今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


2015年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

電動アシスト自転車に速度規制を

▼電動アシスト自転車なるものがはびこっている。小型バッテリーで原動機(モーター)を動かし、ペダルをこぐ力を軽減させるものだ。上り坂を走行するときや3人乗り自転車などで重宝されている。

▼電動アシストについては道路交通法法施行規則で規制されており、時速24キロを超えるとモーターを停止させる構造としなければならないとなっている。

▼当ブログでは自転車の制限速度を時速15キロとしているが、この施行規則を曲解し自転車は24キロまでは出してもいいというお墨付きを得たと勘違いする輩(やから)もいるが、別問題であり注意したい。

▼いずれにせよ、電動アシスト自転車は加速性能が優れておりスピードが出やすいのは事実だ。が、追求すべきはスピードでなく交通の安全の確保。電動アシスト車の普及を機に、自転車固有の速度規制(時速15キロ)を設けるべきだ。法改正が急がれる。


競技用自転車の電動アシスト車。スピード規制は待ったなし

| 23:03 | コメント:81 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |