今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

競技用自転車乗りに「フットブレーキ」を義務づけよ

▼先日、クルマを運転していたときのこと。赤信号で停止中、すり抜け競技用自転車が前に出てくる。前輪を交差点の中に突き出して止まった。両足はペダルに置いたまま、身体を横に傾け左手でガードレールにつかまり静止を試みている。

▼風が強いのか、それとも交差点を通過するトラックの風圧による影響か定かでないが、この競技用自転車乗りは前後に車体をふらつかせたままだ。一歩間違えればバランスを崩し、勢いあまって交差点内に転倒しかねない危険な状態だ。

▼信号待ちで停止中は、両手で前後のブレーキをしっかりかけることが肝要である。特に、自立できない2輪車にあっては、運転者の両足を地面にべったりと着地させることで挙動が安定する。すなわち両足でロックをかけるわけで、文字通り「フットブレーキ」てなわけだ。

▼2輪のライダーや普通自転車乗りは停止中、「フットブレーキ」を当然のように使っている。使っていないのはビンディング着脱を嫌う競技用自転車乗りだけだ。そこで「フットブレーキ」を義務づけてみてはどうか。両足が地面につかないサドル高も必然的に解消され、競技用自転車乗りの安全に資する。法制化を待ちたい。


信号待ちでふらつく
競技用自転車乗り

| 00:35 | コメント:32 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT