです。 指先、足先の操作で100キロ超のスピードが出てしまう自動車や自動二輪等とは次元が異なります。 とは言え、40キロ超のスピードを出せれば「自転車でも人を轢き殺せますか~!?」ということで、競技用自転車で爆走練習をする方々には、万々一にも悲惨 な事故を惹起しないようにくれぐれも安全運転をお願いします。
>>身体がむきだしとなる自転車にあって、原付バイクの法定速度(時速30キロ)を上回る速度で走行してもとがめられないのは、明らかに法の不備でしょう。
>指先一つの操作で暴走する原付バイクと比較して、自転車乗りの脚力頼みの自転車には暴走する危険性が少ないということです。
>>スピードレース用に開発された競技用自転車となると話は別で、乗り手を爆走へとかきたてます。
>爆走へのかきたてられたとしても、所詮、自転車乗りの脚力頼みです。育児放棄で爆走練習を重ねたとしてもたかが知れています

過信は禁物です。

>>「ときどきオアゾツーキニスト」なんて名前は、いわゆる「キラキラネーム」ですか?
>小生の名前が目立ちすぎるのか、今回はお手数をお掛けしました。 ありがとうございました。
>>いいえ。
>目立たないように極々簡単な名前にしてみました。 よろしく。
>>はしゃがれても困りものですので、十二分に注意してください。
>「キラキラネーム」を持ち出したのは、世捨人さんご自身です。注意ください。
>>「ときどきオアゾツーキニスト」とかいうハンドルネームをつけた、旧ときさんに非があります。
>下品な呼びかけをするMINELさんやこじまさんに比べれば、「ときどきオアゾツーキニスト」など極々平凡なハンドルネームであり、小生の非など比ではありません。
>>「ときどきオアゾツーキニスト」なるハンドルネームで、あの方のブログにコメントするのは恥ずかしくてできませんとおっしゃってたことを忘れたのですか。
>小生のハンドルネームの問題ではなく、か っきーさんのブログのレベルの問題です。

合掌。

| 世捨人 | 2015/06/11 23:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/346-de04f240

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT