今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


2015年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「自転車ナビライン」を抹消(まっしょう)せよ

▼当ブログ恒例の覆面調査。今回は「自転車ナビライン」実態調査のため都内近郊の商業地へと出向いた。自転車ナビラインは交差点における自転車の安全な通行を促すために、「青色の矢羽根型」を路上に表示したものだ。

▼これは消滅の危機にひんしている「自転車横断帯」の代替なのか。横断歩道横の自転車横断帯を通行するには、左折すると思いきや直進するという奇跡を描くため危険だと騒ぐ輩(やから)がいた。そのためか、ナビラインは交差点を一直線で結んでいる(画像①)。

▼で、覆面調査はナビライン通行自転車に直撃取材するというもの。悲しいかな、1時間余りの調査で、ナビラインを走行する自転車を1台たりともみなかった。車道で爆走を繰り広げる競技用自転車をはじめ、目撃した全ての自転車は横断歩道を通行する始末(画像②)。

▼なぜ、ナビラインを避けるのだ。原因として考えられるのは、矢羽根型のデザイン。急カーブ注意の表示で使われているように(画像③)、ナビラインを通行するのは危険なにおいがするからであろう。ドライバーとて矢印に惑わされ、ハンドル操作の誤りを誘発するであろう。迷惑かつ危険だ。直ちに消せ。


①ドライバーの目を惑わす交差点内にひかれた青色のナビライン。
自転車は避けるように歩道を通行



②覆面調査を警戒する競技用自転車。ナビラインを
大きくそれる


③急カーブの注意を呼びかける赤色の矢羽根



参照
東京国道事務所HP
http://www.ktr.mlit.go.jp/toukoku/anzen/cycle/index.htm

| 23:45 | コメント:42 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT