今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロードバイク入門 「 競技用自転車乗りの集団爆走を阻止せよ」

▼先日、筆舌に尽くし難い戦慄(せんりつ)な光景を目にした。競技用自転車乗りが集団で爆走練習していたのだ。画像を見よ。乗用車が通行しているように、ここは一般道だ。そこに4人の競技用自転車乗り。同じデザインのウエアを着ていることから、仲間同士での走行だ。

▼で、クライマックスが訪れた。先頭の競技用自転車乗りが頻繁に後を振り向く。進路変更のため安全確認をしているというより、競輪のように後続車の出方をうかがっているようだ。案の定、ゴール直前でスパートをかけるように、集団が急にスピードをあげた。

▼謎がわかった。数十メートル先には信号機。歩道の信号が点滅していたので、赤になる前に渡ろうと猛ダッシュ(アタック)を仕掛けたのだ。乗用車との相対速度から判断するに時速40キロは出ていたであろう、4人は姿勢を落とし必死にペダルをまわしている。

▼交差点付近は交通事故多発地点であり細心の注意が必要だ。信号が変わる直前は減速するなど無理に横断してはならない。ところが、この集団は交差点付近でスピードが最高速に達しており、しかも車間を詰めての爆走だ。一歩間違えれば他の交通を巻き込んだ大惨事になりかねない。競技用自転車乗りの集団爆走を早急に法の網にかけよ。



一般道での集団爆走。先頭車が後ろを向き仲間を挑発する
関連記事

| 00:50 | コメント:104 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

この画像のどこが車間を詰めて走っているのですか?

どうみても各車が前後に十分な車間距離を保って走行してますが。

車間を保って安全を確保するための先頭車とのアイコンタクトでしょう。

アイコンタクトを取っているので安全確認も十分になされています。


また、画像の自転車は車道走行ですから横断歩道の信号に従う義務はありません。

車道走行時は車道の信号に従うのが法律で決められた義務でありルールです。

横断歩道の信号が点滅していようが、車道の信号が青なら交差点に侵入することに違法性も危険性もありません。

青信号での直進ですから交差点手前で減速する必要も皆無です。

車より速度が遅い自転車なら、速度を上げて素早く交差点を通過するのも当然です。

画像の自転車集団に問題点は一つもありませんよ。

| 自転車店店員 | 2012/06/04 13:07 | URL | ≫ EDIT

>>筆舌に尽くし難い戦慄(せんりつ)な光景を目にした。

交通ルール以前に、まず日本語を勉強して下さい。
ジャーナリストごっこは、その後です。

| 戦慄(せんりつ)な光景だとw | 2012/06/04 16:56 | URL |

自転車店店員さん| 2012/06/04 13:07 |へ

>この画像のどこが車間を詰めて走っているのですか? どうみても各車が前後に十分な車間距離を保って走行してますが。車間を保って安全を確保するための先頭車とのアイコンタクトでしょう。アイコンタクトを取っているので安全確認も十分になされています。

この画像は、競技用自転車乗りが仲間同士で爆走練習していた様子を捕えたものに過ぎず、交差点付近で最高速で車間を詰めての暴走を捕えた決定的な画像ではありません。
クライマックス以降の記事の内容は、世捨人さんの頭の中で作り上げられた空想に過ぎません。少なくとも、この画像のタイミングではありません。
しっかりと読み取って下さい。

>また、画像の自転車は車道走行ですから横断歩道の信号に従う義務はありません。車道走行時は車道の信号に従うのが法律で決められた義務でありルールです。横断歩道の信号が点滅していようが、車道の信号が青なら交差点に侵入することに違法性も危険性もありません。青信号での直進ですから交差点手前で減速する必要も皆無です。車より速度が遅い自転車なら、速度を上げて素早く交差点を通過するのも当然です。

世捨人さんは、横断歩道の信号に従えとは書いていません。数十メートル先の歩道の点滅信号は、どんなに猛ダッシュ(アタック)を仕掛けようと交差点に入る時点では、「赤」に変わっているでしょう。

横断歩道の信号が点滅から赤に変わる時点、或いは、その数秒後には、普通、車道の信号も黄色に変わります。
幹線道路を走る自転車乗りは、皆さん、横断歩道の点滅信号も参考にして黄色信号の交差点に突っ込むか自重してスピードを落とすか、判断していることでしょう。

「歩道の信号が点滅していたので、「車道の信号が」赤になる前に渡ろうと…」ということでしょう。
「車道の信号が」が漏れているだけです。
しっかりと読み取って下さい。

>画像の自転車集団に問題点は一つもありませんよ。

どうやら、自転車店店員さんの読解力に問題点が山積みのようですね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/06/04 19:39 | URL |

謎がわかった!!!!

| 許 | 2012/06/04 19:52 | URL |

何度読み返しても前回の記事のコメ欄の最後のほうは納得がいかないんですが、明確なお答えを。

走行音のしない自転車がスクールゾーンを走行すると、気がつかずに飛び出してしまう児童を巻き込むので危険かぁ、

なるほど!

と、いうことは、走行音だしてるにもかかわらず飛び出してしまうような児童は守る必要がないって事ですかねぇ???

子供の安全を守るって、そこが判断材料なんですか?

スクールゾーンに自転車入れないのが、大事って!

要は車に跳ねられる子供は守るに値しなく、自転車に跳ねられる子供は守ろうって事って結論なんですか???

こんな身勝手な理論ぶちまける人が車を運転してるなんて、怖い世の中ですねぇ!

| 自転車はどこでも!おK^^ | 2012/06/04 23:04 | URL |

Re: タイトルなし

自転さん

>この画像のどこが車間を詰めて走っているのですか? どうみても各車が前後に十分な車間距離を保って走行してますが。

気は確かですか?記事には時速40キロ余で走行との記述があります。そんななか、3台目と4代目の自転車は、タイヤが重なり合って危険です。また、2台目、3台目も車間は自転車1台半分くらいしかありません。安全な車間距離というのは普通自転車2台分あるいは「3秒の間隔」です。もっとも、競技用自転車は制動力に難がありますので、車間距離をもっと広げ安全を期してください。

>車間を保って安全を確保するための先頭車とのアイコンタクトでしょう。 アイコンタクトを取っているので安全確認も十分になされています。

大丈夫ですか?後続車が自発的に車間距離を空けるものでしょう。

>また、画像の自転車は車道走行ですから横断歩道の信号に従う義務はありません。 車道走行時は車道の信号に従うのが法律で決められた義務でありルールです。 横断歩道の信号が点滅していようが、車道の信号が青なら交差点に侵入することに違法性も危険性もありません。

この集団はなぜスピードをあげたのでしょうか?

>青信号での直進ですから交差点手前で減速する必要も皆無です。 車より速度が遅い自転車なら、速度を上げて素早く交差点を通過するのも当然です。

自転車より速度が遅い歩行者も、素早く交差点を通過しなければならないのですか?

>画像の自転車集団に問題点は一つもありませんよ。

国民目線で考える努力をしましょう。

| 世捨人 | 2012/06/05 00:10 | URL |

Re: タイトルなし

自転さん

>と、いうことは、走行音だしてるにもかかわらず飛び出してしまうような児童は守る必要がないって事ですかねぇ???

無理スジですね。

| 世捨人 | 2012/06/05 00:11 | URL |

ときどきオアゾさん

あなたこそ問題点が山積みなのでは?

写真を用いて書かれた記事を読む時、その内容は「掲載された写真に写し出された瞬間について述べている」と判断するのが一般常識です。

写真に写されていない瞬間について論じる事など常識的に有り得ない話です。

常識的に考えれば、この写真が世捨人氏の論じている状況の決定的瞬間の写真だと判断するのが当然です。

ですから、私は写真と記述内容の矛盾を指摘しただけの話です。

「想像の話だから読み取れ」と言われてもそんな必要はないし、想像の話ならあれこれと論じる価値すらありません。

この記事はデタラメな捏造記事であるという結論に達するだけです。


また、車道走行時に歩道の信号を参考にするなどという危険な走り方は止めましょう。

信号の変わるタイミングは交差点によって異なります。

歩道が赤になってすぐに車道も変わる道路もあれば、歩道のみ赤になり車道は青のまま継続する信号もあります。

都心部の大きな幹線道路は後者が主流になりつつあります。

後者のような交差点において、歩道が赤になったからと減速したり停止したらどうなりますか?

車道は青のままですから、後続の直進車両の通行の妨げになって危険です。

場合によっては追突される事もあります。

また、世の中には交差する信号にタイムラグがある時差式交差点も多々あります。

あくまでも従うべきは対面する信号機です。

歩道の信号がどうだろうと、車道の信号が青なら進めば良いです。

逆に、歩道が青でも車道が赤なら停止です。

対面しない他の信号機を参考にするなどという曖昧で危険な判断はしてはいけません。

誤った判断を避けるためにも対面する信号機以外は見るべきではありません。

「歩道が赤になったら普通は車道も赤になる」などという前時代的な古くさい固定観念は捨てましょう。

| 自転車店店員 | 2012/06/05 09:10 | URL | ≫ EDIT

世捨人さ~ん!こんにちは~!wwwww

| 許 | 2012/06/05 15:28 | URL |

この記事を読んでから、しばらく気分が悪くなり体調を崩してしまいました。

本当にゾッとする記事です。

こうした集団暴走を食い止める法規制はできないものでしょうか?

悪質すぎます。

| はげおやじ | 2012/06/05 18:13 | URL |

はげおやじさん| 2012/06/05 18:13 |へ

>この記事を読んでから、しばらく気分が悪くなり体調を崩してしまいました。本当にゾッとする記事です。こうした集団暴走を食い止める法規制はできないものでしょうか?悪質すぎます。

どこが、どう、はげおやじさんが体調を崩すほど、悪質なのでしょう?
普通に信号を守って、車道左端を仲良く走っているだけです。

このローディの集団に何ら問題はありません。

急ブレーキようと、猛ダッシュ(アタック)を仕掛けようと、車道左端を通行する限り、自動車に迷惑をかけることもありません。

ゾッとする事でもありません。
自転車が引き起こす重大(死亡)事故は、年間5~6件程度です。
一方、自動車が引き起こす重大(死亡)事故は、年間4000件余りです。
ゾッとするほど悪質だろう~↑

自動車ドライバーの「迫害」行為(闘魂注入クラクション)を食い止める法規制は、勝手に解釈する悪質ドライバーの前では無力だぞう~↑

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/06/05 18:26 | URL |

自転車店店員さん| 2012/06/05 09:10 |へ

>あなたこそ問題点が山積みなのでは?

あなたの問題点は、以下のとおりです。
小生に問題点があるのであれば(反論出来るのであれば)、具体的にお示し下さい。楽しみに待っています。

>写真を用いて書かれた記事を読む時、その内容は「掲載された写真に写し出された瞬間について述べている」と判断するのが一般常識です。写真に写されていない瞬間について論じる事など常識的に有り得ない話です。常識的に考えれば、この写真が世捨人氏の論じている状況の決定的瞬間の写真だと判断するのが当然です。ですから、私は写真と記述内容の矛盾を指摘しただけの話です。

改めて、世捨人さんの今回の記事を読みなおすと、「起承転結」見事に4段論法となっています。

写真は、最初の段落の「起」の部分で、「画像を見よ。」と引用されているに過ぎません。

次の「承」の部分で、「で、クライマックスが訪れた。」ということですので、ここがシャッターチャンスだったのでしょう。写真には、後を振り向く先頭の競技用自転車乗りと車間距離を詰めている最後尾の自転車が見事に収まっています。

三番目の「転」の部分では、「謎がわかった。」と一人合点してますので、世捨人さんは既に妄想の世界です。現実に起こったことだとしても、画像としては捕えていません。
数十メートル先の交差点と一つの画像に写すのは、どんな広角レンズでも望遠レンズでも難しかったのでしょう。ムービーであれば、スクープ映像となったかも知れませんね。

四番目の「結」の部分では、「交差点付近は交通事故多発地点であり細心の注意が必要だ。」という一般論と「競技用自転車乗りの集団爆走を早急に法の網にかけよ。」というこじ付けに過ぎません。

>「想像の話だから読み取れ」と言われてもそんな必要はないし、想像の話ならあれこれと論じる価値すらありません。この記事はデタラメな捏造記事であるという結論に達するだけです。

まあ、「空想」だとか「妄想」だとかは言い過ぎだとしても、数十メートル先の交差点の様子まで、1枚の画像に収めるのは無理でしょう。
しかし、戦慄(せんりつ)の証拠画像がなかったとしても、現実には、世捨人さんの仰るとおりの暴走だったのだと小生は思います。
少なくとも、この記事がデタラメな捏造記事であるという結論に達することは有り得ません。
競技用自転車乗りの集団暴走という事実を目撃したのは、世捨人さんしかいませんので、今回の記事が、捏造でないという証拠も、捏造であるという証拠出てこないでしょう。

そして、今回の競技用自転車乗りの集団暴走が事実だったとしても法律上は何ら問題なく、また、暴走自動車の殺傷力、年間4000名の犠牲者を生み出している殺傷実績と比較すれば、暴走自転車など法律上問題にする必要は全くありません。

>また、車道走行時に歩道の信号を参考にするなどという危険な走り方は止めましょう。信号の変わるタイミングは交差点によって異なります。歩道が赤になってすぐに車道も変わる道路もあれば、歩道のみ赤になり車道は青のまま継続する信号もあります。都心部の大きな幹線道路は後者が主流になりつつあります。後者のような交差点において、歩道が赤になったからと減速したり停止したらどうなりますか?車道は青のままですから、後続の直進車両の通行の妨げになって危険です。場合によっては追突される事もあります。また、世の中には交差する信号にタイムラグがある時差式交差点も多々あります。あくまでも従うべきは対面する信号機です。歩道の信号がどうだろうと、車道の信号が青なら進めば良いです。

では、何故、今回の暴走ローディ集団は、アイコンタクトの後、車間距離を詰めて猛ダッシュ(アタック)を仕掛けたのでしょう。歩道の信号を参考にしたからでしょう。
(まあ、世捨人さんの記事(妄想?)を信用すればの話ですが。)

小生は、通勤ローディですから、毎日の通勤経路の信号の変わるタイミングは全て把握しています。
ツーリング・サイクリング等々で、信号の変わるタイミングを把握していない道路を暴走するのであれば、数十メートル先の交差点の青信号が一定時間継続している段階で、暴走ローディ集団は、黄色信号に変わる可能性を考慮に入れるべきです。
都心部の大きな幹線道路の交差点では黄色信号の間に交差点を走り抜けることが出来ずに、交差する横断歩道を青信号に変わった途端にせっかちに渡り始める歩行者(高齢者)を巻き込む危険性をも考慮に入れるべきです。毎日新聞の記事となった暴走ローディの事故から学び取りましょう。
そうすれば、数十メートル手前から急に加速するのではなく、交通の流れに乗って一定速度をキープたままま走行し、交差点の手前で安全に停止することも判断に入れることも出来たでしょう。

>逆に、歩道が青でも車道が赤なら停止です。対面しない他の信号機を参考にするなどという曖昧で危険な判断はしてはいけません。誤った判断を避けるためにも対面する信号機以外は見るべきではありません。「歩道が赤になったら普通は車道も赤になる」などという前時代的な古くさい固定観念は捨てましょう。

だとすれば、やはり、歩道の信号を参考にした今回の競技用自転車乗りの集団暴走は、曖昧で危険な誤った判断をしたということで、厳しく糾弾すべきでしょう。
(世捨人さんの妄想・捏造かも知れませんが)
まあ、小生は、現在進行形で、自転車通勤していますが、小生の通勤経路の交差点の信号機は、歩道が赤になったら普通に車道も赤になりますよ。

古臭い事例ですが、時差式信号機の対面する信号機が赤になったから、反対車線の信号機も赤になっているだろうと勝手に解釈した右折車両が、反対車線を青信号で直進してきたバイクと衝突して死亡させた無責任ドライバーもいます。
事故が多発する交差点では、車道上の最弱者である自転車は、何があっても事故に巻き込まれないように、自分の身を自分で守れる速度を守る勇気が必要です。

安全運転の先駆者であるべき競技用自転車乗りは、数十メートル先の交差点の青信号が一定時間継続している場合には、黄色信号で交差点に突っ込むような猛ダッシュ(アタック)を仕掛けるのではなく、くれぐれも事故を起こさないように、余裕を持って減速し、赤信号で呼吸を整えた上で、次の青信号でスタートダッシュのスプリント練習に代えれば良いだけのことです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/06/05 20:40 | URL |

お前等
よっぽど暇なんだな。

| nanasi | 2012/06/05 22:37 | URL |

 野田再改造内閣が発足した。国会会期中の内閣改造は異例のことである。野田佳彦首相は消費増税関連法案の成立に向け、自民党などとの修正協議を進めるために、参院で問責決議を受けた田中直紀防衛相と前田武志国土交通相の交代に踏み切った。

 修正協議の実現を阻んでいるトゲを1つ抜いた形だ。改造に先立ち小沢一郎元代表と2回会談した首相は、法案に反対する小沢氏の説得を見切る姿勢も明確にした。これにこたえて自民党は早期に修正協議に応じてもらいたい。

 修正協議では民主党が2009年の衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた「後期高齢者医療制度の廃止」などの公約撤回が焦点になる。民主党内には根強い反対論があるが、譲るべきところは大胆に譲歩して成案をまとめるべきだ。首相は党内取りまとめの先頭に立つ必要がある。

 問責を受けた田中氏は国会答弁などで立ち往生する場面が目立ち、防衛相としての資質に欠けていた。前田氏には公職選挙法違反の疑いがかかっている。問責閣僚の辞任が慣例になるのは望ましくないが、国会情勢などを踏まえれば両氏の交代はやむを得まい。

 国会の委員会室で携帯電話で競馬サイトを見ていた小川敏夫法相と、書類送検された中国大使館1等書記官との関係が取りざたされる鹿野道彦農相らも交代させた。

 改造の目玉は、民間人で初めて防衛相に任命された森本敏拓殖大大学院教授だ。長年、外交、防衛問題に携わっており、自民党にも多くの人脈を持つ。防衛相に求められる知見という点では、ふさわしい人選といえる。

 ただシビリアンコントロール(文民統制)の要である防衛相に必要な能力はそれだけではない。目の前の懸案を解決し、危機に対処していくには、まず大きな組織を統率する力が必要だ。法案の審議では野党との駆け引きも要る。

 森本氏がどこまでこうした手腕を発揮できるかは未知数で、官邸が強力に支援する必要がある。森本氏も関係閣僚や防衛省の政務三役と緊密に連携し「民間人・防衛相」への不安を拭ってほしい。

 問責2閣僚の交代で、国会審議はようやく正常化する見通しだ。赤字国債発行法案などたなざらしの重要法案は数多い。与野党は消費増税関連法案の修正協議とともに、他の法案の審議も精力的に進める共同責任を負っている。

| と1う2し3つ4 | 2012/06/05 22:55 | URL |

ときどきアオゾさん

>写真は、最初の段落の「起」の部分で、「画像を見よ。」と引用されているに過ぎません。

記事として写真を用いるという事は、そこに写し出された光景から見る者に何かを伝えるという事です。
世捨人氏は「画像を見よ」と写真を見せておきながら、そこに写されていない光景について述べています。
これは写真の使い方・記事の書き方として明らかに間違っています。
写真を使うなら写真に写された光景がメインとなって然るべきです。
写真を引用に使うなど、見る者に誤解を生む記事の書き方はしてはいけません。


>数十メートル先の交差点と一つの画像に写すのは、どんな広角レンズでも望遠レンズでも難しかったのでしょう。
>数十メートル先の交差点の様子まで、1枚の画像に収めるのは無理でしょう。

記事に載せられる画像が1枚である必要などどこにもありません。
必要の応じて数枚の画像を掲載すれば済む話です。
1枚で撮れないなら、交差点進入時の写真も別に撮ればよいのです。
写真を使って記事を書こうとするなら、それ相応の数カットの写真を用意するのが当然です。
たった1枚の写真でその前後の状況について述べようとしている時点で明らかに間違っています。


>しかし、戦慄(せんりつ)の証拠画像がなかったとしても、現実には、世捨人さんの仰るとおりの暴走だったのだと小生は思います。

写真が無いという事はその場面は撮れなかったという事です。
なぜ撮れなかったのかといえばそんな場面は存在しなかったからです。
世の中には白か黒しかありません。
黒である証拠が無いという事は白であるという事です。
「写真は無いけどおそらくそうであろう」などという論理は成り立ちません。
証拠写真が無いのであれば「何も無かった」と判断するのが常識です。


>少なくとも、この記事がデタラメな捏造記事であるという結論に達することは有り得ません。

完全な捏造のデタラメ記事です。
前述の通り、証拠写真が無いのだから「何も無かった」んです。
ありもし無い光景について述べているのですからデタラメ以外の何物でもありません。


>では、何故、今回の暴走ローディ集団は、アイコンタクトの後、車間距離を詰めて猛ダッシュ(アタック)を仕掛けたのでしょう。歩道の信号を参考にしたからでしょう。

アイコンタクトを取っている写真だけでは、その後に速度を上げたのか下げたのかまで判断する事はできません。
速度を上げる為の合図かもしれないし、逆に減速する為の合図かもしれません。
単に後続が付いて来ているか後方確認しただけかもしれません。
信号機が写っていないので、歩道の信号がどうだこうだと言われても判断できません。
それ以前に、彼らの前方に交差点が存在しているのかすら判断できかねます。
どちらについてもこの写真を見ただけで結論を導き出す事は不可能です。
「車道走行の自転車集団がアイコンタクトをしている」
この写真から読み取れるのはただそれだけです。


>数十メートル先の交差点の青信号が一定時間継続している段階で、暴走ローディ集団は、黄色信号に変わる可能性を考慮に入れるべきです。

交通ルールとして、信号が黄色に変わった時点で停止線で安全に停止不可能な場合は交差点に進入しても違法ではありません。
むしろ、無理に止まろうとせずそのまま交差点を通過した方が安全です。
信号が黄色に変わった時点で判断すればよい事であり、青の時は進む以外の選択肢はありません。


>毎日新聞の記事となった暴走ローディの事故から学び取りましょう。

盛んに黄色信号での交差点進入の危険性を訴えているようですが、現行のルールでなんら問題はありません。
本当に「停止線で安全に止まれない状況」で交差点に進入すれば、交差点内で信号が変わって事故になる事など有り得ません。
速度が速くても交差点まで距離があれば安全に止まれます。
交差点まで距離が近くても速度が遅ければ十分に止まれます。
「停止線で安全に止まれない状況」とは、停止線までの距離が近くなおかつそれ相応の速度で走行している時の事です。
それだけの速度で交差点に進入するのであれば、そのままの速度で走行すれば信号が変わる前に交差点を通過しています。
逆に信号が変わる前に交差点を抜けられない速度であるならば、停止線で十分に安全に止まれる速度であるという事です。
「止まれるのに止まらずに突っ込む」から事故になるのです。
あくまでも乗り手の判断ミスであってルールの是非を問うような話ではありません。
「止まれなければ黄色で進入できる」というルールを自転車に適用する事には何の問題もありません。


>余裕を持って減速し、赤信号で呼吸を整えた上で、次の青信号でスタートダッシュのスプリント練習に代えれば良いだけのことです。

信号に従う際に「予測」など必要ありません。
自分の目に映る信号をしっかりと見て判断すれば済む話です。
青なら進め、赤なら止まれです。
黄色ならその時の速度と交差点に対する位置関係で行くか止まるか判断します。
「黄色になるだろう」などという自分勝手な予測で、まだ青なのに前もって減速する必要性など皆無です。

| 自転車店店員 | 2012/06/05 23:37 | URL | ≫ EDIT

この写真を見て何も感じない人は何かが麻痺している。
ローディって自分の都合しか考えられない人ばかりですか?
これは明らかに日本の交通安全への挑戦です。

どこの発展途上国なのですか。
信じられません。

| はげおやじ | 2012/06/06 11:37 | URL |

はげおやじさん| 2012/06/06 11:37 |へ

>この写真を見て何も感じない人は何かが麻痺している。ローディって自分の都合しか考えられない人ばかりですか?これは明らかに日本の交通安全への挑戦です。どこの発展途上国なのですか。信じられません。

お天気が良くて、明るくて、4人の仲間でツーリングなんて物心両面での豊かさを表しています。

車道の路面の舗装状態も良好のようですね。

少し残念なのは、30~40年前に比べて、自動車の車体の規格が大型化されている中で、道路幅にゆとりが少ないことです。

歩道の植栽は不要で、車道外側線の外側に1メートルほどのゆとりがあれば、よりよい道路空間となるでしょう。

まあ、自動車の交通量も少ない道路のようですので、車道真ん中よりを走ることも出来そうですね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/06/06 12:06 | URL |

>どこの発展途上国なのですか。
自転車で車道を走っていると「歩道を走れ!」と怒られる日本という国です

| 自転車は歩道 | 2012/06/06 12:57 | URL |

オアゾさんへ

あなたは私を挑発しているのですか?

あなたのヘラヘラしたその態度はあなたの人間性を自ら否定するものです。
だから、あなたの発言は他の誰にでも響かないものになります。

私も自転車ツーキニストの一人です。
通勤時はママチャリできちんと歩道を走っています。
もちろん携帯、傘差し、飲酒運転はいっさいしません。
雨の日や飲酒をする時はバスか徒歩です。
同じツーキニストとしてあなたの言動はまことに恥ずかしい。
名称変更を要望します。

| はげおやじ | 2012/06/06 13:08 | URL |

自転車店店員さん| 2012/06/05 23:37 |へ

>記事として写真を用いるという事は、そこに写し出された光景から見る者に何かを伝えるという事です。世捨人氏は「画像を見よ」と写真を見せておきながら、そこに写されていない光景について述べています。これは写真の使い方・記事の書き方として明らかに間違っています。写真を使うなら写真に写された光景がメインとなって然るべきです。写真を引用に使うなど、見る者に誤解を生む記事の書き方はしてはいけません。

今のところ、自分勝手に誤解したのは、自転車店店員さんお一人のようです。

自転車店店員さんのように写真を使うなら、新聞やブログ等の文字媒体は写真だらけになりそうですね。

>記事に載せられる画像が1枚である必要などどこにもありません。必要の応じて数枚の画像を掲載すれば済む話です。1枚で撮れないなら、交差点進入時の写真も別に撮ればよいのです。写真を使って記事を書こうとするなら、それ相応の数カットの写真を用意するのが当然です。たった1枚の写真でその前後の状況について述べようとしている時点で明らかに間違っています。

数十メートル先の交差点です。シャッターチャンスを逃したのということでしょう。

精一杯のスクープ写真の1枚です。世捨人に多くを求め過ぎては可哀そうです。

>写真が無いという事はその場面は撮れなかったという事です。なぜ撮れなかったのかといえばそんな場面は存在しなかったからです。世の中には白か黒しかありません。黒である証拠が無いという事は白であるという事です。「写真は無いけどおそらくそうであろう」などという論理は成り立ちません。証拠写真が無いのであれば「何も無かった」と判断するのが常識です。

世の中には、灰色だけでなく、信号機のように青も黄も赤もあります。
それに写真も動画も編集技術が発達して、いくらでも加工出来そうですが、大丈夫ですか?

>完全な捏造のデタラメ記事です。前述の通り、証拠写真が無いのだから「何も無かった」んです。ありもし無い光景について述べているのですからデタラメ以外の何物でもありません。

小生のコメントには写真など一切ありませんが、「何も無かった」、「完全な捏造のデタラメ」コメントと判断するのが常識ですかね。
そもそも、コメント欄に写真を掲載する機能はあるのかな?

>アイコンタクトを取っている写真だけでは、その後に速度を上げたのか下げたのかまで判断する事はできません。速度を上げる為の合図かもしれないし、逆に減速する為の合図かもしれません。単に後続が付いて来ているか後方確認しただけかもしれません。信号機が写っていないので、歩道の信号がどうだこうだと言われても判断できません。それ以前に、彼らの前方に交差点が存在しているのかすら判断できかねます。どちらについてもこの写真を見ただけで結論を導き出す事は不可能です。「車道走行の自転車集団がアイコンタクトをしている」この写真から読み取れるのはただそれだけです。

「最後尾の自転車が車間距離を詰めている」ことも読み取れるでしょう。

>交通ルールとして、信号が黄色に変わった時点で停止線で安全に停止不可能な場合は交差点に進入しても違法ではありません。むしろ、無理に止まろうとせずそのまま交差点を通過した方が安全です。信号が黄色に変わった時点で判断すればよい事であり、青の時は進む以外の選択肢はありません。

青の時に減速或いは停止の選択肢を選択しても、交通ルールとして違法ではありませんよね。

>盛んに黄色信号での交差点進入の危険性を訴えているようですが、現行のルールでなんら問題はありません。本当に「停止線で安全に止まれない状況」で交差点に進入すれば、交差点内で信号が変わって事故になる事など有り得ません。速度が速くても交差点まで距離があれば安全に止まれます。交差点まで距離が近くても速度が遅ければ十分に止まれます。「停止線で安全に止まれない状況」とは、停止線までの距離が近くなおかつそれ相応の速度で走行している時の事です。それだけの速度で交差点に進入するのであれば、そのままの速度で走行すれば信号が変わる前に交差点を通過しています。逆に信号が変わる前に交差点を抜けられない速度であるならば、停止線で十分に安全に止まれる速度であるという事です。「止まれるのに止まらずに突っ込む」から事故になるのです。あくまでも乗り手の判断ミスであってルールの是非を問うような話ではありません。「止まれなければ黄色で進入できる」というルールを自転車に適用する事には何の問題もありません。

残念なことに、乗り手の判断ミスで毎日新聞の暴走ローディは死亡事故を起こして、自転車乗り全体の評判を落としているのです。
自転車と自動車は、絶対的なスピードと加速力が全く違います。
世捨人さんの記事にあるとおり、ユニフォームをばっちり決め込んだ4人のローディが姿勢を落とし必死にペダルをまわしても、自転車はせいぜい時速40キロです。
自動車では、生活道路の路地裏の30キロ制限の狭い道でも、普通に走っていると40キロをオーバーしてしまいます。アクセルを軽く踏めば、あっという間に50キロ、60キロのスピードが出ます。
多くの競技用自転車乗りは、自動車にも乗ることでしょう。
競技用自転車に乗る時には自動車を運転する時の感覚は捨てて、加害者となる危険性を含めて自分の身は自分で守るために安全運転を心がけましょうとお伝えしているものです。

自動車の感覚で、黄色信号に突っ込むと、必死にペダルを回しても40キロがせいぜいの自転車では、交差点に取り残される危険性があります。現実に毎日新聞の暴走ローディは、人生を棒に振ってます。

交通安全の先駆者として、くれぐれも事故を起こさないように気を付けましょう。

>信号に従う際に「予測」など必要ありません。自分の目に映る信号をしっかりと見て判断すれば済む話です。青なら進め、赤なら止まれです。黄色ならその時の速度と交差点に対する位置関係で行くか止まるか判断します。「黄色になるだろう」などという自分勝手な予測で、まだ青なのに前もって減速する必要性など皆無です。

「黄色になるだろう」などという自分勝手な予測で、まだ青だからといって前もって加速する必要性など皆無です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/06/06 14:07 | URL |

はげおやじさん| 2012/06/06 13:08 |へ

>あなたは私を挑発しているのですか?

様々な見方・考え方があるということをお示ししたまでです。

>あなたのヘラヘラしたその態度はあなたの人間性を自ら否定するものです。だから、あなたの発言は他の誰にでも響かないものになります。

疋田さんの掲示板でも3~4人の方々からは、応援されてましたよ。

>私も自転車ツーキニストの一人です。通勤時はママチャリできちんと歩道を走っています。

自転車レーン指定がなければ、歩道上は歩行者がいようといまいと「徐行」です。

きちんと歩道を走っていて、大丈夫ですか?
会社に遅刻しませんか?

>もちろん携帯、傘差し、飲酒運転はいっさいしません。雨の日や飲酒をする時はバスか徒歩です。同じツーキニストとしてあなたの言動はまことに恥ずかしい。

是非、ロードバイクに乗ってみて下さい。きっと考え方が変わりますよ。

>名称変更を要望します。

何度も何度も面倒なのでお断りします。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/06/06 14:14 | URL |

たった?

40キロ?たった??
爆走ってのは60キロ以上でスプリントするときに表現する
言葉でしょ。40キロって普通に巡航する一般的
平均速度ですよ。

| ジルベール | 2012/06/06 14:53 | URL | ≫ EDIT

296 :ツール・ド・名.無しさん:2012/06/05(火) 17:48:08.90 ID:???
>>先日、筆舌に尽くし難い戦慄(せんりつ)な光景を目にした。

わざわざ(せんりつ)とフリガナふって、用法が間違ってるのが、いかにも学のない輩(やから)という香りをふりまいていて、いい感じですね
エディさんの境地に近づいてきましたね

| エディさん盲信者 | 2012/06/06 17:30 | URL |

>交差点付近は交通事故多発地点であり細心の注意が必要だ。

これは、統計数値が表す一般論として、同意します。

>信号が変わる直前は減速するなど無理に横断してはならない。

自転車店店員さんの仰るとおり、信号に応じて横断すれば、法律上は何ら問題ありません。

>ところが、この集団は交差点付近でスピードが最高速に達しており、しかも車間を詰めての爆走だ。

スピードは、最高速度規制の範囲内であれば、法律上は問題ないでしょう。

車間距離についても、自転車の場合には、直前の車両等が急に停止したときにおいても、少しハンドルを切ることで、容易に追突するのを避けることができるため、何ら問題ないでしょう。

>一歩間違えれば他の交通を巻き込んだ大惨事になりかねない。

ローディの自損事故自慢はあちこちで耳にしますが、毎日新聞の暴走ローディ以外に競技用自転車乗りが歩行者等を巻き込んだ重大(死亡)事故を惹起したという報道・報告は聞いたことがありません。

競技用自転車本体が軽量であること、ブレーキ性能が高いこと、ローディが運転に集中している(せざるを得ない)こと、ローディがあえて自ら転倒する等の(重大)事故を回避する行動を取ること、交通安全の先駆者を自負していること(?)などの要因が考えられます。

疋田さんの掲示板やこのブログで競技用自転車いじめが始まって以来、既に5~6年が経つと思いますが、その間、自転車が惹起した交通死亡事故が毎年5件程度で合計30件のうち、競技用自転車乗りが惹起した死亡事故は、毎日新聞の暴走ローディの1件のみです。

さすがに「大惨事になりかねない。」は言い過ぎでしょう。

但し、予見出来ない障害物が現れた際に、巧みなブレーキテクニックで自損事故に収めたとしても、損保を使うために警察に届け出て、自転車が惹起した交通事故件数を積み上げられては、自転車乗り全体の評判を落とすことになりますので、スピードの出し過ぎや黄色信号に突っ込むような無謀な運転は止めて欲しいものです。

>競技用自転車乗りの集団爆走を早急に法の網にかけよ。

一方で、自動車ドライバーが惹起した死亡事故は毎年4000件程度で合計、2万4千件です。

1人の命と2万4千人の命。強烈な現実です。

何よりもまず、自動車ドライバーの単独暴走を取り締まる法の網を早急に細かくすべきでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/06/06 20:06 | URL |

ジルベールさん| 2012/06/06 14:53 |へ

>40キロ?たった??爆走ってのは60キロ以上でスプリントするときに表現する言葉でしょ。40キロって普通に巡航する一般的平均速度ですよ。

小生もそう思いますが、40キロ、50キロ、60キロの違いは大した論点ではありません。

また、自動車や自動二輪はアクセル操作一つで、70キロ、80キロ、90キロもあっという間です。

やはり、自転車とのスピードの差は圧倒的です。

そして、自動車のスピードを前提に交差点の信号の変わるタイミングは設定されていることでしょう。
自転車が無理することはありません。大人しく一旦停止して、スタートダッシュのスプリント力で勝負しましょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/06/06 20:11 | URL |

疋田さんって、誰?ww

| エディさん盲信者 | 2012/06/06 21:28 | URL |

>>エディさん盲信者さん
ヒキタさんも知らずに、自転車を語るのは、単に勉強不足でしょうね。
>>ときどきオアゾツーキニストさん
ヒキタさんのメルマガは1万5000部以上が出ています。
そのうち、オアゾさんの3~4人の方々の応援というのは、どれだけパーセンテージが低いかを考えると、涙を禁じ得ません。

| 傍観者 | 2012/06/06 22:30 | URL |

傍観者さん| 2012/06/06 22:30 |へ

>ヒキタさんのメルマガは1万5000部以上が出ています。そのうち、オアゾさんの3~4人の方々の応援というのは、どれだけパーセンテージが低いかを考えると、涙を禁じ得ません。

疋田さんの掲示板で、具体的に小生に論戦を挑んで敗れさっていった方々は、かっきーさんをはじめ、レイダッくんさん、東北の青猫さん、lemondさん、通りすがりの法律家さん、といったところでしょうか。

垂れ流しっぱなしのメルマガと双方向の掲示板の違いをご理解下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/06/07 10:19 | URL |

苦しい負け惜しみにも、涙を禁じ得ませんw

| 傍観者 | 2012/06/07 11:35 | URL |

傍観者さん| 2012/06/07 11:35 |へ

>苦しい負け惜しみにも、涙を禁じ得ませんw

傍観者さんは、疋田さんの掲示板でも傍観者だったのでしょう。

疋田さんのメルマガのコメント欄もいつの間にかなくなりましたね。

傍観者ばかりで、有意義な議論が出来なかったからでしょう。


| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/06/07 16:04 | URL |

まんせー

| nanasi | 2012/06/07 22:57 | URL |

匿名のコメント欄が、誰かさんのようなキティたちを呼びこんで、荒れるのは世の常ですね。このコメ欄を見れば分かる通りです。
ヒキタさんはそれを嫌ったんでしょうね。
匿名でないfacebookではヒキタさんのページは盛況らしいですよ。
別にヒキタさんを擁護するわけじゃないですが、ここのブログ主と、2,3名のキティさん達を見ると、ちょっとこれじゃ、ヒキタさんも楽だわ、と思ったものでww

| 傍観者 | 2012/06/07 23:39 | URL |

傍観者さん| 2012/06/07 23:39 |へ

>匿名のコメント欄が、誰かさんのようなキティたちを呼びこんで、荒れるのは世の常ですね。このコメ欄を見れば分かる通りです。ヒキタさんはそれを嫌ったんでしょうね。匿名でないfacebookではヒキタさんのページは盛況らしいですよ。別にヒキタさんを擁護するわけじゃないですが、ここのブログ主と、2,3名のキティさん達を見ると、ちょっとこれじゃ、ヒキタさんも楽だわ、と思ったものでww

正論やタテマエに止まらず、現実に根付いた本音の議論が出来るところも匿名のコメント欄の良い所です。

匿名のコメント欄を、本音の議論の場に出来るかどうかは、傍観者も含めた、閲覧者・投稿者の責任です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/06/08 09:43 | URL |

オアゾさんへ

>きちんと歩道を走っていて、大丈夫ですか?
>会社に遅刻しませんか?

大丈夫です。常に歩行者に配慮して運転しています。
会社に遅刻しないよう早めの出勤を心がけています。

私が自転車通勤をする理由。
一つは環境への配慮。
もう一つは会社から頂く交通費がそのままお小遣いにできること。
この2点かな。

爆走練習目的の自転車通勤は私は許せません。

私のような崇高な理念をオアゾさんはお持ちですか?
お持ちでないなら名前変更を要望します。

| はげおやじ | 2012/06/08 11:53 | URL |

はげおやじさん| 2012/06/08 11:53 |へ

>大丈夫です。常に歩行者に配慮して運転しています。会社に遅刻しないよう早めの出勤を心がけています。

早めの出勤なので、歩行者が少ないということかな。
早めの出勤なのであれば、車道もガラガラでしょう。
車道を走る方が、歩行者に配慮した運転となりますよ。

>私が自転車通勤をする理由。一つは環境への配慮。もう一つは会社から頂く交通費がそのままお小遣いにできること。
この2点かな。

匿名のコメント欄で良かったですね。
会社にばれたら、会社に対する虚偽報告、不正請求で懲戒処分ものでしょう。大丈夫ですか?

>爆走練習目的の自転車通勤は私は許せません。

会社でバリバリ働くための鍛錬でしょう。
様々な目的で利用出来るところも自転車の良い所です。

>私のような崇高な理念をオアゾさんはお持ちですか?

ば~か。【おしまい】

>お持ちでないなら名前変更を要望します。

か~ば。【おしまい】



|

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/06/08 13:24 | URL |

>会社にばれたら、会社に対する虚偽報告、不正請求で懲戒処分ものでしょう。大丈夫ですか?

「会社の利益よりも地球環境優先」だと思っています。
だから私は正しい行動を取っているわけです。
万が一、懲戒処分が下されたら、労働組合に助けてもらうから大丈夫です。


>会社でバリバリ働くための鍛錬でしょう。

体力は会社のために残しておきべきです。
通勤でヘロヘロ運転をしたらまともな役目は務められません。

>ば~か。【おしまい】
>か~ば。【おしまい】

あなた自転車ツーキニストの品位を落とすためにわざとやってませんか?
某掲示板で論破されたことへのあてつけですか?

| はげおやじ | 2012/06/08 15:22 | URL |

はげおやじさん

>「会社の利益よりも地球環境優先」だと思っています。

必要の無い交通費を支給する事は会社の損失です。
利益を減らすどころか、明らかに不利益を与えています。


>だから私は正しい行動を取っているわけです。

通勤交通費は非課税収入であると法律で決められています。
電車の場合は定期代が全額非課税で支給されます。
自転車・車の場合は非課税となる上限額は通勤距離に応じて決められています。

例えば、片道5キロで定期代が月1万円の場合。
電車なら1万円が非課税で貰えますが、自転車の場合は非課税となるのは4千円までです。
1万円貰っているとしたら、差額の6千円は通勤手当ではなく給与の一部として課税の対象となります。
差額6千円の10%の6百円を源泉徴収で納税しなければならないのです。
それをしないと言う事は脱税であり明らかな違法行為で犯罪行為です。
違法行為なのだから正しい行為ではありません。
「環境のため」と言うのなら、きちんと自転車通勤で会社に届出をして下さい。
それが正しい行為という物です。


>万が一、懲戒処分が下されたら、労働組合に助けてもらうから大丈夫です。

前述の通り、あなたのしている事は脱税で違法行為です。
「会社の規則違反」などという軽い物ではありません。
違法ですから懲戒処分が下されて当然であり、労働組合の出る幕などありません。
民法上では、今まで不正に受給した交通費の返還義務も発生しますよ。

| 通りすがり | 2012/06/08 23:54 | URL | ≫ EDIT

会社の利益よりも地球環境優先」だと思っています
なら人間の存在そのものが
地球環境に有害だよ。
あんた死ぬの?

| nanasi | 2012/06/09 20:55 | URL |

    |┃三     , -.―――--.、
    |┃三    ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
    |┃    .i;}'       "ミ;;;;:}
    |┃    |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
    |┃ ≡  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|
    |┃    |  ー' | ` -     ト'{
    |┃   .「|   イ_i _ >、     }〉}     _________
    |┃三  `{| _;;iill|||;|||llii;;,>、 .!-'   /
    |┃     |    ='"     |    <   話は全部聞かせて貰ったぞ!
    |┃      i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {     \  >>0はシベリア送りだ!
    |┃    丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ     \
    |┃ ≡'"~ヽ  \、_;;,..-" _ ,i`ー-     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃     ヽ、oヽ/ \  /o/  |    ガラッ

| うはwwww | 2012/06/10 00:08 | URL |

  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙ >>筆舌に尽くし難い戦慄(せんりつ)な光景を目にした。
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f    交通ルール以前に、まず日本語を勉強して下さい。
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!     ジャーナリストごっこは、その後です。



| そんな風に考えていた時期が俺にもありました | 2012/06/10 07:54 | URL |

交通安全ジャーナリスト(笑)
自転車にも乗れない膝のピザデブがブヒブヒ鳴いてんのかw

| あ | 2012/06/10 16:17 | URL |

はげおやじさん| 2012/06/08 15:22 |へ

>>会社にばれたら、会社に対する虚偽報告、不正請求で懲戒処分ものでしょう。大丈夫ですか?
>「会社の利益よりも地球環境優先」だと思っています。だから私は正しい行動を取っているわけです。万が一、懲戒処分が下されたら、労働組合に助けてもらうから大丈夫です。

自転車通勤の通勤手当問題については、かつての疋田さんの掲示板で散々議論されていますので、ご参考として下さい。http://tu-ki.homev6.jp/bbs.php
・・・・・・・
30426 自転車通勤の3重苦について<現実論>
Tommyさん 2010/10/11(月) 21:55:08、ほか皆様へ
> 30419
>通勤手当の問題ですが、これがなかなか職場によって色々な部分で差異があり、一把一絡げには出来ないようですね。

仰るとおり、それぞれの会社が決めることです。
が、それぞれの会社が決める際にも横並び意識が働きますので、多くは、通勤手当として国税庁の非課税所得の基準が参考とされています。
そして、今回の税制改革で特例措置部分がなくなった(改悪された)ようです。

>私の職場では自転車通勤の通勤手当がきちんと定められているため、「会社にとっては、電車の定期代相当は当然の経費として前提としているもの」これ自体が「それはちがう!」となってしまいます。・・・千差万別なだけに皆に当てはめて考えようとすること自体がなかなか難しいのでは。

仰るとおりです。
だからこそ、自転車通勤をしている人、自転車通勤を始めようと思っている人にとっては、隣の芝生の色が気になるものです。そして、世の中の水準を知ることが、議論の出発点となります。
・・・・・・・

>>会社でバリバリ働くための鍛錬でしょう。
>体力は会社のために残しておきべきです。通勤でヘロヘロ運転をしたらまともな役目は務められません。

ご心配なく。毎日の通勤で自転車に乗っていれば、体の方が出来上がってきます。メリハリを付けて朝一番からバリバリ働かれていることでしょう。

>ば~か。【おしまい】
>か~ば。【おしまい】

あなた自転車ツーキニストの品位を落とすためにわざとやってませんか?某掲示板で論破されたことへのあてつけですか?

「私のような崇高な理念をオアゾさんはお持ちですか?」
「お持ちでないなら名前変更を要望します。」
と、世捨人さん並みの「脊髄反射」だと思いましたので、ば~か。【おしまい】か~ば。【おしまい】として、議論を打ち切らせて頂きました。
もう少し、議論を継続したかったということでしょうか?
自転車通勤することに「崇高な理念」など全く必要ありません。たかが自転車です。
手軽で便利で快適、速くて正確、気持ちいい、場所を取らない、ガソリン代、定期代が不要、駐車場不要、雨は勘弁、といったことで十分でしょう。
ハンドルネームは、それぞれが決めるものです。「ロマンスグレーおやじ」にでもしましょうか。

なお、「はげおやじ」さんというハンドルネームはお見かけしたことがありませんでしたが、某掲示板とはhttp://tu-ki.homev6.jp/bbs.phpのことですか?
小生を論破したとのことでしたら、該当箇所をお示し下さい。返り討ちにして差し上げます。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/06/11 16:05 | URL |

通りすがり | 2012/06/08 23:54 さんへ

法制度や慣習は時代の流れに常に遅れがちです。
地球環境保護を真剣に考えるのであれば、家族手当みたいに自転車通勤手当が欲しいですね。

時代の流れを考えるのであれば、今は「自転車は歩道」の時代です。
「自転車は車道」が決められた時代と現在とでは随分交通事情も変わりました。

時代の流れと法制度や慣習のギャップを発見し、啓発していくのがジャーナリストの仕事だと思うのです。
世捨人さんには期待していますよ。
私も一般市民の目線から訴えていきたいと思います。

| はげおやじ | 2012/06/11 16:29 | URL |

オアゾさんへ

あなたと議論する気はまったくありません。
早く名前を変えてください。

最後に一言。
理屈じゃないんです。理屈じゃ。
実践を心がけてください。
それではねらーと変わりません。

| はげおやじ | 2012/06/11 16:31 | URL |

はげおやじさん| 2012/06/11 16:31 |へ

>あなたと議論する気はまったくありません。早く名前を変えてください。

負け犬の遠吠えだったのですね。

>最後に一言。理屈じゃないんです。理屈じゃ。実践を心がけてください。それではねらーと変わりません。

では、最後に二言。
ば~か。か~ば。【おしまい】  って、三言じゃん。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/06/11 16:52 | URL |

ww

www

| はげおやじ | 2012/06/11 17:24 | URL |

はげおやじさん| 2012/06/11 17:24 |へ

>ww
>www

まさに、脊髄反射ですかね。
wの数は、小生の二言、三言を表しているのかな?

>法制度や慣習は時代の流れに常に遅れがちです。

法制度は、時代の流れに左右されない骨太に作られています。ご心配には及びません。
慣習は時代の流れが作り上げるものでしょう、時代とともに流れていくものです。

>地球環境保護を真剣に考えるのであれば、家族手当みたいに自転車通勤手当が欲しいですね。

地球環境保護から、何故、一足飛びに、家族手当みたいな自転車通勤手当に飛ぶのでしょう。

風が吹けば、桶屋が儲かる落語のように、間を埋める論理が欠落しています。
努力不足です。

>時代の流れを考えるのであれば、今は「自転車は歩道」の時代です。「自転車は車道」が決められた時代と現在とでは随分交通事情も変わりました。

では、車道は何が走るのですか?
地球環境保護を真剣に考えた結果、車道を自動車が埋め尽くして、ガソリンの大量消費を続けるのですか?

自転車が歩道通行可となった時代と違い、道路の舗装状態が格段に良くなっていますから、車道左端を通行すれば、自転車は楽ちんです。
ママチャリで結構ですから、車道左端を走って見て下さい。世界観が変わりますよ。

>時代の流れと法制度や慣習のギャップを発見し、啓発していくのがジャーナリストの仕事だと思うのです。世捨人さんには期待していますよ。私も一般市民の目線から訴えていきたいと思います。

まず、現行の法制度がどのように定めているのかを、知ることから始めましょう。

現行の道路交通法は、自転車は「車両」の一つとして、車道左端を通行するように定めています。
まずは、車道左端を自転車で埋めつくしてみましょう。
ルールの是非を考えるのは、それからでも遅くありません。

通勤手当も、その基準となる制度は税法で定められています
疋田さんの掲示板での議論を読み返してみてください。

頑張れ。


| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/06/11 18:35 | URL |

世捨人さ~ん!
こんにちは!!

| 許 | 2012/06/11 21:09 | URL |

お前等
リアル世界で友達いるのか?

| nanasi | 2012/06/11 21:43 | URL |

はげおやじさん

>法制度や慣習は時代の流れに常に遅れがちです。

時代の流れに遅れているのはあなたでは?
平成23年6月の規定改正により、平成24年1月から自転車・車通勤の非課税上限額は距離比例額(距離に応じて上限が異なる)に統一されました。
「自転車は自転車としてそれ相応の通勤手当を受給する」
これが今の時代の流れです。
あなたのような「電車賃を貰って自転車で通う」という古き悪しき慣習を見直す為の改正だと言う事です。


>地球環境保護を真剣に考えるのであれば、家族手当みたいに自転車通勤手当が欲しいですね。

日本語の読解力をもっと磨かれたらいかがですか?
私が指摘しているのは、電車通勤で申請して定期代を受給し、自転車通勤して定期代を私費として着服する事の違法性です。
「自転車通勤には通勤手当は支給されない」などとは一言も言っていませんよ。
法律では、前述のように自転車通勤も通勤距離に応じて非課税の通勤手当を受給する権利が認められています。
ただし、あくまでも基準額であって実際に支給するかどうかは各企業の考え方次第です。
あなたの勤務先では支給されなくても、他の企業では支給している企業はたくさんあります。
それは各企業が労働組合との労使交渉によって決定する事です。


>時代の流れを考えるのであれば、今は「自転車は歩道」の時代です。

昨年に、警察庁が自転車の車道走行の徹底を促す通達を出しました。
本来は例外処置であるはずの歩道通行が常態化し、自転車と歩行者の事故が多発している事を改善する為の通達です。
あなたのような「自転車は歩道」という古き慣習を改善する為の通達です。
時代の流れはまさに「自転車は車道」ですよ。

| 通りすがり | 2012/06/12 06:39 | URL | ≫ EDIT

わかってないなぁ

通りすがり | 2012/06/12 06:39 |さんへ

時代は「自転車は歩道」ですよ。
あなたが遅れているのです。

| はげおやじ | 2012/06/12 16:13 | URL |

ハゲオヤジさんの脳内だけでは、そうなのだそうです。
みなさん、そっとしてあげてください。
この人もたぶんエディさんと同じく、脳内だけの人生を送ることを決意した、天使なんですw

| 等質バスターズ | 2012/06/12 16:38 | URL |

| 等質バスターズ | 2012/06/12 16:38 | URL |さんへ

おまけにこの人、脳内では福山雅治似なんですってww
大笑いですねwww

| 戦慄な認識ww | 2012/06/12 17:08 | URL |

Re: タイトルなし

はげさん

>この写真を見て何も感じない人は何かが麻痺している。ローディって自分の都合しか考えられない人ばかりですか? これは明らかに日本の交通安全への挑戦です。 どこの発展途上国なのですか。信じられません。

公道で爆走練習を禁止する規定がないのが現状です。法の不備をついて我が物顔で走る競技用自転車乗りに怒りの鉄ついを下すべきでしょう。

| 世捨人 | 2012/06/13 00:27 | URL |

Re: たった?

ジルさん

>40キロ?たった??爆走ってのは60キロ以上でスプリントするときに表現する 言葉でしょ。40キロって普通に巡航する一般的  平均速度ですよ。

原付バイクの制限速度が時速30キロと考えると、自転車の制限速度は半分の時速15キロが妥当でしょう。

| 世捨人 | 2012/06/13 00:27 | URL |

Re: タイトルなし

>>交差点付近は交通事故多発地点であり細心の注意が必要だ。
>これは、統計数値が表す一般論として、同意します。

身体がむきでしで走行が不安定となりがちな自転車においては、危険極まりないです。

>>信号が変わる直前は減速するなど無理に横断してはならない。
>自転車店店員さんの仰るとおり、信号に応じて横断すれば、法律上は何ら問題ありません。

信号で置き去りにされないよう後続車は無理しがちなので、集団爆走はより危険です。

>>ところが、この集団は交差点付近でスピードが最高速に達しており、しかも車間を詰めての爆走だ。
>スピードは、最高速度規制の範囲内であれば、法律上は問題ないでしょう。 車間距離についても、自転車の場合には、直前の車両等が急に停止したときにおいても、少しハンドルを切ることで、容易に追突するのを避けることができるため、何ら問題ないでしょう。

机上の空論ですね。何が起こるかわからいのが事故の恐ろしさということを肝に銘じてください。


>>一歩間違えれば他の交通を巻き込んだ大惨事になりかねない。
>ローディの自損事故自慢はあちこちで耳にしますが、毎日新聞の暴走ローディ以外に競技用自転車乗りが歩行者等を巻き込んだ重大(死亡)事故を惹起したという報道・報告は聞いたことがありません。

死亡事故だけでなく、人身事故をはじめ交通事故を減らしたいのが当ブログの願いです。

>競技用自転車本体が軽量であること、ブレーキ性能が高いこと、ローディが運転に集中している(せざるを得ない)こと、ローディがあえて自ら転倒する等の(重大)事故を回避する行動を取ること、交通安全の先駆者を自負していること(?)などの要因が考えられます。

軽量の自転車の横を大型トラックが通過すれば、風圧によって転倒する恐れもあります。

>疋田さんの掲示板やこのブログで競技用自転車いじめが始まって以来、既に5~6年が経つと思いますが、その間、自転車が惹起した交通死亡事故が毎年5件程度で合計30件のうち、競技用自転車乗りが惹起した死亡事故は、毎日新聞の暴走ローディの1件のみです。


>さすがに「大惨事になりかねない。」は言い過ぎでしょう。

何が起こるのかわからないのが事故の恐ろしさです。

>但し、予見出来ない障害物が現れた際に、巧みなブレーキテクニックで自損事故に収めたとしても、損保を使うために警察に届け出て、自転車が惹起し た交通事故件数を積み上げられては、自転車乗り全体の評判を落とすことになりますので、スピードの出し過ぎや黄色信号に突っ込むような無謀な運転は止めて 欲しいものです。

「スピードの出し過ぎ」ではあいまいですので、自転車固有の制限速度が必要でしょう。

>>競技用自転車乗りの集団爆走を早急に法の網にかけよ。
>一方で、自動車ドライバーが惹起した死亡事故は毎年4000件程度で合計、2万4千件です。 1人の命と2万4千人の命。強烈な現実です。 何よりもまず、自動車ドライバーの単独暴走を取り締まる法の網を早急に細かくすべきでしょう。

死亡事故だけでなく交通事故を減らしたいのが当ブログの願いです。

| 世捨人 | 2012/06/13 00:35 | URL |

素直に「車道を走る自転車は、タクシードライバーにとって追い越すのに邪魔だし、遅いくせに摺り抜けはするし、ミサイルみたいに突っ込んでくる自転車は脅威でしか無い。公道から排除してしまえ!」と書けば??
自転車乗りの俺からすると、ママチャリと原チャリの方が勝手放題やってるんだけどね。
特に事故って転倒してはガラス片を撒き散らして、パンクの原因を作ってくれる原チャリは困りものですなw

 まぁ、“世捨て”や“禿”が読んで理解するとも思えんし、これ書いたところで所詮は自己満足なのは分かってるんだけどねぇ…暇潰しに書いてみたくなったのさ ∑( ̄▽ ̄;)

| 殺人機械乗りへ | 2012/06/15 04:48 | URL |

世捨人さん| 2012/06/13 00:35 |へ

>交差点付近は交通事故多発地点であり細心の注意が必要だ。
>>これは、統計数値が表す一般論として、同意します。
>身体がむきでしで走行が不安定となりがちな自転車においては、危険極まりないです。

身体がむき出しで歩くことで精一杯の歩行者においては、危険極まりないです。
自動車ドライバーは細心の注意をお願いします。

>信号が変わる直前は減速するなど無理に横断してはならない。
>>自転車店店員さんの仰るとおり、信号に応じて横断すれば、法律上は何ら問題ありません。
>信号で置き去りにされないよう後続車は無理しがちなので、集団爆走はより危険です。

置き去りにしないようにアイコンタクトをしているのです。何らご心配には及びません。

>ところが、この集団は交差点付近でスピードが最高速に達しており、しかも車間を詰めての爆走だ。
>>スピードは、最高速度規制の範囲内であれば、法律上は問題ないでしょう。 車間距離についても、自転車の場合には、直前の車両等が急に停止したときにおいても、少しハンドルを切ることで、容易に追突するのを避けることができるため、何ら問題ないでしょう。
>机上の空論ですね。何が起こるかわからいのが事故の恐ろしさということを肝に銘じてください。

競輪場での車間距離を詰めている自転車同士が接触して集団で転倒という画像はよく見かけますが、一般道で自転車同士が車間距離を詰め過ぎたことを原因とする事故事例は聞いたことがありません。
高校生の若いカップルが下校時に並走して接触しそうになるのは、デートの楽しみのひとつでしょう。

>一歩間違えれば他の交通を巻き込んだ大惨事になりかねない。
>>ローディの自損事故自慢はあちこちで耳にしますが、毎日新聞の暴走ローディ以外に競技用自転車乗りが歩行者等を巻き込んだ重大(死亡)事故を惹起したという報道・報告は聞いたことがありません。
>死亡事故だけでなく、人身事故をはじめ交通事故を減らしたいのが当ブログの願いです。

小生も自転車の評判を落とすような交通事故件数を積み上げる自損事故を起こしながら、交通安全の先駆者気取りのローディには、反吐が出ます。

>>競技用自転車本体が軽量であること、ブレーキ性能が高いこと、ローディが運転に集中している(せざるを得ない)こと、ローディがあえて自ら転倒する等の(重大)事故を回避する行動を取ること、交通安全の先駆者を自負していること(?)などの要因が考えられます。
>軽量の自転車の横を大型トラックが通過すれば、風圧によって転倒する恐れもあります。

これは、大型トラックの方が悪質でしょう。追い越しをする側が安全な間隔を保つことが出来ないのであれば、大人しく追随するものです。

>>疋田さんの掲示板やこのブログで競技用自転車いじめが始まって以来、既に5~6年が経つと思いますが、その間、自転車が惹起した交通死亡事故が毎年5件程度で合計30件のうち、競技用自転車乗りが惹起した死亡事故は、毎日新聞の暴走ローディの1件のみです。さすがに「大惨事になりかねない。」は言い過ぎでしょう。
>何が起こるのかわからないのが事故の恐ろしさです。

何も起こらないことを統計数値が証明しています。

>>但し、予見出来ない障害物が現れた際に、巧みなブレーキテクニックで自損事故に収めたとしても、損保を使うために警察に届け出て、自転車が惹起し た交通事故件数を積み上げられては、自転車乗り全体の評判を落とすことになりますので、スピードの出し過ぎや黄色信号に突っ込むような無謀な運転は止めて 欲しいものです。
>「スピードの出し過ぎ」ではあいまいですので、自転車固有の制限速度が必要でしょう。

スピード自慢のローディの自損事故です。自業自得ということで放っておけば十分です。

>>一方で、自動車ドライバーが惹起した死亡事故は毎年4000件程度で合計、2万4千件です。 1人の命と2万4千人の命。強烈な現実です。 何よりもまず、自動車ドライバーの単独暴走を取り締まる法の網を早急に細かくすべきでしょう。
>死亡事故だけでなく交通事故を減らしたいのが当ブログの願いです。

人の命をなんだと思っているのですか。
不謹慎です。
2万4千人の命を奪った自動車ドライバーを代表して、反省しなさい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/06/15 08:28 | URL |

>>1の母でございます。

| >>1の母 | 2012/06/17 22:34 | URL |

Re: タイトルなし

殺人さん

> 自転車乗りの俺からすると、ママチャリと原チャリの方が勝手放題やってるんだけどね。

ママチャリは自転車です。しっかり反省してください。

| 世捨人 | 2012/06/19 23:49 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>>交差点付近は交通事故多発地点であり細心の注意が必要だ。
>これは、統計数値が表す一般論として、同意します。
>>身体がむきでしで走行が不安定となりがちな自転車においては、危険極まりないです。
>身体がむき出しで歩くことで精一杯の歩行者においては、危険極まりないです。自動車ドライバーは細心の注意をお願いします。

ドライバーに甘えるのではなく、自分の身は自分で守りましょう。

>>信号が変わる直前は減速するなど無理に横断してはならない。
>自転車店店員さんの仰るとおり、信号に応じて横断すれば、法律上は何ら問題ありません。
>>信号で置き去りにされないよう後続車は無理しがちなので、集団爆走はより危険です。
>置き去りにしないようにアイコンタクトをしているのです。何らご心配には及びません。

前方不注意は重大事故につながります。しっかり前を向いて運転してください。

>>ところが、この集団は交差点付近でスピードが最高速に達しており、しかも車間を詰めての爆走だ。
>スピードは、最高速度規制の範囲内であれば、法律上は問題ないでしょう。 車間距離についても、自転車の場合には、直前の車両等が急に停止したときにおいても、少しハンドルを切ることで、容易に追突するのを避けることができるため、何ら問題ないでしょう。
>>机上の空論ですね。何が起こるかわからいのが事故の恐ろしさということを肝に銘じてください。
>競輪場での車間距離を詰めている自転車同士が接触して集団で転倒という画像はよく見かけますが、一般道で自転車同士が車間距離を詰め過ぎたことを原因とする事故事例は聞いたことがありません。高校生の若いカップルが下校時に並走して接触しそうになるのは、デートの楽しみのひとつでしょう。

これまで事故事例がなかったからといって、今後も事故がないという保証はありません。

>>一歩間違えれば他の交通を巻き込んだ大惨事になりかねない。
>ローディの自損事故自慢はあちこちで耳にしますが、毎日新聞の暴走ローディ以外に競技用自転車乗りが歩行者等を巻き込んだ重大(死亡)事故を惹起したという報道・報告は聞いたことがありません。
>>死亡事故だけでなく、人身事故をはじめ交通事故を減らしたいのが当ブログの願いです。
>小生も自転車の評判を落とすような交通事故件数を積み上げる自損事故を起こしながら、交通安全の先駆者気取りのローディには、反吐が出ます。

一般公道でスピードレース用に開発された競技用自転車に乗ることは交通安全に対する冒とくです。


>競技用自転車本体が軽量であること、ブレーキ性能が高いこと、ローディが運転に集中している(せざるを得ない)こと、ローディがあえて自ら転倒する等の(重大)事故を回避する行動を取ること、交通安全の先駆者を自負していること(?)などの要因が考えられます。
>>軽量の自転車の横を大型トラックが通過すれば、風圧によって転倒する恐れもあります。
>これは、大型トラックの方が悪質でしょう。追い越しをする側が安全な間隔を保つことが出来ないのであれば、大人しく追随するものです。

片側2車線の道路を運転中、トラックに追い越されると、車体が揺れるほど風圧を感じます。


>疋田さんの掲示板やこのブログで競技用自転車いじめが始まって以来、既に5~6年が経つと思いますが、その間、自転車が惹起した交通死亡事故 が毎年5件程度で合計30件のうち、競技用自転車乗りが惹起した死亡事故は、毎日新聞の暴走ローディの1件のみです。さすがに「大惨事になりかねない。」 は言い過ぎでしょう。
>>何が起こるのかわからないのが事故の恐ろしさです。
>何も起こらないことを統計数値が証明しています。

何も起こらないという保証はありません。

>但し、予見出来ない障害物が現れた際に、巧みなブレーキテクニックで自損事故に収めたとしても、損保を使うために警察に届け出て、自転車が惹 起し た交通事故件数を積み上げられては、自転車乗り全体の評判を落とすことになりますので、スピードの出し過ぎや黄色信号に突っ込むような無謀な運転は止めて 欲しいものです。
>>「スピードの出し過ぎ」ではあいまいですので、自転車固有の制限速度が必要でしょう。
>スピード自慢のローディの自損事故です。自業自得ということで放っておけば十分です。

交通事故を減らしたいのが当ブログの願いです。

>一方で、自動車ドライバーが惹起した死亡事故は毎年4000件程度で合計、2万4千件です。 1人の命と2万4千人の命。強烈な現実です。 何よりもまず、自動車ドライバーの単独暴走を取り締まる法の網を早急に細かくすべきでしょう。
>>死亡事故だけでなく交通事故を減らしたいのが当ブログの願いです。
>人の命をなんだと思っているのですか。 不謹慎です。2万4千人の命を奪った自動車ドライバーを代表して、反省しなさい。

自損事故で命を失った方もいると思います。交通事故を減らしましょう。

| 世捨人 | 2012/06/19 23:54 | URL |

世捨人 | 2012/06/19 23:54 |ときさん

>>身体がむき出しで歩くことで精一杯の歩行者においては、危険極まりないです。自動車ドライバーは細心の注意をお願いします。
>ドライバーに甘えるのではなく、自分の身は自分で守りましょう。

京都の祇園や亀岡の歩行者にも言えますか?
そして、祇園や亀岡と同様の犠牲者を自動車ドライバーは年間4000名を出しているという厳しい現実を直視下さい。

>>置き去りにしないようにアイコンタクトをしているのです。何らご心配には及びません。
>前方不注意は重大事故につながります。しっかり前を向いて運転してください。

仰るとおり、全くですね。
車道上の最弱者である自転車に求められることは、ひたすら前を向いて走ることだけです。

>>競輪場での車間距離を詰めている自転車同士が接触して集団で転倒という画像はよく見かけますが、一般道で自転車同士が車間距離を詰め過ぎたことを原因とする事故事例は聞いたことがありません。高校生の若いカップルが下校時に並走して接触しそうになるのは、デートの楽しみのひとつでしょう。
>これまで事故事例がなかったからといって、今後も事故がないという保証はありません。

自転車同士で車間距離を詰めても、危険回避出来るテクニックを磨きましょう。

>死亡事故だけでなく、人身事故をはじめ交通事故を減らしたいのが当ブログの願いです。
>>小生も自転車の評判を落とすような交通事故件数を積み上げる自損事故を起こしながら、交通安全の先駆者気取りのローディには、反吐が出ます。
>一般公道でスピードレース用に開発された競技用自転車に乗ることは交通安全に対する冒とくです。

自動車の中のスポーツカーと同様に、前後輪に制動装置を備える等々の道路交通法上の基準を満たしていれば、何ら問題ありません。
自転車の持つ性能を極限まで引き出した競技用自転車で、幹線道路の左端を疾走することで、自転車に対する世の中の見方を変えて行きましょう。


>軽量の自転車の横を大型トラックが通過すれば、風圧によって転倒する恐れもあります。
>>これは、大型トラックの方が悪質でしょう。追い越しをする側が安全な間隔を保つことが出来ないのであれば、大人しく追随するものです。
>片側2車線の道路を運転中、トラックに追い越されると、車体が揺れるほど風圧を感じます。

片側2車線の追い越し車線を走るトラックの風圧は、走行車線を走る自動車の車体を揺らしたとしても、その左端を通行する自転車にまでは影響しないでしょう。

以前掲載されていた黄色センターラインの片側1車線の道路で車間距離を詰めて迫る大型トラックの(スクープ?)写真が頭にありましたので、無理な追い越しを掛ければ、大型トラックの方が悪質であり、大人しく追随するべきであるとしたものです。
それぞれの道路状況に応じて、限られた道路(車道)空間を共有(シェア)するもの同士、お互い様の譲り合いで安全運転していきましょう。

>>疋田さんの掲示板やこのブログで競技用自転車いじめが始まって以来、既に5~6年が経つと思いますが、その間、自転車が惹起した交通死亡事故 が毎年5件程度で合計30件のうち、競技用自転車乗りが惹起した死亡事故は、毎日新聞の暴走ローディの1件のみです。さすがに「大惨事になりかねない。」 は言い過ぎでしょう。
>何が起こるのかわからないのが事故の恐ろしさです。
>>何も起こらないことを統計数値が証明しています。
>何も起こらないという保証はありません。

我儘な自動車ドライバーが、毎年4000名の尊い命を奪っているということは、残念ながら、統計数値で保証されています。

>>但し、予見出来ない障害物が現れた際に、巧みなブレーキテクニックで自損事故に収めたとしても、損保を使うために警察に届け出て、自転車が惹起し た交通事故件数を積み上げられては、自転車乗り全体の評判を落とすことになりますので、スピードの出し過ぎや黄色信号に突っ込むような無謀な運転は止めて 欲しいものです。
>「スピードの出し過ぎ」ではあいまいですので、自転車固有の制限速度が必要でしょう。
>>スピード自慢のローディの自損事故です。自業自得ということで放っておけば十分です。
>交通事故を減らしたいのが当ブログの願いです。

では、まず統計数値で保証されているとおり毎年4000名の尊い命を奪っている我儘な自動車ドライバーを糾弾して行きましょう。

>死亡事故だけでなく交通事故を減らしたいのが当ブログの願いです。
>>人の命をなんだと思っているのですか。 不謹慎です。2万4千人の命を奪った自動車ドライバーを代表して、反省しなさい。
>自損事故で命を失った方もいると思います。交通事故を減らしましょう。

「いる思います。」という勝手な思い込みですね。
まあ、スピード自慢のローディの自損事故です。自業自得ということで放っておけば十分です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/06/20 16:28 | URL |

ごちゃごちゃほざいてるのが多いが、あの画像みて車間距離に問題を感じないバカは車道に出るな
キチガイはキチガイだけの空間で走れ
一般道に出るな

| うんこ | 2012/06/24 00:53 | URL |

うんこさん| 2012/06/24 00:53 |へ

>ごちゃごちゃほざいてるのが多いが、あの画像みて車間距離に問題を感じないバカは車道に出るな キチガイはキチガイだけの空間で走れ 一般道に出るな

そもそも、画像を掲載した世捨人さんご自身が車間距離について触れていません。現場では、何ら問題なかったのでしょう。

最後尾は、集団を引っ張る先頭とともに、実力(脚力)のある乗り手が走るものです。
2台目、3台目の様子を見ながら余裕を持った走りをしているようにも見えます。

まあ、ロードバイク狂の集団にも、普通の自転車乗りと同様に一般道を走る権利・自由は認めて上げましょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/06/25 15:31 | URL |

殺人機械乗りの世捨てさん

「反省しろ」と書いたのはオアゾだろ?
こっちに振らずに、オアゾ宛てで書けよ

>> 自転車乗りの俺からすると、ママチャリと原チャリの方が勝手放題やってるんだけどね。
>ママチャリは自転車です。しっかり反省してください。
俺が乗ってるのはクロスバイク、中華の整備不良品などはチャリンコで十分。
正直、同類扱いされたくない。
自転車もチャリンコも蹴ったも、同義語な事くらい分かっとるわい

あんたこそしっかり反省しして、交差点では青信号までサイドブレーキ使うとか、今できる安全策を本気で考えなさい。
「ペダル間違えました」で殺されても、死にきれんわ。

| 殺人機械乗りへ | 2012/06/25 16:19 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>身体がむき出しで歩くことで精一杯の歩行者においては、危険極まりないです。自動車ドライバーは細心の注意をお願いします。
>>ドライバーに甘えるのではなく、自分の身は自分で守りましょう。
>京都の祇園や亀岡の歩行者にも言えますか? そして、祇園や亀岡と同様の犠牲者を自動車ドライバーは年間4000名を出しているという厳しい現実を直視下さい。

何が起こるかわからないのが事故の恐ろしさです。

>置き去りにしないようにアイコンタクトをしているのです。何らご心配には及びません。
>>前方不注意は重大事故につながります。しっかり前を向いて運転してください。
>仰るとおり、全くですね。 車道上の最弱者である自転車に求められることは、ひたすら前を向いて走ることだけです。

競技用自転車の集団爆走が危険たるゆえんです。

>競輪場での車間距離を詰めている自転車同士が接触して集団で転倒という画像はよく見かけますが、一般道で自転車同士が車間距離を詰め過ぎたこ とを原因とする事故事例は聞いたことがありません。高校生の若いカップルが下校時に並走して接触しそうになるのは、デートの楽しみのひとつでしょう。
>>これまで事故事例がなかったからといって、今後も事故がないという保証はありません。
>自転車同士で車間距離を詰めても、危険回避出来るテクニックを磨きましょう。

自転車にディスクブレーキ設置を義務付けるのも良いでしょう。

>>死亡事故だけでなく、人身事故をはじめ交通事故を減らしたいのが当ブログの願いです。
>小生も自転車の評判を落とすような交通事故件数を積み上げる自損事故を起こしながら、交通安全の先駆者気取りのローディには、反吐が出ます。
>>一般公道でスピードレース用に開発された競技用自転車に乗ることは交通安全に対する冒とくです。
>自動車の中のスポーツカーと同様に、前後輪に制動装置を備える等々の道路交通法上の基準を満たしていれば、何ら問題ありません。
自転車の持つ性能を極限まで引き出した競技用自転車で、幹線道路の左端を疾走することで、自転車に対する世の中の見方を変えて行きましょう。

「スポーツタイプの自転車」は問題ないと思いますが、競技用自転車については公道走行禁止としましょう。

>>軽量の自転車の横を大型トラックが通過すれば、風圧によって転倒する恐れもあります。
>これは、大型トラックの方が悪質でしょう。追い越しをする側が安全な間隔を保つことが出来ないのであれば、大人しく追随するものです。
>>片側2車線の道路を運転中、トラックに追い越されると、車体が揺れるほど風圧を感じます。
>片側2車線の追い越し車線を走るトラックの風圧は、走行車線を走る自動車の車体を揺らしたとしても、その左端を通行する自転車にまでは影響しないでしょう。

影響あるかどうか、実際に調べてみましょう。

>以前掲載されていた黄色センターラインの片側1車線の道路で車間距離を詰めて迫る大型トラックの(スクープ?)写真が頭にありましたので、無理な追い越しを掛ければ、大型トラックの方が悪質であり、大人しく追随するべきであるとしたものです。 それぞれの道路状況に応じて、限られた道路(車道)空間を共有(シェア)するもの同士、お互い様の譲り合いで安全運転していきましょう。

速度差があるわけですから、自転車は道を譲りましょう。

>疋田さんの掲示板やこのブログで競技用自転車いじめが始まって以来、既に5~6年が経つと思いますが、その間、自転車が惹起した交通死亡事故 が毎年5件程度で合計30件のうち、競技用自転車乗りが惹起した死亡事故は、毎日新聞の暴走ローディの1件のみです。さすがに「大惨事になりかねない。」 は言い過ぎでしょう。
>>何が起こるのかわからないのが事故の恐ろしさです。
>何も起こらないことを統計数値が証明しています。
>>何も起こらないという保証はありません。
>我儘な自動車ドライバーが、毎年4000名の尊い命を奪っているということは、残念ながら、統計数値で保証されています。

身体がむきだしで走行が不安定となりがちな自転車で、危険な車道走行をするのは控えましょう。

>但し、予見出来ない障害物が現れた際に、巧みなブレーキテクニックで自損事故に収めたとしても、損保を使うために警察に届け出て、自転車が惹 起し た交通事故件数を積み上げられては、自転車乗り全体の評判を落とすことになりますので、スピードの出し過ぎや黄色信号に突っ込むような無謀な運転は止めて 欲しいものです。
>>「スピードの出し過ぎ」ではあいまいですので、自転車固有の制限速度が必要でしょう。
>スピード自慢のローディの自損事故です。自業自得ということで放っておけば十分です。
>>交通事故を減らしたいのが当ブログの願いです。
>では、まず統計数値で保証されているとおり毎年4000名の尊い命を奪っている我儘な自動車ドライバーを糾弾して行きましょう。

競技用自転車の糾弾で手がいっぱいです。

>>死亡事故だけでなく交通事故を減らしたいのが当ブログの願いです。
>人の命をなんだと思っているのですか。 不謹慎です。2万4千人の命を奪った自動車ドライバーを代表して、反省しなさい。
>>自損事故で命を失った方もいると思います。交通事故を減らしましょう。
>「いる思います。」という勝手な思い込みですね。 まあ、スピード自慢のローディの自損事故です。自業自得ということで放っておけば十分です。

いずれにせよ全てのドライバーが「命を奪った」という表現は誤解を招きます。

| 世捨人 | 2012/06/28 02:02 | URL |

世捨人さん| 2012/06/28 02:02 |へ

>何が起こるかわからないのが事故の恐ろしさです。
>競技用自転車の集団爆走が危険たるゆえんです。
>自転車にディスクブレーキ設置を義務付けるのも良いでしょう。
>「スポーツタイプの自転車」は問題ないと思いますが、競技用自転車については公道走行禁止としましょう。
>影響あるかどうか、実際に調べてみましょう。
>速度差があるわけですから、自転車は道を譲りましょう。
>身体がむきだしで走行が不安定となりがちな自転車で、危険な車道走行をするのは控えましょう。
>競技用自転車の糾弾で手がいっぱいです。
>いずれにせよ全てのドライバーが「命を奪った」という表現は誤解を招きます。

脊髄反射の発作が始まったようですので、終わりにしましょう。
4000名の命を奪う我儘な自動車ドライバーが引き起こす悲惨な現実を認めることが、治療の第一歩です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/07/02 11:14 | URL |

この記事は同意だなー。

| ひふみ | 2012/07/03 23:08 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

ときさん

>>何が起こるかわからないのが事故の恐ろしさです。
>>競技用自転車の集団爆走が危険たるゆえんです。
>>自転車にディスクブレーキ設置を義務付けるのも良いでしょう。
>「スポーツタイプの自転車」は問題ないと思いますが、競技用自転車については公道走行禁止としましょう。
>>影響あるかどうか、実際に調べてみましょう。
>>速度差があるわけですから、自転車は道を譲りましょう。
>>身体がむきだしで走行が不安定となりがちな自転車で、危険な車道走行をするのは控えましょう。
>>競技用自転車の糾弾で手がいっぱいです。
>>いずれにせよ全てのドライバーが「命を奪った」という表現は誤解を招きます。
>脊髄反射の発作が始まったようですので、終わりにしましょう。 4000名の命を奪う我儘な自動車ドライバーが引き起こす悲惨な現実を認めることが、治療の第一歩です。

自転車はドライバーと共存する道をさぐらなければ、行き場を失うでしょう。

| 世捨人 | 2012/07/04 00:11 | URL |

世捨人さん| 2012/07/04 00:11 |へ

>>脊髄反射の発作が始まったようですので、終わりにしましょう。 4000名の命を奪う我儘な自動車ドライバーが引き起こす悲惨な現実を認めることが、治療の第一歩です。
>自転車はドライバーと共存する道をさぐらなければ、行き場を失うでしょう。

(自動車)ドライバーと共存する道、すなわち、自転車は、車道左端を通行するということですね。
良かった。良かった。【おしまい】

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/07/04 18:29 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん
>脊髄反射の発作が始まったようですので、終わりにしましょう。 4000名の命を奪う我儘な自動車ドライバーが引き起こす悲惨な現実を認めることが、治療の第一歩です。
>>自転車はドライバーと共存する道をさぐらなければ、行き場を失うでしょう。
>(自動車)ドライバーと共存する道、すなわち、自転車は、車道左端を通行するということですね。
良かった。良かった。【おしまい】

歩道も活用しましょう。

| 世捨人 | 2012/07/11 01:07 | URL |

世捨人さん| 2012/07/11 01:07 |へ

>>脊髄反射の発作が始まったようですので、終わりにしましょう。 4000名の命を奪う我儘な自動車ドライバーが引き起こす悲惨な現実を認めることが、治療の第一歩です。
>自転車はドライバーと共存する道をさぐらなければ、行き場を失うでしょう。
>>(自動車)ドライバーと共存する道、すなわち、自転車は、車道左端を通行するということですね。良かった。良かった。【おしまい】
>歩道も活用しましょう。

あなたは、歩道の活用などと言える立場にありません。
4000名の命を奪う我儘な自動車ドライバーが引き起こす悲惨な現実を認めることが、治療の第一歩です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/07/11 10:22 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>脊髄反射の発作が始まったようですので、終わりにしましょう。 4000名の命を奪う我儘な自動車ドライバーが引き起こす悲惨な現実を認めることが、治療の第一歩です。
>>自転車はドライバーと共存する道をさぐらなければ、行き場を失うでしょう。
>(自動車)ドライバーと共存する道、すなわち、自転車は、車道左端を通行するということですね。良かった。良かった。【おしまい】
>>歩道も活用しましょう。
>あなたは、歩道の活用などと言える立場にありません。 4000名の命を奪う我儘な自動車ドライバーが引き起こす悲惨な現実を認めることが、治療の第一歩です。

自動車のドライバーのいない世界を語るのは非現実的です。競技用自転車乗りの方が交通事故の当事者にならないよう自転車規制を考える方が得策です。

| 世捨人 | 2012/07/19 23:38 | URL |

世捨人さん| 2012/07/19 23:38 |へ

>>脊髄反射の発作が始まったようですので、終わりにしましょう。 4000名の命を奪う我儘な自動車ドライバーが引き起こす悲惨な現実を認めることが、治療の第一歩です。
>自転車はドライバーと共存する道をさぐらなければ、行き場を失うでしょう。
>>(自動車)ドライバーと共存する道、すなわち、自転車は、車道左端を通行するということですね。良かった。良かった。【おしまい】
>歩道も活用しましょう。
>>あなたは、歩道の活用などと言える立場にありません。 4000名の命を奪う我儘な自動車ドライバーが引き起こす悲惨な現実を認めることが、治療の第一歩です。
>自動車のドライバーのいない世界を語るのは非現実的です。競技用自転車乗りの方が交通事故の当事者にならないよう自転車規制を考える方が得策です。

自動車のドライバーのいない世界など語っていません。ただただ、ルールとマナーを守って、闘魂注入クラクションや幅寄せ等々「迫害行為」を慎んでいただければ十分です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/07/20 14:38 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>脊髄反射の発作が始まったようですので、終わりにしましょう。 4000名の命を奪う我儘な自動車ドライバーが引き起こす悲惨な現実を認めることが、治療の第一歩です。
>>自転車はドライバーと共存する道をさぐらなければ、行き場を失うでしょう。
>(自動車)ドライバーと共存する道、すなわち、自転車は、車道左端を通行するということですね。良かった。良かった。【おしまい】
>>歩道も活用しましょう。
>あなたは、歩道の活用などと言える立場にありません。 4000名の命を奪う我儘な自動車ドライバーが引き起こす悲惨な現実を認めることが、治療の第一歩です。
>>自動車のドライバーのいない世界を語るのは非現実的です。競技用自転車乗りの方が交通事故の当事者にならないよう自転車規制を考える方が得策です。
>自動車のドライバーのいない世界など語っていません。ただただ、ルールとマナーを守って、闘魂注入クラクションや幅寄せ等々「迫害行為」を慎んでいただければ十分です。

後続のクルマが接近したら止まって進路を譲ることで、わがままなドライバーは撲滅するでしょう。


| 世捨人 | 2012/07/25 00:50 | URL |

世捨人さん| 2012/07/25 00:50 |へ

>>脊髄反射の発作が始まったようですので、終わりにしましょう。 4000名の命を奪う我儘な自動車ドライバーが引き起こす悲惨な現実を認めることが、治療の第一歩です。
>自転車はドライバーと共存する道をさぐらなければ、行き場を失うでしょう。
>>(自動車)ドライバーと共存する道、すなわち、自転車は、車道左端を通行するということですね。良かった。良かった。【おしまい】
>歩道も活用しましょう。
>>あなたは、歩道の活用などと言える立場にありません。 4000名の命を奪う我儘な自動車ドライバーが引き起こす悲惨な現実を認めることが、治療の第一歩です。
>自動車のドライバーのいない世界を語るのは非現実的です。競技用自転車乗りの方が交通事故の当事者にならないよう自転車規制を考える方が得策です。
>>自動車のドライバーのいない世界など語っていません。ただただ、ルールとマナーを守って、闘魂注入クラクションや幅寄せ等々「迫害行為」を慎んでいただければ十分です。
>後続のクルマが接近したら止まって進路を譲ることで、わがままなドライバーは撲滅するでしょう。

後続車両のクルマは、車道左端を通行する自転車を安全に追い越せるのであれば勝手に追い越してもらえれば結構です。

安全に追い越すことが出来ないのであれば、安全な車間距離を保って、安全に追い越し出来るところまで、大人しく追随して下さい。

それがルールです。

ただそれだけのことです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/07/25 09:15 | URL |

このブログ読んでも何も得しない。

世捨人自身が荒れてる原因が分かってない。
しかも自分の主張が間違っていても曲げないというのがよくわかった。

| phdKOhqX | 2012/07/29 18:04 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

ときさん

>脊髄反射の発作が始まったようですので、終わりにしましょう。 4000名の命を奪う我儘な自動車ドライバーが引き起こす悲惨な現実を認めることが、治療の第一歩です。
>>自転車はドライバーと共存する道をさぐらなければ、行き場を失うでしょう。
>(自動車)ドライバーと共存する道、すなわち、自転車は、車道左端を通行するということですね。良かった。良かった。【おしまい】
>>歩道も活用しましょう。
>あなたは、歩道の活用などと言える立場にありません。 4000名の命を奪う我儘な自動車ドライバーが引き起こす悲惨な現実を認めることが、治療の第一歩です。
>>自動車のドライバーのいない世界を語るのは非現実的です。競技用自転車乗りの方が交通事故の当事者にならないよう自転車規制を考える方が得策です。
>自動車のドライバーのいない世界など語っていません。ただただ、ルールとマナーを守って、闘魂注入クラクションや幅寄せ等々「迫害行為」を慎んでいただければ十分です。
>>後続のクルマが接近したら止まって進路を譲ることで、わがままなドライバーは撲滅するでしょう。
>後続車両のクルマは、車道左端を通行する自転車を安全に追い越せるのであれば勝手に追い越してもらえれば結構です。

安全に追い越せるよう進路を譲ってあげてください。

>安全に追い越すことが出来ないのであれば、安全な車間距離を保って、安全に追い越し出来るところまで、大人しく追随して下さい。

道路は自転車乗りのものではありません。譲り合いの精神を育んでください。

>それがルールです。 ただそれだけのことです。

交通の円滑を阻害しないでください。

| 世捨人 | 2012/08/02 00:32 | URL |

Re: タイトルなし

phさん

> このブログ読んでも何も得しない。 世捨人自身が荒れてる原因が分かってない。 しかも自分の主張が間違っていても曲げないというのがよくわかった。

何がどう間違っているのか、具体的にお示しください。

| 世捨人 | 2012/08/02 00:45 | URL |

世捨人さん| 2012/08/02 00:32 |へ

>>後続車両のクルマは、車道左端を通行する自転車を安全に追い越せるのであれば勝手に追い越してもらえれば結構です。
>安全に追い越せるよう進路を譲ってあげてください。

自転車は、車道左端を通行することで、最初から進路を譲っています。
ルールにあるとおりです。
安全を確認した上で、勝手に追い越して行って下さい。

>>安全に追い越すことが出来ないのであれば、安全な車間距離を保って、安全に追い越し出来るところまで、大人しく追随して下さい。
>道路は自転車乗りのものではありません。譲り合いの精神を育んでください。

道路は自動車ドライバーのものではありません。お互い様です。

自転車は、車道左端を通行することで、最初から進路を譲っています。
ルールにあるとおりです。
安全に追い越すことが出来ないのであれば、安全な車間距離を保って、安全に追い越し出来るところまで、大人しく追随して下さい。

>>それがルールです。 ただそれだけのことです。
>交通の円滑を阻害しないでください。

いつの間にか差し替えられましたが、先行する競技用自転車との車間距離を詰める大型トラックの「迫害」行為を捉えた画像にもあったように、黄色いセンターラインで追い越しのためのはみ出しが禁止されているような道幅の狭い道路は、最高速度が30~40キロに制限されているものです。

車道左端を30~40キロで走る競技用自転車は、交通の「円滑」を阻害するものではないでしょう。

更に言えば、たとえ10~20キロでしか走れない補助輪の外れた幼児用自転車に乗る幼稚園児・保育園児であれ、自転車は車道左端を通行するものです。

それが、道路交通法で定めた「安全」と「円滑」のルールです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/08/02 15:27 | URL |

脳捨人さんは、脳を捨てていますから、このように脊髄反射のレス
しかできませんwww

| まことに申し訳ないんですがww | 2012/08/04 16:16 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>後続車両のクルマは、車道左端を通行する自転車を安全に追い越せるのであれば勝手に追い越してもらえれば結構です。
>>安全に追い越せるよう進路を譲ってあげてください。
>自転車は、車道左端を通行することで、最初から進路を譲っています。
ルールにあるとおりです。 安全を確認した上で、勝手に追い越して行って下さい。

勝手に追い越すのは失礼です。止まっていただいた上で追い越す方が礼儀正しいかと思います。

>安全に追い越すことが出来ないのであれば、安全な車間距離を保って、安全に追い越し出来るところまで、大人しく追随して下さい。
>>道路は自転車乗りのものではありません。譲り合いの精神を育んでください。
>道路は自動車ドライバーのものではありません。お互い様です。

国内の車道は四輪車の走行を想定しています。

>自転車は、車道左端を通行することで、最初から進路を譲っています。
ルールにあるとおりです。 安全に追い越すことが出来ないのであれば、安全な車間距離を保って、安全に追い越し出来るところまで、大人しく追随して下さい。

速度の速い車両に追いつかれたら進路を譲りましょう。

>それがルールです。 ただそれだけのことです。
>>交通の円滑を阻害しないでください。
>いつの間にか差し替えられましたが、先行する競技用自転車との車間距離を詰める大型トラックの「迫害」行為を捉えた画像にもあったように、黄色い センターラインで追い越しのためのはみ出しが禁止されているような道幅の狭い道路は、最高速度が30~40キロに制限されているものです。 車道左端を30~40キロで走る競技用自転車は、交通の「円滑」を阻害するものではないでしょう。

想像で語らないでください。

>更に言えば、たとえ10~20キロでしか走れない補助輪の外れた幼児用自転車に乗る幼稚園児・保育園児であれ、自転車は車道左端を通行するものです。それが、道路交通法で定めた「安全」と「円滑」のルールです。

譲り合いの精神を育んでください。

| 世捨人 | 2012/08/09 00:10 | URL |

世捨人さん| 2012/08/09 00:10 |へ

>>後続車両のクルマは、車道左端を通行する自転車を安全に追い越せるのであれば勝手に追い越してもらえれば結構です。
>安全に追い越せるよう進路を譲ってあげてください。
>>自転車は、車道左端を通行することで、最初から進路を譲っています。ルールにあるとおりです。 安全を確認した上で、勝手に追い越して行って下さい。
>勝手に追い越すのは失礼です。止まっていただいた上で追い越す方が礼儀正しいかと思います。

ルールにあるとおりですので、何らお構いなく。
安全な車間距離を保って自転車の後ろを追随するか、対向車に気を付けて安全に追い越していくか、それぞれの自動車ドライバーが決めることです。

>>安全に追い越すことが出来ないのであれば、安全な車間距離を保って、安全に追い越し出来るところまで、大人しく追随して下さい。
>道路は自転車乗りのものではありません。譲り合いの精神を育んでください。
>>道路は自動車ドライバーのものではありません。お互い様です。
>国内の車道は四輪車の走行を想定しています。

自転車は車道左端を通行するものです。

>>自転車は、車道左端を通行することで、最初から進路を譲っています。ルールにあるとおりです。 安全に追い越すことが出来ないのであれば、安全な車間距離を保って、安全に追い越し出来るところまで、大人しく追随して下さい。
>速度の速い車両に追いつかれたら進路を譲りましょう。

ですから、自転車は車道左端を通行することで、最初から進路を譲っています。

>>それがルールです。 ただそれだけのことです。
>交通の円滑を阻害しないでください。
>>いつの間にか差し替えられましたが、先行する競技用自転車との車間距離を詰める大型トラックの「迫害」行為を捉えた画像にもあったように、黄色い センターラインで追い越しのためのはみ出しが禁止されているような道幅の狭い道路は、最高速度が30~40キロに制限されているものです。 車道左端を30~40キロで走る競技用自転車は、交通の「円滑」を阻害するものではないでしょう。
>想像で語らないでください。

一旦、ご自身で掲載した「車間距離を詰めて「迫害」行為を行う大型トラックの証拠画像」を勝手に差し替えないでください。
加えて、自転車の「安全」かつ「円滑」な交通を阻害しないでください。

>>更に言えば、たとえ10~20キロでしか走れない補助輪の外れた幼児用自転車に乗る幼稚園児・保育園児であれ、自転車は車道左端を通行するものです。それが、道路交通法で定めた「安全」と「円滑」のルールです。
>譲り合いの精神を育んでください。

ですから、自転車は車道左端を通行することで、最初から進路を譲っています。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/08/17 19:29 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>後続車両のクルマは、車道左端を通行する自転車を安全に追い越せるのであれば勝手に追い越してもらえれば結構です。
>>安全に追い越せるよう進路を譲ってあげてください。
>自転車は、車道左端を通行することで、最初から進路を譲っています。ルールにあるとおりです。 安全を確認した上で、勝手に追い越して行って下さい。
>>勝手に追い越すのは失礼です。止まっていただいた上で追い越す方が礼儀正しいかと思います。
>ルールにあるとおりですので、何らお構いなく。 安全な車間距離を保って自転車の後ろを追随するか、対向車に気を付けて安全に追い越していくか、それぞれの自動車ドライバーが決めることです。

交通の円滑を阻害する原因をつくらないでください。


>安全に追い越すことが出来ないのであれば、安全な車間距離を保って、安全に追い越し出来るところまで、大人しく追随して下さい。
>>道路は自転車乗りのものではありません。譲り合いの精神を育んでください。
>道路は自動車ドライバーのものではありません。お互い様です。
>>国内の車道は四輪車の走行を想定しています。
>自転車は車道左端を通行するものです。

歩道も走行できます。


>自転車は、車道左端を通行することで、最初から進路を譲っています。ルールにあるとおりです。 安全に追い越すことが出来ないのであれば、安全な車間距離を保って、安全に追い越し出来るところまで、大人しく追随して下さい。
>>速度の速い車両に追いつかれたら進路を譲りましょう。
>ですから、自転車は車道左端を通行することで、最初から進路を譲っています。

道路状況や交通量に応じて積極的に進路を譲ってください。


>それがルールです。 ただそれだけのことです。
>>交通の円滑を阻害しないでください。
>いつの間にか差し替えられましたが、先行する競技用自転車との車間距離を詰める大型トラックの「迫害」行為を捉えた画像にもあったように、黄色い センターラインで追い越しのためのはみ出しが禁止されているような道幅の狭い道路は、最高速度が30~40キロに制限されているものです。 車道左端を30~40キロで走る競技用自転車は、交通の「円滑」を阻害するものではないでしょう。
>>想像で語らないでください。
>一旦、ご自身で掲載した「車間距離を詰めて「迫害」行為を行う大型トラックの証拠画像」を勝手に差し替えないでください。加えて、自転車の「安全」かつ「円滑」な交通を阻害しないでください。

落ち着いてください。歩道を活用してください。


>更に言えば、たとえ10~20キロでしか走れない補助輪の外れた幼児用自転車に乗る幼稚園児・保育園児であれ、自転車は車道左端を通行するものです。それが、道路交通法で定めた「安全」と「円滑」のルールです。
>>譲り合いの精神を育んでください。
>ですから、自転車は車道左端を通行することで、最初から進路を譲っています。

実際は交通の円滑を阻害しているという、現実から目を背けないでください。

| 世捨人 | 2012/08/23 01:00 | URL |

世捨人さん| 2012/08/23 01:00 |へ

>ルールにあるとおりですので、何らお構いなく。 安全な車間距離を保って自転車の後ろを追随するか、対向車に気を付けて安全に追い越していくか、それぞれの自動車ドライバーが決めることです。
>交通の円滑を阻害する原因をつくらないでください。

自転車店店員さんと今日の能無しさんというお仲間が出来て良かったですね。

>>自転車は車道左端を通行するものです。
>歩道も走行できます。

自転車乗りの判断で、車道も歩道も自由自在に通行出来るところも自転車の良い所です。

>>ですから、自転車は車道左端を通行することで、最初から進路を譲っています。
>道路状況や交通量に応じて積極的に進路を譲ってください。

それぞれの自転車乗りが判断することですが、自転車は車道左端を通行することでルール上も実際上も積極的に進路を譲っています。

>>一旦、ご自身で掲載した「車間距離を詰めて「迫害」行為を行う大型トラックの証拠画像」を勝手に差し替えないでください。加えて、自転車の「安全」かつ「円滑」な交通を阻害しないでください。
>落ち着いてください。歩道を活用してください。

自転車は車道左端を通行するものです。

>>ですから、自転車は車道左端を通行することで、最初から進路を譲っています。
>実際は交通の円滑を阻害しているという、現実から目を背けないでください。

自転車は、車道左端をゆっくりと走ることで、交通の安全に貢献しています。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/08/23 20:02 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>ルールにあるとおりですので、何らお構いなく。 安全な車間距離を保って自転車の後ろを追随するか、対向車に気を付けて安全に追い越していくか、それぞれの自動車ドライバーが決めることです。
>>交通の円滑を阻害する原因をつくらないでください。
>自転車店店員さんと今日の能無しさんというお仲間が出来て良かったですね。

当ブログは誰もが共感する内容との定評があります。

>自転車は車道左端を通行するものです。
>>歩道も走行できます。
>自転車乗りの判断で、車道も歩道も自由自在に通行出来るところも自転車の良い所です。

自転車のよいところは、交通安全と相容れないということを肝に銘じてください。

>ですから、自転車は車道左端を通行することで、最初から進路を譲っています。
>>道路状況や交通量に応じて積極的に進路を譲ってください。
>それぞれの自転車乗りが判断することですが、自転車は車道左端を通行することでルール上も実際上も積極的に進路を譲っています。

左端を走行するだけで進路を譲っているというのはあまりにも消極的です。道路脇にそれるなど積極的に譲り合ってください。

>一旦、ご自身で掲載した「車間距離を詰めて「迫害」行為を行う大型トラックの証拠画像」を勝手に差し替えないでください。加えて、自転車の「安全」かつ「円滑」な交通を阻害しないでください。
>>落ち着いてください。歩道を活用してください。
>自転車は車道左端を通行するものです。

歩道を活用できます。

>ですから、自転車は車道左端を通行することで、最初から進路を譲っています。
>>実際は交通の円滑を阻害しているという、現実から目を背けないでください。
>自転車は、車道左端をゆっくりと走ることで、交通の安全に貢献しています。

迫害を受けるのはなぜですか?

| 世捨人 | 2012/08/29 00:23 | URL |

世捨人さん| 2012/08/29 00:23 |へ

>>ルールにあるとおりですので、何らお構いなく。 安全な車間距離を保って自転車の後ろを追随するか、対向車に気を付けて安全に追い越していくか、それぞれの自動車ドライバーが決めることです。
>交通の円滑を阻害する原因をつくらないでください。
>>自転車店店員さんと今日の能無しさんというお仲間が出来て良かったですね。
>当ブログは誰もが共感する内容との定評があります。

自転車店店員さんと今日の能無しさんも、そろそろ、自らの誤りに気付かれることでしょう。

>>自転車は車道左端を通行するものです。
>歩道も走行できます。
>>自転車乗りの判断で、車道も歩道も自由自在に通行出来るところも自転車の良い所です。
>自転車のよいところは、交通安全と相容れないということを肝に銘じてください。

ルールどおり車道左端を通行することが、「安全」と「円滑」につながるということですね。

>>ですから、自転車は車道左端を通行することで、最初から進路を譲っています。
>道路状況や交通量に応じて積極的に進路を譲ってください。
>>それぞれの自転車乗りが判断することですが、自転車は車道左端を通行することでルール上も実際上も積極的に進路を譲っています。
>左端を走行するだけで進路を譲っているというのはあまりにも消極的です。道路脇にそれるなど積極的に譲り合ってください。

トイレの順番は横入りせずに大人しく並んで待って下さい。

>>一旦、ご自身で掲載した「車間距離を詰めて「迫害」行為を行う大型トラックの証拠画像」を勝手に差し替えないでください。加えて、自転車の「安全」かつ「円滑」な交通を阻害しないでください。
>落ち着いてください。歩道を活用してください。
>>自転車は車道左端を通行するものです。
>歩道を活用できます。

右折出来ずにショートカット逆走ローディのように歩道も縦横無尽に活用させて頂いております。

>>ですから、自転車は車道左端を通行することで、最初から進路を譲っています。
>実際は交通の円滑を阻害しているという、現実から目を背けないでください。
>>自転車は、車道左端をゆっくりと走ることで、交通の安全に貢献しています。
>迫害を受けるのはなぜですか?

我儘ドライバーがトイレの順番待ちに並んでいるという自らの立場をわきまえていないからでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2012/08/29 12:37 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>ルールにあるとおりですので、何らお構いなく。 安全な車間距離を保って自転車の後ろを追随するか、対向車に気を付けて安全に追い越していくか、それぞれの自動車ドライバーが決めることです。
>>交通の円滑を阻害する原因をつくらないでください。
>自転車店店員さんと今日の能無しさんというお仲間が出来て良かったですね。
>>当ブログは誰もが共感する内容との定評があります。
>自転車店店員さんと今日の能無しさんも、そろそろ、自らの誤りに気付かれることでしょう。

ときさんも誤りに気づいて、いっしょに競技用自転車乗りを糾弾しましょう。

>自転車は車道左端を通行するものです。
>>歩道も走行できます。
>自転車乗りの判断で、車道も歩道も自由自在に通行出来るところも自転車の良い所です。
>>自転車のよいところは、交通安全と相容れないということを肝に銘じてください。
>ルールどおり車道左端を通行することが、「安全」と「円滑」につながるということですね。

譲り合いの精神を育んでください。

>ですから、自転車は車道左端を通行することで、最初から進路を譲っています。
>>道路状況や交通量に応じて積極的に進路を譲ってください。
>それぞれの自転車乗りが判断することですが、自転車は車道左端を通行することでルール上も実際上も積極的に進路を譲っています。
>>左端を走行するだけで進路を譲っているというのはあまりにも消極的です。道路脇にそれるなど積極的に譲り合ってください。
>トイレの順番は横入りせずに大人しく並んで待って下さい。

男性の場合、「大」と「小」で順番待ちの列が異なります。
自動車も自転車も男性トイレと同じように使い分けてもらいたいですね。

>一旦、ご自身で掲載した「車間距離を詰めて「迫害」行為を行う大型トラックの証拠画像」を勝手に差し替えないでください。加えて、自転車の「安全」かつ「円滑」な交通を阻害しないでください。
>>落ち着いてください。歩道を活用してください。
>自転車は車道左端を通行するものです。
>>歩道を活用できます。
>右折出来ずにショートカット逆走ローディのように歩道も縦横無尽に活用させて頂いております。

「逆走」は道路交通法に書いてありません。

>ですから、自転車は車道左端を通行することで、最初から進路を譲っています。
>>実際は交通の円滑を阻害しているという、現実から目を背けないでください。
>自転車は、車道左端をゆっくりと走ることで、交通の安全に貢献しています。
>>迫害を受けるのはなぜですか?
>我儘ドライバーがトイレの順番待ちに並んでいるという自らの立場をわきまえていないからでしょう。

自転車乗りは広い心で進路を譲りましょう。

| 世捨人 | 2012/09/05 00:49 | URL |

なんでも、かんでも

規制しようとしないで下さい
あなたは、実際にロードという乗り物に乗った事ないでしょう?
そりゃ、一部には交通ルールを守ってない輩もいます、しかし大半が交通ルールを守ってキチンと乗っている紳士ばかりです

| しげ | 2013/06/26 03:06 | URL |

Re: なんでも、かんでも

しさん

>規制しようとしないで下さい あなたは、実際にロードという乗り物に乗った事ないでしょう? そりゃ、一部には交通ルールを守ってない輩もいます、しかし大半が交通ルールを守ってキチンと乗っている紳士ばかりです

競技用自転車の乗車は日本サイクルスポーツセンターで体験しております。
当ブログでは、レース用に開発された自転車での公道走行の是非について問題提起しております。
ご理解、ご協力をお願いします。

| 世捨人 | 2013/07/03 00:31 | URL |

世捨人さん| 2012/09/05 00:49 |へ

>>交通の円滑を阻害する原因をつくらないでください。
>>自転車店店員さんと今日の能無しさんというお仲間が出来て良かったですね。
>当ブログは誰もが共感する内容との定評があります。
>>自転車店店員さんと今日の能無しさんも、そろそろ、自らの誤りに気付かれることでしょう。
>ときさんも誤りに気づいて、いっしょに競技用自転車乗りを糾弾しましょう。

まずは、ルールにあるとおり後続車両である自動車ドライバーが 安全な車間距離を保って自転車の後ろを追随するか、対向車に気を付けて安全に追い越していくことです。

頭の悪い方々のお仲間はご勘弁下さい。

>自転車乗りの判断で、車道も歩道も自由自在に通行出来るところも自転車の良い所です。
>自転車のよいところは、交通安全と相容れないということを肝に銘じてください。
>>ルールどおり車道左端を通行することが、「安全」と「円滑」につながるということですね。
>譲り合いの精神を育んでください。

自転車は車道左端を通行することで、後続車両に十二分に道を譲っています。

>>それぞれの自転車乗りが判断することですが、自転車は車道左端を通行することでルール上も実際上も積極的に進路を譲っています。
>左端を走行するだけで進路を譲っているというのはあまりにも消極的です。道路脇にそれるなど積極的に譲り合ってください。
>>トイレの順番は横入りせずに大人しく並んで待って下さい。
>男性の場合、「大」と「小」で順番待ちの列が異なります。自動車も自転車も男性トイレと同じように使い分けてもらいたいですね。

道路交通法上、自動車は「左側寄り」、自転車は「左側端寄り」と明確に使い分けられています。

>>一旦、ご自身で掲載した「車間距離を詰めて「迫害」行為を行う大型トラックの証拠画像」を勝手に差し替えないでください。加えて、自転車の「安全」かつ「円滑」な交通を阻害しないでください。
>落ち着いてください。歩道を活用してください。
>>自転車は車道左端を通行するものです。
>歩道を活用できます。
>>右折出来ずにショートカット逆走ローディのように歩道も縦横無尽に活用させて頂いております。
>「逆走」は道路交通法に書いてありません。

大丈夫ですか?
しっかりして下さい。

>迫害を受けるのはなぜですか?
>>我儘ドライバーがトイレの順番待ちに並んでいるという自らの立場をわきまえていないからでしょう。
>自転車乗りは広い心で進路を譲りましょう。

自転車は車道左端を通行することで進路を譲っています。

| ときどきオアゾ通勤おやじ | 2013/07/03 09:18 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>>交通の円滑を阻害する原因をつくらないでください。
>自転車店店員さんと今日の能無しさんというお仲間が出来て良かったですね。
>>当ブログは誰もが共感する内容との定評があります。
>自転車店店員さんと今日の能無しさんも、そろそろ、自らの誤りに気付かれることでしょう。
>>ときさんも誤りに気づいて、いっしょに競技用自転車乗りを糾弾しましょう。
>まずは、ルールにあるとおり後続車両である自動車ドライバーが 安全な車間距離を保って自転車の後ろを追随するか、対向車に気を付けて安全に追い越していくことです。 頭の悪い方々のお仲間はご勘弁下さい。

速度差のある自転車の後ろを追随すると、交通の円滑を阻害することになります。
車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられています。
ご理解、ご協力をお願いします。


>自転車乗りの判断で、車道も歩道も自由自在に通行出来るところも自転車の良い所です。
>>自転車のよいところは、交通安全と相容れないということを肝に銘じてください。
>ルールどおり車道左端を通行することが、「安全」と「円滑」につながるということですね。
>>譲り合いの精神を育んでください。
>自転車は車道左端を通行することで、後続車両に十二分に道を譲っています。

状況によって変化します。自分勝手な判断はおやめください。

>それぞれの自転車乗りが判断することですが、自転車は車道左端を通行することでルール上も実際上も積極的に進路を譲っています。
>>左端を走行するだけで進路を譲っているというのはあまりにも消極的です。道路脇にそれるなど積極的に譲り合ってください。
>トイレの順番は横入りせずに大人しく並んで待って下さい。
>>男性の場合、「大」と「小」で順番待ちの列が異なります。自動車も自転車も男性トイレと同じように使い分けてもらいたいですね。
>道路交通法上、自動車は「左側寄り」、自転車は「左側端寄り」と明確に使い分けられています。

実態上、使い分けられておらず、クルマの進路をふさいでいますね。

>一旦、ご自身で掲載した「車間距離を詰めて「迫害」行為を行う大型トラックの証拠画像」を勝手に差し替えないでください。加えて、自転車の「安全」かつ「円滑」な交通を阻害しないでください。
>>落ち着いてください。歩道を活用してください。
>自転車は車道左端を通行するものです。
>>歩道を活用できます。
>右折出来ずにショートカット逆走ローディのように歩道も縦横無尽に活用させて頂いております。
>>「逆走」は道路交通法に書いてありません。
>大丈夫ですか? しっかりして下さい。

がんばってください。

>>迫害を受けるのはなぜですか?
>我儘ドライバーがトイレの順番待ちに並んでいるという自らの立場をわきまえていないからでしょう。
>>自転車乗りは広い心で進路を譲りましょう。
>自転車は車道左端を通行することで進路を譲っています。

にもかかわらず迫害を受けるのは、やはり問題があるからでしょう。

| 世捨人 | 2013/07/09 23:04 | URL |

世捨人さん| 2013/07/09 23:04 |へ

>交通の円滑を阻害する原因をつくらないでください。
>>自転車店店員さんと今日の能無しさんというお仲間が出来て良かったですね。
>当ブログは誰もが共感する内容との定評があります。
>>自転車店店員さんと今日の能無しさんも、そろそろ、自らの誤りに気付かれることでしょう。
>ときさんも誤りに気づいて、いっしょに競技用自転車乗りを糾弾しましょう。
>>まずは、ルールにあるとおり後続車両である自動車ドライバーが 安全な車間距離を保って自転車の後ろを追随するか、対向車に気を付けて安全に追い越していくことです。 頭の悪い方々のお仲間はご勘弁下さい。
>速度差のある自転車の後ろを追随すると、交通の円滑を阻害することになります。車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられています。 ご理解、ご協力をお願いします。

対向車に気を付けて安全に追い越していって頂ければ、結構です。ご勝手にどうぞ。

>>自転車乗りの判断で、車道も歩道も自由自在に通行出来るところも自転車の良い所です。
>自転車のよいところは、交通安全と相容れないということを肝に銘じてください。
>>ルールどおり車道左端を通行することが、「安全」と「円滑」につながるということですね。
>譲り合いの精神を育んでください。
>>自転車は車道左端を通行することで、後続車両に十二分に道を譲っています。
>状況によって変化します。自分勝手な判断はおやめください。

様々な状況が生じる道路交通の安全と円滑のために、道路交通法に定められたルールです。
自転車は、ただただ、車道左端を真っ直ぐ前を向いて通行するだけです。

>>それぞれの自転車乗りが判断することですが、自転車は車道左端を通行することでルール上も実際上も積極的に進路を譲っています。
>左端を走行するだけで進路を譲っているというのはあまりにも消極的です。道路脇にそれるなど積極的に譲り合ってください。
>>トイレの順番は横入りせずに大人しく並んで待って下さい。
>男性の場合、「大」と「小」で順番待ちの列が異なります。自動車も自転車も男性トイレと同じように使い分けてもらいたいですね。
>>道路交通法上、自動車は「左側寄り」、自転車は「左側端寄り」と明確に使い分けられています。
>実態上、使い分けられておらず、クルマの進路をふさいでいますね。

安全に追越していけないのであれば、安全に追越し出来る場所まで、追随することが大人のルール・マナーです。

>>一旦、ご自身で掲載した「車間距離を詰めて「迫害」行為を行う大型トラックの証拠画像」を勝手に差し替えないでください。加えて、自転車の「安全」かつ「円滑」な交通を阻害しないでください。
>落ち着いてください。歩道を活用してください。
>>自転車は車道左端を通行するものです。
>歩道を活用できます。
>>右折出来ずにショートカット逆走ローディのように歩道も縦横無尽に活用させて頂いております。
>「逆走」は道路交通法に書いてありません。
>>大丈夫ですか? しっかりして下さい。
>がんばってください。

ちゃん、ちゃん。

>迫害を受けるのはなぜですか?
>>我儘ドライバーがトイレの順番待ちに並んでいるという自らの立場をわきまえていないからでしょう。
>自転車乗りは広い心で進路を譲りましょう。
>>自転車は車道左端を通行することで進路を譲っています。
>にもかかわらず迫害を受けるのは、やはり問題があるからでしょう。

我儘ドライバーがトイレの順番待ちに並んでいるという自らの立場をわきまえていないからです。

| と | 2013/07/23 10:49 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>>交通の円滑を阻害する原因をつくらないでください。
>自転車店店員さんと今日の能無しさんというお仲間が出来て良かったですね。
>>当ブログは誰もが共感する内容との定評があります。
>自転車店店員さんと今日の能無しさんも、そろそろ、自らの誤りに気付かれることでしょう。
>>ときさんも誤りに気づいて、いっしょに競技用自転車乗りを糾弾しましょう。
>まずは、ルールにあるとおり後続車両である自動車ドライバーが 安全な車間距離を保って自転車の後ろを追随するか、対向車に気を付けて安全に追い越していくことです。 頭の悪い方々のお仲間はご勘弁下さい。
>>速度差のある自転車の後ろを追随すると、交通の円滑を阻害することになります。車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられています。 ご理解、ご協力をお願いします。
>対向車に気を付けて安全に追い越していって頂ければ、結構です。ご勝手にどうぞ。

中央車線をはみ出すのは迷惑かつ危険です。

>自転車乗りの判断で、車道も歩道も自由自在に通行出来るところも自転車の良い所です。
>>自転車のよいところは、交通安全と相容れないということを肝に銘じてください。
>ルールどおり車道左端を通行することが、「安全」と「円滑」につながるということですね。
>>譲り合いの精神を育んでください。
>自転車は車道左端を通行することで、後続車両に十二分に道を譲っています。
>>状況によって変化します。自分勝手な判断はおやめください。
>様々な状況が生じる道路交通の安全と円滑のために、道路交通法に定められたルールです。自転車は、ただただ、車道左端を真っ直ぐ前を向いて通行するだけです。

刻一刻と変化する道路状況に応じた走行を心がけてください。自転車がクルマに進路を譲る場面は数多く訪れるでしょう。

>それぞれの自転車乗りが判断することですが、自転車は車道左端を通行することでルール上も実際上も積極的に進路を譲っています。
>>左端を走行するだけで進路を譲っているというのはあまりにも消極的です。道路脇にそれるなど積極的に譲り合ってください。
>トイレの順番は横入りせずに大人しく並んで待って下さい。
>>男性の場合、「大」と「小」で順番待ちの列が異なります。自動車も自転車も男性トイレと同じように使い分けてもらいたいですね。
>道路交通法上、自動車は「左側寄り」、自転車は「左側端寄り」と明確に使い分けられています。
>>実態上、使い分けられておらず、クルマの進路をふさいでいますね。
>安全に追越していけないのであれば、安全に追越し出来る場所まで、追随することが大人のルール・マナーです。

小回りが効かないクルマのために、進路を譲ってあげてください。

>一旦、ご自身で掲載した「車間距離を詰めて「迫害」行為を行う大型トラックの証拠画像」を勝手に差し替えないでください。加えて、自転車の「安全」かつ「円滑」な交通を阻害しないでください。
>>落ち着いてください。歩道を活用してください。
>自転車は車道左端を通行するものです。
>>歩道を活用できます。
>右折出来ずにショートカット逆走ローディのように歩道も縦横無尽に活用させて頂いております。
>>「逆走」は道路交通法に書いてありません。
>大丈夫ですか? しっかりして下さい。
>>がんばってください。
>ちゃん、ちゃん。

はしゃがないでください。

>>迫害を受けるのはなぜですか?
>我儘ドライバーがトイレの順番待ちに並んでいるという自らの立場をわきまえていないからでしょう。
>>自転車乗りは広い心で進路を譲りましょう。
>自転車は車道左端を通行することで進路を譲っています。
>>にもかかわらず迫害を受けるのは、やはり問題があるからでしょう。
>我儘ドライバーがトイレの順番待ちに並んでいるという自らの立場をわきまえていないからです。

つまらない思いをするので、人力の自転車は速度差のあるクルマが走行する車道には近づかない方が良いですね。

| 世捨人 | 2013/07/24 00:57 | URL |

世捨人さん| 2013/07/24 00:57 |へ

>交通の円滑を阻害する原因をつくらないでください。
>>自転車店店員さんと今日の能無しさんというお仲間が出来て良かったですね。
>当ブログは誰もが共感する内容との定評があります。
>>自転車店店員さんと今日の能無しさんも、そろそろ、自らの誤りに気付かれることでしょう。
>ときさんも誤りに気づいて、いっしょに競技用自転車乗りを糾弾しましょう。
>>まずは、ルールにあるとおり後続車両である自動車ドライバーが 安全な車間距離を保って自転車の後ろを追随するか、対向車に気を付けて安全に追い越していくことです。 頭の悪い方々のお仲間はご勘弁下さい。
>速度差のある自転車の後ろを追随すると、交通の円滑を阻害することになります。車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられています。 ご理解、ご協力をお願いします。
>>対向車に気を付けて安全に追い越していって頂ければ、結構です。ご勝手にどうぞ。
>中央車線をはみ出すのは迷惑かつ危険です。

中央車線をはみ出さずに安全に追い越して行って頂ければ、結構です。

>>自転車乗りの判断で、車道も歩道も自由自在に通行出来るところも自転車の良い所です。
>自転車のよいところは、交通安全と相容れないということを肝に銘じてください。
>>ルールどおり車道左端を通行することが、「安全」と「円滑」につながるということですね。
>譲り合いの精神を育んでください。
>>自転車は車道左端を通行することで、後続車両に十二分に道を譲っています。
>状況によって変化します。自分勝手な判断はおやめください。
>>様々な状況が生じる道路交通の安全と円滑のために、道路交通法に定められたルールです。自転車は、ただただ、車道左端を真っ直ぐ前を向いて通行するだけです。
>刻一刻と変化する道路状況に応じた走行を心がけてください。自転車がクルマに進路を譲る場面は数多く訪れるでしょう。

自転車は車道左端を通行することで、後続車両に十二分に道を譲っています。

>>それぞれの自転車乗りが判断することですが、自転車は車道左端を通行することでルール上も実際上も積極的に進路を譲っています。
>左端を走行するだけで進路を譲っているというのはあまりにも消極的です。道路脇にそれるなど積極的に譲り合ってください。
>>トイレの順番は横入りせずに大人しく並んで待って下さい。
>男性の場合、「大」と「小」で順番待ちの列が異なります。自動車も自転車も男性トイレと同じように使い分けてもらいたいですね。
>>道路交通法上、自動車は「左側寄り」、自転車は「左側端寄り」と明確に使い分けられています。
>実態上、使い分けられておらず、クルマの進路をふさいでいますね。
>>安全に追越していけないのであれば、安全に追越し出来る場所まで、追随することが大人のルール・マナーです。
>小回りが効かないクルマのために、進路を譲ってあげてください。

自転車は車道左端を通行することで、後続車両に十二分に道を譲っています。
小回りが効かないクルマは、ルールにあるとおり、反対の方向又は後方からの交通及び前車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車の速度及び進路並びに道路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で追越していって下さい。
追越しが出来ないのであれば、安全な車間距離を保って自転車の後ろを追随することです。

>>一旦、ご自身で掲載した「車間距離を詰めて「迫害」行為を行う大型トラックの証拠画像」を勝手に差し替えないでください。加えて、自転車の「安全」かつ「円滑」な交通を阻害しないでください。
>落ち着いてください。歩道を活用してください。
>>自転車は車道左端を通行するものです。
>歩道を活用できます。
>>右折出来ずにショートカット逆走ローディのように歩道も縦横無尽に活用させて頂いております。
>「逆走」は道路交通法に書いてありません。
>>大丈夫ですか? しっかりして下さい。
>がんばってください。
>>ちゃん、ちゃん。
>はしゃがないでください。

画像を差し替えた理由は何ですか?

>迫害を受けるのはなぜですか?
>>我儘ドライバーがトイレの順番待ちに並んでいるという自らの立場をわきまえていないからでしょう。
>自転車乗りは広い心で進路を譲りましょう。
>>自転車は車道左端を通行することで進路を譲っています。
>にもかかわらず迫害を受けるのは、やはり問題があるからでしょう。
>>我儘ドライバーがトイレの順番待ちに並んでいるという自らの立場をわきまえていないからです。
>つまらない思いをするので、人力の自転車は速度差のあるクルマが走行する車道には近づかない方が良いですね。

自転車は車道左端を通行するものです。

| オ | 2013/07/24 12:05 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>>交通の円滑を阻害する原因をつくらないでください。
>自転車店店員さんと今日の能無しさんというお仲間が出来て良かったですね。
>>当ブログは誰もが共感する内容との定評があります。
>自転車店店員さんと今日の能無しさんも、そろそろ、自らの誤りに気付かれることでしょう。
>>ときさんも誤りに気づいて、いっしょに競技用自転車乗りを糾弾しましょう。
>まずは、ルールにあるとおり後続車両である自動車ドライバーが 安全な車間距離を保って自転車の後ろを追随するか、対向車に気を付けて安全に追い越していくことです。 頭の悪い方々のお仲間はご勘弁下さい。
>>速度差のある自転車の後ろを追随すると、交通の円滑を阻害することになります。車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられています。 ご理解、ご協力をお願いします。
>対向車に気を付けて安全に追い越していって頂ければ、結構です。ご勝手にどうぞ。
>>中央車線をはみ出すのは迷惑かつ危険です。
>中央車線をはみ出さずに安全に追い越して行って頂ければ、結構です。

クルマが中央車線をはみ出さず安全に追い越しができるよう、自転車は歩道を活用しましょう。

>自転車乗りの判断で、車道も歩道も自由自在に通行出来るところも自転車の良い所です。
>>自転車のよいところは、交通安全と相容れないということを肝に銘じてください。
>ルールどおり車道左端を通行することが、「安全」と「円滑」につながるということですね。
>>譲り合いの精神を育んでください。
>自転車は車道左端を通行することで、後続車両に十二分に道を譲っています。
>>状況によって変化します。自分勝手な判断はおやめください。
>様々な状況が生じる道路交通の安全と円滑のために、道路交通法に定められたルールです。自転車は、ただただ、車道左端を真っ直ぐ前を向いて通行するだけです。
>>刻一刻と変化する道路状況に応じた走行を心がけてください。自転車がクルマに進路を譲る場面は数多く訪れるでしょう。
>自転車は車道左端を通行することで、後続車両に十二分に道を譲っています。

迫害を受けるという、現実を直視してください。

>それぞれの自転車乗りが判断することですが、自転車は車道左端を通行することでルール上も実際上も積極的に進路を譲っています。
>>左端を走行するだけで進路を譲っているというのはあまりにも消極的です。道路脇にそれるなど積極的に譲り合ってください。
>トイレの順番は横入りせずに大人しく並んで待って下さい。
>>男性の場合、「大」と「小」で順番待ちの列が異なります。自動車も自転車も男性トイレと同じように使い分けてもらいたいですね。
>道路交通法上、自動車は「左側寄り」、自転車は「左側端寄り」と明確に使い分けられています。
>>実態上、使い分けられておらず、クルマの進路をふさいでいますね。
>安全に追越していけないのであれば、安全に追越し出来る場所まで、追随することが大人のルール・マナーです。
>>小回りが効かないクルマのために、進路を譲ってあげてください。
>自転車は車道左端を通行することで、後続車両に十二分に道を譲っています。 小回りが効かないクルマは、ルールにあるとおり、反対の方向又は後方からの交通及び前車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車の速度及び進路並びに道路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で追越していって下さい。追越しが出来ないのであれば、安全な車間距離を保って自転車の後ろを追随することです。

自分では譲っているつもりでも、後続車に気持ちが伝わっていなければ譲ったとは言いがたいでしょう。

>一旦、ご自身で掲載した「車間距離を詰めて「迫害」行為を行う大型トラックの証拠画像」を勝手に差し替えないでください。加えて、自転車の「安全」かつ「円滑」な交通を阻害しないでください。
>>落ち着いてください。歩道を活用してください。
>自転車は車道左端を通行するものです。
><歩道を活用できます。
>右折出来ずにショートカット逆走ローディのように歩道も縦横無尽に活用させて頂いております。
><「逆走」は道路交通法に書いてありません。
>大丈夫ですか? しっかりして下さい。
>>がんばってください。
>ちゃん、ちゃん。
>>はしゃがないでください。
>画像を差し替えた理由は何ですか?

調査中です。

>>迫害を受けるのはなぜですか?
>我儘ドライバーがトイレの順番待ちに並んでいるという自らの立場をわきまえていないからでしょう。
>>自転車乗りは広い心で進路を譲りましょう。
>自転車は車道左端を通行することで進路を譲っています。
>>にもかかわらず迫害を受けるのは、やはり問題があるからでしょう。
>我儘ドライバーがトイレの順番待ちに並んでいるという自らの立場をわきまえていないからです。
>>つまらない思いをするので、人力の自転車は速度差のあるクルマが走行する車道には近づかない方が良いですね。
>自転車は車道左端を通行するものです。

身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険な車道は避けましょう。

| 世捨人 | 2013/07/31 23:23 | URL |

世捨人さんは何かを批判する事で自分は正しいという感覚を味わいたいんですね。中学生によくあることです。全く成長していない世捨人さんが恥じることはな〜んにもありませんよ(´∀`)中学生並の知能しかないんですから仕方ありませんよ。これからも自転車関連のことを批判して自己満足して下さいね。この記事の数々があなたの黒歴史にならない事を祈ります。いい年してこんな事してるなんて普通の人から見たらただのイタいおっさんですから。

| 自転車乗り | 2014/04/06 14:07 | URL |

世捨人さん| 2013/07/31 23:23 |へ

>速度差のある自転車の後ろを追随すると、交通の円滑を阻害することになります。車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられています。 ご理解、ご協力をお願いします。
>>対向車に気を付けて安全に追い越していって頂ければ、結構です。ご勝手にどうぞ。
>中央車線をはみ出すのは迷惑かつ危険です。
>>中央車線をはみ出さずに安全に追い越して行って頂ければ、結構です。
>クルマが中央車線をはみ出さず安全に追い越しができるよう、自転車は歩道を活用しましょう。

自転車は車道左端を通行するものです。
>>自転車は車道左端を通行することで、後続車両に十二分に道を譲っています。
>状況によって変化します。自分勝手な判断はおやめください。
>>様々な状況が生じる道路交通の安全と円滑のために、道路交通法に定められたルールです。自転車は、ただただ、車道左端を真っ直ぐ前を向いて通行するだけです。
>刻一刻と変化する道路状況に応じた走行を心がけてください。自転車がクルマに進路を譲る場面は数多く訪れるでしょう。
>>自転車は車道左端を通行することで、後続車両に十二分に道を譲っています。
>迫害を受けるという、現実を直視してください。

自転車は車道左端を通行するだけのことです。
迫害を受けるような現実はありません。

>>安全に追越していけないのであれば、安全に追越し出来る場所まで、追随することが大人のルール・マナーです。
>小回りが効かないクルマのために、進路を譲ってあげてください。
>>自転車は車道左端を通行することで、後続車両に十二分に道を譲っています。 小回りが効かないクルマは、ルールにあるとおり、反対の方向又は後方からの交通及び前車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車の速度及び進路並びに道路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で追越していって下さい。追越しが出来ないのであれば、安全な車間距離を保って自転車の後ろを追随することです。
>自分では譲っているつもりでも、後続車に気持ちが伝わっていなければ譲ったとは言いがたいでしょう。

後続車にも気持ちが伝わるように、道路交通法で、自転車は車道左端通行しなければならないと定められています。

>>我儘ドライバーがトイレの順番待ちに並んでいるという自らの立場をわきまえていないからです。
>つまらない思いをするので、人力の自転車は速度差のあるクルマが走行する車道には近づかない方が良いですね。
>>自転車は車道左端を通行するものです。
>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険な車道は避けましょう。

自転車は車道左端を通行するものです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/04/07 09:27 | URL |

Re: タイトルなし

自転さん

>世捨人さんは何かを批判する事で自分は正しいという感覚を味わいたいんですね。中学生によくあることです。全く成長していない世捨人さんが恥じることは な〜んにもありませんよ(´∀`)中学生並の知能しかないんですから仕方ありませんよ。これからも自転車関連のことを批判して自己満足して下さいね。この 記事の数々があなたの黒歴史にならない事を祈ります。いい年してこんな事してるなんて普通の人から見たらただのイタいおっさんですから。

競技用自転車乗りが悲惨な交通事故の当事者になってもらいたくないのです。
小生の交通安全に対する願いは、何ら恥じらいもありません。
ご理解、ご協力をお願いします。

| 世捨人 | 2014/04/09 01:27 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>>速度差のある自転車の後ろを追随すると、交通の円滑を阻害することになります。車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられています。 ご理解、ご協力をお願いします。
>対向車に気を付けて安全に追い越していって頂ければ、結構です。ご勝手にどうぞ。
>>中央車線をはみ出すのは迷惑かつ危険です。
>中央車線をはみ出さずに安全に追い越して行って頂ければ、結構です。
>>クルマが中央車線をはみ出さず安全に追い越しができるよう、自転車は歩道を活用しましょう。
>自転車は車道左端を通行するものです。

自転車の歩道走行は法律で認められています。

>自転車は車道左端を通行することで、後続車両に十二分に道を譲っています。
>>状況によって変化します。自分勝手な判断はおやめください。
>様々な状況が生じる道路交通の安全と円滑のために、道路交通法に定められたルールです。自転車は、ただただ、車道左端を真っ直ぐ前を向いて通行するだけです。
>>刻一刻と変化する道路状況に応じた走行を心がけてください。自転車がクルマに進路を譲る場面は数多く訪れるでしょう。
>自転車は車道左端を通行することで、後続車両に十二分に道を譲っています。
>>迫害を受けるという、現実を直視してください。
>自転車は車道左端を通行するだけのことです。 迫害を受けるような現実はありません。

現実逃避はおやめください。

>安全に追越していけないのであれば、安全に追越し出来る場所まで、追随することが大人のルール・マナーです。
>>小回りが効かないクルマのために、進路を譲ってあげてください。
>自転車は車道左端を通行することで、後続車両に十二分に道を譲っています。 小回りが効かないクルマは、ルールにあるとおり、反対の方向又は後方からの交通及び前車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車の速度及び進路並びに道 路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で追越していって下さい。追越しが出来ないのであれば、安全な車間距離を保って自転車の後ろを追随すること です。
>>自分では譲っているつもりでも、後続車に気持ちが伝わっていなければ譲ったとは言いがたいでしょう。
>後続車にも気持ちが伝わるように、道路交通法で、自転車は車道左端通行しなければならないと定められています。

後続車にお礼の合図をされてこそ、気持ちよく譲ったといえるでしょう。

>我儘ドライバーがトイレの順番待ちに並んでいるという自らの立場をわきまえていないからです。
>>つまらない思いをするので、人力の自転車は速度差のあるクルマが走行する車道には近づかない方が良いですね。
>自転車は車道左端を通行するものです。
>>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険な車道は避けましょう。
>自転車は車道左端を通行するものです。

身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、歩道を十二分に活用しましょう。

| 世捨人 | 2014/04/09 01:36 | URL |

世捨人さん| 2014/04/09 01:36 |へ

>速度差のある自転車の後ろを追随すると、交通の円滑を阻害することになります。車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられています。 ご理解、ご協力をお願いします。
>>対向車に気を付けて安全に追い越していって頂ければ、結構です。ご勝手にどうぞ。
>中央車線をはみ出すのは迷惑かつ危険です。
>>中央車線をはみ出さずに安全に追い越して行って頂ければ、結構です。
>クルマが中央車線をはみ出さず安全に追い越しができるよう、自転車は歩道を活用しましょう。
>>自転車は車道左端を通行するものです。
>自転車の歩道走行は法律で認められています。

車道も歩道も自由自在に好き勝手に通行出来ることが認められているところは、自転車の良い所の一つです。


>>自転車は車道左端を通行することで、後続車両に十二分に道を譲っています。
>状況によって変化します。自分勝手な判断はおやめください。
>>様々な状況が生じる道路交通の安全と円滑のために、道路交通法に定められたルールです。自転車は、ただただ、車道左端を真っ直ぐ前を向いて通行するだけです。
>刻一刻と変化する道路状況に応じた走行を心がけてください。自転車がクルマに進路を譲る場面は数多く訪れるでしょう。
>>自転車は車道左端を通行することで、後続車両に十二分に道を譲っています。
>迫害を受けるという、現実を直視してください。
>>自転車は車道左端を通行するだけのことです。 迫害を受けるような現実はありません。
>現実逃避はおやめください。

自転車は、ただただ真っ直ぐ前を向いて車道左端を通行するものです。


>>安全に追越していけないのであれば、安全に追越し出来る場所まで、追随することが大人のルール・マナーです。
>小回りが効かないクルマのために、進路を譲ってあげてください。
>>自転車は車道左端を通行することで、後続車両に十二分に道を譲っています。 小回りが効かないクルマは、ルールにあるとおり、反対の方向又は後方からの交通及び前車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車の速度及び進路並びに道 路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で追越していって下さい。追越しが出来ないのであれば、安全な車間距離を保って自転車の後ろを追随すること です。
>自分では譲っているつもりでも、後続車に気持ちが伝わっていなければ譲ったとは言いがたいでしょう。
>>後続車にも気持ちが伝わるように、道路交通法で、自転車は車道左端通行しなければならないと定められています。
>後続車にお礼の合図をされてこそ、気持ちよく譲ったといえるでしょう。

自転車は車道左端通行することで、十二分に後続車両に道を譲っています。


>>我儘ドライバーがトイレの順番待ちに並んでいるという自らの立場をわきまえていないからです。
>つまらない思いをするので、人力の自転車は速度差のあるクルマが走行する車道には近づかない方が良いですね。
>>自転車は車道左端を通行するものです。
>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険な車道は避けましょう。
>>自転車は車道左端を通行するものです。
>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、歩道を十二分に活用しましょう。

自転車は車道左端を通行するものです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2014/07/10 18:09 | URL |

Re: タイトルなし

旧ときさん

>>速度差のある自転車の後ろを追随すると、交通の円滑を阻害することになります。車道は四輪の自動車の走行を想定してつくられています。 ご理解、ご協力をお願いします。
>対向車に気を付けて安全に追い越していって頂ければ、結構です。ご勝手にどうぞ。
>>中央車線をはみ出すのは迷惑かつ危険です。
>中央車線をはみ出さずに安全に追い越して行って頂ければ、結構です。
>>クルマが中央車線をはみ出さず安全に追い越しができるよう、自転車は歩道を活用しましょう。
>自転車は車道左端を通行するものです。
>>自転車の歩道走行は法律で認められています。
>車道も歩道も自由自在に好き勝手に通行出来ることが認められているところは、自転車の良い所の一つです。

自転車の良いところは交通安全と相いれません。

>自転車は車道左端を通行することで、後続車両に十二分に道を譲っています。
>>状況によって変化します。自分勝手な判断はおやめください。
>様々な状況が生じる道路交通の安全と円滑のために、道路交通法に定められたルールです。自転車は、ただただ、車道左端を真っ直ぐ前を向いて通行するだけです。
>>刻一刻と変化する道路状況に応じた走行を心がけてください。自転車がクルマに進路を譲る場面は数多く訪れるでしょう。
>自転車は車道左端を通行することで、後続車両に十二分に道を譲っています。
>>迫害を受けるという、現実を直視してください。
>自転車は車道左端を通行するだけのことです。 迫害を受けるような現実はありません。
>>現実逃避はおやめください。
>自転車は、ただただ真っ直ぐ前を向いて車道左端を通行するものです。

自転車の歩道走行が法律で認められている現実をしっかりと受け止めてください。

>安全に追越していけないのであれば、安全に追越し出来る場所まで、追随することが大人のルール・マナーです。
>>小回りが効かないクルマのために、進路を譲ってあげてください。
>自転車は車道左端を通行することで、後続車両に十二分に道を譲っています。 小回りが効かないクルマは、ルールにあるとおり、反対の方向又は後方からの交通及び前車の前方の交通にも十分に注意し、かつ、前車の速度及び進路並びに道 路の状況に応じて、できる限り安全な速度と方法で追越していって下さい。追越しが出来ないのであれば、安全な車間距離を保って自転車の後ろを追随すること です。
>>自分では譲っているつもりでも、後続車に気持ちが伝わっていなければ譲ったとは言いがたいでしょう。
>後続車にも気持ちが伝わるように、道路交通法で、自転車は車道左端通行しなければならないと定められています。
>>後続車にお礼の合図をされてこそ、気持ちよく譲ったといえるでしょう。
>自転車は車道左端通行することで、十二分に後続車両に道を譲っています。

理想と現実は異なります。

>我儘ドライバーがトイレの順番待ちに並んでいるという自らの立場をわきまえていないからです。
>>つまらない思いをするので、人力の自転車は速度差のあるクルマが走行する車道には近づかない方が良いですね。
>自転車は車道左端を通行するものです。
>>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、危険な車道は避けましょう。
>自転車は車道左端を通行するものです。
>>身体がむきだしとなり走行が不安定となりがちな自転車にあっては、歩道を十二分に活用しましょう。
>自転車は車道左端を通行するものです。

道交法(63条の4)を声に出して読んでみましょう。

| 世捨人 | 2014/07/17 01:08 | URL |

このジャーナリストつまらない芸人より面白い

面白いからもっと書いて欲しい

M‐1グランプリ目指せるかも知れない

| 名無し | 2017/02/28 11:17 | URL |

Re: タイトルなし

名無さん

>このジャーナリストつまらない芸人より面白い 面白いからもっと書いて欲しい M‐1グランプリ目指せるかも知れない

M-1だとコンビを組まないといけないので、R-1の方が適当かと思います。

| 世捨人 | 2017/03/01 22:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/339-980a2432

TRACKBACK

-

管理人の承認後に表示されます

| | 2012/06/07 16:35 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT