今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

違法駐輪場を設置する輩(やから)

▼先日、古文書を探しに東京・神田神保町を散策していたときのこと。靖国通りに出ると度肝を抜かれた。な、なんと、競技用自転車がパイプにぶら下がっているのだ。その数2台。700×23Cの極細タイヤが、通行人に向け鋭いキバを光らせている。

▼塗装を塗り替えたフレームを乾かすため、天日干しでもしているのか。違う、どうやら競技用自転車専門店が店の前に設置した来客用の駐輪場だ。体操器具の鉄棒のような構造物で、スタンドがなく自立できない競技用自転車が、サドルの先端をひっかけて駐輪するものだ。

▼ふざけるな、と言いたい。ここは歩道だ。店の前といえどもれっきとした公道であり、許可のない私的利用は到底許されない。しかも、競技用自転車はひもでしっかり固定されているわけでもなく宙ぶらりんの不安定の状態であり、通行人が誤って触れて車体が落下したら惨事は免れない。

▼自転車店にあっては、自転車を単に売るのでなく、ルール徹底など交通安全に対する啓発をしたうえで車両を引き渡す社会的役割が期待されている。「違法駐輪場」設置というアウトローに手を出す店に何ができようか。11月中に再度、現地を訪れる。それまでに改善してもらいたい。



通行人を挑発する違法駐輪場の競技用自転車

| 00:32 | コメント:81 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT