今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


2016年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロードバイクに優しいトラック

▼渋滞中の道路は危険がひそんでいる。クルマのドライバーは渋滞から抜け出そうと、周囲の安全確認をせずに急左折や車線変更をすることがよくある。そこへ二輪車がすり抜けすれば、惨事を招くのは火を見るより明らかだ。

動画をみよ。都内の幹線道路。渋滞で低速運転を強いられている。オートバイ2台が左側から立て続けにすり抜けていく。道路幅が広いためか、幅のあるトラックの横でさえもスピードを落とすことなくすり抜けていく。

▼業を煮やしたトラックドライバーは路肩寄りに進路を変更。すり抜けできる空間を封鎖した。そこへ現れたのが競技用自転車乗り。ビンディングペダルを外し「足けり走行」で徐行したことから、効果てきめんであったようだ。

▼動画のトラックの行為は、自転車乗りの生命・安全を救ったともいえよう。自転車と並走中に進路変更を行ったわけでないので、これを幅寄せだと騒ぐのはお門違いだ。注意されたし。


| 00:01 | コメント:30 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT