今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

競技用自転車の前ギア変速機取り付けを全面禁止せよ

▼競技用自転車は前ギアにも変速機能を備えている。ペダル付近にギアが2枚重なっているのがわかる。無数の鋭い歯がむきだしになっており、子どもたちがみたらみな恐怖で泣き崩れそうだ。

▼人体を切断可能な危険な部品が公道にはびこっているわけで、早急に対策を講じなければならない。ママチャリのように前ギアが1枚だけならまだしも、2枚ともなるとすっぽり覆うカバーの取り付けが技術的に困難なのか、野放図となっており由々しき事態だ。

▼この前ギアを製造しているのは主にシマノという釣り具メーカーである。「ギアガード」なるもので対策を施している製品もあるが、サイド部分を保護しているだけなので十分とはいえない。安全に対するメーカーとしての社会的責任を果たしているのか疑問だ。

▼前ギア変速の用途は多段変速による爆走が目的である。もっとも、前ギアの変速は後ギアに比してほとんど使用されていないという。ならばいっそのこと、公道の安全・安心を確保するため、自転車の前ギア変速機の製造・販売および公道使用を全面禁止すべきだ。

00000(3).jpg
「ギアガード」(銀色の部分)が施された普通自転車の前ギア
ree0006.jpg
鋭い歯が露出し危険な状態の競技用自転車の前ギア

| 01:06 | コメント:62 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT