今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「 自転車は車道?」笑わせるな

▼つい最近、交通事故現場に遭遇した(写真)。軽自動車がガードレールに激突。現場は見通しのよいゆるやかなカーブ。スピード超過か前方不注意によるハンドル操作の誤りであろう。

▼次の瞬間、不安が頭をよぎった。「車道走行の自転車が巻き添えに…」。身体がむきだしで走行が不安定となりがちな自転車にあつては、運転者は事故の衝撃で内臓破裂や頸椎(けいつい)損傷、最悪の場合は命をも落とす。

▼警察の現場検証が行われていたが、幸い、ドライバーの単独事故で被害者はいないようだ。何が起こるかわからないのが事故の恐ろしさ。今回の写真を見て、車道を走ることに危険を感じない自転車乗りはいないであろう。

▼一方、歩道に目を向けてもらいたい。ガードレールが自動車の進入を防いだ。歩道にいる限り無傷であろう。しかもこの歩道は幅が広いうえ、車道に比して交通量が少ない。車道より安全であることは一目瞭然だ。自転車の車道走行について再考を促す。


追突の衝撃でバンパーがへこんだ軽自動車

| 01:11 | コメント:71 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT