今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


2017年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロードバイクに赤布を義務づけよ

▼前を走る競技用自転車に接近したまま追走する自転車をよくみかける。接触事故を起こしかねず危険極まりない。なぜ、車間距離をあけないのか。


▼原因は競技用自転車の後輪に反射板付きフェンダーがないことだ。700×23Cという極細タイヤが地面と同化し、錯覚で後続の自転車は距離感がつかみにくいからでないか。


▼ご案内のとおり、トラックの荷台からはみ出す積載物の先端には、赤色の布をぶらさげることが法令で義務づけられている。後続車に見えなくてぶつかってしまう恐れを防ぐためだ。


▼競技用自転車とて同じだ。〇・三メートル平方以上の大きさの赤色の布を、別途用意した鉄柱をサドルレールに取り付け、先端に掲出することを義務づけてみてはどうか。法改正が待たれる。




鉄柱の先端に赤い布をぶら下げたトラック

参照

道路交通法施行令(要約)

(制限外許可の条件)

第二十四条  法第五十八条第三項 の規定により出発地警察署長が付することができる条件は、次に掲げるものとする。

 積載した貨物の長さ又は幅が公安委員会が定める制限を超えるものであるときは、その貨物の見やすい箇所に、昼間にあつては〇・三メートル平方以上の大きさの赤色の布を、夜間にあつては赤色の灯火又は反射器をつけること。

 以下略

| 00:20 | コメント:104 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT