今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

愚問する輩(やから)

▼「両足が地面につかなかったものが原因で誰かに危害が及んだり、怪我をしたり、というケース?」、言いがかりは止めましょう。私は自転車乗りの安全のために訴えているのです。ところで、貴殿の仲間が落車して怪我を負った原因は何ですか?その後の具合はいかがでしょうか。心配です。

▼「安全に止まることができる」と難癖されてますね。そうであるならば、歩行者に危害を加える恐れがなさそうなので、競技用自転車は歩道走行限定とし、ゆっくり走ればいいのでは。サドルの位置を高くするのはスピードを出すため。それゆえ車道で暴走し周囲に迷惑をかける。公道はもっとゆっくり走りましょう。マナー以前の常識の問題です。

▼「両足が地面につかない、イコール危険だとというのは、あなたの思い込み」とほざいてますね。長身の人が使っている自転車を借りたとき、両足が地面に着かず恐怖を味わいました。また、お子さんが自転車を乗るようになったとき、足が地面に着かない自転車を勧められますか? 交通教則を再掲載します。頭を冷やしてください。

▼以上、自転車は、利用の方法によって、走る凶器となります。理解できましたか?「一緒くたに批判されるのもどうか」とありますが、貴殿を批判しているのでありません。被害妄想に陥るな。ジャーナリストの夢を腐らず追い続けてください。陰ながら応援させていただきます。



【交通の方法に関する教則(自転車関係分)昭和53年国家公安委員会告示第3号】
第3章 自転車に乗る人の心得
自転車の通行方法は、特別の場合のほかは自動車と同じです。
自転車に乗るときは、特にこの章に書かれている事柄に注意しましよう。
第1節 自転車の正しい乗り方
1 乗つてはいけない場合
(1)酒を飲んだときや疲れが激しいときは、乗つてはいけません。
(2)略
(3)サドルにまたがつたときに、足先が地面に着かないような、体に合わない自転車には乗らないようにしましよう。
(4)略
(5)略
(6)略
関連記事

| 22:55 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/19-77f06a50

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT