今日のくそったれ(道路交通編)

交通安全ジャーナリスト世捨人が交通問題を取り上げます。特に公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。【自転車の制限速度(時速15キロ)法制化とバックミラー、方向指示器、制動灯装着義務化を】


| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

シリーズ「自転車活用推進研究結果」(自活研究)

▼ドライバーという生き物は原付バイクなど低速車に対して敏感だ。衝突の危険を除去するため、早くやり過ごしたいという心理が働く。が、追い越しはもっとも神経をすり減らす場面であり注意を要する。

▼駐車車両など止まっているものに対しては比較的容易であるが、動いている車両となると、刻々と変化する道路状況にうまく対応できない場合がある。かといって、低速車に追走すると交通の円滑を阻害しかねず国益に反するという理屈はうなずける。

▼安全に追い越しするには、一般道では時速50キロが限界か。時速15キロ程度の自転車なら難なくクリアできるが、時速35キロの競技用自転車を追い越すとなると話は別だ。追い越しできそうでできないという、なんとも中途半端なスピードは、いらだちを募らせるといわれる。

▼原付バイクの運転者は心得ており、クルマの接近をバックミラーで確認し路肩によったり減速するなど追い越ししやすいようサポートしてくれる。車道を使わさせてもらっているという謙虚さがうかがえる。いずれにせよ、道路は自転車のものではない。気持ちよく利用できるよう、自転車は心得たい。


車線幅が狭い幹線道路を爆走する競技用自転車

※新企画・シリーズ「自転車活用推進研究結果」(自活研究)では、読者の懐に飛び込むべく、交通の安全の確保について深く堀り下げます。

| 23:40 | コメント:52 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |