今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【特報】自転車女子高生がふらつく瞬間

▼暮れなずむ町の光と影のなか、去りゆく自転車へ、贈る言葉がある。動画をみよ。危険なクルマが行き交う車道の路肩で、女子高校生が恐る恐るペダルをこいでいる。

 

▼不安は的中した。歩車道境界の段差(車両乗り入れ部)に自転車タイヤの横腹が接触し、大きくふらつく。制御不能でこのままでは転倒しかねない。クルマのスピードを緩め挙動を見守る。

 

▼幸い女子高生はバランスを取り戻し、事なきを得た。が、バックミラーをのぞくと、クルマが数珠つなぎとなっている。ふらつき自転車が交通の円滑を阻害したわけで、しわ寄せがドライバーにくるわけだ。

 

▼身体がむきだしとなる自転車にあっては、恐怖こらえて車道走るよりも、ガラガラの歩道走る方がいい。道路事情を鑑みるに、自転車の歩道通行を理由に、処罰されることは考えにくい。自転車の歩道活用は絶対だ。


YouTube


Snap()20170525.jpg

ふらつき自転車の挙動を見守るため減速。前を走る

クルマに大きく引き離される


動画:https://youtu.be/VYq03lf2Ir0



| 23:58 | コメント:119 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT