今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ふざけるな「ロードバイク」

▼先日、自動車を運転中のこと。信号待ちをしていたら、ものすごい勢いで競技用自転車乗りが、ひざが地面につかんとばかりの勢いで右折してきた。

▼「危ないゾ」という警告クラクションを鳴らそうと思った次の瞬間、驚愕の事実を発見する。なんとこの競技用自転車乗り、前を見ていないのだ。下を向いて運転しているではないか。

▼なるほど、カラクリがわかった。きつい前傾姿勢を余議なくされるドロップハンドルが原因だ。競技用自転車にまたがりハンドルを握ると、自然と下を向いた状態となる。首筋に力を入れて頭を起こさなければ前を向くことができないのだ。

▼前傾姿勢で頭が下がるのは二足歩行のホモ・サピエンスの宿命である。この状態で自転車に乗るのは、前方不注意による事故を誘発し危険極まりない。サドル高も関係していよう。いっそのこと競技用自転車の公道走行を禁止としたい。

unsafety.jpg
下を向いて運転する競技用自転車乗り

| 22:51 | コメント:203 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT