今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世捨人語 「見識疑う 毎日新聞自転車報道」

秋の全国交通安全運動のさなか、とんでもない事件が飛び込んできました。京都で通学途中の児童の列に暴走自動車が突っ込むという痛ましいニュースです。

夕刊各紙(9月24日付、都内版)をみると朝日、読売は1面で写真とともに大きく報じていました。経済専門紙の日経は社会面でのみ扱っていましたが、残念だったのは毎日新聞。

なんと1面トップ記事は路面表示「ナビライン」により自転車の車道走行が増えたという、何とも能天気な内容。ナビラインは都内交差点にわずか2カ所設置されているだけということですが、効果てきめんだと騒いでいます。

京都の事故は、歩道に簡易な防護柵しかなく強固なガードレールがあれば防げたと悔やまれます。安全な歩道の推進について考えさせられる出来事であったにもかかわらず、車道を走る自転車が増えたことを真っ先に喜ぶのは、国民感情を逆なでするものだと憤りの念を禁じえません。


主要紙の夕刊1面(9月24日付)

| 00:57 | コメント:54 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT