今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

競技用自転車、これが渋滞の原因だ。

▼先日、クルマを運転していたときのこと。都内某所。片側一車線の道路。沿線にはメーカーの工場があり、トラックなど交通量が多い場所だ。混雑のため流れが悪い状態であった。

▼反対車線に目をやると、驚愕の光景を目にする。なんと、大型トラックが競技用自転車乗りに進路をふさがれているでないか。道路幅が狭いなど追い越しができず、トラックは制限速度時速40キロの道路を、速度が安定しない競技用自転車のスピードに合わせ、ノロノロ運転を強いられるハメに。

▼トラックの後ろには車が列をなしていた。すなわち渋滞の原因となっているのだ。トラックの運転手は「プシュー」というエアブレーキのエア抜きで注意を呼びかけているが、競技用自転車乗りは進路を譲る気配はない。物流に支障をきたしかねない。

▼競技用自転車乗りは専用ウエアを着ており明らかに爆走練習中だ。交通の秩序の観点から、配慮に欠けた行為でないか。歩道に目をやれば通行人はいない。国内の幹線道路の多くは、車道の交通量に比して並行する歩道はガラガラで、自転車の走行が可能だ。歩道を走れ。


dam01
譲り合いの精神の欠如によって渋滞に

| 02:35 | コメント:259 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT