今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

警察官も懸念する競技用自転車の危険性 【復刻版】

警察で交通安全担当にお話を聞きました。
1.交通教則のつま先が着く状態について;
 かかとが少し浮く程度の十分安定して足が着く状態を指しているとの事。
 警察の指導は「両足」が着くように指導しているとの事。
2.公道を走る自転車のスピード;
  安全なスピード、時速12~13Km以下を指導との事。
 安全スピードの徹底を指導しているとの事。
3.競技用の自転車の構造について;
 ハンドルが水平ではなく下側、乗る人が前傾姿勢でスピードが出る構造。
 ブレーキの制動力がスピードが出る割りに、原付バイクより劣り危険が大きい。
 危険回避の制動性が原付バイクより構造上劣る。
4.競技用自転車が公道をスピードを出して走ることについて;
 現在法の規制がなく、規制は出来ないが、
 公道を走る場合は上記の安全スピードを守り、
 足は両足が着く、サドル高さで乗るようにとの事。
 専用レーンのある所などを考慮すべきとの事。

 自転車販売店では販売時に両足が着くようにサドル高さを調整し引き渡すとの事。



参照・「今日のくそったれ」(正式版)

・「地面に足が着かない競技用自転車乗りの公道走行を禁止せよ」(2009・6・14)記事に寄せられた読書からのレポートです。
・元記事のタイトルは「御礼」(2009・6・20)です。
・両記事とも正式版では非公開です。
関連記事

| 23:59 | コメント:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

わたしの意見

1.交通教則のつま先が着く状態について;
大衆へ向けての適切な指導でしょうが、
わたし個人は健康を優先したサドル高にしています。

2.公道を走る自転車のスピード;
賛成です。
この程度の速度なら、ままちゃりであっても急加速による危険回避も可能です。

3.競技用の自転車の構造について;
競技用自転車であっても、加速力が減速力を上回ることは有り得ず、
「車両」の定義に収まっているため全く問題はありません。

4.競技用自転車が公道をスピードを出して走ることについて;
ならば、法規制を進めていただきたい。基準があればわたしたちも安心です。

| エディ | 2010/04/11 19:06 | URL |

ねらーへ

すぐ来い
http://hidebbs.net/bbs/k_c_1?
2chにもコピペしてこい。命令だ。

| エディ | 2010/04/12 20:12 | URL | ≫ EDIT

No title

すぐに来い
http://hidebbs.net/bbs/k_c_1?
2chにもコピペしてこい。命令だ。

| エディ | 2010/04/13 19:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://38moto3.blog83.fc2.com/tb.php/128-739b9057

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT