今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

警察官も懸念する競技用自転車の危険性 【復刻版】

警察で交通安全担当にお話を聞きました。
1.交通教則のつま先が着く状態について;
 かかとが少し浮く程度の十分安定して足が着く状態を指しているとの事。
 警察の指導は「両足」が着くように指導しているとの事。
2.公道を走る自転車のスピード;
  安全なスピード、時速12~13Km以下を指導との事。
 安全スピードの徹底を指導しているとの事。
3.競技用の自転車の構造について;
 ハンドルが水平ではなく下側、乗る人が前傾姿勢でスピードが出る構造。
 ブレーキの制動力がスピードが出る割りに、原付バイクより劣り危険が大きい。
 危険回避の制動性が原付バイクより構造上劣る。
4.競技用自転車が公道をスピードを出して走ることについて;
 現在法の規制がなく、規制は出来ないが、
 公道を走る場合は上記の安全スピードを守り、
 足は両足が着く、サドル高さで乗るようにとの事。
 専用レーンのある所などを考慮すべきとの事。

 自転車販売店では販売時に両足が着くようにサドル高さを調整し引き渡すとの事。



参照・「今日のくそったれ」(正式版)

・「地面に足が着かない競技用自転車乗りの公道走行を禁止せよ」(2009・6・14)記事に寄せられた読書からのレポートです。
・元記事のタイトルは「御礼」(2009・6・20)です。
・両記事とも正式版では非公開です。

| 23:59 | コメント:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一般道を走る競技用自転車に制限速度を設けよ  【復刻版】

▼時速50㌔近くのスピードで自動車を運転中、競技用自転車と並走したときは驚愕した。自転車がこんなにスピードが出るのかという驚きもさることながら、自動車なみに走るのはスピードの出しすぎで爆走ほかならない。

▼原動機付自転車(原付)の最高速度が時速30㌔が原則なのに対し、自転車には最高速度の規定がない。原付より速い速度で走行しても咎(とが)められないわけだが、自転車は安全な乗り物なのか?乗員保護の観点からすれば明らかに自転車は危険でないか。ヘルメット着用義務、バックミラー、常時ライトの点灯、方向指示器、スピードメーターなど原付のような安全走行のための規定がない。まして、自転車を必死の形相でこぎながら、後方など周囲の安全を確認しながら走行できるとはとても思えない。

▼足でこぐ自転車はそんなにスピードは出ず、競技用自転車で一般道を自動車なみのスピードで爆走する輩がはびこることを予定していなかったから、法が整備されていないのだろう。競技用自転車は乗員の運動能力によってかなりのスピードが出るようなので、安全確保のためにも速度制限が必要だ。原付の制限速度は自動車(原則、時速60㌔)の半分であることを考慮すると、自転車は時速15㌔ぐらいが妥当か。

▼一般道はトラック、バスなど大型車や猛スピードで突っ走る乗用車も走行していて危険と隣り合わせだ。石ころなど路上の障害物にハンドルをとられた拍子に他の車両と接触し転倒すれば、大けがどころか命も落としかねない。「競技用自転車で爆走するのはやめなさい」。悲惨な交通事故によって尊い命が失うことがないよう願う。



「今日のくそったれ」(正式版)2008年11月19日掲載。

一般道を集団で爆走する競技用自転車乗り
DSCN4528l0001.jpg

| 23:38 | コメント:53 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

競技用自転車で一般道を爆走する輩(やから) 【復刻版】

▼自動車を運転していると二輪車ほど邪魔な存在はない。バイクのみならず自転車も車道を走ることを道路交通法は定めている。競技用自転車に乗って猛スピードで走る輩は危険極まりない。サイクリングというよりレースをやっている感じだ。排気音の出ない暴走族と同じでないか。

▼前方を走っている自転車の横を通過するとき、片側一車線の道路だと少し車線をはみださなければならない。対向車がなくなるまで、自転車のペースに合わせなければならない場合もあり、渋滞の原因にもなる。

▼追い越した自転車が、信号待ちで止まっているときに、追い越されると腹が立つ。また、前方でまた同じ行為をしなければならないからだ。運転者のなかには信号待ちのとき、ガードレールぎりぎりに車を寄せて、自転車に追い越させないようにすることもあるが、十分に理解できる。

▼競技用自転車に乗って暴走するのはやめてください。暴走するなら、専用コースなどしかるべきところでやってください。

43.jpg



お知らせ
「今日のくそったれ」(道路交通編)開設して半年が経過しました。
特別企画として「復刻版特集」を実施します。
共感を集めた記事を中心にピックアップします。
春の全国交通安全運動が終わる4月15日まで随時掲載します。

「今日のくそったれ」(正式版)2008年11月2日掲載。

| 23:23 | コメント:60 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |