今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

競技用自転車乗りを法の網にかけよ

▼「両足を地面に着けるのは、足をブレーキ代わりにするため」とは一言も触れていません。勝手に話を進めないでください。いわゆるママチャリに乗っている人は足が地面に着くようサドルの高さを調整して乗っていますが、足をブレーキ代わりにしている人を見たことありますか?強いていえば、乗り始めてまもない子どもぐらいでしょう。もちろん、両足が地面に着かない構造の競技用自転車乗りにはできるはずがありません。

▼「止まってから足を着けるもの」とありますが、徐行中はぺダルから足を外してバランスをとったほうが転倒のおそれがなく安全だと思います。その時、交通教則にあるように、つま先が着くぐらいがちょうどよいのでは。また、ふらついたとき、急ブレーキかけたとき、乗る時、降りる時も「サドルに座った時に地面に足が着く体に合った自転車」の方が安全に動作できるのは明らかでは。自動2輪車で両足が着かないライダーはいませんが、なぜだと思いますか。よく考えてみてください。

▼競技用自転車はレースを前提に設計されてます。レースで使用するなら、走ることのみ考えればいいので心配いりません。しかし、赤信号や一時停止標識などに従わなければならない公道走行には、足が着かない競技用自転車は適していません。その辺は、普段乗っている貴殿が一番よく知っているのでは。

▼「交通教則はスポーツ自転車を想定していない」との不満はよくわかります。まさに私が訴えている「競技用自転車の公道走行を禁止・規制を」との考えに通じます。ママチャリと競技用自転車を同類で扱うのは無理があります。道交法にしても競技用自転車が公道を暴走することを予定していなかったため不備が指摘されています。制限速度、免許制を含め競技用自転車の法整備が必要です。

▼【「「両足」が地面に着く」なんてどこに書いてあんの?】(のんちゃん)
確かに、文字を照らし合わせても同じことは書いてないね。もう少し大きくなって、文章読解力をつけてから読んでみよう。

▼「昨年6月に改正された道路交通法の自転車に関する記事と、貴殿の意見を」( 記念真紀子)
「競技用自転車は除く」(競技用自転車の定義は別に定める)という付則が必要かと思います。競技用自転車に新たな規制を設けてママチャリと明確に区別する必要があると考えます。

「競技用自転車の公道走行禁止・規制運動」の根底は乗員を含めた交通安全を願ってのことです。曲解しないでください。なぜ目くじらをたてて反論するのか理解に苦しみます。

さて、「今日のくそったれ」はコメントには一切応じないことを基本にしてきました。今回を含めて3回、イレギュラーとなりました。「愚問する輩(やから)」のひとさんコメントに「目くそ鼻くその世界」との批判もあります。そろそろ通常の「くそったれ」に戻したいと思います。
関連記事

| 22:49 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/21-2d891420

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT