今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


2016年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロードバイク、これが「名古屋走り」だ 

▼とある新聞報道によると、愛知・名古屋市民のクルマの運転マナーが悪いという。止まるべきである黄信号でも、速度を上げて突っ込んだり、ウインカーを出さずに車線変更するなど違法走行を繰り広げているそうだ。俗に「名古屋走り」と揶揄(やゆ)されている。


▼名古屋走りは当地だけの〝ローカルルール〟なので、まだ救われる部分がある。ひるがえって競技用自転車。ご案内のとおり、マナーの悪い運転をする競技用自転車は全国共通だ。


▼最近目立つのが「ロケットスタート」。画像をみよ。信号が青に変わるやいなやのフライングすれすれの見切り発車。バス、タクシーの右折が完了していないにもかかわらず、交差点のど真ん中まで進入しているほどだ。


▼安全な速度と方法で交差点を曲がっているところにプレッシャーをかけられた、バス・タクシードライバーの恐怖は想像を絶する。運転マナーが問われる悪質な走行と言わざるを得ない。競技用自転車の「名古屋走り」追放は不可避だ。法改正を待ちたい。


左右の安全を確認せずに交差点に進入する競技用自転車

参照

| 23:23 | コメント:63 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT