今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

競技用自転車、これが渋滞の原因だ。

▼先日、クルマを運転していたときのこと。都内某所。片側一車線の道路。沿線にはメーカーの工場があり、トラックなど交通量が多い場所だ。混雑のため流れが悪い状態であった。

▼反対車線に目をやると、驚愕の光景を目にする。なんと、大型トラックが競技用自転車乗りに進路をふさがれているでないか。道路幅が狭いなど追い越しができず、トラックは制限速度時速40キロの道路を、速度が安定しない競技用自転車のスピードに合わせ、ノロノロ運転を強いられるハメに。

▼トラックの後ろには車が列をなしていた。すなわち渋滞の原因となっているのだ。トラックの運転手は「プシュー」というエアブレーキのエア抜きで注意を呼びかけているが、競技用自転車乗りは進路を譲る気配はない。物流に支障をきたしかねない。

▼競技用自転車乗りは専用ウエアを着ており明らかに爆走練習中だ。交通の秩序の観点から、配慮に欠けた行為でないか。歩道に目をやれば通行人はいない。国内の幹線道路の多くは、車道の交通量に比して並行する歩道はガラガラで、自転車の走行が可能だ。歩道を走れ。


dam01
譲り合いの精神の欠如によって渋滞に
関連記事

| 02:35 | コメント:259 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

すべての新聞が「自転車の車道走行徹底」と

すべての新聞が書いてますね
警察庁の「自転車の車道走行徹底」

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111026-OYT1T00087.htm

世捨人さん、その涙目、なんですか?

| 世捨人涙目 | 2011/10/26 05:55 | URL |

トラックの後ろには車が列をなしてい・・・ますか?

運転中ですので、ドラレコで撮影されているんですよね。
でしたら0,5秒後、1,0秒後の画像も残っていらっしゃるでしょう。
その画像も合わせて掲載すれば、後続が列をなして、迷惑しているであろうシーンもわかりやすく表現できると思いますよ。

編集方針への介入と取られるかもしれません。
しかし、その方が「読者に、問題点や後続車の迷惑がわかりやすい」ので、とてもありがたいのですが。

| かばねやみ | 2011/10/26 09:15 | URL | ≫ EDIT

詐称ジャーナリストの末路

ツイッターで世捨人君、呟いてますww

38moto(世捨人)
38moto 38moto(世捨人)
悪質自転車取り締まり強化 警察庁、歩行者保護へ  :日本経済新聞 http://s.nikkei.com/vhwZqm
18時間前

ぎゃっはっはっはっっ、話が逆だってのw
だから、自転車は車道になるんだよーwwwww
自称ジャーナリストなのに、読解力、ないっすねーwwwwwwwww

やっぱ、アンタばか?それともデューク東郷?

いずれにせよ、はずい!ww
ハズ過ぎますwwwww!!!!!

| 読解力の問題w | 2011/10/26 09:48 | URL |

この写真では渋滞もしていないし列もなしていませんね。
自称(詐称)ジャーナリストを名乗るならば
文才の無いことは辛抱してあげますから
ちゃんと内容に則した写真を使いなさい。

| 工っデイ | 2011/10/26 11:45 | URL |

Re: すべての新聞が「自転車の車道走行徹底」と

> すべての新聞が書いてますね
> 警察庁の「自転車の車道走行徹底」
>
> http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111026-OYT1T00087.htm
>
> 世捨人さん、その涙目、なんですか?


通達には「車の交通量が多く車道走行が危険な場合なども例外」(毎日新聞)とあり、当ブログの主張に沿っています。

| 世捨人 | 2011/10/26 11:51 | URL |

Re: タイトルなし

かばさん

ご意見・ご要望として賜ります。


> トラックの後ろには車が列をなしてい・・・ますか?
>
> 運転中ですので、ドラレコで撮影されているんですよね。
> でしたら0,5秒後、1,0秒後の画像も残っていらっしゃるでしょう。
> その画像も合わせて掲載すれば、後続が列をなして、迷惑しているであろうシーンもわかりやすく表現できると思いますよ。
>
> 編集方針への介入と取られるかもしれません。
> しかし、その方が「読者に、問題点や後続車の迷惑がわかりやすい」ので、とてもありがたいのですが。


| 世捨人 | 2011/10/26 11:51 | URL |

Re: 詐称ジャーナリストの末路

読解さん


ツイッターで紹介した日経新聞WEB版の記事には、「並行する車道の交通量が多い歩道は引き続き認める」とあります。「これが渋滞の原因だ」記事はじめ、当ブログで主張内容に沿っています。「悪質な運転の取り締まりを強化」とありますので、競技用自転車の爆走練習にもメスを入れてもらいたいですね。

いずれにせよ今回の通達を機に自転車に対する規制が強化されるのは確実でしょう。自転車固有の制限速度、ヘルメット着用義務、制動灯、バックミラー、ウインカーなど原付バイクに準じた法整備がまたれます。




> ツイッターで世捨人君、呟いてますww
>
> 38moto(世捨人)
> 38moto 38moto(世捨人)
> 悪質自転車取り締まり強化 警察庁、歩行者保護へ  :日本経済新聞 http://s.nikkei.com/vhwZqm
> 18時間前
>
> ぎゃっはっはっはっっ、話が逆だってのw
> だから、自転車は車道になるんだよーwwwww
> 自称ジャーナリストなのに、読解力、ないっすねーwwwwwwwww
>
> やっぱ、アンタばか?それともデューク東郷?
>
> いずれにせよ、はずい!ww
> ハズ過ぎますwwwww!!!!!

| 世捨人 | 2011/10/26 11:54 | URL |

Re: タイトルなし

工さん

トラックの影に隠れて見えないだけですね。


> この写真では渋滞もしていないし列もなしていませんね。
> 自称(詐称)ジャーナリストを名乗るならば
> 文才の無いことは辛抱してあげますから
> ちゃんと内容に則した写真を使いなさい。

| 世捨人 | 2011/10/26 11:55 | URL |

>通達には「車の交通量が多く車道走行が危険な場合なども例外」(毎日新聞)とあり、当ブログの主張に沿っています。

車の交通量が多く車道走行が危険な場合
警察の通達
「歩道を走ってもかまわない」(どちらでも構わないという意味)
世捨人の主張
「歩道を走らなければならない」

全然沿ってませんね。

| 東南 | 2011/10/26 12:17 | URL |

確かに写真の状況が渋滞しているのであれば、譲り合いの精神が欠如していると言わざるをえませんね。

この場合、(トラックの)対向車は車道左側いっぱいによって徐行し、トラックの追い越しを助けるべきです。そうすれば後ろの車は普通乗用車ですので、問題なく自転車を追い越せるので、渋滞は解消されることになります。

離れた位置からでも写真の状況は対向車に見えるので、こういった配慮がなされて当然であるのに、譲り合いの精神を持たないドライバーのせいで渋滞が起きてしまっている。まったくもって由々しき事態である。
ましてタクシードライバーなどの、公道走行のプロにこの程度のことができないなど、あってはならないことだ。

「馬鹿に自動車を与えるな」ですね。

| 東南 | 2011/10/26 12:28 | URL |

「糾弾します」のキ○ガイストーカーぶりを俺は糾弾したいよ…
著作権違反の謝罪強要とか、自転車なんとか五則とか、交通安全の敵とか、同じ文章何度もコピペしてさ~

普通にあるだろ。
一般人のブログだったら写真の転載くらい。そりゃあ、著作権違反と言われればそうだろうけど、
指摘されて、きちんと「ぼかす」だけでもまだマシな方じゃねーのか?
世捨人だけ責めるんじゃなく、他のブログの無断転載にも、そのキ○ガイストーキング根性で徹底取り締まりをしてくれ。

| 糾弾しますを糾弾します | 2011/10/26 13:24 | URL |

みんながしてるからって理由で犯罪行為も許されるんだってさwww

世捨人が謝罪なり削除なりすれば、すべて丸くおさまるんじゃね?
糾弾します君が言ってる内容自体は正しいんだからさー。

| 素人ジャーナリスト | 2011/10/26 13:34 | URL |

>みんながしてるからって理由で犯罪行為も許されるんだってさwww

確かにな。
チャリの傘差し、携帯、並走、逆走
違法行為だけど、警察も取り締まるとラチあかないから見て見ぬふりだもんな。

| 糾弾しますを糾弾します | 2011/10/26 13:49 | URL |

Re: タイトルなし

東さん


> この場合、(トラックの)対向車は車道左側いっぱいによって徐行し、トラックの追い越しを助けるべきです。そうすれば後ろの車は普通乗用車ですので、問題なく自転車を追い越せるので、渋滞は解消されることになります。 離れた位置からでも写真の状況は対向車に見えるので、こういった配慮がなされて当然であるのに、譲り合いの精神を持たないドライバーのせいで渋滞が起きてしまっている。まったくもって由々しき事態である。


黄色のセンターラインは、はみ出し禁止道路であることはおわかりでしょうか?


> ましてタクシードライバーなどの、公道走行のプロにこの程度のことができないなど、あってはならないことだ。


タクシードライバーは公道走行のプロなのですか?


> 「馬鹿に自動車を与えるな」ですね。

自転車は危険な車道を走るなということですか?

| 世捨人 | 2011/10/26 14:27 | URL |

画像を見るに、トラックの運転手は明らかに車間距離不保持ですね。危険運転です。
また、なぜ、自動車の制限速度無視暴走文化に目を向けないのですか?自転車の数百倍は危険な乗り物である自動車に厳しい目を向けないのは、明らかにアンバランスと言わざるをえないでしょう。
また、自転車専用レーンを整備しないという未熟な道路行政にも目を向けることができれば、一歩前に進むことができます。
自転車の速度や流れを軽視しすぎですね。自転車も車道を走る仲間なのだという真っ当な認識を、まともなドライバーなら全員持っており、自転車の速度や流れも尊重し、安全運転に努めるものなのですが?

| 佐藤 | 2011/10/26 16:55 | URL |

しかしまあ、自転車の数百倍は害悪のある自動車の娯楽使用、スポーツ使用に対して一切矛を向けずに
自転車いびりにひた走るとは、健全な精神とは相当かけ離れている行為と言わざるを得ませんね。
自転車先進国であるドイツやイギリスの方々が、非常にアンがランスな見方しかできないこちらのブログを見られたら、どう思うでしょうか?
日本人として、バランスのある考え方ができるようになってくださいね。
ドイツ、オランダ、デンマーク、イギリス、イタリア、フランス等、他数多くの先進諸国では、自動車規制制限、自転車保護推進優遇を積極的に進めています。自動車の市街地や住宅街、生活道路、裏路地等への自動車進入を厳しく制限しています。そして、自転車の人々が安全安心快適に往来できるよう、自転車専用レーンの整備も惜しみません。交通弱者保護を考えれば当たり前であり、真っ当な行政だからです。
ドライバーらも、車道の自転車の方には特に、安全安心を考えた運転をしています。また、車道を自転車が走るのは当たり前、という真っ当な意識もお持ちの方ばかりです。
こちらのブログは、それとは正反対のことしか書いていませんね。

| 佐藤 | 2011/10/26 17:03 | URL |

自転車先進国であるドイツやイギリスの方々が、非常にアンバランスな見方しかできないこちらのブログを見られたら、どう思うでしょうか?

でしたね、修正します

ぜひ、自転車より数百倍は危険で加害死亡事故数も比較にならないほど多い『自動車』の暴走行為、傲慢行為に目を向けてほしいですね。
自動車は『自動車公害』と言われる数多の公害を全国で撒き散らし、年間5000人近い人命を奪っている殺戮凶器なのですが
自転車の加害死亡事故数は?お調べになってください。
自転車は、あらゆる乗り物のなかで、もっとも他社に対して安全でクリーンな乗り物だと理解できるでしょうから。
上にあげた先進諸国も、その点をしっかり考えて自動車規制、自転車推進という真っ当な答えに至ったのです。
それら先進諸国では、マイカー、自家用車は癌、という共通認識もあります。あらゆる害を考慮し、先進諸国らが出した結論です。だからこそ自動車の市街地や住宅街、生活道路、裏路地、狭い道の自動車進入を厳しく制限しているのですよ。
街は自転車と歩行者優遇で復活するものです。日本でも自転車に優しい街づくりにより、商店街が復興のきざしを見せています。自転車を憎み敵視する思想はもはや古く、その考えは自転車で救われている商店街の人たちも侮辱する考えと言えるでしょう。

| 佐藤 | 2011/10/26 17:12 | URL |

Re: タイトルなし

佐藤さん

ご指摘のように「危険な乗り物」が行き来する車道を、身体がむき出しの自転車で走行するのは危険です。お控ください。
また、原付バイク並みの法規制をしなければ、仲間どころか軽視するドライバーは多いでしょう。



> 画像を見るに、トラックの運転手は明らかに車間距離不保持ですね。危険運転です。
> また、なぜ、自動車の制限速度無視暴走文化に目を向けないのですか?自転車の数百倍は危険な乗り物である自動車に厳しい目を向けないのは、明らかにアンバランスと言わざるをえないでしょう。
> また、自転車専用レーンを整備しないという未熟な道路行政にも目を向けることができれば、一歩前に進むことができます。
> 自転車の速度や流れを軽視しすぎですね。自転車も車道を走る仲間なのだという真っ当な認識を、まともなドライバーなら全員持っており、自転車の速度や流れも尊重し、安全運転に努めるものなのですが?

| 世捨人 | 2011/10/26 17:15 | URL |

Re: タイトルなし

佐藤さん

自転車先進国では自転車レーンを走行していますね。
国内では、トラックやバスなど大型車両と同じ走行レーンを走らなければならず危険ですね。

> しかしまあ、自転車の数百倍は害悪のある自動車の娯楽使用、スポーツ使用に対して一切矛を向けずに
> 自転車いびりにひた走るとは、健全な精神とは相当かけ離れている行為と言わざるを得ませんね。
> 自転車先進国であるドイツやイギリスの方々が、非常にアンがランスな見方しかできないこちらのブログを見られたら、どう思うでしょうか?
> 日本人として、バランスのある考え方ができるようになってくださいね。
> ドイツ、オランダ、デンマーク、イギリス、イタリア、フランス等、他数多くの先進諸国では、自動車規制制限、自転車保護推進優遇を積極的に進めています。自動車の市街地や住宅街、生活道路、裏路地等への自動車進入を厳しく制限しています。そして、自転車の人々が安全安心快適に往来できるよう、自転車専用レーンの整備も惜しみません。交通弱者保護を考えれば当たり前であり、真っ当な行政だからです。
> ドライバーらも、車道の自転車の方には特に、安全安心を考えた運転をしています。また、車道を自転車が走るのは当たり前、という真っ当な意識もお持ちの方ばかりです。
> こちらのブログは、それとは正反対のことしか書いていませんね。

| 世捨人 | 2011/10/26 17:17 | URL |

Re: タイトルなし

佐藤さん

誤解されているようですが、当方は自転車乗りの方に悲惨な交通事故の被害者になってもらいたくないがために、交通安全に資する提言活動をしております。



> 自転車先進国であるドイツやイギリスの方々が、非常にアンバランスな見方しかできないこちらのブログを見られたら、どう思うでしょうか?
>
> でしたね、修正します
>
> ぜひ、自転車より数百倍は危険で加害死亡事故数も比較にならないほど多い『自動車』の暴走行為、傲慢行為に目を向けてほしいですね。
> 自動車は『自動車公害』と言われる数多の公害を全国で撒き散らし、年間5000人近い人命を奪っている殺戮凶器なのですが
> 自転車の加害死亡事故数は?お調べになってください。
> 自転車は、あらゆる乗り物のなかで、もっとも他社に対して安全でクリーンな乗り物だと理解できるでしょうから。
> 上にあげた先進諸国も、その点をしっかり考えて自動車規制、自転車推進という真っ当な答えに至ったのです。
> それら先進諸国では、マイカー、自家用車は癌、という共通認識もあります。あらゆる害を考慮し、先進諸国らが出した結論です。だからこそ自動車の市街地や住宅街、生活道路、裏路地、狭い道の自動車進入を厳しく制限しているのですよ。
> 街は自転車と歩行者優遇で復活するものです。日本でも自転車に優しい街づくりにより、商店街が復興のきざしを見せています。自転車を憎み敵視する思想はもはや古く、その考えは自転車で救われている商店街の人たちも侮辱する考えと言えるでしょう。

| 世捨人 | 2011/10/26 17:18 | URL |

私も同じような経験を何度もしています。
道楽のローディと日本の産業を支えるトラック。
どちらが大切でしょうか?
答えはおわかりですよね?
廃ガスの充満した産業道路を道楽で走り、日本の産業を支えるトラックやトレーラーの走行を邪魔するローディ。
まさに自爆テロと同じでしょう。

ところで各紙に掲載された自転車安全利用五則の徹底の通達。
どうみても自転車事故増加に対する対処療法としか思えません。
このままでは自動車対自転車という新たな衝突が増えます。
世捨人さん、ジャーナリストとしての立場からの突っ込み、お願いしますね。

| 匿名希望 | 2011/10/26 17:22 | URL |

そういえば

今日の各紙の報道を受けて、今朝の東海ラジオ「モルゲン」で危ない自転車特集をやってました。
投稿のほとんどが通学の高校生に対するものでしたね。
義務教育のうちから安全教育を徹底すべきだと思いました。

私は今回の通達には賛成です。
悪質な自転車乗りは高校生であってもどんどん取り締まるべきです。
私なんか一度、狭い道路での自動車運転中に前から高校生の集団が道いっぱいに走ってきてびっくりしました。
そのまま進んでもよける気配がありません。
チキンレースかなと思い、私も負けずに進んでいったら、接触するかしないかのところで高校生集団がよけて
「たあけぇ~」の捨て台詞を吐かれました。
彼らはぜひ逮捕されるべきです。
ただ、実際に警察は取り締まることができるのですかね?
私、最近、歩道を走るローディを良く見るのですよね。
今日も見ました。
彼らはひねくれているので、もしかしたらわざとルールと違うことをやっているのかな?

| 匿名希望 | 2011/10/26 17:31 | URL |

佐藤さんへ

>ドイツ、オランダ、デンマーク、イギリス、イタリア、フランス等、他数多くの先進諸国では

こういう西洋至上主義が日本を間違った方向に導いていったことをお忘れでしょうか?
あなたのような方を負け犬根性の持ち主という。

| 匿名希望 | 2011/10/26 17:37 | URL |

Re: タイトルなし

匿さん

> 廃ガスの充満した産業道路を道楽で走り、日本の産業を支えるトラックやトレーラーの走行を邪魔するローディ。

長押しクラクションを鳴らす人もいますが、今回のトラック運転手の耐性に敬意を示したいものです。

> ところで各紙に掲載された自転車安全利用五則の徹底の通達。
> どうみても自転車事故増加に対する対処療法としか思えません。
> このままでは自動車対自転車という新たな衝突が増えます。
> 世捨人さん、ジャーナリストとしての立場からの突っ込み、お願いしますね。


自転車通行禁止で交通量が減るわけですから、歩道を半分にし自転車レーンを整備すればよいと思います。

| 世捨人 | 2011/10/26 17:39 | URL |

Re: そういえば

匿さん

今回の通達で想定している歩道は駅前や繁華街などでしょう。
郊外の幹線道路で爆走練習する競技用自転車乗りには痛くもかゆくもありません。
競技用自転車乗りの爆走練習にメスを入れるべきでしょう。


> 今日の各紙の報道を受けて、今朝の東海ラジオ「モルゲン」で危ない自転車特集をやってました。
> 投稿のほとんどが通学の高校生に対するものでしたね。
> 義務教育のうちから安全教育を徹底すべきだと思いました。
>
> 私は今回の通達には賛成です。
> 悪質な自転車乗りは高校生であってもどんどん取り締まるべきです。
> 私なんか一度、狭い道路での自動車運転中に前から高校生の集団が道いっぱいに走ってきてびっくりしました。
> そのまま進んでもよける気配がありません。
> チキンレースかなと思い、私も負けずに進んでいったら、接触するかしないかのところで高校生集団がよけて
> 「たあけぇ~」の捨て台詞を吐かれました。
> 彼らはぜひ逮捕されるべきです。
> ただ、実際に警察は取り締まることができるのですかね?
> 私、最近、歩道を走るローディを良く見るのですよね。
> 今日も見ました。
> 彼らはひねくれているので、もしかしたらわざとルールと違うことをやっているのかな?

| 世捨人 | 2011/10/26 17:42 | URL |

世捨人さんへ

>黄色のセンターラインは、はみ出し禁止道路であることはおわかりでしょうか?

| 世捨人 | 2011/10/26 14:27 | URL |

大型トラックがギリギリ走れる幅員で、路側帯もなく、黄色のセンターラインではみ出し禁止の道路の「制限速度」は何キロですか?

トラックの前に隠れそうな表示は30キロにも見えます。

40キロだとしても、この自転車は制限速度に合わせて30キロ~40キロで走行しているのではないですか。ルール・マナーに沿った優良サイクリストでしょう。

トラック等の運転がルール・マナーに沿ったものに改善されるように、この自転車は体を張って車道を走ることで、道路交通の「安全」と「円滑」に貢献しているのでしょう。

ところで、今回の歩道にも「自転車通行可」の標識は見えませんが、大丈夫ですか?

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/10/26 17:50 | URL |

匿名希望さんへ

>私なんか一度、狭い道路での自動車運転中に前から高校生の集団が道いっぱいに走ってきてびっくりしました。そのまま進んでもよける気配がありません。チキンレースかなと思い、私も負けずに進んでいったら、接触するかしないかのところで高校生集団がよけて「たあけぇ~」の捨て台詞を吐かれました。

| 匿名希望 | 2011/10/26 17:31 | URL |

情けない。まず、自ら動く(指導)することです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/10/26 17:58 | URL |

世捨人さんへ

>自転車先進国では自転車レーンを走行していますね。国内では、トラックやバスなど大型車両と同じ走行レーンを走らなければならず危険ですね。| 世捨人 | 2011/10/26 17:17 | URL |

仰るとおりです。
是非、このブログでも、自転車先進国と同様にトラックやバスなど大型車両も自転車も安全に走行できるように「自転車レーンの整備・拡充のキャンペーン」を展開下さい。楽しみにしています。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/10/26 18:08 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

遅い車は速い車に進路を譲るのが車道でのマナー・ルールです。
順守しないとトラブルに発展します。

| 世捨人 | 2011/10/26 18:14 | URL |

世捨人さんへ

>自転車通行禁止で交通量が減るわけですから、歩道を半分にし自転車レーンを整備すればよいと思います。| 世捨人 | 2011/10/26 17:39 | URL |

交差点の陸橋や地下道にも車椅子用のエレベーターが必要とされてきています。
高齢化が急速に進行していますので、今後、歩道は少なくとも車椅子が行き交うことが出来るくらいの幅員(2~3メートル程度)が必要となってくるでしょう。

エネルギー問題、環境問題、高齢化問題、健康・医療問題等々あらゆる面で、自動車から自転車(+公共交通機関)へという「身の丈にあった」交通機関をみんなで利用する方向へ世の中は進んでいます。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/10/26 18:16 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

当ブログでは歩道内の自転車レーン設置を訴えています。
http://blog-imgs-36.fc2.com/3/8/m/38moto3/photo0001.jpg
自転車レーンが整備されるまでは、危険な車道走行はお控ください。
お願いします。


>
> >自転車先進国では自転車レーンを走行していますね。国内では、トラックやバスなど大型車両と同じ走行レーンを走らなければならず危険ですね。| 世捨人 | 2011/10/26 17:17 | URL |
>
> 仰るとおりです。
> 是非、このブログでも、自転車先進国と同様にトラックやバスなど大型車両も自転車も安全に走行できるように「自転車レーンの整備・拡充のキャンペーン」を展開下さい。楽しみにしています。

| 世捨人 | 2011/10/26 18:16 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

最近の電動車イスは速度が出て危険です。
先日も駅ホームですり抜け「爆走」する車イスに肝を冷やしました。
電動車イスは規制が必要でしょう。

| 世捨人 | 2011/10/26 18:20 | URL |

世捨人さんへ

>遅い車は速い車に進路を譲るのが車道でのマナー・ルールです。順守しないとトラブルに発展します。| 世捨人 | 2011/10/26 18:14 | URL |

遅い車は速い車に追いつかれたら、スピードを上げないというのがルールですよね。(道路交通法の条文は既にお示ししましたよね。)

この自転車は車道左端を走行して、十分に道路を譲っていますし、自転車は“危険な”自動車と違い、急加速は出来ませんので、スピードも一定でしょう。

ということで、この自転車はルール・マナーを遵守した“模範的な”運転をしているということです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/10/26 18:30 | URL |

ときどきオアゾツーキニスト様

指導しようと思ったら逃げられました。

①まずはよけないという姿勢を見せる。
②それでもよけなかったら次のムーブメントに移る。

ムーブメントの内容については割愛させてください。

| 匿名希望 | 2011/10/26 18:33 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

> 遅い車は速い車に追いつかれたら、スピードを上げないというのがルールですよね。(道路交通法の条文は既にお示ししましたよね。)

追い越しの動作に入った場合ですね。

> この自転車は車道左端を走行して、十分に道路を譲っていますし、自転車は“危険な”自動車と違い、急加速は出来ませんので、スピードも一定でしょう。

停止して譲るのが理想です。

> ということで、この自転車はルール・マナーを遵守した“模範的な”運転をしているということです。

道交法だけでなく、車道走行でのルール・マナーを実践しなければ、トラブルに発展します。

| 世捨人 | 2011/10/26 18:41 | URL |

なかなかの盛り上がり!

制限速度40km/hの道路を自転車が走行で・・・なぜ???自転
車がさも悪いって書かれるのか???

そもそも!制限速度は標示速度まで出さなくてはいけないのではなく、安全を確認できれば標示速度まで速度を出して良いってものです!

ですので・・・制限速度40kmの道を10km/hで走行しようと!道交法違反してないので、なぜ???怒られらければいけないのでしょうか???

明確な理由を!

あ!あなたの陳腐な脳みそ理論でなく!法的におねがいします!

それと!

ご自分の都合のいいときだけ、譲り合いの精神とか出さないでいただきたい!

譲り合いの精神があれば!事故が防げるのあれば、

不安定でも生身の体でも事故は起きないではないでしょうか???

信号のない横断歩道どれだけの車が止まるでしょう・・・
横断歩道の前後では自動車は徐行運転が義務です!

私自身!ロードで通勤初めてから!いろいろ考えますが!

免許は権利ではないのです!

責務なんです!

強者は弱者を守る義務がある!

自動車も自転車も歩行者も全て”人”です!

ジャーナリストと言うなら!

もっと!”人”としての視点から”なにが安全なのか!”

誰かを排除するのではなく!もっと建設的なお話期待してます!

| ボードマン | 2011/10/26 18:44 | URL |

Re: なかなかの盛り上がり!

ボーさん

> 制限速度40km/hの道路を自転車が走行で・・・なぜ???自転
> 車がさも悪いって書かれるのか???
>
> そもそも!制限速度は標示速度まで出さなくてはいけないのではなく、安全を確認できれば標示速度まで速度を出して良いってものです!
>
> ですので・・・制限速度40kmの道を10km/hで走行しようと!道交法違反してないので、なぜ???怒られらければいけないのでしょうか???
>
> 明確な理由を!

「交通の安全と円滑を図る」(道交法1条)ためです。
お願いします。

| 世捨人 | 2011/10/26 18:47 | URL |

世捨人さんへ

>最近の電動車イスは速度が出て危険です。先日も駅ホームですり抜け「爆走」する車イスに肝を冷やしました。 電動車イスは規制が必要でしょう。| 世捨人 | 2011/10/26 18:20 | URL |

>当ブログでは歩道内の自転車レーン設置を訴えています。
http://blog-imgs-36.fc2.com/3/8/m/38moto3/photo0001.jpg
自転車レーンが整備されるまでは、危険な車道走行はお控ください。お願いします。
| 世捨人 | 2011/10/26 18:16 | URL |

車椅子が“電動”か“手動(人力)”かを問題としていません。

少子高齢化が急速に進行している中で、車椅子の方や杖を持った方を含めた歩行者が安心出来るバリアフリーの社会インフラ整備を進め、次ぎの世代に残していくことが我々、現役世代の役目(責任)です。

歩道は、車椅子の方々が行き交うために2~3メートル以上の幅員が必要です。

今後は、車道を削減して、自転車レーンやバスレーンを作っていく世の中となるでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/10/26 18:48 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

> 歩道は、車椅子の方々が行き交うために2~3メートル以上の幅員が必要です。
>
> 今後は、車道を削減して、自転車レーンやバスレーンを作っていく世の中となるでしょう。

自動車は車イス利用者に不可欠です。
車イスの乗降で福祉車両の停止位置を確保する必要があります。
車道に自転車レーンがあったら支障をきたします。
お願いします。

| 世捨人 | 2011/10/26 19:03 | URL |

え???総則???

これが出るとは・・・・

ちゃんと呼んでね!

第三十条  車両は、道路標識等により追越しが禁止されている道路の部分及び次に掲げるその他の道路の部分においては、他の車両(軽車両を除く。)を追い越すため、進路を変更し、又は前車の側方を通過してはならない。
一  道路のまがりかど附近、上り坂の頂上附近又は勾配の急な下り坂
二  トンネル(車両通行帯の設けられた道路以外の道路の部分に限る。)
三  交差点(当該車両が第三十六条第二項に規定する優先道路を通行している場合における当該優先道路にある交差点を除く。)、踏切、横断歩道又は自転車横断帯及びこれらの手前の側端から前に三十メートル以内の部分
   (罰則 第百十九条第一項第二号、同条第二項)

つまり!追い越していいんです!
だから!自転車がどんな速度で!走行しても渋滞の原因にはならない(はず)です!

はぁ・・・残念・・・ちゃんと!理解してなかったのね><

| ボードマン | 2011/10/26 19:08 | URL |

Re: え???総則???

ボーさん

トラックの反対車線は、交通量が多く追い越しできない状況となっています。

こちらも参考にしてください。
『「はみ出し禁止道路」は自転車の走行を禁止せよ』
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-240.html

> これが出るとは・・・・
>
> ちゃんと呼んでね!
>
> 第三十条  車両は、道路標識等により追越しが禁止されている道路の部分及び次に掲げるその他の道路の部分においては、他の車両(軽車両を除く。)を追い越すため、進路を変更し、又は前車の側方を通過してはならない。
> 一  道路のまがりかど附近、上り坂の頂上附近又は勾配の急な下り坂
> 二  トンネル(車両通行帯の設けられた道路以外の道路の部分に限る。)
> 三  交差点(当該車両が第三十六条第二項に規定する優先道路を通行している場合における当該優先道路にある交差点を除く。)、踏切、横断歩道又は自転車横断帯及びこれらの手前の側端から前に三十メートル以内の部分
>    (罰則 第百十九条第一項第二号、同条第二項)
>
> つまり!追い越していいんです!
> だから!自転車がどんな速度で!走行しても渋滞の原因にはならない(はず)です!
>
> はぁ・・・残念・・・ちゃんと!理解してなかったのね><

| 世捨人 | 2011/10/26 19:16 | URL |

あ!書きわすれました・・・・

怒られる意味がわからないって意味わかりましたか???
黄色い線が越えれないのは車両が車両を追い越す場合です!
軽車両は除外なんですよ!

自分勝手な解釈でなく!ちゃんと!理解して!

交通ジャーナリストを語ってくださいな!

期待してますよぉ^^

| ボードマン | 2011/10/26 19:18 | URL |

じゃ!あきられば???

譲り合いの精神なんですよね????

では!追い越しできるまであきらめればいいのは???

| ボードマン | 2011/10/26 19:20 | URL |

また!書き忘れ!

いや・・・・・
おかしいでしょう・・・・
黄色い線は越えれないってご自身で言っていたじゃないですか!
急に超えれないのは!対向車線のせいって・・・・
言ってる理論めちゃくちゃですよ!

| ボードマン | 2011/10/26 19:26 | URL |

Re: じゃ!あきられば???

ボーさん

歩道はガラガラですので、車道は自動車にお譲りください。


> 譲り合いの精神なんですよね????
>
> では!追い越しできるまであきらめればいいのは???

| 世捨人 | 2011/10/26 19:26 | URL |

Re: また!書き忘れ!

ボーさん

> 黄色い線は越えれないってご自身で言っていたじゃないですか!

記憶にございません。
お示しください。

| 世捨人 | 2011/10/26 19:28 | URL |

www^^

>黄色のセンターラインは、はみ出し禁止道路であることはおわかりでしょうか?

書いてますよ!それもこの記事のコメで!

>黄色のセンターラインは、はみ出し禁止道路であることはおわかりでしょうか?

記憶にないってどこまで!いいかげんな人なの???

はいた唾は自分に返ってくるんですよ!

| ボードマン | 2011/10/26 19:38 | URL |

14:27

いってるじゃん!


黄色のセンターラインは、はみ出し禁止道路であることはおわかりでしょうか?

| ボードマン | 2011/10/26 19:40 | URL |

Re: www^^

ボーさん

「越えれない」とは述べていませんね。
お願いします。


> >黄色のセンターラインは、はみ出し禁止道路であることはおわかりでしょうか?
>
> 書いてますよ!それもこの記事のコメで!
>
> >黄色のセンターラインは、はみ出し禁止道路であることはおわかりでしょうか?
>
> 記憶にないってどこまで!いいかげんな人なの???
>
> はいた唾は自分に返ってくるんですよ!

| 世捨人 | 2011/10/26 19:40 | URL |

Re: 14:27

ボーさん

「越えれない」とは言ってませんね。

> いってるじゃん!
>
>
> 黄色のセンターラインは、はみ出し禁止道路であることはおわかりでしょうか?

| 世捨人 | 2011/10/26 19:43 | URL |

逃げるねぇ・・・・

サイテェ><

言い訳ばっかり><

道交法知らないのに!

偉そうに!!!!

自分の都合の悪い人を排除する!記事ばかり・・・

さ!寝よっと!

付き合う時間がもったいない!

ご自身ではく唾なら!言い訳でなく確固たる理論をもとめます!

なので・・・寝よう

つかれてきちゃった><

| ボードマン | 2011/10/26 19:49 | URL |

Re: 逃げるねぇ・・・・

ボーさん

「黄色のセンターラインは、はみ出し禁止道路であることはおわかりでしょうか?」は、東南さんとのやりとりのなかで「対向車は車線をまたぐことを予想できない」と反論したものです。
横から入って勝手なこと言わないでください。

> サイテェ><
>
> 言い訳ばっかり><
>
> 道交法知らないのに!
>
> 偉そうに!!!!
>
> 自分の都合の悪い人を排除する!記事ばかり・・・
>
> さ!寝よっと!
>
> 付き合う時間がもったいない!
>
> ご自身ではく唾なら!言い訳でなく確固たる理論をもとめます!
>
> なので・・・寝よう
>
> つかれてきちゃった><

| 世捨人 | 2011/10/26 19:55 | URL |

ん????

横なら勝手なこと???

そんなとこ言ってません!

予測できる出来ないなんて言ってないでしょ!

あくまで!道交法のお話をしてるのに・・・

個人の主観のお話はしてません!

黄色い線は跨げる跨げないで言えば!軽車両を追い抜くときは跨いでもOKって!お話で・・・

対向車が予測できるか出来ないかは、また!別のお話でしょう・・・

どこまで・・・頭わるいの????

と!予測できないなら免許は返したほうがいいですよ!

他の道路を使う人に迷惑です!

| ボードマン | 2011/10/26 20:11 | URL |

匿名希望さんへ

>指導しようと思ったら逃げられました。①まずはよけないという姿勢を見せる。②それでもよけなかったら次のムーブメントに移る。ムーブメントの内容については割愛させてください。| 匿名希望 | 2011/10/26 18:33 | URL |

まあ、頑張って下さい。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/10/26 20:20 | URL |

世捨人さんへ

>追い越しの動作に入った場合ですね。

そうでしたっけ。
では、この大型トラックは追い越しの動作にも入っていないので、何ら問題ないですね。

>停止して譲るのが理想です。

車幅が道路ギリギリとなるような大型トラックは、この道を通らないのが理想です。

更には、産業用の道路であれば、大型トラックが余裕を持って、追い抜きを掛けられるように2車線を確保するか、最低でも、1メートル強の路側帯を確保する道路幅員とすることが理想です。

産業用の道路ということであれば、高齢者や障害者が頻繁に行き来することはないでしょうから、歩道の幅員は1~2メートル程度の現状のままで十分です。

>道交法だけでなく、車道走行でのルール・マナーを実践しなければ、トラブルに発展します。| 世捨人 | 2011/10/26 18:41 | URL |

いつの間にか、「ボードマン」さんとの間では「制限速度40キロ」ということになっていますが、であれば、この自転車はちょうどピッタリ40キロくらいで走っているのではないですか?

道路交通法以外に、車道走行でのルール・マナーがあるのですか?

それは、「制限速度40キロの道路は50キロで走れ!!」ということかな?

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/10/26 20:35 | URL |

この写真ですがね・・・

どう見ても、トラックの後続が列をなしているように見えません。

大型貨物車両と軽自動車らしき車両の間に、他の車両が隠れているようにも見えないんです。
車両下にも後続車の影も見当たりませんよね。
(乗用車であれば、車高が低いので影等、大型車等であれば、車幅やそれなりの長さがあるため、右後部くらいは見えるはずです。)
後続に見える軽自動車らしき車両の後部にも、複数台並んでいるようにも見えません。
大型貨物と目視できる軽自動車(?)との車間は、おそらく3~50mくらいでしょうか。
1台の車の長さを5mとして、車間を0としても10台未満。
しかし、大型貨物の死角からは後続車両が存在する形跡は見当たらず、軽自動車(?)の後方も、列をなしているようには思えない。

自転車の後方100mに、何台の車両が存在したのですか?

| かばねやみ | 2011/10/26 22:47 | URL | ≫ EDIT

Re: ん????

ボーさん

ですから当方は「超えれない」とは述べていませんね。


> 横なら勝手なこと???
>
> そんなとこ言ってません!
>
> 予測できる出来ないなんて言ってないでしょ!
>
> あくまで!道交法のお話をしてるのに・・・
>
> 個人の主観のお話はしてません!
>
> 黄色い線は跨げる跨げないで言えば!軽車両を追い抜くときは跨いでもOKって!お話で・・・
>
> 対向車が予測できるか出来ないかは、また!別のお話でしょう・・・
>
> どこまで・・・頭わるいの????
>
> と!予測できないなら免許は返したほうがいいですよ!
>
> 他の道路を使う人に迷惑です!

| 世捨人 | 2011/10/26 23:54 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>>追い越しの動作に入った場合ですね。
>そうでしたっけ。 では、この大型トラックは追い越しの動作にも入っていないので、何ら問題ないですね。

トラックには問題ありませんが、競技用自転車に問題があると記事で指摘しております。


>車幅が道路ギリギリとなるような大型トラックは、この道を通らないのが理想です。

何か不都合でしょうか?


>更には、産業用の道路であれば、大型トラックが余裕を持って、追い抜きを掛けられるように2車線を確保するか、最低でも、1メートル強の路側帯を確保する道路幅員とすることが理想です。

歩道を壊して車線を広げろということでしょうか?

>産業用の道路ということであれば、高齢者や障害者が頻繁に行き来することはないでしょうから、歩道の幅員は1~2メートル程度の現状のままで十分です。

「産業用の道路ということであれば、高齢者や障害者が頻繁に行き来することはない」について、理由をお聞かせください。

>いつの間にか、「ボードマン」さんとの間では「制限速度40キロ」ということになっていますが、であれば、この自転車はちょうどピッタリ40キロくらいで走っているのではないですか?

記事にもあるとおり、制限速度40キロの道路をのろのろ運転している状態でした。


>道路交通法以外に、車道走行でのルール・マナーがあるのですか?

遅い車は速い車に道を譲るのはルール・マナーです。
例えば、山間部の道路の上り坂には「登坂車線」というのがあります。
大型トラックなど上り坂で速度が落ちる車両のために設けられた車線です。
同車線は、通らなくとも違反ではありませんが、ルール・マナーとして積極的に活用されています。

| 世捨人 | 2011/10/26 23:56 | URL |

Re: この写真ですがね・・・

かばさん

大型車の後ろにある車両の影が見えないのは、太陽の位置が関係します。
前の車のワンボックスカーは右側に影がのびていますね。
これでもうおわかりですね。



> どう見ても、トラックの後続が列をなしているように見えません。
>
> 大型貨物車両と軽自動車らしき車両の間に、他の車両が隠れているようにも見えないんです。
> 車両下にも後続車の影も見当たりませんよね。
> (乗用車であれば、車高が低いので影等、大型車等であれば、車幅やそれなりの長さがあるため、右後部くらいは見えるはずです。)
> 後続に見える軽自動車らしき車両の後部にも、複数台並んでいるようにも見えません。
> 大型貨物と目視できる軽自動車(?)との車間は、おそらく3~50mくらいでしょうか。
> 1台の車の長さを5mとして、車間を0としても10台未満。
> しかし、大型貨物の死角からは後続車両が存在する形跡は見当たらず、軽自動車(?)の後方も、列をなしているようには思えない。
>
> 自転車の後方100mに、何台の車両が存在したのですか?

| 世捨人 | 2011/10/26 23:57 | URL |

あら???だまっちゃった???

都合悪くなったんですねぇ・・・・

お得意のだんまりですか?????

M日新聞さんの記事を虚稿なんて!言ってるからですよぉ!

ちゃんと!自転車・歩行者の安全とは何かを考えてください!

と!M日新聞さんでいえば!”銀輪の恐怖(だったかな???)”で歩道走行の自転車がいかに交通弱者に対して恐怖をあたえるか、連載してます!

それもしっかり熟読してから!安全について語りましょう!

よろしくおねがいします!

| ボードマン | 2011/10/26 23:59 | URL |

では、後続は何台存在しましたか?

| かばねやみ | 2011/10/27 00:01 | URL | ≫ EDIT

“影”って、雰囲気との意味も含んでいるのくらいは読み取ってくださっていますよね。

後続車の台数が消える、奇跡的な瞬間をあえて選んで掲載したのですか?
私であれば、複数の後続車がイライラしていそうな瞬間を掲載したほうが信憑性があると思われますが、なぜこの瞬間を掲載したかを解説していただけませんか?

それとも、ちょっとした瞬間画像で、自転車を悪者とした記事としてでっち上げたのですか?

| かばねやみ | 2011/10/27 00:10 | URL | ≫ EDIT

なぜ、かばとかオアゾとか佐藤とか東南とかボードとか
自転車の権利だけを頑なに主張する疋田教信者みたいな奴は
こんなにキモイ奴が多いんだろうか?

まぁ、後に判りますよ。
日本で自転車の車道走行がどんなに危険なことかって。
半世紀前の「交通戦争」という不幸をまた繰り返したいんでしょうか?

歩行者と自転車が歩道で譲り合う国、これが日本の道路行政のあるべき姿です。
歩道走行にふさわしくない自転車は日本には必要ありません。

| 自転車は歩道 | 2011/10/27 02:05 | URL |

>「黄色のセンターラインは、はみ出し禁止道路であることはおわかりでしょうか?」は、東南さんとのやりとりのなかで「対向車は車線をまたぐことを予想できない」と反論したものです。

私のコメントを読み直してもらいたいのですが
「この場合、(トラックの)対向車は車道左側いっぱいによって徐行し、トラックの追い越しを助けるべきです」
と書いてあります。

求められるのは「トラックの追い越しを予測する」ことではなく、「トラックが追い越し出来ない状況であることを察知して、それができる状況にする」ことなのです。

右折待ちのドライバーがいた場合、ライトで合図して先に行かせるのと同じようなものですね。それさえできないドライバーが大勢いますが。
その点、私のような日常的にそういう意識を持って運転している人間は、写真のような状況であっても、適切な対応ができるようになります。

こういう細やかな配慮ができないドライバーのせいで、渋滞が起きてしまうことになる。それをなくすための「馬鹿に自動車を与えるな」の提言なのです。
写真の状況を見て、トラックが車線をまたぐことを予測できないような人間は、自動車を運転するべきではないのです。

| 東南 | 2011/10/27 12:37 | URL |

今日のモーニングバードで

今朝の「モーニングバード」で
コメンテーターのひとりが言っていた、
「自転車はヘルメットの必要が無い、ウインカーもテールランプも付いてない『不完全車両』なのに、そんな自転車を車道走行させたら重大な事故が増えるだけだ」
別のコメンテーターは
「歩行者と自転車の事故より自転車と自動車の事故のほうが重大化する可能性が高い」「道の真ん中に出て来てスイスイ通り抜ける自転車は危険すぎる」「車道走行させる前にやることはたくさんある」
と言っていました。

まさしくその通り!

警察、毎日新聞、疋田信者は自分たちが「マイノリティー」「少数意見」であり、「自転車は歩道を安全な速度で」というのが国民大多数の願いということに早く気付くべきだ。
なんでもヨーロッパに倣えばいいってもんじゃない。

| 自転車は歩道 | 2011/10/27 13:45 | URL |

やっぱり世論は「チャリは歩道!」

http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/quiz/quizvotes.php?poll_id=7244&qp=1&typeFlag=1

警察庁は、自転車の歩道走行を事実上容認してきた従来の姿勢を転換し、自転車の原則車道走行を促す対策を全国の警察本部に通達したそう。「自転車の原則車道走行」をどう思いますか?

14時現在で
反対49%
賛成36%
どちらともいえない17%

はい、アンチ世捨人涙目~~www

まぁ、ここのブログの荒らしの常連が知ったら、
「「どちらともいえない」を加えれば意見は拮抗している(反対派は負けている)」とか
屁理屈をこねるんだろうな…

| しゃ~ぺ~ | 2011/10/27 14:09 | URL |

しゃ~ぺ~さんへ

このアンケートは、大雑把すぎます。

小生は、原則車道走行には「賛成」ですが、警察庁の通達の内容には「反対」です。

まず、交通事故の死傷者の数と死亡事故の数をごっちゃにして、比較的軽微な事故に終わる自転車の事故を大げさに扱いすぎです。

現行のルールによる摘発強化にも反対です。事故の原因と直結していないルール自体を見直すべきです。

自転車道と自転車レーンの優先順位が異なります。「自転車本来の走行性能の発揮を求める自転車利用者には、道路交通法第63条の3(自転車道の通行区分)を義務付けない=車道を自由に走れる」とすることが大前提です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/10/27 15:03 | URL |

自転車は歩道さんへ

>今朝の「モーニングバード」で・・・と言っていました。まさしくその通り!
警察、毎日新聞、疋田信者は自分たちが「マイノリティー」「少数意見」であり、「自転車は歩道を安全な速度で」というのが国民大多数の願いということに早く気付くべきだ。なんでもヨーロッパに倣えばいいってもんじゃない。

マスコミの評論家は、警察(政府)権力に反対の意見を述べることで、その椅子を保っている方々です。

マスコミのコメントに踊らされないように、本物を見極めましょう。将来のあるべき姿をご想像下さい。


| 自転車は歩道 | 2011/10/27 13:45 | URL |

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/10/27 15:08 | URL |

世捨人さんへ

>トラックには問題ありませんが、競技用自転車に問題があると記事で指摘しております。

そもそも、対抗車線を走っている車から、自転車や大型トラックのスピードを確認出来るのですか?
ノロノロ運転ということですが、40キロちょうどだったかも知れませんね。
もしかしたら、得意の爆走練習中で50キロくらい出していたかも?
ということで、大型トラックが問題にしていないのであれば、何ら問題ないでしょう。

>>車幅が道路ギリギリとなるような大型トラックは、この道を通らないのが理想です。
>何か不都合でしょうか?

大型車両は、40キロ制限の狭い道路よりも、50キロ・60キロ制限の幅の広い道路を走るように棲み分けされた道路体系が実現出来れば「理想」ですね。
ということで、大き過ぎて自転車を追い抜けない大型トラックが渋滞を惹き起こしているだけで、現状、特段の不都合はありません。

>歩道を壊して車線を広げろということでしょうか?
>「産業用の道路ということであれば、高齢者や障害者が頻繁に行き来することはない」について、理由をお聞かせください。
>遅い車は速い車に道を譲るのはルール・マナーです。例えば、山間部の道路の上り坂には「登坂車線」というのがあります。大型トラックなど上り坂で速度が落ちる車両のために設けられた車線です。同車線は、通らなくとも違反ではありませんが、ルール・マナーとして積極的に活用されています。

残念ながら、この道路には路側帯、自転車レーンという「登坂車線」(回避スペース)はありません。
そういった環境の中で、この自転車は、速い車に道を譲るために車道左端を大人しく走っています。十分にルール・マナーに合致しています。
批判するとすれば、自転車レーンという「登坂車線」を設けていない道路管理者(道路設計者?)に対してでしょう。
頑張って下さい。

>記事にもあるとおり、制限速度40キロの道路をのろのろ運転している状態でした。
| 世捨人 | 2011/10/26 23:56 | URL |

申し訳ありません。素晴らしいスクープ写真に見とれて、記事を良く読んでいませんでした。

| 自転車は歩道 | 2011/10/27 16:30 | URL |

素晴らしいコメンテーターw

テレビ朝日の「モーニングバード」偶然、見てました。
元風俗嬢だかキャバクラ嬢だかの、コメンテーターと称する、いささか変な女が、車道の自転車は危ない危ない、邪魔だ邪魔だ、とヒステリックに繰り返してましたね。

典型的なDQN発言と、深く感動いたしました。
こういうのに踊らされる人も、やっぱり、いるんですね(はーと)。

それにしても自転車は歩道を主張する人は

等号のタク運
ジャージも買えない46歳無職
元風俗嬢の変な女

と、いずれも素晴らしい経歴の方ばかりですね。光り輝くようDQNぶりに、敬服いたしました。

| いたって普通の経歴の持ち主 | 2011/10/27 17:34 | URL |

明らかな犯罪教唆

>>歩道を走れ。

ところで、世捨人さん、本ブログは明らかに犯罪教唆を目指した犯罪的なブログですね。
それも、明らかにデッチアゲの、ありもしない渋滞を根拠にしての犯罪教唆。
ジャーナリストとしても、市民としても許されないことです。
警察庁は、こうしたブログなども取り締まりの対象にするのではないでしょうかね。

| いたって普通の経歴の持ち主 | 2011/10/27 17:58 | URL |

2011/10/27 02:05 の 自転車は歩道 さん

“かば”って誰ですか?

| かばねやみ | 2011/10/27 19:12 | URL | ≫ EDIT

私は車道をいきます。ご心配なく。たしかに車はストレスを感じるでしょう。
うまく追い越せなければスピードを落とせばいい。自転車の追い越し方にもこつがあるのです。総じて都会のドライバーは上手です。YAHOOのアンケートがどうであろうと(知ったこっちゃない)流れは自転車=歩道(子供、高齢者は除く)に行くでしょう。自転車道の整備など絵に描いた餅です。できるわけないし、新しい公共事業のネタになるだけです。(ただ自転車走行禁止の区分設置はあってもいい思います。)

| 自転車は自転車 | 2011/10/27 19:15 | URL |

Re: タイトルなし

かばさん

> では、後続は何台存在しましたか?

予想してください。

| 世捨人 | 2011/10/28 00:43 | URL |

Re: タイトルなし

かばさん

> 後続車の台数が消える、奇跡的な瞬間をあえて選んで掲載したのですか?
> 私であれば、複数の後続車がイライラしていそうな瞬間を掲載したほうが信憑性があると思われますが、なぜこの瞬間を掲載したかを解説していただけませんか?

「複数の後続車がイライラしていそうな瞬間」がなかったからです。

| 世捨人 | 2011/10/28 00:44 | URL |

Re: タイトルなし

東さん

> 求められるのは「トラックの追い越しを予測する」ことではなく、「トラックが追い越し出来ない状況であることを察知して、それができる状況にする」ことなのです。

セダン型または左ハンドル車の場合、背の高い車が前を走行していた場合、どのように判断すればよいのでしょうか?


> 右折待ちのドライバーがいた場合、ライトで合図して先に行かせるのと同じようなものですね。それさえできないドライバーが大勢いますが。

これは状況によりますね。当方の場合、「こちらが通過するまで右折は待て」と注意を促すためにパッシングすることがあります。


> その点、私のような日常的にそういう意識を持って運転している人間は、写真のような状況であっても、適切な対応ができるようになります。

過信は禁物です。

| 世捨人 | 2011/10/28 00:47 | URL |

Re: やっぱり世論は「チャリは歩道!」

しゃさん

ドライバーは圧倒的に反対でしょうが、歩行者は賛成でしょうね。
自転車という存在の是非について考える必要があると思います。

> http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/quiz/quizvotes.php?poll_id=7244&qp=1&typeFlag=1
>
> 警察庁は、自転車の歩道走行を事実上容認してきた従来の姿勢を転換し、自転車の原則車道走行を促す対策を全国の警察本部に通達したそう。「自転車の原則車道走行」をどう思いますか?
>
> 14時現在で
> 反対49%
> 賛成36%
> どちらともいえない17%
>
> はい、アンチ世捨人涙目~~www
>
> まぁ、ここのブログの荒らしの常連が知ったら、
> 「「どちらともいえない」を加えれば意見は拮抗している(反対派は負けている)」とか
> 屁理屈をこねるんだろうな…

| 世捨人 | 2011/10/28 00:49 | URL |

Re: 今日のモーニングバードで



いつの時代も「マイノリティー」というのは巨大な抵抗勢力ですね。



> 今朝の「モーニングバード」で
> コメンテーターのひとりが言っていた、
> 「自転車はヘルメットの必要が無い、ウインカーもテールランプも付いてない『不完全車両』なのに、そんな自転車を車道走行させたら重大な事故が増えるだけだ」
> 別のコメンテーターは
> 「歩行者と自転車の事故より自転車と自動車の事故のほうが重大化する可能性が高い」「道の真ん中に出て来てスイスイ通り抜ける自転車は危険すぎる」「車道走行させる前にやることはたくさんある」
> と言っていました。
>
> まさしくその通り!
>
> 警察、毎日新聞、疋田信者は自分たちが「マイノリティー」「少数意見」であり、「自転車は歩道を安全な速度で」というのが国民大多数の願いということに早く気付くべきだ。
> なんでもヨーロッパに倣えばいいってもんじゃない。

| 世捨人 | 2011/10/28 00:50 | URL |

Re: 明らかな犯罪教唆

いたさん

> >>歩道を走れ。
>
> ところで、世捨人さん、本ブログは明らかに犯罪教唆を目指した犯罪的なブログですね。
> それも、明らかにデッチアゲの、ありもしない渋滞を根拠にしての犯罪教唆。
> ジャーナリストとしても、市民としても許されないことです。
> 警察庁は、こうしたブログなども取り締まりの対象にするのではないでしょうかね。


道交法で自転車の歩道走行は認められています。

| 世捨人 | 2011/10/28 00:51 | URL |

世捨人さんの訴えが届いたようですね。

yahooのアンケートで、
まさかの世論不支持で
涙目の車道チャリ派。

そりゃ今まで散々小馬鹿にしてきた世捨人氏の「車道走行反対」が半数近い支持を得ているもんな。

世捨人氏への攻撃、言いがかりがこれまで以上に過激になるのは必至ですが、
どんなに紳士的、論理的に言ったとしても、自転車の車道走行をいまだに訴える以上、「必死の言い訳、屁理屈」と看做してコメントを楽しみましょう。

| バカネタミ | 2011/10/28 00:53 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

> そもそも、対抗車線を走っている車から、自転車や大型トラックのスピードを確認出来るのですか?
> ノロノロ運転ということですが、40キロちょうどだったかも知れませんね。
> もしかしたら、得意の爆走練習中で50キロくらい出していたかも?
> ということで、大型トラックが問題にしていないのであれば、何ら問題ないでしょう。

渋滞が発生していたからノロノロ運転と表現した次第です。


> 大型車両は、40キロ制限の狭い道路よりも、50キロ・60キロ制限の幅の広い道路を走るように棲み分けされた道路体系が実現出来れば「理想」ですね。
> ということで、大き過ぎて自転車を追い抜けない大型トラックが渋滞を惹き起こしているだけで、現状、特段の不都合はありません。

乗用車でも困難でしょう。

> 残念ながら、この道路には路側帯、自転車レーンという「登坂車線」(回避スペース)はありません。
> そういった環境の中で、この自転車は、速い車に道を譲るために車道左端を大人しく走っています。十分にルール・マナーに合致しています。
> 批判するとすれば、自転車レーンという「登坂車線」を設けていない道路管理者(道路設計者?)に対してでしょう。
> 頑張って下さい。

小回りがきくところが「自転車のよい所」でしたね。
ならば、主要道路は避け生活道路にう回するべきでしょう。
生活道路こそが自転車にとっての「登坂車線」ともいえます。


> >記事にもあるとおり、制限速度40キロの道路をのろのろ運転している状態でした。
> | 世捨人 | 2011/10/26 23:56 | URL |
>
> 申し訳ありません。素晴らしいスクープ写真に見とれて、記事を良く読んでいませんでした。

そうですか?
この時点(| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/10/26 17:50 | URL |)ではしっかりお読みになっているようですが。







| 世捨人 | 2011/10/28 00:55 | URL |

Re: 世捨人さんの訴えが届いたようですね。

バカさん

ありがとうございます。
当ブログの原点は「大人になれない大人の教育」です。
粘り強く取り組みたいと思います。


> yahooのアンケートで、
> まさかの世論不支持で
> 涙目の車道チャリ派。
>
> そりゃ今まで散々小馬鹿にしてきた世捨人氏の「車道走行反対」が半数近い支持を得ているもんな。
>
> 世捨人氏への攻撃、言いがかりがこれまで以上に過激になるのは必至ですが、
> どんなに紳士的、論理的に言ったとしても、自転車の車道走行をいまだに訴える以上、「必死の言い訳、屁理屈」と看做してコメントを楽しみましょう。

| 世捨人 | 2011/10/28 00:57 | URL |

捏造のごまかしはやめなさい

>> では、後続は何台存在しましたか?
>予想してください。

2台(写真に写っているトラックと、はるか後ろに写る乗用車のみ)
正解は何台ですか?ジャーナリストとして正確に何台と記述して下さい

>「複数の後続車がイライラしていそうな瞬間」がなかったからです。

それは当然でしょう。渋滞自体が捏造ですからね。捏造を否定したければ証拠を出して下さい。この写真があるからには、別のカットもあるでしょう?
だって、世捨人さんは、ドラレコで記録しているんですから、連続的に画像をお持ちのはずですね。
まさか片手運転でデジカメ撮影したんではないですよね。

>>道交法で自転車の歩道走行は認められています。

例外措置としてしか認められていません。
原則はあくまで車道。
しかも、今後、歩道走行の取り締まりが強化されます。
http://www.asahi.com/national/update/1025/TKY201110250565.html

貴殿のブログは、ずーっと捏造ばかりですね
日々、光り輝くような東郷ぶりが発揮されていて、本当に嬉しいかぎりです

| 糾弾君 | 2011/10/28 06:01 | URL |

>セダン型または左ハンドル車の場合、背の高い車が前を走行していた場合、どのように判断すればよいのでしょうか?

見えない状況であれば判断のしようがないのは当然です。しかしちゃんと見えている人間は適切な対応をとる必要があります。

>これは状況によりますね。当方の場合、「こちらが通過するまで右折は待て」と注意を促すためにパッシングすることがあります。

なぜそんなことをする必要があるのですか?こちらが合図しているのになかなかいかない車があるのはそういうことだったんですかね。非常に迷惑ですのでやめてください。

| 東南 | 2011/10/28 08:41 | URL |

>バカネタミさん
>yahooのアンケートで、
まさかの世論不支持で
涙目の車道チャリ派。

そりゃ今まで散々小馬鹿にしてきた世捨人氏の「車道走行反対」が半数近い支持を得ているもんな。


これまで誤った慣習がまかり通ってきたため、世間的にそのような認識になっていることは誰でも知っています。その過ちを正さねばならない時が来たのです。

これまで半世紀にわたってインフラ整備などを放置してきた道路行政こそ異常なのです。今動き出さねばさらに半世紀過ちが続き、さらに大きな問題を将来に残すことになります。

半世紀分のつけは今のうちに払っておくべきなのです。これ以上問題の先送りは止めてください。

| 東南 | 2011/10/28 08:51 | URL |

さっそく2名の方から嘆きのお返事が届きました。

「捏造」「誤った慣習」・・・

もっともっとがんばって世間の笑いものになってくださいwww
もっと頑張らないと世論は味方してはくれませんよ。

| バカネタミ | 2011/10/28 09:00 | URL |

世捨人さんへ

>渋滞が発生していたからノロノロ運転と表現した次第です。

例え、自転車がノロノロ運転していても、ボードマンさんの仰るとおり、法的には自転車は渋滞を作れません。
渋滞が発生していたかどうかも疑わしいところですが、渋滞が発生していたとすれば、自転車を追い抜きできずにノロノロと走っている大型トラックと、大型トラックの追い抜きを邪魔している対抗車線を走る世捨人さんらの運転する自動車の責任です。

>>大き過ぎて自転車を追い抜けない大型トラックが渋滞を惹き起こしているだけで、現状、特段の不都合はありません。
>乗用車でも困難でしょう。

この大型トラックの運転手は、たとえ渋滞を発生させたとしても、無理な追い越しをせずに「安全」運転で追随されていたのであれば、それこそ、「自転車」と「自動車((大型トラック)」が共存(シェア)している理想的な姿を捉えたスクープ写真ですね。

>小回りがきくところが「自転車のよい所」でしたね。ならば、主要道路は避け生活道路にう回するべきでしょう。 生活道路こそが自転車にとっての「登坂車線」ともいえます。

仰るとおり、自転車は小回りも利きますので、主要(幹線)道路を走るか、生活道路を走るか、「自転車通行可」の歩道を走るかは、自転車乗りお一人お一人が決めることです。
ただし、生活道路では匿名希望さんが提示され、かばねやみさんと議論をした自転車同士の出会い頭事故事例のような危険がありますので、出来る限り自転車も通らない方が、歩行者のためであり、交通の「安全」かつ「円滑」に繋がるでしょう。
山道の「登坂車線」もずっと続くものではありません。ずっと続くのであれば、それは、2車線、3車線の普通の幹線道路です。
路側帯もなく大型トラックがギリギリ通れる40キロ制限の産業用道路なんて、そんなに長く続くものでもないでしょう。ワンブロック先には、路側帯があったり、片側2車線となったりしているのではないですか?
であれば、40キロ制限の狭い道路はスピードを緩めて安全運転で数珠繋ぎでもお互い様です。そのうちに現れる路側帯や2車線の区間(登坂車線)で安全に追越しましょう。

>そうですか? この時点(| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/10/26 17:50 | URL |)ではしっかりお読みになっているようですが。| 世捨人 | 2011/10/28 00:55 | URL |

申し訳ありません。やはり、以下のとおり記事を良く読まずに、素晴らしいスクープ写真を見て、30キロあるいは40キロと勝手に判断していたものでした。
「大型トラックがギリギリ走れる幅員で、路側帯もなく、黄色のセンターラインではみ出し禁止の道路の「制限速度」は何キロですか?
トラックの前に隠れそうな表示は30キロにも見えます。
40キロだとしても、この自転車は制限速度に合わせて30キロ~40キロで走行しているのではないですか。ルール・マナーに沿った優良サイクリストでしょう。
トラック等の運転がルール・マナーに沿ったものに改善されるように、この自転車は体を張って車道を走ることで、道路交通の「安全」と「円滑」に貢献しているのでしょう。
ところで、今回の歩道にも「自転車通行可」の標識は見えませんが、大丈夫ですか?」

ところで、改めてお聞きしますが、今回の歩道は「自転車通行可」でしたか?

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/10/28 14:45 | URL |

世捨人さんへ

東南さんとのやり取りに横入りして失礼します。

>> 求められるのは「トラックの追い越しを予測する」ことではなく、「トラックが追い越し出来ない状況であることを察知して、それができる状況にする」ことなのです。
>セダン型または左ハンドル車の場合、背の高い車が前を走行していた場合、どのように判断すればよいのでしょうか?

前を走行している背の高い車も判断します。対抗車線を走る車の列の全体で察知し、状況を作って下さい。
心ある車から対向車線の大型トラックの追い越しを予測して左側に寄り、対向車の列が自然に車道左側に膨らみむことで、センターライン付近に大型トラックの追い越しが可能なスペースが生まれるのでしょう。
車の列が、一方に膨らんでいて、不思議に思って進んでいくと、小動物の死骸があった、なんてことは良くある話です。
全ての責任(判断)を、一人のドライバーが背負うことはありません。
対向車線を走る車の列も含めて、限られた道路空間で共存(シェア)しているのです。

>>右折待ちのドライバーがいた場合、ライトで合図して先に行かせるのと同じようなものですね。それさえできないドライバーが大勢いますが。
>これは状況によりますね。当方の場合、「こちらが通過するまで右折は待て」と注意を促すためにパッシングすることがあります。

無理して反論するために、悪ぶることはありません。
まるで、直進する自転車の存在を誇示するために、バッキャローと叫ぶ疋田さんのようです。
似たもの同士ということかな。

>>その点、私のような日常的にそういう意識を持って運転している人間は、写真のような状況であっても、適切な対応ができるようになります。
>過信は禁物です。| 世捨人 | 2011/10/28 00:47 | URL |

いい加減にしましょう。反論のための反論は全く無用です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/10/28 16:39 | URL |

バカネタミさん
>もっと頑張らないと世論は味方してはくれませんよ。

警察と法律が味方してくれているのでそれで十分です。

そもそも、世捨人さんの意見は世論の支持を受けてなどいません。件のアンケートの反対というのは「自転車の原則車道走行」、すなわち「全ての自転車に車道を走らせること」に反対しているのであって、自転車が車道を走ることそのものに反対しているわけではありません。

今回の通達は世捨人さんの「自転車は歩道を走れ」を完全否定するものですが、それに反対することと世捨人さんの意見を支持することは、イコールでは繋がらないのです。

もう少し論理的に物事を考えてください。

| 東南 | 2011/10/28 17:58 | URL |

あれ???私も自転車車道派???

ん・・・よんでると!いつの間にか私も自転車は車道派だぁ^^!

ん・・・・違いますよ!

歩道をゆっくりのんびり走りたい方は歩道でいいと思います!
制限速度だって!反対ではないし!ヘルメットの義務可については大賛成なくらいです!

ここのブログ主さんが・・・

いっさいの犯罪行為を犯していないローディーをさも犯罪者かのような扱いする記事しかない事にムカッと!しただけです!

ジャーナリストでなくフィクション作家のほうがむいてるかもよ????

と!歩道走行支持派と車道走行支持派ですが・・・

このアンケートも微妙ですねぇ・・・

ネットだもん・・・

ちゃんとしたアンケートをとるなら・・

歩道を歩行している人、歩道を自転車で走行している人、車道を自転車で走行している人、車道を車で走行している人を同じ数 街頭で!それも都市部と郊外部に分けてとるのが正解でしょう!

ネット環境所持していない高齢者さん等の交通弱者が参加できないアンケートは世捨人さん!いわくのミスリードでは???

警察さんの通達は交通弱者をいかに守るか!ってことでのものだと私は思ってます!

マナーの悪い自転車は摘発してもらって!結構 大歓迎です!

と!長く書いたなぁ・・・

よ!世論は味方って・・・・強者の理論で、道交法を定められたら堪りません><

見た目だけのアンケート結果やら・・・現在の歩道状況の理解さえもできないコメンテイターさんに流されるのは・・・

ここのブログ主だけにしていただきたいねぇ・・・




あ!!!!!








おでん!たべよっと!

| ボードマン | 2011/10/28 21:13 | URL |

>予想してください。

大型貨物を入れて3台。


>「複数の後続車がイライラしていそうな瞬間」がなかったからです。

でも、列をなしていたんですよね。
運転者はポーカーフェイスでも、それなりの画像を見れば、『渋滞の原因になっている』のを客観的に把握できますよ。
車列の画像は掲載できませんか?

| かばねやみ | 2011/10/29 20:30 | URL | ≫ EDIT

Re: 捏造のごまかしはやめなさい

糾さん

>2台(写真に写っているトラックと、はるか後ろに写る乗用車のみ)
正解は何台ですか?ジャーナリストとして正確に何台と記述して下さい

単車は考慮してますか?

>それは当然でしょう。渋滞自体が捏造ですからね。捏造を否定したければ証拠を出して下さい。この写真があるからには、別のカットもあるでしょう?

写真の状態が続けば渋滞の原因になるのは明らかでしょう。

>例外措置としてしか認められていません。原則はあくまで車道。

例外であろうと認められている自転車の歩道走行を推奨するのは犯罪ですか?

>しかも、今後、歩道走行の取り締まりが強化されます。
http://www.asahi.com/national/update/1025/TKY201110250565.html

駅前や繁華街など人通りが多い歩道が主な対象でしょう。

>貴殿のブログは、ずーっと捏造ばかりですね

自転車批判をさせないための常套句ですね。

| 世捨人 | 2011/10/30 00:10 | URL |

Re: タイトルなし

東さん

>見えない状況であれば判断のしようがないのは当然です。しかしちゃんと見えている人間は適切な対応をとる必要があります。

そうですね

>なぜそんなことをする必要があるのですか?こちらが合図しているのになかなかいかない車があるのはそういうことだったんですかね。非常に迷惑ですのでやめてください。

統一したルール・マナーが必要ですね。
当方が驚愕したのは自動車を停車する時、ハザードランプの代わりに左ウインカーを点滅させる輩(やから)です。左折するかと思いきやずっと止まったままなので前に進めませんでした。

| 世捨人 | 2011/10/30 00:11 | URL |

世捨人へ

>>お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。お願いします。

お断りします。

| MTB | 2011/10/30 00:19 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>例え、自転車がノロノロ運転していても、ボードマンさんの仰るとおり、法的には自転車は渋滞を作れません。渋滞が発生していたかどうかも疑わしいところですが、渋滞が発生していたとすれば、自転車を追い抜きできずにノロノロと走っている大型トラックと、大型トラックの追い抜きを邪魔している対抗車線を走る世捨人さんらの運転する自動車の責任です。

譲り合いの精神がない競技用自転車乗りを非難すべきでしょう。一人の爆走練習のために交通の円滑が阻害されています。ときさんが『仰るとおりですが、何事もバランスです。「安全」と「円滑」の両方とも大事です。両方を重視していきましょう』とおっしゃってたのと同じです。(http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-292.html#comment7746


>この大型トラックの運転手は、たとえ渋滞を発生させたとしても、無理な追い越しをせずに「安全」運転で追随されていたのであれば、それこそ、「自転車」と「自動車((大型トラック)」が共存(シェア)している理想的な姿を捉えたスクープ写真ですね。


トラックの運転手にしてみれば、「自分は素人だからって歩道や生活道路をのんびり走る人(自転車)が一番邪魔です」という、ときさんと同じ心境では。(http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-292.html#comment7746




>仰るとおり、自転車は小回りも利きますので、主要(幹線)道路を走るか、生活道路を走るか、「自転車通行可」の歩道を走るかは、自転車乗りお一人お一人が決めることです。ただし、生活道路では匿名希望さんが提示され、かばねやみさんと議論をした自転車同士の出会い頭事故事例のような危険がありますので、出来る限り自転車も通らない方が、歩行者のためであり、交通の「安全」かつ「円滑」に繋がるでしょう。 山道の「登坂車線」もずっと続くものではありません。ずっと続くのであれば、それは、2車線、3車線の普通の幹線道路です。 路側帯もなく大型トラックがギリギリ通れる40キロ制限の産業用道路なんて、そんなに長く続くものでもないでしょう。ワンブロック先には、路側帯があったり、片側2車線となったりしているのではないですか? であれば、40キロ制限の狭い道路はスピードを緩めて安全運転で数珠繋ぎでもお互い様です。そのうちに現れる路側帯や2車線の区間(登坂車線)で安全に追越しましょう。


ときさんは路側帯について勉強不足のようですね。
「路肩に敷かれた白線は、歩道があれば路側帯を示す線ではなく車道外側線」の意味を理解してください。

>申し訳ありません。やはり、以下のとおり記事を良く読まずに、素晴らしいスクープ写真を見て、30キロあるいは40キロと勝手に判断していたものでした。

「割って入るのであれば、良く読んでからにして下さい」(| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/10/28 18:04 | URL |)と他人を非難する前に、ご自身もコメント投稿するときは記事をよく読んでからにして下さい。


>ところで、改めてお聞きしますが、今回の歩道は「自転車通行可」でしたか?

道交法63条の4第1項1号から3号までお読みください。

| 世捨人 | 2011/10/30 00:21 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>前を走行している背の高い車も判断します。対抗車線を走る車の列の全体で察知し、状況を作って下さい。 心ある車から対向車線の大型トラックの追い越しを予測して左側に寄り、対向車の列が自然に車道左側に膨らみむことで、センターライン付近に大型トラックの追い越しが可能なスペースが生まれるのでしょう。 車の列が、一方に膨らんでいて、不思議に思って進んでいくと、小動物の死骸があった、なんてことは良くある話です。

それは安全な走行方法ですか?
いずれにせよ自転車が譲り合いの精神で進路を譲れば済む話です。

>無理して反論するために、悪ぶることはありません。まるで、直進する自転車の存在を誇示するために、バッキャローと叫ぶ疋田さんのようです。 似たもの同士ということかな。

夜間にライトを点灯する理由はわかりますか?

>いい加減にしましょう。反論のための反論は全く無用です。

当ブログのコメント欄は、ときさんの「反論のための反論」で埋め尽くされようとしていませんか?

| 世捨人 | 2011/10/30 00:23 | URL |

Re: タイトルなし

かばさん

> 車列の画像は掲載できませんか?

できません。

| 世捨人 | 2011/10/30 00:24 | URL |

よく読んでみた!

横入りすいません。

>道交法63条の4第1項1号から3号までお読みください。

ン___どう読んでも、渋滞しそうだから、自転車は歩道を走るように・・・とは読み取れないのですが・・・

条項その三には『車道又は交通の状況に照らして当該普通自転車の通行の安全を確保するため当該普通自転車が歩道を通行することがやむを得ないと認められるとき。』

とあります。
つまり、自転車の当人が自分の安全を確保できないとしたときで、渋滞しそうなので歩道走行するのは『やむを得ないと認められるとき。』と考えられるのでしょうか?

主さんが「歩道を走れ」と言ってますが、それは交通の円滑でも安全でもなく、車道は車のもの、お得意の譲り合いの精神で!自転車は法律を犯してでも歩道へ行け!
って事ですかねぇ???

それが安全なの????

他人を犯罪者にすることが安全と言うなら、ここの主さんは人としての資質があまりにも悪すぎます><

と!横入りでした。すいません><

| ボードマン | 2011/10/31 02:29 | URL |

世捨人さんへ

>>例え、自転車がノロノロ運転していても、・・・世捨人さんらの運転する自動車の責任です。
>譲り合いの精神がない競技用自転車乗りを非難すべきでしょう。一人の爆走練習のために交通の円滑が阻害されています。ときさんが『仰るとおりですが、何事もバランスです。「安全」と「円滑」の両方とも大事です。両方を重視していきましょう』とおっしゃってたのと同じです。(http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-292.html#comment7746

いつの間にか「ノロノロ運転」が「爆走練習」に変わっています。
どちらが、本当なんでしょう。?
この自転車は、一体全体「何キロ」で走っていたのでしょうか?
本当に「渋滞」となっていたのでしょうか?
数珠繋ぎだったかも知れませんが、30~40キロで流れていれば「渋滞」とは言わないでしょう。
産業用道路であるにも関わらず片側1車線で、路側帯(車道外側線ですね)もない道路構造の問題かとも思いますが、写真で見るところ、それほど交通量も多くなく、渋滞も発生していないようですので、「需要」と「供給」のバランスも、交通の「安全」と「円滑」のバランスも十分に取れているのでしょう。

>トラックの運転手にしてみれば、「自分は素人だからって歩道や生活道路をのんびり走る人(自転車)が一番邪魔です」という、ときさんと同じ心境では。(http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-292.html#comment7746

仰るとおり「道路」は公共財産で「歩行者」、「自転車」、「自動車」が共存(シェア)するものですから、お互い様です。弱者優先が人としてのマナーでしょうから、そうそう我儘ばかりも言ってられません。
小生であれば、歩道や生活道路は通勤時には走りません。休日に急ぐ用もないときは、のんびりと歩行者等の邪魔にならないように走ります。
この大型トラックも、この道路を選択した時点で40キロ制限のノロノロ運転(?)となることは十分に認識していたことでしょう。

>ときさんは路側帯について勉強不足のようですね。
「路肩に敷かれた白線は、歩道があれば路側帯を示す線ではなく車道外側線」の意味を理解してください。

ご指摘ありがとうございます。仰るとおり歩道がありますので、「車道外側線」ですね。(路側帯の方が判りやすいと思いますが)
構造上、「車道外側線」を設けることの出来ない狭い道路だからこそ、センターラインは黄色いで、制限速度40キロに抑えられています。
ノロノロ運転(?)の「爆走自転車」(?)がいようがいまいが、安全運転で走りましょう。そして、今回は、無理な追い越しをせずに「安全」を最優先で走る素晴らしい大型トラックドライバーを捉えたスクープ写真でした。

>「割って入るのであれば、良く読んでからにして下さい」(| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/10/28 18:04 | URL |)と他人を非難する前に、ご自身もコメント投稿するときは記事をよく読んでからにして下さい。

まあ、40キロ制限が妥当でしょうが、写真で見る限り「30キロ制限」の標示にも見えたものですから、40キロ制限とした「客観的な証拠」を求めたものです。
事実認定を正確に行うためには、全てを疑って掛かることも大切です。やんわりと表現した小生の投稿の行間は読み取れませんでしたかね。

>>ところで、改めてお聞きしますが、今回の歩道は「自転車通行可」でしたか?
>道交法63条の4第1項1号から3号までお読みください。 | 世捨人 | 2011/10/30 00:21 | URL |

法律的な面は、横入りしていただいたボードマンさんの仰るとおりです。
| ボードマン | 2011/10/31 02:29 | URL |

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/10/31 13:32 | URL |

世捨人さんへ

>>前を走行している背の高い車も判断します。・・・
>それは安全な走行方法ですか?いずれにせよ自転車が譲り合いの精神で進路を譲れば済む話です。

安全かどうかは、それぞれのドライバーが判断することです。
それぞれのドライバーの判断にはそれぞれ責任が伴います。
結果、大型トラックは無理に追い越しすることなく、自転車に追随して「安全」かつ「円滑」に走行しています。
いずれにせよ自転車は譲り合いの精神で進路を譲って車道左端を走行していますので、済んだ話です。何ら問題ありません。
小生は、どちらかと言えば、大型トラックの車間距離保持不足の方が、心配です。
あとは、対向車線を走る世捨人さんらが譲り合いの精神を持っているかどうかです。

>夜間にライトを点灯する理由はわかりますか?

自転車の場合、法律上は、10メートル先の障害物を回避するためです。
それ以上のことは、法律上、求められていません。
まさか、対向車両に自らの存在を知らせるために、薄暮の中でも早めの点灯をなんて、屁理屈のための屁理屈を仰りたい訳ではないですよね。

>>いい加減にしましょう。反論のための反論は全く無用です。
>当ブログのコメント欄は、ときさんの「反論のための反論」で埋め尽くされようとしていませんか?| 世捨人 | 2011/10/30 00:23 | URL |

かばねやみさんへの対応等を勝手に一任されるものですから、止む無しでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/10/31 13:41 | URL |

自動車が渋滞をつくるのは良くて自転車が渋滞つくるのはいけないの?

| 自転車は自転車 | 2011/10/31 14:41 | URL |

愛媛新聞社 社説より

(以下、リンク先からの引用)
「自動車通行の快適性を削ってでも、車道を通行する自転車の安全確保に全力を挙げる」。警察庁幹部が強調したように、対策は自動車に不便を強いる側面もある。もちろん、自動車利用が減っている大都市と、公共交通の貧弱な市町村の同一視は禁物だ。
(引用おわり)

自転車だけでなく、タクシーを含めた自動車の運転者もいい加減腹をくくって認識をあらためたほうがいい。

| 自車云車 | 2011/10/31 15:19 | URL | ≫ EDIT

Re: よく読んでみた!

ボーさん

> >道交法63条の4第1項1号から3号までお読みください。

> 主さんが「歩道を走れ」と言ってますが、それは交通の円滑でも安全でもなく、車道は車のもの、お得意の譲り合いの精神で!自転車は法律を犯してでも歩道へ行け!
> って事ですかねぇ???
>
> それが安全なの????


身体がむき出しで走行が不安定となりがちな自転車、特に軽量の競技用自転車はトラックや乗用車が横を通過すると風圧で流され路肩の段差に車輪をとられ転倒することもあり危険です。
そもそも自転車は「交通弱者」ですから、安全な歩道に退避することは合理的な措置としてとがめられることはないでしょう。
画像の道路は、車道と歩道の交通量を比べると10対0です。
安全のため歩道を走行しましょう。

| 世捨人 | 2011/11/01 01:32 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>いつの間にか「ノロノロ運転」が「爆走練習」に変わっています。どちらが、本当なんでしょう。?

どちらも本当です。トラックと自転車は速度差があります。仮に時速30キロで走行していたとすれば、トラックからすれば「ノロノロ運転」ですし、競技用自転車からすれば爆走練習となります。

>仰るとおり「道路」は公共財産で「歩行者」、「自転車」、「自動車」が共存(シェア)するものですから、お互い様です。弱者優先が人としてのマナーでしょうから、そうそう我儘ばかりも言ってられません。小生であれば、歩道や生活道路は通勤時には走りません。休日に急ぐ用もないときは、のんびりと歩行者等の邪魔にならないように走ります。

朝の通勤時間帯を観察すると、歩道の自転車はゆっくり走ってますが車道を走る自転車はゆとりがありませんね。急な進路変更などでドライバーの神経を逆なでしていると思います。

>この大型トラックも、この道路を選択した時点で40キロ制限のノロノロ運転(?)となることは十分に認識していたことでしょう。

ガラガラの歩道を避け混雑する車道を走る自転車は想定していなかったでしょう。

>そして、今回は、無理な追い越しをせずに「安全」を最優先で走る素晴らしい大型トラックドライバーを捉えたスクープ写真でした。

我が物顔で走る競技用自転車乗りをとらえた、ありふれた光景でもあります。

>まあ、40キロ制限が妥当でしょうが、写真で見る限り「30キロ制限」の標示にも見えたものですから、40キロ制限とした「客観的な証拠」を求めたものです。 事実認定を正確に行うためには、全てを疑って掛かることも大切です。やんわりと表現した小生の投稿の行間は読み取れませんでしたかね。

『「安全」を最優先で走る素晴らしい大型トラックドライバー」については、何の疑いもなく事実認定を正確に行ったのでしょうか?

| 世捨人 | 2011/11/01 01:33 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>結果、大型トラックは無理に追い越しすることなく、自転車に追随して「安全」かつ「円滑」に走行しています。

渋滞が発生している以上、交通の円滑を阻害しています。

>いずれにせよ自転車は譲り合いの精神で進路を譲って車道左端を走行していますので、済んだ話です。何ら問題ありません。

安全に追い越しできるよう、止まって譲ってください。

>自転車の場合、法律上は、10メートル先の障害物を回避するためです。 それ以上のことは、法律上、求められていません。

自動車の場合も調べていただけないでしょうか?

>かばねやみさんへの対応等を勝手に一任されるものですから、止む無しでしょう。

活発な議論が展開されることは素晴らしいことです。

| 世捨人 | 2011/11/01 01:34 | URL |

Re: タイトルなし

自転さn

> 自動車が渋滞をつくるのは良くて自転車が渋滞つくるのはいけないの?

どちらも良くないですね。

| 世捨人 | 2011/11/01 01:35 | URL |

Re: 愛媛新聞社 社説より

自車さん

> 自転車だけでなく、タクシーを含めた自動車の運転者もいい加減腹をくくって認識をあらためたほうがいい。

自転車も原付バイク並みに制限速度や保安装置などの法整備が必要でしょう。

| 世捨人 | 2011/11/01 01:36 | URL |

世捨人さんへ

>>結果、大型トラックは無理に追い越しすることなく、自転車に追随して「安全」かつ「円滑」に走行しています。
>渋滞が発生している以上、交通の円滑を阻害しています。

渋滞が発生しているとすれば、「交通量」に応じて、「安全」かつ「円滑」に追い越し出来る「道路幅員」を確保していない道路管理者(設計者)の責任です。道路の拡幅の要望等、是非、具体的に動いて下さい。

>>いずれにせよ自転車は譲り合いの精神で進路を譲って車道左端を走行していますので、済んだ話です。何ら問題ありません。
>安全に追い越しできるよう、止まって譲ってください。

道路は公共財産です。幼稚園児にもわかるとおり「早いもの順」です。
先行する車両の「安全」かつ「円滑」な走行を後続車両が邪魔をすることは許されません。
後から(遅れて)来た人(車両)は、大人しく並んで下さい。社会一般のマナーです。
おしっこを漏らさないように、トイレには早めに並びましょう。

>>自転車の場合、法律上は、10メートル先の障害物を回避するためです。 それ以上のことは、法律上、求められていません。
>自動車の場合も調べていただけないでしょうか?

ご自身で努力下さい。まあ、何方か詳しい方、助けて上げて下さい。

>>かばねやみさんへの対応等を勝手に一任されるものですから、止む無しでしょう。
>活発な議論が展開されることは素晴らしいことです。| 世捨人 | 2011/11/01 01:34 |

ご主張がコロコロ変わるので、反論する気にもなりません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/01 10:45 | URL |

世捨人さんへ

>どちらも本当です。トラックと自転車は速度差があります。仮に時速30キロで走行していたとすれば、トラックからすれば「ノロノロ運転」ですし、競技用自転車からすれば爆走練習となります。

これは仰るとおりでしょう。小生の凡ミスです。一本取られました。

>朝の通勤時間帯を観察すると、歩道の自転車はゆっくり走ってますが車道を走る自転車はゆとりがありませんね。急な進路変更などでドライバーの神経を逆なでしていると思います。

ゆっくり走る自転車は「歩道」を走り、スピードを出す自転車は「車道」を走るということで、棲み分けが出来ているということですね。素晴らしいことです。
複数の乗客を運べる点、高速道路を走れる点、風雨や熱中症の心配が無い点などなど自動車の良い所はまだまだたくさんあります。
自在に進路変更できる自転車の良い所にいちいち気を取られず、急な進路変更が出来ない点などの自動車の弱点を素直に受け入れ「安全」かつ「円滑」な運転をお願いします。

>ガラガラの歩道を避け混雑する車道を走る自転車は想定していなかったでしょう。

自転車は「原則車道走行」ですので、普通に想定できることです。

>我が物顔で走る競技用自転車乗りをとらえた、ありふれた光景でもあります。

であれば、やはり、大型トラックも十二分に想定していたことでしょう。

>『「安全」を最優先で走る素晴らしい大型トラックドライバー」については、何の疑いもなく事実認定を正確に行ったのでしょうか? | 世捨人 | 2011/11/01 01:33 | URL |

大型トラックは無理な追い越しをしなかったという客観的事実だけで十分でしょう。
「安全」と「円滑」のバランスの判断などの内面的な評価は修飾語に過ぎません。
一方、スクープ写真から読み取れる「車間距離保持不十分」については、指摘済みです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/01 11:15 | URL |

世捨人さんへ(ほか皆様へ)

>>どちらも本当です。トラックと自転車は速度差があります。仮に時速30キロで走行していたとすれば、トラックからすれば「ノロノロ運転」ですし、競技用自転車からすれば爆走練習となります。
>これは仰るとおりでしょう。小生の凡ミスです。一本取られました。

訂正します。

小生にとっては「30キロ」は爆走(練習などしません。)となりますが、競技用自転車からすれば、爆走練習とはならないでしょう。
競技用自転車乗りの皆様の走力(脚力)を過小評価してしまいました。大変、失礼致しました。

小生が、制限速度が30キロか40キロかの事実確認に拘ったのも、この絶対的な脚力の水準にありました。

競技用自転車が爆走練習をしていたということであれば、40キロ程度のスピードで走っていたことでしょう。

時速40キロの制限速度どおりのスピードということであれば、「エア・ブレーキ」音で煽っていた大型トラックの嫌がらせを指摘すべきでしょう。

コロコロと主張が変わる・・・とのご批判は甘んじて受けましょう。止む無し。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/01 14:29 | URL |

久しぶりじゃの!
ときどきオアゾツーキニスト殿!
おぬしのコメントに感銘を受けた!
ツーキニスト1級を与えるがどうかの!

| ツーキニスト王 | 2011/11/01 17:20 | URL |

ツーキニスト王さんへ

>久しぶりじゃの!ときどきオアゾツーキニスト殿!おぬしのコメントに感銘を受けた!ツーキニスト1級を与えるがどうかの!

小生は、(自称)免許皆伝(?)です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/02 12:19 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/11/02 17:07 | |

Re: タイトルなし

ときさん

>渋滞が発生しているとすれば、「交通量」に応じて、「安全」かつ「円滑」に追い越し出来る「道路幅員」を確保していない道路管理者(設計者)の責任です。道路の拡幅の要望等、是非、具体的に動いて下さい。

競技用自転車の爆走練習という身勝手な都合にあわせるため、道路幅を広げる必要はございません。

>道路は公共財産です。幼稚園児にもわかるとおり「早いもの順」です。先行する車両の「安全」かつ「円滑」な走行を後続車両が邪魔をすることは許されません。 後から(遅れて)来た人(車両)は、大人しく並んで下さい。社会一般のマナーです。 おしっこを漏らさないように、トイレには早めに並びましょう。

トイレの順番をいっているのではありません。公道を走行するなら譲り合いの精神を忘れないでください。



>>自転車の場合、法律上は、10メートル先の障害物を回避するためです。 それ以上のことは、法律上、求められていません。 自動車の場合も調べていただけないでしょうか?ご自身で努力下さい。まあ、何方か詳しい方、助けて上げて下さい。

自動車のライトの話をしていたわけですから、責任もって調べてください。


>>かばねやみさんへの対応等を勝手に一任されるものですから、止む無しでしょう。 活発な議論が展開されることは素晴らしいことです。| 世捨人 | 2011/11/01 01:34 |
>ご主張がコロコロ変わるので、反論する気にもなりません。


主張は首尾一貫していますが、「コロコロ変わる」という部分をご指摘ください。

| 世捨人 | 2011/11/08 01:35 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>ゆっくり走る自転車は「歩道」を走り、スピードを出す自転車は「車道」を走るということで、棲み分けが出来ているということですね。素晴らしいことです。複数の乗客を運べる点、高速道路を走れる点、風雨や熱中症の心配が無い点などなど自動車の良い所はまだまだたくさんあります。自在に進路変更できる自転車の良い所にいちいち気を取られず、急な進路変更が出来ない点などの自動車の弱点を素直に受け入れ「安全」かつ「円滑」な運転をお願いします。


(競技用)自転車がいつもやり玉にあがる理由をお考えください。


>自転車は「原則車道走行」ですので、普通に想定できることです。

競技用自転車乗りの爆走練習は断固許せません。

>大型トラックは無理な追い越しをしなかったという客観的事実だけで十分でしょう。 「安全」と「円滑」のバランスの判断などの内面的な評価は修飾語に過ぎません。 一方、スクープ写真から読み取れる「車間距離保持不十分」については、指摘済みです。


交通の円滑を阻害する競技用自転車乗りは世間ズレしていませんか?

| 世捨人 | 2011/11/08 01:37 | URL |

世捨人さんへ

>競技用自転車の爆走練習という身勝手な都合にあわせるため、道路幅を広げる必要はございません。
>トイレの順番をいっているのではありません。公道を走行するなら譲り合いの精神を忘れないでください。

この道路幅であれば、原付バイクが30キロの制限速度一杯で走っていても、大型トラックの追い抜きは難しいでしょう。

ママチャリやリヤカーや耕運機やトラクターや馬車や人力車でも同じことです。

道路はみんなが利用する公共のものです。お互い様です。お互いに譲り合って「安全」「円滑」に利用しましょう。

この写真の競技用自転車は左端走行で十分に譲っています。

後続の車両が「安全」に追い越し出来るところまで十分に車間距離を取って順番に並んで走ることが、公道を走行する上で求められる譲り合いの精神です。

>自動車のライトの話をしていたわけですから、責任もって調べてください。

世捨人さんは、事故の7~8割が発生する交差点内での右折待ち車両との間で、譲り合いではなく自らの存在を誇示するためのパッシングライトの使用されるということでしたので、(競技用?)自転車のスピードと直進優先ルールを伝えるために右折待ち車両にバッキャローと叫んでいらっしゃった疋田さんと同じ考え方されていることについて、コメントさせて頂いたものです。

自転車のパッシングライト使い方のルールとマナーは東南さんとの間で詰めて頂ければ結構です。

>主張は首尾一貫していますが、「コロコロ変わる」という部分をご指摘ください。

小生のコメントを反論のための反論とされる一方、かばねやみさんへの対応等を勝手に小生に一任されるところです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/08 10:18 | URL |

世捨人さんへ

>(競技用)自転車がいつもやり玉にあがる理由をお考えください。

世捨人さんが、勝手にやり玉に挙げているだけでしょう。
そして、その理由が的外れなのでコメントさせていただいてるだけです。
世捨人さんご自身がやり玉にあげている理由をしっかりと考え(直し)て頂ければ結構です。

>>自転車は「原則車道走行」ですので、普通に想定できることです。
>競技用自転車乗りの爆走練習は断固許せません。

“断固”と頑張られても、普通に許されていることですし、普通に想定できることです。

>交通の円滑を阻害する競技用自転車乗りは世間ズレしていませんか

「世間ズレ」はどういう日本語でしょうか?世間の常識から「外れている」という意味か、世間「擦れ」(=世間慣れ)しているという意味か、どちらの意味でしょう?

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/08 10:38 | URL |

もういっそのこと、
側道すべてにツルツル滑る金属板やガラス板を設置して、
車道自転車に危険な思いをさせたら?
もちろん、側道から中央寄りに寄ったら街中の監視カメラ・ドライブレコーダー・警察官の直視で確認でき次第検挙。

| バカネタミ | 2011/11/08 17:08 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

> この道路幅であれば、原付バイクが30キロの制限速度一杯で走っていても、大型トラックの追い抜きは難しいでしょう。

原付バイクはバックミラーで後続車の接近を確認していますので、気付けば速度を落とすなり止まるなりして進路を譲ってくれます。

> ママチャリやリヤカーや耕運機やトラクターや馬車や人力車でも同じことです。

原動機の付いている車両とそうでない車両は区別してください。


> 道路はみんなが利用する公共のものです。お互い様です。お互いに譲り合って「安全」「円滑」に利用しましょう。

速度差のある自転車は「円滑」を阻害しているのは明らかでしょう。
自動車より遅いということを自覚し、謙虚に譲ってください。

> この写真の競技用自転車は左端走行で十分に譲っています。

先日、「登坂車線」について学習しましたね。
交通の円滑を阻害しないよう自転車にとっての「登坂車線」である歩道なり生活道路を走行しましょう。


> 後続の車両が「安全」に追い越し出来るところまで十分に車間距離を取って順番に並んで走ることが、公道を走行する上で求められる譲り合いの精神です。

警察庁の通達Q&Aでは、追い越しをしようとする自動車と接触の危険がある場合は歩道走行を推奨しています(Q5参照)。
http://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/231108_q_a.pdf


> 世捨人さんは、事故の7~8割が発生する交差点内での右折待ち車両との間で、譲り合いではなく自らの存在を誇示するためのパッシングライトの使用されるということでしたので、(競技用?)自転車のスピードと直進優先ルールを伝えるために右折待ち車両にバッキャローと叫んでいらっしゃった疋田さんと同じ考え方されていることについて、コメントさせて頂いたものです。 自転車のパッシングライト使い方のルールとマナーは東南さんとの間で詰めて頂ければ結構です。

勝手に「交差点内」の話にすり替えないでください。東さんとの話で出てきた「パッシング」は、直進道路で右折待機中の車両を想定しています。お願いします。


> 小生のコメントを反論のための反論とされる一方、かばねやみさんへの対応等を勝手に小生に一任されるところです。

一貫していますね。

| 世捨人 | 2011/11/10 00:46 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

> 世捨人さんが、勝手にやり玉に挙げているだけでしょう。 そして、その理由が的外れなのでコメントさせていただいてるだけです。 世捨人さんご自身がやり玉にあげている理由をしっかりと考え(直し)て頂ければ結構です。

車道を走る競技用自転車乗りがドライバーから迫害を受ける理由をお考えください。

>>自転車は「原則車道走行」ですので、普通に想定できることです。競技用自転車乗りの爆走練習は断固許せません。
> “断固”と頑張られても、普通に許されていることですし、普通に想定できることです。

法の不備をついて我が物顔で走る競技用自転車乗りを糾弾しております。


> >交通の円滑を阻害する競技用自転車乗りは世間ズレしていませんか
> 「世間ズレ」はどういう日本語でしょうか?世間の常識から「外れている」という意味か、世間「擦れ」(=世間慣れ)しているという意味か、どちらの意味でしょう?

『世間「擦れ」(=世間慣れ)』としてお考えください。

| 世捨人 | 2011/11/10 00:49 | URL |

Re: タイトルなし

バカさん

> もういっそのこと、
> 側道すべてにツルツル滑る金属板やガラス板を設置して、
> 車道自転車に危険な思いをさせたら?
> もちろん、側道から中央寄りに寄ったら街中の監視カメラ・ドライブレコーダー・警察官の直視で確認でき次第検挙。

競技用自転車の公道走行を禁止しなければ自転車の安全対策は進展しません。

| 世捨人 | 2011/11/10 00:55 | URL |

世捨人さんへ

>車道を走る競技用自転車乗りがドライバーから迫害を受ける理由をお考えください。

「迫害」とは具体的にどういうことですか?
故意の幅寄せということであれば、刑法上の暴行罪で懲役刑となりますよ。

>>“断固”と頑張られても、普通に許されていることですし、普通に想定できることです。
>法の不備をついて我が物顔で走る競技用自転車乗りを糾弾しております。

まあ、頑張ってください。としか言いようがありません。
もう良いでしょう。

>>>交通の円滑を阻害する競技用自転車乗りは『世間「擦れ」(=世間慣れ)』していませんか

これは、世の中を舐めていると非難されているのかな?
ぼんやりして難し過ぎます。判りやすく具体的にお願いします。
というか、コメントに値しないご感想ということですかね。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/10 09:54 | URL |

世捨人さんへ

>原付バイクはバックミラーで後続車の接近を確認していますので、気付けば速度を落とすなり止まるなりして進路を譲ってくれます。

小生は、後続車の接近に気付いて、止まって進路を譲る原付バイクなど見たこともありません。是非ともお得意のスクープ写真をお願いします。
今回の大型トラックはかなり車間距離を詰めているようですので、バックミラーなどなくとも、先行する自転車は後続車の接近を確認しているでしょう。だからこそ、車道左端を走行して、十分に進路を譲っています。

>>ママチャリやリヤカーや耕運機やトラクターや馬車や人力車でも同じことです。
>原動機の付いている車両とそうでない車両は区別してください。

制限速度の40キロを超すスピードを出せない車両で、横幅があるため車道走行せざるを得ない乗り物の具体例です。原動機の有無は関係ありません。

>速度差のある自転車は「円滑」を阻害しているのは明らかでしょう。自動車より遅いということを自覚し、謙虚に譲ってください。

この自転車は速度差のあることを自覚し、「円滑」な交通のために、謙虚に道を譲って車道左端を走行しています。何ら問題ありません。

>先日、「登坂車線」について学習しましたね。交通の円滑を阻害しないよう自転車にとっての「登坂車線」である歩道なり生活道路を走行しましょう。

「登坂車線」については、「山道の「登坂車線」もずっと続くものではありません。ずっと続くのであれば、それは、2車線、3車線の普通の幹線道路です。 路側帯もなく大型トラックがギリギリ通れる40キロ制限の産業用道路なんて、そんなに長く続くものでもないでしょう。ワンブロック先には、路側帯があったり、片側2車線となったりしているのではないですか? であれば、40キロ制限の狭い道路はスピードを緩めて安全運転で数珠繋ぎでもお互い様です。そのうちに現れる路側帯や2車線の区間(登坂車線)で安全に追越しましょう。」 という小生の反論に対して、
世捨人さんは、「ときさんは路側帯について勉強不足のようですね。「路肩に敷かれた白線は、歩道があれば路側帯を示す線ではなく車道外側線」の意味を理解してください。」 2011/10/30 00:21 と「路側帯」と「車道外側線」の話にすり替えて、容認されています。

一度学習したことはちゃんと覚えておいて下さい。

「登坂車線」は路側帯(車道外側線)であり、今回の産業用道路のスクープ写真の区間は残念ながら「登坂車線」(=路側帯(車道外側線))のない区間であったということです。
産業用道路であれば、路側帯(車道外側線)もないような狭い区間はいつまでも続きません。道路幅が広く「安全」に追い越しが出来る2車線或いは路側帯(車道外側線)のあるところまで進んで、安全に追い越しすれば良いことです。

>警察庁の通達Q&Aでは、追い越しをしようとする自動車と接触の危険がある場合は歩道走行を推奨しています(Q5参照)http://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/231108_q_a.pdf

貴重な情報をありがとうございます。
ただし、「歩道走行も出来る」といっているだけで、あくまでも「車道走行」が原則です。

>勝手に「交差点内」の話にすり替えないでください。東さんとの話で出てきた「パッシング」は、直進道路で右折待機中の車両を想定しています。お願いします。

直線道路で左側にスーパーかレストランの駐車場があって、対抗車線から右折して駐車場に入ろうとしている車両に対して、「パッシング」して直進の意思表示をしなければならない状況というのはどういう状況ですか?

直進車両は、よほどスピードを出されていたということでしょう。

或いは、アクセルから足を離してエンジンブレーキでスピードを緩めることが、よほど嫌だったのでしょう。

まあ、衝突事故を回避するための止むを得ない措置だったということでしょうが、普通は、直線道路でも右折車両が出入りするようなところでは、お互い様の譲り合いで「円滑」に「安全」は確保されるもので、「パッシング」などは不要でしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/10 11:01 | URL |

>競技用自転車の公道走行を禁止しなければ自転車の安全対策は進展しません。

自転車の安全において問題になっているのは

携帯
ウォークマン
傘差し
2人乗り
逆走
無灯火
歩行者との接触事故

これらのことがしばしばマスコミや警察のPRで取り上げられています。
このすべてに該当しないロードバイクは、まさに自転車の安全走行の象徴ともいうべき存在です。

中には信号無視など悪質行為を行う人間もいますが、それをしない優良ドライバー、特に自動車免許を持ち、自動車運転の際にも譲り合いの精神に満ちた運転をする、そんな私のようなドライバーは、自動車と自転車の共存が重要課題となっている現在の交通事情において、まさにもっとも社会から求められる存在と言っていいでしょう。

そのような立場であることを自覚し、これからも交通ルールを守り、自転車は原則車道走行という正しいルールを広めるためにも、ロードで車道を走り続けたいと思います。

| 東南 | 2011/11/10 20:57 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>「迫害」とは具体的にどういうことですか?故意の幅寄せということであれば、刑法上の暴行罪で懲役刑となりますよ。

幅寄せは「暴行罪」ではなく「脅迫罪」では?ご面倒ですが、お調べいただけないでしょうか?
いずれによせ幅寄せされる理由をお考えください。

>>交通の円滑を阻害する競技用自転車乗りは『世間「擦れ」(=世間慣れ)』していませんか
>これは、世の中を舐めていると非難されているのかな? ぼんやりして難し過ぎます。判りやすく具体的にお願いします。 というか、コメントに値しないご感想ということですかね。

ならば、『世間の常識から「外れている」という意味』でお願いします。

| 世捨人 | 2011/11/11 01:17 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>小生は、後続車の接近に気付いて、止まって進路を譲る原付バイクなど見たこともありません。是非ともお得意のスクープ写真をお願いします。

ご期待ください。
ちなみに当ブログで訴えたい象徴的な写真はこれです。
http://blog-imgs-36.fc2.com/3/8/m/38moto3/DVC002170001.jpg
自転車が原付バイクの法定速度以上のスピードが許されるのは明らかに法の不備です。
しかも爆走練習中です。

>今回の大型トラックはかなり車間距離を詰めているようですので、バックミラーなどなくとも、先行する自転車は後続車の接近を確認しているでしょう。だからこそ、車道左端を走行して、十分に進路を譲っています。

国内の車道の多くは自転車の走行を想定していません。
交通の円滑を阻害していることを自覚し車道走行は慎んでください。

>制限速度の40キロを超すスピードを出せない車両で、横幅があるため車道走行せざるを得ない乗り物の具体例です。原動機の有無は関係ありません。

速度が安定する原動機と人力の区別を明確にしてください。

>この自転車は速度差のあることを自覚し、「円滑」な交通のために、謙虚に道を譲って車道左端を走行しています。何ら問題ありません。

積極的に進路を譲る謙虚さ皆無ですね。


>「登坂車線」は路側帯(車道外側線)であり、今回の産業用道路のスクープ写真の区間は残念ながら「登坂車線」(=路側帯(車道外側線))のない区間であったということです。
産業用道路であれば、路側帯(車道外側線)もないような狭い区間はいつまでも続きません。道路幅が広く「安全」に追い越しが出来る2車線或いは路側帯(車道外側線)のあるところまで進んで、安全に追い越しすれば良いことです。

ときさんは路側帯について理解不足のようですね。
「苦手科目」でしょうか?
路側帯は歩道と同じ扱いです。
歩道が途切れるのを待つまでもなく、歩道を走行しましょう。


>直線道路で左側にスーパーかレストランの駐車場があって、対抗車線から右折して駐車場に入ろうとしている車両に対して、「パッシング」して直進の意思表示をしなければならない状況というのはどういう状況ですか?直進車両は、よほどスピードを出されていたということでしょう。

なぜそのようにお考えになるのでしょうか?

>或いは、アクセルから足を離してエンジンブレーキでスピードを緩めることが、よほど嫌だったのでしょう。
上に同じです。

| 世捨人 | 2011/11/11 01:20 | URL |

Re: タイトルなし

東さん

> これらのことがしばしばマスコミや警察のPRで取り上げられています。
> このすべてに該当しないロードバイクは、まさに自転車の安全走行の象徴ともいうべき存在です。


当ブログは「鋭い切り口の提言活動」が定評です。
既に問題化していることを、ことさら取り上げる必要はありません。
まだ問題化していない潜在的な事象を明るみにすることを旨としています。

| 世捨人 | 2011/11/11 01:25 | URL |

世捨人さんへ

>ご期待ください。ちなみに当ブログで訴えたい象徴的な写真はこれです。 http://blog-imgs-36.fc2.com/3/8/m/38moto3/DVC002170001.jpg 自転車が原付バイクの法定速度以上のスピードが許されるのは明らかに法の不備です。しかも爆走練習中です。

どうやら、世捨人さんの考え方の根底に自動車・自動二輪・原付・自転車・歩行者という崩し難い序列意識があるようですね。
スピードは、風を切る爽快感やハンドル操作の緊張感や優越感(?)をもたらす麻薬のようなものでもあります。
原付バイクは、文字通り原動機という人間の能力を超えたエンジン(推進力)が付いています。
小手先のアクセル操作の加減一つでいとも簡単に40~60キロのスピードが出てしまいます。
容易にスピードという麻薬に溺れて、限界を超えて制御不能スピードに達してしまうので、人間の欲望を抑えるために、法律で最高速度が30キロと定められています。

一方、自転車のエンジンは生身の人間の脚力です。
小生なぞはどんなに必死に漕いでも30~40キロがせいぜいで、スピード自慢の競技用自転車乗りの方々でも45~50キロが限界でしょう。(それも、多くは下り坂・追い風等を利用した瞬間的なものです。)
制御不能のスピードに達する前に、体力の限界に達します。最高速度を法律で定める必要はありません。
ちなみに、自転車は、スピード自体の麻薬ではなく、低負荷(低スピード)の運動を一定時間継続することによるランナーズハイの陶酔感を味わえるのが楽しみと言えば楽しみでしょう。

>国内の車道の多くは自転車の走行を想定していません。交通の円滑を阻害していることを自覚し車道走行は慎んでください。

小生は40~50年前から当たり前に普通に問題なく自転車で車道走行しています。
自転車の走行を想定していない高速道路や幅の狭い陸橋やアンダーパスなどの道路には、標識で自転車通行禁止と明示されていますので、ご心配なく。

>>制限速度の40キロを超すスピードを出せない車両で、横幅があるため車道走行せざるを得ない乗り物の具体例です。原動機の有無は関係ありません。
>速度が安定する原動機と人力の区別を明確にしてください。

速度を安定させるかどうかは、乗り手の問題です。
やはり、原動機の有無は全く関係ありません。
容易に判ることです。反論のための反論となっていませんか?

>>この自転車は速度差のあることを自覚し、「円滑」な交通のために、謙虚に道を譲って車道左端を走行しています。何ら問題ありません。
>積極的に進路を譲る謙虚さ皆無ですね。

自転車は、歩道から歩行者等が飛び出してくるリスクにも気を配りながら、主体的に車道左端を走行しています。
車道を共有(シェア)する自転車に謙虚さを求められるのは、やはり、世捨人さんは、崩し難い序列意識の塊のようですね。

>>「登坂車線」は路側帯(車道外側線)であり、今回の産業用道路のスクープ写真の区間は残念ながら「登坂車線」(=路側帯(車道外側線))のない区間であったということです。
産業用道路であれば、路側帯(車道外側線)もないような狭い区間はいつまでも続きません。道路幅が広く「安全」に追い越しが出来る2車線或いは路側帯(車道外側線)のあるところまで進んで、安全に追い越しすれば良いことです。
>ときさんは路側帯について理解不足のようですね。「苦手科目」でしょうか?路側帯は歩道と同じ扱いです。歩道が途切れるのを待つまでもなく、歩道を走行しましょう。

ありがとうございます。
今回も「登坂車線」話法への回答は出来ずに、路側帯と車道外側線の違いへのすり替えとなりましたね。
車道左端を走行している自転車には、何ら問題ないということを世捨人さんもお認め頂いたということです。

ところで、歩道と車道の区別ある道路はどれ程の割合でしょうか?1~2割でしょうか。
幹線道路以外のほとんどの(生活)道路・路地には、歩道なんてありません。
路側帯でも車道外側線でも構いませんが、車道に安全に追い越すスペースがないのであれば、安全に追い越すスペースのあるところまで進めば良いことです。

ちなみに、世捨人さんは路側帯と車道外側線の違いについて大変お詳しいようですので、是非、具体的に教えて下さい。楽しみにしています。

>>直線道路で左側にスーパーかレストランの駐車場があって、対抗車線から右折して駐車場に入ろうとしている車両に対して、「パッシング」して直進の意思表示をしなければならない状況というのはどういう状況ですか?直進車両は、よほどスピードを出されていたということでしょう。
>>或いは、アクセルから足を離してエンジンブレーキでスピードを緩めることが、よほど嫌だったのでしょう。
>なぜそのようにお考えになるのでしょうか?上に同じです。

外れてましたか?小生の読解力・推理力・想像力不足ですかね。
よろしければ、具体的にどういう状況で、対抗車両に「パッシング」を浴びせることが必要なのか、是非、ご開示下さい。楽しみにしています。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/11 12:39 | URL |

世捨人さんへ2

>>「迫害」とは具体的にどういうことですか?故意の幅寄せということであれば、刑法上の暴行罪で懲役刑となりますよ。
>幅寄せは「暴行罪」ではなく「脅迫罪」では?ご面倒ですが、お調べいただけないでしょうか?いずれによせ幅寄せされる理由をお考えください。

判例を調べた上で、「暴行罪」としています。反論があれば、ご自分で調べる努力をお願いします。
幅寄せする行為自体が違法行為です。幅寄せする理由(抗弁・言い訳)があれば、具体的に提示下さい。

>>>交通の円滑を阻害する競技用自転車乗りは『世間「擦れ」(=世間慣れ)』していませんか
>>これは、世の中を舐めていると非難されているのかな? ぼんやりして難し過ぎます。判りやすく具体的にお願いします。 というか、コメントに値しないご感想ということですかね。
>ならば、『世間の常識から「外れている」という意味』でお願いします

コロコロと主張を変えて、反論のための反論となってませんか?

もう良いでしょう。貴方の負けです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/11 12:50 | URL |

ロードバイクは交通安全の先駆者ともいうべき存在であり、最近ようやく時代がそれに追いついてきたという感があります。
身をもって自転車の交通安全の在り方を示し続けてきたローディたちのなんと素晴らしいことか。

口先で机上の空論を述べているだけでは、世の中何も変わりませんからね。やはり人間行動してこそ。汗もかかず世の中を変えようなど無駄無駄無駄。

| 東南 | 2011/11/11 13:04 | URL |

東南さんへ

ロードバイクで30~40キロのスピードで疾走するときには、交通ルール・マナーを守るのは当然のことです。
自慢することでも何でもありません。
スピードを出すときには、前傾姿勢でハンドルをしっかり両手で持って100メートル先の障害物を予想しながらでないと、到底、走れません。
車道走行は当然です。凸凹の歩道はパンクが怖くて走れません。
それでも、ロードバイク乗りの方々のブログでは、自損事故自慢の山です。
自損事故で止めたとブレーキテクニック自慢の人までいます。
自損事故で済んだとは言え、統計上の交通事故の件数を増やしているという厳しい現実を認識して欲しいものです。

一方、休日の街中でブラブラと10~15キロ程度のスピードで走る分には、交通安全など気にする必要もありません。
傘を差そうが、携帯で電話しようが、前後のカゴに買い物荷物一杯でフラフラしても、ちょっと一杯ほろ酔い加減でも、何かあれば、いつでもその場で止まれます。
両足べったり地面に着きますので倒れることはありません。自損事故なんてありえません。
路地の角での出会い頭にだけ気を付ければ、事故なんてありえません。
スピードを出すわけではありませんので、リム打ちのパンクなんかありません。走るのは凸凹の歩道で十分です。

さて、どちらが交通安全の先駆者でしょう?

答えは、どっちもありですね。

どっちもありが、自転車の最も良い所です。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/11 17:36 | URL |

>ときどきさん

傘さし、携帯、飲酒運転はいずれも危険運転として問題となっており、歩道走行もパンク云々とは関係なく、危険であるとして原則禁止という方向になっています。

それらを法律などとは関係なく、昔から禁止し続けていたロードバイクこそ、「先駆者」と呼べるでしょう。
警察庁の通達も、実際に車道を走るロードバイクという存在あってこそと思います。彼らが身をもって車道走行が安全にできるものだということを示していたからこそ、警察も実行に移せたのです。安全性の有無が分からなければ、歩道走行を禁止しようにも、腰が引けてしまったことでしょう。

| 東南 | 2011/11/12 14:34 | URL |

幅寄せの原因に横から失礼

以前、自転車が嫌いっぽい方々と議論したことがあります。
彼女曰く
「追い越すつもりが、対向車との関係で左に寄せざるを得なかった。(大貨・女性)」
別なケースでは
「自転車って、車道走っちゃいけないんでしょ?歩道に誘導したんだよ。」(普乗・女性)
「渋滞中とはいえ、チャリごときに抜かれたくなかったんだもん」(普乗・男女共)
「いるとは思わなかった」(普乗・女性)
「うんk漏らしそうで、その場に停車せざるを得なかった(普乗・男性)
「浮気が発覚した彼氏のバイクと勘違いして」(普乗・女性)



どーせ酒場でのアンケなんで、世捨人氏は信用してくれませんがね

| かばねやみ | 2011/11/12 22:49 | URL | ≫ EDIT

どっちにしろ・・・って意味で

傘さしや携帯使用だろうが、飲酒運行だろうが、どんな自転車に乗っていても軽蔑しますけどね。私は。

んでもって、暴行なら問題あって、脅迫にはなんら問題無いのですか?世捨人さん。
どちらにしろ、こんな人に公道を利用してほしくありません。

| かばねやみ | 2011/11/12 22:58 | URL | ≫ EDIT

傘さし・携帯は片手運転で危険運転で道交法違反です。

自転車は車両(軽車両)ですから飲酒運転・酒気帯び運転も道交法違反です。

傘を車体に固定して走るのも積載の規定に違反します。

自転車の通行区分は原則として車道であり歩道走行は例外です。

車道の左端を安全運転する。

これが自転車の基本です。

| メッセンジャー | 2011/11/14 02:37 | URL | ≫ EDIT

東南さんへ

全く違います。

ロードバイクが「先駆者」などと、自意識過剰も甚だしい。

ロードバイクは、サドルが高く前傾がきつ過ぎて、傘差しも、携帯ながらも出来ないだけです。
ほろ酔い加減の酒気帯びでは乗れても、酒酔いではフラフラとバランスを取れず、乗れないだけです。
家の出入り口や路地からの歩行者等の飛び出しをまともに喰らう凸凹歩道では、スピードを出せないから、これまたフラフラとバランスが取れず、歩道を走らない(ゆっくり走れない)だけです。

「やれるのにやらない」のではなく、「やれないからやらない」だけです。

ロード・バイクは「先駆者」などではなく、40~50年前から、今後もずっと永久に、傘さしも、携帯ながらも、酒酔い運転も、歩道ゆっくり安全走行も「やれない」使い勝手の悪い不便な乗り物なのです。

一方、重心が低くバランスの安定しているママチャリは、ゆっくり走っても倒れない(足も着く)極めて安全な優れものです。

傘差しも、携帯ながらも、酒酔いも、安全確認しながらの歩道ゆっくり走行も、全てを「安全」にこなせるバランスの良いママチャリの良い所を、何にも出来ない「ロードバイク」が警察の手先となって消し去ろうとしているのです。

高速走行性能を追求すれば、低速安定性が損なわれます。低速安定性を追及すれば、高速走行性能は損なわれます。
警察の手先となって「先駆者」などと喜んでいると、次は、世捨人さんの仰る最高速度制限に規制の矛先が向かいます。

低速安定性という「ママチャリ」の良い所、ロードバイクに出来ないだけのことを、危険だ危険だと「先駆者」気取りで騒ぎ立てて、次に、高速走行の危険性に規制(ルール)の矛先が向いたときに、果たして「ママチャリ」族の支援・認知を得られるでしょうか?

速く走れるのがロードバイクの良い所で、ゆっくり走れるのがママチャリの良い所です。

皆さん、分断して統治されてませんか?

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/14 11:12 | URL |

メッセンジャーさんへ

>傘さし・携帯は片手運転で危険運転で道交法違反です。・・・これが自転車の基本です。

道路交通法のルールは仰るとおりです。
しかし、世間の目を気にしながらフラフラと「安全第一」で走るママチャリの、傘差し・携帯ながら・酒気帯び・さすべえ・歩道走行が、果たしてどれ程の危険運転なのでしょう?

これらの違反をどんなに厳しく取り締まり、検挙しても、自転車の交通事故が減ることはないでしょう。
これらの違反は、交通事故の本当の原因とはなっていないからです。

高速道路・バイパス道路など自動車の道路環境(インフラ)を整備する公共工事は、景気対策・内需拡大・地方活性化の名のもとにこれからも延々と続くでしょう。
省エネのためのエコ・ドライブ意識の向上から、大人しい(自然に優しい)運転が当たり前となり、急発進・急加速・急ブレーキを伴うキビキビとした格好良い運転は廃れていくでしょう。自動車の交通事故件数は今後も減少していきます。
一方、自転車の交通事故の多くは、出会い頭の衝突事故です。「急いでいて気付かなかった」という言い訳の通じる軽微な事故だけに、なかなか減らすことは出来ません。

では、この自転車の軽微な事故を抜本的に減らすためにはどうすれば、良いでしょうか?
答えは簡単です。出会い頭でも衝突しないように、その場で止まれるスピードに制限することです。世捨人さんの仰る「15キロ」制限の導入は十分に有り得ます。
「15キロ」制限ルールが定められるときに、ママチャリとかロードバイクの区分はありません。全ての自転車が対象となります。

では、我々は何をなすべきか。
自転車の交通事故の多くは軽微な事故に止まること、現行の取締りルールとは関係のないところで起こっていることをキチンと伝えていくことです。
たとえ自損であろうとロードバイクが事故を起こさないことです。
統計数値には表れない自転車の本当の良い所を広く伝えていくことです。
そして、ママチャリ族を含めて自転車乗りの仲間を増やしていくことです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/14 12:44 | URL |

>>ときどきオアゾツーキニストさん
事故の原因になろうがなるまいが、法律違反は法律違反です。
法治国家で生活する者として、法令遵守を第一に考えて生活するのは当たり前の事です。
他人に迷惑をかけなければ違反をしても容認されるなどと考えてはいけません。

こと交通問題に関しては、目先の安全に目を向けるあまり道路交通法が置き去りにされています。
マナーや常識と言う物は、法令遵守という大前提があって成り立つ物です。
道路交通法を厳守した上で、その範囲内でいかに安全かつ円滑に交通するかと言う観点で考えなければなりません。

出会い頭の事故が多い?

車対自転車の出会い頭の事故は、自転車が歩道を走っているが故に引き起こされる事故です。
同じ車道を左側通行を守って同じ進行方向で走っていれば、出会い頭などという状況は発生しません。
車の視界に入らない歩道から車道に飛び出すから出会い頭になるのです。
最初から車道にいれば視界に入っているのでぶつかる事などありません。

自転車は左側通行です。
右左折時には一時停止の義務があります。
これを守っていれば、自転車対自転車・自転車対歩行者の出会い頭の事故は起こりません。

どんな状況であれ、法律を守って走行していれば出会い頭の事故など起こり得るはずが無いのです。
法律を守らない無謀な運転がまかり通っているから事故が起こるのです。
従って、制限速度15キロ規制など全く持って無意味です。
法律を守らない無謀運転をする輩が、新たな規制を作った所でそれに従うはずがありません。
速度制限をするよりも反則金制度を導入すべきです。

自転車には反則金制度が無いので、違反時は行政処分の罰金です。
いわゆる赤切符という奴です。
これは刑罰であり、罰金刑を受ければ前科になります。
それに配慮してか、検挙しても切符を切らない、あるいは切られても起訴されないというお目溢しが多々あります。
捕まっても何事も無く済んでしまうが故に、罪の意識が低くなり再発を繰り返し無謀運転が絶えないのです。

反則金制度が導入されれば、前科が付かないので遠慮なく反則金を徴収出来ます。
捕まって金を取られるようになれば、違反に対する意識も高まり無謀運転は減少するでしょう。

新たな規制など設けなくとも、今ある法律を守らせれば事故は防げます。
規制を増やす事ではなく、いかにして法律を守らせるかを考えるべきです。
法律を守らせるようなシステムを構築する事が必要なんですよ。

| メッセンジャー | 2011/11/14 21:59 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

>どうやら、世捨人さんの考え方の根底に自動車・自動二輪・原付・自転車・歩行者という崩し難い序列意識があるようですね。

自動二輪はなぜ自動車と同じ制限速度なのでしょうか?
なぜ自動二輪は同じ二輪の原付バイクのように左端走行が義務づけられていないのでしょうか?


>小手先のアクセル操作の加減一つでいとも簡単に40~60キロのスピードが出てしまいます。容易にスピードという麻薬に溺れて、限界を超えて制御不能スピードに達してしまうので、人間の欲望を抑えるために、法律で最高速度が30キロと定められています。一方、自転車のエンジンは生身の人間の脚力です。小生なぞはどんなに必死に漕いでも30~40キロがせいぜいで、スピード自慢の競技用自転車乗りの方々でも45~50キロが限界でしょう。(それも、多くは下り坂・追い風等を利用した瞬間的なものです。)

ときさんでさえ、時速30キロ~40キロも出せる自転車の最高速度は制限速度15キロ以下が妥当ですね。
もっとも時速30キロ超で走行する自転車を法は予定していなかったでしょう。


>小生は40~50年前から当たり前に普通に問題なく自転車で車道走行しています。
自転車の走行を想定していない高速道路や幅の狭い陸橋やアンダーパスなどの道路には、標識で自転車通行禁止と明示されていますので、ご心配なく。

40~50年前の日本国はよかったですね。
が、今は違います。
スピードレース用に開発された競技用自転車がはびこっています。
そもそも車道走行に問題がないのであれば自転車レーンの設置は不要ですね。


>速度を安定させるかどうかは、乗り手の問題です。
やはり、原動機の有無は全く関係ありません。
容易に判ることです。反論のための反論となっていませんか?

速度が安定しないと「サグ」による渋滞発生原因となります。


>自転車は、歩道から歩行者等が飛び出してくるリスクにも気を配りながら、主体的に車道左端を走行しています。 車道を共有(シェア)する自転車に謙虚さを求められるのは、やはり、世捨人さんは、崩し難い序列意識の塊のようですね。

自転車の左端走行は、「歩道から歩行者の飛び出し」と同じ行為ですか?
危険ですのでおやめください。


>ありがとうございます。今回も「登坂車線」話法への回答は出来ずに、路側帯と車道外側線の違いへのすり替えとなりましたね。車道左端を走行している自転車には、何ら問題ないということを世捨人さんもお認め頂いたということです。

路側帯は歩道と同じ扱いを受けることはおわかりいただいたでしょうか?
貴殿の「登坂車線話法」も修正する必要があると思い、論評を避けております。

>ところで、歩道と車道の区別ある道路はどれ程の割合でしょうか?1~2割でしょうか。
幹線道路以外のほとんどの(生活)道路・路地には、歩道なんてありません。

当ブログでは、幹線道路の歩道はガラガラであるとして歩道走行を推奨しています。
一方、(生活)道路・路地は自転車の「登坂車線」として推奨しています。

>路側帯でも車道外側線でも構いませんが、車道に安全に追い越すスペースがないのであれば、安全に追い越すスペースのあるところまで進めば良いことです。

画像の道路には緑のガードレールで囲まれた歩道が見えます。


>外れてましたか?小生の読解力・推理力・想像力不足ですかね。 よろしければ、具体的にどういう状況で、対抗車両に「パッシング」を浴びせることが必要なのか、是非、ご開示下さい。楽しみにしています。


先走ったことを考えないで、与えられた課題にじっくり取り組んでください。

| 世捨人 | 2011/11/15 00:51 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>幅寄せする行為自体が違法行為です。幅寄せする理由(抗弁・言い訳)があれば、具体的に提示下さい。

その理由を考えてもらうため宿題を課したところです。


>>>>交通の円滑を阻害する競技用自転車乗りは『世間「擦れ」(=世間慣れ)』していませんか
>>>これは、世の中を舐めていると非難されているのかな? ぼんやりして難し過ぎます。判りやすく具体的にお願いします。 というか、コメントに値しないご感想ということですかね。
>ならば、『世間の常識から「外れている」という意味』でお願いします

>コロコロと主張を変えて、反論のための反論となってませんか? もう良いでしょう。貴方の負けです。

当ブログで「世間ズレ」という言葉が出てきたら、「『世間「擦れ」(=世間慣れ)』」という意味ではないと、認識を新たにしてください。

| 世捨人 | 2011/11/15 00:53 | URL |

Re: タイトルなし

東さん

> ロードバイクは交通安全の先駆者ともいうべき存在であり、最近ようやく時代がそれに追いついてきたという感があります。
> 身をもって自転車の交通安全の在り方を示し続けてきたローディたちのなんと素晴らしいことか。

ときさんがご指摘のとおり全く違うと思います。
爆走練習、ビンディングペダル、足が地面につかないサドル高、合図不履行、信号無視によって、公道の安全・安心を脅かす存在となっています。

| 世捨人 | 2011/11/15 00:59 | URL |

Re: タイトルなし

かばさん

アンケートには信用しませんが、高く評価します。
とういうのも、主観にせよ、ドライバーの気持ちを真剣に考えたことがうかがえるからです。
ときさんとは大違いですね。
相手の立場を知ることで譲り合いの精神が育まれると思います。


> 幅寄せの原因に横から失礼
>
> 以前、自転車が嫌いっぽい方々と議論したことがあります。
> 彼女曰く
> 「追い越すつもりが、対向車との関係で左に寄せざるを得なかった。(大貨・女性)」
> 別なケースでは
> 「自転車って、車道走っちゃいけないんでしょ?歩道に誘導したんだよ。」(普乗・女性)
> 「渋滞中とはいえ、チャリごときに抜かれたくなかったんだもん」(普乗・男女共)
> 「いるとは思わなかった」(普乗・女性)
> 「うんk漏らしそうで、その場に停車せざるを得なかった(普乗・男性)
> 「浮気が発覚した彼氏のバイクと勘違いして」(普乗・女性)
>
>
>
> どーせ酒場でのアンケなんで、世捨人氏は信用してくれませんがね

| 世捨人 | 2011/11/15 01:06 | URL |

Re: タイトルなし

メッさん

> 傘さし・携帯は片手運転で危険運転で道交法違反です。
>
> 自転車は車両(軽車両)ですから飲酒運転・酒気帯び運転も道交法違反です。
>
> 傘を車体に固定して走るのも積載の規定に違反します。
>
> 自転車の通行区分は原則として車道であり歩道走行は例外です。
>
> 車道の左端を安全運転する。
>
> これが自転車の基本です。

国内の道路は自転車の走行を予定していません。
安全に走行できない環境であることが貴殿が良くご存知では。
当ブログでは郊外の幹線道路においては、ガラガラである歩道走行を推奨しています。

| 世捨人 | 2011/11/15 01:21 | URL |

世捨人さん

>安全に走行できない環境であることが貴殿が良くご存知では。

車道で危険に晒されるのは環境に起因する物ではありません。

全ては「自転車は車道にいない」という車・バイク運転者の勝手な思い込みによる物です。

車道にいるはずが無い・いるべきでは無いと思って運転しているから、自転車がいた時に危険な状況になるのです。

「自転車は車道にいる」という意識を持って走れば、何の問題も無く安全は保たれます。


>当ブログでは郊外の幹線道路においては、ガラガラである歩道走行を推奨しています。

これも発想が逆です。

車道に充分な道幅がある幹線道路こそ安全に車道走行が出来る場所です。

道幅が広ければ、自転車が左端にいても車・バイクの通行エリアは確保されます。

無理な進路変更をせずに、安全な速度で自転車の横を通過するだけで追抜けるのですから。

狭い道ほど、自転車を追抜くのは困難になります。

追抜く為には進路変更が必要で、大抵の場合は反対車線にはみ出します。

対向車が途切れた瞬間しか追抜きのチャンスはありません。

そうなると、必然的に急加速で進路変更するという危険な追抜き運転になります。

この程度の事は実際に車道走行している人なら簡単に解る事です。

「交通量が多い=車道走行に適さない」という考え方は安直で事実に即さない物です。

車が多くて恐怖を感じるのは、実際に危険だからではありません。

慣れていないから必要以上に恐怖を感じてしまうのです。

簡単に言えば、危険は少ないけどビビってるだけです。

注視すべきは交通量の多さではなく道幅の広さです。

先入観や知識だけにとらわれず実際に自分で自転車に乗って車道走行をして検証して下さい。

そうすれば、あなたが思い描いている物と現実とのギャップが解ると思いますよ。

| メッセンジャー | 2011/11/15 07:24 | URL | ≫ EDIT

世捨人さんへ

>>幅寄せする行為自体が違法行為です。幅寄せする理由(抗弁・言い訳)があれば、具体的に提示下さい。
>その理由を考えてもらうため宿題を課したところです。

小生には、世捨人さんに宿題を課される覚えは毛頭ございません。

違法な幅寄せ行為を正当化する理由などありえません。

もし世捨人さんがどうしてもあると言うのであれば、仕方ありません。聞いて上げましょう。

さあ、ご披露下さい。

>ならば、『世間の常識から「外れている」という意味』でお願いします
>>コロコロと主張を変えて、反論のための反論となってませんか? もう良いでしょう。貴方の負けです。
>当ブログで「世間ズレ」という言葉が出てきたら、「『世間「擦れ」(=世間慣れ)』」という意味ではないと、認識を新たにしてください。| 世捨人 | 2011/11/15 00:53 |

>交通の円滑を阻害する競技用自転車乗りは世間ズレしていませんか
>>「世間ズレ」はどういう日本語でしょうか?世間の常識から「外れている」という意味か、世間「擦れ」(=世間慣れ)しているという意味か、どちらの意味でしょう?
>『世間「擦れ」(=世間慣れ)』としてお考えください。| 世捨人 | 2011/11/10 00:49 |

貴方が日本語を知らないだけです。
もう良いでしょう。
小生はどちらでも構いません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/15 10:04 | URL |

世捨人さんへ

>>どうやら、世捨人さんの考え方の根底に自動車・自動二輪・原付・自転車・歩行者という崩し難い序列意識があるようですね。
>自動二輪はなぜ自動車と同じ制限速度なのでしょうか?なぜ自動二輪は同じ二輪の原付バイクのように左端走行が義務づけられていないのでしょうか?

それぞれの車両に応じたルールがあるということで、何ら問題ありません。
世捨人さんが疑問に思われるのであれば、まず、ご自身の考えを披露してみてはどうですか。頑張って下さい。

>ときさんでさえ、時速30キロ~40キロも出せる自転車の最高速度は制限速度15キロ以下が妥当ですね。もっとも時速30キロ超で走行する自転車を法は予定していなかったでしょう。

お褒めの言葉かな。
自転車も、高速(中速?)移動手段としての性能を備えているということで、素晴らしいことでしょう。
原付の30キロ制限も、エンジン性能・ブレーキ性能の向上(?)から見直しても良い時期かも知れませんね。
自転車の速度という「安全」と「円滑」のバランスの取り方は、幼児から高齢者まで、それぞれの乗り手の能力・責任に委ねられていることも、自転車の良いところの一つです。

>>小生は40~50年前から当たり前に普通に問題なく自転車で車道走行しています。
>40~50年前の日本国はよかったですね。が、今は違います。スピードレース用に開発された競技用自転車がはびこっています。

小生は、「現在完了進行形」としておりますが、無理やり「過去形」にすりかえるような子供騙しの反論のための反論はやめましょう。
今は、「スピードレース用に開発された競技用自転車がはびこってい」るということは、自転車が走りやすい道路環境になりつつあるということで、喜ばしいことですね。素晴らしい。

>そもそも車道走行に問題がないのであれば自転車レーンの設置は不要ですね。

仰るとおり現状で何ら問題ありません。自転車レーンの設置など全く不要です。
歩道から車道に下りた自転車は、車道左端を走行し、自動車と道路状況に応じて相互に譲り合い、「安全」・「円滑」に共存(シェア)すれば、済むことです。
狭く限られた道路空間の中で、自転車を自動車からも隔離するために、ガードレール等で仕切られた一方通行の狭い「自転車道」を設けるくらいなら、「自転車レーン」とした方が、自動車との譲り合い・共存(シェア)も可能となり、効率的だと主張しているものです。
まあ、欲を言えば、路側帯(車道外側線の外側)に1メートルのスペースを確保して頂ければ、十分です。

>>速度を安定させるかどうかは、乗り手の問題です。やはり、原動機の有無は全く関係ありません。
>速度が安定しないと「サグ」による渋滞発生原因となります。

「サグ」とは何ですか?小生の勉強不足ということでしょうか。教えて下さい。
まあ、速度が安定しないかどうかは、やはり乗り手の問題です。原動機の有無は全く関係ありません。もう、反論のための反論はいい加減にして下さい。ここも貴方の負けです。

>>自転車は、歩道から歩行者等が飛び出してくるリスクにも気を配りながら、主体的に車道左端を走行しています。
>自転車の左端走行は、「歩道から歩行者の飛び出し」と同じ行為ですか?危険ですのでおやめください。

日本語の正しい読み取りも出来ていません。反論のための反論は無駄です。ここも貴方の負けです。

>路側帯は歩道と同じ扱いを受けることはおわかりいただいたでしょうか?貴殿の「登坂車線話法」も修正する必要があると思い、論評を避けております。

自転車にとっての「登坂車線」(後続車両に安全に追い越しさせるスペース)は、路側帯(車道外側線)です。
生活道路や歩道は遠回りの別ルートにあたり、どのルートを走行するかは、それぞれの自転車乗りが選択するものです。
写真の自転車は、この産業用道路を選択して、ルールどおりに車道左端を走行していますので、何ら問題はありません。

>当ブログでは、幹線道路の歩道はガラガラであるとして歩道走行を推奨しています。一方、(生活)道路・路地は自転車の「登坂車線」として推奨しています。
>画像の道路には緑のガードレールで囲まれた歩道が見えます。

ガラガラの歩道を世捨人さんの運転する自動車が走行出来れば、一番良かったのでしょう。図体が大きくて小回りの利かない自動車は不便ですね。
一方、横幅60センチ未満と狭くスマートな自転車は、歩道も車道も(生活)道路も路地も走ることが出来ます。自転車の良い所の一つです。
そして、車道・歩道・(生活)道路・歩道のいずれを走行するかは、それぞれの自転車乗りが決めることです。
今回の写真の自転車は、産業用道路の車道走行を選択し、ルールどおりに左端走行しています。
世捨人さんが歩道走行や「登坂車線?」走行を推奨することは勝手です。お止めすることも出来ません。
しかしながら、ルールどおりに車道左端走行をしている今回の自転車に対して「これが渋滞の原因だ。」という標題で、「歩道を走れ。」などと命じるのは、筋違いでしょう。
路側帯でも車道外側線でも構いませんが、車道に安全に追い越すスペースがないのであれば、後続の大型トラックは安全に追い越すスペースのあるところまで進めば良いことです。

>>外れてましたか?小生の読解力・推理力・想像力不足ですかね。 よろしければ、具体的にどういう状況で、対抗車両に「パッシング」を浴びせることが必要なのか、是非、ご開示下さい。楽しみにしています。
>先走ったことを考えないで、与えられた課題にじっくり取り組んでください。

小生は、世捨人さんから課題を与えられる覚えはありません。
対抗車両に「パッシング」を浴びせるような譲り合いの精神のない我儘で乱暴な運転は慎みましょう。また、反論するために「悪ぶる」のも無駄です。もう良いでしょう。ここも貴方の負けです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/15 11:32 | URL |

世捨人様
すべてにおいてボロ負けになってしまいましたが、恥ずかしくないですか?
貴殿に恥の概念はないのですか?

ありません(`・ω・´)キリッ

ぎゃはははははははははははははははははははははのはwwwwwww

| 等号ウォッチャ | 2011/11/15 12:08 | URL |

>傘差しも、携帯ながらも、酒酔いも、安全確認しながらの歩道ゆっくり走行も、全てを「安全」にこなせるバランスの良いママチャリの良い所を、何にも出来ない「ロードバイク」が警察の手先となって消し去ろうとしているのです

別にローディのせいでそれらが禁止になっているわけではありませんが。「警察の手先」といわれてもなんのことやら。

「ながら運転」の危険性に対する認識という点から、お互いずれがあるようですが、法律で禁止されているという現実が最重要です。見晴らしのいいところだからといって、信号無視や一時停止違反は許されないのと同じです。

確かにロードバイクは走るためだけの乗り物であり、「ながら運転」はほぼできません。しかしそういう自転車を「自分の意思で」選択しているからこそ、ローディは交通安全の先駆者なのです。

ながら運転が「やりたいけどできない」のではなく、「できないのを承知で乗っている」のです。
この間には大きな差があるということをご理解ください。


| 東南 | 2011/11/15 12:45 | URL |

上のコメントは
>ときどきオアゾさん
です

| 東南 | 2011/11/15 12:46 | URL |

メッセンジャーさんへ

>事故の原因になろうがなるまいが、法律違反は法律違反です。法治国家で生活する者として、法令遵守を第一に考えて生活するのは当たり前の事です。他人に迷惑をかけなければ違反をしても容認されるなどと考えてはいけません。こと交通問題に関しては、目先の安全に目を向けるあまり道路交通法が置き去りにされています。マナーや常識と言う物は、法令遵守という大前提があって成り立つ物です。 道路交通法を厳守した上で、その範囲内でいかに安全かつ円滑に交通するかと言う観点で考えなければなりません。

「法治主義」という為政者向けの言葉で、ヒットラーの独裁を招き、特攻隊を生み出したのです。

法律の内容が妥当なものであるかを検証することが「主権者」としてなすべきことです。

他人に迷惑を掛けるかどうか・事故の原因となっているかどうか、事故防止=「安全」と「円滑」につながるかどうか、罰則を設ける必要があるかどうか、その罰則を厳しく適用すべきかどうか、税金を使ってまで警察官に取締りをさせるかどうか等々です。

>出会い頭の事故が多い? 車対自転車の出会い頭の事故は、自転車が歩道を走っているが故に引き起こされる事故です。同じ車道を左側通行を守って同じ進行方向で走っていれば、出会い頭などという状況は発生しません。車の視界に入らない歩道から車道に飛び出すから出会い頭になるのです。最初から車道にいれば視界に入っているのでぶつかる事などありません。 自転車は左側通行です。右左折時には一時停止の義務があります。これを守っていれば、自転車対自転車・自転車対歩行者の出会い頭の事故は起こりません。

仰るとおり自転車の事故防止のために徹底すべきは、一時停止と左右の安全確認であり、黄色信号や点滅信号に突っ込まないことです。

しかし、これらは、ブレーキなしや傘差し、無灯火、酒酔いのように違反状態が継続しないため、警察による摘発では徹底することは難しいのです。

本当の事故の原因はどこにあり、加害者・被害者それぞれどういう行動をすれば事故を回避出来たのかをきちんと検証し、広く伝えていくしかありません。

交通安全教室のようなお役所仕事でも構いませんが、スタントマンがわざとらしく跳ね飛ばされるような子供騙しは不要でしょう。(税金の無駄遣いです。)

悲惨な事故事例は身近にたくさんあります。先日の匿名希望さんやかばねやみさんが議論していた相模原市の事故も残念な事故事例です。

自転車の良い所も悪い所(数多くの自損事故で)も熟知している先駆者(?)の皆さんであれば、伝えられる筈です。

>どんな状況であれ、法律を守って走行していれば出会い頭の事故など起こり得るはずが無いのです。法律を守らない無謀な運転がまかり通っているから事故が起こるのです。

一方で、傘差し、携帯ながら、酒酔いなど事故の本当の原因となっていない軽微な違反を高い税金を使って警察官に取り締まらせる必要などないでしょう。

自転車乗りお一人お一人が、傘差し、携帯ながら、酒酔いの手軽さ・便利さ・重宝さと、事故にあうリスクを勘案して、それぞれご自身の判断で、ゆっくりと安全に走っていれば何ら問題ありません。

>従って、制限速度15キロ規制など全く持って無意味です。法律を守らない無謀運転をする輩が、新たな規制を作った所でそれに従うはずがありません。
>速度制限をするよりも反則金制度を導入すべきです。・・・法律を守らせるようなシステムを構築する事が必要なんですよ。

これはちょっと、無理筋でしょう。

「事故の原因になろうがなるまいが、法律違反は法律違反です。法治国家で・・・」ということであれば、スピードの出しすぎが明らかに事故の原因となっているのであれば、事故の原因を排除(禁止)する法律を制定し、守らせざるを得なくなります。

反則金制度が効果的なのであれば、反則金制度と合わせ技で導入すれば、より効果的ということになるでしょう。

小生が、相模原市の事故原因の分析に拘る理由はただ一つ。
24~25キロ程度でスピードの出しすぎが原因だなんていう“世論作り(操作)”を警察・マスコミに許しては絶対になりません。
お亡くなりになられた被害者並びにその遺族の方々には厳しい言い方となりますが、残念ながら、事故の本当の原因は,自転車のペダルに足を掛けて、左右の確認もせずに飛び出してきた被害者側にあると、小生は推測しております。(事実認定はあくまでも、検察庁・裁判所でなされることを誤解のないよう付け加えておきます)

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/15 20:15 | URL |

東南さんへ

>別にローディのせいでそれらが禁止になっているわけではありませんが。「警察の手先」といわれてもなんのことやら。「ながら運転」の危険性に対する認識という点から、お互いずれがあるようですが、法律で禁止されているという現実が最重要です。見晴らしのいいところだからといって、信号無視や一時停止違反は許されないのと同じです。

メッセンジャーさんへの回答を参照下さい。

>確かにロードバイクは走るためだけの乗り物であり、「ながら運転」はほぼできません。

単純に速く走るためだけに特化した乗り物であることは、ロードバイクの最も良い所です。
バックミラーも満艦飾の点滅ライトも不要でしょう。まあ、ピストバイクの3個目の後付ブレーキは制動能力をアップさせるということで、妥協しましょう。
爆音装置はコメントに値しません。

>しかしそういう自転車を「自分の意思で」選択しているからこそ、ローディは交通安全の先駆者なのです。ながら運転が「やりたいけどできない」のではなく、「できないのを承知で乗っている」のです。この間には大きな差があるということをご理解ください。

いつのまにか主語が「ロードバイク」から「ローディ」に変わってしまいましたね。

出来ないのを承知でなんて格好つけることはありません。単純にスピードを出したいという欲望を満足させる選択をしただけでしょう。
ローディの方々にお願いしたいのは、ただひとつ。
自損事故などと誤魔化さずに、とにかく、事故を起こさないで下さい。統計数値を積上げないで下さい。
そして、事故の原因は予測できない障害物だったなどという言い訳は通じません。「やれないからやっちゃった」では済まされません。
ロードバイクの(自損)事故の本当の原因は、スピードの出しすぎで、ブレーキが間に合わなかった。制動距離が足りなかったといったところでしょう。

「やれるのにやらない」=「スピードを出せるのに出さない」=「スピードを出すためにながら運転が出来ないロードバイクに乗っているのに、スピードを出さない」ことを実践して出来ていないことが事故の本当の原因です。
「スピードを出せるのに、スピードを出さない」レベルに達して、初めて、ながら運転できないロードバイクを選択した先駆者(?)として、「ながら運転できるとしても、ながら運転をするな」と言えるのだと思います。

東南さんは、きっと「スピードを出さない」仙人レベルに達したローディなのでしょう。

小生のように「スピードを出せない」レベルまで昇天してしまったら、ロードバイクに乗っていても、ローディとは言えませんね。(笑)


| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/15 20:55 | URL |

ときどきオアゾツーキニストさん

法律が妥当であるかどうかと法令遵守は分離して考えるべきです。

例え理不尽であろうとも、車両を運転するなら道交法遵守です。

道交法に従えないのなら車両を運転してはいけません。

道交法が改正されるまで車両の運転をしないで下さい。




スピードの出し過ぎが何故事故に繋がるのか?

それは安全確認を怠っているからです。

物理的に不可能に近いですが、安全が確認されていればスピードを出しても事故は起こりません。

逆に、スピードが出ていなくても安全確認を怠れば事故は起こります。

時速10キロで走ろうが、前を見ていなければぶつかります。

それと同じ事です。

必要なのは速度の規制ではなく安全確認の徹底です。

安全確認をきちんと行うようになれば、必然的に危険箇所での走行速度は下がります。

速度規制でゆっくり走らせても、安全確認が行われなければ事故防止の効果はありません。

| メッセンジャー | 2011/11/15 21:45 | URL | ≫ EDIT

>ときどきオアゾさん

>いつのまにか主語が「ロードバイク」から「ローディ」に変わってしまいましたね。

この場合「ロードバイク」と「ローディ」は、イコールで考えていいと思いますが。


>単純にスピードを出したいという欲望を満足させる選択をしただけでしょう。

もちろん「ながら運転」の排除は、スピードを出すための結果であって、目的ではありません。しかしその「結果」が、今現在の自転車の安全運転において、問題になっている事象すべてを排除する形になっているのです。
世の中「結果」が全てである以上、ローディは交通安全の最先端を行く存在であることに変わりはありません。

自損事故が起こっているのは事実でしょうが、それはしょうがないですね。人間、何か行動をすれば事故の可能性はあります。自転車に限った話ではありません。特にスポーツはね。

サッカーやラグビーでも、捻挫や骨折することもあるでしょう。登山やスキーなら、遭難の可能性もある。

スポーツと怪我は常に隣りあわせ。それは当然のことであり、それを受け入れなければ、世の中からスポーツというものはなくなってしまいます。


| 東南 | 2011/11/15 22:12 | URL |

メッセンジャーさんへ

>法律が妥当であるかどうかと法令遵守は分離して考えるべきです。例え理不尽であろうとも、車両を運転するなら道交法遵守です。道交法に従えないのなら車両を運転してはいけません。道交法が改正されるまで車両の運転をしないで下さい。

今回の通達で悪名高き「自転車横断帯」は撤去されることになったようですが、これまで、メッセンジャーの仕事をしている人やロードバイク乗りの方々でこの「自転車横断帯」のルールを遵守していた方がどれ程いたのでしょうか。???
「自転車横断帯」が理不尽なルールであることを、「自転車横断帯」を利用しないことで、体を張って主張していたのではないですか?
自転車に関するルールの多くは、傘差し、携帯ながら、酒酔い等々、いずれも自転車乗りの自己責任に任せることで十分なものばかりです。高い税金を払って警察官に摘発させて、罰金(反則金)を召し上げなければならないような危険性・違法性はありません。
「自転車横断帯」を無視し続けてきたメッセンジャーの仕事をされている方々やロードバイク乗りの方々は、同じ自転車乗り仲間として十分に理解いただける筈です。
このことを世の中に広く発信していきましょう。
ルールを改正するのも「主権者」である我々の責任です。

>スピードの出し過ぎが何故事故に繋がるのか?それは安全確認を怠っているからです。物理的に不可能に近いですが、安全が確認されていればスピードを出しても事故は起こりません。

スピードの出し過ぎから起こるロードバイクの(自損)事故を、スポーツだからと容認される東南さんの耳に(目に)痛い話ですね。(そして、誰もが閲覧出来るところが、ネットの良い所ですね。)

>逆に、スピードが出ていなくても安全確認を怠れば事故は起こります。時速10キロで走ろうが、前を見ていなければぶつかります。それと同じ事です。

全く違います。

スピードが出て惹起した事故と、スピードが出ていなくて惹起した事故の結末は全く違います。

物理の法則には(にも?)詳しくありませんが、衝突した際の、衝撃(力)はスピードの2乗に比例した筈です。
毎日新聞の特集記事にもあったとおり、ロードバイクがスピードを出しすぎて交差点で重大(死亡)事故を惹起しています。
この事故事例は、偶々ではありません。自転車が歩行者を死亡させた年間5件のうちの1件です。

また、危険を察知して制動をかけ、停止するまでのコンマ数秒の間に進む距離はスピードに比例します。
スピードを出していなければ、事故になる直前で止まれるものもスピードの出しすぎでは事故になってしまいます。
こんな基本的なことを、改めて、小生が反論しなくても良いことでしょう。しっかりして下さい。

>必要なのは速度の規制ではなく安全確認の徹底です。安全確認をきちんと行うようになれば、必然的に危険箇所での走行速度は下がります。 速度規制でゆっくり走らせても、安全確認が行われなければ事故防止の効果はありません。

残念ながら、速度規制による事故防止の効果は上記のとおり絶大です。
安全確認の徹底も重要ですが、先述のとおり違反状態が継続しないため警察官による取り締まりは難しくなります。出会い頭事故の原因として、自転車仲間が広く伝えることが必要となります。

自転車の速度規制をルール化させないためには、我々自転車乗りに出来ることは、①スポーツ利用による(自損)事故といえども自転車の事故件数を増やさないこと、②メッセンジャーや通勤利用の自転車を増やして交通手段の一つとして社会的な認知を高めること(自転車仲間を増やすこと)、③自転車事故の詳細な分析を行いスピードが事故原因となっていないということを立証すること、くらいでしょうか。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/16 11:19 | URL |

東南さんへ

>>いつのまにか主語が「ロードバイク」から「ローディ」に変わってしまいましたね。
>この場合「ロードバイク」と「ローディ」は、イコールで考えていいと思いますが。
>もちろん「ながら運転」の排除は、スピードを出すための結果であって、目的ではありません。しかしその「結果」が、今現在の自転車の安全運転において、問題になっている事象すべてを排除する形になっているのです。世の中「結果」が全てである以上、ローディは交通安全の最先端を行く存在であることに変わりはありません。

小生は、「ロードバイク」と「ロードバイク乗り」は区別していましたが、感性の問題でしょうか。

世捨人さんが、原動機の有無に拘られて、原動機のない自転車等の軽車両はスピードが安定しないなどと摩訶不思議な反論をされていますが、スピードが安定するかどうかは、原動機の有無など関係なく、あくまでも乗り手の問題でしょう。

「ロードバイク」と「ローディ」の関係も同じです。

「ロードバイク」はサドルが高く前傾がきついため、傘差し、携帯ながら、酒酔い等々は曲芸技のように難しくなり、転倒する危険性もあります。
そして、「ロードバイク」で出来ないことをやろうとする馬鹿な「ローディ」を戒めるために自転車の傘差し、携帯ながら、酒酔いは禁止とされているのです。

まあ、「ロードバイク」だけでなく、昔の「実用車(大きな荷台の付いた頑丈なやつ)」もバランスが取り辛く、蕎麦屋の出前持ちが出前をひっくり返すなんて喜劇もありました。

一方、最近のママチャリは重心が低く、低速安定性に優れていて、万一バランスを崩した場合にも両足がべったりと地面に付きますから「安全」です。傘差し、携帯ながら、酒酔い運転も十分可能となっています。

ルールはルールだと厳しく糾弾する必要はありません。ママチャリ乗りの自己責任に委ねておけば十分です。

「ロードバイク」と「ローディ」の違いはご理解頂けたでしょうか。

まあ、普通に「ロードバイク」では出来ないことはやらない「ローディ」を交通安全の最先端を行く存在とされて、プライドを持って安全運転して頂く分には、特段、構いません。

>自損事故が起こっているのは事実でしょうが、それはしょうがないですね。・・・それを受け入れなければ、世の中からスポーツというものはなくなってしまいます。

結果が全てなのに、(自損)事故という結果については、“スポーツ”という詭弁を弄して容認する理論(理屈)は、世捨人さんに通じないだけでなく、世の中一般にも受け入れてもらうことは難しそうですね。

東南さんが結果としている法律遵守が目的とするのは「安全」「円滑」=事故撲滅でしょう。
結果として「(自損)事故」を惹起しては、法令を遵守したところで意味はありません。

交通安全の最先端を行く存在の「ローディ」として、スポーツとしての高速走行時にも、コントロール可能な限界スピードの見極めをよろしくお願いいたします。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/16 12:11 | URL |

>一方、最近のママチャリは重心が低く、低速安定性に優れていて、万一バランスを崩した場合にも両足がべったりと地面に付きますから「安全」です。傘差し、携帯ながら、酒酔い運転も十分可能となっています。
ルールはルールだと厳しく糾弾する必要はありません。ママチャリ乗りの自己責任に委ねておけば十分です。

事故責任とは言うが片手走行や飲酒運転は道路交通法違反ですよ?
これらの行為で自分が怪我するだけでなく他人を傷つけることもあるのですよ?
どんな自転車に乗っていようと片手、飲酒運転は危険行為です。
自転車だからママチャリだから事故責任にゆだねれば良いは無責任甚だしいのでは?

あと「交通安全の最先端を行く存在の「ローディ」」って
ひょっとしてそれはギャグで言っているのですか?

| 自転車は歩道 | 2011/11/16 13:55 | URL |

自転車は歩道さんへ

>事故責任とは言うが片手走行や飲酒運転は道路交通法違反ですよ?これらの行為で自分が怪我するだけでなく他人を傷つけることもあるのですよ?どんな自転車に乗っていようと片手、飲酒運転は危険行為です。自転車だからママチャリだから事故責任にゆだねれば良いは無責任甚だしいのでは?

「事故責任」ってひょっとしてそれはギャグで言っているのですか?

仰るとおり現行法上、片手走行や飲酒運転は道路交通法違反です。

今後の法律改正(立法論)として、片手走行や飲酒運転は自転車乗りの判断に任せれば良いということです。

判断を任される自転車乗りは、安全運転に努めなければ、万一の場合には、仰るとおり“事故”責任を負わされます。

>あと「交通安全の最先端を行く存在の「ローディ」」ってひょっとしてそれはギャグで言っているのですか?

東南さんにお問い合わせ下さい。
コメント欄の流れをきちんと把握せずに、「事故責任」だの、「ギャグ」か、などと小生にコメントを求める方が、無責任甚だしいのでは?

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/16 15:38 | URL |

>「ロードバイク」と「ローディ」の違いはご理解頂けたでしょうか。

さっぱりわかりませんが。私は同じという解釈で、ときどきオアゾさんは別物という解釈なんでしょうね。

>「ロードバイク」はサドルが高く前傾がきついため、傘差し、携帯ながら、酒酔い等々は曲芸技のように難しくなり、転倒する危険性もあります。
そして、「ロードバイク」で出来ないことをやろうとする馬鹿な「ローディ」を戒めるために自転車の傘差し、携帯ながら、酒酔いは禁止とされているのです。


100パーセント違います。ママチャリ対策の法律です。

>一方、最近のママチャリは重心が低く、低速安定性に優れていて、万一バランスを崩した場合にも両足がべったりと地面に付きますから「安全」です。傘差し、携帯ながら、酒酔い運転も十分可能となっています。

携帯、酒酔いは前方不注意となり、歩行者や自転車にぶつかり危険です。ぶつかった後で、自分のバランスを維持しても安全とは言えません。

>東南さんが結果としている法律遵守が目的とするのは「安全」「円滑」=事故撲滅でしょう。
結果として「(自損)事故」を惹起しては、法令を遵守したところで意味はありません。

事故を完全になくすのは不可能です。十分な安全対策をして、それでもおこる事故は受け入れるしかありません。それも嫌なら、引き籠りにでもなるしかないですね。
ローディは「十分な安全対策」をしているというのが現実です。

| 東南 | 2011/11/16 22:43 | URL |

ときどきオアゾツーキニストさん

>「ロードバイク」はサドルが高く前傾がきついため、傘差し、携帯ながら、酒酔い等々は曲芸技のように難しくなり、転倒する危険性もあります。
そして、「ロードバイク」で出来ないことをやろうとする馬鹿な「ローディ」を戒めるために自転車の傘差し、携帯ながら、酒酔いは禁止とされているのです。


そんな事はありません。
長距離になればプロでもアマでも補給食を食べますよ。
ボトルで水分補給をしますよ。
走りながら、背中のポケットから補給食を取り出します。
走りながら、取り出した補給食を開封して食べます。
走りながら、エイドステーションで貰ったバナナを皮を向いて食べる事だってあります。
走りながら、サドルやフレームのホルダーからボトルを取って飲みます。
慣れてればロードで傘さし・携帯など難なくこなせる事です。
ローディがこれらをやらないのは、市街地走行でそれをするのが危険だと知っているからです。
注意力散漫になって危険だからやらないのです。
物理的に困難だからやらないのではありません。
万が一を考え安全走行を心がけているからこそやらないのです。
この法律は、自転車に乗るという事を軽く考えすぎているママチャリ対策の法律ですよ。

| メッセンジャー | 2011/11/17 00:51 | URL | ≫ EDIT

メッセンジャーさんへ

>>「ロードバイク」はサドルが高く前傾がきついため、傘差し、携帯ながら、酒酔い等々は曲芸技のように難しくなり、転倒する危険性もあります。そして、「ロードバイク」で出来ないことをやろうとする馬鹿な「ローディ」を戒めるために自転車の傘差し、携帯ながら、酒酔いは禁止とされているのです。
>そんな事はありません。
長距離になればプロでもアマでも補給食を食べますよ。…慣れてれば「ロード(バイク)」で傘さし・携帯など難なくこなせる事です。「ローディ」がこれらをやらないのは、市街地走行でそれをするのが危険だと知っているからです。注意力散漫になって危険だからやらないのです。物理的に困難だからやらないのではありません。万が一を考え安全走行を心がけているからこそやらないのです。

仰るとおりですね。脱線し過ぎました。

小生もトライアスロンのレース中は、おにぎりもバナナも食べ、水も飲んでました。

メッセンジャーさんは、「ロード(バイク)」(乗り物)と「ローディ」(乗り手)の区別もきちんとれています。

結局、「技術」も「モラル」も乗り手の問題ということですね。

万が一にも(自損)事故を起こさないように安全走行をお願いします。

>この法律は、自転車に乗るという事を軽く考えすぎているママチャリ対策の法律ですよ。

ここも、仰るとおりですね。これまた脱線し過ぎました。

但し、同じ法律でも自転車の飲酒運転と傘差し・携帯ながらと自動車の飲酒運転はそれぞれレベルが異なります。
自動車の飲酒運転については、法律で厳しい罰則が定められており、死亡事故等の重大な結果を惹起した場合には、危険運転致死傷罪まで設けられています。
一方、自転車の飲酒運転については、正常に運転できる限り罰則はありません。

携帯ながら・傘差しは、法律で具体的に定められている訳ではなく、地方公安委員会が定める交通安全規則で定められているものです。傘差しについては、交通が頻繁でないところでは、禁止されていません。
まあ、法律による具体的な(?)委任で紐付けられているので、大括りに法律ということでも構いませんが、それぞれ定められ方のレベルが全く異なります。

そういう中で、重大な事故の原因ともならないママチャリの傘差し・携帯ながら、酒酔い運転を同じ自転車仲間が厳しく糾弾する必要はないでしょう。

雨が降っても、電話が鳴っても、ほろ酔い加減でも、気軽に手軽に乗れて使い勝手が良いところも、自転車の良い所のひとつです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/17 10:04 | URL |

Re: タイトルなし

メッさん

> >安全に走行できない環境であることが貴殿が良くご存知では。
> 「自転車は車道にいる」という意識を持って走れば、何の問題も無く安全は保たれます。

質問の答えになっていませんね。他力本願では真の交通安全は実現しません。自衛手段も講じてください。


> >当ブログでは郊外の幹線道路においては、ガラガラである歩道走行を推奨しています。
>これも発想が逆です。 車道に充分な道幅がある幹線道路こそ安全に車道走行が出来る場所です。

自転車というのは風の影響を受けます。大型トラックが高速ですぐ横を走れば風圧で走行が安定しません。転倒のおそれもあり危険です。安全な歩道を走行しましょう。


> 車が多くて恐怖を感じるのは、実際に危険だからではありません。慣れていないから必要以上に恐怖を感じてしまうのです。簡単に言えば、危険は少ないけどビビってるだけです。注視すべきは交通量の多さではなく道幅の広さです。

恐怖を感じるかどうかでなく、自転車乗りに悲惨な交通事故の被害者になってもらいたくないのです。国内の車道は自転車の走行を想定していません。歩道をゆっくり走りましょう。

| 世捨人 | 2011/11/17 12:16 | URL |

>>国内の車道は自転車の走行を想定していません。

これ誰が言ったの?引用元は?
ジャーナリストならしっかり引用元を提示しようね。

てか、こんなバカげたことを断定するのは、バカのお前だけなんだけど。www

| 等号ウォッチャ | 2011/11/17 12:22 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん


> 違法な幅寄せ行為を正当化する理由などありえません。

正当化の理由を聞いているのではありません。ドライバーが幅寄せをする理由を聞いているだけです。いいですか、犯罪においては加害者の動機を解明することで、再発防止につなげています。同じように、ドライバーの動機を知ることで、 幅寄せのない社会が実現できるかと思います。


> >交通の円滑を阻害する競技用自転車乗りは世間ズレしていませんか
> >>「世間ズレ」はどういう日本語でしょうか?世間の常識から「外れている」という意味か、世間「擦れ」(=世間慣れ)しているという意味か、どちらの意味でしょう?
> >『世間「擦れ」(=世間慣れ)』としてお考えください。| 世捨人 | 2011/11/10 00:49 |
>
> 貴方が日本語を知らないだけです。
> もう良いでしょう。
> 小生はどちらでも構いません。

「『世間「擦れ」(=世間慣れ)』」という意味ではないと警告した次第です。どちらでも構いませんでは困ります。

| 世捨人 | 2011/11/17 12:22 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>>どうやら、世捨人さんの考え方の根底に自動車・自動二輪・原付・自転車・歩行者という崩し難い序列意識があるようですね。自動二輪はなぜ自動車と同じ制限速度なのでしょうか?なぜ自動二輪は同じ二輪の原付バイクのように左端走行が義務づけられていないのでしょうか?
>それぞれの車両に応じたルールがあるということで、何ら問題ありません。世捨人さんが疑問に思われるのであれば、まず、ご自身の考えを披露してみてはどうですか。頑張って下さい。

「序列意識があるようですね」との問いにお答えしたものです。説明責任を果たしてください。


>自転車も、高速(中速?)移動手段としての性能を備えているということで、素晴らしいことでしょう。
原付の30キロ制限も、エンジン性能・ブレーキ性能の向上(?)から見直しても良い時期かも知れませんね。
自転車の速度という「安全」と「円滑」のバランスの取り方は、幼児から高齢者まで、それぞれの乗り手の能力・責任に委ねられていることも、自転車の良いところの一つです。

自転車の原付バイクの法定速度(時速30キロ超)の走行を許されながら、ヘルメット着用義務がないのは法の不備でしょう。ときさんのいう「自転車のよいところ」は、法の不備によるところが大きいと思います。国民は自転車をを法の網にかけることを望んでいます。制限速度とヘルメット着用義務をセットで法制化する必要があります。


>今は、「スピードレース用に開発された競技用自転車がはびこってい」るということは、自転車が走りやすい道路環境になりつつあるということで、喜ばしいことですね。素晴らしい。

他の交通の安全・安心を脅かしているのに「喜ばしい」とはわがままですね。それも「自転車の良いところ」でしょうか?醜いですね。

>仰るとおり現状で何ら問題ありません。自転車レーンの設置など全く不要です。
歩道から車道に下りた自転車は、車道左端を走行し、自動車と道路状況に応じて相互に譲り合い、「安全」・「円滑」に共存(シェア)すれば、済むことです。

理想論を連ねても前に進みません。現実を直視し公道の安全・安心につながるよう、自転車の車道走行は控えましょう。

>狭く限られた道路空間の中で、自転車を自動車からも隔離するために、ガードレール等で仕切られた一方通行の狭い「自転車道」を設けるくらいなら、「自転車レーン」とした方が、自動車との譲り合い・共存(シェア)も可能となり、効率的だと主張しているものです。
まあ、欲を言えば、路側帯(車道外側線の外側)に1メートルのスペースを確保して頂ければ、十分です。

路側帯は良くて歩道はだめなのですか?「路側帯は歩道と同じ扱いを受ける」ことは学習済みです。


>「サグ」とは何ですか?小生の勉強不足ということでしょうか。教えて下さい。

興味があれば各自でお調べください。

>まあ、速度が安定しないかどうかは、やはり乗り手の問題です。原動機の有無は全く関係ありません。もう、反論のための反論はいい加減にして下さい。ここも貴方の負けです。

貴殿は自転車に乗っていますか?自転車は風の影響を受けます。天候によっても速度は安定しません。速度が落ちると交通の円滑が阻害されることを理解してください。



>>自転車は、歩道から歩行者等が飛び出してくるリスクにも気を配りながら、主体的に車道左端を走行しています。自転車の左端走行は、「歩道から歩行者の飛び出し」と同じ行為ですか?危険ですのでおやめください。
>日本語の正しい読み取りも出来ていません。反論のための反論は無駄です。ここも貴方の負けです。

勝敗を急がず、じっくり課題に取り組んでください。


>自転車にとっての「登坂車線」(後続車両に安全に追い越しさせるスペース)は、路側帯(車道外側線)です。

歩道も含めてください。

>生活道路や歩道は遠回りの別ルートにあたり、どのルートを走行するかは、それぞれの自転車乗りが選択するものです。

自転車が譲り合いの精神でもって歩道やう回ルートを通ることを、ドライバーは望んでいます。

>写真の自転車は、この産業用道路を選択して、ルールどおりに車道左端を走行していますので、何ら問題はありません。

渋滞の発生原因となっていることで、重大問題として取り上げました。


>ガラガラの歩道を世捨人さんの運転する自動車が走行出来れば、一番良かったのでしょう。図体が大きくて小回りの利かない自動車は不便ですね。

機転を利かして進路を譲ってください。

>一方、横幅60センチ未満と狭くスマートな自転車は、歩道も車道も(生活)道路も路地も走ることが出来ます。自転車の良い所の一つです。
そして、車道・歩道・(生活)道路・歩道のいずれを走行するかは、それぞれの自転車乗りが決めることです。今回の写真の自転車は、産業用道路の車道走行を選択し、ルールどおりに左端走行しています。世捨人さんが歩道走行や「登坂車線?」走行を推奨することは勝手です。お止めすることも出来ません。しかしながら、ルールどおりに車道左端走行をしている今回の自転車に対して「これが渋滞の原因だ。」という標題で、「歩道を走れ。」などと命じるのは、筋違いでしょう。路側帯でも車道外側線でも構いませんが、車道に安全に追い越すスペースがないのであれば、後続の大型トラックは安全に追い越すスペースのあるところまで進めば良いことです。


路側帯は歩道と同じ扱いです。繰り返しになりますので詳細は割愛させていただきます。



>小生は、世捨人さんから課題を与えられる覚えはありません。
対抗車両に「パッシング」を浴びせるような譲り合いの精神のない我儘で乱暴な運転は慎みましょう。また、反論するために「悪ぶる」のも無駄です。もう良いでしょう。ここも貴方の負けです。

先(=勝ち)を急ぐことなく、しっかり課題に取り組んでください。いずれにせよ、パッシングに関して具体的な状況を言及していないのに「乱暴な運転」と結びつけるのは、乱暴な発言かと思います。



| 世捨人 | 2011/11/17 12:29 | URL |

わははははは、「どちらでも構いませんでは困」るんだってwww
もう投資津大爆発www
お前、まじで気が狂ってるよwwww
家族から強制入院させられた過去、かわいそうだが、仕方ないな

> >交通の円滑を阻害する競技用自転車乗りは世間ズレしていませんか
> >>「世間ズレ」はどういう日本語でしょうか?世間の常識から「外れている」という意味か、世間「擦れ」(=世間慣れ)しているという意味か、どちらの意味でしょう?
> >『世間「擦れ」(=世間慣れ)』としてお考えください。| 世捨人 | 2011/11/10 00:49 |
>
> 貴方が日本語を知らないだけです。
> もう良いでしょう。
> 小生はどちらでも構いません。

「『世間「擦れ」(=世間慣れ)』」という意味ではないと警告した次第です。どちらでも構いませんでは困ります。

| 等号ウォッチャ | 2011/11/17 12:36 | URL |

世捨人さんへ

>> 違法な幅寄せ行為を正当化する理由などありえません。
>正当化の理由を聞いているのではありません。ドライバーが幅寄せをする理由を聞いているだけです。いいですか、犯罪においては加害者の動機を解明することで、再発防止につなげています。同じように、ドライバーの動機を知ることで、 幅寄せのない社会が実現できるかと思います。

では、小生はどちらかというと被害者側の人間です。どちらかというと加害者側の世捨人の方がドライバーの動機はご存知の筈でしょう。

どうぞご披露下さいませ。

>> 貴方が日本語を知らないだけです。もう良いでしょう。小生はどちらでも構いません。
>「『世間「擦れ」(=世間慣れ)』」という意味ではないと警告した次第です。どちらでも構いませんでは困ります。

では、世捨人さんのいう「世間ズレ」とはどういう日本語なのか、その意味をご披露下さい。

まあ、これも、貴方の完敗です。

小生はどちらでも構いません。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/17 13:44 | URL |

世捨人さんへ

>自動二輪はなぜ自動車と同じ制限速度なのでしょうか?なぜ自動二輪は同じ二輪の原付バイクのように左端走行が義務づけられていないのでしょうか?
>>それぞれの車両に応じたルールがあるということで、何ら問題ありません。世捨人さんが疑問に思われるのであれば、まず、ご自身の考えを披露してみてはどうですか。頑張って下さい。
>「序列意識があるようですね」との問いにお答えしたものです。説明責任を果たしてください。

小生には、序列意識はありませんので、それぞれの車両に応じたルールがあるということで何ら問題ありません。
世捨人さんは、なぜ、自動二輪は自動車と同じ制限速度なだとお思いですか?
なぜ、自動二輪は同じ二輪の原付バイクのように左端走行が義務づけられていないのでしょうか?

>自転車の原付バイクの法定速度(時速30キロ超)の走行を許されながら、ヘルメット着用義務がないのは法の不備でしょう。ときさんのいう「自転車のよいところ」は、法の不備によるところが大きいと思います。国民は自転車をを法の網にかけることを望んでいます。制限速度とヘルメット着用義務をセットで法制化する必要があります。

誤字脱字・てにをはの揺れが多いですが、読み取れる範囲でお応えしましょう。
そもそも、自転車は30キロ超の走行を許されているのではなく、そもそも、速度制限などとは全く関係ない自由な乗り物です。
義足のランナーが世界陸上で走っていましたが、このランナー時速30~40キロで道路を走っても何ら問題はないでしょう。
自転車は人間の脚力をペダル・チェーン・ベアリング・タイヤで地面に伝えることで進む、極めて原始的な人間臭い身近なものであり、義足や竹馬が進化したものと考えて頂ければ、そもそも、道路交通法上の規制など全く不要でしょう。
とはいえ、公共の道路を共有(シェア)する(軽)車両として、道路交通法上、必要な範囲で尾灯(反射板)等々の規制が設けられているとご理解下さい。

自転車に法の網を掛けようと思っているのは、世捨人さんと利権が絡む警察官僚だけでしょう。
あとは、付和雷同でテレビ・新聞等のマスコミ報道に踊らされているだけです。

まあ、速度制限やヘルメットの着用義務の法制化を後押しするような統計数値を積み上げないように、安全運転で行きましょう。
特に、安全運転の先駆者(自称)の「ローディ」の方々は、予見できない障害物で想定外などという言い訳で、(自損)事故を増やさないように、万一の場合にもコントロール可能なスピードで、安全に走りましょう。

>>今は、「スピードレース用に開発された競技用自転車がはびこってい」るということは、自転車が走りやすい道路環境になりつつあるということで、喜ばしいことですね。素晴らしい。
>他の交通の安全・安心を脅かしているのに「喜ばしい」とはわがままですね。それも「自転車の良いところ」でしょうか?醜いですね。

今回のスクープ写真では、車間距離を詰めて脅かしているのは、わがままな大型トラックの方だと思いますよ。
お互い様の譲り合いの精神を持って安全運転で行きましょう。

>>仰るとおり現状で何ら問題ありません。自転車レーンの設置など全く不要です。
歩道から車道に下りた自転車は、車道左端を走行し、自動車と道路状況に応じて相互に譲り合い、「安全」・「円滑」に共存(シェア)すれば、済むことです。
>理想論を連ねても前に進みません。現実を直視し公道の安全・安心につながるよう、自転車の車道走行は控えましょう。

現状で何ら問題ないと申し上げることが理想論しょうか?極めて現実的な回答ですよ。


>路側帯は良くて歩道はだめなのですか?「路側帯は歩道と同じ扱いを受ける」ことは学習済みです。

車道と物理的に隔離されているかどうかの違いです。
学習された結果を発揮頂きたいものです。楽しみにしています。

>>「サグ」とは何ですか?小生の勉強不足ということでしょうか。教えて下さい。
>興味があれば各自でお調べください。

全く興味ありません。

>貴殿は自転車に乗っていますか?自転車は風の影響を受けます。天候によっても速度は安定しません。速度が落ちると交通の円滑が阻害されることを理解してください。

風や天候の影響を受けるのは、自動車も原付も一緒です。
雨や風で天候が悪いときは、事故が多発します。自動車も原付も速度を落として「安全」運転をお願いします。

>>日本語の正しい読み取りも出来ていません。反論のための反論は無駄です。ここも貴方の負けです。
>勝敗を急がず、じっくり課題に取り組んでください。

コメントに値せず。

>>自転車にとっての「登坂車線」(後続車両に安全に追い越しさせるスペース)は、路側帯(車道外側線)です。
>歩道も含めてください。

嫌です。

>自転車が譲り合いの精神でもって歩道やう回ルートを通ることを、ドライバーは望んでいます。

山道で「登坂車線」を走るドライバーにも、海岸周りの迂回ルートをお勧めしてみて下さい。さて、どんな反応が返ってくるのでしょうか。楽しみです。

>>写真の自転車は、この産業用道路を選択して、ルールどおりに車道左端を走行していますので、何ら問題はありません。
>渋滞の発生原因となっていることで、重大問題として取り上げました。

まず、写真で見る限り、大型トラックが車間距離を詰めて嫌がらせをしているだけで、渋滞など発生していません。
渋滞が発生していたとしても、交通量と道路幅等の需要と供給のバランスの問題で、道路管理者(国や県)の責任です。自転車の責任ではありません。

>ガラガラの歩道を世捨人さんの運転する自動車が走行出来れば、一番良かったのでしょう。図体が大きくて小回りの利かない自動車は不便ですね。
>機転を利かして進路を譲ってください。

小生にお願いされても、困りものです。
迂回路でも通って、先回りされてはどうですか。

>路側帯は歩道と同じ扱いです。繰り返しになりますので詳細は割愛させていただきます。

世捨人さんの主張自体が繰り返しになっています。
もう良いでしょう。
全てを割愛されてはどうですか。

>先(=勝ち)を急ぐことなく、しっかり課題に取り組んでください。いずれにせよ、パッシングに関して具体的な状況を言及していないのに「乱暴な運転」と結びつけるのは、乱暴な発言かと思います。

「パッシング」に関する具体的な状況への言及を楽しみにしています。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/17 15:28 | URL |

東南さんへ

>>「ロードバイク」と「ローディ」の違いはご理解頂けたでしょうか。
>さっぱりわかりませんが。私は同じという解釈で、ときどきオアゾさんは別物という解釈なんでしょうね。

「ロードバイク」=乗り物、「ローディ」=乗り手という簡単なことです。

>>「ロードバイク」はサドルが高く前傾がきついため、傘差し、携帯ながら、酒酔い等々は曲芸技のように難しくなり、転倒する危険性もあります。
そして、「ロードバイク」で出来ないことをやろうとする馬鹿な「ローディ」を戒めるために自転車の傘差し、携帯ながら、酒酔いは禁止とされているのです。
>100パーセント違います。ママチャリ対策の法律です。

確かに、言い過ぎでした。
メッセンジャーさんへの回答のとおりです。

>>一方、最近のママチャリは重心が低く、低速安定性に優れていて、万一バランスを崩した場合にも両足がべったりと地面に付きますから「安全」です。傘差し、携帯ながら、酒酔い運転も十分可能となっています。
>携帯、酒酔いは前方不注意となり、歩行者や自転車にぶつかり危険です。ぶつかった後で、自分のバランスを維持しても安全とは言えません。

ママチャリはゆっくり走っていますので、何かあれば、ぶつかる前にその場で止まれますので、殆ど危険はありません。ご心配なく。

また、メッセンジャーさんへの回答のとおり、それぞれの法律(規則)のレベルの違いをご理解いただければ、ママチャリの傘さし、携帯ながら、酒酔い等々を同じ自転車仲間が厳しく糾弾する必要はないでしょう。

>>東南さんが結果としている法律遵守が目的とするのは「安全」「円滑」=事故撲滅でしょう。結果として「(自損)事故」を惹起しては、法令を遵守したところで意味はありません。
>事故を完全になくすのは不可能です。十分な安全対策をして、それでもおこる事故は受け入れるしかありません。それも嫌なら、引き籠りにでもなるしかないですね。ローディは「十分な安全対策」をしているというのが現実です。

「世の中は結果が全てなんです」と仰っていたのは東南さんご自身ですよね。
「十分な安全対策」とはどんな対策ですか?
「ロードバイク」は、サドルが高く前傾がきついため、傘さし、携帯ながら、酒酔い運転は確かに難しいでしょう。
しかし、結果として(自損)事故を起こしてしまうのは何故でしょう?
結局、「ローディ」=乗り手の問題です。
結果として(自損)事故を起こしてしまう「ローディ」を交通安全の先駆者とは言えないでしょう。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/17 17:14 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

貴殿の完敗ということで手を打ちませんか?


>
> >自動二輪はなぜ自動車と同じ制限速度なのでしょうか?なぜ自動二輪は同じ二輪の原付バイクのように左端走行が義務づけられていないのでしょうか?
> >>それぞれの車両に応じたルールがあるということで、何ら問題ありません。世捨人さんが疑問に思われるのであれば、まず、ご自身の考えを披露してみてはどうですか。頑張って下さい。
> >「序列意識があるようですね」との問いにお答えしたものです。説明責任を果たしてください。
>
> 小生には、序列意識はありませんので、それぞれの車両に応じたルールがあるということで何ら問題ありません。
> 世捨人さんは、なぜ、自動二輪は自動車と同じ制限速度なだとお思いですか?
> なぜ、自動二輪は同じ二輪の原付バイクのように左端走行が義務づけられていないのでしょうか?
>
> >自転車の原付バイクの法定速度(時速30キロ超)の走行を許されながら、ヘルメット着用義務がないのは法の不備でしょう。ときさんのいう「自転車のよいところ」は、法の不備によるところが大きいと思います。国民は自転車をを法の網にかけることを望んでいます。制限速度とヘルメット着用義務をセットで法制化する必要があります。
>
> 誤字脱字・てにをはの揺れが多いですが、読み取れる範囲でお応えしましょう。
> そもそも、自転車は30キロ超の走行を許されているのではなく、そもそも、速度制限などとは全く関係ない自由な乗り物です。
> 義足のランナーが世界陸上で走っていましたが、このランナー時速30~40キロで道路を走っても何ら問題はないでしょう。
> 自転車は人間の脚力をペダル・チェーン・ベアリング・タイヤで地面に伝えることで進む、極めて原始的な人間臭い身近なものであり、義足や竹馬が進化したものと考えて頂ければ、そもそも、道路交通法上の規制など全く不要でしょう。
> とはいえ、公共の道路を共有(シェア)する(軽)車両として、道路交通法上、必要な範囲で尾灯(反射板)等々の規制が設けられているとご理解下さい。
>
> 自転車に法の網を掛けようと思っているのは、世捨人さんと利権が絡む警察官僚だけでしょう。
> あとは、付和雷同でテレビ・新聞等のマスコミ報道に踊らされているだけです。
>
> まあ、速度制限やヘルメットの着用義務の法制化を後押しするような統計数値を積み上げないように、安全運転で行きましょう。
> 特に、安全運転の先駆者(自称)の「ローディ」の方々は、予見できない障害物で想定外などという言い訳で、(自損)事故を増やさないように、万一の場合にもコントロール可能なスピードで、安全に走りましょう。
>
> >>今は、「スピードレース用に開発された競技用自転車がはびこってい」るということは、自転車が走りやすい道路環境になりつつあるということで、喜ばしいことですね。素晴らしい。
> >他の交通の安全・安心を脅かしているのに「喜ばしい」とはわがままですね。それも「自転車の良いところ」でしょうか?醜いですね。
>
> 今回のスクープ写真では、車間距離を詰めて脅かしているのは、わがままな大型トラックの方だと思いますよ。
> お互い様の譲り合いの精神を持って安全運転で行きましょう。
>
> >>仰るとおり現状で何ら問題ありません。自転車レーンの設置など全く不要です。
> 歩道から車道に下りた自転車は、車道左端を走行し、自動車と道路状況に応じて相互に譲り合い、「安全」・「円滑」に共存(シェア)すれば、済むことです。
> >理想論を連ねても前に進みません。現実を直視し公道の安全・安心につながるよう、自転車の車道走行は控えましょう。
>
> 現状で何ら問題ないと申し上げることが理想論しょうか?極めて現実的な回答ですよ。
>
>
> >路側帯は良くて歩道はだめなのですか?「路側帯は歩道と同じ扱いを受ける」ことは学習済みです。
>
> 車道と物理的に隔離されているかどうかの違いです。
> 学習された結果を発揮頂きたいものです。楽しみにしています。
>
> >>「サグ」とは何ですか?小生の勉強不足ということでしょうか。教えて下さい。
> >興味があれば各自でお調べください。
>
> 全く興味ありません。
>
> >貴殿は自転車に乗っていますか?自転車は風の影響を受けます。天候によっても速度は安定しません。速度が落ちると交通の円滑が阻害されることを理解してください。
>
> 風や天候の影響を受けるのは、自動車も原付も一緒です。
> 雨や風で天候が悪いときは、事故が多発します。自動車も原付も速度を落として「安全」運転をお願いします。
>
> >>日本語の正しい読み取りも出来ていません。反論のための反論は無駄です。ここも貴方の負けです。
> >勝敗を急がず、じっくり課題に取り組んでください。
>
> コメントに値せず。
>
> >>自転車にとっての「登坂車線」(後続車両に安全に追い越しさせるスペース)は、路側帯(車道外側線)です。
> >歩道も含めてください。
>
> 嫌です。
>
> >自転車が譲り合いの精神でもって歩道やう回ルートを通ることを、ドライバーは望んでいます。
>
> 山道で「登坂車線」を走るドライバーにも、海岸周りの迂回ルートをお勧めしてみて下さい。さて、どんな反応が返ってくるのでしょうか。楽しみです。
>
> >>写真の自転車は、この産業用道路を選択して、ルールどおりに車道左端を走行していますので、何ら問題はありません。
> >渋滞の発生原因となっていることで、重大問題として取り上げました。
>
> まず、写真で見る限り、大型トラックが車間距離を詰めて嫌がらせをしているだけで、渋滞など発生していません。
> 渋滞が発生していたとしても、交通量と道路幅等の需要と供給のバランスの問題で、道路管理者(国や県)の責任です。自転車の責任ではありません。
>
> >ガラガラの歩道を世捨人さんの運転する自動車が走行出来れば、一番良かったのでしょう。図体が大きくて小回りの利かない自動車は不便ですね。
> >機転を利かして進路を譲ってください。
>
> 小生にお願いされても、困りものです。
> 迂回路でも通って、先回りされてはどうですか。
>
> >路側帯は歩道と同じ扱いです。繰り返しになりますので詳細は割愛させていただきます。
>
> 世捨人さんの主張自体が繰り返しになっています。
> もう良いでしょう。
> 全てを割愛されてはどうですか。
>
> >先(=勝ち)を急ぐことなく、しっかり課題に取り組んでください。いずれにせよ、パッシングに関して具体的な状況を言及していないのに「乱暴な運転」と結びつけるのは、乱暴な発言かと思います。
>
> 「パッシング」に関する具体的な状況への言及を楽しみにしています。

| 世捨人 | 2011/11/17 17:16 | URL |

世捨人が「きゃん」

>ときさん
>貴殿の完敗ということで手を打ちませんか?

反論なし。完全に窮してしまいましたね。

オアゾさん、これはどこからどう見ても、貴方の勝ち、世捨人さんの敗けです。
しかも、文法通りのぐうの音も出ないみじめな惨敗。

これは恥ずかしい。
ここまで醜い敗北は2ちゃんねるでも滅多にお見かけしません。

| 東郷平八郎 | 2011/11/17 17:50 | URL |

>世捨人さん
>アンケートには信用しませんが、高く評価します。
とういうのも、主観にせよ、ドライバーの気持ちを真剣に考えたことがうかがえるからです。
ときさんとは大違いですね。
相手の立場を知ることで譲り合いの精神が育まれると思います。

つまりロードに載ったこともないのに、自転車の安全な走行を語るような人間は屑ということですね。相手の立場を思いやるという精神がかけらもありません。

その点、私のような自動車にもロードにも乗る人間の言葉には、双方の立場を理解した人間としての重みがあります。やはりローディは交通安全の先駆者と言えますね。

| 東南 | 2011/11/17 19:45 | URL |

世捨人さんへ

>貴殿の完敗ということで手を打ちませんか?

ご回答頂けないということで、世捨人さんご自身の“完敗”ということでしょう。

「回答出来なかった」という事実を隠蔽するために、管理人権限で、これまでのコメントを勝手に削除するような暴挙に出られることのないように祈るばかりです。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/17 19:51 | URL |

東南さんへ

>>ときさんとは大違いですね。相手の立場を知ることで譲り合いの精神が育まれると思います。

>つまりロードに載ったこともないのに、自転車の安全な走行を語るような人間は屑ということですね。相手の立場を思いやるという精神がかけらもありません。
>その点、私のような自動車にもロードにも乗る人間の言葉には、双方の立場を理解した人間としての重みがあります。やはりローディは交通安全の先駆者と言えますね。

あれっ!!

これは、小生のコメントへの反論ですか?

結論は、東南さんも世捨人さんも、ママチャリには乗らないからママチャリの良さが判らないということですかね。

小生は、ママチャリもロードバイクも自動車も乗ります。
(MTBにも乗りますが、大型トラックや2種の免許はありません。)

小生のコメントの中から3者への思いやり(愛情)が滲み出ていたと思いますが、読み取れませんでしたか。

| ときどきオアゾツーキニスト | 2011/11/17 20:07 | URL |

>ときどきオアゾさん
>あれっ!!
>これは、小生のコメントへの反論ですか?

世捨人さんへのコメントです。
「ママチャリの良さ」と交通安全とは別問題です。

たとえば歩道のない道路を自転車(歩行者でもOK)で走っていて、向かいから携帯をいじりながら逆走してくるママチャリ、車道には自動車がいる、あるいは確認する余裕がないという状況。
この場合、こちらはどういう対応を取るべきでしょうか。停止したところで、ママチャリがそれに気づかずに突っ込んでくれば、こちらは身をかわすスペースもなく、そのままぶつかるしかなくなります。
こちらとしても停止していれば転倒するせずに済むだろうし、ママチャリも低速低重心だそうなので、転倒はしないかもしれません。
しかしそれが「携帯を使っていても安全であり、ママチャリのいいところ」なのでしょうか。ぶつかられた側の事は考えもしないのでしょうか。

残念ながら、3者への思いやり(愛情)は感じられません。

| 東南 | 2011/11/17 21:25 | URL |

世捨人さん

>質問の答えになっていませんね。他力本願では真の交通安全は実現しません。自衛手段も講じてください。

交通安全の考え方が間違ってます。
自衛手段など所詮はその場凌ぎの対処療法に過ぎません。
身の安全は守られても根本的な問題の解決にはなりません。
交通安全の議論にそのような物を持出すべきではありません。
自衛手段など用いなくても済む環境を作る事が真の交通安全です。

>大型トラックが高速ですぐ横を走れば風圧で走行が安定しません。

法を守って走行すればこのような事態は発生しません。
車が追い越し・追抜きをする時は充分な車間距離を空ける事が義務付けられています。
自転車のすぐ横を高速で走るのは道交法違反ですよ。
車間が保てない時は追い抜き・追い越しはしちゃいけないんです。
例え渋滞が発生しようともそれが交通法規なので不可抗力です。
別の記事で貴殿が言ってましたよね?
「安全の為には効率性は犠牲にしろ」って。
自転車・車の双方の安全の為ですから、渋滞で移動効率が悪くなっても諦めて下さい。
仕事に遅れるなんてのは理由になりませんよ。
仕事の移動には時間に正確な電車を利用するのがビジネスマナーです。
車を使うのは荷物の運搬の必要がある時だけです。
そういう場合は渋滞になる事も考慮して時間に余裕を持って行動すれば済む話です。


>国内の車道は自転車の走行を想定していません。
これは大きな間違いです。
自転車が原則として車道左端なのは、道交法が施行された昭和35年から不変です。
現代の道路整備が行われるよりも前から法律で決まっている事です。
道路開発の中でこの法律が考慮されていないという事は絶対にありません。
自転車の車道走行はきちんと想定されて道路整備が行われています。
想定外だったのはこれだけ車が普及して車社会になってしまった事です。

| メッセンジャー | 2011/11/18 00:28 | URL | ≫ EDIT

東南さんへ

>たとえば歩道のない道路を自転車(歩行者でもOK)で走っていて、向かいから携帯をいじりながら逆走してくるママチャリ、車道には自動車がいる、あるいは確認する余裕がないという状況。

歩道のない道路に車道があるのかどうか疑問ですが、車道に自動車がいる時点で、携帯ながら逆走ママチャリは、まず、自分の身を守るために、道路脇に寄るでしょう。フラフラして自動車のボディーを擦りでもしたら、10万単位の修理代でしょうから、慌ててハンドルをしっかりもって、普通に真っ直ぐ進むでしょう。
何ら問題ありません。

>この場合、こちらはどういう対応を取るべきでしょうか。停止したところで、ママチャリがそれに気づかずに突っ込んでくれば、こちらは身をかわすスペースもなく、そのままぶつかるしかなくなります。

道路左端を直進すれば、なんら問題ありません。携帯ながら逆走ママチャリは道路中央よりに回避せざるを得ず、自動車に正面衝突するか、直前で停止するでしょう。

まあ、ベルを鳴らして上げるか、「危ないよ」と一声掛けて上げれば、より親切でしょう。

歩道のない狭い道路であれば、逆走もあまり関係ないでしょう。逆走自転車が左側を順走(?)していたとしても、その分、真ん中を走る自動車は東南さんの方に寄って来ますので、狭い道路を共用(シェア)するもの同士、お互い様で行き交うように最徐行でお進み下さい。

>こちらとしても停止していれば転倒するせずに済むだろうし、ママチャリも低速低重心だそうなので、転倒はしないかもしれません。しかしそれが「携帯を使っていても安全であり、ママチャリのいいところ」なのでしょうか。ぶつかられた側の事は考えもしないのでしょうか。

まあ、東南さんであれば、ぶつかる前に大声で罵倒して、逆走携帯ながらママチャリの方がビックリして転倒しそうですが、普通にベルを鳴らすか、声をかけて上げればぶつかることはないでしょう。

ぶつかったところで、お互いにその場で止まるだけでしょう。かすり傷もありませんよね。正面衝突でタイヤ同士の接触であれば、自転車に傷跡もつきません。

携帯ながらは危ないよ、と注意して上げれば良いだけの話です。

>残念ながら、3者への思いやり(愛情)は感じられません。

三者三様、お互い様です。まず、ご自身が愛情を持って接して上げることです。ぶつかる直前にベルを鳴らしてあげる、一声掛けてあげるのも、注意してあげるのも愛情です。

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/11/18 11:36 | URL |

>車道に自動車がいる時点で、携帯ながら逆走ママチャリは、まず、自分の身を守るために、道路脇に寄るでしょう
>携帯ながら逆走ママチャリは道路中央よりに回避せざるを得ず、自動車に正面衝突するか、直前で停止するでしょう

そもそも携帯ながらは前方への注意が極端に落ちるため、こちらにも自動車にも気付かない危険性が高いのですが。ベルを鳴らしたところで気づくかどうかも定かではなく、大声を出せば片手運転ということもあり、転倒したりバランスを崩して、自動車へ接触の危険性があります。さすがにそのような危険行為はできません。


>ぶつかったところで、お互いにその場で止まるだけでしょう。かすり傷もありませんよね。正面衝突でタイヤ同士の接触であれば、自転車に傷跡もつきません。

>携帯ながらは危ないよ、と注意して上げれば良いだけの話です。

アホなこといわないでください。ママチャリ+人間で軽く見積もっても6~70キロ、下手すれば100キロはあるような物体になります。そんなものに危険運転の結果ぶつかられて、問題ないわけないでしょう。
人を殴ってもけがをしなければ問題ない、といってるのと同じですね。

| 東南 | 2011/11/19 10:42 | URL |

東南さんへ

>そもそも携帯ながらは前方への注意が極端に落ちるため、こちらにも自動車にも気付かない危険性が高いのですが。

仰るとおり、携帯ながらは前方への注意が落ちて危険です。「ロードバイク」には出来ない所業です。

>ベルを鳴らしたところで気づくかどうかも定かではなく、

確かに、携帯に集中して、ママチャリながら携帯になりがちですね。
そこに、ヘッドフォンでも付けていたら、怒鳴り付けても気付かないかも知れませんね。

>大声を出せば片手運転ということもあり、転倒したりバランスを崩して、自動車へ接触の危険性があります。

しかし、これは全く違うでしょう。

東南さんは、本当にそうお思いですか?

まず、自動車へ接触する危険性があるようなところでは、流石に、無知でわがままなママチャリでも携帯ながらはしないでしょう。
というか、携帯ながらママチャリがいるような道路には普通のドライバーは入ってこないでしょう。
そして、携帯ながらママチャリと接触の危険があるようであれば、やむを得ず、最徐行で侵入してきた自動車の方が、先にクラクションを鳴らすでしょう。
また、低速安定性が高く、両足べったり地面に付くママチャリで、転倒したりバランスを崩して自動車へ接触したりしますか?
きっと、慌てて急ブレーキを掛けて両足を着いてその場で停止して、事なきを得るでしょう。
何ら問題ありません。
そして、携帯ながらママチャリが万一自動車と接触したとしても、ベルを鳴らした「ロードバイク」乗りには全く責任はないでしょう。

>さすがにそのような危険行為はできません。

ベルを鳴らした「ロードバイク」乗りが危険行為だと責任を感じるとすれば、何らかの落ち度が「ロードバイク」乗りの方にあるということです。

どういうことでしょう。

唯一あるとすれば、交差点です。
携帯ながらママチャリと自動車が接触事故を起こすような混雑した交差点に、30~40キロで突っ込んできて、ベルを鳴らしたり、怒鳴りつけたりするとすれば、これは「ロードバイク」乗りのわがままです。

交差点は事故の7~8割が発生している最も危険な場所です。
例え、前方の信号が青で直進優先とはいえ、周りの状況を十分に確認して、ベルを鳴らすことが危険行為とならないように、お互い様の譲り合いの精神でくれぐれも事故を起こさないように、安全運転をお願いします。

>アホなこといわないでください。ママチャリ+人間で軽く見積もっても6~70キロ、下手すれば100キロはあるような物体になります。そんなものに危険運転の結果ぶつかられて、問題ないわけないでしょう。

さて、「ロードバイク」+「ローディ」は何キロ位でしょうか。自転車の重さにさほどの違いはありません。ロードバイクが10キロ(バックミラーやGPSや満艦飾の点滅ライト等々の付属品で15キロ位かも知れません)でママチャリが15~25キロというところでしょうか。
(最近は、ママチャリも随分と軽くなっています。当然、ライト等々付属品込みです。)

乗っている人の体重はどうでしょう。骨太の男性が多い「ローディ」とダイエットに悩んでいる女性が多い「ママチャリ」、平均では男性65キロ、女性55キロくらいでしょうか?

まあ、低速安定性の高いママチャリにお相撲さんが乗っている姿は相撲番組等で目にしますが、ロードバイクに乗るお相撲さんは見ませんね。

ところで、衝突時の衝撃度はスピードの2乗に比例する筈ですが、さて、携帯ながらママチャリとロードバイクのスピードの差ははどの程度のスピードでしょう?

携帯ながらママチャリは人が歩くより少し早い程度、6~8キロくらいでしょうか。スピード自慢のロードバイクは30~40キロでしょうか。

5~6倍のスピードの違いは、25~36倍の衝撃力の違いとなりますが、さて、どちらが危険ですか?

また、危険を察知した後の反応速度(反応距離)はスピードに比例します。1メートルと5~6メートル、さて、どちらが回避出来ずに衝突する危険性が高いでしょう。

>人を殴ってもけがをしなければ問題ない、といってるのと同じですね。

全く違います。携帯ながらママチャリは決して(衝突・接触)事故を起こそうなどとは思っていません。故意は全くありません。まあ、これはロードバイクも一緒ですね。

過失とはいえ、そのスピードの違いから、軽く触る程度のママチャリと、突き飛ばすこととなるロードバイクでは、結果として全く違うこととなります。

そもそも、自転車はそんなに危険な乗り物でしょうか?

携帯ながらママチャリの惹起する事故も含めて、自転車が惹起した交通事故の大半は物損や軽度の傷害で終わっている筈です。

そういった極々軽度の接触事故まで含めて、自転車の交通事故件数は減っています。

しかしながら、シートベルトやエアバックに守られた自動車運転中の死亡者数が大きく減った中で、生身の自転車乗車中の死亡者数の減り方が少なく、自転車事故の占率が高くなったといって、携帯ながらや傘さしを罰則を設けて禁止されることとなったのです。

携帯ながらママチャリを同じ自転車仲間が糾弾する必要は全くありません。

逆に、シートベルトやエアバックに守られた自動車ドライバーの運転が、横暴でわがままなものになった結果だということを、世の中に伝える努力をするべきです。

そして、何より、同じ自転車乗り仲間として出来ることは、まず、自損事故も含めて事故件数を減らすこと、ママチャリも含めて自転車乗り仲間を増やすこと、だと小生は思います。

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/11/19 14:15 | URL |

>そもそも、自転車はそんなに危険な乗り物でしょうか?

>携帯ながらママチャリの惹起する事故も含めて、自転車が惹起した交通事故の大半は物損や軽度の傷害で終わっている筈です。

私の兄は夜間にバイクで長い直線道路を走行中、
渋滞していた反対車線の車の間から進路上に飛び出して来た自転車を避け、
電柱に衝突して命を落としました。

自転車の男は信号も横断歩道も無い所を渡ろうとしていた上に、酒を飲んでいました。

男には重過失致死により実刑判決が下り、民事でも多額の賠償金が課せられました。



…大した結果ではありませんか?

| 払暁 | 2011/11/19 17:00 | URL | ≫ EDIT

>ときどきオアゾさん

うーん、なんかあまりにも話が噛み合ってないような。
個別に反論しても意味なさそうなので、一つだけ。以前自動車の飲酒運転や携帯ながらについて警察のPRだか何だか。

「注意して運転してれば大丈夫」
事故を起こした人たちも、みんなそう思っていた


「~だから大丈夫」という考えは、実際には非常に危険ですので、おやめください。

| 東南 | 2011/11/19 20:42 | URL |

Re: タイトルなし

東さん

> つまりロードに載ったこともないのに、自転車の安全な走行を語るような人間は屑ということですね。相手の立場を思いやるという精神がかけらもありません。

当方は「サイクルスポーツセンター」の専用コースで競技用自転車に乗っています。
自転車が危険な乗り物であることを改めて実感しました。
自転車は疲れるだけで何ら楽しくないこともわかりました。

> その点、私のような自動車にもロードにも乗る人間の言葉には、双方の立場を理解した人間としての重みがあります。やはりローディは交通安全の先駆者と言えますね。


ヘルメットをかぶることで交通安全のロードリーダーを気取っていますが、そもそもスピードを出さなければかぶる必要はありません。
スピード抑止の観点から着用しないでください。
お願いします。

| 世捨人 | 2011/11/20 00:16 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

> ご回答頂けないということで、世捨人さんご自身の“完敗”ということでしょう。
>
> 「回答出来なかった」という事実を隠蔽するために、管理人権限で、これまでのコメントを勝手に削除するような暴挙に出られることのないように祈るばかりです。

「仲裁」の件はどうなりましたか?
きちんと報告してください。

| 世捨人 | 2011/11/20 00:19 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

> 小生には、序列意識はありませんので、それぞれの車両に応じたルールがあるということで何ら問題ありません。

自転車が車両であるとのたまうなら、自転車固有の制限速度を設けることが必要です。

> 世捨人さんは、なぜ、自動二輪は自動車と同じ制限速度なだとお思いですか?

自転車が自動二輪と自動車と同じ制限速度というのは法の不備でしょう。

> そもそも、自転車は30キロ超の走行を許されているのではなく、そもそも、速度制限などとは全く関係ない自由な乗り物です。

自動車のスピードメーターは「時速180キロ」までありますが、180キロ出すことを許されているわけではありません。

> 義足のランナーが世界陸上で走っていましたが、このランナー時速30~40キロで道路を走っても何ら問題はないでしょう。

問題あります。ランナーが時速30キロ以上で一般公道を走っていれば、運転に集中できず前方不注意による事故を招きます。
ちなみに、ジャマイカのボルト選手は時速44キロで走るそうですが、制動力は疑問があります。
追突されたら、頑強なときさんでも、無傷ではいられないでしょう。

> 自転車は人間の脚力をペダル・チェーン・ベアリング・タイヤで地面に伝えることで進む、極めて原始的な人間臭い身近なものであり、義足や竹馬が進化したものと考えて頂ければ、そもそも、道路交通法上の規制など全く不要でしょう。

競技用自転車というのはスピードレース用に開発されました。
ゆえに公道走行は規制すべきです。

> とはいえ、公共の道路を共有(シェア)する(軽)車両として、道路交通法上、必要な範囲で尾灯(反射板)等々の規制が設けられているとご理解下さい。

幹線道路は自動車の走行を想定してつくられています。

> 自転車に法の網を掛けようと思っているのは、世捨人さんと利権が絡む警察官僚だけでしょう。
> あとは、付和雷同でテレビ・新聞等のマスコミ報道に踊らされているだけです。

いいえ。交通安全を願う国民の願いです。


> まあ、速度制限やヘルメットの着用義務の法制化を後押しするような統計数値を積み上げないように、安全運転で行きましょう。

安全運転を心がけるには、目安となる制限速度を設け、順守することです。

> 特に、安全運転の先駆者(自称)の「ローディ」の方々は、予見できない障害物で想定外などという言い訳で、(自損)事故を増やさないように、万一の場合にもコントロール可能なスピードで、安全に走りましょう。

コントロール可能なスピードは、やはり時速15キロ以下でしょう。

> 今回のスクープ写真では、車間距離を詰めて脅かしているのは、わがままな大型トラックの方だと思いますよ。 お互い様の譲り合いの精神を持って安全運転で行きましょう。

当ブログで学習した「登坂車線」を復習しましょう。


> 現状で何ら問題ないと申し上げることが理想論しょうか?極めて現実的な回答ですよ。

世論を反映した当ブログを丁寧に読みましょう。


> 山道で「登坂車線」を走るドライバーにも、海岸周りの迂回ルートをお勧めしてみて下さい。さて、どんな反応が返ってくるのでしょうか。楽しみです。

例えば東京から新潟に行く場合でも、う回して海岸沿いを走るということでしょうか?
高速道路を使うなら、東北地方は無料区間があるようなので、安く行けるルートを調べていただけないでしょうか?


> まず、写真で見る限り、大型トラックが車間距離を詰めて嫌がらせをしているだけで、渋滞など発生していません。

写真の競技用自転車乗りは周囲が見えてません。
先頭を走り優越感にひたっています。

> 渋滞が発生していたとしても、交通量と道路幅等の需要と供給のバランスの問題で、道路管理者(国や県)の責任です。自転車の責任ではありません。


行政の手を借りるまでもなく、譲り合いの精神で進路を譲っていただければ、競技用自転車乗りの評価が高まるかと思います。


> >先(=勝ち)を急ぐことなく、しっかり課題に取り組んでください。いずれにせよ、パッシングに関して具体的な状況を言及していないのに「乱暴な運転」と結びつけるのは、乱暴な発言かと思います。
>
> 「パッシング」に関する具体的な状況への言及を楽しみにしています。


その前に、宿題を片づけましょう





| 世捨人 | 2011/11/20 00:35 | URL |

Re: タイトルなし

メッさん

> 交通安全の考え方が間違ってます。自衛手段など所詮はその場凌ぎの対処療法に過ぎません。身の安全は守られても根本的な問題の解決にはなりません。交通安全の議論にそのような物を持出すべきではありません。自衛手段など用いなくても済む環境を作る事が真の交通安全です。

「君は何を言っているのだ!!」と、言いたいです。
不慮の事故を避けるためにも、自衛手段が必要です。
いいですか、交通ルールを守っていても事故は起きます。
青信号で渡っていても事故は起きます。
「青だけど、車はわたしを、見てるかな」という交通安全標語があります。
これはタレントの風見しんごさんの娘さんの事故を受けて、警視庁が採用したものだと聞いております。
過信は禁物です。悲惨な交通事故の被害者にならないためにも、ご理解・ご協力をお願いします。


> >国内の車道は自転車の走行を想定していません。
> これは大きな間違いです。 自転車が原則として車道左端なのは、道交法が施行された昭和35年から不変です。
> 現代の道路整備が行われるよりも前から法律で決まっている事です。 道路開発の中でこの法律が考慮されていないという事は絶対にありません。 自転車の車道走行はきちんと想定されて道路整備が行われています。 想定外だったのはこれだけ車が普及して車社会になってしまった事です。

ご指摘のとおり、現代の道路整備が行われる前の法律です。
道交法で想定していた自転車は、20インチ以下の自転車で生活道路での走行でしょう。
幹線道路をご覧ください。自転車や原付バイクの走行を想定してつくられていません。
そもそも長距離移動(爆走練習)する競技用自転車を道交法は予定していません。

| 世捨人 | 2011/11/20 00:58 | URL |

世捨人さん

>不慮の事故を避けるためにも、自衛手段が必要です。

事故を起こさない自衛手段のために車道走行をしてるんですが。
自転車対車の事故の大半が交差点による事故です。
歩道から直進して来た自転車が右左折の車とぶつかってます。
車の視界に入らない歩道から自転車が出てくるから事故になるんですよ。
両者の走行エリアが違うからこそ発生している事故です。
両者が車道を走っていればお互いに視界にいますから事故は起こりません。


>当方は「サイクルスポーツセンター」の専用コースで競技用自転車に乗っています。

呆れて物も言えませんね。
その程度で自転車の全てを理解したような事を言わないで下さい。
「乗っています」なんて言える経験値じゃありませんよ。


>自転車が危険な乗り物であることを改めて実感しました。

自転車は危険な乗り物ではありません。
あなたが感じた危険は、あなたの運転技術の未熟さが招いた物です。
あなたが乗り慣れていないから安全に走れなかっただけです。
あなたが走ったのは自転車用の閉鎖空間であり公道ではありません。
歩行者がいる歩道ではないし、車がいる車道でもありません。
自転車しかいない空間に、車道で車やバイクによって及ぼされる危険が存在するはずがありません。
そのような場所を走っただけで、なぜ公道での危険性を説く事が出来るのか理解に苦しみます。

あなたは何の検証もせずに自分勝手な思い込みや憶測で物を言ってるだけです。
ジャーナリストを名乗るなら、ご自身で検証した上で物を言って下さい。
車道走行が危険だと言うなら、実際に車道走行を体験してからにして下さい。

>自転車は疲れるだけで何ら楽しくないこともわかりました。

人力なんだから乗るためには体力が必要なのは当たり前です。
日常的に使用していれば必要な体力が備わります。
一般的な体力と運動能力があれば疲れる乗り物じゃありません。

楽しいか楽しくないかは人それぞれです。
あなたが楽しめなくてもそれは他の人には関係ありません。
趣味で車に乗る事が許されるなら、趣味で自転車に乗る事も許されます。
ルールを守って走れば良いだけです。
趣味で自転車に乗る人間が交通社会の悪だという事にはなりませんよ。

| メッセンジャー | 2011/11/20 04:29 | URL | ≫ EDIT

東南さんへ

>うーん、なんかあまりにも話が噛み合ってないような。個別に反論しても意味なさそうなので、一つだけ。以前自動車の飲酒運転や携帯ながらについて警察のPRだか何だか。

個別に反論出来ない、貴方の完敗です。
「ロードバイク」と「ローディ」の区別もせずに、スポーツに事故は付きもので、万全の準備(ヘルメットとバックミラーですかね?)をしていれば、(自損)事故を起こしても止むを得ないなどという無責任な方が、交通安全の“先駆者”である筈がありません。

>「注意して運転してれば大丈夫」事故を起こした人たちも、みんなそう思っていた「~だから大丈夫」という考えは、実際には非常に危険ですので、おやめください。

そっくりそのまま、スポーツだから(自損)事故は止むを得ないという貴方にお返しします。

通勤利用ローディにとって、たとえもらい事故であっても、交通事故は絶対に100%有り得ないのです。

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/11/21 08:53 | URL |

払暁さんへ

>私の兄は夜間にバイクで長い直線道路を走行中、渋滞していた反対車線の車の間から進路上に飛び出して来た自転車を避け、電柱に衝突して命を落としました。自転車の男は信号も横断歩道も無い所を渡ろうとしていた上に、酒を飲んでいました。男には重過失致死により実刑判決が下り、民事でも多額の賠償金が課せられました。…大した結果ではありませんか?

大変つらいご報告をありがとうございます。
悲惨な事故ですね。お亡くなりになられた方とそのご遺族、加害者とそのご家族にとっては、大変な結果です。ご冥福をお祈りするしかありません。

今後、お兄様のような悲惨な事故の被害者を出さないために、事故の詳細な事実関係を是非ともご報告願います。

まず、長い直線道路で、信号も横断歩道も無い所を渉ろうとしたということですが、近くに横断歩道があれば横断歩道のないところでの横断は禁止されていますが、近くに横断歩道がなければ止むを得ないのではないかと思います。どのような道路状況だったのでしょう。

反対車線は渋滞していたとのことですので、近くに信号機のある交差点と横断歩道があり、信号待ちの渋滞だったのでしょうか。だとすれば、お兄様のバイクは赤信号を無視されたのでしょうか?或いは黄色信号を突っ切ったのか?或いは青信号後に急発進されたのでしょうか?

前方に現れた障害物を避け切れずに電柱に激突したということですが、夜間とはいえ前方注視で、何故、自転車の動きを確認ができなかったのでしょう。
酔っ払いの自転車がよほど素早い動きでいきなり飛び出してきたのか、よほどバイクがスピードを出していたのか、よほど運転技術が未熟だったのか、これも具体的な状況が不明です。
少なくとも、渋滞で停止している車の列を横切っている2車線の道路を横断しようとしている酔っ払いの自転車は、いきなり飛び出してきたとは思われません。
辛いこととは存じますが、是非とも、具体的な事実関係をご報告願います。

飛び出してきた自転車を避けて、バイクの方が電柱に衝突してお亡くなりになられたとのことですが、これは、匿名希望さんやかばねやみさんと検証した相模原市の事故と同じ出会い頭の事故で、加害者・被害者が逆転した事例ですね。
逆に、自転車を避け切れずに死亡させていた場合は、バイクの方がスピードの出しすぎと前方不注意で、業務上過失致死傷罪或いは危険運転致死傷罪+民事賠償責任という、逆の結果となっていたのではないですか?

ちなみに、民事上は過失割合が50対50でも、バイク側は死亡という重大な被害を被り、自転車側は被害なしの場合には、バイク側の損害の半分を自転車側が支払うこととなります。

いずれにしろ、今回、東南さんと議論している携帯ながら自転車の危険性についての事例としては、ズレがあると思います。
携帯ながら自転車の危険性について、より具体的な事例があれば、ご報告願います。

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/11/21 12:53 | URL |

世捨人さんへ

>「仲裁」の件はどうなりましたか?きちんと報告してください。

かっきーさんの出入り禁止は解除されたのですか?
だとすれば、後は、かっきーさんのお返事を待つだけです。

そもそも、小生は「仲裁」役など引き受けた覚えもありませんので、報告を求められても困ります。

世捨人さんが、かっきーさんへの心を開かれたということであれば、十分でしょう。

心の重荷をひとつ降ろせて、良かったですね。

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/11/21 13:02 | URL |

世捨人さんへ

>自転車が車両であるとのたまうなら、自転車固有の制限速度を設けることが必要です。

小生は、疋田さんとその信奉者の方々とは違い、自転車が(軽)車両だからどうのこうのと言うつもりは全くありません。
自転車は人間の脚力頼みの竹馬に毛の生えたような乗り物ですので、速度制限など全く不要です。

>>世捨人さんは、なぜ、自動二輪は自動車と同じ制限速度なだとお思いですか?
>自転車が自動二輪と自動車と同じ制限速度というのは法の不備でしょう。

全く答えになっていません。
自転車に速度制限は全く不要ですが、牛車や大八車と同様に(軽)車両のひとつとして、車両全体に対する速度制限の網にかかるだけのことです。

>>そもそも、自転車は30キロ超の走行を許されているのではなく、そもそも、速度制限などとは全く関係ない自由な乗り物です。
>自動車のスピードメーターは「時速180キロ」までありますが、180キロ出すことを許されているわけではありません。

反論になっていませんが、大丈夫ですか?
自動車のスピードメーターと速度制限は自動車の話です。自転車とは全く関係ありません。

>問題あります。ランナーが時速30キロ以上で一般公道を走っていれば、運転に集中できず前方不注意による事故を招きます。ちなみに、ジャマイカのボルト選手は時速44キロで走るそうですが、制動力は疑問があります。追突されたら、頑強なときさんでも、無傷ではいられないでしょう。

面白い冗談ですが、全く反論となっていません。大丈夫ですか?
ボルト選手は制動力には疑問があるが、速度制限は不要ということですね。義足のランナーも集中力のない自動車ドライバーが前方不注意となる恐れはありますが、同様に速度制限は不要ということですね。ということであれば、同様に自転車にも速度制限は不要ということをようやく認められたということです。
めでたしめでたし。
まあ、いずれにしろ、自動車ドライバーは前方不注意とならないように集中して安全運転をお願いします。

>競技用自転車というのはスピードレース用に開発されました。ゆえに公道走行は規制すべきです。

競技用自転車は、人間の脚力頼みの竹馬に毛の生えたような乗り物を、極めてシンプルに贅肉をそぎ落としていっただけのものです。
ママチャリと何ら変わりません。
法律で求められているブレーキ・前照灯・尾灯(反射板の方が有効)・ベルが付いていれば公道走行に何ら問題ありません。

>幹線道路は自動車の走行を想定してつくられています。

またまた、反論になっていません。本当に大丈夫ですか?
自動車が走りやすい幹線道路は、30~40キロの高速(中速?)で走る自転車にも走りやすいものです。多くは望みません。車道左端を大人しく走行させて頂けるだけで結構ですので、よろしくお願い致します。

>>自転車に法の網を掛けようと思っているのは、世捨人さんと利権が絡む警察官僚だけでしょう。あとは、付和雷同でテレビ・新聞等のマスコミ報道に踊らされているだけです。
>いいえ。交通安全を願う国民の願いです。

チュートリアルの福田さんは、今回のノーブレーキネタで笑いを取っているようです。交通安全を願う国民に(ピスト)自転車が受け入れられている証拠でしょう。マスコミ報道の良い所でもありますね。

>安全運転を心がけるには、目安となる制限速度を設け、順守することです。

それぞれの自転車乗りの心がけ次第です。
安全な速度・乗り方をルールによってではなく、さまざまな道路状況に応じて自分自身で判断し制御することを求められるところも自転車の良い所です。
箸の上げ下げまで、事細かに決めてもらわなければ、安全運転出来ないわがままな自動車ドライバーとは違います。お巡りさんの仕事を増やすこともないでしょう。

>コントロール可能なスピードは、やはり時速15キロ以下でしょう。

安全運転の先駆者の「ローディ」がサイクリングや爆走練習するような自動車も歩行者もいない田舎道や山道であれば、30~40キロで走っても大丈夫でしょう。
また、街中でも、路側帯(車道外側線でも可)が1メートル以上ある道路で、一定の交通量があれば、歩行者の飛び出し等もないでしょうから、車道左端を走る自転車が20~30キロ出しても大丈夫でしょう。
それぞれの道路状況に応じて、それぞれの自転車乗りが判断することです。

>今回のスクープ写真では、車間距離を詰めて脅かしているのは、わがままな大型トラックの方だと思いますよ。 お互い様の譲り合いの精神を持って安全運転で行きましょう。
>当ブログで学習した「登坂車線」を復習しましょう。

もう良いでしょう。海岸線周りで日本海でも太平洋でも好きなところに行ってください。

>現状で何ら問題ないと申し上げることが理想論しょうか?極めて現実的な回答ですよ。
>世論を反映した当ブログを丁寧に読みましょう。

世論とは、世の中を捨てた人の異論・極論でしょうか。論外かな。

>例えば東京から新潟に行く場合でも、う回して海岸沿いを走るということでしょうか?高速道路を使うなら、東北地方は無料区間があるようなので、安く行けるルートを調べていただけないでしょうか?

迂回ルートは、ご自分で調べて、新潟へでも何処へでもどうぞご勝手に。

>写真の競技用自転車乗りは周囲が見えてません。先頭を走り優越感にひたっています。

今回のスクープ写真から競技用自転車乗りの精神的な内面まで探り当てるとは素晴らしい。
流石です。小生には読み取れませんでした。
まあ、周囲が見えてなかろうと、優越感に浸っていようと、大人しく車道左端を走っていれば、何ら問題はありません。

>行政の手を借りるまでもなく、譲り合いの精神で進路を譲っていただければ、競技用自転車乗りの評価が高まるかと思います。

今回の写真の競技用自転車のりは、追随する大型トラックのプレッシャーにもめげずに車道左端を走行していますので、十分に評価に値します。

>> 「パッシング」に関する具体的な状況への言及を楽しみにしています。
>その前に、宿題を片づけましょう

あらら、逃げちゃった。敵前逃亡で、この点だけでも世捨人さんの負けです。
まあ、小生は世捨人さんの数少ない味方に近いかな。(笑)

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/11/21 15:26 | URL |

私は、「自転車」「飲酒運転」をしたところで大した事故にはならないと常々おっしゃっているお気楽なオアゾさんに対し、
「飲酒運転」をした「自転車」がこのような重大事故を引き起こしうるという事例を示して差し上げたまでです。

事故の詳細については判決からお察し下さい。

| 払暁 | 2011/11/21 15:33 | URL | ≫ EDIT

払暁さんへ

>私は、「自転車」「飲酒運転」をしたところで大した事故にはならないと常々おっしゃっているお気楽なオアゾさんに対し、「飲酒運転」をした「自転車」がこのような重大事故を引き起こしうるという事例を示して差し上げたまでです。 事故の詳細については判決からお察し下さい。

今回の事故ついて「飲酒運転」は直接的には原因となっていないでしょう。

「スピード」違反のバイクが、わき見運転をしていたためか、前方注視が疎かとなり、渋滞のクルマの間から道路を横断してきた自転車の発見が遅れ、信号の前後で急発進・急加速していたこともあり、ハンドル操作を誤って回避出来ずに、電柱に激突して死亡したということでしょう。

「飲酒」していたため、気持ちが大きくなって、横断歩道まで遠回りせずに、渋滞しているクルマの列を縫って、左右の確認を十分にせずに、道路を横切ろうとしたということは十分考えられますが、それは今回の事故の直接の原因ではありません。

自転車側が「飲酒」をしていようといまいと、今回のように渋滞の列の間から左右を十分に確認せずに道路を横断した場合には発生した事故でしょう。

また、自転車特有の事故でもありません。今回の自転車が歩行者でも同じ結果だったでしょう。
もしかすると、相模原市の事故のように自転車を押して(引いて)いたのかも知れません。

そして、判決では自転車乗りの重過失致死罪となっているということですが、現実の過失割合はバイクの方が大きい可能性もあります。
過失割合は6割4割でバイクの方が大きいが、バイクの方は被疑者死亡で刑罰に問えず、相手方が死亡するという重大な結果を生じさせているために、自転車の方に実刑に値する過失が残ったということもあり得ます。

そのあたりが重過失致死罪という判決結果からだけでは窺い知れません。

折角、ご遺族の方から名乗りを上げていただいたので、バイク側・自転車側双方の今後の交通安全のためにも、是非とも、具体的な状況をご報告願います。

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/11/21 16:15 | URL |

ぱちぱち。

見てもいない現場や発生の状況について勝手な推測をありがとうございましたが、ほぼ当たっておりません。

これ以上のご報告は無駄と存じます。

| 払暁 | 2011/11/21 16:43 | URL | ≫ EDIT

払暁さんへ

>ぱちぱち。見てもいない現場や発生の状況について勝手な推測をありがとうございましたが、ほぼ当たっておりません。これ以上のご報告は無駄と存じます。

本当のご遺族でなければ知り得ないことですので、具体的な発生状況についてご存知ないのであれば、これ以上ご報告いただいても無駄です。

誰もが自由に発言し、議論を交わせるところがネットの最も良い所です。

自由だからこそ、速度制限のない自転車の自転車乗りと同じで、状況に応じた当たり前の判断(良識)が求められます。

払暁さんの今回の投稿は、ネットの匿名性を悪用した、極めて悪質なものです。

お亡くなりになられた被害者と本当のご遺族の方、実刑を受けられた加害者とそのご家族の方、双方に対して失礼極まりないことです。

幕引きは、失礼のないように、しっかりとしたご判断をお願いします。

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/11/21 17:45 | URL |

自らの見識を省みるどころか、
遺族の感情を逆なでする屁理屈を並べた挙句に逆切れですか。

このような方の興味を満たす義理などこちらには無いと申し上げているのです。

| 払暁 | 2011/11/21 18:41 | URL | ≫ EDIT

払暁さんへ

>自らの見識を省みるどころか、遺族の感情を逆なでする屁理屈を並べた挙句に逆切れですか。

天邪鬼かも知れませんが、人間の脚力のみを動力とする自転車は、そんなに危険な乗り物ですか?
お一人お一人の良識・経験・成長に基づく極々常識的な判断で制御できないほど、暴走するものでしょうか?

お酒も同じです。
稲作が日本に伝わった縄文・弥生の太古から卑弥呼・邪馬台国の世界でも、ハレの日に心身ともに開放し、バランスを取る百薬の長とされてきたものです。
お一人お一人の良識・経験・成長に基づく極々・・・

確かに、お酒に溺れる人、自転車で事故を起こす人もいます。

しかし、それはお酒のせいでしょうか?自転車のせいでしょうか?

お酒や自転車に暴走してしまう原因は、もっと別のところにあるのではないですか?

そして、それを見つけて、声を掛けて、救い出して上げるのは、他ならぬ家族や仲間の責任ではないですか?

そして、今回このコメント欄に遺族としての悲しみ・苦しみを吐露された払暁さんが、心の平静を取り戻すためには、厳しい現実から逃げずに、本当の真実を突き詰めることしかないでしょう。

>このような方の興味を満たす義理などこちらには無いと申し上げているのです。

小生には、今回のバイクの暴走事故について、興味など微塵もありません。

義理など感じて頂く必要は全くありません。

最初から分かり切っていたことです。もうこれで十分でしょう。

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/11/21 19:29 | URL |

しつこく詳細を問うた挙句に今さら「興味など微塵もありません。」ですか。

しかも言うに事欠いて「バイクの暴走事故」?

最低ですねあなた。

| 払暁 | 2011/11/21 20:10 | URL | ≫ EDIT

払暁さんへ

>しつこく詳細を問うた挙句に今さら「興味など微塵もありません。」ですか。言うに事欠いて「バイクの暴走事故」? 最低ですねあなた。

どんぐりの背比べ、目くそ鼻くそと言われそうですが、小生が最低かどうかを評価するのは世の中(このコメント欄の閲覧者の方々)です。

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/11/21 20:15 | URL |

ときさん

>今回のように渋滞の列の間から左右を十分に確認せずに道路を横断した場合には発生した事故でしょう

このような横断方法をすれば危険である事は誰でも解ります。
あなた自身がそう断言しているでしょう。
では、なぜそのような方法を選択したのか。
それは飲酒の影響で判断力が低下していたからでしょう。
酒を飲んでるから、それが危険であると言う事を考えられなかったんですよ。
酒を飲んでおらず、正常な思考回路であればこのような選択はするはずがありません。
間違いなく飲酒をしていたが故に発生した事故ですよ。

| メッセンジャー | 2011/11/21 21:38 | URL | ≫ EDIT

多分最終改訂版

>ときどきオアゾ通勤ローディ さん
>払暁 さん
>メッセンジャー さん。

ちょっとまぜてね。


>今回の事故ついて「飲酒運転」は直接的には原因となっていないでしょう

これはちょっと暴論じゃないですかね?
罰則云々あっても、並の感覚があれば、過失割合に大きく影響するでしょう。
もちろん、どの程度酔っていたかにもよりますが、酒を一口でも呑めば「乗らねーよ」って感覚を持ってしかるべきだと信じます。
たとえそれが、BBA御用達のトライクであろうと。


>ぱちぱち。
見てもいない現場や発生の状況について勝手な推測をありがとうございましたが、ほぼ当たっておりません。
(2011/11/21 16:43)

人をヴァカにしすぎですよ。
貴殿の提供した少なすぎる情報から、発言者なりに導きだしたイメージです。
貴殿は、発言者とクイズ遊びでもしていらっしゃるのですか?
本当に遺族としての感情で書き込んでいるのでしょうか。
仮にそうだとしたら、亡くなったライダーで遊んでいるようにしか思えません。


>しかし、それはお酒のせいでしょうか?自転車のせいでしょうか?
>お酒や自転車に暴走してしまう原因は、もっと別のところにあるのではないですか?
>そして、それを見つけて、声を掛けて、救い出して上げるのは、他ならぬ家族や仲間の責任ではないですか?

いや、それを言ったら、自動車の飲酒運転まで本人の責任を問えなくなるでしょ。
周囲の人間が止めないと、飲酒運転が無くなるわけじゃないでしょ?
それと


>小生には、今回のバイクの暴走事故について、興味など微塵もありません。

これ、言い過ぎ。
相手が自動二輪だろうが歩行者だろうが、公道を利用していての不幸な事故。
この事故が事実かどうかは別としても、同様の事故はどこかで複数件起きているはず。
その事故の当事者に、礼を失していませんか。


>最低ですねあなた。

私より最低な人間って、そうそういませんよ。
まぁまぁ。
確かに貴殿は「察しろ」とはコメントなされましたよね。詳細など公表したくも、思い出したくもなかったのかもしれません。
そんでも、先にあったコメント「ぱちぱち・・・」は、ないでしょう。
貴殿が挙げた不幸な事故、そのコメントで“ネタ”として軽んじているともとれますよ。


>それは飲酒の影響で判断力が低下していたからでしょう。
>酒を飲んでるから、それが危険であると言う事を考えられなかったんですよ。
>酒を飲んでおらず、正常な思考回路であればこのような選択はするはずがありません。

直前のコメントに矛盾を感じられるかもしれませんが、出勤時間帯に、スーツ姿の成人男性が、“横断禁止”道路を横断している姿を現実に日常風景として見ていました。
まさに、信号待車両の隙間をぬって。
自動車で右折レーン走行中、何度「轢いてあげようかな?危うく轢くところだった」と、何度肝を冷やしたことか・・・
当然「どうせこの辺から、●▲○◆が出てくるんだろ」ってわかっちゃうから、睨みつける程度で終わっちゃいますけどね。

| かばねやみ | 2011/11/21 23:42 | URL | ≫ EDIT

メッセンジャーさんへ

>このような横断方法をすれば危険である事は誰でも解ります。あなた自身がそう断言しているでしょう。では、なぜそのような方法を選択したのか。それは飲酒の影響で判断力が低下していたからでしょう。酒を飲んでるから、それが危険であると言う事を考えられなかったんですよ。酒を飲んでおらず、正常な思考回路であればこのような選択はするはずがありません。間違いなく飲酒をしていたが故に発生した事故ですよ。

幼稚園児から呆けた高齢者まで全てが歩行者であり、ほぼ全ての人が自転車に乗ります。
判断力の低下を原因とすると、判断力の備わっていない幼児や低下した高齢者は自転車に乗せられません。

また、相模原市で家の出入り口から自転車に足を掛けながら飛び出してきたご婦人は、正常な思考回路でなかったのでしょうか。

道路状況がはっきりしませんが、長い直線道路で信号機のある横断歩道が20~30メートル先にあり、赤信号の渋滞でクルマの流れが途絶えているときに、反対側にあるコンビニに駆け足で道路を渉ることなんて、普通にあるでしょう。

赤信号で手前の車線がクルマの渋滞の列となっているときには、普通は反対車線はクルマの流れが途切れてガラガラでしょう。
何故、ハンドル操作を誤って電柱にぶつかるようなバイクが現れるのですか。

この事故の本当の原因は容易にわかるでしょう。

それでも、道路交通の「安全」と「円滑」の双方のために、生き残った自転車には過失致死罪の実刑が下されたのです。

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/11/22 10:03 | URL |

かばねやみさんへ

>これはちょっと暴論じゃないですかね?罰則云々あっても、並の感覚があれば、過失割合に大きく影響するでしょう。もちろん、どの程度酔っていたかにもよりますが、酒を一口でも呑めば「乗らねーよ」って感覚を持ってしかるべきだと信じます。

結果として事故を起こしてしまった以上、「酒酔い」と言われても止む無しでしょう。
法律で酒気帯びでさえ禁止されている以上、当然、過失割合にも影響します。
しかしながら、今後、同様な事故を起こさないために、事故原因を分析する場合には、直接的なもの=重要なものか、間接的なもの=取るに足らないものかは、冷静に区別すべきです。

>たとえそれが、BBA御用達のトライクであろうと。

意味不明です。
小生に対してコメントする場合には、誰にでも判る日本語で具体的に明確に表して下さい。面倒です。ガンダム世代の下らないたとえ話に付き合う暇はありません。

>>しかし、それはお酒のせいでしょうか?自転車のせいでしょうか?>お酒や自転車に暴走してしまう原因は、もっと別のところにあるのではないですか?そして、それを見つけて、声を掛けて、救い出して上げるのは、他ならぬ家族や仲間の責任ではないですか?
>いや、それを言ったら、自動車の飲酒運転まで本人の責任を問えなくなるでしょ。周囲の人間が止めないと、飲酒運転が無くなるわけじゃないでしょ?

お酒「や」自転車に暴走と、区別して書いております。
「お酒」に暴走される方と「自転車」に暴走される方のそれぞれです。
飲酒運転が禁止されているのは、法律に書いてあるとおりです。

>それと「小生には、今回のバイクの暴走事故について、興味など微塵もありません。これ、言い過ぎ。相手が自動二輪だろうが歩行者だろうが、公道を利用していての不幸な事故。この事故が事実かどうかは別としても、同様の事故はどこかで複数件起きているはず。その事故の当事者に、礼を失していませんか。

払暁さんとの複数回のやり取りの後の「このような方の興味を満たす義理などこちらには無いと申し上げているのです。」に対する回答です。
小生は、「興味」本位で事件の詳細を問い合わせていたものではありません。
「私の兄が千葉県のコンビナートに勤めていて・・・」という震災時のデマと同様の投稿を見逃す方が、不幸な事故の当事者の方々に失礼ではありませんか?

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/11/22 12:36 | URL |

Re: タイトルなし

メッさん

>自転車対車の事故の大半が交差点による事故です。 歩道から直進して来た自転車が右左折の車とぶつかってます。 車の視界に入らない歩道から自転車が出てくるから事故になるんですよ。 両者の走行エリアが違うからこそ発生している事故です。 両者が車道を走っていればお互いに視界にいますから事故は起こりません。

これは自転車に限らず歩行者でも同じです。
青信号だからといって安心せず、周囲の状況を確認して渡ることが大切です。
すなわち自衛手段が重要ということです。


>呆れて物も言えませんね。 その程度で自転車の全てを理解したような事を言わないで下さい。 「乗っています」なんて言える経験値じゃありませんよ。

専用コースで走行されたことありますか?
スピードレース向けに開発された競技用自転車は専用コースで走ってこそ性能を発揮できると思います。


>自転車は危険な乗り物ではありません。 あなたが感じた危険は、あなたの運転技術の未熟さが招いた物です。 あなたが乗り慣れていないから安全に走れなかっただけです。 あなたが走ったのは自転車用の閉鎖空間であり公道ではありません。 歩行者がいる歩道ではないし、車がいる車道でもありません。 自転車しかいない空間に、車道で車やバイクによって及ぼされる危険が存在するはずがありません。 そのような場所を走っただけで、なぜ公道での危険性を説く事が出来るのか理解に苦しみます。

身体がむきだしで走行が不安定となりがちな自転車は自身を傷つけるだけでなく、走る凶器ともなります。
危険な乗り物であることを自覚して、交通安全に努めてください。


>あなたは何の検証もせずに自分勝手な思い込みや憶測で物を言ってるだけです。 ジャーナリストを名乗るなら、ご自身で検証した上で物を言って下さい。 車道走行が危険だと言うなら、実際に車道走行を体験してからにして下さい。

バックミラー、ウインカー、ブレーキランプもなしに車道を走行するのは、目をつむって走行するようなもので、そんな危険行為する勇気はとてもありません。
お願いします。

>人力なんだから乗るためには体力が必要なのは当たり前です。 日常的に使用していれば必要な体力が備わります。 一般的な体力と運動能力があれば疲れる乗り物じゃありません。

雨の日も風の強い日も気楽に乗れて、ジーパンでも革靴でも不自由なく、そして服や手が汚れない乗り物であればいいですね。


>楽しいか楽しくないかは人それぞれです。 あなたが楽しめなくてもそれは他の人には関係ありません。 趣味で車に乗る事が許されるなら、趣味で自転車に乗る事も許されます。 ルールを守って走れば良いだけです。 趣味で自転車に乗る人間が交通社会の悪だという事にはなりませんよ。

自転車を趣味とすることを問題にしているのではありません。
興味のない人に自転車を強制する貴殿に疑問を感じます。

| 世捨人 | 2011/11/22 15:23 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>小生は、疋田さんとその信奉者の方々とは違い、自転車が(軽)車両だからどうのこうのと言うつもりは全くありません。
自転車は人間の脚力頼みの竹馬に毛の生えたような乗り物ですので、速度制限など全く不要です。

ときさんには不要かもしれませんが、自転車固有の制限速度は交通安全を願う国民の総意です。
法制化されたら、ときさんといえども、例外なく制限速度を順守しなければなりません。


>全く答えになっていません。
自転車に速度制限は全く不要ですが、牛車や大八車と同様に(軽)車両のひとつとして、車両全体に対する速度制限の網にかかるだけのことです。

牛車や大八車が公道の安全・安心をおびやかすのであれば、それなりの規制は必要でしょう。


>反論になっていませんが、大丈夫ですか?
自動車のスピードメーターと速度制限は自動車の話です。自転車とは全く関係ありません。

「自転車は30キロ超の走行を許されているのではなく、そもそも、速度制限などとは全く関係ない自由な乗り物です」に歩調を合わせました。



>>問題あります。ランナーが時速30キロ以上で一般公道を走っていれば、運転に集中できず前方不注意による事故を招きます。ちなみに、ジャマイカのボルト選手は時速44キロで走るそうですが、制動力は疑問があります。追突されたら、頑強なときさんでも、無傷ではいられないでしょう。

>面白い冗談ですが、全く反論となっていません。大丈夫ですか?

面白いですか?
ときさんの笑いのツボは、独特ですね。

>ボルト選手は制動力には疑問があるが、速度制限は不要ということですね。義足のランナーも集中力のない自動車ドライバーが前方不注意となる恐れはありますが、同様に速度制限は不要ということですね。ということであれば、同様に自転車にも速度制限は不要ということをようやく認められたということです。
めでたしめでたし。
まあ、いずれにしろ、自動車ドライバーは前方不注意とならないように集中して安全運転をお願いします。


ボルト選手は車両でないので制限速度は不要でしょうが、公道で練習するとなると規制が必要です。


>競技用自転車は、人間の脚力頼みの竹馬に毛の生えたような乗り物を、極めてシンプルに贅肉をそぎ落としていっただけのものです。
ママチャリと何ら変わりません。
法律で求められているブレーキ・前照灯・尾灯(反射板の方が有効)・ベルが付いていれば公道走行に何ら問題ありません。

ときさんでさえ時速30キロ超を出せる危険な乗り物です。
規制が必要です。


>またまた、反論になっていません。本当に大丈夫ですか?
自動車が走りやすい幹線道路は、30~40キロの高速(中速?)で走る自転車にも走りやすいものです。多くは望みません。車道左端を大人しく走行させて頂けるだけで結構ですので、よろしくお願い致します。

交通の円滑を阻害し渋滞の原因となっています。
猛省を促します。


>チュートリアルの福田さんは、今回のノーブレーキネタで笑いを取っているようです。交通安全を願う国民に(ピスト)自転車が受け入れられている証拠でしょう。マスコミ報道の良い所でもありますね。

「~ようです」という推定では信じられません。
きちんと確認をとってください。

>それぞれの自転車乗りの心がけ次第です。
安全な速度・乗り方をルールによってではなく、さまざまな道路状況に応じて自分自身で判断し制御することを求められるところも自転車の良い所です。
箸の上げ下げまで、事細かに決めてもらわなければ、安全運転出来ないわがままな自動車ドライバーとは違います。お巡りさんの仕事を増やすこともないでしょう。

放任主義に問題があれば管理教育に改める必要があります。

>安全運転の先駆者の「ローディ」がサイクリングや爆走練習するような自動車も歩行者もいない田舎道や山道であれば、30~40キロで走っても大丈夫でしょう。
また、街中でも、路側帯(車道外側線でも可)が1メートル以上ある道路で、一定の交通量があれば、歩行者の飛び出し等もないでしょうから、車道左端を走る自転車が20~30キロ出しても大丈夫でしょう。
それぞれの道路状況に応じて、それぞれの自転車乗りが判断することです。

多くの自転車乗りが正常な判断が出来ない以上、規制が必要です。

| 世捨人 | 2011/11/22 18:36 | URL |

世捨人さんへ

>ときさんには不要かもしれませんが、自転車固有の制限速度は交通安全を願う国民の総意です。法制化されたら、ときさんといえども、例外なく制限速度を順守しなければなりません。

今現在は、まだ、自転車固有の制限速度の導入は、国民の総意とはなっていないでしょう。
高い税金を使って警察官に取り締まらせるような問題でもありません。
傘差しや携帯ながらのように、地方公安委員会の道路交通規則に落として誤魔化すようなものではなく、国会での議論が必要となるのでしょうが、幸い今のところそこまで大問題とはなっていないでしょう。
まあ、法制化された場合には、自動車ドライバーのように制限速度+20キロを目安として順守しましょうか。
問題とならないように、安全運転の先駆者である「ローディ」の方々には、くれぐれも(自損)事故を起こさないようにお願いします。

>牛車や大八車が公道の安全・安心をおびやかすのであれば、それなりの規制は必要でしょう。

牛車や大八車と同様に、今のところ、自転車は公道の安全・安心をおびやかすような状況にはないでしょう。

>「自転車は30キロ超の走行を許されているのではなく、そもそも、速度制限などとは全く関係ない自由な乗り物です」に歩調を合わせました。

「自動車のスピードメーターは「時速180キロ」までありますが、180キロ出すことを許されているわけではありません。」と歩調があってますかね。不思議です。

>問題あります。ランナーが時速30キロ以上で一般公道を走っていれば、運転に集中できず前方不注意による事故を招きます。ちなみに、ジャマイカのボルト選手は時速44キロで走るそうですが、制動力は疑問があります。追突されたら、頑強なときさんでも、無傷ではいられないでしょう。
>>面白い冗談ですが、全く反論となっていません。大丈夫ですか?
>面白いですか?ときさんの笑いのツボは、独特ですね。
>ボルト選手は車両でないので制限速度は不要でしょうが、公道で練習するとなると規制が必要です。

自転車も車両ではありますが、あくまでも人力(脚力)頼りの軽車両ですので、牛車や大八車や義足のランナーと同様に、自転車固有の速度制限は不要ということなのでしょう。

>ときさんでさえ時速30キロ超を出せる危険な乗り物です。規制が必要です。
>交通の円滑を阻害し渋滞の原因となっています。 猛省を促します。

アクセルを持つ手首を捻れば、強烈な加速で、あっというまに制御不能の猛スピードとなって、目の前の障害物を避け切れずに、電柱に激突する自動二輪や原付のような危険性は自転車にはありません。
法律で定められたとおり、車道左端を30~40キロで走る自転車には、なんら問題はありません。
写真の大型トラックは、安全に追い越せるのであれば、追い越して行けばよし、安全に追い越せないのであれば必要な車間距離を保って追随すれ良いだけです。
残念ながら、スクープ写真でも何でもありません。
まあ、大型トラックの方が、車間距離保持義務違反の現行犯ですね。

>>チュートリアルの福田さんは、今回のノーブレーキネタで笑いを取っているようです。交通安全を願う国民に(ピスト)自転車が受け入れられている証拠でしょう。マスコミ報道の良い所でもありますね。
>「~ようです」という推定では信じられません。きちんと確認をとってください。

別に世捨人さんに信じて頂かなくても結構です。世捨人さんには無理でしょう。
信じたいのであれば、世捨人さんご自身で確認を取る努力をして下さい。
いつの頃からか、小生はこのコメント欄の閲覧者に語りかけるようになりました。

>放任主義に問題があれば管理教育に改める必要があります。
>多くの自転車乗りが正常な判断が出来ない以上、規制が必要です。

自転車については、今のところ、多くの自転車乗りが正常な判断が出来ており、放任主義で何ら問題ないということでしょう。

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/11/22 20:51 | URL |

世捨人さん

>専用コースで走行されたことありますか?
ありますよ。
トラックレースやってました。

>スピードレース向けに開発された競技用自転車は専用コースで走ってこそ性能を発揮できると思います。

性能を発揮できるかどうかは議論してません。
自転車の安全性を語る為に必要な経験が不足していると言っているのです。

>バックミラー、ウインカー、ブレーキランプもなしに車道を走行するのは、目をつむって走行するようなもので、そんな危険行為する勇気はとてもありません。

いずれも売っていますから、買って装備して走って下さい。
車道走行の経験が無ければ車道走行の危険性は理解出来ません。
あなたが言っている事は裏付けの無い机上の空論です。
実際に車道走行を経験し、何が安全で何が危険か現実を知って下さい。

>興味のない人に自転車を強制する貴殿に疑問を感じます。
日常的に自転車に乗れとは言ってません。
議論に必要な検証をしろと言ってるだけです。
興味が無いなら自転車は無視して下さい。
興味が無い・乗ろうとしない人に問題提起される筋合いはありません。

| メッセンジャー | 2011/11/22 22:45 | URL | ≫ EDIT

ときどきオアゾ通勤ローディ 様


>しかしながら、今後、同様な事故を起こさないために、事故原因を分析する場合には、直接的なもの=重要なものか、間接的なもの=取るに足らないものかは、冷静に区別すべきです。

直接的な原因を追及すれば、隙間から飛び出せる道路構造も挙げられますよね。
それを防止するには、車線ごとにガードレールが必要になりますね。
まるで、ミニ四駆のレースサーキットのような・・・
この道路構造、安全かつ円滑な交通にいたりますかね?


>意味不明です。
>小生に対してコメントする場合には、誰にでも判る日本語で具体的に明確に表して下さい。面倒です。ガンダム世代の下らないたとえ話に付き合う暇はありません。

失礼しました。
ガンダムとは関係ありません。
ある程度齢を重ねた女性が多用する、三輪の自転車の事を“トライク”と表現しました。
(例:http://trike-bicycle.diy-lab.com/p_506.html?cPath=7_249_260


>お酒「や」自転車に暴走と、区別して書いております。
「お酒」に暴走される方と「自転車」に暴走される方のそれぞれです。
>飲酒運転が禁止されているのは、法律に書いてあるとおりです。

私が論点かと思っているエリアとはちょっと外れてるように感じますが・・・
>他ならぬ家族や仲間の責任
と発言されていますが、それは
“環境こそが正犯であって、当事者の飲酒は従的な要因でしかない”
と、私はこの意味として解釈しました。
違うのであれば、ご説明願います。


>払暁さんとの複数回のやり取りの後の「このような方の興味を満たす義理などこちらには無いと申し上げているのです。」に対する回答です。

“バイクの暴走事故”と表現なされていますが、暴走であるという根拠を説明願います。


>小生は、「興味」本位で事件の詳細を問い合わせていたものではありません。

興味本位じゃないのは十二分に理解しています。
表現の仕方が、あまりにも当事者の感情を逆なでしていると思い、貴殿を窘める(上から目線かな?)つもりで発言いたしました。


>「私の兄が千葉県のコンビナートに勤めていて・・・」という震災時のデマと同様の投稿を見逃す方が、不幸な事故の当事者の方々に失礼ではありませんか?

申し訳ありません。
当時そんなつぶやきを拾うほど、計画して仕事できる部署に籍を置いておりませんので、その内容に返答できません。
頻繁に出入りしていたブログで、タヒ亡説まででちゃいましたがねww


今思うと、よくこの震災で生きてられたわ・・・
犠牲になれたほうが・・・いや・・・



やっぱ俺がいないほうが社会的にプラスだな・・・

| かばねやみ | 2011/11/23 01:57 | URL | ≫ EDIT

かばねやみさんへ

>直接的な原因を追及すれば、隙間から飛び出せる道路構造も挙げられますよね。それを防止するには、車線ごとにガードレールが必要になりますね。まるで、ミニ四駆のレースサーキットのような・・・ この道路構造、安全かつ円滑な交通にいたりますかね?

狭い道路空間です。歩行者も含めて、自動車・自転車等がお互い様の譲り合いの精神で共存(シェア)すれば、ガードレールなど「円滑」を悪くする物理的な区切は全く不要です。
そもそも、片側1車線か、2車線か、歩道の有無も不明な中です。道路構造など直接的な原因とは全く関係ありません。

>失礼しました。ガンダムとは関係ありません。ある程度齢を重ねた女性が多用する、三輪の自転車の事を“トライク”と表現しました。(例:http://trike-bicycle.diy-lab.com/p_506.html?cPath=7_249_260

この文脈の中で、トライクをはさむ必要がありますか?
それこそ、被害者並びにそのご遺族の方、加害者並びにそのご家族の方に失礼でしょう。

>私が論点かと思っているエリアとはちょっと外れてるように感じますが・・・>他ならぬ家族や仲間の責任 と発言されていますが、それは “環境こそが正犯であって、当事者の飲酒は従的な要因でしかない” と、私はこの意味として解釈しました。違うのであれば、ご説明願います。
>“バイクの暴走事故”と表現なされていますが、暴走であるという根拠を説明願います。
>興味本位じゃないのは十二分に理解しています。表現の仕方が、あまりにも当事者の感情を逆なでしていると思い、貴殿を窘める(上から目線かな?)つもりで発言いたしました。
>申し訳ありません。当時そんなつぶやきを拾うほど、計画して仕事できる部署に籍を置いておりませんので、その内容に返答できません。頻繁に出入りしていたブログで、タヒ亡説まででちゃいましたがねww 今思うと、よくこの震災で生きてられたわ・・・
犠牲になれたほうが・・・いや・・・
>やっぱ俺がいないほうが社会的にプラスだな・・・

払暁さんは、「「自転車」「飲酒運転」をしたところで大した事故にはならないと常々おっしゃっているお気楽なオアゾさんに対し、「飲酒運転」をした「自転車」がこのような重大事故を引き起こしうるという事例を示して差し上げたまでです。」と仰ってましたので、「自転車」や「お酒」に暴走する・・・としました。
が、今回の事故の直接の原因ということであれば、信号機で渋滞している車線の向こう側のガラガラの筈の反対車線に現れた「バイク」の暴走です。
片側1~2車線の直線道路で片方の車線が信号待ちで渋滞している時には、普通に反対側の車線は信号の手前で止められていますから、ガラガラでしょう。
コントロールを失って電柱に激突し、しかもお亡くなりになるとは、よほどスピードを出されていたということです。
本当のご遺族の方には、厳しい現実を乗り越えていくためには、被害者側にも過失があったという現実を直視していただくことが必要だと思います。

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/11/23 16:43 | URL |

やれやれ、油断していましたよ。

「興味など微塵もありません」「もうこれで十分でしょう」などという言葉を信じてみれば、
まさかその後こちらが何も話さないのをいい事に、
事故の経緯、現場状況、判決に対して自転車目線の勝手な憶測を並べ立て、
他人様に吹聴した挙句に嘘・デマ・偽物呼ばわりまでなさるとは。

蓋し「ネット擦れ」した人とは自分の思い通りにならないと、
この様にして自分の身を守るものなのだという事を思い知らされる一件ではありました。
そう、まるで触っただけで棘を逆立てるハリセンボンの様にね。

17年も前の忌まわしい記憶を掘り起し、せいぜいシンプルにご注進申し上げたつもりでしたが、
何故このような事になるのやら。

もうあらゆる点が許し難いのですが、無駄に長くなるので敢えて1点だけ。

オアゾ氏は「障害物(自転車)を避け切れずに」などと書かれていますが、
私の兄は「避け」ました。
相手には怪我1つ負わせず「自転車を避け」たのです。
初めからそう書いております。

訂正を要求します。



最後になりましたが、

メッセンジャー様
かばねやみ様

味方をして下さって有難うございました。

| 払暁 | 2011/11/23 18:19 | URL | ≫ EDIT

うーん、なんというか「モンスター通勤ローディ」ってかんじだね。

| 東南 | 2011/11/23 22:08 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>今現在は、まだ、自転車固有の制限速度の導入は、国民の総意とはなっていないでしょう。高い税金を使って警察官に取り締まらせるような問題でもありません。傘差しや携帯ながらのように、地方公安委員会の道路交通規則に落として誤魔化すようなものではなく、国会での議論が必要となるのでしょうが、幸い今のところそこまで大問題とはなっていないでしょう。

交通安全を願う国民の総意であります。
当ブログの草の根活動により社会的気運が高まることでしょう。

>まあ、法制化された場合には、自動車ドライバーのように制限速度+20キロを目安として順守しましょうか。問題とならないように、安全運転の先駆者である「ローディ」の方々には、くれぐれも(自損)事故を起こさないようにお願いします。

着用義務のないヘルメットをかぶっただけで交通安全のロードリーダーを気取っているだけです。
ヘルメット着用で爆走練習が許されると思ったら勘違い甚だしいです。


>牛車や大八車が公道の安全・安心をおびやかすのであれば、それなりの規制は必要でしょう。
>牛車や大八車と同様に、今のところ、自転車は公道の安全・安心をおびやかすような状況にはないでしょう。

絶対数が異なると思いますが、牛車と大八車の普及台数をお調べいただけないでしょうか?



>>「自転車は30キロ超の走行を許されているのではなく、そもそも、速度制限などとは全く関係ない自由な乗り物です」に歩調を合わせました。
>「自動車のスピードメーターは「時速180キロ」までありますが、180キロ出すことを許されているわけではありません。」と歩調があってますかね。不思議です。

貴殿の主張が不思議だからでしょう。


>ボルト選手は車両でないので制限速度は不要でしょうが、公道で練習するとなると規制が必要です。
>自転車も車両ではありますが、あくまでも人力(脚力)頼りの軽車両ですので、牛車や大八車や義足のランナーと同様に、自転車固有の速度制限は不要ということなのでしょう。

時速30キロ超で走るランナーは特殊な能力をもった方です。
一方、競技用自転車は、ときさんやかばさんでさえ時速30キロ超を出すことができる危険な乗り物です。
一般公道の走行には規制が必要です。

>アクセルを持つ手首を捻れば、強烈な加速で、あっというまに制御不能の猛スピードとなって、目の前の障害物を避け切れずに、電柱に激突する自動二輪や原付のような危険性は自転車にはありません。
法律で定められたとおり、車道左端を30~40キロで走る自転車には、なんら問題はありません。

渋滞を引き起こしていると問題提起しております。


>写真の大型トラックは、安全に追い越せるのであれば、追い越して行けばよし、安全に追い越せないのであれば必要な車間距離を保って追随すれ良いだけです。
残念ながら、スクープ写真でも何でもありません。
まあ、大型トラックの方が、車間距離保持義務違反の現行犯ですね。

「今回のスクープ写真から競技用自転車乗りの精神的な内面まで探り当てるとは素晴らしい。流石です。小生には読み取れませんでした」
| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/11/21 15:26 | URL |

再三にわたってスクープ写真だと絶賛していたじゃないですか。


>>チュートリアルの福田さんは、今回のノーブレーキネタで笑いを取っているようです。交通安全を願う国民に(ピスト)自転車が受け入れられている証拠でしょう。マスコミ報道の良い所でもありますね。
>「~ようです」という推定では信じられません。きちんと確認をとってください。
>別に世捨人さんに信じて頂かなくても結構です。世捨人さんには無理でしょう。
信じたいのであれば、世捨人さんご自身で確認を取る努力をして下さい。
いつの頃からか、小生はこのコメント欄の閲覧者に語りかけるようになりました。

「事実でもないことをさも事実であるかのように吹聴するのは名誉棄損に当たる」とかっきーさんに叱責(しっせき)されたのは忘れましたか?
しっかりしてください。

>自転車については、今のところ、多くの自転車乗りが正常な判断が出来ており、放任主義で何ら問題ないということでしょう。

当ブログは、公道の安全・安心をおびやかす競技用自転車乗りを糾弾するために開設したものです。
とかく自転車批判をすると「炎上する」ことが多々あり、特に競技用自転車の爆走問題については誰も口に出せなかったテーマです。
当ブログでは、脅しに屈することなく交通安全について提言を続けてまいる所存です。

| 世捨人 | 2011/11/24 14:35 | URL |

Re: タイトルなし

メッさん

>ありますよ。
トラックレースやってました。

よかったね。

>性能を発揮できるかどうかは議論してません。自転車の安全性を語る為に必要な経験が不足していると言っているのです。

ママチャリと違い運転にそれなりの経験を要するなら運転免許で技能試験を行う必要がありそうですね。

>いずれも売っていますから、買って装備して走って下さい。車道走行の経験が無ければ車道走行の危険性は理解出来ません。あなたが言っている事は裏付けの無い机上の空論です。 実際に車道走行を経験し、何が安全で何が危険か現実を知って下さい。

法制化して公道を走る自転車に等しく装着を義務づける必要があります。
自転車によって、ウインカーがあったりなかったりしていては、混乱します。

>日常的に自転車に乗れとは言ってません。議論に必要な検証をしろと言ってるだけです。 興味が無いなら自転車は無視して下さい。興味が無い・乗ろうとしない人に問題提起される筋合いはありません。

何を言われようと根底にあるのは交通安全です。
皆様方の交通安全を願っております。

| 世捨人 | 2011/11/24 14:38 | URL |

世捨人

論点を摩り替えないで下さい。
車道走行の危険性を訴えるなら、それの裏付けをきちんとしろと言っているのです。
実際に検証もせずに危ないと言うのはただの妄想です。
あなたが勝手に頭の中で思い描いてる机上の空論です。
実際に走ってみなければそれが正しいか間違ってるか解りません。
「走らなくても解る」なんて理屈は通用しませんよ。
あなたの言ってる事には信憑性も説得力も無いんですよ。
客観的な根拠が無いのに法改正だなんだと言わないで下さい。
個人の妄想で法律が変わったら国の秩序が乱れます。
そういう無責任な言動は社会人としてあるまじき行為ですよ。
恥を知りなさい。

| メッセンジャー | 2011/11/24 22:22 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

メッさん

国民の多くは自転車は歩道という認識です。
前かごに荷物を積みママチャリに乗る人は「車道は危険」と口をそろえます。
競技用自転車乗りの常識は世間の非常識なのでは。



> 世捨人
>
> 論点を摩り替えないで下さい。
> 車道走行の危険性を訴えるなら、それの裏付けをきちんとしろと言っているのです。
> 実際に検証もせずに危ないと言うのはただの妄想です。
> あなたが勝手に頭の中で思い描いてる机上の空論です。
> 実際に走ってみなければそれが正しいか間違ってるか解りません。
> 「走らなくても解る」なんて理屈は通用しませんよ。
> あなたの言ってる事には信憑性も説得力も無いんですよ。
> 客観的な根拠が無いのに法改正だなんだと言わないで下さい。
> 個人の妄想で法律が変わったら国の秩序が乱れます。
> そういう無責任な言動は社会人としてあるまじき行為ですよ。
> 恥を知りなさい。

| 世捨人 | 2011/11/29 12:21 | URL |

世捨人さんへ

>交通安全を願う国民の総意であります。 当ブログの草の根活動により社会的気運が高まることでしょう。

矛盾してます。
国民の総意となっていないから、当ブログの草の根活動により社会的気運を高めようと頑張っていらっしゃるのでしょう。
まあ、頑張って下さい。

>着用義務のないヘルメットをかぶっただけで交通安全のロードリーダーを気取っているだけです。ヘルメット着用で爆走練習が許されると思ったら勘違い甚だしいです。

爆走練習は別に人それぞれですので構いませんが、スピードを出しすぎれば、ヘルメット・バックミラー・方向指示器がフル装備の自動二輪でも想定外の障害物が現れたときには制御不能となって電柱に激突してしまいます。
自損事故が増えて、速度制限が国民の総意とならないように、交通安全の先駆者の方々には、くれぐれも安全運転をお願いしたい。

>絶対数が異なると思いますが、牛車と大八車の普及台数をお調べいただけないでしょうか?

どうぞご勝手に。

>「自転車は30キロ超の走行を許されているのではなく、そもそも、速度制限などとは全く関係ない自由な乗り物です」に歩調を合わせました。
>>「自動車のスピードメーターは「時速180キロ」までありますが、180キロ出すことを許されているわけではありません。」と歩調があってますかね。不思議です。
>貴殿の主張が不思議だからでしょう。

自動車は制限速度を守って安全に走って頂ければ、別に構いません。

>時速30キロ超で走るランナーは特殊な能力をもった方です。一方、競技用自転車は、ときさんやかばさんでさえ時速30キロ超を出すことができる危険な乗り物です。 一般公道の走行には規制が必要です。

特殊な能力を持たない小生でさえ、時速30キロ超のボルトの世界を体感できるのですから、自転車は素晴らしい乗り物です。
皆様、自転車に乗りましょう。

>>アクセルを持つ手首を捻れば、強烈な加速で、あっというまに制御不能の猛スピードとなって、目の前の障害物を避け切れずに、電柱に激突する自動二輪や原付のような危険性は自転車にはありません。
法律で定められたとおり、車道左端を30~40キロで走る自転車には、なんら問題はありません。
>渋滞を引き起こしていると問題提起しております。

「安全」と「円滑」のバランスです。お互い様です。

>>「今回のスクープ写真から競技用自転車乗りの精神的な内面まで探り当てるとは素晴らしい。流石です。小生には読み取れませんでした」 | ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/11/21 15:26 | URL |
>再三にわたってスクープ写真だと絶賛していたじゃないですか。

「スクープ写真」という皮肉が通じませでしたか。

スクープ写真を狙うよりも先に日本語の読み書き能力の向上が必要ですね。

>「事実でもないことをさも事実であるかのように吹聴するのは名誉棄損に当たる」とかっきーさんに叱責(しっせき)されたのは忘れましたか?しっかりしてください。

本当に恐ろしい方でしたね。お名前を聞くだけでビビリますので、ご勘弁下さい。

>当ブログは、公道の安全・安心をおびやかす競技用自転車乗りを糾弾するために開設したものです。とかく自転車批判をすると「炎上する」ことが多々あり、特に競技用自転車の爆走問題については誰も口に出せなかったテーマです。当ブログでは、脅しに屈することなく交通安全について提言を続けてまいる所存です。

まあ、頑張って下さい。

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/11/29 20:10 | URL |

払暁さんへ

>やれやれ、油断していましたよ。 「興味など微塵もありません」「もうこれで十分でしょう」などという言葉を信じてみれば、まさかその後こちらが何も話さないのをいい事に、事故の経緯、現場状況、判決に対して自転車目線の勝手な憶測を並べ立て、他人様に吹聴した挙句に嘘・デマ・偽物呼ばわりまでなさるとは。蓋し「ネット擦れ」した人とは自分の思い通りにならないと、この様にして自分の身を守るものなのだという事を思い知らされる一件ではありました。そう、まるで触っただけで棘を逆立てるハリセンボンの様にね。
17年も前の忌まわしい記憶を掘り起し、せいぜいシンプルにご注進申し上げたつもりでしたが、何故このような事になるのやら。もうあらゆる点が許し難いのですが、無駄に長くなるので敢えて1点だけ。オアゾ氏は「障害物(自転車)を避け切れずに」などと書かれていますが、私の兄は「避け」ました。相手には怪我1つ負わせず「自転車を避け」たのです。初めからそう書いております。訂正を要求します。

小生こそ油断してました。というか返答が遅くなり失礼しました。

17年も前の事故でしたか。加害者の方は、当の昔に服役を終えて、社会復帰されているはずです。
被害者の遺族の感情としては判らないでもないですが、事故の本当の原因を突き詰めることで心の整理をされてはどうかと思います。

「障害物を避け切れずに」は日本語の言い回しの問題でしょう。

相手方に怪我1つ負わせずに「自転車を避け」たとしても、ご自身が電柱に激突してお亡くなりになられたのであれば、安全には避け切れなかったということでしょう。

まあ、ご遺族の方のご要望ですので、以下のとおり訂正します。

「アクセルを持つ手首を捻れば、強烈な加速で、あっというまに制御不能の猛スピードとなって、目の前の障害物を避けるのが精一杯で、自ら電柱に激突する自動二輪や原付のような危険性は自転車にはありません。」

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/11/29 20:45 | URL |

世捨人

>国民の多くは自転車は歩道という認識です。

昭和35年から自転車は車道走行です。
歩道を通行する例外が認められたのは昭和45年からです。
「自転車は歩道」という認識が間違いである事は明白です。
警察庁の通達も、その認識を改めさせる為の通達です。

>前かごに荷物を積みママチャリに乗る人は「車道は危険」と口をそろえます。

車道と歩道では自転車の走行に関するルールが違います。
車やバイクの存在など環境も絶対的に違います。
今までの歩道走行と同じ感覚で車道を走れば危険で当たり前です。
車道を走るには車道の走り方があります。
それを知らずに走るから危険なんです。
車道のルールを守って車道の走り方をすれば危険はありません。

>競技用自転車乗りの常識は世間の非常識なのでは。

いいえ違います。
法律に則って走るのが常識です。
それを非常識だと感じてしまう世間の方が非常識です。
世間の自転車に対する考え方が間違いである事から目を逸らさないで下さい。

| メッセンジャー | 2011/11/29 21:55 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

ときさん

>矛盾してます。国民の総意となっていないから、当ブログの草の根活動により社会的気運を高めようと頑張っていらっしゃるのでしょう。 まあ、頑張って下さい。

「交通安全を願う国民」≠「全国民」です。
お願いします。

>爆走練習は別に人それぞれですので構いませんが、スピードを出しすぎれば、ヘルメット・バックミラー・方向指示器がフル装備の自動二輪でも想定外の障害物が現れたときには制御不能となって電柱に激突してしまいます。自損事故が増えて、速度制限が国民の総意とならないように、交通安全の先駆者の方々には、くれぐれも安全運転をお願いしたい。


自動二輪が電柱に激突する事故は多いのですか?
2010年の発生件数をお調べいただけないでしょうか?

>>絶対数が異なると思いますが、牛車と大八車の普及台数をお調べいただけないでしょうか?
>どうぞご勝手に。

できないのですか?

>自動車は制限速度を守って安全に走って頂ければ、別に構いません。

ドライバ―は、警察の取り締まりが厳しいこともあり、速度を意識した走行をしています。

>特殊な能力を持たない小生でさえ、時速30キロ超のボルトの世界を体感できるのですから、自転車は素晴らしい乗り物です。皆様、自転車に乗りましょう。

ときさんでさえ時速30キロ超を出せますが、ボルト選手の最高速(時速40キロ超)には及ばない中途半端な乗り物ですね。

>「安全」と「円滑」のバランスです。お互い様です。

トラックの大音量クラクションに驚いてふらつくと危険です。
自衛手段を講じましょう。


>「スクープ写真」という皮肉が通じませでしたか。

後出しジャンケンをしてでも勝ちにこだわるのですか?
プロ野球・中日ドラゴンズの落合監督のような哲学をお持ちですね。

>スクープ写真を狙うよりも先に日本語の読み書き能力の向上が必要ですね。

スクープは運も左右されます。

>本当に恐ろしい方でしたね。お名前を聞くだけでビビリますので、ご勘弁下さい。

誤解です。とってもやさしい方です。互いの理解を深める努力をしてください。

>頑張って下さい。

ありがうございます。

| 世捨人 | 2011/11/30 15:00 | URL |

Re: タイトルなし

メッさん
> 昭和35年から自転車は車道走行です。
> 歩道を通行する例外が認められたのは昭和45年からです。
> 「自転車は歩道」という認識が間違いである事は明白です。
> 警察庁の通達も、その認識を改めさせる為の通達です。


今回の通達のねらいは、歩道で暴走する自転車を追い出すことでは。

> 車道と歩道では自転車の走行に関するルールが違います。
> 車やバイクの存在など環境も絶対的に違います。
> 今までの歩道走行と同じ感覚で車道を走れば危険で当たり前です。
> 車道を走るには車道の走り方があります。
> それを知らずに走るから危険なんです。
> 車道のルールを守って車道の走り方をすれば危険はありません。

ルールを守っても事故は起こります。
国内の車道は自転車の走行を想定していません。
身体がむきだしで走行が不安定になりがちな自転車を車道に放り出すのは危険極まりないです。

> いいえ違います。
> 法律に則って走るのが常識です。
> それを非常識だと感じてしまう世間の方が非常識です。
> 世間の自転車に対する考え方が間違いである事から目を逸らさないで下さい。

国民が納得できるよう、法整備が必要でしょう。

| 世捨人 | 2011/11/30 15:03 | URL |

世捨人さんへ

>「交通安全を願う国民」≠「全国民」です。お願いします。

「交通安全」という錦の御旗を打ち立てたら、誰も反論することが出来なくなるでしょう。願わない国民はいないでしょう。ということは、=全国民となってしまいます。
「交通安全を願う」~を持ち出す世捨人さんの感性は、酒気帯び運転が危険だ危険だと反論するために、優しいかっきーさんが、夜中の車道に小動物や赤ちゃんがを持ち出すようなものです。
このブログでは、「安全」と「円滑」のバランスの理解について鋭い指摘を世に問うために、具体的な状況をひとつひとつ確認している訳でしょう。
全ての事故原因を「スピードの出しすぎ」とまとめてしまう警察発表やマスコミ報道と同様に堕落した反論です。
頑張って下さい。


>自動二輪が電柱に激突する事故は多いのですか?2010年の発生件数をお調べいただけないでしょうか?
>>絶対数が異なると思いますが、牛車と大八車の普及台数をお調べいただけないでしょうか? >>どうぞご勝手に。 >できないのですか?

興味があれば、ご自身でお調べ下さい。頑張れ。

>ドライバ―は、警察の取り締まりが厳しいこともあり、速度を意識した走行をしています。

警察の取り締まりに縛られるとは、情けないことですね。

>ときさんでさえ時速30キロ超を出せますが、ボルト選手の最高速(時速40キロ超)には及ばない中途半端な乗り物ですね。

「安全」と「円滑」のバランスです。無理をせず、中庸の徳を得られる素晴らしい乗り物じゃないですか。

>トラックの大音量クラクションに驚いてふらつくと危険です。自衛手段を講じましょう。

「故意」の幅寄せやクラクションは刑法犯にあたります。
「安全」と「円滑」を成り立たせるのは、お互い様の譲り合いの精神です。

>後出しジャンケンをしてでも勝ちにこだわるのですか?プロ野球・中日ドラゴンズの落合監督のような哲学をお持ちですね。
>スクープは運も左右されます。

当たり前に先出しジャンケンを読み取れなかっただけでしょう。落合監督の引退後の話にあったように「当たり前のことを当たり前にやっているだけですよ。」
運に左右されるスクープ写真を狙うよりも先に日本語の読み書き能力の向上が必要ですね。

>誤解です。とってもやさしい方です。互いの理解を深める努力をしてください。

小生が間に入るまでもなく、かっきーさんと仲良くなられたのですね。良かった良かった。

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/11/30 16:37 | URL |

世捨て人

>今回の通達のねらいは、歩道で暴走する自転車を追い出すことでは。

法律を周知徹底しそれを守らせる事が目的です。
追い出しや排除ではなく暴走行為の撲滅です。

>ルールを守っても事故は起こります。

毎年発表される自転車事故数のうち、ルールを守っていて起きた事故はほとんどありません。
どの事故もルールを守らないが故に起きている事故です。
ルールを守って走れば事故は減らせますし防げます。

車と自転車の事故の8割が歩道走行時に起こる事故です。
車道走行という法律を無視した結果発生している事故です。
車道走行を守れば防げる事故ばかりですよ。

>身体がむきだしで走行が不安定になりがちな自転車を車道に放り出すのは危険極まりないです。

放り出してなどいません。
自転車はもともと車道にいる存在です。

>国民が納得できるよう、法整備が必要でしょう。

自転車関連の法律の最大の間違いは歩道走行を認めてしまった事です。
警察庁も「歩道走行を認めたことは英断だったが愚策だった」と間違った選択だった事を認めています。

歩道走行が認められて車との事故は劇的に減りました。
ですが、対車が減ったかわりに対歩行者が増えました。
結局は相手が変わっただけで自転車が起こす事故は減っていないのです。

走行エリアをコロコロ変えるなどという馬鹿な事を繰り返しているから事故が減らないのです。

自転車は車道という原則は変えるべきではありません。
あくまでも車両として車道を走らせるべきです。
そうすれば対歩行者の事故は減ります。
その上で、対車の事故が起きないように環境を変えるのです。
自転車レーンを整備し、無用な車の利用は控え車に依存した生活形態を変えるのです。

海外、特にヨーロッパの都市では実に理想的に環境整備がされています。
そういう環境こそ、自転車・歩行者・車が共存する真に安全な社会です。

「車道は車がいて危ない」
まず車ありきの考え方がそもそもの間違いです。
交通安全の為には車の使い方を変える必要もあるのですよ。

| メッセンジャー | 2011/12/01 00:29 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

ときさん

>「交通安全」という錦の御旗を打ち立てたら、誰も反論することが出来なくなるでしょう。願わない国民はいないでしょう。ということは、=全国民となってしまいます。

意識の低い(交通安全を願わない)国民もいるため、当ブログで糾弾している次第です。

>「交通安全を願う」~を持ち出す世捨人さんの感性は、酒気帯び運転が危険だ危険だと反論するために、優しいさんが、夜中の車道に小動物や赤ちゃんがを持ち出すようなものです。

誤字・脱字が目立ちますが、ビビっているのですか?

>このブログでは、「安全」と「円滑」のバランスの理解について鋭い指摘を世に問うために、具体的な状況をひとつひとつ確認している訳でしょう。 全ての事故原因を「スピードの出しすぎ」とまとめてしまう警察発表やマスコミ報道と同様に堕落した反論です。 頑張って下さい。

停車している車両が交通事故の加害者となりますか?
事故の原因には必ず「スピード」が付きまといます。


>>絶対数が異なると思いますが、牛車と大八車の普及台数をお調べいただけないでしょうか? >>どうぞご勝手に。 できないのですか?
>興味があれば、ご自身でお調べ下さい。頑張れ。

期限はございませんので、あせることなくお調べください。

>警察の取り締まりに縛られるとは、情けないことですね。

当然、自転車にも道交法を順守する義務があります。

>>ときさんでさえ時速30キロ超を出せますが、ボルト選手の最高速(時速40キロ超)には及ばない中途半端な乗り物ですね。
>「安全」と「円滑」のバランスです。無理をせず、中庸の徳を得られる素晴らしい乗り物じゃないですか。

ときさんでさえ時速30キロ超を出せる競技用自転車については、法の網にかける必要があります。

>>トラックの大音量クラクションに驚いてふらつくと危険です。自衛手段を講じましょう。
>「故意」の幅寄せやクラクションは刑法犯にあたります。 「安全」と「円滑」を成り立たせるのは、お互い様の譲り合いの精神です。

交通事故の被害者とならないように自衛手段を講じましょう。

>当たり前に先出しジャンケンを読み取れなかっただけでしょう。落合監督の引退後の話にあったように「当たり前のことを当たり前にやっているだけですよ。」 運に左右されるスクープ写真を狙うよりも先に日本語の読み書き能力の向上が必要ですね。

勝ちにこだわるのはいいですが、勝たなければ意味がありません。
頑張ってください。

>小生が間に入るまでもなく、かっきーさんと仲良くなられたのですね。良かった良かった。

ときさんはお友達はたくさんいますか?

| 世捨人 | 2011/12/01 15:07 | URL |

Re: タイトルなし

メッさん

>法律を周知徹底しそれを守らせる事が目的です。 追い出しや排除ではなく暴走行為の撲滅です。

暴走行為を撲滅するなら、車道で「スピードを楽しむ」自転車をやり玉にあげるべきでしょう。


>毎年発表される自転車事故数のうち、ルールを守っていて起きた事故はほとんどありません。 どの事故もルールを守らないが故に起きている事故です。 ルールを守って走れば事故は減らせますし防げます。 車と自転車の事故の8割が歩道走行時に起こる事故です。車道走行という法律を無視した結果発生している事故です。 車道走行を守れば防げる事故ばかりですよ。

明確な裏付けはあるのでしょうか?
当ブログの最新記事(世捨人語)をご覧ください。
死傷事故の多くは、自転車の無謀運転に原因があるようです。
ドライバーを責めるのは酷です。

>放り出してなどいません自転車はもともと車道にいる存在です。

原付バイクに準じた法整備が必要です。
自転車に乗る人は全て、ヘルメット着用、ウインカー、制動灯を義務付けるべきです。

>自転車関連の法律の最大の間違いは歩道走行を認めてしまった事です。警察庁も「歩道走行を認めたことは英断だったが愚策だった」と間違った選択だった事を認めています。

事実誤認かと思います。


>歩道走行が認められて車との事故は劇的に減りました。 ですが、対車が減ったかわりに対歩行者が増えました。 結局は相手が変わっただけで自転車が起こす事故は減っていないのです。

車道に戻せば、車との事故が劇的に増えるわけですね。
歩道でも車道でも危険な乗り物である自転車は、いっそのこと走行禁止にすべきです。

>走行エリアをコロコロ変えるなどという馬鹿な事を繰り返しているから事故が減らないのです。

自転車が中途半端な乗り物だからだと思います。
自転車専用レーンが整備されるまでは、走行禁止にするのがスジでしょう。

>自転車は車道という原則は変えるべきではありません。 あくまでも車両として車道を走らせるべきです。 そうすれば対歩行者の事故は減ります。 その上で、対車の事故が起きないように環境を変えるのです。 自転車レーンを整備し、無用な車の利用は控え車に依存した生活形態を変えるのです。

高齢者の移送手段として自動車は不可欠です。
自転車乗りの都合だけ考えていたら時代から取り残されますよ。


>海外、特にヨーロッパの都市では実に理想的に環境整備がされています。 そういう環境こそ、自転車・歩行者・車が共存する真に安全な社会です。

欧州で、大型トラックと自転車が同じ走行レーンを走る都市はあるでしょうか?


>「車道は車がいて危ない」 。まず車ありきの考え方がそもそもの間違いです。 交通安全の為には車の使い方を変える必要もあるのですよ。

「車道の自転車は危ない」というのが国民感情です。

| 世捨人 | 2011/12/01 15:15 | URL |

世捨人さんへ

>意識の低い(交通安全を願わない)国民もいるため、当ブログで糾弾している次第です。
>トラックの大音量クラクションに驚いてふらつくと危険です。自衛手段を講じましょう。
>交通事故の被害者とならないように自衛手段を講じましょう。
>当然、自転車にも道交法を順守する義務があります。

道路交通法違反だけでなく、「故意」の刑法犯罪を惹起しそうな大型トラック等の自動車ドライバーのことですね。
自転車乗りの「安全」と「円滑」のために、しっかりと糾弾して下さい。

>>「交通安全を願う」~を持ち出す世捨人さんの感性は、酒気帯び運転が危険だ危険だと反論するために、優しいさんが、夜中の車道に小動物や赤ちゃんがを持ち出すようなものです。
>誤字・脱字が目立ちますが、ビビっているのですか?

『「交通安全を願う」~を持ち出す世捨人さんの感性は、酒気帯び運転が危険だ危険だと反論するために、優しいかっきーさんが、夜中の車道に小動物や赤ちゃんがを持ち出すようなものです。』

小生のパソコンには優しい「かっきー」さんと正しく表示されますが、世捨人さんのパソコンは「かっきー」さんを弾き出してしまうのでしょうか?
きっと世捨人さんのパソコンがビビりなのでしょう。

>停車している車両が交通事故の加害者となりますか?事故の原因には必ず「スピード」が付きまといます。

「交通安全を願う」だとか、「国民の総意」だとか、「草の根活動」だとか、「社会的気運が高まる」だとか、何の根拠もなくもっともらしい修飾語を多用される点について、警察発表やマスコミ報道と同程度に低レベルな反論だと指摘したものです。
判り辛かったでしょうか。

>牛車と大八車の普及台数をお調べいただけないでしょうか?
>できないのですか?
>期限はございませんので、あせることなくお調べください。

嫌です。

>ときさんでさえ時速30キロ超を出せますが、ボルト選手の最高速(時速40キロ超)には及ばない中途半端な乗り物ですね。
>>「安全」と「円滑」のバランスです。無理をせず、中庸の徳を得られる素晴らしい乗り物じゃないですか。
>ときさんでさえ時速30キロ超を出せる競技用自転車については、法の網にかける必要があります。

貶したり、褒めたり、大変ですね。

>勝ちにこだわるのはいいですが、勝たなければ意味がありません。

「当たり前のことを当たり前にやっているだけです。」
勝ち負けは結果です。世の中(このコメント欄の閲覧者)が決めることです。

>>小生が間に入るまでもなく、かっきーさんと仲良くなられたのですね。良かった良かった。
>ときさんはお友達はたくさんいますか?

子宝には恵まれました。
まあ、女房にも恵まれたということかな。
かっきーさんや世捨人さんには、お友達になって頂かなくても結構です。

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/12/01 19:34 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/12/01 19:36 | |

世捨人

>死傷事故の多くは、自転車の無謀運転に原因があるようです

あなたは日本語の理解力が無いのですか?
僕は自転車と車の事故は自転車が悪いと言ってるでしょう。
「歩道走行」という自転車の無謀運転が事故を引き起こしているのですよ。
歩道というお互いにとっての死角にいるから事故になるのです。
両者が車道にいればお互いに視界に入っているので接触はしません。

>自転車が中途半端な乗り物だからだと思います。

自転車は中途半端な乗り物ではありません。
車やバイクよりも、延いては電車よりも環境的にも経済的にも優れています。
ガソリンの原料となる原油はいずれ枯渇します。
代替となる電気エネルギーも原子力発電の廃止によって不足が懸念されます。
燃料を必要とせず環境汚染もしない自転車こそ有効活用されるべき車両です。
これからは自転車が交通の主流に変わっていく時代ですよ。


>高齢者の移送手段として自動車は不可欠です。
自転車乗りの都合だけ考えていたら時代から取り残されますよ。

無用な自動車と言ってるでしょう。
輸送手段として必要な車まで使うなとは言ってません。

>欧州で、大型トラックと自転車が同じ走行レーンを走る都市はあるでしょうか?

ありませんよ。
だから、日本もそういう社会に変えるべきだと言っています。

>「車道の自転車は危ない」というのが国民感情です。
それは違います。
あなたが言ってるのは自転車を邪魔者扱いするドライバーの感情です。
「車が怖いから車道は走りたくない」これが国民感情です。
車道で危険なのは自転車ではなく車です。
自転車を危険に晒す車が悪であって、法令遵守で車道を走る自転車は悪ではありません。

| メッセンジャー | 2011/12/01 21:31 | URL | ≫ EDIT

牛車だか大八だか知らんが、歩道を走ってはいけない自転車が多数存在するのを御存知ですよね?


世捨人氏は、そういった自転車が、車道を20km/h程度で走行するのは容認されますでしょうか?
私は容認、むしろ推奨します。

| かばねやみ | 2011/12/01 23:22 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

ときさん

> 自転車乗りの「安全」と「円滑」のために、しっかりと糾弾して下さい。

身体がむきだしで走行が不安定になりがちな自転車は、「安全」と「円滑」のために車道走行は控えるべきでしょう。

> 「交通安全を願う」だとか、「国民の総意」だとか、「草の根活動」だとか、「社会的気運が高まる」だとか、何の根拠もなくもっともらしい修飾語を多用される点について、警察発表やマスコミ報道と同程度に低レベルな反論だと指摘したものです。 判り辛かったでしょうか。

はい。

> 子宝には恵まれました。 まあ、女房にも恵まれたということかな。世捨人さんには、お友達になって頂かなくても結構です。

他人のブログを炎上させておきながら、謝罪するどころか、ネットストーカーだと騒ぎ被害者ヅラする身勝手な人ならば、ときさんとはお友達になりたくありません。

| 世捨人 | 2011/12/06 00:36 | URL |

Re: タイトルなし

メッさん

> 歩道というお互いにとっての死角にいるから事故になるのです。両者が車道にいればお互いに視界に入っているので接触はしません。

両者が同じ車道にいるから、自転車乗りが速度差のある自動車に追突され死亡事故が発生するのです。

> 自転車は中途半端な乗り物ではありません。 車やバイクよりも、延いては電車よりも環境的にも経済的にも優れています。

自転車というのは天候に左右される、とても不便な乗り物です。
雨天時には自転車通勤者も交通機関を利用するため、混雑に拍車をかけて迷惑です。
また、風の影響も受けます。
逆風で自転車に乗るのは坂道を登るのと同じで、自転車にとって大敵だといいます。

> 無用な自動車と言ってるでしょう。
> 輸送手段として必要な車まで使うなとは言ってません。

自動車の多くは輸送手段として利用されているでしょう。
自転車はどうですか?
競技用自転車乗りの爆走練習は社会に有用ですか?

> >欧州で、大型トラックと自転車が同じ走行レーンを走る都市はあるでしょうか?
>
> ありませんよ。
> だから、日本もそういう社会に変えるべきだと言っています。

当方も同じ意見です。
歩道を走る自転車を指して、自転車後進国と揶揄(やゆ)する輩(やから)がいますが、大型トラックと自転車が同じ走行レーンを走るのは狂気の沙汰ではないでしょうか?
当ブログでは、自転車専用レーンで走行する自転車は歓迎の立場です。
国内の道路事情を考えると、歩道内に自転車レーンの設置するのが妥当でしょう。


> >「車道の自転車は危ない」というのが国民感情です。
> それは違います。
> あなたが言ってるのは自転車を邪魔者扱いするドライバーの感情です。「車が怖いから車道は走りたくない」これが国民感情です。車道で危険なのは自転車ではなく車です。自転車を危険に晒す車が悪であって、法令遵守で車道を走る自転車は悪ではありません。


おっしゃるとおり「車が怖い」わけですから「車道を走る自転車は危険」ということで間違いないのでは。
いずれにせよ、怖い車がいる車道を走るわけですから、それなりの装備が必要です。
ヘルメット着用義務、ウインカー、ブレーキランプなど保安装置、ビンディングペダル禁止を法制化する必要があります。

| 世捨人 | 2011/12/06 00:47 | URL |

Re: タイトルなし

かばさん

> 牛車だか大八だか知らんが、歩道を走ってはいけない自転車が多数存在するのを御存知ですよね?
> 世捨人氏は、そういった自転車が、車道を20km/h程度で走行するのは容認されますでしょうか?
> 私は容認、むしろ推奨します。

歩道を走ってはいけない自転車というのは、普通自転車の規格外のことでしょうか?
歩道に限らず公道走行そのものが禁止されています。
お願いします。

| 世捨人 | 2011/12/06 00:49 | URL |

世捨人さんへ

>>自転車乗りの「安全」と「円滑」のために、しっかりと糾弾して下さい。
>身体がむきだしで走行が不安定になりがちな自転車は、「安全」と「円滑」のために車道走行は控えるべきでしょう。

ヘルメットをかぶって、バックミラー・方向指示器・前照灯・尾灯等を満艦飾のフル装備にしても、制御不能の猛スピードを出しては、何ら意味がないことは、払暁さんにお伝えしたとおりです。

「アクセルを持つ手首を捻れば、強烈な加速で、あっというまに制御不能の猛スピードとなって、目の前の障害物を避けるのが精一杯で、自ら電柱に激突する自動二輪や原付のような危険性は自転車にはありません。」 | ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/11/29 20:45

身体がむき出しででも、人力(脚力)でコントロール可能なスピードしか出せない自転車の方がよほど安全です。

>> 「交通安全を願う」だとか、「国民の総意」だとか、「草の根活動」だとか、「社会的気運が高まる」だとか、何の根拠もなくもっともらしい修飾語を多用される点について、警察発表やマスコミ報道と同程度に低レベルな反論だと指摘したものです。 判り辛かったでしょうか。
>はい。

ご理解いただけたのであれば、結構です。

>他人のブログを炎上させておきながら、謝罪するどころか、ネットストーカーだと騒ぎ被害者ヅラする身勝手な人ならば、ときさんとはお友達になりたくありません。

炎上させたのは、「自転車で人を殺せます」とか「酒気帯びで電柱に激突した」とか「小動物のヌートリア(?)」などという極論を持ち出さないと議論が出来ないかっきーさん等でしょう。

小生は、「本当に自転車で人を殺せますか?」と問いかけただけです。
小生は、「軽車両の酒気帯び運転には罰則はない」という事実(ルール)を正確に伝えていきましょうと申し上げていただけです。

まあ、小生と世捨人さんはお友達にはならない、なれないということで、初めて意見が一致したようですし、かっきーさんの話題ももう良いでしょう。

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/12/06 14:07 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/12/06 20:01 | |

>歩道を走ってはいけない自転車というのは、普通自転車の規格外のことでしょうか?
>歩道に限らず公道走行そのものが禁止されています。
お願いします。

ほう、私は“普通自転車”の規格より大きい自転車は、軽車両として車道を走るべきだと解釈していますが。
つまり“歩道を走れないから、車道を軽車両として運行する”といった解釈です。
宅配業者等が最近採用し始めた自転車便。
計測したことはありませんが、普通自転車規格を超えた車幅は確実に60㎝を超えていますよね。
その車両は公道を走行してはいけなかったのですか?

| かばねやみ | 2011/12/07 00:08 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

ときさん

> 身体がむき出しででも、人力(脚力)でコントロール可能なスピードしか出せない自転車の方がよほど安全です。

自動二輪と比較すれば大したスピードしか出ないかもしれませんが、ときさんでも時速30キロ超を出せる競技用自転車で一般公道を安全に走行するには規制が必要です。交通事故の当事者にならないために必要です。



> 炎上させたのは、「自転車で人を殺せます」とか「酒気帯びで電柱に激突した」とか「小動物のヌートリア(?)」などという極論を持ち出さないと議論が出来ないかっきーさん等でしょう。

牛車や大八車を持ち出すことは、極論に当たらないのですか?

> まあ、小生と世捨人さんはお友達にはならない、なれないということで、初めて意見が一致したようですし、かっきーさんの話題ももう良いでしょう。

ときさんとやりとりすると、なぜか「かっきーさん」が登場しますね。不思議です。

| 世捨人 | 2011/12/07 15:06 | URL |

Re: タイトルなし

かばさん

これは当方の凡ミスでしょう。
おわびします。


> >歩道を走ってはいけない自転車というのは、普通自転車の規格外のことでしょうか?
> >歩道に限らず公道走行そのものが禁止されています。
> お願いします。
>
> ほう、私は“普通自転車”の規格より大きい自転車は、軽車両として車道を走るべきだと解釈していますが。
> つまり“歩道を走れないから、車道を軽車両として運行する”といった解釈です。
> 宅配業者等が最近採用し始めた自転車便。
> 計測したことはありませんが、普通自転車規格を超えた車幅は確実に60㎝を超えていますよね。
> その車両は公道を走行してはいけなかったのですか?

| 世捨人 | 2011/12/07 15:10 | URL |

世捨人さんへ

>自動二輪と比較すれば大したスピードしか出ないかもしれませんが、ときさんでも時速30キロ超を出せる競技用自転車で一般公道を安全に走行するには規制が必要です。交通事故の当事者にならないために必要です。

自動二輪や原付バイクとの違いは、比較的(相対的)なものではなく、質的(根本的)な違いです。
動力の源がエンジン(原動機)であるか、人力(脚力)であるかの違いです。

手首を捻るだけの操作でコントロール不能になるスピードが出せるエンジンと、どんなに頑張っても30キロそこそこで、人間の体力と知力(制御能力)の限界を上回ってコントロール不能となることはありえない人力(脚力)の違いです。

義足のランナーや牛車や大八車に加えて、竹馬や一輪車や三輪車やベビーカーにも規制はないでしょうし、不要でしょう。

自転車についても、現行以上の規制は不要です。

>> 炎上させたのは、「自転車で人を殺せます」とか「酒気帯びで電柱に激突した」とか「小動物のヌートリア(?)」などという極論を持ち出さないと議論が出来ないかっきーさん等でしょう。
>牛車や大八車を持ち出すことは、極論に当たらないのですか?

まあ、確かに極論ですね。かっきーさんと同列ですね。
しかし、炎上と言うかどうかは、相対的な問題です。
アクセス数アップへの貢献と捉えて頂ければ幸いです。

>ときさんとやりとりすると、なぜか「かっきーさん」が登場しますね。不思議です。

小生ではなく、世捨人さんが「かっきーさん」の話題を持ち出されただけですよ。
そして、小生は、「かっきーさんの話題ももう良いでしょう。」と決着をつけています。
不思議ではなく、不要であり、世捨人さんの凡ミスです。
まあ、小生には、お詫びは不要です。

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/12/07 19:06 | URL |

凡ミスであるのは理解したつもりです。

では、その普通自転車規格を超えた自転車、およびその他の軽車両が、20km/hを超えない程度で車道を走るのはどう思われますか?
歩道を走行するには、物理的に不可能なケースも多々ありますが。

| かばねやみ | 2011/12/07 23:15 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

ときさん

>自動二輪や原付バイクとの違いは、比較的(相対的)なものではなく、質的(根本的)な違いです。動力の源がエンジン(原動機)であるか、人力(脚力)であるかの違いです。手首を捻るだけの操作でコントロール不能になるスピードが出せるエンジンと、どんなに頑張っても30キロそこそこで、人間の体力と知力(制御能力)の限界を上回ってコントロール不能となることはありえない人力(脚力)の違いです。

ときさんでさえ時速30キロ超でこぐことができる競技用自転車は、コントロール不能となる危険なスピードが可能でしょう。

>義足のランナーや牛車や大八車に加えて、竹馬や一輪車や三輪車やベビーカーにも規制はないでしょうし、不要でしょう。

公道の安全・安心をおびやかす状況にいたっていないので規制がないのでしょう。

>自転車についても、現行以上の規制は不要です。

スピードレース用に開発された競技用自転車については規制が必要です。


>小生ではなく、世捨人さんが「かっきーさん」の話題を持ち出されただけですよ。
そして、小生は、「かっきーさんの話題ももう良いでしょう。」と決着をつけています。
不思議ではなく、不要であり、世捨人さんの凡ミスです。
まあ、小生には、お詫びは不要です。

本人が知らないところで勝手に名前が出ていると驚かれるでしょうから、控えましょう。

| 世捨人 | 2011/12/13 11:59 | URL |

Re: タイトルなし

かばさん

> では、その普通自転車規格を超えた自転車、およびその他の軽車両が、20km/hを超えない程度で車道を走るのはどう思われますか?
> 歩道を走行するには、物理的に不可能なケースも多々ありますが。

空き缶回収のおじさんが乗った自転車は、両サイドにドラム缶ほどの大きさのずだ袋をぶら下げ、道路中央寄りをトロトロ走り、ドライバーから冷たい視線を浴びせられていませんか?

| 世捨人 | 2011/12/13 12:09 | URL |

世捨人さんへ

>ときさんでさえ時速30キロ超でこぐことができる競技用自転車は、コントロール不能となる危険なスピードが可能でしょう。
>公道の安全・安心をおびやかす状況にいたっていないので規制がないのでしょう。
>スピードレース用に開発された競技用自転車については規制が必要です。

仰るとおり、スピードレース用に開発された競技用自転車は、15年もののブリジストンのクロモリ(鋼鉄)製に乗る50手前の小生でさえ、時速30キロ超でこぐことができる優れものです。
頑張り過ぎると、コントロール不能となる危険なスピードを出す事も可能でしょう。

しかしながら、多くのローディが自慢するとおり、自転車事故の多くは自損事故で収めることが出来ます。

別の記事でトラック運転手の方が、トラックの破壊力を自慢されていますが、破壊力の無い所も自転車の良い所です。

また、ロードバイク乗りの中には、交通安全の先駆者を気取る方もいますが、恥ずかしげもなく言い放てるところには、それなりのプライド(気概)もあることでしょう。

競技用自転車いじりも、もう十分じゃないですか。

>>小生ではなく、世捨人さんが「かっきーさん」の話題を持ち出されただけですよ。
そして、小生は、「かっきーさんの話題ももう良いでしょう。」と決着をつけています。
不思議ではなく、不要であり、世捨人さんの凡ミスです。
まあ、小生には、お詫びは不要です。
>本人が知らないところで勝手に名前が出ていると驚かれるでしょうから、控えましょう。

繰り返しとなりますが、小生ではなく、世捨人さんが反論(?)として持ち出されただけですよ。
そして、小生は、「○○さんの話題ももう良いでしょう。」と決着をつけています。
要は、貴方の世捨人さんが「○○さん」のお名前を出さなければ、反論できなかったということです。
世捨人さんが「反論出来なかった=負け」という事実を認められれば済むことです。

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/12/13 12:24 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>しかしながら、多くのローディが自慢するとおり、自転車事故の多くは自損事故で収めることが出来ます。

加害者にならなければいい、という次元の低い話をしているのではありません。
悲惨な交通事故の被害者になってもらいたくない。
世捨人の願いです。

>競技用自転車いじりも、もう十分じゃないですか。

一般公道の走行禁止が着地点です。

>繰り返しとなりますが、小生ではなく、世捨人さんが反論(?)として持ち出されただけですよ。
そして、小生は、「○○さんの話題ももう良いでしょう。」と決着をつけています。
要は、貴方の世捨人さんが「○○さん」のお名前を出さなければ、反論できなかったということです。
世捨人さんが「反論出来なかった=負け」という事実を認められれば済むことです。

ここまできたらお互いさまです。もうやめましょう。

| 世捨人 | 2011/12/14 11:57 | URL |

世捨人さんへ

>加害者にならなければいい、という次元の低い話をしているのではありません。悲惨な交通事故の被害者になってもらいたくない。世捨人の願いです。

仰るとおり、自損事故に止めたことを自慢しながら、損害保険金欲しさに警察に届け出て、自転車の事故件数を増やして、自転車が危険だ危険だと言われるような統計数値を積み上げている交通安全の先駆者が多くて困ります。

しかし、乱暴ものは何処にでも、いつの世の中にも一定数は存在するものです。

自転車で鬱憤を晴らしてもらい、自損事故自慢で収まるのであれば、自業自得です。放って措きましょう。

>一般公道の走行禁止が着地点です。

自転車は一般公道を走るための交通手段です。

競技用自転車は、ちょっとお値段の高い、使い勝手の悪い高級車で、フェラーリやランボルギーニ等々のスーパーカーと一緒と考えれば、ほっとけば良いでしょう。

100万円の自転車で自損事故を起こして、修理代30万円なんて、まあ、羨ましい限りです。

>ここまできたらお互いさまです。もうやめましょう。

世捨人さんが「反論出来なかった=負け」という事実を認められたということですね。結構です。

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/12/15 14:54 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>仰るとおり、自損事故に止めたことを自慢しながら、損害保険金欲しさに警察に届け出て、自転車の事故件数を増やして、自転車が危険だ危険だと言われるような統計数値を積み上げている交通安全の先駆者が多くて困ります。 しかし、乱暴ものは何処にでも、いつの世の中にも一定数は存在するものです。 自転車で鬱憤を晴らしてもらい、自損事故自慢で収まるのであれば、自業自得です。放って措きましょう。

スピードレース用に開発された競技用自転車は、乗り手を爆走へとかきたてます。
競技用自転車の一般公道での利用は規制すべきです。

>自転車は一般公道を走るための交通手段です。 競技用自転車は、ちょっとお値段の高い、使い勝手の悪い高級車で、フェラーリやランボルギーニ等々のスーパーカーと一緒と考えれば、ほっとけば良いでしょう。100万円の自転車で自損事故を起こして、修理代30万円なんて、まあ、羨ましい限りです。

心の傷は一生、癒えないでしょう。

>世捨人さんが「反論出来なかった=負け」という事実を認められたということですね。結構です。

勝ちにこだわることなく冷静な判断をお願いします。

| 世捨人 | 2011/12/16 01:26 | URL |

世捨人

>スピードレース用に開発された競技用自転車は、乗り手を爆走へとかきたてます。

必ずしもそうとは限りません。
通勤自転車乗りは移動手段として利用しているだけです。

>競技用自転車の一般公道での利用は規制すべきです。

きちんと規制されていますが?
ブレーキの無いトラック競技用のピストは公道走行禁止ですよ。
ロードレーサーは公道走行を想定して設計されています。
道交法で規定された普通自転車の基準をきちんと満たしています。
車に例えるなら車検を受けている正規の自転車です。
設計思想が競技使用か市街地使用かは関係ありません。
法律に基づく基準を満たしているかどうかです。
基準を満たせば競技用であろうがなかろうが公道走行が認められます。

| メッセンジャー | 2011/12/16 06:33 | URL | ≫ EDIT

世捨人

>スピードレース用に開発された競技用自転車は、乗り手を爆走へとかきたてます。

「スピードレース用に開発されたスポーツ車は、乗り手を爆走へとかきたてます」
と言っているようなものですね。
説得力もクソもないですね

| 世を捨てず車道走行 | 2011/12/16 10:29 | URL |

世捨人さんへ

>スピードレース用に開発された競技用自転車は、乗り手を爆走へとかきたてます。競技用自転車の一般公道での利用は規制すべきです。

マニアの心を躍らせる素晴らしい乗り物ということでね。これも自転車の良いところです。

>心の傷は一生、癒えないでしょう。

残念ながら、人間の情けない弱いところで、自損事故の経験を積み重ねてようやく慎重な「安全」運転が出来るようになるのでしょう。

>勝ちにこだわることなく冷静な判断をお願いします。

世捨人さん:「事実でもないことをさも事実であるかのように吹聴するのは名誉棄損に当たる」とかっきーさんに叱責(しっせき)されたのは忘れましたか?しっかりしてください。

小生:本当に恐ろしい方でしたね。お名前を聞くだけでビビリますので、ご勘弁下さい。

かっきーさんの話題をもちだされたのは、世捨人さんです。
「参りました。完敗です。」と宣言されてはどうですか?
|

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/12/16 12:25 | URL |

Re: タイトルなし

メッさん

>必ずしもそうとは限りません。通勤自転車乗りは移動手段として利用しているだけです。

爆走練習で使用している人が大半です。


>ロードレーサーは公道走行を想定して設計されています。 道交法で規定された普通自転車の基準をきちんと満たしています。車に例えるなら車検を受けている正規の自転車です。 設計思想が競技使用か市街地使用かは関係ありません。 法律に基づく基準を満たしているかどうかです。 基準を満たせば競技用であろうがなかろうが公道走行が認められます。きちんと規制されていますが? ブレーキの無いトラック競技用のピストは公道走行禁止ですよ。

ツール・ド・フランスでは公道は公道でも通行規制してレースをしています。
「一般公道」においてはバックミラー、方向指示器、制動灯なしに走るのは危険です。
また、道交法では時速30キロ超で走行する自転車を予定していません。
明らかに法の不備です。規制強化すべきです。

| 世捨人 | 2011/12/20 01:18 | URL |

Re: タイトルなし

世をさん

> >スピードレース用に開発された競技用自転車は、乗り手を爆走へとかきたてます。
> 「スピードレース用に開発されたスポーツ車は、乗り手を爆走へとかきたてます」 と言っているようなものですね。説得力もクソもないですね

ドライバーなど運転免許保持者は法令順守に注意を払っています。
法の不備をついて爆走練習をする競技用自転車乗りは卑劣極まりありません。

| 世捨人 | 2011/12/20 01:25 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>マニアの心を躍らせる素晴らしい乗り物ということでね。これも自転車の良いところです。

盗難を警戒しなければならない面倒な乗り物でもあります。

>残念ながら、人間の情けない弱いところで、自損事故の経験を積み重ねてようやく慎重な「安全」運転が出来るようになるのでしょう。

悲惨な交通事故の当事者になってもらいたくありません。
ご理解・ご協力をお願いします。

>話題をもちだされたのは、世捨人さんです。 「参りました。完敗です。」と宣言されてはどうですか?

お引き取り願います。

| 世捨人 | 2011/12/20 01:30 | URL |

世捨人

>爆走練習で使用している人が大半です。

偏見・差別はやめてください。


>「一般公道」においてはバックミラー、方向指示器、制動灯なしに走るのは危険です。


道交法は一般公道での自転車の車道走行をきちんと想定しています。
その上で、人力で走る自転車にこれらの装置の義務化はされておりません。
後方確認は後ろを振り返り、方向指示・制動は手信号により合図する事が義務化されております。
これらの合図をきちんと使用すれば一般公道の走行に危険はありません。

>また、道交法では時速30キロ超で走行する自転車を予定していません。

史実に反する妄想はやめましょう。
事実だと仰るなら明確な根拠を示して下さい。

一般的な社会常識で言う自転車の平均速度は時速25キロです。
日本人は時速20~25キロで移動する物を「自転車と同じ位の速度」と表現する事が多々あります。
今年の夏に甚大な被害を及ぼした台風も、気象庁は「自転車と同等の速度で移動している」と表現しています。
普通に走っている自転車が時速25キロという考え方ですから、速い乗り手なら30キロ以上出る事は想定の範囲内です。

一般的な成人男性なら普通に出せる速度であり、自転車メーカーもそれに耐えうる安全性を確保しています。
あなたは成人男性が乗る事は想定していないと仰いますが、それは大きな間違いです。

道交法の制定時には、ママチャリも子供用自転車も開発されておりません。
当時の日本社会には女子供が乗るような自転車は存在しておりません。
当時存在していたのは、スーパーカブなど原動機付き自転車の原点となった実用車のみです。
新聞配達・牛乳配達など配達業務に使用される、成人男性が輸送手段として使用する自転車です。
だからこそ軽車両として分類されているのであり、当然ながらそれなりの速度が出る事も想定されております。

30キロ走行は想定されていない、成人男性の使用は想定されていないというあなたの考えは事実無根です。

| メッセンジャー | 2011/12/20 02:29 | URL | ≫ EDIT

世捨人さんへ

>>マニアの心を躍らせる素晴らしい乗り物ということでね。これも自転車の良いところです。
>盗難を警戒しなければならない面倒な乗り物でもあります。

自損事故自慢に加えて、盗難自慢、鍵自慢、肌身離さず自慢、分解自慢まで、それこそマニアには堪えられない一品でしょう。

>>残念ながら、人間の情けない弱いところで、自損事故の経験を積み重ねてようやく慎重な「安全」運転が出来るようになるのでしょう。
>悲惨な交通事故の当事者になってもらいたくありません。 ご理解・ご協力をお願いします。

悲惨な交通事故の当事者となっているのは、手首の一捻り、アクセルの踏み間違いで、あっという間にコントロール不能となる加速力を持つ自動車であり、自動二輪(原付も)であることは、払暁さんのお兄様の事例のとおりです。

>>かっきーさんの話題をもちだされたのは、世捨人さんです。 「参りました。完敗です。」と宣言されてはどうですか?
>お引き取り願います。

いよいよ出入り禁止の予告ですかね。
まあ、世捨人さんの完敗宣言と受け取りましょう。

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/12/20 09:52 | URL |

Re: タイトルなし

メッさん

>偏見・差別はやめてください。

偏見でも差別でもなく事実です。

>道交法は一般公道での自転車の車道走行をきちんと想定しています。 その上で、人力で走る自転車にこれらの装置の義務化はされておりません。 後方確認は後ろを振り返り、方向指示・制動は手信号により合図する事が義務化されております。 これらの合図をきちんと使用すれば一般公道の走行に危険はありません。

義務化されていて実行されていないのはなぜですか?

>史実に反する妄想はやめましょう。 事実だと仰るなら明確な根拠を示して下さい。

原付バイクの法定速度以上のスピードを出しても咎(とが)められないのはなぜですか?

>一般的な社会常識で言う自転車の平均速度は時速25キロです。 日本人は時速20~25キロで移動する物を「自転車と同じ位の速度」と表現する事が多々あります。 今年の夏に甚大な被害を及ぼした台風も、気象庁は「自転車と同等の速度で移動している」と表現しています。 普通に走っている自転車が時速25キロという考え方ですから、速い乗り手なら30キロ以上出る事は想定の範囲内です。

社会常識を聞いているのではありません。自転車の時速25キロは安全な速度ですか?当ブログでは危険だから時速15キロ以下にしろと主張していうのです。交通安全の議論をしてください。お願いします。

>一般的な成人男性なら普通に出せる速度であり、自転車メーカーもそれに耐えうる安全性を確保しています。 あなたは成人男性が乗る事は想定していないと仰いますが、それは大きな間違いです。

自転車ブームで成人男性が乗るようになったため、歩道から追い出されようとしています。

>道交法の制定時には、ママチャリも子供用自転車も開発されておりません。 当時の日本社会には女子供が乗るような自転車は存在しておりません。 当時存在していたのは、スーパーカブなど原動機付き自転車の原点となった実用車のみです。 新聞配達・牛乳配達など配達業務に使用される、成人男性が輸送手段として使用する自転車です。 だからこそ軽車両として分類されているのであり、当然ながらそれなりの速度が出る事も想定されております。

スピードレース用の競技用自転車がはびこることは予想していなかったでしょう。

>30キロ走行は想定されていない、成人男性の使用は想定されていないというあなたの考えは事実無根です。

なぜ原付バイクの法定速度は時速30キロなのでしょうか?ときさんでさえ時速30キロ超出せる競技用自転車を野放図にすることを国民は望んでいません。

| 世捨人 | 2011/12/24 20:11 | URL |

Re: タイトルなし

ときさん

>自損事故自慢に加えて、盗難自慢、鍵自慢、肌身離さず自慢、分解自慢まで、それこそマニアには堪えられない一品でしょう。

海外通販に手を出す輩(やから)もいますね。

>悲惨な交通事故の当事者となっているのは、手首の一捻り、アクセルの踏み間違いで、あっという間にコントロール不能となる加速力を持つ自動車であり、自動二輪(原付も)であることは、払暁さんのお兄様の事例のとおりです。

身体がむきだしで走行が不安定となりがちな自転車で、危険な車両が走行する車道は避けましょう。

>いよいよ出入り禁止の予告ですかね。 まあ、世捨人さんの完敗宣言と受け取りましょう。

常に出入り禁止をおびえていらっしゃいますが、車道を走る自転車乗りがドライバーの顔色をうかがっているのと同じ心境なのでしょうか。

| 世捨人 | 2011/12/24 20:19 | URL |

世捨人

>原付バイクの法定速度以上のスピードを出しても咎(とが)められないのはなぜですか?

自転車は原付バイクとは構造が異なります。
原付と自転車を比較する必要はありません。

>自転車の時速25キロは安全な速度ですか?

充分に安全に走れる速度ですよ。
要は運転技術の問題です。
乗り方が下手な人は15キロ以下でも危険です。
上手く乗れる人は30キロ以上出しても危険はありません。

>危険だから時速15キロ以下にしろ

自転車の走行場所は原則として車道左端です。
車道において15キロ以下の低速で走るのは逆に危険です。
30キロ前後の速度で車の流れに乗って走るのが安全です。
歩道上は徐行が義務ですから既に15キロ以下という法的な制限があります。
自転車に固有の制限速度を設ける必要性はありません。


>自転車ブームで成人男性が乗るようになったため、歩道から追い出されようとしています。

事実に反する妄想はやめましょう。
自転車で無謀な歩道走行をするのは成人男性だけではありません。
むしろ、中高生などの学生の方が多いですよ。


>なぜ原付バイクの法定速度は時速30キロなのでしょうか?

原付の正式名称は原動機付き自転車です。
原付と自転車の規定が異なるのは、車体の構造が根本的に異なるからです。
原付は、自転車よりも重い車体に自転車よりも強力な動力源を搭載しています。
同じ60キロ走行で比較すれば、危険性が高いのは間違いなく原付です。
原付はガソリンエンジンで加速性能が高く、車体が重いので制動距離が長くなります。
自転車は人力だから加速力は弱く、車体が軽いので制動距離も短いです。
原付に自転車よりも細かく厳しい制限があるのは、原付が自転車よりも危険な乗り物だからです。
自転車は、原付ほどの規制をしなくても安全に走れる乗り物だと言う事です。

| メッセンジャー | 2011/12/24 23:53 | URL | ≫ EDIT

世捨人さんへ

>>自損事故自慢に加えて、盗難自慢、鍵自慢、肌身離さず自慢、分解自慢まで、それこそマニアには堪えられない一品でしょう。
>海外通販に手を出す輩(やから)もいますね。

まさか、性懲りも無く「かっきー」さんのことじゃないですよね。もう良いでしょう。ご勘弁下さい。お二人で勝手にやってください。

>>悲惨な交通事故の当事者となっているのは、手首の一捻り、アクセルの踏み間違いで、あっという間にコントロール不能となる加速力を持つ自動車であり、自動二輪(原付も)であることは、払暁さんのお兄様の事例のとおりです。
>身体がむきだしで走行が不安定となりがちな自転車で、危険な車両が走行する車道は避けましょう。

自転車は真っ直ぐ前だけを見て走っています。自転車の後方からの追突だけはご勘弁下さい。
スピードでは自動車や自動二輪には到底かないません。
勝手に安全運転で追い越して行って下さい。お願いします。

>常に出入り禁止をおびえていらっしゃいますが、車道を走る自転車乗りがドライバーの顔色をうかがっているのと同じ心境なのでしょうか。

お引き取り願います。

| ときどきオアゾ通勤ローディ | 2011/12/28 17:17 | URL |

で、運送業者等が利用している、普通自転車の規格を超えたサイズの自転車。
20km/h程度で車道を走るのをどう思われますか?
歩道を走行するには、物理的に不可能なケースも多々ありますが。


ところで、なぜ画像をすり替えたの?

| かばねやみ | 2012/04/10 20:22 | URL | ≫ EDIT

自転車は車道を走れと警察は言っている。法律でも車道。歩道は歩行者用。
嫌な車は自動車専用道を走れば

| 自転車 | 2015/04/12 21:53 | URL |

Re: タイトルなし

自転さん

>自転車は車道を走れと警察は言っている。法律でも車道。歩道は歩行者用。嫌な車は自動車専用道を走れば

「白チャリ」は歩道を活用しています。参考にして下さい。

| 世捨人 | 2015/04/15 23:17 | URL |

各国は渋滞軽減の為に、自動車を削減して自転車を増やす政策を推進しているようですね。

世界各国「重大事故削減と自動車公害削減、渋滞軽減の為に自動車への規制強化・課税強化で自動車を削減し、自転車を増やします」
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/car/1461543122/

| さとう | 2016/08/10 00:37 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

さとさん

>各国は渋滞軽減の為に、自動車を削減して自転車を増やす政策を推進しているようですね。 世界各国「重大事故削減と自動車公害削減、渋滞軽減の為に自動車への規制強化・課税強化で自動車を削減し、自転車を増やします」
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/car/1461543122/

放置車両問題など弊害からでしょうか、自転車削減のため「自転車シェア」が台頭していますね。

| 世捨人 | 2016/08/24 14:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/296-75979029

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT