今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒルクライムロードバイクに「のぼり」を義務づけよ

▼クルマを運転していてふらふら自転車ほど邪魔な存在はない。ヒルクライムと称し山間部で、競技用自転車がこう配のきつい上り坂をちんたら走行しているのが顕著だ。

▼身体が向きだしとなる自転車にあっては風の影響をもろに受ける。上り坂での向かい風は想像を絶する事態となりかねない。逆風を回避するため大きくだ行したり、力尽きて突然停止するなど危険極まりない

▼肝をつぶすのは後続のクルマだ。密室空間で風を肌で感じることができないドライバーに、風向きや風速に関する情報を与えれば、風に弱い自転車の動きを予測することができ安心だ。

▼そこでヒルクライム競技用自転車にのぼり旗を義務づけてみてはどうか(画像参照)。旗のなびき具合で風の様子を知ることができる優れものだ。のぼりには「交通安全」の文言を入れたい。法改正が待たれる。



              自転車に掲げたのぼり旗で風
              向き、風の強さがわかる

| 23:38 | コメント:34 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT