今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世捨人語10年12月8日 「ショッピングセンター内での交通事故に注意」

本日(9日)発売の週刊文春(12月16日号)によると、大型商業施設や高速道路サービスエリア内の駐車場での交通事故が10年前の2倍となる2万4000件発生しているとのことです。記事では「速度計が動くか動かないほどの速度で走行を」と注意喚起しています。

多くの駐車場は走行車線の両側に駐車スペースが設けられています。発進する車両や車の陰から飛び出す歩行者など、場内を走行するときは両サイドの車両に注意を払う必要があります。

郊外の大型商業施設は休日にもなると駐車場は満車に近い状態となります。空きスペースをみつけるために、場内をぐるぐる探し回らなければなりません。探すのに夢中になって接触事故が発生するのでしょう。

当方も背の高いワンボックス車の陰から急発進した乗用車にヒヤリとさせられた経験があります。また、車が出て空いたのを発見するなり猛スピードでバックする輩(やから)には閉口しました。

駐車場を走って店内や車両へ向かう子どもがいると運転中でなくとも気がもめます。文春の記事は車両同士の接触事故を念頭にしているようですが、ハンドルを握る人はもちろん保護者も子どもの動きには十分注意を払い、楽しい買い物が悪夢にならないよう願います。
関連記事

| 19:04 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/228-f1b99687

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT