今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「地面に足が着かない競技用自転車乗りの公道走行を禁止せよ」続報

▼前回の「地面に足が着かない競技用自転車乗りの公道走行を禁止せよ」記事に対し、みやさん(いつもありがとうございます)コメントの、教官の言葉から、ふと疑問が生じました。競技用自転車の正しいポジションは、まさか、サドルに座ったとき両足を地面に着けない高さなのか。

▼早速調べようと、書店で競技用自転車に関する本を数冊読みしました。「ペダリングしやすい理想の姿勢」についての記載はありましたが、両足を地面に着ける着けないに関する記述は発見できませんでした。むしろ、記載することを避けているように感じられました。着けない高さが理想と書いて、危険な行為を推奨したとの批判を免れないので、触れることはタブーであるかのようです。

▼関連の記載とすれば、「サドル位置が高い競技用自転車は乗り降りには慣れが必要だから、初心者はサイクリングロード練習して」と呼びかけていました。また、「上手くなるとペダルの踏み込みが少なくなるからサドルの位置を高くする」という記載もありました。

▼サドルに座って両足が地面に着けないのが、競技用自転車の正しいポジションかどうかは、今日、立ち読みした本から判断できませんでした。いずれにせよ、両足が地面に着かないようでは危険です。競技用自転車はまさに「競技用」であって、公道走行には交通安全面から適しません。競技用自転車の公道走行を禁止もしくは規制が必要だ。
関連記事

| 23:01 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

サイクリング禁止反対

高速度自転車に乗っていて止まる時は,サドルからポンと前へ腰を落として足を着けるように練習すればよい.
サドルに跨ったまま止まるのは幼児や高齢者の自転車だけで十分.

| マイロネフ | 2014/08/21 21:09 | URL | ≫ EDIT

Re: サイクリング禁止反対

旧a38さん

> 高速度自転車に乗っていて止まる時は,サドルからポンと前へ腰を落として足を着けるように練習すればよい.
サドルに跨ったまま止まるのは幼児や高齢者の自転車だけで十分.

意味がわかりません。

| 世捨人 | 2014/08/27 00:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/18-dd241d86

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT