今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


2014年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

競技用自転車に「ダンス規制」を設けよ

▼クラブディスコをはじめ「客にダンスをさせる営業」をするには、公安委員会から風俗営業の許可が必要となっている。 風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)で定めている、いわゆる「ダンス規制」だ。

▼ところで、競技用自転車乗りは時折、サドルから腰を浮かし車体を左右に大きく揺らしている。「ダンシング」という立ちこぎだ。 ダンシングとは言い得たもので、華麗なステップを踏み踊っているかのようだ(動画)。

▼ダンシングは、上り坂を駆け上がるときや、平地では急発進や急加速をするときに多用されている。クルマでいえばアクセルを全開にしたまま走行するようなもので、ハンドル操作を誤り衝突・転倒した時の被害は計り知れない。

▼危険が伴うにもかかわらず何ら規制がなく野放図となっているのが現状だ。そこで、ダンシング(立ちこぎ)を禁止行為として道路交通法に明文化してみてはどうか。名づけて「自転車版ダンス規制」。公道における安全・安心を担保するために不可欠だ。法改正がまたれる。


| 01:03 | コメント:256 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT