今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

交通安全会議 テーマ「競技用自転車はクルマに進路を譲れ」

交通安全会議 

世捨人 : 競技用自転車の爆走練習は専用施設でお願いします。
世捨人 : 危険を伴う公道練習は絶対におやめください。
世捨人 : 危険な自動車が走行する車道を、自転車で走るのはおやめください。
世捨人 : フルーラさんはトラック愛好家ですか?
フルーラ : 私はトラック競技はしてません。
世捨人 : トラックの意味が違います。
フルーラ : 自動車ですか?
世捨人 : そうです。
フルーラ : トラックやバスは好きだし、趣味で大型二種を練習する程ですからw
フルーラ : もちろん免許取得を目指してます。
世捨人 : 右左折や後退時に音声が出る車両を運転していますか?
フルーラ : 私はクルマを所有してませんが、
フルーラ : 教習車ならバック音はでます。
フルーラ : ウインカー連動警報音はでません。
世捨人 : トラックを運転したことありますか?
フルーラ : トラックはないですよ。
フルーラ : 乗ってみたいとは思ってます。
世捨人 : 宅配車両のトラックは周囲の安全に配慮していますね。

続きはこちら


収録
7月24日23時45分~翌25日午前0時45分


関連記事

| 23:21 | コメント:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

都内は自転車天国。

世捨人さんの、基本姿勢は「無法者、チンピラには逆らうな、逃げろ」ですね。
それには、歩道走行が一番だと。
貴重なご意見、有難うございます。
ただ、ここ1~2年、都内では、そういう車輌にはお目にかかれておりません。
世捨人さんの危惧をよそに、ドライバーの意識は、「弱者優先」という方向に、変わりつつあるように思います。
まあ、都内を走るクルマは、いちいち自転車ごときにイライラしないし、する必要もない、というのが本当の所かもしれませんが。
それと、都内を移動するクルマの平均時速はほぼ20キロ弱で、自転車移動速度と大して変わりません。
実質、クルマの移動速度を決めているのは、信号によるところが殆どで、渋滞の原因は、事故、工事が全てといっても過言ではないでしょう。
これはほぼ毎日、自転車で車道走行している私の、「肌感覚」であります。

因みに私の走行スピードは、平地、無風で25~30キロくらい。世捨人さん定義の、爆走スピードです。





| リメン | 2010/07/26 18:10 | URL |

No title

現実からかけ離れているので、誰もコメントできないようですね。

| エディ | 2010/07/26 22:36 | URL |

Re: 都内は自転車天国。

リメンさん
> ただ、ここ1~2年、都内では、そういう車輌にはお目にかかれておりません。

「東京砂漠」ではありませんが、みな見て見ぬふりをしているのですね。


> 世捨人さんの危惧をよそに、ドライバーの意識は、「弱者優先」という方向に、変わりつつあるように思います。

本気で「ドライバーの意識は弱者優先」とでも思っているのでしょうか?
ドライバーが守ってくれるから、後方確認もせず車線変更をするのでしょうか?
勘違い甚だしいですね。こうした意識の低さが事故を招きます。
お気をつけください。

> 実質、クルマの移動速度を決めているのは、信号によるところが殆どで、渋滞の原因は、事故、工事が全てといっても過言ではないでしょう。


道幅の狭い都内の車道においては、自転車の「追い抜き」は困難で、車線をまたいだ「追い越し」をせざる得ません。これが渋滞の原因となっていることを肝に銘じてください。そしてドライバーの白い眼の意味をしっかりと受け止めてください。

> 因みに私の走行スピードは、平地、無風で25~30キロくらい。世捨人さん定義の、爆走スピードです。

自転車にも原付バイクに準じた法整備が必要ですね。
周囲に迷惑をかけず、そして安全運転を心がけてくだい。


確かに都内は「自転車天国」ですね。
下記の記事・画像をご覧ください。
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-85.html
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-131.html
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-135.html
http://38moto3.blog83.fc2.com/blog-entry-157.html

| 世捨人 | 2010/07/27 12:12 | URL |

Re: No title

> 現実からかけ離れているので、誰もコメントできないようですね。


泣く子も黙るといったところでしょうか?

| 世捨人 | 2010/07/27 12:14 | URL |

No title

まぁ、そんなところでしょうね。
ほとんどが「荒らし」ということですから、
全く持って無意味ですね。

| エディ | 2010/07/27 20:53 | URL |

見て見ぬ振り他

さすが世捨人さん、
都内を走るドライバーの皆さんは、「見てみぬ振り」をすることによって、感情をコントロールしているのですね。
自転車とクルマの対立を防ぐ為の、キーワードになりそうです。

私が使った「弱者優先」という言葉は、さほどのストレスもなく、自転車が走れる環境を作ってくれて有難う、という、ドライバーに対してのリスペクトの意味で、それ以上でもそれ以下でもありません。
「弱者優先」を曲解して、傍若無人に振舞う行為は、最低だと思います。
私の文章に、ご指摘の行為を煽るような部分がありましたら、お詫びいたします。

幅員の狭い道路での追い越しについてですが、一番すっきりとした解決法は、「この先幅員減少につき、軽車輌通行禁止」と、行政側が規制することでしょうね。
私の知恵では、それ以上の妙案は思いつきません。
実体験として、自転車が先頭になった渋滞というものには、遭遇していないので、現実味はありませんが、全ての道路を自転車で走っているわけではないので、そのような道路も、確かに存在するのでしょう。
自転車が原因で、渋滞が頻発する道路。興味があるので、お知らせいただけると幸いに存じます。

それから「自転車天国」の画像。
あれはダメです。環八より外側の甲州街道、大井埠頭、緑豊かなバイパスのような道路。唯一、ピストが交差点で必死になっている画像は、都内の雰囲気を醸し出していますが、それ以外は私のイメージする「都内」とは、かけ離れています。
お忙しい中、取材するのも大変だろうと思いますが、
「都内」というよりは、「都心」を連想させるような画像の掲載を切に祈っております。



| リメン | 2010/07/28 10:55 | URL |

Re: 見て見ぬ振り他

リメンさん
道幅の狭い車道では歩道を走行した方が安全です。
自転車通行禁止の歩道であれば自転車から降りれば歩行者扱いとなり通行可能です。
ご参考までに。

自転車が引き起こす渋滞についてですが、クルマを運転されたことはあるでしょうか?
自転車が渋滞を先導するという状況はマレでしょう。
よくあるのは、自転車を追い越そうとする車両で流れが悪くなることです。
片側一車線の道路であれば対向車が途切れるタイミングを待ちます。
減速または止まらなければならない状況もあることでしょう。
これが交通の円滑を阻害し渋滞の原因となるのです。
周囲の交通の状況をよくみて走行してください。
ドライバーが冷たい視線を送っていることに気づくと思います。
追い越す際にアクセルを強く吹かすドライバーのメッセージに気づいてください。

貴殿のいう「都内」は山手線の内側を指すのですね。
地方出身者でしょうか?
檜原(ひのはら)村をご存じですか?
自然豊かな場所ですが立派な都内です。
いずれにせよ交差点のど真ん中で曲芸できるのは、自転車天国ならではですね。
ちなみにクラクション鳴らしたり注意する人はいませんでした。
見て見ぬふりしているほかなりません。

貴殿の言葉をヒントに「自転車天国写真集」企画を立案しました。
アイデアありがとうございます。

| 世捨人 | 2010/07/28 13:51 | URL |

渋滞他。

世捨人さんの仰る、渋滞というのは、正確には渋滞の定義には当てはまりませんね。
一般道路での渋滞の定義は、時速10km以下の状態が、ある一定時間続く、となっていたように思います。
確かに、速度差がある車輌を追い抜く際のリスクも、交通安全の為には検証すべき事象であると思います。
私が思うには(当方、ゴールド免許ではありませんが、運転暦は25年以上です)、これは単に道路幅員の問題といってもよろしいと思います。
自転車が道路の左端を走っている場合、幅員4mでは対向車線にはみ出すことはなく、3mではかなりの確率で
はみ出すことになるでしょう。
クルマ寄りの規制の仕方としては、幅員4m未満の片側一車線の車道は、軽車輌進入禁止。
自転車寄りの規制としては、片側一車線は、軽車輌専用道路、片側を自動車の一方通行にするという考えが浮かびますが、如何でしょう。
片側一方通行にした場合には、神楽坂の道路のように、午前、午後で一方通行の方向を変えるというのもよろしいかと思います。

それから、私のイメージする都内とは、山手線内よりかなり狭い範囲、山王日枝神社、神田明神が氏神である地域でしょうか。
テアトル東京で映画を観て、通三町目駅から都電を利用した地域に生まれ育ったもので、大井埠頭や調布辺りを堂々と「都内」として紹介されるのには、少し抵抗があります。檜原村に至っては、避暑地のイメージで、都内という感覚は全くありません。
それはともかく、「自転車天国写真集」の完成、楽しみにしております。

| リメン | 2010/07/30 09:28 | URL |

リメンさん

確かに片側一車線の40キロ道路よりは、複数車線の広い60キロ道路のほうが、自動車側としては追い越しがしやすいです。
しかし実際には広い道路やバイパス等のほうが軽車両通行禁止になっていることが多いです。制限40キロ未満の片側一車線道路で軽車両禁止なんていう道路は見たことないし、あったとしても稀でしょう。
これはちょっとした矛盾だと思います。

狭いところは本当にせまいんです。大型車の横幅はミラー含めて2.5メートルです。で、40キロ生活道路の殆どの車線は2.5~2.8Mくらいです。

神奈川の大型自動車第二種運転免許の試験では、横幅2.5Mの車で車線幅2.5Mの30キロ道路を走ります(゜Д゜)
こんな道で追い越しは・・・

それでも、軽車両禁止や自動車一方通行化には賛同できません。
このどうしようもない状況をうまくクグルのが本物の「プロドライバー」だと思います。
追い越される側が左端に寄るのは当然ですが、それ以上のことを要求してはいけません。緊急車じゃあないし。追い越す側でなんとかするのです。これができなければ「真のプロ」とはいえません。

軽車両側は、大型車に追い付かれたら空いてる場所で一旦停車もしなければならないかもしれません。
ただどこでも止まっていいわけではなく、バス停等を待避スペースにする等しないとダメです。
2.5M幅の車線で止まっても横幅2.5Mの大型トラックバスは通れません。
止まる場所は考えたほうが良いです。
止まれる場所まで到達する間(なるべく30秒以内)は自動車側に待ってもらうこともあります。
路外に出てまで譲ることはないです。
歩行者含めてみんなそんなことばっかりやってるから、いつの間にか「道路は自動車のモノ!」なんていうオカシな暗黙のルールを押し付けられるんですよ。
それは変えなければダメです。

| フルーラ | 2010/07/30 23:26 | URL |

自転車天国写真集

わたしも期待しています。

| エディ | 2010/07/31 22:01 | URL |

No title

結局何ができるの?

| あ | 2010/08/02 01:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/181-bdb3a8f3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT