今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

競技用自転車に補助輪設置を義務付けよ

▼自転車は低速走行には向いていないという。時速15キロ以下のすぐに止まれる安全な速度で走ると、ふらふらして安定して走行できないとのこと。交通安全の観点から由々しき問題である。

▼そこで妙案。全ての自転車に補助輪設置を義務化したらどうか。そう、子ども用自転車の後輪の両脇に取り付けてある補助輪だ。これなら制止した状態でも転倒しないので、低速走行でもバランスを崩すことはない。運動能力が衰えた高齢者も安心して乗ることができる。

▼特に無音に近い競技用自転車の走行については、プラスチック制の補助輪を取り付け、「ガラガラガラ」と走行音を発生させることは意義がある。自らの存在を示すことになり、前を行く歩行者に注意喚起でき安全・安心につながる。両足が地面に着かないサドル高でも安全なことはもちろん、足を固定するビンディングペダルを着脱する煩わしさから常態化していた信号無視も根絶できる。補助輪は競技用自転車に不可欠だ。

▼ただ、大人が補助輪付きの自転車に乗るにのは抵抗感があるという批判もあろう。そのため補助輪のデザインや構造を改良するなどして、マイナスイメージを払しょくさせることが重要となる。いずれにせよ自転車の危険性が至るところで叫ばれるなか、自転車のあり方について根本的な見直しが急務だ。

赤字部分追記(3月29日)


制限速度法制化とともに補助輪設置論が浮上
1320001.jpg

| 23:39 | コメント:167 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT